006 【文芸Α 近現代文学:夏目漱石:国木田独歩:芥川龍之介
日本の近現代文学史として明治時代以降の日本文学書を個々に掲載いたしました。明治を迎え西欧の思想や文化を取り入れる文明開化が推進され、日本の社会は大きく変化していきました。言文一致運動もその一つとして、この頃に私たちが考える文学という概念が生まれました。(/印は一部編集中)

近現代文学 仮名垣魯文.1829 中村正直.1832 福澤諭吉.1835 (大隈重信.1838) 中江兆民.1847
末広鉄腸.1849 矢野龍渓.1851 東海散士.1853 坪内逍遥.1859 森鴎外.1862 二葉亭四迷.1864
夏目漱石.1867 幸田露伴.1867 尾崎紅葉.1868 徳冨蘆花.1868 江見水蔭.1869 国木田独歩.1871
徳田秋声.1871 田山花袋.1872 島崎藤村.1872 樋口一葉.1872 岡本綺堂.1872 泉鏡花.1873
近松秋江.1876 有島武郎.1878 正宗白鳥.1879 永井荷風.1879 志賀直哉/1883 田村俊子.1884
下村湖人.1884 中里介山.1885 野上弥生子/1885 武者小路実篤/1885 谷崎潤一郎/1886 山本有三.1887
里見.1888 菊池寛/1888 夢野久作.1889 内田百間.1889/ 村松梢風/1889 久保田万太郎.1889
豊島与志雄/1890 直木三十五/1891 倉田百三/1891 子母澤寛/1892 佐藤春夫/1892 芥川龍之介/1892
吉川英治/1892 江戸川乱歩.1894 木々高太郎/1897 大佛次郎/1897 尾崎士郎/1898 井伏鱒二/1898
← 005 【文芸ぁ暸ゞ畧な験      007 【文芸А暸‐説(上) → 
TOP >  a 文芸 > 006 【文芸Α 近現代文学:夏目漱石:国木田独歩:芥川龍之介 >  
       
近現代文学
愛知の文学 - 『愛知の文学』編集委員会 
  日本文学振興会 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  財団法人日本文学振興会(ざいだんほうじんにほんぶんがくしんこうかい 英称:Society for the Promotion of Japanese Literature)とは、文芸の向上顕揚を計ることを目的として、菊池寛らによって設立された財団法人であり、文部科学省所管の公益法人である。現在の理事長は上野徹。文藝春秋内に事務所を持つ。 「文芸の向上顕揚を計ることを目的」として、以下の賞の選考と授賞を行っている。   ・芥川龍之介賞 ・直木三十五賞 ・大宅壮一ノンフィクション賞 ・松本清張賞 ・菊池寛賞
 
 
  日本の近現代文学史 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の近現代文学史は、明治時代以降の日本文学の歴史である。 明治を迎え日本の社会は大きく変化した。西欧の思想や文化を取り入れる文明開化が推進され、日本文学にも大きな影響を与えた。言文一致運動もその一つである。文学という語自体、翻訳語として創り出されたものであり、この頃に現在一般に使われ私たちが考える文学という概念が生まれた。
 
 
  近代文学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治・大正・昭和時代の文学/近代小説の発展  明治期は、封建の重たい霧にとざされながら人間性の解放や自我の確立が求められた時代でした。明治初期の文学は、福沢諭吉らの啓蒙学者らにより西欧文学が紹介されました。その結果、江戸期の「勧善懲悪」的文学は排され、写実主義に文学の本質を求めようとしました。
 
 
  近代文学編   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治10年代,日本の近代文学の扉を開いた坪内逍遥(つぼうちしょうよう)と二葉亭四迷(ふたばていしめい)は尾張藩の出身であった。坪内逍遥は尾張藩代官所役人の子として岐阜県美濃太田市に生まれ,明治維新後,父に従って名古屋にもどり名古屋県英語学校に進んだ。明治9年上京。明治18年,評論『小説神髄(しょうせつしんずい)』で文学独自の価値を主張し,人間の心理を描く近代小説のあり方を示した。
 
 
  日本近代文学会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本近代文学会は、日本近代文学研究に関する日本最大の学会です。1951年1月に近代日本文学会の名称で発足しました。会員は日本近代文学の研究者、およびその関連機関で構成されており、会員数は2005年3月現在で約2000名です。 本学会は、日本近代文学の研究を推進することを目的としています。
 
 
  近代文学研究会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「近代文学研究会」は大阪の高校の国語科教員を中心としたグループです。高校国語の定番作品に加えて、新たに開拓した作品の授業案を検討しています。優れた文学作品を授業で取り組む際、どのような質問や説明が生徒の興味を引き付けるか、具体的な質問や考え方の提案を行っていきたいと考えています。またその基礎として近代文学作品の新たな評価が必要だと考えています。
 
 
  近現代文学コース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近現代文学コースは、明治維新以後平成にいたる文学を研究するコースである。   専修大学文学部 日本語日本文学科
 
 
  現代文学史研究所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説を芸術として文学の王座に据えたのは、英語圏ではわが坪内逍遙『小説神髄』(1885〜86、明治18〜19)の文学独立説が最初ですが、以後100年、 情報化社会の出現による文化全般の実利化・大衆化は、世界的にも燦たる栄光に輝く日本の近現代文学を低位文化に貶ました。…
 
 
  近・現代文学研究会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近・現代文学研究会は、日本文学の優れた遺産に学びながら、新しい民主主義文学の創造について探究する研究会です。年6回、奇数月の第三木曜日の午後6時半から開催し、どなたでも参加することができます。
 
 
  「日本近代文学」総目次   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第1集 (1964年 昭和39年 11月1日発行)〜第73集 (2005年 平成17年 10月15日発行) 日本近代文学会編集
 
 
  軽井沢の近・現代文学年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  軽井沢高原文庫
 
 
  近現代日本文学研究・リンク集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1996年10月にはじめたリンク集は、近現代日本文学関連のサイト自体がまだ数少ないなかでその全体像を把握してみたいという気持ちから、はやくからサイトを立ち上げていた市川毅さんと情報交換しながら作ったものでした。
 
 
  日本文学を調べるには(近現代)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治以降の文学・文学者について調べたいとき、OPAC(利用者端末)で探しても多すぎてどれを見ていいのかわからない! うまく出て来ない! その時は…
 
 
  日本の近代・現代文学を読んでみた…   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の近・現代の文学作品をできるだけ古い順に取り上げていく予定。 ただし、これも遅読派かつ軟弱読書の期待を裏切らぬように…
 
 
  ジュンク堂書店 日本文学・時代・戦記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本文学・時代・戦記:5,990点
 
 
  教えてください! 日本近代文学の成立について説明してください。 - Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治維新後、文明開化による西欧文明の輸入と近代国家の建設が進められ、いわゆる「文学」という概念が生まれた時代。西欧近代小説の理念が輸入され、現代的な日本語の書き言葉が生み出された。坪内逍遥の『小説神髄』の示唆を受けて創作された、二葉亭四迷の『浮雲』によって、近代日本文学が成立したとされる。・・・
 
 
  財団法人 日本文学振興会 (最新文学賞ニュース:芥川龍之介賞・直木三十五章・大宅壮一ノンフィクション賞・松本清張賞・菊池寛賞)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本文学振興会は「文芸の向上顕揚を計ることを目的」として、芥川龍之介賞、直木三十五賞、大宅壮一ノンフィクション賞、松本清張賞、菊池寛賞の選考と授賞を行う財団法人です。このホームページでは、 日本文学振興会の活動の概要をお知らせしています。
 
 
  近現代文学、文芸的随筆随想、日本娯楽小説(近現代) <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  六栗書賈
 
 
  近代文学研究関連の情報収集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  〈入門〉近代文学研究の文献収集: 文献目録を探す/自力で集める(図書編)/自力で集める(雑誌論文編)/自力で集める(作品本文編)/他の「文献の調べ方サイト」 リンク集/更新履歴
 
 
  日本の近代主要作家と作品一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の近代主要作家と作品一覧 (2012/5/1)
 
 
仮名垣魯文.1829
仮名垣魯文 - Wikipedia 魯文の碑(神奈川県茅ヶ崎市萩園の三島神社) 明治初期、牛乳、チーズ、バターなどは、牛肉屋で売られた。仮名垣魯文著「牛店雑談安愚楽鍋」
  仮名垣魯文 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仮名垣 魯文(かながき ろぶん、文政12年1月6日(1829年2月9日) - 明治27年(1894年)11月8日)は、戯作者、新聞記者。江戸末期から明治初頭にかけての戯作文学における重要な作家。十返舎一九の『東海道中膝栗毛』から着想を得た『西洋道中膝栗毛』や『安愚楽鍋』が代表作である。福澤諭吉の科学入門書『窮理図解』をもじった『胡瓜遣(きゅうりづかい)』という作品もある。また、絵師の河鍋暁斎と組んで『絵新聞日本地』という日本初の漫画雑誌を刊行した。
 
 
  仮名垣魯文年譜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1829(文政12) 1. 6 江戸京橋鎗屋町に生まれる 幼名兼吉  『偐紫田舎源氏』初編・『南総里見八犬伝』七輯刊 
 
 
  仮名垣魯文 - 文明開化の戯作者   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名前:姓は野崎。幼名は兼吉、長じて文蔵と称するが、維新後、仮名垣魯文と通称する。別号に野狐庵、鈍亭、猫々道人など。/職業:幕末明治の戯作者/人物:江戸京橋の魚屋に生まれた。商家に奉公したが戯作で身をたてようと志し、放浪生活ののち作家となる。 神奈川県庁勤務のあと、『横浜毎日新聞』の記者を経て、『仮名読新聞』『いろは新聞』を創刊。/作品:『滑稽富士詣』、『西洋道中膝栗毛』『安愚楽鍋』
 
 
  仮名垣魯文 (明治の文学) (単行本)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仮名垣 魯文 (著), 坪内 祐三 (編集), ねじめ 正一 (編集)
 
 
  西洋道中膝栗毛 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西洋道中膝栗毛(せいようどうちゅうひざくりげ)は、仮名垣魯文・総生寛(第12編より)作の滑稽本。明治3年(1870年)12月 - 9年(1876年)刊。全15編30冊、万笈閣刊。挿画は落合芳幾・3代目歌川広重・猩々暁斎など。 十返舎一九の『東海道中膝栗毛』にならって、弥次郎兵衛、北八の3代目の孫ふたりを、イギリスのロンドン万国博覧会見物に出立させ、その道中の滑稽を叙したものである。
 
 
  西洋道中膝栗毛(仮名垣魯文)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  表紙/扉/西洋道中膝栗毛序(銕舟 河丈記) 〜 第十五編/挿絵/奥付/裏表紙
 
 
  西洋道中膝栗毛 (上巻) <書籍>  (岩波文庫)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西洋道中膝栗毛 (上巻) <書籍>  (岩波文庫) amazon.co.jp
 
 
  西洋道中膝栗毛 初編〜五編 <書籍> 仮垣魯文【著】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西洋道中膝栗毛 初編〜五編 <書籍> 仮垣魯文【著】 紀伊國屋書店
 
 
  西洋道中膝栗毛 全2冊 <書籍> 仮名垣魯文 小林智賀平 校訂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  弥次郎兵衛・喜多八が失敗を重ねながらも万事を茶化し,しゃれのめしてめでたく帰国するという万国旅行記であるが,文明開化に戸惑った江戸っ子の姿や当時の混沌たる世相やことばが生き生きと描かれている.開化ものの代表作として有名であり,特に江戸ことばより近代語への変遷を伝えた好個の文献として得がたい書である.明治3年刊.
 
 
  総生寛(ふそう かん)とは   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  総生 寛(ふそう かん、1841年(天保12年) - 1894年(明治27年)10月9日)は日本の戯作者。姓は岩橋。上総国出身。別称は七杉子(みすぎよすぎ)・哲径道人・天保銭人。仮名垣魯文の友人で、『西洋道中膝栗毛』の第12〜15編を執筆した。ほかに、『千変万化世界大演劇一幕噺』などの著作もある。また狂詩も書いた。茨城県で没した。
 
 
  安愚楽の由来   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治維新のはじめ頃、欧米人が食肉牛の輸入を始め、横浜や横須賀の牛肉店が繁盛し始めました。その中から日本独特の食べ方である「牛鍋」が流行。気楽にあぐらをかいて鍋を囲み、煮ながら食べることを「胡座(あぐら)鍋」と呼んでいました。その後、作家の仮名垣魯文が牛鍋を楽しんで食べた庶民の姿を描いた「安愚楽鍋」という書物が広く知られ、安愚楽鍋が牛鍋の代名詞となりました。←このコメントのみ。
 
 
  安愚楽鍋 <書籍> 仮名垣魯文 小林智賀平 校注   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文明開化の東京は,なんといっても洋風でなければ幅がきかない.そこで繁昌したのが牛肉を食わせる新商売だ.そこには,粋な姐さんやたいこもち,西洋かぶれから田舎侍まで,ありとあらゆる人種が集まって勝手な気焔を上げるのだった.魯文(1829‐1894)の代表作である本書はそうした開化の風俗を,じつに巧みにとらえた,開化期風俗文学の筆頭であろう.
 
 
  安愚楽鍋について。仮名垣 魯文の安愚楽鍋の現代語訳… Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  回答1: 岩波文庫で「安愚楽鍋」が出ていますが、全編現代語訳ではなく、注釈入りで、解説はあったのじゃないかな。兎も角 岩波以外では、日本文学全集などの 始めの方に、幕末、明治初期の部に、式亭三馬や矢野龍渓などと・・・。
 
 
  主に牛肉と羊肉召し上がった明治天皇   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  輸入統計に現れなかった羊たち: 皆さん、前回配った細川日記の資料、持ってきてますね。では、その続きをやりましょう。…
 
 
  仮名垣魯文 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仮名垣魯文 の画像 - Google
 
 
中村正直.1832
中村正直
  中村正直 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中村 正直(なかむら まさなお、天保3年5月26日(1832年6月24日) - 明治24年(1891年)6月7日)は、武士・幕臣、啓蒙思想家。明治の六大教育家の一人。福澤諭吉、森有礼、西周らと明六社を結成。… 幕府の儒官となり渡英。帰国後は静岡学問所の教授となる。明治3年(1870年)11月9日に、サミュエル・スマイルズの『Self Help』を『西国立志篇』の邦題(別訳名『自助論』)で出版、100万部以上を売り上げ、福澤諭吉の『学問のすすめ』と並ぶ大ベストセラーとなる。
 
 
  中村正直 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中村正直 の画像 - Google
 
 
  西国立志編 欺邁爾欺著 明治4(1871)年   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本書は、スマイルズの著書を翻訳したもので、副題を「原名自助論」と名づけている。 訳者中村敬太郎とは同正直のことで敬宇と号した。昌平黌で漢学を修めたほか、桂川国興から蘭学を、箕作奎吾から英学を学び、慶応2(1866)年幕府の留学生取締の名目で渡英し、帰国後ミルの『自由之理』などを翻訳して日本に紹介した。
 
 
  西国立志編(さいごくりっしへん) - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中村敬宇(けいう)(正直(まさなお))によるスマイルズの『自助論』Self Help(1859)の翻訳。1870〜71年(明治3〜4)刊。11冊。福沢諭吉の『西洋事情』と並ぶベストセラーで、発行部数は総計100万部を下らないという。明治天皇の進講のテキストになり、小学校の修身教科書に用いられた。
 
 
  『西国立志編』より受け継がれた企業経営の本流を探る   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『西国立志編』は、直接的には、気骨のあるイギリス人をつくり出した秘訣を書いた書物であり、それは同時に、人間の成長の原理を述べた書物である。その基本精神は、次の一文に尽きる。・・・
 
 
  西国立志編 巻13 旧漢字バージョン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  斯邁爾斯(スマイルズ)自助論 一名西國立志編  第十三編 品行ヲ論ズ即チ眞正ノ君子ヲ論ズ
 
 
  DNPミニ博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治初期三大ベストセラーのひとつ『改正西国立志編』の印刷 -明治10年(1877)-  大日本印刷の前身、秀英舎は明治9年(1876)10月9日に創業しました。創業後の経営の推進力となったのが、福沢諭吉の『西洋事情』、内田正雄の『輿地誌略』と並ぶ、明治初期のベストセラー『改正西国立志編(かいせいさいごくりっしへん)』の印刷でした。
 
 
  西国立志編 <書籍> 著者: サミュエル・スマイルズ 翻訳者: 中村正直   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  原著『自助論(セルフ・ヘルプ)』は、世界10数ヵ国語に訳されたベストセラーの書。日本では明治4年、『西国立志編』として中村正直により翻訳刊行された。「天は自ら助くる者を助く」という独立独行の精神を思想的根幹とした、欧米史上有名な300余人の成功立志談である。この自助精神は、近代国家と資本主義の形成期にあって、新しい日本と自分の前途に不安を抱いていた多くの青少年に希望の光明を与えた。福沢諭吉の『学問のすゝめ』と共に、明治の2大啓蒙書。
 
 
福澤諭吉.1835
福澤諭吉
  福澤諭吉 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福澤 諭吉(ふくざわ ゆきち、天保5年12月12日(1835年1月10日)- 明治34年(1901年)2月3日)は、武士(中津藩士)、著述家、啓蒙思想家、教育者、日本学士院初代会長、慶應義塾創設者。明治の六大教育家のひとり。父は、藩の借財を扱う職にあったが、儒教に通じた学者でもあった。しかしながら身分が低いため身分格差の激しい中津藩では名をなすこともできずにこの世を去った。そのため息子である諭吉は、封建制度には疑問を感じていたと述べている。
 
 
  福澤諭吉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福澤諭吉は天保五年十二月十二日(1835年1月10日)、大阪堂島の中津藩蔵屋敷に生まれた。生後一年半で父の病死にあい、一家は郷里中津に帰る。しかし、封建の門閥制度に矛盾を痛感した彼は、青年期に入るや、まず、学問の新天地を求めて長崎におもむき、ついで大阪の蘭学の大家緒方洪庵の塾に入って、蘭学の修業に励んだ。安政五年(1858年)、江戸に出て、築地の中津藩邸内に塾を開く。後の慶應義塾のもとである。
 
 
  郷土の偉人 『福澤 諭吉先生』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『天は人の上に人を造らず 人の下に人を造らず』  学問のすゝめより   福澤諭吉は、天保5年(1835)に大坂の中津藩蔵屋敷で、13石2人扶持の下士福澤百助の次男として生まれました。1歳6ヶ月の時父と死別し、母子6人で中津に帰郷。貧しながらも信念を持った少年時代を過ごし、14歳になって儒学者白石照山の塾に入りました。…
 
 
  福沢諭吉(ふくざわゆきち) - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治時代の啓蒙(けいもう)思想家、慶応義塾の創立者。天保(てんぽう)5年12月12日、大坂の中津(なかつ)藩蔵屋敷で、十三石二人扶持(ぶち)の藩士福沢百助(ひゃくすけ)とお順(じゅん)との間に次男として生まれる。2歳のとき父と死別、母子一家は中津(大分県中津市)へ帰る。母の手一つで育てられたが、彼もまた母をよく助けたという。
 
 
  未来をひらく福沢諭吉展 慶応義塾創立150年記念   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  慶應義塾は2008年、日本の近代総合学塾として初めて創立150年を迎えました。2009年1月10日(土)から3月8日(日)まで、東京国立博物館表慶館(東京・上野公園)、5月2日(土)から6月14日(日)まで、福岡市美術館(大濠公園)、さらに8月4日から9月6日(日)まで「未来をひらく福澤諭吉展」を開催する運びとなりました。
 
 
  学問のすゝめ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『学問のすゝめ』(がくもんのすすめ)は、福沢諭吉の著書のひとつ。初編のみの共著者に小幡篤次郎がいる。 原則的にそれぞれ独立した17つのテーマからなる、初編から十七編の17の分冊であった。 1872年(明治5年2月)初編出版。以降、1876年(明治9年11月25日)十七編出版を以って一応の完成をみた。
 
 
  改暦弁&学問のすゝめ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  改暦弁&学問のすゝめ
 
 
  学問のすゝめ  福沢諭吉著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本編は余が読書の余暇随時に記(しる)す所にして、明治五年二月第一編を初(はじめ)として、同九年十一月第十七編を以(もつ)て終り、発兌(はつだ 発行)の全数、今日に至(いた)るまで凡(およそ)七十万冊にして、其中(そのうち)初編は二十万冊に下らず。
 
 
  学問のすゝめ 初編〜十七編   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  学問のすゝめ 初編  天は人の上に人を造らず,人の下に人を造らずと云えり。されば天より人を生ずるには,万人は万人皆同じ位にして,生れながら貴賤上下の差別なく,万物の霊たる身と心との働を以て,天地の間にあるよろずの物を資り,以て衣食住の用を達し,自由自在,互に人の妨をなさずして,各安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。
 
 
  福沢諭吉著 『学問のすゝめ』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  思想家・教育家で慶応義塾の創立者である福沢諭吉は、豊前中津(現・大分県中津市)藩士の生まれの文明開化(人間の知力が進み世の中が開けることで、特に、明治初期の思想・文化・社会制度の近代化や西洋化をいう)の指導者。著作に『西洋事情』『学問ノススメ』『文明論之概略』などがある。
 
 
  学問のすゝめ   Yukichi Fukuzawa    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「天は人の上に人を造らず天は人の下に人を造らずといえり」の書き出しで有名なこの『学問のすゝめ』は、明治5年2月から明治9年11月の足掛け5年にわたり初編から17編が出版された。
 
 
  慶應義塾創立150年記念講演会  学問のすゝめ21   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  21世紀の現代社会が抱えるさまざまな問題や課題を中心に多彩なテーマでおくる、慶應義塾の教員と塾員(卒業生)による講演会シリーズ「学問のすゝめ21」。
 
 
  学問のすゝめ  -母のたわごと-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日は福沢諭吉『学問のすゝめ』の中の一節。  『学問をするには分限を知ること肝要なり。人の天然生まれつきは、つながれず縛られず、一人まへの男は男、一人まへの女は女にて・・・
 
 
  福澤諭吉 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福澤諭吉 の画像 - Google
 
 
  学問のすゝめ <書籍> 福沢諭吉著 ; 伊藤正雄校注   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   近代日本を代表する思想家が説く、国民の精神革命。 自由平等・独立自尊の理念を掲げ、西洋的「実学」を奨励する不朽の書に、より多くの読者が親しむことを企図し、本書は流麗な文語調の原文に長年の研究成果を結実させた丁寧な語釈・解説を付した。
 
 
  学問のすゝめ21 <書籍> 慶應義塾創立150年ブックレット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  創立150年記念講演会『学問のすゝめ21』とは、21世紀の現代社会が抱えるさまざまな問題や課題を中心に多彩なテーマでおくる、慶應義塾の教員と塾員(卒業生)による講演会シリーズです。ひとつのテーマに複数の視点から光を当て、いろいろな考えに触れていただくことによって、皆さまの新たな「発見」を喚起し、「多事争論」の間に生まれる「自由の気風」と「学び」の楽しさを実感していただきたいと考えます。
 
 
  学問のすゝめ <書籍> 福沢諭吉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」.著名なこの一文で始まる本書は,近代日本最大の啓蒙家である著者が,生来平等な人間に差異をもたらすのは学問の有無によると説く.彼のすすめる学問とは,西洋実学の批判的摂取である.明治の人心を啓発したその言は,一世紀を経た今日も清新である.
 
 
(大隈重信.1838)
大隈重信
  大隈重信.1838       TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  128 【社会・歴史ぁ ⇒大隈重信.1838
 
 
  大隈重信 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大隈重信 の画像 - Google
 
 
中江兆民.1847
中江兆民
  中江兆民 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中江 兆民(なかえ ちょうみん、弘化4年11月1日(1847年12月8日) - 明治34年(1901年)12月13日)は、江戸時代後期から明治の思想家、ジャーナリスト、政治家(衆議院議員)である。フランスの思想家ジャン=ジャック・ルソーを日本へ紹介して自由民権運動の理論的指導者となった事で知られ、「東洋のルソー」と評される。衆議院当選1回、第1回衆議院議員総選挙当選者の一人。兆民は号で、「億兆の民」の意味。著作に『民約訳解』(1882,仏学塾)など。
 
 
  中江兆民   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「政党とは『政事向に就て了簡の同じ人物が若干人相合して一の党を為し他の党と張り合ふことなり』」=日本で最初の総選挙は、1890(明治23)年に行われたが、そのときに当選した兆民が、「平民の目さまし&#8212;&#8212;一名国会の心得」という一文の中で記した言葉。了簡(りょうけん)とは、「よく考えて判断すること」とか、「推しはかり考えをめぐらすこと」であるが、今なら政権公約…マニフェスト…
 
 
  中江兆民のHomepage   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中江兆民略歴/中江兆民とルソー/ 中江兆民と坂本竜馬/中江兆民をめぐる人々/随想・兆民先生行状記/中江兆民をもっと知るために/自由民権名言集/ダウンロードコーナー/掲示板
 
 
  中江兆民 なかえ ちょうみん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高知生まれ。政治家、思想家。父は高知藩士。長崎、江戸でフランス学を学ぶ。明治4年(1871)フランス留学。7年(1874)帰国後、仏学塾を開く。8年(1875)元老院権少書記官となるが、10年(1877)辞任。14年(1881)東洋自由新聞創刊、主筆となる。フランス流の自由民権論を唱え、自由民権運動の理論的指導者となる。
 
 
  『民約訳解』を読む   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『民約訳解』は、「東洋のルソー」といわれる中江兆民が、ジャン・ジャック・ルソーの『社会契約論』を翻訳し解説を附したものである。原文は漢文。日本の自由民権運動の理論的支柱となったのみならず、清末の中国知識人たちにも少なからず読まれたと思われる。
 
 
  民約訳解(みんやくやくかい) - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中江兆民(なかえちょうみん)の著作。ジャン・ジャック・ルソーの『社会契約論』を翻訳し、訳者による「解」をつけたもの。漢文訳である。兆民の主宰する雑誌『政理叢談(せいりそうだん)』の第2号(1882年3月10日)から第46号(1883年9月5日)まで、26回にわたり掲載された。
 
 
  明治期における『社会契約論』の翻訳について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治・大正期におけるルソーの翻訳を検討してみることは、日本においてルソーがどのように受容されてきたか研究するための一つの有効なアプローチであると思われる。明治期における『社会契約論』の翻訳は、服部徳『民約論』(明治10年)、中江兆民『民約訳解』(明治15年)、原田潜『民約論覆義』(明治16年)の3種であり、そのうち『民約訳解』は漢文訳である。この論文では、服部訳及び原田訳を扱う。
 
 
  社会契約 weblio   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  社会契約(しゃかいけいやく)は哲学、政治学、また社会学で使われる表現であり、ある国家内でその国家とその市民の権利と責任に対する仮定・空想上の契約をいう。またはより一般的に、ある団体とその構成員の間での似たような契約・協定をいう。(
 
 
  中江兆民全集 <書籍> 民約論 策論 民約訳解 非開化論   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランス留学から帰国した1874年から1883年にかけて兆民が執筆・翻訳した初期の諸著作を収める.「東洋のルソー」と称される端緒となった,「社会契約論」の翻訳3作−仮名交り文の訳『民約論』,解説付の漢訳『民約訳解』(本巻では訓読文を付す),それに『民約抄』−は,自由民権家に大きな影響を及ぼした.『非開化論』はルソー「学問芸術論」の訳.元老院時代の建言書『策論』には全文写真版を併載した.
 
 
  中江兆民. の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中江兆民. の画像 - Google
 
 
  中江兆民 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中江兆民 の画像 - Google
 
 
末広鉄腸.1849
末広鉄腸
  末広鉄腸 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  末広鉄腸(すえひろ てっちょう、嘉永2年2月21日(1849年3月15日) - 明治29年(1896年)2月5日)は明治時代の運動家・新聞記者・政治家・小説家。嘉永2年(1849年)愛媛県宇和島市に藩士の子として生まれる。明治2年(1869年)に明倫館の教授。明治8年(1875年)4月に東京曙新聞に入社し編集長。10月に朝野新聞に移り編集長。明治19年(1886年)に政治小説の雪中梅を出版。明治23年(1890年)に第1次山縣内閣での第1回衆議院議員総選挙で初当選。
 
 
  末広鉄腸    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名は重恭、藩士末広禎介の二男として嘉2二年(1894)2月21日に生まれた。維新の功臣、都築温はその兄である。 鉄腸は非常な秀才であった。はじめは藩校明倫館に学び、年二十歳で早くも明倫館教授に抜擢せられ、かねて藩政にも参加した。 学問を好み、特に陽明学に傾倒し、その師を求めて八幡浜に上甲振洋、東京に林鶴梁、京都に春日潜庵の門をたたいて、大いにその学問を深めた。明治5年に神山県属、7年には大蔵省出仕と官途についたものの、官吏たるに飽きたらず、決然辞職して文筆を事とした。
 
 
  末広鉄腸 近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  嘉永2年2月21日〜明治29年2月5日(1849〜1896) 愛媛生まれ。小説家、政治家。父は宇和島藩士。藩校に学び藩校教授となる。明治7年(1874)大蔵省に出仕。翌8年(1875)曙新聞社に入社、新聞紙条例を批判し投獄される。のち朝野新聞に転じ、再び筆禍により投獄。自由党結成に尽力したが板垣退助の外遊を批判して脱党。『雪中梅』(1886)『花間鶯』(1887)等の政治小説を刊行。
 
 
  末広 鉄腸(すえひろ てっちょう)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  …1886(明治19)年8月には代表作となる政治を目指す青年の理想と恋愛を写実的に描いた政治的啓蒙(けいもう=人々に新しい知識を与え、教え導くこと)書でもあった政事(治)小説(政治思想を持った人物を主人公とした小説)『雪中梅(せっちゅうばい)』(上編)を出版(下編は同年11月。同書は病気療養中にしたためられた)、福沢諭吉の『学問のススメ』に次ぐ30万部を超す一大ベストセラーとなり(そのため偽本すらでた)、その印税を元手に外遊。
 
 
  末広鉄腸 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  末広鉄腸は, 宇和島藩士の家に生まれ、幼くして両親を失い姉夫婦によって育てられました。宇和島藩の藩校である明倫館で学び、20歳で教授となりました。 その後、県や大蔵省の役人になりましたが、硬骨漢であった彼の性格にあわず、辞職しました。 26歳で「東京曙新聞」に入社し、編集長となってから言論界において活躍しました。
 
 
  末広鉄腸研究 真辺美佐 著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  序 章 末広鉄腸研究の視角/機\党論と政治運動――大同団結論とその実践/供‖亞位簑蠅叛治論――アジア論を中心に/掘\治運動の表現――政治小説を例に/あとがき
 
 
  雪中梅 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雪中梅(せっちゅうばい)は、末広鉄腸の政治小説。上編は1886年(明治19年)8月、下編は同11月、博文堂刊  青年志士国野基(くにのもとい)とそのいいなずけ富永お春を中心人物とし、当時の自由民権運動熱を背景とする。作者の所属する党派(自由党)の思想が中心になっている。当時の政治小説の代表作といわれる。
 
 
  雪中梅  小説@pedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「雪中梅」に関連する小説一覧 : …そのうち、かの『雪中梅(せっちゅうばい)』の作者|末広鉄腸(すえひろてっちょう)が、『朝日新聞』に書いた。また服部誠一翁がいろいろなものを書いた。寛(ひろし)(総生(ふそう))は寛でさまざまなもの、例えば秘伝の類、芸妓になる心得だとか地獄を買う田地だとかいうようなものを書いて一しきりは流行(はや)ったものである。…
 
 
矢野龍渓.1851
矢野龍渓
  矢野龍渓 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  矢野 龍渓(やの りゅうけい、嘉永3年12月1日(1851年1月2日) - 1931年(昭和6年)6月18日)はジャーナリスト・著作家・民権運動家。豊後・佐伯藩の中級武士の家に生まれる。 1872年に慶應義塾へ入門、英米の憲法史を研究する。1876年に義塾の大阪分校の校長、後に徳島分校の校長に選抜される。1879年に福澤諭吉の推薦で大蔵卿であった大隈重信のもとに。… 古代ギリシアの興亡を題材とした『経国美談』の前篇が1883年に発表されると大評判となる。
 
 
  矢野龍渓石碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治時代から大正時代の文学者・政治家・ジャーナリスト・教育家。本名は文雄。 大分県佐伯生まれ。慶応義塾に学ぶ。新聞記者をしていたが政府の役人となり、早く憲法を制定して国会を開こうとした。のちに『郵便報知新聞』の社長となり、大隈重信を中心とする立憲改進党の結成にも加わる。
 
 
  佐伯の先哲 矢野龍渓   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  矢野龍渓(やの りゅうけい)ってどんな人? : 明治時代から大正時代の文学者・政治家・ジャーナリスト・教育家。本名は文雄。大分県佐伯生まれ。慶応義塾に学ぶ。新聞記者をしていたが政府の役人となり、早く憲法を制定して国会を開こうとした。のちに『郵便報知新聞』の社長となり、大隈重信を中心とする立憲改進党の結成にもくわわる。明治16年に出版した小説『経国美談』はベストセラーになり多くの若者に読まれた。
 
 
  矢野龍渓 歴史が眠る多磨霊園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名矢野文雄(墓には本名で刻む)。福澤諭吉の推薦で大隈重信の下で官吏となり、1881(M14)大隈と共に改進党の結成に参画。この間報知新聞に入り、83政治小説「経国美談」を著わして大反響をもたらした。 85新聞事業視察のため渡欧し翌年帰国。90報知新聞掲載の空想的冒険小説「浮城物語」執筆。国会開設後政界を去り、一時伊藤博文らの推薦で式部官や外交官をつとめたが、99以降は政界を退いた。
 
 
  経国美談 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  経国美談(けいこくびだん)は、矢野龍渓の政治小説。2冊からなり前編は1883年(明治16年)3月刊、後編は1884年(明治17年)2月刊。 古代ギリシャの歴史に取材し、ペロビダスとエパミノンダスの2人を主人公にテーベ勃興の一部始終を描写する。前編はテーベの士たちが国に民政を回復するまでを描き、後編はスパルタの侵略を退けてテーベがギリシャの盟主となる過程を描く。
 
 
  矢野龍渓 『経国美談』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  矢野龍渓『経国美談』(岩波文庫)の上巻をほぼ読み終えた。解説によればこの漢文書き下し文体の小説は、龍渓が英国の正史文献を参考にしつつ、古代ギリシアの歴史を『太平記』風の小説にして民権伸張、憲政擁護を鼓吹することを狙ったとのこと。坪内逍遥の『小説神髄』が出る前、明治十六年の作である。
 
 
  経国美談 けいこくびだん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  政治小説。「斎武名士(せーべめいし)」という角書(つのがき)がある。矢野龍渓著。2巻からなり,前編は1883年(明治16)3月,後編は1884年2月,報知社刊。1882年,立憲改進党結成に参画した龍渓が過労のため病床にあったとき,古代ギリシア史を読み,正史に記されていない部分を小説で補いつつ口述筆記したもので,従来の戯作小説でもなく,また単なる歴史叙述でもない新しい政治小説をつくりだしている。
 
 
  経国美談 上  岩波文庫 緑 2-1 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  経国美談 下  岩波文庫 緑 2-2 (文庫)
 
 
東海散士.1853
柴四朗(しば しろう)
  東海散士 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東海散士(とうかいさんし、嘉永5年12月2日(1853年1月11日) - 大正11年(1922年)9月25日)は、明治から大正にかけての政治家・小説家。本名は柴 四朗。千葉県生まれ。少年期に戊辰戦争に兄と共に従軍。27歳時アメリカに留学、ペンシルベニア大学及びパシフィック・ビジネス・カレッジを卒業。明治18年(1885年)、持論である「国権伸長」論を基調とするナショナリズム小説「佳人之奇遇」を発表、好評を得た。著書として「東洋之佳人」「埃及近世史」などがある。
 
 
  柴四朗 (しばしろう)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  嘉永5年〜大正11年(1852〜1922) 小説家、ジャーナリスト、政治家、筆名東海散士。日新館に学び戊辰戦争では銃をとって戦っている。 明治12年渡米、ハーバード、ペンシルバニア両大で学び帰国。明治18年滞米中に想を得た「佳人之奇遇」を著し一躍有名になる。… 福島県人初の陸軍大将柴五朗の兄。
 
 
  柴四朗書簡 : 小池政吉宛   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  南大曹旧蔵名家書翰集 [明治35年]4月10日付 年は消印による  早稲田大学図書館 
 
 
  東海散士 『佳人之奇遇』 全16巻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柴四朗(1853年生まれ、少年時代の名は茂四郎)は会津藩士柴佐多蔵の四男、父が海防の任に当たっていた折、上総(かずさ)国(現千葉県)富津(ふっつ)の地で誕生した。少年期には会津に戻り、藩校・日新館で学んでいる。62年、藩主松平容保(かたもり)の京都守護職就任に伴い父が上洛、のち四朗も京都に登り鳥羽伏見の役では出陣を経験した。…
 
 
  佳人之奇遇 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佳人之奇遇(かじんのきぐう)は、東海散士(柴四朗)の政治小説。初編は1885年(明治18年)に刊行され、その後1888年までに四編まで刊行された。その後、国会開設後の1891年に五編が、日清戦争後の1897年に六編から八編まで刊行され、完結をみた。全十六巻。
 
 
  佳人之奇遇   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  繪入) 16卷 柴四朗(東海散士)著 明治19−30(1886-97)刊 (岡野他家夫旧蔵)  『佳人の奇遇』は日本における政治小説の代表作といわれる作品。政治小説とは、主題を政治社会の事件・人物に求め、あるいは政治思想の普及・宣伝を目的とした小説をいう。イギリスで起こり、日本では明治10年代半ばから20年代にかけて、国会開設運動当時に流行した。
 
 
  佳人之奇遇 自叙   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  散士幼にして戊辰の變亂に遭逢し全家陸沈、■(之繞+屯:ちゅん::大漢和38747)■(:::大漢和)流離、其後或は東西に飄流し、或は筆を投じて軍に從ひ遑々草々、席暖なるに暇あらず。…
 
 
  明治の兄弟―柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「素敵な日本人に出会えてよかった」勝者の側から書かれた歴史ではなく、明治・大正の国運に大きな役割を演じた元会津藩士の兄弟を中心に、当時の人物群像と時代背景を400余の史料を基に描いた「人肌の歴史」。
 
 
坪内逍遥.1859
坪内逍遥
  坪内逍遥 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、1859年6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は明治時代の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。岐阜県生まれ。幼くして江戸文学や俳諧、和歌に親しむ。代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳。東京大学文学部政治科卒業、早稲田大学教授。26歳で『小説神髄』を発表。江戸時代の勧善懲悪の物語を否定し、小説はまず人情を描くべきで世態風俗の描写がこれに次ぐと論じた。
 
 
  坪内逍遥 人名辞典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美濃国加茂郡太田宿(現・岐阜県美濃加茂市)出身で、明治時代に活躍した小説家・評論家・翻訳家・劇作家。本名は雄蔵。 旧制愛知県立第一中学校を経て東京帝国大学(現・東京大学)を卒業し、東京専門学校(現・早稲田大学)の教授を務めました。 26歳のときの評論「小説神髄」で「小説はまず人情を書くべきで、世態風俗の描写がこれに次ぐ」と論じ、小説「当世書生気質」ではそれを実践しましたが、この心理的写実主義によって日本の近代文学の誕生に大きく貢献しました。
 
 
  坪内逍遥 つぼうち・しょうよう   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安政6年5月22日(1859年6月22日)〜昭和10年(1935年)2月28日 本名は勇蔵。のち、雄蔵。 東大卒。 東京専門学校(早稲田大学の前身)講師となり、翻訳『自由太刀余波鋭鋒』を刊行。 勧善懲悪を旨とする功利主義的文学観を否定、写実主義を唱える。 明治18年(1885年)から翌年にかけて、評論『小説真髄』、小説『当世書生気質かたぎ』を発表し、文壇の中心的存在となる。
 
 
  坪内逍遥  近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岐阜生まれ。文学者。東京大学卒業後、東京専門学校(現早稲田大学)の講師、のち教授となる。日本最初の近代的文学論『小説真髄』(1885〜1886)とその実践となる小説『当世書生気質』(1885〜1886)を著し文壇の中心的存在となった。森外との「没理想論争」は有名。
 
 
  坪内 逍遥 作家別作品:No141   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岐阜県加茂郡太田宿生まれ。父は代官所手代だったが、母は芸術好きの商人の子で、小さい頃から本やお話に親しんだ。名古屋に一家で移住してからは貸本屋や劇場に赴き、芸術への関心を深めていく。入学した愛知英語学校で初めてシェイクスピアに触れ、感銘を受ける。
 
 
  坪内逍遥 【つぼうち・しょうよう】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説家・劇作家・評論家・翻訳家。本名、坪内勇蔵(雄蔵)。安政6年6月22日(旧暦5月22日)〜昭和10年2月28日。岐阜県加茂郡太田宿に生まれる。明治16年に東京大学文学部を卒業後、東京専門学校(現早稲田大学)の講師となる。明治18年、評論「小説神髄」を発表。心理主義的写実主義の原理と作法を体系的に説くもので、同時代、後代の文壇へ多大なる影響を与えた。
 
 
  坪内逍遥 (つぼうち しょうよう) - 文京区   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文京区とのゆかり : 明治16年、東京大学卒業後早稲田大学の講師となる。 翌年、永富兼八の出資で寄宿舎向きの家を新築、炭団坂の上に移る。 従来の勧善懲悪主義を排して、写実主義を唱え、文学は芸術であると主張した。 明治20年富永氏の承諾を得て家屋を処分し町内(真砂町)の家に移った。
 
 
  坪内逍遥  『小説神髄』 『当世書生気質』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  最近の純文学系読書は樋口一葉以来、専ら自然主義以前の明治文学なのだが、徳田秋声『不如帰』を岩波文庫で読みかけたところが現代かな遣いのせいか気分が乗らず、近所の市立図書館で明治文学全集の第一巻、坪内逍遥を手にとった。まさに日本近代文学の幕開け、『小説神髄』と『当世書生気質』を並行して読んでいる。…
 
 
  坪内逍遥. の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坪内逍遥. の画像 - Google
 
 
  坪内逍遥 <書籍類>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当世書生気質 (岩波文庫) 坪内 逍遙/逍遥遺稿―訳文 附原文 (岩波文庫 緑 146-1) 中野 逍遥、笹川 臨風、 金築 松桂/桐一葉・沓手鳥孤城落月 (岩波文庫) 坪内 逍遥/役の行者 (岩波文庫) 坪内 逍遥/小説神髄 (岩波文庫) 坪内 逍遥
 
 
  小説神髄 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『小説神髄』(しょうせつしんずい)は、坪内逍遥の文芸評論。1885年 - 1886年(明治18年 - 19年)に松林堂から刊行。 上巻において、小説で大切なことはまず人情を描くことで、次に世の中の様子や風俗の描写であると論じ、下巻において具体的な方法を示す。
 
 
  小説神髄 小説総論   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説の美術たる由を明らめまくせば、まづ美術の何たるをば知らざる可らず。さはあれ美術の何たるを明らめまくほりせば、世の謬説を排斥して、美術の本義を定むるをば、まづ第一に必要なりとす。…
 
 
  「小説神髄」と八犬伝    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  南総里見八犬伝批判の書として有名な坪内逍遙の「小説神髄」をななめ読みしてみた。 意外にも逍遙は馬琴を高く評価している。 たしかに人情を描くものこそ真実の小説であり、勧善懲悪を主とするものは時代後れだという主張はしている。
 
 
  坪内逍遥著・小説神髄・ノート1    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代文学の発端と云えば、坪内逍遥の「小説真髄」が即ち理論編で、その実践応用編が二葉亭四迷の「浮雲」である事実は理科専門の秀才でも知っているだろう。しかし、二葉亭の「浮雲」を語る者多く、神髄を語る者きわめて少ないのは如何なる理由によるものだろうか。余は三つの訳を考えてみた。
 
 
  小説神髄  (文庫) 坪内 逍遥 (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説神髄  (文庫) 坪内 逍遥 (著)
 
 
  当世書生気質 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当世書生気質(とうせいしょせいかたぎ)は、坪内逍遙(春の屋おぼろ)の小説。17巻。明治18〜19年刊行。 逍遥はかねて『遊学八少年』という戯作の構想を抱いていた。勧善懲悪を否定し、写実主義を主張した文学論『小説神髄』の執筆に続いて、明治18年4月に書き始め、6月に『一読三歎 当世書生気質』第1巻を刊行。好評のため翌年1月までに第17巻を刊行した。
 
 
  「当世書生気質」挿絵指定画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1885(明治18)年から翌年にかけて刊行された『一読三嘆当世書生気質』(全十七冊)の挿絵指定画として著者の坪内逍遙が自ら描き、画家の長原止水に送った珍しい資料である。本学図書館本間久雄文庫のなかに「塾舎の西瓜割り」「池之端の出会い」「未来の夢」と題された3点が所蔵されている。
 
 
  一読三歎/当世書生気質(春廼屋朧)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画像 : 表紙 / 扉 / 広告(1頁) / 扉 / 序(1頁) / 口絵 / 目次(1頁) / 本文 / 書評 / 版権免許年月日一覧 / 奥付
 
 
  当世書生気質 (文庫)  坪内逍遙 (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  学生小町田粲爾と芸妓田の次とのロマンス、吉原の遊廓、牛鍋屋―明治10年代の東京の学生生活と社会風俗を描いた日本近代文学の先駆的作品。坪内逍遙(1859‐1935)は勧善懲悪を排して写実主義を提唱した文学理論書『小説神髄』とその具体化としての本書を著し、明治新文学に多大な影響を与えた。
 
 
  『該撒(しいざる)奇談 自由太刀余波鋭鋒(じゆうのたちなごりのきれあじ)』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『該撒(しいざる)奇談 自由太刀余波鋭鋒(じゆうのたちなごりのきれあじ)』 シェイクスピア著 坪内逍遙訳 明17.5 東洋館 『ジュリアス・シーザー』の翻訳。
 
 
  Yahoo!辞書 - じゆうのたちなごりのきれあじ【自由太刀余波鋭鋒】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シェークスピアの「ジュリアス=シーザー」を坪内逍遥が翻訳したもの。1884 年(明治 17)刊。
 
 
森鴎外.1862
森鴎外 【もり・おうがい】
  森鴎外 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森鴎外(もり おうがい、文久2年1月19日(1862年2月17日)- 大正11年(1922年)7月9日)は小説家、評論家、翻訳家、戯曲家、陸軍軍医総監・正四位・勲二等・功三級・医学博士・文学博士。島根県津和野町生まれ。東京帝国大学医学部 卒業。夏目漱石と並ぶ文豪と称されている。大学卒業後、陸軍軍医になり、ドイツで4年過ごした。帰国後、訳詩編『於母影』、小説『舞姫』、翻訳『即興詩人』を発表、また文芸雑誌『しがらみ草紙』を創刊して文筆活動に入った。
 
 
  森鴎外記念会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文京区立鴎外記念本郷図書館の設立にあたり、その推進に力強い陰の役割をはたしたのが「鴎外記念館建設委員会」(委員長:当時国立博物館長高橋誠一郎氏)です。委員会は、昭和24年の準備会発足の時点から、永井荷風・佐々木信綱・斎藤茂吉・吉井勇・佐藤春夫・日夏耿之介・石井柏亭・小島喜久雄・小泉信三・後藤末雄・高村光太郎という文学芸術関係の錚々たるメンバーによって準備されました。
 
 
  森 鴎外論   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鴎外の基本的な特徴は、保守的エリートの地位を道徳的に弁護し肯定したことにある。この特徴は、同時代の四迷、一葉、漱石と対照的である。 四迷は明治の階級分化の全体を批判的にとらえ、出世主義者と、出世から取り残される者のそれぞれの果実を客観的に描いた。出世には、商品経済の発展がもたらすあらゆる物質的な富と、地位の社会的な力が与えられ、取り残されるものには現実についての深い認識と感情が、個人としての破滅とともにもたらされる。
 
 
  森鴎外旧居   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森鴎外(1862〜1922、鴎外の鴎の正字は區に鳥、本名は森林太郎)は、1899(明治32年)6月小倉の第12師団軍医部長として赴任し、1902(明治35)年3月小倉を離れ、東京の第1師団軍医部長に就きました。鴎外は、37〜40歳の2年9月間、小倉に居住しました。
 
 
  森鴎外の遺言   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  余ハ少年ノ時ヨリ老死ニ至ルマデ一切秘密無ク交際シタル友ハ賀古鶴所君ナリ コヽニ死ニ臨ンテ賀古君ノ一筆ヲ煩ハス死ハ一切ヲ打チ切ル重大事件ナリ…
 
 
  森鴎外とビタミン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森鴎外の妹小金井喜美子が星新一のおばあさんという関係をどこかで読んで以来少し気になっています。 森鴎外と、柳田国男の兄が知り合いで、森鴎外と柳田国男にもある程度接点があった様です。… 「森鴎外 陸軍 脚気」で検索すると172件もヒットしたのでこれも有名なことだったのでしょう。…
 
 
  脚気と悪者  森鴎外   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森鴎外って知っていますか? そう、夏目漱石と並んで明治の文豪として有名です。 では、彼の本業を知っていますか? 彼の本業は作家ではないのですよ。… 結局森鴎外は、陸軍軍医の最高位まで出世し、文豪としても名を馳せましたが、医学の歴史の中では、百害あって一利無し(無いわけではないと思うけど)という人物だったように思えます。
 
 
  森鴎外 電子テキスト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治の文學界における重鎭として國語問題に關はつた。臨時假名遣調査委員會第四囘(明治四十一年)における演説「假名遣意見」で有名。  假名遣意見/空車/津下四郎左衛門/森鴎外「津下四郎左衞門」について/興津彌五右衞門の遺書/普請中
 
 
  森 鴎外 熊本文学散歩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小倉の第12師団軍医部長だった森鴎外が、病院視察を兼ねた休日旅行のため熊本を訪れたのは、明治32年(1899年)9月27日から29日まで。高々3日間の滞在でしたが、後に乃木大将の殉死(1912年9月)に触発され、封建武家社会の悲劇をテーマとした歴史小説「興津弥五右衛門の遺書」(1912年10月)や「阿部一族」(1913年1月)を生むきっかけとなっています。
 
 
  森鴎外 【もり・おうがい】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説家、戯曲家、評論家、翻訳家、陸軍軍医。本名、森林太郎。文久2年2月17日(旧暦1月19日)〜大正11年7月9日。島根県津和野町に生まれる。明治14年、東大医学部を卒業し、陸軍軍医となる。明治17年から21年にかけてドイツに留学し、医学を学ぶ傍ら、文学、哲学、美学への造詣を深める。明治23年、小説「舞姫」を発表。雅文体ながら近代小説の骨子を持ち、日本文学の前時代からの戯作気質脱却を促進した。
 
 
  うたかたの記 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『うたかたの記』(うたかたのき)は、森鴎外の短編小説。1890年(明治23年)、雑誌『しがらみ草紙』に発表。1892年(明治25年)7月、作品集『美奈和集(水沫集)』に『舞姫』『文づかひ』とともに収録。2作品とともに森鴎外のドイツ三部作の一部を為す。
 
 
  森鴎外の豆知泉 知泉Wiki   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルートヴィヒ二世溺死事件をはじめて記録した日本人は、当時ミュンヘンにいた森鴎外。彼は『路易二世』という七言絶句の弔辞を書いている。…
 
 
  森鴎外 近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島根生まれ。文学者、軍医。… 代表作に『舞姫』(1890)、『うたかたの記』(1890)、翻訳『即興詩人』(1892〜1901)、『ヰタ・セクスアリス』(1909)、『雁』(1911)、『阿部一族』(1913)、『山椒大夫』(1915)、『高瀬舟』(1916)、史伝『渋江抽斎』(1916)などがある。
 
 
  森鴎外 (もりおうがい) 旧居   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (福岡県北九州市小倉北区)鍛治町の繁華街の中にある森鴎外の旧居  森鴎外は文久2年(1862)1月l9日、現在の島根県津和野町町田に生まれました。明治5年上京、明治l4年東京大学医学部卒業後、軍医の道を進みます
 
 
  森鴎外について 鴎外記念室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文久2年(1862)1月19日津和野藩の典医の長男として生まれました。明治5年(1872)に上京、明治14年19歳で東京大学医学部を卒業しました。 文久2年(1862)1月19日津和野藩の典医の長男として生まれました。明治5年(1872)に上京、明治14年19歳で東京大学医学部を卒業しました。 明治14年(1881)12月陸軍に入り、明治17年から明治21年まで衛生学研究のためドイツ留学を命ぜられました。留学中の体験は後に「舞姫」「うたかたの記」「文づかひ」のドイツ三部作といわれる作品に結実しました。
 
 
  森 鴎外 作家別作品リスト:No.129   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名林太郎。石見国鹿足郡津和野町(現・島根県鹿足郡津和野町)生まれ。代々津和野藩亀井家の典医の家柄で、鴎外もその影響から第一大学区医学校(現・東大医学部)予科に入学。そして、両親の意に従い陸軍軍医となる。1884(明治17)年から5年間ドイツに留学し衛生学などを学ぶ。「舞姫」「うたかたの記」「文づかひ」「大発見」「ヰタ・セクスアリス」などに、そのドイツ時代の鴎外を見て取ることができる。
 
 
  津和野の先哲と名所・旧跡 森鴎外   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森鴎外(本名・森林太郎)は文久2年(1862)1月19日石見国津和野に、津和野藩医 森静泰 峰子の長男としてこの家に生れ、明治5年(1872)に10歳で上京するまでここで過ごした。 父親が典医であったことから、幼い頃から医学が比較的発展していたオランダ語やドイツ語を習らわされる。10歳にしてドイツ語習得のため進文学舎へ通学させられる。 彼の生家の川向かいに、藩御典医だった西周(にしあまね)の実家があったため、西の所へ寄寓させてもらっている(鴎外の生家や西の生家は現在でも残っている)。
 
 
  森鴎外「高瀬舟」 朗読:岡崎ちか子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  久しぶりに更新です。森鴎外の作品は、初アップです、情景を想い描きながらお楽しみください。人の一生、人間というものをしっかりと見据えた、森鴎外の視線をひしひしと感じます。
 
 
  残れるは余一人のみなれば−森鴎外−   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  没するまで鴎外が住んだ観潮楼は、文京区立鴎外記念本郷図書館が建ち、当時の一部が残るのみとなった。 青年/大塩平八郎/うたかたの記/阿部一族/高瀬舟
 
 
  森鴎外と日清・日露戦争 [著]末延芳晴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日清・日露戦争の時代は、ヨーロッパでは「世紀末文化」の時代であった。その魅力は多くの人を引き付けている。だが、そのほとんどは「芸術のための芸術」を目指し、社会から「逃避」したものであった。ヨーロッパの「文化」が戦争と平和といった社会問題への対応の姿勢を「転換」したのは、ロマン・ロランに見られるように第1次世界大戦が契機であった。
 
 
  舞姫 森鴎外   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石炭をば早(は)や積み果てつ。中等室の卓(つくゑ)のほとりはいと静にて、熾熱燈(しねつとう)の光の晴れがましきも徒(いたづら)なり。今宵は夜毎にこゝに集ひ来る骨牌(カルタ)仲間も「ホテル」に宿りて、舟に残れるは余一人(ひとり)のみなれば。
 
 
  森鴎外 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森鴎外 の画像 - Google
 
 
  森鴎外 <書籍全般>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森鴎外 <書籍全般>
 
 
  森鴎外 <書籍一覧>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1862-1922)本名・森林太郎。石見国鹿足郡津和野町に生れる。東大医学部卒業後、陸軍軍医に。1884(明治17)年から4年間ドイツへ留学。帰国後、留学中に交際していたドイツ女性との悲恋を基に処女小説『舞姫』を執筆。以後、軍人としては軍医総監へと昇進するが、内面では伝統的な家父長制と自我との矛盾に悩み、多数の小説・随想を発表する。
 
 
  森鴎外の系族 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鴎外の思い出はもちろん,それぞれに個性的な森家の人々の肖像が生き生きと浮び上がる回想記.特に,雑誌『歌舞伎』を主宰し劇評に新風を吹きこんだ次兄三木竹二について書かれたものは,本書がほとんど唯一の貴重な資料である.明治の知的な中流家庭の生活がうかがえる随筆に,歌,創作なども併せて収録.(解説=中井義幸)
 
 
二葉亭四迷.1864
二葉亭四迷
  二葉亭四迷 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二葉亭 四迷(ふたばてい しめい、元治元年2月28日(1864年4月4日) - 明治42年(1909年)5月10日)は小説家、翻訳家。筆名の由来は、文学に理解のなかった父に、「くたばってしめ(ま)え」といわれたことから(確証なし)。東京都市ヶ谷生れ。1883年から1885年まで、専修大学で学び、卒業した。また、一橋大学露語科を1886年に中退。坪内逍遥と交流を結び、『小説総論』を発表。写実主義小説『浮雲』は言文一致体で書かれ、日本の近代小説の先駆となった。
 
 
  二葉亭四迷論 目次   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   この文章は、1987年8月に、同人誌に発表したものです。若々しいような、乱暴な文章もありますが、当面書き換える時間はできないし、まだ読むに値する部分もあると思われるので、全体的な改訂はまたの機会を待つとして、文体に少し手を入れただけで掲載します。
 
 
  二葉亭四迷 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二葉亭四迷 の画像 - Google
 
 
  二葉亭四迷 Simei Futabatei   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長谷川辰之助(1864-1909・元治1年-明治42年)  明治42年5月10日歿 45歳 染井霊園  彼の手で翻訳された数々の作品や言文一致の小説は、藤村や独歩などの若い世代に感銘と自覚を与えたが、日露戦争の頃から蝕まれて来た体は、朝日新聞社の通信員としてロシアに赴いた明治42年2月、肺結核による発熱により衰弱の一途をたどる。
 
 
  二葉亭四迷 近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京生まれ。小説家、翻訳家。東京外国語学校露語科中退。明治20年(1887)坪内逍遥のすすめで、近代小説の先駆とされる言文一致体の『浮雲』を発表。さらにツルゲーネフの『あひびき』『めぐりあひ』(1888)を翻訳した。32年(1899)に東京外国語学校教授となったが35年(1902)辞職、大陸に渡る。
 
 
  二葉亭四迷 【ふたばてい・しめい】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説家。本名、長谷川辰之助。元治元年4月4日(旧暦2月28日)〜明治42年5月10日。江戸市ヶ谷に生まれる。明治14年、東京外語露語部に入学し、ロシア文学に熱中する。明治19年、坪内逍遥を訪問し、生涯の知友となる。同年、小説の原理を考察した評論「小説総論」を発表し、その理論のもとに小説「浮雲」(明治20〜22)を発表。言文一致の心理主義リアリズムで、近代日本文学の始まりを告げる記念碑的作品となった。
 
 
  二葉亭四迷 作家別作品リスト:No.6   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品 : あいびき/浮雲/エスペラントの話/嫉妬する夫の手記/小節総論/旅日記/平凡/遺言状・遺族善後策/余が言文一致の由来/予が半生の懺悔/余が翻訳の標準/四日間/私は懐疑派だ
 
 
  小説総論 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『小説総論』(しょうせつそうろん)は、二葉亭四迷の文芸評論。1886年(明治19年)、「中央学術雑誌」に発表。 坪内逍遥に影響を受け、さらに批判的に内容を深め『小説神髄』の欠点を補う。非常に短いが日本の近代小説成立の上で『小説神髄』と並んで重要な評論。
 
 
  小説総論 二葉亭四迷   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人物の善悪を定めんには我に極美(アイデアル)なかるべからず。小説の是非を評せんには我に定義なかる可らず。されば今書生気質の批評をせんにも予め主人の小説本義を御風聴して置かねばならず。…
 
 
  浮雲 (二葉亭四迷) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『浮雲』(うきぐも)は、二葉亭四迷の長編小説。角書「新編」。1887年(明治20年)から1889年にかけて発表。一、二篇は、金港堂から刊行、三篇は「都の花」に連載。
 
 
  浮雲  二葉亭四迷   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浮雲はしがき : 薔薇の花は頭に咲いて活人は絵となる世の中独り文章のみは黴の生えたちんぷんかんの四角張りたるに頬返しを付けかねまたは舌足らずの物言いを学びて口に涎を流すは拙(つたな)し…   [第一篇] [第二篇] [第三篇]
 
 
  浮雲 二葉亭四迷   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浮雲はしがき :薔薇(ばら)の花は頭(かしら)に咲て活人は絵となる世の中独り文章而已(のみ)は黴(かび)の生えた陳奮翰(ちんぷんかん)の四角張りたるに頬返(ほおがえ)しを附けかね又は舌足らずの物言(ものいい)を学びて口に涎(よだれ)を流すは拙(つたな)し…
 
 
  文學ト云フ事18「浮雲」(二葉亭四迷)  YouTube   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ずっと、この番組をもう一度観たいと思っていました。アップして 下さってありがとうございます。&#65279;
 
 
  二葉亭四迷訳「あひびき」(改訳・ツルゲーネフ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  秋は九月中旬(なかば)の事で、一日(あるひ)自分がさる樺林(かばゝやし)の中(うち)に坐つてゐたことが有つた。朝から小雨が降つて、その霽間(はれま)にはをりをり生暖(なまあゝか)な日景(ひかげ)も射(さ)すといふ氣紛(きまぐ)れな空合(そらあひ)である。…
 
 
夏目漱石.1867
夏目漱石記念館 夏目漱石. - イギリスの予備校(3)
  夏目漱石 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏目 漱石(なつめ そうせき、慶応3年1月5日(1867年2月9日) - 大正5年(1916年)12月9日)は小説家、評論家、英文学者。森鴎外と並ぶ明治・大正時代の文豪である。東京都新宿区生まれ。大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学英文科卒業後、愛媛県尋常中学教師などを務めた後、イギリスへ留学。帰国後、東京帝大講師として英文学を講じながら、「吾輩は猫である」を発表。これが評判になり「坊っちゃん」「倫敦塔」「こゝろ」などを書く。
 
 
  Category:夏目漱石の小説 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このカテゴリに属する 14 個のページのうち 14 個を表示しています。
 
 
  夏目漱石年譜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏目漱石年譜(β版)
 
 
  夏目漱石論  目次   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここに掲載する文章は、1995年3月に出版した『漱石作品論』の概観として書いたもので、ニフティの文学フォーラム、13番会議室にアップしたものに、多少手を加えたものです。分析抜きに結論をならべた概観ですので分かりにくい部分も多かろうと思います。 この概観と『漱石作品論』の文章がどんな関係にあるかを示す実例として、概観の終りに、『漱石作品論』のなかの『彼岸過迄』の全文を掲載しました。  1.外観/2.吾輩は猫である/3.坊ちやん/4.草枕/5.野分/6.虞美人/7.三四郎/8.それから /9.門/10.彼岸過迄/11.行人/12.こころ 1/13.こころ 2/14.道草/15. 明暗 1/16. 明暗 2/17. 彼岸過迄 1/18. 彼岸過迄 2/20. 彼岸過迄 3/21. 彼岸過迄 4/22. 彼岸過迄
 
 
  漱石と八雲inくまもと   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私たちの住んでいる熊本のいたる所に文学者の足跡が残っています。文学碑、墓、旧居など・・・。日頃、何気なく通っていた道のあの石碑が、有名な文学者のものだった・・・。なんて、ことになるかも。熊本にゆかりのある多くの文学者の中から、お二方を紹介します。
 
 
  夏目漱石  『夢十夜』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩でも随筆でも短歌でも俳句でもない「小品」なのですが、『夢十夜』は私が一番最初に読んだ漱石の作品だったせいか、強烈に脳裏にインプットされてしまいました。この後に『坊っちゃん』や『我が輩は猫である』を読んだのですが、その時の違和感たるや、筆舌にはつくしがたいものにありました。いまだに『こゝろ』や『虞美人草』は読めても『坊っちゃん』を面白いとは思えないのは、たぶんにそのためだと思います。   第一夜 / 第二夜 / 第三夜 / 第四夜 / 第五夜 / 第六夜 / 第七夜 / 第八夜 / 第九夜 / 第十夜
 
 
  夏目漱石 内坪井旧居   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漱石夫婦が熊本で一番愛した家:明治29年(1896年)、第五高等学校(現在の熊本大学)の教師として来熊した夏目漱石(なつめそうせき)。彼は4年3か月の熊本滞在期間中に6回も転居。そのうち、5番目に移り住んだ家で、最も長い1年8ヶ月を暮らしたのがこの家です。当時、新婚だった鏡子夫人と暮らし、長女筆子さんが誕生した夏目家にとっての思い出の家。後に、鏡子夫人は「熊本で住んだ家の中で一番良かった」と語ったといわれています。
 
 
  夏目漱石  電子テキスト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坊つちやん/小説に用ふる天然/底本『漱石全集第十八卷 別册』談話/博士問題/底本『漱石全集第十八卷 別册』談話/底本『漱石全集第十八卷 別册』談話
 
 
  夏目漱石 熊本文学散歩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  熊本を「森の都」と初めて呼んだのは夏目漱石です。明治29年(1896)4月、彼が29歳のとき、四国の松山中学校から第五高等学校(現熊本大学)に赴任します。上熊本駅(左写真は駅前にある夏目漱石の銅像、当時は池田駅)に降り立ち、京町台地から眺めた熊本の町並みの第一印象が「森の都」だったとのことです。
 
 
  修善寺 夏目漱石記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  遥かに花園がつづき、そよ風が樹々の間を流れる爽やかな伊豆修善寺「虹の郷」に文豪ゆかりの『夏目漱石記念館』(漱石が滞在した旧菊屋本館)があります。
 
 
  夏目漱石『門』 早坂暁(上)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文豪が投げかけた世紀の「公案」小説  一生かかっても解けないような「公案」(禅の設問)を夏目漱石は『門』の中で、私たちに投げかけている。 誰にも言えない不安に苛(さいな)まれる主人公野中宗助は、救いを鎌倉の禅寺に求めた。そこで与えられた「公案」は「父母未生(みしょう)以前本来の面目は何か」というものだった。
 
 
  夏目漱石 Souseki Natsume   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏目金之助(1867-1916・慶応3年-大正5年)  大正5年12月9日歿 50歳(文献院古道漱石居士)豊島・雑司ヶ谷霊園   貴方は現代の思想問題に就いて、よく私に議論を向けた事を記憶してゐるでせう。私のそれに対する態度もよく解ってゐるでせう。…
 
 
  夏目漱石 「草枕」・峠への道   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山路を登りながら、こう考えた。 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。 住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。 「草枕」より 
 
 
  夏目漱石 【なつめ・そうせき】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説家。本名、夏目金之助。慶応3年2月9日(旧暦1月5日)〜大正5年12月9日。江戸牛込馬場下横町に生まれる。明治26年、東京帝大文科大学英文科を卒業。明治33年、文部省留学生として英語研究のため英国留学。明治36年、東京に帰り一高、東大の講師を兼任。明治38年、高浜虚子にすすめられ風刺小説「吾輩は猫である」を執筆。続けて「坊っちゃん」(明治39)、「草枕」(明治39)などを発表し、一躍人気作家となった。
 
 
  夏目漱石 近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京生まれ。小説家。父は町方名主。明治26年(1893)帝国大学英文科卒業後、松山中学、第五高校の教師を経て33年(1900)ロンドンへ留学。帰国後、東大講師となる。『吾輩は猫である』(1905〜06)によって文壇に登場後、40年(1907)朝日新聞に入社し専属作家となった。
 
 
  漱石とその時代 AREA SOUSEKI   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡山大学   ディジタルアーカイヴ   講義/掲示板/電子辞書/文学研究/日本近代文学ML/芳名帳/LINK/WEB辞典/Profile
 
 
  夏目漱石 スポーツ無茶苦茶したれ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本が誇る文豪、40歳を跨ぐことなく他界してしまったのが惜しまれる。 漱石が筆をふるっていた頃には、現在では当然のようにころがっている英和辞典などなく、物書きにとって英訳というのは大きなテーマであった。…
 
 
  夏目 漱石 作家別作品リスト:No.148   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  慶応3年1月5日(新暦2月9日)江戸牛込馬場下横町に生まれる。本名は夏目金之助。帝国大学文科大学(東京大学文学部)を卒業後、東京高等師範学校、松山中学、第五高等学校などの教師生活を経て、1900年イギリスに留学する。帰国後、第一高等学校で教鞭をとりながら、1905年処女作「吾輩は猫である」を発表。1906年「坊っちゃん」「草枕」を発表。
 
 
  『トリストラム、シヤンデー』 夏目漱石   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今は昔し十八世紀の中頃英国に「ローレンス、スターン」といふ坊主住めり、最も坊主らしからざる人物にて、最も坊主らしからぬ小説を著はし、其小説の御蔭にて、百五十年後の今日に至るまで、文壇の一隅に余命を保ち…  [注釈付きフレーム版を表示する]/[注釈付きノンフレーム版を表示する]
 
 
  夏目漱石の名言・格言集 - 癒しツアー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1867年2月、江戸の牛込馬場下に夏目家の五男として生まれる。 父は、名主で生活も豊かであった。しかし、1867年11月の大政奉還やその後の混乱期の影響から、1868年に養子に出される。その後、9歳のときに養父母が離婚し、漱石は生家に戻ることになった。…
 
 
  夏目漱石について  東北大学附属図書館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏目漱石(本名、夏目金之助)は、慶応3年(1867 )、江戸牛込馬場下横町(現在、新宿区喜久井町)に生まれた。幼くして養子に出された。 東京帝国大学卒業後、松山中学校、熊本第五高等学校などで英語を教える。 明治33年(1900)から明治35年(1902)まで、英国へ留学する。   夏目漱石年譜 / 漱石の生涯 / 漱石の主要作品 / 漱石をとりまく人々
 
 
  倫敦<ロンドン>漱石記念館にようこそ!!    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漱石とロンドン : 漱石と交流を結んだ人々/漱石留学当時のロンドン/写真で綴る漱石の思ひ出/『漱石研究』/漱石ロンドンの下宿/石が描いたロンドン/画伯・漱石を訪ねて/その他/漱石作品英訳書一覧/夏目漱石についての英語による主要な学位論文  倫敦<ロンドン>漱石記念館について/夏目漱石 恒松郁生の本
 
 
  夏目漱石記念館 (夏目漱石旧宅) 熊本県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏目漱石は明治29年4月、旧制五高の英語教師として熊本に赴任してきた。英国に留学するまで5年間に6度の転居をしたが、ここは(坪井町)5度目の住宅である。当時新婚の鏡子夫人は長女を出産し、庭には産湯の井戸があり、洋間には漱石の遺品が展示してある。
 
 
  新宿に生きた明治の文豪  〜夏目漱石の足跡を追いかけて〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治の文豪・夏目漱石は、現在の喜久井町で生まれ、早稲田南町でその生涯を終えました。新宿区には、漱石が生まれた場所、歩いた道、作品を書いた家の跡など、ゆかりの地がたくさんあります。このホームページでは、漱石の人生や作品、漱石をめぐる人々など、夏目漱石の情報を広く発信していきます。そして、多くの方に日本を代表する小説家を身近に感じていただけるよう、努めてまいります。
 
 
  (夏目漱石) 10min   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (夏目漱石) 10min
 
 
  夏目漱石 絵葉書 9種   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏目漱石 絵葉書 9種
 
 
  夏目漱石 <書籍全般>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏目漱石 <書籍全般>
 
 
  夏目漱石原稿 「道草」全3巻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名作誕生の伊吹を鮮やかに伝える! 日本近代文学 監修  美土路脩一氏から寄贈された日本近代文学館所蔵「道草」新聞連載自筆原稿のうち、現存する全889枚を完全収録。
 
 
  こころ <書籍> 夏目漱石/著    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  友情と恋の、どちらかを選ばなくてはならなくなったら、どうしますか……。 鎌倉の海岸で、学生だった私は一人の男性と出会った。不思議な魅力を持つその人は、“先生”と呼んで慕う私になかなか心を開いてくれず、謎のような言葉で惑わせる。やがてある日、私のもとに分厚い手紙が届いたとき、先生はもはやこの世の人ではなかった。
 
 
  こころ (新潮文庫) 夏目漱石 (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  親友を裏切って恋人を得たが、親友が自殺したために罪悪感に苦しみ、自らも死を選ぶ孤独な明治の知識人の内面を描いた作品。鎌倉の海岸で出会った“先生”という主人公の不思議な魅力にとりつかれた学生の眼から間接的に主人公が描かれる前半と、後半の主人公の告白体との対照が効果的で、“我執”の主題を抑制された透明な文体で展開した後期三部作の終局をなす秀作である。
 
 
  動画で見る!夏目漱石の作品(映画・アニメなど)コレクション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏目漱石の作品は映画化やテレビドラマ化されたものがたくさんあります。そのなかで動画で見ることができるものを紹介します。
 
 
  「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」アンケート結果詳報! 文豪・夏目漱石が大差で第1位 (2015/4/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ◇第5位は三島由紀夫。几帳面な印象が強いようです。=「何かの機会に彼の直筆の原稿をみたことがありますが、とてもきれいな字だったことが印象に残っています。ノートもきっときれいな字だったのだろうなと思い、どんなノートをとっていたのか、ぜひ見せてもらいたいです!」(12歳/中学生/女性)…
 
 
  芥川賞の沼田氏「光栄」、直木賞の佐藤氏も喜び (2017/7/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第157回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は沼田真佑氏(38)の「影裏(えいり)」(「文学界」5月号)に、直木賞は佐藤正午氏(61)の「月の満ち欠け」(岩波書店)に決まった。8月下旬に都内で贈呈式が開かれ、受賞者に正賞の時計と副賞100万円が贈られる。 沼田氏は北海道小樽市生まれ。盛岡市在住。受賞作「影裏」で今年5月に文学界新人賞を受け、作家デビューした。…
 
 
  「吾輩」猫の死亡通知…夏目漱石「会葬には及ばず」 (2017/8/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏目漱石(1867〜1916年)が、代表作「吾輩は猫である」のモデルとなった飼い猫の死を門下生らに伝えた直筆のはがき4枚のうち、所在不明だった1枚が、漱石が晩年を過ごした東京都新宿区に寄贈され、来月、初めて一般公開される。 通称「猫の死亡通知」と呼ばれるこのはがきは黒枠で縁取られ、「会葬には及ばない」と記すなど猫を人と同じように扱った内容。専門家は「漱石の人間味がよく伝わる一級の資料」と評価している。 はがきは、猫が死んだ翌日の1908年(明治41年)9月14日付で、門下生の俳人、松根東洋城とうようじょうに宛てたもの。松根が創刊した俳句雑誌「渋柿」の前主宰者で、新宿区在住の松岡潔さん(89)が昨年3月、区に寄贈した。…
 
 
  二葉亭四迷の死、漱石が夫人へ書いたお悔やみ状初公開へ (2017/9/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説家・二葉亭四迷(1864〜1909)の死を知った夏目漱石(1867〜1916)が、四迷の夫人に宛てたお悔やみ状が23日から、東京都目黒区の日本近代文学館で初公開される。現行「漱石全集」にも未収録で、同館が四迷の遺族から昨年6月寄贈を受けた。 当時、四迷と漱石は朝日新聞社員だった。特派員としてロシアに赴任していた四迷は病気で帰国する途上、客死した。漱石は09年5月15日付の朝日新聞で四迷の死を知る。夫人の長谷川柳子あての手紙には、「四迷君事……今日の朝日新聞にて承知、痛嘆(つうたん)の至(いたり)に不堪(たえず)」とある。… ◇特集:夏目漱石
 
 
  夏目漱石生誕150年…猫のアート展〜現代作家70名が描く...(2017/9/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏目漱石生誕150年「漱石山房記念館」開館記念として、猫づくしのアート展「〜現代作家70名が描く、つくる〜吾輩の猫展が佐藤美術館で開催される。 70名による猫の傑作に囲まれ、きっと猫もアートも好きになる企画。11月18日には、若手アーティストを応援するパトロンプロジェクトイベントにて、出展作家を講師に迎えて猫を描くワークショップなどを実施する。 場所:佐藤美術館(東京都新宿区)
 
 
  “ロンドン漱石記念館”が閉館、32年の歴史に幕=映像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文豪・夏目漱石のイギリス留学に関する資料を30年以上展示してきた「ロンドン漱石記念館」が28日、閉館しました。 「漱石が下宿していたアパートの向かいにあるこちらの部屋が、記念館となっています。漱石が留学中に買ったものと同じ本など、多くの資料が展示されています」(記者) 夏目漱石は1900年からおよそ2年間、国費留学生としてロンドンに留学。のちに漱石は当時の日々を「もっとも不愉快の2年」と振り返っていますが、帰国後に「坊ちゃん」などの代表作を発表しました。…
 
 
  「夏目漱石」に関連した動画の一覧 - Weblio動画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「夏目漱石」に関連した動画の一覧。 談志さんが、文豪夏目漱石について話すなかで日本人の捉えかたを話しています。朗読もありますよ。 林修先生「黒板解説」 夏目漱石「それから」を愉しむ(朝日新聞WEB動画)
 
 
  夏目漱石「夢十夜 第一&#12316;五夜」 - Dailymotion動画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏目漱石「夢十夜 第一&#12316;五夜」 - Dailymotion動画
 
 
  YouTube - 夏目漱石『三四郎』 Soseki Natsume - Sanshiro   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 夏目漱石『三四郎』 Soseki Natsume - Sanshiro
 
 
  夏目漱石 -ニコニコ動画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏目漱石 -ニコニコ動画:GINZA
 
 
  夏目漱石 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏目漱石 の画像 - Google
 
 
  夏目漱石 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏目漱石 の画像 - Google
 
 
幸田露伴.1867
幸田露伴  こうだろはん  (一八六七〜一九四七)  「蝸牛庵訪問記」小林勇 有福・惜福・分福・植福...(幸田露伴) 
  幸田露伴 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幸田 露伴(こうだ ろはん、慶応3年7月23日(1867年8月22日) - 昭和22年(1947年)7月30日)は小説家。東京都下谷生れ。帝国学士院会員。帝国芸術院会員。第1回文化勲章受章。『風流仏』で評価され、『五重塔』『運命』などの作品で文壇での地位を確立。尾崎紅葉とともに紅露時代と呼ばれる時代を築いた。擬古典主義の代表的作家で、また漢文学・日本古典や諸宗教にも通じ、多くの随筆や史伝のほか、『芭蕉七部集評釈』などの古典研究などを残した。
 
 
  翻訳と露伴 栗田香子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘーゲルは『歴史哲学講義』の中でアメリカを未来の国と定義した.それは欧州に未来がなく,アメリカに未来があるというよりも,欧州の未来が過去の歴史なしに語れないのに対し,アメリカが世界と交わった歴史が空白であるゆえに,未来も空白であるということを意味する.
 
 
  幸田露伴 【こうだ・ろはん】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説家、随筆家、考証家。本名、幸田成行(しげゆき)。慶応3年8月20日(旧暦7月23日)〜昭和22年7月30日。江戸下谷三枚橋横町俗称新屋敷に生まれる。明治13年頃から湯島聖堂の東京図書館に通いつめ、経書、仏典から江戸時代の雑書に至るまで、広く渉猟する。明治17年、筑地の中央電信局に勤務。翌年には十等技手として北海道に赴任するが、文学革新の志を抱き、明治20年に職を捨てて帰京。 明治22年、「露団々」、「風流仏」を発表し、文壇の注目を浴びる。
 
 
  幸田露伴 - あの人検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幸田 露伴(こうだ ろはん、慶応3年7月23日(1867年8月22日) - 昭和22年(1947年)7月30日)は、日本の小説家。
 
 
  幸田露伴 作家別作品リスト:No.51   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  慶応3(1867)年7月23日(新暦8月20日)江戸下谷三枚橋横町に生まれる。本名、成行。明治18(1885)年7月、18歳の時に北海道余市の電信局に赴任。しかし、明治20年8月、文学を志すため余市を脱出。その時のことを綴ったのが『突貫紀行』。その他に『五重塔』『蒲生氏郷』などの作品がある。
 
 
  幸田露伴「努力論」を読む - 明鏡止水   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自己を新たにする第一の工夫は、新たにしなければならないと信ずることのために《古いもの》を一刀の下に断って捨て、跡形もなくしてしまうことである。  【昨日の自分を斬り伏せ新しい自分を生きる】編述者・渡部昇一
 
 
  「なじみ集」に記された幸田露伴の俳句   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治二十年代前半から小説家として活躍し、尾崎紅葉らと明治文壇の一時代を築いた。『風流佛』や『五重塔』などの作品で知られる。 子規は明治二十五年、自作の小説「月の都」の批評を求めたことをきっかけに露伴と交流を深めた。またともに句作も行なっている。「なじみ集」に露伴の句は八句が収録されている。
 
 
  幸田露伴・文 市川ゆかりの人々と荷風   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幸田 露伴 こうだ・ろはん 小説家・学者 慶応3(1867)年〜昭和22(1947)年  幸田 文 こうだ・あや 随筆家 明治37(1904)年〜平成2(1990)年  露伴は、江戸文学や漢籍への造詣が深く、『五重塔』『評釈芭蕉七部集』などがある。昭和12年第1回文化勲章受章。
 
 
  ビールを愛し「酒仙」と呼ばれた明治文学界の重鎮・幸田露伴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治文学の黄金期である「幸露時代」を確立 日本近代文学に偉大なる足跡を残した幸田露伴。 同年生まれに夏目漱石、正岡子規、尾崎紅葉がいる。
 
 
  有福・惜福・分福・植福...(幸田露伴)  - 『露伴の三福』...いい言葉だと思った♪   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「・・・学生時代を通じて、俳諧や漢学を修め、逓信省電信修技学校に学び、北海道で電信技師になりますが、やがて、文学に卓抜した際を示すようになります。20歳の年に帰郷すると、小説『五重塔』などを発表。同世代作家・尾崎紅葉とともに「紅露時代」と呼ばれる、明治文学の一時代を築きました。
 
 
  野道 幸田露伴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  流鶯(りゅうおう)啼破(ていは)す一簾(いちれん)の春。書斎に籠(こも)っていても春は分明(ぶんみょう)に人の心の扉(とびら)を排(ひら)いて入込(はいりこ)むほどになった。 郵便脚夫(ゆうびんきゃくふ)にも燕(つばめ)や蝶(ちょう)に春の来ると同じく春は来たのであろう。郵便という声も陽気に軽やかに、幾個(いくつ)かの郵便物を投込んで、そしてひらりと燕がえしに身を翻(ひるが)えして去った。…
 
 
  『五重塔』 幸田露伴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幸田露伴の『五重塔』では、貧しく世間に評価されない職人の十兵衛が、上人を介して五重塔の棟梁として世間を見返す過程が描かれている。資本主義がたち上がりつつあった明治二十年代は、不景気の後に貧富の格差が拡大する時代であった。露伴は「順々競争の世の中」で徳の高い人間が正当に評価されず不遇であると考えている。そういう人間の感情が「高士世に容れざるの恨み」として作品のテーマになっている。
 
 
  「蝸牛庵訪問記」小林勇   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この「蝸牛庵日記本は池波正太郎のエッセーに有ったので古本サイトで取り寄せました。著者の小林勇は岩波茂雄の娘婿で岩波文庫の創刊に携わり幸田露伴の愛顧を受ける。 蝸牛庵とは身体一つという意味で露伴は借家暮らしでした。… 本を読むと露伴はあらゆることを熟知した知の人で接した人たちは話を面白がっているが何でも見透かされてしまうので怖がっている様子がひしひしと伝わる。
 
 
  突貫紀行 幸田露伴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  身には疾(やまい)あり、胸には愁(うれい)あり、悪因縁(あくいんねん)は逐(お)えども去らず、未来に楽しき到着点(とうちゃくてん)の認めらるるなく、目前に痛き刺激物(しげきぶつ)あり、慾(よく)あれども銭なく、望みあれども縁(えん)遠し、よし突貫してこの逆境を出(い)でむと決したり。…
 
 
  突貫紀行 幸田露伴 小説@pedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  身には疾(やまい)あり、胸には愁(うれい)あり、悪因縁(あくいんねん)は逐(お)えども去らず、未来に楽しき到着点(とうちゃくてん)の認めらるるなく、目前に痛き刺激物(しげきぶつ)あり、慾(よく)あれども銭なく、望みあれども縁(えん)遠し、よし突貫してこの逆境を出(い)でむと決したり。…
 
 
  幸田露伴 「突貫紀行」 東北物語り伝承間   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  身には疾(やまい)あり、胸には愁あり、悪因縁は逐(お)えども去らず、未来に楽しき到着点の認めらるるなく、目前に痛き刺激物あり、欲あれども銭なく、望みあれども縁遠し、よし突貫してこの逆境を出でむと決したり。
 
 
  風流仏 幸田露伴 図書カード:No.2710   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  慶応3(1867)年7月23日(新暦8月20日)江戸下谷三枚橋横町に生まれる。本名、成行。明治18(1885)年7月、18歳の時に北海道余市の電信局に赴任。しかし、明治20年8月、文学を志すため余市を脱出。その時のことを綴ったのが『突貫紀行』。その他に『五重塔』『蒲生氏郷』などの作品がある。
 
 
  蒲生氏郷 幸田露伴 図書カード:No.2709   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  慶応3(1867)年7月23日(新暦8月20日)江戸下谷三枚橋横町に生まれる。本名、成行。明治18(1885)年7月、18歳の時に北海道余市の電信局に赴任。しかし、明治20年8月、文学を志すため余市を脱出。その時のことを綴ったのが『突貫紀行』。その他に『五重塔』『蒲生氏郷』などの作品がある。
 
 
  蒲生氏郷 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蒲生 氏郷(がもう うじさと)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。 初め近江日野城主、次に伊勢松阪城主、最後に陸奥黒川城主。近江日野城主蒲生賢秀の嫡男。初名は賦秀(ますひで)または教秀(のりひで)。またキリシタン大名で洗礼名はレオン(或いはレオ)。子に蒲生秀行。このほか長男蒲生氏俊がいるが、廃嫡したとされる。
 
 
  蒲生氏郷 猛将妄想録   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近江(現滋賀県)の戦国大名・六角氏の臣であったが、父の代で六角氏が滅び、織田信長に臣従し、信長の人質に出される。そこで大いに信長の影響を受け成長する。 戦に出れば果敢に戦ったが、キリスト教に接近したり、利休七哲の一人となるほど茶の湯に精通するなど、文化面のセンスも鋭敏であった。
 
 
  蒲生氏郷 ぶらり松坂路   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蒲生氏郷(がもう うじさと)は弘治2年(1556年)滋賀県蒲生郡日野町に、六万石の大名蒲生賢秀の嫡男として生まれました。永禄11年(1568年)蒲生賢秀は織田信長に降り、氏郷(幼名鶴千代)は人質として信長に仕えますが、信長は一目で鶴千代の非凡さを見抜き、翌永禄12年にはわが娘冬姫を氏郷に与え、若年ながら武将の列に加えたといわれています。
 
 
  蒲生氏郷 (がもう うじさと)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  弘治2年〜文禄4年(1556〜1595) 会津領主。近江国日野城主蒲生賢秀の子。13歳の時織田信長の人質になるもその才を買われ次女冬姫をめとった。本能寺の変で信長が亡くなると秀吉と信長の弔い合戦で戦功をあげる。 天正18年(1590)小田原討伐の功で豊臣秀吉より会津拝領となり、秀吉の奥羽仕置を助けた。
 
 
  蒲生氏郷 時代(安土桃山時代) 概要    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蒲生氏郷は、戦国の英雄・織田信長の寵臣で、信長の娘・冬姫と結婚しています。現在の会津若松の基礎は彼によって築かれました。黒川を会津と改めたのも蒲生氏郷です。文武両道に優れた人材でしたが、わずか40才でこの世を去りました。
 
 
  蒲生氏郷と秀行 −上杉・直江のライバル2−   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蒲生氏郷(がもううじさと 1556‐95)は、近江国日野(滋賀県)に生まれ、天下人となった織田信長ついで豊臣秀吉に仕えました。天正18(1590)年、奥羽仕置を行った秀吉の命令で、南奥羽を治める大名となり、葦名氏以来の黒川の城を若松城と改め、城下町の基礎を築きました。 40歳で死去した氏郷の後継者となったのが、蒲生秀行(がもうひでゆき 1583‐1612)です。
 
 
  幸田露伴 <書籍全般>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幸田露伴 <書籍全般>
 
 
  幸田露伴 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幸田露伴 の画像 - Google
 
 
尾崎紅葉.1868
尾崎紅葉
  尾崎紅葉 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾崎 紅葉(おざき こうよう、慶応3年12月16日(1868年1月10日) - 明治36年(1903年)10月30日)は小説家。東京都生まれ。帝国大学国文科中退。明治18年(1885年)、硯友社を設立し「我楽多文庫」を発刊。『二人比丘尼 色懺悔』で認められ、『伽羅枕』『多情多恨』などを書き、幸田露伴と並称され明治期の文壇の重きをなした。明治30年(1897年)から『金色夜叉』を書いたが、未完のまま没した。泉鏡花、小栗風葉、柳川春葉、徳田秋声など、優れた門下生がいる。
 
 
  尾崎紅葉 【おざき・こうよう】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説家。本名、尾崎徳太郎。慶応4年1月10日(旧暦、慶応3年12月16日)〜明治36年10月30日。江戸芝中門前町に生まれる。帝大予備門在学中の明治18年、山田美妙らと硯友社を興し、同人誌「我楽多文庫」を発行する。当初は戯作風の小説や雑文を書いていたが、坪内逍遥の影響により、ヨーロッパ文学に範をとった近代小説の確立を目指すようになる。
 
 
  尾崎紅葉  近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京生まれ。作家、俳人。帝国大学中退。明治18年(1885)大学予備門在学中、山田美妙らと硯友社を結成し、機関誌『我楽多文庫』を発行。22年(1889)『二人比丘尼色懺悔』が出世作となり、同年読売新聞社に入社。以後同紙に『伽羅枕』(1890)、『多情多恨』(1896)などの作品を発表する。
 
 
  尾崎紅葉 作家別作品リスト:No.91   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸芝生まれ。本名徳太郎。帝大予備門在学中の1885(明治18)年に石橋思案や山田美妙らと硯友社を興し、同人誌「我楽多文庫」を発行した。帝大中退後、『むき玉子』や『三人妻』などの風俗小説によって人気作家となる。小栗風葉や泉鏡花らの後進を育てる一方、“である”調の言文一致体など時代に適合した文体を模索した。晩年、『多情多恨』や『金色夜叉』などの長編を発表する…
 
 
  尾崎紅葉 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾崎紅葉 の画像 - Google
 
 
  金色夜叉 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金色夜叉(こんじきやしゃ)は、尾崎紅葉著の明治時代の代表的な小説。読売新聞に明治30年(1897年)1月1日〜明治35年(1902年)5月11日まで連載された。未完。昭和に入って、度々、映画、ドラマ化されるようになった。 追いかけて許しを乞うお宮を貫一が蹴り飛ばす、熱海での場面[1]が有名である。
 
 
  金色夜叉 (文庫)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  断然オススメです! 熱海で銅像にもなっている、主人公貫一が許婚のお宮を蹴っているシーンばかりがやたら有名なので「この男はなんてひどいんだ・復讐とかいってとっつきにくそうだし」と敬遠されがちですが、実際に読んでみるとそんな先入観はすぐに消えてぐいぐいのめり込まされます。
 
 
  二人比丘尼色懺悔 尾崎紅葉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自序 : 二人比丘尼色懺悔成る 例の九華。香夢楼思案麻渓漣眉山等わが机をとりまき。言葉よりまづ大口あいて笑ひ。 爾紅葉。 若気のいたりからまた/\好色の書を著はすか。 喝爾等鞘の塗で兼光か竹光か。判断がなるか。そも色懺悔を題にして妙齢の比丘尼二人が山中の庵室に奇遇し。古を語り今を墓なみあふといふ脚色。
 
 
  二人比丘尼色懺悔 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  硯友社の総帥紅葉(1867‐1903)の出世作で「この小説は涙を主眼とす」と宣言して世に問うたもの.ある草庵に出逢った2人の尼が,過去の懺悔として語る悲しい話.しかも2人の尼は偶然に同じ若い武士を慕っていた.愛ゆえに世を捨てた若い女性の,純なる情緒と,浪漫的詩趣に富んだ表現とで,「政治小説」に食傷していた時代の喝采を博した.解説=塩田良平
 
 
  尾崎紅葉 <書籍全般>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾崎紅葉 <書籍全般>
 
 
徳冨蘆花.1868
徳富蘆花 
  徳冨蘆花 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳冨 蘆花(とくとみ ろか、本名は徳富健次郎、明治元年10月25日(1868年12月8日) - 昭和2年(1927年)9月18日)は小説家。近年では探偵小説の作家としても注目されている。思想家・ジャーナリストの徳富蘇峰(猪一郎)は実兄である。… 兄の下での下積みの後、自然詩人として出発し、小説『不如帰』はベストセラーになった。… 後年、夫人とともに外遊の際、トルストイと会見、そのときの記録『順礼紀行』は、オスマン帝国治下のエルサレム訪問記も含めて、貴重な記録となっている。
 
 
  謀叛論(草稿) 徳冨蘆花    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  僕は武蔵野の片隅に住んでいる。東京へ出るたびに、青山方角へ往(ゆ)くとすれば、必ず世田ヶ谷を通る。僕の家から約一里程行くと、街道の南手に赤松のばらばらと生えたところが見える。これは豪徳寺―― 井伊掃部頭直弼(いいかもんのかみなおすけ)の墓で名高い寺である。
 
 
  徳冨蘆花 - 五大に皆響きあり   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『自然と人生』を少し立ち読みしたが、自然描写が、漢文調的な名文でなされている。とても、絵画的で、美しい描写である。絵画性は、トルストイに傾倒したせいだろうか。 そう、ほとんど詩と言ってもいい、自然絵画的文章である。
 
 
  徳冨蘆花記念文学館 - 渋川市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  開館時間 : 8時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)   休館日 : 年中無休(12月25日〜29日は除く)
 
 
  徳冨蘆花 - 近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  熊本生まれ。小説家。少年時に同志社に入学、洗礼を受ける。同志社を中退後、明治22年(1889)兄徳富蘇峰の経営する民友社に入る。明治31年(1898)から国民新聞に連載した「不如帰」は明治屈指のベストセラーとなり、それに続く「自然と人生」「思出の記」などにより小説家としての地位を確立した。
 
 
  徳冨 蘆花 - 作家別作品リスト:No.280   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治、大正期の小説家。本名は健次郎。熊本県水俣の惣庄屋兼代官をつとめる名家に、漢学者の一敬を父、蘇峰(本名、猪一郎)を兄として生まれる。少年期に京都同志社に学び、いったん熊本に戻った時期に受洗。
 
 
  弟 徳冨蘆花 [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蘇峰最晩年、「我弟は天才」と愛情をこめて、弟・蘆花への想いを語る。兄弟の確執の真実も明かした興味深い口述。蘇峰・蘆花研究の新資料。
 
 
  群馬・伊香保温泉の旅館で火災 文豪が定宿にした老舗 (2018/6/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  5日午後9時ごろ、群馬県渋川市伊香保町伊香保の老舗旅館「千明仁泉亭(ちぎらじんせんてい)」の2階から火が出ていると、119番通報があった。 渋川広域消防本部によると、のどにやけどを負ったとみられる70代の従業員女性を搬送した。宿泊客は出火当時、約20人いたが、避難して無事だったという。少なくとも14台以上の消防車や救急車が出動し、約2時間後に鎮火した。 県警渋川署は、同じ敷地内にある会社役員千明三右衛門さん(79)方の木造住宅付近が火元とみている。 旅館のホームページによると、創業500年以上の老舗旅館で、明治の文豪・徳冨蘆花が定宿としていたという。 旅行で伊香保温泉を訪れていた奈良県の会社員谷本大樹さん(23)は、火事のあった旅館から徒歩10分ほどの場所に宿泊していた。午後9時ごろ、散歩に出かけようとして火の手が上がっているのに気づいたといい、「バチバチと大きな音を立てて燃えていた」と話した。現場は旅館や土産物店が密集した場所で、消防車が火事現場になかなか近づけず、消防隊員がホースをつないで消火にあたっていたという。 旅館の女性従業員は「火災警報器が鳴って、出火に気づいた。経営者の親族が『煙が出ている』と叫んでいるのを聞き、従業員が宿泊客を誘導して避難させた。木造なので、火の回りは早かった」と話した。(全文)
 
 
江見水蔭.1869
江見水蔭
  江見水蔭(Wikipdia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江見 水蔭(えみ すいいん、明治2年8月2日(1869年9月17日) - 昭和9年(1934年)11月3日)は、小説家、翻案作家、雑誌発行者、紀行家、冒険家。本名:忠功(ただかつ)。岡山県岡山市生れ。 文学作品を皮切りに、通俗小説、推理小説、冒険小説、探検記など多岐に渡る分野に作品を残し、硯友社、江水社、博文館など数々の出版社で雑誌の編集発行に関わった。代表作に小説『女房殺し』、『地底探検記』、随筆『自己中心明治文壇史』、翻案戯曲『正劇  室鷲郎』など。
 
 
  江見 水蔭 作家別作品リスト:No.448   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品:悪因縁の怨/怪異暗闇祭/怪異黒姫おろし/壁の眼の怪/月世界跋渉記/死剣と生縄/丹那山の怪/備前天一坊  作業中の作品:碩友社と文士劇/地中の秘密 探検実記
 
 
  考古家江見水蔭のアマチュア精神 −『地底探検記』の復刻に寄せて−   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江見水蔭なる人物をどのくらいの人がご存知であろうか? おそらく若い世代の考古学徒で彼の名を知る人は少ないであろう。本名は江見忠功といい、岡山の池田藩士の家に生まれ、上京後、杉浦重剛の門を叩き、やがて尾崎紅葉らの硯友社同人として活躍した文士である。抒情的で詩趣あふれる短編小説が多かったが、軍事的な短編、探偵小説、冒険ものなども残し、多作な小説家であった。
 
 
  『地底探検記』の世界 [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『地底探検記』の世界 [単行本]  江見 水蔭 (著), 斎藤 忠 (監修), 中山 清隆 (編集)
 
 
  江見水蔭 - 女房殺し、死剣と生縄、怪異暗闇祭、怪異黒姫おろし   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江見水蔭 - 女房殺し、死剣と生縄、怪異暗闇祭、怪異黒姫おろし
 
 
国木田独歩.1871
国木田独歩
  国木田独歩 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国木田 独歩(くにきだ どっぽ、明治4年7月15日(1871年8月30日) - 明治41年(1908年)6月23日)は、日本の小説家、詩人、ジャーナリスト、編集者。千葉県銚子生まれ。… 田山花袋、柳田国男らと知り合い「独歩吟」を発表。詩、小説を書いたが、次第に小説に専心。「武蔵野」「牛肉と馬鈴薯」などの浪漫的な作品の後、「運命論者」「竹の木戸」などで自然主義の先駆とされる。また現在も続いている雑誌『婦人画報』の創刊者であり、編集者としての手腕も評価されている。
 
 
  国木田独歩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  那須停車場より車にて塩原に向かひぬ 塩原は古町会津屋なり
 
 
  武蔵野 国木田独歩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「武蔵野の俤(おもかげ)は今わずかに入間(いるま)郡に残れり」と自分は文政年間にできた地図で見たことがある。 そしてその地図に入間郡「小手指原(こてさしはら)久米川は古戦場なり太平記元弘三年五月十一日源平小手指原にて戦うこと一日がうちに三十余たび日暮れは平家三里退きて久米川に陣を取る明れば源氏久米川の陣へ押寄せると載せたるはこのあたりなるべし」と書きこんであるのを読んだことがある。
 
 
  三角餅と国木田独歩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  餅は円形(まる)きが普通(なみ)なるを故意(わざ)と三角に捻りて客の眼を惹かんと企(たく)みしやうなれど実は餡(あん)をつ丶むに手数のか丶らぬ工夫を不思議にありて… これは、独歩が明治27年8月、「藤坂屋」の離れにいたころを回想した作品「置土産」の冒頭に記述されている「藤坂屋」の「三角餅」を紹介した部分です。 
 
 
  国木田独歩(くにきだどっぽ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国木田独歩の文学全集を図書館で借りました。大山街道沿いにある溝口宿の亀屋という旅館が舞台になっている小説『忘れえぬ人々』を読むためです。亀屋さんは、そこのご主人自身がモデルになっていることもあり、とても嬉しかったのか、記念碑まで旅館の前に立てました。
 
 
  国木田独歩 - 早稲田と文学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1871〜1908。銚子生まれ、本名哲夫。明治21年東京専門学校入学。… 一般に「自然主義の先駆者」と評されるが、彼の文学史的位置はきわめて大きい。 脚光を浴びたのは晩年で、明治38年『独歩集』、39年『運命』を刊行し、自然主義の文壇に迎え入れられてからだった。
 
 
  国木田独歩「驟雨」…東金市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治の文豪、国木田独歩は四歳まで銚子の激浪にぬれて育ちました。その出生は未だ秘密のベールにつつまれています。独歩は生涯、その生地を六回訪れています。明治三十年(1897)以降は、両親が銚子に移住したこともあり、しばしば足を運んでいます
 
 
  国木田独歩 - 近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  千葉生まれ、詩人、小説家。明治24年(1891)東京専門学校中退。 在学中に植村正久から受洗、青年文学会では徳富蘇峰の知遇を得る。27年(1894)国民新聞社入社。日清戦争に記者として従軍。その後、新聞雑誌に発表した詩を、田山花袋らとの合著『抒情詩』(1897)に、「独歩吟」としてまとめる。
 
 
  国木田独歩「武蔵野」 - 弁理士の日々   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私は東京杉並に住み、その周辺の散策を一つの趣味としているのですが、この界隈は“武蔵野”と呼べるはずで、そうとすれば国木田独歩の「武蔵野」と何らかの関係があるかもしれません。 その「武蔵野」、大昔に読んだような気もするのですが全く忘却しています。そこで再度読んでみました。
 
 
  国木田 独歩 - 作家別作品リスト:No.38   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品:あの時分/遺言/初孫/運命論者/画の悲み/置土産/河霧/窮死/牛肉と馬鈴薯/源おじ/恋を恋する人/郊外/号外/少年の悲哀/詩想/酒中日記/女難/石清虚/空知川の岸辺/たき火/竹の木戸/富岡先生/怠惰屋の弟子入り/二少女/二老人/初恋/春の鳥/非凡なる凡人/疲労/星/節操/都の友へ、B生より/武蔵野/湯ヶ原ゆき/湯ヶ原より/夜の赤坂/忘れえぬ人々  作業中の作品:欺かざるの記/糸くず/おとずれ/小春/鹿狩り/まぼろし/わかれ 
 
 
  国木田独歩(1871-1908) - 日本の著名人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  筆名は独歩の他に、孤島生、鏡面生、鉄斧生、九天生、田舎漢、独歩吟客、独歩生などがあります。 田山花袋、柳田国男らと知り合い「独歩吟」を発表します。詩、小説を書きましたが、次第に小説に専心、「武蔵野」「牛肉と馬鈴薯」などの浪漫的な作品の後に、「運命論者」「竹の木戸」などで自然主義の先駆とされています。独歩の作品は長編小説がひとつもなく、全て短編ばかり。
 
 
  『武蔵野』 国木田独歩 松岡正剛の千夜千冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  独歩がぼくを動かしたのは、3度にわたっていた。 最初は『春の鳥』である。ついで第46夜、第206夜、第464夜にも少しふれておいたように、独歩の『欺かざるの記』がぼくに日記を書かせた。 そして3度目が『武蔵野』だ。
 
 
  編集者 国木田独歩の時代』 - とみきち読書日記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  肺結核に冒され、満36歳で短い生涯を閉じる。 文学史でいちおう上記くらいのことは習うから、頭の片隅にはあるだろうが、現在、「好きな作家は誰ですか?」と聞かれて「国木田独歩です」と答える人はきっとごくごく少ないに違いない。 本書は、編集者でありジャーナリストであった独歩に、光を当てている。
 
 
  国木田独歩といえば・・・ - 長坂道子「ときどき日記」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人生でたった一度だけ会社づとめをしたことがある。婦人画報社(今はアシェット婦人画報社)というその出版社の創始者が、実は、国木田独歩だということは、だが意外と知られていない。新入社員だった私も、入社してから先輩だか上司だかに「実はね、この会社をつくったのは国木田独歩なんだよ」と教えられるまで、そんなことはちっとも知らなかった。
 
 
  1871年〜1908年 国木田独歩【くにきだ・どっぽ】 - ちよだの人々   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治期の詩人・小説家。『武蔵野』など自然主義小説の先駆者。本名哲夫。東京専門学校(今の早大)に入学するために上京。明治二十四年、一番町教会(後の富士見町教会)で植村正久牧師によって洗礼を受ける。麹町平河町に両親と住んでいた。佐々城信子と恋愛し、佐々城家の反対を押し切って結婚するが、わずかの期間で破たんする。
 
 
  国木田独歩【くにきだどっぽ・明治四年(一八七一)〜明治四十一年(一九〇八)】。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  独歩幼名亀吉が、実母淡路まんに伴われて、出生地の千葉県銚子を離れ、播州(兵庫県)龍野藩の旧藩士で、国許から上京したばかりの父国木田専八の仮寓先、東京下谷中御徒町の旧藩邸内の住宅に引きとられたのは、明治七年の事である。
 
 
  国木田独歩館前   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国木田独歩館前/写真
 
 
  城下町佐伯 国木田独歩館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  110年前、たった10ヶ月滞在しただけなのに,佐伯市民には,忘られぬ人になってしまった  佐伯市は,大分県の最南部にあり,これより下(地図上で)には市とつく町はありません。この町に明治26(1893)年,今から約112年前、国木田独歩が、請われてやってきました。… 佐伯市に来たときは既に教頭職の肩書きまでつけてもらっていたくらいだったんです。なんでたった10ヶ月で、佐伯からいなくなったかといいますと、実はです・・・・
 
 
  城下町佐伯国木田独歩館 - 佐伯市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本館の建物は、明治26年10月から明治27年6月末までの間、国木田独歩と弟収二が下宿した坂本永年邸です。 坂本永年は、独歩が教師として勤めた鶴谷学館の館長であり、公私ともに面倒を見ていました。独歩は主屋2階に下宿。裏山にあたる城山の山上まで、散歩することも多かったようです。
 
 
  国木田独歩旧宅/地図付き   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治の文豪・国木田独歩の記念碑と旧宅。独歩は、21歳から23歳までを柳井で過ごし、「少年の悲哀」などの名作はこの当時を回想した作品として知られている。
 
 
  国木田独歩旧宅 - 柳井市観光協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国木田独歩は、20歳から22歳(明治25-27年)の間を、この旧宅で過ごしました。 ここには独歩が愛用していた机や月琴などが納められ、周囲の閑静な佇まいが今も当時の雰囲気を残しています。
 
 
  国木田独歩旧宅 - プチたび > 山口県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治の文豪、詩人として名高い、国木田独歩。16歳で上京した独歩だが、のちに柳井に転勤していた両親のもとに戻り、明治25年からの2年間を、姫田川沿いの高台に位置するこの家で過ごしたという。この家に住んでいた頃のことを中心に回想した作品に、短編小説の『少年の悲哀』がある。
 
 
  独歩の碑 1   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  武蔵野と切っても切り放せない人に国木田独歩がいます。 文学論は多様に展開されるでしょうがその息づかいを伝える東京にある「碑」を訪ねてみます。
 
 
  国木田独歩 詩碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  なつかしき わが故郷は何処ぞや 彼処にわれは 山林の児なりき   幅5〜6m、高さ2m、奥行き3mくらいのの大岩に碑文が埋め込まれています。
 
 
  国木田独歩の碑 - 銚子百選   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  数多く存在する銚子の文学碑のうち代表的なものが海鹿島町にある国木田独歩の碑。独歩は銚子沖で難破した播州竜野藩の竜野丸に乗船していた国木田専八と当地の淡路まんとの間に生まれた子どもといわれる。『武蔵野』『運命』などの作品がある。
 
 
  国木田独歩文学碑 - 練馬大根の里から   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『今より三年前夏のことであった。自分は或友と市中の寓居を出て、・・・』(国木田独歩文学碑より
 
 
  国木田独歩文学碑 - 北海道デジタル図鑑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  砂川市の滝川公園にある文学碑は昭和25年に空知独歩会によって建立、当初は昭和9年に建てられた木碑であったものが朽ちてしまったため再建されたものである。
 
 
  国木田独歩 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国木田独歩 の画像 - Google
 
 
  国木田独歩 の動画 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国木田独歩 の動画 - Google
 
 
  武蔵野 [文庫]   国木田 独歩 (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  武蔵野 (新潮文庫)  [文庫]   国木田 独歩 (著)
 
 
  国木田独歩 (明治の文学) [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国木田独歩 (明治の文学) [単行本]   国木田 独歩(著), 坪内 祐三 (編集), 関川 夏央 (編集)
 
 
徳田秋声.1871
徳田秋声 - 作家と作品
  徳田秋声 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳田 秋声(徳田 秋聲、とくだ しゅうせい、男性、1871年(明治4年12月23日) - 1943年(昭和18年)11月18日)は、石川県金沢市生まれの小説家である。本名は末雄。… 一学年下に泉鏡花がいたが、この時点では顔見知り程度であった。明治21年(1888年)第四高等中学校に入学。翌年上級生から小説家になる事を勧められ志す。明治28年(1895年)尾崎紅葉の門下に入る。… 明治41年(1908年)に、国民新聞に連載した近所の酒屋をモデルにした『新世帯』が評判になる。
 
 
  徳田秋声記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金沢の三文豪のひとり、徳田秋聲(1871〜1943)の作品とゆかりの品々を展示している。
 
 
  徳田秋声  Syusi Tokuda   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳田末雄(1871-1943・明治4年-昭和18年) 昭和18年11月18日歿   笹村は多勢の少い甥や姪と、一人の義兄とに見送られて、その土地を離れようとする間際に、同じ血と血の流れあった母親の心臓の弱い鼓動や、低い歔欷の声をはじめて聞くような気がした。…
 
 
  徳田秋声文学碑/地図付き   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳田秋声文学碑/地図付き
 
 
  徳田秋声 - いいねっと金沢   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説家 明治4年(1871)&#12316;昭和18年(1943) 71歳没 本名 末雄 石川県金沢市横山町に、加賀藩の家老横山三左衛門の家中雲平を父とし、前田家直臣津田采女の三女で三度目の継妻を母として生まれました。
 
 
  徳田秋声記念館 - いいねっと金沢   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金沢の三文豪のひとり、徳田秋聲(1871〜1943)は、尾崎紅葉の門下を経て、田山花袋、島崎藤村らとともに明治期の自然主義文学運動の中心的存在として活動し、昭和18年に没するまで、明治・大正・昭和と三代にわたり常に文壇の第一線で活躍した、文字通り「大家」の名にふさわしい作家です。
 
 
  徳田 秋声 - 作家別作品リスト:No.23   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品:蒼白い月/足迹/あらくれ/新世帯/或売笑婦の話/仮装人物/黴/躯/霧ヶ峰から鷲ヶ峰へ/縮図/絶望/挿話/爛/チビの魂/のらもの/媒介者/花が咲く/風呂桶/町の踊り場/和解/佗しい放浪の旅  作業中の作品:田舎の春
 
 
  徳田秋声 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳田秋声 の画像 - Google
 
 
  あらくれ [文庫]  徳田 秋声 (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  年頃の綺麗な娘であるのに男嫌いで評判のお島は、裁縫や琴の稽古よりも戸外で花圃の世界をするほうが性に合っていた。幼い頃は里子に出され、七歳で裕福な養家に引きとられ十八歳になった今、入婿の話に抵抗し、婚礼の当日、新しい生活を夢みて出奔する。庶民の女の生き方を通して日本近代の暗さを追い求めた秋声の、すなわち日本自然主義文学を代表する一作。
 
 
田山花袋.1872
田山 花袋 〈Wikipedia〉
  田山花袋 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田山 花袋(たやま かたい、1872年1月22日(明治4年12月13日) - 1930年(昭和5年)5月13日)は、日本の小説家。本名、録弥(ろくや)。群馬県(当時は栃木県)生れ。 尾崎紅葉のもとで修行したが、後に国木田独歩、柳田国男らと交わる。『蒲団』『田舎教師』などの自然主義派の作品を発表し、その代表的な作家の一人。紀行文にも優れたものがある。… 尾崎紅葉のところに入門、その指示で江見水蔭の指導を受ける。『瓜畑』(古桐軒主人名義)を初めて発表し翌年から花袋と号した。
 
 
  田山花袋旧居 館林    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回は館林市の第二資料館にある 田山花袋旧居を見ましょう。  田山花袋が7歳から14歳までおよそ8年間を過ごした家です。
 
 
  「一兵卒」  田山花袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「一兵卒」は一九〇八(明治四一)年一月『早稲田文学』に発表された。脚気のため入院した兵士が、あまりにひどい病院生活に我慢できず、まだ十分なおりきらぬうちに退院し、原隊を追いかけて、広大な大陸をさまよい歩く。あまりの苦痛に、日本軍の車両にもぐりこんだが、追いおろされた。兵士は軍隊からも見捨てられ、ただ一人、戦場の片隅で「苦しい、苦しい、苦しい!」とうめきながら死んで行く。
 
 
  田山花袋と千代田町   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田山花袋は明治4年、館林に生まれました。明治40年、大胆な描写の「蒲団」を発表、文壇に大きな反響を残し、島崎藤村の「破戒」とともに自然主義文学の代表作になった、日本の近代文学を語る上で欠かせない人です。
 
 
  田山花袋 (大綱付近)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田山花袋文学碑は、塩原街道開通百年を記念して大綱付近の国道四百号沿いに建てられた。旅を好んだ花袋の来塩は、大正初期で塩の湯に四、五日滞在している。その時の紀行文「日光と塩原」の一節が冒頭のものである。塩原の自然美を賞賛しているが原文を見ると「私は東京に近く、好い温泉を聞かれた時、一番先に、先ず箱根と答えた。次に塩原と答えた。そしてその次に伊香保と答えた。」 とあるように塩原への思い入れはかなり強かったようである。
 
 
  田山花袋記念文学館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  館林が生んだ文豪、田山花袋(たやまかたい)の資料の収集・保存・展示を行い、その生涯と文学的業績をさまざまな角度から紹介しています。
 
 
  田山花袋 たやま・かたい   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治4年12月13日(1872年1月22日)〜昭和5年(1930年)5月13日  群馬県館林市・館林市第二資料館内の田山花袋旧居前でお会いしました。
 
 
  田山花袋の驚嘆 - 三重の文学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浪漫あふれる旅を綴る花袋の「南船北馬(なんせんほくば)」。  田山花袋は27歳のとき、浜島から五ヶ所湾を経て、南伊勢町を旅している。紀行『南船北馬』には、花袋が感動した現代でもなお輝きつづける眺望や風景が描かれている。
 
 
  田山花袋 明治・大正期の小説家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名録弥。1886(M19)上京後、尾崎紅葉・江見水蔭を訪ねる。新体詩も作り、97宮崎湖処子編「抒情詩」に詩集「わが影」を発表。 1902「重右衛門の最後」は文壇で注目され、日露戦争従軍後、06「文章世界」主筆となった。
 
 
  日本一周 (田山花袋) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『日本一周』(にほんいっしゅう)は、日本の小説家、田山花袋が1910年代に発表した紀行文集の名称である。 日本全国を汽車で巡り、各地の景観、史跡などを写生的な文章で綴ったもので、前編(近畿・東海)、中編(中国・九州・四国)、後編(関東・東北・北海道)の3冊から成っており、博文館より1914年(大正3年)から1916年(大正5年)にかけて刊行された。
 
 
  田山花袋について 〜館林と田山花袋〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田山花袋は、明治4年12月13日館林に生まれました。本名は録弥と言います。田山家は、旧館林藩主秋元家に仕え、江戸時代に山形から館林に移り住みました。 花袋は一家して上京する明治19年まで館林で過ごしました。館林東学校に学ぶかたわら、旧館林藩儒者吉田陋軒に漢学を学び、この頃から漢詩文を雑誌に投稿するなど、文学に目覚めていきます。
 
 
  田山 花袋 - 作家別作品リスト:No.214   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品:アカシヤの花/朝/ある僧の奇蹟/アンナ、パブロオナ/一室/一兵卒/田舎教師/犬/帰国/草道/子供と旅/重右衛門の最後/少女病/新茶のかおり/石窟/父の墓/時子/トコヨゴヨミ/日光/ネギ一束/蒲団/道綱の母/耶馬渓の一夜  作業中の作品:あひびき/赤い肩掛/赤い鳥居/赤い夕日/明るい茶の間/秋の京阪の二日/秋のトリップ/秋の日影/秋晴/秋祭りの頃の日記、以下505件
 
 
  田山花袋の温泉ガイド - ぜいりしブログ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田山花袋といえば何せ中学の「日本文学史」の授業(ゆとり世代はそんな授業も無かったか?)で「蒲団」のあらすじを教わっただけで、追い出した愛人の蒲団に潜り込んでその残り香を嗅いでは泣くという、きんもーっ☆な話と言う予備知識しかないので正直どうよ?とか思いましたが面白いです。
 
 
  田山花袋が見た「日清戦争」 - 戦争資料館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私の家から青山の練兵場へは、距離がいくらもないので、私は夜など出発の軍隊の光景を見るために、よくひとりで出かけて行った。 外国との最初の戦争、支那は弱いとは言え、とにかくァジァの大勢カなので、戦争が始ってからの東京の騒ぎは非常であった。号外の鈴の音が絶えず街頭にひびきわたって聞えた。
 
 
  蒲団 田山花袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小石川の切支丹坂(きりしたんざか)から極楽水(ごくらくすい)に出る道のだらだら坂を下りようとして渠(かれ)は考えた。「これで自分と彼女との関係は一段落を告げた。三十六にもなって、子供も三人あって、あんなことを考えたかと思うと、馬鹿々々しくなる。けれど……けれど……本当にこれが事実だろうか。あれだけの愛情を自身に注いだのは単に愛情としてのみで、恋ではなかったろうか」
 
 
  蒲団 (小説) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『蒲団』(ふとん)は、田山花袋の中編小説。「新小説」1907年9月号に掲載され、のち易風社から刊行された『花袋集』に収録された。 花袋に師事していた弟子の岡田美知代とのかかわりをもとに描いた小説。
 
 
  『蒲団』 - 自然主義論(三)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日露戦争前後の資本主義の急激な発展によって明治社会は大きく変化した。ロマン主義的な社会批判や貧富の差が拡大する現実から逃れようとする夢物語は受け入れられなくなった。従来の文壇のやり方が時代遅れになり多くの作家は新しい対応を迫られていた。このような時、時雄は「自分が地理の趣味を有つて居るからと称して進んでこれに従事して居るが、内心此に甘じて居らぬことは言ふまでもない」と野心を抱いていた。
 
 
  田山花袋「蒲団(ふとん)」を読む - 名作を読む   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の近代文学を考えるにおいて、私小説なるものを除いて考えることはできない。ある時期、私小説は圧倒的な力をもち、私小説でなければ小説でないといわれた。 私小説とは日本独自の小説形態であり、自然主義文学から派生したものである。日本の自然主義文学は島崎藤村の「破戒」をもって嚆矢(こうし)とする。この「破戒」に触発され、「破戒」が出版された翌年すなわち明治40年に書かれたのが田山花袋の「蒲団」である。
 
 
  田舎教師  田山花袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「田舎教師」の舞台は埼玉県の羽生にあった。あの頃の風情がどこかに残っていますかと地元で尋ねたら「そうだね、利根川の夕暮れぐらいかな」とかえってきた。町を歩くと、いたるところで田舎教師のモニュメントや記念碑に出会う。明治時代の田舎教師は、いまも知人のように語られていた
 
 
  田山花袋と『田舎教師』周辺   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太田玉茗は自分の編集していた雑誌「歌舞伎新報」に尾崎紅葉の補筆で翻訳劇、リチャード・シェリダンの『彼刹羅(ビザロー)』を出している。紅葉だけでなく、泉鏡花と句会をしたり、正岡子規や桐野悠々などとも交わっていた。その交際範囲は文学流派を越えたものがあった。
 
 
  田山花袋の小説『田舎教師』の舞台となったまち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田舎教師の道 「四里の道は長かった。その間に青縞の市の立つ羽生の町があった」で始まる小説『田舎教師』。この作品は、実在の人物小林秀三が書き残した日記をもとに田山花袋が克明な取材を行って書き上げた小説で、登場人物はほとんど実在した人々です。
 
 
  田山花袋『東京の三十年』(その1) - 神保町文学散歩     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回取り上げるテキストは『東京の三十年』(岩波文庫)。田山花袋(たやま・かたい)の自伝的エッセイです。 花袋は、今では、これまでここで取り上げた漱石や村上春樹にくらべ地味な作家かもしれません。しかし、日本の近代文学史にとっては、非常に重要な作家のひとりです。「
 
 
  田山花袋 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田山花袋 の画像 - Google
 
 
  田山花袋 の動画 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田山花袋 の動画 - Google
 
 
  田舎教師 [文庫]   田山 花袋 (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田舎教師 (新潮文庫) [文庫]   田山 花袋 (著)
 
 
島崎藤村.1872
島崎藤村 (Wikipedia)
  島崎藤村 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島崎 藤村(しまざき とうそん、1872年3月25日(明治5年2月17日) - 1943年8月22日)は、日本の詩人、小説家。本名、春樹(はるき)。信州木曾の馬籠 (現在の岐阜県中津川市)生れ。 『文學界』に参加し、浪漫派詩人として『若菜集』などを刊行。さらに小説に転じ、『破戒』『春』などで代表的な自然主義作家となった。ほかの作品に、日本自然主義文学の到達点とされる『家』、姪との近親姦を告白した『新生』、父をモデルとした歴史小説『夜明け前』など。
 
 
  島崎藤村 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島崎藤村 の画像 - Google
 
 
  →島崎藤村.1872   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「04詩」島崎藤村.1872
 
 
樋口一葉.1872
樋口一葉 樋口一葉住居跡 桃水の隠れ家近くの平河天満宮。
  樋口一葉 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  樋口 一葉(ひぐち いちよう)1872年5月2日(明治5年3月25日) - 1896年(明治29年)11月23日)は、日本の小説家。東京生れ。本名は夏子、戸籍名は奈津。 中島歌子に歌、古典を学び、半井桃水に小説を学ぶ。生活に苦しみながら、「たけくらべ」「十三夜」「にごりえ」といった秀作を発表、文壇から絶賛される。わずか1年半でこれらの作品を送ったが、25歳(数え年、以下同様)で肺結核により死去。『一葉日記』も高い評価を受けている。 1 生涯 / 2 作家評 / 3 筆名 / 4 一葉の手帳 / 5 五千円紙幣 / 6 その他 / 7 作品解題 / 8 文庫本(近年) / 9 関連作品 / 10 人物伝 / 11 脚注 / 12 参考文献 / 13 関連項目 / 14 外部リンク
 
 
  樋口一葉 (本郷)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幼年期から、終焉まで本郷は一葉にとって離れられない場所だった。 そこには、今でもひたむきな一葉の姿が浮かんでくる。 一葉の旧居は、本郷4丁目の31番と32番の表示のある間の露地を入る。菊坂でも一番低い「菊坂下町」と呼ばれたところである。奥に、共同ポンプ井戸がある。当時はつるべ井戸であったが、一葉も使ったものという。
 
 
  樋口一葉 豆知識   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治五(1872)年生まれの樋口一葉の戸籍名は「樋口奈津」。しかし日記の表紙には「なつ」「夏」「夏子」とも自署し、本名の奈津より「夏子」を用いることが多かったので、樋口夏子が最も一般的な呼び方として通っています。
 
 
  樋口一葉雑学辞典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  これまでの専門家の方々がやられて来られなかったことについて、特に当時の新聞及び官報を調べることによって、一葉が、何を見たり感じたり考えたりしていたのかを様々に検討iしてみました。
 
 
  樋口一葉日記を読む   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「江戸派末流の歌人」に連なる樋口一葉は,いわば「歌」の人,「文」の人,「書」の人であった.これらが一如として融け合って現れ出でた稀有なる日記の世界.一葉はここにすべてを込めた.本書は,初めて翻刻された日記の影印の図像を自在に引きつつその世界に分け入り,その魅力を明らめ,一葉の全身を立ち上げた画期的な一冊である.
 
 
  一葉記念館 - 台東区   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  樋口一葉の生涯とその文学や暮らしなどをご紹介しています。
 
 
  「樋口一葉の十二ヶ月」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二十四歳という短い生涯のうちに「にごりえ」「たけくらべ」などの名作を残した明治時代の作家樋口一葉(夏子、戸籍名は奈津)の一生を、十二の月に切り取ってたどる毎回800字のコンパクトな評伝の試みです。
 
 
  樋口一葉 - 文京区ナビ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1872年5月2日(明治5年3月25日) - 1896年11月23日(明治29年)本名は奈津。なつ、夏子とも呼ばれる。 一葉という筆名は、当時困窮していた事(お足が無い)と一枚の葦の葉の舟に乗って中国へ渡り後に手足を失った達磨の逸話に引っ掛けたものといわれる。 
 
 
  明治の文学17 樋口一葉    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治の文学17 樋口一葉   樋口 一葉 著 , 坪内 祐三 編集
 
 
  樋口一葉の肖像 - 桜の会    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  5月2日は樋口一葉の133回目の誕生日です。 昨年、暮れから、一葉の日記を読み、一葉の事を考えていたので一葉さんが昔のクラスメートのような気がします。
 
 
  樋口一葉を歩く - 東京紅團   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  あいかわらず樋口一葉が好きで「十三夜」を読んでいたら根岸の新坂が出てきたので、今週は鴬谷界隈を取り上げてみました。
 
 
  下町の文学少女 樋口一葉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  樋口一葉。 「明治文壇を代表する女流作家樋口一葉は、本名をなつといい、明治5年に士族の娘として生まれた。 が、17歳の時、父親が事業に手を出し失敗、莫大な借金を残したまま病死する」
 
 
  樋口一葉の世界 - 文学の館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  樋口家は甲斐国山梨郡中萩原村(現塩山市)で代々農業を生業としていた。祖父八左衛門は農民の指導的立場にあり、老中阿部正弘に直訴を行ない、数ヵ月間牢に入れられたこともあった。祖父の影響を受けた父は向学心があり、農民にとどまることを嫌い、恋人あやめ(一葉の母)と駆け落ち同然で江戸に出ていった。
 
 
  『私語り樋口一葉』 西川祐子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治二十九年の夏、本郷丸山福山町の崖下の家で、病床にある一葉がおもいめぐらすさまざま。樋口家の来歴、いく度も住みかえた家、歌塾・萩の舎での日々、兄と父の死、母と妹との困窮生活、小説の師・半井桃水、龍泉町での商売……。
 
 
  「樋口一葉『いやだ!』と云ふ」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  樋口一葉をまともに読んだことがない。僕たちの時代にはまだ「教養」というものが生きていたから、学生時代、このくらいは読んでおかなくてはと思って『たけくらべ』に挑戦したことがある。そして見事に挫折した。擬古文に手こずったこともあるけれど、それ以上に、この小説のなにが面白いのか分からなかった。
 
 
  樋口一葉住居跡 文京区本郷4-32   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  樋口一葉が父の死後18歳のとき、明治23年9月から明治25年5月まで母と妹3人で住んでいた旧居跡。 いまも一葉を慕い旧居を訪れる方はおおく、取材時にも女子大生のグループが訪れていた。
 
 
  新札発行記念ドラマ 樋口一葉物語   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  11月1日(月)、新しい五千円札が発行される。その肖像画になるのは明治の作家・樋口一葉。日本銀行券の表面の肖像に女性が選ばれたのは日本では初めてのことだ。TBSでは、この新5千円札発行の当日よる9時、一葉の生涯を描くスペシャルドラマを放送する。
 
 
  樋口一葉と半井桃水―東京・平河町   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  寒い朝だった。10時ころから霙(みぞれ)まじりの雨が降りだした。樋口一葉(夏子)は、東京・本郷菊坂の家を出た。真砂(まさご)町あたりで、とうとう雪になった。壱岐坂で歩くのをあきらめ、人力車を拾った。九段坂を上ると堀端通りの雪が白く光っていた。平河天満宮を越せば半井桃水(なからい・とうすい)の「隠れ家」はもうすぐだ。1892(明治25)年2月4日昼過ぎのことだった。
 
 
  樋口 一葉 - 作家別作品リスト:No.64   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品:あきあはせ/雨の夜/うつせみ/大つごもり/琴の音/さをのしづく/十三夜/すゞろごと/とけくらべ/月の夜/にごりえ/軒もる月/反古しらべ/闇桜/雪の日/ゆく雲/わかれ道
 
 
  【 あの人の人生を知ろう〜樋口一葉編 】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京生まれ。本名、樋口奈津。彼女自身は奈津よりも「夏子」を用いることが多かった。新聞小説の戯号は春日野しか子。“一葉”の名はインドの達磨大師が揚子江を一葉の芦の葉(一葉舟)に乗って下った故事から。人生という波間を漂う自分を重ねていたという。
 
 
  本郷菊坂 樋口一葉の旧居跡と伊勢屋質店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  樋口一葉と言えば、五千円札の肖像でおなじみの明治時代の女流作家。その樋口一葉の旧居跡が文京区本郷菊坂にあります。 一葉はこの地で18〜21歳の2年11ヶ月、洗い張りや針仕事などの内職をして母と妹の3人で貧しい生活していました。 そしてここから10分ほどの安藤坂にあった歌塾 萩の舎(はぎのや)に通い、明治25年(1892年)年処女小説「闇桜」が雑誌『武蔵野』に掲載され小説家としてデビューを果たしました。
 
 
  カネに縁ナシ樋口一葉、なぜかお札の顔になる   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回は新五千円札の顔になる人に来てもらいました。 樋口一葉さんです。
 
 
  Dr.黒石の、最近思うこと(2009/ 1,2月 新春特別号)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本初の売文で生きた女流作家/5千円札になった樋口一葉/明治の格差社会から生まれた一葉文学/一葉に惹かれる理由は何なのでしょうか。書かれた文章の魅力、その主人公が一葉の分身的なものを感じる私小説だからでしょうか。その生涯がはかなく苦労の連続だったからでしょうか。
 
 
  にごりえ  樋口一葉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  おい木村さん信(しん)さん寄つてお出よ、お寄りといつたら寄つても宜いではないか、又素通りで二葉(ふたば)やへ行く氣だらう、押かけて行つて引ずつて來るからさう思ひな、ほんとにお湯(ぶう)なら歸りに屹度(きつと)よつてお呉れよ、嘘つ吐きだから何を言ふか知れやしないと店先に立つて馴染らしき突かけ下駄の男をとらへて小言をいふやうな物の言ひぶり、腹も立たずか言譯しながら後刻(のち)に後刻にと行過るあとを、一寸舌打しながら見送つて…
 
 
  にごりえ  図書カード:No.387   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫)
 
 
  本の紹介  にごりえ・たけくらべ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  目次 : まえおき/概要/解説/新潮カセットブック  
 
 
  にごりえ/樋口一葉のあらすじと読書感想文   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「にごりえ」のあらすじを簡単に紹介します。舞台は、遊郭です。主な登場人物は、三人です。 「にごりえ」は八つの章からなる小説です。遊郭の看板娘であるお力が結城に引かれていく姿を描きながら、源七の物語が併走するという構造になっています。ストーリーを章にそってご紹介します。
 
 
  にごりえ・たけくらべ [文庫]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「たけくらべ」がいちばん好きです。大人になる前の年齢の主人公たちが活き活きと描かれていて楽しく、でも同時に人生の宿命のようなものをひたひたと重く感じさせる物語。原文がとっつきにくい、難しくてダメ~という方は、「ガラスの仮面」という漫画に出てくる「たけくらべ」の章を読んで物語の全体をつかんでから、原文を読むことをお勧めします。
 
 
  樋口一葉 たけくらべ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お齒ぐろ溝に燈火(ともしび)うつる三階の騷ぎも手に取る如く、明けくれなしの車の行來(ゆきゝ)にはかり知られぬ全盛をうらなひて、大音寺前(だいおんじまへ)と名は佛くさけれど、さりとは陽氣の町と住みたる人の申き、三嶋神社(みしまさま)の角をまがりて・・・
 
 
  『たけくらべ』 樋口一葉 − 松岡正剛の千夜千冊    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ひょっとして日本の小説のなかで『たけくらべ』に一番の影響をうけたかもしれない。 読んだ時期が思春期の真っ只中であったこと、雅俗折衷の文体が西洋モダニズムを知った直後の意識にとってかえって清冽であったこと、そしてなによりも、信如における美登利へのおもいが美登利の邪険に切々と表象されていることに感応したためだった。
 
 
  頭痛 肩こり 樋口一葉 [単行本]  井上 ひさし (著)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2010年4月9日に井上ひさし氏が亡くなった。たいへん残念である。井上ひさしの戯曲は可能な限り読み、ときどき舞台も見たけれど、いちばんの傑作は1984年にこのこまつ座旗揚げ公演で初演された本作である。 登場人物がすべて女性という意表をつく設定で、樋口一葉の生活と人生を織り込んだ作品は、スキのない傑作である。
 
 
  樋口一葉 の動画 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  樋口一葉 の動画 - Google
 
 
  樋口一葉 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  樋口一葉 の画像 - google
 
 
岡本綺堂.1872
岡本綺堂 - goo辞書 修善寺温泉 女将のもちよりびな
  岡本綺堂 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡本綺堂(おかもと きどう、1872年11月15日(明治5年10月15日) - 1939年(昭和14年)3月1日) は、小説家、劇作家。本名は岡本 敬二(おかもと けいじ)。別号に狂綺堂、鬼菫、甲字楼など。新歌舞伎の作者として、及び「半七捕物帳」などの作品が著名である。 元徳川幕府御家人で維新後にイギリス公使館に勤めていた敬之助(後に純(きよし))の長男として東京高輪に生まれる。
 
 
  半七塚と蛙の神様   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浅草のあまり行かないスポットめぐり 今日は本堂手前左手昨日の地図だと ΝЛ┐琉豎僉〆では「新奥山」と呼ばれている辺りに行って見ましょう  ここまで来ると参道付近の混雑なんてどこのこと?なーんとなく のんびりした雰囲気が漂ってます ここには 浅草に関係深い様々な「碑」が集まっていますよ…
 
 
  岡本綺堂 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡本綺堂 の画像 - Google
 
 
  岡本 綺堂 - 作家別作品リスト:No.82   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  劇作家、小説家。本名は敬二、別号に狂綺堂。イギリス公使館に勤めていた元徳川家御家人、敬之助の長男として、東京高輪に生まれる。幼くして歌舞伎に親しみ、父の影響を受けて英語も能くした。東京府立一中卒業後、1890(明治23)年に東京日日新聞に入社。以来、中央新聞社、絵入日報社などを経て、24年間を新聞記者として過ごす。この間、1896(明治29)年には処女戯曲「紫宸殿」を発表。  公開中の作品:1.秋の修善寺〜234.私の机/作業中の作品/関連サイト
 
 
  綺堂事物 (きどうじぶつ) - 岡本綺堂案内   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここに記載しました記事は、劇作家であり、ミステリー作家であり、また探偵作家でもあった岡本綺堂とその時代に関する事象を幅広くフォローするためのものです。 岡本綺堂のワークス/綺堂を読む/綺堂をさがせ
 
 
  『半七捕物帳』岡本綺堂 - 松岡正剛の千夜千冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いま、日本の出版界は文庫と新書とマンガでもっている。すでに文庫ブームは長期におよんでいて、いまはどちらかというと新書ブームだが(それもだいたい頂上をすぎた)、作品を読むということになると(新書はいわゆる作品を収納しないから――これはおかしなことで創作作品を入れてもいいはずなのだ)、やはり文庫に群がる。
 
 
  岡本綺堂(1872年10月15日−1939年3月1日)について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  劇作家、小説家。本名は敬二、別号に狂綺堂。イギリス公使館に勤めていた元徳川家御家人、敬之助の長男として、東京高輪に生まれる。幼くして歌舞伎に親しみ、父の影響を受けて英語も能くした。東京府立一中卒業後、1890(明治23)年に東京日日新聞に入社。以来、中央新聞社、絵入日報社などを経て、24年間を新聞記者として過ごす。この間、1896(明治29)年には処女戯曲『紫宸殿』を発表。  作品一覧
 
 
  岡本綺堂の東京を歩く - 稲荷神社散歩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この「風俗江戸東京物語」は1.風俗江戸物語、2.風俗明治東京物語、3.明治東京雑題、の三章からなっており、原本は大正12年に出版されたものです。なかなか面白いので一度読まれるといいと思います。
 
 
  岡本綺堂集 (五十音順)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡本綺堂集 (五十音順)
 
 
泉鏡花.1873
泉鏡花  新潮社 浪漫と幻想の作家 泉鏡花 泉鏡花に関する名言集・格言集
  泉鏡花 のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  泉鏡花 のニュース - Google
 
 
  泉鏡花 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  泉 鏡花(いずみ きょうか、1873年(明治6年)11月4日 - 1939年(昭和14年)9月7日)は、明治後期から昭和初期にかけて活躍した小説家。戯曲や俳句も手がけた。金沢市下新町生れ。1889年(明治22年)尾崎紅葉の『二人比丘尼 色懺悔』を読んで衝撃を受け、1891年(明治24年)10月、牛込の紅葉宅を訪ね、入門を許される。 『夜行巡査』『外科室』で評価を得、『高野聖』で人気作家になる。… また近代における幻想文学の先駆者としても評価される。代表作に『婦系図』『歌行燈』『夜叉ヶ池』など。 1 生涯 / 2 略歴 / 3 家族 / 4 尾崎紅葉 / 5 中島敦 / 6 潔癖症 / 7 逸話 / 8 作品集 / 9 映画化作品 / 10 漫画化作品 / 11 絵本化作品 / 12 伝記 / 13 出典 / 14 外部リンク
 
 
  ACT泉鏡花 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『ACT泉鏡花』(アクトいずみきょうか)は、アトリエ・ダンカンプロデュースによる2010年の日本の舞台作品(音楽劇)。作家・泉鏡花の代表作品をオムニバス形式で上演するもの。2011年にDVD化された。  1 出演 / 2 舞台の流れ / 3 スタッフ / 4 公演日程 / 5 脚注 / 6 外部リンク
 
 
  Category:泉鏡花 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カテゴリ「泉鏡花」にあるページ:以下の19ページがこのカテゴリに含まれており、そのうち19ページが表示されています。
 
 
  兎と泉鏡花   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自分の十二支の7つ先の十二支(十二支を円に配せば解りますが、向い側になる動物)の事を「向い干支」と云い、置物などを集めると出世すると云われています。泉鏡花は明治6年(西暦1873年)生まれで、干支は癸酉。酉の7つ先は卯です。
 
 
  泉鏡花を読む   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『国文学 解釈と鑑賞』 平成21年9月号 特集「泉鏡花文学の位相 没後70年」刊行
 
 
  泉鏡花記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  施設概要/館内散策/企画展/開館案内/交通案内/お知らせ/お問い合わせ
 
 
  泉鏡花文学賞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豊かな心をはぐくむ文芸の復興を通じ、市民文化の向上と地方文化の振興を期待し、昭和48年に泉鏡花生誕100年を記念し、泉鏡花文学賞(全国対象)および泉鏡花記念金沢市民文学賞を制定しました。
 
 
  干支情報サイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自分の十二支の7つ先の十二支の事を「向い干支」と云い、置物などを集めると出世すると云われています。文豪の泉鏡花は明治6年(西暦1873年)生まれで、干支は癸酉。酉の7つ先は卯です。ゲンかつぎの鏡花(酉年)はウサギの置物を収集家で有名でした。なかでも実物大と思われる陶器製の置物がお気に入りだとか。  06/04/24
 
 
  外科室  泉鏡花   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  実は好奇心のゆえに、しかれども予は予が画師(えし)たるを利器として、ともかくも口実を設けつつ、予と兄弟もただならざる医学士高峰をしいて、某(それ)の日東京府下の一(ある)病院において、渠(かれ)が刀(とう)を下すべき、貴船(きふね)伯爵夫人の手術をば予をして見せしむることを余儀なくしたり。
 
 
  鏡の花 泉鏡花   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  春陽堂版鏡花全集の卷十五に含まれる小品・随筆類のpdfを多數upしましたす。
 
 
  泉 鏡花 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1873(明治6)年、金沢生れ。本名・鏡太郎。北陸英和学校中退。1890(明治23)年上京、翌年より尾崎紅葉に師事。'95年発表の「夜行巡査」「外科室」が"観念小説"の呼称を得て新進作家としての地歩を確立。
 
 
  泉鏡花の生家跡   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  泉鏡花、本名は泉鏡太郎です。金沢の彫金像嵌[ぞうがん] 
 
 
  泉鏡花 (1873-1939)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「高野聖」「婦系図」「滝の白糸」などの作品で知られる作家・泉鏡花(本名鏡太郎)は1873年(明治6年)11月4日、金沢市下新町に生まれました。父は加賀藩に仕えた彫金師、母は役者の娘でした。そのような両親を持ち、文化と工芸の町・金沢で育ったことが泉鏡花のあの華美な世界を生み出すのでしょう。
 
 
  泉鏡花全作品一覧表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作品名に下線のある作品は、作品名をクリックすると表示されます。
 
 
  浪漫と幻想の作家 泉鏡花   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幼い頃に母を亡くした泉鏡花。その作品は亡母同型を基底に浪漫と幻想の世界を小説や戯曲という形で紡ぎだしてきました。明治半ばからは創作活動を始め、大正、昭和にかけて、300編あまりの作品を生み出した鏡花は、やがて文豪と称えられ、また天才とも謳われるようになりました。 「義血侠血」高野聖「婦系図」「歌行燈」「日本橋」「天守物語」などまばゆいばかりの傑作の数々は、文学の世界だけでなく、視覚芸術である舞台や映画とういう手法によっても発展し、現在も人々に愛され続けています。
 
 
  泉 鏡花  【いずみ きょうか】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸戯作者の流れを汲み、世話物と幻想的な作風で知られる泉鏡花は、石川県金沢市下新町23番地(現在の尾張町の久保市乙剣宮近く)に、金沢の彫金・象嵌細工師泉清次を父とし、江戸の鼓師の娘で、宝生流の重鎮シテ松本金太郎の妹である鈴を母として生まれます。
 
 
  泉鏡花  [文庫]   泉 鏡花 (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  泉鏡花 (ちくま日本文学全集) [文庫]   泉 鏡花 (著)
 
 
  泉 鏡花 - 作家別作品リスト:No.50   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品:愛と婚姻/悪獣篇/芥川竜之介氏を弔ふ/紫陽花/雨ばけ/遺稿/伊勢之巻/一景話題/いろ扱ひ/印度更紗/薄紅梅/歌行灯/唄立山心中一曲/海の使者/爪の涙/絵本の春/縁結び/おばけずきのいわれ少々と処女作/お花見雑感/女客/婦系図/怨霊借用/海異記/海城発電/海神別荘/凱旋祭/怪談女の輪/怪談会 序/貝の穴に河童の居る事/開扉一妖帖/以下110  作業中の作品:浅茅生/尼ヶ紅/霰ふる/活人形/遺稿/十六夜/一之巻/一席話/糸遊/印度更紗/以下75
 
 
  まつさき - 金沢 辰口温泉と泉鏡花   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  まつさきは明治の文豪泉鏡花とゆかりの深い旅館です。短編「海の鳴る時」の舞台ともなり、鏡花は当館に逗留しながらこの小説を書きました。幼くして母を亡くした鏡花は当時辰口温泉に住んでいた叔母にたいへん可愛がられ、叔母をたびたび訪ねるうち、辰口温泉で働く美ししく艶やかな芸妓さんたちの姿を通して、女性に対する感性を磨いていったとも云われています。
 
 
  泉鏡花旧居跡 - 東京 神楽坂 ガイド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  泉鏡花は(明治6〜昭和14)本名は泉鏡太郎といい、尾崎紅葉の門下生。川端康成、石川淳、三島由紀夫らに影響を与えた小説家です。 泉鏡花は石川県金沢市の出身で1889年(明治22年)上京。 赤城神社に近い南榎町22にある泉鏡花の居跡のひとつで、泉鏡花はここに明治32年から4年間住んで、この地で「高野聖」などを発表しました。
 
 
  湯島天神と婦系図 (泉鏡花) - 東京紅團   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『切れるの別れるのッて、そんな事は、芸者の時に云うものよ。……私にゃ死ねと云って下さい。』というと、有名な泉鏡花の「婦系図」のお蔦の言葉です。「湯島の白梅」で有名ですね。
 
 
  『日本橋』 泉鏡花 - 松岡正剛の千夜千冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今夜は泉鏡花である。新派でも馴染みの『日本橋』にした。ちょっとしたワケがある。 一つは、『日本橋』には芸者の気っ風がずらりと並んだことだ。芸者は、鏡花にとっては母であって山霊であり雛であり、他人のものであって二十五菩薩であり、妖美でありながら清廉であるような、夜叉であって、かつ形代(かたしろ)であるようなものなのである。その芸者のことを書いておきたかった。
 
 
  泉鏡花に関する名言集・格言集:募集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説家:泉鏡花(いずみ きょうか)/生誕:1873年(明治6年)11月4日/出身:石川県金沢市/死去:1939年(昭和14年)9月7日/当サイトではこういうテーマの名言を掲載して欲しい、この人物の名言や格言集を掲載して欲しいといったご要望にお応えしております。
 
 
  人気の「ACT泉鏡花」動画 3本 - ニコニコ動画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「ACT泉鏡花」動画 3本「月見草」「○ ACT泉鏡花 メイキング 【AKB48】」「○ ACT泉鏡花 メイキング 【AKB48】」
 
 
  泉鏡花のYouTube集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このサイトに「泉鏡花のYouTube集」が100本以上あります。
 
 
  泉鏡花 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
  「泉鏡花」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  泉鏡花 - Google 検索
 
 
  俳句・全・泉鏡花作   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  サイト最下段バーのスライドで「泉鏡花作の全俳句」が閲覧できます。
 
 
近松秋江.1876
近松秋江 - 吉備路文学館
  近松秋江 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近松秋江(ちかまつ しゅうこう、1876年5月4日 - 1944年4月23日)は、日本の小説家、評論家。岡山県生まれ。本名は徳田丑太郎。17歳のとき、浩司と改名。 少年時代は『雪中梅』(末広鉄腸著)や『経国美談』(矢野龍溪著)などの政治小説を好んだ。 岡山県尋常中学校を卒業し、1898年東京専門学校(後の早稲田大学)文学部史学科に入学。それ以前に慶應義塾に籍を置いたこともあるが、2ヶ月で退学している。 『別れたる妻に送る手紙』や『黒髪』で作家としての地位を確立する。
 
 
  狂乱  近松秋江   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二人の男の写真は仏壇の中から発見されたのである。それが、もう現世にいない人間であることは、ひとりでに分っているのだが、こうして、死んだ後までも彼らが永(とこし)えに、彼女の胸に懐(なつ)かしい思い出の影像となって留(とど)まっていると思えば、やっぱり、私は、捕捉(ほそく)することの出来ないような、変な嫉妬(しっと)を感じずにはいられなかった。
 
 
  近松秋江 - 吉備路文学館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  樋口一葉の「たけくらべ」に感銘して小説家を志し、また近松門左衛門に傾倒した。東京専門学校(現早稲田大学)を同郷の正宗白鳥と同期卒業。 明治末〜大正初年「別れたる妻に送る手紙」など、情痴の世界を通して人間の悲哀を見つめる名作を発表。
 
 
  近松秋江 - 黒髪、黒髪、霜凍る宵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『黒髪』短編。「どんなにしても自分の所有(もの)にしたい」という一念で、祇園の遊女・お園に散々貢いできた主人公の男。  『黒髪』短編。「黒髪」続編  『霜凍る宵』短編。「黒髪」「狂乱」に続く第3話
 
 
  近松 秋江 - 作家別作品リスト:No:275   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品:伊賀、伊勢路/伊賀国/うつり香/狂乱/黒髪/湖光島影/霜凍る宵/箱根の山/別れたる妻に送る手紙  作業中の作品:疑惑/雪の日
 
 
  『黒髪 別れたる妻に送る手紙』 近松秋江   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  収録されている「別れたる妻に送る手紙」と「疑惑」は、「別れた妻もの」連作の一部だ。妻が書生と失踪し、その行方を血眼になって探す語り手(近松)。「手紙」も「疑惑」もともに、失踪した妻に宛てた手紙の形式で書かれており、そのなかで語り手はまず自身の妻への執着をえんえん述べる。続けて、妻失踪中に知り合った女郎との馴れ初めが述べられ、この女に夢中になっていく過程が続く。
 
 
  第16回 天真爛漫なナオンスキー、近松秋江の巻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  非モテ界随一のヒーローといえば、何と言ってもフーテンの寅さん。非モテでニートのナオンスキー(女好き)は時としてむやみに愛されるものです。三十過ぎてから女遊びに目覚めた明治時代の無職男が元嫁に送った手紙という形で発表された「別れたる妻に送る手紙」もまた、ニートなナオンスキーの物語です。
 
 
  近松秋江 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近松秋江 の画像 - Google
 
 
  近松秋江+岩野泡鳴+正宗白鳥 [単行本]         TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治の小説を読んでいると、どうしてこの男はこんなことを考えるのだと思うことがすくなくない。読むと絶対にぶっ飛ぶ。
 
 
有島武郎.1878
有島武郎 - 人名辞典
  有島武郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有島 武郎(ありしま たけお、1878年(明治11年)3月4日 - 1923年(大正12年)6月9日)は、日本の小説家。 学習院中等科卒業後、農学者を志して札幌農学校に進学、キリスト教の洗礼を受ける。1903年渡米。帰国後、志賀直哉や武者小路実篤らとともに同人「白樺」に参加。1923年、軽井沢の別荘(浄月荘)で波多野秋子と心中した。 作品に、『カインの末裔』『或る女』や、評論『惜みなく愛は奪ふ』がある。
 
 
  幻 視 有島武郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  莫逆の友Rと、俺は何を読んでいたのか。 そう、有島武郎。 「惜みなく愛は奪う」 この逆説を、俺たちは楽しんだ。 倉田百三の、「愛と認識との出発」 このふたつの作品を、比べていた。
 
 
  有島武郎研究会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本会は、有島武郎とその周辺の研究推進を目的として、1987年6月に設立されました。現在の会員数は約120人。活動としては、年2回(6月、12月)の全国大会と会報(年2回、5月・11月)、機関誌『有島武郎研究』年1回、3月)の発行を主なものとしています。
 
 
  有島武郎の生と死   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有島武郎に関心を持つようになったのは、小島信夫の「私の作家評伝」を読んで以来だから、もう随分長いことになる。小島信夫の有島武郎論は、小論と呼んだ方がいいような短いものだが、これには武郎に関する妙に気になる二つの挿話が載っているのである。
 
 
  有島武郎 『或る女』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新潮文庫版『或る女』の裏表紙のうたい文句は次のとおり。  美貌で才気溢れる早月葉子は、従軍記者として名をはせた詩人・木部と恋愛結婚するが、2カ月で離婚。その後、婚約者・木村の待つアメリカへと渡る船中で、事務長・倉地のたくましい魅力の虜となり、そのまま帰国してしまう。・・・
 
 
  有島 武郎  作品一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一房の葡萄/或る女/みじかい眠りにつく前に 真夜中に…/小さき者へ・生まれ出ずる悩み/生きるって、カッコワルこと?/星座/家族って、どんなカタチ?/
 
 
  有島武郎 ありしま たけお   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京小石川(文京区)出身。父は薩摩藩士で大蔵官僚、実業家の有島武(同墓)と母の幸の長男として生まれる。弟に洋画家・小説家の有島生馬、小説家の里見とん。 妹の愛は三笠ホテル経営者の山本直良に嫁ぐ。
 
 
  有島武郎旧邸 - 札幌芸術の森   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  札幌にゆかりの深い文豪、有島武郎。大正2年に建てられた邸宅を当時の姿そのままに芸術の森に移築復元しました。有島武郎の様々な資料を展示しています。
 
 
  有島 武郎 - 作家別作品リスト:No.25   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品:或る女/An Incident/生まれいずる悩み/運命と人/描かれた花/僚友夜学校校歌/惜みなく愛は奪う/溺れかけた兄弟/親子/カインの末裔/火事とポチ/潮霧/狩太農場の開放/かんかん虫/クララの出家/幻想/碁石を呑んだ八っちゃん/小作人への告別/自然と人/私有農場から共産農団/星座/聖書の権威/宣言一つ/想片/小さき者へ/燕と王子/農場開放顛末/農民文化といふこと/卑怯者/一房の葡萄/広津氏に答う/二つの道/片信/僕の帽子のお話/北海道に就いての印象/真夏の夢/水野仙子氏の作品について/私の父と母  作業中の作品:お末の死/片輪者/宣言/ドモ又の死/半日/骨
 
 
  『小さき者へ』  有島武郎 - 松岡正剛の千夜千冊    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  こういう悲痛な文章はもっと読まれるべきだ。 なぜなら、この悲痛はわれわれの「存在の印画紙」ともいうべきにうっすらと感光しているものと似ているからだ。われわれは「生まれ生まれ生まれて、その生の始めに暗い」はずの生をうけてこの世に誕生した者ではあるけれど、その印画紙は無地ではなかったのである。
 
 
  有島武郎 の画像 -Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ