033 【美術】 版画全般/現代版画家/版画美術館・版画展
 創作方法も多岐にわたり、美術界でも大きなジャンルを占める彫刻やオブジェの世界。そして木版画は皆さんも一度は制作したことがおありでしょうか。
 ここには、彫刻家・画家・建築家としてあまりにも有名な盛期ルネサンスの三大巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなども掲載いたしました。

版画と種類 版画家 版画美術館・版画展 版画の技法・種類 版画材料・彫刻刀 井上安治.1864
小原古邨.1877 山本鼎.1882 織田一磨.1882 川瀬巴水.1883 名取春仙.1886/ 永瀬義郎.1891
長谷川潔.1891 川上澄生.1895 下澤木鉢郎.1901 畦地梅太郎.1902 棟方志功.1903 浜口陽三.1909
一原有徳.1910 藤牧義夫.1911 瑛九.1911 萩原英雄.1913 浜田知明.1917 菅井汲.1919
駒井哲郎.1920 ブル・デービッド.1951 山本容子.1952 吉田博.1876/ 柳澤紀子.1940/  河内成幸.1948/
北村麻衣子.1984/ 下地敏.1955/ 白駒一樹.1962/ 佐藤由美子.1972/  久後育大.1977/ 版画Blog/
← 032 【美術ァ暸ヽこ扱歃儔      034 【工芸・手芸 暸‘磁器の世界 → 
TOP >  b 美術 > 033 【美術】 版画全般/現代版画家/版画美術館・版画展 >  
       
版画と種類
  版画 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画(はんが)とは、印刷を行なう紙以外に、彫刻や細工を施した版を作り、インクの転写・透写等によって複数枚の絵画を製作する技法、またはそれにより製作された絵画のこと。版画はその版の仕組みから大きく4つに分類される。凸版画、凹版画、平版画、孔版画である。
 
 
  【 版画の種類 】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画はさまざまな版の形式と技法がありますが、木、石、金属、絹といった版材でつくる版形式は大きく4つに分類できます。版種の数だけ版画の魅力があります。   版画の種類 / 版画用語 / 版画の価値
 
 
  西洋古典版画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古典版画から世紀末象徴派まで、西洋版画の歴史を取り上げたページです。 西洋の版画は14世紀末から15世紀初頭に、宗教を大衆にわかりやすく伝える木版画として始まったといわれていますが、その後デューラーやレンブラントの銅版画を得て、芸術の一分野としての地位を築きました。
 
 
  WORK+WALK   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画作家、羽岡元本人が運営している個人ページです。 web上での作品展示と、活動のインフォメーション。 また文章表現が好きなので、雑文発表の場にもなってます。
 
 
  HangaDamashii   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「版画芸術」出版  ローマ皇帝の養育係だったセネカの言葉に「アルスロンガ」という言葉があり、「生は短く、術は長し」と訳すことが出来ます。この言葉は芸術は永遠なものだから、一生をかけて芸術に殉ずるという意味にもなるでしょう。版画魂でもそういう信念を持って創作活動をしている作家の作品を紹介していこうと思っております。
 
 
  AURA版画工房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「aura」はギリシャ語で空気や微風を意味します。ギリシャ芸術や神話の中では、頭上に風をはらんだ布をつけた女性の姿で「そよ風」の女神としても登場します。中世の宗教伝説では人物を取り巻く放射線の拡がりと信じられ、感受性の強い人はアウラを頭上の光輪や身体から放射される輝かしい光の色として見る事ができたと伝えられます。人やモノのまわりに漂う独特の雰囲気、オーラの意味でもあります。
 
 
  作家別版画作品概略   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  メインページ/版画技法一覧/絵画標準寸法/海外単位変換計算機
 
 
  NAHAN GALLERIES 版画の基礎知識   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  そもそも版画ってどんなもの?ここでは版画についてご紹介します。 絵の魅力 : 美術館に収蔵されているような高名作家の作品でも、版画となれば本画の100分の1…1千万円以上するものを数10万円程で手にいれることができます。 知名度の高い作品で選ぶよりも、自分の感性にあった作品という基準で選ぶ人が多くなっています。つまり、絵も照明器具や家具を選ぶように、インテリアの一部として部屋の雰囲気に合わせて購入されるます。 値段が高いからいいものというわけではありません。自分が本当に好き という感覚を大切にしましょう。   版画の基礎知識 / 版画の保管や管理方法 / 飾り方の提案
 
 
  【アーカイブ】版画NOW2008一覧 月刊美術  ART SHOP   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  コンクール・公募受賞作品(001〜026)   【最新版画】作家名あ行(027〜054)〜【最新版画】作家名や・わ行(129〜140)   銅夢版画工房 10th Anniversary(141〜147)   版画×現代美術(148〜164)
 
 
  花風水 <シルクスクリーン/インテリア版画>一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  -吉岡浩太郎 シルクスクリーン-  額縁は木製額に美しくソフトな光沢のパールホワイト塗装と内側に金縁の高級額を使用
 
 
  社団法人 日本版画協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現在、日本版画協会は187名の会員、181名の準会員を擁し、毎年『版画展』を開催させてきました。また、『版画展』公募部門では、新しい才能の発掘を目的とし、近年の版表現の意味を問い直し、伝統的な技法による表現から版表現の可能性を追求した斬新なものまで全てを受け入れ、新人作家の育成はもとより創造的な作品を世に送ることを目指しています。
 
 
  ★新版画小ギャラリー (小原古邨とその時代)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  TOP / 古邨時代 / 小原古邨 / 新版画 / 創作版画 / 浮世絵 / 口絵 / 木版画 / 新着情報
 
 
  版画のミクロコスモス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画に興味のある方、技法を知りたい方、[版画のミクロコスモス] にようこそ!
 
 
  旬な「デジタル版画」に集合!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「デジタル版画」のオリジナル作品を多数収録しています。
 
 
  版画オンラインショップ:洋画(日本人作家)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「洋画=西洋画のこと。西洋画とは西洋において発達、普及した材料・技法によって描いた絵画。わが国には16世紀後半キリスト教とともに伝えられ、18世紀からは長崎のオランダ人を通じ西洋風の画法や遠近法がとり入れられ、明治以後近代日本絵画の主流になった。」(「広辞苑」第三版より)
 
 
  版画家 13歳のハローワーク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エッチング、ドライポイント、シルクスクリーン、木版、石版・リトグラフなど、版画で表現するアーティストのこと。美術系の大学や専門学校の出身者が多いが、大学を出たからといって、版画家になれるわけではない。学校に入るのが有利なのは、大学の教授、先輩、友人との交流があり、たとえば画廊とのコネクションが生まれたりするからだ。…
 
 
  西洋古典版画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  デューラー、レンブラントから19世紀末まで:西洋の版画は14世紀末から15世紀初頭に、宗教を大衆にわかりやすく伝える木版画として始まったといわれていますが、その後デューラーやレンブラントの銅版画を得て、芸術の一分野としての地位を築きました。 このホームページでは、15世紀初め頃の初期木版画から銅版画草創期のショーンガウアー、16世紀北方ルネッサンスの巨匠デューラー、17世紀オランダのレンブラント。そしてゴヤ、ブレイク、ピラネージに代表される18〜19世紀のロマン派、19世紀フランスのバルビゾン派、世紀末象徴派まで、これまで紹介されることの少ないオールド・マスターの版画作品を中心にとりあげています。
 
 
  www.depo.jp  版画オンラインショップ:洋画(日本人作家)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  洋画(日本人作家)とは  「洋画=西洋画のこと。西洋画とは西洋において発達、普及した材料・技法によって描いた絵画。わが国には16世紀後半キリスト教とともに伝えられ、18世紀からは長崎のオランダ人を通じ西洋風の画法や遠近法がとり入れられ、明治以後近代日本絵画の主流になった。」
 
 
  作家別検索 − 版画家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アート静美洞
 
 
  版画家名鑑 (C)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オールドマスターから19世紀末まで  このページは西洋版画の草創期(15世紀)のデューラーや16世紀オランダの巨匠レンブラントなどの古典派から19世紀末頃まで、版画制作を行った作家たちの略歴紹介です。
 
 
  版画家 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画家(はんがか printmaker)とは版画を媒介にして表現する人。木版画・銅版画・石版画(リトグラフ)などで作品を作る。版画専門の美術家は少なく、主に洋画・イラストレーションなどと兼業することが多い。著名な版画家の棟方志功は自らの作品を板画(ばんが)と称し、版画とは違うと主張していた。
 
 
  猫サチとスティーブ・ジョブズが愛した木版画 (2014/3/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  相州七里ヶ浜/富士山と富士川  また、芝増上寺、鎌倉八幡宮、平泉金色堂、富士川、大坂宗右衛門町の夕・・は版画家 川瀬巴水生誕130年記念回顧展にて展示されました。
 
 
版画家
板画家・棟方志功(むなかたしこう) スティーブ・ジョブズが愛した版画家『川瀬巴水』。 スティーブ・ジョブズが愛した版画家『川瀬巴水』。
  版画家 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画家(はんがか、英: printmaker)とは版画を媒介にして表現する人。木版画・銅版画・石版画(リトグラフ)などで作品を作る。版画専門の美術家は少なく、主に洋画・イラストレーションなどと兼業することが多い。著名な版画家の棟方志功は自らの作品を板画(ばんが)と称し、版画とは違うと主張していた。  主たる版画家/脚注/関連項目
 
 
  版画家(五十音順)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作品/氏名/英字名/生年/出身地/出身校/所属団体・他
 
 
  版画家HP集 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画家HP集 - Google  (YouTubeのHP多数)
 
 
  版画家 - Yahoo!カテゴリ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「版画家」に関するサイトをまとめました。Yahoo! JAPANのスタッフが厳選したサイトを掲載、「シルクスクリーン」「銅版画」などのカテゴリに分類しています。
 
 
  版画家図鑑 - 版画ネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画を制作している版画家を紹介します。作家名だけでなく、作品のジャンルから調べることができます。 版画家に関する詳細な説明や代表的な作品、更には関連する書籍のバックナンバーまで、すべての情報を知ることができます。 掲載作家のデータは、小社刊行の「版画年鑑1999」「版画年鑑2000」「版画年鑑2001」を転載しました。
 
 
  日本の版画家の一覧  weblio辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の版画家の一覧 - 画家 - 美術家 - 人名 - 固有名詞の種類
 
 
  Category:日本の版画家 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カテゴリ「日本の版画家」にあるページ: このカテゴリには 189 ページが含まれており、そのうち以下の 189 ページを表示しています。
 
 
  スティーブ・ジョブズが愛した版画家『川瀬巴水』。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョブズが愛した版画家『川瀬巴水』さんのお話です。 川瀬巴水。衰退する浮世絵版画を復興すべく、新版画を確立した一人だそうです。「旅情詩人」「旅の版画家」「昭和の広重」などとも呼ばれているんだとか。 ジョブズは川瀬巴水さんの版画を気に入り、30点以上もの作品を所蔵しているそうです。なにかと日本に縁のあるジョブズですが、日本の伝統とジョブズの感性に、共鳴しあうものがあるのでしょうか? いくつか作品を紹介します。
 
 
  ジョブズが愛した新版画家 川瀬巴水、そして関連本と展覧会 (2013/12/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1984年、初代Macintoshを発表。プレゼンや広告に人一倍こだわったジョブズが、上の写真で中央Macに使った女性を描いた和風の絵。 この絵は、橋口五葉の「髪梳ける女」。樋口五葉は川瀬巴水と同じく大正新版画を代表する一人。ジョブズは1983年3月に銀座の画廊を訪れ、上の五葉作品と一緒に川瀬巴水らの作品を買い求めたのだとか。      
 
 
  版画家 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画家 の画像 - Google
 
 
  版画家・クリフトンカーフ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本、米国、東南アジア及び欧州諸国にて度々個展を開催。 ニューオリンズウィーク、アメリカンプレイボーイ、リーダースダイジェスト(日本)、グラフィスアニュアル、アジアマガジン、版画美術、毎日グラフ、アート紳士録(日本)、現代日本版画紳士録、日本版画家等の諸誌に掲載、絶賛を博す。
 
 
版画美術館・版画展
  国際版画美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  個性豊かなコレクションと展覧会 当館は世界でも数少ない版画の専門美術館です。ここでは版画の多様な魅力と、奥深く豊かな世界を楽しんでいただけます。当館のコレクションは古今東西の版画の歴史をカバーし、版画のことなら全て理解できることをめざして形成されたユニークなものであり、他に類を見ません。
 
 
  版画の街・あおもり   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青森県は、世界的な版画の巨匠「棟方志功」「関野準一郎」「下澤木鉢郎」など国内のみならず、国際的にも有名な版画家を生んだ土地です。棟方志功は1955年第3回サンパウロ・ビエンナーレで版画部門最高賞を受賞するなど、世界的な版画の巨匠「ムナカタ」と呼ばれ、郷土青森の名を高めました。そしてその業績が讃えられ昭和44年に青森市の名誉市民になり、また昭和45年には県人初の文化勲章も受賞しております。
 
 
  京都版画館 版元まつ九   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画館創設者  徳力富吉郎 1902 〜 2000  力家は代々西本願寺絵所の家系。初代・二代三代の作は国宝として現存、富吉郎は十二代目。現京都市立芸術大学を主席で卒業後、土田麦僊に師事。国展にて樗牛賞・国画賞を始め、多くの賞に輝く。麦僊亡き後かねてより興味を持った木版画製作に取り組み、平塚運一・棟方志功らと「版」を発行。京版画に近代感覚を加味し徳力版画を生み版画界第一人者となる。
 
 
  山中コレクション・西洋古典版画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世紀を超えて厳しい評価にも耐えた価値ある古典美術作品コレクション  ・ルネサンス盛期を代表する巨匠・ポントルモやラファエロの作品  ・ターナーやパルミジャニーノの銅版画など  
 
 
  アダチ伝統木版画技術保存財団   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浮世絵版画の実演会を見にいらっしゃいませんか?  当財団では木版画の制作現場を見学したいという多くの要望におこたえするために、年8回程度第2土曜日に赤坂常設展示場において「浮世絵木版画実演会」を開催いたしております。間近で摺師による実演がご覧いただけます。
 
 
  須坂版画美術館 平塚運一版画美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  須坂版画美術館は、須坂の版画家小林朝治(こばやしあさじ)の版画作品と全国の版画家たちとの交流により収集した、創作版画運動による版画作品、版画同人誌の寄贈を受け1991(平成3)年に建設しました。 大正期から昭和初期の版画作品を核に、近代以降の版画作品の常設展示を中心に、版画芸術の魅力をご紹介します。
 
 
版画の技法・種類
  版画技法   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (版画においては非常に手の込んだ技法が多く、説明が複雑です。ここでは簡単な説明に留めます。もっと詳しくお知りになりたい方は研究所に来られるか、研究所まで連絡をしてください。詳しく御説明いたします)
 
 
  What's hanga contents   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画の種類について/凸版/凹版/平板/孔版  凸版 relief printing/木版画 wood blook/水性刷り/木口木版(こぐちもくはん) 
 
 
  4つのポピュラーな版画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「木版画」/「銅版画」/「リトグラフ」/「シルクスクリーン」
 
 
  「版画の技法」と「版画の種類」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【美術品の鑑定書類や、保証書について】/【版画の限定部数と番号について】  【版画の用紙と種類】/【版画の刷りの種類について】/【版画の仕分け】/【手彩色版画】/【レゾネ本について】/【版画の種類について】/【版画の技法について】/【アイリス】
 
 
  版画 (HANGA) What's A Print?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画の種類/木版画(凸版)/エッチング(凹版)/リトグラフ(平板)/シルクスクリーン(孔版)  孔版画について/孔版の版様式/ペーパースクリーン(PS)・和紙孔版/ペーパースクリーン版画の魅力
 
 
  版画 版画の種類(版形式による)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平板…リトグラフ(石版画)/凹版…エッチング、ドライポイント/凸版…紙版画、木版画/孔版…シルクスクリーン、ステンシル  紙版画/木版画
 
 
  版画の種類とエディションナンバーについて   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画の種類/限定数(エディション)について/オリジナル版画の限定数の種類
 
 
  【 版画の種類 】  版画の種類 / 版画用語 / 版画の価値   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画はさまざまな版の形式と技法がありますが、木、石、金属、絹といった版材でつくる版形式は大きく4つに分類できます。版種の数だけ版画の魅力があります。
 
 
版画材料・彫刻刀
  版画材料   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版木/彫刻刀/バレン/絵具/刷毛  おすすめ商品いろいろ
 
 
  新日本造形   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エクセレント版画集/エクセレント陶芸集  カタログ/e-造形商品/版画・陶芸集/Q&A集/イベント
 
 
  版画で年賀 / 画材販売.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木版画の材料・用具 : 版木/版画インク・版画絵具/彫刻刀/その他 揃えておきたい用具類/お手軽用具セットを組んでみました!   やってみた!: 画材販売JPスタッフが総力をあげて(?)一枚の木版画に取りくんだ様子をご覧ください。
 
 
  版画材料-東京版画研究所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画の材料や版画用品、版画情報をお探しの方はこちらへ。
 
 
  造ハウ.com 版画材料専門ショップ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画材料・道具を選ぶ / 版画工房を作りたい / 版画HowToを見る   陶芸・版画・クラフト・絵画のオンラインショップ
 
 
  STUDIO KITAYAMA  北山銅版画室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  - Photo Polymer Film(感光性樹脂フィルム)- このフィルムは紫外線の出るライトによって露光できる透明ポジ用凹版画フィルム(フォトポリマー・フィルム)です。   健康な制作環境について
 
 
  Webshop 京都博宝堂の商品ブログ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  硬質ローラー/エッチング用 銅板/エッチング用 亜鉛板/版画用 軟質ゴムローラー/エッチングプレス/鉄ベラ (高炭素鋼) 全17種類/
 
 
  沖野彫刻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トップページ/道具販売:こちらで紹介していいる、道具は私が使用しているプロの道具です。研ぎやすく、長く切れ、しっかり作ってあるので一般の方でも使いやすいです。/木工製品/仕事の紹介/その他
 
 
  道刃物工業株式会社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「道刃物工業株式会社 -彫刻刀専門サイト-」は彫刻刀・木版画・てん刻・消しゴムはんこの道具や彫り方までを、初心者から愛好家まで皆様に納得いただけるものをそろえたサイトです。  HOME/彫刻等・のみ/木版画用具/篆(てん)刻/彫刻等研ぎ機/新製品/お問合わせ
 
 
井上安治.1864
井上安治 「浅草橋夕景」 井上安治「両国煙火図」
  井上安治 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上 安治(いのうえ やすじ、元治元年(1864年誕生日不明 - 明治22年(1889年)9月14日)は、版画家。名前はやすはると読むとする説もある。作品によっては安次、安二、安はると署名している。本名は安次郎。小林清親の一番弟子とされ、短命であったが光線画に優品を残した。
 
 
  清親・安治のある風景   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸から東京へ急速に変わり行く東京の風景を描いた明治の画家がいた。 最後の浮世絵師といわれ光線画の画家ともいわれた小林清親、そしてその弟子で清親の影法師ともいわれた井上安治。 その画は庶民の人気を博し、大いに売れた。
 
 
  井上安治 - - 空林閑語   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  インターネットから集めたわが名画コレクション(^^;)の一つ、井上安治(1864〜1889)の「枕橋の図」。14歳で当時人気の高かった風景錦絵師小林清親に弟子入りし、25歳で亡くなった夭折の風景版画家。「明治十四年御届」と記されたこの絵は、17歳の時のもの。
 
 
  井上安治「両国煙火図」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  少し前にヤフオクに流れていた探景・井上安治の版画「両国煙火図」です。見つけた時に欲しいなと思ったのですが、さすがに人気があります。「探景」とだけでていたので手に入るかも、と思ったりしましたが無理でした。井上安治は元治元年の生まれ、光線画・夜景で知られる小林清親の一番弟子ですが、明治22年26歳で亡くなりました。探景を名のったのは明治17年ですので、「両国花火」それ以降の作品ですね。
 
 
  井上安治の風景 [1-a] 州崎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  盛夏の夕暮れ時、紅く染まる入道雲と蝉の声…明治も今も変わらないもの。「YASUJI東京」 第1話のトビラ、ちくま文庫版では表紙にも使われています。
 
 
  井上安治「霊岸島高橋の景」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この作品は、明治時代の井上安治の傑作『霊岸島高橋の景』である。広重の『名所江戸百景』ばかり集めてきたが、この絵には惚れ込んだ。 時刻は黄昏(たそがれ)時、季節は秋。中秋の名月だろうか。
 
 
  井上安治の作品展示美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口県立萩美術館・浦上記念館/兵庫県立美術館/川越市立美術館
 
 
  新吉原夜桜の景 - 井上 安治   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新吉原夜桜の景 - 井上 安治  ギャラリー壮美・パラス
 
 
  井上安治展 @GAS MUSEUM    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  GAS MUSEUMはガス燈の発達した明治の錦絵を収集しており、東京江戸博物館や太田記念美術館とともに、井上安治の作品をある程度所蔵している。今回の展覧会は、井上の没後120周年の回顧展である。
 
 
  Yahoo!画像検索結果 - 井上安治   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上 安治(いのうえ やすじ、元治元年(1864年誕生日不明 - 明治22年(1889年)9月14日)は、版画家。名前はやすはると読むとする説もある。作品によっては安次、安二、安はると署名している。本名は安次郎。小林清親の一番弟子とされ、短命であったが光線画に優品...
 
 
  井上保治 東京真画名所図解 京橋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上保治 東京真画名所図解 京橋
 
 
  井上安治「東京名所図」 - 府中市美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治期の文明開化は、人々の生活のみならず、浮世絵版画の世界にも、新たな光をともしました。それまでとは違う、新しい空間表現、水や光の描写。何度も版を重ねて微妙な陰影がつけられた作品は、「光線画」と称して人気を呼びました。その第一人者であった小林 清親に、明治11年(1878年)15歳の井上 安治は入門しました。
 
 
  井上安治の描く虎ノ門外葵坂(あおいざか)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上安治(1864〜1889)という画家は明治22年の9月14日に夭折していますから、この絵(版画)はもちろんそれ以前に描かれたものということになる。
 
 
  井上安治 (元治元年1864−明治22年1889)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  俗称は安次郎といい、ヤスジとも呼ぶ。川越の呉服太物問屋高麗屋出身の井上清七の長男として江戸浅草並木町で生まれる。幼少の頃より絵が好きで、画家を志し始め大蘇芳年の門に入ったが、師の画風が合わず止め、明治11年(1878)小林清親に出会い入門する。師の光線画をマスターしその天才的な画才を認められ2年後の明治13年、17歳の時、清親の推薦により版元松木平吉から「浅草橋夕景」「新吉原夜桜景」を版行した。
 
 
  井上安治作品 「今戸有明楼(いまどゆうめいろう)」     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上安治作品 「今戸有明楼(いまどゆうめいろう)」
 
 
  井上安治 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上安治 の画像 - Google
 
 
  井上 安治 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上 安治 <関連書籍>
 
 
小原古邨.1877
小原古邨《木蓮に九官鳥》 明治末期 小原古邨(日)花&#40479;、&#21160;物 版画集 鯉と睡蓮  小原古邨
  ☆小原古邨 版画集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ☆小原古邨 版画集
 
 
  小原古邨 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小原 古邨(おはら こそん、明治10年(1877年)2月9日-昭和20年(1945年))は、明治時代から昭和時代にかけての浮世絵師、版画家。 石川県金沢市に生まれた。古邨、祥邨、豊邨と号した。花鳥画を得意にしていた鈴木華邨に師事し日本画を習得、アーネスト・フェノロサの指導のもと、肉筆画の花鳥画を描き、出品して輝かしい活躍をした。 古邨の見事な木版画は、優れた美術作品として評価され、『TIMES』誌に作品が掲載されるなど、欧米で人気を集めている。 東京美術学校の教授、東京帝室博物館の顧問を務めた。
 
 
  小原 古邨 (Ohara Koson)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小原 古邨 (Ohara Koson) 作品集
 
 
  小原古邨 - 美術店 絵草子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治後期-大正初期,小原古邨作「塔と寺」のギャラリーページです。
 
 
  小原古邨(祥邨) - (Ohara Koson)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1877〜1945、金沢生まれ、鈴木華邨に師事。フェノロサの指導の下、版元の滑稽堂から花鳥画を製作。大正期から渡邉庄三郎から花鳥画を製作。後年は豊邨と名乗り動物画も製作。
 
 
  幻の絵師小原古邨―花鳥画の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  欧米で絶大な人気を誇る画家、古邨の全作品を網羅する初の海外出版  本書は2001年4月から開催されたオランダ国立博物館での展覧会図録として作成された。 伝統的な浮世絵制作が途絶え始め新版画の流行も未到来の明治中頃に小原古邨は浮世絵師として活動を始めた。今日、古邨は日本ではほとんど知られていないが、当時、落ち着いた魅力を放つ彼の花鳥画は日本ブームの欧米を中心とする海外市場で人気を博していた。日本では最近の貴重なオリジナル作品の発見とその展示により、ようやくその業績が見直されつつある。
 
 
  鯉と睡蓮  小原 祥邨(古邨) <1877-1945>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新版画 No.366  27.8 ×24.6 cm  版元 渡辺 - ギャラリー壮美・パラス
 
 
  小原古邨とその時代 - 新版画小ギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小原古邨(おはらこそん)の作品を中心とした、明治・大正・昭和の近代日本の木版画サイトです。昭和の作品については、20年代までに限っています。原則として、明治10年から昭和10年の作品を掲載しています。
 
 
  小原古邨・祥邨・豊邨 - 新版画小ギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国内よりも海外での評価の高い作家です。その作品の多くが海外へ流出してしまっているため、我が国では「幻の絵師」などと呼ばれることもあります。
 
 
  渡辺省亭と小原古邨 花鳥図絵展 - 茜画廊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治から現代にかけての花鳥画の最高の絵師,省亭(1852〜1918)、古邨(1877〜1945)の伝統木版画60点を途中入れ替えにて展覧いたします。 明治期に江戸錦絵を凌ぐ優れた木版画が主に欧州向けに創られました。特に人気の高かった省亭と古邨の肉筆画や木版画は価値ある芸術作品として受け入れられ美術館、コレクターに収蔵され、ロートレック,モネ、アマンジャン、ドニ、スタンラン、ブラングィン、アンソール、クリムト、シーレ等の画家達は常識を超えた表現に驚き作品を収集し参考にしました。
 
 
   華邨と古邨 - 寮美千子/軽い話題の掲示板   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古邨は「海外向け」の新版画というジャンルで活躍。 当時は「おみやげ絵画」として一段低く見られていた節があり、国内ではあまり流通しなかったようですが、海外ではほかの著名作家をしのぐ人気を得ていたようです。 「わかりやすい」ものが一段低く見られる傾向は、今も昔も同じかもしれません。・・・
 
 
  小原 祥邨 - 新古美術、クラフト、アート専門店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小原 祥邨 1877-1945 本名は、又雄、加賀金沢で生まれ、東京へ出て鈴木華邨に絵を学びました。 その当時、東京帝国大学及び東京美術学校の教師で国立博物館の顧問だったアメリカ人フェノロサの指導のもとに、肉筆花鳥の色摺り版画を作りました。 1912年に祥邨と名前を改め、1926年まで肉筆画を描き、その後、渡辺版画店より数多くの版画を作りました。
 
 
  小原古邨《木蓮に九官鳥》 明治末期 - 千葉市美術館蔵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浮世絵残照 〜明治時代木版画の名品〜
 
 
  小原古邨 祥邨展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  百舌鳥二羽/鳩三羽/雨中の二美人 額田隼人の浮世絵詩集
 
 
  小原祥邨の塗り絵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小原祥邨(古邨) (1877〜1945)の花鳥画の塗り絵  小原古邨の時に版画、小原祥邨の時に肉質花鳥画、金沢に生まれ、東京へ出て鈴木華邨に日本画を学ぶ
 
 
  小原古邨の世界: 西洋で愛された花鳥画 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小原古邨の世界: 西洋で愛された花鳥画 <書籍> 小原古邨, 平木浮世絵美術館, 佐藤光信 出版社:平木浮世絵美術館, 1998 ページ数:40 ページ
 
 
  小原古邨 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小原古邨 の画像 - Google
 
 
山本鼎.1882
  山本鼎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本 鼎(やまもと かなえ、1882年(明治15年)10月24日 - 1946年(昭和21年)10月8日) は、愛知県岡崎市出身で、長野県上田市に移住し、美術の大衆化、民衆芸術運動のなかに身を投じた版画家、洋画家、教育者である。画家で詩人の村山槐多は従弟。 山本鼎は1882年(明治15年)10月24日、愛知県岡崎市に父一郎、母タケの長男として生まれた。間もなく、漢方医の父が医師資格取得に必要な西洋医学を学ぶため上京、一家は東京、浅草区山谷町に移住した。
 
 
  山本鼎記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスから帰国した山本鼎は、当時の義務教育で用いられていた粗悪な教科書に憤りを感じ、これらを追放し児童の個性を尊重した教育にしなければならない事を強く主張した。これが当時の心有る教育者や為政者に歓迎され、今日の図工教育隆盛の基となった。
 
 
  上田市山本鼎記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本鼎記念館のご案内/山本鼎の生涯の」あらすじ/農民美術/作品インデックス/年譜で追う山本鼎/山本鼎版画大賞展
 
 
  山本鼎ってどんな人?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本鼎は自分の制作活動だけに没頭していればかなりの作品を残し、また日本の美術界において相当の地位にいたはずであるが、鼎はそうしなかった。そして二つの運動に生涯を捧げたと言える。・・・
 
 
  山本鼎 『勝浦』 こもれび古美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  やまもと・かなえ 愛知県生 村山槐多は従兄弟 桜井暁雲に師事 東美校卒 石井柏亭・小杉放庵らと「方寸」を創刊 織田一磨らと日本創作版画協会を創立 創作版画の発展に尽力 また、日本農民美術研究所を設立し、自由画運動を展開した
 
 
  山本鼎記念館・信濃国分寺資料館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  収蔵品を様々な話題とともにご紹介するデジタル美術館、博物館  上田市マルチメディア情報センターでは、博物館・美術館の収蔵品などをデジタル映像情報として紹介するデジタルミュージアムCD-ROM「山本鼎記念館」「信濃国分寺資料館」を制作いたしました。
 
 
  山本鼎 「1913年頃の巴里のカフェ・パンテオン」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本鼎 「1913年頃の巴里のカフェ・パンテオン」  油彩 11.5 x 15 cm
 
 
  上田市山本鼎記念館 上田・別所温泉の旅行情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田市立博物館に隣接する大正期・昭和期の画家・版画家の山本鼎[かなえ]の美術館。山本は農民美術の基礎を築き、児童自由画を提唱した。油彩や版画など数々の作品とその関係資料が展示されている。所要20分。
 
 
  私たちの山本鼎展 「早春 油彩、キャンバス 45.0×53.3 個人蔵」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  個人所蔵の山本鼎作品/上田市立神川小学校に残る昭和初期の児童自由画の考察/山本鼎が帰朝の際に持ち帰ったロシア農民美術、初期農民美術作品から現代作家作品
 
 
  山本 鼎 YAMAMOTO Kanae  1882-1946(明治15-昭和21)  「斧」 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  愛知県岡崎市に生まれる。木版の工房に奉公し木口木版技法を習得。1902(明治35)年、東京美術学校入学。1904(明治37)年、雑誌『明星』に木口木版《漁夫》を発表、新たな“刀画”として注目される。1906(明治39)年、東京美術学校卒業。
 
 
  山本鼎  1882 - 1946 「サン・マルタンの冬」 東京国立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  サン・マルタンの冬/ブルターニュの小湾/裸婦/支那婦人/ブルターニュの入江(水辺の子供)/支那婦人/ブルターニュの入江(水辺の子供) /水浴/房州の海/ブルトンヌ/山鳩
 
 
  山本鼎 (やまもとかなえ) 漁夫/風景 愛知県美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生年 / 没年 : 1882 / 1946   生地 / 没地 : 愛知県岡崎市 / 長野県上田市
 
 
織田一磨.1882
  織田一磨 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田 一磨(おだ かずま、1882年11月11日 - 1956年3月18日)は明治期から昭和期の芸術家、版画家。織田信徳の4男。 明治15年(1882)11月11日東京にて誕生。洋画を川村清雄、石版画を金子政次郎に学ぶ。「自画石版の織田一磨」として知られる。主な作品は東京国立近代美術館などに収められている。
 
 
  水亭夜曲  まつえ探検   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田一磨(おだかずま)の石版画「水亭夜曲」をみていると、大正から昭和初年にかけての松江がもっていた、どことなくおだやかで、そのくせ賑やかでもあった一面を思わずにはいられない。
 
 
  恩地孝四郎と織田一磨   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  恩地孝四郎 廟門-台南孔子廟側門  木版画 1936年 44×36cm  関野準一郎摺り
 
 
  織田一磨 昭和31年(74才)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田一磨(おだかずま)(1882-1956)は、明治から昭和にかけて石版画家として活躍しました。織田の作品には、「東京風景」や「大阪風景」などの生き生きとした都市風景の連作があります。
 
 
  所蔵品展 小特集: 織田一磨 「東京風景」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田一磨(1882-1956)は、東京に生まれ、16歳のとき家族とともに大阪へ移って、洋画と石版の技術を学びました。1909年、雑誌『方寸』の同人となり、「自画自刻自摺(分業でなく、ひとりの画家が描き、版を彫り、摺る)」をむねとする創作版画運動に加わります。
 
 
  所蔵資料紹介 織田文庫所蔵の絵入読本   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  部で所蔵する貴重図書に、葛飾北斎が絵筆を奮った多くの絵入読本があります。これらの絵入読本は、明治から昭和にかけて石版画家として活躍した織田一磨(おだかずま)(1882ー1956)のコレクションに由来します。  織田文庫目次 : 織田文庫の扉/織田一磨/釈迦御一代記図會(北斎)/【挿図一覧1】/【挿図一覧2】/潮来絶句集(北斎)/【挿図一覧】 
 
 
  織田一磨 「大阪風景 道頓堀川夜景」 - 輝開   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田一磨 自摺石版画 全作品集 三彩社 1974年 巻頭カラーページ 図版 24
 
 
  織田一磨…消え去りし世を画に遺す - 壺中山紫庵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日は、この展覧会で得た収穫の一つである、織田一磨という名の版画家を採り上げたい。
 
 
  織田一磨 (おだかずま) コレクション検索 愛知県美術館    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田一磨は、明治から昭和にかけて石版画家として活躍した。・・・ 昭和6年(1931)吉祥寺に住まいを構える。昭和20年富山県福野町に疎開し、昭和24年まで同県で暮らした。織田の作品には、「東京風景」や「大阪風景」などの生き生きとした都市風景の連作がある。
 
 
  織田一磨展  「石版に描かれた都市風景」 武蔵野市立吉祥寺美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田一磨は、明治15(1882)年、剥製・標本の製作を生業とする両親のもと、東京市芝公園に生まれました。16歳のときに兄・明(画号は東禹)の元で石版画を学びます。その後、当時盛んに行われていた版画による商業印刷の分野で作版などを手がける傍ら、水彩画や図案も制作し、展覧会に出品を続けます。
 
 
川瀬巴水.1883
川瀬巴水が描いた安芸の宮島です。 日本三景の一つとして 古くから親しまれてきました。 近世の浮世絵師・新版画家】川瀬巴水 【アート】川瀬巴水作品まとめ【芸術】
  川瀬巴水に関するニュース - Yahoo!ニュース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川瀬巴水に関するニュース - Yahoo!ニュース
 
 
  川瀬巴水展 - 郷愁の日本風景   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川瀬巴水 生誕 130年 2015年1月2日(金)〜1月12日(月・祝)
 
 
  川瀬巴水 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川瀬 巴水(かわせ はすい、1883年(明治16年)5月18日 - 1957年(昭和32年)11月7日)は、日本の大正・昭和期の浮世絵師、版画家。本名は川瀬 文治郎(かわせ ぶんじろう)。 衰退した日本の浮世絵版画を復興すべく吉田博らとともに新しい浮世絵版画である新版画を確立した人物として知られる。近代風景版画の第一人者であり、日本各地を旅行し旅先で写生した絵を原画とした版画作品を数多く発表、日本的な美しい風景を叙情豊かに表現し「旅情詩人」「旅の版画家」「昭和の広重」などと呼ばれる。  1 経歴 / 2 作品 / 3 参考文献 / 4 関連項目 / 5 外部リンク
 
 
  川瀬巴水 - 渡邊木版美術画舗   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荒川の月(赤羽)/馬込の月/日光街道/雪の向島/品川/相州 前川の雨(街道筋)/湖畔の雨(松江)/大坂宗右ヱ門町の夕/神戸長田神社(八雲橋)/石巻の暮雪
 
 
  川瀬巴水 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川瀬巴水 の画像 - Google
 
 
名取春仙.1886/
  名取春仙 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名取 春仙(なとり しゅんせん、1886年(明治19年)2月7日 - 1960年(昭和35年)3月30日)は、明治から昭和時代の版画家、挿絵画家、浮世絵師。 久保田米僊及び久保田金僊の門人。 名は芳之助。春僊、春川とも号す。 1900年(明治33年)、14歳で米僊、金僊に学んだ後、1905年(明治38年)、福井江亭に洋画も学び、東京美術学校においてさらに日本画も学んだが、平福百穂に私淑して中退する。 1 来歴 / 2 作品 / 3 関連項目 / 4 参考図書 / 5 外部リンク
 
 
  名取春仙 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名取春仙 の画像 - Google
 
 
  名取春仙の画像(6,230件)-Yahoo!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名取春仙の画像(6,230件)-Yahoo!
 
 
永瀬義郎.1891
  永瀬義郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  永瀬 義郎(ながせ よしろう、1891年1月5日 - 1978年3月8日)は版画家、画家。茨城県出身。版画や油絵の様々な手法を試みた。著書「版画を作る人へ」は版画家たちへ影響を与えた。1929年(昭和4年)初めて賞を獲得。これを人生のひと区切りと考え、フランス遊学を計画。以後、6点連作の「東洋の旅シリーズ」に取りかかった。1974年(昭和49年)、東京都パリにて新作版画展開催。フランス国立近代美術館、フランス国立図書館等に収蔵される。1977年(昭和52年)、勲四等瑞宝章を受章。
 
 
  永瀬義郎資料室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西武池袋線石神井公園駅の北西,徒歩5分。版画家永瀬義郎(1891-1978)が晩年を過ごした自宅を開放して,昭和55年(1980年)に開設された。永瀬義郎は独学で版画を研究し,風景や花,女性などをテーマに描き,創作版画のパイオニアと評される。資料室では版画や油絵などの作品が展示されている。
 
 
  画家・版画家 永瀬義郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  永瀬義郎…、大正初期の時代から昭和にかけて、旺盛なる創作活動を続けたこの美術家は、版画や油絵により、自分の信ずる「美の世界」を社会に問い続けました。多彩な技術、激しく変貌する作風…世間からの評価を恐れない彼は、自分の追及する美を表現するために、さまざまな手法を試みています。
 
 
  永瀬義郎 - あのひと検索 SPYSEE    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  永瀬 義郎(ながせ よしろう、1891年1月5日 - 1978年3月8日)は、日本の版画家、画家。茨城県出身。大正初期の時代から昭和にかけて旺盛なる創作活動を続け、版画や油絵により、自分の信ずる「美の世界」を表現するために、様々な手法を試み社会に問い続けた。また、著書「版画を作る人へ」はその後の版画家たちへ影響を与えた。
 
 
  永瀬義郎 父永瀬義郎の版画再現について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「人生は正にバラ色」と言いつづけて87年の生涯を閉じた父永瀬義郎は、私にとって芸術上の師でもありました。 この度、父の作品を望む多くのファンの方々の声にお答えすべく、特製版画(Special Reprint)を制作いたしました。 製作にあたり、最も留意しましたことは、父のオリジナルの作品の心にどこまで近づけられるかということでした。…  永瀬 薫
 
 
  永瀬義郎「花」〜恩地孝四郎と創作版画の作家たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私が創作版画に入れあげていた1970年代には、昭和戦前期から活躍されていた多くの作家たちがまだご存命でした。… 永瀬義郎先生も、家が近くだったこともあり(永瀬家は石神井にあった)お元気な頃、ご自宅にお伺いして、旧友長谷川潔先生の思い出を聞くことができました。望郷の念にかられながらパリを離れない旧友のことを思い、ぼろぼろ涙を流すのでした。
 
 
  版画を作る人へ (単行本)  永瀬 義郎 (著)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1922年に刊行され、当時版画を志した人だけでなく、様々の分野の芸術家に、斬新な発想の転換を示唆するものとして評判をよんだ本。後進に多大な影響を及ぼし、また魯迅によって中国にも紹介された「版画を作る人へ」復刻版。
 
 
長谷川潔.1891
長谷川 潔「窓からの眺め」 21.0×16.8 税込630,000円 メキシコの魚 - 銅版画家 『長谷川潔』 「変わった手法」の元祖?・長谷川潔(版画家) (2016/12/3)
  長谷川潔とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画家。神奈川県生。初め白馬会で油彩を学び、またバーナード・リーチに銅版画の指導を受ける。ルドン等の銅版画の影響を受け、第一次大戦後フランスに渡り、以後一度も帰国せずパリで制作を続け、その研究、創作活動により銅版画家としての地位を確立した。フランス芸術院会員。レジオン・ドヌール勲章、フランス文化勲章受章。昭和55年(1980)歿、89才。
 
 
  長谷川潔 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長谷川 潔(はせがわ きよし、1891年12月9日 - 1980年12月13日)は版画家。横浜市生まれ。1918年にフランスへ渡り、様々な銅版画の技法を習熟。特にメゾチントと呼ばれる古い版画技法を復活させ、独自の様式として確立させたことで有名。渡仏して以来、数々の勲章・賞を受けたが、一度も帰国せずにパリで没した。1923年(大正12年)からサロン・ドートンヌ等のサロンや展覧会に作品を出品。1925年(大正14年)には初の個展を開き、高い評価を得、パリ画壇で確固たる地位を築いた。  1 生涯 / 2 年譜 / 3 補足・エピソード / 4 主な作品 / 5 関連書 / 6 関連項目 / 7 外部リンク
 
 
  長谷川潔シリーズ  京都 便利堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長谷川潔シリーズ  京都 便利堂
 
 
  長谷川潔関連グッズ - 横浜美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長谷川潔関連グッズ - 横浜美術館
 
 
  長谷川潔 東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  &#8226;長谷川潔 : はせがわきよし : HASEGAWA,Kiyoshi  Authority: 2006平常展1
 
 
  長谷川潔 (はせがわ きよし) - おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1891年 神奈川県横浜市に生まれる。 1912年 本郷洋画研究所にて黒田清輝や岡田三郎助に師事する。 1916年 永瀬義郎らと「日本版画倶楽部」結成。 1918年 銅版画技法習得のため渡仏。 1924年 デュフィの勧めで独立画家・版画家協会に入会。マニエール・ノワールを研究。 1926年 サロン・ドートンヌ版画部門の会員となる。 1931年 日本版画教会創立会員となる。 1934年 フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章を受章。 1964年 フランス芸術院コレスポンダン会員となる。 1966年 フランス文化勲章受章。 1980年 パリで死去。享年89歳。
 
 
  「長谷川 潔 & 浜口陽三 銅版画展」 @心斎橋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本を代表する二人の銅版画家、長谷川潔と浜口陽三。 20世紀初頭にフランスに渡り、マニエール・ノワールを呼ばれる古典的な版画技法を復興させた長谷川潔。 アメリカに渡り、多色刷りの銅版画カラーメゾチントを開拓した浜口陽三。 世界的に高い評価を受けた二人の銅版画の世界をご紹介いたします。
 
 
  長谷川潔作品-絵画卸販売・買取 - アンシャンンテ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治24年横浜に生まれる。明治44年葵橋研究所に入り、黒田清輝に素描を学ぶ。翌年本郷洋画研究所に通い、藤島武二、岡田三郎助から油絵を学ぶ。この頃、山田耕筰や帝大、早稲田の文学青年達との交流から世紀末芸術や表現主義の絵画に関心を持ち、木版画、銅版画を試みる。
 
 
  徒然に黒色の芸術・銅版画家『長谷川 潔』 (2011/7/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  …そんなわけで、今回は一度は途絶えていた版画の技法「マニエル・ノワール」(黒の技法)を独自に復活させ、藤田嗣治とともにパリにおいて大変高い評価と名声を得ていた『長谷川 潔』を取り上げてみました。…
 
 
  「変わった手法」の元祖?・長谷川潔(版画家) (2016/12/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  芸術の分野も日々進歩し、多岐にわたります。今回は、扇のように広がった芸術界から、様々なアーティストを抜粋してみます。…
 
 
  長谷川潔作品集―京都国立近代美術館所蔵 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銅版画の巨匠としてフランスを拠点に多くの名作を遺し、近代美術史上に独自の画境を確立した長谷川潔。京都国立近代美術館が所蔵する全作品188点をオールカラーで収録。長谷川潔芸術の論考や年譜、作品データなども充実。
 
 
  銅版画家 長谷川潔展 作品のひみつ - 単行本   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長谷川潔は、1891年(明治24)横浜に生まれました。版画家としての出発点は、描くこと、彫ること、摺ることをすべて自分でおこなう「創作版画」の手法で制作した鮮烈な白黒木版画でした。そして、さらなる探求心をいだいて、銅版画技法を修得するために27歳でフランスに渡り、1925年(大正14)、途絶えていた「黒の技法」マニエール・ノワール(英語ではメゾチント)を再創造して高い評価を得ました。
 
 
  長谷川潔の生涯 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長谷川潔は1891年12月9日横浜で生まれた。銀行家の父のもとで裕福な家庭の5人姉弟の長男として育った。父は財界人でもあり、篤学の士で、美術文芸を愛して多くの文人墨客と交わっていた。  生い立ち/青年時代/渡仏、パリ画壇での活躍/苦難の中で開眼/長谷川潔芸術の完成と数々の栄誉
 
 
  長谷川潔 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
川上澄生.1895
  川上澄生 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川上 澄生(かわかみ すみお、1895年4月10日 - 1972年9月1日)は版画家。横浜市生まれ。1921年(大正10年)、栃木県宇都宮高校の英語教師となる。その後、本格的な木版画制作を開始。1926年(大正15年)、国画会に木版画作品「初夏の風」を出品、代表作となった。棟方志功はこれに触発され版画家への転向を決意したという。 1935年(昭和10年)、版画本「ゑげれすいろは人物」刊行。1967年(昭和42年)、勲四等瑞宝章受章。1991年(平成3年)、川上澄生美術館(鹿沼市)開館。
 
 
  川上澄生の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第1部「異彩の芸術家、その生涯」/第2部「川上芸術に迫る」/第3部「きずな、今も」
 
 
  川上澄生の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  資料提供:黒船館 新潟県柏崎市青海川181番地  吉田正太郎が昭和10年に川上澄生へ一通のお手紙を差し上げたのが縁で、以来約40年間親交が続きました。その間に戴いた版画や絵本・ガラス絵・革絵・泥絵などの作品を展示しています。
 
 
  鹿沼市立 川上澄生美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本美術館は、鹿沼市出身で川上澄生の教え子でもあった長谷川勝三郎氏(1912〜2001)からの約2,000点の作品提供により、1992年(平成4)に開館いたしました。 建物は市街地を流れる黒川のほとりにあり、「木版画の詩人」川上澄生の作風を反映した明治の洋館風、内装には随所に木を使用し「木のまち鹿沼」にふさわしい造りになっています。
 
 
  川上澄生美術館 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川上澄生美術館(かわかみすみおびじゅつかん)は栃木県鹿沼市睦町にある美術館である。正式には鹿沼市立川上澄生美術館。英語教師として栃木県宇都宮市に赴き、その傍ら版画家として栃木県の芸術史に大きな功績を残した川上澄生の作品および資料を収集し、市民の知識および教育の向上を図ることによって文化振興に寄与することを目的として、1992年(平成4年)に鹿沼市市街地の中心部を流れる黒川の西河畔、市立図書館の南側の地に開館した。
 
 
  川上澄生  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川上澄生  画像検索 - Google
 
 
  川上澄生美術館 - ミャーの星   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鹿沼出身の芸術家、川上澄生さんの作品を展示している川上澄生美術館も見てきました。 美術館の中は撮影禁止ですので、パンフから・・・ なんと表現したらいいのか・・・この独特な雰囲気が川上澄生さんの特徴でしょうか。
 
 
  ゑげれすいろは  版画家 川上澄生展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画家・川上澄生(1895-1972)は文明開化の末期に横浜で生まれました。青山学院高等科卒業後、カナダのヴィクトリア、アメリカのシアトル、そしてアラスカを旅して帰国、宇都宮で英語教師をしながら独学で版画制作に取り組みました。川上の作品は様々ですが、特に「南蛮」、「文明開化」など異国情緒に満ちたテーマを生涯数多く制作しています。
 
 
  文明開化を描いた版画家 川上澄生展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1895(明治28)年、川上澄生は横浜紅葉坂(現・横浜市西区紅葉ヶ丘)に生まれました。6歳のとき横浜から東京へと移り住みますが、幼少期を過ごした、文明開化が息づく横浜を、川上は魅力的な都市として生涯愛し続けます。22歳でカナダ、アラスカへと渡り、帰国した後、日本創作版画協会展に《黒き猫》が初入選を果たし、本格的に版画作りを始めました。
 
 
  川上澄生が描いた女性 −ノスタルジアを求めて   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  純真無垢なる童心を生涯持ち続けた芸術家・川上澄生。とりわけ、澄生が描く女性像には、ひたむきな純粋さが強く表れています。同展では、木版画や詩、短歌を通して青春時代の恋、結婚後の女性愛について考察し、川上澄生が描いた女性像の変遷をたどります。
 
 
  川上澄生 (かわかみすみお) 愛知県美術館 コレクション検索    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生年 / 没年 :  1895 / 1972  生地 / 没地 :  神奈川県横浜市 / 栃木県宇都宮市
 
 
  「川上澄生全集」 中公文庫14冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「川上澄生全集」 中公文庫14冊
 
 
  川上澄生とらむぷ繪(紙箱・シングル)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画家川上澄生によって昭和14年に作られた「とらむぷ繪」をトランプとして復刻したもの。 クラブは日本的、スペードは中国的、ダイヤは近東的、ハートは南蛮的、という4つの文化それぞれのテイストを漂わせる絵柄になっており、並べて見ているだけでも楽しい川上澄生の傑作。
 
 
下澤木鉢郎.1901
版画家 下澤木鉢郎 「奥日光」  木版  下澤木鉢郎 Hachiro Shimosawaki
  下澤木鉢郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  下澤 木鉢郎(しもさわ きはちろう、1901年(明治34年) - 1986年(昭和61年))は、版画家。石井柏亭や平塚運一に師事。日本各地を旅行し、風景や人々を題材に版画を制作した。  1901年(明治34年) 青森県弘前市和徳町の生まれ。/1921年(大正10年) 日本水彩展に「寒空」入選。/1924年(大正13年) 第5回帝展にテンペラ画「掘割」入選。/1934年(昭和9年) パリ現代日本版画展で「雪の山」が入選し、フランス国立図書館が買上。/1952年(昭和27年) 日本版画協会退会。「日本板画院」を棟方志功、棟方末華らと創設。
 
 
  下澤木鉢郎 - ときの忘れもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「奥日光」  木版  36.5x47.4cm  下澤木鉢郎 Hachiro Shimosawaki
 
 
  下澤木鉢郎1 - 広瀬院長の弘前ブログ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  下澤木鉢郎(1901-1986)は下山竹次郎の次男として弘前市和徳町で生まれる。本名は喜八郎。大正5年(1921)に画家を志し上京し、2年間の兵隊生活を過ごす。。大正13年(1924)にようやく第5回帝展に入選した。棟方志功は、木鉢郎の颯爽としたかっこいい姿をみて、あんな画家になれたら死んでもよいと思ったそうです。木鉢郎は旅と酒をこよなく愛し、各地を旅しながらスケッチや俳句を作り、作品を残した。木鉢郎を敬愛する棟方志功は彼の勧めで、版画の道に入ったという。
 
 
  版画家 下澤木鉢郎 <書籍>     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本版画界の元老として知られ作風は枯淡と風韻と詩情豊か、技法は最高の熟達を得て他の追随を許さぬものがある。長年交遊の著者にしてなし得た力作!!
 
 
  YouTube - 下沢木鉢郎 しもさわ きはちろう 木版画 蔵書票   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 下沢木鉢郎 しもさわ きはちろう 木版画 蔵書票
 
 
畦地梅太郎.1902
  畦地梅太郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  畦地 梅太郎(あぜち うめたろう、1902年12月28日 - 1999年4月12日)は版画家。 山岳風景を題材とした木版画作品を多数発表し、「山の版画家」として知られる。画文集の出版や装丁、挿画などの分野でも活躍した。当初油彩画家を志していたが、船員、石版印刷工などを経て、24歳の時に内閣印刷局に就職し、仕事の空き時間に職場にある材料で鉛版画を試みたことがきっかけで、版画の道へ進んだ。戦争中の満州への単身赴任などを経て、第二次世界大戦後は「山男」シリーズを発表。
 
 
  畦地梅太郎の作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  略歴  1902年 愛媛県に生まれる  1926年 平塚運一の指導で版画の道に入る  1976年 日本版画協会名誉会員  1983年 作品を町田市に寄贈  1998年 町田市名誉市民  1999年 4月逝去  2001年 町田市立国際版画美術館で生誕100年記念展開催
 
 
  畦地梅太郎記念美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇和島市ホームページの「ふるさと宇和島」から「畦地梅太郎記念美術館・井関邦三郎記念館」を開いてみてください。
 
 
  畦地梅太郎 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  畦地梅太郎 画像検索 - Google
 
 
  畦地梅太郎  あとりえ・う  ホームページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  あとりえ・うの紹/作品ギャラリー/あとりえ・う通信/お知らせ/リンク/梅太郎作品取扱店
 
 
  畦地梅太郎記念美術館・井関邦三郎記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平成15年7月19日宇和島市三間町にオープン!!  道の駅「みま」コスモス館内   約300点の収蔵作品を計画的に公開・展示しています。 すばらしい芸術に親しむとともに、「人間・畦地梅太郎」の原点にふれることができます。
 
 
  畦地梅太郎グッズなら ネットギャラリー遊覧堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  畦地梅太郎グッズなら ネットギャラリー遊覧堂
 
 
  梅太郎の“山”選りすぐり12選の保存版カレンダー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画≪山男≫シリーズの生みの親で、国際的にも評価の高い「山の芸術家」。愛媛県北宇和郡二名村(現・宇和島市三間町)で農家の三男(四人兄弟)に生まれる。16歳で故郷を離れ上京して苦学、曲折を経て木版画制作の道に入る。1935(昭和10)年ごろから独り歩きの山旅に親しんで山岳風景を主な画題とするが、53(昭和28)年に至って≪山男≫シリーズの制作を始め、国内外から賞讃を浴びる。
 
 
  畦地 梅太郎 版画 - ギャラリー名画堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トップページ / 作家ご紹介 / 展覧会 / 出版物 / 画廊案内 / お問い合わせ / サイトマップ / プライバシーポリシー / リンク / 畦地梅太郎版画 / 畦地梅太郎略歴
 
 
  畦地梅太郎作品を卸価格で販売しています   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  畦地梅太郎作品を卸価格で販売しています
 
 
  山の版画家 畦地梅太郎 <平凡社図書目録>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2003年、故郷の愛媛県三間町に記念美術館がオープンした版画家、故・畦地梅太郎。山と生きるものすべてに愛の眼差しを注いだ創作活動の全貌を名作とともにたどる、ファン待望の一冊。
 
 
  畦地梅太郎―画文集 とぼとぼ六十年 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「山の版画家」と呼ばれ、山と自然をモチーフにした作品を数多く残した著者。その若き日から晩年までの思い出をつづったエッセイ集。講談社1985年刊「とぼとぼ六十年」の改題。
 
 
棟方志功.1903
  棟方志功 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  棟方 志功(むなかた しこう、1903年9月5日 - 1975年9月13日)は日本人の板画家。青森県出身。20世紀の美術を代表する世界的巨匠。1942年以降、彼は版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けた。
 
 
  棟方板画美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  棟方板画館へのアクセス : 鎌倉から鎌倉山・鎌倉山経由江ノ島行きバス 旭ケ丘下車 午前10時から午後4時 休館:火曜日・年末年始・館内整理日 入館料:大人500円・学生300円・子供200円 
 
 
  財団法人 棟方志功記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  その生い立ち : 明治36年9月5日、青森市で代々鍛冶職を営んできた父棟方幸吉・母さだの三男として生まれました。同43年4月に長嶋尋常小学校に入学し、3年生の頃から凧絵に興味を持ち、級友にかいてあげていました。…/上京して絵の勉強に励む/板画の道に志す/世界の棟方に/画伯と郷土/広い範囲での活躍
 
 
  棟方志功記念館 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  棟方志功記念館(むなかたしこうきねんかん)は青森県青森市松原2丁目1の2にある棟方志功の文化勲章受章を記念し、その芸業を永く伝えるため青森県・青森市をはじめ多くの方々の協力のもとに造られた記念館である。1975年11月開館。 校倉造を模した建物は、池泉回遊式の閑静な日本庭園とうまく調和が取れた形となっている。
 
 
  棟方志功と福光   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  棟方志功画伯は終戦直後の足かけ7年間(昭和20年〜27年)の福光町での疎開生活中、数多くの作品を残しています。40代の芸術家。版木も思うように手に入らない苦しい戦後の生活でした。 棟方志功と福光とのふれあいを感じ、知らなかった棟方志功に思いをはせてみませんか?
 
 
  棟方志功と柳宗悦   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本民藝館が所蔵する棟方作品の大半は、柳宗悦のアイデアで掛軸、巻子、屏風として表装されました。類稀な美意識を持つ柳は、それらを色鮮やかな美しい和紙を用いて表装し、掛軸や巻子の軸端には河井寛次郎、浜田庄司ら民藝の作家たちの作が使われました。
 
 
  棟方志功と白牡丹   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「世界の志功」として著名であった棟方志功が、白牡丹への愛重をこめて制作された、愉悦禁じ難い作風の版画「牡丹花」です。メニュー画面の酒名「白牡丹」も、先生の鑿(のみ)による味わい深い彫刻文字です。
 
 
  河鹿園 棟方志功館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  棟方志功は、創業者の故・光永大佑と親交を深めた文化人の一人。 志功は昭和20年代に奥津をたびたび訪れ、奥津の自然美を好んで創作に励んだときいております。 当時は志功にそれほどの知名度もなく、衣食住に事欠く世情で、だれも絵どころではありませんでした。…
 
 
  「清風妃図」棟方志功   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界中の人々から愛され、その名をとどろかせた不世出の大天才ムナカタ。少年時代から「絵キチの志功」と呼ばれた棟方画伯は、「わだばゴッホになる」と、自分ならばこうするという姿勢をひたすらに貫き、誰にも真似のできない独創的な芸術世界を築き上げました。
 
 
  棟方志功 1作品展示   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  波乗り菩薩の柵 棟方巴里爾・第は四千八百八十一号 板絵 45×33
 
 
  「餘香佳韻図」棟方志功   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  棟方芸術らしい、いわゆる「円窓大首」スタイルの作品で、恵みの名残りが美しく広がっている様を表す画中の「餘香佳韻」には、作家の理想とする女性美への憧れと畏敬の念が込められています。
 
 
  棟方志功記念館「愛染苑」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和21年の暮、棟方画伯は栄町のはずれの田の中に(今ではすっかり住宅が並んでいますが)一寓を構え「鯉雨画斉」と名付けられました。そのころは画斉の窓から四辺の山々が眺望でき、前庭には田鮒の遊ぶ小川もせせらいでいました。(「北国の春」のような雰囲気だったのでしょう)
 
 
  棟方志功アートステーション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  駅舎の中に在る小さな美術館 棟方志功作品144点をはじめ国内外の第一級美術品を所蔵する当館のコレクションは、六日町出身の実業家・故田中政之氏が長年に亘って熱心に収集した美術作品が平成4年5月にご遺族によって旧六日町へ寄贈されたもので、その高い審美眼によって選りすぐられた作品群のクオリティは、訪れる人々に驚きと感動を与えています。
 
 
  やまとーあーとみゅーじあむ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  やまとーあーとみゅーじあむは、秩父を代表する美術館です。 当館がある羊山公園は、春は桜と芝桜の名所、夏は深緑、秋は紅葉、冬は木立の中の雪景色と、四季折々の魅力的な自然がいっぱいです。
 
 
  棟方志功と柳井道弘記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和23年、柳井道弘に津山を案内され、当時の美作地方在住の若き芸術家たちや日本原開拓団の人々と交流し、大いなる楽しい時間を過ごし、会った人々に多大な影響を与えた棟方志功は、その後、たびたび津山・美作地方を訪れています。
 
 
  生誕百年記念「棟方志功展」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  《大和し美し板画巻》《華厳譜》《東北経鬼門譜》《二菩薩釈迦十大弟子》《鐘渓頌板画巻》《華狩頌板壁画》《弁財天妃の柵》など、棟方志功の語るうえで欠かせない代表的な板画作品の数々を一堂に会して、棟方板画の全貌を紹介します。
 
 
  棟方志功の顕彰記念碑建立   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  JR福光駅前に、独自の水墨画描法を編み出した棟方志功の功績を称える石碑完成。
 
 
  棟方志功インターネット美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  虚空の拡がりのように、どんなに進んでも、どんなに教えても限り無い世界、問答用に大 きい世界、それは板画です。倖せにも、わたくしは板画に身心を任せているとい有難さを 歩いて参りました。 自分も他分もない程、普遍な性質に立っているところに板画の炒如 (みょうにょ)があるの です。板画とは、善悪を超えた所にあるように、分別で考えや、 分別では無い程、真実ばか りに出来されるものだということを知らせてくれます。人間の 考えだけでない、広く大きさから生み出されて来る世界に板画はあるようです。
 
 
  Takのお勧め展覧会&美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  棟方志功の足跡を辿りながら、展覧会一覧を掲載します。 尚、画像に付いては財団法人棟方志功記念館のHPにありますのでそちらをご覧下さい。
 
 
  特集 棟方志功 「釈迦十大弟子」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上野にある東京国立博物館で展示された奈良後期の乾漆仏、興福寺の「須菩提像」(国宝)を見て 感激した棟方志功は、釈迦十大弟子の制作を思い立ちました。 「仏に近づきつつある人間の姿を描こう」と初めに十人の弟子を作成し、国画会展に屏風仕立 (六曲一双)で出品するため、左右に文殊、普賢菩薩を加えて12体としました。
 
 
  あの人の人生を知ろう〜棟方志功編   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1903年、青森に鍛冶屋の三男坊として生まれる(15人兄弟)。小学校卒業後、すぐに家業の手伝いに入ったため中学には行けなかった。17歳の時に母が病没し、家運も傾き父親は鍛冶屋を廃業。志功は裁判所弁護士控所の給仕となった。絵が好きだった棟方は、仕事が終わると毎日公園で写生をし、描き終わると風景に対して合掌したという。
 
 
  棟方志功   MUNAKATA SHIKO 民芸館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青森県青森市刃物鍛冶屋の三男として生まれる。少年期より絵に対する興味が強く、雑誌『白樺』に掲載されたゴッホの油絵「向日葵」の原色版に大きな衝撃を受け、油絵画家を志して1924(大正13)年上京。1928(昭和3)年、独学で帝展初入選を果たしたものの、油絵修行に悪戦苦闘していた志功は、日本の伝統的木版画のもつ豊かな芸術性に開眼し、独自の版画世界を歩み始めた。
 
 
  「幻の棟方志功展」 弐代目・青い日記帳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大丸ミュージアム・東京で開催中の「幻の棟方志功―大原美術館、クラレ秘蔵作品より―」に行って来ました。
 
 
  棟方志功  『板極道』  松岡正剛の千夜千冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  板画。版画ではなく板画。 棟方志功の『大和し美し』を見たときは腰を抜かした。20枚続きの大作の乾坤一擲。昭和11年(1936)の第11回国画会展に出品された作品。それをのちに棟方志功展で見た。 すごかった。打ちのめされた。版画作品だが、版画ではない。絵よりも文字が多い。美術であって美術ではない。文字が多いが、書ではない。…
 
 
  棟方志功  「清妙妃図」  希望の星 ぶろぐ!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  棟方志功  「清妙妃図」
 
 
  棟方志功 〜板の命を彫り起こす板画の世界〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  20世紀の美術を代表する世界的巨匠・棟方志功(むなかた しこう)。 棟方は、ゴッホの油絵「ひまわり」に大きな衝撃を受け、「わだば、ゴッホになる」、と画家を志して独学で油絵を学ぶ。 その後、詩情溢れる版画と出会う。板の命を彫り起こす板による表現という意味で、「板画(はんが)」と命名した木版による独自の表現をつくり上げた。また、自ら倭絵と呼んだ肉筆画も描いている。
 
 
  流離抄板画柵 31 [図[詩:吉井勇]の内 狐狼の柵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  棟方志功 1953年 木板・紙 31.0×26.5cm
 
 
  棟方志功 生誕100年記念特別展 くらしき情報BOX   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1938年(昭和13年)12月。 まだ無名に近かった棟方志功は、初めて訪れた倉敷で、生涯の理解者となる大原總一郎と出会いました。
 
 
浜口陽三.1909
:「浜口陽三展 静謐な時を刻むメゾチントの巨匠」 日本を代表する版画家と写真家の企画展「浜口陽三・植田正治2人展―夢の向こうがわ」が、東京都日本橋にある美術館「ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション」で… 浜口陽三 : ケラムノート
  浜口陽三とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画家。明治42年(1909)千葉生。東美校を梅原龍三郎の助言で中退し渡仏、サロン=ドートンヌ、サロン=デザンデパンダンなどに出品。昭和12年自由美術家協会創立に参加。戦後本格的に銅版画制作を開始する。28年日本銅版画協会結成。29年サロン=ドートンヌ会員。現代日本美術展・国際版画ビエンナーレ展ほか、国内外で多数受賞。59年にはサラエボ冬季五輪記念ポスターに「さくらんぼと青い鉢」が採用された。サンフランシスコ住。
 
 
  浜口陽三 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浜口 陽三(はまぐち ようぞう、1909年4月5日 - 2000年12月25日)は、和歌山県出身の版画家。銅版画の一種であるメゾチントを復興し、カラーメゾチント技法の開拓者となった。葉巻の愛好家。同じく版画家の南桂子は妻。  1 経歴 / 2 作風 / 3 代表作品 / 4 文献 / 5 脚注 / 6 外部リンク
 
 
  浜口陽三 - ケラムノート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  繊細/静謐/闇を解く鮮烈な色彩/闇に帰る独自の閉塞感/銅板画家、浜口陽三の世界です 彼の画を初めて見たのは小学五年か六年か、父が着任した教会の信徒のご婦人宅玄関に横長の「さくらんぼ」が在った 目白最高層階にあるその絶景部屋によく遊びに行かせてもらった。 気品高く優しくユーモアに満ちた彼女がぼくは大好きで反抗期も関係なく、高校に入ってもその部屋には寄り続けた。…
 
 
  日本洋画作家 浜口陽三   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  魚とさくらんぼ/パトリックのさくらんぼ/青いくるみ/赤い蝶/編み棒/毛糸/葉/赤い毛玉/カリフォルニアチェリー/黒いさくらんぼ/アスパラガス/二色のぶどう/てんとう虫/ロビーナのさくらんぼ (緑) サイン無/野/ざくろ/32のさくらんぼ/毛糸と編み棒/くるみ
 
 
  生誕100年記念 浜口陽三展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浜口陽三の作品の魅力はなんでしょう?  きめ細かな木綿の布を通して見たような、微光をはなつ透明感のある画面。 黒から生み出されるさまざまな表情。 黄・赤・青・黒の4色だけによるにもかかわらず、じつに繊細で豊かな色彩。 さくらんぼやてんとう虫など、日常的なものが虚空に浮かぶように表され、瞑想的で、永遠の時の中にいるような感覚をおこさせる世界。
 
 
  浜口陽三生誕一〇〇年記念銅版画大賞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浜口陽三はエンサイクロペディア・ブリタニカの「メゾチント」の項目で、「20世紀の半ばの最も名高い、孤高ともいえる主導者」、「カラーメゾチントの新しい技法を開拓した作家」と紹介されています。浜口の高度な技術から生まれる繊細で静謐な作風は、他の追随を許さず高く評価されており、今日、世界の代表的銅版画作家の一人として広くその名を知られています。
 
 
  浜口陽三 (はまぐち ようぞう) - おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1909年 和歌山県に生まれる。  1930年 東京美術学校を中退して渡仏。  1937年 最初の銅版画「猫」を制作。  1957年 「魚と果物」「したびらめ」などでサンパウロ・ ビエンナーレ大賞受賞。第一回東京国際版画ビエンナーレにて東京国立近代美術館賞受賞。  1972年 「びんとさくらんぼ」で第4回クラコウ国際版画ビエンナーレで受賞。  1981年 パリからサンフランシスコに移住。  1982年 「西瓜」 で北カリフォルニア版画大賞展グランプリ受賞。  1984年 サラエボ冬季オリンピックの記念ポスターに「さくらんぼと青い鉢」が採用される。  1986年 勲三等旭日中綬章を受章。  1996年 帰国。  2000年 死去。享年91歳。
 
 
  浜口陽三展 −静謐なときを刻むメゾチントの巨匠   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第二次世界大戦後、日本の版画界から、多くの卓抜した作家が輩出したが、中でも浜口陽三が果たした国際的役割はきわめて大きかった。昭和32年第一回東京国際版画ビエンナーレ展で国立近代美術館賞を受賞し、また同年、第四回サンパウロ国際ビエンナーレ展で日本人作家として初めて国際版画部門の最優秀賞を受賞するなど、今日の日本版画の流星の先駆けをなしたといえよう。…
 
 
  浜口陽三の作品を収蔵・常設展示する唯一の美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1998年11月ヤマサ醤油株式会社が開設  浜口陽三は、カラーメゾチントという独特の銅版画技法を開拓、その卓越した技術が創り出す、静謐な世界は多くのファンを魅了しています。
 
 
  浜口陽三全版画作品集 (大型本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ごく小さな版面に、微細な粒子、濃淡、色合い、そしてそこに登場するさまざまな「ものたち」の形状は、魅惑や美の存在を秘めている。浜口陽三の刻み出す、小宇宙のような作品を全て紹介。
 
 
  浜口陽三 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
一原有徳.1910
  一原有徳 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一原 有徳(いちはら ありのり、1910年8月23日 - )は、北海道小樽市在住の版画家。モノタイプ手法を用いた特異な作風で、国際的にも名高い。また、俳人・登山家としても有名。1910年 徳島県阿南市生まれ。1923年 北海道通信社入社、小樽市に移住。1951年頃から油絵を始め、後に版画に転じる。1970年 郵政省小樽地方貯金局を定年退職。以後創作に専念。1988年 神奈川県立近代美術館、1998年 徳島県立近代美術館・北海道立近代美術館で、回顧展「一原有徳・版の世界」を開催。
 
 
  一原有徳物語   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  90歳を超えてもなお飄然と限界を軽々超えてしまうような、一原有徳。よく知られる美術、俳句、登山などにはあまり触れずに、少年時代と貯金局に入局してからの役所人生を語った自伝。
 
 
  版画家 一原有徳さん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今朝の新聞に 小樽在住の版画家 一原有徳(いちはら ありのり)さんのことが載っていました  96歳になったそうですが お元気で活躍しているようです 一原さんのお父様も長寿で100歳で亡くなられた時は 花火師をしていたことから追悼の花火を上げたと記憶しています・・・
 
 
  企画展「一原有徳・仕事」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小樽美術館と共催。一原有徳は、18歳頃より俳句を作り始め、19歳で句誌『石楠』に投句しています。美術活動歴よりはるかに長い句歴があるわけです。また、登山家としても知られ、北海道の未踏峰の数々を踏破しました。その登山に材を得た随筆、そして「山岳小説」も高い評価を得ています。
 
 
  小樽の版画家 一原有徳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小樽というと運河や坂道、石造りの建造物の絵画が多い感じがしますが一原有徳氏のように抽象画の作家もいるのですね。… 最近、小樽を散策したことで思い出して検索したのです 「小樽 版画家」とやると簡単にみつかりました
 
 
  SDM 一原有徳  札幌散策   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作家名 : 一原有徳  制作年 : 2001年   所在地 : 豊平区羊が丘1  札幌ドーム 最寄の交通 : 地下鉄東豊線「福住」駅3番出口より徒歩10分
 
 
  一原有徳 版画コレクション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画家 一原有徳(いちはら・ありのり) 小樽市在住。 1910(明治43)年、徳島県生まれ、2歳のときに虻田郡真狩村に入植。 1923年、小樽市に移住。登山は1931年頃から始め、北海道内の多くの山に登る。 著書には『北海道の山』、『小さな頂』など多く、句集も多い。 1951年頃から油絵を学び、その後石版画によるモノタイプを手掛け、国画会展、日本版画協会展などに入選する。また、銅、アルミ、ステンなどの金属凹版による独創的な版画は、アメリカ、メキシコ、イタリア、オーストリーなどの美術展に出品され国際的にも高い評価を受ける。 全道展会員、日本山岳会会員。
 
 
  一原有徳 - あのひと検索 SPYSEE    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一原 有徳(いちはら ありのり、1910年8月23日 - )は、北海道小樽市在住の版画家。モノタイプ手法を用いた特異な作風で、国際的にも名高い。また、俳人・登山家としても有名。
 
 
  一原 有徳 (Arinori Ichihara) 1910-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1950年代後半に石版画を用いた「モノタイプ=一度しか刷れない版画の方法」に着手。以来、一貫してモノタイプと実験的な金属凹版による表現を追及し、国際的にも高い評価を得る。その作品は、物質的な要素を版に置き換えながら、架空の事物を創造していき、抽象表現としても鑑賞者の想像力を刺激する。
 
 
  一原有徳さんの魅力 - おたる文学散歩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代版画家として、今も旺盛に創作を続けている一原有徳(いちはらありのり)さん。その一原さんは実験精神に富んだ俳句作家でもあり、山岳小説家でもあります。 一原さんの作品には、自伝風のエッセイ『脈・脈・脈』(平成2年 現代企画室)や、『一原有徳物語』(平成13年 北海道出版企画センター)がありますが、それらを見ると、創作活動の中で最も早く始められ、長きにわたっているのは俳句だと分かります。
 
 
  「版の魔力 96歳のドローイングとともに」!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一原有徳氏は、版の概念を拡大し、次々と新しい表現を生み出し、独創性に強いこだわりを持ち続け挑戦してきた美術家。ニューヨーク近代美術館などにも作品が収蔵され、国際的な評価を得ている。
 
 
  徳島県立近代美術館 学芸員の作品解説    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  何の絵か、さっぱり分からん。そういってがっかりする人は少なくないと思います。しかしまた、もしかして水滴だろうか、泡だろうか、いや穴ぼこではないかと、いろいろに見えそうな人も案外多いのではないでしょうか。 作者の一原有徳(1910年生まれ)は、何か分かるものを描写するタイプの作家ではありません。抽象の作家です。この作品も、何かが描かれているわけではないので、さっぱり分からないとしても、仕方がないのです。
 
 
  一原有徳  - 独立行政法人国立美術館・所蔵作品検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一原有徳  - 独立行政法人国立美術館・所蔵作品検索
 
 
  「耳をすまし、目をこらして」〜一原有徳氏の作品について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一原有徳氏の版画は、一原氏の御子息夫妻の御好意により店内に展示させていただくことになりました。スピーカー側の黒い色の作品(『Son』 1960年)は、〈南アフリカのアパルトヘイトの国際美術展〉を小樽で開催した際、ボランティアとしてお手伝いした時に記念にいただいた大切な一枚です。
 
 
  「一原 有徳」 の評判検索 - 人気順   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「一原 有徳」 の評判検索 - 人気順
 
 
  ICHIHARA―一原有徳作品集 (大型本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  土方定一との出会いから生まれた衝撃的なデビューから40年余。「帰りの不安があるような頂」が好きと語る登山家・一原の緊張感に満ちた世界を開示する。
 
 
  「メビウスの丘」 : 一原有徳 著 - 北海道人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  表紙の銀の紙が、焼け焦げている。 それが表装になっているのだが、一冊も同じ模様がない。 すべて著者本人が自ら焼き焦がしたアートになっている。 著者は、版画家、俳人として90歳をこえた今なお意気軒昂な一原有徳さんである。 本書は、1925年(大正14)から2001年の今にいたる有徳さんの俳句の集大成。10代から90代まで書き続けることのすごさももちろんだが、その言語感覚の新鮮さには驚かされる。
 
 
  『あの山かの友−心に残る山と人との追想録−』   一原有徳 著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一原さんは1974年に茗溪堂から『小さな頂』を発行し好評だった。それから、かれこれ30年近くたち、よわい92歳にして再び茗溪堂から新著を出された。
 
 
藤牧義夫.1911
藤牧義夫 :: 鐡の橋(鉄の橋)1933年  藤牧義夫《朝(アドバルーン)》 藤牧義夫ポートレート 1934年 ゼラチン・シルヴァー・プリント   館林市立資料館          
  藤牧義夫 のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤牧義夫 のニュース - Google
 
 
  藤牧義夫とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画家。群馬県生れ。1930年より制作を始める。平塚運一著《版画の技法》に学んだ。1932年小野忠重らと新版画集団を結成。1933年帝展に初入選。東京の発展,変貌する風景をとらえた木版画を制作するが,24歳で行方不明となった。
 
 
  藤牧義夫 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤牧 義夫(ふじまき よしお、1911年1月19日 - 1935年9月2日失踪)は、群馬県館林市出身の版画家。 日用雑貨小売を営む自宅の二軒隣りに、七歳年上の藤野隆秋(天光)が住んでいた。父は永年教職にあり、小学校長も歴任し、「三岳」と号し絵や書をよくした。小学校時代から美術が得意で周囲を驚かせた。 上京後商業図案などを学ぶかたわら、ドイツ表現主義の影響を受けつつ独自の版画様式を確立。 全4巻・全長60メートルに及ぶ「隅田川絵巻」はその代表的作品。 24歳のとき東京で失踪。墓は館林市朝日町法輪寺。  経歴/主な作品/外部リンク
 
 
  藤牧義夫 発掘!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤牧義夫とは : 1911年(明治44年)1月29日生まれ〜1935年(昭和10年)9月2日行方不明。 版画家、図案家、画家。群馬県館林市生まれ。1927年(昭和2年)16歳で上京、染織図案家・佐々木倉太の門に入り図案の修業を積む。18歳の頃から版画制作を始め、21歳のとき小野忠重が主宰する「新版画集団」に結成時から参加、その機関誌『新版画』にほぼ毎号作品を発表する。22歳で帝展入選を果たし、23歳のとき大作「赤陽」、また隅田川の風景を描いた長大な絵巻を制作する。
 
 
  藤牧義夫_赤陽   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画家。生前はほとんど無名だった。24歳の時に失踪し、完全に消息を絶ってしまったという。この『赤陽』は、ビルの合間に沈んでゆく太陽の赤が、とても印象的である。
 
 
  藤牧義夫 [アート]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  さて、この藤牧義夫って人は、24 歳で行方不明になってそれきりだそうです。 小さい頃から絵の才能を発揮させていたようで、とても 10 代の子が描いたとは思えないくらいのデッサン力。… 賑やかな浅草の夜の作品(夜の浅草六区)は、とても独特で圧倒されました。
 
 
  藤牧義夫 :: 鐡の橋(鉄の橋)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『新版画』第10号(1933年10月)/かんらん舎蔵 : 「朝(アドバルーン)」 藤牧義夫 (昭和7年 東京国立近代美術館所蔵) 
 
 
  藤牧義夫 - あのひと検索 SPYSEE    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤牧 義夫(ふじまき よしお、1911年1月19日 - 1935年9月2日失踪)は、群馬県館林市出身の版画家。日用雑貨小売を営む自宅の二軒隣りに、七歳年上の藤野隆秋(天光)が住んでいた。父は永年教職にあり、小学校長も歴任し、「三岳」と号し絵や書をよくした。小学校時代から美術が得意で周囲を驚かせた。
 
 
  藤牧義夫の三囲(10)  要約と資料   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤牧義夫『絵巻隅田川』』と豊春『三廻之景』を探る旅もついに終着点にたどりついたようだ。両者の関係を探る試みは今までなされたことがなかったが、絵巻に貼られた一枚の浮世絵の「発見」によって絵巻の謎をいくつか解き明かすことができた。
 
 
  藤牧義夫の三囲(4) 虚構の藤牧像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤牧義夫がその絵巻を左から右へ、つまり三囲神社から白鬚橋へと向かって描いたのだということを、僕がこれほど執拗に強調することをあなたはいぶかしく思われるかもしれない。しかし、このことは藤牧絵巻の解釈を文字通り大きく”左右”するのだ。
 
 
  美の巨人たち「藤牧義夫」特集アート日記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浅草に暮らした版画家藤牧義夫さんの特集です。 群馬県館林市に生まれました。 子供の頃から芸術の才能があったそうです。 芸術の才能は父親ゆずりだったそうですが、13歳で父親を亡くし、そのときに悲しみのあまり15歳で父親の全集を作ったのですが、これがとても15歳とは思えない秀逸なものでした。 全集は、父親の言葉を書き記し、そこに挿絵を入れたものでした。
 
 
  YouTube  藤牧義夫 絵巻隅田川・白鬚の巻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube  藤牧義夫 絵巻隅田川・白鬚の巻
 
 
  藤牧義夫 絵巻隅田川・三囲の巻 - AOL Video   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤牧義夫 絵巻隅田川・三囲の巻 - AOL Video
 
 
  美術展時評: 生誕100年 藤牧義夫 (2012/5/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  神奈川県立近代美術館鎌倉館は、鶴岡八幡宮の境内にある。八幡宮の正門から入っていくと左に折れた裏手の方にあたる。平家池に張り出すように建てられたカマボコ型地上2階建ての建物で、国立西洋美術館によく似た典型的なモダニズム建築だ。それもそのはずで…
 
 
  生誕100年 藤牧義夫展 - 神奈川県立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  主催: 神奈川県立近代美術館、群馬県立館林美術館、読売新聞社、藤牧は、関東大震災後に復興した1930年代の東京の風景を、上野や浅草などの町並みを中心に、独特の彫りによる木版画で表現しました。また、近世の伝統を継承しつつ、現代的な感覚で隅田川などに取材する長大な白描絵巻を描いています。
 
 
  藤牧義夫 の検索結果 - 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤牧義夫 の検索結果 - 文化遺産オンライン
 
 
  全てをみる - 独立行政法人国立美術館・所蔵作品検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  全てをみる - 独立行政法人国立美術館・所蔵作品検索
 
 
  藤牧義夫 (ふじまきよしお) - 愛知県美術館 コレクション検索    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  まくら橋   1934年/銀行   1933年  生年 / 没年 :  1911 / 1935   生地 / 没地 :  群馬県館林町 / 東京(失踪)
 
 
  藤牧義夫 発掘! - 忘れられた版画家 その人と芸術について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤牧義夫とは: 1911年(明治44年)1月29日生まれ〜1935年(昭和10年)9月2日行方不明。 版画家、図案家、画家。群馬県館林市生まれ。1927年(昭和2年)16歳で上京、染織図案家・佐々木倉太の門に入り図案の修業を積む。18歳の頃から版画制作を始める。                     
 
 
  君は隅田川に消えたのか -藤牧義夫と版画の虚実 (単行本)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彼は生きているのか死んだのか? ミステリーとしても堪能できる美術界を揺るがす謎!  1935(昭和10)年、将来を嘱望された版画家・藤牧義夫が、隅田川河畔の下宿から忽然と消えた。その後、消息は今となっても杳として知れない。 しかし、藤牧の画業は昭和50年代から高い評価をうけ、現在、主要作品が国立近代美術館、東京都現代美術館などに収蔵されている。
 
 
  赤陽物語―私説藤牧義夫論 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青年期に「創作版画」を制作し、同人誌や展覧会に発表していた藤牧義夫。24歳で突然失踪した謎多き生涯を、おぼろげな周囲の記憶を集めてたどり、その美の奇跡に迫る。
 
 
  藤牧義夫―生誕100年 (単行本)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和の初め。藤牧義夫という青年画家が突然、姿を消した。浅草に暮らしていた。昭和十(一九三五)年九月二日、わずか二十四歳で行方不明となった。しかし、大胆不敵ともいえる版画と六十メートルに達しようという長大な細密描写の白描絵巻が残された。その足跡を辿る作品集。「生誕一〇〇年 藤牧義夫展」公式カタログ。
 
 
  藤牧義夫 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤牧義夫 の画像 - Google
 
 
瑛九.1911
  瑛九 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瑛九(えいきゅう、1911年4月28日 - 1960年3月10日)は画家、版画家、写真家。前衛的な作品、抽象的な作品(抽象絵画)が多い。本名、杉田秀夫。宮崎県宮崎市出身。日本美術学校卒業。1936年にフォトグラムの作品集『眠りの理由』を刊行。質の高いフォトグラム作品集で「フォト・デッサン」とも呼ばれる。また、フォトモンタージュも得意とした。戦後は、絵画や版画の制作に力を入れた。2006年9月放送の開運!なんでも鑑定団において、瑛九の絵(田園)に5000万円の値がつけられた。
 
 
  瑛九 について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瑛九版画についての長々したおしゃべりをお読み頂き恐縮です。フォトデッサンについても書けとのことですが、もちろん私としては大好きな瑛九 のことですので喜んで書きますが、ちょっとやっかいなのは、書き出すと膨大な量になりそうなのです。というのは、瑛九の全画業の中で最も長期にわたり制作し、その量も最も多いのが、実はフォトデッサンなのです。
 
 
  瑛九との出会い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  僕は今回から2回に分けて、前衛画家であり、写真家でもあった、故「瑛九」氏を紹介したいと思う。 今回は、プレ・ビュ−として瑛九の顔写真と概略などを紹介し、次回は彼の作品、印画紙の特性を駆使したフォト・デッサンや僕が厳選した絵を掲載する予定。
 
 
  瑛九画  「田園」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1959年3月以来私は「田園」を普通の鑑賞者としてみてきました。それが1970年頃より製作者の側に立って見るように少しずつ変化して行きました。
 
 
  瑛九作品集 <作品集>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代美術史上、類を見ないマルチな資質を開花させた瑛九の作品中、油彩130点、フォト・デッサン36点、コラージュ9点、銅版画39点、リトグラフ23点の計237点を収録した作品集
 
 
  瑛九  ホット・デッサン展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瑛九(えいきゅう1911−1960 宮崎市生まれ)は、1930年代から1950年代にかけて、広範な芸術分野で、一貫して前衛的な創作活動を展開した作家でした。その表現領域は油彩画、銅版画、リトグラフ、写真と多岐にわたり、実験的な作品を発表しながら、一方では美術評論家、教育家としても活躍した多才な人物でした。
 
 
  瑛九  (えいきゅう) 「雲」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瑛九 (えいきゅう) 作品・特選ご紹介コーナー
 
 
  瑛九 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瑛九 画像検索 - Google
 
 
  お薦め作品〜瑛九「鳥と円」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瑛九は短い生涯のうちに、油彩、水彩、版画(木版、リトグラフ、銅版)、写真、フォトデッサン、コラージュ、ガラス絵など、多種多様な表現に取り組み、膨大な作品を遺しました。 私が瑛九が凄いと思うのは(他と比べて)、メディアを変えると表現内容まで変えたことです。 通常、油彩とともに版画をやる作家は(ムンクが典型的)順序はともかく、同じモチーフ、同じテーマを取り上げることが多いのですが、瑛九はそういったことは決してしませんでした。
 
 
  瑛九 - ときの忘れもの 瑛九   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治以来、多くの画家たちが悪戦苦闘した油彩画ですが、私は瑛九こそがもっとも優れたカラーリスト(色彩画家)であると思います。既に1930年代にフォトグラムを制作した表現の地平は今から思えばマン・レイ等と並ぶ世界的な水準でした。油彩、水彩、フォトデッサン、版画それぞれに独自の表現を求め、決して自分を模倣することはありませんでした。いつもそこには光り(最も美しい色彩)がありました。
 
 
  瑛九 - あのひと検索 SPYSEE    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瑛九(えいきゅう、1911年4月28日 - 1960年3月10日)とは、日本の画家、版画家、写真家。前衛的な作品、抽象的な作品(抽象絵画)が多い。本名、杉田秀夫。宮崎県宮崎市出身。日本美術学校卒業。
 
 
  瑛九[真昼の夢]〜うらわ美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「僕は画家であり、だから印画紙を新しい画用紙としか考えない。僕にとっては、『カメラなしの写真』ではなく、印画紙を使ったデッサン、光で描くデッサンだとしか思っていない。だから僕流に『フォトデッサン』とよんでいる。」(毎日グラフ1952年11月10日)
 
 
  瑛九 SCALEより 銅板画 (3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治44年宮崎生まれ 本名杉田秀夫 大正15年日本美術学校中退 昭和2年みずゑに美術評論を掲載 昭和10年フォトデッサンを製作 昭和25年フォトデッサン展を開催 昭和26年銅版画を始める 昭和35年兜屋画廊で個展開催 昭和54年小田急グランドギャラリーで回顧展
 
 
  瑛九の偉業振り返る 県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の前衛美術の先駆者として知られる宮崎市出身の画家、瑛九(1911―60年、本名・杉田秀夫)の没後50年を記念した所蔵品展「永遠の瑛九」(県立美術館主催)が5日、宮崎市船塚3丁目の同館で始まった。 絶筆となった油彩「つばさ」(259×181・8センチ)などの美術作品ほか、昨年10月の調査で新たに見つかったポスターなどの資料も並べ、幅広く活躍した生涯を振り返っている。
 
 
  瑛九の絵画・洋画 - 古美術 八光堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瑛九は愛知県に生まれた日本の画家、版画家、写真家です。本名、杉田秀夫。 前衛的な作品、抽象的な作品(抽象絵画)が多いです。 宮崎県宮崎市出身、日本美術学校に卒業しました。 戦前では最もまとまった、しかも質の高いフォトグラム作品集で、瑛九のフォトグラムは特に「フォト・デッサン」とも呼ばれます。
 
 
  瑛九 - 全国のミュージアムカレンダー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  musca.jp/artist/914.html
 
 
  瑛九展 (2006/2/9〜19) 作品の一部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  油彩・板 1958年 SM サイン
 
 
  瑛九作品 - みやざきデジタルミュージアム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  HOME / 宮崎県文化財課 / 宮崎県総合博物館 / 宮崎県立美術館 / 宮崎県埋蔵文化財センター / 使い方
 
 
  瑛九・略年譜  Ei-Kyu - 財団法人 大川美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本年譜は、久保貞次郎編『瑛九画集』所収の年譜、『魂の叙情詩−瑛九展』図録(宮崎県立美術館所収の年譜、および本間正義監『瑛九作品集』所収の年譜を参考に作成いたしました。
 
 
  瑛九デザイン発見 県立図書館50周年ポスター   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮崎市出身の画家瑛九(1911〜60年)が、1952(昭和27)年の県立図書館50周年事業に合わせてデザインしたポスターと下書きが、埼玉県さいたま市(旧浦和市)の自宅アトリエから見つかった。
 
 
萩原英雄.1913
  萩原英雄 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩原 英雄(はぎわら ひでお、1913年(大正2年)2月22日 - 2007年(平成19年)11月4日)は画家。油彩画、現代木版画などを描く。山梨県甲府市生まれ。1933年(昭和8年)東京藝術大学美術学部油絵科入学。1951年(昭和26年)銀座の資生堂で油絵作品の個展を開催。その後、「幻想」シリーズや「石の花」シリーズにより抽象版画家としての地位を築き、1960年、第二回東京国際版画ビエンナーレで神奈川県近代美術館賞、1962年にはルガノ国際版画ビエンナーレでグランプリを受賞した。
 
 
  萩原英雄   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  町田国際版画美術館でも深沢幸雄と一緒に展覧会があったので、いつかは欲しい作品たちだった。2年越しくらいに、やっと64年の作品に出会うことができました。やはりブレイクした勢いのある年代モノの良い作品。
 
 
  萩原英雄 (1913−)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  油彩画壇から病気療養中一大決心して版画を本格的に始めたのは1955年。 以降、門外漢として独立独歩、油彩で追求してきた画面の空間表出というマチエールに裏づけられた自己表現を木版画で確立。そのため木版凹版など新技法を開発。 裏づけられた自己表現を木版画で確立。そのため木版凹版など新技法を開発。 著書に「版画の楽しみ方('66)」「現代版画入門('72)」など
 
 
  萩原英雄のイソップ絵噺   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  従来の木版にはない凹版技法を用いて制作された色鮮やかな《イソップ絵噺シリーズ》全51点を展示。
 
 
  日本現代版画  萩原英雄   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  叙情豊かな版世界をその独自の様式と多彩な表現方法により数多くの傑作に結実。 我が国現代版画界の重鎮萩原英雄。 その代表的作品53点をオールカラーにて収録。
 
 
  萩原英雄[コンポジション B]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩原英雄[コンポジション B]
 
 
  萩原英雄  「心の故郷・富士」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山梨生まれの萩原英雄にとって、心の故郷といえば、それは富士山をおいてありませんでした。かつて北斎が江戸の富士・北斎の富士を残したように、現代の萩原の富士を彫って残すという大きな仕事に挑み、25年の歳月をかけて完成させたのが「三十六富士」の連作です。
 
 
  萩原英雄さんのあれこれでーた   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  芸大卒後十数年、油彩画壇で啼かず飛ばずの萩原が病気療養中一大発心して版画を本格的に始めたのは1955年。以降、門外漢として独立独歩、油彩で追求してきた画面の空間表出というマチエールに裏づけられた自己表現を木版画で確立。 そのため木版凹版など新技法を開発。その自由な作風はまず外国で認められた。
 
 
  萩原英雄記念室 吉祥寺美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  従来の木版画の域を超えた複雑な表現を極め、世界的な木版画家として確固たる地位を築いた萩原英雄(1913-2007)より、代表的な木版画の数々が寄贈されたことを記念して設けられました。「ギリシャ神話」「三十六富士」などのシリーズ作品をはじめ、抽象作品など多種多様な作品の数々を展示紹介します。
 
 
  萩原英雄「星と花」〜お薦め作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩原英雄が初めて木版画を手がけたのは40歳の頃、結核の療養中、リハビリの一環として行った版画制作の技術を使って年賀状を作ったのが始まりでした。そのあと、様々な技法の探求を行い、浮世絵版画からヒントを得て、裏にも摺りを行う「両面摺り」という独自の技法を編み出し、従来の木版画の域を超えた、重厚で奥深い表現を可能にしました。
 
 
  萩原英雄の世界 - ギャラリー ペケ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ギャラリー・ペケでは定期的に萩原英雄作品展を開催しています。 スケジュールは当サイトにてお知らせします。是非お気軽にお越し下さい。 作品・書籍は常時ギャラリーにて販売いたしております。
 
 
  萩原英雄 - あのひと検索 SPYSEE    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩原 英雄(はぎわら ひでお、1913年(大正2年)2月22日 - 2007年(平成19年)11月4日)は日本の画家。油彩画、現代木版画などを描く。
 
 
  徳島県立近代美術館 学芸員の作品解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1938年に東京美術学校油画科卒業後、高見沢木版社に入社。同年、既製団体に対抗するグループ「朔日会」の結成に参加するが、戦局の悪化にともないこの会は1941年に中断する。萩原自身も1943年に召集され、高見沢木版社を退社した。戦時下の窮乏生活の中で描きためた油彩画により、戦後の1951年暮れに東京の資生堂ギャラリーで個展を開いた。
 
 
  萩原英雄  Hideo HAGIWARA - ときの忘れもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1960年第2回東京国際版画ビエンナーレ展で神奈川県立近代美術館賞を受賞、1962年第7回ルガノ国際版画ビエンナーレ展、1967年第1回チェコスロバキア国際木版画ビエンナーレ展で各々グランプリを受賞するなど、国内外で数々の賞を受けています。1983年紫綬褒章を受章。
 
 
  萩原英雄 (大型本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  叙情豊かな版世界をその独自の様式と多彩な表現方法により数多くの傑作に結実。我が国現代版画界の重鎮萩原英雄。その代表的作品53点をオールカラーにて収録。
 
 
浜田知明.1917
  浜田知明 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浜田 知明(はまだ ちめい、1917年(大正6年)12月23日- )は版画家・彫刻家。熊本県生まれ。東京美術学校卒業と同じに日本軍に入隊、典型的な戦中派であった。1954年作の『初年兵哀歌』は高い評価を得、1956年のルガノ国際版画ビエンナーレで受賞している。1979年にはウィーンとグラーツ、1993年には大英博物館で回顧展を開催。1965年フィレンツェ美術アカデミー版画部名誉会員、1989年にはフランス政府より芸術文化勲章受賞。1983年(昭和58年)からはブロンズ彫刻にも取り組む。
 
 
  浜田知明   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2000年に、はまってしまった作家さんです。いつものネットオークションで見かけ、これは面白い作品だ!っと思って入手したのです。 その後、作家さん自身や作品を調べてみると、とてつもない作家さんの作品であったことに気付きました。イッパツで虜になりました。 
 
 
  浜田知明 (1917-)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いらいらB/男/顔1/顔2/顔3/顔5/鏡/せかせか/グランプラス/顔4/フランドルの伯城/疑惑/汚毒なやつ/情報過多人間/猫と骨/怯える人々/晩年(A)/階段を上がる人
 
 
  浜田知明  画像検索- Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浜田知明  画像検索- Google
 
 
  『浜田知明展』そして大川美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『初年兵哀歌(歩哨)』(エッチング1954) 真っ暗な兵舎に、ひとりの初年兵がいます。小さな窓から射しこむ光が、この兵の姿を映し出します。眼には一筋の涙がながれ、口を少し開けて力なく、絶望している。… 浜田の銅版画は、一切の虚飾を取り除いて、直接にテーマを突きつけてきます。
 
 
  浜田知明展 北九州市立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  不条理とユーモア コレクションによる特集展示
 
 
  『浜田知明』の展示情報 - ムスカ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『浜田知明』の展示情報 - ムスカ
 
 
  浜田知明 「首」 - 三重県立美術館    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1931年(昭和6)9月の満州事変以後、太平洋戦争終結(1945年)までの15年間にわたる戦争は、中国や朝鮮半島、東南アジアの人々にはかり知れない被害を与えると同時に、戦争に巻き込まれた数多くの日本人にも様々な影響を及ぼした。… 画家や彫刻家たちの戦争体験から生み出された作品も、戦後の日本美術の中である一定の位置を占めて、作家と戦争との関わり、美術作品の思想性・社会性といった様々な問題を投げかけている。
 
 
  浜田知明展 ―不条理とユーモア―   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浜田知明は1917年に熊本県上益城郡高木村(現・御船町高木)に生まれました。 中学時代に絵画を富田至誠に学び、東京美術学校油画科に入学しますが、卒業した年に彼を待ち受けていたのは、戦争による軍隊生活でした。絵をもっと描きたいという志半ばに戦場に送られた浜田は、「兵士たちはたいてい、ミケランジェロの彫刻を思わせるような素晴らしいポーズで死んでいた。」と後に語っているように、すべての物事を絵のモチーフとして見る画家のまなざしですごします。
 
 
  浜田知明 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浜田 知明(はまだ ちめい、1917年(大正6年)12月23日- )は、日本の版画家・彫刻家。日本の版画家が国際的に注目されはじめたのは1950年代からであるが、浜田は、棟方志功、浜口陽三、駒井哲郎らと並び、第二次大戦後の日本を代表する版画家の一人に数えられる。
 
 
  浜田知明と不条理 - artshore 芸術海岸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の版画家たちがぞくぞくと海外展に参加していったのは、戦後のことです。彼らはそこで賞を受け、国際舞台に進出していきました。20世紀初頭に起こった創作版画を土台としつつ、しかし、伝統的な木版画ではなく、銅版画による独自の表現性を切り拓いたことがその評価の大きな要因でもありました。
 
 
  浜田知明 Chimei Hamada - ときの忘れもの    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浜田知明(はまだ ちめい)は1917年(大正6年)熊本生まれ。1939年(昭和14年)東京美術学校油画科卒業し、同年応召。翌年に中国大陸に派遣された。20歳代の大半を軍隊で過ごした、典型的な戦中派である。戦地での不条理な体験が復員後の制作活動の出発点となる。
 
 
  浜田知明 (はまだちめい) - ギャラリーリッチ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浜田知明の作品、略歴を紹介しております。 画廊、ギャラリーリッチ(大阪)では、浜田知明の版画・ブロンズなどの買取もしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 
 
  浜田知明・徳島県立近代美術館 学芸員の作品解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画をみる時に、一体どんな技法が使われたのか想像してみるのは楽しいものです。学芸員が受ける質問の中で、版画技法に関するものは非常に多い。エッチングやシルクスクリーンなど片仮名の用語が難しいこともその一因と考えられます。しかし、やはり直接描いたのではなく版を使って写し取られたのだという点が興味をひくのではないかと思われます。
 
 
  版画と彫刻による風刺 浜田知明展 −熊本県立美術館コレクション−   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  社会の不条理をそのユーモラスな視点から切り取った作品は、悲劇的な出来事をただ単純には受け取らない、浜田の人間としての懐の深さを感じさせます。
 
 
  浜田知明版画集・作品集『浜田知明(はまだちめい)版画作品集/よみがえる風景』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦争、社会諷刺、愛を描く銅版画家浜田知明!!代表作品図版と、作品と同様鋭い光りを放つ作家自身の文を構成!!本書は幅広く浜田作品に向き合い、人間とは何か、社会とは何かを、芸術を通じて見つめ直すきっかけをつくる!!
 
 
  浜田知明 よみがえる風景 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  芸術は、政治や社会に対してどのような力を発揮するのか。 政治的、社会的動物である人間として、芸術家はどのような方法で世に関わりあってきたのか。 戦争、社会諷刺、愛を描く銅版画家浜田知明。最新作を含む代表作品図版と、作品と同様鋭い光を放つ作家自身の文を構成。
 
 
  浜田知明 よみがえる風景 (大型本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  芸術は、政治や社会に対してどのような力を発揮するのか。 政治的、社会的動物である人間として、芸術家はどのような方法で世に関わりあってきたのか。 戦争、社会諷刺、愛を描く銅版画家浜田知明。代表作品図版と、作品と同様鋭い光りを放つ作家自身の文を構成。
 
 
菅井汲.1919
  菅井汲 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菅井 汲(すがい くみ、1919年3月13日 - 1996年5月14日)は、洋画家、版画家。国際的にも高く評価されている日本人画家の一人。神戸市東灘区生まれ。大阪美術工芸学校に学んだ後、1937年から阪急電鉄宣伝課で商業デザインの仕事に就く。1952年渡仏。日本画を学んだこともある菅井の作品は、東洋的なエキゾティシズムをたたえたものとして、パリの美術界で高い評価を与えられた。無類のスピード狂であり、高速走行している時に浮かぶビジョンが制作のモチーフになっているという。
 
 
  菅井汲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菅井さんの作品は、今のところ一番最新に入手できた作品です。 昔の「おとこ」「おんな」などの作品もよろしいですが、このなんとも立体的で、グイグイと感じる作品は簡素なのに深いアジが気に入っております。 
 
 
  SUGAI  菅井 汲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画家菅井汲が描いた軌跡は、決して真っ直ぐなものではなかった。いくつかの重要な作風の変化は、菅井自らが、敢えて更なる危険な曲がり角へと挑んだかのように思われる。だが、たとえスタイルが変化しようとも、作品にみなぎる集中力と緊張感は絶えず一定であった。
 
 
  Kumi Sugai  菅井汲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤い鬼/雪の中のけもの/赤 小/偶然/青と赤/三つの球/識別B/識別C/緑の太陽/森
 
 
  菅井汲 (1919-1996)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  秋の風景1995年(油彩変10号)/サムライ/オトコ
 
 
  菅井汲  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菅井汲  画像検索 - Google
 
 
  『菅井汲』の展示情報 - ムスカ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画像 by Google/画像 by Bing/画像 by Yahoo!
 
 
  Artists - 菅井汲 - 南天子画廊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1919年 兵庫県神戸に生まれる。 1933年 大阪美術学校に短期間かよう。 1937年 阪神急行電鉄株式会社に就職。商業デザインを担当  1952年 渡仏。以後パリに居をかまえる。  8 secondes avant/MARS/S.2&S.3
 
 
  菅井汲 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菅井 汲(すがい くみ、1919年3月13日 - 1996年5月14日)は、洋画家、版画家。国際的に最も高く評価されている日本人画家の一人である。
 
 
  菅井 汲 Kumi Sugai - M・K・ONE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1950年代頃から、「神話とカリグラフィー」をテーマにした作品を制作する。日本古来の神話イメージと「書」のカリグラフィックな表現を追及し、パリでは、東洋的なエキゾティシズムを称えたものとして高く評価される。
 
 
  菅井汲  Sugai kumi - アンシャンテ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1919年 神戸市に生まれる。 20世紀において国際的に最も高く評価された日本画家の一人。大阪美術学校に学んだ後、電鉄会社に入社し、戦前・戦中はグラフィック・デザイナーとして活躍する。1952年、単身でフランスに渡る。以後、パリを拠点に活動し、数度の国際展で受賞するなど、海外における名声を確立する。
 
 
  菅井汲の獣性 - artshore 芸術海岸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オートルートを疾走するポルシェ――。スピード狂だった菅井汲(Sugai Kumi,1919-96)の頭のどこかにそのイメージがあって、あの鮮やかな色彩と滑らかな曲線で構成されたシルクスクリーンが生まれたのはたしかでしょう。
 
 
  菅井 汲 Kumi Sugai - 古美術 八光堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菅井汲は神戸市出身の洋画家です。 菅井汲が描いた軌跡は、決して真っ直ぐなものではありませんでした。 いくつかの重要な作風の変化は、菅井自らが、敢えて更なる危険な曲がり角へと挑んだかのように思われます。 ですが、たとえスタイルが変化しようとも、作品にみなぎる集中力と緊張感は絶えず一定でありました。
 
 
  菅井汲 Kumi SUGAI - ときの忘れもの    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  映画ファンなら誰でも知っているサガンの[悲しみよ、こんにちは]のギャラリーのシーンはまさにデビューしたてのスガイ先生の個展風景です。戦後の国際舞台に単身で闘いを挑み大きな成功を勝ち得た抽象画家スガイ先生は、私にとって版元と画家との緊張関係を身をもって教えてくれた恩人であり、教師でした。
 
 
  菅井汲の道〜分室便り - ときの忘れもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  車好きでスピード狂だった菅井汲は、1967年交通事故で頸部骨折の重傷を負いますが奇跡的に回復します。愛車のポルシェで高速走行している時に浮かぶビジョンが制作のモチーフになっていて、その後システマテックな抽象造形を一層深化させました。…
 
 
  菅井 汲 SUGAI Kumi - 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Masse Noire : 塗りにかすれを交えたカリグラフィー様の作風から、明快なフォルムと色彩へと移行してゆく1960年代の代表作品のひとつである。1965年のサンパウロ・ビエンナーレに出品され、外国作家最優秀賞を受けた。
 
 
  第153回企画展 菅井汲・元永定正版画展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1960年代から世界に向けて独自の抽象画を発信した菅井汲と元永定正を紹介します。 二人とも学歴や既成画壇には無縁の画家としてのスタートをきり、菅井は、戦後間もなくフランスに渡り、パリを中心に活躍し、一方元永は、具体美術協会の中心メンバーとして関西発の前衛的作品を世界に向けて発信します。
 
 
  第4回 菅井 汲展 - ギャラリー誠文堂 Blog   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「大阪のみやげ」 エッチング 1957年  当ギャラリーのメイン作家である「菅井 汲」の4回目の個展である。 菅井 汲は年代と共に作風の変化を遂げている作家であり、コレクションしていても飽きない作家である。
 
 
  作家作品一覧 菅井汲 すがい くみ - おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  魚・鳥/船/フェスティバル/untitled/偶然
 
 
  菅井 汲・徳島県立近代美術館 学芸員の作品解説    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1950年代以降、日本の版画家が国際展で受賞を重ねたことは、国内の美術界に波紋を投げかけました。… ここに掲載する「悪魔」(県立近代美術館蔵)をフランスから送りつけた菅井汲も、そうした一人だといえます。 東京国際版画ビエンナーレ展は、このよに国内外から日本の版画界をゆさぶる現場となっていきます。
 
 
  菅井汲 (大型本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  静態と動態、節約と浪費、形と非形、正反対のものに対して、情熱をかき立てられる一人の画家・菅井汲。若くして渡仏した彼の画業を、フランスの詩人が語る。
 
 
  菅井汲 画集 - nantenshi gallery   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菅井汲 画集  1991年 リブロボート刊
 
 
駒井哲郎.1920
  駒井哲郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  駒井 哲郎(こまい てつろう、1920年(大正9年)6月14日 - 1976年(昭和51年)11月20日)は銅版画家、東京藝術大学教授。油絵や色彩版画の作品も少数あるが、生涯にわたり一貫してエッチングを制作し、モノクロームの世界で、自己の内面、幻想、夢などを表現し続けた。作風は、パウル・クレーの影響が濃い抽象的・幻想的なもの、繊細で写実的なタッチで描いたものなどがある。安東次男(詩人)とのコラボレーションによる詩画集『からんどりえ』(1960年)は、日本では初の試みと言われている。
 
 
  駒井哲郎 銅版画展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  駒井哲郎(1920-1976)は、戦後日本において現代感覚に富む独創的な作風を確立した日本を代表する銅版画家の一人です。子供の頃から銅版画を学び、フランス詩や音楽にも親しんできた彼は、夢や幻想という言葉を想起させるようなリリカルで瀟洒(しょうしゃ)な世界を、多様な技法を駆使して表現しました。  《 束の間の幻影 》1951年
 
 
  駒井哲郎 (1920-1976)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  みづゑのためのリトグラフ/闇の中の黒い馬/ゆがんだ室内/フロントピース(蟻のいる顔)/
 
 
  駒井哲郎 (1920-1976)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1951年春陽会会員となり、同年、サンパウロビエンナーレ展、ルガノ国際版画展等で受賞、日本を代表する国際作家となる。 生涯にわたりエッチングを制作し、モノクロームの世界で、自己の内面、幻想、夢などを表現し続けた。作風は、パウル・クレーの影響が濃い抽象的・幻想的なもの、オディロン・ルドンの影響を受けたと思われる樹木や風景を繊細で写実的なタッチで描いたものなどがある。
 
 
  駒井哲郎  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  駒井哲郎  画像検索 - Google
 
 
  没後30年 駒井哲郎 銅版画展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  版画の詩人と謳われ、1951年第一回サンパウロ・ビエンナーレで受賞や1953年浜口陽三らと日本銅版画協会結成するなど数々の功績を残した、現代版画のパイオニア的存在である駒井哲郎が没して30年になります。 駒井哲郎が残した作品はその瑞々しい感性によって私たちを魅了し続け、音楽家や詩人、現代美術家にまで、今も多大な影響を与え続けています。
 
 
  駒井哲郎 KAWAGOE GALLERY:   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  駒井哲郎 KAWAGOE GALLERY:
 
 
  駒井哲郎 - あのひと検索 SPYSEE    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  駒井 哲郎(こまい てつろう、1920年(大正9年)6月14日 - 1976年(昭和51年)11月20日)は、昭和期の日本の銅版画家、東京藝術大学教授。
 
 
  駒井哲郎  こまい てつろう - おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1920年 東京日本橋に生まれる。…  1942年 東京美術学校西洋画科卒業。 1947年 恩地孝四郎主宰の「一木会」の同人になる。 1953年 資生堂ギャラリーで初個展。関野準一郎、浜口陽三らと日本銅版画協会結成。 1954年 パリ留学、長谷川潔を訪ねる。 1957年 第一回東京国際版画ビエンナーレ出品。 1958年 1963年まで女子美術大学非常勤講師となる。 1961年 愛知県立美術館にて「駒井哲郎作品展」開催。 1962年 多摩美術大学非常勤講師となる。フィレンツェ美術アカデミ−の名誉会員となる。 1972年 東京芸術大学教授就任。 1976年 死去。享年56歳。「銅版画のマチエール」(美術出版社)刊行。
 
 
  駒井哲郎(1920-1976) - ギャラリーリッチ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『鳥と果実(小)』/『森の中の空地』/『笑う人』/『鳥と果実』/『調理場』/『芽生え』/『エチュード』
 
 
  駒井哲郎 Tetsuro KOMAI - ときの忘れもの    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銅版画の詩人と謳われた駒井先生は15歳の少年時代から56歳で亡くなるまで銅版画一筋の生涯でした。名作『束の間の幻影』はじめ、心にしみるエッチング作品を多数残し、長谷川潔、池田満寿夫とともに銅版画の魅力を人々に知らしめた功績は大きなものがあります。
 
 
  福井で駒井哲郎版画展〜駒井哲郎を追いかけて   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福井が全国でも有数の現代美術の発信地であることは、ふるくは大正時代、土岡秀太郎さんが北荘画会を結成して以来、多くの前衛作家たちが福井を訪れていることでも明らかです。…
 
 
  駒井哲郎  全国のミュージアム・カレンダー - ムスカ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画像 by Google/画像 by Bing/画像 by Yahoo!
 
 
  駒井哲郎 徳島県立近代美術館 学芸員の作品解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  駒井が銅版画を習いはじめたのは1930年10歳の時である。西田武雄が主催する日本エッチング研究所に通った。そして東京美術学校の在学中に銅版画で文展にデビューする。銅版の詩人として、また教師として多くの後進に影響を与えた彼は、まぎれもなく日本の戦後版画史を牽引した先達の一人である。
 
 
  駒井哲郎・略年譜  KOMAI Tetsuro - 財団法人 大川美術館                 TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本年譜は、『日本現代版画 駒井哲郎』(玲風書房 1993年)所収の「駒井哲郎年譜」(中島理壽・編)を参考に作成いたしました。
 
 
  駒井 哲郎 「カランドリエ」シュガーアクアチント - ギャラリー谷崎    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  駒井 哲郎 「カランドリエ」シュガーアクアチント - ギャラリー谷崎
 
 
  白と黒の造形 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銅版画、その白と黒のドラマ。極限の美の世界に魅せられ、人生の懐疑と憂鬱を刻み込んだひとりの芸術家。ー現代銅版画の輝かしい旗手として、戦後日本の芸術・文学の分野で先駆的役割を果たした駒井哲郎。
 
 
  駒井哲郎 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  駒井哲郎 <関連書籍>
 
 
  著者 駒井哲郎 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  著者 駒井哲郎 <関連書籍>
 
 
  束の間の幻影 銅版画家駒井哲郎の生涯 <書籍> 中村稔/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  敗戦まもない混迷の時代に突如現われた鬼才駒井哲郎・日本画壇に於ける新分野、“銅版画”に自らの芸術的衝動を構築したいと願った青年は、孤独な作業に懊悩し煩悶しつつ未踏の世界を築きあげて、逝った。
 
 
ブル・デービッド.1951
木版画職人 デービッド・ブル
  ブル・デービッド (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブル・デービッド(ぶる・でーびっど、1951年- )は、日本の版画家。イギリスの生まれであるが、本人はカナダ人である。日本の浮世絵に魅了され、来日後、木版画職人として活動する。その活動は年々、幅を広め、1998年には1989年から製作を開始した勝川春章の百人一首の版画をすべて復刻した。 著書 : A Story A Week  版画家デービッドが綴る随想集(その1・その2)/大人の塗り絵画集・小倉百人一首「恋の歌」  主な復刻作品 : 勝川春章「百人一首」/尾形月耕「入谷の朝顔」   1 著書 / 2 主人公として描かれたマンガが収録された雑誌 / 3 主なコラム / 4 主な出演番組 / 5 主な掲載記事 / 6 主な復刻作品
 
 
  木版画職人 デービッド・ブル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ようこそこのホームページに!私が木版画を始めて30年になります。これを機に、これまでに経験し、得てきた情報を皆さんにもお知らせしたく、このホームページを開設しました。 私の作品を含め、様々な情報を満載していますので、目を通されましたら、ぜひ Mailbox に気付いたことやご意見をお送りください。  連絡先: デービッド
 
 
  版画家デービッド・ブルの店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「せせらぎスタジオ」はデービッドの工房の名前です。 2000年に、ちょっとした縁でこの家(右の写真)を購入することになり、やっと自分の工房を持つことができるようになりました。… 真下には川が流れ、夏は窓を開けてせせらぎの音を聞きながら仕事をします。
 
 
  ブル・デービッドの掛軸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  懐月堂安度 : 絹地に着彩する肉筆画の作者として広く知られていますが、木版画用に画いた作品は残されていません。(まだ多色摺りの版画がない時代でした)また、彼の画く女性は、息を飲むほど美しい立ち姿で、とても豪華な衣装を身につけていることが多く、非常に存在感があります。一度目にしたら忘れられないほど、強い印象を与えます。
 
 
  ブル・デービッド - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブル・デービッド(ぶる・でーびっど、1951年- )は、日本の版画家。イギリスの生まれであるが、本人はカナダ人である。日本の浮世絵に魅了され、来日後、木版画職人として活動する。その活動は年々、幅を広め、1998年には1989年から製作を開始した勝川春章の百人一首の版画をすべて復刻した。
 
 
山本容子.1952
第8回 山本容子 銅版画 展 第8回 山本容子 銅版画 展 第7回 山 本 容 子 版画 展
  山本容子 (wiki~tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本 容子(やまもと ようこ、1952年4月7日 -)は銅版画家。作品は、柔らかく繊細な描線と独特の色使いが特徴で、都会的で洗練された雰囲気を持つ。版画家としてはすでに一家をなしていたが、『マリ・クレール』に連載された吉本ばななの小説『TUGUMI』の挿画を手がけ、表紙絵も担当。同書が累計167万部ものベストセラーとなり、山本の名前も広く知られるようになる。それ以降、多数の書籍の装丁や挿画、アクセサリー、食器、舞台衣装のデザインなどの幅広い分野の作品を発表している。
 
 
  ☆銅版画家 山本容子オフィシャルサイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  こちらは山本容子さんの紡ぎ出す銅版画の世界を愛する人たちのためのサイトです。 容子さんの絵は愛し感じる物だと思うので難しい話は抜きで 楽しんでいっていただければ幸いです。(Zぷらざ) 山本容子美術館 LUCAS MUSEUM。銅版画家 山本容子の人と作品、多彩な活動を紹介するサイト。エキシビション(作家による作品解説)、インフォメーション(展覧会・出版物等の案内)、カフェ(制作風景)、ショップ(作品やグッズの販売)。
 
 
  山本容子の器 食器.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銅版画家 山本容子 描く  「不思議の国のアリス」の世界。 三月うさぎと帽子屋、アリスの「おかしなお茶会」のシーンはファンタジックでユーモアたっぷり。 質のファインボーンチャイナ素材ですので、いつでもあざやかな色彩をテーブルでお楽しみいただけます。
 
 
  山本容子 - アンシャンテ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1952年、埼玉県浦和市に生まれる。1978年、京都市立芸術大学美術学部専攻科修了。1986年より鎌倉市に在住。 1978年、日本現代版画大賞展西武賞受賞、他多数の賞を受賞。1975年より、個展、グループ展を全国各地にて開催。 現在は、挿絵、絵本・エッセイ出版、CM出演など、各方面にて活躍中
 
 
  第7回  山本容子  版画 展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ちょっと迷った時、山本容子さんの絵に会いたくなるのはなぜだろう。冷たくなく、過保護でもなく、自分なりの幸せを考えてみたら?と言っているようで、そういうところが心地よい。
 
 
  山本容子 Jazzing 展覧会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  20世紀に生まれた綺羅星のような名曲「星に願いを」「枯葉」「スターダスト」などなどに、銅版画家・山本容子さんが絵と文で新たな命を吹き込み、ジャズ絵本「Jazzing」を完成させました。今回は「Jazzing」を中心に30点余の銅版画を展示します。
 
 
  第8回 山本容子 銅版画 展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  約2年ぶりの展覧会です。jazzing(オールディーズの名曲を楽譜とともに絵にしたシリーズ)も完成し、他に新作もたくさん揃いました。 歌がひゅるひゅる飛び出して、バラの音符が咲くように日々楽しいことを見つけてゆきたい。今年も一年を振り返る頃となりました。・・・   「Stardust」/「御 降」/「山粧う」
 
 
  「強く、儚い −山本容子論−」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  先日、新宿の伊勢丹美術館に行ってきた。山本容子の美術遊園地を見るためだ。 ひさびさの休みで、この日は火曜日だった。・・・
 
 
  山本容子さんの銅版画展に行く。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本容子さんの銅版画展に行く。 といってもうちから車で15分程のところにある住宅街の中。 出版&美術企画をされている御夫婦の自宅を兼ねた建物で。・・・
 
 
  山本容子美術館 LUCAS MUSEUM   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銅版画を私が初めて発表したのは1975年のことで、この33年間に描きためてきた作品は膨大な数にのぼっています。自分の気力の充実しているうちに、その1点ずつについて、制作当時に立ち返りながら舞台裏を記しておきたい。その切なる願いが、この美術館をつくることを思い立たせました。
 
 
  特別展 「山本容子の美術遊園地」展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1974年から1987年までの版画、ドローイング、オブジェ、ポートフォリオを紹介。はじめての個展で発表した銅版画は、「かみそり」など手のひらにのる小物が生き生きとしゃべりだすような作品でした。
 
 
  山本容子 「シーンJ」 日経カルチャー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本容子(やまもと ようこ)略歴 : 1952年埼玉県に生まれる。/77年現代版画コンクール展コンクール賞受賞。/78年京都市立芸術大学専攻科修了。/80年京都芸術新人賞受賞、エイボン女性年度賞受賞。
 
 
  展覧会。山本容子の銅版画を見に行く。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  先日、母と祖母と一緒に山本容子の銅版画展に行った。 山本容子は、私の大好きな画家だ。・・・
 
 
  座談 梁石日 & 小林恭二 & 山本容子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本 私は『電話男』が好きで、面白い作家が出てきたなって、デビュー当時から気になっていたんですよ。・・・
 
 
  銅版画家・山本容子さん展覧会のお知らせ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「私の休日」のおしゃれなラベルデザインでおなじみの、銅版画家・山本容子さんの最新展覧会情報をご案内いたします。ユーモアとセンス溢れる山本容子さんの作品を直に目にしてみませんか?
 
 
  山本容子のエッチング入門 <NHKテキスト>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  番組のタイトルはエッチング入門ですが、テキストの中身は、容子さんの手法、それまでの容子さんの代表作や出版された本などが納められていて、さながら「山本容子入門」とも言える本になっています。
 
 
  特性オリジナルエコバッグ eclat x 山本容子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エクラ創刊1周年を記念して、山本容子さんとコラボレートしたオリジナルのエコバッグを作りました。
 
 
  銅版画家 山本容子版画展 「出会いを求めて」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銅版画家 山本容子 版画展 「出会いを求めて」 EAST MEETS WESTが石田屋 犀川店で開催されました! 抜群の構成力と印象的な色使いで、酒脱で洗練された雰囲気をもつ独自の銅版画の世界を確立した山本容子さん。・・・
 
 
  Round About 第27回 山本容子 VS 佐々木 豊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銅版画作家としての人気はもとより、トークショーを開けば、会場では多くの女性が憧れのまなざしを向ける。精力的な作品発表にとどまらず、装幀や絵本、アクセサリー・食器・衣装のデザイン、壁画制作など創作は多岐に渡っている。
 
 
  山本容子 版画  愛媛・宇和島  ギャラリー名画堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本容子略歴 埼玉県生まれ・現代版画コンクール大賞展・日本現代版画大賞・韓国国際版画ビエンナーレ受賞  ルーカス・クラナッハの飼い主は旅行好き 平角 木地 額サイズ394×510
 
 
  山本容子 版画  愛媛・宇和島  ギャラリー名画堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルーカス・クラナッハの飼い主は旅行好き 作品名 TIRGU JIU -exchamge   技法 銅板(エッチング)(限)30 サイズ195×270弌ヽ枡サイズ 394×510
 
 
  鉄道のロマン 制作風景を披露 山本容子展覧会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  帰省、夜汽車、トンネル…。作家10人が鉄道にまつわるエッセーを書き下ろし、そこから着想した世界を銅版画家、山本容子さんがステンドグラスの大壁画に仕上げた大作『過ぎゆくもの』の制作風景を披露・・・
 
 
  山本容子 YAMAMOTO, Yoko ギャラリー・アーチスト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1952年 4月埼玉県に生まれる。 8月に大阪府堺市に転居。 /1975年 第27回京展紫賞受賞。 アート・コアギャラリー(京都)で初個展。 〜 2008年 山本容子展  過ぎゆくもの/ガレリア・グラフィカ(東京)
 
 
  銅版画家 山本容子の世界 近鉄カルチャーセンター    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銅版画家、山本容子は1952年、浦和市生まれ。75年に初めて開いた個展で、カミソリやバンドエイドが飛び交う独特の銅版画を発表、一躍注目を浴びる。吉本ばなな『TUGUMI』や集英社『世界の文学』など多くの装画を手がけた・・・
 
 
  「万智の交遊録」第32回は、版画家の山本容子さんです。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  容子さんは、私の憧れる「大人の女性」を、まさに具現している人です。充実した素敵な仕事、美貌と洗練されたファッションセンス、そしてチャーミングできりっとした性格。ボーイフレンドはみな、各界で一流の仕事をしている男性たちで、彼女を女王さまのように、取り囲んでいます。ああ、カッコいい……。
 
 
  山本 容子: Yoko Yamamoto ( 1952 - ) ギャラリータカミ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  抜群の構成力とセンスある色使いが定評の人気女性銅版画家、山本容子。 今にも踊りだしそうな人や動物たちと、絵全体から生まれてくる躍動感。  日常の中の身近な記憶をユーモラスな発想で次々と形にするその作品は、思わず歌を口ずさみたくなるような楽しさに溢れています。
 
 
  作品名:山本容子 「聖母マリアの子守歌」  アンシャンテ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作品名:山本容子 「聖母マリアの子守歌」 画面サイズ(cm) 14×38   技法 カラー銅版画  エディション 50部
 
 
  大人のジャズ絵本 銅版画家・山本容子さん NIKKEI NET   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉本ばななさんの小説『TUGUMI』の表紙をはじめとする柔らかいタッチの銅版画で知られる山本容子さんが大人のための絵本『山本容子のジャズ絵本 Jazzing』(講談社刊)を書き上げた。
 
 
  山本容子 鉄のハンス 絵画(銅版画)作品 - ガリレオ画廊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本容子 鉄のハンス  画面サイズ 97×147mm   技法 銅版画
 
 
  山本容子(ヤマモト ヨウコ)1952〜 洋画家 アート買取協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  略歴 プロフィール 山本容子 : 1952 埼玉県に生まれる/1978 京都市立芸術大学西洋画家専攻科修了〜現在 作品制作の傍ら芸能活動も行う  花のレクイエムより/After Eyes 〜Bird Bone〜  
 
 
  山本容子 やまもとようこ Yoko Yamamoto SEIKO GALLERY   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1952年埼玉県浦和市生まれ、大阪育ち。1978年京都市立芸術大学西洋画専攻科修了。吉本ばなな『TUGUMI』をはじめ、数多くの書籍の装幀、挿画を手がける。アクセサリーや食器、舞台衣装のデザインから、CM出演、CD制作まで、幅広いメディアで活躍。
 
 
  銅版画家・山本容子さんの作品世界 (美術遊園地)を考察する   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名古屋の松坂屋美術館で開催されました「山本容子の美術遊園地」(名古屋開催:2002年5月1日〜19日)を見てきました。今回のコラムでは、リズム感のある画面構成と軽やかな線が印象的な銅版画家・山本容子さんの作品世界を考察します。
 
 
  「山本容子展─2003年 私の時間旅行」より 「『アート』への視点──時代・風土・創造性」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  《ロートレック》 2002年 エッチング、手彩色 和紙/《モジリアニ》 2002年 エッチング、手彩色 和紙/《1934年 パリ、ルーアン間の自動車レース》 2002年 エッチング、手彩色 和紙
 
 
  山本容子の書籍   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  過ぎゆくもの:作家10人の鉄道にまつわるエッセイと、そこから喚起されるイメージをステンドグラスに焼き付けた山本さんの絵とのコラボレイト。/本の話 絵の話/女 
 
 
  犬は神様 <書籍> 山本容子 (著)   講談社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本容子と愛犬たち、そして家族の歴史。家族の歴史には必ず犬が居た……。山本容子さんと喜怒哀楽を共にすごしてきた犬たち、そして最後の愛犬ルーカスの介護の日々を銅版画とともに綴る
 
 
  山本容子の食物語り <書籍> 著者/山本 容子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  眺めるおいしさ、味わう喜び。山本容子が語る絵のなかの食べ物たち。
 
 
  山本容子プラハ旅日記 (単行本)  山本容子著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  素敵なノートをみつけると買い溜めている著者が、そのうちでもプラハに合う美しい緑のノートに記した美しい旅の断片。絵だけではなく、素敵なマンホールの柄を写しとってあったり、とにかく自分も旅に出てこんなすばらしいノートをつくってみたくなってしまいます。
 
 
  マイ・ストーリー <書籍> 著者/山本容子  新潮社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「山本容子は起・承・転……転!」アーティストとして、女性として、最高に輝き続ける著者のパワフルな自伝。
 
 
  エンジェルズ・アイ <書籍> 山本容子/著 講談社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  聖なるひとときの物語が聴こえてくる、22曲の「楽譜絵」とユーモアあふれるエッセイ。本書に収めた22曲は、世界各地で歌い継がれてきた身体になじむ曲ばかりです。テーマはキリスト生誕の物語にしましたが、さまざまな言葉の子守歌や祈りの歌も随所にはさみこみました。BOOK&CDセット。
 
 
  鉄道の思い出いろいろ 「過ぎゆくもの」 <書籍> 山本容子著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  多くの「鉄ちゃん」の期待を受け、満を持してオープンした鉄道博物館。そこに飾られている3メートル×10メートルの大ステンドグラスを製作したのは、私も大好きな銅版画家山本容子だ。
 
 
  絵本ファウスト <書籍> 絵:山本容子/文:池内 紀 BOOKNAVI   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本容子が池内紀訳ゲーテ『ファウスト』に想を得て描く壮大な夢の世界。華麗に彩色された銅版画とドローイングに、池内紀がファウスト物語を書き下ろす。フレッシュで贅沢な絵本ファウストの誕生!
 
 
  ハナさん  おばあさんの童話 <書籍> 森山 京/作 山本容子/絵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  さまざまな人生を歩んできた7人のハナさんの、心ときめかせる時、遠い思い出を蘇らせる時を端正な文章と美しい絵で織り成す7編の童話。
 
 
  音楽のつつましい願い <書籍> 中沢新一 著  山本容子 絵 筑摩書房     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  音楽のつつましい願い <書籍> 中沢新一 著  山本容子 絵
 
 
  あるクリスマス <書籍> T・カポーティ・著 村上春樹・訳/山本容子・画 文藝春秋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カポーティ最後の佳品。幼い日、父とすごしたかけがえのない夜が、村上春樹の名訳と美しい銅版画のなかに甦る。プレゼントに絶好
 
 
  クリスマスの思い出 <書籍> T・カポーティ・著 村上春樹・訳/山本容子・画 文藝春秋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  従姉のスックと犬のクイーニーとのささやかなクリスマス。画と文とが共に語りかける、カポーティの幼い日の思い出シリーズ最終作
 
 
  山本容子美術館 の画像 - Google    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本容子美術館 の画像 - Google 
 
 
  山本容子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本容子 の画像 - Google
 
 
吉田博.1876/
     
柳澤紀子.1940/ 
  柳澤紀子 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柳澤 紀子(柳沢 紀子、やなぎさわ のりこ、1940年 - )は、日本の版画家、美術家、学者。武蔵野美術大学造形学部教授。 静岡県旧浜松市にて誕生。浜松市立高等学校を経て、1965年、東京藝術大学大学院を修了。その後、アメリカ合衆国ニューヨーク州に渡り、デザイン、版画といった美術への造詣を深める。帰国後は静岡県掛川市に居を構えアーティストとして活躍し、精力的に作品を発表する。  1 略歴 / 2 人物 / 3 作品 / 4 職歴 / 5 受賞 / 6 評価 / 7 観覧 / 8 関連項目 / 9 脚注 / 10 外部リンク
 
 
河内成幸.1948/
  河内成幸 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1948年、山梨県上野原町に生まれる。 多摩美術大学在学中の1970年に、第38回日本版画協会展で新人賞を受賞した。1973年同大学油画科卒業。 卒業後も、1976年の第44回日本版画協会展で最優秀賞、1979年の第10回版画グラン・プリ展でグラン・プリ、1982年の第6回ノルウェー国際版画ビエンナーレ展で最優秀賞を受賞するなど活躍し、1985年から文化庁の芸術家在外研修員としてニューヨークに派遣された。コロンビア大学大学院で学んだ後、ヨーロッパを遊学して1986年に帰国した。 2001年から、台湾芸術大学特別講師、台北芸術大学客員教授、中国美術学院特別講師等を歴任。2007年から名古屋造形大学の客員教授を務めている。 2011年6月、紫綬褒章を受賞。
 
 
  河内成幸 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  河内成幸 の画像 - Google
 
 
北村麻衣子.1984/
  木版画家 北村麻衣子の木版画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村麻衣子の木版画作品、制作状況などを中心にお届けします  科学の発達した現代社会においても、目には見えない世界があるのではないでしょうか。… そんな空想世界を表現するにあたって、木版画の凸版の特徴である板目の美しさ、透明感のある美しい色彩やぬくもりは、欠かせません。 自然界、例えば静かな森の中でも、目には見えない世界ではとても賑わっていることでしょう。
 
 
下地敏.1955/
  Welcome to T.Shimoji Gallery   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「下地敏一」のOKINAWA POP ART  『太陽の島から』宮古島、沖縄  ・デジタル版画(シルクスクリーン&ジグレー版画)
 
 
白駒一樹.1962/
  KAZUKI SHIROKOMA *GARDEN*   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Gallery 2006〜1898  OTHERS
 
 
佐藤由美子.1972/ 
  佐藤由美子 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤 由美子(さとう ゆみこ、1972年-)は画家、版画家。 東京都出身、埼玉県春日部市在住。東京藝術大学卒業。1995年 東京芸術大学美術学部絵画科 卒業 (油画専攻)、1997年 東京芸術大学大学院美術研究科 修士課程終了 (版画専攻)。リトグラフによる平面版画作品、製本著作を積極的に展開。 児童向けの絵画教育・啓蒙活動にも熱心で、井上学園呑竜幼稚園で絵画指導講師を務めるほか、埼玉県春日部市各地において、子ども絵画教室「ひまわりあとりえ」を主宰している。
 
 
  佐藤由美子のリトグラフ & BOOK WORKS    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤由美子のリトグラフ & BOOK WORKS / 子ども絵画教室ひまわりあとりえ / etc
 
 
久後育大.1977/
  久後育大 KUGO IKUHIRO  版画作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  HOME / PROFILE / NEWS / WORKS / LINK / CONTACT
 
 
版画Blog/