128 【社会・歴史ぁ 薩長同盟・大政奉還/幕末から明治維新へ
このコーナーは、神話・伝説から始まり、古代史から現代史まで、歴史的出来事が掲載されています。各区分には、その時代の著名な文学書を散りばめ、歴史がより立体感をもって捉えられるよう工夫いたしました。また、発掘などによる歴史的新事実の発見などを報じた「歴史トピック」欄もどうぞ。世界の歴史年表もあります。特に日本史は今後も新たな区分とコンテンツが加わっていきます。 また、日本を含めた世界の「44古代文明・海底文明・遺跡全般」は こちら です。

幕末から明治維新 「大河ドラマ」 (NHK) 薩長同盟・大政奉還 山田方谷.1805 林鶴梁.1806/ 佐久間象山.1811
井伊直弼.1815 阿部正弘.1819.12 三野村利左衛門.1821/ 栗本鋤雲.1822/ 勝海舟.1823 大村益次郎.1824
岩倉具視.1825 ジョン万次郎.1827 小栗上野介/忠順.1827 西郷隆盛.1828 小林虎三郎.1828 西周.1829
吉田松陰.1830 大久保利通.1830 木戸孝允.1833 江藤新平.1834 橋本左内.1834 松平容保.1835
岩崎弥太郎.1835 福澤諭吉.1835 井上馨.1836 坂本龍馬.1836 山岡鉄舟.1836 加藤弘之.1836
徳川慶喜.1837 板垣退助.1837 大隈重信.1838 後藤象二郎.1838 中岡慎太郎.1838 山県有朋.1838
高杉晋作.1839 渋沢栄一.1840 伊藤博文.1841 陸奥宗光.1844/ 森有礼.1847 新撰組と会津藩
薩摩・長州・土佐藩 新渡戸稲造.1862 鳥羽・伏見の戦い 禁門の変.1864 戊辰戦争.1868 徳川埋蔵金
八重野充弘.1947 徳川慶朝.1950.2        
← 127 【社会・歴史】◆江戸時代      129 【社会・歴史ァ暸〔声時代〜 → 
TOP >  o 社会・政治・経済 > 128 【社会・歴史ぁ 薩長同盟・大政奉還/幕末から明治維新へ >  
       
幕末から明治維新
幕末維新の代理人】 明治維新とはなんだったのか その時歴史は動いたような気が : 坂本龍馬の人気は凄い。
  明治維新 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治維新(めいじいしん)は、江戸幕府に対する倒幕運動から、明治政府による天皇親政体制の転換とそれに伴う一連の改革をいう。その範囲は、中央官制・法制・宮廷・身分制・地方行政・金融・流通・産業・経済・教育・外交・宗教政策など多岐に及び、日本をアジアで最初の西洋的国家体制を有する近代国家へと変貌させた。福澤諭吉は著書で「王政維新」と命名している。
 
 
  明治維新と新政府   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治維新を経て年号は「明治」と名を変えた。それまでの徳川封建主義体制を破壊し、天皇親政が掲げられたのである。新政府は実に虚弱な体制の下にスタートした。明治軍制を敷き、対外戦争(日清・日露戦争)を起すまでに急激な発展を遂げる日本は、その初期においていかなる苦悩を抱き、政策を取っていったのか。
 
 
  幕末 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末(ばくまつ)は、日本の歴史のうち、江戸幕府が政権を握っていた時代(江戸時代)の末期を指す。本記事においては、黒船来航(1853年)から戊辰戦争(1869年)までの時代を主に扱う。  1 概説 / 2 政治史 / 3 国際関係 / 4 出来事 / 5 施設 / 6 幕末の思想 / 7 組織 / 8 幕末の兵器 / 9 脚注 / 10 参考文献 / 11 関連項目 / 12 外部リンク
 
 
  ★☆<西郷隆盛と大久保利通>第1回〜明治維新、二人の役割 (2018/1/31)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治維新の主役である西郷隆盛(さいごうたかもり)(1827〜77年)と大久保おおくぼ利通(としみち)(1830〜78年)の政治活動をたどると、「維新史」の輪郭が浮かび上がります。ここで二人を軸にいま一度、幕末〜明治初期の動きを振り返ってみましょう。 二人は、ともに鹿児島城下の下加治屋町で生まれました。西郷が生まれて10年後、大塩平八郎(大阪町奉行所の与力で陽明学者)が貧民救済のために武装蜂起しています。また、大久保の誕生から10年後には、イギリスと清国との間でアヘン戦争が勃発しました。 二人は、ともに鹿児島城下の下加治屋町で生まれました。西郷が生まれて10年後、大塩平八郎(大阪町奉行所の与力で陽明学者)が貧民救済のために武装蜂起しています。また、大久保の誕生から10年後には、イギリスと清国との間でアヘン戦争が勃発しました。 西郷の方が大久保より三つ年上で、二人は親しい仲間でした。ともに家柄は、城下に住む武士の中でも下層の御小姓与(おこしょうぐみ)で、生活は楽ではなかったようです。 ◇西郷は斉彬の庭方役 アメリカのペリー提督が再来航した1854年、西郷は、薩摩藩主・島津斉彬(しまづなりあきら)の参勤交代に従って江戸に向かいます。 斉彬は、西洋文明を受け入れることにより、経済・軍事の近代化を図るべきだとする積極的開国論者であり、西郷が師父と仰ぐ人物でした。 西郷は庭方役(にわかたやく)を拝命します。庭方役は、幕府の御庭番(おにわばん)にならったもので、藩主専属で機密事項を扱うポストです。ここで西郷は、斉彬の意を体し、政界の裏工作などにあたります。 この仕事を通じ、西郷は、水戸藩主・徳川斉昭(とくがわなりあき)の腹心である藤田東湖(ふじたとうこ)と出会い、この尊王論を鼓吹こすいする著名な学者に心酔します。 また、越前藩主・松平慶永よしながの懐刀だった橋本左内とも知り合い、徳川家定の将軍継嗣問題では、ともに一橋ひとつばし慶喜よしのぶ(斉昭の子)擁立のために奔走。斉彬の養女で将軍家定の正室となった篤姫(あつひめ)(のちの天璋院)らを通じて大奥工作も展開しました。 しかし、大老に就いた井伊いい直弼なおすけは、日米修好通商条約の調印を強行、新将軍は家茂(いえもち)と決まり、斉彬ら一橋派の敗北に終わります。 これを受け、井伊は反対派の大弾圧に打って出ます。この「安政の大獄」(58年10月)は、そもそも、条約の無断調印(同年7月)に怒った孝明天皇が水戸藩に発した勅書(戊午ぼごの密勅)が導火線になっています。西郷はその密勅の運び役を仰せつかっています。 井伊は、一橋派を厳しく罰し、左内も斬罪に処せられ、西郷の同志だった僧月照(げっしょう)も幕吏に追われます。西郷は、月照を保護と帰藩しますが、西郷への風当たりは強く、二人は鹿児島・錦江湾(きんこうわん)に入水し、西郷だけが蘇生します。西郷は、その「恥」をしのびつつ、奄美大島で3年間、幽閉生活を送ることになります。 ◇大久保、藩の中枢へ 他方、藩の記録所書役(かきやく)助に就職した大久保は、「お由羅(ゆら)騒動」(1849年、藩主斉興(なりおき)の嫡子ちゃくし・斉彬と、側室お由羅の子・久光(ひさみつ)との間で起きた家督争い)に巻き込まれ、父親は喜界(きかい)島に島流し、自分も免職となり、「謹慎」生活を強いられました。 大久保は3年後に復職し、57年には西郷とともに徒目付(かちめつけ)に就きます。しかし、安政の大獄直前に斉彬が死去すると藩政は一変し、新しい藩主の父親である久光(斉彬の異母弟)が実権を握ります。… ◇公武合体運動を推進/「討幕」で二人三脚/徳川慶喜を「排除」/廃藩置県」を断行/【主な参考・引用文献】
 
 
  幕末の年表 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末の年表(ばくまつのねんぴょう)
 
 
  明治維新を支えた人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治維新といえば、山口県の民衆が中心となり、一丸となって新しい時代を切り開いた、私たち山口県民にとっては特に記憶にとどめておかなければならない出来事です。 ここでは、吉田松陰とその門下生たちやその他の主人公たちをクローズアップし、当時のエピソードなどを振り返ってみましたので、なぜ明治維新を成し遂げることができたのかを学んでください。
 
 
  幕末の人物一覧 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末に活躍した人物の一覧。幕末の期間には明確な定義はないが、原則としてペリー来航の1853年(嘉永6年)から1868年(慶応4年・明治元年)まで活躍していた人物。例外として、その近年まで活躍しており、幕末情勢に直接的な影響を与えた人物(その場合は人名の後に没年を記入する)。 江戸時代の人物一覧・明治時代の人物一覧と一部重複する。
 
 
  明治維新 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治維新 画像検索 - Google
 
 
  維新の志士たち 幕末維新大事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  志高く維新を先駆した炎の思想家たちの生き様を読み解く。死地を生き抜いた志士たちの死生観で人生とは何かを知る! イラスト満載!!データサイト
 
 
  明治維新について - 商工産業委員会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1)明治維新とは/(2)明治維新のあゆみ/(3)幕末の主な年表/(4)萩の乱/(5)長州藩・維新の志士たち
 
 
  明治維新 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本を近代国家にするため,明治(めいじ)時代の初(はじ)めに行われた一連(れん)の諸改革(しょかいかく)。 〔あいつぐ改革(かいかく)〕 1867年,大政奉還(たいせいほうかん)で江戸幕府(えどばくふ)がたおれると,王政復古(おうせいふっこ)の大号令(だいごうれい)が出され,翌1868年,五箇条(ごかじょう)の御誓文(ごせいもん)によって新しい政治(せいじ)の方針(ほうしん)が示(しめ)された。明治(めいじ)新政府(せいふ)は,版籍奉還(はんせきほうかん)や廃藩置県(はいはんちけん)によって,天皇(てんのう)を中心とする中央集権(しゅうけん)国家のしくみをととのえ,四民(しみん)平等の政策(せいさく)で古い身分制度(せいど)を廃止(はいし)した。
 
 
  第53回「明治維新(上)志士達の夢と官僚国家」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  行財政を預かっていたはずの官僚達は何をしているのだろうか、と首を傾げる不始末が次々に表面化している。… 年金福祉事業団の累積赤字と、優に1兆円以上の「大穴」を見慣れてくると、こちらの感覚が鈍ってくるから怖い。優秀とされた官僚制度が自ら崩壊し掛けている。この国の官僚制度の出発点となった明治維新を、政治と技術の両面から見直してみたいと思うようになった。
 
 
  大隈重信と明治維新の志士群像 ―激突する若人の夢―   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末明治の混乱期、高い志をもち、その身を犠牲にしても国や社会のために尽くそうとした人々=志士たちがいました。ペリー来航にはじまる開国、大政奉還、明治維新…その激動の時代に翻弄された諸藩の志士たち。若き大隈重信もそのひとりでした。 政治家・大隈重信としての生き方を決めたこの時代は、日本近代国家が成立するためには欠くことのできない時代でもありました。
 
 
  明治維新や明治時代に活躍した人たちは、いくつでどんなことをしたんだ ろう。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治維新や明治時代には、多くの人たちが活躍しました。この時期に活躍した人たちは、どこの出身で、いくつのときにどんな活躍をしたのでしょうか。年表と地図を見ながら、調べてみましょう。  人物出身地マップ/年表・できごと紹介
 
 
  明治天皇 坂本竜馬 勝海舟 伊藤博文 西郷隆盛 大熊重信 高杉晋作 桂小五郎 大久保利通が一緒に写っている写真   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治天皇 坂本竜馬 勝海舟 伊藤博文 西郷隆盛 大熊重信 高杉晋作 桂小五郎 大久保利通が一緒に写っている写真
 
 
  図解 日本を変えた幕末・明治維新の志士たち (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  図解 日本を変えた幕末・明治維新の志士たち (文庫)
 
 
  幕末と明治維新 大木 茂 著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末と明治維新 大木 茂 著
 
 
  ★☆YouTube - 誰も言わない明治維新の真実   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米国機密文書を世界で初めて開いた世界的権威 スタンフォード大学: フーヴァー研究所教授西鋭夫
 
 
「大河ドラマ」 (NHK)
この区分の下段に「大河ドラマ・時代劇のブログ集」があります。
  大河ドラマ 50 - NHKオンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NHKのすべてのドラマ情報がここに!/毎日更新!撮影の裏話が盛りだくさん!/すべての番組内容を知るなら…/見逃した!!と思ったら…  NHKによる公式サイト。大河ドラマ、あらすじ・登場人物・スタッフの紹介、トピックス。               
 
 
  大河ドラマ 一覧 - NHKオンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第1作〜第54作(回・番組名・放送時間・主演)/トップ/ドラマ/スペシャル/快速情報/紀行
 
 
  NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」 - NHKオンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  お知らせ - 2014年大河ドラマ「軍師官兵衛」番組ホームページ。戦国乱世がクライマックスを迎えたそのど真ん中に、乱世を終わらせるために突如現れた稀代の天才軍師の鮮烈な生涯!  人物相関図 - 官兵衛試される - 放送時間 - 写真集              
 
 
  NHK大河ドラマ のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NHK大河ドラマ のニュース - Google
 
 
  大河ドラマ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大河ドラマ(たいがドラマ)は、1963年からNHKが毎年異なるテーマで制作・放映しているテレビドラマシリーズ。NHK大河ドラマとも呼ばれる。現在(2010年代)、制作・放送されている最新作は字幕放送(NHKの日本国内向けの放送のみ)と、連動データ放送(デジタル総合・BSプレミアムのみ)付きである。 1 概要 / 2 名称の由来と変遷 / 3 歴代大河ドラマ / 4 放送時間 / 5 今後の大河ドラマ / 6 NHK新大型時代劇 / 7 スペシャルドラマ「坂の上の雲」 / 8 備考 / 9 脚注 / 10 関連項目 / 11 外部リンク
 
 
  歴代大河ドラマの一覧 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歴代大河ドラマの一覧(れきだいたいがドラマのいちらん)では、NHK『大河ドラマ』の作品を列挙する。 2013年(平成25年)放送の『八重の桜』で作品数が52となる。リストの長大化を防ぐため、10作ごとに記述する。 1 1 - 10作 / 2 11 - 20作 / 3 21 - 30作 / 4 31 - 40作 / 5 41 - 50作 / 6 51作- / 7 関連項目 / 8 外部リンク
 
 
  大河ドラマ・時代劇のブログ集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大河ドラマ・時代劇人気ランキング
 
 
  八重の桜 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『八重の桜』(やえのさくら)は、2013年1月6日から2013年12月15日まで放送されたNHK大河ドラマ第52作である。2014年度国際エミー賞テレビドラマ部門ノミネート作品。  1 企画・製作 / 2 あらすじ / 3 登場人物 / 4 スタッフ / 5 放送 / 6 関連商品 / 7 関連イベント / 8 注釈 / 9 出典 / 10 外部リンク
 
 
  大河ドラマのすごさ「独眼竜政宗」「風林火山」などの経済効果は (2015/6/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大河ドラマが日本に与える経済効果を取り上げている/「謙信公祭」は、07年の「風林火山」をきっかけに大人気イベントに変貌/その他、「独眼竜政宗」「武田信玄」の影響についても紹介している。
 
 
  【真田丸】軽々しいと批判殺到 (2016/2/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NHKは23日、視聴者から寄せられた意見・要望にどう対応したかを1ヶ月ごとに集約する「視聴者対応月次報告」(平成28年1月分)を公式サイトに掲載。大河ドラマ『真田丸』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)について、1月10日の放送スタートから4週間(2月6日まで)に、厳しい意見が423件寄せられ、好評意見(200件)の2倍以上だったことがわかった。問い合わせ(694件)、その他の意見(153件)を合わせた反響件数は1470件だった。…
 
 
  18年大河は西郷隆盛 原作・林真理子×脚本・中園ミホ「女の視点で切り込みます」 (2016/9/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NHKは、2018年に放送する大河ドラマを『西郷(せご)どん』(第57作)と発表した/原作は、作家の林真理子氏が『本の旅人』(KADOKAWA)で連載している『西郷どん!』/脚本は、『花子とアン』『Doctor X外科医〜大門未知子〜』を手がけた中園ミホ氏が執筆。
 
 
薩長同盟・大政奉還
  薩長同盟 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薩長同盟 (さっちょうどうめい)は、江戸時代後期の慶応2年1月21日(1866年3月7日)に幕末の薩摩藩と長州藩の間で締結された政治的、軍事的同盟。幕末の政治世界で影響力を持った薩摩藩と長州藩は討幕の思想では共通していた。西郷隆盛・大久保利通らの薩摩は、土佐藩脱藩の坂本龍馬や中岡慎太郎の斡旋により、薩摩藩家老の小松清廉と長州藩の木戸孝允(当時は桂小五郎)が倒幕運動に協力する6か条の同盟を締結した。他の薩摩側出席者は、島津伊勢、桂久武、吉井友実、奈良原繁。
 
 
  薩長同盟の坂本   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薩長同盟を導いたのは「坂本」ということになっていますが、彼は、単なる下流侍、一時は土佐藩からも脱藩ということで追われていた身です。薩摩のえらいさんと長州のえらいさんにお目通りさえ許されない身です。「勝海舟」の単なる言いつけを守っただけの侍なのでしょうか?
 
 
  幕末通史3(薩長同盟から大政奉還まで)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この頃、維新の回天事業の為には薩摩と長州が同盟する必要があるとの空気が生まれつつあった。薩摩藩の出兵拒否の背景には、幕府がフランスの経済的・軍事的援助を受けて再興した暁には、倒幕派の中心である長州攻略後に薩摩へも同様な武力討伐が為される可能性がある、と察知し始めていた。
 
 
  薩長同盟による倒幕と大政奉還・戊辰戦争   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『薩英戦争・下関戦争・長州征伐』の項目では、薩摩藩と長州藩が強力な近代兵器を持つ西欧列強諸国と戦って敗れ、外国勢力の攘夷が不可能であることを悟りました。
 
 
  (西郷隆盛の生涯) 薩長同盟から大政奉還まで   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長州藩が恭順の意を示したとはいえ、幕府にとって西郷や徳川慶勝が下した処分は、余りにも軽いものと感じられました。これは幕府の驕りにもよるものですが、そんな幕府はまたもや諸藩に対し、長州再征の準備を進めるよう命じたのです。
 
 
  薩長同盟、大政奉還、大政復古の大号令、戊辰戦争の流れがよくわかりません。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薩長同盟を結んだ薩長(のちに芸州広島藩も参加)が岩倉具視等の倒幕派の公卿と組み倒幕の勅許を得ようとします。…
 
 
  大政奉還 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大政奉還(たいせいほうかん)とは、江戸時代末期の慶応3年10月14日(1867年11月9日)に江戸幕府第15代将軍徳川慶喜が統治権返上を明治天皇に上奏し、翌15日に天皇が上奏を勅許した政治的事件である。幕末の政局が動揺し桜田門外の変以来、幕府の権威が低下すると、幕府および雄藩は朝廷と結んで権威を回復しようという公武合体路線をとるが、かえって尊王攘夷派に利用され、将軍徳川家茂が上洛を余儀なくされるなど、幕府が本来朝廷の下位にあることが目に見えるようになっていった。
 
 
  大政奉還   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1867年(慶応3年)10月14日、15代将軍の徳川慶喜(31歳)が朝廷に大政奉還の上奏を行った。10月上旬、土佐藩から大政奉還建白書を受け取った慶喜はこれを容れ、12日に京都二条城に老中らを召集して大政奉還の意を伝え、13日には在京諸藩の代表を同じく二条城の大広間に召集して同様の決意を述べた。
 
 
  大政奉還と王政復古   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【大政奉還の上奏文】 : 今日の形勢に至り候も、畢竟薄徳の致す処、慚懼に堪へず候。況や当今、外国の交際日に盛なるにより、愈朝権一途に出申さず候ては、綱紀立ち難く候間、従来の旧習を改め、政権を朝廷に帰し奉り、広く天下の公議を尽し、聖断を仰ぎ、同心協力、共に皇国を保護仕候得ば、必ず海外万国と並立つべく候。
 
 
  大政奉還 たいせいほうかん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1867年(慶応3)、将軍徳川慶喜が大政を朝廷に奉還した事件。江戸時代後期から、幕府統治を解釈する論理として、大政委任論が唱えられるようになった。大政とは全国統治の権能というほどの意味。
 
 
  大政奉還 (たいせいほうかん)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元治元年(1864) 陰謀を企てた尊攘派志士を新選組が捕縛した池田屋騒動をきっかけに、長州藩が京都に攻め入った(禁門の変)。会津・桑名・薩摩藩により長州藩は撤退、降伏した。 この半年後、長州は米英仏蘭連合艦隊に下関を攻撃され、攘夷論が衰退、翌年には高杉晋作らが挙兵し、倒幕派が主導権を握った。そのため幕府は再び長州藩征伐に乗りだしたが、幕府軍は各地で敗戦、将軍家茂も死去したため休戦に持ち込んだ.…
 
 
  大政奉還について - 教えて!goo   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  僕は歴史が好きで、特に幕末〜明治にかけては大好きなのですが、大政奉還がいまいちよく理解できていません。 どうやら坂本竜馬が船中八策を考え後藤象二郎に提案したところ、後藤象二郎が土佐藩藩主山内豊重(容堂)に進言し、山内豊重(容堂)がかなりの勢いで「それやっ!!」と乗り気になった例のあれです。
 
 
  大政奉還 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戸幕府(えどばくふ)の第15代将軍(しょうぐん)徳川慶喜(とくがわよしのぶ)が政権(せいけん)を朝廷(ちょうてい)に返上したこと。第2回長州出兵(ちょうしゅうしゅっぺい)に失敗(しっぱい)して幕府(ばくふ)のおとろえが目だち,薩長同盟(さっちょうどうめい)の倒幕(とうばく)の動きが強まったため,慶喜(よしのぶ)は前土佐(とさ)(高知(こうち)県)藩主(はんしゅ)山内豊信(やまうちとよしげ)の意見を入れ,1867年10月14日に政権(せいけん)の朝廷(ちょうてい)返上を請(こ)い,翌日朝廷(よくじつちょうてい)がこれを受けいれた。
 
 
  超速!最新日本史の流れ―原始から大政奉還まで、2時間で流れをつかむ! (単行本   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ざっと流れをつかめる良書。 読み物としてもおもしろいし、学習参考書としても十分な出来である。 論述キーワードや論述図解チャートが本文の枠外にあり、さらに理解が深まります。 ただ、本書では用語が足りないので、これを2,3回読んで、流れをつかんだら、教科書なり参考書なり使うとよい。
 
 
山田方谷.1805
山田方谷像
  山田方谷 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山田 方谷(やまだ ほうこく、文化2年2月21日(1805年3月21日) - 明治10年(1877年)6月26日)は、幕末期の儒家・陽明学者。名は球、通称は安五郎。方谷は号。備中聖人と称された。  1 略伝 / 2 文献 / 3 年表 / 4 主な門人 / 5 関連項目 / 6 外部リンク
 
 
  山田方谷(やまだ ほうこく) 文化2年(1805)〜明治10年(1877)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末から明治期の陽明学者、備中松山藩士。阿賀郡西方村(現岡山県高梁市中井町西方)に農商の家に生まれる。 5歳で備中新見藩士の丸川松蔭(まるかわ しょういん)の門下に学び、神童と呼ばれる。 板倉勝静(いたくら かつきよ)が備中松山藩主になると、抜擢され藩の要職を歴任。藩政改革を断行し、巨額の負債を償却するほか更に余財を生み財政危機を脱した。
 
 
  山田方谷(ほうこく)という人 - 経営・人生に役立つ、村長雑感   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「山田方谷(ほうこく)」 という人物をご存じでしょうか? 幕末から明治にかけての方なのですが、ほとんどの人が知らないのです。私も、先月の終わりころまでは、勉強不足でまったく知らなかったのですね。 ところが、実は、日本を代表するほどの、とても偉い人物なのでした。
 
 
  山田 方谷(やまだ ほうこく) (1805〜1877) 幕末・明治の政治家 教育者   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文化2年(1805)現高梁市中井町西方で生れる。五歳で新見藩の丸川松隠に儒学を学び、神童と称されるほど優秀であった。 文政8年(1825)松山藩士となり、同12年(1829)には藩校有終館会頭(教頭)、その後、京都や江戸に遊学し、天保7年(1836)の帰藩後は有終館学頭(校長)となる。
 
 
  松山藩の財政改革を大成功に導いた山田方谷(ほうこく)の命日。元はお百姓だったの?    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山田方谷という人物をご存知でしょうか。幕末の松山藩の武士だそうです。赤字に苦しむ藩の財政改革を成功させた人物とのこと。陽明学の専門家としても知られた知識人らしい。 松山藩というので、てっきり四国の人かと思ったら、伊予松山藩ではなく、備中松山藩だそうです。
 
 
  山田方谷(やまだほうこく) - Bitter & Sweet (2012/6/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日、地元のテレビのニュースで、山田方谷(やまだほうこく)を特集してるの見た。 幕末に岡山の備中松山藩の財政を立て直しをした人なのです。 その手法は、メンツを捨て、これだけ借金をして、財政が苦しいと幕府に訴え、利子の支払い免除、支払いの延長をしてもらった。…
 
 
  方谷の出自が、農・商ということで、苦学しながら学問で身を立てた苦労人 (2012/7/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  20日(金)の群馬県高崎市でのことである。 『財務の教科書、「財政の巨人」山田方谷(ほうこく)の原動力』をテキストに、約2時間半にわたって行われた。 本書は、幕末の陽明学者・山田方谷の評伝であり、幕末期の日本陽明学派のエピソードを織り交ぜての研究書と言っても過言ではないものである。
 
 
  JR岡山駅で署名活動 山田方谷(やまだほうこく)を大河ドラマに・・・って誰?(2012/12/31)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  JR岡山駅東口に着くと まさに今から出陣の様子  見慣れない4文字の旗  山田方谷(やまだほうこく)・・・幕末に 備中松山藩の財政再建に尽力した陽明学者・山田方谷(1805〜77年)だって  何やら 署名活動を始めたよ
 
 
林鶴梁.1806/
     
佐久間象山.1811
佐久間象山(拡大画像)
  佐久間象山 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐久間 象山(さくま しょうざん(ぞうざん)、1811年3月22日 - 1864年8月12日は武士、兵学者・思想家。天保4年(1833年)に江戸に出て、朱子学を学び、山田方谷と共に「二傑」と称されるに至る。その後、兵学を学ぶ。これ以降、ガラスの製造や地震予知器を開発。嘉永7年(1854年)、再び来航したペリーの艦隊に門弟の吉田松陰が密航を企て、象山も事件に連座して伝馬町に入獄する。元治元年(1864年)、慶喜に公武合体論と開国論を説いた。そのため尊皇攘夷派の志士に暗殺される。享年54。
 
 
  佐久間象山の生涯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  信州松代が生んだ幕末の明星日本開明の大先覚者であり国家の前途を憂慮し該博なる知識と高邁なる見識を以って日本の行くべき道を明示し孤軍奮闘進んで国難に赴き遂に凶刃に斃れた幕末希代の英傑である。
 
 
  佐久間象山の教え子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小林虎三郎は嘉永4年(1851)、24歳で佐久間象山の門に入った。入門の経緯は象山が天保9年(1838)新潟において、新潟奉行の虎三郎の父又兵衛と知り合い、虎三郎の教育を頼んだことに始まる。  象山とその教え子たち : 小林虎三郎/吉田寅次郎/河井継之助/坂本龍馬/勝海舟
 
 
  象山記念館 - 長野市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和39年(1964)、地元有志によって幕末に活躍した松代藩士・佐久間象山を顕彰する象山先生100年祭奉賛会が設立され、翌年に展示施設・象山記念館が完成しました。昭和42年(1967)同奉賛会から長野市に記念館が譲渡され、平成9年には、佐久間象山が通信実験を行ったことを受けて、記念館2階に松代通信資料館が併設され、現在に至っています。
 
 
  佐久間象山と日本の歴史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐久間象山とは?: ここでは、佐久間象山という人物を簡単に紹介しています。 英語版の説明もあります。/佐久間象山と日本の歴史/佐久間象山の発明品の紹介/雑学/付録:長野市松代/製作者たちの部屋/掲示板/参考文献について/サイトマップ
 
 
  佐久間象山 さくましょうざん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1811〜64(文化8〜元治1)江戸時代末期の思想家・兵学者であり、優れた先覚者であった。信濃国(長野県)埴科(はにしな)郡の松代町に生まれた。父は松代藩の下級武士(5両5人扶持の給人)であったが、藩中第一の剣術の腕前であるとともに算数にも明るく、易学にも優れるという文武両道に通じた優秀な武士であった。
 
 
  佐久間象山 さくま・しょうざん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長野県長野市・八幡原史跡公園でお会いしました。 信濃国松代藩の下級武士の子。 妻は勝海舟の妹。 16歳から漢学の修業を始め、佐藤一斎に師事。 天保10年(1839)江戸に私塾象山書院を開く。 老中で海防掛の松代藩主・真田幸貫ゆきつらの命により蘭学・砲術を学びました。
 
 
  佐久間象山  幕末維新人物名鑑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文化8年2月、信濃国松代藩士・佐久間国善の子として松代城下に生まれる。 父が卜伝流の達人で剣術道場を開いており、幼少から剣を習った。また儒学なども学んだ。
 
 
  佐久間象山  近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長野生まれ。実名は国忠のちに啓、号は象山。父は松代藩の祐筆。天保4年(1833)に江戸へ出て佐藤一斎の私塾に入るが、3年後には松代に帰る。10年(1839)江戸に塾を開く。老中となった藩主真田幸貫より海外事情の研究を命じられ13年(1842)に「海防八策」を上書。安政元年(1854)吉田松陰の事件に連座して松代に蟄居。文久2年(1862)赦免。元治元年(1864)幕府の命を受けて上洛し開国論を主張したが、尊皇攘夷派によって暗殺される。
 
 
  佐久間象山 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐久間象山 画像検索 - Google
 
 
  佐久間象山  1811−1864  文化3年−元治1年    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  信州松代藩に生まれる。通称啓之助。1833年(天保4)江戸に出て佐藤一斎に就いて学ぶ。1837年大塩平八郎の乱の起るを見て「学政意見書」を藩に提出して陽明学の弊害を述べ、朱子学の再興を主張して神田に塾を開く(1839年)。1842年藩主真田幸貫より海防掛を命ぜられるや『海防八策』を建言し、江川太郎左衛門から洋式砲術を学び、蘭学に傾倒した。
 
 
  佐久間 象山 (さくま しょうざん) 京都大学附属図書館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文化8年2月28日(1811.3.22)−元治元年7月11日(1864.8.12) 松代藩(長野県)下士。幕末期の思想家。佐久間一学(父)荒井六兵衛の娘まん(母)。 諱:名は初め国忠のち啓(ひらく)。字:初め子迪(してき)のち子明。 通称:啓之助、修理。雅号:象山、子明。
 
 
  佐久間象山寓居址   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐久間象山(1811〜64)は,信濃国松代藩出身で兵学蘭学を学び,江戸で勝海舟・吉田松陰等に砲学を教えた。開国論を唱え,嘉永7(1854)年吉田松陰の米艦乗込事件に連座し,その後8年間松代で蟄居した。元治元(1864)年3月幕命で上京し,開国論を披瀝した。同年5月象山最後の住居であるこの地に移った。同年7月11日騎馬で山階宮家よりの帰途に暗殺された。この石標は佐久間象山寓居の跡を示すものである。
 
 
  佐久間象山暗殺 佐久間象山寓居之址(さくましょうざんぐうきょのあと)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1811〜64、松代藩士、長野県の県歌・「信濃の国」の「文武の誉れたぐいなく」という歌詞は、
 
 
  評伝 佐久間象山〈上〉 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末最大の知識人・佐久間象山。黒船来航以前に西欧技術文明を見据え、「夷の術を以て夷を制す」という国家戦略は東アジア史160年を貫いた。人事を尽くし天命を悟った、その生涯を追う。  評伝.佐久間象山〈下〉
 
 
井伊直弼.1815
井伊直弼
  井伊直弼 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井伊 直弼(いい なおすけ)は、1815年10月29日、第11代藩主・井伊直中の十四男として彦根城(現在の滋賀県彦根市)で生まれる。近江彦根藩の第15代藩主。江戸幕府の大老に就任して事実上の幕府最高権力者となり安政の大獄を行なって反対派を処罰したが大獄に対する反発から桜田門外において水戸脱藩藩士らに暗殺された(桜田門外の変)。嘉永6年(1853年)、アメリカ合衆国のペリー艦隊来航に伴う江戸湾(東京湾)防備に活躍したが、老中首座の阿部正弘に開国論を主張している。
 
 
  井伊直弼 年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井伊直弼 肖像画  井伊直弼のイメージは悪い しかし、功績は大きい 鎖国から開国の判断は的確だったのではないでしょうか? 暗殺されることを知りながら雪の振る道を登城に向かう勇気は井伊直弼を悪役に出来ない何かを感じさせてくれます。
 
 
  井伊直弼 (1815-1860)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  桜田門外の変」で命を落とした幕末の大老・井伊直弼は文化12年(1815)
 
 
  井伊直弼と開国150年祭   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ようこそ、井伊直弼と開国150年祭へ。当サイトでは、イベント情報や彦根の観光情報、キャラクターひこにゃんの情報をお伝えします。  2008年6月4日〜2010年3月
 
 
  井伊直弼 いい・なおすけ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  滋賀県彦根市・彦根城内の公園でお会いしました。 井伊直弼は文化12年(1815年)10月29日、第11代彦根城主の井伊直中が50歳のときの第十四男として生まれました。 青年時代は井伊直孝の遺訓による藩の掟により不遇の時期を過ごしましたが、後に第12代藩主・長兄の直亮なおあきの養嫡子となり、直亮の没後、第13代彦根藩主となります。
 
 
  井伊直弼が見た彦根を歩く   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彦根藩.藩祖は井伊直政.徳川家康に仕えて多くの戦功をたて,徳川四天王の一人に数えられる.井伊の軍兵は甲冑・旗差物・鞍・鎧・鞭にいたるまで赤一色で統一.勇猛果敢な戦いぶりから戦場では井伊の赤備えと恐れられた.
 
 
  井伊直弼  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井伊直弼  画像検索 - Google
 
 
  井伊直弼 動画検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井伊直弼 動画検索 - Google
 
 
  井伊直弼 埋木舎【うもれぎのや】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  桜田門外の変で暗殺された大老井伊直弼【いい・なおすけ】は、文化12年(1815)、11代彦根藩主直中【なおなか】の14男として、彦根城内の欅御殿【けやき・ごてん】で生まれました。母は側室の富。父・直中はすでに隠居しており、正室の子・直亮【なおあき】が12代藩主に就いていました。隠居した先代の晩年の子である直弼は、他家に養子にいくか、そうでなければ部屋住となって捨扶持で一生を送る運命でした。
 
 
  井伊直弼を撃った短銃? 幕末の複製和銃見つかる   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ペリーが日本に贈った短銃を複製したとみられる幕末・日本製の精巧な6連発短銃が見つかった。幕末の精巧な和製短銃は現存しておらず、手に入れた大阪市の古式銃研究家、沢田平さん(74)は「日本の工作技術の高さを証明する貴重な資料」と話す。
 
 
  井伊直弼 実像しのぶ生地 滋賀・彦根(ひこね) - 日本の旅   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  その島は琵琶湖上、彦根の沖6キロの所に浮かんでいる。国宝や重文で有名な竹生島(ちくぶしま)ではない。周囲わずか600メートルの「多景島(たけしま)」は、見る方向次第でさまざまに姿を変えるので、この名がある。1日1便が往復する観光船は今月限りで冬は運休するという。乗った。
 
 
  井伊直弼 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「開国の元勲」か「国賊」か。茶道と武士道を重んじた大老・井伊直弼。凛とした政治信条に生きた個性に迫る!
 
 
  井伊直弼の茶の湯 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末を駆け抜けた大老井伊直弼は、独自の茶の湯を確立した稀代の茶人でもあった―。一流の研究者たちが、さまざまな角度から井伊直弼の茶の湯を追究する、画期的評論集。
 
 
  井伊直弼 - 幕末維新の個性 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  独断の違勅調印、安政の大獄など、“独裁者”と評された大老井伊直弼。だが、実像はまったく違った。埋木舎から彦根藩主、そして桜田門外に斃れるまで、茶道から会得した、凛とした信条に生きた政治家の新たな個性に迫る。
 
 
  井伊直弼と黒船物語 幕末・黎明の光芒を歩く <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彦根、江戸、京、そして横浜―。勝海舟を信奉する著者が、開国を決断した幕末の大老・井伊直弼の生涯にそって関連史跡を訪れ、黒船の時代をガイドする。
 
 
阿部正弘.1819.12
  「阿部正弘」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  阿部正弘 - Google 検索
 
 
  阿部正弘 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルのクリックで そのHPが開きます。
 
 
三野村利左衛門.1821/
     
栗本鋤雲.1822/
     
勝海舟.1823
勝海舟 (wikipedia)
  勝海舟 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  勝 海舟(かつ かいしゅう)は文政6年(1823年)、江戸本所の生まれ。江戸時代末期から明治期にかけての幕臣、政治家。幼名は麟太郎(りんたろう)。万延元年(1860年)、咸臨丸で太平洋を横断しアメリカ・サンフランシスコへ渡航した。通訳ジョン万次郎、福澤諭吉も乗り込んだ。維新後は、外務大丞、兵部大丞、参議兼海軍卿、元老院議官、枢密顧問官を歴任、伯爵を叙された。勝れたる功績として江戸城を無血開城に導き、徳川慶喜の赦免に尽力。また、日本海軍の生みの親とも言うべき人物。
 
 
  勝海舟   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  旗本小普請組の勝小吉の長男として江戸に生まれる。1860年、日米修好通商条約の批准書交換のためアメリカに使節が派遣されるとき、咸臨丸を指揮し、日本人初の太平洋横断航海に成功。帰国してから各職を歴任、1864年には軍艦奉行となり、神戸に海軍操練所を開いて幕臣や坂本竜馬を教育した。戊辰戦争で西郷隆盛と会見、江戸城の無血開城を決めた。
 
 
  勝海舟(1823-1899)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末の江戸幕府の最後の支えとなった勝海舟は文政6年1月30日に江戸本所、
 
 
  坂本龍馬はなかった    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歴史上の人物も数多いが、その中にはどうしても虫の好かない人物、というのがいる。徳川家康のように悪逆非道の行為をなした人物であれば憎まれて当たり前なのだが、それほど悪いことはしていないのだが好きになれない、そういう人物がいる。 そのひとりが勝麟太郎、号海舟である。
 
 
  勝海舟を顕彰する会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このホームページは「勝海舟を顕彰する会」の活動を広く皆さんにお伝えするために、有志によって運営されています。
 
 
  幕末維新新選組 勝海舟   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文政6年1月30日、江戸本所亀沢町に旗本小普請組、勝小吉の子として生まれる。幼名麟太郎。養子小吉の代に旗本株を買ったのが勝家であるが、僅か41石の微碌では家計は苦しく、天井も直せなかったという。
 
 
  作家別作品リスト:勝 海舟   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大勢順応/旗本移転後の始末/黙々静観/瘠我慢の説/猟官運動
 
 
  勝 海舟 (かつかいしゅう)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幼少のころ、親族の紹介で将軍家世子徳川家慶の五男初之丞(一橋慶昌)に仕える。その後、剣術や学問に励み、1853(嘉永6)年のペリー来航の際に、幕府が広く市井の意見を求めたため海防についての意見書を提出。これが老中阿部正弘の目にとまったとされ、大久保一翁の推挙を受け、1855(安政2)年に異国応接掛、藩書翻訳御用に登用され、後に長崎海軍伝習所に入った。
 
 
  勝安芳 近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京生まれ。幕臣、政治家。長崎海軍伝習所に学ぶ。蘭学、西洋兵学を修得し、万延元年(1860)咸臨丸艦長として渡米。文久2年(1862)軍艦奉行並となる。元治元年(1864)軍艦奉行に就任、神戸に海軍操練所を開き、幕臣のほか坂本竜馬ら諸藩の学生、志士を教育。戊辰戦争では西郷隆盛を説得し、江戸城の無血開城に成功。新政府で、海軍大輔、参議兼海軍卿、元老院議官等を歴任。のち枢密顧問官となる。
 
 
  勝海舟 (NHK大河ドラマ) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『勝海舟』(かつかいしゅう)は、NHKが制作し1974年1月6日から12月29日に総合テレビジョンで放送した12作目の大河ドラマ。全52回。子母沢寛の同名小説を原作に、勝海舟の生涯を、彼を取り巻く人々の人間模様を織り交ぜて描く。
 
 
  勝海舟の人生とゆかりの地 - じゃらん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末期の開明的な幕臣。1823年1月30日、江戸本所亀沢町に生まれる。通称麟太郎(りんたろう)、名は義邦(よしくに)、のち安芳(やすよし)と改名。海舟と号し、安房守と名のった。剣は島田虎之助(直心影流)に学び、その代稽を勤めるほど上達したが、島田の勧めで西洋兵学を志す。勉強熱心な姿は有名で、入手しにくい蘭書を書写するためにその所有者の家に毎夜、半年間通ったという。
 
 
  勝海舟 かつかいしゅう 江戸開城の立役者   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蔵書について : 海舟旧蔵書は南葵文庫に収められていたが、大正13年(1924)同文庫廃止とともに勝家に返され、昭和3年(1928)に清明文庫として再生した。しかし第2次世界大戦後、それらの資料は分散した。現在でも勝海舟旧蔵書は古書店に現れることがある。
 
 
  勝海舟コーナー 一般社団法人 墨田区観光協会    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  勝海舟は、日本史上最も激動の時代といわれた幕末・維新期に偉大な業績を上げた墨田区ゆかりの英雄です。とりわけ、官軍の西郷隆盛と談判し、江戸の町を戦火か ら救った「江戸無血開城」は有名です。また、咸臨丸によって、日本人として初めて太平洋を横断したことも特筆すべきことですし、坂本龍馬等を世に出したことも広く知られています。
 
 
  勝 海舟 (かつ かいしゅう) 江戸人物事典/三省堂 大辞林   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸末期の幕臣・政治家。名は義邦(よしくに)、のち安芳(やすよし)。通称、麟太郎。海舟は号。江戸の人。蘭学・兵学に通じ、蕃書翻訳所に出仕。1860年咸臨(かんりん)丸を指揮して太平洋を横断。64年海軍奉行。西郷隆盛と会見して江戸城明け渡しに尽力。維新後海軍大輔・枢密院顧問。著「海軍歴史」「吹塵録」「氷川清話」など。
 
 
  明治天皇 坂本竜馬 勝海舟 伊藤博文 西郷隆盛 大熊重信 高杉晋作 桂小五郎 大久保利通が一緒に写っている写真   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治天皇 坂本竜馬 勝海舟 伊藤博文 西郷隆盛 大熊重信 高杉晋作 桂小五郎 大久保利通が一緒に写っている写真
 
 
  勝海舟邸跡   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坂本龍馬の生き方を大きく変えた勝海舟の住居跡を訪れました。
 
 
  YouTube - 勝海舟OP   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 勝海舟OP
 
 
  勝海舟  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  勝海舟  画像検索 - Google
 
 
  氷川清話 (文庫)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末維新の際の大立者・勝海舟晩年の口談であり、海舟の人となりを知る好読物である。幕末維新の裏話やそこに活躍した多くの人物の評話など、一話一話に興味のたねは尽きない。
 
 
  勝海舟 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  勝海舟 <関連書籍>
 
 
大村益次郎.1824
大村益次郎 (Wkipedia)
  大村益次郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大村 益次郎(おおむら ますじろう) 文政7年(1824年5月30日) - 明治2(1869年12月7日)は、幕末期の長州藩の医師、西洋学者、兵学者。長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮し、勝利の立役者となった。太政官制において兵部省の初代の大輔(次官)を務め、事実上の日本陸軍の創始者、あるいは陸軍建設の祖と見なされることも多い。弘化3年(1846年)、大坂に出て緒方洪庵の適塾で学ぶ。安政3年(1856年)、江戸に出て「鳩居堂」を開塾して蘭学・兵学・医学を教える。
 
 
  大村益次郎 -花神-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇和島城下に在住の頃の名乗りは村田蔵六、のち大村益次郎は写真に見える宇和島港の入り口を防備する砲台の建築を行ったほか、日本で最初とも言える蒸気船を建造しました。
 
 
  大村益次郎をたずねて   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この調査及び研究結果は秋穂中学校で総合学習「大村益次郎」をテーマとした活動結果から発表されたものをまとめたものです。中には推論だけで歴史的な裏付けのないものもあることをご理解ください。
 
 
  大村益次郎墓 - じゃらん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大村益次郎は、1825年(文政8)吉敷郡鋳銭司村(現山口市鋳銭司)の医家に生まれ、蘭学・医学を学び、兵学をもって萩藩に仕えました。四境戦争(1866年(慶応2))では、優れた戦術をもって幕府軍を破り、討幕の機を早め、戊辰の役にも参謀として活躍。明治維新後は軍政最高の地位にあって国政を改革し、日本の軍政の近代化に尽力しました。
 
 
  大村益次郎像(靖国神社)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  靖国神社の近くに用事があったので、帰りがけに靖国神社へ行って大村益次郎像をケータイカメラで撮影。 この銅像は明治二十六年に造られたもので、戊辰戦争の際司令官として彰義隊が立てこもる上野寛永寺を見つめていた姿を模したと言われる。大村は東京招魂社(現靖国神社)の創建に尽力し、その場所が九段に決定した後、京都で暗殺された。
 
 
  大村益次郎 - あしたね年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウェブサイト上の情報を調べて見出し情報をまとめた検索結果ページです。
 
 
  大村益次郎の生涯 - 山口市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大村益次郎の生涯 - 山口市
 
 
  大村益次郎 - 幕末維新徒然   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  司馬遼太郎の 「花神」 を読んだ。すごく面白かった。 物語の中盤を過ぎる程からこの人は私のヒーローになった。 「花神」 に限った事ではないけれど、四境戦争の件は何度読んでもドキドキする。「絶体絶命のピンチに何処からともなく現れるヒーロー!ウルトラマンの如く」 かっこいい! 大きくなったらウルトラマンに、イヤ、大村益次郎さんになりたい!…みたいな。
 
 
  大村益次郎 (村田蔵六)  年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  baku 幕末年表 matu より 大村益次郎の名前が出ている項目を抜粋しました。
 
 
  大村益次郎 近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生年が文政7年(1824)とする説もある。山口生まれ。町医の家に生まれ妻の実家の村田家を継ぐ。梅田幽斎、緒方洪庵に蘭学を学び、洪庵の適塾では塾頭になる。嘉永6年(1853)宇和島藩に出仕し、蘭学の教授を行うとともに軍政改革に参画。その後講武所教授として幕府に出仕。万延元年(1860)長州藩雇士となる。第2次長州征討には石州口軍事参謀として活躍し、休戦後も藩の軍制改革を進めた。
 
 
  大村益次郎 おおむら・ますじろう   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京都千代田区九段 靖國神社でお会いしました。   周防国の医師の家に生まれ、はじめ村田良庵、のち蔵六(ぞうろく)、大村益次郎、名は永敏(ながとし)。 洋学・兵学に明るく、近代兵器と西洋的組織・陣法を備えた中央集権的軍隊を構想しました。 宇和島藩に出仕。
 
 
  花神 (NHK大河ドラマ) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『花神』(かしん)は、NHKで1977年1月2日から12月25日に放送された15作目の大河ドラマ。周防の村医者から倒幕司令官に、明治新政府では兵部大輔にまで登りつめた日本近代軍制の創始者・大村益次郎を中心に、松下村塾の吉田松蔭や奇兵隊の高杉晋作といった、維新回天の原動力となった若者たちを豪快に描いた青春群像劇。
 
 
  村田蔵六(大村益次郎)46歳で死す   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三田尻(現在の防府)の蘭医梅田幽斎に医術を学んだ後、大坂の適塾で緒方洪庵に学び、塾頭にまで上った秀才。1850(嘉永3)年に長州へ戻って開業する。福澤諭吉も塾頭になっているが、村田蔵六が諭吉の先輩。諭吉の才走った行動に好感ををもっていなかったので、ほとんど交流がない。
 
 
  大村益次郎 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大村 益次郎(おおむら ますじろう、 文政7年5月3日(1824年5月30日) - 明治2年11月5日(1869年12月7日))は、幕末期の長州藩(現・山口県)の医師、西洋学者、兵学者。長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮し、勝利の立役者となった。太政官制において軍務を統括した兵部省における初代の大輔(次官)を務め、事実上の日本陸軍の創始者、あるいは陸軍建設の祖と見なされることも多い。
 
 
  日本陸軍建設の功労者  大村益次郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大村益次郎 辞世の句 : 「君のため 捨てつる命は 借しからで ただ悪わるる 国の行方」  江戸を戦火から救うべくひとり作戦に苦しみつつ、それをみごとなしえた一人の戦術家があった。
 
 
  宮さん宮さん---品川弥二郎/大村益次郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「トンヤレ節」ともいう。明治の時代(近代)となってからのち、初めて全国に流行した、その第1号と言われる歌である。 慶応4年(明治元年)3月、「薩長土肥」の軍勢が王制復古の勢いに乗って江戸へと攻め入ったその道すがら、兵士たちが口にしたのがこの歌だったと言われる。当時の官軍の軍楽隊が演じた官軍マーチ(チーターカ・ラッタッタ〜)と同様に、広く長く日本人の耳に残っているメロディである
 
 
  大村益次郎について、ご質問2つ - 教えて!goo   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大村益次郎の知名度は、世代別、戦前・戦後、理系・文系?等、各階層でどのような傾向があると想像されますか?
 
 
  村田蔵六・大村益次郎 Murata Zouroku/Oomura Masujirou   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  村田蔵六・大村益次郎  時代は幕末、事件・人物別の年表です
 
 
  大村益次郎 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大村益次郎 画像検索 - Google
 
 
  大村益次郎 動画検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大村益次郎 動画検索 - Google
 
 
  YouTube - 大村益次郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 大村益次郎
 
 
  大村益次郎墓所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大村益次郎の墓。 住所 山口市鋳銭司河原
 
 
  大村益次郎卿遭難碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  周防国出身の大村益次郎(村田蔵六,1825〜69)は,緒方洪庵等に医・蘭学を学んだ後,江戸に出て幕府の講武所教授等を歴任した。のち長州藩に仕え軍制改革を指導した。農民や町人の兵式訓練の必要を説き,第2次長州征伐・戊辰戦争において卓越した指揮を行った。… この石標は大村が襲撃された宿の跡を示すものである。
 
 
  大村益次郎―軍事の天才といわれた男 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大村益次郎―軍事の天才といわれた男 (文庫)
 
 
  写真素材-フォトライブラリー > 村田良庵/大村益次郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  写真素材-フォトライブラリー > 村田良庵/大村益次郎
 
 
岩倉具視.1825
岩倉具視 (Wikipedia)
  岩倉具視 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩倉 具視(いわくら ともみ、文政8年9月15日(1825年10月26日)- 明治16年(1883年)7月20日)は、公家、政治家。太政大臣・正一位・大勲位菊花大綬章。源通親の子孫。公卿・堀河康親の次男として京都に生まれ、岩倉家へ養子縁組。 朝廷改革として人材の育成と実力主義による登用を主張した。また、日米修好通商条約の孝明天皇からの勅許は岩倉らの反対により与えられなかった。これが安政の大獄へと繋がっていく。その後、公武合体論が起こり、以降も岩倉は朝廷権力の高揚努めた。
 
 
  岩倉具視 年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  怪物、岩倉具視  孝明天皇の暗殺に関与など彼を批判する声も大きいが岩倉具視が残した功績も大きい  まさしく怪物、でも憎めない
 
 
  岩倉具視  幕末維新人物名鑑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩倉家は尊王志向の強い家柄であり、これが具視の思想に影響を与えたと思われる。 岩倉家は尊王志向の強い家柄であり、これが具視の思想に影響を与えたと思われる。 また、岩倉家は村上源氏久我家の流れを組む家柄であったが、当時財政難の朝廷においても極貧といえる、禄高150石の下級公家であった。 その為、朝廷での発言力も弱かったが、五摂家の鷹司政通に接近し、その力を背に、権力を伸ばしていった。
 
 
  岩倉具視  近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都生まれ。公卿、政治家。父は権中納言堀河康親。岩倉具慶の養嗣子。安政元年(1854)孝明天皇の侍従となる。5年(1858)日米修好通商条約勅許の奏請に対し、阻止をはかる。公武合体派として和宮降嫁を推進、「四奸」の一人として尊皇攘夷派から非難され、慶応3年(1867)まで幽居。以後、討幕へと転回し、同年12月、大久保利通らと王政復古のクーデターを画策。新政府において、参与、議定、大納言、右大臣等をつとめる。
 
 
  岩倉具視  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩倉具視  画像検索 - Google
 
 
  腐敗国家日本:巨悪の創始は岩倉具視   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本史上最悪の悪党 岩倉具視(その4)龍馬を殺した犯人
 
 
  岩倉具視幽棲旧宅・対岳文庫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末明治の政治家岩倉具視が、かつて公武合体を唱え、和宮の降嫁に尽力して尊攘派に弾劾され、1862年(文久2)から5年間幽棲した邸宅。ここで薩摩など諸藩の志士と通じ、維新の密議をこらしたという。
 
 
  維新 岩倉具視外伝  堀 和久著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  勤皇の志士を束ねる下級公家・岩倉具視と、高家筆頭の大沢基保。皇女和宮の降嫁道中に随伴した2人を結ぶ奇縁とは&#8722;。幕末を生き抜いた男たちの運命を描いた時代小説。
 
 
  岩倉具視 (幕末維新の個性) (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いまだ「策謀政治家」のイメージが根強い岩倉具視。理想の新国家樹立に奔走したその実像とは?大久保利通らと王政復古を実現、立憲政体を目指す途上に斃れたその生涯を描く。虚像を覆し、人間岩倉の豊かな個性に迫る。
 
 
  岩倉具視―言葉の皮を剥きながら (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  下級公家がいかに権力の中枢にのし上がっていったのか―構想四十余年。歴史の“虚”を剥ぎながら、卓越した分析力と溢れる好奇心で、真摯に史料と対峙し続けた評伝の最高峰。
 
 
ジョン万次郎.1827
ジョン万次郎 (Wikipedia)
  ジョン万次郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョン万次郎(ジョン まんじろう、文政10年1月1日(1827年1月27日) - 明治31年(1898年)11月12日)は、幕末の日本で、黒船来航でもしられる日米和親条約の締結に尽力した人物である。その後、通訳・教師などで活躍した。 15歳の時に漁師の手伝いで漁に出て漁師仲間と共に遭難し、5日半の漂流後、奇跡的に太平洋に浮かぶ無人島の鳥島に漂着して143日間生活した。そこでアメリカの捕鯨船に仲間と共に救助される。生まれて初めて世界地図を目にし、日本の小ささに驚いた。
 
 
  ジョン万次郎の生涯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1827年1月1日、万次郎は中の浜(土佐清水市)の貧しい漁師の家に、二男三女の次男として生まれた。 1841年1月、万次郎十四歳の時、出稼ぎに来ていた宇佐浦から仲間四人と漁に出たが、シケで遭難し数日漂流した後、伊豆諸島の無人島「鳥島」(下記参照)に漂着する。そこで過酷な無人島生活を送り143日後、食料補給のためこの島にやってきたアメリカの捕鯨船ジョン・ハウランド号に救助された。
 
 
  ジョン=万次郎について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  万次郎は1827年土佐・中ノ浜に生まれました。1841年、万次郎が14才の時に土佐・宇佐から出漁しますが、そのわずか2日後に嵐で遭難し無人島(現在の鳥島)へ流されます。143日間にも及ぶ無人島での生活を救ってくれたのは、マサチューセッツ州フェアヘブンの捕鯨船「ジョン=ハウランド号」(写真左・この絵はミリセント図書館に展示されています)でした。
 
 
  ジョン万次郎 - Web高知   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  わが国最初の国際人と言っても過言ではない中浜万次郎(ジョン万次郎)。漁師の子、宇佐への出稼ぎ、乗船した船の遭難…そして、無人島での生活。アメリカ人ホイットフィールド船長との出会い。海綿の様に様々な知識を吸収し、素直な少年は広い視野を持った青年へと成長します。彼の話が、坂本龍馬を初めとする幕末の土佐の青年たちに強く影響を与えました。
 
 
  ジョン万次郎 - 土佐清水市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョン万次郎〜アメリカの歴史に最初に名を残した日本人  150余年前、日本人として初めてアメリカに渡り、測量や航海術などを学んだ後、鎖国時代の日本に帰国し、日本の夜明けや国際交流に多大な功績を遺したジョン万次郎という人物が、にわかに注目を浴びるようになりました。
 
 
  ジョン万次郎 伝 - 土佐の人物伝   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中浜万次郎ことジョン万次郎である万次郎は、土佐の西端幡多郡中浜の貧しい漁師の二男として天保年間(一月一日)に生まれている。 九才で父を亡くし母親はほんの小さな田を小作し、稲穂がまだ実らず青い頃にしごいてきてホウロク(石うす)で煎り、粉にして子供達に食べさしたほどの貧しい生活であったという。 万次郎は14才で宇佐に出稼ぎに来て遭難する。その出漁日が一月六日と言う事は正月も中浜の家には帰らず仕事をしていたことになる。
 
 
  ジョン万次郎資料館  JOHN MUNG HOUSE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国際交流の礎に多大な影響を与えた万次郎の生涯を再現した『国際交流の館・ジョン万次郎資料館』  ジョン万次郎・人物伝/土佐清水・ジョン万次郎くろしお社中/ジョン万次郎資料館ご案内/ジョン万次郎が育った土佐清水
 
 
  ジョン万次郎 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョン万次郎 画像検索 - Google
 
 
  ジョン万次郎漂流記 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  少年漁師・万次郎の数奇な運命を描いて直木賞を受賞した「ジョン万次郎漂流記」、岩穴にとじこめられた山椒魚の悲哀を描く「山椒魚」のほか、「屋根の上のサワン」「鯉」「休憩時間」の名作5編を収録。
 
 
  ファースト・ジャパニーズ ジョン万次郎 (単行本)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  時は幕末。天候の偶然により土佐から流され、アメリカの捕鯨船に助けられた少年万次郎。日本を離れ、民主主義の勃興する当時のアメリカで教育をうけた彼は、命を懸けて鎖国体制にあった祖国への帰還を志す。日本国という概念のいまだ確立していない幕藩体制において、初めて「日本人」として、さらに唯一グローバル・スタンダードを体得した者として幕末維新を生き、母国のために己のすべてを尽くした男の真実は、現代に生きる我々の、心強い道標となる。
 
 
小栗上野介/忠順.1827
小栗上野介の生涯
  小栗上野介展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小栗上野介の生涯/小栗上野介の功績/小栗上野介にまつわる逸話/小栗上野介「顕彰会」/小栗上野介の史跡マップ/倉渕町の紹介ページ  小栗上野介顕彰会事務局
 
 
  小栗忠順 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小栗 忠順(おぐり ただまさ)は、江戸時代末期の幕臣、勘定奉行、外国奉行。 通称は、又一。のち小栗上野介とも称される。新潟奉行を務めた小栗忠高の子、生母はくに子。 安政6年(1859年)に目付。万延元年(1860年)、34歳にして日米修好通商条約批准のため米艦ポーハタン号で渡米、地球を一周して帰国した。 その後勘定奉行、軍艦奉行など多くの奉行を務め、財政再建やフランス公使レオン・ロッシュに依頼しての洋式軍隊の整備、横須賀製鉄所の建設などを行う。
 
 
  小栗上野介 生誕地   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  忠順()は幼少の頃から俊才の誉れ高く、剣術や銃術、砲術を学んでいる。負けん気、好奇心は人一倍強く、一方では、意地っ張り、持ち前の直言癖が禍して、地位を得た後、罷免と昇進を繰り返している。 同僚から「天狗」とか「狂人」など仇名され非凡な素地は小栗の運命を大きく、動かしているように思える。
 
 
  小栗上野介 最新情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東善寺住職が会津で行った講演の動画/ネジ釘の里帰り
 
 
  小栗上野介 (1827-1868)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳川家の旗本小栗家(神田駿河台)に生まれ、1860年(万延元年)34歳の時、井伊大老の抜擢により日米修好通商条約批准の遣米使節(目付・監察)として、米艦ポウハタン号で渡米、さらに二隻の船を乗り継いで地球一周して帰国。その後の八年間幕政をささえ、日本の近代化を押し進めた。
 
 
  東善寺  小栗上野介の寺   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末開明の人・小栗上野介の寺   幕末・日本近代化の父といわれる小栗上野介の業績や人物
 
 
  「最後の幕臣 小栗上野介」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  故司馬遼太郎がNHKテレビの『明治という国家』と題した番組で「維新を躍進させたのは風雲児坂本龍馬、国家改造の設計者小栗上野介、国家という建物解体の設計者勝海舟、新国家の設計助言者福沢諭吉、無私の心をもち歩いた巨魁西郷隆盛の5人であり、明治の偉大なファーザーである」と語った中のひとり、小栗上野介の晩年の物語である。
 
 
  幕末維新新選組 小栗上野介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  9歳から、小栗家の屋敷内にあった、安積艮斎の塾に入門。栗本鋤雲と知り合う事となる。武術では、剣術を島田虎之助に師事。後に藤川整斎の門下となり、直心影流免許皆伝を許される。また砲術を田付主計、柔術を久保田助太郎に師事する。天保11年(1840年)頃、田付主計の同門であった年長者の結城啓之助から開国論を聞かされ、以後影響を受ける。…
 
 
  小栗上野介忠順の炯眼−抹殺   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  慶応4年(1868年)2月28日、奉行を罷免された小栗は、住み慣れた駿河台の屋敷を出て、上州の権田村(ごんだむら。現在の群馬県高崎市倉渕町権田)へ向かった。小栗は幕府から帰農許可を得ており、野に下ることを決意していたのである。
 
 
  小栗上野介忠順  近現代・系図ワールド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小栗上野介忠順  近現代・系図ワールド
 
 
  小栗上野介忠順、斬首 - 「明治」という国家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末の英傑小栗上野介忠順(ただまさ)は、1860年(万延元年)新見正興一行の遣米使節に随行して大役を果たし、帰朝後は目付役の勤務に精励、酒色を避けて上官に諂わず、1864年(元治元年)勘定奉行を兼ねて陸海軍奉行の重職に登用された程の逸材であります。
 
 
  小栗上野介忠順 幕末、米国から持ち帰ったねじ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  産業の塩と称される「ねじ」は身の回りから1メートルも離れていない所に使われている―。と言われており、今やメガネ・時計・携帯電話など我々の必需品にも多様に使用されている。基本の螺旋構造は変わらないものの用途に応じて形状・材質・機能など進化を遂げている。
 
 
  「小栗上野介に学ぶ」 - 曹洞宗東善寺住職 村上泰賢   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小栗上野介が幕府で大きな活動をしたのは8年間です。あとは上州の権田に引き上げてきて東善寺に仮住まいをし、居宅を建設していたら、2ヶ月経ったところで西軍のちの明治新政府軍がやって来て何の罪もないのに、取り調べもなく首を斬ってしまったわけで、繰り返しますが小栗さんの生涯で残る仕事をしたのはこの8年間であるとご理解下さい。今日はこの8年間の主なところをご紹介します。
 
 
  小栗上野介 〜豊かなFXライフを送るための情報支援サイト〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小栗上野介が駆け抜けた時代 小栗上野介が駆け抜けた時代70 近代資本主義の萌芽 新貨条例 1両=1円=1ドル | 小栗上野介が駆け抜けた時代 69 近代資本主義の萌芽 三井・三菱・大倉・藤田・安田 | 小栗上野介が駆け抜けた時代 68 近代資本主義の萌芽  近江商人と資本主義 | 小栗上野介が駆け抜けた時代 67 近代資本主義の萌芽
 
 
  <日本海軍の父>というべき小栗上野介忠順を活写した歴史小説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末小説の優劣をはかる目安のひとつは、小栗をどう描くかにあると思うが、本書は混沌かつ変転極まりない幕末史の実際を明快にひも解きながら、小栗の孤高の生涯を幕末維新の群像との交遊、接点、人間関係の妙の中に、小説的要素を充分に取り入れて活写した歴史小説である。
 
 
  罪なくして斬らる―小栗上野介 [文庫]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  激動の幕末期。列国の外圧、台頭する西南雄藩、反幕府的な勝海舟らと対峙し、財政、外交、軍事に傑出した手腕を発揮した幕閣・小栗上野介忠順。横須賀造船所を建設し、日本海軍の礎を築いた先見と決断の人が何故斬首されねばならなかったのか…。第三回中山義秀文学賞受賞の傑作長編小説。
 
 
西郷隆盛.1828
西郷隆盛 (Wikipedia)
  西郷隆盛 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西郷 隆盛(さいごう たかもり、本名: 隆永(たかなが)、文政10年(1828年1月23日) - 明治10年(1877年9月24日)は、武士(薩摩藩)、軍人、政治家。 元治元年(1864年)の禁門の変以降に活躍、薩長同盟の成立や王政復古に成功し、戊辰戦争を巧みに主導した。 勝海舟との幕府降伏交渉に当たっては、新政府の後ろ盾となっていたイギリスが、貿易に支障がでることも理由の一つとして江戸総攻撃に反対、西郷隆盛をはじめとする新政府は、江戸総攻撃を中止した(江戸無血開城)。
 
 
  西郷隆盛の生涯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  誕生から斉彬との出会い/将軍継嗣問題から西郷の入水まで/奄美大島潜居から島津久光の上京まで/寺田屋騒動から八月十八日の政変まで/薩長同盟から大政奉還まで/西郷赦免から第一次長州征伐まで/薩長同盟から大政奉還まで/王政復古から江戸無血開城まで/戊辰戦争から西郷の帰国まで/西郷の上京から廃藩置県まで/西郷の上京から廃藩置県まで/岩倉洋行団の出発から西郷内閣まで/西郷の遣韓論/西郷の下野から西南戦争勃発まで/西郷城山に散る
 
 
  西郷隆盛像 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西郷隆盛像(さいごうたかもりぞう)は、日本の武士・軍人・政治家である西郷隆盛(1828年 - 1877年)の顕彰を目的として建立された銅像。 本項では、特に著名な3体の西郷像について解説する。
 
 
  財団法人 西郷南洲顕彰館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  南洲翁の事跡を継ぎ『平成集義塾』を創設。「敬天愛人」の教えを身につけ、日本人の心と文化を世界に伝えら れるバイリンガルな人材を養成をめざす。志ある中高校生よ、一緒に学ぼう!  HOME / 施設案内 / 各種催し / 南洲顕彰会 / 出版物・グッズ / 南洲年表 / 利用案内 / リンク
 
 
  西郷隆盛 さいごう・たかもり   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京都台東区 上野公園でお会いしました。  薩摩藩主・島津斉彬なりあきらのお庭方となりますが、斉彬死後に時勢に絶望して自殺を図るが果たせず、奄美に配流となりました。 第一次長州戦争の戦後処理にあたった頃から倒幕に転じ、慶応2年(1866年)の薩長連合密約から王政復古クーデターに活躍しました。
 
 
  西郷隆盛銅像 - 観光かごしま    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸城無血開城や明治新政府樹立など明治維新に最大の功績を残した「西郷どん」ですが、征韓論に敗れ下野。 その後、西南戦争で新政府軍と戦い敗北し、この城山の地で自刀しました。
 
 
  西郷隆盛 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末(ばくまつ);明治(めいじ)時代初期(しょき)の政治(せいじ)家。維新(いしん)の三傑(さんけつ)の1人。薩摩藩(さつまはん)(鹿児島(かごしま)県)の下級武士(ぶし)の出身で,通称(つうしょう)を吉之助(きちのすけ)。南洲(なんしゅう)と号した。大久保利通(おおくぼとしみち)とともに,薩摩藩(さつまはん)を公武(こうぶ)合体(朝廷(ちょうてい)と幕府(ばくふ)との協力関係(きょうりょくかんけい))から倒幕(とうばく)運動へと動かし,薩長同盟(さっちょうどうめい)を成立(せいりつ)させた。
 
 
  西郷隆盛のホームページ - 「敬天愛人」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本サイトのタイトルともなっている「敬天愛人(けいてんあいじん)」という言葉は、西郷隆盛が好んでよく使い、揮毫した言葉です。 「天を敬(うやま)い、人を愛する」と読むのですが、この敬天愛人という言葉には、西郷の自己修養のための指針(目標)と、彼の信仰的とも言える天命への自覚という考え方が含まれています。
 
 
  西郷隆盛と橋本左内 −永遠の友情は消えず−   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末という時代において、井伊直弼大老により行われた「安政の大獄」ほど、あたら多くの有志を亡くす結果となった凄惨な事件はないでしょう。 吉田松陰(よしだしょういん)、頼三樹三郎(らいみきさぶろう)等、死罪になった者が七名、その他遠島、謹慎、追放等の処罰を受けた者がおよそ六十名。… 安政の大獄で、西郷が最もその死を悼み悲しんだのが、越前福井藩士の橋本左内(はしもとさない)です。
 
 
  西郷隆盛の独立不羈の精神と司法卿・江藤新平の佐賀の乱    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西郷隆盛は、江戸城無血開城へとつなげた戊辰戦争の軍功によって、参議・陸軍大将・近衛都督を兼務する日本の最高権力者に取り立てられましたが、廟堂(朝廷)で権勢を握っていた岩倉具視(1825-1883)や三条実美(1837-1891)と折り合わない部分があり、征韓論を巡っては親友であった大久保利通(1830-1878)や木戸孝允(1833-1877)と激しく対立しました。
 
 
  西郷隆盛  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西郷隆盛  画像検索 - Google
 
 
  YouTube - 西郷隆盛VS大久保利通   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 西郷隆盛VS大久保利通
 
 
  西郷隆盛 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西郷は詩人の魂を持った理想家であり、教育家であった。 近代日本の夜明けを告げる激動の時代、明治維新に偉大な役割を果たした西郷隆盛。その半世紀の足取りを克明に追った伝記小説であるとともに、西郷を通して書かれた維新史。
 
 
  西郷隆盛伝説 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  来るべき近代日本の理想像を追い求め、激動の幕末・明治維新にその一命を燃焼させた西郷南洲。人々を魅了する「清風」のような魂と、真の改革精神が刻んだ「日本の軌跡」を検証する、著者、渾身の維新史―。
 
 
  西郷隆盛と幕末・明治維新 本(歴史書籍)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  史伝文学の大家として名高い著者の絶筆となった大長編史伝。西郷隆盛を中心に幕末動乱期を描いた日本史伝文学の最高峰。第一巻は「薩摩藩の歴史」から説きおこし、「井伊大老登場」までを描く。長年、入手不可だった幻の傑作が新装版にて刊行開始。全9巻。
 
 
  <西郷隆盛と大久保利通>第1回〜明治維新、二人の役割 (2018/1/31)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治維新の主役である西郷隆盛(さいごうたかもり)(1827〜77年)と大久保おおくぼ利通(としみち)(1830〜78年)の政治活動をたどると、「維新史」の輪郭が浮かび上がります。ここで二人を軸にいま一度、幕末〜明治初期の動きを振り返ってみましょう。 二人は、ともに鹿児島城下の下加治屋町で生まれました。西郷が生まれて10年後、大塩平八郎(大阪町奉行所の与力で陽明学者)が貧民救済のために武装蜂起しています。また、大久保の誕生から10年後には、イギリスと清国との間でアヘン戦争が勃発しました。 二人は、ともに鹿児島城下の下加治屋町で生まれました。西郷が生まれて10年後、大塩平八郎(大阪町奉行所の与力で陽明学者)が貧民救済のために武装蜂起しています。また、大久保の誕生から10年後には、イギリスと清国との間でアヘン戦争が勃発しました。 西郷の方が大久保より三つ年上で、二人は親しい仲間でした。ともに家柄は、城下に住む武士の中でも下層の御小姓与(おこしょうぐみ)で、生活は楽ではなかったようです。 ◇西郷は斉彬の庭方役 アメリカのペリー提督が再来航した1854年、西郷は、薩摩藩主・島津斉彬(しまづなりあきら)の参勤交代に従って江戸に向かいます。 斉彬は、西洋文明を受け入れることにより、経済・軍事の近代化を図るべきだとする積極的開国論者であり、西郷が師父と仰ぐ人物でした。 西郷は庭方役(にわかたやく)を拝命します。庭方役は、幕府の御庭番(おにわばん)にならったもので、藩主専属で機密事項を扱うポストです。ここで西郷は、斉彬の意を体し、政界の裏工作などにあたります。 この仕事を通じ、西郷は、水戸藩主・徳川斉昭(とくがわなりあき)の腹心である藤田東湖(ふじたとうこ)と出会い、この尊王論を鼓吹こすいする著名な学者に心酔します。 また、越前藩主・松平慶永よしながの懐刀だった橋本左内とも知り合い、徳川家定の将軍継嗣問題では、ともに一橋ひとつばし慶喜よしのぶ(斉昭の子)擁立のために奔走。斉彬の養女で将軍家定の正室となった篤姫(あつひめ)(のちの天璋院)らを通じて大奥工作も展開しました。 しかし、大老に就いた井伊いい直弼なおすけは、日米修好通商条約の調印を強行、新将軍は家茂(いえもち)と決まり、斉彬ら一橋派の敗北に終わります。 これを受け、井伊は反対派の大弾圧に打って出ます。この「安政の大獄」(58年10月)は、そもそも、条約の無断調印(同年7月)に怒った孝明天皇が水戸藩に発した勅書(戊午ぼごの密勅)が導火線になっています。西郷はその密勅の運び役を仰せつかっています。 井伊は、一橋派を厳しく罰し、左内も斬罪に処せられ、西郷の同志だった僧月照(げっしょう)も幕吏に追われます。西郷は、月照を保護と帰藩しますが、西郷への風当たりは強く、二人は鹿児島・錦江湾(きんこうわん)に入水し、西郷だけが蘇生します。西郷は、その「恥」をしのびつつ、奄美大島で3年間、幽閉生活を送ることになります。 ◇大久保、藩の中枢へ 他方、藩の記録所書役(かきやく)助に就職した大久保は、「お由羅(ゆら)騒動」(1849年、藩主斉興(なりおき)の嫡子ちゃくし・斉彬と、側室お由羅の子・久光(ひさみつ)との間で起きた家督争い)に巻き込まれ、父親は喜界(きかい)島に島流し、自分も免職となり、「謹慎」生活を強いられました。 大久保は3年後に復職し、57年には西郷とともに徒目付(かちめつけ)に就きます。しかし、安政の大獄直前に斉彬が死去すると藩政は一変し、新しい藩主の父親である久光(斉彬の異母弟)が実権を握ります。… ◇公武合体運動を推進/「討幕」で二人三脚/徳川慶喜を「排除」/廃藩置県」を断行/【主な参考・引用文献】
 
 
小林虎三郎.1828
米百俵の群像について - 小林虎三郎
  小林虎三郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小林 虎三郎(こばやし とらさぶろう)は、武士、大参事。「米百俵」の逸話で知られる。文政11年(1828年)、現在の新潟県に長岡藩士小林又兵衛の三男として誕生。幼少の頃、疱瘡により左目を失明する。若くして長岡藩校の助教を務めるほどの学識深い俊英だった。23歳の時に藩命で江戸に遊学、佐久間象山の門下に入り、長州藩士の吉田寅次郎(吉田松陰)と「象門の二虎」と称せられた。また、象山に、「わが子を託して教育してもらう者は小林のみである」と言わせるほど、虎三郎は教育者だった。
 
 
  米百俵 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米百俵(こめひゃっぴょう)は、幕末から明治初期にかけて活躍した長岡藩の藩士小林虎三郎による教育にまつわる故事。後に山本有三による戯曲で有名になった。この逸話は、現在の辛抱が将来の利益となることを象徴する物語としてしばしば引用される。
 
 
  小林虎三郎の精神を学ぶ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米百俵精神とは ; 新政府軍との戦いであった戊辰戦争(北越戦争)に敗北し、食べるのにも困っていたが、三根山藩から送られた米百俵を手を付けずに、そのまま売却し、売却代金で学校の開設費用や書籍、器具の購入に投入した。   HOME / 小林虎三郎の精神 / 小林虎三郎の生涯 / 小林虎三郎の業績 / 小林虎三郎の影響 / 小林虎三郎写真館
 
 
  米百俵で未来を創った男−小林虎三郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小林虎三郎は、戊辰戦争後の長岡藩大参事を務めた人物です。 戦争によって長岡は廃墟となりましたが、小林虎三郎の掲げた「教育こそ人材を育て、国やまちの繁栄の基となる」という教育第一の思想が、お見舞いとして贈られた米百俵を学校に替え、そこから山本五十六をはじめ多くの有為な人物を輩出しました。 目先の利益にとらわれることなく、ずっと先を見据えていた小林虎三郎の姿勢が、米百俵を何万倍もの価値にしたのです。
 
 
  小林虎三郎 - 米百俵の故事で知られる長岡藩大参事   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦争による廃墟のなか、かれの掲げた「教育こそ人材を育て、国やまちの繁栄の基」となると言う思想は、今も色あせることなく長岡に脈々と息づいている。
 
 
  米百俵の群像について - 長岡市学習情報ネットワーク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この群像は、いまも長岡に伝わる「米百俵の精神」を、山本有三の戯曲「米百俵」の一幕から再現したものです。
 
 
  米百俵~小林虎三郎の天命  [VHS]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小林虎三郎という、幕末の長岡藩の家老が主人公の、執政者ドラマ。幕末、長岡藩は幕府側について賊軍として戦い、負けたため、藩の財政は極貧になり、侍たちは日々の糧にすら窮していた。そんな中、隣の藩が見るに見かねて、米を百俵贈ったが、これをどのように使うかで藩論が分かれ、圧倒的な侍の声に家老の小林は窮地に立つ。
 
 
西周.1829
Yahoo!百科辞典
  西周 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西 周 (にし あまね)、文政12年(1829年) - 1897年(明治30年) は幕末から明治初期の啓蒙家、教育者である。江戸幕府将軍徳川慶喜の政治顧問、明治の貴族院議員。男爵。勲一等瑞宝章(1897年(明治30年))。獨逸学協会学校(現在の獨協学園)の初代校長。石見国津和野藩(現、島根県津和野町)の御典医の家柄。父西時義は森高亮の次男で、川向いには親戚森鴎外の生家がある。1870年(明治3年)、明治政府の兵部省に入り、以後、文部省、宮内省などの官僚を歴任。多くの訳語を考案した。
 
 
  西周 (1829-1897)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1829年2月3日 明治の思想家・西周(にし・あまね)生まれる 西周は津和野藩の出身。父は医師。オランダに留学してヨーロッパの思想を多く日本に紹介、名著「百学連環」で、多くの学術用語の訳語を発明しました。  今「学術」といいましたが、これも science and art を西周が訳したもの。 ほかに下記のような訳語があります。
 
 
  西周 人物歴史物語   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「西家には困ったあほうが生まれたものだ」 津和野の人々はこうささやきあったという。 世に「西周の油買いと米つき」と評判されるほど、周の勉強は度はずれて猛烈なもので、一般の人の目には、変人のように映ったのである。
 
 
  西周 - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  啓蒙(けいもう)思想家。石見(いわみ)国(島根県)津和野に藩医の子として生まれる。名は時懋(ときしげ)。幼名を経(みち)太郎、長じて周助と称し、のち周と改めた。幼少より学問を好み、藩主の許しを得て医家より儒者に転じ、大坂・岡山遊学を経て藩校養老館の教官となった。朱子学を奉じながら徂徠(そらい)学を好んだ。
 
 
  西周 近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島根生まれ。啓蒙思想家。父は津和野藩医。藩校や大坂で儒学を学んだのち、江戸に出てオランダ語、英語を習得。安政4年(1857)幕府の蕃書調所教授手伝並となり、文久2年(1862)から慶応元年(1865)までオランダ留学。明治元年(1868)『万国公法』を訳刊。3年(1870)兵部省出仕、かたわら明六社に参加し『明六雑誌』に論文を発表した。15年(1882)元老院議官、23年(1890)貴族院勅選議員。西洋哲学、論理学等の導入者として、多くの術語を考案した。
 
 
  西 周 (沼津兵学校頭取)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文政12年2月3日石見国津和野藩医の子に生まれる。旧名周助。藩校養老館で儒学を学んだ後、嘉永6年に江戸に出て蘭学を学ぶ。翌7年脱藩して蘭学修業に専念し、手塚律蔵の門に入る。安政4年手塚の推薦で蕃書調所教授手伝並に任命され、文久2年には幕府オランダ留学生のひとりとして渡欧した。
 
 
  哲学のパイオニア、西周の生家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨーロッパの学間や思想の啓蒙運動に努力した、哲学者・西周が21歳まで暮らした家です。鴎外と同じく医者の家で、茅葺きの小さな母屋と、勉強部屋に使った土蔵、周囲を囲む土塀が残っています。
 
 
吉田松陰.1830
吉田松陰 〈Wikipedia〉 吉田松陰.1830 「至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり」松陰直筆の書。 (写真)高杉晋作、吉田松陰、久坂玄瑞の像(萩往還公園)
  吉田松陰 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉田 松陰(よしだ しょういん)は、武士、思想家、教育者、兵学者。文政13年(1830年)、長州藩士・杉百合之助の次男として生まれる。叔父の玉木文之進が開いた松下村塾で指導を受けた。ついで、江戸に出て佐久間象山に師事。嘉永6年(1853年)、ペリーが浦賀に来航すると、師の佐久間象山と黒船を視察、翌年、アメリカ密航に失敗、連座して師匠の佐久間象山も投獄された。その後、安政の大獄が始まると、井伊の命令により、安政6年(1859年)に斬刑に処された。享年30。生涯独身であった。
 
 
  吉田松陰.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松下村塾を主宰し、幕末・維新に活躍した多数の志士達を輩出した吉田松陰。
 
 
  吉田松陰と松下村塾   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  はじめに・・・/吉田松陰の生涯/吉田松陰の名言/吉田松陰が好んで使った言葉/吉田松陰の父、杉百合之助からの言葉/松下村塾について/吉田松陰ゆかりの地/リンク集
 
 
  吉田松陰 - 幕末ガイド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長州藩士。明治維新の精神的指導者。人材育成の面で、優れた教育者でもある。幼少のころ、叔父の玉木文之進が開塾した松下村塾で、節としての教育を受ける。のち、江戸にでて佐久間象山に指事。 ホーム/志士一覧
 
 
  吉田松陰 幕末歴史探訪   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉田松陰の言葉 : 「人間必ずどこか他人よりすぐれたところを持っている」   吉田松陰は、幕末に生きた非常に情熱的な人です 。30年という短い生涯ながらも、自身の情熱で多くの人たちの心を揺り動かし影響を与えました。やがてその中から明治維新で活躍する人物が多く出ました。 松陰の生き方は21世紀を生きる私たちに多くのことを教えてくれます。
 
 
  吉田松陰 よしだ・しょういん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口県萩市の吉田松陰誕生地でお会いしました。 長門国萩藩士杉百合之助の次男。 山鹿流兵学師範だった叔父の死後、吉田家を相続して兵学師範となりました。 九州・江戸に遊学。 嘉永4年(1851年)藩の許可なく東北行を敢行して御家人召放となりました。 安政元年(1854年)ペリーが和親条約締結のため再航した時、密航を企て失敗して入獄。 1年後、叔父玉木文之進の松下村塾の主宰者となり、高杉晋作、久坂玄瑞、入江杉蔵、野村和作、前原一誠、伊藤博文などの人材を教育しました。
 
 
  吉田松陰 近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口生まれ。父は萩藩士杉百合之助。山鹿流兵学師範であった吉田家の養子となる。藩校明倫館を経て、諸国を遊学。佐久間象山のもとで砲術と蘭学を学ぶ。安政元年(1854)海外密航を企て、下田港のアメリカ軍艦ポーハタン号に乗り込もうとしたが、拒絶され投獄。のち萩の野山獄に移されるが、翌年免獄となり実家杉家に幽閉の身となる。その間松下村塾を開き、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋ら約80人の門人を集め、幕末から明治にかけて活躍した人材育成の場となった。
 
 
  ★松陰神社 吉田松陰先生留魂の地   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松陰神社 吉田松陰先生を祀る東京都世田谷区の神社。
 
 
  吉田松陰に会う1 - 旅行けば幸せ気分   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩に旅をしにきた目的は吉田松陰です。吉田松陰が生まれ育った地を体感することで、明治維新の理解がさらに深められると思ったのです。 吉田松陰と言えば松下村塾を訪ねないわけにはいきません。 現在の地名は椿東(ちんとう)ですが、当時は松本村だったので、松下村塾の名前がついています。
 
 
  吉田 松陰 (よしだ しよういん) 京都大学附属図書館 維新資料画像データベース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長門国萩東松本村。幕末の長州(萩)藩士。兵学師範。尊攘派の志士。
 
 
  吉田松陰 名言集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  心ある立派な人の務めは、自分の身を修め、 まごころを尽くすことにある。/だいたいにおいて世間の毀誉(悪口と称賛)というものは、あてにならぬものである。/17、18の死が惜しければ、30の死も惜しい。80、90、100になってもこれで足りたということはない。半年と云う虫たちの命が短いとは思わないし、松や柏のように数百年の命が長いとも思わない。天地の悠久に比べれば、松柏も一時蠅(ハエのような存在)なり。  外全49アイテム                       
 
 
  吉田松陰の名言・格言   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。 故に、夢なき者に成功なし。 外全15アイテム
 
 
  吉田松陰 - 名言+Quotes   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  学問とは、人間はいかに生きていくべきかを学ぶものだ。/過ちがないことではなく、過ちを改めることを重んじよ。/みだりに人の師となるべからず。みだりに人を師とすべからず。/人間はみななにほどかの純金を持って生まれている。聖人の純金もわれわれの純金も変わりはない。/一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う。 外全14アイテム
 
 
  吉田松陰の名言 - 地球の名言   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大器をつくるには、いそぐべからずこと。/平凡で実直な人間など いくらでもいる。 しかし、事に臨んで大事を断ずる人物は容易に求めがたい。 外全14アイテム                    
 
 
  吉田松陰の発言・格言・名言集【松下村塾】 - NAVER まとめ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末動乱期、明治維新を打ち立てることになる多数の門下生(高杉晋作、伊藤博文、山県有朋)を輩出したことで有名な「松下村塾」。その師でもある吉田松陰の名言集です。
 
 
  吉田松陰・留魂録 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも 留置まし大和魂  志高く維新を先駆した炎の思想家吉田松陰が安政の大獄に連座し、牢獄で執筆した『留魂録』。 愛弟子へ切々と訴えかける最後の訓戒で、死に直面した人間が悟り得た死生観を書き記した格調高い遺書文学の傑作を味読・精読する。
 
 
  吉田松陰 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  吉田松陰 画像検索 - Google
 
 
  吉田松陰の短刀と判明 魂を込めて渡米、140年ぶりに里帰り (2017/3/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アメリカの個人宅で見つかった短刀は、幕末の思想家、吉田松陰のものだった。3月29日までに群馬県前橋市が、鑑定結果を発表した。上毛新聞などが報じた。 松陰の妹である寿(ひさ)は、初代群馬県令、楫取素彦(かとり・もとひこ)の妻となった。その寿が、生糸の販路開拓のためアメリカへ渡る桐生出身の実業家、新井領一郎に贈ったものだという。140年ぶりに日本に里帰りした短刀が、前橋市内で一般公開されることになった。 ◇形見の短刀とは?/関連スライドショー(幕末のイケメン)/関連記事
 
 
大久保利通.1830
大久保利通 (Wikipdia)
  大久保利通 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大久保 利通(おおくぼ としみち)、文政13年(1830年) - 明治11年(1878年)は、武士、政治家。従一位勲一等。維新の元勲。西郷隆盛、木戸孝允と並んで「維新の三傑」と称される。薩摩国鹿児島城下に、薩摩藩士・大久保利世の長男として出生。幼少期に西郷隆盛らと共に学問を学ぶ。明治6年(1873年)に内務省を設置、殖産興業政策を推進した。日本の官僚機構の基礎は、大久保によって築かれたとも言われている。明治10年(1877年)に自ら総裁となるも翌年暗殺される(紀尾井坂の変)。(満47歳没)。
 
 
  大久保利通   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西郷隆盛の幼なじみ 日本人で、西郷隆盛の名を知らない人はまずいません。 しかし、その西郷隆盛と一緒に日本の近代化を進めた大久保利通の名は、意外に知られていません。 二人は鹿児島県の出身です。年は西郷隆盛が3歳年上ですが、家が近かったこともあり、小さい頃から一緒に学んだり、遊んだりする仲でした。
 
 
  大久保利通   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大久保利通について思いのままに書いてみたいと思います。 さる2003年5月11日、青山霊園(東京都)にて、大久保甲東祭が開催されました。 毎年大久保利通の命日である5月14日に近い日曜日に開催されます。 ご遺族をはじめ、鹿児島県人会他有志の皆様が参集して開催されます。 大久保が暗殺されたのは、明治11年5月14日、西南戦争の翌年でした。
 
 
  大久保利通 年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鹿児島市高麗町 大久保利通 生誕地  薩摩、鹿児島の人達にとって大久保利通を受け入れるのに時間が掛かったみたいだ しかし、間違いなく現在は郷土の誇れる人物として彼は評価されている。
 
 
  大久保利通暗殺事件   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治11年(1878)5月14日朝、東京の紀尾井坂から赤坂御門に至る北白川宮邸と壬生邸にはさまれた、通行人のない閑静な路上で事件は起きました。
 
 
  大久保利通 - 鹿児島県   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村西望作の大久保利通胸像。大久保利通(1830〜1878)、文久元(1861)年の藩政改革後、久光のもとで公武合体運動に尽力。慶応年間には長州藩との同盟により王政復古を実現した。明治4(1871)年岩倉使節に随行、同6年5月に帰国。いわゆる征韓派と衝突した。その下野により政府の中枢となる。
 
 
  大久保利通―1838〜78―   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天保元年(1830年)薩摩高麗町の下級武士の家に生まれた。生まれて間もなく下加治屋町に移った。西郷隆盛とは同郷で幼なじみであった。 アヘン戦争が始まったのは利通が11歳のときであり、西洋列強の東アジア進出という状況のなかで、利通は成人した。西洋の脅威に対抗できる日本を建設するというのが、利通の終生の課題となった。
 
 
  大久保利通 おおくぼとしみち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1830〜78(天保元〜明治11)幕末〜明治初期の政治家。1830年9月26日(天保1年8月10日)、薩摩国鹿児島城下で藩士大久保利世の長男として生まれる。
 
 
  大久保利通 おおくぼ・としみち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鹿児島県鹿児島市 JR西鹿児島駅から徒歩で5分の高見橋のたもとでお会いしました。 大久保利通は天保元年(1830年)に小姓組・大久保次右衛門利世(じえもんとしよ)の長男として生まれました。 弘化3年(1846年)、16歳で藩に出仕しましたが、4年後に次期藩主をめぐるお家騒動に父親が連座したため罷免されました。 その後、復職して藩内若手改革派『誠忠組(せいちゅうぐみ)』のリーダーとなります。
 
 
  大久保利通 - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末・明治前期の政治家。木戸孝允(たかよし)、西郷隆盛(たかもり)とともに「維新三傑」の一人。薩摩(さつま)藩下級武士の出身。正助、一蔵と称し、のちに利通と改め、また甲東(こうとう)と号した。その生涯は、幕末討幕派の下級武士から維新政府官僚に成長、転身する前半と、政府の最高の実権者として独裁体制を確立し、富国強兵のための開明的政策を順次施行した後半の2期に区分できよう。
 
 
  第一話「大久保利通、雅号の謎」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鹿児島市内の下加治屋町(したかじやまち。現在の加治屋町一帯)は、幕末・明治に活躍した多くの偉人を輩出した出身地として、非常に有名なところです。
 
 
  大久保利通  近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鹿児島生まれ。政治家。明治維新の指導者。島津久光のもとで公武合体運動を推進。やがて討幕へと転じ、薩長連合を成立させる一方、岩倉具視らと結んで慶応3年(1867)12月、王政復古のクーデターを敢行。版籍奉還や廃藩置県を推進し、新政府の基礎を固める。参議、大蔵卿を経て明治4年(1871)特命全権副使として岩倉遣外使節団に随行。
 
 
  大久保利通 - 西野神社 社務日誌   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  よく知られているように、薩摩藩士の西郷隆盛と、同じく薩摩藩士の大久保利通と、そして長州藩士の木戸孝允の3人は、「維新の三傑」と称されています。右の肖像画が、今日の記事の主役であるその大久保利通です。
 
 
  大久保利通  幕末人物セレクション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  維新後凶刀に倒れるまで僅か11年、この間の国家建設への大久保の活躍を「まさに日本史上最大の政治家」と評する史家は少なくない。大久保には謀略家としての陰の面もあるが、その根本に私心は無く、誰もが畏怖の念をもった伝説的な政治家といえるだろう。
 
 
  大久保利通  〜日本の近現代はここから始まった〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大久保利通(1830-1878)。 明治維新の3傑と言われながら、多くの武士に慕われた西郷隆盛や、幾松とのロマンスや幕末長州をリードした木戸孝允と比べて、彼の人気は決して高いとは言えません。
 
 
  <西郷隆盛と大久保利通>第1回〜明治維新、二人の役割 (2018/1/31)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治維新の主役である西郷隆盛(さいごうたかもり)(1827〜77年)と大久保おおくぼ利通(としみち)(1830〜78年)の政治活動をたどると、「維新史」の輪郭が浮かび上がります。ここで二人を軸にいま一度、幕末〜明治初期の動きを振り返ってみましょう。 二人は、ともに鹿児島城下の下加治屋町で生まれました。西郷が生まれて10年後、大塩平八郎(大阪町奉行所の与力で陽明学者)が貧民救済のために武装蜂起しています。また、大久保の誕生から10年後には、イギリスと清国との間でアヘン戦争が勃発しました。 二人は、ともに鹿児島城下の下加治屋町で生まれました。西郷が生まれて10年後、大塩平八郎(大阪町奉行所の与力で陽明学者)が貧民救済のために武装蜂起しています。また、大久保の誕生から10年後には、イギリスと清国との間でアヘン戦争が勃発しました。 西郷の方が大久保より三つ年上で、二人は親しい仲間でした。ともに家柄は、城下に住む武士の中でも下層の御小姓与(おこしょうぐみ)で、生活は楽ではなかったようです。 ◇西郷は斉彬の庭方役 アメリカのペリー提督が再来航した1854年、西郷は、薩摩藩主・島津斉彬(しまづなりあきら)の参勤交代に従って江戸に向かいます。 斉彬は、西洋文明を受け入れることにより、経済・軍事の近代化を図るべきだとする積極的開国論者であり、西郷が師父と仰ぐ人物でした。 西郷は庭方役(にわかたやく)を拝命します。庭方役は、幕府の御庭番(おにわばん)にならったもので、藩主専属で機密事項を扱うポストです。ここで西郷は、斉彬の意を体し、政界の裏工作などにあたります。 この仕事を通じ、西郷は、水戸藩主・徳川斉昭(とくがわなりあき)の腹心である藤田東湖(ふじたとうこ)と出会い、この尊王論を鼓吹こすいする著名な学者に心酔します。 また、越前藩主・松平慶永よしながの懐刀だった橋本左内とも知り合い、徳川家定の将軍継嗣問題では、ともに一橋ひとつばし慶喜よしのぶ(斉昭の子)擁立のために奔走。斉彬の養女で将軍家定の正室となった篤姫(あつひめ)(のちの天璋院)らを通じて大奥工作も展開しました。 しかし、大老に就いた井伊いい直弼なおすけは、日米修好通商条約の調印を強行、新将軍は家茂(いえもち)と決まり、斉彬ら一橋派の敗北に終わります。 これを受け、井伊は反対派の大弾圧に打って出ます。この「安政の大獄」(58年10月)は、そもそも、条約の無断調印(同年7月)に怒った孝明天皇が水戸藩に発した勅書(戊午ぼごの密勅)が導火線になっています。西郷はその密勅の運び役を仰せつかっています。 井伊は、一橋派を厳しく罰し、左内も斬罪に処せられ、西郷の同志だった僧月照(げっしょう)も幕吏に追われます。西郷は、月照を保護と帰藩しますが、西郷への風当たりは強く、二人は鹿児島・錦江湾(きんこうわん)に入水し、西郷だけが蘇生します。西郷は、その「恥」をしのびつつ、奄美大島で3年間、幽閉生活を送ることになります。 ◇大久保、藩の中枢へ 他方、藩の記録所書役(かきやく)助に就職した大久保は、「お由羅(ゆら)騒動」(1849年、藩主斉興(なりおき)の嫡子ちゃくし・斉彬と、側室お由羅の子・久光(ひさみつ)との間で起きた家督争い)に巻き込まれ、父親は喜界(きかい)島に島流し、自分も免職となり、「謹慎」生活を強いられました。 大久保は3年後に復職し、57年には西郷とともに徒目付(かちめつけ)に就きます。しかし、安政の大獄直前に斉彬が死去すると藩政は一変し、新しい藩主の父親である久光(斉彬の異母弟)が実権を握ります。… ◇公武合体運動を推進/「討幕」で二人三脚/徳川慶喜を「排除」/廃藩置県」を断行/【主な参考・引用文献】
 
 
木戸孝允.1833
木戸孝允 (Wikipedia)
  木戸孝允 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木戸 孝允(きど たかよし、天保4年6月26日(1833年8月11日) - 明治10年(1877年)5月26日)は、幕末〜明治初期に活躍した武士・政治家。長州藩士で、幕末には、桂小五郎(かつらこごろう)として知られていた尊王攘夷派の中心人物で、薩摩の西郷隆盛、大久保利通とともに「維新の三傑」として並び称せられる。維新後、文明開化を推進する一方で、版籍奉還・廃藩置県など封建的諸制度の解体に務め、薩長土肥四巨頭による参議内閣制を整えた。長州藩主毛利敬親、明治天皇から厚く信頼された。
 
 
  木戸孝允館  醒めた炎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  およそ140年前に起こった日本史における未曾有の変革期が、現代の日本をかたち造っています。文明の良い面、悪い面を世相の鏡に映しながら、我々は未来に突き進もうとしています。ひとつの国の問題は、もはや国境を越えて、世界の問題に発展して行かざるを得ない時代になっています。政治も、経済も、科学技術も、医療、環境などの問題も。
 
 
  木戸孝允 きどたかよし   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1833〜77(天保4〜明治l0)政治家。長州藩士。維新三傑の一人。通称桂小五郎、のち貫治・準一郎。号は松菊。藩医和田家に生まれ、桂家の養子となり、1849年(嘉永2)松下村塾に入門、1858年(安政5)ごろより尊王攘夷運動に入り、1862年(文久2)ごろより藩論に重きをなし、討幕連動を指導。
 
 
  木戸孝允 きど・たかよし   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都市・京都ホテルオークラでお会いしました。 長州藩医・和田昌景まさかげの長男として生まれましたが、後に同藩上士の桂九郎兵衛くろべえの養子となり遺跡を相続しました。 旧名は桂小五郎。 吉田松陰に兄事し、嘉永5年(1854年)自費で江戸留学。 斎藤弥九郎の練兵館れんぺいかんに入門、のちに塾頭となりました。
 
 
  木戸孝允 検索結果 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木戸孝允 検索結果 - Google
 
 
  木戸孝允  近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口生まれ。政治家。父は萩藩の藩医。吉田松陰に師事。のち江戸で剣術、西洋兵学を学ぶ。公武合体派に反対し、尊皇攘夷運動に奔走。藩の重職に就き、藩論を討幕へと導く。慶応2年(1866)鹿児島藩との間に薩長連合を締結。王政復古のクーデター後、五箇条の誓文草案を起草。参与に任ぜられ、版籍奉還の実現に尽力した。
 
 
  木戸孝允 (きどたかよし) 年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木戸孝允 (きどたかよし) 年表/木戸孝允 (きどたかよし)に関する本・DVD
 
 
  木戸孝允略歴 (1833〜1877)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天保四年(1833)、長州藩医和田昌景の長男(養子を除く)に生れる。通称小五郎、号は松菊、木圭、広寒など。
 
 
  木戸孝允 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木戸 孝允(きど たかよし、天保4年6月26日(1833年8月11日) - 明治10年(1877年)5月26日)は、幕末〜明治初期に活躍した日本の武士・政治家。名の孝允は「こういん」と有職読みされることもある。長州藩士で、いわゆる「長州閥」の巨頭。江戸時代(幕末)には、桂小五郎(かつらこごろう)として知られていた尊王攘夷派の中心人物で、薩摩の西郷隆盛、大久保利通とともに「維新の三傑」として並び称せられる。
 
 
  木戸 孝允 - 古典籍総合データベース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木戸 孝允関連書籍 早稲田大学
 
 
  木戸孝允関係文書 - 東京大学出版会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  維新の三傑,木戸孝允(桂小五郎)に宛てられた書翰三千五百余通を翻刻・編集し初公刊! 幕末維新の研究はもとより,近代日本研究にも寄与する新たな資料が,ここに誕生する.第一巻は,青木周蔵,伊東玄朴,伊藤博文,井上馨,入江九一など,六百通あまりを収録.
 
 
  木戸孝允 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1833〜1877)幕末(ばくまつ)・明治(めいじ)時代の政治(せいじ)家。維新(いしん)の三傑(さんけつ)の1人。長州藩(ちょうしゅうはん)(山口県)出身の志士(しし)で桂小五郎(かつらこごろう)と称(しょう)し,同じ吉田松陰(よしだしょういん)の門人であった高杉晋作(たかすぎしんさく)らと藩(はん)の指導権(しどうけん)をにぎった。1866年には薩長同盟(さっちょうどうめい)を成立(せいりつ)させて,倒幕(とうばく)を実現(じつげん)。明治新政府(めいじしんせいふ)が成立(せいりつ)すると,五箇条(ごかじょう)の御誓文(ごせいもん)を起草したり,版籍奉還(はんせきほうかん)や廃藩置県(はいはんちけん)の計画を立てたりした。
 
 
  木戸 孝允 (きど たかよし) 京都大学附属図書館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長門国萩呉服町江戸至横丁。長州藩士。幕末維新期の志士、政治家。  父は長州(萩)藩医和田昌景、次男。天保11(1840)年桂九郎兵衛の養子。養家150石(末期の養子故、90石を継ぐ)。諱:孝允。通称:小五郎、貫治、準一郎。変名:新堀松輔。雅号:松菊、木圭、広寒、猫堂、老梅書屋、竿鈴(干令)。 嘉永2(1849)年吉田松陰に入門。
 
 
  木戸孝允(桂小五郎)の人生とゆかりの地 - じゃらん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末・維新期の政治家で旧長州藩士。大久保利通、西郷隆盛と並ぶ「維新三傑」の一人。1833年、同藩士和田家に出生。7歳で桂家の嗣子となり、通称を小五郎と称したが、1865年藩主から木戸姓をもらい、貫治、準一郎と改め、松菊と号した。吉田松陰の門弟となり、その後、江戸に留学。58年以降、安政の大獄後の状況のなかで、尊王攘夷運動に奔走した。
 
 
  教導立志基  木戸孝允夫人松子 文化遺産オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和服姿の木戸孝允夫人松子を描いた錦絵。松子(号は翠香院)はもと京都三本松の芸者で「幾松」(いくまつ)と称した。
 
 
  木戸孝允旧宅 - 萩市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木戸孝允は、天保4年(1833)萩藩医和田昌景の長男として生まれ、後に桂家の養子となったので、桂小五郎の名でも知られている。 17歳のときに吉田松陰の門下生となり、尊皇攘夷運動に参加した。嘉永5年20歳の時に江戸に遊学し、神道無念流の斎藤弥九郎に入門し、剣の道で頭角を現し、翌年には塾長に抜擢された。
 
 
  醒めた炎―木戸孝允〈上巻〉 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  欧米の未発表史料、幕府隠密の報告までも駆使して幕末の動乱を活写する渾身のライフワーク。木戸孝允の生涯を描く、2800枚の歴史大作。   醒めた炎―木戸孝允〈下巻〉
 
 
  木戸孝允 (幕末維新の個性) (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末の桂小五郎と明治の木戸孝允の一身二生。倒幕の志士から新時代の政治家へ変貌していく姿を生き生きと描く。版籍奉還、廃藩置県、立憲制導入など、明治国家の建設に奔走した、木戸の後半生に焦点を絞り、その個性に迫る。
 
 
江藤新平.1834
江藤新平 (Wikipedia)
  江藤新平 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江藤 新平(えとう しんぺい、天保5年2月9日(1834年3月18日) - 明治7年(1874年)4月13日)は武士、政治家である。肥前国(佐賀県)に佐賀藩士の江藤胤光・浅子の長男として生まれる。嘉永元年(1848年)に藩校の弘道館へ入学し成績優秀で学費の一部を官給された。その後、神道や尊皇思想に影響される。江戸時代後期の外国船の来航で時勢の影響を受け、『図海策』を執筆。1850年に枝吉神陽が義祭同盟を結成すると、大隈重信・副島種臣・大木喬任・島義勇らとともに参加した。
 
 
  佐賀の乱 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐賀の乱(さがのらん)は、1874年(明治7年)2月に江藤新平・島義勇らをリーダーとして佐賀で起こった明治政府に対する士族反乱の一つである。佐賀の役、佐賀戦争とも。不平士族による初の大規模反乱であったが、電信の情報力と汽船の輸送力・速度を活用した政府の素早い対応もあり、激戦の末に鎮圧された。
 
 
  備前佐賀 江藤新平   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐嘉神社と江藤新平に所縁の地をご紹介します。 佐嘉神社は名君鍋島直正公と直大公をお祭りしています。鍋島閑叟直正は国内初の反射炉建設、カノン砲、アームストロング砲、蒸気機関車、蒸気船を製造したことで有名です。
 
 
  江藤新平の墓 - ふるさと勧興   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  こんにちわ!江藤新平さんは大久保利通との争いにやぶれ、あげくのはてに梟首と末路がひどい。大久保さんもこれを機に政府に歯向かう者はこうなるというふうに示したかったんだと思いますが・・・やり方がね;;  でも佐賀は維新時に大変多くの方を輩出されてるのですね^^
 
 
  南白新平館 〜江藤新平のHP〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  〜明治の偉人、江藤新平の功績とその生涯を紹介します〜  < 板垣退助の江藤新平評の一文> 『故江藤新平君は、頭脳緻密にして、学問の素養あり。人と為り、純潔にしてしかも濶達に、理想ありて、しかも実行力に饒み、智謀備えてしかも断行の勇気を缺かず、行政の才あって、守成の政を執るに適するとともによく大体に通じて、創業の人たるを失わず。維新功臣のうちに在って、君の如きは真に得難き全才なりしなり。〜』 大正三年九月十浣
 
 
  江藤新平!- わたしたちの佐賀   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  みなさんは,神野公園(こうのこうえん)行ったことはありますか。公園の中に大きな銅像(どうぞう)があるのを知っていますか。この銅像の人こそ,法律(ほうりつ)の天才(てんさい),江藤新平なのです。・・・
 
 
  江藤新平 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江藤 新平(えとう しんぺい、天保5年2月9日(1834年3月18日) - 明治7年(1874年)4月13日)は日本の武士(佐賀藩士)、政治家である。幼名は恒太郎・又蔵。諱は胤雄、胤風とも、号は南白。朝臣としての正式な名のりは平胤雄(たいら・の・たねお)。
 
 
  【逍遥の児】江藤新平の曾孫に会った   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江藤兵部(ひょうぶ)さん(69)は、剣道の達人である。自衛隊現役時代は、戦闘機乗りだった。 兵部さんは9月14日、愛車を駆って埼玉・春日部市の自宅を出発した。目的地は、はるか四国。高知県東洋町甲浦(かんのうら)。明治初期に「佐賀の役」首領、江藤新平が捕縛された地だ。
 
 
  江藤新平関係文書  国立国会図書館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  旧蔵者履歴 : 天保5(1834)2.9佐賀生まれ。明治2(1869).9朝命により上京、明治2.11中弁、明治4(1871).7制度局兼務、文部大輔、明治4.8左院1等議員、左院副議長、明治5(1872).3教部省御用掛兼務、明治5.4司法卿、1873.4参議、1873.10辞職、1874.1愛国公党を結成し、民選議院設立の建白を左院に提出、1874.2佐賀の乱をおこす、1874.4.13斬首。号は南白。
 
 
  裁判はじめて物語 - 歴史秘話ヒストリア   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本で初めて近代な裁判の制度を確立した江藤新平。その出発点は自分の身を襲った暗殺未遂事件だった。江藤は、法を整備し犯罪を取り締まり、裁判を行う組織、司法省を設立し、これまでの“お上が民を裁く”という考え方から“民の権利を守るための裁き”へと人々の意識の転換を図る。明治4年、裁判所が作られ、初めての近代的な裁判が始まった。当時の裁判はどのように行われたのか。人々は、いかにして“裁判”という初めての体験を受け入れていったのかを描く。
 
 
  江藤新平の生涯 〜初代司法卿の悲劇〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江藤新平は日本が明治維新を向かえ、近代化をはじめた頃に活躍した政治家です。 彼は戊辰戦争の直前までまったくの無名で、時代が急激な変革のときを向かえたことで、偶然のようにしてその名を表舞台にあらわしました。 幼少期は低い身分のため大変貧しい生活を送りましたが、母の教育熱心によってめきめきと頭角をあらわし、佐賀から中央政界にまで登りつめることになります。
 
 
  江藤新平 (えとうしんぺい) - あしたね年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  気になる人物や場所にまつわるできごとを調べてみよう!
 
 
  歳月 司馬遼太郎(著) - 歴史小説おすすめ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  主人公の江藤新平は幕末から明治にかけての政治家で、じつに危なっかしい生き方をした人物です。 彼は九州・佐賀藩の人間です。幕末の風雲を観察するため、脱藩という大罪を犯して京にのぼり、若き日の桂小五郎(のちの木戸孝允)や伊藤俊輔(のちの伊藤博文)と会います。…
 
 
  江藤 新平(佐賀・神野公園) - 銅像大好き!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江藤 新平(えとう しんぺい)。佐賀市佐賀駅より北東に位置する神野公園(こうのこうえん)に立っています。
 
 
  江藤 新平 (えとう しんぺい) ー燃ゆる志士江藤新平ー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  左に割腹刀を提げ 右に天下の事を指さす 本是 丈夫の心 加務む 遠大の意
 
 
  明治政府の萌え元勲 天才ドジッ娘風紀委員長 江藤新平   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江藤新平という人物をご存知でしょうか? 倒幕が行なわれ、明治の新政権が出来た後、司法卿となった人物です。新政府の要となった、薩長土肥の内、肥前佐賀藩の代表的人物です。  司馬遼太郎の小説「歳月」は、この江藤新平が主人公の小説です。
 
 
  江藤新平 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江藤新平 画像検索 - Google
 
 
  司法卿 江藤新平 (文庫)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治7年、初代司法卿の江藤新平は「佐賀の乱」の首謀者として、佐賀裁判所で死刑判決を受け、即日、斬首された。彼はなぜ栄光の座を捨てて下野したのか。司法権の独立に辣腕をふるって、法の正義を貫いた江藤新平は、薩長勢力と対立して悲劇的な最期を迎える。司法と行政の権限争いの視点から描く裁判小説。
 
 
  江藤新平―急進的改革者の悲劇 (新書)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐賀藩に生れ育ち、時代を先取りする感覚と実行力とともに佐賀藩政改革の実績を背景に、国政の基本方針、教育・司法制度など明治国家の法体制構築に献身した江藤は、明治6年政変で下野し、故郷に帰って佐賀の乱にまきこまれる。自ら作りあげた刑法によって処刑された悲劇と同時に、本書では、明治国家を人間解放と人権定立の方向に牽引した中心人物のすぐれた人権意識、法治主義思想に照明をあて、従来の江藤像を一新する。
 
 
橋本左内.1834
橋本左内 (Wikipedia)
  橋本左内 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  橋本 左内(はしもと さない)は、幕末期の越前国福井藩士。家系は足利一門。越前国生まれ。著書に『啓発録』がある。嘉永2年(1849年)、大坂に出て適塾で医者の緒方洪庵・杉田成卿に師事し蘭方医学を学んだ。安政の将軍継嗣問題では、一橋慶喜(徳川慶喜)擁立運動を展開。また、日本とロシアの提携の開国派の思想を持ち、攘夷で揺れる幕末期では危険人物とされた。安政6年(1859年)、井伊直弼の画策により将軍継嗣問題に介入した事が問われ斬首。(安政の大獄)享年26。
 
 
  橋本左内の名言1   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「第一番に稚心を去らねばならぬ」   『啓発録』は、橋本左内が、自身を奮い立たせ、その精神を忘れないように書き記したものです。 その最初に書かれているのが、「稚心を去る」ことです。
 
 
  橋本左内 はしもとさない   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1835〜59(天保5〜安政5)越前福井藩の志士。藩医橋本長綱の長子。字は伯綱、号は藜園、桜花晴暉樓、景岳は宋の忠臣岳飛を景慕するによる。変名桃井伊織。1848年(嘉永元)、15歳で藩儒吉田東篁につき才学抜群、『啓発録』を著し政治への関心を示す。翌年、大坂緒方洪庵の適塾に学ぶ。
 
 
  橋本左内 (はしもとさない)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近藤勇や坂本龍馬といった、後世に有名な志士達が出てくる5年くらい前に早くも亡くなってしまっているのですが、実はこの左内さん、なんと近藤勇と同世代の人なのです!
 
 
  橋本 左内 - ビジネス兵法書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  橋本 左内(はしもと さない)は、幕末期の越前国福井藩士。 家系は足利一門のひとつ、桃井氏後裔。号は景岳。諱は綱紀。 父は橋本長綱、母は小林静境の娘。実弟は明治における陸軍軍医総監・男爵の橋本綱常。 著書には15歳の時に志を認めた『啓発録』がある。贈正四位。
 
 
  橋本左内  近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  福井県生まれ、幕末の志士。父は福井藩医。大坂の緒方洪庵の適塾で医学を修得し、嘉永5年(1852)帰国。安政元年(1854)江戸に遊学し、藤田東湖、西郷隆盛らとも交友した。帰国後、書院番・藩校明道館学監同様心得などに取り立てられ、横井小楠を招くなど福井藩の藩政改革の中心となった。
 
 
  橋本左内 - れきたん歴史人物   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸・幕末の混乱期。激動の時代を生き抜いた人々が新しい時代を作っていったその一方で、若くして散ってしまった人物達が数多くありました。坂本竜馬、吉田松陰、高杉晋作、近藤勇…死因も、思想もさまざまですが、彼らもやはり、新時代の礎であったに違いありません。そんな若くして亡くなった傑物の一人・橋本左内を今回はご紹介します。
 
 
  橋本左内 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  橋本 左内(はしもと さない)は、幕末期の越前国福井藩士。家系は足利一門のひとつ、桃井氏後裔。父は橋本長綱、母は小林静境の娘。実弟は明治における陸軍軍医総監・男爵の橋本綱常。著書には15歳の時に志を認めた『啓発録』がある。
 
 
  橋本左内 【天保5年(1834)〜安政6年(1859)】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末の福井藩士。医師、政治思想家。天保5年(1834)3月11日、福井城下常盤(ときわ)町(現春山2丁目)で、福井藩の藩医の長男として生まれた。 幼い頃より学問を好み、10歳のときには全65巻の『三国志』を通読し、その意を解したという。15歳のとき「啓発録」を著し、自己を律する行動指針を定めた。
 
 
  「橋本左内先生に学ぶ」推進協力校について - 福井市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  市教育委員会が、平成20年度「福井学」推進事業として、「橋本左内先生に学ぶ」推進協力校に3校を指定し、市内小中学校の牽引役として位置づけました。 「橋本左内先生に学ぶ」をテーマとし、左内先生について学び、郷土に対する誇りと愛着を育み、次世代に左内先生の偉業を継承することを目的に指定された推進協力校です。
 
 
  橋本左内 動画検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  橋本左内 動画検索 - Google
 
 
  橋本左内著「啓発録」英完訳書 (単行本)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本文化を世界へ発信。世界各国で絶賛  本書は平成11年12月発行の『英完訳 啓発録』の縮刷改訂版です。  『啓発録』は、幕末の先覚橋本左内が15歳の時に自分の生き方と志を認めたもの。幼くして偉人英傑の伝記を愛読された左内が、古人の言行・節義に学び、深く感奮され、自己の規範として、また自らを励ますために書かれたものである。高邁な精神と学識は、現代に於いても無限の教訓と勇気を与えてくれ、その自筆本は現在宮中の御物になっている。
 
 
松平容保.1835
松平容保 (Wikipedia)
  松平容保 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松平 容保(まつだいら かたもり)は、江戸時代末期の大名・陸奥国会津藩9代目藩主であり、また最後の藩主でもある。血統的には水戸藩主徳川治保の子孫。徳川慶喜家、尾張徳川家は傍系で、血統上は容保と同系。弘化3年(1846年)に8代藩主・容敬の養子となり、嘉永5年(1852年)に会津藩を継ぐ。万延元年(1860年)に大老・井伊直弼が水戸藩浪士に殺害された桜田門外の変では、水戸藩討伐に反対する。井伊暗殺後に文久の改革が開始されると、幕政参与、のち京都守護職に推される。
 
 
  松平容保 年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  baku 幕末年表 matu より 松平容保と京都守護職の名前の項目を抜粋しました。
 
 
  飯盛山 : 松平容保碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松平容保碑概要: 案内板によると「 戊辰戦役当時自刃した白虎隊士の殉難忠節に対し九代藩主松平容保公が次の弔歌を詠まれたを現河東町八田野の篤志家八田宗吉氏がこの碑に刻み建てたものである。「 幾人の涙は石にそそぐともその名は世々に朽じとぞ思う」源容保」とあります。
 
 
  「松平容保」 - 人物列伝   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津)松平家9代当主。左近衛権中将。美濃高須藩藩主・松平義建の子。ちなみに容保の兄で尾張徳川家を継いで14代藩主となった慶勝、弟で伊勢桑名藩を継いだ定敬がいる。容保は 1846(弘化3)年に(会津)松平家の容敬に養子として迎え入れられて、1852(嘉永5)年養父・容敬の急死により18歳の若さで会津藩を継承し藩主となった。
 
 
  9代会津藩主 松平容保   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  主要参考文献:『京都守護職始末』、『七年史』、『徳川慶喜公伝』、『松平容保公伝』
 
 
  松平容保の生涯 写真集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戊辰戦争で最後まで戦った会津藩の藩主・松平容保の悲劇の生涯を200点の写真と文で綴る痛憤の書。薩長の武力による権力奪取に抗して落城まで凛として戦いつづけた清冽なる生涯。
 
 
  幕末維新新選組  松平容保   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  見の高須3万石の城主松平義建の第6男に生まれた容保は、弘化3年4月数え12歳であい會津松平家23万石の養子に迎えられ、先代容敬の愛姫(4歳)と将来の結婚が約束されたが、嘉永5年閏2月15日養父容敬の病死によってその名跡を相続したのは弱冠18歳の春である。
 
 
  松平容保  近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京生まれ。高須藩主松平家に生まれ、会津藩主松平容敬の養子となる。嘉永5年(1852)襲封。文久2年(1862)京都守護職に任じられ上洛。同年八月十八日の政変で長州藩の勢力を京都から駆逐、京都の治安と公武合体に力を尽くし、孝明天皇の信頼を得た。元治元年(1864)禁門の変で長州勢を攻撃。征長強硬論を持論とする。慶応3年(1867)王政復古で京都守護職を免ぜられ、4年(1868)鳥羽・伏見の戦で敗れる。
 
 
  天皇の信任厚かった松平容保   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津藩主だった松平容保は、小さな竹筒を首から提げて終生肌身離さず、そしてその中身を誰にもみせなかった。 容保は明治26年、朝敵の藩主として波乱にとんだ人生を閉じたが、生涯かたくなまでに守り通したものは何だったのか。
 
 
  松平容保 - 幕末維新人物名鑑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天保7年、美濃国高須3万石の藩主・松平義建の六男として江戸四谷の藩邸で生まれる。 弘化3(1846)年4月、会津23万石の藩主・松平容敬の養子となる。
 
 
  松平 容保  まつだいら かたもり   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美濃高須藩主松平義建の6男として生まれ、会津藩主松平容敬の養子となる。嘉永5年襲封。文久2年京都守護職を拝命し、尊皇攘夷派に対抗。将軍家茂の上洛、公武合体の推進等で功績を上げ、孝明天皇の信任を得る。文久3年薩摩藩と同盟して長州藩を始めとする尊王攘夷派を宮中から一掃。 翌年の元治元年、禁門の変では長州藩兵を撃退した。
 
 
  松平容保 (まつだいら かたもり)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津松平藩9代目の藩主。岐阜県高須藩松平義建の子で、会津藩主松平容敬の養子となった。幕末京都守護職として、京都の治安と公武合体に力を尽くし、時の考明天皇の厚い信頼を得る。その後倒幕派は形勢を逆転、戊辰戦争へ突入する。会津落城後は妙国寺に謹慎、のち和歌山藩に移された。明治5年に謹慎を説かれ、13年より東照宮宮司に任ぜられた。のちの生涯は職のかたわら歌道にのみ没頭し世を去った。
 
 
  第九十三話:会津藩主・松平容保   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津藩第九代藩主松平容保は、美濃高須藩主松平義建の第六子として、天保六年
 
 
  松平容保 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松平 容保(まつだいら かたもり)は、江戸時代末期の大名・陸奥国会津藩9代目藩主であり、また最後の藩主でもある。血統的には水戸藩主徳川治保の子孫である。美濃国高須藩主・松平義建の六男で母は側室古森氏。兄に徳川慶勝、徳川茂徳、弟に松平定敬などがあり、高須四兄弟の1人。
 
 
  連載・会津藩 最後の藩主『松平 容保』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津松平藩八代“容敬”には子が無かったので、親戚にあたる美濃高須の松平家より養子をもらう事にした。『容保』松平義建の六男で、ちなみにすぐ下の弟『定敬』は、伊勢桑名松平藩へ養子に行っている。 会津藩藩主というのは、儒教の元に身を律することを重んじ、神道を信仰し死後、神になるための教育を受けるのである。
 
 
  川慶喜松平容保以下ヲ醉┘朴櫂好襯両杤   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川慶喜松平容保以下ヲ醉┘朴櫂好襯両杤顱覆箸がわよしのぶまつだいらかたもりいかをかんゆうにしょするのしょうしょ)
 
 
  松平容保(まつだいらかたもり) - あしたね年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  気になる人物や場所にまつわるできごとを調べてみよう! ウェブサイト上の情報を調べて見出し情報をまとめた検索結果ページです。
 
 
  松平容保  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松平容保  画像検索 - Google
 
 
  写真集 松平容保の生涯 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戊辰戦争で最後まで戦った会津藩の藩主・松平容保の悲劇の生涯を200点の写真と文で綴る痛憤の書。薩長の武力による権力奪取に抗して落城まで凛として戦いつづけた清冽なる生涯。
 
 
  敗者から見た明治維新~松平容保と新撰組 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  会津藩士として戊辰戦争を戦い辛酸をなめ尽くした曾祖父をもち、その反骨魂を受け継ぐ歴史小説の泰斗が、「敗者」の生きざまを通して、近代日本が如何なる犠牲のうえに成立したか、その実相に迫る。
 
 
岩崎弥太郎.1835
岩崎弥太郎 (Wikipedia)
  岩崎弥太郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩崎 弥太郎(いわさき やたろう、天保5年(1835年1月9日) - 明治18年(1885年2月7日)は、日本の実業家で、三菱財閥の創業者。明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物である。土佐国(現在の高知県)に生まれる。最初に弥太郎が巨利を得るのは、維新政府が樹立されて以降、後藤象二郎からの情報によるインサイダー取引で、当初から政商として暗躍した。その後も弥太郎の三菱商会は、政府の信任を得、大きな利益を得るとともに、三菱財閥を築いていった。
 
 
  岩崎弥太郎が「汚すぎる」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坂本龍馬を人気俳優・福山雅治が演じる今年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」。初回視聴率は23・2%(関東地区)と、まずは順調なスタートだが、なかには苦々しい表情で見ている人たちもいるようだ。ドラマで龍馬に次ぐ重要な登場人物である岩崎弥太郎が創立した、三菱グループの関係者たちである。「我らの始祖が汚すぎる!」というのだ
 
 
  岩崎弥太郎 - 高知県 偉人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東洋の海上王・岩崎弥太郎。 経営者として敏腕をふるい、三菱という大財閥を築き上げた弥太郎の生涯。 そこには貧しかった少年時代と、坂本龍馬をはじめとするさまざまな人物との出会いが隠されていました。
 
 
  岩崎弥太郎 伝 土佐の人物伝   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末の激動の中を駈け抜け、武士から実業家に転身し三菱を創始した男。 天保5年(1835年)土佐国、井ノ口村(現在の高知県安芸市)の地下浪人の家に生まれ、子供の頃から極貧の中で暮らした。 頭脳明敏で12歳で儒者・小牧米山に弟子入りし、14・5歳になると詩才を発揮するようになったという。
 
 
  三菱人物伝 > 岩崎彌太郎物語   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩崎彌太郎。幕末の激動の中を駈け抜け、武士から実業家に転身し三菱を創始した男。土佐国、井ノ口村。貧しい村の貧しい家に生まれた。明治維新まで33年、1835(天保5)年のことである。
 
 
  岩崎弥太郎 安芸市立歴史民族資料館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東洋一の海上王三菱の祖「岩崎弥太郎」 : 天保5年(1834)、父弥次郎、母美和の長男として井ノ口村に産声をあげた弥太郎は、14歳で十三代藩主であった山内豊熙(とよてる)に漢詩を献じ、書を講じて褒美をもらう程の秀才でした。 安政元年(1854)、江戸遊学前に、近くの妙見山の星神社に参拝した弥太郎は、扉に「後日 英名ヲ天下ニ轟カサザレバ 再ビ帰リテ此ノ山ニ登ラジ」と大書。大きな志と強い意志を胸に、江戸の安積艮斉に入門しました。
 
 
  岩崎弥太郎の生家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩崎弥太郎は現在の三菱グループの創始者として知られた人物ですが、高知県安芸市出身である事は、意外にも知られていません。生誕の地には、今も生家が保存され、一般公開(無料)されています。
 
 
  YouTube - 岩崎弥太郎生家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 岩崎弥太郎生家
 
 
  岩崎弥太郎 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩崎弥太郎 画像検索 - Google
 
 
  岩崎弥太郎 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  保五年、土佐国に、わが国の海運の礎を築いた男児が生を享けた。後の岩崎弥太郎である。幼少時は非凡な文才を発揮したが、経済の表舞台に登場したのは慶応三年、土佐商会主任、長崎留守居役に抜擢された時である。その後、海援隊の経理を担当。本書は、出生から、坂本龍馬ら幕末維新の英傑たちとの交流、そして三菱を大財閥に育て上げるまでの波瀾の一生を描いた評伝である。
 
 
福澤諭吉.1835
福澤諭吉
  →福澤諭吉.1835   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「02近現代文学書」福澤諭吉.1935
 
 
井上馨.1836
井上馨 (Wkipedia)
  井上馨 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上 馨(いのうえ かおる、天保6年(1836年) - 大正4年(1915年)は、武士・長州藩士、政治家、実業家。従一位大勲位侯爵、元老。尊皇攘夷運動に共鳴、過激な行動を実践する。文久3年(1863年)、伊藤博文・山尾庸三・井上勝らとともにイギリスへ密航するが、国力の違いを目の当たりにして開国論に転じた。その後、再び藩論を開国攘夷に統一した。明治維新後は官界に入り、主に財政に力を入れた。また実業界の発展にも力を尽くし、紡績業・鉄道事業などを興して殖産興業につとめた。
 
 
  【井上馨おもしろ話】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長生きをした維新の元勲と言えば、私の場合、まず最初に思い浮かぶのが、85歳まで生きた山縣有朋。そして、その次にくるのが、暗殺団に襲われ、瀕死の重傷を負いながらも、超人的な生命力で回復し81歳の天寿を全うした井上馨(かおる)である。
 
 
  井上馨 - あしたね年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウェブサイト上の情報を調べて見出し情報をまとめた検索結果ページです。
 
 
  井上馨 いのうえ・かおる   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口県山口市湯田温泉・高田公園でお会いしました。  幕末期の萩藩士。 百石取りの井上五郎三郎光享(みつゆき)の次男として生まれ、のちに二百五十石取りの志道慎平(しじ・しんぺい)の養子になりました。 幼くして藩校・明倫館(めいりんかん)に入学。 その後、次第に蘭学に興味を抱くようになり、江戸に出て岩屋玄蔵(いわや・げんぞ)うや江川太郎左衛門(えがわ・たろうざえもん)に蘭学を学びました。
 
 
  井上馨  近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山口生まれ。政治家、元老。父は萩藩の郷士。高杉晋作らとともに、尊王攘夷運動で活躍。維新後は参与、大蔵大輔、参議兼工部卿、外務卿などを歴任。明治9年(1876)特命副全権大使として日朝修好条規の締結に関わる。三井をはじめ、実業界とも深いつながりを持ち、鉄道事業などにも関与した。18年(1885)第1次伊藤内閣の外相に就任。鹿鳴館に象徴される欧化政策を展開し、不平等条約の改正に奔走。
 
 
  井上馨 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上馨 画像検索 - Google
 
 
  井上馨墓:おいでませ山口館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上馨は、幕末に長州藩秘密留学生としてイギリスに渡りましたが、滞在中に藩の危機を知り伊藤博文とともに急遽帰国、その後は高杉晋作らと討幕運動に奔走しました。 維新後は外相や蔵相などを歴任し、理財の才に優れていたことから、財界にも大きな影響力を持っていました。
 
 
  井上馨 - 歴史上の人物の考察   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「井上馨」、幼名勇吉、後に文之輔、聞多(もんた)、一時養子となって姓が志道(しじ)、複雑なので井上馨で通し話を進めます。 井上家はなかなかの名家で、先祖の五郎三郎就在は清和源氏の流れ、毛利家藩祖元成の重臣です。馨の父五郎三郎光享の頃は、周防国湯田村(現在の山口市湯田)で百石の知行を持っており、士分ですが兵農分離が進んでいない田舎なので自作農も営んでいました。
 
 
  井上馨 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上 馨(いのうえ かおる、天保6年11月28日(1836年1月16日) - 大正4年(1915年)9月1日)は、日本の武士・長州藩士、政治家、実業家。清和源氏の一家系河内源氏の流れを汲む安芸国人毛利氏家臣・井上氏。幼名は勇吉、通称を聞多(長州藩主毛利敬親から拝受)。諱は惟精(これきよ)。太政官制時代に外務卿、参議など。黒田内閣で農商務大臣を務め、第2次伊藤内閣では内務大臣など、汚職にまみれながらも数々の要職を歴任した。
 
 
  井上馨(いのうえかおる/井上聞多)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上馨(いのうえかおる/井上聞多)は、理想主義が先行していた尊王攘夷派の若者達の中に在って、根は現実主義者である。  生家の井上家は清和源氏系の河内源氏の流れを汲む土着の安芸国人として毛利氏家臣であった。
 
 
  日本芸能にも大きく貢献した井上馨。 その他エピソードなど。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「新田義貞伝承を追う!シリーズ」で、ここしばらく井上馨のことを書いてきました。 ただいろいろ調べていましたが、まるまる一冊井上馨を描いた本というのほとんどない。 大概は、伊藤博文に関する本や鹿鳴館に関しての本などに添え物として登場ことが多い。 なかなか主役にはならないようだが、これが調べれば調べるほど、なかなか興味深い人物であり、面白い逸話も多いことに気づく。
 
 
  【幕末から学ぶ現在(いま)】(47)東大教授・山内昌之 井上馨   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  政権交代で成立した明治新政府のカネにまつわる醜聞といえば、すぐに井上馨の関係した尾去沢(おさりざわ)銅山事件を思いだす人も多いだろう。もともと井上は、幕末に英国へ密航しながら、四国艦隊の長州攻撃の急を聞くと帰国し、藩論を攘夷(じょうい)回避に変えようとする情熱や使命感をもっていた。
 
 
  青年―若き日の伊藤博文・井上馨〈上〉 (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  元治元年、長州は公武合体派の巻き返しに加え、英米仏蘭による報復攻撃が予想される内患外憂の極にあった。この危機に志道(井上)聞多と伊藤俊輔は、外国との即時講和論を携えて留学先の英国から急遽帰国。欧州先進国の実情からみて救国の策は開国以外にない。かくして、藩論が攘夷の一点で保たれているというきわどい状況の中、二人の必死の活動が始まった…。著者の文学的転換点を画した代表作。
 
 
坂本龍馬.1836
坂本龍馬 (Wikipedia)
  坂本龍馬 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日(1836年1月3日) - 慶応3年11月15日(1867年12月10日)は武士(土佐藩郷士)、明治維新に影響を与えた政治家、グラバー商会代理人として武器輸入に関わった実業家。土佐藩脱藩後、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)の結成、薩長連合の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど、志士として活動した。贈正四位(1891年)。司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』の主人公とされて以来、国民的人気を誇っている。
 
 
  坂本龍馬 名言   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私が気に入っている坂本竜馬の名言を紹介します。 豪胆そうに見える坂本竜馬ですが、他の英雄と同様に繊細な心を持ち合わせたナイーブな人間でもありました。 自分自身と人の心を見すかす、その千里眼のような才能は、幕末の世の中においてたくさんの要人の心つかみ、自身への崇拝者をたくさん作ったのです。
 
 
  寺田屋・坂本龍馬   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末期、寺田屋は討幕派の定宿となった所です。薩摩藩主同士の闘争事件、寺田屋騒動のあった場所として知られています。当時の建物がそのまま使われており、刀傷や、弾痕は今も残っています。また、坂本龍馬が後に妻となるお龍の転機で、危うく難を逃れた所としても有名です。
 
 
  坂本龍馬(1835〜1867)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末、幕府を倒すための「海軍」と「商社」の性格を併せ持つ浪人結社「海援隊」を組織。西南雄藩から、幕府に到るまでの多彩な人脈を生かして薩長同盟締結、大政奉還に大きな役割を果たした。
 
 
  龍馬伝 〜寺田屋事件〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  龍馬が伏見寺田屋で幕吏の襲撃を受けたのは、慶応2年1月23日深夜の事でした。前日(または2日前)に薩長同盟の仲立ちをするという大仕事をなし終えた龍馬でしたが、目立つ事を恐れたのか帰り道は一人でした。
 
 
  高知県立坂本龍馬記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ようこそ 坂本龍馬記念館のホームページへ  知ってますか?龍馬は風になって生きているのです  話したい皆さんに"個人回線"でつながります 水平線の彼方から"風の龍馬"です  手紙を読み 再現「近江屋」に座り じっくり龍馬を体感してください   - 館長
 
 
  坂本竜馬の名言集 - Fesh   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「龍馬」は慣用音(「広辞苑」第5版)では「りゅうま」だが、漢音は「りょうま」で、同時代人の日記や書簡に「良馬」の当て字で記されていることもあり、また龍馬自身も書簡の中で「りよふ」と自署していることもあるため、「りょうま」と読まれていたことは間違いない。「竜」は「龍」の新字で「竜馬」は誤り。
 
 
  土佐の人物伝 〜坂本龍馬〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天保六年(1835年)、土佐藩士(郷士)坂本八平直足の次男として誕生。 誕生日については、他説もありますが通説は11月15日となっています。またこの日は龍馬が暗殺された日でもあります。 毎年この日には、高知市上町の龍馬の生家前で、全国から集まった龍馬ファンによって「誕生祭」が開かれています。
 
 
  坂本竜馬 の名言集 - 言霊.in     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坂本竜馬の名言ランキング
 
 
  坂本龍馬  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坂本龍馬  画像検索 - Google
 
 
  坂本竜馬に憧れて、よさこい高知!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近江屋事件!坂本竜馬暗殺の真犯人は誰なのか!?
 
 
  坂本龍馬のニュース検索結果 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坂本龍馬のニュース検索結果 - Google
 
 
  龍馬写真館  写真で綴る坂本龍馬の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  写真で綴る坂本龍馬の世界。 その生涯と幕末維新
 
 
  坂本龍馬(さかもとりょうま)の近江屋暗殺事件   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世に言う近江屋事件(おうみやじけん)は、幕末・慶応三年の末に海援隊隊長・坂本龍馬(さかもとりょうま)と陸援隊隊長・中岡慎太郎が京都河原町近江屋井口新助邸に於いて暗殺された事件の事を言い、京都見廻組の仕業であるとされる。
 
 
  YouTube - 坂本竜馬(龍馬)の名言集・格言集動画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 坂本竜馬(龍馬)の名言集・格言集動画
 
 
  幕末の混乱期を疾風のように駆け抜けていった坂本龍馬。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一介の下級武士の家に二男として生まれながら、日本を動かす人間になろうという大きな志しを抱いて、江戸で剣術や学問を学び、保守的な藩の思想に嫌気がさして幾度となく脱藩を繰り返し、終生自由人であろとした坂本龍馬。
 
 
   「龍馬は左腕に傷負い、逃げた」 寺田屋事件の報告書発見   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   坂本龍馬が京都の旅館で伏見奉行所に襲撃された「寺田屋事件」で、龍馬がけがをし逃走したことなどを記した京都所司代への報告文書が見つかり、高知県立坂本龍馬記念館が15日、発表した。京都所司代は幕府の西国支配の中枢を担った重要機関の長官で、同事件で幕府側の史料が見つかったのは初めてという。
 
 
  NHK「龍馬伝」   2010年の大河ドラマは坂本龍馬の生涯を描きます   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2010年の大河ドラマ「龍馬伝」。物語の主人公・坂本龍馬を福山雅治さんが演じることになりました。 2009年8月にクランクイン、2010年1月から1年間の放送を予定しています。どうぞご期待ください!
 
 
  ニューヨークに竜馬館を 財団設立、募金活動へ (2012/3/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  竜馬あこがれの地に記念館を作ろう-。坂本竜馬の人生や思想を世界に伝えようと、「ニューヨークRYOMAミュージアム(仮称)」の設立を目指す活動が高知市で始まった。今月20日に「坂本竜馬財団」を設立し、記念シンポジウムを開催。4月以降全国で募金活動を本格化する。 発起人の1人で、県立坂本竜馬記念館(高知市)の森健志郎館長(70)によると、ミュージアムでは海外に強いあこがれを持っていたとされる竜馬のゆかりの品のほか、人生や功績を紹介するパネルを展示。アーティストらが竜馬をテーマに制作した書や絵画なども展示し、「竜馬精神」を感じ取ってもらう。
 
 
  坂本龍馬の「幻の愛刀」見つかる (2015/9/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  16日、坂本龍馬の「幻の愛刀」を坂本家の関係者が保管していたことが判明/1929年に東京で展示されて以来、行方が分からなくなっていたという/高知県立坂本龍馬記念館で11月、86年ぶりに公開されるとのこと。
 
 
  坂本龍馬、暗殺前の行動で新資料 (2015/9/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  暗殺直前の坂本龍馬に関する新たな記録が、20日に発表された/龍馬が雪深い陸路を通って福井から京都に戻っていた、というもの/龍馬は暗殺時に風邪をひいており、福井行きで体調を崩した可能性があるそう。
 
 
  坂本龍馬 やはり剣の達人だった (2015/10/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北辰一刀流の免許皆伝書を坂本龍馬が取得していたと示す文書が見つかった/証言などから龍馬は剣の達人だとする説がある一方、疑問視する説もあった/剣の達人だったことを裏付ける貴重な史料になるとみられる。
 
 
  「龍馬、やっぱり強かった」 北辰一刀流免状は実物 (2015/11/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末の志士、坂本龍馬が、剣豪・千葉周作が創始した「北辰(ほくしん)一刀流」の免状を取得していたことを示す「北辰一刀流長刀兵法(ちょうとうへいほう)目録」が実物と判明し、京都市東山区の京都国立博物館で7日、十数年ぶりに報道陣向けに公開された。目録の存在は知られていたが平成12年以降、所在不明だったという。 龍馬が千葉一門の道場で剣術を学んだことを裏付ける貴重な資料で、同博物館の宮川禎一室長は「龍馬が実際に強かったことを示す直接的な証拠。ファンなら泣いて喜ぶはず」と話した。…
 
 
  坂本龍馬 なぎなた免状は本物と判明 (201511/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  行方が分からなくなっていた幕末の志士、坂本龍馬の北辰一刀流の免状が見つかり、本物であることが確認されました。…
 
 
  坂本龍馬は手紙の達人だった!「気遣い上手でユーモアにあふれ、戦略家の顔も」 (2017/4/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  坂本龍馬が暗殺される5日前に書いた書状が新たに見つかり話題を集めている/龍馬の文字は"案外下手"という感想が主流だったが、今回の発見で字がうまいと証明/龍馬の手紙は140通余りあり、姉や姪にあてたものに人柄がよく表れているという。
 
 
  坂本龍馬「大笑」、寺田事件経緯記した手紙を【初公開】 (2017/8/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末の志士・坂本龍馬が1866年(慶応2年)、伏見奉行所の役人に襲撃された「寺田屋事件」の経緯を家族宛てに記した手紙が26日、高知市の県立高知城歴史博物館で初めて一般公開された。 10月23日まで。 縦25センチ、横24〜34センチの計6枚で、末尾に「十二月四日」の日付と龍馬の署名がある。手紙には、事件の一報を聞いた西郷吉之助(隆盛)が短銃に弾を込めて救助に向かおうとしたことや、龍馬が伏見の薩摩藩屋敷に逃れた後、西郷や小松帯刀(たてわき)らと事件について話し、「大笑」したことなどがつづられている。…
 
 
山岡鉄舟.1836
山岡鉄舟 (Wikipedia)
  山岡鉄舟 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山岡 鉄舟(鐵舟)(やまおか てっしゅう、天保7年(1836年7月23日) - 明治21年(1888年7月19日)は、武士・幕臣、政治家、思想家。爵位は子爵。剣、禅、書の達人としても知られる。一刀正伝無刀流の開祖。勝海舟、高橋泥舟とともに「幕末の三舟」と称される。 西郷との談判において江戸開城の基本条件について合意を取り付けることに成功。その行動力は、西郷をして「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と賞賛させた。
 
 
  山岡鉄舟   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鉄舟ははじめ、槍・剣・禅・軍学を学び、ついで北辰一刀流の千葉周作の門に入って修行し、一流を案出して無刀流と名づけた。そして道場「春風館」を設立して門弟を指導した。
 
 
  山岡鉄舟研究会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山岡鉄舟研究会とは、日本自身が大改革を遂げた明治維新、その最も重要な分岐点であった江戸無血開城、それを実質的に成し遂げた偉人「山岡鉄舟」という人物を研究する会です。
 
 
  小川山岡鉄舟会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山岡鉄舟の書は、二葉をはじめ小川町の多くのお宅に残っており、平成3年に小川町で鉄舟の書の展覧会を開催しましたところ100点余りが集まりました。二葉所蔵の一部をご覧ください。
 
 
  武士道の系譜『山岡鉄舟』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イヤ生命(いのち)もいらぬ、名もいらぬ、金もいらぬ、と云つた様な始末に困る人です (西郷隆盛)… 勝海舟によると、そう西郷隆盛はことばを継いだ。「始末に困る人」とは山岡鉄舟。引用されることも多い西郷のこの名言は、幕末と明治維新を分ける江戸城明け渡し交渉のなかから生まれた。
 
 
  幕末維新新選組  山岡鉄舟   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天保7年6月10日、江戸600石の旗本、御蔵奉行小野朝右衛門の五男に生まれる。通称は鉄太郎。9歳の頃から新陰流久須美閉適斎祐義に学び、弘化2年8月、父に伴われて飛騨高山に移住し、嘉永4年、京都に滞在していた北辰一刀流の井上八郎清虎を父朝右衛門が招聘し鉄太郎はこの井上清虎から学んだ。
 
 
  全生庵  山岡鉄舟ゆかりの寺   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  全生庵は山岡鉄舟居士が徳川幕末・明治維新の際、国事に殉じた人々の菩提を弔うために明治十六年に建立した。尚、居士との因縁で落語家の三遊亭円朝の墓所があり円朝遣愛の幽霊画五十幅 明治大正名筆の観音画百幅が所蔵されている。
 
 
  山岡鉄舟(一) 禅と東洋の心   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  海舟・南洲・鉄舟の三人の交友は、無我・至誠の人間関係の好箇の見本であり、そこには日本人のあるべき姿を見て取れるであろう。その中でも剣・禅・書の極意を極めた鉄舟のずば抜けた境涯には、他の二人とも及ばぬものを感じていたようである。
 
 
  山岡鉄舟  YAMAOKA Tesshu   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山岡鉄舟先生は、明治維新のハイライトといわれる江戸城無血開城の立役者で、西郷隆盛と勝海舟のトップ会談を実現させ、江戸を戦火から救った幕臣です。 西郷隆盛をして「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と賞賛させ、鉄舟先生の活躍に感銘を受けた西郷は、その後自らも無欲を貫いたと言われています。
 
 
  山岡鉄舟 (やまおかてっしゅう)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  次郎長に最も影響を与えた人物は誰かと聞かれれば、10人のうち10人までが山岡鉄舟と答えるだろう。 たしかに剣禅一如の人鉄舟は、明治の次郎長の生き方に大きく関わった。しかし私は、影響を与えたのは鉄舟の側からではなく、むしろ次郎長の方からだと言いたい。
 
 
  山岡鉄舟 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山岡 鉄舟(鐵舟)(やまおか てっしゅう、天保7年6月10日(1836年7月23日) - 明治21年(1888年)7月19日)は、日本の武士・幕臣、政治家、思想家。剣、禅、書の達人としても知られる。鉄舟は号、他に一楽斎。通称は鉄太郎(鐵太郎)。諱は高歩(たかゆき)。浅利義明門下の剣客で、一刀正伝無刀流(無刀流)の開祖。勝海舟、高橋泥舟とともに「幕末の三舟」と称される。
 
 
  山岡鉄舟  画像検索 -Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山岡鉄舟  画像検索 -Google
 
 
  山岡鉄舟 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「生命も名も、金もいらぬ始末に困る人なり」。西郷隆盛を感嘆させ、江戸無血開城を実現させた山岡鉄舟。無私無欲を究め、多士済々の幕末で特異の輝きを放った男の生涯を力強い筆致で辿る異色人物伝。
 
 
  山岡鉄舟 新装 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  剣術と書、禅に優れた巨漢、山岡鉄舟を全て網羅している。 勝海舟が江戸で西郷隆盛と会見する前、静岡まで単独で官軍の陣へ出向いて西郷に江戸総攻撃を思いとどまらせる。これを読んでみると「勝海舟が功績を独り占め?」という思いが否めない。山岡が居なかったら勝海舟は西郷に貫録負けし、江戸は救われなかったかもしれない。
 
 
加藤弘之.1836
加藤弘之 (Wikipedia)
  加藤弘之 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加藤 弘之(かとう ひろゆき、1836年8月5日(天保7年) - 1916年2月9日(大正5年)は、政治学者、教育家、官僚。勲等は勲一等。爵位は男爵。学位は文学博士(1888年)、法学博士(1905年)。東京学士会院会長、東京大学綜理、帝国大学総長、貴族院議員、帝国学士院院長、枢密顧問官などを歴任した。外様大名の出石藩の藩士の子に生まれ、学門一筋で精進して幕臣から維新後は新政府に仕える身となる。東京大学の事実上の初代学長を務め、帝国大学に改制後も再び第二代総長を務めた。
 
 
  加藤弘之年譜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加藤弘之年譜 : 1836(天保7) 6.23  但馬国出石藩士加藤正照長男として生まれる 幼名土代士(とよし)・弘蔵  1890.5  帝国大学総長となる[54歳]  1901  東京帝国大学名誉教授となる[65歳]  1916.2. 9  死去、享年80 葬儀は故人の意志により特定の宗教の儀式によらずに青山斎場で行われた
 
 
  16 加藤弘之の「転向」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京大学初代総理加藤弘之は、但馬出石藩の出身。オランダ語、ついでドイツ語を学んで蕃書調所教官に任ぜられ、維新後は大学大丞、侍読、元老院議官を経て、明治10年、再び東京大学に戻り、以後、明治19年に帝国大学となるまで、総理として初期の東京大学の運営に携わった。
 
 
  加藤弘之【かとうひろゆき】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生い立ち : 加藤弘之は天保7年(1836)6月23日、豊岡市出石町谷山に、出石藩用人・加藤正照の長男として生まれました。10歳になった加藤は藩校弘道館に通って朱子学を中心とした儒学を学びましたが、兵学師範の子としては兵学も学ぶ必要があり、練兵・武術の手ほどきも受けました。/明治維新の担い手
 
 
  加藤弘之  近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  兵庫生まれ。政治学者。父は出石藩士。佐久間象山、大木仲益(のち坪井為春)らに入門、蘭学を学ぶ。蕃書調所教授手伝となりドイツ学を研究。明治維新後政府へ出仕、外務大丞等を歴任。明治10年(1877)東京大学法・理・文学部綜理、14年(1881)東京大学綜理。元老院議官、帝国大学総長を歴任し、23年(1890)貴族院議員勅選。33年
 
 
  加藤弘之 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1836年8月5日(天保7年6月23日) - 1916年(大正5年)2月9日)は日本の政治学者。
 
 
  加藤弘之 作家別作品リスト:No.1317   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品 進化学より見たる哲学
 
 
  加藤弘之 (人物叢書) (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初代の東京大学学長、学士院院長などの肩書をもち思想界・法曹界に君臨、一世に感化を与えた明治時代最大の学傑。その論争家としての立場は官界・政界をバックとし、天賦人権論からダーウィニズムへの転向は、明治政治史の動向を側面からみるものとして興味深い。人物史としても思想史としても好適。
 
 
徳川慶喜.1837
徳川慶喜 (Wikipedia) 実際に徳川慶喜が撮影した写真 そして、油絵。慶喜の腕前はこちら。
  徳川慶喜 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳川 慶喜(とくがわ よしのぶ)は、御三卿・一橋徳川家の第9代当主。江戸幕府第15代征夷大将軍。大政奉還や江戸城明け渡しなどを行なった。内大臣。従一位勲一等公爵。貴族院議員。安政5年(1858年)に大老となった井伊直弼の裁定で将軍継嗣は徳川慶福と決したが、その2年後の桜田門外の変における井伊の死を受け、「徳川慶喜を将軍後見職に登用すべし」という孝明天皇の勅命が下される。… 慶応3年(1867年)10月14日、慶喜は政権返上を明治天皇に上奏し、翌日勅許された(大政奉還)。
 
 
  徳川慶喜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  <1837〜1913年 江戸幕府第15代将軍> 水戸藩主徳川斉昭の7男。1847年御三卿のひとつ一橋家を継いだ。62年将軍後見職、66年将軍家茂の死により15代将軍となった。
 
 
  徳川慶喜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水戸藩主徳川斎昭の七男。弘化四年(1847)一橋家を継ぐ。将軍家定の継嗣問題では、いわゆる一橋派に擁立され、井伊直弼らの南紀派の推す家茂と争って敗れた。安政の大獄のおりに隠居謹慎を命じられたが、井伊の死後許された。
 
 
  徳川慶喜という人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末期にはあまたの魅力的な人物が出現しているが,徳川幕府第15代将軍徳川(一橋)慶喜ほど評価の難しい人物はないであろう.英明なのか愚鈍なのか,一本気なのか優柔不断なのか,見る視線によって評価が180度変わってしまうからである. 徳川慶喜の大坂城脱出が戊辰戦争のターニングポイントだったというのは有力な説であろう.
 
 
  徳川慶喜なるほど話   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平成10年の大河ドラマ「徳川慶喜」の放送に合わせて、毎週放送内容にちなんだ「なるほど話」を小話形式で紹介したものです。 20年の大河ドラマ「篤姫」との関連でお読みくだされば幸いです。
 
 
  徳川慶喜家 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳川慶喜家(とくがわよしのぶけ)は、最後の征夷大将軍である徳川将軍家十五代当主徳川慶喜が明治維新ののち蟄居していたのを許され、宗家(将軍家)から別家として改めて公爵を授けられたことによって始まる家である。邸宅は東京市小石川区大六天(現在の東京都文京区)に所在した。 慶喜は大政奉還を行ったが、鳥羽・伏見の戦いで敗れて蟄居。1868年、田安徳川家の亀之助(徳川家達)に家督を譲り、宗家が新政府によって封ぜられた静岡で隠棲生活を送る。
 
 
  最後の将軍 徳川慶喜公   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ア・ラ・カルト/ 慶喜公 年譜/水戸から見た関連年表/特集『蔵』平成9年度『徳川慶喜公---その歴史上の功績』
 
 
  徳川慶喜 - あしたね年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ウェブサイト上の情報を調べて見出し情報をまとめた検索結果ページです。
 
 
  徳川慶喜 - 発見!!いばらき   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳川幕府最後の将軍(第15代)。維新の動乱期に将軍となり大政奉還を行う。   第14代将軍候補/将軍後見職として復権/慶喜、将軍となる/大政奉還と王政復古/鳥羽・伏見の戦い/関連情報へのリンク
 
 
  徳川慶喜終焉の地 - 文京区   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳川慶喜(1837〜1913)は、水戸徳川藩主斉明の子として江戸上屋敷(現在の後楽園)で生まれ、一橋家の家督を継ぎ、慶応2年(1866)15代将軍に就任。 翌年、大政を奉還したが、鳥羽伏見の戦とそれに続く江戸開府の後、恭順の意を表し、水戸にて謹慎の後駿府に隠棲した。 明治30年東京に戻り、同34年この地に移り住み、もっぱら趣味の世界に生きたという。
 
 
  徳川慶喜 とくがわ・よしのぶ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  茨城県水戸市 千波湖でお会いしました。 父は水戸藩主の斉昭。母は貞芳院。斉昭の七男として小石川上屋敷で生まれる。幼名は七郎麿。 弘化4年(1847年)第12代将軍家慶いえよしの寵愛を受けて御三卿の一橋家を相続。 嘉永6年(1853年)将軍に就任した13代家定は病弱で、将軍継嗣が重大な政治問題に発展し、慶喜を擁立する一橋家と和歌山藩主の徳川慶福よしとみを擁立する南紀派との対立が激化しました。
 
 
  徳川 慶喜(とくがわ よしのぶ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸水戸藩邸(小石川)に生まれる。徳川15代将軍、最後の征夷大将軍。 諱:昭致、慶喜。字:子邦。幼名:七郎麿。通称:刑部卿。雅号:興山。 父は水戸藩主徳川斉昭、母は有栖川宮織仁親王王女吉子(登美宮)、七男。 弘化4(1847)年9月一橋家を相続。
 
 
  徳川慶喜  近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京生まれ。江戸幕府第15代将軍。父は水戸藩主徳川斉昭。弘化4年(1847)一橋家を相続。第13代将軍家定の継嗣をめぐり、和歌山藩主徳川慶福を推す井伊直弼と対立。日米修好通商条約調印問題も絡み合い、安政の大獄で謹慎処分を受ける。文久2年(1862)朝命により将軍後見職となり、幕政改革を推進。慶応2年(1866)第15代将軍となる。高知藩の建白により翌年10月、大政奉還を行い、徳川家の復権を図るも、倒幕派に敗れ恭順、謹慎。維新後の明治2年(1869)謹慎を解かれるが駿府に居住。
 
 
  徳川慶喜家当主 徳川慶朝さん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1950年、徳川15代将軍慶喜公の曾孫として生まれる。現在は、旧公爵徳川慶喜家の当主。20年間、広告制作会社のカメラマンとして活躍後独立。現在はフリーランスとして徳川家の歴史的建造物やゆかりの地を撮り続けている
 
 
  徳川慶喜(一橋慶喜)の略年譜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳川慶喜(一橋慶喜)の略年譜
 
 
  徳川慶喜Q&A - 茨城県立歴史館]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳川慶喜誕生/徳川慶喜一橋家を継ぐ/徳川慶喜15代将軍となる/徳川慶喜大政奉還する/徳川慶喜と戊辰戦争/徳川慶喜水戸へ謹慎する/徳川慶喜静岡へ謹慎する/徳川慶喜東京へ移る/徳川慶喜逝去/徳川慶喜の趣味,才能,学問/徳川慶喜をめぐる人々/徳川慶喜と茨城県内との関係/徳川慶喜と文化財/その他
 
 
  徳川慶喜 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳川 慶喜(とくがわ よしのぶ)は、江戸幕府第15代征夷大将軍(将軍在職:慶応2年12月5日(1867年1月10日) - 慶応3年12月9日(1868年1月3日))。御三卿・一橋徳川家の第9代当主。唯一、将軍としての執務を江戸城で行なわなかったほか、大政奉還や新政府軍への江戸城無血開城などを行なった江戸幕府最後の将軍。従一位勲一等公爵。
 
 
  徳川慶喜墓所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1998年正月から始まったNHKの大河ドラマの主人公徳川慶喜(よしのぶ,ケイキ)のお墓です。
 
 
  徳川慶喜 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳川慶喜 画像検索 - Google
 
 
  YouTube - 大河ドラマ「徳川慶喜」 池田屋騒動5−2 本木 雅弘   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 大河ドラマ「徳川慶喜」 池田屋騒動5−2 本木 雅弘
 
 
  徳川慶喜(1) (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  激動の幕末から維新を“水戸精神”で生きた最後の徳川将軍慶喜の苦渋にみちた半生──。黒船の来航は、長い間鎖国を続けてきた日本を動揺の渦に巻きこんだ。幕府は開国派と攘夷派の対立が深まり、将軍継嗣問題も持ち上がって、超非情事態を迎える破目となる。この時の流れに、慶喜の胸中を走るものは……。
 
 
  最後の将軍―徳川慶喜 (文庫)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  若年の頃から周囲の期待を一身に集めながら、就任後わずか二年で自ら幕府を葬ることになった将軍の悲劇。活字を大きくした新装版
 
 
  徳川慶喜を見た 105歳女性に騒然 (2015/7/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  15日の「水曜日のダウンタウン」に、105歳の女性が出演した/番組で女性は、徳川慶喜(1837−1913)を生で見たことがあると発言/ネット上からは「すげえwww」「まさに生き字引」などの声が上がった。
 
 
  【写真あり】徳川幕府最後の将軍が、意外と余生をエンジョイしていた【教科書に載ってない】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  徳川幕府最後の将軍といえば、徳川慶喜。 徳川慶喜は大正2年、いまから99年前まで生きていました。実は明治維新後の人生の方が長かった徳川慶喜の、“その後”は意外なものなんです。 在位わずか一年で幕府が崩壊。死罪必至でしたが、勝海舟らの交渉でなんとか免れました。さて、その後、慶喜は明治&#12316;大正時代にどんな人生を送っていたのか? 最後の将軍は趣味に生きました。 本当に多彩な趣味を持っていたのですが、たとえば、写真撮影。…
 
 
  徳川慶朝 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
板垣退助.1837
板垣退助 (Wikipedia)
  板垣退助 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  板垣 退助(いたがき たいすけ、天保8年(1837年5月21日) - 大正8年(1919年7月16日)は、武士(土佐藩士)、政治家。幼名は猪之助。位階勲等は従一位勲一等。爵位は伯爵。自由党総理。自由民権運動の主導者として知られ、一般庶民から圧倒的な支持を受けていた。高知城下(現・高知市)に土佐藩士・乾(いぬい)栄六正成の長男として生まれた。自らの命を狙われたとき(岐阜遭難事件)板垣が刺客に対して発したという「板垣死すとも自由は死せず」はあまりに有名である(諸説あり)。
 
 
  板垣退助  年表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  baku 幕末年表 matu より 板垣退助の名前が出ている項目を抜粋しました。
 
 
  板垣退助 - Web高知   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  板垣退助は、現在高知市本町にある高野寺が建っている場所で、藩士、乾正成の長男として生まれました。参政(藩の政治・経済の中心となって差配する立場で、現在の会社に例えると取締役の様なもの)の吉田東洋の推薦もあり、土佐藩の様々な重職を経験していきます。明治14年(1881年)には、自由党の初代総理となりました。退助は時代が大きく揺れ動こうとしている時代に生まれ、また時代の流れを築いた人物でもあります。
 
 
  板垣退助 - 高知県 偉人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧