007 【文芸А枩鄰執成:松本清張:柴田錬三郎:司馬遼太郎
日本の近現代文学史として明治時代以降の日本文学書を個々に掲載いたしました。明治を迎え西欧の思想や文化を取り入れる文明開化が推進され、日本の社会は大きく変化していきました。言文一致運動もその一つとして、この頃に私たちが考える文学という概念が生まれました。(/印は一部編集中)

近現代文学 今東光/1898  室生犀星/1898 尾崎一雄/1898 徳永直/1899 宮本百合子/1899
石川淳/1899 川端康成.1899 小栗虫太郎/1901 海音寺潮五郎/1901 中野重治/1902 横溝正史/1902
小林多喜二/1903 林芙美子/1903 水谷準/1904 幸田文/1904 丹羽文雄/1904 舟橋聖一/1904
堀辰雄/1904 石川達三/1905 円地文子/1905 平林たい子.1905 原民喜/1905 坂口安吾/1906
山岡荘八/1907 火野葦平/1907 井上靖/1907 大岡昇平/1909 太宰治.1909 松本清張.1909
森敦/1912 檀一雄/1912 武田泰淳/1912 新田次郎/1912 野間宏/1915 戸板康二/1915
五味川純平/1916 柴田錬三郎/1917 中村真一郎/1918 福永武彦/1918 堀田善衛/1918 水上勉/1919
加藤周一/1919 近藤啓太郎/1920 安岡章太郎/1920 阿川弘之/1920 寺内大吉/1921 五味康祐/1921.
三浦綾子/1922 瀬戸内寂聴.1922.5 中井英夫/1922 池波正太郎/1923 遠藤周作/1923 司馬遼太郎/1923
← 006 【文芸Α暸ゞ畍渋緤験      008 【文芸─暸‐説(中) → 
TOP >  a 文芸 > 007 【文芸А枩鄰執成:松本清張:柴田錬三郎:司馬遼太郎 >  
       
近現代文学
     
今東光/1898 
今東光 - 丸メガネの人物史
  今東光 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今 東光(こん とうこう、1898年3月26日 - 1977年9月19日)は、天台宗僧侶(法名 今 春聴[1])、小説家、参議院議員。新感覚派作家として出発し、出家後は住職として住んだ河内や東北を題材にした作品で知られる。 作家・評論家で文化庁長官を務めた今日出海は弟。儒学者の伊東梅軒は母方の祖父。医師で第8代弘前市長や衆議院議員を務めた伊東重は母方の伯父。 横浜市伊勢町(野毛山・伊勢山皇大神宮下)にて代々津軽藩士の家系の父武平、母綾の間の3人兄弟の長男として生まれた。
 
 
  YouTube - 今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 今東光 「極道辻説法」&「和尚の遺言」
 
 
  今東光 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今東光 の画像 - Google
 
 
室生犀星/1898
『杏っ子』  室生犀星
  室生犀星 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  室生 犀星(むろう さいせい、本名: 室生 照道(てるみち)、男性、1889年(明治22年)8月1日 - 1962年(昭和37年)3月26日)は、石川県金沢市生まれの詩人・小説家。… 1930年代から小説の多作期に入り1934年(昭和9年)『詩よ君とお別れする』を発表し詩との訣別を宣言したが、実際にはその後も多くの詩作を行っている。1935年(昭和10年)、『あにいもうと』で文芸懇話会賞を受賞。 芥川賞の選考委員となり、1942年(昭和17年)まで続けた。1941年(昭和16年)に菊池寛賞。
 
 
  室生犀星 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  室生犀星 の画像 - Google
 
 
尾崎一雄/1898
尾崎一雄 - 神奈川近代文学館
  尾崎一雄 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾崎 一雄(おざき かずお、本名同じ、男性、1899年12月25日 - 1983年3月31日)は、日本の作家。 神奈川県小田原市出身。…早稲田大学文学部国文科卒業。 父の赴任先の三重県宇治山田町(現・伊勢市)の生まれ。 志賀直哉に師事。山口剛や窪田空穂の影響を受けた。 1925年、同人雑誌『主潮』に『二月の蜜蜂』を発表し注目されたが、長い停滞期を経て、1931年の松枝夫人との結婚を期に再起。1937年、短篇集『暢気眼鏡』で第5回芥川賞を受賞し、作家的地位を確立した。
 
 
  尾崎一雄 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾崎一雄 の画像 - Google
 
 
徳永直/1899
徳永 直 (とくながすなお) - 熊本県教育委員会
  徳永直 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳永 直 (とくなが すなお、1899年1月20日 - 1958年2月15日)は、熊本県飽託郡花園村(現熊本市)生まれの小説家。 貧しい小作人の長男に生まれ、小学校卒業前から、印刷工・文選工など職を転々とした。… 『はたらく一家』(1938年)、『八年制』(1939年)など、働く庶民の生活感情に根ざした作品を発表し、文学者の良心を守ろうとした。特に戦時下発表された『光をかかぐる人々』(1943年)では日本の活版印刷の歴史をヒューマニズムの観点から淡々と描くことで、戦争と軍国主義を暗に批判した。
 
 
  徳永 直 (とくなが すなお) - 熊本教育委員会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本プロレタリア作家同盟に参加し、代表作「太陽のない街」を発表。プロレタリア作家として文学史に名を残す。 特定の知識人・趣味人だけのものであった文学が労働者に受け入れられるきっかけをつくり、小説の読者層を大きく変えたと評価されている。代表作「太陽のない街」はベストセラーとなり、映画化や戯曲化され、また、世界各国にも翻訳出版されている。さらに、戦後、新日本文学会を結成し、労働者文学の育成、推進にあたる。
 
 
宮本百合子/1899
宮本百合子 - 鎌倉文学館
  宮本百合子 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮本 百合子(みやもと ゆりこ、1899年(明治32年)2月13日 - 1951年(昭和26年)1月21日)は昭和期の小説家、評論家。旧姓は中條(ちゅうじょう)、本名はユリ。日本女子大学英文科中退。17歳の時に『貧しき人々の群』で文壇に登場、天才少女として注目を集め、その後もプロレタリア文学の作家、民主主義文学のリーダーとして活躍した。日本共産党元委員長宮本顕治の妻で、宮本と共に投獄、執筆禁止などを繰り返しながら活動を展開した。
 
 
  宮本百合子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮本百合子 の画像 - Google
 
 
石川淳/1899
『紫苑物語』  石川淳
  石川淳 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川 淳(いしかわ じゅん、1899年3月7日 - 1987年12月29日)は、日本の小説家・作家。東京府浅草生まれ。本名淳(きよし)。… 東京市浅草区福吉町1番地にて銀行家の斯波厚の次男として生まれる。… 1920年に東京外国語学校仏語科を卒業。… 1923年9月から1924年3月まで慶應義塾にて仏語講師。… 1936年、「普賢」で第4回芥川賞を受賞。… 代表作に『紫苑物語』『至福千年』『狂風記』などがあり、中でも『狂風記』は多くの若者に支持され、ベストセラーとなった。
 
 
  石川淳 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川淳 の画像 - Google
 
 
川端康成.1899
川端康成-深奥幽玄-扇子  川端康成邸にノーベル賞のお祝いに訪れた永井路子さん (昭和 (1957) Kawabata on the set of "The Izu Dancer" (伊豆の踊子) with Yoshinaga (吉永小百合). He said of her, "I felt a nostalgic intimacy with Sayuri Yoshinaga when she was in the traditional dress
  川端康成 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川端 康成(かわばた やすなり、1899年〈明治32年〉6月14日 - 1972年〈昭和47年〉4月16日)は日本の小説家。 大阪府大阪市北区此花町(現在の天神橋付近)生れ。東京帝国大学文学部国文学科卒業。横光利一らと共に『文藝時代』を創刊し、新感覚派の代表として活躍。『伊豆の踊子』『雪国』『千羽鶴』『古都』など日本の美を表現した作品を発表し、1968年に日本人初のノーベル文学賞を受賞した。1972年、ガス自殺した。  1 経歴 / 2 年譜 / 3 受賞 / 4 栄典 / 5 その文学とエピソード / 6 作品一覧 / 7 脚注 / 8 参考文献 / 9 関連項目・人物 / 10 外部リンク
 
 
  川端康成記念会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  展示会情報/組織/川端康成 文学賞/川端康成 略年表/ 翻訳書目録/川端康成学会/リンク/主要作品目録
 
 
  川端康成へ 太宰治   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  あなたは文藝春秋九月号に私への悪口を書いて居られる。「前略。――なるほど、道化の華の方が作者の生活や文学観を一杯に盛っているが、私見によれば、作者目下の生活に厭(いや)な雲ありて、才能の素直に発せざる憾(うら)みあった。」 おたがいに下手な嘘はつかないことにしよう。
 
 
  川端康成文学館 - 茨木市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界的な文学者で、昭和43年(1968年)にノーベル文学賞を受賞した川端康成は、幼児期から旧制中学校卒業期まで茨木で暮らし、この時期に文学への志を深めました。 茨木市は「川端康成のゆかりのふるさと」として、多くの市民が川端康成やその文学に親しむ拠点となるよう、昭和60年(1985年)5月「川端康成文学館」を開館しました。
 
 
  雪国 [文庫]  川端 康成 (著)     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  頑なに無為徒食に生きて来た主人公島村は、半年ぶりに雪深い温泉町を訪ね、芸者になった駒子と再会し、「悲しいほど美しい声」の葉子と出会う。人の世の哀しさと美しさを描いて日本近代小説屈指の名作に数えられる、川端康成の代表作。
 
 
  川端康成  Yasunari Kawabata   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊豆の踊子/古都/雪国/輝く雲-川端康成没後26年によせて-/駒子と松栄(哀悼)/川端康成未発表草稿続編/川端康成の葉書/川端康成の書簡
 
 
  空の片仮名 - 川端康成ファンサイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  WORKS/FILMOGRAPHY/A QUARTERLY MAGAZINE OF YASUNARI KAWABATA/ZAREGOTO/about myself/LINKS/SITE MAP
 
 
  文学都市としての鎌倉 - 鎌倉文学館開館20周年記念展にちなんで   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「鎌倉文士」は「鎌倉武士」の侍気質につながる / 「鎌倉文士」は「鎌倉武士」の侍気質につながる / 川端先生の原稿は女性がとりに行くという伝説 / 川端邸に玄関から入ったのはお通夜のときだけ / 中里恒子に名前を貸していた川端康成 / 吉屋信子と高見順は疎開がきっかけで鎌倉へ / 文士野球—遊ぶときは一生懸命遊ぶ / 文学そのものが町に溶け込んでいる鎌倉
 
 
  川端康成 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川端康成 の画像 - Google
 
 
  川端康成 の動画 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川端康成 の動画 - Google
 
 
  川端康成はなんという作品でノーベル文学賞を受賞したのですか? - Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ノーベル文学賞は特に作品を特定するものではありません。 代表的な、いくつかの作品を対象に選考されるからです。 強いて言えば「伊豆の踊子」「雪国」「千羽鶴」「古都」「眠れる美女」などが翻訳されているので、これらが対象と思われます。
 
 
  川端康成、自筆の原稿発見=「私のふるさと」−大阪府茨木市 (2017/2/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大阪府茨木市は10日、ノーベル文学賞を受賞した作家、川端康成の自筆の原稿が発見されたと発表した。同市立川端康成文学館で11日から公開する。 原稿は雑誌「週刊サンケイ」1963年7月15日号に掲載された随筆「私のふるさと」とみられる。川端康成は3歳から18歳まで同市で過ごしたとされる。同市や家族に寄せた思い、死生観がつづられている。川端康成が63歳の時に書かれた。…
 
 
小栗虫太郎/1901
小栗虫太郎
  小栗虫太郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小栗 虫太郎(おぐり むしたろう、1901年(明治34年)3月14日 - 1946年(昭和21年)2月10日)は、小説家、推理作家、秘境冒険作家。東京都千代田区外神田出身。1918年(大正7年)京華中学校卒業。1927年(昭和2年)、処女作『或る検事の遺書』を発表。1933年(昭和8年)、『完全犯罪』を発表し、一躍流行作家となる。1934年(昭和9年)、大作『黒死館殺人事件』を発表。戦時中は、長野県でキクイモから果糖を抽出する事業を手がける。1946年(昭和21年)、『悪霊』が遺作となる。
 
 
  小栗虫太郎  Facebook   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小栗虫太郎の画像
 
 
海音寺潮五郎/1901
豪傑:海音寺潮五郎
  海音寺潮五郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  海音寺 潮五郎(かいおんじ ちょうごろう、1901年11月5日 - 1977年12月1日、戸籍上は3月13日生れ)は、日本の小説家・作家。本名は末富 東作(すえとみ とうさく)。鹿児島県伊佐郡大口村(現・伊佐市)生まれ。 國學院大學高等師範部国漢科を卒業後、中学教師を務めながら、創作をおこなう。1934年作家デビュー。歴史小説を多数発表した。 「天正女合戦」(『オール讀物』1936年4月号〜7月号)と「武道伝来記」その他 (『日の出』1936年3月号)で第3回直木三十五賞(1936年上半期)を受賞。
 
 
  海音寺潮五郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  海音寺潮五郎 の画像 - Google
 
 
中野重治/1902
中野重治
  中野重治 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中野重治(なかの しげはる、1902年1月25日 - 1979年8月24日)は小説家、政治家、評論家、詩人。福井県出身。東京帝国大学文学部独文科卒。 四高時代に窪川鶴次郎らを知り、短歌や詩や小説を発表するようになる。東大入学後、窪川、堀辰雄らと『驢馬』を創刊、一方でマルクス主義やプロレタリア文学運動に参加、1931年に日本共産党に入ったが、検挙され1934年に転向。… 代表作に、小説『むらぎも』『梨の花』『歌のわかれ』『甲乙丙丁』、評論『斎藤茂吉ノオト』、詩集『中野重治詩集』など。
 
 
  中野重治 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中野重治 の画像 - Google
 
 
横溝正史/1902
横溝正史
  横溝正史 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横溝 正史(よこみぞ せいし、1902年5月24日 - 1981年12月28日)は小説家、推理作家。本名は同字で「よこみぞ まさし」。当初は筆名も同じ読みであったが、誤読した作家仲間にヨコセイと仇名されているうちに、セイシをそのまま筆名とした(エッセイ「本名と筆名)。現在の兵庫県神戸市中央区東川崎町生まれ。… 1948年、『本陣殺人事件』により第1回日本探偵作家クラブ賞(後の日本推理作家協会賞)長編賞を受賞。… 1968年、講談社の『週刊少年マガジン』誌上の『八つ墓村』で注目が集まる。
 
 
  横溝正史 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横溝正史 の画像 - Google
 
 
小林多喜二/1903
小林多喜二にチケットを渡したのは誰?
  小林多喜二 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小林 多喜二(こばやし たきじ、1903年10月13日 - 1933年2月20日)は、日本のプロレタリア文学の代表的な作家・小説家である。秋田県北秋田郡下川沿村(現大館市)生まれ。… 小樽商業学校から小樽高等商業学校へ進学。… 三・一五事件を題材に『一九二八年三月十五日』を『戦旗』に発表。作品中の特別高等警察による拷問の描写が、特高警察の憤激を買い、後に拷問死させられる引き金となった。 翌1929年に『蟹工船』を「戦旗」に発表し、一躍プロレタリア文学の旗手として注目を集めた。
 
 
  小林多喜二 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小林多喜二 の画像 - Google
 
 
林芙美子/1903
林芙美子
  林芙美子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  林 芙美子(はやし ふみこ、本名:フミ子、1903年12月31日 - 1951年6月28日)は小説家。上京前のペンネームに秋沼陽子(あきぬま ようこ)がある。 「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」の名句で知られる昭和初期の流行作家。自らの貧困に苦しんだ生い立ち、流浪の経験などを基にした、生々しい実感を伴う表現や人物描写が特徴。… 19歳から23歳頃までの多感な放浪の日々を書き綴った私小説『放浪記』を連載し、1930年に単行本として出版され当時のベストセラーとなった。
 
 
  林芙美子 の画像 -Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  林芙美子 の画像 -Google
 
 
水谷準/1904
水谷準
  水谷準 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水谷準(みずたに じゅん、1904年3月5日 - 2001年3月20日)は小説家、推理作家、翻訳家、編集者。早稲田高等学院に入学。在学中の1922年に雑誌『新青年』の懸賞に応募し「好敵手」が1等に入選。早稲田大学文学部フランス文学科卒業。1929年、延原謙に替わって『新青年』の編集長を務めた。1952年に「ある決闘」で第5回探偵作家クラブ賞の短編賞を受賞。戦後はゴルフ関係の著作を多数執筆。  著作 : 獣人の獄/エキストラお坊ちやま/瓢庵先生捕物帖/夜獣
 
 
  水谷準 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水谷準 の画像 - Google
 
 
幸田文/1904
著書一覧 新潮社
  幸田文 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幸田 文(こうだ あや、1904年9月1日 - 1990年10月31日)は随筆家・小説家。 作家の幸田露伴の次女として東京向島に生まれる。5歳のとき母を失い、後に姉・弟も失う。女子学院を卒業し、24歳で結婚するが10年後に離婚し、娘の玉(青木玉)を連れ父のもとに戻る。… 随筆の限界を感じて、芸者の置屋に住み込みで働き、そのときの経験をもとにして書いた長編小説『流れる』で日本芸術院賞と新潮社文学賞受賞、『黒い裾』で1955年に読売文学賞受賞。1976年に日本芸術院会員となった。
 
 
  幸田文 (コウダ・アヤ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1904-1990) 東京生れ。幸田露伴次女。1928(昭和3)年、清酒問屋に嫁ぐも、十年後に離婚、娘を連れて晩年の父のもとに帰る。露伴の没後、父を追憶する文章を続けて発表、たちまち注目されるところとなり、1954年の『黒い裾』により読売文学賞を受賞。1956年の『流れる』は新潮社文学賞、日本芸術院賞の両賞を得た。他の作品に『闘』(女流文学賞)、『崩れ』『包む』など。
 
 
  幸田文 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幸田文 の画像 - Google
 
 
丹羽文雄/1904
丹羽文雄
  丹羽文雄 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  丹羽 文雄(にわ ふみお、男性、1904年11月22日 - 2005年4月20日)は、三重県出身の小説家。 三重県四日市市北浜田にある浄土真宗専修寺高田派の崇顕寺で住職を務める父・教開の長男として生まれた。… 1929年に早稲田大学文学部国文科を卒業後、生家の寺で僧職に就く。… 「鮎」が文壇で注目され、僧職を捨てて上京し、大学時代の同棲相手の家に住んだ。… 1977年に文化勲章受章。日本文芸家協会理事長を務めるなど、文壇の興隆にも貢献した。
 
 
  丹羽文雄記念室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ようこそ 丹羽文雄記念室へ  記念室は、文化勲章受章作家で、四日市市名誉市民の丹羽文雄(1904〜2005)の業績を、永く伝えていくことを目的として、平成18(2006)年12月9日にオープンしました。
 
 
  YouTube - 丹羽文雄    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 丹羽文雄
 
 
  丹羽文雄 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  丹羽文雄 の画像 - Google
 
 
舟橋聖一/1904
舟橋聖一
  舟橋聖一 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  舟橋 聖一(ふなはし せいいち、1904年12月25日 - 1976年1月13日)は小説家。東京生れ。旧制水戸高等学校を経て東京帝国大学文学部卒。弟は脚本家の舟橋和郎。… 1926年10月、「新潮」に戯曲『白い腕』を発表し文壇入りする。その後、明治大学教授として教鞭をとるかたわら、雑誌「行動」に参加して『ダイヴィング』を発表… 1938年に、「文学界」に発表した小説『木石』で認められる。… 代表作に『悉皆屋康吉』、『花の生涯』、『ある女の遠景』、『好きな女の胸飾り』、『お市御寮人』などがある。
 
 
  舟橋聖一文学賞・舟橋聖一顕彰文学賞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  故舟橋聖一先生の名作「花の生涯」は、NHKの大河ドラマ第1作として昭和38年に放映され、大老・井伊直弼はじめ彦根城ならびに彦根市の名が全国的に知られることとなり、本市の発展に大きな力となりました。
 
 
  舟橋聖一 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  舟橋聖一 の画像 - Google
 
 
堀辰雄/1904
堀辰雄 【ほり・たつお】
  堀辰雄 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堀 辰雄(ほり たつお、1904年(明治37年)12月28日 - 1953年(昭和28年)5月28日)は、昭和初期に活躍した作家。東京都出身。高校在学中に室生犀星や芥川龍之介の知遇を得る。関東大震災の際に母を失う。東京帝国大学文学部国文科入学、その後、1926年に中野重治らと同人誌『驢馬』を創刊。 1930年に『聖家族』で文壇デビュー。1934年、矢野綾子と婚約するが、彼女も肺を病んでいたために翌年冬に亡くなる。この体験が、堀の代表作として知られる『風立ちぬ』の題材となった。
 
 
  堀辰雄 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堀辰雄 の画像 - Google
 
 
石川達三/1905
石川達三
  石川達三 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川 達三(いしかわ たつぞう、1905年7月2日 - 1985年1月31日)は小説家。 秋田県平鹿郡横手町に生まれ、父が中学校の英語科教員だったため転勤や転職に伴い秋田市、東京府荏原郡大井町、岡山県岡山市などで育つ。… ブラジルの農場での体験を元にした『蒼氓(そうぼう)』で、1935年に第1回芥川賞を受賞。1936年に結婚。社会批判をテーマにした小説を書くが、1938年『生きてゐる兵隊』が新聞紙法に問われ禁固4ヶ月執行猶予3年の判決を受ける。… 1969年、第17回菊池寛賞受賞。
 
 
  郷土文学館 石川達三記念室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川達三の『蒼氓』(そうぼう)は、昭和文学史上の記念碑的作品と位置づけられている。この作品は第一回芥川賞に輝き、作者は華々しく文壇にデビューした。作品の大きな特色は、ブラジル移民を集団的手法で用いて描いた点とされている。  代表作 『蒼氓』(第一回芥川賞受賞)、『生きてゐる兵隊』、『人間の壁』ほか
 
 
  石川達三 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川達三 の画像 - Google
 
 
円地文子/1905
円地文子 著者一覧 新潮社
  円地文子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  円地 文子(えんち ふみこ、本名(富美 ふみ)、1905年10月2日 - 1986年11月12日 )は小説家。 東京都浅草出身。日本女子大学付属高等女学校4年次中退。東京大学国語学教授上田萬年の次女。… 戯曲及び劇作家としての成功の後、数々の病気に見舞われる。また小説家としては、当初評価されず苦労した。後に女性の心理を露にした新時代的小説と源氏物語の現代語訳に代表される古典文学の両輪により高く評価され、文化勲章を受章するまでに至った戦前戦後を代表する女流作家の一人である。
 
 
  円地文子 (エンチ・フミコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1905-1986)東京生れ。国語学者・上田萬年の次女。日本女子大附属高女中退。早くから古典、特に江戸末期の頽廃耽美趣味に親しんだ。1935(昭和10)年、戯曲集『惜春』を処女出版したのち小説に転じ、『朱を奪ふもの』(1956年)『傷ある翼』(1960年)『虹と修羅』(1968年)の三部作で谷崎潤一郎賞、『遊魂』(1971年)で日本文学大賞を受賞。1967年より『源氏物語』の現代語訳に取り組み、1973年に完成。1985年文化勲章を受章した。
 
 
  円地文子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  円地文子 の画像 - Google
 
 
平林たい子.1905
平林たい子
  平林たい子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平林 たい子(ひらばやし たいこ、1905年10月3日 - 1972年2月17日)、は小説家。長野県諏訪市出身。現在の長野県諏訪二葉高等学校を主席で卒業。高女時代に社会主義に関心を持ち始め、上京後、アナーキスト山本虎三と同棲。山本の姉を頼って朝鮮に渡るが、1ヶ月で帰国。関東大震災直後のどさくさの中で検挙。… その後、満州に行き大連の病院で出産するが、わが子は24日目に死亡。その体験に基づく『施療室にて』でプロレタリア作家として認められる。1946年『かういふ女』で第1回女流文学者賞を受賞。
 
 
  平林たい子記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「平林たい子記念館」は諏訪市中洲福島出身の女流文学者平林たい子が「郷里のために何か役に立つことをしたい」という生前の希望を実現するため、生家に近い公園の一角に建設されたもので、建築費用はたい子の遺族から諏訪市に寄贈されたお金が基になっています。建物の半分が平林たい子の展示館、残り半分が文庫室としてたい子の蔵書書庫及び会議室になっています。
 
 
  平林たい子 諏訪市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名はタイ。生活の貧しい農家の出身であることや、小学校のときロシア文学を読んだことなどが、後の活動に影響を与えた。旧・諏訪高等女学校(土屋文明校長)卒業後、上京、アナーキストグループと近づいて朝鮮半島や中国東北部を放浪、結婚。昭和初期からプロレタリア文学作家として執筆を開始。病と貧しさに耐えながら、反戦の意思を貫いた。
 
 
  平林たい子 小説@pedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  婦人文芸』を開いたら平林たい子さんの「日記断章」という文章があり、その中で私の云った非人情という言葉がとりあげられている。平林さんは作家として、人情と芸術とが一致する境地というものを求めておられる。「文学が永久に人情と背馳すべきものだという運命を負っている筈はないと思って」と。 平林さんは隠微な表現で書いておられるが、平林さんのような作家にでも、非人情という云い表わしは、人情と背馳するだけのものとして理解されるということに、私は反省も促されたし芸術上の興味も動かされた。
 
 
  平林たい子文学賞 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平林たい子文学賞(ひらばやしたいこぶんがくしょう)は、平林たい子の遺志に基づき、「文学に生涯を捧げながら、あまり報われることのなかった人に」という意向から、毎年すぐれた小説・評論各1作品(原則)に贈られた賞である。平林たい子と長い親交があった渡辺久二郎が「平林たい子記念文学会」の代表者となり設定した。1989年の第17回より講談社主催となり、1997年の第25回をもって終了した。
 
 
  平林たい子 Taiko Hirabayashi   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私は惑乱して慟哭して運命の悪意を罵った。私のもろもろの感情は噴火のように天を衝くかと思われた。 が、時というものの優しい慰撫が風化のように私から少しずつ少しずつ妄執を削りとって行った。しかし、妄執が削げてとれたあとには驚くほど冷えたほんとうの悲哀の色が生れた。…   平林タイ(1905-1972・明治38年-昭和47年) 昭和47年2月17日歿 66歳 長野県諏訪市福島・共同墓地
 
 
  平林たい子記念館---「私は生きる」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瀬戸内寂聴の「奇縁まんだら」で、女流文学者のトップとして女大親分のように描かれていた平林たい子(1905−1972年)の記念館が諏訪にある。寂聴は、女流文学者の宴会で阿波踊りをやりなさいと言われて、踊ったときの様子を面白く書いている。
 
 
  平林たい子 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平林 たい子(ひらばやし たいこ、1905年10月3日 - 1972年2月17日)、本名、平林タイは、日本の小説家。長野県諏訪市出身。上諏訪町立諏訪高等女学校(現在の長野県諏訪二葉高等学校)卒業。
 
 
  平林 たい子 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平林 たい子 <関連書籍> 88件
 
 
   妖精と妖怪のあいだ 平林たい子伝 (文庫)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  林芙美子とカフェの女給をしながら原稿を売り歩き、男と一緒に大連へ渡り、売れっ子になっても次々と恋をして…。そんなたい子に振り回される男たち、「たとえ女賊になるにしても、一流の女賊になるんだぞ」と逆に励ます父…。昭和の女傑作家、平林たい子の素顔を、ご存じ“群流”視点で見つめた傑作評伝。
 
 
  平林たい子 (ヒラバヤシ・タイコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   うつむく女 <著書> 平林たい子/著 
 
 
  平林たい子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平林たい子 の画像 - Google
 
 
原民喜/1905
原民喜作品を論評
  原民喜.1905   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「04詩」原民喜.1905
 
 
  原民喜 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  原民喜 の画像 - Google
 
 
坂口安吾/1906
坂口安吾
  坂口安吾 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坂口 安吾(さかぐち あんご、1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日) は、小説家、エッセイスト。本名は炳五(へいご)。旧私立豊山中学校卒業後、代用教員を経て東洋大学文学部印度哲学倫理科卒業。純文学のみならず、歴史小説、推理小説、文芸エッセイまで、幅広く活動。終戦直後に発表した『堕落論』などにより時代の寵児となり、無頼派と呼ばれる作家の一人、その後の多くの作家にも影響を与えた。… 小説『白痴』との2作によって安吾は戦後の世相に大きな影響を与える。
 
 
  堀辰雄 【ほり・たつお】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説家。明治37年12月28日〜昭和28年5月28日。東京麹町区平河町に生まれる。大正14年、東京帝大国文科に入学。翌年、中野重治らと同人雑誌「驢馬」を創刊し、詩や翻訳などを発表する。昭和5年、私淑していた芥川龍之介の自殺、自身の恋愛体験などを素材とした「聖家族」を発表し、新進作家としての地歩を確立。透徹した知性と清新な抒情あふれる作品を多く発表した。また、昭和8年に詩雑誌「四季」を創刊し、立原道造や中村真一郎、福永武彦など、若い世代と親しく交流した。
 
 
  坂口安吾 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坂口安吾 の画像 - Google
 
 
山岡荘八/1907
山岡荘八
  山岡荘八 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山岡 荘八(やまおか そうはち、1907年1月11日 - 1978年9月30日)は、日本の小説家・作家。時代小説を中心に活躍。本名は藤野 庄蔵(ふじの しょうぞう)。従四位勲二等瑞宝章叙勲。 新潟県北魚沼郡小出町(現:魚沼市)の山内家に生まる。… 1938年に「約束」で「サンデー毎日大衆文芸」入選。長谷川伸の新鷹会に入会し、新しい文学の創造を目指す。第二次世界大戦中は従軍作家として各戦線で活動。戦後、大ベストセラー『徳川家康』によって国民作家となる。同作品で第2回吉川英治文学賞を受賞。
 
 
  山岡けんじ)と父、荘八   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日光東照宮の境内(宝物館の隣り)に、山岡荘八の小説「徳川家康」の完結を記念し、「徳川家康文学記念碑」が建立されています。 そこには「ひとはみな命の大樹の枝葉なり 山岡荘八」と刻字されています。その除幕式が機縁となってふたりは結ばれました。 栃木県はまさに、山岡家の「生命(いのち)の大樹の故郷(ふるさと)、心のふるさと」なのです。
 
 
  山岡荘八 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山岡荘八 の画像 - Google
 
 
火野葦平/1907
火野葦平
  火野葦平 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火野 葦平(ひの あしへい、1907年(明治40年)1月25日 - 1960年(昭和35年)1月24日)は、昭和期の小説家。本名玉井勝則。 福岡県遠賀郡若松町(現北九州市若松区)で港湾荷役の「玉井組」玉井金五郎の三男二女の長男として生まれる。旧制小倉中学(現福岡県立小倉高等学校)卒業、早稲田大学英文科中退。『糞尿譚』で芥川賞を受賞、その後の『麦と兵隊』は大きな評判をよび、『土と兵隊』、『花と兵隊』とあわせた「兵隊3部作」は300万部を超えるベストセラーとなった。
 
 
  火野葦平文学散歩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  故郷と河童を愛した男として、火野葦平は広く人々に知られています。 その彼を生んだ町・若松には、今も当時の面影が色濃く残っています。 資料館に彼の文学の足跡をたどり、高塔山の文学碑や河童地蔵尊を訪ねるなど、点在する葦平の跡を散策するのも興味深いものです。 生涯を文学に徹して庶民の心を綴った彼の熱い想いが、そっとあなたに語りかけてくるかもしれません。
 
 
  井上靖 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上靖 の画像 - Google
 
 
  火野葦平 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火野葦平 の画像 - Google
 
 
井上靖/1907
井上靖
  井上靖 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は小説家、詩人。文化功労者、文化勲章。… 1907年5月 北海道旭川町(現・旭川市)に軍医・井上隼雄と八重の長男として生まれる。… 1950年 『闘牛』で第22回芥川賞 … 小説は知識人の孤独な魂を叙情豊かに描いた、現代を舞台とする『猟銃』『闘牛』『氷壁』他、自伝的色彩の強い『あすなろ物語』『しろばんば』他、日本及び中国の歴史に取材した『敦煌』『風林火山』『おろしや国酔夢譚』他に分別される。
 
 
  井上靖 略年譜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上靖 略年譜/井上靖文学関連受賞歴
 
 
  井上 靖 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上 靖 の画像 - Google
 
 
大岡昇平/1909
大岡昇平
  大岡昇平 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大岡 昇平(おおおか しょうへい、1909年(明治42年)3月6日 - 1988年(昭和63年)12月25日)は、小説家・評論家・フランス文学翻訳家。妻は春枝(旧姓・上村)。長女の長田鞆絵は児童文学者。長男・貞一は建築家。 東京市牛込区新小川町生まれ。… 1932年(昭和7年)、京都帝国大学文学部仏文科卒。… 太平洋戦争で出征し、フィリピンで捕虜となった経験に基づいて「捉まるまで」を発表、その後連作として『俘虜記』を完成した。… 40歳を過ぎて小説家になった晩成型だが、たちまち文壇の中堅となる。 
 
 
  【B級戦犯・岡田中将の「法戦」】大岡昇平氏、上坂冬子氏 対談 抄録(上)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  映画「明日への遺言」の原作『ながい旅』を昭和57年に発表した大岡昇平氏は、読書情報誌「波」(新潮社)の同年5月号で、作家の上坂冬子氏と対談を行っている。「B級戦犯・岡田中将の『法戦』」と題した対談の模様を2回にわたって抄録する。
 
 
  大岡昇平 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大岡昇平 の画像 - Google
 
 
太宰治.1909
太宰治 【だざい・おさむ】
  太宰治 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太宰 治(だざい おさむ、明治42年(1909年)6月19日 - 昭和23年(1948年)6月13日)は、昭和を代表する日本の小説家。本名は津島修治(つしましゅうじ)。 1933年より小説の発表を始め、1935年に「逆行」が第1回芥川賞候補となる。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『斜陽』『人間失格』など。諧謔的、破滅的な作風で、坂口安吾、石川淳などともに新戯作派、無頼派とも称された。大学時代より自殺未遂、心中未遂を繰り返し、1948年玉川上水にて山崎富栄とともに入水した。
 
 
  太宰治   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作者は女性の語り口がうまい。文章のリズムがすんばらしい。  「なぜだか、なぜだか、そんな気がした」と繰り返されると、なぜだか、なぜだか、なぜだか、かず子の気持ちにシンクロしていく気がする。お母さまがスウプを掬うスプウンの使い方の描写、「ひらりひらりと、まるで小さな翼のようにスプウンをあつかい、」 …
 
 
  太宰治   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  芥川も、太宰も、不良少年の自殺であった 不良少年の中でも、特別、弱虫、泣き虫小僧であったのである。腕力じゃ、勝てない。理屈でも、勝てない。そこで、なにか、ひきあいを出して、その権威によって、自己主張をする。芥川も、太宰も、キリストをひきあいに出した。弱虫の泣き虫小僧の不良少年の手である。 ――坂口安吾「不良少年とキリスト」
 
 
  太宰治論   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太宰治の作品に対する批評文を中心に、太宰に関する情報、 作品リスト、文学散歩、書評などを掲載している、個人運営のホームページです。 作品論/情報・書評・作品のコトバ/散歩/作品ベスト10・作品リスト・リンク集・太宰の本/読書日記・コラム
 
 
  太宰治年譜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治四十二年(一九○九年) 六月十九日、青森県北津軽郡金木村大字金木字朝日山四一四番地に、父津島源右衛門、母夕子の六男(二人の兄は夭逝し実質は文治、英治、圭治に次ぐ四男)として生れる。十一人兄姉中十番目の子供であった。本名津島修治。当時、津島家は屋号を〈源といい、県内屈指の大地主で、父は地方政治家としても活躍していた。母が、病弱のため主として叔母きゑに育てられる。 〜昭和二十三年(一九四八年)三十九歳
 
 
  太宰治資料館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太宰治の故郷五所川原(金木)が太宰治生誕百年を記念して行う「太宰治検定」のホームページ   太宰治(論文・エッセイ)/太宰治を歩く(文学散歩)(写真多数)/テキスト/著書・編著・監修/フォトプラザ渡部芳紀写真館
 
 
  太宰治資料一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1)太宰治をテーマにした作品 2)太宰治賞関係 3)作品紹介、鑑賞 4)紀行文 5)同人会などの作品
 
 
  太宰治と郡内地方   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名津島修治。明治42年(1909年)6月19日青森県北津軽郡生れ。 生家の津島家は、県下屈指の大地主で、父は地方名士として活躍していた。 自虐的かつ道化的精神と絶妙の語りで、人間の偽善を告発する作品を発表。 戦後は無頼派文学の旗手として活躍し、代表作に「走れメロス」「人間失格」「斜陽」「桜桃」などがある。
 
 
  太宰治生誕100年記念   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  〜撰ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり〜  HOME/「太宰治」紹介/記念事業カレンダー/太宰治銅像建立/関連イベント/太宰治記念館「斜陽館」/関連サイトリンク/太宰関連映/お問い合わせ
 
 
  太宰 治 生誕100周年フェア   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1909年(明治42年)、青森県金木村(現五所川原市)生まれ。本名、津島修治。東大仏文科在学中に非合法運動に従事するもやがて転向、本格的な執筆活動へ。35年(昭和10年)、「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。この頃からパビナール中毒に悩む。39年、井伏鱒二の紹介で、石原美知子と結婚。平穏な生活を得て、「富嶽百景」「女生徒」「走れメロス」などの多くの佳作を執筆。
 
 
  太宰治 【だざい・おさむ】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説家。本名、津島修治。明治42年6月19日〜昭和23年6月13日。青森県北津軽部金木村に生まれる。津島家は津軽の大地主で、父は貴族院の勅選議員。昭和5年、東京帝大仏文科に入学。昭和8年、「魚服記」、「思ひ出」を発表し、本格的に創作活動を開始するも、自殺未遂や薬物中毒により生活が荒れ、「ダス・ゲマイネ」(昭和10)など、小説形式の解体を目指した実験的作品が多くなる。… 代表作は「ダス・ゲマイネ」、「走れメロス」、「ヴィヨンの妻」、「斜陽」、「人間失格」など。
 
 
  パビナール中毒と太宰治   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太宰は自己破壊的な生涯を送った。何人もの女性と関係があった。幾度となく心中や自殺を図り、最後は玉川上水に身を投げてこの世を去った。また、麻薬中毒で入院もしている。この麻薬中毒が太宰の常に人間の弱さを追求し、反キリスト教的なものへの抵抗を高らかに謳う作風を形作ったと推測されている。…
 
 
  三鷹市 太宰治文学サロン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「太宰治文学サロン」 は、2008年の太宰治没後60年と2009年の生誕100年を記念して、太宰が通った伊勢元酒店の跡地に2008(平成20)年3月、開設されました。 【開館時間】 10:00〜17:30 入館無料  休館日】 月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、休日を除く翌日と翌々日は休館)  【所在地】 〒181-0013 三鷹市下連雀3-16-14 グランジャルダン三鷹1階  Phone: 0422-26-9150
 
 
  太宰治生誕100年記念出版   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  〈太宰治生誕100年記念出版〉第1弾『カチカチ山』、第2弾『西鶴トリビュート〜おとなでも読める太宰治』が好評発売中! 第3弾『太宰治落語集』は今秋発売予定!   太宰治の小説ほど、読まれた小説があっただろうか。 太宰治の言葉ほど、私たちの 心を震わす力を持つ言葉があっただろうか。 日本人ならば、人生の中で、必ず一度は読んだことのある太宰文学。 その太宰がこの世に生を受け、2009年をもって100年となる。
 
 
  「太宰治選集」 「太宰ノオト」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本邦初! 読者の年代層に合わせて作品を選別した選集 太宰治選集――全3巻   <巻>青春の恍惚と不安を覚えている君へ/<巻>人生の充実と喪失を味わっている友へ/<巻>来し方の栄光と悔恨をかみしめている貴方へ
 
 
  太宰 治 作家別作品リスト:No.35   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  津軽の大地主の六男として生まれる。共産主義運動から脱落して遺書のつもりで書いた第一創作集のタイトルは「晩年」(昭和11年)という。この時太宰は27歳だった。その後太平洋戦争に向う時期から戦争末期までの困難な間も、妥協を許さない創作活動を続けた数少ない作家の一人である。戦後「斜陽」(昭和22年)は大きな反響を呼び、若い読者をひきつけた。
 
 
  ドラマ特別企画 太宰治物語 TBS   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2004年秋に放送しATP賞ドラマ部門優秀賞を受賞した『樋口一葉物語』に続き、作家の知られざる姿を描くドラマスペシャル第二弾として、ドラマ特別企画『太宰治物語』を放送する。 "無頼派"と呼ばれ、ネガティブな面ばかりが取り上げられる太宰だが、実際にはどんな夫、どんな父だったのか?太宰の素顔は別のところにあったのではないか?
 
 
  太宰治記念館【斜陽館】  五所川原市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治の大地主、津島源右衛門(太宰治の父)の手で建設された入母屋作りのこの建物は、明治40年、米蔵にいたるまで日本三大美林のヒバを使い、当時のお金で工事費約4万円をかけて造られました。 階下11室278坪、2階8室116坪、付属建物や泉水を配した庭園など合わせて宅地約680坪の豪邸です。  太宰治記念館【斜陽館】/展示室/利用案内
 
 
  【 あの人の人生を知ろう〜太宰治編 】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太宰治、その波乱の人生 : 本名、津島修治。青森県津軽の大地主の家に生まれる。父親は貴族院議員も務め、邸宅には30人の使用人がいた。13歳、小学校を首席で卒業。14歳、父親が病没し長兄が家督を継ぐ(太宰は六男)。16歳の頃から小説やエッセイをクラスメートと作った同人雑誌に書き始める。高校では芥川、泉鏡花に強く傾倒し、中高を通して書き記した習作は200篇にも及ぶという。
 
 
  太宰治から君へ。 太宰をネットで読もう。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太宰 治 (だざい おさむ) 1909年6月19日-1948年6月13日 日本で最も有名な小説家の一人。 本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。 代表作に「走れメロス」「人間失格」「斜陽」「桜桃」などがある。 このサイトでは没後50年をこえた今でも愛され続けられる小説家・太宰治を紹介しています。
 
 
  太宰治の三鷹を歩く 戦前編   -東京紅園-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回から「太宰治を巡って」の改版をおこないます。最初に「太宰を巡る」を掲載したのは2000年12月でしたから、8年経ってしまいました。今回から順次改版します。まず最初は「太宰治の三鷹を歩く 戦前編」です。昨年は太宰が亡くなってから60年ということで、桃桜忌も大変だったようです。少し静かになったところで改版することにしました。
 
 
  太宰 治 明治42年(1909年)〜昭和23年(1948年)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名・津島修治 明治42年(1909年)、青森県北津軽郡金木村の大地主の家に生まれる。 『逆行』で第一回芥川賞候補になった後、沈滞した時期もあったが、昭和14年の石原美知子と結婚後、『富嶽百景』『走れメロス』『津 軽』など秀作を次々と発表。 と結婚後、『富嶽百景』『走れメロス』『津 軽』など秀作を次々と発表。 昭和14年『満願』が国民新聞の短編小説コンクールに当選、昭和15年短編集『女生徒』が…
 
 
  太宰 治 <卒論>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  はじめて太宰を読んだのは「人間失格」でした。高校の時に読んだものだから始末が悪い。… 実は太宰については、そのまま大学のゼミで取り上げ、卒論で書きました。原稿用紙150枚ほどで、内容はともかくよくあんな枚数書けたものだと今更ながら思います。… ここではそれをそのまま載せてしまいます。今読むととても恥ずかしい。
 
 
  太宰治賞 筑摩書房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「太宰治賞」は1964年に筑摩書房が創設した、小説の新人賞です。この賞からは吉村昭、加賀乙彦、金井美恵子、秦恒平、宮尾登美子、宮本輝、福本武久の各氏など、多くの作家を世に送り出してきました。しかし1978年、筑摩書房は会社更生法の適用をうけ、太宰治賞も第14回で中断せざるをえませんでした。…
 
 
  Bar Lupin   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Bar Lupin、ここは、時間が止まった場所。 50年前の太宰治と会える。 昭和3年創業。太宰治、永井荷風、泉鏡花、菊地寛、直木三十五、坂口安吾、遠藤周作、開高健など数え切れないほどの作家が出入りした有名な文壇バー。秋山庄太郎、林忠彦など多くの写真家も出入りしたそうです。 ルパン 東京都中央区銀座5−5−11
 
 
  太宰屋 〜だざいや〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太宰の暮らした疎開の家 太宰の故郷から発信するショップ太宰屋へようこそ  2007年冬より『太宰治疎開の家〜旧津島家新座敷〜』を貴重な太宰スポットとしてファンに公開しています。実店舗はその中にあります。
 
 
  天下茶屋 峠の茶屋 (太宰治記念室併設)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当時 滞在中の太宰治に、ほうとうを出した所、「僕のことを言っているのか」と不機嫌になったとの事。 けれどほうとうは「甲州の食べ物である」と説明し、これを食べましたら大変気に入った様子で、次からは「ほうとう、ほうとう」と食べたがったそうです。 ちなみに太宰は「ほうとう息子」と勘違いしていたようです。
 
 
  太宰治 新座敷 金木 太宰屋 今日のお散歩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太宰の暮らした疎開の家から、太宰屋店長の日常や太宰情報を発信します。
 
 
  太宰治 <書籍類>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  簡略解説付  「やっぱり、太宰治」/「新編 太宰治と青森のまち」/「追跡・太宰治」/「世も幻の花ならん――今官一と太宰治・私版曼荼羅」/「れもんの朝」/「津軽海峡――歴史と文芸の旅」
 
 
  太宰治 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太宰治 の画像 - Google
 
 
松本清張.1909
松本清張
  松本清張 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松本 清張(まつもと せいちょう、男性、1909年12月21日 - 1992年8月4日)は小説家。“せいちょう”はペンネームで、本名は、“きよはる”と読む。 福岡県企救郡板櫃村(現在の北九州市小倉北区)出身とされるが、広島県広島市で生まれ、幼児期から児童期は山口県下関市で育ち、小倉に定住したのは小学校5年生から。… 1950年、勤務中に書いた処女作「西郷札」が『週刊朝日』の「百万人の小説」に入選し、1953年に「或る『小倉日記』伝」が第28回芥川賞を受賞。以後作家活動に専念する。
 
 
  松本清張記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松本清張はあらゆる規範をこえた作家である。日本の文学史上初めて出現した多様にして明確な個性を有する作家ということができる。 芥川賞を受賞した「或る『小倉日記』伝」が本来は直木賞の候補作だったという経緯が示すように、一つの型に分類することが不可能な大きさを持った文学者だった。「脱領域の文学」と評される萌芽を出発から胚胎していたのである。
 
 
  松本清張  新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1909-1992)小倉市(現・北九州市小倉北区)生れ。給仕、印刷工など種々の職を経て朝日新聞西部本社に入社。41歳で懸賞小説に応募、入選した『西郷札』が直木賞候補となり、1953(昭和28)年、『或る「小倉日記」伝』で芥川賞受賞。1958年の『点と線』は推理小説界に“社会派”の新風を生む。生涯を通じて旺盛な創作活動を展開し、その守備範囲は古代から現代まで多岐に亘った。
 
 
  松本清張の蛇足的研究   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松本清張の作品を紹介しながら、感想を書いていきます。 目標は毎月一作品といきたいところだけど...... 清張フェチのわたしが独断と偏見で綴る、私的清張論。 それは、「松本清張の蛇足的研究」です。
 
 
  松本清張を誤解しないで   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  およそ松本清張ほど、一般には広く読まれていながら、若いミステリ・ファンから不当に扱われている推理作家もいないだろう。「社会派推理」教の教祖であり、日本のミステリをつまらなくした元凶と目されているらしい。
 
 
  Category : 松本清張 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カテゴリ「松本清張」にあるページ : 以下にこのカテゴリへ属しているページ 17 件中 17 件を表示しています。 / サブカテゴリ : このカテゴリへは次の1サブカテゴリしか属していません。
 
 
  松本清張 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松本 清張(まつもと せいちょう、1909年12月21日生後2ヶ月で撮られた清張の記念写真の裏側に親が楷書で書いたと思われる清張の誕生日は同年2月12日。12月21日は広島から小倉に移り住んだ両親が、まだ出生届を出していなかったことに気づき…
 
 
  松本清張の「砂の器」を歩く (東京編)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回の取材は、原作と、昭和49年(1974) 主演:丹波哲郎、加藤剛、森田健作で映画化された時の撮影場所を中心に紹介しています。
 
 
  松本清張『日本の黒い霧』と社会推理   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「黒い霧」とは、日米間の太平洋戦争の敗戦(1945)後、アメリカの占領下で起こった一連の国際的謀略、疑獄など怪事件の不可解さを、社会推理小説家の巨匠松本清張が形容したことばである。 これによって松本清張は「社会推理小説」というジャンルを設定したのであるが、それから半世紀以上もたった 21 世紀の今、日米安保体制が継続するさなか、これら暗黒の事案の真相はいぜん明かされていない。
 
 
  松本清張 生誕100周年祈念 特集上映   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  社会の闇とその中で翻弄される人々を鋭く描いた清張分空くの映画化作品は、日本映画界において今もなお色褪せることなく、燦然と輝き続けています。
 
 
  第17回松本清張賞  文藝春秋 各賞紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第17回松本清張賞選考委員会が4月21日(水)午後4時より「帝国ホテル」にて開催され、下記候補作の中から村木 嵐氏の「マルガリータ」が授賞作品に決定しました。
 
 
  YouTube - 三島由紀夫 - 松本清張事件にせまる   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 三島由紀夫 - 松本清張事件にせまる
 
 
  YouTube - NHK松本清張ドラマスペシャル「顔」予告   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - NHK松本清張ドラマスペシャル「顔」予告
 
 
  松本清張  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松本清張  画像検索 - Google
 
 
  松本清張 のニュース検索結果 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松本清張 のニュース検索結果 - Google
 
 
  松本清張DVDセレクション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今、再び注目を集める松本清張文学の映画化作品。 DVDで楽しめる松本清張原作の傑作群を一挙ご紹介。
 
 
  週刊  松本清張   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和と生きた文豪の知性と魂に触れる。
 
 
  松本清張 <関連書籍>.   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松本清張 <関連書籍>.
 
 
  松本清張 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松本清張 の画像 - Google
 
 
森敦/1912
森敦
  森敦 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森 敦(もり あつし 明治45年(1912年)1月22日 - 平成元年(1989年)7月29日)は、長崎市出身の小説家。朝日村名誉村民(現・鶴岡市名誉市民)。 幼少期はソウルで暮らし、京城中学に学ぶ。旧制一高中退。… 太宰治、檀一雄らと『青い花』創刊に参加したが、作品を発表せず、各地を放浪。戦後同人誌『ポリタイア』に「天上の眺め」その他の短編を発表。『季刊芸術』第26号(1973年7月)に発表した中編「月山」で第70回芥川賞受賞。当時62歳であり、これは現在も芥川賞史上最高齢での受賞である。
 
 
  森敦 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森敦 の画像 - Google
 
 
檀一雄/1912
檀一雄 著者一覧 新潮社
  檀一雄 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  檀 一雄(だん かずお、1912年2月3日 - 1976年1月2日)は、日本の小説家、作詞家。私小説や歴史小説、料理の本などで知られる。また、西遊記の日本語抄訳もある(東京創元社ほか)。「最後の無頼派」作家といわれた。 代表作は、律子夫人の没後に描いた『リツ子 その愛』『リツ子 その死』、時代娯楽作も人気があり『真説石川五右衛門』(1950年、第24回直木賞受賞)、『夕日と拳銃』など、また20年以上に渡り書き続けライフワークとなった遺作『火宅の人』など。
 
 
  檀一雄 (ダン・カズオ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1912-1976)山梨県生まれ。少年期に母が若い学生と出奔、その傷心が文学への原点となる。東大経済学部在学中の処女作が認められ、佐藤春夫に師事。「日本浪曼派」に加わるも、従軍と中国放浪の約十年間を沈黙。1950(昭和25)年、『リツ子・その愛』『リツ子・その死』を上梓して文壇復帰。1951年、『真説石川五右衛門』で直木賞受賞。死の前年まで二十年にわたって書き継がれた『火宅の人』により、没後、読売文学賞と日本文学大賞の両賞受賞。
 
 
  檀 一雄 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  檀 一雄 の画像 - Google
 
 
武田泰淳/1912
武田泰淳 【たけだ・たいじゅん】
  武田泰淳 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  武田 泰淳(たけだ たいじゅん、1912年2月12日 - 1976年10月5日)は小説家。第一次戦後派作家として活躍、代表作に『ひかりごけ』『風媒花』『司馬遷』『蝮のすゑ』『富士』『十三妹』など。 兄は水産生物学者・東大教授の大島泰雄。妻は随筆家の武田百合子、娘は写真家の武田花。… 京北中学校、浦和高等学校を経て東京帝国大学文学部支那文学科に入学、竹内好と知り合う。左翼活動を繰り返したため退学。退学後、1934年、魯迅の弟、竹内好らと共に「中国文学研究会」を設立する。
 
 
  武田泰淳 【たけだ・たいじゅん】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説家。幼名、覚。明治45年2月12日〜昭和51年10月5日。東京市本郷東片町に生まれる。父は浄土宗の住職。昭和6年、東京帝大支那文学科に入学し、後に竹内好らと中国文学研究会を設立する。昭和7年、僧侶の資格を取得。昭和12年、召集され中国に送られる。昭和18年、「史記」的世界を論じた評論「司馬遷」を刊行。戦後、「蝮のすゑ」(昭和22)、「「愛」のかたち」(昭和23)などで戦後派作家としての地歩を確立。中国での悲惨な戦争体験や、仏教的世界観を基盤に、独自の世界観を構築した。
 
 
  武田泰淳 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  武田泰淳 の画像 - Google
 
 
新田次郎/1912
新田次郎 著者一覧 新潮社
  新田次郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新田 次郎(にった じろう、本名:藤原 寛人(ふじわら ひろと)、1912年6月6日 - 1980年2月15日)は小説家、気象学者。妻は作家の藤原てい。 長野県諏訪郡上諏訪町(現:諏訪市)角間新田(かくましんでん)に彦、りゑの次男として生まれる。… 旧制諏訪中学校(現:長野県諏訪清陵高等学校)・無線電信講習所本科(現:電気通信大学)卒業。妻ていは作家。次男正彦は数学者・エッセイスト。長女の咲子も、家族を書いた小説を発表している。
 
 
  新田次郎 (ニッタ・ジロウ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1912-1980)1912(明治45)年、長野県上諏訪生れ。無線電信講習所を卒業後、中央気象台に就職し、富士山測候所勤務等を経験する。1956(昭和31)年『強力伝』で直木賞を受賞。『縦走路』『孤高の人』『八甲田山死の彷徨』など山岳小説の分野を拓く。次いで歴史小説にも力を注ぎ、1974年『武田信玄』等で吉川英治賞を受ける。1980年、心筋梗塞で急逝。没後、その遺志により新田次郎文学賞が設けられた。
 
 
  新田次郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新田次郎 の画像 - Google
 
 
野間宏/1915
野間宏
  野間宏 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野間 宏(のま ひろし、1915年2月23日 - 1991年1月2日)は小説家、評論家、詩人。長編小説を多く書き、社会全体の構造をとらえる全体小説を志向した。また、最晩年まで社会的な発言を多く行ったことでも知られている。 僧侶(在家の新しい流派を建てたので、既存の寺院に属してはいなかった)を父として、兵庫県神戸市長田区に生まれる。… 1935年、京都帝国大学に進学し、反戦学生運動に参加。… 敗戦後、日本共産党に入党。… 1952年、『真空地帯』で毎日出版文化賞を受賞。
 
 
  野間宏師匠 紅茶色の角砂糖   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青年の環 : 忍耐は意志に属しているように普通は言われ、また考えられているようだけれども、そうではないわ。忍耐は感情に属しているのよ。だから忍耐は悲しいものだし、苦しいものなの。 (野間宏「青年の環」)   行き当たりばったりのブログですが、よろしければ、のんびりしていってください。
 
 
  野間宏 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野間宏 の画像 - Google
 
 
戸板康二/1915
戸板康二
  戸板康二 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戸板 康二(といた やすじ、1915年12月14日 - 1993年1月23日)は日本の演劇・歌舞伎評論家、推理作家、随筆家。東京都(現)港区芝出身。旧姓山口。初めは「康夫」と名付けられたが、1923年7月9日、「康二」と改める。 幼時、母方の祖母で戸板裁縫女学校の創立者である戸板関子の養子となる。暁星小学校から暁星中学校を経て慶應義塾大学文学部国文学科卒。… 33歳、歌舞伎批評、随筆、入門書を刊行、『歌舞伎への招待』はロングセラーとなり、 『団十郎切腹事件』によって直木賞を受賞。
 
 
  戸板康二 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戸板康二 の画像 - Google
 
 
五味川純平/1916
五味川純平
  五味川純平 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  五味川 純平(ごみかわ じゅんぺい、男性、1916年(大正5年)3月15日 - 1995年(平成7年)3月8日)は小説家。 旧満州生まれ。東京外国語学校卒業後、1943年召集を受け、満州東部国境各地を転々とした。1945年8月、ソ連軍の攻撃を受けて全滅に近く、生存者は五味川以下数名だったという。… 1955年に発表した『人間の條件』が1,300万部を超える大ベストセラーとなり、一躍人気作家となる。その後も『戦争と人間』『御前会議』『ノモンハン』『ガダルカナル』など、数々の戦争文学を世に問うた。
 
 
  五味川純平 私の1冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  書 名:「人間の條件」  著 者:五味川純平  本の内容:雪が静かに舞い降りる宵闇、1943年の満洲で梶と美千子の愛の物語がはじまる。植民地に生きる日本知識人の苦悶、良心と恐怖の葛藤、軍隊での暴力と屈辱、すべての愛と希望を濁流のように押し流す戦争…「魂の底揺れする迫力」と評された戦後文学の記念碑的傑作。
 
 
  五味川純平 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  五味川純平 の画像 - Google
 
 
柴田錬三郎/1917
柴田錬三郎
  柴田錬三郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柴田 錬三郎(しばた れんざぶろう、大正6年(1917年)3月26日 - 昭和53年(1978年)6月30日)は作家。 昭和17年(1942年)召集され南方へ派遣される途中、敵襲に会い乗艦が撃沈、7時間漂流する。… 佐藤春夫に師事して、昭和24年(1949年)文筆活動に入り、昭和26年(1951年)6月に『三田文學』に発表した『デス・マスク』が第25回芥川賞・第25回直木賞候補に入る。翌年『イエスの裔』で第26回直木賞受賞。 昭和44年(1969年)、『三国志英雄ここにあり』で第4回吉川英治文学賞を受賞。
 
 
  柴田錬三郎賞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柴田錬三郎賞(しばたれんざぶろうしょう)は、集英社が主催し、一ツ橋綜合財団が後援する1988年から柴田錬三郎の業績を称えて創設された文学賞。前年7月1日から、当年6月30日までに刊行された小説を対象とし、以降年一回発表されている。受賞は選考委員の合議によって決定され、受賞者には正賞として記念品、副賞として300万円(2004年現在)が授与される。
 
 
  柴田錬三郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柴田錬三郎 の画像 - Google
 
 
中村真一郎/1918
中村真一郎 【なかむら・しんいちろう】
  中村真一郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中村 真一郎(なかむら しんいちろう、1918年3月5日 - 1997年12月25日、東京生まれ、小説家・評論家・詩人・劇作家。… 東京帝国大学の仏文科に進学。卒業論文はネルヴァルを選ぶ。また、この間に堀辰雄の知己を得る。…  1971年に、それまでの江戸時代の漢文学への造詣を基盤にした評伝『頼山陽とその時代』中公文庫全3巻を刊行し、日本の漢文学史の見直しのきっかけをつくる。 小説では、作者と経歴のよく似た作家を話者として、『四季』四部作(1975年−1984年、新潮社)で日本文学大賞。
 
 
  中村真一郎 【なかむら・しんいちろう】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説家、評論家。大正7年3月5日〜平成9年12月25日。東京市日本橋区箱崎町に生まれる。昭和13年、東京帝大仏文科に入学。昭和17年、同世代の福永武彦、加藤周一らと文学同人「マチネ・ポエティク」を結成。戦後、この3人で「1946年・文学的考察」(昭和22)を刊行し、幅広く豊かな文学的教養によって注目を集めた。また、昭和21年に発表した小説「死の影の下に」も脚光を浴び、戦後派作家としての地歩を確立。
 
 
  中村真一郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中村真一郎 の画像 - Google
 
 
福永武彦/1918
福永武彦 著者一覧 新潮社
  福永武彦 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福永 武彦(ふくなが たけひこ、1918年3月19日 - 1979年8月13日)は小説家、詩人。 福岡県二日市町(現筑紫野市)生まれ。東京帝国大学文学部仏文科卒業。… 同世代の中村真一郎、加藤周一らと文学同人「マチネ・ポエティク」を結成し、日本語での押韻定型詩の可能性を追求した。戦後には、この三人で、『1946年・文学的考察』を刊行し、戦場での体験や左翼運動を経験した第一次戦後派作家とは距離をおいた文学活動をはじめた。1954年の長編小説「草の花」で、作家としての地位を確立。
 
 
  福永武彦 (フクナガ・タケヒコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1918-1979)福岡県に生れる。一高在学中から詩を創作する。東大仏文科卒。戦後、詩集『ある青春』、短編集『塔』、評論『ボオドレエルの世界』、10年の歳月を費やして完成した大作『風土』などを発表し注目された。以後、学習院大学で教鞭をとる傍ら『草の花』『冥府』『廃市』『忘却の河』『海市』等、抒情性豊かな詩的世界の中に鋭い文学的主題を見据えた作品を発表した。1961年『ゴーギャンの世界』で毎日出版文化賞、1972年『死の島』で日本文学大賞を受賞。評論、随筆も世評高い。
 
 
  福永武彦 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福永武彦 の画像 - Google
 
 
堀田善衛/1918
堀田善衛 【ほった・よしえ】
  堀田善衛 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堀田 善衛(ほった よしえ、1918年7月7日 - 1998年9月5日)は小説家。 父は富山県会議長、母は大正年間に富山県で初めて保育所を創設。生家は廻船問屋で当時の日本海航路の重要な地点であり、国際的な感覚を幼少時から養うことができた。旧制金沢二中から慶應義塾大学に進学し、文学部仏文科卒業。大学時代は詩を書き、雑誌「批評」で活躍。… 1977年、『ゴヤ』完結後、スペインに居を構え、それからスペインと日本とを往復する生活をはじめる。 1951年に『広場の孤独』で第26回芥川賞。
 
 
  堀田善衛 【ほった・よしえ】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説家、評論家。大正7年7月17日〜平成10年9月5日。富山県高岡市に生まれる。昭和17年、慶大仏文科を卒業。昭和19年、国際文化振興会から派遣され、上海にわたる。終戦後、中国国民党宣伝部に徴用され、昭和22年に帰国。国際的な場における〈組織と人間〉を主題とした「波の下」(昭和23)を発表して注目を浴び、「広場の孤独」(昭和26)により、戦後派作家としての地歩を確立。その後も一貫して〈組織と人間〉の問題を追求し続けた。
 
 
  堀田善衛 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堀田善衛 の画像 - Google
 
 
水上勉/1919
水上勉(ミズカミツトム)著者一覧 新潮社 まち・コミブログ 陳舜臣さんと窪島誠一 水上勉 講演旅行 其の二  (左より) 奥野信太郎、十返肇、水上勉)
  水上勉 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水上 勉(みずかみ つとむ、1919年(大正8年)3月8日 - 2004年(平成16年)9月8日)は小説家。… 福井県の大工の家に生まれ、5人兄弟の次男として育った。9歳の時、京都の臨済宗寺院相国寺塔頭、瑞春院に小僧として修行に出されるが、あまりの厳しさに出奔。… 1960年(昭和35年)、水俣病を題材にした『海の牙』を発表し、翌1961年(昭和36年)に第14回日本探偵作家クラブ賞を受賞、社会派推理作家として認められた。同年『雁の寺』で第45回直木賞を受賞、華々しい作家生活が始まった。
 
 
  水上勉文学散歩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水上勉文学散歩をお届けする。水上文学は、文学散歩にとって非常に豊かな世界にみちている。舞台を追っていて実に楽しかった。その豊かさ故に網羅的には紹介出来なかった。又の機会を待ちたい。旅に関するエッセイや、「飢餓海峡」が中心になった。若州一滴文庫の水上蕗子さんには写真撮影始め岡田をご案内いただいたり大変お世話になった。記して感謝いたしたい。
 
 
  水上勉 - 直木賞受賞作家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水上勉 (Mizukami Tsutomu) 受賞年齢: 42歳4ヵ月/生没年月日: 大正8年/1919年3月8日〜平成16年/2004年9月8日/経歴: 福井県生まれ。立命館大学国文科中退。 このページの情報は「芥川賞のすべて・のようなもの」内の「選考委員の群像 水上勉」と同じものです。                               
 
 
  水上勉 (ミズカミ・ツトム) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1919-2004)福井県生れ。少年時代に禅寺の侍者を体験する。立命館大学文学部中退。戦後、宇野浩二に師事する。1959(昭和34)年『霧と影』を発表し本格的な作家活動に入る。1960年『海の牙』で探偵作家クラブ賞、1961年『雁の寺』で直木賞、1971年『宇野浩二伝』で菊池寛賞、1975年『一休』で谷崎賞、1977年『寺泊』で川端賞、1983年『良寛』で毎日芸術賞を受賞する。『金閣炎上』『ブンナよ、木からおりてこい』『土を喰う日々』など著書多数。2004(平成16)年9月永眠。
 
 
  水上蕗子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水上蕗子 の画像 - Google
 
 
  水上勉 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水上勉 の画像 - Google
 
 
加藤周一/1919
加藤周一
  加藤周一 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加藤 周一(かとう しゅういち、1919年9月19日 - 2008年12月5日)は評論家である。医学博士。 上智大学教授、ブリティッシュ・コロンビア大学教授、立命館大学国際平和ミュージアム館長を歴任。 東京府出身。… 肋膜炎のため徴兵猶予。… 1947年、中村真一郎・福永武彦との共著『一九四六・文学的考察』を発表し注目される。 1958年に医業を廃し、以後評論家として独立した。 1979年より「朝日新聞」夕刊に「山中人間話」を連載、1984年に「夕陽妄語」と改題して2008年7月まで連載していた。
 
 
  加藤周一   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「人は知らないものを深く愛することが出来る、しかし愛さないものを深く知ることは出来ない」   (from "A Handboolk of Aphorisms"by Simon May)   著作一覧/頌/参考文献/没後
 
 
  加藤周一 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加藤周一 の画像 - Google
 
 
近藤啓太郎/1920
近藤啓太郎
  近藤啓太郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近藤 啓太郎(こんどう けいたろう、1920年3月25日 - 2002年2月1日)は作家。 三重県四日市市生まれ。第一東京市立中学校(現東京都立九段高等学校)を経て、東京美術学校日本画科卒業。戦後、千葉県鴨川で一年ほど漁業に従事する。その後鴨川中学校の図工科教師となり、教職のかたわら創作を行う。1952年、「遭難」を『早稲田文学』に発表してデビュー、1956年、「海人舟」で芥川賞受賞。第三の新人の一人に数えられ、阿川弘之、吉行淳之介、安岡章太郎らとは終生親しくつきあった。
 
 
安岡章太郎/1920
安岡章太郎
  安岡章太郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安岡 章太郎(やすおか しょうたろう、1920年5月30日 - )は小説家。 高知県高知市帯屋町に生まれる。 青南小学校に転入してから受けた陰湿で執拗な精神的虐めは数十年にわたって小説やエッセイで再三文章にしており病気、落第と共に彼の重要な文学的動機になっている。 1951年『ガラスの靴』が芥川賞の候補作に選ばれ、文壇に注目される。… 1953年、選考委員の評価が真っ二つに割れながらも『悪い仲間』・『陰気な愉しみ』により、芥川賞を受賞し、1954年には脊椎カリエスが快癒。
 
 
  安岡章太郎 (ヤスオカ・ショウタロウ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1920(大正9)年、高知市生れ。慶大在学中に入営、結核を患う。戦後、カリエスを病みながら小説を書き始め、1953(昭和28)年「陰気な愉しみ」「悪い仲間」で芥川賞受賞。弱者の視点から卑近な日常に潜む虚妄を描き、吉行淳之介らと共に「第三の新人」と目された。1959年「海辺の光景」で芸術選奨と野間文芸賞、1981年「流離譚」で日本文学大賞、1991(平成3)年「伯父の墓地」で川端康成賞を受けた。
 
 
  安岡章太郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安岡章太郎 の画像 - Google
 
 
阿川弘之/1920
阿川弘之
  阿川弘之 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  阿川 弘之(あがわ ひろゆき、1920年(大正9年)12月24日 - )は小説家、評論家。東京帝国大学文学部卒業。海海軍に入隊。1943年に少尉任官、わずかだが中国語ができたため、対中国の諜報作業担当に配属された。 広島県名誉県民。日本芸術院会員。文化勲章受章。野間文芸賞、毎日出版文化賞、読売文学賞など。日本李登輝友の会名誉会長。代表作に、『春の城』『雲の墓標』のほか、『山本五十六』『米内光政』『井上成美』など。 長男は法学者阿川尚之、長女はタレント・作家阿川佐和子。
 
 
  阿川弘之 (アガワ・ヒロユキ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1920(大正9)年広島県生まれ。東大国文科を繰上げ卒業、海軍に入り、中国で終戦。戦後、志賀直哉に師事し、『春の城』、『雲の墓標』、『山本五十六』『米内光政』『井上成美』の海軍提督三部作などがある。『食味風々録』は読売文学賞受賞作品。1999年に文化勲章を受章。
 
 
  阿川弘之 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  阿川弘之 の画像 - Google
 
 
寺内大吉/1921
寺内大吉
  寺内大吉 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  寺内 大吉(てらうち だいきち、1921年10月6日 - 2008年9月6日)は、作家、スポーツライター、浄土宗の僧侶。本名は成田 有恒(なりた ゆうこう)。 1921年10月6日、現東京都立新宿高等学校卒業。1945年大正大学宗教学部卒業。 1955年に「逢春門」でサンデー毎日大衆文芸賞、翌1956年には「黒い旅路」でオール読物新人賞受賞。この頃に記者として取材に訪れた司馬遼太郎と知り合い、1957年には彼らと同人誌「近代説話」を創刊、1960年には同誌に掲載した「はぐれ念仏」で直木賞受賞。
 
 
  寺内大吉氏/直木賞作家で増上寺法主   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  寺院の1人息子として生まれ、大正大学を卒業。寺の住職を務めながら文学活動を続け、1961年「はぐれ念仏」で直木賞受賞。著書に「念仏ひじり三国志」「化城の昭和史」などがある。キックボクシングや競輪などの評論でも活躍し、ベレー帽姿の「大吉和尚」として親しまれた。
 
 
五味康祐/1921.
五味康祐
  五味康祐 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  五味 康祐(ごみ やすすけ、1921年12月20日 - 1980年4月1日)は小説家。通称康祐(こうすけ)。 剣豪を扱った歴史・時代小説を始め数々の作品を発表。特に柳生十兵衛など柳生一族を扱った作品で知られており、「五味の柳生か、柳生の五味か」と評された。 大阪府生まれ。 明治大学文学部卒業。学徒動員で従軍。… クラシック音楽やオーディオの評論家としても名高く、手相や観相学、麻雀にも造詣が深く、『五味手相教室』や『五味人相教室』『五味マージャン教室』などの著作を残している。
 
 
  五味康祐 (ゴミ・ヤススケ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1921-1980)大阪に生れる。早稲田大学英文科中退。様々な職業を転々とした後、文芸評論家保田与重郎に師事する。1952年「喪神」が芥川賞を受賞して注目された。以後、時代小説家として活躍し、剣豪ブームをまきおこした。『秘剣』『一刀斎は背番号6』『柳生連也斎』『柳生天狗党』など時代小説の他、音楽の造詣を生かした『西方の音』はじめ、趣味が高じた野球評論、麻雀、占い等も玄人はだしであった。
 
 
  五味康祐 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  五味康祐 の画像 - Google
 
 
三浦綾子/1922
 三浦綾子 
  三浦綾子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三浦 綾子(みうら あやこ、1922年4月25日 - 1999年10月12日)は作家、小説家、エッセイスト。 北海道旭川市出身。 結核の闘病中に洗礼を受けた後、創作に専念。 1939年、旭川市立高等女学校卒業。… 1961年、『主婦の友』に『太陽は再び没せず』を投稿し入選。 1963年、朝日新聞社による大阪本社創刊85年・東京本社75周年記念の一千万円(当時の一千万円は莫大な金額であった)懸賞小説公募に、小説『氷点』を投稿。これに入選し、1964年12月より朝日新聞朝刊に『氷点』の連載を開始する。
 
 
  三浦綾子 (ミウラ・アヤコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1922-1999)旭川生れ。17歳で小学校教員となったが、敗戦後に退職。間もなく肺結核と脊椎カリエスを併発して13年間の闘病生活。病床でキリスト教に目覚め、1952(昭和27)年受洗。1964年、朝日新聞の一千万円懸賞小説に『氷点』が入選、以後、旭川を拠点に作家活動。主な作品に『塩狩峠』『道ありき』『天北原野』『銃口』など。1998(平成10)年、旭川に三浦綾子記念文学館が開館。
 
 
  三浦 綾子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三浦 綾子 の画像 - Google
 
 
瀬戸内寂聴.1922.5
瀬戸内寂聴
  瀬戸内寂聴 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瀬戸内 寂聴(せとうち じゃくちょう、1922年5月15日 - )は、日本の小説家、天台宗の尼僧。旧名は瀬戸内 晴美(せとうち はるみ)。 僧位は権僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。徳島県立高等女学校(現:徳島県立城東高等学校)、東京女子大学卒業。称号は徳島県徳島市名誉市民。元天台寺住職。元敦賀短期大学学長。代表作には『夏の終り』や『場所』『現代語訳 源氏物語』など多数。近年では『源氏物語』に関連する著作が多い。これまでの著作により多くの文学賞を受賞した。
 
 
  瀬戸内寂聴 (セトウチ・ジャクチョウ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1922(大正11)年、徳島生れ。東京女子大学卒。1957(昭和32)年「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞受賞。1961年『田村俊子』で田村俊子賞、1963年『夏の終り』で女流文学賞を受賞。1973年11月14日平泉中尊寺で得度。法名寂聴。1992(平成4)年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、1996年『白道』で芸術選奨、2001年に『場所』で野間文芸賞を受賞。著書に『比叡』『かの子撩乱』『手毬』『草筏』『現代語訳 源氏物語』『藤壺』など多数。2002年『瀬戸内寂聴全集』が完結。2006年、文化勲章を受章。
 
 
  瀬戸内寂聴 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瀬戸内寂聴 の画像 - Google
 
 
  瀬戸内寂聴さん「いのち」出版 「最後の長編小説かも」=VTR (2017/12/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(95)が、長編小説「いのち」(講談社)を出した。親交のあった女性作家2人の思い出を中心に、自らの老いに向き合いながら命を見つめた。寂聴さんの長編は3年前の「死に支度」以来。「体力的に、この本が最後の長編小説になるかもしれない」と話す。 寂聴さんは「女子大生・曲愛玲(チュイアイリン)」で1956年の新潮社同人雑誌賞を受賞。「夏の終(おわ)り」や「美は乱調にあり」などで女性の強さや恋を描き、これまでに出した作品は400冊以上。2014年に圧迫骨折や胆のうガンの手術を受け、復帰後は主に短編やエッセーを書いている。…
 
 
  「瀬戸内瀬寂聴」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瀬戸内瀬寂聴 - Google 検索
 
 
中井英夫/1922
『中井英夫スペシャル』を読んで 
  中井英夫 (wiki-tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中井 英夫(なかい ひでお、1922年(大正11年)9月17日 - 1993年(平成5年)12月10日)は短歌編集者、小説家、詩人。東京市田端に生まれ育つ。父は植物学者で国立科学博物館館長、陸軍司政長官、小石川植物園園長等を歴任した東京帝国大学名誉教授の中井猛之進。戦時中は学徒動員され、東京大学文学部言語学科に復学。中退後、日本短歌社に勤務、その後角川書店に入社、短歌雑誌を編集。代表作の長編小説『虚無への供物』は、日本推理小説の三大奇書に数えられる。
 
 
  中井英夫 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中井英夫 の画像 - Google
 
 
池波正太郎/1923
池波正太郎
  池波正太郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  池波 正太郎(いけなみ しょうたろう、1923年(大正12年)1月25日 - 1990年(平成2年)5月3日)は戦後を代表する時代小説・歴史小説作家。『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』『真田太平記』など、戦国・江戸時代を舞台にした時代小説を次々に発表する傍ら、美食家・映画評論家としても著名であった。 1923年(大正12年)1月25日、東京市浅草区聖天町(現在の台東区浅草)に生れる。 この年、関東大震災が起こり、両親とともに埼玉県浦和に引越し、6歳(1929年)まで同地で過ごす。
 
 
  池波正太郎記念文庫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  池波正太郎記念文庫は、上野・浅草を故郷とし、江戸の下町を舞台にした「鬼平犯科帳」など、時代小説の傑作を多数発表した、池波正太郎の業績や作品の世界を広く伝えるため、池波家及び多くの方々のご協力で、平成13年9月26日に開設しました。作品に関するさまざまな資料を収蔵し、書斎の復元や著作・自筆原稿・絵画等の一部を常時展示しております。また、時代小説コーナーを設け、戦前の貴重本から現代の人気作品まで時代小説に関する資料を収集し、公開しています。
 
 
  池波正太郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  池波正太郎 の画像 - Google
 
 
遠藤周作/1923
遠藤周作
  遠藤周作 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年3月27日 - 1996年9月29日)は小説家、批評家、劇作家。 父親の仕事の都合で幼少時代を満洲で過ごした。帰国後の12歳の時に、伯母の影響でカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科入学、在学中同人雑誌「上智」第1号に評論「形而上的神、宗教的神」を発表した。 慶應義塾大学文学部仏文科を卒業後、1950年にフランスへ留学。帰国後は批評家として活動するが、1955年半ばに発表した小説「白い人」が芥川賞を受賞し、小説家として脚光を得た。
 
 
  遠藤周作 (エンドウ・シュウサク) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1923-1996)1923(大正12)年、東京生れ。幼年期を旧満州大連で過ごし、神戸に帰国後、11歳でカトリックの洗礼を受ける。慶應義塾大学仏文科卒。フランス留学を経て、1955(昭和30)年「白い人」で芥川賞を受賞。一貫して日本の精神風土とキリスト教の問題を追究する一方、ユーモア作品、歴史小説も多数ある。主な作品は『海と毒薬』『沈黙』『イエスの生涯』『侍』『スキャンダル』『遠藤周作で読む イエスと十二人の弟子』(いずれも新潮社刊)等。1995(平成7)年、文化勲章受章。1996年、病没。
 
 
  遠藤周作文学館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ようこそ!遠藤周作文学館ホームページへ  施設の紹介/開館時間/遠藤周作略年譜/展示内容/文学講座/館内図/交通案内
 
 
  遠藤周作 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  遠藤周作 の画像 - Google
 
 
司馬遼太郎/1923
司馬遼太郎
  司馬遼太郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  司馬 遼太郎(しば りょうたろう、1923年(大正12年)8月7日 - 1996年(平成8年)2月12日) は、日本の小説家。本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。大阪府大阪市生まれ。 産経新聞社在職中、『梟の城』で直木賞を受賞。以後、俗に「司馬史観」と呼ばれる独自の歴史観に基づいて数多くの作品を執筆、歴史小説に新風を送る。代表作に『国盗り物語』『竜馬がゆく』『坂の上の雲』などがあり、戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。また、『街道をゆく』をはじめとするエッセイなどで活発な文明批評を行った。
 
 
  司馬遼太郎 (シバ・リョウタロウ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1923-1996)大阪市生れ。大阪外語学校蒙古語科卒。産経新聞文化部に勤めていた1960(昭和35)年、『梟の城』で直木賞受賞。以後、歴史小説を一新する話題作を続々と発表。1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞を受賞したのを始め、数々の賞を受賞。1993(平成5)年には文化勲章を受章。“司馬史観”とよばれる自在で明晰な歴史の見方が絶大な信頼をあつめるなか、1971年開始の『街道をゆく』などの連載半ばにして急逝。享年72。『司馬遼太郎全集』(全68巻)がある。
 
 
  司馬遼太郎記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  司馬遼太郎記念館財団:平成8年に急逝しました司馬遼太郎の精神を後世に伝えていくため、同じ年の11月1日、司馬遼太郎の遺産の一部を使って運営していく公益法人として発足しました。知人、友人の方々はじめマスコミ11社と大阪府、東大阪市が理事として参画くださっています。
 
 
  司馬 遼太郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  司馬 遼太郎 の画像 - Google
 
 
  司馬さん親愛の書簡4通 池波さん宅で113通発見 (2013/4/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「鬼平犯科帳」などで知られる人気作家、池波正太郎さん(1923-90年)の東京都内の自宅から、池波さん宛ての手紙やはがき計113通が見つかった。このうち4通は国民的作家の司馬遼太郎さん(23-96年)からで、池波さんへの親愛の情がうかがえる。手紙の一部は「作家の手紙」を特集した22日発売の「オール読物」5月号(文芸春秋)に掲載される。…
 
 

TOPページ TOPページ  6源情報 6源情報  ジャンル一覧表 ジャンル一覧表  明快カテゴリ総覧 明快カテゴリ総覧  特集区分数・HP数詳細 特集区分数・HP数詳細  ジャンルページ ジャンルページ  画面上段 画面上段 


Copyright (C) 2018 Z-PLAZA Corporation. All Rights Reserved.