024 【美術】 円山応挙/葛飾北斎/東洲斎写楽/歌川広重
 このコーナは、美術館 博物館のリンク集があります。また、国内海外の有数な美術館 博物館を個々に収録してあります。美術展 美術団体のHPほか、このコーナーには、日本と世界の著名な画家・芸術家関係のHPが年代順に精選掲載されています。どうぞ、ごゆっくりご覧下さい。 なお、ピンクは日本画家、ブルーは洋画家、イエローは浮世絵師です。

与謝蕪村.1716 池 大雅.1723 英 一蝶.1724 鈴木春信.1725 勝川春章.1726 曽我蕭白.1730
円山応挙.1733 土方稲嶺.1735/ 浦上玉堂.1745 野呂介石.1747 司馬江漢.1747/ 喜多川歌麿.1753
葛飾北斎.1760 葛飾応為 山東京伝.1761 酒井抱一.1761 谷文晁.1763 東洲斎写楽.1764?
歌川豊国.1769 小田海僊.1785 歌川国貞.1786 立原杏所.1786/ 川原慶賀.1786 菊池容斎.1788
渓斎英泉.1791 歌川広重.1797 歌川国芳.1798 長沢芦雪.1799 岡本秋暉.1807 冷泉為恭.1823/
狩野芳崖.1828 高橋由一.1828 狩野永信.1830 河鍋暁斎.1831 歌川芳虎. 落合芳幾.1833
橋本雅邦.1835 富岡鉄斎.1837 松本風湖.1840 川端玉章.1842 小林清親.1847 野口小蘋.1847
浅井忠.1856 原田直次郎.1863/ 小堀鞆音.1864 竹内栖鳳.1864 大橋翠石.1865 水野年方.1866.3/
← 023 【美術Α暸“術館・博物館      025 【美術─暸ヽ導┣茘 → 
TOP >  b 美術 > 024 【美術】 円山応挙/葛飾北斎/東洲斎写楽/歌川広重 >  
       
与謝蕪村.1716
与謝蕪村 「新緑杜鵑図」 大きな画面に蘇鉄が両手を広げた大胆なV字型の構成をとって、自由奔放な筆致で描かれている。 鳶鴉図(重要文化財) 紙本着色
  与謝蕪村 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  与謝 蕪村(よさ ぶそん、享保元年(1716年) - 天明3年12月25日(1784年1月17日))は、江戸時代中期の日本の俳人、画家。 本姓は谷口、あるいは谷。「蕪村」は号で、名は信章。通称寅。「蕪村」とは中国の詩人陶淵明の詩「帰去来辞」に由来すると考えられている。俳号は蕪村以外では「宰鳥」、「夜半亭(二世)」があり、画号は「春星」、「謝寅(しゃいん)」など複数ある。  1 経歴 / 2 作家論 / 3 作品 / 4 画集 / 5 全集 / 6 文庫作品集 / 7 脚注 / 8 関連項目 / 9 外部リンク
 
 
  与謝蕪村(1716〜1783)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  18世紀には連歌形式の俳諧は下火になり、俳人たちは発句の制作に注力するようになった。 俳人であると同時に優れた画家でもあった蕪村は、絵画的で光に満ちた発句を数多く書き残し、鮮明なイメージを言語によって喚起することに成功した。 蕪村の発句は芭蕉と異なり、思想性が表面に出ることはなく、派手な身振りを示すこともない。
 
 
  与謝蕪村 「新緑杜鵑図」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  与謝蕪村 「新緑杜鵑図」
 
 
  蕪村寺−妙法寺の寺宝−   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  与謝蕪村は明和3年(1766)の秋から明和5年(1768)の夏にかけて何度か讃岐・香川を訪れた。蕪村の讃岐行脚の目的は画業にあったといわれる。画業において一応の地位を得、さらに俳諧も本格的に取り組んでいこうとする蕪村にとって讃岐への旅は、自分に課した再修業の意味があった。風景の美しさや、土地にまつわる数々の文学や歴史に触れながら、心ときめくものであったに違いない。
 
 
  過去の俳人 - 与謝蕪村 - 俳句Index   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蕪村に関する収蔵品/江戸三俳人名句十二撰/与謝蕪村詳細/静岡県立美術館【主な収蔵品の作家名:呉 春/淀川歴史散歩/世界思想社:図書案内/奥の細道  画巻 松尾芭蕉 与謝蕪村/蕪村論と石華舎目録/蕪村と妙法寺/俳句の歴史/博物館・資料館/歴史散歩・アクセス・マップ/河東碧梧桐に関する収蔵品/宮津市の文化財/日本文学・テキスト情報/水落露石に関する収蔵品/二荒山神社/蕪村目次
 
 
  新潮日本美術文庫 9 与謝蕪村 <書籍>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  俳人として親しい蕪村は、日本南画の大成者の一人とされる江戸中期の画家でもある。その創作の秘密をあかす本来の姿を、初出二点をふくむグラフではっきりと示す。
 
 
  与謝蕪村像 よさぶそんぞう 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蕪村は天明三年(1784)十二月二十五日の朝まだきに没した。呉春(1752〜1811)はその蕪村に俳諧と絵を学んだ愛弟子である。蕪村の臨終の枕辺に坐していたうちのひとりに呉春がいたが、本図は蕪村の死の直前ないし直後に呉春が描いた肖像で、こけた頬に蕪村の病によるやつれを見ることができる。
 
 
  楳亭・金谷−近江蕪村と呼ばれた画家− 大津市歴史博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代中期、松尾芭蕉への回帰を唱え、蕉風俳諧復興に尽力した与謝蕪村は、一方で、当時、新風をもたらしていた絵画スタイル、文人画の立役者としても著名です。そして大津では、呉春とならぶ蕪村の門弟であった紀楳亭(九老、1734〜1810)が、人々に請われて多数の作品を描いていたほか、蕪村に私淑した横井金谷(1761〜1832)が坂本に庵を結び、地元に多くの作品を残しました。
 
 
  与謝蕪村:水墨画「蜀桟道図」 92年ぶりに見つかる (2014/9/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代中期の俳人で画家の与謝蕪村(1716&#12316;83年)が描いた水墨画「蜀桟道図(しょくさんどうず)」が92年ぶりに見つかった。鑑定した美術館「MIHO MUSEUM」(滋賀県甲賀市)が24日、発表した。1922年に発刊された「蕪村画集」にモノクロ写真が掲載されて以降、所在が分からなくなり、「幻の名作」と言われていた。 作品は長さ167.5センチ、幅98.9センチ。中国四川省北部に通じる険しい山や渓谷に造られた「蜀桟道」を旅人が行き交う様子が墨や岩絵の具で絹地に描かれ、蕪村が晩年に用いた雅号「謝寅(しゃいん)」という署名もある。 最近になってシンガポールの会社が所蔵しているという情報が寄せられ…
 
 
  与謝蕪村「奥の細道図屏風」 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  与謝蕪村「奥の細道図屏風」 の画像 - Google
 
 
  与謝蕪村 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  与謝蕪村 の画像 - Google
 
 
  ⇒与謝蕪村(俳句)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「018 【文芸押 俳句:松尾芭蕉・与謝蕪村・小林一茶・正岡子規」 ⇒与謝蕪村
 
 
池 大雅.1723
十二ヵ月離合山水図屏風(部分) 池大雅 龍山勝会・蘭亭曲水図 (重要文化財)
  池大雅 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  池 大雅(いけの たいが/いけ たいが、 享保8年5月4日(1723年6月6日) - 安永5年4月13日(1776年5月30日))は、日本の江戸時代の文人画家。 本来の苗字は池野(いけの)だが、中国風に池と名乗った。幼名は又次郎(またじろう)など。諱は無名(ありな)、字は貨成(かせい)。日常生活には池野 秋平(いけの しゅうへい)の通称を名乗った。
 
 
  学書瑣記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  池大雅「五百羅漢図」(墨美66号):この春京都国立博物館と京都文化博物館の両館で雛人形と池大雅を展示している。その是非はともかく、文博は池大雅美術館コレクションから、京博は黄檗のもので数は少ないがどちらも充実している。
 
 
  池大雅(イケノ・タイガ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  参宮街道の町、また裕福な町松坂には多くの文人墨客が立ち寄り、滞在し、作品を残していった。池大雅もその一人。 大雅は京の人。享保8年(1723)5月4日〜安永5年(1776)4月13日。江戸中期の文人画家で書家。祇園南海や柳沢淇園、彭城百川(サカキヒャクセン)らのあとを受けて日本の文人画を大成した。
 
 
  五百羅漢図 池大雅筆   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  池大雅(1723-1776)と万福寺の因縁は浅からぬものがある。大雅7歳の折、中国人住持杲堂(こうどう)の前で大書をなし、「神童」と称賛されたのである。本図は、もと襖絵で、大雅が万福寺東方丈に揮毫した障壁画群の一部をなす。
 
 
  伝池大雅作品群 吉良町   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  華蔵寺(けぞうじ)  華蔵寺本堂襖絵(ふすまえ)40面は南画の大家、池大雅(いけのたいが)の作品と伝えられている。9世れい川(れいせん)は駿河国松陰寺の白隠(はくいん)に師事し、大雅とは兄弟弟子の間柄であった。本襖絵は大雅がれい川(れいせん)を訪ね本寺に滞在した折に描かれたといわれる。
 
 
  池 大雅 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  町人の子として京都に生まれる。姓は池野、幼名を又次郎、通称は秋平、名を無名、字を貸成といった。号は大雅、霞樵など多数ある。幼くして書をよくし、7歳のときに宇治黄檗山万福寺を訪れ、杲堂禅師に書をもって神童と賞賛されたという。元文2(1737)年京都二条樋口に母とともに住み、扇屋を開いたと伝える。
 
 
  倣王摩詰漁楽図  池大雅筆   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本図の主題は漁に興じる人々を描くところにあるが、その漁の様子は山水の景観のなかに溶けこんでしまって、ほとんど目立たない。近世南画の巨擘(きょはく)たる池大雅(1723-1776)の興味は、あくまで、画面下方から蛇行しつつ上昇していく自然の景観の描写の方により多く注がれている。
 
 
  尉姥図和歌賛  玉瀾/池大雅   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尉姥図和歌賛  玉瀾/池大雅
 
 
  新潮日本美術文庫 11 池大雅   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  “清貧の人”として話題となった人の画家としての姿は? 「神童」と絶讃され、中国画風だけでなく、西洋画の技をも学び、風景を象徴の域にまで高めた画境をたどる。
 
 
  法明院客殿襖絵 幽居図  池大雅筆   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  法明院客殿には池大雅が四十三歳頃に描いたと考えられる幽居図襖八面があります。後世の入墨がかなりあるものの、池大雅の表現的特質がよく出ています。
 
 
  池大雅・与謝蕪村 「十便図・十宜図」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  千二百年の都、京都。今から二三〇年ほど前、江戸時代中期、この町で二人の巨匠が競作のように、そろぞれの理想郷を描きました。 池大雅と与謝蕪村。
 
 
  池大雅書の木額、その他書幅 吉良町   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木額は山門にかけられた山号「片岡山(へんこうざん)」、中門の「華蔵世界(けぞうせかい)」および本堂西の間の「香水海(こうすいかい)」の3面で、「片岡山」については版下となった墨書も残っている。
 
 
  書と画の大家 池 大雅(いけのたいが)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  与謝蕪村とともに文人画(南宋画)の大家と言われた。 京都の町人の子として生まれる。幼くして書をよくして7歳の時,宇治黄檗山万福寺で書いた書が神童として賞賛された。絵は土佐光芳に学んだ。15歳にして扇屋を開き自分の書いた画を売って生活を始める。祇園南海、柳沢淇園、彭城百川などの知遇を得て文人画家として大成する。
 
 
  池大雅 いけのたいが - 江戸時代・1723 - 1776   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  池大雅は、江戸時代中期の画家です。大雅堂、霞樵など、多くの号を持っています。 池大雅は、享保8年(1723)京都に生まれました。4歳の時に父を亡くし、母と二人で暮らしますが、幼い頃から漢文や書道に優れた才能を示します。15歳で扇屋を構え、扇子に絵を描いて生計を立てました。
 
 
  池大雅 <書籍> 12件   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  池大雅 <書籍> 12件  Amazon.co.jp
 
 
  池大雅 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  池大雅 の画像 - Google
 
 
  英 一蝶 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英 一蝶 の画像 - Google
 
 
英 一蝶.1724
雷神 英一蝶 【乗合船】 【乗合船 其二】
  英一蝶 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英 一蝶(はなぶさ・いっちょう、承応元年(1652年) - 享保9年1月13日(1724年2月7日))は、江戸時代の絵師。大阪の生まれ。本名は「多賀信香」(もしくは藤原信香)か。… 父親は多賀伯庵。伯庵は伊勢国亀山藩お抱えの国許の医師であったが、一蝶が15歳の頃、家族で江戸へ転居する。
 
 
  英一蝶 富士山NET   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英一蝶(1652−1742)は、伊勢亀山藩石川侯の侍医の子として、京都に生まれた。幼少期に家族とともに江戸へ移住後、絵に興味を持ち始め、狩野派の門を叩いて幕府御用絵師の狩野安信に絵を学んだ。瀟洒(しょうしゃ)な狩野派の技法を習得しながらも、その在り方に満足することなく、岩佐又兵衛から菱川師宣へと流れる風俗画を慕い、親しみやすい作品も残している。また、早くから松尾芭蕉をはじめ、其角や嵐雪らと親交を結んでいることも知られる。
 
 
  英一蝶 Iccho Hanabusa    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【出身地・師系】大坂出身 狩野安信、松尾芭蕉  【略歴・作風など】伊勢国亀山藩お抱え医師多賀伯庵の子として生まれるが15歳の頃に一家で江戸に移住。江戸で狩野安信から狩野派の画技を学び、多賀朝湖と号して町絵師として活躍、その一方で暁雲の号を用いて俳諧に親しんで松尾芭蕉らとも親交、また指導を受けた。
 
 
  Vol.3 一蝶狂画集 Museum   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「英一蝶(1653〜1724)は、元禄年間(1688〜1704)を前後する時期に江戸で活躍した風流画人である。」 幼年の頃、江戸の狩野安信に学んだ。 明治21年に東京で発行されたこの『一蝶狂画集』は、常套から離れた主題を扱い、変化に富んだ快活な表現法をとる一蝶の作品を再版したものである。
 
 
  英一蝶のこと 絵画のおはなし   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英一蝶、という美しい名前をもった画家をご存知でしょうか。17世紀の終わりのころから18世紀の第一・四半世紀(「四半世紀」とは、一世紀100年間を25年間ずつに区切ることを意味しており、第一・四半世紀はその世紀の四分の一までの期間をさします)まで活躍(かつやく)した画家で、その絵は大変人気を博(はく)したとみえて、いまでも数多く一蝶の作品が残っています。
 
 
  英一蝶「布晒舞図」 名画日本史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三宅島に流されていた時代にかかれた作品は「島一蝶」と呼ばれ、その代表作の一つ  1933年、「重要美術品」に認定された。戦前の法律にあった規定で、海外流出防止が主な目的だった
 
 
  英一蝶 「布晒舞図」 美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉原では知らぬ人はいない、江戸きっての太鼓持ち。訳あって江戸から追放され、流転の人生を歩んだ絵師が描いた傑作が、埼玉県川島町にある遠山記念館に所蔵されています。
 
 
  反骨の浮世絵師 英一蝶 壺中水明庵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「鳥総松(とぶさまつ)」から英一蝶(はなぶさいっちょう)についての記述部分を抜粋する。本稿に飽き足らない方は、「美の巨人たち 英一蝶『布晒舞図』」を読むとよかろう。
 
 
  今宵、英一蝶に太鼓持ちの哲学を学ぶ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都の医者の子としてうまれるが、江戸に移り狩野派の絵を学び多芸多才の風流才子で、西の光琳、東の一蝶とまで言われた。 一蝶は多芸多才ゆえか遊興にふけり太鼓持ちとしても鳴らした。大身旗本を吉原に連れ込み彼等の財布で楽しく遊ぶのである。絵も俳句も歌も管弦もお手のもの。太鼓持ちの一蝶の遊びは太夫を呼び豪遊となる。金を湯水のごとく使う一蝶の遊びに、旗本のほうが音を上げる。…
 
 
  歴史の渦に呑まれて 「布晒舞図」 英一蝶   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌舞伎や浮世絵など、庶民の文化が華やかに動き始めたころ、狩野派の絵師として活躍した英一蝶。人を盛り上げることの得意な一蝶は、一流の太鼓もちとしてもその才能を発揮しますが、そのもてなし上手ぶりが災いを呼び、島流しの憂き目にあいます。
 
 
  一蝶筆 芭蕉と柳図  江東区芭蕉記念館所蔵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名は信香。字は駿。別号は朝湖・牛麿・狩林散人・旧草堂・隣樵堂・一峰閑人など。俳号は暁雲。承応元年(1652年)〜享保9年(1724年)。大坂(大阪)生まれ。多賀伯庵の子。江戸前・中期の画人。15歳で父に従って江戸に出て、狩野安信に入門するが、のち破門。元禄11年(1698年)幕府の忌諱にふれ、三宅島に流刑。宝永6年(1709年)許されて江戸に戻り、英一蝶を名乗る。
 
 
  大倉集古館 英一蝶 「雑画帖」 絵はがきセット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  色々な才能を持ち、江戸時代に活躍したという英一蝶の雑画帖の中から選んだ作品を絵はがきにしました。
 
 
  高尾・鞍馬図  一蝶筆 東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  左幅高尾 92.8×24.6/右幅鞍馬 94.8×24.6   印章・銘記:各落款「英一蝶書」/印章「信香之印」「君受」各朱文方印
 
 
  英一蝶 大阪/江戸/三宅島/江戸麻生常教寺顕乗院   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本姓は多賀、狩野安信に従ひて画を学び狩野信香と名乗しが、後師の氏をかへして多賀長湖とあらため、後又、英一蝶といふ。花&#39002;は長湖の名を出さず。しかれども閑田子むかし江戸にて此伝を見しには長湖といへり。又或説には嶋に流されて年をひし後、ある朝草花に蝶のとまりしを見居ける時、赦免の船来たりしかば、これより英一蝶と改めしともいへり 画風一家の趣をなす。
 
 
  二世  英 一蝶 年中行事の図   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英信勝は、江戸中期に活躍した風俗画家。画家英一蝶の長男で二世英一蝶と呼ばれています。通称を長八郎、号を茎容斎、別号を春窓と称し、世人は長八一蝶とも呼んでいます。 信勝の父一蝶は、軽妙な筆法で江戸風俗を描く人気画家でしたが、作名「朝妻船の図」が将軍の風刺したかどで元禄6年(1693)入牢、同11年12月2日、46歳で三宅島阿吉村に流罪となりました。ここで12年間流人の生活を続け、内縁関係の島の女との間にできたのが信勝です。島人たちは、親の不幸に似ないようにと、島人の崇拝する流人鎮西八郎為朝にあやかり、長男の八郎という意味から「長八郎」と名付けました。
 
 
  英一蝶島流し   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浮世絵の祖を菱川師宣{ひしかわもろのぶ}と言ってもいいのなら英一蝶と言ってもいい、というほどの業績があるにもかかわらず、名の通った版元が出した古典全集や百科事典にも堂々と誤伝が載っている。
 
 
  流人船と流人の暮らし 名画日本史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島流しは、西暦701年の大宝律令で成文化され、死刑に次ぐ重罪とされた。「三宅島歴史年表」(浅沼悦太郎著)や村資料によると、伊豆諸島の場合、明治初めまで続く。件数は江戸期が最も多く、三宅島1213人、新島1333人、八丈島1884人。武士、町人、僧など多様だった。
 
 
  英一蝶島流し <書籍> 著:風柳祐生子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浮世絵の祖を菱川師宣と言って良いのなら英一蝶《はなぶさいっちょう》と言っても良いのである。それほどの業績を持つ画家なのだが、評価はてんでにばらばらだ。 誤解、誤伝も多く、現代、名のとおった版元が出した古典全集や百科事典にも堂々と誤謬が載っている。それはたぶんに、本人のせいである。
 
 
鈴木春信.1725
鈴木春信 (Wikipedia) 「見立菊慈童」  鈴木春信 「縁先美人」  鈴木春信 
  鈴木春信 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鈴木 春信(すずきはるのぶ、 享保10年(1725年)? - 明和7年6月15日(1770年7月7日)は、江戸時代中期の浮世絵師。 細身、可憐で繊細な表情の女性像で知られる美人画浮世絵師。浮世絵版画における「錦絵」技法の大成者としても知られる。江戸神田白壁町の戸主(家主)。平賀源内の友人。宝暦10年ごろから急逝するまで、浮世絵師として活躍した。
 
 
  錦絵 鈴木春信   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸中期の浮世絵師。上方で西川祐信に学び、のちに江戸に出て宝暦6年(1756)ごろから作画をはじめる。明和2年(1765)に江戸の文化人のあいだで絵暦が流行し、摺りの技術革新も伴って多色摺版画(錦絵)が完成する。春信は絵暦を作成した中心人物だった。浪漫性にあふれた感覚は評判をよび、没年までのわずか5年間で一時代をなし、後世にまで大きな影響を与えた。
 
 
  春信の絵の落款   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現在まで、多くの浮世絵研究者が、浮世絵の落款について研究している。私は、それらの研究に疎い。しかし、この随筆では、いくつかの絵を比較しながら、春信の落款について、思いをめぐらせてみたい。
 
 
  Great Ukiyo-e Masters(後期) @松涛美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  前期・後期を通していえることだが、鈴木春信の作品が非常に多い。そこで今回は春信の作品を目を凝らして観た。お気に入りをあげていく。
 
 
  浮世絵師 鈴木春信   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  どこがいいかというと、まずは「線」だ。 独特の柔らかいものだ。 そして、色彩だ。 アクセント的に、朱色が使われる作品も多くあるが、うすい色の緑、だいだい、黄、茶など中間色(原色の反対語)のみで制作されることもある。…
 
 
  ★鈴木春信 「見立菊慈童」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鈴木春信(1725?-1770)は、江戸時代中期の浮世絵師です。本姓は穂積、通称次郎兵衛、または次郎衛です。 菱川師宣により花開いた浮世絵は、1765年に大きな革新を遂げます。 江戸の高等遊民たちによって催されていた絵暦(えごよみ)交換会を契機に、多色刷り版画が発明されたのです。それは、絵師、掘り師、摺り師が協力して刷り出す精巧で華麗な木版画で、数色の色版を自在に摺り重ね、画面全体を色彩で充填し、浮世絵の色彩表現を完成させた画期的なものでした。
 
 
  浮世絵シリーズ6 『鈴木春信』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  特徴 :独自で可憐な美人画を創造し、一時代を成し後世に残した浮世絵師。中間色を用いて線の細い女性が抒情的 に描かれた作品の中から厳選48枚がデジタル復刻版として収録されています。
 
 
  鈴木春信画 『絵本青楼美人合』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鈴木春信画 『絵本青楼美人合』
 
 
  浮世絵シリーズNo,6「鈴木春信」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浮世絵シリーズNo,6「鈴木春信」
 
 
  鈴木春信 神奈川県立歴史博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美人三番叟/熊谷と敦盛/若衆煙中に恋人の幻を見る/船中髭を抜く朱達磨と船を漕ぐ美人/近江八景 石山秋月/寺小姓と上臈
 
 
  笠森お仙--明和の美女が残したもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  手鞠歌 : 「向う横丁のお稲荷さんへ、一文あげてざっと拝んでお仙の茶屋へ、腰を掛けたら渋茶を出して、渋茶よくよく横目で見たら、米の団子か土の団子かお団子団子」
 
 
  鈴木春信名作撰 <書籍> 福田 和彦著    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浮世絵版画(多彩色木版画)の創始者である鈴木春信の作品と木版画技術の彫刻、摺刷術を紹介。浮世絵版画の魅力を伝える。美人画撰,春信春画名品撰などで構成。
 
 
  鈴木春信 浮世絵のアダチ版画研究所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「雨中夜詣」/「雪中相合傘」/「見立菊慈童」/「縁先美人」
 
 
  ★鈴木春信 「縁先美人(えんさきびじん)」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宴会の賑わいが障子に映っています。 縁先にいるのは遊女。その後ろの、障子に映る影、そして彼女が見つめる穢れなく美しい山吹の花から、彼女の深い悲しみが伝わってきます。
 
 
  鈴木春信 「雨夜の宮詣で」 ~美の巨人たち~   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  町人文化が花開いた江戸中期。庶民の花といえば「浮世絵」でした。鈴木春信は、色をつけた浮世絵“錦絵”の創始者として知られています。彼が脚光を浴びたのは35歳を過ぎてから、美人画で大ブレークした5年間以外は、謎に包まれた人物です。
 
 
  青春の浮世絵師 鈴木 春信 千葉市美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鈴木春信(1725?〜1770)は、錦絵創始期の第一人者として知られる浮世絵師です。明和期(1764−1772)はじめに錦絵が誕生してより没するまで、人気絵師として活躍したのはわずかな短い期間でしたが、おそらくは1000図以上の優れた浮世絵版画を世に送り出しています。
 
 
  鈴木春信画「お仙茶屋」 たばこと塩の博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明和(1764〜1772)頃、江戸の谷中(やなか)の笠森稲荷の前に、鍵屋という茶屋がありました。その茶屋には、お仙という、たいへん美しい看板娘がいました。お仙は明和の三美人の一人として名高く、当時の浮世絵によく描かれています。
 
 
  寺小姓と上臈 鈴木春信 神奈川県立歴史博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  寺の一室か、開け放たれた花頭窓から満開の桜が見える部屋で若き男女が接吻をしている、いささか艶やかな光景を描いている。
 
 
  鈴木春信 収蔵品検索 東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  かぎやおせん - 鈴木春信/坐鋪八景 時計の晩鐘 - 鈴木春信/二美人 - 鈴木春信
 
 
  鈴木春信 大和絵師の誇り、そして錦絵のあけぼの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  春信は、江戸に生まれ、大和絵の修行のため上方で西川祐信に師事した。 30歳前後に江戸に帰り独自の作画活動をはじめる。 江戸では、神田白壁町や両国米沢町に住んでいた。 しばらく、版下絵を描いていたが、その後、美人画を専業にするようになりました。
 
 
  鈴木春信 すずき・はるのぶ(1725?-1770) 浮世絵のアダチ版画研究所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明和初年、裕福な趣味人の間で、美しい摺物に仕立てた絵暦を交換することが大流行しました。その流行の中、華々しく活躍したのが春信です。木版技術の飛躍的な進歩を背景に、春信は、幻想的で可憐な美人画を描いて人気を博しました。
 
 
  鈴木春信 <書籍> 21件 Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1.春信 美人画と艶本 (とんぼの本)〜21.春信艶色まねゑもん秘画帖 (1965年)
 
 
  鈴木春信【風流江戸八景】他 <書籍> リチャード・レイン 編著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  錦絵(多色摺り版画)の創始者であり、かつ数多くの浮世絵師の中で最も「エレガントで粋な世界」を創造した夢の絵師・春信。たった6年間の創作期間に800点以上の作品を残し、その中から最高の傑作16点を厳選した完全復刻版。
 
 
  鈴木春信 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鈴木春信 の画像 - Google
 
 
勝川春章.1726
≪立姿美人図≫  勝川春章 ≪美人活花図≫  勝川春章(1726-92)
  勝川春章 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  勝川 春章(かつかわ しゅんしょう、享保11年(1726年) - 寛政4年12月8日(1793年1月19日))は、江戸時代の浮世絵師。本姓は不詳、俗称は要助(あるいは祐助とも)。宮川春水に学ぶ。画姓は初め宮川、または勝宮川、後に勝川と称した。弟子には葛飾北斎がいる。
 
 
  勝川春章   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  勝川春章
 
 
  勝川春章 『虫干し』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代中期の浮世絵師(→ 浮世絵)。名は正輝。ほかに旭朗井(きょくろうせい)や李林などの号も用いた。 浮世絵師宮川長春の弟子の宮川春水に学ぶ。
 
 
  二美人図/勝川春章   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Fotolife > 「若冲と江戸絵画」展 公式ブログフォトライフ >
 
 
  勝川春章 『蹴鞠七美人図』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代中期の浮世絵師(→ 浮世絵)。名は正輝。ほかに旭朗井(きょくろうせい)や李林などの号も用いた。 浮世絵師宮川長春の弟子の宮川春水に学ぶ。
 
 
  浮世絵コレクション 勝川春草   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浮世絵コレクション 勝川春草
 
 
  浮世絵一覧(UKIYOE List)No.1   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浮世絵中に文字(古文書)があるものについて、解読の機能を付けました。
 
 
  絵で見る昔の養蚕(1)江戸時代中期   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昔の養蚕がどのように行われたか伝えるのに「蚕書(さんしょ)という書物のほかに、「養蚕浮世絵」とか「蚕織錦絵」と呼ばれる絵画があります。
 
 
  ≪美人活花図≫ 勝川春章(1726-92)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ≪美人活花図≫ 勝川春章(1726-92) 鎌倉国宝館(鎌倉市)
 
 
  谷風と小野川立合いの図  勝川春章画    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  谷風と小野川立合いの図  勝川春章画 (日本浮世絵保存会版)    寛政3年(1791)6月11日徳川十一代将軍家斉公の御前において、上覧相撲が催された。
 
 
  僧正遍昭(勝川春章筆、版画:David Bull)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  十二番 僧正遍昭  天津風 雲の通路 ふきとぢよ
 
 
  『歌舞伎 嵐 吉三郎』  勝川春章 az-poster   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【1726-1793】享保11年生まれ、江戸時代の浮世絵師。本姓は不詳、俗称は要助(あるいは祐助とも)。宮川春水に学ぶ。画姓は初め宮川、または勝宮川、後に勝川と称しました。弟子には葛飾北斎がいたりします。
 
 
  松本幸四郎の曽我五郎時宗  勝川春章/春章画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二代目松本幸四郎が、見得を切る若々しい曽我五郎時宗を演じている。初代春章(1726〜1792)は、明和期に鳥居派の伝統とは異なる役者似顔絵に新様式を確立した。
 
 
  「絵本舞台扇」 一筆斎文調・勝川春章(1726〜92)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  半丁毎に縦にした扇面形の枠に半身像を描き、枠外に役者名と俳名を記す形式の役者似顔絵本。文調が53図、春章が49図を描く。豪華な多色摺絵本で、俳諧連の後援をうけ、裕福な町人層に向けて刊行された。
 
 
  美人図(びじんず)  勝川春章筆 東京国立博物館    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  勝川派の祖である春章(1726-92)は,役者の容貌を写実的にとらえた錦絵とともに,肉筆の美人画も数多く描いている。吉原の遊女を描いた本図は,もと肥前松浦家に伝来したもので,繊細で雅致ある描写に彼の肉筆美人画の特色がよく表れている。
 
 
  勝川春章 収蔵品検索 東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1.吾妻風流図 - 勝川春章/2.吾妻風流図 - 勝川春章/3.傾城図 - 勝川春章/4.竹林七妍図 - 勝川春章/5.春章 桜花美人図 - 勝川春章(原作)
 
 
  美の競演―珠玉の浮世絵美人  ニューオータニ美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浮世絵は、「浮き」世(うきうきと楽しい世の中)を描く絵という意味を持ち、17世紀から19世紀にかけて江戸庶民の人気を博しました。 それらは大量に流通する「版画」と個人の注文に応じて制作する「肉筆画」に大きく分けることができ、描かれる題材としては、大衆の関心の的である遊里の美人、娯楽である相撲の力士や歌舞伎役者が選ばれました。
 
 
  かゐこやしなひ草 第八 勝川春章/春章図 神奈川県立歴史博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  養蚕の仕方を描く揃物12枚の内の1枚。春章と北尾重政が6枚づつ前半と後半に分けて描き、上部に「蚕糸をはきおわりて蛾の蝶となりて飛ぶ これを蚕蛾といふなり」と各々説明と絵をつけて養蚕の理解を助けている。
 
 
  「街を巡る」柳橋〜元浅草「勝川春章の墓」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  再び蔵前まで戻り、4丁目の西福時を目指す。ここに葛飾北斎も師事した勝川春章(1726〜1793)の墓がある。寺の山門を入った左側奥にその墓はあった。
 
 
  西福寺 育英小学校発祥の地 勝川春章墓   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治2年3月、明治新政府は、幕府.藩による政治体制に代わる新しい日本の構築にあたって、国民全体の教育の推進をはかるため、小学校の設置を定め、明治3年3月、東京に6つの小学校を設置した。 その一つが、本寺境内に設立された「仮小学 第4校」で現在の育英小学校の前身である。
 
 
  江戸枕絵師集成 勝川春章 <書籍> 著者/林 美一   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  半世紀におよび業績を集大成した待望の個人全集。 歌麿、北斎の蔭に隠れ、その全貌を知られなかった役者似顔絵の創始者・勝川春章の画業のすべて。
 
 
  「笠森阿仙の碑」と「錦絵開祖鈴木春信」碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  お仙の茶屋は実際には巧徳林境内、笠森稲荷社前の茶屋といわれる。大円寺境内の稲荷は、正確には瘡守(かさもり)稲荷で笠森稲荷ではない
 
 
  勝川春章 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  勝川春章 の画像 - Google
 
 
曽我蕭白.1730
曽我蕭白「雪山童子図」 群仙図屏風(右隻) 六曲一双 文化庁
  曾我蕭白 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  曾我蕭白(そが しょうはく、 享保15年(1730年) - 天明元年1月7日(1781年1月30日))は、江戸時代の絵師。蛇足軒と自ら号した。 享保15年(1730年)、京都に生まれる。蕭白の生涯については資料が少なく不明な点が多い。伊勢地方に多くの作品が残ることから、かつては伊勢の出身とされたこともあったが、近年の研究の進展により、「丹波屋」と号する京都に商人の子として生まれ、本姓を三浦と称したことなどが明らかになっている。
 
 
  唐人物図 曽我蕭白筆    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐人物図/布袋図/布袋図(右)と雁図(左)/雄鶏図    布袋図の1点は、布袋さんが袋につまづいてひっくり返ったときの琴に音がなったと、その瞬間を描いた洒脱なもの。描き上げて余程満足したのか、「袋よりすべるや琴のつまはづれ」と賛をしている。
 
 
  寒山拾得図/曽我蕭白   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Fotolife > 「若冲と江戸絵画」展 公式ブログフォトライフ >
 
 
  曽我蕭白「雪山童子図」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  釈迦の前世譚(たん)を描いたもので、童子の釈迦がインドラの化身である鬼と出あう場面。代表作「群仙図屏風」と同時期の作品で、強烈な色使いなどに類似点がみられる。1764年(明和元)ごろ。
 
 
  曾我蕭白「虎渓三笑図」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  曾我蕭白「虎渓三笑図」
 
 
  千方牛和尚図 曽我蕭白筆   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蕭白には珍しい頂相(肖像画)である。正面向きに描かず、やや斜め向きに描き、しかも曲ろく(椅子)の中ほどに獅噛みなどを配している点は異色であり、蕭白らしさがある。
 
 
  Gallery - IX 曽我蕭白の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蕭白は、江戸時代中期の、円山応挙、与謝蕪村、池大雅、等と同時代の画家である。 一時期 京画壇を代表する画家二十人の名士録に、末尾であるが載ったことがあるが、奇矯の画家として、画界での評判は芳しくなく、あまり高く評価されなかったようだ。
 
 
  行ってきました、『曽我蕭白展』。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  曽我蕭白(そがしょうはく)、ご存じですか。蕭白は江戸中期の画人(1730-1781)で、円山応挙、与謝蕪村、伊藤若冲などとほぼ同時代の人。けれど正統派の応挙や、洒脱な蕪村とは違い、なにやら風変わりで奇妙な絵を描くという評判を持っています。
 
 
  曾我蕭白展 サイトアート ブログ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  曾我蕭白展 サイトアート ブログ
 
 
  バーク・コレクション展の曽我蕭白   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  事前にみた展示品情報からすると質の高いコレクションというのは窺がえたが、入場してみると予想通りだった。アメリカの資産家で日本の美術品をこれほど幅広く集めてる人はいない。
 
 
  群仙図屏風 曽我蕭白 東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  左隻落款「蛇足軒蕭白画」/印章「如鬼」「蕭白」「曽我氏」各朱文方印/右隻落款「曽我暉雄画」/印章「如鬼」「蕭白」「曽我氏」各朱文方印
 
 
  群仙図屏風 曽我蕭白 東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  左隻落款「蛇足軒蕭白画」/印章「如鬼」「蕭白」「曽我氏」各朱文方印/右隻落款「曽我暉雄画」/印章「如鬼」「蕭白」「曽我氏」各朱文方印
 
 
  新潮日本美術文庫 12 曽我蕭白 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  好んで奇行に走り、奇言を吐き、「狂者」とみずからをよんだ江戸中期の異端の画家。個性的表現に妄執に近い志向を持ち続けた人は、はたして狂っていたのだろうか?
 
 
  荒ぶる京(みやこ)の絵師 曽我蕭白 <書籍> 狩野博幸 著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  若くして頼るべき肉親を亡くし、たった一人画家として生きていくことを選んだ蕭白の悲哀と憤り、そして悦びを、豊富な作品紹介と文献考証を交え、時に熱く、時にユーモアたっぷりに解き語る。
 
 
  曾我蕭白 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  曾我蕭白 の画像 - Google
 
 
円山応挙.1733
重文 遊虎図(天明7年、応挙55歳の作) 真面目を絵に描いた人物 円山応挙(1733-1795)
  円山応挙 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  円山 応挙(まるやま おうきょ、享保18年5月1日(1733年6月12日) - 寛政7年7月17日(1795年8月31日))は、江戸時代中期の絵師。近現代の京都画壇にまでその系統が続く円山派の祖であり、写生を重視した親しみやすい画風が特色である。
 
 
  円山応挙宅址   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  応挙は享保18年(1733)丹波国桑田郡穴太村(現亀岡市)の農家に生まれたが、幼少より画を好み17才のとき、京都に出て狩野派の画家石田幽汀の門に入り、画法を学んだ。写実主義に傾倒し、三井寺円満院門主の知遇を得、幾多の名作を世にあらわした。
 
 
  円山応挙の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木賊と兎 円山応挙 木版画/亀図 円山応挙 木版画/ 鶴図 円山応挙 木版画/野兎の図 円山応挙 木版画
 
 
  円山応挙について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  亀岡出身の一番の有名人といえば、日本画家・円山応挙の名を挙げる人が多いだろ う。   亀岡出身の日本画家 : 円山応挙の生家跡碑/応挙の生家跡と修行の寺 : 応挙が修行した金剛寺
 
 
  応接室(円山応挙)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  リンクコメント/円山応挙 まるやまおうきょ 1733〜95  江戸中期の画家。幼名岩次郎、名は(てい)。字(あざな)に仲均、仲選、号に一嘯、夏雲、仙嶺などがあるが、1766年(明和3)に名を応挙とあらためてからは、一貫して応挙の落款(らっかん)をもちいている。
 
 
  四条派の画家たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「京師の画、円翁(円山応挙)に一変し、呉叟(呉春)に再変す」(頼山陽『雲烟略伝』)。円山応挙門下の呉春こと松村月渓は、若いころ与謝蕪村のもとで俳諧と絵画を学んでいたが、応挙に師事するようになった後もその文学的な資質を失わず、むしろ積極的に応挙の写実主義との合体を試みた。その結果、円山派の持つ理知的で冷ややかな感じさえする写実画風に、人間的な温か味を付け加える新しい流派を生み出すことになった。この流派を、呉春とその弟子たちが住んでいた場所から「四条派」と名付けている。
 
 
  円山応挙と眼鏡絵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大和絵といわれる伝統的な絵では、遠近法が用いられていなかった。江戸時代に、遠近法で描かれた絵が、長崎から入ってきて、日本人は、それに注目することになった。遠近法を取り入れた絵は、まず、元文(1736-1741)に、浮世絵師の奥村政信によって描かれた。
 
 
  円山応挙 人名辞典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の絵師。1733年6月12日(享保18年5月1日)現在の京都府亀山市に農家の子として生まれる。京に出て狩野派の流れを汲む石田幽汀に画を師事し、眼鏡絵を描いて西洋画の透視図法を習得した。
 
 
  青鸚哥図 円山応挙   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸初期に活況を呈した狩野派や土佐派が一段落を迎えた頃、新しい絵画様式を求めていた人々の前に現れたのが、応挙の写生画である。 応挙の作品は、写生をもとにしながら装飾性をあわせ持ったわかりやすいものであり、たちまち人々の熱烈な支持を受けた。
 
 
  郭巨山公式ホームページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文化財郭巨山  胴掛は円山応挙の師匠の筆/見送は応挙の孫/現在の胴掛は上村松篁画伯/旧第一装見送は重文級/後掛は祇園祭懸装品で最初の風俗画
 
 
  日本には円山応挙がいた   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  海外へ出かけて旅行する楽しみとは何であろうか。これは人それぞれさまざまであろうが、日本では見ることができない自然や都市の景観、加えて歴史上の建造物、美術建築、絵画、彫刻等に触れることだという回答が真っ先にくるのだろう。…
 
 
  懸崖飛泉図屏風 円山応挙   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Fotolife > 「若冲と江戸絵画」展 公式ブログフォトライフ >
 
 
  円山応挙 - MIHO MUSEUM   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1733〜1795(享保18〜寛政7)。江戸時代中期の画家。円山派の創始者。通称は岩次郎、左源太、主水、字は仲均、仲選。号は初期に一嘯、夏雲、仙嶺を用いたが、1766(明和3)、名を応挙に改めて以後、没年までこれを落款に用いた。丹波国穴太(あのう)村(現、京都府亀岡市)の農家で生まれる。
 
 
  伝円山応挙画「京三条大橋」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  円山派(まるやまは)の祖である、円山応挙(おうきょ)が描いたといわれる、京都三条大橋の図です。小さな絵ですが、応挙らしい写生重視の作品で、細部まで細密に描写されています。
 
 
  円山応挙 「孔雀図」  秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   江戸中期の画家。円山派の始祖。夏雲、雪汀、懐雲、仙嶺、洛陽山人、鴨水漁夫などの別号がある。丹波国の農家に生まれ、京都に出て初め狩野派の石田幽汀に学び、かたわら眼鏡絵を描いて西洋画法を習得、さらに渡辺始興の影響を受け、30歳代初め写実主義の新進画家として登場。
 
 
  写実的日本画の祖 円山応挙   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  真面目を絵に描いた人物 円山応挙(1733-1795)   丹波の農家に生まれ、若い頃京都の玩具商に勤めた。人形などの絵付けをしてながら絵を、狩野派の画家石田幽汀に学んだ。
 
 
  応挙と写生画  絵画のおはなし   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  18世紀の京都(きょうと)で活躍した「写生派(しゃせいは)」を紹介しましょう。動物や植物のすがたをありのままに描く「写生」ということ自体(じたい)は、古く鎌倉(かまくら)時代からわが国でも行われていたのですが、それは絵をかくための準備作業(じゅんびさぎょう)として画家がやっていたのであって、仕上がった作品にはその「写生」はあまり反映(はんえい)されることはなかったのです。
 
 
  円山応挙について  応挙のお話   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大乗寺を知る/応挙のお話/応挙年表/記帳コーナー/応挙関連リンク/ご案愛    円山応挙は江戸時代中期に活躍した画家で、それまでの踏襲と伝授を主としていた日本の絵画の世界に、新しい考え方と技法を取り入れ、従来にない絵画表現を完成させた画家である。   
 
 
  落語「応挙の幽霊」の舞台を歩く   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  書画骨とう屋が一人で酒を飲んでいる。そこへ旦那がやってきたので、骨とう屋は、旦那に幽霊の絵(掛け軸)を勧める。 これはふつうの幽霊のとはちょっと違う。枯れ柳なんかがないが素晴らしいなどと、半可通の旦那の気をそそるような勧め方だ。…
 
 
  円山応挙美術館 亀居山大乗寺   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天平17年(745年)開基行菩薩によって開かれたお寺で、別名「応挙寺」と呼ばれ親しまれています。 円山応挙の他呉春や門弟の襖絵が数多く残されており、寺全体が円山派の美術館となっています。 現在国の重要文化財に指定されているものだけでも165点。 他にも重要文化財の仏像も3点あります。
 
 
  臨済宗天龍寺派 金剛寺(応挙寺)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福寿山金剛寺は、京都府亀岡市にある臨済宗天龍寺派の末寺で、開山は仏国国師、本尊は釈迦牟尼佛です。 当寺は、江戸時代を代表する画家圓山応挙と所縁が深いことから「応挙寺」とも呼ばれています。
 
 
  狗子図』(部分)円山応挙 個人蔵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  駆け足で応挙の画家人生を。その3 応挙はかわいいものが好きだった?
 
 
  円山応挙の絶筆の作品が倉敷に!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金のふすまに描かれた2羽の鶏と竹林。円山応挙の作品とされるこの『竹鶏図』は、倉敷市由加山にある蓮台寺が所蔵、一般に公開している。円山応挙といえば、近現代の京都画壇にまで系統が続く円山派の祖。写生を重視した画期的な画風は、18世紀の京都で絶大な人気を得たばかりでなく、後世の日本画にも多大な影響を与えた。
 
 
  長崎港図 円山応挙 寛政4(1792)年   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   円山応挙は(享保18−寛政7年・1733−1795)は初め京都で狩野派を学んだが、やがて眼鏡絵を制作、好評を得た。眼鏡絵を多く描いた結果、洋風画の透視的遠近法や陰影法を習得し、写実的な新様式である円山派を創立した。
 
 
  応挙芦雪の重文5作品 奈良で特別展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  応挙と芦雪の作品展は個々には何度か開かれているが、一緒の組み合わせでは京都市美術館で1度開かれて以来37年ぶりという。 特別展には肖像画を除き、2人の作品82点が展示され、重文も12点含まれている。 2006/9/26
 
 
  写真一覧  円山応挙 東京国立博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  TOP >> 名品ギャラリー >> 図書・写真検索 >> カラーフィルム検索 >> 写真一覧
 
 
  ひゅードロドロ なぜ、足がないのかなあ。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  最初に足のない幽霊を発明したのは江戸中期の画家円山応挙(1733〜1795)だと聞いた。丸二百年も前の人だ。  一人の名人の表現力がたまたま足のないオバケを描いた。落ち着く先を持たない、つまり、地に足のつかないはかなさ。それがあまりに幽霊のイメージを上手にと らえていたため、後の日本の幽霊の形態が変わったのだろう。
 
 
  【日本文化の中の生きもの】 観察と表現   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  知識人から博物学的な視点を得たうえで自然と向き合い、絵画の中に自らの観察と知識を溶け込ませた江戸時代の画家、円山応挙。一方作品を見る者は、そこに生命の美と多様性の不思議を感じとっただろう。このような人と作品を通した知識の交流が、現代の科学と芸術の間にも欲しい。
 
 
  「虎之間」 円山応挙 障壁画@表書院   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  崖下に横たわる虎、横を向く虎、正面からこちらを窺う虎、そして白虎。なかには、眠る豹もみられます。まさに虎尽とでも言うべき室内の中でも、特に「水呑みの虎」は名高く、表書院の代名詞ともなっています。
 
 
  「七賢之間」 円山応挙 障壁画@表書院   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金砂子の霞に煙る竹薮の中に、ひっそりと隠棲する七賢と三人の童子の姿がうかびあがります。七賢とは、中国の魏晋時代に、俗塵を避けて竹林に会した阮籍・?康・山濤・王戎・向秀・阮咸・劉伶を指します。
 
 
  第12話 円山応挙 国内最大の空間構成   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  わが国における十八世紀は絵画芸術の最も熟成した時期で、全国的にすばらしい絵画芸術作品が制作されたときでもある。円山応挙(一七三三―九五)は江戸時代中期に京都において写生派を興し、一世を風靡(ふうび)した。狩野派などの伝統描法に対し、近代に続く新しい写生という概念を確立したことは、わが国の絵画史の中でも特筆すべきことである。
 
 
  円山応挙 「紅梅鶴図」(三井記念美術館蔵)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  円山応挙(1733〜1795)は、江戸時代の半ばに、対象物を自然のままに写し取る「写生画」を創造し、当時の日本画に革新をもたらしました。
 
 
  春秋瀑布図 円山応挙 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  応挙は十八世紀後期の京都画壇を、大雅・蕪村ととも牽引して行った人。本図は、基本的に応挙流の写生技法を用いながら、やまと絵的なやわらかな情感を出している。二幅対のよく計算した構図を鑑賞していただきたい。
 
 
  特別展 円山応挙 <写生画>創造への挑戦   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代日本絵画への展開の素地を築いた円山応挙(1733〜95)は、江戸時代のなかばに活躍した絵師で、新たな「写生」の概念を確立し、わが国の従来の絵画観を一変させました。
 
 
  特別展「円山応挙」<写生画>創造への挑戦   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  時代の反映を作家に看取することは、しばしば、その作家の限界を、作家における行為の制限を、暗に認めることになる。たとえば、円山応挙が17世紀後半における実証主義的な精神の興隆に呼応して写生画を創出したといったことは、たいていの解説書にあるから、周知の言説とみなしてよいだろう。
 
 
  第一回 円山応挙 <写生画>創造への挑戦    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本絵画の歴史上、水墨画の雪舟と並びエポック・メイカーとされてきた円山応挙。 “「写生画」の祖”という呼び名もよく耳にします。 「写生」という言葉から、そこに“表現”や“芸術としての絵画”の入り込む余地はあるのか? との声も時折聞かれますが、観終わった後、この熟語の構成をつくづく眺めずにはいられませんでした。
 
 
  特別展 「円山応挙<写生画>創造への挑戦」 展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  円山応挙(1733〜95)は、江戸時代の半ばに活躍した絵師で、新たな「写生画」を創造し、それまであった絵画観を一変させました。本展では、重要文化財≪牡丹孔雀図≫≪保津川図(ほづがわず)≫や、海外からの里帰り作品《幽霊図(お雪の幻)》、新たにその存在を知られるようになった≪円山派粉本 雲龍図≫などを紹介します。
 
 
  円山応挙 Maruyama Oukyo  京都通百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【円山応挙の歴史・経緯】/【円山応挙の代表作】/【円山応挙の画風】/【円山応挙のゆかりの地】
 
 
  円山応挙 −近代日本画の源流−/現代の造形   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  円山応挙(1733〜1795)は江戸時代中期の画家で、京都で活躍しました。眼鏡絵として伝わった透視遠近法を取り入れ、写生を生かした、親しみやすく写実的な画風は弟子達に受けつがれ、近代日本画の基礎となりました。
 
 
  円山応挙の保津川図屏風 いづつやの文化記号   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  城県にある五浦美術館で念願の円山応挙作、“保津川図屏風”(重文)を見てきた。ここで今、千總(ちそう)コレクション、“京の優雅〜小袖と屏風〜”(7/28〜9/2)が開かれており、応挙の絶筆であるこの屏風が展示されているのである(全期間)。
 
 
  円山応挙「龍虎」 1777年 紙本墨画 名画日本史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  龍は天の象徴、雨と雲を呼ぶ。虎は地の象徴、風を起こす応挙、45歳、朝廷出身の応援者のもとで多様な画法を勉強した後の作品で、その成果が込められている
 
 
  燕子花図 と藤花図−館蔵屏風絵 Fuji-tv ART NET   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  桃山時代以降の近世、絵画は現世主義的な生活観を背景に、明快な可視的効果を希求し、いちだんと装飾性を強めます。そうした時代風潮にあって、障屏画とならんで大画面に金地濃彩を用いて描く屏風絵は、画家たちがその感性や伎倆を発揮するのにまさに格好の画面形式でした。
 
 
  「円山応挙が足のない幽霊を初めて描いた説」に疑問   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  応挙が最古と言われ出したのは文政12年の随筆「松の落葉」などの記述に見られます。 しかし、1673年には浄瑠璃本「花山院きさきあらそひ」の挿絵に脚のない幽霊(藤壺の怨霊)が描かれています。それ以降の元禄から正徳にかけての実録本や浄瑠璃本の挿絵にも足のない幽霊が描かれています。
 
 
  写生帖(しゃせいじょう)  円山応挙筆 東京国立博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  応挙(1733-95)は,写生を生かした装飾的画風で京都を中心に人気を博し,円山四条派の祖となった。当時,博物学的関心の高まりとともに写生図が流行し,応挙も三十代に非常に多くの写生図を制作している。
 
 
  和柄ブックカバー(文庫版) 『 牡丹孔雀図 』 円山応挙   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青緑色の岩(太湖石)の上に配した、美しい牡丹と、雌雄の孔雀を鮮やかな色調で克明に描き、さらに立体感をも表している。
 
 
  円山応挙 まるやま・おうきょ(1733-1795) 金比羅宮書院の美   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   江戸時代の京都画壇を代表する画家。師の手本を見ながら描く伝統的な手法に対し、実物を目の前にして観察しながら描く写生の重要性を唱え、円山派をなした。平明で庶民的な応挙画は、京都の町民層を中心に圧倒的な支持を得、京都の画壇は応挙の画風に染まったと言われる。
 
 
  円山応挙とその一門の作品が歴史を伝える「大乗寺(応挙寺)」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大乗寺は別名を応挙寺といいます。それは円山応挙がまだ京都で苦学をしていた頃、住職の密英上人がその才能を認め、援助しました。後年、名声得た応挙が、大乗寺が再興されたときに、息子や門弟ら一門を引き連れ、襖・屏風などに名作を描き残しました。現在そのうちの165点が重要文化財に指定されています。
 
 
  対決ー巨匠たちの日本美術 応挙 vs 芦雪 いづつやの文化記号   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日から江戸絵画で人気の高い絵師の“対決”が続く。最初は“応挙 vs 芦雪”ー写生の静・奇想の動ー 作品は3点ずつ。12組のなかで一番少ない。主催者の人たちがどのようにしてこの6点を選んだのかちょっと推察してみた。
 
 
  円山応挙 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  円山応挙 の画像 - Google
 
 
土方稲嶺.1735/
     
浦上玉堂.1745
国宝 凍雲篩雪図 秋山吟嘯図
  浦上玉堂 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浦上玉堂(うらがみ ぎょくどう、延享2年(1745年) - 文政3年9月4日(1820年10月10日))は、江戸時代の文人画家。 代表作の「凍雲篩雪(とううんしせつ)図」は川端康成の愛蔵品として知られる。
 
 
  浦上玉堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浦上玉堂はわが国画壇の中にあって、独自の心象風景を描いた孤高の画家として高く評価される。玉堂が画を描くようになったのは40歳ごろからで、それは興にまかせて胸中の山水を我流に描いたものといわれるが、そこには他の誰にも表現しえない芸術性がたたえられていると指摘されている。
 
 
  浦上玉堂 「山中訪隠図」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  玉堂の画風は、50歳で脱藩し、全国を行脚する生活を送る間に確立されたものである。リズミカルな筆致と繊細な渇筆とを駆使し、自然の深みや重みを画面に描き出しているが、中国の山水画をただ模倣するのではなく、独自の解釈のもとに表現している。玉堂が、七弦琴の名士であったことと、流浪の画人としての生き方が少なからず反映しているといえるだろう。
 
 
  浦上玉堂 うらかみ・ぎょくどう   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  玉堂琴士の号は、中国伝来の琴の銘からつけたもので、画とともに七弦琴も得意とした。 備前国岡山藩支藩新田(鴨方)藩士として37歳の時に大目付にまで進むが、寛政6年(1794年)旅先で二子を連れて脱藩。 画は独学だったらしく、画作は脱藩後、特に60歳、70歳代に集中する。 内面の揺れをそのまま筆墨に託す表現は、南画史上にも類を見ない個性的な世界を作っている。
 
 
  [最高最大の回顧展] 浦上玉堂    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本美術の理解者であるドイツの建築家ブルーノ・タウトは「この人こそ近代日本の生んだ最大の天才である。彼は『自分のために』描いた、そうせざるを得なかったからである。彼は日本美術の空に光芒を曳く彗星のごとく、獨自の軌道を歩んだ。」と語りました。タウトによって天才と評せられ、ゴッホに比せられた人物こそ、岡山出身の文人画家浦上玉堂(1745−1820)です。
 
 
  特別展 浦上玉堂 -千葉市美術館-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東洋のゴッホ : 日本の美術に深い理解を示したドイツの建築家ブルーノ・タウトは、「この人こそ近代日本の生んだ最大の天才である。彼は『自分のために』描いた、そうせざるを得なかったからである。彼は日本美術の空に光芒を曵く彗星のごとく、独自の軌道を歩んだ。」と語りました。このタウトによって天才と評せられ、ゴッホに比せられた人物こそ、江戸時代の文人画家浦上玉堂(延享2・1745〜文政3・1820)でした。
 
 
  浦上玉堂展 -いづつやの文化記号-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  玉という字のついた日本画家が3人いる。古い順から浦上玉堂、川端玉章、川合玉堂。川合が浦上を慕って玉堂と名乗ったのかどうかは知らない。 最初の玉堂、浦上玉堂の回顧展(千葉市美術館、12/3まで)を見た。出展数230点の大回顧展である。
 
 
  江戸後期の絵画1 琴と画 浦上玉堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸文化人の中国文人への憧れ  玉堂はその憧れを、江戸後半の文化の爛熟の中で、中国文人文化の粋である琴の音楽と詩と書と画を一人の人格が嗜み総合する(琴詩書画一体)のものとして体現しようとする
 
 
  画聖雪舟をしのぐ天才画家 浦上玉堂    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長く日本では、最高の画家は雪舟だと云われ続けてきましたが、今、浦上玉 堂は雪舟と並び評される存在になって来たようです。 この浦上玉堂が美術評論家の中で雪舟をしのぐ程大きく評価されるようになったのは、ドイツの世界的建築家であるブルーノ・タウトが…浦上玉 堂の絵を見て、これこそ世界的に有名なゴッホの絵に比較する近代日本の最高の画家だと賞賛した事も大きな原因の一つだと思います。
 
 
  浦上玉堂の琴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代における琴を詠った詩(漢詩)は膨大な数にのぼる。琴詩を集めただけでも叢書が優に数冊はできるものと思われる。江戸の漢詩人たちで、その詩中に琴字を用いなかった者を探すのは困難であろう。詩人たちは文人の美意識を体現した琴をこよなく愛したのである。中でも特筆すべきは、我が詩中に琴を詠まないものはない、と言い切った浦上玉堂である。
 
 
  新潮日本美術文庫 14 浦上玉堂 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  墨と紙のマチエールを重視し、奔放な筆致が魅力的な玉堂の山水画の前にたつと、その風景のなかを旅しているような気分になってくる。どうしてか? その謎に迫る。
 
 
  浦上玉堂 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浦上玉堂 の画像 - Google
 
 
野呂介石.1747
倪雲林詩意山水図 野呂介石筆 有田蜜柑山図 野呂介石
  野呂介石 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野呂介石(のろ かいせき、延享4年1月20日(1747年3月1日) - 文政11年3月14日(1828年4月27日))は、江戸時代後期の日本の文人画家である。紀州藩に仕え、祇園南海、桑山玉州とともに紀州三大南画家と呼ばれている。
 
 
  大台ヶ原に分け入った野呂介石   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  紀伊半島の大台ヶ原。ここは山の高さは1600mレベル(最高峰の日出ケ岳が1695m)だが、まったく人が入らず秘境として名高い地です。… 昔から妖怪話も多く、「魔の山」「迷いの山」と称せられたのです。 さて、そんな山に最初に登ったのは誰か。確かな記録が残るのが、野呂介石でした。
 
 
  介石野呂隆、竹石圖併草書五絶讃   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「介石」の下に、陽刻「九一郎」と「介石」の落款が押されている。
 
 
  紀州の三大文人画家 紀州藩の文芸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  紀州藩は、徳川御三家のひとつとして、それにふさわしい文化・芸術の育成につとめた。そのもとに、藩内外から多くの人材が集まり、活況を呈した。なかでも藩が後援した表千家の茶道は、藩主から庶民にまで広がり、偕楽園焼・瑞芝焼・南紀男山焼などの陶磁器が焼かれる基盤となった。また、祇園南海・桑山玉洲・野呂介石ら文人画家の活動は、全国的にも多大な影響を与え、その後のわが国の文人画の展開に大きく寄与している。
 
 
  野呂介石 主な館蔵作品 田辺市立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歳寒三友図屏風(右隻)/歳寒三友図屏風(左隻)/山水
 
 
  〜田辺市・白浜町・中辺路町〜 美術館めぐり   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  南紀熊野の西牟婁郡内には田辺市立美術館、紀州博物館、熊野古道なかへち美術館があり、それぞれ特色のある美術展を展開しています。
 
 
  野呂介石「春渓発芽図」 海南、和歌山で展覧会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  祇園南海から始まり、桑山玉洲によって頂点に達したと言われる紀州の南画。今展では、紀州の3大南画家に数えられる玉洲と野呂介石をはじめ、阪本浩雪、野際白雪、本居宣長、李梅溪らの作品を展示する。
 
 
  和歌浦図巻 桑山玉洲筆 野呂介石題 (個人蔵)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代の文人たちは、漢詩や中国文化にあこがれる同好の士が集い、一種のサロンを形成していました。そうした文人たちの中には、故郷を離れて学んだ者も多く、サロンではさまざまな地域の人が親交を結ぶことになります。このようなネットワークを生かし、故郷に帰った友人を訪ねて、その地の文人たちと交流することで、彼らは自らの制作活動に、新たなインスピレーションを与えました。
 
 
  金箋山水図 野呂介石 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野呂介石(1747〜1828)は、町医師・野呂方紹の第5子として和歌山城下に生まれ、京で長崎派の画僧・鶴亭や南画家・池大雅に師事して画法を学んでいる。また、大坂の木村蒹葭堂や和歌山の桑山玉洲らと親しく、自らも門人を多く育てた。
 
 
  詩書山水図貼交屏風 野呂介石・伊藤蘭嵎 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『紀州の三大文人画家』  紀州の文人画家・野呂介石(1747〜1828)の師であり、紀伊藩の著名な儒学者であった伊藤蘭嵎(1694〜1778)が『唐詩選』に掲載された五言絶句6首、孟浩然「春暁」・李白「秋浦歌」・王維「竹里館」・楊炯「夜送趙縦」・李白「独坐敬亭山」・韋応物「秋夜寄丘二十二員外」を書し、介石がそれぞれの詩趣にあわせて山水図6面を作画した貼交屏風である。
 
 
  有名人のお墓 野呂介石   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『紀州の三大文人画家』  野呂介石は江戸時代後期の文人画家で祇園南海・桑山玉洲とともに紀州の三大南画家と呼ばれている。延享四年(1747)和歌山の町人の家に生まれた。幼少の頃から絵を好み、後に京都に遊学した際、黄檗宗の僧侶鶴亭に絵を学び、さらに池大雅に師事した。
 
 
  長町竹石   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宝暦7年(1757)〜文化3年(1806) 高松城下の南新町に生まれる。名は徽,通称・徳兵衛,竹石は号。 高松八代藩主・松平頼儀の知遇を受け,のちに江戸にでる。 僧愛石,野呂介石とともに三石と呼ばれた。
 
 
司馬江漢.1747/
     
喜多川歌麿.1753
婦女人相十品 娘日時計未ノ刻
  喜多川歌麿 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  喜多川 歌麿(きたがわ うたまろ、 宝暦3年(1753年) - 文化3年9月20日(1806年10月31日)は、江戸時代の浮世絵師。姓は北川。名は信美。初号、豊章。狂歌名、筆の綾丸。葛飾北斎と並び、国際的にもよく知られる浮世絵師で、繊細で優麗な描線を特徴とし、さまざまな姿態、表情の女性美を追求した美人画の大家。
 
 
  喜多川歌麿   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浮世絵の黄金時代を築いた歌麿。雲母摺の導入、美人大首絵など様々な新しい試みから奇跡的な完成度を示す《女絵》。驚異的な観察眼とデッサン力による《博物図譜》ともいうべき知られざる傑作・狂歌絵本三部作『画本虫撰』『潮干のつと』『百千鳥』。枕絵の真髄で秘本中の秘本とされる『歌まくら』をはじめとする《枕絵》。歌麿絶頂期の逸品の魅力を特別撮影により詳細にグラフ紹介、あわせてその人の生涯を解説する。(
 
 
  喜多川歌麿画 「花扇」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  花扇(はなおうぎ)は、吉原遊廓の遊女屋、扇屋の高級遊女の源氏名です。この名は代々襲名されていますが、この絵をはじめ、歌麿の描く花扇は、大部分が四代目です。四代目の花扇は、書をよくし、酒を好んだと伝えられていますが、寛政6年に客と駆け落ちしてしまいました。
 
 
  喜多川歌麿 (1753?-1805)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文化2年(1805)江戸後期の代表的な浮世絵師の一人、喜多川歌麿(1753?-)が亡くなりました。江戸浮世絵は狩野派・土佐派といった公式の絵師たちの流れから外れた町絵師たちの手によって隆盛をほこりました。
 
 
  反骨一代 絵師喜多川歌麿   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  3/4(日)、21:00-21:49、NHK総合テレビで、「歌麿 紫の謎」なる番組が放映された。番組の内容そのものについてリンクをたどって戴ければよいだろう。番組中、印象的なことが幾つかあった。
 
 
  喜多川歌麿 浮世絵コレクション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Digital Gallery > About UKIYOE > UKIYOE Artist_Table > 喜多川歌麿
 
 
  礫川(こいしかわ)浮世絵美術館と「喜多川歌麿」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  喜多川歌麿は、宝暦3年(1753年)生まれと云われているが、年代が近い
 
 
  喜多川 歌麿 (きたがわ うたまろ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1753&#12316;1806 (宝暦3年&#12316;文化3年)   【浮世絵師】 美人画の代名詞的な浮世絵師。世界のウタマロ。 浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。
 
 
  喜多川歌麿(1753〜1806)「針仕事」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  針仕事をする女性に子供を加え、町人の日常生活を描いた三枚続の左図。薄布の透ける表現、淡い色調に艶墨と紅の効果的な配色は見どころの一つ。
 
 
  喜多川歌麿 「蹴鞠之図」浮世絵版木   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  70.0×14.0×2.0(厚)(cm)。桜木製。細長い形に図柄を巧みに配置した柱絵の版木です。表には柳の下で鞠を持つ女性が、裏には地蔵菩薩が彫られています。表右下(右画像は摺上図のため左下)には「哥麿筆」とあり、女性の着物や筆致などから喜多川歌麿〔1753?〜1806〕晩年の享和年間〔1801〜04〕頃に制作されたと推定されています。
 
 
  喜多川歌麿 神奈川県立歴史美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画像で見る歴史と文化>著名な浮世絵師たち
 
 
  喜多川歌麿 (きたがわうたまろ) 初代   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鳥山石燕人の門人で、画号は歌麿の他、北川豊章・豊章・鳥山豊章・鳥豊章・石要・木燕・燕岱斎・紫屋などがあり美人画の第一人者として知られる。女性の肌の美しさを表現する美人大首絵と呼ばれる美人画の新様式を完成させたのは晩年で没するまでの15年程に多くの美人画が生み出された。
 
 
  喜多川歌麿 「青楼七小町  玉屋内花紫」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  喜多川歌麿 「青楼七小町  玉屋内花紫」
 
 
  喜多川歌麿 きたがわうたまろ 百科事典項目   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1753?〜1806 江戸後期の浮世絵師。当初の名は北川豊章。鳥山石燕(せきえん)の門人で、版元の蔦屋重三郎に画才をみいだされ、1780年代に歌麿と改名して、「画本虫撰(えほんむしえらみ)」「汐干のつと」などの豪華な彩色刷狂歌絵本をえがいた。おりからの江戸戯作界の隆盛期にあって、みずからも筆綾丸(ふでのあやまる)の狂歌名をもっていた。
 
 
  酔雲庵 草津温泉膝栗毛・冗談しっこなし 創作ノート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  喜多川歌麿の略歴
 
 
  喜多川歌麿 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  喜多川歌麿 の画像 - Google
 
 
葛飾北斎.1760
富嶽三十六景 神奈川沖浪裏 冨嶽三十六景 尾州不二見原 深川万年橋下  富嶽三十六景/北斎
  葛飾北斎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  葛飾 北斎(かつしか ほくさい、葛飾 北齋[1]、宝暦10年9月23日(1760年10月31日)? - 嘉永2年4月18日(1849年5月10日))とは、江戸時代後期の浮世絵師。化政文化を代表する一人。 代表作に『富嶽三十六景』や『北斎漫画』があり、世界的にも著名な画家である。  1 概説 / 2 人物 / 3 作品 / 4 作品画像 / 5 関連事項 / 6 関連書籍 / 7 北斎が登場するフィクション / 8 脚注 / 9 参考文献 / 10 関連項目 / 11 外部リンク
 
 
  北斎館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1976年に開館した信州・小布施「北斎館」。天井絵、美人画、人物画など収蔵作品の一部がご覧になれます。
 
 
  北斎の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古今を通じて、世界で一番有名な日本画家といえる葛飾北斎(1760〜1849)の代表作はもとより、一般にはあまりよく知られていない北斎の多岐にわたる作品を紹介しています。
 
 
  葛飾北斎.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸が生んだ世界の絵師「北斎」。その偉大な北斎の作品や北斎の情報を集めたサイトです。
 
 
  富嶽三十六景   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「富嶽三十六景」は天保元年、北斎七十一歳前後の出版と考えられ、北斎は嘉永二年九十歳で生涯を終えた長寿の画家である。「富嶽三十六景」の連作は、北斎の勉学や体験の集大成されたものであり。庶民生活を通して眺めた富士が、北斎独自の様式で描かれている。北斎の最も代表的な作品であるばかりではなく、風景版画を確立する歴史的な作品といえる。
 
 
  錦絵 葛飾北斎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画業70年を越し、風景画、美人画、役者絵はもちろん歴史画、花鳥画まで意欲的な作画活動を続け、独特の高い芸術性を示した。浮世絵界の巨匠である。
 
 
  葛飾北斎の作品紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉原妓楼の図:吉原の楼閣の1階の様子を、遠近法を用いながら5枚続のワイド画面に描いたもの。座敷の奥には楼主が座り、神棚には唐獅子と達磨がかざってある。
 
 
  葛飾北斎の墓 (誓教寺)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浅草通りから南へ入った誓教寺には、浮世絵師葛飾北斎の墓と像がある。墓は、都指定旧跡で、墓標には「画狂老人卍墓」とあり、辞世の句がきざまれている。北斎は自分のことを「卍」と呼んだ。
 
 
  葛飾北斎 富嶽三十六景   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」は、葛飾北斎の代表作にして、浮世絵風景画の代表作です。「神奈川沖浪裏」や「凱風快晴」は、余りにも有名です。このシリーズは天保初年ごろより、西村永寿堂から出版されました。
 
 
  富嶽三十六景 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)は、葛飾北斎の作成した代表的な風景画・浮世絵である。 「冨嶽」は富士山を指し、各地から望む富士山の景観を描いている。 初版は1823年(文政6年)頃より作成が始まり、1831年(天保2年)に発表された。発表当時の北斎は72歳と、晩年期に入ったときの作品である。また西洋画法を取りいれ、遠近法が活用されている事も特色とする。
 
 
  北斎は「写楽」を見たのか?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「春朗」時代の北斎が描いた市川団十郎(国立博物館・収蔵)  群馬亭=北斎が、この号に改めたことは天明五年に刊行された『親譲鼻高名』の巻末に「春朗改め群馬亭」と自著していることで明らかなのですが、その後、寛政五年頃までに発表されている黄表紙などの画号は「春朗」を、そのまま使用しています。
 
 
  葛飾北斎の龍の絵に出会った。    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日は、千葉県出身の彫刻師(波の伊八と、後藤利兵衛義光)の龍の彫刻を追っかけて,浦賀の町へやって来た。
 
 
  葛飾北斎 「怒涛図」 美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  その男、江戸本所割下水生まれ。住所不定 職業、絵師。 改名すること三十一回 転居すること九十二回 当代一の売れっ子でありながら、破れ長屋で赤貧にあえぐ暮らしぶり。誰もが首をひねりました。
 
 
  あの人の人生を知ろう〜葛飾北斎編   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この柳の下でくつろぐ北斎は近年発見された自画像だ! 「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」北斎は目にしたものを一度頭の中で分解し、もっとも美しく面白みのある形に作り変えた!etc
 
 
  葛飾北斎 富岳三十六景 アダチ版画研究所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」は、葛飾北斎の代表作にして、浮世絵風景画の代表作です。「神奈川沖浪裏」や「凱風快晴」は、余りにも有名です。このシリーズは天保初年ごろより、西村永寿堂から出版されました。
 
 
  葛飾北斎 Hokusai Katsushika  富岳三十六景   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北斎の代表作であり風景版画の傑作といわれる「富岳三十六景」は、天保2年(1831)北斎72歳のときに起筆され、3年ほどの間に断続的に制作された。
 
 
  葛飾北斎(かつしかほくさい) 都留歴史倶楽部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  葛飾北斎(1760〜1849)は宝暦10年9月23日、本所割下水生まれ。その一帯を葛飾と呼んだのでそれを姓とした。父は川村某であったが、5歳の頃に徳川家御用達の鏡師、中島伊勢の養子となった。
 
 
  SHIMANE VIRTUAL MUSEUM  葛飾北斎美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代の末期に活躍した浮世絵師、葛飾北斎(1769-1849)。生涯に描いた作品はおびただしい数にのぼり、その作品は国内をはじめヨーロッパの画家たちにも多大な影響を与えたといわれている。
 
 
  酔余美人図 葛飾北斎  氏家浮世絵コレクション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  氏家浮世絵コレクションは、昭和49年10月1日、多年にわたり肉筆浮世絵画の蒐集につとめてきた故氏家武雄氏と鎌倉市が協力し、鎌倉国宝館内に設置された財団法人です。 氏家武雄氏は、日本の優れた庶民芸術の華というべき浮世絵、ことに肉筆浮世絵に早くから注目して、その保護・継承と貴重な文化遺産としての認識をひろめることに努めてきました。
 
 
  葛飾北斎 かつしか・ほくさい(1760-1849)  浮世絵のアダチ版画研究所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北斎は、宝暦10年(1760)江戸本所割下水に生まれました。19歳で勝川春章に弟子入りし、翌年には春朗と名乗り勝川派風の役者絵を発表。その後、和漢洋の絵画の各流各派を学び、様々なジャンルの浮世絵を手がけ、独自の画風を確立していきます。他の絵師に比べて遅咲きの絵師であり、北斎の名を不動のものとした「富嶽三十六景」を手がけたのは、七十歳を過ぎてから。
 
 
  葛飾北斎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  葛飾北斎 の画像 - Google
 
 
  北斎 吉原遊郭 5枚 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北斎 吉原遊郭 5枚 の画像 - Google
 
 
  【これが88歳の作品!?】葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる【波の画だけじゃない】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  波の絵で、世界でも非常に有名な葛飾北斎。日本人にとってもあまりに見慣れたあれ以外の北斎作品もまた凄い。特に老人になってからの作品は圧倒されます。あまり知られていない、“波の絵じゃない”北斎の傑作を紹介します。(年齢は数えではなく、現代一般的な満で紹介します) 色彩感覚ずば抜けてる/海外が驚愕した“北斎ブルー”/田植えが幻想的にみえる不思議/晩年に描いた虎‥など計31大画像。             
 
 
  北斎の肉筆画と判明 「作者不明」水彩画風の6枚 [長崎県]=画像拡大 (2016/10/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長く作者不明とされてきた水彩画が葛飾北斎の肉筆画と専門家の調査で判明/「日本橋」「両国橋」「品川」などを題材に川や人々、橋を描いている風景画/調査した専門家は「西洋風の描き方に挑んだ作品群だろう」と分析した 。
 
 
  北斎の肉筆画新発見 色とりどりの「鶏竹図」=拡大写真 (2016/12/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸後期の浮世絵師・葛飾北斎(1760〜1849)の肉筆画「鶏竹図(けいちくず)」が見つかった。来年のえとでもある鶏が描かれており、東京の美術商が11月末、デンマークでの競売で落札した。鹿鳴館を設計した英国人建築家ジョサイア・コンドル(1852〜1920)の旧蔵品とされ、日本では存在がほとんど知られていなかった。 竹を背景に石灯籠(いしどうろう)の上に止まる2羽の鶏を、縦110センチ、横51センチの絹本に写実的に描いた掛け軸。左下に「歩月老人 北斎」の落款と印があり、儒学者・大田錦城(きんじょう)の讃(さん、文章)も添えられている。…
 
 
葛飾応為
葛飾応為『月下砧打美人図』 肘に毒矢を受けた関羽が華佗の手術を受ける際に、麻酔を断り、平然と囲碁を打ちながら手術を終えたという三国志演義のエピソードを描いています。 三曲合奏図 - ぎりぎりまで歪められた姿勢、手首の角度に、演奏の躍動が伝わる
  葛飾応為 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  葛飾 応為(かつしか おうい、生没年未詳)は、江戸時代後期の浮世絵師。葛飾北斎の三女。応為は号(画号)で、名は栄(えい)と言い、お栄(おえい、阿栄、應栄とも)、栄女(えいじょ)とも記された。 北斎には二人の息子と、三人の娘(一説に四人)がいた。三女だった応為は、堤等琳の門人・南沢等明に嫁した。 1 概要 / 2 人物 / 3 作品 / 4 応為が登場するフィクション / 5 脚注・出典 / 6 参考文献 / 7 関連項目 / 8 外部リンク
 
 
  葛飾北斎の娘・葛飾応為が描いた「光の浮世絵」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代後期を代表する浮世絵師・葛飾北斎。そんな北斎の三女・栄。お栄(おえい)とも呼び、阿栄(おえい)、應栄(おえい)、栄女(えいじょ)とも記す栄は、画号を「葛飾応為」とする浮世絵師で、「おんな北斎」などとも呼ばれていました。 なんでも、父である北斎が、「おーい、おーい(おうい、おうい)」と呼んでいたので、それがそのまま画号になったんだそうです。 そんな「おんな北斎」の、江戸のレンブラントと称される幻の作品たちをご紹介します。         
 
 
  お栄(葛飾応為)と北斎〜『百日紅』関連ツイートまとめ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  お栄(葛飾応為)や葛飾北斎など、映画『百日紅〜Miss Hokusai』に関するツイートをまとめました。 葛飾応為「吉原格子先之図」は2015年5月28日で展示を終了しています。
 
 
  あまり知られてないけど葛飾北斎の娘が天才過ぎる - NAVER まとめ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北斎の娘も画家だった。しかも素人目で見てもスゴい。沢山の方に見て頂いたようで、とても有り難いです。ツイートを拝見して情報を追加しました。
 
 
  北斎と応為 上 単行本 - Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「美人画では娘に敵わない」と北斎をして言わしめた実在の娘・お栄(画号は応為)。緻密な描写、すぐれた色彩と陰影表現を得意とし、父と共作するだけでなく、代作もしていた! 歴史の闇に消えていった「もうひとりの北斎」を、綿密な調査と豊かな想像力で描き出した歴史フィクション!
 
 
  葛飾応為 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  葛飾応為 の画像 - Google
 
 
  北斎の娘が描いた浮世絵がスゴい (2016/4/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  葛飾北斎の娘である応為も、天才絵師だったと筆者が述べている/10点程度しか残っていない応為の作品は、見ごたえのある名品ばかりという/作品は展覧会の目玉とされ、美術ファンの間で人気が上昇している。
 
 
山東京伝.1761
江戸の戯作者・山東京伝  現代の「ヤバイ」に代わる言葉があった! 遊女が「ありんす言葉」を使った… 大名屋敷の大宴会という感じの中の左前方に山東京伝何か耳打ちされていてそれを覗いている人物も
  山東京伝 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山東 京伝(さんとうきょうでん、宝暦11年8月15日(1761年9月13日)-文化13年9月7日(1816年10月27日)は江戸時代の絵師、戯作者。本名は岩瀬醒(さむる)。通称は京屋伝蔵。合巻作者の山東京山は実弟。 寛政の改革で手鎖の処罰を受けたことで知られる。
 
 
  山東京伝と米饅頭   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山東京伝(さんとうきょうでん1761〜1816)は粋な作風で黄表紙・洒落本・読本他を書いた戯作者です。北尾重政門下で北尾政演の画名を持つ浮世絵師でもあったため、浮世絵や多くの絵入文章を書き、好評を博しました。 その京伝が興味を持った米饅頭(よねまんじゅう)とは延宝〜元禄年間(1673〜1703)頃江戸浅草の待乳山聖天宮門前で売られ、流行った饅頭です。
 
 
  133 骨董集 【山東京伝】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大正11年出版、有朋堂文庫の骨董集です。 管理人、風流、猿楽、散楽、田楽と追っておりますがその資料です。 画像は例によってPDFにてA4ぴったりサイズ、プリントアウトできます。
 
 
  山東京伝自筆 大本1冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山東京伝は、岩瀬氏、名を醒(さむる)といった。深川に生まれ、はじめ浮世絵を北尾重政に学び、北尾政演の名で黄表紙の画工として出発、その後作者に転じた。黄表紙のほか、洒落本、合巻、読本など多くの著作があるが、後半生は近世前期の風俗考証にも力を傾け、『近世奇跡考』『骨董集』などを残した。
 
 
  江戸の戯作者・山東京伝    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宝暦11年(1761年)8月15日、江戸深川木場町の質屋伊勢屋に生まれる。本名、岩瀬醒、幼名甚太郎。父岩瀬伝左衛門信明は伊勢出身、9歳で深川の質屋伊勢屋に奉公する。尾州御守殿に仕えていた大森氏をめとり、伊勢屋の養子となった。伊勢屋は大森氏であり、母大森氏は伊勢屋の長女であったらしいが、詳細は不明である。
 
 
  「京伝怪異帖」 山東京伝   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いまや稀代の人気戯作者・山東京伝となった伝蔵。吉原の馴染みの遊女・菊園と所帯をもったが、恋女房の様子がおかしい。蔵の中で眠りこけたり「墓参りに行く」と叫んだり。悪霊の仕業か物の怪の導きか…。
 
 
  山東京伝のサイドビジネス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戯作者・浮世絵師として江戸時代後期に活躍した山東京伝(1761-1816)は、たいへんな愛煙家でした。京伝は本業の文筆活動のかたわら、33歳の時にサイドビジネスとして、たばこ入れなどの喫煙具の店を開店。店をアピールするためにさまざまな工夫をこらしました。その一つが「引き札」という、絵と文字の広告チラシのようなもの。
 
 
  台東区有形文化財 浅草寺   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山東京伝は、多数の洒落本・滑稽本を著した江戸時代の代表的な戯作者であり、また、北尾政演の画号をもつ浮世絵師としても著名な人物でした。晩年は故事古物の考証にも精力をかたむけ、文化13年(1816)9月56才で没しました。
 
 
  山東京伝の略歴 創作ノート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山東京伝の略歴 創作ノート 酔雲庵
 
 
  山東京伝 - はてなダイアリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代の戯作者・浮世絵師。 曲亭馬琴とも交流がありライバル関係にあった。 軽妙で粋な作風で知られるが、寛政3(1791)年、風紀を乱すとして手鎖の刑を受ける。 妻は元遊女の菊園(お菊)。同じく創作をしていた弟に山東京山、妹に黒鳶式部(早世)がいる。
 
 
  黄表紙とその前後〜山東京伝主な作品〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここでは、「地本」の中でも、京伝作品(黄表紙、洒落本、読本など)に焦点を当てて紹介します。
 
 
  深川生まれの江戸文学の大家 山東京伝   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸文学者として有名な山東京伝は、宝暦十一年(1761)8月15日、深川木場町の質屋の長男として生まれ、幼名は甚太郎、のち伝蔵と改めました。姓は岩瀬、名を醒(さとる)、字(あざな)を伯慶と称しました。 少年の頃から読書や書き物を好み、若くして北尾重政に浮世絵を学び、北尾政演と称して作品を残しました。 京伝の父、伝左右衛門が安永二年(1773)に現在の銀座一丁目に移転したため、京伝も一緒に移り、煙草、キセル、売薬などの店を手伝いました。
 
 
  山東京伝 さんとうきょうでん - 江戸時代後期    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山東京伝(1761−1816)は、江戸時代を代表する戯作者です(「戯作」は、江戸時代後半に作られた小説類の総称)。本名岩瀬醒、俗称を京屋伝蔵といい、「江戸城紅葉"山"の"東"に住む"京"屋の"伝"蔵」ということから、「山東京伝」という筆名をつけたといわれています。
 
 
  山東京伝の研究 <書籍> 著者名:小池藤五郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山東京伝の研究 <書籍> 著者名:小池藤五郎
 
 
  反骨者 大田南畝と山東京伝 <書籍> 小池正胤/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  牛込に生まれた幕臣の南畝。 深川木場生まれの商人京伝。 江戸の戯作を代表する二人の作品を読み、絵解きをして探る、垣根を越えて賑わいをみせた江戸戯作界を貫く生き方の美学。
 
 
  『戯作 四書京伝余師』 明治18年(1885)山東京伝著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代後期の戯作者山東京伝(1761-1816)の戯作である。原本は、寛政2年(1790)に著された。この図は「質物の精」で、壺・掛け軸・釜・印籠・櫛・鍋・着物・棗・茶筅・茶碗・煙草入れ・薬缶などが、質入れされ、大切にあつかわれないため、妖怪となって出現した図である。
 
 
  山東京伝 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山東京伝 の画像 - Google
 
 
酒井抱一.1761
酒井抱一 四季花鳥図巻 下巻 全幅
  酒井抱一 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  酒井 抱一(さかい ほういつ、 宝暦11年7月1日(1761年8月1日) - 文政11年11月29日(1829年1月4日))は、江戸時代後期の絵師。権大僧都。本名は忠因(ただなお)、幼名は善次、通称は栄八、字は暉真。鶯村、雨華庵とも号する。狂歌での名前は、尻焼猿人。… 江戸琳派の創始者。
 
 
  《画家、酒井抱一》   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ☆琳派の系譜:江戸時代初期、狩野派や土佐派とは異なる独自の趣を持った、装飾性豊かで華やかな芸術の流派が新たに京都で生まれた。絵画のみならず書や工芸など幅広い分野にわたるこの流派は、俵屋宗達や本阿弥光悦に始まり、尾形光琳に至り全盛となったことから現在『琳派』と呼ばれる…/☆抱一の生涯 〜江戸を生きた風流公子〜
 
 
  酒井抱一 筆 月に兎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自然への憧憬、無垢なるものへの慈しみ、抱一の知られざる名品
 
 
  夏秋草図屏風 酒井抱一   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代後期を代表する江戸琳派の絵師 酒井抱一の残した最高傑作のひとつ、重要文化財『夏秋草図屏風』。
 
 
  酒井抱一の展示作品一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  酒井 抱一(さかい ほういつ、 宝暦11年7月1日(1761年8月1日) - 文政11年11月29日(1829年1月4日))は、江戸時代後期の絵師。権大僧都。本名は忠因(ただなお)、字は暉真。鶯村、雨華庵とも号する。狂歌での名前は、尻焼猿人。姫路藩主・酒井忠以(ただざね)の弟。
 
 
  酒井抱一筆 十二ヶ月花鳥図   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界ではじめて、江戸琳派の華、酒井抱一がよみがえる。  江戸狩野派、江戸琳派の優品コレクションで有名なプライスコレクションの特別許可を受け、江戸琳派の華、酒井抱一の花鳥画十二幅が、世界ではじめてよみがえりました。
 
 
  酒井抱一墓 中央区観光協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  酒井抱一(1761年〜1828年)は、江戸末期に活躍した画家で鶯村、雨華庵とも号しました。抱一は西本願寺で出家し権大僧都となりましたが、江戸に隠棲し風流生活を送りました。画事俳諧に秀で、画では尾形光琳に私淑してその画風に一層の酒脱さを加え、一家の風をなしました。築地本願寺にその墓があります。
 
 
  酒井抱一 四季花鳥図巻 下巻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  四季花鳥図巻は、植物、鳥類、虫類を、春夏、秋冬の二巻に分けて描いた作品です。左上が最後で、右下が、はじまりとなっています。
 
 
  酒井抱一・大田南畝ゆかりの寺   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浄土真宗 覚雲山 浄栄寺 新宿区市谷にある浄土真宗寺院です
 
 
  酒井抱一 『秋草鶉図』  重要美術品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  酒井抱一 『秋草鶉図』  重要美術品
 
 
  酒井抱一 『秋夏草図屏風』 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  姫路城主酒井忠迎の次男として江戸に生まれる。 若い時より能、茶、俳諧を嗜み一流の文化人として成長し、画は狩野派、南蘋派、円山派など広く研究した。 1797年(寛政9)に出家し抱一と称す。
 
 
  酒井抱一 『秋夏草図屏風』(重要文化財) 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  姫路城主酒井忠迎の次男として江戸に生まれる。若い時より能、茶、俳諧を嗜み一流の文化人として成長し、画は狩野派、南蘋派、円山派など広く研究した。1797年(寛政9)に出家し抱一と称す。
 
 
  『もっと知りたい酒井抱一生涯と作品』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  俵屋宗達、尾形光琳に続く琳派の第三の巨匠、酒井抱一。大名家の出身という恵まれた環境にありながら、市井の雅人としての人生を選び、絵画と俳諧の両方において類い稀な才能を発揮した。優美端麗、洒脱で洗練された美しい作品の数々から、抱一の人間像を紐解く!!
 
 
  酒井抱一  月夜楓図  静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  …本図はそのひとつで、月光に浮かび上がる楓を濃淡の墨で気品高く描く。楓の葉には葉脈を金泥の神経細やかな線で表し、画面を引きしめている。…
 
 
  端午 (酒井抱一) 昔ながらの掛軸屋さん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  酒井抱一は、光琳墳墓の修理を自費で行う等、光琳画跡の描法、彩色法などの研究及び作風に余念がなかった。
 
 
  酒井抱一(さかいほういつ) - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸後期の画家。名は忠因(ただなお)。通称栄八。姫路城主酒井忠以(ただざね)の弟として江戸に生まれる。文芸を愛好する酒井家の血を継いで、画(え)はもちろん、俳諧(はいかい)、和歌、連歌、国学、書、さらに能、仕舞などの諸芸をたしなんだ。
 
 
  酒井抱一の絵事 玉蟲敏子 (武蔵野美術大学)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  酒井抱一(1761−1828)は、二つの曲輪(くるわ)のあわいに生き、江戸の都市空間で文事と絵事を展開した。…
 
 
  国際親善大使「酒井抱一」 弐代目・青い日記帳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今年はなんでもシンガポールとの国交樹立40周年だそうで、郵政公社から記念切手が発売になっています。(「国際文通グリーティング切手」という名称です。)
 
 
  酒井抱一 (さかい ほういつ)雨華庵(うげあん)跡   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  …また俳諧にも優れ、谷 文晁、亀田鵬斎らとも交友があった。抱一は文化6年(1809)以来、根岸五丁目の雨華庵に閑居し、土地の名物鶯にちなんで鶯村(おうそん)と号し、庵で光琳忌を催した。因みに光琳の弟、尾形乾山も近くの入谷に釜を開き、作品は「入谷乾山」と呼ばれていた。…
 
 
  酒井抱一 Sakai Hoitsu 1761-1829 江戸琳派・絵師   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代後期を代表する江戸琳派の創始的絵師。伝統的な大和絵を祖とする雅で装飾性豊かな琳派的表現と、江戸文化独特の叙情性や粋を凝らした瀟洒な美意識、文学趣味などを融合させた独自の様式、所謂≪江戸琳派≫を確立。現在では俵屋宗達、尾形光琳に続く琳派の代表的な絵師として広く認知されている。
 
 
  酒井抱一の墓の旅行・観光:おでかけガイド じゃらん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1617年に京都の西本願寺の別院として浅草横山町に建立、明暦の大火による焼失を経て1679年築地に再建された東京別浄土真宗の寺。1934年に完成した現在の建物は古代インド様式の外観ながら堂内には桃山様式を取り入れている。
 
 
  「重文 夏秋草図屏風 酒井抱一筆」   東京国立博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「夏秋草図屏風」は酒井抱一(ほういつ)の傑作としてよく知られた作品です。もともと尾形光琳(こうりん)の「風神雷神図屏風」(重要文化財・東京国立博物館蔵)の裏側に描かれていたものです。
 
 
  四季の花 <草花図> 画 酒井抱一 鈴木其一 中野其明   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  琳派の華、酒井抱一が詩情豊かに描いた四季草花図  幻の名著、待望の復刊!
 
 
  夏秋草図屏風(なつあきくさずびょうぶ)  東京国立博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銀地に,驟雨に見舞われた夏草と,強風に靡く秋草を描いた抱一の最高傑作。夏草図には急な雨による水の流れを,秋草図には宙に舞う蔦の紅葉を描き添える。宗達の風神雷神図を模写した光琳の屏風の裏面に描いたもので,琳派の系譜を象徴的に表した作例といえる。
 
 
  琳派の華 酒井抱一展 ふとわきあがった、美術史への疑念   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代後期に活躍した「江戸琳派の祖」と酒井抱一の展覧会。姫路城主(15万石)の次男坊でありながら殿様家業を嫌い、江戸の文化人たちと交流、最終的にはアーティストになってしまった、という彼のかっこいい人生が好き。…
 
 
  四季の花 「上-春夏」 <書籍> 酒井抱一 鈴木其一・中野其明    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宗達、光琳に続く琳派を代表する酒井抱一は、草花図を得意とし、叙情性をたたえた繊細な筆致は江戸時代後期の装飾画風を形成した。本書に収載した528点に及ぶ四季の花々は、抱一・其一・其明の三画家により描かれたもので、卓越した描写力と詳細な図版解説は、絵画研究や博物学においても貴重なものと思われます。
 
 
  酒井抱一 1761(宝暦11)〜1829(文政11) 姫路市立美術館 デジタルミュージアム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  姫路藩主酒井忠以(宗雅)の実弟として江戸神田に生まれる。本名忠因。37歳のとき武家の生活を嫌って出家し、以後、書画、俳諧に風流三昧の生涯を送った。絵は初め狩野派に学び、次いで沈南蘋の写生画、さらには歌川豊春風の浮世絵、土佐派、円山派など当時の諸派を遍歴したが、やがて寛政年間に至って尾形光琳の作品に出会い、これに私淑して自らを琳派の系譜の末につなげる事を自覚した。
 
 
  一筆箋<酒井抱一 四季花鳥図(秋)>  京都 便利堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  酒井抱一は江戸時代後期の琳派の画家。姫路城主、酒井忠以の弟として江戸に生まれました。多種の才芸に富み、画は初め浮世絵や狩野派、円山派、土佐派など諸派の画風を広く学んだが、尾形光琳の作品に感動しその芸術の再興を志しました。
 
 
  酒井抱一 「十二か月花鳥図」『白梅に雀』  ONLINE SHOP   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界的にも類い稀な芸術様式「琳派」。その作品群の中でも、国内外でひときわ人気の高い江戸琳派の雄、酒井抱一の「十二か月花鳥図」を世界で初めて完全複製しました。
 
 
  光琳略画 <書籍> 酒井抱一/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸琳派を代表する抱一が、光琳の作品から抜粋して描いた略画集。明治期に刊行された縦116ミリ×横83ミリ・22丁44頁の豆本を忠実に復刻!!
 
 
  新潮日本美術文庫 18 酒井抱一  酒井抱一/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  琳派第三の巨匠として評価高まる画家初の一般向画集。江戸後期、姫路城主の弟として生まれ、琳派再興から大和絵復古への流れをたどった繊細華麗な画業をふりかえる。
 
 
  都市のなかの絵 酒井抱一の絵事とその遺響 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大都市・江戸で、絵はいかに描かれ、受容されたのか?二つの「曲輪/廓」のあわいを生き、画俳に長じた雅人、酒井抱一の「絵の営み」を活写する渾身の力作。
 
 
  酒井抱一 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  酒井抱一 の画像 - Google
 
 
谷文晁.1763
谷文晁 (たにぶんちょう)
  谷文晁 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  谷文晁(たに ぶんちょう、宝暦13年9月9日(1763年10月15日) - 天保11年12月14日(1841年1月6日))は、江戸時代後期の画家。江戸南画の大成者であり、その画業は上方の円山応挙、狩野探幽とともに「徳川時代の三大家」に数えられる。江戸下谷根岸の生れ。薙髪して法眼位に叙されてからは文阿弥と号した。文雅の家系に育った文晁は文才を持ち合わせ、和歌や漢詩、狂歌などもよくした。菊池五山の『五山堂詩話』巻3に文晁の漢詩が掲載されている。
 
 
  谷文晁の伝   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治31年,中外商業新報に掲載された圓朝晩年の作品.名人伝の一で,画家谷文晁のエピソードを集めたもの.
 
 
  谷文晁  竹ニ鶏図   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸後期の文人画家。江戸生。初名は文朝、のち文晁。幼少より画技を好み、元・明・清画や狩野派・土佐派・文人画等の諸画法を折衷した新画風を創造し、江戸文人画壇の重鎮となる。門下に渡辺崋山・立原杏所らを輩出する。天保11年(1840)歿、78才。
 
 
  谷文晁が見た三上山   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ご存じの方もいらっしゃると思いますが、谷文晁は江戸時代後期の画家でして、1763年に生まれて、1840年になくなっています。80歳近くまで生きたのですから、当時としては長生きしたほうですね。その文晁が北海道から九州まで、全国の山々88座を訪ね歩いて見取筆録(今でいうスケッチですね)したものをまとめて、『日本名山絵図』として出版しました。文化9年(1812年)のことだったといいます。
 
 
  谷文晁の絵画 - 山武市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  谷文晁は宝暦13年(1763年)江戸に生まれた文人画家。 田安家の家臣で漢詩人谷麓谷の子。姓は大伴、通称文五郎、初名文朝、のち文晁。関西文人画に対する江戸文人画壇の重鎮となった。
 
 
  谷文晁 (たにぶんちょう)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代後期の画家。父は田安家の家臣で漢詩人でもあった谷麓谷。画ははじめ狩野派の加藤文麗、長崎派の渡辺玄対に学び、鈴木芙蓉から山水画を学ぶ。古画の模写と写生を基礎に南宗画・北宗画・洋風画などを加えた独自の画風を生み出した。また、松平定信に認められ、「集古十種」の編纂に携わり、その挿絵を描くなどして社会的な地位を得、江戸における文人画壇の重鎮となった。その門下からは渡辺崋山、立原杏所などのすぐれた画家を輩出した。
 
 
  谷文晁 - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸後期の南画家。 田安家の家臣で詩人としても著名な麓谷(ろつこく)を父として江戸に生まれた。画(え)は初め狩野(かのう)派の加藤文麗(ぶんれい)に、ついで長崎派の渡辺玄対(げんたい)に学び、鈴木芙蓉(ふよう)にも就いた。大坂で釧雲泉(くしろうんせん)より南画の法を教授され、さらに北宗画に洋風画を加味した北山寒巌(きたやまかんがん)や円山(まるやま)派の渡辺南岳(なんがく)の影響も受けるなど、卓抜した技術で諸派を融合させた画風により一家をなした。
 
 
  谷 文晁 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田安家の家臣で漢詩人でもあった谷麓谷(ろこく)の子として、江戸下谷根岸に生まれる。字は文晁、通称文五郎、号は画学斎・写山楼など。 絵を加藤文麗、渡辺玄対、鈴木芙蓉について学んだ。20代から30代にかけては、中国の北宗画と南宗画の折衷的な様式によっていたが、次第に南宗画的色彩の強い作風に移行してゆく。 しかし40代前後より、闊達な運筆と明確な墨色の変化を示す浙派への傾倒を示す一方、40代後半には再び、墨色の微妙な諧調を復活させている。
 
 
  平常展  谷文晁と渡辺崋山   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  関東文人画界の大御所として活躍した谷文晁に渡辺崋山が入門したのは17歳でした。その前後の文晁作品と崋山後半生の作品を中心に展示します。
 
 
  谷文晁の「名山図譜」について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  谷文晁の「名山図譜」(のちには「日本名山図会」)について : <谷文晁の「笠置山(在播磨州)」が「兵庫県の笠形山」であることを検証>
 
 
  谷文晁のヤフオク検索 -Yahoo!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  谷文晁のヤフオク検索 -Yahoo!
 
 
  谷文晁 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  谷文晁(たに ぶんちょう、宝暦13年9月9日(1763年10月15日) - 天保11年12月14日(1841年1月6日))は、江戸時代後期の日本の画家。江戸南画の大成者であり、その画業は上方の円山応挙、狩野探幽とともに「徳川時代の三大家」に数えられる。はじめ号は文朝・師陵、後に文晁とし字も兼ねた。通称は文五郎または直右衛門。別号には写山楼・画学斎・。無二・一恕。薙髪して法眼位に叙されてからは文阿弥と号した。江戸下谷根岸の生れ。
 
 
  伊勢度会近世名軸図鑑  谷 文晁   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  我が郷土・伊勢度会ゆかりの文人たちが描いた掛軸をご紹介します。… 彼らの交友関係を調べることで、当時の様子をうかがい知りたいと思っています。  付録:伊勢度会近世年表  伊勢度会近世文人相関図
 
 
  谷文晁 (たにぶんちょう) - 足立区    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宝暦13(1763)年から天保11(1840)年。文人画家。下谷根岸に生まれ。名は正安、文晁。通称は文伍、文五郎。父は田安徳川家の家臣で、詩人の谷麓谷(たにろっこく)。  はじめ加藤文麗のもとで狩野派の画法を学び、以後、中国南宋・北宋画、西洋画等の諸画派を研究して、それらを総合して独自の画法を生み出しました。特に山水画を得意とし、数多くの作品を残しています。
 
 
  谷文晁  東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  谷文晁  東京藝術大学大学美術館   収蔵品検索  人物情報
 
 
  美の巨人たち「谷文晃」特集アート日記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今週の美の巨人たちは、日本画家の谷文晃の特集です。 文晃は、1763年生まれの武家出身の画家で、10歳の頃から狩野派で学び、中国や西洋の絵画も貪欲に吸収していた器用な画家でした。 この文晃は、松平定信に大変影響を受けた画家でした。
 
 
  谷文晁  《隅田川両岸図》 - 群馬県立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  富士山を描いた文晁の作品は多い。本作品は富士山と筑波山を左右に配し、中央に隅田川の雄大な姿をあらわしたものである。人々の生活の場である隅田川から展望できる富士と筑波は『万葉集』の昔から関東の二名山とされている。文晁はこれら江戸の人々に親しまれた風景を俯瞰的にとらえ、広大な画面を構成しながら、雲の間から隅田川周辺を巧みに表現している。
 
 
  平常展 「谷文晁‐関東南画の総帥」 - 田原市博物館    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  は文晁。写山楼・画学斎などと号す。田安家の家臣で、当時著名な漢詩人谷麓谷(1729〜1809)の子として江戸に生まれ、中山高陽(1717〜1780)の門人渡辺玄対(1749〜1822)に画を学ぶ。天明8年(1788)26歳で田安徳川家に出仕。寛政4年(1792)田安家出身で寛政の改革を行う老中松平定信(1758〜1829)付となり、その巡視や旅行に随行して真景図を制作し、『集古十種』『古画類聚』編纂事業、『石山寺縁起絵巻」の補作、また定信の御用絵師を勤めた。
 
 
  谷文晁の「名山図譜」 -  「江戸百名山図譜」 住谷雄幸著(小学館)より   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  谷文晁の「名山図譜」三巻が刊行されたのは、文化元年(1804)のことです。北は北海道の羊蹄山、樽前山から、南は九州の霧島山、桜島まで88座90図(岩手山と妙義山が2図)が描かれています。
 
 
  谷文晁墓  -じゃらん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸中期の文人画家。元・明・清画や狩野派,土佐派,文人画,西洋画など各派の手法を研究し画風を工夫して、江戸文人画壇の重鎮となった。門人に渡辺華山、立原杏所等がいる。
 
 
  谷文晁 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  谷文晁 の画像 - Google
 
 
  谷文晁とその一門  @板橋区立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『虎図』(部分) 谷文晁 / 岡田閑林『玉堂富貴孔雀小禽図』 / 渡辺崋山 『福海図』
 
 
東洲斎写楽.1764?
東洲斎写楽 (Wikipedia) 市川男女蔵 市川蝦蔵
  東洲斎写楽 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東洲斎写楽(とうしゅうさい しゃらく、生没年不詳)は、江戸時代の浮世絵師。1794年(寛政6年)に出版が開始され、およそ10か月の間に約140点の錦絵を描いて、その後消息を絶った。写楽の作品はほとんどが役者絵である。描かれた役者と役柄から、彼らが出演した芝居の上演時期が判明しており、これを元に役者絵の発表時期は4期に分けられる。
 
 
  東洲斎写楽   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東洲斎写楽(とうしゅうさい しゃらく、生没年不詳)は江戸時代の浮世絵師である。 寛政6年(1794年)に突然のようにデビューした後、確認されている作品は、約150枚、およそ10か月の期間内に集中しており、その後の消息は不明である。特に第1期と言われる寛政6年5月作の28枚が秀逸である。
 
 
  謎の浮世絵師・東洲斎写楽   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近づく台風のせいなのか、妙に湿気た空気が夏を思わせる鋭い日差しと一緒にのしかかる。入道雲もどきの団子状になったフワフワ塊りの幾群れと、薄墨色に暮れなずむ山の稜線が微妙な影絵芝居を演出し、はて、あの輪郭は何処かで見たことのある、誰かの顔に似ているなどと思ったら、それは何かの雑誌かポスターで見たことのある、浮世絵でお馴染みの人物だった。
 
 
  東洲斎写楽画「肴屋五郎兵衛」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  四代目の松本幸四郎を描いた作品です。ここでの幸四郎は、信夫・宮城野の姉妹に、その敵である志賀大七を知らせるという、地味ですが重みのある肴屋五郎兵衛を演じています。
 
 
  写楽研究-あまりに真をかかんとて   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東洲斎写楽--わずか10カ月の間に、150点あまりの大量の浮世絵を制作した後に、忽然と消えてしまった、謎の浮世絵師。再評価されて人気が高まった明治以降、この「写楽は誰か?」というのが、浮世絵研究上の最大の謎でした。多くの説が提唱されて、現在は「阿波藩蜂須賀侯のお抱えの能楽師・斉藤十郎兵衛だったのでは」という説が有力視されています。
 
 
  東洲斎写楽 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東洲斎写楽 の画像 - Google
 
 
歌川豊国.1769
五右衛門 <5代>松本幸四郎、ひさよし <2代>関三十郎 常山と大淀の取組 歌舞伎役者図
  豊国雑感   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  同じ歌川派の浮世絵師でも、広重についてはかなり多く語られますし、また、通好みの絵師として、国芳も人気が高いといってよいと思われます。が、歌川派の本流である、豊国については、ほれほど一般には知られていないようです。そこで、私見ではありますが、以前、豊国の画名を記号学的な庶民シンボルという観点から概括した資料を、「豊国雑感」として収録し掲載いたしました。
 
 
  歌川豊国(1725〜1770)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  写楽や北斎と同世代のため、現代では影が薄くなってしまっているが、たぶん江戸時代当時では一番人気があったであろう役者絵師。 本姓は倉橋、名は熊吉。江戸の芝神明に住む人形師五郎兵衛の息子として生まれる。
 
 
  図版 6-1. 歌舞伎役者図   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌川豊国 大判3枚続 版元・山本屋平吉 文政3年(1820)
 
 
  UKIYO−E 展の歌川豊国   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今、港区立港郷土資料館が区政60周年の記念事業として開催している“UKIYO−E展 名所と版元”(12/3まで)には、太田記念館もびっくりしそうな質のいい浮世絵が沢山展示されている。しかも、これらが無料でみられるというのだから、嬉しさ2段重ね。
 
 
  歌川豊国(二代) 相撲錦絵の繚乱   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初代豊国の門人で、初め豊重と名乗り師の養子となった。文政八年師の没後、師名を襲名して二代目豊国となる。一陽斎、後素亭と号し、役者絵、美人画、風景画などに優れていたが、天保六年頃から作品を見なくなった。単に「豊国」と署名し、豊の字の上半分「曲」が大きいのが特徴で、見分けがつきやすい。
 
 
  初代 歌川豊国 神奈川県立歴史博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画像で見る歴史と文化>著名な浮世絵師たち
 
 
  歌舞伎浮世絵画廊〜絵師別〜初代歌川豊国   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
 
 
  歌舞伎浮世絵画廊〜絵師別〜2代目歌川豊国   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楼門五山桐(さんもんごさんのきり)
 
 
  三代豊国(Toyokuni 掘法‥渓析伺−元治元年(1786−1865)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初代歌川豊国の門人。本所五ツ目渡し場の家に生まれ、名は庄蔵(のち肖造)、文化のはじめ(1805年ころ)から草双紙に筆をとり、国貞と称し一旭斎・五渡亭・香蝶楼などと号し、英一珪に学んで英一蝶とも号した。初代ゆずりの役者似顔絵や、時の好みをたくみにとらえた「いきな美人画によって知られ、その作品も多く、幕末浮世絵界でもっとも人気を集めた。
 
 
  歌川豊国 の画像 -Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌川豊国 の画像 -Google
 
 
小田海僊.1785
掛軸 > 小田海僊「蓮之図」 - 秋華洞 小田海僊
  小田海僊 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小田海僊(おだ かいせん、天明5年(1785年) - 文久2年閏8月24日(1862年10月17日))は、江戸時代後期の日本の南画家。 通称 良平、名は羸(るい)、または瀛?(えい)。 字を巨海、号は海僊の他に百合(ひゃくこく)、百穀(ひゃくこく)。 周防国富海(現 山口県防府市富海)に生まれ、長門国赤間関(現 山口県下関市)の紺屋(染工)を営む小田家の養子となる。 22歳のとき、京都四条派の松村呉春に入門し、同門の松村景文や岡本豊彦らと名声を競ったが、やがて頼山陽に感化され南画に転向。
 
 
  小田海僊 おだ・かいせん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天明5年(1785年)、長門国赤間関(現山口県下関市)に生まれる。名は瀛(えい)、字は巨海、通称良平、南豊・百谷・百合・海僊と号す。下関の紺屋小田家の養子となる。 江戸時代後期の画家。上京して四条派の松村呉春の門に入り、さらに頼山陽に教えを受けて南画に転じた。清潔な作風に特色があり、特に人物画が得意で、『人物十八描法』などの著書もある。
 
 
  小田海僊 - MusCa(ムスカ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小田海僊(おだ かいせん、天明5年(1785年) - 文久2年閏8月24日 (旧暦) 8月24日(1862年10月17日))は、江戸時代後期の日本の南画 南画家。
 
 
  小田海僊 「蓮之図」 - 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   「小田海僊」作品の販売:  絵画・古美術のオンライン販売 おんらいんぎゃらりい秋華洞 (しゅうかどう)
 
 
  掛け軸]  小田海僊  「後赤壁之図」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文人画家。天明5年、山口県下関に生まれる。名は瀛、字を巨海・子章、別号に百谷・海仙・南豊・百合。京都に出て松村呉春に円山派を学ぶが、のち文人画に転向。浦上春琴、田能村竹田らと交わる。晩年は京都で在京文人画家の代表といわれた。文久2年歿、享年78歳。
 
 
  小田海僊 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小田海僊(おだ かいせん、天明5年(1785年) - 文久2年閏8月24日(1862年10月17日))は、江戸時代後期の日本の南画家。通称 良平、名は羸(るい)、または瀛?(えい)。 字を巨海、号は海僊の他に百合(ひゃくこく)、百穀(ひゃくこく)。
 
 
  掛軸 > 小田海僊「蓮之図」 - 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都で四条派の呉春に師事、のちに頼山陽に感化され南画に転向。九州で中国元明時代の古書画等の研究し、文政7年(1824年)萩藩の御用絵師となり、一時江戸に滞在。二年後京都に戻り、高野山や御所障壁画の制作などを手がける。弟子に富岡鉄斎、川端玉章など。
 
 
  小田海僊と大庭学僊  下関市立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  下関に育ち、江戸末期に京都で活躍した文人画家・小田海僊(おだ・かいせん)と、明治期の日本画壇で活躍し、晩年長府に隠棲した大庭学僊(おおば・がくせん)。 郷土と深く係わりをもった二人の日本画家は、師弟関係にもありました。
 
 
  小田海僊と大庭学僊  Internet Museum   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小田海僊と大庭学僊 : 下関に育ち、江戸末期に京都で活躍した文人画家・小田海僊(おだ・かいせん)と、明治期の日本画壇で活躍し、晩年長府に隠棲した大庭学僊(おおば・がくせん)。 郷土と深く係わりをもった二人の日本画家は、師弟関係にもありました。 小田海僊の作品8点、大庭学僊の作品6点を紹介します。
 
 
  小田 海僊 「薛涛図」(1846年) - 古美術 八光堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小田海僊は江戸時代後期の日本の南画家です。 清楚な画風に特徴が有り、山水画、花鳥画、人物画を得意としました。 小田海僊の作品の数々は東京都台東区にある「東京藝術大学大学美術館」において見ることができます。
 
 
歌川国貞.1786
画題等 都見物左ヱ門 源氏絵 歌川国貞画「江戸自慢 山王御祭礼」
  歌川国貞 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌川 国貞(うたがわ くにさだ、天明6年(1786年) - 元治元年12月15日(1865年1月12日))は江戸時代の浮世絵師。面長猪首型の美人画が特徴。三代目歌川豊国。存命中と没後で評価が分かれる。豊国襲名後は工房を安定させ、大量の作品を出版、作品の数は浮世絵師の中で最も多い。本名、角田庄五郎。後に庄蔵、肖造と改める。 号は、五渡亭・香蝶楼・一雄斎など。
 
 
  源氏絵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1)浮世絵の成立過程 : 源氏物語自体は、平安時代末期に紫式部により執筆されたわが国初の長篇恋愛小説であり、全体で五十四帖からなっている。/2)源氏ブームの状況 : 柳亭種彦作、歌川国貞画により文政12年(1829年)に初編を出版され…
 
 
  歌川国貞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1786-1864)初代歌川豊国の高弟。一雄斎・五渡亭・香蝶楼などを号した。美人画と役者絵にひいで、写実味のある中に、ユニークな画技を示したが、三代豊国と称し晩年になるにつれ装飾が強くなった。
 
 
  歌川国貞=三代豊国   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌川国貞(くにさだ)(三代豊国) 天明6年〜元治元年(1786〜1864) 画号 一雄斎 五渡亭 月波亭 琴雷舎 香蝶楼 豊国 一陽斎 喜翁  本姓角田氏、文化6年頃から錦絵を制作。 同8年頃から清新な美人画、生動感のある役者を制作し評判となる。 弘化元年(1844)豊国の号を継ぎ、二代と称するが、実際は三代。
 
 
   歌川国貞(二代) 浮世絵コレクション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   歌川国貞(二代) 浮世絵コレクション
 
 
  歌川国貞画「江戸自慢 山王御祭礼」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸後期から幕末の代表的浮世絵師である歌川国貞(くにさだ・後の三代豊国)の作品。四つんばいの母親の背に、バランスを取りながら立つ子どもという不思議な構図です。この謎は、左上に描かれた、山王祭(さんのうさい)の山車(だし)を描いた図に隠されています。
 
 
  誂織当世島 金花糖 歌川国貞 -うまか陶-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  子供が「見せて見せて!」といわんばかりに覗きこんでいるのは、染付の皿に入った砂糖菓子です。皿の見込みの縁や高台には雷文様のような模様が描かれています。
 
 
  浮世絵美人画の魅力 国貞・国芳・英泉 特別展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平成16年度、故高橋博信氏の浮世絵コレクションが当館に寄贈されました。版画を主とし、江戸時代末の浮世絵界を牽引した歌川国貞(1786−1864)、歌川国芳(1797−1861)、渓斎英泉(1791−1848)らの代表作を含む491点の膨大なものです。
 
 
  歌川 国貞 (うたがわ くにさだ) 天明6〜元治元(1786〜1864)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初代豊国門人、のちに三代豊国を継ぐ。江戸、本所に生まれ、姓は角田、名は庄蔵。初代豊国の門に学び、国貞と名のり、役者絵、美人画に優れた才能を発揮した。実家が本所五つ目の渡し場の株を持っていたことから、五渡亭の号を用いるようになる。
 
 
  初代歌川国貞(後の3代目歌川豊国) 『一陽斎豊国肖像』国立劇場所蔵  -歌舞伎事典-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末の代表的な浮世絵師【うきよえし】。初代歌川豊国【うたがわとよくに】の弟子。歌舞伎の役者絵を中心に美人画なども得意とし、大変多くの作品を残しました。1844年(弘化【こうか】元年)に3代目豊国を襲名【しゅうめい】しました。
 
 
  歌川国貞 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌川国貞 の画像 - Google
 
 
立原杏所.1786/
     
川原慶賀.1786
唐蘭館図・蘭船入港図 『唐蘭館絵巻』「宴会図」(川原慶賀 画)の… (21)シーボルトお抱え絵師「川原慶賀」〜3 
  川原慶賀 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川原 慶賀(かわはら けいが、天明6年(1786年[1]) - 万延元年(1860年)以降)は江戸時代後期の長崎の画家である。出島出入絵師として風俗画、肖像画に加え生物の詳細な写生図を描いた。諱(字とも)は種美、通称は登与助(とよすけ)。慶賀は号である。別号に聴月楼主人。後に田口姓を名乗る。息子の川原盧谷も父に学び、洋風画を描いた。  1 経歴 / 2 作品 / 3 脚注 / 4 参考文献 / 5 関連図書 / 6 関連項目
 
 
  シーボルトのお抱え絵師 川原慶賀   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ◇シーボルトと川原慶賀=川原慶賀は1786年(天明6年)に、画家・川原香山の子供として生まれ、名前は登与助、雅号が慶賀。日本画家であったが、シーボルトの来日が彼の運命を変える。 平成11年3月、長崎支店への転勤が決まったとき、偉大な博物学者シーボルトの地を踏むことができると喜ぶとともに、それまで名さえ知らなかった植物画家のことも気になっていった。ある時、県立美術博物館の副館長の話を聞き、川原慶賀がシーボルト絵師と称されていることを知る。以下は、私なりに調べた「川原慶賀」像である。…
 
 
  川原慶賀 - 旅する長崎学 〜たびなが〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  《日本の魚類のすべてを、既知と未知との、あるいは珍奇なると一般的なるとを問わず、すべて写生することを提案する。日本人画家、登与助の確かな手腕と、日本の鮮やかな絵具は、自然や実物の美しさに負けないであろう。》(『シーボルトと日本動物誌』より)  シーボルトが日本を離れる前、助手のビュルガーへ宛てた書面です。登与助とは、出島出入りの絵師・川原慶賀(かわはら けいが)のこと。シーボルトがここまで信頼した画家は、なにを描いたのでしょうか?
 
 
  川原慶賀の「日本」画帳《シーボルトの絵師が描く歳時記》   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川原慶賀の「日本」画帳《シーボルトの絵師が描く歳時記》 単行本(ソフトカバー)  &#8211; 下妻 みどり (著)
 
 
  川原慶賀の見た江戸時代の日本1 - 長崎歴史文化博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川原慶賀の見た江戸時代の日本は オランダと日本の慶賀作品を紹介します。
 
 
  シーボルトを支えた日本人、川原慶賀 兼重 護(長崎大学教授) [「世界への窓」から何を見たのか (1982/11/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文政11年(1828)9月、長崎出島オランダ商館の医師シーボルトは帰国することになっていた。帰路の船コルネリウス・ホウトマン号には、滞日5年の間に彼が収集した貴重な多くの資料が既に+積み込まれていた。8月10日に襲った台風は、この船を稲佐海岸近くに吹き寄せ、積荷を流出させた。その中から禁制の日本地図などが現われ、シーボルトの帰国禁止、関係者の処分が行われた。いわゆるシーボルト事件の発生である。 この事件に長崎の一人の画家が巻き込まれ、歴史の片隅に名を留めることになった。…
 
 
  川原慶賀 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
菊池容斎.1788
菊池容斎「赤壁図」 源義経芳野落之図
  菊池容斎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菊池 容斎(きくち ようさい、天明8年11月1日(1788年11月28日) - 明治11年(1878年)6月16日)は、幕末から明治時代初期にかけての日本画家。旧姓は河原。本名は量平または武保。
 
 
  菊池容斎 きくち・ようさい   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天明8年11月1日(1788年11月28日)〜明治11年(1878年)6月16日 旧姓は河原。本家の伯父の死後、その菊池姓を継ぐ。名は武保、通称量平。江戸生まれ。文化2年(1805年)狩野派の画家・高田円乗に師事。のち土佐派・円山四条派など諸派の画風を学び、また中国画や西洋画も摂取した。
 
 
  容斎歴史画譜 菊池容斎画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  容斎歴史画譜  菊池容斎(1788-1878  天明8-明治11)画 各27.5×21.5
 
 
  菊池容斎 東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  海野遊翁像 - 菊池容斎/海野北窓像 - 菊池容斎/和歌 - 菊池容斎/築地本願寺梵鐘天人像 - 菊池容斎(画)
 
 
  源義経芳野落之図 描かれた源平合戦   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  筆者の菊池容斎(17888〜1878)は,幕末から明治時代前期にかけての日本画家。旧姓河原,本名武保,通称量平。江戸に生まれ,文化2年(1805)18歳で狩野派の画家高田円乗に師事し,のち土佐派などで広く和・漢・洋の法を学んで一家をなした。明治2年,明治天皇から日本画師の称号を授かる。
 
 
  菊池容斎「羅漢天台奇勝之図」 ニューオータニ美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安田靫彦「春暁」、西山翠嶂「苗代」などの近代日本画や横山華山が描いた「関羽張飛図」、菊池容斎の三幅対「羅漢天台奇勝之図」、そしてヴラマンクやポール・ギアマンなどのフランス近現代絵画を展示いたします。
 
 
  菊池容斎(きくちようさい) 天明8年〜明治11年(1788-1878)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家。名、武保、量平。号、容斎。菊池竹永武長の養子。18歳で幕臣西本丸御徒役となる。高田円乗を師とし狩野派の画法を学ぶ。歴史画・武者絵に優れ、浅草寺絵馬「堀河夜討図」で知られる。88歳時アメリカの博覧会に出品して賞をとった。著書:「前賢故実」10巻、「蒙古襲来図」など。門下、月岡芳年(つきおかよしとし)など。
 
 
  菊池容斎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菊池容斎 の画像 - Google
 
 
渓斎英泉.1791
美艶仙女香・渓斎英泉筆 浮世美人十二箇月 六月天王祭  浮世絵風俗美女競 幼真臨鏡現
  渓斎英泉(けいさいえいせん)とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  [生]寛政2(1790)/寛政3(1791).江戸 [没]嘉永1(1848).8.26. 江戸 江戸時代末期の浮世絵師。本名池田義信あるいは茂義。字は混声。通称,善次郎。号は渓斎,旡名翁 (むめいおう) ,北花亭など。若くして狩野白珪斎に学び,のち菊川英山の門に入る。文政5 (1822) 年頃から美人の大首絵 (おおくびえ) に専念。
 
 
  渓斎英泉 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渓斎 英泉(けいさい えいせん、寛政3年(1791年) - 嘉永元年7月22日(1848年8月20日))は、江戸時代の浮世絵師。本名は池田義信。 江戸市中で武士の子として生まれた。幼いころ、狩野白桂斎に画技を学ぶ。… その後、葛飾北斎に私淑して、その画法を独学したとされる。結局、菊川英山の門人として浮世絵師になる。天保の改革の後は、一筆庵可候という名で戯作を主とする文筆業に専念した。 1 来歴 / 2 画風 / 3 作品 / 4 英泉を題材とした創作物 / 5 脚注 / 6 参考文献 / 7 関連項目 / 8 外部リンク
 
 
  英泉・美艶仙女香   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仙女香については、かなりのスペ-スを割いてこれまで論じてきたので、詳しくは「司馬江漢53次画帖の矛盾」の仙女香の項を読んで頂ければと思います。
 
 
  当世好物八契(渓斎英泉 画)の拡大画像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  記事『江戸時代における美人の条件とは?有名美人画でわかる265年の移り変わり』より(2016年1月17日UP)
 
 
  酔雲庵 - 資料部屋    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渓斎英泉(1791-1848)作品略目録の詳細
 
 
  渓斎英泉(1790〜1848)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今後、有名になることはあっても教科書(または日本美術史)に載ることはないであろう絵師。なぜなら彼の代表作のほとんどが枕絵だから。 本名は池田義信。俗称、善次郎。江戸の星ヶ岡で下級武士の子として生まれ、幼少時に狩野白桂斎から絵を学ぶ。6歳のとき実母を、20歳のとき父と父の後妻を亡くし、腹違いの妹3人をひとりで養うハメになる。
 
 
  花魁 ( おいらん )  渓斎英泉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雲竜打掛の花魁 - 渓斎英泉
 
 
  渓斎英泉  たのしい生活手帖   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  溪齋英泉、私の好きな浮き世絵師の一人です。 あのゴッホが影響を受けた、花魁の絵師です。 妖艶な女性の美しさを描写した感性豊かな作品が残っております。
 
 
  浮世絵花盛り 千葉市美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  −肉筆浮世絵の流れと渓斎英泉の浮世絵版画− 千葉市美術館では浮世絵の収集・展示に積極的に取り組んで参りましたが、その最初期に収集に加わったのが渓斎英泉(けいさいえいせん)の浮世絵版画でした。
 
 
  渓斎英泉 浮世絵コレクション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渓斎英泉 浮世絵コレクション
 
 
  白粉を塗る遊女(渓斎英泉 画)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白粉を塗る遊女(『美艶仙女香』「式部刷毛」渓斎英泉 画)
 
 
  渓斎 英泉 (けいさい えいせん)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  姓は池田、名は義信。俗称、善次郎。下級武士の出身である。末期美人画を代表する絵師であり、あの国貞すら、彼の美人画の影響を受けている。まさに美人画においては天才といえる絵師である。酒を好み、好色を愛し、ついには根津で娼家を営むといった奇行に富んだ生涯を送った。
 
 
  浮世絵師 渓斎英泉 - 美術展時評    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渓斎英泉(けいさいえいせん)は、葛飾北斎を除けば僕が一番好きな江戸の浮世絵師である。とは言っても浮世絵といえば歌麿、北斎、広重、写楽が代表的作家であり、英泉の名前すら聞いたことのない方が多いと思う。最近では英泉とほぼ同時期に活躍した歌川国芳の評価が少しずつ上がっているが、英泉を積極的に評価しようという動きは起こっていない。しかし英泉は面白い。最も浮世絵師らしい浮世絵師の一人である。
 
 
  渓斎英泉 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渓斎 英泉(けいさい えいせん。寛政3年〈1791年〉- 嘉永元年7月22日〈1848年8月20日〉)は、江戸時代後期に活躍した日本の浮世絵師。
 
 
  渓斎英泉画 「木曽街道」 タバコと塩の博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  塩尻峠から、諏訪湖、日本アルプスの山々、そして遠くに富士山を眺望する図です。雪化粧の山、凍った湖水の上を渡る人馬から、厳寒の時期を描いていることがわかります。
 
 
  企画展 浮世絵 花ざかり 〜くらしを彩る江戸の華〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私たちが「浮世絵」という言葉からイメージするのは、華やかで美しい「美人画」「役者絵」「風景画」でしょうか。このような作品は、展覧会や画集などで取り上げられる機会も多く、江戸時代の庶民の芸術的センスや木版印刷の技を私たちに伝えてくれます。 しかし…  1.絵を描いた浮世絵/2.実用的な浮世絵/3.世相を描いた浮世絵
 
 
  幕末美人画の双璧 英山と英泉 - 太田記念美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  19世紀前半、歌川派と葛飾派という二大流派が隆盛していく中、独自の一派を築いたのが、菊川英山とその弟子である渓斎英泉です。
 
 
  浮世絵 - コレクションギャラリー たばこと塩の博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  たばこと塩の博物館では、約1,800点の浮世絵を中心とする絵画資料を収蔵しています。これらの作品は、主にたばこというテーマで収集されたため、江戸時代のたばこ文化のあり方を探る上で重要なことはもちろんですが、絵師や時代などに偏りがないため、浮世絵の変遷や多様さを概観できるコレクションとなっています。
 
 
  【渓斎英泉】(けいさい-えいせん) 歴史・文化財/上里町    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  寛政3年(1790年)江戸星ケ岡で生まれました。本姓は松本でしたが、父(池田茂晴)が池田姓に復して以後は、池田を名乗りました。俗称は善次郎で、名は義信、あざなは混声、6歳で実母を、20歳で父と継母を失いました。
 
 
  契情道中双六 見立よしはら五十三つゐ ふぢ川 渓斎英泉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉原遊廓の女郎を描き、背後の枠内に宿場風景を描く。 版元は蔦屋吉蔵、文化12年(1815)から天保13年(1842)の間のものと見られる。
 
 
  渓斎英泉 「美人東海道」1 大林克真浮世絵コレクションより   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本橋 : 東海道、中仙道などの出発地点。/神奈川 : 品川 日本橋から二里。 /川崎 : 背景は広重の川崎と同じく六郷の渡しから川崎の船着き場を望む図。/藤沢 : 川崎から二里半。街道は高台になっていて海に臨み、神奈川の台といい、風光明媚な地として有名。/保土ヶ谷 : バックの橋は広重が描いた新町橋。広重の保土ヶ谷の図と描く角度が違うが極似する。/戸塚 : 衣装、髪型、品のいい身のこなしから御殿女中と思われる。衣装の上のブルーがシンプルさと相まって裾の模様と色合いと対比され印象的。
 
 
  渓斎英泉 「美人東海道」7 大林克真浮世絵コレクションより   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤川 : 背景は大名の一行が旅籠屋に到着した慌ただしい様子を描いている。/岡崎 :背景は広重と同じく大平川に架かる矢矧(やはぎ)橋と岡崎城を描いている。/池鯉鮒 : 「ちりゅう」と読む。現在の知立市。背景は満月の照る松並木の街道を馬上の武家と徒歩で旅する庶民を対照的に描いている。
 
 
歌川広重.1797
駿河薩多之海上 本朝名所 相州七里ヶ濱 亀戸梅屋舗
  歌川広重 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌川 広重(うたがわ ひろしげ:寛政9年(1797年) - 安政5年9月6日(1858年10月12日)は、浮世絵師。安藤広重とも呼ばれる。広重は、江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生、幼名徳太郎のち重右衛門また徳兵衛とも称す。
 
 
  広重の生涯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌川広重は、寛政9年(1797)、江戸八代洲河岸(やよすがし)の定火消(じょうびけし)屋敷内の同心・ 安藤源右衛門の家に生まれました。本名は重右衛門(じゅうえもん)、幼名を徳太郎といい、ちょうど喜多川歌麿や東洲斎写楽が活躍していた時期にあたります。
 
 
  歌川広重 人物像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初代、歌川豊国が中心となって発展させた浮世絵の最大勢力、歌川派で幕末に活躍した、三代豊国、国芳、そして広重らは歌川三羽烏と称されていた。それぞれ得意を豊国は似顔絵、国芳は武者絵、広重は名所絵との順位評価をされていた。当初、初代歌川豊国に弟子入りを請うたが門弟が多く願わず、十五歳の時、同門の歌川豊広に入門する。翌年、師豊広より広の一字を受け広重と名乗る。
 
 
  東海道広重美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌川広重の絵を一堂に収蔵展示する世界で最初の美術館 由比本陣公園内に設けられた広重美術館に「美術館ガイダンス」「浮世絵の基礎知識」の2つのテーマスペースにて江戸時代を再現!また、生まれ変わった由比本陣跡には、当時の建築様式をそのまま復元された由比本陣記念館「御幸亭」が一般開放されています。
 
 
  歌川広重 富士山NET   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌川広重(1797−1858年)は、江戸後期の浮世絵師。江戸常火消し同心安藤氏の子として生まれ、10代半ばで歌川豊広(1773−1829年)に入門。30代半ばには「東都名所」「東海道五十三次」など、叙情的で親しみやすい画風が人気を集め、風景画家として葛飾北斎とならんで確固たる地位を築いた。「
 
 
  富士三十六景 歌川広重   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  富士三十六景 作品一覧
 
 
  那珂川町馬頭広重美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  [広重の肉筆画] [広重の版画] [他絵師の版画] [清雄の油絵] [名品紹介メニュー]
 
 
  中山道六拾九次絵図販売   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安藤広重、渓斎英泉 画『中山道六拾九次』の復刻絵を「雨の中津川、中津川、落合、馬籠」の4枚セット
 
 
  歌川広重 東海道五十三次   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初代 歌川広重 :武家の子に生まれたが、十三歳で両親を失い、十五歳で浮世絵師歌川豊広の門に入る。三十六歳の秋、幕府の御馬献上の一行に加わって上洛、東海道を往復することになった。この時の体験を元に生まれたのが保永堂版「東海道五十三次」五十五枚である。このシリーズの爆発的な売れ行きによって、広重は浮世絵界に不動の地位を手に入れることになった。
 
 
  初代 歌川広重 「名所江戸百景」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  広重最晩年の揃物「名所江戸百景」は、全百二十図(内一図は二代広重落款、一図は目録)の超大作であり、生涯の画業を総決算する文字通り記念的な傑作である。江戸の市中と郊外とに渡ってすぐれた景観に四季折々の人事や情趣を探ね、新しい名所を発掘、登録した意欲作でもあった。
 
 
  初代 歌川広重 神奈川県立歴史博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画像で見る歴史と文化>著名な浮世絵師たち
 
 
  歌川広重・渓斎英泉 《木曽海道六十九次》   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代に制定された5街道の1つが中山道です。中山道は別名「木曽街道」、「木曽海道」とも呼ばれ、参勤交代や行商などに非常に重要な役割を果たしました。江戸の浮世絵師、歌川広重(1797−1848)と渓斎英泉(1790−1848)によって描かれた《木曽海道六十九次》は東京・日本橋から滋賀県・大津までの69の宿場を描いたシリーズものの浮世絵です。
 
 
  歌川広重、国貞、国芳 いづつやの文化記号   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  まず、贔屓の広重の風景画から。グッとくる構図が目を惹くのは“名所江戸百景 芝愛宕山”。“毘沙門天の使い”に扮する男が右手に持っている大きなしゃもじをどんと画面中央に描くところが面白い。
 
 
  歌川広重 1797-1858(寛政9-安政5) 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸八代洲河岸に住んだ幕府の定火消同心の安藤源右衛門の子として生れる。幼名は徳太郎といい、のちに重右衛門、徳兵衛と改めた。号は一遊斎、一幽斎、一立斎などがある。13歳にして両親に先立たれ家職を継いだが、文化8(1811)年頃、歌川豊広(1773ー1829)に入門し、文政元(1818)年頃からは、広重を名乗り作品を発表した。
 
 
  歌川広重 「名所江戸百景」より「亀戸梅屋舗」 WEB浮世絵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代に隆盛した「浮世絵版画」は、日本を代表する芸術です。特に19世紀の印象派など、海外の多くの芸術家に影響を与えた事が知られています。このサイトは、浮世絵を代表する葛飾北斎と歌川広重をはじめとして、歌川国芳などの作品の素晴らしさを堪能し、その秘密を探ろうとするものです。
 
 
  歌川広重 うたがわ ひろしげ 初代 寛政9年〜安政5年(1797〜1858)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安藤広重とも言う。歌川豊広の門人で狩野派、南画、四条派などにも学ぶ。画号は広重の他、一遊斎、一幽斎、一立斎、立斎、歌重など。風景画を得意とし代表作は「東海道五拾三次」各地の名所絵が多く江の島の浮世絵も数多く残っている。
 
 
  「歌川広重 - 名所江戸百景」展 「亀戸梅屋舗」「浅草田甫酉の町詣」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  広重の代表作「名所江戸百景」を会期を分けて一堂に展示いたします。 海外でも有名な浮世絵師、広重(1797〜1858)。 当館所蔵の広重の代表作「名所江戸百景」を会期を分けて一堂に展示いたします。
 
 
  歌川広重 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌川広重 の画像 - Google
 
 
歌川国芳.1798
歌川国芳画「ほぐぞめ」 無題(江の島富士遠望) 東海道五拾三駅・四宿名所  岡部〜金谷  歌川国芳
  歌川国芳 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌川 国芳(うたがわ くによし、1798年1月1日(寛政9年11月15日) - 1861年4月14日(文久元年3月5日))は、江戸時代末期の浮世絵師。江戸時代末期を代表する浮世絵師の1人である。国芳は、同時代に活動した葛飾北斎や歌川広重らの人気絵師に比べ、日本における知名度や評価は必ずしも高いとは言えなかった。「幕末の奇想の絵師」として注目され、再評価されるようになるのは20世紀後半になってからである。
 
 
  歌川国芳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌川国芳(うたがわ くによし、1797年(寛政9年) - 1861年4月14日(文久元年3月5日))は、江戸時代末期の浮世絵師。江戸時代末期を代表する浮世絵師の一人である。国芳は、同時代に活動した葛飾北斎や歌川広重らの人気絵師に比べ、日本における知名度や評価は必ずしも高いとは言えなかった。「幕末の奇想の絵師」として注目され、再評価されるようになるのは20世紀後半になってからである。
 
 
  国芳と浮世猫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  隠号を見ても分かるように、国芳は無類の猫好きで、ふところにはいつも2〜3匹の猫がおり、飼い猫が死ぬと本所の回向院に葬り、家には猫の位牌や過去帳が揃っていたといいます。また、弟子には画業の第一歩として猫の写生をさせたといいますが、そのせいか、芳藤 、芳年、芳虎など、国芳の弟子には猫を好んで描く絵師が多いです。
 
 
  歌川国芳画 「ほぐぞめ」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  紙縒(こより)できせるの手入れをする美人。この女性は文字を散らした柄の着物を着ていますが、この柄は、反古(ほご)染めと呼ばれる当時流行していた柄で、古紙で作った貧しい人の着る着物に見えるように字を染めたものです。
 
 
  歌川国芳 「猫のすゞみ」 美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末の浮世絵師、歌川国芳。北斎や広重と同時代の絵師です。当時、江戸中が国芳に夢中になりました。ユーモアとウイットに富んでいて、粋でいなせ。そして、豪快で頑固。天保の改革で、江戸役者絵が禁じられれば、壁の落書きに見立てた似顔絵を描き、遊郭の絵が禁じられれば遊女を雀の姿に変えて描く。
 
 
  歌川国芳 うたがわくによし 百科事典項目   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1797〜1861 江戸時代末期の浮世絵師(→ 浮世絵)。初めの姓は不明だが、のちに井草孫三郎と名のる。一勇斎などの号をもちいた。
 
 
  歌川国芳 「相馬の古内裏」 千葉市美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山東京伝作、初代歌川豊国画の読本「善知安方忠義伝(うとうやすかたちゅうぎでん)」(1806)に材をとった作品。リアルな髑髏(どくろ)の描写は、西洋解剖学書を参考にしている。
 
 
  里見八犬伝(さとみはっけんでん) 絵師:国芳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上演:嘉永5年(1852)1月 市村座  役者:犬山道節 <5代>沢村長十郎、犬川荘助 <3代>関三十郎
 
 
  歌川国芳 (うたがわ くによし) 寛政9年〜文久元年(1797〜1861)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初代歌川豊国の門人で画号は国芳の他一勇斎・採芳舎・朝桜楼・雪谷・仙真などがある。
 
 
  歌川国芳  UTAGAWA Kuniyoshi  1797-1861(寛政9-文久元)  静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国芳は幕末期の浮世絵をリードした異色の絵師。大胆な画面構成の武者絵のほか、洋風表現を取り入れた風景画の分野でも特筆すべき業績をのこした。本作は、広重・保永堂版東海道の人気に触発され、国芳が世に問うた東海道風景版画シリーズ。
 
 
  歌川国芳 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌川国芳 の画像 - Google
 
 
長沢芦雪.1799
長沢芦雪の梅月図 花鳥蟲獣図巻  長沢 芦雪・曽道怡
  長沢芦雪 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長沢芦雪(ながさわ ろせつ、宝暦4年(1754年) - 寛政11年6月8日(1799年7月10日))は、江戸時代の絵師。円山応挙の高弟。蘆雪とも。名は、政勝、魚。字は、氷計、引裾。通称、主計。芦雪の他、別号に千洲漁者、千緝なども用いた。現在の京都市伏見区に生まれる。
 
 
  長沢芦雪/猛虎図   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Fotolife > 「若冲と江戸絵画」展 公式ブログフォトライフ >
 
 
  「応挙」と「芦雪」とは   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  応挙に弟子入りした芦雪は、師の画法を身につけるため師の作品の写しに励みました。しかしある時、師の描いた手本をそのまま応挙に見せたところ、応挙は手直しを入れました。そこで次に芦雪が清書して持っていくと、応挙は褒めたといいます。芦雪はこれを仲間たちに得意気に語り、応挙に破門されました。多芸多才、酒豪、いたずら好きの芦雪は、応挙から3度も破門されたという話も残っています。
 
 
  応挙芦雪館(無量寺)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧