085 【科学】 科学の偉人/アルキメデス:G・ガリレイ:エジソン
 物作りに対して、どんなアイディアをお持ちでしょうか。ちょっとしたヒントで何か便利なものが作れるかもしれません。また、科学全般のHPは、科学百科としてこのコーナーに掲載いたしました。
 なお、このコーナーでは、日本と海外のすべての国際見本市を紹介しています。また、ノーベル賞はじめ科学賞もこのコーナーです。

科学の偉人 アルキメデス.DC.287 ヒュパティア.370 祖沖之.429 アリヤバータ.476 N.コペルニクス/1473
W.ギルバート.1544 ブラーエ.1546 G.ガリレイ.1564 J.ケプラー.1571 E.トリチェリ.1608 R.ボイル.1627
I.ニュートン.1642 G.D.カッシーニ.1625 G.ライプニッツ.1646 L・オイラー.1707/ M.ロモノーソフ.1711 C.A.クーロン.1736
A.ラヴォアジエ.1743 A.ボルタ.1745 P.S.ラプラス.1749 J.プルースト.1754 J.ドルトン.1766 A.M.アンペール.1775 
A.アヴォガドロ.1776 C.F.ガウス.1777 A.L.コーシー.1789 M.ファラデー.1791 L.パスツール.1822 G.R.キルヒホッフ.1824
J.C.マクスウェル.1831 A・B・ノーベル.1833 E.マッハ.1838 ロベルト・コッホ.1843 T.A.エジソン.1847 ニコラ・テスラ.1856
M.キュリー.1867 ゾンマーフェルト.1866 E.ラザフォード.1871 A.アインシュタイン.1879 N..ボーア.1885 K.R.フリッシュ.1886
シュレーディンガー.1887 S・G.アルベルト.1893/ W.パウリ.1900 L.C.ポーリング.1901 E.フェルミ.1901 W.ハイゼンベルク.1901
P.ディラック.1902  J.R.オッペンハイマー H.A.ベーテ.1906 E.テラー.1908 H.アルベーン.1908 W.ショックレー.1910
フォン・ブラウン.1912 糸川英夫.1912 ロジャー・スペリー.1913 デヴィッド・ボーム.1917 チェンニン・ヤン.1922 F.ダイソン.1923
アブドゥサラーム.1926 中松義郎.1928 S.グラショー.1932 S.ワインバーグ.1933 村上和雄.1936 G・Y・ペレルマン.1966
ベルンハルト・リーマン.1826/ 物理学者:ミチオ・カク.1947/ レオンハルト・オイラー/ スティーヴン・ホーキング.1942.1    
← 084 【科学】◆ノーベル賞      086 【ライフサイエンス 暸\己学ニュース → 
TOP >  k 科学全般 > 085 【科学】 科学の偉人/アルキメデス:G・ガリレイ:エジソン >  
       
科学の偉人
アルベルト・アインシュタイン
  偉大な科学者    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  偉人/偉大な科学者
 
 
  電気史偉人典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   電気史偉人典では電気の歴史に名を残す偉人たちを紹介しています
 
 
  科学者 (scientist)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古代ギリシャから現代まで
 
 
  科学技術の偉人たち 〜日本の科学者技術者〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  これからの日本を担っていく青少年のみなさんに、我が国の科学者・技術者をもっと身近に感じていただけるよう、今までに「日本の科学者技術者展シリーズ」等の企画展で紹介してきた科学者・技術者の肖像(レリーフ)を製作して展示するものです。
 
 
  世界を変えた科学者 (児童/全集・叢書/自然科学)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  対象 小学5.6年以上/科学史上で巨人といわれる人たちが,どのような人生をおくり,何を考え何を究めようとしたのか,そしてその背景には何があったのかなど,それぞれの業績の本質とそこに至るまでのドラマを,当時の記録写真やイラストレーションを用いてコンパクトに展開する.小学上級生から大人まで楽しめる画期的な科学評伝.
 
 
  科学者・偉人たちの「学びの道」 <単行本>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このホームページでは上記表題の単行本 を紹介しています。
 
 
  科学偉人伝―まんが 発明発見の科学史 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  原子やDNAからロケット、宇宙、相対性理論まで科学者達の苦闘の歴史を6大テーマでまんが化。コペルニクスから平賀源内まで、科学の謎や夢に挑戦し続けた偉大な科学者たちのまんが偉人伝。
 
 
  子どもを理科好きにする科学偉人伝60話 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニュートリノ天体物理学の開拓者・小柴昌俊、科学をつくり変えた人・アインシュタイン、近代科学の父・ガリレオなど、60人の科学者を取り上げ、それぞれの研究内容やその成果を見開きで簡潔に紹介。
 
 
  世界の科学者―ガリレイ・ニュートン・エジソン・キュリー夫人・アインシュタイン (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日、私たちが当り前のように享受しているさまざまな文明の恩恵。それらは天才的科学者たちの柔軟でざん新な発想から生れている。
 
 
  世界の科学者たちが試食した変なモノ8選 「糖尿病患者の尿」「ウニの睾丸」など (2013/7/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  科学者は好奇心の塊だ。その好奇心が、あらゆる専門分野を極める彼らの原動力となっている。そんな科学者たちが、調査の一環として試食した「変なモノ8選」を今回はご紹介したい。 その1:排泄物編/その2:バクテリア編/その3:世界最古編/その4:極地編/その5:化石編/6.昆虫編/7.チャールズ・ダーウィン編/8.海の幸編  科学者魂とも言える彼らの好奇心には脱帽だ。まさに、この好奇心こそが科学の発展を促してきたに違いない。
 
 
アルキメデス.DC.287
流体力学と水力学 - アルキメデス
  アルキメデス (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルキメデス(Archimedes)またはシラクサのアルキメデス(Archimedes of Syracuse、紀元前287年 - 紀元前212年)は、古代ギリシアの数学者、物理学者、技術者、発明家、天文学者。彼の生涯は全容を掴めていないが、古典古代における第一級の科学者という揺ぎ無い評価を得ている。彼が物理学にもたらした革新は流体静力学の基礎となり、静力学の考察はてこの本質を説明した。
 
 
  アルキメデスの原理 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルキメデスの原理(アルキメデスのげんり)は、アルキメデスが発見した物理学の法則。流体中の物体は、その物体がおしのけた流体の重さ(重力)と同じ大きさだの浮力を受ける、というものである。… これを数式で表現すると F=-pVg  F:浮力[N]、ρ:水の密度[kg/m3]、V:物体の水没している部分の体積[m3]、g:重力加速度[m/s2]
 
 
  アルキメデスに学ぶ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルキメデスは、B.C.287年にイタリア半島の先にあるシチリア島の都市国家シラクサで生まれた。アルキメデスの父親プェイディアスは天文学者であった。アルキメデスは幼少の頃より父親から初等教育を受けた。また、数学、天文学、力学を習うとともに、さまざまな機械の製作を行った。若き日に、機械学に関する書「機械学」を書いたと言われているが、今日残存していない。
 
 
  A-1-1.アルキメデスの定理   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1.アルキメデスの原理/コンテンツ3 /3.海水と淡水の浮力/4.アルキメデスの原理とダイビング
 
 
  第一章 流体力学と水力学 その2   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  流体中で運動する物体(ウキ)には、粘性に基づく摩擦による「せん断応力」が働き、進行方向の反対側(後方)に渦流が発生し、運動エネルギーに大きな損失を与えます。流体摩擦は境界層内の流れと、固体表面(凸凹であるより滑らかが良いと言うことなので説明は省略します)の状態によって決定されるので、エネルギーの損失を回避するには、物体表面を滑らかにすることが簡単且つ有効な手段と言えます。
 
 
  解読! アルキメデス写本 羊皮紙から甦った天才数学者   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1998年10月29日にニューヨークのクリスティーズで、アルキメデスの論文が収められた貴重な写本が競売にかけられた。220万ドルという高額で落札されたこの写本には『方法』『ストマキオン』『浮体について』という他のアルキメデス写本には含まれていない重要論文が含まれていた。
 
 
  アルキメデス (c.287B.C-212B.C). 哲学及び幾何学の卓越せる全集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルキメデスは、古代最大の数学者、物理学者そして、工学者と言って良いでしょう。彼の伝記はプルターク、ポリビウスその他の人の著作によって断片を知る事が出来ますが、それによると彼はイタリアのシチリア島で生まれ、当時の学問の中心地、エジプトのアレクサンドリアに行き、そこでユークリッドの弟子達に教えを受けて数学を研究し、ユークリッド数学の発展に寄与しました。
 
 
  アルキメデスの画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルキメデスの画像 - Google
 
 
  解読! アルキメデス写本 [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルキメデスの著作を収めた現存する唯一の写本、C写本。本書ではそこから解読された驚くべき発見の数々と、この奇蹟の写本がどのように幾世紀も生き延びたのかが語られる。空前の歴史ミステリー。
 
 
ヒュパティア.370
ヒュパティア (Wikipedia)
  ヒュパティア (Wikipedia)     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヒュパティア(Hypatia、370年?-415年3月)は、古代エジプトの著名な女性の数学者・天文学者・新プラトン主義哲学者である。ハイパティアともヒパティアとも日本では呼ばれる。キリスト教徒により異教徒として虐殺された。 テオン(著名な数学者と哲学者であった)の娘であり、ヒュパティアは400年頃アレクサンドリアの新プラトン主義哲学校の校長になった。彼女はプラトンやアリストテレスらについて講義を行ったという。そして、彼女の希に見る知的な才能と雄弁さや謙虚さと美しさは、多数の生徒を魅了した。
 
 
  ヒュパティア   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彼女は天体観測儀や液体比重計を発明したが、科学的で神秘主義を拒絶したために、当時のキリスト教徒から神に対する冒涜の象徴とされた。 キリスト教徒であったテオドシウス1世は、ローマンカトリック以外の宗教・哲学・科学を迫害する方針を定め、当時のアレクサンドリアのキリスト教司教の求めに答えて、エジプトの非キリスト教の宗教施設・神殿を破壊することを許可した。キリスト教の暴徒は、サラピス寺院やアレクサンドリア図書館や他の異教の記念碑・神殿を破壊した。
 
 
  麗しのヒュパティア。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  哲学科所属の女の子にとって、たぶん唯一といっていい  憧れの女性は古代エジプトのヒュパティアではないでしょうか?! 哲学界もずっと男社会。デカルトは王女さまに哲学的な意味でぞっこんだったらしいけど? それはいいとして、やっぱり男社会。どうしたって哲学者は男性。
 
 
  月面のヒュパティア   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  3月5日公開の映画『アレクサンドリア』では、天体の運行のしくみを解き明かそうとするヒュパティアの姿が描かれています。 古代アレクサンドリア最後の天文学者ヒュパティアは、月のクレーターの名前になっています。直径は40×30キロメートルです。
 
 
  ヒュパティア (+Upativa)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  後415年にキリスト教徒の暴徒に襲われて殺された女性哲学者。以来ヒュパティアは教会組織から憎まれたり少なくとも疑念をもたれた知的な女性の典型に挙げられている。 ヒュパティアは世界都市アレクサンドリアで活躍した古代ギリシアの数学者テオーンの娘で、370年頃に生まれた。幼少期についてはほとんど知られていないが、家庭で父親から教育を受け、哲学と数学に関する父親の著作や講義の手助けをしていたものと思われる。
 
 
  女性天文学者ヒュパティア   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」(99)は、ブレンダンがメジャーで人気を博したアドベンチャー作品。主役のリック・オコーネルの相手役、続編では妻になり母になったエヴリンを演じたのが、1971年3月7日ロンドン出身のレイチェル・ワイズ。
 
 
  ヒュパティア惨殺事件と学問の終焉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヒュパティア(Hypatia、Υπατ&#943;α、370年?-415年3月)は、古代エジプトの著名な女性の数学者・天文学者・新プラトン主義哲学者。 とても美しく、聡明で、素晴らしい女性だったと記録されている。 ハイパティアともヒパティアとも日本では呼ばれる。 彼女は、キリスト教徒により異教徒として虐殺された。 とても残酷な方法で殺されてしまった。
 
 
  ヒュパティア - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヒュパティア(Hypatia、Υπατ&#943;α、370年?-415年3月)は、古代エジプトの著名な女性の数学者・天文学者・新プラトン主義哲学者である。
 
 
  ヒュパティア 古い相貌の新たなる論敵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヒュパティアは5世紀頃にアレクサンドリアで活躍した新プラトン派の女性数学者・哲学者で、キリスト教徒の暴徒に惨殺されたことから古代の終焉を象徴する人物となりました。Hypatiaは彼女をめぐる人々を描いた歴史小説で、もちろん細かい設定は架空のものですが、人種・民族が入り混じる都市の熱気や、さまざまな宗教や思想が交錯する時代の雰囲気がよく描きだされています。
 
 
  .失われた図書館――アレクサンドリアのヒュパティア   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古代の図書館で有名なのは、エジプトのアレクサンドリア。紀元前300年ぐらいに建てられたといわれています。 そもそもアレクサンドリアという町の名前がマケドニアのアレクサンダー大王からつけられたことからもわかるように、この図書館もヘレニズム文化の産物でした。ここに集った著名人には、アルキメデス(数学)、ユークリッド(幾何学)、プトレマイオス(地理学・天動説)がいます。
 
 
  ヒュパティア (ハイパティア、ハイペイシャ、ヒパティア)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヒュパティア(370〜415)は、エジプトのアレクサンドリアで活躍したギリシャの学者。数学と哲学と天文学などを専門とした。科学的な思考の重要性を唱え、宗教や迷信を排斥したため、キリスト教徒により殺された。
 
 
  数学史 - ディオファントス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アレクサンドリアのディオファントス(Diophantus)(1)は、ギリシア文明の中でも、最も偉大な数学者の一人であった。時には、他の様々な年代が推定されたけれども、彼は、BC3世紀中頃に活躍したというのは、今日では、かなり確かなことのように思える。プセルス(Psellus)(11世紀)は、ディオファントスとアナトリオス(2)は、エジプトの計算法について著述をし、極めて学識の高いアナトリオスは、その教えの最も本質的な部分を収集し、・・・自らの著作をディオファントスに献じたと言っている。
 
 
  ヒュパティアの画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヒュパティアの画像 - Google
 
 
  男装の科学者たち―ヒュパティアからマリー・キュリーへ [単行本]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  科学者を志す女性が克服してきた不当な差別や偏見の実例と背景を丹念に追求。古代から19世紀にいたる男装の科学者たちの役割を発掘・検証する。
 
 
祖沖之.429
πの計算の歴史
  祖沖之 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  祖 沖之(そ ちゅうし、429年 - 500年)は、中国、南北朝時代、南朝の天文学者、数学者、発明家。祖 冲之とも。字は文遠、范陽遒(現河北省&#28150;水)の人。祖父は戦乱を避けるために河北から江南へ移っており、祖沖之は建康(現在の南京市)で生まれ、若いころから数学の天才として知られた。円周率の計算や大明暦の編纂で知られる。
 
 
  祖沖之と円周率   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  円周率の値を求めることは数学で非常に重要かつ困難な研究課題である。古代中国ではたくさんの数学家が円周率の計算に力を入れ、紀元5世紀に祖沖之が収めた成果は円周率計算の大きな飛躍と言える。祖沖之は中国古代の偉大な数学家と天文学者である。
 
 
  円周率の父-祖沖之   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  円周率の値を計算することは数学分野で重要で難しい研究課題である。 中国古代の多くの数学者達は円周率の計算に精進して来たがその中でも紀元 5世紀に祖衝之が成した成果は円周率計算で1代革命だと言える。
 
 
  祖沖之 (小惑星) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  祖沖之または祖冲之 (1888 Zu Chong-Zhi) は、小惑星帯の小惑星である。南京市郊外の紫金山天文台で発見された。 中国南朝の数学者、祖沖之にちなんで名付けられた。
 
 
  祖沖之 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  祖 沖之(そ ちゅうし、429年 - 500年)は、中国、南北朝時代、南朝の天文学者、数学者、発明家。
 
 
  祖沖之 (そ・ちゅうし)(1955年発行)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国、南北朝時代の数学者・天文学者で、范陽(はんよう)(河北省)の人です。 南朝宋の太史令(天文台長)で、 462<大明 6>『大明暦』を作成し、孝武帝に献上(けんじょう)しました。 数学書『綴術(せつじゅつ)』を著し、円周率の近似分数の約率(22÷7)と密率(355÷113)を得ています。でも、残念ながら『綴術』は現存しません。
 
 
  πの計算の歴史 - 学校図書株式会社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  円に内接・外接する正多角形から求める時代/計算式で求める時代/計算式の改良の時代/計算機による計算の時代
 
 
  祖沖之  学習百科事典  学研キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (429&#12316;500)中国南北朝(なんぼくちょう)時代の数学者,天文学者。円周率(えんしゅうりつ)を3.1415926<π<3.1415927と規定(きてい)し,その近似値(きんじち)として,(密率(みつりつ)),(約率(やくりつ))を発見した。また,従来(じゅうらい)の暦法(れきほう)を改良(かいりょう)した大明暦(たいめいれき)をつくった。◇は113355というおぼえやすい並(なら)びの分数で,その値(あたい)は3.1415929と,πの値(あたい)と小数第6位(い)まで一致(いっち)するすぐれた近似値(きんじち)である。
 
 
  祖沖之の画像 -Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  祖沖之の画像 -Google
 
 
アリヤバータ.476
アリヤバータの像
  アリヤバータ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリヤバータ(476年 - 550年頃)は5世紀末に生まれたインドの数学者、天文学者である。… アリヤバータの最も有名な著作は『アーリヤバティーヤ』で、革命的な数学の知識ばかりでなく、地動説にたつ宇宙モデルや、測地学の結果が含まれている。太陽中心の宇宙モデルでは惑星が楕円軌道をもつことを述べている。 アリヤバータの著書に記されている知識には以下のものが含まれる。 円周率の近似値/三角関数の求め方と簡単な表/地球の自転周期と月の公転周期の比
 
 
  アリヤバータ (人工衛星) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリヤバータ(英: Aryabhata)はインド初の人工衛星。名前はインドの天文学者、アリヤバータに由来する。1975年4月19日、ソビエト連邦によってKapustin Yarからコスモス3Mロケットで打ち上げられた。 アリヤバータはX線天文学、超高層大気学、太陽物理学の実験を行うため、インド宇宙研究機関によって製作された。
 
 
  アリヤバータ - 暇つぶし   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この項目では、インドの天文学者について記述しています。インドの人工衛星については「アリヤバータ (人工衛星)」をご覧ください。
 
 
  アリヤバータ!- きつねのしっぽ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  きょうは1975年(昭和50年)に、インド初の人工衛星が、ソビエト連邦によって、打ち上げられています。 人工衛星アリヤバータは、X線天文学・超高層大氣学・太陽物理学の実験を行うため、インド宇宙研究機関が製作しました。
 
 
  アリヤバータ - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリヤバータ(476年 - 550年頃)は5世紀末に生まれたインドの数学者、天文学者である。  アリヤバータさんの相関図
 
 
  アリヤバータ - プロフィール - Yahoo!人物名鑑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アリヤバータ(476年 - 550年頃)は5世紀末に生まれたインドの数学者、天文学者である。アリヤバータが活動したのは、バラモン教の王朝で北インドを統一し、西暦320年から550年頃まで栄えたグプタ朝においてである。
 
 
N.コペルニクス/1473
ニコラウス・コペルニクス - Wikipedia
  ニコラウス・コペルニクス (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニコラウス・コペルニクス(1473年2月19日 - 1543年5月24日)は、ポーランド出身の天文学者である。当時主流だった地球中心説(天動説)を覆す太陽中心説(地動説)を唱えた。これは天文学史上最も重要な再発見とされる。コペルニクスはまた、教会では律修司祭(カノン)であり、知事、長官、法学者、占星術師であり、医者でもあった。… 1491年にコペルニクスはクラクフ大学に入学し、月の精密な軌道計算を史上はじめて行った著名な天文学者で従来より定説とされていた天動説に懐疑的な見解を持っていたアルベルト・ブルゼフスキ教授によってはじめて天文学に触れた。
 
 
  コペルニクス的転回 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  コペルニクス的転回(コペルニクスてきてんかい、独: Kopernikanische Wende)とは、哲学者のイマヌエル・カントが自らの哲学を評した言葉である。 コペルニクスとは、それまでの常識であった地球中心説に対して太陽中心説を唱えた天文学者である。 認識論において、人間の認識は外部にある対象を受け入れるものだという従来の哲学の常識に対し、カントは人間は物自体を認識することはできず、人間の認識が現象を構成するのだと説いた。人間の認識自体を問う近代的な認識論が成立した
 
 
  コペルニクス の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  コペルニクス の画像 - Google
 
 
  コペルニクス.1473   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  →「37宇宙」/コペルニクス.1473
 
 
W.ギルバート.1544
ウイリアム・ギルバート
  ウィリアム・ギルバート (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウィリアム・ギルバート、1544年5月24日-1603年12月10日)は16世紀のイギリスの医師、物理学者、自然哲学者である。コペルニクスの地動説を早くから支持し、当時支配的だったアリストテレス哲学とそれに基づく学校教育を積極的に拒絶した。医師としての仕事のかたわら静電気、磁石の研究をおこなった。今日、主に著書 De Magnete (1600) で知られており、電気 (electricity) という言葉を作った1人とされている。 1 生涯 / 2 脚注・出典 / 3 参考文献 / 4 関連項目 / 5 外部リンク
 
 
  ギルバート (Gilbert, William) - 電気史偉人典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イギリス、コルチェスターで下級判事の長男に生まれ、ケンブリッジ大学のセントジョンズ・カレッジで数学、医学を学び、1573年、ロンドンで開業医になる。 1576年、王立医科大学で教え、同時に電気や磁気の研究を行う。1599年、大学の総長に就任し、女王エリザベス1世の侍医になる。 女王の評価は高く、ギルバートの研究のために特別な遺産をのこしたと言われている。
 
 
ブラーエ.1546
毒殺かオーバードースか?16世紀の…
  ⇒ブラーエ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「37 宇宙ニュース/宇宙の謎/宇宙探査計画/太陽系」 ⇒ブラーエ.1546
 
 
G.ガリレイ.1564
ガリレオ ガリレイの肖像
  ガリレオ・ガリレイ.1564    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  →「宇宙」/ガリレオ・ガリレイ.1564
 
 
  ガリレオ・ガリレイ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ガリレオ・ガリレイ(ユリウス暦1564年2月15日 - グレゴリオ暦1642年1月8日)はイタリアの物理学者、天文学者、哲学者。 天文学の父と称され、フランシス・ベーコンとともに科学的手法の開拓者としても知られる。真空実験で有名なエヴァンジェリスタ・トリチェリはガリレオの晩年の弟子である。1597年 ケプラー宛の手紙で、地動説を信じていると記す。1610年 木星の衛星を発見、「メディチ家の星」と名づける。 イタリアでは特に偉大な人物を姓ではなく名で呼ぶ習慣がある。
 
 
  ガリレオ・ガリレイ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ガリレオ・ガリレイ の画像 - Google
 
 
  ガリレオ・ガイレイ - 物理の歴史(力学)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピサ生まれ(ミケランジェロの死の三日前)の物理学者、天文学者。ピサ大学で医学を学ぶうち、ピサの聖堂内につるした燈の運動にヒントを得て振り子の等時性を発見。19歳でユークリッド幾何学を学び、数学、物理学の研究に専念した。1589年ピサの斜塔で落体実験を行い、アリストテレスの学説の誤りを実証した。
 
 
J.ケプラー.1571
ヨハネス・ケプラー 『宇宙の神秘』
  ケプラー.1571    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  →「宇宙」/ケプラー.1571
 
 
  ヨハネス・ケプラー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨハネス・ケプラー(Johannes Kepler、1571年12月27日 - 1630年11月15日)は、ドイツの天文学者。天体の運行法則に関する「ケプラーの法則」を唱えたことでよく知られている。理論的に天体の運動を解明したという点において、天体物理学者の先駆的存在だといえる。数学者、自然哲学者、占星術師という顔ももつ。欧州補給機 2号機の名前に彼の名が採用されている。
 
 
  ケプラー の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ケプラー の画像 - Google
 
 
E.トリチェリ.1608
  エヴァンジェリスタ・トリチェリ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エヴァンジェリスタ・トリチェリ(Evangelista Torricelli、1608年10月15日 - 1647年10月25日)はイタリアの物理学者。 ファエンツァに生まれ、1641年からガリレイの弟子となり、ガリレイの死まで研究をともにした。1647年、腸チフスのため39歳の若さで没した。 小惑星(7437)トリチェリは彼にちなむ。 約10メートルよりも深い井戸から水を直接吸い上げることができないことは古くから知られていたが、1643年、トリチェリはこれを説明するための実験を行った。  トリチェリの真空:圧力の単位トル (Torr) はトリチェリの名にちなむ。/トリチェリの定理:液体の流出速度に関する定理。
 
 
  エヴァンジェリスタ・トリチェリ - あおもりくまの生態   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トリチェリの実験:一方の端が閉じたガラス管に水銀を満たし、水銀を満たした皿にこれを立てた絵柄。
 
 
R.ボイル.1627
ロバート・ボイル (Wikipedia)
  ロバート・ボイル (Wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロバート・ボイル(Robert Boyle、1627年1月25日 - 1691年12月30日)はアイルランド出身の貴族、自然哲学者、化学者、物理学者、発明家。神学に関する著書もある。ロンドン王立協会フェロー。ボイルの法則で知られている。『懐疑的化学者』という著書 は化学の基礎を築いたとされている。 ボイルは、「延命法」、「飛行技法」、「永久照明」、「沈まない帆船」など24の「発明したいものの一覧」を作り、この一覧に挙げられた発明は後にそのほとんどが実現している。 ボイルは金属を変質させる可能性を信じた錬金術師でもあった。
 
 
  ボイルの法則について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シリンダーの中に空気をいれ、栓をします。空気が漏れないように栓を押していくと、シリンダー内の空気の体積は小さくなります。これは、まるでバネのように押せば縮み、離すと元に戻るのです。 どうしてでしょうか。ボイルは、空気は分子とすき間で構成されていて、押せばそのすき間が狭くなると考えました。そして、すき間が半分になれば分子の衝突回数も2倍になり、衝突によって圧力が大きくなると考えました。
 
 
  ボイル・シャルルの法則   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ボイルの法則 : イギリスのボイル(Boyle, Robert)[1627〜1691]は、 一定温度の気体の体積は圧力に反比例する ことを実験的に見出した。 これがボイルの法則である。  シャルルの法則 : それから100年以上たってから、 フランスのシャルルは、一定圧力の気体の体積は温度が1℃上がるごとに、 0℃のときの体積の1/273.15ずつ増加することを発見した。
 
 
  ボイル=シャルルの法則 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ボイル=シャルルの法則は、理想気体の体積と圧力、温度に関係する法則。ロバート・ボイルが発見したボイルの法則と、ジャック・シャルルが発見したシャルルの法則を組み合わせたもの。
 
 
I.ニュートン.1642
アイザック・ニュートン (Wikipedia)
  ニュートン.1642    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  →「37宇宙」/ニュートン.1642
 
 
  ニュートン - サイエンス総合情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Newton は、科学に関するさまざまな情報をイラストや写真を使い、わかりやすく ビジュアルにお届けしています。
 
 
G.D.カッシーニ.1625
File:Jean Dominique Cassini 1625 AGE 
  ⇒カッシーニ.1625   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「37 宇宙ニュース/宇宙の謎/宇宙探査計画/太陽系」 ⇒カッシーニ.1625
 
 
G.ライプニッツ.1646
ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ (Wikipedia)
  ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ(Gottfried Wilhelm Leibniz, 1646年7月1日 - 1716年11月14日)はドイツ・ライプツィヒ生まれ。 ライプニッツは哲学者、数学者、科学者など幅広い分野で活躍した学者・思想家として知られているが、政治家であり、外交官でもあった。17世紀の様々な学問(法学、政治学、歴史学、神学、哲学、数学、経済学、自然哲学(物理学)、論理学等)を統一し、体系化しようとした。その業績は法典改革、モナド論、微積分法、微積分記号の考案、論理計算の創始、ベルリン科学アカデミーの創設等、多岐にわたる。ライプニッツは稀代の知的巨人といえる。
 
 
  ライプニッツ (小惑星) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ライプニッツ (5149 Leibniz) は、小惑星帯の小惑星。パロマー天文台のトム・ゲーレルスとライデン天文台のファン・ハウテン夫妻が発見した。 ドイツの哲学者・数学者で、微積分法の発見者、ゴットフリート・ライプニッツから命名された。
 
 
  ライプニッツ - 知の快楽   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ライプニッツのモナド/ライプニッツとニュートン/ライプニッツの論理学/ライプニッツにおける存在と論理/ライプニッツの神
 
 
  ライプニッツ『モナドロジー』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  17世紀ドイツにおける、知の大巨人ライプニッツ。 私は、このいかにも「近代哲学者」と言われる人たちの時代が結構好きだ。 皆あらゆる学問に精通した超知的エリートで、そんな人たちが互いに交流したというエピソードも、なんだかわくわくさせてくれる。
 
 
  ライプニッツ: ライプニッツ研究会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ライプニッツ(1646−1716)は、30年戦争さなかのドイツ・ライプツィッヒの地に生まれました。哲学者、数学者、論理学者、自然学者、法律家、政治家として、幅広い分野で活躍し、各分野で驚異的な発想を示しました。
 
 
  ライプニッツ―宇宙は生命に満ちている   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ライプニッツの思想を簡単に説明するのは非常に困難です。ラッセルは、ライプニッツの論理思想を知らずにライプニッツを理解することは出来ない、と言いました。同じように、アリストテレスやスコラ哲学を知らずにライプニッツを読むことは出来ない、と言うこともできるでしょう。でもそんなことを言っていると切がありません。ここではライプニッツの「モナド(monade)」という概念を中心に説明します。
 
 
  ライプニッツと言えば - ライプニッツ係数   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ライプニッツといえば、微積分法を発見した数学者(1646−1716)のことを思い出すのが普通なのかもしれません。 しかしながら、損害賠償請求事件で(とりわけ交通事故訴訟において)、ライプニッツという言葉が出てくるときは、ほとんどの場合、ライプニッツ係数のことを指しています。
 
 
  ライプニッツ(Gottfried Wilhelm Leibniz 1646-1716)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三十年戦争に疲れるドイツ、ライプツィヒの、哲学教授の家庭に生まれ、二十で早くも法学博士となり、ドイツのマインツ侯国の法律顧問となった。哲学には、早くから関心をもち、ホッブズ、デカルト、パスカルを学び、スピノザにはたびたび会いに行っている。そして、ロンドン王立科学協会、フランス科学学士院の会員に選ばれ、みずから、ベルリンにドイツ始めての学士院(アカデミー)を創設し、初代院長となった。
 
 
  ライプニッツ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ライプニッツ の画像 - Google
 
 
  ライプニッツ著作集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バロックの哲人の普遍的精神の全容を精選・翻訳した世界初の本格的著作集
 
 
  ライプニッツの著書一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ライプニッツの著書一覧
 
 
  ライプニッツ [単行本]  永井 博 (著)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  あらゆる学問に通暁し、学者として政治家として、個性的であると同時に普遍的であることをめざした生涯と思想。
 
 
  ライプニッツ [書籍] 下村寅太郎 (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ライプニッツ [書籍] 下村寅太郎 (著)
 
 
L・オイラー.1707/
     
M.ロモノーソフ.1711
ミハイル・ワシリエヴィチ・ロモノーソフ 
  ミハイル・ロモノーソフ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ミハイル・ワシリエヴィチ・ロモノーソフ (1711年11月19日 - 1765年4月15日))はロシアの博学者、科学者、作家。文学、教育、科学に関する業績を残している。とりわけ金星の大気の発見が重要。詩人でもあり、モスクワのスラブギリシャラテンアカデミーの12年の課程を学年トップの成績でわずか5年で修了した。その後サンクトペテルブルク大学で化学の教授に任命され、後に学長 となった。1748年気体分子運動論や質量保存の法則を思わせる言葉を残している。また、重力を説明する古典力学的理論についての成果も残している。
 
 
  ロモノーソフ - 輝き25   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モスクワ大学の創立者ロモノーソフの詩には、次のようにある。 「学問は青年を養い育て、老いたる者には喜びを与える。 幸福な日には我が身を彩り、不運な日には我が身を守る。 一家の苦難にあっては心をいやし、長き旅路にあっても邪魔にはならない。 学問は、いずこにあっても役に立つ。
 
 
  ミハイル・ロモノーソフ - 教えて!goo   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漁師から科学者へ/留学/ロシアでの業績/美術/文学者としての側面/死後   1761年にサンクトペテルブルクの自宅近くで観測した金星の日面通過を元に、金星に大気圏があるとの仮説を立てた。また、土壌、泥炭、石炭、石油、コハクが生物が変化したものであることを証明して見せた。 ロモノーソフは地理学者でもあり、ヴェーゲナーの大陸移動説を思わせる記録を残している[3]。また、南海から氷山が来ることから南極の存在を予言している。
 
 
  ロモノーソフ - 今も生き続ける人物たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロモノーソフは1711年、ロシア北部の村に生まれました。幼少時は漁師の父を助けて働くことも。生来、学ぶことが好きで、知り合いから本を借りては独習し、モスクワの神学校やキエフで学んだ後、サンクトペテルブルクの科学アカデミー聴講生となります。
 
 
C.A.クーロン.1736
シャルル-オーギュスタン・ド・クーロン
  シャルル・ド・クーロン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シャルル-オーギュスタン・ド・クーロン、1736年6月14日 - 1806年8月23日)はフランス・アングレーム出身の物理学者・土木技術者。彼が発明したねじり秤を用いて帯電した物体間に働く力を測定し、クーロンの法則を発見した。電荷の単位「クーロン」は彼の名にちなむ。 フランス・アングレームの裕福な家庭に生まれた。父アンリ・クーロンはモンペリエの役人であり、 母は羊毛交易で財を成した名家の出であった。… 彼は、電荷の間に働く力は距離の2乗に反比例していることを発見した。彼にちなんで、この法則はクーロンの法則と呼ばれるようになった。 イギリスのヘンリー・キャヴェンディッシュ(1731年 - 1810年)もクーロンの法則を独立に発見していたが、生前にその発見を公開していなかったため、発見者の栄誉はクーロンに与えられた。
 
 
  クーロン力 - クーロンの法則   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  プラスチック製の下敷きで頭髪をこすり、下敷きを少し持ち上げると、髪の毛が下敷きに向って立ったり、吸い付いたりする。 これは下敷きと髪の毛の間に引き合う力が働いているからである。 この引き合う力の根源が電荷だ。 髪の毛と下敷きを摩擦することにより、一方がプラスの電荷に他方がマイナスの電荷を帯びる。
 
 
  クーロンの法則 - 物理のかぎしっぽ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  電磁気学の出発点となるのが「クーロンの法則」と呼ばれる法則です.この法則はシャルルド・クーロンというフランスの物理学者がねじり秤という測定装置を使って発見しました。… この力をクーロン力といいます.この法則の発見は大変重要なもので,長い間止まっていた電気現象の研究はこの法則の発見によって新しい時代を向かえました。
 
 
  1から始める物理学 > 電磁気学 > クーロン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クーロンの法則とは電荷の間に働く力の大きさと向きを説明する決まりのような物です。電荷にはどうやら2種類あるようで、これは2つの電荷の間に働く力が引力になる場合と斥力になる場合がある事から推測できそうです。(磁石みたいだ。)それはプラスの電荷とマイナスの電荷と呼ばれています。 では、どのように力が働いているかを見てみましょう。…
 
 
  電磁気学:クーロンの法則についての問題です。 - 教えて!goo   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  どうやって解けばいいのか解らないので教えて下さい。 (問1〜問3)
 
 
  シャルル・クーロン (1736/6/14-1806/8/23)  伝記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彼の業績を顕彰して、電荷の大きさの単位を(C:Coulombクーロン)にしています。 実は、クーロンの法則を彼よりも前に知っていた人がいたのです。 それはイギリスのケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所の所長でマックスウエルの方程式で有名なマックスウエルによって発掘された文献で、1879年にケンブリッジ大学から出版されます。それには、イギリスのヘンリー・キャベンディッシュ(1731−1810)の電気の特性に関する2つの未発表原稿(1772年と1776年)が収録されていて、その中に電荷に関するクーロンの法則等が記録されていたのです。 また、磁力に関しては1750年にジョン・ミッチェルが同様の事実を「人工磁石についての論文」で発表していますが、クーロンがこの論文を読んでいたかどうかは明らかではありません。
 
 
A.ラヴォアジエ.1743
アントワーヌ=ローラン・ド・ラヴォアジエ (Wikipedia)
  アントワーヌ・ラヴォアジエ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントワーヌ=ローラン・ド・ラヴォアジエ(Antoine-Laurent de Lavoisier, 1743年8月26日 - 1794年5月8日)はフランス、パリ出身の化学者である。1774年、精密な定量実験を行い、化学反応の前後では質量が変化しないという質量保存の法則を発見した。また、当時、燃焼とは物質に含まれているフロギストンが空気中に出ていくというフロギストン説が支配的であったが、1777年に燃焼とは物質と酸素が結合することであると説明した。1789年、ラヴォアジエは『化学原論』を出版し、33の元素表を示し、近代化学の革命を成し遂げた。
 
 
  質量保存の法則 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスの科学者、アントワーヌ・ラヴォアジエが1774年、精密な定量実験を行い、化学反応の前後では質量が変化しないという質量保存の法則を発見、後に元素の概念と共に提唱した。この考えから出発して、定比例の法則と倍数比例の法則が発見され、原子、分子及び化学量論の概念が確立した。質量保存の法則の提唱者であるラヴォアジエは「近代化学の父」と呼ばれる。
 
 
  アントワーヌ・ラヴォアジエ - Facebook   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランス革命勃発後の1793年に徴税吏であること、徴税請負人の娘と結婚していたことなどを理由に投獄された。徴税請負人は市民から正規の税+高額な手数料をとったため革命政府の標的とされた。ラヴォアジェ自身はそこまでひどい徴税はせず、むしろ税の負担を減らそうと努力していたが、1794年5月8日の革命裁判所の審判で「水と有害物質をタバコに混入した」との(架空の)咎で死刑とされ、その日のうちに 断頭台によって公開断首刑に処せられた。
 
 
  アントワーヌ・ラヴォアジエ - Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントワーヌ・ラヴォアジエ - Yahoo!知恵袋
 
 
  アントワーヌ・ラヴォアジエ - Yahoo!人物名鑑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントワーヌ=ローラン・ド・ラヴォアジエ(Antoine-Laurent de Lavoisier, 1743年8月26日 - 1794年5月8日)はフランス、パリ出身の化学者である。来歴 1774年、精密な定量実験を行い、化学反応の前後では質量が変化しないという質量保存の法則を発見した。
 
 
  斬首 ― 切断された人間の頭部は意識を有するか   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1794年、反政府的政治活動からギロチン刑に処されたアントワーヌ・ラボアジエの、次のような逸話である。 ”(要約)ラボアジエがギロチンにかけられる以前、まず彼の使用人がギロチン刑に処された。ラボアジエはその場に居て、斬首後、すぐにその首を拾い上げ、”もし意識があるなら、瞬きをせよ”と問うた。すると使用人は数度に渡って瞬きをしたという。そして1794年、今度はラボアジエ自身が断頭台に立たされることになった。処刑の直前、彼は弟子に”もし斬首後も意識があったならば、私は可能な限り瞬きをし続ける”と告げた。そして約束通り、斬首後、彼は15秒間から20秒間に渡って瞬きをし続けたのである。”
 
 
  アントワーヌ・ラヴォアジエ - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントワーヌ・ラヴォアジエ1さんの相関図  アントワーヌ=ローラン・ド・ラヴォアジエ(Antoine-Laurent de Lavoisier, 1743年8月26日 - 1794年5月8日)はフランス、パリ出身の化学者である。
 
 
  アントワーヌ=ローラン・ド・ラヴォアジエ - 情報の壺   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  裕福な生まれだったにもかかわらず、実験器具を買う費用が必要だったことから、市民から税金を取り立てて国王に引き渡す  徴税請負人の職業に就き、徴税請負人の長官ジャック・ポールズの娘マリー・アンヌ・ピエレット・ポールズと結婚した。
 
 
  YouTube - E=mc^2 〜アインシュタインと世界一美しい方程式〜 ラヴォアジエ編   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - E=mc^2 〜アインシュタインと世界一美しい方程式〜 ラヴォアジエ編
 
 
  YouTube - E=mc^2 〜アインシュタインと世界一美しい方程式〜 ラヴォアジエ編 Part 3/4   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - E=mc^2 〜アインシュタインと世界一美しい方程式〜 ラヴォアジエ編 Part 3/4
 
 
  スウガクとくガウス - ラングレーの問題   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長崎県南島原市の有家町で数学の学習塾をしています。ホームページをとりあえず「ラングレーの問題」…補助線が鍵になる初等幾何の問題、別名「フランクリンの凧」の題材で2004年10月に作り始めました。
 
 
A.ボルタ.1745
アレッサンドロ・ボルタ (Wikipedia)
  アレッサンドロ・ボルタ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アレッサンドロ・ジュゼッペ・アントニオ・アナスタージオ・ヴォルタ伯爵(1745年2月18日 - 1827年3月5日)は、イタリアの自然哲学者(物理学者)。電池(ボルタ電池)を発明した。日本では、一般にはボルタと表記される。 今日では静電容量と呼ばれているものを研究して電位(V)と電荷(Q)を分けて研究する手段を確立し、それらが比例することを発見した。この業績から、後に電位差の単位がボルトと名付けられることになった。 また、ボルタが作った電池は世界初の化学電池とされている。
 
 
  電池についての研究   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  化学の授業の中で学んだ「電池」について、興味を持ったので調べてみることにした。  はじめの/電池の種類/ボルタの電池について/実験方法/実験結果と考察/まとめ
 
 
  ボルタ電池 - 化学魔の還元   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  希硫酸の溶液に亜鉛板と銅板を入れて、導線でつないだ電池です。ボルタ電池の構成は次のように表されます。…
 
 
  ボルタ [Alessandro Volta] - 三省堂 大辞林   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリアの物理学者。ガルバーニの電気説を批判して金属による接触電気を発見、定常電流を発生させる装置としてボルタの電堆(銀板とスズ板の間に塩水で浸した布切れを挟んだものを積み重ねた装置)を発明。電圧の単位ボルト( V )は、彼の名にちなむ。他に電気盆・検電器・蓄電器を発明。
 
 
  3分でわかるアレキサンドロ・ボルタ - どんこば村   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  3分でわかるアレキサンドロ・ボルタ - どんこば村
 
 
  ボルタ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ボルタ の画像 - Google
 
 
P.S.ラプラス.1749
ピエール=シモン・ラプラス  (Pierre-Simon Laplace)
  ピエール=シモン・ラプラス (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピエール=シモン・ラプラス(Pierre-Simon Laplace, 1749年3月23日 - 1827年3月5日)は、フランスの自然科学者、数学者、物理学者、天文学者。「天体力学概論」と「確率論の解析理論」という名著を残した。 1789年にロンドン王立協会のフェローに選出された。  1 人物 / 2 決定論 / 3 関連図書 / 4 脚注 / 5 関連項目 / 6 外部リンク
 
 
  ラプラスの悪魔 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ラプラスの悪魔(ラプラスのあくま、Laplace's demon)とは、主に近世・近代の物理学の分野で未来の決定性を論じる時に仮想された超越的存在の概念であり、フランスの数学者、ピエール=シモン・ラプラスによって提唱されたもののこと。ラプラスの魔物あるいはラプラスの魔とも呼ばれる。  1 概要 / 2 背景 / 3 その後の評価 / 4 脚注 / 5 関連項目
 
 
  ピエール=シモン・ラプラス - 歴史上の数学者たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ラプラスは著書の『確率論の解析理論』において、「ある瞬間の全ての物質の状態が分かれば、その後に起こる全ての現象は事前に計算できる」との考えを述べました。=歴史上の数学者たちの功績について記していきます。 その生涯や歴史的背景、人物にちなんだ雑学等も紹介します。
 
 
J.プルースト.1754
ジョゼフ・プルースト
  ジョゼフ・プルースト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョセフ・プルースト(Joseph Louis Proust,1754年9月26日- 1826年7月5日)はフランスの化学者である。定比例の法則を唱え、ベルトレーとの論争を通じて化合物が、元素の整数比の組合わせでできているという概念を広めたことで知られる。
 
 
  定比例の法則 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  定比例の法則(ていひれいのほうそく)とは、物質が化学反応する時、反応に関与する物質の質量の割合は、常に一定であるという法則。また化学反応において元素の転換は起こらないので、これは化合物を構成する成分元素の質量の比は常に一定であることも意味する。
 
 
  プルースト とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスの化学者。1789年スペインのマドリードの王立実験所長。定量分析によって1799年定比例の法則を提出。化合物の組成は連続的に変化するとするベルトレとの長い間の論争は有名。 (1754-1826)
 
 
  プルースト - 理科便覧ネットワーク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  家業は薬屋で,化学の研究にはうってつけの環境にあった。 あるときプルーストは,化学反応の性質について,ベルトレという化学者と論争した。ベルトレは,生成の条件によって,化合物にふくまれる成分の比は異なると主張した。一方プルーストは,化合物にふくまれる成分の比は常に一定であると考えた。
 
 
  プルースト の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  プルースト の画像 - Google
 
 
J.ドルトン.1766
【色覚異常の学者】ジョン・ドルトン 
  ジョン・ドルトン (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョン・ドルトン(John Dalton, 1766年9月6日 - 1844年7月27日)は、イギリスの化学者、物理学者ならびに気象学者。中でも最も重要とされているのは、化学的原子説である。 機織りの息子であり、地元の小学校で初等教育を受けたが、12歳にしてそこの教師となった。 また、自分自身と親族の色覚を研究し、自らが先天色覚異常であることを発見したことによって、ドルトニズムの語源となった。 1794年、雨と露、湧水の起源、熱、空の色、水蒸気、英語の助動詞と分詞、光の反射と屈折といった様々な主題の論文を書いた。
 
 
  ドルトンの法則 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドルトンの法則(ドルトンのほうそく)は、気体の性質についての法則で、「混合気体の全体としての圧力(全圧)は、各気体成分それぞれの圧力(分圧)の和に等しい」という法則である。分圧の法則とも呼ばれる。1801年にジョン・ドルトンにより発見された。
 
 
  ジョン・ドルトンとは - Weblio辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョン・ドルトン(John Dalton, 1766年9月6日 - 1844年7月27日)は、イギリスの化学者、物理学者ならびに気象学者。
 
 
  .ドルトン の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  .ドルトン の画像 - Google
 
 
A.M.アンペール.1775 
アンドレ=マリ・アンペール (Wikipedia)
  アンドレ=マリ・アンペール (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アンドレ=マリ・アンペール(Andr&eacute;-Marie Amp&egrave;re, 1775年1月20日-1836年6月10日)は、フランスの物理学者、数学者。電磁気学の創始者の一人。電流のアンペアはアンペールの名にちなんでいる。フランス中南部の都市リヨンに生まれる。アンペールは歴史や紀行、詩、哲学、自然科学一般を好んだ。 アンペールの名声は電気と磁気の関係を明らかにしたことによるもので、それが電磁気学の礎となった。また、アンペールは右ねじの法則(右手の法則)として知られる法則も発見した。
 
 
  アンドレ・マリー・アンペール   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスの物理学者で、アンペールの法則を発見した電磁気学の創始者の一人です。電流の単位のアンペア(A ampere)はアンペールの名にちなんでいます。
 
 
  アンドレ・マリ・アンペール - 三菱重工   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今から約3000年前の古代ギリシャの時代から、琥珀をこすると羽のように軽いものを引きつける力が生じる(静電気)現象や、自然界に鉄を含んだものを引き寄せる力(磁気)を持つものがあることは知られていました。
 
 
  ハンス・クリスティアンエルステッド&アンドレ=マリ・アンペール   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハンス・クリスティアンエルステッド&アンドレ=マリ・アンペール
 
 
  アンペール の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アンペール の画像 - Google
 
 
A.アヴォガドロ.1776
アメデオ・アヴォガドロ (Wikipedia)
  アメデオ・アヴォガドロ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アメデオ・アヴォガドロ(il Conte Lorenzo Romano Amedeo Carlo Avogadro di Quaregna e Cerreto, 1776年8月9日 - 1856年7月9日)は、イタリアのトリノ出身の物理学者、化学者。「アボガドロの法則」でとくにその名が知られている。生涯トリノ近郊を離れることがほとんどなかった。 「同温同圧のもとでは、すべての気体は同じ体積中に同数の分子を含む」というのがアボガドロの法則の基本的な内容である。1811年当時、物質が原子から構成されると主張する原子説はほとんどの化学者に共通の認識となっていた。
 
 
  アヴォガドロの法則   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドールトン(1766-1844)は1803年に「倍数比例の法則」を発表しました。反応に関係する物体が分割不能な原子から成り立っていると考えれば、この法則は合理的に説明できるとして、彼は原子説を提唱し、原子の重さ(原子量)を定めることを試みました。…
 
 
  アメデオ・アヴォガドロ - Yahoo!人物名鑑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アメデオ・アヴォガドロ(il Conte Lorenzo Romano Amedeo Carlo Avogadro di Quaregna e Cerreto, 1776年8月9日 - 1856年7月9日)は、イタリアのトリノ出身の物理学者、化学者。「アボガドロの法則」でとくにその名が知られている。
 
 
  アメデオ・アヴォガドロ - あのひと検索 SPYSEE    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アメデオ・アヴォガドロ(1776年8月9日 - 1856年7月9日)は、イタリアのトリノ出身の物理学者、化学者。   アメデオ・アヴォガドロさんの相関図
 
 
C.F.ガウス.1777
カール・フリードリヒ・ガウス (Wikipedia)
  ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス(1777年4月30日 - 1855年2月23日)はドイツの数学者、天文学者、物理学者である。 幾つもの逸話の一つに、校長は「これ以上教えられることはない」と述べたようである。 数学や磁気学の各分野には彼の名が付いた法則、手法等が数多く存在する。18-19世紀最大の数学者の1人である。正17角形が作図できることを発見、彼の記念碑に刻まれている。ガウスの定理・ガウスの法則・ガウス(磁束密度の単位)・ガウス単位系は彼の名にちなむ。
 
 
  ガウス (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ガウス(gauss, 記号:G)は、CGS電磁単位系・ガウス単位系における磁束密度の単位である。その名前は、ドイツの数学者であるカール・フリードリヒ・ガウスに因む。
 
 
  ガウスの記号   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私が高校生の頃、新鮮に感じた関数がある。それまで関数といえば、すべて連続関数であった。多分、不連続な関数との最初の出会いだったと思う。 たしか、それは数学掘文醜圓凌学靴箸枠罎戮發里砲覆蕕覆ぐ漫¬ノ賄な話題が豊富であった!) の授業のときであった。、先生が、黒板に次のような問題を出された。
 
 
  ガウスフィルタ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ガウスフィルタとは、ガウス関数を使ったぼかしフィルタです。 ガウス関数とは、指数関数的な形をした関数で、次の形をしています。
 
 
  「ガウス加速器」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モーターや発電機に欠かすことの出来ない磁石ですが、より強力な磁石を使うことで高効率&小型化が可能になります。 最強とされている「ネオジウム磁石」が普及してきたおかげで、生活も変わってきてるとか!?
 
 
  ガウス - 数学偉人伝   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨハン・フリードリッヒ・カール・ガウス(Gauss,Karl Friedrich)は1777年4月20日にレンガ工の1人息子としてドイツで生まれました。ガウスは小さい頃から知的能力が並外れていて,それらのエピソードは数多くあります。
 
 
  ガウス - 電気史偉人典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  煉瓦職人の子としてプロシア北部、ハノーバー近くのブラウンシュバイクに生まれる。 幼少時から明敏で、「自分は話し始める前にもう計算した」と本人が語っていたり、2歳で父親の計算ミスを指摘したり、1から100までの数字すべてを足すように課題を出されとき即座に解答して教師を驚かせたという逸話がある。
 
 
  YouTube - ガウス加速器    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - ガウス加速器
 
 
  ガウスとは - マグネット用語 Weblio辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ガウスとは - マグネット用語 Weblio辞書(三省堂 大辞林)
 
 
  ガウス・ジョルダンの連立1次方程式の解法   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この解法はガウスの消去法を改良したもので,原理的には,ガウスの消 去法と同じである。n元連立方程式(4.2.5)を行列とベクトル(bi= ai,n+1)で表すと,次のようになる。
 
 
  ガウスネットワークのホームページへようこそ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ガウスネットは1993年結成以来、高圧線や携帯電話などから生じる電磁波問題に取り組んでいます。
 
 
  世界の測量 ガウスとフンボルトの物語  [ハードカバー]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  知の歴史に偉大な足跡を残した天才、ガウスとフンボルトを主人公とした哲学的冒険小説。ドイツ文学では『ブリキの太鼓』『香水』と並び賞される傑作、待望の邦訳。ドイツ国内では130週にわたりベストセラーリストに名を刻み、120万部の売上を記録。世界45か国で出版。
 
 
A.L.コーシー.1789
オーギュスタン=ルイ・コーシー (Wikipedia)
  オーギュスタン=ルイ・コーシー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オーギュスタン=ルイ・コーシー(Augustin Louis Cauchy, 1789年8月21日 - 1857年5月23日)はフランスの数学者。解析学の分野に対する多大な貢献から「フランスのガウス」と呼ばれることもある。これは両者がともに数学の厳密主義の開始者であった事にも関係する。他に天文学、光学、流体力学などへの貢献も多い。パリに生まれたが、直前に起こったフランス革命をさけ小さな村で育てられた。混乱した世相を受けて貧窮した生活を送ったため病身となり、生涯健康に配慮して暮らしたという。初期の研究では、コーシーは多面体に関するオイラーの定理に最初の証明を与えた。
 
 
  コーシー分布 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  コーシー分布(コーシーぶんぷ、en:Cauchy distribution)は、連続型確率分布の一種である。分布の名称は、フランスの数学者オーギュスタン=ルイ・コーシーにちなむ。
 
 
  コーシー分布   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  コーシー分布 は,自由度が 1 の t 分布と同じである。
 
 
  コーシーの関係   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  さて、物体の中に微小な四面体を考えてみます。さらに、ΔABCの面積をΔS、その面の法線ベクトルnの成分を、それぞれn1,n2,n3とします。
 
 
  コーシーの公式   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  コーシーの公式はベクトル{n}で定義された面に加わる応力ベクトルを求める式です。
 
 
  コーシーの判定法   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  以下の級数が収束するか発散するかを判定せよ。
 
 
  6 コーシーの積分定理   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1.コーシーの積分定理/2.原始関数と積分経路/
 
 
  コーシーの積分公式 - 百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この公式は領域の中に正則ではない点が存在する場合の考えが示されている。
 
 
  コーシーの不等式のちょっとした小手技   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  相加・相乗平均をぶっ飛ばせ  <先 生>今日は、相加・相乗平均の問題の復習からだ。・・・
 
 
  コーシー・シュワルツの不等式についての検索結果 - OKWave   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  コーシー・シュワルツの不等式についての検索結果 - OKWave
 
 
  評伝コーシー―フランス革命の大波とともに生きた数学者の生涯 [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本書は、コーシーについて実に130年ぶりに書かれた作品である。原資料にあたりながら、新しい「コーシー像」を再構成しようと試みている。
 
 
  YouTube - 「かぐや」HDTVによるコーシー谷    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 「かぐや」HDTVによるコーシー谷
 
 
M.ファラデー.1791
19世紀最大の実験科学者ファラデー
  マイケル・ファラデー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マイケル・ファラデー(Michael Faraday, 1791年9月22日 - 1867年8月25日)は、イングランド人の化学者・物理学者で、電磁気学および電気化学の分野での貢献で知られている。直流電流を流した電気伝導体の周囲の磁場を研究し、物理学における電磁場の基礎理論を確立。化学者としては、ベンゼンを発見し、原始的な形のブンゼンバーナーを発明し、酸化数の体系を提案した。アノード、カソード、電極 (electrode)、イオンといった用語はファラデーが一般化させた。
 
 
  ファラデー - 電気史偉人典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イギリス 1791〜1867  史上最大の実験物理学者  偉大なる”自然哲学者”  1791年、モーツァルトが没した年の9月22日。イングランドはニューイントン、テムズ川ほとりのバッツに4人の子をもつ鍛冶職人の長女エリザベス、長男ロバートに続く第3子として生まれる。一家がウェストモーランドの村からロンドンに移り住んだのはファラデー5歳の頃であり、産業革命によって急激に人口が増加した当時のロンドン職人は大工場に仕事を奪われていた。
 
 
  偉人道 マイケル・ファラデー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鍛冶屋の息子ファラデーの家族は貧しく、彼が9歳の時、一家は生活保護を受けねばならなかった。 12歳になったファラデーは、小学校すら出ないまま製本屋の配達人として働き始めた。翌年には年季奉公人となり、製本技術を身につける。…
 
 
  マイケル・ファラデー - J・M・トーマス      TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「ファラデーの生涯」を読み、彼が王立研究所で行った歴史的な名講演「ろうそくの科学」を中学生の時代に読んだ記憶が一気に蘇り、さらに詳しく彼のことを知りたいと思った。・・・
 
 
  マイケル・ファラデー - 王立協会(ロンドン)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  王立協会(王立研究所ともいう)は,18世紀末に創立されたイギリスの学術研究,および教育普及を目的とした機関である。イギリスには ROYAL(王立)という名称をつけた機関が多いが,これは国王が設立したとか資金を提供したということではなく,単に「イギリスの」といった意味である。 ここはいうまでもなくマイケル・ファラデー(1791-1867)の活躍した舞台である。
 
 
  マイケル・ファラデー - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マイケル・ファラデー(Michael Faraday, 1791年9月22日 - 1867年8月25日)は、イングランド人の化学者・物理学者(あるいは当時の呼称では自然哲学者)で、電磁気学および電気化学の分野での貢献で知られている。
 
 
  第5話  19世紀最大の実験科学者ファラデーとクランプテスタ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クランプテスタは電路を切断せずに電流測定ができる大変使い勝手の良い測定器である。 そのため、商品化以来わずか50数年の短い歴史にも拘わらず、今日、現場作業における第一級の重要計測器として幅広い用途に使用されている。 その基本原理は19世紀の中頃、英国の実験科学者マイケル・ファラデー(Michael Faraday 1791-1867)の電磁誘導の発見に遡る。
 
 
  マイケル・ファラデー (Michael Faraday 1791/922-1867/8/25) 伝記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イギリスの化学者、物理学者で、ファラデーの法則や電磁誘導を発見した電磁気学の創始者の一人です。静電容量の単位は彼の名前にちなんで(F;farad ファラッド)を使用しています。また、ブンゼンバーナーの発明者としても知られています。
 
 
  マイケル・ファラデー の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マイケル・ファラデー の画像 - Google
 
 
  マイケル・ファラデー―科学をすべての人に [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1804年、13歳で書店兼製本屋の師弟となり、そこで出会った本をきっかけに科学の道を志す。電気と磁気の科学の開拓者としての数々の発見とともに、『ロウソクの科学』としていまも読みつがれるクリスマス講演などを立ちあげ、市民や子ども向け科学講演の基礎をつくったファラデーの業績と生涯。
 
 
L.パスツール.1822
日本パスツール協会
  ルイ・パスツール (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルイ・パスツール(Louis Pasteur, 1822年12月27日 - 1895年9月28日)は、フランスの生化学者、細菌学者。ロベルト・コッホとともに、「近代細菌学の開祖」とされる。牛乳、ワイン、ビールの腐敗を防ぐ低温での殺菌法を開発。またワクチンの予防接種という方法を開発し、狂犬病ワクチンなどを発明している。1861年に『自然発生説の検討』を著し、従来の「生命の自然発生説」を否定した。パスツールは嫌気性菌、つまり空気や酸素なしに増殖する微生物を発見。1895年、微生物学で最高の栄誉であるレーウェンフック・メダルを受賞。
 
 
  パスツール   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルイ・パスツール(Louis Pasteur, 1822-)はフランスが生んだ「細菌学の父」と呼ばれる人です.パスツールはスイス国境の皮なめし職人の子供としてうまれました.彼の「科学には国境はないが,科学者には祖国がある」というプロシアと対立していたフランスの科学者の言葉として有名です.
 
 
  日本パスツール協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一世紀以上に亘り、人類の健康に貢献しているパスツール研究所の理念に共鳴し、日仏を中心とした内外研究者の交流促進、 最先端の医科学情報の普及を主な目的としております。
 
 
  パスツール研究所 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パスツール研究所 (Institut Pasteur) は、フランスのパリにある生物学・医学研究を行う非営利民間研究機関。ルイ・パスツールが狂犬病ワクチンを開発し、1887年に開設した。微生物、感染症、ワクチンなどの基礎・応用研究の他、高等教育も行う。伝統的に微生物学や病原微生物研究が盛んである。近年ではHIVの単離などの業績が有名である。
 
 
  パスツール の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パスツール の画像 - Google
 
 
G.R.キルヒホッフ.1824
グスタフ・キルヒホフ (Wikipedia)
  グスタフ・キルヒホフ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  グスタフ・ローベルト・キルヒホフ(Gustav Robert Kirchhoff, 1824年3月12日 - 1887年10月17日)は、プロイセン生まれの物理学者。電気回路におけるキルヒホフの法則や、キルヒホフの放射法則を発見したことで知られる。 ローベルト・ブンゼンとともに、分光学研究に取り組み、セシウムとルビジウムを発見した。フラウンホーファーが発見した太陽光スペクトルの暗線がナトリウムのスペクトルと同じ位置に見られることを明らかにし、分光学的方法により太陽の構成元素を同定できることを示した
 
 
  キルヒホッフ - 電気史偉人典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツ 1824〜1887  ガウスの弟子の一人   ロシアのカリーニングラードに生まれ、ケーニヒベルクのノイマンのもとで学ぶ。 1850年、ブレスラウ大学教授に就任し、ブンゼンと出会う。 1854年にハイデルベルク大学の物理学教授に就任し、1875年ベルリン大学数理物理学教授となる。 ヘルツ、プランクらはキルヒホッフのベルリン時代の生徒である。
 
 
  キルヒホッフの法則 (電気回路) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  キルヒホッフの法則(キルヒホッフのほうそく) は、電気回路において任意の節点に流れ込む電流の総和、および任意の閉路の電圧の総和に関する法則である。線型回路、非線型回路を問わず成り立つ。電気工学で広く用いられる。1845年物理学者グスターヴ・キルヒホッフが発見した。
 
 
  回路網の計算1  〜キルヒホッフの法則〜    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  キルヒホッフの第一法則 : 回路網上の任意の電流の分岐点において電流の流入の和と流出の和は等しい.  キルヒホッフの第二法則 : 回路網上で任意の閉じた環状の電路をたどるとき電路中の電源の電圧の総和と電圧降下の総和は等しい.
 
 
  電気主任技術者試験講座  キルヒホッフの法則   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  電気主任技術者試験講座  キルヒホッフの法則
 
 
  「キルヒホッフ」に関連した動画の一覧 - Weblio辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「キルヒホッフ」に関連した動画の一覧 - Weblio辞書
 
 
J.C.マクスウェル.1831
マクスウェルという人は - 電気史偉人典
  ジェームズ・クラーク・マクスウェル (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジェームズ・クラーク・マクスウェル(James Clerk Maxwell、1831年6月13日 - 1879年11月5日)はイギリス(スコットランド)の理論物理学者。マイケル・ファラデーによる電磁場理論をもとに、1864年にマクスウェルの方程式を導いて古典電磁気学を確立した。さらに電磁波の伝播速度が光の速度と同じであることを示した。これらの業績から電磁気学の最も偉大な学者の一人とされる。また、土星の環や気体分子運動論・熱力学・統計力学などの研究でも知られている。なお、マクスウェルは史上初めてカラー写真の撮影に成功した。
 
 
  マクスウェルの方程式 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マクスウェルの方程式(マクスウェルのほうていしき)は、電磁場のふるまいを記述する古典電磁気学の基礎方程式。マイケル・ファラデーが幾何学的考察から見出した電磁力に関する法則から1864年にジェームズ・クラーク・マクスウェルが数学的形式として整理し導いた。マクスウェル-ヘルツの電磁方程式、電磁方程式などとも呼ばれる。
 
 
  マクスウェルという人は - 電気史偉人典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スコットランド、エディンバラはグレンシアの裕福な領主の家系に、ファラデーが電磁誘導を発見した年に弁護士の子として生まれた。 父親は無類の科学好きで、仕事の合間の科学実験を趣味とし、エディンバラ王立協会の定例会議で学者の話を聞くのが無上の楽しみという人物であった。
 
 
  マクスウェル の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マクスウェル の画像 - Google
 
 
A・B・ノーベル.1833
ダイナマイト王》ノーベル賞の生みの親 『アルフレッド・ノーベル』の名言 ベスト9 天才・鬼才と呼ばれた人たち! 「ノーベル賞」制定記念日」!!「アルフレッド・ノーベル」!
  アルフレッド・ノーベル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ダイナマイトの発明によって、科学史のみならず 人類史の行方をも変えたといわれるアルフレッド・ノーベル。 彼が建設したダイナマイト工場は世界100箇所に及び ヨーロッパ有数の実業家として未曾有の成功をおさめました。 しかしその一方で、開発したダイナマイトは兵器に利用され 多くの人々の命を奪う結果に…。 ダイナマイトの利用を巡って戦争と平和の狭間で揺れ動いた彼は 平和への希求を“ノーベル賞創設”という遺言に託し、昇華。 そうした彼の気高い意志は、死後100年以上を経た今日も ノーベル賞を通して学問と人間愛を奨励し、人類の進歩に貢献し続けています。
 
 
  アルフレッド・ノーベル (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルフレッド・ベルンハルド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel, 1833年10月21日 - 1896年12月10日)は、ダイナマイトの発明で知られるスウェーデンの化学者、発明家、実業家。ボフォース社を単なる鉄工所から兵器メーカーへと発展させた。350もの特許を取得し、中でもダイナマイトが最も有名である。ダイナマイトの開発で巨万の富を築いたことから、「ダイナマイト王」とも呼ばれた。遺産をノーベル賞創設に使った。自然界には存在しない元素ノーベリウムはノーベルの名をとって名付けられた。Dynamit Nobel やアクゾノーベルのように現代の企業名にも名を残している(どちらもノーベルが創業した会社の後継)。  1 生涯 / 2 私生活 / 3 発明 / 4 遺産とノーベル賞 / 5 その他 / 6 脚註 / 7 参考文献 / 8 関連項目 / 9 外部リンク
 
 
  アルフレッド・ノーベルの人生 - Ages   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルフレッド・ノーベルの名言・格言/幼少期のアルフレッド・ノーベル/4歳・9歳・16歳・17歳・18歳・19歳・20歳・22歳・26最・31歳/33歳・38歳・42歳・43歳・45歳・55歳・58歳・60歳のアルフレッド・ノーベル/17歳のアルフレッド・ノーベル
 
 
  ノーベル賞の知られざる5つの秘密 - NAVER まとめ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山中教授のノーベル賞受賞でニュースは持ちきりですが、ノーベル賞にはあまり知られていない秘密があります。ノーベル賞とそして設立者のアルフレッド・ノーベルの秘密と真実を5つまとめました。大量殺戮兵器を作り出してしまったノーベルの苦悩も聞こえてきそうな秘密と真実になっています。
 
 
  生前には巨万の富、死後には名声をえた発明家 アルフレッド・ノーベル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルフレッド ・ ノーベルは(1833-1896)はスウェーデンの化学者・発明家で、約350 件の特許を取得した人物です。 ダイナマイトの発明で巨万の富を得た彼は、数々の発明で世の中を便利にしたにも関わらず、「人殺しのための道具を発明した」と世間からの非難を浴びてしまいます。 自分の生涯の成果が正当に評価されることに心を砕いた彼は、数百億円にも相当する莫大な遺産を、世の中に役に立つ研究や発表を成し遂げた人々に分け与えるように遺言にしたためます。これがノーベル賞設立の発端となりました。…
 
 
  ノーベル賞提唱者アルフレッド・ノーベルの悲しき最期 「死の商人」と呼ばれて   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世で成功した人のことは、その名前と稼ぎだした金額、後世に残した産物だけが伝えられがちです。 しかし人間、生まれてから死ぬまで常春とはいきません。大体の場合、「長い苦難の末にやっと栄光をつかんだ」「若い頃に一山当てたが、晩節を汚した」というように、不思議とプラスとマイナスのバランスが取れるようになっているものです。 本日はその一例、この日最も話題になるであろうものを残したあの人のお話です。…
 
 
  ノーベル賞の生みの親 『アルフレッド・ノーベル』の名言 ベスト9 - NAVER まとめ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ダイナマイトの開発で巨万の富を築いたことから、「ダイナマイト王」とも呼ばれ、その遺産をノーベル賞創設に使った。ダイナマイトの発明によって、科学史のみならず 人類史の行方をも変えたといわれる『アルフレッド・ノーベル』の名言を集めました。
 
 
  アルフレッド・ノーベル の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
  ⇒ノーベル賞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「084 【科学】 ノーベル賞/日本人ノーベル賞/イグ・ノーベル賞」 ⇒ノーベル賞
 
 
E.マッハ.1838
エルンスト・マッハ (Wikipedia)
  エルンスト・マッハ (Wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エルンスト・ヴァルトフリート・ヨーゼフ・ヴェンツェル・マッハ(Ernst Waldfried Joseph Wenzel Mach, 1838年2月18日 - 1916年2月19日)は、オーストリアの哲学者、物理学者、科学史家。現代の科学の骨格に多大な影響を及ぼした。哲学の分野では現象学等に多くの影響を与えている。認識論や科学哲学の分野では、思惟経済という考えかたを強調したことで影響を残した。生理学でも、マッハの名前が冠された業績は多数ある。心理学分野では《マッハの帯》や《マッハ効果》を発見した。
 
 
  エルンスト・マッハ ポラーニ・カーロイ著      TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  腹をすかせた人間がいつもおびえた状態で深い洞窟や木の上に住んでいたときには、自然というものは、まだ動物のそれにも似ていた人間の想像力によって、あらゆる種類の忌まわしいことに満たされていた。
 
 
  エルンスト・マッハ - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エルンスト・ヴァルトフリート・ヨーゼフ・ヴェンツェル・マッハ(Ernst Waldfried Joseph Wenzel Mach, 1838年2月18日 - 1916年2月19日 ドイツ・ハール )は、オーストリアの哲学者、物理学者、科学史家。
 
 
  『マッハ力学』 エルンスト・マッハ - 松岡正剛の千夜千冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  科学書の古典に夢中になりはじめたのは25、6歳からである。理科系の大学になぜ進まなかったかと自分の浅薄な進路決定の過去にちょっぴり地団太を踏みながら、たった一人で数式の多い書物にも刃向かっていた。 ふりかえれば、それがよかった。晩年の湯川秀樹に私淑できたことも、ディラックに出会えたことも、またファインマンを西海岸に訪れる気になったことも、理科系社会のシバリに入らなかったから勝手気儘にできたし、好きな科学者のところにも出入りした。
 
 
  エルンスト・マッハ - 相対性理論に影響を与えたオーストリアの物理学者   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  実証主義哲学の論客として有名なエルンスト・マッハ(1838〜1916)は、オーストリアの物理学者。ウィーン大学で物理学を専攻し物理学の学位を取りましたが、彼の学問的な功績は、18世紀にニュートンが提唱した絶対空間の概念をアルバート・アインシュタインに先がけて否定し、相対性理論の構築に大きな影響をおよぼしたことです。
 
 
  エルンネスト・マッハ - 紀伊国屋書店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エルンネスト・マッハ - 紀伊国屋書店  和書 全10件
 
 
  エルンスト・マッハ - 検索の結果(一覧)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  時間と空間 新装版/認識の分析 新装版/マッハ力学史 上/マッハ力学史 下/認識の分析/時間と空間/感覚の分析/認識の分析/マッハ力学
 
 
  エルンスト・マッハ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エルンスト・マッハ の画像 - Google
 
 
ロベルト・コッホ.1843
ロベルト・コッホ - 人名辞典
  ロベルト・コッホ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロベルト・コッホ、またはハインリヒ・ヘルマン・ローベルト・コッホ(Heinrich Hermann Robert Koch、1843年12月11日 - 1910年5月27日)は、ドイツの医師、細菌学者。ルイ・パスツールとともに、「近代細菌学の開祖」とされる。 炭疽菌、結核菌、コレラ菌の発見者である。純粋培養や染色の方法を改善し、細菌培養法の基礎を確立した。寒天培地やペトリ皿(シャーレ)は彼の研究室で発明され、その後今日に至るまで貢献した。またコッホの原則を提唱し、感染症研究の開祖として医学の発展に貢献した。
 
 
  コッホの原則 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  コッホの原則とは、ドイツの細菌学者ロベルト・コッホがまとめた、感染症の病原体を特定する際の指針のひとつ。  その原義は、1.ある一定の病気には一定の微生物が見出されること  2.その微生物を分離できること   3.分離した微生物を感受性のある動物に感染させて同じ病気を起こせること  4.そしてその病巣部から同じ微生物が分離されること の四つからなり、コッホの四原則とも呼ばれる。
 
 
  コッホ現象(BCG予防接種)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  コッホ現象(BCG予防接種) : 平成17年4月より結核予防法が改正されます。これに伴い、乳児のBCG接種方法が、変更になります。 平成16年度までは、ツベルクリン陰性児(結核感染のない乳児)がBCGの対象でした。 平成17年からは、ツベルクリン反応(以後ツ反)は行わず、BCGを接種いたします。いままでは、ツ反判定に48時間かかっていましたので、新制度では即日ワクチン接種が可能となります。
 
 
  ロベルト・コッホ - 人名辞典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツの医学者・細菌学者。1843年現在のクラウスタール・ツェラーフェルトに生まれる。ゲッティンゲン大学卒業後、開業医、地方医官を経て1880年にベルリン国立衛生院に招かれて研究をおこなった。
 
 
  ローベルト・コッホ (1843-1910)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランスのルイ・パスツールとならんで,医学微生物学を近代科学の領域に押し上げたのはドイツの偉大な細菌学者ローベルト・コッホです.コッホはドイツの鉱山技師の息子として生まれ,ゲッチンゲン大学の医学校を卒業しました.その後病院に勤務し,1872年臨床医の資格をとり普通の田舎の医者して開業し,診療活動をしていました.28歳の誕生日に妻からの誕生祝として顕微鏡をプレゼントされたのをきっかけに診療の傍ら本格的に細菌,とくに炭疽病の研究に向かわせました.
 
 
  「コッホ,H.H.R.(1843〜1910)」(ドイツの細菌学者)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1843年12月11日ハノーバーのクラウスタール・ツェラーフェルトで生まれる。62年ゲッティンゲン大学医学部入学。66年優等で卒業、医学博士。72年地方保険医開業。80年ベルリンの帝国衛生院研究員。85年ベルリン大学衛生学教授。91年から1904年まで伝染病研究所(コッホ研究所)所長。05年ノーベル生理学・医学賞受賞。1910年5月27日バーデン・バーデンで死去(享年66歳)。
 
 
  .コッホ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  .コッホ の画像 - Google
 
 
T.A.エジソン.1847
トーマス・エジソン (Wikipedia)
  トーマス・エジソン (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トーマス・アルバ・エジソン(Thomas Alva Edison,1847年2月11日 - 1931年10月18日)は、生涯におよそ1,300もの発明を行ったアメリカ合衆国の発明家、起業家。「発明王」の名を持つ。 「電球を発明した」人物として有名。実際には、電球のような家電を含めて発電から送電まで電力の事業化に成功したことが、最も大きな功績である。研究所で電話、レコードプレーヤー、電気鉄道などを矢継ぎ早に商品化した。自動車王のヘンリー・フォードとは生涯の友人であった。フォード、エジソンともに自動車殿堂入りをしている。
 
 
  エジソン(1847-1931)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  GE(ジェネラル・エレクトリック)社の創業者、というよりも大発明家として有名なエジソン(Thomas Alva Edison)は、1847年2月11日、アメリカのオハイオ州ミランで生まれました。…
 
 
  偉大なる発明家 トーマス・エジソン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「その名を知らない者は居ない発明王」といえば、エジソンの名前が真っ先に浮かんでくる人が多いと思います。 このサイトでは発明王エジソンの偉大な足跡を追っていきます!  エジソンという人物/エジソンと発明/エジソンが生きた時代
 
 
  エジソン年表 Thomas Alva Edison   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「天才とは99%の汗と1%のひらめきである」 生涯におよそ1300もの発明がある。 チャールズ・ケタリング(アメリカの発明家)の「成功の99%は、いままでの失敗の上に築かれる」という言葉と対比したい。
 
 
  トーマス・アルバ・エジソン  [実業家・発明王]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「天才とは1%のインスピレーション(ひらめき)と99%のパスピレーション(努力)だ」と言った人物が、アメリカの発明家そして起業家のトーマス・アルバ・エジソン(1847〜1931)だ。この言葉こそエジソンの人生そのものだった。あまたの発明家とは違い、エジソンは偉大な事業家でもあった。
 
 
  エジソン の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エジソン の画像 - Google
 
 
ニコラ・テスラ.1856
エジソンと反目してノーベル賞を蹴った大発明家
  ニコラ・テスラ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニコラ・テスラ(Nikola Tesla,1856年7月10日 - 1943年1月7日)は、19世紀中期から20世紀中期の電気技師、発明家。交流電流、ラジオやラジコン、蛍光灯、空中放電実験で有名なテスラコイルなどの多数の発明、また無線送電システムを提唱したことでも知られる。磁束密度の単位「テスラ」にその名を残す。 8か国語に堪能で、詩作、音楽、哲学にも精通していた。 晩年は霊界との通信装置の開発に乗り出す。(もっとも、晩年の研究においてオカルト色が強まったのは、エジソンも同様である)。
 
 
  発明超人ニコラ・テスラ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このHPでは旧ユーゴスラヴィア生れの発明家ニコラ・テスラの人と業績を紹介しています。はじめてお越しの方は発明家の生涯をまとめた「テスラ小伝」からどうぞ。  テスラ小伝/発明図鑑/テスラと日本/テスラ小事典/名言辞典/新千年期予言/生誕イベント/薬試寺美津秀/パナウェーブ゛騒動/テスラは遍在する/ビデオ紹介/アップデート/リンク
 
 
  ニコラ・テスラ(1856〜1943)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  テスラの功績の概略 : テスラは、現代文明を支える交流送電システムを考え出し、磁場の強さを表す単位「テスラ」にも名を残す発明家である。 テスラの最大の功績は、交流モータの作動原理「回転磁界」の発見である。/エジソンとの出会い/ブラウンとの出会い/ウェスティングハウスとの出会い/ノーベル賞拒否
 
 
  ニコラ・テスラの世界システム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エジソン等と比較にならない尺度の大きさ : ニコラ・テスラは真に天才科学者だった。だが、天才はその時代には中々受入れられないのが常である。彼の才能は狂気と混同される事さえ少なくなかったのだ。
 
 
  ニコラ・テスラは神秘家だったか?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニコラ・テスラはおそらく、アメリカ史上最も奇妙な人物でした。間違いなく彼は、現代の偉人に列せられます。多くの人は、彼を有史以来の最も偉大な人物のひとりであると思っています。確かに彼は、最も輝かしい発明家と評価されています。アメリカ合衆国政府が彼に認めた特許は115件を数え、他の国々の特許も多数ありました。
 
 
  ニコラ・テスラ 稲妻博士と呼ばれた男   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  多くの人は彼を歴史上に数多い発明者の一人としてしか知らないだろう。確かに彼は、交流電源、蛍光灯、熱伝導、リモートコントロールの原理、太陽発電、他たくさんの発明を残している。そして現在の電化製品の多くはその発明と発見なしには存在し得なかったと言われているのである。
 
 
  ニコラ・テスラ、この”謎めいた”科学者   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昨日は、この地球上で今や核兵器以上に危険な存在となった「HAARP」を紹介した。今日は、ついでにこの「HAARP」の基本特許をとったバーナード・イーストランド(Bernard Eastlund)にもっとも影響を与えたと言われるニコラ・テスラ、俗にいう「悪魔の天才」について紹介しよう。
 
 
  ニコラ・テスラのニュー・アトランティス構想   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1. 21世紀に実現するテスラの夢 ; 彼の発明のスケールは,あまりにも巨大なので,よく見えない。そのため,これまで私たちは,誤解による独断と偏見にみちた,邪悪なテスラ像をつくりあげてきた。/2. 現代のテスラ型研究/3. テスラの実像/4. テスラの世界システム
 
 
  〜電気の魔術師〜 発明超人ニコラ・テスラ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人工地震システムや気象操作装置を探っていくと、必ずこのお方に辿り着きます  電球(DC)を発明したのがトーマス・エジソンならば、蛍光灯(AC)を発明したのはニコラ・テスラその人であります   19世紀末に活躍したユーゴスラヴィア生まれの発明家ニコラ・テスラほど、謎と伝説に彩られた発明家はいない。「発明の天才」、「電気の天才」、「電気の魔術師」、「交流の父」……。彼を信奉する科学者や技術者、科学史家からはおよそ考えられる限りの賛辞が送られている。
 
 
  ニコラ・テスラの「世界システム」はよみがえるか   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球を媒介とする送電システムの構築――異能のサイエンティストはときにこうした奇抜なアイデアを思いつき、そして実証しようとします。今回は、「世界システム」の構築に人生をささげたニコラ・テスラを取り上げます。
 
 
  エジソンと反目してノーベル賞を蹴った大発明家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バロックの父バッハは生前ほとんど無名な音楽家でしたが、死後79年後にメンデルスゾーンに発見されたことにより、その名と作品が世間に知られるようになりました。科学の世界でも同様な埋もれた天才が多数いますが、とりわけ現代の携帯電話の基礎技術とも言うべき無線通信の基本原理を発明しながら、発明後50年経ってようやく法的に発明者と認められ、その後今日に至るまで発明者としてあまり認知されない大発明家がいました。
 
 
  表舞台から抹殺された天才科学者ニコラ・テスラ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1856年、クロアチアでニコラ・テスラは誕生しました。彼は、大学生の時点ですでに、交流電流を開発したといいます(エジソンの考えた直流電流より断然優れていました)。また、現代のパソコンやリモコンに不可欠なデジタル技術は彼が発見しました。
 
 
  ニコラ テスラの悲劇 〜歴史に消された科学者〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1943年、第二次世界大戦のさなか、アメリカのフィラデルフィアで驚くべき実験が行われた。アメリカ海軍が行ったこの実験の目的は、軍艦をレーダーから見えなくするというものであった。… ところが、フィラデルフィア実験では、軍艦はレーダーから消えたのではなく、人間の目から消えたのである。
 
 
  ニコラ・テスラ。: 日本人は知ってはいけない--ないしょの話   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ときどき登場するニコラ・テスラについて、新しい資料を手に入れましたので掲載いたします。 1915年、今から95年前の話です。 彼は、地球の自転のエネルギーを使って無尽蔵にエネルギーを取り出す事に成功しました。…
 
 
  ニコラ・テスラ(Nikola Tesla, 1856年7月10日- 1943年1月7日)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  交流電流、無線やラジコン、蛍光灯、空中放電実験で有名な発明家テスラコイルなどの多数の発明、磁束密度の単位テスラにその名を残す。
 
 
  ニコラ・テスラ -エジソンの最大のライバルにして天才科学者の数奇な人生-...   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現在は彼らのものだが、未来はわたしのものだ/カルト宗教団体とスカラー波/歴史的な大科学者・テスラ/オカルト信者が支持する悪魔の発明家?/エジソンの宿命のライバル/「交流式」と「直流式」の電流戦争/「私は地球だって破壊できるのだ!」/あなたを守るもの/追記
 
 
  YouTube - 【重要】HAARP 日本地震での兵器利用の決定的証拠 (日本語字幕公開)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 【重要】HAARP 日本地震での兵器利用の決定的証拠 (日本語字幕公開)
 
 
  ニコラ・テスラ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニコラ・テスラ の画像 - Google
 
 
  超人 ニコラ・テスラ [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  誘導モーターを発明し、交流送電の実用化に大きな功績を残したテスラ。ところが彼は、殺人光線・人工地震兵器など超兵器開発の先駆者として、怪しげな伝説に彩られてもいるのだ。本書はこの天才発明家の虚と実を、厖大な資料を駆使しつつ検証する。日本で初めてのニコラ・テスラ正伝。
 
 
  ニコラ・テスラの地震兵器と超能力エネルギー   出版:たま出版   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  科学が見落としている縦波の重力波がすべての未知現象(PK.ESP.反重力)を解明する。石油・原子力なしの新エネルギー。科学を変革する新理論。
 
 
M.キュリー.1867
マリ・キュリー (Wikipedia)
  マリ・キュリー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マリ(マリー)・キュリー(Marie Curie, 1867年11月7日 - 1934年7月4日)は、現在のポーランド出身の物理学者・化学者。キュリー夫人ととして有名である。放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞を受賞し、パリ大学初の女性教授職に就任した。放射能 (radioactivity) という用語は彼女の発案による。 夫となるピエール・キュリーは当時35歳。イオン結晶の誘電分極など電荷や磁気の研究で成果を挙げており、後にキュリーの法則へ繋がる基本原理などを解明していた。
 
 
  キュリー夫人 (1867-1934)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本では「キュリー夫人」の名前で通っているマリー・キュリー(Marie Curie)ポーランド名マーニャ。旧姓スクロドフスカ。つまり誕生時はManya Sklodowska)は1867年11月7日20時44分、ポーランドのワルシャワに生まれました。当時ワルシャワはロシアの支配下にありました。 マーニャはたいへん優秀な子供で中学時代には学業で金メダルをもらったりもしています。
 
 
  キュリー夫人 - 宮本百合子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一九一四年の夏は、ピエール・キュリー街にラジウム研究所キュリー館ができ上ってキュリー夫人はそこの最後の仕上げの用事と、ソルボンヌ大学の学年末の用事とで、なかなか忙がしかった。フランスの北のブルターニュに夏休みのための質素な別荘が借りてあったが、彼女はパリが離れられなくて、まず二人の娘イレーヌとエーヴとを一足先へそちらへやった。お母さんであるキュリー夫人は八月の三日になったならばそこで娘たちと落合って、多忙な一年の僅かな休みを楽しむ予定であった。
 
 
  キュリー夫人の言葉 - 大好きなこと     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初の女性ノーベル賞受賞者は、本物かどうか、たくさん試されるんだ。  神は“正しい者”を試される。磁器をつくる者は、こわれている磁器を指でたたいたりして試すことはない。しかし、良い磁器をつくった場合は、指でたたいて試してみる。だから、神は悪い者を試さずに、良い者を試すのだ・・・・・
 
 
  マリー・キュリー - ノーベル賞科学者   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マリー・キュリーは1903年に放射能の研究により,夫ピエールとともにノーベル物理学賞を受賞した。その3年後に夫を亡くした彼女は,夫と計画していた研究課題の完成に力を注ぐことを決意し,夫のあとを継いでパリ大学教授となった。1911年には純粋なラジウムの抽出などにより,ノーベル化学賞を受賞した。
 
 
  キュリー夫人の言葉 - モリリン*コリーグ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「人生に恐れるべきものは何も無い。ただあるのは理解されるべきものである。 今はさらに理解するときである。そうすればおそれはさらに少なくなるだろう。」  (キュリー夫人)
 
 
  「キ ュ リ ー 夫 人 伝」 - エーヴ・キュリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  繰り返し読んだ本である。今手元にあるのは、大学1年のときに、渋谷道玄坂の古本屋で買ったものである(若いころの蔵書には購入した日付、場所などを記録してある。乏しい資金を工面して、欲しかった本を手に入れることは、ちょっとした事件だったのだろう)。この時が、この本を読んだ初回ではない。中学生のころ、多分図書館で借りて読んで以来、何回も読んだ覚えがある。
 
 
  キュリー夫人 Marja(Marie) Curie (1867-1934)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ポーランド生まれフランスの女性物理学者・化学者。政治運動に参加して故国を追われ、フランスに亡命。物理学者ベクレルの影響を受け、ウラン鉱石の精製からラジウム、ポロニウムを発見し、原子核の自然崩壊および放射性同位元素の存在を実証。原子(核)物理学の最初の基礎を作るとともに、文字通り今世紀の原子力・核の時代を開く。夫ピエール・キュリー、ベクレルとともに、第一回物理学賞。後、金属(単体)ラジウムの単離に成功、ノーベル化学賞をも受賞。
 
 
  マリーが伝えた科学のココロ - キュリー夫人の理科教室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マリー・キュリーはアインシュタインが「あらゆ知名人の中で名誉によって損なわれなかったただ一人の人である」と高く評価した女性科学者です。有名になっても常に科学する気持ちを持ち続けました。 私は学生時代に「キュリー伝」を読んで感動しました。特に、1961年秋にはパリのアンリ・ポアンカレ研究所に滞在し、すぐ目と鼻の先にキュリーのラジウム研究所があり、キュリーを身近に感じました。
 
 
  YouTube - キュリー夫人    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - キュリー夫人
 
 
  キュリー夫人 - Ameba Vision   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  キュリー夫人 - Ameba Vision
 
 
  キュリー夫人伝 [単行本]  エーヴ キュリー (著), 河野 万里子 (翻訳)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  強い信念とたゆまぬ努力によって2度のノーベル賞に輝いた女性科学者・キュリー夫人。その比類なき生涯を、実際にやりとりされた手紙を多数引用して描いた、世界中で読みつがれる名著の新訳。
 
 
  ラジウム発見100年 - 環境研ミニ百科   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1898年にキュリー夫妻がラジウムを発見し、すでに100年が経ちました。どのような経過で見つけられたのかちょっと覗いてみましょう。 1895年11月8日ドイツのピュルツブルグ大学で放電現象の実験をしていたレントゲンは、放電管から何か目には見えない光線のようなものが出ていて、それが物質を通り抜けることを発見し、この光線をエックス線と名付けました。(環境研ミニ百科第8号)。 その頃、蛍光物質の研究をしていたフランス人のベクレルは、たまたまウラン鉱物とともに引き出しの中にしまっておいた写真フィルムが感光していたことから、ウラン鉱物がエックス線に良く似た光線を放射していることを突き止めました。
 
 
ゾンマーフェルト.1866
アルノルト・ゾンマーフェルト (Wikipedia)
  アルノルト・ゾンマーフェルト (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルノルト・ヨハネス・ゾンマーフェルト(Arnold Johannes Sommerfeld, 1868年12月5日 - 1951年4月26日)は、ドイツの物理学者。金属内自由電子の量子論などに業績をあげた。ケーニヒスベルク(現在はロシア領のカリーニングラード)に生まれる。流体潤滑に関する無次元数、ゾンマーフェルト数に名前を残している。1906年からミュンヘン大学の物理の教授になり、アルベルト・アインシュタインの特殊相対性理論に数学的基礎を与える研究を行った。金属内自由電子の量子論などに業績をあげた。また、ボーアの量子条件を一般化している。
 
 
  ゾンマーフェルト数 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ゾンマーフェルト数(ゾンマーフェルトすう)はオイルなどによって潤滑されているすべり軸受と軸(流体潤滑)の潤滑の状態を評価するための無次元数である。
 
 
  3.3 ゾンマーフェルトの量子条件と位相空間   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一般化座標qとそれに対応する一般化運動量pの両方を座標として扱った2次元の空間(q,p)(座標がN個あるならば2N次元の空間になる)を位相空間と呼ぶ。…
 
 
  ボーア・ゾンマーフェルト理論の量子化条件…   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ボーア・ゾンマーフェルト模型の原子軌道の長さはちょうど電子のド・ブロイ波長の整数倍である。/水素様原子では、ボーア・ゾンマーフェルト模型は完全にディラック方程式と一致する。
 
 
  ゾンマーフェルト理論物理学講座 全6巻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ゾンマーフェルト理論物理学講座 全6巻    著者:アーノルド・ゾンマーフェルト  出版社:講談社
 
 
E.ラザフォード.1871
アーネスト・ラザフォード (Wikipedia)
  アーネスト・ラザフォード (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アーネスト・ラザフォード(Ernest Rutherford, 1871年8月30日 &#8211; 1937年10月19日)はニュージーランド出身のイギリスで活躍した物理学者、化学者。マイケル・ファラデーと並び称される実験物理学の大家である。α線とβ線の発見、ラザフォード散乱による原子核の発見、原子核の人工変換などの業績により「原子物理学(核物理学)の父」と呼ばれる。1908年にノーベル化学賞を受賞した。 また、ラザフォードの指導のもとにチャドウィックが中性子の発見でノーベル賞を受賞している。
 
 
  ラザフォードの実験   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1911年ラザフォードは原子核を発見しまた。 アルファー線(ヘリュームの原子核で陽子2個中性子2個の塊)を金箔に照射してどのように散乱するかを調べて、一部が大きな角度ではね返される現象を発見した。
 
 
  1.8 ラザフォードの実験   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ラザフォードは、ラジウムから出るアルファ粒子を金箔に当て、その進路がどのように変わるかを蛍光板の発光によって実験しました。
 
 
  ラザフォードの原子模型   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「ガイガー・マースデンの α 粒子散乱の実験結果」/「ラザフォードの有核原子模型」/「ラザフォード散乱の角度分布」/「原子核の電荷の大きさ」
 
 
  ラザフォード散乱 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ラザフォード散乱(ラザフォードさんらん、英: Rutherford scattering)は電荷を持った粒子同士が衝突するとき、クーロン力によって散乱されることを指す。クーロン散乱とも言う。
 
 
  ラザフォード後方散乱分光法   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  原理 : 試料に高速イオン(He+、H+等)を照射すると、入射イオンのうち一部は試料中の原子核により弾性(ラザフォード)散乱を受ける。散乱イオンのエネルギーは、対象原子の質量及び位置(深さ)により異なる。この散乱イオンのエネルギーと収量から、深さ方向の試料の元素組成を得ることができる。
 
 
  ラザフォードのα線散乱実験と有核原子モ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ラザフォードの原子模型(有核原子モデル)の根拠となった有名な実験の説明です。原子核の存在を確信する鍵は、なぜトムソンの原子モデルではα粒子の大角度散乱を説明できないのかを理解するところにあります。このページは様々な文献を参考にして作りました。
 
 
A.アインシュタイン.1879
日食で証明されたアインシュタインの相対性理論
  アインシュタイン.1875   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ⇒「宇宙」/アインシュタイン.1875
 
 
  アインシュタイン の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アインシュタイン の画像 - Google
 
 
  火元に75万ドル賠償命令 アインシュタイン文書焼失   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カリフォルニア州のサンタクララ郡地裁の陪審は6日までに、物理学者アインシュタイン(1879-1955年)の直筆の貴重な文書が山火事で焼失したという大学教授の訴えを認め、山火事を起こした女性と家族に75万ドル(約6000万円)の損害賠償を命じる評決を言い渡した。サンノゼ・マーキュリー紙(電子版)などが伝えた。
 
 
  アインシュタインの有名論文やラブレターをネットで公開 (2012/3/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イスラエルのヘブライ大学は19日、物理学者アルバート・アインシュタインが記した有名な論文や親しい人に宛てた私信などの資料をインターネットで一般公開すると発表した。第1弾として2000点を公開し、その後、閲覧できる資料を増やしていく方針だという。
 
 
N..ボーア.1885
ニールス・ボーア (Wikipedia)
  ニールス・ボーア (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニールス・ヘンリク・ダヴィド・ボーア(Niels Henrik David Bohr, 1885年10月7日 - 1962年11月18日)は、デンマークの理論物理学者。量子論の育ての親として、前期量子論の展開を指導、量子力学の確立に大いに貢献した。 1913年にボーアの原子模型を確立、1921年にコペンハーゲンに理論物理学研究所(ニールス・ボーア研究所)を開き、外国から多くの物理学者を招いてコペンハーゲン学派を成することになる。原子物理学への貢献により1922年にノーベル物理学賞を受賞。
 
 
  ボーアの水素原子モデル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1.量子条件と振動数条件/2.数学的展開/3.図上での関係/4.ボーアが量子条件(1)/5.補足
 
 
  第2章 ボーアの量子条件   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【なにはさておき量子論 第2章 ボーアの量子条件】   1.生みの親から育ての親へ/2.不連続な現象は.../3.ボーアの量子条件/4.古典物理学との決別/5.若き物理学者はコペンハーゲンを目指す
 
 
  4-3: ボーアの原子構造論   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ラザフォード の 有核原子模型 は, 原子による α粒子の散乱を 見事に説明することが できましたが, 前々ページと前ページで 述べたように, 原子の安定性や, 原子のスペクトルに 対しては無力であり, 説明できない困難を もたらしました.・・・
 
 
  原子構造のボーアモデル (Bohr Model)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1900年にプランク(Max Planck)は黒体放射(Black body radiation)の方程式を作りました。 この式に使用されているプランク定数(Planck's constant)の物理的な解釈は当初理解されていませんでしたが、後にナトリュウム原子に光を当てるとそこから電子が放出される光電効果の実験で、放出される電子の持っているエネルギーとその電子の振動周波数を測定したところ周波数と電子のエネルギーには比例関係があり、その比例定数が求められました。
 
 
  ニールス・ボーアの時代 1 - みすず書房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニールス・ボーア(1885‐1962)の生きた時代は、物理学が革命的な変化を遂げ、社会に衝撃を与える結果をもたらした時期と重なっている。 20世紀の初頭には、まだ原子の実在性について決着がついていなかった。原子の構造もまだ想像の産物でしかなかった。…
 
 
  ニールス・ボーア - 「量子力学の確立者」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  <アインシュタイン唯一のライバル> 「神はダイスをころがさない」/「あなたは本当に、神がサイコロ遊びのようなことに頼ると信じますか?」との問いかけに「あなたは、物の性質をいわゆる神の問題に帰するときには、注意が必要だと思いませんか?」・・こう言って、アインシュタインをやりこめた人物、彼こそ20世紀の科学を代表するもうひとりの天才物理学者ニールス・ボーアです。
 
 
  量子力学(アインシュタインvs.ニールス・ボーア)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ボーアとアインシュタイン。もはや、理論というより、世界観を異にする二人の巨人の対決の時が訪れた。1930年、ベルギーのブリュッセルで開かれた第6回ソルベイ会議に二人はのぞんだのであった。・・・
 
 
  二重スリット実験を巡るアインシュタイン/ボーア論争   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  量子力学の解釈を巡って繰り広げられたアインシュタインとボーアの論争は、20世紀前半の科学史を飾る象徴的な出来事として有名である。 すでに相対論の提唱者として高い名声を博していたアインシュタインが、新興理論である量子力学に対して数多くの鋭い批判を提出し、一方のボーア陣営が、こられをことごとく跳ね返して、量子力学の正当性を証明した──
 
 
  新しいボーア模型でヘリウムの基底状態エネルギーの正確な計算に成功   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水素様原子では、ボーア・ゾンマーフェルト模型(Bohr Sommerfeld model)は微細構造まで含めて完全に実験値と一致した。(後に微細構造はディラック方程式から導かれたが、何と、その式はゾンマーフェルトの式と偶然にも一致した。)
 
 
  ボーア の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ボーア の画像 - Google
 
 
  ニールス・ボーア の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニールス・ボーア の画像 - Google
 
 
K.R.フリッシュ.1886
カール・リッター・フォン・フリッシュ(Karl Ritter von Frisch, 1886年11月20日 - 1982年6月12日) ハチ(蜂)のメモ - Yahoo!知恵袋
  カール・フォン・フリッシュ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カール・リッター・フォン・フリッシュ(Karl Ritter von Frisch, 1886年11月20日 - 1982年6月12日)は、オーストリアの動物行動学者。1973年、ニコ・ティンバーゲン、コンラート・ローレンツと共にノーベル生理学・医学賞を受賞。動物行動学という学問分野の創設に大きな功績を残した。 ミュンヘン大学の動物学の教授としてミツバチの研究をし、彼らのコミュニケーション手段としての8の字ダンス、また紫外線に鋭敏な感覚を持ち合わせていることを発見した。 生涯/著書/外部リンク
 
 
  カール・リッター・フォン・フリッシュ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カール・リッター・フォン・フリッシュ の画像 - Google
 
 
  8の字ダンスとノーベル賞学者 - オーストリアこぼれ話 (2010/8/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日は「オーストリア出身のノーベル賞学者のお話」です。先日、日本の tv テレビで興味深い情報を得ることができました。 たまたま、日本でテレビ東京で山田養蜂場さんがスポンサーになっている番組「Beeミュージアム」(ミツバチにまつわる話題を提供するスポット番組、毎週水曜日の20時54分〜21時00分)を見たら、ミツバチのコミュニケーション手段である「8の字ダンス」のエピソードでした。  この「8の字ダンス」の意味を究明したのが、オーストリア出身のノーベル賞学者(動物行動学)カール・リッター・フォン・フリッシュ(Karl Ritter von Frisch、1886年11月20日〜1982年6月12日)さんです。…
 
 
  11月20日・カール・フォン・フリッシュの暮らし (2013/11/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  11月20日は、『ニルスのふしぎな旅』を書いた女流作家、セルマ・ラーゲルレーヴが生まれた日(1858年)だが、動物行動学者のカール・フォン・フリッシュの誕生日でもある。ハチが仲間に情報を伝える、あの「8の字ダンス」を発見した人である。 小学生のころ、自分は、ミツバチの「8の字ダンス」のことを知り、「いったい、どこのどういう人が、これを発見したのだろう」と驚いたものだったが、そのえらい学者はこの人だった。…
 
 
シュレーディンガー.1887
1933年 E.シュレディンガー
  エルヴィン・シュレーディンガー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エルヴィーン・ルードルフ・ヨーゼフ・アレクサンダー・シュレーディンガー(Erwin Rudolf Josef Alexander Schr&ouml;dinger, 1887年8月12日 - 1961年1月4日)は、オーストリアの理論物理学者。波動形式の量子力学である「波動力学」を構築した。量子力学の基本方程式であるシュレーディンガー方程式やシュレーディンガーの猫などにより一般にも広く知られている。波動力学がハイゼンベルクらの行列力学と数学的に同等であることを証明して、量子力学の確立に大いに貢献した。また、ボーアの量子論の結果を完璧なものにした。
 
 
  1933年 E.シュレディンガー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エルヴィン・シュレーディンガー(Erwin Schr&ouml;dinger, 1887年8月12日 - 1961年1月4日、ウィーン生まれ)は、オーストリアの理論物理学者。波動形式の量子力学である「波動力学」を建設し、彼の名を冠したシュレーディンガー方程式によって非常によく知られている。これは量子力学の基本方程式の位置を占める。新形式の原子理論の発見 にて受賞。
 
 
  シュレーディンガーの猫 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シュレーディンガーの猫(シュレーディンガーのねこ)とは、物理学者のエルヴィン・シュレーディンガーが提唱した量子論に関する思考実験の名称である。
 
 
  シュレーディンガー方程式と波動力学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ド・ブロイは電子波の考え方を論文にまとめて、フランスのソルボンヌ大学に提出した。当時、その奇抜な内容はソルボンヌの教授陣の反響を呼んだ。だが、それは「反響」というよりも、むしろ「とまどい」と言ったほうが正しいかもしれない。… このアインシュタインの論文を通してド・ブロイの考えに触れ、まさにビビビっときた人がいる。オーストリア生まれの物理学者エルヴィン・シュレーディンガー(Erwin Schr&ouml;dinger 1887-1961)である。
 
 
  エルヴィン・シュレーディンガーの相関図 - NAVER   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エルヴィン・シュレーディンガーの相関図 - NAVER
 
 
  エルヴィン・シュレーディンガー - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エルヴィーン・ルードルフ・ヨーゼフ・アレクサンダー・シュレーディンガー(, 1887年8月12日 - 1961年1月4日、ウィーン生まれ)は、オーストリアの理論物理学者。
 
 
  『生命とは何か』  エルヴィン・シュレディンガー - 松岡正剛の千夜千冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この本はぼくの生命観を決定づけた一冊だ。とくに第6章「秩序・無秩序・エントロピー」にさしかかって、ガーンとやられた。ガーンとやられながら、そのメッセージに出会って悦びのようなものが体を雷鳴のごとくに走った。…
 
 
  エルヴィン・シュレーディンガーがヒンズー教に入信した理由はなぜですか? - Yahoo! 知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エルヴィン・シュレーディンガーがヒンズー教に入信した理由はなぜですか? 著書「精神と物質」の中でインド哲学ヴェーダとウパニシャッドの中に人間の精神の本質があると書いてあります。
 
 
  シュレーディンガー の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シュレーディンガー の画像 - Google
 
 
  エルヴィン・シュレーディンガー/14件の商品    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  著者紹介 : 1887年ウィーン生まれ。ウィーン大学に学ぶ。理論物理学者、思想家。チューリヒ大学教授などを務めた。著書に「生命とは何か」ほか。1961年没。
 
 
  わが世界観 [文庫]  エルヴィン シュレーディンガー (著), 橋本 芳契 (監修)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  量子論の基礎を築き、分子生物学への道を拓いた、20世紀の天才理論物理学者シュレーディンガー。その科学的見地は、根底の部分で、ウパニシャッド哲学などの影響を受けた独自の思索に支えられていた。なぜ、自分が感じること考えることには、別の人間と共通する部分があるのか―。人間の言葉や記憶や意識の発生過程を通して、彼は論じていく。個々の自我を形成している意識は、世界のすべてを包含する普遍的なものと一つに繋がっているのだ、と。哲学的思想を綴った「わが世界観」に、死の直前に記された「自伝」を併録する。
 
 
S・G.アルベルト.1893/
     
W.パウリ.1900
ヴォルフガング・パウリ (Wikipedia)
  ヴォルフガング・パウリ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヴォルフガング・エルンスト・パウリ(Wolfgang Ernst Pauli, 1900年4月25日 - 1958年12月15日)はオーストリア生まれのスイスの物理学者。パウリは物理学者として、特に量子力学の分野で数多くの重要な業績を残した。 スピンの理論や現代化学の基礎となっているパウリの排他律の発見などの業績で知られる。 アインシュタインの推薦により、1945年に「1925年に行われた排他律またはパウリの原理と呼ばれる新たな自然法則の発見を通じた重要な貢献」に対してノーベル物理学賞を受賞した。
 
 
  パウリ効果 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パウリ効果(パウリこうか)とは物理学界における古典的なジョークの一つ。 理論物理学者ヴォルフガング・パウリは実験が不得手で、機材をよく壊していた。時には、彼が装置に触れただけで実験機材が壊れたり、近付いただけで壊れたりするという現象も起きた。・・・
 
 
  パウリの排他原理 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パウリの排他原理(パウリのはいたげんり、Pauli exclusion principle)とは、1925年にヴォルフガング・パウリが提出したフェルミ粒子に関する仮定である。パウリの定理、パウリの排他律、パウリの禁制などとも呼ばれる。 内容を要約すると、1つの原子軌道に属する2つの電子は、量子状態を決める4つの量子数の全部を共通には持ち得ない、というものである。
 
 
  パウリの排他原理 -  理論・法則   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  電子は陽子の周りを、あたかも太陽系の太陽と惑星のように公転していると考えることができるが、更に電子自身が右回り又は左回りに回転(惑星に譬えると自転)している。これを「電子のスピン」という。 そして、一つの軌道には、このスピンが左向きと右向きの電子が1個ずつ、計2個までしか存在することができない。これをパウリの排他原理という。
 
 
  深層心理学ユングと理論物理学者パウリとの交流   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パウリの排他律の発見や電子のスピンの提唱者として有名な理論物理学者のヴォルフガング・パウリ(1945年ノーベル賞受賞)は少し変わった人だったようです。・・・
 
 
  YouTube - 奇妙な現象「パウリ効果」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 奇妙な現象「パウリ効果」
 
 
  YouTube - TEDxTokyo - グンター・パウリ - Balancing Energy - [日本語]&#8207;    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - TEDxTokyo - グンター・パウリ - Balancing Energy - [日本語]&#8207;
 
 
  パウリがつけられた商品 - amazon.co.jp:    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パウリがつけられた商品 - amazon.co.jp:
 
 
L.C.ポーリング.1901
ライナス・ポーリング博士
  ライナス・ポーリング (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ライナス・カール・ポーリング(Linus Carl Pauling, 1901年2月28日 &#8211; 1994年8月19日)は、アメリカ合衆国の量子化学者、生化学者。彼自身は結晶学者、分子生物学者、医療研究者とも自称していた。20世紀における最も重要な化学者として広く認められている。量子力学を化学に応用した先駆者であり、化学結合の本性を記述した業績により1954年にノーベル化学賞を受賞した。また、結晶構造決定やタンパク質構造決定に重要な業績を残し、分子生物学の祖の一人とされる。
 
 
  ライナス・カール・ポーリング(Linus Carl Pauling)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1901年2月28日 - 1994年8月19日  アメリカ合衆国の量子化学者、生化学者。 アメリカ合衆国の量子化学者、生化学者。 20世紀における最も重要な化学者として広く認められている。 量子力学を化学に応用した先駆者。 化学結合の本性を記述した業績により1954年にノーベル化学賞を受賞した。 1962年、地上核実験に対する反対運動の業績によりノーベル平和賞を受賞した。 ポーリングは他の人物と共有せずにノーベル賞を2度受賞した唯一の人物である。
 
 
  『Dr.ライナス・ポーリング』メモリアルコーナーへようこそ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ライナス・カール・ポーリング博士(Linus Carl Pauling、1901-1994)は、アメリカ・オレゴン州ポートランド出身の物理化学者であり、異なる分野で2つのノーベル賞(化学賞と平和賞)を受賞した唯一の人物です。
 
 
  ライナス・ポーリング (Linus Pauling)の検索結果を日本語に翻訳して見る   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ライナス・ポーリング (Linus Pauling)の検索結果を日本語に翻訳して見る
 
 
  ライナス・ポーリング の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ライナス・ポーリング の画像 - Google
 
 
E.フェルミ.1901
エンリコ・フェルミ (Wikipedia)
  エンリコ・フェルミ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エンリコ・フェルミ(Enrico Fermi、1901年9月29日 - 1954年11月28日)は、イタリア、ローマ出身の物理学者。統計力学、核物理学および量子力学の分野で顕著な業績を残しており、放射性元素の発見で1938年のノーベル賞を受賞している。実験家と理論家との2つの顔を持ち、双方において世界最高レベルの業績を残した。 1926年、「フェルミ統計」に関する理論を発表し、世界的な名声を得た。同年、20代半ばにしてローマ大学の理論物理学教授に就任した。ここで、ニュートリノの存在を導入したベータ崩壊の理論を完成させた。
 
 
  フェルミ面 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フェルミ面( フェルミめん Fermi surface)とは、で定義される波数空間の曲面のことである。EFはフェルミエネルギー、E(k)は電子のバンドである。
 
 
  フェルミ・ディラックの分布   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シリコン結晶(真性半導体)は熱などのエネルギーを受けると励起によって伝導帯に自由電子,価電子帯にホールをつくります.…
 
 
  半導体の量子力学 > フェルミ準位のバンド内における位置づけ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いよいよ固有半導体のエネルギーバンドにおける、フェルミオンの振る舞いを調べてみることにする。筆者にとって、本セクションが全テーマの中で一番面白く、最も理解に苦しんだところであったことを強調する。本セクションがわかればその後は応用だけであり、半導体理論のコアを理解したと考えてよいのではないだろうか。
 
 
  1938年 E.フェルミ - 世界のノーベル物理学賞受賞者の経歴図鑑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エンリコ・フェルミ(Enrico Fermi、1901年9月29日 - 1954年11月28日)は、イタリア系アメリカ人の物理学者。実験家と理論家との2つの顔を持ち、双方において世界最高レベルの業績を残した、史上稀に見る物理学者であった。
 
 
  フェルミ熱力学 - 三省堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  目 次 : 序論/第 I 章 熱力学的な系/第 II 章 熱力学第一法則/第 III 章 熱力学第二法則/第 IV 章 エントロビー/第 V 章 熱力学ポテンシャル/第 VI 章 気体反応/第 VI I章 希薄溶液の熱力学/第 VIII 章 工ントロビー定数/訳者あとがき ; エンリコ・フェルミは1901年ローマの生まれ。少年時代より天才の誉れ高く、1925年「フェルミ統計」の理論によって一躍有名になり、1926年二十五才の若さでローマ大学の物理学の教授に迎えられた。…
 
 
  フェルミ熱力学 [本] エンリコ・フェルミ (著)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界的に有名なフェルミが行った講義をもとに書かれた本です。熱力学には統計力学にはない美しい理論体系がありますが、その美しい理論体系をこの本は十分に示してくれています。しかも説明は直観簡明です。熱力学的エネルギーを定義し、そこから熱力学第一法則、熱力学第二法則まで突っ走ります。その後はエントロピー、HelmholtzおよびGibbsの自由エネルギーを導いて応用、という流れです。 最初から最後まで論理が透明で無駄がありません。熱力学をどの本で学ぼうかと悩んでいる人は、一度この本を読んでみてください。
 
 
W.ハイゼンベルク.1901
ヴェルナー・ハイゼンベルク (Wikipedia)
  ヴェルナー・ハイゼンベルク (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヴェルナー・カール・ハイゼンベルク(Werner Karl Heisenberg, 1901年12月5日 - 1976年2月1日)は、ドイツの理論物理学者。行列力学と不確定性原理によって量子力学に絶大な貢献をした。 インドの著名な詩人に東洋哲学を学び、その内容が量子力学の真髄に通じていることを知り、驚いたとされる。日本の物理学者については、「過去数十年の間に、日本の物理学者たちが物理学の発展に対して大きな貢献をしてきたのは、東洋の哲学的伝統と『量子力学』が根本的に似ているからなのかもしれません」とコメントしている。
 
 
  ハイゼンベルク - Yahoo!百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツの理論物理学者。ミクロの世界を支配する根本法則である量子力学の創始者。アインシュタイン以後の代表的理論物理学者として、物理学のみならず思想界にも大きな影響を与えた。1932年度ノーベル物理学賞受賞。
 
 
  行列力学 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  行列力学(ぎょうれつりきがく、matrix mechanics)は、量子力学における理論形式の一つである。マトリックス力学とも呼ばれる。1925年に物理学者ヴェルナー・ハイゼンベルクによって提唱され、マックス・ボルン、パスクアル・ヨルダンらともに展開された。
 
 
  ハイゼンベルクの行列力学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ボーアの理論(前期量子力学)には行きづまりがあった。それは「電子はどうして定常状態(電子がいずれかの軌道を回っている状態)では光を出さないのか?」「電子はどこをどうやって遷移をするのか?」ということだった。それを救ったのは、ボーアの研究所に留学していたヴェルナー・ハイゼンベルク(Werner Heisenberg 1901-1976)であった。
 
 
  ハイゼンベルグ描像 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  物理学において、ハイゼンベルグ描像とは量子力学を定式化するにあたり、演算子(可観測量やその他)が時間発展し、状態ベクトルは時間に依存しないとする理論形式のこと。状態ベクトルが時間発展し、演算子が時間に依存しないシュレーディンガー描像とは等価の結果を与える。
 
 
  ハイゼンベルクの不確定性原理   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  電子とは何かを知ろうと思えば、最終的には「観測」という手段に頼らなければならない。平たく言えば、電子の「位置」や「運動の勢い」などを人間の目で確認すると言うことだ。 しかし、電子は肉眼では見えないから、なにか間接的な方法で観測するしかない。では、電子にある種の電磁波を当てて、その位置と運動の勢い(運動量=物体の重さ×速さ:p=mv)を測ってみよう。
 
 
  第3章 ハイゼンベルクの不確定性原理   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  正直に告白しておこう。人物中心の量子論を展開しようと決意したのだが、人物のエピソードをひろってゆく作業というのは、実はあまり創造力を必要としない。思い切って言ってしまうと、いろいろな文献をカンニングして文章を作っている気持ちになって来る。しかしこればかりは、自分で考えていても書けるものではないし... 実はこれは、私にとっても、フラストレーションだったのである。
 
 
  ハイゼンベルクの運動方程式 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイゼンベルクの運動方程式(英:Heisenberg equation of motion)は量子力学の基礎方程式のひとつで、1926年ごろ、ヴェルナー・ハイゼンベルクによって定式化された。
 
 
  ヴェルナー・カルル・ハイゼンベルク - みすず書房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1901年、ドイツのヴュルツブルグに生れる。ミュンヘン大学でゾンマーフェルトのもとで物理学を学ぶ。コペンハーゲンでニールス・ボーア研究所に入り、さらにゲッティンゲン大学でポルンと共同研究を行ない、1925年、量子力学を創始した。27年、不確定性原理を発見、同年ライプチヒ大学教授。多体問題の研究から進んで、1928年強磁性の本質を明らかにし、29年にはパウリと共に場の量子論を発表、相対性量子力学をつくった。32年、原子核が中性子と陽子からなるという理論を発表、その他、宇宙線理論、超伝導の研究などにも業績を残している。1932年ノーベル物理学賞受賞。
 
 
  ヴェルナー・ハイゼンベルク プロフィール - あのひと検索 SPYSEE    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヴェルナー・カール・ハイゼンベルク(Werner Karl Heisenberg, 1901年12月5日 - 1976年2月1日)は、ドイツの理論物理学者。
 
 
  そして世界に不確定性がもたらされた ハイゼンベルクの物理学革命   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  表紙のタイトルのレイアウトがちょっと変。パッと見に文字の間隔や上下が不揃いだ。特に「不確定性が」の「定」の字が他の字より上に少しだけずれている。なぜかというと表紙に物理学者たちの集合写真がデザインされていて、題字が彼らの顔にかぶらないように配置されているからだ。
 
 
  『部分と全体』 ウェルナー・ハイゼンベルク − 松岡正剛の千夜千冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名著である。名訳でもある。20世紀物理学の青春期と壮年期があまりにみごとな対話の輻湊で蘇っているので、稲垣足穂はこの言葉の楽譜を『ハイゼンベルク変奏曲』として綴りなおした。 その足穂さんの原稿はぼくに手渡され、「一応、出版社に了解をとっといて」と言われた。400字で180枚くらいはあったとおもう。
 
 
  ハイゼンベルクの顕微鏡~不確定性原理は超えられるか [単行本]  石井 茂  (著)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「小澤の不等式」がハイゼンベルクを乗り超える!不確定性原理の不思議な世界への招待。 本書はハイゼンベルクやシュレディンガーなどのあまり知られていないエピソードをたっぷりと紹介しながら、不確定性原理がいかに発見され、その後いかなる道をたどったかを物語る。
 
 
P.ディラック.1902 
ポール・ディラック (Wikipedia)
  ポール・ディラック (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ポール・エイドリアン・モーリス・ディラック(Paul Adrien Maurice Dirac, 1902年8月8日 - 1984年10月20日)はイギリスの理論物理学者。量子力学及び量子電磁気学の基礎づけについて多くの貢献をした。1933年にシュレーディンガーと共にノーベル物理学賞を受賞している。 物理学以外の事柄には余り関心を持たなかったと言われ、友人であったオッペンハイマーが詩を愛好するのを批判して、「誰も知らない事を誰でもわかる言葉で語るのが物理学だ。誰もが知る事を誰にもわからない言葉で語るのが詩だ。」と言った事が有る。
 
 
  ディラック方程式 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ディラック方程式(ディラックほうていしき)はフェルミ粒子に対する相対論的量子力学の基礎方程式である。 ポール・ディラックは1928年にディラック方程式を基礎方程式とする(特殊)相対論的量子力学を見出したが、負のエネルギーの状態が現れるという問題があった。1930年に負のエネルギーの状態すべてがディラック粒子で満たされているとするディラックの海の概念によりその問題を解決した。ディラックの海の空孔は正のエネルギーを持ち、反粒子に対応する。
 
 
  ポール・ディラック - ポール・ディラック   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  反粒子の存在を予言したイギリスの理論物理学者 : 電気スピンや磁気単極の概念を導入するなど、量子電磁気学の発展に決定的な役割を果たしたポール・ディラック(1902&#12316;1984)はイギリスの理論物理学者で、相対論的量子力学の確立者として有名です。/陽電子の存在の予言によって一躍世界的に有名になる/量子力学の発展に寄与する多くの方程式を定式化する/
 
 
  ポール・ディラック - あのひと検索 SPYSEE    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ポール・エイドリアン・モーリス・ディラック(Paul Adrien Maurice Dirac, 1902年8月8日・ブリストル - 1984年10月20日)はイギリスの理論物理学者。
 
 
  ポールディラック:20世紀の偉大な英国の心のひとつ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1933年に、アルバートアインシュタインがプリンストン、ニュージャージー州高等研究所の最初のスタッフメンバーになった時、彼は彼を結合した&#8203;&#8203;い人に頼まれた。 The first name on his lips was a British physicist &#8211; Paul Dirac.ポールディラック - 彼の唇の最初の名前は、イギリスの物理学者だった。 数ヵ月後、ディラックは、31で、物理学ノーベル賞を受賞した最年少の理論家となった。
 
 
  天才物理学者ポール・ディラックの素顔 『量子の海、ディラックの深淵』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ディラック方程式、ディラックの海、ディラックのデルタ関数などで量子力学や量子電磁気学の基礎完成に大きく貢献したポール・ディラック。本書では、1933年にノーベル物理学賞を受賞した天才物理学者の業績をわかりやすく解説するとともに、パーソナルな面にも注目。寡黙で人嫌い──そんなメージのあるディラックの意外な素顔が見えてくる。
 
 
  ポール・ディラック (Paul Dirac) - 英語のページの検索結果を日本語に翻訳して見る   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ポール・ディラック (Paul Dirac) - 英語のページの検索結果を日本語に翻訳して見る
 
 
  ポールディラックの写真    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ポールディラックの写真
 
 
  一番不思議な男:ポールディラック、量子天才の隠された生活  [ハードカバー]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一番不思議な男:ポールディラック、量子天才の隠された生活、量子の天才 [ハードカバー]
 
 
  量子力学 原書第4版 [単行本]  ディラック (著), P. A. M. Dirac (著), 朝永 振一郎 (翻訳)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  量子力学の形成において偉大な役割を果たした天才ディラックが独自の構想と手法を用いて記述した名著中の名著。量子力学の真髄を理解しようとするものは一度は読まなくてはならない、という高い評価を得ている。
 
 
J.R.オッペンハイマー
ロバート・オッペンハイマー (Wikipedia)
  ロバート・オッペンハイマー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  J・ロバート・オッペンハイマー(J. Robert Oppenheimer, 1904年4月22日 - 1967年2月18日)は、ユダヤ系アメリカ人の物理学者である。理論物理学の広範な領域にわたって国際的な業績をあげたが、第二次世界大戦当時ロスアラモス国立研究所の所長としてマンハッタン計画を主導。原子爆弾開発プロジェクトの指導者的役割を果たしたため「原爆の父」として知られた。 戦後原爆の使用に関して「科学者は罪を知った」との言葉を残している。水素爆弾など核兵器に対して反対するようになったため、「水爆の父」ことエドワード・テラーと対立した。
 
 
  ロバート・オッペンハイマー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロバート・オッペンハイマー博士は第二次世界大戦中、原爆開発の中心になった人ですが、彼は原子爆弾が広島と長崎に与えた惨状を知り、大きなショックを受けました。そしてトルーマン大統領に向かってこう言ったそうです。 「大統領、私の両手は血にまみれています」
 
 
  ジュリアス・ロバート・オッペンハイマー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アメリカ合衆国ニューヨーク出身の理論物理学者。 生没1904(明治37)年4月22日&#12316;1967(昭和42)年2月18日。 日本国広島県に投下された原子爆弾 "Little Boy" の産みの親である。それゆえに "原爆の父" とも言われる。しかし水爆開発に協力しなかったため公職から追放されてしまった。
 
 
  オッペンハイマー:日経ビジネスオンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロバート・オッペンハイマーがいかなる人物であったか、知らない人はいないだろう。しかし「原爆の父」であったこと以外に、どんな“人間”だったのかを知っている人は、ほとんどいないのではないだろうか。
 
 
  ロバート・オッペンハイマー - Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロバート・オッペンハイマー - Yahoo!知恵袋
 
 
  ロバート・オッペンハイマー - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  J・ロバート・オッペンハイマー(J. Robert Oppenheimer, 1904年4月22日 - 1967年2月18日)は、ユダヤ系アメリカ人の物理学者である。
 
 
  『ロバート・オッペンハイマー――愚者としての科学者』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二十歳のとき、戦没学生たちの手記(『きけ わだつみのこえ』)を読んだ。ほんの20数年前、自分と歳の変わらぬ人たちが自らの世代を「青春がそのまま晩年であるような世代」と呼んだ。人生を如何に生きるかを問うのではなく、死ぬ理由を求めなければならない青春の不幸。そこに籠められた無限の無念は、私などには想像も及ばないことだった。
 
 
  ロバート・オッペンハイマーのエンリコ・フェルミへの手紙   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フェルミ様   放射能で食品を汚染させる問題について報告します。私はすでにいくつかの作業を進めています。また、エドワード・テラーが、あなたの直面している問題について話してくれました。・・・
 
 
  オッペンハイマー の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オッペンハイマー の画像 - Google
 
 
  ロバート・オッペンハイマー/著 目方肇/訳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本は情報操作天国 頭のいい人ほど誘導される 日本の報道機関はユダヤ資本の支配下にある
 
 
  ロバート・オッペンハイマー―愚者としての科学者 [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「原爆の父」ロバート・オッペンハイマーは核兵器は悪だが、物理学は悪ではないと信じたまま世を去った。オッペンハイマー、初の本格的評伝。人間は想像力の欠如によって容易にモンスターとなる。〈ソフトカバー〉
 
 
  オッペンハイマー 上  「原爆の父」と呼ばれた男の栄光と悲劇   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【ピュリッツァー賞】ひとりの天才物理学者の生涯から見えてくるアメリカという国家の光と影。「原爆の父」と呼ばれた物理学者オッペンハイマーの栄光と挫折をつづる評伝。
 
 
  オッペンハイマー 下 「原爆の父」と呼ばれた男の栄光と悲劇   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2006年ピュリッツァー賞受賞作品。「原爆の父」と呼ばれた一人の天才物理学者J.ロバート・オッペンハイマーの生涯を丹念に描くことで、人類にとって国家とは、科学とは、平和とは何かを問いかける全米で絶賛された話題作の邦訳。
 
 
H.A.ベーテ.1906
ハンス・ベーテ (Wikipedia)
  ハンス・ベーテ (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハンス・アルプレヒト・ベーテ(Hans Albrecht Bethe, 1906年7月2日 - 2005年3月6日)は、アメリカの物理学者。シュトラスブルク出身のドイツ系ユダヤ人移民。1967年、「原子核反応理論への貢献、特に星の内部におけるエネルギー生成に関する発見」によってノーベル物理学賞を受賞した。 戦後ベーテは水素爆弾の開発計画に反対したが、朝鮮戦争が勃発したときは計画に参加し開発に重要な役割を果たした。彼は計画の終了まで関わったが、個人的には水素爆弾の製造が不可能であることを望んだ。
 
 
  ハンス・ベーテ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  星のエネルギー生成研究で有名なアメリカの物理学者 : ドイツ生まれのアメリカの物理学者、天文学者のベーテ(1906&#12316;)は、星の内部のエネルギー生成についての研究で有名です。彼はこの研究により、1976年にノーベル物理学賞を受賞しています。
 
 
  ベーテ仮説と組合せ論   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  量子可積分系の先駆者であるハンス・ベーテの手法(ベーテ仮説)は,超弦理論を含む広い応用を持つ。本書では組合せ論の観点からベーテ仮説を発展・展開させた理論を解説する。現代物理学の数理的手法の魅力を伝える好著。
 
 
  第4回  ベーテ博士の思い出   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  前回は太陽エネルギーの起源について、コーネル大学教授だったハンス・ベーテ博士の先駆的な業績があって初めて太陽のエネルギー源が解明されたことをお話ししました。 今日は、ベーテ博士のことをもうちょっと話したいと思います。
 
 
  ベーテ仮説とは - はてなキーワード   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一次元量子多体系のエネルギー固有関数を厳密に求める手法。ある関数形を仮定して条件を満たすように係数を決めて行くとちゃんと固有関数になるものが出てくる。…
 
 
  ベーテは1939年の論文で、恒星内部で起こる可能性のあるすべての核反応がどの程度の頻度で起こるかを計算する。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「星はなぜ輝くのか」の章では、恒星の一生における元素の合成とエネルギー発生の推移が記述されている。 恒星の誕生は、星間ガスが重力によって凝集し、原始星を形成するところから始まる。ガスが激しく流動する激変期を過ぎると、恒星は重力と圧力が釣り合った状態となり、熱を周囲に放出しながら少しづつ収縮していく。
 
 
  ベーテ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベーテ の画像 - Google
 
 
E.テラー.1908
原爆ヒロシマ - 人物資料
  エドワード・テラー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エドワード・テラー(Edward Teller、1908年1月15日 - 2003年9月9日)は、ハンガリー生まれでアメリカに亡命したユダヤ人核物理学者である。アメリカの「水爆の父」として知られる。 スタンリー・キューブリック監督の映画『博士の異常な愛情』の、水爆好きのマッドサイエンティスト、ストレンジラブ博士のモデルの一人とされている。 第二次世界大戦中、テラーはロスアラモス国立研究所の理論物理学部門に所属し、核分裂だけの核爆弾から核融合を用いた超強力爆弾(水素爆弾)へと核兵器を発展させるべきだと強く主張した。
 
 
  エドワード・テラー博士   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦後のアメリカの世界戦略に多大な影響を及ぼすことになる1人の天才科学者がいた その男こそ悪名高きエドワード・テラー博士である   「原子爆弾」開発の推進役となった亡命ユダヤ人科学者集団の中にテラー博士はいた
 
 
  核分裂と核融合 - 訳 注   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  核分裂と核融合は正反対の反応であるにも拘らず、いずれも強力な核エネルギーを放出するのは何故だろうか?下記文献から一部を引用して、理由を説明する。核分裂を利用した原爆に続いて戦後、核融合を用いた水素爆弾(熱核爆弾)へと核技術は急速な発展を遂げる。  ブルートス A.ポルト著・小林芳正監訳「地下核実験探知」(古今書院)
 
 
  第13話 嫌われた異星人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2003年(平成15年)も残りひと月となった。今年、95歳の高齢でひっそりと亡くなった高名な一人の物理学者がいる。 "水爆の父"といわれたエドワード・テラー(Teller,Edward;1908-2003)である。世間に科学者の罪と責任を考えさせた物理学者の一人としては、控えめすぎるほどの新聞の訃報記事であった。
 
 
  「原爆ホロコースト」の実態   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホロコーストは「焼き殺す」という意味を持つが、壊滅寸前の日本に対する“炎の絶滅兵器”の使用は、まさに「原爆ホロコースト」と呼ぶにふさわしいアメリカが犯した戦争犯罪であった…
 
 
  エドワード・テラー - あめつち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  星野道夫さんのノーザンライツという本の中に「幻のアラスカ核実験場化計画」という章がある。その中の一部をちょっとご紹介してみよう。できれば、直接お読みいただければ幸い。
 
 
  エドワード・テラー - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エドワード・テラー(Edward Teller、 もとのハンガリー名ではテッレル・エデ(Teller Ede)、 1908年1月15日 - 2003年9月9日)は、ハンガリー生まれでアメリカに亡命したユダヤ人核物理学者である。
 
 
  米国の「水爆の父」が死去 エドワード・テラー氏   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【ワシントン10日共同】トルーマン政権に水爆開発を進言して以来、歴代米政権の核政策に発言力を持ち続けた物理学者エドワード・テラー氏が9日、カリフォルニア州スタンフォードで死去した。95歳だった。  第二次大戦中、原爆開発の中心だったロスアラモス研究所のオッペンハイマー博士の部下としてマンハッタン計画に参加。戦後、1949年にソ連が原爆実験に成功すると、米ソ冷戦を意識して水爆開発の必要性をトルーマン大統領らに進言。52年にソ連より半年早く水爆実験を成功させ、「水爆の父」と呼ばれた。
 
 
  エドワード・テラー - プロフィール - Yahoo!人物名鑑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エドワード・テラー(Edward Teller、 もとのハンガリー名ではテッレル・エデ(Teller Ede)、 1908年1月15日 - 2003年9月9日)は、ハンガリー生まれでアメリカに亡命したユダヤ人核物理学者である。アメリカの「水爆の父」として知られる。
 
 
  エドワード・テラー の画 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エドワード・テラー の画 - Google
 
 
H.アルベーン.1908
ハンス・アルヴェーン ハンス・アルヴェーン | DrillSpin (ドリルスピン) どの大学が一番多い?大学別ノーベル賞受賞者
  ハンス・アルヴェーン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハネス・アルヴェーン(Hannes Olof G&ouml;sta Alfv&eacute;n, 1908年5月30日 - 1995年4月2日)は、スウェーデンの地球物理学者・物理学者である。 スウェーデンのノーショーピング生まれ。ウプサラ大学卒。1934年からウプサラ大学で物理学の教鞭を執り、1940年にスウェーデン王立工科大学の教授となった。… プラズマ物理学の一つの基盤である磁気流体力学の基礎を築いた。1970年にノーベル物理学賞を受賞した。 関連事項/外部リック
 
 
  ハンス・アルヴェーン 相関図 - あのひと検索Spysee   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハンス・アルヴェーン 相関図 - あのひと検索Spysee
 
 
  ハンス・アルヴェーン の画像 - Googgle   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハンス・アルヴェーン の画像 - Googgle
 
 
W.ショックレー.1910
ウィリアム・ショックレー (Wikipedia)
  ウィリアム・ショックレー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウィリアム・ショックレー(William Bradford Shockley Jr.、1910年2月13日 - 1989年8月12日)は、アメリカの物理学者、発明家。ジョン・バーディーン、ウォルター・ブラッテンと共にトランジスタを発明し、3人で1956年のノーベル物理学賞を受賞。 ショックレーは1950年代から1960年代にかけてトランジスタの商業化を試み、そのために電子工学関連の技術革新が育まれ、カリフォルニアに「シリコンバレー」が生まれる出発点となった。晩年にはスタンフォード大学の教授となり、優生学の熱心な支持者となった。  1 生涯 / 2 その他 / 3 受賞・栄誉 / 4 特許 / 5 著作 / 6 脚注・出典 / 7 参考文献 / 8 関連項目 / 9 外部リンク