009 【文芸】 高樹のぶ子:村上春樹:浅田次郎:又吉直樹
日本の近現代文学史として明治時代以降の日本文学書を個々に掲載いたしました。明治を迎え西欧の思想や文化を取り入れる文明開化が推進され、日本の社会は大きく変化していきました。言文一致運動もその一つとして、この頃に私たちが考える文学という概念が生まれました。(/印は一部編集中)

近現代文学 古井由吉.1937.11/ 夏樹静子.1938 高杉良/1939 志茂田景樹/1940 嵐山光三郎/1942
鳥越碧/1944 大下英治/1944 村田喜代子/1945 池澤夏樹/1945 高樹のぶ子/1946 中上健次/1946
鳥羽亮/1946 宮本輝/1947.3 北方謙三/1947 清水義範/1947 津島佑子/1947 高橋三千綱/1948
つかこうへい/1948 赤川次郎/1948 ねじめ正一/1948 島田荘司/1948 村上春樹/1949 藤堂志津子/1949
宇江佐真理,1949/ 伊集院静.1950 高橋源一郎/1951 浅田次郎.1951 幸田真音.1951/ 村上龍/1952
栗本薫/1953 林真理子/1954 竹本健治/1954 李良枝/1955 奥泉光/1956 大沢在昌/1956
笙野頼子/1956 荻野アンナ/1956 大岡玲/1958 川上弘美/1958 山田詠美/1959 辻仁成/1959
多和田葉子/1960 石田衣良/1960 綾辻行人/1960 小野不由美/1960 島田雅彦.1961/ 小川洋子/1962
京極夏彦/1963 堀江敏幸.1964/ 村山由佳/1964 吉本ばなな.1964.7 恩田陸.1964.10/ あかほりさとる.1965/
新堂冬樹.1966/ 村木嵐.1967/ 柳美里.1968 平野啓一郎.1975 又吉直樹.1980/ 綿矢りさ.1984/
羽田圭介.1985.10          
← 008 【文芸─暸‐説(中)      010 【文芸】◆童話(上) → 
TOP >  a 文芸 > 009 【文芸】 高樹のぶ子:村上春樹:浅田次郎:又吉直樹 >  
       
近現代文学
     
古井由吉.1937.11/
     
夏樹静子.1938
夏樹 静子 / 画像一覧 夏樹 静子さんのインタビュー風景 「椅子がこわい」 - 夏樹静子
  夏樹静子とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  [1938〜 ]推理作家。東京の生まれ。本姓、出光(いでみつ)。旧姓、五十嵐。女性の繊細な心理描写と大胆なトリックを駆使した本格物に優れる。作品に「蒸発」「天使が消えていく」「Wの悲劇」ほか。「妻たちの欲望」などのノンフィクションもある。平成19年(2007)功績により日本ミステリー文学大賞受賞。
 
 
  夏樹静子 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏樹 静子(なつき しずこ、本名:出光 静子(いでみつ しずこ)、1938年12月21日 - 2016年3月19日)は、日本の小説家、推理作家。旧姓名の五十嵐 静子名義による作品もある。 1 来歴・人物 / 2 作品リスト / 3 映像化作品 / 4 脚注 / 5 外部リンク
 
 
  夏樹静子 - ミステリー推理小説データベース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本を代表する女流ミステリー作家。東京に生まれ、ミステリー・ファンの実兄の五十嵐鋼三、後の作家五十嵐均の影響で高校2年までには外国の名作ミステリーの大半を読破するほど若い頃からミステリーの魅力に取りつかれていたといいます。
 
 
  夏樹 静子: 作品一覧: 著者略歴 - Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  著者着歴: 東京生まれ。慶応義塾大学英文学科卒。1973年、「蒸発」で第26回日本推理作家協会賞受賞。89年、仏語訳「第三の女」で第54回フランス犯罪小説大賞受賞、2006年に女性作家では初めて、日本ミステリー文学大賞を受賞する。
 
 
  『椅子がこわい』夏樹静子 - 松岡正剛の千夜千冊 (2000/10/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この著者の作品は一作も読んだことがないのだが、いささか腰痛をもつ者として店頭で手にとった。いずれ暇なときにでも読もうとおもって、しばらくそのまま放っておいたのだが、あるとき読んでみて驚いた。 そして、どんな心理学書を読むより、とりあえずだまされたつもりでこの本を読むことを薦めたいと思った。 著者は想像を絶する腰痛に苦しんだ。…
 
 
  作家の夏樹静子さんが死去=77歳、「蒸発」「Wの悲劇」 (2016/3/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   「蒸発」「Wの悲劇」など数多くの推理小説で知られる作家の夏樹静子(なつき・しずこ=本名出光静子=いでみつ・しずこ)さんが19日午前3時10分、心不全のため福岡市内で死去した。77歳だった。葬儀は25日正午から福岡市中央区古小烏町70の1のユウベル積善社福岡斎場で。喪主は夫で新出光(本社福岡市)会長の芳秀(よしひで)氏。 東京都出身。慶応大在学中からドラマ脚本などを手掛けた。結婚して福岡市へ移住後、執筆した「天使が消えていく」が江戸川乱歩賞の最終候補になり、注目を集めた。…
 
 
  夏樹静子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏樹静子 の画像 - Google
 
 
高杉良/1939
高杉良
  高杉良 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高杉 良(たかすぎ りょう、1939年1月25日 - )は、ビジネスマン小説の巨匠として知られる。東京都出身。早稲田大学文学部を卒業、『石油化学新聞』に入社、編集長まで務めるが、友人の日本経済新聞記者から小説を書くことを薦められて、作家として身を立てることを決意。数々の経済小説を著し、組織の腐敗などにスポットを当てるようになった。竹中平蔵を酷評している。2006年、日経に対し、株主代表訴訟を起こす。その後、日経ではインサイダー取引などスキャンダルが続出。
 
 
  高杉良 (タカスギリョウ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1939(昭和14)年、東京生れ。化学専門紙記者、編集長を経て、1975年「虚構の城」で作家デビュー。以来、経済界全般にわたり材を得て、綿密な取材に裏打ちされた問題作を発表。主な作品に『小説 日本興業銀行』『労働貴族』『広報室沈黙す』『燃ゆるとき』『王国の崩壊』『人事権!』『金融腐蝕列島』『不撓不屈』『乱気流』『暗愚なる覇者』『挑戦 巨大外資』『反乱する管理職』等がある。
 
 
  高杉良 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高杉良 の画像 - Google
 
 
志茂田景樹/1940
志茂田景樹
  志茂田景樹 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  志茂田 景樹(しもだ かげき、1940年3月25日 - )は小説家・絵本作家タレント。 静岡県伊東市出身。中央大学法学部政治学科卒業後、保険調査員、寿司屋、週刊誌記者など20種以上の職を転々とした。1976年、『やっとこ探偵』で小説現代新人賞を受賞、プロデビューを果たす。1980年、『黄色い牙』で直木賞を受賞。ユーモア推理小説、推理小説、歴史小説、伝奇小説、人物評伝、スペクタクル小説、ピカレスク小説など、多様多彩な作品世界を構築する。社会的活動にも熱心である。
 
 
  志茂田景樹 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  志茂田 景樹(しもだ かげき、1940年3月25日 - )は、日本の作家(小説家・絵本作家)、タレント、大学教授。 青森県青森市出身。本名:下田景樹(しもだ・かげき)。血液型A型。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  志茂田景樹 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  志茂田景樹 の画像 - Google
 
 
嵐山光三郎/1942
嵐山光三郎
  嵐山光三郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  嵐山 光三郎(あらしやま こうざぶろう、1942年1月10日 - )は編集者、作家、エッセイストである。静岡県浜松市に生まれ、1950年から東京で育つ。1965年に國學院大學文学部卒業。1965年、平凡社へ入社、『別冊太陽』と『太陽』の編集長を務める。1981年に独立、『DoLiVe 月刊ドリブ』を創刊。1988年、『素人庖丁記』で第4回講談社エッセイ賞。 2000年、『芭蕉の誘惑』で第9回JTB紀行文学大賞。 2006年、『悪党芭蕉』で第34回泉鏡花文学賞・第58回読売文学賞。阪神タイガースファン。
 
 
  嵐山光三郎 (アラシヤマ・コウザブロウ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1942(昭和17)年、静岡県生れ。雑誌編集者を経て、作家活動に入る。1988年、『素人庖丁記』により、講談社エッセイ賞を受賞。2000(平成12)年、『芭蕉の誘惑』(後に『芭蕉紀行』と改題)により、JTB紀行文学大賞を受賞。『文人悪食』『追悼の達人』『日本一周ローカル線温泉旅』『死ぬための教養』『寿司問答―江戸前の真髄―』『昭和出版残侠伝』『とっておきの銀座』など著書多数。旅と温泉を愛し、一年のうち八ヶ月は、国内外を旅行している。
 
 
  嵐山光三郎 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  嵐山 光三郎(あらしやま こうざぶろう、1942年1月10日 - )は、日本の編集者、作家、エッセイストである。本名、祐乗坊 英昭(ゆうじょうぼう ひであき)。    ウェブ上からみた人物像
 
 
  嵐山光三郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  嵐山光三郎 の画像 - Google
 
 
鳥越碧/1944
鳥越碧
  鳥越碧 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鳥越 碧(とりごえ みどり、女性、1944年5月17日 - )は小説家。福岡県北九州市生まれ。同志社女子大学学芸学部英語英文学科卒。商社勤務を経て、1990年、尾形光琳の生涯を描いた『雁金屋草紙』により、第一回時代小説大賞を受賞。「雁金屋草紙」、「あがの夕話」、「後朝―和泉式部日記抄」、「百恋一首」、「萌がさね―藤原道長室明子相聞」、「想ひ草」、「蔦かずら」、「一葉」、「漱石の妻」、「兄いもうと」 。「衣小夜がたり」」(日本放送出版協会)を除き、他はすべて講談社出版。
 
 
  鳥越碧 Google画像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鳥越碧 Google画像
 
 
大下英治/1944
大下英治
  大下英治 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大下英治(おおした えいじ、1944年6月7日 - )は、政界、財界、芸能界などのルポルタージュや小説を執筆する作家。広島県安芸郡の生まれ。父親は原爆で亡くなり、自身も被爆者手帳を持つ。広島大学文学部仏文科卒業。1970年に週刊文春特派記者となり13年間在籍。 文春の記者時代に『小説電通』により作家デビュー。「三越の女帝・竹久みちの野望と金脈」が、三越岡田茂社長退陣のきっかけともなった。 政治経済、芸能など各界の著名人の他、政治家の伝記執筆に定評がある。
 
 
  大下英治 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大下英治(おおした えいじ、1944年6月7日 - )は、政界、財界、芸能界などのルポや小説を執筆する作家。広島県安芸郡府中町生まれ。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  大下英治 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大下英治 の画像 - Google
 
 
村田喜代子/1945
村田喜代子
  村田喜代子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村田 喜代子(むらた きよこ、1945年4月12日 - )は小説家。梅光学院大学文学部客員教授。福岡県中間市在住。福岡県北九州市出身。八幡市立花尾中学校卒業。やや怪奇味を帯びた作風だが、『龍秘御天歌』ではリアリズムに転じた。「鍋の中」を黒澤明が『八月の狂詩曲』として映画化した際には不満で、「ラストで許そう黒澤明」を『文藝春秋』に寄稿した。『百年佳約』の挿絵を担当したスペイン在住の画家堀越千秋とは親友。泉鏡花文学賞、川端康成文学賞、紫式部文学賞選考委員。
 
 
  村田喜代子 (ムラタ・キヨコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1945年、福岡県北九州市八幡生まれ。1985年、自身のタイプ印刷による個人誌「発表」を創刊。1987年『鍋の中』で芥川賞を受賞。1990年『白い山』(文藝春秋刊)で女流文学賞を、1992年『真夜中の自転車』(文藝春秋刊)で平林たい子賞を、1998年『望潮』で川端康成賞を受賞した。『花野』(講談社刊)、『蕨野行』『蟹女』『龍秘御天歌』(文藝春秋刊)などの著書がある。
 
 
  村田喜代子 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村田 喜代子(むらた きよこ、1945年4月12日 - )は、福岡県八幡市(現在の北九州市八幡西区)出身の小説家、随筆家。梅光学院大学文学部客員教授。福岡県中間市在住。八幡市立花尾中学校卒業。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  村田喜代子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村田喜代子 の画像 - Google
 
 
池澤夏樹/1945
池澤夏樹
  池澤夏樹 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  池澤 夏樹(いけざわ なつき、1945年7月7日 - )は詩人、翻訳家、小説家。各地へ旅をしたことが、池澤の文体の特徴となる。1945年北海道帯広市生まれ。1963年に埼玉大学理工学部物理学科に入学。1975年にギリシアに単身移住。帰国後、初の詩集『塩の道』を出版。1984年に「夏の朝の成層圏」を発表。小説家としてデビュー、「スティル・ライフ」で第98回芥川賞を受賞。谷崎潤一郎賞、毎日出版文化賞、芸術選奨、親鸞賞、読売文学賞、伊藤整文学賞などを受賞。2007年紫綬褒章受章。
 
 
  池澤夏樹 (イケザワ・ナツキ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1945年、北海道生れ。埼玉大学理工学部中退。1988年「スティル・ライフ」で芥川賞を受賞。詩、小説、随筆、翻訳(英・ギリシャ語)、書評と執筆は多岐にわたる。主な著書に『母なる自然のおっぱい』(読売文学賞)『マシアス・ギリの失脚』(谷崎潤一郎賞)『ハワイイ紀行』(JTB出版文化賞)『花を運ぶ妹』(毎日出版文化賞)『すばらしい新世界』(芸術選奨文部科学大臣賞)『イラクの小さな橋を渡って』『憲法なんて知らないよ』『言葉の流星群』(宮沢賢治賞)『静かな大地』(親鸞賞)『パレオマニア』等。2003年、著作活動全般について司馬遼太郎賞を受賞。二十代から世界各地を旅し、特にギリシャ、南の島々に親しむ。2004年夏、パリ郊外に移住。
 
 
  池澤夏樹 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  池澤 夏樹(いけざわ なつき、1945年7月7日 - )は、日本の詩人、翻訳家、小説家。各地へ旅をしたことが大学時代に専攻した物理学と併せて、池澤の文体の特徴となる。また翻訳やエッセイ・詩が小説に先行していることも、かれの文章に大きな影響を与えていると見なされ、文明や日本についての考察を基調に小説や評論などの文が書かれる。翻訳は、ギリシア現代詩からアメリカ現代小説など幅広く手がけている。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  池澤夏樹 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  池澤夏樹 の画像 - Google
 
 
高樹のぶ子/1946
高樹のぶ子
  高樹のぶ子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高樹 のぶ子(たかぎ のぶこ、1946年4月9日 - )は小説家。九州大学アジア総合政策センター特任教授。山口県防府市出身。東京女子大学短期大学部教養科卒業。出版社勤務を経て、1980年にデビュー作『その細き道』を発表。実父は山口大学で生物学の教授を務めた。1984年、『光抱く友よ』で芥川賞 。1994年、『蔦燃』で島清恋愛文学賞。1995年、『水脈』で女流文学賞。1999年、『透光の樹』で谷崎潤一郎賞 。2006年、『HOKKAI』で芸術選奨文部大臣賞。2009年、紫綬褒章受勲。
 
 
  高樹のぶ子 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高樹のぶ子(たかぎ のぶこ、1946年4月9日 - )は、日本の作家。 本名:鶴田信子(つるた のぶこ)。特徴は愛と人間を語る明晰な感性。実父は元特攻隊員。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  喬樹のぶ子のSIAブログ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  喬樹のぶ子のSIAブログ
 
 
  高樹のぶ子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高樹のぶ子 の画像 - Google
 
 
中上健次/1946
中上健次
  中上健次 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中上 健次(なかがみ けんじ、1946年8月2日 - 1992年8月12日)は、和歌山県新宮市生まれの小説家。和歌山県立新宮高等学校卒業。羽田空港などで肉体労働に従事したのち執筆に専念。大江健三郎から文体の影響を受、高校在学中、処女作「赤い儀式」を制作。1973年以降、「十九歳の地図」「鳩どもの家」「浄徳寺ツアー」が続けて芥川賞候補となる。1976年、「岬」で第74回芥川賞受賞。戦後生まれ初の受賞者。1977年、代表作『枯木灘』発表、毎日出版文化賞、芸術選奨新人賞を受賞。
 
 
  中上健次 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中上 健次(なかがみ けんじ、男性、1946年8月2日 - 1992年8月12日)は、和歌山県新宮市生まれの小説家。和歌山県立新宮高等学校卒業。本名は、表記は同じだが読みは「なかうえ」。妻は作家の紀和鏡、長女は作家の中上紀、次女は陶芸家で作家の中上菜穂。    ウェブ上からみた人物像
 
 
  中上健次  - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中上健次  - Google
 
 
鳥羽亮/1946
鳥羽亮
  鳥羽亮 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鳥羽 亮(とば りょう、本名・貴徳、1946年8月31日 - )は小説家・作家。埼玉県長瀞町出身。埼玉大学教育学部卒業後は小学校の教員となったが、1988年に推理小説『それぞれのメッセージ』が、江戸川乱歩賞の二次選考に残り、自信を深めた。その後、1990年に『剣の道殺人事件』で第三十六回江戸川乱歩賞を受賞し、推理作家としてデビュー。その後、サスペンス・推理小説として『警視庁捜査一課南平班』シリーズ、剣豪を主とした時代小説に『三鬼の剣』などがある。剣道三段。
 
 
  鳥羽亮 作品一覧 紀伊國屋書店BookWeb   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鳥羽亮 作品一覧 紀伊國屋書店BookWeb
 
 
  孫六の宝 書き下ろし長編時代小説  [本]  鳥羽亮/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長い間、子供の出来なかった娘のおみよが妊娠した。驚喜する孫六だが、そんな時、おみよの亭主の又八が辻斬りに襲われ大怪我をする。しかも、辻斬り一味は執拗に又八の命を付け狙う。江戸の町を震撼させる辻斬り一味に、はぐれ長屋の用心棒たちが立ち向かう。大好評シリーズ第十弾。
 
 
宮本輝/1947.3
宮本輝
  宮本輝 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮本 輝(みやもと てる、1947年3月6日 - )は小説家。兵庫県神戸市に生まれ。追手門学院大学文学部卒業。熱心な創価学会員。20代半ばから重度のパニック症候群に苦しみ、その折、書店で読んだ某有名作家の短編小説があまりに面白くなかったため、これで金がもらえるならと退社して小説を書き始める。1977年、『泥の河』で、第13回太宰治賞を受賞。翌1978年には『螢川』で第78回芥川賞を受賞し、作家としての地位を確立。… 『優駿』で吉川英治文学賞を歴代最年少40歳で受賞する。
 
 
  宮本輝 (ミヤモト・テル) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1947(昭和22)年、兵庫県神戸市生れ。追手門学院大学文学部卒業。広告代理店勤務等を経て、1977年「泥の河」で太宰治賞を、翌年「螢川」で芥川賞を受賞。その後、結核のため二年ほどの療養生活を送るが、回復後、旺盛な執筆活動をすすめる。『道頓堀川』『錦繍』『青が散る』『流転の海』『優駿』(吉川英治文学賞)『約束の冬』『にぎやかな天地』『花の回廊』等、多くの作品がある。
 
 
  宮本輝 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮本 輝(みやもと てる、1947年3月6日 - )は、日本の小説家。本名は宮本正仁。兵庫県神戸市に生まれる。後、愛媛県、大阪府、富山県に転居。関西大倉高等学校、追手門学院大学文学部卒業。熱心な創価学会信者であることが知られている。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  宮本輝 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮本輝 の画像 - Google
 
 
  「宮本輝」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮本輝 - Google 検索
 
 
  「これはもう差別発言」 宮本輝氏「芥川選評」が大物議 (2017/8/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第157回芥川賞に「真ん中の子どもたち」という作品でノミネートされた台湾生まれの作家・温又柔(おん・ゆうじゅう)氏(37)が、同賞の選考委員を務めた作家・宮本輝氏の「選評」にツイッターで怒りを露わにしている。 「もどかしく悲しく怒りに震えました...」――。宮本氏の選評が2017年8月10日発売の月刊誌「文藝春秋」に掲載されて以降、温氏はこうした怒りのツイートを何度も投稿している。一人の作家をここまで立腹させる選評とは、いったいどんな内容だったのか。…
 
 
北方謙三/1947
北方謙三
  北方謙三 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北方 謙三(きたかた けんぞう、1947年10月26日 - )は小説家。佐賀県生まれ。中央大学法学部卒業。在学中、純文学作品『明るい街へ』で学生作家としてデビュー。その後、“文学”から“小説”へ。“短編”から“長編”への転換を決意し、次々にヒット作を生み出し、“ハードボイルド小説の旗手”として一躍人気作家になった。1989年、『破軍の星』で第4回柴田錬三郎賞を受賞、歴史・時代小説へとジャンルを広げる。1999年、『水滸伝』の全19巻9500枚の超大作で、第9回司馬遼太郎賞を受賞。
 
 
  北方謙三 (キタカタ・ケンゾウ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1947(昭和22)年、佐賀県生れ。中央大学卒業後、1971年に『明るい街へ』でデビュー。1981年の『弔鐘はるかなり』で脚光を浴び、翌年『眠りなき夜』で日本冒険小説協会大賞、吉川英治文学新人賞受賞。1984年に『檻』で日本冒険小説協会大賞、『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。1988年から歴史小説にも挑み、1991(平成3)年の『破軍の星』で柴田錬三郎賞受賞。2006年、『水滸伝』全19巻で司馬遼太郎賞を受賞。
 
 
  北方謙三 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北方 謙三(きたかた けんぞう、男性、1947年10月26日 - )は、佐賀県唐津市生まれの日本の小説家。中央大学法学部法律学科卒業。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  北方謙三 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北方謙三 の画像 - Google
 
 
清水義範/1947
清水義範
  清水義範 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  清水 義範(しみず よしのり、1947年10月28日 - )は小説家。愛知県名古屋市生まれ。愛知教育大学教育学部国語学科卒業。中学時代からSFファンで、自身でSF同人誌を発行。1977年から多数のジュブナイル作品を発表。その後、様々なパスティーシュの手法が用い、注目を集めた。この他にも推理小説や青春小説など、守備範囲が広い。奇想とアイディアには定評がある。また、「名古屋もの」と呼ばれる作品を多数著し、「名古屋弁を全国に広める会」の功労賞を受賞。名古屋名誉市民。
 
 
  清水義範 (シミズ・ヨシノリ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1947(昭和22)年、愛知県名古屋市生れ。愛知教育大学卒業。1981年『昭和御前試合』で文壇にデビュー。1986年『蕎麦ときしめん』でパスティーシュ小説の分野を開拓し、注目を集める。1988年『国語入試問題必勝法』で吉川英治文学新人賞を受賞。精力的な執筆活動を展開し、『永遠のジャック&ベティ』『金鯱の夢』『秘湯中の秘湯』『陽のあたらない坂道』他著書多数。
 
 
  清水義範 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  清水義範 の画像 - Google
 
 
津島佑子/1947
津島佑子
  津島佑子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  津島 佑子(つしま ゆうこ、1947年3月30日 - )は、東京三鷹生まれの小説家。作品は英語・ドイツ語・イタリア語・フランス語・オランダ語・アラビア語・中国語に翻訳され、国際的に評価が高い。読売文学賞、野間文芸賞、伊藤整文学賞、川端康成文学賞、朝日賞選考委員。小説家太宰治の次女。1歳のとき父を失い母子家庭で育つ 。1966年、白百合女子大学英文科卒業。1991年、パリ大学に招聘され日本の近代文学を講義。1998年、谷崎潤一郎賞・野間文芸賞受賞。夫は詩人の藤井貞和。
 
 
  津島佑子 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  津島 佑子(つしま ゆうこ、1947年3月30日 - )は、東京都北多摩郡三鷹町(現・東京都三鷹市)生まれの日本の小説家。本名は津島里子(つしま さとこ)。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  ★Transparence Space  津島佑子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和22年に生まれた津島佑子(本名:里子)は僅か1歳の時に父に死なれた。 その「父の不在」の家庭で、自己の生存に常に怯えながら、「ムシ」を殺すことで命の確認をしていた少女時代・・・兄と一緒に歩いた墓地やお寺、その兄の死の記憶・・・母として駆け抜けたあの時代・・・そして子どもの「いなくなってしまった」あの日・・・
 
 
  津島佑子 (ツシマ・ユウコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1947(昭和22)年、東京生れ。作家・太宰治の次女。白百合女子大学英文科卒。在学中より「文芸首都」「三田文学」に参加。『寵児』(1978年女流文学賞)、『光の領分』(1979年野間文芸新人賞)、『黙市』(1983年川端康成文学賞)、『夜の光に追われて』(1987年読売文学賞)など受賞作多数。1991年10月から翌年6月までパリ大学東洋語学校で日本文学を講義する。『謝肉祭』『大いなる夢よ、光よ』『かがやく水の時代』など多くの作品がある。
 
 
  津島佑子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  津島佑子 の画像 - Google
 
 
高橋三千綱/1948
高橋三千綱
  高橋三千綱 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高橋 三千綱(たかはし みちつな、1948年1月5日 - )は、大阪府出身の作家。作家の高野三郎の長男。3歳の時東京に転居。小学校時代、テレビや映画に子役として出演。高校卒業後、サンフランシスコ州立大学英語学科創作コースへ入学するが、父親が重病となり帰国。1971年早稲田大学文学部英文科へ入学。2年で中退し、東京スポーツ新聞社に新聞記者として入社。新聞記事を書くかたわら小説を執筆し、「退屈しのぎ」で第17回群像新人文学賞。1978年「九月の空」で第79回芥川賞受賞。
 
 
  高橋三千綱 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高橋 三千綱(たかはし みちつな、男性、1948年1月5日- )は、大阪府出身の作家。早稲田大学中退。   ウェブ上からみた人物像
 
 
つかこうへい/1948
つかこうへい
  つかこうへい (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  つか こうへい(本名:金峰雄〔キム・ボンウン、通名:金原峰雄〔かねはら みねお〕、国籍:大韓民国、1948年4月24日 - )は、劇作家、演出家、小説家。 福岡県嘉麻市生まれ。 現在は東京都北区に在住。同区のアンバサダーも務めている。 慶應義塾大学文学部フランス哲学科(中退)。1994年、東京都北区と協力し、北区つかこうへい劇団を創設。日本で初めて行政のバックアップを受けた劇団として関心を集めた。全ての作品が最初に戯曲として発表され本人の演出により舞台化。その後に小説化される。
 
 
  つかこうへい - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  つか こうへい(本名:金峰雄〔キム・ボンウン、日本国内での戸籍上の通名:金原峰雄〔かねはら みねお〕、国籍:大韓民国、男性、1948年4月24日 - )は、日本の劇作家、演出家、小説家。 福岡県嘉穂郡嘉穂町(現・嘉麻市)牛隈生まれ。 三男一女の二男。 血液型A型。 現在は東京都北区に在住。同区のアンバサダーも務めている。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  つかこうへい の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  つかこうへい の画像 - Google
 
 
赤川次郎/1948
赤川次郎
  赤川次郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤川 次郎(あかがわ じろう、1948年2月29日 - )は小説家。福岡県福岡市生まれ。桐朋高等学校卒業。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。中学3年生の時に見よう見まねで小説を書き始める。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。1978年には『三毛猫ホームズの推理』がベストセラーとなる。1980年、「上役のいない月曜日」が第83回直木賞候補に挙がった。推理小説のほか、ホラー、恋愛物も多く書く。2008年、著作が500冊に。累計発行部数は3億部を超える。
 
 
  赤川次郎 (アカガワ・ジロウ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1948(昭和23)年、福岡生れ。桐朋高校卒。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。「三毛猫ホームズ」シリーズなど、ユーモア・ミステリーの他、サスペンス小説、恋愛小説など幅広く活躍。現代を代表する人気作家である。『セーラー服と機関銃』『ふたり』『恋占い』『晩夏』『子子家庭は波乱万丈』など著書多数。
 
 
  赤川次郎 - SPUSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤川 次郎(あかがわ じろう、1948年2月29日 - )は、日本の小説家。福岡県福岡市生まれ。血液型はA型。桐朋高等学校普通科卒業。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は満洲映画協会、東映動画元職員の赤川孝一。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  赤川次郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤川次郎 の画像 - Google
 
 
ねじめ正一/1948
ねじめ正一
  ねじめ正一 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ねじめ 正一(ねじめ しょういち、1948年6月16日 - )は詩人、小説家。東京都生まれ。青山学院大学経済学部中退。阿佐ヶ谷・パール商店街で「ねじめ民芸店」を営む。草野球チームに所属、大の野球ファン。長嶋茂雄、巨人ファンとしても有名である。TBS番組審議会委員。1981年 - 詩集『ふ』により、第31回H氏賞を受賞。1989年 - 『高円寺純情商店街』により、第101回直木賞を受賞。 2004年 - 『まいごのことり』により、第15回ひろすけ童話賞を受賞。2008年 、『荒地の恋』で中央公論文芸賞を受賞。 
 
 
  ねじめ正一 (ネジメ・ショウイチ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作家、詩人。1948年6月16日、東京生まれ。青山学院大学経済学部中退。1981年処女詩集『ふ』で詩壇の芥川賞といわれる「H氏賞」を受賞。1989年、初めて手がけた小説『高円寺純情商店街』で直木賞受賞。熱狂的な長嶋茂雄信者としても知られ、『落合博満 変人の研究』で落合博満をその後継者とおもいっきり解いた。『熊谷突撃商店』『眼鏡屋直次郎』『天使の相棒』『荒地の恋』『ひゃくえんだま』等著書多数。
 
 
  ねじめ正一 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ねじめ 正一(ねじめ しょういち、男性、1948年6月16日 - )は日本の詩人、小説家。本名は祢寝 正一(よみは同じ)。東京都生まれ。杉並区立杉並第四小学校→杉並区立高円寺中学校→日本大学第二高等学校卒業。青山学院大学経済学部中退。父はねじめ正也(俳人)。長女は祢寝彩木(脚本家)。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  ねじめ正一 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ねじめ正一 の画像 - Google
 
 
  ねじめ正一 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ねじめ正一 の画像 - Google
 
 
  ねじめ正一 の動画検索結果 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ねじめ正一 の動画検索結果 - Google
 
 
島田荘司/1948
島田荘司
  島田荘司 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島田荘司 の画像 - Google
 
 
村上春樹/1949
村上春樹
  村上春樹 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は小説家、米文学翻訳家、エッセイスト。京都市生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒、ジャズ喫茶の経営を経て、1979年『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1987年の『ノルウェイの森』は上下430万部を売るベストセラーとなり、国民的支持を集めている。日本国外でも人気が高く、アメリカでも大きな影響力をもつ。2006年、世界文学へ貢献した作家に贈られるフランツ・カフカ賞を受賞し、ノーベル文学賞の有力候補と見なされている。
 
 
  村上春樹 (ムラカミ・ハルキ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。1979年、『風の歌を聴け』でデビュー、群像新人文学賞受賞。主著に『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞受賞)、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『ノルウェイの森』、『アンダーグラウンド』、『スプートニクの恋人』、『神の子どもたちはみな踊る』、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』など。『レイモンド・カーヴァー全集』、『心臓を貫かれて』、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』、『ロング・グッドバイ』など訳書も多数。
 
 
  村上春樹 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、米文学翻訳家、エッセイスト。京都府京都市に生まれ、兵庫県西宮市に育つ。早稲田大学第一文学部演劇科卒、ジャズ喫茶の経営を経て、1979年「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞しデビュー。当時のアメリカ文学から影響を受けた乾いた文体で都会生活を描いて注目を浴び、村上龍とともに時代を代表する作家と目される。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  村上春樹 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村上春樹 の画像 - Google
 
 
  村上春樹 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村上春樹 の画像 - Google
 
 
  村上春樹さんに名誉博士号 ハワイ大学マノア校 (2012/5/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハワイ大学マノア校は12日に開かれた卒業式で、作家村上春樹さんに名誉博士号を授与した。 村上さんの作品が40以上の言語に翻訳され、ポストモダン文学に世界的な貢献をしていることや、英語の文学作品を多く日本語訳したことなどを評価した。
 
 
藤堂志津子/1949
藤堂志津子
  藤堂志津子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤堂 志津子(とうどう しづこ、1949年3月14日 - )は小説家。札幌市生れ。藤女子短期大学国文科卒。札幌在住。19歳で詩集『砂の憧憬』を刊行。1988年、『マドンナのごとく』で、北海道新聞文学賞を受賞。1989年、『熟れてゆく夏』で直木賞受賞。以後恋愛小説作家として活躍する。女性の心の内部をつく恋愛小説を多く発表している。1998年の『夜のかけら』以降、新境地を見せ、『昔の恋人』で高い達成に至った。以後は、三十代後半、四十代の女の恋愛とセックスを描いて、余人の追随を許さない。
 
 
  藤堂志津子 (トウドウ・シズコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤堂 志津子(とうどう しづこ、1949年3月14日 - )は、日本の小説家。本名、熊谷 政江。札幌市生れ。北海道札幌北高等学校、藤女子短期大学国文科卒。現在も札幌在住。    ウェブ上からみた人物像
 
 
  藤堂志津子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤堂志津子 の画像 - Google
 
 
宇江佐真理,1949/
     
伊集院静.1950
仙台在住”伊集院静”氏の言葉
  伊集院静 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊集院 静(いじゅういん しずか、1950年2月9日 - )は、日本の作家、作詞家。作詞家としての筆名は伊達 歩。男性。1950年生まれ、山口県防府市出身の韓国系日本人2世である。出生当時の氏名はチョ・チュンレ(趙忠來)、のち日本に帰化したことから、氏名を西山忠来(にしやま ただき)に変えた。立教大学文学部日本文学科を卒業。当時義兄が巨人の野球選手だった影響で、長嶋茂雄本人から「野球をするのなら立教に行きなさい」と言われた。その長嶋の一言で立教大学に進学を決めた。広告代理店勤務を経てCMディレクターになる。1981年、『皐月』を発表し作家デビュー。
 
 
  仙台在住”伊集院静”氏の言葉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仙台在住で被災された、作家の伊集院静氏の新聞に載っていた言葉です。: 仙台市の自宅で被災した。妻が耐震補強をしていたから、家はなんとか倒れなかった。 備蓄があったので、水を近所に配った。周囲は倒れかけた家が多くて、お年寄りたちは避難所に逃げた。 私は声を掛けた。「諦めたら、死ぬぞ」と。・・・
 
 
  伊集院静 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊集院静 の画像 - Google
 
 
高橋源一郎/1951
高橋源一郎
  高橋源一郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高橋 源一郎(たかはし げんいちろう、1951年1月1日 - )は小説家、評論家。広島県尾道市出身。灘高等学校卒、横浜国立大学経済学部除籍。1981年、『さようなら、ギャングたち』でデビュー。パロディやパスティーシュを駆使、日本を代表するアヴァン・ポップ文学の担い手として注目される。1988年、『優雅で感傷的な日本野球』にて三島由紀夫賞。2002年、『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞を受賞。2005年より明治学院大学国際学部教授。3度の離婚歴があり、谷川直子、室井佑月はともに小説家。
 
 
  高橋源一郎 (タカハシ・ゲンイチロウ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1951年広島生まれ。1981年、『さようなら、ギャングたち』で群像新人長編小説賞優秀賞受賞。1988年、『優雅で感傷的な日本野球』で第1回三島由紀夫賞受賞。著書に『虹の彼方に』、『ジョン・レノン対火星人』、『ペンギン村に陽は落ちて』、『日本文学盛衰史』など。
 
 
  高橋源一郎 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高橋 源一郎(たかはし げんいちろう、1951年1月1日 - )は、日本の小説家。広島県尾道市出身。灘高等学校卒、横浜国立大学経済学部除籍。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  高橋源一郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高橋源一郎 の画像 - Google
 
 
浅田次郎.1951
浅田次郎 「今の段階で再稼働に踏み切るというのは、やっぱり民意を無視していると思う。こんな強権政治があっちゃいけないですよ」 今週の原発:浅田次郎さんインタビュー
  浅田次郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浅田 次郎(あさだ じろう、1951年12月13日 - )は小説家。自衛隊に入隊、のちアパレル業界など様々な職につきながら投稿生活を続け、1991年『とられてたまるか!』でデビュー。悪漢小説ののち、『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、『鉄道員』で直木賞を受賞。時代小説やエッセイのほか、『蒼穹の昴』『中原の虹』などの中国歴史小説がある。映画化、テレビ化された作品も多い。日本の大衆小説の伝統を受け継ぐ小説家。2008年現在、直木賞、吉川英治文学新人賞、山本周五郎賞選考委員。
 
 
  浅田次郎 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浅田 次郎(あさだ じろう、1951年12月13日 - )は、日本の小説家。本名、岩戸 康次郎(いわと こうじろう)。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  浅田次郎 おすすめランキング (642作品)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浅田次郎のおすすめランキングの作品一覧です。 ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。
 
 
  浅田次郎 (アサダ・ジロウ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1951(昭和26)年、東京生れ。1995(平成7)年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員(ぽっぽや)』で直木賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2007年『お腹召しませ』で司馬遼太郎賞、 2008年『中原の虹』で吉川英治文学賞をそれぞれ受賞した。『蒼穹の昴』『椿山課長の七日間』『薔薇盗人』『憑神』『夕映え天使』など多数の著書があり、幅広い読者を獲得している。
 
 
  浅田次郎さん「賞がねじふせられた」 (2014/1/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第150回直木賞(日本文学振興会主催)は、朝井まかてさん(54)の『恋歌』と姫野カオルコさん(55)の『昭和の犬』の2作に決まった。16日夜、東京・築地の料亭「新喜楽」で選考委員の浅田次郎さん(62)が会見し、選考の経緯について説明した。概要は次の通り。…
 
 
  浅田 次郎:作品一覧、著者略歴 - Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の「運命」について語ろう/夏・秋・冬(プリズンホテル)/闇の花道/神坐す山の物語/王妃の館/赤猫異聞/残侠/椿山課長の七日間/天国までの百マイル/鉄道員/初湯千両/壬生義士伝/昭和任盗伝/終わらざる夏/日輪の遺産・・など 計125件
 
 
  浅田次郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浅田次郎 の画像 - Google
 
 
幸田真音.1951/
  「幸田真音」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幸田真音 - Google 検索
 
 
村上龍/1952
村上龍
  村上龍 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村上 龍(むらかみ りゅう、1952年2月19日 - )は小説家、映画監督。長崎県佐世保市出身。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、芥川賞を受賞。ヒッピー文化の影響を強く受けた作家として村上春樹とともに時代を代表する作家と目される。主要作品に『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『希望の国のエクソダス』など。1999年より日本の金融・政治経済関連の問題を考えるメールマガジンを主宰、
 
 
  村上龍 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村上 龍(むらかみ りゅう、1952年2月19日 - )は、日本の小説家、映画監督。長崎県佐世保市出身。血液型はO型。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、芥川賞を受賞。アメリカ文化の影響を強く受けた作家として村上春樹とともに時代を代表する作家と目される。主要作品に『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『五分後の世界』『希望の国のエクソダス』『半島を出よ』など。また自身の小説を元に映画製作も行なう。1999年より日本の経済問題を考えるメールマガジン『JMM』を主宰、以後社会問題に対し積極的に関わっている。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  村上龍 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村上龍 の画像 - Google
 
 
栗本薫/1953
栗本薫(中島梓)さん
  栗本薫 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  栗本薫 の画像 - Google
 
 
林真理子/1954
林真理子 独占!特別インタビュー 作家 林真理子さん (2011/8/4) 林 真理子先生は莉乃ちゃんに対して「可愛い」を連発。『指ヲタ』以外で、こんなにも莉乃ちゃんのことを可愛いって言ってくれるのは、世界中でも恐らく林先生だけで ...
  林真理子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  林 真理子(はやし まりこ、1954年4月1日 - )は小説家、エッセイスト。山梨県山梨市出身。本屋の娘に生まれ、幼少時から大量の本を読む。日本大学藝術学部文芸学科を卒業し、コピーライターとして活躍。1982年、エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』がベストセラーを記録、作家としてデビュー。1986年、前年に発表した『最終便に間に合えば』『京都まで』で第94回直木賞受賞。1995年、『白蓮れんれん』で第8回柴田錬三郎賞を受賞、1998年、『みんなの秘密』で第32回吉川英治文学賞を受賞。
 
 
  林真理子 (ハヤシ・マリコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1954(昭和29)年、山梨県生れ。1982年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーになる。1986年「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞を、1995(平成7)年『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞を、1998年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞を受賞。著書は『女文士』『断崖、その冬の』『着物をめぐる物語』『不機嫌な果実』『強運な女になる』『美女入門』『ミスキャスト』『初夜』『花』『アッコちゃんの時代』『ウーマンズ・アイランド』『秋の森の奇跡』『本朝金瓶梅』など多数。
 
 
  独占!特別インタビュー 作家 林真理子さん (2011/8/4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今から約28年前、エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーになり、一躍時の人となった林真理子さん。当時はコピーライターだったが、その後作家に転向。『最終便に間に会えば』『京都まで』で第94回直木賞を受賞し、作家としての地位を確立した。以降トップランナーとしてのパワーを継続しながら、コンスタントにベストセラーを出し、今では文壇の巨匠と言われるまでに上りつめた。…
 
 
  どん底から這い上がった林真理子、成功の原動力は「野心」だった (2013/4/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  AKB総合プロデューサーであり作詞家の秋元康氏をして「プレッシャーをものともせず、30年間、時代の“センター”にいる」といわしめた林真理子。「有名になりたい!」「作家になりたい!」「結婚したい!」「子どもが欲しい!」――周囲からは無理だと言われながらも、自分の願いをすべて自力で叶えてきたベストセラー作家のエッセイ本『野心のすすめ』(講談社)が4月17日に発売された。
 
 
  第178回 作家 林真理子さん 「小説を書く時間」 (2014/10/31)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第百七十八回中日レディーズサロン(中日新聞東海本社主催)が十月三十日、浜松市中区のホテルコンコルド浜松で開かれ、作家の林真理子さんが「小説を書く時間」と題して講演した。大正から昭和の歌人で、夫がありながら大学生と駆け落ちした柳原白蓮(びゃくれん)を二十年前、小説に書いたが「当時の私は、男と女の愛情が分かっていなかった。今なら違う書き方ができるかもしれない」と話した。 「白蓮れんれん」という小説の取材で、白蓮さんの長女に会い、駆け落ちした彼とのラブレターを見せてもらった。約七百通もあった。…
 
 
  林真理子さんインタビューより「働く女性に伝えたい言葉」 (2015/12/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作家として第一線を走り続けること30年あまり――。その好奇心と行動力で、運命の扉を次々と開いてきた女性、林真理子さん。年齢を重ね、ますますエネルギッシュな輝きを増す林さんに、9月に上梓した『マイストーリー 私の物語』の執筆裏話をはじめ、仕事観から自身の体験を踏まえた婚活アドバイスまで、さまざまなお話を伺いました。その中から、働く女性に伝えたい言葉を厳選してお伝えします。  ◇「人を成長させるのは…」: 伝えたい言葉1/伝えたい言葉2/伝えたい言葉3
 
 
  林真理子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  林真理子 の画像 - Google
 
 
竹本健治/1954
和やかに行われたトークショー (竹本健治)
  竹本健治 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  竹本健治 の画像 - Google
 
 
李良枝/1955
李良枝
  李良枝 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  李 良枝(イ・ヤンジ、1955年3月15日-1992年5月22日)は、在日韓国人二世の小説家。本名は田中淑枝。山梨県南都留郡生まれ。小学生のときに両親が日本国籍を取得したので、同時に彼女も日本国籍となった。1982年にはソウル大学校国語国文学科へ入学し、留学中に書き上げた「ナビ・タリョン」をに発表し、第88回芥川賞候補となる。また、「かずきめ」(1983年)、「刻」(1984年)もそれぞれ候補作となる。1988年にはソウル大学を卒業、『由熙』(ユヒ)で翌89年(平成元年)の第100回芥川賞を受賞。
 
 
  李良枝 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  李良枝(イ・ヤンジ、1955年3月15日-1992年5月22日)は、在日韓国人二世の小説家。本名は田中淑枝。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  李良枝 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  李良枝 の画像 - Google
 
 
奥泉光/1956
奥泉 光
  奥泉光 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  奥泉 光(おくいずみ ひかる、1956年2月6日 - )は小説家。山形県東田川郡出身。国際基督教大学教養学部人文科学科卒。同大学院修士課程修了(博士課程中退)。研究者時代の共訳書に『古代ユダヤ社会史』が、すばる文学賞最終候補となり、1986年に『地の鳥天の魚群』を発表しデビュー。1990年、『滝』が第三回三島由紀夫賞および第103回芥川賞候補となる。1993年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞・瞠目反文学賞受賞。1994年、『石の来歴』により芥川賞受賞。現在、近畿大学教授。
 
 
  奥泉光 (オクイズミ・ヒカル) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1956(昭和31)年山形県生れ。1986年「地の鳥 天の魚群」でデビュー。1990年の「その言葉を」が注目を集め、以後1993年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞、瞠目反・文学賞、1994年『石の来歴』で芥川賞を受賞。主な小説に、『葦と百合』『バナールな現象』『グランド・ミステリー』など。エッセイ集に『虚構まみれ』、共訳書に『古代ユダヤ社会史』がある。
 
 
  奥泉光 - spysee   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  奥泉 光(おくいずみ ひかる、1956年2月6日 - )は、日本の小説家。本名 奥泉康弘(やすひろ)。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  奥泉光 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  奥泉光 の画像 - Google
 
 
  奥泉光 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  奥泉 光(おくいずみ ひかる、1956年2月6日 - )は、日本の小説家。 山形県東田川郡三川町出身。埼玉県立川越高等学校、国際基督教大学 (ICU) 教養学部人文科学科卒。同大学院修士課程修了(博士課程中退)。当初は研究者を目指しており、研究者時代の共訳書に『古代ユダヤ社会史』(G・キッペンベルク著、教文館)がある。 1 来歴 / 2 選考委員歴 / 3 著書 / 4 脚注 / 5 外部リンク
 
 
大沢在昌/1956
大沢在昌
  大沢在昌 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大沢在昌(おおさわ ありまさ、1956年3月8日 - )は愛知県名古屋市出身のハードボイルド・冒険小説作家、推理作家。趣味はゴルフ・釣り・テレビゲームと幅広い。1978年、 『感傷の街角』 第1回小説推理新人賞。1985年、日本冒険小説協会最優秀短編賞。1990年、日本推理作家協会賞、吉川英治文学新人賞。1993年、『新宿鮫 無間人形』 第110回直木賞。2001年、日本冒険小説協会大賞日本軍大賞。2002年、日本冒険小説大賞日本軍大賞を連続受賞。2004年、柴田錬三郎賞など。
 
 
  大沢在昌 (オオサワ・アリマサ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1956(昭和31)年、名古屋生まれ。1979年『感傷の街角』で小説推理新人賞を受賞する。1991(平成3)年『新宿鮫』で吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞。1994年『新宿鮫・無間人形』で直木賞受賞。エンターテインメント小説界に話題作を次々と送りこんでいる。近著に『心では重すぎる』『闇先案内人』などがある。
 
 
  大沢在昌 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大沢在昌(おおさわ ありまさ、本名同じ、1956年3月8日 - )は愛知県名古屋市出身のハードボイルド、冒険小説作家、推理作家。「在昌」という名前が珍しいため、ペンネームであると勘違いされることがあるという(『かくカク遊ブ、書く遊ぶ』)。よく読み間違えられる「ざいしょう」があだ名として、身近な人間には呼ばれている   ウェブ上からみた人物像
 
 
  大沢在昌 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大沢在昌 の画像 - Google
 
 
笙野頼子/1956
笙野頼子
  笙野頼子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  笙野 頼子(しょうの よりこ、1956年3月16日 - )は小説家。三重県出身、立命館大学法学部卒。1956年、三重県四日市市生まれ。大学在学中より小説を書き始める。1981年、「極楽」で第24回群像新人文学賞を受賞、小説家デビュー。1991年、『なにもしてない』で野間文芸新人賞受賞。1994年、「二百回忌」で第7回三島由紀夫賞、「タイムスリップ・コンビナート」で第110回芥川賞を立て続けに受賞し一気に注目を集める。… その後、泉鏡花文学賞受賞、センス・オブ・ジェンダー賞受賞。伊藤整文学賞受賞。
 
 
  笙野頼子 (ショウノ・ヨリコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1956年、三重県生まれ。1981年、『極楽』で群像新人文学賞受賞。1991年、『なにもしてない』で野間文芸新人賞受賞。1994年、『二百回忌』で三島賞、『タイムスリップ・コンビナート』で芥川賞、2001年『幽界森娘異聞』で泉鏡花文学賞を受賞。著書に『居場所もなかった』、『硝子生命論』、『レストレス・ドリーム』、『増殖商店街』、『母の発達』、『パラダイス・フラッツ』、『太陽の巫女』、『東京妖怪浮遊』、『説教師カニバットと百人の危ない美女』、『笙野頼子窯変小説集 時ノアゲアシ取リ』、『ドン・キホーテの「論争」』、『てんたまおや知らズどっぺるげんげる』、『渋谷色浅川』、『愛別外猫雑記』、『S倉迷妄通信』など。
 
 
  笙野頼子 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  笙野 頼子(しょうの よりこ、1956年3月16日 - )は日本の小説家。本姓・市川。三重県出身、立命館大学法学部卒。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  笙野頼子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  笙野頼子 の画像 - Google
 
 
荻野アンナ/1956
荻野アンナ
  荻野アンナ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荻野 アンナ(おぎの あんな 1956年11月7日 - )は、フランス文学者、小説家。神奈川県横浜市中区に生まれ育つ。父はフランス系米国人。母は画家。小学生時代に日本へ帰化し、フェリス女学院高等学校から慶應義塾大学文学部仏文科を卒業。フランス政府給費留学生としてパリ第4大学に留学。のち、慶應義塾大学大学院博士課程修了。小説家としては1991年『背負い水』で第105回芥川賞受賞。その他、読売文学賞、伊藤整文学賞受賞。駄洒落好きとして知られる。現在、慶應義塾大学文学部教授。
 
 
  荻野アンナ - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荻野 アンナ(おぎの あんな 1956年11月7日 - )は、日本のフランス文学者、小説家。本名、荻野安奈。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  荻野アンナ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荻野アンナ の画像 - Google
 
 
大岡玲/1958
大岡玲
  大岡 玲 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大岡 玲(おおおか あきら、1958年10月16日 - )は作家・イタリア文学者・東京経済大学教授。詩人大岡信と劇作家の深瀬サキの長男として東京に生れる。浪人時代に読んだイタロ・カルヴィーノの影響で、東京外国語大学外国語学部イタリア語学科へ入学、小説を書き始める。1987年「緑なす眠りの丘で」が『文学界』に掲載され、作家デビュー。続いて執筆した『黄昏のストーム・シーディング』で1989年に三島由紀夫賞受賞。1990年には「表層生活」で芥川賞を受賞、初めて両賞を受賞した作家となった。
 
 
  大岡玲 - SPYSEE  画像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大岡 玲(おおおか あきら、1958年10月16日 - )は、日本の作家・イタリア文学者・東京経済大学教授。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  大岡玲 <書籍一覧>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大岡玲 <書籍一覧>
 
 
  大岡 玲 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大岡 玲 の画像 - Google
 
 
川上弘美/1958
川上弘美
  川上弘美 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川上 弘美(かわかみ ひろみ、1958年(昭和33年)4月1日- )は小説家、俳人。東京都生れ。5歳から7歳までをアメリカ合衆国で過ごす。お茶の水女子大学理学部生物学科卒業。高校の生物科教員などを経て、1994年、短編「神様」でパスカル短篇文学新人賞を受賞。1996年「蛇を踏む」で第115回芥川賞受賞。幻想的な世界と日常が織り交ざった描写を得意とする。その他、、紫式部文学賞、伊藤整文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞など。谷崎潤一郎賞を受賞した『センセイの鞄』は、ベストセラーとなった。
 
 
  川上弘美 (カワカミ・ヒロミ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1958(昭和33)年東京都生れ。1994(平成6)年「神様」で第一回パスカル短篇文学新人賞を受賞。1996年「蛇を踏む」で芥川賞、1999年『神様』でドゥマゴ文学賞、紫式部文学賞、2000年『溺レる』で伊藤整文学賞、女流文学賞、2001年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、2007年『真鶴』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。その他の作品に『椰子・椰子』『おめでとう』『龍宮』『光ってみえるもの、あれは』『ニシノユキヒコの恋と冒険』『古道具 中野商店』『夜の公園』『ハヅキさんのこと』『どこから行っても遠い町』などがある。
 
 
  川上弘美 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川上 弘美(かわかみ ひろみ、旧姓・山田、1958年(昭和33年) - )は、日本の小説家。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  川上弘美 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川上弘美 の画像 - Google
 
 
  川上弘美 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川上 弘美(かわかみ ひろみ、旧姓・山田、1958年4月1日 - )は、日本の小説家。東京都生まれ。大学在学中よりSF雑誌に短編を寄稿、編集にもたずさわる。高校の生物科教員などを経て、1994年、短編「神様」でパスカル短篇文学新人賞を受賞。1996年「蛇を踏む」で芥川賞受賞。 幻想的な世界と日常が織り交ざった描写を得意とする。作品のおりなす世界観は「空気感」と呼ばれ、内田百里留洞舛鮗けた独特のものである。  1 経歴 / 2 作品 / 3 作品提供 / 4 関連資料 / 5 関連項目 / 6 外部リンク
 
 
山田詠美/1959
山田詠美
  山田詠美 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山田 詠美(やまだ えいみ、1959年2月8日 - )は東京都板橋区生まれの小説家、元漫画家。明治大学文学部日本文学科中退。高校より宇都宮に住む。明治大学在学中に漫画家デビュー。1981年に大学を中退し、アルバイトをしながら漫画作品を発表。その後小説へ転じ、1985年『ベッドタイムアイズ』で文藝賞を受賞しデビュー。次いで『ジェシーの背骨』、『蝶々の纏足』が続けて芥川賞候補に挙がるも受賞には至らなかった。1987年の『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で第97回直木賞受賞。
 
 
  山田詠美 (ヤマダ・エイミ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1959(昭和34)年、東京生れ。明治大学文学部中退。1985年『ベッドタイムアイズ』で文藝賞受賞。同作品は芥川賞候補にもなり、衝撃的なデビューを飾る。1987年には『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞受賞。さらに、1989(平成元)年『風葬の教室』で平林たい子文学賞、1991年『トラッシュ』で女流文学賞、1996年『アニマル・ロジック』で泉鏡花文学賞、2000年『A2Z』で読売文学賞、2005年『風味絶佳』で谷崎潤一郎賞を受賞する。他の著書に『ぼくは勉強ができない』『PAY DAY!!!』『アンコ椿は熱血ポンちゃん』『無銭優雅』等多数。現代を代表する人気作家である。
 
 
  山田詠美 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山田 詠美(やまだ えいみ、女性、1959年2月8日 - )は東京都板橋区中丸町生まれの小説家、元漫画家。本名山田双葉(やまだふたば)。栃木県立鹿沼高等学校卒業、明治大学文学部日本文学科中退。英語表記はAmy Yamada。血液型O型。    ウェブ上からみた人物像
 
 
  山田詠美 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山田詠美 の画像 - Google
 
 
  山田詠美 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山田 詠美(やまだ えいみ、Amy Yamada、本名: 山田 双葉、やまだ ふたば、1959年〈昭和34年〉2月8日 - )は、日本の女性小説家、漫画家である。愛称ポンちゃん。 東京都内にて幼少期を過ごし、中学時代は父の転勤のため札幌、金沢、静岡を転々とする。栃木県立鹿沼高等学校時代より宇都宮に住む。高校時代はボリス・ヴィアン、フランソワーズ・サガンなどを愛読。  1 経歴 / 2 小説作品 / 3 影響・評価 / 4 受賞歴 / 5 著書一覧 / 6 共著・編著 / 7 映像化作品 / 8 脚注
 
 
辻仁成/1959
辻仁成
  辻仁成 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  辻 仁成(つじ じんせい/つじ ひとなり、1959年10月4日 - )は、ミュージシャン、映画監督、小説家。東京都南多摩郡に生まれる。北海道函館西高等学校卒。1985年にロックバンドのヴォーカリストとしてデビュー。1991年、バンド活動にピリオドを打ち、ソロ活動へ。1989年、『ピアニシモ』で第13回すばる文学賞を受賞し作家デビュー。1997年、『海峡の光』で第116回芥川賞を受賞。同年に函館市栄誉賞受賞。1999年、『白仏』の仏翻訳語版で日本人初のフェミナ賞受賞。2007年より京都造形芸術大学教授。
 
 
  辻仁成 (ツジ・ヒトナリ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1959(昭和34)年、東京生れ。福岡・帯広・函館など各地で育つ。1979年、ロックバンド・エコーズを結成。1989(平成元)年、処女小説『ピアニシモ』ですばる文学賞、1997年『海峡の光』で芥川賞、1999年『白仏』フランス語版で同国のフェミナ賞を受賞。著書に『ミラクル』『嫉妬の香り』『冷静と情熱のあいだ Blu』『太陽待ち』『アカシア』など。映画監督としても活躍中。
 
 
  辻仁成 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  辻 仁成(歌手・映画監督の場合つじ じんせい、作家の場合および本名つじ ひとなり、1959年10月4日- )は、日本のミュージシャン、映画監督、小説家。血液型はO型。妻は、女優の中山美穂。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  辻仁成 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  辻仁成 の画像 - Google
 
 
多和田葉子/1960
多和田葉子
  多和田葉子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  多和田 葉子(たわだ ようこ、1960年3月23日 - )は小説家。東京都中野区生まれ。早稲田大学第一文学部ロシア文学科卒業。ハンブルク大学大学院の修士課程を修了。1987年、ドイツにて二ヶ国語の詩集を出版してデビュー。1991年、群像新人文学賞受賞。1993年『犬婿入り』で第108回芥川賞を受賞。1996年ドイツ語での文学活動に対し、シャミッソー文学賞を授与される。文学博士(チューリッヒ大学)。2005年、ゲーテ・メダル受賞。… 作品はドイツ語、英訳、フランス語訳もされており、国際的な作家。
 
 
  多和田葉子 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  多和田 葉子(たわだ ようこ、1960年3月23日- )は日本の作家。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  球形時間 (単行本) 多和田葉子/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鋭くも愚かしくも聞こえる問いをつねに発している高校生サヤは、ある日の放課後、喫茶店で謎のイギリス女性と出会ってひきつけられる。クラスメートのカツオは、フィリピン人の混血少年と性関係をもちつつも、太陽を崇拝する青年への興味を抑えられない。あっちへこっちへと転がりながら、はからずも核心へと向かってゆく少女と少年の日常を描く、愉快かつ挑戦的な最新長篇。
 
 
  多和田葉子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  多和田葉子 の画像 - Google
 
 
石田衣良/1960
石田衣良
  石田衣良 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石田 衣良(いしだ いら、1960年3月28日 - )は小説家。本名は石平庄一(いしだいらしょういち)。1960年、東京都江戸川区出身。都立両国高等学校では、小池昌代と同級生だった。1983年、成蹊大学経済学部を卒業。広告制作会社にコピーライターとして勤務した後、1997年、「池袋ウエストゲートパーク」で第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞受賞。2006年、『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞受賞。映画「LOVE MY LIFE」に出演した。
 
 
  石田衣良 (イシダ・イラ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1960(昭和35)年、東京生れ。成蹊大学経済学部卒業、広告制作会社を経てフリーランスのコピーライターに。1997(平成9)年9月「池袋ウエストゲートパーク」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、続篇3篇を加えた『池袋ウエストゲートパーク』でデビュー。2003年7月『4TEEN』で直木賞受賞。著書に『波のうえの魔術師』『アキハバラ@DEEP』『娼年』『逝年』『スローグッドバイ』『LAST』『東京DOLL』『シューカツ!』などがある。
 
 
  石田衣良 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石田 衣良(いしだ いら、1960年3月28日 - )は、日本の小説家。本名は石平庄一(いしだいらしょういち)。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  石田衣良 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石田衣良 の画像 - Google
 
 
綾辻行人/1960
  綾辻行人 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  綾辻行人 の画像 - Google
 
 
小野不由美/1960
十二国記  By 小野 不由美 
  小野不由美 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小野不由美 の画像 - Google
 
 
  小野不由美 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小野 不由美(おの ふゆみ、1960年12月24日 - )は日本の女性小説家。大分県中津市出身、京都市在住。血液型はO型。夫は推理作家の綾辻行人で、誕生日が1日違い。 ホラー的な要素を強めた本格ミステリーや、重厚な世界観を構築するハイ・ファンタジーなど、その他、多様な作風を持つ。 代表作はテレビアニメ化された『悪霊シリーズ』、『十二国記』、『屍鬼』など。 基本的に顔出しはしないようで、雑誌のインタビューで着物を着た後姿が掲載されたことがある。 1988年 - 『バースデイ・イブは眠れない』で講談社X文庫ティーンズハートからデビュー。
 
 
島田雅彦.1961/
  島田雅彦 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島田 雅彦(しまだ まさひこ、1961年3月13日 - )は、日本の小説家。法政大学国際文化学部教授。 東京都に生まれ、1965年に川崎市へ転居。神奈川県立川崎高等学校を経て、1984年に東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。  1 来歴 / 2 人物 / 3 受賞歴 / 4 著作 / 5 出演 / 6 脚注 / 7 参考文献 / 8 外部リンク
 
 
  島田雅彦 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島田雅彦 の画像 - Google
 
 
小川洋子/1962
小川洋子
  小川洋子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小川 洋子(おがわ ようこ、1962年3月30日 - )は小説家。岡山県岡山市出身。両親とも金光教の信者という家庭で育つ。早稲田大学第一文学部文芸科卒業。。少女時代に世界児童文学を愛読。1986年、結婚を機に仕事をやめて小説の執筆に取り組む。1988年、「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞受賞し作家デビュー。1990年、「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞。2004年、『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞を受賞。映画化もされ話題となる。その他、泉鏡花文学賞、谷崎潤一郎賞など。
 
 
  小川洋子 (オガワ・ヨウコ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1962(昭和37)年、岡山県生れ。早稲田大学第一文学部卒。1988年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞を受賞。1991(平成3)年「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞。主な著書に『やさしい訴え』『ホテル・アイリス』『沈黙博物館』『アンネ・フランクの記憶』『薬指の標本』『ミーナの行進』『夜明けの縁をさ迷う人々』『猫を抱いて象と泳ぐ』等。2004年『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞を受賞。翻訳された作品も多く、海外での評価も高い。
 
 
  小川洋子 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小川 洋子(おがわ ようこ、1962年3月30日 - )は、日本の小説家。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  小川洋子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小川洋子 の画像 - Google
 
 
  小川洋子 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小川 洋子(おがわ ようこ、1962年3月30日 - )は、日本の小説家。 岡山県岡山市森下町出身。兵庫県芦屋市在住。既婚で長男がいる。旧姓は本郷。祖父は金光教の教師であり、両親とも金光教の信者という家庭で育つ。父親は国家公務員。生家も教会の敷地内の離れだった。教会では祖父母、伯父伯母。従兄らが暮らしていた。  1 経歴 / 2 作風 / 3 エピソード / 4 文学賞受賞歴・候補歴 / 5 賞選考委員歴 / 6 作品一覧 / 7 ラジオ出演 / 8 メディア・ミックス / 9 関連資料 / 10 脚注 / 11 関連項目 / 12 外部リンク
 
 
京極夏彦/1963
京極夏彦
  京極夏彦 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京極 夏彦(きょうごく なつひこ、1963年3月26日 - )は小説家、妖怪研究家、アートディレクター。世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員、関東水木会会員、東アジア恠異学会会員。「怪談之怪」発起人の一人。北海道小樽市出身。北海道倶知安高等学校卒業、専修学校桑沢デザイン研究所中退。代表作に、『百鬼夜行シリーズ』、『巷説百物語』シリーズなど。妖怪伝承をモチーフとしつつも合理的な謎解きを骨子とする推理小説が多いが、作風は多彩である。株式会社大沢オフィス所属。公式サイト「大極宮」。
 
 
  京極夏彦 - spysee   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京極 夏彦(きょうごく なつひこ、1963年(昭和38年)3月26日 - )は、日本の作家、妖怪研究家、アートディレクター。世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)、関東水木会会員、東アジア恠異学会会員。「怪談之怪」発起人の一人。北海道出身。専修学校桑沢デザイン研究所中退。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  完全復刻・妖怪馬鹿 (新潮文庫)  京極夏彦/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  妖怪馬鹿―お化けを愛してやまぬ者どものこと。本書は、小説家・京極夏彦が、盟友である多田克己、村上健司と、妖怪という文化現象について語り尽くした、七時間の全記録である。三人はバラエティに富んだ話題を俎上にあげつつ、やがて日本文化の深奥へと迫ってゆく。京極描くさし絵漫画を多数収録、新潮文庫収録にあたり語り下ろし座談会を加えた、永久保存版・妖怪バイブル。
 
 
  京極夏彦 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京極夏彦 の画像 - Google
 
 
堀江敏幸.1964/
  堀江敏幸 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堀江 敏幸(ほりえ としゆき、1964年1月3日 - )は、日本の小説家、フランス文学者、早稲田大学教授。岐阜県多治見市生まれ。岐阜県立多治見北高等学校を経て、早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。東京大学大学院人文科学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得退学。その間にパリ第3大学博士課程留学。  1 受賞歴 / 2 選考委員歴 / 3 作品一覧 / 4 外部リンク
 
 
  堀江敏幸 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堀江敏幸 の画像 - Google
 
 
村山由佳/1964
村山由佳
  村山由佳 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村山 由佳(むらやま ゆか、1964年7月10日 - )は作家。東京都出身。立教女学院小・中・高を経て、立教大学文学部日本文学科卒。不動産会社勤務、塾講師などを経験したあと、作家デビュー。恋愛小説を書くことを得意としている。1991年 『いのちのうた』で環境童話コンクール大賞。同年、 『もう一度デジャ・ヴ』で第1回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞佳作。1993年、『天使の卵-エンジェルス・エッグ』で第6回小説すばる新人賞、2003年、『星々の舟』で第129回直木賞三十五賞を受賞。
 
 
  村山由佳 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村山 由佳(むらやま ゆか、1964年7月10日 - )は日本の作家。東京都出身。立教女学院小・中・高を経て、立教大学文学部日本文学科卒。不動産会社勤務、塾講師などを経験したあと、作家デビュー。長らく千葉県鴨川市に住んでいたが、最近、東京に移住した。恋愛小説を書くことを得意としている。    ウェブ上からみた人物像
 
 
  村山由佳 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村山由佳 の画像 - Google
 
 
吉本ばなな.1964.7
よしもとばなな 
  よしもとばなな (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  よしもと ばなな、旧筆名:吉本ばなな 1964年7月24日 - )は小説家。東京都文京区出身。日本大学藝術学部文芸学科卒。父は批評家・詩人の吉本隆明。姉は漫画家、母も俳人であり、物書きの一家である。小学3年生の時に小説を書き始める。卒業制作の『ムーンライトシャドウ』が学部長賞を受賞し、プロでやっていく自信をつけた。大学卒業後も就職はせず、執筆活動を続けた。現在、よしもとばななの作品は多くの外国語に翻訳され、世界各国で出版されており、国際的に知られている日本人作家である。
 
 
  よしもと ばなな - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  よしもと ばなな(女性、1964年7月24日 - )は、日本の小説家。東京都文京区千駄木出身。A型。本名は吉本真秀子(よしもと まほこ)。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  ばななさんに伊文学賞 日本国民も表彰と事務局   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  受賞者に選ばれたことが24日までに分かった。同賞事務局は受賞理由について「よしもとさんは詩的で繊細な小説家。同時に日本を襲った劇的な出来事(東日本大震災)に際して日本の国民が示した尊厳も表彰したい」としている。
 
 
  「吉本ばなな」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉本ばなな - Google 検索
 
 
恩田陸.1964.10/
  2017年本屋大賞 恩田陸氏が直木賞との「ダブル受賞」で初の快挙 (2017/4/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  恩田陸氏の「蜜蜂と遠雷」が11日、2017年本屋大賞に選ばれた/1月に直木賞を受賞しており、本屋大賞史上初のダブル受賞の快挙/恩田氏は第2回の本屋大賞にも輝いており、2度目の大賞も史上初という。
 
 
  「恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」直木賞に」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」直木賞に - Google 検索
 
 
  「恩田陸」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  恩田陸 - Google 検索
 
 
あかほりさとる.1965/
     
新堂冬樹.1966/
     
村木嵐.1967/
  「村木嵐」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村木嵐 - Google 検索
 
 
柳美里.1968
柳美里
  柳美里 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柳 美里(ゆう みり、1968年6月22日 - )は、神奈川県横浜市出身。劇作家、小説家。国籍は韓国。横浜共立学園高等学校中退、演劇活動を経て1994年、処女小説「石に泳ぐ魚」を発表し小説家としての活動を開始。1988年、『水の中の友へ』で劇作家としてデビューする。 1997年、『家族シネマ』で第116回芥川賞を受賞。その他、岸田國士戯曲賞、野間文芸新人賞、泉鏡花文学賞、ギャラクシー賞奨励賞、木山捷平文学賞、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞を受賞。現在は鎌倉市在住。
 
 
  柳美里 (ユウ・ミリ) 著書一覧 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1968年、神奈川県生まれ。高校中退後、劇団「東京キッドブラザース」を経て、1987年、演劇ユニット「青春五月党」を結成。1993年、『魚の祭』で、第37回岸田國士戯曲賞を受賞。1996年、『フルハウス』で、第18回野間文芸新人賞、第24回泉鏡花文学賞を受賞。1997年、『家族シネマ』で、第116回芥川賞を受賞。1999年、『ゴールドラッシュ』で、第3回木山捷平文学賞を受賞。2001年、『命』で、第7回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞を受賞。
 
 
  柳美里 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柳 美里(ゆう みり、1968年6月22日 - )は、神奈川県横浜市中区出身(略歴参照)の在日韓国人の劇作家、小説家である。国籍は韓国。横浜共立学園高校中途退学。現在は神奈川県鎌倉市在住。  ウェブ上からみた人物像
 
 
  柳美里オフィシャルサイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柳美里オフィシャルサイト  柳美里プロフィール/サイトオープンにあたって/柳美里の今日のできごと/柳美里の今日のできごと アーカイブ/動物園物語/名づけえぬものに触れて/Jeux D'Eau ──水の戯れ/柳美里ファンBBS/談話室
 
 
  柳美里 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柳美里 の画像 - Google
 
 
平野啓一郎.1975
平野啓一郎
  平野啓一郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平野 啓一郎(ひらの けいいちろう。1975年6月22日 - )は小説家。京都大学法学部卒。愛知県蒲郡市で生まれたが1歳で父親を亡くし、2歳から18歳まで福岡県北九州市で育つ。在学中の1998年、執筆に1年を費やした『日蝕』を投稿。「三島由紀夫の再来」と喧伝されるなど華々しいデビューを飾る。1999年、『日蝕』により第120回芥川賞を23歳で受賞。2005年、文化庁の文化大使に任命され、フランスに1年間滞在。2008年より三島由紀夫賞選考委員。2009年『決壊』で芸術選奨新人賞受賞。
 
 
  平野啓一郎 - SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平野 啓一郎(ひらの けいいちろう、本名同じ。1975年6月22日 - )は、日本の小説家。京都大学法学部卒。1999年、『日蝕』により当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。同年『一月物語』を刊行。2002年、大作『葬送』を刊行し注目を集めた。これら「ロマンティック三部作」と呼ばれる過去の歴史を舞台にした長編群を書き上げたあとは、一転して現代を舞台にした実験的な短編に取り組んでいる。三島由紀夫、森鴎外、シャルル・ボードレール、ミルチャ・エリアーデ等に傾倒。   ウェブ上からみた人物像
 
 
  平野啓一郎公式ブログ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平野啓一郎公式ブログ
 
 
  平野啓一郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平野啓一郎 の画像 - Google
 
 
又吉直樹.1980/
  後輩芸人と同居中の又吉直樹、引っ越ししない理由 (2016/2/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1月17日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、ピースの又吉直樹が打ち明けた。 「2人とめっちゃ話も合うし、同じコントとか漫才見て同じように笑うやん。同じような感覚持っているのに、なんで俺がめっちゃおもろいと思う本を見て、同じように感動してくれへんのかっていうのがすごい謎で……」 2人というのは…
 
 
  ピース又吉直樹が芥川賞受賞作『火花』に次ぐ小説第2弾を発表 書評家は評価 (2017/3/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が芥川賞受賞作『火花』に次ぐ小説第2弾を発表した/新作掲載の『新潮』4月号は異例の4万部を刷って勝負に出たが予想を上回る売れ行き/書評家は「2作目のジンクスも打ち破り、今後も書き続けられる事を印象づけた」と評価。
 
 
綿矢りさ.1984/
     
羽田圭介.1985.10
芥川賞作家の羽田圭介が印税や収入を明かし「タレントの方が儲かる」と芸人に転向か 羽田圭介が嫌いとの声多数!? 羽田圭介の年齢・高校・大学・結婚などプロフィールと経歴!(2015/7/16)
  「羽田圭介」のニュース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  羽田圭介 のニュース - Google
 
 
  羽田圭介 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  羽田 圭介(はだ けいすけ、1985年10月19日 - )は、日本の小説家。東京都生まれ、埼玉県北葛飾郡松伏町育ち。明治大学商学部卒業。 幼少時、車に轢かれるが奇跡的に助かるという経験を持つ。  1 経歴 / 2 人物 / 3 作品リスト / 4 出演 / 5 メディア・ミックス / 6 脚注 / 7 外部リンク
 
 
  芥川賞作家の羽田圭介、直近3か月の月収告白 (2017/5/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  25日の番組で、芥川賞作家の羽田圭介氏が現在のギャラについて明かした/自身が把握している金払いがよいテレビ局は「テレビ朝日」だと暴露/同局の2時間クイズ番組は、テレビ東京のレギュラー旅番組と同額だと語った。
 
 
  羽田圭介の年齢・高校・大学・結婚などプロフィールと経歴!(2015/7/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  どうも、どうもです! 16日に第153回芥川賞が発表になりましたねWW   あ・・・私、羽田圭介さん、読んだことあるWWと思ったんです! 羽田圭介さんってどんな人なんだろう?? まだ若そうな感じですが・・・ 調べてみることにしました!!
 
 
  羽田圭介 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
  「羽田圭介」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  羽田圭介 - Google検索
 
 

TOPページ TOPページ  6源情報 6源情報  ジャンル一覧表 ジャンル一覧表  明快カテゴリ総覧 明快カテゴリ総覧  特集区分数・HP数詳細 特集区分数・HP数詳細  ジャンルページ ジャンルページ  画面上段 画面上段 


Copyright (C) 2018 Z-PLAZA Corporation. All Rights Reserved.