やきもの豆知識(陶器・磁器・Т錙ε擺錙

034 【工芸・手芸  陶芸美術館/日本六古窯:遠州七窯/窯元
陶芸美術館
 火と土の芸術、陶芸。陶器の生産地から名付けられた六古窯、感性を凝縮させたあなたの力作をこのコーナーで発表してみませんか?このコーナーでは”陶器と磁器の違い”についてのホームページもあります。あなたは陶器派?磁器派? どうぞ、ごゆっくりご覧ください。 なお「粘土・粘土細工」は こちら です。

陶磁器関連ニュース 焼き物の種類と歴史 青磁 青磁 白磁 陶芸美術館 陶芸・窯元
陶芸用品・食器全般 大学陶芸部 陶芸展 陶芸家 酒井田柿右衛門 野々村仁清
仁阿弥道八.1783/ 永樂保全.1795/ 加藤春岱.1802/ 宮川香山.1842/ 三浦小平ニ.1933/ 稲葉直人.1960/
世良彰彦.1960/  羽鳥誠/ 陶芸教室 (東日本) 陶芸教室 (西日本) 日本六古窯 瀬戸焼 (愛知)
常滑焼 (愛知) 越前焼 (福井) 信楽焼 (滋賀) 丹波立杭焼 (兵庫) 備前焼 (岡山) 遠州七窯
志戸呂焼 (静岡) 膳所焼 (滋賀) 伊賀焼 (三重) 朝日焼 (京都) 赤膚焼 (奈良) 古曽部焼 (大阪)
上野焼 (福岡)  高取焼 (福岡) 紀州の三大窯 南紀男山焼き 偕楽園焼 瑞芝焼
ドール作家 けんぽう窯        
← 033 【美術ぁ暸“撚      035 【工芸・手芸◆暸‘磁器の世界  → 
TOP >  c 工芸・手芸 > 034 【工芸・手芸  陶芸美術館/日本六古窯:遠州七窯/窯元 >  
       
陶磁器関連ニュース
歌川広重『名所江戸百景』より「隅田川橋場の渡し かわら窯」。前景が浅草橋場町と呼ばれた一帯で、今戸焼の窯から煙が上がっている。 一番長い付き合いになります。川喜田敦 「アジア文明博物館 「チャイナマニア 〜海を渡った陶磁器〜」」の画像一覧
  明代の茶碗「中国陶磁器の聖杯」、37億円で落札 香港 (2014/4/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  香港でこのほど開かれたサザビーズのオークションで、白地に鶏の図柄をあしらった小さな茶わんが2億8124万香港ドル(約37億円)で落札された。同社の中国陶磁器のオークションでは、2010年に記録した2億5260万香港ドルを上回る過去最高額となる。… 茶わんは15世紀の明王朝時代に焼かれたもので、世界に17器しか残っていないという。ほとんどは博物館が収蔵しており、その希少さからコレクターの間では「中国陶磁器の聖杯」と呼ばれている。…
 
 
  平安常滑経塚壷   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平安時代の常滑の経塚壷です。 中に経筒に納めた経巻を入れ、すり鉢型の蓋を載せ、土中に埋納した容器です。  ※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。
 
 
  瀬戸から 経塚の壷 (2014/10/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒い壷: 平安時代の終わりに常滑や渥美で焼かれた経塚壷(きょうづかつぼ)の形です。光の関係で茶色くも見えますがかなり黒い壷です。 炭化(炭素がしみて)で黒くなった可能性もありますが、鉄分が還元された色ではないかと思っています。 この形の壷に末法思想の世の人たちはお経をしまい地中に埋めました。
 
 
  渥美 灰釉壷(伝 一本松経塚出土) - 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平安後期: 口頸部は外反して開き、口縁端部は薄い玉縁状。肩部はなで肩で、胴長の器形を呈する。粘土紐輪積み成形で、器外面の調整は、肩部が回転ナデ、胴部は縦位のヘラ削りである。 口径 10.2僉底径 8.6僉器高 25.9僉胴部最大径 18.0
 
 
  辺野古の土器 文化財に認定 (2015/11/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  沖縄県教育委員会は27日、米軍の新基地建設が計画されている名護市辺野古のキャンプ・シュワブの海岸で見つかった土器などの出土品を、文化財と認定した。シュワブ内では文化財の発見が相次いでおり、基地建設に影響する可能性がある。 出土品は土器や石器、陶磁器類など17点。年代は混在しており、古いものでは貝塚時代後期(2千年前〜8百年前)の土器片や磨石(すりいし=木の実などをすりつぶす石器)が含まれている。…
 
 
  作品集「カズヨスタイル ドールハウス ―素材と出会う―」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作品集「カズヨスタイル ドールハウス ―素材と出会う―」
 
 
焼き物の種類と歴史
陶器(左画面)と磁器(右画面)の違い 陶器(左)と磁器(右)の違い 灰釉大壺 平安時代 9世紀 東京国立博物館蔵 - 猿投窯(さなげよう)
  陶磁器 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶磁器(とうじき)は、土を練り固め焼いて作ったものの総称。セラミックの一種で、土地によるが瀬戸物(せともの)や唐津物(からつもの)等とも呼ばれる。焼き方や用途や生産地などから数多く分類される。陶磁器は釉薬の有無や焼成温度で以下のように大別される。なお、以下の分類では温度を摂氏で表しておく。  1 分類 / 2 日本の陶磁器生産 / 3 アジア、ヨーロッパ、アメリカの主な陶磁器産地とブランド / 4 陶磁器の公募展 / 5 関連 / 6 脚注 / 7 外部リンク
 
 
  Т (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Т(せっき)とは、陶磁器の一種。 半磁器、焼き締めとも呼び、陶器と磁器の中間的な性質を持つ焼き物で、窯を使い1200〜1300度で焼成する。本来英語の"Stone ware"の訳語という。世界各地にあり、普通施釉せず、また絵付けも行なわれないことが多いかわりに、地肌の風合いが賞玩される。  1 概説 / 2 種類 / 3 脚注 / 4 関連項目
 
 
  陶器の歴史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国 : 中国では陶器といえば、土器、陶器、磁器をすべてを指します。/韓国 : 今から遥か昔の高麗時代、韓国は幾度となく中国からの攻撃(侵攻)を受けました。/トルコ : トルコのアナトリアでのタイルの生産は9世紀にまでさかのぼります。/スペイン : ムーア人によって伝えられ、スペインで焼成された錫釉陶器をイスパノ・モレスク陶器といいます。
 
 
  やきもの豆知識   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶器・磁器・漆器・土器のこと/やきものの扱い方/用語辞典/和食器/日本料理のかたち/陶器のある暮らし/絵柄/最新情報
 
 
  やきものの歴史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  <美濃焼><楽・唐津><初期伊万里><柿右衛門様式><染付の変遷><鍋島焼><江戸時代後期の伊万里><京焼の繁栄〜光悦><仁清・色絵陶器><乾山><古清水>
 
 
  焼きものの歴史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  縄文土器が世界で一番古い土器だというのは有名である。日本人は1万年以上前から土器を製作していた。人類は土器を持った事でそれまでの食生活、ひいては生活全般を改善していったものと考えられる。非常に面白いのは、ほどなくヨーロッパなどでも土器が発明されるが、同じような時期、同じような土器が見受けられるという点である。縄目こそ無いものの、英国のストーンヘンジから発掘された土器は、我が国の縄文中期の土器とよく似ている。
 
 
  日本のやきもの - 日本セラミックス協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  種類 : 有田焼き 京焼き   美濃焼き 瀬戸焼き 益子焼き  笠間焼き   薩摩焼き 会津本郷焼き 常滑焼き 久谷焼き 唐津焼き 小鹿田焼き 越前焼き  信楽焼き  備前焼き  砥部焼き  伊賀焼き  丹波焼き 萩焼き 壺屋焼 
 
 
  陶器と磁器の違い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一般に「やきもの」といわれてるものは、専門的には、「陶磁器」と呼ばれてます。「土もの」といわれる「陶器」は、陶土とよばれる粘土、つまり土が主な原料です。一方「石もの」といわれる「磁器」は、陶石とよばれる岩石が主な原料となります。原料の違いで、それぞれの性質が違ってくるのです。陶器と磁器の簡単な見分け方と性質の違いを説明します。
 
 
  やきもの基礎知識   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  やきもの基礎知識/やきもの扱い方・選び方/やきもの用語辞典 焼き物についてのさまざまな用語を五十音順にご説明します。 HOME/最新情報/商品情報/ショップご案内/やきもの基礎知識/企業情報/採用情報 maebata                                                                                    
 
 
  陶器 陶芸≪全国版≫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の伝統工芸。陶器焼き物と陶芸。 京都の器や 夕庵(清水焼・京焼) テレビや雑誌で紹介された、清水焼の大人可愛い抹茶碗を多数取り扱い
 
 
  歴史 - 日本のやきもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本人にとって「やきもの」は親しみ深いもので、私たちの生活を楽しく豊かなものにしてくれます。世界でもっとも古い歴史をもつ日本の「やきもの」の歴史を年代順に追ってみましょう。
 
 
  "焼き物のうんちく"の案内   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  知っておきたい焼き物に関する情報を紹介します。 全国の産地で見聞したこと、資料による情報や一般参考図書などの情報をまとめています。 従って、学術的な解説することを目的としていませんので、主旨をご理解していただきご活用をお願いします。
 
 
  日本全国の焼物(陶器・磁器)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本全国の焼物(陶器・磁器)を集めてみました
 
 
  焼き物ミニ百科 陶器の種類   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  焼き物にもいろいろありますが、大きく分類すると、土器、陶器、Т錙覆擦辰)、磁器の四つに分けられます。土器は焼き物の歴史の中で、最も古く原始的なもので、次に陶器、Т錙覆擦辰)がつくられ、一番新しいのが磁器です。以下、それぞれの焼き物について簡単にご説明します。
 
 
  日本の陶磁器産地一覧 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の陶磁器産地一覧は全国都道府県順に至る焼き物産地を網羅したリストである(太字は経済産業省指定伝統的工芸品)。
 
 
  日本の陶器 〜にっぽんのやきもの〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶器/磁器/Т錙薪擺
 
 
  やきものの里・窯元めぐり 全国版 [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  やきものの里・窯元めぐり 全国版 (持ち歩き旅の手帖―日本の旅シリーズ) [単行本]
 
 
  美濃陶磁歴史館 - 公益財団法人土岐市文化振興事業団   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  喫茶の風習は鎌倉時代武家社会に広がり、もっぱら茶道具は中国から輸入された唐物が中心でしたが、14世紀には国内でも茶陶生産がはじまります。最初に茶陶生産を始めたのは瀬戸で、唐物写しの天目茶碗などが焼かれました。そして15世紀中頃には瀬戸に続いて美濃でも茶陶生産が始まります。
 
 
  第11回 欠けた陶磁器の記憶    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶磁器は、土から出来ているにもかかわらず、土に還ることはない。 それは、土器が何千年も前の考古学上の遺物を代表するものであることからも明らかだ。1万数千年前のものといわれる世界最古の土器片が日本で発見されているということは、この国でそれほど長いこと焼きものが作られてきたという事実とともに、土器が人工の素材のうち、最も土に戻りにくいものだということを物語っている。
 
 
  古染付を知る   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バブル華やかなりし頃と比べれば随分と落ち着いたかなとは思いますが、それでもネットオークションなどの活況を見る限り、古伊万里の人気は依然根強く、かつそれを楽しむ人の裾野も広くなったように思います。 今では一過性の「ブーム」の段階を卒業して、気軽に楽しめるアンティークの入門編として、確固たる地位を確立した感があります。
 
 
  伝統工芸品館 - JTCO日本伝統文化振興機構   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
 
 
  陶器の歴史 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶器の歴史 の画像 - Google
 
 
  日本の有名な焼き物まとめ(陶磁器) - NAVER まとめ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の代表的な焼き物です。
 
 
  陶芸サイト - 全国旅手帖   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の代表的やきもの産地28ヶ所を紹介。陶磁器の歴史や特徴の解説のほか陶産地周辺の美術館、窯元、史跡、レストラン、宿、アクセスなどの観光情報を提供。
 
 
  日本のやきもの の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本のやきもの の画像 - Google
 
 
  須恵器とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古墳時代の後半から日本でつくられるようになった陶質の土器。祝部土器とも呼ばれた。青黒色をした硬質のもので,弥生土器,土師器 (はじき) とはその系統を異にする。『日本書紀』には新羅からの帰化人によってつくられたのがその始りであるとされ,また実物からみても朝鮮にその祖形がある。
 
 
  須恵器 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  須恵器(すえき)は、日本で古墳時代から平安時代まで生産された陶質土器(Т錙砲任△襦青灰色で硬い。同時期の土師器とは色と質で明瞭に区別できるが、一部に中間的なものもある。 須恵器の起源は朝鮮半島(特に南部の伽耶)とされ、初期の須恵器は半島のものと区別をつけにくいほど似ているが、用語としては日本で製作された還元焔焼成の硬質の焼物だけを須恵器という。  1 用語と特徴 / 2 歴史 / 3 脚注 / 4 参考文献
 
 
  須恵器と土師器 - ほうふWeb歴史館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古墳時代の前半までは、素焼きの土器(土師器[はじき])を使っていましたが、朝鮮半島から窯[かま]とろくろの技術が伝わり、土器作りの技術は大きく変化します。そこで登場したのが、須恵器[すえき]という青い色の焼き物です。それまでの土師器は屋外で焼いていたので、温度が500〜900℃までしか上がらず、赤みを帯びた軟らかい土器だったのですが、須恵器は窯を使って焼くため、1100〜1200℃という高温で焼くことができ、かたく、水もれの少ない土器を作ることができます。 この須恵器はどこででも生産されていたわけではなく、窯の場所が限られ、須恵器を作る専門の職人がいました。…
 
 
  須恵器 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  須恵器 の画像 - Google
 
 
  師器と須恵器と弥生土器の違いについて教えてください - Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  弥生式土器は、弥生時代に使われていた素焼きの土器です。比較的低い温度で焼いて作られ赤っぽい色をしています。 土師器は、弥生式土器と同じ系統の土器で、古墳時代からこのように呼ばれます。薄くなって、煮炊きに便利になっているとも言われますが、あまり大きな区別は出来ないようです。 須恵器は、だいたい5世紀中頃から作られ始めたと言われます。
 
 
  猿投窯 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  猿投窯(さなげよう)とは愛知県名古屋市東部から豊田市西部、瀬戸市南部から大府市および刈谷市北部の、約20km四方に集中する1000基を越す古窯跡の総称。 古墳時代後期から鎌倉時代初期まで、700年余の長きにわたり焼き物の生産を続け、その文化・社会的背景は複雑かつ流動的である。 1 起源 / 2 発見の経緯 / 3 名称の由来 / 4 特徴 / 5 生産品目 / 6 参考文献 / 7 関連項目
 
 
  猿投窯 : 三耳壺 - 名古屋大学蔵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中世陶器の震源地: 名古屋市東部を中心に20キロ平米の地域で、須恵器・瓷器の窯約500、山茶碗を主とする瓷器系中世陶器窯500箇所を有する。土は花崗岩を基盤にした標高629mの猿投山の西南方面に陶土に適する層が延びて、途中断層を越えて知多半島の丘陵に及ぶ。 12世紀になると、隣接する瀬戸窯で施釉陶器窯があらわれ、猿投窯の施釉陶器の生産は衰えていった。
 
 
  猿投焼の壺 - なんでも鑑定団   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鑑定士総評: 作られたのはおそらく平安時代。10〜12世紀くらいのいわゆる猿投焼。愛知県瀬戸市の東南にある猿投山の麓に無数の窯跡がある。破片を集めて一つのものにすることを呼継というが、依頼品はずいぶんたくさんの破片を集めて作られている。
 
 
  緑釉四足壺 : 重要文化財 - e国宝   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  釉薬(ゆうやく)はその熔ける温度によって900度以下の低火度釉と1200度以上という高火度釉に分けられる。日本で最初に焼かれた施釉陶(せゆうとう)は鉛を原料とした低火度釉であった。奈良三彩(ならさんさい)などが代表的であるが、それより早く既に7世紀にはその技術が日本に伝わっていた。奈良の川原寺の緑釉塼(りょくゆうせん)や塚廻古墳の緑釉棺台(かんだい)が最も早い例という。
 
 
青磁
東京国立博物館 - コレクション 名品
  中島宏さん死去 青磁の美の可能性追究 (2018/3/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  数ある陶磁器の中でも、中島宏さんが選んだ青磁の造形は、独自性を発揮するには、ことのほか壁が高い。それは、1000年も前の中国の宋代の青磁が、無駄のない余りにも完璧な美をたたえているからである。 佐賀県の武雄市で焼きものに携わる父の下で修業をした中島さんは、20代のはじめに青磁の魅力に目を開かれ、「一生かけるなら一番難しい青磁をやろう」と決意した。 台湾の故宮博物院で、宋代の官窯の青磁の名品を見たいだけ見た。しかし、理想とされる雨上がりの空の、息をのむような青さを日本の土で表現するのは容易ではない。しかも、どう追究したところで、「模倣」に終われば負けである。 そのジレンマを乗り越えるきっかけは、奔放な形をした中国古代の青銅器との出合いだった。精緻で典雅な青磁の世界に型破りでダイナミックな現代的造形を導き入れる。さらに晩年は、作者名のない青磁の名品が秘める深い美に挑戦したいと、冒険への意欲は衰えることを知らなかった。 古典に挑み、個性を超える個性を求めた陶芸家は、マンネリを厳しく排した気骨の人だった。(全文)
 
 
  【青磁とは】検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【青磁とは】 Google 検索
 
 
  青磁の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルのクリックで そのHPが開きます。
 
 
  東京国立博物館 - コレクション 名品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名品ギャラリー 館蔵品一覧 青磁茶碗(せいじちゃわん) 銘馬蝗絆(めいばこうはん)
 
 
青磁 白磁
☆雪竹 青磁? 白磁? 花瓶?壺?☆ -
  「青磁 白磁」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青磁 白磁 - Google 検索
 
 
  「青磁と白磁の画像」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青磁と白磁の画像&サイト - Google 検索
 
 
陶芸美術館
富本憲吉記念館 富本憲吉記念館 鳥取民藝美術館
  兵庫陶芸美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  HOME / 施設紹介 / 利用・交通案内 / 展覧会 / 講座・イベント / 収蔵品 / レストラン・ショップ / 周辺ガイド / リンク集     お知らせ / イベント情報 / 展覧会情報
 
 
  セラミックス博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この度日本セラミックス協会はインターネットコンテンツ「セラミックス博物館」をオープンいたしました。「セラミックス博物館」は「やきもの」から最先端のファインセラミックスまでを網羅し解説しております。現行製品以外のアーカイブ的なコンテンツや子供向けの啓発コンテンツから専門家向けの解説コンテンツまで、生活の中でのセラミックスの活躍について、わかりやすく解説しています。
 
 
  富本憲吉記念館公式サイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホーム / 作品紹介 / ごあいさつ / 利用案内 / 陶芸教室 / ミュージアムショップ / リンク
 
 
  富本憲吉記念館 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  富本憲吉記念館(とみもとけんきちきねんかん)は奈良県生駒郡安堵町にある美術館である。 近代陶芸の父にして人間国宝(重要無形文化財保持者)の陶芸家・富本憲吉の生家を利用した個人美術館。1974年11月に開館した。本館のほか、修復した江戸時代の建物2棟と移設した大正時代築の土蔵1棟が展示施設となっている。 収蔵品は富本作の色絵磁器など約500点で、それをローテーションで150点常設展示する。
 
 
  兵庫陶芸美術館 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  兵庫陶芸美術館(ひょうごとうげいびじゅつかん)は兵庫県篠山市にある、陶磁器を中心とする美術館。平安時代から続く兵庫県の陶芸文化の継承と振興を目的として設立された。 篠山の自然と伝統文化が融合する丹波立杭のエコミュージアムのコアである。 日本六古窯の一つに数えられる丹波焼の最大の窯業地「丹波立杭」エリアに立地する。
 
 
  鳥取民藝美術館 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公益財団法人鳥取民藝美術館(とっとりみんげいびじゅつかん)は、鳥取県鳥取市にあり、日本、朝鮮、中国、西欧の民芸品を主に展示している鳥取県の登録博物館。 1949年(昭和24年)、民芸運動家の吉田璋也により「鳥取民藝館」として開設され、翌年「鳥取民藝美術館」と改称。この美術館を中心に土蔵風の一群の建物があり、民芸コーナーと呼ばれている。古民藝約3500点、新民藝約1500点を収蔵し、特に李朝陶磁、高麗茶碗や吉田璋也がプロデュースした新作民藝の蒐集に特徴がある。 1 概要 / 2 基礎データ / 3 交通アクセス / 4 外部リンク
 
 
  滋賀県立陶芸の森 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  滋賀県立 陶芸の森(しがけんりつ とうげいのもり、The Shigaraki Ceramic Cultural Park)は滋賀県甲賀市の信楽高原にある美術館とコンベンション施設と研修施設を備えた都市公園。信楽焼の情報発信と文化・産業の振興、人材育成、文化創造の環境提供、そして県民のレクリエーションを目的として、1990年6月に開設された。財団法人滋賀県陶芸の森が指定管理者として管理運営を行う。
 
 
  moc osaka 大阪市立東洋陶磁美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  展示会情報 / 施設の紹介 / 収蔵品紹介 / 陶磁入門 / 友の会 / お知らせ
 
 
  大阪市立東洋陶磁美術館 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大阪市立東洋陶磁美術館(おおさかしりつとうようとうじびじゅつかん)は、大阪府大阪市北区中之島一丁目にある美術館。 住友グループから寄贈された安宅コレクション(あたか - )と呼ばれる東洋陶磁コレクションを核として1982年に設立。 高麗・朝鮮時代の朝鮮陶磁、中国陶磁を中心に、国宝 2件、国の重要文化財 13件を含む約4000点が収蔵されている。
 
 
  陶芸の森 The Shigaraki Ceramic Cultural Park   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニュース&トピックス / 展覧会情報 / 講座情報 / イベント情報 / アーティスト・イン・レジデンス情報 / 展覧会年間スケジュール / 陶芸の森概要 / ご利用案内 / 団体施設利用申し込み / 交通アクセス / 園内マップ / 陶芸の森メールマガジン / バナー広告 / 陶芸の森情報誌REVIEW / リンク / サイトマップ / お問い合わせ
 
 
  岐阜県現代陶芸美術館 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岐阜県現代陶芸美術館(ぎふけんげんだいとうげいびじゅつかん、Museum of Modern Ceramic Art,Gifu)は、岐阜県多治見市にある岐阜県運営の公立美術館。 セラミックパークMINOの中核施設として2002年10月12日開館した。 近現代の陶芸を対象としており、19世紀末以降の国内外における個人作家の陶芸作品、実用陶磁器、産業陶磁器を収集・展示している。
 
 
  岐阜県現代陶芸美術館 Museum of Modern Ceramic art gifu   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トピックス / インフォメーション / 展示会情報 / エヂュケーション / CeramicTime Line / ミュージアムショップ / メールマガジン / リンク集
 
 
  戸栗美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  18世紀の古伊万里―逸品再発見供重  現在の展覧会/年間スケジュール/過去の展覧会/やきもの展示室/次回の展覧会
 
 
陶芸・窯元
織部 3ドルで手に入れた碗が220万ドルに この区分の下段に「陶芸のブログ集」があります。
  陶芸 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸(とうげい、英: Pottery)とは、粘土を成形して高温で焼成することにより陶磁器などをつくる技術のこと。焼きものとも呼ばれる。生業として陶芸を行う者を陶工もしくは陶芸家と呼ぶ。 焼きものは施釉しない土器(および高温で焼成したせっ器)と、施釉した陶磁器(陶器と磁器)とに大別されるが、この区分には地域や文化によりばらつきがあり、欧米では施釉されたものもせっ器(ストーンウェア)に含み、また中国では土器と陶器を区別しない。 1 胎土 / 2 成形の方法 / 3 装飾と施釉 / 4 焼成 / 5 歴史 / 6 考古学 / 7 環境問題 / 8 脚注 / 9 参考文献 / 10 関連項目 / 11 外部リンク
 
 
  登り窯 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  登り窯(のぼりがま)と現在一般に呼ばれるものは、窯業で陶磁器等を大量に焼成するために、炉内を各間に仕切り、斜面等地形を利用し重力による燃焼ガスの対流を利用して、炉内の各製品を焼成時に一定に高温に保てるよう工夫された窯の形態のことをいう。  1 歴史 / 2 構造 / 3 焼成 / 4 日本国内で登り窯が見られる主な産地 / 5 脚注 / 6 関連項目 / 7外部リンク
 
 
  穴窯(アナガマ)とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  焼き物窯の古い形式の一。斜面を掘って天井だけを構築したものと、地中を掘り抜いたものとがある。
 
 
  窯元(カマモト)とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶磁器を窯で焼いて作り出す所。また、その 陶磁器 を作る人。
 
 
  窯元 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  窯元 の画像 - Google
 
 
  谷寛窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  土の薫り、土の温もりを伝えたい。  谷寛窯は、明治時代の師範学校の講堂を移築し、その中に工房とギャラリーがあります。 ギャラリーは、昔使われていた重油窯を再利用したもので、今では建物も窯も貴重な存在になりました。 懐かしい木造の空間に、現代作家の斬新な作品が解け込み、ここには静かな安らぎの時間があります。 お気軽にお立ち寄りください。
 
 
  うまか陶   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  愛知万博記念特別企画展 桃山陶の華麗な世界:今回の展覧会は15世紀末から16世紀にかけての海外貿易による国際交流に触発されて新しいやきもの文化が花開いた安土桃山時代に焦点を当て、茶道史と陶磁史の両面から時代観を見直し、日本のやきもの文化が大きく発展、飛躍した桃山陶の変革と創造の世界を紹介するものです。愛知県陶磁資料館で開催。 
 
 
  西窯(せいよう)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶器、磁器、和陶器、洋食器、塗り物、 趣味のうつわ、業務用うつわ、陶芸家作品(作家物)
 
 
  ぐい呑み図鑑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  駅弁の六古窯シリーズを見て、「ぐい呑み」で集めてみようと想ったのが始まりで、日本各地の窯里をまわりこれだけ集めてみました。 有田焼/鍋島焼/唐津焼/三河内焼/萩焼/備前焼/但馬焼/九谷焼/信楽焼/伊賀焼/瀬戸焼/織部焼/志野焼/美濃焼/常滑焼
 
 
  陶芸豆知識集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  窯のお話/陶芸本のお話/釉薬のお話/陶芸屋さんのお話/土のお話/陶芸道具のお話/・・など。
 
 
  全国窯元マップ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶磁器・陶芸教室・皿・茶碗・ぐい飲み・コーヒーカップなどの器(うつわ)を全国の窯元からお探しください。 全国図↓
 
 
  私の趣味の陶芸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  60の手習いで始めた趣味の陶芸も17年を迎えました。 こつこつと楽しみながら作って来た作品ですが形が歪んでいてもそれは素人の特権と思っています。 そんな作品ですがごゆっくりご覧下さい。
 
 
  淡路市立陶芸館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モダンなレンガ造りの陶芸館のバックには紺碧の海が広がっています。 淡路島の自然の中で、ゆっくりとした時間の流れを土の感触を楽しみながら、過ごしましょう。 一日体験で旅の記念に作るもよし、教室に入って自分の世界を広げるもよし、一度陶芸にふれてみませんか?
 
 
  泉ヶ丘陶芸クラブ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  創立は昭和60年でやきもの好きが集まった自主運営団体です。 会員の努力と先生の熱意で今まで続けてこられました。 当クラブは、毎週水曜日午後1時から午後5時まで「須恵器の里」 大阪府堺市片蔵の堺市立青少年の家3階工芸室をお借りして創作?活動をしております。
 
 
  愛陶会日誌   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初めはだれでも素人だ!イロハのイから陶芸を学びます!
 
 
  趣味の陶芸作品展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仕事の合い間に作るので、出来はいまいちですが、楽しみながら作っています。
 
 
  雄喜苑(ゆうきえん)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雄喜苑(ゆうきえん)は美術工芸家の宮森 達雄が陶芸をはじめ、日本画、油絵、彫刻、彫金などの美術工芸を教えるために作った横浜に古くからあるアトリエ(芸術サークル)です。雄喜苑を主催する宮森達雄が追求する歴史と唯一無二のものについてお話いたします。
 
 
  素人陶芸窯 「東元」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このページは一人のサラリーマンが自宅の庭に小屋を建て、 窯を購入して没頭している陶芸をテーマに作成しています。 作品の写真・陶芸に関する情報などを掲載していますので興味のある方は覗いてみてください。
 
 
  おかちんの素人陶芸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸をしよう : 作るときのポイントの覚書ということで。 電動ロクロ 土殺し/湯飲みをつくる/湯飲みより高いものは/丸型をつくろう  陶芸1年目/陶芸2年目/陶芸3年目     
 
 
  60歳からの素人陶芸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平成19年5月25・26・27日作品展を開催! 70歳になったので、作品展をやることにしました。 造りためた蕎麦猪口200数十個を一堂に並べてみようと思いました。
 
 
  日本の陶芸あれこれ - 陶芸のすすめ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の陶芸の歴史は古く、実は1万2千年前の世界最古と言われる土器が発見されたのは日本国内です。縄文時代、弥生時代から綿々と続く日本の焼き物は、途中で中国や朝鮮から影響を受けつつ、次第に発展していきます。現在日本でも多く使われている「ろくろ」や「窯」も朝鮮から伝来したものです。  陶芸体験のすすめ/陶芸教室への入門/陶芸の工程/陶芸の魅力/陶芸作品を発表しよう/自宅で陶芸をしたい/陶芸用品の購入/日本の陶芸あれこれ
 
 
  緋色窯(ひいろがま)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長野県下諏訪町の諏訪湖のほとりで週末にやきものを作っている素人陶芸家です  ここで皆さんに陶芸の楽しさが伝わればいいのですが!  下諏訪町の紹介もします  どうぞ、ゆっくりとご覧ください。 緋色窯日記/穴窯を焚く/山小屋便り/楽窯の会/陶芸講座/きのこ栽培/旅の記録/新作ページ
 
 
  クレイアート陶芸サーチ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸教室サーチ/アンティーク道三/図書サーチ/催しの掲示板/旅の掲示板/アックナンバー/・・など。ドイツの焼き物といえば、マイセン。何度でも足を運んでみたくなる陶里が日本にも数多くありますが、同じく、ここマイセンに何度も足を伸ばしたくなる日本人が多いのではないでしょうか?近隣のドレスデン窯やベルリンのKPM窯と並ぶ名窯ですが、それは決して、華やかな絵柄やデザインが欧州らしいから、日本で高名高価なブランド品だからという理由だけではないように思う、昨今です。・・・
 
 
  ようこそ すばる陶芸へ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  やきものを 見る 造る 使う 楽しみ 造りたいものを自由に造っていますので、一つの窯には様々なものがつまっていて、窯だしの時、おしゃべりがはずみ、次の構想がふくらみ、わくわくします。 時には、自作の器をもちより、自慢の料理をもって酒宴もします。
 
 
  HyperDogの陶芸研究所 - YouTube集など - Google検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  はじめまして! HyperDogと申します。小生、1997年9月より陶芸をはじめて、1998年の夏に電動ろくろと電気窯を立続けに購入し、休日陶芸を開始しました。生来の凝り性から、土を採ってきて焼成したり、木を燃やして、灰釉を作ったりしています。そんな内容をこのホームページで発表して行きたいと思います。
 
 
  Let'go ceramics market!    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  みなさんも1度、陶器市に足を運んでみてはいかかがですか?掘り出し物を見つけたり、値段交渉で安くしてもらったり、器が好きな人も、そうでない人も楽しめると思います。いつもたくさん買ってしまって、収納する所が無くなってきているのですが…。だけど、1度行くと病みつきになりますよ〜ん。
 
 
  石垣焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石垣焼 の画像 - Google
 
 
  石垣焼窯元   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石垣焼はよろん焼から技術の暖簾分けをしてできました。 よろん焼とは1970年に福岡県・小石原焼の支援の元、鹿児島県の与論島で金子晴彦の父、金子喜八郎(陶芸家の氏名・恭雨、以下恭雨と呼ぶ)によって誕生しました窯元です。 恭雨(写真家のペンネーム;清美)は写真家でもあり、リアルズムの大家とも言われる土門拳の弟子で、作品集「古寺巡礼」など撮影のアシスタントをするなど、京都に滞在する機会がありました。 そんな折、運命の天目茶碗との出会があったそうです。
 
 
  全国の焼物 (陶器・磁器)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本全国の焼物(陶器・磁器)を集めてみました
 
 
  陶工房 MONO FACTORY   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  やさしく手のひらの中でほっこりとそしてぽってりと踊る。 そうした陶器をより多くの人に気軽に使って欲しい・・・より多くの人にもっと気軽に器を作って欲しい…そんな想いからこの工房を立ち上げました。 飾られるためでも鑑賞するためでもない、普段使いのモノとして。
 
 
  古美術ブルーアンドホワイト    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古美術品を販売し、はや37年。 名品にめぐり合い、手に入れ感動したり、 逃して大失敗をしたりして夜も眠れなかった事 又、伊万里・鍋島の大先駆者との悲しい別れ そして寂しさ、いろいろな事を経験いたしました。 私も特に焼物(伊万里・鍋島・古九谷)が 大好きなのですがまだまだ 未知の事が沢山あります。 1998年よりホームページを開設し今までの友人と共に 今後知り合える友人と一緒に焼物の謎を 解明する事が出来るよう望んでおります。
 
 
  陶芸くらぶ つぼ万ぐるーぷ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このホームページは、陶芸に興味のある方々に向けた様々な情報を発信することを目的としています ギャラリーでは、有名作家の作品展示中です
 
 
  ランラン2のTohjikiコレクション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  備前焼その他全国の焼き物作家掲載一覧(順不同)、各作家の代表作を見ることができます。別サイトに「茶室晩翠亭」・隠崎隆一氏ネットギャラリー・やきもの・藤戸史跡めぐり・チヌ釣りの釣果などの画像と掲示板・・などがあります。
 
 
  ハイサイ琉球太田焼窯元です!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  沖縄県うるま市大田で陶芸窯元を開いている「琉球太田焼窯元」です。 御訪問有難うござます、ごゆるりとお楽しみみください。
 
 
  ハプーのやきもの屋さん 八風窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今と これからの 暮らしの道具 電子レンジ・食洗機・オーブン加熱OK 磁器よりも丈夫・無貫入しみ込みなし 手づくり陶器の あたらしい水準  ’92年にびわ湖の東側に位置する山間の里、滋賀県永源寺町に移って来ました。
 
 
  日本やきもの紀行 尾崎高行 作 焼き〆小鉢   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各産地についてその歴史、特徴、所在地、交通、などの基本的な内容を記してあります。
 
 
  器屋 ときさい - 業務用食器・家庭用食器の専門店    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  業務用食器はもちろん、家庭用食器・雑貨・ロゴ入れなど食器の事ならお任せください。 日本のやきもの産地地図〜日本の代表的やきもの産地をご紹介〜
 
 
  特集 江西省・景徳鎮 変容する千年の焼き物の里 (その2)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国の陶芸は、遠い歴史のかなたに源を発している。精緻で美しく、この上なく優れた作品は、中国の陶工たちが心血を注いで作りあげたものなのだ。中華民国台湾省にある国立故宮博物院では、数多くの透光性ある薄焼き磁器を見ることができる。これらは、明・清の時代の作品であり、表面には精緻で巧妙な草花や鳥獣の彩色画が施されている。いったいどのようにして作られたのだろうと驚嘆しないではいられないほどだ。・・・
 
 
  招き猫の老舗   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ようこそ 招き猫のWebShop佐々へお越し頂きありがとうございます。1996年より13年間ずっと同じアドレスにて招き猫を掲載し 長年、お客様よりご愛顧を頂いております。これからもずっと招き猫の福をお届け続けますので、引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたします。ありがとうございます。 1996年より13年間ずっと同じアドレスにて招き猫を掲載し 長年、お客様よりご愛顧を頂いております。これからもずっと招き猫の福をお届け続けますので、引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたします。ありがとうございます。
 
 
  作陶倶楽部いざん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和風な芸術系アートの作品です   手仕事のランプシェード 細工物です/陶器のカップやグラス/鉢、皿 一品物/手造りの碗物を/酒器類をいろいろ/お茶?珍味入れにも?/野の草花が活きます/色の変化が美の壺
 
 
  財団法人 陶芸文化振興財団   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1996年に財団法人の認可をうけ財団法人「陶芸文化振興財団」を設立する。 1997年4月に埼玉県大宮市(現在のさいたま市)に本部会館を竣工。 会館は陶芸美術館、研修所、展示ギャラリー、陶芸文庫の施設を備え一般に開放している。
 
 
  陶芸関連書籍   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸(とうげい)とは、粘土に造形を凝らしてこれを高温の窯で焼成することにより陶磁器をつくる技術のこと。焼きものとも呼ばれる。 造形方法には轆轤(ろくろ)の上に置き、手や足で回しながら、両手で皿や壷などの形をつくっていく方法や手びねりという方法、或いは型を用いて土の形を整える方法などがある。…
 
 
  乾山の芸術と光琳 [本]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京焼の巨匠・尾形乾山が元禄12年(1699)に開窯したことで名高い京都鳴滝乾山窯。当館も参加した近年の窯跡発掘調査の全貌を初公開します。この度の調査により、王朝趣味や異国情緒あふれる懐石器など、それまでの京焼にない乾山焼の新たな側面が明らかとなってきました。
 
 
  オールド大倉・東陶・名陶―大正・昭和モダン食器 [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本書は、大正から昭和戦前期に生産された国内向け陶磁製品群の中で、最も実用性の高い食器とそれを取り巻く卓上小物を、実用性すなわち生地の白さ・薄さ・強さを基準に選んで紹介するものである。
 
 
  名陶(名古屋製陶所)の軍隊食器 - 時のかけら〜統制陶器〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今まで私が4年半見た中で軍隊用食器のうち多くの場合、2ヶ所の裏印がほとんどを占めていた。その一つが今日紹介する『名陶』銘のものです。 名古屋製陶所についてはよく知られていると思いますが、ネット調べで簡単に紹介します。 創業は1911年(明治44年)に帝国製陶所として誕生、その後名古屋の資本が入り名古屋製陶所と名称が変更されました。
 
 
  300円で購入の碗が2億円に、実は中国北宋時代の陶器 米 (2013/3/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近所のガレージセールで3ドル(約290円)で購入した碗(わん)が220万ドル(約2億円)に化けた――そんな珍事がこのほど米ニューヨーク州で起きた。 米競売大手サザビーズで19日、約1000年前の中国北宋時代に作られた陶器がオークションにかけられ、222万5000ドルで落札された。サザビーズによると、碗を出品したのはニューヨーク州の住民。2007年夏に近所のガレージセールで約3ドルで購入したものだという。…
 
 
  ろくろ ( Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  轆轤(ろくろ)は、木工や陶芸に用いられる器械。 木工用のものは、原始的な旋盤そのものであり、綺麗な回転体を削り出すことができる。陶芸用のものは回転可能な円形の台で、回転軸は台に直交し円の中心を通る。その上に粘土をのせ、台を回しながら粘土に手指を当てると、回転の中心から手指の位置までを半径にした綺麗な円を形作ることができ、それの連続体として綺麗な回転体が成型できる。 1 歴史 / 2 伝承 / 3 轆轤の種類 / 4 回転方向 / 5 その他 / 6 脚注 / 7 参考文献 / 8 関連項目 / 9 外部リンク
 
 
  陶芸を楽しもう! - 日本電産シンポ株式会社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  製品紹介>ろくろ>電動ろくろ: 電動ろくろ/手回しろくろ/電気窯/ガス窯/灯油窯/常圧式土練機/真空式土練機/釉薬/粘土/小道具/機材・その他
 
 
  YouTube - 4 電動ろくろ-茶碗の作り方   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 4 電動ろくろ-茶碗の作り方
 
 
  YouTube - 陶芸入門1 電動ろくろで湯呑を作る 師匠御手本   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 陶芸入門1 電動ろくろで湯呑を作る 師匠御手本
 
 
  ろくろ作品(陶芸) の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ろくろ作品(陶芸) の画像 - Google
 
 
  陶芸のブログ集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸人気ランキング
 
 
  福島 宗像窯公式ホームページ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ご挨拶=近世、会津の焼き物は、1593年(文禄二年)蒲生氏郷公が、会津若松鶴ヶ城の城主の頃から始まります。宗像窯の先祖である宗像出雲守式部は、767年(奈良時代)に福岡県宗像大社の布教師として会津本郷町に移り住み、宗像神社を建立しました。そして1718年(享保四年)には、焼物で生計を立てながら布教活動に専念したようです。以来、宗像窯は創始より約百年位は布教が主であり、焼物造りは生計を支える一部でしたが、文政の頃に八郎秀延の代は、技術特に優れ、自ら神官を辞して陶業に専念し、宗像窯の初代となりました。 日本では古来より器を直接手に持ち、食を五感で味わう文化が育まれてきました。八代として村田珠光のお茶の心得の中にある、麁相の美(表面はかざらず内面を充実させる)を念頭におき、これからも会津の歴史と風土から生まれる日本的美を備えた作品造りを目ざして行きます。  宗像窯について/お知らせ/作家紹介/ギャラリー/アクセス・お問い合せ
 
 
陶芸用品・食器全般
陶業用粘土のお店 泉陶料 酒仙洞 紫交趾 菊桐   中村翠嵐 現代の名工 
  陶芸.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本では陶芸を趣味として楽しむ方々は多数いますが、陶芸用品の専門店はまだまだ少なく、どこで購入したら良いのか分からないという声も多数あります。陶芸.comは豊富な品揃えで、陶芸に必用な機器から材料まですべてインターネットでご注文頂き、陶芸教室やサークルはもとより、ご家庭までお届けいたします。商品アイテムが豊富で低価格、商品の使い方などのたくさんのノウハウも付いています。陶芸窯・ろくろ・土練機・タタラ機といった機械だけでなく、粘土・釉薬は焼成サンプルの写真をすべて掲載し、目で見て選べるようになっています。
 
 
  陶器の福山   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  お気に入りの器に料理を盛る。それだけで心は弾みます。美味しい料理と上質の器を、舌と目で味わうしやわせ、春はツクシノの煮物を、夏は冷たい素麺を、秋は香ばしく焼き魚を、冬はあたたまる鍋を、四季の移り変わりのなか、旬のものと、良い器は、あなたに上質の時間のもたらします。
 
 
  陶磁器  酒仙洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柿右衛門をはじめ伊万里焼・有田焼・鍋島焼等の作家・名窯からアジア製の鉢物までこだわりの逸品をそろえてお待ちしております
 
 
  Shin Nihon Zokei   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  つくる楽しさ,おどろきを発信する SNZ 「描く,創る,そして見る」にかかわる全ての材料を取り揃えアイディアやイメージを「かたち」にするヒントがいっぱいのカタログ.「素材の発見と表現の世界」が広がります.
 
 
  抹茶茶碗 ラスター釉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  抹茶茶碗 ラスター釉 陶器堂
 
 
  電気窯(陶芸窯)のご紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  MS−40型 (400W×400D×400H) 1,200℃電気焼成
 
 
  「磁器」の検索結果 - 楽天   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楽天:並び順/価格が安い | 価格が高い | 新着順 | 感想の件数   表示方法/写真付き一覧 | 写真なし一覧 | ウィンドウショッピング    対象商品/全て | 感想あり | 買い物可能 | 共同購入 | スーパーオークション | プレゼント | 資料請求
 
 
  陶業用粘土のお店 泉陶料   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  磁器土:天草陶石を主原料とした伝統的なスタンパー(枠とうす)での破砕精製で製造している磁器土です。そのため、粒子が鋭角となり手造りに最適との評価をいただいております。還元炎では特級磁器土より幾分青味を帯び、染付青磁に最適です。是非一度お試し下さい。
 
 
  陶器: ヤフオク! ショッピング   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中村翠嵐を含むカテゴリ: ヤフオク! ショッピング
 
 
  陶器を買う時に困ったら読むブログ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いつも身近にある陶器。普段は何気なく使っているかもしれない陶器ですが生活になくてはならないものですね。陶器がなくてご飯を食べることができますか?
 
 
  中村翠嵐作 『現代の名工』 受賞記念茶碗   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  華やかな交趾焼きを現在展示しております  各種大変おめでたい柄のお茶碗です  お初釜、お祝いの席等、様々な茶会で喜ばれる作品だと思います  写真以外の作品もありますが限定になります  是非お出かけ頂ければと思います
 
 
  伝統と創造の陶芸 - ヤマニ ファーストセラミック   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当社では伝統産地の粘土、釉薬、又創造性を育む材料などを販売しております。 今日のように多様化したやきものの中で作り手である皆様がその技量を充分に発揮されるよう、数多くの素材と情報によりサポートできれば幸いと思います。
 
 
  勘峰(勘斉)御浜窯 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  勘峰(勘斉)御浜窯 - Google検索
 
 
大学陶芸部
立教大学陶芸部 立教大学陶芸部 立教大学陶芸部
  龍谷大学陶芸部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  龍谷大学陶芸部(正式名称:龍谷大学学友会学術文化局陶芸部)は、その名の通り陶芸をするサークルです。 1974(昭和49)年に同好会として創部され、現在で39年目となります。 陶芸部とは?/年間行事紹介/陶芸部アルバム/OB・OGさんへ/メールフォーム/リンク
 
 
  立教大学陶芸部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここは立教大学陶芸部のHPです! 陶芸部とはどんな部なのか、↓以下の通りです(^^) Top / News&Information / about / Photo / 窯*釉 / bbs / link / mail
 
 
  つちの会 - 近大陶芸部OB会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このホームページは、近大陶芸部のOBと現役部員が気軽に交流・連絡をとり、行事予定や展示会等、クラブ活動の様子をOBや一般の方にも見てもらうことで、陶芸部とOB会のさらなる活性化を目指すものです。 また、部員からの情報だけでなく、OBの方からの情報も載せていきますので、メールや掲示板に情報をお寄せください。
 
 
  島根大学陶芸部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここは島根大学陶芸部のホームページです。 時間と気持ちの許す限りご覧下さい。 トップ/陶芸部情報/活動風景/掲示板/作品など/リンク
 
 
  中央大学陶芸研究会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中央大学陶芸研究会のHPへようこそ!  こちらは、東京都内にある中央大学の大学公認サークル、中央大学陶芸研究会のHPです。 活動内容の紹介や、季節ごとの展示会などのイベント情報の掲示を行っています。 活動内容/年間行事/展示会/リンク/思い出
 
 
  愛知学院大学 陶芸部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私達、陶芸部の活動時間は主に4 限後。ですが特に時間が決まっているわけではないので、個人が好きな時間に活動ができます。未経験者の方も心配無用!先輩達が丁寧に教えてくれますよ。だいたい月に一度、作陶場にある大きな窯で泊まりこみで作品を焼きます。作った作品は秋の学祭で行う展示即売会で売ります。時間をかけて作った作品が売れると感動もひとしおです!
 
 
  自治医科大学 陶芸部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸部ではいつでも新入部員を募集しています! 自分のペースで練習できるので、兼部も全然可能です。一度部室にきて陶芸を体験してみませんか?!
 
 
  京都大学陶芸部 天山窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  こんにちは! ここは京都大学陶芸部のホームページです。 コンテンツは徐々に増やしていくつもりです。 ではでは、陶芸に興味ある方もそうでない方もどうぞごゆっくりしていってくださいね〜。…
 
 
  早稲田大学陶芸部 稲穂窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  〜戸山芸術展〜 / 〜手づくり陶器市〜 / 「三点展」「A to Z展」 / 新入生のみなさんへ / 新歓ブースについて
 
 
  広島文教女子大学陶芸部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  粘土を使って自由に作品を練り、窯を使って焼成するところまでを自分たちでやります。堅苦しいイメージがあるかと思いますが、ゆる〜い雰囲気でやっていくのでご安心を!
 
 
  大阪大学陶器同好会(陶芸部)のブログ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸部の日々の活動を記録していきます。気付いたこと・感じたこと等ありましたら、気軽にコメントしていただけると幸いです。
 
 
  YouTube - まわすぜ!陶芸部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - まわすぜ!陶芸部 【2013年7月5日取材】
 
 
  大学陶芸部 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大学陶芸部 の画像 - Google
 
 
陶芸展
箕浦 聡 鈴木 明 徳川時代になると、徳川家茶道指南役の大茶人・小堀遠州が茶器を作るために全国七ヶ所の窯元を選定しました。これが遠州七窯です。
  日本陶芸展 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本陶芸展(にほんとうげいてん。略称・日陶展。英名JAPAN CERAMIC ART EXHIBITION)は、1971年、毎日新聞社の創刊100周年を記念し、会派や団体にとらわれずに審査することを謳って始まった公募展である。 2年に1度開催され、伝統的な作品から、前衛的な作品、民芸、クラフト、プロダクトの実用的な作品まで、あらゆる陶磁器を対象とする全国規模の公募展は日陶展だけだ。
 
 
  日本陶芸展 − 毎日新聞社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本陶芸展は1971年、会派や団体にとらわれずに審査することをうたい始まった全国規模の公募展です。隔年で開催され、現代の日本の陶芸を代表するトップレベルの作品が一堂に会します。 公募部門は第1部(伝統部門)、第2部(自由造形部門)、第3部(実用部門)の三つに分かれます。伝統的な作品から、前衛的な自由な造形の作品、民芸・クラフト・プロダクトの実用的な作品などあらゆる陶磁器作品を対象としています。
 
 
  日本伝統工芸展 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本伝統工芸展(にほんでんとうこうげいてん)は日本工芸会主催の展覧会。 第一回展は1954年(昭和29年)、重要無形文化財(人間国宝)の指定制度とともに誕生した。 出品作品のうち特に優秀なものには日本工芸会総裁賞、NHK会長賞、日本工芸会奨励賞、高松宮記念賞、朝日新聞社賞、日本工芸会新人賞、文部科学大臣賞、日本工芸会会長賞、東京都知事賞、日本工芸会保持者賞が贈られる。
 
 
  出石磁器トリエンナーレ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出石磁器トリエンナーレ(いずしじきトリエンナーレ)は兵庫県豊岡市出石町で3年おきに開催される全国唯一の磁器だけを対象とする公募展。 1994年の「但馬・理想の都の祭典」で、出石焼の伝統がある出石町にて開催された磁器の全国公募展がはじまりでそれを第1回として以来、磁器芸術の振興と作家の育成のために3年に一度のトリエンナーレ方式で開催される。 作品は全国から寄せられており、海外からの参加者も多い。
 
 
  第5回出石磁器トリエンナーレの入賞作品が決まりました   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本人の生活に潤いをもたらす磁器の存在を再認識するとともに、磁器芸術の振興と作家育成のため、平成6年から3年ごとに開催している「出石磁器トリエンナーレ」。全国で唯一磁器だけを対象としたこの公募展には、毎回、全国からすばらしい作品が多数出品されます。
 
 
  朝日陶芸展 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝日陶芸展(あさひとうげいてん)は朝日新聞社主催の陶芸公募展。 第一回展は1963年(昭和38年)に行われた。2008年の第四六回展を最後に開催が中止された。
 
 
  中部の陶芸作家事典 - 幕末から現代作家までの陶芸家データベース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  愛知、岐阜、三重の陶芸家データベース約500人分収録。
 
 
陶芸家
  陶芸家 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸家(とうげいか)は、陶芸を生業とする者を指す。陶工とも呼ばれる。   日本の主な陶芸家/イギリスの陶芸家/韓国の陶芸家
 
 
  陶磁郎 陶芸家紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「陶磁部」「つくる陶磁部」に登場していただいた、現代を代表する陶芸家の作品および経歴を紹介しています。
 
 
  和陶器作家:一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  箕浦 聡/鈴木 明/加藤正也/加藤信太郎/加藤晃人/河合竹彦
 
 
  「陶芸家 江口勝美」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸家 江口勝美 - Google 検索
 
 
酒井田柿右衛門
  YouTube - 歴代酒井田柿右衛門作品展 福岡   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 歴代酒井田柿右衛門作品展 福岡
 
 
野々村仁清
  野々村仁清 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野々村 仁清(ののむら にんせい、生没年不詳)は、江戸時代前期の陶工。通称、清右衛門。 京焼色絵陶器を完成と言われている。丹波国桑田郡野々村(現・京都府南丹市美山町大野)の生まれ。若い頃は粟田口や瀬戸で陶芸の修業をしたといわれ、のち京都に戻り、正保年間(1644年 - 1648年)頃仁和寺の門前に御室窯(おむろがま)を開いた。  1 来歴 / 2 代表作 / 3 参考資料 / 4 関連項目
 
 
仁阿弥道八.1783/
  仁阿弥道八とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸末期の京都の陶芸を代表する陶工。正しくは2代高橋道八。高橋家は伊勢(三重県)亀山藩士の出身と伝え,初代道八(松風亭空中周平)のとき京都に出て粟田口に開窯した。2代道八は初代の次男で,名を光時といい,父の雅号松風亭を受け継いだほか,華中亭と号し,以後この号が高橋家の雅号として定着した。のち醍醐寺三宝院門跡から「阿弥」の号,仁和寺宮から「仁」の字を賜ったので仁阿弥を号として多く使うようになった。仁阿弥は,建仁寺近傍の奥田穎川の門を叩き磁器の研究を進める一方,楽焼や野々村仁清以来の陶器の伝統をも受け継いで作域を拡大した。
 
 
永樂保全.1795/
     
加藤春岱.1802/
  加藤春岱 とは - コトバンク    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生年: 享和2 (1802) 没年: 明治10.3.18 (1877) 幕末の瀬戸の陶工。赤津御窯屋の家に生まれ,幼名は宗四郎。幼いときから陶芸に秀で,文化13(1816)年15歳で父景典の跡を継ぎ,御深井焼にも参加した。30歳前後に11代尾張(名古屋)藩主徳川斉温から「春岱」の号を拝領したという。瀬戸で磁器を創始した加藤民吉に対し,陶器を守る春岱は,伝統の瀬戸焼に,赤絵や織部・志野の技も加え,陶胎に赤・白・黒で下絵付けした,いわゆる麦藁手にも長じていた。瀬戸焼では従来の伝統的な陶器を“本業”というが,春岱はその最後の名工のひとりである。作品には「春岱(花押)」と書き込み,伝統的な技術者であることを自負した。
 
 
  加藤春岱 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加藤春岱 の画像 - Google
 
 
  幕末の陶工 加藤春岱作 青織部の手鉢 - なんでも鑑定団   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末の陶工 加藤春岱作 青織部の手鉢 - なんでも鑑定団
 
 
  加藤春岱 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加藤春岱 の画像 - Google
 
 
  加藤春岱 【かとう・しゅんたい】 - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生年: 享和2 (1802) 没年: 明治10.3.18 (1877) 幕末の瀬戸の陶工。赤津御窯屋の家に生まれ,幼名は宗四郎。幼いときから陶芸に秀で,文化13(1816)年15歳で父景典の跡を継ぎ,御深井焼にも参加した。30歳前後に11代尾張(名古屋)藩主徳川斉温から「春岱」の号を拝領したという。瀬戸で磁器を創始した加藤民吉に対し,陶器を守る春岱は,伝統の瀬戸焼に,赤絵や織部・志野の技も加え,陶胎に赤・白・黒で下絵付けした,いわゆる麦藁手にも長じていた。…
 
 
宮川香山.1842/
     
三浦小平ニ.1933/
  三浦小平二 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  略歴: 新潟県佐渡郡相川町(現在の佐渡市)出身。生家は佐渡無名異焼の窯元であり、三代常山の孫、三浦小平の長男として生まれた。1955年東京芸術大学美術学部彫刻学科を卒業後、加藤土師萌の元で青磁の伝統技法を学ぶ。 1969年に中近東や東アフリカ、1978年に中国・モンゴルなどアジア各国を巡り、各国の磁器の研究や自らの作品への投影に励んだ。特に、古代中国の皇室御用達であった国営陶磁器製作所が生み出す南宋官窯に強い影響を受け、目標としながら研究を重ねた。その末に佐渡の朱色の土を下地とした器に青磁釉をかけるという独特な技法を開発する。
 
 
  三浦 小平二 - 知足美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新潟県佐渡市 (旧 佐渡郡相川町) 出身: 青磁を得意として、赤い土に青磁釉を施し貫入のある作品、青磁の一部に豆彩の技法を用いて人物・風物を絵付けした作品に特色がある。また器形にも独自の意匠が感じられ、確立された陶技のもとに現代的感覚が伝わる。
 
 
  三浦小平二 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三浦小平二 の画像 - Google
 
 
  三浦小平二の作品一覧 - 公益社団法人日本工芸会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公益社団法人日本工芸会は、無形文化財の保護育成のために伝統工芸の技術の保存と活用、伝統文化向上に寄与することを目的としています。三浦小平二(みうらこへいじ)の作品一覧をご覧いただけます。
 
 
稲葉直人.1960/
  伊賀土鍋 陶芸家 稲葉直人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶の哲学 ・・・とうのてつがく   和風だけではなく、また洋風だけでもない 何か別の物、一つの固定概念から抜けて 今までとは違う、自分なりのものものが出来ればいい・・・
 
 
世良彰彦.1960/ 
  陶芸作家 世良彰彦 (上野焼)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上野在住で日展作家として活動をし個性的なフォルムとオリジナルデザインの作品や陶板をご紹介しております。
 
 
羽鳥誠/
  羽鳥誠 伝統への対峙   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸家、羽鳥誠の陶と異素材の作品かから、、
 
 
陶芸教室 (東日本)
陶芸教室・ギャラリー  陶芸教室 有楽斎
  陶芸教室・ギャラリー 簿加梵 (ぶぁかぶぉん) <札幌市西区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸教室を札幌でお探しの方に、陶芸を楽しむための本格的な設備と親身な指導、初心者大歓迎。 札幌の陶芸教室の中では随一を誇る豊富な設備と親身な指導が自慢の教室です。すべての年代の方に適応した気くばり指導で、札幌近郊の方に陶芸の楽しさを存分に味わっていただけます。50名を超える生徒さんが陶芸を楽しんでいます。 (札幌市西区発寒)
 
 
  陶芸教室ちゅうばちKids noblog <青森県五所川原市>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いやはやここのところ忙しくて子供達の作品を全くアップ出来ずにいました。みんなゴメンね。今回はタタラ作りの花器をご紹介します。
 
 
  天神焼研究室 「陶阜廊 tofuro」 <秋田県鹿角市>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「初めての方」「近くの観光地へご旅行中の方」「帰省中の方」「夏休みや冬休み中の宿題作品を作りたい方」「地元の方」 (秋田県鹿角市八幡平)
 
 
  陶芸のよこやま <栃木県芳賀郡>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸/陶器ショッピング/カフェ/休日を益子で満喫してみませんか? 自然たっぷりの教室で陶芸体験してみませんか?焼き物の古里、栃木県益子町にある陶芸教室のご案内です。大人気の陶芸ろくろ体験・陶芸手びねり体験など・・・益子焼の窯元で存分に陶芸をお楽しみください。 (栃木県芳賀郡益子町益子)
 
 
  暮坂陶芸研修センター <群馬県吾妻郡六合村>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  群馬県の温泉とスキー場の近く、六合村の高原にあります。近くに草津温泉.尻焼き温泉.四万温泉.万座温泉.沢渡り温泉などがあり(20分〜40分)優しく丁寧でしかも本格的な指導により、楽しく陶芸を体験できます。 (群馬県吾妻郡六合村赤岩)
 
 
  陶芸教室  燿 (よう) <埼玉県富士見市>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸教室&フラワーデザイン あなたの大切な時間を有意義にすごしませんか! 世界でただひとつのあなただけの器を作ってみませんか! 当クラブは自由な時間で自由な作陶を心掛けています! あなたの作品をたっぷりの時間の中で自由に作って下さい! (埼玉県富士見市勝瀬)
 
 
  ようこそ遊心窯へ <千葉県四街道市>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楽しい仲間達と各人の個性を大切にした作陶に努めています。 仲間達が楽しく作陶している様子と各人の作品をどうぞごゆっくりご覧下さい。 (千葉県四街道市)
 
 
  アートファクトリー陶芸教室 <千葉県習志野市>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  普段使いの湯呑、晩酌に使う徳利、食卓に並べるお皿たち。そんな器をご自分で作ってみてはいかがですか? 初心者の方でも出来るように丁寧に指導いたします。まずは肩ひじ張らずに、気軽にいらっしゃいませんか! (千葉県習志野市津田沼)
 
 
  陶芸教室・工房 陶沁土 (とうしんど)<千葉県市川市>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  こちらは千葉県市川市にある陶芸教室・工房です。 講師は、各展覧会で活躍中の陶芸家・稲嶺昇(いなみねのぼる)です。 オリジナル釉薬を使った作品を日々制作しており、教室運営も行っています。陶芸を日々の生活に取り入れて楽しみたい方から、プロを目指す方まで対応できる本格的な陶芸教室を開催しています。 (千葉県市川市須和田)
 
 
  都会と共生するやきもの作りを創発する 彩泥窯 (東京都港区・千葉県市川市)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会員向け陶芸教室:日本の伝統文化「陶芸」を基礎から学ぶ
 
 
  日本橋陶芸倶楽部 <東京都中央区>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京 陶芸教室で陶芸を楽しみながら隠れた才能を発掘してみませんか? 東京のど真ん中 日本橋の日本橋陶芸倶楽部  ちょっとだけやってみたい? OK!まずは軽い気持ちで始めましょう 自分が作った作品。 焼き上がるまでワクワクしてしまう。 出来た!・・・私って天才かも・・・ 不器用だと思い込んでいた人から味わいのある作品は生まれるのです。 講師 村本照代  (東京都中央区日本橋)
 
 
  ゆしま陶芸倶楽部 <東京都文京区>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作家陶器専門店<ゆしま陶助>直営  プロの陶芸家が基礎から教える本格陶芸教室 (東京都文京区湯島)
 
 
  日本陶芸倶楽部 <東京都渋谷区>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本陶芸倶楽部は財界人で茶人の松永安左衛門氏を初代会長に、哲学者で茶人の谷川徹三氏を初代理事長に迎え、誰でもが陶芸を学ぶことができる場所と良き指導者を提供し、「アマチュア陶芸の振興と普及」を目的として、昭和42年(1967年)5月発足しました。 陶芸の魅力に引き込まれ、創造する喜びを求めて人々が集い、今日まで多くのアマチュア陶芸家が誕生しています。 (東京都渋谷区神宮前)
 
 
  陶芸教室 有楽斎 <東京都渋谷区>     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  器を作ってみたいけど私に出来るかしら。陶芸を習ってみたいけど、自信がないわ。などと思っているあなた・・・・・・。忙しい毎日の仕事の後、心の癒しが必要なあなた。土に触れ形作る過程で遠いおさないころの無邪気な心に帰り身も心も癒されます。お一人で、親しい友達と、会社の仲間でどうですか。2回の体験で世界に1つしかないあなたの器が出来上がってきます。 (JR新宿駅南口徒歩3分)
 
 
  tougeizanmai.co.jp <東京都新宿区>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このカップは、細井さんのひも作りでの第2作目なのですが、いい形に出来ています。 いや、形ばかりでなく、厚み、取っ手の形、釉薬のかかり具合、どこをとってもいい出来ですし、実用的にも使いやすそうです。すばらしい作品が出来上がれば喜びも倍増。 さらに、家に持って帰ってからは使う楽しみもあります。 (東京都新宿区大京町)
 
 
  一穂窯 新宿陶房 <東京都新宿区>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  コースのご案内 / 作品の紹介 / 陶房NEWS / 地図・問い合せ / 陶展風景 / 写真アルバム / リンク集 / 歴史人物占い / 性格・相性占い (東京都新宿区西新宿)
 
 
  美山陶房 四谷陶芸教室 <東京都新宿区>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  皆様に充実した陶芸ライフを過ごして頂くために快適な空間と本格的な設備をご用意!美山陶房は皆様の充実した陶芸ライフを応援し続けます。当教室の粘土及び織部(釉薬)には、陶芸家[寺田康雄]先生の陶芸教室、瀬戸・美山陶房 陶芸教室と同じものが常備用意されています。 (東京都新宿区四谷)
 
 
  祖師谷陶房 <東京都世田谷区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  祖師谷陶房は、世田谷区祖師谷にある陶芸教室です。まわりを梅林などに囲まれた静かな環境で、現在約100名の受講生が陶芸を愉しんでいます。講師は皆、第一線で活躍する現役陶芸家。本物の技術を身近に感じながら、成形から絵付けに至るすべての工程を体験できます。作家のアトリエも兼ねる教室は、設備も充実。編集デザイン工房としても、数多くの陶芸関連出版物の制作に携わっています。 (東京都世田谷区祖師谷)
 
 
  陶芸教室松原工房 <東京都世田谷区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  〜自分で造り、自分で使う  自分が造り、誰かが使う〜 土に触れてみたい 安らぎの時間が欲しい 自分自身の器を作りたい  当教室では厳選された粘土を取り寄せ全て自家製の釉で あなただけのオリジナルな焼き物が作れます
 
 
  陶芸教室・ギャラリーおいしい器 <東京都世田谷区>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京王線・東急世田谷線下高井戸駅・世田谷の陶芸教室・ギャラリーおいしい器のサイトへようこそ。おいしい器では陶芸を通してコミュニケーションの場を提供致します。 (東京都世田谷区赤堤)
 
 
  江古田陶房 <東京都練馬区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京都練馬区の江古田にある陶芸教室です。当陶芸教室では、各個人の陶芸に求めるものの違いと、その人が持っている感性を大切することを第一に考え、 陶芸を通し「もの作りの楽しさ」が味わえることを目指しております。ぜひ、当陶芸教室で陶芸の楽しさを味わってください。 (東京都練馬区旭丘)
 
 
  池袋陶芸教室 <東京都豊島区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸.com 池袋教室は池袋駅から徒歩0分と近く、広々とした明るい陶芸教室です。講師陣は若手の陶芸家を中心としていますので、明るい雰囲気で気軽に楽しみながら早く上達することが出来ます。 (東京都豊島区西池袋)
 
 
  陶芸教室 ポティエ potier <東京都豊島区>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  とても小さな教室です。その分、自由に楽しく、のびのびと作陶できます。 武蔵野美術大学 陶磁コース卒業 講師 手塚美弥 (東京都中野区江原町)
 
 
  陶芸教室東京竜泉窯 <東京都台東区>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  あなたの「作りたい」を応援します。 微妙なニュアンスを持つやきものの奥深さや面白さを、十分楽しんで頂くために、自家調合した釉薬や全国から取り寄せた粘土など、豊富な材料をご用意しています。また、陶芸が全く初めての方から現在窯をお持ちの方まで、個人のレベルに合わせた幅広いカリキュラムを用意しています。簡単に作れて奥深い、やきものの魅力に触れてみませんか? (東京都台東区竜泉)
 
 
  陶芸工房 一閑 <東京都中野区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸工房一閑では、陶芸の世界を、少しでも皆様に親しんでいただけたらと 1985年ごろから陶芸教室をはじめました。 現在30数名の方々が、制作に通われています。 初めての方にはわかりやすく丁寧に、ベテランの方にはその思いに合わせて、自由に各々のペースで楽しく制作できるようにと思い指導しております。 (東京都中野区南台)
 
 
  深大寺陶芸教室 <東京都調布市>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  緑あふれる深大寺から作陶の楽しさをお届けします どなたにも使って頂けるようにバリアフリーを考え段差をなくしエレベーター、車椅子対応トイレを備えました。梁と柱の気持ちよい木造の陶房で、粘土作りを心ゆくまでお楽しみ下さい。 (東京都調布市深大寺) 
 
 
  アトリエ方丈庵 <東京都日野市>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Welcome to our atelier 〜アトリエ方丈庵へようこそ〜 野市豊田にある小さな陶芸工房、アトリエ方丈庵は貴方の創作意欲を応援します。 やきものを始めてみたいと思っている方、是非一度庵をお訪ね下さい。 (東京都八王子市)
 
 
  陶房ACT <東京都八王子市>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶房ACT(アクト)は西八王子にある少人数制(定員10名)の小さな陶芸教室です。 初心者の方から上級者の方まで満足していたただける技術内容と設備で皆様の作陶をサポートをいたします。 カリキュラム制でしっかりとした基礎を学んでもらい、より自由自在に作陶できることを目指します。 (東京都八王子市散田町)
 
 
  陶芸教室 相原陶芸倶楽部 <東京都町田市>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京都町田市相原にある陶芸教室です。初心者の方、年齢を問わず陶芸できます。相模原・橋本・城山・津久井・八王子・多摩 地域の方是非に!!大人の土いじり 物を作る楽しさ 趣味をご一緒に増やしましょう! (東京都町田市相原)
 
 
  横浜で陶芸・オルト陶芸教室 <横浜市神奈川区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横浜で陶芸体験 初心者でも大丈夫 世界に一つ、手作りの素敵な器を作りませんか 陶芸には興味があるけれど難しそう、と思われていませんか?みんな経験豊富な人ばかりなんだろうな? などと躊躇されていたり、今まで陶芸をやるチャンスがなかった皆様、先ずは陶芸体験してみませんか (横浜市神奈川区入江)
 
 
  花と陶芸のマギースタジオ さくら窯 <横浜市神奈川区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横浜西口から徒歩6分の陶芸教室(きた西口 徒歩5分) 新コーススタート! 忙しい方のための「20時からの電動ろくろマスターコース」 土日・祝日も休まず営業しています (横浜市神奈川区台町)
 
 
  悠楽窯 <神奈川県三浦郡葉山町>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新規講座【短期手びねりクラス】開講しました。3ヶ月全6回完結で一日陶芸よりもう少し陶芸を楽しみたい方にお勧めの講座です。(神奈川県三浦郡葉山町)
 
 
  つちつち陶芸教室 <神奈川県相模原市>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  相模原市のアカセ・クレイワーク・スタジオ(陶芸教室・陶芸工房)です。赤瀬圭子の作品・陶芸教室/英会話と陶芸教室/盆栽と陶芸教室・手作りオカリナ教室・当陶芸教室に関係するイベント・陶芸の展覧会の情報などを紹介しています。 (神奈川県相模原市)
 
 
  K's 工房 <山梨県南都留郡富士河口湖町>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森の中の工房には、自由な発想でつくられたユニークな器が並ぶ。体験教室では、陶芸家・渡辺和枝さんの気さくなトークとアドバイスで、土の感触を楽しみながら思い思いのイメージを形にすることができる。土の種類や釉薬が選べるなど、さまざまな希望にもできるかぎり応えてくれる。自然に囲まれて陶器づくりに熱中....なんだか芸術家気分! 河口湖 陶芸・体験・教室 &ギャラリー (山梨県南都留郡富士河口湖町大石)
 
 
  陶芸体験たわん <長野県南佐久郡南牧村(野辺山高原)>     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長野県 八ヶ岳 野辺山高原  八ヶ岳野辺山高原の自然を満喫できる少人数制の陶芸体験たわんは陶芸電動ろくろ体験、陶芸手びねり体験、陶芸幼児コース、2名様より貸しきり陶芸体験を開講中!どうぞお気軽にお越しください。 (長野県八ヶ岳野辺山高原 )
 
 
  北陶 <石川県金沢市>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『北陶』は金沢の加賀百万石藩老本多安房守の下屋敷跡の庭園内に工房があります。 この庭園は、兼六園の手本ともなり、街の中心部とは思えない、静かで自然豊かな環境です。 「春」には透通るような若葉、「夏」には近年あまり耳にしなくなった蜩(ひぐらし)の鳴き声、「秋」には紅葉、「冬」には真白な雪と寒さに耐える木々達が造り出すモノトーンの世界。 見る人、見る時によって様々な表情を見せてくれる空間です。 (石川県金沢市本多町)
 
 
  越前町 福井県陶芸館 陶芸教室 <福井県丹生郡越前町>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本六古窯のひとつに数えられる越前焼きの振興を目的として昭和46年に開館しました。陶芸館には見る資料館、作る陶芸教室、使う茶苑憩う日本庭園の4つの施設があります。陶芸教室では越前の土を使ってやきもの作りが楽しめます。ご利用を希望される方は、お電話で予約して下さい。ご利用後の作品の完成までに約1ヶ月かかります。作品は実費で宅配することも出来ます。 (福井県越前町小曽原)
 
 
陶芸教室 (西日本)
ろくろ体験工房 遊器陶舎 ろくろ体験工房 遊器陶舎 陶芸教室  とよとみ陶芸
  宗陶苑 (そうとうえん) <滋賀県甲賀市信楽町>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  巨大のぼり窯故の持ち味とも言える豪快な「灰被り」。 信楽焼独特の荒めの長石、珪石が焼けて露出し、 とろけたり、周りに亀裂を生じさせたり、松割木の灰が一体となり変化を生じさせます。しかし、薪が落ちるすぐそばへの窯詰めのため、焼成中に破損等の危険性があります。 (滋賀県甲賀市信楽町)
 
 
  遊器陶舎(ゆうきとうしゃ) <滋賀県甲賀市信楽町>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  やきものの町信楽で作陶体験してみませんか? 手ひねりで作る手軽な作陶から電動ろくろによる本格的な作陶と、 あなたにあったコースから選べます。初めての方はもちろん経験者の方でも・・・特別なカリキュラム等はございません。音楽を聞きながらゆっくりと自分だけの器を作りませんか? (滋賀県甲賀市信楽町) 
 
 
  陶芸教室 水茎焼 陶芸の里 <滋賀県 近江八幡市/長浜市>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸教室で自分だけの器を作ってみませんか。「水茎焼」の 陶芸教室なら親切丁寧。初めての方でも大丈夫! 陶芸教室は 陶芸の里(近江八幡市)と ほっこくがま(長浜市)の2ケ所です!  水茎の岡の葛葉を吹きかへし 面知る子等が見えぬ頃かも(万葉集 巻12-3068) (滋賀県近江八幡市中ノ庄町/滋賀県長浜市元浜町)
 
 
  堀井陶芸 <名古屋市西区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堀井陶芸のホームページそにようこ。このページで堀井 隆、倫子の陶芸作品と主宰する陶芸教室の紹介をします。楽焼き<アメリカン・楽>、野焼きのページも充実しました。 (愛知県西尾市室町)
 
 
  陶芸教室 とよとみ陶芸 <名古屋市中村区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名古屋市の陶芸教室とよとみ陶芸です。一緒にろくろを回しておしゃれな自分だけの陶器を作りませんか?陶芸は幅広い年齢の人が楽しめます。基礎から本格的に学びたい人も、ちょっと経験してみたいという人も・・・大歓迎です!!1日体験教室もありますのでまずは体験されてみては? (名古屋市中村区藤江町)
 
 
  陶芸教室 黒窯 (くろがま)<名古屋市東区>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒窯では一度も陶芸をしたことがない初心者からさらに深く技術を磨きたい経験者の方まで楽しく作陶しています。年齢は10代の方から70代の方まで幅広い方々が、入会しています。あなたも今人気の陶芸で充実した余暇を過ごしませんか。日常使う食器から花器、装飾品、灯りなど、ご自分の作りたいものを作っていただけます。 (名古屋市東区黒門町)
 
 
  陶芸教室 遊楽 <京都市西京区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都の陶芸教室遊楽は阪急桂駅前にある女性が教える陶芸教室です。陶芸体験もできますので初心者の方もお気軽にどうぞ  HOME / 教室案内 / 作品 / 趣味・プロフィール / LINK / お問い合わせ (京都市西京区)
 
 
  晋六陶芸館へようこそ♪ <京都市/岩倉>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸を楽しみましょう♪ 京都市内の北の方・岩倉にある陶芸館です。ペリカン急須をはじめ、個性的な陶器を多数展示販売しております。また3階では 会員制の陶芸教室から一日体験の陶芸教室を開催しています。 一日体験陶芸教室で手作りのおみやげは如何ですか?手回しろくろで素敵な器ができちゃいます♪ (京都市北の方岩倉)
 
 
  京都で粘土からの創作陶芸体験 森陶器館 <京都府 &raquo; 東山・祇園・八坂>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都の定番!清水焼の伝統体験 世界に一つだけのオリジナル陶器を作ろう : 創作陶芸では、マグカップ、御飯茶碗、お皿など、作品に適した量の粘土を選択して頂き、手回しのろくろを使い創作していただく事が出来ます。粘土は600g、又は1kgからお選びいただけます。
 
 
  京橋陶芸教室 <大阪市都島区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自作の器を暮らしの中で使う喜びを あなたも味わってみませんか?  “京橋陶芸教室”では、生活を豊かに彩り、潤いを与えてくれるオリジナルの形、色彩・・・そんな陶芸作品の創造を目指します。
 
 
  すばる陶芸教室 <大阪市平野区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  やきものを 見る 造る 使う 楽しみ 造りたいものを自由に造っていますので、一つの窯には様々なものがつまっていて窯だしの時、おしゃべりがはずみ、次の構想がふくらみ、わくわくします。時には、自作の器をもちより、自慢の料理をもって酒宴もします。 (大阪市平野区喜連)
 
 
  陶芸クラブ 桃久李 <大阪市阿倍野区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  入会したその日から電動リクロで自由に作陶  きまったカリキュラムはありませんがその人その人にあった方法を一緒に相談しながらステップアップしていきます。
 
 
  陶芸教室 堀越陶房 <大阪市天王寺区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大阪の天王寺で陶芸教室をひらいてもうすぐ10周年です^^ 手びねり体験、電動ロクロ体験、ブライダルギフト体験大好評受付中 新規ご入会も受付中。やきものに囲まれた楽しい生活♪ 陶芸するなら設備の整った教室で!(大阪市天王寺区堀越町)
 
 
  年代を問わずに楽しめる陶芸教室 美遊窯 <大阪市天王寺区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  土と人がもたらすやすらぎの時間 結婚式・クリスマス・父の日・母の日などの各種お祝い事に手作りの陶器はいかがですか? (大阪市天王寺区味原町)
 
 
  釉 陶芸教室 <堺市堺区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸が初めての方から、陶芸の経験者の方まで丁寧に指導いたします。釉陶芸教室は、南海高野線堺東駅から歩いて5分、駐車場もあります。予約制で少人数なのでゆったりお稽古ができ、カリキュラムに沿って基本を学びながら上達していきます。もちろん自由製作も丁寧に指導します。土、日、祝日も予約できます。 (大阪府堺市中向陽町)
 
 
  陶芸工房 陶源 いばらき教室 <大阪府茨木市>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸なんてかんたん!かんたん♪ 「泥遊び」「ねんど細工」そんなものは子供のする遊び? いいえちがいますよ、大人になって忘れてしまっているだけです。 もういちど思い出してみませんか、無心でうちこめたあの頃のことを? (大阪府茨木市並木町)
 
 
  ちちんぷい陶芸教室 <東大阪市三島/大阪市東淀川区豊新>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ちちんぷい陶芸教室はあなたの作品に新たなテイストをプラスしてくれる教室です。東大阪教室と大阪市東淀川区の上新庄教室のご紹介 (東大阪教室::東大阪市三島/上新庄教室:大阪市東淀川区豊新)
 
 
  陶芸教室 merryha-ha <神戸市中央区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  merryha-haでは『夏の器』作りが始まりました。白や水色やグリーンなど、涼しげな色の器が増えてきました!毎年人気なのが、「そうめん鉢」「そばちょこセット」「ビアマグ」「蚊取り線香ホルダー」「デザートボウル」等です。ドットやストライプなどの模様にもチャレンジしてくださいね* (三宮教室:神戸市中央区加納町/梅田教室:大阪市北区芝田)
 
 
  陶芸教室やました工房 <神戸市東灘区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  兵庫県神戸市東灘区の静かな住宅街にある陶芸教室です 自分のペースで自由な時間に自由に制作できます。陶芸の基礎から学ぶ課程も用意。初心の方でも大丈夫です。作品が理想の形になるようにサポートいたします。陶芸1日体験もご用意しております。両親や友達へのプレゼント、陶芸の腕試しなど、遊び感覚で気軽にご利用ください。 (神戸市東灘区西岡)
 
 
  神戸芸術学林 陶芸教室 <神戸市長田区>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  兵庫県神戸市長田山手の本格設備の陶芸工房 初心者の方からいろんな技法を学びながら作陶を楽しんでいただける教室です (神戸市長田区片山町)
 
 
  陶芸教室  [leplat] <兵庫県川辺郡猪名川町>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楽しめるかどうかは、想像を日常に取り入れ、使えるかどうかにかかっている。だからleplatは、想像を`使えるカタチ`に変える器でありたい。楽しむために、どうぞleplatを使ってください。 (兵庫県川辺郡猪名川町)
 
 
  陶芸体験・陶芸教室・楽しいうつわ来待窯 <島根県松江市>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島根県松江市宍道町来待にある夢工房・来待(きまち)窯は体験できるとても楽しい陶芸工房です。来待から産出される来待石のミュージアム来待ストーンの中にあります。 (島根県松江市宍道町)
 
 
  さぬきの窯元 讃窯 (さんがま)<香川県東かがわ市>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  香川県の「自然ゆたかな陶芸の郷」讃窯(さんがま)と陶芸家・田中保基の作品紹介のサイトです。初心者の方にも丁寧に基礎から指導します。まず手びねりで湯呑、飯碗、カップや、絵付けなどの基本を学んで頂き、その後「ろくろ」、「自由成形」へ進みます。 (香川県東かがわ市水主)
 
 
  九州の陶芸体験・陶芸教室のプラン一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九州で体験できる陶芸体験・陶芸教室のプラン一覧 です。 アソビューは、九州にて陶芸体験・陶芸教室が体験できる場所を取り寄せ、価格、人気順、エリア、クーポン情報で検索・比較し、あなたにピッタリの陶芸体験・陶芸教室を九州で体験できる企業をご紹介する、国内最大級のレジャー検索サイトです。記憶に残る経験をアソビューで体験し、新しい思い出を作りましょう!
 
 
日本六古窯
日本六古窯「越前焼」の専門店「越前焼.com」へようこそ。 「日本六古窯」湯呑セット - 公益財団法人岡山県学校給食会 日本六古窯の立地
  日本六古窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本六古窯は中世六古窯のことで、最近の研究では中世二十数窯とも言われ、その数は増えている。しかし、 かって言われていた日本六古窯は中世の代表的な窯に変わりはなく、ここでは、六古窯つまり、信楽、備前、 丹波、越前、瀬戸、常滑の窯場について説明する。その前に、中世古窯の全ては須恵器、土師器、瓷器のいず れかの系列に属しているので、先ずその説明からはじめる。
 
 
  六古窯 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本六古窯(にほんろっこよう)とは、日本古来の陶磁器窯のうち、中世から現在まで生産が続く代表的な六つの窯の総称。朝鮮半島や中国からの渡来人の技術によって開始された近世からの窯とは区別される。 意義/産地/関連項目/日本六古窯サミット
 
 
  日本六古窯の紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  やきものの始まりは土器です。わが国では、日本列島にいた先住民族が縄文土器という独特なやきものをつくりました。それが弥生式土器、土師器、須恵器という発達段階をへて、鎌倉時代になるとそれまでより高温で焼いた本格的な陶器がつくりはじめられました。 瀬戸(愛知県瀬戸市)/常滑(愛知県常滑市)/越前(福井県丹生郡織田町・宮崎村)/信楽(滋賀県甲賀郡信楽町)/丹波(兵庫県多紀郡今田町立杭)/備前(岡山県備前市伊部)
 
 
  土と焼けとの不思議な関係   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  六古窯(越前、常滑、瀬戸、信楽、丹波、備前)はそれぞれの土地で、その地ならではの気候風土の特色を生かしながら、独自の地方文化を支えてきました。焼成法は同じでも、土が異なると焼けにはどんな違いが表れるのでしょう?
 
 
  日本六古窯 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本六古窯 の画像 - Google
 
 
瀬戸焼 (愛知)
瀬戸焼  ふくし窯 瀬戸焼 (愛知) T茶道具 抹茶茶碗 瀬戸焼 仁清写しおけいこ茶碗 地紙草花(じがみそうか) 
  瀬戸焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瀬戸焼(せとやき)は、愛知県瀬戸市とその周辺で生産される陶磁器の総称。日本六古窯の一つ。東日本で広く流通し、瀬戸物は陶磁器を指す一般名詞化した。  1 概略史 / 2 瀬戸焼に使われる主な釉薬 / 3 脚注 / 4 関連項目 / 5 参考文献 / 6 外部リンク
 
 
  瀬戸焼のこころ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瀬戸焼、瀬戸物は、現在の愛知県瀬戸市周辺で作られた焼きものです。瀬戸エリアで焼きものが作られ始めたのは古墳時代までさかのぼります。 一番の特徴は、うわぐすり(釉薬:ゆうやく)がかけてあることです。鎌倉時代にうわぐすりをかけた焼きものを作っていたのは、瀬戸が唯一だったようです。 瀬戸焼の釉薬は、平安時代の灰釉に始まり、鎌倉期の鉄釉、古瀬戸釉、桃山期の黄瀬戸、志野、織部へと広がって行きました。 瀬戸焼、せともの(瀬戸物)の観光・お買物ポータルサイト
 
 
  瀬戸焼  陶器堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瀬戸焼 七福神/瀬戸焼 まねきねこ/瀬戸焼 縁起物その他/瀬戸焼 干支(羊)ひつじ
 
 
  瀬戸焼  ふくし窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瀬戸焼の「陶房 ふくし窯」です。当店では”心なごむ、ホッとするような”和食器とふくろうの陶器を作っています。土の温かみが伝わる、味わい深いやきものを窯元から直接お届けします。
 
 
  瀬戸焼窯元 麦山窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「麦山窯(ばくざんがま)」は、愛知県瀬戸市にある瀬戸焼の窯元です。弊社オリジナル商品の在庫を常に確保することにより、お客様のご希望時に合わせて商品を短納期・小ロットよりご販売いたしております。
 
 
  越中瀬戸焼 枯芒ノ窯 (2015/5/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第4回越中瀬戸焼「かなくれ会」陶芸展も今日で3日目です。土曜日、日曜日と沢山の御来場ありがとうございました。… 沢山の人に支えて頂いている事をいつも再確認させてもらえる展覧会です。 感謝いたします。 枯芒ノ窯 (かれすすきのがま): 北村 風巳 (キタムラ フミ)
 
 
  瀬戸市美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瀬戸市美術館は陶磁器はもちろんのこと、絵画、彫刻等美術作品全般の展示を行っています。 オープン以来、常設展のほか、地元作家を中心とする様々な企画展を 開催しながら瀬戸市の文化情報の発信を行ってきました。 また収蔵品は瀬戸市にゆかりの深い作家を中心に陶芸・絵画・彫刻等約1000点を数えます。  施設概要/企画展情報/書籍のご案内/アクセス
 
 
  瀬戸焼歴史年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  器道楽ドットコム提供
 
 
  瀬戸焼振興協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一般的に「せともの」といえば陶磁器にかわる言葉として広く使われているように、伝統的工芸品に指定されている「赤津焼」や「瀬戸染付焼」などをはじめ、古くから日本全国はもとより世界の人々に愛され親しまれてまいりました。陶業開花の日より今日に至るまで、瀬戸は、伝統的な技法を礎にしながら、常に新しいものを生み出す気運に満ち溢れ、時代を捉えたやきものを生みだしています。
 
 
  瀬戸焼の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瀬戸焼の画像 - Google
 
 
常滑焼 (愛知)
常滑焼3-768楽七 赤釉抹茶々碗(化)  間宮朱泥壷型竹急須【常滑焼】 常滑焼 陶製茶こし急須 憲児作 セラメッシュ 280cc YI--Y-317
  常滑焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  常滑焼(とこなめやき)は、愛知県常滑市で焼かれる陶器。 平安末期、猿投窯南部の灰釉陶窯の南下に伴い形成された。1200基以上の古窯が存在する地でも知られる。 鎌倉時代には素朴で力強い壺、甕など大型日用雑器を生産し、広く太平洋沿岸で流通した。江戸時代、伊奈両三郎、上村白鴎などの名工が出て酒器などに技を振るった。現在は土管、タイルなどを生産している。  1 概要 / 2 地理・地域 / 3 歴史 / 4 人口 / 5 政治・行政 / 6 経済・産業 / 7 生活・交通 / 8 文化・スポーツ / 9 観光 / 10 愛知県を舞台とした作品 / 11 愛知県出身の人物 / 12 脚注 / 13 関連項目 / 14 外部リンク
 
 
  常滑焼の歴史と流れ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  常滑は、古代・中世から現代に至るまで、日本の窯業地の中でも大規模な産地のひとつです。12世紀のはじめに愛知県東部の猿投窯(さなげがま)の技術を継承して知多半島に広がっていった窯業産地は、半島の中央部に広く展開し、やがて、中世最大の窯業地へと発展していきました。
 
 
  常滑焼協同組合 (匠の里)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平安時代末期(12世紀)には、常滑を中心にして知多半島の丘陵地 のほぼ全域に穴窯が築かれ、山茶碗や山皿、壷などが作られました。この 時代に作られた焼き物は、一般に「古常滑」と呼ばれています。当時、焼 き物を作っていたところは、「日本六古窯(常滑、瀬戸、信楽、丹波、備 前、越前)」と呼ばれていますが、中世常滑窯は、その中でも最も大きい 生産地でした。 常滑焼について/とこなめ焼組合の概要
 
 
  常滑焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  まねきねこ・急須・鉢・陶器で有名な常滑焼は千年の歴史を持つ六古窯の1つ。 原料に含まれている鉄分を赤く発色させるのが特徴となっています。土肌を生かした製品、釉薬(ゆうやく)を施した製品等々の色々な製品が揃っています。 鉄分を多く含む陶土を、釉薬をかけずに堅く焼き締めたオレンジ色の朱泥(しゅでい)の急須は、常滑焼を代表するやきもの。  常滑焼とは/常滑焼の特徴/常滑焼の歴史/アクセス/常滑焼作家/焼き物散歩道
 
 
  春日園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  急須と日本茶の専門店「春日園」は「常滑焼急須」と「万古焼急須」が豊富な通販専門店です。
 
 
  常滑焼 急須   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  常滑焼といえば、やっぱり急須ですね。湯切れの良さや使いやすさには、定評があります。常滑焼と知らずに、お使いの方もいらっしゃるのでは?最近はさらに、使い勝手を追及した新機能急須もあるんです。
 
 
  現代の常滑焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和戦後期から平成にかけての常滑焼です。産業としては陶管からタイル、そして手作り技法から鋳込み技法、石炭窯からガス窯や電気窯に、陶芸にも伝統的な陶芸に加えて前衛陶芸までいろんなスタイルが生まれてきた時代です。伝統的な常滑焼の陶芸家である山田健吉先生と昭和戦後期に活発になった抽象彫刻の流れを引く新しい陶芸をリードしてこられた澤田重雄先生の写真を載せさせていただきました。
 
 
  中世の常滑焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  窯について/編年について/六古窯について/甕の出現/壷のいろいろ/変わり耳の壷/鳥の刻画文壺/丘陵と内湾/刻画文について/刻文について/成形技法について/不思議な水指/山茶碗/片口鉢/小碗・小皿・山皿/陶錘/陶硯/伝説/羽釜/渥美と知多/赤羽・中野編年
 
 
  片岡陶楽氏の陶彫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  犬山市針綱神社の神馬像:針綱神社は国宝犬山城のすぐ下にある。神馬は雲の上を駆ける姿で、「天馬」と言っても間違いでない。 犬山市天満宮の臥牛像/半田市常楽寺の勢至丸御影像/十一面観音像
 
 
  常滑焼の検索結果   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  常滑焼の検索結果
 
 
  常々楽 (じょじょらく)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  急須・常滑焼の専門店 匠の両手が造る“用と美”の一品
 
 
  常滑焼 (とこなめやき)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中世の常滑焼:中世常滑焼は14世紀の後半に大きく変化します。前半が知多半島で広く焼かれていたのに対し、後半は常滑地域(昔の常滑町のエリア)のみで焼かれるようになります。 甕の出現/三筋壷/近世の常滑焼/古常滑/赤物の出現/窯について
 
 
  常滑焼 藤助 植木鉢.co.jp    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤助(とうすけ)へようこそ!! 「藤助」は、常滑焼 亀岡製陶所のオンラインショップです。 さまざまな植木鉢の通信販売(通販)を行っています。
 
 
  常滑焼〜ひたむきに ひとすじに   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  常滑を訪れた人は、街の隅々に息づいている常滑焼のある風景を目の当たりにして、一様に驚きの声をあげます。 陶工は900年の歴史の重味を肌で感じ、「はい土」を前にした塾練の指先は、頑固なまでに伝統の技法を踏襲します。
 
 
  常滑焼:日本の陶器・磁器 - 焼き物の産地と種類   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  常滑焼は愛知県常滑市の焼き物で、、全国の陶器の中でも最古の陶器といわれ、急須や湯のみ茶碗以外にも、多種多様な日用雑貨が焼かれています。土管や工業用タイルなどの製品が多いことも特徴的です。
 
 
  常滑焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  常滑焼 の画像 - Google
 
 
越前焼 (福井)
越前焼の壷 - ともさんの焼き物・骨董紀行 このぐい呑みは、「これぞ、越前焼き」と言えるような力強いもので、お気に入りです。 晩白柚サイダーモナカセット: 越前焼菓子鉢_灰釉の通販
  越前焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  越前焼(えちぜんやき)は福井県越前町主に宮崎地区、織田地区で焼かれるТ(せっき)。釉薬を用いずに高温で焼成されるときに薪の灰が器に流れ出し、溶け込む自然釉の風合いで知られる。歴史は非常に古く、平安時代から始まったといわれるが、長く無名であったが第二次世界大戦後小山富士夫等により日本六古窯の一つにあげられた際に越前焼と名付けられた。 関連項目/外部リンク
 
 
  越前焼.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  越前焼は地味だが手にとってみると重量感があり、健康な素朴さがある。丹念な手作りの越前焼にはあかるいもの、すぐれたものに対する憧れとそれを求めようとする努力が頑固なまでにこもっているように感じられる。
 
 
  越前(福井)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  海あり、食あり、歴史あり 自然に恵まれた六古窯の古さと  越前の窯が注目されるようになったのは、故小山冨士夫によって瀬戸・丹波・備前・常滑・信楽と並ぶ日本六大古窯の一つに加えられた戦後のことです。織田町や宮崎村を中心に200基以上の古窯があり…
 
 
  越前陶芸村   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ゆったりとしたスペースには伝統的な自然釉の壷や花瓶などをはじめ日常的に使われる皿や鉢、さらに現代的なビアマグやワインカップなどバラエティに富んだ約1000アイテムの商品が常時展示されており、六古窯のひとつである越前焼を直接買い求めることができます。 越前古窯と越前町/越前町内の窯元/福井県内の窯元/ショップ
 
 
  越前焼きについて   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  越前焼の歴史をひも解くと、その誕生は今から約850年前の平安時代末期に遡ります。元々須恵器を焼いていた地域でしたが、平安時代末期に常滑の技術を導入して焼き締め陶を作り始めました。最初に窯が築かれたのは、現在「越前陶芸村」のある越前町小曽原だったといわれています。
 
 
  越前焼 作兵衛   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  越前焼は日本六大古窯の一つに数えられ、瀬戸・常滑・信楽・丹波・備前と並び、その歴史は古い。 奈良、平安の須恵器の時代から焼かれ、現在百基以上の古窯が発見されています。  ご注文賜ります
 
 
  福井県陶芸館情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  越前焼は古い歴史のある焼き物で、昭和23年(1948)陶磁研究家小山冨士夫氏によって越前焼が六古窯の仲間入りをしました。平安時代末期から現代まで焼き続けられている瀬戸・常滑・信楽・丹波・備前と越前をあわせて日本六古窯と呼んでいます。その後小山氏の指導を受けた水野九右衛門氏の40年以上にわたる研究によって、越前焼の歴史は次第に解明されていきました。
 
 
  越前焼工業協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当館では、越前焼窯元の商品や作品を一堂に展示販売致しており、人気のビアマグが中心の現代的なものから、自然釉の伝統的なものまで商品も幅広く品数も豊富。
 
 
  伝統工芸 青山スクエア   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大切にしたい日本の手しごと、伝統的工芸品。 HOME/最新情報/伝統工芸 青山スクエア/伝統工芸品を探す/伝統的工芸品産業振興協会/匠を訪ねて
 
 
  越前焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  越前焼 の画像 - Google
 
 
信楽焼 (滋賀)
信楽焼 (滋賀) - Wikipedia 信楽焼のたぬき - 写真素材 信楽焼のこぶたちゃんの画像
  信楽焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  信楽焼(しがらきやき)は、滋賀県甲賀市信楽町を中心に作られる日本の伝統陶磁器のひとつである。一般には狸の置物が著名であるが、後述のように多様な発展を遂げている。 1 歴史 / 2 特徴 / 3 技法 / 4 狸の置物 / 5 文化財、関連施設 / 6 脚注 / 7 関連項目 / 8 外部リンク
 
 
  和楽   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  信楽焼・明山窯・和楽は和の楽しさをお届けすることをコンセプトに、焼酎サーバー、ふくろう、雛人形、五月人形、兜、照明、インテリア置物など、厳選した商品を皆様に提供しております。
 
 
  ちっちゃな壱番星   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  信楽焼陶器の「手洗い器(手洗い鉢・手洗器・洗面ボウル)」や「陶器の風呂(浴槽)」「庭園燈(庭園灯)」等を扱っています。
 
 
  ★須恵器の里 信楽   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  すっかりおなじみになった”とぼけたタヌキ”から、生活を楽しくする庭園用具や屋内外の装飾陶器、また食卓用陶器やお茶・お花の道具まで、信楽焼は多くの製品を通じて、手づくりの味を感じる伝統の工芸品と・・・・広く共感をいただいてます。
 
 
  カネマン陶器株式会社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当社では信楽焼きオリジナル高級洗面ボウル(洗面ボール・洗面鉢・手洗い器・手洗い鉢・手洗い器)から、陶製浴槽(風呂・風呂桶)、睡蓮鉢、蹲、照明具まであらゆる信楽焼き(しがらきやき)陶器を取り揃えております。
 
 
  信楽陶器工業協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  信楽は、日本六古窯の一つで1250年の伝統を誇る日本最古の産地です。その始まりは、天平14年(742年)聖武天皇が紫香楽宮の造営に着手されたときに、布目瓦、汁器の須恵器を焼かれたことに始まり、その後、水がめ、種壷、茶壷、茶器、徳利、火鉢、植木鉢など大物から小物に至るまで信楽焼独特の「わび」「さび」を残し今日に至っています。  ホーム/協同組合/信楽焼/窯元紹介/アクセス
 
 
  ちゃんと信楽 大谷陶器   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【信楽焼 陶器 焼き物】について当店HPは本場、滋賀県の信楽から商品のご案内、逸品一品の作家モノや職人モノをご提案販売します。(洗面器、手洗い鉢、火鉢、蹲、郵便ポスト、狸、睡蓮鉢、傘立て、焼芋壺)
 
 
  信楽焼直売店 松本陶器   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松本陶器は、滋賀県の焼き物の町信楽で信楽焼陶器を販売しています。焼き物の町ならではの多種多彩な焼き物の品揃えでより良い品を取り揃えております。ぜひ、この信楽焼の気品溢れる温もりを感じて下さい。 トップページ/会社概要/信楽焼/百年のしずく/特定商取引表記/お問合わせ
 
 
  信楽焼総合卸  ヤマ庄陶器   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  信楽焼の特徴は、信楽特有の土味を発揮して、登り窯、穴窯の焼成によって得られる温かみのある火色(緋色)の発色と自然釉によるビードロ釉と焦げの味わいに特色づけられ、土と炎が織りなす芸術として“わびさび”の趣を今に伝えています。
 
 
  信楽の里から  信楽の穴窯とその作品    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  信楽の穴窯:神崎紫峰の陶芸と自然釉の美 世界の陶芸作家・信楽に集う 古信楽・古丹波の先人の陶芸から現代陶芸まで一堂に会す。  編集 信楽の陶芸作家、神 崎 紫 峰
 
 
  手作り信楽焼窯元 丸滋製陶株式会社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和風インテリアの信楽焼窯元 手作りの、和洋を調和させるインテリア焼き物の製造、販売。
 
 
  信楽焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  信楽焼 の画像 - Google
 
 
丹波立杭焼 (兵庫)
丹波立杭焼, 末晴窯, 西端大備 赤土部徳利 丹波立杭焼 雅峰窯 市野秀之さんの素敵なクロタンバ 丹波立杭焼 雅峰窯 市野秀之さんの素敵なシロタンバ・四寸深鉢の登場です!
  丹波立杭焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  丹波立杭焼(たんばたちくいやき)は兵庫県篠山市今田地区付近で焼かれる陶器、Т錙主に生活雑器を焼いてきた。丹波焼、または立杭焼ともいう。起源は平安時代にまで遡るといわれ、六古窯の一つに数えられる。  1 概要 / 2 陶器まつり / 3 文化財、関連施設 / 4 周辺 / 5 関連項目 / 6 外部リンク
 
 
  立杭陶の郷 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  立杭陶の郷(たちくいすえのさと)は、日本六古窯の一つ丹波立杭焼をテーマとする総合文化レクリエーション施設である。正式名称は丹波伝統工芸公園・立杭陶の郷。陶磁器専門美術館、ギャラリー、陶芸教室、登り窯とバンガロー、テニスコート、レストランなどを備え、丹波立杭焼の伝統文化の継承と創造・発展のための活動を行っている。 1 施設 / 2 利用情報 / 3 周辺 / 4 関連項目 / 5 外部リンク
 
 
  丹波立杭焼 - 兵庫県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瀬戸、常滑、信楽、備前、越前と並んで日本六古窯の一つに数えられ、その起源は平安時代末期までさかのぼります。 日本では珍しい「登窯」(蛇窯)と呼ばれる窯で焼かれ、素朴さを感じさせる日用雑器を中心に、高い人気を誇っています。
 
 
  丹波焼窯元 丹文窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  丹文窯は代々続いている窯元です。現在、60軒以上ある丹波焼の窯元ですが、初代の頃はまだ20、30軒しかなく、立杭の中でも歴史のある窯元です。当時は酒樽を中心に作り灘の酒蔵に卸していましたが、今は広く一般にも使えるような和食器、民芸を中心に作っております。当店ではのぼり窯の作品が多く、年に4〜5回焼いております。  最新作/展示会/お知らせ 丹文窯/作品紹介/お知らせ/プロフィール/陶芸教室
 
 
  丹波古陶館 <美術書>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代を代表する写真家藤森武先生によるすべて撮りおろしの原色写真作品で丹波焼の伝統美を表現する美術書です。/八百年の歴史を誇る古窯丹波の名品を、写真家藤森武が厳選撮影した決定版
 
 
  丹波焼陶芸工房  雅峰窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  卓越した技から生み出される『丹波焼(丹波立杭焼)』  世界中の人にこの温もりのある丹波焼の器を紹介するホームページです。 “毎日使うお気に入りの器をみつけたり” “自分で陶芸体験に挑戦したり” たくさんの陶芸情報や体験情報満載! 丹波焼陶芸工房【雅峰窯】をお楽しみ下さい。 和陶器ショップ/陶芸体験と教室/オーダー陶器/市野秀之プロフィール/ブログ【器屋の親父日記】/ブログ【陶芸体験Report】/陶芸情報/丹波焼産地紹介(組合HP)/リンク集
 
 
  丹波立杭焼窯元 - まるまつ窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  土の温かさ、優しさを感じる陶器を創っています。 丹波の豊かな自然からなる丹波焼。瀬戸、常滑、信楽、越前と共に日本六古窯の一つに数えられ、その発祥は平安時代末期から鎌倉時代はじめと言われています。 茶入・水指・茶碗など、手作りならではの温かさを感じて頂ければ幸いです。                                     
 
 
  立杭 陶の郷 - 丹波伝統工芸公園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  丹波焼の郷 里山に囲まれた緑ゆたかな地 丹波焼とは: 瀬戸、常滑、信楽、備前、越前とともに日本六古窯の一つに数えられ、その発祥は平安時代末期から鎌倉時代のはじめといわれています。桃山時代までは「穴窯」が使用されていましたが、慶長16年(1611)ごろ朝鮮式半地上の「登り窯」が導入され、同時期に取り入れられた蹴りロクロ(日本では珍しい立杭独特の左回転ロクロ)とともに、伝統技術を今日に受け継いでいます。
 
 
  800年の伝統を守る丹波焼 鎮台窯    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本六古窯「丹波焼」 全国に数多くある焼物の原産地、その中でも創業を鎌倉時代にまでさかのぼれるのは、「日本六古窯」となずけられている窯場だけと僅かな数になっています。 その中のひとつとして知られる「丹波」は、現在三本峠と呼ばれる付近が発祥地とされています。 トップページ/イベント/陶芸教室/作品紹介/地図
 
 
  最古の登窯復興 - 兵庫陶芸美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治28(1895)年に築窯され、篠山市今田町上立杭に現存する丹波焼の登窯「最古の登窯」は兵庫県の有形民俗文化財に指定されています。この登窯は経年劣化などが激しく丹波立杭陶磁器協同組合が中心となり2015年秋の火入れにむけて修復をされることになりました。修復と連携しながら丹波焼の里の活性化をめざして地域の関係団体が一体となって修復を支援する事業やイベントなどを展開していきます。
 
 
  丹波焼の里 丹波立杭コース - 篠山市観光情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  篠山市の南西部に位置し、日本六古窯のひとつ丹波焼の里。周辺は約60軒の窯元がならび、登り窯があり、やきもの体験ができる施設も。美しい里山に抱かれたやきものの里を歩いた後は温泉でほっこりしましょう。 ※やきものどおり 南北約1.5キロにわたって両サイドに窯元が集中しています。
 
 
  【兵庫 陶芸体験】丹波立杭焼の郷の窯元で陶芸体験!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  電動ろくろ☆手びねり☆絵付体験初心者大歓迎!! 土の感触が気持ちいい!陶芸体験。兵庫で有名な丹波焼の窯元・まるまつ窯。 こだわりの粘土細工/電動ロクロ 初心者でも、楽しく体験♪/絵付け
 
 
  丹波立杭焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  丹波立杭焼 の画像 - Google
 
 
  丹波焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  丹波焼 の画像 - Google
 
 
備前焼 (岡山)
川口陶楽苑 青備前切立ち湯呑み - 陶古窯ONLINE 
  備前焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  備前焼(びぜんやき)は、岡山県備前市周辺を産地とする陶器。日本六古窯の一つに数えられる。備前市伊部地区で盛んであることから「伊部焼(いんべやき)」との別名も持つ。同地区で数多く見られる煉瓦造りの四角い煙突は備前焼の窯のものである。 平安時代に作られた須恵器から発展し、鎌倉時代初期には還元焔焼成による焼き締め陶が焼かれる。  1 歴史 / 2 特徴 / 3 窯変の種類 / 4 文化財、関連施設 / 5 代表作 / 6 主な作家 / 7 備前焼まつり / 8 関連項目 / 9 外部リンク
 
 
  備前焼 手造り   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  繊細で巧みな色々な細工が施された手造りの備前焼をご覧ください 陶芸作家/陶芸工房/焼き物陶器/陶芸皿
 
 
  備前焼 わかくさ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当店は備前焼を扱う専門ショップとして、2002年9月にオープンしました。取り扱っている備前焼は若手作家の食器・酒器類がメインです。 備前焼の扱い方/備前焼事典/備前焼現代作家陶印集 こだわりの酒器/いろどりの食器/たのしむセット器/はなやかに壺・花器/ゆうがに茶器/たくみに細工・置物 
 
 
  備前焼 山内厚可   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  焼物作りには、土が一番大切にされ、「一土、二焼き、三細工」などと言われてきましたが、釉薬を使用せず、焼膚で勝負する備前焼ほど「土」が大切な焼物はないであろうと思われます。現在の備前焼に使われる土は、「ヒヨセ」と呼ばれれる木節系の粘土です。・・・ 一口に ヒヨセと 呼ばれている備前粘土ですが、採掘される場所によって、その性格はまさに千差万別で、我々、作り手は 良質の原土の入手と共に、土の性格をつかみ、特質を生かすことに腐心するのです。
 
 
  備前焼 川口陶楽苑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  備前焼専門の川口陶楽苑へのご来店ありがとうございます。人間国宝、無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。
 
 
  備前焼窯元  備州窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸体験申込み:陶芸体験申込み 1万人達成!/自宅で楽しむ陶芸/オンラインショッピング/記念品・贈答品/プレゼントコーナー/備前焼の歴史/備前焼のできるまで/備前焼Q&A/イベント案内/備前市の観光情報
 
 
  備前焼販売の久兵衛   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡山県の陶芸品「備前焼」販売のお店です。本物の備前焼をお求めの方は当店まで。
 
 
  備前焼ギャラリー青山   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  備前焼の陶土は主に田んぼから掘り起こされる田土(細かい土味)と山から掘り起こされる山土(ざっくりした感じの土味)からなり、その鉄分に富んだ陶土によって、独特な深い色合いを生みます。そうして形作られたものは、登り窯、あるいは穴窯に入れられ、松割木を主な燃料としおよそ1週間前後焼かれます。備前には主に四つの景色:胡麻、緋(火)襷、サンギリ、灰かぶりがあります。全てを総称して窯変と呼びます。
 
 
  備前焼窯元 松園窯へようこそ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松園は良質でリーズナブルな「普段づかいの器づくり」を信条にあくまでも登り窯にこだわって燃料も松の割木を使い、備前焼の命ともいうべき土味を大切にして日々精進しています。1000年受け継がれる、登窯での焼成にこだわりを持って窯入れに4日間、焼きに10日間と手間ひまかけて作り上げます。登窯で焼き締めた備前焼は、硬く焼きしまり、水漏れは致しません。使い込むほどに表面のざらざらしたところが滑らかになり、色合いに深みを増し、馴染んできます。
 
 
  備前焼ギャラリー 倉敷一陽窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡山の観光名所として知られる白壁の街「倉敷・美観地区」。備前焼ギャラリー 倉敷一陽窯はその美観地区の一角にございます。1階には感性豊かな作家作品から定番の窯元製品まで、備前焼がずらり勢ぞろい。 商品紹介/お買い物/お店紹介/備前焼の特徴/製作工程・歴史/窯元・作家紹介
 
 
  千古を経て備前焼の炎は絶えず   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  千古を経て備前焼の炎は絶えず:最も古い歴史を誇る備前焼のルーツは、須恵器の流れをくむものです。邑久郡長船町に須恵という地名が残っていますが、この須恵こそは平安時代に全国随一の須恵器の生産地として繁栄を極めていました。千古の歴史を経て、ある時は栄え、ある時は衰えながらも、今日まで窯の炎の絶えることはありません。
 
 
  青鯨窯 備前焼作家・安倉隆雄作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「土と炎の芸術」備前焼。備前焼の特徴は、素朴さと暖かさです。 備前焼作家の工房から、花器、壷、茶陶、食器など数多くの作品を直送します。動画を使っていますので、作品の全体像が見られます。
 
 
  ようこそ、備前焼の里へ 備前焼陶友会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  備前は、日本の六古窯といわれている瀬戸・常滑・丹波・越前・信楽・備前のなかでも、もっとも古い窯場と言えます。須恵器の時代から備前焼になり、無釉焼き締めの伝統を守りつづけ、一千年の間、窯の火は絶やしたことがないのが備前焼です。
 
 
  備前焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  備前焼 の画像 - Google
 
 
遠州七窯
志戸呂焼窯元 茶入】茄子 - 膳所焼:茶陶で有名な遠州七窯
  遠州七窯 とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小堀遠州が指導し,好みの茶陶を焼かせたとされる窯。1854年刊の《陶器考》では志戸呂(しとろ)(静岡県),膳所(ぜぜ)(滋賀県),朝日(京都府),赤膚(あかはだ)(奈良県),古曾部(こそべ)(大阪府),上野(あがの)(福岡県),高取(福岡県)の7窯をあげているが,朝日,赤膚,古曾部は遠州の活動期以降の窯である。
 
 
  遠州七窯 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  遠州七窯(えんしゅうしちよう・えんしゅうなながま)とは、江戸時代中期の茶人、小堀政一(遠州)が全国津々浦々の窯場から自分好みの茶器を焼いていたことで賞賛した、七つの産地の総称である。 この遠州のお目にかなうということは、当時としては非常に誉れ高いことであり、これらの産地は一躍、天下に名を轟かせることになった。そのうちの幾つかは、遠州が直接赴いて、茶器を生産している。 概要
 
 
  遠州七窯 の画像など - Google検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  遠州七窯 の画像など - Google検索
 
 
志戸呂焼 (静岡)
白幡鳳悦(しらはた ほうえつ)作・志戸呂焼(しとろやき)のフタ置です。 とらふ ( 志戸呂焼 ) 、白幡 鳳悦 : 抹茶 志戸呂焼 足利時代に美濃の陶工が、志戸呂郷に窯を築いたのが始まり。 
  志戸呂焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  志戸呂焼(しとろやき)は、静岡県島田市金谷(旧金谷町)で焼かれる陶器。歴史は古く室町時代に遡り、美濃の陶工が焼き始めたのが最初とされ、一帯は古くから良質の陶土産地として知られていた。そのため、江戸初期には瀬戸の絵師が最適な陶土を探究する際、この志戸呂に目を付けたという。天正16年には徳川家康から朱印状が授けられ、特産品として奨励されるなど、着実に成長していった。  関連事項/外部リンク
 
 
  志戸呂焼の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  遠州七窯 志戸呂焼窯元巡り 江戸時代の大茶人、小堀遠州が好んだとされる志戸呂焼。 その志戸呂焼をこよなく愛し、現代に伝える陶芸作家六人衆の窯元を訪ねてみてはいかがですか。
 
 
  遠州志戸呂利陶窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  志戸呂焼の茶道具、和食器を販売しております。
 
 
  志戸呂焼 - 加茂花菖蒲園    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  志戸呂焼とは、掛川市近隣の島田市金谷町に江戸時代以前から伝わる陶芸で、約400年の歴史を持っています。 金谷町には志戸呂焼の窯元がいくつもありますが、今回当園にて展示を行っておられる細井陶游(ほそいとうゆう)氏は、志戸呂焼の茶陶としての奥深さに魅せられ、以前は埼玉にて窯を開いておられましたが、約7年ほど前に今の金谷町に越してこられました。…
 
 
  志戸呂焼窯元 - 島田市観光協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金谷町の「志戸呂焼」は、江戸幕府成立以前から「徳川家御用窯」として名声を得ていました。この地に「やきもの」が始められたのは、大永4年(1525〜) 頃、大井川右岸の良質な陶土を求めて、美濃国瀬戸あたりから多くの陶工たちが移り住んでからといわれています。
 
 
  しずおかの郷土工芸品 志戸呂焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  志戸呂焼は、渋みがあり深みがある古式豊かな風情を漂わせているのが特徴です。この素朴な渋い色合いは、飾る花や他の器などとの取合せを苦にしません。周囲と協調しながらも存在感がある。そんな焼き物は日常のあらゆるシーンに自然にマッチしてくれます。
 
 
  第4回 遠州七窯志戸呂焼(しどろやき)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黄色がかった地に飴色の釉がかかった渋みのある陶器。遠州好みとして知られる志戸呂焼は金谷町の伝統工芸品として古くから愛されてきました。 その歴史は古く500年前にさかのぼり、一時は衰退していた窯を、慶長年間(1596〜1615)に徳川家康が瀬戸の陶工加藤九郎右衛門景延を招いて再興したといわれ、現在でも5人の陶工がその流れをくみ志戸呂焼の伝統を伝えています。
 
 
  創業1872年 うまい茶は心のゆとり 茶の蔵 「かねも」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  旧掛川城は1854年安政の大地震で倒壊大破し、その後復興しましたが、明治維新に際しその建造物が民間に払い下げられました。初代茂作はこれ基に「茶部屋」を築きました。… 現在、掛川城御殿は静岡県文化財に指定されています。御殿には太田家が所有した志戸呂焼茶壷が展示されています。
 
 
  志戸呂焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  志戸呂焼 の画像 - Google
 
 
膳所焼 (滋賀)
茶碗】色絵紫陽花 - 膳所焼:茶陶で… 膳所焼:茶陶で有名な遠州七窯の一つ 膳所焼 (滋賀)
  膳所焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  膳所焼(ぜぜやき)は、滋賀県大津市膳所にて焼かれる陶器。茶陶として名高く、遠州七窯の一つに数えられる。黒味を帯びた鉄釉が特色で、素朴でありながら繊細な意匠は遠州が掲げた「きれいさび」の精神が息づいている。  1 歴史 / 2 膳所焼再興 / 3 脚注 / 4 外部リンク
 
 
  焼き物 膳所焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  滋賀県大津の膳所にて産した陶器のこと。遠州七窯(遠州好み)の一つ。寛永年間(1624−43)膳所の城主石川忠総が小堀遠州の指導をうけて焼いた窯で一代で絶えた。茶入れの窯として知られている。その後、天明から文化の間(1781−1817)に再びお輿した。一説には、後に大津の近くにおこった「大江焼」「勢田焼」「国分焼」などの多くの窯を称して膳所窯とも言っている。 いずれにしても、今日、膳所窯として最も珍重されているのは石川忠総が焼かせたものである。
 
 
  膳所焼のご案内 小堀遠州七窯の一つ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  膳所焼の歴史は江戸初期から始まりますが、沿革は湖南の国分焼、大江焼、などがあり確立していません。通説では、元和7年(1621)膳所城主の菅沼織部定芳が御用窯として始めたものと言われています。
 
 
  財団法人 膳所焼美術館 大津の伝統文化   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  膳所焼窯元/新着情報/膳所焼について/展示即売場/作品紹介/交通案内/お問い合わせ/膳所焼美術部
 
 
  膳所焼の茶入れ - ともさんの焼き物・骨董紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  膳所焼(ぜぜやき)の茶入れです。 共箱なし、象牙蓋なし、仕覆なしで、本体だけだったのですが、出来の良さと、陶印から、本物だと思って買いました。
 
 
  膳所 焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  膳所 焼 の画像 - Google
 
 
伊賀焼 (三重)
陶磁器  伊賀焼 (いがやき) 土と焔の芸術 伊賀焼  香山 これぞ”伊賀焼”」 ( 伊賀焼 )
  伊賀焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊賀焼(いがやき)は三重県伊賀市(旧阿山町)にて焼かれている陶器及びТ錙C羸いら始まったといわれる日本有数の古陶で、日本六古窯に数えられる。 始まった頃は水瓶や種壺、擂り鉢などの日用雑器が焼かれていたが、陶土産地が山一つ隔てた信楽と同じだったため、信楽焼とほとんど区別がつかなかった。だが桃山時代の天正年間後期に入ると、伊賀領主となった筒井定次が、阿山の槙山窯にて茶の湯に用いるための茶壺、茶入、花入、水指などを焼き始めた。  1 概要 / 2 代表作 / 3 関連項目 / 4 外部リンク
 
 
  伊賀焼の里 丸柱   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊賀焼振興協同組合、展示・販売と作陶体験  伝統産業会館で伊賀焼に親しむ。山里の窯元めぐりも、また楽しい。  素朴で無骨、小石混じりの風合い…そんな特徴を持つ伊賀焼の歴史は古く、奈良時代にはすでに生活の中で使われていたという。
 
 
  伊賀焼(伝統工業)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊賀焼は今から約1200年前の天平宝字年間に始まるとされ、立地的に大和地方に近かったことにより、永く文化の中心にあり、日本美術の源であった奈良朝の歴史的影響を受け発展した。 その後、筒井定次は「筒井伊賀」、藤堂高虎の息子の高次は「藤堂伊賀」、筒井伊賀と藤堂伊賀を合わせて「古伊賀」と呼ぶ。また、小堀遠州は「遠州伊賀」の名を広めた。 しかし、その後、伊賀焼は衰退した。
 
 
  伊賀焼の里  長谷園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作り手こそ真の使い手であれ!用・美・楽を求めて・・・   長谷園のご紹介 / 長谷園の情報 / 長谷園の推奨品 / イガモノ東京店 / おすすめレシピ / Q&A / アクセス / リンク / お問い合わせ
 
 
  陶磁器  伊賀焼 (いがやき)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  始まりは7世紀後半から8世紀に遡ります。須恵器という土器も焼かれていて、初めのうちは農業用の種壷が作られていましたが、飛鳥時代には寺院の瓦も作られていたと言います。 武士の間に茶の湯が盛んになった安土桃山時代の、伊賀上野の藩主が、茶や陶芸をよく知る人物だったことから、茶の湯の陶器として伊賀焼の名は全国に広まりました。その後、江戸時代になると小堀遠州の指導で「遠州伊賀」と呼ばれる厚さの薄い製品が作られるようになり…
 
 
  土と焔の芸術 伊賀焼  香山   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作り手から使い手へ 手のひらから伝わる温もりのある生活」をコンセプトに、シンプルさの中に、力強い自然な表現ができればとの思いで毎日精進しています。伊賀焼の伝統的な陶の業を継承し、新たな文化の創造に力を注いだ作品の一品を通じて、伊賀焼の味わいをお楽しみください。  TOP / アクセス / 焼き物講座 / 伊賀焼 / リンク / 全国陶器市
 
 
  伊賀焼伝統産業会館について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和57年11月に通産大臣から伝統工芸品に指定された伊賀焼を幅広く展示する資料館。伊賀焼きの振興と後継者の育成を図るため、伊賀焼の製造過程や古今の伊賀焼の名品の展示を行うほか、伊賀焼の体験教室や技術指導を行う実技研修室を備えています。
 
 
  土楽窯 陶芸作家 「福森雅武」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古くは奈良の時代から、焼物の里として名を馳せてきた三重県は伊賀丸柱では、今も残る自然に守られるように、時の流れはゆっくり。四季折々の景色と広々とした空が彩るなか、土楽窯の職人たちは今日もろくろに向かい、土とじっくり語り合いながら作品に取り組んでいます。土薫る趣をたたえ、豊かな表情を見せる器を、ぜひとも皆さまの食卓にどうぞ。
 
 
  伊賀焼伝統産業会館 - 伊賀市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊賀焼伝統産業会館は、伝統的工芸品である伊賀焼の振興と後継者の育成確保を図るための施設で、伊賀焼を幅広く展示するとともに、パネルやビデオを設置して、伊賀焼の歴史的な資料等を総合的に紹介しています。 陶芸体験教室の予約も受けています。『歴史ある伊賀焼をもっと身近に…。』
 
 
  伊賀焼 伊賀うへい窯 - 岡崎隆彌作品集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自ら築炉した穴窯にて作陶を続け45年、伊賀焼 伊賀うへい窯主宰 岡崎隆彌の公式Webサイト 抹茶茶碗 花器など HOME/作品集機榛酩塀賢供新衢辧榛邏半匆陝榛鼎薫篤
 
 
  伊賀の国 陶の里 - 伊賀焼振興協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊賀焼の魅力とは: 永い歴史に形作られてきた伊賀焼の魅力は、使いやすさにもこだわった独特な特徴にあります。/伊賀焼伝統産業会館/イベント案内/窯元の紹介/アクセス/リンク
 
 
  伊賀焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊賀焼 の画像 - Google
 
 
朝日焼 (京都)
朝日焼 朝日焼・作陶館(京都府宇治市)の情報 茶碗 紅鹿背 朝日焼、 15世 松林豊斎
  朝日焼とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都府宇治市朝日山で焼かれる陶器。遠州七窯 (→小堀遠州 ) ,不昧十窯の一つ。慶長年間 (1596〜1615) に奥村次郎右衛門が開窯,2代藤作のとき,遠州の指示により茶器を焼いた。器には底部に「朝日」の銘印がある。
 
 
  朝日焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝日焼(あさひやき)は京都府宇治市で焼かれる陶器。宇治茶の栽培が盛んになるにつれ、茶の湯向けの陶器が焼かれるようになった。江戸時代には遠州七窯の一つにも数えられている。 朝日焼という名前の由来については、朝日山という山の麓で窯が開かれていたという説と、朝日焼独特の赤い斑点(御本手)が旭光を思わせるという説がある。  歴史/朝日焼の特徴
 
 
  福寿園 宇治工房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福寿園「宇治工房」は宇治茶文化の伝承の地で、風光明媚な宇治川の清流のほとりにあり、対岸には平等院を拝し、後背には朝日山があり、古くより七茗茶園(しちめいちゃえん)の一つである朝日園ゆかりの地であります。 古くより七茗茶園(しちめいちゃえん)の一つである朝日園ゆかりの地であります。 又 由緒ある名陶 遠州七窯(えんしゅうなながま)の一つ朝日窯に隣接しています。
 
 
  朝日焼(京都府宇治市)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  〜土つくりから窯出しまで工程ごとにご覧頂けます〜
 
 
  産業観光施設 朝日焼 - 京都府   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝日焼の資料館見学と土ひねりの体験ができます  土ひねり体験…茶碗、鉢、皿など1〜3点の型づくり。1〜2ヶ月後に完成品を送付。  宇治市宇治山田11
 
 
  朝日焼 釜焚きの日 (2001/5/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日は窯焚きの日。 遠くからでも煙突から黒い煙が立ち昇るのが見えます。 窯焚きの前にはいくつかの工程が踏まれています。ひとつには窯の成功を祈る「愛宕山参り」。 そして朝日焼にはなくてはならない松割木の準備。 何ヶ月間か頑張ってきた成果が火入れの瞬間に決まります。 。「いい窯を焚かせていただきたい。」という気持ちが込められた豊斎氏と工房の皆さんの熱いまなざしと炎に取り組む姿をご紹介いたします。 愛宕山参り/松割り木/火入れ/焼成
 
 
  京都・宇治の茶陶 朝日焼  遠州七窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝日焼への沿革: 朝日焼は、宇治川をへだてて平等院をのぞむこの景勝の地で、慶長年間(1596〜1615)に開窯したと伝えられています。 初代は、小堀遠州より指導を受け「朝日」の二字の印を与えられたとされています。のちに遠州七窯として数えられる所以です。 ホーム/朝日焼とは/作品紹介/陶芸教室/窯元shop&gallery
 
 
  朝日焼窯元 〜心を贈る器SELECTION   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  茶どころ京都・宇治で四百年。朝日窯元が“心豊かな生活のための器”をご提案するショップです。  敬老の日には「茶器」を贈りましょう/奈良の老舗中川政七商店と日々茶器
 
 
  朝日焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝日焼 の画像 - Google
 
 
赤膚焼 (奈良)
赤膚焼き窯元小川二楽 赤膚焼 (あかはだやき) 貝合わせ 赤膚焼(あかはだやき) ( 工芸 ) - 奈良のドライブ日記 (備忘録) 
  赤膚焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤膚焼(あかはだやき)は奈良県奈良市、大和郡山市に窯場が点在する陶器である。 草創は判然としないが、桃山時代に大和郡山城主であった豊臣秀長が、五条村赤膚山に開窯したと伝えられる。 江戸時代後期には藩主、柳沢保光の保護を受け、幕末には名工、奥田木白が仁清写しなどの技術を披露し、世に広めた。小堀政一(遠州)が好んだ遠州七窯の一つにも数えられている。 赤膚焼は名の如く、器肌に赤みを帯びている。 概要/関連項目
 
 
  赤膚焼 (奈良市)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自宅から車で15分の距離に赤膚焼の窯元が4軒ある。赤膚焼を好む家内の母・妹とともに窯元を訪れた。 赤膚焼(あかはだやき)は奈良県奈良市と山門郡山市に窯場がある陶器である。 郡山藩主となった豊臣秀吉の弟・秀長が尾張の国・常滑の陶工を招いて赤膚山で茶器を焼かせたのが始まりとされている。
 
 
  赤膚焼 - 奈良県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤膚の由来は、地名からきたもの、陶土の鉄分含有量が多く、地肌が赤味を帯びることからきたものという二説があります。  乳白色の柔らかい風合いと奈良絵文様などが特徴であり、花瓶、茶器、水指、置物など多様な作品が作られています。
 
 
  赤膚焼窯元 大塩昭山   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  万葉の上代・奈良の赤膚山でお茶道具を主に製作する陶芸家  赤膚焼は小堀遠州( 1579〜1674)の好んだ遠州七窯のひとつに数えられます。 特にお茶の道具を造る窯として始まりました。
 
 
  赤膚焼元窯 小川二楽   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  乳白色の釉肌素朴で土のぬくもりを感じさせる焼き物を生かし、茶碗、湯呑、皿、花瓶などの作品を手作りして頂きます。  奈良県大和郡山市朝日町4-18(近鉄郡山駅より徒歩5分)
 
 
  赤膚焼  まほろばの茶陶   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  遠く赤膚焼の渊源を尋ぬれば、人皇第十一代垂仁天皇の御代、野見宿禰埴輪の製作を建言し、宿禰の末裔土師の姓を賜りて一族、大和國添上郡伏見菅原の里に蟠居す。また平城京の甍の焼成をなされしも、共に赤膚の地に近く、住古より赤ハダ山周辺丘陵は、良質の陶土を産するを以って世に聞こえたる土地なりき。
 
 
  赤膚山元窯 Furuse Gyozo   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤膚山元窯 中の窯 治兵衛の由来 赤膚山元窯 中の窯 古瀬堯三窯の祖治兵衛(じへい)が天明の頃京都より赤膚山五条山に入山したのが始まりです。茶人としても高名な大和郡山藩城主 柳澤保光侯こと柳澤堯山侯の大和郡山藩御用窯として赤膚焼を再興しました。
 
 
  ともさんの焼き物・骨董紀行ー赤膚焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  七代大塩正人(おおしお まさんど)作・赤膚焼(あかはだやき)の奈良絵の蓋置きです。
 
 
  「奈良・赤膚焼(あかはだやき)」 - BS朝日   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回の留さんのニッポン焼き物紀行では、ナビゲーターの福留功男さんが「あおによし 奈良の都は 咲く花の にほふがごとく 今盛りなり」・・と万葉集でも歌われている悠久の都・奈良を訪れ、古来より良質の陶土を産出すると言われている赤膚山から作られる「赤膚焼(あかはだやき)」の魅力に迫ります。                            
 
 
  赤膚焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤膚焼 の画像 - Google
 
 
古曽部焼 (大阪)
古曽部焼 古曽部焼のこころ/高槻市ホームページ 古曽部焼酒器セット - 末広屋
  古曽部焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古曽部焼(こそべやき)は、摂津国古曾部(現・大阪府高槻市)で生産された陶磁器。遠州七窯の一つ(異説あり)。 開窯時期は不明だが、安土桃山時代末期から江戸時代初期とされている。 寛永年間(1624年−1643年)小堀政一(遠州)により、遠州七窯の一つになる。 寛政年間(1789年-1801年)廃窯となっていたが五十嵐信平が、再興。 明治時代末期に廃窯。  特徴 : 絵唐津、三島手の写し、赤絵などに特色がある。 「古曾部」の印を用いる。  歴史/特徴/関連項目
 
 
  古曽部焼き 展示室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古曽部焼きは、京都で作陶技術を学んだ初代五十嵐新平が、1790(寛政2)年頃に現在の高槻市古曽部町に窯を開いたと言われ、五代栄二郎まで約120年に渡り生活陶器、茶陶などが明治まで焼れていました。 古曽部焼は、唐津、織部、安南、高麗など数多い窯の写しがあるため、見て・触って・使って幅広く楽しめます。 古曽部焼はほんの地方窯の焼き物ですが、あの古美術の世界で著名な白洲正子さんの愛用猪口の中に古曽部が出てきます。
 
 
  古曽部焼 寒川義崇作品展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古曽部焼の古窯を再興させて頂いてから早や28年が過ぎました。茶の湯の道具作りを考えました時、「寸法」と「道具の取り合わせ」が最も重要に思われます。 窯から出た作品が時代を超えて調和され、少し存在感のあるものをと考えております。古き良きお手本を参考に、茶道における今日の陶磁器の在り方を考えつつ作陶に励んでおります。 拙作ではございますがご高覧の上、親しくご批評を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
 
 
  古曽部 - 美を追い求めて・・・   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古曽部焼きは、京都で作陶技術を学んだ初代五十嵐新平が、1790(寛政2)年頃に現在の大阪府高槻市古曽部町に窯を開いたと言われ、五代栄二郎まで約120年に渡り生活陶器、茶陶などが明治まで焼れていました。
 
 
  古曽部焼酒器セット - 末広屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古曽部焼 酒器セット: 寒川 義崇 作  徳利は下膨らの愛らしいかたち 盃も薄く引かれ、お酒を美味しくいただけそうです。 おあづけ徳利に お使い下さい。
 
 
  OLD KOSOBE 古曽部焼窯跡   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古曽部焼は江戸時代後期に京都で修行した五十嵐新平により開かれ、当初は地元から出る土で、そしてその後信楽の土も使用し日用雑器を中心に昭和の初めまで焼かれました。えびの文様の小皿(海老皿1、海老皿2)は有名です。また珍しい霊芝の文様もよく使われました。小堀遠州が指導した茶陶、遠州七窯に数えられるような逸品もつくられました。現在は五十嵐家の前に石碑しか残っておりませんが石碑わきに市の教育委員会の看板があります。
 
 
  古曽部焼 - 焼き物工芸の部屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  こちらのページでは、抹茶茶碗、ぐい呑み、徳利などの焼き物や、漆器などの工芸品をご紹介していきます。
 
 
  古曽部焼茶陶展 - ごきげんな毎日   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  さてさて、バタバタおお慌ての日曜日、京王百貨店では「古曽部焼 寒川 義崇(さむかわ よしたか)茶陶展」もてきました。 古曽部焼は、遠州七窯の一つ。寛政二(1790)年に窯が築かれたのが始まりだそうですが、その後は窯が絶え、1979年、寒川義崇さんによって再興されたのだそうです。
 
 
  古曽部焼のこころ - インターネット歴史館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   近世地窯「古曽部焼」は、高槻が全国に誇りうる文化遺産の一つです。江戸後期18世紀末から明治末年まで百数十年間続いたこの銘陶は、窯が閉ざされて70年を経過していますが、今なお、その跡を懐かしんで訪れる愛好家も少なくありません。 古曽部焼の作風は初代五十嵐新平から五代目栄次郎まで、少しずつ異なっています。しかしいずれも渋い彩色、流麗・軽妙な画風、お国焼らしい素朴な造形、それに京焼の影響を受けた洒脱な精神が混然一体となり、独特の古曽部焼の境地を形成しました。
 
 
  古曽焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古曽焼 の画像 - Google
 
 
上野焼 (福岡) 
上野焼(守窯) 茶碗大・小の組み合わせで夫婦茶碗になります 【動画】上野焼 そうめん鉢展
  上野焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野焼(あがのやき)は福岡県田川郡香春町、福智町、大任町で焼かれる陶器。江戸前期に高名な茶人でもあった大名、細川忠興が小倉藩主となった際、朝鮮人陶工、尊楷(上野喜蔵)を招いて、豊前国上野に登り窯を築かせたのが始まり。江戸時代には遠州七窯の一つにも数えられるほど、茶人に好まれた。明治期には衰退の様相を見せたが、明治35年に復興、1983年には通産省(現在の経産省)指定伝統的工芸品の指定を受けた。 関連項目/外部リンク
 
 
  八幡窯 - 上野焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上野焼と現代陶芸のお店へ ようこそお越しくださいました。 どうぞごゆっくりご覧くださいませ。   ギャラリー/八幡窯
 
 
  上野焼  中村真瑞窯元   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶器の販売と陶芸教室を致しております。上野焼中村真瑞窯元の陶器の通販販売サイトです。  上野焼の由来・特長 / 陶芸家  中村真瑞 / 陶芸教室
 
 
  上野焼 - 日本のやきもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豊前小倉の細川忠輿が慶長年間(1596-1615)に李朝の陶工である尊楷(そんかい)を招いて開窯したのが始まりとされています。以後、細川家から小笠原家にわたる歴代藩主の御用窯として珍重された、国焼茶陶です。遠州七窯の1つとされているが、遠州よりも金森宋和好みであり、その特徴を後代まで持ち続けました。
 
 
  上野焼協同組合(陶芸館)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  茶の湯の「わび」「さび」の精神と、作り手の感性による「きれい」とが融合した上野焼からは、気品ある独特の趣が醸し出されます。
 
 
  上野焼(あがのやき)協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  茶陶として発展した上野焼は、他の陶器類と比較して、極めて軽く、薄づくりであるという特徴を持っています。 五感に心地良い、土の持つ素朴さ、力強さの中に「薄づくり」の上品さを秘めたその特徴現在にも受け継がれています。  ホーム/年鑑行事/窯元散策/特徴/歴史/アクセス
 
 
  上野峡(あがのきょう) - 福智町   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福智山の南西に広がる上野峡には白糸の滝があり、周辺には約1500本の桜の木があると言われています。春には花見が満喫できるし夏はキャンプ、秋は紅葉と大自然が楽しめます。上野峡から福智山に登る途中に樹齢600年といわれているエドヒガン桜「虎尾桜」があり4月上旬に美しい花を咲かせます。
 
 
  上野焼陶芸館 〜上野焼の魅力満載!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田川郡福智町の上野地区、県道62号線沿いにある「上野焼陶芸館」は、北九州国定公園にも含まれる自然豊かな福智山のふもとに400年以上の歴史を数える伝統工芸・上野焼の魅力に触れられる展示販売所。館内には上野焼協同組合の窯元の作品が揃えられ、それぞれの個性を楽しめるギャラリー的なレイアウトが要注目となっています。上品な薄づくりが特徴の上野焼は、灰釉、銅釉、鉄釉など使用する釉薬によって肌合いや艶が異なり、窯元によって多様な出来映えとなるのが魅力的。茶器以外にも食器・花器などの身近な生活用品も数多く作り出され、伝統工芸の枠を越えたモダンな陶芸作品として、広く親しまれています!
 
 
  経済産業大臣指定伝統的工芸品  国焼茶陶 上野焼     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  かつての藩窯〜上野焼の歴史 : 茶を千利休に、禅を大徳寺清厳に学び「茶禅一味」の奥義を極めた細川忠興。文禄・慶長の役で招致された李朝陶工・尊楷。上野焼の歩みはこの二人の出会いから始まりました。開窯に選んだ場所は陶土に恵まれた上野。1602年(慶長7年)、豊前藩主・細川忠興(三斎)は、尊楷を招いてこの地(釜の口窯)に築窯しました。
 
 
  YouTube - 【上野焼渡窯】仕事が教えてくれる   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 【上野焼渡窯】仕事が教えてくれる
 
 
  上野焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上野焼 の画像 - Google
 
 
高取焼 (福岡)
九州・福岡の焼き物です。 高取焼 味楽窯ブログ 高取焼 (福岡)
  高取焼 のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高取焼 のニュース - Google
 
 
  高取焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高取焼(たかとりやき)は、福岡県直方市、福岡市早良区などで継承されている陶器で、400年ほどの歴史を持つ県下有数の古窯。 高取焼は元々、福岡県直方市にある鷹取山の麓にて焼かれており、朝鮮出兵の際に黒田長政が陶工、八山(日本名・八蔵重貞)を連れ帰って焼かせたのが始まり。開窯は1600年と言われている。窯場には永満寺・宅間窯、内ヶ磯(うちがそ)窯、山田窯があり、これらを「古高取」と呼んでいる。  歴史/特徴/外部リンク
 
 
  直方の高取焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福岡県直方市には、高取焼発祥の宅間窯跡と内ヶ磯窯跡があります。 400年の歴史を持つ高取焼きが直方で制作されたのは、「古高取」と呼ばれる20年ほどの短期間にすぎません。 しかし、同時に美術的に高い評価を受ける名品が作り出された、高取焼の「黄金期」でもありました。…  高取通信/最善線/窯元めぐり/作品/歴史/窯跡/四百年祭/関連/会について
 
 
  高取焼鬼丸雪山窯元   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ネットショップはじめました 高取焼鬼丸雪山窯元の器がインターネットからもお買い求めいただけるようなりました。 まだ商品数は少ないですが、これから少しずつ充実させていきますので是非ご活用ください。
 
 
  高取焼十三代高取八仙窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高取焼は、福岡県の前身であります黒田藩の御用窯として西暦1600年頃から お茶道具を制作して参りました。中国大陸から渡来しましたお茶の湯の形式を日本風に改良する工夫が重ねられ約600年の歳月を経て一つの道として現在に至ってお茶というものが、日本古来の文化としてここまで溶け込んでいなかったなら、日本の陶磁器の繁栄も無かったと思います。…  高取焼の歴史/窯元の紹介/初期高取/作品ギャラリー/高取焼でお茶を楽しみませんか?/展示会のお知らせ
 
 
  翁明窯元 Oumei Kamamoto   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  翁明窯元へようこそ 福岡県の山あいにある、陶の里「小石原」。 豊かな自然と、湧き出る名水。 漆黒の夜空には無数の輝く星。流れ星や天の川が見えることもしばしば。 そんな大自然と四季のうつろいを五感で感じつつ、作陶家が技を磨き心を込めて作り上げた器たちが、皆様をお待ちしております。
 
 
  蘯莨峠_函―住安紂々蘯菷山   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当家の歴史は、四百年を迎えましたが、現在も長石や陶土を唐臼で搗き、登り窯や穴窯によって焼成するなど、伝統技法は何も変わることはありません。一味のちがいへのこだわりを持ちつづけ、茶の湯の器という用の美への探求一筋に歩み続けております。
 
 
  小石原焼と高取焼 - 東峰見聞録   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日用雑器としての道を歩みながら、「用の美」を確立した小石原焼。 「綺麗さび」と表現される遠州七窯の風格を今に伝える高取焼。 東峰村(旧小石原村)には、この2つの陶器の流れをくむ約50の窯元があります。小石原で採れる陶土を原料として、伝統技法を受け継ぎながらも、新たな作風への挑戦は、約350年のときを超えて生活の中で使われる陶器を作り続けています。  HOME/小石原焼・高取焼/観光スポット/お食事処/特産品/まつりカレンダー/交通アクセス/リンク
 
 
  高取焼 藤崎寿山の作品ギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  茶道具/食器/大物&小物/作品について/購入方法/記念品/オリジナル作/製作工程/LINK
 
 
  小石原高取焼  鬼丸雪山・碧山窯元   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸家・鬼丸雪山が生み出す茶道具の用と美の世界  ギャラリー/個展のご案内/窯元のご案内/訪問帳 (掲示板)/お問い合わせ/ブログ/縁 (リンク)
 
 
  福岡市無形文化財  高取焼  味楽窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高取焼の窯元「味楽窯」。福岡にて伝統技法を忠実に守りながら作陶いたしております。  歴史/作家紹介/茶陶/味楽窯美術館/陶芸教室/販売
 
 
  高取焼 (たかとりやき)  福岡県直方市大字永満寺   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  秀吉の朝鮮の役に出兵した大名達は朝鮮の陶器作りの名人をつれて来て陶器を焼かせました。その中の一ヶ所で約380年の歴史を持つ焼物の里である。現在3軒の窯元があり伝統の焼物を作っている。 福智山ろく花公園入口に窯元の一つである「永満寺窯」があり展示場で気楽に製品を見ることができる。
 
 
  YouTube - 高取焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 高取焼
 
 
  高取焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高取焼 の画像 - Google
 
 
紀州の三大窯