027 【美術Α 菅井汲:横山操:平山郁夫:福井爽人:掛軸・屏風
 このコーナは、美術館 博物館のリンク集があります。また、国内海外の有数な美術館 博物館を個々に収録してあります。美術展 美術団体のHPほか、このコーナーには、日本と世界の著名な画家・芸術家関係のHPが年代順に精選掲載されています。どうぞ、ごゆっくりご覧下さい。 なお、ピンクは日本画家、ブルーは洋画家です。

宇治山哲平.1910/ 伊藤清永.1911 香月泰男.1911 井手宣通.1912 高山辰雄.1912  塩出英雄.1912/
小山田二郎.1914 郷倉和子.1914/ 加藤東一.1916  児玉幸雄.1916/ 堀文子.1918 宮永岳彦.1919
菅井汲.1919 櫻井慶治.1919 横山操.1920 斎藤真一.1922 中村正義.1924 牧野邦夫.1925/
平野遼.1925/ 安野光雅.1926 松尾敏男,1926/ 中野弘彦.1927 加山又造.1927 鴨居玲.1928
平山郁夫.1930 浮田克躬.1930/ 上村淳之.1933/ 佐藤晨.1935 中山忠彦.1935/ 野田弘志.1936/
金子國義.1936/ 藤岡心象.1936/ 福井爽人.1937 森本草介.1937/ 絹谷幸二.1943/ 藤森悠二.1947/
犬塚勉.1949.10 橋本弘安.1953/   平林知之.1953/ 磯江毅.1954/ 水野暁.1974/ 掛軸・屏風・表具師 
森蘭斎.1740 松村呉春.1752/ 田野村直入.1814/ 寺崎廣業.1866/ 不動立山.1886 相原窓雪/
日岡健三.1946.2/ 現代日本画家1945〜 現代洋画家1945〜 洋画関連サイト 田渕俊夫.1941/ 小松美羽.1984.11/
宮崎進.1922.1/          
← 026 【美術】◆各絵画      028 【美術】◆海外画家 → 
TOP >  b 美術 > 027 【美術Α 菅井汲:横山操:平山郁夫:福井爽人:掛軸・屏風 >  
       
宇治山哲平.1910/
  「田淵俊夫 画家」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田淵俊夫 画家 - Google検索
 
 
  振り向けば時々、家族の笑顔 「犬塚勉展」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「いつかはアイアンマン」を密かに目指して、ちょこっと頑張る姿を家族が見守ってくれています。 「犬塚勉展〜純粋なる静寂〜」  (奥田元宋・小由女美術館)
 
 
伊藤清永.1911
  伊藤清永 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊藤 清永(いとう きよなが、1911年 - 2001年6月5日)は、昭和期の洋画家である。裸婦像の名手として知られる。兵庫県出石町下谷(現在の豊岡市)生まれ。日展および白日会を中心に活躍した。
 
 
  伊藤清永美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1987年(昭和62)の合併30周年記念事業「現代洋画の重鎮・伊藤清永展」の開催を契機に伊藤清永らから出石町に作品の寄贈を受け、その保存と功績の顕彰及び郷土の芸術振興のため1989年(平成元年)に開館しました。一人の画家が画業一筋に歩んだ軌跡をたどりながら伊藤芸術の世界をごゆっくりご覧下さい。
 
 
  伊藤清永 「バラ」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治44年兵庫県出石町に生れ、愛知学院を出て東京美術学校に学びます。昭和8年白日会第十回記念展で白日会賞を受賞、帝展にも初入選します。
 
 
  伊藤清永 「裸婦」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊藤清永 「裸婦」
 
 
  伊藤清永 「裸婦 やすらぎ」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊藤清永 「裸婦 やすらぎ」
 
 
香月泰男.1911
作品「母子」(堀美術館蔵) 作品「空き地」
  香月泰男 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  香月 泰男(かづき やすお、1911年10月25日 - 1974年3月8日)は山口県大津郡三隅町(現・長門市)出身の画家。 山口県に開業医の息子として生まれるも、幼い頃両親が離婚。厳格な祖父に育てられる。 山口県立大津中学校(現・山口県立大津高等学校)卒業後、川端美術学校を経て1931年に東京美術学校に入学、藤島武二の教室に学ぶ。 1936年、美術学校卒業後、北海道庁立倶知安中学校(現・北海道倶知安高等学校)の美術科教師として着任。その後、山口県立下関高等女学校(現・山口県立下関南高等学校)に転任する。… 1945年、ソ連に抑留され、シベリア、クラスノヤルスク地区のセーヤ収容所で強制労働に従事。これが原体験となり、その後の作品全体の主題・背景となる。… 1969年、「シベリア・シリーズ」で第1回日本芸術大賞を受賞。 1 略歴 / 2 香月泰男美術館 / 3 関連書籍 / 4 関連項目 / 5 外部リンク
 
 
  香月泰男美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  HOME/利用のご案内/企画展/香月泰男?/ジュニア大賞絵画展/香月泰男美術館/リンク
 
 
  屋根裏部屋の美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口県・三隅 愛の世界 : 「4年以上にわたる軍隊・抑留生活で香月が決して手放さなかったものが三つある。生き別れた母親からもらった絵の具箱とセーター、そして自分たち夫婦の写真を入れ入れたお守りだ。」 幼少期に父母と離別した香月泰男にとって大切なもの それは、母親と妻である。 香月泰男は、郷里の山口県・三隅で仮想の世界を創り上げた。 そこには、妻が母であり、自分が子供であるという世界である。
 
 
  香月泰男 作品一覧 - 銀座画廊おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  30件の作品があります。 香月泰男の作品、絵画販売、絵画買取致します。メール・電話で簡単無料査定!作品についてのご相談も承っております。日本画、洋画、版画全般、掛け軸、その他美術品買取・販売を幅広く取扱う銀座の画廊です。
 
 
  ちひろと香月泰男 ― 母のまなざし、父のまなざし ―   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口県生まれの画家・香月泰男は、第二次世界大戦後のシベリア抑留以後、ほぼ故郷の三隅を離れることなく、愛する家族や身近な自然のなかで制作を続けました。香月の7年後に生まれたいわさきちひろは、戦後、東京の練馬区下石神井(現ちひろ美術館・東京所在地)で家族と暮らしながら、子どもの本の世界で活躍しました。
 
 
  〈私の〉地球―香月泰男画文集 [大型本]  香月 泰男 (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シベリア抑留体験を描き続けた洋画家・香月泰男。没後25年の今こそ未来に向けて伝えたい。「香月泰男の心」をここに凝縮。生きるよろこび、愛するよろこび、描くよろこび…本当に大切なものに出会える画文集。
 
 
  香月泰男 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  香月泰男 の画像 - Google
 
 
井手宣通.1912
  井手宣通 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井手 宣通(いで のぶみち、1912年(明治45年) - 1993年(平成5年)2月1日)は、日本の洋画家。熊本県出身。 帝展、新文展、日展、光風会などを中心に活躍。その後、自ら「日洋会」を組織し、戦後の洋画壇の刷新と、日本人の感性による新たな具象絵画の可能性を追求した。
 
 
  井手宣通  熊本市現代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  収蔵作品/展覧会/カタログ・書籍/略歴
 
 
  井手宣通  葵祭 [熊本市 所蔵]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井手宣通氏は明治45年に熊本県上益城郡御船町に生まれ、東京美術学校を卒業後、帝展、新文展、日展、光風会などを中心に活躍した洋画家で、その後、自ら「日洋会」を組織し、戦後の洋画壇の刷新と、日本人の感性による新たな具象絵画の可能性を追求した行動の人でもありました。
 
 
  井手宣通(1912-1993)  All About   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  略歴:井手宣通(1912-1993)いで・のぶみち/主な収蔵美術館
 
 
高山辰雄.1912 
  高山辰雄 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高山辰雄(たかやま たつお、1912年6月26日 - 2007年9月14日)は、日本画家。 1912年(明治45年)、大分市に生まれる。1931年(昭和6年)、東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画科に入学、1936年(昭和11年)に卒業している。在学中から松岡映丘の画塾に入り、師事した。美校の卒業制作『砂丘』(1936年)は、砂の上に座るセーラー服姿の若い女性を俯瞰的に描いた洋画風の作品で、後の高山の作風を思わせるものはほとんどない。
 
 
  日本画家・高山辰雄   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  痛いほど肌を刺す寒風が吹きすさぶ日であ った。海抜1000メートルの高野山・金剛三昧院多宝塔の板敷きの床は冷えきっていた。  日本画家・高山辰雄画伯はやおら靴下を脱ぎすて素足のまま歩き回った。・・・
 
 
  おくやみ:高山辰雄氏   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高山辰雄(たかやま たつお、1912年6月26日 - )は、昭和〜平成の日本画家。
 
 
  高山辰雄 「映」  秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  色彩を押さえ、内面的で幻想的ともいえる画面を創造し、あらたな日本画の世界を拓いた高山辰雄先生の作品です。 題名の「映」とは、直接的には、画面上の池(あるいは田か)に写る木々の景色のことでしょうが、心に「映」る<家>を象徴しているように思えます。
 
 
  高山辰雄の世界 -素描と本画-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家高山辰雄画伯は、明治45年(1912)大分市に生まれました。 昭和6年、東京美術学校日本画科に入学。松岡映丘の指導を得、在学中の昭和9年には第15回帝展に初入選を果たすなど、早くからその才能を発揮し、卒業後も研究団体瑠爽画社や一采社に加わり新しい日本画の創作に取り組みました。
 
 
  高山辰雄 新潮社 <著書一覧>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高山辰雄/限定版 日月星辰 高山辰雄/著
 
 
  [聴] 高山辰雄 The Art Sliders   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  [聴]/[二人]/[夜の風景] トーゴー&ハロルドの現代美術・芸術ジャーナル
 
 
  高山辰雄 夏ゆく 12号 花田美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  6月26日に大分県大分市に生まれる。昭和11年に東京美術学校日本科を首席で卒業する。卒業後 松岡映丘門下の杉山寧や山本丘人などが新日本画の創作を目指し結成した瑠爽画社に出品したが 松岡映丘が昭和13年に死去したため解散する事となった。
 
 
  高山辰雄 『行人』(1969) 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京美術学校卒。松岡映丘に師事。戦後の苦境の中でゴーギャンの伝記に出会い、画業の原点を掴むきっかけとなる。色彩を押さえた内面的・詩的な絵画空間を創造し、人・家族・自然・宇宙をテーマとした作品を発表する。文化勲章受章・文化功労者。日本芸術院会員。日展顧問。
 
 
  「アッシジへ行く」 高山辰雄墨画集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夕日に照り輝くアッシジの丘が見えます。三度目にやっとたどりついた道、松岡先生はどのようにしてこの道を通られたのだろうか。…
 
 
  高山辰雄 窓のある アート買取協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1912 大分県に生まれる 1931 東京美術学校日本画科に入学 在学中に松岡映丘の画塾に入り師事する 1946 ゴーギャンの伝記を読み感銘を受け、その後の作風に影響する 1949 日展に『少女』を出品し特選となる 独自の幻想的な画風がこのころから定着してくる 1975 日展理事長に就く 任期満了後は日展常務理事、顧問となる 1982 文化勲章を受章
 
 
  「高山辰雄遺作展」 弐代目・青い日記帳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京美術学校在籍中に描いた「明るい日」、卒業制作の「砂丘」から、未完の絶筆まで前後期100点以上の作品でその画業を振り返る展覧会。 竹橋の近代美術館や山種美術館で高山の作品を拝見し強く惹かれることしばしば。また昨年資生堂アートハウスで開催された「高山辰雄展」(2007年9月28日〜11月25日)のチラシにも一目惚れ。
 
 
  高山辰雄遺作展 SINWA ART AUCTION   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  《聖家族》1993年 小川美術館蔵/《森》1985年
 
 
  野島青茲君の思い出 高山辰雄 吉野屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松岡映丘先生のもとで共に同門生であった。 美術学校では私より二級下であったが、絵も人間も優秀であった事を思う。その動きも仕事も何か美しいものを感じられるのであった。
 
 
  高山辰雄 青衣の少女 webKADOKAWA   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  これからの日本画は高山辰雄を軸にして変貌してゆくだろう――立原正秋
 
 
  高山辰雄 白い(大地を行く) ダッドアート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高山辰雄 白い壁(大地を行く)
 
 
  高山辰雄遺作展―人間の風景― NB online   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高山は、明治45(1912)年、大分県大分市に生まれました。昭和6(1931)年に東京美術学校日本画科に入学。在学中から松岡映丘の画塾「木之華社」に入門し、早くから師・映丘にその才能を見出されていました。 昭和9(1934)年に、第15回帝展には「湯泉」が初入選。東京美術学校在学中の2年生から、すでに特待生となっています。…
 
 
  日本画家−高山辰雄(1912-2007) All About   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高山辰雄最新展覧会情報  略歴:高山辰雄(1912-2007)たかやま・たつお  高山辰雄関連書籍
 
 
  高山辰雄 『行人』  秋華洞 > 日本美術家事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高山辰雄 たかやまたつお Takayama_Tatsuo 日本画家 1912(大正元年)大分〜2007(平成19年)東京 
 
 
  日月星辰≪高山辰雄展2001≫ 京都発大龍堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代日本画壇の最高峰で文化勲章受章者でもある高山辰雄画伯は、明治45年に大分県で生まれました。宇宙における自然観と人間の生命の存在感を日本画の美意識で表現する画伯は、自然と人間に深い洞察と繊細な感受性で関わりながら、対象となる人物や風景をシンボリックな構想で描いています。
 
 
  高山辰雄画伯 遺作展 「投華 - 密教に入る -」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平成11年9月、16年の歳月を要して、礼拝対象の宗教画ではない、時代をパワフルに生きた人物として弘法大師・空海を思い描き、高山画伯の精神と密教の教えが見事に融合した、平成の大作「投華 - 密教に入る -」を三部作の第一章として総本山金剛峯寺に御奉納されました。
 
 
  高山辰雄先生の創作風呂敷をご紹介いたします。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1) 旭光 /(2) 紅梅白梅
 
 
  画家 高山 辰雄(たかやま たつお)  Artis Japan.net   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  盪鈎ね魂菁譴蓮■隠坑隠押別声45)年大分市に生まれました。東京美術学校在学中の1934(昭和9)年、第15回帝展に《湯泉》で初入選し、以後、新文展・日展・新日展・改組日展を中心に活躍し、1979(昭和54)年文化功労者、1982(昭和57)年文化勲章を受章、翌年大分市名誉市民となりました。
 
 
  高山辰雄の世界―素描と本画 <書籍> 紀伊國屋書店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高山先生の画業70年と米寿を記念してその魅力の根源にせまる。 収録作品数156点(カラー109点・モノクロ47点)。 絵によせる思いをつづった小文を随所に挿入。 巻末には、仲町謙吉・脇正人・広田肇一各氏による対談「高山芸術を語る」と年譜を収録。
 
 
  高山辰雄  たかやま たつお 作家作品一覧 おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高山辰雄  たかやま たつお 作家作品一覧 朝を行く/月/ひまわり/田園
 
 
  画業70余年、高潔な航跡 高山辰雄さん死去 asahi.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画業70余年。高潔な航跡を描いて日本画家高山辰雄さん(95)は、14日に死去した。深い精神性をたたえる画境に到達した、スケールの大きな画家だった。 大分県の小学校時代に、同郷の江戸時代の画家田能村竹田の墨画を見たのが日本画との出会い。医者にと望んだ両親を説き伏せて上京し、東京美術学校で学ぶ。
 
 
  練馬区立美術館で「高山辰雄遺作展 人間の風景」を観る!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「両頬をくるむようにのびた髪の先に指をからめながら、いっぽうの掌を胸にあて、窓外で一人遊びをする吾が子を見守る若い母親。…
 
 
  高山辰雄 海をのぞむ 絵画(リトグラフ)作品  ガリレオ画廊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高山辰雄 海をのぞむ 絵画(リトグラフ)作品  画面サイズ:430×640mm  技法  石版画・リトグラフ  エディション:限定150部
 
 
  高山辰雄 青衣の少女/丘の人たち/海をのぞむ ガリレオ画廊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高山辰雄 青衣の少女/丘の人たち/海をのぞむ 絵画(リトグラフ・木版画)作品
 
 
  「宇宙に触れたかった人〜日本画家・高山辰雄〜」 新日曜美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  70年にもおよぶ画業のすえ、9月に95歳で亡くなった日本画家、高山辰雄。 高山が一貫して描こうとしてきたもの−それは、目にみえない「いのち」のうごめきのようなもの。愚直なまでに、最後まで、高山は「わからない・・・」という素朴な問いを繰り返しながら絵筆を動かし続けてきた。
 
 
  高山辰雄遺作展 人間の風景 @練馬区立美術館  Art & Bell by Tora   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  95歳で昨年逝去された高山辰雄は、「新日本画」の創造をめざして努力した画家。今回の展覧会では、藝大卒業制作の《砂丘》以下、約100点の作品が前後期に分かれて展覧され、高山芸術の軌跡を辿ることができる。
 
 
  高山 辰雄 「聖家族 16」/「聖家族 12」/「聖家族 6」/「すがた VII」/「峨眉山月歌」 みさき画廊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高山 辰雄 「聖家族 16」/「聖家族 12」/「聖家族 6」/「すがた VII」/「峨眉山月歌」
 
 
  高山辰雄の世界 −素描と本画− <書籍> 思文閣出版刊行図書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画業70年を記念し、本画と素描でその魅力にせまる  収録作品数156点(カラー109点・モノクロ47点)  絵によせる思いをつづった小文を随所に挿入
 
 
  存在追憶限りなき時の中に (大型本)  高山 辰雄 (著)  Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  存在追憶限りなき時の中に (大型本)
 
 
塩出英雄.1912/
     
小山田二郎.1914
  小山田二郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小山田 二郎(おやまだ じろう、1914年(大正3年) - 1991年(平成3年)7月26日)は、日本の画家。世相を皮肉的に風刺する油彩画や水彩画を多く描き、特に油彩ではペッティングナイフでキャンバスを傷つけるほど大胆な手法で描くことで知られる。曽祖父に黒田藩士、小山田廣徳。遠縁に日本画家小堀鞆音。
 
 
  小山田二郎 東邦画廊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1915 1月、中国安東県に日本の三井物産の出張社員であった父広志、母まつの間に次男として生れる。 1916 祖父母に引きとられ日本の東京根岸に育つ。…   作品を見る
 
 
  小山田二郎展 artscape   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小山田二郎(1914〜91)は流転の生活の中、独立美術協会展や美術文化協会展に出品しました。戦時体制下ではシュルレアリスム弾圧があり一時絵画に絶望しますが、戦後、再び画家として立つことを決意し、自由美術展を中心に発表をしました。
 
 
  小山田二郎 水彩コレクション展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小山田二郎は戦後、自由美術家協会を拠点に絶えず社会の不条理に目を見開き、告発、前衛的な油彩 の大作を発表してきました。その一方で子供、鳥、虫と言った弱者で身近な対象物への慈愛に満ちた水彩 画を多数残しております。
 
 
  小山田二郎 「時の外何物もなし」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1936年帝美中退。37年独立展出品。40年美術文化展出品。47-59年自由美術協会会員。52年タケミヤ画廊で個展。日本国際美術展、現代日本美術展、読売アデンパンダン展などに出品。57年サンパウロ・ビエンナーレに出品。
 
 
  小山田二郎展 弐代目・青い日記帳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「アンソール・ボッシュ・ミロを足して3で割り、それにルドンの色彩が加わっているという表現でしょうか。特にブルーが良いと思いました。とにかく百聞は一見に如かずです。私自身、日本にこのようなオリジナリティのある象徴主義的シュールリアリストがいたということはまったく知りませんでした。」…
 
 
  小山田二郎 展 「漂泊:46年ぶりの再会」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「小山田二郎(1914-1991)は、1959年に詩人で美術評論家である瀧口修造氏の推薦で油彩大作展(東京画廊)を開催した。その展示作品の中に、西洋の古典的題材を借り、人間の本質をユーモラスに表現した「アダムとイヴ」があった。この作品はその後、人目に触れることなく作者自身の人生と同様に漂泊の道を歩みました」
 
 
  小山田二郎 展 東京ステーションギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小山田二郎(1914-1991)は幼い頃に親戚の日本画家・小堀ともと鞆音に透明水彩を学び、父親の反対に会いながらも画家を志望。 1934年、帝国美術学校(現武蔵野美術大学)図案科に入学しました。途中から西洋画科へ転入するものの父親の仕送りを絶たれ中退。その後は流転の生活の中、独立美術協会展や美術文化協会展に出品。…
 
 
  小山田二郎  Jiro OYAMADA  アートインデックスネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小山田二郎略歴
 
 
  アートリンクとちぎ2007「小山田二郎−沈澱・浮遊する情念−」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦後の美術界に異彩を放ち、確固とした作品表現を持ちえた小山田は、シュルレアリスムの手法により人間の宿命的な業を描き続け、近年その評価が高まっている画家です。
 
 
  小山田二郎展 ― 異形の幻視力 ―  ピンナップ ギャラリー 一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本展は、日本の戦後美術史の中で50-60年代を代表する画家として、またそれを超える普遍性をった画家として、本来与えられてしかるべき位置づけを再認識しようとする回顧展です。
 
 
郷倉和子.1914/
  郷倉和子氏が死去 101歳 日本画家 (2016/4/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  郷倉 和子氏(ごうくら・かずこ=日本画家)12日、心不全のため死去、101歳。告別式は近親者のみで行う。喪主は長男、伸人氏。 梅を題材にした作品で知られる。1997年に日本芸術院会員、2002年文化功労者。(全文)
 
 
加藤東一.1916 
加藤東一 鵜飼/Web書画ミュージアム 加藤東一 『錦秋不二』 加藤東一 『牡丹(赤)』
  加藤東一 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加藤東一(かとうとういち1916年(大正5年)1月6日〜1996年(平成8年)12月31日 )は、日本画家、日展理事長。岐阜県岐阜市出身。 1916年(大正5年) 漆器商加藤梅太郎・ため夫妻の五男として、岐阜市美殿町で生まれる。兄は日本画家の加藤栄三。
 
 
  遠き道展 はてなき精進の道程   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加藤東一は亡くなる直前 こう語りました。 人は皆使命を受けてこの世に生を受けている。私の使命は絵を描くことですが皆さんの使命は何でしょうか。それをよく考えて生きてください。私は、絵を描くという使命の遙かなる精進の過程にいるだけなのです。
 
 
  加藤東一 「白牡丹」 「春雪不二」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1916 岐阜市に生まれる /1952 日展特選 /1955 日展特選、白寿賞受賞 /1970 内閣総理大臣賞受賞 /1977 第33回日本芸術院賞受賞 /1978 文化功労者となる/1979 死去
 
 
  加藤栄三・東一記念美術館 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加藤栄三・東一記念美術館(かとうえいぞう・とういちきねんびじゅつかん、Kato Eizo・Toichi Memorial Art Museum)は、岐阜公園内にある岐阜市歴史博物館分館の美術館である。1991年(平成3年)5月11日に財団法人により開館。1994年に岐阜市に移管され、歴史博物館の分館となった。
 
 
  加藤栄三・東一記念美術館 岐阜市役所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岐阜市出身で日展を中心に制作活動をつづけ、全国的に高い評価を受けている加藤栄三・東一兄弟画伯の画業を顕彰するとともに、地域の美術普及活動の充実、文化の振興を願いとしています。
 
 
  金閣寺大書院障壁画展 悠久の生命を描く   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「金閣寺」と呼ばれる、京都の名刹・北山鹿苑寺。この名刹の大書院では、江戸時代の画家・伊藤若沖の手になる水墨の障壁画(現在重要文化財に指定)が長く飾られていましたが、このたび230余年ぶりに現代日本画壇の重鎮・加藤東一によって書き替えられました。
 
 
  「涼」  加藤東一 芸術院会員 日展理事長   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1916 1月6日出生  1941 東京美術学校日本画家に入学  1941 東京美術学校日本画家に入学  1948 山口蓬春に師事 第4回日展で初入選  1952 第8回日展で特選受賞…
 
 
  加藤東一 Tohishi Kato  「白牡丹」/「春雪不二」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加藤東一 Tohishi Kato  「白牡丹」 リトグラフ  430×560mm  12版12色刷/「春雪不二」 リトグラフ  430×560mm  12版12色刷
 
 
  加藤東一 「総がらみ」 木版画 アート・トレジャー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加藤東一 「総がらみ」 木版画
 
 
  加藤東一 Katou Touichi 暁雲富岳  長良川画廊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加藤東一 Katou Touichi 暁雲富岳 本紙寸法22.4×15.7僉〜澗寮K36.9×30.2僉\嵒抻里浪弾E谿譴梁緝重図柄で、この作品はパステル画ではありますが、画家の画風がよく表れています。
 
 
  加藤東一  「春を告げる花」 あいおい損保椿絵美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加藤東一(かとうとういち)1916-1986 大正5年岐阜県に生まれる。昭和16年東京美術学校に入学し、翌年には召集となる。同21年第3回日展に「白暮」が初入選。昭和23年山口蓬春に師事。昭和45年第2回改組日展で内閣総理大臣賞、同51年第8回改組日展の「女人」で翌年日本芸術院賞を受賞。平成8年度文化功労者。平成9年藤沢名誉市民。
 
 
  加藤栄三・東一展 加藤栄三 『鮎』 / 加藤 東一 『漁火』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加藤栄三・東一氏は兄弟で岐阜を代表する日本画家です。 兄栄三は、昭和の日本画壇の俊英として活躍した作家であり、弟東一もまた独自の作風を拓き日展を舞台に活躍しました。
 
 
  加藤東一 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加藤東一 の画像 - Google
 
 
児玉幸雄.1916/
     
堀文子.1918
「天空に遊ぶ」 15号     堀 文子  堀文子画文集 命といふもの第2集 無心にして花を尋ね 96歳の日本画家・堀文子さん新作展 「この世の不思議を記録したい」
  堀文子 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堀 文子(ほり ふみこ、1918年7月2日 - )は、東京都麹町区平河町(現・千代田区)生まれの日本画家。 女子美術専門学校(現・女子美術大学)師範科日本画部卒業。女子美術専門学校在学中の1938年に第2回新美術人協会展入選。1940年に女子美術専門学校を卒業し新美術人協会会員になる。画家としての活動のほか、『キンダーブック』(フレーベル館)、『ふたば』などで挿画、装幀を描く。  1 来歴 / 2 主な個展 / 3 主な著作 / 4 主な受賞歴 / 5 主な作品収蔵 / 6 作品設置 / 7 テレビ出演番組
 
 
  堀 文子展と大磯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堀先生は1967年に大磯に転居されて以来90歳を超えた今での創作活動をしています。… 2000年、82歳の時に幻の鉱山植物ブルーポピーを求めヒマラヤ山脈の高地を走破して、描き上げたブルーポピーの画、8号ですから大きな画ではありません。その画を初めて成川美術館で見た時には、画の分からない私でも感動したことを覚えています。
 
 
  堀文子展と京都錦市場   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都の高島屋で開催されていた画業70年の回顧展、約130点の作品は、日本画という概念を超えた詩情あふれるすばらしいものでした。会場のビデオで拝した堀文子さんの素顔は白髪の美しい89歳、お年には見えない凛とした風貌はその生き方を物語っているかのようでした。
 
 
  対談集  「堀文子・粋人に会う」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現在93歳になる日本画家・堀文子さんの対談集「堀文子・粋人に会う」(清流出版)を読みました。 1997〜1998年にかけて堀文子さんが24人の粋人と対談し婦人画報に載ったものを単行本化したものです。
 
 
  堀文子 作品一覧 − 銀座画廊おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1918年 東京に生まれる。 1940年 女子美術専門学校卒業。新美術人協会会員となる。 1949年 創画会結成に参画、同年多摩美術大学教授。 1952年 「山と池」が第二回上村松園賞受賞。  1962年 イタリアのアレッツォ郊外にアトリエをもつ。 1999年 創画会を退会。多摩美術大学を退職。みどりのまち・かながわ県民会議理事を務める。著書に「みち」「日々去来」「堀文子画文集三部作」など。
 
 
  画家:堀文子(93歳) さんから伝わってきたもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人のお話を聞いていると、絶句してしまうような興奮をすることがありせんか。。。。。 一生の中でそんなにあることではないのですが、今朝(2011年9月19日)放映されたNHKのヒューマンドキュメンタリー「画家・堀文子 93歳の決意」という番組には魅入ってしまいました。 最初は見るともなしに見ていたのですが、堀さんのお話を聞いているうちにドキドキしてきました。
 
 
  堀文子展 華々しい収穫のとき - 三重県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  《鶴が渡る、ヒマラヤを越えて。》 2010年 / 《幻の花 ブルーポピー》2001年 / 《八丈島》1950年 / 《紫の雨》1965年 名都美術館蔵 / 《極微の宇宙に生きるものたち供2002年 / 《楽しい仲間》1956年 / 《ケツァール(古代マヤの守護神)》2009年 / 《アフガンの王女》2003年
 
 
  (堀文子の言葉)【ひとりで生きる】 「人はそもそも孤独なんです」 (2012/2/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「みんなひとりが寂しいといいますが、人といれば本当に寂しくないのかしら? 人はそもそも孤独なんです」  【ひとりで生きる】
 
 
  「生きて死ぬ智慧」(柳澤桂子、堀文子)、書評   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生きて死ぬ智慧(知恵ではない。)は、少し前、Amazonでトップを走っていたベストセラー。 般若心経の現代語訳という触れ込みの本である。 自分と他人という二元ではなく、一元で考えるという仏教独特の考え方は、日本人の死生観に割りとあっているのであろう。感覚的にすんなりと入る。 文章としては、般若心経の内容が、一つ一つ丁寧に解説されていて、読みやすいかも。
 
 
  堀文子の言葉   ひとりで生きる <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  群れない、慣れない、頼らない。 これが私のモットーです。 NHK・ヒュ−マンドキュメンタリー「画家・掘文子 93歳の決意」で紹介! 24,000部突破!
 
 
  命の軌跡―堀文子画文集: 堀 文子: 本   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「生命の根源」を求め「美」を追求して止まない堀文子が描いた最新作を含む過去2年余りの絵画と書き下ろしエッセイを、美しく、大胆にレイアウトした和文・英文両併記の画期的な画文集。
 
 
  堀文子最新情報 - ナカジマアート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  home/展覧会情報/主な取扱作家/堀文子情報/版画&コロタイプ/グッズ/画廊へのご案内/お問合せ e-mail
 
 
  堀 文子: 作品一覧、著者略歴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  16件の検索結果を表示 本 - Amazon.co.jp
 
 
  堀文子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堀文子 の画像 - Google
 
 
  「堀 文子 Fumiko Hori」の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画文集「花」「時の刻印」「命の軌跡」など多数。南米・ネパールなど、精力的に取材を重ねる。近年は「極微の世界」「海のユートピア」を描き未知への挑戦を続ける。また小学館発行の雑誌「サライ」では毎月1回「命といふもの」(画・文)を連載中。 常に旺盛な好奇心で新しいテーマに挑む画伯の姿勢は多くの人々に感動を与え続けている。
 
 
宮永岳彦.1919
宮永岳彦(ミヤナガ タケヒコ) 画家、宮永岳彦 - 泰西名画模写画とオリジナル… アート絵画(図録)―ネットふるほんや
  宮永岳彦 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  静岡県磐田郡(現・磐田市)生まれ。名古屋市立工芸学校卒業後、松坂屋名古屋本店に入社。その後、第二次世界大戦の兵役の後、実家の神奈川県秦野市に戻り、松坂屋銀座店宣伝部に勤務をしながら秦野市、後に東京都新宿区にて創作活動を行う。 1974年には、ブラジルの日伯文化協会の依頼で当時の皇太子(現・天皇明仁)および皇太子妃(現・皇后美智子)の肖像画『皇太子・同妃両殿下御肖像画』を描く。 概要/経歴/脚注
 
 
  宮永岳彦 「婦人像」 リトグラフ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  師 : 横井礼以 正宗得三郎  名古屋市立工芸学校卒業
 
 
  宮永岳彦 作品一覧 - おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「黎」、「麗」、「玲」、「燦」、「翔」、「爛」、「潤」、「鳳」、「讃」、「宴」、「快」
 
 
  宮永岳彦 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮永岳彦 の画像 - Google
 
 
  宮永岳彦1919 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮永岳彦1919 の画像 - Google
 
 
菅井汲.1919
  菅井汲 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菅井 汲(すがい くみ、1919年3月13日 - 1996年5月14日)は、洋画家、版画家。国際的に最も高く評価されている日本人画家の一人である。 1919年、神戸市東灘区に生まれる。本名は貞三。大阪美術工芸学校に学んだ後(病気の為に中退)、1937年から阪急電鉄宣伝課で商業デザインの仕事に就く。
 
 
  菅井汲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ETOILE 星/黒のマッス/天秤座/FETE(祭典)  菅井汲プロフィール:1919年 神戸市に生まれる。 20世紀において国際的に最も高く評価された日本画家の一人。大阪美術学校に学んだ後、電鉄会社に入社し、戦前・戦中はグラフィック・デザイナーとして活躍する。1952年、単身でフランスに渡る。以後、パリを拠点に活動し、数度の国際展で受賞するなど、海外における名声を確立する。
 
 
  SUGAI  菅井 汲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菅井汲、四つの時代 : 画家菅井汲が描いた軌跡は、決して真っ直ぐなものではなかった。いくつかの重要な作風の変化は、菅井自らが、敢えて更なる危険な曲がり角へと挑んだかのように思われる。だが、たとえスタイルが変化しようとも、作品にみなぎる集中力と緊張感は絶えず一定であった。
 
 
  菅井汲 すがい くみ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  魚・鳥 - パステル/船 - パステル/フェスティバル - シルクスクリーン/偶然 - リトグラフ
 
 
  菅井汲  Kumi SUGAI   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  8 secondes avant - Oil on canvas/MARS - Acrylic on canvas/S.2&S.3 - Acrylic on canvas
 
 
  菅井汲 Kumi SUGAI   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1919年神戸市生まれ。本名・菅井貞三。阪急電鉄でデザイナーとして活躍、プロ野球の阪急ブレ−ブスのマークなどを制作。中村貞以に日本画を学ぶが52年渡仏、渡仏間もないクラヴェン画廊での個展が大きな反響を呼び、たちまちパリ美術界のスターとなる。55年から版画制作を開始、生涯に約400点を制作。59年リュブリアナ国際版画展、65年サンパウロ・ビエンナーレ最優秀賞など数多くの国際展で受賞。96年永逝(享年77)。
 
 
  菅井汲 Kumi SUGAI   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Rouge, VERT - Oil on canvas/8 secondes avant - Oil on canvas/Deux Verts - Oil on canvas/Work No.190 - Oil on canvas
 
 
  菅井 汲  「Festival A-P」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菅井汲は神戸市出身の洋画家です。 菅井汲が描いた軌跡は、決して真っ直ぐなものではありませんでした。 いくつかの重要な作風の変化は、菅井自らが、敢えて更なる危険な曲がり角へと挑んだかのように思われます。 ですが、たとえスタイルが変化しようとも、作品にみなぎる集中力と緊張感は絶えず一定でありました。
 
 
  菅井汲  すがい くみ PROFILE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国際的評価の高い画家。無署名のマルチプルという菅井の版画に対する姿勢は明快で、彼の絵画のスピード感や合理性、大衆性に通じる。シルテマティックな抽象造形と日本美学の接点を追求している。
 
 
  菅井 汲 すがいくみ Kumi Sugai   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作家名・菅井 汲/作品名・作品V-|||'80/技 法・油彩
 
 
  菅井汲(すがいくみ) - Yahoo!百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  洋画家。大正8年3月13日神戸市に生まれる。大阪美術学校中退、阪急電鉄宣伝課に勤務、ポスターデザインに従事する。第二次世界大戦後、日本画に関心をもち中村貞以(ていい)(1900―82)に1年ほど学ぶ。また吉原治良(じろう)と交友。1952年(昭和27)に渡仏、以来パリに定住する。60年代なかばから、明快な色面の構成による独自の作風を示し、注目を集める。62、68年ベネチア・ビエンナーレ、65年サン・パウロ・ビエンナーレ展(外国作家最優秀賞)など、主要な国際展に出品を続け、高い評価を受ける。
 
 
  「菅井汲」の作品一覧 国立国際美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鬼/作品6/雪の中の動物/サムライ No1/吹雪(庭)/黒/青/雷/青と黒/サムライ No2/赤/朝のオートルート/フェスチヴァル・ド・トウキョウ/フェスチヴァル W/時速280キロ/ポルシェ/12気筒(部分撮影)/12気筒(全体)
 
 
  第153回企画展 菅井汲・元永定正版画展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1960年代から世界に向けて独自の抽象画を発信した菅井汲と元永定正を紹介します。 二人とも学歴や既成画壇には無縁の画家としてのスタートをきり、菅井は、戦後間もなくフランスに渡り、パリを中心に活躍し、一方元永は、具体美術協会の中心メンバーとして関西発の前衛的作品を世界に向けて発信します。 70〜80年代に制作された二人の版画作品を展示します。
 
 
  『菅井汲』の展示情報 静岡県浜松市 平野美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本展では、日本のアクションペインティングの第一人者である白髪一雄「芬芳」、実物よりも大きいカラスがモノトーンで刷られたジム・ダイン「鴉」、新しいセルフポートレイト表現を追及する森村泰昌「石榴を持つ...
 
 
櫻井慶治.1919
  櫻井慶治 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  櫻井慶治(さくらい けいじ、1919年 - )は、日本を代表する洋画家。千葉県佐倉市生まれ。千葉大学を経て1949年に東京美術学校(現、東京芸術大学)を卒業。在学中に光風会展入選。1956年から1957年文部省留学生としてフランス留学。1965年、フランスヴィシー国際展グランプリ受賞。1967年と1969年の2度の日展で特選を受賞。1969年にフランス国際展グランプリ受賞。その他、岡田賞、ル・サロン銅賞など受賞。国際的にも評価が高い。2005年に紺綬褒章受章。
 
 
  櫻井慶治  パリの裸婦 水彩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1919年、千葉県佐倉市に生まれる、千葉師範学校卒、1949年に東京美術学校卒業 1947年、1948年に光風会展入選 1956年〜1964年ヨーロッパのイタリア、スイスなどを歴訪、1965年、再渡欧米、同年、内閣総理大臣より紺綬褒章を受章、1967年の第10回日展で特選を受賞、… 2005年 日本国天皇より紺綬褒章を受章、
 
 
  日展参与 櫻井慶治コレクション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  櫻井慶治 画歴  Top / Mai / Blog / Link / Sign
 
 
  作家名・櫻井慶治  作品名・洋蘭   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  正光画廊が皆様にお薦めする現代日本の画壇で活躍する作家作品です。
 
 
横山操.1920
  横山操 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横山 操(よこやま みさお、男性、1920年(大正9年) - 1973年(昭和48年)4月1日)は昭和を代表する日本画家の一人。 横山の作品は煤や石灰などを画面に擦り付け、力強く轟くような漆黒と、そこからにじみ出てくるような鮮やかな色が特徴であるとされる。見た目には洋画に近い作風ともいえるが、日本画である。
 
 
  横山操 塔 ARTLOG   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横山操 大正9年−昭和48年 新潟県生まれ 『塔』 昭和32年作 東京国立近代美術館所蔵 上野谷中の天王寺の五重の塔が全焼した際、現場にかけつけて黒焦げの骨組みを描いた。本作は青龍展で奨励賞を受け、代表作のひとつである。
 
 
  横山操 ウォール街 ARTLOG   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横山操 『ウォール街』 東京国立近代美術館所蔵 1962年(昭和37)作 大正9年−昭和48年 新潟県生まれ 戦後の日本画に大胆な画面構成で新風を吹き込んだ  1961年初めて一人で降り立ったニューヨークで横山は、大都会の威容に圧倒された。両側にそそり立つ、とてつもなく高いガラスと、コンクリートの狭壁に押しつぶされて鈍色にくすんだ薄明の空間・・・「ニューヨークに来て初めて《ビルの谷間》という言葉の本当の意味を実感させられた」という。
 
 
  横山操 『朝富士』 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大正9(1920)新潟〜昭和48(1973)東京  日本画家。新潟県に生まれる。中学校を卒業後、画家を志し上京、洋画家石川雅山の内弟子となり昭和13年光風会第25回展に入選するが、翌14年雅山のすすめで日本画に転向、川端画学校に学ぶ。
 
 
  横山操展図録 <書籍> 毎日jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1999年に東京国立近代美術館と新潟県立近代美術館で開催された、「日本画の偉才・横山操展」−ほとばしる黒、寂寥の赤ーの図録です。A4変形版187頁。
 
 
  横山操 展 ほとばしる黒、寂寥の赤   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今あらためて問う、戦後日本画の異才、横山操 / 短くも劇的な生涯 / ほとばしる激情、深い寂寥感 / 初期から晩年まで代表作約80点による大回顧展 / 横山操 略年譜 
 
 
  横山操  朱富士 510×724  花田美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新潟県西蒲原郡に生れ、東京で歿。昭和14年川端画学校に学び、翌15年青龍社展に入選。昭和15年応召、昭和25年復員。以後青龍社に『炎々桜島』、『塔』などを出品、大胆な構図で新風を吹きこんだ。昭和37年青龍社を脱退、昭和40年多摩美術大学教授。代表作に『越路十景』がある。
 
 
  横山操・作 『炎炎桜島』 美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横山は大正9年、新潟県西蒲原郡吉田町で生まれました。この蒲原平野にある吉田町はかつて米の集積地として賑わった町。横山はこの町の医者の家から養子となり、複雑な幼年期を過ごしましたが、子供の頃から天才画家と呼ばれていました。14歳で上京、働きながら絵を学びました。
 
 
  第27回 小山硬と香月泰男・横山操 その3-8   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横山操は、1940年に召集されて、中国からシベリヤ・カザフ共和国カランダに抑留されて、石炭採掘を強制された。 その間、特別扱いを嫌がって、画家であることを隠し、むしろ、その反抗的な姿勢であったために、帰国が危ぶまれるほどだったと言う。 1950年の捕虜・抑留生活からの帰国直後に描いたと言う『カラカンダの印象』と題した炭鉱のボタ山を描いた作品を、最初に発表した。…
 
 
  横山操  「波涛」  1960年 紙本着彩  神奈川県立近代美術館蔵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横山操  「波涛」  1960年 紙本着彩  神奈川県立近代美術館蔵
 
 
斎藤真一.1922
津軽・北陸を旅し、瞽女(ごぜ)や旅情を主題にノスタルジーあふれる作品を残した画家斎藤真一(1922-94)の代表作を「初期」「瞽女」「明治吉原細見 ... 斎藤真一.1922 斎藤真一リトグラフ「赤いスカーフの女」
  斎藤真一 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤 真一(さいとう しんいち、1922年7月6日 - 1994年9月18日)は、洋画家、作家。 1922年(大正11年)7月6日 - 岡山県児島郡味野町(現・倉敷市児島味野)に、父・斎藤藤太郎(都山流尺八大師範)、母・益の長男として生まれる。… 1993年(平成5年)- フランス、ポルトガルを旅行する。山形県天童市に出羽桜美術館分館、斎藤真一心の美術館を開館する。斎藤真一心の美術館にて「風のうたれ雨にぬれて…斎藤真一展」を開催。 年譜/著書/図録・関連書籍/外部リンク/関連項目
 
 
  斎藤真一展 「初期名作と瞽女・さすらい」 - 不忍画廊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  盲目の女性旅芸人・瞽女(ごぜ)を描き、失われてゆく日本の文化をテーマに独自の作品世界を創り出した画家・斎藤真一(1922〜1994) 今展は瞽女を描く以前(1960年代前後)の滞欧作や初期作品時代にスポットを当てた展覧会です。 場所や人物も特定できないどこか異国情緒を感じさせる不思議な魅力溢れる作品には、何度も通った大原美術館で観たであろうアンリ・ルソーなど西洋絵画からの影響や、同郷の画家・国吉康雄の色彩、師として尊敬し瞽女作品へと導いてくれたた藤田嗣治の繊細な線など、多くの先達画家の影響が見られ、その絵画へのたゆまぬ研究心がその後の瞽女作品の成功へと導いたのです。 今展では初期の油彩・素描作品を中心に、瞽女シリーズ、さすらいシリーズなど20余点を展示いたします。
 
 
  斎藤真一心の美術館 - 財団法人 出羽桜美術館分館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人間は、哀しみを抱えて生きている。 素朴にものを見つめると、この世に存在するということすら涙するほど愛しいものです。 花は傷つき散って行くが故に美しいのだと想います。… 斎藤 真一                                
 
 
  瞽女(ごぜ)写真集・画集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  **画集**「お春瞽女物語り展」/「生の深い淵から」/「お春瞽女物語ノート」/「越後瞽女日記 普及版」/「瞽女物語」/「絵日記 瞽女を訪ねて」/「ビゴー画集」/「斎藤真一が描く 高田瞽女 越後瞽女日記展」/「津軽じょんがら 瞽女日記展」/「斎藤真一展 瞽女と哀愁の旅路」/「斎藤真一 越後瞽女日記展」 **写真集**/「瞽女 盲目の旅芸人」/「瞽女 小林ハル 103歳の記録」/「アジアの体熱」/「瞽女」/「瞽女の四季 1972〜1973」/「雪国 ソノラマ写真選書1」
 
 
  画家 斎藤真一 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画家 斎藤真一 の画像 - Google
 
 
中村正義.1924
中村正義とその時代展 中村正義 ≪男女≫(1963年,名古屋市美術館所蔵)
  中村正義 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中村 正義(なかむら まさよし、1924年5月13日 - 1977年4月16日)は、日本画家。戦後の日本画壇において異端的な作品を数々発表し、「日本画壇の風雲児」と呼ばれた。… 22歳で日展に初入選。たちまち頭角をあらわす。速水御舟の再来とも言われ将来を嘱望されたが、その後モディリアーニやデュビュッフェ、さらにポップ・アートなどを自分流に咀嚼した破天荒な画風に転じ、日展を脱退、師の元も離れる。… 52歳で亡くなったあと、遺族(娘の中村倫子)が家を美術館として公開している(「中村正義の美術館」)。  1 概要 / 2 年譜 / 3 参考文献 / 4 外部リンク
 
 
  故中村正義画伯に捧ぐ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中村正義の美術館,公式サイト / ドキュメンタリー映画『父をめぐる旅 -異才の日本画家・中村正義の生涯-』公式サイト /ポストカード−ド / 過去の美術館HP / 情 報 / 資 料 / 関連 リンク / お問い合わせ  
 
 
  「中村正義展」 | 弐代目・青い日記帳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中村正義は、日本画の既成概念を遥かに超越した多様多彩な作品を描いて「日本画壇の風雲児」と呼ばれました。本展では、その変転し続けた芸術を中村正義の美術館の全面的な協力を得て、「新たなる全貌」として総合的に紹介するものです。
 
 
  中村正義展 ―美の秩序に挑んだ画家―   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  家(1963年 中村正義の美術館蔵)  1924年、愛知県豊橋市に生まれた中村正義は、36歳の若さで日展審査員となりましたが、伝統的な徒弟制度のなかでの作家活動に疑問を抱き、1961年に日展を脱退。その後は、自らの内面世界を強烈な色彩と筆致で表現した《顔》や《舞妓》のシリーズなど、従来の美意識や秩序に挑むような自由で革新的な創作を試みました。
 
 
  中村正義 ≪男女≫(1963年,名古屋市美術館所蔵)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孤高の日本画家と言われる、中村正義(1924〜1977)。 もしかしたら、今の若い方はあまり耳にしたことのない名前かもしれません。 しかし、上の作品をご覧いただいて、いかがでしょうか? これも日本画なの?とびっくりしていまうような色彩と構図。 そう、日本画といっても伝統的な技法だけでなく、こんな実験的な作品を描いた日本画家である中村正義は、いま見てもとっても斬新なアーティストです。
 
 
  反逆の天才画家「中村正義」 - 記録映画『父をめぐる旅』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美術界に巣食う古い権威や権力に反逆の狼煙をあげ、新しき真の創造を掲げて疾風のように時代を駆け抜けた一人の天才画家がいました。時は60&#8211;70年代、既成の文化や体制を破壊し、新しい価値観を打ちたてようとしたカウンターカルチャー沸騰の時代、日本画の天才と将来を嘱望されながらも、その古い伝統の呪縛を解き放ち、時にはポップアートをも髣髴とさせる斬新な技法で美術界に衝撃を与えた作家、中村正義、その人です。
 
 
  日本画壇の風雲児 中村正義 新たなる全貌 - 名古屋市美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  開催期間  2011年11月1日(火)〜2011年12月25日(日)/主催 名古屋市美術館、中日新聞社/後援 愛知県・岐阜県・三重県各教育委員会
 
 
  中村正義 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中村正義 の画像 - Google
 
 
  「日本画壇の風雲児 中村正義 新たなる全貌」 (2012/2/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代人見透かす「顔、顔」  表と裏。人はさまざまな顔を持って生きている。「顔」というテーマに執着し、日本画の風雲児といわれたのが中村正義だった。 その画業に焦点を当てた回顧展が、東京の練馬区立美術館で開催されている。会場には、赤、青、黄色の鮮やかな色彩で塗りたくられた数々の顔が展示されている。眺めていると、自分の心が、絵に見透かされているような不思議な感覚にとらわれる。どの絵も、そんな独特な魅力を醸している。
 
 
牧野邦夫.1925/
     
平野遼.1925/
     
安野光雅.1926
安野光雅の世界 安野光雅のポストカード
  安野光雅 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安野 光雅(あんの みつまさ、1926年3月20日 - )は、日本の画家、装幀家、絵本作家、元美術教員。島根県鹿足郡津和野町出身。 子供の頃より、画家への夢を抱いてきた安野光雅は、美術のみならず、科学・数学・文学などにも造詣が深く、豊かな知識と想像力を駆使して独創性あふれる作品を発表してきた。原色や派手な色をほとんど使わない淡い色調の水彩画で、細部まで書き込まれながらも落ち着いた雰囲気の絵を描く。  1 略歴 / 2 受賞 / 3 著作 / 4 交友関係者 / 5 脚註 / 6 参考文献 / 7 関連項目 / 8 外部リンク
 
 
  安野光雅美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ごあいさつ 2001年3月20日、安野光雅先生の75歳の誕生日。その日、「津和野町立安野光雅美術館」が開館致しました。津和野町内の小学1年生が手にした、色とりどりの風船が白壁の美術館を背に、ゆらゆらと澄み切った青空に舞い、新しい美術館の誕生を祝ったのです。… 本館(展示棟)/別館(学習棟)/インフォメーション/展示のご案内/行事予定・新刊案内/リンク集/TOP
 
 
  [クンタキンテ] 安野光雅   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「クンタキンテ」は私が多感な時期にお世話になった作品の画像を羅列して一人で悦に入ろうという、他人にはおもしろくもなんともない企画です。スルー推奨。
 
 
  安野光雅のポストカード13枚セット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安野光雅の描く美しい世界の都市のポストカードをセットにしました。 1枚づつOPP袋に入っています。
 
 
  安野光雅展―アンデルセンと旅して   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  □会期:2011/8/6〜9/25  □協力:津和野町立安野光雅美術館  □後援:デンマーク大使館、社団法人日本国際児童図書評議会(JBBY)、神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)  □協賛:福音館書店、山川出版社、京浜急行電鉄、相模鉄道、東京急行電鉄、横浜市交通局、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会  □絵・安野光雅 福音館書店刊『旅の絵本此戮ら c:空想工房
 
 
  安野 光雅(あんのみつまさ) の作品一覧 - 絵本ナビ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1926年島根県津和野町生まれ。東京在住。1974年芸術選奨文部大臣新人賞、サンケイ児童出版文化賞大賞、ケイト・グリナウェイ賞特別賞(イギリス)、ニューヨーク・サイエンスアカデミー賞(アメリカ)、BIBボールデンアップル賞(チェコスロバキア)、ボローニア国際児童書展グラフィック大賞(イタリア)、国際アンデルセン賞(IBBY)などを受賞。
 
 
  安野 光雅ならアマゾン - Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  475件 作品一覧や著者紹介文など著者の情報が満載! 安野光雅著者ページを見る
 
 
  安野光雅 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安野光雅 の画像 - Google
 
 
  安野光雅 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安野光雅 の画像 - Google
 
 
  「安野光雅展」始まる  京都高島屋 (2012/3/4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  あたたかな筆遣いの水彩画で知られる画家、安野光雅さんが古都・京都の風景や寺社、祭りなどを描いた「安野光雅が描く 洛中洛外」展(産経新聞社など主催)が3日、京都市下京区の京都高島屋で始まった。
 
 
  「安野光雅の絵本展」 4月21日から秋田県立近代美術館で (2012/4/4〜6/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  絵本作家・画家として86歳の現在も創作活動を続けている安野光雅さんのデビュー作から近作までを幅広く紹介する全国巡回展です。 4月21日から6月17日まで秋田県横手市の秋田県立近代美術館で開催します。秋田会場が本展全国巡回の最終会場です。
 
 
松尾敏男,1926/
  日本画家の松尾敏男さん死去…日本美術院理事長 (2016/8/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本美術院理事長で文化勲章受章者の日本画家、松尾敏男(まつお・としお)さんが4日、肺炎のため死去した。 90歳だった。告別式は近親者で済ませた。喪主は妻、愛さん。後日、お別れの会を開く予定。 長崎市生まれ。1943年、日本画家の堅山南風に入門。49年に院展で初入選を果たし、以後、院展を中心に活躍した。乳白色を帯びた画面に、動物や牡丹の花といった自然から、インドや欧州など訪れた土地の歴史・風土に想を得た風景画まで幻想的に描いた。多摩美大の教授としても長年、後進の指導に当たった。 悟りを目指した仏陀を描いた「サルナート想」で79年に日本芸術院賞。94年に芸術院会員となり、2000年には文化功労者、12年に文化勲章を受章した。(全文)
 
 
  松尾敏男 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長崎県長崎市生まれ。堅山南風に師事。東京府立第六中学校(現・東京都立新宿高等学校)卒業。在学中は体操選手であった。1949年に『埴輪』が院展初入選。以後院展に出品を続け、1962年初の院展奨励賞、1966年院展日本美術院賞、1971年芸術選奨新人賞、1975年院展文部大臣賞、1979年日本芸術院賞。1988年多摩美術大学教授に就任。 1994年、日本芸術院会員。1998年、勲三等瑞宝章。2000年、文化功労者。2012年、文化勲章受章。  来歴/画集など/脚注
 
 
  松尾敏男 のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松尾敏男 のニュース - Google
 
 
  松尾敏男 :: 作品一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代日本画壇を代表する一人⇒作品40点
 
 
  松尾敏男とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1926− 昭和後期-平成時代の日本画家。 大正15年3月9日生まれ。堅山南風に師事。院展を中心に活躍し,昭和46年日本美術院同人となる。50年「燿」,53年「サルナート想」が院展文部大臣賞。翌年芸術院賞。63年多摩美大教授。平成6年芸術院会員。12年文化功労者。24年文化勲章。長崎県出身。東京府立第六中学卒。
 
 
中野弘彦.1927
  中野弘彦 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中野 弘彦(なかの ひろひこ、1927年 - 2004年3月4日)は日本画家。山口県生まれ。 1945年、京都市立美術工芸学校卒業。 1957年、立命館大学文学部哲学科哲学専攻卒業。 1959年、京都大学文学部哲学科美学美術史専攻修了。 1996年、成安造形大学教授に就任。その後、同大学名誉教授に。
 
 
  何必館 中野弘彦展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中野弘彦の絵画は、「人間とは」「生きるとは」「欲望とは」そして「絵画とは何か」という問いから出発している。 ニーチェやハイデッカーの思想を基底とし、藤原定家や鴨長明の異なる自然観を軸に、自己の問いを深めていく。・・・
 
 
  何必館 中野弘彦展 無常   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中野弘彦は風が描ける。雨が表現できる。 時間の流れを風の中で感じ、風に学び、風の色が見えているようである。・・・ 10年の歳月を要して開いた展覧会のテーマは「無常」である。
 
 
  画家のご紹介 「中野弘彦」 鍵村美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中野弘彦さんは死亡直視した無常観を主題に鴨長明(方丈記)や西行、定家などの文学世界を暗調のモノクロームや淡く繊細な色彩で表現。精神性の深さや哲学性のある絵画を追求した方です。
 
 
  「秋暮竹叢」、「夕月」 中野弘彦 カギムラ画廊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「秋暮竹叢」、「夕月」 中野弘彦 アンティーク・ロード
 
 
  「宮沢賢治 童話の世界」 中野弘彦著 佼成出版社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「宮沢賢治 童話の世界」 中野弘彦著
 
 
加山又造.1927
キッチュなる日本画家・加山又造 加山又造 「濤と鶴・福」 木版画
  加山又造 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加山 又造(かやま またぞう、1927年9月24日-2004年4月6日)は、日本画家、版画家である。 1927年、京都府に西陣織の図案家の子として生まれる。京都市立美術工芸学校、東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業。山本丘人に師事。東京芸術大学名誉教授。日本画の伝統的な様式美を現代的な感覚で表現した。1997年文化功労者に選ばれ、2003年文化勲章を受章。
 
 
  松坂屋美術館 加山又造展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平成18年3月25日〜4月11日    加山又造画伯は、昭和2年、京都に祖父は絵師、父は西陣の和装図案家という家庭に生まれました。 昭和24年、東京美術学校日本画科を卒業後、山本丘人に師事し、新制作協会(現創画会)を中心に活躍しました。日本の古典につながる装飾的な様式美による作品、線描の美しさを徹底して追求した裸婦、あるいは北宋院体の山水画に学んだ水墨作品など、常に日本画壇に新風を吹き込み、大きな影響を与えました。また、活動の範囲は絵画の世界にとどまらず、京都・天龍寺などの天井画や工芸、染色図案の世界まで多岐にわたりました
 
 
  -華麗なる創造と破壊-  加山又造展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平成17年2月10日〜19日 現代を代表する日本画家の一人であり、文化勲章受章者である加山又造。 戦後の日本画壇に革新の旗手として登場して以来、革新的な絵画世界を次々と展開し、常に日本画界に話題を提供し続けました。斬新な発想とシャープな感性、大胆な画面構成と卓越した技法による絢爛豪華な様式美は、国内外で高い評価を得ています。
 
 
  日本橋三越本店7階ギャラリー 加山又造展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  03.12.27〜04.1.12   代表作40数点で触れる、日本芸術の真髄。
 
 
  富山県水墨美術館  華麗なる美  加山又造展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2006年5月19日(金曜)〜6月25日(日曜)  加山又造は、1927年に祖父を絵師に、父を京都西陣の和装図案家として生まれました。少年の頃から優れた画才を発揮し、京都市立美術工芸学校絵画科から東京美術学校日本画科に進みます。卒業後、山本丘人に師事するとともに、創造美術への出品を始め、以後新制作協会、創画会を中心に活躍しました。
 
 
  多摩美術大学美術館 加山又造 アトリエの記憶 展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2007年1月6日〜 2月25日   加山又造(1927〜2004)は、日本画家という言葉では括れないほど、多彩な表現を持ち合わせた作家でした。額装・屏風・軸装・扇面・陶磁器・染織・版画・デザイン・・・などといった、絵画という枠に囚われない表現形式に次々と挑戦し、常に作家自身の新しい分野を切り開くのと同時に、戦後の日本美術界に衝撃を与え続けてきました。
 
 
  加山又造 1作品展示   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画題 / 縞絣    技法 / 木版 1989年    サイン / 落款    サイズ / 32×47       
 
 
  左手でソバを食べる加山又造   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  最近、少しずつ本棚の本を捨てようとしている。たまたま平山郁夫の画集があって、最近まったく見ないので、これを捨てようとした。そもそも現代日本画の良さが分かってないし、画家が東京芸大の学長になるというのも違和感があったからであった。捨てる前に一応見ておこうということで、パラパラとめくっていて、上の写真を見つけた。真ん中の人が左手でハシを持っている。左利きさん発見である。それが加山又造さんであった。
 
 
  村越画廊・版画廊 加山又造   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1927 京都市に生まれる。祖父は狩野派の絵師、父は西陣の染色図案家であった。  1940 京都市美術工芸学校絵画科に進学。  1944 東京美術学校日本画科に入学。小林古径、山本丘人らに教えを受ける。
 
 
  キッチュなる日本画家・加山又造   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二月二十二日の新日曜美術館の特集は、日本画家の故、加山又造。 失礼ながら、そのご芳名を存じているのみで、じっくりと作品と向き合った覚えがありません。たぶん、一度くらいはどこかの美術館で見ているはずです。でも、印象がなかった。おそらく、私はその頃、日本画というジャンルに興味がなかったのでしょう。しっかりと、その作を見た現代日本画家といえば、堂本印象ぐらいしか、思い当たりません。それも美術史のレポートのためにむりやり見たというぐらいで。・・・
 
 
  加山又造 「夜桜」 木版画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加山又造(Matazou KAYAMA)  師 : 山本丘人 東京美術学校日本画科卒業
 
 
  加山又造 「濤と鶴・福」 木版画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1991年製作 版数36版55摺 画面寸法:35.0x53.5cm 350限定 カタログレゾネNo.123
 
 
  加山又造 夜桜 <知を楽しむ人のためのオピニオン誌・「正論」>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本人が大好きな桜の季節がやってきた。桜をモチーフにした絵は横山大観をはじめ多くの画家が名作を残している。 日本画の巨匠、加山又造が描いたのはたくさんの花を咲かせた見事な巨木の桜だ。月明かりの中に浮かび上がる夜桜はあでやかなだけではない。妖しさというものが漂っているのだ。それがこの絵の深みとなっている。
 
 
  「加山又造」全版画リスト (1955〜1991)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ギャラリー松田
 
 
  日本画家−加山又造(1927-2004)  All About   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  略歴:加山又造(1927-2004)かやま・またぞう   1927年 京都府出身   1949年 東京美術学校(現東京芸大)日本画科卒業  山本丘人に師事   1973年 日本芸術大賞   1997年 文化功労者   2003年 文化勲章   2004年 4月6日逝去 76歳
 
 
  加山又造 かやま またぞう 1927(S02)-2004(H16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  装飾芸術的な屏風絵、底深い恐怖感のある風景画、エロチックすぎる裸体画、どの作品を観ても、ハラハラドキドキさせられてしまう。 (作品目録一覧/所蔵美術館)
 
 
  加山又造 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加山又造 の画像 - Google
 
 
鴨居玲.1928
  鴨居玲 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鴨居 玲(かもい れい、男性、1928年2月3日 - 1985年9月7日)は、石川県金沢市生まれの洋画家である。 1946年 金沢市立金沢美術工芸専門学校(現在の金沢美術工芸大学)に入学。宮本三郎に師事する。
 
 
  鴨居 玲  作品一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  所蔵品データベース : 青いリボン/赤い老人/群がる/蛾とと老人/静止した刻/おばあさん/ひろう/待つ/ETUDE(A)/教会/石の花/雪と鳥 於能登輪島/1982年 私/蜘蛛の糸/二人/酔って候/出を待つ/自画像/大原女/月に叫ぶ/裸婦
 
 
  鴨居玲 1928〜1985   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1928年長崎に生まれ(これは自称。瀧悌三氏による伝記『一期は夢よ 鴨居玲』(日動出版、1991年)によれば、生年月日の異なる戸籍謄本が二通 存在し、そのうちの一通が昭和3年2月3日、もう一通は2年10月3日となっているという。出生地については、瀧氏は同書のなかで大阪・豊中と推測している。
 
 
  GGALLERY -鴨居 玲-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鴨居羊子の実弟であり戦後の神戸洋画壇を代表する画家、鴨居玲。 鴨居玲(1928−85)は、北国毎日新聞記者であった父親の赴任地・金沢(一説によると大阪)で生まれました。金沢、ソウルで小学校時代を過ごした後、大阪に移り、1940(昭和15)年、関西学院中等部に入学します。その後、再び金沢に転居し、1946年(昭和21)には金沢美術工芸専門学校に第一期生として入学、宮本三郎に師事し、才能を発揮しました。
 
 
  鴨居 玲 (かもい れい)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上京の際、鞄に忍ばせていたのが、「没後15年 一期は夢よ 鴨居玲展」の図録である。丹念に記憶を辿りながら鴨居さんの作品を見る。巻頭には、昨年の海文堂ギャラリーでの鴨居展で記念講演をしていただいた伊藤誠さんの「鴨居玲とファン・ゴッホ」という興味深い優れた評論がある。 自画像に固執した二人の近似性から、二人の死が自殺か、事故死かを推論しているが、この事実を解明することより、その謎の内に二人の創作の原点、あるいは人を引き付けてやまない秘密が潜んでいるからの興味にほかならない。
 
 
  「鴨居 玲・画室から」 蛾と老人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自己を厳しく見つめ、いのちとは何か、人生とは何かを鋭く問いかけた洋画家鴨居玲が、昭和60年(1985)9月、57歳で突如としてこの世を去って15年になります。 生のリアリティ、いのちの明かりを描き出した鴨居の作品は、畏れと希望とが混在し、今も視る者を魅了してやみ ません。
 
 
  鴨居玲 かもい れい - おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  裸婦/裸婦/食べる/婦人像/鴨居玲画集
 
 
  鴨居 玲 『1982年 私』 美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自らを見つめ生涯自画像にこだわり続けた洋画家・鴨居玲。きょうの一枚は、石川県立美術館に収められている彼の代表作「1982年 私」。 縦1・8メートル、横2.6メートル200号の大きな作品です。中心には、真っ白のキャンバスを前に為すすべなく茫然自失する画家の姿があり、その周りには廃兵、ピエロ、老婆などくすんだ人物が取り囲んでいます。画家は、鴨居玲本人、周りの群集は鴨居が生涯にわたって描き続けた人物たちでした。
 
 
  鴨居玲  Kamoi Rei (Rey Camoy) (1928-85)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ”人はたった一人では生きてゆけない。だが人の夢や志は誰れにも身替りしてもらうわけにはいかない。 他者と共に営む生活と、孤立無援の思惟との交差の仕方、定め方、それが思想というものの原点である。(高橋和巳)” この交差の仕方の、高いか低いかが、その人間の生きざまというものであろう。
 
 
  鴨居語録   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  知り合いの画家さんが鴨居さんの絵の前でポツリ、ポツリとしゃべる。 玲さんと、ずっとデッサンをしていて、ある日「S君なあ。君はデッサンはうまい、そやけど絵は手の汚れ、爪の垢まで描かんとあかんのよ」と言われたのが今でも強く残っている。
 
 
平山郁夫.1930
平山郁夫 | 東京銀座花田美術 今月3日に亡くなられた日本画家平山郁夫の美術館が尾道市瀬戸田町にあります。 尾道市は平山さんの故郷です。 平山郁夫 の紹介・作品一覧
  春の特別展「平山郁夫 日本の世界遺産を描く」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平山郁夫 日本の世界遺産を描く(2014年3月21日〜6月2日)  平山郁夫は、昭和5年(1930)瀬戸田町に生まれ、瀬戸内の青い海や緑の島々の織り成す豊かな自然の中で少年期を過ごしました。神秘的な潮の流れや群青色の海は、平山少年の心に大きな影響を及ぼしました。画家・平山郁夫の感性は、瀬戸内の風土に育まれたといえましょう。 昭和20年(1945)8月6日、旧制中学3年の時広島市で被爆。その後遺症に苦しめられましたが、やがて「仏教伝来」を初めとする平和を願う作品を多く描くことになったのです。…  はじめに/展覧会情報/館内のご案内/平山郁夫紹介/収蔵作品/ミュージアムショップ  平山郁夫美術館
 
 
  平山郁夫 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平山 郁夫(ひらやま いくお、1930年6月15日 - 2009年12月2日[1])は日本画家、教育者。日本美術院理事長、一ツ橋綜合財団理事、第6代・第8代東京藝術大学学長を務めた。文化勲章受章者。称号は広島県名誉県民、広島市名誉市民、鎌倉市名誉市民。息子は古代生物学者の平山廉(早稲田大学教授)。妻は平山美知子(公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館館長)。  1 人物 / 2 批評 / 3 年譜 / 4 栄典・表彰等 / 5 主な作品 / 6 脚注 / 7 関連書籍 / 8 関連項目 / 9 外部リンク
 
 
  平山郁夫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平山さんは鎌倉に住んでいらっしゃる。閑静ないかにも「鎌倉」という感じのお宅である。けっして豪邸などという感じのしない、静かなたたずまいである。藤沢に越してからお宅をお訪ねしたことがある。驚いたのは、この家のそこかしこに世界中の工芸品が置いてあることである。
 
 
  平山郁夫展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画壇の双璧 東山魁夷と平山郁夫 その魁夷先生が亡くなって名実共に頂点に立つ日本画家、平山郁夫。追随を許さない人気と力量は圧倒的だ。それは清く高く悠然と聳(た)つ。
 
 
  平山郁夫画伯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京藝術大学学長の平山郁夫画伯の絵が嫌いだという人は居ないだろう。写実的ながら幻想的な日本画を何枚か思い出す人も多いはずだ。ワイフも私も実は画伯の絵が大好きだ。この週末甲斐小泉でその平山画伯に運良く出会い、著書にサインを頂戴した。
 
 
  平山郁夫美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平山郁夫は、1930年瀬戸田町に生まれ、瀬戸内の青い海や緑の島々の織り成す豊かな自然の中で少年期を過ごしました。神秘的な潮の流れや群青色の海は、平山少年の心に大きな影響を及ぼしました。画家・平山郁夫の感性は、瀬戸内の風土に育まれたといえましょう。
 
 
  平山郁夫収蔵作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作品紹介/本画:一般に日本画とよばれる作品(岩絵具を膠(にかわ)水で溶いて描かれた作品)の紹介。/下図:下絵。作品の構想を練るために、本画制作の前に制作される絵のことをよびます。 小さな画面のものと、本画と同じ大きさの画面で描かれるものがあります。/素描:平山郁夫の水彩画作品をご紹介します。/青少年期作品:少年時代から青年期までの収蔵品をご紹介します。
 
 
  SAGAWA ART MUSEUM   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐川美術館では日本を代表する芸術家である日本画家の平山郁夫氏と彫刻家の佐藤忠良氏の作品を中心に展示し、さまざまな文化事業を通じて芸術・文化の振興と発展に少しでも貢献できればと願っております。
 
 
  平山郁夫全版画リスト(1978〜2002)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平山郁夫全版画リスト(1978〜2002)
 
 
  財団法人 平山郁夫シルクロード美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シルクロードは東西文化を結んで網目状に伸び,沿道各地の文化を運んだ文化と民族交流を象徴する道です。幾多の歴史を目撃し,古代ロマンを育んだ道でもありました。そして日本画家平山郁夫がこよなく愛し,創作に打ち込んでまいりました題材の多くもシルクロードのものでした。
 
 
  平山郁夫 (Hirayama Ikuo) 足立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和5年(1930)〜   「祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)」昭和56年(1981)/深い森の中で説法する釈迦とその話に聞き入る弟子達。深緑と人影の隙間から金色の光が洩れ出ており、この絵に荘厳な趣を与えている。たんなる宗教的題材ということにとどまらず、作家の宗教的体験が強くにじみ出ているといってもよいだろう。
 
 
  平山郁夫 作品一覧 - 銀座画廊おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作品名:月/櫻/藤の花/萩の花/唐三彩 駱駝/薬師寺 西ノ京奈良/法起寺 斑鳩の里 奈良/アンコールワットの遺跡 夕陽/月下シルクロードを行く/海のシルクロード 中国帆船/絲綢之路 天空/アフガニスタンの砂漠を行く・日/流沙浄土変/流砂夜/砂漠の夕べ/楼蘭の月/月光流沙らくだ行/朝陽の砂漠を行く/砂漠らくだ行(日)/平和のキャラバン(東)太陽・・合計 116点
 
 
  平山郁夫 作品紹介 - 東京国立近代美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作品構成: 第1章 仏陀への憧憬/第2章 玄奘三蔵の道と仏教東漸/第3章 シルクロード/第4章 平和への祈り
 
 
  薬師寺玄奘三蔵殿 平山郁夫画伯の大唐西域壁画が公開   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  21世紀のトップとして、1月1日から薬師寺の玄奘三蔵殿の平山郁夫画伯の大唐西域壁画が2001年中1年間公開されることになりました。
 
 
  平山郁夫 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平山郁夫 の画像 - Google
 
 
浮田克躬.1930/
     
上村淳之.1933/
     
佐藤晨.1935
佐藤晨/春宵ー長谷寺 佐藤晨「鯖と三宝柑」 「寂照」 岩彩 162×227cm (第24回創画展出品作)
  佐藤晨 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤 晨(さとう しん、1935年 - )は、昭和期の日本画家。東京都荒川区日暮里に生まれる。… 独学で油絵、ペン画を書きためて美術の道に進む。1956年多摩美術大学日本画科に入学し、在学2年の秋に、新制作展(現在の創画会)に「黒い風景」を初出品・初入選。緻密で繊細な描写によって文学色の濃い幻想的な作風で伝統的な日本画の世界に新風を吹き込む。  1 年譜 / 2 代表作 / 3 主な作品収蔵先 / 4 外部リンク
 
 
  佐藤晨 - 創画会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  創画会/創画会について/お知らせ/創画会情報/展覧会情報/会員作品
 
 
  佐藤晨「鯖と三宝柑」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤晨「鯖と三宝柑」.
 
 
  佐藤晨 - Yahoo!人物   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤 晨(さとう しん、1935年 - )は、昭和期の日本画家。東京都荒川区日暮里に生まれる。1944年岩手県に疎開、1954年同地で岩手県立岩谷堂高等学校卒業。その後、東宝映画宣伝部に入社して同社の直営館関係の宣伝業務に携わりながら、独学で油絵、ペン画を書きため…
 
 
  佐藤 晨 作品 在庫一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画像をクリックすると大きく表示されます。ご興味のある作品の価格はお問い合わせください。 作品は、弊社ギャラリーにてご覧いただけます。 株式会社シバヤマ
 
 
  日本画家 佐藤晨 蒼の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  月の庭/森の中で/夜に舞う蝶/旅人/古城の城/月映
 
 
  創画会−佐藤晨(1935-) - All About   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤晨最新展覧会情報/略歴:佐藤晨(1935-)さとう・しん/ホームページ/参考ページ/現代日本画家/画家総索引へ
 
 
  日本画家 佐藤晨 四季心象 インターネットギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家 佐藤晨が描く日本の豊かな四季、野鳥、富士山、風景の世界
 
 
  佐藤晨 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤晨 の画像 - Google
 
 
中山忠彦.1935/
     
野田弘志.1936/
  野田弘志 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野田 弘志(のだ ひろし。1936年 - )は、画家。 1936年、韓国全羅南道生まれる。(本籍地は広島県沼隈郡柳津村)その後、福山、中国・上海と転居。 1945年、日本に帰国し福山市で過ごす。 1951年、静岡県浜名郡に転居。 1952年、愛知県立豊橋時習館高等学校に入学。 1957年、東京藝術大学美術学部に入学。 1960年、白日会第36会展に初入選し、白日賞受賞。
 
 
金子國義.1936/
     
藤岡心象.1936/
     
福井爽人.1937
「駅」 福井爽人  水色の中に沈んだ、田舎の駅です。 畔 福井爽人 画
  福井爽人 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福井 爽人 (ふくい さわと、1937年9月20日 - )は、北海道旭川市生まれ、小樽市育ちの日本画家。 東京芸術大学大学院修了。平山郁夫門下で、1991年から母校の日本画科教授を務める。中国・インドなどを度々旅行、静かで穏やかな東洋の美を追い続ける。代表作に「桜島」「古陽」「夜のオアシス」「秋影」「城下」など。 11年度にわたり院展賞(院展奨励賞、院展日本美術院賞、院展内閣総理大臣賞、院展文部大臣賞 )などを受賞した。
 
 
  福井爽人  Sawato Hukui   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1937年 北海道旭川市に生まれる / 1967年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了  法隆寺金堂壁画再現模写事業に参加 / 1973年 東京藝術大学イタリア初期ルネッサンス壁画調査に参加 / 1982年 日本美術院賞(大観賞)受賞(以後’83) / 1983年 日本美術院奨学金前田青邨賞受賞 同人推挙 / 1991年 院展内閣総理大臣賞受賞 / 1993年 院展文部大臣賞受賞 / 2005年 東京藝術大学を退官   現在 日本美術院理事 東京藝術大学名誉教授
 
 
  福井爽人の作品展示美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  メナード美術館(愛知県小牧市にある美術館) / セレネ美術館(宇奈月国際会館「セレネ」内にある美術館) / 東京都現代美術館(東京都江東区三好四丁目にある、現代美術専門の公立美術館) / 成川美術館(箱根・芦ノ湖畔にある個人美術館)
 
 
  福井爽人 - あのひと検索SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福井爽人(ふくいさわと、1937年9月20日-)は、北海道旭川市生まれ、小樽市育ちの日本画家。
 
 
  院展−福井爽人(1937-) - All About   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福井爽人最新展覧会情報  「福井爽人」の関連記事が10件あります。
 
 
  福井爽人さん - 現代日本画の叙情詩人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  心が鎮まるような香りのよいパイプ煙草、グレイのタートルネックにざっくり編んだ紺のカーディガンとコーディロイのパンツがよく似合う。カジュアルで飾らない人柄が柔和な目元からのぞく。 みずみずしい感性で、人を包み込むような優しさと静謐さ、人の孤独さ、寂莫さを詩情豊かに描く。その心の原風景は生まれ育った北海道にある。…
 
 
  福井 爽人 プロフィール 院展/日本美術院   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  よみ:ふくいさわと  本名:そうひと  生年月日:昭和12(1937)年9月20日 出身地:北海道 現住所:東京  師系:平山郁夫 初入選:昭和40(1965)年再興第50回日本美術院展覧会(以下「院展」)《憶》  日本美術院賞(大観賞)
 
 
  再興第96回院展 フロッテの灯り 福井爽人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  院展作品で凡人の私が唯一印象に残った絵。 作品からメッセージが伝わってくる。 多くのメッセージが伝わってくる。・・・
 
 
  福井爽人 [単行本]  福井 爽人 (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  内容:画家自らが自作について語る。
 
 
  福井爽人画集 [大型本]  福井 爽人 (著)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  純粋、静寂な詩情あふれる作品を描き、見る人の心奥にしみいる新しいロマン世界を日本画に築いた、福井爽人の初期から最新作までを網羅。88年刊の増補改訂版。
 
 
  福井爽人 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福井爽人 の画像 - Google
 
 
森本草介.1937/
     
絹谷幸二.1943/
  絹谷幸二 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  絹谷幸二(きぬたに こうじ、1943年 - )は、現代日本を代表する洋画家の一人。純然とした空の青を背景に、限定された形の中に明るく躍動的な色彩で描かれた人物などが特徴とされる。アフレスコという壁画技法の国内第一人者でもある。 奈良県奈良市に生まれる。奈良県立奈良高等学校、東京芸術大学芸術学部油絵専攻卒(1966年小磯良平教室)。卒業制作で大橋賞授賞。
 
 
藤森悠二.1947/
都屋】藤森悠二「モンマルトル」F20号油絵 真筆保証品_ 【藤森悠二】 「モンマルトル 藤森悠二「パリの広告塔」SM 油彩 /フランス
  藤森悠二プロフィール    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和22年 東京都台東区生まれ 一創会会員、新彩美術会委員、個展39回 栃木県在住 1970年千葉商科大学卒業。大学に通いながら太平洋美術学校、寛永寺坂美術研究所で絵画を勉強、1972年にはフランス,スペインに遊学、サン・フェルナンド美術学校修了。千葉商科大学在学中の1969年太平洋美術会展に「遠い視線」が初入選(以後6回連続入選)。                 
 
 
  藤森悠二.1947 略歴      TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤森悠二略歴  東京都出身(台東区上野桜木) <・・以下詳細>
 
 
  藤森悠二 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤森悠二 の画像 - Google
 
 
犬塚勉.1949.10
弐代目・青い日記帳 (2012/9/24) 犬塚勉絵画展ホームページ これが絵だなんて、リアルってなんでしょうか?
  犬塚略歴 - 犬塚勉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1949年10月15日   犬塚忠次、洋子の四男として川崎市に生まれる / 26歳 東京学芸大学大学院修了 / 29歳 竹花陽子と結婚 / 1980年4月 30歳 東京都多摩市立北豊ヶ丘小学校図工専任教論として転任 / 1988年9月23〜26日   谷川連峰赤谷川本谷から平標山へ向かう途中、悪天候のため遭難 エビス大黒ノ頭にて力尽き永眠
 
 
  犬塚勉展」 | 弐代目・青い日記帳 (2011/9/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本橋高島屋8階ホールにて開催中の「犬塚勉展−純粋なる静寂−」に行って来ました。 今から20数年前、38歳で谷川岳で遭難しその短い生涯に幕を下ろした犬塚勉の回顧展。スーパーリアリズム的な超絶描写で知られる犬塚の作品ですが、そこに辿りつくまでにはかなりの紆余曲折を経ています。…
 
 
  犬塚勉公式ホームページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  &#11088;&#65038;ホームページ上に秋のWEB作品展を掲載しました。秋に描いていた作品15点を掲載。 夏の感動を反芻し、静かにキャンバスに向かう秋。お気に入りの音楽や虫の音をバックに、ただひたすら坦々と描き続ける日々でした。 ご高覧いただければ幸いです。 ホーム/スケジュール/略年譜/作品紹介/販売/開設にあたって/お問い合わせ
 
 
  遭難によってこの世を去った画家の犬塚勉。彼の経歴や作品を調査した (2017/5/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  犬塚さんは38歳という若さで亡くなられた「作品、人生、生活すべてのキーワードは「自然度」である」という言葉をもとに、身を削り精神を研ぎ澄ませて自然を描き、 ひたむきに山に登り続けた画家です。 犬塚さんの作品ほどれも本当の自然を見たからこそ表現できる自然の力を感じさせてくれます。 犬塚さんは自然を求め、山に登った際に遭難し、亡くなってしまいました。 犬塚さんの作品はどれも素晴らしいものです。 5月27日に放映される「美の巨人たち」をきっかけに皆様にも犬塚さんの素晴らしさを知ってもらいたく、記事を作成しました。…
 
 
  犬塚勉(画家)が遭難した山と経歴が気になる!結婚した妻や画集も調査してみた!(2017/5/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  さて今回は、画家の犬塚勉さんを紹介していきたいと思います! もうお亡くなりになってしまった方なんですが、この方が描く絵画はもう絵を越えているというかなんと言うか・・・。 絵画などに詳しい訳じゃないので難しい事は分りませんが、まぁとにかくいってみましょうー!
 
 
  ★☆★YouTube - 日美 私は自然になりたい〜画家・犬塚勉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 日美 私は自然になりたい&#12316;画家・犬塚勉
 
 
  犬塚勉 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
  「犬塚勉」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  犬塚勉 - Google検索
 
 
橋本弘安.1953/  
  橋本弘安/1953  略歴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  女子美術大学 大学院美術研究科 博士後期課程/女子美術大学 大学院美術研究科 修士課程 美術専攻/女子美術大学 芸術学部 美術学科 日本画専攻 女子美術大学教授
 
 
  橋本弘安 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  橋本弘安 の画像 - Google
 
 
平林知之.1953/
  平林知之.1953 日本画展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福島県郡山市出身 現在埼玉県在住 東京芸術大学日本画科卒後 日本画家として活動中
 
 
  平林知之 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平林知之 の画像 - Google
 
 
磯江毅.1954/
     
水野暁.1974/
     
掛軸・屏風・表具師 
町屋の屏風まつり 屏風 花鳥図 絹本着色 江戸時代中期 神戸市立博物館
  掛軸 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  掛軸(かけじく)とは、書や日本画を裂(きれ)や紙で表装して、床の間などに掛けて鑑賞するものである。掛物とも呼ばれる。日本の室内装飾では重要な役割を果たしている。 中国の北宋時代に掛物として掛軸が用いられていた。「掛けて拝する」事に用いられ礼拝用の意味合いが強くあったと思われる。 桐箱に入れると持ち運びに容易である事と、比較的複数生産が可能であったため掛軸は仏教の仏画用にまず普及を始めた。
 
 
  屏風 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  屏風(びょうぶ)とは、部屋の仕切りや装飾に用いる家具のこと。小さなふすまのようなものを数枚つなぎ合わせて、折りたためるようにしてある。「風を屏(ふせ)ぐ」という言葉に由来する。
 
 
  掛軸作者の一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  け軸の作者略歴を一覧にいたしました【アート静美洞・掛軸】
 
 
  越後村上 町屋の屏風まつり   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三百年の歴史を誇る郷土の祭り「村上大祭」はかつて「屏風まつり」とも言われていました。 今はあまり出すこともなくなった昔から各家に伝わる伝統の屏風や民具の数々を、各町屋(約60軒)で展示、披露いたします。
 
 
  彫美堂五井   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  制作と修復 当社は、掛軸・巻物・屏風等の表装具から和とじ・折本の装丁、絵画・書の複製まで、豊富な経験と確かな技術でお客様のご要望に応じた製品づくりを行っています。
 
 
  掛け軸作家略歴一覧 - 静美洞・掛軸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  静美洞・掛軸/用途別検索/掛け軸講座/作家略歴/サイトマップ/静美洞トップページ
 
 
  物故作家の掛軸 - 掛軸専門店 みしま   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新画・古画掛軸専門店 みしま】創業四十五年の信頼と実績の安心価格で掛軸をご提供致します。掛軸のことならお任せ下さい。
 
 
  夏秋徒然草 37 プライスコレクション・若冲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  10年前ある企業から掛軸仕立ての依頼がありました。あるアメリカのコレクターの持っている絵画をデジタル化したので、掛軸にしてもらえないかというものでした。洋紙に原寸でプリントされたもので、とってもやりにくかったのですが、納めることが出来ました。
 
 
  表具師 中村桂花堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  創業明治23年、中村桂花堂では絵画・書などの表装を承っております。
 
 
  福田古道人とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漢詩人・俳人・南画家。和歌山県生。名は世耕、漢詩に静処、南画及び和歌に古道人と号した。俳号は把栗。漢詩人として早くから名を成すが、のち子規門に入って俳句をはじめ、特異な風格を示した。京都に住した。昭和19年(1944)歿、80才。
 
 
  福田古道人 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福田古道人 の画像 - Google
 
 
  掛け軸作家 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  掛け軸作家 の画像 - Google
 
 
  屏風作家 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  屏風作家 の画像 - Google
 
 
森蘭斎.1740
森蘭斎の屏風 : なんでも鑑定団お宝情報局 (2014/7/30) 虎は当時は日本に生息はしていなかったの当時の画家は想像しながら描いたのだろう猫を真似して描いたとされている  森蘭斎 - Wikipedia
  森蘭斎とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸後期の画家。越後の人。大坂に住し、のち江戸に移る。名は文祥、字は子禎、別号に九江・鳴鶴など。沈南蘋の画風を熊斐に学び、花鳥画を得意とした。享和元年(1801)歿、享年未詳。
 
 
  森蘭斎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森 蘭斎(もり らんさい、元文5年(1740年) - 享和元年9月18日(1801年10月25日))は、江戸時代中期・後期の画家。熊斐に就いて南蘋派の画法を修め彩色花鳥画を画いた。名は文祥、字を子禎。蘭斎のほかに九江・鳴鶴などと号した。越後頸城郡新井(現在新潟県妙高市)の人。 1 略伝 / 2 著作 / 3 代表作 / 4 脚注 / 5 出典 / 6 関連項目 / 7 外部リンク
 
 
  森蘭斎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森蘭斎 の画像 - Google
 
 
  森蘭斎の屏風 - 開運!なんでも鑑定団   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  娘の1歳のお祝いに届いたのは、骨董好きの父が8万円で買った巨大なお宝。はっきり言って邪魔なので、もし高ければ売り払いたいと思っているが…。果たして鑑定結果は?
 
 
松村呉春.1752/
     
田野村直入.1814/
田野村直入.1814
  田能村直入 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田能村 直入(たのむら ちょくにゅう、文化11年2月10日(1814年3月31日) - 明治40年(1907年)1月21日)は、幕末から明治時代にかけて活躍した日本画家。日本最後期の文人画家として知られる。 田能村竹田の養継子。幼名は、はじめ松太、のち傳太。諱は、はじめ蓼、のち痴。字は、はじめ虚紅、のち顧絶。号は、はじめ小虎、のち直入。通称は小虎とした。別号に竹翁、忘斎、煌斎、芋仙、布袋庵、無声詩客などがある。豊後直入郡竹田町(現在の大分県竹田市)生まれ。  1 略伝 / 2 代表作 / 3 著書 / 4 出典
 
 
寺崎廣業.1866/
     
不動立山.1886
立山と言えば『大井川』などのように情念を露わにした絵ばかり思い出すのだが、これは自然とほころび始めた愛らしい少女たちの優しい姿ばかりがある。いい絵だった。 絵葉書 不動立山絵2題 菊1.5銭貼 ク/青山/42.3 献燈(其一) (京都)不動立山氏筆
  不動立山とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家。兵庫県生。名は定一。西山翠嶂に師事し、翠嶂一門による青甲社創立に参加、また帝展・新文展に、写生的で繊細な風景画を出品した。昭和50年(1975)歿、89才。
 
 
  不動立山 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  不動立山 の画像 - Google
 
 
  不動立山 - 京都市立芸術大学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治19年(1886)〜昭和50年(1975) 兵庫県に生まれる。本名定一。明治34年(1901),京都市立美術工芸学校絵画科に入学し,同38年(1905)に卒業。その後神戸市の小学校で教鞭を執るが,同42年(1909)の京都市立絵画専門学校の開校を受けて同校に入学,同45年(1912)に卒業する。同年,第6回文展に《春雨の夕》《冬の夜更》が初入選。大正4年(1915),美術工芸学校・絵画専門学校出身者による研究会・密栗会に参加。その後,西山翠嶂に師事し,同10年(1921)の翠嶂一門による青甲社創立に参加した。文展・帝展・新文展に出品を続けるも,同17年(1942)に郷里の淡路島へ疎開した後は出品が途絶えた。
 
 
相原窓雪/
     
日岡健三.1946.2/
     
現代日本画家1945〜
清水康子・藤森悠二作品(洋画家)
  >日本画家 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家(にほんがか)とは明治以降、日本の絵画が洋画と日本画のジャンルに分かれたため、洋画家の対義語として使われる言葉。狩野派や琳派など日本の伝統的美意識や技法を引き継いだ画家を呼ぶ。明治以降の洋画全盛に対抗する一派であるが、もちろん洋画からも少なからず影響を受けている。 近代以前の作家にはこの言葉を用いないので狩野永徳や雪舟を日本画家と呼ぶことはない。 
 
 
  玉村豊男 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  玉村豊男(たまむらとよお、1945年10月8日 - )は東京都生まれのエッセイスト、画家。 都立西高、東京大学文学部仏文学科卒業、長野県東御市在住。ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー代表。長野県原産地呼称管理委員会会長。「安心、安全、正直」な信州の温泉表示認定委員会委員。 父は日本画家の玉村方久斗。
 
 
  宮廻正明 - ギャラリーゑぎぬ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1951年, 島根県松江市に生まれる. 1979年, 東京藝術大学美術学部 デザイン科卒業. 1981年, 東京藝術大学大学院美術研究科保存修復技術日本画修了. 1988年, 東京セントラル美術館日本画大賞展 優秀賞. 1991年, 第46回春の院展 奨励 賞
 
 
  川村文一 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川村文一 の画像 - Google
 
 
  私の画歴(川村又一)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トップ/薔薇/椿/実・静物/風景1/風景2/ご注文
 
 
  日本画ブログ集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画人気ランキング
 
 
  日本の画家一覧 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の画家一覧(にほんのがかいちらん)は、日本の主な画家の五十音順一覧である。日本以外の画家は画家の一覧を参照。 ◇五十音順
 
 
現代洋画家1945〜
  >洋画家 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  洋画家(ようがか)とは、明治以降の日本人の画家のうち、「洋画」(西洋から伝わった油絵・水彩画)を制作する画家を指す。日本画家と対照する際に用いられる言葉である。なお、洋画家という表現は、当人が自称するよりは、新聞等の画家の経歴紹介や訃報等においてよく見受けられる。
 
 
  有元利夫 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有元利夫(ありもととしお、1946年9月23日 - 1985年2月24日)は、日本の洋画家。妻は日本画家、陶芸家の有元容子。 1946年 - 岡山県津山市(疎開先)に生まれる。 1962年 - 駒込高等学校入学。絵の道を志す。 1969年 - 4浪の後東京芸術大学美術学部デザイン科入学。後の夫人・渡辺容子と出会う。
 
 
洋画関連サイト
  日本の洋画家 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の洋画家 の画像 - Google
 
 
  洋画家 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  洋画家(ようがか)とは、明治維新以降の日本人の画家のうち、「洋画」(西洋から伝わった油彩画・水彩画)を制作する画家を指す。日本画家と対照する際に用いられる言葉である。なお、洋画家という表現は、当人が自称するよりは、新聞等の画家の経歴紹介や訃報等においてよく見受けられる。  1 日本の主たる洋画家 / 1.1 江戸時代生まれ / 1.2 戦前生まれ / 1.3 戦後生まれ
 
 
  日本人洋画家 - 五十音順   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作品 氏名/英字名/生年/出身地/出身校/所属団体・他
 
 
  「日本の洋画家の系譜」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  INDEX/お問い合わせ/2016年3月25日修正更新版
 
 
  伝説の洋画家たち 二科100年展 - 東京都美術館 (2015/7/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当館創設の機をもたらした美術団体展の中でも在野の雄であった二科会。岸田劉生、佐伯祐三、小出楢重、関根正二、古賀春江、藤田嗣治、松本竣介、岡本太郎、東郷青児など、実に様々な作家たちが発表し、海外からはマティスらも参加した二科会の100年の歴史から、20世紀の日本美術史を展観します。(終了)
 
 
  「作風がガラリ!」明治時代の日本人画家(洋画家)の描く世界 - NAVER まとめ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  芸術の秋も残りわずか…洋画家たちの描くこんな楽しみ方はいかがでしょうか?
 
 
  物故洋画家一覧 - UAG美術家研究所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  MENU/湯上がり美術談/UAG美術家研究所/文献一覧/美術家資料/物故美術家
 
 
  日本画家: 日本人作家: 日本人洋画家: 作品一覧 [油絵・水彩画]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家、日本人洋画家の絵を販売。東山魁夷、平山郁夫、加山又造、藤田嗣治、東郷青児、小泉淳作、長谷川彰一、平林美奈子、ほか。富士山の絵、桜の作品、花の絵など日本画・油絵・リトグラフ版画・複製画をネットで格安販売。
 
 
田渕俊夫.1941/
  「田淵俊夫」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田淵俊夫 - Google検索
 
 
小松美羽.1984.11/
  YouTube - 情熱大陸 2015年11月29日 151129 【HD】 『画家・小松美羽に密着!』    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 情熱大陸 2015年11月29日 151129 【HD】 『画家・小松美羽に密着!』
 
 
  YouTube - 大和力を、世界へ。&#12316;小松美羽・出雲が生んだ魂のアーティスト&#12316;   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 大和力を、世界へ。&#12316;小松美羽・出雲が生んだ魂のアーティスト&#12316;
 
 
  YouTube - 「2021×小松美羽」気鋭才能に迫る!【AbemaTV】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 「2021×小松美羽」気鋭才能に迫る!【AbemaTV】
 
 
  YouTube - 「神獣&#12316;エリア21」小松美羽が会場生案内!【AbemaTV】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 「神獣&#12316;エリア21」小松美羽が会場生案内!【AbemaTV】
 
 
  YouTube - 日テレDONに小松美羽さんが登場   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 日テレDONに小松美羽さんが登場
 
 
  YouTube - 美しすぎる銅版画家・小松美羽 第1話前編[コレカラプロジェクト]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 美しすぎる銅版画家・小松美羽 第1話前編[コレカラプロジェクト]#1
 
 
  YouTube - 小松美羽 ライブペイント   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 小松美羽 ライブペイント
 
 
宮崎進.1922.1/
  美術家の宮崎進さん死去 シベリア抑留体験を作品に (2018/5/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シベリアでの抑留体験に根ざした作品群で知られる美術家で多摩美術大学名誉教授の宮崎進(みやざき・しん、本名・進=すすむ)さんが16日、心不全で死去した。96歳だった。葬儀は近親者で行う。後日お別れの会を開くという。喪主は長男泰(たい)さん。 山口県生まれ。日本美術学校油絵科で学んだ後、42年に応召。中国東北部で敗戦を迎え、シベリアに移送された。49年に帰国後は、東北や北海道で暮らす人々や旅芸人などを描き、67年に「見世者芸人」で安井賞を受賞した。 並行してシベリア抑留時の過酷な体験を元にした作品を手がけていたが、本格的な公表は90年代半ばから。抑留中でも入手できた麻布などを使い、目にしたおびただしい死や不条理を平面や立体で表現した。 98年に芸術選奨文部大臣賞、04年にはサンパウロ・ビエンナーレに日本代表として出品した。07年には、シベリア体験について語った自伝的著書「鳥のように シベリア 記憶の大地」を出版した。 晩年はパーキンソン病を患ったが、不自由な体で制作を続け、個展を開くなど精力的に活動していた。(全文)
 
 
  「宮崎進」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮崎進 - G 検索
 
 

TOPページ TOPページ  6源情報 6源情報  ジャンル一覧表 ジャンル一覧表  明快カテゴリ総覧 明快カテゴリ総覧  特集区分数・HP数詳細 特集区分数・HP数詳細  ジャンルページ ジャンルページ  画面上段 画面上段 


Copyright (C) 2018 Z-PLAZA Corporation. All Rights Reserved.