032 【美術】 海外彫刻家・芸術家/ダ・ヴィンチ:ミケランジェロ
 創作方法も多岐にわたり、美術界でも大きなジャンルを占める彫刻やオブジェの世界。そして木版画は皆さんも一度は制作したことがおありでしょうか。
 ここには、彫刻家・画家・建築家としてあまりにも有名な盛期ルネサンスの三大巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなども掲載いたしました。

海外彫刻家・芸術家 ブルネレスキ.1377 ドナテッロ.1386 ヴェロッキオ.1435 ダ・ヴィンチ.1452 ミケランジェロ.1475
オ-ギュスト・モロ-.1834/ ロダン.1840 ポンポン.1855 ブールデル.1861 G・ボーグラム.1867/ マイヨール.1861
ブランクーシ.1876 ジャン・アルプ.1886 アーキペンコ.1887 ザッキン.1890 黄土水.1895  カルダー.1898
ヘンリー・ムーア.1898  マリノ・マリーニ.1901 ジャコメッティ.1901 マンズー.1908 ナンドール.1922. シーガル.1924
ティンゲリー.1925 ゴームリー.1950 重力に逆らうようにるに見える彫刻 重力に逆らっているかのように見える驚きの彫刻の数々    
← 031 【美術】◆オブジェ全般      033 【美術ぁ暸“撚 → 
TOP >  b 美術 > 032 【美術】 海外彫刻家・芸術家/ダ・ヴィンチ:ミケランジェロ >  
       
海外彫刻家・芸術家
  彫刻家の一覧 - weblio辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリアの彫刻家 / オランダの彫刻家 / ロシアの彫刻家 / イギリスの彫刻家 / ドイツの彫刻家 / ポーランドの彫刻家 / ベルギーの彫刻家 / フィンランドの彫刻家 / スイスの彫刻家 / ハンガリーの彫刻家 / スペインの彫刻家 / アメリカ合衆国の彫刻家 / オーストリアの彫刻家 / フランスの彫刻家 / 日本の彫刻家 / 仏師 / 慶派 / 彫刻家
 
 
  ダ・ビンチ作品、508億円で落札…史上最高額 (2017/11/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリア・ルネサンス期の巨匠レオナルド・ダ・ビンチ(1452〜1519年)が描いたキリストの肖像画が15日、ニューヨークで競売に掛けられ、約4億5000万ドル(約508億円、手数料込み)で落札された。 「幻の作品」として注目を集め、落札額は美術品の史上最高となった。 競売会社クリスティーズのオークションにかけられた作品は、1500年頃に描かれた油絵「サルバトール・ムンディ(救世主)」で、大きさは縦約65センチ、横約45センチ。青いローブをまとったキリストが右手で上を指さし、左手に水晶玉を持ち、「男版のモナリザ」とも呼ばれる。 同社によると、17世紀に英国王のチャールズ1世が所有していたが、その後、行方不明になった。2005年に米国内の競売で収集家が約1万ドルで購入し、専門家の鑑定を経て、ダ・ビンチ作品と確認されたという。13年の競売では約1億2700万ドルでロシアの富豪が購入していた。…
 
 
ブルネレスキ.1377
  フィリッポ・ブルネレスキ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フィリッポ・ブルネレスキ(Filippo Brunelleschi, 1377年 - 1446年4月16日 )は、イタリアの金細工師、彫刻家、そしてルネサンス最初の建築家である。フィレンツェおよびローマを中心に活動した。
 
 
  パッツィ家礼拝堂 No.1   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パッツィ家の礼拝堂はイタリア・ゴシック建築のサンタ・クローチェ聖堂の回廊内中庭の中に設けられ、フィリッポ・ブルネレスキ(1377-1446)によってサン・ロレンツォ聖堂聖器室建設の直後、おそらく1429年から30年の間に着工された。
 
 
  ブルネレスキ(1377-1446)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  15世紀を代表する建築家でフィレンツェのサンタマリア大聖堂の大ドーム建築に成功。中世の、無数の柱の集合により垂直に伸びる尖塔を特徽とするゴシック様式に対して、柱を使わない大ドーム建築に成功したことはルネサンス様式の到来を告げる建築史上の革命である。
 
 
  岡崎乾二郎 【見ることの経験】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ……岡崎さんは「経験の条件」(雑誌『批評空間』連載)という論文で、ブルネレスキの透視装置の意味について言及されておられました。
 
 
  サンタ・マリア・デル・フィオーレ No.1   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フィレンツェではひときわ目立つこの建物は「ドゥォーモ(大聖堂)」と呼ばれており、建築としてだけではなく、フィレンツェの都市を構成している都市的な規模の構築物です。 フィリッポ・ブルネレスキのこのクーポラ(円蓋部分)によって中世は幕を閉じました。
 
 
  55-8-1(「ブルネレスキとデュシャン」 その1 1/24/2001)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ・・・ 確か透視図法を確立したといわれるブルネレスキは、このような形で洗礼堂を左右逆に描き、鏡を通してバーチャルなリアリティを追求したのだが、驚くべきことに、板絵には「自然の空間と空がそこに写るように磨いた銀箔が張ってあった」という。
 
 
  55-8-2(「ブルネレスキとデュシャン」 その2 2/14/2001)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  覗き箱を用いて、アルベルティの遠近画法を解く。その構造がデュシャンの『遺作』に近くはないかと考えてしまうのは、僕のひいき目だろうか。『絵画論』序詞の中で「当地(フィレンツェ)で、あの偉大な建造物(ブルネレスキの作ったサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の穹窿を指す)を見て、建築家ピッポ(ブルネレスキ)を賞讃しないほど頑迷な、もしくは嫉妬深い人が一人だっているでしょうか」とまで言うアルベルティ。アルベルティは遠近画法をブルネレスキの作品から理論化したといっていいだろう。
 
 
  西洋建築史の旅  初期ルネッサンス ブルネレスキとアルベルティ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  サンタ・マリア・デル・フィオ−レのド−ム ブルネレスキ/パラツッォ・ルチェルライ アルベルティ/サン・タンドレア教会 アルベルティ/サンタ・マリア・ノヴェッラ アルベルティ
 
 
ドナテッロ.1386
  ドナテッロ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドナテッロ(Donatello, 1386年 - 1466年12月13日)は、ルネサンス期のイタリアのフィレンツェ生まれの彫刻家で、本名はドナート・ディ・ニッコロ・ディ・ベット・バルディ(Donato di Niccolò di Betto Bardi)。ドナテルロと表する場合もある。写実的な表現を追求した。代表作「ガッタメラータ将軍騎馬像」(パドヴァ)は後世のミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチなどに多大な影響を与えた。
 
 
  Donatello   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  BASILLICA SANTA CR0CE  _Firenze   2006.09.05
 
 
  バルジェッロ博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このバルジェッロ博物館の目玉といえば、ミケランジェロとドナテッロ。右側の画像は、ドナテッロの「洗礼者ヨハネ」。この博物館の目玉としてのドナテッロの作品としては、「ダビデ」をあげるべきなのだろうが、ここでは私の好みで「洗礼者ヨハネ」を入れてある。
 
 
  ドナテッロ 美と歴史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初期ルネサンスの代表的彫刻家。ギベルティに学び、ブルネレスキに触発され古代彫刻のスタイルをキリスト教的主題と融合させた。『聖マルコ』(1411-13)、オルサンミケーレ聖堂の『聖ゲオルギウス』(1411-25)などはその表れとも言える。
 
 
  バルジェッロ美術館・2   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  奥にあるのは、オルサンミケーレ教会の外壁から移された武器製造組合の守護聖人「聖ゲオルギウス像」です。作者はドナテッロ。
 
 
  ドナテッロの「ダヴィデ」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フィレンツェはバルジェッロ美術館にある、ドナテッロのダヴィデ像です。たぶん、世界一有名で最強の羊飼いだと思うんですが、どうでしょう。
 
 
  フィレンツェ人物伝 ドナテッロ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドナテッロは本名をドナート・ディ・ベット・バルディといい、1386年頃、梳き毛工の息子として生まれた。父ニッコロは、1378年に起こった下層職人の「チョンピの乱」の首謀者の一人で死罪の判決を受けて一時亡命していたが、その後赦免されて帰国し、職人の仕事を続けていた。生粋のフィレンツェ職人としての父の激しい反骨精神や下層市民という出自は、ドナテッロの性格や思想形成に少なからぬ影響を与えたであろうことは、容易に想像できる。
 
 
  ヨーロッパの歴史風景 中世編   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻に新しい表現方法を生み出したドナテッロ 西暦1466年、ルネサンス期フィレンツェの彫刻をリードしたドナテッロが亡くなった。
 
 
  ドナテッロとミケランジェロとイロケ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドナテッロに仕事を依頼したのがメディチ家の老コジモ(Il Vecchio 1389-1464)、建築家ブルネレスキ(1377-1446)やパオロ・ウチェッロ(1397-1475)がドナテッロのおともだち。
 
 
  マグダラのマリア Mary Magdalene   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドナテッロ(1386?-1466) <マグダラのマリア> マグダラのマリアは、キリスト教の女性聖人のなかでは(聖母マリアを別にすれば)ダントツで人気ナンバーワンの存在です。もともとは「ルカによる福音書」8:2に現れる女性で、キリストに七つの悪霊を追い出してもらい、その後他の女たちとともにキリストに従って旅をする人物でした。
 
 
  【ドナテッロ〜Donatello/1368-1466】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ギベルディの時代がルネサンスの幕開けだとしたら、ドナテッロの時代は第2幕の始まりだった。だがこの時代、未だ彫刻は大聖堂や洗礼堂に付属品とみなされていた為に、生まれ育ったフィレンツェで高い評価を得ることはできなかったという。
 
 
  「ダヴィデ」 ドナテッロ (1430−50年ころ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  優美で女性的な...という表現がぴったりの美しい少年...。この像は、旧約聖書の英雄ダヴィデです。何と言っても「ダヴィデ」と聞いて思い出すミケランジェロのものとは明らかに違う雰囲気に驚かされますが、この彫像の真に古典的な魅力は、解剖学的な完全性とは別なところにあるのは確かで、その点で明らかにミケランジェロの作品とは違うのです。
 
 
  「聖マルコ」  ドナテッロ (1411−13年ころ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  四福音書記者の一人として有名な聖マルコは、ヴェネツィアの守護聖人とされています。書物を片手に、地平線を見つめる聖マルコの威厳と、そして今にも動き出すのではないかと思わせる柔軟さは、イタリア・ルネサンス最高の彫刻家 ドナテッロの、飛躍的に自由な発想から生まれたものです。
 
 
  サンタ・クローチェ教会 ドナテッロの「十字架のキリスト」像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ミケランジェロの墓のあるサンタ・クローチェ教会の中で見ることのできる芸術作品の目玉の一つが、ドナテッロの「十字架のキリスト像」(右の画像)なんだ。でも、ドナテッロ自身は、この作品に満足していなかったらしい。 ドナテッロの「受胎告知」
 
 
ヴェロッキオ.1435
アンドレア・デル・ヴェロッキオ - Wikipedia ヴェロッキオ (ルネサンス) キリストと洗礼者ヨハネは、ヴェロッキオ特有の表現がなされているといわれていますが、左端の天使や背景の風景描写はレオナルドが描いたものとされています。
  アンドレア・デル・ヴェロッキオ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アンドレア・デル・ヴェロッキオ(Andrea del Verrocchio, 1435年頃 - 1488年)は、フィレンツェで工房を構えたルネサンス期の彫刻家・画家・建築家。レオナルド・ダ・ヴィンチの師であったが、年若い彼が描いた絵を見て、その見事さに驚愕しその後絵を描かなくなったと伝えられている。しかし、事実はレオナルドに絵画を任せられ、自分は専門の彫刻に専念できたらしい。尚、ボッティチェッリもヴェロッキオの元にはよく出入りしていた。
 
 
  オヤイモ美術家 ヴェロッキオ&ピエーロ・ディ・コジモ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名前は比較的地味、作品もあんまし残っていなかったり・・ところがいろいろなアーティストの直接的間接的指南役を果たしている、そんな気になる美術家というのがいます。
 
 
  アンドレア・デル・ヴェロッキオAndrea del Verrocchio  イタリア 初期ルネサンス フィレンツェ派   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  15世紀を代表する彫刻家である。フィレンツェでは当時、一人前の画家は大工房を構え、壁画から家具の装飾などを仕事にしていた。ヴェロッキオは工房を構えるマエストロ(親方)の一人であり、レオナルド・ダ・ヴィンチなどを育てている。ヴェロッキオは彫刻家として修行しているが、絵も描いている。
 
 
  ヴェロッキオ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヴェロッキオ の画像 - Google
 
 
ダ・ヴィンチ.1452
「糸車の聖母」 「モナ・リザ」 洗礼者聖ヨハネ 
  レオナルド・ダ・ヴィンチ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レオナルド・ダ・ヴィンチ (Leonardo da Vinci, 1452年4月15日 - 1519年5月2日) はイタリアのルネサンス期を代表する芸術家で、万能人 (uomo universale, ウォモ・ウニヴェルサーレ) などと呼ばれている。… 絵画、彫刻、建築、土木、人体、その他の科学技術に通じ、極めて広い分野に足跡を残している。『最後の晩餐』や『モナ・リザ』などの精巧な絵画は盛期ルネサンスを代表する作品になっている。膨大な手稿を残しており、その中には航空についてのアイデアも含まれていた。 レオナルドはイタリアのトスカーナにあるヴィンチ村で生まれた。生家は現存する。 家は裕福であった。
 
 
  ダヴィンチの工房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レオナルド・ダ・ヴィンチの魅力をより多くの人に伝えるために・・・ そして、彼のように生きたいと願う人たちのために・・・ イタリア・ルネッサンスを代表する偉人レオナルド・ダ・ヴィンチ。本業は画家であるが、その業績は一言では表現できない「万能の天才」である。出身地はイタリアのヴィンチ村。レオナルド・ダ・ヴィンチとはヴィンチ村のレオナルドという意味である。彼の残したノートには、おびただしい量の工学、医学、天文学、流体力学、幾何学、音楽などのアイディアが、芸術的な図とともに記されている。
 
 
  切手で見る名画 「レオナルド ダ ビンチとミケランジェロ」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリア・ルネッサンスを代表する偉人レオナルド・ダ・ヴィンチ。言わずと知れた「万能の天才」である。出身地はイタリアのヴィンチ村。レオナルド・ダ・ヴィンチとはヴィンチ村のレオナルドという意味だそうです。彼は絵画だけではなく工学、医学、天文学、流体力学、幾何学、音楽などのに及び天体望遠鏡の設計は有名であります。 レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロと並ぶ盛期ルネサンス  の三大巨匠の一人。このミケランジェロこそ、盛期ルネサンス 最大の巨匠であると考える専門家も多い。
 
 
  レオナルド・ダ・ヴィンチ -洗礼者聖ヨハネ-    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  制作の詳しい経歴は不明だが、ダ・ヴィンチ最晩年の作品とされる『洗礼者聖ヨハネ』。晩年期は失意の中フランソワ一世の招きによりローマを去り、フランスへ向かったダヴィンチが同地で描き、本作と『モナリザ』、『聖アンナと聖母子』の三作品は生涯手元に残した。
 
 
  レオナルド・ダ・ヴィンチ Leonardo da Vinci 1452-1519   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ミケランジェロ、ラファエロと並ぶ盛期ルネサンスの三大巨匠の一人。中でもこのレオナルド・ダ・ヴィンチは名実ともに最大の画家として知られる。また画業の他、彫刻家、建築家、科学者としても名を馳せる万能人であった。フィレンツェ西方のヴィンチ村で生まれ、1466年頃ヴェロッキオの工房へ入門、そこで頭角をあわらし、以後は活動拠点をフィレンツェ、ミラノを何度か往復させながらローマへ向かう。
 
 
  レオナルド・ダ・ヴィンチ Leonardo da Vinci(1452.4.15~1519.5.2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フィレンツエ北西のヴィンチ村で公証人の子として生まれました。少年レオナルドはヴェロッキオ(1435?〜1488)の工房に預けられましたが、20才のころには独立したと考えられます。フィレンツエだけでなく、ミラノをはじめ、マントヴァ、ヴェネツィア、ローマと各地で活躍しましたが、1513年にフランス王フランソワ1世の招待を受け、フランスに赴き、その地で生涯を終えました。
 
 
  ダヴィンチ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ダヴィンチ の画像 - Google
 
 
  モナリザ初期の複製画発見、ダビンチ作品と同時進行 スペイン (2012/2/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  巨匠レオナルド・ダビンチが名画「モナリザ」を描いたのと同時期に描かれたとみられる複製画が、スペインの首都マドリードの美術館で見つかった。モナリザの複製画は大量に存在するが、この複製画はこれまでに見つかった中で最も早い時期に描かれたとみられ、モデルとなった女性の真の姿を知る手がかりとして注目されている。
 
 
  フィレンツェの調査団、ダビンチの失われた壁画を発見か (2012/3/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリア・フィレンツェで壁画を調査していた研究チームは12日、16世紀に失われていたレオナルド・ダビンチの作品「アンギアーリの戦い」とみられる壁画を、別のフレスコ画の下から発見したと発表した。 この作品はダビンチが1503年、フィレンツェ市庁舎のあるベッキオ宮殿の広間の壁に描いたもの。当時のフィレンツェが1440年にミラノと戦って勝利を収めた記念として制作された。約50年後に行われた改修作業で消失したが、当時から名作として記録が残されていた。
 
 
  ほつれ髪の女 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ほつれ髪の女 の画像 - Google
 
 
  レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホーム/開催概要・アクセス/展覧会紹介・みどころ/チケット情報/関連情報/図録・グッズ
 
 
  Bunkamuraでダ・ヴィンチ「美の理想」展 - Yahoo!ニュース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「ほつれ髪の女」も国内初公開/東京 「モナ・リザ」や「最後の晩餐」などの名画を残したレオナルド・ダ・ヴィンチ(1452−1519)の生誕560年となる今年。同展では「美の系譜」に焦点を当て、ダ・ヴィンチの作品をはじめ、弟子との共作、弟子や「レオナルド派」と呼ばれる画家たちの作品、資料を通じて「ダ・ヴィンチが創造した美の理想」に迫る。
 
 
  ジュネーブで「若きモナリザ」公開、ダビンチのオリジナル版か (2012/9/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スイスに拠点を置くモナリザ基金は26日、パリ・ルーブル美術館で展示されているレオナルド・ダビンチの名画「モナリザ」とは別の「モナリザ」を、27日からジュネーブで公開すると発表した。 公開イベントを主催する同基金は、30年以上にわたって研究を重ねた結果、今回公開する作品が、ルーブル美術館の「モナリザ」より前にダビンチによって描かれた可能性が非常に高いことが分かったと明らかにした。
 
 
  若きモナリザの微笑み (2012/9/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  若きモナリザの微笑み  ピクチャーギャラリー  REUTERS
 
 
  ダ・ビンチ作品、508億円で落札…史上最高額 (2017/11/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリア・ルネサンス期の巨匠レオナルド・ダ・ビンチ(1452〜1519年)が描いたキリストの肖像画が15日、ニューヨークで競売に掛けられ、約4億5000万ドル(約508億円、手数料込み)で落札された。 「幻の作品」として注目を集め、落札額は美術品の史上最高となった。 競売会社クリスティーズのオークションにかけられた作品は、1500年頃に描かれた油絵「サルバトール・ムンディ(救世主)」で、大きさは縦約65センチ、横約45センチ。青いローブをまとったキリストが右手で上を指さし、左手に水晶玉を持ち、「男版のモナリザ」とも呼ばれる。 同社によると、17世紀に英国王のチャールズ1世が所有していたが、その後、行方不明になった。2005年に米国内の競売で収集家が約1万ドルで購入し、専門家の鑑定を経て、ダ・ビンチ作品と確認されたという。13年の競売では約1億2700万ドルでロシアの富豪が購入していた。…
 
 
ミケランジェロ.1475
ミケランジェロ・ブオナローティ「ダヴィデ像」 【補足】(ルネサンス) 「ダヴィデ像」 ミケランジェロ・ブオナローティ「リビアの巫女」 ミケランジェロ・ブオナローティ作 「ピエタ」1499/ローマ・サン・ピエトロ大聖堂
  ミケランジェロ・ブオナローティ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ミケランジェロ・ブオナローティ(1475年3月6日 - 1564年2月18日)は、イタリアルネサンス期の彫刻家、画家、建築家、詩人。名前はミカエル(Michael)と天使(angelo)を併せたもの。レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ・サンティとともにルネサンスの三大巨匠と呼ばれる。  1 生涯と作品 / 2 建築作品 / 3 私生活 / 4 性的指向 / 5 作品 / 6 注釈 / 7 出典 / 8 関連文献 / 9 関連項目 / 10 外部リンク
 
 
  ミケランジェロ・ヴォナローティ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  聖家族と幼児洗礼者ヨハネ(トント・ドーニ)/アダムの創造/The Ceiling of the Sistine Chapel Story from the Bible/大洪水
 
 
  ミケランジェロは自閉症だった   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この度、英国の心理学者が行なった研究によると、かの天才ミケランジェロは自閉症だった可能性があることが明らかになった。ミケランジェロと言えばローマのシスティナ礼拝堂に描いた「天地創造」やダビデ像(写真)を始め、数多くの傑作を残したルネッサンスを代表する天才の一人である。
 
 
  宿命のライバル ミケランジェロ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリア・ルネッサンス後期、レオナルドと時を同じくして、もう一人の天才が存在した。25歳年下の彫刻家ミケランジェロである。冷徹な知性を持つ「画聖レオナルド」と男性的な激情を持つ「神ミケランジェロ」は、1501年から1505年の間ともにフィレンツェにいた以外は、同じ街に住むことはなかったが、二つの才能は、常に激しくぶつかり合った。
 
 
  ミケランジェロ・ヴォナローティ 1475-1564  イタリア  盛期ルネサンス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロと並ぶ盛期ルネサンスの三大巨匠の一人。このミケランジェロこそ、盛期ルネサンス最大の巨匠であると考える専門家も多い。
 
 
  ミケランジェロ・ブオナローティ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ミケランジェロ・ブオナローティ の画像 - Google
 
 
オ-ギュスト・モロ-.1834/
  オーギュスト・モロー の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オーギュスト・モロー の画像 - Google
 
 
  「オーギュスト・モロー」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オーギュスト・モロー -Google検索
 
 
ロダン.1840
ロダン『接吻』 - 日本美学研究所 『ロダンの言葉抄』 ロダン:考える人 ロダンの彫刻が只で見られる!(2011/2/16)
  オーギュスト・ロダン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランソワ=オーギュスト=ルネ・ロダン(François-Auguste-René Rodin, 1840年11月12日 - 1917年11月17日)は、フランスの彫刻家。19世紀を代表する彫刻家とされ、『近代彫刻の父』と称される。代表作に『地獄の門』、その一部を抜き出した『考える人』など。 1 生涯 / 2 作品を収蔵する主な美術館 / 3 出典 / 4 参考文献 / 5 関連項目 / 6 外部リンク
 
 
  接吻 - ロダン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『接吻』(せっぷん、フランス語: Le baiser)は、オーギュスト・ロダンの彫刻作品。 ダンテの『神曲』に登場するパオロとフランチェスカの悲恋をモチーフにしたもので、「考える人」同様、「地獄の門」を装飾するレリーフの1つとして構想され、当初は「フランチェスカ・ダ・リミニ」のタイトルで呼ばれた。 ロダンの構想では1886年初頭まで「地獄の門」の一部となっていたが、おそらく作品全体のテーマにそぐわないと判断され、その後すぐに外されて、独立した作品として発表された。1887年、パリおよびブリュッセルでこの作品が発表されると、パオロとフランチェスカであることを示す衣服を身につけていないこの像に対して、批評家たちが「接吻」というタイトルをつけた。 注
 
 
  考える人 - ロダン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『考える人』(かんがえるひと)は、オーギュスト・ロダンが制作したブロンズ像である。思索にふける人物を描写した像として有名。 当初は“Le Poète”(詩人)と名づけられていたものである。「考える人」の名称はロダンの没後にこの作品を鋳造したリュディエであるといわれる。  1 概要 / 2 設置場所 / 3 脚注 / 4 関連項目 / 5 外部リンク
 
 
  ロダン美術館 - パリ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロダン美術館 (Musée Rodin) は、フランスのパリ7区にある美術館である。オーギュスト・ロダンの自己の作品及びロダンがコレクションした美術品を中心として所蔵する。 美術館の建物は1908年から亡くなるまでの10年間、ロダンがアトリエとして使い、そして暮らした「ビロン邸」(Hotel Biron)である。 1 沿革 / 2 主な所蔵作品 / 3 関連項目 / 4 外部リンク
 
 
  :ロダン館 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ラグビーボール状のガラス天井から注ぎ込む自然光のもと、まるで彫刻のある公園を散歩するように気ままに歩ける彫刻館。見晴らし台のようなエントランスフロアからは、ウイング全体を望むことができます。
 
 
  ロダンの彫刻 - 私の写真紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロダンの「考える人」はあまりにも有名な作品である。ユニークで面白いポーズがとても魅力的で、子供の時より知っていた。この人は何を考えているのであろうか。深刻な問題?それとも恋に破れた反省?いろいろと想像を巡らす。このように真面目に考えている姿には、たとえどんな大きな問題であっても、必ず解決できるものと思えてならない。… ベルギー、イタリアを旅する中で、ミケランジェロの彫刻に強く触発される。その後は力強い表現力と、大胆な造形性を発揮する。近代彫刻の祖として仰がれている。
 
 
  11. ロダンと白樺派 - 白樺文学館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロダンと白樺派の逸話(いつわ)はとても有名ですが、今日はちょいとその辺のお話をしようと思います。 1905年暮れのこと、志賀直哉は・・・
 
 
  ロダンの系譜 美術館連絡協議会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスの巨匠、オーギュスト・ロダン(1840-1917)は、近代彫刻の歴史に多大な影響を与え、今日においても彼の作品は、われわれを魅了しています。
 
 
  オーギュスト・ロダン 人物情報 人名辞典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスの彫刻家。19世紀最大の彫刻家と称される。1840年パリに生まれる。工芸実技学校で学んだ後、美術学校の入試に失敗して独学で学びながら彫刻の制作に励んだ。
 
 
  [PDF] ロダンとカリエール - 国立西洋美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国立西洋美術館では、彫刻家オーギュスト・ロダンと画家ウジェーヌ・カリエールという19世紀後半から20世紀初めにかけて活躍した二人の芸術家に焦点をあてた展覧会を開催します。展覧会では、二人の直接の交流を軸に、批評家、詩人、政治家なども含んだ同時代のフランスの美術や社会の状況をも視野に入れて、それぞれの作品を紹介していきます。
 
 
  オーギュスト・ロダン(Auguste Rodin)の格言・名言   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスの彫刻家。19世紀を代表する彫刻家とされ、『近代彫刻の父』と称される。代表作は『地獄の門』『考える人』『青銅時代』。『考える人』は世界的に人気があり、数多く鋳造されて世界中に存在している。
 
 
  オーギュスト・ロダン (1840−1917) Auguste Rodin   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代彫刻の父と称されるフランスの彫刻家。パリ生れ、ムードン(パリ近郊)で歿。エコール・デ・ボーザール(国立美術学校〉の入学試験に三度失敗し、生活のため建築装飾の仕事を続けるが、彫刻家カリエ=ベルーズのアトリエで彫刻に専心。のちイタリアへ旅行してミケランジェロに触発され、「青銅時代」を制作する。
 
 
  オーギュスト ロダン (Auguste Rodin)  コレクション検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代彫刻における革新は1880年代から1890年代に緩やかに現れ、1900年以降はっきりとその姿を現すようになる。モネと同年に生まれたロダンは革新への道を一人で歩いたかに見える。しかし彼ほど伝統の上に立って仕事をした彫刻家はいない。ロダンはその無数の人間表現の中で、近代彫刻史の展開において重要な意味を持つ多くの独創的な試みを行っている。
 
 
  オーギュスト・ロダン 《花子のマスク》 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治時代、ヨーロッパで活躍した女優・花子。その苦悶の表情を、ロダンは飽くことなく作り続けた。ところで、森鷗外は短編小説「花子」を書いている(明治43年7月「三田文学」発表)。アトリエを訪れた花子を見てロダンは、皮膚の下に筋肉、腱、骨、関節を透かし見、「形の上に透き徹って見える内の焔が面白いのです」と生命の造形論を語る。
 
 
  オーギュスト・ロダン (1840〜1917)  フランスの彫刻家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パリの裏町で、警視庁書記の子として生まれました。幼い頃から芸術の道を志し、帝国素描・算数専門学校で彫刻を学びましたが、芸術家の登竜門である国立美術学校の入学試験には失敗してしまいました。その後、人気彫刻家のもとで下彫り工として働きながら勉強を続け、力強い個性で作品を発表していきました。
 
 
  オーギュスト・ロダン(1840〜1917) ロダン館 - 西山美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パリに生まれ、ミケランジェエロに強い影響を受け、力強い造形、豊かな感情表現、エロスと芸術等、形を通して人間の精神の深さを表した、彫刻界における世界的巨匠。 77歳で没した後も、その足跡は彫刻史に多大な影響を及ぼした。
 
 
  ロダン 鑑賞の手引き  「ロダンと先輩・後輩」 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロダンは近代彫刻の先駆者、傑出した個性と才能の持ち主、あるいはブランクーシなど、20世紀彫刻に大きな影響を与えた彫刻家として知られている。しかし、同時代の彫刻家の活動やロダンとの芸術的な交流などに目を向けることで、必ずしもロダンが時代とは無縁ではなかったことに気づく。・・・
 
 
  ロダン 創造の秘密 −白と黒の新しい世界− 美術館連絡協議会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オーギュスト・ロダンは、近代彫刻の巨匠として日本でも数多くの展覧会が開催されています。本展では、ロダンを代表する重厚な“黒”のブロンズ作品と、日本でこれまでほとんど紹介されてこなかった“白”の石膏作品を対比させ、「白と黒のロダン」テーマのもとに、ロダンの知られざる創造の秘密に迫ります。
 
 
  オーギュスト・ロダン: バルザック像(最終習作) - メナード美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   《考える人》の作者として有名なロダンは、生命感あふれる表現により彫刻界に近代化をもたらした。  ロダンは、小説家バルザックの記念像制作において、ずんぐりとした身体を部屋着に包み量塊豊かに造形した。
 
 
  キュレーターから教えてもらった「ロダンとカリエール展」の見所 (2006/3/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回のロダンとカリエール展を企画立案した国立西洋美術館主任研究官の大屋美那さんからこの展覧会についてのお話を伺うことが出来ました。 大屋さんのお話に私が感想も交えて書いていますので読みにくい点もあるかとは思いますが「考え」というキーワードのお話はまさに目からウロコでした。…
 
 
  ロダンの彫刻が只で見られる! (2011/2/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  偶々、上野駅の公園口に向って歩いている時、西洋美術館の前庭の彫刻群が目に入ったので、ロダン中心の素晴らしいブロンズ彫刻群を入場料なしでじっくり鑑賞してきました。 本当に教科書に載っている様な、ロダン、ブールデルの最高傑作ばかり6点を青空背景で鑑賞できて(しかも只で)、大変LUCKYでした。
 
 
  オーギュスト・ロダン 永遠の青春 - 国立西洋美術 (2015/4/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この《永遠の青春》は、テーマ的には《接吻》(1886年、S.1959-4)と同系統の、『神曲』のパオロとフランチェスカに見られるような「愛」のテーマのヴァリエーションである。ここで扱われている女性の姿態は、1882年にアデールという名のモデルをもとにロダンが制作したトルソが下敷きとなっており、ロダンの彫刻には常に見られる、既成の彫刻の組み合わせによる構成の一例と考えてよい。誰にでも一見して理解可能な甘く官能的な主題と、完結した美しい構成によってこの彫刻は非常な人気を博した。…
 
 
  盗まれたロダンの彫刻、24年ぶりに取り戻す (2015/7/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  24年前に美術品コレクターの家から盗まれたフランスの彫刻家、ロダンの作品が見つかった。返還交渉を手がけたアート・リカバリー・グループ(ロンドン)が9日、明らかにした。現在、作品は保険会社が保管しているという。 ロダン(1840―1917)は代表作「考える人」で知られ、現代彫刻の父とも称される。 取り戻すことに成功したのは「Young Girl with Serpent」という彫像。 被害額は合計100万ドル(現在の為替レートで約1億2200万円)とされる。…
 
 
  ロダンの彫刻 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロダンの彫刻 の画像 - Google
 
 
ポンポン.1855
彫刻(ロダン、ボンボン)〜オルセー美術館 彫刻(ロダン、ボンボン)〜オルセー美術館 あかちゃんフクロウの群れ | かわいい・・
  フランソワ・ポンポン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランソワ・ポンポン(François Pompon, 1855年5月9日 - 1933年5月6日)は、フランス・ブルゴーニュ出身の彫刻家である。 ブルゴーニュ中部に位置するソーリューで生まれ、父親は家具職人や仕立屋をしていた労働者階級であった。ポンポンは首府のディジョンの墓石屋の大理石職人としてその彫刻家としての経歴をスタートさせる。 略歴/所蔵美術館/主な作品
 
 
  フランソワ・ポンポンの作品 (1〜2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雄牛/白熊/ふくろう/茶色い小熊/うさぎ/ブルドッグ  キリン/白熊/カバ/立つアヒル
 
 
  ボンボン(彫刻家) の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ボンボン(彫刻家) の画像 - Google
 
 
  ボンボン の フクロウ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ボンボン の フクロウ の画像 - Google
 
 
ブールデル.1861
ブールデルの「弓を引くヘラクレス」 北海道立函館美術館 モニュメント ブールデル 野外彫刻 《ペネロープ》 ブロンズ1912年 エミール=アントワーヌ・ブールデル
  アントワーヌ・ブールデル (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントワーヌ・ブールデル(仏:Antoine Bourdelle 1861年10月30日-1929年10月1日)は、フランスの彫刻家である。 ブールデルは、フランスのタルヌ=エ=ガロンヌ県モントーバンで生まれた。13歳のときに彼は、父のキャビネット作成の店で木版工になるために学校を辞めている。その後彼は、モントーバンでアングル美術館の創設者に絵画を学び、トゥールーズの美術学校で彫刻を学んだ。
 
 
  ブールデルの「弓を引くヘラクレス」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上野、国立西洋美術館の庭に設置されているブールデルの「弓を引くヘラクレス」の像は、ギリシャ神話を題材に採ったもので、人畜に害をなす、青銅の嘴、爪、翼を持つ怪鳥スティンパリデスの群れを退治する姿である。 ブールデル(1861〜1929)はフランスの家具職人の子として生まれ、彫刻の才能が認められ、パリの美術学校に入る。 1890年頃、詩人ヴェルレーヌや彫刻家マイヨールと知り合い、l1893年から15年間、ロダンの助手、相談相手となる。 1909年のこの作品で、大好評を得、ロダンの後継者、改革者としての地位を確立する。
 
 
  巨匠・ブールデル展 国立国際美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エミール=アントワーヌ・ブールデル(1861−1929)は、ロダンと共に彫刻の近代化に大きな役割りを果した芸術家の一人である。
 
 
  ブールデル美術館とブールデル庭園美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本では今、彫刻家アントワーヌ・ブールデル(1861-1929)の巡回展が催されているそうですが、皆さま、もう足をお運びになりましたか?フランスが誇るこの彫刻家の世界を皆さまにより楽しんでいただきたく思い、今回、わたくしはブールデルゆかりのふたつのミュゼを訪ねてみました。
 
 
  アントワーヌ・ブールデル 人物情報 -人名辞典-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスの彫刻家。1861年モントーバンで生まれる。トゥールーズの美術学校に学んだ後、1884年23歳でパリに出てエコール・デ・ボザールで学ぶ。1893年にオーギュスト・ロダンと知り合い、助手兼共同制作者となった。1900年「アポロンの首」はロダンに「君は私を越えた」と言わしめた。
 
 
  ブールデル美術館 -西欧かぶれのエンタメ日記-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  時はベル・エポック。モンマルトルに集まっていた芸術家たちが丘を下り、芸術の中心地はモンパルナスへと移動していったころ。 ピカソにシャガールにフジタ、文学ではサルトルにジッド、ヘミングウェイ…そんな綺羅星のような一団とは一線を画したところで、地道に製作している芸術家がいた。 彫刻家、アントワーヌ・ブールデルである。・・・
 
 
  エミール・アントワーヌ ブールデル  愛知県美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブールデルはロダンの助手を長く務めたが、ロダンの影響から逃れて自己の芸術をいかに確立するかという目標を抱いていた。それを一種のプリミティヴィスムによって超えようとしたのである。単純化された純粋な面の綜合を実現した『アポロンの頭部』によってロダンの影響を脱し、堅固な建築的構築を実現し、英雄的な様式に到達した。
 
 
  「ブールデル、エミール=アントワーヌ」の作品一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作品詳細:シャンゼリゼ劇場正面装飾のための習作レリーフ 東京国立近代美術館
 
 
  Le Fruit 恵比寿ガーデンプレイス・ブールデル「果実」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Le Fruit 恵比寿ガーデンプレイス・ブールデル「果実」
 
 
  北海道立函館美術館 モニュメント ブールデル 野外彫刻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北海道立函館美術館。 ブールデルの彫刻が迎えてくれます。
 
 
  エミール=アントワーヌ・ブールデル 《巨きな馬》 群馬県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この作品はアルゼンチンにあるアルヴェアール将軍の巨大な記念碑を構成する数点の彫刻のひとつである。
 
 
  エミール=アントワーヌ ブールデル 「力」 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ペネロープ/勝利/雄弁/自由/両手のベートーヴェン
 
 
  圧倒的な存在感 エミール=アントワーヌ・ブールデル 「雄弁」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  常磐公園には隣接して様々な文化施設がありますが、その中心的なもののひとつが道立旭川美術館前です。この美術館の前に、がっしりとした造形の人物像があります。「雄弁」と名付けられたこの作品はロダンの高弟であるブールデルの作品で、アルゼンチン建国の父として讃えられているアルヴェアル将軍像を囲む4人の勇じゃの一人です。
 
 
  エミール=アントワーヌ・ブールデル  愛知県美術館所蔵作品選     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランス、モントーバンに生まれる。家業のため家具の細工彫刻をはじめ、トゥールーズの美術学校を経て1884年パリのエコール・デ・ボザールでファルギエールについたが2年で中退し、ダルーに学ぶ。1893年からロダンの助手を務め、ロダンの彫刻語法である激情的な肉付けを身につけたが、1900年《アポロンの頭部》でその影響を脱し、簡明な面と量の構成による新たな彫刻秩序を追求し始めた。
 
 
  アポロンの頭、台座付 島県立近代美術館 学芸員の作品解説    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アポロンは、ギリシャ神話の神でゼウスとレトとの子です。光の神、太陽神であり、音楽や詩など芸術の神です。また闘争的な性格も持っており、その姿は格闘者としての肉体美の典型であり、ギリシャの理想的な男性美を代表しています。・・・
 
 
  ロダンに並ぶ近代彫刻の巨匠ブールデル Musée Bourdelle   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  多くの芸術家を魅惑したモンパルナス地区。駅の脇を入った通りに、この地区で制作活動を行った彫刻家アントワーヌ・ブールデルAntoine Bourdelleのアトリエ住居を改装したブールデル美術館Musée Bourdelleがある。・・・
 
 
  アントワーヌ・ブールデル (1861−1929) 彫刻家 Antoine Bourdelle   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスの彫刻家。モントーバン生まれ。パリ郊外ル・ヴェジェネで没。家具職人の父に就き、少年期に彫刻の技法を身につける。トゥルーズ美術学校に学んだのち、1884年パリの国立美術学校に進むが、学校に失望して退学、ダルーの元で短期間彫刻修行をする。・・・
 
 
  箱根彫刻の森美術館 ブールデル、弓を引くヘラクレス - 写真ナビ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エミール・アントワーヌ・ブールデルはロダンの流れを汲みながらも建築的な造形を重視してロダン没後の日本の彫刻家達に多大な影響を与えた。 ブールデルの作品としてはこの弓を引くヘラクレス以外に、「自由」「勝利」「力」「雄弁」の4体が展示されている。
 
 
  アントワーヌ・ブールデル 《弓を引くヘラクレス》  MENARD ART MUSEUM   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  15年にわたり助手を務めたロダンのアトリエを出てまもなく、ブールデルは高さ250僂梁膾遏垉櫃魄くヘラクレス》をサロンに出品して評判を得る。当館所蔵の作品は、これと同等の完成度をもつ小型習作である。
 
 
  《ペネロープ》1912年 エミール=アントワーヌ・ブールデル 島根県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ギリシア神話を主題とした作品である。古代ギリシアの伝説的な詩人ホメロスによって紀元前800年頃に書かれた冒険物語『オデュッセイア』に基づいている。英傑オデュッセウスの妻ペネロープ(ペネロペイア)の像で、戦場で消息を絶った夫を待ちわびる姿が、 ブールデル夫人をモデルにして形作られている。悲痛な主題をとりながら、瞑想的な雰囲気を示すこの作品は、胴から腰、脚にかけての流れるような曲線と強調された量感も手伝って極めて優雅な作品に仕上げられている。この頃から柔らか味を帯びた女性像の制作が増えるが、本作はその代表的な作例である。この作品には、ブールデルの他の作品と同様に幾つかの型がある。
 
 
  エミール=アントワーヌ・ブールデル  「弓をひくヘラクレス 」 国立西洋美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブールデルの名を不朽のものとした本作品は、ギリシャ神話の英雄へラクレスの「十二の功業」の一つに主題を借りている。へラクレスが怪鳥ステュムファリデスを射るために渾身の力で弓をひき、まさに矢を放とうとする瞬間を捉えている。
 
 
  エミール=アントワーヌ・ブールデル 「弓を引くヘラクレス」 東京富士美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この作品は、(ギリシャ神話に登場する)ヘラクレスが、地上から悪を取り除くために成し遂げた12の難行の中のひとつである「怪鳥を退治する」ため、矢を放とうとしている瞬間をとらえたものです。
 
 
  《力》《勝利》《自由》《雄弁》 エミール=アントワーヌ・ブールデル 彫刻の森美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻の森美術館に入ると、正面の広場にはロダン、マイヨール、ブールデルの大きな彫刻が立ち並んで観客を迎えます。彼ら19世紀後半の巨匠たちの作品は近代彫刻の幕開けを告げるものであり、美術館のコレクション全体の導入部ともなっています。
 
 
  アントワーヌ・ブールテル(1861-1929) 《アルザスの聖母》 -げいじゅつのたつじん -   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランス彫刻家(ちょうこくか)ブールデルは、ロダン、マイヨールとともに、フランスの近代彫刻(きんだいちょうこく)を代表する三代巨匠(さんだいきょしょう)のひとりです。 この作品は、キリスト教の新約聖書(しんやくせいしょ)のお話をもとに、わが子のイエス・キリストを高くかかげる聖母(せいぼ)マリアの姿(すがた)をあらわしたものです。
 
 
  大阪・御堂筋のブロンズ像(彫刻) 写真集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大阪市を南北に走る中央道路が<御堂筋>である。 淀屋橋から本町にかけて両側に30体弱のブロンズ像が飾られている。 キリコ、ブールデル、ロダン、ルノアール、グレコ、ロボ など外国作家と共に、高村光太郎、朝倉響子、等日本人作家もある。
 
 
  サトエコレクション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当館のコレクションは国内外の近代・現代の作品を集めた1.000点余の規模を誇ります。コレクションの特徴としては創設者である佐藤栄太郎が日展で作品を発表するなど、自身も彫刻家であることから彫刻作品の造詣が深く、彫刻作品を多く見られるのが本館の特徴といえます。
 
 
  ブールデル の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブールデル の画像 - Google
 
 
G・ボーグラム.1867/
     
マイヨール.1861
  アリスティド・マイヨール (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリスティド・マイヨール(Aristide Maillol, 1861年12月8日 - 1944年9月27日)は、19世紀末から20世紀前半に活動したフランスの彫刻家、画家。オーギュスト・ロダン、アントワーヌ・ブールデルとともに近代ヨーロッパを代表する彫刻家の一人である。
 
 
  マイヨール美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パリ7区、首相官邸マティニョン館の建つ官庁街にひっそりとたたずむマイヨール美術館。彫刻家アリスティド・マイヨールのモデルを15歳の時からつとめたディナ・ヴィエルニーが1995年にオープンした美術館・・・
 
 
  マイヨール 【パラソルを持つ娘】  -巨匠の美術館-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1861年、フランス生まれ。現在は彫刻家として有名なマイヨール。40歳頃までは画家として活躍した。その頃の有名作品がこの作品。
 
 
  アリスティド・マイヨール イル・ド・フランス Ile de France   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マイヨールが彫刻を造りだしたのは、40歳の頃からです。 彼の作品は裸婦や女性像がほとんどでありますが、古代ギリシャの情趣をかもしだす均整のとれた優美で生命力あふれる造形は、彼自身のことばにあるように、「自然とは、調和以外のなにものでもない」という観念を実現するためのものでした。
 
 
  ぅ泪ぅ茵璽襦△箸蕕錣譴離▲ション 箱根彫刻の森美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリスティド・マイヨールはブールデルと同様にロダンの流れを汲みながらも女性美を幾何学的な要素に分解し再構築することにより彫刻として表現した。
 
 
  アリスティド・マイヨール 「パラソルを持つ娘」 〜アートライフショップ〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリスティド・マイヨールは、19世紀末から20世紀前半に活動したフランスの彫刻家、画家です。
 
 
ブランクーシ.1876
  コンスタンティン・ブランクーシ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  コンスタンティン・ブランクーシ(Constantin Brancusi, 1876年2月19日 - 1957年3月16日)は、ルーマニア出身の20世紀を代表する独創的な彫刻家である。20世紀の抽象彫刻に決定的な影響を与え、ミニマル・アートの先駆的作品も残した。
 
 
  015 ブランクーシのアトリエ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ポンピドー・センターの前庭に、彫刻家コンスタンティン・ブランクーシのアトリエが再現されている。これが見たかったのである。『ペギー』の中に、ペギーがブランクーシのアトリエを訪ねて彫刻を買ったエピソードがある。
 
 
  雄鳥  コンスタンティン・ブランクーシ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  闇の終りをつげる雄鳥が黄金色の朝陽を浴びて天空を見上げています。太陽のシンボルとして、農耕文明にみられる宇宙時計として、過去から現在へ、さらには未来へと無限に続く時間と果てしない空間に立ち向かっています。
 
 
  コンスタンティン・ブランクーシ weblio   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  コンスタンティン・ブランクーシ(Constantin Brancusi, 1876年2月19日 - 1957年3月16日)は、ルーマニア出身の20世紀を代表する独創的な彫刻家である。20世紀の抽象彫刻に決定的な影響を与え、ミニマル・アートの先駆的作品も残した。
 
 
  ブランクーシの鳥 - 弐代目・青い日記帳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニューヨークで開催された競売大手クリスティーズのオークションで4日、彫刻家コンスタンティン・ブランクーシの大理石の彫刻「Bird in Space」が2745万ドル(約28億円)で落札され、同オークションハウスの彫刻部門での落札価格の最高記録を塗り替えた。
 
 
  「接吻」愛の喜び - フィラデルフィア美術館展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「フィラデルフィア美術館展 印象派と20世紀の美術」で、ルノワールやマティスの作品と並んで来場者の目を引いているのが、ルーマニア出身の彫刻家ブランクーシの「接吻(せっぷん)」だ。 抱き合う男女の上半身を独特の単純化した形で石灰石に表現している。  コンスタンティン・ブランクーシ『接吻』
 
 
  コンスタンティン・ブランクーシ  人物情報  -人名辞典-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルーマニア出身の彫刻家。1876年ホビツァに生まれる。 クライヨヴァ工芸学校、ブカレスト美術学校で学んだ後、故郷での大工の仕事などを経て1904年パリ美術学校に入学して彫刻を学んだ。1908年頃から写実的方法を離れ、極めて単一で純粋なフォルムの抽象的作品に至った。
 
 
  コンスタンティン・ブランクーシ - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  コンスタンティン・ブランクーシ(Constantin Brâncuşi, 1876年2月21日 - 1957年3月16日)は、ルーマニア出身の20世紀を代表する独創的な彫刻家である。20世紀の抽象彫刻に決定的な影響を与え、ミニマル・アートの先駆的作品も残した。
 
 
  CONSTANTIN BRANCUSI: 1876-1957 ブランクーシ <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この本は大きな巡回展のカタログである。表紙の写真はブランクーシのアトリエの入り口で奥の方に無造作に置かれた彫刻が見えている。素晴らしい作品世界への扉をなんとも予感させる。
 
 
ジャン・アルプ.1886
  ジャン・アルプ /ハンス・アルプ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1886-1966)  ドイツ生まれ フランス 、 ダダ、シュルレアリスム、画家・彫刻家
 
 
  ジャン・アルプ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャン・アルプ(Jean Arp) 独名 ハンス・アルプ(Hans Arp)(1886年9月16日 - 1966年6月7日)は現フランス・アルザス地方の首府ストラスブール(シュトーラスブルグ)出身の彫刻家、画家、詩人である。
 
 
  ジャン・アルプの経歴と作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1886 アルザスの首都ストラスブールで葉巻工場経営の課程に生まれる。父はドイツ語、母はフランス語を話す(ストラスブールは当時、フランスとプロイセン戦争でドイツに割譲されており、第一次世界大戦後に再びフランス領となる)。ストラスブール技芸学校、その後、ワイマール美術アカデミーにて学ぶ。その後、家族でスイスに移住
 
 
  ハンス・アルプ 《鳥の仮面》    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1886年にシュトラースブルク(ストラスブール)で生まれたハンス(ジャン)・アルプ(1886-1966)は、20世紀前半の近代美術におけるもっとも革新的な芸術家のひとりです。アルプは1916年にダダイズムの創始にかかわり、国際的なアヴァンギャルド運動と共に歩みました。
 
 
  アルプ展について 中谷伸生   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  その80年にわたる長い生涯の間に、ジャン・アルプが制作した、種々さまざまな彫刻を見渡しますと、それらの作品は、一言でいって、シュールレアリスムの精神に貫かれている、という印象を与えることでしょう。あたかも空の雲が風によって、少しづつ形を変えて行くように、アルプの彫刻は、人間、動物、その他さまざまな事物の形象を、わたしたちに想像させる作品です。
 
 
  アルプ 木版展   ギャラリー新居   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  囲われた太陽より/頭のない人形/囲われた太陽より イメージサイズ:31.5x31.2cm/囲われた太陽より イメージサイズ:19.2x18.3cm 
 
 
  ジャン・アルプ 「雲の羊飼い」 ポンピドー美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスとドイツの両方の国籍をもつジャン・アルプは、チューリッヒのダダとパリのアヴァンギャルドの両方に属している。ツァラ、エルンスト、シュヴィッタースと親しく、1929年、妻であるスイス人の芸術家ゾフィー・トイベルとともにムードンに居を構える。
 
 
  ジャン・アルプ【Jean Arp】ポスター アトリエフォロン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャン・アルプ【Jean Arp】ポスター
 
 
  ジャン・アルプ 作家詳細情報 徳島県立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1886年フランスに生まれる。1966年に没する(オランダ、バーゼル)。ワイマール美術学校、パリのアカデミー・ジュリアンに学ぶ。1912年ブラウエ・ライター、翌年シュトゥルムの活動に関わり、16年からはダダの中心的人物として活躍する。
 
 
  ジャン・アルプ&ゾフィ・トイベル=アルプ展 豊田市美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私たちには見慣れたジャンも、彼のパートナーであったゾフィと並べると、また新しい面を発見できて興味深い。というよりゾフィの作品が素晴らしいため、ジャンが見劣りするのかもしれない。その意味で、もっと彼女の作品を展示すべきだったと思う。
 
 
アーキペンコ.1887
  アレクサンダー・アーキペンコ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アレクサンダー・アーキペンコ(Alexander Archipenko、Alexander Porfiryevich Archipenko, Александр Порфирьевич Архипенко, 1887年 - 1964年)はウクライナのキエフ出身の彫刻家、グラフィック・アーティスト。キュビスムを志向したピュトー・グループのメンバー。 1902年から1905年までKiev Art Schoolで学ぶ。
 
 
  白いトルソ 徳島県立近代美術館 学芸員の作品解説    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トルソとは、人体のうち胴体を中心に作られた像のことです。この作品では、女性の首から胸、腰、膝にかけての部分が作られています。背面には、背中の中心に縦にできるくぼみや、臀部もはっきりと表されています。・・・
 
 
  「アレクサンダー・アーキペンコ」の詳細情報 作家詳細情報 徳島県立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1887年ロシアに生まれる。1964年没する(ニューヨーク)。キエフ、モスクワで学んだ後、1908年パリに渡る。古代エジプトや中央アジアの彫刻に興味を持つとともに、キュビスムの影響を受け、彫刻と絵画の融合を目指す。1921年にベルリンに移り、アートスクールを開く。
 
 
ザッキン.1890
オシップ・ザッキン - Wikipedia ザッキン美術館 オシップ・ザッキン - Wikipedia
  オシップ・ザッキン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オシップ・ザッキン(Ossip Zadkine, 本名 Osip Alekseevi&#269; Cadkin 1890年7月14日 - 1967年11月25日)は旧ロシア領のベラルーシ・ビテプスク出身の彫刻家、画家である。
 
 
  ザッキン美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  毎日あちこち歩いてだいぶ疲れて来たので、行きたい場所から訪ねようと思い、ザッキン美術館にやってきた。ロシア生まれのフォービズムの彫刻家で、1910年からパリに住んでいたオシップ・ザッキンの住居とアトリエが美術館になっているのだそうだ。
 
 
  オシップ・ザッキン  weblio 辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オシップ・ザッキン  1890年7月14日 - 1967年11月25日)は旧ロシア領のベラルーシ・ビテプスク出身の彫刻家、画家である。 父親は地方大学で語学を教える教師で、ユダヤ系の経済的に豊かな家庭に生まれ育ち、1905年に母親の実家のあった北部イギリスのサンダーランドの工芸美術学校で英語を学びつつ、造形学を専攻した。
 
 
  オシップ=ザッキン 「人間の森」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  旭川市の常磐公園には道立旭川美術館がありますが、その正面に置かれている彫刻がオシップ=ザッキン作「人間の森」です。ピカソやブラックから始まった絵画の表現手法のひとつ「キュビズム」の影響を深くうけながらも、陽気に生命を謳歌するさまが伝わるのはザッキン特有のものです。その根底にはアフリカの民族芸術の流れが色濃く反映されているようです。
 
 
  オシップ・ザッキン Ossip Zadkine    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1890 ロシアに生まれる。/1909 パリへ。美術学校に入学するも6ヶ月で退学/1912 アフリカ彫刻を参照しながら、ヴォリュームについて探究。木の直彫で制作/1914-16 外人部隊に召集される/1919 ブリュッセルとパリで個展を開催/1921 キュビズムに影響をうけた石彫作品を制作/1922 パリなどで個展/1925 キュビズムから離れて独自の形態を極めていく(凹凸の繰り返しなどから/1935 代表作ともいえる『ホモ・サピエンス』を制作・・・
 
 
  ザッキン美術館とモンパルナス周辺   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  旧ロシア領ベラルーシ・ビデプスク出身の彫刻家、画家。 父親は地方大学で語学を教える教師で、ユダヤ系の経済的に豊かな家庭に生まれ育ち、1905年に母親の実家のあった北部イギリスのサンダーランドの工芸美術学校で英語を学びつつ、造形学を専攻した。その後ロンドンの大英博物館で古典彫刻に触れるなどして影響を強く受け、彫刻家を志した。
 
 
  オシップ・ザッキン 人物情報 -人名辞典-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロシア出身の彫刻家。1890年神学校教授の子としてスモレンスクに生まれる。16歳でイギリスに渡り、帰国後彫刻家を目指すようになる。1909年からフランスに渡ってパリの国立美術学校で学びながら制作活動を行い、キュビズム運動に影響を受けてエコール・ド・パリの芸術家として活躍した。
 
 
  巴里の「隠れ家」的美術館 ザッキン美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  巴里にある数多くの美術館の中で、とりわけ静かな訪問を楽しめる美術館がある。それは6区のリュクサンブール公園のすぐ脇の道沿い、モンパルナスにほど近い地区にひっそりと佇むザッキン美術館である。
 
 
  オシップ・ザッキン作 「オルフェ」 美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日の作品は、オシップ・ザッキン作「オルフェ」。高さ2メートル88センチの奇妙なブロンズ像です。オルフェとは、ギリシャ神話に登場する吟遊詩人のこと。・・・
 
 
  オシップ・ザッキン 「メッセンジャー」 清春白樺美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロシア出身でフランスで活躍した彫刻家。1909年パリに渡り、1910年から1911年までパリモンパルナスにあるラ・リューシュの3階に住む。黒人彫刻の影響を受け、対象を平面 の集まりとして再構成し、キュビスムの彫刻家と目される。プリミティブな感覚に幻想性を加え、独自のスタイルを生み出した。代表作にロッテルダムの「破壊のための記念碑」1954年等がある。
 
 
  オシップ・ザッキン作 「恋人たち」 わんさか天神オブジェ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天神駅から降りてすぐ(岩田屋の前)目に付く、オシップ・ザッキン作の「恋人たち」。
 
 
  オシップ・ザッキン “山野を歩く、ヴァンゴッホ” 文部科学省ビル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ザッキンは1890年ロシアに生まれ、1909年からパリに移り住み前衛的な芸術運動に接し、キュービスムの代表的彫刻家といわれた。日本とのかかわりも深くパリでは藤田嗣治と親しくしていた。戦前には二科展に出品したほか、日本人の友人や弟子も持ち、日本の作家に大きな影響を与えたといわれている。
 
 
  ザッキン の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ザッキン の画像 - Google
 
 
黄土水.1895 
  黄土水 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黄土水(こうどすい, Huang Tu-Shui, 1895年7月3日 - 1930年12月21日)は日本統治時代の台湾出身の彫刻家。 黄土水は台北市&#33355;&#33338;に誕生した。1907年、父親の死去に伴い大稲&#22485;の三兄の所に身を寄せた。黄土水は大工であった三兄の影響を受け彫刻に興味を持つようになった。1917年、師範学校卒業後、校長の推薦を受け東京美術学校彫刻科に留学、1920年には大学院に進学し、高村光雲や朝倉文夫という当時の日本を代表する彫刻家たちに師事している。
 
 
  黄土水 美術史学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黄土水は台湾の最初の現代美術家で、1895年に誕生した。この年は台湾の被植民地時代の幕開けであった。黄土水は台北市の一番古い町の万華に生まれる。彼は伝統木彫師の子として幼い頃から彫刻に興味を示す。
 
 
カルダー.1898
  アレクサンダー・カルダー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アレクサンダー・カルダー(Alexander Calder、1898年7月22日 - 1976年11月11日、アレクサンダー・コールダーとも)は、アメリカ合衆国の彫刻家・現代美術家。動く彫刻「モビール」の発明と制作で知られている。モビールやスタビルと呼ばれる抽象彫刻のほか、絵画、リトグラフ、タペストリー、ジュエリー、玩具などさまざまな分野で創作活動を展開した。
 
 
  カルダーのポスター Art of Poster   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  インンテリアのアクセントに 絵画アートポスターでお部屋を上質な空間へ
 
 
  アレクサンダー・カルダー展  artscape   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アレクサンダー・カルダーの回顧展巡回が始まった。いわき市立美術館を皮切りに2002年4月までに国内8館をまわるというのだから、いまさらながらカルダー人気の高さに驚かされる。 言うまでもなく、日本人の多くは図工・美術の教科書の図版を通して子供の頃からカルダー作品に親しんでいる。  グループ貌とその時代展/学芸員レポート [CCGA現代グラフィックアートセンター]
 
 
  Calder カルダー NEW YORK ART POSTER   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アレクサンダー・カルダー 1898年アメリカのペンシルバニア生まれ、1976年没。 1981年に動く彫刻「モビール」を製作して以来、その鮮やかな色彩とユーモラスな空間彫刻は戦後の現代美術の世界に大きな影響を及ぼした。
 
 
  アレクサンダー・カルダー Alexander Calder   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  経歴/<国内で見られる主な作品・所蔵品>/カルダーの「美術家の言葉」/参考文献
 
 
  さらに詳しいモービルの歴史 denmark mobile   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モビールとは、外部の自然な力によって構成部分に動きをもたらす“動く彫刻”のことです。「モビール」という言葉は、ときにはより広い意味で使われ、モーター仕掛けや手動の機械をともなう彫刻作品を指すこともあります。この用語が初めて使われたのは、アレクサンダー・カルダーの作品群にマルセル・デュシャンが名をつけたときでした。
 
 
  サブタイトルの「モーション」とは、これいかに?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  動く彫刻「モビール」の創始者として知られる、アメリカの作家アレクサンダー・カルダーの展覧会。
 
 
  アレクサンダー・カルダー【Alexander Calder】額装   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モビールでお馴染みのカルダーの作品を額装しました。 ちょっとおどけたキャラクターは見れば見るほど微笑んでしまうイラストばかりです。 今にも飛び出してきそうなこのイラスト達をお部屋にちょこんと飾ってみてはいかがでしょうか?
 
 
  Contemporary Art Poster > アレクサンダー カルダー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1898-1976年 米国の彫刻家・現代美術家。動く彫刻「モビール」の発明と制作で知られている。モビールやスタビルと呼ばれる抽象彫刻のほか、絵画、リトグラフなどさまざまな分野で創作活動を展開した。機械工学のエンジニアから芸術家に転進しドローイングを学び、第一次世界大戦後のパリにて針金彫刻や金属を使った抽象彫刻を制作した。・・・
 
 
  アレクサンダー カルダー:Alexander Calder / az-poster   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アレクサンダー カルダー アメリカ 【1898−1976】 カルダーというと、動く彫刻「モビール」が有名ですが、彼の自由な発想力、想像力はドローイング作品などにも、鮮やかに表現されています。
 
 
  Alexander Calder (アレクサンダー・カルダー,アレキサンダー・カルダー)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1898年7月22日。アメリカのフィラデルフィアで生まれる。祖父・父親ともに彫刻家、母親は画家という環境に育つ。 1919年、ニュージャージー、スティーバンス工科大学卒業後、イラストレーターとして活動。  【オフィシャルサイト】
 
 
  アメリカで最も愛された作家 アレクサンダー・カルダー−動く彫刻− 広島県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  20世紀を代表する彫刻家アレクサンダー・カルダー(1898〜1976)の日本ではおよそ20年ぶりの包括的な展覧会。カルダーは「モビール」にみられるように彫刻に動きを取り入れることにより、表現の可能性を大きく広げ、近現代美術に非常に大きな影響を与えました。
 
 
  カルダーの世界 展 図録 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホイットニー美術館の企画で開催され、日本各地を巡回したアレキサンダー・カルダーの展覧会の図録。独特な造形の動く彫刻「モビール」をはじめ、油彩、版画、デッサン、タペストリー、玩具、生活道具等々、幼少期から晩年に至るまでの作品140点を収録。解説はジーン・リップマン「アレキサンダー・カルダーについて」、中原佑介「カルダーの世界」等。巻末に作品リスト、略歴等。
 
 
  Alexander Calder <古書古本 > James Johnson Sweeney著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アレクサンダー・カルダーの作品集。動く彫刻「モビール」や動かない彫刻「スタビル」等、モノクロ図版80点を収録。
 
 
ヘンリー・ムーア.1898 
  ヘンリー・ムーア展 SHIFT   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2007年夏、ベルリンのハウス・アム・ヴァルトゼー美術館ではヘンリームーアの作品を大々的に展示。今回の展示会への作品の選択としてはムーアが大地との変貌を作ろうとするために人間の像をばらばらに解体したときの1950年代後半から始まる。ムーアのランドスケープへの興味としてしょうがい続く、終生のものであった。
 
 
  ヘンリー・ムーア  Henry Moore    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  経歴/<国内で見られる主な作品・所蔵品>/<国内で見られる主な版画・所蔵品>/ <ヘンリー・ムーア関連の書籍>
 
 
  ヘンリー・ムーアに想う 宇部の彫刻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ビエンナーレ方式による、そして公募コンクールによる宇部市の《現代日本彫刻展》も、この名称になってから、今年は第18回展を迎え、まさに野外彫刻の、コンクールによる野外彫刻の大饗宴としての歴史を刻んできた。ここから多くの作家が生れ、成熟大成もしてきた。
 
 
  現代美術作家 > ヘンリー・ムーア(1898-1986)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横たわる人物3態/机に座る少女IX/横たわる人物像
 
 
  ヘンリー・ムーア・コレクション 箱根彫刻の森美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イギリス彫刻界の巨匠、ヘンリー・ムーア(1898〜1986)のコレクションは、世界でも有数な規模を誇っており「彫刻は野外の芸術である」と語ったムーア芸術の本質をうかがい知ることができます。円熟期から晩年までの26作品を順次公開しています。
 
 
  ヘンリー・ムーア 作家詳細情報 徳島県立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1898年イギリスに生まれる。1986年没する。1917年第1次世界大戦に従軍した後、リーズ美術学校からロンドンの王立美術学校に進む。1924年から39年まで王立美術学校で、32年から39年までチェルシー美術学校で彫刻を教える。1933年ハーバート・リードやニコルソン、ヘップワースらと前衛芸術グループ「ユニット・ワン」を創立して国際的活動を開始。
 
 
  第3回<王と王妃> ムーア作、1952-3年(MOA美術館)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代の作品になると、抽象彫刻が多くなります。私も最初は、こうした作品をどこからどう観ればいいのか、とまどいました。そこで注目されるのが、案内役として、具体的な形を残してくれている作品です。
 
 
  ヘルメットの頭 ヘンリー・ムーア (1898-1986) 菅野美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菅野美術館は、仙台の北東、古い港町塩竈の一角、遠くに海を望める丘陵地に建てられた小さな美術館です。 西洋の近代彫刻を中心としたコレクションは、30数年前に彫刻に魅せられた個人が手に入れた一つの作品に始まり、長い年月の間に、作品や作家との出会いによってもたらされた8点の作品が基本になっております。
 
 
  箱根彫刻の森美術館 ゥ悒鵐蝓次Ε燹璽▲灰譽ション 写真ナビ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻の森美術館ではイギリスの彫刻会の巨匠、人間の形を抽象的に表現することで有名な、ヘンリー・ムーアのコレクションを世界でも有数な規模でもっており、「彫刻は野外の芸術である」と語ったムーア芸術の本質をうかがい知ることが出来、円熟期から晩年までの26作品を順に公開している。
 
 
  「ヘンリー・ムーア:自然の気配 人のかたち」展 Fuji-tv ART NET   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  箱根 彫刻の森美術館 開館35周年記念 箱根でアート三昧!「ヘンリー・ムーアの人間像には豊かさと力強さがある!!」
 
 
  ヘンリー・ムーア 自然の気配 人のかたち 箱根・彫刻の森美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘンリー・ムーアの彫刻、素描、版画など160作品を一堂に展観  20世紀を代表するイギリスの彫刻家ヘンリー・ムーア(1898-1986)は、自然との融合を目指し人間愛に満ちた彫刻で広く知られ、20世紀彫刻の発展に大きな足跡を残しました。
 
 
  着衣の横たわる母と子 徳島県立近代美術館 学芸員の作品解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美術館を訪れた人は、まず最初に美術館ロビーで、ヘンリー・ムーア作の〈着衣の横たわる母子像〉(一九八三年)と出合うことでしょう。大地に根づいたように、どっしりと横たわる母親と、その片腕の中に安らかに身をゆだねる幼子が、やや抽象化された形態で示されています。
 
 
  ヘンリー・ムーア作品集・彫刻作品集『ヘンリー・ムーア/HENRY MOORE』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イギリスの彫刻家のヘンリー・ムーア(HENRY MOORE)の作品集!!母と子供の姿を表現した抽象的なスタイルは、現在も世界中の人たちから愛されている。
 
 
  【アートな大阪】ロダン、ヘンリー・ムーア、富永直樹 人間賛歌テーマの御堂筋彫刻ストリート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロダンを父とする近代彫刻史は、彼の影響を受けた若き日本の彫刻家にとっては自己の苦悩との格闘の彫刻史でもあり、彼らが生み出した作品が御堂筋彫刻ストリート(大阪市中央区)の主テーマ「人間賛歌」を象徴しています。
 
 
  ヘンリー・ムーア (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘンリー・ムーア(Henry Spencer Moore、1898年7月30日〜1986年8月31日)は20世紀のイギリスを代表する高名な芸術家・彫刻家であった。 炭鉱夫の息子としてヨークシャーのキャッスルフォードで生まれ、大理石やブロンズを使った大きな抽象彫刻で知られる。
 
 
マリノ・マリーニ.1901
  マリノ・マリーニ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マリノ・マリーニ(Marino Marini,1901年2月27日 - 1980年8月6日)はイタリア出身の彫刻家・画家・版画家である。油絵や版画も制作しているが、特に馬に乗り、腕を広げた男性をかたどった彫刻で知られている。 フィレンツェで絵画と彫刻を学び、エトルリア文化の影響を受けた。
 
 
  マリノ・マリーニ Marino Marini    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  経歴/<国内で見られる主な彫刻作品>/マリノ・マリーニの「美術家の言葉」/<マリノ・マリーニ関連の書籍>
 
 
  マリノ・マリーニ  「エッチング&リトグラフ展」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画家として出発した彼は、出身地エトルリアの古代文化の力強い表現に芸術創造の原点を求め、彫刻、絵画、版画の三つを彼の芸術の中心に据えました。原初的な生命力と鋭い現実感覚、研ぎ澄まされた強靭な形態は、ルネッサンス彫刻の呪縛から開放された現代彫刻革命といっても過言でではありません。
 
 
  マリノ・マリーニ 「着想と空間」より 荒廃と再建   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マリノ・マリーニ 「着想と空間」より 荒廃と再建
 
 
  Marino Marini (1901-1980) イタリア表現主義彫刻家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マリノ・マリーニ(Marino Marini,1901年2月27日 - 1980年8月6日) イタリアの彫刻家・画家・版画家。表現主義の油絵や版画も制作しているがフィレンツェで絵画と彫刻を学び、エトルリア文化の影響を受けた。
 
 
  マリノ・マリーニ 「小さな騎手」1946年 館蔵絵画と具象彫刻展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「小さな騎手」(1946年・高さ50.5cm):イタリア、ピストイアに生まれた作者は、戦後イタリアの具象彫刻界を代表する作家として国際的に活躍しました。肖像彫刻に優れた技量を発揮するほか、戦争に代表される人類の悲劇的状況を、簡素かつ強靭な形態で表現した『馬と騎手』や『戦士』などの連作により高い評価を得ています。
 
 
  マリノ・マリーニ 《馬と騎手(街の守護神)》  MENARD ART MUSEUM   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代イタリアの彫刻家、マリーニがライフワークとして追求し続けたのが〈馬と騎手〉のテーマである。 もともとヨーロッパでは都市の広場などに騎馬像を置く伝統があり、現在でも多くの街で見られる。
 
 
  マリノ・マリーニ(Marino Marini)1901〜1980 彫刻家 アート買取協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1901 イタリアに生まれる/1929 ミラノ美術学校でデッサンを教えるとともに彫刻を始める、特に馬と騎馬隊の政策によって、国際的な評価を得た/1935 ローマ・クワトリエンナーレ受賞/1940 ミラノ、ブレーラ美術学校の教授となる/1952 ヴェネツィア・ヴィエンナーレでグランプリを受賞/1962 ヴェネチア主催の現代イタリア銅版画ビエンナーレで賞を受ける/1978 マリノ・マリーニ展が東京国立近代美術館、日本各地を巡回/1980 逝去  ストラビンスキーへ 6/ストラビンスキーへ 9
 
 
  小さな裸婦  Marino MARINI マリノ・マリーニ (1901-1980)  菅野美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菅野美術館は、仙台の北東、古い港町塩竈の一角、遠くに海を望める丘陵地に建てられた小さな美術館です。 西洋の近代彫刻を中心としたコレクションは、30数年前に彫刻に魅せられた個人が手に入れた一つの作品に始まり、長い年月の間に、作品や作家との出会いによってもたらされた8点の作品が基本になっております。
 
 
  版画集〈版画集〉2.舞台のモチーフ 徳島県立近代美術館 学芸員の作品解説    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  16才でフィレンツェ美術アカデミーに入学し絵画を学ぶが、1922年頃から彫刻を始める。〈騎士像〉を始め、簡潔で大胆な形態で躍動感のある独自の作風を生み出し、高い評価を受けている。 マリーニは、彫刻の制作と並行してデッサン、絵画、版画を制作する。それらは互いに影響しあいながら、それぞれのイメージを変容させて行くのである。
 
 
  Marino Marini b.ピストィア、イタリア 1901年 − ヴィアレジョ、イタリア 1980年    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1901年にイタリアのピストィアで生まれる。17年にフローレンスにある美術学校(Accademia di Belle Arti)へ入学。そこで、絵画と彫刻を学ぶ。29年パリに行き、ピカソやマイヨール、シャガールらと出会い親交をかさねる。 同年、初めての重要な彫刻 Popolo を制作。
 
 
  椿の秘密   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  そのころイタリヤ彫刻は、瀟洒な俳優のようなマリノ・マリーニと、対照的に村夫子然としたエミーリオ・グレコに二分されていた。・・・
 
 
  FIRENZE フィレンツェ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1999年冬、ウフィツィもアカデミアもピッティ宮殿も、陶磁器博物館でも、監視の人は「クロスワードパズル」をしていた。例外はマリノ・マリーニ美術館のみ。
 
 
ジャコメッティ.1901
  アルベルト・ジャコメッティ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルベルト・ジャコメッティ(Alberto Giacometti, 1901年10月10日 - 1966年1月11日)は、スイス出身の20世紀の彫刻家。 ジャコメッティはおもに彫刻家として知られるが、絵画や版画の作品も多い。第二次世界大戦以前にはシュルレアリスムの彫刻家と見なされていたが、もっともよく知られている作品群は、大戦後に作られた、針金のように極端に細く、長く引き伸ばされた人物彫刻である。スイスのイタリア語圏の出身だが、おもにフランスで活動した。
 
 
  幻想美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スイスのグリゾン州ボルゴノーヴォ生まれ。1922年にパリに移住。画家の父を持ち、早期から絵画や彫刻を始める。初期はキュビズムの影響を受け、シュルレアリスム運動にも加わるが、やがて繊細なフォルムによる独自のスタイルを生み出した。1962年にヴェネツィアビエンナーレの彫刻大賞受賞。
 
 
  『アルベルト・ジャコメッティのアトリエ』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  さて、前述の通り実際のアトリエは、ポンピドー・センターの明るい展示室とは異なり、はるかに狭く薄暗い空間でした。しかしながら、ジャコメッティがアトリエで過ごした膨大かつ濃密な時間、そこで行われた長い探求と思索、その結果生み出された作品などを思い描くと、この開かれた空間こそがやはりふさわしいのではないでしょうか。
 
 
  アルベルト・ジャコメッティ  Alberto Giacometti   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  経歴/<国内で見られる主な作品>/ジャコメッティの「美術家の言葉」/シュルレアリスムの「ismの証言」
 
 
  1959年 油彩 カンヴァス 92×73cm 個人蔵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カフェでグラフ誌『パリ・マッチ』の表紙に出ている女優の写真を見ていたジャコメッティは、「これは嘘だ、人間の顔は決してこんなふうに見えはしない。」そうつぶやいて万年筆でその写真を修正した。写真の顔は少しばかり細くなり、はるかに立体感をましたのだった。・・・
 
 
  《バルテュスとジャコメッティ》展 - レヴュー&批評   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二人は1930年代のパリ、シュルレアリスムの周辺で出会い、ジャコメッティの死にいたるまできわめて親しい友人であった。絵画と彫刻という異なる分野で、ほとんど反時代的ともいえる身ぶりで繰り広げられた、緊張度の高い、凝縮されたイメージの追求において確かに、彼らは相似た芸術家であったといえるかもしれない。
 
 
  アルベルト・ジャコメッティ 人物情報 -人名辞典-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャコメッティ Giacometti, Alberto 1901年10月10日〜1966年01月11日 [ スイス] [彫刻]  スイスの彫刻家。1901年グリゾン州スタンパで生まれる。父は画家のジョヴァンニ・ジャコメッティ。
 
 
  アルベルト・ジャコメッティのポスター Art of Poster   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルベルト・ジャコメッティのポスター
 
 
  Contemporary Art Poster > アルベルト ジャコメッティ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1901年、スイスのイタリア国境に近いボルゴノーヴォに生まれる。1919年ジュネーヴ工芸学校で彫刻を学ぶ。1920年代半ばから弟のディエゴと共同でアトリエを構え、1927年前後からパリのサロン・デ・テュイルリーで作品を発表しはじめた。この頃のジャコメッティは、写実的な彫刻にはあきたらないものを感じ、キュビスム、シュルレアリスム、原始彫刻などの影響を受けた作品を制作した。
 
 
  映画 本質を見つめる芸術家 鷹見明彦[美術評論家]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  終わりなき創造の使徒の証人たち ジャコメッティ―。この特異なひびきの名前を持つ彫刻家への親近は、おそらくある時期からの日本での受容のきっかけが多くそうであったように、矢内原伊作の「ジャコメッティとともに」を読むことにはじまった。・・・
 
 
  アルベルト ジャコメッティ:Alberto Giacometti  az-poster   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルベルト ジャコメッティ スイス 【1901-1966】 象徴派の画家として著名な父を持ち、弟もまたデザイナーであるなど芸術的な環境と血筋に生まれたジャコメッティ。その感性と才能は、早くから彫刻や絵画の中で発揮されていきます。
 
 
  アルベルト・ジャコメッティ 『エクリ』 松岡正剛の千夜千冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャコメッティは少年のころに村のはずれで一本の金色の石を見ている。その石は女友達のようにジャコメッティを誘った。それから毎朝、ジャコメッティはその石を見たいとおもう。・・・
 
 
  アルベルト・ジャコメッティは、スイス出身の20世紀の彫刻家。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャコメッティはおもに彫刻家として知られるが、絵画や版画の作品も多い。第二次世界大戦以前にはシュルレアリスムの彫刻家と見なされていたが、もっともよく知られている作品群は、大戦後に作られた、針金のように極端に細く、長く引き伸ばされた人物彫刻である。スイスのイタリア語圏の出身だが、おもにフランスで活動した。
 
 
  アルベルト ジャコメッティ 額装アートポスター Fun Fine Art   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1901年、スイスのイタリア国境に近いボルゴノーヴォに生まれる。1919年ジュネーヴ工芸学校で彫刻を学ぶ。1920年代半ばから弟のディエゴと共同でアトリエを構え、1927年前後からパリのサロン・デ・テュイルリーで作品を発表しはじめた。・・・
 
 
  アルベルト・ジャコメッティ展 矢内原伊作とともに - 関西の“旬”情報    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  20世紀美術界に特異な位置を占めるアルベルト・ジャコメッティ。質感をそぎ落とした針金を思わせる彫像、無数の曲線で練り上げたデッサン、輪郭を塗りつぶした人物像…。観る者の心に強烈な印象を与えるジャコメッティの作品は、世紀を代表するかたわら、他のアートとは一線を画した独自の世界観をもつ。
 
 
  アルベルト・ジャコメッティ(1901−1966) 《横たわる女》 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作家に生まれつきの天才と努力型の秀才とがあるとするならば、ジャコメッティは典型的な後者だろう。針金のような人物像へ行きつく前に、若いジャコメッティは民族美術やシュルレアリスムを参照しつつ、彫刻の本質的な問題を無骨なまでのやり方で試行錯誤した。《横たわる女》もその一つである。
 
 
  「絶対」を求めた20世紀の彫刻家 アルベルト・ジャコメッティ 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1901年にスイスの山間(やまあい)に生まれたジャコメッティは、肉付けを極限まで削ぎ落とした細く長い彫刻で世界に衝撃を与えました。日本人哲学者、矢内原伊作(やないはらいさく)をモデルとした伝説的な制作の日々は、矢内原自身の著作により今も多くの人の魂を揺り動かしています。
 
 
  女性立像 アルベルト・ジャコメッティ 徳島県立近代美術館 学芸員の作品解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  細くて長くて小さい。表面はでこぼこして、ざらざらした感じがする。これはなんだろう。どうも、人間のようだ。真正面を向いて、直立不動で立っている。体は、針金のようにやせっぽち。両脚は一本につながって折れそうだけど、地面に接している足の先だけが異様に大きくて、まるで地面に根を張ってそこから生えてきたみたいだ。
 
 
  20世紀美術の探求者 アルベルト・ジャコメッティ-矢内原伊作とともに 神奈川県立近代美術館 葉山   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルベルト・ジャコメッティ 《ヤナイハラの肖像機奸1956年、油彩・カンヴァス
 
 
  ★YouTube - アルベルト・ジャコメッティ 本質を見つめる芸術家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - アルベルト・ジャコメッティ 本質を見つめる芸術家
 
 
  アルベルト・ジャコメッティ 本質を見つめる芸術家 <DVD>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  概要 : 彫刻、絵画、版画とすべてに長けたスイスの芸術家アルベルト・ジャコメッティ。 彼の創作活動の全貌をとらえるドキュメンタリー。
 
 
  矢内原伊作「ジャコメッティ」 (みすず書房)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モンパルナス大通りの中央にある、老舗のカフェへご案内しましょう。ル・ドームです。1900年の開業以来、ここは多くの芸術家に愛されてきました。アメデオ・モディリアーニ、ジョルジュ・ブラック、アンリ・マティス、パブロ・ピカソといった常連の写真が店内に所狭しと飾られています。ジャコメッティも、そのひとり。・・・
 
 
  アルベルト・ジャコメッティ─本質を見つめる芸術家 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻、絵画、版画とすべてに長けたスイスの芸術家アルベルト・ジャコメッティ。 彼の創作活動の全貌をとらえるドキュメンタリー。
 
 
  アルベルト・ジャコメッティのアトリエ <書籍> 著:ジャン・ジュネ  編訳:鵜飼哲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルベルト・ジャコメッティのアトリエ <書籍> 出版社:現代企画室
 
 
  GIACOMETTI <書籍> 著者名 Bernard Lamarche-Vadel  出版社 Alpine Fine Arts   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当サイトがもっとも重要な作家と考えている人物の一人、アルベルト・ジャコメッティ。彼の作品構成のテーマごとに(ポートレート、アネット胸像など)分けて大判の美しい図版で解説している。
 
 
  ジャコメッティ (単行本)  矢内原 伊作 (著), 宇佐見 英治 (編集), 武田 昭彦 (編集) Amazon.co.jp    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャコメッティ (単行本)  矢内原 伊作 (著), 宇佐見 英治 (編集), 武田 昭彦 (編集)
 
 
マンズー.1908
  ジャコモ・マンズー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャコモ・マンズー(イタリア語:Giacomo Manz&ugrave;)は、イタリアの彫刻家。 1908年10月22日生まれ。ベルガモ出身。 靴職人の父親を見て育ち、さまざまな職人のアトリエのもとで働いた経験を持つ。ミラノに居を構えてからは、ローマやヴェネツィアで行われた美術の大会で賞を受賞する。また、バチカンにあるサン・ピエトロ大聖堂の扉の彫刻を制作した事でも有名である。
 
 
  ジャコモ・マンズー展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  教皇ヨハネス23世の死 「死の扉」 左翼下部浮彫の習作/ソニアの像/マンズー氏とインゲ婦人/インゲの胸像  マンズー経歴/<国内で見られる主な彫刻作品・所蔵品>
 
 
  ジャコモ・マンズー  Giacomo Manzu    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  経歴/<国内で見られる主な彫刻作品・所蔵品>/<ジャコモ・マンズー関連の書籍
 
 
  178.女の胸像 作者・ジャコモ・マンズー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  設置場所・名古屋市中区三の丸1 名城公園「彫刻の庭」 寸法・H200 W115 D53
 
 
  ジャコモ・マンズー 人物情報 -人名辞典-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリアの彫刻家。アルトゥーロ・マルティーニ、マリノ・マリーニと並んで「イタリア現代彫刻の3M」と称される。 1908年ベルガモに靴職人の子として生まれる。貧しい家庭を支えるために、幼少から漆喰職人や木彫り職人の下で働いた。
 
 
  「オデュッセウス」 定禅寺緑地 宮城の彫刻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  場所:仙台市青葉区定禅寺通中央緑道
 
 
  東京造形大学 附属横山記念マンズー美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (左)27.天国の鍵/GRANDI CHIAVE 1967 (右)24.インゲの胸像/BUSTO INGE 1958/25.オデッセイアの壁/MURO DELL'ODISSER 1977/
 
 
  ジャコモ・マンズー 版画販売 アートギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「画家とモデル II」 エッチング・アクアチント 画サイズ49×64.5cm
 
 
  マンズー(ジャコモ=) 学習百科事典+キッズネットサーチ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1908&#12316;1991)イタリアの彫刻(ちょうこく)家。イタリアのベルガモに生まれた。最初(さいしょ)は木彫職人(きぼりしょくにん)の下ではたらいていたが,夜間の装飾美術(そうしょくびじゅつ)学校に通って,彫刻(ちょうこく)に開眼(かいがん)し,キリスト教的(きょうてき)なモチーフをもとに数々の作品を制作(せいさく)した。
 
 
  オデュッセウス (ジャコモ・マンズー 作) - ようこそ杜の都仙台へ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャコモ・マンズー GIACOMO MANZU (1908-1991) : 1908年ベルガモ生まれ。12人兄弟の11番目に生まれる。 靴職人の父のもと、幼い頃から漆喰職人や木彫師、メッキ職人のアトリエで働き・・・
 
 
  エミリオ・グレコとジャコモ・マンズーの彫刻 - いづつやの文化記号   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  茨城県近代美術館へは加山又造の作品をみるためにわざわざ出かけたのだが、平常展で長年目をつけていた絵と対面できるかもしれないという期待があった。・・・
 
 
ナンドール.1922.
  ワグナー・ナンドール (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ワグナー・ナンドール(Wagner Nandor、日本名:和久奈 南都留、1922年10月7日 - 1997年11月15日)は、ハンガリー出身の彫刻家。 1922年 ハンガリーのトランシルバニア地方(現在ルーマニア領)ナジュバラド市に生まれる。
 
 
  あるハンガリー人と「日本への恋文」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ワグナー・ナンドール」という名をご存知だろうか。母国ハンガリーではもちろん、ハンガリー動乱後に亡命した先のスウェーデンでも、多少は知られた彫刻家だった。・・・
 
 
  ワグナー・ナンドール 益子町観光協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  益子の雑木林に囲まれた丘の上の美術館です。ハンガリー出身の彫刻家ワグナーナンドールの作品(彫刻・絵画・陶器・テラコッタ)を展示しています。また生前、創作活動の拠点であったアトリエや学生寮、茶室などもご覧頂けます。
 
 
  ワグナー・ナンドールのヨージェフ・アティラ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨージェフ・アティラ J&oacute;zsef Attila(1905-1938) はハンガリーの詩人で今年生誕100年祭が行われました。 ワグナー・ナンドールがヨージェフ・アティラ50年祭に制作した彫刻の石膏像を、ハンガリーでは動乱や政変の間50年も安全に保存して、今回ブロンズに鋳造しました。
 
 
  ブダペスト・「哲学の庭」建立記念展のご案内   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この度10月18日、母国ハンガリーにおいて、首都ブダペスト市千年祭の記念に、
 
 
  WAGNER・NANDORワグナー・ナンドール (1922-1997)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  哲学の庭/ワグナー・ナンドール アートギャラリー
 
 
  ワグナー・ナンドール 春季展開催 (終了) 栃木の四季   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハンガリー出身の哲学者・彫刻家 ワグナー・ナンドールは、ハンガリー、スエーデン、日本へと移り住み、1969年益子町にアトリエを建てました。
 
 
  和久奈 南都留(WAGNER・NANDOR)『禅の廊下』開館案内   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  財団法人夕オ世界文化発展研究所は、1987年、和久奈 南都留(ワグナー・ナンドール)によって設立されました。ワグナーはハンガリー出身の哲学者・彫刻家で、 1969年来日し、栃木県益子町にアトリエを建てました。
 
 
  和久奈 南都留(WAGNER・NANDOR)『禅の廊下』春季展案内   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  財団法人夕オ世界文化発展研究所は、1987年、和久奈 南都留(ワグナー・ナンドール)によって設立されました。ワグナーはハンガリー出身の哲学者・彫刻家で、 1969年来日し、栃木県益子町にアトリエを建てました。
 
 
  ドナウの叫び ワグナー・ナンドール物語 <書籍> 下村徹/著 出版社名/幻冬舎     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  20世紀前半、故国ハンガリーの悲劇に巻き込まれていく孤高の天才彫刻家、ワグナー・ナンドール。二度の敗戦、冷戦、動乱、政治犯として指名手配―希望の欠片すら見出せない過酷なまでの運命。それでも作品を刻み続けた彼の胸に深く静かに流れていたのは日本の武士道精神と、妻・千代の温かさだった…。
 
 
シーガル.1924
  ジョージ・シーガル (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョージ・シーガル(George Segal, 1924年11月26日 - 2000年6月9日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州出身の彫刻家・画家である。人体から直接石膏で型を取った作品で有名。 西ヨーロッパから移民してきた両親の元、ブロンクスで生まれる。家族は養鶏業を営んでいた。ニューヨークで彫刻・デッサン・絵画などを学ぶが、卒業後は両親と同じく養鶏業をはじめた。その傍ら、地元の高校で美術と英語を教えてもいた。
 
 
  ジョージ・シーガル 「次の出発」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荷物を抱えた3人の人が、もうすぐ出発するバスに乗り込むためにゲートをくぐろうとしています。このように、アメリカ社会の日常の一瞬がすくい取られたシーガルの彫刻には、華やかな消費文化の影に見え隠れする都会人の孤独と不安がにじみ出ているかのようです。
 
 
  ジョージ・シーガル展 メイツリポート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2000年6月にジョージ・シーガルが亡くなってから初の回顧展となる「ジョージ・シーガル展」が、東京・渋谷のBunkamura・ザ・ミュージアムで開催された。・・・
 
 
  ジョージ・シーガル Praemium Imperiale   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョージ・シーガルといえば、すぐさま、あの真っ白で寂しげな等身大の人物像が目に浮かぶ。人体から直接型取りするという、かつてない技法を通して現代人の普遍的な姿を浮き彫りにし、彫刻芸術に新たな地平を開いた。・・・
 
 
  ジョージ シーガル (George Segal) コレクション検索 愛知県美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニューヨークに生まれる。ニューヨーク大学に学び、教師バジオテスらを通じて抽象表現主義の作家たちと交わる。1950年代始めに「ハプニング」の提唱者カプローと知り合い、表現主義的な画風の画家として初個展を行なう。・・・
 
 
  「ジョージ・シーガル」の詳細情報 作家詳細情報 徳島県立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1924年アメリカに生まれる。2000年没する。1948&#8722;49年ニューヨーク大学に学ぶ。一度は画家になることを断念するが、1956年から、表現主義的な人物像を描き個展を開く。1961年石膏を滲みこませた外科用の包帯で、人体から直接型を取ることを発案。・・・
 
 
  赤いシャツの3人 ジョージ・シーガル 徳島県立近代美術館 学芸員の作品解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  これまで日本の版画について紹介してきました。日本の現代版画は、海外でも類を見ないほど、充実した展開を遂げてきたといえます。そこで活躍した作家の大部分は版画を専門とする作家たちです。
 
 
  ジョージ シーガル  George Segal 1924-2000 彫刻家・画家 アメリカ人 -関心空間-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石膏を沁みこませた包帯を人体に巻きつけて、直接型を取る、という斬新な方法で、等身大の人物像を製作したことで知られる。・・・
 
 
ティンゲリー.1925
  ジャン・ティンゲリー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャン・ティンゲリー( Jean Tinguely、1925年5月22日 - 1991年8月30日)はスイスの現代美術、画家、彫刻家である。 彼は廃物を利用して機械のように動く彫刻を制作することで知られており、キネティック・アート(動く美術作品)の代表的な作家である。
 
 
  ジャンク・アート (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャンク・アート(junk art)とはジャンク(廃棄物、がらくた)を寄せ集めるなどして制作した芸術作品を指す。廃物美術、廃品美術ともよぶ。1950年代以降急速に脚光を浴びた手法で、21世紀の現在にまで続いている。
 
 
  ジャン・ティンゲリー Jean Tinguery    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  経歴/<国内で見られる主な作品・所蔵品>/<ジャン・ティンゲリー関連の書籍>
 
 
  スイスの芸術家ジャン・ティンゲリー FORTIS   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スイスの芸術家ジャン・ティンゲリーの素晴らしい作品が、この夏、地中海の公国にあるビンテージカー博覧会「PIT STOP」で注目を集めています。この博覧会は今年のレースシーズンの初めにスタートしたモナコ公国所有の自動車のプライベートコレクションを展示したもので、ジャン・ティンゲリーの作品はそのオープニングを飾りました。
 
 
  ジャン・ティンゲリー美術館 Jean Tinguely Museum   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この美術館の展示されているティンゲリーの作品は動く機械仕掛けのもので、その動きは見る側がボタンを押す等のアクションによって作用します。その動きと音はなかなか面白いもので、動かす子供達を見ているとすごく好奇心を掻き立てられているのがわかります。
 
 
  おれにやらせてくれ、ビリー ── ガーデン・パーティの奇跡   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  …そのイヴェントとは、スイス生まれの彫刻家のジャン・ティンゲリー(Jean Tinguely, 1925-91)が1960年3月17日夕方にニューヨーク近代美術館の中庭で行った、動く彫刻を中心にしたインスタレーションであった。…
 
 
  ★メディアアート2 戦後〜現代アート Kentaro Taki/ Art Project   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  メディアアート2 戦後〜現代アート
 
 
  ソフィア・ローレンの悪夢 ジャン・ティンゲリー(1925-1991/スイス)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大量の廃棄物を吐き出した20世紀の物質文明。この廃棄物を作品の素材としたのが、ジャンク・アート(廃物芸術)です。スイスに生まれ、フランスで活躍したティンゲリーは、この潮流の代表的存在です。
 
 
  ティンゲリー、 ジャン Tinguely, Jean (1925 -1991 ) 「ペリカンの卵」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ティンゲリーは、絵をかいたり、音を発したり、意味不明に動く機械のようなキネティックアート(動く芸術)で知られる。使い古しの車輪などのがらくたを材料に用いて特異な物体=似非機械を作る点ではジャンクアート(廃物芸術)でもある。
 
 
  Pand&auml;monium-Tinguely ジャン・ティンゲリー <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベンテリの出版したティンゲリーの作品写真集。どの写真もティンゲリーのエネルギッシュな様相をうまくとらえていて、迫力があり、躍動感溢れる一冊となっている。ニキ・ド・サンファールやボイスとのショットも興味深い。
 
 
  ジャン・ティンゲリー書簡集 <書籍> マルグリット・ハーンロザー著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ティンゲリーとマヤ・ザッハーの書簡集。ティンゲリーの作品がカラーで掲載されていて、書簡の中では二人が作品について語り、感想を述べたりしている。
 
 
ゴームリー.1950
  アントニー・ゴームリー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントニー・マーク・デヴィッド・ゴームリーOBE(Antony Mark David Gormley, 1950年8月30日 - )は、イギリスの彫刻家。イングランド北部のゲイツヘッドにあるパブリックアート『エンジェル・オブ・ザ・ノース(北の天使)』(1995年着工、1998年2月除幕)や、リヴァプール近郊クロスビー・ビーチの『アナザー・プレイス』といった作品で知られている。
 
 
  アントニー・ゴームリー作品集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代美術を代表する彫刻家のひとり、アントニー・ゴームリーの作品集!!長年にわたって人間の体を題材に数多くの彫刻を制作し、展示においても美術館やギャラリーといったホワイトキューブのみならず、海岸や川沿いの高台といった屋外で発表されるものが多い。
 
 
  アントニー・ゴームリーの「密着」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初っ端からなんですが(笑)箱根彫刻の森美術館の展示作品です。 アントニー・ゴームリーの「密着」といいます…。 うっかり一緒に、芝生に寝転びたくなるのはワタシだけでしょうか??
 
 
  そして僕は天使になった  顔と心 展開催   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントニー・ゴームリーの作品展『Blind Light』が17日からロンドンで開催 - 英国
 
 
  徳島県立近代美術館 学芸員の作品解説    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大きな翼を拡げて、直立した天使は、神の心を人に伝えるべく、堂々として、威厳に満ちて見えるでしょうか。あるいは、人の願いを神に届けるべく、人をあまねく受け容れようとする大らかさ、慈愛に満ちた空気をたたえているでしょうか。しかし、タイトルに拠ると、これは「天使」ではなくて、「天使の器」です。つまり、天使が収まる容れものであり、いわば抜け殻です。ここでは、天使の姿を表してはいないのです。
 
 
  作品名:Snowfall 作家名:アントニー・ゴームリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自分の身体を用いて型をとり、人体を再現する手法で彫刻をずっと作り続けているイギリスのアーティスト、アントニー・ゴームリー。アニッシュ・カプーアなどと共に、ブリティッシュ・ニュー・スカルプチャーの旗手と言われ、80年代から活躍している作家です。
 
 
  シャフトII アントニー・ゴームリー 作 - ようこそさっぽろ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントニー・ゴームリーは、自分の体をもとにして、人間の内面と外界についての思索を続けるイギリスの彫刻家です。この作品も自分の体を型どりして作られましたので、実際に見るとかなりの長身であることがわかるでしょう。
 
 
  地平線のない不思議空間を表現、英国人彫刻家作品展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロンドン(London)中心部にあるアートギャラリーWhite Cubeで5日、英国人彫刻家アントニー・ゴームリー(Antony Gormley)の作品展が開催された。
 
 
  ART アントニー・ゴームリー回顧展図録/カタログ・レゾネ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントニー・ゴームリーの作品は難解をもって格付けされているような現代美術のなかで「なにを問いかけているのか」「なにを計ろうとしているのか」ということを普通の人にきちんと伝えるという部分でとても「わかりやすい」。
 
 
  アントニー・ゴームリー アジアン・フィールド テレビ美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英国のアーティスト、アントニー・ゴームリーの主導の元に一般市民が共同し作品を展示する彫刻プロジェクト「アジアン・フィールド」。
 
 
  アントニー・ゴームリー:「アジアン・フィールド」展 - Realtokyo   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブリティッシュ・カウンシルは、英国のアーティスト、アントニー・ゴームリーがこれまで世界各地でおこなっている彫刻プロジェクト「フィールド」シリーズのアジア版、「アジアン・フィールド」を11月、東京で開催します
 
 
  アントニー・ゴームリーのインスタレーション ー Another Place    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントニー・ゴームリーAntony Gormleyは1950年イギリス生まれの彫刻家である。現テイトモダンの館長であるニコラス・セロータがWhitechapel Art Galleryの館長をしていた時代にゴームリーの才能を早くも認め、同ギャラリーにて1981年に個展を企画している。
 
 
  アントニー・ゴームリーの作品展『Blind Light』がロンドンで開催 - 英国   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1950年ロンドン生まれのゴームリーは、1994年にターナー賞(Turner Prize)、1999年にサウスバンク賞(South Bank prize)をそれぞれ受賞している。
 
 
  レバー  アントニー・ゴームリー  徳島県立近代美術館 学芸員の作品解説    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上昇、下降。私たちは戸惑う。鋳鉄でできたほぼ等身大のフィギュアーは、空中でひとつの場を発生させている。 彼はそこにいる。彼はひとつの世界である。・・・
 
 
  天使の器 II アントニー・ゴームリー 徳島県立近代美術館 学芸員の作品解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大きな翼を拡げて、直立した天使は、神の心を人に伝えるべく、堂々として、威厳に満ちて見えるでしょうか。あるいは、人の願いを神に届けるべく、人をあまねく受け容れようとする大らかさ、慈愛に満ちた空気をたたえているでしょうか。・・・
 
 
  Antony Gormley <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ・アントニー・ゴームリー(1950年生まれ)は世界的に注目を浴びるイギリスのアーティストで、1994年にターナー賞を受賞。彼の彫刻には、人の姿が映し出されている
 
 
  ART アントニー・ゴームリー:メイキング・スペース <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人型の彫刻作品で知られるイギリスのアーティスト、アントニー・ゴームリーの近作展示に併せて発行された展覧会カタログ。
 
 
重力に逆らうようにるに見える彫刻
     
重力に逆らっているかのように見える驚きの彫刻の数々
     

TOPページ TOPページ  6源情報 6源情報  ジャンル一覧表 ジャンル一覧表  明快カテゴリ総覧 明快カテゴリ総覧  特集区分数・HP数詳細 特集区分数・HP数詳細  ジャンルページ ジャンルページ  画面上段 画面上段 


Copyright (C) 2018 Z-PLAZA Corporation. All Rights Reserved.