028 【美術А ラファエロ:フェルメール:マネ:ドガ:セザンヌ:モネ
 このコーナは、美術館 博物館のリンク集があります。また、国内海外の有数な美術館 博物館を個々に収録してあります。美術展 美術団体のHPほか、このコーナーには、日本と世界の著名な画家・芸術家関係のHPが年代順に精選掲載されています。どうぞ、ごゆっくりご覧下さい。 なお、ピンクは日本画家、ブルーは洋画家、グレーは水墨画家、イエローは浮世絵師です。

海外の画家一覧 チマブーエ.1240 ジョット.1267 アンジェリコ.1387 ファン・エイク.1390 マサッチオ.1401
フィリッポ・リッピ.1406 フランチェスカ.1412 マンテーニャ.1431 ボッティチェリ.1444 ボッシュ.1450 デューラー.1471
ジョルジョーネ.1478 ラファエロ.1483 ティツィアーノ.1488 フィオレンティーノ.1495 ブリューゲル.1525 エル・グレコ.1541
カラヴァッジョ.1571 ルーベンス.1577 ラ・トゥール.1593 バン・ダイク.1599 ベラスケス.1599 フェルメール.1632
レンブラント.1669 フラゴナール.1732/ ゴヤ.1746 J・コンスタブル.1776 ドミニク・アングル.1780 カミーユ・コロー.1796
ドラクロワ.1798 ミレー.1814 クールベ.1819 シャヴァンヌ.1824 G・モロー.1826/ ピサロ.1830
エドゥアール・マネ.1832 エドガー・ドガ.1834 ホイッスラー.1834/ セザンヌ.1839 シスレー.1839 クロード・モネ.1840
← 027 【美術】◆各絵画      029 【美術】◆海外画家 → 
TOP >  b 美術 > 028 【美術А ラファエロ:フェルメール:マネ:ドガ:セザンヌ:モネ >  
       
海外の画家一覧
  美術家の一覧 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美術家の一覧は、主要な美術家の一覧である。なお、イラストレーターおよび絵本作家についてはそれぞれイラストレーター一覧、絵本作家一覧を参照。 1 西洋の美術家一覧 / 2 東洋の美術家一覧 / 3 アフリカ / 4 関連項目 / 5 履歴
 
 
  海外の画家一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アーティスト名を「あいうえお」順で検索できます。
 
 
  世界の有名な絵画・画家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有名な絵画の作品解説や世界的な画家の代表作など魅惑のアート特集
 
 
  海外の画家・彫刻家・UAG美術家研究所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  湯上り美術談義/UAG美術家研究所/検索で出ない画家/画家外電/文献一覧/美術家資料/物故美術家/江戸以前の画家/浮世絵師/美術評論家・研究者/建築家・デザイナー/海外の画家・彫刻家/写真家・写真集
 
 
  西洋の画家 年代別一覧(1240年ー1992年)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画家名/生年月日/没年/国/様式・流派
 
 
  海外の画家 - 最新情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャン・リュック・ギニャマン: サナリ−・シュール・メール(南仏)生まれ。エクス・アン・プロヴァンス高等美術学校卒業。フランス、アメリカ、スイス、イタリア、北欧諸国など、世界各地で展覧会開催。サン・モール美術館、モントリオール市庁舎などに作品収蔵。
 
 
  【現代】画家や彫刻家、イラストレーター。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クリエイティビティを刺激する芸術が創造される現場 -海外編-
 
 
  世界で最も高額な絵画のランキング - NAVER まとめ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高額な絵画・名画のランキングです。現在の為替(2013年11月現在$1=約¥99)や購入時の物価 ( などを調整し、順位や価格を算出しています。画像はなるべく大きめのものを選んだので壁紙にもどうぞ。
 
 
  YouTube - 【グランド・オダリスク】 ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 【グランド・オダリスク】 ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル #1
 
 
  ジャン=オーギュスト・ドミニク・アングル-主要作品の解説と画像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランス新古典主義における最後の巨匠。極めて高度な線描を基軸とした形体描写による、厳格で廉潔な絵画を制作し19世紀前半期のフランス絵画界最大の権威者となる。生涯にわたり理想美を追い求め、幾つかの作品は発表当初、批難の的になったものの、その多くは画家の傑作として今も絵画史に燦然と輝いている。
 
 
チマブーエ.1240
絵葉書美術館−8 聖母子−1 ルーブル美術館ー建物内部(2F)その5
  チマブーエ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  チマブーエ(Cimabue, 1240年 - 1302年)はイタリア、ゴシック期の画家。ゴシック期のフィレンツェで活躍した画家。ジョットは彼の弟子と考えられている。西洋絵画が中世から近代へと歩み始める最初期に位置する画家として、美術史上に重要である。近代以前のイタリアの画家には、本名でなくもっぱら通称で呼ばれる者が多いが、チマブーエもその一人であり、本名はチェンニ・ディ・ペーポ(Cenni di Pepo)といった(「チマブーエ」は雄牛の頭の意)。
 
 
  CIMABUE -の作品-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピサのサン・フランチェスコ聖堂からルーブル美術館に来ているこのパネル画は、初期フィレンツェ絵画を輝かしく証言しています。チマブーエの「天使に囲まれた荘厳の聖母」は、描かれた人物の自由な姿勢やより人間らしい表情に、ビザンチンの厳粛で宗教的な様式に対する反動の兆しが見られます。
 
 
  アッシジ 街の見どころ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  サン・フランチェスコ大聖堂 :荘厳な建物は下堂(1228-1230) と上堂 (1230-1253)の二層構造で、地下には1818年に発掘されたサン・フランチェスコが眠る納骨堂があります。聖堂の装飾は13世紀から14世紀の巨匠、チマブーエ、ジョット、シモーネ・マルティーニ、ピエトロ・ロレンツェッティらが手がけました。
 
 
  フィレンツェの芸術家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1240年にフィレンツェに生まれ、1301年に死去した、フィレンツェの画家チマブーエ。イタリア絵画の生みも親とも言われ、ジョットの師匠でもあったと考えられています。ヴァザーリによれば、フィレンツェに定住したギリシャ人がチマブーエの最初の師匠であったと説明しています。しかし、彼の才能は、直ぐに師匠を超えてしまいました。
 
 
  フィレンツェの美術、芸術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フィレンツェにおける美術、芸術の繁栄の原点は、絵画や彫刻については非常に謙虚なものであった。12世紀中ごろまでは、地中海における覇権を通じ多数の都市との交流により繁栄を極めたピサが芸術の中心であり、そのころフィレンツェの芸術的表現は装飾的なロマネスク様式の彫刻が特徴的な例といえる。
 
 
  チマブーエ Cimabue (1240年?~1302年?)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生没年は定かではない。ヴァザーリの「ルネサンス画人伝」は、このチマブーエから始まっている。「・・・。時折りしも、1240年、絵画芸術の世界に光明を投ずるべく、天はフィレンツエの町に、姓はチマブーエ、名はジョヴァンニなる男子が、当時の名家であるチマブーエ家の一員として、呱々の声を上げる配慮をなさせ給うた。」(小谷年司訳)と仰々しく記していますが、ヴァザーリの言う1240年生まれ、1300年没という年も、またチマブーエ家という名家の存在も確証はないようです。
 
 
  チマブーエ (1240年頃?-1302年7月14日以前)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Cimabue。イタリアの画工、モザイク職人。フィリッポ・ヴィラーニ Filippo Villani とヴァザーリは、彼にジョヴァンニ Giovanni という名を与えているが、史的根拠はない。本名、チェンニ・ディ・ペーポ Cenni (Benciviene) di Pepo。「チマブーエ」は恐らく渾名で、これは「牡牛頭」の意か、もしかすると「他人の考えを砕く者」の意かもしれない。ローマとピサの文書に、チマブーエがフィレンツェ市民であったことが確認される(同地の生まれか?)。
 
 
  ウフィッツィ展示室2 チマブーエ、ジョット、ドゥッチョ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  13世紀後半から14世紀前半にかけて描かれた3人の作者による “聖母子”が展示されている。すべての絵画は元々教会に置かれていて、この時代、つまりルネッサンス期に入る前は、まだビザンチン様式が色濃く残っていた。この3枚の絵画はビザンチン様式、ゴシック様式からルネッサンスへと時代が向かって行く兆しを部分的にではあるが感じさせる。
 
 
  チマブーエ 「壮厳の聖母」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョット以前の画家の中で、13世紀イタリアにおける最大の画家とされるチマブーエの基準作と見なされている、フィレンツェのウフィツィ美術館に所蔵される『壮厳の聖母』。
 
 
  チマブーエの「荘厳の聖母」 藪にらみギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  13世紀後半のイタリヤには、天使や聖人たちが、聖母子を囲んで称える「荘厳の聖母」という巨大な祭壇画が、教会に出現した。ビザンティン様式といわれる厳密な慣例と様式に従う画の中で、チマブーエの聖母や幼児キリスト、天使の顔には、やわらかな人間味が感じられる。
 
 
  チマブーエ(1290頃活躍:イタリア) <地獄に落ちた先駆者>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荘厳の聖母:ウフィツィ美術館/ビザンチン様式の女性像:12世紀
 
 
  チマブーエ  荘厳の聖母(マエスタ)(サンタ・トリニタの聖母)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『荘厳の聖母』は聖母マリアが赤ん坊のイエスを腕に抱き、天使がそれを取り囲む、というパターンでだいたい決まっている。玉座に座った聖母は、天国の女王なのである。
 
 
  チマブーエ Cimabue (1240−1302) イタリア 初期ゴシック   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリア、フィレンツェの画家。ビザンチン絵画の形式を打ち破った画家のひとりである。伝統的な主題を、より現実的に描いていった。ジョットの師匠であるとされる。
 
 
  チマブーエ Cimabue 1240-1303 イタリア  初期ゴシック   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョット以前で13世紀イタリアにおける最大の画家。当時のイタリアの優れた芸術家の生涯を扱う、現在も資料的価値の極めて高い、1550年に初版されたヴァザーリの3部構成からなる著書≪芸術家列伝≫の最初に記される画家でもあり、イタリアの詩人ダンテの有名な叙事詩≪神曲≫でも「絵画の世界の覇者」と謳われているなど、イタリア絵画の創始者としても非常に重要視されている。
 
 
  ルネサンスのあけぼの 〜前編「文化・芸術の扉を開いた人たち」〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歴史の教科書や、世界史あるいは西洋史の「通史」を扱った本では、ルネサンス期の話となるとだいたい新しい章の最初に来ていることが多く、何か唐突な印象を受けたことがあります。そこで今回は、いわゆるルネサンスの代表格ではない人たちをご紹介することで、どのようにしてルネサンスという時代が始まったのかというお話をしたいと思います。
 
 
  役所美術館 ベルリンギエーリ、チマブーエとその時代(ゴシック初期)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルネサンス時代「野蛮なゴート人の作ったもの」という意味で名付けられた『ゴシック』美術は長い間不当な評価を受けてきた。近世になっても、ブルックハルトのルネサンス歴史観の中で『暗黒の時代』と位置づけられていたが、20世紀になってホイジンガやフォションの研究によって『中世の時代』はやっと正当な評価を受けるようになった。
 
 
  フィレンツェ サンタ・クローチェ教会 壁画修復プロジェクト現地レポート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  壁画の歴史と言えば、アルタミラ洞窟やラスコー洞窟などの先史時代に描かれた壁画に遡るわけですが、ここでは13世紀の後半にイタリアで完成した「フレスコ」という技法で描かれた壁画を対象とします。イタリア美術史で「フレスコ画の時代」と言えば、ジョットからミケランジェロにいたる2世紀を指し、ほぼ新芸術を開花させたルネサンス時代と重なるのは偶然でしょうか。
 
 
  チマブーエ/モニカ・キエッリーニ/野村幸弘訳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画集「チマブーエ」をご紹介します。東京書籍の「イタリア・ルネッサンスの巨匠たち」というシリーズです。著者はピサ大学の研究員でした。画集というよりも研究書という内容です。出版社にも在庫がなく重版はかからないようですが、国立西洋美術館のミュージアムショップ(無料で入れます)にはこのシリーズが置いてあります。
 
 
  チマブーエ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  チマブーエ の画像 - Google
 
 
ジョット.1267
ジョット・ディ・ボンドーネ (Wikipedia) 絵葉書美術館−8 聖母子−1
  ジョット・ディ・ボンドーネ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョット・ディ・ボンドーネ(Giotto di Bondone, 1267年頃 - 1337年)はゴシック期のイタリアの画家、彫刻家、建築家。平面的・装飾的なビザンティン絵画の描写法から現実味ゆたかなルネサンス絵画への先鞭をつけた。ヴァザーリによる近代最初の画家という評価をはじめ、生前から一貫して巨匠としての名声を保っている。
 
 
  ジョットの鐘楼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョットの鐘楼は高さ84m。鐘楼の設計はもちろんジョットの手によるもので、ダンテが「神曲」の中で、この鐘楼の美しさを褒め称えたことがある。ここに登ると、地上からは見えなかったドゥオモの姿も明らかになってくる。
 
 
  諸芸の師 ジョット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルネサンスのちょっと前の芸術家となるとやはりジョットですね。近代絵画の祖ともたたえられる人ですね。この人はなかなか面白い人です。ジョットはあるとき宴会で、フィレンツェで最高の芸術家はだれか?そりゃジョットさ!って言われたときに、素晴らしい切り返しをした人です。
 
 
  アッシジ(イタリア)とジョット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョットと言えば、もう一点心に残っている作品がある。フィレンツェのウフィッツィ美術館の三階第二室に入ると、トスカーナ派を代表する三人の巨匠の「聖母マリア像」がまさに比較鑑賞せよと言いたげに置かれている。中央正面のジョットの板絵は縦が約三メートル、横が二メートル。右のシエナ派を代表するドウッチョそして左にジョットの師にあたるチマブーエの作品もほば同寸大の祭壇画が訪れる者に近寄りがたい威光を放っている。
 
 
  ジョットとドゥッチョのながれ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョットやドゥッチョあたりからルネサンスの花が芽ぶきはじめるとふつうかんがえられていますが、このふたりはどんなふうにチガウとおもいますか?ドゥッチョのほうが7つぐらい歳がうえなのですね。
 
 
  2 ジョット ドゥッチョ チマブーエ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  13世紀後半から14世紀前半にかけて描かれた3人の作者による “聖母子”が展示されている。すべての絵画は元々教会に置かれていて、この時代、つまりルネッサンス期に入る前は、まだビザンチン様式が色濃く残っていた。この3枚の絵画はビザンチン様式、ゴシック様式からルネッサンスへと時代が向かって行く兆しを部分的にではあるが感じさせる。
 
 
  荘厳の聖母(オニサンティの聖母)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  全ての西洋絵画の祖ジョットの傑作『荘厳の聖母』。元々はフィレンツェのオニサンティ聖堂の主祭壇画で、玉座に聖母マリアと幼子イエスを描き、その左右に複数人の聖人を配する図式≪主題 聖会話≫の祭壇画の原型になったこの作品は、絵画の祖と言われているジョットを研究する上での基準作品ともなっており、西洋美術史上最も重要な作品のひとつ。
 
 
  ジョットの鐘楼から望むフィレンツェ市街   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョットの鐘楼から望むフィレンツェ市街とDuomo フィレンツェ-ミラノ二都市巡り
 
 
  絵を読むことーージョットとドゥッチオの場合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  絵画は本来的には《視られるため》に描かれる。しかし絵を読む、ということが象徴的、比喩的にではなく字義通りの意味で意味を持ちえた時代がかつてあった。それは物語絵(historia)と呼ばれるジャンルにおいて顕著であり、それらの物語絵は《読まれるため》に描かれたのである。
 
 
  フィレンツェ 〜ジョットの鐘楼からの景色編〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  82mもあるジョットの鐘楼。その名の通り、ジョットが建築した鐘楼です。 さて、414段の石段をぜーはーぜーはしながら登ると、フィレンツェの市街を360°見渡すことができるのです!82mもの高さから見下ろすわけですから、そのながめは絶景です。
 
 
  ジョットの塔 花のサンタマリア大聖堂の鐘楼    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョットが設計したドゥオモに付属する鐘楼。1334年に仕事を始め、1337年に死ぬまで監督をした。その後は、アンドレア・ピサーノ、フランチェスコ・タレンティが引き継ぎ、1359年に完成した。
 
 
  ≪ パドヴァ、ジョットのスクロヴェーニ礼拝堂≫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  魚に説教するパドヴァの聖アントニウス マーラーの 「子供の不思議な角笛」 の2曲目<うき世の暮らし>をセル指揮の伴奏でシュワルツコップが歌っている録音を初めて聴いた時の強烈な印象で、時々この歌曲集を聴きいていた。この曲の9曲目に、<魚に説教するパドヴァの聖アントニウス>がある。
 
 
  フィレンツェ  ルネサンス ジョット・ディ・ボンドーネ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョットは1267年頃に生まれたとされていますが、はっきりと分かっていません。ジョットはイタリア絵画の創始者チマブエによって才能を見つけ出されました。ジョットは平面的で豪華なビザンティン絵画の描き方から、現実を描くルネサンス絵画への橋渡しをチマブエと一緒にしました。『芸術家列伝』の作者ジョルジョ・ヴァザーリはジョットを近代芸術最初の画家と、本に書いています。
 
 
  過去の宗教画なんて分かんなくてあたりまえ ekakinoki   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古典美術のほうが現代美術よりもスッキリとしていて理解しやすいというのはホント? 良きにつけ悪しきにつけ、今年注目される展示のひとつがフィレンツェでのジョット展だ。ジョット(1267-1337)は、伝統的な絵画技法の教典を塗り替えた。
 
 
  ジョット・ディ・ボンドーネ Giotto di Bondone イタリア  ゴシック   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  絵画の祖とも呼ばれているゴシック絵画最大の巨匠。その作品は後のルネサンス期に活躍した画家に多大な影響を与えると共に、(宗教的)絵画を描く上での基準となった。イタリア絵画の創始者チマブーエがジョットの類稀なる画才を見出したとされ、それまでの宗教画に見られなかった浮き彫り的な空間表現や内面に迫る心理描写など、それまでの様式に革新をもたらし、新たな様式として確立する。
 
 
  ジョットという名の少年 羊がかなえてくれた夢 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョットは今から700年くらい前に活躍したイタリアの画家です。少年ジョットが羊の番をしながら、だれに習うこともなく羊の絵をかいていると、画家チマブーエが通りかかり、その才能におどろいて、弟子にしたというのです。この絵本の物語は、この「羊の伝説」をもとにしたものです。フランスEspace Enfants特別賞、ドイツThe White Ravens特別賞受賞。
 
 
  ジョット/解説:辻成史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョットという画家をご紹介します。新潮美術文庫1「ジオット」は、32点の作品を紹介したあとに解説が添付されていました。ジオットは、1200年代の半ばにイタリアに生まれました。画家であり建築家でした。
 
 
  ジョット の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョット の画像 - Google
 
 
アンジェリコ.1387
アンジェリコ の画像 - Google 「受胎告知 The Annunciation」
  フラ・アンジェリコ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フラ・アンジェリコ(Fra Angelico, 1387/1400年 - 1455年)はイタリア、ルネサンス期の画家。本名グイード・ディ・ピエトロ。15世紀前半のフィレンツェを代表する画家である。フラ・アンジェリコ(天使的修道士)という通称のとおり、その作品は清らかで深い精神性に満ちている。
 
 
  サン・マルコ美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  サン・マルコ美術館はフィレンツェで最大の宗教画のコレクションを保有している。教会の右隣の修道院にはベアート・アンジェリコ(別名フラ・アンジェリコ)の作品群が集められている。
 
 
  フラ・アンジェリコの「受胎告知」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  受胎告知(じゅたいこくち)はキリスト教の聖典である新約聖書に書かれているエピソードの1つ。聖告(せいこく)、お告げ(おつげ)、生神女福音(しょうしんじょふくいん)とも言う。一般に、処女マリアに天使のガブリエルが降り、マリアが聖霊によってキリストを身ごもることを告げ、またマリアがそれを受け入れることを告げる出来事。
 
 
  『受胎告知』 / フラ・アンジェリコ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  もう20年近く前の記憶である。フィレンツェのサン・マルコ修道院で出遭ったフラ・アンジェリコの『受胎告知』。数ある「受胎告知」の中でも、ダ・ヴィンチの作品と並んで最も知られた作品の一つかもしれない。その絵は、薄明かりの中、階段を上がった正面の壁に描かれていたように思う。
 
 
  フラ・アンジェリコ&フィリッポ・リッピ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この二人には共通点がある。どちらも修道士であり、フィレンツェでその生涯の大半を送ったこと、そして、二人とも聖母像の画家として知られていることだ。しかし、二人の生涯はおよそ対極にあるといえるぐらいかけ離れている。
 
 
  行方不明のフラ・アンジェリコ再発見   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルネンサンス美術の愛好者であれば興味津々の最近のビッグニュース。 ・・・ところがその2枚が今年になって再発見された。イギリスのオックスフォード州に住む、元美術館の写本の学芸員のご夫人の自宅の寝室の壁にひっそりと飾られていたのである。
 
 
  インターネット美術館 - フラ・アンジェリコ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  受胎告知 :フラ・アンジェリコ[イタリア 1387/1400-1455] 受胎告知[フレスコ 230×321僉1438-39頃] サン・マルコ美術館[イタリア] 劇的な場面を静かに伝える清澄な精神と気品。
 
 
  受胎告知 聖書の物語 新約    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大天使ガブリエルが、マリアに近づき、「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる」。驚くマリアをよそに、さらに言う。「あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名づけなさい」
 
 
  フラ・アンジェリコ Fra Angelico ( 1400-55)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリア、初期ルネサンス画家。ドミニコ修道士であるフラ・アンジェリコはマザチョと同時代人である。その静謐で美しい光を放つ宗教画、その敬虔な人柄から、アンジェリコ(天使)のような)、という意味をこめて付けられた名前である。
 
 
  フラ・アンジェリコ  Fra Angelico (1400(1398)-1455)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フラ・アンジェリコ(本名グィード・ディ・ピエロ)はイタリア、フィレンツェの農村地方に生まれた。「アンジェリコ」という呼び名は彼の死後になってからつけられた名で、その敬虔で愛らしい人柄から彼を「天使のような(アンジェリコ)」と記述していたことからこの名が普及する。つい最近、1982年になってフラ・アンジェリコはローマ教皇ヨハネ・パウロ二世によって正式に「福者」に列せられた。
 
 
  フラ・アンジェリコ Fra Angelico 1387-1455  イタリア  初期ルネサンス フィレンツェ派   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  15世紀初頭より活躍したフィレンツェ派を代表する大画家。≪フラ・アンジェリコ(天使のような画僧)≫が彼の名として呼ばれるよう、人格者としても名高い(本名はグイード・ディ・ピエトロ)。ドミニコ会士であったフラ・アンジェリコの作品は、宗教的主題に限られている。
 
 
  アンジェリコ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アンジェリコ の画像 - Google
 
 
ファン・エイク.1390
ファン・エイク兄弟 ヘント祭壇画 「神秘の仔羊」 ヤン・ファン・エイク 「妻マルガレータの肖像」
  ヤン・ファン・エイク (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヤン・ファン・エイク(Jan Van Eyck, 1390年頃 - 1441年)は、初期フランドル派の画家。兄のフーベルト(ヒューベルト)とともに油彩技法の大成者として知られる。フーベルトの事績は不詳で、確実な作品もないが、現存のヤンの作例は兄との合作も含まれている。代表作「ヘント(ゲント)の祭壇画」は、1426年のフーベルトの死去に伴い、弟ヤンが引き継いで完成させたものである。
 
 
  ファン・エイク兄弟の「神秘の仔羊」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  御座の正面にいます子羊は彼らの牧者となって、いのちの水の泉に導いて下さるであろう。(ヨハネの黙示録第七章より)
 
 
  ヤン・ファン・エイク 「教会の聖母」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私の母方の祖父は建築家でした。祖父が設計した教会堂は、客家人 ―東洋のディアスポラ― である祖父の一族が流れ着いた南国のある場所に建てられました。私は子供時分に一度車窓から眺めたことがあるだけですが、完成から半世紀以上を経た今も、かの地でひとびとの祈りの場として存在しているはずです。
 
 
  ヤン・ファン・エイク 「宰相ロランの聖母」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヤン・ファン・エイク 「宰相ロランの聖母」
 
 
  ヤン・ファン・エイク 《 アルノルフィニ夫妻の肖像 》   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  友人アルノルフィニ夫妻の結婚を祝して描かれたものと言われている。奥の壁に掛けられた凸面鏡には映った画家の姿があり、その上部には「ヤン・ファン・エイクここにありき」の文字がある。絵の意味・解釈には諸説ある。得意の細密描写を駆使した、穏やかで神秘性のある作品。 拡大写真
 
 
  ファン・エイク兄弟 「ゲント(ヘント)祭壇画〜神秘の仔羊」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「もし、無人島に一枚だけ持っていけるとすればどの絵を選ぶ?」。よくある質問だが、ある日、妻とそんな会話をしていた時の私の答えは、「ファン・エイク兄弟のゲント(ヘント)祭壇画」。それを聞いた妻は「それは、ずるい! あれは、とても一枚の絵とは言えないよ」。
 
 
  ヤン・ファン・エイク 「アルノルフィニ夫妻の肖像」 一枚の絵から   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「一枚に絵に会うために旅に出る。ある街を訪れる。」そんな話があるとすれば、私のロンドン訪問はまさに、そうだ。それまで、ドイツ語圏とベルギーを中心としたヨーロッパ大陸ばかり旅していた私が、初めてドーバーを越え、ロンドンを訪ねたのは、ひとえに、ヤン・ファン・エイクの「アルノルフィニ夫妻の肖像」に出会うためだった。ゲント祭壇画が、エイクの大祭壇画の最高傑作とすれば、彼の肖像画での最高傑作と言われているのがこの作品だ。
 
 
  ヤン・ファン・エイク Jan van Eyck  1390-1441  初期ネーデルランド絵画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  神の手をもつ男と称えられたほど卓越した技量を持った15世紀ネーデルランド絵画の創始者。画家としての修行暦は不明。乾性油と樹脂・うすめ液を用い、それまでおこなわれていた油彩画法を改良し、細密な描写と鮮やかな着彩法を確立。ルネサンスにも劣らない革新をもたらした。
 
 
  ファン・エイク Jan van Eyck (1390-1441) フランドル 初期フランドル派   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヤン・ファン・エイクの前半の生涯は詳しくわかっていない。おそらく、写本装飾画家としてスタートしたのではないか、と言われている。1425年以降、フィリップ善良公のもと、ブリュージュで宮廷画家兼侍従となった。ヤンの兄、ヒューベルトも画家であったが、その生涯もよく分かっていない。油絵具を改良し、表現方法を大きく前進させた、彼らの功績は大きい。ここから、油絵具はヨーロッパへ広がっていったのである。
 
 
  ファン・エイク の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ファン・エイク の画像 - Google
 
 
マサッチオ.1401
マサッチオ:ある天才画家 アダムとエヴァ
  マサッチオ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マサッチオ(Masaccio, 1401年12月21日 - 1428年)は、ルネサンス期のイタリアの画家。 サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ生まれ。本名はトンマーゾ・ディ・セル・ジョヴァンニ・ディ・モーネ・カッサーイ(Tommaso di ser Giovanni di Mone Cassai)。マサッチオは20代の若さで夭折しており、絵画史上に残る巨匠のなかではもっとも短命であったが、初期ルネサンス絵画の代表的な画家の1人である。
 
 
  マサッチオ (Masaccio, 1401年12月21日 - 1428年)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マサッチオは20代の若さで夭折しており、絵画史上に残る巨匠のなかではもっとも短命であったが、初期ルネサンス絵画の代表的な画家の1人である。同時代人のマソリーノの画風が中世・ゴシック風を色濃く留めるのに対し、マサッチオの画風は現実的な人物表現や空間把握、人物の自然な感情の表現など、初期ルネサンスの画風を革新したという点で、その影響は決して小さくない。
 
 
  マザッチョ Masaccio 1401-1428  イタリア  初期ルネサンス フィレンツェ派   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻家ドナテッロ、建築家ブルネッレスキと共に初期ルネサンスの三大  芸術家と称されるフィレンツェ派の代表的な画家。  サン・ジョヴェナーレ三翼祭壇画/貢ぎの銭/楽園追放/キリストの磔刑/聖三位一体
 
 
  マサッチオ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マサッチオ の画像 - Google
 
 
フィリッポ・リッピ.1406
『聖母子と二天子』 ウフィッツィ美術館蔵 「トンマーゾ・インギラーミの肖像」(1510年頃)
  フィリッポ・リッピ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フィリッポ・リッピ(Fra Filippo Lippi, 1406年 - 1469年10月8日)はイタリア、ルネサンス中期の画家。ボッティチェリの師でもあった。フラ・アンジェリコとともに、15世紀前半のフィレンツェ派を代表する画家である。同時代人のフラ・アンジェリコが敬虔な修道士であったのとは対照的に、リッピは修道女と駆け落ちするなど奔放な生活を送ったことで知られる。
 
 
  フィリッポ・リッピの作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フラ・フィリッポは、若い頃(20歳前後)おそらくブランカッティ礼拝堂でマザッチョが「聖ペテロ伝」を描いているのを見ていたでしょう。そして、見ながら描画技法を身につけていったのであろうと思います。画家を目指す一風変わった修道士フラ・フィリッポにとっては、非常にラッキーでありました。
 
 
  愛と自由の都  フィレンチェ物語   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レオナルド・ダ・ヴィンチが畏怖し、ラファエロが敬愛し、ボッティチェリが学んだ伝説の画家 フィリッポ・リッピ。破戒僧と呼ばれたその波瀾の生涯を綴る…。
 
 
  フラ・フィリッポ・リッピ (ルネサンス)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フラ・フィリッポ・リッピはイタリア・フィレンツェ初期ルネサンスの画家である。フラ・アンジェリコが模範的な修道士だとしたら、フラ・フィリッポは正反対であった。子供のころ、未亡人となったフラ・フィリッポの母親は、彼を修道院に置き去りにした。その修道院で絵を描くことを学び、1421年、修道士としての誓いをたてる。初期の作品はマザッチョの影響が大きく、当時、新しい技術である遠近法をマスターしていた。
 
 
  ボッティのせんせはタダモンじゃない   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  右はフィレンツェのサン・ロレンツォ教会(Basilica di San Lorenzo)にあるリッピ作『受胎告知(1442)』の部分。リッピはボッティチェリのお師匠さんなんだけど・・・ リッピのほうが絵としてはおもしろいかなぁ、、ちょい描きすぎるとこがあるかもしれない、、、一瞬の表情をとらえるのはボッティチェリがうまい、、、な〜んてね。
 
 
  フィレンツェ人物伝 フィリッポ・リッピ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  その愛称の通り、天使のように敬虔な画家だったフラ・アンジェリコと対極的な画僧がいる。フラ・アンジェリコと同時代人で、コジモ・ディ・メディチの寵愛をうけた画家の一人、フィリッポ・リッピである。1406年頃、食肉業者の息子として生まれたが、母は出産直後に亡くなり、父も2歳の時に死んだので、彼は孤児となって叔母に育てられた。しかし生活難のために自宅のすぐ近所のカルメル会のサンタ・マリア・デル・カルミネ修道院に入った。
 
 
  【地中海人列伝-2 フィリッポ・リッピ】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フィリッポ・リッピ(1406*-1469)は、純粋無比、清純可憐な美しい聖母子像を数多く描いた画家として有名で、『聖母子と天使たち』『聖ステファヌスと洗礼者ヨハネの生涯』他、数々の傑作を残した。
 
 
  フラ・フィリッポ・リッピ その生涯と作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フィリッポ・リッピは15世紀中頃のイタリア、フィレンツェでは最高の人気画家でした。しかし15世紀初めのマザッチョや後のレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロのように偉大な巨匠と言うわけにはいかないでしょう。でも何故か好きなのです。それで、こんなページを作ってしまいました。中身は素人の独断と偏見、いろいろな参考図書からの聞きかじり(いや、読みかじり)ですので、その点はご了解を願います。
 
 
  フラ・フィリッポ・リッピ『聖母子と二天子』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フラ・フィリッポ・リッピ Fra Filippo Lippi (1406―69) 『聖母子と二天子』 ウフィッツィ美術館蔵  僕の一番好きなマリア像である。端正な少しうつむいた横顔、繊細な筆致で描かれた髪、精密に描かれた衣装や、髪飾り、そして、何と言っても、甘美でありながら、メランコリックな感じのする瞳が素晴らしい。ルネサンス期を代表する上品で優雅な肖像画である。
 
 
  フィリッポ・リッピ Fra Filippo Lippi  (1406-69)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フィレンツェに旅行に行く前はその存在を知らず、知った今では、一番好きな画家の一人。私がフィレンツェを好きなのは、この画家の存在が大きい。この画家は僧職者でありながら、尼さんと駆け落ちし、子供まで作ったというスキャンダルでも有名だ。
 
 
  徒然に東の法界坊『フィリッポ・リッピ』 - 賢者の石ころ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ところで今回の「フィリッポ・リッピ」は『レオナルド・ダ・ヴィンチが畏怖し、ラファエロが敬愛し、ボッティチェリが学んだ伝説の画家』と記されているほど、15世紀イタリア美術の中で、最も有名な画家の1人なのですが、一方ではふと「法界坊」を思い出させるような、破戒僧と呼ばれるほど波瀾に満ちた生涯をおくっています。
 
 
  フィリッポ・リッピとフランドル絵画  池上英洋の第弐研究室     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  プラート展見学の日が近づいているので、もう少し触れておきましょう。プラートで活躍した画家といえばフィリッポ・リッピですが、彼は生地のフィレンツェで工房をかまえていた画家で、メディチ家のお気に入りでした。
 
 
  フィリッポ・リッピ  聖母子と天使  1465年頃 95×62cm ウフィツィ美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初期ルネサンスを代表するフィレンツェ派の巨匠フィリッポ・リッピが晩年に手がけた聖母子像の最高傑作であり、最も良く知られる作品のひとつ『聖母子と天使』。
 
 
  役所美術館 フィリッポ・リッピ、ピエロ・デラ・フランチェスカ (ルネサンス前期)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アンジェリコ、ウッチェロ他、ルッカ・デラ・ロッビア他 
 
 
  フィリッポ・リッピ Fra Filippo Lippi 1406-1469  イタリア  初期ルネサンス フィレンツェ派   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初期ルネサンスを代表するフィレンツェ派の巨匠。現実を感じさせる空間構成と、流麗な線描と繊細かつ豊かな色彩による人物の世俗的で甘美な表現をおこなう独自の様式を確立。世俗や官能と聖性を併せ持つ画家の作品は、同時代の大画家フラ・アンジェリコと同様、その後、隆盛してゆくフィレンツェ派の発展において極めて重要な役割を果たした。
 
 
  フィリッポ・リッピ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フィリッポ・リッピ の画像 - Google
 
 
フランチェスカ.1412
ピエロ・デッラ・フランチェスカ Piero della Frances キリスト誕生(Nativity) 1470年頃(1460-1475)
  ピエロ・デラ・フランチェスカ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピエロ・デラ・フランチェスカまたはピエロ・デッラ・フランチェスカ(Piero della Francesca, 1412年 - 1492年10月12日)は、イタリアルネサンス期の画家。… 1439年ごろフィレンツェに行き、フィレンツェ派の巨匠、ドメニコ・ヴェネツィアーノに師事、或は、その協力者として仕事をした [2] 。イタリア各地で制作しているが、生涯のかなりの部分を郷里とその周辺で過ごしている。数学や幾何学に打ち込んだ最初期の画家の一人であり、美術史上最も徹底してその研究に打ち込んだ人物である。晩年には、『算術論』『遠近法論』『五正多面体論』の3冊の著作を残している。
 
 
  by ピエロ・デラ・フランチェスカの作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1200年頃、街はモンテフェルトロ近くの貴族の所有に帰した。これらの貴族は直接ウルビーノを支配しようとはしなかったが、市民が彼らを podest&agrave; (potestas, 権力の意味)に推挙するように圧力を掛けられた。その例は1213年のボンコンテ・ディ・モンテフェルトロ(ボンコンテ1世)に伺える。 その結果、ウルビーノ市民は反乱を起こし、他の自治都市と同盟し、1234年には再び市の支配権を回復した。
 
 
  ピエロ・デッラ・フランチェスカ - ヴァーチャル絵画館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウンブリア地方のボルゴ・サンセポルクロ村で生まれた。 現実の風景を描くことに関心を持っていた。それは、マザッチオやドナテロの影響とともに、フランドル芸術の影響からくるものである。 視力が衰えた後は、数学、および遠近法への関心が高まり、芸術における数学についての論考を書いた理論家である。
 
 
  ピエーロ・デッラ・フランチェスカ - アーティストと幾何学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピエーロ・デッラ・フランチェスカは、1460年代、この肖像画の主人公であるウルビーノ公フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの宮廷で仕事をしていました。ほかにもラファエッロのオヤジとか、おかかえアーティストがたくさんこの宮廷にはいました。ピエーロ・デッラ・フランチェスカが数々の傑作を描いたのもこの時期です。
 
 
  ピエロ・デラ・フランチェスカ (Piero della Francesca)  キリストの洗礼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  秩序と安定感に満ちた構図と、鮮やかな色彩による丹念な描写が大きな特徴である、ピエロ・デラ・フランチェスカの代表作『キリストの洗礼』。主題はイエスの生涯の軌跡を綴ったキリスト伝(新約聖書)の中でも特に重要視される教義のひとつで、ヨルダン川におもむき、旧約における最後の預言者である洗礼者聖ヨハネから洗礼(清めの秘儀)を受ける場面を描いた≪キリストの洗礼≫で、本作はその典型を為す代表的な作例としても広く知られている。
 
 
  ピエロ・デッラ・フランチェスカ Piero della Francesca (1415/20頃〜1492年)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドメニコ・ヴェネツィアーノについて修行したピエロは、生涯のほとんどを生地ボルゴ・サンセポルクロで過ごします。遠近法空間と明るく澄んだ光とそれによってできる陰影など、独自の様式を作りました。代表作はアレッツォの<聖十字架伝><キリストの洗礼><キリストの笞打ち>などがあります。
 
 
  ピエーロ・デッラ・フランチェスカ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピエーロ・デッラ・フランチェスカ の画像 - Google
 
 
マンテーニャ.1431
聖セバスチャンとは何者か マンテーニャの絵
  アンドレア・マンテーニャ - (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アンドレア・マンテーニャ(Andrea Mantegna, 1431年 - 1506年9月13日)はイタリアの画家。 ゴシック期、ルネサンス期パドヴァ派の代表格と見なされる画家である。 1431年、パドヴァ近郊のイーゾラ・ディ・カルトゥーロに生まれる。 修業時代は、パドヴァの画家フランチェスコ・スクァルチオーネに師事した。 遠近法を駆使した厳格な画面構成、ごつごつした硬質な線描、彫刻的な人体把握など、イタリア・ルネサンスの画家たちのなかでも異色の作風を示す。 マンテーニャは伝統的な画材であるテンペラをもっぱら用いた。
 
 
  マンテーニャの『キリストの死』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1961年、マントヴァのアンドレア・マンテーニャ展に10万人のひとがおしよせた。専門家から『やじうま』まで含めて、これだけの人を集めたのは、古典美術の展示会としては前代未聞だった。それは、『イベント社会』と社会学者が名づける現象のさいしょだった。 その3年前にヴェネツィア派の画家フランチェスコ・ティマフェイの展示会がヴィチェンツァであったときは、950人の観覧者だった。
 
 
  マントヴァにあるマンテーニャの壁画「夫婦の間」について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  急に話はイタリアに飛びますが、以前、マントヴァの訪問記 こちら を書きましたが、このパラッツォ・ドゥカーレの一番奥にある、アンドレア・マンテーニャ(Andrea Mantegna 1431-1506)によって描かれた、《描かれた部屋 Camera picta》とか《夫婦の部屋 Camera degli Sposi 1465-1474 》と呼ばれる有名な部屋について、その壁画を見た時からずーっとある疑問を抱いてきました。
 
 
  マンテーニャ、アンドレーア Andrea Mantegna(1431−1506)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マンテーニャ、アンドレーア Andrea Mantegna(1431−1506)  イタリア   初期ルネサンス、パドヴァ派  作品11点
 
 
  常設展示 ≫ ルネサンス芸術 ≫ マンテーニャ (Andrea Mantegna)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マンテーニャが手がけた全作品中、最も著名な作品のひとつである『死せるキリスト』。マンテーニャの生涯において隆盛期から晩年期の間に描かれたと推測される本作の主題は、磔刑に処され死したイエスの亡骸を描く≪死せるキリスト≫であるが、特筆すべきはその表現手法で、画家が自らの死を予期し、描いたとされるイエスの亡骸は、それまで描かれてきた典型的な構図とは決定的に異なり、足下から急激な短縮法を用い描くという、極めて斬新な構図が取られている。
 
 
  アンドレア・マンテーニャ Andrea Mantegna 1431-1506 / イタリア / 初期ルネサンス パドヴァ派   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初期ルネサンスの北イタリアにおいて、その普及に中心的な役割を担った15世紀を代表するパドヴァ派の画家。その様式は古典的なモティーフを、類稀な想像力と遠近法を用い劇中を思わせる現実味を帯びた、極めて高度な独自性の示す。ヴェネツィア派の始祖ヤコポ・ベッリーニの娘ニコロシアと結婚し、義弟関係にあったヴェネツィア派を確立した巨匠ジョヴァンニ・ベッリーニやドイツ美術史上最大の画家アルブレヒト・デューラーなど後世の画家に多大な影響を与えた。
 
 
  マンテーニャ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マンテーニャ の画像 - Google
 
 
ボッティチェリ.1444
ボッティチェッリ ヴィーナスの誕生 ボッティチェッリ  プリマベーラ 「受胎告知」ボッティチェリ 
  サンドロ・ボッティチェッリ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  サンドロ・ボッティチェッリ(Sandro Botticelli, 1444/1445年 - 1510年5月17日)は、ルネサンス期のイタリアのフィレンツェ生まれの画家で、本名はアレッサンドロ・ディ・マリアーノ・フィリペーピ (Alessandro di Mariano Filipepi) といい、ボッティチェッリは兄が太っていたことからついた「小さな樽」という意味のあだ名である。  1 概要 / 2 出自 / 3 修行時代 / 4 独立後の経歴 / 5 70年代の作品 / 6 新プラトン主義の影響 / 7 ピサ滞在時代 / 8 代表作 / 9 外部リンク / 10 関連項目
 
 
  賢者の石ころ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徒然にパート兇蓮悒椒奪謄チェルリ』  ホントに目覚める「ヴィーナスの誕生」! 
 
 
  ヴィーナス誕生   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ボッティチェルリはこの絵を、ホメロス讃歌として伝承された「アフロディテ讃歌」をもとに描いたと言われる。
 
 
  ヴィーナスの誕生   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アッシジに巡礼に行く途中、フィレンツェのウフィッツイ美術館で実物を見ましたが、その耽美な構図といい色彩は素晴らしいものでした。
 
 
  春(プリマベーラ) La Primavera   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ボッティチェリの『春』は、テーマは「愛」である。 中央に、位置を高くして君臨しているのは、愛の女神 ヴィーナス(アプロディテ) である。 『ヴィーナスの誕生』のヴィーナスと比べると、衣装を身に着け、慎み深い姿である。このヴィーナスは理想的な「人間性」のシンボルである、という説もある。… ボッティチェリの描く、この優しげではかないヴィーナスほど、広い意味での「愛」を表現しているものはないかもしれない。
 
 
  「天上のヴィーナス・地上のヴィーナス」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ボッティチェルリのヴィーナス二作品はフィレンツェのウフィツィ美術館を代表するルネッサンスの名作中の名作である。
 
 
  ボッティチェルリ Sandro Botticelli (1445年頃〜1510年)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名アレッサンドロ・ディ・マリアーノ・フィリペーピ。ボッティチェルリとは小さな酒樽のことで、兄が酒樽のように太っていたとも、本人が酒を飲むと真っ赤になって酒樽にようだとも言われています。
 
 
  ボッティチェリ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ボッティチェリ の画像 - Google
 
 
ボッシュ.1450
グリマーニ館のボス」展 ヒロエニムス・ボス 『七つの罪源』 miscellaneous images - 画像グループ  ヒエロニムス・ボス
  ヒエロニムス・ボス (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヒエロニムス・ボス(Hieronymus Bosch/本名:Jeroen van Aken、1450年頃- 1516年8月9日)は、ルネサンス期のネーデルラント(フランドル)の画家。「ヒエロニムス」は本名であるイェーレン(Jeroen)のラテン語読み、「ボス」は街の名前から。「ヒエロニムス・ボッシュ」と表記されることもある。30点ほどの作品が残されているが、シュルレアリスムを思わせるような、その作品の主題も謎に満ちている。
 
 
  ヒロエニムス・ボシュ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北ネーデルランドのスヘルトーヘンボスに生まれた。レオナルド・ダ・ヴィンチとほぼ同時代人。オランダの画家ボスは、まったく風変わりというか、非常に創造的、というより想像を絶する絵を描いた画家である。「地獄と怪物の画家」といわれる。心理学者のカール・グスタフ・ユングは、ボッスの絵に関して、「無意識の世界をあばく画家」と言った。
 
 
  ヒエロニムス・ボス 「愚者の舟」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヒエロニムス・ボスの絵は、「楽器が描かれた絵」として取り上げるには、少々不適当なものであるような気もしますが、好きな画家でもあるし、たまたまリュートも描かれているので、『愚者の舟』を取り上げてみました。
 
 
  ヒエロニムス・ボッシュ 「最後の審判」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウィーンの造型美術アカデミーにはヒエロニムス・ボッシュ「最後の審判」がおいてある。祭壇画になっているが、これは観音扉になっていて、我々のみなれている仏壇のようなものだ(ほんとか?)。ここに描かれている絵はほんとにユニークで有名なのでみなさんもよく御存じだろう。ロマネスクやゴシックの表現方法を見てくるとほとんど違和感無しに見ることができる。
 
 
  ヒエロニムス・ボス Hieronymus Bosch 1450-1516  ネーデルラント  初期ネーデルランド絵画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初期ネーデルランド絵画史において、最も特異な存在感を示す大画家。人間の本性的な罪悪と世界に対する厭世観を、悪魔的な怪奇性と幻想性に富んだ極めて個性的な様式を確立。独自の世界観と道徳観、宗教観によって社会への風刺や批判を痛烈に表現した作品は当時、国内はおろか諸外国まで人気を博した。
 
 
  ヒロエニムス・ボス の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヒロエニムス・ボス の画像 - Google
 
 
デューラー.1471
『自画像』(1500年)〜デューラー、28才の自画像。 水彩でデューラーが描いた「野うさぎ」。
  アルブレヒト・デューラー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルブレヒト・デューラー(Albrecht D&uuml;rer, 1471年5月21日 - 1528年4月6日)は、ドイツのルネサンス期の画家。同名の父・アルブレヒトは、ハンガリーからニュルンベルクに移住してきた金銀細工師。デューラーは、はじめ父のもとで金銀細工師となる修業をするが、後に画家を志し、ミヒャエル・ヴォルゲムートに師事し、ゴシック様式を学んだ。
 
 
  Gallery デューラー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  デューラーは芸術は自然の中にこそあると考えていた。その描写力は緻密で、実に細かいところまで描かれている。宗教改革家のルターはデューラーを「敬神の人デューラー」と高く評価していたらしい。
 
 
  生の感動伝えるデューラー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  驚異の天才画家アルブレヒト・デューラーは、ドイツのニュールンベルクを舞台に活躍した北方ルネッサンスを代表する画家である。その生い立ちにまつわる隠された物語が伝えられている。
 
 
  デューラーの家 (Durerhaus)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニュルンベルクのカイザーブルク(神聖ローマ皇帝の居城)近くにあるデューラーの家を訪れた。ここには、デューラーのオリジナル作品は1点もない。デューラーの過ごした家を改装し博物館としているのだが、1階はエントランスとデューラーハウスの歴史の展示で、階段を上がった2階がメインとなる。デューラーのアトリエだけでなく台所まで再現されている。そして、デジタルギャラリーや展示でデューラーの作品の歴史も学ぶことが出来る。ハウスは3階建てで地下もある造りである。
 
 
  アルブレヒト・デューラー展感想   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルブレヒト・デューラーはニュルンベルク出身の画家である (1471-1528)。金細工士の父を持ったデューラーは幼い頃から画術に慣れ親しみ、早いうちからその才能を開花させる。右の絵はそのデューラーが13歳の時に描いた自画像である。その後デューラーは繰り返し自画像を描くが、これがその最初のものであるらしい。
 
 
  インターネット美術館 -デューラー    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【野うさぎ】 アルブレヒト・デューラー[ドイツ 1471-1528] 野うさぎ[水彩・グワッシュ 25×22僉1502] アルベルティーナ美術館[オーストリア] 対象に肉迫する鋭い観察眼と繊細な感性   【27歳の自画像】 [油彩・板 52×41僉1498] プラド美術館[スペイン] 北方リアリズムの極に達した髪の細密描写
 
 
  アルブレヒト・デューラー  ekakinoki   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  デューラーはドイツ・ニュルンベルクのひと。デューラーにまつわるお噺・・ 子沢山の貧しい鍛冶屋に育ったアルベレヒト・デューラーは、あるとき兄弟のひとりと賭けをします。
 
 
  デューラーが左利きである間接的な根拠   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツ・ルネッサンスの巨人アルブレヒト・デューラーが左利きである証拠を発見した。マドリードのプラド美術館所蔵の以下の自画像である。
 
 
  デューラー DURER 「エジプトでの聖家族」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北方ルネッサンスの巨匠。金工師を父に、ニュルンベルク(ドイツ)に生まれる。生涯を通じて、およそ100点の銅版画と300点の木版画を制作。版画を生業(生活の手段)にした最初の画家といわれています。
 
 
  アルブレヒト・デューラー 「アダムとエヴァ」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  デューラーの四大銅版画のうち最も制作年の早い本作品は、ゴシックの感覚的な写実から抜け出た解剖学的人体比例に基づいている。デューラーは、イタリアの素描を通じて知ったと思われる古代彫刻の理想的形態を、ウィトルウィウスの人体比例を用いて自ら再構築し、ここで提示しているのである。
 
 
  アルブレヒト・デューラー (北方ルネサンス)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツ絵画史上の最高峰。金工細工師の息子として生まれ、小さな時から、金属細工師として訓練を受けた。彼の几帳面で、繊細な版画は、ここから学ばれた。
 
 
  デューラー -1500年の自画像(28歳の自画像)-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツ美術史上最大の画家アルブレヒト・デューラー初期の代表作『1500年の自画像(28歳の自画像)』。当時、ガラスを用いた鏡が発明され普及したことにより自画像を描く画家が増えたが、その全てが作品中に自分を登場させる形で、画家自身を単独で描く自画像を最初に制作したのがデューラーとされている。
 
 
  「1500年の自画像」  アルブレヒト・デューラー(1500年)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このカッコイイ自画像は、西暦1500年のデューラーです。 真正面を向いて、鑑賞者をじかに見つめるかたちの肖像画なんてめったにお目にかからないので、なんだかドキッとしてしまいます。 このポーズは、中世以来の絵画的伝統においてもキリスト像の向きですから、29歳のデューラーは自らをキリストに似せて描いているようです。 ほかにも、なかなか 凝った装いの自画像 が有名ですから、デューラーは相当ナルシストなのかも知れません。
 
 
  アルブレヒト・デューラー Albrecht Durer 1471-1528  ドイツ  ドイツ・ルネサンス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツルネサンス期に活躍したドイツ美術史上最大の画家。金銀細工師の息子として1471年生まれる。その父に絵画を学んだ後、M・ヴォルゲムートに師事し国際ゴシック様式の絵画や版画を学ぶ。
 
 
  デューラー の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  デューラー の画像 - Google
 
 
  デューラー関連書籍 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  デューラーとドイツ版画の関連書籍をリストアップします。
 
 
ジョルジョーネ.1478
『ユディット』 - エルミタージュ美術館所蔵 眠れるヴィーナス - ジョルジョーネ
  ジョルジョーネ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョルジョーネ(Giorgione/Giorgio Barbarelli da Castelfranco, (1478年頃 - 1510年)は、ルネサンス期のイタリアの画家。ジョルジオーネとも表記される。「眠れるヴィーナス」「嵐」などで知られるヴェネツィア派の画家。生涯に不明な点が多く、生年もはっきりしていないが、30歳台半ばの若さで没している。
 
 
  ジョルジョーネ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名ジョルジョ・バルバレリ、ヴェネツィアの西北40kmほどのところのカステルフランコに生まれました。ベッリーニを師とし、ヴェネツィアで活躍しヴェネツィア派(色彩豊かで感覚的な独自の絵画を生み出した)黄金時代の先駆けとなりました。
 
 
  ジョルジョーネ伝説 ekakinoki   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バルバレッリ姓(バルバリというのは北方からイタリアにはいってきた蛮族のことだけど・・)をもつ豪族の父親と百姓娘のあいだに生まれたなんて言われてます。からだは大きくてハンサム・・・優雅で華麗な若者だったみたい。
 
 
  ジョルジョーネ 「羊飼いの礼拝」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ティツィアーノが完成させた。この作品はジョルジョーネとティツィアーノの技量がとけあった作品とされている。ジョルジョーネの関心事は、黄昏時の光の風景である。背景に人々の日々の営みが見えるが、全体の印象は、静寂である。時計の針が止まったような雰囲気である。
 
 
  ジョルジョーネ 「テンペスタ(嵐)」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この絵画の重要性は、風景である。風景自体に意義をもっているという点である。その論争の多さでは類を見ない作品である。この絵がジョルジョーネ作であることに異論はないが、いったい何を描いたのか、分かっていない。
 
 
  謎の画家、ジョルジョーネとの邂逅   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベネチアから一時間程の所にある、中世の城壁で囲まれた小さな町。カステルフランコとは、「税金無料」の意味だそうな。ミシュランのガイドブックによると「そこへいく人は、どんな税金も払わなくてすんだ」という事。
 
 
  ジョルジョーネ ヴァーチャル絵画館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夭折したため作品数は少ない。通例の物語の主題を描くというよりも、詩情ある表現に重点をおいて描く、という近代的な絵画概念を打ち出した。このため『嵐(テンペスタ)』『三人の哲学者』『日没』など主題が不明瞭な作品も多い。
 
 
  ジョルジョーネ 「日没」 とおる美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョルジョーネ 「日没」
 
 
  ジョルジョーネ「三人の哲学者」 ドイツ音楽紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1月6日はエピファニーの祭日でした。東方の三人の賢者(学者)が、流れ星に導かれてベツレムにやって来て、馬小屋でイエスに対面した日。ちなみにドイツでは、三賢者が3人の聖なる王様となり、今日は「三聖王(Heilige drei Koenige)」の祝日でした。
 
 
  イエスの父親は誰か? ジョルジョーネによる『嵐』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョルジョーネによる『嵐』(Tempesta)と呼ばれている絵。ベネチアのアカデミア美術館の顔とも言える作品である。そこに描かれる人物と風景の不可解さなど多くの謎に包まれている。まずもって主題が分からず、いまもって美術史家たちの議論の的になっているという。
 
 
  ジョルジョーネに帰属 「フルート奏者」 Early Music Art Gallery    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルネサンスジョルジョーネは、30歳代で夭折した画家ですが、質感や雰囲気の表現を通して人間の感情に直接訴える、色彩豊かで感覚的なルネサンス・ヴェネツィア派の画家の中でも、最も重要な画家のひとりです。
 
 
  ヴェネチア・アカデミア美術館 ジョルジョーネ作「老婆」他 イタリア美術紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホテルアマデウス(サンタルチア駅近く)からプライベートヴァポレットに乗って10分足らず、アカデミア美術館の目の前まで行きヴァポレットを降りる。アカデミア美術館は日賀野先生もヴェネチアに来たら必ず立ち寄る美術館。ジョバンニ・ベルニーニなど14世紀〜18世紀のヴェネチア派の傑作が集められている。
 
 
  ジョルジョーネ Giorgione 1477-1510  イタリア  盛期ルネサンス  ヴェネツィア派   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  16世紀に活躍したヴェネツィア派の巨匠で、初期ルネサンス様式から逸脱し、盛期ルネサンス様式を確立した人物。若くしてこの世を去っている為、画家の生涯については同画派の確立者ジョヴァンニ・ベッリーニの工房で学んでいたなど、ヴァザーリの伝記以外にはほとんど知られておらず作品数も少ないが、未完成の作品はティツィアーノなど後世の画家が完成さたとされている。
 
 
  ジョルジョーネ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョルジョーネ の画像 - Google
 
 
ラファエロ.1483
1今回はラファエロの「大公の聖母」です。今年、東京・上野の国立西洋美術館で開催された“ラファエロ展”で、目玉作品として展示… 『小椅子の聖母』(こいすのせいぼ、(伊: Madonna della Seggiola))は、盛期ルネサンスの画家ラファエロ・サンティが… インターネット美術館-ラファエロ
  ラファエロ・サンティ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ラファエロ・サンティ(Raffaello Santi (Raphaelとも書く), 1483年4月6日 - 1520年4月6日)は、盛期ルネサンス期を代表する画家、建築家。ミケランジェロが偉大な改革者であるのに対し、ラファエロはそれまでの芸術手法を統合、洗練して、女性的で優雅な様式を確立した、総合芸術の天才であると言える。その資質は彼の死後も賞賛され、模倣された。
 
 
  ラファエロのマドンナ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ラファエロが好きなのは、安心して好きになれるからだ。ラファエロ・サンツィオはまともだ。安心して好きになれる。
 
 
  ラファエロ (ルネサンス)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリア中部のウルビーノ生まれ。21歳でフィレンツェに来た。そのとき、ミケランジェロは29歳、ダ・ヴィンチは52歳であった。二人の複雑な天才の後を追うかのごとく現れたのがラファエロであった。しかし、彼にはそれほどの複雑さはない。
 
 
  ラファエロ・サンツィオ 「キリストの変容」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  若き日のラファエロは、芸術の都フィレンツェで、ダ・ヴィンチやミケランジェロの作品から多くを学んだといわれています。いつしか「聖母の画家」と呼ばれるようにまでになります。ラファエロが35歳のとき、枢機卿メディチの依頼により、大作「キリストの変容」に着手します。
 
 
  ラファエロ・サンティ ヴァーチャル絵画館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリア中部のウルビーノ生まれ。21歳でフィレンツェに来た。そのとき、ミケランジェロは29歳、ダ・ヴィンチは52歳であった。二人の複雑な天才の後を追うかのごとく現れたのがラファエロであった。しかし、彼にはそれほどの複雑さはない。
 
 
  ラファエロ・サンツィオ 「アテネの学堂」 美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリア・ローマ。その一角に、世界一小さな国があります。テヴェレ川のほとりから見えてきたのは、カトリックの総本山、ヴァチカン市国のサンピエトロ寺院です。
 
 
  ラファエロ・サンツィオ 1483-1520  イタリア  盛期ルネサンス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリアのウルビーノ地区に生を受けた、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロと並ぶ盛期ルネサンスの三大巨匠の一人。聖母の画家としての異名を持つことからわかるように、聖母マリアと幼子イエスを描いた作品が有名。
 
 
  ラファエロ 「アテネの学堂」「麗しの女庭師」 インターネット美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ラファエロ 「アテネの学堂」「麗しの女庭師」 インターネット美術館
 
 
  ラファエロのプロフィール   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニックネーム/ラファエロ : 7歳のときに、ふるさとで従姉が買ってきた額絵『大公の聖母』を見て、「ああ、何て素敵なんだろう」と感動したのがきっかけ。
 
 
  ラファエロ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ラファエロ の画像 - Google
 
 
ティツィアーノ.1488
ティツィアーノの肌色 『ウルビーノのヴィーナス』 - ティツィアーノ
  ティツィアーノ・ヴェチェッリオ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ティツィアーノ(Tiziano Vecellio, 1488/1490年 - 1576年)は、ルネサンス期のイタリアの画家。チチアンとも言う。ジョルジョーネとともにヴェネツィア派の最盛期を代表する画家。安定した形体と、暖色系の豊かな色彩に秀で、多くの宗教画、肖像画を残す。代表作の『田園の合奏』や『ウルビーノのヴィーナス』は、近代の画家たちにもインスピレーションを与えている。
 
 
  ティツィアーノの肌色   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一昨年はマドリッドからプラド美術館のティツィアーノ「ヴィーナスとオルガン奏者」が日本に来て、今年はついに「ウルビーノのヴィーナス」がやって来た。ティツィアーノの大傑作ですね。
 
 
  Gallery ティツィアーノ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ティツィアーノはそれまでの描き方とは違い、輪郭線を使わずに、カンバスに最初から絵の具で下塗りをしてから描き始めるという手法を使った。その作品は華麗な色彩に満ちた自由で生命感にあふれたものだが、彼自身の生涯も、画家としての名声と莫大な収入、貴族の称号を持ち、また長寿であり多くの家族や弟子に囲まれた何一つ欠けることのない華麗な人生であった。
 
 
  ティツィアーノ 「法王パウルス3世」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人物を4分の3正面で描く典型的な構図の肖像画。 簡素ながら重厚な衣装に身を包んだ老齢の法王は威厳に満ちている。
 
 
  ティツィアーノ  『ウルビーノのヴィーナス』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  嬉しいことにティツィアーノの傑作『ウルビーノのヴィーナス』が、2008年3月4日(火)から国立西洋美術館で、開催される「ウルビーノのヴィーナス展」のために初来日する。東京は遠いのだが、これは、今年見に行きたい展覧会の一つである。
 
 
  ティツィアーノ Vs ミケランジェロ ekakinoki   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1488年〜1576年・・90年近くも生きながらえたティツィアーノは、ルネサンスの巨匠のなかでも比較的順風満歩と言える生涯をまっとうした画家のひとりでした。しかもさいごまでアーティストとしての精力とみずみずしさを失なっていません。
 
 
  ティツィアーノ Titian (Tiziano Vecellio) ( 1488-1567)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  16世紀、ヴェネツィア派、最大の画家。イタリアのフィレンツェ・ローマとヴェネツィアの対立はそのまま、「ミケランジェロ、ラファエロの素描」と「ティツィアーノの色彩」という対立であった。
 
 
  ティツィアーノ・ヴェチェリオ 1488-1576  イタリア  盛期ルネサンス ヴェネツィア派   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画業だけで言えばルネサンスの三大巨匠をも凌ぐ、盛期ルネサンス期に最も活躍したヴェネツィア派の巨匠。
 
 
  ティツィアーノ. の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ティツィアーノ. の画像 - Google
 
 
フィオレンティーノ.1495
ロッソ・フィオレンティーノ - フォンテーヌブロー城美術館 Puto Che Suona La Guitarra - フィオレンティーノ
  ロッソ・フィオレンティーノ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロッソ・フィオレンティーノ(Rosso Fiorentino 、1495年 - 1540年)はイタリア出身の画家で、ルネサンス(マニエリスム)の美術をフランスに伝える役割を果たした。フィレンツェの生まれで本名はジョバンニ・バティスタ・ディ・ヤコポ(Giovanni Battista di Jacopo)。ロッソの影響で、フランスにフォンテーヌブロー派呼ばれる画家のグループが生まれ、宮廷で活躍した。
 
 
  ロッソ・フィオレンティーノ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ポントルモとともにマニエリスム第1世代を代表するイタリアの画家。1524年からローマに滞在し、パルミジャニーノおよびラファエッロの弟子たちと交流。27年のローマ略奪にあい、苦役に駆り出される。ローマを出奔後は中部イタリアを彷徨、30年にヴェネツィアにたどり着く。
 
 
  フィオレンティーノ 「奏楽天使」 Cover Illustration   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2番目に表紙に掲げた絵は、ロッソ・フィオレンティーノの『奏楽天使』でした。フィオレンティーノは、フィレンツェ生まれのイタリア人画家で、時代的にはルネサンスとバロックに挟まれた、美術史の中では「マニエリスム」と呼ばれる時代の、初期の代表的な画家のひとりです。
 
 
  ロッソ・フィオレンティーノの渡仏 池上英洋の第弐研究室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランス近代の話をするはずなのにいきなりイタリアの画家から始めるのも奇異に思えるかもしれませんが、フランス近代芸術がイタリア芸術の、それもマニエリスムのそれを輸入するところから始まるのは事実なので、渡仏したイタリア人の画家、中でもロッソ・フィオレンティーノから書いていきます。
 
 
  ロッソ・フィオレンティーノ 1494-1540  イタリア  マニエリスム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ポントルモと並びフィレンツェ、ローマなどで活躍したマニエリスム第一世代を代表する画家。初期のフィレンツェではデューラーなどの作風を学び、『十字架降下』など鮮烈な色彩で悲壮な視線を向ける、幻想的で独創的な人物像を描いた。
 
 
  ロッソ・フィオレンティーノ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロッソ・フィオレンティーノ の画像 - Google
 
 
ブリューゲル.1525
雪中の狩人/ピーテル・ブリューゲル作 - ウィーン美術史美術館所蔵 「イカロスの墜落」 ベルギー王立美術館展@国立西洋美術館
  ピーテル・ブリューゲル (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピーテル・ブリューゲル(Pieter Bruegel, the elder, 1525/30年 - 1569年)は、16世紀のフランドルの画家。「農民の踊り」、「子どもの遊戯」、「雪中の狩人」などの風俗画で有名な画家であるが、生年は(1525年から1530年の間と推定されているが)不明である。生地についてもブラバント地方のブレダとする説もあるが、確かなことはわかっていない。
 
 
  ペーテル・ブリューゲル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  16世紀ネーデルランドを代表する画家。百姓出身という説や、農民の風俗などを描いた作品も多いことから「百姓ブリューゲル」といわれることもある。ボスの系譜をひく寓意・風刺画でも有名。この版画は「七つの美徳」の一葉で、彫りはフィリップ・ハレの手によるものと見られている。
 
 
  ブリューゲル (1525-1569)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブリューゲル(Pieter Bruegel)は、デューラーと並び北方ルネサンスを実現し、近代絵画の原点を創った16世紀フランドルの画家です。現在のベルギー、リンブルク州に生まれたとされ、ブルッセル近郊に住んでいました。「農民画家」と呼ばれたが、彼は「農民」ではなく見識豊かな教養人でした。フランス、イタリアへ旅したにもかかわらず、古典的な理想の姿を追求する、イタリア的なところは少しもない北方の伝統が色濃い絵画を描きました。
 
 
  ブリューゲルの不思議な世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  16世紀フランドル地方の画家、ブリューゲルは実に不思議な作品群を遺しています。私が最初にブリューゲルを知るきっかけとなったのは当時傾倒していた作家、野間宏の「暗い絵」という作品によってでした。その小説は「草もなく木もなく実りもなく、吹きすさぶ雪嵐が荒涼として吹き過ぎる・・・」と、ブリューゲルの画集の描写から始まっています。
 
 
  ブリューゲル (北方ルネサンス)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  デューラーと並び北方ルネサンスを実現し、近代絵画の原点を創ったのが、ブリューゲルである。「農民画家」と呼ばれた。現在のベルギー、リンブルク州に生まれたと推定される。「農民」という異名は、ブリューゲルには似つかわしくない。彼は見識豊かな教養人であった。
 
 
  ベルギー王立美術館展 国立西洋美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「ベルギー王立美術館」は、首都ブリュッセルにある美術館として世界にその名を知られています。その歴史は、ナポレオン・ボナパルトによって美術館設立の政令が発布された1801年に遡ります。古典美術館と近代美術館の二つの美術館から構成される同美術館には、15世紀から20世紀までの名品約20,000点が収蔵され、ベルギー王国最大かつ最高の美術館として知られています。
 
 
  ブリューゲル 「バベルの塔」 美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  五百年の昔、今は無き遙か異国でのこと…。人々は日々の仕事に追われながらも、 時には羽目を外し、歴史に名を残すこともなく、ただ懸命に生きていました。そんな彼らの姿を描き続けた画家がいました。オーストリア、ウィーン。その画家の不思議な絵は、この街きっての美術館にあります。およそ五百年もの間、その解釈を巡って、人々を悩ませた作品。
 
 
  ピーテル・ブリューゲル ヴァーチャル絵画館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  デューラーと並び北方ルネサンスを実現し、近代絵画の原点を創ったのが、ブリューゲルである。「農民画家」と呼ばれた。現在のベルギー、リンブルク州に生まれたと推定される。 「農民」という異名は、ブリューゲルには似つかわしくない。彼は見識豊かな教養人であった。 フランス、イタリアへ旅したにもかかわらず、古典的な理想の姿を追求する、イタリア的なところは少しもない。
 
 
  ピーテル・ブリューゲル  1525-1569  初期ネーデルランド絵画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  16世紀に活躍した画家、素描家、銅板下絵画家。ヤン・ファン・エイク以来となるネーデルランド絵画の巨匠となった。出生地は不明だが近年は現ベルギーのリンブルグ州だと推定されている。
 
 
  ヤン・ブリューゲル(父) Jan Brueghel the Elder 1568-1625  フランドル  バロック   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  16世紀後半から17世紀にかけて活躍したフランドルの画家。色彩豊かで光溢れる細密描写を用いて、花や森、自然、動物などを描く手法を得意とし、その高い表現力から「ビロードのブリューゲル(又は花のブリューゲル)」と称された。
 
 
  ブリューゲル 「バベルの塔」「農民の結婚式」「雪中の狩人」 インターネット美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブリューゲル 「バベルの塔」「農民の結婚式」「雪中の狩人」
 
 
  ピーター・ブリューゲル父 (Pieter Bruegel the Elder) 1525/30〜1569  「雪中の狩人」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウィーン美術史美術館は、私の最も好きな美術館の一つだ。ウィーンにたびたび通ったのも、オペラの楽しみもさることながら、この美術館の存在が大きい。ウィーンに着くと、まずオペラのチケットを手に入れ、夜のオペラを楽しみにしながら日中は、この美術館で過ごす。後は、街を適当にぶらぶらしていれば、それだけで充分に幸せな旅となる。
 
 
  ブリューゲル の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブリューゲル の画像 - Google
 
 
エル・グレコ.1541
エル・グレコ 『胸に手をおく騎士の肖像』 「キリスト磔刑」 エル・グレコ 「聖衣剥奪」 エル・グレコ
  エル・グレコ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エル・グレコ(El Greco, 1541年 - 1614年4月7日)は、現ギリシャ領のクレタ島出身の画家。本名はドメニコス・テオトコプーロスで、一般に知られるエル・グレコの名はスペイン語で「ギリシャ人」を意味する通称である。エル・グレコの絵画はマニエリスム、バロック様式に分類される。全体的に暗い画面、縦に長く伸びた構図、複雑なポーズを取る人体などが特徴的で、彼の死後は長らく高く評価されなかったが19世紀に再評価を受け、パブロ・ピカソやジャクソン・ポロックなど20世紀の芸術家にも影響を与えたという。マドリッドにあるプラド美術館には、彼の作品が多数展示されている。
 
 
  受胎告知 エル・グレコ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フラ・アンジェリコに代表される画家たちの『受胎告知』が静の美しさであるなら、エル・グレコの『受胎告知』の美しさは、ドラマティックな力強さを持った動に在るのだと言えましょう。
 
 
  エル・グレコのトレド風景   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マ ドリードから、トレドまでは列車で、約1時間ほど、だっただろうか? そんなに遠くなかったことだけ、覚えている・・・
 
 
  エル・グレコ (マニエリスム)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クレタ島出身。「エル・グレコ」はギリシア人の意味。ローマを経てスペインのトレドに渡った。
 
 
  エル・グレコ 『胸に手をおく騎士の肖像』 - プラド美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エル・グレコ | El Greco (1541年-1614年)  ギリシャ人画家、1577年にスペインのトレドに移り、没するまでスペインで宮廷画家として活躍した。 『胸に手をおく騎士の肖像, El caballero de la mano en el pecho』
 
 
  とおる美術館 エル・グレコ 画家  エル・グレコ -とおる美術館-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平穏なる江戸時代を開いた徳川家康と、一つ違いの画家が、ヨーロッパにいた。エル・グレコである。
 
 
  エル・グレコ El Greco 1541-1614  スペイン(ギリシャ)  マニエリスム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリア(ヴェネツィア・ローマ等)やスペインで活躍したマニエリスム最後にして最大の画家。出生はギリシャ クレタ島。そこでビザンティン様式を取得した後、イタリアに渡り約10年間、ティツィアーノなどのヴェネツィア派の色彩やミケランジェロの量体表現、パルミジャニーノなどマニエリスムの先駆者の作品から、引き伸ばされた人体比率を学ぶ。
 
 
  エル・グレコ 「受胎告知」「キリスト磔刑」「聖衣剥奪」 インターネット美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エル・グレコ 「受胎告知」「キリスト磔刑」「聖衣剥奪」
 
 
  長崎県美術館でエル・グレコ作「聖母戴冠」展示−日本初公開   長崎経済新聞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長崎県美術館(長崎市出島町、TEL 095-833-2110)で現在、スペイン国立プラド美術館所蔵のエル・グレコ「聖母戴冠」が特別展示されている。日本の公開は初めて。
 
 
  悔悛する聖ペテロ (San Pedro penitente) 1585-1590年 106×88cm  ボウズ美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エル・グレコの代表的な聖人画のひとつで、キリスト十二使徒の一人、聖ペテロ(聖ペトロとも呼ばれる)を描く『悔悛する聖ペテロ』。
 
 
  エル・グレコ. の動画 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エル・グレコ. の動画 - Google
 
 
カラヴァッジョ.1571
《いかさま師》(1594年頃) カラヴァッジョのリュート カラヴァッジョ 「エマオの晩餐 」 1601-02 Oil on canvas, 139 x 195
  ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(伊: Michelangelo Merisi da Caravaggio、1571年9月28日 - 1610年7月18日)は、バロック期のイタリア人画家。1593年から1610年にかけて、ローマ、ナポリ、マルタ、シチリアで活動し、カラヴァッジョ(Caravaggio)という通称で広く知られている。その作品に見られる肉体面、精神面ともに人間本来の姿を写実的に描く手法と、光と陰の印象的な表現はバロック絵画の形成に大きな影響を与えた。  1 概要 / 2 生涯 / 3 画家としての評価 / 4 カラヴァッジョを題材とした大衆文化作品 / 5 日本語文献 / 6 脚注 / 7 出典 / 8 外部リンク
 
 
  ロレートの聖母 - カラヴァッジョの絵画 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『ロレートの聖母』(ロレートのせいぼ(伊: Madonna dei Pellegrini)は、バロック期のイタリア人画家カラヴァッジョが描いた絵画。ローマのナヴォーナ広場近くにあるサンタゴスティーノ教会 (en:Basilica of Sant' Agostino, Rome) カヴァレッティ礼拝堂に所蔵されている。二人の巡礼中の農夫の前に裸足の聖母マリアと裸の幼児キリストの幻影が現れた情景を描いており、肖像における聖母マリアの象徴性を高めた作品ともいわれている。 参考文献/脚注
 
 
  カラヴァッジョの聖母 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カラヴァッジョの聖母(カラヴァッジョのせいぼ イタリア語Nostra Signora di Caravaggio)とは、1432年イタリアのカラヴァッジョで報告されている聖母の出現である。 歴史/脚注/参考文献
 
 
  バロック美術を開花させた画家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バロック期のイタリア人画家であるミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョは、ルネサンス期の後に登場し、カラヴァッジョ/Caravaggioという通称で広く知られ、1593年から1610年にかけて、ローマ、ナポリ、マルタ、シチリアで活動した。 徹底した写実性と劇的な明暗対比や感情表現で、後にあらゆるバロック期の画家に多大な影響を与えたと言われるイタリアバロック絵画最大の巨匠たち…
 
 
  映画「カラヴァッジョ」 - 花耀亭日記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  映画はバロックの天才画家ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョの波乱に満ちた生涯を描く。地元イタリア製作だから時代考証もしっかりしているし、当時の絵画制作の様子も映像として再現されており興味深い。 意外だったのは、このロンゴーニ監督作品ではカラヴァッジョの自己抑制のきかない直情的な性格を強調するのではなく、女性への愛が暴力を生んでいくという肯定的な側面を描き込んでいる。
 
 
  カラヴァッジョ Caravaggio (1571~1610)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名ミケランジェロ・メリーシ・ダ・カラヴァッジョ 1571年ミラノで生まれました。彼の激しい気性のせいか、彼の生涯は不詳事件の連続で、最後は殺人事件にまで発展し、逃亡生活のうちに悲惨な死を迎えます。しかし彼の絵は、深い宗教性を持つ主題を当時の日常の中に置き換え、徹底的なリアリズムのもとに劇的な場面構成と光の効果を十分に生かした明暗法で描かれ、17世紀の多くの画家たちに多大な影響を与えました。
 
 
  カラヴァッジョ (1573−1610) イタリア バロック    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルネッサンス以降、その多大な影響力から抜け出せずにいた絵画世界に、新しいスタイルを確立して行ったのが、カラヴァッジョである。 いったい何が新しいのか。それは光と影の劇的な使い方であり、現実的で、精神的な写実性である。
 
 
  ヴァチカン美術館・カラヴァッジョ ( イタリア, ヴァチカン )   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヴァチカン美術館のピナコテカ(絵画館)にあります。 処刑されたキリストが墓に納められる場面ですが,大胆な動きの中に悲しみが伝わって来ます。 カラヴァッジョはルネッサンス期より 100年ほど後の画家ですが,その表現力には息を呑むものがあります。 ここでカラヴァッジョを知った後は,ローマ中のカラヴァッジョの「追っかけ」になりました。… イタリア紀行TOP
 
 
  第2部ヴァチカンを飾る、4人の天才を巡るローマ美術散歩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホーム > ローマ 旅行 > ローマ旅行記 > 詳細 ⇒素晴らしい大判の画像がたくさんあります。
 
 
  カラヴァッジョ Caravaggio  1573-1610 / イタリア / バロック   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徹底した写実性と劇的な明暗対比や感情表現で、後にあらゆるバロック期の画家に多大な影響を与えたと言われるイタリアバロック絵画最大の巨匠(本名はミケランジェロ・メリージ Michelangelo Merisi)。しかしその強烈すぎた表現は品位に欠けるとして非難を浴びることも多々あった。また画家として名声を得ていたカラヴァッジョは1606年、35歳の時に喧嘩で一人の男と決闘、相手を刺し殺しローマから逃亡。…
 
 
  カラヴァッジョ 光と影の巨匠−バロック絵画の先駆者たち」展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カラヴァッジョは1571年、ミラノの有力者スフォルツァに仕える父フェルモ・メリージと、母ルチア・アラトーリの子として誕生し、ミケランジェロ・メリージと名付けられました。“カラヴァッジョ”は、故郷に因る通称です。徒弟時代をミラノで過ごした後にローマで画家として活動を始めたカラヴァッジョは、斬新で独特な画風によって当時の絵画の概念を覆し、新しいタイプの画家として一躍その名をローマ中に知らしめながら、特異な性格が災いして殺人を犯してしまい、以後の人生の大半を逃亡生活で過ごした果てに、1610年38歳で謎と波瀾に満ちた生涯を閉じました。
 
 
  ローマでカラヴァッジョ巡り:大混雑のバチカン美術館 (2011/12/17   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地下鉄A線のオッタビアーノ(Ottaviano)駅から、10分少し歩いてバチカン美術館Musei Vaticaniの入口に到着。入口には大勢の行列ができています。 でも、我々は事前に予約済なので入場はすいすいです。予約票と交換でチケットをもらいます。チケットの絵柄はラファエロですね。…
 
 
  消えたカラヴァッジョ [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ついに真作発見か? 1990年アイルランドでみつかった「キリストの捕縛」。17世紀ローマで描かれた絵がいかなる経緯でかの地に眠ることになったのか? はたしてそれは本物なのか? 権謀術数めぐる現代ヨーロッパ美術界を舞台に、“聖なる人殺し画家”最大のミステリーに迫ったノンフィクション。
 
 
  カラヴァッジョ~天才画家の光と影~【完全版】 [DVD]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「この身は愛するために、命は描くために。」 400年の時を経て、なぜ彼の絵画は光り輝き続けるのか-?
 
 
  YouTube - カラヴァッジョ 天才画家の光と影 予告編.flv   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - カラヴァッジョ 天才画家の光と影 予告編.flv
 
 
  YouTube -HD-カラヴァッジョの光と影-The lights and shades of Caravaggio   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube -HD-カラヴァッジョの光と影-The lights and shades of Caravaggio
 
 
  特集「光と影の巨匠、カラヴァッジョ(ミケランジェロ・メリージ)」  の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  特集「光と影の巨匠、カラヴァッジョ(ミケランジェロ・メリージ)」  の画像 - Google
 
 
  ヴァチカン美術館・カラヴァッジョ (ローマ) の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヴァチカン美術館・カラヴァッジョ (ローマ) の画像 - Google
 
 
  カラヴァッジョ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カラヴァッジョ の画像 - Google
 
 
ルーベンス.1577
ルーベンス【麦わら帽子の女】 ルーベンス【三美神】 ウィーン美術史美術館 ルーベンス
  ピーテル・パウル・ルーベンス (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピーテル・パウル・ルーベンス(Pieter Paul Rubens, 1577年6月28日 - 1640年5月30日)は、バロック期のフランドルの画家及び外交官。現地音は「リュベンス」に近い。 17世紀、バロック時代のヨーロッパを代表する画家である。ルネサンス期絵画の均整のとれた構図や理想化された人物表現とは一線を画し、ルーベンスの絵画は、動きの多い劇的な構図、人物の激しい身振り、華麗な色彩、女神像などに見られる豊満な裸体表現など、バロック絵画の特色が十二分に発揮されたものである。
 
 
  Peter Paul Rubens   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ネロはアントワープとホーボーケン村への道のりの中でいつも心から離れない事が一つありました。それはアントワープにある大きな教会(ノートルダム大聖堂)にあるルーベンスという偉大な画家の絵があり礼拝堂にあるマリアを見て布で覆いかぶされている2対の絵をどうしても見たかったのです。
 
 
  麦わらの帽子 ルーべンス(1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルーベンスは、修行時代が8年(14歳〜22歳)とレンブラントやフェルメールより長く、彼らが行かなかったイタリアにも行ってます。多分人望も厚く、優秀な画家だったのだと思います。長い期間、確実な道を歩くことは容易なことではありません。例えが悪いかもしれませんが、彼は徳川家康タイプの人物だったのかもしれません。
 
 
  アントワープ(ベルギー)とルーベンス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントワープはブリュッセル中央駅から快速で約40分。貿易港としても重要な街ですが、駅舎の華やかな立派な建物から陸路の拠点でもあることが分かります。陸海両方向に開かれた街。経済、商業を基盤に文化、芸術も豊かに花開いた街。駅の裏側は広大な動物園。その反対側のメインストリートを真っ直ぐ進むと大聖堂の尖塔が見えてきます。
 
 
  ペーター・パウル・ルーベンス 「キリストの生誕」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バロック期を代表するフランドルの巨匠。イタリアで絵を学びアントワープで画家として、また外交官として活躍。また多くの画家をやとい「ルーベンス工房」を主宰、多数の作品をてがけたことでも有名。弟子にヴァン・ダイクやヨルダーンスなどがいた。
 
 
  ルーベンスの家 (Rubenshuis, Antwerp Belgium)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントワープ出身の宮廷画家、ルーベンス (1577-1640) は現在、アントワープ市立博物館になっているルーベンスの家を1610年11月に購入し、何度が増改築しながら亡くなるまで住居と工房として使用していたそうです。
 
 
  ピーテル・パウル・ルーベンス作 『パリスの審判』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルーベンスが画家が最も多く描いた代表的な神話画『パリスの審判』。本作のほかにプラド美術館所蔵による『パリスの審判』を始め、七点以上もルーベンスが描いていたことが確認されている…
 
 
  ルーベンスの墓 ルーベンスの眠る聖ヤコブ教会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルーベンスの墓地はノートルダム大聖堂からすこし離れた聖ヤコブ教会(1491-1656)の中にありルーベンスのはその中で眠っています。 この墓地の頭上にはルーベンス自身が描いた絵「聖母と聖人たち」があります。
 
 
  ピーテル・パウル・ルーベンス 「キリスト昇架」(1611年)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初めてこの絵を画集で見たとき、そのあまりの迫力に圧倒された。ダイナミックな構図、強烈な光と影、青・赤・黒の色使い、たくましい人物、それらすべてが圧倒的なパワーで迫ってきたのである。「感じるままに」という聞こえのよい言葉で適当に写真を撮っていた私は、この絵を見て以来構図を意識して撮影するようになった。
 
 
  Gallery ルーベンス Peter Paul Rubens (1577−1640)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルーベンスほど、一生を通じて恵まれた画家は珍しいかもしれない。当時における高名な画家で、宮廷画家として大規模な工房を経営し、殺到する注文を次々とこなした。
 
 
  ルーベンスとバロック絵画の巨匠たち 郡山市立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イギリス、ダリッチ美術館所蔵のルーベンスをはじめとする17世紀北方バロック絵画の名品を展示。
 
 
  ルーベンス 1577〜1640年 (ヴェストファーレンに生まれる)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  法律家と商家の娘を両親に持ちペーテル・パウルと名付けられ7人の子の第6子である 1591年頃より、画家の従弟として修行を始め、1600年22歳でイタリアへ渡る 1600年イタリアでの宮廷画家を振り出しにアルブレヒト大公・イサベラ公妃に仕えナイトの位を授かり…
 
 
  ペーテル・パウル・ルーベンス:ドローイング展 メトロポリタン美術館     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルーベンス(1577&#8211;1640)と言えば、豊かな色彩と迫力のある構成に量感のある人物表現で知られるバロック絵画の巨匠。フランドル(フランダース)地方出身で、イタリア、イギリス、フランスで国際的な宮廷画家として活躍した。華やかな生活の中、多くの弟子達を抱えるワークショップで多忙に仕事をこなしたルーベンス、実はそのほとんどが弟子達によって描かれたと伝えられる。(最後の一筆を入れたのがルーベンスだったとか。)
 
 
  ピーテル・パウル・ルーベンス Peter Paul Rubens 1577-1640 フランドル バロック   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  王の画家にして画家の王と呼ばれ、諸外国までその名声を轟かせたバロック期を代表する画家。修行時代に風景画家フェルハーヒト、アダム・ファン・ノールト(ルーベンスの後に続くフランドル絵画の巨匠ヤーコブ・ヨルダーンスの師であり義父でもある)、ファン・フェーンと三人の師から絵画を学んだ…
 
 
  バリスの審判 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  17世紀バロック様式の代表者。アントワープで広い教養を身に着けた後イタリアに行って学びます。母親の死のためにイタリアから帰国し、たちまちフランドル(現在のベルギー)の最大の画家になりました。多くの弟子をかかえて2000点以上の作品を制作し、宮廷に仕えて外交官になりヨーロッパ各国を歴訪しました。
 
 
  ルーベンス の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルーベンス の画像 - Google
 
 
ラ・トゥール.1593
インターネット美術館-ラ・トゥール ジョルジュ・ド・ラ・トゥール - Wikipedia ジョルジュ・ド・ラ・トゥール画  『聖ヨセフ』  ルーヴル美術館蔵
  ジョルジュ・ド・ラ・トゥール (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(Georges de La Tour,1593年3月19日 - 1652年1月30日)は、現フランス領のロレーヌ地方で17世紀前半に活動した画家である。 ラ・トゥールは生前にはフランス王ルイ13世の「国王付画家」の称号を得るなど、著名な画家であったが、次第に忘却され、20世紀初頭に「再発見」された画家である。… 作風は明暗の対比を強調する点にカラヴァッジョの影響がうかがえるが、単純化・平面化された構図や画面にただよう静寂で神秘的な雰囲気はラ・トゥール独自のものである。 1 生涯 / 2 作風 / 3 代表作 / 4 参考文献 / 5 外部リンク
 
 
  ジョルジュ・ド・ラ・トゥール Georges de La Tour 1593-1652  フランス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  20世紀になって再評価されたフランス古典主義の巨匠。無骨なほどの写実的表現と、非常に厳しい明暗対比による光と影によって、静謐で精神性の高い独特の様式や世界観を確立。夜の場面を描いた作品が現存する全真作の大半を占め、その作品的特長から≪夜の画家≫とも呼称されるも、現在では『女占い師』など昼の場面を描いたと考えられる作品も確認されている。
 
 
  ラ・トゥール の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ラ・トゥール の画像 - Google
 
 
バン・ダイク.1599
アンソニー・ヴァン・ダイク作 「マリア・デ・タシスの肖像」1629-30 エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン作 「自画像」1790 Van Dyck: A Complete Catalogue of the Paintings [ Horst Vey ]
  アンソニー・ヴァン・ダイク (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アンソニー・ヴァン・ダイク(英: Anthony van Dyck、1599年3月22日 - 1641年12月9日)は、バロック期のフランドル出身の画家。上品でくつろいだ雰囲気で描かれたチャールズ1世をはじめ、イングランドの上流階級を描いた肖像画でよく知られている画家だが、肖像画以外にも歴史画、宗教画、神話画などにも優れた才能を見せており、水彩画やエッチングの分野においても大きな革新をもたらした重要な芸術家とみなされている。 1 生涯と作品 / 2 作品 / 3 銅版画 / 4 ヴァン・ダイク工房 / 5 ヴァン・ダイクにちなむ慣用表現など / 6 コレクション / 7 ギャラリー / 8 出典、脚注 / 9 外部リンク
 
 
  ファンダイク とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  [1599〜1641]フランドルの画家。ルーベンスに師事。のち、英国の宮廷画家となる。肖像画にすぐれる。バン=ダイク。
 
 
  ヴァン・ダイク(アンソニー・ヴァン・ダイクの代表作品・経歴・解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  肖像画家:ヴァン・ダイクと同じ生年のベラスケス、この2人こそが、最初期の宮廷肖像画家として卓越した才能を見せた画家と言われており、ヴァン・ダイクはイギリスの肖像画に多大な影響を与えました。当時、肖像画は神話画や歴史画よりも格が下位に置かれていたことから、画家としては多少の不満はあったかもしれませんが、繊細な感情の描写やさりげない演出、静的な表現を得意としていた彼にとって、最も最良の道といえるのが肖像画の分野だったのかもしれません。 肖像画家:ヴァン・ダイクと同じ生年のベラスケス、この2人こそが、最初期の宮廷肖像画家として卓越した才能を見せた画家と言われており、ヴァン・ダイクはイギリスの肖像画に多大な影響を与えました。当時、肖像画は神話画や歴史画よりも格が下位に置かれていたことから、画家としては多少の不満はあったかもしれませんが、繊細な感情の描写やさりげない演出、静的な表現を得意としていた彼にとって、最も最良の道といえるのが肖像画の分野だったのかもしれません。/代表作品・作品解説
 
 
  ヴァン・ダイク Anthony van Dyck - 1599〜1641 フランドル バロック   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  17世紀に活躍したフランドルの代表的な画家。壮厳性を損なうことなく明るい色調とバロック特有の流動感によって描かれた肖像画は、イギリスを始め西欧各国の肖像画に多大な影響を与えた。裕福な商人の息子として生まれ、11歳でヘンドリック・ファン・バンーレンに弟子入りした後、アントウェルペンの画家組合に加入。その頃にはルーベンスの最も重要な助手のひとりを務めるなど、画家として稀にみる早熟を示していた。1620年頃一度英国を訪問した後、1621年から1627年にかけてイタリアに滞在。ルネサンス期の作品、特にヴェネツィア派の巨匠ティツィアーノから多大な影響を受ける。
 
 
  バン・ダイク の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バン・ダイク の画像 - Google
 
 
  エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブランの「自画像」 (2011/11/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回は、ロココ時代の代表的な女流画家エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブランによる「自画像」です。 ご覧いただいたように、少女のような可憐な美しい画家の自画像です。エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブランが35歳の時の自画像です。若いころからいくつもの自画像を描き、それらの美貌の自画像が評判よび、貴婦人たちからの注文が殺到していました。女性をこれほど美化、理想化できる画家いると思われたのでしょうか。…
 
 
  アンソニー・ヴァン・ダイクの「マリア・デ・タシスの肖像」 (2013/1/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回の作品は、<リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝>展(東京会場 2012/10/3〜12/23、高知会場 2013/1/5〜3/7、京都会場 3/19〜6/9)で展示されています。ハプスブルグ家を古くから支えたリヒテンシュタイン侯爵家が収集した美術コレクションを、日本で初めて大規模で公開されたのがこの展示会です。
 
 
  英鑑定番組で巨匠バン・ダイクの絵画発見、価値7000万円か (2014/1/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  骨董品を鑑定する英BBCのテレビ番組「アンティーク・ロードショー」は29日、同国の司祭が所有する肖像画が、17世紀のフランドルの巨匠バン・ダイクの作品であることが判明したと明らかにした。価値は最大40万ポンド(約7000万円)に上るという。 英中部ダービーシャーの司祭は、金色の額縁が気に入り、骨董品店でわずか400ポンドを支払ってこの作品を手に入れたという。…
 
 
ベラスケス.1599
ディエゴ・ベラスケスとその工房 《王女マルガリータの肖像》 《薔薇色の衣裳のマルガリータ王女》 バロック絵画の巨匠ディエゴ・ベラスケスの『鏡のヴィーナス』
  ディエゴ・ベラスケス (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ディエゴ・ベラスケス(1599年6月6日(洗礼日) - 1660年8月6日)はバロック期のスペインの画家。マネが「画家の中の画家」と呼んだベラスケスは、スペイン絵画の黄金時代であった17世紀を代表する巨匠である。スペイン南部の都市セビリアに生まれ。… 卵を料理する老婆と少年』(1618年)などがその代表作である。1623年、国王フェリペ4世付きの宮廷画家となり、以後30数年、国王や王女をはじめ、宮廷の人々の肖像画、王宮や離宮を飾るための絵画を描いた。
 
 
  THE ハプスブルク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本とオーストリア・ハンガリー二重帝国(当時)が国交を結んで140年の節目にあたる今年、ウィーン美術史美術館(オーストリア)とブダペスト国立西洋美術館(ハンガリー)の所蔵品からハプスブルク家ゆかりの名品を核に選りすぐり、絵画の至宝75点に華麗な工芸品を加えた計約120点を展覧する大規模な美術展を開催いたします。 -閉幕しました-
 
 
  マルガリータ王女の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バロック時代のスペインの画家ベラスケス(1599-1660)の描いた名画、数点のマルガリータの肖像は、嫁ぎ先となったオーストリアのハプスブルグ家の宮廷にお見合い写真として送られたものです。
 
 
  ラス・メニーナス(女官たち)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スペインバロック絵画の巨匠ディエゴ・ベラスケス最大にして不朽の名作『ラス・メニーナス(女官たち)』。
 
 
  ベラスケス - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  17世紀スペイン絵画の巨匠。セビーリャに生まれ、マドリードで没した。父はポルトガル系の貴族で、ベラスケスは母の姓。生地で、のちに義父となる後期マニエリスムの画家で『絵画論』の著者パチェーコの工房に学び、1617年、職業画家となった。23年、義父同道の二度目のマドリード訪問で、同郷の宰相オリバレス伯公爵の助力もあって、一躍フェリペ4世(在位1621〜65)の首席宮廷画家に登庸された。
 
 
  ベラスケス 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベラスケス 画像検索 - Google
 
 
  ベラスケス 『鏡を見るヴィーナス』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ディエゴ・ベラスケス作『鏡を見るヴィーナス』は白く滑らかな肌がまばゆいばかりに魅惑的な裸婦像です。
 
 
  ディエゴ・ベラスケス Diego Velazquez   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベラスケスは、『ラス・メニーナス(女官たち)』に代表されるよう、国王一家を始め、多くの宮廷人、知識人を描いた肖像画家としても有名。没後、一時期、その評価は落ちていたが、19世紀の写実主義の台頭により再評価されるようになる。確実に帰属が判明している作品数は約120点、素描が数点残されているのみ。
 
 
  ベラスケスと国王 ― 絵画の王道を求めて   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  はじめに/宮廷画家ベラスケス/ベラスケスの作風/宮廷画家としてのベラスケス/宮廷装飾デザイナーとしてのベラスケス/最晩年の重要な作品/講師略歴
 
 
  ベラスケスによるマルガリータ〜届けられた見合い写真〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  愛らしいマルガリータ王女の姿が私の心にのこったのはいつ頃でしょうか? スペイン・ハプスブルグ家の姫君にずっと会いたい、会いたいと思っていました。
 
 
  17世紀−バロック期 「神」と「科学」の世界の相克の表現-2 ベラスケス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黄昏色にすべてを包み込む天才ベラスケス/「バッコスの勝利(酔っ払いたち)」 1628年頃/ベラスケスの絵画は明暗の小宇宙の組み合わせ/「時間」を描くベラスケス/宮廷官吏ベラスケス/バッハの対位法
 
 
  ディエゴ・ベラスケス  Diego Vel&aacute;zquez 1599-1660 / スペイン / バロック   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  17世紀スペインバロック期に最も活躍した宮廷画家。セビーリャでパチェーコに師事した後、1623年国王フェリペ4世付の画家となり、以後生涯の大半を宮廷画家として首都マドリッドで過ごす。1628年から続いたルーベンスとの交流や、1629〜1631年、1649〜1650年と2度に渡ったイタリア旅行は画家の作品形成に大きく影響し、それまでの無骨な写実描写と厳しい明暗対比から古典主義と空間表現を取り入れ、 視覚効果を重要視したスペイン絵画独自の写実主義的陰影法を発展させた。
 
 
  ディエゴ ベラスケス の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ディエゴ ベラスケス の画像 - Google
 
 
フェルメール.1632
フェルメールの”真珠の耳飾りの少女” フェルメールがやって来た フェルメール初期作品、10億円超で落札
  ヨハネス・フェルメール (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer, 1632年10月31日-1675年12月15日)は、17世紀にオランダで活躍した風俗画家である。レンブラントと並び17世紀のオランダ美術を代表する画家とされる。生涯のほとんどを故郷デルフトですごした。
 
 
  ★フェルメール館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  海外のフェルメール展/国内美術展/海外美術館訪問記/その他
 
 
  フェルメール美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界に30数点しかないフェルメール作品。それらをできるだけ自分の目で見ようと、あちこち歩きまわっています。ここにあるのは、その鑑賞レポートです。印象から僕なりの考えまで、気ままにまとめてみました。
 
 
  フェルメールの手紙   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フェルメール年譜 / フェルメール全作品 / フェルメールの世界 / 制作法をさぐる / フェルメールの師 / キーワード / フェルメール盗難事件簿 / 関連文献 / デルフトに関連する画家 / フェルメールの旅 / フェルメールに対する御意見 / 1940年代のフェルメール
 
 
  フェルメール全35作品紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フェルメール全35作品紹介
 
 
  The Milk Maid 牛乳を注ぐ女   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  すなわち、フェルメールが本作品に込めた思いとは、平凡な暮らしの中に息づく「豊かさをもたらす母性」ヘの讃歌であり、しかも、その豊かさは決して社会の上流階級だけのものではなく、ごくふつうの市民の中にもあるということ。
 
 
  フェルメールの作品 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本項フェルメールの作品では、17世紀オランダの画家ヨハネス・フェルメール (Johannes Vermeer, 1632 - 1675) の現存する全作品(一部疑問作も含む)の基本情報を記載し、各作品について略説する。
 
 
  『フェルメール』 松岡正剛の千夜千冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1970年代半ばのことですが、神田に現代思潮社が経営していた美学校がありまして、種村季弘・澁澤龍彦・松山俊太郎さんらは講義を、立石鉄臣・中村宏・赤瀬川原平さんたちは実技を教えていました。
 
 
  静謐の画家フェルメールの足跡を訪ねて   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画家ヨハネス・フェルメールは1632年にデン・ハーグ近郊の古都デルフトで生まれ、1675年に亡くなるまで生涯をこの地で過ごしました。19世紀に専門家によって見直されるまで、歴史の塵の中に埋もれていたフェルメールですが、今日ではオランダを代表する絵画の巨匠として、その名を不動のものにしています。
 
 
  ヨハネス・フェルメール Jan(Johannes) Vermeer   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  17世紀オランダ絵画黄金期において最も傑出した画家のひとり。調和のとれた明瞭な色調や簡素かつ静謐でありながらも綿密に計算された均整な空間構成、光の反射やハイライト部分などを点描によって表現するポワンティエ(点綴法)、写実性の高い描写など画家が手がけた作品とその様式は現代でも極めて高い評価を受けている。
 
 
  フェルメール「画家のアトリエ」 栄光のオランダ・フランドル絵画展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウィーン美術史美術館が誇る至宝で、本展のハイライトとなる作品です。30数点しか残されていないフェルメール作品は大変貴重なもので、作品を所蔵する美術館からの貸し出しが認められる機会はめったにありません。その中でも、最高傑作の一つとされる「画家のアトリエ(絵画芸術)」が日本で初めて公開されることは、特筆すべきニュースと言えるでしょう。
 
 
  フェルメール の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フェルメール の画像 - Google
 
 
レンブラント.1669
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ(1617-1682) ナショナルギャラリー西館 その3 レンブラント・ファン・レイン『貴婦人』
  レンブラント・ファン・レイン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン(Rembrandt Harmensz. van Rijn 1606年7月15日-1669年10月4日)は17世紀を代表するオランダの画家。単にレンブラントと呼ばれることも多い。油彩だけでなく、エッチングや複合技法による銅版画やドローイングでも知られる。生涯を通じて数多くの自画像を描いたことでも知られる。自画像はその時々の彼の内面の変化まで伝えている。 かつてオランダの1000ギルダー紙幣にその肖像が描かれていた。
 
 
  夜警 (絵画) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夜警 (やけい)は、オランダの17世紀の画家レンブラント・ファン・レインによる絵画作品の通称。この作品は18世紀以降この通称で呼ばれているが、より適切な題名は『フランス・バニング・コック隊長とウィレム・ファン・ラウテンブルフ副隊長の市民隊』となる。現在はアムステルダムの国立美術館に展示されており、レンブラントの代表作とされている。
 
 
  レンブラントの家 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レンブラントの家(Museum Het Rembrandthuis、レンブラントハイス美術館)は、オランダのアムステルダムにある、画家レンブラント・ファン・レインが1639年から20年間住んでいた家を利用した博物館・美術館である。 1606年に建てられた豪邸であったが、レンブラントは1639年に13,000ギルダーの大金で購入し、妻サスキアとともに引っ越した。彼は『夜警』の注文を受けるなど当時経済的に絶頂期にあったが、1642年にサスキアは世を去り、レンブラントは借金が重なって1656年に破産し、1658年には家は競売にかけられてしまった。…
 
 
  レンブラント・ファン・レイン『貴婦人』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レンブラント・ファン・レイン(Rembrandt Harmensz. van Rijn ) : 後世の画家たちに強烈な影響を与えた独特の明暗法を生み出し、それが故に「光の画家」とも呼ばれる。1631年アムステルダムに移住、肖像画家として身を立てる。
 
 
  レンブラント・ファン・レイン - SPYSEE    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン(Rembrandt Harmensz. van Rijn 1606年7月15日-1669年10月4日)は17世紀を代表するオランダの画家。単にレンブラントと呼ばれることも多い。油彩だけでなく、エッチングや複合技法による銅版画やドローイングでも知られる。生涯を通じて数多くの自画像を描いたことでも知られる。自画像はその時々の彼の内面の変化まで伝えている。
 
 
  レンブラント・ファン・レイン - 人名辞典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オランダの画家。近代油絵技法を確立した人物として高く評価され「光と影の魔術師」「魂の画家」などと称される。 1606年ライデンで製粉業者の子として生まれる。14歳でライデン大学に入学したが、画家を志し数ヶ月で中退。ライデンやアムステルダムで画家としての修業をつんだ。1625年、19歳でライデンに工房を開く。1632年「トゥルプ博士の解剖学講義」で名声を確立した。その後、作風は人間の内面性を追究したものへと進み、独創的な構図、光と色彩による明暗を強調するようになった。
 
 
  レンブラント・ファン・レイン - AllPosters   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レンブラント・ファン・レインカテゴリの商品数:593  世界最大のポスター&絵画ショップ
 
 
  「レンブラントファンレイン ファインアート」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「レンブラントファンレイン ファインアート」画像集
 
 
  レンブラント・ファン・レイン ヴァーチャル絵画館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルーベンスが古典的で国際的な人間であったのとは対照的に、レンブラントは根っからのオランダ人であった。レンブラントの視線は、古代ではなく、自分自身へと注がれた。 50〜60枚に及ぶ自画像は、レンブラントの人生のあらゆる段階の感情を如実に示すものである。  ポスターはこちら
 
 
  17世紀オランダの風景画と生活画 WEBギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  17世紀のオランダが生んだ『市民的家庭生活が中心』の絵画をご紹介するウェブギャラリーです。
 
 
  レンブラント・ファン・レイン - エルミタージュ美術館展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レインは17世紀を代表するオランダの画家。 単にレンブラントと呼ばれることも多い。 油彩だけでなく、エッチングや複合技法による銅版画やドローイングでも知られる。 生涯を通じて数多くの自画像を描いたことでも知られる。自画像はその時々の彼の内面の変化まで伝えている。
 
 
  レンブラント・ファン・レイン Rembrandt Harmensz, van Rijn   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1606-1669 / オランダ / オランダ絵画黄金期 : 17世紀のオランダ絵画黄金期に活躍した最大の巨匠。スポットライトを当てたような強い光による明瞭な明暗対比や、赤褐色又は緑褐色を基調とした輝くような色彩、場面状況を明確に伝達する劇的な運動性、登場人物に示される深い精神性を帯びた表情などが大きな特徴。1606年7月15日、レイデンで中流階級の家柄の9番目の子息として生まれる。
 
 
  『レンブラント・ファン・レイン(Rembrandt van Rijn)』の展示情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン(Rembrandt Harmenszoon van Rijn, 1606年7月15日-1669年10月4日)は17世紀を代表するオランダの画家。単にレンブラントと呼ばれることも多い。油彩だけでなく、版画#エッチングとアクアチント(間接法) エッチングや複合技法による版画#凹版 銅版画やドローイングでも知られる。生涯を通じて数多くの自画像を描いたことでも知られる。
 
 
  レンブラント・ファン・レイン の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レンブラント・ファン・レイン の画像 - Google
 
 
  寄付された絵画、実はレンブラントの自画像 30億円超の価値か (2013/3/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英国の慈善団体に数年前に寄付された絵画の1枚が、オランダの巨匠レンブラントの自画像だったことが19日までに分かった。時価3000万ドル(約29億円)以上の価値があると推定されている。 この絵画は1635年の作品で、当時29歳だったレンブラントが黒いベルベットのケープと羽飾りの付いた帽子を着けた姿で描かれている。2010年、文化遺産保護団体のナショナルトラストに寄付された絵画5枚のうちの1枚で、当時はレンブラントの弟子の作品と思われていた。…
 
 
  レンブラント ファン レイン の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レンブラント ファン レイン の画像 - Google
 
 
フラゴナール.1732/
     
ゴヤ.1746
フランシスコ・ゴヤ作品集 『カルロス4世とその家族』★ゴヤ〜種痘のこと 絵画(油絵複製画)制作 フランシスコ・デ・ゴヤ「イザベル・デ・ポルセール」
  フランシスコ・デ・ゴヤ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス(Francisco Jos&eacute; de Goya y Lucientes, 1746年3月30日 - 1828年4月16日)は、スペインの画家。ディエゴ・ベラスケスとともに、スペイン最大の画家。べラスケス同様、宮廷画家として重きをなした。1746年、スペイン北東部サラゴーサ近郊のフエンデトードスに生まれる。
 
 
  インターネット美術館 - ゴヤ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  着衣のマヤ/はだかのマヤ/マドリード 1808年5月3日/我が子を食うサトゥルヌス/巨人
 
 
  ≪ゴヤの黒い絵、全14作品≫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒い絵と言われる14点は、プラド美術館にあるが。聾の家の壁から、、カンバスに移されたもの。元々描かれた場所は・・・
 
 
  ゴヤ 〜ボルドーのミルク売り娘   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回は少しだけワインに関連した絵である。表題の「ボルドーのミルク売り娘」が描かれたのは、1827年。ゴヤが死の床につく数ヶ月前のことだ。ゴヤとボルドーと聞いて、ピンと来る人は相当の絵画通だろう。実はゴヤが人生の最後の時を過ごしたのが、かのボルドーの地なのである。
 
 
  ゴヤ(Goya)の代表作品・経歴・解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カルロス4世の家族 人間の心の闇を観察した画家、ゴヤ/代表作品・作品解説/ゴヤの画集、関連書籍、グッズ紹介
 
 
  フランシスコ・デ・ゴヤ Francisco de Goya 1746-1828   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スペインを代表する画家・版画家。宮廷画家にもなったが、晩年はボルドー(フランス)に亡命し、そこで没す。代表的な連作版画として、「カプリチョス」、「戦争の惨禍」、「タウロマキア=闘牛技」、「デスパラーティス」が有名。
 
 
  ≪ゴヤの黒い絵、アフガニスタン戦争を悲しむ≫棍棒で決闘   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アメリカ合衆国での民間機乗っ取りテロ事件を直接の原因として始まったアフガニスタン戦争の情報を知れば知る程に、歴史を自ら創ってきた人間を、人間社会を考えさせられる。
 
 
  フランシスコ・デ・ゴヤ Francisco de Goya スペイン  ロマン主義   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代絵画の創始者の一人として知られるスペインの巨匠。1780年サン・フェルナンド王立美術アカデミーへの入会が認められ、王室や貴族の肖像画を描く。その写実的な作風が当時飽食気味であったロココ美術に変わるものとして支持を受け、1786年国王付の画家、1786年、新国王になったばかりのカルロス4世の任命から宮廷画家となるが、1790年代に入ると聴覚の喪失、知識人との交流を経て、強い批判精神と観察力を会得。
 
 
  フランシスコ・デ・ゴヤ Francisco de Goya スペイン ロココ、ロマン派    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  盲目のギター弾き/裸のマハ/着衣のマハ/カルロス4世の家族/Family of Carlos IV/イザベル・デ・ポルセール/巨人/バルコニーのマハたち/「時」(老女たち)/1808年5月3日/
 
 
  フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス (Francisco Jose de Goya y Lucientes)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ゴヤの絵画と聞くと、なんだか怖い雰囲気の絵画を思い浮かべる人と、綺麗な肖像画を思い浮かべる人の両方がいるでしょう。ぜんぜん違う2種類の雰囲気の絵のイメージがあるゴヤですが、どちらもゴヤらしい作品といえるのです。
 
 
  ゴヤ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ゴヤ の画像 - Google
 
 
J・コンスタブル.1776
壁紙Link 「デダムの水門と水車場 テート・ギャラリー展 | 塾長の鑑賞記録 J・コンスタブル.1776の風景画
  ジョン・コンスタブル (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョン・コンスタブル(John Constable、1776年6月11日 - 1837年3月31日)は19世紀のイギリスの画家である。「カンスタブル」と表記することもある。 代表作/リンク
 
 
  ジョン・コンスタブル(John Constable)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  19世紀前半のイギリスを代表する風景画家としてコンスタブルは有名な画家です。コンスタブルが風景画を描いたことにより、風景画は絵画としての地位を確立することができたのです。コンスタブルという人の名前を聞いたことがない人もいるでしょう。19世紀まで、評価されることがなかった風景画を確立したイギリスの風景画家、コンスタブルとは一体どんな人だったのでしょうか。コンスタブルがかいた絵で有名な作品はどういったものがあるのか、見てみましょう。
 
 
  ジョン・コンスタブル - 美術家の言葉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現在では“Skying”の画家ともいわれるコンスタブル。その風景画の中における“空”の役割をどのように位置付けていたか(こだわっていたか)を示すものとして… 「風景画家で、空を画面構成中の非常に大切な部分と考えていない者は――強力な武器の一つを無視していることになります。…
 
 
  ジョン・コンスタブル - 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イギリスのサフォーク州イースト・パーグホルトに生まれる。1795年にロンドンに出て、ジョゼフ・ファリントン、J.T.スミスのもとで働き、99年にロイヤル・アカデミーの美術学校に入学。1802年とその翌年、ロイヤル・アカデミーに出品し、ベンジャミン・ウエストの助力と指導を受ける一方、この頃から戸外で油彩のスケッチを行うようになった。… 絵画: ハムステッド・ヒースの木立、日没/ハムステッドの風景に魅了された彼は、以後しばしば同地の風景を描いた。
 
 
  ジョン・コンスタブル − 水彩画の巨匠たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョン・コンスタブルはロマンティシズム絵画全盛のイギリスにあって、カズンズやガーティンの影響を受けつつも、ロマンティシズムの枠に収まらない独自の境地を開いた画家です。 コンスタブルは主に風景画を描きましたが、その作風は、ほかの同時代作家とは異なり、自然を深く理解し、自然の時々の表情を生き生きと再現しようとしたものでした。…
 
 
  ジョン・コンスタブル - ヴァーチャル絵画館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョン・コンスタブル (1776-1837) イギリス 自然主義 19世紀、イギリス風景画の代表的画家。フランス・ロマン派に影響を与えた。
 
 
  ジョン・コンスタブル - 1776-1837 イギリス 風景画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英国絵画史上、最も重要な風景画家のひとり。伝統的な風景画様式から逸脱し、風景の中に己が感じる美しさを独自の感覚で捉え、それを表現。ロマン主義的なドラマ性が重要視されていた英国内(ロイヤル・アカデミー)では当時の晩年近くまで正当な評価を得ることは無かったものの、独自の風景様式によって描いた英国的な美しさに溢れる風景画は、現在でも英国最大の風景画家としての評価を揺るぎないものとしており、同時代に活躍したウィリアム・ターナーと並び称されるほどの高い評価を受けている。
 
 
  コンスタブル(カンスタブル,Constable)の代表作品・経歴・解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  風景画の地位を飛躍的に高めた画家、コンスタブル/代表作品・作品解説/コンスタブルの画集、関連書籍、グッズ紹介
 
 
  『ジョン・コンスタブル作 主教の庭から見たソールズベリー大聖堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豊かな自然の中に、イギリスで非常に有名な中世の建物が、穏やかに聳え立ち、それを古い大木が囲んでいる情景を描いています。空には暗雲が立ち込めています。そこにはコンスタブルの根深い悲観主義、伝統的な価値観や慣例が押し寄せる現代化の波に消えてしまうのではないかという、彼の恐れが暗示されているのかもしれません。
 
 
  ジョン・コンスタブル の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョン・コンスタブル の画像 - Google
 
 
  徒然に「ターナー」と双璧をなす風景画家『ジョン・コンスタブル』 (2006/10/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回取り上げた「コンスタブル」は「ターナー」と並び称されるイギリスを代表する風景画家で、最近はターナーの作品よりも人気が高いと云われています。 共に「風景画家」と云われるのですが、二人はあらゆる面でまったく対照的な結果を残しています。…
 
 
  4千円でまとめ買いの絵画に4千万円の値打ち 英国 (2013/9/4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英国の男性が10年以上前に30ポンド(約4600円)で買った段ボール箱に入っていた絵画が、英巨匠ジョン・コンスタブルの作品だったことが分かり、25万ポンド(約3900万円)の値打ちがあると鑑定された。 持ち主のロビン・ダーベルさんは10年以上前、イングランド南部のカンタベリーで、段ボール1箱分のオークション品をまとめ買いした。この箱の中に、青空の下の樹木と牧草地を描いたはがき大の風景画があった。金色のフレームの裏には消えかけた署名が入っていた。…
 
 
ドミニク・アングル.1780
泉 (La source) 1820-1856年 『グランド・オダリスク』(横たわるオダリスク) 1814 (ルーヴル美術館蔵) アガメムノンの使者たちを迎えるアキレウス  この作品で、アングルはローマ賞を得た。
  ドミニク・アングル (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル(1780年8月29日 - 1867年1月14日)は、フランスの画家。19世紀前半、当時台頭してきたドラクロワらのロマン主義絵画に対抗し、ダヴィッドから新古典主義を継承、特にダヴィッドがナポレオンの没落後の1816年にブリュッセルに亡命した後、注目され、古典主義的な絵画の牙城を守った。 ラファエロに対する極めて高い評価、入念に構成された調子の緊密な諧調、形体の幾何学的解釈など、師であったギョーム・ジョセフ・ロックの影響が濃厚。 1 生涯 / 2 作風 / 4 関連項目 / 5 脚注 / 6 参考文献
 
 
  ドミニク・アングルとは - Weblio辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル(フランス語: Jean-Auguste-Dominique Ingres、 1780年8月29日 - 1867年1月14日)は、フランスの画家。19世紀前半、当時台頭してきたドラクロワらのロマン主義絵画に対抗し、ダヴィッドから新古典主義を継承、特にダヴィッドがナポレオンの没落後の1816年にブリュッセルに亡命した後、注目され、古典主義的な絵画の牙城を守った。
 
 
  泉……ドミニク・アングル 芸術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上掲の絵の画家であるドミニク・アングルについておさらいしてみよう。 ドミニク・アングル(Jean Auguste Dominique Ingres, 1780年8月29日 - 1867年1月14日)は、フランスの画家。 19世紀前半、当時全盛だったドラクロワらのロマン主義絵画に対抗し、師ダヴィッドから受け継いだ新古典主義を貫いた画家である。 アングルの作風は、イタリア・ルネサンスの 古典を範と仰ぎ、写実を基礎としながらも、独自の美意識をもって画面を構成している。…
 
 
  ジャン オーギュスト ドミニク・アングル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ダヴィッドがナポレオンとともに、失脚した後、フランス古典主義を受け継いだのは、アングルであった。 フランス南西部モントーバン生まれ。父親は画家、装飾彫刻家、音楽家。アングルのデッサンの才能を見つけ、トゥールーズの美術学校に入学させた。 1797年、パリに出て、ダヴィッドに学んだ。 1801年、ローマ賞を得たが、当時、ナポレオン戦争の最中で、イタリア留学は5年ほど延ばされた。以下詳細に記述。
 
 
  芸術の権威アングル写真のリアリティに驚愕する   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  事象を客観的な映像として提出する写真技術の登場は画家たちにとって脅威だった。 それは古典絵画を継承し、時の芸術領域の権威として新古典主義を標榜するアングルにとっても変わることはなかった。「私たちのうちで誰がいったいこれほどの正確さで描けるだろう… このモデルの繊細なこと。 …写真とはなんとも驚嘆すべきものだろう。だがこんなことはおおっぴらに言うことじゃない …」と彼はもらしている。とはいえ、彼らもはじめのうちは、デッサン代わりに...と鷹揚に構えていたのだった。                   
 
 
  ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルの「オダリスク」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回は、前回のベラスケスの「裸のヴィーナス」に続いて、美しい背中をみせる裸婦像です。ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルが1814年に制作した「オダリスク」です。「裸のヴィーナス」から170年経っています。
 
 
  ジャン=オーギュスト・ドミニク・アングル-泉-(画像・壁紙)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  19世紀フランス絵画界の偉大なる巨匠ジャン=オーギュスト・ドミニク・アングルの代表作『泉』。画家のみならず新古典主義における裸婦の傑作としても名高い本作は、アングルがローマ賞受賞後、20年近く滞在したイタリアのフィレンツェで、おそらくは1820年頃から制作が開始された、≪泉≫の擬人像としての裸婦作品である(※≪泉≫の擬人化の典拠として14世紀の彫刻家ジャン・グージョンによる『イノサン噴水の浮き彫り彫刻』などが挙げられている)。
 
 
カミーユ・コロー.1796
「山羊たちの群れ」 1866年制作   ルーブル美術館所蔵 《カステルガンドルフォの思い出》(ルーヴル美術館蔵)
  ジャン=バティスト・カミーユ・コロー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャン=バティスト・カミーユ・コロー、1796年7月17日 - 1875年2月22日)は、19世紀のフランスの画家。 19世紀の4分の3を生き、次世代の印象派との橋渡しをした画家である。詩情あふれる森や湖の風景画で知られるが、『真珠の女』のような人物画にも傑作がある。1825年から計3度イタリアへ旅行し、イタリア絵画の明るい光と色彩にも影響を受けている。理想化された風景でなく、イタリアやフランス各地のありふれた風景を詩情ゆたかに描き出す手法はのちの印象派の画家たちにも影響を与えた。
 
 
  カミーユ・コロー - フォト蔵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カミーユ・コロー - フォト蔵
 
 
  カミーユ・コロー  人名辞典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスの画家。1796年パリの裕福な婦人服飾商の子として生まれる。1825年から3度イタリアを訪れ、古典派・ロマン派・写実主義を学んだ。 1830年からフォンテンブローの森のはずれのバルビゾンに住み、ミレーやドーミエと交流した。「フォンテンブロー派」もしくは「バルビゾン派」「1830年派」とよばれる。風景画家として注目を集めたが、50年以降は人物画にも取り組んだ。1855年のパリ万博美術展でグランプリを獲得。 コローはどこにでもある貧しいつつましい農村風景などを主題とし、リアリズム運動に影響を与えるとともに後の印象主義にも大きな影響を残した。 代表作は『イタリア風景』『真珠の女』など。
 
 
  ジャン=バティスト・カミーユ・コロー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  〜最後の写実主義から最初の印象派となったバルビゾン派の巨匠〜 コローの生涯/コローの作品
 
 
  カミーユ・コロー 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カミーユ・コロー 画像検索 - Google
 
 
  カミーユ・コロー 「真珠の女」 アート名画館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画家紹介 : 1796年フランス生まれのジャン=バティスト・カミーユ・コロー。彼は、風景画を多く描き、自然風景を光などの効果により、より美しく、よりリアルに作品に反映させることを得意とした。彼の描く風景画は、のちの印象派に多大な影響を与えた。作品の素晴らしさもさることながら、彼の人柄は温厚で皆から慕われ、晩年には貧しい画家たちに援助もしていたとされている。
 
 
  ジャン・バティスト・カミーユ コロー All Posters   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャン・バティスト・カミーユ コロー All Posters
 
 
  コロー 光と追憶の変奏曲(国立西洋美術館)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルーヴル美術館所蔵のコローの代表作群を中心に、初期のロマン主義的風景からイタリア留学をへて真摯なレアリスムの時代、独特の煙るような詩的表現で、しだいに思い出や夢のようなヴィジョンを語りだす後期の画面、そして折々に手がけられた繊細な人物画の数々を集大成し、コロー芸術の魅力と秘密を再検証。
 
 
  ジャン=バティスト・カミーユ・コロー -SPYSEE-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(Jean-Baptiste Camille Corot, 1796年7月26日 - 1875年2月22日)は、19世紀のフランスの画家。 ウェブからみた人物像/ネットワーク
 
 
  ジャン・バティスト・カミーユ・コローの経歴と作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1796 パリの女性用高級帽子店で生まれる。父は衣服商を営む。母は店の仕事に忙しく、4年間里子に出される。 父親からの要望でパリの織物商の店員となるが、美術の興味が強く、野外スケッチにあけくれる  26歳で画家になることを認めさせ、古典的風景画家のミシャロンのアトリエに入門。次についた師のベルタンから戸外制作をすすめられる…
 
 
  ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(Jean-baptiste Camille Corot)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスでの風景画の地位を確立させ、のちの印象派の画家たちにも大きな影響を与えたコローは、風景画家として早くから有名になっていました。他の画家仲間の誰からも信頼された優しいコローの性格は、絵画にまでその優しさが伝わってくるような明るく、やわらかな色やふでづかいを感じとることができます。名前は知っているけれどどんな絵をかいていたのかはよく知らない、名前も作品もよく知らない、という人もここで『コロー親父』の作品を見て覚えてくださいね。
 
 
  ジャン=バティスト・カミーユ・コロー Jean-Baptiste-Camille Corot    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1796-1875 / フランス / 写実主義・バルビゾン派  19世紀のフランス美術界の中で最も優れた風景画家のひとり。銀灰色を帯びた鈍色に輝く抑制的な色彩・色調を用いて独自の風景様式を確立。繊細な写実性の中に抒情詩的な情緒性を感じさせる風景表現は、当時、絶大な人気を博したほか、ピエール=オーギュスト・ルノワールやカミーユ・ピサロ、ベルト・モリゾなど印象派の画家たちに多大な影響を与えた。 フランス各地を描いた風景画が主な作品であるが、人物画(肖像画)や神話・宗教的主題でも優れた作品を残している。
 
 
  「ヴィル・ダヴレーのあずまや」 ジャン=バティスト=カミーユ・コロー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作曲家ドビュッシーでも有名なヴィル・ダヴレーは、パリの中心から西に12繊⊆屬20分足らずのところにある小さな町です。大小二つの池の周りを森となだらかな丘が囲む風光明美な地です。コローの父が池のほとりに家を購入したのは1817年のことでした。コローの部屋は2階の4畳半ほどの小部屋で、池に面して二つの窓がありました。彼は窓辺にひじを突き、朝夕の光を映した水面や木々を眺めて何時間も過ごしたということです。庭には泉水と小川が流れ、川を挟んで小高い土手の上にはあずまやがあります。今もその家は残っていて、人が住んでいます。
 
 
  特集:西洋美術>19世紀印象派以前>ジャン=バティスト・カミーユ・コロー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  特集:西洋美術>19世紀印象派以前>ジャン=バティスト・カミーユ・コロー>「ジャンバティストカミーユコロー ファインアート」>
 
 
ドラクロワ.1798
自由の女神 ウージェーヌ・ドラクロワ ドラクロワ美術館
  ウジェーヌ・ドラクロワ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フェルディナン・ヴィクトール・ウジェーヌ・ドラクロワ(Ferdinand Victor Eug&egrave;ne Delacroix, 1798年4月26日 - 1863年8月13日)はフランスの19世紀ロマン主義を代表する画家である。劇的な画面構成と華麗な色彩表現は、ゴッホをはじめとして多くの画家たちに多大な影響を与えた。1798年、パリ近郊のシャラントンに生まれた。
 
 
  ドラクロワ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドラクロアに対する慨念/クラシツク時代/クラシツク派とドラクロア/ドラクロアの人物/初てドラクロアの画を見た時の観念/ドラクロアとヴエロ子ーズ及びリユバンス/ドラクロアの略伝/其性質/其教育/其作品/幼時に受けし一生の予言/其平生/臨終の際の歎息/意見と其日記/惜むべき製作品の散逸
 
 
  ウージェーヌ・ドラクロワ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  18世紀末、フランスには新たなる秩序を求める気運が高まっていた。それは社会のみならず芸術世界でも同様であり、ドラクロワはこの混沌とした革命期のパリに、新政権のオランダ大使の息子として生まれた(容貌から宰相タレーランの息子とも云われている)。幼い頃から音楽そして絵画と、並々ならぬ才能を見せていたドラクロワは、画家である叔父の勧めにより17才から本格的に絵を学ぶようになる。
 
 
  ウジェーヌ・ドラクロワ 「聖母の教育」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランス・ロマン主義を代表する画家ドラクロワは、大胆で華麗な色彩と力強い動感に満ちた、反古典主義的でドラマティックな表現によって、画壇に数々の激しい議論を沸き立たせた。しかし、聖母マリアの母アンナが、マリアに旧約聖書の読み方を教える「聖母の教育」を主題とした本作品は、ドラクロワ芸術の別の一面を示している。
 
 
  ウージェーヌ ・ ドラクロワの作品とその肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  油 絵/素 描/肖 像/資 料
 
 
  ドラクロワ Fedinand Victor Eugene Delacroix フランス  ロマン主義   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロマン主義を代表するフランスの画家。1822年にサロン初入選後『キオス島の虐殺』など数々の問題作を発表し、入選、落選を繰り返す。当時の西欧全体に広がりつつあったロマン主義の旗手として注目されるが、画家自身は常に孤高を保ち続けた。
 
 
  ウージェーヌ・ドラクロワ Fedinand Victor Eugene Delacroix  フランス ロマン派   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドラクロワは近代絵画発展上、本質的で革新的な絵画を描いた。ルネサンス以来、新たな色彩感は、すでに、18世紀のワトーが打ち出していた。ワトーの時代のロココ調の絵画は、宮廷の広間を飾り、王朝の華やかさを表すものであった。
 
 
  フェルナン・ヴィクトール・ウジェーヌ・ドラクロワ (Ferdinand Victor Eugene Delacroix)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロマン主義画家の代表として知られているドラクロワの絵画は、ドラマチックでありながら情熱的な絵画が多いのが特徴です。「ドラクロワ」という名前だけを聞くと、なんだか強そうな怖そうなイメージがありませんか?私だけでしょうか…?絵の色は少し暗い感じがしますが、そこに描かれている人物や状況はまるでドラマのワンシーンのようです。そんな絵を描きつづけた、ドラクロワとはどんな人物だったのでしょうか。
 
 
  ウジェーヌ・ドラクロワ 画集・作品集 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  著者/訳者名 : ジル・ネレ/著 出版社名 : タッシェン・ジャパン  発行年月 : 2000年8月
 
 
  ドラクロワ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドラクロワ の画像 - Google
 
 
ミレー.1814
「晩鐘」 ミレー 「落ち穂拾い」
  ジャン=フランソワ・ミレー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャン=フランソワ・ミレー(Jean-Fran&ccedil;ois Millet, 1814年10月4日 - 1875年1月20日)は、19世紀のフランスの画家。パリの南方約60キロのところにある、フォンテーヌブローの森のはずれのバルビゾン村に定住し、風景や農民の風俗を描いた画家たちを、今日「バルビゾン派」と称している。ミレーのほか、テオドール・ルソー、ディアズ、トロワイヨンなどがバルビゾン派の代表的な画家であり、カミーユ・コローなども先駆者に数えられる。
 
 
  ミレーとバルビゾン芸術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この3月19-26日のパリ出張アルバムからオルセー美術館をお届けします
 
 
  インターネット美術館 - ミレー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  母親の用心/晩鐘/羊飼いの少女/落穂拾い/春/鏡の前のアントワネット・エベール
 
 
  井出洋一郎が贈るミレー名品25選   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1840年のサロンに肖像画が初入選したミレーは故郷にようやく錦を飾ることができ、シェルブールで若手の肖像画家として活躍を始める。内省的だが自信と野望を秘めた27歳の画家の姿がここにある。ミレーの自画像は油彩が2点、素描2点が知られるのみで、すべてが1850年以前の作になる。 自画像/くつろいだポーリーヌ・オノの肖像/ポーリーヌ・オノの肖像/鏡の前のアントワネット・エベール/横たわる裸婦
 
 
  ミレー Jean-Francois Millet  1814-1875   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  19世紀活躍した写実主義の農民画家。故郷であるシェルプールからパリへ出て新古典主義の画家ドラローシェに師事。肖像画や歴史画を学ぶが、サロンでは認められなかった。1848年に出展した作品『箕(み)をふるう人』でサロン初入選をし、それを転機に農民画家へ転向、翌年の1849年にはパリから南東へ60kmの場所にあるバルビゾン村へ移住しバルビゾン派となる。
 
 
  Peaceful Art B-sou ジャン=フランソワ・ミレー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1814 ノルマンディ地方、グリュシーの裕福な農家に生まれる。父はグレヴィル教会合唱指揮者も行い、粘土や木で彫刻をつくる趣味もあった。ミレー自身は幼少時から聖書、聖人伝、宗教哲学書を愛読していた。19歳でシェルブールの肖像画家、ムシュルに師事。父の死でいったんは画家となることをあきらめるが、祖母のすすめでラングロワに師事する。
 
 
  ジャン=フランソワ・ミレー (Jean-Francois Millet)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  19世紀活躍した写実主義の農民画家。故郷であるシェルプールからパリへ出て新古典主義の画家ドラローシェに師事。肖像画や歴史画を学ぶが、サロンでは認められなかった。1848年に出展した作品『箕(み)をふるう人』でサロン初入選をし、それを転機に農民画家へ転向…
 
 
  ミレー3大名画展 〜ヨーロッパ自然主義の画家たち〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オルセー美術館所蔵のミレーの3大名画《晩鐘》《落穂拾い》《羊飼いの少女》が、日本で初めて一堂に会します。しかも最後のチャンスです。というのは、《晩鐘》は、保存状態の理由から、外国への貸し出しが今後非常に難しくなると予測されるからです。
 
 
  ミレー の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ミレー の画像 - Google
 
 
クールベ.1819
ギュスターヴ・クールベ『ジュリエット・クールベの肖像』 The Metropolitan Museum of Art - クールベのめくるめく絵画人生 
  ギュスターヴ・クールベ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ギュスターヴ・クールベ (Gustave Courbet, 1819年6月10日 - 1877年12月31日) は、フランスの写実主義の画家。 1819年、スイス国境に近いフランシュ・コンテ地方の山の中の村、オルナンに、裕福な地主の子として生まれる。1840年、21歳の時にパリへ出て、ソルボンヌ大学法学部に入学するが、本人を法律家にさせたかった父親の意図に反し、彼自身は画家を目指し、ルーヴルに通っては巨匠たちの作品を模写した。
 
 
  クールベの画像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クールベの画像-Yahoo!画像検索  各画像をクリックすると、大きな画面やスライドショーで見ることができます。
 
 
  COURBET  -の作品-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1819年 フランス北東部のフランシュ=コンテ地方のオルナンの裕福な地主の家に生まれる。 1837〜39年 ブザンソンの王立高等学校に入学、画家ファジェロのアトリエに通う。 1844年 《黒い犬を連れた自画像》でサロン初入選。 〜 1871年 パリ・コミューンの議員に選ばれる。 コミューン崩壊後逮捕、6ヶ月の禁固刑を宣告されるが、服役中も制作を続ける。 1872年 釈放後、故郷のオルナンに戻る。…
 
 
  反抗の画家 クールベ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ギュスターヴ・クールベ(1819〜1877年)はリアリズムを提唱したフランス19世紀の画家である。レアリスム、写実主義はクールベ自身が己の絵画の真髄として唱えたものであるが、彼の作品を特徴づけるものとして、リアリズムの他に、あるいはリアリズムに帰結する、反抗精神があげられる。
 
 
  クールベ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クールベ の画像 - Google
 
 
  クールベ - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランス写実主義の画家。6月10日スイス国境に近いフランシュ・コンテ地方の小村オルナンの富裕な農家に生まれる。ブザンソンの素描学校に学び、1839年パリに出る。アカデミー・シュイス、他方でルーブル美術館のスペイン、オランダの絵画に学び、とくに47年のオランダ旅行でフランス・ハルスやレンブラントの影響を受けた。44年、自画像『犬を連れた男』(パリ、プチ・パレ美術館)をサロンに初出品。
 
 
  オルナン(フランス)とクールベ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オルナンはスイスの国境に近いフランシュ=コンテ地方の都会ブザンソンからが一番近い。ブザンソンへはパリからT.G.V.(新幹線)で2時間半。ブザンソンからオルナンへは公共の交通機関がなく、タクシー利用。都会の石造りの建物と城塞の堅牢な壁を通りすぎ、自然の中の一本道を走ること20分ほどでオルナンに着く。
 
 
  クールベ 『鱒』 美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  権力に反抗し続けた男です。自分の絵画が、フランスの芸術を変えると信じていました。 剣の代わりに絵筆で戦った画家‥‥。
 
 
  クールベ展 −狩人としての画家−   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画家クールベは故郷オルナンの森やドイツの森に入り、鹿や野兎、狐などの狩猟を好んだハンターであったと同時に、優れた動物画を数多く遺しました。
 
 
  魅惑の17−19世紀フランス絵画展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古くから政治・文化の中心地として栄えた南フランスの町、モンペリエに位置するファーブル美術館は、その名を館名に残した画家フランソワ=グザヴィエ・ファーブル(1776〜1837)のコレクションを基に1828年に開館しました。その後も優れたコレクションの寄贈者に恵まれ、フランス美術を中心に充実した所蔵作品を誇る美術館として現在に至っています。
 
 
  ギュスターヴ・クールベ画集・作品集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美は作品の中に存在し、きわめて多様な形で現実の中に姿を現している。それに気づくや、美は芸術のものとなる。いやむしろ美を認識できる芸術家のものとなる。とクールベ。クールベの生涯を作品とともに追う。
 
 
  クールベ 座乱読後乱駄夢人名事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古代のコインに描かれる横顔の表示が源流かもしれない横向きの肖像画プロフィール(横顔)ですが、ルネッサンスの頃の美女の絵姿なども美しくてよいのですが、男性も、自慢?の鼻のラインなどを見せ付けたいのか、近代の写真でも横顔撮影のものがあります。
 
 
  19世紀 写真と近代絵画  クールベ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「天使は見えないので描かない」と宣言するクールベ/クールベ絵画のライバルは写真映像/瞬時をとらえる写真映像の進化/「波の動き」に挑戦するクールベ/クールベの写実主義の限界
 
 
  ギュスターヴ・クールベ ポーラ美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クールベはフランス東部の小都市オルナンの裕福な農家に生まれた。1839年にパリに行き、アカデミー・シュイスで学ぶかたわらルーヴル美術館での模写制作に励んだ。彼は1846年のオランダ旅行の際、レンブラントの絵画と出合い、同時代の現実社会と人間の諸相を率直に描き出すことに向かっていく。
 
 
  クールベ 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1819&#12316;1877)フランスの画家。オルナンに生まれ,パリで法律(ほうりつ)を学んだが,のち画家となった。日常(にちじょう)目にふれる題材(だいざい)をありのままえがくという徹底(てってい)した写実主義(しゅぎ)をとなえた。1871年にパリ=コミューンに参加(さんか),のちスイスに亡命(ぼうめい)して,そこで死んだ。代表作に「石割(わ)り」「アトリエ」「オルナンの埋葬(まいそう)」がある。
 
 
  サービス精神旺盛なクールベ ekakinoki   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クールベの作品には「どうせ描くなら愉しんでもらおう」みたいなユーモアがあっておもわずニコッとしてしまう。クールベがじっさいにどんなひとだったかは知らないけれど、かれの作品を見ていると、ひとを愉しませようというサービス精神旺盛というか、きっと、おおらかで、人間的なユーモアに満ち満ちたひとだったような気がする。
 
 
  ギュスターヴ・クールベ 「画家のアトリエ」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスを代表する写実主義の画家クールベの最高傑作『画家のアトリエ』。本題は『画家のアトリエ -我が芸術的生活の七年に及ぶ一時期を定義する現実的寓意画-(仏語名はAtelier du peinter, Allegorie reelle determinant une phase de sept annees de me vie artistique.)』と非常に長い。
 
 
  オルナン(フランス)とクールベ  旅のカイエ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1986年、かつての駅舎を改造し、十九世紀の全体像が一覧できるような美術館が出現した。オルセー美術館である。セーヌ河を挟んで筋向いにルーヴル美術館がある。館内では、ルーヴル美術館から移された古典派の作品に拮抗するかのように、反古典派の画家達の作品が展示されている。
 
 
  ギュスターヴ・クールベ (Gustave Courbet)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  写実主義の代表画家として有名なクールベは、現実のありのままを絵画にしたいと願い、それを実行した人でした。そして、世界で初めて絵画の個展を開いた画家としても知られています。「生きた絵画を制作すること」を目的として絵を描き続けたクールベとはどのような画家だったのでしょうか。クールベの絵画をパッと見ただけだと、なんだか難しそうな絵にも思えてきます。
 
 
  《クールベ美術館展》 2005年 大丸京都店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一篇の詩より気高く、美しい。― 奇跡の名画「シヨン城」に出逢うクールベ美術館展写実主義(レアリスム)の巨匠ギュスターヴ・クールベ(1819-1877年)は、フランスの東部、スイスに近い小都市オルナンで生まれ、その生家はクールベ美術館として多くの観光客を集めています。
 
 
  教育用画像素材集 ギュスターヴ・クールベ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オルナンの埋葬/ 黒い犬を連れた自画像/ フラジェの樫の木/ 雪の中の鹿のたたかい/秋の海/嵐の後のエトルタの断崖
 
 
  クールベ展 2001年 大丸ミュージアム梅田   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「聖書や神話をモチーフにした宗教画や史実を描いた歴史画、王侯貴族などの上流階級の肖像画など古典主義、ロマン主義が主流の19世紀半ば、「レアリスム」(現実をありのままに描写する)というそれまでの美術界で表現されなかったことを自らの絵画制作のテーマに掲げ、フランス画壇に現れた。」
 
 
  クールベ、ギュスターヴ ヴァーチャル絵画館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当時の画壇の潮流であった、絵画の理想化を拒否。視覚に忠実なレアリスムを確立。 同朋の、ドーミエとジャン・フランソワ・ミレーとで、19世紀中頃の写実主義を推し進めた。 絵画の批評家や一般の人々は、実際の生活よりも良く描かれている絵画に慣れていた。 クールベはこれに反対した。普通の場所や人々をそのまま描いた。
 
 
  クールベ展 -自然と女性- 栃木県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  栃木県立美術館は開館30周年記念として、クールベ展を開催致します。19世紀フランスのレアリスム(写実主義)の旗手として知られるギュスターヴ・クールベ(1819−1877)は、フランス東部のルー川渓谷の町オルナンに、富裕な地主の息子として生まれました。…
 
 
  クールベ、マネ 近代美術のはじまり  All About   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  18〜19世紀のヨーロッパでは、自然科学の進歩、科学知識の実用化、資本主義の発達、産業の合理化などの動きがあり、人々の日常生活にも大きな影響を及ぼしました。絵画をはじめとする芸術もまた、これにより大きな変革が訪れたといってもよいでしょう。
 
 
  ギュスターヴ・クールベ エルミタージュ美術館展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1819年、ギュスターヴ・クールベは、スイス国境に近いフランシュ・コンテ地方の山の中の村、オルナンに、裕福な地主の子として生まれる。 1840年、21歳の時にパリへ出て、ソルボンヌ大学法学部に入学するが、本人を法律家にさせたかった父親の意図に反し、ギュスターヴ・クールベ彼自身は画家を目指し、ルーヴルに通っては巨匠たちの作品を模写した。…
 
 
  クールベのめくるめく絵画人生 Gustave Courbet   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オルセー美術館にその多くの作品が所蔵されている、フランス写実主義の巨匠、ギュスターヴ・クールベ(1819−1877)。現在、グラン・パレ国立ギャラリーにて、オルセー以外の美術館が所蔵している作品も集めた、一大回顧展が開催されている。
 
 
  クールベ 「パイプをくわえた男 児童英語・図書出版社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  …これは、「写実主義」 (英雄や貴族が活躍するような歴史画、天使など想像する宗教画などを描くのでなく、自分が生きている時代の現実を、理想化せずにありのままに描く) という画風を標ぼうしたクールベが、28歳の時に描いた自画像です。クールベは自画像をいくつも描いているため、この絵は 「パイプの男」 と呼ばれています。
 
 
  クールベ 4種シート 切手・趣味のオンラインショッピング   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  画家(1819-77)の作品と自画像、サイン。「水源」(1868、オルセー美術館)、「波の中の女」(1866、メトロポリタン美術館)、「横たわる裸婦」(1858、メトロポリタン美術館)、「女とオウム」(1866、メトロポリタン美術館)。シート地に「横たわる裸婦」(1852)、「眠り」(1866、プチ・パレ美術館)。
 
 
  レアリスム宣言で知られる19世紀フランスの画家 クールベ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クールベ (Gustave Courbet/1819-1877) は、19世紀フランスの写実主義の画家。 クールベといえば、「レアリスム宣言」が有名だ。これは、当時のフランスにおけるロマン主義の風潮に対抗し、現実を空想によらず、ありのままに捉えようとする「写実主義」の主張である。
 
 
  ギュスターヴ・クールベ (Gustave Courbet) まどろみ  - My Art   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  所蔵美術館 : プチ・パレ美術館  複製画種類 : プリハード・デジタグラフ フレーム版  6号相当(40.9cm x 約31.8cm)のプリハード・デジタグラフ フレーム版です。トリミング無し。
 
 
  クールベとルソー、他に7人の画家たちが写っている写真を物語る   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホイッスラーを調べると、意外なことに、クールベとのつながりが現れてきます。クールベは1865年に北フランスの避暑地トルーヴィルに行き、ホイッスラーとその恋人ジョーに会い、彼女をモデルに数点描いています。
 
 
  ギュスターヴ・クールベ Gustave Courbet 1819-1877  フランス 写実主義   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスを代表する写実主義の画家。1840年法律家を目指しパリに向かうが、画家を志すようになる。自意識過剰とも取れるほどナルシスム的な性格が強く、「自伝を書くようなもの」と自画像を数多く描いた。その自画像で1844年サロンに初入選し、1850年に出展した『オルナンの埋葬』が物議を呼んだ。
 
 
  COURBET  クールベ <書籍> G・クールベ/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  リアリズムは死語か。人間として画家として自然のみを師とするとは、どういうことか。十九世紀半ばの彼の色彩や制作過程を見直すと、私達は新たな驚きに打たれる。
 
 
  クールベ <書籍>  ジェームズ・H.ルービン著 三浦 篤訳    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クールベ  ジェームズ・H.ルービン著 三浦 篤訳  サイズ : 22cm / 351p 出版 : 岩波書店
 
 
  ギュスターヴ・クールベ ある画家の生涯 <書籍> マリー・ルイーゼ・カシュニッツ著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  7月革命、2月革命からパリ・コミューンという激動の時代を生きた画壇の風雲児クールベの熾烈な生涯を、芸術家としての規範と人間的弱さをもつ個人としての規範の二つの柱を軸に、様々なエピソードを織り込みながら述べる。
 
 
シャヴァンヌ.1824
貧しき漁夫(1881年)(オルセー美術館) 「夢」や「希望」などでお馴染みのピエール・ピュヴィ・ド・シャヴァンヌが描いた「夏」は、水浴図なんですね。 作家名: ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ (1824年 - 1898年)
  ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピエール・ピュヴィ・ド・シャヴァンヌ(Pierre Puvis de Chavannes, 1824年12月14日 - 1898年10月24日)は、19世紀のフランスの画家。 世代的にはクールベやマネなどとほぼ同時代だが、シャヴァンヌの作風は写実主義、印象派、アカデミズムのいずれとも一線を画している。しいて分類すれば象徴主義ということになろうが、19世紀フランスにおいて位置付けのむずかしい画家である。物語風の伝統を受け継ぎつつ、自然の風景と人物像が調和した独自の作風を作り上げ、後の世代に大きな影響を与えた。  1 生涯 / 2 ギャラリー / 3 代表作 / 4 参照 / 5 参考文献 / 6 外部リンク
 
 
  ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ (象徴主義)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  リヨン出身。19世紀最大の壁画家。フランス象徴主義絵画の先駆的画家。 19世紀のパリはナポレオン三世によって、市の大改造が行われた。 狭く入り組んだ道を直して、放射線状に大通りを作り、多くの建物が改修、建築された。 壁画の需要が大きな時代であった。 パンテオン、パリ市庁舎、リヨン美術館、ボストン公立図書館、マルセイユ・ロンシャン宮、教会、個人邸宅に至るまで、ピュビィスは数多くの壁画を手掛けた。
 
 
  世紀末 祈りの理想郷 〜ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  19世紀フランスを代表する画家、ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ(1824〜1898)。パリ市庁舎やパンテオン、ソルボンヌ大学など、フランス各地に数々の壁画を描き、国民的な画家として歴史に名を残している。 シャヴァンヌが画家として活躍していた時代、フランスは、普仏戦争に