126 【社会・歴史◆ 鎌倉・室町時代/戦国時代/安土桃山時代
このコーナーは、神話・伝説から始まり、古代史から現代史まで、歴史的出来事が掲載されています。各区分には、その時代の著名な文学書を散りばめ、歴史がより立体感をもって捉えられるよう工夫いたしました。また、発掘などによる歴史的新事実の発見などを報じた「歴史トピック」欄もどうぞ。世界の歴史年表もあります。特に日本史は今後も新たな区分とコンテンツが加わっていきます。 また、日本を含めた世界の「44古代文明・海底文明・遺跡全般」は こちら です。

鎌倉時代.1184〜 源頼朝と鎌倉幕府 『方丈記』成立.1212 承久の乱.1221 尼将軍・北条政子 義経とジンギスカン
元寇と北条時宗 『徒然草』成立.1330 室町時代.1333〜 『二条河原の落書』 足利尊氏と室町幕府 『神皇正統記』.1339
金閣寺と銀閣寺 南北町時代.1336〜 清和源氏/ 新田義貞/ 『太平記』1318-1368 後醍醐天皇.1318/
建武の新政/ 畠山義就.1437/ 日野富子.1440/ 戦国時代.1467〜 戦国時代の天皇 応仁の乱.1467
一揆・一向一揆.1488 『山水長巻』と雪舟 種子島・鉄砲伝来 ザビエルとキリスト教 川中島の戦い 織田信長と桶狭間
山中鹿之助.1545 姉川の戦い.1570 三方ヶ原の戦い.1573 高天神城の戦い.1574 長篠の合戦.1575 安土桃山時代.1575〜
明智光秀.1528 本能寺の変.1582.6 柴田勝家と羽柴秀吉 小牧長久手の戦い 豊臣秀吉.1537 豊臣秀吉と聚楽第
五大老と五奉行 伊達政宗.1567 真田幸村.1570/ 小田原攻め.1590 文禄・慶長の役.1592 関ヶ原の戦い.1600.
織田信長と徳川家康 徳川家康と石田三成 石田三成と小早川秀秋 坂本龍馬と桂小五郎 細川ガラシャ.1563.7/ 泉秀樹の歴史を歩く
泉秀樹.1943.3          
← 125 【社会・歴史 暸‘貶源代〜      127 【社会・歴史】◆江戸時代 → 
TOP >  o 社会・政治・経済 > 126 【社会・歴史◆ 鎌倉・室町時代/戦国時代/安土桃山時代 >  
       
鎌倉時代.1184〜
  鎌倉時代 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代(かまくらじだい、1185年頃-1333年)は、日本史で幕府が鎌倉に置かれていた時代を指す日本の歴史の時代区分の一つ。朝廷と並んで全国統治の中心となった鎌倉幕府が相模国鎌倉に所在したことからこう呼ばれる。本格的な武家政権による統治が開始した時代である。
 
 
  鎌倉時代   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「鎌倉時代」へようこそ。 鎌倉時代とは古代から中世への転換期です。 中世といえば、「武士の時代」と考えられがちではありますが、ここでは従来、顧みられることが少なかった朝廷史を中心に据えて、鎌倉時代を総合に考察することを目的としています。  Topic/更新履歴/鎌倉時代朝廷史/等閑記集解/諡法解/中世部類記/中文書学ノート/子文書用語集/菅公梅木/群雄堂書店日本史部/自己紹介
 
 
  鎌倉時代   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   1.鎌倉幕府  2.承久の乱  3.執権政治  4.武士の土地支配  5.元寇  6.社会の変化  7.鎌倉新仏教  8.鎌倉時代の文化
 
 
  Area 鎌倉時代   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  源氏による武家政治の始まり いい国つくろう 鎌倉幕府   Area鎌倉 / 源 氏 / 北条氏 / その他の御家人 / 摂家将軍、皇族将軍 / 歴史全般 / HOME NAVI
 
 
  鎌倉時代 - goo   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代(かまくらじだい、1185年頃-1333年)は、日本史で幕府が鎌倉に置かれていた時代を指す日本の歴史の時代区分の一つ。朝廷と並んで全国統治の中心となった鎌倉幕府が相模国鎌倉に所在したことからこう呼ばれる。本格的な武家政権による統治が開始した時代である。
 
 
  鎌倉時代 年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代 年表
 
 
  鎌倉時代のミソ。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代。その7:いくつかの重要な管理の業績は、北条摂政政治の間、なされました。1225年に、州の会議は確立されました。そして、他の軍の支配者が鎌倉で裁判で立法当局を訓練する機会を提供しました。摂政は議会を統轄しました。そして、それは集団指導の成功した形でした。1232年の法律の日本の最初の軍の規則の採用は、法廷から軍国主義化された社会への深い移行を反映しました。
 
 
  鎌倉時代でハン!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代で起こった事件を記事にしています。:源頼朝は彼が12歳のときに法廷の位置を取った有名な源氏の家に生まれました。 反逆が頼朝の父親が殺されたライバルの家族に対して行われた後に彼は12歳のときに元々、日本から追放されました。 彼の追放の間、頼朝は著名なさむらいの家族と共に結婚して、友人になりました。 その頼朝は鎌倉に来ましたが、1180年に、それは別の反逆の間ありました。 鎌倉で一度、彼は戦士政府、または鎌倉幕府を設立しました、彼がもう片方のさむらいを導いた兄弟の助けで。 源氏の軍は5年の源平合戦で平家と戦いました。
 
 
  鎌倉時代の由利郡   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平安時代の後半になると、陸奥の国に勢力を持っていた安倍氏の勢力が強大となるにつれて反乱となったが、出羽の豪族清原氏の協力によってこれを滅ぼすことができた。これに代った清原氏も、一族の不和によって戦乱となったが、これ等が八幡太郎義家の活躍した前九年、後三年の両役であった。…
 
 
  日本史:鎌倉時代・2   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  実朝が建造を命じた船はどうなった? / 騎射三物のうち現代でも行われているのはどれか / 犬追物の犬の扱いは? / 元寇で蒙古軍はどのような戦法をとったか / 鎌倉時代の農民の住居は? / 後醍醐天皇と醍醐天皇の共通点は? / 北条時高は、なぜ犬公方と言われたのか / 高師直の代筆ラブレター
 
 
  鎌倉時代でシルコット。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  源頼朝の死。:たぶん定規としての源頼朝の最もすばらしい短所は彼が将軍の職務に有効な継承に備えないことでした。 彼らが彼自身の地位に挑戦するかもしれないのが恐ろしいです、頼朝は彼の兄弟と数人の他の近親を払いました、そして、彼自らが1199年に52歳のときに死んだとき、彼の2人の若い息子(2番目と3番目の将軍になりました)は源氏のパワーに耐えることができませんでした。…
 
 
  龍粛 「鎌倉時代概観」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  I.公武の聯携と交歓/J 幕府の皇位干渉と将軍の廃立
 
 
  記事でアルク鎌倉時代。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  おそらく、統治者としての頼朝で最も大きな欠点は、将軍のオフィスの効果的継承に提供する彼の失敗でした。彼らが彼自身の位置に疑問を呈するかもしれないかと心配して、頼朝は彼の兄弟と他の近親の何人かを清算しました、そして、彼が52才で彼自身死んだとき、1199年に、彼の2人の若い息子(その人は第2と第3代将軍になりました)は源氏の力を維持することができませんでした。まもなく、北条家(結婚によって頼朝と親戚でした)は、将軍職摂政として鎌倉で政府の影響力を装いました。…
 
 
  鎌倉時代のブックノート。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代。その6:源頼朝の支配下氏の力は、成長を続けている。彼は多くの地元の戦士の家族からのサポートを統合することができた。他の土地と平からの保護の約束を忠実に頼朝が報復した。1180年〜1185年に至るまで、それぞれの勢力は、平源となるまで徹底的に勝っていた源氏は、他の闘いを裏では、平家を砕いた。平家物語は、平氏の秋です。
 
 
  鎌倉時代(1192~1334年)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2/27、福井県清水町の片山真光寺塔跡から、五重塔の最上部の鉄製装飾物「相輪(そうりん)」の破片が見つかった。鉄製は珍しく、中世のものは全国でも初めて。片山真光寺は、同所に鎌倉時代から戦国時代にかけて存在したとされる。…
 
 
  鎌倉時代の勉強をしよう   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代のことを勉強したい人のページです. 
 
 
  鎌倉時代のオキテヤブリ。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代の仏教。:仏教は鎌倉時代の中に栄えた。 2つの新しい宗派設立された。禅宗。比叡山の修道院多くの政治権力を得た。これらの修道院は主に、自分の教えを研究に焦点を当てた。 真言宗派が、その一方で、難解な儀式に注力主に京都の貴族でサポートされていた。は、いくつかの他の宗派と、臨済宗と曹洞宗、また、この期間中に設立された。
 
 
  鎌倉時代  源頼朝出生地   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代  源頼朝出生地
 
 
  鎌倉時代に活躍した人物。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  源平合戦後、義経は、隠遁移動天皇白川兄頼朝戦に参加した。むつで藤原の一時的な保護は藤原秀衡に再度逃走、義経は、挙母川の戦いで敗れ、裏切られたと彼の妻と娘、 藤原秀衡の息子と一緒に藤原泰衡で切腹することを余儀なく。義経神社白旗山競技場神社では、藤沢に安置されています。
 
 
  鎌倉の歴史上の主な人物   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  正宗(まさむね)/三浦泰村(みうらやすむら)/源実朝(みなもとのさねとも)
 
 
  7. 鎌倉時代  時代の特徴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  寿永四年(1185)の平家滅亡から明徳三年(1393)の南北朝の合一までを鎌倉時代という。しかし、南北朝を次の室町時代に含める区分の仕方もある。また、藤原時代末期から鎌倉時代初期にかけての一時期を、定朝の様式から運慶・快慶を中心とする慶派の様式が変化していく事から、藤末鎌初(とうまつけんちょ)として取り扱うこともある。
 
 
  鎌倉時代の至宝を公開する   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鶴岡八幡宮は源頼羲が石清水八幡宮を鎌倉に勧請したことに始る。源頼朝は現在地に社殿を造営して、この社を移して源氏の氏神とした。1828年に再建された流(ながれ)権現造の華麗な社殿は重要文化財であり、鎌倉観光の中心地として連日多くの参拝客が訪れる。八幡宮の回廊に併設された「鶴岡(つるがおか)八幡宮宝物殿」には伝来の奉納品などが所蔵されている。
 
 
  鎌倉時代細別フロント・ページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1192年〜1333年までの史料です。 この年代範囲に収まらない場合、その内容によっては、他の時代に掲載している場合がありますので、他の時代も参照してみて下さい。
 
 
  Category:鎌倉時代 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カテゴリ “鎌倉時代” にあるページ : このカテゴリに属する 148 個のページのうち 148 個を表示しています。 / サブカテゴリ : このカテゴリに属する 13 個のサブカテゴリのうち 13 個を表示しています。
 
 
  中学校社会 歴史 鎌倉時代 (Wikibooks)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代は1192年〜1333年の約140年間を指す[1]。源頼朝が征夷大将軍となって鎌倉幕府を開き、源氏が3代で滅亡した後は北条氏が執権となって政治を動かした。途中、2度の元寇があったがこれを退けた。しかし、幕府に不満を抱いた御家人を集めた後醍醐天皇によって幕府は滅ぼされた。また、文化においては、簡素で力強い作品や大衆向けの仏教の宗派が現れた。
 
 
  1.史跡名勝天然記念物・埋蔵文化財の概要   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文化財は私たちの生活や考え方の成り立ちを表すもので、私たちが正確な歴史認識に立って物事を判断するために不可欠なものです。 源頼朝が幕府を開いてから約250年の間、鎌倉は東日本だけでなく、日本全国の政治や文化、特に我が国の中世武家文化の中心として栄えました。…
 
 
  鎌倉時代(かまくらじだい) - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代というのは、政権の所在地による時代称呼の一つである。1885年(明治18)田口卯吉(うきち)が『日本開化之性質』で初めてこの称を用いた。 この時代に政権が鎌倉幕府にあったとはかならずしもいいきれないが、鎌倉に幕府が置かれた時代を鎌倉時代といっている。
 
 
  鎌倉時代 はだの - 緑豊かな暮らしよい都市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  波多野氏と源氏:治承4年(1180)8月、平治の乱(1159)後伊豆に流されていた源頼朝が挙兵し、相模に入り石橋山で平氏側の大庭景親の軍勢と戦いを交えました。この時、頼朝の挙兵に参加した武者は、伊豆の北条氏、三浦半島の三浦一族と西相模の土肥一族らであり、波多野義常の一族は平氏側につきました。…
 
 
  平安後期〜鎌倉時代の衣装  Maccafushigi   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  <みやびの世からの移ろい> <花園左大臣(源有仁)の抵抗と強装束(こわしょうぞく)> <公卿と殿上人のメンズはカラフル・カジュアルへ> <レディースの十二単の変遷> <京都小宇宙の経済的基盤> <「褻 (日常・普段)」 は質素? 湯巻(ゆまき)> <鎌倉武士の服装は至って庶民感覚> <武家女性の服装> <鎌倉時代のnew color(新色名)> <女性史の流れでは鎌倉時代と室町時代は途切れていない。> <番外編 鎌倉時代初期、源通親の奮闘>
 
 
  鎌倉時代  いせはらの歴史  いせはら文化財サイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平家追討の狼煙(のろし)があがった頃、このいせはらの地にもすでに武士が誕生していました。市内岡崎の無量寺(むりょうじ)周辺から平塚市域にかけては、岡崎城と呼ばれる居館(きょかん)があったといわれています。城主、岡崎四郎義実(おかざきしろうよしざね)は三浦半島に本拠を置く三浦氏の一門で、義実は源頼朝より30歳以上も年上でしたが、石橋山の戦いには息子の真田与一(さなだよいち)とともに参戦し、その後も頼朝につき従って鎌倉幕府成立の功臣(こうしん)となりました。
 
 
  かまくらじだい【鎌倉時代】 学習百科事典  キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1192年に源頼朝(みなもとのよりとも)*が鎌倉幕府(かまくらばくふ)を開いてから,1333年に幕府(ばくふ)がほろびるまでの約(やく)140年間をいう。武家政治(ぶけせいじ)がはじめて成立(せいりつ)した時代で,はじめ京都(きょうと)の公家(くげ)政権(せいけん)との二重支配(しはい)であったが,源氏(げんじ)が3代でほろんだあと北条氏(ほうじょうし)が実権(じっけん)をにぎり,1221年の承久(じょうきゅう)の乱(らん)で公家勢力(くげせいりょく)をやぶって執権政治(しっけんせいじ)を確立(かくりつ)した。
 
 
  鎌倉時代に発展した海の道や街道の話 海の道・陸の道   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代になると京都と鎌倉を結ぶ東海道の整備をはじめ,武士や商人の移動が多くなり道が発達しました.特に村の中で鋳物(いもの=鉄を作ること),や養蚕(ようさん=カイコを育てて絹を作ること),漆器(しっき=うるしぬりの生活用具),和紙など様々なものが生産されたり,海産物や畑の作物,加工食品が盛んに作られるようになると,人や物の移動が活発になり道路が発達しました.
 
 
  鎌倉時代 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  武家の首都として誕生した中世都市鎌倉について。カリスマ性と「正義の戦い」を巧みに演出し武のシステムを日本に築き上げた頼朝の実像とは。「職業的な殺し屋」集団・武士の本質などについて。
 
 
  「戦国時代の天皇」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国時代の天皇 - Google 検索
 
 
  鎌倉・室町時代のブログ集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉・室町時代人気ランキング
 
 
源頼朝と鎌倉幕府
  源頼朝 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  源 頼朝(みなもと の よりとも)は、平安時代末期、鎌倉時代初期の武将である。鎌倉幕府の初代征夷大将軍として知られる。 平安時代末期に河内源氏の源義朝の三男として生まれ、父・義朝が平治の乱で敗れると伊豆国へ流される。伊豆で以仁王の令旨を受けると平氏打倒の兵を挙げ、関東を平定し鎌倉を本拠とする。弟たちを代官として源義仲と平氏を滅ぼし、戦功のあった末弟・源義経を追放し、諸国に守護と地頭を配して力を強め、奥州合戦では奥州藤原氏を滅ぼす。
 
 
  鎌倉幕府 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉幕府(かまくらばくふ)は、源頼朝が鎌倉(現在の神奈川県鎌倉市)に創設した武家政権(幕府)である。 かつての通説によると、鎌倉幕府は、1192年(建久3年)に源頼朝が征夷大将軍(以下、将軍)に任官されて始まったとされていたが、頼朝の権力・統治機構はそれ以前から存続しており、現在では実質的な成立は1192年より前すなわち1185年であるとする説が支配的である。また、「日本で初の武家政権」とされたこともあったが、今では平氏政権に次ぐ武家政権と位置づけられている。
 
 
  鎌倉幕府が出来るまでの道のり   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  教科書には「そのころ,平氏が後白河上皇を退けて,一族中心の政治を行ったことから,諸国の源氏の武士が立ち上がった.なかでも木曽(長野県)で兵を起こした源義仲と,伊豆(静岡県)で兵をあげた源頼朝が,東国に大きな勢力を築いた」と書いてあります.これだと「平氏の政治に不満を持つ武士達が”まってました”と,源頼朝を大将にして平家と戦った」という感じがしますね・・
 
 
  中学歴史ノート9 (源頼朝と鎌倉幕府)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1.鎌倉幕府の成立 :  タ斉狎邯の鎌倉は、源頼義以来、源氏と関係の深い土地であった。 ◆コ倉は三方を小さな丘陵に囲まれ、南は海にのぞむ要害の地である。  .平氏討伐の兵を挙げた後も、源.頼朝は鎌倉にとどまり、新しい政権の樹立に努めていた。
 
 
  鎌倉幕府 源頼朝 - 動画検索サイト Woopie   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉幕府 源頼朝 - 動画検索サイト Woopie
 
 
  源頼朝墓所(神奈川・鎌倉)  「史跡めぐり(105)」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉で里見義弘と青岳尼が再会を果した太平寺跡を訪れた後、近くにあった源頼朝の墓所に行ってみました。 太平寺跡は地元の人も知らないような場所で、訪れる人もいなかったのですが、さすがに源頼朝の墓所には大勢の人が訪れていました。 源頼朝の功績と言えば、政治の実権を朝廷・貴族から武士へと移し、鎌倉幕府を開いたことだと思います。
 
 
  源頼朝と鎌倉幕府(鎌倉〜室町) - こども大百科   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  源頼朝により鎌倉幕府が開かれ,武士による政治が行われたことや,室町文化が生まれ,現在にもつながっていることをまとめよう。
 
 
  鎌倉の歴史上の人物 源頼朝 鎌倉の歴史上の主な人物   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  源頼朝(1147〜1199)は、初めて武士による政権である鎌倉幕府を作った初代鎌倉幕府将軍。源氏の棟梁源義朝の三男として熱田神宮近くの旗屋町辺りで誕生、北条政子の夫。母は熱田神宮宮司藤原季範の娘。頼朝の幼名は「鬼武者」。義朝の三男として生まれたが源氏の嫡流として育てられた(母が正室の子であった為)。  源氏略系図
 
 
  鎌倉幕府 源頼朝 :マピオン動画検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉幕府 源頼朝 :マピオン動画検索
 
 
  源頼朝と鎌倉幕府 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  謀反人の子として伊豆に流されていた源頼朝が、平氏による朝廷の専制政治を打倒し武家政権を生み出すまでの日本史上まれにみる激動。その歴史的意味をリアルに描く本格的通史。
 
 
  源頼朝と鎌倉幕府 新日本出版社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  頼朝の挙兵から初の武家政権樹立までの激動を追う! :  謀反人の子として伊豆に流されていた源頼朝が,平氏による朝廷の専制政治を打倒し武家政権を生み出すまでの日本史上まれにみる激動を描く本格的通史。東国武士団の関わり,内乱の勃発,頼朝挙兵,幕府成立,頼朝死後の北条政子の政治まで。
 
 
  上杉和彦 『源頼朝と鎌倉幕府』 <本>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歴史学者上杉和彦氏による、源頼朝の鎌倉開府についての再考察の本である。 著者自身も述べているように、この本は歴史学を専門的にやっていない、一般の読者でもわかりやすいことを目指して書かれたようで、源頼朝の鎌倉開府に至る過程が非常にわかりやすく書かれていた。
 
 
  VHS 日本の歴史 (6)源頼朝と鎌倉幕府    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現存する遺跡,建物,絵画などの歴史的資料や当時の人々の生活を再現ドラマ風に示すなどして,その時代のイメージがふくらむように構成してあります。
 
 
『方丈記』成立.1212
  →方丈記.1212   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「01文学」中世文学/方丈記.1212
 
 
承久の乱.1221
  承久の乱 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  承久の乱(じょうきゅうのらん)は、鎌倉時代の承久3年(1221年)に、後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して討幕の兵を挙げて敗れた兵乱である。承久の変、承久合戦ともいう。 武家政権である鎌倉幕府の成立後、京都の公家政権(治天の君)との二頭政治が続いていたが、この乱の結果、幕府が優勢となり、朝廷の権力は制限され、幕府が皇位継承などに影響力を持つようになる。
 
 
  承久の乱   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  承久の乱/承久の乱の結果と意義
 
 
  承久の乱   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当事者1:後鳥羽上皇/当事者2:北条義時/時代:鎌倉時代/年代:1221年(承久3年)5月14日〜1221年(承久3年)7月13日/要約:朝廷と鎌倉幕府の戦い。幕府が勝利し以後幕府権力が確立/内容: 公家勢力の権威の回復を図るため、後鳥羽上皇は幕府打倒の機会を窺っていた。その時鎌倉では将軍源実朝暗殺があり、後鳥羽上皇は ”幕府は内紛によりかなり混乱している” と思ったようである。(実状は北条家が ガッチリ幕府を押さえて動揺は殆ど無かったようである)
 
 
  承久の乱(1221)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  源実朝が急死して源氏直系の将軍が居なくなり、将軍の座が空席となった。北条政子は京の皇族の鎌倉への下向を、後鳥羽上皇に要請した。最終的に決まったのが源頼朝の血筋で左大臣・九条道家の子・三寅(2才)であった(下図参照)。しかし三寅は幼いため、政子が代理として政務を見る事になった。世に言う「尼将軍」である。
 
 
  3.承久の乱 - 鎌倉時代1   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  実朝の死後、母である尼将軍政子は、後鳥羽上皇の皇子の1人を将軍として下向してほしいと要請しますが、上皇は天皇と将軍に兄弟がなれば国家の統一が妨げられると断りました。・・・ 後鳥羽上皇は北条氏が主導する鎌倉幕府が崩壊することを望んでいました。そこでまず、上皇は近臣を出羽羽黒山の最高位に、皇子を天台座主に送り込み、寺院勢力を味方につけようとしました。
 
 
  四 承久の乱 〜一族対決の悲劇〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐々木秀義が亡きあと惣領家を継いだのは嫡男定綱であった。定綱は守護として近江に本拠地を置き、比叡山延暦寺との争いにより一時流罪となるも後に赦免され幕府の重鎮として活躍した。 その定綱が元久二年(1205)に病死すると、嫡男広綱が惣領家を継ぎ近江守護となった。広綱は父同様在京御家人となり、後に検非違使、山城守に任ぜられ朝廷との結びつきを強くする。
 
 
  承久の乱で鎌倉方(幕府)はなぜ勝てたのか   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  承久の乱・その原因/承久の乱・上皇の決起/素早い幕府の対応/大軍団,京都を制圧する/乱のその後/最後に  北条政子(ほうじょうまさこ=頼朝の奥さん)の言葉 : 「みなさん,心を一つにして聞いてください.これは私の最後の言葉です.頼朝様が朝敵(木曽義仲や平氏のこと)をほろぼし関東に武士の政権を創ってから後,あなた方の官位は上がり収入もずいぶん増えましたね.…」
 
 
  承久の乱は、御家人どうしの争いだった!?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代の前期、承久3年(1221)に起こった承久の乱は、幕府と後鳥羽上皇との争いでした。これは、天皇・貴族・寺社などのいわゆる旧勢力と、成立して間もない武家政権との正面衝突であり、後者が勝利したことによって、幕府の支配は西国にまで及び、いよいよ強固なものとなった、と理解されています。
 
 
  承久の乱 学習百科事典 - 学研キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1221(承久(じょうきゅう)3)年,後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)が鎌倉幕府(かまくらばくふ)から政権(せいけん)を奪回(だっかい)しようとしておこした戦(たたか)い。上皇(じょうこう)は北条氏(ほうじょうし)の政治(せいじ)に不満(ふまん)をもつ武士(ぶし)や僧兵(そうへい)を集めて,幕府(ばくふ)を討(う)とうとしたが,北条氏(ほうじょうし)が送った大軍(たいぐん)の前に大敗(たいはい)した。
 
 
  第24回 承久の乱と権力基盤を固める北条氏   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  源実朝が暗殺され、北条義時による実質的な鎌倉幕府掌握を見た後鳥羽上皇は「これは貴族が政権を取り戻すチャンスだ。きっと、北条氏に不満がある武士が多いに違いない」と考えました。既に西面の武士などを設置し武力を強化。「増鏡」という歴史書には、後鳥羽上皇は”弓馬の道に巧みで武技を好んだ”とあるので、かなり血気盛んな人物だったようです。
 
 
尼将軍・北条政子
  北条政子 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北条 政子(ほうじょう まさこ、保元2年(1157年) - 嘉禄元年7月11日(1225年8月16日))は、平安時代末期から鎌倉時代初期の女性。鎌倉幕府を開いた源頼朝の正室。伊豆国の豪族、北条時政の長女。子は頼家、実朝、大姫、三幡姫。兄弟姉妹には宗時、義時、時房、阿波局など。 伊豆の流人だった頼朝の妻となり、頼朝が鎌倉に武家政権を樹立すると御台所(みだいどころ)と呼ばれる。夫の死後に落飾して尼御台(あまみだい)と呼ばれた。法名を安養院(あんにょういん)といった。
 
 
  北条政子 日本歴史占い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  論理的で冷静沈着な常識人 : 分析力、計算能力に長け、発言や行動の一つひとつが的確で論理的。目標を掲げるのが好きで、決めたことを決めた通りにやらないと落ち着きません。トラブル時でも、水面下で問題解決に乗り出す影の大物。政子は頼朝の死後、政治的発言を始め、独裁政治を阻止。私心の入らない公明正大な判断で、反対する者は息子であろうと追い払います。自分のルールを乱されると一気にキレるので、あなたを「コワイ」と思っている人は案外多い。
 
 
  「尼将軍」と呼ばれた北条政子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  源頼朝が急死した後に、妻の北条政子は髪をおろして尼になりました。政子と頼朝の間には源頼家(よりいえ)と実朝(さねとも)のふたりの男児がいました。2代将軍となった頼家は、他の有力御家人と結びついたために、政子と北条時政によって幽閉され、やがて時政の命令で殺されてしまいます。その時政も他氏と結びついたので、政子は弟の義時(よしとき)と協力して父を追放しました。そして北条氏が実権を握る土台を築いたのです。頼家のあとをついで3代将軍となった実朝が頼家の子の公暁(くぎょう)によって殺されると、北条政子は京都からむかえた幼い将軍の九条頼経(くじょうよりつね)を後見し、「尼将軍」と呼ばれました。
 
 
  北条政子 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北条政子 画像検索 - Google
 
 
  北条政子産湯の井戸 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北条政子産湯の井戸(ほうじょうまさこうぶゆのいど)は静岡県伊豆の国市にある旧跡である。北条氏邸・円成寺跡の東側に位置する井戸であるため、いつの頃からか「政子産湯の井戸」と呼ばれるようになった。本当の北条政子産湯の井戸は隣接する北条氏邸内にあったと考えられる。実際は石造りの井戸で明らかに江戸時代以降の井戸である。かつては近隣の人々の間にこの井戸に安産を願うという信仰などもあったという。
 
 
  源平顔復元シリーズ 嵋名鮴子」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第一弾は北条政子。 いわずと知れた尼将軍。頼朝亡き後、鎌倉幕府を支えた女傑。 歴史3代女傑としてこの北条政子、日野富子、春日野局が出てきますが、その中でも最大の女傑レベルではないか、この人。とにかく個性的だし、気の強さも一流。 派手に家臣達の前でも喧嘩を頼朝に吹っかけた。…
 
 
  北条政子(ほうじょうまさこ) 日本史人物列伝   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代。 従三位。 鎌倉幕府初代将軍源頼朝の正室。 鎌倉幕府第二代将軍源頼家の生母。 鎌倉幕府第三代将軍源実朝の生母。 北条時政の娘。 『平治の乱』の後、伊豆へ流罪となった源頼朝とのロマンスは有名である。 政子と頼朝が結ばれたのは治承元(1177)年頃のことであった。
 
 
  北条時頼(ほうじょうときより)  鎌倉の歴史上の主な人物   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北条時頼(1227~1263)は、五代鎌倉幕府執権。寛元四年(1246)の執権就任後、名越光時が、既に引退していた四代将軍・藤原頼経を擁して執権職を狙った。時頼は直ちに、光時を伊豆へ、頼経を京に追放した。また、三浦泰村一族を排除する為、三浦氏に謀反の疑いを掛けて滅ぼした(宝治の乱)。   北条氏略系図
 
 
  Area 寿福寺  北条政子の墓   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Area 寿福寺  北条政子の墓  北条氏系図
 
 
  北条政子 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊豆の豪族北条時政の娘に生まれ、流人源頼朝に遅い恋をした政子。やがて夫は平家への反旗をあげる。源平の合線、鎌倉幕府開設―御台所と呼ばれるようになっても、政子は己の愛憎の深さに思い悩むひとりの女だった。歴史の激流にもまれつつ乱世を生きぬいた女の人生の哀歓を描いた、永井文学の代表的歴史長篇。
 
 
義経とジンギスカン
  源義経 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  源 義経(みなもと の よしつね、源 義經)は、平安時代末期の河内源氏の武将。鎌倉幕府を開いた源頼朝の異母弟である。本姓は源氏。家系は清和源氏の一支流、河内源氏の棟梁・源頼信の流れを汲む。仮名(輩行名)は九郎、諱(実名)は義經(義経)である。
 
 
  源義経Q&A集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当サイトの掲示板にお寄せいただいた投稿の中で、ユニークな質問や疑問をお寄せいただいたものに関するQ&A集です。今後とも、少しずつ付け加えて行くようにいたします。
 
 
  源義経とジンギスカン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  源義経の生存説について:衣川で自決したはずの源判官・義経が、実は生きていたと言う話は、昔から誰かの手によって繰り返し語られて来ました。そして、生き延びた義経が、北海道から大陸に渡って、あの草原の蒼き狼”ジンギス汗”に成ったという、壮大なお話にまで発展して行ったのです。/1,記録に基づく経緯/2,正史から沸き上がる疑問/3,視点を変えて考えると。  義経生存説に関する参考文献
 
 
  源義経=ジンギスカン伝説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横光さんは生前、なぜか“義経=成吉思汗(ジンギスカン)説”を、かたくなに主張していた人で、彼が言うには「弁慶という大参謀がついているのに、義経があんな死に方をするわけがない」との事・・・・しかし、横光さんは、「義経が・・・」「弁慶が・・・」というよりは、壮大なロマンに魅了されていたようです。
 
 
  義経=ジンギスカン伝説を追う   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回の主役は源義経です。 経は衣川で奥州藤原氏の襲撃を受けて自害したことが史実になっていますが、実は生きのびて東北・北海道から中国大陸に渡ってジンギスカンになったという伝説があることは衆知のことかと思います。 しかし、この「義経=ジンギスカン伝説」が比較的近年にうまれたものであることを知る人は意外に少ないのではないでしょうか。…
 
 
  源義経=ジンギスカン説の考察   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジンギスカンは実は源義経だったってエピソードは未だに論議の的となっています。 もしも本当に義経がジンギスカンだったら、もの凄い夢のある話だと思います。まぁモンゴルや中国が黙ってはないと思いますけど。
 
 
  「義経=成吉思汗伝説」について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2005年のNHK大河ドラマは「義経」である。1966年に大河ドラマで義経が取り上げられた時には、ちょっとした義経ブームが起こったという。…
 
 
  源義経とジンギスカン同一人物説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  源義朝の九男で、幼名、牛若丸‥。言うまでもなく鎌倉時代の英雄、源義経の事である。兄、源頼朝が起こした平氏追討の戦いに加わり、屋島、壇ノ浦などでの戦いで、部下の武蔵坊弁慶と共に大活躍したとされる。 一方、ほぼ同時代、大陸の方では、モンゴルから突如として現れた成吉思汗(ジンギスカン)によって、中国の領土は征服された。…
 
 
  義経=ジンギスカン説 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  義経=ジンギスカン説(よしつね=ジンギスカンせつ)は、モンゴル帝国の創始者で、イェスゲイの長男といわれているチンギス・ハーン(成吉思汗)(1155年以降1162年までの間-1227年8月12日)は、衣川の戦いで自害したという源義経(1159年-1189年6月15日)と同一人物であるという伝説である。
 
 
  成吉思汗の秘密 <書籍> 高木彬光 著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  兄・頼朝に追われ、あっけなく非業の死を遂げた、源義経。一方、成人し、出世するまでの生い立ちは謎に満ちた大陸の英雄・成吉思汗。病床の神津恭介が、義経=成吉思汗という大胆な仮説を証明するべく、一人二役の大トリックに挑む、歴史推理小説の傑作。本編にまつわるエッセイの他、短編「ロンドン塔の判官」を併せて収録。
 
 
  3.義経に関連する人たち    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  静御前/熊谷次郎 直実/畠山重忠/河越太郎 重頼/自訴義仲/佐藤継信・忠信/源範頼
 
 
元寇と北条時宗
  元寇 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元寇(げんこう)とは、日本の鎌倉時代中期に、当時大陸を支配していたモンゴル帝国(元)及びその服属政権となった高麗王国によって2度にわたり行われた日本侵攻(遠征)の、日本側の呼称である。1度目を文永の役(ぶんえいのえき・1274年)、2度目を弘安の役(こうあんのえき・1281年)という。蒙古襲来とも。現代中国語では、元日戦争という。
 
 
  元寇   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一二六〇年、ジンギスカンの孫、クビライが大帝国「元」の王「汗」に即位してから遂に蒙古は、、南宋(上海付近)を滅ぼして中国全土をその手中におさめた。一二六八年、蒙古は日本に使者を送り、国書が初めて大宰府に到着したものの、日本側は返書も送らず元の皇帝、クビライの要求を無視した。
 
 
  元寇の概要   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「元寇」 とは日本の鎌倉時代に、当時の中国「元」の大軍が二度にわたり北九州沿岸に来襲したことを言う。その頃「中国」は北から侵入した「蒙古」(モンゴル)に支配され、国名は「元」、都は「大都」(現在の北京)、当時の皇帝は忽必列(クビライ)であった。
 
 
  元寇・防塁の跡   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人間の歴史には争いはつきものである。かっては縄文時代には戦いはなかったというのが定説だったが、最近、縄文時代の戦闘の痕跡を残した骨格もちらほら発見されるようになり、後に続く弥生時代以降ほどではないが、縄文時代にも戦いはあったのだという事になっている。
 
 
  元寇失敗の背景   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モンゴルの日本襲来の失敗の背景については、御家人の奮戦、突然の暴風雨などがあげられています。しかし、それだけなのでしょうか?日本とモンゴルの関係だけを見ていたのでは気づかない、何か他の問題がありそうです。
 
 
  早良区・元寇防塁   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元寇から700年以上も年月が過ぎたため、ここの防塁はご覧の通り、まわりは砂に埋もれて防塁の上のほうしかみることができません。しかし、元軍の来襲に備え、博多湾をぐるりとかこんだ石築地(いしついじ)が、この藤崎にもあったことを物語っています。
 
 
  「元寇」  大河ドラマ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今年の大河ドラマは「北条時宗」ね。この人物の事は学校の歴史の授業でも少しは触れているから、ある程度は知っているんじゃないかな?  北条時宗は鎌倉時代の人。いわゆる「鎌倉幕府」の執権と言う将軍に次ぐ、事実上の最高ポストに居た人なのね。彼は若干十八歳にして、鎌倉幕府執権の役職に就いた人物なの。 この時宗の時代に起こった、日本国史上最大級の事件が、「元寇」と呼ばれた「元・モンゴル帝国」による外寇侵略事件ね。
 
 
  元寇 文永の役(1274)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1260年4月、チンギス・ハン(1167〜1227)の孫に当たるクビライ(1215〜94)が、開平府でクリルタイを開き、モンゴル帝国の大ハーンに即位した。この年、朝鮮半島でも約30年間にわたるモンゴル帝国の高麗侵攻の結果として、クビライに恭順を誓う元宗(1219〜74)が王位に就く。1235年から続くモンゴルと南宋の戦いに終止符を打つため、着々と南宋包囲網を築くクビライは、既に雲南の大理国やヴェトナムの陳朝をその軍門に下していた。高麗人の趙彜から日本について聴かされたクビライは、1268年、南宋と日本とを討たんと欲し、高麗に大型戦艦1000隻の建造を命じた。
 
 
  元寇  作詞・作曲:永井建子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  収録CD:軍歌・戦時歌謡大全集(評) 日本の軍歌(一)暁に祈る(評)    四百余州をこぞる 十万余騎の敵  国難ここに見る 弘安四年夏の頃  なんぞ恐れんわれに 鎌倉男子あり  正義武断の名 一喝して世に示す
 
 
  元寇関連史跡  よかなび.web   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元寇史料館/しかのしま資料館/生の松原元寇防塁/今宿元寇防塁/今津元寇防塁/火焔塚/櫛田神社蒙古碇石/地蔵松原元寇防塁/祖原元寇古戦場跡/西新元寇防塁・百道元寇防塁/筥崎宮境内蒙古碇石/蒙古塚/妙楽寺/大乗寺跡/亀山上皇銅像
 
 
  元寇 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉(かまくら)時代に,元(げん)(モンゴル)軍(ぐん)が2度にわたって,北九州に攻(せ)めよせたできごと。 〔元(げん)の大軍(たいぐん)が襲来(しゅうらい)〕 モンゴル帝国*を支配(しはい)した元(げん)のフビライ=ハンは,高麗(コリョ)を征服(せいふく)したのち,日本をしたがえようとして使者を送ったが,執権(しっけん)北条時宗(ほうじょうときむね)*はこれを拒否(きょひ)し,九州の防備(ぼうび)をかためた。
 
 
  今津 元寇防塁 【げんこうぼうるい】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蒙古襲来【もうこしゅうらい】、日本が国外から受けた初めての侵攻である。 1206年にモンゴル帝国を造ったチンギス・ハンの孫で第五代皇帝のフビライは1271年に国号を元【げん】とし、当時の南宋【なんそう:中国】を統一、高麗【こうらい:朝鮮】も服属させた。さらには日本をも従えようと使者を送るが、鎌倉幕府・執権 北条時宗はこれを拒否した。 それにより文永11年(1274)、元の大軍が九州・博多湾に押し寄せることとなる。いわゆる文永の役【ぶんえいのえき】が勃発した。
 
 
  遺跡元寇防塁について 西南学院大学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本学第1号館の新築にあたって元寇防塁の遺構が検出されました。 元寇防塁研究に新視点を提供する重要な歴史遺産として、その原状を復元しました。
 
 
  66.「高麗襲来」 ─ 元寇に隠された側面   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文永11(1274)年10月5日、突如として元(モンゴル)の艦隊が対馬に軍事侵攻してきました。いわゆる「文永の役」の始まりです。そして20日には、元軍は筑前国(現・福岡県)に上陸し、集団戦法や回々砲(大砲)・震天雷(ロケット砲)等の新型兵器を駆使して、鎌倉武士を翻弄しました。しかし、夜来に襲った「神風」(暴風雨)によって元の艦隊は壊滅。日本は辛くも危機を脱したのです。
 
 
  元寇はなぜおきたか 日本は何が変わったか   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大蒙古国・国書/国書を無視した日本/文永の役/なぜ,元軍は優勢に戦えたのか?/嵐は起きたのか?/恩賞がなかった/使者を斬る(元の怒り)/日本のそなえ(防塁)/弘安の役/元軍,嵐にあう/日本軍が勝った理由/元寇の後/苦しくなった御家人の生活/御家人の不満/最後に
 
 
  生の松原元寇防塁(いきのまつばらげんこうぼうるい) 国指定史跡   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長垂海岸から小戸海岸にかけての約2.5kmの間、白砂と松原の境を元寇防塁が縫うように走る。ここを生の松原地区元寇防塁と呼ぶ。昭和43年発掘調査が行われ、海への傾斜面に幅1〜1.5m、残高1.8mに石を積み上げ、その後ろを粘土で補強していることが判明した。
 
 
  水城・元寇リンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水城・元寇リンク
 
 
  元寇 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元寇 画像検索 - Google
 
 
  元寇 動画検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元寇 動画検索 - Google
 
 
  【動画】元寇犠牲者しのび武者行列 厳原・小茂田浜神社大祭   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉時代の蒙古(もうこ)襲来〈元寇(げんこう)〉で討ち死にした宗家初代当主、宗資国(すけくに)らを祭る対馬市厳原町の小茂田浜神社(舎利倉政司宮司)で12日、大祭があり、国難に殉じた当主らをしのんだ。
 
 
  元寇 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  チンギスハーンの再来、英雄フビライは果たして黄金の国ジパングの夢にとりつかれたのか!?モンゴル平原に興った史上最強の騎馬帝国・元が、日本を襲い蹂躙せんとす。迎え撃つのは精強な鎌倉武士団。我が国最大の国難、蒙古襲来を巨視的スケールの中で描き切る。世界史のミステリーに挑む傑作歴史冒険小説。
 
 
  北条時宗 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北条 時宗(ほうじょう ときむね)は、鎌倉時代中期の武将。鎌倉幕府第8代執権。 鎌倉幕府執権職を世襲する北条氏の嫡流得宗家に生まれ、モンゴル帝国の日本に対する圧力が高まるなかで執権に就任。内政にあっては得宗権力の強化を図る一方、圧倒的に国力の勝るモンゴルの2度にわたる侵攻を退け、後世には日本の国難を救った英雄とも評される。官位は生前、正五位下相模守。没後(1904年)、贈従一位。
 
 
  北条時宗 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北条時宗 画像検索 - Google
 
 
  北条時宗  <1251〜1284 鎌倉幕府8代執権>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  父は北条時頼。相模(さがみ)太郎と称し、1257年、7歳で元服、将軍宗尊(むねたか)親王の名前の1字をもらい時宗と名乗った。1268年、18歳で執権となった。 蒙古王世祖フビライから突然届けられた国書は、「大蒙古国皇帝、書を日本国王に奉ず」の書き出しで始まっています。…
 
 
  北条時宗(ほうじょうときむね)  鎌倉の歴史上の主な人物   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北条時宗(1251〜1284)は、五代執権・北条時頼の嫡男として建長三年(1251)5月15日に生まれた。得宗の子である時宗には、生まれながらにして強い期待が集まっていた。九歳で小侍所別当、十三歳で執権を補佐する連署となり、十八歳の若さで第8代執権に就任。しかし時宗を待っていたのは、かってない国難であった。文永十一年(1274)の文永の役と弘安四年(1281)の弘安の役の2度に渡る元軍の侵略攻撃であった。   北条氏略系図www.kamakura-burabura.com/jinbutuhoujyouryakeizu.htm
 
 
  Area  北条時宗   建長3(1251). 5.15 〜弘安7(1284). 4. 4   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎌倉中・後期の武将 北条時頼の子、母は北条重時の娘 幼名は正寿、通称は相模太郎
 
 
  元寇船の背骨は13.5メートル以上 長崎沖の再調査 (2012/6/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長崎県松浦市教委と琉球大は26日、同市鷹島沖で実施した元寇(げんこう)の沈没船に関する再調査の結果を発表した。船の背骨にあたる部材「竜骨」(キール)は昨年10月の調査で12メートルの長さが確認されていたが、今回の調査で、少なくとも13.5メートルあったことがわかった。船の全長は25〜27メートルと推定される。
 
 
『徒然草』成立.1330
  →徒然草.1330   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「01文学」中世文学/徒然草.1330
 
 
室町時代.1333〜
  室町時代 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  室町時代(むろまちじだい)は、日本の歴史において、室町幕府(足利将軍家)によって統治されていた時代である。足利時代(あしかがじだい)ともいう。「室町時代」の名称は、京都の室町に幕府が置かれていた事に由来する。   1.範囲/2.特徴/3.概観/4.経済と社会/5.対外関係/6.文化・芸術/学問と思想/8.関連事項
 
 
  建武の新政と南北朝   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  年代:1333年(元弘3年)10月9日〜1336年(延元元年・建武4年)12月21日  要約:後醍醐天皇は政権を掌握すると、親政に乗り出した。しかしあまりに時代にマッチしない政策により人心は離れ、南北朝時代へと時は進んで行く。
 
 
  室町時代細別フロント・ページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1334年〜1573年までの史料です。 この年代範囲に収まらない場合、その内容によっては、他の時代に掲載している場合がありますので、他の時代も参照してみて下さい。
 
 
  太鼓持ちの発生と歴史の流れ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  貴族政治文化から武士政治文化への変革期・戦乱の世でありました鎌倉時代(1185〜)頃は、今までの価値観が崩れ不安定の中、新しい仏教宗派「浄土宗(じょうどしゅう)」の一派に、一遍上人(いっぺんしょうにん/1239〜1289)様によって開かれた「時宗(じしゅう)」は、何ものにも捕らわれない自由の境地を心のままに遊ぶ「遊戯三昧(ゆげざんまい)」を実践して・・・
 
 
『二条河原の落書』
  二条河原の落書 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二条河原の落書(にじょうがわらのらくしょ)とは、室町幕府問注所執事の町野氏に伝わる『建武年間記(建武記)』に収録されている文である。88節に渡り、建武の新政当時の混乱する政治・社会を批判、風刺した七五調の文書。専門家の間でも最高傑作と評価される落書の一つである。
 
 
  文化史08 二条河原落書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  落書とは : 落書は,時の権力者に対する批判や,社会の風潮に対する風刺などあざけりの意を含んだ匿名の文書のことで,平安初期からその例を見ることが出来ます。詩歌形式のものを落首(らくしゅ)ともいいます。
 
 
  二条河原の落書 - いり豆 歴史談義   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  南北朝時代、京都二条河原に掲げられたとされる「二条河原の落書」の冒頭の部分です。 後醍醐天皇の「建武の新政」により混乱する、当時の政治・社会を批判、風刺した内容で、日本の風刺文書の中でも、最高傑作の一つであるといわれています。
 
 
  此比(このころ)都ニハヤル物 (二条河原落書)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この二条河原落書は,八五調と七五調をとりまぜた物尽し形式をとり,『建武年間記』(建武元年から3年までの諸記録,『建武記』)のなかにみることができます。全文は『群書類従』雑部(続群書類従完成会)や『日本思想大系 中世政治社会思想』(岩波書店)に収められています。
 
 
  二条河原落書 (ニジョウカワラノラクショ) 関心空間   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1333年に鎌倉幕府が崩壊した後、権力を握った後醍醐天皇が新しく政治を動かそうとしていた時期に、その新政に対する批判・風刺として京都の二条河原に立った落書といわれています。その頃の京都市民の作とされていますが、後世の人が作ったともいわれています。
 
 
足利尊氏と室町幕府
  足利尊氏 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  足利 尊氏(あしかが たかうじ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代の武将。室町幕府の初代征夷大将軍。 本姓は源氏。家系は清和源氏の一家系、河内源氏の棟梁、八幡太郎源義家の子、義国を祖とする足利氏の嫡流。足利将軍家の祖。足利貞氏の嫡男として生まれる。はじめ得宗北条高時の偏諱を受け高氏と名乗った。元弘3年に後醍醐天皇が伯耆船上山で挙兵した際、その鎮圧のため幕府軍を率いて上洛したが、丹波国篠村八幡宮で幕府への叛乱を宣言、六波羅探題を滅ぼした。
 
 
  室町幕府 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  室町幕府(むろまちばくふ)は、足利尊氏が創設した武家政権で鎌倉幕府に次ぐ幕府である。「幕府」とは本来は将軍の居所の事であり、「室町幕府」は3代将軍足利義満が造営した将軍の公邸(室町殿または花の御所)の事であるが、江戸時代中期より武家政権の名称として「幕府」の言葉が使われるようになり、この時代の政権を室町幕府と呼称するようになった。 室町幕府の成立時期には、建武3年(1336年)11月と暦応元年(1338年)の2説があるが、今日では前者が有力説である。
 
 
  足利氏姻戚図   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  足利氏姻戚図  家紋と系図
 
 
  歴史館第11回、「足利尊氏」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  町幕府を開いた人物として知られている。 初代将軍というと勇猛なイメージが強いのだが、彼はそうではない。戦闘となればこれほど頼りにならない将軍(徳川慶喜といい勝負だろう)もいないだろう。 尊氏自身が指揮した戦争では負けが込んでいる。が、勝負どころで勝った(指揮したのは弟の直義)。
 
 
  「第四節 足利尊氏と室町幕府」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  足利尊氏は嘉元三年(1305)、貞氏〔1273〜1331.59歳〕の次子として生まれた。初名は又太郎高氏(以下、便宜上尊氏とよぶ)、母は上杉清子〔?〜1342〕、同母弟に直義(初名高国)〔1306〜52.47歳〕がある。その出生地については、丹波国八田郷梅迫(うめさこ)(現京都府綾部市梅迫町)に「尊氏誕生の井戸」と称するものがあるところから、同地とする説があるが(山越忍済『足利の鑁阿寺』)、やはり鎌倉とすべきであろう。『
 
 
  足利尊氏公と室町時代のつどい   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  綾部出身の有名人で真っ先におもいつくのは?やっぱりNHKの大河ドラマでも取り上げられた「太平記」の足利尊氏公でしょうか。でも、その尊氏公、逆賊だとかいわれて、京都の三大祭の一つである「時代祭」の武者行列からはずされているんだそうです。そこで何とか来年の時代祭に参加できるようにと、尊氏公の顕彰会〜「足利尊氏と室町時代のつどい」が開催されることになりました。
 
 
  室町時代の京都 京都通百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  室町時代(むろまちじだい)は、広義には、1338年(皇紀1998)暦応元年に、足利尊氏が室町幕府を開き、1573年(皇紀2233)天正元年に、15代将軍 足利義昭が織田信長によって追放されるまで235年間 狭義には、3時代に分けられる <南北朝時代>55年間/<室町時代>75年間/<戦国時代>105年間
 
 
  足利尊氏 大宰府で再起 室町幕府を起す   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元弘3(1333)年04月27日、京都六波羅(後醍醐天皇)から鎌倉幕府の命を受け、山陰へ向かう途中、丹波国の篠村八幡に陣を張り倒幕を決意する。倒幕後に後醍醐天皇に敗れ、筑前に逃れる。大宰府で再起し、1336年京都に上り、京都に上り「建武式目(けんむしきもく)」を定め、1338(建武5)年08月11日北朝の2代目・光明天皇から征夷大将軍の宣下を受け、室町幕府初代将軍となる。
 
 
  足利尊氏  徹底大研究日本の歴史人物シリーズ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  室町幕府を開いた尊氏の動きを、南北朝の対立を中心に追う : 足利尊氏は、なぜ北条氏の幕府にそむき、後醍醐天皇の政府とたもとをわかって室町幕府を開いたのか。尊氏の歩んだ道をたどりながら、南北朝が対立した時代を読み解く。
 
 
  足利尊氏の顔、これで決まり? 中世肖像画の写し発見 (2017/10/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  顔だちを巡って今も意見が分かれる室町幕府の初代将軍・足利尊氏(1305〜58)。彼が亡くなってほどない時期に描かれたと見られる肖像画の写しが発見された。中世まで確実にさかのぼれる尊氏の肖像画は他に一例しかなく、専門家は「尊氏の顔がこれではっきりした」と話す。  確認された「足利尊氏像」は縦88・5センチ、横38・5センチ。軸装された画の下側に正装して着座する人物が描かれ、上方には十数行にわたって画中の人物の来歴をつづった文章がある。 個人が所有するもので、栃木県立博物館の本田諭特別研究員や鎌倉歴史文化交流館の高橋真作学芸員らが、資料調査の際に発見。‖沙瓩鮗┐后崢梗寺殿」という言葉がある尊氏の業績として知られる国内の66州に寺や塔を建立した旨が記されている――などから尊氏像と判断した。 近年の研究で、歴史教科書などで尊氏像として紹介されてきた「騎馬武者像」(京都国立博物館蔵)は尊氏でない可能性が高まっている。現在、その姿を伝えるものとして、室町時代以前に描かれた肖像画は「絹本著色(ちゃくしょく)足利尊氏将軍画像」(広島県浄土寺蔵)のみだという。…
 
 
『神皇正統記』.1339
  神皇正統記 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『神皇正統記』(じんのうしょうとうき)は、南北朝時代に公卿の北畠親房が、幼帝後村上天皇のために、吉野朝廷(いわゆる南朝)の正統性を述べた歴史書である。 はじめに序論を置き、神代・地神について記している。つづいて歴代天皇の事績を後村上天皇の代までのべている。伝本によりこれを上中下または天地人の3巻にわけている。その場合、序論〜宣化天皇・欽明天皇〜堀川院・鳥羽院〜後村上天皇と区分している。
 
 
  神皇正統記 とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北畠親房の著した歴史書。3巻。1339年常陸(ひたち)小田城で完成し,1343年幼帝後村上天皇に献じた。神代から後村上天皇までの事績を記し,南朝の皇統が正統であることを述べている。
 
 
  神皇正統記とは - はてなキーワード   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  神皇正統記(じんのうしょうとうき) 南北朝時代に南朝の柱石であった北畠親房(きたばたけちかふさ)の著。 親房は本書の初稿本を1339年(延元4・暦応2)常陸(ひたち)国(茨城県)小田城にあって足利(あしかが)方の軍と対戦中に執筆し、43年(興国4・康永2)常陸国関城でこれを修訂した。
 
 
  神皇正統記評釈・全巻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  巻一 : 大日本(おほやまと)者(は)神国(かみのくに)他。天祖(あまつみおや)はじめて基(もとゐ)をひらき、日神(ひのかみ)ながく統(とう)を伝(つた)へ給ふ。我(わが)国のみ此事あり。異朝(いてう)には其たぐひなし。…
 
 
  不比等・愚管抄と神皇正統記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京大学名誉教授・小堀桂一郎氏の「愚管抄に対する思い入れ」について、文藝春秋・2009年6月号に「(識者34人の知恵袋)枕頭の歴史書・人物との対話」・「慈円が拓いた道理の世紀」と題して載っていた。… 愚管抄も神皇正統記も藤原不比等の編纂した記紀を超えるものではないけれど。正史の編まれなかった時代に、個人の力で史書を執筆したことは後世への貢献度が実(まこと)に大きい。
 
 
  神皇正統記 じんのうしょうとうき   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【成立】著者の奥書に、1339年(延元4)秋、ある童蒙に示すために〈一巻の文書を蓄えず、わずかに最略の皇代記を尋ね得て〉著わしたが、そののちはからずも〈展転書写の輩〉が有るのを見て、1343年(興国4)7月に〈聊か修治を加えて〉この定本を作った、とある。これによると『正統記』の現在本は修正本で、関城陥落の直前に作られ、それ以前に小田城において後提醐天皇崩御の直後に初稿本が作られたことが分かる。
 
 
  大隅和雄 「北畠親房と『神皇正統記』」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本歴史のなかに、公家または貴族とよばれる人々が数多く登場する。公家・貴族ということばは、かつてそれが用いられはじめたときには、限定された明確な内容をもっていたのであろうが、時代を重ねるにつれてさまざまな意味が加わり、日本歴史を通観して公家とは何かと問われると、容易には答えられないことばになってしまった。
 
 
  神皇正統記 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  南北朝の動乱のさなか、南朝の重鎮北畠親房は、天皇家の歴史とそれに伴う過去の政治形態を論述して、南朝の正統性と、君主のあるべき姿を説こうとした。大きな歴史の流れの中で滅びゆく側に立つという立場上の制約を受けながら、しかしその記述には立場を超えた公正さがある。『愚管抄』と並び中世を代表する史論といわれる。
 
 
金閣寺と銀閣寺
  鹿苑寺 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鹿苑寺(ろくおんじ)は、京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺。寺名は足利義満の法名に因む。山号は北山(ほくざん)。寺紋は五七桐。室町時代前期の北山文化を代表する建築で、1994年(平成6年)に古都京都の文化財として世界遺産に登録された。中心となる建築物である舎利殿を金閣、寺院全体を金閣寺と通称する。
 
 
  金閣寺  北山鹿苑寺   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都市の西北端、正しくは京都市北区金閣寺町に、この寺はある。西に衣笠山、背後に左大文字山をひかえた景勝の地で、京都市の北部に連なるなだらか山なみは、北山の名で一般に親しまれているが、この北山(キタヤマ)につながる金閣寺の周辺一帯だけを特に北山(ホクサン)と呼ぶことがある・・・
 
 
  相国寺・金閣寺・銀閣   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  相国寺 / 金閣寺 / 銀閣寺 / 承天閣美術館 / 総合案内 / リンク
 
 
  金閣寺 - 京都おもしろスポット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金閣寺(きんかくじ)と呼ばれていますが正式には鹿苑寺(ろくおんじ)といいます。金閣寺の歴史を振り返ると古くは鎌倉時代に藤原一族の藤原公経(西園寺公経)(さいおんじきんつね)がこの地に西園寺を建立しました。 鎌倉幕府滅亡後、荒れ果てた西園寺を足利義満が譲り受け、「北山殿(北山第)」と呼ばれる大規模な邸宅を造営しました。邸宅とはいいながら御所に匹敵する大規模なもので義満はここで政治の実権を握りました。
 
 
  金閣寺 (臨済宗相国寺派 鹿苑寺)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豪華絢爛の金閣寺:金閣寺は臨済禅宗相国寺派の禅寺であり、相国寺が管理している。  1397年(応永4年)、将軍職を辞し太政大臣になった足利義満が西園寺家から譲り受けた山荘を新たに北山殿とし造営を始めた。 1408年(応永15年)後小松天皇を招いて宴を催したが、その年に義満が急死した。義満の死後、遺言に従い義持が禅寺にしたもの。後、応仁の乱の際に、金閣他一部を残して焼失したが、桃山時代に相国寺の西笑承兌が復興に努め、ほぼ、現在の姿になったという。また、昭和25年、同寺の一僧の放火により全焼した。
 
 
  世界遺産(世界文化遺産) 鹿苑寺(金閣寺)−京都府   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  足利義満が応永4年(1397年)西園寺家の山荘を譲り受け「北山殿」と呼ぶ別邸をおいた。義満の死後、鹿苑寺と名付け、寺とした。 北山文化の象徴として国内外に知られる名刹。
 
 
  金閣寺 [文庫]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  正直言って、難しい。 学僧が金閣を燃やすに至るまでの心理の変遷を描いた話であることは周知のとおりだが、その心理の変遷を追っていくのが大変なのだ。 三島は主人公の心理を、詳細すぎるぐらい詳細に説明してくれるので、きっと元来三島小説に合う人ならばすぐさまこの本の虜になることだろう。
 
 
  慈照寺 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  慈照寺(じしょうじ)は、京都府京都市左京区にある、室町時代後期に栄えた東山文化を代表する臨済宗相国寺派の寺院(相国寺の境外塔頭)。 山号は東山(とうざん)。開基は、室町幕府8代将軍の足利義政、開山は夢窓疎石とされている。夢窓疎石は実際には当寺創建より1世紀ほど前の人物であり、このような例を勧請開山という。… 足利義政が鹿苑寺の金閣舎利殿を模して造営した楼閣建築である観音殿は銀閣、観音殿を含めた寺院全体は銀閣寺として知られる。
 
 
  慈照寺(銀閣寺)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  室町幕府8代将軍足利義政の時代、部下の対立や義政の妻日野富子の政治への口出し等で政局は混乱し、後継者争いから応仁の乱が起こったとされている。義政は政治に嫌気を感じたようで、政治の世界から逃れ静かな生活を送るため、応仁の乱で焼失した浄土寺の跡地に、文明14年(1482年)に東山殿を造営した。東山殿を築造するに当たり、義政は祖父である3代将軍義満の北山殿金閣に劣らぬ建築を意図し、相国寺の僧に相談したという。
 
 
  銀閣寺(ぎんかくじ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  正式名称は東山慈照寺。臨済宗相国寺派に属する禅寺です。1482年(文明14年)建立。室町幕府八代将軍足利義政公が、祖父である三代将軍足利義満公の造営した北山殿金閣(鹿苑寺)にならって隠居生活を過ごすために山荘東山殿を造営。これが銀閣寺の発祥であり、義政公の法号である慈照院にちなんで後に慈照寺と命名されました。
 
 
  銀閣寺 東山慈照寺   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銀閣寺は金閣寺とともに相国寺の山外塔頭のひとつで、正式には慈照寺といい、山号を東山(トウザン)といいます。京都の東に連なる山々は東山(ヒガシヤマ)と呼ばれ、如意が岳(大文字山)を中心になだらかに続いています・・・
 
 
  銀閣寺 - 京都おもしろスポット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銀閣寺(ぎんかくじ)は金閣寺と並ぶ京都楼閣建築の代表寺院ですが、正式名称を慈照寺(じしょうじ)といいます。銀閣寺を創建したのは室町幕府8代将軍の足利義政で祖父である足利義満が建てた北山山荘(金閣寺)を参考に、東山文化の代表東山山荘を造営しました。 東山山荘の楼閣建物を「銀閣」と呼ぶことから、寺院全体が銀閣寺と称されています。
 
 
  銀閣寺 東山/臨済宗相国寺派   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銀閣寺(慈照寺)は足利八代将軍の善政が造営、金閣と対比して銀閣と呼ばれますが銀箔は最初から使っていなかったようです、一度も火災に遭わず創建当時の落ち着いた優雅な姿です。(東求堂/銀閣は国宝)、義政は異常なほどに文化を好み茶道/作庭/華道...など桃山文化の礎を築いたと言われています、義政の死後に戒名を寺名にしました
 
 
  今日の銀閣寺 Today's Ginkaku   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Webカメラよりの画像です。毎日拝観時間内1分毎に撮影しています。
 
 
  銀閣寺 (慈照寺)臨済宗相国寺派   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  観音堂::銀閣と呼ばれ、教科書でもなじみが深い、慈照寺の象徴というべき建物で、国宝に指定されている。義政公は自らの宗教観を託し、一層を心空殿、二層を潮音閣と名づけた。室町期の代表的な楼閣庭園建築で唯一現存するものとして知られている。
 
 
  銀閣寺 〔ギンカクジ〕 - Web-Town Kyoto   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  足利8代将軍義政が、祖父の義満が建てた金閣寺にならって、文明14年(1482)に山荘の東山殿を建立したのが始まりです。義政の死後、彼の遺言により臨済宗相国寺派の寺に改められ慈照寺となりました。
 
 
  世界遺産(世界文化遺産) 慈照寺(銀閣寺)−京都府   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東山文化の代表として知られる銀閣寺の正式名称は、慈照寺。足利義政が文明14年(1482年)に開いた山荘である。義政はここを拠点に様々な文化を育んだ。 銀閣(国宝)は、観音殿として質素高貴な意匠であり、東求堂は日本最古の書院造りで、住宅建築遺構として国宝に指定されている。
 
 
  金閣寺 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金閣寺 の画像 - Google
 
 
  銀閣寺 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銀閣寺 の画像 - Google
 
 
南北町時代.1336〜
     
清和源氏/
     
新田義貞/
     
『太平記』1318-1368
  ⇒太平記.1368   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「004 【文芸ぁ 中世文学:方丈記:正法眼蔵:平家物語:徒然草」 ⇒太平記.1368
 
 
後醍醐天皇.1318/
     
建武の新政/
     
畠山義就.1437/
  「畠山義就」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  畠山義就 - Google 検索
 
 
日野富子.1440/
  「日野富子」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日野富子 - Google 検索
 
 
戦国時代.1467〜
  戦国時代 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の戦国時代(せんごくじだい)は、日本の歴史において、1493年の明応の政変あるいは1467年の応仁の乱に始まり、1573年に15代室町将軍足利義昭が織田信長によって京都から追放されて室町幕府が倒されるまでの時代を指す。 室町時代の末期、或いは信長上洛以後を織豊時代や安土桃山時代と区分する事もある。幕府権力は著しく低下し、全国各地に戦国大名と呼ばれる勢力が出現し、ほぼ恒常的に相互間の戦闘を繰り返すとともに、領国内の土地や人を一元的に支配する傾向を強めていった。
 
 
  完全戦国年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  完全戦国年表 第三版/完全戦国年表 Lite 第一版/戦国時代各国総覧/戦国時代人物名鑑/日本の城リファレンス/放生月毛−戦国Links/完全戦国年表編纂後記
 
 
  戦国時代の城   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第一部 戦国時代の城(全国)/第二部 戦国時代の城(関東)/第三部 合戦と城(全国)/第四部 日本の名城(全国)/第五部 源氏の館(関東)/第六部 平氏の城(関東) 平良文の館 鎌倉権五郎景政の館 長江太郎義景の館
 
 
  <戦国時代一覧>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このコーナーも前は「戦国武将一覧」と「戦国時代年表」に別れてましたが、「史料集」という事では分ける必要も無いので統合しました。  戦国武将一覧/戦国時代年表/日本県名・いま・むかし
 
 
  戦国時代人物名鑑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国時代人物名鑑
 
 
  戦国時代の合戦事情   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小学校で習った歴史が最近次々に覆されるようなことを目にすることがあります。織田信長、徳川家康連合軍VS武田勝頼の長篠の合戦はTVドラマや映画で一瞬にして、騎馬軍団を壊滅させ、それは鉄砲の3段撃ちによるものとされてきたがどうもそうではないようです。 また桶狭間の戦いも従来の奇襲とは違っていたようで、最近ではネットでもそれら戦いの実態を書いたものが結構掲載されていたります。…
 
 
  戦国浪漫 〜戦国時代の総合サイト〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国時代、それは自分の力しか信じられなかった特異な時代。時には親兄弟妻子であろうとも敵味方に分かれて争ったこの時代には、歴史の奔流の中で個性的な人間たちの織りなす数多くのドラマが演じられました。… 当サイトでは戦国大名・武将はもとより、忍者・剣豪・文化人や女性に至るまで、伝承・推測も含めた戦国時代の人間模様を、多角度からご紹介していきたいと思います。
 
 
  戦国時代は寒冷化による食料争奪サバイバル戦争だった   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  20世紀前半に吹き荒れて、全欧州を瓦礫の山にし、数千万人の死者を生み出したナチズムや、21世紀に入ってから9.11に代表されるイスラム原理主義の自爆テロの嵐が発生した真の原因は、何だろうか。
 
 
  戦国時代 戦国武将・大名87人の気になる名言・格言(330選)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歴史に名を残した戦国時代の武将の名言・格言・家紋をまとめました。 毎日が死と隣り合わせの乱世を生きた、強く気高い戦国武将の意識に少しでも触れられればと思い、本ページを作成しました。 以下、戦国武将・大名87人の名言・格言(330選)になります。 力強い言葉に気持ちが高まり、今を懸命に生きる活力になれば、誠にありがたいかぎりでございます。
 
 
  戦国武将たちの強さの秘密は「植物」にあった?  (2015/7/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国武将たちの「食生活」について取り上げている/武将たちは「植物」にこだわっていて、徳川家康は薬草園を作っていたという/加藤清正は城の壁にかんぴょうを隠すことで、籠城戦に備えていた。
 
 
  本能寺の変後、光秀の直筆手紙 紀州の武将宛て=原本 (2017/9/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明智光秀が本能寺の変で織田信長を討った後、紀州の武将に送ったとみられる手紙の原本が見つかった。三重大の藤田達生教授(日本近世史)が11日、発表した。写しの存在は知られていたが、光秀自筆とみられる筆致などから、当時の心境にも迫る史料となりそうだ。 原本は、岐阜県の美濃加茂市民ミュージアム所蔵の書状(縦11・5センチ、横56・7センチ)で、藤田教授の調査により、光秀の筆跡や花押(サイン)が確認でき、約2センチ幅の細かな折り目などの様式から密書の特徴が認められた。コンパクトにたたみ込まれて大切に運ばれたとみられる。藤田教授は、筆跡や内容などから、光秀が天正10(1582)年6月2日に起きた本能寺の変の10日後の同12日に紀州の武将、土橋重治に宛てて書いた直筆の手紙である可能性が高いと結論づけた。…
 
 
  本能寺の変に関する明智光秀の書状を発見 動機をめぐり識者の間で議論白熱 (2017/9/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明智光秀が室町幕府の再興を図っていたことを示す新史料が発見された/調査に当たる三重大の藤田達生教授は「単独謀反説は成立しない」と解説/しかし室町幕府再興の事前計画説には専門家からは疑問の声も上がっている。
 
 
  合戦絵巻―武士の世界 (復元の日本史) [大型本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鎧の発生は?各部はどんな機能を重視されたか?中世、急速に発達した弓矢の破壊力は?合戦法はどのように変化していったか?首実検、晒し首…首へのフェチシズムは?など、絵巻の各場面を復元し、ビジュアルに分析し解説していきます。
 
 
  戦国時代 新書マップ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国時代の名軍師・山本勘助、山中鹿介、真田幸村、竹中半兵衛、雪斎ら、戦国武将の戦いについて。海賊衆と呼ばれる海の武士団から戦国大名の水軍への変遷の軌跡、戦国合戦での日本刀の役割などについて。
 
 
  戦国時代 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国時代 画像検索 - Google
 
 
戦国時代の天皇
  「戦国時代の天皇」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国時代の天皇 - Google 検索
 
 
応仁の乱.1467
  応仁の乱 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  応仁の乱(おうにんのらん)は、室町時代の8代将軍・足利義政のときに起こった内乱。室町幕府管領の細川勝元と山名持豊(出家して山名宗全)らの有力守護大名が争い、九州など一部の地方を除く全国に拡大、影響し戦国時代に突入するきっかけとなった。応仁元年(1467年)に起きたことから応仁の乱と呼ばれるが、終息したのが文明9年(1477年)のため応仁・文明の乱(おうにん・ぶんめいのらん)とも呼ばれる。元々は、守護大名・畠山氏内部の家督争いへの将軍家の調停失敗に端を発している。
 
 
  応仁の乱   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  時代:室町時代  年代:1467年(文正2年)1月18日〜1478年(文明10年)月10日頃  要約:足利将軍家の相続問題に、北畠・斯波氏の相続問題が絡み、山名宗全・細川勝元を巻き込み、全国的な大乱となる。
 
 
  Area 応仁の乱   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  下克上の歴史 : 土岐康行の乱/明徳の乱/応永の乱/上杉禅秀の乱/永享の乱/結城合戦/嘉吉の乱/享徳の乱/応仁の乱
 
 
  応仁の乱を歩く1   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上のふたつの写真の石は何だと思いますか?・・・ 応仁の乱とは、管領家の斯波・畠山両家の家督争いに端を発し、将軍足利義政の弟・義視と子・義尚の継嗣争いが、幕府の有力者細川勝元と山名宗全の対立に結びつき、京都の大半を焼き尽くすという11年間におよぶ激烈な戦いをいいます。
 
 
  ・・・応仁の乱・・・   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  応仁の乱は室町時代中頃の応仁元年  <御霊神社前にある”応仁の乱勃発地”碑>
 
 
  応仁(おうにん)の乱   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  応仁の乱のかなり以前から幕府中枢の内紛が絶えず、政治情勢は混沌としていた。 内紛は将軍を補佐する管領家畠山・斯波両氏の家督争いを契機とし、管領家の細川勝元と四職の一つである山名宗全の権力争いがからんで、ますます事態は深刻化していった。・・・
 
 
  応仁の乱始まる(1467)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文正2年(1467)1月18日、畠山義就が京都上御霊社にいた畠山政長を攻めて、これを発端に1477年11月11日まで10年10ヶ月にも及ぶ「応仁の乱」が始まりました。 なお、この年は3月に「応仁」と改元されています。つまり応仁の乱が始まったのは応仁元年ではありません。これは「JR奈良線は奈良県を通っていない」などと並んで有名な話。
 
 
  応仁・文明の乱都市史14   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  応仁元(1467)年から文明9(1477)年までの11年間,管領細川勝元(ほそかわかつもと)の東軍と山名宗全(やまなそうぜん,持豊<もちとよ>)の西軍が戦った内乱。京都が主戦場となりました。始まった年号だけをとり応仁の乱ともいいます。
 
 
  応仁の乱 京都通百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  応仁の乱(おうにんのらん)は、室町時代8代将軍 足利義政のときに起こった内乱 : 幕府管領の細川勝元(ほそかわかつもと)と、山名持豊(山名宗全(やまなそうぜん)の対立 有力守護大名の畠山氏(はたけやまし)と、斯波氏(しばし)の両家に起こった家督争い 8代将軍 足利義政の実弟 足利義視と、正室 日野富子との足利将軍家の後継争いなどが複雑に絡み合い、九州など一部の地方を除き争いが全国に拡大していく
 
 
  応仁の乱 [1467年〜1477年]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  将軍家の継嗣問題(義視対義尚)と河内畠山家の家督争い(政長対義就)が当時の有力大名である山名宗全と細川勝元の対立を決定的にし、この乱は将軍継嗣問題と河内畠山家家督問題の代理戦争として始まったが、京都だけでなく多くの地方大名などを巻き込み、日本全国に乱を起こし乱世を創った。いわゆる「戦国時代」の始まりである。
 
 
  応仁の乱  学習百科事典  キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川勝元(ほそかわかつもと)派(は)(東軍(とうぐん))と山名持豊(やまなもちとよ)派(は)(西軍(せいぐん))とが,1467(応仁(おうにん)1)年から11年間,京都(きょうと)を中心につづけた戦乱(せんらん)。
 
 
  ビジュアル 戦国1000人 - 応仁の乱から大坂城炎上まで乱世のドラマを読む (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エピソードで読むから面白い。肖像画、写真や図版などビジュアルで見てわかる。人物を知れば歴史はもっと面白い!乱世を生きた1000人の素顔。
 
 
  「応仁の乱」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  応仁の乱 - Google 検索
 
 
一揆・一向一揆.1488
  一向一揆 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一向一揆(いっこういっき)は、戦国時代に浄土真宗(一向宗)本願寺教団の信徒たちがおこした一揆の総称。 争乱の排除をめざして浄土真宗本願寺教団によって組織された武士、農民、商工業者などによって形成された宗教的自治である。1488年、加賀国守護 富樫政親を滅ぼすことでその勢力を世に知らしめる。戦国時代末期、織田信長などによって平定されるまでは各地に安定した豊かな町が築かれた。
 
 
  加賀一向一揆 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蓮如は1474年から1475年までの間、吉崎御坊(福井県あわら市)に滞在した。蓮如は親鸞以来の血脈相承を根拠として、北陸の浄土系諸門を次々と統合していった。1473年には富樫政親の要請を受けて、守護家の内紛に介入し、翌年には富樫幸千代を倒した。蓮如はこれによって守護の保護を受ける事を期待していた[1]が、逆に政親は本願寺門徒の勢いに不安を感じて1475年門徒の弾圧を開始、蓮如は吉崎御坊を退去し、加賀の門徒は政親に追われて越中国に逃れた。
 
 
  加賀一向一揆   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  時は室町時代の後期、長享2(1488)年に蜂起して加賀国守護・冨樫政親を滅ぼし、天正8(1580)年、織田信長の軍に滅ぼされるまで約100年間続いた加賀一向一揆。
 
 
  一向一揆の恐怖   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一向一揆というと、加賀において自治権を発揮していた「加賀一向一揆」が有名ですが、各地で一向一揆というものは起きていました。 そして、それは各大名にとって頭痛の種になっていたのでした。 ここではまず加賀一向一揆は別途アップするとして、「越中の一向一揆」と「伊勢長島一向一揆」を例にあげて軽く説明したいと思います。
 
 
  越前一向一揆(1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本願寺蓮如の越前吉崎布教により戦国期の北陸に本願寺系浄土真宗の信仰が広まると、これを媒介として一揆が結ばれ、守護勢力や既存の諸宗派に対立しはじめました。北陸での最初の一向一揆は、応仁・文明の乱で西軍に属した加賀の富樫幸千代方・甲斐氏・高田門徒と、東軍の富樫政親方・朝倉氏・本願寺勢の対立をはらんで1474年(文明6)に加賀でおこったものです。
 
 
  本願寺と一向一揆   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中世における戦国大名の織田信長や徳川家康、あるいは上杉謙信等は戦国大名同士の戦いに加え、本願寺勢力とも戦うことを余儀なくされています。一方、武田信玄や浅井長政等はこうした本願寺勢力と共同戦線を張ることで戦いを有利に進めています。 いずれにしても、中世戦国史を語る場合、本願寺勢力あるいは一向一揆を無視することは出来ません。
 
 
  一向一揆 (越中編)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元亀元年(1590)9月、本願寺光佐は、諸国の門徒に檄文を送り、大坂で挙兵して、織田信長と相対しました。これに応じて越中各地から門徒が大坂に馳せ参じましたが、上平村漆谷念仏道場には、南無阿弥陀仏の掛け軸に血判を押して43名が出陣したと伝えます。
 
 
  長島一向一揆と農民   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第1章 一向一揆の諸前提 : 1.荘園制の崩壊/2.農民の成長と一揆/3.真宗寺院の社会的性格/4.戦国期の長島四囲
 
 
  北陸・道の駅【一向一揆の里】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  道の駅『一向一揆の里』は、今から約500年前の西暦14百年代後半から1世紀にわたり、「百姓のもちたる国」として栄えた加賀一向門徒による共和国の歴史を示す「鳥越城跡」と「二曲城跡」が対峙しているほぼ真ん中に位置し、一向一揆の歴史と文化が学べる「一向一揆歴史館」や「農村文化伝承館」などの施設が整った地域の歴史、文化に親しめる場であります。
 
 
  いっこういっき 【一向一揆】 - weblio   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  室町・戦国時代、北陸・近畿・東海などの各地に起こった宗教一揆。真宗本願寺派の一向宗の僧侶や門徒の農民たちが連合して守護大名・戦国大名などの領国支配に反抗した。特に約90年間一国を支配した加賀の一向一揆が有名。
 
 
  本願寺家 と 本願寺顕如(光佐) と 一向一揆   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「人」 は昔から、次の3つのものに支配されてきました。 「政治」、「軍事」、そして「宗教」です。 政治による知の支配や、軍事力による力の支配よりも、宗教による「心の支配」のほうがより強く人を引き付ける事が出来るのは、現代の世界や事件などを見ても明らかですね。
 
 
  加賀一向一揆との抗争・朝倉宗滴の奮闘と義景の戦い(1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  永正3年越前国内で本願寺派の一揆が蜂起し、これに応えるかのように7月17日加賀・越中・能登の一揆勢力が加わり未曾有の大軍団となって加越国境を越え越前に進入、その数約30万。軍団は一乗谷に攻め入るため九頭竜川 の右岸(北側)に布陣した。これが史上名高い永正3年の一向一揆「九頭竜川大会戦」で、朝倉氏は戦国朝倉氏孝景から3代目の貞景の世になっていました。
 
 
  土一揆、一向一揆、百姓一揆などのちがいを教えてください!! - Yahoo 知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  どの一揆も誰が起こしたという訳ではなく、その時代の政治的または経済的要求を求めて起こした行為です。
 
 
  日本中世の地域社会と一揆 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「統一権力は、様々な形態の一揆との熾烈な戦いを経て、近世社会を形づくった。幅広い階層をひとつの方向へと向かわせ、時代の潮流となった運動が形成された要因とその本質を、公と宗教という2つの視座から読み解く。」
 
 
  古城の風景 3一向一揆の城 <新潮社>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  迫りくる一向一揆。家康は、いかにして最大の危機を乗り切ったのか? : 一国を支配するほどの強大な力を誇示した一向一揆。だが、若き家康は、一向宗徒と戦って、短期間で勝利をおさめることに成功した。三河一向一揆、歴戦の城址をめぐる好評の歴史紀行シリーズ第三巻。
 
 
『山水長巻』と雪舟
  雪舟等楊.1420    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「09雪舟等楊」.1420
 
 
種子島・鉄砲伝来
  鉄砲伝来 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鉄砲伝来(てっぽうでんらい)とは、15世紀にヨーロッパから東アジアへ火縄銃型の鉄砲が伝わったこと、狭義には日本の種子島に伝来した事件を指す。鉄砲現物のほか、その製造技術や射撃法なども伝わった。 「鉄砲」とは日本においてはじめは火縄銃をさす言葉として使われ、後に小銃から大砲まで火器一般を意味する名称となった。  1 種子島以前/2 種子島への鉄砲伝来/3 『鉄炮記』について・その他/4 鉄砲の記述/5 鉄砲伝来諸説/6 脚注/7 関連項目
 
 
  火縄銃 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火縄銃(ひなわじゅう)は、初期の鉄砲の形態のひとつ。先込め式で、黒色火薬を使用する。 火縄銃は、15世紀末にヨーロッパで発明されたと考えられ、マッチロック式銃とも言う。引き金を引くと火をつけた火縄が火皿と呼ばれる部品に落ちる。火はそこから口薬(くちぐすり)と呼ばれる微粉末黒色火薬に引火し(胴薬)(どうぐすり)または玉薬(たまぐすり)と呼ばれる装薬に伝わり、そこで一気に燃焼(爆燃)、弾丸を射出する仕組みになっていた。方式としては瞬発式火縄銃と緩発式火縄銃とがある。
 
 
  種子島は1番   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「種子島原人」のページは、鉄砲の話、ロケット、稲、さつま芋、メクラへび、国内最古の落とし穴遺跡の話と続きます。/日本の歴史の中で「種子島」が文字で確認できる最古の書物は「日本書紀」です。/鉄砲伝来は偶然ではない!/種子島・わかさ伝説(↑画像わかさの墓)/
 
 
  鉄砲伝来について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   「日本人の技術革新好きは、ほとんど国民的な体質のようなもので、めざましい実例がいくつも見られます。鉄砲が二丁、種子島に伝来した時には・・・それ(鉄砲)を日本で製造しようということになり、すぐに模倣を始めます。」
 
 
  鉄砲伝来  わらべうた   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  台風銀座に位置する種子島は、昔から遭難船だけでなく、じつに多くの文化を漂着させた。1543年8月中旬、中国広州を出国した明国船は、ポルトガル人3名を乗せて東へ向かった。ところが不運にも台風にもまれながら琉球列島を北上したが、島ごとに明人倭寇ということで上陸を拒まれた。そして25日早朝種子島南端門倉岬に漂着。  種子島の紹介
 
 
  種子島に鉄砲伝来(1543)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鉄砲伝来 - Wikipedia:”『鉄炮記』によれば、種子島への鉄砲伝来は天文12年8月25日 (旧暦)(ユリウス暦1543年9月23日)の出来事で、大隅国(鹿児島県)種子島西之浦湾に漂着した中国船に同乗していたポルトガル人(「牟良叔舎」、「喜利志多佗孟太」)が鉄砲を所持しており、鉄砲の実演を行い種子島島主である種子島恵時・時尭親子がそのうち2挺を購入して研究を重ね、刀鍛冶の八板金兵衛に命じて複製を研究させる。”
 
 
  門倉岬鉄砲伝来紀功碑 - ふるさと種子島   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  種子島の最南端の地、門倉岬に鉄砲伝来を記念して記念碑が建てられています。写真の左側に、鉄砲伝来紀功碑が、右側に鉄砲伝来記の案内板が設置されています。その案内板の鉄砲伝来記には、次のように書かれています。…
 
 
  種子島に鉄砲が伝来する 天文12年(1543)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦いの図式を変えたとも言われる鉄砲は、鹿児島県の種子島に伝来した。そのことから、当時は鉄砲のこと「種子島」などとも呼んだという。 鉄砲(正式には火縄銃)は、ポルトガルの商人アントニオ・ダビアらをのせた船が、たまたま種子島に漂着したことで日本に伝来した。
 
 
ザビエルとキリスト教
  フランシスコ・ザビエル (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランシスコ・デ・ザビエル(Francisco de Xavier または Francisco de Gassu y Javier, 1506年4月7日 - 1552年12月3日)は、スペイン生まれのカトリック教会の司祭、宣教師でイエズス会の創設メンバーの1人。ポルトガル王の依頼でインドのゴアに派遣され,その後1549年に日本に初めてキリスト教を伝えたことで特に有名である。また、日本やインドなどで宣教を行い、聖パウロを超えるほど多くの人々をキリスト教信仰に導いたといわれている。カトリック教会の聖人で、記念日は12月3日。
 
 
  キリスト教伝来   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当事者1:島津貴久 当事者2:フランシスコ・ザビエル 時代:戦国時代 年代:1549年(天文18年)7月3日?〜 要約:日本にキリスト教の布教に来た、イエズス会のフランシスコ・ザビエル。しかし日本は戦国時代。打算が渦巻いていた。
 
 
  日本のカトリック教会の歴史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1549年8月15日、聖母被昇天の祝日に、聖フランシスコ・ザビエルは、鹿児島に上陸しました。ザビエルは、*1イエズス会の*2コスメ・デ・トーレス司祭と*3ジョアン・フェルナンデス修道士、*4ヤジロウ(アンジロウ)という日本人を伴っていました。
 
 
  ザビエルと、キリスト教の発展 エピソード   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1526年、フランシスコ=ザビエル(19歳)は、パリ大学に入学しました。イグナチオ・ロヨラとはルームメイトでした。宗教学と同時に医学も学んでいます。これが面白いことです。 1534年、ザビエル(27歳)は、パリの小さな聖堂で、イグナチオら5人と、清貧と貞節の誓いをたてました。これが、のちのイエズス会(1540年、ローマ教皇より認可)です。
 
 
  聖フランシスコ・ザビエル(St.Francis.Xavier)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  聖フランシスコ・ザビエルは、St.Francis.Xavierと書きます、姓は、スペイン語では、「ハビエル」「ザヴィエル」、バスク語では、「シャビエル」となどと発音するそうですが、日本では、「ザビエル」と教科書にも載っていますので、ザビエルという呼び方を使わせて頂きます。…
 
 
  1549年 ザビエルがキリスト教を伝える 〜むさし書房〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ザビエルさん 以後よく広まる キリスト教  1549年、イエズス会のフランシスコ=ザビエルが鹿児島に来航し、大内義隆・大友義鎮(よししげ)ら大名の保護を受けて中国・九州地方にカトリックを布教しました。<o:p></o:p>
 
 
  平成16年度 特別展3「ザビエル・宗麟・キリスト教 南蛮文化の精華」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今から約450年前1551(天文20)年、キリスト教宣教師フランシスコ・ザビエルが豊後府内を訪れ、大友宗麟と面会しました。これ以降様々な施設が建設され、府内の町には南蛮文化が華開きました。  「南蛮屏風](部分)重要文化財 大阪城天守閣蔵
 
 
  ザビエルとキリスト教のニュース 検索結果 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ザビエルとキリスト教のニュース 検索結果 - Google
 
 
  ザビエル <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本に初めてキリスト教をもたらしたイエズス会士フランシスコ・ザビエルの生涯を、確実な資料をもとに分かりやすく描く。 ハビエル城のその小聖堂から、1525年8月のある朝にフランシスコ・ザビエルは帰ることのない旅に出た。幼少の頃その小聖堂で捧げた祈りと、死の直前の痛切な叫び「ダビデの子イエス、私をあわれんでください」との間に、ザビエルのキリストへの道があった。(「序文」より)
 
 
  日本キリスト教宣教史 ―ザビエル以前から今日まで (ハードカバー)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国時代後期のザビエルの来日から今日に至るまでの福音伝道の軌跡を、豊富な史料を駆使して概観する。日本のキリスト教と社会との関わり、国家との葛藤、天皇制との関わりにもポイントを置き、これからの日本の福音宣教を考える上での資料を提供する。
 
 
  フランシスコ・ザビエル  徹底大研究日本の歴史人物シリーズ <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本にはじめてキリスト教をつたえたザビエル伝道につくした生涯をたどる  日本にはじめてキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエル。世界全体がはじめて一つになった大航海時代に生きたザビエルの体験や経験を明らかにし、伝道につくしたその生涯をたどる。
 
 
  (DVD) フランシスコ・ザビエル 49947   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  16世紀、スペインの地方貴族だったフランシスコ・ザビエルが、アジアに関する確かな情報がない中で、なぜこの日本にキリストを伝えにわざわざやって来たのか?
 
 
川中島の戦い
  川中島の戦い (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で、北信濃の支配権を巡って行われた数次の戦いをいう。最大の激戦となった第4次の戦いが千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)を中心に行われたことから、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いと呼ばれる。
 
 
  川中島の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当事者1:武田信玄 当事者2:上杉謙信 時代:戦国時代 年代:1553年(天文22年)8月〜1564年(永禄7年) 要約:相・甲・駿の三国同盟により、武田信玄は信濃侵攻を本格化。そこで上杉謙信と信濃をめぐる10年に渡る抗争を行うが、結果はつかなかった。
 
 
  川中島の合戦   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国時代を代表する川中島の合戦です。川中島の合戦は全部で5回あるというのが通説ですが、特に有名なのが1561年の第4回目の合戦です。ここでは両軍が死闘を尽くして戦い、多くの死傷者を出しています。しかしながら、その合戦の実像はよく分かっていません。大体どちら側が勝ったのかも、人によってまちまちです。
 
 
  川中島の合戦  越後の虎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川中島の戦いのうち第四回目の戦いは、謙信と信玄が一騎打ちに及んだ、と伝わるほどの激戦であった。
 
 
  川中島の戦い かわなかじまのたたかい   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川中島は犀川、千曲川に挟まれた善光寺平といわれる長野市付近の盆地南側に位置する。 ここで信玄と謙信は計5回天文22年(1553)から永禄7年(1564)までの間に戦い、睨み合いがあった。信玄は決戦をできるだけ避けるように謙信が現れると軍を退き、本陣を明かさなかった。逆に謙信は決戦を求めたが相手が逃げていく形になった。
 
 
  八幡原史跡公園(川中島古戦場) 史跡ガイド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  5度にわたって繰り広げられた信玄と謙信の川中島の戦いの中で、永禄4年(1561)の戦いの舞台になったのが八幡原。ここでの戦いが最も激しく、副将・武田典厩信繁、山本勘助ら勇将が戦死した。史跡公園の松林の中には古くからの八幡社が静かにたたずみ、境内には信玄・謙信両雄一騎討ちの像や三太刀七太刀之跡の碑、首塚などがある。
 
 
  上杉謙信と武田信玄の5回に渡る川中島の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  武田氏の村上氏攻略と北信濃侵攻は、越後の上杉謙信との有名な川中島の戦いに発展しました。天文22年(1553)から永禄7年まで、12年の間に5回も行われました。合戦の直接の原因は、村上義清が、信玄に追われて、本領を失い謙信に救いを求めたこと。また、奥信濃の高梨・井上氏らが不安を感じ、上杉謙信に助けを求めたことによります。信玄は、川中島地方の豊かな穀倉地帯を押さえることが目的でした。
 
 
  川中島の戦い 長野市「信州・風林火山」特設サイト    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  史跡ガイド : 史跡紹介/地図で見る/史跡を歩いてめぐる/史跡をバスでめぐる  戦いを知る  お知らせ・トピックス
 
 
  川中島の戦い(かわなかじま の たたかい) 長岡市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  謙信公にとって生涯の宿敵は甲斐の武田信玄でした。以前から信玄は信濃(長野県)に勢力をのばしてきていましたが、いよいよ越後との国境の北信濃にまで戦をしかけてきました。 天文22年、北信濃一帯を支配していた信濃埴科郡葛尾城主村上義清が、武田信玄に破れ領地を奪われたと越後に逃げ、謙信公に助けを求めてきました。・・・
 
 
  “レキジョ”も戦国武者に、川中島の戦いを再現…山梨   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山梨県笛吹市の「桃の花まつり」最終日の19日、武田信玄と上杉謙信の戦いを再現する「川中島合戦戦国絵巻」が同市石和町市部の笛吹川河川敷で行われた。
 
 
  川中島の戦い 動画検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川中島の戦い 動画検索 - Google
 
 
  戦史ドキュメント 「川中島の戦い」 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  著者は1964年、東京都出身。立教大学大学院修了。山梨県史編纂室所属。山梨大学講師。戦国武田氏を中心とした研究活動を精力的に行なっている。
 
 
  戦史ドキュメント 川中島の戦い〈上〉関東擾乱―戦雲の予兆 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  “上杉禅秀の乱”に端を発する旧体制の崩壊は、周辺武将の力関係をも激変させた。名門上杉氏が、北条氏に滅ぼされるなど、その余波は東日本全域を巻き込む大戦役へと発展する。絶えざる戦禍の中、甲斐では武田信玄が父信虎を追放し家督を掌握、食指を信濃へ伸ばした。一方、越後では混乱する国内から、若き上杉謙信が台頭する。信玄と謙信。二人の人生の接点は如何に演出されるのか!?戦国武田氏の戦いの背景と実相を詳らかにする。
 
 
織田信長と桶狭間
  織田信長 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田 信長(おだ のぶなが)は、日本の戦国時代から安土桃山時代にかけて、世に多大な影響を残した武将・戦国大名・政治家である。 当時の常識や権力に囚われず、新しい考え方や文化を積極的に取り入れる見識の広さ、合理性と冷徹さを兼ね備えた知性によって、統一者のいなかった政治的混沌を収拾に向かわせた人物である。その事業は大方向を示したところで重臣の一人・明智光秀の裏切りに遭い、自刃に追い込まれたことによって頓挫した。
 
 
  織田信長について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田信長年表/織田信長に関わる人物たち/桶狭間の合戦/長篠の合戦と本能寺の変
 
 
  織田信長 戦国時代   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  正親町天皇が下した伴天連排斥の綸旨に困り果てたルイス・フロイスは織田信長に陳情した。すると信長はこう言って天下布武の朱印状を与え、布教を許可するのである。… そして、終に信長は天皇どころか神になる。 信長は安土城に宛寺[そうけんじ]を建立し、日本各地より夥しい数の仏像や石仏を集めさせた。それはなぜか? 仏たちに信長自身を拝ませるためである。
 
 
  織田信長・全合戦一覧表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田信長・全合戦一覧表
 
 
  織田信長とその配下たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本中世を破壊し近世のとびらを開いた人間とその配下たち
 
 
  織田信長 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田信長 画像検索 - Google
 
 
  織田信長 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  全国統一(とういつ)に着手〕 尾張(おわり)国(愛知(あいち)県)の守護代(しゅごだい)の家老(かろう)織田信秀(おだのぶひで)の子。父の死によって家をつぎ,やがて尾張(おわり)一国を統一(とういつ)。1560年,桶狭間(おけはざま)の戦(たたか)いに勝って勢力(せいりょく)を強め,美濃(みの)国(岐阜(ぎふ)県)を平定後,1568年には京に上って足利義昭(あしかがよしあき)を名ばかりの将軍(しょうぐん)にし,自治(じち)都市堺(さかい)(大阪府(おおさかふ))を屈伏(くっぷく)させるなど,たちまち近国を征服(せいふく)した。
 
 
  桶狭間の戦い (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい)は、永禄3年5月19日(1560年6月12日)に尾張国桶狭間で行われた合戦である。 2万5千といわれる大軍を引き連れて尾張に侵攻した駿河の戦国大名・今川義元に対し、尾張の大名・織田信長が10分の1程とも言われる軍勢で本陣を強襲し、今川義元を討ち取って今川軍を潰走させた、日本の歴史上最も華々しい逆転劇と言われる非常に有名な戦いである。
 
 
  YouTube 織田信長 16 桶狭間の合戦   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube 織田信長 16 桶狭間の合戦
 
 
  桶狭間の戦い 織田信長 対 今川義元   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国時代・歴史 織田信長 豊臣秀吉 徳川家康 武田信玄 上杉謙信など戦国時代に活躍した武将や合戦に関するブログです。
 
 
  信長と桶狭間 今川義元 vs 織田信長   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尾張・織田家は父信秀が死んで混乱し、信長は弟 信勝らと後続争いなどでいそがしい 駿河・遠江・三河の三国の太守 今川義元 X 弱小尾張一国の無名の織田信長!
 
 
  戦国大乱 織田信長  〜桶狭間の戦い〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  信長公記によれば、織田信長が『踊りの興行』を行ったという。しかも、信長みずから天人の衣装をまとい、小鼓をうち、女踊りをしたというのである。庶民的で気さくで、『第六天魔王』のイメージにはほど遠い。どうみてもかぶき者である。信長が女踊りをしたのは、津島の堀田道空の屋敷の庭で、それを見た津島の人々は大いに感激した。
 
 
  織田信長(2) 桶狭間の巻 - 山岡荘八著 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天下を狙う駿府の今川義元は、遂に総力をあげて美々しく上洛の旅についた。尾張など眼中にない。抵抗すればもみ潰せ。屈服か、滅亡覚悟の抗戦か。信長は秘策を胸に動じない。だが義元が桶狭間に入ったと聞くや、者ども続け、と飛び出した。折から暴風雨襲来。天は、革命児・信長に味方した。
 
 
  織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  家督を継いだ十九の年より本能寺に没するまで、織田信長は四方の敵と戦い続けた。初期には、劣勢を覆した桶狭間の戦いのように少数精鋭の部隊を自ら率いて戦い、後には、浅井・朝倉氏攻めや対本願寺戦のように、羽柴秀吉らの部将を配して多方面にわたる戦線を同時に指揮した。際だった戦巧者ぶりを示す戦略や戦術への考察も併せ行い、天下統一の基礎を作った信長のすべての戦いをたどる。
 
 
  織田信長はなぜ時代を超えて愛されるのか? (2016/1/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石井あゆみの同名コミックを実写化したテレビドラマの劇場版『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』の主演を務めた小栗旬、柴咲コウが、織田信長という人物の魅力について語った。 歴史上の人物としても日本人に人気が高いだけでなく、これまでもドラマ、映画と数多く映像化され、さまざまな解釈で描かれてきた信長。…
 
 
  信長、妻の濃姫に金箔御殿? 岐阜の公居館跡で瓦の破片 (2016/2/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田信長(1534〜82年)が後に岐阜城(岐阜市)となる稲葉山城のふもとに築いた公居館の跡で、文様に金箔を施した瓦の破片や庭園跡が見つかり、岐阜市が19日発表した。 ポルトガルの宣教師ルイス・フロイスは著書「日本史」で、庭園を見た後、信長の妻、濃姫の金で彩られた部屋を訪れたと記述。市はこれを裏付け、信長が濃姫のために金箔の御殿を建てたとみている。…
 
 
山中鹿之助.1545
山中幸盛像(広瀬中学校蔵)
  山中鹿之助 とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  [1545〜1578]戦国時代の武将。出雲の人。本名、幸盛(ゆきもり)。尼子氏に仕えて毛利氏と戦い、主君の降服後も尼子十勇士とともに主家再興に奔走。織田信長を頼り、豊臣秀吉に従って中国征伐に出陣したが、毛利軍に捕らえられて殺された。
 
 
  山中幸盛 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山中 鹿介 幸盛(やまなか しかのすけ ゆきもり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての山陰地方の武将。尼子氏の家臣。実名は幸盛(ゆきもり)、幼名は甚次郎(じんじろう)。優れた武勇の持ち主で「山陰の麒麟児」の異名を取る。尼子十勇士の筆頭にして、尼子家再興のために「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と三日月に祈った逸話は有名である。  1 生涯 / 2 その後 / 3 出自の謎 / 4 評価 / 5 人物・逸話 / 6 墓所 / 7 系譜 / 8 脚注 / 9 参考文献 / 10 関連作品 / 11 関連項目
 
 
  山中鹿之助物語   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山中鹿之助幸盛は天文14年(西暦1545年)8月15日、月山(島根県能義郡広瀬町)の麓・新宮谷で尼子氏の重臣・山中三河守満幸の子として生まれた。 第一章:願わくば我に七難八苦を与え給え/第二章:尼子氏滅亡/第三章:山陰の麒麟児/リンク/掲示板/メール/Twitter/自己紹介/写真提供
 
 
  戦国武将 山中鹿之助について教えて下さい。武文 学問も優れていたのですか? - Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山中鹿之助という名前は創作で作られた名前であり、本当は山中幸盛(ゆきもり)という優れた武勇の持ち主で「山陰の麒麟児」と呼ばれていました。当時山陰地方をおさめていた尼子氏に仕えており度々新鋭著しい毛利元就と激戦を繰り広げ、一騎打ちでも毛利側の武将を倒したり尼子氏の武の要として活躍しましたが、結局は毛利に敗れてしまい尼子氏は一時滅びてしまいます。しかし彼は尼子氏再興のため尽力することになります。…
 
 
姉川の戦い.1570
  姉川の戦い (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  姉川の戦い(あねがわのたたかい)は、戦国時代の元亀元年6月28日(1570年8月9日)に近江国浅井郡姉川河原(現在の滋賀県長浜市野村町(旧:東浅井郡浅井町野村 域)付近)で行われた合戦である。 因みに、当時は織田、浅井方ともこの合戦を「野村合戦」と、朝倉方では「三田村合戦」と呼称していた。「姉川の合戦」は徳川家における呼称である。… 信長は、軍備を整えると北近江へ出陣。… 戦闘は平地戦で、徳川軍は朝倉軍と、織田軍は浅井軍と対峙した。
 
 
  姉川の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当事者1:浅井長政  当事者2:朝倉義景  当事者3:織田信長  時代:戦国時代  年代:1570年(元亀元年)4月20日〜1570年(元亀元年)6月28日  要約:浅井氏が織田氏よりも朝倉氏を選択したことによって起こった戦い。この戦いで信長包囲網の一角を粉砕し、以後の将軍義昭との戦いを有利に展開して行く。
 
 
  姉川の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1570年元亀元年4月、信長は若狭から越前へと兵を進めた。小谷城主の浅井長政は、信長の妹お市の方を妻に迎え入れ、織田家と同盟関係にあったため、信長は浅井氏の違背を少しも疑っていなかった。 しかし、織田軍は金ケ崎城を落とし、更に進攻しようとしたところ、長政は六角承禎・承賢父子と共に朝倉救援に立った。
 
 
  合戦の現風景−姉川の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  越前侵攻を目指した信長が、浅井長政が姻戚関係よりも朝倉との盟友関係を優先すると帰趨を鮮明にしたことで、敦賀から退いた2ヶ月後両勢力の本格的な戦いが滋賀県の中央部で起こった。姉川の戦いだ両軍合わせて4万人を越える戦国の大会戦だった。
 
 
  姉川 「奇襲、戦い小規模」説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田信長と徳川家康の連合軍が、浅井長政と朝倉景健(かげたけ)の連合軍と対決した1570(元亀元)年の姉川の合戦。場所は近江(滋賀県)で東海地区ではないが、高名な合戦なのであえてとりあげたい。
 
 
  姉川の戦い(姉川の合戦)古戦場   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元亀元年(1570)4月20日織田信長は3万の大軍を率い西近江街道を北上し若狭経由で越前・朝倉攻めに発進。25日には手筒山城を落とし、翌26日には手筒山城に隣接する金ケ崎城、および引壇城(疋田城)を開城させ、木ノ芽峠を越えて朝倉氏の居城・一乗谷にまさに攻め入ろうとした28日、同盟関係にあった浅井長政の裏切りの情報が入った。
 
 
  姉川の戦い 動画検索結 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  姉川の戦い 動画検索結 - Google
 
 
  姉川の戦い 「その時、歴史は動いた」批評   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この姉川の戦いは、歴史上では徳川軍が一部の部隊を迂回させ、朝倉軍の側面を突いた事が勝利の原因とされている。織田軍はほとんど本陣寸前まで攻め込まれたが、徳川軍の奮起をおかげで勝利したと。従って織田軍は弱く、徳川軍は強かった事になっているが事実は違うらしい。
 
 
  姉川の戦い  学習百科事典  学研キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国(せんごく)時代,1570年に織田(おだ)・徳川連合軍(とくがわれんごうぐん)と浅井(あさい)・朝倉連合軍(あさくられんごうぐん)が近江(おうみ)国(滋賀(しが)県)姉川付近(あねがわふきん)で激突(げきとつ)した戦(たたか)い。織田(おだ)・徳川連合軍(とくがわれんごうぐん)が大勝。こののち,両者はいったん和睦(わぼく)したが,この敗戦(はいせん)が浅井(あさい)・朝倉両氏(あさくらりょうし)の滅亡(めつぼう)の原因(げんいん)となった。
 
 
  姉川の戦い古戦場跡(あねがわのたたかい こせんじょうあと)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国時代の1570年、当時、湖北を支配していた浅井長政は、越前(福井県)の朝倉軍と共に、姉川を挟み、織田・徳川の連合軍と対峙しました。浅井氏滅亡へとつながる有名な「姉川の戦い」です。
 
 
  姉川の戦い(織田信長 VS 浅井長政・朝倉義景) 歴史と経営   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平安時代末、日下部氏は、但馬国養父郡朝倉に移住しました。その後、地名を姓にして、但馬朝倉氏が誕生しました。
 
 
  戦国BASARA2 ~蒼穹!姉川の戦い~ ドラマCD    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回の物語は"姉川の戦い"を舞台とした、伊達政宗メインの『蒼盤』。更に今後、真田幸村をメインとした『紅盤』もリリース。 ドラマCD史上類をみない壮大なスケールで進む物語は、まさに圧巻!!
 
 
  YouTube - 戦国無双2 Empires ~地獄姉川の戦い(1/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 戦国無双2 Empires ~地獄姉川の戦い(1/2)
 
 
三方ヶ原の戦い.1573
  三方ヶ原の戦い (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、元亀3年12月22日(1573年1月25日)に、遠江国敷知郡の三方ヶ原(現在の静岡県浜松市北区三方原町近辺)で起こった、武田信玄軍2万7,000人と徳川家康軍1万1,000人(うち織田信長からの援軍3,000人)との間で行われた戦い。 信玄の西上作戦の過程で行われた戦いであり、家康の歴史的大惨敗であり唯一の敗戦として有名な戦である。
 
 
  三方ヶ原の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1572年12月、徳川家康と晩年の武田信玄が戦い、家康が完敗をしたと云われる戦いが三方ヶ原の戦いです。当時家康は30歳、信玄は52歳でした。武田信玄が今回の軍事行動を起こしたのは、1572年の10月3日のことです。
 
 
  三方ヶ原の戦い (犀ヶ崖)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元亀3年(1572)10月3日、かねてからの念願であった遠江を手にいれるべく、武田信玄は甲府を発した。 この時の軍勢はだいたい2万5千くらいと考えられている。 一方の徳川家康は8千位であり、信玄出陣の報を得るとすぐに同盟者である織田信長に援軍を申し込み、援兵が到着したが3千余だった。 家康は、信長が後詰めとして出馬してくるのを期待し、籠城するつもりであったが、信玄の誘いにのり城を出、野戦となった。 これが世にいう三方ヶ原の戦いである。
 
 
  信玄上洛・三方ヶ原の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  信玄は元亀三年(1572年)京を目指し約二万五千の大軍を率いて甲斐を出発。 諏訪から杖突峠を越え伊那路を南下して遠江に出て、三方ヶ原にて徳川家康と戦い大勝。 そのまま西へ三河に入り野田城を攻略。 しかし武田軍は突然北へ軍を動かし鳳来寺へ。 その頃信玄の体は病に冒され、どうにもならない状態だった。 武田軍はそのまま伊那街道を北上し信濃へ・・・ 信玄はその途中亡くなっていたが、遺言により死を伏し無言の帰国をした。
 
 
  三方ヶ原の戦い―戦史ドキュメント (文庫)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元亀三年十月、甲府に発った二万五千の武田軍は、遠江の三方ヶ原の戦いで徳川家康を撃破し、そのすごさを天下に知らしめた。この遠征を真の目的とはいったい何だったのか?はたして信玄に天下盗りの野望はあったのか?戦国史研究の第一人者が、豊富な資料を駆使して三方ヶ原までの道程を詳しく分析しつつ、緻密な推理で“戦国史の謎”に迫る。
 
 
  戦国BASARA2~紅蓮!三方ヶ原の戦い~ドラマCD    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドラマCD初登場の家康&忠勝と武田軍3人の熱いバトル! まさに紅蓮の名にふさわしく燃え滾ってました。(主に幸村が笑) そして暗躍する光秀と農姫・・・。 終盤の展開は予想外でちょっとドキドキしました!!
 
 
高天神城の戦い.1574
  高天神城 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高天神城(たかてんじんじょう)は、遠江国城東郡土方(現在の静岡県掛川市上土方・下土方)にあった城。 小規模ながら、山城として堅固さを誇り、戦国時代末期には武田信玄・勝頼と徳川家康が激しい争奪戦を繰り広げた。優美な山の形から鶴舞城の別称を持つ。国の史跡に指定されている。… 城郭のあらまし : 現在では曲輪の構造や、土塁・掘割をうかがい知ることができる。地元の掛川市(合併以前の大東町)が史跡としてよく整備しており、登山は比較的容易となっている。
 
 
  高天神城   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国期、「高天神を制する者は遠州を制す」といわれた要所にあり、高天神山(鶴翁山)に築かれた城の周囲は断崖をなし、難攻不落であったことを容易に想像させるには充分だ。
 
 
  高天神城   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今川了俊が築き武田と徳川の争奪戦となった山城 : 高天神城は室町時代中期の応永23年(1416)今川了俊が甲斐武田氏に対する最前線の基地として築いた山城である。
 
 
  高天神城を訪ねて    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「山城同好会 むかで隊」の石井隊長 武田勝頼公ゆかりの高天神城を訪ねる
 
 
  高天神城フォトページ 1   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高天神城縄張り図 (案内板より)/高天神城 (追い手口側からの眺め)/追い手口・南口駐車場の案内図/下池/追い手口/追い手門跡 ()大手門跡)/三の丸跡/本丸跡/本丸碑/元高天神城 (御前曲輪跡)/御前曲輪跡/御前曲輪跡からの眺望/的場曲輪跡
 
 
  高天神城の戦い:その2   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天正2年(1574)の高天神城の戦いでは、武田勝頼が高天神城主・小笠原長忠の勧降に成功し、遠江国における武田氏の拠点としてこの城を確保するに至った。
 
 
  遠州横須賀城(別名・松尾城)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  横須賀城は、天正2年(1574)高天神城を武田勝頼に奪われた徳川家康が、海に近い方面から徳川氏の本城浜松城への来攻を阻止すべく、中間の馬伏塚の城主大須賀康高に命じて天正6年(1578)築かせたものである。
 
 
  武田勝頼、高天神城を落城(1574)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  遠江・駿河の今川氏追放に端を発した徳川と武田の抗争は、その後家康が越後の上杉謙信と同盟関係を結び甲斐の武田信玄を挟む形に至り、信玄を大いに刺激した。…
 
 
  高天神城(静岡県小笠郡大東町下土方)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高天神城は標高132mの高天神山に築かれた山城である。比高は100m余りである。城は大きく分けて2つの峰に築かれている。そのため一城別郭などと呼ばれているようである。…
 
 
  高天神城  たかてんじんじょう Takatenjin-Jo   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  果てしない争奪戦を繰り広げた玉砕の城 : 築城時期は諸説あり定かではないが、明応から文亀年間に、駿河の守護・今川氏が遠江の斯波氏への対抗のために築城したといわれる。
 
 
  高天神城の合戦 〜1574年天正2年、1581年天正9年   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第一次高天神城攻防戦 天正2年 : 遠江の東南に位置して掛川城のほぼ南にある高天神城は、駿河より侵攻する場合は拠点ともなる城で、今川氏が築城したものである。1568年に徳川家康が遠州侵攻してから徳川のものとなっていた。…
 
 
長篠の合戦.1575
  長篠の戦い (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長篠の戦い(ながしののたたかい、長篠の合戦・長篠合戦とも)は、天正3年5月21日(1575年6月29日)、三河国長篠城(現愛知県新城市長篠)をめぐり、織田信長・徳川家康連合軍3万8000と武田勝頼軍1万5000との間で行われた戦い。決戦地が設楽原(設楽ヶ原、したらがはら)および有海原(あるみ原)(『藩翰譜』、『信長公記』)だったため長篠設楽原(設楽ヶ原)の戦い(ながしの したらがはら の たたかい)と記す場合もある。 通説の鉄砲3000丁による三段撃ちにも異論が存在する。
 
 
  長篠合戦1   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1573天正元年4月12日、信長が最も恐れていた武田信玄が病没した。その後を継いだのは四男勝頼で、積極的に美濃・遠江・三河などに転戦するものの、重臣から棟梁としての才能を認められるまでには至らなかったようである。
 
 
  長篠の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  種子島に鉄砲が伝わったのが1543年の夏。 それから半年もしない内に,種子島では6,000挺もの鉄砲が作られた。 鉄砲伝来から凡そ30年後。長篠の合戦が行われる。 ここで信長は三段構えの鉄砲一斉射撃を行ったとされる。…
 
 
  長篠の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当事者1:武田勝頼  当事者2:織田信長  当事者3:徳川家康  時代:戦国時代  年代:1575年(天正3年)5月20日〜1575年(天正3年)5月20日  要約:織田信長は、武田勝頼の「若さ」を利用して、最強の武田騎馬軍団を壊滅。武田氏はこの戦により滅亡への坂を転がり落ちて行く。
 
 
  長篠の合戦   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「長篠の合戦」と言えば信長の火縄銃3段撃ちが有名であるが、これは文献を盲目的に信じた人間の発言力が強かっただけのことであり、実際にはありえなかったことであると断言できる。従来検討されることのなかった視点から捉えて以下に記す。
 
 
  長篠の合戦   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長篠城の包囲 : ところが武田勝頼は翌年、天正2年(1574年)信玄が落とせなかった徳川家康の支城である高天神城を攻めて落としている。勢いに乗った勝頼は、翌年天正3年(1575)年5月、同じ家康に属する長篠城を落そうと城を包囲・攻撃した。
 
 
  長篠の合戦…   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天正元年(1573)武田信玄の死後、徳川家康は北三河を武田勢力圏から奪還しようと、長篠城と足助城を攻略しました。 それに対して信玄の後継者武田勝頼は反攻に出て、遠江の高天神城を落とし、三河方面に進出してきました。 徳川家康は武田方から寝返らせた奥平信昌を長篠城に入れ守備させていましたが、天正3年(1575)5月11日、その長篠城を武田勝頼率いる軍が包囲したことから、家康が織田信長に救援を依頼し、設楽原で両軍が対決となりました。
 
 
  長篠の合戦跡   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天正3年(1575年)織田信長が3千挺の鉄砲で武田勝頼率いる武田騎馬軍団をせん滅した戦、長篠の戦いのあった場所。
 
 
  長篠の戦い(1575)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天正3年(1575)5月8日、武田と織田・徳川連合の最終決戦となる長篠の戦いの火蓋が切って落とされました。 戦国末期。そろそろ誰かが天下を統一してこの戦乱の世を終わらせるべきだという空気が強くなっていました。その時点でその最有力候補は名門中の名門・上杉家の一族で越後にある上杉謙信と甲斐にあって強力な軍事力を持つ武田信玄、そして東海の雄・今川義元などでした。・・・
 
 
  長篠設楽原の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この合戦は、信長の鉄砲を用いた新戦術の前に、無謀な突撃を繰り返す勝頼率いる騎馬軍団のイメージが強いようですが、実際の戦闘は織田徳川連合軍の死者六千からわかるとおり、両軍が入り乱れてのし烈なものでした。設楽原独特の地形と馬防柵、三千挺の鉄砲に守られた連合軍に対し、兵数も半分以下、全面決戦の準備もない武田軍は退却をも考えていました。そのような不利な状況の中における奮闘ぶりは、さまざまな文献のなかに見受けられます。
 
 
  里の風  長篠の合戦   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歴史考証家の名和弓雄氏によれば、騎馬軍団での突撃はなかったという。その著書「長篠・設楽原合戦の真実」の中において、合戦当時は梅雨時であり、水田は満水の状態であり、低湿地帯の設楽原は進撃する部隊により踏み荒らされて、泥濘の海原となっており、馬は足を取られて走れるものではないとしている。
 
 
  長篠の合戦の戦死者   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長篠の合戦と言えば、武田勝頼が織田と徳川の連合軍に敗れて、武田の名立たる武将が数多く戦死した事で有名ですが、この合戦で群馬県吾妻郡の武士たちが多く戦死した事はあまり知られていません。 当時、吾妻郡の武士たちは武田の指揮下にあって、真田信綱・昌輝兄弟に従って長篠の合戦に参加しました。…
 
 
  長篠合戦のぼりまつり   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  武田軍一万五千という大軍の猛攻に耐え、織田・徳川の大勝利を導いた城兵僅か五百の長篠城とされる。
 
 
  長篠の合戦跡を訪ねる   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長篠の合戦は、現在の新城市(鳳来町)長篠で行われた。織田・徳川連合軍の鉄砲隊が、武田の騎馬隊を打ち破った戦いとして知られています。鳳来町にある長篠城址史跡保存館には、長篠の合戦に関係した、数々の資料が展示されています。
 
 
  年表で見る「長篠の合戦」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  信長考案の大集団かつ能率的な鉄砲の使用で大成果を上げ、合戦のあり方を変えたとされる、日本の合戦史上革命的な戦い。三河長篠において対峙した両軍であったが、勝頼は無敵騎馬軍団の威力に任せてしゃにむに突撃をかけたが、馬防柵にはばまれ立ち往生するところに一斉射撃を浴びた。
 
 
  4、長篠の戦いに至るまで   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  武田信玄は上洛の野望を持っていた。織田信長は志賀の陣で浅井の裏切りにあって退却してから、浅井・朝倉・三好・本願寺・一向一揆らに包囲され悪戦苦闘していた。信玄は彼らが滅ぼされる前に、信長を牽制しようとした。
 
 
  新兵器・鉄砲と長篠の合戦   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ポルトガルより伝来した鉄砲が戦国時代の戦術を大きく変えたことは言うまでもありません。そうした新しい兵器である鉄砲にいち早く目をつけ、戦場で活用して大きな戦果を上げたのが織田信長であることは有名ですが、今の感覚で考えたとしても、どう考えても役立ちそうな鉄砲を他の大名は何故活用しようと思わなかったのか、疑問に思う人も多いと思います。
 
 
  歴史館第5回「長篠の合戦」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第1回「織田信長」でも触れたが、もし3段構えの鉄砲隊が有効な戦術であるのならば、後の合戦で信長は同じ戦法を使うはずである。また、他の武将も採用するであろう。が、そんな事実はない。 それよりも気になることは、武田の騎馬隊というのは本当に存在したのだろうか?
 
 
  戦国時代の合戦データベース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歴史が苦手な人でも知っている合戦。また最近では定説になっていた、織田信長・徳川家康連合軍の鉄砲3000丁そして3段撃ちであるが、実際には1000丁から1500丁ぐらいで、3段撃ちもどうやら違うといわれ始めている。…
 
 
  長篠の戦い1 「通説」への疑問   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  教科書に書かれる「長篠の戦いの意義」/これまでの「長篠の戦い」のイメージ/定説への疑問
 
 
  長篠の戦い 動画検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長篠の戦い 動画検索 - Google
 
 
  (3)長篠の戦い 長篠図の不思議   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天正三年(1575)五月に行われた長篠の戦いは、信長が考えた鉄砲三段撃ちで有名な合戦である。当時最強と言われた武田騎馬隊に対して、馬防柵を設けて進入できないようにし、鉄砲を千挺ずつ交代に撃たせるものである。当時の鉄砲は弾入れに時間がかかり、早い人でも三十秒以上もかかってしまう。しかし三交代で撃たせれば、射撃の間隔が狭くなり、武田騎馬隊の進行を防ぐ事ができる。…
 
 
  長篠の合戦 〜1575年 天正3年(1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長篠の戦いは学校では、織田、徳川連合軍の大量の鉄砲が武田騎馬軍団をやっつけたと習ったように記憶している。しかしながらこのページを見ている方はもうご存知だと思いますが、鉄砲の3段撃ちも武田騎馬軍団もなかったのである。 では戦いはどのようなものであったのだろうか?
 
 
  長篠の戦い  学習百科事典  キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国(せんごく)時代,1575年に三河(みかわ)国(愛知(あいち)県)長篠城(ながしのじょう)西方の設楽原(したらがはら)で,織田信長(おだのぶなが)*・徳川家康(とくがわいえやす)*の連合軍(れんごうぐん)が武田勝頼(たけだかつより)の軍(ぐん)をやぶった戦(たたか)い。織田(おだ)・徳川連合軍(とくがわれんごうぐん)は約(やく)3000人の足軽(あしがる)鉄砲隊(てっぽうたい)の活躍(かつやく)で武田(たけだ)の騎馬隊(きばたい)を壊滅(かいめつ)させた。
 
 
  YouTube - 戦国無双2 織田信長 長篠の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 戦国無双2 織田信長 長篠の戦い
 
 
  長篠の戦い 史跡散策 - 鳳来ふるさと倶楽部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国時代の猛者に思いをはせ、その史跡をマイカーで散策してみました。
 
 
  長篠の合戦 信長軍団鉄砲三千丁にツッコミを   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  無敵の騎馬軍団を率いる武田勝頼と織田信長・徳川家康連合軍との戦いで、押し寄せる武田軍団を信長の考案した三段式鉄砲術を繰りなす三千丁の鉄砲隊が壊滅させたと云う物である。へたすれば歴史の教科書にすら載りかねない程一般常識になりつつある逸話だが果たして実際の所どうだったのか?今回は長篠合戦にツッコミを入れたいと思う。
 
 
  長篠の戦い古戦場 (ながしののたたかいこせんじょう)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長篠の戦いは,三河進出をねらう甲斐の武田勝頼と,それを防ぐ徳川・織田連合軍との戦いである。家康は奥平貞昌(おくだいらさだまさ)を長篠城主として武田勢に備えさせるが,1575年(天正3)長篠城は武田勝頼軍2万5000に取り囲まれる。…
 
 
  長篠の合戦 (新書)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国最強の武田の騎馬軍団対織田・徳川連合軍の三千挺の鉄砲隊。長篠の合戦のこのイメージは、本当に歴史の「実像」だったのか。情報(史料)の原点に立ち戻って歴史を問い直す。
 
 
  戦史ドキュメント 長篠の戦い (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天正3年5月21日、織田・徳川の連合軍と武田軍が設楽原で大激突。世に名高い長篠の戦いは、織田・徳川軍の鉄砲3000挺の威力の勝利であった。この1ヶ月に及ぶ戦いを、戦国研究の第一人者が史料を克明に検証し、自らの足で現地を調査し、アクションとスペクタクルに満ちた大決戦の全貌を、時系列を追ってドキュメンタリータッチで再現。長篠城の籠城から設楽原の決戦まで、臨場感あふれるタッチで描く戦国合戦一大絵巻。
 
 
  長篠・設楽原の戦い供養 愛知「信玄原の火おんどり」=映像 (2017/8/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  愛知県新城市で15日夜、400年以上前から続く「信玄原(しんげんばら)の火おんどり」があり、たいまつの炎が次々と闇に浮かび上がった。武田軍と、織田、徳川の連合軍による長篠・設楽原の戦い(1575年)で亡くなった人々の霊を供養する盆行事。午後9時すぎ、戦死者を葬ったという信玄塚に、火のついた大きなたいまつを抱えた人たちが集まり、鉦(かね)や太鼓のはやしに合わせてたいまつを大きく振り回した。(全文) ◇関連ユース
 
 
  長篠設楽原の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【合戦概要】天正三年四月五日、武田勝頼は一万五千の軍勢を率いて甲府を出馬し、兵わずかに五百人の奥平貞昌が守る長篠城を包囲した。武田軍の猛烈な攻撃により落城を目前にし、救援の使者鳥居強右衛門は強固な包囲網を破り、岡崎に走り使命を果たした後、城に戻ろうとして捕らえられ磔になった。 これに対し織田・徳川連合軍は、三万八千の大軍を設楽原へ繰り出し、馬防柵を拵らえ、専ら防戦の構えを見せたため、武田軍は長篠城包囲軍三千の兵を残し、主力は寒狭川を渡り設楽原へ進攻した。…
 
 
安土桃山時代.1575〜
  安土桃山時代 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安土桃山時代(あづちももやまじだい)とは、日本の歴史上、織田信長と豊臣秀吉が全国政権を握っていた時代である。織豊時代(しょくほうじだい)や安土大坂時代(あづちおおさかじだい)ともいう。又、安土桃山時代の元号の大部分が天正だったので、天正時代(てんしょうじだい)と呼ぶこともある。 織田信長の居城であった安土城、豊臣秀吉の居城であった伏見城(桃山)から、このように呼ばれる。特に、豊臣家が全国支配を担った後半を桃山時代といい、この時代を中心に栄えた文化を桃山文化と呼ぶ。
 
 
  安土桃山時代!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安土桃山時代!へようこそ。当サイトへお出で下さりまして、ありがとうございます。 安土桃山時代と言えば、織田信長や豊臣秀吉、明智光秀などがピっと浮かんできますね!!この時代は好きな人も多いのではないのでしょうか? 管理者akiが勝手にリストアップした事件をご覧下さいませ。  1. 織田信長 2. 豊臣秀吉 3. 桃山文化 4. 南蛮文化 5. フランシスコザビエル 6. 南蛮貿易
 
 
  第8章 安土桃山時代   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1.覇王天翔 - 織田信長の年賦/2.南蛮人の活躍/3.太閤飛翔 - 豊臣秀吉の年賦/4.朝鮮出兵/5.桃山文化/
 
 
  安土・桃山時代の衣装   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  分裂国家郡を中央集権国家にまとめ上げた信長 ・秀吉、安土 ・桃山時代の豪華絢爛な時代の衣装です。
 
 
  記事でアルク安土桃山時代。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安土桃山時代に活躍した信長の遺産は秀吉と徳川家康の中に残りました。そして、その人の両方とも信長が残したものを基にしていることによって統一日本を統治しました。両者とも相当な時間のために信長とサーブして、彼の政治的で社会的な見方の多くに同意しました。秀吉は百姓から将軍まで集団を通して速く起きました。そして彼は身分制度に関連した多くの規則を法律に入れました。…
 
 
  伊勢・安土桃山文化村 伊勢観光   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三重県 伊勢観光 ちょんまげワールド -伊勢-
 
 
  安土・桃山時代細別フロント・ページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1574年〜1602年までの史料です。 この年代範囲に収まらない場合、その内容によっては、他の時代に掲載している場合がありますので、他の時代も参照してみて下さい。
 
 
  安土桃山時代の人物一覧 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安土桃山時代の人物一覧(あづちももやまじだいのじんぶついちらん) 安土桃山時代の人物の一覧。  1 朝廷/2 諸大名・家臣/3 商人・茶人・忍者・芸術家・剣豪・その他
 
 
  安土桃山時代 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  田信長(おだのぶなが)*・豊臣秀吉(とよとみひでよし)*が政権(せいけん)をにぎっていた時代で,織豊(しょくほう)時代ともいう。信長(のぶなが)の入京(1568年)から関ヶ原(せきがはら)の戦(たたか)い(1600年)まで33年間をさすのがふつう。信長(のぶなが)・秀吉(ひでよし)によって各地(かくち)の戦国(せんごく)大名が平定され,封建制度(ほうけんせいど)の基礎(きそ)がかためられていった時代である。
 
 
  武装の伸展 安土・桃山時代 - 日本服飾史 資料   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  武家の正装であった直垂から大紋・素襖と次々と簡略な服装が作られたが、やがてそれぞれが儀式の用となるに従い、平素には素襖の袖を省いた肩衣に袴をはき、小袖を下につけた姿となり、それも又平素のものとはいいながら正装のうちに入ることとなる。江戸時代にはこの肩衣、袴が裃(かみしも)と称されて武家の式服として正装化されて行く。
 
 
  安土桃山時代〜江戸時代 国立歴史民族博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田信長(おだのぶなが)と豊臣秀吉(とよとみひでよし)が全国をふたたび統一(とういつ)し、徳川家康(とくがわいえやす)が江戸(えど)に幕府(ばくふ)をひらきました。平和が続きましたが、外国との交流はきびしく制限されるようになりました。
 
 
  天下の統一―安土桃山時代 (小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史) (単行本)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  信長から秀吉による天下統一までの過程と、家康が最後に天下を握る関ケ原の戦いまでを漫画でわかりやすく描く。3人をはじめ様々な人物の活躍や雄大な気風をもった武家文化、安土桃山の文化も豊富な資料とともに解説。
 
 
明智光秀.1528
  明智光秀 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代、安土桃山時代の武将。本姓は源氏。家系は清和源氏の摂津源氏系で、美濃源氏土岐氏支流である明智氏。通称は十兵衛。雅号は咲庵(しょうあん)。惟任光秀。 妻は、妻木煕子。その間には、嫡男・光慶(十五郎)、織田信澄室、細川忠興室・明智珠(洗礼名:ガラシャ)がいる。 生年は『明智軍記』の享禄元年(1528年)説、『綿孝輯録』の大永6年(1526年)説、また『当代記』の付記による永正12年(1515年)説など複数ある。
 
 
  歴史の大立役者 明智光秀   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明智光秀といえば「主殺し」、「三日天下」など、ありがたくない代名詞がつくのが一般的である。しかしながら、歴史を大きく転回させたキーマンであることは疑うべくもない。 同時に光秀ほど謎に満ち、歴史的興味をかりたててくれる人物も、そう多くはない。  1 光秀の人物像/2 光秀の略歴/3 光秀を本能寺に駆り立てたもの
 
 
  「明智光秀」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明智光秀 - Google 検索
 
 
本能寺の変.1582.6
  本能寺の変 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本能寺の変(ほんのうじのへん)は、天正10年6月2日(1582年6月21日)、織田信長の家臣明智光秀が謀反を起こし、京都・本能寺に宿泊していた主君信長を襲い、自刃させたクーデター事件。 光秀が反旗を翻した原因については定かではなく、現在でも定説が確立されていない。さらには、他の首謀者(黒幕)がいたとする説も多数あり、日本史上の大きな謎のひとつとなっている(各説については変の要因を参照)。
 
 
  明智光秀 野望!本能寺の変 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田軍団の有力武将として頭角をあらわし、信長からも信頼された光秀は、なぜ謀反に踏みきったか―わずか十一日間で夢まぼろしと消えた“三日天下”の謎を追う
 
 
  明智光秀 なぜ「本能寺」に向かったか <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  書籍紹介: 水色桔梗の幟が早暁の京の町を埋め尽くす。光秀の凛とした声が、ひそとした本能寺の中へ吸い込まれた。「信長殿の御首、頂戴仕る!」-明智城の陥落から二十数年、信長のもとで異例の出世を果たし、一介の牢人から三十四万石の城主にまで上り詰めた明智光秀。その光秀を「本能寺」へと駆り立てたものは何だったのか。天下万民の幸福を心から願い続けた孤高の智将の生涯を描く。
 
 
  謎だらけの「本能寺の変」 「信長を殺さなければ日本は崩壊する」光秀謀反の真の動機 (2015/10/26)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天正10(1582)年6月2日の早暁、京都・本能寺で織田信長は49歳の生涯を終えた。信長を襲ったのは、家臣の明智光秀である。いわゆる「本能寺の変」だ。 これまで、光秀の謀反の動機については、遺恨や怨念があったとする説、陰謀説、恐怖説と、さまざまな理由が挙げられてきた。今回は、それらを一つひとつ検証することで、光秀の真の動機に迫っていきたい。 遺恨・怨念説/陰謀説/恐怖説/「狂気の信長を天下人にしては危険だ」
 
 
  本能寺の変はなぜ起きたのか?<解説> (2015/12/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本能寺の変(ほんのうじのへん)は、1582年6月21日(天正10年6月2日)、備中高松城包囲中の羽柴秀吉を救援しようとしていた織田信長に対して、先発させた家臣明智光秀が謀反を起こして丹波亀山城から引き返し、京都の本能寺に宿泊していた信長と妙覚寺に宿泊していた当主の織田信忠を襲撃したクーデター(事変)である。寝込みを襲われて包囲された信長は脱出を諦めて自害を迫られ、信忠は二条御所に退いて戦ったがやはり自害した。…
 
 
  明智光秀が本能寺の変で織田信長を討った動機に、カツラを落とされた恨みとの説も (2017/4/4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明智光秀が本能寺の変で織田信長を討った動機は『怨恨説』『義憤説』など諸説ある/信長の家臣・稲葉一鉄の子孫らの『稲葉家譜』では光秀がカツラを落とされ恨んだとある/また、通説では本能寺の変の時点で光秀は55歳だが、67歳だったとする説もある。
 
 
  本能寺の変後、光秀の直筆手紙 紀州の武将宛て=原本 (2017/9/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明智光秀が本能寺の変で織田信長を討った後、紀州の武将に送ったとみられる手紙の原本が見つかった。三重大の藤田達生教授(日本近世史)が11日、発表した。写しの存在は知られていたが、光秀自筆とみられる筆致などから、当時の心境にも迫る史料となりそうだ。 原本は、岐阜県の美濃加茂市民ミュージアム所蔵の書状(縦11・5センチ、横56・7センチ)で、藤田教授の調査により、光秀の筆跡や花押(サイン)が確認でき、約2センチ幅の細かな折り目などの様式から密書の特徴が認められた。コンパクトにたたみ込まれて大切に運ばれたとみられる。藤田教授は、筆跡や内容などから、光秀が天正10(1582)年6月2日に起きた本能寺の変の10日後の同12日に紀州の武将、土橋重治に宛てて書いた直筆の手紙である可能性が高いと結論づけた。・・・
 
 
  本能寺の変に関する明智光秀の書状を発見 動機をめぐり識者の間で議論白熱 (2017/9/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明智光秀が室町幕府の再興を図っていたことを示す新史料が発見された/調査に当たる三重大の藤田達生教授は「単独謀反説は成立しない」と解説/しかし室町幕府再興の事前計画説には専門家からは疑問の声も上がっている。
 
 
  「本能寺の変」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本能寺の変 - Google 検索
 
 
柴田勝家と羽柴秀吉
  豊臣秀吉 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豐臣 秀吉(とよとみ ひでよし)/ 羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。尾張国出身。はじめ木下氏を名字とし・羽柴氏に改める。本姓としては、はじめ平氏を自称するが、近衛家の猶子となり藤原氏に改姓した後、豊臣氏に改める。 尾張国愛知郡中村の半農半兵の家に百姓として生まれ、織田信長に仕え、次第に頭角を表す。本能寺の変で信長が討たれると、「中国大返し」により京へと戻り、山崎の戦いで明智光秀を破る。その後、天下統一を成し遂げた。
 
 
  柴田勝家 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柴田 勝家(しばた かついえ)は、戦国時代から安土桃山時代の武将・大名。 大永2年(1522年)、『張州府誌』によると尾張国愛知郡上社村(現:愛知県名古屋市名東区)で生まれる(異説あり)。生年には大永6年(1526年)説や大永7年(1527年)説もあり、明確ではない。出自は不明で柴田勝義の子といわれるが、確実な資料はない。おそらく土豪階層の家の出身であると思われる。 若いころから尾張の織田信秀の家臣として仕え、尾張愛知郡下社村を領したという。
 
 
  織田家 武将名鑑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「信長の野望 Online」の「織田家」に登場する武将達のプロフィールを紹介しています。
 
 
  前田利家と羽柴秀吉と柴田勝家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  羽柴秀吉と柴田勝家は信長生前からずっと仲が悪かった。 これは、農民上がりの秀吉と譜代の家老勝家の地位が同じまたは秀吉の方が上だったことが原因であると考えられる。 この中の悪さを見て困ったのが利家だった。・・・
 
 
  賤ヶ岳の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田信長を討った明智光秀を山崎の合戦で滅ぼした羽柴秀吉が、織田家重臣の柴田勝家と争ったのが賤ヶ岳の戦いです。織田信長の後継者争いとしてこの戦いを見ていくと、単に賤ヶ岳における柴田勝家と羽柴秀吉の戦いではなく、近江(長浜)、美濃(岐阜)、伊勢を含む広範囲の戦いで、羽柴秀吉・丹羽長秀・堀秀政・池田恒興・織田信雄等の羽柴陣営と柴田勝家・佐久間盛政・柴田勝豊・織田信孝・滝川一益等の柴田陣営の戦いでもありました。
 
 
  羽柴秀吉、なぞの敵前退却   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  織田信長が倒れた後、天下の覇権を握り新しい時代を築こうとする羽柴秀吉。その前に立ちふさがる旧勢力の代表?柴田勝家。両者は、近江賤ヶ岳で決戦する。… 互いににらみ合う持久戦の最中、秀吉は、突然敵前で兵を引き陣内をもぬ けの殻にするという不思議な行動をとる。それは秀吉が仕掛けた巧妙な罠だった 。
 
 
  賤ヶ岳の戦い!!!羽柴秀吉対柴田勝家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1582年 本能寺の変により、織田信長が死亡してしまったことにより、天下が乱れる。明智光秀は山崎の戦いにおいて、羽柴秀吉に敗れる。そして、羽柴秀吉に立ちはだかったのが柴田勝家(織田信長の重臣)であった。・・・
 
 
  勝家とお市の方の悲話を伝える<北庄城>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北の庄城址・柴田公園 : 北庄城本丸跡と推定されるこの場所に城址公園があるだけで、北庄城を偲ばせる遺構は残されていない。
 
 
  柴田勝家のもとから勝手に去った羽柴秀吉(1577年)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いまから約430年前の戦国時代真っ只中、織田信長を頂点とする組織の中で、2人の武将が対立し合いました。それは“柴田勝家”と“羽柴秀吉”です。 天正5年(1577)閏7月、上杉謙信の七尾城攻めを機に、織田信長は越前で加賀平定に苦闘していた柴田勝家のもとへ、羽柴秀吉・滝川一益・丹羽長秀の援軍を送り込みました。総勢3万余の大軍だったと言います。・・・
 
 
  賤ヶ岳の戦い(豊臣秀吉 VS 柴田勝家) 歴史と経営   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  6月27日、柴田勝家・羽柴秀吉・丹羽長秀ら織田家の宿老が、清洲城に集会しました。宿老の滝川一益は招待されず、代りに、山崎の戦いに参陣した池田恒興が宿老に列席しました。 織田家の後継者候補には、織田信長の次男織田信雄と三男織田信孝がいました。 筆頭家臣柴田勝家は、山崎の戦いに参陣した信孝を後嗣として推挙しました。 ところが、羽柴秀吉が推したのは、長男織田信忠の嫡子三法師(織田秀信)でした。羽柴秀吉は、仮病を使って中座しました。・・・
 
 
  羽柴秀吉・柴田勝家ら大失敗 信長に叱られる(今日は何の日)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大嶽・丁野が落ちたため、信長は朝倉勢が今夜のうちにも越前へ退却を始めると読みます。 そして先手の諸将へその旨を伝え、「退却する朝倉軍を逃さぬよう覚悟せよ」と再三にわたって命じたのです。… このとき越前軍の近くに布陣していた先手とは・・・ 佐久間信盛・柴田勝家・滝川一益・蜂屋頼隆・羽柴秀吉・丹羽長秀・稲葉一鉄・蒲生氏郷・進藤山城守・永田刑部少輔・阿閉貞征・山岡景隆らそうそうたる顔ぶれ。 ところが!朝倉義景の退却に対して、追撃を最初に仕掛けたのは、織田信長でした。
 
 
  柴田勝家自害 天正11年(1583) - 歴史かくれ話と今日は何の日   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柴田勝家は、信長に仕えた織田家の筆頭家老。武勇に優れ、「鬼柴田」「甕割り柴田」などの豪快な異名で呼ばれる。 1582年の本能寺の変の後、清洲城で羽柴秀吉、柴田勝家、丹羽長秀、池田恒興ら信長の重臣たちが集まり、織田家の跡継ぎを決める会議(清洲会議)が行われた。この時、主導権は謀反人・明智光秀を討ったうえに、道理にかなった論を展開する秀吉に握られ、筆頭家老であるはずの柴田勝家もさすがに意見を押し通すことはできなかった。
 
 
  信長公なきあとの後継者決定重役会議。柴田勝家が秀吉に要求したものは?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ご存じのとおり、6月13日、秀吉は電光石火のUターン行軍で明智光秀を討ちとります。変の発生から復讐劇完結までわずかに11日。凄い行動力でした。 6月27日に、柴田勝家の呼び掛けで清洲城に重臣が集まります。いわゆる清洲会議です。後継者選定が最大議題のミーティングです。予想通り最古参の重役柴田勝家と新興の羽柴秀吉が対立します。このとき、勝家は秀吉に無理難題を吹っかけたと言われます。その難題とはどんなものだったのでしょうか?
 
 
  柴田勝家 (しばたかついえ) 年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1556 信勝を擁して謀反を起こすが、信勝の兄信長に敗れる(稲生の戦い)。後に信勝を見限って信長に仕え、尾張統一、上洛等に諸戦にめざましい武勇を示し、“甕割柴田”“鬼柴田”と異名をとる。  1581明智光秀に信長が殺された(本能寺の変)時、松倉城攻略中で越後・上杉軍と対峙していた為、引き返すことができず、光秀討伐に間に合わなかった。清洲会議で、烏帽子親になった信長3男信孝を擁すが、羽柴秀吉らと対立。
 
 
  本多忠勝と柴田勝家の比較年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本多忠勝 : 生年:1548-1610(天文十七年〜 安祥松平家(徳川本家)の最古参の安祥譜代の本多氏で、本多忠高の長男として天文17年  1590 家康が関東に移封されると上総国大多喜(千葉県夷隅郡大多喜町)に榊原康政と共に、家臣団中第2位の10万石(1位は井伊直政の11万石)を与えられる。江戸から遠くなっているのは、「譜代の将は敵が攻めてくる国境に配置する」との、家康の配置方針による
 
 
  柴田勝豊 - 羽柴秀吉対柴田勝家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   1582年6月27日 織田信長の重臣たちが清州城に集まる(清州会議) 柴田勝家は、織田信長の三男である織田信孝を推薦する。 それに対して、羽柴秀吉は、織田信長の長男(織田信忠)の子供(3歳)である三法師を推薦する。 それにより、羽柴秀吉と柴田勝家は対立する。 しかし、丹羽長秀が羽柴秀吉に味方して、三法師が織田信長の後継になる。 丹羽長秀は、羽柴秀吉から領土をもらう約束をしていたために味方をしたという説もある。・・・
 
 
  柴田勝豊 (シバタカツトヨ) - ニコニコ大百科   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「柴田勝豊」(しばた・かつとよ 1556 〜 1583)とは、叔父・柴田勝家の養子となって越前・丸岡城主となり、本能寺の変で織田信長が斃れた後の柴田勝家と羽柴秀吉の政争から秀吉の旧領の近江・長浜城の城主となったが、義父・柴田勝家と羽柴秀吉が争った際に無血開城して降伏した後、義父・柴田勝家よりも先に病死した逆チートに定評のある武将。
 
 
小牧長久手の戦い
  小牧・長久手の戦い (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小牧・長久手の戦い(こまき・ながくてのたたかい)は、天正12年(1584年)に、羽柴秀吉(1586年、豊臣賜姓)陣営と織田信雄・徳川家康陣営の間で行われた戦役。小牧の役とも。なお、当時は長久手ではなく長湫と表記された。 天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦い時に、秀吉は織田信長の次男・信雄を擁立して、信長の3男・信孝を擁する柴田勝家に勝利した。この戦いの後、秀吉は同年暮れ新築した大坂城に信雄を含む諸将を招いた。… 信雄はこれを拒否し、大坂参城の命に従わなかった。
 
 
  小牧長久手の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1584年3月6日織田信雄が、羽柴秀吉に通じる3老臣を斬り徳川家康と同盟を結び秀吉と断交する。 3月28日両雄が小牧で対峙4月9日長久手で合戦、11月11日秀吉と信雄は和議を結んだ。 小牧長久手の戦いは、豊臣秀吉と徳川家康三英傑の両雄が戦った唯一の戦いであった。 鮮やかとも言えるこれまでの秀吉の戦略が、この戦いにおいては支城攻略以外、家康に軍配が上り秀吉は今一つのようである。
 
 
  小牧・長久手の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天正10年(1582)、信長が本能寺の変で没した後、後継者争いが起こった。織田家筆頭家老・柴田勝家は信長の三男・信孝を擁立したが、明智光秀を討った豊臣秀吉は信長の嫡孫で幼少の三法師を推した。清洲会議にて三法師が後継者となったが、不満を持った勝家は翌天正11年(1583)、信孝と謀って秀吉を討とうとしたが、賤ヶ岳の戦いで敗れ没し、信孝も自刃した。
 
 
  小牧・長久手の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1)戦い前夜/(2)小牧布陣、戦線膠着/(3)池田勝入の献策/(4)岡崎に向けて出発/(5)家康動く/(6)岩崎城の戦闘
 
 
  小牧・長久手の戦い   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有名な豊臣秀吉(当時は羽柴秀吉)と徳川家康が戦った小牧長久手の戦いです。1583年賤ヶ岳の戦いで柴田勝家を破った豊臣秀吉は、着々と天下人への道を歩みます。これに対して、織田信長の二男・織田信雄は主家である織田家の自分を危うくするものと思い、徳川家康に近づきます。徳川家康もまた、秀吉の勢力がこのまま大きくなれば徳川家が危うくなると考えていました。両者の思惑は一致したわけです。
 
 
  小牧・長久手の戦い、二   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天正十二年一月十一日付けで、恵瓊は毛利家家臣児玉三右衛門他二名宛に手紙を書いている。… 『近ごろ、信長の配下でも羽柴という人物は世間の操りも、そして戦をやっても、城責めをやってもりっぱなものである。…
 
 
  小牧・長久手の戦い パート1   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  家康は信雄を引っ担いで尾張に出兵した。いかに愚物とはいえ信長の実子である。故主への恩義に味方する旧臣もあるだろうと、清洲城に腰を据えて形勢を見守っていると、秀吉軍は続々と美濃に進出してきた。その兵力は約五万、信長の乳兄弟の池田勝入信輝までが秀吉軍に、居城大垣城を提供する有様である。
 
 
  ようこそ、長久手へ 歴史探訪   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長久手は言わずと知れた古戦場のまち。 長久手観光では、国指定史跡「長久手古戦場」を中心とした史跡めぐりは欠かせません。 合戦ゆかりの地に足を運び、往時を偲んでみませんか?
 
 
  長久手古戦場 (小牧、長久手の戦い)(1) - リニモで行く長久手古戦場   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  3連休の最後の勤労感謝の日が良い天気だったので、愛知県の長久手町と日進市の長久手古戦場をつまみ食いのように見てきました。   長久手古戦場(2)   長久手古戦場(3)
 
 
  小牧・長久手の戦いの構造―戦場論 上 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小牧・長久手の戦いを中心テーマにした、ほぼ4年間におよぶ共同研究の成果の集大成。上巻には、実態論、外交論、史料論を収録。中・近世期移行期における大規模戦争の研究を通じて、転換期の歴史像を紡ぎ出す。
 
 
豊臣秀吉.1537
  豊臣秀吉 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豐臣 秀吉(とよとみ の ひでよし / とよとみ ひでよし)/ 羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代(室町時代後期)から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名である。尾張国出身(現在の愛知県西部)。… 戦国・安土桃山時代における三英傑の一人である。
 
 
  夢のまた夢 豊臣秀吉の辞世   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  貧しい農民のせがれから、一躍、天下人に上りつめた男、豊臣秀吉。世界史をひもといても、彼ほどの成功者は少ない。 立身出世の鑑、庶民の憧れの的として、根強い人気がある(朝鮮半島では、秀吉は極悪人)。… しかし、秀吉は、最期に意外な言葉を残している。 「露とおち 露と消えにし わが身かな 難波のことも 夢のまた夢」 夢の中で夢を見ているような、はかない一生だった、との告白。彼の辞世は、何を意味しているのだろうか。
 
 
  奴隷の存在に激怒した豊臣秀吉 (2015/8/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦国時代、大名によって多くの日本人が欧米人に奴隷として売りとばされた/豊臣秀吉は、その奴隷制の強烈な反対論者で、これに激怒したという/多くの人に、秀吉の素朴な愛国心と同胞愛を知っていただきたいと筆者は語る 。
 
 
   秀吉 天下取れたのは弟のおかげ? (2015/9/4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豊臣秀吉の弟である豊臣秀長についてつづられている/秀吉の補佐役を務め、決断に決意を伴わせて自信を持たせていた/ワンマン社長のそばにいる副社長のような感じだと筆者は例えた。
 
 
  「豊臣秀吉」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豊臣秀吉 - Google 検索
 
 
  豊臣秀吉(1537〜98)の「まめな性格」わかる書状、民家で発見 (2017/10/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豊臣秀吉(1537〜98年)が家臣の小出秀政に宛てた直筆の文書1通を熊本県天草市内の民家で発見したと、兵庫県立歴史博物館(姫路市本町)が発表した。 家臣とみられる人物に俸禄ほうろく(給与)を与えるよう命じる内容で、前田徹学芸員は「秀吉と家臣との関係を考える上で貴重な史料」としている。 同博物館によると、秀吉の自筆書状は約100通が知られており、小出宛ては2通目という。本文は3行で、〈五人ふち(扶持)、ありけんハに出いだし可申候もうすべくそうろうなり、〉とあり、秀吉の「花押」(サインの一種)が記されている。…
 
 
豊臣秀吉と聚楽第
  聚楽第 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  聚楽第(じゅらくだい/じゅらくてい)は、山城国京都の内野(平安京の大内裏跡、現在の京都府京都市上京区にあたる)に安土桃山時代の末期、豊臣秀吉が建てた政庁兼邸宅である。竣工して8年後に取り壊されたので、分からないことも多い。 聚楽第(じゅらくだい/じゅらくてい)は、山城国京都の内野(平安京の大内裏跡、現在の京都府京都市上京区にあたる)に安土桃山時代の末期、豊臣秀吉が建てた政庁兼邸宅である。竣工して8年後に取り壊されたので、分からないことも多い。
 
 
  聚楽第 豊臣家の夢の跡   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豊臣秀吉の栄華の象徴・聚楽第 天下の半分を従えて人臣極めた関白に任じられた豊臣秀吉は内野に豪華絢爛な宮殿を建て後陽成天皇を聚楽第にお招きし諸侯に忠誠誓わせ豊臣の天下を世に知らしめる 豊臣秀次の悲劇の舞台・聚楽第
 
 
  後陽成天皇と豊臣秀吉in聚楽第   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天正十六年(1588年)4月14日、豊臣秀吉が聚楽第に後陽成天皇を迎えました。 後陽成(ごようぜい)天皇は、一昨日書かせていただいた第108代・後水尾(ごみずのお)天皇のお父さんにあたる第107代の天皇です。
 
 
  秀吉の聚楽第、平安京遺構探訪ウォーキング   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豊臣秀吉が天正15年(1587年)に築いた城郭風の邸宅で周囲に濠を廻らせたので一に聚楽第と言われました。これより先、秀吉は大阪城を築いて入城しましたが、次いで京都における館第を設けるべく天正14年(1586年)春、大内裏の旧地でもある内野の東北部の地を選び着工し翌、天正15年9月に竣工し移り住みました。
 
 
  YouTube  コナントリップ(第4話) 秀吉の聚楽第   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube  コナントリップ(第4話) 秀吉の聚楽第
 
 
  秀吉の栄華描いた屏風見つかる 聚楽第行幸を忠実に   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豊臣秀吉が贅(ぜい)を尽くして京都に建てた「聚楽第(じゅらくだい)」に、後陽成(ごようぜい)天皇が行幸する光景と、御所へ出迎える秀吉の行列を描いた2枚1組の「御所参内・聚楽第行幸図屏風(びょうぶ)」が、新潟県上越市で発見され、市が11日、公開した。
 
 
  一体いずこへ…豊臣秀吉の「聚楽第」、わずか8年の栄華の末は?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  全国を統一し、朝鮮半島にまで兵を進めた豊臣秀吉。その権勢を天下に示すために京都に造営したのが城郭「聚楽第(じゅらくだい)」だった。周囲1・8キロ、重層の天守を誇ったという。 しかし、秀吉自身が取り壊しを命じ、建物があったのはわずか8年間。現在、京都市内には遺構とされる建物がいくつか残るが、いずれも聚楽第に結びつく確証はなく、秀吉の城郭は依然ベールに包まれている。
 
 
  「聚楽第」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  聚楽第 - Google 検索
 
 
五大老と五奉行
  五大老 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豊臣秀吉は己の死後、その息子・豊臣秀頼を五大老が補佐し、合議制をとることにより徳川家康の台頭を防ごうと考えていた。将来台頭し、豊臣家と覇権を争う可能性のある家康を大老として取り込んでしまうことにより、禍根を断とうとした秀吉の策であった。秀吉存命中は、秀吉の期待に沿う働きをしたが、死後は家康の度重なる盟約違反により有名無実化した。
 
 
  五大老 - ニコニコ大百科   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元々の五大老は、安土・桃山時代の豊臣政権下で豊臣秀吉に継ぐ権力を持っていた「徳川家康」、「前田利家」、「毛利輝元」、「宇喜多秀家」、「小早川隆景(隆景の死後、上杉景勝)」の五人の有力大名を表す。
 
 
  五奉行 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豊臣秀吉の関白就任後の1585年(天正13年、小瀬甫庵『太閤記』)、あるいは1593年に秀吉が病に際して五大老制の設置に伴い置かれたと考えられている。豊臣政権では大谷吉継や小西行長はじめ多くの奉行が行政を担当しており、その中でも特に重要な活躍をした5名が五奉行と呼ばれた。… 1600年(慶長5年)に五奉行の石田三成が五大老の毛利輝元を擁立して関ヶ原の戦いに至ると、三成ほか長束正家が従軍し、浅野長政は東軍の徳川秀忠の軍に属している。前田、増田の2名は大坂城に在住している。
 
 
  五奉行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  前田玄以、浅野長政、増田長盛、石田三成、長束正家の五人で構成される豊臣政権下の中枢的組織。五奉行の制度が正式に定められたのは慶長3年(1598)であるが、実質的にはそれ以前から奉行制があったのではないかと考えられ、豊臣政権の実務面をささえたと思われる。前田は公家と寺社を管轄、長束は知行や兵糧などの財政面、浅野、増田、石田の三人が一般行政、その他の大きな事件が起こった時の処理にもあたっていた。
 
 
  五奉行とはなんぞや?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自分の死後、幼い跡継ぎの秀頼の行く末を案じた秀吉は、秀頼を盛り立て豊臣政権を守っていくための制度として五大老と五奉行を定めた。 五大老とは立法機関であり、豊臣家に忠誠を誓った有力大名5人が任命された。 五奉行とは、五大老の下で実務を司る機関とされ、秀吉の家臣で、官吏としての行政処理能力に長けた5名が任命された。
 
 
伊達政宗.1567
伊達政宗.1567 - Wikipedia  戦国一のグルメ武将 】伊達政宗が起こした戦国時代の食文化革命 伊達政宗【詳細年表】〜独眼竜・伊達政宗 Masamune Date
  伊達政宗に関するトピックス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  慶長遣欧使節団/日本スペイン交流400周年/伊達政宗、誕生日に2説あり 生誕450年、地元戸惑う…など。
 
 
  伊達政宗 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊達 政宗(だて まさむね、1567年9月5日 - 1636年6月27日)は、戦国時代の武将。出羽国(羽州)と陸奥国(奥州)の戦国大名。陸奥仙台藩の初代藩主。幼少時に患った疱瘡により右目を失明し、また、戦国屈指の教養人として、豪華絢爛を好むことで知られていた。天正5年(1577年)に元服、天正12年(1584年)に18歳で家督を相続、伊達家17代を継承する。父・輝宗は41歳の働き盛りであったが、政宗の武将としての素質を見抜いていた輝宗の決意は固く、家督を相続することとなった。
 
 
  伊達政宗  武士の館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  どんな人?/伊達政宗関連の本等 オススメ度 /政宗の歴史/コラム/参考文献
 
 
  伊達政宗の手紙 (新書)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  真実の政宗の人となりを知る史料として、厖大な手紙があったことはあまり知られていない。小田原参陣に遅れ秀吉から仕打ちを受けたとされる政宗が、秀吉に宛てた手紙。また、母を想う気持ちに溢れた手紙などなど。…
 
 
  みちのく伊達政宗歴史館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伊達政宗歴史館には、250体をこえる等身大ろう人形が展示されています。 そのろう人形全てが、人間の皮膚感や、笑い・怒り・涙などの喜怒哀楽の豊かな感情表現を行なっています。また、史実に基づいて再現された各場面の中にちりばめられている甲冑、衣装、道具類などの風俗や時代風景など、当時の様子を忠実に再現しています。
 
 
  天下の独眼竜  伊達政宗   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  遅れてきた戦国武将「伊達政宗」   「独眼竜」と怖れられ、晩年は天下の御意見番に君臨。   日本史の表舞台には顔を出さぬが、「独眼竜 政宗」の名は誰もが知る。
 
 
  伊達政宗博物誌  伊達家伯記念會   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段