037 【工芸・手芸ぁ 有田焼〜薩摩焼(鹿児島)/世界の陶磁器
 火と土の芸術、陶芸。陶器の生産地から名付けられた六古窯、感性を凝縮させたあなたの力作をこのコーナーで発表してみませんか?このコーナーでは”陶器と磁器の違い”についてのホームページもあります。あなたは陶器派?磁器派? どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

内原野焼 (高知) 小石原焼 (福岡) 蒲池焼 (福岡) 二川焼 (福岡) 唐津焼 (佐賀) 有田焼 (佐賀)
古伊万里 (佐賀) 伊万里焼 (佐賀) 肥前吉田焼 (佐賀) 肥前尾崎焼 (佐賀) 弓野焼(佐賀) 鍋島焼 (佐賀)
平戸・三川内焼 (長崎) 波佐見焼 (長崎) 現川焼 (長崎) 亀山焼 (長崎) 小鹿田焼 (大分) 小代焼・小岱焼 (熊本)
高田焼・八代焼 (熊本) 天草陶磁器 (熊本) 薩摩焼 (鹿児島) 長太郎焼 (鹿児島) 壺屋焼 (沖縄) 読谷山焼 (沖縄)
世界の陶磁器 マイセン(独逸) KPM (独逸)/ マジョリカ(伊太利) ヘレンド(洪牙利)/ フローラダニカ(丁抹)/
ミントン(英国) ウェッジウッド(英国) ロイヤルドルトン(英国) セーヴル(仏蘭西)/ リヤドロ(西班芽)/ ポーリッシュポタリー/
← 036 【工芸・手芸】◆陶磁器の世界      038 【工芸・手芸ァ暸〔攅・竹細工 → 
TOP >  c 工芸・手芸 > 037 【工芸・手芸ぁ 有田焼〜薩摩焼(鹿児島)/世界の陶磁器 >  
       
内原野焼 (高知)
ともさんの焼き物・骨董紀行ー「川原陶斎作・宮島焼の平茶碗」   内原野焼の酒器揃え― 内原野焼 | 桝久
  内原野焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  内原野焼(うちはらのやき)は高知県安芸市にて焼かれる陶器。江戸末期に領主、後藤氏によって興った。原料の粘土に鉄やマンガンを多く含むため、器肌が肌理細かい。また、黒や茶色の釉薬を用いるため、重厚な面持ちをしている。昭和に入ると、それまでの水瓶などの大物から徳利や花器など小物作りに転換、紆余曲折を経て現在に至っている。現在は4軒の窯元が存在する。
 
 
  内原野陶芸館  ガラス工房=ビデオ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  特別企画 「マドラー&サンドブラスト体験」/第23回「登り窯フェスタ」の体験コーナーの様子です ご覧下さい。 施設の概要/陶芸館体験教室のご案内/ガラス工芸のご案内/会員制陶芸教室のご案内/お問い合わせ・ご予約
 
 
  内原野陶芸館 - 安芸の観光スポット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  内原野焼は、文政12年(1829)内原野周辺で良質の粘土が採れたことから、安芸城主五藤主計[かずえ]の奨励で始まった。当初は徳利、すり鉢など日用品を中心に焼かれていたが、近年は鉢物や花器などが人気だ。そんな内原野焼を気軽に楽しめる体験工房がこの陶芸館。絵付け体験800円、手びねり2200円〜のほか、日曜、祝日限定でろくろ体験もできる(1500円)
 
 
  内原野焼 - 高知県産業振興センター   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  知県東部の中心地として発展してきた安芸市。内原野焼の歴史は、文政12年(1829年)に当時の領主が京都から陶工を招き、 地元の人々に陶芸を伝授したことから始まりました。当時は水瓶、味噌を漬け込むはんどといった生活に必要な道具が主流でしたが、 大正時代に入ると茶碗や花器の生活雑貨が作られるようになりました。近年は大量生産の安価な製品に押されるなど、 業界を取り巻く状況は厳しくなっています。
 
 
  ともさんの焼き物・骨董紀行ー内原野焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西邨滋作・内原野焼の角皿: 内原野焼(うちはらのやき)、陽和工房、西邨 滋(にしむら しげる)作、灰釉櫛目角皿です。
 
 
  内原野陶芸館・ガラス工房 - じゃらんnet   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本格的な設備と指導者のもとで手ひねりや絵付けなど、内原野焼きの作陶(手びねり・絵つけ)が体験できるとあって、家族連れやサークル、学校など利用者の幅も広い。陶芸教室の受付は15:00までで、A・Bの2コース設定。他、ガラス工芸体験もできる。<手びねり体験>粘土を手びねりによって形成し、オリジナルの器を作ります。<絵付体験>素焼製品に絵や文字を入れます。<トンボ玉体験>バーナーを使ってガラス棒を溶かしトンボ玉を作ります。<サンドブラスト体験>ガラス製品に砂を吹きつけ、絵や文字を入れます。
 
 
  YouTube - 【高知県】土佐の匠 「内原野焼」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 【高知県】土佐の匠 「内原野焼」
 
 
  内原野陶芸館  高知県安芸市 - ピカラタウン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大人も子どもも夢中になれる思い出が形に残る陶芸体験: 安芸で良質な陶土が採取できたことから、200年ほど前から内原野焼と呼ばれる陶芸が盛ん。陶芸館では手びねりで器を作ったり、絵付け体験ができる。旅の想い出をカタチに残そう。
 
 
  内原野陶芸館 陶芸体験 - 高知県観光情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  200年余りの歴史を誇る内原野焼。気軽に陶芸体験が出来る。又、バーナーワーク・サンドブラストによるオリジナルのガラス製品も作る事が出来る。
 
 
  内原野焼 陽和工房 - 高知県伝承工芸協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陽和工房のこだわり: 内原野の窯の歴史でも、その時々の生活で作る人使う人の手に支えられたものが生れ、またすたれてきました。 陽和工房では、それらのなかから今の生活に生かしたいものをとえいあげ、昔のものの良さをこわすことなく、あらたな感覚の”うつわ”としてつくりつづけています。  トップ/伝統工芸品/商品一覧
 
 
  内原野焼の酒器 ぐい呑―高知県の焼き物 - 陶のぐい呑や   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野村窯 酒器ぐい呑: いま、マイぐい呑を携帯する ”ぐい呑袋” が人気です!
 
 
  日本工芸会・正会員 高知県展・無鑑査 (株)陽和工房 房主   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生活に役立つもの、日常的に使えるもの、手づくりの、心が癒されるものをつくる。 文政12年(1829)から続く安芸内原野焼。200年に満たないその歴史の中で、瓶、擂り鉢、片口、とっくりなどの日用雑器などが細々と作られ、昭和の初め頃までは、日用雑器や植木鉢、手洗い鉢などが焼かれていた。第二次世界大戦後、急速に衰退。安芸市出身の京都市立美術大学(現、京都市立芸術大学)の学長だった長崎太郎氏と故吉村雄治氏との尽力で復興した。復興を支えたのは、同大学の卒業生達。陽和工房房主、西邨 滋氏もその中の一人だ。氏は県内外で積極的に個展を開き、内原野焼を広く伝え、工房の設立から26年間で数多くの賞を受賞。陶器だけでなく、陶壁画や陶板、ストリートファニチャー、モニュメントなどの制作も精力的にこなし、昨年、現代の名工を受賞した。
 
 
  内原野焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  内原野焼 の画像 - Google
 
 
小石原焼 (福岡)
小石原焼の取り皿 小石原焼 (福岡) 小石原焼*両飛び鉋*どんぶり
  小石原焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小石原焼(こいしわらやき)は福岡県朝倉郡東峰村にて焼かれる陶器。主に生活雑器が焼かれる。 1682年に、福岡藩3代藩主黒田光之が伊万里から陶工を招いて窯場を開いたのが始まりで、筑豊地方で最初の焼き物産地となった。高取焼の開祖、八山の孫、八郎も当地に移り住んで開窯した。刷毛目、飛び鉋、櫛描き、指描き、流し掛け、打ち掛けなどによって表現される独特の幾何学的な文様が特色で、素焼きを行わず、釉薬を流し掛ける。  脚注/外部リンク
 
 
  道の駅 小石原   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶器の里のアートフルな駅舎で気分一新! 福岡県の東南部に位置する小石原村は、標高200m〜500mの高原の村です。 国道211号沿いの道の駅小石原には、三百年の伝統をもつ「小石原焼」の窯元50軒が出店し、 陶器コーナーや地元の新鮮な野菜等の即売を行う物産コーナー、レストランを設置しています。 周辺の観光情報: 古窯 車で3分/修験の路 車で3分/小石原焼伝統産業会館 車で3分/森林公園 車で3分…
 
 
  小石原焼 - 福岡県観光情報    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小石原焼は、福岡県東部の東峰村で作られる陶器。黒田藩3代藩主光之公が肥前伊万里の陶工を招いて窯元を開いたのが始まりと言われている。カンナや流し掛けなどの装飾方に特徴があり、素朴で温かい器は生活陶器として、たくさんの人に親しまれている。1958年にブリュッセルで開かれた世界博覧会ではグランプリを受賞。世界的に高い評価を受けて、有名になった。窯元が多い皿山地区には小石原焼伝統産業会館があり、陶芸体験などもできる。
 
 
  小石原焼と高取焼 - 東峰見聞録   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日用雑器としての道を歩みながら、「用の美」を確立した小石原焼。  小石原焼と高取焼の窯元紹介/小石原焼の歴史と特徴/高取焼の歴史と特徴/小石原焼の展示と販売/窯元めぐり・陶芸体験/
 
 
  小石原焼伝統産業会館 - 東峰村   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小石原焼伝統産業会館: 江戸時代初期から、四百年の歴史を持ち、日本で最初に伝統的工芸品に指定された小石原焼。ここでは先人達の古作から、現代の50軒の窯元の新作や代表作に至るこれまでの創作活動の精華を一望することができます。さらに初心者から上級者まで気軽に体験できる陶芸工房もあります。どうぞゆっくりとお過ごしください。
 
 
  小石原Style 〜小石原焼のある生活〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶器・和食器の通販/ジャンルで選ぶ/陶芸家で選ぶ トップページ/小石原焼について/陶芸家のご紹介/オーダーメイド/よくある質問/ご利用案内
 
 
  小石原の窯元めぐり - 東峰村 - ちくご散歩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英彦山の麓にあるやきものの郷・小石原。山に囲まれた静かな佇まいの中で、約400年にわたり、それぞれの窯元が独自の作品を生み出してきた。かつては英彦山参拝のみやげ物として壷や鉢などが主に作られていたが、昭和30年代の民陶ブームによって多くの窯が開かれ、現在は約50軒の窯が、"普段使いの器=民陶"ならではの「用と美」を確立した作品を作り続けている。 小石原焼の特徴として挙げられるのが刷毛目、飛び鉋、櫛目といった技法。
 
 
  小石原焼陶器協同組合・小石原焼伝統産業会館.   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小石原焼窯元情報-小石原焼の窯元情報は、小石原焼窯元情報をご利用下さい。  エリア情報では小石原焼窯元がグーグルマップで確認できます。
 
 
  小石原焼(小石原焼伝統産業会館) - 福岡よかとこ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝倉郡は東峰村、小石原地区に江戸時代初期から約400年にわたって伝えられている「小石原焼」。陶磁器としては日本で初めて伝統工芸品に指定された歴史あるもので、その実用性と美を兼ね備えた独自の作風は世界的にも評価が高く、全国の人々に親しまれています。「小石原焼伝統産業会館」は、その魅力を余すところ無く体験できる充実スポット。現在51ある窯元の作品を展示するアートギャラリーのほか、体験棟では絵付けや手びねりも体験できるとか!
 
 
  福岡県から 小石原焼の こぼしにくいコップ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  子どもから大人まで使える一生モノのコップ/職人がつくる、学びのつまったコップ/こぼしにくいコップが生まれた理由
 
 
  小石原焼器屋 にしやま - 陶器の通販   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  総登録アイテム数:4966点/産地から探す/陶器の通販:器屋 にしやま > 新しい器。小田陶器
 
 
  小石原焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小石原焼 の画像 - Google
 
 
蒲池焼 (福岡)
窯元 蒲池窯(かまちがま) - 観光情報 柳川市観光案内所に展示紹介されている蒲池焼の鳩笛と香炉きっと当時の鳩笛はもっと素朴な感じだったんでしょうね。 蒲池焼 彦三郎窯
  蒲池焼とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柳川焼(やながわやき)の異称。
 
 
  蒲池焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蒲池焼(かまちやき)は福岡県柳川市及び瀬高町で焼かれる焼き物。分類すると、「土器」に含まれる。 天正20年に肥前国の名護屋にて土器を焼いていた彦三郎方親の作品が、名護屋城在陣中の豊臣秀吉に目を留められ激賞、御朱印を与えられたのが始まり。彼は家長の姓を賜り、彼の土器は年の春、秋二回、伏見城の秀吉に献されたといわれる。この家長氏が蒲池焼の生みの親であるが、彼は元々美濃国の陶工であり、佐賀の鍋島直茂に従っていたため出征し、朝鮮で土器の技法を習ってきていた。  歴史/特徴
 
 
  蒲池焼  彦三郎窯 - 福岡観光情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  みやま柳川IC近く、女山神籠石(ぞやまこうごういし)がある女山の麓にある田嶋芳実さんの工房。脱サラして35歳のときに憧れだった窯を開いた。蒲池焼は柳川藩の御用窯で陶祖は家長彦三郎。代々続いた家長家は維新時に窯が途絶え、分家も明治末期に廃業したという。その名を残そうと継いでいるものの、現在、田嶋さんが焼いているのはオリジナルだ。食器、花器などからオブジェ的なものまで作風は多様。「人の作品に影響されない自然体で出てきた独自のインスピレーションを大事にしています」と言う田嶋さん。土は荒めのものを使用。
 
 
  親しみやすい茶道具を販売 - 茶湯 晴山   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新製品! 茶湯・晴山オリジナル 晴山25周年記念・平丸風炉 九州黒陶土風炉窯蒲池窯伊東征隆作品 侘茶で用いるもっとも適した風炉は「土風炉」です。 丈夫で扱いやすく手頃な価格の本格的燻焼土風炉をと晴山の発案で伊東征隆氏が制作しました。 トップページ/展示会催物/茶湯の入口/茶道具の揃え方/晴山茶湯塾/石州流茶道/店舗情報
 
 
  窯元 蒲池窯(かまちがま) - 福岡観光情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  うわぐすりを使わず、手作業で磨きあげた柔らかで温もりのある蒲池焼。旧柳川藩の御用窯で、明治期に入り途絶えたが、現窯元・土器師の伊東征隆さんが20数年前に復活させた。蒲池焼の歴史は、慶長9年(1604年)に肥前佐賀の領主鍋島直茂公に仕えていた家長・彦三郎方親(まさちか)が、現・柳川市西蒲池で土器を焼いたのに始まる。方親は先祖代々土器師の家に生まれ、豊臣秀吉にその作りを褒められた人物である。当時は、藩御止め窯として一般への販売は禁止され、貴重品として珍重されていた。色は、黒、赤、白の3つ。
 
 
  [PDF] 幻の土器「蒲池焼」 - 柳川市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  市は、技能功労者に窯業の伊東征呂気鵝70歳・西蒲池)を表彰しました。 伊東さんは柳川藩の御用窯として代々受け継がれてきた蒲池焼を復活させました。 今月は「幻の土器」とも言われる蒲池焼を紹介します。
 
 
  [PDF] 白秋記念館1階 歴史民俗資料館の展示 蒲池窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蒲池窯は、柳川市の蒲池地区に開窯され、伝統的な蒲池焼の作風の工程を通して復活されたものです。 ここでは、その「匠の技」と主な茶道具の作品を紹介します。
 
 
  幕末・明治の肥前 こぼれ話:蒲池焼 (2014/5/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  先日、我が家にある火鉢のルーツを探しに、柳川の蒲池焼を訪ねました。 筑後川流域にも以前はあちこちに焼物釜があったとのことですが、現在は廃れてしまったそうです。 昔の素朴な生活用品に新しさを感じてしまいます。
 
 
  蒲池焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蒲池焼 の画像 - Google
 
 
二川焼 (福岡)
時代ものの珍しい唐津系二川焼と思われる粉引き掛け釉うんすけ大壷です。 福岡二川焼 柱掛け 福岡二川 高さ12cm×幅8cm 時代:昭和43(?)年 熊本荒尾の三井グリーンランド窯で二川焼を復元した初釜の作品 ... 松図半胴甕/二川焼
  二川窯 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二川窯(ふたがわかま)は、筑後国(現、福岡県)三池郡二川で焼かれた陶磁器。 歴史: 江戸時代末期頃に陶土の原料が発見され、弓野焼の職人を招いて製作された。 特徴: 刷毛目地に、鉄、銅で松などの絵付けをしたものが多い。 関連事項: 弓野焼 唐津焼
 
 
  佐賀県武雄市  弓野焼、福岡県みやま市  二川焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和38年から45年間に蒐集した骨董、古民具を整理したのを契機にホ−ムページにUPすることにしました。主に陶磁器、ガラス器ですが数回に分けてUPします。第1回のUPは佐賀弓野焼、福岡二川焼の陶器です。次回は福岡小石原焼の陶器を予定しています。なお、説明は推測の域を出ないものであることをご理解ください。
 
 
  二川焼登窯(みやま市高田町) - 千寿の楽しい歴史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現在は使用されていないため、周囲は草で覆われ、一部崩れ落ちた状態である。 しかし、中を覗くと驚くほど広く、普通の大きさの赤レンガをきれいにアーチ型に並べて作られている。 登窯の長さは段々に何段もあり約20mある。 上楠田には昔から良質の粘土が豊富に産出したので、瓦や甕(かめ)が相当古くから焼かれていた。多くの窯跡が上楠田から下楠田にかけて散在する。
 
 
  郷土の伝統工業二川焼の音楽をつくろう   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ○ 郷土の伝統工芸二川焼を今も受け継ぎ守り続けている人々の気持ちを思いうかべながら、二川焼の美しさやつくる人の思いや願いを、自分の表現主題に合った音を意欲的に追求し、創造的に表現することができる。 ○自分の表現を見直し、思いに合う表現についての話し合いの中で、コンピュータ画面を活用することによって、二川焼への思いを歌った歌詞内容を生かした表現の工夫をすることができる。
 
 
  二川焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二川焼 の画像 - Google
 
 
唐津焼 (佐賀)
唐津焼のなかでも一番数が多く存在し、また、唐津焼を代表する種類でもある。 唐津焼 唐津焼螢窯の普段使いの唐津焼を…
  唐津焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐津焼(からつやき)は佐賀県唐津市で焼かれる陶器。古くから一楽二萩三唐津として茶器として名高い。分派の武雄古唐津焼と共に、日本の伝統的工芸品に指定されている。 唐津は古くから対外交易拠点であったため、安土桃山時代から陶器の技術が伝えられていたといわれ、現在も佐賀県の岸岳諸窯など至る所に窯場跡が点在する。唐津焼の名称は、唐津焼積み出しの際、唐津港からなされていたことによる。  1 歴史 / 2 唐津焼の特徴 / 3 唐津焼の種類 / 4 脚注 / 5 参考文献 / 6 関連項目
 
 
  唐津焼の起源   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1)古唐津の起源 : 唐津焼は玄界灘沿岸の唐津から西へ伊万里、武雄、さらに南西へ有田、その南の藤津郡、県境を越えて三川内などは、古唐津の古窯跡が散在する一大窯業地であった。しかし、その起源は明確になっていない。ただ古窯跡の発掘や全国の消費地からの出土で考古学的な学術調査が進み、ほぼ16世紀末(1580年)以降に始まったというのが定説になりつつある。
 
 
  唐津焼 日本のやきもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐津焼の誕生については、詳細はわかっていません。室町時代末期に岸岳(きしだけ)城主の波多氏の庇護のもと、雑器を焼いた事に始まると考えられています。室町末の岸岳窯や帆柱窯などの諸窯ですでに「割竹式登窯」の使用が確認されるなど、朝鮮陶業からの影響が大きいと考えられます。とくに安土桃山時代、秀吉による朝鮮に対する文禄慶長の役後は、多くの陶工の渡来により規模を拡大しました。「叩き作り」や足を使う「蹴ロクロ」の使用は、以後唐津焼の伝統となりました。
 
 
  びびっと!からつ 唐津ポータルサイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本三大茶陶 唐津焼/唐津焼お手入れワンポイント講座/唐津焼・窯元
 
 
  唐津焼の店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐津焼は、使い込むほどに味わいが深くなる器です。  作家から選ぶ : 中里重利| 中里隆|中里太亀|中里花子|武末日臣|十四代今泉今右衛門|眇浩浸福端鏤凖舁辧μ邯悦士    中里隆・日常の器| 中里太郎右衛門窯|三玄窯|隆太窯|特選酒器|李朝風白磁シリーズ|特選漆器|苔盆栽・島津拓哉
 
 
  唐津焼  春窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ようこそ春窯ホームページへ  お茶碗/湯のみ/皿/珈琲碗/マグカップ/鉢/その他/春窯×ハローキティ 
 
 
  唐津焼 雷山房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐津焼・有田焼を中心に取り扱う陶器ギャラリー。食器、ぐい呑、徳利などの酒器や茶碗、水指、花入などの茶道具まで。
 
 
  唐津焼 やすかわ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古唐津に魅せられ、作陶に励む唐津焼作家の作品を集めております。伝統の中に気品と風格を備えた茶陶、使い勝手の良い日常和食器そのひとつひとつが、個性豊かな逸品です。唐津焼の素朴なあたたかさや使うほどに趣を深める本物の感動と出会いを、多くの皆様が味わってくださり、末永く可愛がっていただければ、幸いに存じます。
 
 
  唐津焼 北波多窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐津焼の里”北波多・岸岳”の窯元「北波多窯」です。古唐津の製法をより忠実に再現し、登り窯にて作品製作いたしております。
 
 
  唐津焼とは 古賢窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐津焼の歴史: 唐津焼とは、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に連れ帰った陶工たちによって始められたと言われている。安土桃山時代に茶道が流行したことから発展し、「1楽2萩3唐津」と呼ばれるほどわび茶碗として定着している。  唐津焼の特徴: 唐津焼の特徴はなんといっても「用の美」にあります。有田焼や伊万里焼が製作過程から完成にいたるまで、完璧にこなされるのに対し、唐津焼はその出来が80%におさえてあります。これは、唐津焼が「作り手八分、使い手二分」といわれ、残る20%を使い手や使い方に自由さを残しているといわれるからです。                 
 
 
  唐津焼 ギャラリー雷山房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐津焼・有田焼を中心に取り扱う陶器ギャラリー。食器、ぐい呑、徳利などの酒器や茶碗、水指、花入などの茶道具まで。
 
 
  伝統工芸 唐津焼 鏡山窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  TOPページ/窯元陶歴/個展・展示会/ギャラリー/作品(スライド)/唐津焼図鑑/制作過程/窯の中を見る/体験コーナー  唐津宿泊案内
 
 
  唐津焼窯元:唐津焼  陶陽   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐津焼 陶陽トップ/唐津焼とは/唐津焼の種類/洗面器・手洗い・ボウル/唐津焼招き猫(福ねこ)/唐津焼 陶陽の作品  茶人に古くから愛される唐津焼/普段使いのやきものを追い求めて
 
 
  唐津焼の陶芸家  井上浩一   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  李朝陶磁を師に掻落、象嵌、粉引などの技法を駆使して作陶を続ける唐津焼の陶芸家 井上浩一の公式ホームページです。 「小田志の空は今日も青い。慶長年間李朝陶工たちが空を見上げながら無心に轆轤(ろくろ)を廻し作り伝えた長い歴史と伝統に培われた技術に心ひかれ、人の心に優しくつたわるものが出来たらと思います。」
 
 
  窯場の基礎・窯場巡り−唐津焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐津焼超簡単入門 : 唐津の名は、韓(朝鮮)、唐(中国)への津(港)の意味からきている。かつてこの港から多くの焼き物が海をわたり、西日本においては焼き物のことを唐津と呼んだほどの隆盛であった。 唐津焼は茶陶の世界では「一楽、二萩、三唐津」と言われ多くの茶人に愛されてきた。それは李朝の流れをくむ、力強さを備え、わび、さびを基調としていたからに他ならない。
 
 
  ようこそ、「唐津焼・ 栗原流石」へ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昔ながらの手法で初期唐津を目指しています。 魅力ある個性豊かな唐津焼の数々をどうぞごゆっくりご覧下さい。  トップページ/プロフィール/作品紹介/ギャラリー/窯だし/個展/古唐津/『唐津焼』辞典/情報サイト/唐津焼書籍/掲示板/流石のブログ/直販
 
 
  美の壺 「堅く締まった土を味わえ」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京・青山にある古美術店。 数多くある焼き物の中で、最も愛好家が多いのが唐津焼です。 吉戸「土を楽しんだり、形を楽しんだり、釉薬(ゆうやく)を楽しんだり、絵を楽しむ。 唐津焼のふるさと、佐賀県唐津市です。
 
 
  古唐津に魅せられて - 胡蝶楽群遊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐津の魅力は、使うほどに味わい深く、艶やかになっていく使い心地で、飾り物でない道具として使うことが、まさに「用の美」で、「作り手八分、使い手二分」といわる、古唐津の持つ野趣と自由さを残した作品創りを目指していきたい。
 
 
  武雄古唐津焼  康雲窯 (こううんがま)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  土物の作品は御存知のように年月とともに使う程に、味わい深く様々に思いもかけぬ面白い景色を作ります。…  TOP/康雲窯/由来/作品/お問合せ/ブログ
 
 
  須佐唐津焼 - 須佐 藻ビキタス タウンガイド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  位置と付近の景観/須佐唐津焼の由来/益田家と唐津焼/須佐唐津焼の販路/須佐唐津焼の工程概要/須佐唐津焼の匠
 
 
  唐津焼ドットコム - ぐい呑・徳利・茶道具をお探しなら   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐津焼専門店 唐津焼ドットコムです。… 「唐津焼ドットコム」は、佐賀県唐津市にある唐津焼専門店「からつ焼 炎群」のオフィシャルサイトです。 全国の唐津焼ファンのみなさま、また、唐津焼にとどまらず、陶器・陶芸を愛されている方々と交流を深められればとの思いで、1998年に開設、現在にいたります。
 
 
  匠<唐津焼・特産品  唐津焼 - 唐津観光協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  窯元・店舗一覧
 
 
  唐津焼総合展示場 - 唐津観光協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  総合常設展示場/展示会のご案内/絵付け体験/唐津焼の歴史/唐津焼の種類/窯元一覧/工房見学等/LINK/E-Mail
 
 
  唐津焼の研究 [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐津焼の名門・陶芸家中里逢庵(十三代中里太郎右衛門)が、長年の古窯の発掘研究、伝統技法の調査復元、数十回に及ぶ海外調査で得た成果を基に、唐津焼の謎とされた諸説に敢然と挑戦。これにより82歳にして博士号(学術)を得たのである。本書はその博士論文に加筆した逢庵快心の唐津焼研究の書である。
 
 
  YouTube - マイクと流石の唐津焼2人展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - マイクと流石の唐津焼2人展
 
 
  唐津焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐津焼 の画像 - Google
 
 
有田焼 (佐賀)
天使の初音ミクさんを有田焼にして… 有田焼 花瓶  有田焼の特徴ある絵柄、質感も有田焼っぽい
  有田焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有田焼(ありたやき)は、「伊万里焼(いまりやき)」とも呼ばれる佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器である。伊万里焼の名称は、有田焼積み出しの際、伊万里港からなされていたことによる。  1 「有田焼」と「伊万里焼」 / 2 歴史 / 3 酒井田柿右衛門 / 4 「手描き」と「転写」 / 5 染付 / 6 作品 / 7 雑記 / 8 関連項目 / 9 参考文献/ 10 脚注 / 11 外部リンク
 
 
  和食器屋 ARITA   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【有田陶磁の里プラザ 蠖竺せ偉尭押ネット通販 和食器屋ARITA】で良く売れている、機能性・デザイン性に優れた有田焼の素敵な器達をご紹介します。
 
 
  有田陶磁の里プラザ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有田陶磁の里プラザ 世界最大規模の有田焼ショッピングモール
 
 
  有田焼やきもの市場   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有田焼の総合通販サイト。一般和食器はもちろん、お名前入れの特注オリジナル品も大好評です。
 
 
  有田焼  日本の磁器の祖   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有田焼の陶器を説明。伊万里焼・九谷焼 : 有田焼といえば、白く透きとおるような地肌に、華やかで繊細な絵付けが特徴の陶磁器で有名です。一般家庭食器として、白く美しい磁肌、華やかな絵付、使いやすさ、高い耐久性でたくさんの有田焼ファンを魅了し続けています。 焼物の代名詞のように言われる伊万里・有田焼。ぬけるような白磁に染め付けられた美しい絵柄の数々は、17世紀後半にはヨーロッパに輸出され、中国陶磁とともに多大な影響を与えました。
 
 
  和食器通販サイト はつえ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有田焼の伝統的な和食器、モダンな和食器、ブランド和食器「青花」、引出物・結婚祝い等プレゼント・ギフトに好適な和食器など販売  有田焼ショップどっとこむ はつえ(ハツエ) 有田焼和食器の格調高い伝統美と優れた実用性:「華麗な赤絵、優雅な染付、伝統美香る和食器」 : 有田焼の伝統美香る和食器は食卓を明るく華やかに、また優雅に格調高く演出 「丈夫で、なめらかな磁肌をもつ有田焼磁器」
 
 
  掌と心になじむ陶磁器づくり - 香蘭社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有田焼の香蘭社は、創業325年。世界各国で数多くの名誉金牌を受賞した有田焼の美術工芸品、食器、骨壷や万華鏡など多彩な商品の製造販売。碍子、セラミックの工業製品もご提供。
 
 
  有田陶磁の里プラザ 有田焼卸団地協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有田焼のすべてを一堂に結集したのが、有田焼卸団地。 25の店舗がそれぞれの趣向を凝らして選び抜いた陶磁器を一度にご覧いただけます。  イベント情報/店舗リスト/ちゃわん割り/匠の蔵/有田焼Q&A/アクセスマップ
 
 
  有田焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有田焼 の画像 - Google
 
 
  渓山窯 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
古伊万里 (佐賀)
古伊万里 デミタスカップ&ソーサー 伊万里 染錦 伊万里焼・有田焼(伊万里市・有田町)
  古伊万里 wiki   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トップページ/古伊万里入門/古伊万里とは?: 古伊万里は伊万里焼の中でも江戸時代に焼かれたものの総称です。 伊万里焼といっても実は伊万里で焼かれたわけではなく、積み出し港であった伊万里の名がついた焼き物です。主に有田焼を指しますが、三川内焼、波佐見焼なども含みます。/古伊万里の特徴/古伊万里を買う/古伊万里を楽しむ/用語集/FAQ/メール
 
 
  古伊万里資料館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  源右衛門窯・古伊万里資料館の館内には、17世紀初頭からの有田の歴史を語る古伊万里の数々が、ギッシリと納められています。 日本各地や東南アジア、ヨーロッパなど世界各地から集めた逸品をご覧ください。きっと何かを語りかけてくることでしょう。
 
 
  古伊万里染付 ふく   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日光 遠山の麓の小さな骨董店
 
 
  古伊万里への誘い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このホームページは古伊万里好きの、古伊万里好きによる、古伊万里好きのためのホームページです 古伊万里好きのみなさん、しばし、ここに、身を置いてみませんか 今月の作品紹介/古伊万里随想/古伊万里バカ日誌/古伊万里ギャラリー/古伊万里周辺ギャラリー/古伊万里日々雑感/チャチャのコーナー/自己紹介/リンク集/メール
 
 
  古人の古伊万里の館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古人(いにしえびと)とは  : 現代の私達の心を魅了し続ける古伊万里の数々… その表の様々な図柄や色の美しさはもちろん裏の銘にも色々な種類があります。 その中で何と書かれているのか解らない銘があります。 「古人」もそのひとつです。
 
 
  伊万里(古伊万里)の宝屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クラシックモダン 時代を超えて色褪せない 風合い・温もり 古伊万里をもっと暮らしの身近に
 
 
  骨董 古伊万里 資六画(シムカ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京・荻窪に1983年創業以来、江戸元禄期藍柿手を中心に、飾っても使っても楽しめる品質の良い伊万里を中心に品揃えしております。
 
 
  蛇の目傘図の伊万里(陶説549号)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  楕円形の皿一面に染付で蛇の目傘を描いた伊万里(写真参照)を購入してから14〜15年になる。購入時点で、この類品が栗田美術館にあり、有名であることは、勿論、十分に承知していた。栗田美術館のものは、柄の元の部分が一部白抜きになっているが、我が家のは、その部分も染付けられているという違いがある。…
 
 
  セゾン・ド・ジャポン - 京都作家ものの和食器・古伊万里のお店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都の陶芸作家の作品、陶器、古伊万里などの和食器のセゾン・ド・ジャポン。その奥にはつまみ寿しとお昼ごはんの花梓侘。この2店がコラボして、料理の為の器、京都の素材を生かしたお料理をお届けしています。
 
 
  タモリ 番組中に江戸時代の焼き物「古伊万里」を発掘する快挙 (2015/4/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  タモリが11日の「ブラタモリ」で番組中に「古伊万里」を発掘した/長崎県出島の跡地で発掘調査に参加し、土中から大型の陶器の破片を発見/18世紀に作られた「染付金彩蓮弁文輪花深鉢」の一部だと判明した。
 
 
  古伊万里に魅せられた暮らし―ふだん使い実例集 (新・暮らしの本): 大型本  &#8211; Amazon.co.jp   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  染付の粋な文様、色絵の艶やかさ、白磁の静寂、そして青磁の滑らかな素地…。確かに、どの器も美しく、はっと息をのむような新鮮な感動に満ちています。日々のいとなみのなかで、ちょっとした贅沢、ちょっとしたゆとりを手に入れたいと思った時、出会った器・古伊万里。
 
 
  古伊万里入門 [文庫]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊万里焼は、今から凡そ四百年前(江戸初期)、朝鮮の陶工の技術により、肥前有田で生まれました。近世初頭に爆発的に広がった文様と色彩の豊かさは、東インド会社を経由して、瞬く間にヨーロッパ人をも魅了しました。本書では、草創期、爛熟期、後期までを年代順に通観し、古伊万里の特徴と様式の変化を紹介します。
 
 
  古伊万里・伊万里・印判・染付など の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古伊万里鮑型皿/古伊万色絵蓋物/伊万里色絵四方皿/鍋島青磁陽刻5寸皿/古伊万里山水図中皿
 
 
  古伊万里の美 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2003年の夏に、大金をはたいて古九谷金銀彩の七寸皿を買いました。その後、しばらくは平穏だったのですが、2004年11月に「初期伊万里吹墨梅鶯文小皿」をネットで購入してからすっかり伊万里の魅力にとりつかれ、伊万里欲しい病(プラス李朝欲しい病)に冒され毎日を過ごすようになりました。
 
 
  古伊万里 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古伊万里 の画像 - Google
 
 
伊万里焼 (佐賀)
色絵花鳥文六角壺(柿右衛門様式)17世紀 東京国立博物館蔵 色絵牡丹文蓋物(柿右衛門様式)17世紀 東京国立博物館蔵 色絵荒磯文鉢 17 - 18世紀 東京国立博物館蔵
  伊万里焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊万里焼(いまりやき)は、有田(佐賀県有田町)を中心とする肥前国(現代の佐賀県および長崎県)で生産された磁器の総称。製品の主な積み出し港が伊万里であったことから、消費地では「伊万里焼」と呼ばれた。有田の製品のほか、三川内焼、波佐見焼なども含む。 1 概要 / 2 歴史 / 3 金襴手様式 / 4 伊万里焼と古伊万里 / 5 脚注 / 6 参考文献 / 7 関連項目
 
 
  伊万里焼 キッズサイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このサイトは,「こども伊万里学」指導資料作成研究委員会(伊万里市教育委員会委嘱)が伊万里焼について学ぶこどもたちのために制作した教材サイトです。 各学校の授業でご活用ください。
 
 
  伊万里焼・有田焼(伊万里市・有田町)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐賀といえば、「やきもの」。そのイメージを決定づけるのはやはり伊万里・有田焼。 そもそものはじまりは、豊臣秀吉の朝鮮出兵。足かけ7年におよぶ無益な戦いは秀吉の死で幕を閉じますが、このとき多くの大名が朝鮮半島から陶工を日本に連れ帰ります。佐賀藩の鍋島直茂(なべしまなおしげ)も例外でなく、陶工を日本へ連れて帰ります。 そして元和2(1616)年、陶工の李参平(りさんぺい)が有田の泉山で白磁鉱を発見し、日本最初の磁器が焼かれたといわれています。 ホーム/特集記事/観光情報検索/フォトランド/イベントカレンダー/宿を探す・予約する
 
 
  特産品:伊万里焼 - 伊万里市観光協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   大川内山は、江戸時代佐賀鍋島藩の御用窯がおかれ、朝廷や将軍家などへ献上する高品位な焼物が焼かれたところで、この献上品が、世界の至宝「鍋島」と呼ばれています。 現在の窯元は、藩窯で培われた高度な技法を受け継ぎながら新たな技術を取り入れるなど、300有余年の歴史を誇る伊万里焼の中心となっています。 伊万里鍋島焼協同組合
 
 
  有田焼・伊万里焼 - 陶器堂  陶器専門店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有田焼とは、佐賀県有田町で生産されている陶磁器の総称になります。つややかな白磁、繊細さの中にも豪快で華やかさのある絵付けが特徴的です。 透き通るようなガラスの滑らかさや硬質さがあり、耐久性があり吸収性がないので、食器にとても適しています。 ほとんどのものは、磁器のもので陶器のものは大変少ないです。
 
 
  写真旅紀行  伊万里焼を訪ねて − 佐賀県伊万里市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  賀・鍋島藩が慶長の役から連れ帰った朝鮮人陶工・李参平によって1616年、有田に始まった有田焼は、数10年で急速な発展を遂げます。鍋島藩は、より高い品質の保持と技法の維持を図るため、1675年に藩窯を有田から伊万里の『大川内山』(おおかわちやま)へ移します。そして、技法が漏れないように険しい地形を利用し、入口には関所を設けて職人たちを厳重な監視下に置きました。そんな中で藩窯の職人たちは、大名や将軍家、朝廷に献上する品々を類い稀な技術と情熱で明治まで焼き続けました。 秘窯の里・大川内山/鍋島藩の御用窯/唐臼小屋/伊万里焼/色鍋島/関所・・その他のPHOTO
 
 
  佐賀県陶磁器工業協同組合 有田焼 伊万里焼 吉田焼 - Facebook   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有田焼 伊万里焼 吉田焼:写真
 
 
  伊万里焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊万里焼 の画像 - Google
 
 
肥前吉田焼 (佐賀)
肥前吉田焼 水玉 大鉢 今回は 大好きな「うつわ」も プチプライスな モノばかりを購入。少しづつ紹介しまーす。まずは「佐賀県 吉田焼」のTeaセット 【新水玉・4号土瓶・茶こし付き】【高級つる付き】【吉田焼】【副千製陶所】【ドット柄】【新しい水玉】【オシャレ水玉】【引き出物】【16.5×12cm】【250ml】【420g】
  肥前吉田焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  肥前吉田焼(ひぜんよしだやき)は佐賀県嬉野市にて焼かれる磁器である。歴史は非常に古く、天正5年頃に作られた陶磁器の破片が発掘されている。後に佐賀藩主、鍋島直茂が朝鮮陶工を吉田山に招き、磁器を焼かせたことから吉田焼が生まれた。享和年間から食器などの生活雑器を中心に焼き、繁栄した。だが天保年間に入り、生産過剰により単価が下落、窮地に立たされた。 明治に入り、磁器生産の「精成社」が吉田山に創業された。主に輸出用の食器を生産した。  特徴
 
 
  『224porcelain』について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  お茶所として、また日本でも有数の温泉地としても有名な佐賀県嬉野市で作られる陶磁器・肥前吉田焼。 『224porcelain』は、その小さな産地・肥前吉田に生まれた新しい磁器のブランドです。
 
 
  肥前吉田焼 - 嬉野温泉観光協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  400年の歴史と伝統 吉田焼ガイド: 肥前吉田焼のご紹介です。 嬉野の焼物の歴史は天正5年(1577年)に、吉田村を流れる羽口川の上流、鳴谷川の川底に、わが国最初の磁鉱石といわれる白く光る石を発見したことから始まったとか。それから約400年、嬉野の窯元からは歴史を伝統を誇りに個性溢れる作品が創りだされています。
 
 
  肥前吉田焼窯元会館 - じゃらんnet   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天正5年(1577年)に磁鉱石の発見によって始まった「吉田焼」。現在伝統を受継ぎながら、個性あふれる作品を作りだしている9の窯元。会館内には「吉田焼」の歴史を紹介すると共に、9の窯元による作品が展示販売されている。絵付けの体験をすることもできる。会館周辺には窯元があり、見学も可能だ。
 
 
  肥前吉田焼 -  400年の歴史と共に   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉田には四百数十年の歴史が潜む: 吉田焼の創業年暦は定かではありませんが、嬉野の陶磁器の歴史を紐解くと、天正5年(1577年)に龍造寺隆信公が大村の有馬氏攻略の際、吉田村を流れる羽口川の上流、鳴谷川の川底に、白く光る石を発見したそうです。これが我が国最初の陶鉱石と言われています。 ホーム/吉田焼とは/体験/窯元紹介/周辺の見所/お知らせ/リンク集
 
 
  『224porcelain』 嬉野肥前吉田焼陶器の通販   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ご飯茶碗/ボウル/皿/酒器/カップ/カトラリーレスト/インテリア/花器/その他/メルマガ登録
 
 
  有田焼の製造・販売 窯元 辻与製陶所 与山窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  辻諭が中心となり、ディレクションしたシリーズです。 磁器という『素材を活かしたもの造り』をコンセプトに白磁をベースとした、立体的な装飾が特徴の製品です。 有田大外山に位置する肥前吉田焼の新たな様式の確立を目指し、『一人でも多くの人に喜んで使ってほしい』との想いを込めて製作しております。
 
 
  肥前吉田焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  肥前吉田焼 の画像 - Google
 
 
肥前尾崎焼 (佐賀)
神埼市役所ロビーの尾崎焼展示 尾崎人形 神埼町の西、小さな水路を越えると、そこはもう佐賀市久保泉町、 尾崎焼は、そんな小さな集落のやきものでした。
  肥前尾崎焼とは - Weblio辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  肥前尾崎焼(ひぜんおざきやき)は佐賀県神埼市で焼かれている陶器である。 九州でも有数の古窯で、伝承によると弘安の役の際に捕虜とした渡来人に製陶の技法を学び、焼いたのが尾崎焼のルーツであると言われるが他にも諸説がある。
 
 
  肥前尾崎焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  肥前尾崎焼(ひぜんおざきやき)は佐賀県神埼市で焼かれている陶器である。 九州でも有数の古窯で、伝承によると弘安の役の際に捕虜とした渡来人に製陶の技法を学び、焼いたのが尾崎焼のルーツであると言われるが他にも諸説がある。安土桃山時代には長右衛門右京という陶工が作った茶器を豊臣秀吉に献上したところ、大変激賞し右京に御朱印を賜ったと伝えられる。江戸末期には生活雑器を焼いており、規模は小さいながらもそれなりに繁栄した。 尾崎人形
 
 
  肥前尾崎焼 - miki印   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐賀の伝統玩具である尾崎人形。お尻に口がついていて、ホーホーと鳴らすことができるハト笛です。佐賀県神崎市神崎町尾崎に伝わるこの玩具は、700年以上の歴史があり、首をひねった愛らしいハトの姿がとっても洒脱。唯一の継承者であった八谷至大(はちやとしみ)さんが昨年の1月にお亡くなりになりましたが、後継者が現れたのだとか。
 
 
  肥前尾崎焼 - うまか陶   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日の隈一帯の恵まれた自然の四季を肌で感じながら、そこで採れる良質の化粧土や絵の具、釉薬にこだわり、手間暇かけ一つ一つ丁寧に作陶する勝田文博さん。作品は、柔らかなベージュの色が基調で、形と調和した野の草花をモチーフに、和紙染めという技法が使われています。和紙通した色合いは、まるでそこについていたかのように溶け込み、草花の繊細な雰囲気をそのまま表現しています。
 
 
  肥前尾崎焼(ひぜんおざきやき)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐賀県神埼市で焼かれている陶器である。 伝承では、約700年前、弘安4年(1281)夏、再度の元寇にさいして、勲功を得た鎌倉幕府の御家人河野通有が、知行地肥前尾崎の荘で、 捕虜とした渡来人に製陶の技法を伝えさせたのが「尾崎焼」の初源といわれている。 別の伝承によれば、延元元年(1336)、懐良親王が肥後国菊池郡に征西府を置いた際、従軍していた河内の国の陶工が、 現在の神埼町尾崎の地に開窯したのが始まりと言われているが定かではない。
 
 
  肥前尾崎焼 - 佐賀・神埼・吉野ヶ里だより   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代末期、蒙古襲来から始まる尾崎焼の物語・・・ 恩賞地の「おさきの地」に来た河野水軍が連行した蒙古(高麗)の人が伝えたとされる尾崎焼・・・ 戦後まで30軒以上の窯があり、集落全体が煙の中にあったという程盛んだったようですが、少しずつ減り始め、20年くらい前には、とうとう窯元がいなくなりました。 尾崎西分地区のみで継承されていった「肥前尾崎焼」つなぐ人もないまま、長い年月が経ちました。…
 
 
  30年前絶えた尾崎焼、復活へ着々 神埼市日の隈窯    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鍋島藩から幕府への献上品で、約30年前に断絶した「肥前尾崎焼」復活に向けた取り組みが着々と進んでいる。担い手は日本工芸会正会員の陶芸家で、神埼市に日の隈窯を構える勝田文博さん(59)。今春は尾崎焼の特徴であるツヤのある黒を出すことに成功した。焼き物王国・佐賀の宝がよみがえりつつある。
 
 
  「肥前尾崎焼」で茶道具 陶芸家・勝田さん、個展に初出品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本工芸会正会員の陶芸家、勝田文博さん(58)=神埼市、日の隈窯=が、神埼市尾崎に伝わる「肥前尾崎焼」を”復元”した。佐賀市城内の県産業振興センターで開いている作陶展に初めて出品。火を入れて茶釜を乗せる「風炉(ふろ)」が、素焼き特有の素朴さと人肌に合う温かさを伝えている。
 
 
  尾崎焼 - 幕末・明治の肥前 こぼれ話 (2012/9/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐賀の神埼には尾崎焼という焼き物があります。 素朴でカラフルな尾崎人形は、はと笛などがあり、 こちら にその写真があります。 尾崎焼とは尾崎人形を指すものだと思っていたら、ちがっていていました。 尾崎焼は茶道具や火鉢など趣のある作品が作られていて、尾崎人形はその余興として作られていたそうです。…
 
 
  肥前尾崎焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  肥前尾崎焼 の画像 - Google
 
 
弓野焼(佐賀)
弓野焼 甕 日本の古陶磁や、近現代の陶磁など、約3,800点を収蔵。 所蔵品の大部分は江戸時代〜現代に至る「民窯」の陶磁である。民窯とは民間窯業の略称で官窯に対する語。 古美術 猫 - 弓野焼文字入徳利
  弓野焼 - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  弓野焼(ゆみのやき)は、肥前国(現、佐賀県)の藤津郡弓野で焼かれた陶磁器。 歴史: 江戸時代の寛永年間ごろに作陶が始まるとされる。 特徴: 刷毛目地で松の絵が描かれた甕が多い。 関連項目: 二川窯・唐津焼
 
 
  弓野焼 甕   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  弓野焼か二川焼か? 二彩松文水甕 30cm 21cm 以前から欲しかったのですが、これは形が気に入り、ひびが有っても気にならないほどの魅力です。 これで松葉の青緑がもう少し濃ければ最高ですがね・・。 下部の白化粧の指跡が波のようで美しい。
 
 
  弓野焼松文徳利   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二彩唐津として注目される弓野焼の徳利です。 おきまりの松を描いています。 普通に使われていた物で、消耗されたものかあまり見かけません。 ほのぼのとした味わいがあります。
 
 
  弓野焼 二彩唐津松文甕    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  弓野焼は、佐賀県武雄市弓野で江戸の中期頃から焼かれたと言われている。 唐津焼のひとつで、鉄分を多く含んだ赤茶色の胎土のため白化粧土を施しその上に銅緑釉と飴釉で松絵を流し描きした意匠のものが多い。 のちに福岡県の二川で、弓野から陶工を招き同じような意匠のものが焼かれたためその判別は難しい。                                     
 
 
  中尾米吉とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中尾米吉 なかお-よねきち : 1838−1896 幕末-明治時代の陶工 天保(てんぽう)9年生まれ。もと肥前杵島(きしま)郡(佐賀県)の弓野焼の陶工。西南戦争に従軍した後,筑後(ちくご)(福岡県)三池郡にいき,二川焼の窯を再興,松をえがいた弓野焼風の製品をつくった。明治29年6月死去。59歳。
 
 
  弓野焼 刷毛目茶碗 仙遊洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  弓野焼 刷毛目茶碗(江戸時代末期 19世紀): 弓野焼は松の絵が描かれた壺、大皿が有名です。弓野焼の作品は棟方志巧によって見出され、民芸ブランドとして認知されています。本品の土は、弓野あるいは二川の土のように見えます。昔であれば唐津焼といったところでしょうか。豪快さが民芸に通じています。
 
 
  弓野焼大ガメ - 古美術志野   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  弓野焼は肥前弓野で焼かれた陶器で、特徴としては鉄釉で刷毛目のような太い線で描かれた絵柄で、筋目の地面から松の木が生えている絵柄がよく見られます。
 
 
  弓野焼 - 愛知県陶磁美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  弓野焼で知られる、佐賀県武雄市西川登町小田志(こたじ)は、武雄市の南部、西を波佐見町(長崎県)、東を塩田町(佐賀県)に挟まれた地域であり、その東よりに弓野がある。 弓野焼は、唐津焼の一系統であり、武雄系の西川登地区に位置しており、鉄分を多く含んだ独特の胎土のため、櫛刷毛目状に白化粧土を用いた文様に銅緑釉と飴釉を流しかけた二彩唐津と呼ばれる大鉢や擂鉢などの例が多く知られる。
 
 
  「古いモノ 展」 - objects blog   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「古いモノ展」ではごちゃごちゃと、様々ご紹介しております。 今日はその中から、大きなモノをご紹介します。どれもその土地の職人がいくつも作っていたもので、誰の作かは分かりません。 画像とわずかな情報のみ綴らせて頂きます。 ・弓野焼 甕 佐賀 その1 (高27cm)                                        
 
 
  弓野焼 ゆみのやき (2011/8/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  肥前国杵島郡西川登村大字小田志字弓野(佐賀県武雄市西川登町小田志字弓野)の産。 陶器は1532年(天文二)より淵小七が企業したと伝えられます。 1694年(元禄七)になり江口林平が初めて磁器製造を開始し、その子福田林平が有田焼に倣って改良、さらに1839年(天保一〇)頃再び改良して日用諸種の器を製造しました。 明治の中期になり朝鮮向けの磁器または博多大形の模造をなす者がありました。 この窯は1897年(明治三〇)頃まで松の絵の水飯洞・提鉢をつくって有名でありました。                      
 
 
  弓野焼文字入徳利 - 古美術 猫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  胴径 約16.3僉々發機〔23cm  幕末〜明治 箱なし  口辺に削げ、高台に石ハゼのような跡があります。シミと油臭があります。  ※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。
 
 
  町田市立博物館で古武雄焼を見た   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  何とも地味な場所で何とも地味な焼き物の企画展を見に出かけました。 町田市立博物館は、町田の町中にあるのではなくて中心地からかなり離れた住宅地の中にありました。…でもって 展示はどうだったかというとなかなか良かったのです これが丁度学芸員のギャラリートークの時間にあたりまして初めてじっくり古武雄の魅力を聞くことが出来ました。
 
 
  現地調査レポート - 武雄市西川登町 弓野地区   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私たちは武雄市弓野に調査に行った。弓野は武雄市の他の部落と違い、窯業で栄えた場所である。具体的には弓野焼や弓野人形といった焼物が古くから作られており、現在でも弓野人形は全国的に有名である。弓野では農業が盛んではなかったため、昔の人々は、田よりも窯に親しみを持っていた。従って、今回の調査では水田、畑、山林などのしこ名はほとんど収集することはできなかったが、そのかわりに弓野の昔の窯のある暮らしや、そこに暮らした人々の生活について話を聞かせてもらい、また、現在の窯の跡地の様子を見て歩くなど、貴重な体験をすることができた。…
 
 
  幻の弓野: 大誠ハウス (株)会長 山新田のブログ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幻の弓野: さて、昨夜のブログで予告してました『幻の弓野焼』を紹介します。 なぜ幻かっうと、もうすでに存在しない窯元で、残存している作品が非常に少ない! 元々は唐津焼きの流れなんですが、江戸期の寛永期に佐賀県の嬉野と武雄の境の山間で焼いてた陶磁器。 寛永時代は1630年前後のころですから・・・380年くらい前ですよ・・・                                 
 
 
  弓野焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  弓野焼 の画像 - Google
 
 
鍋島焼 (佐賀)
色絵芙蓉菊文皿 色鍋島とは, 藍色 ( あいいろ ) の 呉須 ( ごす ) で 下絵 ( したえ ) を 描 ( えが ) き, 本焼 ( ほんやき ) をした後,赤色・黄色・緑色の3色で… 色絵牡円唐草デミタス碗 (鍋島デミタス碗コレクション): 10,500円(税込): 碗φ5.3cm×皿φ12.0cm×H7.2cm
  鍋島焼とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鍋島藩の藩窯で焼かれた磁器。寛永5 (1628) 年に鍋島藩が有田の岩谷川内 (いわやがわち) で焼かせたのに始る。その後,窯は南川原を経て大河内 (伊万里市大川内町) に移された (→伊万里焼 ) 。
 
 
  鍋島焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鍋島焼(なべしまやき)は、17世紀から19世紀にかけて、佐賀藩(鍋島藩)において藩直営の窯で製造された高級磁器である。藩直営の窯で焼かれた製品を指して単に「鍋島」ともいう。  1 歴史 / 2 製品の特色 / 3 代表作 / 4 鍋島焼窯元町並み / 5 脚注 / 6 参考文献 / 7 関連項目 / 8 外部リンク
 
 
  伊万里焼・鍋島焼窯元 虎仙窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鍋島焼のこだわり: 鍋島焼は色鍋島・鍋島青磁・鍋島染付があり、下の三つが鍋島焼の主な特徴です。 虎仙窯について/虎仙窯を楽しむ/虎仙窯ご案内
 
 
  秘窯の里 大川内山 - 鍋島 瀬兵窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現在の鍋島焼と言われるもののほとんどは、この大川内山で焼かれたものです。 日本ではじめて磁器が生まれたのは、江戸時代初頭、現在の佐賀県有田町でした。この日本で唯一の磁器生産地を持った鍋島藩は、有田の優秀な陶工を集めて藩直営の窯を築き、城内の調度品、また献上、贈答用の磁器を焼かせました。
 
 
  秘窯の里  大川内山 (おおかわちやま)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大川内山よりのお知らせ/大川内山歴史散歩/鍋島藩窯公園/文化財としての大川内山/大川内山の歴史/イベント紹介/大川内山見て歩き/大川内山周辺の紹介/大川内山へのアクセス/お問合せ/リンク集
 
 
  株式会社 川副青山 - 伊万里鍋島焼窯元   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現在30ほどの窯元が軒を連ねる伊万里大川内山。 その大川内山の鍋島藩窯坂の途中に一際目立つ「青山窯」の煙突が伊万里鍋島焼老舗、青山窯の目印です。  HOME/窯元ご案内/青山用の歴史/焼き物の里伊万里の魅力/オンラインストア
 
 
  秘窯の里 大川内山 伊万里鍋島焼協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大河内山よりのお知らせ/大川内山歴史散策/鍋島藩窯公園/分化財としての大河内山/大河内山の歴史/イベント紹介/大河内山見て歩き/大河内山周辺の紹介/大河内山へのアクセス/お問合せ/リンク集
 
 
  鍋島焼 の商品一覧 - 楽天   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鍋島焼 の検索 - 【楽天市場】商品一覧
 
 
  鍋島焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鍋島焼 の画像 - Google
 
 
平戸・三川内焼 (長崎)
三川内焼 三川内焼 平戸藩窯 三川内焼きについて 
  三川内焼 とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  …市西部の相浦(あいのうら)はかつての石炭積出港で,現在は九州電力の火力発電所(最大出力87.5万kW)や県立国際経済大学がある。東部の三川内(みかわち)には,唐子(からこ)の絵柄で知られる三川内焼の窯元が集まる。 ※「三川内焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。
 
 
  三川内焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三川内焼(みかわちやき)は、平戸焼(ひらどやき)ともいう長崎県佐世保市で生産される陶磁器である。昭和53年(1978年)に経済産業大臣指定伝統的工芸品の認証を受けている(認証番号14-119)。現在14の窯元がある。天草陶石を用いた白磁に藍色で絵付けがされた物に代表される。 豊臣秀吉が起こした朝鮮の役の際、各地の大名は秀吉の命により、朝鮮の陶工を日本へと連れ帰った。平戸藩藩主である松浦鎮信(まつらしげのぶ)も多くの陶工を連れ帰った。  1 歴史 / 2 代表作品 / 3 市 / 4 三川内の子供たち / 5 関連項目 / 6 外部リンク
 
 
  三河内焼 日本のやきもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝鮮の役の際、松浦鎮信(まつらしげのぶ)が連れ帰った陶工の巨関(きょかん)が、藩命により平戸・中野で窯入れをしました。(中野焼)これが三川内焼の始まりとされています。しかし、平戸ではよい陶石に恵まれず、最後に落ち着いた先が三川内となりました。1650年には御用窯のほとんどが三川内に移され、三川地三皿山は平戸三皿山となり、御用窯(平戸焼)として確立されました。
 
 
  三川内焼き (みかわちやき)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1598年,豊臣秀吉が,朝鮮に出兵します。その時,出陣した平戸藩主,松浦鎮信(まつうらしげのぶ)が,巨漢(きょかん)【人の名前】などの陶工(とうこう)【焼き物を作る職人】を100人余りを連れて帰りました。そして,平戸の中野村で焼き物を焼かせたのが始まりだといわれています。
 
 
  三川内焼 平戸洸祥団右ェ門窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現在新しいホームページトップでも、商品の更新をはじめました。これまでの商品を掲載したホームページはここにリンクしてありますが、これからはこの新しいトップページのカテゴリーから選びやすいように致します。どうぞご覧くださいませ。また当窯の新しい情報は、店長日記にて随時更新しています。
 
 
  三川内焼白磁の美 平戸嘉久房窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菊置きふた付き煎茶/白磁丸急須/白磁紅茶碗/菊置き土瓶/青梅波湯呑/白磁煎茶/白磁珈琲椀皿
 
 
  三川内皿山巡り - ながさき旅ネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  御用窯としてその技術を磨き続け、400年の歴史を持つ三川内焼の皿山一帯を訪ねます。窯元への立ち寄りや三川内焼美術館ガイドとの組み合わせもできますので、ぜひ相談してみて。
 
 
  三川内焼とその時代 - 三川内焼と平戸焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平戸三川内焼の歴史、隣接する有名な有田やハウステンボスの隣に位置する佐世保市街、三川内焼白磁の古里を、未来へ残すためのサイトです。
 
 
  三川内焼と平戸焼 - 三河内焼とその時代   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三川内焼と平戸三川内焼の歴史、隣接する有名な有田やハウステンボスの隣に位置する佐世保市街、三川内焼白磁の古里を、未来へ残すためのサイトです。 三河内焼美術館
 
 
  三川内焼  [長崎県三川内町] ー 全国旅手帖   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今から400年前、26代平戸藩主松浦鎮信(しげのぶ)が朝鮮から連れ帰った陶工の一人、巨関(こせき)は藩主の名を受け平戸・中野で窯を築きました。これが中野窯・三川内焼の始まりです。しかし、別名「平戸焼」と呼ばれる所以でもある平戸の地は良い陶石に恵まれなかったため、巨関とその息子・今村三之丞は良質の陶石を探し求め三川内へと辿り着きました。
 
 
  平戸・三川内焼の品格 - Art(アート)のある生活   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代の 「 染付磁器 」 で好きなものは? もちろん九州地方では 「 古伊万里 」 、その中でも初期伊万里とか藍九谷とか答える方々は渋好みの本格的コレクター、藍柿(藍柿右衛門)と答える人はちょっとリッチなコレクターさん、かな。 亀山とか平戸と答える人は長崎所縁の人か一歩踏み込んだ 「 こだわり 」 があり、品の良い作風を好むコレクターの可能性が高いと思われます。
 
 
  三川内焼美術館(三川内焼伝統産業会館) - 佐世保市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  施設概要: 三川内焼の伝統的な技法の継承並びに後継者の育成を図り、もって三川内焼振興を主な目的とする施設です。 一般に、古平戸といわれる三川内焼古美術の逸品と400年の伝統を受け継ぐ現代三川内焼の秀作の数々が展示されています。
 
 
  みかわち焼オフィシャルサイト - 三河内陶器工業協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  HOME/窯元紹介/歴史・沿革: 400年の歴史を誇る三河内。 豊臣秀吉が起こした朝鮮の役を別名焼物戦争ともいいます。この時、各地の大名達は秀吉に命じられ競って朝鮮の陶工を連れ帰りました。/三河内案内/お問合せ
 
 
  YouTube - さとうゆうじが見た景色〜三川内焼の陶器市 / mikawachi ceramic〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - さとうゆうじが見た景色〜三川内焼の陶器市 / mikawachi ceramic〜
 
 
  三川内焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三川内焼 の画像 - Google
 
 
  平戸焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平戸焼 の画像 - Google
 
 
  平戸焼 Wikipedia の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平戸焼 Wikipedia の画像 - Google
 
 
  平戸焼・三川内焼 - 骨董と鑑定 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平戸焼・三川内焼 - 骨董と鑑定 の画像 - Google
 
 
波佐見焼 (長崎)
波佐見焼 波佐見焼 『波佐見焼 デイジーシリーズ』が実店舗に入荷いたしました! 波佐見焼ならではの綺麗な白磁に描かれた可愛いお花の模様が目を惹きます。
  波佐見焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  波佐見焼(はさみやき)は長崎県東彼杵郡波佐見町で焼かれる磁器のことである。当初は青磁を生産していたが、やがて呉須で簡単な草花文などを描いた白地にくすんだ染付など、同県の三川内焼とは対照的に、江戸時代から大衆向けの食器を巨大な連房式登窯で多量に焼いてきた。著名な産地である有田の陰に隠れているが、当時から染付磁器の生産量は日本一であったといわれ、18世紀以降の江戸時代の遺跡から出土する磁器は、その大部分が波佐見焼であると推察される。 1 主な作品 / 2 歴史 / 3 脚注 / 4 関連項目 / 5 外部リンク
 
 
  波佐見焼 藍彩窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  波佐見焼工房「藍彩窯」の焼き物は波佐見焼の特徴である白磁の透けるような美しい白に、落ち着きのある藍色がよく映えたいろいろなオリジナルの絵柄を配った歴史ある焼き物です。波佐見焼とは、有田焼や伊万里焼と同時期に発祥し、年代的にも地理的にも近く、これらと肩を並べるほどの歴史と伝統があります。
 
 
  [特集] 波佐見焼  monsen   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  暮らしを豊かに彩る、日用の器「波佐見焼」 波佐見焼は長崎県の波佐見という小さな焼きものの街でつくり出されています。
 
 
  波佐見焼 日本のやきもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豊臣秀吉の朝鮮出兵に参加した大村藩主・大村喜前が帰国の際、李祐慶兄弟らの陶工を伴ってきました。彼らは、波佐見町村木の畑ノ原、古皿屋、山似田の3カ所に連房式階段状登り窯を築き、やきものづくりを始めました。これが波佐見焼きの始まりと言われています。初めは施釉陶器を生産していましたが、その後染め付けと青磁を中心とした磁器へと移行しました。現在も「くらわんか碗」に代表されるような、良質の日常食器を作り続けています。
 
 
  第 1 章  波佐見町と波佐見焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  波佐見(はさみ)町は、長崎県の中央北部に位置し、長崎県佐世保市・川棚町、佐賀県の有田町・山内町・武雄市・嬉野町と 隣接する県境の町です。 東西10.5km、南北7km周囲33kmを測り、総面積は55.97kmです。町の周囲には木々に覆われた 緑豊かな山々がめぐり、その山々を発した多くの小河川は、谷間をぬって波佐見川へと注ぎ込んでいきます。
 
 
  モダンなデザインで人気の波佐見焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  波佐見焼ってなに?: 波佐見焼は、そのまま「はさみやき」と読みます。カットするハサミじゃないですよー。 波佐見町という長崎県の土地の名前で、そこで生産されている磁器のことを言います。 波佐見町の近くには、有田焼で有名な有田町があったり、伊万里焼の伊万里市、唐津焼の唐津市など、この辺り一帯が有名な陶磁器の産地であり、春の陶器市の時はとても賑わいます。
 
 
  長崎県伝統工芸品 岩佐見焼 じゅうざん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  重山陶器は、創業以来この地で焼物づくりひとすじに励んでまいりました。 「毎日の食卓をおいしく楽しく」をモットーにシンプルで使いやすいやきものを皆様にお届けできるよう心をこめて一つ一つ手作業でていねいにつくっております。
 
 
  旅行記 ・波佐見焼  峰雪窯 − 長崎県波佐見町   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  波佐見は、日用食器を生産し、わが国の器・食文化の発展に寄与してきた町ですが、伝統的で華麗な工芸品やモダンなデザインのギフト用品など幅広く生産されています。昨年訪問したときから欲しいと思っていた峰雪窯の作品を二点買い求めました(下の写真)。デザインにテッセンの花を取り入れ、何千個という豆の文様が一筆一筆手描きで描かれています。
 
 
  波佐見陶磁器工業協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  組合紹介/波佐見焼の紹介/コミュニティ広場
 
 
  波佐見焼の歴史 - 波佐見陶磁器工業協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  庶民食文化、発祥の地 -備前・波佐見。: 慶長4 年、波佐見町村木の畑ノ原、古皿屋、山似田の3か所に連房式階段状 登窯を築き、やきものづくりを始めました。これが波佐見焼の始まり 今から約400年前のことでした。…/日本の食文化を支えた「くらわんか碗/トルストイも愛用した「コンプラ瓶」
 
 
  波佐見の挑戦―地域ブランドをめざして: 単行本   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  波佐見焼と郷土の未来を考える最前線。焼き物ファンにとっては刺激的ガイドブック。地元の人々にとっては波佐見焼入門の啓発書。
 
 
  波佐見焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  波佐見焼 の画像 - Google
 
 
現川焼 (長崎)
こちらに掲載されている作品は全て十三代自ら轆轤を回し、筆を持って 作陶しているもので「作家もの」と呼ばれます 臥牛十三代の想いがこめられた価値ある器です。 長崎県無形文化財指定現川焼十三代横石臥牛作白鷺文9寸絵皿。画家の目から見て素晴らしいと言わせた、まるで生きているような白鷺の絵。 飲み口が少し外に反っており、とても飲みやすい器です。 この写真ではわかりませんが描かれている白鷺はまるで 生きているようですよ。
  現川焼(うつつがわやき)とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  肥前彼杵郡矢上村字現川野 (長崎市現川) で焼かれた陶器。村名から矢上焼とも呼ばれる。元禄年間 (1688〜1704) に田中刑部左衛門 (宗悦) が開窯したといわれ,寛保年間 (41〜44) に廃窯。
 
 
  現川焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現川焼(うつつがわやき)は長崎県にて焼かれている陶器。長崎市(旧現川村)で1692年(元禄5年)に焼かれたのが始まりで、命名は地名に因む。 現川焼は鉄分の多い茶褐色の器肌が特徴であり、多様多彩な刷毛目と加飾が施されている。江戸時代には「西の仁清」とまで謳われたことがあったものの、藩の財政面を理由に製造は約50年しか続かず、突如として現川焼は姿を消してしまった。しかし明治時代になり十二代目横石臥牛が復活させ、佐世保市などでも製造されるようになった。
 
 
  長崎市現川焼陶窯跡 - 長崎市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  諫早家「日新記(にっしんき)」の記録によれば、元禄4年(1691)に諫早家被官田中刑部左衛門が職務を退き、二男甚内を伴って開窯したことが記され、寛延元年(1748)頃までのおよそ60年間、焼き継がれた現川焼の陶器窯の一つである。 製品は鉄分の濃い粘土を素地に刷毛目(はけめ)技法を駆使した陶器で、各種の化粧刷毛目と舟形・隅切などの大胆な器形、 それと四季折々を描いた図柄との合致した姿は「西の仁清」「刷毛目文様の極致」と賞賛されている。
 
 
  現川焼きの古里散策 - 長崎さるく   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初夏の現川を散策し、現川焼窯元で手作りの器に触れます。話題の古民家「花季」で和食を満喫。
 
 
  「現川焼」と「臥牛窯」 - 筑前や陶兵衛   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九 州の仁清と言われるほど優美な「現川焼」は元禄4年(1691年)矢上村(現在の長崎市現川町)で田中宗悦によって開窯された。「矢上焼」ともいう。 現川焼の特質は九州の土物には珍しい薄造りな器体と、鉄分の多い茶褐色の赤土に映えるリズム感に富んだ多種多彩な刷毛目にある。 唐津風と京風が混じった作風で蓮華刷毛、縮緬刷毛、小波刷毛、蛍手、流描き、地図描きなどの技法を用いた独特なもの。茶碗、皿、鉢、向付などを焼いていた。 現川焼伝統陶芸 臥牛窯                          
 
 
  臥牛窯さん(現川焼臥牛窯) - 佐世保市木原町   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  臥牛窯は有田のエリアに有田駅前店・中有田店・上有田店と3ヶ所に特設店舗を出店して特別割り引きで営業しております。もちろん窯元ぎゃらりいと長崎ぎゃらりいも有田陶器市の特別割り引きでお買い物出来ます。…
 
 
  現川焼陶窯跡(うつつやきかまあと) - ながさき旅ネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元禄4年(1691)〜寛延元年(1748)頃までの約60年間、焼き継がれた現川焼の陶器窯の一つ。 諫早家「日新記」の記録によれば、1691年に諫早家被官田中刑部左衛門が職務を退き、二男甚内を伴って開窯したことが記され、1748年頃までのおよそ60年間、焼き継がれた現川焼の陶器窯の一つです。
 
 
  肥前長崎の焼物(現川焼・亀山焼・長与焼・鵬ヶ崎焼・土師野尾焼) ...   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここで紹介する資料は、本市出身で古陶磁研究家として著名であった故植村富士男氏が半生をかけて蒐集された現川焼146点、亀山焼62点、長与焼20点、鵬ヶ崎焼9点、土師野尾焼1点、計238点の焼物群です。 現川焼は、諫早家の焼物被官であった田中刑部左衛門によって元禄4(1691)年に開窯されたものです。閉窯については詳らかではありませんが、『日新記』によれば寛延の頃に閉窯したとみられます。瀟酒な器のなかに華麗な刷毛目文様が駆使された秀逸な資料です。
 
 
  現川 焼 長崎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現川 焼 長崎 の画像 - Google
 
 
  現川焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現川焼 の画像 - Google
 
 
亀山焼 (長崎)
伝シーボルト献上ギヤマン酒次セット - 長崎歴史文化博物館|収蔵資料 染付山水楼閣帆掛舟文茶碗 長崎亀山焼 ( 江戸後期 ) 口径8.3cm x 高さ7cm 崎陽亀山焼 山水人物文柏葉形深皿 長径約23cm ( 江戸末期 )
  亀山焼とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オランダ船に水がめを売り込むために、1807(文化4)年に作られ始めたとされる。長崎奉行所の指導で白磁を作るようになったが、経営難で1865(慶応元)年に廃窯になった。中国から絵付けの材料を輸入するなど、長崎の豊かさと文化を背景に格調高い作風を完成させた。中国で縁起物とされるコウモリが描かれるなど唐様の絵柄が特徴という。
 
 
  亀山焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  亀山焼(かめやまやき)は、江戸時代後期の長崎で作られた陶磁器のこと。上質の白磁に中国から輸入された呉須による文人画風の絵付けが有名であるが、竹花氷裂文や石畳文など、長崎特有の異国情緒を感じさせる図柄も多い。伊万里に比べ呉須が全体的に濃いのが特長である。製陶期間が約50年と短く、伝世品が少ないことから幻の焼き物と呼ばれ、とくに上手のものは収集家の間で珍重されている。銘は一重四角内に「亀山製」の文字を紋様化したものや、「崎陽亀山製」「亀山」など楷書や行書で記したものが散見される。坂本龍馬の愛用茶碗は亀山焼である。  1 概略 / 2 作品資料 / 3 脚注 / 4 参考文献
 
 
  亀山焼窯址 - 倉敷市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  亀山焼は須恵器によく似た土器です。その色は普通灰色で, 甕や壷の表面に格子目の文様がついているのが特徴です。玉島八島から玉島陶にかけての丘陵一帯を中心にして鎌倉時代のはじめ頃から盛んに焼かれ, この地域には窯の跡が点在しています。 亀山焼は須恵器によく似た土器です。その色は普通灰色で, 甕や壷の表面に格子目の文様がついているのが特徴です。玉島八島から玉島陶にかけての丘陵一帯を中心にして鎌倉時代のはじめ頃から盛んに焼かれ, この地域には窯の跡が点在しています。
 
 
  亀山焼 - 古美術 崎陽   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大型の急須の型で水指として作られたものである。亀山焼きはもとは渡来船が積荷を降ろして帰る時の船の水瓶を作り始めたと聞きます。天草陶石を使い、すばらしい焼き物を焼くようになっていくのです、絵付けも長崎の逸雲、鉄翁、梧門、他有名な竹田之絵付けもあります。特にこの作品は亀山でも秀品に入り、絵付けは数少ない唐人の名になっています。それも珍品のうちでしょう。
 
 
  亀山焼について - 長崎市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  亀山焼は、文化4年(1807)から長崎・八幡町の大神甚五平(おおがみごんべい)らにより、伊良林(いらばやし)郷垣根山(亀山)で焼かれ始めました。初めはオランダ船向けの水がめ等(陶器)を焼いていましたが、のちに中国産呉須(ごす)を用いた格調高い白磁染付(はくじそめつけ)を製作するようになりました。また田能村竹田(たのむらちくでん)・木下逸雲(きのしたいつうん)ら文人による絵付作品でも知られています。慶応元年(1865)頃に廃窯(はいよう)となり、龍馬たちはその亀山焼関連の家屋を借り受けて、亀山社中をおこしたとされています。
 
 
  石州亀山焼とは - Weblio辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石州亀山焼(せきしゅうかめやまやき)は、佐々木硯城が福岡県の上野焼十時窯(あがのやきとときがま)で修行後、1971年に島根県浜田市に開窯した窯元。明治維新の際長州の反撃にあい、落城した浜田城(亀山城)にちなんで石州亀山焼と命名されたもので、長崎や丹波の亀山焼とは別の窯元である。辰砂、焼き締め、赤流し、青流し、黒釉、白釉、イラボ釉など多彩な釉薬を使い、独自の技法での作陶をなす。
 
 
  石州亀山焼Yahoo店 店長ブログ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【全国クラフトフェア出展のご案内】 石州亀山焼は、たくさんの出展者の1人として参加致します&#128522;   お気軽にメッセージ、お問い合わせくださいね!!(^^)!
 
 
  亀山焼窯跡 - 長崎市伊良林2-15   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  亀山焼窯跡は文化4年(1807年)大神甚五平外3名がオランダ人に売る水瓶製造の窯を築き陶器を焼いたことに始まり、文化11年(1814年)白磁染付を焼くことに成功しました。 絵付けは南画家木下逸雲など有名文人墨客のものも多く、数々の名品を遺しましたが次第に衰弱し慶応元年(1865年)廃窯となりました。 今では幻の亀山焼とも言われ美しい南画家の絵柄ともあいまって愛好家達を魅了しています。
 
 
  亀山焼の花瓶 - 開運!なんでも鑑定団   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名前: 亀山焼の花瓶/鑑定依頼人: 清水善吾さん/ジャンル: 焼き物・茶道具/鑑定士: 中島誠之助/鑑定士総評: 亀山焼の名作。土は天草の真っ白な土。そして唐呉須を使っているため色が良い。絵は当時の一流の文人を招いて絵付けをしてもらっている。         
 
 
  島根県ふるさと伝統工芸品 石州亀山焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石州亀山焼は島根県ふるさと伝統工芸品に指定された陶芸の窯元です。 結婚祝い、内祝い、引出物、還暦祝い、母の日父の日プレゼント、出産祝いなどの各種記念品陶器の制作と販売。 開窯以来粘土や釉薬も作り続け皆様に使って喜ばれる陶器作りを目指してがんばってまいりました。 皆様の暖かいご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
  長崎の幻の焼き物その1「坂本龍馬と亀山焼」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長崎には 「 幻 」 と評される江戸時代の陶磁器がいくつかあります。 「 幻 」 の意味するところは大別して「 今は既に存在しない窯元 」 という意味と「 残存する作品が少ない 」 ということ。 今日はその中から 「 亀山焼 」 について少々お話をさせて頂きます。
 
 
  亀山焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  亀山焼 の画像 - Google
 
 
小鹿田焼 (大分)
大分県日田市の小鹿田焼の焼酎グラス 小鹿田焼 飛び鉋 湯のみ 小鹿田焼 刷毛目 尺深皿
  小鹿田焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小鹿田焼(おんたやき)は、大分県日田市の山あい、皿山を中心とする小鹿田地区で焼かれる陶器である。その陶芸技法が1995年(平成7年)に国の重要無形文化財に指定され、2008年3月には地区全体(約14ヘクタール)が「小鹿田焼の里」の名称で重要文化的景観として選定されている。 1 概要 / 2 窯元 / 3 文化財 / 4 知的財産 / 5 脚注 / 6 外部リンク
 
 
  小鹿田焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  静かな山間に唐臼の音がこだまする民陶の里皿山。そこでは三百年近い歴史を誇る小鹿田焼が、たくみたちの手によってつくり出されています。小鹿田焼は、今もなお昔ながらの蹴(け)ロクロと手作りの技法を受け継ぎ、平成 7年 5月31日、我が国の伝統的な民陶(みんとう)の一つとして国の重要無形文化財に指定されました。  小鹿田焼の開窯/美を発見した柳宗悦とバーナード・リーチ/素朴な味を出す陶土/陶郷のシンボル唐臼/重労働の胎土つくり/小鹿田焼の伝承技法
 
 
  小鹿田焼 渓聲館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この度は、ギャラリー渓聲館のホームページへアクセスして頂きまして、有難う御座います。 九州の小京都と言われる大分県日田市は、豆田町のお雛祭りやサッポロビールなど、見所満載ではありますが、中でも焼き物好きなら一度は訪れる小鹿田焼の里。 一子相伝と材料の自給率がほぼ100パーセントという大変に希な民陶です。
 
 
  小鹿田焼同業組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日田市皿山でつくられる小鹿田焼は、300年の伝統を有し、大分県が世界に誇る代表的な民陶です。  日田林工業振興会(Top) > 小鹿田焼同業組合 | 日田木材協同組合 | 大分日田げた組合 | 日田家具工業会 | 日田建具組合 | 日田工芸振興会
 
 
  小鹿田焼 おんた家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シンプルだけど奥深い。 伝統の焼きものを日々のくらしへ。 江戸徳川幕府の直轄地 「天領日田」。
 
 
  小鹿田焼 ギャラリー隆々   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いつもご覧いただき誠にありがとうございます。 坂本義孝窯、坂本工窯、小袋定雄窯で入荷いたしました。 「ぐいのみの百撰 」と題して 百薦 アップしていきます。お楽しみに♪
 
 
  [特集] 小鹿田焼  monsen   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  素朴に優しく・温かい。 暮らしの器 「小鹿田焼」   小鹿田焼は大分県日田市から車で30分ほどの山中の小さな集落で焼かれています。そこでは、匠(たくみ)たちの手によって小鹿田焼の伝統を受け継がれた器がつくり出されています。
 
 
  小鹿田焼の壺と嶋田窯の甕   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  これまでも持っている民藝の器や木工品などを掲載してきたが、今日はこれ。 小鹿田焼の壺(左)と嶋田窯の甕(右)。
 
 
  小鹿田焼き - 焼き物旅日記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小鹿田焼きに対する思い/小鹿田焼きを見る旅/「小鹿田焼き すこやかな民陶の美」
 
 
  小鹿田焼技術保存会 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小鹿田焼技術保存会(おんたやきぎじゅつほぞんかい)は、大分県日田市にある、小鹿田焼の窯元によって構成される団体である。1995年(平成7年)に工芸技術としての小鹿田焼が重要無形文化財に指定された際、当保存会が重要無形文化財の保持団体に認定されている。  概要/重要無形文化財の保持団体/外部リンク
 
 
  小鹿田(おんた)焼 九州観光と温泉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昔ながらの技法による素朴な焼き物の里 : 日田市の北部、高塚山の麓にある源栄町皿山地区が小鹿田(おんた)焼の里である。この小鹿田焼は宝永2年(1705年)柳瀬三右衛門により開窯された。柳瀬三右衛門は筑前小石原の住人であったので小石原焼の分れ窯としてスタートしたようだ。
 
 
  小鹿田焼 キッチンからの風景を考える   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「飛び鉋」や「打ち刷毛目」などの独特な装飾をもつ小鹿田焼きは、素朴な味わいで日常使いの器として古くから人々に愛されてきました。水力を利用した全国でも珍しい臼で地元の土を突き陶土を作り、一つ一つ丹念に形作られた後、登り窯にて焼成されています。
 
 
  国指定重要無形文化財 小鹿田焼 さとう   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  魅せられて、早や40年。  トップ/製品案内/プライバシーポリシー/お問い合わせ
 
 
  小鹿田焼とは - 国指定文化財等データベース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小鹿田焼は、文禄・慶長の役後、九州に渡来した朝鮮半島出身の陶工による陶技が、筑前高取系の小石原【こいしわら】を経て現在の大分県の小鹿田皿山【さらやま】に導入され定着したものと考えられ、その開窯は宝永二年(一七〇五)と伝えられる。以来、明治時代末期まで、甕【かめ】、鉢、壼等の農家の日用雑器を焼造してきた。
 
 
  小鹿田焼(おんたやき)の器 sonomono −ソノモノ−   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ソノモノは、小鹿田焼(おんたやき)の器を暮らしに提案します。  小鹿田焼は、10軒の窯元によって日々作られていますが、sonomonoでは、窯元名は特に表記せず、全ての器を同じ小鹿田焼として紹介しています。それは、同じ陶土、同じ技法、同じ環境のもと、10軒の窯元が精神誠意をこめて取り組んでいる姿勢を大切にしたいからです。
 
 
  「ひたのやきもの小鹿田焼」編 おかいものひた.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三百年の歴史を10軒の窯元が全行程昔ながらの手仕事で守り続ける「小鹿田(おんた)焼」。 人と自然が力を合わせて創りあげる愛すべき民陶、すこやかな美しさをもつくらしの器たち。
 
 
  小鹿田焼―すこやかな民陶の美 [大型本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶郷・小鹿田はかつて民芸運動の創始者・柳宗悦によって"日田の皿山"と紹介され、九州・民陶の里として今も逞しく生き続けている。そこで育まれた小鹿田焼の魅力を美しい写真と詳細な解説で紹介する。
 
 
  小鹿田焼(おんたやき) に感動。(2012/10/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ・・母親が九州、大分に行ってきて、小鹿田焼(おんたやき)お土産に買ってきてくれました。 正直、今まで、母親のお土産で、あんまり気に入ったものを残念ながら、もらったことないんで、いつも期待は全くしてないんですけど今回は、ほんと、ドンピシャに良かったです。笑。 家に帰って、ダイニングテーブルに置いたら、うん、やっぱりかなりステキです。…
 
 
  小鹿田焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小鹿田焼 の画像 - Google
 
 
小代焼・小岱焼 (熊本)
ともさんの焼き物・骨董紀行ー小代焼 https://www.google.co.jp/search?q=%E5%B0%8F%E4%BB%A3%E7%84%BC%E3%83%BB%E5%B0%8F%E5%B2%B1%E7%84%BC+%E3%81%AE%E7%94%BB%E5%83%8F&hl=ja&biw=990&bih=571&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=mUpYVdrNC4WP8QWJ2YPIAg&ved=0CBwQsAQ#imgrc=1KQioHg_ztBB6M%253A%3B_PytxdKuMsWwUM%3Bhttp%253A%252F%252Fotokuinfomation.web.fc2.com%252Fblog%252Fsyoudai%252Fshumi_sen-img600x401-1256459169hgypap88782.jpg%3Bhttp%253A%252F%252Fotokuinfomation.web.fc2.com%252Fblog%252Findex5737.html%3B600%3B401 荒尾の特産品 - 小代焼
  小代焼・小岱焼 (しょうだいやき)とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  熊本県玉名市小代山麓に産する陶器。文禄の役のとき加藤清正が連れ帰った朝鮮の陶工の創始とも,豊前から来た陶工の開窯ともいう。主に雑器を産する。
 
 
  小代焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小代焼(しょうだいやき)は熊本県荒尾市、南関町、熊本市など県北部で焼かれる陶器。小岱焼とも表記し、いずれも正しい。寛永9年に豊前から転封された細川忠利が陶工の牝小路家初代源七、葛城家初代八左衛門を従え、藩主の命によって焼き物を焼かせたのが始まり。粗めの陶土に、茶褐色の鉄釉で覆い、その上に藁や笹の灰から採った白釉や黄色釉を、スポイトや柄杓を使って流し掛けする、大胆かつ奔放な風合いの食器で知られる。  様々な呼び名/外部リンク
 
 
  小岱(代)焼の歴史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  寛永九年(1632)豊前小倉城主細川忠利が肥後に大守として入国のとき、豊前上野の牝小路(ひんこうじ)から小岱山の北東麓、南関手永宮尾村(現玉名郡南関町宮尾)に移り住んだ陶工源七(牝小路家初代)と上野の加津羅木山から同所に移った八左衛門(葛城家初代)に寄って始められたとされている。 小代焼は明治になり藩の保護が絶え廃窯しましたが、昭和6年(1931)近重治太郎が熊本市健軍町に築窯復興した。
 
 
  小代焼 - 荒尾市観光協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荒尾の地に約400年前から伝わる陶芸品「小代焼」は、荒尾市の東に位置する小岱山の麓で採れる良質の陶土を使って作られています。その作風は、日本の伝統的工芸品として指定を受けた高い芸術性を誇ると同時に、料理や花などを引き立てる素朴さも兼ね備え、普段使いの器としても大変人気があります。 大皿や花器のほか、湯飲みやコーヒーカップなどもずらり。お気に入りの一品を見つけてください。
 
 
  小岱焼 末安窯 - なごみ紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小岱山の土にこだわり、自然の力をかりて作陶し続けています。器づくりはその人となりがわかる仕事。作り手の物のとらえ方、考え方、生き方は全て器から滲み出てきますので常に真剣勝負です。それでも遊び心を忘れずに、楽しく作っていますので、楽しく使っていただきたいと思います。
 
 
  小代焼(春の窯開き&窯出し)情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荒尾市には、7つの小代焼の窯元があります。 まだ、少し寒さが残りますが、立春がすぎ、徐々に日差しもあたたかくなってきたこの時期から それぞれの窯元で窯開きや、色んなイベントへの出店が予定されています。 どうぞ皆さま春の陽気の中、お出かけください♪
 
 
  小代(岱)焼 名産品 - 全国観光情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  熊本県  荒尾市: 細川藩庇護のもとに栄え、うわぐすりの深い美しさ、自由な流しかけの模様は野趣豊かなものである。五つの徳があるといわれ、五徳焼という異名がある。
 
 
  小代焼に関するQ&A - Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  熊本県の小代焼(小岱焼)はどのくらい人気のある焼き物なんですか? 好きな方はいらっしゃいますか? 回答お願いします。・・など。
 
 
  ともさんの焼き物・骨董紀行ー小代焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小代(岱)焼(しょうだいやき)(太郎窯)の飯茶碗です。 小振りの抹茶碗としても、使えるかな?と思って買ったのですが、大きさは、直径11センチ×高さ約5.5センチ程です。古くは、朝鮮唐津と混同されたという、青小代釉がきれいな茶碗です。
 
 
  小代焼窯元の会 - 小代本谷 ちひろ窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小代焼 窯元の会とは: 小代焼は熊本県の南関町、荒尾市、長洲町、熊本市、松橋町などの12窯元で焼かれています。 平成14年小代焼窯元の会発足。翌年平成15年には、国の伝統的工芸品の指定を受けました。 古くは茶人の間でもてはやされた小代焼は茶器を始め日用雑器や火鉢なども焼かれたようです。藩の御用窯として開かれ明治時代以降、藩の庇護が無くなるとともに一時衰退しましたが、大正末期に民陶として脚光を浴び再興されて現代に至ってます。 窯元の会 活動/窯元の会 会員/小代焼窯元の会 事務局
 
 
  荒尾:伝統ある小代焼の陶芸一日体験   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回は、荒尾を中心に受け継がれている伝統ある陶器「小代焼」を体験できるということで、国道208号線からすぐ見える位置にある、荒尾市の「小岱工芸館」に行ってきました。 今日の講師は、小代瑞穂窯の衛藤秋久先生です。
 
 
  第三回 小代焼春陶祭 - くまもと工芸会館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   小代焼は寛永9(1632)年に細川忠利が豊前国から肥後国に転封となり、同行して来た牝小路源七(牝小路家)と八左衛門(葛城家)が小岱山に窯を開いたのが始まりと言われており、鉄分の多い小代焼粘土を使います。藁灰、木炭、長石などを使った上釉を「流し掛け」して、1,300度の高温で焼き上げる技法が特徴です。 今回は、『生活を楽しむ』をテーマにした12窯元の作品展です。小代焼の温かみのある茶碗や湯呑みなど作品約2,000点を展示・販売いたします。   
 
 
  古小代の里(こしょうだいのさと) 南関町 - 熊本県 (2009/11/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小代焼は熊本県と福岡県の県境にある小岱山を中心に福岡県大牟田市、熊本県荒尾市や南関町などで焼かれています。現在は、伝統的工芸品として国の指定を受けた窯元が、荒尾市に7窯元、南関町に2窯、長洲町、熊本市、松橋町にそれぞれ1窯元があり、伝統を受け継ぎながら、窯毎に創意あふれる小岱焼を制作しています。鉄分の多い土と、笹の灰を原料にした釉薬(ゆうやく、うわぐすりのこと)、高台に「ともえ」の渦巻きを刻むことを特徴として、五つの徳がある焼き物として親しまれています。 小代焼のはじまり/小代焼に使われる土を探る/参考文献
 
 
  小代焼 小 岱焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小代焼 小 岱焼 の画像 - Google
 
 
高田焼・八代焼 (熊本)
明治中期(1890ころ)には上野一族は廃業したが、現在八代市日奈久(ひなぐ)にある窯は、その伝統を受け継いでいる。 熊本高田(八代)焼?角徳利 江戸時代 岐阜・東濃の快走路・県道66号線を…
  高田焼、上野窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  四百年の歴史と技 開窯千六〇二年.: .高田焼(こうだやき) 八代焼 宗家 器 うつわ/歴史/リンク/お問合せ
 
 
  高田焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高田焼(こうだやき)は熊本県八代市で焼かれる陶器で、八代焼(やつしろやき)ともいう。焼き物には珍しい象嵌を施すところが特徴。 文禄の役の後に加藤清正に従って渡来した尊楷(上野喜蔵高国)が、利休七哲の1人で茶道に造詣の深い豊前小倉藩主・細川忠興(三斎)に招かれ、豊前国上野で上野焼(あがのやき)を始めた。 1 概要 / 2 高田焼の特色 / 3 外部リンク
 
 
  [PDF] 八 代 焼(高田焼)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  八代焼(やつしろやき)とは:  加藤家時代の焼き物 今からやく400年ほど前、江戸時代のはじめの話です。そのころ、八代は肥後(ひご)54万石(ごく)の大名、加藤家(かとうけ)によって治められていました。八代の城と町は、加藤家の家老、加藤正方(まさかた)が、藩主(はんしゅ・殿様)にかわって守っていました。 当時、大名や有力な武士、町人たちの間では、茶道(さどう)*が、たいへん流行していました。…
 
 
  八代焼(ヤツシロヤキ)とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  熊本県八代市から産する陶器。寛永年間(1624〜1644)上野焼(あがのやき)の陶工上野喜蔵が創始、細川藩の御用窯として栄えた。象眼文を特色とし、茶陶にすぐれたものが多い。高田(こうだ)焼。平山焼。
 
 
  八代焼 - 八代市立博物館 - 未来の森ミュージアム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  八代焼―象嵌の技術: 八代焼(やつしろやき)は、400年の歴史を持つ肥後熊本を代表する陶磁器です。その創始期には、茶道の大成者千利休に教えを受けた大名茶人細川三斎(ほそかわさんさい)の指導を受け、肥後細川藩の御用窯(ごようがま)として、江戸時代を通してすぐれた茶器や日用の器を焼き続けました。窯の置かれた場所の地名から高田焼(こうだやき)の名でも親しまれています。
 
 
  小代焼:高田焼:松橋焼:天草陶磁器 - 熊本県伝統工芸館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豊前国上野(あがの)に住んでいた陶工尊楷(そんかい)(日本名上野喜蔵)が始めたと伝えられています。加藤清正のときに始まるともいわれるが、作品および資料的には明らかではありません。寛永9年(1832)細川家転封のため、細川三斎に従い、八代へ移った尊楷が、高田の奈良木(現八代氏奈良木町)に窯を築いたといわれています。
 
 
  高田焼(こうだやき) 八代市 - 熊本県 (2010/2/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  祖国高麗焼の伝統を感じさせる焼き物:八代には、400年以上の伝統があり、象眼で名高い高田焼(八代焼)と呼ばれる焼き物が今に伝えられています。 秀吉の朝鮮出兵(文禄慶長の役)では数多くの優れた技術者が朝鮮半島から日本に連れてこられました。特に焼き物の技術者は数多く、高田焼の祖、尊楷も朝鮮半島の慶尚道泗川県の十時郷から連れてこられた陶工のひとりです。…
 
 
  高田焼・八代焼 (熊本)/ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高田焼・八代焼 (熊本)/ の画像 - Google
 
 
天草陶磁器 (熊本)
天草の陶磁器とは|長尾智子が訪ねる  天草陶磁の窯元 コーヒーカップ ¥3500
  天草陶石 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天草陶石(あまくさとうせき)は、天草下島で採掘される粘土の鉱石である。陶磁器の原料として広く利用されており、日本で産出される陶石(磁器原料)の8割を占める。天草陶土、天草石とも呼ばれる。 粉砕して加水すると可塑性の高い粘土になり、他に添加物がなくても均一に焼結して磁器となる。   1 性質 / 2 分布 / 3 脚注 / 4 参考文献
 
 
  天草陶磁器 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天草陶磁器(あまくさとうじき)は熊本県天草地方で焼かれる陶磁器類の総称で、国の伝統的工芸品に指定された際に、新たに名付けられることになった呼び名である。内田皿山焼(うちださらやま)、高浜焼、水の平焼(みずのだいら−)、丸尾焼の四つが主な産地であり、良質の陶石が採れたことから焼き物作りが盛んになった。 産地の紹介
 
 
  天草大陶磁器展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  目的: 天草地域は古くから全国でも有数の陶石の産出地として知られ、陶磁器関係者の間では知名度が高く、陶石といえば天草陶石を指すほどの陶磁器原料であります。 平成12年度に開催された第13回県民文化祭「ミレニアム天草」における国際陶芸シンポジウムにて「陶石の島から陶磁器の島へ」と題した決議文が採択されて以来、平成13年度からの3年間「陶芸のまちづくり事業」実施し、平成15年からは、国の伝統工芸品の指定を受けた「天草陶磁器」の知名度の向上、天草ブランドとしての確立、陶磁器産業の振興のため天草大陶磁器展を開催し、地元陶芸家の人材育成を行ってきました。             
 
 
  天草西海岸春の窯元めぐり   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天草西海岸一帯は日本一といわれる天草陶石の産地として知られており、この天草陶石を使って焼かれる天草陶磁器は、平成15年3月に伝統的工芸品としての国の指定を受けました。 天草陶石研究開発推進協議会の会員である各窯元では、良質な天草陶石を使った透明感のある純白の作品や、木灰釉の温かみのある作品といった伝統を守りつつ、消費者の趣向を捉えた作品づくりに取り組んでおり、その成果発表の場として「天草西海岸春の陶器市」を実施します。(過去情報)
 
 
  陶丘工房 - TOUKYU COBO)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新着情報・イベント情報等はブログにてご確認ください。  トップページ/工房紹介/作品紹介/交通案内/お問い合わせ
 
 
  天草陶磁器 - 熊本県伝統工芸館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天草陶磁器は、日本一といわれる豊富な天草陶石と陶土を使って焼かれる磁器および陶器です。 磁器は、純度が高くて良質な天草陶石を使い、透明感のある純白や、いすの木を使った木灰紬によるあたたかみのある風合いの作品が特徴です。 交通アクセス/工芸ショップ匠/熊本の工芸品/熊本の工芸家/伝統工芸館とは?/お問い合わせ
 
 
  天草の陶磁器とは - 九州を旅する   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  熊本でもう一つの焼き物の産地といえば、天草である。そのことを知る人は多くはないが、実は、日本でも有数の歴史と、日本一の陶石の産出量を誇る、焼き物の郷なのである。 天草最古の焼き物は、豊臣秀吉の朝鮮出兵で連れ帰った陶工に作らせたものだった。陶石の発見に伴い、1650年頃には近くで磁器が焼かれた記録が残っている。その後、高浜焼、水の平焼など、現存する窯が築窯されていく。                 
 
 
  第8回 天草大陶磁器展 -天草観光ガイド「島旅」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今年で8回目を迎える県下最大級の陶磁器展示即売・天草大陶磁器展。 九州各地の伝統窯元から若手陶芸家まで合わせて約80窯が集結! さらに、若い陶芸家・アーティストを中心とした街中ギャラリーもバージョンアップして開催されます。(過去情報)
 
 
  第10回天草大陶磁器展 - 熊本県天草観光ガイド「島旅」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  おかげさまで10回目。 県下最大級の陶磁器展示即売、今年も天草に集結。 作り手と直接会話をしながら作品を選べる絶好のチャンスです!(過去情報)
 
 
  女子がおすすめする天草の楽しみ方 - 天草陶磁器の魅力編    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天草で採れる世界的な陶磁器原料の天草陶石。国内では、有田焼、清水焼等の原料として使われ、台湾や韓国などにも輸出されているんですよ♪ 今、天草では30数軒の窯元があります。どこも個性豊かな器たち!!貴方だけの焼き物を探しに陶磁器めぐりの旅にいらっしゃいませんか?
 
 
  九州最古の陶磁器産地で作ろう 絵付け・手びねり体験 - くまナビ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木山内田皿山窯元は、国の伝統的工芸品指定を受けた、歴史と伝統ある窯元です。現在は若手作家も加わり、昔ながらの伝統を守りつつ多彩な表情をみせる作品もあります。 体験では絵付けと、コーヒーカップ・皿など手びねりによる陶器作りができます。絵付けは白磁のお皿に動物などの好きな絵を描きます。
 
 
  YouTube - 熊本の節気とくらし 雨水 天草陶磁器   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 熊本の節気とくらし 雨水 天草陶磁器
 
 
  天草陶磁器 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天草陶磁器 の画像 - Google
 
 
薩摩焼 (鹿児島)
薩摩焼 桃伯窯  薩摩焼菖蒲絵茶碗 沈 壽官 - 茶道具通 【緑屋】酒器*薩摩焼*千代香*永田陶芸*
  薩摩焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薩摩焼(さつまやき)は、鹿児島県内で焼かれる陶磁器で、竪野系、龍門司系、苗代川系がある。主な窯場は姶良市の龍門司窯、日置市(旧東市来町)の苗代川窯、鹿児島市の長太郎窯など。「白もん」と呼ばれる豪華絢爛な色絵錦手の磁器と「黒もん」と呼ばれる大衆向けの雑器に分かれる。豊臣秀吉の文禄・慶長の役の際に、捕虜として連行されてきた朝鮮人陶工たちが、島津義弘の保護の下に発展させた。 1 種類 / 2 京薩摩・横浜薩摩 / 3 その他 / 4 脚注 / 5 関連項目 / 6 参考文献 / 7 外部リンク
 
 
  2009 薩摩焼フェスタ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2009年12月2日(水)〜6日(日)まで鹿児島市山下町のかごしま県民交流センターで開かれた「第20回薩摩焼フェスタ」のフォトレポートです。出店した44窯元の作品の一部を紹介します。
 
 
  薩摩焼 沈壽官15代   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松本市で開かれた薩摩焼の達人、沈壽官15代の講演を聞いた。 : およそ400年前、秀吉の朝鮮出兵のときに島津家に連れて来られた陶工たちが起こしたのが薩摩焼である。沈壽官初代はその中の一人であった。もっとも、韓国に行けば、沈家の祖先は26代までさかのぼれるという。有田焼も、萩焼も、唐津焼もルーツをたどれば秀吉の軍勢が連行してきた朝鮮の陶工たちが始祖になるという。…
 
 
  薩摩焼 日本のやきもの   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文禄・慶長の役の後、連れ帰った陶工、金海、朴平意、下(べん)芳仲らの指導により開窯したのがはじまりとされています。その流れは、堅野(たての)窯、元立院(げんりゅういん)窯、竜門司(りゅうもんじ)窯、苗代川(なえしろがわ)窯、および平佐(ひらさ)窯の5系統に大きく分けられます。鉄分の多い胎土に鉄釉をかけた日用陶器である「黒もん」は庶民が利用し、白い胎土を用いた「白もん」は藩主の御用達でした。
 
 
  薩摩焼の郷 美山を遊ぶ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薩摩焼は、今から約400年以上前に韓国の陶工たちによって、この地(美山)で開窯したのが始まりとされており、今なおその技術・文化が受け継がれています。そうした韓国との古い歴史がある土地であることを発信しつつ、後世に残すべき伝統や技術、文化に触れる機会を創出します。
 
 
  薩摩焼 江戸東京博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薩摩焼をこんなに見られるなんて、それにしても範囲の広いこと、いまま
 
 
  薩摩焼 渓山窯 南州工房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薩摩焼きは慶長3年島津義弘公によって製陶させられ、大別して 白薩摩(白もん)と黒薩摩(黒もん)がある。白もんは、象牙色の地に微細な貫入があり、金襴の上絵付けが施された美術陶器です。藩政時代は御庭焼きとして献上品や大名等への進物用として使われ一般庶民の使用は禁じられていました 亀甲透彫香炉は全国的にも類が無く、精巧な職人技には只目を見張るばかりです。
 
 
  絵付工房  秋月窯 (薩摩焼)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白薩摩焼を専門に製造、絵付けをしている南薩摩唯一の窯元です。また庭先には四季折々、野の草花が咲いており、これらの植物をヒントに器に絵付けするなど、個性のある白薩摩を販売しております。 どうぞ、お気軽にお立ち寄り下さい。
 
 
  薩摩焼の発祥と伝統を訪ねて   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薩摩焼は世界に誇る焼き物です!薩摩焼の魅力と伝統をまとめています! 当サイトは鹿児島(薩摩)に脈々と受け継がれ、欧米で流行したジャポニズム(日本趣味)のきっかけとされる「薩摩焼」についてのサイトです。
 
 
  薩摩焼き陶芸家達のギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薩摩焼ネット隆陶庵: <各種薩摩焼のコーナー>/<各種薩摩切子コーナー>
 
 
  薩摩錫器 大辻朝日堂 大正元年創業   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薩摩焼は慶長3年島津義弘公が征韓の役より凱旋の時、朝鮮の陶工にて技術に秀でたる者十数名を伴い帰り、串木野市島平に上陸させ窯を築きしばらくして、帖佐、加治木、苗代川、花倉、堅野、磯などに窯場を変えた。 その間四百有余年の間代々の藩主の保護、奨励をうけ窯の盛衰、起伏はあったが、古帖佐、古薩摩として国宝、重要美術品等に指定されている幾多の薩摩焼の名品を残している。
 
 
  薩摩焼のふるさと〜美山 - 写真旅紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薩摩焼のふるさと美山は、鹿児島から西へ約20kmのところにあります。さらに西へ2〜3km進むと東シナ海にでます。豊臣秀吉の慶長の役に出陣した第17代薩摩藩主島津義弘公は、慶長3年(1598年)に朝鮮から約80名の陶工たちを連れ帰り、そのうち40余名が鹿児島の串木野島平に着船しました。慶長8年(1603)串木野から伊集院郷苗代川(現在の美山)に移住し、藩の保護の下で開窯をしたのが薩摩焼の始まりです。
 
 
  鹿児島県陶業協同組合のホームページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホーム/What's New/組合の紹介/窯元の紹介/リンク (窯元)/イベントのご案内
 
 
  薩摩焼 〜パリと篤姫を魅了した伝統の美〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界に「SATSUMA」の名で知られる薩摩焼は、1867年(慶応3)の第2回パリ万国博覧会に出展され、ヨーロッパで高い評価を得ました。それから140年目にあたる2007年、これを記念した展覧会「薩摩焼パリ伝統美展」が、世界最高峰の陶磁器専門美術館として知られるフランス国立陶磁器美術館(セーブル美術館)で開かれ、好評を博しました。
 
 
  「薩摩焼〜パリと篤姫を魅了した伝統の美〜」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸東京博物館で開催される日仏交流150周年記念特別展「薩摩焼〜パリと篤姫を魅了した伝統の美〜」のプレスプレビューにお邪魔して来ました。
 
 
  薩摩焼 土と火の温もりから生まれる伝統の器   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国の伝統的工芸品にも指定されている薩摩焼の歴史は、約400年前、豊臣秀吉の朝鮮出兵に同行した薩摩藩主 島津義弘公が陶工を薩摩に連れ帰ったことに始まります。 薩摩焼きは、「白もん」と呼ばれる白薩摩と、「黒もん」と呼ばれる黒薩摩の2つに大別できます。
 
 
  薩摩焼,古薩摩等の陶磁器の販売 ギャラリービーンズ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  南国鹿児島より古薩摩、白薩摩をはじめとした逸品を取り揃えました。
 
 
  鹿児島の特産品 - 公益社団法人 鹿児島県特産品協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白土を使った「白もん」といわれる「白薩摩」は珍重され、藩主のみに使用が許されたもので、幕末のパリ万博に出品し、多くの人々の注目と賞賛を得ました。この万博をきっかけにたくさんの作品が輸出され、薩摩焼の名を欧米の人々に知らしめました。 「貫入」と言われる表面の細かなヒビが入っているのが特徴で、白地に赤、青、緑、金彩を施した豪華で繊細な「金襴手」はまさに薩摩焼独特の高度な手法です。
 
 
  薩摩焼/薩摩伝承館 - 日本の代表的やきもの産地を紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ◎鹿児島市街を一望できる高台に開館。長島企業グループの創始者・長島公佑氏が長年にわたって収集した薩摩焼をはじめ絵画、彫刻、陶磁器を所蔵。また、郷土作家やピカソ、ルノワールといった著名画家の作品も充実。絵画、彫刻約300点、薩摩焼及び地方の窯別に収集された陶磁器、アール・ヌーヴォー・ガラスなど約700点を所蔵、展示しています。  歴史・特徴/美術館・陶芸館/ギャラリー(見学・販売)/史跡・名所・レジャー施設/お食事・名産品/ホテル・旅館・温泉/陶器祭り・一日体験・イベント/交通アクセス
 
 
  陶芸の部屋◆〇摩焼 薩摩焼窯元 十郎窯  白薩摩と黒薩摩の対比が美しいい (2008/7/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薩摩焼の起こりは、文禄の役(1592年)、慶長の役(1597年)で朝鮮に出兵した島津義弘が、朝鮮より陶工を連れ帰ったことにあるとされている。 薩摩焼は「白薩摩(白もん)」と「黒薩摩(黒もん)」に大別され、白薩摩は藩主の御用窯から発展したもので表面に貫入といわれる細かなヒビが入っているの が特徴。象牙色の肌に赤、青、緑、さらに金彩で動植物などの文様をほどこした豪華で繊細な逸品である。 黒薩摩は庶民のための生活の器として用いられ、漆黒 の光沢をもち、素朴で剛健な焼き物として人々の暮らしに溶け込んでいる。…
 
 
  薩摩焼 永田陶芸 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  永田陶芸では白薩摩の歴史的な持ち味である繊細なひび紬と綿密な運筆による上絵付の錦手を再現しようと努めてきました。同時に従来の薩摩焼伝統の味を近代的な意匠の中に取り入れる新しい試みも続けております。
 
 
  薩摩焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薩摩焼 の画像 - Google
 
 
長太郎焼 (鹿児島)
指宿長太郎焼窯元 |黒千代香やの酒器 Amazon.co.jp: 長太郎焼 本窯 /黒千 長太郎二人展 - 有山長太郎
  長太郎焼本窯元   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  <日展評議員><日本新工芸家連盟理事><九州新工芸家連盟顧問> <鹿児島陶芸展招待作家><鹿児島県特産品協会理事>  <元祖黒ぢょか窯元><陶器種別><伝統窯元別> *番号か作品の写真をクッリクされると、その作品が拡大されて表示されます。
 
 
  黒薩摩長太郎焼本窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  酒器即ち焼酎を飲む器、黒千代香は初代長太郎が銘名し、その名が現在鹿児島では通称で呼ばれています。 店内には種々多様な焼物(製品)を展示・販売しております。 ぜひお越しください。
 
 
  指宿長太郎焼窯元 (薩摩焼)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島津家御庭焼の絵師 有山長太郎が独立し明治31年鹿児島市に開窯した。大正9年画聖 黒田清輝に認められ「長太郎焼」と命名されました。 指宿長太郎焼は、昭和27年に初代長太郎の子 2代目長太郎によって指宿の地に築窯されました。 伝統を守り現代に生きる薩摩を求め 品格のある器作りをしております。 作者の温かみを感じる黒薩摩や作者独自の氷裂文の器等は目を楽しませます。
 
 
  長太郎焼本窯 - 黒千代香や   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初代有山長太郎は島津家の御庭焼の画匠郡山静遊庵先生を師従して御庭焼に勤めていましたが陶画を専攻しました長太郎は自ら思う存分造ったり焼いたりしてみたいと一念発起御庭焼を辞して修行のため上洛し成形焼成等に付いて研究しました。 黒千代香はここで生まれました。 黒千代香の名は初代長太郎が命名したものです。
 
 
  指宿長太郎焼窯元 - 美術工芸用品店 ...   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今年も、いい作品を目指して制作していきます! 昨日から、タノカンサァ人形を鹿児島市のグッドネイバーズで、恵比寿 大黒人形に続き置いていただけることになりました! 昨日の親子展のニュースです!…
 
 
  指宿長太郎焼窯元 - いぶすき総合観光サイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  手びねり陶芸体験ができます。体験後にはお茶のサービスもあります。焼き上がりまで約1ヶ月です。 〒891-0304 鹿児島県指宿市東方7834-8 TEL:0993-22-3927
 
 
  YouTube - 黒薩摩長太郎焼本窯の紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 黒薩摩長太郎焼本窯の紹介
 
 
  長太郎 焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長太郎 焼 の画像 - Google
 
 
壺屋焼 (沖縄)
壺屋焼 壺屋焼  壺屋焼 魚文抱瓶(小)
  壺屋焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  壺屋焼(つぼややき)は沖縄県那覇市壺屋地区及び読谷村その他で焼かれる陶器。登り窯を中心に灯油窯やガス窯なども用いながら伝統の技術と技法を受け継いでいる。  1 歴史 / 2 作品の特徴 / 3 脚注 / 4 参考文献 / 5 関連項目
 
 
  壺屋焼体験工房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  那覇市伝統工芸館の壺屋焼体験工房ブログ
 
 
  TOUGEI OKINAWA   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  以下は、沖縄で現在活動している32名の陶芸展です。 先日、土踏みをして作った土を使って作品を作っています。 *詳しい情報はTOUGEI OKIAWA HPに掲載されています!             
 
 
  「やきもの」 壺屋焼   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上のやきものは標記のように沖縄・壺屋焼の故金城次郎(1985年人間国宝指定)の長男敏男の作品である。 次郎は昭和初期の柳宗悦主導の「民藝運動」の影響を強く受け、浜田庄司の指導を承け、従来の壺屋とは一歩抜けた作風を身につけた作家である。
 
 
  壺屋焼窯元 育陶園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  沖縄の陶芸「壺屋焼 窯元 育陶園」、陶芸道場や陶芸教室で本物の陶芸を体験できます。シーサーや雑器を中心に伝統の壺屋焼きを伝えます。
 
 
  壷屋焼窯元 陶真窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  沖縄伝統陶器・壷屋焼。伝統工芸士・相馬正和が生み出す陶器の真髄がここにあります。技と心が豊かに広がる沖縄陶器の魅力を味わってみてください。
 
 
  壺屋焼と琉球焼の論争   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  沖縄県の焼き物に、「壺屋焼」と「琉球焼」があるに、お気付きの方もおられると思います。 私も、どっちがどっち?と聞かれても、見た目だけでは判断できないものがたくさんあります。 このぐい呑みは、琉球焼末吉窯の島袋常一の作品です。しかし、箱書きには、壺屋焼と入っています。末吉窯は、壺屋にありますので、当然、壺屋焼と名乗っていいので、おかしくはないのですが、正しくは、「琉球焼」です。
 
 
  壺屋陶器事業協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当組合は他の陶器との差別化を図るため特許庁に出願し平成20年6月13日に「壺屋焼」の地域団体商標の認定を受けました。当組合が紹介するのは300年以上の歴史ある技法と原料で作陶した経済産業省認定伝統的工芸品「壺屋焼」であります。
 
 
  那覇市立 壺屋焼物博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トップページ/サイトマップ/利用案内/展示会/キッズページ/友の会/English
 
 
  壺屋焼 那覇市伝統工芸館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  沖縄における焼物の歴史は、考古学的年代の土器をのぞけば、城跡などから出土する高麗瓦や大天瓦が最も古いと言われています。14〜15世紀になると中国や南方諸国と貿易が盛んになり、中国からは、多量の陶磁器が輸入され、輸入陶磁器時代を迎えます。これ等は、琉球国の王侯貴族たちの間でも利用されましたが、一方では貿易品として周辺諸地域へ輸出されることもありました。
 
 
  やちむん  琉球陶器 壷屋焼    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  箸置き 【玉元輝政】D91 : 幅4cm×高さ3cm不思議な箸置きです。玉元輝政同じ作陶家なので人気の玉元作のシーサーに雰囲気が似ています。化粧掛けしていない沖縄の土の素の部分と、白・濃青がまるで浜辺の景色を切り取ったような沖縄らしさを感じさせます。
 
 
  宮古島壺屋焼窯元 金城陶芸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  300年余りの伝統のある壺屋焼。人間国宝・金城次郎氏を祖父の兄弟に持ち平成15年に沖縄県伝統工芸士に認定された金城さんが、一門としてその技法を受 け継ぎながら、宮古島の自然を漂わせる独自の作品を生み出している。
 
 
  「やちむん」400年続く人気の伝統工芸品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  やちむんとは、沖縄の方言で焼き物のこと。長年の伝統が受け継がれている民芸品で、日常的に利用できる食器は沖縄旅行のお土産としても人気が高い。 長年の伝統を継承しつつ、若い感性を加えた作品も増えている「やちむん」は、沖縄の生活用品としてはもちろん、現在では人気の観光土産となっている。
 
 
  第1回 壺屋焼シーサーづくり見学 - 過去の特集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  経済産業大臣指定・沖縄伝統工芸品に指定されている「壺屋焼」。その、壺屋焼を代々継承されている島袋陶器所・陶工である島袋常栄さんのシーサー作りを見学させてもらいました。  やちむん通り、平和通り側の入り口です。2009年に壺屋陶芸センターがオープンしました。
 
 
  沖縄の焼き物と伝統工芸なら ニシムイ西森美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニシムイそばマカイ(器)壺屋焼伝統工芸士 相馬正和氏作: 相馬正和氏の陶器 ニシムイそばのマカイ(器)を相馬正和氏に制作して頂きました。 相馬正和氏は壺屋焼を代表する伝統工芸士でもあり,沖縄の伝統陶器壺屋焼の技法を極め、独自のデザインを施したふだん使いの雑器は県内及県外で高く評価されております。 陶器のもつ奥深い魅力を伝え続けています。…
 
 
  壺屋焼の歴史 - 沖縄国際通りの那覇市伝統工芸館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶器や瓦は、往時の歴史的背景とかかわりを持ちながらまた沖縄の人々の生活のなかで大きな役割を果たし、常に産業として位置づけされてきました。沖縄における焼物の歴史は、考古学的年代の土器をのぞけば、城跡などから出土する高麗瓦や大天瓦が最も古いと言われています。14〜15世紀になると中国や南方諸国と貿易が盛んになり、中国からは、多量の陶磁器が輸入され、輸入陶磁器時代を迎えます。これ等は、琉球国の王侯貴族たちの間でも利用されましたが、一方では貿易品として周辺諸地域へ輸出されることもありました。
 
 
  金城次郎 作 壺屋焼 抱瓶 ダチビン 人間国宝 酒器 花入   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作者 金城次郎: 1912年(大正元年)- 2004年(平成16年) 昭和60年、沖縄県初の人間国宝に認定、沖縄県功労章受賞。
 
 
  壺屋焼が語る琉球外史 (ものが語る歴史)  単行本   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  沖縄を発し、東京や八丈島、遠くは南の島々でも発見される壺屋焼の足跡を追って、泡盛の歴史的な展開や背景、さらには知られざる沖縄の漁業・農業移民がたどった壮大な軌跡を探る。
 
 
  壺屋 焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  壺屋 焼 の画像 - Google
 
 
読谷山焼 (沖縄)
読谷山焼 ( 読谷焼 ) - 鏡面界 - 魚食系 沖縄 読谷村 読谷焼 読谷山焼北窯 松田共司 四.五寸 左の登り窯で焼かれてる「読谷村焼」はこちろの直売所で購入できます。
  読谷山焼 北窯 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  読谷山焼 北窯(よみたんざんやき きたがま)は、沖縄県中頭郡読谷村座喜味のやちむんの里にある窯元。 1992年、沖縄県中頭郡読谷村座喜味 やちむんの里内に開窯。松田米司、松田共司、宮城正享、與那原正守の4名の親方による共同主宰窯で3連房の登り窯を年5回焚き上げる。4名がそれぞれ独立した工房で、親方中心に日本全国から集まる若い弟子達と共に作陶する。 1 概要 / 2 歴史 / 3 脚注・出典 / 4 関連項目 / 5 外部リンク
 
 
  民芸商店 金城屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1990年に4人の親方によって築窯されました。 使用する土や釉薬、製法等の伝統を守りながら現代に合わせた器を作る北窯。沖縄の焼き物である「やちむん」を世界に牽引している窯元です。 作風は四人四色の伝統と美を兼ね備えた物となり、当店は宮城正享と與那原正守の品を主に取り扱いしています。
 
 
  沖縄伝統陶芸 やちむん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  琉球のやきものは、六百年ほど前から中国や朝鮮、日本、東南アジアの国々の影響を受けながら、その色彩、技法、形において、琉球独自のものを形成し、発展してきました。 形も、鉢、徳利、碗、皿、壺、香炉、花立、茶器など、あらゆる生活用品が生み出され、逞しく力強い造形が見所です。
 
 
  読谷山焼 横田屋窯/やちむん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「やちむん」とは沖縄の言葉で言う焼き物のこと。 沖縄の土、沖縄の自然原料から作られた釉薬を使い、生活の中で毎日使う実用品として、暮らしを支えてきました。 素朴で優しく、力強くて大胆。 沖縄の人々や大地のように、のびやかで親しみ深い器たちです。       
 
 
  「モダンで力強い」読谷山焼、北窯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  沖縄県の中部、中頭郡読谷村に工房を構える北窯(きたがま)。 北窯は、宮城正享、松田共司、松田米司、與那原正守の4名の親方が所有する共同窯。この北窯で創りだされる作品の数々の火入れはわずかに年5回。 伝統的なスタイルの登り窯で焼かれる「読谷山焼(読谷焼)」はモダンで力強く、釉薬の色使いも非常に美しい。
 
 
  「やちむんの里」でお気に入りの器を探す旅   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  沖縄の伝統的な焼き物(やちむん)の工房が集まる「やちむんの里」が注目を集めている。個性豊かな工房や店があり、お気に入りの器を探すのにはぴったりの場所だ。 やちむんの里は、那覇から車で50分ほど北上した読谷村(よみたんそん)の山中にある工芸村。15の工房、ショップやギャラリー、喫茶店が周囲の自然に溶け込んでいる。焼き物好きの個人旅行者やカップルなどに加え、最近では素朴で力強いやちむんの魅力にひかれ、若い女性が買い求める姿も目立つ。
 
 
  読谷山焼・読谷山焼北窯 - るるぶ.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  読谷は那覇の壺屋と並ぶ、焼き物の産地。読谷山焼は1980年(昭和55)に各地から4人の窯元が移転して、赤瓦屋根の工房と9連房の共同登り窯を造ったのが発祥。1991年に若い陶工達が県内最大となる登り窯を造り、読谷山焼北窯とする。現在50以上ある読谷村の窯元のうち8人が集まり、豊かな自然の中で作品作りに勤しんでいる。工房内以外は見学可。それぞれの共同直売店に並ぶ作品をゆっくりと鑑賞したい。
 
 
  読谷山焼北窯売店 - じゃらんnet   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  やちむんの里の読谷山焼北窯は、与那原正守、宮城正亨、松田米司、松田共司さんたちの共同窯。ここでは4人の作品が割安で売られている。それぞれの陶器が見て触れて選べるし、ギャラリーよりも気軽にのぞけるのでおすすめ。湯呑みや小鉢などを扱う売店の隣は工房なので作業のじゃまにならないようにしよう。
 
 
  読谷 村 焼 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  読谷 村 焼 の画像 - Google
 
 
世界の陶磁器
マジョリカ(イタリア風)陶磁器制作工房 マジョリカ 昨年10月からはじまった“景徳鎮千年展”(7/31〜9/17)は松涛美術館が最後。
  世界の名陶   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶磁器が、最も早く発達したのは中国です。日本もその影響を受け早くから発展し、17世紀には海外に輸出するまでになりました。ところが、ヨーロッパの陶磁器の発達は、はるかに遅れました。 それでも各国の王室は自国で東洋のようなやきものを作りたいと努力を続け、各地に今日の名陶が生まれました。 ヨーロッパを代表する名陶ブランドをご紹介します。
 
 
  世界の陶磁器の歴史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大英博物館の展示を中心に、世界の陶磁器の歴史をまとめてみました。 中国の陶磁器の歴史/やきものの種類
 
 
  唐三彩 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐三彩(とうさんさい)は唐代の芸術品で、1000年以上の歴史を持つ。いわゆる唐三彩は唐代の陶器の上の釉薬の色を指し、後に唐代の彩陶(上絵を施した陶器)を総称する語として使われるようになった。唐代の陶器の釉薬の色は非常に多く、クリーム色、赤褐色、薄緑、深緑、藍色、紫などがある。中でもクリーム色・緑・白の三色の組み合わせ、或いは緑・赤褐色・藍の三色の組み合わせを主としていることから三彩と称されている。 影響
 
 
  唐三彩 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐三彩 の画像 - Google
 
 
  唐三彩 馬 とうさんさい うま - 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  唐三彩の動物の俑としては、馬と駱駝が代表的なものである。とりわけ馬の俑には、多くの飾り金具で飾られたひき馬の姿のものがおおく、本例もその典型的な一例である。盛唐時代(8世紀前半頃)に造られたものであろう。
 
 
  景徳鎮   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英語で中国はChina。陶磁器もChina。Chinaの起こりは景徳鎮です。昔、景徳鎮は昌南といった。 昌江の南にある町という意味です。昌南は中国語の発音でChangnanという。昌江から多くの磁器がヨーロッパに輸出されました。ヨーロッパの人達は景徳鎮の磁器を見て、どこから来たものですかと尋ねる時には地名の「昌江」を訛って、chinaになったそうです。China=陶磁器=中国。
 
 
  景徳鎮市 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  景徳鎮市(けいとくちんし)は中華人民共和国江西省東北部に位置する地級市。古来より陶磁器の生産地として有名で、国家歴史文化名城に指定され、対外開放市でもある。省東北部に位置し、西北は安徽省東至県、南は万年県、西は&#37169;陽県、東北は安徽省祁門県、東南は&#23162;源県と接する。気候は亜熱帯性で降雨に恵まれ、気温は温和である。周囲を山々がめぐり、河川も多い。&#37169;江の支流、昌江が流れる。市区の海抜は320メートルである。  1 地理 / 2 歴史 / 3 経済 / 4 行政区画 / 5 交通 / 6 文献 / 7 教育施設 / 8 観光地 / 9 友好都市 / 10 外部リンク
 
 
  景徳鎮 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  景徳鎮 の画像 - Google
 
 
  ラスター焼とは - Weblio辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ラスター彩(ラスターさい、Lusterware)とは、焼成した白い錫の鉛釉の上に、銅や銀などの酸化物で文様を描いて、低火度還元焔焼成で、金彩に似た輝きをもつ、9世紀-14世紀のイスラム陶器の一種。ラスター(luster)とは、落ち着いた輝きという意味。
 
 
  セーヴル焼 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  セーヴル焼(セーヴルやき, Porcelaines des S&egrave;vres)は、フランスのセーヴルで生産される磁器。 ヨーロッパではじめての磁器は1709年にザクセン王国(現・ドイツ)で発明され、その首都ドレスデンに近いマイセンを生産拠点とした。その技師だったデュポア兄弟は当時のフランスの大蔵大臣・オリー・ド・フリビーに招かれ、1738年、パリの東端に位置するヴァンセンヌに窯を構えた。  参考文献/外部リンク
 
 
  セーブル焼き   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一昨日、グラン・パレにマリー・アントワネット展を見に行ったときに、彼女が日常使用していた。
 
 
  セーヴル陶磁器美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  セーヴル焼きといえばフランスを代表する磁器。 パリ郊外のセーヴルに国立製造所があります。同じ敷地内にあるのがセーヴル陶磁器美術館。 フランスの磁器名産の地にふさわしい、充実した内容を誇っています。
 
 
  ヨーロッパ名陶名品展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Sohbi がお贈りするヨーロッパ磁器文化の祭典「ヨーロッパ名陶名品展」がいよいよ開催となります。 マイセン・ヘレンド・セーブル・フローラダニカ・KPM・リヤドロ・バカラ・マイセンクリスタル・ドームなどの逸品の数々を一堂にご覧いただけます。 (終了)
 
 
  世界の名陶『ヘレンド』の本社工房を訪ねて   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブダペスト郊外にあるヘレンドで、世界が認めた名陶の工房見学 : 創立約180年のヘレンド陶器工場は世界で一番大きな陶器のメーカーです。手作りの素晴らしいカップ、花びん、お皿、置物等で有名。ビデオで工場の歴史、伝統、生産の過程をご覧いただけます。
 
 
  ポーリッシュポタリー直輸入販売のウエアハウスショップ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ☆ポーリッシュポタリーショップ アリーチェです☆ マヌファクトゥラ社公認の日本で唯一のオフィシャルショップ 輸入元倉庫直結の郊外型実店舗です。
 
 
マイセン(独逸)
マイセンのスープ皿 このようなマイセンの一連の磁器人形のことを「クリノリン人形」と呼びます。 ロココ様式を代表するマイセン人形のカテゴリーの一つ。 マイセンのシンボルであるアルブレヒト城は1470年頃に建てられました。また、城にあるゴシック建築のマイセン聖堂は13世紀に建てられています。
  マイセン磁器とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツのマイセンで作られる最高級の磁器。ザクセン選帝侯アウグスト2世 (→フリードリヒ・アウグスト1世 ) の至上命令で,1708年に E.フォン・チルンハウスと,J.ベットガーによってヨーロッパで最初の赤褐色の Т (→ストーンウェア ) が作られ,のち良質の磁土の発見と製法の改良により同年白磁の製造にも成功したのを始りとする。
 
 
  マイセン (陶磁器) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マイセンはドイツ・マイセン地方で生産される磁器の呼称。名実ともに西洋白磁の頂点に君臨する名窯である。 東洋からもたらされた白磁は、17世紀ごろの西洋社会では憧れの芸術品であった。  1 誕生の経緯 / 2 マイセンの発展 / 3 代表作 / 4 参考文献 / 5 脚注 / 6 外部リンク
 
 
  マイセン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マイセンは、ドイツザクセン州ドレスデン地方マイセン郡の郡庁所在地であり、人口約2万8千の工業都市である。マイセン陶磁器とワインで有名。 ドレスデンから北西に約25km、ライプツィヒ から東に約100km、フライベルクから北東に約40kmの位置にある。チェコ国境の向こう側から続く、エルベ渓谷の終点でもある。  1 地理 / 2 歴史 / 3 交通 / 4 文化・名所 / 5 外部リンク
 
 
  Meissen   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  時でさえ流し去れない、夢。マイセン  約300年前、ヨーロッパで初めて硬質磁器を生みだしたドイツの名窯「マイセン」。その繁栄の歴史の裏には、時代の流れや、陶磁器に果てしない情熱を傾けた人々を抜きにして語ることはできません。…
 
 
  ユーロクラシクス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  手描きの代表といえるのがこのマイセンです。東洋の陶磁器に憧れ、西洋で初めて白磁の硬質磁器の開発に成功した窯です。定番のお品物から、マイセンの作家ものや世界限定生産品、コレクター憧れの1点ものまで、随時ご紹介してゆきますのでお見逃しなく!
 
 
  マイセンに恋して   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  どうしてどうして何時までたってもこんな可愛いものが好きなんでしょう アクセサリーはハートが一番!!リボンモティーフも捨て難く薔薇の花に埋もれていたいと夢見る夢子さん・・・・・・・ でも幾つになっても素敵なものはス・テ・キでいいですよね♪ 今日もエンジェルの付いた可愛いプランターについつい目がいってしまったScarletでした
 
 
  魅惑のマイセン  エルベ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  300年の歴史を誇るドイツの硬質磁器マイセンコレクションの美の世界。 入手困難な一点ものや記念限定作品などの稀少品を中心にご紹介しております。 クリックするたびに心から愉しみが深まり、マイスターたちの精緻な技の数々が溢れてきます。 今まで、目にすることのなかった真実のマイセンがきっと見つかります。 どうぞごゆっくりご覧ください。
 
 
  マイセン磁器の歴史/ドイツ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨーロッパで最初に白磁を作り出す事に成功したマイセン窯。約300年の歴史がございます。今も職人が手作りで造形、絵付けを行い大変質の高い作品を作り続けております。マイセンの歴史やその時代を代表する作家について簡単にご紹介しております。
 
 
  エムエー・ポーセリンスタジオ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マイセン風マイセン様式中心の絵付け教室です。ヨーロピアンチャイナペインティング全般の指導もおこなっています。エムエー・ポーセリンスタジオ(西洋磁器絵付け教室&工房)。チャイナペインティング、チャイナペイント、ポーセリンアート、磁器絵付けと、呼び名は色々あります。
 
 
  マイセンの歴史 洋食器情報館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  洋食器の王様、マイセンについての特集です。: 少し専門的で堅苦しい特集となりますが洋食器大好きの皆様にはぜひそのルーツからひもといて、一杯のコーヒー・ティーに2000年の陶磁器の歴史と300年の洋食器の歴史を味わってみて頂きたいと思います。  創美の引出物/贈り物の常識/ユーロッパ名陶名品/洋食器のコラム/ブランドのご紹介
 
 
  ヨーロッパ磁器の中心、マイセン    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本における磁器発祥の地を有田とするなら、ヨーロッパでの磁器の発祥地で中核的存在をマイセンであるとするのが、ほぼ定説である。ただし有田の場合、元和2年(1616年)説が従来の通説であったが、最近の数回にわたる天狗谷古窯跡発掘の結果、1604年だとする説が一般的になりつつある。マイセンの場合は、1709年〜1710年とされているから、有田におくれることちょうど100年ということになる。
 
 
  MEISSEN(マイセン) グレースワールド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  洋食器通販カタログ
 
 
  輸入洋食器 マイセン専門店  クロードエスポール   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  洋食器の販売なら当店におまかせ! 直輸入ならではの安心価格です。  カップ&ソーサー/プレート・ディッシュ/ボウル/ポット・クリーマ/ベース/コレクション/フィギュア
 
 
  華麗なるマイセン磁器 東京都庭園美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  やきもの好きの私ですが、ホントに好きなのは、わびさびの陶器なんだよねぇ。 こーゆー西洋の綺麗な磁器ってのは、本来の趣味とは違うのですが、基本的に、綺麗なものはなんでも好きな訳で、軽く見てきました。
 
 
  箱根マイセン庭園美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  箱根マイセン庭園美術館は平成10年1月に東京港区白金台にて 【マイセンミュージアム マルコリーニ】と言う名前で開館いたしました。当時は一軒家を改築しただけの小さな美術館でした。長年目標としていた美術館。マイセンに囲まれての生活がとても幸せでした。…
 
 
  札幌マイセン美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  18世紀のアンティークマイセンから21世紀のマイセン芸術まで一堂に、ご覧いただけます。
 
 
  マイセン の画像 = Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マイセン の画像 = Google
 
 
KPM (独逸)/
     
マジョリカ(伊太利)
また、西方ではペルシア陶器・マジョリカ陶器にまで至る。明末には景徳鎮にて磁器に三彩釉を 施す、素三彩が登場し康熙年間のものが名高いようです。 鮮やかな色彩のマジョリカ陶器 ポンテヴェッキオ周辺&マジョリカ焼き
  マジョリカとは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶芸用語。マヨリカともいう。素地に錫白釉をかけ,上絵付けをした南ヨーロッパの軟質陶器。陶器の素地に錫白釉をかける技法は,イスラム陶器に始るが,その技法がスペインに入ってイスパノ・モレスクを生み出した。
 
 
  マジョリカ とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  15世紀末から16世紀にかけてイタリアで発達した陶器。錫(すず)を含有する白色不透明の釉(うわぐすり)を施し、色釉(いろぐすり)で絵付けしたもの。もとになる陶器がスペインからマジョルカ島を経てイタリアに輸入されたところからの名。マヨリカ。
 
 
  マヨリカとは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英語ではマジョリカ。イタリアのスズ釉の陶器。中世末マリョルカ島商人によって輸入されたイスパノ・モレスク様式の陶器をイタリアで呼んだ。さらに,その技法によって14―16世紀にイタリアで作られたスズ釉陶器もこの名で呼ばれるようになった。
 
 
  マヨリカ焼き (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マヨリカ焼き(Maiolica)はイタリアの錫釉陶器でルネサンス期に発祥した。白地に鮮やかな彩色を施し、歴史上の光景や伝説的光景を描いたものが多い。地名呼称の表記のゆらぎによりマジョリカ焼、マヨルカ焼、マリョルカ焼、マジョルカ焼とも。 その名称は、中世イタリア語でマヨルカ島を意味する。マヨルカ島はバレンシア地方からイタリアにムーア人様式の陶器を輸出する際の中継点だった。  1 名称 / 2 錫釉陶器 / 3 歴史 / 4 ルネサンス期と現代のマヨリカ焼き / 5 脚注・出典 / 6 参考文献 / 7 外部リンク
 
 
  マヨリカ陶器を販売する店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銀座にあるマヨリカ陶器の店「マヨリカ」を紹介します。 マヨリカ陶器とは、マヨリカ島から輸入された陶器のこと。 しかし、マヨリカ島では陶器は作られておらず、スペインやポルトガルで作られた陶器をマヨリカ島経由でイタリアに売られていたものがマヨリカ陶器と呼ばれていた。 後にその陶器と同じ作り方をした陶器を総称して「マジョリカ陶器」と呼ばれるようになった。 現在もこれらの陶器は作られていて、日本にも輸入されている。イタリア製の物も多く輸入されているが、この店の商品はポルトガル産の物が多いらしい。
 
 
  イタリア・ファエンツァ国際陶芸博物館所蔵マジョリカ名陶展 - 東京都庭園美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリアのマジョリカ陶器は、酸化錫を用いた白色不透明の釉薬がかけられた陶器で、中世末期からルネサンス時代を通じてイタリア各地で生産され、ヨーロッパ諸国に広く知られていました。 初期のマジョリカ陶器は、緑や褐色など釉薬の色彩も限られており…
 
 
  ポタリーペインティングとは?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  手びねりや手作りで作成する陶器に身体に安全な絵の具や釉薬を使用し、誰にでも簡単に楽しんでいただける絵付けです。 「ポタリー」とは、機械で大量生産されるセラミックに対して、全ての工程を職人により手作業で作られたセラミックを言います。
 
 
  陶器 マジョリカ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陶器 マジョリカ の画像 - Google
 
 
  マジョリカ名陶展 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マジョリカ名陶展 の画像 - Google
 
 
ヘレンド(洪牙利)/
     
フローラダニカ(丁抹)/
     
ミントン(英国)
英国アンティーク・雑貨『VICTORIAN DREAM』店長ブログ テーブルの貴婦人、アンティーク ミントン ミントン | ブランド食器
  ミントン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ミントン(Minton)は、イギリスの陶磁器メーカー。 銅版転写の彫刻師だったトーマス・ミントンによって1793年に創業された。2代目ハーバート・ミントンによって生産性・芸術性を高め、大きく飛躍する。ミントンは豪華に金彩を施した食器を数々生み出し、世界で最も美しいボーンチャイナと呼ばれ、1840年ヴィクトリア女王より賞賛される。1856年から王室御用達となる。 代表作: ハドンホールシリーズ ビクトリアストロベリーシリーズ/外部リンク
 
 
  ミントン(イギリス) - ル・ノーブル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ミントン(イギリス) - ブランド洋食器 - ル・ノーブル
 
 
  ブランド洋食器 - ル・ノーブル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブランド洋食器を直輸入販売。  シリーズで絞り込む/アイテムで絞り込む/ギフトで絞り込む/予算で絞り込む
 
 
  英国アンティーク・雑貨『VICTORIAN DREAM』ブログ (2010/6/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦前、戦後、今もなおテディベアは、老若男女問わず皆に愛されていますね。 ヨーロッパのテディベアの歴史は古いのです。 イギリスも沢山のテディを生み出していますね。 私も、テディベアは大好きです。 今回は、1950年代に作られた英国テディのご紹介です。…
 
 
  ミントン の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ミントン の画像 - Google
 
 
ウェッジウッド(英国)
Wedgwood(ウェッジウッド) フロレンティーン  ウェッジウッド(Wedgwood)プシュケティーポット・シュガーボックス・クリーマー3点セット ウェッジウッド フロレンティーンターコイズ ティーカップ&ソーサー(リー)
  ウェッジウッド (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウェッジウッド(Wedgwood & Corporation Limited)はイギリスの陶磁器メーカー。ジョサイア・ウェッジウッドによって1759年に設立された。 ロイヤルドルトン社と並ぶ世界最大級の陶磁器メーカーの一つである。主に高級食器を製造・販売しているが、アクセサリやタオル、テーブルクロスなども扱っている。 日本には子会社としてウォーターフォード・ウェッジウッド・ジャパンがある。  1 歴史  / 2 沿革 / 3 高級陶磁器メーカーとしての戦略 / 4 関連項目 / 5 参考文献 / 6 外部リンク
 
 
  ウェッジウッド(イギリス) - ブランド洋食器   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウェッジウッドは、「英国陶工の父」ジョサイア・ウェッジウッドによって創設されました。精緻なレリーフで有名なジャスパーウェアをはじめ、クィーンズウェア、ブラックバサルトなどの名作が誕生したのち、つややかな白さと透明感に堅牢性をも兼ね備えた素地「ファインボーンチャイナ」が誕生しました。きめ細かく輝く素地に鮮やかに映える絵柄や、洗練されたシェイプは実に多種多様ですが、その全てに伝統のクラフトマンシップが息づいており、「質の高いテーブルウェアをより多くの人に」というジョサイアのスピリットは創業当時から変わらずに受け継がれ、現在も多くの人々を魅了し世界の食卓を彩っています。
 
 
  WEDGWOOD(ウェッジウッド) - 高島屋のギフト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウェッジウッド」は、“英国陶工の父”と讃えられる一人の天才ジョサイア・ウェッジウッドによって、1759年に創設されました。常に新しいものに挑戦して時代をリードする革新的な精神を持っていたジョサイアは、陶磁器を芸術の域にまで高め、より多くの人に芸術を楽しむ喜びをもたらしました。
 
 
  ウェッジウッド - 大丸松坂屋オンラインショッピング   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イギリスを代表する陶磁器ブランド「ウェッジウッド」の通販も大丸松坂屋オンラインショッピングで。ティータイムを充実させるアイテムを取り揃えました。ちょっとしたお返しにタオルや寝具も!
 
 
  ウェッジウッド テーブルクロス の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウェッジウッド テーブルクロス の画像 - Google
 
 
  ウェッジウッド の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウェッジウッド の画像 - Google
 
 
ロイヤルドルトン(英国)
ロイヤルドルトン Royal Doulton ブランブリーヘッジ ティーカップ&ソーサー オータム ロイヤルドルトン Royal Doulton ブランブリーヘッジ ティーカップ&ソーサー バースデー 英国アンティーク陶磁器ロイヤルドルトン バラのバスケットと繊細…
  ロイヤルドルトン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロイヤルドルトン(Royal Doulton)は、イギリス最大級の陶磁器メーカー。 1815年ジョン・ドルトン(John Doulton)がジョン・ワット(John Watts)の共同出資を受けてロンドンのランベスで創業した。その当時はТ錙淵好函璽鵐ΕД◆砲鬚弔る小さな企業であった。ドルトンの大きな飛躍は2代目ヘンリー・ドルトン(Henry Doulton)の代になってからである。 代表作
 
 
  ロイヤルドルトン(Royal Doulton)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロイヤルドルトン(Royal Doulton)は英国を代表する磁器メーカーで、現在はWWRD Holdings Ltdの一翼を担う会社となっています。 この「WWRD」というのはWedgewood、Waterford CrystalとRoyal Doultonのことで、社名を聞いただけでも凄いのですが、Royal Doulton一つをとってみてもRoyal AlbertとMintonを傘下に収めていますので、このホールディングス・カンパニーが英国のその手の製品を全て牛耳っていると言っても過言ではないのがお分かりいただけると思います。 アンティーク 陶磁器・・など。
 
 
  【ロイヤルドルトン専門店】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本未発売の海外限定品多数取り扱い -ウェッジウッド・ロイヤルドルトン・ロイヤルアルバートなど北欧食器・洋食器ブランドを海外から直輸入-  トップページ/マイアカウント/商品一覧/配達方法・送料について/よくある質問/お問い合わせ
 
 
  ロイヤルドルトン - 【楽天市場】商品一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロイヤルドルトン - 【楽天市場】商品一覧
 
 
  ロイヤルドルトン - ROYAL ALBERT オンラインショップ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロイヤルドルトンは1815年にジョン・ドルトンによって設立されました。その後、2代目のヘンリー・ドルトンが飛躍的に事業を拡大し、陶磁器業界で初となる「ナイト」の称号を与えられ、1901年にはエドワード7世から王室御用達の栄誉を受け、「ロイヤル」を冠することを許されました。 「ロイヤルドルトン」は、ロンドンの都会的な文化や折衷的なスタイルを独創的なデザインで表現しています。ライフスタイルに合う、現代的でスタイリッシュなシリズが揃っています。
 
 
  ロイヤルドルトン 食器の通販・ネットショッピング - 価格.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  "ロイヤルドルトン 食器"をお探しなら価格.comへ。全国のネットショップの価格情報や、人気のランキング、クチコミなど豊富な情報を掲載しています。たくさんの商品の中からあなたが探している"ロイヤルドルトン 食器"を比較・検討できます。
 
 
  ロイヤル・ドルトン(イギリス) - ブランド洋食器 - ル・ノーブル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ROYAL DOULTON(ロイヤル・ドルトン)について: 1815年にジョン・ドルトンがジョン・ワットの共同出資を受けてロンドンのランベスでТ錙淵好函璽鵐ΕД◆砲鬚弔る企業として創業。 1877年以降はボーンチャイナを導入し、芸術的テーブルウェアを創造し、1887年に陶磁器界初のナイトの称号を、1901年にはロイヤルの称号を与えられる等、世界最大の陶磁器メーカーの一つとなっています。
 
 
  ロイヤルドルトンの食器通販 - メルカリのRoyal Doulton - Mercari   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  食器、ロイヤルドルトンの商品は268点あります。人気のある商品は「Royal Doulton 新品 *未使用 大皿」や「ROYAL DOULTON サーバーセット」や「ロイヤルドルトン ヴィンテージ グレープ」があります。これまでに出品されたRoyal Doultonの食器は268点あります。  ロイヤルドルトンの食器一覧
 
 
  ロイヤルドルトン の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロイヤルドルトン の画像 - Google
 
 
セーヴル(仏蘭西)/
     
リヤドロ(西班芽)/
     
ポーリッシュポタリー/
     

TOPページ TOPページ  6源情報 6源情報  ジャンル一覧表 ジャンル一覧表  明快カテゴリ総覧 明快カテゴリ総覧  特集区分数・HP数詳細 特集区分数・HP数詳細  ジャンルページ ジャンルページ  画面上段 画面上段 


Copyright (C) 2018 Z-PLAZA Corporation. All Rights Reserved.