015 【文芸】 内村鑑三:新渡戸稲造/ソクラテス/哲学名言集
 自由詩は著名な詩人のホームページを個別に掲載いたしました。詩人データもあります。漢詩といえば、あまりにも有名な李白・杜甫をはじめ、古来からの論語に関したホームページにも触れています。 また、儒学や朱子学、論語・格言(ことわざ)、そして哲学もこのコーナーです。どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

世界の哲学者 ソクラテス.BC469 プラトン.BC427 アリストテレス.BC384 ベーコン.1561 デカルト.1596
ライプニッツ.1646 ヴォルテール.1694 ヒューム.1711 ドゥニ・ディドロ.1713/ J・ダランベール.1717/ カント.1727
バークリー.1753/ ヘーゲル.1770 ショーペンハウアー キェルケゴール.1813 ニーチェ.1844 ツァラトゥストラ/本
フッサール.1859   ベルクソン.1859 リッケルト.1863 ウィトゲンシュタイン ハイデッカー.1889 サルトル.1905/
哲学/ 哲学名言集 宗教哲学 井上圓了.1858 内村鑑三.1861 鈴木大拙.1876
教育学 新渡戸稲造.1862 森信三.1896 心理学 アドラー心理学/ フロイトとユング
← 014 【文芸】◆漢詩・論語      016 【文芸亜暸‘鷭衆貘綵 → 
TOP >  a 文芸 > 015 【文芸】 内村鑑三:新渡戸稲造/ソクラテス/哲学名言集 >  
       
世界の哲学者
ヴィルヘルム・ディルタイ
  ピタゴラス (Wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピタゴラス(紀元前582年 - 紀元前496年)は、ピタゴラスの定理などで知られる、古代ギリシアの数学者、哲学者。彼の数学や輪廻転生についての思想はプラトンにも大きな影響を与えた。「サモスの賢人」、「クロトンの哲学者」とも呼ばれた。古代ギリシアのイタリア植民地の生まれ。 ピタゴラスは、物事の根源、即ち「アルケーは数である」と考えた。例えば、男は3、女は2、その和5が結婚を象徴する、といった具合にである。 彼はオルペウス教の影響から輪廻を説いていたとされている。
 
 
  ピュロン (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピュロン(Pyrrho、紀元前360年頃 - 紀元前270年頃)は古代ギリシャ、エリス出身の哲学者であり、古代の最初の懐疑論者として、またアイネシデモスによって紀元前1世紀に創始されたピュロン主義の起源として知られている。 重要な点であるが、ピュロンは厳密には懐疑論者ではなく、むしろ否定的ドグマ主義者であった。世界において事物がいかにあるか、という視点からみるならば彼は「ドグマ主義者」であり、知識を否定するという面から見るならば彼のドグマは「否定的」なのである。
 
 
  マルクス・トゥッリウス・キケロ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マルクス・トゥッリウス・キケロ(紀元前106年1月3日 - 紀元前43年12月7日)は、共和政ローマ期の政治家、文筆家、哲学者である。キケロはカエサルと並ぶラテン語散文の名手であり、その完成者といわれる。彼の著作は多岐にわたり、演説や書簡でも知られている。彼の文学者としての評価および政治思想家としての評価は定まっており、今日でも注目を浴び続けている。しかし、政治家としては、その政治行動と業績については評価が分かれる。
 
 
  アイネシデモス (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アイネシデモス(生没年不明)は古代ギリシアの哲学者。クレタ島のクノッソス出身。紀元前1世紀にピュロン主義/懐疑主義を説いた人物として知られる。 懐疑主義 (Wikipedia) : 懐疑主義(かいぎしゅぎ)とは、基本的原理・認識に対して、その普遍性・客観性を吟味し、根拠のないあらゆるドクサ(独断)を排除しようとする主義である。懐疑論(かいぎろん)とも呼ばれる。 懐疑主義ないし懐疑論は、古代から近世にかけて、真の認識をもたらさない破壊的な思想として論難されることが多かった。
 
 
  ヴィルヘルム・ディルタイ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヴィルヘルム・クリスティアン・ルートヴィヒ・ディルタイ(1833年11月19日 - 1911年10月1日)は、ドイツの哲学者。ある意味で、フッサールが『厳密な学としての現象学』他にて行なったディルタイ批判が、その後の哲学の文脈におけるディルタイ評価を決定したということは動かしがたい事実である。ところが、フッサールの影響を受けつつ、なおかつ独自の仕方で受容したマルティン・ハイデガーらによるディルタイ評価も、今日そのままのかたちで受け入れることはできない。
 
 
  ヘルマン・コーエン (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘルマン・コーエン、1842年7月4日 - 1918年4月4日)は、ドイツのユダヤ人哲学者。「コーヘン」とも呼ばれる。新カント派マールブルク学派の創設者の1人として知られ、ときに「19世紀で最も重要なユダヤ人哲学者」と称せられることもある。  あらゆるものが思考の範疇にあるとする、思考の一元論を説いた。晩年の著作である『ユダヤ教の典拠に基づく理性の宗教』等のユダヤ哲学関連の著作においてフランツ・ローゼンツヴァイクに深い影響を与えた。 弟子にニコライ・ハルトマン、カッシーラーがいる。
 
 
  パウル・ナトルプ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パウル・ナトルプ(1854年1月24日 - 1924年8月17日 )は、ドイツの哲学者。 コーエンとともに、新カント派のマールブルク学派を形成。 科学の認識論的基礎付け、プラトン的イデア論に基く哲学、意志とイデアの陶冶による社会的教育学を説いた。 弟子にガダマー、ハルトマン またブランシュヴィックはナトルプの科学の認識論基礎付けに影響を受けた。 生前の彼の全蔵書は『ナトルプ文庫』として成城大学図書館が所蔵している。 ナトルプの言葉:「人間は、人間的社会によってのみ人間になる」
 
 
  エルンスト・カッシーラー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エルンスト・カッシーラー(1874年7月28日 - 1945年4月13日)は、ユダヤ系のドイツの哲学者、思想史家。新カント派に属し、“知識の現象学”を基礎にしながら、シンボル=象徴体系としての文化に関する壮大な哲学を展開した。彼は“シンボリック・アニマル(象徴を操る動物)”として人間をとらえ、動物が本能や直接的な感覚認識や知覚によって世界を受け取るのに対して人間は意味を持つシンボル体系を作り、世界に関わっていく、とした。 こうした理論の基盤には、カントの超越論的観念論がある。
 
 
  マルティン・ブーバー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マルティーン・ブーバー, 1878年2月8日 - 1965年6月13日)はオーストリア出身のユダヤ系宗教哲学者、社会学者。 ブーバーの思想は「対話の哲学」と位置づけられる。対話の哲学とは「我」と「汝」が語り合うことによって世界が拓けていくという、端的に言えばユダヤ教の教義を哲学的に洗練したものとされる。 この思想はユダヤ神秘主義やドイツ神秘主義と似通っており、双方の伝統を受け継ぐブーバーはこれらから独自の思想を発展させたと考えられる。
 
 
  ゲオルク・ミッシュ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ゲオルク・ミッシュ(1878年4月5日 - 1965年6月10日)は、ドイツの哲学者。19世紀の代表的な哲学者、ヴィルヘルム・ディルタイの弟子で、同門のヘルマン・ノールが教育学畑の弟子を代表するのに対して、ミッシュは哲学畑での弟子。2人並んで、ゲッチンゲン大学の教授を務めていたこともある。 解釈学、生の哲学と現象学の仲介を果たすような立場で、哲学研究を行った(『生の哲学と現象学』)。ディルタイの信頼篤く、彼のお気に入りの娘クララ・ディルタイと結婚した。
 
 
  ヘルマン・ノール (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘルマン・ノール(1879年10月7日 - 1960年9月27日)は、ドイツの哲学者・教育学者。ヴィルヘルム・ディルタイの弟子。ディルタイ系の精神科学的な教育学者たちの中心的な存在で、20世紀初頭のドイツの改革教育運動の理論的リーダーでもあった。 ディルタイ門下の同門ゲオルク・ミッシュも同じくゲッティンゲン大学に在職した。ノールの文献を集めた「ノール・アルヒーフ」はゲッティンゲン大学図書館が所蔵している。彼の下で学んだ人たちの中に、臨床的な教育学研究の弟子がいる。
 
 
  テオドール・リット (wki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  テオドール・リット(1880年12月27日 - 1962年7月16日)は、ドイツの教育学者で、同時に哲学者。ヴィルヘルム・ディルタイの流れを汲む。思想的には、ヘーゲル主義者。特に、20世紀末のドイツの教育学を主導したクラフキに大きな影響を与えたことでも知られる。ライン河畔のデュッセルドルフの生まれ。 哲学者としてのリットは、強く弁証法的思考の影響を蒙っている。これについて、彼は一方では、カントやヘルダーとの対決を通して、他方ではヘーゲルからかなりの示唆を得ている。
 
 
  エドゥアルト・シュプランガー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エドゥアルト・シュプランガー(1882年6月27日-1963年9月17日)は、ドイツの教育学者で哲学者、心理学者でもあった。ベルリン生まれ。シュプランガーは、1911年からライプツィヒ大学の教授、1920年ベルリン大学に移り、1946年以降はテュービンゲン大学に在職した。その途中、1936年-1937年の間、シュプランガーは客員教授として日本に滞在していた事もある。 彼はディルタイの世界観論に依拠しながら人間の『生の諸形式』のいわばカタログを作り上げた。 精神科学的教育界の代表者の1人。
 
 
  ホセ・オルテガ・イ・ガセト (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホセ・オルテガ・イ・ガセト, 1883年5月9日 - 1955年10月18日)は、スペインの哲学者。主著に『ドン・キホーテをめぐる思索』、『大衆の反逆』などがある。 オルテガの思想は、「生の理性」をめぐって形成されている。「生の理性」とは、個々人の限られた「生」を媒介し統合して、より普遍的なものへと高めていくような理性のことである。 自由主義を理論的・科学的真理ではなく、「運命の真理」であるとして擁護している。 保守主義者と評されることもある。日本では西部邁が影響を受けた。
 
 
  フランツ・ローゼンツヴァイク (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランツ・ローゼンツヴァイク,1886年12月25日 - 1929年12月10日)は、ドイツ生まれのユダヤ人哲学者。 彼は、特にヘーゲルの歴史哲学のキリスト教的、全体性の歴史を強く批判し、歴史とは有機体的な、不完全な歴史であると主張した。 ヘーゲル的歴史に外付けられた民族としてのユダヤ民族を非時間性の歴史を持つものとして定義し、そこから救済の歴史、メシア的なものの(ユダヤ教ではメシアは未だ到来していない)歴史、非時間性の歴史を展開した。彼は二契約神学の主唱者である。
 
 
  ゲルショム・ショーレム (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ゲルショム・ゲルハルト・ショーレム,(1897年12月5日 - 1982年2月21日)はドイツ生まれのイスラエルの思想家。ユダヤ神秘主義(カバラ)の世界的権威で、ヘブライ大学教授を務めた。1958年にイスラエル賞を受賞。1968年にはイスラエル文理学士院の院長に選ばれた。 博士論文は、最古のカバラ文献(セフェル・ハ=バヒール "光輝の書")だった。シオニズムに傾倒し、友人ブーバーの影響もあって、1923年に英領パレスチナへ移住。ここで彼はユダヤ神秘主義の研究に没頭し、司書の職を得た。
 
 
  ハンス・ゲオルク・ガダマー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハンス・ゲオルク・ガダマー(1900年2月11日 - 2002年3月13日)は、ドイツの哲学者。解釈学と名づけられる、言語テクストの歴史性に立脚した独自の哲学的アプローチで知られる。 フライブルクでハイデガーと出会って新カント派から離れ、ハイデガーの指導を受ける。1928年に、ハイデガーの強い影響を受けた教授資格論文『プラトン問答術的倫理学』を提出(1931年刊行)。2000年の誕生日にはハイデルベルク大学で本人出席の上、生誕100年式典が行われた。
 
 
  オットー・フリードリッヒ・ボルノウ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オットー・フリードリヒ・ボルノウ(1903年3月14日 - 1991年2月7日)は、ドイツの教育哲学者。1925年ゲッティンゲン大学にて、理論物理学の学位を取得した後、教育学に転進。1927年にハイデッガーの『存在と時間』に強い刺激を受けた。その後、ゲッティンゲン大学で、ヴィルヘルム・ディルタイの弟子にあたるヘルマン・ノールとゲオルク・ミッシュのもとに戻り、教育学と哲学で1931年に教授資格取得、1933年教授資格論文『F・H・ヤコービの生の哲学』を出版。
 
 
  エマニュエル・レヴィナス (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エマニュエル・レヴィナス、1906年1月12日 - 1995年12月25日)は フランスのユダヤ人哲学者・タルムード学者。リトアニア出身。現象学や実存主義、ユダヤ思想を背景にした独自の倫理学思想を展開した。 フッサールの現象学とハイデガーの『存在と時間』から出発した。ハイデガー的な暴力的な存在論を排し、非暴力的な存在論の構築を目指して、『全体性と無限』を著すが、もう一度倫理−存在論を構築することを目指す。その結果書き上げられたのが、全く別の倫理−存在論であった。
 
 
  ジャン=ポール・サルトル (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル(1905年6月21日 - 1980年4月15日)はフランスの哲学者、小説家、劇作家、評論家。 サルトルの思想は実存主義によるもので、今まさに生きている自分自身の存在である実存を中心とするものである。特にサルトルの実存主義は無神論的実存主義と呼ばれ、自身の講演「実存主義はヒューマニズムであるか」において、「実存は本質に先立つ」と主張し、「人間は自由という刑に処せられている」と言い切っている。
 
 
  ミシェル・フーコー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ミシェル・フーコー(Michel Foucault、1926年10月15日 - 1984年6月25日)は、フランスの哲学者。代表作はその他『狂気の歴史』『監獄の誕生』『性の歴史』など。 フーコーの思想は、ニーチェとハイデッガーの影響を受けている。とくに、ニーチェの「力への意志」や伝統的価値の無力化の指摘と、ハイデッガーによる「技術的存在理解」への批判をもとに、フーコーは、社会内で権力が変化するさまざまなパターンと権力が自我にかかわる仕方とを探究した。
 
 
  シモーヌ・ド・ボーヴォワール (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シモーヌ・ド・ボーヴォワール(1908年1月9日 - 1986年4月14日)はフランスの作家、哲学者。フランスのパリに生まれる。サルトルの事実上の妻。サルトルの実存主義に加担するとともに、フェミニズムの立場から女性の解放を求めて闘った。代表作『第二の性』第2部「体験篇」の冒頭において「人は女に生まれるのではない、女になるのだ」とし、女性らしさが社会的に作られた約束事に過ぎないことを主張。ジェンダー論の基礎を作る。ゴンクール賞、エルサレム賞、オーストリア・ヨーロッパ文学賞を受賞。
 
 
  道徳と哲学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  →「道徳と哲学」
 
 
  アルベール・カミュ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルベール・カミュ (1913年11月7日 - 1960年1月4日)は、フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。アルジェ大学卒業後ジャーナリストとして活動、第二次世界大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで注目される。また『カリギュラ』『誤解』などを上演し、劇作家としても活動した。戦後に発表した小説『ペスト』はベストセラーとなったが、エッセイ『反抗的人間(フランス語版、英語版)』はその思想をめぐって毀誉褒貶を受けた。1957年、史上2番目の若さでノーベル文学賞を受賞している。1960年、交通事故により急死した。 1 生涯 / 2 思想 / 3 作品リスト / 4 脚注 / 5 参考文献 / 6 関連項目 / 7 外部リンク
 
 
  Albert Camus(1913-1960)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルジェリア生れ。フランス人入植者の父が幼時に戦死、 不自由な子供時代を送る。高等中学(リセ)の師の影響で文学に目覚める。 アルジェ大学卒業後、新聞記者となり、第2次大戦時は反戦記事を書き活躍。 またアマチュア劇団の活動に情熱を注ぐ。1942年『異邦人』が絶賛され、 『ペスト』『カリギュラ』等で地位を固めるが、1951年 『反抗的人間』を巡りサルトルと論争し、次第に孤立。以後、持病の 肺病と闘いつつ、『転落』等を発表。1957年ノーベル文学賞受賞。 交通事故で死亡。
 
 
ソクラテス.BC469
ソクラテス
  ソクラテス (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ソクラテス(紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は古代ギリシアの哲学者。その思想は、弟子のプラトンや歴史家のクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じて紹介されている。ソクラテス自身はかなりの恐妻家で、妻に、「何が哲学だ!?屁理屈ばかり重ねずに仕事をしろ」と言われるなど頭が上がらなかった。… 当時の賢人たちはソクラテスに、「知っているといっていることを、実は知らないのだ」ということを暴かれ、その後もソクラテスは、自説を曲げることはなく、無謀にも裁判により死刑となった。
 
 
  ソクラテスの哲学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ソクラテスの哲学を考えます。 その教えの中心にあるものは、人は真理のすべてを知る事は出来難いということ(無知)を知るべきである(無知の知)というものです。 さらには人間の生死の深い考察にいたります。 こちらでは、ソクラテスが裁判の中において、自らを弁明した言葉を、見てゆくこととします。 その言葉の中に、ソクラテスの考えていた哲学(真理、知恵)が表現されています。
 
 
  ソクラテスの弁明   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英訳者ベンジャミン・ジョーウェットによる序文 : プラトンの『弁明』が実際のソクラテスの弁護とどういう関係にあるのか、はっきりさせる手立てはありません。確かに調子や特徴はクセノフォンの記述と一致しています。クセノフォンは『思い出』の中で、「もっと穏便に裁判官の温情を得れば」ソクラテスは無罪になっただろうにと言っています。
 
 
  第9講義  ソクラテスの生涯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いよいよソクラテス(Sôkratês)です。この人は大物です。哲学界の巨星です。 哲学の柱のひとつに【倫理学(英ethics)】があります。「人間はいかに生きるべきか」「どのように生きていったらいいか」、そういうことを考え、突き止めようとする学問です。それを始めた人が彼、ソクラテスなのです。そのような位置づけになっています。
 
 
  「ソクラテス」名言集・格言集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  最も尊重せねばならぬのは、生くることにあらず、よく生くることなり。/われはアテネ人にあらず、ギリシア人にあらずして世界市民なり。/悪法も法なり。/疑義は哲学者の感知であり、哲学は疑義に始まる。/結婚するが可か、せざるが可か。いずれにせよ、汝は後悔せん。
 
 
  ソクラテス画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ソクラテス画像検索 - Google
 
 
  ソクラテス Sokrates 前470/469―399   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生涯/著作/思想 : 無知の知】プラトンの『ソクラテスの弁明』によれば,ソクラテスの生涯を導いて,それを決定づけたものは「だれもソクラテスより知恵あるものはいない」というアポロンの神託であった./参考文献/執筆者
 
 
  ソクラテス (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ソクラテス哲学の核心にはいろいろな意味で超越的なものとの関わりがある。その点に迫り、反駁的対話と呼ばれるソクラテスの論法の論理と哲学、思想全体を整合的に理解する。
 
 
  ソクラテスの弁明・クリトン (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自己の所信を力強く表明する法廷のソクラテスを描いた「ソクラテスの弁明」、不正な死刑の宣告を受けた後、国法を守って平静に死を迎えようとするソクラテスと、脱獄を勧める老友クリトンとの対話よりなる「クリトン」。ともにプラトン(前427‐347年)初期の作であるが、芸術的にも完璧に近い筆致をもって師ソクラテスの偉大な姿を我々に伝えている。
 
 
プラトン.BC427
プラトン
  プラトン (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  プラトン(紀元前427年 - 紀元前347年)は古代ギリシアの哲学者。ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。プラトンとアリストテレスの思想は西洋の哲学の大きな源流となった。また、その理想とした社会像は共産主義におけるプロレタリアート独裁にも深い影響を与えたとされる。『ソクラテスの弁明』や『国家』等の著作で知られる。また、『現実界』と、そのもとになる完全にして真実の世界『イデア界』に分けるイデア論を展開した。輪廻転生説を含むピュタゴラス学派の思想や幾何学思想を学んだ。
 
 
  プラトン『国家』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  プラトンのイデア説をはじめて知ったとき、激しい興奮に襲われた。 絶対なるイデアの世界があり、現実はこのイデアにあずかって存在しているという思想。 のちにニーチェによって激しく批判される、西洋哲学の源流となったプラトニズムだが、私はこの美しい考え方が好きだった。
 
 
  プラトンとイデア論   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私がこの論文で説明することは、プラトンのイデア論の説明である。イデア論とは、一体何か? 参考文献を元にしながら読み進めたいと考える。それとこの論文を読まれる方が、少しでも哲学に興味を示してくれるならば幸いである。  第1章 プラトンとは?/第2章 イデア論とは何?/第3章 プラトンの洞窟の比喩って何?/第4章 終わりに
 
 
  【プラトン】 - 哲学の劇場   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  BC428/427年、アテナイに生まれる。父はアリストン、母はペリクティオネ。二人の兄、アデイマントス、グラウコンと姉(もしくは妹)にポトネがいる(ポトネの息子スペウシッポスは、プラトンの歿後、アカデメイアを継ぐ)。アテナイはスパルタとペロポネソス戦争(BC431-BC404)の最中。BC404年、アテナイの無条件降伏後、三十人政権が樹立されるが寡頭独裁政権と化す。政治を志していたプラトンは、この政権の統治に失望したと言われている。この政権は翌年崩壊し、民主制が回復する。
 
 
  第13講義 プラトンの生涯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  さて、本日からは、プラトン(Platôn)です。 プラトンは、アテネ(アテナイ)の名門に生まれました。父方は王政時代の最後の王様の子孫。母方はギリシア七賢人の1人ソロンの親族(執政官)の子孫。名門中の名門。長男ではなかったけれど、教育もしっかりと受けていたと考えられます。本名はアリストクレスですが、大きかったので「大」「広い」という意味のプラトンと呼ばれるようになりました。  初期ギリシア哲学/ソクラテス/プラトン/アリストテレス
 
 
  プラトン・アカデミー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  プラトン・アカデミー(Accademica Platonica)はルネサンス期にフィレンツェ・メディチ家の周囲に集まった人文主義者らによる私的なサークルをいう。大学のようなものではなく、フィチーノの友人たちの集まり、と言ってもよい。 メディチ家当主のコジモ(1389年-1464年)は、古代ギリシア哲学、特にプラトンの思想に強い関心を持っていた。1439年のフィレンツェ公会議の際に東ローマ帝国の代表団の一人としてやってきた哲学者プレトンの講義をきっかけに、フィレンツェではプラトン哲学への関心が高まっていた。
 
 
  プラトン - 名句名言のウラ側は   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  [幸福になりたいという]この願望とこの愛(エロス)とは万人に共通なものであり、またすべての人は善きものを永遠に所有することを願う。
 
 
  プラトン Platon (427B.C.-347B.C.)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「徳は教えられるか」というテーマは、プラトンの初期対話篇の重要なテーマの一つである。 人が間違った行為をするのは、何が善いことかについて無知だからだ、とソクラテスは言う。 何が本当に善い事なのか、解っていれば、人はそれを目指して行動し、善き者、優れた者(=徳ある者)になるだろう。 そうした知識の根拠を、「イデア(形相)」という言葉で、プラトンは表現した。
 
 
  プラトン 作家別作品リスト:No.915   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  前427〜347。政治家になるつもりでソクラテス門下に入るが、前399にソクラテスが処刑されて以来、ソクラテスが交わした対話を記述するという方法で自らの思想を展開していく。代表作に「ソクラテスの弁明」「国家」「饗宴」など。
 
 
  プラトン (Plato)(紀元前427年 - 紀元前347年)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  プラトンは、ソクラテス(プラトンの師)が考え出した哲学を基本として、本当の知識とは何かを研究し、イデア論と呼ばれるものを考え出しました。プラトンの哲学は、今でも大きな影響を与えていて、20世紀のイギリス人哲学者は「プラトンより後の哲学は、プラトン哲学の脚注(すなわち解説書)に過ぎない」と言っています。 一般的にプラトン主義とは「永遠の真理」「永遠の善」「永遠の美」の3つを指しています。
 
 
  プラトン × ハイデガー 異国風哲学の存在忘却   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイデガーは、アリストテレスがプラトンが南イタリアのピタゴラス派の影響の下に出発したと記している点を強調して、プラトン哲学はギリシャにとって異質なもの、異国風なものであると述べている。 ハイデガーがここで言いたいのは、いわゆるプレ・ソクラティカーたちのフィシス(自然)についての思索と、プラトンのイデア論から始まる「哲学」との間には決定的な断絶がある、ということである。
 
 
  第3章 プラトン――永遠の真理、永遠の善、永遠の美   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ソクラテスは、ソフィストたちが経験的事実に基づいて主張した倫理的相対主義に反対し、誰もが承認できる普遍的で客観的な価値判断の基準(普遍的で客観的な知識の対象の存在)を主張し、その探求すなわち厳密な意味での哲学を提唱した。そのような探求は、人間の理性を信頼することによって初めて可能になる。このように永遠不変なものを捉える理性を信頼する態度を合理主義または理性主義(rationalism)と言う。
 
 
  プラトン  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  プラトン  画像検索 - Google
 
 
  新プラトン主義協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本協会は、古代・中世・近世・現代を貫いて流れる新プラトン主義の研究を行なうほか、会員相互の研究交流を行ない(会員の研究業績は相互に提供し合う)、新プラトン主義関係の海外での学会活動状況、内外の最新文献に関する情報を会員に提供するために、平成6年「新プラトン主義研究会」として発足しました。
 
 
  プラトン (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  プラトン (単行本)  アレクサンドル・コイレ (著), 川田 殖 (翻訳)
 
 
アリストテレス.BC384
アリストテレス
  アリストテレス (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリストテレスは、プラトンの弟子であり、ソクラテス、プラトンと共に、しばしば「西洋」最大の哲学者の一人と見做され、又その多岐にわたる自然研究の業績から「万学の祖」とも呼ばれる。前384年、マケドニア王の侍医の息子として生まれた。後のアレクサンドロス大王となった家庭教師として、弁論術、文学、科学、医学、そして哲学を教えた。その後、彼の学派は逍遥学派と呼ばれた。アリストテレスによる書き物は元々は550巻ほどあり、それが現在『アリストテレス全集』と呼ばれているものである。
 
 
  アリストテレス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大辞林によると、Aristoteles 紀元前384−322 : 古代ギリシャの哲学者。 プラトンの弟子。アレクサンダー大王の師。プラトンのイデア論を批判し、形相(エイドス)は現実の個物において内在・実現されるとし、あらゆる存在を説明する古代で最大の学的体系を立てた。
 
 
  アリストテレス『詩学』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリストテレスは言う。 「(悲劇にとって)もっとも重要なものは出来事の組みたてである。……出来事、すなわち筋は、悲劇の目的であり、目的はなにものにもまして重要である。……悲劇は、行為なしには成り立ちえないが、性格がなくても成り立ちうるであろう。……
 
 
  アリストテレス『形而上学』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「原因」とはものの始まり/アリストテレスの4原因/それは哲学の基本用語
 
 
  Category : アリストテレス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カテゴリ「アリストテレス」にあるページ : 以下にこのカテゴリへ属しているページ 19 件中 19 件を表示しています。
 
 
  デモクリトスとアリストテレス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  デモクリトスとアリストテレスという、自然学の面でも形而上学の面でも、対照的と言えるほど性格の異なった二人の哲学者の接点を、アリストテレスのアトム論批判を通じて見ることによって、彼らの自然学と形而上学の根底にある問題意識を取り出し、それを通じて、古代ギリシアにおける自然学と形而上学のあり方について考える材料を提供することが本稿の目的である。
 
 
  アリストテレス(B.C.384-322)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世間一般で最も有名な哲学者というとたぶんソクラテスだと思うんですが、それに負けず劣らず有名なのが、このアリストテレスです。   アリストテレスの生涯/1、幼年期〜青年期/2、アカデメイアでの生活/3、放浪の時代(アッソスからミュティレネへ)/4、リュケイオンの創設と死 〜二度目のアテナイ生活〜/アリストテレスの学説/1、個物/2、「何であるか」とは何であるか 〜アリストテレスの『カテゴリー論』〜/3、アリストテレスの四原因説 〜アリストテレスの自然探究〜/4、「第一実体」に関するアリストテレスの主張の問題点 〜「第一実体」の三つの定義
 
 
  アリストテレス - タオに生きる   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリストテレス(BC384−322)は、プラトンが61歳の時、プラトンの哲学学校アカデメイアに入ります。 父親は、高名な医者であり、自然科学者でした。 アリストテレス自身も、これを受け継いで、自然に対して関心を向け、そちらの方向から哲学、科学を発展させていくことになります。
 
 
  アリストテレス  発表者:アズサ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生涯 : 紀元前384年エーゲ海のスタゲイラに生まれる。父親ニコマコスは医者で、マケドニア王家に仕えていた。幼少の頃に両親と死別する。17歳のときアテネに出て、プラトンの学園アカデメイアに入門。以来20年間学園で学ぶが、プラトンの死をきっかけに学園を去る。  アリストテレスの生命論/霊魂のはたらき/心臓/霊魂の思想の意義
 
 
  アリストテレス著作別 邦訳一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリストテレス著作別 邦訳一覧
 
 
  第18講義 アリストテレスの生涯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日からは、プラトンの弟子のアリストテレス(Aristotelês ; 384-322B.C.)を見ていきます。ソクラテス、プラトン、アリストテレス、このギリシアの三大哲人は、プラトンはソクラテス、アリストテレスはプラトンの弟子として、影響を受けたけれども、師とはまた違った思想を生み出しています。こうでなくては、学問は発展しません。   医者の家系に生まれる/読書の虫/プラトンのお墨付き/アッソスに移住/レスボス島に移る/アレクサンドロスの家庭教師/ソクラテスのお気に入りの場所/ペリパトス/自分の学園/アレクサンドロス急逝/反マケドニアの気運/母の故郷/ソクラテスの選択/アリストテレスの選択/アリストテレスの学問は残る
 
 
  第4章  アリストテレス - 哲学概論   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリストテレス(B.C.384〜322)は、ソクラテスやプラトンのようなアテナイの出身ではない。彼は、紀元前384年にギリシアの北に隣接するマケドニアの首都スタゲイロスの医者の家に生まれた。父親は、医者としてマケドニア王フィリポス2世に仕えた。彼は、17歳でアテナイに赴き、プラトンが開いた学園アカデーメイアに入学し(B.C.365)、プラトンの死まで20年間近く、そこで学んでいる。アリストテレスがそこに入学した当時、師のプラトンは63歳になっていたから、彼は、プラトンの晩年の弟子と言える。
 
 
  奴隷制度を肯定したアリストテレス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「天は人の上に人を作らず人の下に人を作らず」と言った人がいたが、そのような理想主義者の書いたものが「社会契約論」だった。その初めのほうでルソーはアリストテレス ( Aristoteles 前384-前322 ) の「生まれついての奴隷」という言葉を批判しているが、まさにその言葉がふんだんに出てくるのがアリストテレスの 「政治学」だ。
 
 
  アリストテレス 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリストテレス 画像検索 - Google
 
 
  アリストテレス Aristoteles 前384‐322    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生涯 : ギリシャ北方,マケドニアのスタゲイラに生まれる.父は宮廷医.17歳のとき,プラトンのアカデメイアに入門.髄一の読書家,学園の頭脳と呼ばれた./著作/思想
 
 
  アリストテレスの名言 - みんなの名言集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  我々は自分の友人に対しては、自分に対してやってもらいたいように、振る舞うべきである。
 
 
  プラトン × アリストテレス 存在論と倫理学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  プラトンが提出したイデア論というものには色んな意味があるが、その中でも重要なのは、善の本質の議論に関わっている。プラトンが言うには、イデアというのは我々が普通に目で見ているものの本体であり、例えば机のイデアなら、それは最も机的なものであって、いわば机そのものである。それぞれの机は、この机のイデアがあってこそ机が存在するのだ。
 
 
  アリストテレス 知の快楽 哲学の森に遊ぶ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリストテレス (BC384-322) は、古代ギリシャ哲学の集大成者であるとともに、その後の西洋哲学の歩みにとって出発点となった人でもある。 アリストテレスは、ソクラテスからプラトンを経て伝わった学問的な態度というものにもとづいて、人間の知的営みというものについて、一貫した方法意識を以て取り組むとともに、ヘラクレイトス以来の自然学を発展させて、哲学的な世界観ともいうべきものを築き上げた。
 
 
  アリストテレスのフィリア論 −自己愛と友愛−   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『ニコマコス倫理学』第8・9巻において(注1)、友愛(φιλια)(注2)論を展開するアリストテレスは、その冒頭で友愛が人生にとって必要不可欠なものであるばかりでなく、それ自体美しいものである(1155a28-29,cf.a3-5)と讃える一方で、友愛概念自体が必ずしも一義的に理解されていない事実を指摘し、第8巻第2章以降でその概念規定を行なう。
 
 
  哲学的な何か、あと科学とか - アリストテレス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宗教と哲学には、決定的に違うところがひとつある。 それは、宗教は『信じること』を前提としているが、哲学は『疑うこと』を前提としている、というところだ。 つまり、宗教とは、基本的に『信の道』であり、哲学とは、基本的に『疑の道』である。
 
 
  アリストテレス  Aristoteles ( 384/3-322/B.C.)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリストテレスに関しては、「プラトンのイデア論を批判した」だの、「徳は中庸」だの、「最高の理想は、真理を探究する、観想的生活」だの…しかし、そうではない、ということを(アリストテレスを知らない人に)解ってもらうのは、かなり大変です。 論理学から天文学や生物学まで何でも一人でやってしまった「万学の祖」ですし、その思考の粘り強さは比類がありません。
 
 
  国家〈上〉 (文庫)  プラトン (著), 藤沢 令夫 (翻訳)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ソクラテスは国家の名において処刑された。それを契機としてプラトン(前427‐前347)は、師が説きつづけた正義の徳の実現には人間の魂の在り方だけではなく国家そのものを原理的に問わねばならぬと考えるに至る。この課題の追求の末に提示されるのが、本書の中心テーゼをなす哲人統治の思想に他ならなかった。プラトン対話篇中の最高峰。
 
 
  第一章 宇宙(世界)と人間 理想世界の追求−現実の分析からの世界。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリストテレスが世界を考える場合、彼はプラトンの弟子として、当然、プラトンのイデア論を引き継いでいます。彼もまた、理想世界を追う点では、プラトンに劣らぬものがありました。 ただ、彼はプラトンに比べると現実主義的でした。プラトンが現実の世界をイデアの影のようだと見なしたことには、納得がいかなかったのです。
 
 
  アリストテレスの『二コマコス倫理学』と実践三段論法によるエウダイモニアの追求    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生理的な快(欲望)に駆動される『動物化する生』に拮抗するのは、生理的な快の誘惑に逆らって倫理的(意図的)な善を実現しようとする『人間的な生』である。人間的な生とは、端的に、『主体的な選択と決断を伴う生』のことであり、『盲目的かつ機械的な生』というある種の運命論への抵抗である。
 
 
  アリストテレス全集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリストテレスの現存する全著作を邦訳した本全集は,わが国第一線の研究者の10数年にわたる研鑽と協力により,1973年にいたってついに完成をみたものである.〈第4次刊行〉
 
 
  アリストテレス (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古代ギリシア最高の知性として、プラトンと並び立つ不滅の哲人アリストテレス。「万学の祖」と呼ばれるごとく、彼は人間界、自然界から神に至るまで、森羅万象の悉くを知の対象とし、精緻な思想を展開した。壮大な学問の精髄を読み解くとともに、彼の生涯やその学問がわが国へ受容される過程等を、碩学が情熱と蘊蓄を傾けて綴るアリストテレス入門。
 
 
ベーコン.1561
  フランシス・ベーコン  
  フランシス・ベーコン (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランシス・ベーコン(1561年1月22日 - 1626年4月9日)はイングランド近世(ルネサンス期)のキリスト教神学者、哲学者、法律家。12歳でケンブリッジ大学に入学。その後、ロンドンのグレイ法曹院で法律を学ぶ。… 23歳で国会議員となり、1605年に『学問の進歩』を出版。1618年に大法官となるが、汚職の嫌疑を受けて失脚。「知は力なり」という言葉とともに知られる。独力では果たせなかったが学問の壮大な体系化を構想していた。また、ろう教育を最初に始めた人物。シェイクスピアと同時代人。
 
 
  イドラ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イドラ(idola)とはラテン語で偶像の意味。フランシス・ベーコンによって指摘された人間の偏見、先入観、誤りなどを帰納法を用いて説いたもの。アイドル(idol)の語源である。4つのイドラがある。 この4つのイドラを取り除いて初めて、人は真理にたどり着け、本来の姿を取り戻すとベーコンは考えた。
 
 
  ベーコン ウェブ石碑 名言集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  嫉妬はつねに他人との比較においてである、比較の無いところには嫉妬は無い  /  順境の美徳は自制であり、逆境の美徳は不撓不屈である  /  浅薄な哲学は、人の心を無神論へ傾けるが、深遠の哲学は人の心を宗教へと導く。
 
 
  フランシス・ベーコン Francis Bacon   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランシス・ベーコン Francis Bacon (1561-1622) は、近代的な帰納法の創始者として知られている。また学問を確固たる実証の手続きによって基礎付けようとした点において、近代科学の精神を体現した最初の思想家であったということができる。その人物がイギリスに出現したことの意味も大きい。イギリスはベーコンの業績を踏まえ、以後経験を重視する学問が栄えていくのである。
 
 
  フランシス・ベーコン - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  知は力なり」という言葉とともに知られる 『聖なる瞑想。異端の論について』。独力では果たせなかったものの学問の壮大な体系化を構想していた。体系化の構想はフランス百科全書派にも引き継がれる。なお、主な著作のノヴム・オルガヌムの影響もあり、イギリスのろう教育が始まっている。ろう学校を最初に設立した人物ではなく、ろう教育を最初に始めた人物であるとされている。
 
 
  フランシス・ベーコン Francis Bacon 1561−1626    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生涯 : ベーコンはイギリスの名家に生まれ育って,国会議員や司法長官などを歴任した後,ジェーコブ一世の時代には大法官及びヴェルラムの男爵にものぼった.  著作/思想/参考文献/執筆者
 
 
  フランシス・ベーコン Francis Bacon - 知の快楽 哲学の森に遊ぶ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランシス・ベーコン Francis Bacon (1561-1622) は、近代的な帰納法の創始者として知られている。また学問を確固たる実証の手続きによって基礎付けようとした点において、近代科学の精神を体現した最初の思想家であったということができる。その人物がイギリスに出現したことの意味も大きい。イギリスはベーコンの業績を踏まえ、以後経験を重視する学問が栄えていくのである。
 
 
デカルト.1596
ルネ・デカルト
  ルネ・デカルト (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルネ・デカルト(1596年3月31日 - 1650年2月11日)は、フランス生まれの哲学者・自然哲学者(自然学者)・数学者。「我思う、ゆえに我あり」は、ルネ・デカルトが自著「方法序説」の中で提唱した哲学史上でもっとも有名な命題である。それは、理性を用いて真理を探求していこうとする近代哲学の出発点を簡潔に表現している。初めて哲学書として出版した『方法序説』において、「良識はこの世で最も公平に配分されているものである」という冒頭文は、思想の領域における人権宣言にも比される。
 
 
  我思う、ゆえに我あり (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  我思う、ゆえに我あり(われおもう、ゆえにわれあり)はルネ・デカルトが自著「方法序説」の中で提唱した有名な命題である。「一切を疑うべし」という方法的懐疑により、自分を含めた世界の全てが虚偽だとしても、まさにそのように疑っている意識作用が確実であるならば、そのように意識しているところの我だけはその存在を疑い得ない―“自分はなぜここにあるのか”と考える事自体が自分が存在する証明である(我思う、ゆえに我あり)、とする命題である。… デカルトはこれを哲学の第一原理に据えた。
 
 
  哲学概論   第6章 ルネ・デカルト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近世哲学の父・数学者・合理主義者 : 感覚よりも理性を重んじる合理主義(理性主義)は、パルメニデス(エレア学派)に始まり、ソクラテスを経てプラトンのイデア論に大成された。プラトン主義(プラトンの哲学)は、アウグスティヌス(4〜5C)によりキリスト教に取り入れられた。
 
 
  デカルト Descartes, Rene 1596〜1650    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスの哲学者、数学者、物理学者、生理学者。 <近世哲学の父>とよばれ、合理主義哲学に道をひらいた。また解析幾何学の創始者。トゥレーヌ州の貴族出身。スコラ学の教育をうけ、軍隊勤務をしたのち1629年以後20年間、当時ヨーロッパ最初の資本主義国オランダに定住して自然科学と哲学の研究。かれは、ほぼ同時代のイギリスのフランシス・ベーコンと同様に、知識の究極の目的は人間が自然を支配し、技術を開発し、原因―結果の関連をとらえ、人間本質を改善することにあるとした。
 
 
  ルネ・デカルト - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルネ・デカルト(, 1596年3月31日 - 1650年2月11日)は、フランス生まれの哲学者・自然哲学者(自然学者)・数学者。
 
 
  デカルト ルネ 作家別作品リスト:No.1029   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品 : 省察 神の存在、及び人間の霊魂と肉体との区別を論証する、第一哲学についての(新字新仮名、作品ID:43291) →三木 清(翻訳者)
 
 
  デカルト  René Descartes ( 1596-1650 )   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  デカルトといっても何のイメージも湧かない人のために写真を入れてみました。 フランス・ハルス画 ルーブル美術館所蔵)   良識( bon sens) はこの世で最も公平に分配されているものである。というのは、誰でもそれを十分に与えられていると思っているので、他の全てのことではめったに満足しない人々でさえも、良識については、自分が持っている以上を望まないのが普通だからである。この点で全ての人が誤っているということは、ありそうにない。むしろこれは次のことを証明している。
 
 
  方法序説 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  すべての人が真理を見いだすための方法を求めて、思索を重ねたデカルト(1596‐1650)。「われ思う、ゆえにわれあり」は、その彼がいっさいの外的権威を否定して到達した、思想の独立宣言である。近代精神の確立を告げ、今日の学問の基本的な準拠枠をなす新しい哲学の根本原理と方法が、ここに示される。
 
 
ライプニッツ.1646
ゴットフリート・ライプニッツ ライプニッツ.1646 ゴットフリート・ライプニッツ
  ⇒G.ライプニッツ.1646   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「085 【科学】 科学の偉人/アルキメデス:G・ガリレイ:エジソン」 ⇒G.ライプニッツ.1646
 
 
  ゴットフリート・ライプニッツ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ(Gottfried Wilhelm Leibniz, 1646年7月1日(グレゴリオ暦)/6月21日(ユリウス暦) - 1716年11月14日)は、ドイツの哲学者、数学者。ライプツィヒ出身。なお Leibniz の発音は、/ˈlaɪpnɪʦ/(ライプニッツ)としているものと、/ˈlaɪbnɪʦ/(ライブニッツ)としているものとがある。ルネ・デカルトやバールーフ・デ・スピノザなどとともに近世の大陸合理主義を代表する哲学者である。主著は、『モナドロジー』、『形而上学叙説』、『人間知性新論』など。  1 概要 / 2 経歴 / 3 哲学における業績 / 4 数学における業績 / 5 ドイツ出身の悲哀 / 6 著作 / 7 参考文献 / 8 脚注 / 9 関連項目 / 10 外部リンク
 
 
  ライプニッツ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ライプニッツ の画像 - Google
 
 
  ゴットフリート ライプニッツ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ゴットフリート ライプニッツ の画像 - Google
 
 
ヴォルテール.1694
ヴォルテールの名言 - ヴォルテールのプロフィール ヴォルテール (Voltaire) 寛容論 - ヴォルテール箸
  ボルテールとは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスの作家,啓蒙思想家。本名 François-Marie Arouet。著作は哲学,詩,戯曲,批評,歴史,小説,書簡などにわたり膨大。 1726〜28年のイギリス滞在後,『哲学書簡』(1734) でイギリス経験論をフランスに導入,専制批判,教権批判を開始。
 
 
  ヴォルテール (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヴォルテールことフランソワ=マリー・アルエ(1694年11月21日 - 1778年5月30日)は、フランスの哲学者であり、作家、文学者、歴史家である。歴史的には、イギリスの哲学者であるジョン・ロックなどとともに啓蒙主義を代表する人物とされる。また、ドゥニ・ディドロやジャン・ル・ロン・ダランベールなどとともに百科全書派の学者の一人として活躍した。  1 経歴 / 2 人物像 / 3 ヴォルテールの名言 / 4 著作 / 5 脚注 / 6 参考文献 / 7 関連書籍 / 8 外部リンク
 
 
  ヴォルテールの名言 - 地球の名言   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私は君の意見に反対だ。 しかし、君がそれをいう権利は生命をかけて守って見せる。/あらゆる人は同等である。 それを異なるものにするのは生まれではなくて、徳にある。  名は「フランソワ=マリー・アルエ」。啓蒙主義思考の普遍性と不変性を主張する思想)を代表する人物の一人であり、ドゥニ・ディドロ(1713-1784)やジャン・ル・ロン・ダランベール(1717-1783)らと共に百科全書派の学者の一人として活躍した。
 
 
ヒューム.1711
デイヴィッド・ヒューム
  デイヴィッド・ヒューム (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  デイヴィッド・ヒューム(David Hume、1711年4月26日- 1776年8月25日)は、スコットランド・エディンバラ出身の経験論を代表する哲学者であり、歴史学者、政治思想家であり、スコットランド啓蒙の代表的存在とされる。ヒュームはそれ以前の哲学が自明としていた知の成立の源泉を問うというやり方で、数学を唯一の論証的に確実な学問と認めたと同時に、比較的穏やかな懐疑論を打ち立て、結果的に人間の知および経験論の限界を示した。 主著は『人間本性論』である。
 
 
  ヒュームの哲学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  D.ヒュームという哲学者をご存知だろうか。私は大学時代にこの哲学者の研究を少しした。彼はイギリスの哲学者で、経験論者であった。彼は無神論的哲学者で、ものごとを徹底的に懐疑的に観察した。因果律の世界においては、原因と結果との関係は、常に実験によって確認されるだけであって、アプリオリ的な法則ではないと考えた。
 
 
  哲学入門 - ヒューム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヒュームは20代のころ、大著『人性論』を8年がかりで書き上げましたが、これは評価されませんでした。40歳すぎにはエディンバラ図書館長となり英国史を書き、これはその後100年にわたってイギリスの教科書として使われることになりますが、彼自身は一生涯、大学教授になることはできませんでした。50代でイギリス大使館の秘書官としてパリに滞在し、フランスの哲学者と多くの交友関係をもちました。なかでもルソーとのトラブルは有名です。
 
 
  第4章 デイビッド・ヒューム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1 イギリス経験論:ヒュームの懐疑主義は、ロック、バークリと発展して来たイギリス経験主義を受けて展開される。/2 経験論と因果論/3 懐疑主義/4 懐疑と自然の葛藤/
 
 
  ヒュームの問題 - 池田信夫blog   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  社会主義が崩壊してから20年以上たっても、それがなぜ崩壊したのかを理解している人は少ない。それは計画経済が「非効率」だったからではない。1950年代までは社会主義のほうが効率的で、サミュエルソンはソ連の成長率がアメリカを抜くと予想していた。
 
 
  デイヴィッド・ヒュームの法哲学と政治哲学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この「思想史論集」は偶然書店でみつけた。その中にこの「デイヴィッド・ヒュームの法哲学と政治哲学」が収載されていた。これを知ったのは、だいぶ前に読んだ渡部昇一氏の「新常識主義のすすめ」(文藝春秋 1979年)の中の「不確実性時代の哲学−デイヴィッド・ヒューム再評価−」によってである。
 
 
  ディヴィッド・ヒューム 『人性論』 - 哲学の悲劇   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  デイヴィッド・ヒューム(David Hume, 1711-1776)の主著。1735年(著者24歳)頃、滞在先のラ・フレーシュで執筆ののち、1739-40年にロンドンで出版。全体は3つの部分から成る。第1篇「知性について」(of the understanding)、第2篇「情緒について」(of the passion)の2篇は1739年に、つづく第3篇「道徳について」(of morals)は、翌年1740年にそれぞれ出版された。
 
 
  デイヴィッド・ヒューム - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  デイヴィッド・ヒューム(David Hume、ユリウス暦1711年4月26日(グレゴリオ暦5月7日 )- 1776年8月25日)は、スコットランド・エディンバラ出身の経験論を代表する哲学者であり、歴史学者、政治思想家であり、スコットランド啓蒙の代表的存在とされる。
 
 
  ヒュームの道徳哲学における規範的コミットメント   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヒュームは、われわれの行なう道徳的な善と悪との区別が知的な能力の行使すなわち認識作用に由来するのではなく、善と悪との区別が行なわれる時に見出されるものは、特有の種類の快苦の感情が生起するという事実以外に何もないと主張した。
 
 
  ヒューム「人間知性研究」#1 恒常 - 知識の積み木   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロックから始まった経験主義はヒュームで極限まで押し進められる。それにより彼は因果関係の必然性とそれを形成する人間理性に対する懐疑論を提唱する。
 
 
  ヒューム哲学の、医療哲学・倫理学における注目点   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本稿では、デイヴィド・ヒューム(David Hume, 1711-1776)の哲学に依拠する医療哲学・倫理学の研究動向を紹介しながら、医療哲学・倫理学の基礎として注目されうるヒューム哲学の要点を明確に示したい。今回は特に、動物の道徳的地位と自殺(安楽死)の二つのテーマを取り上げる。
 
 
  デビッド・ヒューム (David Hume), 1711- 1776. : 小入門   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「学問に情熱を傾けよと(自然は)言うが、その学問は人間的なものであるべし。したがって、行動や社会に対して直接の関わりを持つものであるべし。小難しい思考や重箱の隅めいた研究をわたしは禁じ、そして罰する。
 
 
  【哲学】ヒューム【David Hume】1711〜1776(神名龍子筆)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「イギリス経験論」の系譜では、普通はロックとヒュームの間にバークリーという人物が入る。 それに「主観」の外側の事物の存在は「証明不可能」なのだから「あるともないともいえない」というのが本当だ。 だが、バークリーはこのような客観的事物の存在をはっきり否定してしまったために、「観念論」というよりは一種の「唯心論」になってしまっている。
 
 
  ヒューム (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドゥルーズの哲学のすべてがその初期のヒューム論のなかにある。それはドゥルーズの哲学のアルファにしてオメガである。『経験論と主体性』と並ぶドゥルーズのヒューム論考でありながらも.これまで一度も読者の前にその姿を現すことのなかった幻の共著の邦訳ここになる。ドゥルーズの独特なヒューム読解の精髄を示すとともに.想像力とは何か.情念とは何か.仁愛とは何か.正義・公正とは何か.徳とは何かといった.ドゥルーズの思考の最も奥深き動因をも鮮やかに呈示する。
 
 
  ヒューム哲学と「神」の概念 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヒューム哲学成立に至るイギリス経験論哲学とのかかわりの実相や、ヒューム哲学が後続の哲学者たちに与えた影響、そして同時代に起こった「神」と「道徳」の危機を通して、ヒューム哲学を論考する。
 
 
  ヒューム体系の哲学的基礎 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代自由主義理論の混迷と錯綜をときほぐすべく、あらためていま古典自由主義の泰斗を読み直す。自由主義の淵源。
 
 
ドゥニ・ディドロ.1713/
     
J・ダランベール.1717/
     
カント.1727
イマヌエル・カント 
  イマヌエル・カント (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イマヌエル・カント( 1724年4月22日 - 1804年2月12日)はプロイセン王国出身の思想家で大学教授。近代において最も影響力の大きな哲学者の一人である。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、「コペルニクス的転回」をもたらす。ドイツ観念論哲学の祖でもある。東プロイセンの首都ケーニヒスベルク(現ロシア領)で生まれた。1740年、ケーニヒスベルク大学に入学。当初、ライプニッツやニュートンの自然学を研究した。
 
 
  哲学塾 カント   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ほとんどの哲学書は自分勝手に読んでも、じつは何もわからないものです。 哲学書を正確に読み解くには独特の技術が必要で、いい加減なわかり方ほど危険なことはありません。こういう理念のもとに、さまざまな西洋(翻訳)とわが国の定評ある哲学書を題材にして、一字一句正確に読む訓練をするのがこの塾です。
 
 
  カントの超越論的哲学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  超越論的哲学は、超越的哲学や経験的哲学とどう異なるのか。超越論的哲学における超越とは、どこからどこへと超越することなのか。理論理性と実践理性は別なのか。カントの構成主義を行為論として解釈し、その行為の目的を問いつつ、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』の三批判書全体を、全体部分関係論としてのシステム論の視点から、再構築する。
 
 
  カント Immanuel Kant( 1724-1804)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『純粋理性批判』は、科学の成立根拠を問うと共に、経験に基づかない「形而上学」を批判する試みである。 カントの学問の基礎づけは、百年前ならまだしも、現代の科学論として、あまり有効だとも思えないので、簡単に説明するに留める。
 
 
  イマヌエル・カント - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724年4月22日 - 1804年2月12日)はプロイセン王国出身の思想家で大学教授である。
 
 
  カント (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  哲学のもつ世界観的要素と学問的要素を、人間の立場から調和させたカント。主要著作の内容を解説し、カント哲学がいかなる点で現代的意義を持っているかを明らかにする。
 
 
  カント入門 (新書)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  真理の最高決定機関であるはずの理性が人間を欺く二枚舌をもつとしたら、一大事ではないだろうか。この理性の欺瞞性というショッキングな事実の発見こそが、カント哲学の出発点であった。規則正しい日課である午後の散歩をするカントの孤独の影は、あらゆる見かけやまやかしを許さず、そのような理性の欺瞞的本性に果敢に挑む孤高の哲学者の勇姿でもあったのだ。
 
 
バークリー.1753/
     
ヘーゲル.1770
ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル
  ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(1770年8月27日 - 1831年11月14日)は、ドイツの哲学者。フィヒテ、シェリングと並んで、ドイツ観念論を代表する思想家である。優れた論理性から現代の哲学研究も含め、後世にも多大な影響を与えた。ドイツ観念論哲学の完成者であり、近代哲学と現代哲学の分水嶺として位置づけられることも多い。なお、、彼の影響を受け、ヘーゲル哲学を批判的に継承・発展させた人物としては、セーレン・キェルケゴール、カール・マルクスなどがいる。
 
 
  弁証法 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  弁証法(べんしょうほう)とは、哲学の用語で、現代において普通にいわれるときには、ほとんどがヘーゲルやマルクスの弁証法を意味し、世界や事物の変化や発展の過程を本質的に理解するための方法、法則とされる(ヘーゲルなどにおいては、弁証法は現実の内容そのものの発展のありかたである)。しかし、この言葉を使う哲学者によって、その内容は多岐にわたっており、弁証法=ヘーゲル・マルクスとして全てを理解しようとするのは誤りである。
 
 
  歴史哲学 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歴史哲学(れきしてつがく)は歴史学のあり方、目的などについて考察を加える哲学の一分野である。歴史哲学において、歴史には過去の事実と過去の叙述という二重の意味がある。 歴史は歴史の記述において史料類の学術的な解釈と抽出、及び選択と総合化を通じて重要性や影響などが意味づけられることが必要であり、これが行われて初めて十分な歴史性を持つこととなる。従って、どのような価値基準を拠り所にするべきかの考察に関わる哲学領域が歴史哲学である。
 
 
  新ヘーゲル主義 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新ヘーゲル主義(しんヘーゲルしゅぎ)は、19世紀末から20世紀前半にかけてドイツ観念論の哲学者ヘーゲルの哲学を見直し、復興させようとした一連の運動の総称である。関係した人物の観点から新ヘーゲル学派 ともいう。この運動は、新カント派の運動が盛んになるにつれ、認識論の方法が再検討されるようになったのをうけて、それに連動され、存在論、特に人間の存在についての研究の必要性が要請されるようになった。
 
 
  日本ヘーゲル学会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘーゲル哲学研究 : ヘーゲル体系の見直し/ヘーゲルとフランス現代思想 
 
 
  ヘーゲルの歴史観   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘーゲルの歴史哲学は,「哲学が歴史に赴く際に携えてくる唯一の思想は,単純な理性の思想,つまり理性が世界を支配し,したがって世界の歴史も理性的に進行する,という思想である」という信念のもとに,現実の歴史を捉え直そうとする.今回は,前半部分でこの信念からヘーゲルが捉えた「理性による歴史」とはどのようなものかを説明し,後半でこのヘーゲル自身の歴史観について少し考えてみることにする.
 
 
  ヘーゲルの自然哲学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘーゲル哲学における根本思想の一つは「弁証法」でしょう。本によっていろいろ解釈されているので、「こういうものかな」と理解すると、別の解説本ではその考え方が批判されていたりします。この批判の経歴が弁証法?とも思ってしまいますが、そうゆうものではないでしょうね。
 
 
  ヘーゲル G.W.F.Hegel (1770-1831)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『精神現象学』(1807) : 『精神現象学』は、最も素朴な知のあり方から始めて、次々に、より一般的な知へと高まってゆく、知の形態を演繹する試みである。
 
 
  「歴史哲学講義 上、下」 - ちょっとした話   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘーゲルは、最晩年の10年間(1822年〜1831年)に ベルリン大学で半年単位の歴史哲学を5回講義したそうで、ヘーゲル没後その講義録をまとめたのが今回読んだこの本(歴史哲学講義)だそうです。 読み終わって感じることは、残念ながら、ヘーゲルの論理に本質的な矛盾があり、またヘーゲルが無視or理解していないと思われる点もあって、非常に「問題の書」、端的に言うと「悪魔の書」というものが世の中にあるとしたら、まさに「この本」であろう、ということです。
 
 
  精神現象学 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西洋近代哲学の中で一際高くそびえ立つヘーゲルの体系。その最初の書であり彼の方法論と問題意識と主題が強く打ち出されている「精神現象学」の新訳。哲学専門用語の類を避け、平易な日本語に移した、訳者奮闘の成果。
 
 
  ヘーゲル <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘーゲル <関連書籍>
 
 
  新しいヘ-ゲル (新書)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘーゲルはむずかしいか?そんなことはない! 社会を矛盾と対立のるつぼととらえ、そのむこうに統一と秩序を見通した哲学者。壮大で華麗な思想の躍動を平易な日本語で説きつくす。
 
 
  歴史哲学講義〈上〉 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「理性が世界を支配し,したがって世界の歴史も理性的に進行する」との確信に基づき,世界精神の理性的かつ必然的な歩みとしての世界史を構想する. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。   歴史哲学講義〈下〉
 
 
  ヘーゲル『精神現象学』入門 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1807年。哲学界に未曾有の書が現れる。〈無限の運動〉の相のもと、およそ人類がもつ、知の全貌をとらえる究極の書。目前の木の認識に始まり、世界全体を知りつくす「絶対知」にいたるまで。文明の始原から近代ヨーロッパの壮大な知まで──。人間精神のあらゆる領域を踏破する、哲学史上最難解の書を、「ヘーゲル翻訳革命」の著者が、明快に読みつくす。
 
 
ショーペンハウアー
アルトゥル・ショーペンハウアー
  アルトゥル・ショーペンハウアー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルトゥル・ショーペンハウアー( 1788年2月22日 - 1860年9月21日)は、ドイツの哲学者。世界は自己の表象であり、世界の本質は生きんとする盲目の意志であるとした。主著は『意志と表象としての世界』。ゲッティンゲン大学・イェーナ大学で医学・哲学を修める。このころゲーテとも親交を結ぶ。1819年、『意志と表象としての世界』を完成。19世紀後半から20世紀にかけて活躍した多くの哲学者、芸術家、作家に重要な影響を与え、日本でも森鴎外、堀辰雄、萩原朔太郎などの作家に影響を及ぼした。
 
 
  ショーペンハウアーの名言   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幸せを数えたら、あなたはすぐに幸せになれる : 幸せは、見つけるものです。どんな些細なことでも一日の中で、探してみましょう。 風呂に入ってる時が幸せなら、それだけで幸せを一つ見つけたことになります。 それを沢山探すようにすれば、知らない間に自分は幸せだ、と思えるようになります。
 
 
  ショウペンハウエル格言集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  医者は人間を弱いもの、弁護士は人間を悪いもの、牧師は人間を愚かなものとみる。  /  我々の肉体が衣服に包まれているように、われわれの精神は虚偽に包まれている。  /  結婚とは、男の権利を半分にして義務を二倍にする事である。  /  推理する能力を持っている人はたくさんいるが、判断する能力を持っている人は少ししかいない。  /  人はその生涯の40年間で本文を著述し、これにつづく30年間において、前者についての注釈を付加する。
 
 
  日本ショーペンハウアー協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本年〈1988年〉はショーペンハウアー生誕200年にあたります・・・ ショーペンハウアーおよびその周辺の思想・文化に関する新しい理解・研究を促進するため、日本ショーペンハウアー協会を設立することになりました。
 
 
  プラトン × ショーペンハウアー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カントが認識批判を通して立てた現象と物自体の区別を、ショーペンハウアーは認識論そのものと存在論との差異ないしは区別として継承した(→カント対ショーペンハウアー)。つまり、カントが我々が何も言えない領域として放置した領域を、ショーペンハウアーは再び存在論ないし形而上学の対象としたのである。
 
 
  ショーペンハウアー−哲学入門   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ショーペンハウアーは裕福な商家に生まれ、商人の見習いなどもしますが、父の死後、ゲッティンゲン、ベルリン、イェナの各大学で学びました。プラトンやカントの哲学を勉強し、またベルリン大学ではフィヒテの講義なども聴きます。… 後年、ショーペンハウアーはフランクフルトの学者として過ごしました。
 
 
  アルトゥール・ショーペンハウアー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高度経済成長、そして、虚構のバブル期が終わり、犯罪が蔓延し、人心が荒んでしまった日本。 じっくりと人生を考えてみるのに、良い本です。 お勧めは4の「存在と苦悩」です。
 
 
  ショーペンハウアーとウスペンスキー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ショーペンハウアー(1788‐1860)ほど誤解を受け、不当な扱いを得ている思想家も珍しい、と私は敢えて言いたい。名前こそ有名だが、その思想の中身はあまりまともに知られていないといってもよい。たいていは「ペシミスト」「厭世主義者」の一言で片付けられ、その哲学も「悲観主義」「生への嫌悪」などのネガティブなイメージで捉えられている。
 
 
  ショーペンハウアー - HIDE on the WEB   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「どんなに風変わりで信じ難いことを想像しようとも、哲学者たちの誰かによって言われなかったようなことは何ひとつない」 デカルトは『方法序説』の中でこう語った。 僕は最近ショーペンハウアーを読み直しているんだけど、読めば読むほどこのデカルトの言葉が身に沁みて感じられるんだ。
 
 
  ショーペンハウアー読んだ - うたかた雑葉記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ショーペンハウアーの『幸福について ―人生論―』を読みました。… 彼の主張を簡単にまとめるとこんな感じ。   「人間、幸せになれると思うのが間違え。その思い込みが不幸を呼ぶ。」 「幸福に生きたいなら、幸せを求めるんじゃなくて、不幸を避ける様にしろ。」…
 
 
  ラルフ・ヴィーナー編、「笑うショーペンハウアー」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昨日ライプニッツのことを書いた。彼は世界を見て分割出来ないまで細分化したモナド(単子)に行き着き、モナドはお互いに影響を及ぼさないように調和した状態であると考えた。… これと似たような考えながら、まったく別な、世界は混乱に満ちた地獄のような場所としたのが、アルトゥール・ショーペンハウアー( Arthur Schopenhauer / 1788-1860年 )である。
 
 
  アルトゥル・ショーペンハウアー - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルトゥル・ショーペンハウアー(Arthur Schopenhauer, 1788年2月22日 ダンツィヒ - 1860年9月21日 フランクフルト)は、ドイツの哲学者。
 
 
  ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』: 憂愁書架   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『意志と表象としての世界』(中央公論社「世界の名著」西尾幹二訳)第一巻の最後に忘れがたい一節があります。ショーペンハウアーは、ストア派の理論を解説して、それは理性の力を通じて人間に幸福を与えようとする哲学である、と書いています。理性は単なる認識によって、人生を満たしているあらゆる苦悩から人間を解放してくれる、とストア派は云っています。
 
 
  若きショーペンハウアーにおける「表象としての世界」の構想   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ショーペンハウアーの思想の与えた広範な影響は、ニーチェやエドワルド・フォン・ハルトマン等に代表される狭義の哲学はもとより、トーマス・マン(文学)、ワーグナー(音楽)、ブルクハルト(歴史学)、フロイト(心理学)、グラーゼナップ(仏教学)といった、西欧近代文化史上重要な多くの人々におよんでいる。そして、19世紀後半から20世紀前半にわたって、当時流行したペシミズム、非合理主義の代表格として、盛んに議論された。
 
 
  ショーペンハウアーの意志は、ヘーゲルの精神とどう違うの?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ショーペンハウアーの意志とは「盲目的に生を求める意志」「カントの物自体、すなわち認識の彼岸にある森羅万象に元来存するものである。」ということになります。例えば、石にも意志は存在します。
 
 
  孤独と人生 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生を苦と規定した哲学者による逆説的幸福論。苦悩と空しさに満ちたこの世でどうすれば安静な心が得られるかを、日常生活の具体的な場面に即して詳細かつ明快に説く。ショーペンハウアー晩年の大著『パレルガとパラリポーメナ』第一巻の末尾を飾る「生活の知恵のためのアフォリズム」の全訳。
 
 
  幸福について ― 人生論 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  訳者の言葉(裏表紙)「幸福は人間の一大迷妄である。蜃気楼である。だがそうは悟れるものでない。この悟れない人間を悟れないままに、幸福の夢を追わせつつ、救済しようというのである。人生はこの意味で、そのまま喜劇である。戯画である。ユーモアである。したがってこれを導く人生論も諷刺的、ユーモア的にならざるをえない。
 
 
  ショーペンハウアー <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ショーペンハウアー <関連書籍>
 
 
  ショーペンハウアー哲学の再構築〈新装版〉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  学位論文『充足根拠律の四方向に分岐した根について』第一版テクストの翻訳ならびにその綿密な読解を通して、従来のショーペンハウアー理解像の一新を図り、カントの問題意識を引き継いだ超越論哲学者としての姿を呈示する。
 
 
  著者 アルトゥール・ショーペンハウアー:4点   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   ショーペンハウアー哲学の再構築 新装版/孤独と人生/存在と苦悩/心に突き刺さるショーペンハウアーの言葉
 
 
キェルケゴール.1813
セーレン・キェルケゴール 
  セーレン・キェルケゴール (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  セーレン・オービエ・キェルケゴール(1813年5月5日 - 1855年11月11日)はデンマークの哲学者であり、今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。キェルケゴールは当時とても影響力が強かったヘーゲル哲学あるいは青年ヘーゲル派、また(彼から見て)内容を伴わず形式ばかりにこだわる当時のデンマーク教会に対する痛烈な批判者であった。なお、日本語てはキルケゴールと表記されるが、デンマーク語に沿ったカタカナ表記は「セアン・オービイ・キアケゴー」である。
 
 
  第1回 キェルケゴール   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人はだれでも思い悩むときがある。 : 不安にかられ、苦悩にもがき苦しみ、絶望感にさいなまれることもある。生きていること自体が苦しい、そんな人生をどのように生きればよいのか、生涯ただひとりの女性を愛し続けながら、ひたすらそのことだけを考え続けた哲学者がいた。キェルケゴールである。
 
 
  江口のキェルケゴール研究   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  キルケゴールって誰? : 都市生活者、散歩者、独居者、貴族主義者、耽美主義者にして倫理家、落伍者、無様なダンディ、皮肉屋、日記作者。裕福な父親の財産を若くして相続した利子生活者。狭い生活、狭量な人格。女嫌い。病弱。失敗者、敗北者。生活の芸術化を試みた男。超二流の文学者。三流哲学者。
 
 
  キェルケゴール - ウェブ石碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人間とは、一つの総合 無限と有限、時間的なものと永遠なもの、自由と必然である  /  私は二つの顔を持つ双面神だ。一面の顔で笑い、他面の顔で泣く  /  人間は精神である。精神とは何であるか。精神とは自己である。自己とは自己自身に関わる一つの関係である
 
 
  日本キェルケゴール研究センター   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このスケッチは、キェルケゴールが亡き姉の子、ヘンリエッテ・ルンの十三歳の誕生日(1842年11月12日)を祝って送った手紙に、キェルケゴール自身の手でペン書きされたもの。
 
 
  キェルケゴール協会ホームページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここは2000年に再発足したキェルケゴール協会のWEBサイトです。
 
 
  645、キェルケゴール - 集中とぶんさん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  キェルケゴール著『死に至る病』をこの年になって初めて読んでみて驚いた〜。 だって、なんだか、あまりにも「こういう人ザラにいる!!」なんだもん。 まず、一番身近なところでは、常に悩み多き詩人であるところの私の娘にソックリである。言ってることが。 言い回しすら似てると思う。
 
 
  セーレン・キェルケゴール - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  セーレン・オービエ・キェルケゴール(S&oslash;ren Aabye Kierkegaard, 1813年5月5日 - 1855年11月11日)はデンマークの哲学者であり、今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。
 
 
  実存哲学する…(第一部 キェルケゴールとニーチェ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「♪〜ソ、ソ、ソクラテスかプラトンか…、ニ、ニ、ニーチェかサルトルか…、みーんな、悩んで大きくなったぁー!」って歌があった。1970年代にお酒のテレビ・コマーシャルで、作家の野坂昭如がおどけて唄っていた。そして平成の現在、インターネットをあちこちサーフィンしていると、「リアル」とか「リア充」なんて言葉によく出合わす。そこで実存主義哲学について、一丁書いてみる。
 
 
  セーレン・キェルケゴール <1813年5月5日〜1855年11月11日   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1813年5月5日、セーレン・キェルケゴールは、56歳の父ミカエル・キェルケゴールと、45歳の母アンネ・ルンの末子の第七子として、コペンハーゲンに生まれた。父ミカエルは、相当な資産家であったが、西ユトランドにある寒村の貧農の出で、幼少期、寒さと飢えに苦しみながら生活していた。
 
 
  キェルケゴールの『畏れとおののき』におけるディレンマの問題   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  序/第一章 信仰と倫理的なもの/第二章 信仰と語ること/第三章 ディレンマの問題/註
 
 
  セーレン・キェルケゴールの名言  「セーレン・キェルケゴール」(1813〜1855)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  実存主義の創始者として知られるデンマークの哲学者。 世界や歴史全体を記述しようとしたヘーゲル哲学に対し、人間の生にはそれぞれ世界や歴史には還元できない、固有の本質があるという当時としては画期的な思想を発表した人物。
 
 
  死に至る病 [文庫]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「死に至る病」とは絶望のことである。憂愁孤独の哲学者キェルケゴール(1813‐55)は、絶望におちいった人間の心理を奥ふかいひだにまで分けいって考察する。読者はここに人間精神の柔軟な探索者、無類の人間通の手を感じるであろう。後にくる実存哲学への道をひらいた歴史的著作でもある。
 
 
  キェルケゴールとニーチェ [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二つの論文を収める。「キェルケゴールとニーチェ」は、ニヒリズムの焦点からキェルケゴールとニーチェを考察。「ヘーゲル以後の哲学に於ける人間性の問題」では、十九世紀の哲学に於ける人間の問題の成立の有様を社会学的視点から示す。
 
 
ニーチェ.1844
フリードリヒ・ニーチェ
  フリードリヒ・ニーチェ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(1844年10月15日 - 1900年8月25日)は、ドイツの哲学者・古典文献学者。後世に影響を与えた思想家である。巧みな散文的表現による哲学の試みには文学的価値も認められる。1854年からギムナジウムへ通うが、ここで音楽と国語の優れた才能を認められドイツ屈指の名門校プフォルター学院に特待生として入学。1858年から1864年まで古代ギリシアやローマの古典・哲学・文学等で模範的な成績を残す。1864年にボン大学へ進み、神学と古典文献学を学ぶ。
 
 
  ニーチェ倶楽部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  万人のための そして何びとのためのものでもないサイト ニーチェ倶楽部
 
 
  ニーチェ格言集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  同情するものは自分は強者であると信じている。だから助けることができるとあらば、すぐにでも介入したくなる。  /  あなたにとってもっとも人間的なこと。それは、誰にも恥ずかしい思いをさせないことである。  /  ここにはまことの男が少ない。だから、女性が男性化する。つまり、本当に男らしい男だけが女の中に女を解き放つ。
 
 
  「神は死せり」(ニーチェ)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天才と狂気は紙一重。 19世紀ドイツの哲学者・ニーチェの生涯は、まさにそうでした。 ギリシャ古典学を研究し、わずか25歳で大学教授になりながら、天才世に容れられず、彼が注目されたのは死後でした。
 
 
  ニーチェ - 名句名言のウラ側は   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「私の思想は、100年後に理解されるであろう」と、ドイツの哲学者・ニーチェは予言した。 彼が没して100年たった今日の思想に、ニーチェは甚大な影響を与えている。
 
 
  ニーチェ - Friedrich Nietzsche(1844-1900)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ―夢は、全く見ないか、面白い夢を見るか、どちらかだ。起きている時も同じだ、全く起きていないか、面白く起きているか。  1 神の死とニヒリズム 『悦ばしき知慧』/2 キリスト教の批判 『道徳の系譜学』/3 超人と永劫回帰 『ツァラトゥストラかく語りき』/
 
 
  フリードリヒ・ニーチェ - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 - 1900年8月25日)は、ドイツの哲学者・古典文献学者。
 
 
  【話題の本】『超訳 ニーチェの言葉』フリードリヒ・ニーチェ著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  読めば納得、「一日の終わりに反省しない」「喜ぼう。この人生、もっと喜ぼう。喜び、嬉しがって生きよう」といった、まっとうで読みやすい自己啓発本らしい警句や断章232編が収録されている。
 
 
  「なぜ人を殺してはいけないの?」に、ニーチェがマジレスしたら   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  どうなるんだろう。というわけで、ニーチェ「善悪の彼岸・道徳の系譜」の解説です。  哲学は形而上学とも呼ばれています。メタフィジカルな学問だというのです。つまり物理的・現実的(フィジカル)なことにたいしてどのように人間が取り組むかという、現実(フィジカル)より上位(メタ)の構造・ルールについて研究するのです。たとえば、人間の肉体がどのような仕組みで動いているかというのはフィジカルな話ですが、人間はどのように生きているのか・どう生きるべきなのかというのは、メタフィジカルな話です。
 
 
  『超訳 ニーチェの言葉』 短くてタイムリーなメッセージを受信しましょう!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  土足で入る人とはつきあわない. 親しくなれば相手の私事に立ち入ってもかまわないと考えているような種類の人間とは、決してつきあわないことだ。 『超訳 ニーチェの言葉』より
 
 
  ニーチェ  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニーチェ  画像検索 - Google
 
 
  ニーチェ  動画検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニーチェ  動画検索 - Google
 
 
  ニーチェ入門 [新書]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルサンチマンの泥沼のなかで「神」や「超越的な真理」に逃避するのか、あるいは「永遠回帰」という「聖なる虚言」に賭け、自らの生を大いに肯定するのか?二十世紀思想最大の震源地ニーチェの核心を果敢につかみ、その可能性を来世紀に向けて大胆に提示する、危険なほどに刺激的な入門書。
 
 
  超訳 ニーチェの言葉 [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「神は死んだ」という主張やナチズムとの関わりを噂されるなど、様々な伝説に彩られた孤高の哲人だが、実は彼は、ほとばしる生気、不屈の魂、高みを目指す意志に基づいた、明るく力強い言葉を多数残している。 本書では、それらの中から現代人のためになるものを選別した。心ゆくまで、あなたの知らなかったニーチェの世界を堪能していただきたい。
 
 
ツァラトゥストラ/本
     
フッサール.1859  
エトムント・フッサール
  エトムント・フッサール (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エトムント・グスタフ・アルブレヒト・フッサール(1859年4月8日 - 1938年4月27日)は、オーストリアの数学者・哲学者である。 初めは数学基礎論の研究者であったが、哲学の側からの諸学問の基礎付けへと関心を移し、全く新しい対象へのアプローチの方法として「現象学」を提唱するに至る。 現象学運動は20世紀哲学の新たな流れとなり、マルティン・ハイデッガー、ジャン=ポール・サルトル、モーリス・メルロー=ポンティらの後継者を生み出し、学問のみならず政治や芸術にまで影響を与えた。
 
 
  フッサール伯父さん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  最近は現象学とヌーソロジーの関係を整理する意味で、現象学中心のお勉強を続けているのだけど、現象学の祖であるフッサール伯父さん(どことなく怒った時のカーネル伯父さんに似ている)には何とも共感してしまう自分がいる、というか、ひょっとしてワシはフッサール伯父さんの出来の悪い霊統ひ孫ではないか、なんて思ったりもする。
 
 
  フッサールの現象学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「純粋経験論」に入る前にもう一人、重要な思想家を取り上げておきましょう。その人の名は西田より11歳年上のフッサール(1859〜1938)です。はじめに断っておきますが、私のフッサール解釈は、フッサールを最も分かりやすく解説してくれている竹田青嗣の受け売りです。
 
 
  YouTube - フッサール   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - フッサール  誰と、何を話しているのかは、分からないが、動いているフッサールを見れるのは凄いことです。&#65279;
 
 
  雑誌『フッサール研究』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雑誌『フッサール研究』
 
 
  フッサールとソシュール   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  最近,トトロ先生からご指導いただいて,フッサールとソシュールの「さわり」を勉強した。 そうしたら,自分の研究の意義がすごくクリアになった。 乳幼児期の子どもが造形活動をする場面で保育者がかける言葉かけがどれほど大切か,改めて本当によくわかった。
 
 
  フッサール × ハイデガー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「現象学」というものを始めたフッサールの一番弟子と思われていたハイデガーは、『存在と時間』をフッサールに捧げたが、同時にそれは強力なフッサール批判でもあった。 フッサールの「現象学」は、我々の意識に直接的に現れてくるもの、つまり「現象」を出発点にするということだった。
 
 
  フッサールの方法とその諸問題   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このレジュメの目的は、エドムント・フッサール(1859−1938)の思想理解と、彼の用いた術語を理解することにある。そのために、まず現象学的還元(ph&auml;nomenologische Reduktion)に端を発するフッサールの学的態度を一通り示し、そこで出てくる概念の説明を試みる。それから先行思想との関係、フッサールの思想における難点の追求へと進む。
 
 
  フッサールとベルクソン - 有斐閣   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フッサールとベルクソン -- 生誕150年 (哲学雑誌 第124巻 第796号)
 
 
  フッサール哲学における発生の問題   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャック・デリダが20代で書き上げた最初の著作である。1953年から54年に修士論文として執筆され、周囲の強い勧めにより1990年にようやく刊行された。 本書でデリダは「発生」の問題を導きの糸として、驚くべき精密さでフッサールの思考の道程を辿っていく。
 
 
  フッサール幽霊学とハイデガー死者論   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回のお題は「死の儀礼」。 他者という概念は死者を埋葬する儀礼の発生と起源的には同一であるのではないか・・・という人類学的にまったく根拠のない妄説を思いついたので、それを展開してみる。
 
 
  現象学とは何か − フッサールを読む    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現象学的思考の特質は、あらゆる先入見を排し、意識に直接現われたもの、直観されたものに対し、内在としての絶対性を認める点にある。…
 
 
  【フッサール, エドムント】 - 哲学の劇場   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1859年04月09日、オーストリア帝国下のプロスニッツ(現在チェコ共和国)に生まれる。1868年、ウィーンのレオポルトシュタット実業高等中学に入学。途中オルミュッツ高等中学へ転校(1876)。ライプツィッヒ大学入学。天文学、物理学、数学、哲学を学ぶ。1878年にベルリン大学へ転校。L.クロネッカー、K.ヴァイヤーシュトラースに師事し数学を研究。1881年、ウィーン大学へ移り論文「変分法への寄与」(1883)により学位を取得。
 
 
  フッサールの志向性と生活世界とは何か   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイデガーの『存在と時間』を読み続けているが、思うに、フッサールによる現象学の基があったればこそ、ハイデガーは現象世界を存在論的に精密化できたのである。
 
 
  フッサール『現象学の理念』 (立松弘孝訳)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  久しぶりにフッサールを読んだ。『現象学の理念』は、院生の頃通っていた古本屋のタグがついているので、もう20年近く前に買ったのだと思う。奥付も1988年 24刷となっている。挟まれていた「通信用カード」の切手の部分に「差出有効期間昭和65年2月10日まで」とある。
 
 
  フッサール研究会/フッサール研究国際会議   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2002年3月16日(土)・17日(日)、創立記念・第1回研究会が開催されました。参加者は、呼びかけ人ならびに参加申込者から当日飛び入り参加者も含めて、56名でした。 その際、総会の場で、次のような設立の主旨が確認されました。
 
 
  フッサールの数理哲学に関する諸論文の説明   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フッサール初期の著作には『算術の哲学』が在るが、これの第二巻を目論んだ10篇から成る草稿
 
 
  フッサールな人は苦労するだろうけど憎めない   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  どうでもいいことなんだけれども,フッサールな人(フッサール的な生き方を志向している人)やフッサールが好きな人ってのは,生きていく上でとても苦労するんだろうな,とふと思いました。しかし,こゆ人は個人的に憎めない,というか愛すべき人間なんだよな,とも思う。
 
 
  エトムント・フッサール - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エトムント・グスタフ・アルブレヒト・フッサール(Edmund Gustav Albrecht Husserl IPA:, 1859年4月8日 - 1938年4月27日)は、オーストリアの数学者・哲学者である。
 
 
  フッサール『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  基本的に、いいたいことは前に紹介した『イデーン』や『デカルト的省察』と変わらない。 面白いのは、どのように自然が「数学化」、つまり、世界はすべて数値化できる、といった考えが発生してきたのか、を、仔細に明らかにしてる点だ。 なぜ諸学問は危機に陥ったのか。そしてそれを、なぜ現象学が救うことができるのか。 この問題に取り組む、フッサールの相変わらずの意気込みに感動する。
 
 
  現代哲学>現象学と実存主義>フッサール - 哲学入門   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現象学の成立:『論理学研究』にみられるフッサールの前期の現象学は、「記述的心理学」とも呼ばれました。この第一巻において彼は、イデア的客観性を認める立場から「純粋論理学」を構想しましたが、第二巻では記述的心理学によってこの論理学を基礎づけようと試みたわけです。
 
 
  フッサール現象学の生成 方法の成立と展開 - 東京大学出版会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  20世紀の思想に大きな影響を与えたフッサール現象学.未公刊である『イデーンII』の原草稿などを駆使し,最初期から最晩年までの思索を辿りながら,その方法の全貌を明らかにする.ハイデガー,メルロ=ポンティ,レヴィナス,デリダらがなした批判に対して,フッサール現象学のもつ意味を捉え直し,現代的意義を探る.
 
 
  フッサールの現象学#2 現象学始まりとその方法 - 知識の積み木   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  心理主義から現象学へ:フッサールはまず最初に数学・論理学の基盤を心理作用や心理構造を扱う心理学に求めた。しかし結局、数学・論理学といったアプリオリな領域を扱う厳密学が、心理学というアポステリオリな領域を扱う精密学では正当化できないという結論に至る。/現象学的還元
 
 
  フッサールの現象学について理解するには - 質問・相談ならmsn相談箱   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フッサールを読み込んで評論家&哲学者になった竹田青嗣の書籍にあたってみてはいかがでしょうか。読みやすく分かった気になれる「哲学への誘い」は定評がありますね。
 
 
   デリダ追悼(1) ― デリダのフッサール理解について(思い出の写真付き)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私の大学時代(立正大学で教えていた頃)の教え子から早朝メール(先生、9日夜にデリダが亡くなりましたね。74歳。まだ若いです。膵臓がんだそうです。(仏語のソースを読んだだけなので、間違えていたらすみません)。〈脱構築〉の概念を最初に教わったのは、芦田先生の授業だったかと思います。デリダのテクストは難解でした… )が来て知った。
 
 
  フッサール [文庫]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイデガー、メルロ=ポンティなど現代の哲学者に多大な影響を与えたフッサール。ユダヤ人の旧家に生まれ、数学に秀れた才能を発揮した学究の徒は、なぜ哲学研究に転じ、二十世紀諸学に多面的な役割を果たす現象学を確立するに至ったのか。本書はその生涯をたどる一方、主著『論理学研究』『イデーエン』などを抄訳。たび重なる転回にもかかわらず、深く首尾一貫した研究思索を明らかにした力作。
 
 
  エトムント・フッサール の書籍一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エトムント・フッサール の書籍一覧
 
 
  フッサール 起源への哲学 [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一生涯が賭けられた〈「問い」――「現象学」〉とは「世界が現象する」とはどういうことなのか。フッサールの問題系に気鋭の哲学者が挑む。驚きに満ちた「現象学」解読の、そしてフッサール解体の試み。
 
 
ベルクソン.1859
アンリ・ベルクソン
  アンリ・ベルクソン (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アンリ=ルイ・ベルクソン(1859年10月18日 - 1941年1月4日)は、パリ生まれのフランスの哲学者。高等師範学校では、カントを奉じる新カント派一色であった当時の教授陣への反発と、ハーバート・スペンサーの著作を熟読して受けた実証主義・社会進化論の影響のもとに、自己の哲学を形成する。… ベルクソンは、実在を持続の流動とする立場から、心(記憶)と身体(物質)を持続の緊張と弛緩の両極に位置するものとして捉えた。そして、その双方が持続の律動を通じて相互にかかわりあうことを立証した。
 
 
  ベルクソンとは   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  よく、当時の教授連がカント哲学の信奉者であったのに対してベルクソンは反発していた、という話が語られますが、実際のところは微妙ですし、どういう種類の反発であったのかもはっきりしません。
 
 
  ベルクソン著「笑い」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ポーランド系ユダヤ人を父として、パリに生まれたフランスの哲学者。 リセで古典学と数学を深く修めたあとに入学した高等師範学校では、カントを奉じる新カント派一色であった当時の教授陣への反発と、ハーバート・スペンサーの著作を熟読して受けた実証主義・社会進化論の影響のもとに、自己の哲学を形成する。
 
 
  ベルクソン × カント   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベルクソンの、独自の哲学構築の実質的な出発点となった『意識に直接与えられたものに関する試論』のタイトル、「時間と自由」とは、実はベルクソン自身が付けたものではない。…
 
 
  ベルクソン哲学研究会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベルクソン哲学研究会の活動をお知らせするページです。
 
 
  今なぜベルクソンなのか   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベルクソンについて論じた檜垣立哉氏の「時間と生命の問い」という解説論文(ベルクソン著『哲学的直観』中公グラフィックス)は、なかなか読み応えがあった。 「ある」とは、流れていくこと。それはメロディーに似ている・・というベルクソン独特の実在論が現代思想においていかなる意味をもつのか、詳しく論考している。
 
 
  ベルクソン × ブラウワー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  数学的実在なるものが存在すると確信する数学のプラトニストたち対して、構成主義者たちは、数学的対象は、我々から独立に実在しているのではなく、むしろ我々の精神の自由な所産であると主張する。…
 
 
  Bergson studio――中村昇   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベルクソンの主著は、『意識の直接与件に関する試論』(翻訳名『時間と自由』1889)、『物質と記憶』(1896)、『創造的進化』(1907)、『道徳と宗教のニ源泉』(1932)の4冊です。
 
 
  ベルクソン - Henri Bergson   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベルクソンの主著『創造的進化』(1907年)が出版されて一世紀がたちました。当時全世界で反響を呼んだこの哲学書は、生命概念の刷新を中心として数々の問題提起を行ったものですが、その思想の意義は、その後人類が直面していくことになる諸問題の中でますます際立ったものになりつつあります。
 
 
  ベルクソン哲学 - notes >思想   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  最近アンリ・ベルクソンを読み返しているのだが、持続、時間、「動き」に関する根本思想はなかなかおもしろい。 まさに持続し、「動くもの」であると言える音楽芸術については、ベルクソン哲学を援用してみるとおもしろいかもしれないと思った。
 
 
  生命の哲学の構築に向けて(1)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第1章 生命の哲学とは何か/第2章 アンリ・ベルクソンの生命の哲学/第3章 ハンス・ヨーナスの生命の哲学
 
 
  直観 (ベルクソン) - 教えて!goo   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  まずベルクソンは人間の生命や意識の本質を「時間」ととらえていますよね。
 
 
  【ベルクソン, アンリ】 - 哲学の劇場   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1859年10月18日、パリに生まれる。父ミシェル・ベルクソンはユダヤ系ポーランド人の音楽家、母はイギリス人。アンリは四男三女の二男。1878年、エコール・ノルマル・シューペリュール(高等師範学校)入学。…
 
 
  ベルクソン65 - Kawolleriaへようこそ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「生命には物質の下る坂を遡ろうとする努力がある。分析はそうした努力をたよりに、物質性とは逆の過程が自分を中断するだけで物質を創造するものとしてありうること、なければならぬことを垣間見せてくれる」(岩波文庫『創造的進化』291頁)
 
 
  ベルクソンのイマージュに関する試論   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1、ベルクソンの議論にみられるイマージュとは何かということについて  〜「『物質と記憶』第一章 身体の役割」より〜
 
 
  哲学の名言・格言  ベルクソン 『笑い』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  純粋に理智の人たちの社会においては、人は多分もはや泣くということはないであろう。 だが、依然として恐らく笑うことはあるであろう。
 
 
  アンリ・ベルクソン - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アンリ=ルイ・ベルクソン(Henri-Louis Bergson, 1859年10月18日 - 1941年1月4日)は、パリ生まれのフランスの哲学者。
 
 
  ベルクソンの時間論  Puis Sang-soo's Red Notebook   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  はるか古い時代から、時間は人々の思考を誘うテーマであるが、昔の人がどう考えてきたかの軌跡はここではひとまず措く。ベルクソンにとって時間とは持続である。それは時計のなかに見出すことのできる時間とは異なる。というより、そのような数量化された時間に対する批判としてあるといえるかもしれない。
 
 
  デ・ランダのドゥルーズ論から小林秀雄のベルクソン論の封印解除へ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このコーナーと共同戦線を張っている三省堂書店神田本店4F哲学思想書売場の洋書情報から。ソシュールの『一般言語学草稿』(2002年、ミニュイ)がまたしても売切、予想通りとはいえ、ソシュール熱は冷めませんね。…
 
 
  ベルクソン [文庫]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  事象そのものに向かい、具体的な事象の屈曲にそっていく方法を特徴とするベルクソンの哲学。本書は第1部でベルクソンの生涯と思想を概観し、第2部では、「ベルクソン自身によるベルクソン」というスタイルでベルクソン自身の言葉のみによる『物質と記憶』『創造的進化』などの4大主著を紹介し、更に第3部でベルクソンの他領域への広がりにも言及した。
 
 
  ベルクソンとの対話 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「ベルクソンに手紙を書いて面会を求めたが、1906年2月18日日曜日に来るようにという返事が来た。この日、私は、10時半に門をくぐり、昼食の時間が来るまで、ベルクソンと席をともにした。 ベルクソンとのこの最初の対話は、はっきりと記憶に残っている。私はたいへん興奮していたが、ベルクソンは親切に、しかも気軽に迎えいれてくれ、私の気持はすぐにくつろいだ。
 
 
  ベルクソン『思想と動くもの』(岩波文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここだけの話、ベルクソンはヨイ。 ギブソニアンなんてのは、ベルクソンを読んだこともなければ想像したこともない連中のことをいうんだろう。(今じゃさっぱりの)ニューサイエンス野郎というのも、ベルクソンを読んだこともなければ想像したこともない連中のことをいうんだろう。
 
 
  フッサールとベルクソン - 有斐閣 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フッサールとベルクソン - 有斐閣 <書籍>
 
 
  ベルクソン―“あいだ”の哲学の視点から [新書]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人間はどこから来て、どこへ行くのか? 19世紀の科学革命の成果を取り入れながら、このテーマについて根本的な問題提起を行なったベルクソンの思索の跡をたどり、その現代的意味を考える入門書。
 
 
リッケルト.1863
ハインリヒ・リッケルト
  ハインリヒ・リッケルト (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハインリヒ・リッケルト(1863年5月25日 - 1936年7月25日)は、ドイツの哲学者。新カント派の西南ドイツ学派の代表的な人物として知られる。ベルリン大学から、1885年にシュトラスブルク大学へ移り、1888年、『定義論』で博士号を取得。1891年に『認識の対象』を執筆。1896年、フライブルク大学の正教授になる。リッケルトは、自然科学に対し歴史諸科学は、政治・経済・芸術などの文化価値からみて重要な個性的特徴だけを把握するものであると主張し、「文化科学」の名を与えた。
 
 
  リッケルト <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  リッケルト <関連書籍>
 
 
  ハインリヒ・リッケルト - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハインリヒ・リッケルト(Heinrich John Rickert, 1863年5月25日 - 1936年7月25日)は、ドイツの哲学者。
 
 
  認識の対象 リッケルト著 山内得立訳 - 復刊リクエスト投票   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  実証主義の研究から出発したリッケルト(1863‐1936)は,後に先験論的観念論・価値論的文化哲学の立場を確立して,新カント派の代表的哲学者のひとりと目された.本書は,西田幾多郎によって「リッケルトの哲学を理解するには是非とも此書から始めねばならぬ」と評された,認識論の主著である.(岩波書店ホームページより)
 
 
  認識の対象 [文庫]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  認識の対象 [文庫]  リッケルト (著), 山内 得立 (翻訳)
 
 
ウィトゲンシュタイン
ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン
  ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ウィトゲンシュタイン (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ウィトゲンシュタイン(1889年4月26日 - 1951年4月29日)はオーストリア・ウィーン出身の哲学者。言語哲学、分析哲学に強い影響を与えた。ケンブリッジ大学にて『論理哲学論考』を著す。 プラトン以来およそすべての西洋哲学者の間では、哲学者の仕事は解決困難に見える問題群(「自由意志」、「精神」と「物質」、「善」、「美」など)は哲学者たちが言語の使い方を誤っていたために生じた偽物の問題にすぎないとウィトゲンシュタインは喝破した。
 
 
  前期ウィトゲンシュタイン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本書は言語と行為の関係を心理学的経験的にではなく、哲学的超越論的に論じる。その出発点となるのがウィットゲンシュタインの言語哲学である。後期の思想は、次の節で扱うこととして、まずは、『論理哲学論考』を中心にウィトゲンシュタインの写像理論を見ていくことにしよう。
 
 
  後期ウィトゲンシュタイン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウィトゲンシュタインの哲学は前期と後期で決定的に異なるわけではないが、前期では、世界を等質的な単位から組立て可能/計算可能とする近代科学のイデオロギーの権化であった初期分析哲学の立場に近かったのに対して、後期では、世界を所与の全体性として理解する解釈学的傾向にある。
 
 
  フレーゲ × ウィトゲンシュタイン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フレーゲの論理学に、認識の問題が(つまり主観の問題が)入り込むのは、同一性の概念を巡っての、「意味Sinn」と「指示Bedeutung」の区別を通してである。…
 
 
  ウィトゲンシュタインと二重帝国軍   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  前回に続いてですが、オーストリア陸軍はどのような軍隊だったのでしょうか。 今世紀を代表する哲学者のウィトゲンシュタインはオーストリア軍に従軍していました。そしてその時のことを手記に残しています。それで雰囲気を説明できればと思います。
 
 
  後期ウィトゲンシュタインと独我論   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この論文は、後期ウィトゲンシュタインの主要な成果である、言語の意味を内的出来事に還元する考え方の否定の際にとられた、行動主義的方法の裏面(1)と考えられる「独我論的方法」について考えてみたい。
 
 
  ちょっと立ち読み『ウィトゲンシュタイン』 - 白水社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  それじゃ、それぞれの時期に、ウィトゲンシュタインが、どんなことを考えていたのかざっとふりかえりましょう。まずは、前期から。…
 
 
  ウィトゲンシュタイン  Ludwig Wittgenstein( 1889-1951)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二十世紀の哲学を「言語論的転回」と特徴づける人は多い。その一つの中心にあるのがウィトゲンシュタインである。 ウィトゲンシュタインの哲学は、『論理哲学論考』に代表される前期哲学と、『哲学探究』を中心とする後期哲学とに分かれている。 両者は、ある意味で正反対の立場に立つものだが、一貫して「言葉とは何か」「意味とは何か」という問いに貫かれている。
 
 
  ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ウィトゲンシュタイン(Ludwig Josef Johann Wittgenstein 1889年4月26日 - 1951年4月29日)はオーストリア・ウィーン出身の哲学者。
 
 
  ウィトゲンシュタイン 「私」は消去できるか - 地球人スピリット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  思えば、ちょうど40歳のヘルマン・ヘッセが「芸術家と精神分析」を書き、ユングの精神分析を受けていたころ、かたや30歳のウィトゲンシュタインは「論理哲学論考」を書き終え、その出版の機会をうかがっていた。出版されたのは、1922年、まさにヘッセの「シッダールタ」が出版されたのと、同じタイミングだった。
 
 
  他者とは「異なる論理空間」の別称にほかならぬか - 内田洋平 BLOG   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  5.6 私の言語の限界が私の世界の限界を意味する。 5.61 論理は世界を満たす。世界の限界は論理の限界でもある。 それゆえわれわれは、論理の限界にいて、「世界にはこれらは存在するが、あれは存在しない」と語ることはできない。
 
 
  分析哲学史#2 ケンブリッジ学派(ウィトゲンシュタインとG.E.ムーア) - 知識の積み木   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  次に見るのは、フレーゲとラッセルという先駆者が開拓した革新的な論理学による言語的転回から生まれた、新たな天才ウィトゲンシュタインの哲学は前期と後期で根本的に異なる哲学を展開する。そして、そのどちらも後世に多大な影響を与えることになる(前期は論理実証主義に、後期は日常言語学派に影響する)。そのため、ここでは別々に見る。
 
 
  ウィトゲンシュタイン 【新装版】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウィトゲンシュタインは生前、一冊の書物、一篇の論文を公刊したにすぎない。しかし、彼はまぎれもなく20世紀の思想史に屹立する天才であり、われわれは彼の書に幾度でも回帰しなければならないであろう。
 
 
  ウィトゲンシュタイン入門 [新書]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世紀末のウィーンに生まれ、20世紀初頭の英国ケンブリッジを舞台に活躍した天才哲学者ウィトゲンシュタイン。ユダヤ系の鉄鋼財閥の裕福な家庭に育ちながら、その後たどった数奇な生涯と一風変わった人となりによって、彼の思想の全貌はいまも神秘的な色彩を帯びている。彼が生涯を賭けて問いつづけた「語りえないもの」とは何か。初期の写像理論から中期の文法理論、後期の言語ゲーム理論へと展開する独特のアイディアにみちた思想の核心にわけ入る清新な魅力にあふれた入門書。
 
 
  ウィトゲンシュタインに関する参考書籍   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウィトゲンシュタインについての研究書や読み物は、非常に多く出版されています。多すぎるほどです。基本的には好みで選べばよいのですが、選択肢が多すぎて困ってしまう人は、ここに挙げてあるものを参考にしてください。
 
 
ハイデッカー.1889
『芸術作品の根源』
  マルティン・ハイデッガー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マルティン・ハイデッガー(1889年9月26日 - 1976年5月26日)は、ドイツの哲学者。現象学の手法を用い、存在論を展開した。また、後の実存主義などに大きな影響を与えた。その中心的努力は、解釈学的現象学、現象学的破壊、存在の思索といった時期とともに変遷する特徴的思索をもって、伝統的形而上学を批判し、「存在の問い」を新しく打ち立てる事に向けられた。その多岐に渡る成果は後に現代哲学に多大な足跡を残し、20世紀の世界の哲学・人文諸科学にもっとも重大な影響力を及ぼした。
 
 
  ハイデッカーの名言 - ウェブ石碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  良心は、ただただつねに沈黙という形で語る。  /  経験をつんだ人は、物事がこうであるという事を知っているが、なぜそうであるかということを知らない  /  みずからの「世代」の中で、その「世代」とともに生きるという、現存在に避け難い運命が、その現存在に固有な全体の出来事を構成する
 
 
  ハイデッカーとナチの関係で絶えぬ論争   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  以下はNYタイムズからの引用である、哲学者ハイデッカーに関する論争である。以前から問題化していることであるがハイデッカーとナチズムの関りである。その根底にあることは何なのか、邪悪なことに手を染めた人間から崇高な思想は生まれることはないということなのであろうか。
 
 
  アカデミック・フールを越えて ――ハイデッカーとナチズム    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイデッガーに彼のナチズム加担(コミットメント)の問題をかなり卒直に問いただした『シュピーゲル』誌のインタヴユー(一九七六年第23号)が公開されたのに乗じて、内外のハイデゲリアンはまたしても心情一的なハイデッガー擁護論を展開しはじめた。だが、問題は、誰のために、いかなる現実との関連で、いかなる方向でハイデッガーを擁護するのかである。
 
 
  存在と時間〈上〉 [文庫]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1927年に刊行されるや、ドイツの哲学界に深刻な衝撃をもたらした、ハイデッガーの最初の主著。《存在》の諸相をその統一的意味へさかのぼって解明すること、そして、存在者の《存在》を人間存在(=「現存在」)の根本的意味としての《時間》性から解釈することを主旨として、「現存在の準備的な基礎分析」と「現存在と時間性」の二編から構成する。  存在と時間〈下〉
 
 
  ハイデッカ−の哲学 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイデッカ−の哲学 <書籍>  三宅剛一 著
 
 
  ハイデッカー『存在と時間』註解 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代思想に計り知れない影響を与え続けているハイデッガーの『存在と時間』。しかし、難解をもって知られるこの書を読み解くのは並大抵のことではない。本書は、綿密かつ複雑な哲学概念で構成されている『存在と時間』を、「存在への問い」というひとつの方向に向けて整理し、全83節のハイブラウな哲学論議を、学問的水準を保ちつつ、くだけた筆に乗せてその思考の筋道を解き明かす。
 
 
サルトル.1905/
     
哲学/
     
哲学名言集
ピタゴラス像(ローマ・カピトリーノ美術館)
  地球の名言   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球に伝わる名言の数々を集めました。 先人達の言葉が未来へ…そしてあなたへ届きますように。   偉人名言/名言/色紙に名言/地球/人生の名言
 
 
  世界史の名言集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界史の名言集  (前7世紀 前6世紀 前5世紀 前4世紀 前3世紀 前2世紀 前1世紀 2世紀 15世紀 16世紀 17世紀 18世紀前 18世紀後 19世紀前 19世紀後 20世紀前)
 
 
  ウェブ石碑 名言集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フリー百科事典『Wikipedia』で調べる/『amazon.co.jp』で関連書籍を調べる/『Yahoo!』、 『Google』で調べる
 
 
  名言一覧 (偉人たちの名言集)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名言一覧 (偉人たちの名言集)
 
 
  英語の名言・格言・ことわざ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  色は褪せ、寺院は朽ち果て、帝国は滅びる。しかし、賢者の言葉は残る。 エドワード・ソーンダイク
 
 
  やる気が湧いてくる偉人の名言15 (2015/9/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「明日からまた頑張ろう」とやる気が湧いてくる偉人の名言を紹介している/ヘレン・ケラーの「希望と自信なくして何も達成することなどできない」/トーマス・エジソンの「私たちの最大の弱点は諦めることである」など。        
 
 
  成功者たちが胸に刻んでいる名言 (2015/10/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  成功者たちが影響を受けた名言を紹介している/「馬鹿者」と思われる覚悟が必要、ルーティンワークがないゴールは絵空事/いつも最高の自分でいるように心がけ、他人のマネをしてはいけない。
 
 
宗教哲学
世界七大宗教
  宗教哲学 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宗教哲学(しゅうきょうてつがく)とは、宗教の存在意義や本質を究明する哲学の一分野である。 宗教哲学は哲学的アプローチから、多くは真理や絶対者(神)の存在性などを考察する。宗教哲学は神学や仏教学のように聖職者や僧職を養成する分野ではないが、各宗教の教義を理解するために、聖書やコーランなどの聖典を精読する必要があり、宗教学と兼ねて研究される場合が多い。このため両者の関連は深い。
 
 
  宗教哲学会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2008年7月に、旧 京都宗教哲学会は宗教哲学会へと名称を変更し、宗教哲学・宗教学研究の発展を目指す全国学会として新たな一歩を踏み出しました。 会誌『宗教哲学研究』の刊行と研究大会の開催を主な活動としています。
 
 
  宗教哲学レポート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  原始仏教を中心とした宗教哲学の基本概念 : 私の作成してきました「宗教哲学」のレポートをインターネットで公開することに致しました。このレポートは様々な宗教の考え方を総合的に学ぶことによって、その本質を理解し、そこから人としての生き方を学び取るということを主題としております。
 
 
  宗教哲学のすすめ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  広義の「宗教学」あるいは宗教研究一般は、非常に大雑把に言えば、客観的・記述的研究と主観的・規範的研究という二つのタイプに大別されるとされてきました。「宗教哲学」は普通、「神学」とともに主観的・規範的研究に分類されていますが、ある特定の宗教的信仰(キリスト教信仰)に基づく学問である「神学」とは区別される学問として、近代になって主としてヨーロッパにおいて形成されたものであると考えられています。
 
 
  私の現代宗教哲学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私は自分の専門分野を「現代宗教哲学」と称しています。宗教哲学の定義は、実際のところ、思想家ごとに多種多様です。また、宗教的哲学と宗教哲学の違いもあったりなかったりします。また、神学、とりわけ哲学的神学との関係も微妙です。別の機会に、様々な宗教哲学の定義を紹介したいとは思いますが、以下では、私自身が用いている「宗教哲学」の意味を、簡単に定義しておきたいと思います。
 
 
  波多野精一宗教哲学体系   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都学派生成期に西田幾多郎の同僚として三木清らを育て、禅仏教の色彩濃い京都学派の空気の中で、キリスト教宗教哲学の立場を明示した不朽の三部作を一冊に集成。
 
 
  宗教哲学入門 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宗教とは何か。その役割はどこにあるのだろうか。人は生あるかぎり「苦」を背負って歩む。物質的豊かさにもかかわらず、「退屈」と「不安」に苛まれる。手応えのない「空虚」な生に悩む。この現代的「苦」からの救済の道を、キリスト教、仏教、イスラム教という三大宗教はどのように指し示すのか。「信なき時代」における宗教の存在意義と課題を問い直す。
 
 
  宗教・哲学・思想 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宗教・哲学・思想 <関連書籍>
 
 
  「神」という謎―宗教哲学入門 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  科学的でないものを論じても意味がないか? 宗教は心の弱い者の逃げ場所か? 神と悪とは矛盾するか? この世界はどうしてあるか? 宗教について肩の力を抜いて考えたい人に向けた、分析的宗教哲学の定石。
 
 
  井上円了 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上 円了(いのうえ えんりょう、安政5年2月4日(1858年3月18日) - 大正8年(1919年)6月6日)は、仏教哲学者、教育家。 多様な視点を育てる学問としての哲学に着目し、後に東洋大学となる哲学館を設立した。また、迷信を打破する立場から妖怪を研究し『妖怪学講義』などを著した。「お化け博士」、「妖怪博士」などと呼ばれた。
 
 
  井上円了記念博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東洋大学井上円了記念博物館 東洋大学白山キャンパス5号館  1階 TEL. 03-3945-7224(代表)/03-3945-8764(博物館直通)
 
 
  井上円了 明治維新のお化け博士   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本が急速に近代化を始めた文明開化のこの時代、民間伝承の謎を解き明かそうと立ち上がった学者がいた。のちに“お化け博士”と呼ばれる井上円了である。 井上円了について語る前に、まず、当時の文明開化とはどのようなものだったのかを簡単に説明しておこう。
 
 
  井上 円了 作家別作品リスト:No.1021   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品:1. 甲州郡内妖怪事件取り調べ報告/2. 西航日録/3. 迷信解/4 妖怪学一斑/.5. 妖怪研究/6. 妖怪玄談/7. 妖怪報告  作業中の作品:28点
 
 
  井上円了(いのうえ えんりょう) - 観光   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1858年〜1919年) 安政5年、長岡市浦の真宗大谷派慈光寺の長男として誕生。 10歳から石黒忠悳のもとで漢学を学び、新潟学校第一分校(旧長岡洋学校)で洋学を学ぶ。明治11年、東本願寺の留学生として上京し、明治14年に東京大学文学部哲学科に入学。 明治、教育界においても「欧化主義」「実学主義」がもてはやされた時代に、井上円了は「哲学」を標榜し、「哲学会」を創設する。
 
 
  YouTube - 井上円了を追え!(予告編)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 井上円了を追え!(予告編)
 
 
  井上円了 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上円了 の画像 - Google
 
 
井上圓了.1858
哲学館の創立者井上円了は、1858(安政5)年に現在の新潟県長岡市浦の真宗大谷派慈光寺に長男として生まれる。10歳で明治維新(1868年)を体験。 井上圓了.1858 井上圓了.1858
  井上円了とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仏教哲学者。新潟県生。号は甫水、名は襲。東大卒。雑誌「東洋哲学」を創刊、「破唯物論」を刊行するなど仏教と東洋哲学の啓蒙に努める。哲学館を創設し、のちの東洋大学となる。大正8年(1919)歿、61才。
 
 
  井上円了 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上 円了(いのうえ えんりょう 井上圓了、1858年3月18日(安政5年2月4日) - 1919年(大正8年)6月6日)は、仏教哲学者、教育家。 多様な視点を育てる学問としての哲学に着目し、後に東洋大学となる哲学館を設立した。また、迷信を打破する立場から妖怪を研究し『妖怪学講義』などを著した。「お化け博士」、「妖怪博士」などと呼ばれた。  1 経歴 / 2 主な業績 / 3 著書 / 4 関連項目 / 5 外部リンク
 
 
  井上円了 - 長岡市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安政5年、長岡市浦の真宗大谷派慈光寺の長男として誕生。 10歳から石黒忠悳のもとで漢学を学び、新潟学校第一分校(旧長岡洋学校)で洋学を学ぶ。明治11年、東本願寺の留学生として上京し、明治14年に東京大学文学部哲学科に入学。 明治、教育界においても「欧化主義」「実学主義」がもてはやされた時代に、井上円了は「哲学」を標榜し、「哲学会」を創設する。
 
 
  ○井上圓了 - 波浮の港を愛する会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊豆大島波浮港の句碑<歴史をめぐる旅> 会の設立趣意書/会の設立要項/会のプロジェクト/オタイネの碑/町並み
 
 
  井上円了研究センター - 東洋大学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上円了研究センタートップ/ニュース/センター概要/創立者 井上円了について: 東洋大学の創立者・井上円了は、安政5(1858)年に新潟県越路町の慈光寺に生れました。10歳の時に明治維新(1868年)を体験して、その年から漢学を学び、つぎに洋学校で洋学などを学びました。その後、京都の東本願寺(真宗大谷派)で給費生に選ばれて、創立間もない東京大学に入学しました。 ここで、ギリシャを発祥の地とする「哲学」と出会い、「真理は哲学にある」ことを確信しました。/出版情報/問い合わせ先
 
 
  井上 円了 - 作家別作品リスト:No.1021   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品: 1.欧米各国 政教日記/2.甲州郡内妖怪事件取り調べ報告/3.失念術講義 (旧字旧仮名/4.西航日録/5.南半球五万哩/6.迷信解/7.妖怪学/8.妖怪学一斑/9.妖怪研究/10.妖怪玄談/11.妖怪談/12.妖怪報告
 
 
  狐狗狸さん(こっくりさん)を暴いた井上円了 (2013/10/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  数年前に大ブームとなり、禁止する動きまであった「コックリさん」は今でもそのやり方を知っている人は多いのではなかろうか。 しかしそれがどこに起源があり、果たして本当に霊的な現象であるのか否か、を見事暴いたのは妖怪博士である井上円了その人であることを知っている方は少ないであろう。…
 
 
  妖怪学の祖 井上圓了 (角川選書): 菊地 章太:: 本 - Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  妖怪学の祖 井上圓了をご覧になった人は、こんな商品もご覧になっています: 井上円了と柳田国男の妖怪学/妖怪談義 (講談社学術文庫)/新潟県人物小伝 井上円了
 
 
  井上圓了 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上圓了 の画像 - Google
 
 
  井上円了 の画像 - Gooogle   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上円了 の画像 - Gooogle
 
 
内村鑑三.1861
内村鑑三記念文庫 内村鑑三 (うちむら・かんぞう)
  内村鑑三 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  内村 鑑三(うちむら かんぞう、1861年(万延2年)3月26日- 1930年(昭和5年)3月28日)は、日本人のキリスト教思想家・文学者・伝道者・聖書学者。福音主義信仰と時事社会批判に基づく日本独自のいわゆる無教会主義を唱えた。高崎藩士内村宜之の長男として江戸小石川に生まれる。東京英語学校(後の東京大学予備門)に入学して3年後の明治9年(1876年)、札幌農学校に入学する。新渡戸稲造、宮部金吾らと同級生となった。 明治11年(1878年)6月にM.C.ハリスから洗礼を受ける。
 
 
  内村鑑三語録   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  HOME / 内村鑑三トップ / 写真で読む内村鑑三 / 内村鑑三日記・書簡 / 内村鑑三と韓国朝鮮
 
 
  内村鑑三記念堂  石の教会    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自然の協会 : 内村鑑三は、神のつくった天然(自然)の中には神の生命が宿っている。つまり、「天然(自然)の協会」とは、神の生命が形となって現れた教会である。と言った。
 
 
  内村鑑三  近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京生まれ。宗教家、思想家。父は高崎藩士。札幌農学校卒業後、農商務省等を経て米国へ留学。帰国後の明治23年(1890)第一高等中学校嘱託教員となる。24年(1891)教育勅語奉戴式で拝礼を拒んだ行為が不敬事件として非難され退職。以後著述を中心に活動した。
 
 
  代表的日本人キリスト者  内村鑑三     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自分は2つのJを愛する。 ひとつはジーザス・クライスト(Jesus Christ)であり、ひとつはジャパン(Japan)日本である。 2つのJ−イエスと日本−そのどちらをより多く愛するか、自分は知らない。
 
 
  内村 鑑三 作家別作品リスト:No.34   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1861.3.26〜1930.3.28。思想家。キリスト教の神髄は聖書の中にこそあるとして、個人による聖書研究を重視し、教会や典礼といった制度、形式を退ける無教会主義の創始者。高崎藩士の長男として江戸に生まれ、有馬英学校などを経て、札幌農学校に二期生として入学。ここで、「少年よ大志を抱け」で知られるウィリアム・クラークに感化を受けて、キリスト教徒となる。
 
 
  内村鑑三記念文庫 - 国際基督教大学図書館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  内村鑑三から教えを受けた人々から成る「内村鑑三先生記念文庫設置世話人会」が収集した各種資料をもとに1964年に発足しました。その後ICU図書館が、内村鑑三に関連する図書や資料を継続して収集しています。
 
 
  内村鑑三 - 京都大学文学部 日本哲学史研究室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高崎藩士・内村宜之の長男として、江戸小石川に生まれる。1874(明治7)年、東京外国語学校(のち東京大学予備門)に入学。1877(明治10)年、札幌農学校第2期生として入学許可。東京外国語学校から札幌農学校にかけて太田(新渡戸)稲造、宮部金吾と同級。彼らと共に、1878(明治11)年、メソヂスト監督教会宣教師M・C・ハリスより受洗。
 
 
  代表的日本人 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  内村鑑三(一八六一―一九三〇)は,「代表的日本人」として西郷隆盛・上杉鷹山・二宮尊徳・中江藤樹・日蓮の五人をあげ,その生涯を叙述する.日清戦争の始まった一八九四年に書かれた本書は岡倉天心『茶の本』,新渡戸稲造『武士道』と共に,日本人が英語で日本の文化・思想を西欧社会に紹介した代表的な著作である.読みやすい新訳.
 
 
  内村鑑三 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  内村鑑三 の画像 - Google
 
 
鈴木大拙.1876
鈴木大拙の日本的霊性 『天界と地獄』を和訳した頃の鈴木大拙
  鈴木大拙 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鈴木 大拙(すずき だいせつ、本名:貞太郎〔ていたろう〕、1870年11月11日(明治3年) - 1966年7月12日) は、禅についての著作を英語で著し、日本の禅文化を海外に広くしらしめた仏教学者(文学博士)である。石川県金沢市本多町に、藩医の四男として生まれる。1949年に文化勲章、日本学士院会員。梅原猛曰く、「近代日本最大の仏教者」。同郷の西田幾多郎、藤岡作太郎の三人は石川県立専門学校(後の第四高等学校)以来の友人であり加賀の三太郎と称された。
 
 
  鈴木大拙の出会い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ビアトリス(夫人)なし、に西田幾多郎なし、おこの(手伝いの人)さんなし。このように寂寥のなかでの一人が極まる昭和24年(大拙79歳)という年は、大拙にとってまた、第二回の長期海外生活の始まる年になった。敗戦後四年のこの年、招かれてアメリカにわたり、以後、諸大学での禅、禅文化、仏教思想などをテーマにした客員講義が十年にわたって続く。
 
 
  鈴木大拙の日本的霊性   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作者は女性ゆえ、十分の敬意を表し度いが、それ以上には出られない。「枕草子」にしてもその通り、「源氏」の重厚に比して俊敏はあるが、それだけのはなし。思想において、情熱において、意気において、宗教的あこがれ、霊性的おののきにおいて、学ぶべきものは何もない。
 
 
  鈴木大拙師の思想に学ぶ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界的な仏教学者で禅の研究者とし名高い鈴木大拙(1870−1966)  という人物がいる。その人の1963年の講演テープを聴いた。師は27才でアメリカに渡り、東洋思想の翻訳と講義を通じて、禅の思想を始めとする東洋の考え方を欧米各国に広めた大人物である。その話し出しが実に面白い。
 
 
  鈴木大拙と夏目漱石のこと   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漱石の『門』は、明治二十七年の年末から翌年正月七日まで漱石が円覚寺の帰源院に投宿して釈宗演老師に参禅した体験をもとにしている。小説は明治四十三年三月一日から六月十二日まで「朝日新聞」に連載されたのであるが、ここに、羅漢のような居士が出る。
 
 
  鈴木大拙とスウェーデンボルグ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治30年(1897年)3月、27才になった鈴木大拙は、ポール・ケーラス博士の道教書英訳の助手として、 彼の主宰する出版社「オープン・コート」で働くことになり、雑誌の編集、校正や、翻訳等に従事し、シカゴ郊外にあるラサールで過ごすことになった。
 
 
  鈴木大拙(1870-1966)明治3-昭和41    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仏教哲学者。本名貞太郎。金沢に生まれる。同郷の西田幾多郎,藤岡作太郎と親交を結び,加賀の三太郎と称された。  22歳で上京,東京専門学校から東京帝国大学選科に進んだ。学生時代,鎌倉円覚寺の今北洪川(こうせん),釈宗演(しやくそうえん)に参禅,大拙の道号を受けた。
 
 
  道とはなにか? 禅書/鈴木大拙の読み方   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  禅とはなにか? "平常心是道"、"禅"とは悟りです、"道[タオ/TAO]"です、道とは悟ることです...らしいです、そのように文献にありました。
 
 
  YouTube - 鈴木大拙講演 最も東洋的なるもの1   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 鈴木大拙講演 最も東洋的なるもの1
 
 
  鈴木大拙 - 日本哲学史研究室 京都大学文学部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治3年10月18日、石川県金沢市本多町に生まれる。本名、鈴木貞太郎。石川県専門学校(後、第四高等中学校)時代に、西田幾多郎と出会い、生涯の友となる。中途退学し、一時英語教師となるが、上京して、東京専門学校(後、早稲田大学)、東京帝国大学に学ぶ。この頃から本格的に坐禅に取り組み始める。
 
 
  鈴木大拙 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鈴木大拙 画像検索 - Google
 
 
  鈴木大拙 Daisetsu Suzuki   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鈴木貞太郎 (1870-1966・明治3年-昭和41年) 昭和41年7月12日歿 96歳 北鎌倉・東慶寺  最晩年は自ら創設した松ヶ岡文庫での研究生活を続け、昭和38年94歳にして「教行信証」全6巻の英訳を完成させた。
 
 
  日本的霊性 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代仏教学の頂点をなす著作であり、著者が到達した境地が遺憾なく示される。日本人の真の宗教意識、日本的霊性は、鎌倉時代に禅と浄土系思想によって初めて明白に顕現し、その霊性的自覚が現在に及ぶと述べる。大拙(1870‐1966)は、日本の仏教徒には仏教という文化財を世界に伝える使命があると考え、本書もその一環として書かれた。
 
 
  鈴木大拙全集 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  禅および東洋思想を世界に伝播した不世出の仏教学者にして,稀に見る実地躬行の宗教者鈴木大拙.その人と思想は,現代人に甚深なる影響を与え,歴史を動かした.31年ぶりの新版全集刊行.論文,講演,書簡等の厖大な新資料を増補,集中15巻を新編成とし,新字体を採用.新たに索引を付した.
 
 
  鈴木大拙. の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鈴木大拙. の画像 - Google
 
 
教育学
子どもが育つ魔法の言葉
  教育学 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  教育学(きょういくがく、英: pedagogy, study of education、独: Pedagogik, Erziehungswissenschaften)は、教育に関する研究、または教育という事象を対象とする学問。 教育学には、学習者(こどものみならず成人も含む)、教育施設(学校)、教育技術(教授法)、教育課程、教育評価、教育制度、教育に関する権利・義務、教育行政・教育法令、教育に関する理念や歴史などについての理論的・実践的研究が含まれる。
 
 
  教育関係人物一覧 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  教育思想家・実践家・教育学者・教育評論家・教育官僚など、教育に関係する人物の一覧。
 
 
  Category:教育学者 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カテゴリ「教育学者」にあるページ : 以下にこのカテゴリへ属しているページ 30 件中 30 件を表示しています。
 
 
  Category:日本の教育学者 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カテゴリ「日本の教育学者」にあるページ : 以下にこのカテゴリへ属しているページ 281 件中 200 件を表示しています。
 
 
  教育学 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  教育学 <関連書籍>
 
 
  100の物語「歴史」北海道 - デジタル図書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北海道という新天地に社会を形成するには、たくさんの優秀な人材を必要とします。そのため、開拓使は、1872(明治5)年に「開拓使仮学校」を東京の芝増上寺内に設けました。この学校には、東京女学校につぎ二番目の官立女学校として「女学校」が併設されていたのが注目されます。ここから5人の少女が、岩倉具視遣米使節の一行とともに、アメリカに留学しています。
 
 
新渡戸稲造.1862
新渡戸稲造  画像検索 - Google
  新渡戸稲造 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新渡戸 稲造(にとべ いなぞう、1862年(文久2年)9月1日 - 1933年(昭和8年)10月15日)は、農学者、教育者。国際連盟事務次長も務め、著書 Bushido: The Soul of Japan(『武士道』)は、流麗な英文で書かれ、名著と言われている。拓殖大学名誉教授。キリスト者。D五千円券の肖像としても知られる。 岩手の盛岡藩士で、藩主南部利剛の用人を勤めた新渡戸十次郎の三男として生まれる。生誕の地である盛岡市と、客死したビクトリア市は、新渡戸が縁となって現在姉妹都市となっている。
 
 
  花巻新渡戸記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新渡戸稲造父祖ゆかりの地 花巻新渡戸記念館 :  「願はくはわれ太平洋の橋とならん」の信念のもと、国際人として活躍した新渡戸稲造。 彼の先祖は1598年(慶長3年)から約230年間、花巻の地に居住し、花巻城士の文武両道にわたる指導にあたるとともに、新田開発に情熱を傾けた一族でした。
 
 
  新渡戸稲造の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新渡戸稲造会は昨年、『盛岡新渡戸・新渡戸稲造会報集大成』を発刊しました。   業績/基金概要/観光/書籍販売/LINK
 
 
  新渡戸稲造(1862-1933)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文久2年(1862)8月3日、5000円札の肖像で知られ、国連事務局次長や東京女子大
 
 
  十和田市立 新渡戸記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  十和田市立 新渡戸記念館では、三本木開拓に力をそそいだ新渡戸傳をはじめとする先人たちの歴史と、国際親善に大きな足跡を残した新渡戸稲造の偉業を知ることができます。
 
 
  東京文化学園 :新渡戸稲造   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新渡戸稲造先生は、明治、大正、昭和初期の日本を代表する偉大な教育思想家であり、かつ国際的な知識人でした。 先生は、かねてから日本における女子教育の改善を考えていました。その精神を受け継ぐ愛弟子の森本厚吉先生を援けようと決意、本校の初代校長に就任されました。
 
 
  新渡戸稲造が伝えた「武士道」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新渡戸稲造は幕末に武士の家に生まれ、維新後は海外で研究活動を行い、帰国後は、青年の教育にあたった人でした。そして、「武士道」を著して世界に日本の侍の生き様と考え方を紹介したことで有名な人です。彼が著した「武士道」は欧米で好んで読まれ、英語のみならずポーランド、ドイツ、ノルウェー、スペイン、ロシア、イタリアなど、多くの国の言語に翻訳されてベストセラーになったそうです。つまり、近代以降の世界各国が認識した「サムライ」「武士」の姿は、新渡戸「武士道」に大きく影響された…
 
 
  新渡戸稲造 近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩手生まれ。教育家。父は南部藩士。明治14年(1881)札幌農学校を卒業。17年(1884)東大を中退しアメリカに留学、クエーカー教徒になる。24年(1891)帰国し、札幌農学校教授、東京帝大教授、東京女子大学初代学長などを歴任。特に明治39(1906)〜大正2年(1913)第一高等学校長として人格主義教育を行う。8年(1919)〜昭和元年(1926)国際連盟書記局事務局次長として活躍、晩年太平洋問題調査会理事理事長を務め、当時の代表的国際人であった。
 
 
  新渡戸 稲造 作家別作品リスト:No.718   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品 : 教育の目的/真の愛国心/武士道の山/平民道/我が教育の欠陥
 
 
  新渡戸稲造 - 財団法人 盛岡市文化振興事業団   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  盛岡藩士新渡戸十次郎の3男として盛岡に生まれる。札幌農学校在学中にキリスト教の洗礼を受け、卒業後にアメリカ、ドイツへ留学し農学、経済学などを学ぶ。 帰国後札幌農学校教授となるが体調を崩し、米カリフォルニア州で療養する。その間に妻や恩師に問われていた日本の伝統的な道徳教育についての考えを『 BUSHIDO(ぶしどう) THE SOUL OF JAPAN』としてまとめて出版。この本は日本文化の紹介書として各国語に翻訳され、今も版を重ねている。
 
 
  新渡戸稲造  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新渡戸稲造  画像検索 - Google
 
 
  YouTube - 新渡戸稲造 『武士道』 要約   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 新渡戸稲造 『武士道』 要約
 
 
  新渡戸稲造 - 歴史が眠る多磨霊園    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  盛岡藩勘定奉行新渡戸常訓の子。 1877(M10)札幌農学校第2期生として内村鑑三(8-1-16-29)らとともにキリスト者となる。卒業後、東大文学部選科生で入学。84ジョンズ−ホプキンズ大に留学。 87札幌農学校助教授となり、ドイツ留学、法学・農業経済を研究91帰国。札幌農学校教授、台湾総督府技師、京大教授をへて、1906〜13(M39〜T2)一高校長として学生に深い人格的影響を与えた。
 
 
  武士道 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「武士道はその表徴たる桜花と同じく,日本の土地に固有の花である」.こう述べる新渡戸(一八六二―一九三三)は,武士道の淵源・特質,民衆への感化を考察し,武士道がいかにして日本の精神的土壌に開花結実したかを説き明かす.「太平洋の懸橋」たらんと志した人にふさわしく,その論議は常に世界的コンテクストの中で展開される.
 
 
  [新訳]自警 (新書)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いまも読み継がれる大ベストセラー『武士道』の著者が懇切丁寧に説いた人生を前向きに歩いていくための心の持ち方・考え方。
 
 
  一日一言(いちにちいちげん)  新渡戸稲造 著    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この著書は、旧制一高の校長を辞任した新渡戸稲造が、翌年大正3年7月、郷里岩手を訪ね、講演旅行中に、宮古から盛岡へ帰る途中、乗っていたバスがガケ崩れに遭って転覆、負傷した稲造は、盛岡の岩手病院に入院する。 入院は約一週間、その間に構想をまとめ、翌年2月に実業之日本社から発行した。 大正期を通じてのベスト・セラーとして国民に愛された本である。   財団法人 新渡戸基金 事務局長 内川永一朗
 
 
森信三.1896
森信三 - あのひと検索 SPYSEE
  森信三 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森 信三(もり しんぞう、1896年9月23日 - 1992年11月21日)は、哲学者・教育者。 1920年(大正9年)広島高等師範学校英語科に入学、福島政雄・西晋一郎に学ぶ。1923年(大正12年)、京都帝国大学哲学科に入学、主任教授西田幾多郎の教えを受ける。… 1947年(昭和22年)個人雑誌「開顕」を創刊、1953年(昭和28年)、神戸大学教育学部教授に就任。退官後の1965年(昭和40年)には神戸海星女子学院大学教授に就任。 おもな著書に『修身教授録』『哲学叙説』『恩の形而上学』がある。
 
 
  森 信三   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森 信三は、戦前・戦後を通じて、日本の教育界最大の人物である。常に実践を重んじ、実践から得た真理のみからその思想体系(全一学)を作り上げた。定年後、1年の半数以上を全国への公演行脚に費やし、膨大な著書を執筆した。 森 信三の提唱する哲学は、実践するためのものである。   森信三と私/森信三の年譜/全一学/半田市のホームページによる紹介
 
 
  森信三からの伝言   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私たちはよく「縁」という言葉を使います。 縁起がよい、縁がある、これも何かのご縁で、袖振り逢うも多生の縁、縁に始まり縁に終わる。 これだけよく使っている「縁」という言葉ですが、「縁」というのはいったい何のでしょうか。 今回は「縁」を探ってみたいと思います。
 
 
  森信三先生の名言1と2   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「いったん決心したことは、必ずやりぬく人間になることです」 / 「例外をつくったらだめですぞ。今日はまあ疲れているからとか、夕べはどうも睡眠不足だったとか考えたら、もうだめなんだ」      
 
 
  森信三とは 森信三の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  永遠の道標を示す実践哲学者  1. 国民教育の友として多年の献身 / 2. 東西文化の融合をめざして「全一学」を創唱  / 3. 膨大な著述と全国の行脚を通して「人間の生き方」を懇切・平易に説き、多くの人に感化を与えました。
 
 
  森信三先生と「修身教授録」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森信三先生の主著。平成元年に復刊されたものである。 この「修身教授録」は昭和17年に第5巻が配本完了。そのうち、主に第1巻と第2巻を中心に抽出し、さらにそれを纏めたものである。したがって旧「修身教授録」全5巻が原本となると考えてよい
 
 
  森信三 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森 信三(もり しんぞう、1896年9月23日 - 1992年11月21日)は、哲学者・教育者。
 
 
  森信三の名言 - みんなの名言集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森 信三(もり しんぞう、1896年9月23日 - 1992年11月21日)は哲学者・教育者。 1896年(明治29年)、愛知県、知多半島の武豊町 武豊(たけとよ)に父・端山(はしやま)俊太郎、母・はつの三男として生まれる。2歳で岩滑(やなべ、現在の半田市)の森家に養子に出され、以来森姓となる。
 
 
  森信三シリーズ 致知BOOK WEB   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治29年生まれ。小学校高等科を卒業後、給仕をつとめ、愛知師範学校で学び小学校教師となる。その後、広島高等師範学校を経て、京都大学哲学科大学院を修了。大阪天王寺師範学校の教諭を13年務める。戦後は、神戸大学教授、海星女子大学教授を務めつつ、執筆活動。国民教育の師父として、教育界に大きく貢献した。平成4年死去。
 
 
  森 信三 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森 信三 <関連書籍>
 
 
  森信三CD【人生二度なし】魂の講演録‐日経BP発行全8巻セット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森信三の著作には、修身教授録、人生二度なし、一日一語、魂の言葉、森信三全集などがあり 森信三(明治29年〜平成4年)は「国民教育者の師父」と呼ばれ、戦前・戦後を通じて日本の教育界に大きな足跡を残した人物である。
 
 
  修身教授録―現代に甦る人間学の要諦 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本書は、大阪天王寺師範学校(現・大阪教育大学)本科での森信三先生の講義をまとめた『修身教授録』(全5巻、昭和14年刊)の中から、昭和12年3月~昭和14年3月までの2年間の講義を改めて編集したものです。
 
 
  森信三・魂の言葉―二度とない人生を生き抜くための365話 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  全国に教育講演行脚を行い、生涯全一学徒として人生のあらゆる分野に真理探究の光を照射し続けた森信三。「人生二度なし」等、彼が残した「見方」「考え方」「人生の生き方」に関する言葉を1年365日の語録としてまとめる。
 
 
心理学
性格診断心理テスト こころの翼
  心理学トピックス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここでは、日常生活の出来事に心理学を見出します。 各項目の中で実験などが取り上げられていることがありますが、分かりやすいように簡略化していることがあります。
 
 
  はじめての心理学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  わかりやすい言葉で心理学用語の解説を掲載しています。  トップページ/こころのトラブル/精神疾患/不安障害/身体表現性障害/診断と分類/解離性障害/ストレス/接触障害/人格障害/脳への障害/ 発達障害/児童・青年期の不適応/心理検査/その他/書籍の紹介/リンク集/当サイトのご案内
 
 
  心理学 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  心理学(しんりがく、英語:Psychology)は、一般に心と呼ばれるものの様々な働きである心的過程と、それに基づく行動を探求する学問である。  1 概論 / 2 歴史 / 3 分類 / 4 誤解 / 5 関連書籍 / 6 脚注・出典 / 7 関連項目 / 8 外部リンク
 
 
  性格診断心理テスト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自分でも気付いていない深層心理。 3人の心理の専門家がその深層心理を解き明かします!!
 
 
  無料性格診断WEB  人間研究所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「エゴグラム」であなたの性格がまるわかり!
 
 
  心理学情報 恋愛 色 家庭 心理学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  恋愛 心理学や色心理学、家庭心理学などの情報サイト。しぐさなどで「相手の気持ちや考えていること、性格が理解できる!?」など恋愛心理学や家庭心理学、色彩心理学など様々な情報を提供します。
 
 
  性格タイプ診断 from ユング心理学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  思考型、感情型、感覚型、直観型のそれぞれに外向的、内向的に分けた8つのタイプ診断です。以下の設問を読み、当てはまると思うところにチェックをして下さい。
 
 
  エゴグラム 性格診断 心理テスト 無料   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「交流分析(TA)理論を応用 心理学・データ解析を応用した独自の「エゴグラム」。(占いではない) 「Yahoo!推薦作品」 「感謝」 合計利用者数70万以上。どなたでも無料で利用できます。(登録不要)
 
 
  こころの翼 「無料 心理テスト 性格診断」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  心理学・統計学をベースとした心理テストを研究。恋愛・性格・ストレスなど役立つ 本物志向で科学的に探究。「無料」  「心理学」「統計学」だから当たる!「深層心理」「文章完成法」などに基づく「心理テスト」「性格診断」「自己分析」 「自分探し」「適職診断」「ストレス」「仕事」「長所」「個性」「能力」「スキル」など。本当の自分らしさを再発見しよう。  
 
 
  コラム:顔から読み解くプーチン大統領の「秘密」 (2015/6/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  よく引用される例を挙げると、ブッシュ前大統領が2001年にプーチン氏と初めて会談した際、同氏の「魂に触れた」と述べ、「とても率直で信頼できる」人物だと評した。 これとは対照的に、バイデン副大統領は2011年にモスクワを訪問した際、プーチン氏に面と向かって「目を見ているが、あなたに魂があるとは思わない」と述べた。…
 
 
アドラー心理学/
     
フロイトとユング
ジークムント・フロイト Sigmund Freud 若き日のユング(1910年) クラーク大学にて前列左からフロイト、スタンレー・ホール、ユング。後列アブラハム・ブリル、アーネスト・ジョーンズ、フェレンツィ・シャーンドル
  ジークムント・フロイト (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジークムント・フロイト(ドイツ:Sigmund Freud、1856年5月6日 - 1939年9月23日)は、オーストリアの精神分析学者、精神科医。オーストリアの白人系ユダヤ教徒アシュケナジムの家庭に生まれた。神経病理学者を経て精神科医となり、神経症研究、心的外傷論研究(PTSD研究)、自由連想法、無意識研究、精神分析の創始を行い、さらに精神力動論を展開した。  1 生涯 / 2 著名な子孫 / 3 評価と業績 / 4 語録 / 5 関係者 /6 理論 / 7 主な著作 / 8 フロイトが登場するフィクション / 9 脚注・出典 / 10 参考文献 / 11 関連項目 / 12 外部リンク
 
 
  カール・グスタフ・ユング (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung、1875年7月26日 - 1961年6月6日)は、スイスの精神科医・心理学者。深層心理について研究し、分析心理学(通称・ユング心理学)の理論を創始した。ユング自身の言葉で言えば「人格の秘密の領域」を探ったのであった。 1 生涯 / 2 ユング心理学の変遷 / 3 ユング心理学の特徴 / 4 ユングが登場するフィクション / 5 参考文献 / 6 脚注 / 7 関連項目
 
 
  フロイトとユング   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フロイトとユングはどうして決別したんですか? 内容まで詳しく教えてくれると助かるのですが。
 
 
  フロイト × ユング 二つの精神分析   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フロイトは決定論的な傾向を持っていた。現在の病的状態の原因、起源があるはずであり、我々はそれによって決定されているのだ。これが自由を標榜する哲学の反発を買うのは当然である。
 
 
  フロイトからユングへ 〜無意識の世界〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  読後感: 何より文章が分かりやすい!!とっつきやすく、噛み砕き過ぎない。 ユングが日本で人気、というのは、読んでいるうちに分かるような気がしてきた。 「集合的無意識」と、日本人の「和」ってちょっと似てる。 図書館で借りたけど、ちゃんと本屋で買って、手元に置きたい本だなあと思いました。 /  素晴らしくわかりやすい精神分析、心理学入門書。フロイトやユング、アドラーの思想、生涯などを噛み砕いて講義する。初心者にお薦めの窓口となる本だと思う。
 
 
  気になる言葉(ジークムント・フロイトさんの名言・格言・英語 一覧リスト)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  精神分析を基調とする哲学の創始者、ジークムント・フロイトさんの名言・格言を英語と日本語でまとめてみました。 フロイトさんの名言・格言には「無意識」「コンプレックス」「精神」「願望」など沢山の教えがあるかと思います。
 
 
  気になる言葉(カール・グスタフ・ユングさんの名言・格言・英語 一覧リスト)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「人格の秘密の領域(夢分析)」を探った心理学者、カール・グスタフ・ユングさんの名言・格言を英語と日本語でまとめてみました。 ユングさんの名言・格言には「文明」「神話」「心理」「進歩」など沢山の教えがあるかと思います。
 
 

TOPページ TOPページ  6源情報 6源情報  ジャンル一覧表 ジャンル一覧表  明快カテゴリ総覧 明快カテゴリ総覧  特集区分数・HP数詳細 特集区分数・HP数詳細  ジャンルページ ジャンルページ  画面上段 画面上段 


Copyright (C) 2018 Z-PLAZA Corporation. All Rights Reserved.