036 【工芸・手芸】 織部焼 (岐阜)〜石見・楽山焼 (島根)
 火と土の芸術、陶芸。陶器の生産地から名付けられた六古窯、感性を凝縮させたあなたの力作をこのコーナーで発表してみませんか?このコーナーでは”陶器と磁器の違い”についてのホームページもあります。あなたは陶器派?磁器派? どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

織部焼 (岐阜) 小糸焼 (岐阜) 山田焼 (岐阜) 美濃焼 (岐阜) 志野焼 (岐阜) 渥美焼 (愛知)
赤津焼 (愛知) 犬山焼(愛知) 萬古焼 (三重) 阿漕焼 (三重) 御浜焼 (三重) 湖南焼 (滋賀)
湖東焼 (滋賀) 京焼・清水焼 (京都) 楽焼 (京都) 交趾焼 (京都)  御室焼.仁清焼(京都) 瑞芝焼 (和歌山)
出石焼 (兵庫) 赤穂雲火焼 (兵庫) 虫明焼 (岡山) 酒津焼 (岡山) 羽島焼 (岡山) 因久山焼 (鳥取)
牛ノ戸焼 (鳥取) 布志名焼 (島根) 出西焼 (島根) 石見焼 (島根) 楽山焼 (島根) 温泉津焼 (島根)
宮島焼 (広島) 姫谷焼 (広島) 萩焼 (山口) 理平焼 (香川) 大谷焼 (徳島) 砥部焼 (愛媛)
← 035 【工芸・手芸◆暸‘磁器の世界       037 【工芸・手芸ぁ暸‘磁器の世界  → 
TOP >  c 工芸・手芸 > 036 【工芸・手芸】 織部焼 (岐阜)〜石見・楽山焼 (島根) >  
       
織部焼 (岐阜)
日本製 織部焼 抹茶碗 織部焼 茶道をはじめて心惹かれたものが織部焼と春慶塗でした。 日常で九谷焼や加賀蒔絵を感じて育ったのだなと北陸を離れてから思いました。
  織部焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織部焼(おりべやき)は、桃山時代の慶長10年(1605年)頃、岐阜県土岐市付近で始まり元和年間(1615年-1624年)まで、主に美濃地方で生産された陶器。美濃焼の一種で、基本的に志野焼の後に造られた。  1 概要 / 2 特徴 / 3 脚注 / 4 代表作 / 5 参考資料 / 6 関連項目
 
 
  伝統の器 織部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織部 本店のご案内/織部 うつわ邸のご案内/ORIBE NAGOYA店のご案内/全国店舗のご案内/会社概要/お問い合せ
 
 
  織部 風陶人陶話   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織部釉とは、酸化焼成による銅呈色の緑色透明灰釉と規定する事が出来ます。 歴史は桃山時代、美濃に登窯が導入されたのに伴って登場した、日本初の高温焼成銅釉です。織部釉は還元が掛かると赤く発色するので、窯変による日本初の高温焼成銅呈色赤色釉(辰砂釉)でもあるのです。…
 
 
  織部焼 - 焼き物の産地と種類   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織部焼とは美濃焼を代表する焼き物のひとつで、発展した土地の名前ではなく、茶人であった古田織部の好みによって作られた焼き物の総称です。 古田織部は茶人、千利休の高弟で、戦国武将でもありました。 織部焼は、日本の陶器の中では珍しく、幾何学模様などの趣向を凝らした文様や大胆奇抜な形が特徴です。
 
 
  瀬戸織部とは - 瀬戸焼振興協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「織部焼」(おりべやき)とは、千利休(せんのりきゅう)の弟子で桃山文化を彩った茶人「古田織部」(ふるたおりべ)の名に因んだやきものです。 当時、ファッションリーダー的存在であった古田織部が茶の湯の世界で好んで使った、自由な形・大胆な模様・明るい色彩をもつ「斬新なやきもの」を総称したことにはじまります。 このように、茶の湯という伝統的な世界に斬新なものを積極的に取り入れた古田織部の心は、まさに瀬戸焼に共通するものがあります。
 
 
  NHKオンデマンド | 美の壺  織部焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  奇抜で自由なデザイン、異国的な技法など、それまでの日本の焼き物の歴史の中では見られなかった特徴を多く持つ「織部焼」は、骨とうの世界でも人気が高く、コレクターの垂涎(すいぜん)の的となっています。
 
 
  風陶人陶話 - 織部釉 (2010/9/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織部釉とは、酸化焼成による銅呈色の緑色透明灰釉と規定する事が出来ます。 歴史は桃山時代、美濃に登窯が導入されたのに伴って登場した、日本初の高温焼成銅釉です。織部釉は還元が掛かると赤く発色するので、窯変による日本初の高温焼成銅呈色赤色釉(辰砂釉)でもあるのです。高温焼成での銅に因る緑の呈色は、大窯(美濃、瀬戸地方の半地下式穴窯の最終形態。志野、瀬戸黒、黄瀬戸が焼かれた。)による黄瀬戸の胆礬が先行しますが、これは天然硫酸第二銅による斑紋で、技術的には下絵にあたります。…
 
 
  壱のツボ 緑に「けしき」を見よ  織部焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  都内にある日本料理店。ここでは、料理を盛り付ける器に織部焼を使っています。 様々な文様や色が施された織部焼は、食材の美しさと調和し、食事に華やかさをそえる器として人気があります。
 
 
  焼き魚のお皿(食卓に緑を添えて) - 織部焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自由で斬新な織部焼きは、和食器どうしをあわせにくく、料理の盛り付けに悩んでしまったりで、和食器の中でも織部焼きはなかなか手強い器と思われているようです。 今回ご紹介する織部焼きはなるべくシンプルなものを選んでみました。いわゆるお料理屋さん向けは外しています。
 
 
  陶器 陶芸【全国版】 日本の心 日本のお茶 織部焼    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  全国の陶器には、聞き慣れた有田焼や瀬戸焼などがありますが、それらと並んで織部焼という名前もよく聞くのではないでしょうか。 織部焼とは美濃焼を代表する焼き物のひとつで、発展した土地の名前ではなく、茶人であった古田織部の好みによって作られた焼き物の総称です。 古田織部は茶人、千利休の高弟で、戦国武将でもありました。
 
 
  400年忌「大織部」展で、天下一の茶人と「織部焼」との謎の関係    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  茶の湯と言えば判で捺したように「千利休」に終始していた世間で、「織部」といえば「へうげもの」と、打てば響くように返って来るようになったのは、山田芳裕による人気コミック『へうげもの』のヒットあってのこと。「セト茶碗、ヒツミ候也、ヘウケモノ也」と『宗湛日記』(安土桃山時代に活躍した博多の豪商・神谷宗湛が残した茶会記)に記された歪んだ沓茶碗と共に、作為をこれでもかと押し出した古田織部の好みは、若い世代にも少なからぬ支持を得ている。だが実のところ、古田織部という茶人の名、また織部焼という焼きものを指すものとして使われる「織部」という語は完全に重なるわけではなく、両者の関係には謎に包まれた部分が多い。
 
 
  織部焼 (NHK美の壺) [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鮮やかな緑釉や様々な文様、歪んだフォルム。茶人・古田織部が追い求めた新しい「美」は、桃山という進取の時代の象徴だった…。いまもその輝きを失わない、斬新なやきもの「織部」の魅力に迫る。アート鑑賞マニュアル。
 
 
  道の駅織部の里もとす (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  道の駅織部の里もとす(みちのえき おりべのさともとす)は、岐阜県本巣市の国道157号上にある道の駅である。  1 特徴 / 2 道路 / 3 施設 / 4 休館日 / 5 周辺 / 6 関連項目 / 7 外部リンク
 
 
  美の壺 「織部焼」 - 動画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【无字幕】 美の壺 File 020 「織部焼」 - Pideo 動画検索
 
 
  織部焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織部焼 の画像 - Google
 
 
小糸焼 (岐阜)
風雅陶器〜小糸焼窯元のページ 小糸焼ギャラリーへ行きます もう11月になっちゃった!」 ( 小糸焼 ) - 抹茶碗.com
  小糸焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小糸焼(こいとやき)は岐阜県高山市で焼かれる陶器である。名の由来は高山城下西方の地名、小糸坂である。茶陶で知られる。 寛永年間の開窯で、高山城主の金森重頼が京都の陶工、竹屋源十郎を招いたのが始まり。重頼の兄、金森重近(宗和)が高名な茶人でもあったため、彼の指導の下で茶器を焼かせた(第一期小糸焼)。茶陶として名を馳せたが、金森家が出羽国に転封されたために僅か20年に廃窯となった。 現在の小糸焼は戦後に長倉三朗とその息子、靖邦が綿密な発掘調査の下に復活させたものである。小糸焼は独特の作風で知られているが、特に、「伊羅保(イラボ)釉」を発展させた、小糸焼独自の「青伊羅保」と呼ぶ、渋く深みのあるコバルトブルーの釉薬が代表的である。 1992年(平成4年)に岐阜県郷土工芸品に指定されている。  関連項目/外部リンク
 
 
  飛騨のやきもの 〜その歴史と現在   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  飛騨高山には江戸時代から続く、四軒の伝統的な窯元があります。このページではそれぞれ特色をもつ窯元についてご紹介します。どうぞご覧下さい。 飛騨三代藩主 ・金森重頼公は茶の湯に造詣が深く、寛永年間(1620年代)、兄である茶匠・金森宗和公(茶道宗和流の開祖)の周旋によって京から陶工を招き、飛騨のやきものが始まりました(小糸焼)。          
 
 
  小糸焼の解説 - 飛騨のやきもの侘助   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小糸焼は、歴史的には高山の焼物の中でもっとも古い窯です。 江戸時代の初期、飛騨は金森家の所領でしたが、その高山城主、金森三代重頼と、その兄で一世の茶宗、金森宗和などの活躍で、高山でも茶道が大変盛んに行われるようになりました。 歴史/特徴/侘助から一言
 
 
  小糸焼窯元 - 四季を重ねた風雅陶器   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小糸焼窯元のページへようこそいらっしゃいました。小糸焼窯元は親子で作る小さな窯です。普段使いの食器から、茶道具、モダンなクラフトまで、種々雑多、いろいろなものを作っています。どうぞごゆっくりご覧ください。
 
 
  飛騨高山・小糸焼窯元〜作品・商品のページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  飛騨高山の風雅陶器・小糸焼窯元の販売ページへようこそ。 小糸焼窯元の新作や定番商品、窯出し商品を載せてゆきます。
 
 
  小糸焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小糸焼 の画像 - Google
 
 
山田焼 (岐阜)
山田焼ギャラリーへ行きます 飛騨のやきもの侘助(山田焼 コーヒー碗皿) チューカーは、共司さんのもので、 湯呑は、北窯のものに山田工房等のお気に入りのもの。 あと、お茶っ葉を上江洲窯の蓋物に入れてます。
  山田焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山田焼(やまだやき)は岐阜県高山市で焼かれる陶器である。 渋草焼、小糸焼と共に現存する焼き物だが、前者が藩主や風流人に好まれたのに対し山田焼は農民、町人のために焼かれた生活雑器である。創始者は稲垣藤四郎といわれる。また、材料の粘土は地元の水田の土を用いていたという。 しかしながら、殖産興業のために山田焼は郡代から推奨されたため、飛騨の焼き物の中で最も長い歴史を持つことになり、現在に至るまで窯の火が絶えたことはない。また明治時代には窯業の技術を応用して土管、煉瓦、瓦などを焼き、大いに繁栄した。  関連項目
 
 
  山田焼 岐阜県郷土工芸品 - 高山市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  飛騨高山の西、雑木林に囲まれた地に窯がある山田焼は、遠く明和年間(江戸時代)に開窯して、飛騨の人々に密着した雑器、建築用陶器、茶陶器を焼き続けてきました。製品は、茶系の色とどっしりとした質感が特徴で、素朴のうちに優美な雅趣をもち、きどらない陶師の指あとが陶肌に溢れていて、どの家庭にもなじみやすい焼物です。一度使われれば長年愛される理由がわかります。
 
 
  富山県西部地域・岐阜県飛騨地域 感動体験   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昔ばなしで世界で民芸体験: 飛騨の里体験教室 館内では、わら細工、さしこ細工、陶芸、はた織り、千鳥格子根付など日替わりで実演や体験を行っています。団体で古民家一棟を貸切ってのさるぼぼ作り、手染め体験も行っています。
 
 
  東海の酒器  山田焼(岐阜県)  - 陶のぐい呑や   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  製品名: 酒器 ぐい呑み/型番: 4YAM0001/メーカー: 山田焼窯元(小林 鳳山)/外寸法: 幅66mm × 奥行67mm × 高さ54mm/製品重量: 105g
 
 
  山田焼 - じゃらんnet   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山田焼について: 1760〜70年頃、雑木林に囲まれた丘陵地に開窯した山田焼は飛騨伝統の陶器の一つ。庶民の暮らしの中で生まれ、茶色いどっしりとした質感と素朴な風合いを持つ山田焼は厨房雑器等生活用品が多い。ここでは陶師から直接指導を受けてろくろを使った陶器作り、絵付け体験ができる。
 
 
  山田焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山田焼 の画像 - Google
 
 
美濃焼 (岐阜)
美濃焼のコーヒーカップ 美濃焼 かいらぎ赤志野 とっくり  このまえ買ってきた美濃焼のぐいのみ 
  美濃焼 のニュ - Googleース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美濃焼 のニュ - Googleース
 
 
  美濃焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美濃焼(みのやき)とは、岐阜県土岐市、多治見市、瑞浪市、可児市を産地とする陶器である。 1978年(昭和53年)に、通商産業省(現経済産業省)伝統的工芸品に認定されている。 美濃焼は国内陶磁器シェア半分以上であり、中でも土岐市が陶磁器生産日本一を誇る。 1 歴史 / 2 特徴 / 3 美濃焼の代表 / 4 著名な作家 / 5 脚注 / 6 参考文献 / 7 関連項目
 
 
  美濃焼ネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岐阜県の伝統産業(美濃焼)土岐市下石町の窯元サイトです。  下石陶磁器工業協同組合/イツミ陶器楽天ショップ/栄華陶園/高峰庵オンラインショップ/金正陶器(株)/美濃焼園/(株)カネヨ/ヤスエ陶器(株)/美濃陶芸協会HP  土岐市下石町のお天気
 
 
  陶都  美濃焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美濃焼とは/美濃焼散策コース/見学できる窯元情報/観光施設情報/イベント情報/名所・旧跡情報/窯業関連事業者検索サイト/アクセス/お問い合わせ
 
 
  美濃焼伝統工芸品窯元 隆月堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  磯部とは美濃で生み出された焼物ですが、いつの間にか織部焼と言われるようになりました。 【隆月窯】は、一千年の歴史を持つ美濃焼、織部発祥の地『土岐市』で織部を中心に手仕事をしている、美濃焼伝統工芸士の窯元です。
 
 
  美濃焼タイルの歴史 - タイルの紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美濃焼とは: 『美濃焼』は岐阜県美濃地方の多治見市・土岐市・瑞浪市で生産される焼き物の総称をいいます。 美濃焼タイルとは: 日本において6世紀頃 仏教伝来に伴い瓦などと共に『塼(せん)』が伝わってたとされ寺院の建築材料として使われはじめました。
 
 
  多治見市美濃焼ミュージアム (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  多治見市美濃焼ミュージアム(たじみしみのやきミュージアム)は、岐阜県多治見市にある美濃焼に関する博物館である。多治見市より受託した財団法人多治見市文化振興事業団が管理運営を行っている。 美濃焼関連のすべての物を集積し、平安から鎌倉時代に作られた陶器、桃山陶や磁器、現代陶までの資料約5万点を収蔵する地域最大規模の資料館。常設展と年6回特別展を開催し収蔵品を公開している。 1 沿革 / 2 施設 / 3 概要 / 4 アクセス / 5 関連項目 / 6 外部リンク
 
 
  美濃卸陶器祭り・美濃焼美術館・美濃焼陶器工業組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美濃焼産地である岐阜県東濃地方(多治見・土岐・瑞浪)には、焼き物の直売所やギャラリー、美術館、体験場など、公共施設や民間施設、個人施設など取り混ぜてあらゆる施設があります。 また、美濃焼のお値打ちに販売する陶器祭りも毎年各地で開催されています。 各市バラバラに案内している施設や催しをまとめました。
 
 
  美濃焼  経済産業大臣指定伝統的工芸品 土岐市陶芸作家展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一千年の時を刻む美濃焼、現代の陶工達が新しい美濃の焼き物創りに取り組んでいます。
 
 
  美濃焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美濃焼 の画像 - Google
 
 
志野焼 (岐阜)
 茶道具の佐藤大観堂本店ページ 志野茶碗 志野焼 - 荒川豊蔵資料館
  志野焼とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安土桃山時代に織部焼の一種として,岐阜県可児郡や土岐市を中心とした地方で焼かれた陶器。厚い胎土の大ぶりな器体に白い長石釉 (志野釉) をたっぷりかけて焼くのが特色。志野釉だけの無地志野,素地に鉄釉で簡素な絵や文様を描き,志野釉をかけた絵志野,白素地に自然の酸化鉄 (鬼板) をかけ志野釉を施した鼠志野,これと同じ手法で赤く発色した赤志野,白土に赤土を練込んで成形した練込志野などの種類があり,茶碗,水差し,鉢,皿などが作られた。
 
 
  志野焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  志野焼(しのやき)は、美濃焼の一種で、美濃(岐阜県)にて安土桃山時代に焼かれた白釉を使った焼物。赤志野や鼠志野などいくつかの種類があり、同じく美濃焼の一種である瀬戸黒とともに重要無形文化財に指定されている。  1 概要 / 2 志野焼の種類 / 3 備考 / 4 脚注 / 5 関連項目
 
 
  志野焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美濃焼の一種。 志野釉(長石釉)を厚く掛けた陶器。茶碗、水指、香合など様々な器種がある。 部分的もしくは、釉を透かして赤味を帯びているのが特徴的。   絵模様による分類/色による分類/土の違い
 
 
  志野焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  志野は、16世紀後半、桃山時代に茶陶としてうまれた焼き物である 当時、食器も作られたが、茶事の時の懐石の道具の器物として用いられたものであり広い意味での茶陶と考えられる。  志野の土は、「織部のなま土、志野の枯れ土」といわれるように、志野に使われる「もぐさ土」は粘りが少なく、焼くと軽くなる陶土である。
 
 
  茶道具 志野焼建水   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  手作りですので、模様景色は一つずつ異なります。
 
 
  茶碗 志野焼(しのやき)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  志野焼はもぐさ焼きともいい、手作り風の厚手で大振りな茶碗が多いのが特徴 茶陶では、焼成によってできる薄紅色の火色などを鑑賞します
 
 
  志野焼 - Art Dealer Show  祥   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  志野焼 大壺 鈴木重蔵/作
 
 
  志野(しの) YAKIMONO seach   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美濃焼系の窯で焼かれる焼き物の種類のひとつです。 志野の歴史は古く安土桃山時代の頃からとされています。また、志野は絵付けされた最初の陶器と言われています。 その簡素で素朴な絵付けは、現在でも名品として多くの人を魅了しています。
 
 
  志野焼  伴天連(バテレン)燭台   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  これは愛知県西尾市(三河国幡豆郡西尾)の旧家に伝わったとされる志野焼の蝋燭立(燭台)です。 志野焼は美濃(岐阜県)で発展した織部焼の一種で志野織部とも言います。
 
 
  志野焼 - 日本公園村てくてく通信   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  さて、美濃における桃山茶陶といえば黄瀬戸、瀬戸黒、志野、織部が代表で、それぞれに個性がありますが、このやきものは、長い間現在の愛知県瀬戸地方で焼かれたものとされていました。その通説がくつがえされたのは、昭和5年のこと。のちに人間国宝となる荒川豊蔵が可児市の古窯跡で志野の陶片を発見したことが発端でした。この大発見に運命的なものを感じた荒川豊蔵は、志野焼の復興を決意。昭和8年に、陶片の発見地である大萱に窯を築きました。
 
 
  志野焼のぐい呑み  ぐい呑み専門   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美濃焼の鼠志野のぐい呑みで日本酒をぐいっと ぐい呑み選びでお酒の味も変わる。 飲む器とお酒との調和、そんな楽しみ方も良いものです。
 
 
  志野焼について ソウムメイト2010    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  さて、初級・中級コースの皆様は三ヶ月が経過しました。手びねり、タタラ作り、電動ロクロと少しずつ難易度が上がってまいりますが、10月は志野茶碗を作りますので、簡単に志野焼についてご説明したいと思います。
 
 
  志野焼 最高峰の芸術的金継宗家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伝統文化で自分磨き。金継宗家には正統な金継ぎを伝授する金継ぎ教室があります。「Mottainaiが育てた修繕技法」外務省による日本文化紹介ビデオ(多言語翻訳)は各国大使館に贈られ世界に紹介されました。
 
 
  志野焼(岐阜県)の歴史や特徴を紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美濃焼には志野焼と呼ばれる物があります。安土桃山時代に焼かれた焼き物で、白釉が使用されています。美濃焼の始まりは室町時代の茶人である志野宗信です。この志野宗信が美濃の陶工に命じて作らせたと言われています。 美濃焼きには、赤志野や鼠志野など、複数の種類がある事が知られています。 瀬戸黒と呼ばれる種類の物は、国の重要無形文化財や、岐阜県の重要無形文化財に指定された技法で作成されています。
 
 
  志野焼  樋口雅之作  茶道具の佐藤大観堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   水指 > 【 茶道具・水指 】
 
 
  YouTube - ろくろ倶楽部で志野焼茶碗てびねり   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - ろくろ倶楽部で志野焼茶碗てびねり
 
 
  桃山志野焼作家「藤田登太郎」専属通販ギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  桃山志野焼作家「藤田登太郎」専属通販ギャラリー
 
 
  志野焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  志野焼 の画像 - Google
 
 
渥美焼 (愛知)
渥美焼 - 陶芸家 荒川友雪 天河窯 織部の壷 渥美焼の壷がモチーフになっています。 迫力の存在感! テーマ:渥美焼き. 田原市博物館に有る. 渥美焼きの広口大壷
  渥美焼 とは - コトバンク    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  愛知県の渥美半島において,平安時代末から鎌倉時代にかけて焼かれた中世陶器。約100群,500基近い古窯跡が知られており,半島基部と中央の芦ヶ池周辺に集中している。製品は壺,甕,擂鉢(すりばち),山茶碗を主とするが,特殊品として袈裟襷文(けさだすきもん),蓮弁文などの三筋文系陶器を焼いている。大アラコ窯跡からは三河国司藤原顕長・遠清銘の尊霊壺が出土している。また伊良湖地区に東大寺瓦窯跡群がある。
 
 
  渥美窯 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渥美窯(あつみがま・あつみよう)は、愛知県渥美半島(田原市の大部分及び豊橋市の一部)に分布している古窯群。 12世紀初頃から13世紀まで(平安時代末期から鎌倉時代にかけて)陶器を生産していた、日本三大古窯の一つ。知多半島から渥美半島は中世における窯業地帯であったが、常滑窯など知多半島では中世以降も生産が継続しているのに対し、渥美窯は中世前期段階で生産が途絶している。  関連事項
 
 
  渥美焼 - 陶芸家 荒川友雪 天河窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ギャラリー 碧(ペキ): 展示品の焼き物を一部紹介致します。 作品は全て渥美土を使って焼き上げています。  ホーム/プロフィール/渥美焼/お問合わせ
 
 
  皆さん、「渥美窯」って知っていますか?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瀬戸焼や常滑焼って皆さん知っていますよね? これらは、越前焼、信楽焼、丹波焼、備前焼と合わせて六古窯と呼ばれ、中世(平安時代末)から焼き物を生産している日本の代表的な窯です。 しかし、東三河を代表する景勝地、渥美半島にも、それらに匹敵するような、すばらしい焼き物を生産していた窯があったのです。 それが「渥美窯(あつみよう)」です。 渥美窯とは、今から800年ほど前の平安時代終わり頃に、渥美半島の全域で営まれた焼き物作りの窯跡の総称。そこで生産された焼き物は、碗、皿などの日常品のほか、貴族や寺社からの特注品も多くあり、全国各地に提供されました。壺類には、絵画文が刻まれ、芸術性が高いのが特徴です。                         
 
 
  渥美窯 国宝を生んだその美と技 - 田原市博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渥美半島に展開する中世の窯業地を「渥美窯」と呼んでいます。しかし、その名が知られるようになったのは最近のことで、六古窯と呼ばれる瀬戸焼・常滑焼・越前焼・信楽焼・丹波焼・備前焼に属さない不明の不思議な焼き物「黒い壺」が、渥美半島がその産地だと判明したのは昭和39年のことでした。 研究が進むにつれて、平泉・鎌倉を代表とする都市をはじめ、各地で造営される経塚や墓地に渥美窯製品が多く使用され、渥美窯は他の中世窯に抜きん出る技術や流通網を持っていることが明らかになりました。
 
 
  復活! 渥美焼 - 休暇村 伊良湖 (2012/10/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここ渥美半島は常滑焼のある知多半島同様良質の土で知られ、平安時代から陶磁器の生産が盛んで、日本三大古窯の一つに数えられるほどの窯業地帯だったそうです(休暇村から約3km、初立池公園のほとりにある『東大寺瓦焼跡』では、東大寺再建の際にこの土地の土で瓦を焼いて、奈良まで運んだというお話が残されています)。 中世以降、渥美窯の生産が途絶え、さらに先生がいらっしゃらなくなってからは焼き物をする方すらいなくなったかに思われた伊良湖地区でしたが、この度新しく、地元で渥美窯陶友会さんが製作をはじめました。 渥美の土と黒松を素材に、一点一点手作りされる『渥美窯』の作品。…
 
 
  渥美焼き - やしの実博物館 (2013/8/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渥美半島の先端に椰子の実博物館と言う薄暗い・・そんな薄暗い場所に渥美焼きが・・焼けは甘いけどまだまだ見た事のない渥美焼きが沢山ある。 それを全て網羅する事も僕の楽しみのひとつです。
 
 
  渥美焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渥美焼 の画像 - Google
 
 
赤津焼 (愛知)
赤津焼伝統工芸士 東窯 春草(中島満久)作 赤津焼 - 愛知県 個性ある形が面白く、味がある湯呑みです。くぼみがあるので持ったときの感触がとても良い感じです。手作りならではの味わいもあります
  赤津焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤津焼(あかづやき)は、瀬戸焼のうち瀬戸市街の東方にある赤津地区で焼かれる焼物。 瀬戸窯とともに発展した窯で平安時代の開窯とされ、当地には室町時代の窯跡である小長曽陶器窯跡が残る。戦国時代、瀬戸では「瀬戸山離散」と呼称される窯屋の急激な減少が発生し、多くの窯が美濃地方に移った。 慶長15年(1610年)になって尾張藩初代藩主・徳川義直が当時の赤津村に陶工を集めて瀬戸窯の復興を図った(窯屋呼び戻し)と言われていたが、近年では現存する資料から徳川家康が名古屋開府に合わせて窯屋を呼び戻したものとされている。 1 概要 / 2 赤津焼会館 / 3 脚注 / 4 外部リンク
 
 
  喜多窯 霞仙   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本で古くから焼き物のことを”せともの”と呼ぶように、瀬戸の焼き物は多種多様な素材が特徴でもあります。 瀬戸の陶祖として知られ、中国から焼き物作りの技術を伝えた加藤陶四郎 景正 生誕から800年…。  窯元紹介/作品紹介/KAMSEN Webギャラリー/ギャラリー/陶芸体験/アクセス・お問い合わせ
 
 
  赤津焼 松山窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤津 織部焼窯元 松山窯のサイトへようこそ 1300年の歴史を持つ窯の里赤津の窯元、松山窯のサイトをご覧頂きありがとうございます。 TOP/会社概要/商品カタログ/ギャラリーGazulin/イベント情報/お問い合わせ/リンク/赤津焼とは
 
 
  赤津焼を楽しむ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤津焼を中心に、和食器の暮らしを探求する。  HOME/赤津焼の世界/陶磁器の基礎知識/陶磁器生活メモ/施設・イベント/日々徒然ブログ
 
 
  赤津焼 - 愛知県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  沿革: 日本六古窯の一つであり、その起源は奈良時代の須恵器にまでさかのぼります。鎌倉時代に釉薬(ゆうやく)を用いたのはこの地方のみであったといわれています。その後の安土・桃山時代には、茶道の発展の影響を受け、志野、織部など現在の赤津焼の根幹をなす技法が確立されました。 特徴: 赤津焼の特徴は、織部釉(おりべゆう)、志野釉(しのゆう)、黄瀬戸釉(きぜとゆう)、古瀬戸釉(こぜとゆう)、灰釉(かいゆう)、御深井釉(おふけゆう)、鉄釉(てつゆう)の7種類の釉薬と、へら彫り、印花(いんか)、櫛目(くしめ)、三島手(みしまで)など12種類の多彩な装飾技法にあります。
 
 
  赤津窯の里めぐり   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  春の「赤津窯の里めぐり」には各地から多数の方にお越し頂き有難うございました。 次回は11月8日(土)、9日(日)に開催予定です。 アートフェスティバルにご出展頂いた方も是非またご予定を!!  HOME/窯元まわし会/リンク/アクセス・お問い合わせ
 
 
  瀬戸焼(赤津焼)について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤津焼: 「赤津焼」は「瀬戸焼」ですが、特に瀬戸市の東方にある赤津エリアで生産された「瀬戸焼」が「赤津焼」と呼ばれています。 現在の窯元町、西窯町、赤津町、八王子町を中心とする赤津エリアは、大正14年に当時の瀬戸町と合併するまでの赤津村で、現在も窯元の多いエリアです。 「赤津焼」は特に、尾張藩の御用窯の流れを持つ芸術性の高い陶器が多いことが特長です。         
 
 
  瀬戸・赤津焼 窯ぐれ日記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伝統的工芸品に指定されている瀬戸・赤津焼の窯主のブログです。 日々の仕事や受け継がれた素材や技術、作品や展示会の情報などをお伝えしてゆきたいと思います。 ブログトップ/記事一覧/画像一覧
 
 
  赤津焼会館 - 赤津焼工業協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高台に建てられた赤津焼会館は、円筒状の建物の周りを七釉のひとつである織部釉の陶板で装飾されています。深い緑色が美しい印象的な建物です。 赤津焼会館のご案内/伝統工芸士ご紹介/伝統的工芸品「赤津焼」
 
 
  赤津 焼 窯めぐり の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤津 焼 窯めぐり の画像 - Google
 
 
  赤津焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤津焼 の画像 - Google
 
 
  犬山焼 - 愛知県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  沿革・特徴: 江戸元禄年間、今井村(現在の犬山市今井)において、郷士奥村伝三郎が今井窯を築き、焼物を作ったのが始まりです。その後、犬山城主成瀬正寿が文化7年(1810年)丸山に開窯、文政年間(19世紀)には、犬山藩お庭焼として発展し現在に至ります。 製造工程/主な製品 /製造者/お問い合わせ
 
 
  赤津焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤津のある瀬戸地方は、日本六古窯のひとつに挙げられ、現在も活発にやきものを生産している大産地です。日本六古窯とは、中世以来現在まで、産地としてやきものを作り続けている窯々のことを言います。瀬戸の場合は、中世からさらに遡った奈良時代や平安時代に、時の権力者のために施釉陶器を焼いていた猿投(さなげ)窯に、そのルーツを見いだすことができます。
 
 
犬山焼(愛知)
犬山焼赤絵の器より 七代目尾関作十郎 作 犬山焼 尾関作十郎陶房 雲錦手茶碗 ともさんの焼き物・骨董紀行ー犬山焼
  犬山焼とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  愛知県犬山市丸山で焼かれた陶器。丸山焼ともいう。江戸時代,宝暦年間 (1751〜64) の創始。茶器類がおもで,天保2 (1831) 年頃から染付や乾山風 (→尾形乾山 ) の焼物も作られた。赤絵にすぐれた作品が多い。
 
 
  犬山焼窯元 大澤久次郎陶苑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本日の中日新聞(近郊版)に、当窯4代目 大澤富男の記事が掲載されました。 半世紀を越える作陶人生を送ってきた大澤富男がこのたび 財団法人 伝統的工芸品産業振興協会より、作り手部門の功労賞を受賞いたしました。                    
 
 
  犬山について - 犬山観光情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  犬山市は愛知県の北西部の木曽川が濃尾平野へと流れ出る所にあり、古くから交通や物流、政治の要所として栄えてきました。 ニュース/イベント情報/地図・交通案内/お役立ち/お問合せ/観光案内所
 
 
  犬山焼窯元 大澤久次郎陶苑 - 写真   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1870年頃創業 5代つづく犬山焼の窯元です。
 
 
  ともさんの焼き物・骨董紀行ー犬山焼(呉洲風赤絵)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大澤久次郎陶苑(松皮窯)・3代目大澤久一作、犬山焼(いぬやまやき)の呉洲風赤絵茶碗です。
 
 
  ともさんの焼き物・骨董紀行ー犬山焼(尾関作十郎)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  犬山焼(いぬやまやき)の、5代尾関作十郎作、雲錦手 四方飾り皿です。
 
 
  犬山焼尾関 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  犬山焼尾関 の画像 - Google
 
 
萬古焼 (三重)
古萬古焼きお屠蘇 萬古焼土鍋 伝統工芸師、舘正規氏の萬古焼手作り
  萬古焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萬古焼(万古焼、ばんこやき[1])は、陶磁器、焼き物の一つで耐熱性に優れる特徴を持つ。陶器と磁器の間の性質を持つ半磁器(Т錙砲吠類される。 三重県四日市市の代表的な地場産業であり、1979年1月12日から伝統工芸品に指定されている。その耐熱性の特長を活かした紫泥の急須や土鍋が有名であり、特に土鍋の国内シェアは、7、8割を占めると言われている。また、豚を模った蚊遣器「蚊遣豚」でも有名である。  1 歴史 / 2 脚注 / 3 参考文献 / 4 関連項目 / 5 外部リンク
 
 
  萬古焼の紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萬古焼の創設者である沼波弄山の作品を特に古萬古といいます。彼は、幼児より茶道にはいり、道楽で朝日町小向にかまをつくり、茶道具を作り始めたのが萬古焼を生みだすきっかけになったといわれています。 古萬古の陶法は、京焼の乾山から流れをくんでいて、硬彩釉による独特の赤絵、弄山の異国趣味からでた、斬新な図柄に大きな特徴があり、その出来栄えは、高く評価されています。
 
 
  萬古焼 陶器堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萬古焼 鍋 : 和食器の耐熱土鍋はもちろん、話題沸騰中のタジン鍋も取り揃えています。タジン鍋は1年中使える食器です。
 
 
  萬古焼  studio point_note   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日は三重の四日市まで、萬古焼のメーカーさんを見学に。 急須や土鍋、蚊遣豚などで有名で、伝統工芸品にも指定されている。 ここ数年、焼き物の産地を良く見学させて頂く機会があるのだが、抱えている悩みはどこも同じらしい。 そして、ひと昔前の偏ったデザインに対する知識や、作品的であったり、スタイリング偏重のデザイナーの影が、根強く残っている。
 
 
  土鍋・萬古焼(ばんこやき)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  四日市萬古焼は、今から約270年も前に、現在の三重郡朝日町に窯を開いたのが始まり。 「萬古焼」の名は、作品がいつまでも残るようにと願いを込め、「萬古」や「萬古不易」の銘を押したのが始まりだとか。 気になる「萬古」の意味は… 「いつまでも変わらないもの」とか「永遠の命を持つもの」という意味合いなんだそうです。
 
 
  四日市萬古焼 - 四日市市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三重県四日市市の特産物、土鍋の全国シェア8割以上の萬古焼   陶磁器、焼き物の一つで耐熱性に優れる特徴を持ちます。陶器と磁器の間の性質を持つ半磁器に分類されます。 耐熱性の特長を活かした紫泥の急須や土鍋が有名で、土鍋の国内シェアは、8割を占めると言われています。   TOP/常滑焼の歴史/主な生産地/萬古焼きの産地/鍋の使用方法
 
 
  萬古焼とは - グラタン皿工房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萬古焼とは/古萬古/古安東・阿漕焼/有節萬古/射和萬古/四日市萬古  ≫萬古焼の系譜 ≫萬古焼年表 ≫萬古焼とその周辺 ≫伊勢における萬古焼の分布
 
 
  四日市萬古焼 - 日本のやきもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萬古焼は元文年間(1736〜41)に桑名の豪商沼波弄山が現在の三重県三重郡朝日町小向(おぶけ)に窯を開いたのが始まりです.弄山の窯の作品を古萬古といっています.また,「萬古」,「萬古不易」の印が押されており,永遠に変わらないという意であり,萬古焼の名の由来となりました.
 
 
  陶芸家の独り言 第12話 萬古焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萬古焼(ばんこやき) ・・・はたして何人の人がこの名前を知っているのであろうか? 何人の人がその意味を説明できるのだろうか? 自慢じゃないが萬古焼を知っている人は全国的に見るとかなり少ないと言えるだろう。 その大きな理由としてはまず第一に「萬古」が地名でないという事だろう。
 
 
  四日市萬古焼  急須、土鍋、花器   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元文元年(1736年) 弄山が、作品がいつまでも残るようにと願いを込め、「萬古」あるいは「萬古不易」 の銘を押したことによります。
 
 
  萬古焼(ばんこやき)窯元 大黒窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  株式会社華月は三重県四日市市にて江戸時代に創業し、四日市萬古焼の窯元として80余年に渡り、お客様に楽しんでいただく陶器の製造をモットーとして活動いたしております。 当社は伝統を重んじつつ、新しい時代のニーズに適合した商品開発にも注力しております。製品として土鍋を代表とした耐熱食器をはじめ、ごはん鍋、IH土鍋、IHごはん鍋、蒸し土鍋、及び食器全般としてグラタン、陶板、バーベキュー、ジンギスカン等対応の耐熱陶器を製造しております。
 
 
  萬古焼 炊飯 栗型ご飯土鍋 3合炊き   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  土鍋の遠赤外線効果で、いつものご飯がふっくらと美味しく炊き上がります。底の部分を丸くすることで吹き零れにくくなっています。
 
 
  四日市萬古焼(万古焼・ばんこやき)とは   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現在、紫泥急須や土鍋がその代表とされる「萬古焼」。その発祥は江戸時代の中期(1736〜41)、桑名の豪商・沼波弄山が鎖国という閉ざされた時代であったが故に思い抱く、海の向こうの世界を空想で描いた異国的な陶器でありました。後世に受け継がれ永続することを願い、弄山自信が名づけました。焼き方にも形にもとらわれない自由な発想から生まれた焼き物、「萬古の印があることが一番の特徴」と言われるほど形は多彩。現在では、四日市市と菰野町を中心に窯元数は100社以上に登ります。
 
 
  四日市萬古焼・和食器・土鍋暮らしのうつわ SUZUKI. Co.Ltd.   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「萬古焼」のふるさと四日市から全国に向けて土鍋やうつわをお届けしております。 個性的な土鍋からシンプルな土鍋まで。お好みの柄をお選び下さい。
 
 
  萬古焼の湯呑み - HOJO の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萬古焼の伝統工芸士『舘正規』作の湯呑みでお茶を飲んでみませんか? 舘正規の技術力が感じられる自慢の力作です。
 
 
  萬古焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萬古焼 の画像 - Google
 
 
阿漕焼 (三重)
阿漕焼御本茶碗 堀之内宗完絵 阿漕焼 梅図茶碗 【器道楽】 灰釉を地として波千鳥を上絵付けしています。一般的な上絵付けと違い、どろりとした顔料を使用したのか盛り上がって立体的になっています。千鳥がかわいらしいです。
  阿漕焼とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三重県津市から産する陶器。万古(ばんこ)焼の分派である安東(あんとう)焼を、嘉永6年(1853)再興したのが始まり。
 
 
  阿漕焼 - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  阿漕焼(あこぎやき)は三重県津市で焼かれる陶器。名の由来は地名の阿漕浦に因む。萬古焼の流れを汲み、200年余りの歴史がある。 阿漕焼の元祖は、萬古焼の元祖、沼波弄山の弟子であった沼波瑞牙であるとされる。… 器自体は萬古焼の流れを汲みながら、九谷焼のような絵付けを施すのが特徴。 歴史/特徴
 
 
  第80話 阿漕焼 - 三重の文化   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  阿漕焼 親しまれた千鳥の文様: 江戸時代中頃に桑名の豪商、沼波弄山(ぬなみろうざん)が小向村(現朝日町)で始めた萬古(ばんこ)焼、また、幕末の森有節による萬古焼の再興は伊勢国内に作陶の機運を高めた。 津では、藩が沼波弄山の弟子瑞牙(ずいが)を招いて安東村(現津市)で作陶を始め、安東焼と呼ばれた。この安東焼から阿漕焼が生まれる。概要は次のとおりだ。…
 
 
  阿漕焼 三重県の特産品 - 三重・みどりの里    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  甦った『阿漕焼』!プレゼントにもぴったり♪三重県津市で焼かれた『阿漕焼・草生窯』!『阿漕焼・草生窯』 白化粧とんぼ絵 (赤)ボール大発送まで2〜3週間の猶予を頂く場合がございます。御了承ください。
 
 
  【 阿漕焼・草生窯 】 白化粧とんぼ絵 コーヒーカップ(ソーサ付)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  甦った 『 阿漕焼 』! 三重県津市で焼かれた 『阿漕焼 ・ 草生窯 』! 阿漕焼の元祖は「古万古焼」。藤堂藩の御用窯として重宝、主に日用雑器が焼かれた。 九谷焼のような絵付けを施すのが特徴。
 
 
  阿漕焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  阿漕焼 の画像 - Google
 
 
御浜焼 (三重)
三重県南紀伊の陶器。御浜地区には、良質の陶長石が豊富に埋蔵されていることがわかり… 紺碧の太平洋熊野灘を写す均窯釉、 南紀御浜(みはま)の陶石を用い、発色 鮮やかな青が印象的な作品は… ぐい呑みギャラリー38 御浜焼              掘 り 出 し イ ン テ リ ア |キッチン/食器
  御浜焼(みはまやき)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三重県南紀伊の陶器。御浜地区には、良質の陶長石が豊富に埋蔵されていることがわかりこれを開発し、 原料から製陶まで、一貫して作業を営む、地場産業として昭和34年から創業しました。 南紀熊野「七里御浜」に見られる豊かな郷土色をもち、 南国的な温かな味のある色調と大平洋の黒潮の重厚さを兼ね備えています。
 
 
  御浜窯 - やきものの里   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  御浜窯は、昭和34年より、操業を開始し現在に至っています。特徴は、御浜町の紺碧の海の色を想定した均窯袖、そして那智黒石を想定した天目袖さらに化粧土を利用した土地(唐津、信楽、粉引)を製作しています。自然の色、青と黒を基調にした自然の風合いをマッチさせ、御浜窯は新しい生活文化を基調に焼き上げています。
 
 
  南紀御浜焼 香炉 【器道楽】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三重県南紀に昭和34年御浜窯として開窯。地元の良質な陶石を用い原料から作陶まで一貫して行なっています。  出品商品は一般のお客様から買取りさせて頂いたギフトリサイクル品です。/作家・窯作一覧に戻る
 
 
  御浜焼御浜焼 - ともさんの焼き物・骨董紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  服部勘峰作・御浜焼の茶碗: 服部勘峰作・御浜焼(みはまやき)の結晶・黒釉茶碗です。
 
 
  御浜焼 服部勘峰(勘斉) 『結晶黒釉茶碗』 共箱つき   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  御浜焼 服部勘峰(勘斉): 三重県御浜町神木(こうのぎ)に多量に埋蔵される良質の長石を使用した作品で、重厚さのうちに新しい感覚を盛つたこの茶碗は、作行きが真摯慎重であるだけに、日を経つに従って愛着の度を深くするものと信じます。
 
 
  御浜焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  御浜焼 の画像 - Google
 
 
湖南焼 (滋賀)
湖南焼茶碗 湖南焼茶碗 湖南焼茶碗(春)
  湖南焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  湖南焼(こなんやき)は1851年(嘉永4年)-1854年(嘉永7年)の間に、滋賀県大津市長等山下、札之辻、または園城寺下鹿関町地域で作られた陶磁器である。落款印には「永樂」、「河濱支流」、「三井御濱」の押捺を持ち、永楽保全が最後に築いた窯として近世陶磁史に名を残す。現在は山田青月により再興され窯名が保存されている。  1 歴史 / 2 特徴 / 3 概説 / 4 参考文献 / 5 伝世品 / 6 関連項目
 
 
  湖南焼茶碗 (冬)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  湖南焼茶碗 (冬)
 
 
  【 茶道具・抹茶茶碗 】  色絵 丸紋 草花、湖南焼 山田青月作   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山田青月 作者略歴【湖南焼(こなんやき)】円満院門跡覚諄法親王の御用窯。滋賀県大津で永楽保全が嘉永年間頃製作したもの。祥瑞、古染付、赤絵、金襴手などの写しが多い。現在、山田 青月が再興。
 
 
  【 茶道具・抹茶茶碗 】  色絵 扇面 草花、 湖南焼 山田青月作   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【湖南焼(こなんやき)】 円満院門跡覚諄法親王の御用窯。 滋賀県大津で永楽保全が嘉永年間頃製作したもの。 祥瑞、古染付、赤絵、金襴手などの写しが多い。 現在、山田 青月が再興。
 
 
  湖南焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  湖南焼 の画像 - Google
 
 
湖東焼 (滋賀)
楽天市場】古伊万里 湖東焼 華唐草蝶 湖東焼〜幻の名窯〜 - 詳細表示 古美術西川〜湖東焼
  湖東焼とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彦根市で江戸時代後期に焼かれた焼物。文政 12 (1829) 年彦根の絹屋半兵衛が開窯。天保 13 (42) 年これを上納し,井伊直亮によって藩窯とされた。諸国より多くの陶工を招いて指導させ名品を焼いたが,文久2 (62) 年に廃窯。
 
 
  湖東焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  湖東焼(ことうやき)は、日本の陶芸の一つ、および、それによって生産される陶磁器の呼称である。「湖東」の名は琵琶湖東岸の地域名の一つである「湖東」に由来する。 江戸時代中期の彦根藩本領(現・彦根市域)で生産され始め、井伊掃部頭家の許で発展したが、幕府大老を勤めた藩主・井伊直弼が暗殺されると職人が離散して一気に衰退し、明治時代中期に途絶した。その後、1986年(昭和61年)に復興事業が立ち上げられている。 1 概要 / 2 脚注・出典 / 3 外部リンク
 
 
  湖東焼 - 彦根城博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  特別史跡に建つ、滋賀県彦根市金亀町にある博物館。井伊家に伝わった美術工芸品や湖東焼. 江戸時代後期に彦根で焼かれ、藩窯として隆盛したやきもの。
 
 
  楽茶碗・古美術 宇野商店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1,200坪の「村長屋敷 湖東焼美術館」は、滋賀県八日市市に地域文化貢献するためと、幻の湖東焼を全国の皆様に紹介する為に生まれました。 年2日間のみお茶会にて、開館致します。 湖東焼(ことうやき)は、日本の陶芸の一つ、および、それによって生産される陶磁器の呼称です。
 
 
  再興湖東焼 彦根「一志郎窯」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末彦根藩の御用窯として名品を生み出した湖東焼。この名窯も途絶えがあり、その廃絶を惜しんだ陶工中川一志郎が復興を志 し、その工房を湖東焼・一志郎窯といたしました。 少し青みを帯びた素地に繊細な絵付け、湖東焼の流れを大切に製作いたしております。彦根で採れた粘土を使用した土物食器等も多く展示いたしております。 気軽にお立ち寄りください。
 
 
  彦根藩湖東焼 - たねや美濠美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸後期から明治中頃までの約70年間に光彩を放った「湖東焼」。 金襴、赤絵金彩、色絵、染付、青磁のほか、九谷焼や伊万里焼の写しなど、多彩かつ華麗な品々がございます。 金襴、赤絵金彩、色絵、染付、青磁のほか、九谷焼や伊万里焼の写しなど、多彩かつ華麗な品々がございます。
 
 
  湖東焼一志郎窯 : ショッピングコート    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末彦根藩の御用窯として名品を生み出した湖東焼。 この名窯も途絶えがあり、その廃絶を惜しんだ陶工中川一志郎が復興を志し、その工房を湖東焼・一志郎窯といたしました。  少し青みをおびた素地に繊細な絵付け、湖東焼の流れを大切に製作しております。 彦根で採れた粘土を使用した土物食器等も多く展示販売いたしております。
 
 
  湖東焼窯跡 - 公益社団法人 彦根観光協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐和山の麓、近江鉄道本線が走るトンネルを彦根側に出た西側一帯に湖東焼の窯跡が残っています。 湖東焼は江戸時代後期、文政12年(1829年)、彦根の商人絹屋半兵衛が、当時先端技術の華であった磁器の焼成導入を考えて、伊万里の職人を招き、最初は芹川南岸の晒山で窯が築かれましたが問題もあり、場所を佐和山山麓の餅木谷に移し、築いた窯で成功させたのがそもそもの始まりとされています。 湖東焼の確立/湖東焼の衰退/湖東焼窯跡
 
 
  【滋賀県・彦根市・絵付け体験】 湖東焼に絵付けをしてみよう   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一度は途絶えた湖東焼。命を吹き込んだ陶工が指導します: 琵琶湖東岸の地域名から由来を受けた湖東焼(ことうやき)。絵付けは1番繊細な作業とも言えます。きめ細やかな絵が湖東焼を、プロの指導で教わりながら挑戦することができますよ。
 
 
  湖東焼 - こころに残る滋賀の風景 (2010/2/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  湖東焼は、江戸時代後期から明治中頃にかけ、彦根を中心とした湖東地方でつくられた焼き物です。金襴、赤絵金彩、色絵、染付、青磁のほか、九谷焼や伊万里焼の写しなど、多彩かつ華麗な品々があります。
 
 
  再興湖東焼 一志郎窯 (2013/4/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末彦根藩の御用窯として名品を生み出した湖東焼。 廃窯後約150年 再興湖東焼として再び彦根の地に窯を築きました。 根で採れた粘土を使用した土物食器等も多く展示販売いたしております。 陶芸教室も開催しております。お気軽にお立ち寄りください。
 
 
  彦根城博物館テーマ展「湖東焼−鳴鳳と赤絵金彩」 (2014/1/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  湖東焼は文政12年(1829)に古着商を営んでいた絹屋半兵衛が彦根で始めた焼き物。 湖東焼は磁器にべんがらを主とする赤の呈色材を用いて絵付けし、さらに金で彩色された華やかな作品だ。 今展では、湖東焼きっての絵付け師として知られている鳴鳳(めいほう)はじめ、幸斎、自然斎、床山などの作品40点を展示している。
 
 
  江戸後期や明治初期の湖東焼ずらり 20日から滋賀・彦根城博 (2014/6/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  滋賀県彦根市金亀町の彦根城博物館で20日からテーマ展「湖東焼への憧憬(しょうけい)〜湖東焼と近現代のやきもの」が開かれる。江戸時代後期の湖東焼の名品と、明治初期に湖東焼の元職人が作陶した陶芸品など計約70点を展示する。 湖東焼は井伊家12代直亮(なおあき)と13代直弼(なおすけ)の頃、藩の直営窯で発展した。…
 
 
  彦根の中学生、伝統陶芸「湖東焼」に挑戦 滋賀 (2014/10/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  旧彦根藩の伝統陶芸「湖東焼」に、彦根市立中央中学校(同市西今町)の生徒たちが挑戦。作家の指導を受けながら、抹茶茶碗(まっちゃぢゃわん)の絵付けを体験した。 湖東焼は、細かな図柄が特徴。江戸時代に彦根城下の商人が始め、藩が窯を直営化して盛んになったが、井伊直弼が「桜田門外の変」で亡くなったあと衰退した。
 
 
  (滋賀)湖東焼復興を夢見て 破片や道具、洗浄整理 (2014/10/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彦根藩直営の「湖東焼」の窯跡から採集された大量の破片や道具類が、湖東焼復興をめざすNPO法人「湖東焼を育てる会」(60人)の会員の手で洗浄、整理された。同会は「湖東焼の系譜や技法を知る重要な資料」として残った破片の整理を続ける。…
 
 
  湖東焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  湖東焼 の画像 - Google
 
 
京焼・清水焼 (京都)
京焼清水焼陶器 京焼・清水焼 京焼・清水焼 工芸館|京都市山科区
  京焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京焼(きょうやき)は日本の陶磁器の一種。粟田口焼、御室焼など京都で作られる作品の総称となっている。一度焼成した後に上絵付けを施す上絵付けの技法を用いた陶器が多く、作家ごとの個性が強いのが特徴。 近年の研究では、慶長年間初頭の1590年代末には京焼の生産が始まっていたと考えられている。この頃の作品については不明な点が多いが、低温で焼成し、鉛を含む釉薬が使用されていて、技法やデザインが多様なことが特徴である。 1 京焼の始まり / 2 色絵陶器の成立 / 3 18世紀以降 / 4 著名な作家 / 5 京焼の主な例 / 6 関連項目
 
 
  永樂保全 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  永樂 保全(えいらく ほぜん、1795年(寛政7年)-1854年(嘉永7年)9月16日)は、19世紀に活躍した京焼の陶芸家。 千家十職の一つ、土風炉師・善五郎の十一代である。幼名は千太郎、1806年頃に十代善五郎である永樂了全の養子となる。十一代善五郎を襲名したのは1817年であり、1827年には紀州藩十代藩主徳川治寶の西浜御殿の御庭焼開窯に招かれ、作品を賞して「河濱支流(かひんしりゅう)」の金印と「永樂」の銀印を拝領した。これが永樂姓の由来である。1843年に息子の和全に善五郎の名を譲って善一郎と名乗り、さらに1848年には保全(やすたけ)と名乗りを変えた。このため、没後は他の善五郎との区別のため保全(ほぜん)と呼ばれる。 作品・作風/略歴/参考文献
 
 
  五雲陶苑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の心のふるさと京都 - 京焼き・清水焼 京都 東山 泉涌寺の地に於いて、祖父・父の遺志を継ぎ、やきものの美しさとは何であろうかと、自問自答しながら、見て美しく、使って楽しい、生活空間に潤いを与える事が出来る様な作品を心掛けて、作る喜びを感謝し、制作に励んでおります。
 
 
  京清水焼 朝日堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝日堂は明治3年創業以来、京焼・清水焼の専門店として京都清水寺の門前でお客様の信頼を第一に、陶磁器店の道を歩んできました。有名作家作品から、茶陶器、おもてなしの京食器など、厳選した品々を幅広く取り揃えております。
 
 
  京焼清水焼窯元松斎窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  割烹和食器を作り続けて80年。日本中の高級料亭で松斎窯の器を お使い戴いてます。食を大切になさるご家庭でもぜひご愛用ください。
 
 
  京焼・清水焼  藤平陶芸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都の五条坂で陶磁器製造を始めて、21世紀を迎えると創業88年になります。 この歩みの中で、一貫して流れるのは、伝統の中に絶えず新しさを求め 洗練された美を工夫すると言う事です。 春秋2回の京卸の見本市には何十点と新作を発表するなど、常に新品種の創作を 身上としてきました。又、手作りの良さを生かして、多品種少量生産体制で、 お客様に一品しかないという希少価値をお届けするよう努力してきました。 京焼・清水焼の名工たち/やきもの用語集
 
 
  清水焼陶磁器本舗  ひろ吉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  {清水焼陶磁器本舗ひろ吉}は清水焼で登録商標をとっており、現当主で三代目になる清水焼の老舗です。技術の優れている伝統的なものだけでなく現代の清水焼作家さんの作る面白みのある器なども寛容においておりますが、京都産という事には徹底してこだわっております。
 
 
  京都陶磁器協同組合連合会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都の誇る京焼・清水焼の色絵陶磁器は、多彩な技法と意匠を「京都」という伝統文化の風土に育まれ、華やかで、雅に、繊細に、「都のやきもの」として育ってまいりました。さらに、野々村仁清や尾形乾山など幾多の名工を輩出し洗練されたものとなりました。現代の京焼・清水焼の作り手である私たちは、この四百年の歴史と伝統を受け継ぎ、さらに新しい感性をこめて、京焼・清水焼のデザイナー、技術・技能者集団として活動することを目指しています。
 
 
  和食器サイトギャラリー  洛中洛外   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和食器 -京焼・清水焼- オンラインショップ ギャラリー洛中洛外では、様々な作家・窯元の新作を取り揃え、皆様の御来店をお待ち致しております。
 
 
  京焼・清水・五条坂 やまなか雅陶   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  400年の伝統を受け継ぐ京焼・清水焼。やまなか雅陶は、その手作りのぬくもりを皆様の生活にお届けいたします。
 
 
  京都・清水 茶わん坂 - 小西好々堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  茶わん坂のかかりに有る京焼・清水焼の専門店です。 美術陶器から実用陶器迄、各種取り揃えて皆様をお待ち致しております。 店主
 
 
  京都の焼物 粟田焼と清水焼文化史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都で製作される陶器は,天平年間(729〜49)に行基(ぎょうき,668〜749)が東山の清閑寺(せいかんじ)に窯を築いたのにはじまると伝えられています。江戸時代初期より本格的な作陶がはじまり,三文字屋九右衛門が開いた粟田口焼(あわたぐちやき)が粟田焼の起源といわれ,その後,東山一帯の音羽・清閑寺・清水(きよみず)などに築かれた窯は清水焼の起源となりました。
 
 
  京焼・清水焼 [京都府の伝統的工芸品等]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京焼・清水焼の歴史に欠かせぬ人物に、野々村仁清(にんせい)がいます。丹波の陶工でしたが、入洛後、茶器を作り、錦手の秘法を会得します。それは華麗で優雅な色絵陶器であり、京焼・清水焼のひとつの頂点ともいえるものでした。また、仁清から直接手ほどきを受けた尾形乾山は、装飾性に富んだ絵模様で、独自の意匠性を加えました。
 
 
  清水寺門前 京焼・清水焼専門店 谷口清雅堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当店工房で制作しました鳥獣戯画のうつわ。女性陶芸家が描く一つ一つ手描きの動物達は優しくユーモラスと大変人気です。 京都の旅の思い出に、あなただけのうつわを作ってみませんか?  当社は清水寺門前にて75年、3代に続く京焼・清水焼の専門店です。  京焼・清水焼って?/会社概要/京都展/商品カタログ/陶芸体験工房/歳時記/リンク/ブログ
 
 
  清水焼京焼 夕庵 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都の四季折々を食卓へ。 夕庵は、京都三年坂で何代にもわたり長く愛されてきた京焼き清水焼の窯元 谷口松韻のウェブショップです。どうぞ安心してご利用下さいませ。 谷口松韻堂ブログ
 
 
  京 焼 清水焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京 焼 清水焼 の画像 - Google
 
 
楽焼 (京都)
楽七作 抹茶々碗1(楽焼) 豊和製陶 株 楽茶碗 鶴亀 玄賓庵から古代の軸線,元伊勢の桧原神社
  楽焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楽焼(らくやき)は、一般的に電動轆轤や足で蹴って回す蹴轆轤(けろくろ)を使用せず手とへらだけで成形する「手捏ね」(てづくね)と呼ばれる方法で成形した後、750℃〜1,100℃で焼成した軟質施釉陶器である。また、楽茶碗などとも呼ばれる。狭義には樂家の歴代当主が作製した作品や樂家の手法を得た金沢の大樋焼や京都の玉水焼などが含まれる。広義には同様の手法を用いて作製した陶磁器全体を指す。 千利休らの嗜好を反映した、歪んで厚みのある形状が特徴である。  1 歴史 / 2 特徴 / 3 関連項目 / 4 参考文献 / 5 外部リンク
 
 
  楽焼茶碗   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楽焼黒茶碗/楽焼赤茶碗/楽焼白茶碗、他  TOP/楽焼茶碗/窯変焼〆・粉引/窯場の四季/作陶雑感/プロフィール/ショールーム/リンク
 
 
  楽焼 谷口松韻堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都で生まれ育った楽焼の器を紹介します。
 
 
  800℃で楽しむ陶芸「楽焼き」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楽焼粘土 : 素焼割れが少ないので安心してお使いいただける粘土です。 手びねり、陶板づくり、ひもづくり、割り出しなど、低学年から中学生まで安心して使用でき、焼き物の基礎学習に最適です。
 
 
  楽焼は日本独特の焼き物です。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楽焼は天正年間(約400年前)に始まる日本独特の焼き物です。 楽焼は《急熱急冷》という特殊な焼成方法をとります。
 
 
  楽焼 (らくやき)   日本の宿 古窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古窯の思い出の代名詞といっても過言ではない「楽焼」。思い思いの色とイラストであなただけのとっておきの一枚に挑戦ください。
 
 
  京都の和食器・陶器専門店 銀葉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銀葉オンラインショッピングにようこそ。 清水焼(京焼)・楽焼の食器や雑貨の中から、デザインや品質の優れたアイテムを厳選して京都からお届けいたします。 長年の伝統を受け継いだ匠の技。 手作りだからこそ末永く使いたい、そんなワンランク上の商品を集めてみました。
 
 
  はじめての楽焼陶芸―気軽に楽しくやきものづくり [大型本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楽焼の基本、成形の基本、身のまわりの小物をつくる、器をつくる、施釉と焼成の各テーマごとに楽焼陶芸を解説。作例、粘土と釉薬調合のリストなども掲載する。
 
 
  楽焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楽焼 の画像 - Google
 
 
交趾焼 (京都) 
茶碗 古代黄交趾 蝶 皆具 青交趾 金銀彩 松竹梅唐草 用語大辞典「交趾焼」
  交趾焼とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国,明末〜清代に交趾地方で生産された陶器の総称。交趾は中国の南方の地域で,漢代には交趾郡がおかれたことが知られ,早くから開けていた。この地方の窯,すなわち広東省の諸窯,浙江省の宜興 (ぎこう) ,蜀山などの窯で交趾手のものが制作されたようで,青,黄,緑,紫などの釉 (うわぐすり) を用いて三彩釉に似たやわらかみのある色調が特徴。
 
 
  交趾焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  交趾焼(こうちやき)は、中国南部で生産された陶磁器の一種。名称はベトナムのコーチシナ(交趾支那)との貿易で交趾船によりもたらされたことに由来する。正倉院三彩などの低火度釉による三彩、法花と呼ばれる中国の元時代の焼き物、黄南京と呼ばれる中国の焼き物や清の時代の龍や鳳凰が描かれた焼き物も広い意味では交趾焼である。総じて黄、紫、緑、青、白、などの細かい貫入の入る釉薬のかかった焼き物の事をさす。  1 コーチという呼び名 / 2 技法 / 3 茶道との関わり / 4 台湾における交趾焼
 
 
  梟?に鼠、交跡焼の夫婦水差   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  交跡焼きとは、ベトナム北部の(コーチン港)からの貿易船で舶載された物を日本の茶方が呼び慣わした物らしく、素地は軟陶、低火度で全体を派手に塗りつぶすという特徴が有ります。 青手古九谷はこの影響を強く受けているみたいです。
 
 
  台湾民間芸術-交趾焼 - 加夢令   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  台湾民間芸術-交趾焼 : 台湾を代表する一つ伝統的な民族芸術である交趾焼は台湾初期に嘉義に住んでいた葉王の作品は好評で有名になります。 交趾は中国嶺南と広東の旧名です、清朝後、広東起源である陶器は交趾陶と言われます。 嘉義県は台湾交趾焼の発祥地として、 あの時日本人は「嘉義焼」と称する…
 
 
  交趾焼の帯留 色あそび - まほうや   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  交趾焼の帯留は華やかな色でお客様に好評ですが、その技法の複雑さから、なかなか気軽にお求め頂きにくい価格となっていました。なんとかもっと多くの方に交趾焼の魅力に触れて頂きたい・・・そんな思いで、交趾焼の「イッチン」技法の部分を使わないシンプルなデザインで、お求め頂き易い価格を実現できました。独特の色の華やかさ、お着物や帯との色合わせの楽しさをお楽しみいただけます。
 
 
  交趾焼  中村翠嵐 公式ウェブサイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ご挨拶/交趾焼とは/作品紹介/中村翠嵐 陶歴/お知らせ/リンク/お問い合わせ
 
 
  交趾焼  中村翠嵐 新作茶陶展 - 東玉堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会期/平成20年3月3日(火)〜3月14日(土) - 終了 
 
 
  京・交趾焼 伊藤南山 / 北山窯 塩中雅博 二人展 (終了)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  趾とは、イッチンという”細い口金のついた生クリームの絞り袋”のようなもので細く泥を絞り出して柄を描き、その中に色を挿す技法。 絵柄が立体的なのが特徴で、伊藤南山先生は交趾焼で有名な方です。
 
 
  交趾焼 中村翠嵐茶陶展(終了) 茶道具とお茶花の利休庵保利   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今月は、京都の交趾焼で有名な翠嵐さんの個展を千葉で開催いたします。 翠嵐さんといえば、細い【いっちん】と美しい【彩色】 
 
 
  交趾焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  交趾焼 の画像 - Google
 
 
御室焼.仁清焼(京都)
つくしという題材は、春草の意匠の中での一部として描かれてる事が多く、縁の下の力持ち的に添えられております。 仁和寺 御室焼 仁秀 フリーカップ 2客 湯呑み 湯飲み そしてなんと、成約したカップルには「御室焼筆頭門跡寺院仁和寺御用達、仁秀」 がもらえちゃうのです!
  御室焼(オムロヤキ)とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸初期、京焼の大成者、野々村仁清が、京都御室の仁和寺の門前に窯を開いて焼いた陶器。仁清焼(にんせいやき
 
 
  仁秀: NINSHU STORE offcialsite   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  〇御室焼の伝統を継承する、仁秀窯の名品/ 〇御室焼由来: 真言宗御室派の総本山である京都の仁和寺は、仁和四年(888) の開基から皇室出身者が代々の門跡(住職)をつとめてきた。
 
 
  御室焼 仁秀 -ninshu- 仁和寺御用達 - NAVER まとめ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  [土・釉薬・ろくろ手挽き]という作陶の三要素にこだわった手造り(手作り)陶器ブランド。表現はグローバル志向。かつての和陶器の固定観念を払拭した現代版食器。
 
 
  御室焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  御室焼 の画像 - Google
 
 
  野々村仁清 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野々村 仁清(ののむら にんせい、生没年不詳)は、江戸時代前期の陶工である。通称清右衛門(せいえもん)。17世紀の人物である。 京焼色絵陶器を完成と言われている。丹波国桑田郡野々村(現在の京都府南丹市美山町大野)の生まれ。 1 来歴 / 2 代表作 / 3 参考資料 / 4 関連項目
 
 
  仁清焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仁清焼 の画像 - Google
 
 
瑞芝焼 (和歌山)
瑞芝焼窯元 瑞芝堂 紀州瑞芝焼(きしゅうずいしやき) 瑞芝焼 織部写銚子
  瑞芝焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瑞芝焼(ずいしやき)は和歌山県和歌山市で焼かれる陶器である。鈴丸焼・滅法谷(めっぽうたに)焼ともよばれる。「瑞(みずみずしい)芝」という銘が表すとおり、透明感のある青緑色が特色。中国龍泉窯の流れを汲む。 寛政8年(1796年)に岡崎屋阪上重次郎が紀州藩の官許を受けて和歌山市畑屋敷新道町(旧鈴丸町)藻屑川のほとりで開窯、享和元年(1801年)滅法谷に窯を移して滅法谷焼とも呼ばれた。  脚注
 
 
  やきもの紀行 和歌山・瑞芝焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  緑青磁 深い透明感: 徳川御三家の紀州藩の城下町・和歌山。文化や芸術の振興に力を入れた第10代藩主、治宝(はるとみ)の時代(1789年〜1824年)に偕楽園焼、南紀男山焼、瑞芝(ずいし)焼という3つの御用窯が存在したことを知る人は少ない。いずれも明治の初めに廃れたが、「瑞芝焼」は、1973年再興された。「瑞々(みずみず)しい芝」のように透明感のある青緑色が特色だ。その伝統を伝える阪上重次郎(さかがみじゅうじろう)さん(70)を訪ねた。
 
 
  瑞芝焼とは 旧紀州藩徳川家御用窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  紀州の三大陶窯「偕楽園焼」、「男山焼」、「瑞芝焼」 瑞芝焼、発祥の歴史は200年以上前にさかのぼります。 瑞芝焼とは/特徴/作品集/お問い合わせ
 
 
  瑞芝焼の窯元を訪問 - ともさんの焼き物・骨董紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和歌山県和歌山市善明寺にある、瑞芝焼(ずいしやき)の窯元を訪れて買った、六代目・阪上重次郎(さかがみじゅうじろう)作の紀州青瓷のぐい呑みです。
 
 
  瑞芝焼 青磁六ツ葵唐草文火鉢 - 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瑞芝焼は、鈴丸焼・滅法谷焼ともよばれ、和歌山城下鈴丸丁滅法谷で、寛政8年(1796)ころに岡崎屋・坂上重次郎が官許を得て開窯し、明治9年(1876)ころまで製陶が行われた。本品は、6葉の葵と唐草文を線刻した火鉢であり、とくに深味のある灰色を帯びた緑釉が美しい。底面の高台の中に、陰印刻銘で「南紀瑞芝堂製」とある。
 
 
  瑞芝焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瑞芝焼 の画像 - Google
 
 
出石焼 (兵庫)
出石焼 (いずしやき) 兵庫県豊岡市出石町は「出石そば」で有名ですが「出石焼」も有名です。 うーん湯のみの手彫りも美しい出石焼きのカッティング!
  出石焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出石焼(いずしやき)は兵庫県豊岡市出石町一帯で焼かれる磁器。 国内でも珍しい、白磁を中心とした焼き物である。透き通るように白い磁肌に、浮き彫りや透かし彫りによる精緻な紋様が際だつ。また一切の釉薬を用いないのも特徴で、素地独特の味を醸し出している。 出石は江戸時代の文化文政期より有田に倣った染付、赤絵などの色物磁器の生産が盛んであった。現在の出石焼きに対して古出石焼と呼ばれているものである。 主な作家/関連項目/外部リンク
 
 
  出石焼 いったく   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出石焼の創始は古く、垂仁天皇時代に天日槍命が衣食住に必要な食器類を焼いたことから始まりです。寛政元年には白磁原石を出石町谷山の柿谷にて八屋珍左衛門氏が発見し、出石城主仙石公のお庭焼を制作したのが磁器の始まりとされています。
 
 
  出石焼  虹洋陶苑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  HOME/On line shop/Gallery/絵付体験/追想/THE 出石。/出石歩記/漫/Photo Diary/コラム/アクセス/Link
 
 
  出石焼絵付け体験 |  - 但馬國出石観光協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  あなただけの出石焼(絵付け)を作ってみませんか? : 透き通るような白を特徴とす白磁、出石焼。その歴史は日本書紀の時代にまでさかのぼります。柿谷陶石と呼ばれる純白の原料を使って焼かれ、その神秘的なまでの白さは他に例を見ないほどです。陶工の磨かれた技が生み出す絹のような繊細な彫刻は、国の伝統的工芸に指定されています。
 
 
  出石焼 - 日本のやきもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代中期に出石町谷山地区(現在名)で、良質の白磁原石が発見され磁器作り行なったことが始まりとされます。藩主の援助で陶工を招き指導することで、白磁生産地として城下に根付くこととなりました。  明治にはいり、出石藩士族の有志によって製陶社を創り「盈進」と名付けました。創業時の同社に名工が輩出し、大いに出石焼を広めることになりました。今日では、その伝統を引き継ぐ後継者の不足に苦慮しています。
 
 
  出石 - 出石町公式観光ガイド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出石焼 : 透きとおるような白を特徴とする白磁、出石焼。その歴史は日本書紀の時代までさかのぼります。柿谷陶石と呼ばれる純白の原料を使って焼かれ、その神秘的なまでの白さは他に例を見ないほどです。陶工の磨かれた技が生み出す絹のような風合いと繊細な彫刻は、国の伝統的工芸品に指定されています。
 
 
  出石焼 (いずしやき) 全国旅手帖   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出石焼は江戸時代の1764年、出石町の泉屋治郎兵衛と伊豆屋弥左衛門という人が土焼(つちやき)の窯を築いたことに始まります。その後1789年になり、二八屋珍左衛門が石焼(いしやき)を思い立ちます。出石藩よりお金を借りて有田におもむき、数十日滞在して磁器の製造法を学び、有田の陶工を連れ帰りました。そこで石焼きを始めようとしたものの、資金が乏しく、珍左衛門は結局丹波に移ってしまいます。有田の職人は一人残され、やむなく先の伊豆屋の土焼職人になりました。
 
 
  出石焼【いずしやき】 但馬の百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  透きとおるような白磁、出石焼の変遷 : 出石焼の歴史は、江戸時代半ば、天明4年(1784)に、陶器を焼いたのがはじまりとされています。その後、優良な石磁の鉱脈が発見され、染め付け磁器を製作するようになりました。
 
 
  出石焼 の動画 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出石焼 の動画 - Google
 
 
  出石焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出石焼 の画像 - Google
 
 
赤穂雲火焼 (兵庫)
桃井 香子作 - 赤穂雲火焼 赤穂瀬戸内窯 抹茶茶碗四角(赤穂瀬戸内窯作品) その後も新たな技術革新と創意工夫が重ねられ、現代によみがえった雲火焼は、今では、赤穂の新しい郷土工芸品として親しまれています。 - ともさんの焼き物・骨董紀行
  赤穂雲火焼とは - Weblio辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤穂雲火焼(あこううんかやき)は、大嶋黄谷(おおしまこうこく)の雲火焼を復元し、兵庫県伝統的工芸品に指定されている陶器。江戸時代後期から明治時代初期にかけて、赤穂の地において大嶋黄谷が生み出した独特の焼き物。無釉でありながら、炎と煙によって窯の中で描かれたその色彩と文様は、燃える夕焼空を連想させ、精巧な技術で磨かれた陶膚は、鈍い光沢を呈し、当時の人々に賞賛を得ていた。しかし、その陶法を伝える人もなく、文献もなく、幻の雲火焼と称せられ珍重されてきた。
 
 
  赤穂雲火焼 - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤穂雲火焼(あこううんかやき)は、大嶋黄谷(おおしまこうこく)の雲火焼を復元し、兵庫県伝統的工芸品に指定されている陶器。江戸時代後期から明治時代初期にかけて、赤穂の地において大嶋黄谷が生み出した独特の焼き物。無釉でありながら、炎と煙によって窯の中で描かれたその色彩と文様は、燃える夕焼空を連想させ、精巧な技術で磨かれた陶膚は、鈍い光沢を呈し、当時の人々に賞賛を得ていた。しかし、その陶法を伝える人もなく、文献もなく、幻の雲火焼と称せられ珍重されてきた。  参考文献/関連項目
 
 
  赤穂雲火焼 - 兵庫県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代後期に始まる赤穂雲火焼は、大嶋黄谷により創出されたもので、陶土不明、焼成方法不明の幻の焼き物とされていました。 象牙色の陶肌に黒色を加味した赤く燃え上がるような夕焼け雲を連想させる独特の紋様が特徴で、昭和54年ごろから復元の取り組みがなされ、さまざまな苦心の末、昭和57年には復元に成功し、現在では、赤穂の新しい郷土工芸品として親しまれています。  製造者/連絡先/お問い合わせ
 
 
  赤穂雲火焼 赤穂瀬戸内窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小生当窯元については専門誌で呼んで知っておりましたが、何分その掲載写真が白黒だったため、本物を拝見するのが楽しみでした。所在地の確認をしようと赤穂駅に行って展示してあった陶器を見てその色の素晴らしさに驚きました。窯元の場所を確認していきなり訪問してしまいました。タイミング良く桃井香子先生がおられ快くご案内いただきました。ギャラリーには多色多彩な素晴らしい発色の雲火焼が上品に展示されており美術館を思わせる雰囲気で窓から見える瀬戸内海と溶け合うようでした
 
 
  赤穂雲火焼 - 赤穂瀬戸内窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雲火焼は、江戸時代後期から明治時代初期にかけて、赤穂の地において大嶋黄谷が生み出した独特の焼きものでございます。 歴史: 赤穂雲火焼の歴史は、祖・大嶋黄谷が亡くなったことにより、一旦途絶えます。 弟子はいたにもかかわらず、雲火焼の陶法は伝えませんでした。 その理由は判然とはしませんが、おそらく、ほとんどの作り手がそうであるように、大嶋黄谷も、亡くなるまで理想美を追い求めるが故にその陶法を伝える事が出来なかったものと思われます。  雲火焼について/作家紹介/ネット作品集/歴史・幻からの再現/工房ギャラリー
 
 
  炎と煙で描かれた瀬戸の景色   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雲火焼と大嶋黄谷: 「雲火焼」(うんかやき)は、江戸時代後期から明治時代初期にかけて、大嶋黄谷(こうこく)(1821〜1904)が、赤穂の地で生み出した独特の焼き物です。 黄谷が28歳の時、赤穂に逗留していた、江戸今土焼の陶工である作根弁次郎に習って始めたとされます。黄谷は、嘉永5年(1852)に雲火焼の焼成に成功しました。 HOME/歴史・伝統/赤穂本質/赤穂雲火焼
 
 
  雲火焼展示館 桃井ミュージアム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  桃井ミュージアは赤穂御崎を眺めるカフェでしずかな時間をお過ごしいただきながら雲火焼(うんかやき)窯元 赤穂瀬戸内窯の現代作家の作品を中心に展示・販売しています。
 
 
  ともさんの焼き物・骨董紀行ー赤穂雲火焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  桃井香子作・赤穂雲火焼の葉皿: 赤穂雲火焼(あこううんかやき)瀬戸内窯、桃井香子(ももい・よしこ)作の葉皿です。
 
 
  赤穂雲火焼の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤穂雲火焼の画像 - Google
 
 
虫明焼 (岡山)
虫明焼窯元|虫明焼 焼物 茶道具 虫明焼窯元|虫明焼 焼物 茶碗は口径がやや広め。桜というと、早いところで月末から4月初めにかけて咲き始めるので、4月のイメージが強いかもしれませんね。
  虫明焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  虫明焼(むしあけやき)は、岡山県瀬戸内市(旧邑久町)にて焼かれている陶器。清水焼の流れを汲む。 岡山藩の家老、伊木家によって始められ、6代目忠興の頃には現在の形が出来上がった。その後茶人の清風与平や宮川香山らを招き、尾形乾山や古田織部らの手法を採り入れつつも、筒描き、流し釉など独自の技法を編み出し、地位を確立させた。 昭和63年(1988年)には県の伝統工芸品に指定されている。 1 概要 / 2 文化財 / 3 脚注 / 4 外部リンク
 
 
  虫明焼の栞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  虫明焼は、岡山県邑久郡邑久町虫明(おくぐんおくちょうむしあげ)の焼きものです。 創窯は文政元年(1818年)頃、今から200年位前ですね。 岡山藩の筆頭家老であり茶人でもある伊木三猿斎(いぎさんえんさい)が、京都から、初代清風与平(せいふうよへい)、真葛長造(まくずちょうぞう・宮川長造)、初代真葛香山(まくずこうざん・宮川香山)などの名工を虫明に招きました。  虫明焼の栞/むしあけやき/今月の抹茶碗/蓼純Collection/虫明焼について/ 虫明焼の年表
 
 
  虫明焼 - 瀬戸内市観光協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡山県伝統的工芸品に指定された優雅な焼き物: 江戸時代に岡山藩家老、伊木田忠興が御庭窯として虫明で焼かせたのが、虫明焼の始まり。京都清水焼の流れを汲んだ洗練された造形美と、気品あふれる優美な色合いが魅力の焼き物です。 瀬戸内市ふらり旅はいかがですか? 長船・牛窓・邑久の魅力をご紹介いたします。 
 
 
  虫明焼 - 【楽天市場】商品一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  虫明焼 の検索 - 【楽天市場】商品一覧
 
 
  晴れの国 おかやま館 - 虫明焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和63年4月指定 製造地域:瀬戸内市 岡山藩の家老伊木家のお庭窯となったことから、特に茶器が有名です。京都の清水焼の流れをくむ、薄肌で繊細優美な焼き物です。  HOME/お問い合わせ/ショッピングガイド/マイページ
 
 
  美術工芸 千華 - 【虫明焼】黒井博史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  千華(京王百貨店 新宿店 6階)では、茶道具・美術工芸品を販売しております。 HOME/茶道具のご案内/千華の友/催事のおしらせ/アクセス/お問い合わせ
 
 
  ともさんの焼き物・骨董紀行ー虫明焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  黒井千左作・虫明焼のぐい呑み 黒井千左作・虫明焼(むしあけやき)のぐい呑みです。
 
 
  虫明焼 - 日本伝統文化振興機構(JTCO)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  《特徴》 虫明焼の一番の魅力は、やはり灰釉の持っているおとなしい飽きのこない色調です。 特にお茶席などでの色々な取り合わせにおいて、この虫明焼はどの焼物にもしっくりとなごむ。 これは虫明焼のおとなしい色調がそうさせているのでありましょう。
 
 
  虫明焼 (むしあけやき) - おかやま旅ネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡山県観光連盟が運営する岡山県公式観光サイト。岡山の観光スポットやおすすめ観光コース、人気ランキング、イベント、ご当地グルメ、歴史文化、自然、温泉、宿泊予約、クーポンなど観光・旅行情報満載。
 
 
  虫明焼窯元 - 岡山の伝統工芸品“虫明焼”   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自然胚と土味が創り出す伝統美を是非実感してください。 当サイトは地域に根付いた伝統工芸品“虫明焼”の「虫明焼って何なの?」から「代表的な○○○が欲しい」、「虫明焼をリーズナブルに購入したい」まで様々なご要望にお応えいたします。 虫明焼について/代表作品/作家紹介/作業工程/窯元のご案内
 
 
  虫明焼(県指定郷土伝統的工芸品) - 岡山県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  特色: 京都の清水焼の流れをくむ焼き物。薄肌できめの細かい肌ざわりとやわらかい曲線、緑かかった薄茶色などが、気品のあるやさしい風合いを作り出しています。 指定の内容/歴史/主要製造工程/お問い合わせ
 
 
  虫明焼について知りたい。 - レファレンス協同データベース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  備前虫明焼』によれば邑久郡虫明村(現瀬戸内市邑久町)発祥とする焼き物で、京焼系の施釉陶磁器をいう。岡山藩の筆頭家老伊木家のお庭窯として江戸中期から始まったとする。『虫明焼の記録』ではその開始期をやや詳しく天明年間とする。『岡山の焼物』では虫明焼が知られている理由として「幕末の大茶人伊木三猿斉の御庭窯であったということ」「名工として名の高い仁阿弥道八やその弟子清風与平、真葛香山などが来窯したということ」「作品が主として茶陶であったこと」を挙げている。
 
 
  虫明 焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  虫明 焼 の画像 - Google
 
 
酒津焼 (岡山)
酒津焼 - 花嫁趣楽- 酒津焼窯元のホームページ 酒津焼 - 花嫁趣楽-ハナヨメシュギョウー 
  酒津焼 - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  酒津焼(さかづやき)は岡山県倉敷市で焼かれる陶器。 明治2年に倉敷の豪商であった岡本末吉が地元の良質の陶土に目を付け、窯場を開いたのが始まり。当初は食器など日用雑器を焼いていた。明治後半〜大正年間には隆盛を極め、県土全体のみならず、香川県まで市場を拡大した。だが好景気も長く続かず、後に有田や瀬戸に押され衰退する。ところが、民芸運動の柳宗悦、浜田庄司、バーナード・リーチらが来訪、民窯としての方向性を示し、指導に当たった。 概要/酒津焼の特徴
 
 
  倉敷酒津焼  兜山窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  兜山窯は高梁川西岸の酒津八幡山(通称兜山)の山麓にあり、明治九年創業した酒津焼発祥の窯場でもあります。ここに酒津焼二代目の五男岡本蕭一が昭和十年、兜山窯と銘打って新しく登り窯を築いたのが始まりです。 兜山から生まれる作品は、ここで採れる鉄分の多い、ざっくりとした陶土を用い、灰釉を主として松割り木による焼成で、簡素であたたかみのある焼物として多くの人々に親しまれてきました。 TOP/個展・窯出し案内/ 兜山窯について/作家の紹介/店舗/リンク
 
 
  酒津焼窯元のホームページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作家紹介: 【酒津焼窯元5代目:岡本 章 略歴】 昭和4年生/昭和 32年〜47年 国展連続十六回入選〜平成19年 岡山日日新聞芸術文化功労章受章  同年まで全陶展副会長・全陶展審査委員 現在 全陶展名誉会員
 
 
  酒津焼の酒器 ぐい呑―岡山県の焼き物 - 陶のぐい呑や   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  兜山窯 酒器ぐい呑 いま、マイぐい呑を携帯する ”ぐい呑袋” が人気です!
 
 
  酒津焼について知りたい。 - レファレンス協同データベース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『岡山県大百科事典』によれば、「岡山県下の代表的な焼き物の一つ」で、岡本末吉によって1876(明治9)年に窪屋郡酒津村(現倉敷市酒津)にある兜山の土を用いた作陶のため、同地に窯を設けたのを始まりとする。『岡山の焼物』によれば「こんにちでは柳宗悦主唱の民芸派の窯として名高くなった」とする。窯の変遷や作品の概要などは『くらしきのやきもの展』『新修倉敷市史 第八巻 自然・風土・民俗』などが詳しく、酒津焼と酒津焼兜山窯の二窯元が紹介されている。『くらしきのやきもの展』では作品がカラーで紹介されている。
 
 
  酒津焼窯元 - 公益社団法人 倉敷観光コンベンションビューロー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治2年初代岡本末吉が開いたのが始まりで、倉敷市外の北部、酒津で育まれた民窯が酒津焼です。以来代々窯の火を守り食器・花器・茶器とその時代にあった器を作り続けています。現在は岡本章・研作・和明の親子3人で作陶しています。土灰、ワラ灰などの釉薬が肉厚の手触りと重なり合い独特な素朴な風合いを生み出しています。
 
 
  旅の記念に、思い出に。カルチャースクールでは味わえない、窯元工房での陶芸体験!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「酒津公園」の水門のたもとにある『酒津焼窯元』は、創業約140年の歴史ある民窯。 昔ながらの登り窯で焼き上げる「酒津焼」は、肉厚で堅牢、釉薬もしっかりかけられ、深みのある色合いが特徴です。 壊れにくい。使いやすい。暮らしの中に自然に溶け込む、どっしりとした落ち着き。 日常生活に和みと潤いをもたらしてくれる「酒津焼」の器を、自分の手で作ってみませんか?
 
 
  酒津焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  酒津焼 の画像 - Google
 
 
羽島焼 (岡山)
羽島焼|特産品を探す - 創世から積み上げた実績 https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BE%BD%E5%B3%B6%E7%84%BC+%E3%81%AE%E7%94%BB%E5%83%8F&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=9w9fVdH6C4bTmAWH6YGgCg&ved=0CB0QsAQ&biw=802&bih=568&dpr=1.25#imgdii=1n86To-542qB4M%3A%3B1n86To-542qB4M%3A%3BLkTN2sz39trYsM%3A&imgrc=1n86To-542qB4M%253A%3BevqgnwTzwQwemM%3Bhttp%253A%252F%252Fwww.kurashiki-shigen.com%252Fupload%252Fproduct%252F28%252Fproduct_sub1.jpg%3Bhttp%253A%252F%252Fwww.kurashiki-shigen.com%252Fweb%252Findex.cgi%253Fc%253Dproduct-2%2526pk%253D28%3B220%3B165 羽島焼 鉄絵マグカップ
  羽島焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  羽島焼(はしまやき)は、岡山県倉敷市郊外で焼かれる陶磁器。 歴史: 小河原虎吉(1902年-1972年)が、開窯。 特徴: 日用品を意識して製作されたものが多く、無駄な飾りや技巧を省いた作柄で知られる。 関連事項
 
 
  羽島焼 鉄絵マグカップ - ひふみ民藝店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  羽島焼 鉄絵マグカップ - ひふみ民藝店
 
 
  ともさんの焼き物・骨董紀行ー倉敷天神窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡本和敏作・天神窯のぐい呑み 2010年4月11日に岡山県倉敷市の天神窯を訪れて買った、岡本和敏作・黒釉ぐい呑みです。
 
 
  倉敷の羽島焼について教えてください。 - Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  倉敷に観光で行くことになりました。 以前から羽島焼に興味があり、この機会に窯元等、羽島焼を見ることができるところに行きたいと考えております。 しかし、ネット等で調べても情報があまりないのが現状です。 どなたか詳しい方がおられたら教えてくださいませんか?
 
 
  羽島焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  羽島焼 の画像 - Google
 
 
因久山焼 (鳥取)
因久山焼/とりネット/鳥取県公式サイト 因久山焼 (鳥取) [ チームきりぞうブログ(地域情報)
  因久山焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  因久山焼(いんきゅうざんやき)は、鳥取県八頭郡八頭町(旧・郡家町)にて焼かれる陶器。 歴史は非常に古く、奈良時代から窯場が開かれていたと伝えられる。名は窯元が置かれていた久能寺の山号である因久山に因み、池田藩より名を拝領した。 江戸時代の明和年間に、京の陶工、六兵衛が御室焼の技術を伝えたのが草創とされる。
 
 
  因久山焼窯元ホーム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鳥取市の南に位置する町、八頭町に古くから陶器が作られていた。 窯元紹介/因久山焼の歴史/作品紹介/お問い合わせ
 
 
  因久山焼窯元 - じゃらんnet   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  池田藩の御用窯で、江戸時代からはじまり280年もの古い歴史を持った、八頭町の久能寺地区を窯元とする焼物が作られる。鉄分を含んだ赤黒い土と植物性の灰を釉薬にして、江戸時代からの基礎が残る登り窯を使い、3日がかりで焼く。火入れが行われる春と秋は、観光客や焼物ファンなど多くの人で賑わう。 280年の歴史を受継ぐ伝統が見せる美しいワザ。
 
 
  因久山焼 - 鳥取県の民工芸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  開窯は江戸中期、池田藩の御用窯として茶器等を製造したのがはじまり。 芦澤家の初代は文五郎、現在は九代目・芦澤良憲(あしざわよしのり)。十代目・保憲(やすのり)とともに作陶している。  因久山焼・由来書
 
 
  陶磁器 因久山焼 - とりネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代の中期、明和年間(1764〜72年)に鳥取藩主池田候に招かれた京都の陶工が築窯し、藩の御用窯として茶器などを焼いたのが始まりと言われております。古くから伝わる登り窯で焼かれ、わら灰釉薬を使い独特の味わいを出しています。
 
 
  因久山焼 - 愛知県陶磁美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本海沿岸の山陰地方には、山口県の萩焼をはじめとする近世の窯業地が知られている。その一つに、鳥取市の南、八頭町(旧郡家町)久能寺において、古くからのやきもの造りが知られており、一般に因久山焼と呼ばれている。一方、『因幡誌』(1795)などには、久能寺焼とあり、当地の名産とされるが詳細は不明である。 当館について/展覧会/陶芸体験/イベント/茶室・レストラン・ショップ/教育普及
 
 
  鳥取・因久山焼 - やきもの紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  多彩な釉薬駆使 格調高い茶陶: 鳥取県南東部の八頭(やず)町久能寺(くのうじ)に伝わる因久山(いんきゅうざん)焼は、江戸時代に築かれた登り窯を使って、連綿と焼き継がれている。藁灰釉(わらばいゆう)、海鼠釉(なまこゆう)、辰砂釉(しんしゃゆう)など多彩な釉薬を駆使する技法で、格調高い茶陶を生み出す。現在、唯一の窯元となった芦澤良憲(あしざわ・よしのり)さん(70歳)を訪ねた。
 
 
  因久山焼 - ひょいと因但観光ナビ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  奈良時代に久能寺周辺で始まったといわれている因久山焼は、鳥取池田藩の御用窯として愛用されたことでよく知られています。因幡地方の久能寺が窯元であることから因久山焼と名付けられました。地元の土、わら灰等の釉薬を使った因久山焼は淡い青色と乳白色の流れ模様が特徴的で、茶器・花器など茶華道用品は実に格調高い焼き物です。当窯元では、因久山焼の販売もしていますので、お気軽にお越しください。予約いただければ焼き物体験もできます。
 
 
  ともさんの焼き物・骨董紀行ー因久山焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  因久山焼のぐい呑み: 因久山焼(いんきゅうざんやき)窯元、九代芦澤良憲作、藁灰釉ぐい呑みです。 因久山焼(いんきゅうざんやき)は、鳥取県八頭郡八頭町(旧・郡家町)にて焼かれる陶器です。 因久山焼は、九代芦澤良憲さんが、息子の十代保憲さんと共に、代々続く、7室の窯を守られており、登り窯での焼成も、年に1度くらいは続けているそうです。
 
 
  因久山焼 - 一般社団法人 鳥取県物産協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  奈良時代からの歴史があり、久能寺の山号である因久山に因んで名づけられ、池田藩より名を拝領しました。 江戸時代の明和年間に、京の陶工六兵衛が御室焼の技術を伝えたのが草創とされており、以後は池田藩の御用窯として庇護され、発展を遂げてきました。寛政年間には信楽から陶工を呼び、技術を採り入れています。 現在は窯元こそ一つしか残っていないが、廃窯することなく技法が受け継がれています。
 
 
  山陰(鳥取・島根)の陶磁器 因久山焼 - 器屋うらの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代 明和年間に鳥取藩から招かれた京都の陶工 六兵衛が後に京焼の手本となる御室焼の技術を伝えたのが、因久山焼の始まりとされています。 以後、鳥取池田藩の御用窯として愛用され発展を遂げる事になります。 寛政年間には信楽から陶工を呼び技術を取り入れました。: 因久山焼 そば猪口/因久山焼 マグカップ /因久山焼 湯呑
 
 
  因久山焼きの茶碗を見つけました。 - Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  実家を整理していた際、因久山焼きの茶碗を見つけました。 箱書きの筆書き文字が読めません。 判読できる方、読み方をご教示いただきたく、お願いいたします。 また、この窯元(作者?)は著名でしょうか?
 
 
  因久山焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  因久山焼 の画像 - Google
 
 
牛ノ戸焼 (鳥取)
この因州中井窯の代表的器として知られるのが、こちらの「染め分け皿」。 牛ノ戸焼 染分湯呑 - 山陰(鳥取・島根)の陶磁器 牛ノ戸焼 染分カップ&ソーサー
  牛ノ戸焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  牛ノ戸焼(うしのとやき)は鳥取県鳥取市河原町にて焼かれる陶器。 天保年間に因幡の陶工、金河藤七によって開窯。その後は小林梅五郎に継承された。以後、二代、三代と徳利や擂り鉢などの日用雑器を焼いていくが、四代目の時に継続困難になる。しかし、民芸運動を行っていた吉田璋也、柳宗悦、バーナード・リーチらの激励、指導の甲斐あって窯を絶やすことなく、後に継がれている。トレードマークの梅紋は初代から継承されている刻印である。  概要/関連項目
 
 
  吉田璋也 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉田 璋也(よしだ しょうや、1898年1月17日 - 1972年9月13日)は、民藝運動家。医師。鳥取県鳥取市出身。 柳宗悦の民芸運動に共感して活動。柳宗悦の見出した民藝の美を生活の中に取り入れるため、新たな民藝品を生み出した。これをのちに新作民藝運動と呼ぶ。「民藝のプロデューサー」を自認し、民藝の普及に大きな業績を残した。 また、自らも多くのデザインを残しており、民藝の美を現代の生活に取り入れるために、日常の生活のための衣食住に渡る幅広いデザーナーとしての足跡も大きい。 1 年譜 / 2 関連項目 / 3 参考文献 / 4 外部リンク
 
 
  山根窯 - 黒見焼 (くろみやき)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1985年春、青谷町山根の地に開窯しました。 民芸家の吉田璋也の紹介で因州中井窯にて陶技を修得。昭和47年、倉吉の黒見に登り窯を築きました。
 
 
  和食器通販  UTSUWAYA URANO   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  牛ノ戸焼 三方掛 尺皿/牛ノ戸焼 染分3寸ボール/牛ノ戸焼 染分カップ&ソーサー/きわい窯 冷酒器揃 /きわい窯 カップ&ソーサー
 
 
  牛ノ戸焼窯元 - ひょいと因但観光   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸末期からと歴史は古く、昔は庶民の日曜雑器一筋。それが徐々に民芸品として価値を認められ今日に至っています。主に、黒、白、緑の釉を用いています。それらの配合の妙と、染め分けの美しさが一番の特徴です。「健康的で自然な形」をモットーとするだけに、作品に温かみがあり、機能美あふれています。今人気のあるコーヒーカップは、英国の陶芸家バーナード・リーチ直伝の美しいものです。
 
 
  牛ノ戸焼 - ともさんの焼き物・骨董紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小林秀晴作・牛ノ戸焼の大皿: 四代小林秀晴作・牛ノ戸焼(うしのとやき)の青白釉 大皿です。
 
 
  牛ノ戸焼 - 鳥取市観光コンベンション協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸末期からと歴史は古い。民窯陶器として全国に知られ、主に、食器や日用雑器を製作。
 
 
  牛ノ戸焼 - 一般社団法人 鳥取県物産協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代の天保年間に開窯され、衰退していた牛ノ戸焼。 昭和初期に民芸家の吉田璋也の献身的な指導と四代目の努力により復興され、現在は六代目により伝統が引き継がれています。  素朴で実用性のある器
 
 
  中井窯の紹介 - 因州・中井窯オフィシャルサイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中井窯のあゆみ: 1945年 初代 坂本俊郎が現在地に登り窯を築窯する。 1948年 坂本實男 作陶の道に入る。 1952年 吉田璋也氏より牛ノ戸焼脇窯の名を受け新作民芸の道に入る。 1953年 「鳥取県美術展」初入選 以降連続入選及び入賞…。 中井窯の土/中井窯の釉薬
 
 
  中井窯 = 器と雑貨のお店・和食器のネットショップ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  因州・中井窯のきれいな色に包まれた暮らし: 中井窯の器は、美しい発色で染め分けられた独特な色合いが、心を惹きつけます。 大胆でありながら、ぽってりと素朴な質感。 温かみのある暮らしに包まれます。 中井窯のこと/中井窯の仕事どころ/中井窯の商品一覧 トップページ/飯碗/皿と器/飯器/食事道具/小物等
 
 
  鳥取県の焼物について質問です。 - Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鳥取県の焼物には、^久山焼 牛ノ戸焼とありますが、今度旅行の際に、コーヒーカップを買おうと考えております。  そこで、どこの窯元のコーヒーカップがよいか、購入された方がおられれば、アドバイスお願いします。
 
 
  【牛ノ戸焼】晩酌セット - 道の駅 清流茶屋 かわはら   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  お酒がすすむ晩酌セット。お酒がもっとおいしくなるかも? 民芸窯で知られている牛ノ戸焼の一合徳利とぐい呑みのセットです。梅の絵柄がなんともおもむきがあり、お酒がすすみます。
 
 
  器屋うらの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鳥取市で牛ノ戸焼を始めとする山陰の陶磁器をはじめ全国の和食器・作家物の器等の販売しております。 牛ノ戸焼 染分 御飯茶碗  鳥取を代表する民藝の器 牛ノ戸焼。
 
 
  鳥取民藝運動と、因州中井窯 (2012/11/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  きちんと整理整頓された焼成前の器に、きれいに並んで天日干しされている陶土、そして、しっかり組まれたレンガや薪に囲まれた登り窯。 おもわず聞いてしまった、「A型ですか?」という質問に、「いえ、B型ですよ」と笑顔で答えてくださったのは、因州中井窯の3代目、坂本章(あきら)さんです。…
 
 
  YouTube - 丸ちゃん陶芸家に弟子入り?!〜鳥取の民芸・牛ノ戸焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 丸ちゃん陶芸家に弟子入り?!〜鳥取の民芸・牛ノ戸焼
 
 
  牛ノ戸焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  牛ノ戸焼 の画像 - Google
 
 
布志名焼 (島根)
布志名焼 布志名焼. 写真 《布志名焼 色絵秋草図茶碗》 江戸時代末期 陶磁器 口径12.0cm 高さ7.8cm - 島根県立美術館
  布志名焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代に松江藩の御用窯として開かれた窯場(雲善窯)で、大名茶人でもあった松平不昧公の好みを反映した茶器が焼かれた。後に民窯の船木窯も開窯し、黄釉や出雲青地と呼ばれる青釉の日用雑器を焼き、一時は海外への輸出も盛んに行われるほど隆盛を極めた。 その後衰退するが、昭和になってバーナード・リーチや河井寛次郎、浜田庄司らの指導、交流の元に民陶として復活、再興を遂げた。 概要/県内の他の陶磁器/関連項目
 
 
  布志名焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  番外編ですが、園長の祖父が焼いていた陶器を紹介します。「フジナヤキ」と読みます。
 
 
  布志名焼  雲善窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松江の藩窯として、初代土屋善四郎が開窯。二代善四郎は不昧公好みの名品を数々焼き出し「雲善」の号名と瓢形印を拝領。三代善六は色絵に秀で、布志名色絵の先駈けとなりました。当初は初期の侘びた作風から色絵物と、多様な茶陶を焼いています。
 
 
  布志名焼 湯町窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  湯町窯は、島根県 出雲玉湯町、北側には宍道湖を望み風光明媚な名湯湧出る玉造温泉街の程近くにあります。 当窯の沿革を拝見すると玉湯町では江戸中期から布志名焼という焼き物が焼かれています。
 
 
  夫婦茶碗 布志名焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  淡い黄色の釉薬と繊細な秋草の絵が綺麗です。 我が家では、お酒もいただきますが、新年はこの夫婦茶碗でお茶をいただくことにしています。 布志名焼です。
 
 
  足立美術館と布志名焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本一、日本人が、その場所を言い当てることが出来ない県が、島根県だそうです。 そこに、日本一の庭園があることは、それ以上に知られていないことなのでは、ないでしょうか?
 
 
  布志名焼 スリップウェア皿   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  布志名焼は、民藝運動を支えたバーナードリーチや河井寛次郎・浜田庄司らの指導で民藝陶器として昭和初期に復興した窯ですが、現在では雲善窯・湯町窯・雲寅窯の三窯が江戸時代からの伝統を引き継ぎ、茶陶を主として焼いています。
 
 
  布志名焼のスリップウェア皿    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  こちらで19世紀オランダのスリップウェア皿を御紹介しているが、これは島根県の「布志名焼(ふしなやき)」、日本のスリップウェア皿である。
 
 
  布志名焼 パート2 布志名焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  次に松江城近くにある田部美術館へ。… 歴史のある門をくぐると近代的な建物があり、その広いロビーの奥に展示会場があります。 出品されている作品は茶の湯に関係のある茶碗、花入、水指、茶入、香炉などで、造形をテーマにした展示会です。
 
 
  布志名焼の水差し - 民藝ノート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  布志名焼は、出雲地方の百姓窯として、需要を満たして来ただけに、一貫して庶民の雑器を焼き続けてきました。たまたま大正末期の時代に、民藝運動家の柳宗悦氏との出会いがあり、特に昭和初期には、イギリスの陶芸家であるバーナード・リーチが、この窯で仕事をし、連携が深まりました。したがってリーチの影響をうけて、ピッチャーやコーヒー碗、さらにエッグベーカーなどを得意にし、個性ある窯として、全国的に評価され、訪ねる愛好者が多いようです。
 
 
  島根・布志名焼 - やきもの紀行    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山陰の水都、松江市に今も続く布志名(ふじな)焼。江戸時代に始まり、昭和初期には民芸運動を唱える柳宗悦(やなぎ・むねよし)やバーナード・リーチらにも注目された。布志名で作陶し、化粧土で模様を施したスリップウエアの技法を受け継ぐ、舩木(ふなき)窯の舩木伸児さん(49歳)を訪ねた。
 
 
  布志名焼・雲善窯 - 島根の陶器   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代に松江藩の御用窯として始まった、250年近い歴史をもつ伝統ある窯元。松平不昧好みの茶器を中心に制作を続け、かつては黄色がかった釉薬に色絵の文様が一世を風靡したが、現在はお茶席に合う侘びた色合いが主流を占めている。高価な茶碗だけでなく、湯のみ1000円、小皿5枚セット3000円などみやげに適した品も揃う。
 
 
  布志名焼(ふじなやき) 松江市玉湯町   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸中期、舩木与次兵衛村政が開窯。藩命で楽山窯より移住した土屋善四郎の指導で布志名焼の品質は向上し、松平不昧公の指導を受けた土屋、永原の藩窯と舩木系子孫らの民窯が共栄した。 布志名特有の黄釉色絵物が全盛の明治頃は、国内ばかりでなく海外にまでも販路を広げていた。昭和に入ってからは柳宗悦や河井寛次郎、浜田庄司、バーナード・リーチらの民芸運動にいちはやく共鳴。そこでもたらされた技術をとりいれながらの作陶が、県下の陶芸界に影響を与えた。
 
 
  布志名焼 (ふじなやき) 松江市玉湯町   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  布志名焼は、布志名判官佐々木高綱の家臣船木与兵衛次村23代の末裔与次兵衛村政が江戸時代の中ごろ、開窯したといわれる。実子3人がそれぞれ窯業に従事し、嫡子平八は宗家を継ぎ、二男嘉介は沢家を名のり、三男新蔵は別に一家をたて、これら三家を元祖とする。江戸時代後期には11窯を数え、藩の御用窯であった土屋窯と、民窯の舟木系諸窯が共存して盛んであった。
 
 
  布志名(湯町)焼 窯場の基礎知識・窯場巡り   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  布志名焼は、もともとは松江藩の藩窯として始まり、茶陶を中心に焼いていた。安永9年(1780)舩木与次兵衛村政が開窯。現在も雲善窯窯元が伝統を守って茶陶を焼いている。美しい黄色の釉に特徴があり、派手にならない明るい落ち着きのある黄色は、温かみのある陶器として親しまれている。現在はこの他にも、青磁の様な色合いの布志名青地、伊羅保、藁灰、海鼠、緑などの釉も使用されている。
 
 
  布志名焼・湯町窯のマグカップ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現在、3代目の福間士さんがその伝統を守る布志名焼・湯町窯。島根県松江市にあり、ひと目で湯町のものと分かる黄色のガレナ釉の器は、民窯ファンのいわば「定番」の品。マグであれば、黄色と茶色(飴色)との染め分けが有名だ。今回の「黄色とクリーム色の染め分け」は、ありそうでなかった、特注品! ガレナ釉の柔らかさも引き立ち、明るく軽やかな雰囲気に。
 
 
  布志名焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  布志名焼 の画像 - Google
 
 
出西焼 (島根)
陶の酒器」探索・・出西焼ぐい呑 出西焼独特の青色と、コロンと丸いフォルムがかわいくて、これにおいしいコーヒーが入って出てくるお店のものです。(写真右半分白トビですが、焼き物の色を感じていただきたく・・・ 出西窯は5人の青年が始めた窯元であるホームページ
  出西窯 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出西窯(しゅっさいがま)は島根県出雲市斐川町出西にある窯元。また、そこで焼かれる陶器。 袖師や丹波、益子、唐津などで修行を積んだ地元出身の5人の青年によって開かれた。1947年の開陶と歴史は浅いが、柳宗悦やバーナード・リーチ、河井寛次郎といった面々の指導を受け、モダンな作風で独特の世界を切り開いた。  概要/関連項目/外部リンク
 
 
  出西窯 〜くらしを彩る器たち〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島根県出雲地方を流れる斐伊川の辺りに昭和22(1947)年5人の青年が協働して築いた出西窯は、民藝の教えに導かれ、現在約20名が陶器作りを続けています。 地元出雲の原料を生かし、くらしの道具として皆様に日々よろこんで使っていただけるような健康で美しい器を作ろうと願って一同心をあわせて仕事をしています。 お知らせ/ご挨拶/出西窯の仕事/出西窯案内/製作品・ご購入/展示会/掲載情報/アクセス/ブログ/お問い合わせ
 
 
  出西窯 (特集記事) - 出雲観光ガイド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出西窯: 美意識の革命によって生まれた新しい価値観  暮らしを豊かにする民芸の美 出雲地方を流れる斐伊川のすぐそば、穏やかな田園地帯のなかに窯元を構える出西窯。 風景に馴染む日本家屋の工房で、日々新しい器が生み出されています。
 
 
  出西焼 (しゅっさいやき) 斐川町 - 島根県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和22年、子供の頃から親しい5人の青年が共同窯として窯を開き、同人たちは松江の袖師窯や益子、丹波、沖縄など全国各地の窯場で技術を学んだ。 また創業間もない頃から柳宗悦や河井寛次郎、バーナード・リーチといった民芸の巨匠らの指導を受けると同時に、県内の伝統的な技法も継承しながら現在に至っている。「健やかで温かい実用の陶器づくり」という民芸の心を礎に、「丈夫で飽きがこず、安価で提供できるものこそ多くの人たちが毎日喜んで使えるもの」との理念で製作に臨んでいる。出西焼では、創業以来、登り窯を焚き続けており、現在も創業者の子弟を含め十数人が陶器作りに携わり、年数回の登り窯の窯出しをしている。
 
 
  出西焼の酒器 ぐい呑―島根県の焼き物 - 陶のぐい呑や   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出西窯 酒器ぐい呑  いま、マイぐい呑を携帯する ”ぐい呑袋” が人気です!
 
 
  出雲へ行ったならぜひ立ち寄って。出西窯で陶器の美しさを知る。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島根県出雲市にある出西窯。シンプルで美しい形の器やコップは、東京のセレクトショップでも人気なんです。原料すべてに地元のものを使い、「使いやすい」を一番に考え作られている出西窯の陶器は、日常の食卓に並べたくなるものばかりでした。
 
 
  出西窯(しゅっさいがま)「炎の祭り」っ!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出西窯(しゅっさいがま)」 です。 島根県ふるさと伝統工芸品にも指定されている. 「出西焼(しゅっさいやき)」の本拠地です。 出雲市斐川町の出西(シュッサイ)地区にある伝統的な家屋です。
 
 
  ご購入、ご注文について - 出西窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  製作品は出西窯敷地内の展示販売館「くらしの陶・無自性館」でお買い求めいただけます (各種クレジットカードもご利用いただけます)。 無自性館では焼き上がった多数の器を常時、手にとってご覧いただくことができます。 トップ/出西窯の仕事/出西窯案内/製作品・ご購入/展示会/開催情報/アクセス/ブログ/お問い合わせ
 
 
  出西焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出西焼 の画像 - Google
 
 
石見焼 (島根)
この前注文した、石見焼のかめが届きました。 島根の伝統工芸品だそうです。 石見焼の水甕 45 KB 石州和紙(せきしゅうわし)(CEC)
  石見焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石見焼(いわみやき)は島根県江津市を中心に旧石見国一帯で焼かれる陶器。飯銅(はんどう)と呼ばれる大甕で知られるが、今日では多様なニーズに伴って、小振りの日用品が多く焼かれる。 元々石見では窯業が盛んで、特に水瓶は北前船を使って全国津々浦々に出荷された。18世紀の中頃には周防国や備前国から本格的に技術を学び、陶器製作に磨きを掛けた。 歴史/脚注/関連項目
 
 
  石見焼 - 江津市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ◇石見焼の歴史は? 一説によると、1781年頃から水がめ等大物祖陶器が生産されるようになり、江戸末期には、北前舟により北陸から九州にまで販路がのび「石見のハンドウ」の名で広く知れ渡った ◇石見焼の産地は?/◇石見焼の生産額は?/◇基本の色は?/◇基本の色は?/◇焼成温度の秘密?/◇石見焼の特徴は?/◇石見焼の造り方/◇代表的な石見焼は?
 
 
  石見焼窯元 石州嶋田窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  うちは昔から大物(大型陶器)を造りよるけぇ、興味があれば覗いて下さい。もちろん、小物等も造っとります。 結婚式の引出物・記念品等も受付けておりますので、気軽にご連絡ください。 ここに来られたのも何らかの御縁があっての事またちょくちょく寄って見て下さい。 ・・・まぁ観ていきんさいや! 石見焼とは/名前の由来/陶歴/窯元紹介/道案内(地図)/年間展示会/登り窯展
 
 
  石見焼窯元 石州嶋田窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代に水がめが全国出荷された石見焼。その石見焼の伝統技法を守り、傘立て、庭園セットをはじめとする大型陶器から茶碗、湯呑み、お皿などの日常陶器まで製作し、展示販売する。また、予約制で陶芸教室も行っており、こちらは電気ろくろは使わない。  石見焼の窯元で陶芸体験/石見焼窯元 石州嶋田窯の詳細情報
 
 
  水がめの代表選手 石見焼    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大がめの歴史ある産地 :「昔、おばあちゃんの家にあった味噌や梅ぼしを保存していた陶器」といえば、大体の見た目が分かるだろうか。ここ石見地方は、そんな大がめの産地として古くから知られた場所。 水道が引かれる前は、家庭には水をためておく大きな水がめが必需品だったが、石見焼はその水がめの代表選手でもある。江戸時代末期には北前船によって全国に出荷され、「石見のはんど」(大がめは“はんどう”とも呼ばれていた)として親しまれてきた。         
 
 
  石見焼 雪舟窯(せっしゅうがま)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石州ゆかりの雪舟の伝統にあって、深く雪舟に傾倒してその精神を何とかして陶土の上に再現したいと長年研究せられたのが福郷柳仙氏である。 氏は雪舟の芸道の心をそのまま釉薬に潜ませようと、苦心惨憺、逆に独特の錆雲・小波釉雲の法等数種の特技を考案せられるに至った。 逆に独特の錆雲・小波釉雲の法等数種の特技を考案せられるに至った。 窯主ご挨拶/主な受賞歴 HOME/作新、教室のご案内/お問い合わせ/                                                                      
 
 
  すり鉢専門メーカー 元重製陶所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元重製陶所自慢のすり鉢を紹介しております。 すり鉢のご購入を検討の方もこちらからどうぞ。  すり鉢を使った様々なアレンジ料理を紹介しております。 日々の献立に是非ともご活用ください!                                            
 
 
  岩見焼蓋ツボの紹介 - ゆらゆら商店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島根県の窯元さんから、石見焼の蓋ツボが届きました! しかも、荒縄でビシッと結ばれた姿で…。職人技っ、シビれるっ。 梅の実もだんだんと膨らんできて、今年の梅仕事のことを考え始めた方もいらっしゃるのではないかしら?  店主、梅干を作るのですが『なかなかビビっとくるツボって売っていないなぁ』、なんて思っていました。  そんな時、石見焼のこの子たちを発見!!…
 
 
  石見焼(いわみやき) - 江津市観光サイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸〜昭和の生活を支えた頑丈な石見焼(いわみやき): 良い土から作り、高温で焼き上げる伝統の技術 江津市には、人から人へと伝えられてきた伝統の技があります。その中でも古い歴史を誇るのが石見焼です。 石見焼が江津に伝わったのが1763年といわれ、周防岩国藩から製陶法が伝わったとされています。
 
 
  石見焼(いわみやき)浜田市、江津市、大田市  - 島根県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石見焼は、18世紀の中頃から江津市を中心とした石見地方で焼かれている陶器の総称であり、特に大はんどう(大型の水かめ)は独特のものである。この大はんどうは、明治時代に量産されており、最盛期には100軒を越える窯があったという。陶土は、緻密かつ耐酸性の硬質であるために高温の焼成が可能であり、堅牢で耐酸・耐塩・耐水性の高い製品が出来上がる。それ故、漬物かめなど貯蔵用の容器としても全国に名が知られている。 また、日用陶器のほか、石見焼の伝統的技法「しの作り」によって、大はんどうはもとより傘立て・睡蓮鉢・庭園用テーブルセットといった大型陶器も作られている。
 
 
  伝統工芸品「石見焼陶器」 - 新・ぐるっと人麻呂ごうつ物語   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昔から窯業が盛んな石見地方に石見焼が伝わったのは、18世紀・江戸時代の中頃。 地元の職人が、周防の国(現在の山口県)より製陶法を学び、片口や徳利を作り始めました。 の山口県)より製陶法を学び、片口や徳利を作り始めました。
 
 
  島根県江津市にて伝統工芸の石見焼きを伝承している桝野窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  桝野窯は気品に満ちた石見焼きの伝統と美意識を受け継ぎ、現代的な感覚を取り入れた器づくりに取り組んでいます。 身近な食器から茶器、和・モダンなクラフト作品まで日々作陶しています。 江津市にお越しの際はぜひお立ち寄りください。 四季折々の自然が美しい窯元でお待ちしております。 NEWS/PICKUP 工房作品/ギャラリー/お問い合わせ・ご見学・ご体験
 
 
  石見焼 - 一般財団法人島根県石央地域地場産業振興センター   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石見焼は、18世紀の中頃から江津市を中心とした石見地方で焼かれている陶器の総称であり、特に大はんどう(大型の水がめ)は独特のものです。 この大はんどうは、明治時代に量産されており、最盛期には100軒を越える窯があったといいます。 現在では、窯は少なくなってはいますが、今も日用品をはじめ、様々な石見焼を作り続けています。
 
 
  石見焼 - JTCO日本伝統文化振興機構   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  《特徴》 日用陶器のほか、石見焼の伝統的技法「しの作り」によって、大はんどうはもとより傘立て・睡蓮鉢・庭園用テーブルセットといった大型陶器も作られている。 ガスや電気の窯が多くなるなか、あくまでも「登り窯」にこだわり守り続ける窯元もある。平成6年に国の伝統的工芸品に指定されている。
 
 
  石見 焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石見 焼 の画像 - Google
 
 
楽山焼 (島根)
楽山焼 窯元 楽山焼写 春草と菜の花 原清和作 お隣愛媛の楽山焼
  楽山焼(ギョウザンヤキ)とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出雲焼の一。延宝年間(1673〜1681)萩焼の陶工倉崎権兵衛が出雲国島根郡西川津村(松江市)楽山で茶陶を焼きはじめたのに始まり、今日では日用陶器も焼かれる。御山焼。権兵衛(ごんべい)焼。ぎょうざんやき。
 
 
  らくざんやき【楽山焼】- goo辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出雲焼の一。延宝年間(1673〜1681)萩焼の陶工倉崎権兵衛が出雲国島根郡西川津村(松江市)楽山で茶陶を焼きはじめたのに始まり、今日では日用陶器も焼かれる。御山焼。権兵衛(ごんべい)焼。ぎょうざんやき。
 
 
  楽山焼とは - Weblio辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出雲国八束(やつか)郡楽山で,延宝年間(1673〜1681)に萩から招かれた陶工,倉崎権兵衛が創始した茶陶。御山焼。権兵衛焼。らくざんやき。
 
 
  「楽山焼」の検索 - Yahoo!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「楽山焼」の検索 - Yahoo! ヤフオク! -
 
 
  出雲 楽山焼の関連サーチ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出雲 楽山焼の関連サーチ
 
 
  出雲焼楽山窯 長岡空郷   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島根県松江市の出雲焼楽山窯 長岡空郷のサイトです。 このサイトでは出雲焼楽山窯の歴史、展示会・個展の情報などを掲載しています。
 
 
  楽山焼(らくざんやき) - 島根県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代初期の延宝年間、萩の陶工である倉崎権兵衛を祖とし、松江藩の御用窯として創業したのが始まり。その後一時製造が中断されていたが、享和元年(1801年)に松平不昧公が名工・長岡住右衛門に再興させたもので、「御立山焼」や「御山焼」と呼ばれていた名称が現在の名になったのは明治の頃からである。作品は、茶を愛する代々の松江藩主に寵愛されただけあり、今でも抹茶碗や水差しといった茶道具がほとんどを占めている。楽山焼の特徴は、刷毛目と「伊羅保写し」といわれる技法で、器は、同名の釉薬を使って仕上げられた落ち着きのある淡い山吹色をしている。御用窯としての格式と品位を重んじる楽山焼では今なお、土灰づくりとその調合に関しての工夫が施されつつある。
 
 
  出雲楽山焼福良雀香合 - 末広屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  秋の恵みを十分に堪能し 丸々とした雀さん 豊穣の秋のシンボルです 出雲 楽山焼 長岡空権さんの作品 伊羅保の小振りで可愛い雀です。 寸法:横幅 47cm/奥行 48cm/高さ 35cm
 
 
  楽山焼 - オークション情報が満載   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楽山焼 - オークション情報が満載
 
 
  楽山焼 (らくざんやき) - 水の都 松江   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楽山焼は、松江市西川津町の楽山公園の一角にある窯元。楽山は松江藩ニ代目綱隆以来、藩主の別荘地であったところで御山(おやま)ともいわれ、楽山焼は御山焼とも呼ばれる。 ここの窯は、松江藩祖の松平直政のころに開かれたと伝えられるが、楽山焼の名は三代目綱近が、長州毛利氏に依頼して、延宝5年(1677)倉崎権兵衛重由を招いて以来のこと。権兵衛は朝鮮からの帰化人、李敬(初代高麗左衛門)の高弟で、伊羅保写(いらぼうつし)、高麗写などを得意とした。松江市西川津町市成(いちなり)にある熊野神社の花瓶一対は、権兵衛が献納したものだといわれる。
 
 
  安龍福とは何者か - 出雲藩主の職歴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  寛永15年(1638年)松平直政が18万6千石で信濃国松本藩より転封。以後、越前家の領有するところとなった。また、松平氏は幕府より隠岐1万4千石を預かり、代理統治することとなった。       
 
 
  楽山焼の抹茶碗 - 大和川流域歳時記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木箱の蓋表には「楽山焼 茶碗」、蓋裏面に「楽山庵 長岡住右エ門作 ㊞」の落款。 木箱の㊞は号である「長岡空味(くうみ)」の角印なので、楽山焼の9代目の「長岡住右衛門」です。 〇「楽山焼」は、「らくざんやき」のほかに「ぎょうざんやき」とも読むようです。 古大和川では未曾有の水害が連年続いていた頃に相当する江戸時代の延宝5年(1677)に、現・松江市の出雲国八束郡西川津村楽山で茶陶を焼き始めたのが始まりとされます。
 
 
  第二展示室 出雲の工芸 - 手錢記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出雲地方の工芸は、松江藩七代藩主・松平不昧公の時代を始まりとして次第に発展してまいりました。多くの作品が不昧公の指導のもと、または不昧公の好みで制作されました。 第二展示室では、陶磁器、漆工、金工、木工など、美術工芸から日用の品々まで、時代としては、主に江戸時代から昭和初期までの作品、数百点を常設展示しています。
 
 
  楽山焼 の検索 - 【楽天市場】商品一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楽山焼 の検索結果 - 【楽天市場】商品一覧
 
 
  楽山焼(らくざんやき) - 神々のふるさと山陰   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代初期、萩の陶工である倉崎権兵衛を祖とし、松江藩の御用窯として創業したのが始まり。一時期製造が中断されていましたが、享和元年(1801年)に松平不昧公が名工・長岡住右衛門に再興させたもので、「御立山焼」や「御山焼」と呼ばれていた名称が現在の名になったのは明治の頃からです。 HOME/山陰の旅・観光情報/松江城・宍道湖エリア/楽山焼(らくざんやき)
 
 
  楽山 焼 の通販商品一覧 - Yahoo!ショッピング   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  おすすめ順/売れている順/キーワードの適合順/安い順/高い順/ レビュー件数の多い順
 
 
  ともさんの焼き物・骨董紀行 - 楽山焼(玉井楽山)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  玉井楽山作・楽山焼の盃  三代目玉井楽山作・楽山焼(らくざんやき)の天神蟹盃です。
 
 
  楽山焼の茶碗|開運!なんでも鑑定団 - テレビ東京   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楽山焼の権兵衛焼に間違いないが、初代の作ではない。依頼品のようにはんなりとした作品はやや代が下がる。鉄分の多い土を見事に引き上げて、灰釉や天草の長石釉まで使用しており、なんとなくねっとりとして抹茶に合う。
 
 
  楽山焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楽山焼 の画像 - Google
 
 
温泉津焼 (島根)
温泉津焼はアメ色が特徴だという事です 温泉津焼 (島根) 温泉津焼 (島根)
  温泉津焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  温泉津焼(ゆのつやき)は、島根県大田市温泉津町で焼かれる陶磁器。 宝永年間(18世紀初)頃に始まる。 主に「半斗(水瓶)」を造り、日本各地に出荷していた。 第二次世界大戦後、プラスチックなどの化学製品の発達で需要がおされ、一時衰える。 現在、窯は再興されている。 歴史/特徴/脚注/関連事項
 
 
  温泉津(ゆのつ)やきものの里   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  温泉津やきものの里は温泉津焼を見て知って触れられるやきもの体験エリアです。春と秋には登り窯に火を入れて「やきもの祭」を開催しています。 かつて陶器の産地として栄えた島根県の「温泉と港の町・温泉津」 今も残る巨大な「登り窯と温泉津焼」に ふれることができるのが「やきものの里」です。
 
 
  山陰仕入旅 - 温泉津焼森山窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  先月のことになりますが、島根鳥取への買い付け旅の様子を数回に分けてご紹介させていただきます。 初日は温泉津の森山窯へ。
 
 
  ともさんの焼き物・骨董紀行ー温泉津焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  温泉津焼のぐい呑み2点: 2012年7月19日に、島根県大田市温泉津町の温泉津焼の里を訪れました。そしてその際に、椿窯を訪問して買った・荒尾寛作、温泉津焼(ゆのつやき)の鉄絵ぐい呑みです。
 
 
  温泉津やきものの里 - なつかしの国 石見   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本全国でも最大級といわれる、長さ30mと20mののぼり窯がシンボル。 かつて石見銀山で産出された銀の積出港だった港町・温泉津は、質の良い土ときれいな水、豊富な木材のおかげでやきものの生産地としても栄えていました。 その名残を残す巨大な2基の登り窯と温泉津焼にふれることができるのがやきものの里です。 やきもの館は温泉津焼の貴重な資料の展示や陶芸体験、地元窯元の作品の展示販売も行っています。
 
 
  温泉津やきものの里 - 銀の道でアートしよう!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石見銀山最盛期には、仁摩町を通り温泉津町から銀を積み出していました。この銀の道をたどりながら、アートな旅をしてみました。  ・・良質の陶土で作られた温泉津焼きは、当時の大型輸送船・北前船で全国に運ばれました。 特に「はんど」という名の水がめは、温泉津を含めた石見焼きのオリジナル陶器として、大ヒットしたそうです。
 
 
  YouTube - 温泉津やきものの里 春のやきもの祭   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 2008 温泉津やきものの里 春のやきもの祭
 
 
  よう来んさった 温泉津町   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「はんど」という名の温泉津焼: 来待色と呼ばれる独特の赤茶色の陶器。その始まりは、江戸時代中期の宝永年間(1704〜1709)にさかのぼります。 当時、温泉津の町は石見銀山を中心とする幕府天領四万石の領内にあって、銀山の積み出しや生活物資の搬入港として大いに賑わっていました。 温泉津湾は、当時の大型輸送船北前船の入り江として、五百石・千石の船が立ち寄り、港には回船問屋が立ち並び、温泉街は旅館や酒屋が軒を競い、大繁盛していました。                                                                        
 
 
  温泉津焼の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  温泉津焼の画像 - Google
 
 
宮島焼 (広島)
宮島焼の消長は複雑で、その創始は天明 寛政年間(18世紀末)と言われているが確証はない。  宮島で買ってきた宮島焼です。 宮島焼 (広島)
  宮島焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮島焼(みやじまやき)とは、広島県廿日市市で焼かれる陶器。廿日市市は対岸に宮島を望み、その厳島神社参拝の際の縁起物として焼かれた。別名を神砂焼(しんしゃやき)、御砂焼(おすなやき)とも呼び、宮島の砂を粘土に混ぜて焼いている。 これは元々、近郷の賀茂郡の村人らが旅行に出かける際に、宮島の砂を「お砂守」として拝受し、無事に帰郷した際には、その砂で土器(お砂焼)を作り、宮島の神前に供えたという慣習に因んでいる。  歴史/特徴/外部リンク
 
 
  宮島焼 - ひろしま文化大百科   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮島焼は別名お砂焼とも呼ばれている。かつて、安芸国から他国へ発つ旅人は、厳島神社で安全祈願をするとともに、社殿下の砂をお守りとして携えて出立し、無事帰郷すると倍量の砂を神社へ返す、お砂返しという風習があった。この砂を混ぜて焼いた祭器がお砂焼である。寛政年間に始まったといわれるお砂焼は、断絶、再興を繰り返していたが、明治43年、近藤栄次郎らによって復興され、現在に至っている。
 
 
  宮島御砂焼 - 窯元 山根対厳堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山根対厳堂は初代山根興哉が厳島神社の対岸、宮島口にて大正元年に創業。以来現在に至る歴史の中で"厳島神社御用窯"、並びに"広島県伝統的工芸品"の指定を賜り、県内外から海外よりお越しのお客様まで、幅広いお客様にご用命頂いております。 厳島神社御神殿下の御砂を混ぜて作陶し、広島県の県木「紅葉」の葉を一枚一枚貼付け、安芸の宮島の趣をデザインした「もみじ紋」など、茶道具、花器、食器など…数多くの商品を取り扱っております。 HOME/宮島お砂焼き/陶芸・絵付け体験/陶芸教室/アクセス・お問い合わせ
 
 
  宮島焼(みやじまやき) - 広島県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  沿革・特徴: 宮島焼は,江戸時代から焼かれ始めたと伝えられ,嚴島神社本殿下の砂を入れたことから「お砂焼」の名でも知られています。その後何回か窯の興廃があり,現在の確固たる基礎が固められたのは明治の中頃です。 清楚な雰囲気に特色がありますが,粘土に砂を混ぜると窯変が起こりやすく,自然に二つとない模様が生まれて独特の風合いを醸し出しています。 原材料/主な製品/指定年月日/製造者
 
 
  宮島焼 - 広島県指定伝統的工芸品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代から焼かれ始めたと伝えられ,厳島神社本殿下の砂を入れたことから 「お砂焼」の名でも知られている。その後何回か窯の興廃があり,現在の宮島焼の確固たる基礎が固められたのは明治の中頃である。清楚な雰囲気に特色がある。
 
 
  宮島焼 圭斎窯 - やきものギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮島の記念にお気に入りの品をお探し下さい。: :素朴な暖かみのある焼きもの「宮島御砂焼」。 圭斎窯は現在、2代圭斎さんと息子圭二さん親子が作陶され、奥様がお店にでられています。 店内は、とても落ち着いた雰囲気ですので、ゆっくりと品物をお選いただけます。 店の隣には、工房がありますので作陶風景が見られるかも・・・ 御砂焼きの由来/お砂焼き祭り/店主より一言/旅荘かわぐちより一言
 
 
  宮島焼(お砂焼き) 陶芸体験 - カキナビ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  厳島神社参拝の縁起物として焼かれた 宮島焼は、別名をお砂焼き(おすなやき)、神砂焼(しんしゃやき)とも呼ばれる陶器で宮島の砂を粘土に混ぜて焼いているのが特徴です。 宮島焼 の始まりは、安芸国の時代にさかのぼります。 安芸国(現在の広島県西部)の人々は、旅に出る際に旅の安全を祈願して、厳島神社境内の砂を「御砂守」として持参する習わしがありました。                
 
 
  宮島焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮島焼 の画像 - Google
 
 
姫谷焼 (広島)
幻の姫谷焼一堂 現存わずか100点 福山市のホームページ 姫谷焼きより 幻の古陶磁器「姫谷焼」 古伊万里、古九谷、古瀬戸、古唐津・・・ 収集家さんの集大成、 現存数が極めて少ないと言ってもいい。
  姫谷焼とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代初期,寛文期 (1661〜73) 頃に現在の広島県福山市加茂町で焼かれた磁器。遺品は小・中皿が多く,染付と赤絵がすぐれ,その作風は清楚で気品がある。陶土は硬質で淡い褐色を呈する。
 
 
  姫谷焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  姫谷焼(ひめたにやき/ひめややき)は、備後国広瀬村姫谷(現・広島県福山市加茂町百谷)で江戸時代(17世紀)に制作されていた色絵陶磁器。当時の備後福山藩主であった水野勝種の指示によって生産が始められたといわれている。肥前有田(伊万里焼)、加賀(九谷焼)とともに17世紀の日本国内で磁器の生産に成功した三つの産地の一つであった。ごく短期間操業した後に廃絶したため、現在では幻の焼き物とされている。 1 概要 / 2 参考文献・関連文献 / 3 関連項目 / 4 外部リンク
 
 
  姫谷焼窯跡 - じゃらんnet   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の初期色絵磁器を焼いた磁器焼成窯跡である。付近にある墓標は,陶工市右衛門のものと伝えられている。
 
 
  姫谷焼 - 磁器と陶器の違い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  姫谷焼(ひめたにやき/ひめややき)とは、備後国広瀬村姫谷(現・広島県福山市加茂町百谷)で制作されていた初期色絵の陶磁器です。当時の備後福山藩主であった水野勝種の指示によって生産が始められたといわれています。有田焼、九谷焼とともに17世紀の日本国内で磁器の生産に成功した三つの産地の一つでした。ごく短期間操業した後に廃絶したため、現在では幻の焼き物とされています。
 
 
  広島県の文化財 - 姫谷焼窯跡   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  肥前有田や加賀古九谷とともに,色絵磁器を生産した近世前期(17世紀)の窯で,姫谷(標高約430m)の西面した丘陵端に位置し,背後の斜面を削平して窯場を造成している。 昭和52・53年(1977・1978)の発掘調査で,指定地のほぼ中央に,2基の階段式連房登窯が上下に重なって検出された。上層の窯(第2号窯)は,全長16m,房の幅3.1m,焚口(たきぐち)から胴木間(どうこま)をへて6室(一時は7室)があり,房の奥行2.5m,前面に幅60cmの火床を設けている。
 
 
  姫谷焼窯跡 - ひろしま文化大百科   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  窯跡は、国道182号を福山から北にのぼる、百谷(ももたに)の西に開いた小谷の傾斜面にある。姫谷焼という色絵皿(いろえざら)が備後の各地に伝世されており、江戸時代初期の有田焼や九谷(くたに)焼に対比できるものとみられていた。窯跡は、昭和のはじめ頃から知られていたが、本格的な調査は、昭和52年(1977)から福山市教育委員会によって行われた。
 
 
  幻の姫谷焼 - 広島県立歴史博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  広島県の備後地方には、古くから姫谷焼と呼ばれる色絵磁器の皿がいくつか伝えられてきました。これらのやきものは、現在の福山市加茂町百谷にある姫谷という場所で焼かれたものと伝えられていました。しかし、いつ、だれが、何のための製作したのか、どのような作品が製作されたのかなど、その実体は明らかでない点が多く、長らく幻の姫谷焼とも呼ばれていました。 窯跡の発掘調査/15年ぶりの展示会
 
 
  「姫谷焼」に関連する情報 - 価格.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鑑定依頼人の男性がスタジオに持ち込んでいた鑑定品の絵皿。 17世紀後半備後・福山で生産されたがその詳細は近年まで全くわからず幻の焼き物といわれてきたという。それから40年の間に計5回の調査が行われた結果、1670年前後わずか20年間のみ作られていた焼き物と判明したとのこと。現在姫谷焼とされている作品はわずか100点あまりに過ぎないという。  姫谷焼の色絵皿/嵐の湯/姫谷焼
 
 
  広島県立歴史博物館の特別展「姫谷焼」 - 昔に出会う旅   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福山市西町にある「広島県立歴史博物館」の特別展「姫谷焼-備後に花開いた初期色絵磁器-」を見に行きました。 「姫谷焼」は、江戸時代の初め20年間、広島県福山市加茂町姫谷で作られた焼きものです。 日本の色絵磁器の産地には有田・九谷が知られていますが、この姫谷は第3の産地だったようです。 地元でも15年ぶりの展示だそうで、残存する約100点の内、約50点が揃った展示で、めったにないチャンスです。
 
 
  YouTube - 姫谷(ひめたに)焼、窯跡(広島県史跡)【広島県福山市加茂町】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 姫谷(ひめたに)焼、窯跡(広島県史跡)【広島県福山市加茂町】
 
 
  謎多き備後の宝“姫谷焼” (2012/1/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元気が出たので楽しみにしていた歴史小説家“藤井 登美子”さんの講演会「姫谷有情」を聴きに行った。 以前、上下の骨董屋に行った時亭主の解説付きで見た。…
 
 
  『幻の姫谷焼』 (2014/12/4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回は、幻の窯について話します。 楽ではありませんが、たまには普通のやきものの話でもいいですよね? その幻の窯とは、広島県福山市の山間部にある「姫谷焼」です。 この窯は日本三代色絵の産地の一つとなっていますが、余りにも現存している作品が少なく、幻の窯となっているわけです。 三代色絵と言えば、「九谷焼」、「有田焼」、そして「姫谷焼」となる訳です。…
 
 
  姫谷焼 (広島) の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  姫谷焼 (広島) の画像 - Google
 
 
  姫谷焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  姫谷焼 の画像 - Google
 
 
萩焼 (山口)
萩焼 萩焼 三輪休和《萩筆洗切茶碗》1973年 - 石水博物館HPより
  萩焼 のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩焼 のニュース - Google
 
 
  萩焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩焼(はぎやき)は山口県萩市一帯で焼かれる陶器。一部長門市・山口市にも窯元がある。長門市で焼かれる萩焼は、特に深川萩(ふかわはぎ)と呼ばれる。 古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきたことで知られる焼き物である。萩焼の特徴は原料に用いられる陶土とそれに混ぜる釉薬の具合によって生じる「貫入」と使い込むことによって生じる「七化け」がある。 歴史/主な作家
 
 
  萩焼とは   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩焼についてその特徴と歴史を簡単にですが説明します  萩の七化け/茶慣れの良さ/萩焼の欠点/萩焼の由来
 
 
  萩焼物語   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古来、山口より伝わる和陶器の「萩焼」販売  『いつも思い出して欲しい・・』 そんな大切な人には珈琲カップを・・
 
 
  e-萩焼.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩焼を販売する「e-萩焼.com」は、各出店者より、選りすぐりの萩焼を販売しています。 また「e-萩焼.com」の商品は、他のネット販売には ない、萩焼を販売するよう心がけています。
 
 
  窯元 萩焼会館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当館は史跡の町「萩」の観光コースの要に位置し、近代的な明るい施設に十分な工夫をこらして、萩焼コーナー・郷土名産品コーナー、又、萩焼ロクロの実演場、陶芸教室も併設しております。
 
 
  萩焼窯元  蓮光山   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「一楽、二萩、三唐津」と言われるように萩焼は近代茶陶の中でも著名な物のひとつです。 16世紀末の「茶碗戦争」といわれた豊臣秀吉の文禄・慶長の朝鮮出兵はその名の通り多くの朝鮮陶工の移入をもたらし、西国の諸大名は陶工に窯を築かせました。
 
 
  萩焼窯元  天龍窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩焼の『素朴な暖かさ』と『味わい』をお届けします。
 
 
  萩焼窯元  明善窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この度は萩焼窯元 明善窯(めいぜんがま)のホームページを御覧いただきありがとうございます。 当窯元は伝統を生かし使い易いシンプルなデザインと自然素材にこだわった萩焼を制作しています。
 
 
  萩焼・うつわ  彩陶   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩焼・うつわ 彩陶庵へようこそ!! 彩陶庵は萩焼の代表的な作家の作品から若手作家の個性的なうつわやオブジェを揃えています。
 
 
  萩焼について - 萩焼会館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  焼き物と言われる陶磁器には、陶器と磁器があり、素材も性質も異なります。 陶器は粘土を素材として、焼かれ生地に幾分吸水性が(産地によって多少異なる)残っているのに対して、磁器は岩石の粉を素材として固く焼いてひきしまり吸水性が無くなっています。
 
 
  萩焼の福寿堂 BOOKSHOP   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩焼に関する本を集めました。
 
 
  萩焼 一佳窯 (いっけいがま)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一佳窯 萩焼でも鬼萩と呼ばれる荒々しい土を登り窯でじっくり焼いてます
 
 
  萩焼窯元ネットショップ大桂庵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当店は、作家・樋口大桂が『伝統的工芸品・萩焼』の規約を遵守して作陶した和食器・花器・お茶道具・置物などの正当な萩焼を、窯元として全国各地のお客様にお届けいたします。どうぞ、店内をごゆっくりご覧下さいませ。
 
 
  ようこそ 萩へ そして 陶の杜へ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   歴史と伝統に育まれて来た萩焼は、殊に茶陶の世界で全国にその名を知られてきました。 私共では、更に、今日的テイストを加えて 日々のくらしの中で気軽に使える器としてご愛用頂けるよう温もりと親しみのある作品を目指しています。
 
 
  萩焼浅小鉢  おとなの和食器屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  釉薬模様が私たちをホッとさせる萩焼きの小鉢です。 お腹の丸みと縁の広がりがある為でしょうか、見かけの上品なデザインでありながら以外とたっぷり入ります(約350cc)。
 
 
  萩焼 ONLINE SHOP 創 -SOU-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「創」にお越しいただきありがとうございます。  当SHOPは萩焼窯元連光山の三代目萩焼作家 守繁 徹千代(morisige tetsuchiyo)の作品を主に販売しています。 この方は若い方にも使ってもらえるような新しいデザインで萩焼きを創ってる作家で、特徴としては磁器のように薄く創っているところです。 又、引き出物等受け付けております。数によりますが手作りのため1〜2ヶ月の製作期間を頂いております。
 
 
  萩焼と和食器ウェブショップ IZUMI   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和食器と萩焼専門の通販サイト【ウェブショップ「泉-IZUMI」】は暮らしを彩るうつわを販売・ご提案いたします
 
 
  萩焼  窯元 緑栄窯 (りょくえいがま)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  緑栄窯(りょくえいがま)は1974年に故松野龍司氏よって開かれた萩焼の窯元です。 現在は、その窯を息子の松野創平が受け継いでます。
 
 
  三輪休和(みわ きゅうわ)・十代三輪休雪   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人間国宝(萩焼): 1895年(明治28)〜1981年(昭和56) 山口県萩市出身  三輪休和(十代三輪休雪)は、毛利藩の御用窯として1663年(江戸初期、寛文3年)より続く萩焼三輪窯の十代目である。 窯の初代休雪は京都で楽焼の修業を経験し、李朝陶技の流れを汲む萩焼に新風をもたらしたと言われている。 休和は15歳の頃から祖父、父について修業をはじめ、1927年十代休雪を襲名した。 三輪休和 略歴
 
 
  陶芸教室・オーダーメイドのお店  工房聖庵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  工房聖庵はお客様からご注文を頂いてから、萩焼を中心に商品の製作をする陶器のオーダーメイド専門店です。★ご注文をお受けしてから、発送までに約、一ケ月お時間を頂きます。ご了承ください。
 
 
  山口県萩市「萩焼」の観光、泉流山へようこそ─   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口伝統の陶器・陶芸「萩焼」の窯元・泉流山(せんりゅうざん)の観光紹介と通販(販売)・ネットショップのホームページです。泉流山は文政9年に創窯の老舗窯元で、幕末期の長州藩の陶磁器奨励政策により築窯されたのを始まりとしています。
 
 
  山口県萩市・萩焼の陶芸美術博物館  吉賀大眉記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (財)萩陶芸美術館「吉賀大眉記念館」は、萩焼の展示施設として萩で唯一の総合美術博物館です。 文化功労者/日本芸術院会員であった陶芸作家「吉賀大眉(よしかたいび)」の代表的作品や水彩画などおよそ100点を中心に、 大眉と親交のあった著名作家の作品や萩焼の古窯・古陶磁資料など、多岐に渡り展示しています。 幽玄かつ重厚な大眉芸術の世界をご覧ください。
 
 
  萩焼窯元 椿秀窯(ちんしゅうがま)  萩陶苑(しゅうとうえん)のオンラインショップ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩焼のある生活。ちょっと素敵な暮らし。
 
 
  YouTube - 萩焼 大屋窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 萩焼 大屋窯
 
 
  萩焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩焼 の画像 - Google
 
 
理平焼 (香川)
ともさんの焼き物・骨董紀行ー理平焼 金銀彩紫陽花茶碗 勝龍寺窯 2009年04月 : 時のかけら〜統制陶器〜
  理平焼とは - Weblio辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  理平焼(りへいやき)は香川県高松市で焼かれる陶器。高松焼ともいう。初代高松藩主、松平頼重が京都の陶工、森島作兵衛を招き焼かせた御庭焼がルーツとなっている。作兵衛が高松に在住した際に理兵衛と改名したため、理兵衛焼と呼ばれるようになった。また、この作兵衛は京都在住の際、かの野々村仁清から陶器の技法を学んでいたため、高松仁清とも呼ばれるようになった。現在、理平焼と呼ばれるのは明治に入ってからで、栗林公園の北門前へ窯場を移転してからである。窯創設以来、一度も廃窯することなく、脈々と受け継がれ、現在は14代目である。
 
 
  理平焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  理平焼(りへいやき)は香川県高松市で焼かれる陶器。高松焼ともいう。初代高松藩主、松平頼重が京都の陶工、森島作兵衛を招き焼かせた御庭焼がルーツとなっている。作兵衛が高松に在住した際に理兵衛と改名したため、理兵衛焼と呼ばれるようになった。また、この作兵衛は京都在住の際、かの野々村仁清から陶器の技法を学んでいたため、高松仁清とも呼ばれるようになった。現在、理平焼と呼ばれるのは明治に入ってからで、栗林公園の北門前へ窯場を移転してからである。窯創設以来、一度も廃窯することなく、脈々と受け継がれ、現在は14代目である。
 
 
  理平焼 - かがわの県産品一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初代高松藩主松平頼重公が、京都の森島作兵衛という陶工を呼び寄せ、現在の栗林公園北門近くに窯を築いて作らせたのが始まりとされています。作兵衛は姓名を紀太理兵衛重利と改め、紫峰と号して製陶に従事しました。これから理兵衛焼と呼ばれるようになり、高松藩のお庭焼として代々受け継がれました。明治維新後は一般向けの窯となり、理兵衛を廃して理平と改めたので、以降は理平焼と呼ばれることとなりました。現在、第14代目が作陶しており、季節感にあふれ、郷土色豊かな絵付けがされた茶道具や花器が作られています。
 
 
  ともさんの焼き物・骨董紀行ー理平焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  紀太理平作・理平焼の盃: 紀太理平(きた りへい)作、理平焼(りへいやき)の小猪口盃です。
 
 
  理平焼、県伝統的工芸品に/15年ぶり追加指定   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  香川県は3日、香川の風土と暮らしの中で生まれ、今日まで受け継がれている県伝統的工芸品に「理平焼」を指定した。指定は1998年度の「菓子木型」と「竹一刀彫」以来15年ぶり。伝統工芸品の高度な製造技術を受け継ぐ県伝統工芸士には新たに3人を認定した。 県は85年に伝統的工芸品制度を創設。これまでに「香川漆器」や「丸亀うちわ」などを指定しており、今回で38品目となった。
 
 
  理平焼 展示会開催中(終了) - さぬき産業工芸館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  14代、紀太理平(洋子)さんの作品をお借りして展示しております。 女性らしい、温かい深みのある絵柄のお茶碗。
 
 
  理平焼の徳利|開運!なんでも鑑定団 - テレビ東京   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  理平焼は江戸時代前期、初代高松藩主松平頼重が京都の粟田焼の陶工、後の紀太理兵衛を招いて作陶したもので、京焼の一種である古清水と瓜二つ。依頼品は緑と濃い群青の釉薬で芝と花を描いており、非常に細かい良い仕事。
 
 
  香川県伝統的工芸品の指定及び香川県伝統工芸士の認定(平成25年度)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平成26年3月3日、香川県庁21階特別会議室において、「香川県伝統的工芸品指定書及び伝統工芸士認定証交付式」を行い、「理平焼」を香川県伝統的工芸品に指定するとともに、次の3名の方を香川県伝統工芸士に認定しました。 今後のますますのご活躍を期待しています。
 
 
  理平焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  理平焼 の画像 - Google
 
 
大谷焼 (徳島)
大麻町商工会 大谷焼 大谷焼 (徳島) 本日より昼夜を問わず約三日間焼き続け、最高温度1300℃を目指します。 - 田村陶芸展示館 新着情報
  大谷焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大谷焼(おおたにやき)は徳島県鳴門市の大谷地区で作られる陶器である。寝轆轤と呼ばれる独特の轆轤を用いて制作される大甕で知られる。寝轆轤は相手が寝ながら足を用いて回す仕掛けで基本的に大甕作りは二人の呼吸が合っていないと作れない。なお、この大甕は阿波地方の特産である藍染めに欠かせない道具であり、藍甕と呼ばれる。 関連項目/脚注/外部リンク
 
 
  大谷焼陶業協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  阿波のやきもの大谷焼
 
 
  大谷焼窯元 大西陶器   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鳴門市の一角静かなる山間に、今尚伝統の炎を燃やし続ける「大谷焼」は今を去る二百有余年前の安永9年(1780年)文右衛門という九州生れの焼き物職人が夫婦、5人連れで、大谷村山田の里にきて、はじめてロクロ細工を披露し、火消壷等の雑器類を焼いたことが始まりです。 当時、阿波の国(徳島県)では、焼き物は極めて、珍しく、その妙技が評判となり、時の12代藩主蜂須賀治昭公の耳まで達し、天明元年藩窯が我が大谷村に築かれ、阿波で始めて染付磁器が焼かれることになりました。
 
 
  大谷焼  日本のやきもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鳴門の大石焼は、はじめ染付磁器を焼いた藩窯でした。天明4年(1784)藩窯が廃止され民間窯となりました。その後、阿波藍を寝かせるための大甕が盛んに焼かれていた時期もありますが、江戸時代の後期に霊場巡礼に訪れた豊後の焼物細工師、文右衛門が大谷村で蟹ヶ谷の赤土で作陶を始めたのが現在の大石焼といわれています。
 
 
  大谷焼 3回目の陶芸教室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ