014 【文芸】 漢詩/儒教/朱子学/陽明学/四書五経/論語
 自由詩は著名な詩人のホームページを個別に掲載いたしました。詩人データもあります。漢詩といえば、あまりにも有名な李白・杜甫をはじめ、古来からの論語に関したホームページにも触れています。 また、儒学や朱子学、論語・格言(ことわざ)、そして哲学もこのコーナーです。どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

漢詩 李白.701 杜甫.712 白居易.772 韓愈.768 菅原道真.845
儒学・儒教 孟子.BC372 伊藤仁斎.1627 荻生徂徠.1666 富岡鉄斎.1837/ 朱子学
陽明学 四書五経 論語 十八史略/ 思想家・哲学者 孔子.BC551
老子.BC500頃 荘子.BC369 M・K・ガンディー.1869/ 西田幾太郎.1870 九鬼周造.1888 和辻哲郎.1889
L・ウィトゲンシュタイン 三木清.1897 安岡正篤.1898 田中美知太郎.1902 中村元.1912 大森荘蔵.1921
吉本隆明.1924 梅原猛.1925 中村雄二郎.1925.10/ 渡邊二郎.1931 S・クマール.1936/ 世界三聖・世界四聖
孔子/ 釈迦/ キリスト/ ソクラテス/ 名言巡礼 須賀敦子 名言・至言・格言・諺
← 013 【文芸】◆詩(下)      015 【文芸】◆哲学・名言集 → 
TOP >  a 文芸 > 014 【文芸】 漢詩/儒教/朱子学/陽明学/四書五経/論語 >  
       
漢詩
ひとりよがりの漢詩紀行
  漢詩 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漢詩(かんし)とは、中国の伝統的な詩。韻文における文体の一つ。狭義には後漢時代に確立した中国の国家芸術としての詩のこと。
 
 
  漢詩道   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漢詩の高校の漢文の睡眠学習の成果(笑)として、唯一心に響いているものがあります。「西の方、陽関を出づれば、故人(知己の意)なからん。なからん。なからん。故人なからん。」(王維「送元二使安西」)と先生が吟詠してくださったフレーズです。この、心に刻まれた芽が、NHKの「人形三国志」(私が社会に出た時が初放映でした)で発芽し、「漢詩紀行」を肥やしに成長したといった感じです。
 
 
  六六庵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漢詩を作り、吟じ、書にしたためる、日本の文化を伝えます! 先代小原六六庵より、漢詩、吟詠、書道を通して、日本人の誠の精神を継承した伊藤竹外が次の世代に伝えるホームページです。
 
 
  葛飾吟社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  葛飾吟社は詩詞により漢字文化圏との文化交流を果たす団体で有ると共に、漢詩詞創作愛好者の団体です。漢詩詞創作指導は、対面講座と遠隔地との添削指導も行っています。作品は中国詩詞壇に通用することを前提にしています。国際通用する作品を創りたかったなら、是非お尋ね下さい。
 
 
  漢詩茶館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「かんし〜ぃ? むずかしい〜っ!」なんて思っていませんか?(実は私も思っていた) まあ、そう頭から決めつけないで、お茶でも飲みながら、の〜んびりと作者の気分に浸ってみましょうよ。
 
 
  漢詩随筆   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漢詩を通して唐時代に心の旅をいたします。作詩家を訪ねる旅、皆様ご一緒に夢街道を歩きませんか。
 
 
  趣味の漢詩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私の【趣味の漢詩】は,二松学舎大学石川忠久学長の著書,ラジオ講座で学んだ処が多く,又NHKテレビ朝の「漢詩紀行」を楽しみに視聴しました。
 
 
  漢詩の故里   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐詩解釈考 : 本書は唐詩に関わりのある15本の論考に絞って、新たに加筆・訂正した上、掲載した。本書の特色の一つは実際に詩跡に佇んだ上で考察したものである。
 
 
  漢詩の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名詩を味わおう〜独断と偏見で選んだ、中国詩人の代表作です。   古詩/初唐・盛唐/中唐・晩唐/北宋・南宋/遼・金・元/明/春  ☆漢詩を作ろう〜アナタの心に秘めた思いを詩にしてみませんか?/☆漢詩で遊ぼう/☆もっと素敵な漢詩の世界へ…
 
 
  石 九鼎 漢詩館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長い歴史の中でいろんな歴史的な遺跡が消えていきますが一句一句心血注いだ詩文はのこり,人々の心に千古の風流人物のいたことを伝えてくれます。そして昔人と心を共有することができます。そのとき千年の時空を超えて,古人と一体となることができます。   漢詩歳時記 / 中国之窗 / リンク集 / Profile   日本の漢詩 / 中国の漢詩 / 中国紀行・漢詩関連・故事 / 辞・賦・傳・記 / 中国関連新刊書籍情報 / 千秋詩話 / 中国笑話集
 
 
  漢詩作法入門講座    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  あなたも本格的漢詩を作ってみませんか。漢詩は、だれでも作ることができます。 本講座では、「漢詩を作りたいが、どうすればよいか」、「漢詩を読みたいが、どうすればよいか」、 そうした漢詩を志す人たちを対象にした入門講座です。 ただし、説明する作者自身が浅学なる初心者ゆえに誤っているところも多々あろうかと思いますが、 一緒に勉強していきましょう。
 
 
  漢詩風雅 花鳥風月   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  花無心にして 蝶を招き 蝶無心にして 花を尋ねる  漢詩、随想、随筆、箴言、語録等をご覧下さい 随時更新しています。
 
 
  私の好きな良寛漢詩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人の心はそれぞれ同じではなく、ちょうど顔に違いがあるようなものである。ところが誰もみな同じ了見に固執して、どこででも互いに相手の是非を決め付ける。自分に似ていれば、その非は是とし、自分と異なっていれば、その是は非とする。「是はすべて自分が是とすることで決まり、非はすべて自分が非とすることで決まる。」是非の基準は始から自分にあるという了見だ。
 
 
  漢詩の部屋 漢詩逍遙   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  以下は私の好きな漢詩を自由に選んでいます。高校の漢文の時間は限りなく退屈でした。堅苦しいことは言わずに、この部屋で漢詩の楽しさをあらためて認識していただければよいと思っております。
 
 
  漢詩の世界  漢詩一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漢詩1 目次/漢詩 2 へ/漢詩Q&A/漢詩事始/参考文献
 
 
  京祥の自作漢詩と風景   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第1詩  米沢上杉廟所 / 第2詩  夏日来客 / 第3詩 軒鈴 / 第4詩 虎渓山永保寺 / 第5詩 銷夏雑詩 / 第6詩 駒根光善寺 / 第9詩 雪中御柱山出祭 / 第11詩 花時出遊
 
 
  ロングシップ  Long Ship   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ようこそロングシップへ お好みのところからお入りください   我流の漢詩 / 漢詩書美術館 / ロングシップ写真館 / けったいな体験談 / トンパ文字で遊ぶ / 真狩中学校同期会
 
 
  ひとりよがりの漢詩紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漢詩を自己流に翻訳したいい加減な訳をつけて、楽しんでみようという、他愛もないコーナーです。
 
 
  漢詩の世界 唐詩と日本   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本学教員による本格的でしかも新しい、21世紀の漢詩の世界。どっぷりハマってみよう!  一 『懐風藻』における唐詩   二 日本に残存する『全唐詩』未収録の詩――平安時代将来の資料を中心に――
 
 
  漢詩の世界 漢詩について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  我国で「漢詩」といえば、中国の古典語つまり我国でいう“漢語”を用いて作った詩全般を意味します。 そもそも言語芸術の最初の形が“うた”であることは、人類普遍の現象であり、この“うた”が文字に書きとめられたとき、“詩”となります。・・・
 
 
  漢詩紹介 中国の漢詩一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漢詩とは:中国の詩は3,000年以上の歴史があります。つまり紀元前12世紀頃に漢詩の源があります。日本に伝わって来たのは、紀元後6世紀−7世紀頃です。そして今日まで盛衰をくり返し、今も多くの人に読まれ、また詩吟として詠われています。
 
 
  詩詞世界 一千三百首 詳註   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国悠久の歴史。その中に絢爛と華開いた唐詩・宋詞。とりわけ目を瞠るのは、宋詞の豪放、艶麗の韻。詩詞には、どのような種類があり、どのような格律があり、どのように作っていくのか… 。それらを格律や構成に重点を置いて、見つめ直していきたいと思います。
 
 
  禿羊 アウトドアと漢詩のページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ 遊ぶ子どもの声聞けばわが身さへこそ揺るがるれ (梁塵秘抄)
 
 
  漢詩 趙義成作] / [名詩選]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漢詩というものは実に趣がある。詩はどの言語で作られていてもそれなりに味があるが,漢詩はひときわ味が深い。・・・
 
 
  世界漢詩同好會のコーナーです。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平成16年3月から、韓国の聢笋気鵝台湾の汨羅江さんと手を合わせて、国際的な漢詩交流を進めています。 季節毎に詩題と韻目を共通にして、その条件での詩をそれぞれのホームページで掲載し合い、相互に学び合うというものです。
 
 
  桐山堂 漢詩総合サイト 漢詩を創ろう   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このホームページは、漢詩を愛し、自分でも作りたいという方のために、簡単な詩のきまりと漢字の検索で、本格的な漢詩を創作できるようにしてあります。投稿詩・漢詩聯句・三国(日韓台)漢詩交流会・誌上討論会・漢詩関係リンク・推薦漢詩、etc. 漢詩の花盛りをお楽しみください。
 
 
  漢詩とは 財団法人 関西吟詩文化協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国の詩は3,000年以上の歴史があります。つまり紀元前12世紀頃に漢詩の源があります。日本に伝わって来たのは、紀元後6世紀−7世紀頃です。そして今日まで盛衰をくり返し、今も多くの人に読まれ、また詩吟として詠われています。   詩経[しきょう]/楚辞[そじ]/楽府[がふ]/五言詩[ごごんし]/七言詩[しちごんし]
 
 
  全日本漢詩連盟   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本に於ける漢詩研究・普及・交流を図る 広く中国・アジア・欧米各国の同好者との親睦・交流を図る
 
 
  漢詩パズル <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作詩表に語句を入れ込むだけで本格的な漢詩が五分で完成します。この本で漢詩を作ることで自然に漢詩のルールが身につき、作詩ができるようになります。
 
 
  漢詩と石碑漢文の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここでは、いろいろな漢詩の私なりの紹介・鑑賞をしていこうと思っていま す。 といっても、ややマイナーなものの「掘り出し」をしていきたいです。 一部に私自身の自作漢詩のコーナーも恥ずかしながら作っております。
 
 
  絶句(ぜっく) - wili^tan   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  絶句(ぜっく)は、漢詩における近体詩の代表的な詩型の一つ。4句から成る。 原形となる詩型は、六朝時代に作られはじめている。時代が下るにつれて韻律の規則が次第に整備されて、唐代に入って詩型として完成された。一句が5文字の五言絶句と7文字の七言絶句がある。起承転結の構成を持つ。 絶句は、(1)平仄の規則を厳密に適応した律絶と、(2)制約が比較的緩い古絶に分類される。 (1)律絶は格律という点から言えば、律詩の前半4句に相当し、「小律詩」とも呼ばれる。 (2)古絶は五言詩のみである。  1 概要 / 2 平と仄 / 3 杜甫の詩 / 4 関連項目
 
 
  七言絶句 とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漢詩で、七言の句が4句からなる近体詩。七絶。
 
 
  七言絶句のススメ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  普通にメールで返答するのではつまらないときに「テキトー七言絶句」を作ってみよう。完全にテキトーに、しかし全体としてそれらしく、高校時代の漢文の時間を思い出しながら作るのがコツだ。かならず7文字X4行にすること。それらしい「題」と(意)を付けるべきである。それではいくつか例をあげておこう。
 
 
  漢詩のお作法〜七言絶句   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  七言絶句の場合においても、五言絶句と同じく起句・承句・転句・結句の四句より構成されます。 一句の構成は「二字」+「二字」+「三字」となります。 例:「勝敗兵家事不期」は「勝敗」と「兵家」と「事不期」の組み合わせです。
 
 
  七言絶句とは何ですか。 - Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漢詩はタテの文字数とヨコの行数で名前をつけます。 まず、ヨコの行数が4行のものと8行のものがあります。 4行は「絶句」、8行は「律詩」です。 タテですが、7文字のと5文字のものがあります。 その組み合わせが4種類できますね。・・・
 
 
  漢詩が五言絶句、七言絶句である理由は? -  教えて!goo   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本人にとって5音、7音は心地よく響きます。この理由は日本語の基本が、うみ、やま、かわ・・・の如く2音であり、それに助詞の1音が接続詞して3音、つまり2音と3音の組み合わせで5音(2、3)、7音(2、2、3)だと安定感を生じるからだと読んだ記憶があります。・・・
 
 
李白.701
李白
  李白 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  李白(りはく、701年(長安元年) - 762年(宝応元年))は、中国盛唐の詩人。字は太白(たいはく)。飄々とした詩風から「詩仙」と後世の人は呼んでおり、杜甫と並び称される。絶句の表現を大成させた人物でもある。逸話によると、李白が生母の胎内に宿った時、母は夢で太白星に遭遇したという。李白の出身地には諸説がある。
 
 
  李白 (Wikiquote)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  李白 長安元年(701年) - 宝応元年(762年)  盛唐の詩人。「詩仙」と呼ばれ、杜甫と並び称される。
 
 
  李白(字・太白)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (701-762) 盛唐の詩人。号は青蓮居士。謫仙人、官名により李翰林とも。詩聖杜甫に対し、詩仙と称せられる。唐文化の爛熟期に生まれ、不遇なうちにも酒と女を愛して飄逸豪放に生き、その詩は天衣無縫の神品とされる。一説に酒に酔って水中の月を捕らえようとして溺死したという。詩文集「李太白集」がある。
 
 
  李白 『李白詩選』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  総合的な詩の技能では杜甫のほうがやや上である。詩の格調も気概も杜甫に軍配が上がる。 すでに晩唐には詩仙李白と詩聖杜甫を較べるという、誰もがそれこそ一度は試みてみたいだろう李杜優劣比較の禁断の趣向が論じられ、宋の蘇轍や王安石は「李白は人柄に似て駿発豪放、杜甫は道義を好んで志が高かった」と言った。
 
 
  早に白帝城を発す   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  早朝、朝日に美しく染まった雲の中にそびえ立つ白帝城を出発し、千里も遠く離れた江陵までわずか一日で帰るのだ。
 
 
  李白 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  李白(り はく、701年(長安元年) - 762年10月22日(宝応元年9月30日))は、中国盛唐の詩人。
 
 
  『李白とゆく』 旅で出会った文物たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国李白研究会(本部:安徽省馬鞍山)や各地の李白学会によると、李白生誕の地は“吉爾吉斯斯坦北部托克馬克附近(キルギス共和国北部のトクマク附近)”としている。ここが近年の通説地である。他説の綿州昌隆県(現四川省江油)とは李白5歳のころに移り住んだ土地とのこと。
 
 
  私の好きな漢詩のお話し 趣味の漢詩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  早(つと)に白帝城(はくていじょう)を発(はっ)す 李白(りはく)
 
 
  漢詩の世界・李白 むーちゃんの愛読書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  早(つと)に白帝城を發す/黄鶴樓に孟浩然の廣陵に之(ゆ)くを送る/山中問答/客中行/靜夜思/春夜洛城に笛を聞く/廬山の瀑布を望む/玉階怨/秋浦の歌/山中に 幽人と 對酌す/酒に對して 賀監を 憶ふ
 
 
  りはく【李白】 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (701&#12316;762)中国,唐(とう)代の詩人。字(あざな)は太白(たいはく)。幼少(ようしょう)のころを蜀(しょく)(今の四川省(スーチョワンしょう))ですごし,のち故郷(こきょう)を出て杜甫(とほ)・孟浩然(もうこうねん)など各地(かくち)の詩人と交わりながら諸国(しょこく)を放浪(ほうろう)した。一時,長安(ちょうあん)で宮廷(きゅうてい)に仕えたが,酒と自由ほん放な性格(せいかく)のために長つづきしなかった。安史(あんし)の乱(らん)にまきこまれて流罪(るざい)になったが,ゆるされてふたたび放浪(ほうろう)し,江南(こうなん)で死んだ。『李太白詩集(りたいはくししゅう)』がある。
 
 
杜甫.712
杜甫
  杜甫 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  杜甫(とほ、712年(先天元年) - 770年(大暦5年))は、中国盛唐の詩人。字は子美。杜少陵、杜工部とも呼ばれる。詩人としての最高位の呼称である『詩聖』と後世の人は呼んでおり、李白と並び称される。律詩の表現を大成させた人物でもある
 
 
  杜甫 (Wikiquote)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  先天元年(712年)- 大歴五年(770年) 盛唐の詩人。後世詩聖とあがめられる。
 
 
  杜甫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  杜甫 とほ 712〜770 盛唐の代表的な詩人。字(あざな)は子美。号は少陵。祖父の杜審言も初唐の詩人であった。洛陽に近い鞏(きょう)県に生まれ、科挙に失敗して各地を漫遊、洛陽で李白と知りあって生涯にわたる友情をむすんだ。
 
 
  とほ【杜甫】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (712〜770)中国唐(とう)代の詩人。字は子美(しび)。号は少陵(しょうりょう)。官吏(かんり)の登用試験(しけん)に何度も失敗(しっぱい)し,官吏(かんり)生活にもめぐまれず,各地(かくち)を放浪(ほうろう)して不遇(ふぐう)のうちに一生を終えた。しかし自分の体験(たいけん)した不幸(ふこう)を通して,現実(げんじつ)の社会や人間の存在(そんざい)をじっと見つめ,多くのすぐれた詩をのこした。 李白(りはく)とともに中国最大(さいだい)の詩人といわれ,李白(りはく)が「詩仙(しせん)」とよばれるのに対して,杜甫(とほ)は「詩聖(しせい)」とよばれる。
 
 
  絶句 杜甫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江碧鳥逾白 山青花欲然 今春看又過 何日是帰年
 
 
  千秋詩話 2   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  杜甫(712−770) 詩聖と称されている唐代の大詩人。 至誠の流露したものが多く時事に関して述べた詩が多く、我われをして覚わず襟を正すようなものが多い。後世の人々が詩聖をして『詩史』と言う  七古では ”哀江頭”。 五古では ”登恩寺塔”。七律では「世に七律の正宗とされている」”登高”五律では”岳陽楼”。
 
 
  杜甫と彼の詩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  杜甫(712〜770)年。字(あざな)は子美。号は少陵。河南省の出身。父は地方官であり、少年時代は刻苦して読書をした。二十歳ごろから約十年、江蘇、浙江、山東、河北地方を旅行した。三十歳のとき洛陽に帰り結婚。三十三歳のとき、洛陽で李白と会い、終生厚い友情で結ばれることになる。
 
 
  杜甫の詩総集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  杜 甫(と ほ、712年(先天元年) - 770年(大暦5年))は、中国盛唐の詩人。字は子美。杜少陵、杜工部とも呼ばれる。詩人としての最高位の呼称である『詩聖』と後世の人は呼んでおり、李白と並び称される。律詩の表現を大成させた人物でもある。
 
 
  杜甫(字・子美)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (712-770) 盛唐の詩人。号は少陵。官名により杜工部・杜拾遺とも呼ばれる。若い頃、科挙に落第し各地を放浪し、李白らと親交を結ぶ。40歳を過ぎて仕官したが、左遷されたため官を捨て、以後家族を連れて甘粛・四川を放浪し、湖南で病没。国を憂い、民の苦しみを詠じた多数の名詩を残し、後世、詩聖と称され、李白とともに中国の代表的詩人とされる。詩文集「杜工部集」
 
 
  杜公祠修復事業   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界の漢詩人・吟詠家が仰慕する詩聖杜甫の長安の故居・杜公祠が荒杜公祠修復協力委員会・アジア文化国際交流会は中華人民共和国陝西省国際交流センター・陝西省詩詞学会・西北大学とともに協力し、第一次工事が無事完了いたしました。廃しています。
 
 
  家書(家族からの手紙)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「詩聖」として尊崇される杜甫(712〜770)の詩の中で、日本人に最も親しまれた詩のひとつに「春望」がある。 安史の乱(755年)で反乱軍に囚われて長安に拘禁された杜甫が、乱を避けて陝西(せんせい)省に疎開している家族の安否を案じて詠んだ五言律詩である。
 
 
  杜甫草堂  中国歴史紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  成都市の西郊、浣花渓(17路バス草堂寺下)にある。杜甫草堂は武候祠と共に全国重点文物保護単位に指定されている。唐代の大詩人杜甫(712−770)が、45歳の時、安禄山が長安を陥し、杜甫も捕らわれて幽閉されたことがある。のち脱出して逃れた。
 
 
  春望(しゅんぼう) 杜甫(とほ)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国破れて山河在(あ)り 城春(しろはる)にして草木深(そうもくふか)し 時に感じては花にも涙を濺(そそ)ぎ 別れを恨(うら)んでは鳥にも心を驚(おどろ)かす 白頭掻(はくとうか)けば更に短かく 烽火三月(ほうかさんげつ)に連なり 家書万金(かしょばんきん)に抵(あた)る 白頭掻(はくとうか)けば更に短かく 渾(す)べて簪(しん)に勝(た)えざらんと欲(ほっ)す
 
 
  杜甫(とほ) - Yahoo!百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国、唐代盛期の詩人。字(あざな)は子美(しび)。少陵(しょうりょう)とよぶのは、長安南郊の同名の地が先祖の出自であることによる。中国最高の詩人としては「詩聖」、李白(りはく)と並称されては「李杜」、晩唐の杜牧(とぼく)に対しては老杜(ろうと)、大杜(だいと)とよばれる。
 
 
  杜甫 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  杜 甫(と ほ、712年(先天元年) - 770年(大暦5年))は、中国盛唐の詩人。
 
 
  苦労連続の漂泊の大詩人 杜甫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この「しりとり」コーナーで取り上げてきた人たちの中では知名度だけなら随一かもしれません。しかし政治家でもなく思想家でもなく学者でもなく、「詩人」という大変感覚的な職業分野の人でありまして、なかなか扱いが難しい人でもあります。…
 
 
白居易.772
白居易 (はく きょい)
  白居易 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白居易(はくきょい、772年(大暦7年) - 846年(会昌6年))は、中唐の詩人。字は楽天。号は香山。弟に白行簡がいる。 772年、鄭州新鄭県に生まれた。子どもの頃から頭脳明晰であったらしく、5〜6歳で詩を作ることができ、9歳で声律を覚えたという。
 
 
  白居易 (Wikiquote)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国、唐の詩人。字は楽天。「長恨歌」などを遺す。詩集『白氏文集』。
 
 
  白居易について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐代は「詩の時代」と言われるほど、多くの詩人たちが登場した時代であった。有名な李白・杜甫など、唐詩の黄金時代を彩った盛唐の詩人たちが相次いで世を去ったのは八世紀の後半であったが、その後も唐の歌声はなお盛んであった。 李白・杜甫の次、すなわち八世紀の後半から九世紀の初め中唐の時代に現れた詩人が、この白居易であった。この白居易、字を楽天と言うが、彼は古来日本人に最も親しまれた詩人である。
 
 
  白居易(白楽天)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中唐の大詩人。韓愈と並び称されることが多い。 772年  1歳 河南省(鄭州)新鄭県に生まれた 字は楽天、号は香山 生後七ヶ月で、書物を開き、「之」「無」の文字を覚えたというからびっくり!!…
 
 
  白居易の墓誌自撰   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いわゆる紹興本『白氏文集』71卷(文學古籍刊行社影印北京圖書館所藏南宋刊本)の大尾(補鈔頁)に549字(序文492字、銘文57字)からなる「醉吟先生墓誌銘并序」(以下「墓誌」と略稱)が收められている。紹興本の系統に屬し、明清兩代に通行した馬元調本も同樣にこれを收載する。
 
 
  長恨歌(ちょうこんか) 白居易   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白居易は中唐の詩人、字(あざな)は白楽天で、日本ではこの名前でよく知られている。 菅原道真は白居易の忠実な祖述者であり、紫式部や清少納言は彼の詩の愛読者であったとも聞く。 彼の詩の中でも「長恨歌」は、古来多くの日本人に最も愛されてきた。
 
 
  白居易 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白居易(はく きょい、772年(大暦7年) - 846年(会昌6年))は、中唐の詩人。
 
 
  春風 <白居易> 関西吟詩文化協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  春風は先ず宮中の庭園の梅の一枝を開花させ、ゆすらうめ・あんず・桃・梨としだいに開花させる。又、山深い里では「なずな」の花を咲かせ、「にれ」のさやにも吹きわたる。すると私は、春風が私のために来てくれたのだと言いうれしく思うのである。
 
 
  はくきょい【白居易】 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (772&#12316;846)中国唐(とう)代の詩人。わが国では白楽天(はくらくてん)の名で知られている。白居易(はくきょい)の詩はわかりやすく,流れるような美しい調子で,広く人々に親しまれた。感傷的(かんしょうてき)な詩が多いが,社会をするどく批判(ひはん)した詩もある。その詩文を集めたものが『白氏文集(はくしもんじゅう)』で,なかでも「長恨歌(ちょうごんか)」「琵琶行(びわこう)」などの長編(ちょうへん)物語詩は有名。◇わが国の平安時代,かれの詩は貴族(きぞく)たちの欠(か)かせない教養(きょうよう)となった。
 
 
  中国歴史紀行>12>白居易墓   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白居易墓は龍門の香山(東山)の琵琶峰にある。 中唐の大詩人である白居易(772−846)は字を楽天。晩年は香山に隠棲し、香山居士と号した。白居易は龍門の風光を愛し、洛陽に住んだ期間が長く併せて十八年に及んでいる。
 
 
  白居易 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白居易 <関連書籍> 古典籍総合データベース
 
 
韓愈.768
韓愈 (かんゆ)
  韓愈 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  韓 愈(かん ゆ、768年(大暦3年) - 824年(長慶4年))は中国・中唐を代表する文人士大夫である。字は退之(たいし)、州南陽(今の河南省孟州市)の人であるが、昌黎(河北省)の出身であると自称した。唐宋八大家の一人。おくりなによって「韓文公」ともよばれる。
 
 
  「落歯」 韓愈   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  俳句や川柳には,歯にまつわるものが数多くある。 わが国では松尾芭蕉の歌があまりにも有名だ。… さて,歯にまつわる歌は,漢詩にも登場する。 ”白楽天”・”韓愈”・”陸游”などの歌が有名だ。
 
 
  雑説 (四)韓 愈   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世に伯楽のような馬を見分ける人が有って、それでこそ一日千里を走れる馬が見出されて存在する。 千里の馬はいつでもいる、しかし、それを見分ける伯楽は、常にいるのではない。…
 
 
  目次>漢詩>「韓愈」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  韓愈は詩人としてはもちろんすぐれていましたが、彼の本領は散文にあったようです。… 『落歯』は年を取って歯が抜けていく様子をちょっとユーモラスに描いた詩です。
 
 
  韓愈 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  韓 愈(かん ゆ、768年(大暦3年) - 824年(長慶4年))は中国・中唐を代表する文人士大夫である。
 
 
  『師説』 訓読  <韓愈、書き下し>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  〔第一段〕古の学ぶ者は、必ず師有り 。師は道を伝へ業を授け惑ひを解く所以なり 。人は生まれながらにして之を知る者に非ず 。…
 
 
  韓愈 山石 詩詞世界 碇豊長の詩詞:漢詩 HanYu   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山石:山(に転がっている)石ころ。韓愈の「以文爲詩」(散文的な手法の詩=散文的な語彙や句法、段落で作った詩)の代表的なもの。六朝詩や唐詩の華麗さがなく、夕暮れから夜、更に早朝の光景が、淡々と語られている。
 
 
  韓愈 醉留東野 詩詞世界 碇豊長の詩詞:漢詩 HanYu   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  醉留東野:孟郊を酔っぱらって(別れて帰っていくのを)引き留める。酔いとともに留別する。…
 
 
  【きょうの言葉】「不塞不流 不止不行」韓愈(かんゆ) 産経ニュース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐の詩人、韓愈の「原道(げんどう)」から。秦の始皇帝が儒書を焼き払い、儒者を坑(あな)に埋め(焚書坑儒(ふんしょこうじゅ))て以来、道教や仏教が盛んになった。…
 
 
菅原道真.845
菅原道真
  菅原道真 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菅原 道真(すがわら の みちざね、みちまさ、どうしん、正字体では菅原 道眞、承和12年6月25日(845年8月1日) - 延喜3年2月25日(903年3月26日))は日本の平安時代の学者、漢詩人、政治家である。特に漢詩に優れた。33歳のときに文章博士に任じられる。宇多天皇に重用され右大臣にまで昇った。しかし、左大臣藤原時平に讒訴され、大宰府へ権帥として左遷されそこで没し、為に、朝廷に祟りをなし天神として祀られる。現在は学問の神として親しまれる。
 
 
  菅原道真コース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  学者として、政治家として頂点まで登りつめた菅原道真。そんな彼を待っていたのは、策略による大宰府への左遷でした。  人物/伝説/終焉
 
 
  菅原道真公と天神縁起   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  道真公怨霊伝説:まずはよく言われている流れにそって、菅原道真公の怨霊伝説と天神縁起を見てみましょう。 応神天皇の八幡宮と並んで人が神になったとされる神社で大きな勢力を持つのは菅原道真の天満宮(天神様)です。数としては全国14000社ほどで神社数のランキングでは第4位になります。…
 
 
  菅原道真 - 平安大事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌人・学者・政治家として活躍した平安前期の実在人物。  菅原是善の三男として生まれ、幼少時から学問詩歌の才に優れ、国家試験に合格し博士号を取る。 宇多天皇や醍醐天皇に重用される。…
 
 
  太宰府天満宮 菅原道真公   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菅原氏は、古代豪族の土師氏の出身で、道真公の曾祖父古人公が、土師を菅原と改姓するとともに、文道をもって朝廷に仕える家柄となったのです。時代は、嵯峨天皇の時代を頂点として、「文章経国」すなわち学問を盛んにして国をつくるという方針のもと、唐風の文化の最盛期を迎えていました。
 
 
  菅原道真 ほうふWeb歴史観   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  9世紀になると、都では藤原[ふじわら]氏の一族が力をつけていきます。藤原氏に対抗して天皇に用いられたのが、菅原道真[すがわらのみちざね]です。 しかし、道真は藤原氏によって大宰府[だざいふ]に左遷されてしまい、途中で同じ一族の土師[はじ]氏が国司をしている防府に立ちよりました。船でたどりついた場所が「御旅所[おたびしょ]」だと言われています。
 
 
  菅原道真 スガワラノミチザネ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  普段天神様と呼ばれて、学問、受験合格の神さまとして親しまれている神である。受験シーズンにもなると天神様は大忙しになる。受験生はもちろん、その父兄やら関係者までが神社に押し寄せるからだ。受験戦争の社会を象徴する悲しい現象とはいえ、とにかく若い世代にまで深く浸透している神さまといったらこの神をおいて他にはいない。
 
 
  菅原道真(すがわらのみちざね)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  故郷を離れて数ヶ月、とめどもなく涙が頬をつたう。全ては夢と思うほかなく、今は天を仰いで我が身の運命を訴えるだけだ。
 
 
  御祭神菅原道真公 -湯島天神-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  道真公は天穂日命の末、野見宿禰を祖とし、御父は菅原是善公、御母伴氏は神代以来の名門大伴家の出であります。承和十二年(845)御誕生になり、五才の時、庭前の梅花を見て、和歌を詠じ、十一才にして「月夜見梅花」の詩を作られました。
 
 
  菅原道真 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菅原 道真(すがわら の みちざね、みちまさ、どうしん、承和12年6月25日(845年8月1日) - 延喜3年2月25日(903年3月26日))は日本の平安時代の学者、漢詩人、政治家である。
 
 
  天神さま 「菅原道真公」 大生郷天満ぐ宮   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天神さまは、文道の祖神と仰がれると共に、至誠一貫・忠誠・人生教訓の神と崇敬されています。その尊い御神徳をいただき、よき人生を歩めるよう人生の儀礼に当っては天満宮にお参りしましょう。
 
 
  菅原道真 近世の伝記資料展 おおさかページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平安時代に活躍した菅原道真(845 〜903)は、非常にすぐれた漢文学の才能があり、また政治家としても当時の財政危機を見据えて、積極的に国政改革に取り組み、右大臣にまで昇任するが、その勢力の拡大を妬み、恐れた藤原氏の讒言(ざんげん)により、突然太宰府に左遷され、この地で不遇のうちに2 年後に亡くなる。しかし死後も神として民衆にあがめられ、「天神まいり」の伝統は、現在もなお盛んである。
 
 
  菅原道真(すがわらのみちざね) - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平安前期の律令(りつりょう)官人。政治家、文人、学者として名が高い。是善(これよし)の子で母は伴(とも)氏。本名は三、幼名を阿呼(あこ)といい、後世菅公(かんこう)と尊称された。従(じゅ)二位右大臣に至る。
 
 
  平安時代.794〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  →「60日本史」/平安時代.794〜
 
 
儒学・儒教
儒学者
  儒学者 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  儒学者(じゅがくしゃ)は、儒教を自らの行為規範にしようと、儒教を学んだり、研究したりする人のことである。儒者(じゅしゃ)、儒生(じゅせい)とも呼ばれる。
 
 
  近世儒学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここでいう近世とは、中国では宋・元・明・清、朝鮮では朝鮮王朝、日本では江戸時代を指します。宋代に成立した朱子学は、中国をはじめ、朝鮮、日本を席巻しました。この朱子学と、その影響や反発から登場した陽明学、考証学、古学、実学などは、時には仏教、道教、神道などとも交渉をもちつつ、それぞれの地域で独自の結実を見ました。
 
 
  儒学に学ぶ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今、なぜ日本人にとって儒学がひつようなのでしょうか? 論語をはじめ、古き良き教えを学び忘れかけている大切な道徳心を呼び戻してみませんか?
 
 
  儒学(じゅがく) - Yahoo!百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  …広義でいえば、「先王の道を奉じてその言行を伝える五経を学習し、孔子(こうし)(孔丘)を祖と仰いでそのことばを重んじ、五常(仁義礼智信)の徳を養い、五倫の道(父子の親、君臣の義、長幼の序、夫婦の別、朋友(ほうゆう)の信)を守るべきことを主たる内容とする学」の意となり、これを儒教と置き換えても通ずるものとなる。
 
 
  じゅがく【儒学】 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  儒教(じゅきょう)の理想を,四書五経(ししょごきょう)などの経典(きょうてん)の研究を通じてもとめる学問。
 
 
  儒学に学ぶ -「論語」、古典・東洋思想を学ぶための-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  学生のころ、「古代ローマ帝国の滅亡前は、市民は”パンと見せ物”を望み、 為政者(皇帝)はそれを与えれば良かった。」 ということが、今一つ実感できませんでした。 現代の日本のありさまを思い想うにつけて、それがわかるような気がします。   はじめに / 儒学とはなにか / 古典に学ぶ / 定例講習 / 組織・活動内容
 
 
  儒教 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  儒教(じゅきょう)とは、孔子を始祖とする思考・信仰の体系である。紀元前の中国に興り、東アジア各国で2000年以上に渡って強い影響力を持つ。その学問的側面から儒学、思想的側面からは名教・礼教ともいう。大成者の孔子から、孔教・孔子教とも呼ぶ。中国では、哲学・思想としては儒家思想という。
 
 
   > 儒教   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  春秋時代(BC770〜BC403)末期の思想家孔子(BC551〜BC479)を祖とする、中国を代表する思想。儒家思想、儒学。 礼楽により周代(東周、BC1044〜BC771)の理想的な治世を再現しようと試みた。 『論語』は弟子の編集による孔子の言行録である。戦国時代(BC403〜BC221)の弟子、孟子(BC372〜BC289)と荀子(BC298?〜BC235?)による『孟子』『荀子』は、その後の儒教の普及に大きな役割を果たした。
 
 
   > 儒教の葬送儀礼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孔子(BC55l〜479)の教えは門弟たちによって大成され、儒教として展開した。儒教が中国の国教となったのは漠の武帝(BCl4l〜87)の時である。古来より儀礼を重んじた儒教では、葬儀は「儀礼(ぎらい)」「礼記」「周礼(しゆらい)」の三礼によって行なわれていた。韓非子が「儒者破家而葬」(儒者は葬によって家を破る)と批判したように、多額のお金を使い複雑な葬儀を行ない、長い喪に服した。そうすることが孝と考えられていたのである。
 
 
   > 儒教(Confucianism)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  創始者:孔子(551-479B.C.)  古来の敬天、天命思想を継承し、先王の道を尊び、周王朝の礼楽文化の復興を求めた古代思想の大成者   敬天思想:万物の根源を天と称し、宇宙の主宰者を天帝と呼んで畏敬した信仰に基づくもの/天命思想:天が万民を生み、統治は天命を受けた有徳の天子によって行われるべきことを説く思想/先王の道:理想的な徳治の道
 
 
孟子.BC372
孟子
  孟子 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孟子(もうし、紀元前372年? - 紀元前289年)は戦国時代中国の儒学者。姓は孟、諱は軻、字は子輿。あるいはその言行をまとめた書。「孟子」の子とは先生というほどの意。儒教では孔子に次いで重要な人物であり、そのため儒教は別名「孔孟の教え」とも呼ばれる。性善説を主張し、仁義による王道政治を目指した。
 
 
  孟子書の性格   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  そもそも先秦時代の書は一学派の祖師の言行を書き表したものとはいえ、祖師個人の著述であるよりも学派としての著作であった。また過去のものになってしまったものではない現実社会に影響を与えようとする生きた思想は、時代の必要に合わせて修正や補足が行われるのが通例である。先秦の書もそのようなものであった。では孟子書の場合どこまでが孟子本人の思想であるのか。また孟子本人の思想はどのようであったのか。
 
 
  我読孟子 鈴元仁   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  儒教の書のコンメンタールとしての名著といえば、『孟子』ならば吉田松蔭の『講孟箚記(こうもうさっき)』(講談社学術文庫)があり、『論語』ならば澁澤榮一の『論語講義』(同じく講談社学術文庫)や貝塚茂樹の新解釈(『論語』中公文庫)などを挙げたいと思います。私はこれらの古典を読み切った達人のコメントにはハナから到底及びません。・・・
 
 
  もうし [孟子] weblio 辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孟子(もうし、紀元前372年? - 紀元前289年)は戦国時代中国の儒学者。姓は孟、諱は軻、字は子輿。あるいはその言行をまとめた書。「孟子」の子とは先生というほどの意。儒教では孔子に次いで重要な人物であり、そのため儒教は別名「孔孟の教え」とも呼ばれる。性善説を主張し、仁義による王道政治を目指した。
 
 
  孟子 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孟子(もうし、紀元前372年? - 紀元前289年)は戦国時代中国の儒学者。
 
 
  孟子(もうし) - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生没年未詳。中国、戦国時代の儒者である孟軻(もうか)。あるいは彼の思想を伝える書物の名。孟軻の軻は名。字(あざな)は子輿(しよ)または子車といわれるが、根拠は薄い。孔子(こうし)没後100年ほどたった紀元前4世紀前半ごろに生まれる。幼時の話に孟母三遷(もうぼさんせん)や断機(だんき)の教えがあるが、史実かどうか疑わしい。生地は鄒(すう)の国で、現在の山東省に属する。
 
 
  孟子 もうし - 紀元前4世紀後半   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孟子(前372-前289)は、中国・戦国時代に活躍した思想家です。 教育熱心な母のもとで育った(孟母三遷・孟母断機)と伝えられる孟子は、孔子の門人として、その儒学思想を学んでいます。群雄割拠の当時、諸国の王に対する王道・儒学の師として、理想の君主、仁義・道徳による政治などを説いてまわりました。
 
 
  故郷の鄒城に生きる孟子の思想   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の立命館大学に、中国の国務院新聞弁公室が孟子の像を贈ることになったが、孟子の故郷はいま、どうなっているだろうか。孟子とはどんな人物で、彼の思想は、現代中国でどのように評価されているのか。約2300年前に生きた孟子の故郷、山東省鄒城市を訪ねた。
 
 
  孟子(もうし)(2000年11月11日発行)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孟子】BC. 372〜BC. 289 中国、戦国時代の思想家・儒学者です。 姓は孟、名は軻(か)、字(あざな)は子輿(しよ)・子車。英語ではラテン風に"Mencius"と呼ばれています。魯国(山東省)の鄒(すう)の人です。 人間の本性は善とする性善説に基づく王道政治を説いたことで知られています。  
 
 
  『孟子』・メニュー 斉太公の思想紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『孟子』・メニュー:概説/抄録/名句:『孟子』の名句。五十音順。/付録  参考文献(入手しやすいもの):初級/中級/上級
 
 
  もうし【孟子】  学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  紀元(きげん)前372&#12316;289)中国,戦国(せんごく)時代の思想家。孔子(こうし)の思想を発展(はってん)させ,人間の本性(ほんせい)は善(ぜん)だと説(と)いた(性善説(せいぜんせつ))。諸国(しょこく)をたずねて理想の政治(せいじ)(王道)を説(と)き,悪徳(あくとく)の君主があれば天がその支配(しはい)をくつがえす(易姓革命(えきせいかくめい))とした。のち故郷(こきょう)の魯(ろ)に帰って弟子を教育。◇孟子(もうし)』7巻(かん)がかれの言論(げんろん)をつたえている。
 
 
  『孟子』の梁恵王章句:1の書き下し文と解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  弱肉強食の論理が優先される戦国時代に、軍事力による覇道政治を戒めて、道徳による王道政治の理想を説いたのが儒学の大家である孟子です。・・・
 
 
  孟子 著者 孟子(BC372~BC289)時代 戦国時代   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孟子は諸侯を遊説して歩きましたが、小節を曲げてまでも大義を伸ばそうとはしなかったので、当時の君主はみな孟子は世事に疎しと批評して、その意見を聞き入れる者がありませんでした。・・・
 
 
  孟子 × 荀子 - 人間の本性   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  同じく孔子の弟子として出発した孟子と荀子だが、人間が本質的に善であるか悪であるかについて対立したとはどの教科書にも載っていることである。時代的には、孟子が性善説を述べ、これに対して荀子が反論したという順番になる。荀子は、意識して孟子の反対論を立てたのであるから、この二説は明らかな対立関係にあり、構図としても対照的に、非常によくできたものであったため、中国の思想の中で大きな問題として論じられてきた。
 
 
  孟子 全二冊 <書籍>  小林勝人 訳注   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国時代の中国,百家争鳴の世に現われて,孔子の教えを軸にしつつ,独自の思想を展開した孟軻の言行録である.彼は,人が天から与えられた本性は善であるという信念に立って,この天から万人に等しく与えられた本性を全面的に開花させるための実践倫理を示した.原文を短く区切って,読み下し文,口語訳,校注を付した.
 
 
伊藤仁斎.1627
伊藤仁斎
  伊藤仁斎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊藤 仁斎(いとう じんさい、寛永4年7月20日(1627年8月30日) - 宝永2年3月12日(1705年4月5日))は、江戸時代の前期に活躍した儒学者・思想家。京都の生まれ。日常生活のなかからあるべき倫理と人間像を探求して提示した。… 主著として、『論語古義』『孟子古義』『語孟字義』『中庸発揮』『童子問』『古学先生文集』などが挙げられるが、生前は講義と著述の整理・推敲に尽力し、著作を公刊することはなかった。 古義学を提唱。
 
 
  伊藤仁斎の学問   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊藤仁斎は、官学である林家の俗流朱子学と対峙し、独自の探求によって新境地を開いた京都の儒学者です。彼は古義堂という私塾を開いて、全国から集まってきた門人たちを指導しました。仁斎に直接学んだ人数はその45年間で、のべ3000人にのぼったといわれています。この私塾古義堂は、彼の死後も明治時代後期、1905年まで続きました。
 
 
  伊藤仁斎  荻生徂徠   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  童子問(どうじもん) : 上中下全3巻。189章からなり、師と弟子の問答の形をとりながら、仁斎の古学思想を余すことなく述べた代表的著作。仁斎没後の1707年に刊行された。/弁道(べんどう) : 『弁名』とならび二弁と称される徂徠の代表著作。1717年に成稿。徂徠の没後1737年に門人の校訂を経て刊行された。『弁名』の総論にあたり、「道」についての論述25則からなる。
 
 
  伊藤仁斎宅(古義堂)跡   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上京区堀川下立売上る東側四丁目にある、江戸初期の漢学者・伊藤仁斎(いとうじんさい)の邸宅跡。 邸宅は、仁斎の学派は堀川学派、古義学派と呼ばれ、仁斎の学問にちなみ「古義堂(こぎどう)」と称する。
 
 
  伊藤仁斎 いとう・じんさい   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代前期の儒学者。古学堀川学派の祖。 寛永4年(1627年)7月20日、京都近衛堀河(東堀川通下立売上ル)に了室の長男として生まれた。幼時からおちついた性格で、11歳から四書を学び、19歳のとき、朱熹編の『李延平答問』を読んで朱子学に傾倒し、『性理大全』70巻、『朱子語類』140巻など、大部の朱子学に関係する書物を熟読した。
 
 
  伊藤仁斎 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊藤 仁斎(いとう じんさい、寛永4年7月20日(1627年8月30日) - 宝永2年3月12日(1705年4月5日))は、江戸時代の前期に活躍した儒学者・思想家。
 
 
  伊藤仁斎 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1627&#12316;1705)江戸(えど)時代前期の儒学(じゅがく)者。京都(きょうと)の木材(もくざい)商の子。28歳(さい)ごろから家業を弟にゆずって学問に熱中(ねっちゅう)し,はじめ朱子学(しゅしがく)(中国の宋(そう)代に完成(かんせい)した儒学(じゅがく))にしたがったが,その説(せつ)が孔子(こうし)・孟子(もうし)の意を正しくつたえていないとして批判(ひはん)。『論語(ろんご)』や『孟子(もうし)』の研究に力を入れ,京都堀川(きょうとほりかわ)の自宅(じたく)に古義堂(こぎどう)という塾(じゅく)を開いて子弟の教育にあたり,古義学(こぎがく)という独自(どくじ)の学問をつくりだした。
 
 
  伊藤仁斎 1627−1705 寛永4年−宝永4年   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都に材木商長沢屋七右衛門長勝の子として生まれる。母は連歌師法眼里村玄仲の娘那倍名は維貞。貧困の中で苦学して朱子学を学ぶが、孔孟の古義に即くべく古義学を主張。京都の堀川に家塾古義堂を開き、門弟三千人を集める。終生大名のもとに仕えることなく、学界の大勢力を形成した。後代の注を避けて、専ら孔孟の古典によって道義を明らかにし、封建道徳を説いた。
 
 
  伊藤仁斎 (日本漢詩人選集) <書籍> 浅山 佳郎 (著), 厳 明 (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1956年(昭和31年)、中国蘇州市に生まれる。蘇州大学教授。著書に『清代広東詩歌研究』(文津出版社)、『中国詩話詞典』(北京出版社)、『中国名妓芸術史』(文津出版社)、『紅楼釈夢』(洪葉出版社)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
 
 
荻生徂徠.1666
荻生徂徠
  荻生徂徠 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荻生 徂徠(おぎゅう そらい、寛文6年2月16日(1666年3月21日) - 享保13年1月19日(1728年2月28日)は、江戸時代中期の儒学者・思想家・文献学者。本名は雙松(なべまつ)、字は茂卿(しげのり)。本姓は物部氏。父は5代将軍徳川綱吉の侍医荻生景明。弟は徳川吉宗の侍医で明律研究で知られた荻生北渓。江戸に生まれる。元禄9年(1696年)、徂徠31歳のとき、柳沢吉保に仕え、宝永6年(1709年)、徂徠44歳のとき、私塾を開いた。やがて徂徠派というひとつの学派を形成するに至る。
 
 
  荻生徂徠勉学の地   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荻生徂徠は寛文六年(1666年)、五代将軍綱吉がまだ館林藩主だったころの侍医荻生方庵の次男として江戸二番町に生まれた。胎内にあったとき、母が正月の門松を立てる夢を見た、という奇瑞にちなみ幼名を双松(なべまつ)と名づけられた。七歳で幕府儒官林家に入門。
 
 
  荻生徂徠 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荻生 徂徠(おぎゅう そらい、寛文6年2月16日(1666年3月21日) - 享保13年1月19日(1728年2月28日)は、江戸時代中期の儒学者・思想家・文献学者である。
 
 
  荻生徂徠落語の噺の原典になる話とエピソード   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  儒学者の荻生徂徠(おぎゅう_そらい)の若い頃の話です。延宝元年(1673)、徂徠は父と共に江戸を追われ、上総に蟄居したのは14歳の時であった。 流浪し、書物も少なく、師も友人も無かった。たまたま古行李(こうり)の奥に、父が書き写した『大学諺解(げんかい)』(林羅山著)の1冊を見つけ、これを熟読し、よく味わった。また、種々の書物を探して読みあさり、独学したが、上総に10年余りいて、25歳の時、父と一緒に江戸へ戻った。
 
 
  荻生徂徠  1666−1728  寛文6年−享保13年   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  綱吉に仕える医師方庵の二男として江戸二番町に生まれる。名は双松、字は茂卿のち茂卿、通称は惣右衛門。はじめ朱子学を学ぶ。伊藤仁斎の古義学を攻撃したが、のち『弁道』『弁名』を著わして、さらにより徹底した古文辞学の立場を確立。1696年(元禄9)以来柳沢吉保に仕え、政治顧問的役割を果たす。 吉保に赤穂浪士の意見を求められ、『擬自律書』を著して処分を上申した。徳川吉宗の内命によって『太平策』『政談』を著し、時弊救済策を述べた。
 
 
  荻生徂徠 の画像  Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荻生徂徠 の画像  Google
 
 
  荻生徂徠 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荻生徂徠 <関連書籍>
 
 
富岡鉄斎.1837/
     
朱子学
朱子学と陽明学の違い!
  朱子学 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朱子学(しゅしがく)とは、南宋の朱熹によって再構築された儒教の新しい学問体系。日本で使われる用語であり、中国では、朱熹がみずからの先駆者と位置づけた北宋の程頤と合わせて程朱学(程朱理学)・程朱学派と呼ばれる。当時は、程頤ら聖人の道を標榜する学派から派生した学の一つとして道学と呼ばれた。
 
 
  朱子学大系 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朱子学大系(しゅしがくたいけい)は、明徳出版社から刊行された朱子学に関する古典文献を翻訳(書き下し)して収録した叢書である。全15巻、既刊14巻。本大系は『陽明学大系』(全11巻別巻1)の後を承け、陽明学の前提であり、また日本・朝鮮にも影響を与えた朱子学の全貌を、一般読者に提供すべく編纂されたものである。編修・翻訳(書き下し)には荒木見悟・岡田武彦・山下龍二などの当時を代表する学者が加わった。
 
 
  朱子学の背景   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宋の時代 : 907年、唐が滅亡するとそれからの約50年の間に華北、黄河流域には開封を首都として5つの王朝が交代しました。これを五代十国時代といいます。後梁(こうりょう)、後唐(こうとう)、後晋(こうしん)、後漢(こうかん)、後周(こうしゅう)の5国と、さらにそれ以外の地域に10ほどの独立政権が成立したのです。…
 
 
  朱子学(しゅしがく) - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国、南宋(なんそう)の朱熹(しゅき)(朱子)によって築き上げられた新しい儒学。
 
 
  尊王思想の研究6―李氏朝鮮と朱子学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  華夷変態は日本の知識人に衝撃を与えました。それは「中華文明の優等生」であった李朝下の朝鮮にも影響を与えていないはずがありません。李氏朝鮮は建国から朱子学と因縁が深い王朝です。以下にそれをざっと見てみます、参考にした本は「朝鮮王朝社会と儒教」(李泰鎮(イ・テジン)著、六反田豊訳、法政大学出版局)です。
 
 
  朱子学が日本の歴史に与えた影響について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元来日本は無宗教のため、宗教色の濃い他の歴史に比べて、損得勘定がはっきりしているというか、ドライな歴史なので、後世の我々としては結構わかりやすいのです。が、そんな日本史の中でもちょっとわかりにくい時代があります。それは南北朝時代と幕末です。そして、この二つの時代をややこしくした要因こそが朱子学なのです。ではまず南北朝時代から考えていきましょう。
 
 
  朱子学と陽明学の違い - 中国思想家の言葉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朱子学(しゅしがく)と陽明学(ようめいがく)はどう違うのでしょう?・・・ 朱子学が「頭を中心とした学問」で!陽明学は「心を中心とした学問」!
 
 
  朱子学と陽明学 (新書)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この様な書物が40年間、版を重ねていることに、日本もまんざらではないなと思いました。基本知識がなければ本書は最初の数頁で読み進めなくなってしまうかも知れません。しかし、それは知識の不足ではなく、関心の不足であると思います。苦境にあって陽明学を支えとして克服したという方がいます。そんなことを思い出し、では自分も陽明学とそれに先行する朱子学を知ってみよう、という気で本書を読み出しました。
 
 
陽明学
人生と陽明学
  陽明学とは   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陽明学とは : 心の陶冶する、鍛えることの大切さを主張した教え。万物一体の考え方を理解し、心の中の葛藤をなくし、不動心を確立する教え。  陽明学の基本思想 : <心即理>とは陽明学の花であり、基本的な考え方をいう。/<知行合一>とはその花の匂いであり、その働き、具体的な作用/<致良知>はその果実であり、体と用をあわせ持った陽明学の神髄である。
 
 
  陽明学 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陽明学(ようめいがく)とは、中国の明代に、王陽明がおこした儒教の一派で、孟子の性善説の系譜に連なる。… 英語圏では朱子学とともに‘Neo-Confucianism’(新儒学)に分類される。
 
 
  陽明学のめざすもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「心即理」こそ陽明学の出発点 : 心は則ち理なり。天下また心外の事、心外の理あらんや  「心がすなわち理である。この心をおいてほかに、どんな事物があり、どんな理があるというのか。」    理というものはすべて心のなかにあるものであり、心がすなわち理なのだ。・・・
 
 
  Category:陽明学者 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カテゴリ “陽明学者” にあるページ : このカテゴリに属する 17 個のページのうち 17 個を表示しています。
 
 
  人生と陽明学 (文庫)  安岡 正篤 (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  16世紀初頭の中国で、王陽明という一人の思想家によって生み出された陽明学。<心即理><致良知><知行合一>の基本原理によって、知識よりも行動を重んじるその教えは、江戸時代初期の日本に伝来し、武士社会を中心に急速に広がっていた。…
 
 
  陽明学(ようめいがく) 古典から学びましょう   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陽明学は中国の明の時代、王陽明が説きました。 当時の中国では朱子学が全盛で、その教えは「人間社会の全ては権威に従い永久不変で変えられないもの」だとされていました。 朱子学に異を唱えたのが王陽明です。「権威に盲目に従うのではなく、己の責任をもって行動する心」の必要性を説きました。
 
 
  頼山陽 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  頼 山陽(らい さんよう、安永9年12月27日(1780年1月21日) - 天保3年9月23日(1832年10月16日))は江戸時代後期の歴史家、漢詩人、文人である。芸術にも造詣が深い。また陽明学者でもあり、大塩平八郎に大きな影響を与えている。幼名は久太郎(ひさたろう)、諱は襄(のぼる)、字は子成。山陽は号である。また三十六峯外史とも号した。安政の大獄で処刑された頼三樹三郎は三男。子孫の1人に中国文学者の頼惟勤(らい つとむ)がいる。
 
 
  人生と陽明学 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  - 安岡正篤を座右の書に-  若き日に王陽明研究によって一躍名を馳せた安岡正篤氏が、長き年を経てその人物と学を語る講話集。 ただし、王陽明の一生を描いたものではなく、その思想と学問の一端を魅力的に垣間見せてくれる講話である。
 
 
四書五経
四書五経一日一言
  四書五経 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  四書五経(ししょごきょう)とは、儒教の経書の中で特に重要とされる四書と五経の総称。ただしこのうち『大学』『中庸』はもともと『礼記』の一章を独立させたものである。君子が国家や政治に対する志を述べる大説として日常の出来事に関する意見・主張や噂話など虚構・空想の話を書く小説と区別される。 四書は「論語」「大学」「中庸」「孟子」、五経は「易経」「書経」「詩経」「礼記」「春秋」をいい、五経を以て四書よりも高しとする。 「楽経」を含めて四書六経ともいう。
 
 
  中庸 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中庸(ちゅうよう)とは、儒教において、「四書」の一つであり、またその中心的概念の一つである。 「中庸」という言葉は、『論語』のなかで、「中庸の徳たるや、それ至れるかな」と孔子に賛嘆されたのがその文献初出と言われている。それから儒学の伝統的な中心概念として尊重されてきた。たがその論語の後段には、「民に少なくなって久しい」と言われ、この「過不足なく偏りのない」徳は修得者が少ない高度な概念でもある。
 
 
  易経 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  易経(えききょう)は占筮に用いられる書物。『周易』(しゅうえき)または単に『易』(えき)とも言うが、易経とは儒教の基本テキスト五経の筆頭に挙げられる経典である。通常は『周易』に儒教的な解釈による附文(十翼)を付け加えたものを易経といい、『周易』と区別している。
 
 
  四書五経を学ぶ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「四書」は、『大学』、『中庸』、『論語』、『孟子』。「五経」は、『易経』(『周易』)、『書経』(『尚書』)、『詩経』、『礼』(『儀礼』、後に『礼記』)、『春秋』。併せて「四書五経」と言う。これが儒学の根本教典。経とは縦糸。緯度・経度の経だ。中国の歴史の縦糸である。それの注が「伝」だ。『古事記伝』の「伝」もこの意味が込められているのだろう。
 
 
  四書五経「大学」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大学について : 漢の武帝が儒教を国教と定めて大学を設置した際に、その教育理念を示したもの(経書)とされています。 安岡正篤先生は、人間が素養を積むためには、経書を第一に読まなければならないとしています。 経書とは、あらゆる人々に普遍的にも、老いも若きも、富めるも貧しきも、順境にあるときも、逆境にあるときも、いかなる場合も、これから離れることはできない、人生に最も原理的な指導力のある書を言うのである、と解説されています。
 
 
  四書五経について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『四書』は宋以降、儒学を志すものが必ず学ばねばならぬとされた四種類の書籍(大学・中庸・論語・孟子)を指す。
 
 
  古典(四書五経)に学ぶ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  四書五経とは,「論語」,「大学」,「中庸」,「孟子」の四書,および「易経」,「書経」,「詩経」,「礼記」,「春秋」の五経を指します.四書は儒学を志すものが必ず学ばねばならぬとされた書籍,五経は儒教の経典です.いずれも,生き方について何かを与えてくれるでしょう.
 
 
  四書五経:中国まるごと百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  四書五経とは儒教の教典で重要な9種の書物のことで、四書は、「大学」「中庸」「論語」「孟子」、五経は、「詩経」「書経」「礼記」「易経」「春秋」です。 もともと孔子の時代には、詩経、書経、易経が明確に整理されていただけでしたが、そのご漢代までの間に礼に関する『小戴礼』を、楽に『詩経』をあてて、儒家の基礎経典としての五経が尊重されるようになりました。
 
 
  四書五経の訳注・解説書 Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  四書五経の訳注・解説書 Amazon.co.jp
 
 
  四書五経一日一言 <書籍> 渡部昇一・編 著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孔子の教えを中心としてまとめられた書物の集積「四書五経」。中国古典でありながら、古来日本人が、人格を形成し人生を豊かに生きるヒントを得てきた。 本書は膨大な四書五経の中より、編者の渡部氏が、自らの生きる糧としてきた言葉を厳選し、実体験に基づく解説を加えたもの。名言に救われ人生を切り開いてきた氏の率直な表現が、古典の面白さ・エネルギーを伝えてくれる。
 
 
  四書五経入門―中国思想の形成と展開 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『書経』は歴史を、『易経』は予言の論理を、『礼記』は君臣・親子・男女のあり方を、『詩経』は文の風雅を、『論語』は人の上に立つ者の生き方を、教える。 中国ばかりでなく、日本人の心にも浸透し、長く倫理の規範であった四書五経、入門。
 
 
論語
論語新釈
  論語 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『論語』(ろんご)とは、孔子と彼の高弟の言行を孔子の死後、弟子達が記録した書物のこと。『孟子』『大学』『中庸』と併せて儒教における「四書」の一つに数えられる。 四書のひとつである『孟子』はその言行の主の名が書名であるが、『論語』の書名が(たとえば「孔子」でなく)『論語』であるその由来は明らかでない。
 
 
  論語の話   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  年を重ねると東洋の学に興味を覚えるという人も多いと思います。東洋の学の中で、一番長く広く読まれているのが論語です。論語は孔子の言動を弟子達が記録したものとされています。混乱の時代を、貧困と苦しみの中に人への信頼を失うことなく生きた孔子は、まさに現代を生きる私たちに貴重な生き方を示してくれるます。
 
 
  論語を読む   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  勧学堂論語普及篇論語のご案内(音声ブック論語 和本版論語 簡易版論語)  勧学堂論語普及会の論語は、すべて抜粋ではない論語(全)の提供です。
 
 
  論語の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ようこそ論語の世界へ この「論語」の心があなたの人生にいくらかでもお役に立つことを願って止みません。
 
 
  こども論語塾   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2005年1月よりスタートした「文京こども論語塾」も、毎回40名以上の出席があり盛況な活動をしております。 姿勢を正し、楽しく論語を素読し、論語を通じてこども達が将来の自分自身の規範・指針、あるいは心の支えとなることを願い開催されたもので、お子様はもちろん、親子あるいは大人だけの受講も可能です。
 
 
  論語に学ぶ会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「論語に学ぶ会」インターネット塾へようこそ! 当会は、平成5年2月に、22名の有志によって発足し、今年で設立16周年を迎えました。 …今後の孔子教学普及の一助になればと思い、ホームページを立ち上げることに致しました。
 
 
  仮名論語の素読   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  もし、孔子様がわが社の「耳で聞く論語」を見た時に、「一番良い」と喜んでいただけるように、論語普及会様と協力して作り上げました。
 
 
  論語 (しのたまわく…)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ひとくちに「論語」と申しましても、この文章がイコール論語ではありません。 膨大な孔子の言葉の、ひとつです。
 
 
  論語 ろんご - 紀元前5世紀頃   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  論語は、儒家の祖・孔子(前551-前479)の教えが記された、儒教の代表的な経典です。全20編。"四書"のひとつとされています。論語におさめられている文章は、孔子が語った儒教の教えを、のちにその弟子たちが書き留めて整理したものです。
 
 
  論語 仁・義・礼・知・信とは何か   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人間としての「孔子」を探る/「孔子」の父母/「孔子」若き日の貧苦/「孔子」の一生/「論語」は「孔子」の著書なのか/「論語」と「日本人の美徳」について
 
 
  論語(ろんご) - Yahoo!百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孔子(こうし)(前552/551―前479)の言行録。10巻20篇。儒家の通説では、孔子の死後、弟子たちがそれまでに書き留めていた師匠の語を論纂(さん)してつくった。ただし実際は、直(じき)弟子ではなく、弟子の弟子の手になる。
 
 
  論語 先進第十   Web漢文大系一     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  経部:大学/論語/孝経 史部:史記 子部:老子/孫子/呉子/司馬法/尉繚子/李衛公問対/六韜/三略 集部:唐詩選/二十四詩品/楚辞 故事成語  書籍ランキング
 
 
  儒学文化研究所 学びたい論語の一句   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今、世界も日本もめまぐるしく変化しています。私たちは何を基準に善悪を判断したら良いのかさえ分からなくなっています。そんな時代だからこそ先人達が学び、残してくれたものをもう一度ひもとき、時代や社会の変化を乗りこえて必要な「人間としての有るべき姿」を見つめ直してみようではありませんか。
 
 
  論語カルタ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  論語は、今からおよそ2500年前に、中国の魯国(今の山東省曲阜市)で生まれた偉大な哲学者・教育者「孔子」の言動や孔子と弟子との問答などを集めた書物です。 そこには、人としてのあり方や生き方が記されており、人生の教訓として私達の生活に生かしたい教えが数多くあります。 論語カルタはこの論語のすばらしい教えをわかりやすく、親しみやすくするために作成したものです。
 
 
  一日一章の論語  DVD-R版   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パソコンで読み聴きする「論語」全20篇。論語のすべての漢字にふりがなをつけ、わかりやすい現代語訳、さらに講師自身が音声朗読、音声解説をおこなっていますので、難解な論語が手に取るように分かります。「論語」の決定版。総頁数約700ページ。
 
 
十八史略/
  「十八史略」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  十八史略 - Google 検索
 
 
思想家・哲学者
ソフィーの世界
  思想 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  思想(しそう、英: thought)とは、人間が自分自身および自分の周囲について、あるいは自分が感じ思考できるものごとについて抱く、あるまとまった考えのことである。単なる直観とは区別される。感じた事(テーマ)を基に思索し、直観で得たものを反省的に洗練して言語・言葉としてまとめること。また、まとめたもの。哲学や宗教の一部との区分は曖昧である。
 
 
  思想家一覧 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  思想家一覧(しそうかいちらん)は、思想家や哲学者の分野別一覧。 各カテゴリーに分類されているが、一つの部類ではなく、その思想家の活動が複数のカテゴリーにまたがっている場合も十分考えられる。
 
 
  知られざる思想家たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このサイトは、わが国ではあまり広く知られていない哲学者、思想家あるいは社会科学者(特にハンガリー出身の思想家を多く含む)の生涯と著作を紹介するものです。
 
 
  哲学 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  哲学(てつがく)は、前提や問題点の明確化、概念の厳密化、命題間の関係の整理などの理性的な思考を通じて、様々な主題について論じて研究を進める学問の一種。その理性的な思考自体も研究対象になる。また、そのような思考を通じて形成される立場も哲学と呼ばれる(ソクラテスの哲学、など)。 フィロソフィーなる語は、ギリシア語: philosophia(フィロソフィア)に由来しており、 philos(愛)+sophia(知)が結び合わさったもので、「知を愛する」という意味が込められている。
 
 
  哲学者リスト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  哲学者リスト - 111人
 
 
  世界の主な哲学者   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  哲学用語
 
 
  日本の哲学者 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の哲学者(にほんのてつがくしゃ)一覧(日本に在住し日本語で発表・著述する/した外国人哲学者を含む)
 
 
  西洋哲学 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西洋哲学(せいようてつがく、英:Western Philosophy)は古代ギリシア、スコラ哲学、イギリス経験論、ドイツ観念論など、ヨーロッパで興った哲学のこと。またはその流れを汲む哲学。語源はギリシャ語のphilosophia「知への愛」。東洋哲学と対置される。本来地球上の一文明に過ぎないヨーロッパを『西洋』として特別扱いし、他の文明を全て東洋とするのは欧州崇拝思想だとする立場からは西欧哲学、欧州哲学などと呼ばれる。
 
 
  東洋哲学 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東洋哲学とは、ヨーロッパから見た東洋すなわちアジアで生まれた哲学を一緒くたに纏めた用語。中国哲学、インド哲学、イスラム哲学など、日本哲学も含まれる。これは本来インド文明、中華文明(日本、韓国、ベトナムなども含む)などと同列の個別文明に過ぎない欧州文明を特別視するという点で欧米中心主義的な言葉である。 インド哲学(ヴェーダ/Veda、ウパニシャッド/Upanisadの哲学)/中国哲学(儒家や道家に代表される諸子百家)/日本哲学(仏教・儒教と、日本古来の神道)
 
 
  Category:哲学者 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カテゴリ “哲学者” にあるページ 5件 / サブカテゴリ 8個
 
 
  Category:東洋哲学 (Wikipedi)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カテゴリ “東洋哲学” にあるページ : このカテゴリへ属しているページ 9 件を表示しています。 / サブカテゴリ : このカテゴリへ属しているサブカテゴリ 7 個を表示しています。
 
 
  Category:西洋哲学 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カテゴリ “西洋哲学” にあるページ : このカテゴリへ属しているページ3 件を表示しています。 / サブカテゴリ : このカテゴリへは1件しか属していません。
 
 
  Category : 日本の哲学者 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カテゴリ「日本の哲学者」にあるページ : 以下にこのカテゴリへ属しているページ 301 件中 197 件を表示しています。
 
 
  日本人で有名な言語哲学者とは? - BILOBE なんでも相談室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  そもそも日本人の哲学研究者は西洋の学者の研究成果を焼き直ししているだけなので、外国人が研究するに値するような日本の言語哲学者がいるとは思えないのですが、ご存知の方がいましたら、教えてください。
 
 
  「日本の哲学者」といえば、どのような方が世界的に有名でしょうか - Yahoo! 知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本を代表する哲学者は、西田幾多郎です。 どの程度で、世界的に有名と呼ぶかは迷いますが、海外で研究される様な哲学者との事なら、西田幾多郎のみと思います。 「絶対矛盾的自己同一」は、あまりにも有名です。
 
 
  ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本書のもう1つの特色は、「哲学史の宝石箱」であること。ソクラテスやアリストテレス、デカルトやカント、ヘーゲルなど、古代ギリシャから近代哲学にいたる西洋の主要な哲学者の大半が登場する。読者をファンタジックな世界へ誘いながら、ソフィーと一緒に彼らの概念をやさしく生き生きと読み解いていく手法は秀逸である。哲学というこの世界じゅうの物事の根源、存在の意味の解明をおもしろく描き、おとぎ話と融合させた作者の功績はとてつもなく大きい。(田島 薫)
 
 
孔子.BC551
孔子
  孔子  (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孔子(こうし、ピンイン: K&#466;ng F&#363;z&#464;、紀元前551年‐紀元前479年)は、春秋時代の中国の思想家。儒家の始祖。世界三聖に数えられる。 姓は子(この「子」は尊称の「子」ではない。孔子の先祖が商の貴族という説があり、商国の姓は子である。)、氏は孔、諱は丘、字は仲尼(ちゅうじ)。孔子とは尊称(子は先生という意味)。
 
 
  孔子生誕の地   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  紀元前552年「孔子」魯の国「昌平郷」に生まれる。 現、中華民国、山東(さんとう)省曲阜(きょくふ)市です。 ここは、中国の古代、周王朝の時代に今の山東省の西南部一帯を領土としていた魯国(紀元前1055〜前249)の都が置かれていたところです。…
 
 
  孔子の天の思想   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国人の世界観の根本となっているのは天の思想である。この天の思想は古代より、学派を越えてあらゆる中国思想の根底となって現代に継承されてきたものである。 中国では天は、万物の育成者とされ、主宰者ともされ、呪力の根源ともされた。また人間存在の本質とされることもあり、きわめて多義的な概念であるといえる。 特に儒教では、天を政治や道徳の根拠として扱っている。天が代行者として天子を任命し、天子は天道に基づいて人道を立て、天下を教化統一すると説かれている。
 
 
  中国の哲人・孔子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孔子は晩年大旅行をしている。その大旅行は14年間にもわたり、弟子も多数引き連れている。しかも時代は春秋・戦国時代の大戦乱のさなかである。孔子が尋ねた国は数多いが楚以外の国はいずれも小国ばかりである。晋の国も尋ねようとはしたが、途中で政変を聞いて中止している。・・・
 
 
  k-styleの孔子研究   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孔子の生涯/孔子の言葉:こちらでは、孔子の言葉として論語の記述から見てゆくこととします。… 弟子の子貢との問答に次のようなものがあります。 子貢「もし、博(ひろ)く民に施して能(よ)く衆を済(すく)うことあらば如何(いかん)。仁と言うべきですか」 孔子「何ぞ仁にとどまらん。必ずや聖(せい)か。」(雍也)/孔子の思想
 
 
  孔子 ルネサンス87    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国の春秋時代(約二千五百年前)、麻のごとく乱れに乱れた社会であった。何が善で、何が悪かわからない。野蛮な暴力も横行していた。そんな社会で「不変の道」を求めて生きた人物がいた。孔子である。彼は、行動の人であった。身長が約二メートルという堂々たる偉丈夫であったという説もある。はちきれんばかりの生命力で、まっしぐらに「人間の道」を求めて走った。
 
 
  孔子 知ってるつもり?!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  …JR山手線新大久保駅で痛ましい人身事故が起きた。酔って落ちた男性を助けようと、とっさに二人の男性がホームに飛び降り、そのまま3人とも列車にひかれ、即死。中でも、助けにホームに降りた男性の一人が実は韓国人留学生であったため、事件は日韓両国で大きく取り上げられた。・・・
 
 
  孔子 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孔子(こうし、&#25340;音: K&#466;ng z&#464;、紀元前551年9月28日‐紀元前479年4月11日)は、春秋時代の中国の思想家。
 
 
  孔子(こうし) - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国古代の思想家。儒教の祖。名は丘(きゅう)。字(あざな)は仲尼(ちゅうじ)。孔子の「子」は尊称。魯(ろ)の国(山東省)の人。 孔子は、魯の下級武士叔梁(しゅくりょうこつ)と、その内縁の妻徴在(ちょうざい)との間に生まれた。父は大力で斉(せい)との戦闘で武勲をあげている。孔子3歳のとき父が没し、倉庫番や牧場の飼育係をしながら学問に励んだので定まった師匠はない。
 
 
  こうし【孔子】 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (紀元(きげん)前551ころ&#12316;前479)中国,春秋(しゅんじゅう)時代の思想家。儒教(じゅきょう)を始めた人として,のち日本にも大きな影響(えいきょう)をあたえた。生まれた国の魯(ろ)(山東省(シャントンしょう))で政治(せいじ)をとって失望(しつぼう)し,自分の政治理想(せいじりそう)を実現(じつげん)しようと,弟子とともに14年間諸国(しょこく)をめぐった。
 
 
  孔子廟 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孔子廟(こうしびょう)は、中国、春秋時代の思想家、儒教の創始者である孔子を祀っている霊廟(霊をまつる建物)。中国語ではコンツーミャオという。一般的に聖廟(シュエンミャオ)と呼ばれる。また関帝廟が武廟と呼ばれるのに対比して文廟とも呼ばれる。
 
 
  長崎孔子廟   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長崎と中国の交流は深く、特に江戸時代幕府の鎖国政策の中でも、交易の窓口として開港していた長崎では、多くの中国人の来航がありました。外交、歴史、文化にとどまらず今でも長崎の生活スタイルに多くの影響を及ぼしています。
 
 
  孔子 <書籍>  井上靖/著    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦乱の春秋末期に生きた孔子の人間像を描く。現代にも通ずる「乱世を生きる知恵」を提示した著者最後の歴史長編。野間文芸賞受賞作。
 
 
老子.BC500頃
老子
  老子 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  老子(ろうし、紀元前5世紀頃)は、中国の春秋時代の思想家。姓は李。名は耳とされ、唐の皇帝から宗室の祖と仰がれた。『老子』(またの名を『老子道徳経』)を書いたとされるがその履歴については不明な部分が多く、実在が疑問視されることもある。
 
 
  老子道徳経 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  老子道徳経(ろうしどうとくきょう) [ 中国語(ヘルプ・ファイル)] は、中国の春秋時代の思想家老子が書いたと伝えられる書。本来の名称は老子道經(漢字制限(当用漢字、常用漢字、教育漢字)で現表記)。単に『老子』とも『道徳経』とも表記される。『荘子』と並ぶ道家の代表的書物。道教では『道徳真経』ともいう。
 
 
  老子とは   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  僕らはどこから来て、そしてどこへ行くのだろうか。  老子は、生まれて来た事も、こうして生きている事も、それは「生命の道」によって在り、だから人は自分かってな理屈をならべ、自然な生を失うような事をしてはいけないんだと言う。 そしてそれは人が生まれる前から在って、 人はこの「道」によって生かされているのだと言う。
 
 
  老子(全81章)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  林語堂(Lin Yutang)氏の流麗な英文訳を日本文に転訳しました。味わい深い老子の世界(全81章)をお楽しみください。   第1部 「道(タオ)」の性格 [1〜6章]〜第7部 箴言(しんげん) [76〜81章]
 
 
  道〜タオ・老子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長野県南部・伊那谷。この谷に魅せられて移り住み、老子の言葉とタオの思想に取り組んできた、英米文学者・詩人の加島祥造。…  現代に蘇る2500年前からのメッセージ  朗読 : 緒方 拳 
 
 
  老子 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  老子(ろうし、生没年不詳、紀元前5世紀頃)年齢は数百歳とも伝えられる
 
 
  老子(ろうし) - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生没年不詳。中国古代の道家(どうか)思想の開祖とされる人物。またその著作とされる書物。 老(ろうたん)ともいう。姓は李(り)、名は耳(じ)、字(あざな)は。春秋時代に楚(そ)の苦(こ)県(河南省鹿邑(ろくゆう)県)に生まれる。周の王室の守蔵室の吏(り)(図書役人)となり、孔子(こうし)が訪れて礼の教えを受けたこともあった。
 
 
  易(陰陽)・五行、讖緯(しんい)思想 - 浦島説話研究所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「暦」と「浦島説話」とは非常に密接な関係性を持っている。『日本書紀』は暦日表記に干支を用いているが、干支には古代中国の易(陰陽)・五行、讖緯思想の哲理が畳み込まれている。そして、この思想哲理は、当時の知識人等に大変大きな影響力を及ぼしていた。「暦」に精通するということは、必然的に前述の思想哲理に通暁することを意味していた。
 
 
荘子.BC369
荘子
  荘子 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荘子(そうし、生没年は厳密には不明だが、紀元前369年 - 紀元前286年と推定されている)は、中国の戦国時代の宋国(現在の河南省)に産まれた思想家で、道教の始祖の一人とされる人物である。荘周(姓=荘、名=周)。字は子休とされるが、字についての確たる根拠に乏しい。「莊子」が本来の表記、日本の文部省の漢字制限(当用漢字、常用漢字)以後現表記となる。
 
 
  「荘子」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「荘子」は、中国古代の道家(どうか)思想を伝える重要な古典である。孔子、孟子、荀子、と続く儒家に対抗して、道家の思想は、老子と荘子をその代表者とする。 「荘子」三十三篇は、「内篇」七篇、「外篇」十五篇、「雑篇」十一篇に分かれている。ここに、「内篇」七篇について私の好むところをまとめてみた。
 
 
  荘子の部屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「老子」の場合と同様に,林語堂(Lin Yutang)氏の流麗な英文訳を日本文に転訳しました。「老子」とは一味ちがった「荘子」の世界をお楽しみください。
 
 
  コラム:荘子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  湯川秀樹さんが、老荘思想より中間子理論のアイデアを受けたことや、「天才の世界」で荘子の自然観を高く評価していることは知られています。同じく、今西氏の京大の先輩にあたる宮地伝三郎さんも、「荘子生態学」という論考で荘子を生態学者の古典として高く評価しております。
 
 
  恵子 × 荘子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  色紙に何か書けとか、額にする字を書けとか頼んでくる人が、あとを絶たない。色紙なら自作の和歌でもすむが、額の場合には文句に困る。このごろ時々「知魚楽」と書いてわたす。すると必ず、どういう意味かと聞かれる。これは「荘子」の第十七篇「秋水」の最後の一節からとった文句である。原文の正確な訳は私にはできないが、おおよそ次のような意味だろうと思う。… 〔湯川秀樹〕
 
 
  荘子 中国百科   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   荘子は老子の後についで、中国戦国時代の道家思想の代表的な人物である。 荘子の名前は周と言う。紀元前四世紀の宋の国の人で、宋の地方の役人を務めたことがある。言い伝えによると、荘子は幼いころから聡明で勉強がすきで、各国を遊歴し、昔の風俗習慣を探訪していた。
 
 
  荘子:斉物論第二(36)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昔者(むかし)、荘周(ソウシュウ)、夢(ゆめ)に胡蝶(コチョウ)と為れり。…
 
 
  荘子とは 老荘思想(1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  老子と100年後の後継の荘子(そうし)の思想を並べて「老荘思想」と呼ばれます。この思想ほど後年、中国、日本の文化、特に文芸に影響を与えた思想は無いといっていいほどです。… 老子の「無」「無為自然」の哲学と荘子の「超俗自由主義」とが見事にマッチし、さらに仏教とも結びついて、悩める東洋思想人の理想の哲学となったのです。
 
 
  老荘思想(1) 荘子とは   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  老子と100年後の後継の荘子(そうし)の思想を並べて「老荘思想」と呼ばれます。この思想ほど後年、中国、日本の文化、特に文芸に影響を与えた思想は無いといっていいほどです。 反体制的、超俗的、厭世的、枯淡的など色々いわれますが、どれも正しい言い方ではありません。老子の「無」「無為自然」の哲学と荘子の「超俗自由主義」とが見事にマッチし、さらに仏教とも結びついて、悩める東洋思想人の理想の哲学となったのです。
 
 
  荘子 図書カード:No.46930   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫)
 
 
  荘子 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荘子(そうし、生没年は厳密には不明だが、紀元前369年 - 紀元前286年と推定されている)は、中国の戦国時代の宋国(現在の河南省)に産まれた思想家で、道教の始祖の一人とされる人物である。
 
 
  中国切手の荘子 中国の古代思想家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【荘子】戦国時代、一説にBC. 369〜BC. 286  先に紹介した老子とともに道家(どうか)の代表者として老荘(ろうそう)と並称される、中国・戦国時代の思想家です。
 
 
  そうし【荘子】 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (紀元(きげん)前4世紀(せいき)ごろ)中国,戦国(せんごく)時代の思想家。人間社会の尺度(しゃくど)にとらわれないで,自然(しぜん)にまかせて自由に生きよと説(と)いた。老子(ろうし)の思想とあわせて,老荘(ろうそう)思想といい,その学派(がくは)が道家(どうか)である。◇かれの著(ちょ)とされる『荘子(そうじ)』は文学としても名高い。
 
 
  第三回 荘子第一回 故事成語以前  ちゅうごくちゅうどく   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  俗に「孔孟思想・老荘思想」と言ったりします。「孔孟」とは孔子と孟子のことで儒家を指し、「老荘」は老子と荘子のことで道家を指します。儒家とか道家とか、なにやら難しそうですが、どくとるた〜き〜流の説明を聞けば、それこそ、「目から鱗が落ちる」です。
 
 
  荘子 (書物) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現存する『荘子』は、内篇のみが荘周その人による著書で、外篇・雑篇は後世の偽書であるとの見方が一般的である。『史記』「老子韓非列伝」によれば『荘子』の書は十万余字であった。『漢書』「芸文志」によれば、もとは五十二篇あったという。
 
 
  荘子 第1冊 内篇 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荘子 第1冊 内篇 <関連書籍>
 
 
  荘子の思想とその解釈 <書籍> 三省堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荘子の思想とその根本的命題を、晋の郭象注、唐の成玄英疏に基づいて考察する。事物の大局観にすぐれた能力を持つ郭象と、道教・仏教の強い影響を受けた成玄英、両者の注疏を比較しながらその哲学思想を究明。
 
 
M・K・ガンディー.1869/
     
西田幾太郎.1870
西田幾多郎
  西田幾多郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西田 幾多郎(にしだ きたろう、1870年5月19日(明治3年4月19日) - 1945年(昭和20年)6月7日)は日本を代表する哲学者であり京都大学教授、名誉教授。京都学派の創始者。 同郷の鈴木大拙(本名:貞太郎)、山本良吉、藤岡作太郎とは石川県専門学校(第四高等中学校の前身、のちの第四高等学校)以来の友人であり、西田、鈴木、藤岡の三人は加賀の三太郎と称された。 最も著名な著書、『善の研究』(1911年1月)は、旧制高等学校の生徒にとって必読書であった。
 
 
  西田幾多郎記念哲学館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この館には「哲学館」という名前がついています。少し聞きなれない言葉だと思いませんか?
 
 
  西田幾太郎の名言・格言   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  知は愛、愛は知。 物を知るには、これを愛さなければならない。 物を愛するには、これを知らなければならない。 人は人 我は我なり とにかくに 我が行く道を我は行くなり
 
 
  西田幾太郎の真実の哲学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西田幾多郎の言葉「哲学者は心霊上の事実を説明しなければならない」   この西田幾多郎の言葉こそ、日本の無知で愚かな哲学者の偽装哲学を指摘した最高の言葉である。
 
 
  大東亜共栄圏と西田幾多郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界新秩序の原理 : 真の世界平和は全人類に及ぶものでなければならない。しかるにかかる平和は、世界史的な使命を自覚せる諸国家、諸民族が、先ず地縁及び伝統に従って一つの特殊的世界即ち共栄圏を形成し、更に共栄圏が相協力して真の世界即ち世界的世界を実現することによってしか到達されない、そしてかかる共栄圏の確立及び各共栄圏の協力による世界的世界の実現こそは、現代の担っている世界史的課題である。
 
 
  世界新秩序の原理  西田幾多郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界はそれぞれの時代にそれぞれの課題を有し、その解決を求めて、時代から時代へと動いて行く。ヨウロッパで云えば、十八世紀は個人的自覚の時代、所謂個人主義自由主義の時代であった。十八世紀に於ては、未だ一つの歴史的世界に於ての国家と国家との対立と云うまでに至らなかったのである。大まかに云えば、イギリスが海を支配し、フランスが陸を支配したとも云い得るであろう。然るに十九世紀に入っては・・・
 
 
  西田幾多郎 『西田幾多郎哲学論集』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自分を語ることは、一番たやすいようでいて、一番むずかしい。リンゴや公園や北条泰時や集積回路を語るときは自分の位置が対象から離れた外にいる。自分を語ろうとすると、その自分を語っている自分の位置が言葉のたびに動いてしまう。そこがむずかしい。哲学とは、その自分の語りかたを問うことに始まり、そこに終始する。
 
 
  西田幾多郎 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西田 幾多郎(にしだ きたろう、1870年6月17日(明治3年5月19日) - 1945年(昭和20年)6月7日)は日本を代表する哲学者であり京都大学教授、名誉教授。京都学派の創始者。同郷の鈴木大拙(本名:貞太郎)、山本良吉、藤岡作太郎とは石川県専門学校(第四高等中学校の前身、のちの第四高等学校)以来の友人であり、西田、鈴木、藤岡の三人は加賀の三太郎と称された。
 
 
  西田幾多郎(1870-1945)明治3-昭和20    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  哲学者。近代日本の代表的哲学者として,その哲学はしばしば〈西田哲学〉と呼称される。 石川県に生まれ,1894年東京大学哲学科選科を卒業,96年に金沢の第四高等学校講師,次いで教授となった。… 現実の日本の非合理的情念,実利主義との間で近代的自我の確立に苦しんでいた当代の青年に,衝撃的な影響を与えた。
 
 
  記念写真(西田幾太郎,校長,吉村寅太郎,生徒)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西田幾多郎(1870〜1945)は,明治27(1894)年7月帝国大学文科大学哲学科選科を卒業。翌28(1895)年4月石川県尋常中学校七尾分校教諭となる。
 
 
  西田幾太郎さんの世界観をわかりやすく言うと - 教えて!goo   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西田さんについて調べています。 彼の経歴や著書などインターネット上で読めるのですが、自分の理解力がたらないのか難しすぎます。 「絶対矛盾の自己同一」やら「純粋経験」やら・・・ 彼の世界観をシンプルに述べるにはどうすれば良いですか?
 
 
  西田幾多郎碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  音無川の河口の近くに哲学者西田幾多郎の歌碑がある。丸い形をした石碑には「七里浜夕日漂ふ波の上に伊豆の山々果し知らずも」と歌が刻まれている。明治44年(1911)刊「善の研究」で知られる西田は欧米の哲学に、日本の仏教、儒教なども取り入れ、西田哲学と呼ばれる独自の学問を確立した。昭和3年(1928)から稲村ガ崎姥ケ谷に住みここで没した。
 
 
  Area 西田幾太郎碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  七里濱 夕日漂ふ 波の上に 伊豆の山々 果し知らずも  「善の研究」(1911年刊)で有名な西田哲学を確立した西田幾太郎は晩年を稲村ヶ崎 音無川河口近く姥ヶ谷で過ごした。
 
 
  西田幾多郎参禅洗心庵跡 - じゃらん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  郷土の哲学者西田幾太郎が四高教授のころ、雪門禅師に師事した庵跡。ここで思考をこらし、西田哲学の底流となる思想を生んだといわれる。
 
 
  西田幾多郎歌碑 - 京都観光哲学の道   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都観光の名所、哲学の道から法然院へ上がる道の角に、小さな歌碑が建っています。 哲学者の西田幾多郎先生の歌碑です。
 
 
  西田幾太郎 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西田幾太郎 <関連書籍>
 
 
  新版  西田幾多郎全集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代日本哲学の生起点であり,同時に今日の哲学の問いと可能性に多くの示唆を与え続ける「思索の人」西田幾多郎.その全貌を開示する,新編集による半世紀ぶりの新版全集.綿密な本文校訂を施し,詳細な校異表,注解,索引を付した.
 
 
  西田幾多郎―生きることと哲学 (新書)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「私はいつまでも一介の坑夫である」。思考の鉱脈を探して、ひたすら「自ら思索する」ことを、そして「真に生きる」とは何かを追い求めた西田幾多郎。既存の枠組みを徹底して問い直すその哲学は、今なお国内外で新たな思考を啓発し続けている。―西田自身の言葉に「生の脈動」を読みとりつつ、その思索の軌跡へと読者を導く案内の書。
 
 
  西田幾多郎をめぐる哲学者群像 : 近代日本哲学と宗教 <書籍>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西田哲学と格闘した哲学者たち。 西田幾多郎の哲学と格闘し、批判的・発展的継承の方途を模索した、田辺元、三木清、和辻哲郎、高橋里美、久松真一。 西田哲学とその後の代表的哲学者の思想との結びつきを解明する、現代日本哲学の新たな成果。
 
 
九鬼周造.1888
九鬼周造 - あのひと検索 SPYSEE
  九鬼周造 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九鬼 周造(くき しゅうぞう、1888年2月15日 - 1941年5月6日)は哲学者。東京都生まれ。東京帝国大学文科大学哲学科卒業後、ヨーロッパ諸国へ8年間ものあいだ留学。はじめドイツに渡り、新カント派のハインリヒ・リッケルトに師事、のちフランスに渡り、アンリ・ベルクソンから強い影響を受ける。その後ふたたびドイツにてマルティン・ハイデガーに師事し、現象学を学んだ。九鬼は三木清や和辻哲郎などとともに日本でハイデガーの哲学を受容した最初の世代にあたる。
 
 
  『九鬼周造の世界』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『九鬼周造の世界』 坂部 恵・藤田正勝・鷲田清一 編
 
 
  九鬼周造とハイデガー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九鬼周造(1888−1941) の父・隆一は、三田藩士・星崎家の次男だったが、綾部藩家老・九鬼家に養子、家督を継ぎ、男爵。帝国博物館初代総長。周造は四男。 母・初子は、岡倉天心(覚三)に恋慕して九鬼家を離れる。 岡倉は、周造の幼年時代から、その良き指導者であった。
 
 
  「いき」の構造  九鬼周造    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生きた哲学は現実を理解し得るものでなくてはならぬ。我々は「いき」という現象のあることを知っている。しからばこの現象はいかなる構造をもっているか。「いき」とは畢竟(ひっきょう)わが民族に独自な「生き」かたの一つではあるまいか。現実をありのままに把握することが、また、味得さるべき体験を論理的に言表することが、この書の追う課題である。
 
 
  九鬼周造の閉じた日本論   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  グローバリゼーションに関する言説が横行し、空間的距離の隔たりを無視して一瞬にして情報を圧縮し伝達することを可能とするメディアの発達する今日、あたかもその反動かの如く、ある種の民族主義的・ナショナリズム的な潮流もまた同様に世界各地で台頭しつつある。
 
 
  「いき」の構造( - 近代文学ガイド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  序説、「いき」の内包的構造、「いき」の外延的構造、「いき」の自然的表現、「いき」の芸術的表現、結論の6章からなる。 ハイデッガー流の解釈学的方法によって、「いき」という日本的な精神構造を分析したもの。「いき」を男女間の「媚態」、武士道における「意気地」、仏教的な「諦め」の三つの要素のよって成り立つものとしている。 本書は日本思想史研究および日本文化論における代表的文献となっている。
 
 
  --枕話は近代という問題について--    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九鬼が文字通りヨーロッパ遊学を満喫したのは1921年から1929年、足かけ8年間のものでした。 その間、ドイツ・フランスの大学を渡り歩き、リッケルト、フッサール、ハイデカー、ベルクソンなど蒼々たる哲学者に師事したのは、つとに知られていることです。さらに九鬼自身が本来持ち合わせた気品がヨーロッパの知識人たちに非常に受けたらしく、多くの人脈を形成しました。
 
 
  九鬼周造 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九鬼 周造(くき しゅうぞう、1888年2月15日 - 1941年5月6日)は、日本の哲学者。東京都生まれ。
 
 
  九鬼 周造  作家別作品リスト:No.65   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品 : 「いき」の構造/外来語所管/かれいの贈物/祇園の枝垂桜/偶然の産んだ駄洒落/小唄のレコード/伝統と進取
 
 
  『九鬼周造の哲学 漂泊の魂』を読んで   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九鬼の生涯と著作を実に丁寧に読みとくことで、著者は九鬼に出会い、その声を聞くことに成功したのではないか。「九鬼周造が生きている」。一読してそう感じる本である。
 
 
  九鬼周造 - 日本哲学史研究室 京都大学文学部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1888(明治21)年、男爵九鬼隆一の四男として東京都芝に生まれる。第一高等学校をへて、1909年東京帝国大学文科大学哲学科に入学し、ケーベル博士に師事する。1921年に東京帝国大学大学院を退学後、足掛け八年に及ぶヨーロッパ留学に出発する。1929年に帰国後、京都帝国大学で教鞭をとり、西洋哲学の普及に努める。1941(昭和16)年、53年の短い生涯を京都で閉じた。
 
 
  【本】 『九鬼周造随筆集』 もしくは、無限の時のなかで踊ること。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九鬼周造は、男爵の家に生まれ、岡倉天心のパトロンだった父と、もと祇園の芸妓(星崎初子)で後に岡倉天心と禁断の恋に落ちた母(→離縁→発狂)をもち、東京大学卒業後、ドイツでリッケルトに師事、フランスでベルクソンに会い、無名だったJ・P・サルトルをフランス語家庭教師として雇いパトロン的存在となり、再びドイツでハイデガーに師事、帰国後は京都大学の哲学教授となり…
 
 
  九鬼周造 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九鬼周造 画像検索 - Google
 
 
  九鬼周造随筆集 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『「いき」の構造』で知られる哲学者九鬼周造は、また情趣に満ちた味わい深い随筆の書き手でもあった。敬愛していた岡倉天心の思い出と母への慕情とが、幼い日の回想のうちに美しく綴られた「根岸」「岡倉覚三氏の思い出」、偶然論を語りながら人生の無常に思いをはせる「青海波」など、24篇を精選した。
 
 
和辻哲郎.1889
和辻哲郎
  和辻哲郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和辻哲郎(わつじ てつろう、1889年3月1日 - 1960年12月26日)は、『古寺巡礼』『風土』などの著作で知られる日本の哲学者、倫理学者、文化史家、日本思想史家。その倫理学の体系は、和辻倫理学と呼ばれる。 日本的な思想と西洋哲学の融合、あるいは止揚とでもいうべき境地を目指した稀有な哲学者と評価される。 主著の『倫理学』は、近代日本における独創性を備えたもっとも体系的な哲学書のひとつであると言われている。 和辻哲郎文化賞が毎年優れた著作に与えられている。
 
 
  和辻哲郎文化賞 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和辻哲郎文化賞(わつじてつろうぶんかしょう)は1988年、兵庫県姫路市が市制百年記念と和辻哲郎生誕百年を記念して創設した学術賞。一般部門と学術部門に分かれる。かつて司馬遼太郎が選考委員を務めた。正賞の「蒔絵源氏絵千姫羽子板」と副賞100万円などが贈られる。
 
 
  和辻哲郎文化賞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  姫路市制百周年と姫路出身の哲学者和辻哲郎(明治22〜昭和35)の生誕百年を記念して、昭和63年度に姫路市が創設。和辻哲郎の幅広い学的業績を顕彰し、和辻哲学の今日的意義を国の内外にわたって探るとともに、研究者の育成かつ市民の文化水準の向上に資するために設けられました。
 
 
  和辻哲郎の「風土」考   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このページは和辻哲郎の「風土」のちょっとしたまとめみたいなものです。  三つの類型 : モンスーン/砂漠/牧場
 
 
  和辻哲郎邸 - 「フォト蔵」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和辻哲郎邸 - 写真共有サイト「フォト蔵」
 
 
  和辻哲郎 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生年月日 = 1889年3月1日。没年月日 = 1960年12月16日。学派 = 京都学派、日本倫理学会。研究分野 = 倫理学、哲学、日本文化史、比較文明学、仏教学。影響を受けた人物 = マルティン・ハイデガー、西田幾多郎、ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル、孔子、アリストテレス、夏目漱石。影響を与えた人物 = 中村元、古川哲史、梅原猛、オギュスタン・ベルクほか。
 
 
  和辻哲郎(1889-1960)明治20-昭和35    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  哲学者。兵庫県生れ。東京帝国大学で哲学を学ぶ。谷崎潤一郎らとともに文学活動をし,耽美的傾向の作品を書いた。 のち学界に入り,京都帝国大学文学部教授,東京帝国大学文学部教授を歴任。学士院会員。 日本倫理学会を創立(1950),文化勲章を受章した(1955)。
 
 
  和辻哲郎文化賞・学術部門受賞作紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和辻哲郎文化賞・学術部門受賞作紹介
 
 
  風土 岩波書店 1978 和辻哲郎 著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  すでに図書館に配架されていると思うが、敢えて指定する。この著書が書かれたきっかけが、ハイディガ−の 『有と時間』 (私も以前読んだことがある)を読んだ時に、その書に欠けている空間性や歴史性を配慮し、「風土」という人間と自然環境との深い関わりを取り上げた講義をもとにしたものである。
 
 
  和辻哲郎 ―― 文人哲学者の軌跡 ――    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『古寺巡礼』『風土』等,その流麗な文体により,かつて青年の熱狂をかきたてたことで知られる〈文人哲学者〉和辻哲郎.日清・日露戦争から二度の世界大戦を経て,戦後に及んだその生と思考の軌跡はいかなるものだったか.当時の思想状況をも参照しつつ,和辻の思考がこの国の哲学に遺した意味を,没後50年を前に問い直す.
 
 
  『和辻哲郎――文人哲学者の軌跡』 熊野純彦   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「和辻の論考は、自然と人間の関係がしばしば問題になる今という時代にも参考になるはずです」 東京大学駒場キャンパスの倫理学研究室において、和辻哲郎は今も「和辻さん」「和辻先生」と呼ばれているという。…
 
 
  和辻哲郎 『古寺巡礼』 - 松岡正剛の千夜千冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  …和辻の『古寺巡礼』が出版されたのは大正8年(1919)で、30歳のときである。前年の5月に友人たちと奈良を旅行して、その感想を『思潮』に5回連載したものをまとめた。ぼくが「存在と精神の系譜」を書いたときとまったく同じ年代の執筆なのだ。 しかも和辻もまたこの文章の「若書き」が嫌だったようで、何度か手を入れ、結局、昭和21年の全集には書きなおした文章のほうを収録した。われわれはそれを読んでいるわけである。…
 
 
  和辻哲郎 京都大学文学部 日本哲学史研究室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1889(明治22)年3月1日に兵庫県仁豊野(現在は姫路市)に代々から村医を営む家の次男として生まれる。山間の村の中では、お寺と医者の和辻家が裕福であった。姫路中学校を経て、第一高等学校へ入学。その後、東京帝国大学文科大学哲学科へ入学。卒業の年に高瀬照と結婚。
 
 
  和辻哲郎文庫 ― 貴重な文献多数、全蔵書2年がかりで整理 ―   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和辻哲郎生誕百年にあたる昨年(一九八九年)、法政大学所蔵和辻哲郎文庫の完全整理が丸二年がかりで完了した。和辻のほとんど全蔵書が一括して法政大学に譲渡されたのは、和辻没後の昭和三十六年であった。蔵書を散逸させたくないとの和辻照夫人の切望と友人谷川徹三氏の斡旋の結果であると聞いている。
 
 
  和辻哲郎 Tetsuro watsuji   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人間生活を宗教的とか、知的とか、道徳的とかいふ風に截然と區別してしまふことは正しくない。それは具體的な一つの生活をバラバラにし、生きた全體として掴むことを不可能にする。しかし一つの側面をその著しい特徴によって他と區別して観察するといふことは、それが全體の一側面であることを忘れない限り、依然として必要なことである。  和辻哲郎 (1889-1960・明治22年-昭和35年)  昭和35年12月26日歿 71歳(明徳院和風良哲居士)北鎌倉・東慶寺
 
 
  古寺巡礼 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大正七年の五月、二十代の和辻は唐招提寺・薬師寺・法隆寺・中宮寺など奈良付近の寺々に遊び、その印象を情熱をこめて書きとめた。鋭く繊細な直観、自由な想像力の飛翔、東西両文化にわたる該博な知識が一体となった美の世界がここにはある。
 
 
  和辻 哲郎 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和辻 哲郎 <関連書籍>
 
 
  風土―人間学的考察 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  風土とは単なる自然環境ではなくして,人間の精神構造の中に刻みこまれた自己了解の仕方に他ならない.こうした観点から著者はモンスーン・沙漠・牧場という風土の三類型を設定し,日本をはじめ世界各地域の民族・文化・社会の特質を見事に浮彫りにした.今日なお論議をよんでやまぬ比較文化論の一大労作である.
 
 
  ハイデガーと和辻哲郎 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和辻哲郎はハイデガーをどこで乗り越えようとしたか?ドイツの俊英が現代日本の思想の可能性とその射程を解明する。
 
 
L・ウィトゲンシュタイン
ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン (1889.4)
  ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ヴィトゲンシュタイン(独: Ludwig Josef Johann Wittgenstein、1889年4月26日 - 1951年4月29日)は、オーストリアのウィーンに生まれ主にイギリスのケンブリッジ大学で活躍した哲学者である。後の言語哲学、分析哲学に強い影響を与えた。  1 概要 / 2 生涯 / 3 その哲学 / 4 著作(日本語訳書) / 5 注釈 / 6 出典 / 7 参考文献 / 8 資料 / 9 関連項目 / 10 外部リンク
 
 
三木清.1897
三木清 - あのひと検索 SPYSEE
  三木清 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三木 清(みき きよし, 1897年1月5日 - 1945年9月26日)は、京都学派を代表する哲学者。兵庫県揖保郡出身。京都帝国大学で西田幾多郎に師事する。1922年、ドイツに留学。ハイデルベルク大学で歴史哲学を研究、1923年にマールブルク大学に移り、マルティン・ハイデッガーに師事。ハイデッガーの助手レーヴィットからの影響でニーチェやキェルケゴールの実存哲学への興味を深めた。帰国後『パスカルに於ける人間の研究』を発表。1930年、後藤隆之助,近衛文麿らの「昭和研究会」に参加。
 
 
  三木清の思想   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  最近では、赤松常弘氏が『三木清―哲学的思索の軌跡』(ミネルヴァ書房)で、ロゴスとパトスを一体のものとして捉える三木の思想に注目している。
 
 
  歎異抄と三木清   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「万巻の書の中から、たった一冊を選ぶとしたら、『歎異抄』をとる」三木清  歎異抄に魅了された一人に、三木清(1897〜1945年)がいます。
 
 
  三木 清 - 廣松 渉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   このサイトは、三木清の全集を電子ファイル化しそれを公開する目的で開きました。 哲学者 三木清は、1945年政治犯として獄中に亡くなりました。日本政府が無条件降伏した翌月に、釈放されることなく亡くなったのです。私たち日本人が自分のたちの知性を尊重していないことの一例です。
 
 
  三木清 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三木 清(みき きよし, 1897年1月5日 - 1945年9月26日)は、(西田左派を含めた上での)京都学派を代表する哲学者。兵庫県揖保郡平井村小神(後の龍野市、現・たつの市揖西町)出身。
 
 
  三木 清 作家別作品リスト:No.218   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  哲学者。京大卒業後ドイツ・フランスに留学し、ハイデッガーらに師事。帰国後、マルクス主義哲学、西田哲学を研究。1930年治安維持法違反で起訴される。1945年再度反戦容疑で逮捕され、終戦を迎えたが釈放されず、獄中で亡くなった。著作に「人生論ノート」「哲学ノート」など。
 
 
  三木 清 日本哲学史研究室 京都大学研究室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1897年兵庫県生まれ。一高在籍時に、西田幾多郎の『善の研究』に強い感銘を受け、京大で哲学を学ぶことを決心する。当時一高を出て京大に進むことは極めて異例であった。この後、戸坂潤や西谷啓治、梯明秀など多くの俊英がこのコースをたどることとなった。
 
 
  三木 清 Kiyoshi miki   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  死は観念である、と私は書いた。これに対して生は何であるか。生とは想像である、と私はいおうと思う。いかに生の現実性を主張する者も、飜ってこれを死と比較するとき、生がいかに想像的なものであるかを理解するであろう。 三木 清(1897-1945・明治30年-昭和20年) 昭和20年9月26日歿 48歳 (真実院釈清心居士) 東京・中野区上高田・正見寺
 
 
  人生論ノート (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  死について、幸福について、懐疑について、個性について等、23題収録。率直な表現の中に、著者の多彩な文筆活動の源泉を窺わせる一巻。
 
 
  三木清全集〈第7-8巻〉 (1967年) [古書]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三木清全集〈第7-8巻〉 (1967年) [古書]
 
 
安岡正篤.1898
安岡正篤  画像検索 - Google
  安岡正篤 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安岡 正篤(やすおか まさひろ、1898年(明治31年)2月13日-1983年(昭和58年)12月13日)は陽明学者。大阪市中央区生まれ。1922年(大正11年)に東京帝国大学の卒業記念として執筆され出版された『王陽明研究』が反響を呼ぶ。文部省に入省するも半年で辞し、「東洋思想研究所」を設立、当時の大正デモクラシーに対して伝統的日本主義を主張した。後に『日本精神の研究』『天子論及官吏論』などの著作を発表。安岡を信奉し、師と仰いだ政治家には吉田茂、以下が挙げられる。
 
 
  安岡正篤BOOKS   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和の碩学 (やすおかまさひろ) 不朽の人間学によって社会を啓発し、昭和を指導した安岡正篤。 安岡正篤は、孔子・孟子や老子・荘子ほか東洋先哲の教訓に潜む普遍の真理を国家の歴史と指導者像を介して現代に敷衍し、人の道そして国家と指導者のあり方を論じました。
 
 
  安岡正篤からの伝言   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「六中観(りくちゅうかん)」     東洋思想の名言というのは、とてもシンプルで、奥行きが深いため、 読む人の経験や読書量、思索や流した涙の量によって深くも浅くもなります。
 
 
  昭和の哲人・安岡正篤   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人物探訪: 昭和の哲人・安岡正篤     「終戦の詔書」と「平成」の元号に込められた祈りとは。
 
 
  安岡正篤「一日一言」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  七言絶句 [昭和壬子3月18日 後学安岡正篤書] 安岡師の墨跡を鑑賞するとともに名言佳句を深く味わい古典を活学する - 安岡正篤墨跡集
 
 
  安岡正篤一日一言―心を養い、生を養う (新書)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  心に響く数多くの著作を世に残した碩学・安岡正篤師。該博な知識に裏打ちされたその叡智はいまなお輝きを放ち、現代を生きる我々の胸に鋭く迫ってくるものがある。 本書は、安岡師の膨大な著作の中から金言警句を厳選し抜粋、三百六十六日の日々の指針とすることを目的に編まれたものである。
 
 
  安岡正篤「一日一言」 | 致知出版社−安岡正篤先生のページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和の名宰相とされる佐藤栄作首相から、中曽根康弘首相に至るまで、昭和歴代首相の指南役を務め、さらには三菱グループ、東京電力、住友グループ、近鉄グループ等々、昭和を代表する多くの財界人に師と仰がれた安岡正篤(1898年〜1983年)。 安岡正篤氏は、その東洋学に裏打ちされた該博な知識と人物としての魅力によって、日本のトップ・リーダーたちに、わが国の進むべき道を、常に指し示してこられました。
 
 
  安岡正篤 人生信條 (単行本)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治31年大阪市生まれ。大正11年東京帝国大学法学部政治学科卒業。戦後、24年師友会を設立、政財界のリーダーの啓発・教化に努め、その精神的支柱となる。その教えは人物学を中心として、今日なお日本の進むべき方向を示している。58年12月死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
 
 
  安岡 正篤の書籍 97冊 amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治31年大阪市生まれ。大正11年東京帝国大学法学部政治学科卒業。昭和58年12月死去
 
 
  安岡正篤  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安岡正篤  画像検索 - Google
 
 
田中美知太郎.1902
田中美知太郎 - あのひと検索 SPYSEE 
  田中美知太郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田中 美知太郎(たなか みちたろう、1902年1月1日 - 1985年12月18日)は哲学者。京都大学名誉教授。文学博士。新潟県新潟市出身。西洋古典学の多くの著作を出し、専門家を多数育成した。ソクラテス・プラトン研究の第一人者であった。また戦後いち早く著名な保守論客としても活躍。サンフランシスコ講和条約の際には小泉信三とともに単独講和に多くが反対する中でこれを支持した。1968年には「日本文化会議」を設立に参画し理事長をつとめた。1950年日本西洋古典学会を設立。
 
 
  田中美知太郎先生のことば - 正論   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   「『正論』という誌名を変えたほうがよい」と、私がかつて思っていたことをきのう紹介しました。ただ、ことば足らずで、これでは誤解される面もあるかもしれませんので補足します。
 
 
  田中美知太郎氏 - 京都市名誉市民   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  氏は、プラトン、ソクラテスなどの研究を通じて、ギリシャ哲学を平易に紹介するなど、哲学研究の分野において偉大な業績を残されるとともに、西洋古典文献学の第一人者として確固たる地位を築かれた。また、日本西洋古典学会、関西哲学会などの委員長を歴任し、我が国の哲学界の重鎮として、その発展に力を尽くされた。
 
 
  田中美知太郎 - あのひと検索 SPYSEE    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田中 美知太郎(たなか みちたろう、1902年1月1日 - 1985年12月18日)は、日本の哲学者。京都大学名誉教授。文学博士(1950年)。新潟県新潟市出身。
 
 
  田中美知太郎先生(その1) - 姫路市長の日々想   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私が学生時代(昭和35年〜40年)に、通学で市電に乗っていると、銀閣寺か錦林車庫駅から顔に大変なやけどをされた恐ろしい形相の人が、よく乗って来られました。・・・
 
 
  田中美知太郎先生(その2) - 姫路市長の日々想   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田中先生が、昭和52年(1977年)1月3日の産経新聞に投稿され、2009年11月2日に再び産経新聞に掲載された論文が非常に示唆に富んだ内容であると考えますので、紹介致します。
 
 
  田中美知太郎「プラトンに学ぶ 田中美知太郎対話集」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佳代とナジャのリヒテンシュタイン姉妹(ペルソナ)による対話ブログ。話題はシュルレアリスムからアニ横まで。
 
 
  古典教育雑感  田中 美知太郎 - 日本ペンクラブ:電子文藝館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  先日よその大学へ用事で行つた時、研究室関係の人たちから歓迎会や懇談会のやうなものをしてもらつた。・・・
 
 
  【昭和正論座】田中美知太郎 わたしは驚かない   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  だいぶ以前のことだと思うが、中共政権の出先機関に属する人物に対して、日本のマスコミ関係者が、ロッキード事件をどう思うかと質問しているのを、新聞記事かテレビニュースで見たことがあった。・・・
 
 
  哲学初歩 (文庫) 田中 美知太郎 (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  哲学の根本問題とは何だろうか。哲学・西洋古典学の碩学が、西洋哲学の源流に分け入りつつ、生きること、考えることの意味、哲学の究極において求められているものを私たちとともに探求する。生硬な言葉遣いを排して、平明かつ明晰な思考で読者を誘う必読書。
 
 
  哲学入門 (文庫) 田中美知太郎 (著)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西欧古典文化の研究者としてわが国の第一人者である著者が、平明な文章で哲学とはなにか、科学史をどのように理解するかを問う。著者の学生時代をふりかえり周辺の教師像を描く随筆とあわせて、読者を深い思索の道へとさそってくれる。哲学そのものを問いながら、いっぽうでは哲学を難解な言葉から解放して、やさしい言葉で一般の読者に話しかけることは至難のわざであるが、本書には、こうした著者の努力がみごとに結晶している。
 
 
  ソクラテス (新書)   田中 美知太郎 (著)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ソクラテスはなぜ毒杯を仰がねばならなかったか。この問いは、知を愛するとはどういうことか、人間はいかに生くべきかという問題につながっている。著者は、最新の研究にもとづき、ソクラテスの生活、その啓蒙思想、ダイモン、哲学を検討するとともに、アテナイの情報を明らかにすることにより、この問題に肉薄する。
 
 
中村元.1912
中村元  画像検索 - Google
  中村元 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村 元(なかむら はじめ、1912年(大正元年)11月28日 - 1999年(平成11年)10月10日)は、インド哲学者、仏教学者。東京大学名誉教授、日本学士院会員。勲一等瑞宝章、文化勲章、紫綬褒章受章。島根県松江市生まれ。 主たる専門領域であるインド哲学・仏教思想にとどまらず、西洋哲学にも幅広い知識をもち思想における東洋と西洋の超克(あるいは融合)を目指していた。外国語訳された著書も多数ある。アメリカ・ヨーロッパなどでも国際的な仏教学の権威として紹介されている。
 
 
  中村元  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中村元  画像検索 - Google
 
 
  YouTube - 仏教の本質 哲学者「中村元」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 仏教の本質 哲学者「中村元」
 
 
  中村元さんを偲ぶ - 好現代のブッダ逝く   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  心の中で密かに尊敬していた人物が平成11年10月10日、亡くなった。中村元という仏教学者である。この人の偉さは、学問に対する直向(ひたむき)さである。とにかく膨大な著作を機関車のようなバイタリテイーを持って書き続けた学問一筋の人であった。
 
 
  財団法人 東方研究会 東方学院 中村元 経歴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中村元博士の研究領域は極めて広範囲にわたり、年代的にも古代から現代にまで及んでいる。その著作の数も量も膨大で、主要なものに限っても、日本語によるもの600余点、外国語によるもの180余点に達している。しかし博士の学問の中核を成し、その業績の顕著な領域はインド哲学・仏教学であるが、比較思想や歴史学に対する貢献もまた極めて大きい。
 
 
  中村元 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中村元 <関連書籍>
 
 
  ブッダのことば―スッタニパータ (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  数多い仏教書のうちで最も古い聖典。後世の仏典に見られる煩瑣な教理は少しもなく、人間として正しく生きる道が対話の中で具体的に語られる。初訳より26年、訳文はいっそう読み易くなり、積年の研究成果が訳注に盛られ、読解の助となるとともに、他仏典との関連、さらには比較文化論にも筆が及び興味は尽きない。
 
 
大森荘蔵.1921
大森荘蔵著作集 〈第2巻〉
  大森荘蔵 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大森荘蔵(おおもり しょうぞう、1921年8月1日 - 1997年2月17日)は哲学者。岡山県生まれ。1944年 東京帝国大学理学部卒業後、東京大学文学部哲学科を卒業する。1945年、現象学などを学ぶが、満足せずアメリカに留学。ウィトゲンシュタインの哲学や分析哲学をはじめとする現代英米圏の哲学から大きな影響を受ける。科学の語彙では、「心」を描写することはできないとしたが、日常世界と科学の世界は共存しうると主張した。現在第一線で活躍中の数多くの日本の哲学者たちを育てた。
 
 
  大森荘蔵「時間と存在」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「うん、興味深かった。全体をまだしっかりとフォローできてるわけじゃないけど、とてもおもしろくて、そしてはっとさせられるとこがいくつかあった。…
 
 
  大森荘蔵「見るー考える」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作者 大森荘蔵 大正十年〜。哲学者。科学と哲学とを結び付けつつ、独自の思考体系をうち立てている。著書に「言語・知覚・世界」「物と心」「新視覚新論」などがある。  【演習問題】次の文を読んで後の問いに答えなさい。
 
 
  大森荘蔵 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大森荘蔵(おおもり しょうぞう、1921年8月1日 - 1997年2月17日)は、日本の哲学者。
 
 
  大森荘蔵「他我問題に訣別」について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大森のこの論文について、他我問題が一般のありふれたやり取りの中では決して問題にはなり得ないような「哲学的問題」であるという見地には私も同意する。…
 
 
  私の人生観を決定づけた大森荘蔵の言葉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「物と心」より。  こうして如何なる解釈をとろうと、確率論は帰納の意味を明確にはしたが、帰納の問題に解決を与えることができなかった。むしろ確率論の経験への適応可能性が帰納の正当化に依存するのである。…
 
 
  大森荘蔵「時間と存在」 - 精神医学的勉強覚書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  僕は、本書の1、2章をとばして、迷わず3章から読み始めた。ここでは現代科学に対する冒涜とも言えるような、「無脳論」が展開される。
 
 
  大森荘蔵 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大森荘蔵 <関連書籍>
 
 
  大森荘蔵 -哲学の見本 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  哲学するとは、どういうことだろうか。  私に他人の痛みがわかるだろうか。自己と他者、物と心、時間など、哲学の根本問題を考え続けた大森荘蔵。その思索の道筋と魅力を野矢茂樹が余すところなく描く。
 
 
  流れとよどみ―哲学断章 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明るい茶の間や台所の床板一枚下によどんでいる哲学的困惑。「物と心」などの根本テーマをめぐって,独自の思惟を貫いてきた著者が,主として日常生活の場から,人間を限りなく眩惑し続ける二元論的構図の徹底破壊を試みる。
 
 
吉本隆明.1924
吉本隆明
  吉本隆明 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉本 隆明(よしもと たかあき、男性、1924年11月25日 - )は、思想家、(詩人、文芸批評家)。東京都月島生まれ。実家は熊本県。「戦後最大の思想家」「知の巨人」とも呼称される。吉本は文学からサブカルチャー、政治、社会、宗教(親鸞や新約聖書)など広範な領域を対象に評論・思想活動を行い、多数の著作がある。アカデミックな経歴を持たない吉本は、自身の著述活動・知的探求を独学で身に着けた知識で支えた。 漫画家のハルノ宵子は長女。 作家のよしもとばななは次女。
 
 
  吉本隆明: ひきこもれ!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  あるテレビ番組で、スーパーの店長だった人が一念発起して、ひきこもりがちな人にデート相手を派遣して外に引き出すボランティアを始めたというドキュメンタリーをやっていました。番組で、ボランティアの人とひきこもりの人が一緒に集まって話していて、話の内容自体はどうってことない雑談なんです。
 
 
  隆明網(リュウメイ・ウェブ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉本隆明著作リスト  : この著作刊行リストは吉本隆明氏の作品と読者が出会えるようにと作成しているものです。
 
 
  吉本隆明 - あのひと検索 SPYSEE    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉本 隆明(よしもと たかあき、男性、1924年11月25日 - )は、思想家、(詩人、文芸批評家)。日本の言論界を長年リードし、「戦後最大の思想家」と呼ばれている血液型はA型。隆明」を音読みして「りゅうめい」と読まれることも多い。漫画家のハルノ宵子は長女。作家のよしもとばななは次女。
 
 
  吉本隆明 on stage - 内田樹の研究室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京日帰り。 『中央公論』の企画で、吉本隆明さんと対談。 お題は家族論。 高校1年のときに『自立の思想的拠点』を読んだときには「なま」吉本隆明とその40年後に出会うことになろうとは想像だにしなかった。…
 
 
  吉本隆明の時代 [著]すが秀実  asahi.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本書は「吉本隆明論」というよりも、その「時代」、特に1960年の前後10年ほどの時期を扱った歴史書というべきものである。なぜそれが吉本論として語られるのか。この時代が、吉本隆明という批評家がヘゲモニーを確立していった時期だからである。
 
 
  吉本隆明 『芸術的抵抗と挫折』 - 松岡正剛の千夜千冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  …そのうち早稲田の古本屋や高田馬場の古本屋を抜けて帰るとき、どの古本屋にも「埴谷雄高」「吉本隆明」が並んでいるのを知った。… そして、ある日、大枚はたいてヨシモトの『芸術的抵抗と挫折』を買ったのである。先輩どもが吐きすてるように言ったものだった、「そうか、おまえも関係の絶対性かよ」。
 
 
  紀伊國屋書店×ほぼ日刊イトイ新聞  吉本隆明プロジェクト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  紀伊國屋書店×ほぼ日刊イトイ新聞  吉本隆明プロジェクト
 
 
  イトイ式 コトバの解体新書 〜吉本隆明がくれたホンモノの言葉〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  糸井重里が人生の師と仰ぐ、思想家・吉本隆明。吉本氏は「ホンモノの言葉」を与えてくれる人だという。言葉の洪水に流され続ける現代人に向けて、ホンモノを見つけることの大切さをイトイ流に語ります。
 
 
  吉本隆明・まかないめし。 - 居間でしゃべったまんまのインタビュー。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  思想界の巨人とか言われていたって、世間話もするし、
 
 
  「ばななしか知らない人のための吉本隆明入門−思想界の吉田拓郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦後日本の最大の思想家、吉本隆明。ばななのお父さんとしても知られる、この82歳のおじいちゃんが、いまもって人気を持ち続けているのはなぜ? そもそも吉本隆明ってどんな人?
 
 
  吉本隆明 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉本隆明 画像検索 - Google
 
 
  吉本隆明  動画検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉本隆明  動画検索 - Google
 
 
  「吉本隆明」に関するブログ記事 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「吉本隆明」に関するブログ記事 - Google
 
 
  吉本隆明の本   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉本隆明の本 - 三月書房
 
 
  吉本隆明 新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1924(大正13)年、東京・月島生れ。2003(平成15)年、『夏目漱石を読む』で小林秀雄賞受賞。文学、社会、政治からテレビ、料理、ネコの世話まであらゆる事象を扱う「思想界の巨人」。主な著書に『吉本隆明全詩集』『共同幻想論』『ハイ・イメージ論』『なぜ、猫とつきあうのか』『日本人は思想したか』『親鸞』『超「戦争論」』『超恋愛論』『日本語のゆくえ』など。
 
 
  吉本隆明 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉本隆明 <関連書籍>
 
 
  吉本隆明 <書籍一覧>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉本隆明 <書籍一覧>
 
 
  吉本隆明特集 <書籍一覧>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉本隆明特集 <書籍一覧>
 
 
  吉本隆明の時代 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  それは果たして、どのような「勝利」だったのか?六〇年安保以後、あるいは現在においてもなお、日本の「知識人」の代表的存在と見なされ「戦後最大の思想家」とさえ評される吉本隆明は、どのようにそのヘゲモニーを確立していったのか。批評家としてデビューした1950年代から60年代にかけて彼が行なった論争と時代背景の精緻な分析をとおして解明する。「知の巨人」の実像に迫る、入魂の書き下ろし長篇評論。
 
 
  吉本隆明 心的現象論<書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉本隆明思想の全貌を解く思考散策unimallの場所です。本質論を軸に、現在=前古代の位相が解き明かされます。本格的に吉本隆明を論じます。
 
 
梅原猛.1925
京都市 名誉市民 
  梅原猛 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  梅原 猛(うめはら たけし、1925年3月20日 - )は哲学者。京都市立芸術大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授。京都市名誉市民。文化勲章受章者。梅原日本学と呼ばれる独自の世界を開拓し、またスーパー歌舞伎を創作するなど、幅広い活動を行っている。1967年、『地獄の思想』を刊行、古代から宮澤賢治、太宰治に至る記述を行い、ベストセラーとなる。大胆な仮説『隠された十字架-法隆寺論』(1972年)を刊行して毎日出版文化賞を受賞、一躍マスコミの寵児となる。
 
 
  梅原猛先生   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝日新聞のとある記事に、今の日本が取り戻さなければいけない大切な事が書かれていました。 この記事を読んで、心が震えると同時に、人として進むべき方向を又一つ教えられました。 以下、記事を転載させていただきます。
 
 
  梅原猛 (1925-)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  梅原猛といえば哲学者というよりも現在では古代研究家といった方が通りがよいでしょう。彼がなぜこのようなことに関わるようになったかについては、彼の最初の古代研究の経過が記された本「塔」(集英社文庫)を読むと書いてあります。
 
 
  梅原猛と司馬遼太郎    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  司馬遼太郎が死んだとき、最も多く追悼の辞を述べる機会を与えられた一人が梅原猛だった。年齢が近く、交際歴が長く、また司馬遼太郎を語るに十分の風格と地位を備えた思想界の大御所だったからである。… この二人について考察するのは面白いし意義深い。中身のある本を書けば、中央公論社あたりから出版され、本格的なベストセラーになるだろう。
 
 
  梅原猛の「歎異抄」入門   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「わが心の恋人『歎異抄』――この書を読むたびに、私は勇気づけられ、心の傷が癒されるのだ」 ――梅原猛  いま、日本人は自らのアイデンティティーを見失い、21世紀という扉を前に、すっかり自信を喪失しているかのように見える。経済大国を誇ったかつての面影は、すでに色褪せて久しく、人々は経験したことのない不安と焦燥のなかで暮らしている。  現代という「末法」、そこで人間いかに生くべきか――いま、我々が問われている問題がこれだろう。…
 
 
  梅原猛 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  梅原 猛(うめはら たけし、1925年3月20日 - )は、日本の哲学者。京都市立芸術大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授。京都市名誉市民。文化勲章受章者。梅原日本学と呼ばれる独自の世界を開拓し、またスーパー歌舞伎を創作するなど、幅広い活動を行っている。
 
 
  知的情熱、自説も覆す 梅原猛さん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  発表した学説を自ら批判することほど、研究者にとって難しいものはない。それを文化勲章受章者である哲学者の梅原猛さん(85)が、新著『葬られた王朝』(新潮社)でやってのけた。自らの古代学の集大成と位置づける書は、古代出雲王国の実在を、現地調査から得た知見を盛り込みながら、大胆に、スリリングに説いている。
 
 
  「『梅原猛のスーパー歌舞伎ー聖徳太子の夢』あとがきより」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  梅原猛は哲学者である。その哲学者の梅原猛がスーパー歌舞伎『ヤマトタケル』の戯曲を書いたのである。あるいは『オオクニヌシ』『オグリ』『ギルガメシュ』を書いた。『中世小説集』『もののかたり』そしてさらにスーパー狂言『ムツゴロウ』『クローン人間ナマシマ』『王様と恐竜』を書いたのだ。
 
 
  梅原猛 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  梅原猛 画像検索 - Google
 
 
  梅原猛 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  梅原猛 <書籍>
 
 
  梅原猛  新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1925(大正14)年、宮城県生れ。京大哲学科卒。立命館大学教授、京都市立芸術大学学長、国際日本文化研究センター所長等を歴任。1992(平成4)年、文化功労者。1999年、文化勲章受章。主著に『隠された十字架』(毎日出版文化賞)、『水底の歌』(大佛次郎賞)、『京都発見 一〜九』『日本の霊性』『歓喜する円空』等。縄文時代から近代までを視野におさめ、文学・歴史・宗教等を包括して日本文化の深層を解明する幾多の論考は〈梅原日本学〉と呼ばれる。
 
 
  梅原猛の授業 仏教 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本では、学校で習ったように、歴史と仏教は結びついているものでした。なぜ、衰退したか。生きるってなんだろう、私ってなんだろう。どうやって生きれば幸せなんだろう。この答えは、終戦まで日本で教えられていたもの。今の人たちが、生き方を見失っているのは宗教であり、道徳とも言う教えを受けていないから。中学校の授業として行われたものをこの本で収録してありますので誰でも読めます。
 
 
  梅原猛講演CD集「仏になろう」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仏教とは・・・ 仏になることと見つけたり  世界に誇る哲学者が語る「仏教」。私たちが生きていく理想の姿をさまざまな疑問に答えながら語った、約500分。
 
 
中村雄二郎.1925.10/
  哲学者の中村雄二郎さんが死去…91歳 (2017/8/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  演劇論などジャンルを超えた活躍で知られた哲学者で、明治大名誉教授の中村雄二郎(なかむら・ゆうじろう)さんが26日、老衰のため死去した。 91歳だった。葬儀は近親者で済ませた。後日、しのぶ会を開く。 東京生まれ。東大文学部哲学科卒業後、文化放送勤務などを経て明治大教授に。フランス哲学を専攻したが、その枠にとらわれることなく、「共通感覚」「臨床の知」といった独特な用語を使った思想を展開。近代合理主義のもとで軽視されがちな情念に注目した哲学を築いた。…
 
 
  「中村雄二郎」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中村雄二郎 - Google 検索
 
 
渡邊二郎.1931
渡邊二郎 - あのひと検索 SPYSEE
  渡邊二郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渡邊 二郎(わたなべ じろう、1931年10月15日 - 2008年2月12日)は哲学者。東京都出身。東京大学名誉教授。放送大学名誉教授。専攻は、西洋近現代哲学。ドイツ哲学の研究者。ドイツ観念論、実存主義、現象学、解釈学、ハイデッガー等についての研究がある。フッサールの『イデーン』、ハイデガーの『存在と時間』などの著作の翻訳を行った。1991年から1995年まで日本哲学会の会長を務め、1996年から1999年まで日本シェリング協会の会長を務める。 著書(単著、共編・編著、訳書)多数。
 
 
  渡辺二郎 - みすず書房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1931年東京に生れる。1953年東京大学文学部哲学科卒業。1992年より東京大学名誉教授、2002年より放送大学名誉敦授。著書『ニヒリズム-内面性の現象学』(東京大学出版会、1975)『ニーチェ』(平凡社、1976)『内面性の現象学』(勁草書房、1978)『ハイデッガーの実存思想』(勁草書房、新装第2版、1985)…
 
 
  渡邊二郎 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渡邊 二郎(わたなべ じろう、1931年10月15日 - 2008年2月12日)は日本の哲学者。東京都出身。東京大学名誉教授。放送大学名誉教授。専攻は、西洋近現代哲学。ドイツ哲学の研究者。ドイツ観念論、実存主義、現象学、解釈学、ハイデッガー等についての研究がある。
 
 
  構造と解釈 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ソシュールの言語学から始まり、レヴィ=ストロースの人類学によって現代思想として定着をみた「構造主義」。一方、ディルタイに源を発し、ハイデッガーとガダマーによって20世紀の中心的な哲学思想となった「解釈学」。さて、「構造主義」はいかなる「解釈学」的前提にもとづいて成り立つ思想であるのか。また、逆に「解釈学」はどのような「構造」を内に秘めて成り立つ哲学なのか。
 
 
  渡辺 二郎 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渡辺 二郎 <関連書籍>
 
 
  自己を見つめる (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  放送大学の空前の人気授業といわれたテキストを叢書化。 ニーチェやハイデッガーのことばをまじえながら、崩れ落ちそうになる気持ちを支え引き締めてくれる。 「この授業、このテキストがあったから、いまの私の人生がある」と語りつがれる哲学の名著。
 
 
S・クマール.1936/
     
世界三聖・世界四聖
三&#22307;像 - 佛菩&#33832;&#22307;相 - &#33831;平&#23454;&#23548;&#24072;著・・・ 三聖佛 西方三聖
  三聖(サンセイ)とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  \こΔ了或佑寮賛諭=&#13008;釈迦・孔子・キリスト。 &#13009;老子・孔子・釈迦。/古代中国の三人の聖人。=&#13008;伏羲(ふっき)・文王・孔子。 &#13009;尭(ぎょう)・舜(しゅん)・禹(う)。 &#13010;文王・武王・周公。 &#13011;禹・周公・孔子。 &#13012;老子・孔子・顔回。/8殿絅リシャの三人の大思想家。ソクラテス・プラトン・アリストテレス。/い修瞭擦悩任發垢阿譴浸或諭=&#13008;書道で、空海・菅原道真・小野道風。 &#13009;歌道で、衣通姫(そとおりひめ)・柿本人麻呂・山部赤人。 &#13010;俳諧で、荒木田守武・山崎宗鑑・飯尾宗祇。
 
 
  世界三大聖人(世界三聖):雑学大全   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界三大聖人(世界三聖とも)は、釈迦、孔子、イエスの三人をさした言葉です。三人とも後世に多大な影響を与えた思想家で、信者も多く、世界的にも有名です。世界三大聖人(世界三聖)の三人についての雑学を紹介します。
 
 
  世界三聖は孔子、釈迦、キリスト。世界四聖は… - Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界三聖は孔子、釈迦、キリスト。世界四聖は孔子、釈迦、キリスト、ソクラテス。と、ウィキペディア、その他、百科事典に掲載有りますが、誰がどの様にして決めたのですか?
 
 
  世界三聖 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界三聖 の画像 - Google
 
 
孔子/
     
釈迦/
     
キリスト/
     
ソクラテス/
     
名言巡礼 須賀敦子
  「名言巡礼 須賀敦子」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名言巡礼 須賀敦子 - Google 検索
 
 
名言・至言・格言・諺
ちびまる子ちゃんの ことわざ教室
  ことわざ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  諺(ことわざ)は、鋭い諷刺や教訓・知識など含んだ、世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉の事である。英語のProverbはラテン語のProverbiumが語源である。 ことわざは、観察と経験そして知識の共有によって、長い時間をかけて形成されたものである。その多くは簡潔で覚えやすく、言い得て妙であり、ある一面の真実を鋭く言い当てている。そのため、詳細な説明の代わりとして、あるいは、説明や主張に説得力を持たせる効果的手段として用いられることが多い。
 
 
  ことわざ集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ことわざ集
 
 
  ことわざ編   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  これだけは覚えておきたい
 
 
  ことわざ君   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  こんな諺(ことわざ)知ってる?
 
 
  名言集.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名言集.comでは世界中の名言を集めています。
 
 
  ことわざ辞典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  〜日本のことわざを解りやすく説明します〜
 
 
  ことわざ百科   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ことわざ百科
 
 
  ことわざ一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ことわざ一覧
 
 
  ことわざ一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当サイト内で引用している【ことわざ】です。
 
 
  ことわざの鉄人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ことわざの鉄人
 
 
  ことわざワールド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ことわざワールドへようこそ!!  みんなはどれくらいことわざを知っているかな? このホームページではいろんなことわざを紹介しているから、ちょっとは知ることができるよ。のぞいていってね☆
 
 
  名言・格言ブログ村   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名言・格言人気ランキング
 
 
  ことわざデータバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ★当サイトのことわざことわざ(諺)、慣用句、格言のネット辞典。意味、英語、由来を一覧で探せることわざ検索サイト。
 
 
  ことわざ辞典(じてん)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  こどものためのことわざ辞典(じてん)
 
 
  日本の諺 (Wikiquote)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本ことわざを五十音順に並べています。ただし中国の古典からのものは中国の諺へ、また、外国のものの日本語訳などは日本の諺の引用にはならないので入れていません。
 
 
  ことわざ◇諺◇百科☆   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ことわざ◇諺◇百科☆では、民衆の中でだれが言うでもなく、古くから語り伝えられてきたものをわかりやすく説明しながら紹介しています。 近年、目まぐるしい生活環境の移り変わりで、忘れられていることわざや名言が数多くあると思います。
 
 
  くろご式  ことわざ辞典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段