008 【文芸─杠監0子:吉行淳之介:三島由紀夫:堺屋太一
日本の近現代文学史として明治時代以降の日本文学書を個々に掲載いたしました。明治を迎え西欧の思想や文化を取り入れる文明開化が推進され、日本の社会は大きく変化していきました。言文一致運動もその一つとして、この頃に私たちが考える文学という概念が生まれました。(/印は一部編集中)

近現代文学 佐藤愛子.1923 陳舜臣.1924 黒岩重吾/1924 安部公房/1924 吉行淳之介/1924
川上宗薫/1924 山崎豊子/1924 中野孝次/1925 三島由紀夫.1925 永井路子.1925 胡桃沢耕史.1925
田中小実昌.1925 丸谷才一.1925 杉本苑子.1925.6/ 立原正秋/1926 三浦朱門/1926 河野多惠子/1926
山口瞳/1926 星新一/1926 石牟礼道子.1927.3 堤清二/1927 北杜夫.1927 城山三郎.1927
吉村昭.1927 童門冬二/1927 藤沢周平/1927 田辺聖子.1928/ 澁澤龍彦.1928.5/ なだいなだ/1929.6
早坂暁.1929.8/ 向田邦子.1929.11/ 上坂冬子.1930.6/ 林京子.1930.8/ 笹沢左保.1930.11/ 開高健.1930.12/
有吉佐和子/1931 小松左京/1931 三好徹/1931 戸川昌子/1931 団鬼六/1931 深田祐介/1931
曽野綾子/1931 清水一行/1931. 平岩弓枝/1932 黒井千次/1932 青島幸男/1932 石原慎太郎.1932
五木寛之/1932 森村誠一/1933 斎藤栄/1933 半村良/1933 筒井康隆/1934 井上ひさし.1934
山村美紗.1934/ 阿刀田高.1935.1/ 大江健三郎.1935.1/ 三木卓.1935.5/ 堺屋太一.1935.7/ 秦恒平.1935.12/
黒田夏子.1937.3 庄司薫,1937.4/ 塩野七生.1937.7/ 古川薫.1925.6/    
← 007 【文芸А暸‐説(上)      009 【文芸─暸‐説(下) → 
TOP >  a 文芸 > 008 【文芸─杠監0子:吉行淳之介:三島由紀夫:堺屋太一 >  
       
近現代文学
  「早坂暁」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  早坂暁 - Google 検索
 
 
佐藤愛子.1923
〈時の回廊〉佐藤愛子「戦いすんで日が暮れて」 ユーモアは家風 (2012/5/15) 「いやァ、おもしろかった…」そういって人生を終わる…。それが幸福 【生きるチカラ/言葉の智から】 (2014/11/5)
  佐藤愛子 - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  [1923〜 ]小説家。大阪の生まれ。紅緑(こうろく)の娘。詩人のサトウ・ハチローは異母兄。体験的なテーマを扱った家庭小説を、骨太でおおらかなタッチで執筆。「戦いすんで日が暮れて」で直木賞受賞。他に「ソクラテスの妻」「花はくれない」「血脈」、エッセー集「我が老後」など。(全文)
 
 
  佐藤愛子 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤愛子(さとう あいこ、1923年11月5日 - )は兵庫県西宮市出身の小説家。 小説家の佐藤紅緑、女優の三笠万里子の次女として生まれる。異母兄に詩人のサトウハチロー、脚本家で劇作家の大垣肇。甲南高等女学校(現・甲南女子高等学校)卒業。 1957年、田畑、北杜夫、川上宗薫らと同人誌『半世界』作る。 1963年度、上半期『ソクラテスの妻』で芥川賞候補。連続して下半期『二人の女』で芥川賞候補。 1969年度上半期、『戦いすんで日が暮れて』で直木三十五賞受賞。  1 経歴 / 2 人物 / 3 エピソード / 4 受賞 / 5 著書 / 6 テレビ番組 / 7 交友関係 / 8 脚注 / 9 関連項目 / 10 外部リンク
 
 
  佐藤愛子の「血脈」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小学生だった頃に、佐藤紅緑の少年小説を二冊ほど読んだことがある。 読んだあとで子供なりに感動して、強く正しい人間にならなくてはいけないと思った。三島由紀夫に言わせると、戦前、少年小説の読み手には二つのタイプがあり、立身出世を夢見る地方の少年は佐藤紅緑を愛読し、都会の子供は江戸川乱歩の「怪人二十面相」の方に夢中になっていたという。…
 
 
  私の遺言〜佐藤愛子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この本によりますと、著者の佐藤愛子さんは、北海道に山荘を持ったことから大変な心霊現象に巻き込まれます。今でいうポルターガイスト現象です。まずは山荘の中で不思議な出来事が頻発するようになり、やがてそれは東京の自宅でも起こり始めるのです。そして、心霊現象はついに佐藤さんの肉体にまで及び、激しい頭痛などの症状が表れます。…
 
 
  佐藤愛子 - 直木賞受賞作家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤愛子 - 直木賞受賞作家
 
 
  佐藤愛子 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤愛子(さとう あいこ、1923年11月5日 -現在歳)は大阪市出身の小説家。
 
 
  佐藤 愛子に関するQ&A - Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤 愛子に関するQ&A - Yahoo!知恵袋
 
 
  〈時の回廊〉佐藤愛子「戦いすんで日が暮れて」 ユーモアは家風 (2012/5/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  転んでもただでは起きない。借金を背負い込んだ実体験が基になった短編集『戦いすんで日が暮れて』(講談社文庫)で直木賞を受けたのが1969年。以降、波瀾(はらん)万丈の人生を小説やエッセーに描いてきた。逆境なのにユーモアがにじみ出る。よくこう聞かれるそうだ。なぜ、そんなに強く生きられるのですか。 ◇私にとって、この作品は愛着のある小説ではありません。直木賞も喜ばしい気持ちはなかった。文芸春秋の人から「どうせ賞をあげるなら喜ぶ人にあげたかった」と言われたぐらい。/夫の会社が倒産し、借金は2億円。当時は天文学的な数字に見えました。…
 
 
  「いやァ、おもしろかった…」そういって人生を終わる…。それが幸福 【生きるチカラ/言葉の智から】 (2014/11/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤 愛子さんは1923年生まれ、大阪市出身の小説家。複雑な家庭環境に育ち、太平洋戦争を経て、夫の借金を背負ったり、借金から身を守るための偽装離婚したり、波瀾万丈の人生は、その後の自身の執筆活動にも活かされている。借金返済のため、テレビ出演、全国の講演にと飛び回り、戦後の世相の乱れ等を厳しく批判する言動ゆえ、「憤怒の作家」として知られていた時期もある。 ◇佐藤 愛子さんのその他の言葉=『男が女に泣かれるとその憫れ(あわれ)に打たれて心が変わるという。が、男に泣かれた女は断固として愛想が尽きる。』
 
 
  佐藤愛子 (サトウ・アイコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1923(大正12)年、大阪市生れ。甲南高女卒。小説家・佐藤紅緑を父に、詩人・サトウハチローを兄に持つ。1950(昭和25)年「文藝首都」同人となり処女作を発表。1960年「文學界」に掲載された「冬館」で文壇に認められ、1969年『戦いすんで日が暮れて』で直木賞を、1979年に『幸福の絵』で女流文学賞を受賞。佐藤家の人々の凄絶な生きかたを、ありありと描いた大河小説『血脈』で、2000(平成12)年菊池寛賞を受賞する。近著に『「血脈」と私』『日本人の一大事』がある。ユーモラスなエッセイにもファンが多い。
 
 
  佐藤 愛子の書籍 - amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤 愛子の書籍 - 119商品
 
 
  佐藤愛子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
  (語る 人生の贈りもの)佐藤愛子:6 行き当たりばったりの結婚 (2017/8/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  すぐに終わると思っていた戦争は終わらず、戦況は悪化して、男子はどんどんいなくなり、未婚の女は挺身(ていしん)隊といって勤労奉仕に明け暮れなければならなくなりました。 そこは一度入ると結婚するか親が死ぬかしない限りもう出られないと聞いて、そこに行くのが嫌で結婚しました。行き当…
 
 
  (語る 人生の贈りもの)佐藤愛子:7 「小説家なら、おまえでも」と母 (2017/8/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小説を書き始めたのは、生前の父が私の手紙を読んで「愛子はもの書きにした方が良かった」と言ったのを母が思い出したからでした。 「おまえは協調性がないから勤めにいけばクビになるだろう。花嫁修業で身につけたものは何もない。もう1回結婚したってどうせすぐ戻ってくる」と母は言い、…
 
 
  「本が売れて、何がめでたい」94歳エッセーがミリオン (2017/11/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作家佐藤愛子さんが、自らの老いなど身辺雑記をユーモラスにつづったエッセー「九十歳。何がめでたい」の発行部数が7日、100万部に達する。小学館が発表した。昨年8月に1万4千部で発行されてから22回の刷りを重ねた。今月5日に94歳を迎えた佐藤さんはミリオンセラーに「なんで自分の本が売れるんだ?と当惑しています。本が売れて、何がめでたい」。 同書をはじめ、100歳前後の高齢者が人生訓をつづるエッセーが近年よく売れている。このミリオン達成は「アラハン(アラウンドハンドレッド)本」の出版をさらに牽引(けんいん)しそうだ。 「九十歳」は、窮屈な世の中を「いちいちうるせえ」と一喝する痛快エッセー。出版取次会社大手のランキングで今年上半期の1位になっていた。 読者からの反響も大きく9歳から99歳まで、2万通を超える読者はがきが編集部に届いているという。「元気をいただきました」という声が多い。「毒づいていると私自身が元気になる。自分が元気になるように書いていたようなものです」と佐藤さんは話す。(全文) ◇佐藤愛子さん「私の本の旬なんて、もう過ぎたと思いますよ」
 
 
陳舜臣.1924
神戸新聞NEXT|社会|陳舜臣さんの… 左から、陳未知(陳舜臣奥様)、田中保三、窪島誠一郎(水上勉長男)、陳舜臣、水上蕗子(水上勉長女)、陳立人(陳舜臣長男)、邱明民【敬称略】 陳 舜臣.さん
  陳舜臣 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陳 舜臣(ちん しゅんしん、1924年(大正13年)2月18日 - 2015年(平成27年)1月21日)は、推理小説、歴史小説作家、歴史著述家。代表作に『阿片戦争』『太平天国』『秘本三国志』『小説十八史略』など。『ルバイヤート』の翻訳でも知られる。神戸市出身。本籍は台湾台北だったが、1973年に中華人民共和国の国籍を取得し、その後、1989年の天安門事件への批判を機に、1990年に日本国籍を取得している。日本芸術院会員。 1 来歴・人物 / 2 受賞および受章歴 / 3 著作リスト / 4 共著 / 5 脚注 / 6 外部リンク
 
 
  陳 舜臣:作品一覧、著者略歴 - Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1924(大正13)年、神戸に生まれる。大阪外語大学印度語部卒業。同校西南亜細亜語研究所助手を勤めるが終戦によって辞職し、家業の貿易に従事。 1961年、『枯草の根』により江戸川乱歩賞を受賞し作家生活に入る。69年、『青玉獅子香炉』により直木賞、70年、『玉嶺よふたたび』『孔雀の道』に より日本推理作家協会賞、71年、『実録アヘン戦争』により毎日出版文化賞、76年、『敦煌の旅』により大佛次郎賞、89年、『茶事遍路』により読売文学 賞(随筆・紀行賞)、92年、『諸葛孔明』により吉川英治文学賞、93年、朝日賞、さらに95年、「作家としての業績」により日本芸術院賞をそれぞれ受賞 する。
 
 
  陳舜臣(台湾): 【帰化日本人】日本国籍を取得した有名人まとめ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陳舜臣(台湾): 日本における「中国歴史小説」ジャンルを確立して、多くの読者を持っている。神戸の元町に生まれる。みずからの著書で語るところによれば、後漢の陳寔の末裔。1990年に日本国籍を取得。
 
 
  YouTube - 直木賞作家の陳舜臣さん死去。壮大な中国歴史小説など。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 直木賞作家の陳舜臣さん死去。壮大な中国歴史小説など。90歳
 
 
  陳 舜臣 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陳 舜臣 の画像 - Google
 
 
黒岩重吾/1924
黒岩重吾
  黒岩重吾 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒岩 重吾(くろいわ じゅうご、1924年2月25日 - 2003年3月7日)は小説家。 大阪市生まれ。旧制宇陀中学、同志社大学法学部卒。同志社大学在学中に学徒出陣し北満に出征。敗戦による逃避行の末、1946年に朝鮮に辿り着き、内地へ帰還した。… 1958年に「ネオンと三角帽子」がサンデー毎日に入選。 1960年に「青い花火」が「週刊朝日」「宝石」共催の懸賞に佳作入選。同年、『休日の断崖』を刊行し、直木賞候補となる。翌年に釜ヶ崎を舞台にした『背徳のメス』で直木賞を受賞している。
 
 
  黒岩重吾 (クロイワ・ジュウゴ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1924(大正13)年大阪生れ。同志社大学卒。1960(昭和35)年『休日の断崖』でデビュー、同年『背徳のメス』で直木賞受賞。現代の欲望を抉る社会派推理作品を多数発表したのち『紅蓮の女王』『聖徳太子』など古代史をテーマにした長編に取り組む。1980年『天の川の太陽』で吉川英治文学賞を、1992(平成4)年『弓削道鏡』を初めとする一連の古代史ロマンで菊池寛賞を受賞。著作に『中大兄皇子伝』『ワカタケル大王』『女龍王 神功皇后』など。2003年3月、肝不全のため死去。
 
 
  弓削道鏡 黒岩重吾   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒岩重吾の作品「弓削道鏡」ゆげのどうきょうを読み始めた。この本から奈良時代、平安時代の社会の仕組みが見えてくる。日本史を学んでも、当時の生活は詳しくはわからないが、小説ではわかりやすい。しかし、下知識がないと、イメージがわいてこないから、ストーリーが膨らまないのが、もどかしい。
 
 
  黒岩重吾 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒岩重吾 の画像 - Google
 
 
安部公房/1924
安部公房
  安倍公房.1924   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  →「19劇作家」/安倍公房.1924
 
 
  安部公房 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安部 公房(あべ こうぼう、1924年3月7日 - 1993年1月22日)は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は漢字は同じであるが、公房の読み方は「きみふさ」。    ウェブ上からみた人物像
 
 
  安倍公房 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安倍公房 の画像 - Google
 
 
吉行淳之介/1924
吉行淳之介
  吉行淳之介 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉行 淳之介(よしゆき じゅんのすけ、1924年4月13日 - 1994年7月26日)は、日本文学の小説家。代表作に『驟雨』『砂の上の植物群』など。対談やエッセイの名手としても知られた。 岡山県岡山市生まれ、東京麹町に育った。 1945年4月、東京大学に入学。 1952年『原色の街』が芥川賞候補になるが落選。その後『谷間』、『ある脱出』で候補に上るが、いずれも落選。『谷間』発表後、清瀬病院で肺切除の手術を受けて療養中、1954年『驟雨』で第31回芥川賞を受賞、作家生活に入った。
 
 
  吉行淳之介 (ヨシユキ・ジュンノスケ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1924-1994)1924(大正13)年、岡山市生れ。東京大学英文科中退。1954(昭和29)年「驟雨」で芥川賞を受賞。性を主題に精神と肉体の関係を探り、人間性の深淵にせまる多くの作品がある。また、都会的に洗練されたエッセイの名手としても知られる。1994(平成6)年、病没。主要作品は『原色の街』『娼婦の部屋』『砂の上の植物群』『星と月は天の穴』(芸術選奨文部大臣賞)『暗室』(谷崎賞)『夕暮まで』(野間賞)『目玉』等。
 
 
  吉行淳之介の純愛   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生きていくということは、磁石を引きずって砂場を歩くようなものかもしれない。磁石に砂鉄が付着するように、頭のなかに何時のまにか断片的な知識や記憶が一杯くっついている。それら断片的な知識・記憶はそのまま立ち枯れてしまうことも多い。が、たまには、長い時を経て、その一つがまとまったイメージにまで結実することがある。それまで無意味だったものが、意味を持った印象にまで成長するのである。私にとって吉行淳之介のケースがそれだった。
 
 
川上宗薫/1924
川上宗薫
  川上宗薫 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川上 宗薫(かわかみ そうくん、1924年4月23日 - 1985年10月13日)は、愛媛県生まれの小説家。… 1944年秋、陸軍連隊に入隊。しかし肋膜炎を意図的に悪化させ、敗戦までの約1年間を入院患者として過ごす。… 1945年8月9日、母と2人の妹を長崎原爆で喪う。このため父は棄教。宗薫は退院の手続きが偶然遅れたために被爆を免れた。… 1954年から1960年まで芥川賞候補に計5回挙がったが受賞を逸する。… 流行作家になってからは妻子と別れ、最後は30歳下の音大生と結ばれた。
 
 
  川上宗薫 ジュンク堂書店    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  著者 川上宗薫:102点
 
 
  川上宗薫 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川上宗薫 の画像 - Google
 
 
山崎豊子/1924
山崎豊子
  山崎豊子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山崎 豊子(やまさき とよこ、本名・杉本豊子、1924年11月3日 - )は大阪市出身、堺市在住の作家。『白い巨塔』を初めとして主要作品の大半が映画化、ドラマ化されている現代有数の人気作家である。 大阪市の老舗昆布商店の家に生まれる。旧制京都女子専門学校(現・京都女子大学)国文学科卒。毎日新聞社に入社し、大阪本社学芸部に勤務。… 『花のれん』により第39回直木賞受賞。新聞社を退社して作家生活に入る。 新潮社で『山崎豊子全集』全23巻が刊行され、2005年に完結。
 
 
  山崎豊子 (ヤマザキ・トヨコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1924(大正13)年、大阪市生れ。京都女子大国文科卒。毎日新聞社学芸部に勤務。当時、学芸部副部長であった井上靖のもとで記者としての訓練を受ける。勤務のかたわら小説を書きはじめ、1957(昭和32)年『暖簾』を刊行。翌年、『花のれん』により直木賞を受賞。新聞社を退社して作家生活に入る。1963年より連載をはじめた『白い巨塔』は鋭い社会性で話題を呼んだ。『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』の戦争3部作の後、大作『沈まぬ太陽』を発表。1991(平成3)年、菊池寛賞受賞。
 
 
  山崎豊子作品「二つの祖国」を読んで感じたこと   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山崎豊子作品に切望するもの  :  「白い巨塔」に触発されて、他の山崎豊子作品も読んでみました。「二つの祖国」がそれです。…
 
 
  山崎豊子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山崎豊子 の画像 - Google
 
 
中野孝次/1925
中野孝次
  中野孝次 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中野 孝次(なかの こうじ、1925年1月1日 - 2004年7月16日)は作家、ドイツ文学者、評論家。千葉県市川市須和田出身。父は大工。 著書『清貧の思想』、愛犬ハラス(柴犬)との日々を描いた『ハラスのいた日々』はベストセラーとなった。後者はテレビドラマ・映画化されている。『暢気眼鏡』の尾崎一雄を慕い、碁や焼き物も愛好した。… 1950年:東京大学文学部独文科卒業、会社員となる。 1988年:新田次郎文学賞受賞。 2000年:芸術選奨文部大臣賞受賞。 2004年:日本芸術院賞・恩賜賞受賞。
 
 
  中野孝次 (ナカノ・コウジ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1925-2004)千葉県生れ。東京大学文学部卒業。ドイツ文学者としてカフカ、ギュンター・グラスなどの翻訳に携わり、日本文学の批評、小説、エッセイなど多彩な執筆活動を続ける。1976(昭和51)年『ブリューゲルへの旅』で日本エッセイストクラブ賞を、1979年に小説『麦熟るる日に』で平林たい子文学賞を受賞。1988年愛犬との思い出を綴った『ハラスのいた日々』は新田次郎文学賞を受賞。1992(平成4)年、西行や良寛の簡素な生き方から日本人の生活を問い直した『清貧の思想』を刊行、ベストセラーとなった。古典を読み解き、人生とは何かを追求する作風で知られ、『セネカ 現代人への手紙』などの著書がある。
 
 
  中野孝次をめぐって   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中野孝次を作家といっていいのやら。たぶん、一般にはまず『清貧の思想』で知られた人だと思う。次いで『麦熟るる日に』が有名であろうか。 中野氏の生涯と時代背景については別稿をたてることにするが、一連の中野氏の自伝的小説群は、大学勤めの私にとって、とても興味あるものだった。中野氏の生涯と作品には、我が国が明治以降「教養」と呼んで来たものが色濃く反映しており、「教養」こそが中野氏の生涯をかけてのテーマでもあった。
 
 
  中野孝次の青春   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NHKの教育テレビをよく見ていた頃、中野孝次が出演している番組を二つ見た。その一つは、大岡昇平との対談番組で、中野は大岡昇平から戦争体験を聞き出す役をしていた。このときの中野は、かなり緊張していたようで、番組が終わるまで彼はにこりともしなかった。
 
 
  中野孝次 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中野孝次 の画像 - Google
 
 
三島由紀夫.1925
三島由紀夫 三島由紀夫  本名:平岡公威(ひらおかきみたけ) 三島由紀夫は1947年(昭和22年)に東京大学法学部を卒業。
  三島由紀夫 のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三島由紀夫 のニュース - Google
 
 
  三島由紀夫 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)、1925年(大正14年)1月14日 - 1970年(昭和45年)11月25日)は、小説家・劇作家。晩年には民兵組織「楯の会」をつくり右翼活動に傾倒。 代表作は小説に『仮面の告白』、『禁色』、『潮騒』、『金閣寺』、『豊饒の海』四部作など。戯曲に『サド侯爵夫人』、『わが友ヒットラー』、『近代能楽集』などがある。唯美的な作風が特徴。1970年、楯の会会長として自衛隊にクーデターを促し失敗、割腹自殺を遂げ世間を騒然とさせた(三島事件)。
 
 
  三島由紀夫文学館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三島由紀夫文学館では、『映画・演劇資料収蔵展』を開催しています。 映画・演劇ポスター・初演舞台写真・初演プログラム・チラシ等164点の貴重な資料を展示中です。 ぜひ、この機会に三島由紀夫映画・演劇の魅力に触れてみてはいかがでしょうか。  ホーム / 施設案内 / 三島由紀夫年譜 / 三島文学ガイド / レファレンス / アクセス / ショップ / English Guide
 
 
  三島由紀夫研究会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  知識人の任務は、そのデラシネ性を払拭して、日本にとってもっとも本質的もっとも根本的な「大義」が何かを問いつめていればよいのである。 (中略)……
 
 
  三島由紀夫  割腹余話   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和四十五年(一九七〇)十一月二十五日、作家・三島由紀夫(四五)が東京都新宿区市ケ谷本村町の陸上自衛隊東部方面総監部の総監室において割腹自刃した。その際、三島と行動をともにした楯の会会員四人のうち、森田必勝(二五)も、最後には古賀浩靖の手を借りたとはいえ、三島を介錯したのち割腹し、その森田の首をさらに古賀が刎ねた。いわゆる≪三島事件≫である。当時のある新聞が、三島の首と胴体が転がっている生々しい写真を掲載して非難を受けたことを記憶している。
 
 
  三島 由紀夫著者ページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作品一覧や著者紹介文など著者の情報が満載! 著者ページを見る
 
 
  三島由紀夫 - 歴史が眠る多磨霊園     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  埋葬場所:多磨霊園(平岡家之墓) 東京市四谷区永住町出身。本名は平岡公威(ひらおか きみたけ)。別筆名に榊山保。祖父の平岡定太郎(同墓)は樺太庁長官などを務めた官僚。農林省の官僚を務めた父の平岡梓・母の倭文重(しずえ)(共に同墓)の長男。祖父の定太郎の同郷の土木工学者である古市公威から取られ「公威」と命名された。
 
 
  三島由紀夫 (ミシマ・ヨキオ) 決定版 三島由紀夫全集 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1925-1970)東京生れ。本名、平岡公威。1947(昭和22)年東大法学部を卒業後、大蔵省に勤務するも9ヶ月で退職、執筆生活に入る。1949年、最初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行、作家としての地位を確立。主な著書に、1954年『潮騒』(新潮社文学賞)、1956年『金閣寺』(読売文学賞)、1965年『サド侯爵夫人』(芸術祭賞)等。1970年11月25日、『豊饒の海』第四巻「天人五衰」の最終回原稿を書き上げた後、自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決。ミシマ文学は諸外国語に翻訳され、全世界で愛読される。
 
 
  「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」アンケート結果詳報!(2015/4/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ◇第5位は三島由紀夫。几帳面な印象が強いようです。=「何かの機会に彼の直筆の原稿をみたことがありますが、とてもきれいな字だったことが印象に残っています。ノートもきっときれいな字だったのだろうなと思い、どんなノートをとっていたのか、ぜひ見せてもらいたいです!」(12歳/中学生/女性)…
 
 
  三島由紀夫の未発表テープ見つかる、命を絶つ9か月前の肉声=ビデオ (2017/1/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作家・三島由紀夫が自ら命を絶つ9か月前に語った未発表の肉声テープが見つかりました。「死が肉体の外から中に入ってきた」などと死生観についてや、自らの小説の欠点などを語っています。 「僕の文学の欠点は、小説の構成が劇的すぎることだと思う。ドラマティックでありすぎる。どうしても自分でやむをえない衝動なんですね。大きな川の流れのような小説は、僕には書けないんです」(三島由紀夫の肉声テープ)  新たに見つかったのは、三島由紀夫がイギリス人の翻訳家に対し語った1時間20分にわたる未発表の肉声テープです。録音されたのは、三島が命を絶つ9か月前の1970年2月とみられ、死についても語っています。…
 
 
  檄 - 盾の会隊長 三島由紀夫 - Google検索    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  われわれ盾の会は自衛隊によって育てられ、いわば自衛隊はわれわれの父であり、兄である。その恩義に報いるに、このような忘恩的行為に出たのは何故であるか。かえりみれば、私は四年、学生は三年、隊内で準自衛官として待遇を受け、一片の打算もない教育を受け、又われわれも心から自衛隊を愛し、もはや隊の柵外の日本にはない「真の日本」をここで夢み、ここでこそ終戦後ついに知らなかつた男の涙を知った。…
 
 
  三島由紀夫賞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小川洋子 オガワ・ヨウコ/ 川上弘美 カワカミ・ヒロミ/辻原登 ツジハラ・ノボル/平野啓一郎 ヒラノ・ケイイチロウ/ 町田康 マチダ・コウ
 
 
  You Tube - 演説 三島由紀夫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  You Tube - 演説 三島由紀夫
 
 
  YouTube - 三島由紀夫 vs 東大全共闘   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 三島由紀夫 vs 東大全共闘
 
 
  YouTube - 1969年、カナダのテレビ局による、三島由紀夫の貴重なインタビュー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 1969年、カナダのテレビ局による、三島由紀夫の貴重なインタビュー
 
 
  三島由紀夫のビデオテープ見つかる の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
  三島由紀夫 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
永井路子.1925
永井路子 永井路子  ながいみちこ - NAVER
  永井路子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  永井 路子(ながい みちこ、1925年3月31日 - )は歴史小説家。本名は、黒板擴子(くろいた ひろこ)。 東京市本郷区に生まれる。実母は声楽家の永井智子。… その後茨城県古河町(現古河市)で育つ。茨城県立古河高等女学校(現茨城県立古河第二高等学校)、東京女子大学国語専攻部卒。 小学館に勤務し、『近代説話』の同人となる。1964年、『炎環』(光風社、1964年10月)で直木賞を受賞する。1984年には、中世を題材にした作品で歴史小説に新風をもたらしたとして、菊池寛賞を受賞。
 
 
  歴史小説の部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歴史小説ファンのためのホームページです。わたしの最も好きな作家である永井路子さんの紹介ページが見あたらないので、さて作ってみようととりかかったページです。永井路子さんの小説を中心に、司馬遼太郎さんや黒岩重吾さん、津本陽さんなどの歴史小説を取り上げてみたいと思います。
 
 
  直木賞作家「永井路子」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NHK 大河ドラマ「毛利元就」の原作者 永井路子先生は、古代から現代に至る帽広い素材を扱い、既成の小鋭の枠にとらわれないユニークな小鋭を多数執筆されております。 また、小説や随筆などの文筆活動に加えて、近年はNHKの歴史番組の講師やコメンテーターを務めるなど放送の分野でも活躍され、平成九年には第四十八回放送文化賞を受賞されました。
 
 
  永井路子 ながいみちこ - NAVER   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第50回毎日芸術賞 『岩倉具視 言葉の皮を剥きながら』 (2009年01月)/第22回吉川英治文学賞 『雲と風と』 (1987年)/第32回菊池寛賞 (1984年)/第21回女流文学賞 『氷輪』 (1981年)/第52回直木賞 『炎環』 (1964年)  永井路子の相関図
 
 
  作家永井路子旧宅 - 茨城県古河市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古河市の名誉市民で直木賞作家の永井路子さんの旧宅をご覧いただけます。 旧宅は江戸末期の建物で、永井さんが3歳のときに移り住み、結婚するまでの約20年を過ごされました。
 
 
  永井路子 - NAOKI 35 受賞者の群像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  経歴:本名=黒板擴子(クロイタ・ヒロコ)。東京生まれ。東京女子大学国文科卒。/処女作: 「三条院記」(『サンデー毎日』昭和27年/1952年)/個人全集: 『永井路子歴史小説全集』全17巻(平成6年/1994年10月〜平成8年/1996年2月・中央公論社刊)/サイト内リンク: 直木賞受賞作全作読破への道Part3        
 
 
  永井路子 - 『北条政子』 松岡正剛の千夜千冊    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  頼朝と政子が恋に落ちた。これで歴史が変わった。トロイのヘレンこのかた歴史が恋を変えることは多々あるが、恋が歴史を変えることもままにある。ぼくならカール・リープクネヒトとローザ・ルクセンブルクをその筆頭にあげる。
 
 
  永井路子さんの作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  48の作品とその解説。 永井路子さんは大正14年東京生まれ。東京女子大学国文科卒業後小学館に入社し、「女学生の友」「マドモアゼル」の編集者をつとめた。夫は歴史学者の黒板伸夫氏。小学館時代から歴史小説を執筆し始め、昭和36年に「マドモアゼル」の副編集長で退社。昭和39年「炎環」で直木賞を受賞しました。
 
 
  永井路子全集(全17巻)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  永井路子の長編小説、短篇小説、エッセイなどが厳選されて、永井路子歴史小説全集・全17巻として発売されている本の一覧です。当然、この全集に収録されていない作品が多数あります。(発行年月:1994年10月-1996年02月)
 
 
  永井路子作品一覧 紀伊國屋書店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  永井路子作品一覧 紀伊國屋書店 全221件 を表示しています。
 
 
  永井路子 (ナガイ・ミチコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1925(大正14)年、東京生れ。東京女子大卒。1964(昭和39)年『炎環』で直木賞を受賞。1981(昭和56)年には『氷輪』で女流文学賞を受賞。1984(昭和59)年には中世を扱った歴史小説に新風をもたらした功績により菊池寛賞を受賞した。
 
 
  本 › "永井 路子"  285件 Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本 › "永井 路子"  285件 Amazon.co.jp
 
 
  日本史にみる 女の愛と生き方/永井路子 - 新潮文庫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本史にみる 女の愛と生き方/永井路子/新潮文庫,平成2年第22刷文庫判ソフト表紙本
 
 
  永井路子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  永井路子 の画像 - Google
 
 
胡桃沢耕史.1925
胡桃沢耕史 作家 胡桃沢耕史/1925
  胡桃沢耕史 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  胡桃沢 耕史(くるみざわ こうし、1925年4月26日 - 1994年3月22日)は作家。海外を舞台にした冒険小説や、ユーモア推理小説で人気を博した。東京都墨田区生まれ。趣味はバイク。 拓殖大学在学中に単独で満州へ密入国し3年間の放浪生活を送る。1945年に現地で召集を受け、終戦後はシベリアで抑留生活を送った。… 1983年、満州、中国大陸を舞台にした『天山を越えて』で第36回日本推理作家協会賞を受賞。同年、シベリア抑留生活を描いた『黒パン俘虜記』で念願の第89回直木賞受賞。
 
 
  胡桃沢耕史 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  胡桃沢 耕史(くるみざわ こうし、1925年4月26日 - 1994年3月22日)は日本の作家。本名は清水 正二郎。海外を舞台にした冒険小説や、ユーモア推理小説で人気を博した。東京市向島区(現在の東京都墨田区)生まれ。東京府立第六中学校(現在の東京都立新宿高等学校)から拓殖大学商学部卒業。趣味はバイク。
 
 
  胡桃沢耕史 みんなの本棚   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  www.mindana.jp/shelf/UserShelf/nakamura/book/5541/
 
 
  胡桃沢耕史 - 直木賞受賞作家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生没年月日:大正14年/1925年4月26日〜平成6年/1994年3月22日/受賞年齢:58歳2ヵ月/経歴:本名=清水正二郎。東京生まれ。拓殖大学商学部卒。
 
 
  胡桃沢耕史 Koji Kurumizawa   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  清水正二郎(1925-1994・大正14年-平成6年)  平成6年3月22日歿 68歳 (胡桃沢耕史居士) 神奈川県横浜市富岡・長昌寺   この寺にある直木三十五の墓は、昭和57年8月に裏山の崖上から観音堂の脇に改葬されたおり、彼はその左隣に墓地を確保した。万が一「直木賞」受賞が不首尾に終わったときは、「億斛の恨みをこめてここに眠る…
 
 
  直木賞作家  胡桃沢耕史  直木三十五と並んで永眠     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平成3年(1991)東京晴海港を出航した新さくら丸は天津に向かった。ゆたか倶楽部という所で企画した船の旅で、ボクと春日三球サンとで往き帰りに2回ずつ漫才を演った。 この旅に講師として作家の胡桃沢耕史さんも同行。氏とは本名の清水正二郎で盛んに官能小説を書いていた頃に何回か会っていたが、今回は畏れ多くも直木賞をとった大センセになっていた。
 
 
  胡桃沢 耕史:作品一覧、著者略歴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  胡桃沢 耕史:作品一覧、著者略歴 - amazon.co.jp
 
 
  胡桃沢耕史 作品(蔵書)一覧 全55点   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  胡桃沢耕史 作品(蔵書)一覧 全55点
 
 
  胡桃沢耕史 <書籍> - スーパー源氏 本と文化の街   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  胡桃沢耕史 - スーパー源氏 <書籍>
 
 
  胡桃沢耕史 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  胡桃沢耕史 の画像 - Google
 
 
田中小実昌.1925
田中小実昌/1925 田中小実昌 - SPYSEE
  田中小実昌 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田中 小実昌(たなか こみまさ、1925年(大正14年)4月29日 - 2000年(平成12年)2月26日)は作家、随筆家、翻訳家。 東京千駄ヶ谷生まれ。牧師だった父の転勤で広島県呉市で育つ。 実家近くの広島県立呉第一中学を卒業後、旧制福岡高校を繰上げ卒業して出征し、中国南京など各地を転戦。 1971年、『自動巻時計の一日』で直木賞候補。1979年、『ミミのこと』『浪曲師朝日丸の話』の2作品で直木賞を受賞。 同年、戦争体験や父の姿に題材を取った短編集『ポロポロ』で谷崎潤一郎賞も受賞した。
 
 
  田中小実昌 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田中小実昌(たなか こみまさ、1925年(大正14年)4月29日 - 2000年(平成12年)2月27日)は作家、随筆家、翻訳家。
 
 
  田中小実昌氏に座布団三枚!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「ポイズンピル」 をめぐって、昨日に続き、もう一度冒険させていただくことにする。 「流れるものと残るもの」 でも触れられているが、ハードボイルド御三家の一人、ダシール・ハメットの 「血の収穫」 という小説に、「パーソンビル」 という町が登場する。この町が 「ポイズンビル」 と呼ばれているという。…
 
 
  田中小実昌 - 直木賞受賞作家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生没年月日:大正14年/1925年4月29日〜平成12年/2000年2月27日/受賞年齢:54歳2ヵ月/経歴 東京生まれ。東京帝国大学文学部哲学科中退。
 
 
  田中小実昌さん - ゴスペルな日々   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日は田中小実昌(たなかこみまさ)さんを取り上げます。 我が家にあるのは次の3冊。 1.アメン父 講談社文芸文庫 1200円だよ!いい本ですけどね ^^;/2.ポロポロ 河出文庫  700円なり 谷崎賞受賞作/3.ないものの存在 福武書店
 
 
  『田中小実昌――行軍兵士の実存』  岡庭昇   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  直木賞も受賞し、テレビにも頻繁に登場した人気作家/翻訳家であった田中小実昌。だが、2000年の没後、彼はものすごい速度で人々から忘れ去られようとしている。膨大な著作を遺した作家なのに、現在新刊書店で手に入る著作はわずか6冊だという。
 
 
  覚せい剤のこと―覚せい剤のこと―田中小実昌・野坂昭如対談   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (田中)新宿の大ガードのところを通り越して角筈のほうへ行くと、昼間見ると星みたいにたくさんあいたトタン屋根の下でおばあさんがご飯をたいているわけです。なぜか大釜じゃなくて、そこで待っているとご飯が炊けてきて茶碗一杯三十円とかね。漬け物くらいはあったかもしれないけど、おかずは自前で持ってくる。…
 
 
  田中小実昌データ・ベース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  <<田中小実昌情報>>                               
 
 
  田中小実昌  ジュンク堂書店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  著者 田中 小実昌:100点
 
 
  ポロポロ [文庫]  田中小実昌 (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  独立教会の牧師だった父親が開いていた祈祷会。そこではみんながポロポロという言葉にはならない祈りをさけんだり、つぶやいたりしていた―著者の宗教観の出発点を示す表題作「ポロポロ」の他、中国戦線で飢えや病気のため、仲間たちとともに死に直面した過酷な体験を、物語化を拒否する独自の視線で描いた連作。谷崎潤一郎賞受賞作。
 
 
  田中小実昌 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田中小実昌 の画像 - Google
 
 
丸谷才一.1925
丸谷才一 読書について 筒井康隆さん×丸谷才一さん×大江健三郎さん
  丸谷才一 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  丸谷 才一(まるや さいいち、1925年8月27日 - )は小説家、文芸評論家、翻訳家。鶴岡市名誉市民。代表作に『笹まくら』など。 1945年(昭和20年)、召集によって山形の歩兵第32連隊に入営。 1947年(昭和22年)、同校卒業後、東京大学文学部英文科に入学し、ジェイムズ・ジョイスに圧倒的な影響を受ける。 1968年・昭和43年『年の残リ』刊行、芥川賞受賞。 1972年、谷崎潤一郎賞受賞。 その後、読売文学賞、大佛次郎賞、泉鏡花文学賞、朝日賞受賞。 2006年、文化功労者に選ばれる。
 
 
  丸谷才一   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  われわれは常に文章を伝統によつて学ぶからである。人は好んで才能を云々したがるけれど、個人の才能とは実のところ伝統を学ぶ学び方の才能にほかならない。ある種の学者たちのやうに、せつせと名文とつきあつても書く文章がいつこう冴えないのは、文章の伝統から学び取る態度が間違つてゐるためなのである。(文章読本 / 丸谷才一著. 中央公論社, 1977年、21頁)
 
 
  丸谷才一 『女ざかり』    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  席に戻ると、もう南弓子はゐないが、浦野はそれを、恋心を隠さうとしての可憐な態度と取らうとした。そして解釈の線をかう決めれば、華奢な感じは顔にも姿にもほのかにしか残つてゐない代りにどこかの男の丹精でよく熟れた四十女が、少女のやうにあえかなものとして心に迫つてくる。彼は叙情的な気分になつた。…
 
 
  丸谷才一 作家のいる風景   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  丸谷才一は『食通知ったかぶり』で“食”にまつわる話を書いていますが、その中に70年代の横浜が描かれています。そこでは、この《海南飯店》が、広東料理の美味しいお店として紹介されているのです。以下、原文の一部を紹介します。
 
 
  丸谷才一さんと[竹やぶ]の蕎麦   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  最近出た『蕎麦処 山下庵』という本(小学館)を妻が買った。ちらりとだけ読ませてもらう。ジャズの山下洋輔さんが、各界の蕎麦好き30人の文章を編んだもの。どれも蕎麦への愛情がこもっているようだ。
 
 
  新聞とコラム 落第・元記者の雑文日記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『文章讀本』を上梓するほどの作家である、丸谷才一さんが挨拶を頼まれた際には即興でやらず、必ず原稿を作り、棒読みしていることは有名ですね。『挨拶はむづかしい』とか『挨拶はたいへんだ』などの著書まであります。功成り名を遂げた大作家がどうして、たかが挨拶にそこまでこだわるのか。
 
 
  丸谷才一 (マルヤ・サイイチ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1925(大正14)年、山形県鶴岡市生れ。東大英文科卒。1967(昭和42)年『笹まくら』で河出文化賞を、1968年『年の残り』で芥川賞を受賞。その後、小説、評論、エッセイ、翻訳と幅広い文筆活動を展開。『たった一人の反乱』(谷崎潤一郎賞)『裏声で歌へ君が代』『後鳥羽院』(読売文学賞)『忠臣藏とは何か』(野間文芸賞)『日本語のために』『女ざかり』『輝く日の宮』(泉鏡花文学賞)等、多くの著作がある
 
 
  鼎談・読書について 筒井康隆さん×丸谷才一さん×大江健三郎さん - asahi.com BOOK   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  筒井康隆さんが読書面で連載した『漂流――本から本へ』が朝日新聞出版から本になりました。筒井さんと、同学年の大江健三郎さん、このほど本をめぐる随筆集『星のあひびき』が出た丸谷才一さん。3人の作家による「読書について」の鼎談(ていだん)では、豊かで多彩な読書体験が語られました。
 
 
  丸谷才一 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  丸谷才一 の画像 - Google
 
 
杉本苑子.1925.6/
  重厚感ある歴史小説、杉本苑子さん死去…91歳 (2017/6/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  重厚感ある歴史小説で知られた作家の杉本苑子(すぎもと・そのこ)さんが、5月31日午前5時30分、老衰のため死去した。 91歳だった。告別式は近親者で済ませた。後日、静岡県熱海市がお別れの会を開く。(全文)
 
 
  「杉本苑子」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  杉本苑子 - Google検索
 
 
立原正秋/1926
立原正秋 立原正秋 - 高井有一/著
  立原正秋 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  立原 正秋(たちはら まさあき、金胤奎、キム・ユンキュ、1926年1月6日 - 1980年8月12日)は、朝鮮半島出身の日本の小説家・随筆家・詩人・編集者。 1926年(大正15年)1月6日、朝鮮慶尚北道生れ。早稲田大学中退。 世阿弥の芸術論など中世の日本文学に深く沈潜、みずからの創作活動の原点とした。 1966年(昭和41年)、「白い罌粟」で第55回直木賞を受賞。大人の愛を描いた小説に人気がある。 代表作に『冬の旅』『残りの雪』『冬のかたみに』など。『秘すれば花』『日本の庭』など随筆も多い。
 
 
  立原正秋 (タチハラ・マサアキ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1926-1980)1926(大正15)年、朝鮮慶尚北道安東郡生れ。幼くして父を失い、1937年、横須賀の母の再婚先に移る。早稲田大学専門部に入学し、文学部国文科に学ぶが中途退学。「薪能」「剣ヶ崎」で芥川賞候補となり、1966年、「白い罌粟」で直木賞を受賞。凛とした精神性と日本的美意識に裏打ちされた多くの作品を生み、1980年、食道癌により死去。主な小説は『冬の旅』『舞いの家』『残りの雪』『夢は枯野を』『冬のかたみに』『帰路』等。
 
 
  立原正秋 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  立原正秋 の画像 - Google
 
 
  立原正秋 - 高井有一/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人間・立原正秋の哀しいまでに必死な生と死を、克明かつ友愛をこめて照らしだした画期的評伝。毎日芸術賞受賞。
 
 
  立原正秋 Masaaki Tachihara   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  立原正秋(1926-1980・大正15年-昭和55年)  昭和55年8月12日歿 54歳 (凌霄院梵海禅文居士) 鎌倉・瑞泉寺   私はおおねのところで自分の子がうまれるのがこわかった。自裁した父と母に去られた子を考えたのである。もし私が父のようになり、妻が母のようになったら……。妻を母にたとえるのはよくなかったが、しかし私には父の血が流れていた。臨済の家風が私を支えていたとはいえ、いつか父を追うことはないだろうか。…
 
 
  立原正秋 (新潮文庫)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  花のいのち(新潮文庫):立原さんの作品に『残りの雪』という名作がありますが、このお話はその『残りの雪』をもっと軽くしたような作品で、正直言ってちょっと物足りなさを感じてしまいました。/あだし野(新潮文庫):立原正秋さんの本は何冊か読みましたが、このお話がいちばん好き。…
 
 
  立原正秋 - 直木賞受賞作家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生没年月日:大正15年/1926年1月6日〜昭和55年/1980年8月12日/受賞年齢:40歳6ヵ月/経歴:本名=米本正秋。旧朝鮮慶尚北道生まれ。早稲田大学国文科中退。
 
 
  美のなごり 立原正秋の骨董 〈書籍〉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作家・立原正秋は、生活のすみずみまで独自の美学を徹底していた。 蒐集した美術品は、多くの作品に影響をおよぼし、いくつかの小説を生んできた。 「懐石 立原」の主である著者が、愛用美術品とそれにまつわる作品をとおして、蒐集者たる父・正秋の美へのまなざしについて、記憶を呼び起こし書き留めた随筆集。
 
 
  『美食の道』by立原正秋 - やっぱり本が好き   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  直木賞作家、立原正秋のグルメエッセイ。 かなりの酒好きで朝、10時頃に目をさますとまず中壜のビールを飲むらしい。
 
 
  立原正秋 [単行本]  高井有一 (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  韓国人の両親のもと慶尚北道の農村に生れ、国立がんセンターで立原姓を戸籍名として歿するまで、日韓の歴史の狭間で生涯に六つの名前を持たねばならなかった一生。年譜さえも自ら創作せざるを得ないほど、文学と実生活の間で苛烈な自己との闘いを続けた軌跡を描き、全生涯を余すところなく照らし出した画期的評伝。
 
 
  立原正秋 お薦めをおしえて - 教えて!goo   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NO.3です。25年前に読んだきりですので、筋はほとんど覚えていないのですが、確か「はましぎ」の方で、主人公の3兄弟の長男が、世をはかなんでか、鄙びた漁村に隠棲し、近くの港で漁師の網からこぼれる鰯をただで貰って、天然の潮風でもって極上の目刺しをつくりあげ、飲み屋などに売り歩くというのが妙に記憶にあります。 読んで損はありません。傑作です。
 
 
  立原 正秋 作品一覧 - 紀伊國屋書店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  立原 正秋 作品一覧  全204件を表示しています。
 
 
三浦朱門/1926
三浦朱門
  三浦朱門 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三浦 朱門(みうら しゅもん、1926年(大正15年)1月12日 - )は作家、第7代文化庁長官。教育課程審議会会長を歴任。東京都出身。現在の高知大学を経て、東京大学文学部言語学科卒業。2004年に日本芸術院の院長に選出され、また2005年3月まで日活芸術学院の学院長を務めた。妻は作家の曽野綾子で二人ともカトリック信徒として知られる。 1967年 第14回新潮文学賞受賞(『箱庭』)  1983年 芸術選奨文部大臣賞受賞(『武蔵野インディアン』)  同年10月 文化功労者に選ばれる 。
 
 
  【正論】天皇の20年 国際的にも立派な国・日本 作家・元文化庁長官 三浦朱門   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国連は元来が第二次大戦中の連合国の組織を、そのまま戦後に持ちこんで、日本やドイツなどの「危険」な国を監視する意図で作られ、戦後の国際秩序を作った。連合国側の旗印は平和の維持、民主主義の擁護と人権の確立だったから、この3つが国連の旗印のようになった。…
 
 
  三浦朱門 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三浦朱門 の画像 - Google
 
 
河野多惠子/1926
河野多惠子
  河野多惠子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  河野 多惠子(こうの たえこ、1926年4月30日 - )は小説家。 大阪府生まれ。旧制大阪府女子専門学校卒業。1950年、丹羽文雄主宰の『文学者』同人となる。1961年『幼児狩り』で注目され、1963年『蟹』で芥川賞を受賞する。1989年、日本芸術院会員、。大庭みな子と共に女性初の芥川賞選考委員となり、2007年まで務めた。 『谷崎文学と肯定の欲望』で読売文学賞を受賞、これは最も優れた谷崎論であり、他に『谷崎文学の愉しみ』などの評論があり、谷崎潤一郎賞選考委員を務めた。
 
 
  河野多惠子 (コウノ・タエコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1926(大正15)年、大阪生れ。大阪府女専(大阪女子大学)卒。〔文学者〕同人になり、1952(昭和27)年、上京。1961年「幼児狩り」で新潮社同人雑誌賞、1963年「蟹」で芥川賞を受賞。著書に、『不意の声』『谷崎文学と肯定の欲望』(共に読売文学賞)、『みいら採り猟奇譚』(野間文芸賞)、『後日の話』(毎日芸術賞、伊藤整賞)、『秘事』『河野多惠子全集』など。日本芸術院会員。コロンビア大学客員研究員。
 
 
  河野多惠子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  思いがけないこと/秘事/半所有者/小説の秘密をめぐる十二章
 
 
山口瞳/1926
山口瞳
  山口瞳 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口 瞳(やまぐち ひとみ、本名同じ、1926年(大正15年)11月3日 - 1995年(平成7年)8月30日)は男性作家、エッセイスト。 東京市麻布区に生まれ育つ。… 「婦人画報」に連載した『江分利満氏の優雅な生活』で、1963年に第48回直木賞を受賞。 代表作は、「週刊新潮」連載の『男性自身』シリーズ、自らの両親の生い立ちを題材とした『血族』(第27回菊池寛賞受賞)など。 将棋には幼少の頃から熱心に打ち込み、プロ棋士山田道美と飛車落ちの新定跡「瞳流位取り戦法」を研究・創案。
 
 
  山口瞳 (ヤマグチ・ヒトミ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1926(大正15)年、東京生れ。鎌倉アカデミアに入学。出版社勤務を経て、1958(昭和33)年寿屋(現サントリー)宣伝部に入り、「洋酒天国」の編集者・コピーライターとして活躍する。1962年『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞受賞。1979年には『血族』で菊池寛賞を受賞する。1963年「週刊新潮」で始まった「男性自身」は、31年間1614回に及ぶ。シリーズ最終巻は『江分利満氏の優雅なサヨナラ』。1995(平成7)年8月永眠。
 
 
  山口 瞳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口瞳さんは、“生きることのシンドサをとことん書いた作家” であると思います。 貧しいこと、悲惨な生活を書いた作家は幾人もいると思います。けれども彼らは特別な人たちであり、また特別な世界での出来事でありました。
 
 
  「係長」山口瞳の処世術  小玉 武/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  サントリーに入社すると上司が「係長」山口瞳だった  直属の上司だった「係長」山口瞳は、著者にとって会社渡世や言葉遣いから酒の飲み方まで教えてくれた人生の教師だった。作品や体験を通して、その真髄を描く。
 
 
  山口瞳 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口瞳 の画像 - Google
 
 
星新一/1926
星新一 - 人名辞典
  星新一 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  星 新一(ほし しんいち、本名・星 親一、1926年9月6日 - 1997年12月30日)は小説家、SF作家。 森鴎外は大伯父にあたる。… ショートショート(掌編小説)の神様」と呼ばれ、生涯で1001編以上の作品を残す。『ボッコちゃん』、『悪魔のいる天国』、『おせっかいな神々』、『ノックの音が』など多くの短編集がある。また、父親を書いた伝記小説『人民は弱し 官吏は強し』などのノンフィクション作品もある。小松左京・筒井康隆と並んで「御三家」と称され、日本を代表するSF作家として知られている。
 
 
  星新一 (ホシ・シンイチ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1926-1997)東京生れ。東京大学農学部卒。1957(昭和32)年、日本最初のSF同人誌「宇宙塵」の創刊に参画し、ショート・ショートという分野を開拓した。1001編を超す作品を生み出したSF作家の第一人者。SF以外にも父・星一や祖父・小金井良精とその時代を描いた伝記文学などを執筆している。著書に『ボッコちゃん』『悪魔のいる天国』『マイ国家』『ノックの音が』など多数。
 
 
  星新一  SHINICHI HOSHI OFFICIAL SITE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  父が亡くなって10年。小説を書かなくなってからだと20年にもなるというのに、今でも父の作品を読んでくださる方が大勢いるということは、私たち遺族にとって本当にうれしいことです。…  星マリナ (星新一 次女)  ENGLISH/ホシヅル図書館/プロフィール/主なニュース/寄せ書き/ごあいさつ/星新一作品の使用に関するお問い合わせ先
 
 
  星新一 の画 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  星新一 の画 - Google
 
 
石牟礼道子.1927.3
石牟礼 道子 (いしむれ みちこ) 石牟礼道子 葭の渚 〔石牟礼道子自伝〕
  多くの「文学賞」を受賞した石牟礼道子さん死去=代表作「苦海浄土」 (2018/2/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水俣病患者の苦しみや祈りを共感をこめて描いた小説「苦海浄土」で知られる作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市の介護施設で死去した。90歳だった。葬儀は近親者のみで執り行う。 熊本県・天草に生まれ、生後まもなく対岸の同県水俣町(現水俣市)に移住した。短歌で才能を認められ、1958年、詩人谷川雁(がん)氏らと同人誌「サークル村」に参加。南九州の庶民の生活史を主題にした作品を同誌などに発表した。68年には、「水俣病対策市民会議」の設立に参加。原因企業チッソに対する患者らの闘争を支援した。 水俣病患者の心の声に耳をすませてつづった69年の「苦海浄土 わが水俣病」は高い評価を受け、第1回大宅壮一ノンフィクション賞に選ばれたが、「いまなお苦しんでいる患者のことを考えるともらう気になれない」と辞退した。以降も「苦海浄土」の第3部「天の魚」や「椿(つばき)の海の記」「流民の都」などの作品で、患者の精神的な支えになりながら、近代合理主義では説明しきれない庶民の内面世界に光をあてた。 2002年には、人間の魂と自然の救済と復活を祈って執筆した新作能「不知火(しらぬい)」が東京で上演され、翌年以降、熊本市や水俣市でも披露された。 晩年はパーキンソン病と闘いながら、50年来の親交がある編集者で評論家の渡辺京二さんらに支えられ、執筆を続けた。中断したままだった「苦海浄土」第2部の「神々の村」を2004年に完成させ、3部作が完結。11年には作家池澤夏樹さん責任編集の「世界文学全集」に日本人作家の長編として唯一収録された。 73年、水俣病関係の一連の著作でフィリピンの国際賞「マグサイサイ賞」、93年には不知火の海辺に生きた3世代の女たちを描いた「十六夜(いざよい)橋」で紫式部文学賞。環境破壊による生命系の危機を訴えた創作活動に対し、01年度の朝日賞を受賞。03年に詩集「はにかみの国」で芸術選奨文部科学大臣賞を受けた。全17巻の全集(藤原書店)は13年までに刊行(14年に別巻の自伝)。他の著作に「西南役伝説」「アニマの鳥」「陽のかなしみ」「言魂(ことだま)」(故・多田富雄氏との共著)など多数。 15年1月から本紙西部本社版で、17年4月から全国版でエッセー「魂の秘境から」を連載中だった。 ◇石牟礼道子さんのエッセーやインタビューはこちら
 
 
  (精霊たちの…)語りの力=命への慈しみ胸に 石牟礼道子さん死去 (2018/2/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石牟礼道子さんが語る水俣の思い出話には、あたりまえのように精霊たちが現れた。彼らの口調をまねる語り口に引きこまれて聞いていると、少女だったころに見た山河、そして公害に冒される前の水清き不知火海の幻影が見えてくる。そんな語りの力にただただ圧倒された。 天衣無縫の歌心と、森羅万象を自在に語るわざは天性のものだった。遠い日のふるさとの記憶を叙情的に描いた「椿(つばき)の海の記」や美しい詩編の数々に、石牟礼さんの作家・詩人としてのたぐいまれな美質があらわれている。そんな書き手を、公害という現世的な問題に向き合わせた運命の巡り合わせを思わずにはいられない。 「苦海浄土」の連載を始めたのは1965年、38歳のとき。主婦だった石牟礼さんは、水俣の漁民たちの健康被害を知り、書かねばならぬと筆を執った。 病み伏す人々、苦しむ家族の言葉に耳をすまし、傷ついた魂になり代わって語りに語ったのがこの作品である。3部まである大作だが、晩年、第4部を書きたいと話していた。「今度は胎児のときに病になり、自分の言葉でものが言えなかった人の気持ちを残さなくては」と。 84歳の誕生日に東日本大震災が起きた。「東北に行って、津波に流された人たちを探したい」と言い、原発事故にも心を痛めていた。「水俣と同じ。人間をないがしろにする時代が続いている」。瞳には怒りではなく、深い悲しみが宿っていた。 訪問したのはパーキンソン病の闘病中。取材が終わり失礼しようとすると、不自由な体で立ち上がって深々とお辞儀をされた。後日インタビューの掲載紙を送ると、丁寧な礼状が届いた。描き添えられた椿の花が美しかった。命あるものへの慈しみを胸に生きた人だった。(全文)
 
 
  押し出された者と交わった魂 石牟礼さん追悼・池澤夏樹=動画 (2018/2/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石牟礼さんがもういない。 本に行っても、託麻台リハビリ病院にもユートピア熊本にも石牟礼さんはいない。念のため、以前に暮らしていらしたやまもと内科の四階を覗(のぞ)いても、やはりおられない。あれらの部屋はみな空っぽになってしまった。 この十年、何度となく熊本に通った。不知火海を一周して水俣に寄り、遠く高千穂へ走って夜神楽を見、一昨年の地震の惨状も確かめに行った。その他にも何かと理由を作って訪れた。 すべて石牟礼さんに会うためだった。 パーキンソン病でお首が揺れる…◇石牟礼道子さん死去 水俣病を描いた小説「苦海浄土」/石牟礼道子さんのエッセーやインタビュー
 
 
  YouTube - 石牟礼道子『苦海浄土』刊行に寄せて   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 石牟礼道子『苦海浄土』刊行に寄せて
 
 
  YouTube - 石牟礼道子の俳句   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石牟礼 道子(いしむれ みちこ ) 熊本県天草郡河浦町(現・天草市)出身。 水俣実務学校卒業後、 代用教員、主婦を経て 1958年谷 ...
 
 
  石牟礼道子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルのクリックで そのHPが開きます。
 
 
  【石牟礼道子】-Google-検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【石牟礼道子】-Google-検索
 
 
  「石牟礼道子」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石牟礼道子 - Google 検索
 
 
  石牟礼道子さん残した能、今秋上演 天草が舞台「沖宮」 (2018/2/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水俣病を描いた小説「苦海浄土」で知られ、10日に90歳で亡くなった作家、石牟礼(いしむれ)道子さんの新作能「沖宮(おきのみや)」が今秋、上演される。衣装を監修するのは、紬織(つむぎおり)の人間国宝、志村ふくみさん(93)=京都市在住。自然と人間の関係について、対話を続けてきた2人の友情の結晶となる舞台だ。 30年来の親交があった石牟礼さんと志村さん。東日本大震災後の2011年秋、新作能の構想を温めていた石牟礼さんが「志村さんのお仕事で能装束を仕上げたいというのは長年の秘(ひそ)かな念願でございました」と手紙を送った。 志村さんは快諾。長女で染織家の洋子さんと、熊本の石牟礼さんを訪ね、能衣装の相談をするかたわら、東京電力福島第一原発事故など自然と人間の関係について思いを語り合ってきた。 その後、石牟礼さんが書き上げた「沖宮」は、島原の乱(1637〜38)が終わった後の天草(熊本県)が舞台。天草四郎の乳きょうだいで、戦乱で孤児となった少女あやは、干ばつに苦しむ村のため、竜神のいけにえに選ばれる。緋(ひ)色の衣をまとい、海の底へと沈んでいくあや。その魂を迎えに、四郎の霊が現れる。やがて村に恵みの雨が降り始めるという物語だ。 石牟礼さんは生前、「あやは死… ◇口述筆記した記者が握った手 真実描く石牟礼さんの詩情/石牟礼道子さん死去 水俣病を描いた小説「苦海浄土」
 
 
  作家の石牟礼道子さん死去 90歳 「苦海浄土」(2018/2/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人間の極限的惨苦を描破した「苦海浄土(くがいじょうど)」で水俣病を告発し、豊穣(ほうじょう)な前近代に取って代わった近代社会の矛盾を問い、自然と共生する人間のあり方を小説や詩歌の主題にすえた作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市の介護施設で死去した。90歳。葬儀は近親者のみで営む。喪主は長男道生(みちお)さん。(全文)
 
 
堤清二/1927
辻井喬
  堤清二 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堤 清二(つつみ せいじ、1927年3月30日 - 2013年11月25日)は、日本の実業家、小説家、詩人。学位は博士(経済学)(中央大学・1996年)。筆名は辻井 喬(つじい たかし)、横瀬 郁夫(よこせ いくお)。日本芸術院会員、財団法人セゾン文化財団理事長、社団法人日本文藝家協会副理事長、社団法人日本ペンクラブ理事、『歴程』同人、憲法再生フォーラム共同代表、日本中国文化交流協会会長。 西武流通グループ代表、セゾングループ代表などを歴任した。弟は元西武鉄道会長の堤義明。 1 経歴 / 2 家族・親族 / 3 辻井喬 主要著作  / 4 堤清二(辻井喬)関連人物 / 5 脚注 / 6 外部リンク
 
 
  辻井喬 (ツジイ・タカシ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1927(昭和2)年、東京生れ。本名・堤清二。東大経済学部卒。西武王国の総帥だった父・堤康次郎の跡を継ぎ、理論派経営者の手腕を発揮する一方、詩人・作家として活躍。1961年、詩集『異邦人』で室生犀星賞、1984年『いつもと同じ春』で平林たい子文学賞、1993(平成5)年、詩集『群青、わが黙示』で高見順賞、1994年『虹の岬』で谷崎潤一郎賞、2004年『父の肖像』で野間文芸賞を受賞。他の作品に『彷徨の季節の中で』『風の生涯』『鷲がいて』など。
 
 
  セゾングループの歴史(西武セゾン パルコ 西武百貨店 堤清二物語) You Tube   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  セゾングループの歴史(西武セゾン パルコ 西武百貨店 堤清二物語) You Tube
 
 
  堤清二 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堤清二 の画像 - Google
 
 
北杜夫.1927
北杜夫
  北杜夫 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北 杜夫(きた もりお、1927年5月1日 - )は小説家、エッセイスト、精神科医。医学博士。本名は、斎藤宗吉(さいとう そうきち)。 父は歌人・斎藤茂吉で長女は斎藤由香。 東京都港区南青山生まれ。 少年時代は昆虫採集に熱中、旧制高校時代に文学に目覚め、特にトーマス・マンに傾倒。… 医師勤めのかたわら小説を執筆。『夜と霧の隅で』で、1960年に第43回芥川賞を受賞。 『どくとるマンボウ航海記』がベストセラーとなる。以降、特に若い読者から熱狂的に支持される人気作家となった。
 
 
  北杜夫 (キタ・モリオ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1927(昭和2)年、東京青山生れ。旧制松本高校を経て、東北大学医学部を卒業。1960年、半年間の船医としての体験をもとに『どくとるマンボウ航海記』を刊行。同年、『夜と霧の隅で』で芥川賞を受賞。その後、『楡家の人びと』(毎日出版文化賞)、『輝ける碧き空の下で』(日本文学大賞)等の小説を発表する一方、ユーモアあふれるエッセイの執筆も多い。近著は、『どくとるマンボウ回想記』、『パパは楽しい躁うつ病』(長女・齋藤由香氏と共著)など。
 
 
  北杜夫の部屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私と北杜夫の作品との出会いは、中学生の時に読んだ「どくとるマンボウ航海記」が最初でした。 私が、北の本を読み出すきっかけとなったのは、北のことが阿川弘之のエッセイにたびたび出てくるので、どんなものを書いているのかためしに読んでみようと思ったからです。…
 
 
  本当は怖かった北杜夫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今、北杜夫がちょっとしたマイブームだ。 このブームは、古本屋で見かけた「輝ける碧き空の下で」の第一部を読んでからだ。 昔、北杜夫作品を読んだとき、学生の浅知恵で「北杜夫は余裕の作家」だとイメージを固めていた。ユーモラスな余裕をもって淡々と語る文化人だと。そんな失礼な印象を持っていたのだ。浅はかにも。…
 
 
  北杜夫 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北 杜夫(きた もりお、1927年5月1日 - )は、日本の小説家、エッセイスト、精神科医。本名は、斎藤宗吉(さいとう そうきち)。父は歌人・斎藤茂吉で、エッセイストとしても活躍した精神科医・斎藤茂太は兄。
 
 
  北杜夫 『マンボウ最後の大バクチ』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  82歳になった「どくとるマンボウ」の、最新エッセイ集 書名が『マンボウ最後の大バクチ』であるのは、『新潮45』に連載された全5回のギャンブル紀行シリーズが丸ごと収録されているため。この「ギャンブル紀行」が全体の3分の1を占める。
 
 
  「パパは楽しい躁うつ病」北杜夫・斎藤由香   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  やっと読みました。北杜夫・斎藤由香「パパは楽しい躁うつ病」(朝日新聞出版)。思えば「猛女と呼ばれた淑女」を読んで以来、読む読むと言って入手できずにいました。必ず図書館には入るはず、と言い聞かせてこの日を待っていたのですが、うー、この本の主体は「北杜夫の躁鬱病について」です。…
 
 
  どくとるマンボウファンの共和国  北杜夫ファンページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  毎度お越し下さいましてありがとうございます。 このページは北杜夫ファンによる北杜夫ファンのための北杜夫ファンのためのページです。
 
 
  北杜夫 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北杜夫 の画像 - Google
 
 
城山三郎.1927
城山三郎
  城山三郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  城山 三郎(しろやま さぶろう、1927年(昭和2年)8月18日 - 2007年(平成19年)3月22日)は小説家。 愛知県名古屋市生まれ。1945年(昭和20年)、愛知県立工業専門学校に入学。大日本帝国海軍に志願入隊。1952年、一橋大学在学中に洗礼を受ける。 経済小説、伝記小説の作者として顕著。1958年(昭和33年):『輸出』で第4回文學界新人賞。 1959年(昭和34年):『総会屋錦城』で第40回直木賞。『落日燃ゆ』で吉川英治文学賞。その他、毎日出版文化賞、第44回菊池寛賞、朝日賞受賞。
 
 
  作家と戦争 城山三郎と吉村昭   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  海軍体験と特攻への思いから『大義の末』『落日燃ゆ』『指揮官たちの特攻』を書き上げた城山三郎と、東京大空襲で下町界隈を逃げまどった経験を持ち、『零式戦闘機』『戦艦武蔵』『総員起シ』などの記録文学を残した吉村昭。一級上は戦場送り、一年下は学童疎開という「末期戦中派」にあたる二人の原点・小説世界・作家生活を、担当編集者の視点で描く文学評伝。
 
 
  城山三郎:成功への格言・名言集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有名な城山三郎は、こんな言葉を語っていた。… 老害はいけないが、老人は有用だということ。 どうして老害になるかというと、権力を持って居座るからです。
 
 
  城山三郎 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  城山 三郎(しろやま さぶろう、1927年(昭和2年)8月18日 - 2007年(平成19年)3月22日)は、日本の小説家。本名は、杉浦 英一(すぎうら えいいち)。経済小説の開拓者として、また伝記小説の作者として評価されている。
 
 
  城山三郎が娘に語った戦争 朝日文庫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  故・城山三郎が70歳を過ぎて初めて語りだした、それまで「つらすぎて言えなかった」戦争体験の数々&#8212;。平和への痛切な願いをこめて、苦しい記憶を掘り起こしてでも「話さなければならないし、そのために生かされてきた」という思いが、いま最愛の娘によって受け継がれる。
 
 
  「城山三郎の昭和」 [農村だより] [編集]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  読書の仕方は様々ありますが、この本はゆっくりと噛みしめて読むタイプの本です。毎晩少しずつページを繰りました。   「城山三郎の昭和」 佐高信著 角川書店刊 平成16年6月30日初版発行  佐高信は、サンデーモーニングのコメンテイターとしてテレビ画面に登場しますが、この人の評論はしっくりときますし、今の時代に少なくなってしまった「重さ」を感じます。 そして、いつも思い出すのは、私の学生時代に佐高氏がフリーになって評論を開始し、私の母校で非常勤講師として講座をもっていたということに、あとから気付いたということです。…
 
 
  城山三郎-直木賞選考委員 選評の概要   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名=杉浦英一。愛知県生まれ。東京商科大学理論経済学専攻卒。 在任年齢:50歳10ヶ月〜55歳10ヶ月 生没年月日:昭和2年/1927年8月18日〜平成19年/2007年3月22日 個人全集:『城山三郎全集』全14巻(昭和55年/1980年1月〜昭和56年/1981年3月・新潮社刊) 直木賞候補歴:第38回候補 「輸出」(『文學界』昭和32年/1957年7月号)/第40回受賞 「総会屋錦城」(『別冊文藝春秋』66号[昭和33年/1958年10月])
 
 
  【論説委員「私の1冊」】河合雅司 城山三郎「官僚たちの夏」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今度の衆院選では「霞が関改革」が大きな争点となりそうだ。社会保険庁をはじめ、不祥事は後を絶たない。無駄遣いやモラルの低さもあきれるばかりだ。「前例主義の硬直化した発想では、激動の現代を乗り切れない」といった批判も強い。…
 
 
  ★城山三郎と芥川賞著目一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  城山三郎も半年がかりで書き上げた中篇を文藝春秋社に届けたところ編集長のP氏から「1、2枚分書き足せば、芥川賞まちがい無し!」と言われまんざらその気になっていたところそれから間もない新聞発表での、芥川賞候補作品リストに、私の作品は無かった。呼びつけて筆を入れさせ、太鼓判まで捺してくれたのに、選考対象からも外されてしまった。・・・と。
 
 
  ★城山三郎 プロフィール/年譜/所蔵文庫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1927年、名古屋市の商家に生れる。本名は杉浦英一 ペンネームのいわれ・・・名古屋市の東郊、織田信長の出城の1つがあったことから通称「城山」と呼ばれる地域に昭和32年3月に引越ししたことから「城山三郎」として『輸出』を書き上げると、「文学界」誌に投稿した。
 
 
  城山三郎 (シロヤマ・サブロウ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1927-2007)名古屋生まれ。海軍特別幹部練習生として終戦を迎えた。一橋大学卒業後、愛知学芸大学に奉職、景気論等を担当。1957(昭和32)年、『輸出』により文学界新人賞、1959年『総会屋錦城』で直木賞を受け、経済小説の開拓者となる。吉川英治文学賞、毎日出版文化賞受賞の『落日燃ゆ』の他、『男子の本懐』『黄金の日日』『役員室午後三時』『毎日が日曜日』『官僚たちの夏』『もう、きみには頼まない』『硫黄島に死す』『指揮官たちの特攻―幸福は花びらのごとく―』等、多彩な作品群は幅広い読者を持つ。1996(平成8)年、菊池寛賞を、2002(平成14)年、朝日賞を受賞。2007年3月22日没。享年79。没後発見された愛妻への遺稿『そうか、もう君はいないのか』は世代を超えたベストセラー。
 
 
  城山三郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  城山三郎 の画像 - Google
 
 
吉村昭.1927
吉村昭
  吉村昭 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉村 昭(よしむら あきら、1927年5月1日 - 2006年7月31日)は、東京都出身の小説家。従四位、旭日中綬章受章。 1966年に『星への旅』で第2回太宰治賞を受賞。次いで長篇『戦艦武蔵』が『新潮』に一挙掲載されたことにより作家的自立を果たした。1972年、『深海の使者』により第34回文藝春秋読者賞受賞。1973年、『戦艦武蔵』『関東大震災』などの作品で第21回菊池寛賞受賞。 その他、吉川英治文学賞、毎日芸術賞、讀賣文学賞および芸術選奨文部大臣賞、日本芸術院賞、大佛次郎賞受賞。
 
 
  吉村 昭   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉村昭(よしむら'あきら)昭和2年(1927)年、東京に生れる。 学習院大学中退41年、「星への旅」で太幸治賞、 48年、その一連のドキュメント作品により菊池寛賞、 54年、「ふおん・しいほるとの嬢」で吉川英治文学賞。 60年、「冷い夏、熱い夏」で毎日芸術賞、「破獄Jで読売文学賞、 芸術選奨文部大臣賞、 62年、芸術院賞、平成6年、「天狗争乱」で大佛次郎賞をそれぞれ受賞。
 
 
  吉村昭資料室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当資料室は、吉村昭氏の作品を、より多くの人に知ってもらうために設けられ、又、その作品を研究する人の便宜を図るために開設されました。
 
 
  吉村昭歴史小説集成   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ”歴史の記録者”と称された作家,吉村昭.徹底した史料収集と現地取材にもとづいて,歴史のなかにある人間像を緻密な描写で再現し,真実とはどのようなものであるか,表しつづけてきた.”歴史文学”を不動のものとしたその筆が,現代のわれわれに問うものとは.遺された作品群から,幕末維新期を舞台とする小説を中心に編む.
 
 
  群馬 「吉村昭」 愛読友の会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  なんてったて吉村昭はスゴイ!  そういいながら私自身その凄さは、長い間知らなかった。 かれこれもう20年昔の話になるのだろうか。学生時代、同じサークルの友人が、「ボクは吉村昭と山本周五郎が好きです。」てなことを言っていたのが頭に焼き付いている。
 
 
  吉村昭 - 田野畑村ウェブサイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田野畑を愛し、創作の舞台に描いた文人がいらっしゃいます。作家の吉村昭氏、そして夫人で作家の津村節子氏です。かつて「陸の孤島」とも呼ばれた田野畑村だからこそ、文人にとってインスピレーションと豊かな創作的動機に満ちている土地なのかも知れません。彼らの足跡を少し垣間みながら、田野畑の文学の香りを感じ取ってください。
 
 
  吉村昭 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉村 昭(よしむら あきら、1927年5月1日 - 2006年7月31日)は、東京都出身の小説家。『戦艦武蔵』、『破獄』などの作品を著し、芸術選奨文部大臣賞、日本芸術院賞はじめ毎日芸術賞、読売文学賞、太宰治賞、大佛次郎賞、菊池寛賞など数々の文学賞を受賞した。位階は従四位、旭日中綬章受章。
 
 
  吉村 昭 (よしむら あきら) ― 作家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  満月に凧上げ、いい気分  紙芝居、映画…少年の思い出  吉村さんは昭和二年、日暮里町五丁目(今の東日暮里六丁目)で生まれました。幼いころの日暮里の記憶は――「二歳のとき、ドイツの飛行船ツェッペリン号が日暮里の空を飛んでいたのをはっきりと覚えています。・・・」
 
 
  吉村昭 「天狗争乱」。 - 初心者的ARTな生活:   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この小説を読んだのは大分前だけれど、感想をまとめてみた。 5年くらい前、江戸東京博物館で行われた『新選組展』で、「尊攘」と書かれた大きな掛け軸(注:<参考>を参照)を見た。
 
 
  吉村昭  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉村昭  画像検索 - Google
 
 
  破獄 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和11年青森刑務所脱獄。昭和17年秋田刑務所脱獄。昭和19年網走刑務所脱獄。昭和23年札幌刑務所脱獄。犯罪史上未曽有の4度の脱獄を実行した無期刑囚佐久間清太郎。その緻密な計画と大胆な行動力、超人的ともいえる手口を、戦中・戦後の混乱した時代背景に重ねて入念に追跡し、獄房で厳重な監視を受ける彼と、彼を閉じこめた男たちの息詰る闘いを描破した力編。
 
 
  吉村 昭 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉村 昭 <関連書籍>
 
 
  吉村昭  歴史の記録者 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  記録文学・歴史小説の代表的作家で、先年亡くなった吉村昭の初めての決定版特集。単行本未収録の小説、エッセイ、講演、対談を軸に構成。津村節子と大河内昭爾の新規の対談、佐藤優他執筆。
 
 
  吉村昭 (ヨシムラ・アキラ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1927-2006)昭和2年(1927年)5月1日、東京日暮里に生まれる。平成18年7月31日、膵臓癌により病没。死を覚悟したその最期が報じられ、多くの人々の共感を呼んだ。昭和41年、『星への旅』で太宰治賞を受賞。その後、ドキュメント作品に新境地を拓き、『戦艦武蔵』等で、菊池寛賞を受ける。更に歴史小説にも力を注ぎ、多彩な長篇小説を次々に発表。徹底した取材と緻密な構成には定評がある。私小説を軸に、短篇小説の秀作も多い。主な作品は、『破獄』(読売文学賞)、『冷い夏、熱い夏』(毎日芸術賞)、『桜田門外ノ変』、『天狗争乱』(大佛次郎賞)等。エッセイ集に『わたしの普段着』がある。
 
 
童門冬二/1927
童門冬二
  童門冬二 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  童門 冬二(どうもん ふゆじ、1927年10月19日 - )は小説家。本名・太田久行。目黒区名誉区民。 東京に誕生。東海大学附属旧制中学卒業。目黒区役所係員から、東京都立大学理学部事務長、広報室課長、企画関係部長、知事秘書、広報室長、企画調整局長、政策室長を歴任した後、1979年に退職、作家活動に専念。1960年には『暗い川が手を叩く』で第43回芥川賞候補となる。 在籍中に蓄積した人間管理と組織の実学を歴史の中に再確認し、小説・ノンフィクションの分野に新境地を拓く。
 
 
  童門冬二 の画像検 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  童門冬二 の画像検 - Google
 
 
  吉村昭 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉村昭 の画像 - Google
 
 
藤沢周平/1927
藤沢周平
  藤沢周平 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤沢 周平(ふじさわ しゅうへい、1927年12月26日 - 1997年1月26日)は、山形県鶴岡市出身の時代小説作家。江戸時代を題材とした作品を多く残した。実家は農家。1946年、山形師範学校に進む。1949年、鶴岡第四中学校勤務中、肺結核が発見され右肺上葉切除の大手術を受ける。1972年 『暗殺の年輪』で第69回直木賞… 司馬遼太郎、池波正太郎と並ぶ時代小説作家として遇されるようになる。第20回吉川英治文学賞、第40回芸術選奨文部大臣賞、第37回菊池寛賞。1995年、紫綬褒章受賞。
 
 
  藤沢周平没後十年に想う   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平成9年の1月26日に藤沢周平さんが亡くなられて、今年は十年目を迎える。もう十年もたってしまったのか、というのが最も正直な感想である。ずっと藤沢作品に親しく接してきた私自身も、鶴岡藤沢周平文学愛好会のみんなも、藤沢さんは常に身近な存在だったから、もう現実には会えない方だというふうに思えないできたからであろう。もちろん、新しい作品に接する機会は二度とないのだ、というさびしさは、ことにつけ話題になったけれども。 ところが…
 
 
  藤沢周平 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤沢周平 の画像 - Google
 
 
田辺聖子.1928/
田辺聖子
  田辺聖子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田辺 聖子 (たなべ せいこ、1928年3月27日 - )は日本の小説家。兵庫県伊丹市在住。伊丹市名誉市民。大阪市生まれ。戦時中は愛国心にあふれた少女時代を過ごすも、敗戦後は古典文学の世界に癒された。大阪樟蔭女子大学卒。大阪の金物問屋に勤める。後に小説『花狩』がラジオドラマに採用され放送作家となる。 1956年、『虹』で大阪市民文芸賞。1964年に『感傷旅行(センチメンタル・ジャーニィ)』で芥川賞受賞。大阪弁を使う恋愛小説を確立。また、吉川英治文学賞受賞、歴史小説も多い。
 
 
  田辺聖子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田辺聖子 の画像 - Google
 
 
  「田辺聖子」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田辺聖子 - Google 検索
 
 
澁澤龍彦.1928.5/
澁澤龍彦 眼の宇宙
  澁澤龍彦 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  澁澤 龍&#24421;(しぶさわ たつひこ)、1928年(昭和3年)5月8日 - 1987年(昭和62年)8月5日)は小説家、仏文学者、評論家。東京都港区に澁澤武 節子の子として生まれる。渋沢栄一と遠戚にあたる。中学〜高校時代には勤労学徒として動員。1950年、東京大学文学部に入学。その後、東京大学の修士課程に進んだが肺結核を病んで就職への道が絶たれる。1954年、白水社から最初の訳書『大跨びらき』(ジャン・コクトー著)を上梓、初めて澁澤龍彦という筆名を使う。
 
 
  澁澤龍彦 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  澁澤龍彦 の画像 - Google
 
 
なだいなだ/1929.6
なだいなだ
  なだいなだ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  なだ いなだ(1929年6月8日 - )は、医師・小説家・評論家。東京生まれ。旧制麻布中学校から仙台の陸軍幼年学校に進む。慶應義塾大学医学部卒。北杜夫とは医局時代からの親交を結ぶ。大学時代、フランス語が堪能で、フランスに留学。フランス人女性と結婚、日本に帰国し四女をもうける。小説家としては1959年から6作とも芥川賞にのぼるが、いずれも落選。これは最多落選記録である。1988年から明治学院大学国際学部の教授。2003年、インターネット上で「老人党」を立ち上げ、活動中。
 
 
  なだいなだ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  なだいなだ の画像 - Google
 
 
早坂暁.1929.8/
   作家・脚本家の早坂暁さん死去 代表作「夢千代日記」 (2017/12/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「夢千代日記」「花へんろ」で知られる脚本家・作家の早坂暁(はやさか・あきら、本名富田祥資〈とみた・よしすけ〉)さんが16日、腹部大動脈瘤(りゅう)破裂で死去した。88歳だった。葬儀は家族のみで行う予定。東映などによると、同日午後、都内の外出先で、倒れたという。 29年、愛媛県生まれ。日大芸術学部卒業後、華道などの評論活動を経て脚本家に転じる。平賀源内を主人公にした斬新なスタイルのNHKテレビ時代劇「天下御免」(71〜72年)で注目を集める。テレビではほかに「七人の刑事」「修羅の旅して」「続・事件」「花へんろ」などを手がけた。…
 
 
  脚本家・小説家、早坂暁さん死去…「花へんろ」 (2017/12/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「夢千代日記」「花へんろ」で知られる脚本家で、小説家の早坂暁(はやさか・あきら、本名・富田祥資=とみた・よしすけ)さんが16日、腹部大動脈瘤りゅう破裂のため亡くなった。 88歳だった。告別式は近親者で行う。喪主は妻、由起子さん。 愛媛県出身。日大芸術学部を卒業後、1960年ごろからフリーの脚本家として活動を開始。ドラマや子供番組からバラエティーまで、幅広いジャンルをこなした。15歳で原爆投下直後の広島を目にしたことや妹が被爆死したことから、被爆をテーマにした作品を発表。吉永小百合さんが胎内被爆した芸者を演じた「夢千代日記」(NHK)や、「花へんろ」(同)などが高く評価され、批評精神に富んだ社会派として知られるようになった。ほかにも、風刺にあふれた時代劇「天下御免」(同)なども手がけた。…
 
 
向田邦子.1929.11/
向田邦子
  向田邦子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  向田 邦子(むこうだ くにこ、1929年(昭和4年)11月28日 - 1981年(昭和56年)8月22日)は、テレビドラマ脚本家、エッセイスト、小説家。実践女子大学卒業。 第83回直木賞受賞。東京都世田谷区若林生まれ。父親が転勤族であるため、小学生の頃、鹿児島市で数年を過ごした。 戦後の混乱期、東京で下宿して夏冬の休みに仙台に帰省していたが、東京が極度の食糧不足にあえいでいた当時、仙台は別天地のように豊かであったと語っている。 遺品はかごしま近代文学館に常設展示されている。
 
 
  向田邦子 (ムコウダ・クニコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1929-1981)1929(昭和4)年、東京生れ。実践女子専門学校(現実践女子大学)卒。人気TV番組「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」など数多くの脚本を執筆する。1980年『思い出トランプ』に収録の「花の名前」他2作で直木賞受賞。著書に『父の詫び状』『男どき女どき』など。1981年8月22日、台湾旅行中、飛行機事故で死去。
 
 
  向田邦子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  向田邦子 の画像 - Google
 
 
上坂冬子.1930.6/
上坂冬子
  上坂冬子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上坂 冬子(かみさか ふゆこ、1930年6月10日 - 2009年4月14日)はノンフィクション作家。 東京生まれ、愛知県豊田市育ち。愛知県立豊田東高等学校卒業後、トヨタ自動車工業入社。 1959年、『職場の群像』で第1回中央公論社新人賞受賞を機に作家として執筆活動に専念。 初期には婦人問題に関する評論を手がけたが、以後、昭和史・戦後史にまつわるノンフィクションが多い。1993年に第41回菊池寛賞、第9回正論大賞を受賞。1997年、『原発を見に行こう』でエネルギーフォーラム賞受賞。
 
 
  上坂冬子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上坂冬子 の画像 - Google
 
 
林京子.1930.8/
     
笹沢左保.1930.11/
笹沢佐保
  笹沢左保 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  笹沢 左保(ささざわ さほ、1930年11月25日 - 2002年10月22日)は小説家。東京都生まれ、神奈川県横浜市出身。1948年、関東学院高等部卒業。1952年、郵政省東京地方簡易保険局に勤務。テレビドラマ化されて大ヒットした『木枯し紋次郎』シリーズの原作者。推理小説、サスペンス小説、恋愛論などのエッセイ他、380冊近くもの著書を残した。1958年11月に交通事故で瀕死の重傷を負う。晩年(1988年以降)は、喧噪からの逃避と療養を兼ねて佐賀県に移り住み、九州さが大衆文学賞を育てた。
 
 
  笹沢佐保先生よかりの「木枯らし紋次郎記念館」 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作家・笹沢左保先生の作品で、テレビ放映され人気番組となった「木枯し紋次郎」の舞台、上州新田郡(ごおり)三日月村を再現したテーマパーク、紋次郎の里に「かかわり〜な/木枯し紋次郎記念館」を1998年4月にオープン。展示品はその時代設定を基に再現し三日月村の山頂に近い「名主の屋敷」に増築。木枯し紋次郎エリアと笹沢先生の書斎を再現したコーナーや映像コーナーなどに分かれ、訪れたファンを楽しませます。
 
 
  笹沢左保 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  笹沢左保 の画像 - Google
 
 
開高健.1930.12/
開高健
  開高健 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  開高 健(かいこう たけし、1930年12月30日 - 1989年12月9日)は小説家。 大阪市天王寺区生まれ。1953年、大阪市立大学法文学部卒業。大学在学中、谷沢永一主宰の同人誌『えんぴつ』に参加。1952年1月、詩人牧羊子と結婚。1953年、大学在学中に洋書輸入商の北尾書店に入社。  1964年、朝日新聞社臨時特派員として戦時下のベトナムへ。反政府ゲリラの機銃掃射に遭うも生還。総勢200名のうち生き残ったのは17名であった。 1957年、『裸の王様』で芥川賞。これを機に執筆業に専念。
 
 
  開高健記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ふつう私は小説家として暮している。ここ五年ほどは湘南海岸の茅ヶ崎市である。海岸から三百メートルか四百メートルほどのところでひっそり起居している。月曜日と木曜日の夕方になると二キロ離れたところにある水泳教室へ行くために外出するが、それ以外はほとんど家にたれこめたきりである。
 
 
  開高健・釣りと石   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  開高健(かいこうたけし)。サントリーのコピライターとして、名作コピーを次々と生み出し、文壇にさっそうと登場し、ベトナム戦争に特派員として赴き、アラスカやアマゾンに大魚を追い、よく飲んで、よく食べて、昭和の終わりを見届けて、去って行った作家、開高健。 その彼を偲びながら、「ボージョレ・ヌーボー」を楽しむ会があった。
 
 
  開高健 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  開高健 の画像 - Google
 
 
有吉佐和子/1931
有吉佐和子
  有吉佐和子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有吉 佐和子(ありよし さわこ、1931年1月20日 - 1984年8月30日)は小説家、劇作家、演出家。和歌山市出身。東京女子短期大学卒業。カトリック教徒。代表作は『紀ノ川』、『華岡青洲の妻』、『和宮様御留』など。 1956年に『地唄』が文學界新人賞候補、ついで芥川賞候補となり一躍文壇デビューを果たした。1959年、自らの家系をモデルとした長編『紀ノ川』で小説家としての地位を確立した。後に代表作となる『恍惚の人』や『複合汚染』が大きな反響を呼び、「社会派」的イメージが定着した。
 
 
  有吉佐和子 (アリヨシ・サワコ)著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1931-1984)和歌山生れ。東京女子大短大卒。1956(昭和31)年「地唄」が芥川賞候補となり文壇に登場。代表作に、紀州を舞台にした年代記『紀ノ川』『有田川』『日高川』の三部作、一外科医のために献身する嫁姑の葛藤を描く『華岡青洲の妻』(女流文学賞)、老年問題の先鞭をつけた『恍惚の人』、公害問題を取り上げて世評を博した『複合汚染』など。理知的な視点と旺盛な好奇心で多彩な小説世界を開花させた。
 
 
  有吉佐和子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有吉佐和子 の画像 - Google
 
 
小松左京/1931
小松左京
  小松左京 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小松 左京(こまつ さきょう、1931年1月28日 - )は、大阪市西区生まれ、兵庫県神戸市育ちの小説家。星新一・筒井康隆と共にSF作家「御三家」と呼ばれる。1990年の国際花と緑の博覧会では総合プロデューサーをつとめた。交際範囲・活動範囲も小説家の域を遥かに超えており、「ルネサンス的、万能的な巨人」といえる。代表作は、壮大な長編『果しなき流れの果に』とされ、現在でも、日本SFのベスト1クラスといわれている。最大のベストセラーは『日本沈没』で、社会現象とまでなった。340万部刊行。
 
 
  小松左京の宇宙 = SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このトークライブを企画した宇宙作家クラブの協力を得て、小松先生の地元大阪にてこのトークライブを企画した宇宙作家クラブの協力を得て、ディナートークショーを実施いたしました。   出演者 : 小松左京 堀晃 福江純 乙部順子 松浦晋也 笹本祐一
 
 
  小松左京 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小松左京 - Google
 
 
三好徹/1931
三好徹
  三好徹 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三好 徹(みよし とおる、1931年1月7日 - )は、作家。 東京生まれ。本名・河上雄三。横浜国立大学経済学部卒業。1950年、読売新聞社に採用試験首席で入社、同期に渡邉恒雄(採用試験次席)。 入社後、記者をしながら『大学の裏窓』を刊行。 1966年、『光と影』で作家デビュー、『風塵地帯』で日本推理作家協会賞、1968年、「聖少女」で直木賞受賞、以後、推理小説、スパイ小説、歴史小説等の作品を執筆。 近年は伝記小説が多い。『チェ・ゲバラ伝』はロングセラーである。日本ペンクラブ理事。
 
 
  三国志傑物伝 <書籍> 著者:三好徹   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  曹操、劉備ら数多の英雄が活躍する“人物の宝庫”、「三国志」。本書は、既存の三国志ものでは取り上げなかった傑物たちに目をつけ、現代にも通じる人間学を謳った愛蔵本の決定版。
 
 
  三好徹 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三好徹 の画像 - Google
 
 
戸川昌子/1931
戸川昌子
  戸川昌子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戸川 昌子(とがわ まさこ、1931年3月23日 - )は推理作家、歌手。 東京生まれ。東京都立千歳丘高等学校中退。 伊藤忠商事の職を経て]、1957年頃からは、シャンソン歌手となる。出演の合間に楽屋で長編小説を書き上げ、1962年に『大いなる幻影』で、第8回江戸川乱歩賞を受賞。翌1963年には『猟人日記』発表、直木賞候補となり、また、ベストセラーになった。以後は流行作家として100タイトル近い作品を発表。1975年に『失くした愛』、また翌1976年には『インモラル物語』と2枚のLPを発表。
 
 
  青い部屋・出演アーティスト紹介 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第二次大戦。終戦の5月、東京大空襲で父と兄を亡くす。まだ幼いながらこの戦争は戸川の人生の価値観に大きく影響を与えた。戸川が <青>という色にこだわるのも、画家であった兄の残した最後の言葉に由来するものだと言う。 『トタン屋根の間から見える空 -- こんなすごい青があったんだね」
 
 
  戸川昌子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戸川昌子 の画像 - Google
 
 
団鬼六/1931
団鬼六
  団鬼六 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  団 鬼六(だん おにろく、1931年4月16日 - )は、滋賀県彦根市生まれの小説家・官能小説家・脚本家・演出家・エッセイスト。 関西学院大学卒業。1957年、文藝春秋のオール讀物新人杯に「親子丼」で入選、執筆活動に入る。経済小説を執筆し、このうち「大穴」は、1960年に松竹で映画化された。1961年、「花と蛇」が評判となり、官能小説の第一人者となる。 1989年断筆宣言をするも、1995年に『真剣師・小池重明』で作家として復活。 将棋はアマ六段の腕前。将棋ペンクラブ大賞「功労賞」受賞。
 
 
  鬼六 団ならアマゾン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鬼六 団ならアマゾン
 
 
  YouTube - 映画『花と蛇3』禁断の予告編解禁!!    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 映画『花と蛇3』禁断の予告編解禁!!
 
 
深田祐介/1931
深田祐介
  深田祐介 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  深田 祐介(ふかだ ゆうすけ、本名:(1931年7月15日 - )は東京都千代田区生まれの作家。 深田家は深田銀行など代々金融業を営んできた。フランス系カトリック校の暁星高等学校を経て、早稲田大学法学部卒業。 1958年小説『あざやかなひとびと』で、第7回文學界新人賞受賞。その後、日本航空勤務を経て執筆活動を再開。 エッセイ『新西洋事情』で、第7回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。 経済小説『炎熱商人』で1982年に第87回直木賞を受賞。1987年『新東洋事情』で文藝春秋読者賞を受賞。
 
 
  深田祐介 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  深田 祐介(ふかだ ゆうすけ、本名:雄輔 1931年7月15日 - )は東京都千代田区生まれの作家。1982年に『炎熱商人』で第87回直木賞を受賞した。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  深田祐介 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  深田祐介 の画像 - Google
 
 
曽野綾子/1931
曽野綾子
  曽野綾子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  曽野 綾子(その あやこ、1931年 (昭和6年) 9月17日 - )は、東京都出身の作家。「曾野」とも。本名、三浦知壽子。カトリック教徒。聖心女子大学文学部英文科卒業。 幼稚園からカトリック系の聖心女子学院に通う。 同人誌『ラマンチャ』『新思潮』を経て『三田文学』に書いた「遠来の客たち」が芥川賞候補となり23歳で文壇デビュー。翌年、24歳で『新思潮』同人の三浦朱門と結婚。以後、次々に作品を発表。同時代の女性クリスチャン作家である三浦綾子とともに「W綾子」と称され、混同されることもある。
 
 
  曽野綾子 (ソノ・アヤコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京生れ。1954(昭和29)年聖心女子大学英文科卒業。同年発表の「遠来の客たち」が芥川賞候補となる。『木枯しの庭』『天上の青』『哀歌』『アバノの再会』『二月三十日』などの小説の他、確固たる人間観察に基づく、シリーズ「夜明けの新聞の匂い」などのエッセイも定評を得ている。他に新書『アラブの格言』などがある。1979年ローマ法王よりヴァチカン有功十字勲章を受ける。1993(平成5)年日本藝術院賞・恩賜賞受賞。1995年12月から2005年6月まで日本財団会長。
 
 
  曽野綾子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  曽野綾子 の画像 - Google
 
 
  曽野綾子氏の主張にまた大反発 お先にどうぞ (2016/2/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  曽野綾子氏が「高齢者は『適当な時に死ぬ義務』がある」と語った/ネットでは「あなたからどうぞ」など厳しい意見が相次いでいる/2015年にはアパルトヘイトを容認するような発言をして批判を浴びていた。
 
 
清水一行/1931.
清水一行(右)
  清水一行 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  清水 一行(しみず いっこう、1931年 - )は小説家。東京都出身。早稲田大学法学部中退。高杉良、城山三郎らと並び、日本における経済小説の巨匠として知られる。 1966年に『小説 兜町(しま)』で作家デビュー。1974年に『動脈列島』で第28回日本推理作家協会賞を受賞。 「真実を追求するよりこけ落とす事に生き甲斐を感じる作家」というイメージも定着している。数多くの財界人を一刀両断するも、その話しの出所はつねに「近しい友人」といった曖昧なもので、フィクション作家だと評価する向きもある。
 
 
  清水一行 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  清水一行 の画像 - Google
 
 
平岩弓枝/1932
平岩弓枝 - YOMIURI ONLINE
  平岩弓枝.1932   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  →「19脚本家」/平岩弓枝.1932
 
 
  平岩弓枝 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平岩弓枝 の画像 - Google
 
 
黒井千次/1932
黒井千次
  黒井千次 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒井 千次(くろい せんじ、1932年5月28日 - )は小説家。東京大学経済学部卒業。1955年に富士重工業勤務の傍ら、創作活動に参加。1958年に『青い工場』を発表、労働者作家の有望株として注目された。1969年に『時間』で芸術選奨新人賞受賞。1970年に富士重工を退社、作家活動に専念。その後、1984年に『群棲』で谷崎潤一郎賞、1994年に『カーテンコール』で読売文学賞、2001年に『羽根と翼』で毎日芸術賞、2006年に『一日 夢の柵』で野間文芸賞を受賞。2008年旭日中綬章受章。
 
 
  黒井千次 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒井 千次(くろい せんじ、1932年5月28日 - )は、日本の小説家。本名、長部舜二郎。「内向の世代」の作家の一人と呼ばれる。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  黒井千次 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒井千次 の画像 - Google
 
 
青島幸男/1932
青島幸男
  青島幸男 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青島 幸男(あおしま ゆきお、1932年(昭和7年)7月17日 - 2006年(平成18年)12月20日)は作家、作詞家、タレント、俳優、放送作家、映画監督、政治家。東京都中央区日本橋出身。 参議院議員や東京都知事などの政治家としても活躍するなど、多彩な経歴を持つ。 テレビ世代の申し子として、植木等などの作品を手がけ、彼らとともに日本の高度成長期を代表するスターとなる。 処女作『人間万事塞翁が丙午』が直木賞を受賞、ドラマ『いじわるばあさん』で主演し「超マルチタレント」と呼ばれた。
 
 
  青島幸男 (アオシマ・ユキオ) 書籍一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1932-2006)1932(昭和7)年、東京・日本橋生れ。早稲田大学第一商学部卒業。放送作家、作詞家、タレントなどさまざまな分野で活躍し、多彩な才能を発揮。1968年、35歳のときに参議院議員に当選。持ち前のセンスと反逆精神で政界にその存在感を示す傍ら、小説の執筆もはじめる。1981年、『人間万事塞翁が丙午』で直木賞を受賞。他に『蒼天に翔る』『繁盛にほんばし弁菊』などの著作がある。1995(平成7)年、東京都知事選に出馬し圧勝。2006年12月20日死去。
 
 
  青島幸男  オフィシャルウェブサイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トップ/プロフィール/イベント/ミュージアム/オンラインショップ/リンク/お問い合わせ
 
 
石原慎太郎.1932
石原慎太郎 石原慎太郎  次代を担う若者達へ 石原慎太郎
  石原慎太郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石原 慎太郎(いしはら しんたろう、1932年(昭和7年)9月30日 - )は政治家、小説家。東京都知事。参議院議員、衆議院議員、環境庁長官、運輸大臣を歴任。兵庫県神戸市須磨区生まれ。一橋大学法学部卒業。大学在学中、『太陽の季節』で第34回芥川賞を受賞。他に芸術選奨文部大臣賞、平林たい子文学賞などを受賞。『「NO」と言える日本 -新日米関係の方策-』(盛田昭夫との共著)がある。弟・裕次郎を題材にした『弟』はミリオンセラーとなった。現在、芥川賞選考委員。趣味はヨットなど。
 
 
  次代を担う若者達へ  石原慎太郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  君たちがこれから経験する挫折や達成感は、必ずや人生の跳躍台となるに違いない。 自分の感性を大切にしながら、瑞々しい想像力を駆使し、自らの判断で進む若者となることを期待しています。
 
 
  石原慎太郎:異様な感性   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  −『作家都知事の差別社会学』に関する補論ー
 
 
  第一回 石原慎太郎の人生と、処女作「灰色の教室」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  なぜ、いま、石原慎太郎: なぜ今さら石原慎太郎をやろうと思ったかというと、第一に、ともかく作家・石原慎太郎が語られていないから、ということですよね。日本文学における慎太郎の立ち位置ってかなり特異で、日本近現代文学史全体を見渡すとちょうどヘソのあたりにいるし、彼の作家人生って戦後の日本文学全体の歩みとほぼリンクしているんですよね。
 
 
  石原慎太郎 (イシハラ・シンタロウ)著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1932(昭和7)年、神戸市生れ。一橋大在学中の1955年、「太陽の季節」で文学界新人賞受賞。翌年、同作の芥川賞受賞は、その倫理性等々をめぐって社会的事件となった。1968年、参議院選に全国区から立候補、最高得票で当選。その後、衆議院に移り、1999(平成11)年より東京都知事。著書に『化石の森』(1970年刊、芸術選奨)、『弟』(1996年刊、毎日出版文化賞特別賞)、『日本よ』、『老いてこそ人生』等がある。
 
 
  石原慎太郎さんの、小説家としての評価ってどうなんですか? - Yahoo知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石原氏の小説家としての評価、ということですが決して悪くはないと思います。… 私は政治家としての石原氏は、嫌っていますが、作家としての石原氏に対して悪い印象は持っていません。… 石原氏のような、いい意味でも悪い意味でも常人離れした感覚を持った人だからこそ、芥川賞を取れたのだと思います。
 
 
  作家・石原慎太郎 評論家が語る 早熟な輝きと嫌悪の鎧 - BOOK asahi.com (2012/11/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  衆院選での国政復帰をめざす石原慎太郎・前東京都知事(80)。にわかに注目を浴びるベテラン政治家は、ベテラン作家でもある。その作品世界から何が見えるのか。練達の読み手と、石原氏の原作を映画化した監督が読み解く。
 
 
  石原慎太郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石原慎太郎 の画像 - Google
 
 
  石原慎太郎 の動画 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石原慎太郎 の動画 - Google
 
 
  ⇒政治家としての石原慎太郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「106 【国家・社会─ 民進党 Δおさか維新の会・衆議員HP  ⇒石原慎太郎
 
 
  石原慎太郎氏が又吉直樹に忠告 (2015/12/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石原慎太郎氏が25日の番組で、ピースの又吉直樹に忠告をする一幕があった/又吉著の「火花」について、「あれ、面白かった」と評価した石原氏/次回作については「同じもの書いちゃ絶対ダメ」と忠告をした。
 
 
  天才 単行本 石原 慎太郎   (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得
 
 
  石原慎太郎著「天才」 田中角栄氏が憑依したかのような舞台裏とは (2016/12/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田中角栄元首相の生涯を描いた石原慎太郎氏著「天才」の舞台裏を伝えている/最後まで1人称で綴られ、あたかも角栄氏が石原氏に憑依したかのようだそう/編集担当者によると、執筆開始から約3カ月後には第1稿が上がっていたという。
 
 
五木寛之/1932
五木寛之
  五木寛之 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  五木 寛之(いつき ひろゆき、1932年9月30日 - ) 1932年 福岡県八女市生まれ。1957年 学費の未納で早稲田大学を抹籍。その後、文筆家として幅広く活動する。 1966年 『さらばモスクワ愚連隊』が第6回小説現代新人賞受賞。 1967年 『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞受賞。 1976年 第10回吉川英治文学賞受賞。 1998年 『大河の一滴』がベストセラーとなり映画化された。2002年 菊池寛賞受賞。 2004年 仏教伝道文化賞を受賞。 『風に吹かれて』は合計460万部のベスト&ロングセラー。
 
 
  五木寛之 (イツキ・ヒロユキ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1932(昭和7)年福岡県生まれ。早稲田大学中退後、編集者、ルポライターなどを経て、『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、『青春の門 筑豊編』他で吉川英治文学賞を受賞。主な著書に『風に吹かれて』『朱鷺の墓』『戒厳令の夜』『大河の一滴』『他力』(英語版は『TARIKI』)など。
 
 
  五木寛之 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  五木寛之 の画像 - Google
 
 
森村誠一/1933
森村誠一
  森村誠一 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森村 誠一(もりむら せいいち、1933年1月2日 - )は小説家・作家。推理小説、時代小説、ノンフィクションなどを手がける。埼玉県熊谷市出身。青山学院大学文学部卒。経験上、ホテルを舞台にしたミステリと山岳を舞台とした作品が多い。また、作品の題名のネーミング・センスも抜群。ビジネス書の作家として出発し、1969年、『高層の死角』により第15回江戸川乱歩賞を受賞し、推理作家に転向。1973年、『腐食の構造』により第26回日本推理作家協会賞を受賞。最近では写真俳句に関心を寄せている。
 
 
  森村誠一 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森村 誠一(もりむら せいいち、1933年1月2日 - )は、日本の小説家・作家。推理小説、時代小説、ノンフィクションなどを手がける。埼玉県熊谷市出身。埼玉県立熊谷商業高等学校、青山学院大学文学部英米文学科卒。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  森村誠一 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森村誠一 の画像 - Google
 
 
斎藤栄/1933
横濱太平記 斉藤栄/著
  斎藤栄 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  斎藤 栄(さいとう さかえ、1933年1月14日 - )は推理小説家。東京都大田区出身。東京大学法学部卒。神奈川県立湘南高等学校在学時に、石原慎太郎らと共に同人誌『湘南文芸』を発行。横浜市役所勤務を経て、『星の上の殺人』が「宝石」に掲載。『愛と血の復活』が江戸川乱歩賞候補となり、日本推理作家協会賞の候補にもなる。『殺人の棋譜』で江戸川乱歩賞受賞。代表作に『奥の細道殺人事件』『Nの悲劇』や、『水の魔法陣』『火の魔法陣』『空の魔法陣』の「魔法陣三部作」など。将棋愛好家。
 
 
  斎藤栄 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  斎藤 栄(さいとう さかえ、1933年1月14日 - )は日本の推理小説家。東京都大田区出身。東京大学法学部卒。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  横濱太平記 <徳間文庫> 斉藤栄/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横濱太平記 <徳間文庫> 斉藤栄/著
 
 
半村良/1933
半村良
  半村良 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  半村 良(はんむら りょう、1933年10月27日 - 2002年3月4日)は小説家。 男性。本名は清野 平太郎(きよの へいたろう)。東京都生まれ。東京都立両国高等学校を卒業後、連込み宿の番頭やキャバレーのバーテンなどの職を転々とした。1962年に短編小説『収穫』で作家デビュー。1971年に刊行した『石の血脈』で「伝奇ロマン」や「伝奇SF小説」と呼ばれるジャンルを開拓、後の作家たちに大きな影響を与えた。1975年、SF作家としては初めて直木賞を受賞、授賞対象は人情小説『雨やどり』であった。
 
 
  半村良 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  半村 良(はんむら りょう、1933年10月27日 - 2002年3月4日)は、小説家。 男性。本名、清野 平太郎(きよの へいたろう)。    ウェブ上からみた人物像
 
 
  半村良 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  半村良 の画像 - Google
 
 
筒井康隆/1934
筒井康隆
  筒井康隆 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  筒井 康隆(つつい やすたか、1934年9月24日 - )は小説家、劇作家、俳優。ホリプロ所属。同志社大学文学部を卒業。日本を代表するSF作家の一人で、小松左京、星新一と並んで「SF御三家」とも称される。1970年代より、エンターテインメントや純文学といった境界を越える実験作を多数発表している。大阪市立中大江小学校時代、知能検査で市内トップのIQ178であった。1954年、飯沢匡の『北京の幽霊』。『二十日鼠と人間』で主役を演じ、「東の仲代達矢、西の筒井康隆」と新聞に報じらた。
 
 
  筒井康隆 (ツツイ・ヤスタカ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1934(昭和9)年、大阪市生れ。同志社大学卒。1960年、弟3人とSF同人誌〈NULL〉を創刊。この雑誌が江戸川乱歩に認められ「お助け」が〈宝石〉に転載される。1965年、処女作品集『東海道戦争』を刊行。1981年、『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年、『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989(平成元)年、「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年、『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1997年、パゾリーニ賞受賞。他に『家族八景』『邪眼鳥』『敵』『銀齢の果て』『ダンシング・ヴァニティ』など著書多数。1996年12月、3年3カ月に及んだ断筆を解除。2000年、『わたしのグランパ』で読売文学賞を受賞。
 
 
  筒井康隆 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  筒井康隆 の画像 - Google
 
 
井上ひさし.1934
井上ひさし 井上ひさし氏ご逝去の報を受けて 井上ひさしの「熱」伝わる展示
  井上ひさし (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上 ひさし(いのうえ ひさし、1934年11月17日 - 2010年4月9日)は、日本の小説家、劇作家、放送作家である。文化功労者、日本藝術院会員。本名は井上 廈(いのうえ ひさし)。1961年から1986年までの本名は内山 廈(うちやま ひさし)。遅筆堂(ちひつどう)を名乗ることもあった。 日本劇作家協会理事、社団法人日本文藝家協会理事、社団法人日本ペンクラブ会長(第14代)などを歴任した。 1 来歴 / 2 人物 / 3 作家としての特徴 / 4 家庭生活をめぐって / 5 社会活動 / 6 政治的発言 / 7 交友関係 / 8 受賞作品・活動 / 9 作品一覧 / 10 脚注 / 11 参考文献 / 12 関連項目 / 13 外部リンク
 
 
  井上ひさし記念室 - 市川市文化会館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  市川市文化会館ロビーの一角に「井上ひさし記念室」を開設しております。今回の展示では井上ひさし氏の詩の世界を、共にたくさんのお仕事をされた和田誠さんの作品と共に御紹介させて頂きます。 大人からお子様まで楽しんで頂ける資料室となっております。ご来館の際はお気軽にお立ち寄りくださいませ。
 
 
  井上ひさし - 直木賞受賞作家の群像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生没年月日 昭和9年/1934年11月16日〜平成22年/2010年4月9日/受賞年齢 37歳8ヵ月/経歴 本名=井上廈(イノウエ・ヒサシ)。山形県生まれ。上智大学文学部卒。/以下 受賞歴・候補歴
 
 
  特別展 「井上ひさし展−21世紀の君たちに−」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  放送作家として出発、数々の小説・戯曲の名作を発表し、長く鎌倉で過ごした井上ひさし。今回の展覧会では、その生涯や創作の舞台裏を遺愛品を中心に展示するとともに、山元護久との共作人形劇「ひょっこりひょうたん島」や「吉里吉里人」などの作品を通して井上が追い求めたユートピア像を浮かび上がらせて、次世代へこめた作品のメッセージを紹介する。
 
 
  井上ひさし (イノウエ・ヒサシ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1934(昭和9)年、山形県生れ。上智大学文学部卒業。浅草フランス座で文芸部進行係を務めた後に放送作家としてスタートする。以後『道元の冒険』(岸田戯曲賞、芸術選奨新人賞)、『手鎖心中』(直木賞)、『吉里吉里人』(読売文学賞、日本SF大賞)、『腹鼓記』、『不忠臣蔵』(吉川英治文学賞)、『シャンハイムーン』(谷崎潤一郎賞)、『東京セブンローズ』(菊池寛賞)、『太鼓たたいて笛ふいて』(毎日芸術賞、鶴屋南北戯曲賞)など戯曲、小説、エッセイ等に幅広く活躍している。1984年に劇団「こまつ座」を結成し、座付き作者として自作の上演活動を行っている。
 
 
  井上ひさし おすすめランキング (517作品) - ブクログ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上ひさしのおすすめランキングの作品一覧です。 ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。
 
 
  井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室 (新潮文庫)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  まず原稿用紙の使い方、題のつけ方、段落の区切り方、そして中身は自分の一番言いたいことをあくまで具体的に―。活字離れと言われて久しい昨今ですが、実は創作教室、自費出版は大盛況、e‐メールの交換はもう年代を問いません。日本人は物を書くのが好きなんですね。自分にしか書けないことを、誰が読んでも分かるように書くための極意を、文章の達人が伝授します。
 
 
  井上ひさし の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上ひさし の画像 - Google
 
 
  子どもにつたえる「井上ひさし版憲法九条」 (2006/9/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京裁判3部作など日本人の戦争責任と向き合った戯曲に取り組み、護憲を訴える「九条の会」の呼びかけ人も務める作家の井上ひさしさんが、憲法の前文と九条をやわらかなことばで訳した『子どもにつたえる日本国憲法』(絵・いわさきちひろ)を刊行した。
 
 
  井上ひさしの遺志引き継いだ「沖縄」 こまつ座&ホリプロ「木の上の軍隊」 脚本 蓬莱竜太 (2013/4/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  終戦を知らぬまま沖縄・伊江島の木の上で、2年間暮らした2人の兵士がいた−。劇作家、井上ひさし(1934〜2010年)が死の直前まで描こうとしていた実話を、蓬莱竜太(37)が脚本化したこまつ座&ホリプロ公演「木の上の軍隊」(栗山民也演出)が4月29日まで、シアターコクーン(東京)で上演中だ。 「残されたのはタイトルと設定だけ。沖縄問題は井上先生が亡くなった後も変化しているから、戦争から遠い自分の世代が今、書く意味があると思いました」 舞台は美しい南の島の木の上。島の新兵(藤原竜也)と本土から来た上官(山西惇)が、敗戦前から木の上で生活している。2人の会話から境遇や考え方の違いが浮かび、それは微妙な心理戦の様相を見せる。…
 
 
  井上ひさしの「熱」伝わる展示 (2013/5/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  思わず見入ってしまう。文字の一つ一つを追ってしまう。井上ひさしさんが亡くなって3年。 神奈川近代文学館(横浜市)で開催中の「井上ひさし展―21世紀の君たちに―」で展示される原稿や手紙は、見る者の心をとらえて放さぬ「熱」を秘めている。それは、母と子を結ぶ体温であり、物語に込められた情熱であり、作家が未来へ託した希望である。 展示は3部構成で、1部では、生い立ちから作家になるまでを母・マスとの手紙などからたどる。〈明日の光に生きませう〉。夫亡き後、一人で子供たちを育てた母は手紙で、施設に預けた息子を励まし続けた。…
 
 
  復帰の日に考える 井上ひさしさんと沖縄 (2013/5/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  劇作家の故井上ひさしさんが亡くなる間際まで書こうと執念を燃やした芝居があります。「木の上の軍隊」。沖縄戦の激戦地、伊江島がその舞台です。 二〇一〇年四月、七十五歳で亡くなった井上さんは日本を代表する劇作家の一人です。直木賞を受賞した「手鎖心中」や「吉里吉里人」を書いた小説家、NHKの人形劇「ひょっこりひょうたん島」の脚本家でもあります。 鋭い社会風刺と、何といっても人間味あふれるユーモアが、亡くなって三年がたつ今も、多くの人々の心をとらえて離れません。  戦禍の重さに苦悩/「言葉奪う」と怒り/県民の痛みを思い
 
 
山村美紗.1934/
     
阿刀田高.1935.1/
阿刀田高
  阿刀田高 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井阿刀田 高(あとうだ たかし、1935年1月13日 -)は作家、日本ペンクラブ会長。1955年、結核を病んで16ヶ月間の療養生活を送る。1960年に早稲田大学卒業。… 1964年以降、『笑いのころし文句』『ユーモア一日一言』などの随筆集を刊行。1969年、著書『ブラックユーモア入門』)がベストセラーとなり1972年に筆一本の生活に入る。1979年、『来訪者』で第32回日本推理作家協会賞を受賞。1979年、『ナポレオン狂』で第81回直木賞を受賞。その他、1995年、第29回吉川英治文学賞受賞。
 
 
  阿刀田高 (アトウダ・タカシ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1935(昭和10)年、東京生れ。早稲田大学文学部卒。国立国会図書館に勤務しながら執筆活動を続け、1978年『冷蔵庫より愛をこめて』でデビュー。1979年「来訪者」で日本推理作家協会賞、短編集『ナポレオン狂』で直木賞、1995(平成7)年『新トロイア物語』で吉川英治文学賞を受賞。他に『花あらし』『シェイクスピアを楽しむために』『チェーホフを楽しむために』『やさしいダンテ「神曲」』『プルタークの物語』など著書多数。
 
 
  阿刀田高 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  阿刀田高 の画像 - Google
 
 
大江健三郎.1935.1/
大江健三郎
  大江健三郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大江 健三郎(おおえ けんざぶろう、1935年1月31日 - )は小説家。愛媛県喜多郡出身。東京大学文学部フランス文学科卒。在学中の1958年、「飼育」により当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。石原慎太郎、開高健とともに第三の新人の後を受ける新世代の作家と目される。その後、独特の詩的な文体を獲得し、核や国家主義などの人類的な問題と、故郷の四国の森や知的障害のある子供(長男の大江光)という自身の体験とを重ね合わせ独自の文学世界を作り上げた。1994年ノーベル文学賞受賞。
 
 
  大江健三郎 (オオエ・ケンサブロウ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1935年、愛媛県生れ。東京大学仏文科卒業。在学中に「奇妙な仕事」で注目され、1958年に「飼育」で芥川賞を受賞。以後、つねに現代文学の最先端に位置して作品を発表し続けてきた。主な作品に『個人的な体験』『万延元年のフットボール』『人生の親戚』等がある。1994年にはノーベル文学賞を受賞した。
 
 
  大江健三郎 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大江健三郎 - Google
 
 
  大江健三郎は、なぜ、ノーベル文学賞を受賞したんですか? - Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大江健三郎は、北朝鮮を訪問して、「北朝鮮の若者は、希望に満ちている」などと、左翼の工作員のようなことを言っていますが?=大江の文章は、おかしいです。 どこが、世界レベルなんですか? 本を読んだことはありませんが、新聞に載っていた文章を読むと、思索と文章が乖離しているおかしな文章です。
 
 
三木卓.1935.5/
三木卓
  ⇒三木卓.1935   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「013 【文芸】 まど・みちお:立原道造:相田みつを:茨木のり子」 ⇒三木卓.1935
 
 
  三木卓 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三木卓(みき たく、1935年5月13日 - )は日本の詩人・小説家。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  三木卓 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三木卓 の画像 - Google
 
 
堺屋太一.1935.7/
堺屋太一
  堺屋太一 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堺屋 太一(さかいや たいち、1935年7月13日 - )は通産官僚、作家、経済評論家。また、様々な博覧会のプロデューサーとしても著名である。経済企画庁長官を歴任。大阪市生まれ。東京大学経済学部卒業。1960年に通商産業省入省、1975年、近未来の社会を描いた小説『油断!』で作家としてデビュー。工業社会の終焉と知価社会の到来を予言した『知価革命』等の社会評論に関する著作がある。他に小説『団塊の世代』がある。また、歴史小説『峠の群像』、『秀吉』は大河ドラマの原作となった。
 
 
  堺屋太一 (サカイヤ・タイチ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堺屋 太一(さかいや たいち 1935年7月13日 - )は、日本の官僚、作家、経済評論家。元経済企画庁長官。また、色々な博覧会のプロデューサーとしても著名である。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  堺屋太一 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堺屋太一 の画像 - Google
 
 
秦恒平.1935.12/
秦恒平 - SPYSEE
  秦恒平 (Wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  恒平(はた こうへい、1935年12月21日 - )は小説家。京都市生まれ。同志社大学文学部(美学)卒業。同大大学院中退。1969年、「清経入水」が太宰治賞を受賞し文壇にデビュー。1971年「廬山」で芥川賞候補。その後、東横学園女子短期大学で非常勤講師を務め、1992年から東京工業大学客員教授も勤めた。作家の秦建日子は息子。文芸評論家・作家の黒川創は甥。日本の平安朝から中世までの古典に関心が深く、それらをモティーフとした作品、評論が多い。
 
 
黒田夏子.1937.3
芥川賞に最年長75歳の黒田さん  最年長と最年少「年齢は関係ない」
  黒田夏子 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒田 夏子(くろだ なつこ、1937年3月23日 - )は、日本の小説家。東京・赤坂出身。 4歳の時に母親が結核で死去し、自身も自宅療養する中、5歳の時に物語を書き始める[2]。小学校から高校まではカトリック系の学校に通った。高校の文芸部雑誌に「タミエ」の出る作品を初めて掲載する。その号に「遠い日の断章」という四行九連の詩を掲載した。早稲田大学教育学部国語国文学科に進学し、在学中に同人誌『砂城』を主宰した。  著書/関連項目/脚注
 
 
  選考当初から高評価…黒田夏子さん芥川賞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  最高齢受賞者や男性最年少受賞者が出て、その年齢差52歳ということでも話題を呼んだ16日発表の芥川賞・直木賞。選評は以下の通り。 芥川賞は、受賞者となった75歳の黒田夏子、覆面作家の舞城王太郎、現役京大生の高尾長良さんら、様々な経歴の候補がいた。だが、講評した堀江敏幸委員は、「作品を前に、作者の来歴、現在の地位、年齢を消して読むのが基本」と改めて強調した。 黒田さんの「abさんご」は、「非常に高い評価を最初から得た」という。
 
 
  芥川賞・黒田夏子さん「abさんご」14万部に (2013/1/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文芸春秋は25日、黒田夏子さん(75)の芥川賞受賞作「abさんご」が、計14万部に達したと発表した。 同作は20日発売。候補発表前に初版8000部で刊行を予定していたが、受賞に伴い2度増刷を重ね、24日までに9万部に達していた。書店での売り上げが好調なことから、さらに4刷5万部の上積みを決めた。…
 
 
  芥川賞に決まって 黒田夏子さん「abさんご」 (2013/1/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第148回の芥川賞は史上最年長75歳の黒田夏子の「abさんご」(早稲田文学5号)、直木賞は初の平成生まれ朝井リョウ(23)の『何者』(新潮社)と安部龍太郎(57)の『等伯』(日本経済新聞出版社)に決まった。…
 
 
  YouTube - 黒田夏子 『abさんご』芥川賞受賞作家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 黒田夏子 『abさんご』芥川賞受賞作家 2013.2.15
 
 
  黒田夏子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒田夏子 の画像 - Google
 
 
庄司薫,1937.4/
     
塩野七生.1937.7/
  ⇒塩野七生   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「008 【文芸─杠監0子:吉行淳之介:三島由紀夫:堺屋太一」 ⇒塩野七生
 
 
古川薫.1925.6/
  直木賞作家の古川薫さん死去 「漂泊者のアリア」 (2018/5/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長州藩を舞台にした歴史小説を多く手掛けた直木賞作家の古川薫(ふるかわ・かおる)さんが5日、頭部血管肉腫で死去した。92歳だった。通夜は6日午後6時、葬儀は7日午前11時から山口県下関市楠乃2の551の115の下関典礼会館で。喪主は長男貴温(きみはる)さん。 25年、下関市生まれ。旧制県立宇部工業高校を出て、特攻に使われた機体などを生産していた日立航空機羽田工場に勤務するなどした。戦後、山口大を卒業し、中学教員を経て山口新聞社に入社。編集局長だった65年、明治維新期に苦難の人生を送った長州藩士を描いた「走狗(そうく)」で直木賞候補となり、その後、作家に転じた。 91年、オペラ歌手藤原義江を描いた「漂泊者のアリア」で第104回直木賞を受賞。同賞の候補になること10回は最多で、当時、65歳の最年長受賞者としても話題になったが、前年の受賞者、故・星川清司さんが68歳だったことがその後わかった。 長州史に詳しく、幕末や明治維新を題材にした歴史小説が多い。高杉晋作や吉田松陰には特に強く共感を抱いた。獄中の吉田松陰を描いた「吉田松陰の恋」は「獄(ひとや)に咲く花」として映画化された。 近現代の人物にも守備範囲を広げ、下関市出身の女優田中絹代を描いた「花も嵐も 女優・田中絹代の生涯」は02年、尾崎秀樹記念・大衆文学研究賞の特別賞を受賞。地元選出の安倍晋三首相とも親交があった。 太平洋戦争中に特攻機を整備した実体験に基づいて、15年に「君死に給ふことなかれ 神風特攻龍虎隊」を手がけた。 明治維新150年にあたる18年、新年にあたっての朝日新聞への寄稿では、維新や第2次世界大戦で多くの若者が死地に追いやられたと指摘。「またもや大勢の若者が青春を奪われんとする現実が、すぐにも現れそうな日々の情景を前に、ただ賑(にぎ)やかな記念の祭りとするのではあまりにも悔しい」と語りかけた。(全文)
 
 
  「古川薫」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古川薫 - Google 検索
 
 

TOPページ TOPページ  6源情報 6源情報  ジャンル一覧表 ジャンル一覧表  明快カテゴリ総覧 明快カテゴリ総覧  特集区分数・HP数詳細 特集区分数・HP数詳細  ジャンルページ ジャンルページ  画面上段 画面上段 


Copyright (C) 2018 Z-PLAZA Corporation. All Rights Reserved.