035 【工芸・手芸◆ 小久慈焼 (岩手)〜九谷焼・珠洲焼 (石川)
 火と土の芸術、陶芸。陶器の生産地から名付けられた六古窯、感性を凝縮させたあなたの力作をこのコーナーで発表してみませんか?このコーナーでは”陶器と磁器の違い”についてのホームページもあります。あなたは陶器派?磁器派? どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

各地の陶磁器 北の嵐山 (北海道) 津軽金山焼 (青森) 楢岡焼 (秋田) 白岩焼 (秋田) 小久慈焼 (岩手)
鍛冶丁焼 (岩手) 台焼 (岩手) 堤焼 (宮城) 切込焼 (宮城) 台ヶ森焼 (宮城) 平清水焼 (山形)
成島焼 (山形) 大堀相馬焼 (福島) 会津本郷焼 (福島) 会津慶山焼 (福島) 相馬駒焼 (福島) 二本松萬古焼 (福島)
小砂焼 (栃木) 益子焼 (栃木) 笠間焼 (茨城) 飯能焼 (埼玉) 今戸焼 (東京) 森山焼 (静岡)
賤機焼 (静岡) 高遠焼 (長野) 松代焼 (長野) 無名異焼 (新潟) 庵地焼・安田焼 (新潟) 村松焼 (新潟)
越中瀬戸焼 (富山) 小杉焼 (富山) 九谷焼 (石川) 大樋焼 (石川) 珠洲焼 (石川) 渋草焼 (岐阜)
← 034 【工芸・手芸 暸‘磁器の世界      036 【工芸・手芸】◆陶磁器の世界 → 
TOP >  c 工芸・手芸 > 035 【工芸・手芸◆ 小久慈焼 (岩手)〜九谷焼・珠洲焼 (石川) >  
       
各地の陶磁器
鍋島焼 鍋島焼 全国各地の陶器市・陶器まつり日程まとめ
  産地リスト - 日本のやきもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伝統的工芸品とは・・・?   国が指定し、振興する「伝統的工芸品」とは次の条件が必要とされています。 (1) 主として日常生活で使われるもの (2) 製造過程の主要部分が手作りであるもの (3) 伝統的(おおよそ100年間以上)の技術、または技法により製造されるもの 4) 伝統的に使用されてきた原材料より製造されるもの (5) 一定地域で産地を形成していること(10企業、または30人以上の規模)
 
 
  日本の陶磁器産地一覧 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の陶磁器産地一覧は全国都道府県順に至る焼き物産地を網羅したリストである(太字は経済産業省指定伝統的工芸品)。 北海道〜九州地方までの一覧
 
 
  陶芸 - 日本の主な陶芸品の産地 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸(とうげい)とは、粘土に造形を凝らしてこれを高温の窯で焼成することにより陶磁器をつくる技術のこと。焼きものとも呼ばれる。造形方法には轆轤(ろくろ)の上に置き、手や足で回しながら、両手で皿や壷などの形をつくっていく方法や手びねりという方法、或いは型を用いて土の形を整える方法などがある。焼き方には、窯を用いない「野焼き」や、七輪を用いる「七輪陶芸」などという手法もある。土の種類やこね方、釉、そして焼く温度など、様々な要素が作品に貢献する。 1 胎土 / 2 成形の方法 / 3 装飾と施釉 / 4 焼成 / 5 歴史 / 6 考古学 / 7 環境問題 / 8 脚注 / 9 参考文献 / 10 関連項目 / 11 外部リンク
 
 
  明石焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明石焼(あかしやき)は、兵庫県明石市を中心に焼かれる陶磁器である。明石焼の焼造は江戸時代中頃からはじまった明石藩の民窯、三島や古清水風・京焼風の色絵陶器の影響を大きく受け色絵の皿や碗などが多く焼かれた。江戸時代後半ごろが最盛期でそのころになると古京焼風の色絵の土瓶や土鍋などの高級なものが増えていった。明石・明石浦・明浦山・明石湊などの印がある。  関連事項
 
 
  白石焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白石焼(しらいしやき)は佐賀県みやき町北茂安で焼かれる陶器。古くは磁器が中心で、有田、唐津と共に肥前の代表的な磁器産地として名を馳せ、有田の西目の皿山に対し、東目の皿山と呼ばれた歴史を持つ。 古くからみやき町のある三養基郡一帯は須恵器、瓦などが焼かれていたが、白石焼としては宝暦年間に枡谷金右衛門が深掘丹作の奨めで根を下ろし、この地で作陶を始めたのが始まりである。  歴史/特徴
 
 
  倉吉市 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  倉吉市(くらよしし)は、鳥取県中部の市。当市は鳥取県中部の玄関口としての役割もある。 市内には打吹玉川地区をはじめ土蔵が多く、白壁土蔵の街として知られている。 当市を含めた中部の市や町は、「とっとり梨の花温泉郷」を形成している。生活文化や慣習、方言については鳥取市など鳥取県東部の影響を強く受けているところが多い。  1 地理 / 2 歴史 / 3 行政 / 4 経済 / 5 姉妹都市・提携都市 / 6 地域 / 7 隣接する自治体 / 8 交通 / 9 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 / 10 倉吉市出身の有名人 / 11 倉吉に関する作品 / 12 その他 / 13 参考文献 / 14 外部リンク
 
 
  陶磁器 - 倉吉焼八幡窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  工房. 陶工・小原雅也. 伯耆富士と呼ばれる大山の火山灰を釉薬に、鉄分の多い赤土を生地に、蒜山に産する珪藻土で砧青磁を探求した先代の志を受け継ぎ、地域の特性を生かした現代感覚を盛り込んだ創造に取り組んでいます。
 
 
  倉吉焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  倉吉焼 の画像 - Google
 
 
  倉吉焼・八幡窯 - いつもNAVI   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大山の火山灰を釉薬にした倉吉焼を体験: 八幡神社の神域で、鳥居をくぐって入った所に位置する窯元。地域の特性を生かし、現代感覚を盛り込んだ創造に取り組んでいる。陶芸体験も行っており、湯呑みや抹茶茶碗などを作ることができる。
 
 
  倉吉焼 八幡窯の画像 - tabico   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  倉吉焼 八幡窯の観光情報: 大山の火山灰を釉薬にした倉吉焼を体験。
 
 
  「倉吉焼八幡窯」 陶芸に果敢に挑戦し続ける2代目!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小原雅也 -おばらまさや-(1960年生): 1984年 倉吉焼八幡窯の2代目として作陶を始める。 現在、大山の火山灰を釉薬に使うなど先代が研究した技術を受け継ぎ、陶器のオブジェなど多岐に渡る陶芸の創作活動を行っています。
 
 
  YouTube - 倉吉焼八幡窯の小原雅也さん個展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 倉吉焼八幡窯の小原雅也さん個展 日本海新聞ニュース
 
 
  秘窯の里 - 大川内山(おおかわちやま)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  秘窯の里 伊万里大川内山一帯が「大川内鍋島窯跡」として国の史跡指定を受けました。 大川内山歴史散策/鍋島藩窯公園/文化財としての大川内山/大川内山の歴史/イベント紹介/大川内山見て歩き/大川内山周辺の紹介/大川内山へのアクセス/お問合せ
 
 
  大川内山焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大川内山焼 の画像 - Google
 
 
北の嵐山 (北海道)
「北の嵐山」当館から車で約20分 - ロワジールホテル旭川 写真・画像 旭山動物園チャンネル//北の嵐山 北の嵐山に、工房兼ショップpotta(ポッタ)を数年前に開窯。毎日の生活の中で、愛着のわく うつわを目指し、ひとりで制作している小さなショップです。
  北の嵐山 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北の嵐山(きたのあらしやま)(工芸・庭園・茶房〜四季折々の里物語)は、北海道旭川市旭岡(あさひがおか)一帯の愛称名。旭川市内を一望できる嵐山(本名は弓なり山)の麓にあることからその愛称がついていた。明治時代の開拓当時に行われた煉瓦づくりに起源があるとされている。 陶器は雪や氷などをイメージした北国らしい作風に大きな特徴がある。陶器だけではなく、木製品・染色工房・ガラス工房・ギャラリーや喫茶店などが点在していて、一帯はお洒落で落ち着いた雰囲気が漂っている。 1 工房・ギャラリー・喫茶店 / 2 その他 / 3 関連項目 / 4 外部リンク
 
 
  北の嵐山 - 北海道旭川市の工芸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  旅の入り口は旭川・・芸術家の集落 北の嵐山新着情報/北の嵐山物語/お店におじゃま/嵐山で体験/ニュース/ギャラリー/ショッピング
 
 
  北の嵐山 - BEST! from 北海道   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  工芸・庭園・茶房〜四季折々の里物語: 広大な嵐山の野草庭園に隣接する旭川西部の丘に20年ほど前から陶芸や染色・ガラス工房が立ち始め、現在では16軒、木工ギャラリーやカフェ・レストランも開かれ美しい別荘地の様相を醸し出している。体験工房もあり大人の休日を味わう観光客でにぎわいを見せている。
 
 
  北の嵐山 - 北海道旭川市  Facebook   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北の嵐山の「大雪窯」さんで陶芸を体験したときの作品をお見せしますね。なかなかの作品だと思いませんか?押し売りですが。。。
 
 
  北の嵐山の基本情報 - 北海道じゃらん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸やガラス、染色、木工クラフトの工房やギャラリーが点在し、北邦野草園もある散策が楽しいエリア。ガラスや陶芸、茶道の体験ができる工房もあるので気軽に出かけて。
 
 
  北海道旭川市のおすすめ観光スポット - 北の嵐山   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸工房やガラス、木工、染色工房などが集まっているゾーン。実用品から芸術作品まで揃い、体験できる工房やギャラリー、喫茶店やレストランなどもある。
 
 
  北の嵐山(北海道旭川市)の情報 - MAPPLE 観光ガイド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸工房やガラス、木工、染色工房などが集まっているゾーン。実用品から芸術作品まで揃い、体験できる工房やギャラリー、喫茶店やレストランなどもある。 北海道旭川市旭岡1〜3
 
 
  アートを満喫できる散策スポット。北海道旭川にある「北の嵐山」へ行ってみよう!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北海道旭川にある芸術家の集落「北の嵐山」を知っていますか?てくてく散策しながら、陶芸、木工、ガラス、染色など、思う存分アートを満喫できる素敵な場所です。歩き疲れたら、ちょっと一休みできる素敵なカフェもありますよ。
 
 
  北の嵐山 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北の嵐山 の画像 - Google
 
 
津軽金山焼 (青森)
津軽金山焼 - L'art de vivre 津軽金山焼 - まるごと青森 津軽金山焼はまだ20年の歴史ですがこれからが楽しみな焼物です。 -  【津軽金山焼】松宮亮二・松風窯
  津軽金山焼き   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私は岡山にいた友人の影響を受けて今から20年前から、電機の窯と電動ろくろを購入し、家で使うせとものを作ってきた。 今は時間がとれなくだいぶ製作からご無沙汰しているが、将来はまた製作するつもりでいる。この金山焼きも、肌触りは「備前焼き」に近い物があり、私も古い会員にもなっている。
 
 
  in the 津軽金山焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸家の父の意のまま、家族5人下北沢から五所川原市津軽金山焼に移住してきました…。飛ぶように過ぎていく毎日を少しでも残しておきたく記しています。
 
 
  津軽金山焼へようこそ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新しいのに、懐かしい・・・。津軽金山焼には、現代に生きる私達の心を潤す温もりがあります。金山の大溜池の底に堆積していた良質の粘土、山林には風雪に耐えてきた大量の赤松。陶芸に最適な資源を得ることと、自然を整え生かすことを心に。
 
 
  津軽金山焼  松宮 松風   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  津軽は、「手仕事専科」店主の第二の故郷です。津軽に生きる人々は、粘りっこくて、温かくて、一筋縄では梃子でも動かないじょっぱりで、風景から生活まで、すべてに芳しい香りをもつ土地柄です。このたび、津軽金山焼の松宮松風さんと初めてお会いしましたが、素晴らしい陶芸家、そして、経営者でもあり、また、まさに津軽人でありました。
 
 
  津軽金山焼 - まるごと青森   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  津軽金山焼で新大窯誕生!! 12月5日からは初窯展も♪  津軽金山焼で新大窯誕生!!というニュースを聞き、昨日、出掛けてみました♪ (2009/11)
 
 
  津軽金山焼 - L'art de vivre   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青森では、五所川原市にある津軽金山焼さんへ行ってまいりました  敷地に入ると、大きい馬の焼き物が増えていました
 
 
  津軽金山焼「春の陶器祭り」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  かつてこの地にあった須恵器の強い影響を受けた津軽金山焼は、釉薬(うわぐすり)を一切使わずに1300度の高温でじっくりと焼きあげて固める「焼き締め」の手法で、深みのある独特の風合いをそなえた焼き物を生んできました。 窯場は年中無休いつでも見学できるほか、手びねり・ひも作りによる陶芸教室で陶芸を体験することができます。
 
 
  金山焼とは/どんな焼き物?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新しいのに、懐かしい・・・・・・。 津軽金山焼には、現代に生きる私達の心を潤す温もりがあります。 金山の大溜池の底に堆積していた良質の粘土、陶芸に最適な資源を得ることと、自然を整え生かすことを心に。 陶芸に最適な資源を得ることと、自然を整え生かすことを心に。   どんな焼き物?/どんなところ?/めざすもの/あゆみ/金山焼ができるまで
 
 
  津軽金山焼ギャラリー和土WANDO   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日、新作の見本が何種類か窯から出てきました。金山焼では、お客様に新しい作品をお出ししたく、スタッフ一同頑張っています。 新作ですので、お客様のいろいろな声を頂戴したいと思っております。 『ここはもうちょっとこうしたほうが・・・』  『形は良いけれど、重すぎる』  などなど、いろいろなご意見をお聞かせ下さい! その声を参考にして、よりよい作品づくりに励みたいと思っております
 
 
  津軽金山焼”春の陶器祭り” - aptinet   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  津軽金山焼の総力をあげての楽しい年2回の大イベント。 登り窯の大窯・小窯。穴窯、ジョン窯、灰かぶり窯の約15000点にものぼる窯出し即売会や年2回の「大半値市」。 地場産品屋台村では、地元の人達の自慢の品も販売。春は益子焼の陶器も出展します。 レストラン「パタータ」では、ピザコンテストも開催するなど、わくわくどきどきの楽しいイベント満載です。
 
 
  津軽金山焼〜自然を整え生かした焼きもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  釉薬を一切使っていないので、土がそのまま器になったような素朴な味わいがある陶器なのです。 帰省すると、たまに金山焼に行って、器を見たくなります。
 
 
  ★津軽金山焼 地中海レストラン PATATA♪   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自然で優しいぬくもりと深みが魅力の「津軽金山焼」  料理皿、珈琲カップ、一輪差し・・など身近でもよく見かけ、馴染みのある大好きな器です 独特の風合いを持つ器に魅せられる人々も多いです その津軽金山焼が作られている五所川原の薪窯の里へ足を運んでみました
 
 
  津軽金山焼窯出し(青森県) - テン3の旅行・探検blog    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金山の大溜池の底に堆積していた良質の粘土、山林には風雪に耐えてきた大量の赤松。 かつてこの地にあった須恵器の強い影響を受けた津軽金山焼は釉薬を一切使わずに、1300度の高温でじっくりと焼きあげて固める「焼き締め」の手法で、深みのある独特の風合いをそなえた焼き物
 
 
  津軽金山焼(青森県五所川原市)の情報 - MAPPLE 観光ガイド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地元金山地区の良質な粘土で作る陶器で、釉薬を使用しない素朴な風合いが特徴。大小登り窯などが見学できるほか、陶芸体験もできる。
 
 
  土と炎とじょっぱりと 聞き書き 津軽金山焼の挑戦 [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青森県五所川原市で焼締め陶器の産地を目指す、津軽金山焼窯元・松宮亮二の飾らない津軽弁の語りで金山焼のタ゛イナミックな歩みなどを紹介。また、陶芸の専門用語も丁寧に解説しており、入門書としての内容にもなっています。
 
 
  津軽金山焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  津軽金山焼 の画像 - Google
 
 
楢岡焼 (秋田)
同じく「海鼠釉(なまこゆう)」の釉薬を使った青い輝きが特徴ですが、 白岩焼とはルーツも異なり、約140年以上の歴史を守る唯一の窯元です。 楢岡焼 杯 陶器 秋田県 楢岡焼 コーヒー碗皿 サイズ:カップ φ7.5 h7 皿 φ14 2,400円(税別)
  楢岡焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楢岡焼(ならおかやき)は、秋田県大仙市南外地域にて焼かれる陶器である。独特の群青色の海鼠薬(なまこゆう)が鮮やかな色合いを出すことで知られる。 楢岡焼は、1863年(文久3年)に地元旧家の小松清治が、秋田市の寺内焼の陶工(最近の調査研究により、相馬焼から来た陶工という説が浮上している)を招いて窯をつくらせたのが始まりである(他に1867年(慶応3年)説もあり)。  1 歴史 / 2 関連項目 / 3 参考文献 / 4 外部リンク
 
 
  秋田 楢岡焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  秋田県内陸の山村にて、江戸時代の末から続く伝統陶器・楢岡焼(ならおかやき)。 当サイトは楢岡焼の魅力を可能なかぎり紹介するとともに、陶磁器全般のさまざまな解説や案内も載せていきます。 お知らせ/製造工程/よくある質問/サイトマップ
 
 
  楢岡焼 楢岡陶苑 - MAKERS   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楢岡焼(ならおかやき)は、秋田県大仙市南外地域にて焼かれる陶器。1863年に地元旧家の小松清治が、秋田の寺内に滞在していた相馬焼の陶工から手ほどきを受けて焼いたのが始まりです。
 
 
  中田英寿 つなぐ 秋田、楢岡焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  これまで全国各地の窯元を訪ねてきた。いろいろなロクロやその他の手法で器や皿を作ったりもした。しかしどうしてもこれまで見られなかったことがある。それが実際に薪を使った、登り窯や穴窯での「焼成」だ。最近は、温度管理がしやすく、仕上がりも安定する電気やガスの窯を使う陶芸家も多いが、やはり陶芸の醍醐味は、数日間かけて薪で焼き上げる焼成だ。ただ登り窯などの火入れは、多いところでも年に1、2回。なかなか僕が訪ねるタイミングと合わなかったのだが、「Revalue NIPPON」の旅、5年目にしてようやくそのチャンスが訪れた。
 
 
  楢岡陶苑 - 観光施設| 大仙市ホーム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  140年を超える伝統とそれに裏打ちされた高い技術が評判の地元特産品「楢岡焼」の窯元です。地元で採取された土を原料に、海鼠釉(なまこゆう)と呼ばれる独特のうわ薬を用いて焼き上げられる陶芸品は、美しい青白色を帯びて独特の風合いを醸し出しています。元来、日常雑器や徳利、水がめ、すり鉢などを生活に密着したものを作り続けていただけに器としての機能性も非常に高く、県内外に多くの愛用者がいます。 楢岡陶苑では、陶芸品の販売のほか、陶芸品の製作体験教室も随時行っています。参加者は、職人の指導のもと、世界にひとつだけの作品づくりを楽しめます。
 
 
  楢岡焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楢岡焼 の画像 - Google
 
 
  楢岡焼 白岩焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楢岡焼 白岩焼 の画像 - Google
 
 
白岩焼 (秋田)
獅子二耳甕 白岩焼.楢岡焼.秋田.古民具.かめ.つぼ.和陶器 こね鉢◇白岩焼.楢岡焼.秋田.古民具.睡蓮鉢.壷.甕.かめ
  白岩焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白岩焼(しらいわやき)は、秋田県仙北市角館町白岩で焼かれる陶器。県内最古の窯元であり、重ね掛けされた褐色の鉄釉と、青みの強い藁灰釉(海鼠釉)の対比に特徴がある。 白岩焼の陶祖は江戸時代の陸奥相馬中村藩浪人松本運七である。運七は大堀相馬焼の関係者であり、出羽秋田藩によって鉱山の陶製ルツボ製作のために招聘された技術者であった。  1 歴史 / 2 現代の白岩焼 / 3 白岩焼所蔵施設 / 4 参考文献 / 5 外部リンク
 
 
  白岩焼 - 和兵衛窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白岩焼の歴史: 江戸時代のはじめ、角館は秋田藩の要所として城をかまえた城下町でありました。 角館を11代にわたって治めた佐竹北家は、文化事業に熱心であった秋田藩主・佐竹家の筆頭分家にあたります。風流を好んだ家風で知られており、書画や俳諧、和歌に秀でた城主を代々輩出しました。当時の地割そのままに残された武家屋敷や桜並木は、現在もその美しさを伝えております。                  
 
 
  白岩焼歴史年表 - 角館樺細工伝承館  仙北市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1767年  明和4年: 相馬焼の流れを汲む松本運七が、相馬大堀(現福島県)から現在の西仙北町心像(こころやり)に居住し、製陶を試みる。〜1993年 平成5年: 和兵衛窯、濱田晋作指導による登窯(4室)にて初窯焼成。
 
 
  白岩焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白岩焼 の画像 - Google
 
 
小久慈焼 (岩手)
小久慈焼陶芸苑 小久慈焼 お茶碗/白とアメ色/手仕事 古い小久慈焼です ( 工芸 ) - 直径235mm). 
  小久慈焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小久慈焼(こくじやき)は岩手県久慈市で焼かれる陶器。江戸後期に初代熊谷甚右衛門が相馬からの陶工、嘉蔵に師事したことから始まった。後に甚右衛門は師の技術を修得すると、地元の粘土を発見、釉薬も独自の物を創出し、茶器なども作られた。明治時代には柳宗悦にも認められたが、次第に衰退。昭和28年に市の努力によって再興し、今日に至る。
 
 
  北限の民窯 - 小久慈焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北いわての地に、二百年の間 地元の暮らしに寄り添ってきた「うつわ」があります。 ENGLISH/お知らせ/商品情報/小久慈焼について/直売店のご案内/オーダーメイド/アスセス/お問い合わせ
 
 
  番外編:岩手 小久慈焼とは   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  久慈の人々のために作られた実直で美しい日曜雑貨: 小久慈焼の窯は、岩手県の北東部、久慈市にある。代表作は、細長い口を持つシンプルな片口。その素朴さと美しさは、民藝運動を起こした柳宗悦にも高く評価された。
 
 
  陶器の宿場〜小久慈焼陶芸苑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸体験教室で、自分の好きな焼き物を作ってみませんか?  岩手県久慈市小久慈町31-29-1
 
 
  小久慈焼陶芸苑 - きてきて久慈市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  約200年の歴史を持つ小久慈焼: 福島の陶工に師事した熊谷甚右衛門が久慈の土から創造し焼きはじめたという小久慈焼。 地元の粘土だけで、ロクロを使って一つひとつ手作りで仕上げるという昔ながらの技法を守り続けています。「焼きものは呼吸がすべて」と語る、七代目窯元の下嶽岳芳氏。一瞬にして土に命を吹き込むその技は、達人の情熱と久慈の風土が育んだ芸術といえましょう。
 
 
  いわての工芸・民芸品  小久慈焼特集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小久慈焼の起源は今から約200年前にさかのぼります。初代熊谷甚右エ門が相馬から来た陶工嘉蔵に師事しその技術を習得し、釉薬は地元で取れる粘土を基に小久慈特有の上釉を創り出し、八戸藩の御用釜として、花碗・皿・壺が焼かれました。その上釉のもつ渋味と素朴さは伝統的に今日まで継承され、製作もロクロを使い手作りをしています。六代熊谷龍太郎に至り、小久慈焼企業組合を設立、伝統を継承しつつ「現代感覚と新技術」を取り入れ製作されています。 特集一覧はこちら
 
 
  200年の歴史を誇る小久慈焼 - 久慈市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現在は、赤松を燃料とするのぼり窯とガス窯を併用しております。
 
 
  小鹿田焼とこだわり竹製品の通販ショップ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  3.5寸の深小鉢。玉縁(ふち)の丸い形に飴釉が掛け分けられています。/ 小久慈焼のしょうゆ差。えくぼがかわいい小振りな洋梨のようなカタチ。なんだか食卓をあったかくしてくれそう。/ 小久慈焼でいちばん小さな皿。柔らかな釉調のしたにフォルム感のある丁寧なろくろの仕事が施されています。/ 日本民芸公募展優秀賞となった土瓶と煎茶碗のセット。やさしいお茶の時間を。・・など多数。
 
 
  小久慈焼 - MUJIキャラバン (2012/8/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  7月下旬の岩手はまだ梅雨の中。満開のあじさいが私たちを迎えてくれました。 久慈市を車で走っていると、ふと窯元の看板を発見。 中に入ってみると、少し厚みのあるぽってりとした、白と茶色のとてもシンプルな器が並んでいました。 「小久慈焼(こくじやき)」・・・
 
 
  小久慈焼陶芸体験   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  どのような行程を経て小久慈焼ができるか、どのような背景・歴史で小久慈焼が地域に根ざしたかなどをとおして、「もの作り」の大切さを学ぶことができます。 土、釉薬ともに久慈産のものを使用しており、ここでしか体験できない内容となっています。山形エリアの体験とともに、ゆったりとした時間の中でじっくり「もの作り」の楽しさを体験できます。
 
 
  小久慈焼 - designshop   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小久慈焼の起源はいまから約二百年前、初代熊谷甚右衛門が相馬から来た陶工嘉蔵に師事したことに始まります。甚右衛門は師の技術を習得するとともに、地元で採れる粘土を用い小久慈焼特有の釉薬を創り出しました。 その釉味が八戸藩主に認められ藩の御用窯として茶碗、皿、ツボ等を焼き出すに至ります。 それら釉薬のもつ渋味と素朴さは伝統的に受け継がれ、今日でも変わらない小久慈焼の大きな魅力になっています。また、製作も昔ながらのロクロを用い手作りをしています。
 
 
  小久慈焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小久慈焼 の画像 - Google
 
 
  YouTube - " モダンな 陶芸 " 窯出し ~ Japan Pottery   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - " モダンな 陶芸 " 窯出し ~ Japan Pottery
 
 
鍛冶丁焼 (岩手)
鍛冶丁焼 (岩手) 鍛冶丁焼 (岩手) 鍛冶丁焼 (岩手)
  鍛冶丁焼 - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鍛冶丁焼(かじちょうやき)は岩手県花巻市で焼かれる陶器。文政年間に、古館伊織が市内の鍛冶町にて窯場を開いたのが始まり。明治になって本家は廃窯、分家も戦災の影響を被って絶えてしまったが、昭和22年に益子で修行した阿部勝元が、伝統的な手法を蘇らせて再興した。 特色は轆轤による製法、伝統的な登り窯を使った手作りの味にある。そして青緑や乳白色の釉薬は、一見奇抜に見えるが非常に落ち着きがある。茶碗や酒器、花瓶などの日用雑器を主に焼いている。
 
 
  YouTube - " モダンな 陶芸 " 窯出し ~ Japan Pottery   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - " モダンな 陶芸 " 窯出し ~ Japan Pottery
 
 
  鍛冶丁焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鍛冶丁焼 の画像 - Google
 
 
台焼 (岩手)
杉村龍郎作、台焼(だいやき)の蓋置です。 台焼 (岩手) 台焼 杉村龍郎 天目茶碗 共布箱 岩手
  台焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  草創は明治中期で、地元の山に陶土を発見した杉村勘兵衛が開窯。彼は温泉水を使って陶土の鉄分を沈澱させ、混ざり物のない白磁を作ることに成功した。その後、杉村は自分の経営していた温泉を売却、その金を陶芸の研鑽に注ぎ込んだ。昭和に入ると陶器も焼かれるようになり、台焼は温泉名物として人気を呼び、近辺旅館の土産物として広く親しまれた。だが、大産地に圧され徐々に衰退。後に伝統的な台焼を守るため、県の窯業試験所に隣接する形で生産が続けられた。現在は有限会社台焼として営業を行っている。  歴史/特徴           
 
 
  台焼 - いわての匠たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  台焼は、杉村勘兵衛が、明治28年にかつて台温泉で焼かれていた湯ノ沢焼(小瀬川焼)の窯を利用して始めた焼物です。地元岩手・花巻から採れる良質の陶石を使った東北では珍しい磁器の窯です。 昭和に入り、故杉村良介氏、龍郎氏が現在の花巻温泉に窯を移し、現在は五代目・峰秀氏が製作に携わっています。窯は登り窯とガス窯を使い、磁器では白磁染付、青磁、辰砂等及び陶器を製作しています。又、日用雑器の他には、茶器・花器・飾り皿・飾り壺などを製作しています。「糖青磁釉」と呼ばれる薄緑の色合いが特徴の焼き物です。
 
 
  台焼窯元 酒器ぐい呑 - 陶のぐい呑や   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩手県の焼き物 台焼酒器ぐい呑み 台焼窯元(杉村 峰秀).
 
 
  留さんのニッポン焼き物紀行 - BS朝日   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回の「留さんのニッポン焼き物紀行」ではナビゲーターの福留功男さんが100年以上の歴史をもつ岩手県・台焼(だいやき)の魅力に迫ります。 まず、その歴史を伺うため、台焼を最初に始めた窯を訪ね、 東北では珍しい磁器と出会います。 そこで知ったのは「台焼」という焼き物は台温泉の温泉水を使って作られたということでした。
 
 
  台焼の蓋置と瀬山窯のぐい呑み - ともさんの焼き物・骨董紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大きさは、高さ4.3cm、外径5.5cm程で、栞付きです。「臺 」(台)の印が入っている、うすい緑釉の作品で、杉村龍郎さんの作品です。岩手県観光協会のホームページには、下の写真が台焼の作品として紹介されています。私の蓋置と同じ釉薬を使っているようです
 
 
  台焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  台焼 の画像 - Google
 
 
堤焼 (宮城)
堤焼針生乾馬氏に師事。昭和57年「津軽千代造窯」として独立。同年三軌会奨励賞受賞。昭和59年天覧奨励賞受賞、平成20年県伝統工芸士。 堤焼(乾馬窯)と堤人形展 独特の味わいがある堤焼の数々
  堤焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堤焼(つつみやき)は宮城県仙台市にて焼かれる陶器。 江戸時代中期に仙台藩主、伊達綱村が江戸から今戸焼の陶工・上村万右衛門を招き、日用品を焼かせたのが始まり[1]。万右衛門の没後一時衰退するが、宝永年間(1751年〜1764年)に遠江国から来た菅原善右衛門が再興する[1]。昭和初期には民芸運動の代表者、柳宗悦が「東北を代表する民窯」と誉め称えたが、今日では江戸末期から続く乾馬窯1つが堤焼の歴史を守り続けている[2]。堤町(仙台市青葉区)一帯に窯場があった[3]ことから、堤焼という名がついた。 脚注/外部リンク
 
 
  堤焼とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仙台市青葉区堤町で生産される茶器・花びん・酒器などの陶器。元禄年間(1688〜1704)江戸の陶工上村万右衛門が仙台の台の原で創始。のち窯が堤町に移り、この名がついた。特に堤人形は有名。
 
 
  堤焼乾馬窯:仙台・宮城の伝統工芸品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  300年以上の伝統を今に伝える、 仙台・宮城ゆかりの焼物です。 地元でとれる土と釉薬にこだわり、 全て手作業で製作しています。 当窯の作品一つひとつを手に取り、自分だけの宝物を見つけてください。 ホーム/お知らせ/堤焼とは/作品/製造工程/体験教室/アクセス
 
 
  みやぎ伝統的工芸品/堤焼 - 宮城県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1688年〜1704年(江戸・元禄年間)ごろ,城下町仙台の北街道にある堤町で生まれた,台原の土と鷺ヶ森の谷間の岩石やお米の籾殻灰を釉薬(ゆうやく)とした素朴で力強い焼物です。 また,堤焼は,仙台古来の焼物として京都乾山風の伝統を受け継いでいます。 原材料は,仙台市内の台原や丸田沢などから産出される質のよい赤土や岩石を用い,風土性の高い陶器です。
 
 
  仙台の土と釉薬で作られる陶器に魅せられる300年の歴史を持つ「堤焼乾馬窯」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  親子で仙台の伝統の灯火を守る窯元。: 300年以上の歴史を持つ陶器「堤焼」は、仙台を代表する工芸品。 そのルーツは江戸・元禄年間にさかのぼります。 仙台で採れる粘土を使用し、地元の岩石や籾殻の灰を釉薬とする、素朴で力強い焼き物です。
 
 
  堤 焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堤 焼 の画像 - Google
 
 
切込焼 (宮城)
切込三彩 各種 (参考文献Aより) 切込焼 〜 東北に花開いた幻の焼き物 切込焼 Kirigomeyaki
  切込焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  切込焼(きりごめやき)は宮城県加美郡加美町(旧宮崎町)にて焼かれていた焼き物で、陶器も磁器も焼いていた。詳しい草創は未だ不明で、伊達政宗、三代目宗公など諸説紛々である。だが江戸時代には伊達藩の御用窯として繁栄し、隆盛を極めたと伝えられる。尚、その頃は高級な染付磁器を焼く一方で、民衆向けの日用雑器も多く焼かれていた。 明治時代にはすっかり凋落し、いつしか窯は廃絶した。大正9年に地元の実業家、岩渕丈之助、沼田秀平らの手によって再興を試みるが、失敗。1990年に旧宮崎町が町興しの一環事業として、伝統的な切込焼の復興が行われるようになった。  特徴/外部リンク
 
 
  切込焼記念館 - 宮城県加美町   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治初期、維新・廃藩と時代の波に呑み込まれ窯の煙を絶たれた切込焼は、その創始を始め様々な点で謎に包まれている陶磁器です。 常設展「切込焼・謎と美」では、時・土・技・人・見・美と題した6つのコーナーでさまざまな角度から切込焼を紹介しています。伝世品、窯跡調査時の出土資料で、来館者を魅了しています。
 
 
  加美町ふるさと陶芸館・切込焼記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幻の古窯・切込焼の里で陶芸体験: ふるさと陶芸館・切込焼記念館では、江戸時代後期から明治時代の初めまで生産されていた陶磁器である切込焼が展示されている。また、陶芸体験教室が開かれており、陶芸家の指導を受けながら手びねり造形ができる。絵付けを体験できるコースもあり。
 
 
  みやぎ伝統的工芸品/切込焼 宮城県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  切込焼の創始は,確たる文献がないため謎に包まれていますが,1844〜1860年(江戸末期)ごろ全盛であったと伝えられています。この焼物は染付けが主で白磁,瑠璃,砂鉄,三彩などがあります。絵付は簡素で素朴なものが多く,わびさびが感じられます。
 
 
  切込焼 〜 東北に花開いた幻の焼き物 〜 (前編)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回の記事は、「宮城県にはこんなに素晴らしい焼き物があったのだ!」ということを、従来よりご存知の方には再認識を、ご存知なかった方にはぜひ知っていただきたいという思いでまとめてみました。 「切込焼 〜 東北に花開いた幻の焼き物 〜」前編と後編、ご高覧くださいませ。   
 
 
  切込焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  切込焼 の画像 - Google
 
 
台ヶ森焼 (宮城)
台ヶ森釉 壷 - 台ヶ森焼- DAIGAMORIYAKI  台ヶ森焼の炊飯釜-. Kama 台ヶ森釉 マグカップ - 民・工芸品
  台ヶ森焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  台ヶ森焼(だいがもりやき)は、宮城県で造られる陶磁器。 仙台藩主伊達家十代宗廣公なども利用した湯治場の一つ。台ヶ森周辺から取れる土を使い、そこで造られる。 台ヶ森の周辺の地質は、付近で第四紀に生じた火山活動の影響で凝灰岩などが分布し、銅や鉄を多く含む傾向にあること。また石炭化が進んでいない亜炭が豊富に存在する特徴がある。  概要
 
 
  台ヶ森焼 - せんだい旅日和   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  台ヶ森焼は仙台藩 伊達家 の湯治場の一つ 台ヶ森。 このお湯は刀傷に効くと言われ、この場所から取れる土を使い創られる陶器である。 昔から亜炭鉱として使われていた為、亜炭・鉄・銅 など様々な鉱物があり複雑な色合いが生まれる。 遺跡として窯が出土されるなどこの一帯の土には、まだまだ無限の可能性を秘めている。薪窯を7種類持っており、様々な焼色がある。 また最近では、石巻港の海底粘土を使った『海宇釉』の作品もある。
 
 
  気分は陶芸家!? 七ッ森陶芸体験館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  南川ダムのほとりにある陶芸の体験館: 初心者でも一人一人に懇切丁寧な指導をしてくれるので臆することなく陶芸が楽しめます。
 
 
  百窯の里七ツ森で、本格派の陶芸教室 - 宮城まるごと探訪   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歴史ある宮床「台ヶ森焼」で、本格的な陶芸作りに挑戦できる。制作体験は、手びねりと絵付け、上絵付け、上級の4つがあり、粘土から思い通りのオリジナルの器を作り、彩色してから焼き上げるコースと、素焼きの器に絵付けをするコース、本焼きした器に描く上絵付けコースがあり、いずれも指導には台ヶ森焼窯元の先生が携わる。自由な発想で創作ができる本格的な陶芸教室だ。また、全国でも珍しい七種の窯も観覧でき、春には窯焚き・夏は星空鑑賞・秋には陶器祭り、と四季を通じて楽しめる。
 
 
  台ヶ森焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  台ヶ森焼 の画像 - Google
 
 
平清水焼 (山形)
「山形市の伝統工芸」 平清水焼のぐい呑み(1050円)▲「六根浄」とぐい呑み この日の宿の銀山温泉で飲んでみた。 茶の湯の世界のわびさびなどはよくわからない、という人も多いと思います。…
  平清水焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平清水焼(ひらしみずやき)は山形県山形市平清水で焼かれる陶磁器。江戸後期の文化年間に地主の丹羽治左衛門が茨城からの陶工、小野藤次平を招いて、地元千歳山の土を使って焼かせたのが始まり。伝承の上では慈覚大師が千歳山の土を使って、焼き物を教えたとされている。 現在、6つの窯元があるが一般に知られているのは青龍窯の「梨青瓷」「残雪」である。
 
 
  山形  平清水焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伝統に裏づけされた山形の焼き物、その平清水焼について紹介。江戸時代発祥粗陶器から磁器へ、青龍窯の梨青瓷(なしせいじ)や白釉使った残雪も有名。七右エ門窯では、陶芸教室や絵付け教室も開設されています。
 
 
  平清水焼陶芸体験   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京の友人が遊びに来てくれたので、思い出の品作りとして「陶芸」に挑戦しました。 平清水焼きは約200年の歴史があり、現在も6つの窯元が伝統を守りつづけています。 今回、陶芸体験をさせていただいた七右エ門窯は、昔ながらの青みがかった梨肌が特徴の梨青磁や、つや消しの釉薬を使用した陶器が人気です。
 
 
  山形の伝統工芸品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美しい自然と豊かな気候風土に育まれた山形市は、古来より数多くの素晴らしい素材の宝庫でした。こうした真の素材は、人々の感性を奮い立たせ、職人たちの「モノづくり」への意欲を大いにかき立てるものでありました。 山形市の伝統工芸品には、自然の恵みに感謝し、素材の良さを最大限に引き出すことに情熱を傾け、ひたすら己の技術を磨き続けてきた職人たちの魂が込められております。 山形の伝統工芸品一覧
 
 
  平清水焼 - WEB1山形十二花月   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平安時代に慈覚大師が千歳山の土を使って焼きを教えたと伝えられる平清水焼。本格的な成立したのは、江戸時代中期頃ともいわれるが、その素朴な風合いが人気。千歳山の原土を用い、千歳山の麓の“陶芸の里 ”にあり千歳焼とも呼ばれる。原土に含まれる鉄分のにじみ出た梨青磁の青龍窯、うすぐもりの味を出した辰砂紬、油滴天目の平吉窯、そして民芸陶器の七右ェ門窯とさまざまな創意工夫をこらしている。
 
 
  平清水焼 青龍窯 - 残雪組湯呑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山形市の東南、全山松の大木に覆われた千歳山があります。この山の南麓が平清水の里で、平清水焼の窯が点在しております。 山形市の東南、全山松の大木に覆われた千歳山があります。この山の南麓が平清水の里で、平清水焼の窯が点在しております。 青龍窯は明治初期、初代丈助による創業以来、磁器、陶器等を造り続けながら変わりゆく中で、平清水独自の物を造り出すべく苦心研究を続けました。
 
 
   陶芸の里 平清水 - MapFan Web   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伝統の陶器を自作できます : 平清水の陶芸は平安時代に慈覚大師が千歳山の土を使って焼き方を教えたとされていますが、実際に成立したのは江戸時代中期とも言われています。千歳山の原土をつかうので千歳焼きとも言われています。窯元は三つあり、うすぐもりの味を出し京焼きに似ているといわれ、辰砂紬油、滴天目の平吉窯、含まれる硫化鉄分を滲み出した梨青磁の青龍窯、原土をそのまま使い成功した民芸陶器の七右ェ門窯とそれぞれ独特の工夫がなされています。
 
 
  平清水焼:陶器・焼き物の種類と特徴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  全国の陶器の中でも、東北地方の焼き物というと、素朴でどこか土臭い印象のものが多いのですが、東北には珍しく洗練された色合いと独特な肌触りが特徴となっているのが平清水焼です。 平清水焼は山形県山形市平清水の大地主が、笠間焼の陶工である小野藤次平を招き、地元の土を用いて、陶器を焼かせたのが始まりとされています。
 
 
  小さな平清水焼の片口 - 青蓮亭日記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  口径約11cmの小さな平清水焼の片口。 内容量は八分目で約200ml。 こんな小さなサイズのものにはなかなかお目にかかれない(私は初めて)。 最後の2つの画像に写っている大きなサイズのものと違い、注ぎ口が「鳶口」なのがいい。
 
 
  【平清水焼】丹羽良知 - 陶磁器の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  おはようございます。 今日は渡辺秋彦さんの自然釉土瓶をご紹介します。 土瓶は、番茶やほうじ茶などを入れるために、たっぷりとした大きさを持ち、熱い湯を入れて扱いやすいように、たいてい手提げが付けられております。 いかにも土ものらしい感じの土瓶が番茶やほうじ茶には合うような気がします。ほっこりとした温かみが感じられます。
 
 
  平清水焼|日本の陶器・磁器|焼き物の産地と種類   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の陶器の中でも東北地方の焼き物は素朴でどこかしら土臭い印象のものが多いのですが、平清水焼は東北には珍しく洗練された色合いと独特な肌触りが特徴となっています。 平清水焼は山形県山形市平清水の大地主が、笠間焼の陶工である小野藤次平を招いて地元の土を使って陶器を焼かせたのが始まりと言われています。
 
 
  平清水焼(ひらしみずやき)、青龍窯の残雪・花挿しです。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大きさは、高さ: 20.5cm、口径:2cmで、一輪挿しでしょうね。ただ、呑んべいの私には、徳利として使ってもいいかな?と思っています。(笑) 「残雪 」独特の、乳白色の艶消し白釉が、掛かり、黒っぽい地肌が、出ていて、いかにも平清水焼といった作品です。
 
 
  山形 陶芸教室・民芸陶器・オリジナル陶器は、平清水焼きの窯元・七右エ門窯へどうぞ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平清水は、昔ながらの街並みを残す焼き物の里です、七右エ門窯では地元千歳山から取れる硫化鉄分を含んだ陶石を原料に魅力あふれる民芸陶器を作り出しています。 陶芸教室では絵付けもできます。
 
 
  創作骨壺−平清水焼  壺ギャラリ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山形県の西南、千歳山のふもとに窯里があり、約300年の歴史をもつ。幕末から藩の保護を失い衰退したが、戦後青龍窯三代目丹羽龍之介が再興させた。現代は四代目丹羽良知作「残雪」は白釉が墨のように見えて人気が高い。
 
 
  平清水焼  陶板表札(小)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小型の陶器の表札 : 東北地方において最も有名な陶芸の里、山形市は平清水(ひらしみず) その地でも老舗の七右エ門窯による陶板を加工した格調のある一品です。 寸法は 155ミリ×50ミリ厚み約10ミリ と小型です。
 
 
  平清水焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平清水焼 の画像 - Google
 
 
成島焼 (山形)
和久井富二夫作・成島焼の壺 成島焼壺の写真 - 山形県ホームページ 明治期 成島焼 黒縁釉掛水瓶 飾り壺 高さ19.8cm
  成島焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  成島焼(なるしまやき)は、山形県米沢市で焼かれる陶器である。米沢藩主の上杉鷹山が家来の相良清左衛門に相馬焼の技法を学ばせて開天明元年(1891年)窯した。絢爛豪華な絵付は用いられず、海鼠釉、黒釉と窯の焼成によって生じる窯変だけで作品を仕上げるのが特徴。成島焼は藩の御用窯として栄え、藩政を支えるほど潤いを見せたが、近代に入り衰微し、大正年間には廃窯した。 現在は長井市で成島焼という名称で和久井富二が復興させ、米沢市で鳴洲窯の名称で水野哲が復興させている。
 
 
  成島焼 - 山形県立図書館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米沢市を中心とした成島焼系は、陶土に恵まれ、燃料である松材も豊かであり、江戸末期における上杉藩の保護政策に基づいて成功していた。安永頃(1772〜’80)は、宮内・大沢・小菅などにも窯場が作られていた。上杉藩では相良清左衛門を成島焼の量方(はからいかた)に命じ、相馬において陶窯の経営方法を学ばせ、成島の上村丈助とともに経営にあたらせた。当時上杉藩は財政的にも窮迫していたところで、竹俣当綱家老は相良清左衛門を陶業量方に命じ成功したわけである。
 
 
  陶磁器 - 成島焼和久井窯  山形県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  良質な土と伝えられる今泉の地で蘇らせた旧米沢藩の「成島焼」: 長井市今泉地区は昔から良質な陶土が出ると伝えられ、それに着眼した山形市平清水の和久井利蔵が、昭和12(1937)年に土管・瓦製造を始めました。
 
 
  陶磁器【とうじき】: 山形県の特産品紹介    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山形には歴史と伝統を受け継ぐ様々な陶磁器の窯があります。豊かな自然から産出される特徴ある土を使い、代々伝わる釉薬を使い・・・見事な作品が生み出されています。
 
 
  和久井富二夫作・成島焼の壺 - ともさんの焼き物・骨董紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大きさは、径:12cm、高さ:13cmほどで、四方桟共箱、栞付きです。 一輪挿しのようですが、箱書きが「壺」となっていますので、壺としておきます。 成島焼独特の赤褐釉を下掛けした上に、なまこ釉を流し掛けした、成島焼らしい作品だと思います。
 
 
  YouTube - 置賜のふるさと工芸品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 置賜のふるさと工芸品А收島焼和久井窯(山形県長井市)】
 
 
  成島焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  成島焼 の画像 - Google
 
 
大堀相馬焼 (福島)
窯元が300年の伝統を守りながらも新製品の改良に努力している。見学可。国指定伝統的工芸品「大堀相馬焼」 「青ひび」、「駒絵」、「二重」の大堀相馬焼の3大特徴を備えた、代表的な湯呑みです。「二重(ふたえ)」とは、二重構造になっているものを指します。 300年以上の伝統、大堀相馬焼二重ぐい呑み - 松永窯
  大堀相馬焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大堀相馬焼(おおぼりそうまやき)は、福島県浜通り北部の浪江町大堀で焼かれる陶器である。略称として大堀焼(おおぼりやき)ともいう。 江戸時代の元禄年間に、中村藩士の半谷休閑が大堀(浪江町大堀)で陶土を発見し、下男の左馬に命じて日用雑器を焼き始めたのが始まり。浜通り北部は江戸時代の中村藩であり、中村藩は相馬野馬追の伝統を有する為、藩主相馬氏の家紋から繋ぎ駒や走り駒が意匠となっており、縁起物として好まれる。 1 歴史 / 2 特徴 / 3 脚注 / 4 関連項目
 
 
  大堀相馬焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大堀相馬焼の由来 : 大堀相馬焼は、福島県双葉郡浪江町大字大堀一円で生産される焼物です。…/大堀相馬焼の特徴 : 大堀相馬焼は、素朴な味わいの中に親しみのこもった楽しさが感じられ、一度見たら大抵忘れることのできない強い個性をもった焼物です。第一の特徴は「青ひび」といわれるひびが、器全体に拡がって地模様になっていることです。…  商品一覧/会社案内/ポリシー/注文状況/御問合せ/トップ/English
 
 
  福島県浪江長 大堀相馬焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大堀相馬焼は今から約300年の昔、浪江町大堀(旧大堀村)を中心として発達した焼物で、諸窯を支えてきたのは、陶技を修得した土地の農民や給人、新天地を求めて異郷からやって来た先進地の職人でした。  伝統的工芸品のご紹介/伝統的工芸品とは/伝統的工芸士について/リンク集/トピックス/お問い合わせ
 
 
  大堀相馬焼 - 日本のやきもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大堀相馬焼は福島県双葉郡浪江町大堀を中心に焼かれた陶器です。操業は、江戸時代初期の元禄時代に始められ、次第に近隣に伝えられました。旧藩政時代には相馬藩の保護により、寛政年間には半農半陶の者も増え、近隣の村を含めて100基を超す窯により生産され、販路も北海道から関東一円にかけて拡大されました。 また、昭和53年に国の伝統的工芸品としても指定を受け、現在23基の窯元が伝統を守りながら、青ひび焼や駒絵に代表されるやきもの生産に従事しています。  歴史/分類/身近なやきもの/産地リスト/産地マップ/人間国宝/もっと詳しく
 
 
  福島県 大堀相馬焼 陶吉郎窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「大堀相馬焼」は、江戸時代初期に福島県浪江町の大堀地区で創業された焼物です。 大堀地区を納めていた相馬藩の保護の元、江戸時代末期には東北地方最大の焼き物の産地となりました。 青磁釉に墨を塗込む「青ひび」の模様、「走り駒」の意匠、「二重焼」の構造が特徴として知られます。 制作技法は数少ない陶匠の間での秘密となり、現代に受け継がれてきました。
 
 
  陶芸の杜 おおぼり - 二本松工房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大堀相馬焼協同組合は、原発事故により避難を余儀なくされ産地での作陶ができなくなり営業停止になりましたが、このたび二本松市の協力を得て二本松市小沢工業団地に「陶芸の杜 おおぼり 二本松工房」として再開しました。 大堀相馬焼について/窯元一覧/大堀地区/陶芸教室/イベント一覧/交通アクセス
 
 
  大堀相馬焼 - 大堀相馬焼の歴史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大堀相馬焼は、福島県双葉郡浪江町一円で生産される焼物であります。旧藩政時代には相馬藩内で生産される陶器すべてを相馬焼と呼んでいましたが、今は産地名大堀の名を入れて大掘相馬焼と呼んでおります。 創業は今から約300年前、藩士半谷休閑の下僕左馬という人によって創始されましたが、次第に近隣へと伝えられていきました。
 
 
  大堀相馬焼 - 伝統的工芸品を探す   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大堀相馬焼は江戸時代初期(1690年)に作り始められたと言われています。当時その地方を治めていた相馬藩が、焼き物作りを保護、育成したため、江戸時代末期には100余りの窯元が並ぶ、東北地方で一番大きな産地になりました。 明治時代になると、他の仕事に変わる生産者が出て来たこと等から少しずつ数が減り、現在では24軒の窯元が焼き物を作り続けています。これらの窯元は300年の伝統を守りながら、21世紀に向けて新しい製品を作り出す努力をしています。
 
 
  大堀相馬焼き 松永窯  松永和夫さん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大堀相馬焼きは福島県浪江町で焼かれる陶器、江戸時代から300年続く国指定の伝統工芸品です。震災の原発事故の影響で避難地域に指定され、住めなくなってしまいました。現在は栃木県那須町に避難をしております。長く続いた伝統を絶やしたくない。そんな想いから作品を販売させて頂きます。応援宜しくお願い致します!  生産者レポート/ものづくりライブラリー/爆速復興弁当/釜石・大槌フロア/盛岡フロア/陸前高田フロア/気仙沼フロア/南三陸フロア/石巻フロア/東松島フロア/仙南フロア/会津フロア/中通りフロア/浜通りフロア
 
 
  大堀相馬焼の歴史 - 日本やきもの紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元禄 3年(1690)奥州相馬領大堀村(現在、浪江町大堀)の在郷給人、半谷仁左衛門(休閑)の下僕、左馬という人が陶器作りを志し、中村城下(現在の相馬市中村)に行って相馬藩窯(田代窯)の陶工としてその技法の習得をはかった。 後に郷里大堀に帰り、隣村の井手村美森に陶土を発見し、茶碗の焼成に成功し近在に売り出したという。又主人である休閑にその陶法を伝えた。
 
 
  陶芸の杜 おおぼり 二本松工房 - 大堀相馬焼協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大堀相馬焼協同組合は、原発事故により避難を余儀なくされ産地での作陶ができなくなり営業停止になりましたが、このたび二本松市の協力を得て二本松市小沢工業団地に「陶芸の杜 おおぼり 二本松工房」として再開しました。 新たな施設は、展示室・事務室・会議室・陶芸教室・ろくろ場・釉薬かけ物置・仮眠室・窯場などを備えた床面積約720m2の仮設工房です。 ここで再開することにより、伝統的工芸品である「大堀相馬焼」の維持、継承と離散した窯元、浪江町民をつなぐ拠点、ふるさとを想ういこいの場の役割も果たすことを期待して活動しております。  大堀相馬焼について/窯元一覧/大堀地区/陶芸教室/イベント一覧/交通アクセス
 
 
  福島復興への視点 大堀相馬焼―伝統工芸再生への課題   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東日本大震災で浪江町沿岸部は津波により壊滅的な被害を受け、多くの尊い人命が失われた。その直後に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故では、浪江町全域が警戒区域とされ、全町民が避難生活を強いられてきた。福島復興へのひとつの視点として、二本松市を拠点として伝統工芸再生に取り組む大堀相馬焼と窯元たちの現状を見つめてみたい。  青いひび割れと走り駒の絵付け、二重焼の特徴で知られる「大堀相馬焼」。300年以上の歴史を誇る国の伝統的工芸品である。…
 
 
  大堀相馬焼 白河で展示 浪江から那須に避難の松永さん夫妻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  栃木県那須町で避難生活を送る大堀相馬焼「松永窯」の松永和生さん(65)、京子さん(62)夫妻の作陶展は平成26年2月27日まで白河市明戸の緑川産業ギャラリーで開かれている。 同市での作陶展は昨年2月に続いて2度目。茶わんや湯飲み、花瓶をはじめ、対になった陶ひな、陶製の小さなお地蔵さまなど合わせて約150点を展示販売している。…
 
 
  福島浪江町の「大堀相馬焼」 窯の火を守る4代目 (2014/6/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京電力福島第1原子力発電所事故に伴い、いまだ避難生活を余儀なくされる福島県浪江町。伝統工芸品の大堀相馬焼を復活させようと奮闘する若者がいる。大堀相馬焼の窯元「松永窯」4代目の松永武士さん(25)だ。跡取りとなるつもりもなかったし、親も継がせる考えはなかった。もう二度と戻れないかもしれない故郷への思いが松永さんを奮い立たせたという。  「田舎モノ」のコンプレックスをバネに/「もうやめたい」父親の言葉も/転換期 海外へ/浪江町への思い
 
 
  大堀相馬焼(福島県) - 通販一番   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  HOME/ショップ一覧/運営会社について/個人情報保護/当サイトについて/出展について/サイトマップ
 
 
  大堀相馬焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大堀相馬焼 の画像 - Google
 
 
  浪江の「大堀相馬焼」、県とビームスがコラボ=東京・新宿 (2017/12/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福島県はセレクトショップ「ビームス」(東京都渋谷区)と協力し、福島県浪江町の「大堀相馬焼」の販売を始める。 今後、本県の日本酒や食べ物に関連する商品も販売する予定だ。 県が昨年作成した、写真を一切使わず、イラストと文字で福島を紹介する情報誌「ふくしままっぷ」を見た同社バイヤーが興味を持ったのがきっかけ。バイヤーが避難指示区域などを訪れた上で、企画が実現した。 大堀相馬焼は相馬中村藩の神馬「走り駒」が描かれ、青いひびが入っているのが特徴だ。販売する製品は、西郷村で再開した「松永窯」が制作した。 販売は夫婦めおと茶わんや湯飲みなど7種類。馬を皿に九つ配置して「馬九行久(うまくいく)」と縁起をかつぐデザインもある。 販売は来月2日から。東京都新宿区にある店舗「ビームスジャパン」で扱うほか、インターネットでの購入もできる。問い合わせは、福島県広報課(024・521・7309)へ。(全文)
 
 
会津本郷焼 (福島)
会津本郷焼 (福島) 会津本郷焼 (福島) 会津本郷焼 (福島)
  会津本郷焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津本郷焼(あいづほんごうやき)とは、福島県会津美里町(旧会津本郷町)周辺を産地とする陶器及び陶磁器である。会津本郷せと市が毎年8月第一日曜日に開かれている。 1593年に領主である蒲生氏郷が薩摩国から瓦工を呼んで鶴ヶ城の屋根瓦を製造させたのが始まりである。17世紀中頃に藩主の保科正之の求めに応じて瀬戸から陶工・水野源左衛門が呼ばれて本格的に焼き物の基礎を築いた。  歴史/特徴/関連事項
 
 
  会津本郷焼 窯元 流紋焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「土の持つ心と手をつなぐ」私たちはそんな気持ちで、日々、土と向かい合います。 出来上がったやきものは、形、色合い、大きさなどが少しずつ違います。 それが流紋焼の魅力です。 ひとつひとつの商品は、少しずつ違いがあることをご理解の上、ご購入下さい。 そして、その風合い、違いをぜひお楽しみ下さい。
 
 
  会津本郷焼資料展示室 - まっぷる   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伝統の会津本郷焼の作風と歴史に関する資料を展示している。焼物が始まった17世紀から現代までの作品を展示しており、製作工程の解説も行っている。隣には会津本郷焼共販所が併設されている。
 
 
  会津本郷焼 手作り湯呑 - 伽椰草園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津の本郷焼き湯のみ マットなオフホワイトの釉薬がたっぷりかかっており独特な質感を出しております。 釉薬の風合いと、手彫りのしのぎ柄をお楽しみ下さい。 小皿は別に出してお菓子や、ちょっとしたスイーツ・漬物などをのせても素敵ですよ^^
 
 
  【福島県】会津本郷焼 あいづほんごうやき   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶器と磁器の両方の産地であり、一つの窯元で両方の焼き物を生産している場合もある。磁器は青く彩色した呉須染付、あるいは種々の釉を用いた多色による色絵などが特徴。陶器はあめ釉や灰釉など伝統的な釉薬を用い、素朴で親しみやすい味わいの実用的な作陶が展開されている。あめ釉を使った陶器で特に有名なものがニシンの山椒漬けに使用される「鰊鉢」であり、文字通りあめ色の光沢を放つこの陶器は会津本郷焼の代名詞ともなっている。  会津本郷焼とは?/商品・技術の特徴/歴史的背景/認定要件/事業者数:16社/従業員数:276名/主な事業者/業界団体/出荷額/その他
 
 
  会津本郷焼 あいづほんごうやき 〔福島県〕   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文禄二年(1593年)に領主である蒲生氏郷が薩摩国から瓦工を呼んで鶴ヶ城の屋根瓦を製造させたのが始まりとされる。 正保二年(1645年)藩主の保科正之の求めに応じて瀬戸から陶工・水野源左衛門を召し抱え、本格的に焼き物の基礎を築いた。寛政12年(1800年)に白磁の製法を開発し、現在の会津本郷焼の原型を完成させた。 本郷焼窯元マップ/[取扱店/作品]
 
 
  樹ノ音工房・東北の静かな陶郷 会津本郷焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  樹ノ音工房/cafe yuinoba/陶芸体験教室/キノオト日記/地図/お問い合わせ/カタログ・ショップ/ホンゴウ・カフェ
 
 
  日本の伝統工芸「酔月窯」の本郷焼 - AllAbout   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津西街道、美里町本郷は焼き物の里として知られています。本郷焼きは、シンプルなデザインと、微妙な厚みを残した丸みのある焼き口は手のひらに吸い付くようによく馴染み、優しい口当たりが人気です。
 
 
  福島県会津美里町 会津本郷焼 - 東北経済産業局   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国時代に蒲生氏郷公が会津若松の黒川城(若松城)の屋根瓦を焼かせたのが始まりとされ、その後、会津松平藩祖 保科正之公の御用窯として繁栄しました。 東北最古の会津本郷焼は陶器の祖、水野源左衛(1647年)と磁器の祖、佐藤伊兵衛(1800年)が、陶祖廟に祀られており、その流れが現在に受けつがれ伝統の姿を現代に活かされております。  伝統的工芸品のご紹介/伝統的工芸品とは/伝統的工芸士について/リンク集・トピックス/お問い合わせ
 
 
  会津本郷焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津本郷焼 の画像 - Google
 
 
会津慶山焼 (福島)
0024 会津慶山焼 香山窯 茶碗 茶道具・暮らしの古道具・骨董 鉄釉抹茶碗 - 会津慶山焼・季節の器のご提案 九月, * 想像の紫色 * 〜 慶山焼 伝統の釉より 
  会津慶山焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津慶山焼(あいづけいざんやき)は福島県会津若松市で焼かれる陶器である。文禄元年、当時の藩主であった蒲生氏郷が、若松城の前身である黒川城に屋根瓦をふく際に、唐津から陶工を招いて焼かせたのが始まりといわれる。近代に入り、慶山焼は瓦、れんが、土管などの大がかりな資材を焼く一方で、ねり鉢や丼鉢、植木鉢、茶器、日常生活に欠かせない焼き物全般を制作していたが、戦後まもなくに途絶えてしまった。  外部リンク
 
 
  会津慶山焼 : 会津探訪   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津慶山焼は、文久年間(一八六一〜四)より渡部久吉が、会津軽井沢にある銀山(現在の柳津町)のルツボを作り、後に久吉の住居を中心に東側を上水に、西側を下水に区分けしました。 会津慶山焼は、文久年間(一八六一〜四)より渡部久吉が、会津軽井沢にある銀山(現在の柳津町)のルツボを作り、後に久吉の住居を中心に東側を上水に、西側を下水に区分けしました。 現在、会津慶山焼は窯元「香山」ただ一軒のみで、昔ながらのロクロ、手びねり、灰釉を用いる伝統をそのまま受け継いでいます。
 
 
  会津慶山焼 - 東北旅行5   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津市内でただ1軒の窯元。体験コースは手びねり体験(1575円〜)と絵付け体験(787円〜)の2種類で30分〜1時間程度。予約が必要だが団体客がいなければ、準備を待てば出来そう。
 
 
  会津慶山焼 - パンフで観光   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  その昔、鶴ヶ城の瓦を焼いていた事がはじまりであるこの慶山焼。  手にもってしっくりいく感じ、作り手の技と心がしみじみと伝わりゆくようなものだけを作り続けております。
 
 
  会津慶山焼 やま陶 - 會津物語   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「会津慶山焼」は、文禄元(1592)年、時の会津藩主・蒲生氏郷(がもううじさと)公が、鶴ヶ城の前身である黒川城に屋根瓦を葺く際、肥前国の唐津から陶工を招いたのが始まりとされている。その後、慶山焼は、大掛かりな資材から日用の器へと制作の場を移し、広く人びとに親しまれてきたものの、第二次大戦後には、窯元が途絶えてしまう。その慶山焼を、現代に甦らせたのが、この「やま陶」(元、香山窯)だ。寺社に残されていた文献を読み解き、さまざまな試行錯誤を重ねて、往事の慶山焼の発色を見事に復元。“伝統”を受け継ぎながらも、“用即美”の精神で、今の世の日常使いにも適した新しい造形に、日々挑戦し続けている。
 
 
  会津慶山焼 - 会津若松観光ナビ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津の文化、郷土にみがかれた、生活を豊かに彩る器。 1つ1つ手作りによる器は、しっくり馴染み、天然の灰釉は、使い込むほどに色艶がまし、味わい深くなります。 お料理を盛ってこそ映える器、生活の中で使って楽しんでいただける器でありたいという願いを込めて製作に励んでおります。福島県伝統的工芸品指定。 
 
 
  「会津慶山焼」は日常使いにどうぞ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津若松で唯一の窯元「会津慶山焼」は青や紫の独特な色合いが特徴。飾るよりも日常使いに買っていく人が多いという。手びねり体験なども行っている。 会津若松市の唯一の窯元。: 1592年(文禄元年)に会津藩主の蒲生氏郷(がもううじさと)が、現在の鶴ヶ城である当時の黒川城の屋根瓦製造のために備前の唐津から陶工を呼び寄せ、ここ慶山の地で焼かせたのが起源となっている。        
 
 
  会津慶山焼 - 福島県伝統的工芸品指定   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伝統を大切に受け継ぎ使い勝手のよいシンプルな器をつくり続けております。 慶山焼のネット・ギャラリー: ねぎゃら/陶芸教室: 自分の作品につつまれた生活/学生のみなさんはこちらへどうぞ: 体験学習/工房: 企業秘密満載/慶山焼はどこかな?: 地図/お問合せ: お手紙ピュー
 
 
  会津若松市 福島県 体験プログラム 観光情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  慶山焼の陶工が作った素焼きの器に呉須という絵の具を使って、オリジナルの絵柄を描きます。最後に透明釉をかけて、きれいな器に仕上げます。
 
 
  会津慶山焼 - るるぶ.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津慶山焼は、文祿元年(1592)に鶴ケ城の屋根瓦を作るため慶山の地に窯元を作り、瓦を焼いたのが始まり。昔ながらのロクロ、手びねり、つやを出すための釉薬はケヤキの灰を用いるという伝統を受け継いでいる。 陶芸教室は手びねり体験と絵付け体験の2コースで30分〜1時間程度。陶工が指導してくれるので初心者も楽しめる。店舗や工房に加えてギャラリーも併設。
 
 
  会津慶山焼 - じゃらん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津慶山焼は1592年に唐津から陶工を呼び寄せ、現在の鶴ヶ城の屋根瓦を焼かせたのが起源といわれており、昔ながらのろくろ、手びねり、つやを出すための灰釉(はいゆう)を用いるという伝統を受け継いでいる。体験コースは手びねり体験と絵付け体験の2種類で30分〜1時間程度。2名からで予約が必要。 伝統的な会津慶山焼の器作りや絵付けを体験!
 
 
  会津慶山焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津慶山焼 の画像 - Google
 
 
相馬駒焼 (福島)
相馬駒焼 400年への挑戦 (未来新聞 東日本復興活動) 相馬駒焼 田代清治右衛門 ばていがたちゃわん - 相馬デジタルミュージアム
  相馬駒焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  相馬駒焼(そうまこまやき)とは、福島県相馬地方に産する陶器。相馬焼ともいう。茶器類が多く後に走馬を描き、駒焼き(こまやき)ともいう。 1648年(慶安元年)、京都の仁清のもとで修行した陶芸家、田代源吾右衛門(のちに清治右衛門と改名)が相馬郡中村(現相馬市)に開窯。以後、相馬藩の御用窯として手厚く保護された後、現代に至る。
 
 
  相馬駒焼 窯元 田代清治右衛門   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元和の頃、将軍家光の時代、相馬中村藩主利胤公上洛の際に供奉した田代源吾右衛門が藩命により、京の名工・野々村仁清のもとで製法を学び苦学の中秘奥を習得。 師から「清」の字を贈られ名を清治右衛門と改め、相馬へ帰郷の後、中村城下現在地に開窯したのが始まりです。 以来藩主の御用窯として、主に贈答用として用いられ、中でも将軍家献上品は毎年正月初子の日に藩主又は城代家老が製し駒を描き、妙見尊に祈願して参勤の折献上されたと伝えられます。
 
 
  田代清治右衛門とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ?−1658 江戸時代前期の武士,陶工。 陸奥(むつ)中村藩(福島県)藩士。藩主相馬利胤(としたね)の命で京都の野々村仁清(にんせい)にまなび,師から「清」の字をもらい,清治右衛門と称する。帰郷して中村城下に開窯し,相馬駒焼の基礎をつくった。万治(まんじ)元年死去。初名は源吾右衛門。
 
 
  相馬駒焼を訪ねて - みちのくの民芸と蕎麦   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  相馬駒焼は関東、東北で一番古い窯で、相馬藩六万石の藩窯だった。藩主の茶道具、什器類や、将軍家、他大名への贈答品などをつくった。「御留焼(おとめやき)」と呼ばれ、明治維新まで製品はすべて藩に納められ、一般に出回ることはなかった。 初代の田代源吾右衛門が藩命により京都で野々村仁清に焼物を学び、師から一字授けられ,田代清治右衛門と改名し帰郷。慶安年間(1648−50年)に開窯したという。
 
 
  青ひびに走駒の酒器に思う 相馬駒焼×大堀相馬焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青ひびに走駒の酒器に思う 相馬駒焼×. このところ東日本大震災の被災地域にゆかりの深いものを取り上げる機会が多かったが、福島にはもう一つ、どうしても忘れることができない伝統的工芸品がある。相馬焼である。 一般に相馬焼と言われる陶器には二系統ある。
 
 
  相馬駒焼 400年への挑戦 (未来新聞 東日本復興活動)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歴史に幕を引くか、存続の危機に立たされているひとつの窯元が立ち上がった。田代窯は、これから迎える数年間の空白期間の活動方針・計画とそれに紐づく必要資金について、ホームページ上で提示した。これに伴い、今月13日から有志団体の全国への寄付呼びかけが開始された。 田代窯は相馬駒焼を生産する唯一の窯元で、現役の窯としては日本最古の登窯を持つ。
 
 
  相馬駒焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  相馬駒焼 の画像 - Google
 
 
二本松萬古焼 (福島)
井上窯 酒器ぐい呑 - 酒器番号 : 1NIH0003  二本松 萬古焼 井上窯 茶器(湯呑) 萬古焼 瑞山作 乾山写し 梅絵茶碗 書付有り 桐箱入
  二本松万古焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二本松万古焼(にほんまつばんこやき)は、福島県二本松市で焼かれている陶磁器。 嘉永6年(1853年)二本松藩主が、京都から陶工を呼びよせ、下級武士の副業として教えたのが製作の開始と伝えられる。 現在、1軒が残るのみ。 歴史/その他/関連項目/外部リンク/脚注・ヘルプ
 
 
  萬古焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萬古焼(ばんこやき、万古焼)は、陶磁器・焼き物の一つで、葉長石(ペタライト)を使用して耐熱性に優れた特徴を持つ。陶器と磁器の間の性質を持つ半磁器(Т錙砲吠類される。 三重県四日市市の代表的な地場産業であり、1979年(昭和54年)1月12日から伝統工芸品に指定されている。その耐熱性の特長を活かした紫泥の急須や土鍋が有名であり、特に土鍋の国内シェアは、7、8割を占めると言われている。 1 歴史 / 2 脚注 / 3 参考文献 / 4 関連項目 / 5 外部リンク
 
 
  二本松万古焼ぐい呑 - 陶のぐい吞や   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  製品名: 井上窯(井上 善夫)/型番: 1NIH0003/メーカ−: 井上窯(井上 善夫)/外寸法: 幅72mm × 奥行72mm × 高さ53mm/製品重量: 70g
 
 
  二本松萬古焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二本松萬古焼 の画像 - Google
 
 
小砂焼 (栃木)
代表的な小砂焼 小砂焼、松並陶苑作品 : ぐい吞み 小砂焼 (コイサゴヤキ
  小砂焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小砂焼(こいさごやき)は栃木県那須郡那珂川町にて焼かれる陶器。 水戸藩主、徳川斉昭が馬頭の地で良質の陶土を発見、窯を開いたのが始まりで、藩の御用窯として庇護された。現在も那珂川町小砂地区には数軒の窯元が存在し、閑静な焼き物の里を築き、日用雑器を焼き続けている。近郷には馬頭温泉郷があり、土産物向けの食器も多い。 沿革/特徴/脚注
 
 
  小砂焼 市川窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今年の干支は午という事もあり、馬頭(現:那珂川町)も より一層活気であふれる事を期待しております。 遠方の皆様も是非、那珂川町を訪れてみてください。 ニュース/陶芸・絵付け体験/ギャラリー/作品/アクセス/小砂焼きの特徴/ブログ/馬頭町観光案内/外部サイト
 
 
  小砂焼 藤田製陶所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小砂焼は、八溝山中の小口川の谷間に開けた田園地帯馬頭町小砂町に伝えられている焼物である。 浜田庄司の益子焼に隠れて、あまり知られていないが、歴史は益子焼よりも古く、その伝統技法に黒釉に黄金色の結晶斑点、俗に言う「金結晶」がある。6代目当主の藤田眞一氏は、優れた陶芸家でもあり、また、経営者でもある。体験館の整備や商品に対して職人としての心意気ある方である。訪れる者は、その焼物とお人柄に味わい深い時間を過ごされると思う。 −隋想舎「下野の手仕事」より−
 
 
  文化「伝統工芸」小砂焼 - 栃木県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天保年間、水戸藩主徳川斉昭(とくがわなりあき)が、現在の那珂川町(旧馬頭町)の小砂地区付近に良質の陶土があることを知り、楽焼を推奨したのが起源。その後、大金彦三郎が窯を築き、陶器づくりが始められた。 金色をおびた黄色の金結晶やピンクがかった辰紗(しんさ)など、素朴な中にも上品な色あいが小砂焼の特徴。現在も茶器、酒器、花器など、江戸時代からの伝統に新しいアイデアを加えた品が焼かれ、民工芸品として親しまれている。     
 
 
  伝統工芸  小砂焼(こいさごやき) - 那珂川町観光協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小砂焼は金結晶と黒釉の器を多く揃え、落ち着いた色合いは普段使いにぴったり。 
 
 
  小砂焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小砂焼 の画像 - Google
 
 
益子焼 (栃木)
益子焼 炭化浅鉢 益子焼 no.1-15 丸タンブラー 益子大陶器市の歩き方 −益子焼を買う・・。
  益子焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  益子焼(ましこやき)とは、栃木県芳賀郡益子町周辺を産地とする陶器。 毎年、ゴールデンウイークと11月3日前後に「益子大陶器市」が開催され、500を越える店舗が出て賑わっている。 江戸時代末期、嘉永年間に常陸国笠間藩(現笠間市)で修行した大塚啓三郎が益子に窯を築いたことにより始まったとされる。  1 歴史 / 2 特徴 / 3 著名な作家 / 4 脚注 / 5 関連項目 / 6 外部リンク
 
 
  益子町ネット    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  気が付かないうちに10000HITいってました(笑)述べ人数とはいえ、これほどの数値を見せるとは、正直意外だったかも。益子町、及び商工会青年部のことを、少しでも多くの人に知っていただくためにもこれからますます広報活動を続けていきたいと思います。どうぞこれからも、よろしくお願いいたします。
 
 
  益子焼 小峰要   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  益子焼の小峰窯では陶芸体験が楽しめます。 お友達や職場の仲間で土遊びはいかがでしょう! ロクロ体験や手びねり体験で作った作品は、色が選べます。 ロクロ作品→全部で14色(プラス料金のものもあります) 手びねり作品→全部で11色(プラス料金のものもあります) 卒園記念、小学生の校外学習、PTAの研修、子ども会など、人気です。
 
 
  益子陶芸倶楽部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  益子陶芸倶楽部は30年の歴史を誇る本格的な陶芸倶楽部です。 今後人生の中で陶芸を身近に感じていきたい方や、自分のこだわりの器・人形を作りたい方に、また、陶芸の全ての作業を自分でやり遂げていきたい方、薪窯で焼成代行して欲しい方、薪窯を使用した焼成をしてみたい方などに年齢を問わず広く利用されています。
 
 
  益子町観光協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  益子町観光協会のサイトにようこそ!益子町は益子焼を主力産業として、年間約180万人の観光客で賑わっています。 現在窯元や陶芸販売店の数は約350軒にのぼるほどです。それぞれの個性を貫き通している作家さん達の見ごたえある作品を、当サイトにてご紹介させて頂いております。
 
 
  益子焼協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  益子で焼物が製造されたのは、古く奈良時代にまでさかのぼります。そして嘉永6年(1853年)当時26歳だった大塚啓三郎が根古屋(益子町内の地名)に窯を築き、陶業を開始したのが今日の益子焼の始まりとされています。  小道具類から登窯まで焼物に関する事なら益子焼協同組合にお任せください!
 
 
  [特集] 益子焼 monsen   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  益子焼は栃木県の東南部に位置する益子町でつくり出されています。 そこでは民芸運動の流れを受け継ぎ、益子焼は今でもたくさんの陶芸家により新しい器が生み出されています。
 
 
  on the table よしざわ陶器   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶器 食器 益子焼販売 直売 卸。シンプルで素朴な手作り器のお店*生活陶器「on the table」 益子焼の小さな窯元・よしざわ陶器が,手作りの器を手軽な価格でお届けします。
 
 
  マシコドットコム mashiko.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  益子町は栃木県南東部に位置し、東京からも程近く、やきもの巡り・自然散策・ロクロ体験等で都会の疲れを癒すには、手頃な場所として親しまれています。伝統的な民芸品からモダンな器など様々なやきものが楽しめる関東最大の陶郷です。   益子便り/陶庫/陶庫オンラインショップ/道祖土和田窯
 
 
  和食器益子焼販売 〜楽raku〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和食器、益子焼、陶器をネット通販。結婚祝い、引出物、還暦祝い、出産祝いのプレゼントも好評です
 
 
  やまに大塚 益子焼とお食事処   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  HOME/やまに大塚本店/ギャラリー陶芸里/クラフトやまに/陶芸教室/ほっとるーむ けやき/お食事処やまに
 
 
  益子焼要元 よこやま 陶芸体験   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自然たっぷりの体験教室 で陶芸 をしてみませんか?陶芸 のふる里、栃木県益子町にある陶芸教室 のご案内です。大人気のろくろ体験・手びねり体験など・・・益子焼 の窯元で存分に陶芸 をお楽しみください
 
 
  土と彩りの芸術 益子焼窯元共販センター   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  益 子 焼 は 江 戸 時 代 末 期、笠 間 か ら 移 住 し た、大 塚 啓 三 郎 が、町 内 に 陶 土 が 産 出 す る の を見 つ け、根 古 屋 に 窯 を 築 き 台 所 雑 器 を 焼 いた の に 始 ま り ま す。 昭 和 に は い り、陶 芸 家の 浜 田 庄 司 が 人 間 国 宝 に 指 定 さ れ た の を きっ か け に、全 国 的 に 益 子 焼 が 知 ら れ る こ とに な り ま す。
 
 
  益子や 益子焼や笠間焼などオリジナル工芸品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オリジナル制作の益子やは、益子焼や笠間焼の陶器作家・窯元作品をオーダーメイド特注品製作いたします。
 
 
  益子焼のつかもと  「栃木県益子町最大の窯元」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  益子最大の窯元「つかもと」。益子焼の味わいと陶芸の魅力を思う存分お楽しみいただけます。  益子焼について/店舗のご案内/ギャラリー/陶芸展・展覧会
 
 
  益子大陶器市の歩き方 −益子焼を買いに行こう!−   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  栃木県益子町で年に2回行われている益子焼の陶器市「益子大陶器市」の会場案内。駐車場、地図、陶器市を上手にまわるコツ  益子大陶器市の歩き方TOP/益子町と益子焼の基礎知識/益子焼の上手な選び方/大陶器市の歩き方10ヵ条
 
 
  益子焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  益子焼 の画像 - Google
 
 
笠間焼 (茨城)
笠間焼 笠間焼 笠間焼 [発見!!いばらき]
  笠間焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代中期の安永年間(1770年代)から作られ始めた。名主久野半右衛門道延が、近江信楽の陶工長右衛門を招聘して窯を築き陶器を焼いたのが起こりとされている。のち笠間藩主の仕法窯として保護され、甕・摺り鉢などの日用雑器が作られた。 幕末から明治にかけては江戸に近い利点から、大量生産の機会を得て技術者や従事者も飛躍的に増えた。陶器商田中友三郎による「笠間焼」の広報・販路開拓が功を奏したという。 1 概要 / 2 特徴 / 3 著名な作家 / 4 関連項目 / 5 外部リンク
 
 
  笠間焼 原陶工房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  手づくりの器で食卓の演出をお手伝いします  作品一覧/工房日記/|イベント/陶芸用語集/工房紹介/ご利用ガイド/home
 
 
  笠間焼  窯元 向山窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いばらき 国指定伝統的工芸品 笠間焼 窯元 株式会社 向山窯  “手作り”だからできること 一個からのオーダーも可能であり、お客様のご要望に合わせた作成もいたします。
 
 
  笠間焼き窯元 大津晃窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  笠間焼きは、小高い山々と緑豊かなこの地に生まれて二百余年。その特性としての、土の素朴さと手作りの温味に加え、現代的なアート感覚をマッチさせて、魅力ある笠間焼きを創りあげるべく、日夜、研究・努力を重ねております。
 
 
  笠間焼窯元 いそべ陶苑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  創業200年 笠間焼 土と炎の芸術  いそべ陶苑 工房/陶芸教室/販売センター/そば処 一休庵/地図
 
 
  笠間焼窯元 桧佐陶工房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  環境にも恵まれた2400坪の敷地は笠間で有数の広さを誇り、数少ない登り窯は、百四十余年の歴史をきざみ、生活用品を作るだけではなく、皆様のニーズに応えるべく新商品の生産販売から、ロクロ、手ひねり、絵付け教室を楽しんで頂けるお店づくりをお客様と共に進めていきたいと思いますので、皆様のご来店をお待ちしております。
 
 
  笠間焼について - 笠間市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  笠間焼の歴史は江戸時代中期、安永年間(1772〜1781年)から始まります。箱田村(現在の笠間市箱田)の久野半右衛門が、信楽の陶工・長右衛門の指導で焼き物を始め、窯を築いたとされています。 後に、笠間藩の仕法窯として保護され、甕・摺り鉢などの日用雑器が作られた。幕末から明治時代にかけては江戸に近い利点から、大量生産をし技術者や従事者も飛躍的に多く増加しました。明治時代には特に厨房用粗陶品の産地として知られていました。
 
 
  笠間焼陶之助 ランチ&カフェ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  茨城県笠間市のギャラリー陶之助と併設のカフェ「Lunch & Cafe 陶之助+」のHPです。 多種多様な作風が特徴の笠間焼の中でも比較的シンプルで使い映えのする器と自家製洗面ボウル(手洗いボウル)などの販売を行っております。また「Lunch & Cafe 陶之助+」では野菜を多めに使った手作りランチを数種類ご提供しています。
 
 
  日帰り観光 陶芸 笠間焼  ギャラリーロード商店街   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ギャラリーロードとは茨城県笠間市にある芸術品を扱うお店やお食事処などの様々な職種のお店が連なった商店街の事を指します。
 
 
  笠間焼のお店紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新着情報/作家紹介/笠間焼きのお店紹介/笠間焼を使ってみる/笠間焼を作ってみる
 
 
  笠間焼協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自由な空気の中に感性を磨く、新しい時代の笠間焼 笠間焼の誕生と言えば、江戸時代の安永年間(1772〜1781年)。箱田村(現在の笠間市箱田)の久野半右衛門が、信楽の陶工・長石衛門の指導で焼き物を始め築窯したこととされています。明治に入っても、笠間は19の窯元を数える厨房用粗陶器の産地として知られていました。
 
 
  笠間焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  笠間焼 の画像 - Google
 
 
飯能焼 (埼玉)
本日は、色合いの美しい飯能焼きの陶器を作陶されている虎沢英雄先生の作品をご紹介いたします。 虎澤英雄 先生の茶碗 飯能・南高麗茶碗 −飯能焼 飯能焼きとは?
  飯能焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  飯能焼(はんのうやき)とは、もと埼玉県飯能市に産した陶器。 生産されていた時期は、1830年(天保元年) - 1887年(明治20年)とされているが、1888年(明治21年)につくられた『大日本陶磁器窯元一覧』では、前頭四十四枚目に「武蔵飯能焼」が記載されている。耐火性の強い生活雑器が中心。作風は、薄手の器で、絵柄を白絵土を絞って描かれている事を特徴とする。  外部リンク
 
 
  飯能焼  飯能市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  飯能焼は天保年間(1830〜1843)年から明治20(1887)年まで現在の飯能市八幡町(当時の真能寺村原)でやかれていた陶器です。一般的な特徴としては黄褐色、緑褐色の素地に白絵土で絵付けを施したもので、皿、徳利、行平、火入などが生産されていました。 地元だけでなく、江戸(東京)にもこれを卸していたようで、実際東京都区内では新宿区内藤町遺跡や四ッ谷三丁目遺跡など飯能焼が出土している発掘事例が見受けられます。
 
 
  純飯能焼窯元 破草鞋窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  飯能市そして埼玉県特産の焼物、それは純飯能焼 破草鞋窯!職場の記念品・家庭の御祝・友人への御祝・記念品など承ります。使い良い器とは何か、本物とは何かを求め土からこだわり続けて30年。今年で飯能の土を使って31年目に入りました。多彩な作品を世に出して行きたいと思います。 破草鞋窯は昭和57年に飯能の凍土を使った陶器を焼くために陶工・岸道生が飯能市中藤に開いた窯です。
 
 
  飯能焼 武州飯能窯 虎澤英雄の器    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  澤英雄氏は、五色沼(毘沙門沼)の翠の水の色に魅せられて陶芸にその色の世界を創造しようと独自の翠青磁を中心に制作しています。 昭和50年に飯能焼を再興し、以来武州飯能窯として飯能の地で製作活動を続けています。
 
 
  飯能の陶芸体験・陶芸教室 - アソビュー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アソビューは、飯能にて陶芸体験・陶芸教室が体験できる場所を取り寄せ、価格、人気順、エリア、クーポン情報で検索・比較し、あなたにピッタリの陶芸体験・陶芸教室を飯能で体験できる企業をご紹介する、国内最大級のレジャー検索サイトです。記憶に残る経験をアソビューで体験し、新しい思い出を作りましょう!
 
 
  飯能焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  飯能焼 の画像 - Google
 
 
今戸焼 (東京)
歌川広重『名所江戸百景』より「隅田川橋場の渡し かわら窯」。 - 今戸焼 東京に現存する唯一の土人形が今戸焼(今戸人形)である。良質の粘土を産する今戸で瓦や生活雑器を焼く職人が、かたわら土偶も作るようになったのが始まりとされる。 今戸〆猫(東京) | まねきのいおり 招庵
  今戸焼 - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今戸焼(いまどやき)は、東京の今戸や橋場とその周辺(浅草の東北)で焼かれていた素焼の陶磁器。 日用雑器、茶道具、土人形(今戸人形)、火鉢、植木鉢、瓦等を生産した。天正年間(1573年–1592年)に生産が始まるといわれる。  関連項目/外部リンク///
 
 
  今戸焼の動物(台東区)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京に現存する唯一の土人形が今戸焼(今戸人形)である。良質の粘土を産する今戸で瓦や生活雑器を焼く職人が、かたわら土偶も作るようになったのが始まりとされる。値段も安く小型で参拝土産として手軽なことから、寺や神社の境内で盛んに売られた。江戸後期には職人も40人以上、型も100を超えるほど隆盛したが、現在では作り手も1軒のみとなってしまった。群青と朱丹を主とした簡潔な色使いとすっきりとまとまった型が特徴。
 
 
  今戸焼の窯のこと - 今戸焼の終焉    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平成16年(2004年)、今戸焼の流れをくむ最後の窯元「橋本製鉢所」が廃業した。そこで葛飾区郷土と天文の博物館は、昭和40年代に解体されていた橋本1号窯の地下部の発掘調査を、博物館専門調査として急遽実施した。隣接して現存していた2号窯は、過去に実測調査されていた事もあり、時間の制約から解体時の立会調査となった。 今戸焼は、浅草の東北にあたる今戸や橋場、あるいは周辺地域で焼かれていた素焼系の日常雑器や土人形(今戸人形)等いわゆる江戸在地系土器のブランドである。… 今戸焼の窯と達磨窯
 
 
  東京の土人形 今戸焼?!今戸人形?  いまどき人形   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地元東京の江戸前の土で狐、現在までのところ最も古い招き猫の作例であると言われている丸〆猫をはじめ今戸焼から生まれた今戸人形、古き良き時代の江戸東京の土人形の再現を目指しています。「今戸焼」というのはおこがましいので「いまどき人形」ですが、昔の今戸焼から生まれた今戸人形のよさを出せればと思っています。
 
 
  『今戸焼』―きんか糖も今戸焼も、落語も消えずに残ってほしい!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一昔前までは、「今戸焼」といえば、落語好きや江戸趣味の方でなくても、関東地方一円で通用した言葉でした「今戸焼」は浅草今戸町を中心に隅田川沿岸に栄えた江戸東京の焼き物のブランド名で、硬焼の食器類を「瀬戸物」と呼ぶのに対して、素焼きや楽焼の雑器類を「今戸焼」と呼んでいたようです。また「今戸焼」からは「今戸焼の土人形」も生まれ、身近に愛されていました。現在では東京の人でも「今川焼き」のことですか?という人にも随分出会います。ここでは、そうした「今戸焼」についてお話したいと思います。
 
 
  YouTube - 東京生活99 丸〆猫を探して  弊草・今戸焼・招き猫)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 東京生活99 丸〆猫を探して  弊草・今戸焼・招き猫)
 
 
  今戸焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今戸焼 の画像 - Google
 
 
森山焼 (静岡)
遠州森町の窯焼物・森山焼のご紹介です。 森山焼 (静岡) ともさんの焼き物・骨董紀行ー森山焼
  森山焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森山焼(もりやまやき)は、志戸呂焼の流れを汲む、静岡県周智郡森町にて焼かれる陶器。 明治42年の開窯で、瀬戸焼を再興した加藤藤四郎(民吉)の話に感化された中村秀吉が志戸呂の陶工・鈴木静邨を招き、主に日用食器、茶器、酒器、花器などを焼いた。大正4年には天皇即位の際に、花瓶と置物を献上したことにより知名度が向上、名を高めることになった。 現在は、中村陶房、静邨陶房、晴山陶房、田米陶房の4軒の窯元があり、それぞれ個性的な意匠を見せる。  脚注
 
 
  森山焼き〜遠州森の伝統〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森町に古くから伝わる森山焼きです。森山焼は明治42年初代中村秀吉氏に依って創設され、字森山の地名を取り森山焼と命名しました。最初は粗陶器(土管水瓶)等を製造しましたが、この地の土質が陶器に適するのを見い出して現在のやきものに移りました。現在森町では四軒の窯元がそれぞれ特長ある、深い味わいの森山焼を造りだしています。ここでは歴史と伝統のある森山焼をそれぞれ紹介していきます。
 
 
  森山焼 - しずおかの郷土工芸品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  素朴な味わいと豊かな芸術性を備えた焼き物、赤の表現にこだわり赤焼を得意とするもの、日本的な素朴さを民芸的に表現した焼き物、新進気鋭、芸術性に富んだ作品。
 
 
  森山焼 - 静岡こだわりの逸品ガイド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森山焼は、明治42年初代中村秀吉によって始まった焼物です。遠州流茶道の開祖、小堀遠州ゆかりの遠州七窯の一つ、志戸呂焼の流れを汲み、名前は森町森山の地名からとっています。 初代中村秀吉は、瀬戸の陶工藤四郎の物語に感化され、森山の土が陶工に向くことを知り、志戸呂より鈴木静邨を招き、陶業を始めました。
 
 
  森山焼陶房めぐり - 観光スポット 天浜線   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  遠州森町の陶芸家を訪ねて: 明治44年に創始され、静岡県下で最も大きな窯場「森山焼」。現在、中村陶房・静邨(せいそん)陶房・清山(せいざん)陶房・田米(ため)陶房の4軒の窯元があり、それぞれが独自の作品を創作している。散策がてらのんびり陶房を訪ねてみては。清山陶房では陶芸体験もできる(事前に予約を)。
 
 
  遠州森町の窯焼物・森山焼のご紹介です。 (2005/11/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森山焼は、明治44年、中村秀吉氏により創始された、今日に至っている静岡県下で最も大きな窯場。森山焼は、明治44年、中村秀吉氏により創始された、今日に至っている静岡県下で最も大きな窯場。 「中村陶房」、「静邨陶房」、「晴山陶房」、「田米陶房」 と、4軒の窯元は、それぞれ、陶房独特の作品が創作されています。…
 
 
  森山焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森山焼 の画像 - Google
 
 
賤機焼 (静岡)
青島秋果(あおしま しゅうか)作・賤機焼(しずはたやき)の伊羅保釉井戸茶碗です。 賤機焼 (静岡) 静岡県の焼き物 賤機焼酒器ぐい呑み 伝統の陶芸から生まれた
  賤機焼とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  駿河国の賤機山麓で産した陶器。寛永(1624〜1644)のころの創始で、交趾(コーチ)焼風。糸底に「賤機」の印が押してある。
 
 
  賤機焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  賤機焼(しずはたやき)は、静岡県静岡市で焼かれる陶器。江戸初期に太田太郎衛門によって開陶、徳川家康より徳川家の御用窯として繁栄した。しかし、文政の末期、安倍川の洪水によって窯場が流失、以後は衰退の一途を辿った。明治に入って、太田萬二郎の手によって再興が試みられるが、往年の勢いは戻らなかった。しかし、県が郷土の地場産業再興に乗り出し、青島庄助が再興させる。二代目五郎が常滑の技術を、三代目秋果が南蛮手という焼締めの技術を採り入れるなど尽力し、民窯として復活、大戦中の中断を挟んで現在に至っている。  賤機焼の特徴/外部リンク
 
 
  賤機焼(しずはたやき)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  静岡県静岡市で焼かれる陶器。 寛永年間(1624-1644)頃に開窯されたと伝えられているが、浜松城で武田の軍勢をしのいだ徳川家康の命で開かれたとも言われている。 元亀3年(1572)、武田信玄によって浜松城に孤立した徳川家康は奇策をもってこれを撃退した。 この勝利を祝って陶工太田七郎右衛門が、内に福面を描き、外は鬼瓦に摸した三つ組の盃を焼いて家康に献上した。 家康はこれを喜び、賎機山麓に25石の地を与え、保護を加えるようになったと伝承されている。
 
 
  静岡こだわりの逸品ガイド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  沿革: 江戸時代の賤機焼は、交跡焼といって焼成温度が900度と低く、脆いために現存するものは少ないが、「鬼福」という意匠が残されています。これには、家康が三方原合戦の折、太鼓を打ち、福は内、鬼は外と叫び、武田軍を追い払い勝利したことを祝って太田七郎右衛門が外形は鬼瓦、内は福面を描いた七五三の三組の盃を献上した時に、賤機焼の称号が与えられたという逸話が残っています。 HOME/工芸品を見る/名産・特産品を知る/販売店に行く/体験しよう/話題の広場
 
 
  静岡の工芸品 賤機焼:静岡市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代初期の創始といわれ、徳川家康公から賤機焼の称号をもらって御用窯として栄えました。一時廃絶しましたが明治中期に再興されました。以後、改良を重ねながら受け継がれ、市民に愛されてきました。 鉄分を含んだ陶土による素朴な味わいの暖かみのある花器・酒器・茶器などが作られています。
 
 
  賤機焼 - しずおかの郷土工芸品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  賤機焼は、徳川家康よりその名を拝領して以来、静岡という穏やかな風土と長い時を経て独特な味わいを育ててきました。使う人の手に馴染みやすく、あたたかく、やさしく、そして存在感のある焼物です。 沿革/特徴/作品紹介/工房紹介 サイトについて/購入希望の方へ/工芸品マップ/関連リンク/工芸品マーク/お問合せ
 
 
  賎機焼 鬼福 - 静岡市自慢の逸品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  代表者コメント: 鬼福を初めてご覧になった方が、一様に笑みを浮かべ、にっこりなさります。それがうれしくて日々、製作しています。 問い合わせ先/主な販売場所
 
 
  祝福と魔よけのしずはた焼き「鬼福」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  賤機焼(しずはたやき)は、静岡県静岡市柳町で焼かれている焼き物で、江戸初期、しずはた山麓で、太田七郎右衛門によって創始されました。 徳川家康より、徳川家の御用窯として、朱印地と賤機焼の称号を貰い、数百年にわたって栄えるのですが、文政の終わりに、阿部川の洪水で窯場が流され、衰退の一途を辿ります。 明治に入り…
 
 
  秋果陶房 酒器ぐい呑 - 陶のぐい呑や   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  商品名: 酒器 ぐい呑み/型番: 4SIZ0001/メーカー: 秋果陶房(青島 津一)/外寸法: 幅54mm × 奥行54mm × 高さ54mm/製品重量: 70g
 
 
  賤機焼(しずはたやき) - ともさんの焼き物・骨董紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青島秋果作・賤機焼の井戸茶碗: 青島秋果(あおしま しゅうか)作・賤機焼(しずはたやき)の伊羅保釉井戸茶碗です。
 
 
  賤機焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  賤機焼 の画像 - Google
 
 
高遠焼 (長野)
高遠焼(たかとおやき)・白山登窯(はくざんのぼりがま)、唐木米之助(からき よねのすけ)作の辰砂釉ぐい呑みです。 高遠焼は、 長野県高遠町(現伊那市)で焼かれている陶器です。 高遠焼 - 茶の葉の声に耳を澄まして  高遠焼 白山登窯
  高遠焼 白山登窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高遠焼がBS朝日の番組にて紹介されます。 BS朝日「留さんのニッポン焼き物紀行」  最新情報/STAFFブログ/お問い合わせ
 
 
  高遠焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高遠焼は長野県高遠町(現伊那市)にて焼かれる陶器。文化9年(1812)年に城内に水を引くための土管を焼かせるために窯を開いたのが始まり。その後は御庭焼として重宝された。明治10年に衰退、昭和初期に一旦廃窯の憂き目に遭うが、昭和50年に陶工、唐木米之助が復興させた。 高遠焼の特徴は釉薬にあり、特に原料の粘土が赤土であるために彩りを出すため釉薬を二重掛けしているのが特徴。使用される釉薬は緑釉に白釉、深い青を出す瑠璃釉、そして高遠名物のコヒガンザクラに因んだ桜色の桜釉も使われる。 現在では登窯も使用し、年に一回焼かれている。
 
 
  高遠焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高遠焼 の画像 - Google
 
 
松代焼 (長野)
信州の焼き物(松代焼) 松代焼 (長野) 松代焼−あまかざり工房
  松代焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松代焼(まつしろやき)は長野県長野市松代地区で焼かれる陶器である。 松代焼(まつしろやき)は長野県長野市松代地区で焼かれる陶器である。
 
 
  松代焼 あまかざり工房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  工房は北アルプスと長野市街を一望できる山麓にあります。 松代焼は、江戸時代に発祥した地元の焼きものです。ここでは現代の生活にも映える器を工法して、すべて手作りにこだわり制作、直売しています。 常設の店内にはぐい呑み・湯のみから大型の花瓶・壺まで、数多くの品物を取り揃えております。
 
 
  松代焼のいろいろ - 松代陶苑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当時の製法を再現するため、天然素材にこだわり作り上げた松井窯の松代焼。 天然素材だけに微妙な調整でガラッと色合いが変わってしまい大変扱いずらいのですが、自然界に存在する材料を使用しているため、とても柔らかい焼きに仕上がります。 松代焼とは?/行程紹介/陶芸体験/陶苑概要/社員紹介/アクセス/リンク
 
 
  「松代陶苑」 - 松代焼松井窯窯元   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  売店には窯元ならではの商品や、作家が制作した作品の展示など様々ございます。ぜひ足を運んでいただければと思います。 また、遠方などでお越しになれない方は、商品数は少ないですがインターネット販売もございますのでご利用ください。
 
 
  松代焼の歴史背景 - 唐木田陶園 松代焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松代焼の歴史背景: 松代焼は、現在よりさかのぼること200年、文化13年松代藩にて始まった焼き物です。 最盛期には、その系統の窯が20を数え、松代焼きは信州を代表する民窯でしたが、明治頃より次第に窯数が減り、遂に窯が途絶えてしまいました。 陶芸作家 唐木田伊三男
 
 
  松代焼 - ながの観光Net   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  18世紀前半、松代藩の奨励によって松代地域一帯で盛んに行われるようになったのが松代焼です。自然釉による独特の青緑色が特徴の松代焼には華美なものはまずなく、日常生活で使い易いうつわの類がほとんど。 真田宝物館など博物館でご覧ください。
 
 
  松代焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松代焼 の画像 - Google
 
 
無名異焼 (新潟)
無名異焼の湯呑み : 【九谷焼】代表作 黒四つ足ぐいのみ(LA COPA) 清水謙、無名異還元急須
  無名異焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  無名異とは酸化鉄を含有する赤土で、止血のための漢方薬でもあった。また、佐渡金山採掘の際に出土したため、その副産物を陶土に利用して焼かれた。文政2年に伊藤甚平が無名異を使って楽焼を焼いたのが始まりで、安政4年に伊藤富太郎が本格化させた。 後に初代三浦常山が脆かった従来品を強くするため、朱紫泥焼の手法を編み出し、今日に至る。  外部リンク
 
 
  伊藤赤水 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊藤赤水(いとう せきすい)は日本の陶芸家であり、江戸後期から続く無名異焼窯元、赤水窯の代々が襲名する名称。弘化(1844年−1847年)に先祖にあたる伊藤甚兵衛が、佐渡特有の「無名異」と呼ばれる土を作陶に用いたのが無名異焼の創始である。2006年現在、五代伊藤赤水(1941年6月24日 - )が当代であり、2003年に人間国宝に認定されている。 五代略歴
 
 
  無名異焼 玉堂窯元 - 佐渡の伝統陶芸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐渡金銀山中より産出する酸化鉄を含む鉱物を無名異(むみょうい)と言い、それを陶土に用い、高温焼成したものです。 その特徴は、製造工程での生磨きや焼成後の砂研磨という特殊な作業があることです。  HOME/無名異焼とは/Gallery/Online Shop/陶芸体験/店舗案内/工房風景/物産展案内/Link
 
 
  無名異焼 赤水窯 (新潟県佐渡市相川)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小生この度の佐渡への旅は国際保護鳥天然記念物のトキを見学に行くのが最大の目的でしたが、やはり窯元めぐりの血が騒ぎます。何とかレンタカーを調達し窯元へ走りました。 当窯元は、重要無形文化財保持者(人間国宝)五代伊藤赤水先生の窯元で無名異焼の第一人者であります。 佐渡の金銀山の金鉱脈から産出され赤褐色の粘土を素材として二百年の間この地において焼き継がれている陶器を無名異焼と言います。
 
 
  無名異焼 - ともさんの焼き物・骨董紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  無名異焼(むみょういやき)の、渡辺国蔵作・国三窯の印刻湯呑みです。 無名異焼の湯呑み2点
 
 
  人間国宝 五代・伊藤赤水(佐渡・無名異焼)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  逆転の発想 「窯変」: 無名異の赤の魅力を高めるため、当時不良といわれた「窯変」を作品に 1972年 日本伝統工芸展に初入選 歴代主要作品/初代: 伊藤赤水作品/二代: 伊藤赤水作品/三代: 伊藤赤水作品/四代: 伊藤赤水作品/五代: 伊藤赤水作品
 
 
  無名異焼と五代伊藤赤水 - 陶磁器お役立ち情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  無名異焼の土: 無名異焼(むみょういやき)は新潟県の佐渡市(さどし)で焼かれる陶器のことです。そのはじまりは江戸後期の弘化年間(こうか 1844年〜1847年)といわれ、相川町の七代 伊藤甚兵衛(いとう じんべえ)が無名異土を陶土に混ぜて楽を焼きました。
 
 
  無名異焼の歴史 「香り」と「佐渡の食」と「癒し」のお店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  無名異焼(むみょういやき)は新潟県の佐渡ヶ島に伝わる伝統的な陶芸の事を言います。 文政2年に伊藤甚平が無名異(当時漢方薬)を使って楽焼を焼いたのが始まりとされており佐渡金山の金脈近くから産する無名異土(むみょういづち)を用いた、赤い肌を特徴とした非常に硬く吸水性の無い「磁器と陶器の中間(せっき)」に分類される焼き物です。 無名異土/店長のひとり言
 
 
  無名異焼 伊藤赤水 - オークファン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「無名異焼 伊藤赤水」の人気商品(ヤフオク!): 「無名異焼 伊藤赤水」を安い時に買って、高くなる時に売れる!
 
 
  芸術の島 佐渡 観光情報 (2008/11/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  卓越した才能が奏でる技の極致 人間国宝 伊藤赤水(せきすい): 【伊藤赤水】1941年、旧相川町出身。1966年に京都工芸繊維大学窯業科を卒業後、帰郷。1977年に五代・赤水を襲名する。1972年に日本伝統工芸展に入選して以来、国内の展覧会などで数多く受賞。多くの海外店にも招待出品されている。2003年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。
 
 
  伊藤赤水の無名異焼 - ブログ (2009/3/31)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  無名異焼(むみょういやき) 人間国宝 五代 伊藤赤水 について この3月20日に相川を訪れた際 店に新作の「佐渡ヶ島」の作品が展示されているのを見て中に入り、写真撮影の承諾とご本人からは資料(リーフレット)をいただいた。その時のテーマは…
 
 
  YouTube - 無名異焼 赤水窯 湯呑(かやの実)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 無名異焼 赤水窯 湯呑(かやの実)
 
 
  YouTube - 佐渡無名異焼/玉堂窯元(新潟県)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 佐渡無名異焼/玉堂窯元(新潟県)
 
 
  YouTube - 佐渡島の旅2 無名異焼 第五代伊藤赤水   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 佐渡島の旅2 無名異焼 第五代伊藤赤水(人間国宝)のお話
 
 
  無名異焼伊藤赤水 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  無名異焼伊藤赤水 の画像 - Google
 
 
  無名異焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  無名異焼 の画像 - Google
 
 
庵地焼・安田焼 (新潟)
三姉妹の窯 庵地焼 ネットショッピング 登録商標 庵地焼 旗野窯 - 新潟情報なら【アテンドパーク】 三姉妹の窯 庵地焼 ネットショッピング
  庵地焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  庵地焼(あんちやき)は新潟県阿賀野市(旧安田町)保田、通称庵地(あんち)地区で焼かれている陶器である。 「庵地の黒」といわれるほど、黒色の釉薬に特徴がある。元々は江戸時代から続く“保田焼”(現在の「安田焼」とは異なる)が前身で、同地には昭和の初期、村山、旗野、田村、井上の諸窯があったが、旗野窯を除く各窯は第二次世界大戦を前後に絶えた。 昭和初期には宮之原謙や佐々木象堂らが滞在して秀作を生み、その名が全国に響き渡った経歴を持つ。
 
 
  庵地焼 - 旗野窯 三姉妹の窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「庵地」とは、新潟の大河・阿賀野川の中流域、保田の旗野窯周辺一帯の地名です。 「庵地焼」とは、「庵地」の土だけを用いてすべての工程を手作業で行い、当窯のみで生み出される民芸陶器です。 庵地焼とは/作り手/工程/作品/ショップ/お知らせ/特別なお知らせ/アクセス/お問合せ
 
 
  庵地焼とは - 三姉妹の窯 庵地焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  庵地焼とは: 明治11年、村松焼の陶工・旗野直太郎が、自分の郷里である庵地、現在の新潟県阿賀野市保田で「保田焼」として創業。…
 
 
  <新潟県・阿賀野川編>〜庵地焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『庵地焼(あんちやき)』は、日本の穀倉地帯と呼ばれる越後平野に位置する、新潟県阿賀野市で焼かれている陶器です。名前の『庵地』とは、平野を流れる大河・阿賀野川の中流域にある『保田』一帯の地域の名前です。この焼き物は、1878(明治11年)に村松焼の陶工であった旗野直太郎が、自分の郷里である『庵地(現在の新潟県阿賀野市保田)』で、『保田焼』として創業したことに始まります。
 
 
  安田焼 渡部窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安田焼 渡部窯 のスポット情報: 阿賀野市保田(旧安田町)は良質の粘土に恵まれている土地柄から、昔より焼物が盛んに行われている。渡部窯は日用雑器を中心に、県展、美術展などでも数多く入選している。
 
 
  YouTube - 新潟県阿賀野市にある三姉妹の「庵地焼」さんレポート。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 新潟県阿賀野市にある三姉妹の「庵地焼」さんレポート。その3 35年振りに
 
 
  庵地焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  庵地焼 の画像 - Google
 
 
  安田焼 - にいがた観光ナビ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  土と炎の素朴な自然美、日常雑器はじめ工芸創作品まで作り手の心が伝わる焼き物です。 (体験の際は事前連絡が必要です)
 
 
村松焼 (新潟)
玉村松月さんの大皿。萩焼っぽいお皿も買えて嬉しいです! https://www.google.co.jp/search?q=%E6%9D%91%E6%9D%BE%E7%84%BC&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=CQ5kVYOlBcHEmwXb8YLQAg&ved=0CDAQsAQ&biw=904&bih=555#imgrc=53YD7UQnuwoatM%253A%3B3s-hfDe55R2sFM%3Bhttp%253A%252F%252Fnori18leo.cocolog-nifty.com%252Fphotos%252Funcategorized%252F2010%252F04%252F15%252Fp1160186.jpg%3Bhttp%253A%252F%252Fnori18leo.cocolog-nifty.com%252Fblog%252F2010%252F04%252Fpost-be66.html%3B800%3B600 村松焼 - JapaneseClass.jp
  村松焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村松焼 (むらまつやき) 村松焼は天保12年(1841年)から明治25年(1892年)まで新潟県の村松藩の城下町村松(現、新潟県五泉市村松町)で焼かれた陶器。天保13年(1842年)から文久2年(1862)までの間、三回ほど藩営釜であった。製品はほとんど陶器であるが一部半磁器質も作られている。商品の主体は各種の日用品である。  1 歴史 / 2 製品 / 3 出典 / 4 外部リンク / 5 関連項目
 
 
  村松焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村松焼 の画像 - Google
 
 
越中瀬戸焼 (富山)
第1回 越中瀬戸焼「かなくれ会」陶芸展 ―立山の土に想いをこめて― 越中瀬戸焼 初めて知りました 〔お歯黒壺〕 注ぎ口の部分なんか、鉄漿で詰まってますわ。  
  越中瀬戸焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  越中瀬戸焼(えっちゅうせとやき)は富山県立山町瀬戸地区にて焼かれる陶器。全国的な磁器産地である瀬戸焼を名乗るが、現在は陶器産地なので注意が必要である(最盛期には磁器、陶器の双方が焼かれていた)。 文禄3年4月に、加賀藩主の前田利長が尾張国瀬戸より陶工、彦右衛門を招いて焼かせたのが始まりといわれる。 そして、尾張の磁器産地「瀬戸」に因み、産地一帯が瀬戸村と名付けられた。  関連項目/外部リンク
 
 
  越中陶の里「陶農館」へようこそ!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  越中瀬戸焼について: 越中瀬戸焼の里、上末は陶土に恵まれ平安時代はじめより、須恵器を焼いた日本でも有数の古窯です。桃山時代、文禄・慶長年間には、加賀藩2代目藩主、前田利長公の頬を受けた尾張瀬戸の彦右エ門・小二郎・孫市・市右エ門・長八らが窯煙を上げ、新たな瀬戸村が誕生しました。しかし、明治・大正時代と進むにつれて多くの窯は瓦業に転じ陶器製業は廃れました。 その後昭和時代に入り地に入り地元有志の発意によって、瀬戸焼保存会を設立し、陶器製産を復活させ、現在では、4つの窯元が作陶を続けています。 展示のご案内
 
 
  越中瀬戸焼 枯芒ノ窯  by karesusukinokama    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上市町 弓の里歴史文化館企画展「越中瀬戸焼−土と炎の伝統−」/数百年の時を経て、産まれた場所に帰ってきました。/越中瀬戸焼にこだわるのは 勿論、桃山時代から江戸時代にかけての越中瀬戸焼の陶片、伝世品に感銘を受けるところもあるのだけれど。
 
 
  瀬戸焼とは違う瀬戸焼 「越中瀬戸焼 庄楽窯」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  越中にある瀬戸焼: 越中瀬戸焼とは、富山県立山町新瀬戸地区で焼かれる陶器のこと。 加賀藩主・前田利長が1590年代の終わりに、この地に尾張国瀬戸から陶工を招いて焼き物を作らせたことが、越中瀬戸焼の始まりなのである。 この地で作陶を続ける: 最盛期には120あったとも言われる窯だが、現在では4軒を残すのみだとか。…
 
 
  越中陶の里 陶農館 - 文化を伝える体験施設   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瀬戸地区で400年以上の伝統をもつ越中瀬戸焼と農業の「陶農一体」とする文化を伝えることを目的とした施設です。施設内には歴史を誇る越中瀬戸焼の発祥地にて、陶芸体験、絵付け体験が出来る陶芸室があります。陶芸家が分かりやすく指導してくれるので、初心者でも安心です。エントランスでは、現在伝統を受け継いでいる5人の作家の作品を展示販売しています。
 
 
  スティーブ・ジョブズ氏も愛した越中瀬戸焼がステキ - Naverまとめ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スティーブ・ジョブズ氏も愛した越中瀬戸焼がステキ - Naverまとめ
 
 
  越中瀬戸焼かなくれ会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  立山の麓に暮らし 四季の移ろいを感じながら作り続けている越中瀬戸焼のご紹介と活動のご案内です。  庄楽窯 釋永由紀夫  釋永陽/四郎八窯 加藤聡明/千寿窯 吉野香岳/枯芒ノ窯 北村風巳  かなくれ陶芸会展/かなくれ茶会/かなくれ食道
 
 
  越中瀬戸焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  越中瀬戸焼 の画像 - Google
 
 
小杉焼 (富山)
資料館小杉焼 富山の小杉焼「鴨徳利」です 鴨 現在でも小杉焼研究会がしばしば開催されていると聞きますが、その研究会の重要メンバーの方にこのひょうそくを見て頂きました…
  小杉焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9D%89%E7%84%BC
 
 
  小杉焼・栄一窯 - きららか射水   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小杉焼・栄一窯は1970年に池上栄一が復活させた小杉焼の窯です。茶器・酒器・食器・生活日用品から美術陶芸作品があります。工房と展示場があり、見学や販売もしていますのでお気軽にお越しください。
 
 
  国登録有形文化財 射水市小杉展示   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地方の陶窯でありながら、日本で最も優れた"焼き物"の一つとして全国的に知られています。まさに小杉の誇りです。  小杉焼について/復興小杉焼片口窯/復興小杉焼横堀窯/現在の小杉焼(小杉焼栄一窯)
 
 
  小杉焼 - ともさんの焼き物・骨董紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  池上栄一作・小杉焼の鶉紋花器: 池上栄一作・小杉焼(こすぎやき)の鶉紋瓢箪型花器(うずらもん ひょうたんがた かき)です。
 
 
  小杉焼とはどのような焼き物ですか - 行政Q&A   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小杉焼は文化13年(1816)頃から明治30年頃までの約80年間、初代高畑与右衛門以来、4代にわたって射水市(旧小杉町)周辺で焼かれた、京焼系の相馬焼(福島県のやきもの)風の焼き物です。
 
 
  小杉焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小杉焼 の画像 - Google
 
 
九谷焼 (石川)
九谷焼香炉 古九谷花鳥  久谷焼 古九谷獅子牡丹文銚子, 文化庁
  久谷焼 のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  久谷焼 のニュース - Google
 
 
  九谷焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九谷焼(くたにやき)は、石川県南部の金沢市、小松市、加賀市、能美市で生産される色絵の磁器である。 大聖寺藩領の九谷村(現在の石川県加賀市)で、良質の陶石が発見されたのを機に明暦初期(1655年頃)、藩の殖産政策として始められた。 歴史/作風/現代の作家/その他/脚注/参考文献/関連項目/外部リンク
 
 
  九谷焼 諸江屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金沢の九谷焼と和食器の老舗 九谷焼諸江屋  お買いもの/作家紹介/展示会/店長のひとり言/雑誌紹介/九谷焼の歴史/店の歴史/地図/サイトマップ
 
 
  九谷焼ジェーピー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人間国宝から限定品まで、通に応える2178品の品揃え、〜 お茶碗から九谷焼でもいいじゃないですか! 700円から始められる和食器のある生活 〜  九谷焼作家/窯元/食器/茶器・茶道具/酒器・カップ/書炉/インテリア/花器
 
 
  九谷焼  和座本舗   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  愛していただき三百五十年 伝統工芸は歴史の中で技が磨かれ美を創造し、そして文化となります それは職人たちの高い志もちろんですが伝統工芸を愛用してくださる皆様に支えて頂いてこそ日本の文化として継承されていきます。 和座本舗を訪れご覧頂けましたことに心より感謝申し上げます。
 
 
  金沢視察 久谷焼編   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九谷焼の窯元を訪ねました  青空が綺麗で、程よい風が気持ち良かった〜  武家屋敷の赴きあるたたずまいが、何とも風情があります
 
 
  久谷焼の夫婦湯呑み   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  久谷焼の夫婦湯呑み  イッタラのキャンドルホルダーを見つけたアンティーク屋さんの一角にある、セールコーナーで見つけた久谷焼の夫婦湯呑みです。
 
 
  能美市九谷焼資料館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  久谷の精髄を今、ここに・・・  九谷焼資料館/九谷焼陶芸館/浅倉五十吉美術館/九谷焼とは/九谷焼ができるまで/交通アクセス/・リンク集
 
 
  石川県九谷焼美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九谷焼にゆかりのあるテーマで、企画展示・常設展示を随時開催します。  新着情報|美術館の概要|九谷焼の背景|九谷焼Q&A|友の会だより|関連リンク|お問い合わせ
 
 
  九谷陶芸村へようこそ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  時を超えて現代に息つく久谷の美のすべてがここにある  能美市立九谷焼資料館/能美市立浅蔵五十吉美術館/能美市立九谷焼陶芸館/石川県立九谷焼技術研修所/石川県立九谷焼技術者自立支援工房  九谷陶芸村九谷焼団地協同組合
 
 
  香りの専門店 伯林堂。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  お線香、お香、香木、数珠など、各種お手伝い―。
 
 
  九谷焼 石川新情報書府   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  展示室:古久谷 :再興久谷 :近代久谷 :現代久谷/コミュニケーション広場/資料室/陶磁器情報コーナー/陶芸室/作家データベース
 
 
  九谷焼  創作陶器 長寿堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九谷焼 茶碗. 花瓶 コーヒーカップ キティ 創業120年 九谷焼販売の専門店 長寿堂  新着情報/九谷焼について/長寿堂/陶房長寿/長寿堂の歴史/ギャラリー/お店案内
 
 
  伝統工芸九谷焼窯元 陶匠大雅   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九谷焼窯元・陶匠大雅へようこそ 観る者すべてを魅了する九谷焼その荘厳華麗な色絵世界・・・九谷焼 350年の歴史と共に進化し愛され続けるその魅力をじっくりとご堪能ください。  HOME/九谷焼の歴史/店舗紹介/お問い合せ/お買い物について/お買い物はこちら
 
 
  金沢の和食器・九谷焼陶芸品専門店  北山堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加賀百万石の逸品九谷焼と過ごす上質な時間。  昔から金沢の生活スタイルには欠かせない“九谷焼”。 その逸品の数々は、今でも脈々と伝わる加賀百万石の伝統と、ぬくもい、優しさを感じさせてくれます。 大切なとき、大切な場所、大切な時間を“九谷焼”「とお過ごし下さい。  店舗案内/ショッピング/店長BLOG/ニュースレター/作家紹介/お問合せ
 
 
  ぶつだん工房 雅 - 仏壇・仏具・数珠・通販 販売    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九谷焼の独特の技法を用いて作られた、モダン仏具。 銀箔の上に釉薬を塗り焼きあげる事で、何ともいえない神秘的な輝きが現れます。 銀箔と釉薬と間に、奥行きを垣間見ることのできる特殊な技法です。 現在『九谷焼』で最も注目度の高い『銀 彩』です。
 
 
  九谷焼 五十吉深香陶窯 浅蔵五十吉 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三代 浅蔵五十吉 あさくらいそきち  日展評議員  日本現代工芸美術家協会評議員 石川県美術文化協会理事
 
 
  国指定跡 九谷焼窯跡展示館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川県加賀市山代温泉にある、九谷焼を再興した吉田屋の窯跡です。九谷焼を焼いた現存最古の登窯があります。築200年の陶房もご覧いただけます。平成21年10月からは、加賀九谷陶磁器協同組合が管理を行っております。
 
 
  石川県陶磁器商工業協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  百万石の伝統文化 九谷焼 五彩が織り成す多彩な表現  組合の紹介/九谷焼の紹介/伝統工芸品/茶碗まつりの紹介/石川県久谷陶磁器商工業協同組合連合会/関連リンク
 
 
  久谷焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  久谷焼 の画像 - Google
 
 
  九谷焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九谷焼 の画像 - Google
 
 
  石川県九谷焼美術館 正面玄関前公園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川県九谷焼美術館 正面玄関前公園
 
 
大樋焼 (石川)
大樋焼本家十代長左衛門窯 大樋美術館 楽家12代弘入作の数印茶碗です弘入らしい作行きの見どころの多い趣のある茶碗で、鵬雲斎大宗匠のお書付があり、「無事」と御銘がついています。 大樋焼本家十代長左衛門窯 大樋美術館
  大樋焼(オオヒヤキ)とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加賀金沢の楽焼き。寛文年間(1661〜1673)に、金沢の大樋で、京都の陶工長左衛門が創始。
 
 
  大樋焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代初期の寛文6年(1666年)、加賀百万石、加賀藩5代藩主・前田綱紀が京都から茶堂として仙叟(裏千家4代千宗室)を招いた際に、楽家4代一入に師事し、最高弟であった陶工・土師長左衛門が同道した。それを契機に、稀有な茶の湯の道具として発展し、綱紀公の強い意向もあり、加賀藩から手厚い保護を受け、現在に至る。 仙叟が帰京する貞享3年(1686年)後も長左衛門は残り、河北郡大樋村(現、金沢市大樋町)に居を構え、窯を建てて藩の焼物御用を務め、加賀藩より地名から大樋姓を許された。  関連項目/外部リンク
 
 
  大樋焼とは - 金沢市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大樋焼は、ロクロを使わない手びねりとヘラで、ひとつひとつ作られます。保温に富み、軽くて暖かみがある風合いの器は口当たりが柔らかで、お茶に広く利用された事も頷けます。 京都の楽家から、楽焼きの黒や赤を使うことを禁止され、独自に飴釉という釉薬の効果を利用した、独特の発色が特徴です。土作りから本焼きまでの、一貫作業で作られています。 大樋焼の行程: 採土/粉砕・水簸/土練り/成形/乾燥・素焼き/窯だし・釉薬がけ/本焼/完成
 
 
  光り輝く茶碗「大樋焼 大樋長左衛門」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美しい飴色の器: 「楽焼」とは一般に、ろくろを使わずに手とへらだけで作った焼き物のことをいうが、狭義には千家十職の茶碗師である楽家の手法を用いた作品のことをいう。 大樋長左衛門(おおひちょうざえもん)さんが作る大樋焼は、その狭義での楽焼だ。
 
 
  大樋焼本家十代長左衛門窯 大樋美術館 - 金沢散歩道   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金沢には伝統文化や庶民文化に彩られた見どころや、食べ物処が多数ございます。 金沢の良さ、奥深さをお伝えするには金沢に根差したお店の紹介をかかすことができません。 お店の画像が掲載されているお店さんは散歩道スタッフオススメのお店です。 卯辰山・材木町・賢坂辻地区   大樋焼本家十代長左衛門窯 大樋美術館/美術館紹介
 
 
  大樋焼本家窯元・九代目大樋勘兵衛窯 - ほっと石川旅ねっと   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金沢の伝統工芸である大樋焼の窯元です。加賀藩百万石のお庭焼として、340年余の歴史があり、素朴で暖かい味わいのある抹茶碗は長年愛好されています。当窯は、九代目大樋勘兵衛と大樋朔芳父子の作品を、展示、販売しています。
 
 
  大樋焼 の検索 - 【楽天市場】商品一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大樋白釉ぐい呑み(送料無料): 加賀百万石文化を伝え育てる加賀の茶陶 “大樋焼”・・など。
 
 
  大樋焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大樋焼 の画像 - Google
 
 
珠洲焼 (石川)
珠洲大壺; (東京国立博物館蔵、新潟県妙高市関山神社貝塚出土) 珠洲焼焼酎カップ 珠洲焼 練り込みめし碗|小西栄一
  珠洲焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  珠洲焼(すずやき)は、12世紀後半頃から15世紀末頃に石川県珠洲市付近で生産された、中世の日本を代表する陶器のひとつ。古墳時代から平安時代にかけて焼かれた須恵器の技法を受け継いでいた。 約400年前に忽然と姿を消した珠洲焼を1976年(昭和51年)珠洲市が復興。1989年、石川県指定伝統的工芸品の指定を受ける。 1 珠洲焼の復興 / 2 珠洲焼の関連施設 / 3 脚注 / 4 外部リンク
 
 
  珠洲焼 - ギャラリー葦   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  あなたの暮らしをちょっと豊かにする自然素材のクラフトを。 珠洲焼 お地蔵様 8.5cm: おおよそのサイズ:胴回り直径 3.2cm 高さ 8.5cm 作家名:田中敬子 素材:陶器/珠洲焼 かえる: おおよそのサイズ:5.4 x 4cm 高さ 5cm/作家名:田中敬子/素材:陶器・・など。
 
 
  珠洲焼資料館 - 珠洲市立   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  珠洲焼は、12世紀中葉(平安時代末)から15世紀末(室町時代後期)にかけて、珠洲郡内*1で生産された。北海道南部から福井県にかけての日本海側に広く流通した、中世日本を代表する焼き物のひとつである。 お知らせ/入館/館蔵品/解説/販売/アクセス/メール
 
 
  おすすめの珠洲 - 珠洲焼女流作家展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  珠洲焼女性作家の作品が、飯田町商店街の8つのお店で展示・販売中です!  出展作品紹介
 
 
  珠洲焼作家市 - 珠洲の元気創造まつり   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  珠洲焼の作家がここに集まる! 食器、花入れ、オブジェなどあなたのお気に入りがきっと見つかる。手に入る。
 
 
  珠洲市立珠洲焼資料館 - MAPPLE 観光    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  洲市の特産品のひとつである「珠洲焼」の歴史を紹介する資料館。平安末から室町にかけて、無釉・還元焔燻べ焼きで焼かれた珠洲古陶約100点や資料を一堂に展示している。
 
 
  珠洲市立珠洲焼資料館 - 石川の伝統工芸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平安時代から室町時代に焼かれた珠洲焼から現代の珠洲焼まで展示してあります。   所在地: 珠洲市蛸島町1-2-563
 
 
  珠洲市立珠洲焼資料館 - ほっと石川旅ねっと   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平安時代末から戦国時代にかけての約400年の間、須恵器の伝統を受けつぎ、無釉(むゆう)、還元焔(かんげんえん)で焼かれた、灰黒色で力強い造形美を誇る「珠洲古陶」や資料を展示しています。時代による移り変わりや、流通した様子、当時の信仰や生活との関わりについても分かりやすく紹介しています。
 
 
  「素朴で力強い美しさ珠洲焼」 - 石川新情報書府事業   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中世日本を代表する焼き物のひとつで、15世紀後半に忽然と消えた奥能登の陶器─。 30年前に「珠洲焼」として復興されたこの陶器の魅力を、映画『村の写真集』(2005)、今秋公開の『しあわせのかおり』で知られる三原光尋監督の監督・脚本による全12話のショートムービーでお届けします。
 
 
  珠洲焼の歴史を一堂に 4月、金沢で200点展示 (2015/3/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  須恵器の流れをくむ珠洲焼の貴重な史料群などが4月、金沢市のしいのき迎賓館で展示される。珠洲焼資料館(珠洲市)の所蔵品など、5世紀以降の作品や陶片約50点と現代陶工の作品約200点が並ぶ予定で、資料館以外で中世の珠洲焼が多く並ぶ機会は珍しい。…
 
 
  珠洲焼作家 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  珠洲焼作家 の画像 - Google
 
 
  珠洲焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  珠洲焼 の画像 - Google
 
 
渋草焼 (岐阜)
わらじ屋(渋草焼、山田焼、小糸焼) 私が昔から憧れてきたものの一つに、渋草焼がある。特に芳国舎の磁器は値段が張るので自分で買うものとは何年も思っていなかった。しかし… 飛騨地域 匠の道/陶芸 - 渋草焼窯元芳国舎
  渋草焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渋草焼(しぶくさやき)は岐阜県高山市で焼かれる陶磁器。天保11年(1840年)に飛騨郡代豊田友直が陶磁器を自給自足すべく、官民共同の窯場を作ったのが始まり。 原料に地元の渋草陶石を用いる。そして瀬戸や九谷といった磁器産地から陶工、絵師を招聘し、瀬戸や九谷の特徴を織り交ぜながら、飛騨赤絵、飛騨九谷と呼ばれる独自の磁器を生み出した。 作品/関連事項
 
 
  創業天保十二年「渋草焼」 芳国舎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  芳国舎のこだわり 手描きだから出来る事 トップページ/商品のご紹介/渋草焼の歴史/匠の技/ご注文方法/お問い合わせ/お店紹介
 
 
  渋草焼 - ともさんの焼き物・骨董紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渋草柳造作・渋草焼の六角形蓋置: 渋草焼(しぶくさやき)の六角形蓋置(渋草柳造窯)です。
 
 
  岐阜編 伝統工芸品 渋草焼 - 日本伝統文化振興機構(JTCO)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渋草焼とは、一言で言うと、飛騨高山で江戸末期から続いている手造り、手描きの焼き物(陶器、磁器)です。 創業は1841年(天保12年)、当時の飛騨高山は江戸幕府の直轄地(天領)でした。 その時の高山陣屋飛騨群代「豊田藤之進」が、地元に新たな産業の発展を目指し、陶磁器の生産を御用商人にさせ、現在の陶房所在地『渋草』という地名の所に半官半民の陶磁器製造所を開窯させたのが始まりです。
 
 
  渋草焼窯元 芳国舎 - MAPPLE 観光ガイド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  手作り、手描きの気品ある器がそろう老舗 「飛騨九谷」と呼ばれる渋草焼は、陶石を使った真っ白な地肌と、色鮮やかな絵付けが特徴。江戸末期創業の芳国舎では、職人が手造り、手描きで仕上げた製品を販売している。
 
 
  飛騨のやきもの - その歴史と現在   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  飛騨高山には江戸時代から続く、四軒の伝統的な窯元があります。このページではそれぞれ特色をもつ窯元についてご紹介します。どうぞご覧下さい。 飛騨三代藩主 ・金森重頼公は茶の湯に造詣が深く、寛永年間(1620年代)、兄である茶匠・金森宗和公(茶道宗和流の開祖)の周旋によって京から陶工を招き、飛騨のやきものが始まりました(小糸焼)。その後幕府直轄の天領となってから、郡代の力添えによって始まったのが渋草焼です。
 
 
  渋草焼 高山市 - 高山市役所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高山は、江戸幕府の直轄地(天領)でした。江戸末期天保12年(1841年)、その時の高山陣屋飛騨郡代豊田藤之進が、地元に新たな産業の発展を目ざし、陶磁器の製産を御用商人に計画させ、現在の陶房所在地「渋草」という地名のところに、半官半民で開窯させたのがはじまりです。開窯にあたっては、尾張瀬戸・加賀九谷という本場から職人を招き(戸田柳造・曽我竹山・富士造・周山等)、飛騨九谷・飛騨赤絵と呼ばれる優れた作品を生み出しました。
 
 
  渋草焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渋草焼 の画像 - Google
 
 

TOPページ TOPページ  6源情報 6源情報  ジャンル一覧表 ジャンル一覧表  明快カテゴリ総覧 明快カテゴリ総覧  特集区分数・HP数詳細 特集区分数・HP数詳細  ジャンルページ ジャンルページ  画面上段 画面上段 


Copyright (C) 2018 Z-PLAZA Corporation. All Rights Reserved.