025 【美術ぁ 川合玉堂:竹久夢二:藤田嗣治:梅原龍三郎
 このコーナは、美術館 博物館のリンク集があります。また、国内海外の有数な美術館 博物館を個々に収録してあります。美術展 美術団体のHPほか、このコーナーには、日本と世界の著名な画家・芸術家関係のHPが年代順に精選掲載されています。どうぞ、ごゆっくりご覧下さい。 なお、ピンクは日本画家、ブルーは洋画家、イエローは浮世絵師です。

黒田清輝.1866.8 藤島武二.1867 尾竹越堂.1868 横山大観.1868 岡田三郎助.1869 下村観山.1873
川合玉堂.1873 菱田春草.1874 満谷国四郎.1874 和田英作.1874 上村松園.1875 高橋広湖.1875/
松林桂月.1876 木島櫻谷.1877  尾竹竹坡.1878 鏑木清方.1878 菊池契月.1879/ 熊谷守一.1880
尾竹国観.1880 北野恒富.1880 今村紫紅.1880 児島虎次郎.1881 松岡映丘.1881 山下新太郎.1881/
小杉放菴.1881/ 坂本繁二郎.1882 青木繁.1882 有島生馬.1882 小林古径.1883 和田三造.1883
橋本関雪.1883 金山平三.1883 安田靫彦.1884 竹久夢二.1884 前田青邨.1885 川端龍子.1885
萬鉄五郎.1885 藤田嗣治.1886 池田蕉園.1886/ 土田麦僊.1887 中村彝.1887 小出楢重.1887
堅山南風.1887 梅原龍三郎.1888 安井曾太郎.1888 村上華岳.1888 奥村土牛.1889.2 横井弘三.1889.5/
← 024 【美術А暸ヽ導┣茘      026 【美術】◆各絵画 → 
TOP >  b 美術 > 025 【美術ぁ 川合玉堂:竹久夢二:藤田嗣治:梅原龍三郎 >  
       
黒田清輝.1866.8
『湖畔』(1897年) Albatros BLOG 黒田清輝「読書」 裸体婦人像(黒田清輝)
  黒田清輝 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒田 清輝(くろだ せいき、1866年8月9日(慶応2年6月29日) - 1924年(大正13年)7月15日)は、鹿児島県鹿児島市出身の洋画家である。薩摩藩士黒田清兼の子として生まれ、伯父の子爵黒田清綱の養子となる。通称は新太郎。「せいき」はペンネームで、本名は「きよてる」である。東京美術学校教授、帝国美術院院長(第2代)、貴族院議員などを歴任した。 1 来歴 / 2 顕彰 / 3 出自 / 4 栄典 / 5 作品 / 6 脚注 / 7 関連項目 / 8 外部リンク
 
 
  湖畔 黒田清輝   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上品な色香を漂わせた女性が、清涼な青い湖面を背景にたたずむ『湖畔』。 言わずもがな、『近代洋画の父』黒田清輝の代表作です。 旧と新とが交じり合い、変遷し、別れていった明治という激動の時代。同じ流れを担うように、あるときは体制と反駁し合いながらも、西洋画の啓蒙とアカデミズムの確立を通し、自由な眼差しと表現により、新しい表現、新しい可能性を日本の美術界に投げかけました。
 
 
  「黒田清輝通り」誕生   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昨年十月七日、フランスに初めて日本人の名前を冠した通りが誕生した。それはパリの南東約六十キロ・メートルに位置するグレー・シュル・ロワン市にある。行政区分では市であるが、人口千二百人余りの、むしろ村と言うほうがふさわしい閑静なところである。
 
 
  黒田清輝  裸体婦人像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒田清輝の明治33〜34年(1900-01)の渡仏時に制作された裸体画として知られ、「智・感・情」とともに現存する黒田の裸体画の重要作品と評価されている。
 
 
  黒田清輝 海 236×324   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鹿児島に生まれる。伯父の子爵黒だ清綱の養嗣子。東京が憩うゴ学校に入学をし、フランス語を修め、明治17年法律研究の為フランスに留学をする。明治21年法科大学を退き、洋画の研究に転じラファエル、コランに師事した。
 
 
  黒田清輝と明治の洋画界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本近代洋画史上、黒田清輝が果たした役割は非常に大きく、近代洋画の生みの親であり、育ての親でもあるといわれ、黒田はよく『近代洋画の父』と呼ばれる。約10年間のフランス留学を終え、明治26年(1893)に帰国して、ラファエル・コランの明るい外光派の作風と平明な自然主義を日本に持ち帰ったことは、日本洋画の新時代の開幕であった。
 
 
  黒田清輝/解説:三輪英夫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美術書を取り上げます。新潮日本美術文庫27「黒田清輝」は、32点の作品を紹介したあとに解説が添付されていました。黒田清輝は薩摩藩士の家に生まれました。誕生のときから父の兄の養嗣子になることが決められていたようです。養父は、維新後に子爵になり貴族院議員や枢密院顧問官を務めた要人でした。
 
 
  黒田清輝 「湖畔」  美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本で最も美しい女性の肖像画として、100年以上も人々に愛されてきた黒田清輝・作『湖畔』。涼しさを感じさせる淡い色彩の湖畔に、とけ込むような女性。愛する人がたたずんだ瞬間に、完璧な美しさを見た画家による奇跡の1枚です。
 
 
  近代日本洋画の巨匠 黒田清輝展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の近代美術について振り返るとき、黒田清輝(1866-1924)の存在を忘れることはできません。 フランスに留学し、ラファエル・コランについて絵画を学んだ黒田は、1893(明治26)年に帰国すると、明るい外光表現による作品を発表し、一躍注目を浴びます。さらに、新しく洋画家たちの団体、白馬会を結成し、西洋絵画の本格的な日本への導入 を目指して、裸体画や構想画に取り組みました。
 
 
  黒田記念室  KURODA Memorial Hall   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本近代洋画の父ともいわれる黒田清輝は、大正13(1924)年に没する際、遺産の一部を美術の奨励事業に役立てるよう遺言しました。これをうけて昭和3(1928)年に竣工したのが黒田記念館です。館内には、遺族の方々から寄贈された遺作を展示して画家を顕彰するために黒田記念室が設けられました。
 
 
  『近代日本洋画の巨匠 黒田清輝展』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本展は、日本の正統的な洋画の創始者ともいうべき巨匠・黒田清輝(くろだ・せいき。1866−1924)の、優れた画業を回顧する展覧会です。黒田の遺志によって設立された美術研究所を縦承する、東京国立文化財研究所の所蔵になる、油彩画の名作約60点(2件の重要文化財を含む)と、デッサンや写生帖および資料類約80点の、計約140点の作品を展示・公開いたします。
 
 
  黒田清輝展 神戸市立小磯記念美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒田清輝(1866〜1924)は、日本の近代洋画の創始者とも言うべき巨匠として、多くの人々にその名前と作品が親しまれています。
 
 
  黒田清輝像 東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  年代:昭和7年(1932) 技法・材料:ブロンズ 法量:高543 印章・銘記:右胸部刻書「光」
 
 
  《落葉(おちば)》 黒田清輝(くろだ せいき)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒田がラファエル・コランから学んだ外光表現は、純粋な印象派のそれではなく、アカデミックな描写と穏健に折衷されたものであった。しかし晩秋のポプラ並木を描いたこの作品では、黄褐色の葉、紫灰色の影などが点描的な細かい筆致で表現されており、印象派への関心が認められる。
 
 
  黒田清輝 Kuroda Seiki 1866-1924 洋画家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治から大正にかけて活躍した日本洋画界の重鎮。外光派と呼ばれる印象派に影響を受けた戸外制作での明瞭な光の表現を探求した表現手法を国内で確立し、同時代随一の画派として画壇に君臨。後の日本の西洋絵画に良くも悪くも多大な影響を与えた。1866年、鹿児島県鹿児島市に薩摩藩士黒田清兼の子として生まれ、その後、伯父の子爵黒田清綱の養子となる。
 
 
  サロンの外光派  パリ・1884-1893・黒田清輝   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  興味深いことに、偶然の一致とはいえ、アンデパンダン展を組織した独立芸術家協会(ラ・ソシエテ・デ・ザルティスト・ザンデパンダン)は、黒田清輝が初めてパリの土を踏む年、1884年に創設されている。
 
 
  暖き日  黒田清輝  愛知県美術館所蔵作品選   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鹿児島県に生まれる。後に子爵となる伯父清綱の養嗣子となって1872年上京し、1884年法律を学ぶためフランスヘ旅立った。ラファエル・コランに入門後アカデミー・コラロッシに学び、周囲の勧めもあり絵画への専念を決意した。
 
 
  読書  どくしょ 黒田清輝 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒田清輝(1866-1924)は,欧州で学んだ豊かな光の表現を特色とする「外光派」の旗手として,洋画壇をリードした。この作品はフランス滞在中に描かれサロンに入賞した,初期の代表作。鎧戸から差し込む柔らかな光が,娘の全身を優しく包み込んでいる。
 
 
  黒田清輝展より  2006 7.15〜8.27  豊田市美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒田清輝展より  2006 7.15〜8.27  豊田市美術館
 
 
  重要文化財 湖畔 黒田清輝筆 東京国立博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京文化財研究所は、美術に関する学術的調査研究と研究資料の収集を目的として、昭和5年(1930)、黒田記念館内に開設された帝国美術院附属美術研究所を前身としています。黒田記念館は、黒田清輝(1866〜1924)の美術奨励の遺志にもとづき、彼の作品と遺産の一部が国に寄贈されたことを受けて昭和3年(1928)に竣工された施設です。
 
 
  野辺 黒田清輝 収蔵作品のご紹介  ポーラ美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鹿児島に薩摩藩士、黒田清兼の長男として生まれた黒田清輝は、元老院議員などを歴任して子爵となった叔父、清綱の養嫡子となり上京し、清綱邸で少年時代を過ごした。黒田は1884年(明治17)、17歳で法律を学ぶためフランスに留学したが、その後画家になることを決意する。
 
 
  近代洋画の風 維新・薩摩に生まれた黒田清輝<1>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「黒田清輝通り」誕生 : 昨年十月七日、フランスに初めて日本人の名前を冠した通りが誕生した。それはパリの南東約六十キロ・メートルに位置するグレー・シュル・ロワン市にある。行政区分では市であるが、人口千二百人余りの、むしろ村と言うほうがふさわしい閑静なところである。 通りの名前は「黒田清輝通り」。慶応二年(一八六六年)鹿児島市に生まれ、後に日本近代洋画の父と称される洋画家黒田清輝である。
 
 
  近・現代洋画の巨匠−黒田清輝(1866-1924) All About   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒田清輝関連書籍 黒田清輝「智・感・情」:中央公論美術出版/黒田清輝:新潮社/黒田清輝・藤島武二:集英社
 
 
  黒田清輝 (くろだ せいき) 1866-1924 麹町界隈わがまち人物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薩摩藩の重臣だった黒田清綱の養子。法律家をめざしてパリへ留学したが、画家志望に変わりフランスの外光派を学ぶ。帰国後は、東京美術学校(現:東京芸大)初代の西洋画科教授となり、生涯後進の指導にあたった。童話作家の巌谷小波とも幼友達で、当時麹町平河町六丁目に居住。
 
 
  黒田清輝、岸田劉生の時代−コレクションにみる明治・大正の画家たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治26年(1893)、黒田清輝のフランスからの帰国は近代洋画の方向を大きく変えることになりました。黒田は、藤島武二、岡田三郎助らと美術団体「白馬会」を結成します。みずみずしい生命の輝きや明るい外光を感じさせる色彩、すばやい筆づかい−新しい洋画の息吹を感じさせる彼らの作風は、小山正太郎らの「旧派」に対して「新派」と呼ばれ、その後の洋画を先導しました。
 
 
  《ブレハの村童》油彩・カンヴァス 40.7×27.5cm 黒田清輝 セキ美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田清輝は、まことに恵まれた人であった。明治新政府の中枢にある軍人貴族の一門に生まれ、17歳でフランスへ留学し、10年以上にわたる絵画の修行の後に帰国するや、明治の洋画界の中心に祭り上げられる。しかし、フランス滞在中の黒田は、むしろ下層の人々に共感を寄せた。
 
 
  Vol.621 近代日本洋画の巨匠 黒田清輝展   田丸一男のCelloに夢中♪    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  団扇を片手に湖畔に座り涼をとる浴衣の女性を描いた「湖畔」や日本人女性をモデルにした最初の油彩裸体画「『智』『感』『情』」などが有名な黒田清輝の作品147点を集めた展覧会が神戸で開かれています。黒田58年の画業を振り返ることができます。
 
 
  《白き着物を着せる西洋婦人/European woman in white dress》 黒田清輝   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  《白き着物を着せる西洋婦人/European woman in white dress》 黒田清輝/Seiki KURODA (1866−1924)
 
 
  《洋燈とニ児童/Lamp and two children》  黒田清輝/Seiki KURODA (1866−1924)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1891 油彩 oil, カンヴァス canvas 100.4×81.0cm
 
 
  黒田清輝著述集 <書籍> 東京文化財研究所 編    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  19世紀中葉のフランスの明るい外光描写を移入し明治洋画壇に一転機を作り、東京美術学校西洋画科の創設に際して指導者として参画し、美術界に多大の功績を残して日本近代洋画の確立者に位置づけられる黒田清輝(1866〜1924)が当時の諸新聞、雑誌等に発表した文献を収集し収録した著述集。
 
 
  黒田清輝 <関連書類> 25種類 amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒田清輝 <関連書類> 25種類 amazon.co.jp
 
 
  黒田清輝 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒田清輝 の画像 - Google
 
 
藤島武二.1867
奥ゆかしさが美しさに花を添えるのだ 藤島 武二  「 耕到天 」 藤島 武二  「 蝶 」
  藤島武二 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島 武二(ふじしまたけじ、男性、慶応3年9月18日(1867年10月15日) - 昭和18年(1943年)3月19日)は、明治末から昭和期にかけて活躍した洋画家。明治から昭和前半まで、日本の洋画壇において長らく指導的役割を果たしてきた重要な画家である。浪漫主義的な作風の作品を多く残している。
 
 
  藤島武二 :切手と本    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  [BOOK] 金森敦子 「 お葉というモデルがいた 」 :藤島武二がイタリア・ルネサンス時代の肖像画を東洋風に適応して女性の真横顔画を描いたシリーズは、ほんとうにすばらしい作品で、是非ご鑑賞ください。/「近代美術シリーズ」」:『 黒扇 』/「切手趣味週間:『 蝶 』
 
 
  潮岬 4号 藤島武二   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鹿児島に生れ、東京で歿。はじめ日本画を学び、明治17年上京。翌年川端玉章の門に入り、芳洲、玉堂と号した。明治23年曽山幸彦をはじめ松岡壽につき、山本芳翠の生巧館で洋画の指導を受け、明治美術会に出品。明治29年東京美術学校に西洋画科が新設されるに際して助教授となった。
 
 
  画室の言葉 藤島武二   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私は今年の文展出品作「耕到天」に、次のような解説をつけて置いた。 耕到天是勤勉哉 耕到空是貧哉 右はかつて前後日本を観たる二支那人の評言…
 
 
  藤島武二筆 蒙古の日の出   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島武二(1867〜1943)は,鹿児島藩士の子として生まれる。幼い頃から郷土の日本画家平山東岳について四条派の絵を学ぶ。1890年には,長年の希望であった洋画の勉強のために曽山幸彦の画塾に通い,続いて中丸精十郎,松岡寿にも学ぶ。
 
 
  《黒扇》 藤島武二(1867-1943)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島の最高傑作の一つで、重要文化財に指定されている。藤島は1908年から翌年にかけてローマに滞在し、ローマのフランス・アカデミー院長であった肖像画家カロリュス=デュランの教えを受けている。ローマ滞在中に描いた本作には、藤島独特の鋭く力強いタッチに加え、カロリュス=デュランの影響も色濃く出ている。
 
 
  奏楽図 藤島武二 おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  奏楽図 藤島武二    奏楽図(拡大画面)
 
 
  耕倒天 藤島武二 WEB展示室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島武二(1867-1943)は、現在の鹿児島市の藩士の家生まれ。洋画を志したいと思いつつも、10代後半は日本画を学びました。この日本画の勉強は、のちの作風に大きな影響をあたえています。
 
 
  銅像  藤島武二(ふじしまたけじ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  はじめ平山東岳に日本画を学んで、のちに上京して曽山幸彦に洋画を学んだ。郷里の先輩黒田清輝に私淑して、明治38〜43年渡欧。白馬会展、文展で活躍した。また皇室の下命で10年間全国に画想を追い続け、遂に蒙古の日の出を画題に「旭日照六号」を完成・献上した。日本洋画壇の功労者で東京美術学校教授、芸術院会員で、昭和12年に第1回文化勲章を受けた。
 
 
  「浜辺」 藤島武二 -Marubeni-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島武二は、1867年9月に現在の鹿児島市に鹿児島藩士の三男として生まれた。1882年ごろから地元の画家、平山東岳に師事し、日本画を学ぶ。1884年に上京して川端玉章の門に入り日本画を学んだが、後、洋画に転じ、會山幸彦、山本芳翠に師事した。
 
 
  藤島武二  『池畔納涼』 ARTLOG   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島武二 慶応3年−昭和18年 鹿児島生まれ 『池畔納涼』 明治30年作 東京藝術大学大学美術館所蔵 10代のころは 「洋画を学びたい」 と思いつつも日本画を学んでいて、23歳で洋画に転向します。 日本近代油彩画のもっとも正統的で、明るい色調の作風を展開させ、つねに指導者的立場にありました。
 
 
  藤島武二  天平の面影 ACG Gallery   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島武二  天平の面影
 
 
  藤島武二 『室戸遠望』 美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  六本木の喧騒から離れた閑静な通りに建つ、泉屋博古館の分館。ここに日本近代洋画の巨人と言われる画家、藤島武二が描いた風景画『室戸遠望』が収められています。60代で訪れた高知県桂浜で偶然目にした遥か彼方の室戸岬を描いた作品。
 
 
  藤島武二と岸田劉生 笠間日動美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島武二「洋上旭日」 笠間日動美術館所蔵の名品より、藤島武二と岸田劉生の油彩、水彩、デッサンなどの作品に加え、藤島武二の初公開となる170点よりなる画稿帖や、岸田劉生の麗子がちりばめられた約40点の装丁画を展示する。
 
 
  藤島武二 略年譜 財団法人 大川美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平成元年4月に開館致しました当館も、早いもので本年度十年目を迎えます。そして当初より全てオリジナルで開催して参りました特別企画展も、すでに38回を数えるに至りました。
 
 
  藤島武二 (1867-1943) 《音楽六題》 (PDF)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島武二 (1867-1943) 《音楽六題》 1091-06年 水彩,紙
 
 
  日本近代洋画への道 Shizuoka ART Gallery   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島武二/ヴェニス風景:1908-09  高橋由一から藤島武二まで  江戸から明治へと移り変わる時代は、日本の歴史の中で政治的にもまた文化的にも大きな転換期でした。美術の世界でも洋画の流入という画期的な出来事により、まさに激動の時代の幕開けとなりました。
 
 
  藤島武二  西洋婦人像  島根県立石見美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島武二  西洋婦人像  1908〜09(明治41〜42)年頃  油彩、カンヴァス  58.3×39.1cm
 
 
  藤島武二  収蔵品 東京藝術大学大学美術館    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2.春の小川 - 藤島武二〜23.池畔納涼 - 藤島武二
 
 
  藤島武二と小磯良平展 神戸市小磯記念美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島武二(1867〜1943)は、日本の近代を代表する洋画家であり、常に画壇の中心的存在として洋画界をリードする一方、東京美術学校(現東京藝術大学)で後進たちの指導にも努めました。そして自由な気風を特長とした藤島教室からは、次代を担う画家たちが多数巣立っていきました。
 
 
  黒扇 1908-09年 ブリジストン美術館 藤島武二   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  慶応3年(1867年) 大政奉還の年に鹿児島に生まれる。 はじめ日本画(四条派)を学び、明治18年、上京して川端玉章の門下に入る。 明治23年 イタリアから帰国した松岡寿に油絵を学び、翌年、山本芳翠の生巧館へ。
 
 
  《桃花裸婦/Nude and peach blossoms》 藤島武二   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  桃花裸婦/Nude and peach blossoms》 藤島武二/Takeji FUJISHIMA (1867−1943) 1902 油彩 oil, カンヴァス canvas 91.0×61.0cm
 
 
  新潮日本美術文庫 28 藤島武二 藤島武二/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  魅惑的で謎にみちた女性像を生涯にわたって制作したのは何故? 東洋と西洋が融合した人物像を描き出そうとし、近代国家日本を象徴するような画業を残した洋画家。
 
 
  藤島武二 《女の横顔》(1926-27) ポーラ美術館蔵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日は、東京藝術大学美術館で行われている「パリへ−洋画家たち百年の夢」展に行ってきました。…
 
 
  藤島武二  『ティボリ、ヴィラ・デステの池』  ARTLOG   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島武二 慶応3年−昭和18年 鹿児島生まれ 『ティボリ、ヴィラ・デステの池』 明治42年作 東京藝術大学大学美術館所蔵  10代のころは 「洋画を学びたい」 と思いつつも日本画を学んでいて、23歳で洋画に転向します。 日本近代油彩画のもっとも正統的で、明るい色調の作風を展開させ、つねに指導者的立場にありました。
 
 
  うつつ 藤島武二(1867-1943)  文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Dreaming1913(大正2)年4年にわたるヨーロッパ留学を契機に、それまでの黒田清輝風のやわらかな画面を、厚みのある強い構成を持つものへと変化させた藤島武二は、帰国後第一作としてこの作品を第7回文展に発表した。
 
 
  《西洋婦人像》 藤島武二 MENARD ART MUSEUM   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島武二が薩摩藩士の子として生まれたのは、慶応3年のこと。長らく続いた武家社会が終焉し、元号が「明治」へと変わる前年であった。17歳で上京、しばらく日本画を学んだのち、かねて志望していた洋画へ転じた。
 
 
  藤島武二:アルチショ (1917)  東京国立近代美術館    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルチショ:大正6年   油彩・キャンバス・額・1面   89.5×97.0
 
 
  《匂い》 藤島武二(ふじしま たけじ) 東京国立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  《匂い》 藤島武二(ふじしま たけじ) 1915年/油彩・キャンバス/69.5×76cm
 
 
  池畔納涼  島武二 (1867-1943)  東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  池畔納涼 (ちはんのうりょう ; Evening breeze at lakeside) 様式・時代 明治30年/技法・材料 キャンバス/油彩/法量 152.0×194.4/備考 第2回白馬会展出品  
 
 
  藤島武二 (1867-1943) 《大王岬に打寄せる怒涛》 (PDF)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島武二 (1867-1943) 《大王岬に打寄せる怒涛》 1932年 油彩,カンヴァス 73.9×91.0cm
 
 
  雨の日 あめのひ 藤島武二(1867-1943年)  文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雨の日 あめのひ 藤島武二(1867-1943年) 紙、鉛筆 15.8x10.0cm
 
 
  台南聖廟 (タイナンセイビョウ) 藤島武二 みやざきデジタルミュージアム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島は台湾に昭和7年頃より数回渡っており…台南は、台湾の古都であり歴史的な建物が多い町である。
 
 
  藤島武二  ≪荒れる日≫昭和10(1935)年頃  日本洋画を拓いた画家たち展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治初期に西洋から本格的に導入された洋画は、いかにして成立したのか。洋画の確立に重要な役割を果たした藤島武二をはじめ、日本における洋画とは何かを真摯に問うた岸田劉生や須田国太郎、自らの個性のうちにその表現を展開した梅原龍三郎や安井曽太郎など、日本の洋画を切り開いた巨匠たちの作品を展示、その展開を追う。
 
 
  「 港の朝陽 」/ 「 耕到天 」/ 「 大王岬に打ち寄せる怒濤 」/「 芳口」/ 「 蝶 」 - 「10秒美術館」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  タイトルは、「耕到天」・・たがやして、てんにいたる・・・って? / 本当の写実の効果を求め描こうとした。 / 奥ゆかしさが美しさに花を添えるのだ / 険しい道
 
 
  藤島武二 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤島武二 の画像 - Google
 
 
尾竹越堂.1868
『吉祥の絵画−音羽・三ツ矢酒店旧蔵資料より−』 尾竹竹坡(おたけちくは) - 文京ふるさと歴史館 尾竹越堂 筆 旭日図
  尾竹越堂 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾竹 越堂(おたけ えつどう、慶応4年1月28日(1868年2月21日) - 昭和6年(1931年)12月3日)は、明治から昭和期の日本画家。 慶応4年1月28日(1868年2月21日)、越後国白根町(現在の新潟県新潟市)に生まれる。本名熊太郎。幼少のとき東京に出て歌川国政に浮世絵を学んだと伝えられる。
 
 
  尾竹越堂 筆 旭日図   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  慶応4年 新潟生まれ。本名は熊太郎。弟の尾竹竹坡・尾竹国観、と共に日本画家となる。歌川国政に浮世絵を小堀鞆音に歴史画を学ぶ。昭和6年没。63才。
 
 
  雪景山水 尾竹越堂作   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾竹越堂(おだけ・えつどう) 慶応4年新潟県に生まれる。本名熊太郎。弟の尾竹竹坡、尾竹国観ともに日本画家となる。幼少の頃上京、歌川国政に浮世絵、小堀鞆音に歴史画を学ぶ。のちに大阪に移住、巽画会会員となる。 明治44年第5回文展に「韓信」で初入選、大正3年第8回文展に「さつき頃」、翌年9回展に「湖」、5年10回展に「漁礁問答」で連続入選する。昭和6年没。享年63才。
 
 
  尾竹越堂 日の出図 明治〜大正期頃   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家。名は熊太郎。別号に国一。明治元年新潟に生まれる。歌川国政、小堀鞆音の門下で竹坡、国観と尾竹三兄弟の長兄。東京に住し、東京美術館建設に尽力する。昭和6年歿、享年64歳。
 
 
  尾竹越堂 「大聖 孫悟空」図 明治〜大正期頃   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家。名は熊太郎。別号に国一。明治元年新潟に生まれる。歌川国政、小堀鞆音の門下で竹坡、国観と尾竹三兄弟の長兄。東京に住し、東京美術館建設に尽力する。昭和6年歿、享年64歳。
 
 
  尾竹越堂(おだけえつどう) 明治元年〜昭和6年(1868-1931)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家。尾竹国観(こっかん)・尾竹竹坡(ちくは)の長兄。名は熊太郎。別号:国一。新潟出身。歌川国政、小堀鞆音に師事。東京根岸金杉に住み、東京美術館建設に尽力する。兄弟で八華会を結成。娘に女流天才画家といわれた富本一枝(明治26年(1893)生まれ:尾竹紅吉(おたけべによし))がいる。64歳。作品:「大聖 孫悟空」、「百衣観音」「明治大帝肖像画」など。
 
 
  尾竹越堂 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾竹越堂 の画像 - Google
 
 
横山大観.1868
「生々流転」 横山大観 「海噸」
  横山大観 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横山大観(よこやま たいかん、明治元年9月18日(1868年11月2日)‐ 昭和33年(1958年)2月26日)は、日本の美術家。日本画家。輝いた栄誉には文化勲章をはじめ、名誉都民、名誉台東区民などがある。水戸藩藩士の息子として生まれる。府立一中(現・日比谷高校)、日本中学などを経て、東京美術学校の第一期生として、岡倉天心に学ぶ。卒業後同校教諭になるが、岡倉が東京美術学校を追われると、岡倉とともに学校を去り、下村観山、菱田春草とともに日本美術院の創設に参加した。従来の日本画が線描を重視したのに対し、線を一切省いた朦朧体と呼ばれる新しい画風を築いた。
 
 
  横山大観 「海噸」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ついに出ました。 横山大観最晩年の「海噸(かいとん)」です。 大観は90歳で世を去りますが、この作品は87〜89歳で描いた作品だと思います。 観ているこちらも「正座」くらいしないと、失礼に当たるような気になってくる絵画です。
 
 
  財団法人 横山大観記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここは、日本画家、横山大観(1868〜1958)の住居でした。大観がこの地に住みはじめたのは、明治42年(1909)です。昭和20年(1945)3月10日の空襲で住居が焼失したため、大観はしばらく熱海伊豆山の別荘に移り住みます。昭和29年(1954)8月、焼失した住居の土台をそのまま利用して、新居が再建され、大観は再び池之端で生活をはじめます。昭和33年(1958)2月に90歳で没するまで、ここで数多くの作品を制作しました。
 
 
  横山大観 1868年〜1958年   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  旧姓酒井、名は秀麿。のちに母方の姓を継ぎました。東京美術学校卒。岡倉天心、橋本雅邦らに学ぶ。京都市立美術工芸学校教諭をへて、東京美術学校助教授となりました。明治31年(1898年)校長である岡倉天心を排斥する東京美術学校騒動で辞職し日本美術院の創立に参加しました。菱田春草とともに朦朧体の画法を試みて日本画の改革を行ないました。
 
 
  横山大観 (Yokoyama Taikan) 足立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治元年(1868)〜昭和33年(1958)    「紅葉(こうよう)」昭和6年(1931)/群青に彩られた流水にプラチナ泥のさざなみ、真紅の紅葉を描いて、秋の清冽な自然を表現しています。足立美術館の大観コレクションの中でも最高最大の作品であり、毎年秋季特別展に展示されます。
 
 
  「屈原」/「輝八鉱」/「生々流転」/「焚火」/「夜桜」 - 横山大観   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横山 大観(よこやま たいかん、正字体:大觀、明治元年9月18日(1868年11月2日) - 昭和33年(1958年)2月26日)は、日本の美術家。日本画家。茨城県水戸市出身。近代日本画壇の巨匠であり、今日「朦朧体」と呼ばれる、線描を抑えた独特の没線描法を確立した。帝国美術院会員。第一回文化勲章受章。死後、正三位勲一等旭日大綬章を追贈された。茨城県名誉県民。東京都台東区名誉区民。本名、横山秀麿(-ひでまろ)。
 
 
  横山大観 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横山大観 の画像 - Google
 
 
  「横山大観」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横山大観 - Google 検索
 
 
  近代日本画の巨匠 【横山大観展】 開幕 東京・竹橋で (2018/4/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
    近代日本画の巨匠、横山大観(1868〜1958年)の代表作など約90点を集めた「生誕150年 横山大観展」(日本経済新聞社など主催)が、13日に東京・竹橋の東京国立近代美術館で始まった。これに先立ち12日、開会式と内覧会が開かれた。5月27日まで。 日本一長い画巻に水の物語を描いた大作「生々流転…
 
 
岡田三郎助.1869
岡田三郎助 【婦人像】  岡田三郎助の美人画と稲毛山王社 「花をもてる裸婦」
  岡田三郎助 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡田 三郎助(おかださぶろうすけ、1869年2月22日(明治2年1月12日) - 1939年(昭和14年)9月23日)は明治〜昭和にかけて活躍した洋画家である。女性像を得意とし、日本的な感覚の洋画に秀作を残している。東京美術学校(現東京藝術大学)教授。 妻・八千代(1883-1962年)は女流作家で、小山内薫の妹である。
 
 
  岡田三郎助 :切手と本   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『 古き昔を偲びて 』  1926 / 『 あやめの衣 』  1927 / 『 婦人像 』 1907
 
 
  岡田三郎助 夏の山 33.2×50.2    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐賀県に生れ、東京で歿。幼名は芳三郎。明治20年曽山幸彦の画塾に学んだ。明治22年明治美術会会員。明治27年黒田清輝、久米桂一郎の天真道場に入門し、黒田清輝の指導を受けた。
 
 
  岡田三郎助の作品画像ギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1869年2月22日(明治2年1月12日)生まれ、明治から昭和にかけて活躍した洋画家の岡田三郎助さん。1937年には第1回文化勲章受賞、文化庁特別機関である日本芸術院の会員にもなられました。そんな岡田さんの作品画像を集めてみました。  裸婦/若き娘の顔/あやめの衣/支那絹の前/山川健次郎肖像/花をもてる裸婦/花野/婦人像/少女読書/ゆびわ/寺内正毅肖像画/矢調べ/小島憲之像/初代横田校長/イタリアの少女/セーヌ川上流の景/西洋婦人像/岡部次郎像/海辺裸婦/裸婦−水辺に立てる/萩/
 
 
  岡田三郎助の美人画と稲毛山王社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡田三郎助(1869−1939)の『あやめの衣』は秀逸、美しい色彩と巻きあげた黒髪と柔肌、思わず顔を見たくなる優雅で官能的な半裸体画。モデルの着物が並べて展示されている。1913年に出版された12冊の「主婦の友」の表紙を飾った若い女性たち。オリジナルの油絵に見入った。勿論着物姿。私の母をモデルにした表紙画の作成時期は少し後のこと。
 
 
  母が語る20世紀 11.岡田三郎助   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和7年に女学校を卒業した母は、クラスの半数が専攻科に進むなか、進学が許されなかった。経済的理由や成績云々ではなく、父親が「女の子は学問などしなくてよい」と思っていたからだ。母は女学校の延長である専攻科に行きたかったようだが、反論する意思もなかった。
 
 
  19.岡田三郎助の豊穣なるアトリエ空間   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒田清輝や藤島武二、浅井忠らと並んで、日本近代の黎明期洋画画壇をリードした巨匠、岡田三郎助の作品を私が好きになったのはもう十年以上前のことになる。
 
 
  岡田三郎助 Saburousuke Okada 洋画家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  はじめ曾山幸彦につき、のち黒田清輝の知遇を得て外光派を学んだ。1896年、東京美術学校助教授。翌年渡仏してラファエル・コランに師事。その後、温雅な作風で官展に重きをなし、美術学校で多くの後進を育てた。1937年、文化勲章を受ける。『某夫人の肖像』(1907、東京、ブリヂストン美術館)、『ヨネ桃の林』(1916)などが有名。
 
 
  黒き帯  岡田三郎助  島根県立石見美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒き帯 1915(大正4)年  油彩、カンヴァス  105.5×59cm  
 
 
  「花をもてる裸婦」/「あやめの衣」 - 岡田 三郎助   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡田 三郎助(おかださぶろうすけ、1869年2月22日(明治2年1月12日) - 1939年(昭和14年)9月23日)は明治〜昭和にかけて活躍した洋画家です。東京美術学校(現東京藝術大学)教授。 佐賀県佐賀市出身。黒田清輝らの洋画の影響を受ける。第1回文部省留学生としてフランスに留学(1897年-1902年)。1912年に藤島武二と本郷洋画研究所を設立。女性像を得意とし、日本的な感覚の洋画に秀作を残しています。
 
 
  岡田三郎助 [婦人像] - フランジェリコwebショップ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡田三郎助 [婦人像]  号数:F3号 / 額装サイズ:470×420mm / 額付納品(価格は額装代金込みです)
 
 
  ウェブ「沼のほとり」 岡田三郎助 -Art Gallery Marubeni-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡田三郎助は1869年、佐賀市に生まれた。曾山幸彦、堀江正章、黒田清輝などの指導を受けた後、1897年、フランスに留学して、黒田清輝が師事したラファエル・コランの門下に入った。5年後帰国して、芸大の前身である東京美術学校の教授となり、優れた画業を残しつつ、多くの後進を育てた。1937年に第1回文化勲章を受賞した。
 
 
  西洋婦人像  岡田三郎助 (1869-1939)  東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  様式・時代 明治31年  年代 1898  技法・材料 キャンバス/油彩  法量 46.5×35.1
 
 
  《水辺の裸婦/Nude by the pond》 岡田三郎助/Saburosuke OKADA (1869−1939)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  《水辺の裸婦/Nude by the pond》  1935 油彩 oil, カンヴァス canvas 60.5×40.9cm
 
 
  岡田三郎助 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡田三郎助 の画像 - Google
 
 
下村観山.1873
『嗣信最期』 明治30年作 東京藝術大学大学美術館所蔵 弱法師 - 下村観山
  下村観山 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  下村 観山(しもむら かんざん、男性、1873年(明治6年)4月10日 - 1930年(昭和5年)5月10日)は、明治 - 昭和初期の日本画家。 1873年(明治6年)、和歌山県和歌山市に生まれる。8歳のとき東京へ移住。最初狩野芳崖に、その没後は芳崖の親友である橋本雅邦に師事する。
 
 
  下村観山  寿老   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  下村観山  寿老
 
 
  下村観山 『仏誕』 -秋華洞-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1873(明治6)和歌山〜1930(昭和5)横浜  本名晴三郎。和歌山市に生まれ、明治14年家族とともに東京に移住、15年狩野芳崖に入門、19年芳崖の紹介で橋本雅邦に師事する。22年東京美術学校の開校とともに 日本画科 に入学、同級に横山大観、西郷孤月らがいた。
 
 
   下村観山 『木の間の秋』 -秋華洞-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名晴三郎。和歌山市に生まれ、明治14年家族とともに東京に移住、15年狩野芳崖に入門、19年芳崖の紹介で橋本雅邦に師事する。22年東京美術学校の開校とともに 日本画科 に入学、同級に横山大観、西郷孤月らがいた。
 
 
  草廬三顧 下村観山 駿府博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三国志の劉備玄徳が諸葛孔明の草庵を三度訪問し、軍師になることを請うた故事に取材したもの。歴史人物画で多くの名作を描いたが、その中の1点。
 
 
  下村観山墓(安立寺) 東京都台東区   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「松と鶴二羽左」/「松と鶴二羽右」  明治から昭和にかけての画家。本名は晴三郎。明治6年和歌山に生まれる。幼少から絵を好み、同14年上京。狩野芳崖、橋本雅邦に師事。ついで、東京美術学校(現東京芸大)に学び、同27年卒業、同校助教授になった。31年岡倉天心の日本美術院の創立に参加し、菱田春草、横山大観らと活躍した。その後教授に復職。また文部省留学生としてヨーロッパに渡り、明治38年帰国する
 
 
  下村観山 茨城県天心記念五浦美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治6年〜昭和5年(1873〜1930) 和歌山県和歌山市に生まれる。 本名 晴三郎  狩野芳崖、橋本雅邦に師事、明治22年(1889)東京美術学校の一期生として入学、明治27年卒業と同時に同校助教授となる。31年美術学校騒動に際し、校長岡倉天心に殉じて辞職し大観らとともに日本美術院の創設に参加、36〜38年文部省給費留学生としてイギリスに渡る。 
 
 
  横山 大観  「無我」 財団法人 水野美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水野美術館は、近代日本画の巨匠 横山大観・菱田春草・下村観山から始まり、盪鈎ね此κ浸外衂廚藐渋紊忙蠅襪泙如東京美術学校(現 東京藝術大学)卒業の作家を中心に近現代の日本画を系統立ててコレクションしています。
 
 
  鍾馗  下村観山の日本画を木彫にしたもの。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鍾馗  40cm×75cm×1.8cm  姫小松/水彩着色/木蝋仕上
 
 
  下村観山 「寒空」1923年 福島県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  下村観山(1873-1930)は横山大観、菱田春草らとともに日本美術院の中心人物として明治期、新しい日本画の創造を目指しました。観山は、古典の研究と卓越した技法で、気品のある独自の穏やかな画風を確立します
 
 
  三渓園の下村観山展 いづつやの文化記号   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三渓が横浜・本牧にあった自邸を三渓園として広く市民に開放してから100年経つという。これを記念した“下村観山展”(7/2まで)をみるため久しぶりに訪れた。
 
 
  日・月蓬莱山図  下村観山  静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横山大観(左幅)と下村観山(右幅)による合作の「蓬莱山図」。 蓬莱山(ほうらいさん)は、中国の神仙思想で説かれる霊山。渤海(ぼっかい)の東に位置し仙人が住み、不老不死の薬があり、璧(へき)の宮殿があるとされる理想境。
 
 
  下村観山 闍維 横浜美術館所蔵 ARTLOG   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京美術学校(現・東京芸大)の1回生として学びました。 穏健で気品ある画風で名声を得ました。  横浜美術館コレクション展/第3期
 
 
  下村観山(しもむらかんざん) アート買取市場   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和歌山県に生まれ、横浜で歿。 狩野芳崖、橋本雅邦に師事し、東京美術学校の第1回生として学んだ。 岡倉天心に認められて卒業後は助教授に推された。 日本美術院の創立に際して天心と行動を共にし教職を辞したが、のち教授として復職。 大正3年日本美術院を横山大観らとともに再興した。 代表作に『木の間の秋』『白弧』『弘法師』などがある。
 
 
  下村観山  「小倉山」 右隻  (横浜美術館蔵・提供)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  下村観山  「小倉山」 右隻  <有鄰442号 座談会:横浜美術館・開館から15年>
 
 
  下村観山 しもむら かんざん 近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和歌山生まれ。画家。狩野芳崖、橋本雅邦に師事、さらに東京美術学校に学ぶ。明治27年(1894)同校卒業後助教授に就任。31年(1898)校長の岡倉天心が辞職した際同校を去り、日本美術院設立に参画。34年(1901)教授として同校に戻る。
 
 
  弱法師(よろぼし)  下村観山筆 東京国立博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いわゆる美術学校騒動の際,下村観山(1873-1930)は岡倉天心にしたがって野に下り,日本美術院の再興をはかった。本図は第2回再興院展の出品作。謡曲『弱法師』に取材したもので,父を求めて摂津の天王寺にさまよう俊徳丸が,日輪を拝している場面である。観山の手腕は,隙の無い画面構成に見事に示されている。
 
 
  下村観山 しもむら かんざん 輝く茨城の先人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1898年,岡倉天心の指導する日本美術院に参加し,1906年,日本美術院第一部(絵画)を北茨城市大津町に移した岡倉天心とともに五浦に移り住み創作に励んだ。代表作《木の間の秋》(東京国立博物館蔵)はこの地で製作された。
 
 
  《闍維》 《弱法師》 下村観山 描かれた物語をよむ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここでは企画展「源氏物語の1000年」にあわせ、コレクションの中から物語、和歌、謡曲など日本の古典文学や仏教説話、神話、伝説に取材して、独創的な表現を試みた画家たちの物語性ゆたかな作品をご紹介します。
 
 
  「鵜鴎図(うおうず)」 下村 観山(しもむら・かんざん)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  六曲屏風の右隻にウの群れを、左隻にカモメの群れを配した作品で、波しぶきや鳥たちの写実的な描写の巧みさと、金地屏風の装飾性との融合が見事な作品です。岩に付着した飛沫を、たらし込みの手法で表現しているところも秀逸です。
 
 
  弱法師  よろぼし  下村観山筆 文化遺産オンライン    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いわゆる美術学校騒動の際,下村観山(1873-1930)は岡倉天心にしたがって野に下り,日本美術院の再興をはかった。本図は第2回再興院展の出品作。謡曲『弱法師』に取材したもので,父を求めて摂津の天王寺にさまよう俊徳丸が,日輪を拝している場面である。観山の手腕は,隙の無い画面構成に見事に示されている。
 
 
  《寿老》 《浮月》 下村観山 SHINWA ART AUCTION   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家。狩野芳崖、橋本雅邦に狩野派を学び、天心から近代の日本の美学を教示されて、新たな画境を開拓。日本美術院設立に寄与した。朦朧体を代表する大観、天心らと較べて技巧に優れた理知的な画風を特徴とする。主な所蔵先は、東京国立博物館、神奈川県立近代美術館、永青文庫。
 
 
  下村観山 闍維 東京藝術大学大学美術館所蔵 ARTLOG   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  下村観山 明治6年−昭和5年 和歌山県生まれ 『仏誕』 明治29年作 東京藝術大学大学美術館所蔵 東京美術学校(現・東京芸大)の1回生として学びました。 穏健で気品ある画風で名声を得ました。
 
 
  《小倉山》 下村観山(明治6-昭和5) 日本美術院の作家たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  院展の名で知られる美術団体日本美術院は、明治31年(1898)に岡倉天心[おかくら・てんしん]を中心として創設されました。天心のもとには、当時気鋭の日本画家たちが集結し、日本美術に新たな風を吹き込むべく、様々な試みがなされました。ここでは、日本美術院の作家たちによる明治・大正期の作品を紹介します。
 
 
  嗣信最期 下村観山 (1873-1930) 東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  様式・時代 明治30年  技法・材料 絹本着色  形状 掛幅装  法量 227.2×350.0  
 
 
  寿星(じゅせい) 下村観山 福井県立美術館収蔵作品の紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  下村観山は和歌山市生まれ。 上京後は、狩野芳崖、橋本雅邦に師事し、東京美術学校に第1期生として入学。 岡倉天心にその才能を買われ卒業と同時に同校の助教授となり、日本美術院の創立に加わるなど天心と共に行動し、天心の没後は横山大観らとともに美術院を支えた。
 
 
  下村観山展 三渓園開園100周年記念特別展 徒然なるままに   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  原三渓の旧居である三渓園で開催されている下村観山展に行ってきました。原三渓がパトロンとなった画家の中でも、特筆すべき画家ということで、原三渓の旧蔵品を中心に、下村観山(1873−1930)の作品を振り返ります。
 
 
  明暗  横山大観・下村観山筆  早稲田大学図書館所蔵貴重資料   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1915(大正4)年、大正天皇即位大典記念事業の一環として、新図書館の建設が決定。… ホール正面に壁画を飾るのは当初からの予定であったが、いざ建物ができると「ぜひ大家の名画を !」という希望が生れてきた。そこで当時、総長に就任していた高田早苗が、親交のあった横山大観(1868〜1958)・下村観山(1873〜1930)に依頼。そしてできたのがこの名画『明暗』である。
 
 
  下村観山  1873 - 1930  大原御幸(おおはらごこう) 東京国立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代日本画の名作 : 東京国立近代美術館所蔵
 
 
  下村観山 しもむら かんざん 明治・大正期の日本画家 歴史が眠る多摩霊園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名晴三郎。1881(M14)上京して狩野芳崖に師事。86橋本雅邦の門に入る。 89美術学校(現東京芸大)に入学、早くから身につけた古典の教養と卓抜な画技は、岡倉天心・雅邦の期待するところとなった。94卒業、同校助教授。98日本美術院創立に参加。同年「闍維」、翌年「日蓮上人」を制作。
 
 
  下村観山(しもむらかんざん) 明治6年4月10日〜昭和3年5月10日(1873-1930)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治・大正期の日本画家。本名、晴三郎。和歌山出身。父、紀州徳川家抱えの能楽師。明治14年(1881)8歳で上京し狩野芳崖、橋本雅邦に師事、明治22年(1889)に東京美術学校(東京藝術大学)に第1期生として入学。在学中に岡倉天心に認められ、同校助教授となる。
 
 
  「大観と観山」展 <書籍> 横浜美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横山大観と下村観山、二人の展覧会の図録です。二人分だけあって図版もたっぷりと使用されています。観音開きのページもあり満足感のある図録です。
 
 
  下村観山 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  下村観山 の画像 - Google
 
 
川合玉堂.1873
川合玉堂「嶋之春」 川合玉堂 「雪月花・朝雪」 1952年
  川合玉堂 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川合玉堂(かわい ぎょくどう、本名:芳三郎(よしさぶろう)、1873年11月24日 - 1957年6月30日)は、明治から昭和にかけて活躍した日本画家。1873年、愛知県葉栗郡外割田村(現在の一宮市木曽川町)に、筆墨紙商の長男として生まれる。12歳頃より絵に親しみ、京都にてはじめ望月玉泉門下、後に幸野楳嶺門下で円山・四条派を学ぶ。「玉堂」と号するのは1890年、17歳のとき。この際「春渓群猿図」「秋渓群鹿図」は第3回内国勧業博覧会に入選している。
 
 
  川合玉堂 「鵜飼」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「鵜飼と云えば玉堂、玉堂と云えば鵜飼」・・・、そう云われました。何故、川合玉堂は、生涯五百点もの鵜飼を描いたのでしょうか?そこには、一つ所に満足せず、常にさらなる上を目指す、玉堂の画家としての厳しい生き方が隠されていました。
 
 
  玉堂美術館 (青梅市)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  巨匠,川合玉堂が昭和19年から昭和32年に亡くなるまでの10余年あまりをここ青梅市御岳で過ごしました。これを記念して皇后陛下,諸団体,地元有志,全国の玉堂ファンより寄せられた多大な寄付によって昭和36年5月に開館されました。展示作品は、15歳ごろの写生から84歳の絶筆まで幅広く展示してあります。
 
 
  川合玉堂別邸 「二松庵」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「川合玉堂は純粋な自然主義者である。穏やかな温雑さは、対象を自然に素直に、見たままに描くところに根ざしているものだろう。」と文豪井上靖は話している。画家、川合玉堂がこの別邸の建つ、富岡に訪れたのは、この地の旧家斎田家の娘が玉堂家に行儀見習に出ていたのが縁で、富岡を訪れ、玉堂が一目でその景観を気に入り、土地を購入した事に始まります。
 
 
  富山県水墨美術館 川合玉堂展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  玉堂の作品には、日本人の心の奥に潜む細やかな情感が巧みに表現されており、多くの人々に深い共感と安らぎを与えています。本展は、国指定重要文化財「行く春」をはじめ、初期から晩年にいたる代表作44点を展示し、日本の自然、風土によせた玉堂の芸術をあらためて回顧いたします。
 
 
  川合玉堂 (Kawai Gyokudo) 足立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治6年(1873)〜昭和32年(1957)   「夕月夜(ゆうづきよ)」大正2年(1913)/秋の夕べ、家路へと急ぐ漁夫と子どもを月の光が淡く照らしています。和平な自然観を表しており、川合玉堂の温和な性情とぴったり一致しているといえましょう。牧歌的な情趣にあふれる一作です。
 
 
  川合玉堂  かわい ぎょくどう  1873(M02)-1957(S32)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『 鵜飼 』  1895 (M28)  山種美術館  〜 『 河畔 』  不明  岩崎美術館
 
 
  川合玉堂 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川合玉堂 の画像 - Google
 
 
菱田春草.1874
猫好きだったのね、菱田春草 落葉 1909nenn 
  菱田春草 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菱田春草(ひしだ しゅんそう、1874年9月21日 - 1911年9月16日)は、明治期の日本画家。横山大観、下村観山とともに岡倉天心の門下で、明治期の日本画の革新に貢献した。
 
 
  菱田春草   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治時代、岡倉天心等とともに近代日本画を生み出した画家。春草は真実を描きたいという気持ちから、日本画から線を無くしたり、西洋画の印象派の様な「空気」を取り入れた日本画を描き、伝統を重んずる向きから「朦朧体」(ぼんやりしていてはっきりとしない)と酷評されました。  春草の紹介/ゆかりの地/春草展
 
 
  聖地巡礼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2003年5月3日、ついにワタクシは菱田春草さま生誕の地・飯田を訪ねました。おりしもこの時、飯田市は春草さまの代表作「菊慈童」購入を記念しての、いわば春草祭りが催されていたのです。
 
 
  菱田春草 「黒き猫」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菱田春草 「黒き猫」
 
 
  菱田春草 「賢首菩薩」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1907年 絹本彩色・軸  185.7×99.5cm 第1回文展 (元東京勧業博覧会美術館) 重要文化財
 
 
  当館所蔵・菱田春草作品一覧    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  飯田市美術博物館
 
 
  菱田春草(明治7─明治44年) 羅浮仙   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治35年 絹本彩色 軸装 124.5×69.5 cm
 
 
  菱田春草 (Hishida Shunso) 足立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治7年(1874)〜明治44年(1911)   「猫梅(ねこうめ)」明治39年(1906)/菱田春草の「猫」といえば「黒き猫」があまりにも有名です。
 
 
  岡崎乾二郎 【国民絵画の創出―菱田春草『落葉』】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高さ156.4センチ、幅364センチ、六曲一双の画面に描かれた光景は、平均的な身長を有する成人の視線よりも低いこの絵の実寸に見合い、人が足元を見下ろすような視点によって描かれているように見える。
 
 
  菱田春草 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菱田春草 の画像 - Google
 
 
満谷国四郎.1874
「緋毛氈」  満谷国四郎(1874-1936)は 満谷国四郎《二階》(1910)
  満谷国四郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  満谷国四郎(みつたにくにしろう、1874年(明治7) - 1936年(昭和11))は洋画家。岡山県総社市出身。 1892年上京小山正太郎の不同舎で学ぶ。 1898年明治美術会創立10年記念展へ「林大尉の戦死」「妙義山」出品。 1925年帝国美術院会員。
 
 
  満谷国四郎 戦の話 ARTLOG   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  満谷国四郎 『戦の話』 明治39年作  明治7年−昭和11年 岡山県生まれ 洋画家   尋常中学校(現在の高等学校)在学中に図画教師に画才を認められ、17歳で上京。五姓田芳柳、小山正太郎に学ぶ。また、渡仏し、ジャン=ポール=ローランスに学んだ。初期の堅実な写実描写からやがて印象派の影響を受けた作品を発表、晩年は装飾的要素を強めた。
 
 
  緋毛氈 満谷国四郎 WEB展示室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  満谷国四郎(1874-1936)は、現在の岡山県総社市に生まれました。尋常中学校(現在の高等学校)在学中に画才を認められ、17歳のときに、画家をこころざして上京しました。上京後、五姓田芳柳、ついで、洋画家の小山正太郎主宰の不同舎でまなびます。ここで彼は、写実的な画風を身につけます。
 
 
  小使いにされてしまった満谷国四郎。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  満谷国四郎や中村不折Click!が主宰していた太平洋画会へ、明治の末、中村彝が白馬会から移籍してきて文展へ出品したことにより、その作品群が今村繁三の目にとまることとなった。…
 
 
  裸婦 満谷国四郎  文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1900(明治33)年 油彩・キャンバス 80.3×65.2
 
 
  満谷国四郎  行水 東京国立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大正4年   油彩・キャンバス・額・1面   87.7×82.0
 
 
  婦人像 満谷国四郎 経団連ゲストハウス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1874 岡山県吉備郡に生まれる  1891 上京、五姓田芳柳、小山正太郎に師事  1898 明治美術会展覧会第10回展出品作「林大尉の戦死」が明治天皇の目にとまり名声を高める
 
 
  満谷国四郎 (みつたにくにしろう)  裸婦  1930年  愛知県美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生年 / 没年 : 1874 / 1936    生地 / 没地 : 岡山県吉備郡総社町 / 東京府淀橋区下落合
 
 
  満谷国四郎  -新収蔵品と雑誌挿絵をまじえて-  岡山県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  満谷国四郎(1874-1936)は、現在の総社市に生まれ、明治・大正・昭和の三代にわたって活動した油絵の画家です。幼少の頃、親戚であった堀和平の制作に触れ、小学校時代には吉富朝次郎の教えを受けた満谷は、岡山中学在学時に図画教員であった松原三五郎にその画才を認められます。
 
 
  満谷国四郎 明治・大正・昭和期の洋画家 歴史が眠る多摩霊園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  五姓田芳柳(ごせだほうりゅう)の塾、小山正太郎の不同舎に学ぶ。 1900(M33)渡仏、ジャン=ポール=ローランスに学び、帰国後02太平洋画会の創立に参加。07第1回文展から審査員に選ばれる。
 
 
  満谷国四郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  満谷国四郎 の画像 - Google
 
 
和田英作.1874
知立神社の杜  和田英作 画 和田英作 《富士》  1918 (大正7)
  和田英作 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和田 英作(わだ えいさく、1874年12月23日-1959年1月3日)は日本の洋画家。 鹿児島県垂水市出身。鞆絵小学校、明治学院を経て、東京美術学校へ。原田直次郎、黒田清輝らに師事する。東京美術学校の洋画科が開設された際、助教授に就任するが、まもなく辞任し、同校4年に編入入学し、卒業。1900年(1899年?)文部省留学生として欧州に留学。1903年帰国し、美術学校教授となる。
 
 
  和田英作展 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鹿児島県垂水市を本籍とする和田英作は、明治7年に生まれました。13歳頃から洋画を学び始め、青年期には曽山幸彦、原田直次郎ら明治美術会の画家から指導を受けます。その後、黒田清輝の天真道場に学び、白馬会の結成に参加するなど、いわゆる洋画新派の代表的な画家として活躍します。
 
 
  富士 和田英作 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  早暁の富士、東の空がほのか仄かに明らみ、それを受けて山頂は紅色に染まり、やがて裾にも鮮やかな色彩が広がる。厳寒の空は澄明さを増し、微妙な階調を呈している。斜面にみられる凹凸をも巧みに表わし、山頂と稜線とのバランスもよく、富士は一層壮麗にみえる。
 
 
  「彦根内湖」 和田英作 Art Gallery   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鹿児島県胆属郡垂水村に生まれた。東京美術学校で、曾山幸彦、原田直次郎、黒田清輝に師事し、1897年に同校を卒業する。在学中の1896年、白馬会の創立に参加した。 1899年渡欧、ドイツを経てフランスに渡り、ラファエル・コランに学ぶ。1902年、帰国して東京美術学校教授となり、1932年から35年には校長を務めた。
 
 
  和田英作(わだえいさく) 歴史上の人物   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1874(明治7)年 垂水市〜1959(昭和34)年 清水市三保   幼少の時上京して曽山幸彦に洋画を学んだ。白馬会に入って活躍、東京美術学校教授、のちに校長。芸術院会員、文化勲章を受けた。自ら「別名・富士バラ太郎」と認めるほど富士山やバラをテーマに描いた作品が多い。また人物画家としても優れ「壁画落慶図」など、数々の名作を残した。   
 
 
  『富士 (夜明け)』 和田英作 アサヒグラフ美術特集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝日グラフ美術特集日本編81の巻末に、昭和19年ごろ富士吉田で製作中の写真が掲載されている。そこには雄大な富士を前に、直角に近い角度で、イーゼルを置き、富士を描く和田氏の姿が映っている。
 
 
  和田英作 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和田英作 の画像 - Google
 
 
上村松園.1875
上村松園 「灯」 昭和12年(1937) 『序の舞』(1936)
  上村松園 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村 松園(うえむら しょうえん、本名:常子、1875年(明治8年)4月23日 - 1949年(昭和24年)8月27日)は、明治の京都下京(しもぎょう)に生まれ育ち、女性の目を通して「美人画」を描いた日本画家。
 
 
  松伯美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松伯美術館は、上村松篁・淳之両画伯からの作品の寄贈と近畿日本鉄道株式会社からの基金出捐により1994年3月に開館しました。当美術館では、上村松園・松篁・淳之三代にわたる作品、草稿、写生等、美術資料の収集と保管、展示を通じ、三代の画業を紹介することを目的としています。
 
 
  上村松園 「砧」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松園 「砧」
 
 
  上村松園  「新秋」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松園  「新秋」
 
 
  上村松園 「娘深雪」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和二十三年に女性として初めて文化勲章受章の栄誉に輝いた上村松園画伯。鋭い姿態把握、澄んだ色彩、簡素にして余韻ある構図など、あらゆる絵画要素が完璧なまでに表現された松園芸術は、「松園の前に松園なく、松園の後に松園またなし」と評され、優れた美人画家として、その名は今も美術史上に燦然と輝いています。
 
 
  上村松園作 「序の舞」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この作品は東京芸術大学芸術資料館に所蔵されていて、平成12年に重要文化財の指定をうけました。鮮やかな振袖に身を包み、優美で凛とした女性の舞姿。当時珍しかった女性の日本画家、上村松園の最高傑作です。
 
 
  上村松園 (1875-1949)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治8年(1875)京都・四条御幸町の葉茶屋の次女として生まれる。 京都府画学校に入学。鈴木松年に師事する。 松園は能楽を愛し、謡曲や古典文学を取材した作品も多い。 美人画は、おだやかに澄みきった女性美のなかに、松園を育んだ山紫水明の地、京都の季節の情感がおだやかに注ぎ込まれている。 昭和12年(1937)「雪月花」(三幅対)を皇太后に献上、昭和16年(1941)、帝国芸術院会員、昭和23年(1948)、女性ではじめて文化勲章を受ける。
 
 
  上村松園 (Uemura Shoen)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治8年(1875)〜昭和24年(1949)   「娘深雪(むすめみゆき)」大正3年(1914)/浄瑠璃『生写朝顔話』のヒロイン、秋月深雪を描いた作品。ここでは、いとしい人からもらった扇に見入っている最中に人の気配を感じ、あわてて袂に扇を隠して振り向く深雪の姿が描出されています。恋人を想うヒロインの、うぶで可憐な姿をとらえた松園大正期の傑作です。
 
 
  上村松園/解説:草薙奈津子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松園は美人画の画家です。明治8年に生まれて、日本がポツダム宣言を受諾した4年後に他界しました。美人画家としては、鏑木清方と並び称されているようです。「読書だより」で、同じ新潮日本美術文庫の「鏑木清方」を配信したあとに、読者の方からご感想のメールをいただきました。そのメールがきっかけで、美術文庫「上村松園」を手に取りました。
 
 
  あの人の人生を知ろう〜上村松園(しょうえん)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都出身。本名津禰(つね)。父は生れる二ヶ月前に他界していた。家はソバ屋で、母が女手一つで彼女を育て上げる。子どもの頃から絵がたまらなく好きだった松園は、小学校を卒業すると、京都に開校したばかりの日本最初の画学校に12歳で入学する。しかしカリキュラム優先の学校よりも、尊敬する師匠の内弟子となって修業する方が身になると思い翌年退学、鈴木松年に師事する(1888年)。
 
 
  珠玉の美人画−その誕生の軌跡  (上村松園展)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  気品に満ちた美人画を描き続け,凛とした女性美を繊細な筆致で見事に表現した上村松園。近代日本美術史の中で極めて高い評価を受けているその清澄な絵画世界は,今日もなお作品としての強い生命力をそなえ,多くの人々に深い感銘を与えています。
 
 
  松伯美術館コレクション 上村松園・松篁・淳之展 Fuji-tv ART   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松園作《桜可里図》は、2003年の桜が咲く頃に、当館の新収蔵作品としてお披露目しました。これからも当館常設展の春の顔として来館者に親しんでいただきたいという願いをこめて、この度、上村家三代にわたる珠玉の日本画をご紹介いたします。 2005年2月11日〜3月10日
 
 
  上村松園 鏑木清方展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本展は、美人画の世界において東西を代表する上村松園(明治8年〜昭和24年)と鏑木清方(明治11年〜昭和47年)の初期から晩年にいたる67点の代表作品によって構成するものです。 平成14年10月4日〜11月4日
 
 
  上村松園 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松園 の画像 - Google
 
 
高橋広湖.1875/
廣湖 二曲一隻屏風 高橋広湖 《馬上の誉(加茂競馬)》 明治41(1908)
  高橋広湖 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
  「千住の琳派展」の続編、いよいよ登場! - 足立区   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  年間の入館者数が、開館以来初めて4万人を突破した郷土博物館。「タイムスリップ 昭和家電」「足立の仏像」と続いた区制80周年記念の最後を飾るのは、3月23日(土曜日)から開催される「幕末・明治の千住の美術 琳派(りんぱ)と高橋廣湖(たかはしこうこ)」です。この展覧会は、平成23年に盛況を博した「千住の琳派展」の続編として、千住で活躍した琳派の絵師、村越基栄(きえい)・向栄(こうえい)父子の作品に加え、千住に縁の深い日本画家、高橋廣湖の作品をご覧いただきます。
 
 
  高橋広湖 《馬上の誉(加茂競馬)》 明治41(1908)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高橋広湖(1875〜1912)は熊本県に生まれ、幼少のころから父の画塾で手ほどきを受け、上京後、松本楓湖の安雅堂画塾に入門します。ここで、安田靫彦と共に岡倉天心に認められ、五浦の研究所に招かれたこともありました。この間巽画会、紅児会等に出品し受賞を重ね、41年(1908)の国画玉成会には会頭の天心から審査員の指名を受けるほどになりましたが、若くして亡くなりました。広湖は橋本雅邦、下村観山らと同じく三溪が近代絵画へ注目するきっかけとなった作家です。本図は京都上賀茂神社に平安時代から続く競馬(くらべうま)の行事を題材に描かれたもので、衣服の時代考証など広湖が歴史画を得意としたことがよくわかります。この作品は三溪購入の後、さる人物のもとへ新築祝いとして贈られたもので、添えられた三溪の手紙も現存しています。国画玉成会展出品。
 
 
松林桂月.1876
薔薇 - 松林桂月 桜花朝陽 - 松林桂月
  松林桂月 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松林 桂月(まつばやし けいげつ、1876年8月18日 - 1963年5月22日)は、日本画家。山口県萩市生まれ。妻の松林雪貞(せってい)も日本画家。「最後の文人画家」とも評される。 1894年野口幽谷に師事。南画の表現に新たな世界を開拓し、南画界の重鎮と言われる。官展の中心画家で、1906年日本南宗画会を結成。1919年帝展審査員、1932年帝国美術院会員、1937年帝国芸術院会員、1944年帝室技芸員。 1947年日中文化協会理事、1948年日本美術協会理事、1949年日展運営委員会常任理事、1954年同理事、1958年文化勲章受章、文化功労者、日展顧問、1961年日本南画院会長。死後従三位勲二等旭日重光章受章。
 
 
  松林桂月 竹林調蓼之図   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  絹本 軸頭:象牙  軸寸:202.2×67cm
 
 
  上原近代美術館「ギャラリー / 松林桂月」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口県に生まれた桂月は明治26年に上京し、野口幽谷の門に入って南画を学んだ。 明治31年に師が没してからはほとんど独学を通し、自身の画業を深めていった。 南画の実力者として地位を高め、昭和に入った頃から画風はさらに充実し、桂月独特の繊細でふるえるような墨線による画業を極めた。
 
 
  松林桂月 作品一覧 - 銀座画廊おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホーム/買いたい方/取扱作家一覧/松林桂月 作品一覧
 
 
  松林桂月 まつばやし けいげつ - 大塚工藝新社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口県生まれ。上京し野口幽谷に入門し南画を学ぶ。山岡米華らと日本南宗画会を設立。繊細でリズミカルな墨線の独特な南画を生み出し、花鳥画にも写実的画風の秀作を残す。昭和33年文化勲章受賞。
 
 
  松林桂月―まつばやしけいげつ - 古美術やかた   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治9年(1876)8月18日〜昭和38年(1963)5月22日 86才没  山口県萩市生まれ。 元の姓は伊藤。名は篤。字は子敬。別号に香外、玉江漁人。
 
 
  松林桂月(まつばやしけいげつ) [日本画作家] - 東京銀座秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家。本名篤。字は子敬。香外、玉江漁人とも号す。野口幽谷に師事、南画を学ぶ。明治35年、環翠会画塾を設立。昭和7年に帝国美術院会員となる。同14年、ニューヨーク万国博覧会に『春宵花影』を出品し、以降新文展に出品を重ねる。… 昭和19年に帝室技芸員、33年に文化勲章を受章。36年萩市名誉市民となる。
 
 
  松林桂月/川端龍子/徳岡神泉/堅山南風作品 - <株式会社シバヤマ>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松林桂月/川端龍子/徳岡神泉/堅山南風作品 - <株式会社シバヤマ>
 
 
  松林桂月 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松林桂月 の画像 - Google
 
 
  松林桂月画集 (1958年) [古書]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松林桂月画集 (1958年) [古書] 松林 桂月
 
 
木島櫻谷.1877 
木島櫻谷――京都日本画の俊英 木島櫻谷――京都日本画の俊英
  木島桜谷 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木島 桜谷(このしま おうこく、明治10年(1877年)3月6日 - 昭和13年(1938年)11月13日)は、明治から昭和初期にかけて活動した四条派の日本画家。本名は文治郎。字は文質。別号に龍池草堂主人、朧廬迂人。 四条派の伝統を受け継いだ技巧的な写生力と情趣ある画風で、「大正の呉春」「最後の四条派」と称された画家。 1 経歴 / 2 櫻谷文庫 / 3 代表作 / 4 略年譜 / 5 脚注 / 6 参考資料 / 7 外部リンク
 
 
  公益財団法人 櫻谷文庫(旧木島櫻谷家住宅)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【今日から泉屋博古館木島櫻谷展は第2期。巨大屏風「万壑烟霧(ばんかくえんむ)」が展示されます】第1期にご覧頂きました「寒月」は今日からしばらくお休みになり第4期展示替えの12月10日〜15日に再度展示されます。…
 
 
  木島櫻谷(このしまおうこく) - 京都日本画の俊英   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  動物画や人物画を得意とした日本画家で、明治時代から昭和にかけて活躍した木島櫻谷。叙情豊かで品格のある日本画や洗練された山水画などの代表作と合わせ、櫻谷文庫所蔵の未公開資料も展示されます。
 
 
  木島櫻谷――京都日本画の俊英 (2013/10/26〜2013/12/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【作品画像】: (1)《獅子》櫻谷文庫蔵 展示:通期/(2)《画三昧》櫻谷文庫蔵 展示:11/19-12/15/(3)《柳桜図》泉屋博古館分館蔵 展示:10/26-11/17/(4)《菊花図》泉屋博古館分館蔵 展示:11/26-12/8                                                    
 
 
  「木島櫻谷 −京都日本画の俊英−」展 泉屋博古館 (2013/11/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  しばらく前に京都のギャラリーで、月影の下、竹やぶの中からのっそりとあらわれるタヌキの絵を見た。それが抜群にうまいのだ。画家の名は「木島櫻谷」とあった。「きじま…」ではない。「このしま・おうこく」と読む。 京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町の泉屋博古館(せんおくはくこかん)で行われている「木島櫻谷−京都日本画の俊英−」展は、京都画壇で動物画の名手として知られる画家の名品を集めた展覧会である。…
 
 
  木島櫻谷 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木島櫻谷 の画像 - Google
 
 
尾竹竹坡.1878
尾竹竹坡 『太陽の熱』 大正9年作 宮城県美術館所蔵 尾竹竹坡(おだけちくは)「おとづれ」
  尾竹竹坡 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾竹 竹坡(おたけ・ちくは、明治11年(1878年)1月12日 - 昭和11年(1936年)6月2日)、は、明治から昭和期の日本画家。 明治11年(1878年)1月12日、現在の新潟市に生まれる。本名染吉。幼時南宗派の笹田雲石に学び、竹坡の雅号を受ける。明治24年(1891年)富山に移り、兄国一(越堂)とともに生活のために売薬版画の下絵や新聞挿画を描く。
 
 
  尾竹竹坡 太陽の熱  ARTLOG   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾竹竹坡 『太陽の熱』 大正9年作 宮城県美術館所蔵 明治11年−昭和11年 新潟県生まれ 明治29年に上京、川端玉章に師事する。大正4年には美術行政への不満などから総選挙に立候補したが落選している。
 
 
  紅葉小禽 尾竹竹坡 古美術 高美堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾竹竹坡 おだけちくは(1878−1936)明治11年新潟県に生まれる。名は染吉。兄越堂、弟国観も画家。4才で南宋派の笹田雲石に師事する。
 
 
  尾竹竹坡  「梧桐」  富山県立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日展は、その前身である文展の創設から昨年で100年を迎えました。政府主催の展覧会として1907(明治40)年に発足した文展は、帝展、新文展、日展と名称や組織形態を変えながら、日本美術界の中核を担う我が国最大の総合美術展としてほぼ毎年開催され、近代日本美術の発展に大きく貢献してきました。
 
 
  尾竹竹坡 おとづれ 東京国立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新潟県の生まれ。本名染吉。兄、越堂、弟、国観とともに日本画家として活躍した。4歳より南画を学び、1895年、4回内国勧業博覧会に出品。兄弟で富山博覧会に出かけ、鈴木華邨に画才を認められ、富山の富豪の援助を得て翌年上京。川端玉章に入門して山水を学んだ後、梶田半古に花鳥を、人物を小堀鞆音に学んだ。
 
 
  小国民 1年1号(1889.7)−7年18号(1895.9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  児童雑誌。「少年園」「少年文武」と共に、日本の近代児童文学史の草創期を代表する三大児童雑誌の一つである。石井研堂は編集主幹として活躍するとともに、知識読物、「漂流譚」ものにも活躍。歴史・伝記では高橋太華、翻訳・理科・狂言では中川霞城、塩田力蔵、幸田露伴、山田美妙、泉鏡花などが活躍。口絵・挿し絵は小林清親、尾竹竹坡、尾竹国観らが担当。
 
 
  『竹林賢仙図』 尾竹竹坡、国観兄弟協作 -メッツ-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三条市内の中央、一ノ木戸、東三条の3商店街は、ことしも15日の三条まつりにあわせて12日から16日までの5日間、三条屏風(びょうぶ)まつりを開き、市内18会場に30点余りの屏風を展示している。
 
 
  尾竹竹坡(おだけ ちくは) 「旭日:蒼海之図」 加島美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「旭日:蒼海之図」 尾竹竹坡 本紙寸法(横×竪) 144x49cm  摘要 絹本・着色
 
 
  月の潤い・太陽の熱・星の冷たさ 尾竹竹坡(1878-1936) 宮城県美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾竹竹坡は、1878年新潟市の生まれ。竹坡の生涯は、おおよそ三つの時期に分けられます。前期美術院の若手として一躍注目を浴び、1907年創設の文展初期、歴史画の花形作家となった時期。落選にあったのを境に、文展権威主義の改革を訴えて代議士に立候補し、さらにその後身の帝展に対抗して、1920年門下生と八火社を結成、前衛的作風に転じた時期。そして細密描写に没入した昭和期です。
 
 
  尾竹竹波(おだけちくは) 明治11年〜昭和11年(1871-1936) 谷中霊園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家。本名:染吉,通称:素。兄の尾竹越堂、弟の尾竹国観の三兄弟の日本画家として知られる。兄弟で八華会を結成。竹坡は尾竹三兄弟のうちでも最も激しい気性で、すでに文展の新しいスターになっていたが、横山大観と意見が合わず文展を去っていた。大正4年(1915)に衆議院選挙に打って出て落選。弟子に蕗谷虹児(ふきやこうじ)、後藤清吉郎などがいる。
 
 
  尾竹竹坡 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾竹竹坡 の画像 - Google
 
 
鏑木清方.1878
鏑木清方_婦女狆と遊ぶ たけくらべの美登利 鏑木清方
  鏑木清方 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鏑木 清方(かぶらき きよかた、1878年(明治11年)8月31日 - 1972年(昭和47年)3月2日)は、明治〜昭和期の日本画家。なお、姓は「かぶらぎ」でなく「かぶらき」と読むのが正しい。清方は、近代日本の美人画家として上村松園と並び称せられる。作品は風景画などはまれで、ほとんどが人物画であり、単なる美人画というよりは明治時代の東京の風俗を写した風俗画というべき作品が多い。
 
 
  鏑木清方   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治11年〜昭和47年(1878〜1972) 国芳・芳年・年方の画系を継ぐ清方は、江戸時代以来の抒情的な浮世絵を、明治の近代的な感覚のうちに、新しい美人画・風俗画へと発展させ、独特の清楚な筆致により、瀟栖な画境をひらいた画家として知られている。東京神田の生まれ、本名健一。
 
 
  鏑木清方と仲間たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画の革新を追求して集った、鏑木清方をはじめとする5人の才能。「金鈴社」第一回展覧会開催から90年を記念し、近代日本画壇において異彩を放つ画家たちの佳作を。
 
 
  鏑木清方記念美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小さな市立の美術館である。遺族からの寄贈を受けて、清方の住居跡に記念館を造った。こぢんまりとした外観和風の平屋建てである。彼は戦後の昭和21年からここに移り住んだ。今は観光客で賑わう小町通から西に数十mも行かないが、昔の鎌倉の雰囲気を留めた閑静な場所である。
 
 
  鰭崎英朋と鏑木清方展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治・大正挿絵世のライバル 〜妖艶と清雅、美の競演〜 明治、大正時代、寝る間もないほどに売れっ子だったという挿絵家、鰭崎英朋 (ひれざき・えいほう)と、鏑木清方(かぶらき・きよかた)を紹介する展覧会。 鏑木清方は、《築地明石町》や樋口一葉の肖像でもおなじみの、後の日本画家。と いうことで、鏑木の転向によって2人のライバル関係も終わってしまうのだが、 全盛期には新聞社が、小説の挿絵を2人に交互に描かせるほどに人気があった。 2001.1.3−2001.3.27
 
 
  鏑木清方と金沢の游心庵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家・鏑木清方(かぶらききよかた)(本名健一)は、江戸期の女性像や江戸の名残を留めた明治の市井風俗などを描き、情感豊かな画風で知られる。清方は大正九年(一九二〇)、君ヶ崎の辻に近い現在の横浜市金沢区谷津町に別荘を求めた。清方がこの別荘で夏の日々を過ごした歳月は、以後約二十年に及ぶ。
 
 
  「鏑木清方」(解説:池内紀)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画家鏑木清方の出発は、明治のはじめのころの出来事でした。父親が経営する新聞が専属の挿絵画家に礼金を払えなくなりました。16歳の清方が、かりだされたようです。新しい時代の幕開けとともに、気概を持った人物たちが大小さまざまな新聞を発刊していました。
 
 
  鎌倉市 鏑木清方記念美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当館は、近代日本画の巨匠鏑木清方(かぶらききよたか)画伯の終焉の地、鎌倉雪ノ下の旧居跡に建てられました。古都鎌倉の閑静な住宅地の中に、和風建物が端正なたたずまいをみせています。
 
 
  鏑木清方 (Kaburaki Kiyokata) 足立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治11年(1878)〜昭和47年(1972)   「紅(べに)」昭和3年(1928)/島田髷に黒羽織の婦人が紅をさす、明治期の日常の光景を描いています。着物の柄、襟の重ねぐあい、紅筆や化粧水の瓶などが実に細かく描かれており、新聞の挿絵を長く描いていた清方の優れた観察眼がうかがえる作品です。
 
 
  鏑木清方  かぶらき きよかた 1878(M11)-1972(S47)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国芳・芳年・年方の画系を継ぐ清方は、江戸時代以来の抒情的な浮世絵を、明治の近代的な感覚のうちに、新しい美人画・風俗画へと発展させ、独特の清楚な筆致により、瀟栖な画境をひらいた画家として知られている。
 
 
  たけくらべの美登利   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  たけくらべの美登利 / 一葉女史の墓  鏑木清方
 
 
  鏑木清方_婦女狆と遊ぶ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鏑木清方 『婦女狆と遊ぶ』 明治後期の作品  明治から昭和にかけて、西欧美術の摂取など大きく揺れ動いた日本画壇の中にあって、時代の波に流されることなく、『美人画』という日本文化特有の美の表現に生涯をかけた。この作品は当時の上流階級の女性を描いているが、この当時の清方の作風とは少し内容を異にしており、おそらく大家から人物を特定して制作を依頼されたものと考えられる。
 
 
  館蔵品展 江戸の粋 ホテルオークラ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大倉集古館の所蔵品の中から、その多くを占める江戸時代の作品群を考察していきたいと試みました。
 
 
  鏑木清方 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鏑木清方 の画像 - Google
 
 
菊池契月.1879/
     
熊谷守一.1880
熊谷守一 生前 版画作品販売 猫 ■作家名 熊谷守一 ■作品名 笹百合 ■技法 木版画
  熊谷守一 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  熊谷守一(くまがい もりかず、1880年(明治13年)4月2日 - 1977年(昭和52年)8月1日)は、日本の画家。日本の美術史においてフォービズムの画家と位置づけられている。しかし作風は徐々にシンプルになり、晩年は抽象絵画に接近した。富裕層の出身であるが極度の芸術家気質で貧乏生活を送り、「二科展」に出品を続け「画壇の仙人」と呼ばれた。  1 経歴 / 2 作風 / 3 趣味 / 4 美術館 / 5 代表作 / 6 著作 / 7 関連図書 / 8 脚注 / 9 関連項目 / 10 外部リンク
 
 
  熊谷守一記念館 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  熊谷守一記念館(くまがいもりかずきねんかん)は、岐阜県中津川市(旧恵那郡付知町)にある美術館、記念館。付知土建株式会社が運営、管理する。 中津川市(旧恵那郡付知町)出身の洋画家、熊谷守一の偉業を記念し、開館する。
 
 
  熊谷守一記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  付知町出身で、日本の近代美術史に大きな足跡を残した画家 熊谷守一。 彼の画業を紹介する記念館は静かで、自然美豊かな付知川沿いにあります。静で落ち着いた安らぎのひと時を温かい守一の人柄と共にお楽しみ下さい。
 
 
  熊谷守一 静かな生活   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画家の熊谷守一は、文化勲章を受けることを辞退している。その理由というのは、そんなものをもらったら、来客が増えて困るではないかというものだった。仲間と行動をともにすることを求めるタイプを「社会参加型」、来客を好まず自宅にこもるタイプを「隠者型」とするなら、世間的評価の低いのはもちろん後者である。
 
 
  熊谷守一  アンシャンテ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【熊谷守一】1880年岐阜県に生まれる。共立美術学校で日本画を学んだ後、東京美術学校西洋画科専科に入学。黒田清輝、藤島武二、長原孝太郎の教えを受ける。文展褒賞。元二紀会員。1985年熊谷守一美術館設立。
 
 
  「熊谷守一」作品のご紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  掲載されている作品は全て弊社の在庫です。 ご希望の方はいつでも現掲載されている作品は全て弊社の在庫です。 ご希望の方はいつでも現品をご覧戴けます。   「扶桑」/「椿」 
 
 
  熊谷守一  「白猫」  秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1880(明治13)岐阜〜1977(昭和52)東京 岐阜県恵那郡付知村に生まれる。1900年、東京美術学校に入学。卒業後、樺太調査隊に参加しスケッチを行ったり、実母の死後6年間は帰郷してきこり同然の生活を送る。才能を惜しむ友人の勧めで上京、以後二科展に毎年出品する。
 
 
  豊島区立  熊谷守一美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  守一は器用にあれこれやる人ではなかったので、主な作品は油絵で、それも大きなものはなく4号の小作品がほとんどだ。その小宇宙の中を線と面で区切って色を平塗りする技法になって行く。  熊谷守一について/収蔵作品/施設案内アクセス/貸しギャラリーのご案内
 
 
  熊谷守一 「裸婦」 - おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この作品は加藤版画研究所出版『熊谷守一版画集 サムホール』に掲載されている熊谷守一生前のオリジナル木版画作品です。 限られた線の中でも、女性的な美しい曲線美が描かれています。
 
 
  熊谷守一  「肥後椿」 花田美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岐阜県恵那郡に生れ、東京で歿。… 大正22年二紀会の創立に参加。大正26年からは無所属作家として世俗から離れ、自由に制作を楽しみながら、単純明快な形と色で独自の様式を確立した。随筆集に『へたも絵のうち』があり、代表作に『陽が死んだ日』などがある。
 
 
  熊谷守一  歴史が眠る多磨霊園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岐阜県出身。東京美術学校(東京芸大)卒。第3回文展の「ローソク」で注目をあび、1915(T4)から二科展出品。敗戦後二紀会創立会員、のち無所属。単純化・象徴化した画風を深めた。著書に「へたも絵のうち」(1971)がある。
 
 
  がまに蟻 熊谷守一 おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「がまに蟻」 熊谷守一 水彩 縦) 37.3 (横) 44.8 制作年 1965 水墨淡彩鑑定登録会・鑑定
 
 
  もののかたち いのち 熊谷守一展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治13年(1880)、木曾御嶽山のふもと岐阜県恵那郡付知村に生まれた熊谷守一は、明治33年(1900)東京美術学校に入学、黒田清輝に学んでいます。卒業後に描かれた自画像「蝋燭」が文展で褒状を受賞し、嘱望される画家の一人となりました。
 
 
  親ばかの鏡 熊谷守一 -もも日和-    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  にゃんこのママさん、パパさんは、皆さん『親ばか』の自負があるのではないでしょうか?…
 
 
  熊谷守一 「かまきり」 アンシャンテ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1880年岐阜県に生まれる。共立美術学校で日本画を学んだ後、東京美術学校西洋画科専科に入学。黒田清輝、藤島武二、長原孝太郎の教えを受ける。文展褒章。元二紀会員。1985年熊谷守一美術館設立。
 
 
  熊谷守一  「白猫」  アートのささやき   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  身の回りの動植物などを、鋭い観察力で描いた画家・熊谷守一の作品「白猫」を紹介する。
 
 
  熊谷守一の水墨淡彩画鑑定登録会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本登録会は、熊谷守一の水墨淡彩画の研究顕彰のために設立されました。 登録会の開催と、登録作品を元にした水墨淡彩画集の刊行を随時行なってまいります。
 
 
  「熊谷守一展」 弐大目・青い目記帳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  埼玉県立近代美術館で開催中の「没後30年 熊谷守一展― 天与の色彩究極のかたち ―」展に行って来ました。
 
 
  作家作品一覧 熊谷守一 おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1880年 岐阜市の初代市長熊谷孫六郎の三男として生まれる 1900年 東京美術学校西洋画家選科入学。 1909年 第三回文展に「蝋燭」を出展。 1909年 第三回文展に「蝋燭」を出展。 1972年 勲三等叙勲の内示があるが辞退。 1976年 「アゲ羽蝶」が絶筆となる。 1977年 死去。享年97歳。
 
 
  熊谷守一 生前 版画作品販売  柳ヶ瀬画廊    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  下記の版画は、すべて「熊谷守一生前全版画集」に掲載されています。 「熊谷守一 生前 全版画集」とは熊谷守一先生の、生前に制作された全版画のカタログレゾネです。 レゾネとは作品の総目録のことで、権威のある画集でもあります。
 
 
  熊谷守一 (くまがいもりかず)  アート買取.net   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1880年 岐阜県恵那郡付知村に岐阜市の初代市長熊谷孫六郎の三男として生まれる。父は岐阜市において生糸商を営み、同市の初代市長を4、5年つとめた後衆議院議員になった。 1900年 東京美術学校西洋画家選科入学。長原孝太郎、黒田清輝らの指導をうける。 同期生に青木繁、和田三造、山下新太郎、児島虎次郎らがいた。
 
 
  < 第31期名人戦七番勝負第1局 写真特集 >     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  対局室に掲げられた書。画家の熊谷守一氏によるもの
 
 
  熊谷守一 先生 / 先生95歳の作品 ほとけ様   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  熊谷守一先生の絵もいい、字もいい、随筆もいい、 でも先生の一番素晴らしい作品は一点の曇りも無い透明なお顔とその生き方だと思う。
 
 
  あの人に会いたい 熊谷守一 (くまがい もりかず)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「上手は先が見える。下手はどうなるかわからないのでスケールは大きい。」   熊谷守一は、金や名声には全く興味がなかった自由の画家だ。1968年には文化勲章の内定も辞退し、「仙人」と呼ばれた。
 
 
  熊谷守一展 @埼玉近代美術館 Art Bell by Tora   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京美術学校の同級生には青木繁や児島虎次郎がいた。 初期の作品は色彩に乏しい。光がどのように当たっているかを見つめている。弱い光源で照らされたものをいくつか描いている。正面を向いた《自画像》↓には強い自信が感じられる。《蝋燭》はとても良い。
 
 
  熊谷守一  鬼百合とアゲハチョウ  -Atelier de Paris-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  単純な線と少ない色ずかいでありながら、花やチョウを見事に描きだした風情と趣きのある作品。
 
 
  没後30年 “熊谷守一展” 青木建築設計室のブログ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回“熊谷守一”一色に染まった「天童美術館」を訪れ、今までに感じたことの無い“熊谷守一”の作品に触れ、改めてその魅力を感じ、「守一様式」なるものの確立された手法に
 
 
  熊谷守一(クマガイ モリカズ)  ばら アート買取協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1880 岐阜県に生まれる 1900 東京美術学校西洋画家選科入学。長原孝太郎、黒田清輝らの指導をうける 1905 樺太調査隊に加わる。以後2年間北海の島々を廻り、各地の風光、地形の記録やスケッチなどをする 1967 文化勲章受章者に内定したが、「これ以上人が来るようになっては困る」と辞退 1972 勲三等叙勲の内示があるが辞退する  1977 東京で逝去
 
 
  熊谷守一(くまがい もりかず) 作品/略歴 -シバヤマ-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画像をクリックすると大きく表示されます。 作品は、弊社ギャラリーにてご覧いただけます。
 
 
  木村定三コレクションによる熊谷守一展 愛知県美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  熊谷守一(1880-1977)と青木繁(1882-1911)が東京美術学校西洋画科で同級生だったことを知ると、驚く人は多い。青木繁が28歳で他界したとき、元号はまだ明治であった。一方熊谷が亡くなるのは昭和も後半の50年代である。
 
 
  熊谷守一 くまがい もりかず 1880-1977 洋画家 -IMAGINE-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1880年 岐阜県恵那郡付知村に生まれる。 1951年 二紀会を退会。 以後は無所属作家として世俗を離れ、自由な制作を楽しんだ。作風は次第に色と形を単純化しつつ独自の様式を確立。1964年にはパリで個展開催。晩年は身辺のものを多く描き、水墨画、書もよくした。代表作は「陽が死んだ日」
 
 
  岐阜県美術館 「いのちのかたち 熊谷守一展」 恵郡山ねっと   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岐阜県恵那郡付知町(現中津川市付知町)出身の画家 熊谷守一。
 
 
  独楽―熊谷守一の世界 大型本 藤森 武:(著)  - Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私は熊谷守一の板絵が好きなんですが、美術館にはその板絵を元にシルクスクリーンをおこしたものが売られていました。…
 
 
  『熊谷守一展 』 〜超俗の画人、いのちのかたち〜  静岡アートギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  90歳を迎えた熊谷守一は、背景を黒に、弓矢の的のような同心円を描く《夕暮れ》《夕映》《夕暮》という夕方の作品をいくつも描き、「夕暮れの太陽だけをカンバスの真中に描いた・・・私はこの絵を自画像と言っていました・・・」『へたも絵のうち』より)
 
 
  熊谷守一 本   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本『別冊太陽 熊谷守一』/本『蒼蝿 / 熊谷守一』/本『熊谷守一の猫 / 熊谷守一』/本『独楽〜熊谷守一の世界 / 藤森武』/本『ひとりたのしむ / 熊谷守一画文集』/本『へたも絵のうち / 熊谷守一』
 
 
  熊谷守一の本の在庫 三月書房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  熊谷守一の本の在庫 三月書房
 
 
  熊谷守一の猫 <書籍情報> -Kyuryudo-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  猫の自由さを愛し、猫が猫らしく生きれるように心をくだきながらともに暮らした熊谷守一。 油彩、水彩、メモの走り描きにも描かれた猫たちを一堂に掲載。ファン垂涎の「猫だけの画文集」。
 
 
  熊谷守一油彩画全作品集 <書籍情報> -Kyuryudo-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代日本洋画に超然たる画風を築いた“獨楽”の画家・熊谷守一の油彩全作品1,000余点を詳細データとともに一堂に掲載した『総目録』、待望の刊行。
 
 
  熊谷守一生前全版画集 <書籍>  月刊美術 ART SHOP   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  熊谷守一生前全版画集  月刊美術
 
 
  熊谷守一の猫 (単行本)   熊谷守一 (著)  Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  猫の“気配”をここまで描いた画家がいただろうか。近代日本洋画史に超然たる画風を築いた獨楽の画家・熊谷守一。猫の自由さを愛し、猫が猫らしく生きられるように心をくだき、ともに暮らした日々のなかで描かれた“絶妙なる猫姿”。
 
 
  ひとりたのしむ―熊谷守一画文集 (単行本)  熊谷 守一 (著)  Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ひとりたのしむ―熊谷守一画文集 (単行本)  熊谷 守一 (著)
 
 
  熊谷守一展 成羽美術館 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「超俗の人」「画壇の仙人」と呼ばれた守一は、1880(明治13)年、岐阜県中津川市付知町に生まれました。東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科では、黒田清輝、藤島武二の指導のもと、青木繁や児島虎次郎らと共に学びます。そして1977年に亡くなるまで約70年にわたって絵を描き続けました。
 
 
  熊谷守一作品 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  熊谷守一作品 の画像 - Google
 
 
  熊谷守一 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  熊谷守一 の画像 - Google
 
 
尾竹国観.1880
かぐや姫 - 尾竹国観 「寒山拾得図」(部分)個人蔵
  尾竹国観 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾竹 国観(おたけ こっかん、明治13年(1880年)4月21日 - 昭和20年(1945年)5月20日)は、明治から昭和期の日本画家。 明治13年(1880年)4月21日、現在の新潟市に生まれる。本名亀吉。幼くして笹田雲石に国坡の号を受ける。東京学齢館の『小国民』の全国児童画コンクールに応募して一等をとり、学齢館主人の斡旋で上京、小堀鞆音に入門。
 
 
  尾竹国観   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾竹国観
 
 
  神功皇后の男装の由来   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新潟市出身の日本画家・尾竹国観(おたけこっかん、1880-1945)の歴史画の挿絵がたくさん掲載された本を古書店で見つけた
 
 
  尾竹国観 羽衣 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  富士と松原を頭だけ覗かせる画面に飛来する天女は、吉祥の画題に相応しい。風になびく金彩の衣をまとい、長い裾はスルスルと、生き生きとした躍動感のある描写が心地よい。顔の描写も、いい意味で漫画的。国観は本画と共に多数の挿絵を描いたが、この挿絵的な描写にこそ、国観の線描の本領がある。絵師としての彼の仕事意識や、何でも描ける確かな技倆を、この作品にも観ることができる。
 
 
  尾竹国観(おたけこっかん)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾竹国観( おだけ こっかん)明治13〜昭和20(1880〜1945)  新潟県生。日本画家尾竹越堂・竹坡の弟。名は亀吉、可明と称する。兄の尾竹越堂、尾竹竹坡、ともに日本画家となる。高橋太華、小堀鞆音に師事して歴史画を学ぶ。日本美術協会展、前期日本美術院展などで入選を重ね、文展を舞台に活躍。
 
 
  尾竹国観   油断 国立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾竹国観   油断 明治42年   彩色・絹本・屏風6曲・1双   各166.5×375.0
 
 
  尾竹国観 (おだけ こっかん) 《油断》 東京国立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾竹国観 《油断》 1909年/絹本彩色・屏風6曲1双/各166.5×375cm
 
 
  かちかち山 作:千葉幹夫  絵:尾竹国観 講談社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  これは、早い話が昔(昭和10年代)の絵本の復刻版です。絵もレトロで、このかちかち山は尾竹國観という、いまにも物々しい名前の画家によるものです。
 
 
  尾竹国観 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾竹国観 の画像 - Google
 
 
北野恒富.1880
北野恒富 | Tumblr 大正期、再興院展の輝き / 栃木県立美術館 森村泰昌 北野恒富・考 / 参(百選会 / ロマン・ド・ラ・ローゼ) 和紙にエピゾグラフ 75.0×56.0
  北野恒富とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家。石川県生。名は富太郎、号は夜雨庵。画家を志して大阪に移り、稲野年恒に歌川派の浮世絵を学ぶ。新聞小説に挿絵を描き、美人画家として次第に注目を集める。野田九浦らと大正美術会を、のちに大阪美術会を創設、画塾白燿社を主宰し、大阪画壇の重鎮として活躍した。また文展・院展に出品を重ね、美術院同人となる。昭和22年(1947)歿、67才。
 
 
  北野恒富 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北野 恒富(きたの つねとみ、明治13年〈1880年〉5月28日 - 昭和22年〈1947年〉5月20日)とは、明治から昭和前期にかけての浮世絵師、日本画家、版画家。本名は北野富太郎、夜雨庵とも号した。 石川県金沢市十間町で加賀藩士族・北野嘉左衛門の三男として生まれる。少年時代から絵を描くことを好み、家にあった掛け軸の絵などを模写して楽しむ。 1 来歴 / 2 ひととなり / 3 作品 / 4 脚注 / 5 参考文献 / 6 関連項目
 
 
  北野恒富 - 浮世絵検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北野恒富 - 浮世絵検索
 
 
  北野恒富 - 絵画作品と所蔵美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『阿波踊』 切手 - 山形美術館  ”踊るあほうに見るあほう♪” ほりゃ、という瞬間。阿波踊りを美人画をにあてはめたユニークな作品。緻密な工芸表現が、踊りという動きにミックスされている意味でも、すばらしい!
 
 
  北野 恒富 - なにわ人物伝 光彩を放つ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美人画 全国で三本の指に: 北野恒富は戦前の大阪を代表する画家。特に美人画では全国でも三本の指に入る。: …昭和九(一九三四)年、明治神宮聖徳記念絵画館壁画の揮毫(きごう)を、宮内庁から依頼される。恒富は感激し斎戒沐浴(さいかいもくよく)(心を清め身を洗う)して制作に入った。これが恒富の作かと誰もが目をむいた「御深曾木」だが、エネルギーどころか魂まで注入し、疲れ果てると明治天皇の御製を何度も朗詠し絵筆を握り直したとのエピソードに、人柄を偲(しの)ぶことができる。         
 
 
  北野恒富「星」 - おおさか ふらっとミュージアム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  華麗な美人画を描いて大阪で活躍した北野恒富(きたのつねとみ)の「星」という作品です。屋根の上のバルコニーの手すりにもたれて、白い着物の女性が夜空を眺めています。彼女のすぐ後ろには一番星が輝いています。花火の文様の入った着物や星の文様の帯もたいへんおしゃれです。  解説/よりみち
 
 
  北野恒富展 - 金沢が生んだ美人画の協商 (記録情報)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家・北野恒富は、明治13年金沢に生まれました。小学校を卒業すると、銅版木版書画の版下業をしていた西田助太郎に入門し、版下彫刻に従事しました。またその頃、市内の寺の住職から、漢学や南画も学んでいます。その後、版画の彫り師のもとを転々とし、明治30年、彫刻師中山駒太郎に伴われて、北國新聞の彫刻部に勤めるようになり、かたわら新聞の挿絵を研究しました。
 
 
  北野恒富の美人画 - 開運!なんでも鑑定団 - テレビ東京   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「俺は凄い絵を持っている」と豪語するも、一度もその絵を見せないまま父が他界。しかし、最近遺品の整理中にそれらしき有名画家の絵を発見!果たして本物か?⇒本物。40歳ごろの作品だと思われる。赤に大変こだわった時期で、恒富いわく本当の赤、大阪人の使う赤という表現をしているが、依頼品でもインパクトが強い。…
 
 
  画壇の悪魔派・北野恒富が手掛けた異様な存在感を放つ女性達が描かれたポスター集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治から昭和初期に活躍した画家、北野恒富(きたのつねとみ)(1880-1947)さんは最初挿絵画家としてデビューしました。洋画の画法の研究にも精を出しており、1900年代頃から展覧会に出品し多くの賞を受賞しています。その後、大阪美術会を創設、画塾白燿社を主宰し、大阪画壇の重鎮として活躍しました。エロティックで頽廃的な存在感から「画壇の悪魔派」と呼ばれたそうです。 今回はその北野恒富さんの手掛けたポスターをご紹介します。
 
 
  北野恒富 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北野恒富 の画像 - Google
 
 
今村紫紅.1880
「宇津の山路」  今村紫紅の買取り、出張査定をいたします。 代表作の一つ 「風神雷神」
  今村紫紅 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今村 紫紅(いまむら しこう、 明治13年(1880年)12月16日 - 大正5年(1916年)2月28日)は、神奈川県横浜市出身の日本画家。本名は寿三郎。35歳(数え年だと37歳)で夭折したが、大胆で独創的な作品は画壇に新鮮な刺激を与え、後進の画家に大きな影響を与えた。 今村家は元々伊豆出身で、祖父の代に江戸に出て提灯屋を営み、末っ子だった父岩五郎は横浜市尾上町に住む今村岩五郎の三男として生まれる。  1 生涯 / 2 代表作 / 3 参考資料 / 4 関連項目
 
 
  今村紫紅 - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横浜生まれ。明治28(1895)年ごろ山田馬介に英国風の水彩画を学んだのち,30年松本楓湖に入門,歴史画を学ぶ。33年安田靫彦らの紫紅会に入会するが,会名と紫紅の名前が同じため,会名を紅児会と改称。同会,および楓湖門下生を中心とする巽画会で,歴史画の研究を進めた。
 
 
  日本画 今村紫紅   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  紅児会所属の今村紫紅。 その画法は形にとらわれない、大胆なものが多かった。 代表作は「風神雷神」「近江八景」「熱国之巻」等。
 
 
  今村紫紅 - 原寸画像検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『今村紫紅』の画像を検索しました。
 
 
  今村紫紅 - 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  紫紅は、小堀鞆音門下の研究会「紅児会」での活動や、文展への出品作で注目を集め、再興日本美術院には同人として参加、若手代表画家として活躍した。作風は、初期の大和絵的なものからおおらかな南画風へと変化を見せる。本作は、伊勢物語に取材し、在原業平が駿河国宇津の山路にさしかかった場面を描く。第18回紅児会展出品作。《近江八景図》、《熱国の巻》など、代表作を次々と生み出した充実期の作である。みずみずしい色彩や点描風の柔らかな筆遣いなど、紫紅の特色が存分に発揮されている。
 
 
  今村紫紅 - 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  紙本著色熱国の巻/紙本著色近江八景図/笛/春さき/時宗/絵巻物模写 春日権現記(其三)/絵巻物模写 春日権現記(其二)/絵巻物模写 春日権現記(其一)/絵巻物模写 伴大納言絵巻(其二)/絵巻物模写 伴大納言絵巻(其一)/絵巻物模写 石山縁起/絵巻物模写 後三年絵巻(其三)/絵巻物模写 後三年絵巻(其二)/絵巻物模写 後三年絵巻(其一)/絵巻物模写 武者之巻
 
 
  今村紫紅 「伊達政宗」 (横浜美術館蔵・提供)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡倉天心と原三溪にゆかりの院展の画家たちの作品
 
 
  近江八景(おうみはっけい) - 東京国立博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  治時代後半,歴史画の分野で革新的な日本画表現を追求していた紫紅が初めて描いた本格的風景画。紫紅の特色は,主題を緻密に検討し,内容に適わしい画面を彩色を重視して構成する事である。月を描かず月下の石山寺山内を画面一杯に描いた「石山秋月」や,遠景まで鮮明に見える瞬間を明るい緑と青で表わす「粟津晴嵐」など広重の近江八景(版画)とは全く異なる近江八景の新しい魅力を表現し,近代日本画の方向を示唆する作品。
 
 
  物故日本画家−今村紫紅(1880-1916) - AllAbout   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今村紫紅(1880-1916)いまむら・しこう/関連書籍:『今村紫紅』日本経済新聞社(1995/03) :『今村紫紅−近代日本画の鬼才』有隣堂(1993/08)/画家別画集一覧/主な収蔵美術館/関連記事:日本画の鑑定・売却・保存・修復/近・現代日本画の巨匠/物故日本画家一覧/画家総索引へ
 
 
  今村紫紅展-横浜のいろ 《財団設立60周年記念特別展》   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三溪が支援した横浜出身の近代画家・今村紫紅。赤曜会を結成し、再興された日本美術院で活躍を期待された矢先に急逝した紫紅の作品は当時の新しい日本画の息吹を感じます。三溪旧蔵の作品などを紹介します。
 
 
  今村紫紅 [単行本]  - amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今村紫紅 [単行本]  今村 紫紅, 河北 倫明
 
 
  絵画・掛け軸 - マルミ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今村紫紅(いまむら しこう) の作品です。まるみでは掛け軸・絵画の査定、鑑定、買取りをしております。 捨ててしまう前に一度ご相談ください。
 
 
  今村紫紅 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今村紫紅 の画像 - Google
 
 
児島虎次郎.1881
《婦人像》 徒然に名画を日本に『児島 虎次郎』 「和服を着たベルギーの少女」 1911年 児島虎次郎 大原美術館
  児島虎次郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  児島虎次郎(こじま とらじろう、明治14年(1881年)4月3日 &#8211; 昭和4年(1929年)3月8日)は、日本の洋画家。 岡山県川上郡下原村(現在の高梁市成羽町)に児島弥吉 雪の次男として生まれる。生家は「橋本屋」と称して旅館、仕出し業を営んでいた。明治34年(1901年)絵画を学ぶため東京に出る。
 
 
  成羽町美術館 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  成羽町美術館(なりわちょうびじゅつかん)は岡山県高梁市にある、美術館と考古学系博物館の複合施設。 高梁市成羽町出身の洋画家で大原美術館の美術品収集を担ったことで知られる児島虎次郎の顕彰を目的として1953年に開館した。
 
 
  憩 児島虎次郎  WEB展示室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  児島虎次郎(1881-1929)の1919(大正8)年から1921(大正10)年までの、約2年にわたる2度目のヨーロッパ留学には2つの目的がありました。その1つが自分の絵の修行。もう1つは、彼が大原孫三郎に進言した西洋絵画の収集です。この2つの目的を果たすため、児島は精力的に活動しました。
 
 
  大原美術館 児島虎次郎記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  創立70周年を迎える日本初の西洋美術館―。 倉敷紡績社長 大原孫三郎と、画家であり孫三郎の意を受けてヨーロッパの美術作品の
 
 
  今に伝える創業の心 大原美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「小生は画の事は素人」と第二代社長大原孫三郎は、児島虎次郎への手紙に書きながら、その求めに応じてパリへ絵画購入の資金を送り続けた。孫三郎は、児島が若く無名な頃からその人物と画才を愛し、3度の渡欧を全面的に支援し、終生の友人ともなった。
 
 
  児島虎次郎の生涯 成羽町美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  児島虎次郎は明治14(1881)年4月3日,岡山県川上郡下原村(現 高梁市成羽町)に児島弥吉、雪の次男として生まれました。生家は屋号を「橋本屋」という仕出し,鮮魚の販売なども手がける旅館でした。
 
 
  ★大原美術館と児島虎次郎という人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  原美術館は、児島虎次郎の業績を記念して倉敷紡績社長、大原孫三郎によって児島の死の翌年昭和5年に開設されたそうです。児島の見る目と大原孫三郎の財力がなければ、この美術館は存在しなかったと言われています。
 
 
  『なりわの道』 なりわ観光協会のHP   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代に、大量の銅が産出していて、天領区だった吹屋と それを流通させる拠点であって、商業で繁栄した成羽藩。 「虎次郎の道」 成羽町美術館から児島虎次郎の生家を通って倉敷の児島虎次郎のアトリエから大原美術館内の児島虎次郎館を結んで。
 
 
  里の水車 児島虎次郎  WEB展示室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  児島虎次郎(1881-1929)は、岡山県上郡下原村(現在の成羽町)の出身。東京美術学校在学中から援助を受けていた大原孫三郎の後援により、1908(明治41)年から5年間ヨーロッパに留学し、ベルギー印象派の画風を身につけました。大正後期にも、2度ヨーロッパに渡り、今日の大原コレクションの中核をなす作品を収集しました。
 
 
  成羽町美術館 (岡山県川上郡成羽町)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  児島虎次郎の作品が中心。 島虎次郎は、明治14年にここ、岡山県下原村(現 成羽町)に生まれたそうです。 建物は、安藤忠雄氏の設計で、お得意のコンクリート打ちっぱなしのモダンな外観。
 
 
  児島虎次郎記念館 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  児島虎次郎記念館 こじまとらじろうきねんかん
 
 
  「フランスの森」 児島虎次郎 Art Gallery   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  児島虎次郎は1881年岡山県成羽町に生まれた。1901年に画家を志して上京し、白馬会や東京美術学校で黒田清輝や藤島武二の指導を受けた。彼がヨーロッパの印象主義の息吹を吸収したのはその時期であり、1907年に東京府勧業博覧会で1等賞となった「里の水車」(大原美術館蔵)や「情けの庭」(後に宮内庁買い上げ)などの作品には、既に印象派の手法が認められる。
 
 
  児島虎次郎(こじま とらじろう) 岡山県立図書館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一昨年秋、成羽町に美術館が新築された。 安藤忠男氏設計の近代的な建築だが、この美術館の目玉ともいえるコレクションが、町内出身の洋画家、児島虎次郎の絵画である。
 
 
  児島虎次郎 酒津の庭(水連)  静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡山県川上郡成羽町に生まれる。白馬会洋画研究所で学んだ後、1902(明治35)年東京美術学校に入学し、倉敷紡績の大原家奨学生となる。美術学校研究科在学中の1907(明治40)年、東京府勧業博覧会で≪里の水車≫が一等賞、≪情の庭≫が宮内省買上げとなる。
 
 
  児島虎次郎(1991 - 1928) 《婦人像》 新見美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  《婦人像》 油彩・キャンバス 60.0×45.0
 
 
  児島虎次郎研究 東京大学文学部・大学院人文社会系研究科   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  児島虎次郎については、これまで大原美術館の基礎的コレクションを収集したことでは知られているが、画家としては日本近代美術史のなかでは傍流として扱われてきた。本件究では、児島虎次郎を画家として、また、美術品収集家として、さらには文化交流者としての3つの側面から分析し、以下の3部構成によってその全体像を捉えようとするものである。
 
 
  人物探訪 :大原孫三郎と児島虎次郎 〜大原美術館にかけた夢   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和7(1932)年、満洲事変の真相調査のため国際連盟から派遣されたリットン調査団の一部の団員が倉敷の大原美術館を訪れた。団員はそこにエル・グレコ、モネ、ルノワールの絵画やロダンの銅像をはじめとする数々の世界的な名品が並んでいるのに仰天した。
 
 
  児島虎次郎(1881 - 1928) 《ノールウェイ風景》 新見美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ノールウェイふうけい 《ノールウェイ風景》 1922(大正11)年頃 油彩・カルトン 21.8×27.0
 
 
  「里の水車」 児島虎次郎画 わが国初の西洋美術館・大原美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  倉敷美観地区を歩く。大原家が財をなした時代の美しい蔵屋敷が並んでいる。掘割をはさんで大原美術館と向かいあうのが大原邸である。右手は孫三郎が病弱な寿恵子夫人のために建てた有隣荘。黄緑色の瓦が美しく地元で「緑御殿」と呼ばれ、長らく大原家の迎賓館ともなってきた。
 
 
  児島虎次郎の作品 初期作の「登校」 高梁市成羽町美術館の部屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  清流成羽川をこよなくイメージして設計された成羽町美術館、その流水の庭、世界的に活躍の建築家安藤忠雄の設計によるものです。 そのモダンな創りは高梁市成羽町の、文化と伝統・自然との調和が素晴らしくマッチしています。
 
 
  児島虎次郎(1881-1929) 《日本服を着たる白耳義の少女》 三重県立美術館所蔵作品選集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金髪の少女が和服姿でこちらをじっと見つめている。かしこまったポーズ、少し緊張した面持ち、カーテン地で覆われたソファー。あたかも静物画の題材のように、すべてが作為的に設置された、ぎこちなく感じる空間。
 
 
  児島虎次郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  児島虎次郎 の画像 - Google
 
 
松岡映丘.1881
松岡映丘 《今昔ものがたり 伊勢図》 「宇治の宮の姫君たち」 1912年 (部分)
  松岡映丘 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松岡 映丘(まつおか えいきゅう、1881年(明治14年)年7月9日 - 1938年(昭和13年)3月2日)は、大正・昭和初期にかけ活動した日本画家。本名は輝夫。 兵庫県神崎郡の旧家・松岡家に産まれた。兄には医師の松岡鼎、医師で歌人・国文学者の井上通泰(松岡泰蔵) 、民俗学者の柳田國男、海軍軍人で民族学者、言語学者の松岡静雄がおり末子にあたる。他に3名兄がいたが夭折し、成人したのは映丘を含め5名で、これが世にいう「松岡五兄弟」である。
 
 
  生誕130年 松岡映丘   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「やまと絵」 再興の巨匠、30年ぶりの回顧展 : 大正・昭和初期にかけて活躍した日本画家、松岡映丘(まつおかえいきゅう)。 古典文学を題材に卓越した画力で王朝貴族や鎧武者たちを描き、平安以来の日本古典絵画「やまと絵」の再興に情熱を注ぎました。
 
 
  松岡映丘 『伊香保の沼』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1881(明治14)兵庫〜1938(昭和13)東京 本名輝夫。生家は代々医家で、兄は国文学者井上通泰、民俗学者柳田国男、言語学者松岡静雄。明治28年学業のかたわら橋本雅邦の指導を受けるが、30年山名貫義に入門、本格的に大和絵を学ぶ。 32年東京美術学校日本画科に入学、33年歴史風俗画会の結成に在学生を代表して参加、37年同校を主席で卒業する。
 
 
  松岡映丘 ― MusCa(ムスカ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『松岡映丘』の展示情報
 
 
  松岡映丘―まつおかえいきゅう   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治14年(1881)7月9日〜昭和13年(1938)3月2日 58才没。 兵庫県神崎郡の旧家松岡家に生まれる。 兄は民俗学者の柳田國男。 幼少時から歴史画を好み、最初は橋本雅邦に学ぶが、後に住吉派の山名貫義に師事。 本格的に大和絵を研究するようになる。 東京美術学校日本画科に入学し、川端玉章、寺崎広業らの指導を受ける。 1904年、首席で卒業後、同校の助教授に就任。 帝展審査員  帝国芸術院会員
 
 
  松岡映丘とその一門 山種美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本年度(2008年度)は、近代日本画の世界において、平安朝以来の「やまと絵」を復興させ発展させた日本画家・松岡映丘(1881-1938)の没後70年にあたります。山種美術館ではこの節目の年に、映丘とその門下生たちの画業を振り返る展覧会を開催します。
 
 
  松岡 映丘 今昔ものがたり伊勢図    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松岡映丘は、伝統的なやまと絵を研究し、近代の日本画に復活させたことに多大な功績を残す。この作品は、昭和5年にローマで開催された「日本美術展覧会」に出品されたもの。歌人として名高い伊勢のもとに、詠進を求める帝の使者として藤原伊衡(これひら)が訪れた場面。
 
 
  松岡映丘: 作品と所蔵美術館リスト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松岡映丘: 作品と所蔵美術館リスト
 
 
  「松岡映丘とその一門」 弐代目・青い日記帳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「松岡映丘とその一門―山口蓬春・山本丘人・橋本明治・高山辰雄―」展に行って来ました。
 
 
  松岡映丘 プロフィール - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松岡 映丘(まつおか えいきゅう、1881年7月9日 - 1938年3月2日)は、大正・昭和初期にかけて活動した日本画家。本名は輝夫。
 
 
  山種美術館で「松岡映丘とその一門」展を観た!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  もちろん僕の不得意の分野、しかし、素晴らしい、見事なものです。松岡映丘もさることながら、「その一門」がそうそうたる人たちです。文化勲章受章者がゴロゴロ、いわゆる「大家」たちです。
 
 
  松岡映丘 姫路市立美術館 デジタルミュージアム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  神崎郡福崎町に生まれる。本名輝夫。民俗学者柳田國男は実兄である。狩野派の橋本雅邦に学んだが、大和絵の研究を志して住吉派の山名貫義の門下に入った。明治32年東京美術学校日本画科に入学。同37年首席で卒業する。明治41年から昭和10年に至るまで同校で教鞭をとり、現代日本画壇を代表する作家を次々と世に送り出した。
 
 
  松岡映丘(輝夫)  (財)柳田國男・松岡家顕彰会記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  8男の松岡輝夫は,映丘と号し,東京美術学校日本画科を主席で卒業し,後に母校の教授となり,帝展審査員もつとめました。 映丘は生涯を大和絵の復興に捧げましたが,有職故実(朝廷や公家の礼式や年中行事などの先例)の造詣が深く,また,長く教職にあって,門下から杉山寧,橋本明治,山本岳人,高山辰雄ら多くの俊秀を育てました。
 
 
  「松岡映丘とその一門」 山種美術館 - あるYoginiの日常   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  まず、松岡映丘について、日本画家だとは思うがどんな作風だったか、どの一門に連なるのか、と問われたらまず答えられない程度の存在でした。… 松岡映丘のプロフィールであるが、この記事を書くに際して調べてみたら物凄いサラブレットであることが分かりました。
 
 
  松岡映丘 まつおか えいきゅう 大正・昭和期の画家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漢学者松岡操の子、歌人の井上通泰(19-1-12)・民俗学者の柳田国男(神奈川県・春秋苑墓地)・松岡静雄の弟。本名輝夫。東京美術学校(東京芸大)入学以前に橋本雅邦の門に入ったが、のち山名貫義の門に入り、大和絵の臨画の指導をうけた。美校卒業後も大和絵に傾倒、その真髄を作品に生かすことに注ぎ、色調・構図の上に典雅な情趣をそえた。
 
 
  杉山寧・松岡映丘 (アート・ギャラリー・ジャパン 20世紀日本の美術) (大型本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  卓越した素描力と構成力、厚みのある独特の画面が観る者を魅了する杉山寧。その師で、大和絵に新しい生命を吹きこみ、幾多の俊英を育てた松岡映丘。杉山の最新作までを収録。
 
 
  松岡映丘 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松岡映丘 画像検索 - Google
 
 
山下新太郎.1881/
     
小杉放菴.1881/
     
坂本繁二郎.1882
坂本繁二郎 1914年 71,0×116,8僉 岾ご澆竜蹇 坂本繁二郎 「月」の画像 
  坂本繁二郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坂本繁二郎(さかもと はんじろう、 1882年3月2日 - 1969年7月14日)は、明治後期〜昭和期の洋画家。 1882年(明治15年)、福岡県久留米市に生まれる。同じ年、同じ久留米に生まれた天才画家・青木繁とは何かにつけ比較されることが多い。
 
 
  坂本繁二郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坂本繁二郎は、1882年久留米市京町に坂本金三郎、歌子の次男として生まれる。 子供のころから絵が大好きだった。家が貧しかったため進学をあきらめ、小学校の図画の先生をする。絵の勉強をするため、上京し苦労の末たくさんの展覧会に入選し、認められるようになる。
 
 
  坂本繁二郎と満月の絵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   『放牧二馬』と題された坂本繁二郎の絵(一九三五年制作)を偶然みる機会にめぐまれた。坂本独特のエメラルド・グリーンの空と大地にひきつけられるようにしてその世界へはいってゆくと、はじめの印象ではもつれた糸玉にすぎない雲形図形であったもののなかからふいに馬が二頭横をむいて、そして重なって現われ、消える。
 
 
  坂本繁二郎  馬 花田美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  久留米市に生れ、福岡県八女で歿。幼い頃から森三美に洋画を学び、明治35年青木繁とともに上京、不同舎に入った。初期文展で頭角をあらわし、たびたび受賞した。大正3年二科会の創立に参加し、昭和18年二科会が解散するまで出品をつづけ、その間フランスに滞在し、パリ郊外の風景を多く描いた。昭和28年に毎日美術賞を受けた。代表作に『帽子を持てる女』などがある。
 
 
  坂本繁二郎 「水より上がる馬」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治15年久留米に生まれる。幼少期から森三美に洋画を学び、明治35年小学校同級生の青木繁とともに上京、小山正太郎の不同舎に入り、太平洋画研究所で学んだ。初期には印象派風を示したが、昭和はじめから九州各地の馬を題材とし、「放牧三馬」など瞑想的で独自の東洋的写実を追及した。第二次世界大戦後は無所属作家として、芸術院会員を辞退するなど孤高の道を歩いた。
 
 
  坂本繁二郎旧アトリエ特別公開   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石橋美術館は、久留米出身の洋画家・坂本繁二郎(1882-1969)の作品を多く所蔵しています。その坂本が実際に使っていたアトリエが、石橋文化センターの園内にあります。1980年(昭和55年)に八女市から移築されたものです。
 
 
  坂本繁二郎 『煉瓦と瓦』 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  学校の代用教員として働いた後、洋画家を志し上京。不同舎および太平洋画会研究所で学ぶ。大正10年渡航したフランスではアカデミー・コラロッシに在籍。国民美術協会会員。二科会創立会員。毎日美術賞・朝日賞受賞、文化勲章受章。
 
 
  坂本繁二郎・須田國太郎展 二人展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  箱 1960年 坂本繁二郎 / 郡鳩 1950年頃 須田國太郎 
 
 
  坂本繁二郎生家保存整備事業 久留米市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  留米が生んだ近代洋画家、青木繁と坂本繁二郎。市内には青木繁の旧居や久留米市指定の文化財となっている坂本繁二郎生家があります。平成19年度より坂本生家は本格的な保存整備事業に入りますが、坂本繁二郎とその生家についてご紹介します。
 
 
  石橋美術館開館50周年記念 坂本繁二郎展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坂本繁二郎の描く対象は、初期には日常のシーンや牛、フランス留学後は故郷の風景や馬、さらに野菜や果物、植木鉢、書籍、能面、箱など身のまわりのものへ、そして最後は月雲へと変わっていきます。同じモティーフをある時期集中して描いた点にこの画家の特徴があります。  ブリジストン美術館
 
 
  創作版画の作家 坂本繁二郎(さかもと はんじろう)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和50年。加藤版画研究所版。「筑紫五景」は大正版がオリジナルで加藤版は復刻です。「阿蘇五景」は、加藤版がオリジナルです。
 
 
  大島の一部 1907年 坂本繁二郎(1882/福岡-1969/福岡)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1906年の夏、24歳の坂本繁二郎は、画友・森田恒友とともに伊豆大島へ写生旅行に行きました。本作品は、その旅行の結果描かれた作品の一つです。噴煙を上げる三原山を遠景に、筒袖の黒い着物や、人が頭上に物を乗せて歩く様子など、当時の伊豆大島独特の風物が盛り込まれています。
 
 
  私論 青木繁と坂本繁二郎 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代絵画史に画期的な業績を残し、天才の名を定着させた青木繁。東洋美の幽玄画家として評価の高い坂本繁二郎。共に同郷、同世代の画家が、なぜかくも対照的であったのか? 評論家が見落としていた数々の問題を指摘し、新しい評価を試みる!!
 
 
  青木繁と坂本繁二郎 「能面」は語る /竹藤寛/著 [本]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  セブン-イレブンで24時間受取りOK・送料0円!
 
 
  熊谷守一筆 「十二支」 原画所蔵 松本幸四郎    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「十二枚の天狗の落し札」 松本幸四郎  、白鸚は絵が好きだった。いろいろ持っている中で、私が物ごころつくころとりわけ心惹かれたのが、「不動明王」と「裸婦」を描いた一点。あとでどちらも熊谷守一作と知った。
 
 
  坂本繁二郎 の画像 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坂本繁二郎 の画像 の画像 - Google
 
 
青木繁.1882
「没後100年 青木繁展」 ブリヂストン美術館 「青木繁と《海の幸》」
  青木繁 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青木 繁(あおき しげる、1882年7月13日 - 1911年3月25日)は、日本の明治期の洋画家。『海の幸』の作者として知られる青木繁は、近代日本美術史の上でもっとも著名な洋画家の一人である。若くして日本美術史上に残る有名作を次々と描き上げた後、放浪生活に入り、満28歳の若さで没した青木の生涯は半ば伝説化している。
 
 
  青木繁と佐賀   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青木繁と佐賀との関係と言ふか因縁と言ふか、そうした行き掛りは洋画壇一代の鬼才であり乍ら無名の画家として不遇なしかも短い生涯の晩年を県下で過ごしていると言ふことである。
 
 
  青木繁展示室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当館は弱冠28年8ヶ月で夭折した九州が生んだ天才画家青木繁の作品19点を所蔵しているのを軸とし、内外画家(主に明治生まれ)の作品約100点の他、西洋陶磁器、ガラス器等約300点、東洋陶磁器等約300点とバランスのとれた多彩な収蔵を特徴としています。
 
 
  青木繁 「秋声」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木にもたれ、もの思う女性の表情は、どこか愁いを帯び、沈んだ着物の色調も手伝って、辺りの秋色に溶け合っています。季節としての秋と人生の秋とを二重に背負ったかのような女性像です。
 
 
  青木繁をめぐる旅   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1882年、福岡県久留米市に生まれる。1899年、17歳で上京。このとき島崎藤村「若菜集」をもっていったといわれる。ヨ−ロッパの世紀末芸術に通じる浪漫的傾向をもともともっていた。
 
 
  青木繁旧居 久留米市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代日本美術史の上でもっとも著名な洋画家の一人である青木繁(1882〜1911)は、久留米市荘島町に生まれました。青木繁は、若くして日本美術史上に残る名作を描き、重要文化財でもある代表作「海の幸」、「わだつみのいろこの宮」などの鮮烈な作品を残して、28歳で夭逝しました。
 
 
  天才画家青木繁と当館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治の天才的な洋画家・青木繁は明治15年(1882)久留米市荘島町の生まれ。同級生の坂本繁二郎とともに九州を代表する画家として有名です。明治36年(1903)の東京美術学校(現・東京芸大)時代には、「黄泉比良坂」他の作品が第8回白馬会展の白馬賞を受賞。
 
 
  青木繁 私の好きな作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「海の幸」は、幼なじみの画友坂本繁二郎、美術学校の後輩の森田恒友、画塾仲間の学生福田たねと青木の四人で1904年房州に写生旅行したときの作品である。坂本繁二郎はその著書のなかで綴っている。「海の幸」は坂本が昼間の写生の折、浜で見たサメ漁の目撃談から生まれた。
 
 
  書名 青木繁と絵の中の女   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「青木繁と絵の中の女」は福田たねの実家から見た青木繁の生涯である。絵の才能はあっても、生活力と信義に欠ける男でしかなかった青木繁がそこにはいる。若くして傲慢、社会の常識に囚われない、自分の志す「絵」以外には関心を持たない。このような若者はざらにいるのである。青木繁は傲慢であり、また貧乏であったという。いずれも青春の特権である。
 
 
  青木繁と近代日本のロマンティシズム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「文明開化」をかかげた明治の日本は近代化を推進しましたが、急激な西洋化は文化の混乱を招きました。しかし、世界のなかに船出したこの島には、世界のさまざまな異文化のかけらが流れ着き、それらが流れ込んだ文化の深みでは、豊かな混沌が渦巻いていました。この混沌を創造の活力として若い想像力を開花させた最初の画家が、青木繁であったと言えるのではないでしょうか。 2003年3月25日― 5月11日
 
 
  温泉を愛した芸術家群像 古湯温泉と青木繁   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九州は火の国、湯の国だ。火のような情熱に燃えた芸術家たちも、温泉を愛した。各地の温泉を巡りながら、ゆかりの画家や文人たちの足跡を尋ねてみよう。初回は、悲劇の天才画家・青木繁が傑作「温泉」を描き残した、佐賀県の古湯温泉。
 
 
  青木繁旧居   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  建物は、木造2階建て、延床面積110.6平方メートル。粘土瓦に漆喰壁の建物からは、青木繁が生きた明治時代の雰囲気や落ち着いた趣を感じます。 内部には、青木繁に関する写真パネルや解説パネル、青木繁の作品の複製などを展示し、また図書資料やビデオなどを揃え、自由にご覧いただくことができます。
 
 
  青木繁 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青木繁 の画像 - Google
 
 
有島生馬.1882
有島生馬「由井ヶ濱」 有島生馬夏休み 有島生馬色紙 「春日在天涯 天涯日又斜 鶯啼如有涙
  有島生馬 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有島 生馬(ありしま いくま、本名・有島壬生馬、1882年(明治15年)11月26日 - 1974年(昭和49年)9月15日)は、神奈川県横浜市出身の画家。有島武郎の弟、里見の兄。 号は雨東生、十月亭。妻の信子は原田熊雄の妹でドイツとのクォーター。甥には武郎の実子である俳優の森雅之がおり、1923年(大正12年)に武郎が心中した後は彼の親代わりとなって育てた。 1 略歴 / 2 著書 / 3 有島生馬記念館 / 4 脚注 / 5 関連人物 / 6 外部リンク
 
 
  有島生馬記念館 - JAながの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生馬は、肺尖を病み、大正9年(1920)に神奈川県鎌倉郡鎌倉町極楽寺(現鎌倉市稲村ケ崎)にある新渡戸稲造の別荘に静養のため、引越しをします。この別荘の近くに洋館があり、空き家になっていました。この洋館は、明治23年(1890)にイタリアの生糸貿易商ヴィヴァンティが建てたものでした。この廃屋同然になっていた洋館を生馬が気に入り、大正10年(1921)に購入して転居し、亡くなるまでの約50年余りをここで過ごしました。松が群生していたので「松の屋敷」と呼ばれ、二科会、一水会、黒門会等の日本近代洋画の活動拠点となり、山下新太郎、石井柏亭、与謝野寛・晶子夫妻、遠藤周作等の大正・昭和の多くの文学者・芸術家たちが訪れました。
 
 
  都立横綱町公園 -震災、戦災の記憶-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  復興記念館に展示してある有島生馬の大作「大震記念」の真ん中に大きく描かれている女性が柳原白蓮と言われています。: 現在、NHK朝の連続ドラマで放映中の「花子とアン」の中で、仲間由紀恵さんが演じる葉山蓮子のモデルとなっている柳原白蓮が、この「大震記念」の絵の中央に描かれています。
 
 
  有島生馬(ありしま いくま)とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  洋画家・小説家。神奈川県生。小説家有島武郎の弟、里見の兄。名は壬生馬、別号に十月亭。東京外大卒。洋画を藤島武二に師事し、二科会を創立したが、抽象派に反発してのち一水会を創立した。「白樺」の創刊に加わり、小説には『蝙蝠の如く』『嘘の美』などがある。また翻訳・美術随筆にも腕をふるう。芸術院会員。文化功労者。昭和49年(1974)歿、91才。
 
 
  有島生馬 Episode-1 - 白樺の小径 雑誌『白樺』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  父・有島武、母・幸。五男二女のうちの次男。長男が有島武郎、四男が里見(本名・山内英夫)。 初等科六年から学習院に通い、志賀直哉と親友同士となったが、満17歳の時に肋膜を患い、休学。父の故郷・鹿児島県川内で静養中、日本のカトリック僧と出逢った事がきっかけでイタリアの芸術に魅かれるようになる。翌明治34年(1901)7月、東京外国語学校伊太利語科に入学し直し、22歳の年には洋画家・藤島武二のもとに入門。
 
 
  有島生馬と里見、仲良き兄弟の姿 -  文春写真館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  兄・有島生馬(写真右)と弟・里見には、もうひとりの兄弟、武郎(長兄)がいたが、武郎は、大正十二年(一九二三年)、心中事件により四十六歳で亡くなっている。 生馬は明治十五年(一八八二年)生まれ。本名壬生馬(みぶま)。東京外国語学校卒業後、藤島武二に師事して油絵を始める。明治三十八年、イタリア、フランスで美術を学んだ。帰国後、兄武郎、武者小路実篤らとともに、「白樺」の創刊に携わる。セザンヌら印象派の画家を日本に初めて大々的に紹介して、画壇に強い影響を与えた。
 
 
小林古径.1883
小林古径 こばやし こけい 「紅梅」 小林古径 「髪」 小林古径 《菖蒲》
  小林古径 (Wikidedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小林 古径(こばやし こけい、1883年2月11日 - 1957年4月3日)は、大正〜昭和期の日本画家。1883年、新潟県高田(現上越市)に生まれる。39歳の1922年より渡欧留学。翌1923年、大英博物館で中国・東晋の名画「女史箴図巻」(じょししんずかん)を模写している。「蚕の吐く糸のような」と評される線描が特色のこの中国古典を研究することによって、古径は東洋絵画の命である線描の技術を高めた。
 
 
  小林古径  「菓子」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  <有鄰442号 座談会:横浜美術館・開館から15年> (横浜美術館蔵・提供)
 
 
  小林古径 「紅梅」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治16年(1883)〜昭和32年(1957)  新潟に生まれ東京で没。本名は茂。明治33年に上京して梶田半古に学んだ。昭和19年東京美術学校教授、昭和25年文化勲章を受章。
 
 
  小林古径 「極楽井」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小林古径 『極楽井(ごくらくのいど)』 大正元年作 東京国立近代美術館所蔵 この作品『極楽井(ごくらくのいど)』で小林古径は認められた。詩情あふれる作品を発表し、昭和25年には文化勲章を受章した。
 
 
  小林古径展(後期)(東京国立近代美術館) 「髪」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  後期も楽しめた. (前期の感想はこちら) 「竹取物語」,「雨」,「花」などが気に入った.「柿」や「栗」も印象深い. そして「孔雀」.直球勝負の画題・構図に画家の力量があらわれていると感じた.すばらしいバランスだ.
 
 
  小林古径  「菖蒲」「牡丹」「鉢花」「蓮」「白華小禽」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山種美術館で「日本画満開〜牡丹・菖蒲・紫陽花・芥子〜」をみた。 もう梅雨明けしているに違いないと感じるほどの好天と暑さとなっては、これらの花々の見頃の時期はほとんど過ぎてしまっているけど、日本画に描かれた花々は満開だった。
 
 
  小林古径 ( 本名 小林茂 ) (1883-1957)   《清姫 (その6) 日高川》    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横幅の広い絵の左半分は、黄緑色の泥水溢れる大河の濁流、右半分はその河岸に聳える、薄青色の崖である。手前近景の崖は、苔生した紺色の岩である。 崖っぷちには女が一人、上半身両肌脱いで、足下に蠢く黒雲に向って立っている。両肌脱いだ朱色の着物と白の下衣の下からは、緑色の襦袢が剥き出しである。黒髪が、川面を吹きすさぶ風に後ろへ長く靡いている。或いは、猛スピード走って来たのか、風に流されて後ろに長く棚引いている。両手を前方へ突き出し、手の平を垂直に曲げて川面へ向けている。右手は手先が上向きに、左手は手先が下向きである。 絵からは、ゴウゴウと轟く河の流れと、ビョウビョウと吹き荒ぶ風の音が聞えて来る。
 
 
  小林古径記念美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小林古径記念美術館は上越市立総合博物館と施設を共有して、平成14年に開館していましたが、このたび、小林古径邸および画室を含めて一体的運営となり、平成14年4月から新たに発足いたしました。
 
 
  小林古径邸(上越市本城町)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上越市高田公園内に解体部材で移築復元された昭和9年の住宅があります。高田出身の日本画家、小林古径の東京都大田区南馬込にあった木造二階建、瓦葺き、数寄屋造りの建物です
 
 
  近代日本画の名匠 小林古径展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小林古径(1883-1957)は、近代日本画の展開に重要な役割を果たした画家の一人です。大正から昭和にかけ、西洋から次々ともたらされる新たな美術思潮の渦のなかで、日本画の世界は大きく揺り動かされますが、古径は日本画が本来もっている特質に深く根ざしながら、近代という新しい時代にふさわしい日本画を創造し続けました。 東京国立近代美術館  2005年6月7日〜7月18日
 
 
  繊細で優美な人物画 小林古径 展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎)で、7月24日から9月4日まで、代表作120点を集めた「小林古径展」が開催された。
 
 
  小林古径 (Kobayashi Kokei) 足立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治16年(1883)〜昭和32年(1957)   「楊貴妃(ようきひ)」昭和26年(1951)/本作は、宝生流の野口兼資が演じた能を基に描かれています。玉すだれの幽かな動き、極度に抑制された役者のしぐさなど、能表現の持つ静謐な緊張感が巧みにとらえられています。
 
 
  小林古径と院展の画家たち 横浜美術館コレクション展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小林古径(こばやし・こけい)は、明治末から昭和の中頃にかけて活躍した院展(日本美術院の展覧会)を代表する画家のひとりです。
 
 
  「描かれず、見えなくとも、線はあるのです」―小林古径―   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小林古径(1883-1957)は、近代日本画の展開に重要な役割を果たした画家の1人です。大正から昭和にかけ、西洋から次々ともたらされる新たな美術思潮の渦のなかで、日本画の世界は大きく揺り動かされますが、古径は日本画が本来もっている特質に深く根ざしながら、近代という新しい時代にふさわしい日本画を創造し続けました。
 
 
  小林古径 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小林古径 の画像 - Google
 
 
和田三造.1883
和田三造_南風 「十字架を負う」(「和田三造 イエス・キリスト画伝」から)
  和田三造 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和田 三造(わだ さんぞう、1883年3月3日 - 1967年8月22日)は、明治、大正、昭和期の日本の洋画家。 生野銀山鉱業所の勤務医や校医を勤めた和田文碩と秀の四男として兵庫県朝来郡生野町(現・朝来市)に生まれる。兄宗英が大牟田市の鉱山業に従事したため、13歳の時に一家をあげて福岡市に転居する。
 
 
  和田三造 八瀬女の家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和田三造 八瀬女の家
 
 
  和田三造 南風 ARTLOG   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和田三造 『南風』 明治40年作 東京国立近代美術館所蔵  明治16年−昭和42年 兵庫県生まれ 父や教師の反対の中、画家を志し16歳で上京。黒田清輝に師事し、東京美術学校(現東京芸大)に進み、明治40年の第一回文展では本作『南風』が最高賞に選ばれた。小船の上に立つたくましい男のモデルは、和田が通っていた柔道場「明道館」2代目館長の河野半次郎といわれる。
 
 
  和田三造  「甘露之水(挿絵)」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  但馬国朝来郡生野町生。13才、福岡市に転居。16才、父や教師の反対の中、画家を目指し上京、黒田清輝邸に住み込む。同年白馬会洋画研究所に入所。1901年東美に入学。翌年より白馬会に出品。1905年白馬会賞。
 
 
  和田三造・昭和職業絵尽「船やど」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和田三造・昭和職業絵尽「船やど」
 
 
  和田三造作品 12点 但陽信用金庫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「南風下絵」/「朝の富士」/「月ヶ瀬梅林」/「少女」/「富士の見える海」/「姫路城」/「姫路城」/「静物」/「静物(菊)」/「雪景色」/「室津の里」
 
 
  和田三造木版画  「昭和の職業絵づくし」 展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  洋画家和田三造(1883〜1967)が描いた「昭和職業絵尽」をご存じですか? 伝統的な木版技術を用い、彫師(ほりし)、刷師(すりし)たちの職人技を駆使して制作された一連の版画です。
 
 
  和田三造画伯が描いた、生田小隊の空戦の模様。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和田三造画伯が描いた、生田小隊の空戦の模様。
 
 
  和田三造 昭和職業絵尽 金魚屋 -昭和の面影-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和田三造・小泉癸巳男らの作品による戦中・戦後の生活史美術展
 
 
  近代洋画家・和田三造が描いたイエスの生涯画集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代洋画の画家和田三造(1883〜1967)が、イエス・キリストの生涯を描いた画集が出版された。和田といえば、船に立つ筋骨隆々とした男たちを描いた油彩画「南風」(東京国立近代美術館蔵)が有名だ。1907年の第1回文部省美術展覧会で実質的な最高賞に選ばれた。だが、イエス・キリストの画集は柔らかなタッチの水彩画で、和田の画業の別の側面が見てとれる。
 
 
  ★西日本工業倶楽部(旧松本家住宅) 《洋館1階》   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国指定重要文化財 旧松本家住宅
 
 
  ★西日本工業倶楽部(旧松本家住宅) 《洋館2階》   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段