026 【美術ァ 伊東深水:三岸好太郎:福田豊四郎:片岡球子
 このコーナは、美術館 博物館のリンク集があります。また、国内海外の有数な美術館 博物館を個々に収録してあります。美術展 美術団体のHPほか、このコーナーには、日本と世界の著名な画家・芸術家関係のHPが年代順に精選掲載されています。どうぞ、ごゆっくりご覧下さい。 なお、ピンクは日本画家、ブルーは洋画家、イエローは浮世絵師です。

国吉康雄.1889.9 小野竹喬.1899.11 高島野十郎.1890  岸田劉生.1891 長谷川利行.1891 須田国太郎.1891
小茂田青樹.1891/ 堂本印象.1891 橘小夢.1892/ 中川一政.1893.2 児島善三郎.1893.2/ 木村荘八.1893.8/
山口蓬春.1893.10/ 伊東深水.1894 速水御舟.1894 池田遙邨.1895/ 小倉遊亀.1895 林武.1896/
東郷青児.1897 佐伯祐三.1898 岡鹿之助.1898 関根正二.1899 山口華楊.1899 林雲鳳.1899/
柳瀬正夢.1900/. 中島清之.1899/ 山本丘人.1900 山田喜作.1900 浅井閑右衛門.1901.1/ 向井潤吉.1901/
小松均.1902 鳥海青児.1902 上村松篁.1902 猪熊弦一郎.1902/ 岩橋英遠.1903 三岸好太郎.1903
小磯良平.1903  田村孝之介.1903/ 小堀進.1904 橋本明治.1904 福田豊四郎.1904 片岡球子.1905
三岸節子.1905/ 宮本三郎.1905 加藤栄三.1906 東山魁夷.1908 田中一村.1908 秋野不矩.1908/
杉山寧.1909  西村計雄.1909/        
← 025 【美術─暸ヽ導┣茘      027 【美術】◆各絵画 → 
TOP >  b 美術 > 026 【美術ァ 伊東深水:三岸好太郎:福田豊四郎:片岡球子 >  
       
国吉康雄.1889.9
県立美術館で国吉康雄展: Adam and Eve−Yasuo Kuniyoshi
  国吉康雄 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国吉 康雄 (くによし やすお、1889年9月1日 - 1953年5月14日)は、洋画家。岡山県岡山市出石町出身。 20世紀前半にアメリカを拠点に活躍、国際的名声を博した。 1906年、岡山県立工業学校を中退し、単身アメリカへ渡る。翌年シアトルからロサンゼルスに移り、同地の公立学校に通う。教師の助言により、ロサンゼルス・スクール・オブ・アート・アンド・デザインに通い、3年間学ぶ。
 
 
  国吉康雄 「風景」1929年   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「風景」1929年 油彩・キャンバス/50.8×76.5cm
 
 
  国吉 康雄  「美術館めぐり」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  機А峙蹇廖伸供Д僖蝓伸掘А屮罐縫弌璽汽襦ΕΑ璽泪鵝廖伸検Д團┘蹇 ‖臉酥術館(群馬県桐生市)/愛知県美術館(名古屋市)
 
 
  国吉康雄展  岡山県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国吉康雄の展覧会がどうして岡山で開催されるのかなと思ったが、国吉は岡山市出身とのこと。なるほど、故郷の作家の回顧展というわけである。本展は、巡回展ではなく、岡山県立美術館が自ら主催するもので、資料を含めると400点を越える大ボリューム! 国内の主だった作品は集められたそうで、よくこれだけの展覧会に仕立て上げたものだと、美術館側の心意気を感じさせる迫力があった。
 
 
  洋画家−国吉康雄(1889-1953) All About   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国吉康雄(1889-1953)くによし・やすお  1889年 岡山県出身/個人美術館:国吉康雄美術館/国吉康雄関連書籍/過去の展覧会/主な収蔵美術館/関連記事:日本画の鑑定・売却・保存・修復/近・現代洋画の巨匠/物故洋画家一覧/画家総索引へ
 
 
  国吉康雄の世界  Kuniyoshi Yasuo Museum   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国吉 康雄/Gallery [絵画9作品]
 
 
  国吉康雄ってどんな人? 岡山県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国吉康雄(くによし やすお:1889-1953)は、米国で活躍した日本人の美術家です。主に油彩画を描きましたが、リトグラフなどの版画や、写真も手がけました。
 
 
  福武コレクション 国吉康雄作品寄託記念展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  これまで岡山市内にあるベネッセコーポレーション本社社屋内で、国吉康雄美術館として公開展示されていたコレクションの全作品が、このたび岡山県立美術館に一括寄託され、そのお披露目展である。
 
 
  ブルガンディ   国吉康雄  〜アートライフショップ〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国吉康雄は、米国で活躍した日本人の美術家です。 主に油彩画を描きましたが、リトグラフなどの版画や、写真も手がけました。
 
 
  国吉康雄  くによし やすお  1889(M22)-1953(S28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国吉康雄  くによし やすお  1889(M22)-1953(S28) 国吉康雄に関する情報
 
 
  国吉 康雄とその弟子との切手  日米交流100年記念   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国吉康雄(1889〜1953)は、アメリカで活躍した日本人洋画家。1906年に17歳で単身アメリカに渡り、働きながらロサンジェルスのデザインの夜間学校へ通った。
 
 
  国吉康雄 資料協力:株式会社ベネッセコーポレーション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国吉康雄(1889-1953)は、岡山市に生まれ、1906年、17才の時にアメリカ西海岸に移民しました。ロサンゼルス周辺で過ごした最初の4年間は、労働に明け暮れる毎日でしたが、次第に画家になりたいと考えるようになり、1910年、ニューヨークを目指し東海岸へと旅立ちました。
 
 
  Adam and Eve / Between two worlds - Yasuo Kuniyoshi   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国吉は、17歳でアメリカに渡り、21歳のとき画家を目指してニューヨークに移る。 10年後、初めての個展を開き、日本の伝統でもなくヨーロッパ絵画の伝統でもない独自の世界が高い評価を得た。 が、戦争に突入し、国吉は「敵性外国人」とされた。 その苦悩が作品を生み、国吉は言葉にできない思いを絵に託していく。
 
 
  国吉 康雄 YASUO KUNIYOSHI 「鶏」 Gallery Nii Tokyo   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1889 岡山に生まれる。 1906 渡米。働きながらロサンゼルス美術学校夜間部に通う。 1910 ニューヨークに移り、ナショナル・アカデミー・オブ・デザインに学ぶ。 1931-32 一時帰国。東京と大阪で個展開催。 1944 カーネギー・インスティテュートの合衆国絵画1994展で一等賞。 1953 ニューヨークで死去。
 
 
  国吉康雄  「誰かが私のポスターを破った」  美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  頂点まで上り詰めた明治生まれの日本人画家の物語。 今日の一枚は、国吉康雄の「誰かが私のポスターを破った」。縦長の画面の中にちょっといい女が1人。手すりに腰を当て、振り向くような姿で煙草を燻らせています。その切れ長の目は、伏せ目がち。 ゾクっとするような妖しい魅力は、全身に憂いと哀しみと諦めのようなものを称えているからだろうか。
 
 
  7.国吉康雄の赤 JIRO KUSE ARCHITECT&ASSOCIATES   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1975年の秋だった。名古屋で「国吉康雄の回顧展」があった。彼の名は高校生の頃知った。
 
 
  アメリカ美術を代表する日本人画家国吉康雄。 国吉康雄展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  17歳の国吉康雄(1889-1953)は冒険心から夢のアメリカをめざしましたが、彼を待っていたのは、アメリカで生きることの苛酷さでした。上陸から10年、東海岸にたどり着いた彼は、ひとりのマイノリティーとしての視点から、「アメリカ」を表現し、1929年にはニューヨーク近代美術館で、アメリカを代表する現代画家のひとりとして注目されることになりました。
 
 
  国吉康雄 自転車乗り/メイン州サウス・パーウィック/煙草を持つ女   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国吉康雄 自転車乗り/メイン州サウス・パーウィック/煙草を持つ女 >日本洋画作家
 
 
  《誰かが私のポスターを破った》 国吉康雄展 東京国立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  没後50年を迎えた画家、国吉康雄(1889-1953)。1906年、17歳でひとりアメリカに渡った国吉は、苦労して働きながら、おもにニューヨークで美術を学びました。その後ほとんど日本に帰ることなく活動した彼は、やがて、戦前戦後を通じてアメリカを代表する美術家のひとりに数えられ、高い評価を得るにいたりました。
 
 
  国吉康雄展−アメリカと日本、ふたつの世界のあいだで− 東京国立近代美術館 Enjoy TOKYO   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦前戦後を通じてアメリカを代表する画家の一人となった国吉康雄(1889-1953)の回顧展が没後50年にあたる今年、東京国立近代美術館で開催されています。17歳で単身アメリカに渡った国吉は、大恐慌、第二次世界大戦など激励の時代を通して、社会の中でスポットの当たらない人々を描きつづけ、そこに国や文化や貧富の差を超えた無垢の人間の力強い命が在ることを見出しました。
 
 
  アメリカ美術と国吉康雄 ― 開拓者の軌跡 <書籍紹介>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回、この本を読んだことで、その印象は大きく変わった。フランスの藤田とアメリカの国吉は並列で語られるべき存在なのだ。事実、藤田は国吉の力を高く認めており、アメリカで活躍していた国吉をフランスに呼び寄せたのも藤田だったらしい。
 
 
  国吉康雄 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国吉康雄 の画像 - Google
 
 
小野竹喬.1899.11
小野竹喬 『冬日帖』 小野竹喬 《樹間の茜》 
  小野竹喬 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小野竹喬(おの ちっきょう、 1889年(明治22年)11月20日 - 1979年(昭1889年(明治22年)岡山県笠岡市西本町に生まれる。1906年(明治36年)京都の日本画家・竹内栖鳳に師事。栖鳳より「竹橋」の号を授かる。1909年(明治42年)京都市立絵画専門学校(現在の京都市立芸術大学)に学ぶ。同校の同期生であった村上華岳、土田麦僊とともに1918年(大正7年)国画創作協会を結成する。1923年(大正12年)号を「竹喬」と改める。和54年)5月10日)は、大正・昭和期の日本画家。
 
 
  小野竹喬展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小野竹喬は、1889(明治22)年、岡山県笠岡市に生まれました。14才で京都の竹内栖鳳に入門し、その後京都市立絵画専門学校で日本画を学びました。明治末期から黒猫会、仮面会といった新傾向の美術を求める青年画家たちのグループに参加し、西洋近代絵画の手法を取り入れた斬新な作品を制作するようになり、1918(大正7)年、土田麦僊、村上華岳、榊原紫峰、野長瀬晩花らと共に国画創作協会を結成。そこで仲間たちと革新的な日本画の発表を行いました。
 
 
  小野竹喬  夕 3号    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治22年(1889)〜昭和54年(1979) 岡山県笠岡に生れ、京都で歿。本名は英吉。明治36年京都に出て、竹内栖鳳の門に入る。明治42年京都市立絵画専門学校別科に入学、明治44年卒業。文展、院展に出品し、大正7年土田麦僊らと国画創作協会を結成。昭和22年日本芸術院会員となり、昭和43年文化功労者。昭和51年文化勲章を受章した。
 
 
  笠岡市竹喬美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  笠岡市立竹喬美術館は、笠岡市出身の日本画家小野竹喬(おのちっきょう)をたたえ、その功績を後世に伝えるために昭和57年(1982)2月に創設され、同年10月に開館しました。 建設に対しては、ご遺族から多くの遺作が寄贈され、加えて国・岡山県の補助を得、さらには市民及び各種団体の寄付金を受けております。
 
 
  『風景図』  小野竹喬   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小野竹喬(1889〜1979)は岡山県笠岡市に生まれる。明治36年竹内栖鳳門に入る。42年京都市立絵画専門学校別科入学,44年卒業。在学中,「黒猫会」「仮面会」を結成。大正7年,国画創作協会を結成する。同10年,ヨーロッパに遊学。国展が解散後,官展に復帰し,帝展,新文展で活躍。この絵は,淡雅な色彩で,穏やかな日本的な風景の美を描き出そうとしている。
 
 
  小野竹喬作 「漁舟」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小野竹喬は関西にあって新しい力として国画創作協会を興し、戦後派関西系日展の中心人物として活躍した。明るい色彩と明快な作風の風景画は最近になって非常に高い評価を得ている。
 
 
  小野竹喬 『冬日帖』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小野竹喬といえば、ざっくりと単純化された形態と、鮮やかな色彩を思い浮かべる。特に、彼が好んで描いた夕日の茜色は、それこそ太陽の残像のように、ぼくの目に強く残っている。 だが、30代の終わりに描かれた『冬日帖(とうじつちょう)』はちがう。小さな画面に、緻密な線描がびっしり描き込まれている。その線の細かさたるや、少々目の悪いぼくには、展示室のガラス越しだとじゅうぶんにとらえきれないほどである。…
 
 
  扇子<小野竹喬 赤唐辛子>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  風景画家として知られる小野竹喬は、花鳥画や静物画の佳作を残した。落款を記した作品よりもむしろ、日常のスケッチに愛すべきものが多い。「写生は楽しい」と語った竹喬の明朗な感性が、この赤唐辛子のスケッチにも認められる。
 
 
  飾り扇子<小野竹喬 樹間の茜>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小野竹喬は、その七十五年にわたる画業において、一途に自然を深く親しく見つめて描き続けた。この作品では初めて写生に行かず、気持ちの中に入っている様々な風景をもとに構図と色調を組み立てて描いたという。
 
 
  小野竹喬 「おかやま人物往来」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代の岡山を代表する日本画家である小野竹喬は、1889(明治22)年に、小田郡笠岡村(現笠岡市西本町)の商家浜中屋の四男として生まれた。14才の頃長兄の小野竹桃の勧めにより京都に出て、竹内(せいほう)栖鳳に師事した。京都市立絵画専門学校を卒業後は日本画の革新をめざして国画創作協会(国展)を設立、大正の日本画界に一時代を築いた。
 
 
  特別展 小野竹喬 湖辺 1976年    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小野竹喬に「夕雲」と題された一枚の素描がある。 素描には淡彩が施され、木々の枝と刻々と微妙に変化する茜雲が描かれている。 細い木の枝の美しさと雲に托したさまざまな心象がリズミカルにとけあい、瞬間の印象が鋭く把えられ、感動があふれている。 この一枚の素描からも小野竹喬の自然の心に触れている詩が感じられる。
 
 
  小野 竹喬 Tikkyo Ono 画家データ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1903年、京都に出て竹内栖鳳に師事、京都市立絵画専門学校に学ぶ。文展に出品したが、1918年土田麦遷らと国画創作協会を結成。その解散後帝展に復帰した。はじめ西洋近代絵画の影響を受けたが、1921-22年の欧州巡遊後東洋絵画に目覚め、風景画に清雅で詩情あふれる作風を展開した。
 
 
  小野竹喬 『涼風』  -古美術こもれび-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  おの・ちっきょう 岡山県生 竹内栖鳳の門に学ぶ 大正7年土田麦僊らと国画創作協会を創立 帝展・新文展で活躍し、戦後は日展で重きを成す 京都絵専教授 芸術院会員 文化功労者 文化勲章受章 昭和54年(1979)歿、89才
 
 
  作家作品一覧 小野竹喬 -おいだ美術-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作家作品一覧 小野竹喬
 
 
  小野竹喬筆 春日帰家図 -工芸サロン壺好-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長閑な春の日、作業を終えて家に帰る村人を描いた竹喬初期の作品。 晩年の竹喬の作風を感じさせる色使いやモチーフに、才能の発露を見る。  桜/農婦/小川
 
 
  小野竹喬 《樹間の茜》  日光市・笠岡市文化交流展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1889(明治22)年、岡山県の笠岡市で生まれた小野竹喬は、14歳のときに京都へ出て、竹内栖鳳に入門、修行中に「山家の春」が第1回文展で初入選するなど、早くから頭角を現わしました。京都市立絵画専門学校別科に入学後は黒猫会(シャ・ノアール)の結成に参加、卒業後は仮面会(ル・マスク)を結成して新芸術創造への意欲を示し、第10回文展では後期印象派風の明るく感覚的な色彩による《島二作》が特選を受賞しています。
 
 
  「小野竹喬」の作品一覧 18点 独立行政法人国立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「小野竹喬」の作品一覧 村道(北国の田舎道、以下18件
 
 
  小野竹喬の世界展 -笠原市立竹喬美術館所蔵作品を中心に-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小野竹喬(1889-1979)は、14歳で当時京都画壇を先導していた竹内栖鳳に入門し、さらに土田麦僊らと京都市立絵画専門学校別科に学びました。京都派の伝統的な写生を学ぶなか、南画や大和絵を研究するとともに、印象派以後の西洋美術に深く傾倒し、とりわけセザンヌに影響を受けました。大正10年には麦僊らと渡欧しますが、帰国後は次第に東洋に回帰し、日本の自然を詩情豊かに描き、風景画に独自の画境を拓きました。
 
 
  島二作(しまにさく)大正5年 小野竹喬について  笠岡市竹喬美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野竹喬(おの ちっきょう:1889〜1979)は、近現代日本画を代表する日本画家です。14歳から89歳にいたる75年間の画業を通して、日本の自然の美しさを描き続けました。 その眼は四季の移り変わりや一日における朝から夕への微妙な変化にまで向けられ、描かれた作品からは自然のささやかな息遣いが伝わってくるかのようです。
 
 
  小野竹喬画 「奥入瀬の渓流」(1)  「奥入瀬の渓流」(2)  発行する切手のデータ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名称  近代河川制度100周年記念  発行日  平成8年(1996)7月5日(金)
 
 
  小野竹喬(オノ チッキョウ)1889〜1979 金閣寺/雪後/松に雲 -アート買取協会-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1889 岡山県に生まれる 1903 京都で竹内栖鳳に師事 1918 土田麦僊らと国画創作協会を設立 1968 文化功労者顕彰 1976 文化勲章授章 1979 京都で歿
 
 
  小野竹喬 <関連書籍> 14点 Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小野竹喬 <関連書籍> 14点   1.ふるさとの色―小野竹喬小画集〜14.奥の細道句抄絵
 
 
  小野竹喬の画業 / 内山武夫 <書籍> 図録.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  図版 栖鳳、そして西洋近代絵画との出会い 南画から大和絵へ 南画から大和絵へ カラリスト、竹喬の誕生 至純な心の風景 表紙絵・素描 参考図版
 
 
  小野竹喬 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小野竹喬 の画像 - Google
 
 
  YouTube - 日美 虚心になれば自然は近づく日本画家 小野竹喬   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 日美 虚心になれば自然は近づく日本画家 小野竹喬
 
 
高島野十郎.1890 
蝋燭 - 高島野十郎 高島野十郎 「雨 法隆寺塔」(1965) 高島野十郎「月の出」です。
  高島野十郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高島野十郎(たかしま やじゅうろう、1890年 - 1975年9月17日)は、明治後期〜昭和の洋画家。流行に迎合せずひたすら写実に徹した画風で、睡蓮や月、蝋燭の連作など、風景画や静物画を主に製作した。蝋燭の絵は久世光彦著の『怖い絵』で、「唸っている」と評されている。
 
 
  野十郎の炎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  久留米出身の画家といえば、青木繁、坂本繁二郎、古賀春江などが思い浮かぶが高島野十郎という画家をご存知だろうか。同名の著作(多田茂治著)を読む機会があり、感銘を受けたので、紹介する。千葉県市川市の市立霊園に野十郎の墓はある。小さな五輪塔の墓石がひっそりと建っていて、墓石には戒名はなく、高島野十郎の名前とその裏に昭和50年9月17日没と刻まれているだけの質素なものである。
 
 
  蝋燭 - 高島野十郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「蝋燭の燃ゆるひかりに蝋燭は内より透けぬ人の肌のごと」 横山未来子  今日のNHK短歌で紹介された歌。歌人横山未来子が、あの高島野十郎の展覧会に行って「蝋燭」の絵を見て触発されて作った歌だそうだ。
 
 
  高島野十郎  旅の途中   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  最近写す写真の構図や表現にかつてこの目で見た絵画の影響があるのかと思うようになって久しいのですが、それが誰の絵画だったか思い出せずにいた。…
 
 
  異端の画家 高島野十郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  8月12日、日経新聞を読んでいると、前から気になっていた『高島野十郎』が紹介されていた。10年くらい前だと思うが、NHKの日曜美術館で紹介されているのを偶然見て野十郎を知ったのだ。衝撃的な作風で、生き方もまた半端ではなく、いつか作品を見てみたいと思い、現在にいたっていた。
 
 
  福岡県立美術館  トピックス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  没後30年 高島野十郎展 「世の画壇と全く無縁になる事が小生の研究と精進です。」(小エア41年2月23日付書簡から)
 
 
  高島野十郎の森  画集の森   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高島野十郎は光の森。 高島野十郎の描く森は、まるで画家自身が光景に吸い込まれてしまったかのように細部で構成された緻密な世界で、ある種、私的で、内面的な「無意識の森」と呼べるようなものです。われわれはその距離が喪失したかのような森を彷徨い歩くように、木々の細部に眼を凝らすことでしょう。
 
 
  「慈悲」の画家 高島野十郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高島野十郎という人をご存知でしょうか。 以前テレビ東京の鑑定団に作 品が出て、それがきっかけで興味をひかれた方もおいででしょう。私は先日同局の番組「美の巨人たち」で、その人となりと作品を見て感動したクチです。
 
 
  Photos tagged with 高島野十郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「からすうり」 / 「けし」(1966-) / 「煙(夜の)」(1921) / 「蝋燭」(1912-25) / 「満月」(1963) / 「葡萄」(1963) / 「鉢と茶碗」(1922) / 「御苑の春」 / 「寧楽の春」(1953) / 「空の塔 奈良薬師寺」(1955) / 「割れた皿」(1958) / 「りんごを手にした自画像」(1923) / 「絡子をかけたる自画像」(1920) / 「雨 法隆寺塔」(1965) / 「林経秋色」(1961) / 「山中孤堂」(1953)
 
 
  高島野十郎と観興寺 - BLOGわん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  先日の「なんでも鑑定団」に野十郎の絵が出品されてましたね〜♪ 小さいけど素敵な睡蓮の絵でしたが、思ったより安い値段 ( 150万円 ) でびっくりしました。まだメジャーな画家ではないということでしょうか。 その野十郎の墓が久留米市にもあります。
 
 
  没後30年 高島野十郎展  ayanolog   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福岡県久留米市に生まれた野十郎は、東京帝大農学部水産学科を首席で卒業。しかしその後画家への道を選びます。会場では、野十郎が鉛筆で書いた魚や貝類のスケッチも展示されていて、それがまたとても上手いのです。線の略し方、テキストの入れ方も的確で、彼がこの後ボタニカルアートみたいな超写実的な絵に進んだらどうなったんだろう、と思わせるような絵でした。
 
 
  高島野十郎の周辺  -壺中山紫庵-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「没後30年 高島野十郎展」を見ての感激は、まだ言葉に出来ないでいる。 ここでは、例によって、表題にあるごとく「高島野十郎の周辺」を辿ってみたい。
 
 
  高島野十郎 「さくらんぼ」 昭和32年   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高島野十郎 「さくらんぼ」 昭和32年
 
 
  高島野十郎の蝋燭画 幻妖ブックブログ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1890年、九州久留米の旧家に生まれた高島野十郎は、東京帝大水産学科を首席で卒業するエリートであったが、卒業後まもなく研究者としての栄達の道を捨て、好きな画業に打ち込むことを決意。以来、八十五年の生涯の大半を、身辺無一物の修行僧さながら、画壇にも世間にも故郷にも背を向け、ひたすら描くことのみに傾注した孤高の洋画家である。
 
 
  高島野十郎  「月の出」  -ARTMART blog-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「世の画壇と全く無縁になる事が小生の研究と精進です」とは野十郎の有名な言葉で、85年の生涯をその言葉どおりに過ごしました。 没後、日曜美術館で取り上げられ、一般的に知られることとなりました。 私もそれで知ったくちなんですが、とにかく素晴らしい作品を描く画家です。
 
 
  日曜美術館「高島野十郎」 中庭でいっぷく   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高島野十郎の絵は15年ぐらい前、NHKの「日曜美術館」で1度見たきりでした、その後、美術番組で見かけることもなかったので、テレビに「蝋燭」や「菜の花」の絵が登場したときは、めっさテンションあがりました!しっとりした美しさが素敵ですねえ。司会者もとても心魅かれていたみたいです。
 
 
  高島野十郎之墓碑 山本山普光院 観興寺   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  観興寺にある野十郎の墓碑は、昭和63年 ( 1988 ) 、野十郎の実弟である 重松喜六氏の長男 重松善彦氏と、長女京都光子氏によって建立されたもので碑石の文字は、野十郎の自筆だそうです。
 
 
  涙が止まらなかった、高島野十郎の展覧会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  久々に、命の洗濯をした。ようやく時間を作ることが出来て、念願だった三鷹市美術館で開催されている「高島野十郎展」に行ってきた。 言葉で説明すると、その瞬間に全てが嘘になってしまう、極限まで突き詰めた芸術の力。
 
 
  福岡県立美術館 没後30年 高島野十郎展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  久留米市出身の高島野十郎(1890〜1975)は、静物や風景のみならず、火のともった蝋燭や月が浮かぶだけの夜空をも対象に、克明な写実表現を追及し続けた洋画家。
 
 
  外山亀太郎像」 高島野十郎作 博士の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高島野十郎(1890〜1975)は本学水産学科出身という異色の画家。福岡県久留米に生まれ、農科大学で魚の神経の研究をした。長兄に岩野泡鳴や青木繁と交わった詩人高島宇朗(号泉郷)がおり、その感化からか学問の道には進まず、画家となった。とはいえ、美術学校にも通わず、美術団体にも属さず、徹底して自己流を貫いた。
 
 
  呼吸する絵、高島野十郎展 週刊媒体探偵団   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ◎偶然目に入った三鷹市美術ギャラリーのチラシ。 キャンバス中央上方に、月だけが描かれています。
 
 
  高島野十郎・作 『風景画4点』 美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  千葉県柏市の郊外に、「増尾」という土地があります。1960年の終わり頃、その土地にフラリと現れ、暮らし始めたという高島野十郎。 彼は畑の一角に小屋を建て、藁のベッドで寝起きし、七輪で煮炊きし、静かに絵を描いたといいます。
 
 
  没後30年 高島野十郎展 三鷹市美術ギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治23(1890)年、福岡県久留米市の酒造家に生まれた島野十郎(たかしまやじゅうろう)は、東京帝国大学農科大学水産学科に学び、首席で卒業しました。しかし周囲の期待と嘱望された学究生活を投げ捨て、念願であった画家への道を選びます。以来、約4年間の滞欧生活をはさんで東京、久留米に居を構えながら主に個展を作品発表の場として画業を続けました。
 
 
  明善の肖像 福岡県立明善高等学校公式WEB SITE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治23年(1890)、御井郡合川村(現久留米市東合川)に生まれる。中学明善校に進み、東京帝国大学を卒業後、職に就かず絵の道へ。特定の師や絵画団体にも所属せず、また生涯独身であった。生涯で数度しか個展を開催せず、作品はほとんど発表していない。
 
 
  「高島野十郎展」 三鷹市美術ギャラリー -はろるど・わーど-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「美術散歩」のとらさんのエントリを拝見して行ってきました。生前、殆ど有名になることがなかった(パンフレットより。)という、画家の高島野十郎(1890-1975)の回顧展です。静謐でまた、時として力強い静物画が特に魅力的でした。
 
 
  孤高の高島野十郎展 三鷹市美術ギャラリーのパンフレットから   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名・弥寿(やじゅ)、明治23年生まれ。福岡の酒造業の四男。東京帝国大学農学部の水産学科を主席で卒業、恩賜の銀時計を辞退したという。以後、独学で絵を描く。・・・ 克明な写実、目に見えるものすべてに等しく眼差しを注ぐ。それが「慈悲」だという。「慈悲としての写実」とされる。  増尾のアトリエに井戸を掘った。水道水は飲まない。訪ねた姪に、ここはパラダイスだといったという。ここで月と太陽と蝋燭の炎を描いた。柏の郷土画家である。
 
 
  数奇な運命を経て復活した絵・・・雨「法隆寺塔」  高島 野十郎展に寄せて   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ☆先日の番組で取り上げられた作品の中で,特に印象的だったのがこの作品です。 実物を展覧会でも見ましたが,この絵が二度も高度な修復を受けた絵だとは気付きませんでした。
 
 
  高島野十郎画集/作品と遺稿 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  没後30年。世俗を超越した生き様、精神性の高い表現により再見の動き著しい高島野十郎、初めてにして唯一の画集!!この孤高の画家と深く交流してきた生き証人と、発掘に大きく貢献した学芸員を監修に迎え、その20余年に及ぶ研究成果と新たに発見された作品を収録した決定版!!
 
 
  高島野十郎画集 作品と遺稿 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初めてにして唯一の画集。 没後30年。世俗を超越した生き様、精神性の高い表現により再見の動き著しい高島野十郎。 この孤高の画家と深く交流してきた生き証人と、発掘に大きく貢献した学芸員を監修に迎え、その20余年に及ぶ研究成果と新たに発見された作品を収録した決定版。 高島野十郎の肉声が綴られた遺稿「ノート」を全文掲載。
 
 
  過激な隠遁  高島野十郎評伝 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  24歳の著者が64歳の野十郎と運命的な出会いを果たし、思想、人生、芸術を熱く語り合った20年の歳月。真実の自由を求めて、「俗世」で「世捨て」を貫いた画家、精神のアナキスト高島野十郎の真実の肉声を伝える。
 
 
  高島野十郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高島野十郎 の画像 - Google
 
 
岸田劉生.1891
岸田劉生 「毛糸肩掛せる麗子肖像」 岸田劉生 「早春」
  岸田劉生 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岸田 劉生(きしだ りゅうせい、男性、1891年6月23日 - 1929年12月20日)は、大正〜昭和初期の洋画家。父親はジャーナリストの岸田吟香。 明治24年(1891)、明治の先覚者、岸田吟香の子として東京銀座に生まれた。明治41年(1908)、東京の赤坂溜池にあった白馬会葵橋洋画研究所に入り黒田清輝に師事した。
 
 
  岸田劉生   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1891(明治24)年 東京・銀座に漢学者 岸田吟香の四男として生まれる。1908(明治41年) 黒田清輝が指導する白馬会葵橋洋画研究所へ入り、油絵を学ぶ。1910(明治43年) 第4回文展初出品。1911(明治44)年 雑誌『白樺』に触れ、ゴッホ、セザンヌなどに強い関心をいだく。1912(明治45)年 高村光太郎らとヒュウザン会展に出品し、大正時代に若手登場の新しい頁を開く。
 
 
  岸田劉生 五月の砂道    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1916年7月、岸田劉生は肺結核の宣告を受けた。人一倍死を恐れ生に執着した感受性の強い劉生には、もっともつらい時期であったと思われる。翌年の2月、療養のため神奈川県鵠沼に転居。その効あってか、その年の暮れ頃には健康を取り戻している。本作が描かれた18年の春には、健康であることの喜びを全身に感じて新緑の季節を満喫したことだろう。避けていた戸外での写生もにわかに増えている。
 
 
  劉生自筆の絵葉書現存   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岸田劉生自筆の「尾道より」の絵葉書が、現存していることが尾道白樺美術館の調べで判った。「麗子像」で知られる劉生の長女麗子さんの著書「父岸田劉生」の中で、この絵葉書のことが書かれており、現在「白樺と岸田劉生展」を開催中の同館にとっては"歴史的な発見"となった。 山陽日日新聞
 
 
  岸田劉生 《林檎を持てる麗子》   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岸田劉生といえば即座に想起させる「麗子像」のモデル、麗子は大正3年4月、岸田劉生・蓁夫妻の長女として生まれた。麗子の誕生以来劉生はスケッチに描き留めたりしたが、数え年5歳の時からモデルとして本格的に制作し始めた。最初の油彩作品《麗子五歳之像》(東京国立近代美術館所蔵)ではデューラーの影響が強くうかがわれる。
 
 
  岸田劉生 松岡正剛の千夜千冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「僕の画には近代的なところが欠けているかもしれない」と劉生は書いた。近代的な手法には学ぶべきことはたくさんあるが、「なんとはなしにそれは自分の内容を生かすにそぐわないのである」という説明だ。「物質感の表面の如実感を写すやり方」も「輪郭をぼかすことによって出る味」も「刷毛目の渋味」も、どうにも自分には合わない。まして印象派の手法などとんでもない、と書く。
 
 
  岸田劉生 作品展示室 天一美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岸田劉生(1891〜1929)は近代日本の洋画界で異彩を放った画家として知られています。この作品は劉生の娘・麗子が8歳の時の像です。劉生は麗子が生まれるとまもなくスケッチを始め、油彩、水彩、墨彩などで麗子を描き続けました。 
 
 
  岸田劉生/日本の名品に出会える美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生涯を通じて肖像画の制作に取り組んだ、岸田劉生に出会う 肖像画を多く手がけ、愛娘の麗子をモデルに生涯にわたり20点以上描いている。 東京国立近代美術館(東京都)
 
 
  岸田劉生:道路と土手と塀(切通之写生) (1915)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  独立行政法人 国立美術館
 
 
  岸田劉生 きしだりゅうせい 1891(明治24)〜1929(昭和4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大正・昭和期の洋画家 1908(M41)白馬会研究所に入り、黒田清輝に師事。10第四回文展に外光派風の作品で入選。雑誌「白樺」の影響をうけ、誌上に紹介された後期印象派の作品に傾倒し12(T1)斎藤与里・木村荘八らとフェーザン会を結成した。自画像や肖像画を制作したり、北欧ルネサンスの絵画に関心を示す。 歴史が眠る多磨霊園
 
 
  岸田劉生 キシダリュウセイ -人名辞典-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の画家。1891年東京銀座に漢学者岸田吟香の子として生まれる。1908年白馬会葵橋洋画研究所に入り、黒田清輝に油絵を師事する。1910年第4回文展に初入選。1912年高村光太郎、萬鉄五郎らとヒュウザン会を結成した。1915年現代の美術社主催第1回美術展(第2回展以降の名称は「草土社展」)を主宰、1922年までの草土社展9回すべてに出品している。
 
 
  岸田劉生に褒められた村山知義。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岸田劉生は、展覧会へ出かけると当時主流となっていた西洋画を前に、片っぱしから「こんなバッカな絵を描いて! こんなものを!」と怒鳴って歩いていたという。だから、画家仲間からはどんどん孤立し、もちろん友人たちからは疎まれて、後年には劉生のもとを訪れる人さえまれになっていく。
 
 
  岸田劉生 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岸田劉生 の画像 - Google
 
 
長谷川利行.1891
  長谷川利行 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長谷川 利行(はせがわ としゆき、1891年 - 1940年10月12日)は京都府京都市山科区出身の洋画家である。 非常に速筆で、1 - 2時間ほどでれっきとした油絵を仕上げてしまう。自身の "アトリエ" を持たず、「思い立ったら絵を描く」スタンスを生涯続けた。
 
 
  長谷川利行の女性像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長谷川利行の少女像や裸婦は、どれも一般的にきれいで上品な女性像(例えば、ラファエロみたいな)ではありません。だけどとても魅力的ですね。なぜそんなに私たちを魅了して止まないのか、私が感じたことを書かせていただきます。
 
 
  長谷川利行の『黄色い画』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1980年代に父が突然売却した絵に再会したのは2000年秋、東京ステーションギャラリーで開かれた「没後60年長谷川利行展」においてだ。会場の奥まったところに「青布の裸婦」(1937年)として飾られた絵はやはり黄色く浮き上がるようだが、頭の下で手を組み膝を曲げ、ドカリと寝ている女性は紺色の何かの上にいることに気付いた。
 
 
  長谷川利行 (1891-1940年)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『絵を描くことは、生きることに値するという人は多いが、生きることは絵を描くことに価するか。』(1923年 32才)  日本近代洋画史上、最高の作家だと思います。本当に絵を描くことが好きな純粋な「絵描き」ですね。 描かれた人物はどれもみずみずしく、風景は雑踏の音が聞こえてきそうで、どの絵にも生命感が宿っています。
 
 
  長谷川利行年譜 東俊郎/編   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  7月9日、京都山科に五人兄弟の三男として生まれる(出生届けの本籍は京都府久世郡淀下津町104番戸)。なお長男は不明だが、次男利一は1887(明治20)年8月2日に、四男利邦は1894(明治27)年8月20日に、そして五男清は1902(明治38)年に生まれている。
 
 
  日本のもっとも偉大な油絵描き   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長谷川利行が東京の風景に本当に感動していたかどうかはわからない。ご本人が死ん でしまっているのだから聞いてみることはできないし、もし、本人に聞いても本音を 言うかどうか、言葉は当てにならない。しかし、絵は語っている。長谷川の絵は感動を描いている。少なくともそう見える。
 
 
  長谷川利行「浅草風景 ロック座」 2   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この作品のキャンバス裏側に、おそらく原購入者(O氏といたします)が書き込んだのでしょう、購入日と場所が書いてありました。私は購入した日付を見てびっくりいたしました。「昭和二十年九月十九日」 終戦からほぼ一ヶ月後のことです。
 
 
  長谷川利行 東京ステーションギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京下町の風景や庶民的生活者の姿を題材に、素朴な描線と暖かい色使いで制作活動を行い、やがて浮遊と放浪の果てに49歳の若さで生涯を終えた長谷川利行(1891-1940)。謎に包まれた彼の生きざまと画業を、油彩約100点の他、水彩、素描、ガラス絵等、計約130点で回顧。
 
 
  [長谷川利行] パースペクティヴの彼方へ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「生きることは絵を描くことに価するか」と自問しながら、震災復興期の大正末から昭和恐慌を経て日中戦争へと突入する昭和初期のモダン都市東京の巷を徘徊し続けた長谷川利行は、ついに太平洋戦争目前の昭和15年の春、三河島の路上で行き倒れ、10月、板橋の養育院で、胃ガン末期の痩せさらばえた躯を誰一人の知友にみとられることもなく、孤独のうちに逝去した。
 
 
  長谷川利行 「根岸風景」 鉛筆にパステル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この作品は鉛筆で一気に描きクレパスで彩色を施した作品で、得意の空間表現と路上を行き交う人々の姿をも一瞬のうちに描ききっています。 利行は「生きることは絵を描くことに価するか」と常に叫び続け、眼に捉えたものを瞬時のうちに間をとって描く事に才をたけていました。
 
 
  長谷川利行 「浅草の女」 福島県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長谷川利行(1891-1940)は昭和初期に活躍した洋画家です。京都に生まれ、当初は歌人として出発した利行は、新宿や浅草、上野の下町を転々とし、放蕩無頼の生活を送りながら、昭和初期のモダンな東京風俗を活写しました。
 
 
  長谷川利行(1891-1940) 裸婦 制作年不詳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水彩・紙 33.4×24.8cm 岡田文化財団寄贈
 
 
  長谷川利行 「カフェの入口」 府中市美術館    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長谷川 利行は、近代日本洋画のなかでも最も純粋なフォーヴィスム(野獣派)の作家の一人とされています。彼の生き方は、常識的な枠をはみ出した放浪型であり、浅草、荒川、新宿などの街をさすらいながら、「美」を捉えようとして飽くことがなかったと言われています。
 
 
  長谷川利行 岸田国士像  東京国立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和5年   油彩・キャンバス・額・1面   74.0×54.0 18回二科展(「劇作家(岸田国士氏肖像)」 昭和30年度   木村東介   寄贈
 
 
  長谷川利行 (はせかわとしゆき)  愛知県美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都府に生まれる。彼の経歴には不明な点が多いが、中学時代は和歌山県湯浅町で過ごし、詩歌に興味をもち、また水彩画を描いていたようである。1921年頃に上京し、はじめは文学を志したが、1923年の関東大震災の後に本格的に油絵を描くようになった。この年、第1回新光洋画会展に入選。
 
 
  長谷川利行 酒売場 愛知県美術館所蔵作品選   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都市に生まれる。前半生に関しては不明な点が多い。和歌山県湯浅町の中学に通う頃から、詩や短歌などを発表していたと伝わる。1921年ころ上京し、歌人生田蝶介の紹介で矢野文夫らと交流する。関東大信災に遭遇した体験を、歌集『火岸』としてまとめた翌年、新光洋画会展に初入選する。
 
 
  長谷川利行 ≪質屋の子守≫ 美術館連絡協議会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都山科の生まれ。少年時代から詩や短歌に親しんだ。1921年頃上京。1932年、浅草今戸の友人画家のアトリエに仮寓した頃より放浪の生活が始まる。下町の安宿を転々としながら、この界隈の風景や酒場、停車場を描き、またカフェ、サーカス、安来節の女、踊り子、活弁などを好んで取りあげた。
 
 
  東日本橋と下落合の長谷川利行。 [気になる下落合]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦前、わたしの実家の斜向かいには、千代田小学校(現・日本橋中学校)との間にはさまれて、すずらん通り沿いに丸見屋本社のビルが建っていた。… この丸見屋の給料日になると、ポロを着た男がウロウロとすずらん通りをやってきては、受付に居座ってテコでも動かない。それまで描きためた絵を、押し売りにやってきた長谷川利行だ。
 
 
  長谷川利行 「裸婦」 大正10年新光洋画会展初入選   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  描かれた裸婦は私が所有している油彩の裸婦と色彩も特徴もそっくりで、裏面には鉛筆デッサンが描かれ、たぶん初期の頃の裸婦作品と思われます。 しかし、この穏やかで愛くるしい作品は、きっとこの時期には、まだ利行の生活が荒んでいなかったからでしょうか?
 
 
  長谷川利行 『カフェ・オントリオ内のスタンド』 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中学時代から文学に傾倒し、同人誌に小説、詩、短歌を多くのせる。中退後は歌集を私家出版。1921年に上京、『講談雑誌』に大衆小説を発表する傍らで絵画制作にも励む。1923年、第一回新光洋画展に『田端変電所』が入選。
 
 
  パンジー ぱんじー 長谷川利行 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都府に生まれる。彼の経歴には不明な点が多いが、中学時代は和歌山県湯浅町で過ごし、詩歌に興味をもち、また水彩画を描いていたようである。1921年頃に上京し、はじめは文学を志したが、1923年の関東大震災の後に本格的に油絵を描くようになった。この年、第1回新光洋画会展に入選。
 
 
  伊豆大島 いずおおしま 長谷川利行 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都府に生まれる。彼の経歴には不明な点が多いが、中学時代は和歌山県湯浅町で過ごし、詩歌に興味をもち、また水彩画を描いていたようである。1921年頃に上京し、はじめは文学を志したが、1923年の関東大震災の後に本格的に油絵を描くようになった。
 
 
  長谷川利行の生涯とその作品 SHINWA ART JOURNAL   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  利行の画業はおよそ3つに分けることができるとされていますが、今回の出品中、年代が判明しているものでは1929年から1937年にかけての作品があり、幅広い時期を網羅しています。
 
 
  長谷川利行の愛した下町展 ザッツ・エンターテインメント   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  10月12日は利行の命日であり、不忍池の弁天島にある利行碑の前で、法要が行われるが、それにちなみ、湯島天神向いの、湯島ハイタウンにある画廊「羽黒洞」で、長谷川利行の作品展が開催されている。羽黒洞の先代の木村東介氏は、戦時中、長谷川作品を疎開させ守り抜いた功労者である。
 
 
  O氏コレクション展−長谷川利行と長谷川りん二郎の世界−   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長谷川利行 出品作リスト:花 晩秋 高橋新吉氏の顔 バーの風景
 
 
  長谷川利行 HASEGAWA Toshiyuki  少女 日本近代美術コレクション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「客観的な描写を重視しなかったため、大抵描かれた本人に気に入られず、破り棄てられたこともあった」という、天衣無縫の長谷川の作品としては非常に清澄な麗しさと落ち着いた雰囲気を持つ少女像である。
 
 
  長谷川利行画文集 どんとせえ!<書籍情報>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自分の過去を消し、ドヤ街に暮らし、酒におぼれ、野垂れ死んだ男、長谷川利行。 その謎に満ちた生涯と作品世界を、利行自身の言葉で辿る。没後60年新鮮な感動がここに。
 
 
須田国太郎.1891
  須田国太郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  須田 国太郎(すだ くにたろう、1891年 - 1961年 )は洋画家。京都市出身。重厚な作風と東西技法の融合に特色。著書に『近代美術とレアリズム』等がある。 息子に東海旅客鉄道初代社長の須田寛がいる。
 
 
  大井俣窪八幡神社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大井俣窪八幡神社(通称、窪八幡)は貞観元年(859年)に清和天皇の勅願により宇佐八幡を勧請して以来一千年を越す歴史を有し、後代には武田氏をはじめとする甲斐源氏の崇敬を集めた伝統ある神社です。
 
 
  須田国太郎 『草花』 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  正2年、京都帝国大学に入学、美学・美術史学を学ぶ。大正6年関西美術院に入り、デッサンを学ぶ。大正8年から渡欧、ヴェネチア派やスペインの巨匠の作品の模写、研究に励む。帰国後の昭和7年に東京で個展を開催し画壇デビュー。
 
 
  須田国太郎  静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都市中京に生まれる。少年期から文芸趣味に秀で、第三高校以来没年まで謡曲を趣味とする。京都帝大で美学美術史を専攻、写実主義を卒論とし、大学院で絵画の技法論を学ぶ。1919(大正8)年渡欧、マドリードを中心に各地を旅し、マニエリスム絵画を主とした模写10余点と多数の風景画を描く。
 
 
  須田国太郎展 Fuji-tv ART NET   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  須田国太郎(1891−1961)は京都に生まれ、京都帝国大学で美学美術史を学びながら関西美術院でデッサンを修めました。その後大学院に進学、1919 年には絵画理論と実践の綜合を求めるべく渡欧して、主にスペインのプラド美術館で、ヴェネチア派の絵画の色彩表現やエル・グレコの明暗対比の技法を独学します。
 
 
  「須田国太郎展」に行ってきました   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都国立近代美術館で催されている「須田国太郎展」に行ってきました。洋画家・須田国太郎さん(1891-1961)の作品展です。私の目当てである能・狂言デッサンは最後の展示区画。須田国太郎さんは、独学で油絵を描きはじめられたのとほぼ同時期(1910年。19歳)に高岡鵜三郎(シテ方金剛流)に入門。能の謡を生涯の趣味とされたそうです。
 
 
  須田国太郎展 いづつやの文化記号:   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本人が描く洋画が全部頭に入ってるわけではなく、むしろ展覧会情報は薄いほうなのだが、これほど大物の洋画家だったら、もう少し頻繁に個展が開かれてると思ったが、実際は逆だった。 過去に観た須田国太郎の作品は10点くらいしかない。
 
 
  「歩む鷲」 「須田田国太郎」の一部として   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1937年に日中戦争が起こった後、1938年には国家総動員令が作られ、1941年12月には太平洋戦争が始まった。 須田は戦争期にあっても優れた作品を残している。 戦争期の須田の絵からは、この画家が息詰まる緊張の中で混迷に陥っていった印象を受ける。…
 
 
  須田国太郎 「ヴァイオリン」1933 絵と版画の交響   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ―須田国太郎、鳥海青児から駒井哲郎まで― この展覧会は、マティエールに特色のある須田国太郎、鳥海青児の油彩画を中心に、国吉康雄や松本竣介などの作品をはじめ、音楽の感性を造形化した駒井哲郎の版画作品に至るまで所蔵品約30点を紹介いたします。
 
 
  須田国太郎 能・狂言デッサン展 伊丹市立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  偉大な画家であり、碩学であった須田国太郎は、資料によれば、明治43年、19歳の時に、独学で油絵を描き始めた頃から、金剛流高岡鵜三郎に師事して謡曲を習い、能・狂言に関する造詣も深かったという。
 
 
  都落ちと同時に得たものは生涯の親友、須田国太郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和7年 富豪画家時代は終わりを告げ上落合の借家に移転する。 この頃より零落の迷いからか観相家や占者を訪ねて運勢を観てもらっている。 昭和8年 「現代風景画選集」に第十一回春陽会展出品の「島」が収録された。 昭和9年 3月独立美術協会の会員になる。
 
 
  「校倉(甲)」「校倉(乙)」 「須田国太郎」の一部として   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  南大門をくぐって東大寺大仏殿に向かって歩くと、白壁に柱の朱塗りの映える中門がある。 この中門を回廊伝いに歩いて鏡池を見ながら右端に出ると、そこに手向山八幡宮神社の鳥居があり、参道の坂道がまっすぐに上っている。 参道の脇に並行してもう一本のうねった坂道が続く。…
 
 
  須田國太郎展 〜「発掘」(1930)の下絵を中心として〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  須田国太郎は日本の洋画壇において没後40年にして最も再評価、研究がなされている画家の一人といえる でしょう。 公立美術館へ行けば彼の代表作を観ることが出来ますが、その作品が生まれる過程における画家の試行錯誤 、(あるいは思考の遍歴)はなかなか目にすることが出来ません。
 
 
  須田国太郎 能・狂言デッサンの電子化・公開について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  わが国を代表する洋画家、須田国太郎画伯(明治24−昭和36)が遺された約5,000枚の能・狂言デッサンが平成13年に大阪大学に寄贈されました。
 
 
  須田国太郎展 《歩む鷲》 1940年  東京国立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代洋画家を代表する須田国太郎の大回顧展
 
 
  須田国太郎 「窪八幡」(1955) 東京国立近代美術館所蔵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  須田は昭和30年8月に東京に上京した帰路の途中、山梨に立ち寄り窪八幡を訪れました。「窪八幡」はその際のスケッチを元に、帰京後に完成させた作品であり、同年の第23回独立展に出品されました。この作品は本殿を背後から描写したものです。
 
 
  須田国太郎 「烈日下の鳳凰堂(平等院)」 上原近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  もともと京都帝国大学、次いで同大学院で美学・美術史を学び、その研究に根深く励んだ須田は、さらに学業の一環としてティントレットやティツィアーノ、エル・グレコらの作品を模写してその真髄に迫った。
 
 
小茂田青樹.1891/
     
堂本印象.1891
  堂本印象 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堂本 印象(どうもと いんしょう、1891年12月25日 - 1975年9月5日)は日本画家。帝室技芸員。芸術院会員。京都府生れ。本名:堂本三之助。 1910年(明治43)、京都市立美術工芸学校卒業後、西陣織の図案描きの仕事をしていたが、日本画家を志して京都市立絵画専門学校に入学。1919年(大正8)、帝展初出展作「深草」が入選した。
 
 
  京都府立堂本印象美術館 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都府立堂本印象美術館(きょうとふりつどうもといんしょうびじゅつかん)は、京都府京都市北区にある美術館。 1966年(昭和41年)、日本画家堂本印象が自らの作品を展示するために設立した美術館で、その斬新な外観は堂本印象自らのデザインによる。
 
 
  堂本印象の非具象絵画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和30年頃から堂本印象は、日本画としては類を見ない、非具象的な絵画を続々と発表し始め、世間を驚愕させることになります。そればかりではなく、目まぐるしく表現方法や対象を変貌させた従前の作品と同様に、様々な試みを取り入れることをも躊躇いませんでした。
 
 
  京都府立堂本印象美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豊かな歴史と自然に溢れる金閣寺から龍安寺、仁和寺に至る「きぬかけの路」に立地する近代日本画の大家 堂本印象(1891〜1975)の美術館。  観音と勢至/女人出定/色即是空/法然上人一枚起請文/乳の願い/木華開耶媛/観世音/疑惑/交響
 
 
  京都府立 堂本印象美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堂本印象が生涯描き続けた仏画に注目します。 印象は仏教に深い関心をもち、観音図をはじめ仏教や寺院空間にふさわしい作品を数多く残しました。 自らの絶筆「善導大師」も阿弥陀如来をモティーフとしています。
 
 
  堂本印象 「山清霜降」 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名三之助。明治43年京都市立美術工芸学校図案科を卒業、京都西陣の図案を手がけるが、大正7年日本画を志して京都市立絵画専門学校に入学する。在学中の8年第1回帝展に初入選、翌9年西山翠嶂の画塾青甲社に入門する。大正11年九名会に参加、12年に中国を訪れる。昭和5年市立美術工芸学校教諭となり、8年画塾東丘社を創設する。また京都・大徳寺、仁和寺など寺院の襖絵・天井画・柱絵を数多く手がける。
 
 
  堂本印象  和光の日 おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堂本印象  和光の日 紙本
 
 
  堂本印象美術館 癒しの美術館探索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堂本印象美術館は、京都の立命館大学 正門前にあります。 母校の目の前に、文字通り正に印象的な美術館があったにもかかわらず、学生時代、一度も行ったことがなかったです ^_^; 周囲には仁和寺や龍安寺、金閣寺に至るきぬかけの路に立地されている堂本印象美術館。
 
 
  堂本印象 『明眸ここに』 古美術こもれび   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  どうもと・いんしょう 日本画家 京都生 名は三之助 京美工卒 京都絵専に進み、西山翠嶂に師事、青甲社に入る 抽象画・彫刻・工芸も手がける また京都の大徳寺・仁和寺・東寺・醍醐寺など寺院の襖絵、壁画を多く手がけた
 
 
橘小夢.1892/
     
中川一政.1893.2
  中川一政 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中川一政(なかがわかずまさ,1893年2月14日 - 1991年2月5日)は、東京都生まれの洋画家、美術家、歌人、随筆家である。 97歳と長命であったが、晩年まで創作活動を続けたという。
 
 
  中川一政   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私が始めて中川一政の本物に出会ったのは、平成10年5月12日新津市中野邸美術館で開催された「中川一政・新潟の足跡」である。  その展示会場で見た「でく」に、私は一瞬背筋が寒くなった。そのでくは真っ赤なその展示会場で見た「でく」に、私は一瞬背筋が寒くなった。そのでくは真っ赤なその展示会場で見た「でく」に、私は一瞬背筋が寒くなった。そのでくは真っ赤な顔をした墨彩画であり「我はでくなり つかはれてをどるなり」とかかれてある。
 
 
  中川一政美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  真鶴町立中川一政美術館は、日本洋画壇の重鎮であり、文化勲章受章者の中川一政画伯より自作の油彩・岩彩・書等数多くの作品の寄贈を受け、平成元年3月開館いたしました。
 
 
  大器晩成 中川一政   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  友人が‘我が師’と仰ぐ中川一政。 この絵を初めて観た時の衝撃!! 素朴な色彩と、わかりやすさ。なんか励まされる。 まだまだこれから!先は長いさ!って言ってくれてるようで。。。
 
 
  松任中川一政記念術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白山市の鶴来博物館で白山を描き続けた画家「井田重男展」を見たあと、JR松任駅の隣にあるこの美術館まで足を伸ばした。 本館のほかに別館やふるさと館まで見て廻れる。
 
 
  中川一政 人物二人/鹿   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作品は全て弊社在庫ですので、ご来訪頂きましたら、全て現物をご覧頂けます。
 
 
  中川一政 「薔薇」 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1893年(明治26)東京〜1991(平成3)神奈川 独学で油絵を始めるが、巽画会入選作が岸田劉生の目にとまり草土社に参加、又「白樺」同人と交友をもった。二科賞受賞後、春陽会創立に参加し、最期まで同会を活動の中心とする一方、小杉放菴発起となる老荘会に加わって中国古典にも親しんだ。
 
 
  車木工房  版画コレクション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  奈良県の橿原神宮近くにある車木工房をはじめて訪れたのは7,8年前だろうか。陶芸家の大道正男さんがこの工房でやきものを作っていたからだ。その時に画家の中川一政さんの絵を版画にしていた所と聞いた。…
 
 
  「中川一政、直球勝負の書」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中川一政(1893〜1991年、75年に文化勲章受章)は洋画家でしたが、絵画と同様に魅力的な文章や書も数多く遺しました。
 
 
  中川一政美術館(真鶴町立)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  真鶴半島の自然林の中にたたずむ。どこか和風の趣がある。建築設計の吉田五十八賞を受賞しているのもわかる。 昭和24年から、98歳近くで亡くなるまで、中川一政はこの穏やかな環境で旺盛な創作意欲を持ち続けた。
 
 
  中川一政美術館 実りのとき   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中川一政美術館/美術館入口/日本一広いアトリエ/花の絵画/色彩画家中川一政/復元されたアトリエ  
 
 
  真鶴町町立 中川一政美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  真鶴半島のほぼ中央、バスで原生林のトンネルをくぐると、鬱蒼とした原生林の中に洒脱な建物が現れる。
 
 
  中川一政文選 <書籍> 筑摩書房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中川一政文選 <書籍> 筑摩書房
 
 
  中川 一政  富士山 ギャラリー壮美   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  富士山 昭和 30年頃 (1955年頃) 27.0 × 24.2 cm
 
 
  天衣無縫なる巨人・中川一政の画業   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一見無造作に そして奔放に伸び伸びと描かれた薔薇や椿 そして風景画  特に九十歳を遥かに超えながら 十国峠から描かれた200号の『駒ヶ岳』の風景画の数々は観るものを圧倒する  誰に師事するでもなく 独立自尊で勉強をしたパワフルな創造力 そんな巨匠の略歴を少々御紹介しておこう
 
 
  中川一政 金魚 絵画(銅版画)作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作品名 金魚   画面サイズ 183×235mm   画面サイズ 183×235mm   技法 銅版画
 
 
  中川 一政(なかがわ かずまさ)略年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中川 一政(なかがわ かずまさ)略年表  石川県白山市
 
 
  中川一政 薔薇/駒ケ岳/唐津木偶陶板   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和初期、小杉放庵がよく延楽に逗留され南画を描いたり、黒部峡谷に入り歌を詠んでいます。その自由闊達な振る舞いは、放庵紙と呼ばれる半すきの和紙に描かれた作品から窺い知る事が出来ます。
 
 
  中川一政「福浦突堤」  美術館のある街へ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中川一政と「福浦突堤」:真鶴半島の入り口、相撲湾に開けた小さな港町、神奈川県真鶴町。 一年を通して大勢の釣り客や磯遊びに来る人たちで賑わう。豊かな森の緑とふりそそぐ太陽、そして、どこまでも広がる雄大な水平線。そんな真鶴の風土をこよなく愛した一人の画家がいた。/中川一政が愛した「真鶴」の街
 
 
  中川一政  なかがわ かずまさ  おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薔薇/椿/書(馬)/書(柿本人麿)/柿梨/カレイ/獨逸の壺 /薔薇/バラ/人物/でく/百日草
 
 
  中川一政 NAKAGAWA Kazumasa <絵画・物故>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1993年東京生まれ。1944年「中川一政水墨展」(銀座資生堂)開催。1967年「中川一政回顧展」(銀座松坂屋)開催。1975年文化勲章を受章。1982年「中川一政展」(秋田市立美術館)開催。1986年松任市立中川一政記念美術館が開館。1989年真鶴町立中川一政美術館が開館。
 
 
  静物 中川一政(なかがわかずまさ) 美術飼料紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岸田劉生の圧倒的な個性によって先導され、注目を集めた草土社はその反面、没個性の要素をはらんでいました。多くは劉生に追従する写実的画風を示していましたが、創立同人として参画した中川一政の場合は初めから少し違っていました。
 
 
  中川一政  「向日葵」  ART MART - Yahoo!オークション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ゴッホに傾倒していた一政にとって向日葵は薔薇以上に特別な存在です。 本作品は近年の美術市場においては稀有で見事な出来栄えの名作ではないでしょうか。
 
 
  97歳で書いた書には、絵画と同様に力がみながっている   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  神奈川県の真鶴半島の突端に真鶴町立中川一政美術館がある。画家・中川一政の作品ばかり集めた美術館だ。数年前、テレビで中川のことを紹介していたのが妙に印象に残って、それ以来一度この美術館を訪れてみたいと思っていた。
 
 
  中川 一政 Kazumasa Nakagawa   「つらつら椿」/「おれとお前」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1896 東京本郷に生まれる  1914 巽画会に油絵初入選  1915 巽画会最高賞受賞 草土社を岸田劉生・木村荘八らと組織、同人となる 1975 文化勲章受賞  1986 松任市立中川一政記念美術館開館  1989 真鶴町立中川一政美術館開館  1991 死去
 
 
  中川一政 明治26年(1893)〜平成3年(1991) 花田美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京で生まれ 同地で歿。明治26年、東京本郷に生まれる。独学で油絵を勉強し、21歳のとき最初に描いた作品「酒倉」が岸田劉生に認められ、画家を志すようになった。詩情ある独自の油絵を描く一方に、日本画、書、陶芸等にも精通し、また随筆や紀行文等の著物も多い。
 
 
  中川一政 なかがわ かずまさ 1893-1991 洋画家 IMAGINE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  21歳のとき最初に描いた作品「酒倉」が岸田劉生に認められ、画家を志すようになった。 油彩だけではなく、岩彩(日本画)書・篆刻・陶芸・装丁などその創作活動は自由奔放で多方面に渡っている。また屈託のない文章で知られる随筆、紀行文など著書も多い。
 
 
  中川一政 (なかがわ かずまさ) 「まずくとも 生きていればいい」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中川一政は日本洋画壇を代表する画家。自由奔放に自らの画壇を切り開き、昭和五十年文化勲章を受章した。
 
 
  中川一政 (文化勲章作家)   「金魚」 /「金魚」 /「鹿」/「向日葵」/「金魚」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「中川一政」版画作品のご紹介
 
 
  中川一政 『野の娘』変容図譜 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中川一政の代表作「野の娘」を軸にその変容を描いた図譜。詩歌、絵画に多才ぶりを発揮した中川一政の真の魅力を探る。
 
 
  中川一政 関連書籍 44件 Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中川一政 関連書籍 44件 Amazon.co.jp
 
 
児島善三郎.1893.2/
  「児島善三郎」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  児島善三郎 - Google 検索
 
 
木村荘八.1893.8/
  「木村荘八」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木村荘八 - Google 検索
 
 
山口蓬春.1893.10/
  「山口蓬春」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口蓬春 - Google 検索
 
 
伊東深水.1894
  伊東深水 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊東 深水(いとう しんすい、1898年2月4日 -1972年5月8日)は大正・昭和期の日本画家。本名一(はじめ)。女優の朝丘雪路は娘。真由子は孫娘。やわらかな髪の表現と、鋭い線画による美人画が有名である。
 
 
  伊東深水論   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊東深水氏の生ひ立ちとか、少年時代の家庭的な並々ならぬ苦労とか、或は氏を立身伝中の人として語るといふことに、この人位材料に不足しない人はゐない、しかしこゝでは伊東氏の苦労話をすることをやめよう、何故なら、もし少年時代の不遇や不幸がすぐれた作家になることができるといふのであれば、まづ絵の勉強をする前に、苦労を先にするだらうからである。
 
 
  伊東深水 「雪」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊東深水 「雪」
 
 
  伊東深水 「吹雪」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊東深水 「吹雪」
 
 
  伊東深水誕生の地   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊東深水は、明治31年(1898)2月4日、深川西森下町の深川神明宮門前で生まれました。本名は一(はじめ)。深川尋常小学校に入学後、2年生のときに父が失職し、深川の地を離れました。しかし、深川との縁は深く、明治41年には深川東大工町の東京印刷株式会社(白河4−9)に勤務。ここで画才が認められ、同44年に日本画家の鏑木清方(かぶらぎきよかた)に入門しました。深水の雅号(がごう)は、深川の水にちなむもので、清方がつけたものです。
 
 
  伊東深水 「湯の香」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊東深水 「湯の香」
 
 
  「素顔の伊東深水」展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美人画で知られる伊東深水(1898-1972)。帝展、日展の審査員、理事、日本芸術院会員を歴任、日本画壇の重鎮として不動の地位を築いた作家です。昭和期に絶大な人気を誇り、今も人気の衰えることのない深水の展覧会は、折に触れ開催されてきました。 2006年4月8日〜6月4日 目黒区美術館
 
 
  伊東深水 「蛍」 木版画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊東深水 「蛍」 木版画
 
 
  伊東深水 いとう・しんすい   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名は伊東一(はじめ)。鏑木清方に師事し、巽画会や院展に出展。大正5年(1916年)渡辺庄三郎の彫りと摺りを分業した新版画運動に参加。美人画を得意とし、版画や挿絵も手がけた。昭和25年(1950年)に日月社を結成。日本芸術院会員。伊東深水誕生の地(東京都江東区森下1・常盤2)
 
 
  伊東深水 「和服の女」 素描   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  最後の浮世絵系美人画家と称され、絶対的な人気を誇る深水ですが、小学校を中退し、看板屋に丁稚奉公するところから画家活動がスタートします。東京印刷株式会社に入社後、才能を認められ、鏑木清方に師事しました。昼は印刷会社、夜は夜学と睡眠時間2〜3時間の生活が続いたそうです。16才で院展に入選し、プロの画家として独立します。
 
 
  伊東深水 「夜会巻(あげまき)」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊東深水 「夜会巻(あげまき)」
 
 
  伊東深水 (Ito Shinsui) 足立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治31年(1898)〜昭和47年(1972)   「夢多き頃(ゆめおおきころ)」昭和27年(1952)/深水が独自の群像形式を確立した記念的作品です。少女たちの顔もセーラー服も、それぞれ微妙な表情をもって描き分けられ、全体に清らかな美を生み出しています。画面手前のおさげ髪の少女は深水の娘朝丘雪路さんをモデルにしています。
 
 
  伊東深水先生書 「臼田亜浪師生誕の地」碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  臼田亜浪さんは小諸市新町生まれました(明治十二年) 「石楠」(しゃくなげ)を主宰した俳人です。 伊東深水先生の夫人、好子さんが臼田亜浪さんに俳句の指導を受けていました。 
 
 
  私と美人画・伊東深水との出会い (大竹五洋)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私は小学校3年の頃、雑誌の口絵に描かれていた美人画を見て興味を抱きました。その頃から「絵描きになりたい」という夢を持ち続けました。
 
 
  伊東深水 誕生100年記念 木版画  信濃十景   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  半世紀ぶりによみがえる伊東深水「新版画」の最高傑作!誕生100年を記念して、郷愁漂う名品を初版の版木で再現!
 
 
速水御舟.1894
『炎舞』  速水御舟 『洛北修学院村』 - 滋賀県立近代美術館 『名樹散椿』  速水御舟
  速水御舟とは - 美術人名辞典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1894〜1935) 日本画家。東京生まれ。旧姓,蒔田。本名,栄一。赤曜会の創立に参加。日本画の装飾性に近代的な写実を加え,特に細密描写を得意とした。作「炎舞」「京の舞妓」など。
 
 
  速水御舟 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  速水 御舟(はやみ ぎょしゅう、1894年8月2日 - 1935年3月20日)は、大正期〜昭和初期の日本画家。1894年、東京浅草に生まれる。従来の日本画にはなかった徹底した写実、細密描写から、やがて代表作「炎舞」のような象徴的・装飾的表現へと進んだ。長くない生涯に多くの名作を残し、「名樹散椿」は昭和期の美術品として最初に重要文化財に指定された。 1 生涯 / 2 補足 / 3 代表作 / 4 切手 / 5 脚注 / 6 参考文献 / 7 関連項目 / 8 外部リンク
 
 
  速水御舟  「鬱金桜」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  速水御舟  「鬱金桜」
 
 
  速水御舟  「杜若」木版画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  速水御舟  「杜若」木版画
 
 
  速水御舟「芙蓉」 - メナード美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  《芙蓉》は没前年の制作。大正期の徹底した写実の消化を経て、昭和5年の渡欧を契機にいっそう東洋美術への傾斜を深めた。本作品は確かな空間構成に冴えた線描、墨の柔らかな階調と花のみに施された紅の彩色との呼応が美しい芙蓉の図である。一連の水墨調の花鳥画と共に、そこにはまさに晩年の御舟が求めた日本画の理念がある。
 
 
  洛北修学院村 - 滋賀県立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大正2年、そして6年から京都に移った速水御舟は、翌7年に京都北郊の修学院に住み、細密描写の代表作「洛北修学院村」や「比叡山」を制作する。御舟は、この時期の作品を回顧して「群青中毒にかかった」と述べているが、群青や緑青を多用して独特の世界を造りあげている。「洛北修学院村」は、朝の爽快な田園風景を細密な描写で描きながら、いたずらに洋画的なリアリズムに走ることはなく、厳密な意味での遠近法などを無視してモチーフの強調が図られている。
 
 
  速水御舟 (Hayamizu Gyoshu) 足立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治27年(1894)〜昭和10年(1935)   「新緑(しんりょく)」/数種の梢から萌える若葉が画面いっぱいに描かれ、作者の感動がそのままに伝わってくるようです。大正初期に描かれたものとは思えないほどみずみずしさにあふれた作品です。
 
 
  速水御舟 「西郊小景」 愛知県美術館所蔵作品選   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここに描かれているのは目黒から望む東京の西の郊外風景であることが指摘されている。御舟は吉田弥一郎四女彌(いよ)子との結婚後、目黒の吉田本邸に住まうようになっており、野火止からの帰宅時にスケッチが描かれ平林寺の画室で描かれたものであろう。
 
 
  速水御舟作品一覧 - 山種美術館ミュージアムショップ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  絵はがき 速水御舟「写生帖2」《泰山木》. 100円. グリーティングカード2 速水御舟「翠苔緑芝」. 350円. グリーティングカード3 速水御舟「翠苔緑芝」. 350円. 豆箋2 速水御舟…
 
 
  速水御舟 「菊に猫」 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  速水御舟 「菊に猫」 の画像 - Google
 
 
  速水御舟 「比叡山」 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  速水御舟 「比叡山」 の画像 - Google
 
 
  速水御舟 「炎舞」 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  その生き物たちの一群は、「鱗翅目」と呼ばれています。鮮やかな瑠璃色。神々しい黄色と朱色。蝶たちが奏でる命の色彩に、私たちはため息をつくほかありません。但し、「蛾」も同じ仲間。美しい蝶ならいいが、蛾はどうも、という方が多いでしょう。ではご一緒に見に行きましょうか。世界で一番美しい「蛾」の姿を。  「炎舞」拡大
 
 
  速水御舟 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  速水御舟 の画像 - Google
 
 
池田遙邨.1895/
     
小倉遊亀.1895
  小倉遊亀 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小倉遊亀(おぐら ゆき、本名 小倉ゆき(旧姓溝上)、女性、1895年3月1日 - 2000年7月23日)は、昭和〜平成の日本画家。1895年滋賀県大津市に生まれる。奈良女子高等師範(現・奈良女子大学)卒業後、安田靫彦に師事している。1932年、女性として初めて日本美術院同人になった。1980年文化勲章を受章。105歳の長寿を全うして、2000年に鎌倉で没している。女流画家として、上村松園とともに日本を代表する存在である。
 
 
  小倉遊亀のこと   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小倉遊亀は大津の出身ではあるが、奈良女子高等師範に学び、大和の風物をこよなく愛していたようである。そんな事もあり、この飛鳥時代を代表する三像を描き、薬師寺に奉納したのであろう。
 
 
  小倉遊亀  「梅」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小倉遊亀  「梅」
 
 
  「梅」 (鳥の子和紙)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小倉遊亀  「梅」 (用紙 鳥の子和紙)
 
 
  小倉遊亀 「椿など」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  師・安田靫彦は、遊亀の静物画を「北鎌倉の特産物」と賞賛した ― 「私ね、物みな仏でないものはない、と思っている。ピーマンでも枝豆でも、椿でも梅でも、あ、いいなと思った時は、みな仏さんです」 
 
 
  小倉遊亀 「瓶花」木版画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小倉遊亀 「瓶花」木版画
 
 
  小倉遊亀 略歴/「初夏の花」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小倉遊亀 略歴/「初夏の花」
 
 
  小倉遊亀 「径」「浴女 その一」 東京国立近代美術所蔵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小倉画伯の作品は、身近にあるものに題材をとった人物画や静物画が多くをしめています。澄んだ色彩と骨太な線描、そこから生まれてくる明快な造形には、東洋的な精神性を重んじる日本美術院の伝統を引き継いだうえで、なお豊かな日常感覚に支えられた近代的な表現が明確に打ち出されています。
 
 
林武.1896/
     
東郷青児.1897
  東郷青児「望郷」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  砂漠に古代遺跡という幻想的な背景。その前で、まるでポーズを取るようにスカーフを巻いた少女が、風に吹かれています。くびれた腰。しなやかな腕。長い首。現実離れした完璧な肢体が、画家の美意識なのでしょう。マチエールと呼ばれるキャンバズの表情。迷いも、乱れもなく、鍛え抜かれた職人のように滑らかに塗られています。使われている色は、ほんの僅か。グレーと肌色、その微妙なグラデーションで一枚の絵を成立させているのです。
 
 
  東郷青児 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東郷 青児(とうごう せいじ、1897年4月28日 - 1978年4月25日)は日本の洋画家。本名は東郷 鉄春。独特のデフォルメを施され、柔らかな曲線と色調で描かれた女性像などが有名だが、通俗的過ぎるとの見方もある。後期には版画や彫刻も手掛けた。
 
 
  東郷青児 -に関する画歴-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1897年鹿児島生まれ(本名・鉄春)。1914年青山学院中等部。1915年個展開催。1916年二科展入選、二科賞。1921〜1928年渡仏。未来派運動に参加。1931年二科会会員。1957年日本芸術院賞。1960年日本芸術院会員。1961年二科会会長。1976年東郷青児美術館開館。1978年美術功労者。1978年熊本で歿(享年80)
 
 
  損保ジャパン東郷青児美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美術財団は、損保ジャパンの前身安田火災が新宿副都心に超高層ビルを建設する際、同社と関係の深かった東郷青児画伯の協力により美術館開設構想が生まれ、美術館の運営主体として公共性、信頼性の面から設立されました。
 
 
  東郷青児展より・青児の美人( 東郷青児作品集 )   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美人女性像は絵画のなかだろうか 。それとも壁画のなかだろうか、或いは空想のなかだろうか、または彫刻のなかだろうか。 いずれにしても青児美人は、綺麗な女性の絵で、淡い色合いの夢みるような大きな目、都会的で、少しよわよはわしい少女趣味の香りがする美人だろう。
 
 
  エレベーターに残る東郷青児の扉絵 丸栄閉店で行方は? (2018/6/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名古屋市中川区細米町1丁目にある「おしむら歯科」の駐車場に、エレベーターの扉が置かれている。日本を代表する洋画家・東郷青児がデザインし、丸栄で使われていたものだ。 ◇【特集】デパート 「買ってきたよ」。院長の押村進さん(64)は、父の実さん(故人)が誇らしげだったのを覚えている。30年ほど前のある日、家にエレベーターの扉が置いてあった時のことだ。長い髪をした女性の、躍動感あふれる立ち姿に目を奪われた。 1953(昭和28)年、丸栄本館に設置されたエレベーター6基すべてに描かれた。理由については「当時の資料がないのでわからない」(広報)という。しかし、83年に始まった増築工事で一部を撤去することに。不要になったものが翌年、一般販売された。 「おやじは変わったものを集めるのが好きだった。東郷青児も気に入ったのだろう」。シャガールや平山郁夫などの作品や骨董(こっとう)品を収集してきた実さん。20万円程度で買ったという。 実さんはその後亡くなり、扉は…
 
 
佐伯祐三.1898
佐伯祐三 - Wikipedia  佐伯祐三 絵画作品集 レストラン 佐伯祐三
  佐伯祐三 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐伯祐三(さえき ゆうぞう、1898年4月28日 - 1928年8月16日)は、大正〜昭和初期の洋画家。大阪市生まれ。佐伯は画家としての短い活動期間の大部分をパリで過ごし、フランスで客死した。作品はパリの街角、店先などを独特の荒々しいタッチで描いたものが多い。佐伯の風景画にはモチーフとして文字の登場するものが多く、街角のポスター、看板等の文字を造形要素の一部として取り入れている点が特色である。作品の大半は都市風景だが、人物画、静物画等もある。 1 人物 / 2 主な作品 / 3 脚注 / 4 関連項目
 
 
  佐伯祐三生誕の地   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大阪が生んた偉大な洋画家佐伯祐三は、明治31年(1898)光徳寺に生まれた。東京美術学校(現東京芸術大学)を卒業、大正13年妻子を伴いフランスに渡り、ブラマンク・ユトリロらの感化をうけながら、独自の画境をひらいた。
 
 
  天才佐伯祐三の真相   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  洋画の天才佐伯祐三の事績については、『周蔵の手記』『救命院日誌』のほか多くの資料が吉薗家に残されていた。いずれも極めて信憑性の高い一級資料である。
 
 
  落合あたり 佐伯公園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  奔放な線描と大胆な色彩表現によって知られる洋画家・佐伯祐三(1898〜1928年)の旧居跡は現在、新宿区立『佐伯公園』となっています。大正10年から渡仏する13年までと、大正15年から翌年再渡仏するまでの間、米子夫人とともにこの地で暮らし、祐三の死後は夫人が昭和47年に亡くなるまで住んでいました。祐三は「落合風景」を何枚も描いており、そのひとつは近くの落合第一小学校に寄贈され、現在は新宿歴史博物館で保管されています。
 
 
  『巴里に死す』佐伯祐三   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パリのうらぶれた裏町を憑かれたように描き続け、結核とともに狂気の淵に立ち、わずか30歳の若さで逝った天性の画家・佐伯祐三。パリでヴラマンク、ユトリロらの野獣派の巨匠の影響を受けながらも、パリ裏街の店先や広告などを素材に選び、量感あふれる、激情的な作風を確立。ヴラマンクとの邂逅は日本から持ち込んだアカデミスムとの訣別でもあった。
 
 
  佐伯祐三の生家・光徳寺   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新大阪駅から地下鉄御堂筋線に乗り換え中津駅で下車、西へ500mも歩いた所に富島神社がある。隣にある筈の佐伯祐三の生家「光徳寺」は、それらしい雰囲気もなく雑多な建物の間にある門柱がそれと知れる程度の表札を掲げていた。
 
 
  佐伯祐三 -に関する画歴-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1898年大阪市生まれ。赤松麟作の画塾に通う。北野中学卒業後上京、川端画学校に通う。1921年池田米子と結婚。1923年東京美術学校卒業。渡仏。ヴラマンクに影響を受ける。サロン・ドートンヌ入選。1926年帰国。一九三〇年協会創立会員。二科会二科賞。1927年渡仏。1928年パリで歿。(享年30) 
 
 
  生誕百年記念 佐伯祐三展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パリを愛し、描き、パリに燃えつきた天才画家  佐伯祐三が大阪に生まれて今年で100年を迎えます。わずか30年の燃えるような生涯でしたが、その芸術は今日ますます高く評価されています。
 
 
  佐伯祐三 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大阪中津の寺に生まれる。北野中学在学中から赤松麟作の画塾でデッサンを学ぶ。1917(大正6)年上京、川端画学校に学び、翌年東京美術学校に入学。  「ラ・クロッシユ」 1927(昭和2)年 油彩,キャンヴァス 52.5×64.0cm
 
 
  佐伯祐三――求道への航海   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「自分は30歳までに死ぬ――」命を削って描き続けた祐三は、生前しばしば口にしていたとおり、最後は身も心も病み果てて、30歳の夏に精神病院でひとりで死んだ。二週間後、大好きな父親のあとを追うように6歳の彌智子も他界する。米子は二人の遺骨を抱いて帰国した。あまりにも悲しい幕切れではあった。
 
 
  絵画に対するさまざまな意見   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  絵画の鑑賞の仕方、描き方など絵画に対する色々な考えがあるものです・・・ また個人的関心強い佐伯祐三については徹底し取り上げたいと思います
 
 
  佐伯祐三の贋作騒動の騒動(1)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福井県武生市は、近代洋画家、佐伯祐三の絵画をある人物から寄贈され、改築した市の公会堂に展示し「佐伯美術館」とかいう名前でオープンさせる計画を進めてきた。ところが、この絵画は偽物ではないかとの疑惑が持ち上がり、 NHKのテレビ特番をふくめマスコミが全国に報道した。
 
 
  佐伯祐三の生涯と作品について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐伯祐三・年譜/キーワード/日本における洋画の流れ/作品について
 
 
  佐伯祐三お気に入りの「八島さん」ち。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐伯祐三が残した「制作メモ」の中に、頻繁に登場するお宅がある。「八島さん」の家だ。つまり、佐伯は「八島さん」ちが見える場所から、何度も『下落合風景』を描いていることになる。
 
 
  佐伯祐三の『下落合風景』描画ポイント   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  所在地は、佐伯祐三が「下落合風景」を描いた1926年(大正15)当時の番地表記です。空中写真は、1936年(昭和11)の陸軍により撮影されたものです。
 
 
  名画デスクトップ壁紙 美術館 佐伯祐三   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1898年 ( 明治31 ) に大阪で生まれ、30歳でパリに夭折した、天才と謳われる画家・佐伯祐三。・・・ しかしながら彼は、西洋美術の理解がまだまだ皮相的であり模倣に過ぎなかった日本の画壇に、その強烈な個性的絵画をもって新風を吹き込み、日本における洋画史に燦然と輝く業績を残したのです。
 
 
  佐伯祐三 「オプセルヴァトワール附近」 佐伯祐三芸術家への道展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐伯祐三の回顧展としては30年ぶりの規模となります。約140点の作品をご紹介します。 2005年11月3日〜12月11日 和歌山県立近代美術館
 
 
  佐伯祐三 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和43年(1968)の秋、『佐伯祐三展』が大阪と東京で開催された。ともにたいへんな盛会で、佐伯祐三ファンの多いのに今さらながら驚いた。そして佐伯の名声依然として動かぬことを認め、彼を知る旧友たちとともに深く喜んだ。
 
 
  Saeki Collection List <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐伯祐三書籍 Collection
 
 
  COLLECTION OF BOOKS ON  “YOUZO SAEKI" <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐伯祐三蔵書録
 
 
  佐伯祐三 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐伯祐三 の画像 - Google
 
 
岡鹿之助.1898
  岡鹿之助 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡鹿之助(おか しかのすけ、1898年7月2日 - 1978年4月28日)は、昭和期の洋画家。 東京に劇評家岡鬼太郎の長男として生まれる。麻布中学校2年のときから、岡田三郎助に素描を学ぶ。1919年、東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科に入学。
 
 
  岡 鹿之助 「鐘楼」1974年    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡 鹿之助 「鐘楼」1974年
 
 
  岡鹿之助 『遊蝶花』 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  父は劇作家岡鬼太郎。岡田三郎助に師事。大正13年東京美術大学を卒業後、渡仏。 翌年、サロン・ドートンヌに「風景」を出品し、入選する。その展覧会場で自らの作品のマチエールが西洋絵画のそれに比べて劣ることに悩み、顔料、キャンバスについての基礎的な学習に取り組み、独自の点描技法を始める。
 
 
  岡鹿之助展 Fuji-tv ART NET   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  海、献花、雪景色、発電所、古城…、本展は、具象画家・岡鹿之助がこだわり続けた9つのテーマから、その全体像と造形の方法論を探ります。  「信号台」1926年
 
 
  岡鹿之助  パンジー  花田美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京で生れ、同地で歿。岡田三郎助に師事。大正13年東京美術学校を卒業した。大正13年から昭和14年までフランスに滞在し、サロン・ドートンヌ会員となった。… 昭和47年文化勲章を受章した。 代表作に『雪の発電所』『滞船』『遊蝶花』などがある。
 
 
  Kamio Gallery No.519 岡鹿之助   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  先日、ブリジストン美術館で行われている岡鹿之助展に行ってきま
 
 
  岡鹿之助 村役場  おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1898年 東京に生まれる。 1925年 渡仏。   1926年 サロン・ドートンヌに出品し入選。  1956年 第2回現代日本美術展で「雪の発電所」が最優秀賞受賞。  1972年 文化勲章受章。  1978年 死去。
 
 
  岡鹿之助展 レッツエンジョイ東京   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  30年前に世を去った洋画家・岡鹿之助(1898〜1978)は、花瓶や籠にいけられたパンジー、森の中の古城、空を背景にくっきりと立つ燈台、雪景色にひっそりたたずむ発電所などによって、多くの人々に愛されてきました。
 
 
  岡鹿之助展 ブリヂストン美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡鹿之助については、パンジーの絵や発電所の絵くらいしか知らなかったのですが2006年に
 
 
  岡鹿之助展 つまずく石も縁の端くれ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡鹿之助の絵を最初に見たのは、この展覧会にも出展されている中学校の美術の教科書に載っていた発電所絵であった。…
 
 
  岡鹿之助 (おかしかのすけ)  ART買取.net   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京都麻布区西町(現・東京都港区元赤坂2丁目)に劇評家として著名な岡鬼太郎の長男として生まれる。 1924(大正13)年東京美術大学を卒業後、渡仏。翌年、サロン・ドートンヌに初出品し、入選する。
 
 
  岡鹿之助展(ブリヂストン美術館) あお!ひー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡鹿之助展に行ってきました。 GWだから混雑を覚悟して行ったものの拍子抜けするくらいに空いてて快適に鑑賞出来ました。 「古港」 「林」 「群落A」
 
 
  静謐の具象画家  「岡鹿之助展」 -美術散歩-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  制作年にこだわらず、鹿之助が追い求めたテーマごとに展示/制作年にこだわらず、鹿之助が追い求めたテーマごとに展示/独学の人・鹿之助に影響を与えたパリ画壇のフジタ、スーラ、ボナール/点描の雄スーラと対比される鹿之助独特の点描法
 
 
  岡鹿之助 花と廃墟 日本近代美術コレクション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡鹿之助の芸術は、古城や洋館、廃墟などの建物を中心とした作品群と、献花やパンジーなどの花をモティーフとした作品群とに大きく分かれるが、それは、前者が構図の問題を、後者が色彩の問題をテーマとしていると言えなくもない。構図と色彩とは、絵画という造形芸術における二大テーマと言える。…
 
 
  岡 鹿之助 OKA Shikanosuke 静岡県立美術館」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京都麻布区西町(現・東京都港区元赤坂2丁目)に劇評家として著名な岡鬼太郎の長男として生まれる。1924(大正13)年東京美術大学を卒業後、渡仏。翌年、サロン・ドートンヌに初出品し、入選する。
 
 
  「図録 岡鹿之助展」を読む  -東京へ単身赴任中-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  すなわち「色相の形の連鎖から画面全体を構成すること」、「具象絵画でも創造の本質に迫れると確信していたこと」、「文学的要素を排し造形言語のみで表現しようとしたこと」、「自然の創造物よりも優っているような絵画を目ざしていたこと」。
 
 
  岡鹿之助展 @ブリジストン美術館  Art & Bell by Tora   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡鹿之助は、生涯にわたって画法に変化の少ない画家である。細かな点描、穏やかな色調、限定された画題、素朴な印象といったところが、初期から晩年まで一貫している。 日本各地の美術館に岡の作品が所蔵されているが、一見して岡が描いたものだということが分かる。
 
 
  岡 鹿之助 <書籍> 40件 Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡 鹿之助 <書籍> 40件
 
 
関根正二.1899
  関根正二 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  関根正二(せきね しょうじ、1899年4月3日 - 1919年6月16日)は、大正期の洋画家。 1899年、福島県西白河郡大沼村(現白河市)に生まれる。二科展出品作の「信仰の悲しみ」が樗牛賞を取り、将来を期待されたが、病のため、わずか20歳で夭折する。
 
 
  洋画家 関根正二   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大正時代の美術を考えるとき、若くして逝った画家たちが大きく取り上げらることが多くあります。そのような画家の中に関根正二(せきね しょうじ)がいます。…
 
 
  関根正二 少年 ARTLOG   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  関根正二 『少年』 大正7年頃の作 神奈川県立近代美術館寄託 明治32年−大正8年 福島県生まれ 小学生の時、東京・深川に上京した。そこでの近所の遊び友達に、のちの日本画家伊東深水がいた。関根が絵の道へ進むきっかけを作ってくれたのも深水であった。二科展で新人賞を受賞するなど将来を期待されていたが、20歳と2ヶ月という短い生涯を閉じた。
 
 
  関根正二 三星 ARTLOG   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小学生の時、東京・深川に上京した。そこでの近所の遊び友達に、のちの日本画家伊東深水がいた。関根が絵の道へ進むきっかけを作ってくれたのも深水であった。本作『三星』はわずか20歳で命を終えた若者が、肺結核を患いながら描いた作である。2人の女性は、1人が嫁いでいった姉、もう1人が、好きだったが振り向いてはくれなかった人だという。
 
 
  関根正二 展覧会 【第一室】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『信仰のかなしみ』 1918年 (大原美術館蔵)/『死を思う日』 1915年 (個人蔵)
 
 
  関根正二  子供 ACG - Gallery   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  関根正二  子供
 
 
  関根正二の墓 (東京、江東区 20歳)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大正期の洋画家。福島県出身。9歳で東京に転居。小学校卒業後は、友人の伊東深水の紹介で昼は印刷会社で働き、夜は夜間中学に通った。14歳から日本画を描き始め、すぐに『女の児』が好評を得る。この頃、職場の仲間から西洋美術や西洋思想(ニーチェやワイルドなど)の魅力を知らされ、感化を受け洋画を学び始める
 
 
  生誕100年 関根正二展 愛知美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二十歳で逝った天才画家  関根正二(せきね しょうじ)という画家をご存知の方も多いと思う。彼は若くして亡くなったことと、その個性的な画風により大正期を代表する画家として村山槐多とならび称されている。関根は1919(大正8)年6月に20歳で、村山は同年2月に22歳でその短い生涯を終えている。
 
 
  信仰の悲しみ 関根正二 WEB展示室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  関根正二(1899-1919)は、現在の福島県白河市に生まれました。9歳の時、父の仕事にともない、東京に移り住みます。小学校の同級生に、のちの日本画家の伊東深水がいました。
 
 
  ★思いの儘の記 関根正二 佐伯祐三ほか   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  関根 正二. 関根正二の「信仰の悲しみ」を観る為に、大原美術館展に行く。 失恋と神経四弱、蓄膿症や幻覚に懊悩する中で生まれた作品といわれる。早くから関根は自画像や樹木のデッサンに素晴らしい素質をみせている。…
 
 
  松本竣介・関根正二を訪ねて 大原美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長野県上田市の塩田平にある「信濃デッサン館」で、夭折の画家関根正二、松本竣介のデッサン画と出合ってから、お二人のファンになり、去年の夏は福島県立美術館、今夏は大原美術館を訪ねました。
 
 
  関根正二 1899〜1919 《群像》、《自画像》   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『群像』では、ある評者が別の失われた油彩について述べたのと同様に、群衆を個々の人間の集まりとしてではなく、「群衆それ自体一つの存在として把握し」ている。波打つ線と擦筆による明暗の統一に、関根の素描家としての伎倆がうかがわれる。
 
 
  関根正二 (せきねしょうじ) うつくしま電子事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  関根正二は、大正時代に活躍した白河出身の洋画家です。20歳という若さで亡くなっていますが、その作品は国の重要文化財に指定されているなど、日本の洋画界に多大な影響を与えています。その作品の特徴は、赤や青などにみられる鮮やかな色づかいと、神秘的な構図にあります。 関根は、福島県を代表する洋画家として、福島県立美術館に作品が常設展示されています。
 
 
  夭逝の天才画家伝説への連なり方――関根正二展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家というのは総じて長命だと前に書いた。それに比べて洋画家は短命という印象がある。特に明治・大正期の画家たちがそうだ。…
 
 
  関根正二 「真田吉之助夫妻像」1918年 福島県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  個性的な画家が数多く登場した大正時代にあって、ひときわ光彩を放つのが、わずか20歳で逝った関根正二(1899-1919)です。福島県白河市に生まれ、9歳で上京した関根は、ほとんど独学で絵を学んでいます。その後、画家の伊東深水や作家の今東光らとの交友、放浪の旅や恋愛などが、神秘と夢に彩られた幻想的な世界を育みました。
 
 
  神の祈り かみのいのり  関根正二(1899-1919)  文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  草花の咲く野辺を、白い衣をまとった二人の女が歩いています。前を行く女は赤い花の咲く地面を指さし、後ろの女は赤い果実のようなものを掌に持っています。頭部には聖性を表す円光が輝いており、彼女たちがこの世の住人ではなく、関根の幻視の世界に生きていることがわかります。
 
 
  真田吉之助夫妻像 さなだきちのすけふさいぞう 関根正二 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1917年の暮れ、関根正二は失恋の痛みをいやすため山形に旅立ち、その帰途、郷里白河に立ち寄ります。その時滞在したのが、造り酒屋を営む真田吉之助の家でした。
 
 
  関根正二画文集 雲の中を歩く男 <書籍> Kyuryudo   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  20歳と2カ月の生涯を駆け抜けた男、関根正二。“夭折”という永遠なる未完の美に宿る魅力を作品と言葉で辿る。
 
 
  村松篁 日本画・版画 作品 シバヤマ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画像をクリックすると大きく表示されます。 作品は、弊社ギャラリーにてご覧いただけます。
 
 
山口華楊.1899
「花と猫」 - 山口華楊 「白梅」 - 山口華楊 「牡丹」- 山口華楊
  山口華楊 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口華楊(やまぐちかよう、1899年10月3日 - 1984年3月16日)は、日本画家。京都府京都市中京区生まれ。西村五雲に師事。1938年画塾晨鳥社を主宰。写生中心の画風で、動物画を得意とした。1981年文化勲章受賞。  1 略歴 / 2 著書・画集 / 3 門下 / 4 外部リンク
 
 
  山口華楊論   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この作家の人気は、或る特殊な雰囲気を、この作家がもつてゐるといふ理由に基づいてゐるやうだ。言はゞ、人気の二種類陽気な人気と、陰気な人気とがあるとすれば、山口華楊はその後者に属するといふことができよう。それが芸術の仕事であればこそこの陰気な人気などといふことも認容されるのであらう。
 
 
  山口華楊 「緋牡丹」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治32:京都に生まれる 大正5:京都市立絵画専門学校選科に入学(西村五雲に師事) 昭和46:日本芸術院会員となる   昭和56:文化勲章受章 昭和59:85歳で逝去
 
 
  山口華楊 (やまぐち かよう)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都生まれ。はじめ西村五雲に入門。京都市立絵画専門学校卒業。五雲没後晨鳥社を結成。卓抜した技量を持ち動物画を得意とした。戦後改組日展の顧問まで勤め、昭和56年文化勲章受賞。
 
 
  山口華楊 - 京都国立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口華楊は、明治32(1899)年、京都市中京区油小路錦で友禅の職人をしていた山口安之助・なを夫妻の二男として生まれます。幼い頃より粘土や筆で動物を写すことを好み、明治45年、格致尋常小学校(現在は京都市立洛央小学校に統合)を卒業すると、岸竹堂、竹内栖鳳の弟子で、動物画や花鳥画をよくした西村五雲に入門しました。病弱であった師五雲のすすめにより大正5(1916)年、京都市立絵画専門学校(絵専)別科に入学し、同年第10回文展に初入選します。…
 
 
  山口華楊展 - 京都国立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今展は,近代から現代にかけての日本画壇を代表する画家・山口華楊の回顧展です。 山口華楊は1899年、京都の友禅染めの家に生まれ、円山・四条派の花鳥画の概念を発展させて写実的な動物画で独自の画境を確立した日本画家。この展覧会は、山口華楊の生誕100年を記念して、初期から晩年までの代表作に新発見の下絵を合わせた約70点を展示したものです。
 
 
  山口華楊 作品一覧 - おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「山と猫」、「山野辺」、「向日葵」、「蜜柑」、「牡丹」、「白梅」、「秋晴」、「香魚」、「鶴」、「鳥」
 
 
  山口華楊 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口華楊 の画像 - Google
 
 
林雲鳳.1899/
     
柳瀬正夢.1900/.
葉山館で「柳瀬正夢 1900-1945 時代の光と影を描く」の記念講演会を、展覧会初日に開催します。 この東長崎のアトリエに移ったのは、いつのことか明確におぼえていないが、春も早いころであったと考えられる。柳瀬はアトリエができたのに… 柳瀬正夢全集
  柳瀬正夢 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柳瀬 正夢(やなせ まさむ、1900年1月12日 - 1945年5月25日) は、美術家、画家、デザイナー、舞台美術家。本名は正六、別名は夏川八朗。 愛媛県松山市で生まれる。3歳で母と死別し、家計を助けながら画家を志した。11歳のとき、福岡県門司市(現・北九州市)に移る。1915年、15歳の若さで油彩「河と降る光と」が院展に入選し、早熟の天才画家として有名になった。その後上京し絵画を学び、1920年には読売新聞に入り、時事漫画を描いていた。  1 来歴・人物 / 2 脚注 / 3 主要文献 / 4 主要な展覧会 / 5 主要な作品収蔵先
 
 
  柳瀬正夢 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柳瀬正夢 の画像 - Google
 
 
中島清之.1899/
     
山本丘人.1900
魂の抒事詩−「山本丘人展」: ゆるやかに時は流れる “真実の心象風景” 山本丘人展アート・ベンチャー・オフィス・ショウ
  山本丘人 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本 丘人(やまもと きゅうじん、1900年4月15日 - 1986年2月10日)は日本画家、文化勲章受章者。 東京市麻布(現在の東京都港区)に生まれる。本名:正義。府立三中、府立工芸を経て、東京美術学校卒(1924年)。その後松岡映丘に師事。1944年東京芸術大学助教授、1947年女子美術専門学校(現女子美術大学)教授に就任、多数の後進を育てる。1977年文化勲章受章、文化功労者。 主な作品 : 『到春』 1942年彩色・絹本・軸(1面)  『冬岳』 1953年絹本・彩色・額(1面)
 
 
  山本丘人 (1900-1986)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幻想的な幽玄の世界、美しく華やかな叙情の世界、荒く厳しい峻厳の世界、
 
 
  魂の抒事詩−「山本丘人展」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  海の微風 1936年 さわやかで抒情性豊かな作品です/青い海 1932年 伊豆東海岸の海です。平明で明るい絵です。/濤(なみ)と華 1970年 逆巻く波濤です。/ 夏渡る時 1979年/絶筆・未完 1983−85年/
 
 
  美術館夢呂土・山本丘人記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美術館夢呂土は、多目的利用の美術館と、近代日本画革新の旗手で文化勲章受賞作家山本丘人の作品、資料を展示する山本丘人記念館で構成されています。又、喫茶ルームもあります。 雄大な富士を間近く望む自然豊な地に建ち、木立に囲まれた静かなたたずまいは、訪れた人々にそこにある作品とあいまって、きっと心安らぐ一時と感動を与えてくれることでしょう。
 
 
  山本丘人 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本 丘人(やまもと きゅうじん、1900年4月15日 - 1986年2月10日)は日本画家、文化勲章受章者。
 
 
  山本丘人(1900〜1986) - All About   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本丘人最新展覧会情報/個人美術館:美術館夢呂土・山本丘人記念館/山本丘人関連書籍/過去の展覧会
 
 
  生誕110周年記念 山本丘人展 −魂の抒情詩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本丘人(本名 正義、1900-1986)は近代日本画を代表する画家の一人です。東京に生まれ、1924年に東京美術学校(現・東京藝術大学美術学 部)日本画選科を卒業、長らく師・松岡映丘主催の木之華社に学び、1934年には松岡映丘門下の有志と新しい日本画の創造にむけて結成された瑠爽画社に参 加しました。1948年には吉岡堅二や上村松篁、秋野不矩らと創造美術(現・創画会)を結成し、戦後の日本画の改革に力を尽くしました。
 
 
  「山本丘人」展 松伯美術館 - あるYoginiの日常   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この展覧会は箱根の成川美術館所蔵品が中心となっていたのですが、いいなと思ったのは「地上風韻」(下)のみだったのが残念でした。
 
 
  山本丘人: 絵画作品と所蔵美術館 - FishEyeArt   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本丘人に関する情報
 
 
  山本丘人作品・美術館夢呂土のページにようこそ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本丘人作品のご紹介につきましては、山本丘人記念館・美術館夢呂土館長山本由美子氏の
 
 
  “真実の心象風景”を求めた戦後日本画壇のリーダー「山本丘人展」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『入る日(異郷落日)』 1963年、山種美術館蔵   山本丘人(やまもと・きゅうじん)は1900年東京・下谷に生まれ、東京美術学校に入学、新興大和絵を標榜する松岡映丘に師事しました。松岡の主宰する映丘画塾は、戦後日本画壇の中核を成す丘人をはじめ、杉山寧や高山辰雄らの俊英を輩出しています。
 
 
  山本 丘人 Kyujin Ymamoto   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本丘人は(きゅうじん, 本名正義)は明治33年(1900)1月8日、東京市麻生で生まれた日本画家。広瀬東畝・篠田柏邦に日本画の手ほどきを受け、東京美術学校(現東京芸術大学)で学び、美術学校では松岡映丘の指導を受けました。
 
 
  山本丘人―やまもときゅうじん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治33年(1900)4月15日〜昭和61年(1986)2月10日 85才没。 東京市麻布生まれ。 広瀬東畝、篠田柏邦に師事し日本画を学ぶ。 28歳の時、帝展初入選。 30歳の時、号を丘人と定める。 昭和23年、創造美術協会を結成。 近代洋画をとりいれた新鮮な作風で、海山を主題にした作品に優れている。 創画会会員  芸術院賞、芸術選奨文部大臣賞受賞  文化勲章受章。
 
 
  評伝 山本丘人 (ハードカバー)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大和絵風の詩情から豪毅な山水画へ、そして再び優雅な心象世界へと移行する山本丘人の多彩な絵画世界。みずみずしい詩心と剛直な精神で魅了し続けるその芸術と生涯のすべてを、作品を読みときながら、いきいと描きだす。
 
 
  山本丘人 の画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山本丘人 の画像検索 - Google
 
 
山田喜作.1900
湘南初夏 - 山田喜作 真夏の港 - 山田喜作  島根県芸術文化センター  山田喜作筆) - 美人画を愛する会 - 茨城県 ひたちなか市
  山田喜作 プロフィール   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京生まれ。凸版印刷の図案募集で入選したのをきっかけに鏑木清方に入門。伊藤深水にも学ぶ。昭和6(1931)年第12回帝展に逗子の別荘地を舞台とした「湘南初夏」が初入選。第13回帝展「真夏の港」には昭和初期の流行の最先端を行く風俗をテーマにモダンな作風を見せた。  生年月日: 明治33(1900)〜昭和38(1963)/出身: 東京都/代表作: 真夏の港 (日本画) 湘南初夏 (日本画)                 
 
 
  山田喜作 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山田喜作 の画像 - Google
 
 
  山田 喜作 - しまねバーチャルミュージアム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  しまねミュージアム協議会は、それまでの歴史民俗系の施設を中心とした組織を発展的に解消し、2001年度に発足した新しい組織です。
 
 
  美人画を愛する会 - アート・娯楽 facebook   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  下の画像をクリックすると詳細な画像が見られます。 美人画リンク:(鏑木清方筆)/ (池田蕉園筆)
 
 
浅井閑右衛門.1901.1/
  「浅井閑右衛門」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  浅井閑右衛門 - Google 検索
 
 
  浅井閑右衛門 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
向井潤吉.1901/
     
小松均.1902
  小松均 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小松 均(こまつ ひとし、1902年1月19日 - 1989年8月23日)は、日本画家。山形県北村山郡大石田町生まれ。 川端画学校卒業。土田麦僊に師事。新樹社に参加。主に最上川を題材にした作品が多い。1986年文化功労者。
 
 
  小松均美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大原風景シリーズ・最上川シリーズ・ 富士山シリーズなどで独自の水墨画世界を 築き、美術界に新たな精気を吹き込んだ天才日本画家・小松均(文化功労者)は、たくさんの名作、傑作の作品を残して平成1年8月、87歳でこの世を去りました。翌平成2年11月、大原の里の小松均の住居を改装し、「小松均美術館」がオープン致しました。
 
 
  小松 均 作家名検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1902 山形県に生まれる   1920  川端画学校に通って岡村葵園に学ぶ   1925  京都に移り、土田麦僊の山海塾に入る   1975  第60回院展に出品 最上川シリーズで芸術選奨を受賞   1979  第64回院展で内閣総理大臣賞受賞   1986  文化功労者表彰   1989   8月23日歿
 
 
  小松均  「最上川源流図」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小松均  「最上川源流図」 1970年  紙本著色  94.0×370.0cm
 
 
  小松 均 南瓜 色紙 未装   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小松 均 南瓜 色紙 未装  日本画家  明治35〜平成元  山形県出身、文化功労者  木版
 
 
  小松均美術館 -大原観光マップ-    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大原の観光名所からは少し離れているけれど、だからこそ残る昔のままの大原の静けさ。 小松均美術館はその中にさらにひっそりと佇んでいます。 1990年、天才日本画家・小松均の遺志を受けて、遺族が故人の住居に開館。 その情熱の全てを傾け描いた素晴らしい絵画の数々が、訪れる人を無言の感動に誘います。
 
 
  氷見市立博物館  過去の特別展示   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  郷土氷見にゆかりの作家シリーズの第8回展として、一昨年の「五十嵐久和展」、昨年の「村嶋酉一展」に続き、本年度は平成元年8月、京都大原にて亡くなった日本画家小松均を取り上げた。
 
 
  小松 均  Hitoshi komatsu  落 款・印 章   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山形県豊田村出身。師、土田麦僊。 日本美術院評議員・日展評議員。文化功労者。 院展で文部大臣賞。総理大臣賞などほか多数受賞。 延命寺住職の長男として生まれたが、大正8年に神奈川に出、その後東京に居すをが一度帰郷後、画家になるため上京し川端画学校に入学する。
 
 
  生誕100年記念 小松均展  富山県水墨美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小松均(明治35年−平成元年)は、京都・大原での自給自足の生活と、白髭を蓄えた独特の風貌から「仙人画家」と呼ばれ、親しまれました。 山形県大石田町に生まれた小松均は、大正9年に彫刻家を志して上京、はじめ川端画学校に学びました。同13年第4回国画創作協会展に入選し、翌年京都に移り土田麦僊に師事、以後同展に出品します。
 
 
  略歴 小松 均(こまつひとし)  ギャラリー北岡技芳堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1902 (0歳) 山形県亀井田村深堀に曹洞宗延命寺の住職の父・小松梅勇の子として誕生。 1年余にして父と死別。16歳まで母子で 村山市白鳥の伯父宅に身を寄せる。 1918(16歳) 白鳥小学校、富並尋常高等小学校卒業後、 神奈川県川崎市で洋服屋の小僧となるが、帰郷して下駄屋の丁稚となる。…
 
 
  第三十話 大石田名誉町民 日本画家 小松均と大石田   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小松画伯は、今年で生誕百年にあたります。明治35年(1902)1月19日に大石田町豊田に父曹洞宗延命寺住職小松梅勇、母すいの長男として生まれ、1年あまりで父と死別、母子で村山市白鳥に身を寄せ、16歳まで過ごしました。大正9年(1920)画家を志して上京。はじめ川端画学校岡村癸園に学び、大正13年(1924)国展入選が縁で国画会の土田麦僊に師事し、京都に移りました。…
 
 
  小松 均 画:着色 紙本 27×24cm 未装 -松本松栄堂-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家。山形県生。川端画学校卒。土田麦僊に師事する。京都大原で自給自足の生活をしながら創作活動に没頭し、院展で文部大臣賞・総理大臣賞受賞。芸術選奨文部大臣賞、京都府文化賞特別功労賞受賞。日本美術院評議員・日展評議員。文化功労者。平成元年(1989)歿、87才。  白椿
 
 
  小松 均 こまつひとし Hitoshii Komatsu 雪林図 -SEIKO GALLERY-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小松 均 作品名・『雪林図』 技法・日本画 絵サイズ 10P 53×40.9cm
 
 
  没後20年 “小松均 展” -青木建築設計室のブログ-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1902年、山形県生まれ。 一歳の時父親を亡くし、母一人子一人の幼少時期を過ごす。 25歳の時、京都大原の里の、水の清さに心打たれて移り住む。・・・
 
 
鳥海青児.1902
  鳥海青児 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鳥海青児(ちょうかい せいじ、1902年3月4日 - 1972年6月11日)は、神奈川県平塚市生まれの洋画家。本名は正夫。茶色を基調とした渋い色調の絵具を多用し、土壁のような絵肌の単純化された構図の作品を数多く制作した。
 
 
  鳥海青児年譜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  編:東俊郎(三重県立美術館学芸員)  *父は「この子は画描きにするのだ」と云つて居たと後年近親から耳にしたが、自分では画が好きだつたり、上手かつた記憶は全然無い。(「小自叙伝」)
 
 
  鳥海青児と黄色の系譜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鳥海青児の作品を初めてみたのがいつで、それがなんといふ題だつたかはつきりとおぼえてゐないから、であひは残念ながらそんなに劇的とはいへないが、そのうち氣がついてみると好きな作家のひとりになつてゐた。晩年ちかくの艶をうしなつて粉つぽくなつた繪肌には、どう贔屓めにみても力のおとろへと疲労がかくせないものの、それでも出來の差がさう極端にはしらない型に属する鳥海をみて失望することはめつたにない。  東 俊郎
 
 
  鳥海青児 菊花 古備前花入   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  神奈川県平塚に生れ、東京で歿。本名は正夫。昭和2年関西大学卒業。在学中から春陽会展に出品、『平塚風景』が初入選。昭和3年と昭和4年に春陽会賞受賞。翌昭和5年から8年までヨーロッパ各地を旅行した。帰国後、春陽会会員。昭和18年独立美術会会員。重厚なマチエールや、色と形に独自の日本的感性を秘めた画風で知られた。
 
 
  鳥海青児と鈴木治 美の演出   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鳥海は気にいったモチーフには数点から数十点同じタイトルの繰り返しがみられます。同じ画題の「ピカドール」は大小合わせて約15点みられます。小振の「ピカドール」を購入するつもりで、暫らく預っていました。…
 
 
  鳥海青児 (ちょうかいせいじ) [洋画家]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名正夫。中学時代から油絵を学び、卒業の翌年1922年から青児と名乗る。関西大学経済学部に在学中、第二回春陽会展に『平塚風景』等を出品し入選。1924年、三岸好太郎らと麓人社を結成。また、岸田劉生と知り合い、冬菜の号を受ける。1930年に渡欧、ゴヤ、レンブラントらの作品に感銘を受ける。
 
 
  鳥海青児(ちょうかいせいじ) - Yahoo!百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  洋画家。明治35年3月4日神奈川県平塚に生まれる。本名正夫。1927年(昭和2)関西大学経済学部を卒業。在学中から春陽展に出品し、連続して春陽会賞を受けたのち、30〜33年渡欧してパリを中心に各国を巡遊する。帰国して春陽会会員となるが、43年に退会して独立美術協会の会員となる。浮世絵、古美術、陶器に関心を深め、重厚な画肌と渋い彩調の雅趣で知られる。
 
 
  所蔵作品 作家名ち(鳥海青児ちょうかいせいじ)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石だたみ(印度ベナレス)/木心の出た法隆寺塑像/蘇州風景/沖縄風景/根来瓶子と果物/ピカドール/メキシコ人の家族/水田/壁の修理/裸婦/芦屋風景/シベリア駅路の雪/果汁を吸うマヤ人/狸穴の森/スペイン風景/グーベルヌマン広場/サンマルコの広場/伊賀瓶子とメロン/シルクの馬(サーカスの馬)/川沿いの家/大理石をかつぐイタリア人(大理石をはこぶ男)/石橋のある風/アルジェ風景/男像/草花/裸婦/壁の修理/二重橋/オランダ風景/段々畑/はにわ/ブラインドをおろす/メキシコの西瓜(メキシコ風の西瓜)/林泉/アカシア/オランダ水差しとレモン/黄色い人/フラメンコ/静物/ぼたん/道化/北京天壇/アルゼリー港/インカの石街/裸婦/裸婦(横たわる)
 
 
  鳥海青児(ちょうかい せいじ、1902年3月4日 - 1972年6月11日)  経歴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  神奈川県平塚市生まれの洋画家。本名は正夫。茶色を基調とした渋い色調の絵具を多用し、土壁のような絵肌の単純化された構図の作品を数多く制作した。
 
 
上村松篁.1902
  上村松篁 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村 松篁(うえむら しょうこう、1902年11月4日 - 2001年3月11日)は日本画家。京都府京都市中京区生まれ。本名、信太郎。 1921年(大正10年)、京都市立絵画専門学校に入学すると同時に西山翠嶂に師事。画塾の青甲社に入塾する。 その後は帝展・日展で主に作品を発表したが、1948年(昭和23年)に日展を離れ、数名の画家と共に新団体『創造美術』を結成。徹底した写実に基づいた格調の高い花鳥画を得意とし、多くの名作を残した。
 
 
  上村松篁   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松篁の母親は上村松園、息子は淳之です。 この絵は晩年、水墨画に興味をもった時期に描かれたようです。
 
 
  日本画作家 上村松篁   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  丹頂1/丹頂2/芳春/花鳥/鳥語/鳳凰木/桃花/樹下幽禽/雪月花三題「月」/春鶯/孔雀鳩/春鶯/緋桃
 
 
  「上村松篁」 作家略歴    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「上村松篁」 作家略歴  1902年 京都市中京区四条御幸町西入ルに生まれる。 本名信太郎。母は閨秀画家上村松園。・・・
 
 
  上村松篁 artcreation   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  丹頂 (左)/丹頂 (右)/孔雀鳩/桃花/鳳凰木
 
 
  上村松篁「私の履歴書」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  しかし、母が日常の生活で無言のうちに身をもって教えてくれたのは、明けても暮れてもひたすら絵に打ち込み、黙って精進を続けるという勤勉努力の大切さである。 私自身、「コツコツと写生を繰り返し、地道に絵の勉強をしてきたのは、この境地に達するためだったのか」・・・
 
 
  上村松篁「私の履歴書」(続)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  絵かきとしての私の人生にとっては、この夏の里芋畑の体験は、大きなエポックを画する出来事として忘れることのできないものになった。 その後も私は、この体験について何度も振り返り、どんな条件であのような恍惚境に到達できるのか考えた。・・・
 
 
  上村松篁/桃花 -全体図-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松篁/桃花 -全体図-
 
 
  上村松篁 「春輝」 Art美術品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松篁 「春輝」など・・
 
 
  上村松篁展 松伯美術館所蔵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松篁は明治35年(1902)に女流版画家上村松園の長男として京都の生まれました。幼い頃から画家である母の傍らで絵に親しんできた松篁は、ごく自然に画家を志し、京都市立美術工芸学校、京都市立絵画専門学校に学び、同時に西山翠絵画塾でも手ほどきをうけます。…
 
 
  松伯美術館 (奈良市登美ヶ丘)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松伯美術館は、上村松篁・淳之両画伯からの作品の寄贈と近畿日本鉄道株式会社からの基金出捐により1994年3月に開館しました。当美術館では、上村松園・松篁・淳之三代にわたる作品、草稿、写生等、美術資料の収集と保管、展示を通じ、三代の画業を紹介することを目的としています。
 
 
  上村松篁展 富山県水墨美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松篁は、明治35年(1902)、美人画で名高い女流画家上村松園の長男として京都市に生まれ、京都市立絵画専門学校に進むと同時に西山翠嶂に師事しました。以来、帝展、新文展を舞台に、伝統的な写生に根ざしながら近代感覚溢れる花鳥画の世界を展開しました。
 
 
  上村松篁 アンシャンテ株式会社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1902年京都市生まれ。女流作家・上村松園の長男として、豊かな美術的環境のもとに育ち、1930年、京都市立絵画専門学校研究所を修了。帝展や文展において将来を期待されながらも、1948年「創造美術」を結成し旺盛な創作活動を繰り広げる。透徹した自然観察を礎に描かれた繊細優美な花鳥画の世界は、多くの人々を魅了し、1984年には文化勲章を受章するなど、現代を代表する日本画家の一人。
 
 
  上村松篁展  TOKYO ART BEAT   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松篁(うえむらしょうこう)は明治35(1902)年生まれの日本画家である。母の名は上村松園(うえむらしょうえん)といい、彼女もまた高名な日本画家であった。
 
 
  上村 松篁 版画オンラインショップ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  花鳥画という古典的なジャンル一筋に精進した松篁だが、多彩なモチーフの選択、徹底した写生をもとにした制作態度には現代的な感覚が見てとれる。戦後の1948年(昭和23)には在野の日本画団体〈創造美術〉の結成に参加するなど、革新的な一面を持ちながらも、その表現は常に穏やかで、どこか京都らしい細やかさに満ちている。  五月/夏野/芳春
 
 
  上村松篁  『花鳥(夏)』  ART BANK   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松篁  『花鳥(夏)』  ART BANK
 
 
  山種美術館 絵はがきセット 上村松篁   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代・現代日本画のコレクションで名高い山種美術館の所蔵品から、特にすぐれた巨匠たちの作品を選りすぐって絵はがきにいたしました。
 
 
  上村松篁 『松篁素描』 古美術こもれび   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  うえむら・しょうこう 京都生 日本画家、上村松園の長男 子は上村淳之 本名は信太郎 京都絵専卒 西山翠嶂に師事  勲三等受勲 京都芸大名誉教授 創画会会員 日本芸術院会員 文化功労者 文化勲章受章 平成13年歿、98才
 
 
  上村松篁 秋野 リトグラフ ガリレオ画廊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画面サイズ 460×330mm  技法  リトグラフ  エディション 120部
 
 
  上村松篁 うえむら しょうこう おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  春暖/芳春/丹頂/ "大本山増上寺天井絵"より「ハイビスカス」/春禽
 
 
  上村松篁 筆 「野月 」 アートサロン雪月花   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松篁 筆 「野月 」 なんとも情趣溢れる秋の作品です。銀の月光と秋草。 月の光に照らされて、風に揺れる桔梗とススキ。桔梗の葉は墨の滲みとぼかしで描かれ、桔梗の花は青紫と白。その対比がまた美しい。プラチナ箔で描かれたこともまた、しっとりとした風情を感じさせられます。
 
 
  上村松篁筆 白孔雀 I・E・I アートギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  栄えある文化勲章受章から20年。 巨匠・上村松篁が現代日本画壇に遺した偉大な足跡を偲び円熟期の代表的な花鳥画の傑作を史上初めて、真正に複製  「白孔雀」と題されたこの作品は、花鳥画最後の巨匠と称揚された日本画家、上村松篁が円熟期に到達した清澄にして格調高い境地を物がたる代表傑作です。
 
 
  花と鳥にかこまれて 生誕100年 上村松篁展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代花鳥画の第一人者であった上村松篁(2001年3月没、文化勲章受章者、京都市名誉市民)の初期から最晩年にいたる代表作を網羅し、画業の軌跡を回顧。
 
 
  花鳥画の第一人者・松篁芸術の神髄が一堂に   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  花鳥画の第一人者・上村松篁(うえむらしょうこう・1902〜2001年)は、女流画家・上村松園の長男として京都に生まれました。花鳥画の分野で頭角をあらわし、絵画専門学校在学中の19歳で帝展に初入選。以来文展、日展などを舞台に多くの秀作を発表しました。
 
 
  上村松篁 うえむらしょうこう SEIKO GALLERY   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1902年京都市生まれ。女流作家・上村松園の長男として、豊かな美術的環境のもとに育つ。1921年、京都市立美術工業学校絵画科に入学。西山翠嶂に師事。1951年、京都市立美術大学教授となる (現在 名誉教授)。1959年、芸術選奨文部大臣賞受賞 。
 
 
  上村松篁展 白孔雀 1973年 山種美術館 蔵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松篁展 白孔雀 _花を愛し、鳥に語り続けた美の軌跡_
 
 
  上村松篁 うえむら しょうこう 日本画家 イマジン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  "自分が納得のゆくまで対象を見つめ、描く"写生を重んずる円山・四条派の伝統を踏まえながら、つねに洗練された新しさを感じさせる作品は、多くの人々を魅了してきました。
 
 
  上村松篁展 大丸ミュージアムKOBE  フルルKansai   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松篁さんは女流画家で有名な上村松園さんの長男さんです。 毎回感じるのですが、ご自分で飼育観察しながら鳥さんたちを描いていたくらいだそうですので本当にこの方の絵を観ていると、鳥さんが好き〜って感じます。
 
 
  花鳥を描く 上村松篁展 資生堂アートハウス企画展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  透徹した自然観察を礎に描かれた繊細優美な花鳥画の世界は、多くの人々を魅了し、1984年には文化勲章を受賞するなど、現代を代表する日本画家の一人として活躍し・・・
 
 
  今週の作家紹介  上村松篁 Uemura Shokou  「鳳凰木」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1902年京都市生まれ。女流作家・上村松園の長男として、豊かな美術的環境のもとに育ち、1930年、京都市立絵画専門学校研究所を修了。帝展や文展において将来を期待されながらも、1948年「創造美術」を結成し旺盛な創作活動を繰り広げる。
 
 
  上村 松篁   (文化勲章受章・文化功労者作家) ギャラリー松田   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「瑠璃ひたき」/「丹 頂」 (2点1組) /「桃 花」  (99歳・「白寿記念作品」)/「花」(雪、月、花・三題)/「緋桃と山鳩」/「梅」/「牡丹」/「鶉(うずら)」/「しらさぎ」/「春苑」/「春鶯」 (はるうぐいす)/「すみれ」/「夏野」/「花野」/「花(雪・月・花)」/「双 鳩」
 
 
  《春輝》昭和59年(1984)  上村松篁の花鳥画の世界を一堂に - そごう美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松篁は明治35年(1902年)に女流画家上村松園の長男として京都に生まれた。幼い頃から母の傍らで絵に親しんできた松篁は、ごく自然に画家を志し、大正10年(1921年)に19歳の若さで帝展初入選。花鳥画家として官展を中心に華々しい活躍をみせた。
 
 
  上村松園 <書籍> 12件 Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上村松園 <書籍> 12件 Amazon.co.jp
 
 
  米寿記念 上村松篁展 <書籍>  氷川書房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米寿記念 上村松篁展 <書籍>  出版元:朝日新聞社 
 
 
  現代の日本画 5 上村松篁 <書籍> 発行所:学習研究社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代の日本画 5 上村松篁 <書籍> 発行所:学習研究社 発行年:1991年
 
 
  春花秋鳥 <書籍> 上村松篁/著 出版社名:日本経済新聞出版社     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  春花秋鳥 <書籍> 上村松篁/著 出版社名:日本経済新聞出版社 発行年月:1986年6月
 
 
猪熊弦一郎.1902/
     
岩橋英遠.1903
岩橋英遠《北の山たち(暁雲のトムラウシ)》1986年 滝川 岩橋英遠 「五合目五月」 1988年 1903年 岩橋英遠は、北海道空知郡江部乙村に生まれる。 20歳頃まで農業に携わりながら油絵を描く。 1924年 日本画家を志して上京、山内多門に師事する。
  岩橋英遠 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩橋 英遠(いわはし えいえん、1903年1月12日-1999年7月12日 本名・英遠(ひでとお))は日本画家。 屯田兵の二代目として北海道空知郡江部乙村(現在の空知管内滝川市江部乙町)に岩橋浅次と妻きくの長男として生まれる。 同村立北辰尋常高等小学校を卒業後、農業を手伝いながら独学で絵を描く。21歳で上京、山内多門の画塾に入る。  1 人物 / 2 経歴 / 3 著作 / 4 関連記事 / 5 外部リンク
 
 
  関連した検索: 岩橋英遠   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  関連した検索: 岩橋英遠
 
 
  岩橋英遠 彩雲 ARTLOG   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩橋英遠 『彩雲』 昭和54年作  この作品は北海道立釧路芸術館に所蔵されている第64回院展の出品作です。洞爺の大空で出会った不思議な形と色の雲です。雄大かつ澄明な気迫を感じます。 いつしか独立して画廊を持つことができたならば岩橋先生の作品展を開催したいと心にきめました。そして昭和63年に湯島に画廊をオープンしたとき開廊記念展として「岩橋英遠作品展」を行ったのです。本当に思いで深い作品です。
 
 
  岩橋英遠 湿原を翔ぶ  おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1903年 北海道に生まれる。 1936年 第1回帝展で「店頭囀声」が初入選。 1949年 第34回院展で「砂丘」が奨励賞・白寿賞受賞。 1950年 第35回院展で「明治」が大観賞受賞。 1951年 第36回院展で「眠」が大観賞受賞。 1954年 「庭石」で第4回芸能選奨文部大臣賞受賞。 1972年 「鳴門」で第38回日本芸術院賞受賞。 1994年 文化勲章受章。 1999年 死去。享年96歳。
 
 
  生誕100年 岩橋英遠展 道立函館美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1903年、江部乙(滝川市)に生まれ、99年に没した、20世紀の日本画を代表する画家の回顧展。 院展同人として活躍し、文化勲章も受けている、まさに北海道の誇る大画家の代表作が並ぶ。
 
 
  岩橋英遠作品 木版画/リトグラフ シバヤマ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「翔鶴」/「湿原を翔ぶ」/「雪煙」/「飛鶴」/「遊雲」/「流水」
 
 
  岩橋英遠 雪煙 石版画(リトグラフ) ガリレオ画廊    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雪煙 石版画(リトグラフ) 画面サイズ:416×605mm  エディション:120部
 
 
  京都 絹100%風呂敷名作ふろしき 岩橋英遠・飛鶴〈68cm幅〉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  額装にしてインテリアとしても美しい絹100%の高級感あふれる風呂敷です。 日本画壇に輝ける重鎮作家の名作を身近に楽しむことができる贅沢。 まさにご贈答としてもおすすめの逸品揃いです。
 
 
  岩橋英遠 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩橋英遠 の画像 - Google
 
 
三岸好太郎.1903
  三岸好太郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三岸 好太郎(みぎし こうたろう、1903年4月18日 - 1934年7月1日)は洋画家である。北海道札幌市出身[1]。戦前のモダニズムを代表する画家の1人。画家の三岸節子(旧姓・吉田)は妻。作家の子母沢寛は異父兄にあたる。
 
 
  三岸好太郎の画業   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夭折のモダニスト・三岸好太郎の生涯   大正から昭和初期― 近代日本洋画の青春期を駆け抜けたひとりの画家。その繊細な詩情に満ちた作品は、今も新鮮な感動をあたえてくれます。
 
 
  三岸好太郎・節子賞展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本近代洋画史上に大きな足跡を残した三岸好太郎・節子夫妻の画業を記念し、全国規模の「三岸好太郎・節子賞展」を創設します。 好太郎は札幌に生まれ、わずか31歳の若さで世を去った夭折の画家ですが、大正末から昭和初期(1920年代〜30年代)にかけて時代の潮流を鋭敏な感性で摂取し、清新な詩情あふれる作品を残しました。
 
 
  北海道立三岸好太郎美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三岸好太郎は札幌で生まれ、詩情あふれる画風で日本近代美術史に輝かしい足跡を残しながら、1934(昭和9)年に31歳の若さで亡くなった洋画家です。今回の展示では…
 
 
  「生誕100年記念 三岸好太郎展」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  札幌生まれの三岸好太郎は、大正末から昭和のはじめにかけて、31歳で亡くなるまでの短い生涯に先進的な作品を次々と展開していった画家である。
 
 
  三岸好太郎 東京国立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「三岸好太郎」の作品一覧/「三岸好太郎」に関する解説
 
 
  司馬遼太郎に愛された三岸好太郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このシリーズで、石狩湾の厚田村を訪れたときの「崖と入り江」は、三岸好太郎がテーマである。 三岸好太郎の出生地は札幌であるが、本籍地は石狩国厚田郡厚田村十六番地とのこと。好太郎は生涯厚田へ行ったことがないが、本籍地であることを知っていたはずである。…
 
 
  1分間で美術通31 「三岸好太郎」編   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  その短い人生のうちに、多彩な画業を展開した三岸好太郎。今回の「1分間で美術通」では、三岸が影響を受けた当時の美術思潮を、ほんの一部だけですが、ご紹介しましょう。
 
 
  三岸節子と好太郎―愛知・一宮/札幌   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大正末から昭和初期の洋画界に流星のようなきらめきを残した好太郎は、「変幻自在」を感じさせる天才肌。節子は夫と対比させて「努力の人」と自らを規定し、戦後フランスに渡って画業をみがき、第一人者となった。
 
 
  北海道立三岸好太郎美術館 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北海道立三岸好太郎美術館(ほっかいどうりつみぎしこうたろうびじゅつかん、Migishi Kotaro Museum of Art, Hokkaido)は、北海道札幌市にある美術館である。設置者は北海道。
 
 
  三岸好太郎  みぎしこうたろう(1903-1934)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夭折の画家は、悲運の画家として語られることが多い。しかし、それは好太郎の場合、につかわしいものではないだろう。第5回独立展で好太郎の遺作を見た前衛詩人、安西冬衛は次のような書簡を残している。…
 
 
  三岸好太郎 「飛ぶ蝶」 EPSON 美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  好太郎の絵を取り戻し、美術館を創設するために奔走したのは妻・節子でした。彼女も画家であり、好太郎が早世してから長い人生を歩みました。 三岸好太郎・作『飛ぶ蝶』は、晩年に描かれた代表作の1つ。
 
 
  二人の超現実主義者  福沢一郎と三岸好太郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福沢一郎は群馬県の旧家の生まれ。東大文学部にまなびますが、美術への思いやみがたく、朝倉文夫の門に通って彫刻をならいます(同門に、木内克がいました)。…
 
 
  生きた。描いた。愛した。〜三岸好太郎美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北海道の春はまだ遠いと感じる3月の下旬、札幌にある三岸好太郎美術館を訪れた。春とはいえ重い雲、白くはない雪が当たりまえのように美術館を取り囲んでいた。
 
 
  海と射光  岸好太郎(1903/北海道 - 1934/愛知)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西欧絵画の新思潮を吸収しつつ、洋画の新展開を求めた昭和初期。三岸好太郎は、この時代の流れを汲み、常に自己の画風を変化させながら、日本の前衛絵画の礎を築いた画家の一人です。
 
 
  三岸好太郎(みぎしこうたろう) - Yahoo!百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  洋画家。北海道札幌区(現札幌市)生まれ。1921年(大正10)札幌第一中学校を卒業して上京し、苦学しながら在学中からの洋画修業を続ける。中央美術展、春陽会展に出品し、24年春陽会賞を首席で受賞、26年には同会の無鑑査となり、上海(シャンハイ)など中国へ旅行する。初期の素朴画風からしだいに動勢をはらむ画風へ移り、道化などを多く題材とする。
 
 
  北海道立三岸好太郎美術館 HBC ART GALLERY   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平成13年度秋の特別展 2001.9.14-11.18北海道立三岸好太郎美術館は、220点の三岸好太郎作品が遺族から北海道に寄贈されたのを機に、1967年、北海道立美術館三岸好太郎記念室として開館。その後、1977年に北海道立三岸好太郎美術館と改称し、1983年に現在地に新館を建設して新たに開館したものです。
 
 
  北海道立三岸好太郎美術館 HBC ART GALLERY   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三岸の魅力再発見!−素描から〈飛ぶ蝶〉まで   北海道立三岸好太郎美術館は251点の三岸好太郎作品を収蔵し、その中から約70点ずつを、年間4期の所蔵品展でご紹介しております。
 
 
  三岸節子展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三岸節子生誕100年記念展(16日まで大阪・高島屋)を見てきました。節子は愛知出身、東京の女子美を首席で出て、天才といわれた画家の三岸好太郎と結婚。好太郎が夭逝してからは、絵を売りながら3人の子を育てる苦労を重ねました。63歳から20年近くフランスで独居。…
 
 
  三岸節子プロフィール   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1905年 明治38年 1月3日、吉田永三郎、菊の四女として起町(現在の一宮市)に生まれる/1921年 大正10年 16才 淑徳高等女学校を卒業し、上京して洋画家・岡田三郎助に師事〜1999年 平成11年 94才 4月18日未明、急性循環不全により逝去(享年95)/2005年 平成17年 市町村合併にともない一宮市三岸節子記念美術館に名称変更
 
 
  三岸節子さん(洋画家)&#8212;前編   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2005年、生誕100年を記念して全国で巡回展が開催されている三岸節子さん。
 
 
  三岸 節子の略歴 版画オンラインショップ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治38年 1月3日、吉田永三郎、菊の四女として起町(現在の尾西市)に生まれる/大正10年 淑徳高等女学校を卒業し、上京して洋画家・岡田三郎助に師事/大正11年 女子美術学校(現在の女子美術大学)2学年に編入、三岸好太郎と出会う/大正13年 女子美術学校を首席で卒業、9月三岸好太郎と結婚 …
 
 
  三岸 節子 Setsuko Migishi 古美術 八光堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三岸節子は愛知県出身の洋画家です。岡田三郎助に師事し、19歳のときに三岸好太郎と結婚します。その後、家事と子育てに追われながらも制作を続けます。…
 
 
  三岸節子 みぎし せつこ 1905-1999 洋画家 IMAGINE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三岸節子 略歴、プロフィール
 
 
  『好太郎と節子 宿縁のふたり』 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1999年に三岸節子が亡くなったときの記憶はまだ鮮明にある。 94歳。歴史に名を残した人の印象が強く、まだ生きていたんだ、という感慨があった。 三岸節子、画家であり、31歳で早世した三岸好太郎の妻である。  
 
 
  青春の軌跡−三岸好太郎と俣野第四郎展図録 <図録> 著者名:三岸好太郎、俣野第四郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青春の軌跡−三岸好太郎と俣野第四郎展図録 <図録> 著者名:三岸好太郎、俣野第四郎 刊行年:1991  22X29cm 90頁
 
 
小磯良平.1903 
小磯良平の絵を見てみよう 小磯良平の絵を見てみよう
  小磯良平 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小磯 良平(こいそ りょうへい、男性、1903年7月25日 - 1988年12月16日)は、昭和期に活躍した、日本を代表する洋画家である。 1903年兵庫県神戸市生まれ。兵庫県立第二神戸中学校(現県立兵庫高校)から、東京美術学校(現東京芸術大学)西洋画科に進み、猪熊弦一郎・岡田謙三・荻須高徳らの同級生と画架を並べる。
 
 
  神戸市立小磯記念美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  神戸市立小磯記念美術館は、緑豊かな六甲アイランド公園内に、平成4年11月に開館しました。 神戸に生まれ、神戸で制作を続けた洋画家小磯良平は、昭和63年12月に惜しまれつつ世を去りました。 その翌年に油彩・素描・版画などの約2,000点の作品が、アトリエ・蔵書・諸資料と共に、ご遺族より神戸市に寄贈されました。
 
 
  神戸市立小磯記念美術館 (Wikipedia)   TOPページ