雅楽全般

058 【楽曲】 クラシック/オーケストラ/指揮者/偉大な作曲家
賛美歌全般
  このコーナーでは、クラシック・ジャズ・ブルース・ポップス・シャンソン・ホークソング・ロックなどをご紹介しています。メロディー付きのホームページがたくさんありますから、選曲するにも大変便利です。(一部、制作中)
 

クラシック オーケストラ 偉大な作曲家 ヴィヴァルディ.1678 ヘンデル.1685 バッハ.1685
ハイドン.1732 モーツアルト.1756 ベートーヴェン.1770 シューベルト.1797 メンデルスゾーン.1809 ショパン.1810
シューマン.1810 リスト.1811 ワーグナー.1813 ヴェルディ.1813 エドゥアール・ラロ.1823 ブラームス.1833
チャイコフスキー.1840 ドヴォルザーク.1841 ドビュッシー.1862 バルトーク.1881 パガニーニ.1782 スメタナ.1824
ブルックナー.1824 ヨハン・シュトラウス2世 ムゾルグスキー.1839 グリーグ.1843 プッチーニ.1858 マーラー.1860
指揮者 朝比奈隆.1908/ 小澤征爾.1935 西本智実.1970 垣内悠希.1978 山田和樹.1979
三ツ橋敬子.1980 佐渡裕.1961/ クラシック演奏 リコーダー演奏 讃美歌 全国大学管弦楽団
← 057 【楽曲◆暸〆郢譟作曲      059 【楽曲ぁ暸.團▲縫好 → 
TOP >  g 楽曲 > 058 【楽曲】 クラシック/オーケストラ/指揮者/偉大な作曲家 >  
       
クラシック
  クラシック音楽 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クラシック音楽(―おんがく)とは古典である音楽のことであるが、一般には西洋の伝統音楽を指して言う。「クラシック音楽」と言う時、暗黙の前提として西洋の伝統な宗教音楽や宮廷音楽の系譜に連なる芸術音楽を指す。
 
 
  古典派音楽 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古典派音楽(こてんはおんがく)は、クラシック音楽の歴史において、1730年代から1810年代まで続いた時期の芸術音楽の総称である。   クラシック音楽:作曲家/音楽史/楽器/一覧/音楽理論・用語/演奏形態/クラシック音楽 ポータル/クラシック音楽 プロジェクト/クラシック音楽 カテゴリ
 
 
  ClassicAir   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このデータベースはクラシック音楽及びバレエなどの関する情報を集めたものです。外国語の表記に関しては出来る限り、原語表記を心がけたいと思いますが、WEB上での表現が困難なものに関しては、代替表記や他の言語(主に英語・独語等)に変更して表記している場合があります。また、初期にエントリーしたデータに関しては、独語の表記のウムラウトなどが代替表記になっているものもあります。
 
 
  音楽に挑む   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  音楽と一言に言いますが、「音楽に挑む」では主にクラシック音楽についてです。 父が厳しかったので、わたしは余りテレビを見せて貰えなかった。その為テレビで見るような歌手という存在を良く知りませんでした。バレエを習う以前からクラシックには興味があったのだが、習い始めてからはお稽古や踊りで使うクラシック音楽に慣れ親しむことになり、急速にクラシックの道(聴くことのみ)を進むことになる。今は普通の人よりテレビを見る堕落した生活を送る私ですからクラシックのみでは全く無いのですが、やっぱクラシックは特別。
 
 
  MIDI展示室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  MIDI形式の音楽データを用意しました。MIDIに対応した音源があれば聴くことができますので,お楽しみ下さい。  ハイドン/モーツアルト/ベートーヴェン/チャイコフスキー/ドヴォルザーク/その他
 
 
  音楽豆知識   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一口に<クラシック音楽>と呼ばれる音楽には、たくさんの種類があります。  クラシック音楽の種類/西洋音楽の歴史(参考:簡易年表)/交響曲/ソナタ形式/スケルツォ/ロンド形式/平原綾香の「木星(ジュピター)」について
 
 
  Midi Classics   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  はじめに このホームページをご覧いただきありがとうございます。 このホームページは音楽と映像を楽しむために作りました。インターネット上の名曲アルバムにしていきたいと思っています。お茶でも飲みながらご覧いただければ幸いです。ギャラリーページには各作曲家別にページがあり、そこから画像とともにファイルがお聴きいただけます。 また、フリー素材ページには、ホームページのBGM用にお使いいただけるファイルがあります。その他、楽しいページがいくつかあります。ぜひご覧になってください。
 
 
  ★CLASSICA   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  CLASSICA - Classical Music News and Links は、クラシック音楽ファンのためのウェブマガジンです。主要関連サイトへのリンク集と駄文&情報系記事を中心としています。1995年8月21日に開設。個人による運営ですが、国内最大規模のクラシック音楽関連サイトを自負しております。ご感想、情報提供のメールは大歓迎。
 
 
  作曲家の頭痛   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヒルデガルド・フォン・ビンゲン 史上最初の女性作曲家/ハイドン 几帳面が生んだ頭痛/モーツァルト 頭痛に苦しみながらレクイエムを作曲/ルートウィヒ・ファン・ベートーベン 鉛中毒で死亡? /メンデルスゾーン 頭痛で突然死/ブルックナー  うつ病の頭痛? /チャイコフスキー うつ病による頭痛に悩んだ天才作曲家/マーラー アスピリンで治療していた頭痛もち/ラベル 奇しき因縁=ラベルとガーシュイン/ガーシュイン 駆逐艦を出動させた頭痛/ほかに/最後
 
 
  ショップ ジャパン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  豊富なクラシック音源の中から、『癒し』の名曲235曲を収録。
 
 
  机の上の交響楽   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  無料クラシック音楽MP3&MIDI配信サイト  管理人がMIDIとサンプラーでつくったクラシックの名曲・秘曲・珍曲のMP3、MIDIなどが100曲ほどダウンロードできます。(管理人自身のフルートの録音も少し。)また初心者のためのフルートコーナーもあります。お楽しみいただければさいわいです。
 
 
  クラシック音楽館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このページは,クラシック音楽について,親しんだり理解を深めたりできるようにと願って作成しました。 クラシック音楽の主要な作曲家の作風についての解説/各作曲家別の掲示板 その作曲家の作品についての話題,思い出などがあれば,書き込んでくださると嬉しいです。/クラシック音楽の曲についての解説/鑑賞用MIDIデータ((♪)マークの付いた曲)
 
 
  曲目解説のページ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  演奏会にはプログラムがつきもので、プログラムには曲目解説がつきものです。ぼくは1990年ごろから6年ほど、毎回のプログラムの曲目解説を書いてきました。ぼくの所属している横浜交響楽団は、年に8回の定期演奏会を開いているので、6年間で50回ほど、曲目にして150曲ほどの解説を書いてきたことになります。
 
 
  雉無名の音楽空間   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  とっておきのクラシック:自分が「これぞ!」と思うお気に入りのクラシック曲を紹介するページです。 メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲  アッテルベリの音楽  雉無名の音楽作品集  雉無名の書架より
 
 
  ふれあいトリオ.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ふれあいトリオがコンサートやCDで取り上げている作品の解説です。
 
 
  クラシック・ニュース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  メロディが聴こえるwebサイト クラシック・ニュース/おすすめ!コンサート情報/いい音 DE クラシック/わかばマーク全員集合/海外ニュース/クラシック 新譜・新刊ニュース/クラシック リンク集
 
 
  交響曲データベース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  音楽データベースに交響曲データを登録している作曲家は以下のとおりです。
 
 
  テーマは音楽 (MIDI)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バッハ、モーツァルトをはじめおよそ50曲のクラシックのMIDIがあります。ごゆっくりどうぞ。  MIDI(ミディ)とは、Musical Instrument Digital Interface の略称、楽器(音源)とコンピュータ間で演奏情報や音色情報などをやりとりするために定められた世界統一の規格。
 
 
  クラシック音楽の風景   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クラシック音楽との出会い/音楽の風景  ヘンデル「ハープ協奏曲」 ♪♪演奏者は「私のCD・LP目録」をご覧下さい♪♪ Real Playerでお聞き下さい。無償でダウンロードできます
 
 
  クラシック音楽研究所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  とかく敷居が高いと言われるクラシック音楽の森にどのようにどのように分け入っていけば良いのでしょうか。 やはり最初に出会った曲というのは大きな意味を持ちます。それは「クラシック原体験」としていつまでも残るのですから。
 
 
  musiquest 「音楽探求」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  音楽文叢/クラシック楽曲解説/私の好きなもの/2005年度の授業/その他/掲示板
 
 
  クラシック音楽の豆知識   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クラシック音楽を楽しむための情報を集めたポータルサイト。クラシック音楽基礎知識。クラシック音楽の楽器。クラシック音楽最新ニュース。クラシック音楽演奏家リンク。コンサートの楽しみ方等々。
 
 
  クラシック・データ資料館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このデータベースについて   クラシック関係の最も基礎的なデータを収集、公開するホームページです。おそらく、公共機関を除けば日本で最大のデータベースであろうと自負しています。基本的な部分に関しては誰でも参照、検索ができるようにしています。初めての方は以下のコメントをお読みください。パソコンを始めて10数年、膨大なデータがたまってきましたので、その一部を公開することにしました。その主要な部分は、1993年から希望者に個人的に有料配布してきたものとほぼ同一です。・・・
 
 
  アンサンブル・ヴォーチェ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Ensemble Voceは、オーケストラと合唱団を一体とした音楽集団をめざし、京都を拠点として1996年1月に結成。メインレパートリーは、ミサ、レクイエムなどの宗教曲。合唱団は、さまざまな職業で活躍中の社会人、主婦、学生など約60名で構成、月1回の練習を続けて来ました。
 
 
  クラシック (Hatena Diary)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クラシック(英:Classic、Classical)には「古典」という意味があり、一般的には西洋の伝統的な音楽を総称してクラシック音楽あるいは単にクラシックと呼んでいる。その多くはバロック期〜近代に作曲されたものであり、楽譜として伝承されている。したがって、クラシック音楽の演奏は再現芸術の一つである。なお現代音楽は古典ではないが、ほとんどのケースで楽譜を用いて演奏する再現芸術であるという点で、クラシックに近いスタイルの音楽ともいえる。なお、ジャズやポピュラー音楽などがクラシックの対語として認識される。
 
 
  クラシック・チケット掲示板   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クラシックコンサート、オペラ公演専用のチケット個人売買掲示板
 
 
  クラシック音楽情報センター   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  コンサート:コンサートカレンダー/演奏会・公演情報  アーティスト:邦人演奏家のプロモーション/海外のアーティスト  ホール:全国ホール・データベース  オーケストラ:日本のプロオーケストラ  CD情報:最新CD.LD情報/コンセール夕陽ヶ丘  弦楽器情報:ヴァイオリン製作者の工房  リンク:クラシック・キッズ音楽情報/リンク集  その他の音楽情報:楽器保険/メーリングリスト登録
 
 
  新版・クラシックの名曲・名盤   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  あまたある名曲・名盤から何をどう聴くか。好評を博した旧版の推薦盤のほか、曲目を大幅に増補、新発売のCDを加えて改訂した決定版。豊穰の音楽世界への新しい道案内。
 
 
  音楽史ミステリー探偵事務所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名曲の生まれる背景は謎に満ちています。例えば、チャイコフスキーの真の死因は何か?とか、 ハイドンの首をはねたのは誰か?とか、 ロッシーニはなぜ突然作曲家を辞めたか? とか……。わが探偵事務所は、そうした謎、疑問に一つ一つ綿密な調査を行い、その結果をここにレポートします。
 
 
  SYMPHONICA  Web Concert   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シンフォニカは音楽の森 森の精の食事は音楽です  ここで聴ける音楽は「音楽を一人でも多くの方へ」とミュージシャンからのプレゼントサウンドです。ここで聴いていただける演奏は第一線で活躍する演奏家から無償提供されているものです。 一度に聴かず、明日もお越し下さい。
 
 
  クラシック入門  Yahoo! MUSIC   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クラシック・ミュージックをもっと詳しく知りたい人にぴったり! 作曲家別に分けられた番組を聴いて、クラシック・ミュージックを極めるもよし。自分のツボを探すのもよし。
 
 
  のだめカンタービレからのクラシック入門   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「のだめカンタービレ」などのマンガからクラシック音楽に興味を持った人のための、クラシック入門情報   クラシックは難しい? 確かに簡単ではありません。でも、それは例えば「ロード・オブ・ザ・リング」のような大作を観るときには舞台設定や主要キャラクターの顔と名前が一致するぐらいの予備知識がないと楽しめないようなもので、それほど特殊な話ではないのです。最初にある程度の「お約束ごと」さえクリアしておけば、その向こうには数百年に渡って受け継がれてきた、奥のふかーい世界が広がっています。
 
 
  クラシック音楽これぞ名盤! 不滅の名盤   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クラシックの老舗雑誌「レコード芸術」誌、及び「クラシック 不滅の名盤1000」誌の協力で、21世紀にも聴きつがれて欲しい名曲名盤を選出しました。不滅の名盤クラシックCDと一緒に、映像で愉しむ名演の数々のクラシックDVD、クラシックの奥深さを知ることができる関連本も一緒にどうぞ。   交響曲 / 管弦楽曲 / 協奏曲 / 室内楽曲 / 器楽曲 / 歌劇・声楽曲
 
 
  クラシック BEST HITS 100 (Amazon.co.jp)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レビュー だれもが知るクラシック音楽100曲を4枚のCDに収め、2838円で提供するお買い得盤。4枚からなるCDのキーワードはそれぞれ「さわやか」「安らぎ」「ロマンティック」「ドラマティック」だ。美しいイメージで響きのよい言葉が選ばれている分、ひとつひとつが指し示す内容はやや漠然としている。そこで、私流の言い換えを試みた。お役に立てばさいわいである。まず、「さわやか編」から行ってみよう。柔らかな表現のヴィヴァルディ「春」、お行儀のよいハイドン「時計」に代表されるように、このセクションはおおむね上品な・・・
 
 
  クラシック音楽全集専門店 ムジカ・ジャパン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オリジナル企画のクラシック音楽全集、DVDコンサート集、ジャズコレクション等をご紹介
 
 
  Librarira Musica  ようこそ! クラシック音楽資料館へ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クラシック名曲の【 解説・CD評・演奏ガイド 】のページです。
 
 
  初めてのクラシック音楽:クラシック音楽の歴史と作曲家たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クラシック音楽を、もっと気楽に聴きませんか?胎教やリラックスに効果的なクラシック音楽は人気抜群です!あなたにも心に残っているクラシック音楽ってありますよね♭ それでは、私と一緒にクラシック音楽を楽しみましょう!
 
 
  Reinmusic クラシック MIDI ラインムジーク 〜調和のひととき〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  音楽素材としても使えるピアノ中心のクラシックMIDIが豊富です。また、著作権が切れた世界のうた、日本のうたを、ラインムジークオリジナル伴奏によるカラオケMIDIにしました。クラシックMIDI、うたのMIDI、オルゴールMIDI に掲載しているMIDIは全てフリー(無料)でダウンロードいただくことができます。 どうか、ごゆっくりお楽しみください♪
 
 
  レクイエム作曲家の一覧 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古今、多くの音楽家がレクイエムを作曲している。中でも、モーツァルト、ヴェルディ、フォーレのそれは3大レクイエムと呼ばれる。それぞれレクイエム (モーツァルト) 、レクイエム (ヴェルディ) 、レクイエム (フォーレ) を参照。 中世からバロックまで/古典派/ロマン派/近代音楽・現代音楽/日本人作曲家/構成と典礼文/入祭唱 (Introitus)/キリエ (Kyrie)/昇階唱 (Graduale) /詠唱 (Tractus)/続唱 (Sequentia)/怒りの日 (Dies iræ)/奇しきラッパの響き (Tuba mirum)/恐るべき御稜威の王 (Rex tremendæ)/思い出したまえ (Recordare)/呪われたもの (Confutatis)/涙の日 (Lacrimosa)/奉献唱 (Offertorium)/主イエス・キリスト (Domine Jesu)/賛美の生け贄と祈り (Hostias)/サンクトゥス (Sanctus)/聖なるかな (Sanctus)/祝福されますように (Benedictus)/神羊誦 (Agnus Dei)/聖体拝領唱 (Communio)/赦祷文 (Responsorium)/楽園へ (In Paradisum)/脚注/関連項目
 
 
  クラシック音楽の演奏家一覧 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クラシック音楽の演奏家一覧では、著名なクラシック音楽の演奏家を、楽器別、生年順に列挙する。  1 鍵盤楽器奏者 / 2 弦楽器奏者 / 3 管楽器奏者 / 4 打楽器奏者 / 5 声楽家 / 6 アジア人・ハンガリー人などの演奏家の欧文表記 / 7 脚注 / 8 関連項目
 
 
オーケストラ
この項目の下段に「オーケストラのブログ集」があります。
  オーケストラ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オーケストラ(管弦楽団、orchestra)とは、管弦楽曲、すなわち複数の弦楽器、管楽器および打楽器からなる編成による音楽を演奏するために組織された団体である。主にクラシック音楽を演奏する。  概論/オーケストラの歴史/オーケストラの組織/指揮者/用語
 
 
  財団法人 NHK交響楽団 (N響)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NHK交響楽団の歴史は、1926(大正15)年10月5日に日本初のプロ・オーケストラとして結成された新交響楽団に遡る。その後、日本交響楽団の名称を経て、1951(昭和26)年に日本放送協会(NHK)の支援を受けることとなり、NHK交響楽団と改称した。この間、ドイツからジョセフ・ローゼンストックを専任指揮者として迎え、日本を代表するオーケストラとしての基礎を築く。
 
 
  社団法人 日本オーケストラ連盟   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  我が国のオーケストラ運動は、明治時代に西洋文化をとり入れた時期にその端を発し、諸先達の情熱と努力によって受け継がれてきたが、今や全国で24団体のプロ・オーケストラが年間3000回以上の公演を行うようになった。・・・ 以後、プロ・オーケストラの運営に関する調査研究、交響楽に係る人材育成、国際交流など、公益性の高い事業を進めており、その実績が認められて、1995年1月31日、文部科学省(文化庁)より社団法人日本オーケストラ連盟の設立が許可された。
 
 
  社団法人 日本アマチュアオーケストラ連盟   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本アマチュアオーケストラ連盟は、1972年の設立以来、全国のアマチュアオーケストラ活動の活性化をめざし、地域に根ざした音楽活動を推進していきます。《音楽の広がりを》を合言葉に、青少年からシニアまで幅広い世代の仲間たちが演奏する喜びを分かち合うために、国内はもとより国際交流にも力を注いでいます。
 
 
  全国大学オーケストラ/管弦楽団 (Z-PLAZA)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  全国大学管弦楽団及び関連団体 - 都道府県別/五十音順 - 全260HP
 
 
  yahoo!検索  管弦楽団   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  yahoo!検索  管弦楽団
 
 
  交響曲の名曲・名盤 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ワルター指揮の「40番」が描くモーツァルトの幻想的な世界。また、クナッパーツブッシュの「第8」にはブルックナーの浄福の境地を聴く――。あまたのCDの中から音の豊穰・交響曲の名盤を選りすぐり、それらが作り出す音楽的感動の深さを語る。
 
 
  オーケストラのブログ集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オーケストラ人気ランキング
 
 
  YouTube - 高津市民オーケストラ市民公式チャンネル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 高津市民オーケストラ市民公式チャンネル
 
 
  YouTube - スプリングハーモニーオーケストラ練習状況/「十字軍の兵士シグール」、「ホルベアの時代より」〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - スプリングハーモニーオーケストラ練習状況/「十字軍の兵士シグール」、「ホルベアの時代より」〜
 
 
偉大な作曲家
  ・・・偉大な作曲家・・・   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  はい!偉大な作曲家のフルネームと生没年月日と出身国を紹介します。
 
 
  偉大な作曲家 - クラシック - 教えて!goo   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「偉大な作曲家」って、きっと、歴史を経てもなお「普遍性」が失われない作品を書いて、後の世の人も世界中で作品を聴くような、そんな作曲家のことですよね。 あまりにも人間の本質を描ききっているので、民族とか時代を超えて人の心に届くことができるような。…
 
 
  なぜ偉大な作曲家はドイツ人が多いのか? - OKWave   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いつも疑問に思っていたのですが一般に偉大とされる作曲家はバッハ、モーツアルト、ヴェートーヴェンとかだと思うのですがこの3人はみなドイツ人です。 素朴な疑問としてなぜドイツ人が多いのでしょうか?
 
 
  偉大なる作曲家シリーズ  ダイソー100円CD   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャケット裏等に"2001 P&C Mazur Media"の表示有り。音源はトビリシ響をはじめとしたMazur MediaのHDCレーベルと推定。
 
 
  偉大な作曲家たち Vol.3 ベートーヴェン [DVD]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NHK-BS系で放映、歴史に名を残す偉大な作曲家たちの生涯をわかりやすく紹介する「偉大な作曲家たち」シリーズ第3弾。本作はハイドン、ベートーヴェンと並ぶウィーン古典派三巨匠の一人であるモーツァルトの生涯を演奏と解説を交えて辿る。
 
 
  マーラーの館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世紀末の偉大な作曲家、グスタフ・マーラーの世界  作品リスト/マーラーの交響曲/マーラーの歌曲/マーラーの生涯/美術コレクション/アルマの部屋/マーラーの手紙/ベニスに死す/ヒトラーとマーラー/リンク/作品人気ランキング
 
 
  YouTube - アイドルマスター『偉大なる作曲家』(やよい)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - アイドルマスター『偉大なる作曲家』(やよい)
 
 
ヴィヴァルディ.1678
アントニオ・ヴィヴァルディ
  アントニオ・ヴィヴァルディ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントニオ・ヴィヴァルディ(Antonio Vivaldi, 1678年3月4日 - 1741年7月28日)はバロック末期の作曲家。イタリアのヴェネツィアに生まれ、オーストリアのヴィーンで没した。10歳のとき、サン・マルコ大聖堂 (Cappella di San Marco) の オーケストラにバイオリニスト見習いとして入団したのは、理髪師でバイオリニストでもあった父親の影響があったと思われる。
 
 
  ヴィヴァルディとは (Hatena Diary)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi (1678-1741) イタリアの作曲家、ヴァイオリニスト。各種ソロ楽器のための、またはオーケストラのための協奏曲、室内楽曲、カンタータ、教会音楽、オラトリオ、オペラなど、きわめて数多くの作品を多彩なジャンルに残した。最も有名な作品には、バイオリン協奏曲「四季」「調和の霊感」などがある。
 
 
  KAYO-NET  音楽の部屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヴィヴァルディとピアソラ「2つの四季」:この5月7日教育TVでヴィヴァルディとピアソラ「2つの四季」というめずらしい演奏があった。ヴァイオリンは、ギドン・クレメル、そしてクレメラータ・バルティカによる1999.2.18オーチャード・ホールでの録画である。
 
 
  ヴィヴァルディの生涯と作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヴィヴァルディVivaldi(1678-1741)は、理髪師兼サン・マルコ寺院のヴァイオリン奏者の父から手ほどきを受けたと思われる。父はオペラ劇場でもヴァイオリンを弾いていたので、後にヴィヴァルディがオペラの作曲家として活躍するきっかけになったろう。
 
 
  四季 (ヴィヴァルディ) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「四季」(イタリア語:Le Quattro Stagioni、英語表記はThe Four Seasons)は、イタリアの作曲家アントニオ・ヴィヴァルディによって作曲された、12曲から成るヴァイオリン協奏曲集《和声と創意への試み》 (Concerti a 4 e 5 "Il cimento dell'armonia e dell'inventzone") 作品8の内、第1曲から第4曲までの4曲「春」「夏」「秋」「冬」に付けられた総称である。ただし、ヴィヴァルディ自身による命名ではない。
 
 
  「四季」は”春”だけではないのです   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「四季」といえば、名曲中の名曲として知られています。題名を聞くだけで、メロディが頭の中に浮かんでくるほどです。しかし、そこに浮かんでくるのは、「春」の冒頭のメロディ、という人が殆どではないでしょうか。確かに、そのメロディは、美しく、親しみやすいことにかけて、史上最高クラスと言えます。でも、「四季」には夏も秋も冬もあります。このうち、「冬」の第2楽章「ラルゴ」を聴いてください。
 
 
  ヴィヴァルディの日本語文献について    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Antonio Vivaldi(1678-1741)に関する日本語で書かれた伝記や作品解説等の類はあまり多くなく、しかも刊行が古くて古書でしか手に入らない物が多いのが現状です。以下に私が知る限りの本を列挙しますが、私も全部持っているわけではありません。
 
 
  新明解のページ - ヴィヴァルディの話   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私が最初に聴いたヴィヴァルディの曲はやっぱり「四季」だった。それは、多分、中学の音楽の授業で聴いたのが初めてだったと思う。そもそも、私がクラシック音楽自体に興味を持ったのは、音楽の授業のおかげである。当時、家族や、友人に、クラシック音楽に、特別関心がある人が全くいなかった。もし、学校の音楽の授業で、クラシック音楽を流すことがなかったなら、私は、決して、ヴィヴァルディファンになっていることはなかったと思う。
 
 
  Antonio Vivaldi アントニオ・ビバルディ/イタリア   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クラシックだけでなくポップ・ミュージックの世界でも知られる「四季」を作った作家。1678年、ベネチアに生まれる。「赤毛の司祭」と呼ばれたバロック期の重要人物で、バイオリンの名手としても知られた。サン・マルコ大聖堂のバイオリニストだった父(Giovanni Battista Vivaldi)に音楽を教わり、1703年(15歳)に聖職に就き1703年(25歳)で司祭にとなる。
 
 
  アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi (1678〜1741)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中学校の音楽に時間にヴィヴァルディの《四季》を学ぶ関係もあってか、現在はバロック時代の作曲家と言えばヴィヴァルディの名前が上がるような時代になっています。けれど、アントニオ・ヴィヴァルディ(1678〜1741)という作曲家の全貌については、まだまだ不明な点が多いのが現状です。
 
 
  ヴィヴァルディ貧困死の謎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  常にクラシック音楽のヒットチャートの上位にいる名曲「四季」を作曲したのはヴィヴァルディですが、彼はすでに生前から広く知られ、かの大バッハもヴィヴァルディの音楽を研究したといいます。ところが、です。私は妙なうわさを聞きました。 ヴィヴァルディはこれほど有名な作曲家だったのに、死んだ時には一文無しだったというではないですか。その噂は本当でしょうか? そんな変な話が、あるものなのでしょうか?
 
 
ヘンデル.1685
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
  ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich H&auml;ndel 1685年2月23日 - 1759年4月14日)は、ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。(イギリスに帰化していることから、英語名 George Frideric Handel に従い ジョージ・フリデリク・ハンドル(ハンデル) とでも呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとも考えられるが、日本では、専らドイツ名で知られ、ドイツの作曲家として扱われるのが例である。)大バッハと並ぶバロック音楽最大の作曲家とされ、「音楽の母」というキャッチフレーズが添えられることもある。
 
 
  ヘンデル研究   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘンデルについての団員の調べた資料をここに載せていきます。 ヘンデルの生涯:第4回演奏家に向かってバッハのミサ曲ロ短調を取り上げている間は、浅学を省みずほぼ毎月20回にわたってバッハやミサ曲ロ短調に関する資料を配布させてもらいましたが、今回もヘンデルの「メサイア」を取り上げるにあたって、何かのお役に立てればと思い、性懲りも私なりに書いてみることにしました。/ヘンデルの作品/メサイアのあらすじ/メサイアの誕生と演奏史
 
 
  ヘンデル御殿   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘンデルはドイツのハレで生まれましたが、青年期以降をロンドンで過ごし、イギリスに帰化までしています。ですから世界的にはゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルというよりジョージ・フリデリック・ハンデル(英語ですとア母音が濁りますので、実際にはヘンデルに近い発音になりますが)と呼ぶことの方が多いようです。
 
 
  ヘンデル試聴集    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘンデルはザクセン領ヴァイセンフェルス宮廷医師の家に生まれました。小さい頃から宮廷や教会で音楽を聴くチャンスに恵まれたヘンデルは、ハレの聖母マリア教会のオルガン奏者ツァッハウについて作曲とオルガンを学び、1702年にハレ大学法律科に入学したが、音楽も続けるためにハレ大聖堂でオルガンを務めました。
 
 
  Hallelujah! G.F.Handel   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘンデルは40曲のイタリア・オペラのあと、全面的に【英語オラトリオ】を作曲し、「メサイア」でバロック・オラトリオの頂点を築きました。オラトリオとは、聖書など宗教的題材を、独唱、合唱、管弦楽を用いて劇的に描き出すものですが、オペラのように演技や背景装置は伴いません。(宗教的題材によらない『世俗オラトリオ』もあり)
 
 
  ヘンデル [1685〜1759]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロンドンは、外国人(イギリス人から見て)が、活躍の場を、さらには富と名声を求めるのには最高の舞台だった。産業革命以降、フランス国力の凋落(文化は別)により、イギリスは、世界一の国力を持つにいたる。よく誤解されるが、パーセル以後も、イギリス人作曲家は存在している。ヘンデルとほぼ同時代には、ボイス、アーンがおり、決して侮れないのだが、いつの時代にも本場志向はあるのか、オペラ・セリアの作曲家としては、イタリアで修行した、というのは、ヘンデルに有利な条件となったようだ(ドイツ人だが)。
 
 
  ヘンデルの歌劇の魅力   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オラトリオは中産階級の聴衆を目指して、彼ら自身の言語で作られた。その筋書き、時には歌詞全体でさえ、中産階級の人々が子供の頃から知っていたもので、そのうえイギリスの合唱伝統から滋養を引き出している。 一方、オペラ・セリアは、外国語で歌われる輸入品であった。それはイタリアの王侯の宮廷という起原の香りを保っており、その聴衆は主として貴族であった。…
 
 
  ヘンデルの生涯について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1685年2月23日ハレで生まれる。父ゲオルク・フリードリッヒ(ヴァイセンフェルス公爵ヨハン・アドルフに仕えた医者及び侍従),母ドロテア・タウストで彼らの二番目の子供(ゲオルク・フリードリッヒには8番目の子供)。名前のスペリングは幾度か変わるが最終的にはイギリス帰化後 George Frideric Handel となる。
 
 
  メサイアを歌うヘンデル協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「メサイア」は、独唱・合唱・管弦楽によるキリスト劇音楽として有名です。キリストの生涯が、《預言・降誕》《受難》《復活・永生》の三部に分けて描かれた美しいアリアとコーラス、特に「汝ら主をほめたたえよ」という 「ハレルヤ」大合唱は、私たちの魂をゆさぶり天高く突き上げられるような感動を与えられます。
 
 
  ヘンデルとは (Hatena Diary)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジョージ・フレデリック・ヘンデル George Frideric Handel(英語) Georg Friedrich H&auml;ndel(ドイツ語) (1685〜1759年) ドイツ生まれのイギリスの作曲家、イギリスでは「ハンデル」と名を変えていた。イギリスに帰化した後もアングリカン教会に転会することなくルーテル派であった。バッハと違い生涯独身生活を貫き通した。と言うと,禁欲的な人とも思われるが,性格的には,バッハより大らかであったと思われる。
 
 
  メサイア (ヘンデル) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  メサイア (Messiah) は、ヘンデルによって作曲されたオラトリオ。題は「メシア」(救世主)の英語読みに由来。聖書から歌詞を取り、イエス・キリストの生涯を題材とした独唱曲・重唱曲・合唱曲で構成されている。ただし、聖書でイエスの生涯を直接描いている福音書から採用されているテキストは少なく、むしろイザヤ書などの預言書に描かれている救世主についての預言を通して、間接的に救世主たるイエスを浮き彫りにする手法が採られている。
 
 
  ヘンデルの生涯、そしてその功績   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘンデルはドイツのハレで1685年2月23日に生れ、バッハはアイゼナハで3月21日に生れた。1702年にヘンデルは法学を学ぶためにハレ大学に入り、この年にカルヴァン派のハレの大聖堂のオルガニストになる。両者ともドイツ福音主義ルター派の教会信徒として生れている。この教派はルターLutherドイツ(1483-1546)の宗教改革(1517年)によって生れたプロテスタントのはじまりであった。より過激なプロテスタントで厳格なカルヴァン派の教会は、他の教派の信徒の働き手を受入れることは考えられない。ヘンデルは仕事のために改宗したと考えられる。
 
 
  ヘンデル・宗教曲奉唱の為の逐語訳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  音楽で声楽曲を歌うことに際して、歌詞の各言葉を十分理解した上で歌うことがどんなに大事なものかはいうまでもありません。然しながら、意訳の歌詞はよく知られていますが、言葉一つ一つに立ち入って解説したものは少ないように思われます。この観点から、少しでもこのようなニーズに答えることが出来るよう、このページを作りました。
 
 
  日本ヘンデル協会 公式ホームページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘンデルの音楽を愛する研究者・演奏家・愛好家の集まりが「日本ヘンデル協会」です。ヘンデルと、その周辺の作曲家および作品を研究し、その成果を紹介・発表する研究・演奏団体です。 ヘンデルは、バッハやドメニコ・スカルラッティと同じ1685年に生まれ、テレマンやヴィヴァルディらとも同世代で、盛期バロックを代表する作曲家でした。・・・
 
 
  くまさんのヘンデル『メサイア』のページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ・『メサイア』を聞きに行くけど、どんな曲なの? ・初めて『メサイア』を歌うんだけどどう歌う? ・そもそも訳詞を読んでも意味が解らないよ。 ・ヘンデルってどんな風に各曲を作ったの?
 
 
  ヘンデルのリコーダーソナタ、あれこれ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘンデルのリコーダーソナタのCD、新作が出た。朝日新聞夕刊、月に一度のクラシック音楽レビューで、写真入りで取り上げられた、アントロネッロのCD。アントロネッロは、日本人によるヨーロッパ古楽演奏のユニット。リコーダーとコルネット(角笛、ツィンク)の濱田芳通を筆頭に、チェンバロの西山まりえ、ヴィオラ・ダ・ガンバの石川かおりを中核とする。今までこのメンバーで2枚のCDが出ており、いずれも17世紀のイタリア音楽を扱っている。
 
 
  ヘンデル/ヴァイオリン・ソナタ集 ノート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘンデルのヴァイオリン・ソナタは,「作品1」と呼ばれる独奏楽器(トラヴェルソ,リコーダ,オーボエ,ヴァイオリン)と通奏低音のためのソロ・ソナタ集のうちのヴァイオリンの曲を指すのが一般的ですが, 少々ややこしいので,楽譜の出版に沿って簡単に整理します。
 
 
  バッハとヘンデルを失明させたのは誰か?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バッハとヘンデルはバロック後期の2大巨匠ですが、二人の生涯は奇妙な符合を見せています。 生まれた国(ドイツ)が同じなら、生まれた年も同じで、しかもどちらも晩年に視力を失うという悲運に見舞われています。
 
 
  ★YouTube - ハープ協奏曲 G.F.ヘンデル作   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - ハープ協奏曲 G.F.ヘンデル作
 
 
  G.F.ヘンデル 〜〜バロック音楽の最高峰〜〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘンデルは、どなたもご存じの、バッハとならぶバロック音楽の最高峰です。偶然にもこの二人は同じ年生まれなのですが、バッハがおもにドイツの貴族や教会に仕える形で活動したのに対し、ヘンデルはイギリス王室に招かれて、イギリスで活躍しました。
 
 
  ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル (Georg Friedrich Handel) 解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バッハと並ぶバロック期の大作曲家、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルは、ドイツのハレに生まれ、 1727 年にイギリス国籍を得て、ロンドンで没しました。純粋なイギリス人でなかったにもかかわらず、イギリスの芸術文化に大きく貢献した音楽家として、現在でも同国における人気が大変に高い作曲家です。 1706 年から 3 年ほどイタリアに滞在し、バロック音楽の大家コレルリとスカルラッティから、大きな影響を受けました。
 
 
  ゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデル [Georg Friedrich H&auml;ndel]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヘンデルは、バッハと並び称されるドイツ・バロック音楽の巨峰である。ヘンデルの活動の場は国際的で、後半生はイギリスに帰化し、オペラやオラトリオの作曲に情熱を傾けた。1706年(21歳)から3年ほどイタリアに滞在し、バロック音楽の大家コレルリとスカルラッティから、大きな影響を受けた。
 
 
バッハ.1685
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
  ヨハン・ゼバスティアン・バッハ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685年3月21日(ユリウス暦) - 1750年7月28日)は、18世紀に活動したドイツの作曲家である。音楽史上における存在の大きさから、「音楽の父」と称されることもある。ベートーヴェン、ブラームスとともに“ドイツ三大B”と呼ばれる。… バッハ家は、ドイツ中部テューリンゲン地方で代々音楽を職業とした一族であった。約2世紀半の間にバッハ家が輩出した音楽家は約60人に達し、遺伝学の研究対象とされたこともある。
 
 
  新バッハ工房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  J.S.バッハの曲のMIDI&MP3を作成・公開しているサイトです。他、「バッハの生涯」等バッハ関連記事や、興に任せての独自解釈を雑文にしています。
 
 
  バッハ試聴集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨハン・セバスチャン・バッハは、200年に50人以上の音楽家を出した家系に生まれました。10歳のときに両親を失い、長兄のヨハン・クリストフ・バッハにひきとられて鍵盤楽器の手ほどきを受けました。その後、1703年に18歳でアルンシュタットの教会オルガン奏者に就任、07年にミュールハウゼン、08年にワイマール、17年にケーテン、23年にライプチッヒと移り住み、各地で教会や宮廷のオルガン奏者や楽師長の職について演奏、作曲、指導に励みました。
 
 
  アンサンブル・バッハ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アンサンブル・バッハは器楽と声楽が一体となってバッハを演奏するアマチュアの演奏団体です。小編成の器楽アンサンブルと合唱、及び客演の独唱ソリストにより東京で演奏会を行っています。
 
 
  J.S.バッハマタイ受難曲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  キリスト教では古来よりイースター前の一週間を聖週と呼び、クリスマス期間とならんで最も大事なシーズンとされてきた。この時期には福音書からイエスの受難の場面を描写したところが選ばれ、朗読されていた。しかしイエスの受難を強調するべく、この朗読は次第にドラマチックになってきた。またただ朗読するだけでは物足りなくなり、次第に特定の音程で唱えるようになった。(これをイントーンという) こうしてすでに12〜3世紀頃には聖週のときの聖書朗読は複数の者達がイエス、福音記者など等分担してイントーンで朗読を行うようになった。これが受難曲のはじまりである。
 
 
  京都・バッハ・ゾリステン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都・バッハ・ゾリステン うかがいます! デュオ、トリオ、カルテット、声楽ソロ、アンサンブル、演奏会の共演など、様々な編成にて、演奏をお届けにまいります。どうぞお気軽にご相談ください!
 
 
  Johann Sebastian Bach   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツのバッハは近代音楽の創始者、バロック音楽の最後の巨匠として知られていますが、当時最高のオルガン奏者でもありました。バッハ時代(17世紀)の音楽家は、生活が保障されることから宮廷や教会の楽長になることを目標にしていました。・・・ バッハが生まれる100年以上も前からバッハ一族は音楽家が多く、バッハが50歳になる頃には合計53人もの音楽家が輩出された。その中でも、J.Sバッハが一番有名で「大バッハ」とも呼ばれている。
 
 
  ようこそバッハのページへ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨハン・セバスチァン・バッハは1685年3月21日ドイツのアイゼナッハで町楽師の父ヨハン・ アンブロージウス・バッハと母エリーザベトの八番目の子として生まれた。幼少期のバッハについては 殆ど知られていないが、父からヴァイオリンを習い偉大な伯父からオルガンを教わっていたものと想像 できる。・・・
 
 
  BACH COLLEGIUM JAPAN   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バッハ・コレギウム・ジャパン(管弦楽と合唱)/鈴 木 雅 明(音楽監督、指揮、チェンバロ、オルガン) バッハ・コレギウム・ジャパン 公演スケジュール/テレビ・ラジオなどの放送予定/〜1ファンによる応援ホームページ〜
 
 
  ヨハン・セバスチャン・バッハ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バロック期最大の作曲家。生涯のほとんどを教会音楽家として過ごし、数多くのカンタータ、オラトリオ、オルガン作品などを残したが、ケーテンの宮廷音楽家だった時期もあり、多くの器楽作品も作曲している。そして、後世ベートーヴェンをはじめ、モーツァルト、ショパン、シューマン、ブラームスなど、数えきれないほどの大作曲家たちに大きな影響を与えた。
 
 
  バッハ アンサンブル 名古屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  名古屋を拠点にしてJ.S.Bachの曲を中心に演奏活動している、器楽・声楽・プロ・アマ混成の団体です。1986年に結成されたバッハ・アンサンブル・コールから、器楽の同士を伴って2004年7月に新しい団体となり、器楽と声楽との調和を追求しながら、充実した練習を楽しんでいます。
 
 
  バッハの教会カンタータを聞く   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カンタータ全曲一覧:教会カンタータ、世俗カンタータの一覧表。BWV順以外に、初演年月日順、教会暦・用途順の表があります。また、各曲のドイツ語・英訳歌詞へのリンクも含んでいます。 / 録音紹介 / カンタータの楽譜 / 古い録音を聴く / リンク集 / カンタータ演奏団体・日程 / カンタータ掲示板・通信欄
 
 
  岐阜バッハ合唱団ホームページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1976年4月に植松峻と15名のメンバーで発足。翌年バッハのカンタータ4番と12番で演奏会活動を開始した。以来、バッハの大曲「ミサ曲ロ短調」、「マタイ受難曲」、「ヨハネ受難曲」はもとより、「カンタータ」、「モテット」などの数多くの作品、さらにはモーツァルト「レクイエム」、シューベルト「ミサ曲」、それにハイドン「ミサ曲」など、オーケストラを伴う作品の演奏を手がけてきた。
 
 
  財団法人 筑波バッハの森文化財団   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中世・ルネサンス・バロック時代の宗教音楽は、人々が天に向かって歌った魂の響きを宿しています。バッハの森は、その響きに感動し、その再現に喜びを覚える人々が集まるところです。バッハの森記念奏楽堂の、木の香りが漂う豊かな空間を、名匠、ユルゲン・アーレントが精魂傾けて建造したパイプオルガンの、天上の楽の音を想わせる美しい響きが満たしています。バッハの森は、年齢、性別、学歴、経験を問わず、このような音楽を共に学び、共に音楽する楽しさを追い求める、すべての方々のご参加をお待ちしております。 私塾マニフェスト / 主催者プロフィル / 運営 / 建物 / 楽器 / 図書室 / 入会案内 / 交通案内
 
 
  バッハハウス  バッハの音楽とドイツの旅   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツの旅を中心に、写真と紀行文があります。ガイドブックに載っていない、小さくて素敵な街の紹介を目指します。バッハの生涯をたどりながらゆかりの街を訪れる「バッハの旅」もこちらにあります。2006年ライプツィヒ・バッハ音楽祭参加記「ドイツへの道」もこちら。 玄関 / 音楽の部屋 / 旅の部屋 / 書斎 / ご近所 / メール
 
 
  J.S.バッハ  〜〜音楽史上屈指の巨人〜〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨハン・ゼバスティアン・バッハは、音楽史上でも屈指の偉大な作曲家です。没後250年以上も経つというのに、その作品は、今もCD録音や演奏会でさかんに取り上げられているというだけではなく、ジャズをはじめとする現代のさまざまなミュージシャンによって繰り返しアレンジされ、親しまれています。バッハの一族には作曲家が多いので、とくにJ.S.バッハのことを「大バッハ」と呼ぶことがあるのもご存知でしょう。
 
 
  バッハ Johann Sebastian Bach 1685〜1750   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツ・バロックを代表するオルガン奏者・作曲家。西洋音楽史上、屈指の大作曲家。 1685年3月21日、ドイツ中部チューリンゲン地方のアイゼナハで生まれる。バッハ一族は音楽史上とくに有名な音楽家の家系で、4代前のファイト・バッハからヨハン・セバスティアンの孫の世代のウィルヘルム・フリードリヒ・エルンスト・バッハまで、7代にわたり少なくとも53人の音楽家を輩出した。
 
 
  ようこそ、東京バッハ合唱団のホームページへ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  教会カンタータを中心に、モテット、オラトリオなどJ.S.バッハの作品のみを演奏し、研究するアマチュア団体として、1962年大村恵美子の呼びかけで組織されました。都内での定期演奏会、地方都市ホールおよび教会での特別演奏会など、これまでに200回ほどの公演を、1975年まではおもに小林道夫氏の指揮で、その後はおもに大村恵美子の指揮で行なっています。定期演奏会では、日本語訳詞での上演を原則とし、また公開ゼミナールを開催するなど様々の特色が注目されています。
 
 
  バッハ文献集  全世界のバッハ研究者のために   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現在まで出版された文献学方面からの研究は、文献学の研究史で概述しますが、すでにあまり役に立つようなものではなくなってきているばかりか、一つの印刷物としてそれを包括するような本は将来みることはないと思われます。・・・ それに代わる電子出版がこのプロジェクトです。ここでは、いつでも最新の情報を取り入れることができることに加え、ユーザが素早く検索が行えるような機能を作成してみました。
 
 
  Bach Live Cafe 音楽喫茶♪バッハ・ライブカフェ♪   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バッハ・ライブカフェへようこそお出でくださいました。当店では、吟味されたコーヒーの味もさることながら、お客様による新鮮な感性と演奏スタイルによるバッハの音楽の生演奏を、何よりものおもてなしと考えています。尚、当店は音楽ホールではありませんので、音楽演奏中もお客様の歓談を心おきなくお楽しみいただけます。それでは、バッハの音楽に満たされたひと時を、コーヒーカップを片手に、ごゆっくりお過ごしください。
 
 
  G線上のアリア (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「G線上のアリア」(ゲーせんじょうのアリア。独: Arie auf G)は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの『管弦楽組曲第3番』BWV1068の第2楽章「アリア」の、アウグスト・ウィルヘルミによるピアノ伴奏付きのヴァイオリン独奏のための1871年の編曲版の通称。ニ長調からハ長調に移調されており、ヴァイオリンのG線のみで演奏できることに由来する。 脚注/参考文献
 
 
  G線上のアリアの知識   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  G線上のアリアの歴史(G線上のアリア誕生のエピソード): 穏やかで優雅で荘厳な美しさに溢れているメロディ-でみんなに”G線上のアリア”で親しまれているこの曲はヨハン・セバスティアン・バッハ(1685年から1750年)がケーテン時代におそらく36才から37才の頃、管弦樂組曲第3番二長調.BWV1068の第2曲(=エア(アリア))として書かれたものが原曲でとなったものです。バッハが生きていた時には評判にもならず、バッハが亡くなって100年のちに発掘され曲を演奏されることによってやっとこの曲にスポットライトが当てられました。まだこの時はほぼ原曲のままだったと思われます。
 
 
  YouTube - バッハ「G線上のアリア」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - バッハ「G線上のアリア」 Bach "Air on G String"
 
 
  G線上のアリア - クラシックMIDI ラインムジーク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クラシック>フリーのmidi素材「G線上のアリア」(ヨハン・セバスチャン・バッハ)をどうぞお楽しみください.
 
 
ハイドン.1732
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン  
  フランツ・ヨーゼフ・ハイドン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn, 1732年3月31日 ニーダーエースターライヒ州ローラウ Rohrau - 1809年5月31日 ウィーン  但し遺体はアイゼンシュタット)は、古典派を代表するオーストリアの作曲家。たくさんの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。
 
 
  ハイドン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  交響曲第94番「驚愕」:ハイドンは長い間エステルハージ侯爵家の楽長として作曲・演奏していましたが、侯爵の死後、新侯爵がそれほど音楽に関心が無かったため楽団は解散、楽長の地位はそのままでしたが有名無実のものになってしまいました。そこに、ロンドンで演奏会を開催していたザロモンから12曲の交響曲の作曲と演奏を依頼されたので、ハイドンは93番から104番までの交響曲を作曲したのです。 交響曲104番「ロンドン」/ヴァイオリン協奏曲第1番/チェロ協奏曲
 
 
  ハイドン研究室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このサイトは、有名な大作曲家でありながら、その作品の全貌が意外なほどに知られていないハイドンについて、少しでも多くの方にご紹介出来れば、という意図で作られています。代表的なジャンルごとに、1曲ずつのデータをご紹介し、一部の作品については、MIDIデータによる演奏でお聞きいただけます。
 
 
  ハイドンの交響曲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイドンの交響曲の変遷を理解するために個人的に作成した基本データ。主としてゲルラッハによる年代研究にもとづき、中野博詞による5時代の分類にあてはめました。編成は主としてウェブスター/フェーダー編のグローブ事典の作品表に基づいています。
 
 
  Franz Joseph Haydn   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オーストリアのハイドンは「交響曲の父」と呼ばれています。世界で最も多くの、そして優れた交響曲の作曲家でした。(他のジャンルも多数あるが、交響曲だけで104曲作曲) 音楽様式は「古典派」に属します。古典派の形式は、主に《均整と調和》です。ハイドンの作品は「規律正しく、きちっとした」というイメージが先行していますがそれだけではありません。彼の内容や狙いは、新鮮でユーモアにあふれ、社会の矛盾を誰もが笑えるようにした革命的なものでした。
 
 
  ハイドンとモーツァルト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイドンとモーツァルトは、年が二四歳離れており、親子ほどの間柄である。こんなに歳の差があったにも拘らず、この二人は音楽史の中でも希に見る「肝胆相照らす」仲であった。ハイドンとモーツァルトが、その境遇、性格の相違にも拘らず、いや、むしろそれだからこそ、いかに互いに惹きつけられ、音楽上の深甚な影響を与えあっていたか。二人の出会いと別れの物語は、美しくまた悲しい。この物語を、最初のハイドンの伝記作者であるガイリンガーの記すところにしたがって見てみよう。
 
 
  ハイドン クラシック音楽館    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイドンというと,古典派では最も古い部類の作曲家として知られている。しかし,たとえばよく知られている最後の12の交響曲群「ザロモン・セット」は,モーツァルトの没後に書かれている。それまでの曲からの飛躍も大きいところから,ここで影響を受けていると考えざるをえない。但し,ザロモン・セットがモーツァルトからじかに影響されたところがあるかというとそうでもなく,むしろ反作用的なものを感じさせる面もある。その意味では,ハイドンはモーツァルトよりも後の作曲家だというべきかもしれない。
 
 
  はてなダイアリー > ハイドン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイドンといえば、ヨーゼフ・ハイドンを通例では指してきたが、才能に反比例して不当な扱いを受けてきた弟、ミヒャエルが、昨今の古楽隆盛と共に復権しつつあることは、最初に付記しておきたい。
 
 
  誰がハイドンの首を切断したか?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私はとんでもない事実を知りました。“交響曲の父”ハイドンは、ナポレオン占領下のウィーンで1809年5月31日、77歳の生涯を閉じました。 葬儀は翌日しめやかに行われ、遺体はフントシュトゥルム墓地に埋葬されました。・・・
 
 
  ホロヴィッツのハイドン  原田治ノート    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  もともとハイドンの素朴で大らかな感じが好きだったので、ショパンやリストで鳴らしたホロヴィッツのピアノはどちらかというと苦手だったのが、死の直前に演奏したHOROWITZのThe Last Recordingを聴いて以来、ハイドンのピアノソナタ 第49番変ホ長調 Hob.XVI:49 といえば、このウラディミール・ホロヴィッツ最後の演奏がぼくの愛聴盤になりました。ハイドンがこの曲を作曲したのが1789年、ホロヴィッツの録音は1989年なので、偶然にもなんとぴったり200年目でした。
 
 
  ノリントン、ハイドンのパリ交響曲を語る   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1. ハイドン交響曲の様式と特徴:ハイドンは、世界で最も多産な優れた交響曲の作曲家でした。18世紀の最後の四半世紀において、彼は並ぶもののない交響曲の巨匠として、ヨーロッパ中に知られていました。いろんな意味で、彼は交響曲の「父」でした。
 
 
  Josef HAYDN(ヨーゼフ・ハイドン)の献辞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  6曲の弦楽四重奏曲(K387-K465)はハイドンに捧げらたので「ハイドン四重奏曲」と俗称されている.この初版(アルタリア社版)には師ハイドン先生にあてた次のようなモーツアルトの献辞が添えられた.原文はイタリア語. 「「親愛なる友ハイドンに! 自分の子供達(ハイドンに捧げられた6曲の弦楽四重奏曲)を広い世間に送り出そうと決心した父親(作曲者モーツアルトさん自身)は、それを、幸運にも自分の最上の友人となった高名なお方(ハイドン先生)の保護と指導にゆだねるのが当然のことと考えました.・・・
 
 
  グムペンドルフ教区教会(ハイドンの葬儀)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイドン探索を続けます。次は、ハイドンの葬儀が行われたグムペンドルフ教区教会です。ハイドンは1809年5月31日、ナポレオン軍に占拠されたウィーンで死亡しました。壁の銘板によれば、6月1日に葬儀が行われたようです。
 
 
  ハイドン:オーボエ協奏曲ハ長調 Hob. g:C1   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1790年代に書かれたこの作品は、古典派後期におけるオーボエ協奏曲の名曲のひとつとされています。演奏される機会も多い曲なのですが、実はハイドンの作とする確かな証拠がないことから「伝ハイドン」、「いわゆるハイドン作の〜」と称されています。
 
 
  音楽の楽しさについて−ハイドンをモチーフとして   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイドンはユーモアあふれる作曲家です。彼の音楽を聞くときに、ブラームスと向き合うような心でいるのは大間違いです。彼の音楽は、確かに多くが仕えたエステルハージ侯のために書かれています。そして彼の作品はその目的に恥じないものとなっています。それでも、ハイドンの作品は真面目な音楽とは無縁なものと言うことができるでしょう。
 
 
  ハイドン(1732〜1809)オーストリア Franz Joseph Haydn   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイドンはオーストリアの作曲家。車大工の息子として生まれ、5歳の時に従兄から音楽を学び、8歳の時にウィーンの少年合唱団に入った。1749年変声期で退団し、町の楽団に加わる。55年フェルンベルク伯爵家のヴァイオリン奏者となり、このころからエマーヌエル・バッハの作品を研究し、その影響をうける。
 
 
  Collegium Haydn Tokyo - コレギウム・ハイドン・アンサンブル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  コレギウム・ハイドン・アンサンブルは、ハイドンの交響曲の研究・演奏を目的に、2002年発足した室内オーケストラです。桐朋学園大学をはじめとする、都内の音楽大学の卒業生が中心となって演奏活動を行っています。
 
 
  ハイドン:ザロモン交響曲(全12曲)・・・シェルヘン 1950〜1952年録音   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Blue Sky Label 〜クラシック音楽へのおさそい〜  HOME / MP3データベース / 17世紀以前 / 18世紀 / 19世紀初頭 / 19世紀中葉 / 19世紀後期  / 演奏家別 / 全集
 
 
  ハイドン:ディヴェルティメント(弦楽三重奏曲)-6/ウィーン・フィルハーモニア弦楽三重奏団   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2001年5月よりスタートした「ヨゼフ・ハイドン:ディヴェルティメント全集」が遂に完結します。このディヴェルティメント・シリーズは、決して華やかな内容ではありませんが、シンプルでありながらも随所にハイドン室内楽作品の原点を感じさせる珠玉の作品が並んでいます。そして、これらの作品をウィーン・フィルのメンバーにより結成された「ウィーン・フィルハーモニア弦楽三重奏団」が丁寧で暖かみあふれる演奏で披露。まさに室内楽の原石を見つけ出したかのようです。
 
 
  ハイドン (J.Haydn 1732-1809 子年 牡羊座)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  膨大な数の交響曲を書いている割に、モーツアルトの陰に隠れて人気がいまいちのようですけど、軽快で楽しく洒落た感じの曲がたくさん有ります。 だいいち付けているタイトルが面白いではないですか、「校長先生」「めんどり」「熊」「驚愕」「奇跡」「朝」「昼」「晩」「うかつ者」等々、こういうセンスを持った作曲家が作った音楽がつまらないわけはないです。
 
 
モーツアルト.1756
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
  ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart, 1756年1月27日 - 1791年12月5日)は最も有名な作曲家の一人である。オーストリアのザルツブルクに生まれ、ヴィーンで没した。洗礼名はJohannes Chrysostomus Wolfgangus Theophilus Mozartであるが、当時はイタリアの音楽家がもてはやされており、モーツァルトはTheophilos(テオフィロス、ギリシア語で「神を愛する」・「神に愛された」の意。
 
 
  フィガロの結婚 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『フィガロの結婚』(フィガロのけっこん)は、フランスの劇作家カロン・ド・ボーマルシェが1784年に書いた風刺的な戯曲、ならびに同戯曲を題材にヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1786年に作曲したオペラ作品である。オペラ作品のリブレット(台本)はボーマルシェの戯曲に基づき、イタリア人台本作家ロレンツォ・ダ・ポンテが書いた。本項では主にオペラ作品について扱う。  1 概要 / 2 オペラの構成 / 3 オペラの舞台 / 4 登場人物 / 5 あらすじ / 6 音楽 / 7 オーケストラの楽器編成 / 8 演奏時間 / 9 メディア / 10 関連項目 / 11 脚注 / 12 外部リンク
 
 
  魔笛 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『魔笛』(まてき)K. 620は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1791年に作曲したジングシュピール(歌芝居、現在では一般にオペラの一種として分類される)。モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラである。台本は興業主・俳優・歌手のエマヌエル・シカネーダーが自分の一座のために書いた。現在もモーツァルトのオペラの中で筆頭の人気を誇る(「Opernwelt」誌の毎年の作品別上演回数統計、「音楽の友」誌の定期的な人気作品投票など)。  1 作曲の経緯と初演 / 2 オペラの内容 / 3 登場人物 / 4 あらすじ / 5 音楽 / 6 映画化作品 / 7 参考文献 / 8 外部リンク
 
 
  モーツアルト研究   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モーツァルトについての団員のエッセイや調べた資料をここに掲載しています。タイトルをクリックして、それぞれのページをご覧下さい。
 
 
  モーツアルト大好き   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  父レオポルトは息子が天才であることを見出し、幼少時からモーツァルトに音楽教育を与えた。モーツァルトは父とともに音楽家としてザルツブルクの大司教ヒエロニュムス・コロレドの宮廷に仕えた。一方で、モーツァルト親子は何度もウィーン、パリ、ロンドン、およびイタリア各地に大旅行を行った。これは、神童の演奏を披露したり、よりよい就職先を求めたりするためであったが、どこの宮廷でも就職活動に失敗する。
 
 
  モーツアルトを知ろう   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モーツァルトの音楽はとても優しく、私達に幸せと安らぎの時を与えてくれます。「もっとモーツァルトを聞きたいけど、どんな曲を選べばいいの?」、「モーツァルトってどんな人? もっとモーツァルトの事を教えて?」、こんな方へ、少しでお役に立てたらと思い、このホームページを作ってみました。
 
 
  モーツァルトのオペラ …   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モーツァルトが作った全てのオペラのリストです。 タイトルとクリックすると、BRILLIANT CLASSICSのモーツァルト全集のジャケットが見られます。
 
 
  モーツアルト切手の色々   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幼年時のモーツアルトから青年、そして死の床でのレクイエムのラクリモーサ作曲風景 
 
 
  モーツアルトと関わた人々   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彼の名は3人の聖人の名が冠せられている。ヨハンネス・クリソストムス(c.354-407)は、コンスタンティノープル(現イスタンブール)の大司教で、ギリシア教父最大の説教家であった。ヴォルフガングス(924-994)はドイツ人のベネディクト会修道士で、時の皇帝ハインリヒ(エンリコ)2世の師でもある。そして貧者をあわれむ人であった。テオフィルス(2世紀) は、シリア・アンチオキアの司教であった。
 
 
  モーツァルト研究オンライン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヴォルフガング・アマデーウス・モーツァルトに関し、様々な角度からのアプローチを試みたいと思います。自筆譜、印刷譜に関する諸事情、同時代作曲家との関係、多くの学者による研究成果などを対象に取り上げていきたいと思っております。私の仮説に対するご意見、異説をお待ちします。このウェブサイトが活発な討論の場となれば幸いです。
 
 
  モーツァルトの青年時代と作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  <ザルツブルクでの音楽家生活(1773年3月13日〜1777年9月23日)> モーツァルト(Mozart) オーストリア(1756-91)は1773年3月13日、3回目のイタリア旅行からザルツブルクへ帰って来た。その半年後の7月にコロレド大司教が、ヴィーンへ出かけて行った。大司教のザルツブルクを留守をねらったのか、 好機到来とばかりによい就職先を求めて父子は7月16日から9月25日まで、なんとヴィーンに行った。ヴィーン宮廷楽団への就職をもくろんだが、うまくいかなかった。マリア・テレジアとの謁見も効をなさず、宮廷側の態度も以前とは全く変わってしまった。ヴィーンでの職をあきらめた父子は、すごすごと9月26日にはザルツブルクに戻って来た。…
 
 
  美シリーズ(5) 私のモーツアルト    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モーツアルの音楽を嫌いという人はいるだろうか。小林秀雄が書いた「モ−ツアルト」は余りにも有名である。また、「赤と黒」を書いているフランスの作家スタンダールも、その処女作のなかでモーツアルトを扱っている。モーツアルトが、現在なお光り輝いているのは、十九世紀のはじめ頃、ほとんどモーツアルトは無視されていたにもかかわらず、その真価を認め、不朽の生命を断言したスタンダールがいたからだと言われている。
 
 
  タンノイGRF&モーツアルト&LP   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ・モーツァルト全集(ドイツグラモフォン) LP 交響曲 協奏曲 室内楽/モーツアルト大全集(中央公論社) LP全182枚/モーツアルト全集(小学館) CD全193枚/モーツアルト大全集(ブリリアント) CD全170枚
 
 
  ★ザルツブルク時代のモーツアルト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モーツアルト(W.A.Mozart):イタリアやドイツ、フランスなどでおこった古典派音楽の完成者はモーツアルト(1756〜1791)である。/神童モーツアルト(An Infant prodigy Mozart)/オペラ「ルシオ・シルラ」 天真爛漫なモーツアルト/聖歌「いと喜ばしき宴」/演奏会用アリア「あなたのお心は今は私に」/ザルツブルク時代の協奏曲(The Concerto in Salzburg age)/ピアノ協奏曲第5番/ピアノ協奏曲第6番(Mozart's Piano concerto No.6)/3台のピアノのための協奏曲第7番/ピアノ協奏曲第8番「リュッツォー」
 
 
  ピアニスト久元祐子モーツァルトのピアノ音楽   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピアニスト久元祐子のサイト。モーツァルトのピアノ音楽を、楽器、演奏慣行、同時代の動きなどの観点から考えます.
 
 
  モーツァルトの伝言―少年から大人への階段    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いま思えばバカバカしいような、プライドとコンプレックスを抱えて、あの頃のぼくらは十四、十五歳を生きのびるのに必死だった。己の平凡さが小ささが、嫌でたまらなかった。そんなとき…ぼくはきみと出会い、人間に憧れるということを、はじめて知った―。
 
 
  ザルツブルグ時代のモーツァルトとミサ曲 Kv.192   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1.ザルツブルグ時代のモーツァルト/2.ザルツブルグ時代の作曲活動/3.ザルツブルグ時代のミサ曲/4.ミサ・ブレヴィス ヘ長調 Kv.192
 
 
  新発見のモーツァルトのピアノ曲演奏、オーストリア生家で (2012/3/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古典派音楽の代表的な作曲家であるモーツァルトのこれまで知られていなかったピアノ曲が最近オーストリア内で見付かり、同国ザルツブルクにある生家で23日、著名なピアニストであるフローリアン・ビルサク氏による演奏会が催された。ザルツブルク・モーツァルト財団が発表した。…
 
 
ベートーヴェン.1770
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
  ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven, 1770年12月16日ごろ(洗礼を受けたのが12月17日であることしかわかっていない) - 1827年3月26日)は、ドイツの作曲家。ドイツのボンに生まれる。音楽家として最高の『楽聖』の称号が与えられている。
 
 
  楽聖ベートーヴェン    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベートーヴェンは成人してからもずっと自分の歳を1歳若く間違えて覚えていました。それはライン河畔の小さな町ボンの宮廷テナー歌手であった父親が、少年ベートーヴェンを第2のモーツァルトとして売り込もうとして歳を1つサバよんでいたからです。
 
 
  敬愛なるベートーヴェン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  耳の聴こえない悲劇の《楽聖》と呼ばれ、世界の人々に愛された最も偉大な音楽家ルートヴィヒ。ヴァン。ベートーヴェン。生涯に渡り、愛を成就できなかった孤独な音楽家の狂気と苦悩を描いた、ベートーヴェン史上最高傑作の映画が誕生した!
 
 
  ベートーヴェン音楽夜話   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベートーヴェンの音楽を語ります。「不屈の精神力で苦難を克服した超人、偉大なる芸術家」とかいう先入観は捨て、人間味溢れるベートーヴェンの音楽そのものを純粋に楽しみましょう。
 
 
  ベートーヴェン・プロジェクト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベートーヴェン・プロジェクトにお出でいただき、ありがとうございます。このサイトは、私の好きな作曲家についての百科事典を目指しています。
 
 
  d-score ベートーヴェン 年譜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨーロッパ・クラシック音楽を代表する大作曲家。有名な、耳が聞えなくなるという音楽家にとって重大な病ほか、様々な苦難を押しのけるように歴史に残る名作を残した人物である。
 
 
  ベートーベン勝手解説大全集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NHK-FM を存続させよ!私は、NHKのFM放送でクラシック音楽の渇きを癒した。あるいは、カラヤンとベルリン・フィル、あるいはベームとウィーン・フィルの来日公演を、NHK-FMの生放送で聴いたものだ。今もってなお、ベートーヴェンの交響曲第9番を、全曲通して聞かせてくれるのは、NHK-FM放送しかないのである。
 
 
  作曲家の病歴2. ベートーヴェン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  聴覚障害には大きく「伝音性難聴」と「感音性難聴」があり、それぞれ聞こえ方が異なります。耳の中の三半規管までの音を伝達する部分(外耳・中耳)に障害があるのが伝音性難聴で、三半規管から先に障害があるのが感音性難聴です。伝音性の方が、聴覚のダメージが少なく、ベートーヴェンは耳硬化症という伝音性難聴だったと推測されるので、人の声は聞きづらくてもピアノの音なら振動で聞けたと思います。
 
 
  ベートーヴェン ピアノソナタ32番   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベートーヴェンの32番のソナタは30番台の中でもやや特別視されていると思う。第1に、32番がベートーヴェン最後のピアノソナタであることである。このソナタ以後もベートーヴェンは少なくともディアベリ変奏曲と2つのバガテル集をピアノ用に作曲している。しかしソナタは32番が最後である。最後の曲には人はいろんな意味を持たせたがる。
 
 
  不滅の人ベートーヴェンのおはなし   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1770年に12月16日にライン川河畔の小さな町ボンで生まれまれて、1827年3月26日にウィーンの町の一隅で亡くなりました。亡くなる時は偉大な音楽家が亡くなるのを神が悲しむかのように豪雨と雷雨の中、ものすごい雷の光の中で右手を上げて亡くなったと言うお話もあります。本当にクラッシック音楽の歴史上ベートーヴェンの誕生によって、音楽様式が古典派からロマン派に変わったと言っても過言では無いほどの、偉大なる音楽家ベートーヴェンに敬意を払って、本題に入っていきたいと思います。
 
 
  「ベートーヴェンのピアノ協奏曲を聴く」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仲道郁代の、3年越しのベートーヴェンピアノ協奏曲チクルスの最終回が、今日横浜のフィリアホールで行われた。指揮は気鋭の阪哲朗、オケは慶應義塾ワグネル・ソサィエティ・オーケストラという学生オケである。
 
 
  交響曲第7番 (ベートーヴェン) (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  交響曲第7番イ長調作品92はルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲した7番目の交響曲。明るく軽快な曲想から広く支持され、現在でも演奏される機会が多い。 ベートーヴェンの交響曲中でも最もリズミカルな作品である。
 
 
  交響曲第9番 (ベートーヴェン) (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの交響曲第9番ニ短調(作品番号125)は、9番目の交響曲であり、1824年に完成した。この曲の第4楽章には4人の独唱と混声合唱が導入され、ゆえに「合唱付き」と呼ばれる。第4楽章の旋律は有名な「歓喜の歌(喜びの歌)」で、フリードリヒ・フォン・シラーの詩に曲をつけたものである。
 
 
  愛と哀しみのボレロ (1981) France 185min.   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1936年、モスクワ。ボリショイバレエ団のプリマドンナ最終選考会で涙を呑んだ少女タチアナと選考委員のボリスが結婚、後に国際的バレエダンサーとして名声を博するセルゲイをその一粒種として授かる。
 
 
  弦楽四重奏曲第13番 (ベートーヴェン) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  《弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調》作品130は、ベートーヴェンの作曲した室内楽曲。1825年11月に完成された。伝統的に出版順に番号付けされているが、作曲順では本作が14番目に該当する。1826年3月にシュパンツィヒ四重奏団によって初演され、1827年の出版時にニコライ・ガリツィン伯爵に献呈された。
 
 
  国立音楽大学音楽研究所 ベートーヴェン研究部門   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  研究部門が得た新情報は、今後インターネットを通じて公開するつもりである。ベートーヴェンに関する新しい情報にリアルタイムで接することのできる仮想的な図書館をネット上に構築することは、当研究部門の存在を社会的たらしめる最善の方法であると認識している。諸賢のご支援とご助言、情報提供を、切にお願いしたい。
 
 
  ベートーヴェン (Ludwig van Beethoven,1770〜1827)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作風:前期は交響曲でいうと1〜2番,まだハイドンやモーツァルトの影響が抜けきらない時期である。中期は交響曲で3〜8番,新しい試みを次々と打ち出すなど,意欲的な作品が多い。一方,後期になると作曲のペースも落ち,内容的にも難しい曲が多くなる。もちろんもっとも有名なのは中期の曲であるが,私は後期の曲も好きである。
 
 
  ベートーヴェン のだめカンタービレからのクラシック入門   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツの作曲家。「楽聖」とも呼ばれる(日本ローカルな通称らしい)。髪をかき乱して苦悩しながら作曲し、晩年には聴力も失い、と悲劇的な人生を送った人物というイメージがあるが、実際の人生は、それほど悲惨なことばかりでもなかったようだ。とはいえ、収入の確保に関しては苦労したらしい。ベートーヴェンの生きた時代はナポレオンが台頭しヨーロッパの貴族社会が変わりつつあった時代で、頼れるパトロンとなる貴族を得られなかった。
 
 
  ベートーヴェン (L.V.Beethoven 1770-1827 寅年 射手座)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベートーヴェンが好き・・・、と言ったらクラシック通(ぶっている)の人にはちょっと馬鹿にされるでしょうか。私もクラシック聴き始めの頃はラヴェル、ドビュッシー、ストラヴィンスキーなどの近代音楽ばかり聴いていて、ベートーヴェンなんてやたら気張っていてつまらないと多少軽くみていました、しかし聴く機会があるごとにだんだん惹かれていきました−やはりベートーヴェンは素晴らしいです。
 
 
  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第13番 変ロ長調 作品130   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  12番、15番の後に書かれたこの作品の不可思議さは、井上和雄著『ベートーヴェン闘いの軌跡〜弦楽四重奏曲が語るその生涯』という本に詳しい。著者自身がカルテットでベートーヴェンを演奏してきた体験をもとに、ベートーヴェンの生涯と弦楽四重奏曲との相関関係を探っている。
 
 
  ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン [Ludwing van Beethoven]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイドン、モーツァルトの音楽を継承し、古典派音楽を大成しロマン派への足がかりを作った音楽史上希有の作曲家。28歳の時、突然の聴力減退の病に襲われ、1802年にかの有名なハイリゲンシュタットの遺書を残すまでの苦難を経ながらも、9つの交響曲、32のピアノ・ソナタ、20近い弦楽四重奏曲他の偉大な作品を残した。
 
 
  ルードウィヒ・ファン・ベートーヴェン (Ludwing van Beethoven) 解説    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイドン、モーツァルトの音楽を継承し、古典派音楽を大成してロマン派への足がかりを築いた音楽史上希有の大作曲家であるルードウィヒ・ファン・ベートーヴェンは、1770 年 12 月 16 日、ドイツのボンに生まれました。あらゆる苦難に耐えながらも、音楽の道に精進する以外に生きることのできなかったベートーヴェンでしたが、 28 才を過ぎた頃、突然耳が不自由になり、その激しい絶望と孤独が彼に死を決意させます。しかし同時に内側で聞こえてくる音楽が、絶望から新しい生命の火を彼の心にともしました。この苦悩の中で「悲愴」が生まれ、孤独な彼に優しい愛情を注いでくれた人を思って「月光」が生まれています。
 
 
  ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン 交響曲第3番変ホ長調−聴き比べ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベートーヴェンの強烈な個性が反映された最初の交響曲として、彼の前期の交響曲群の中心的作品となっているのが「Eroica(英雄)」の愛称で知られる交響曲第3番です。この曲は、新しい時代を切り開く「英雄」としてベートーヴェンが一目を置いていたナポレオン・ボナパルトに献呈しようと考えていた矢先に、ナポレオンが共和制を捨て、皇帝に即位したことに幻滅し、作品を破棄しようと考えたのを寸でのところで思いとどまり、全曲を完成させたというエピソードは非常に有名です。
 
 
  ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲ニ長調−聴き比べ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私は大学生の頃、一時期ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲に凝っていたことがありました。それも「今は昔」。最近はトンとご無沙汰で、マイナー路線をひた走り、ベートーヴェンの他の作品もごくたま〜に聴く程度となってしまいました。それがこのコーナーを公開したことで、また聴いてみようかという気になりました。そこで、過去に買ったLPを改めて聴きなおしてみると、さすがはベートーヴェン、またまた聴き惚れてしまいました。
 
 
  ベートーベン:ピアノソナタ第29番 変ロ長調 作品106 「ハンマークラヴィーア」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  後にも先にも、これほども巨大なソナタを書くことはありませんでした。その意味では、ピアノソナタの最高傑作と言うよりは「異形の作品」というイメージの方が強いようです。 特に、作品57の熱情ソナタ以降は、どちらかと言えばこぢんまりとしたソナタを書いてきただけに、突然に表れたこの作品の異形ぶりは際だちます。
 
 
  ルードウィヒ・ファン・ベートーヴェン Ludwing van Beethoven (1770 〜 1827) ドイツ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイドン、モーツァルトの音楽を継承し、古典派音楽を大成してロマン派への足がかりを築いた音楽史上希有の大作曲家であるルードウィヒ・ファン・ベートーヴェンは、1770 年 12 月 16 日、ドイツのボンに生まれました。あらゆる苦難に耐えながらも、音楽の道に精進する以外に生きることのできなかったベートーヴェンでしたが、 28 才を過ぎた頃、突然耳が不自由になり、その激しい絶望と孤独が彼に死を決意させます。…
 
 
  ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ 第29番 変ロ長調 作品106「ハンマークラヴィーア」 Neowing   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フィリップス・スーパー・ベスト100] バロックから現代まで、クラシックの基本的レパートリーを網羅。PHILIPSを代表するアーティストたちによる名演ばかり。歴史的名演も収録。オリジナルを基調としたジャケット・デザイン。全て解説付き(声楽曲に関しては歌詞対訳付き)。
 
 
シューベルト.1797
フランツ・シューベルト
  フランツ・シューベルト (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランツ・ペーター・シューベルト(Franz Peter Schubert, 1797年1月31日 - 1828年11月19日)は、オーストリアの作曲家。 ウィーン近郊で生まれた。メーレン(モラヴィア)人農夫の息子である父のフランツ・テオドールは教区の教師をしており、母エリーザベト・フィッツは結婚前ウィーン人家族のコックをしていた。・・・ 父はアマチュア音楽家で長男と次男に音楽を教えた。フランツは第12子としてリヒテンタールで生れた。
 
 
  シューベルト!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シューベルトといえば「魔王」と連想する人も多いと思います。これは、中学校の音楽鑑賞の教材として取り上げられていることが大きいでしょう。あの緊密な構成と劇的な表現に多くの子供達が魅了され るのです。私はシューベルトの音楽がとても好きです。そしてその生涯にも関心を持っています。このHPでは、小学生や中学生が調べ学習をはじめ、様々なシューベルトの魅力の情報ページを目指します。
 
 
  シューベルト試聴集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古典期の終わりからロマン期初頭を生きたシューベルトはロマン派の開拓者であり、ドイツ・リートの王といわれています。小学校の校長の家に生まれたシューベルトは幼少の頃から楽才を発揮し、8歳からヴァイオリン、ピアノ、オルガン、声楽を習いました。
 
 
  歌曲の王 シューベルト    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シューベルトを紹介します。シューベルト は、1797年、ドイツのウィーンに生まれました。シューベルトは、ドイツ歌曲の王と言われ、120曲もの歌曲を世に残した作曲家です。歌曲以外にも、交響曲、室内楽曲、ピアノ曲を多く作曲しています。1820年代に入り、シューベルトは体調を崩し、入院を繰り返しますが、この苦しい暗い生活の中で、1827年に作曲されたのが、歌曲集「冬の旅」です。
 
 
  ゼレチュのシューベルト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ゼレチュは南西ドイツのシュワルツワルト山地を源としヨーロッパ大陸を横断し流れるドナウ川が直角に南下し黒海へ注ぐ、丁度その角の真上、スロバキア共和国にあります。複数の国の国境に近いため、それぞれの国によって、スロバキア語でジェリェゾフチェ、ドイツ語やハンガリー語ではジェリズ、ゼリーズなどと呼ばれています。
 
 
  フランツ・シューベルト(1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランツ・シューベルトとグスタフ・マーラーは私が最も好きなクラシック音楽の作曲家です。 私がクラシック音楽を好きになった原因は,中学生の時にNHK第2放送でシューベルトの歌曲「魔王」を聴いたためです。そのあまりの素晴らしさに今まで馬鹿にしていたクラシック音楽に目覚め,レコードを集めたり,AM放送(その頃,私の家にはFM放送はまだ聴けませんでした)のクラシック音楽番組を聴くようになりました。しかしながら,まだ,おこづかいも少なく,レコードといっても買ったのは30cmLPではなく,17cmLPでした。
 
 
  d-score 楽譜 - シューベルト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  別名「歌曲王」とも呼ばれる人物。31歳という短い生涯の中で、多くの傑作、たくさんの作品を残した。学校を経営する教師の息子として生まれ、父によって教師になるよう育てられた。早くから秀才ぶりを発揮し、特に音楽に関しては際立った才能の輝きを見せた人物だった。
 
 
  Minako Watanabe geb. Tanaka   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渡辺美奈子(田中美奈子)のホームページ"Minako Watanabe geb. Tanaka"へようこそ。心から歓迎いたします。 2000年3月頃開き、音楽のページの多くと外国語ページは2001-2002年に書いたものです。至らない点お詫び申し上げます。
 
 
  国際フランツ・シューベルト協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本協会は楽聖フランツ・シューベルトの人と作品についてその全貌をあきらかにし、その音楽の普及を目的とする音楽愛好家団体です。
 
 
  シューベルトの“未完成”交響曲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シューベルトには、断片だけだったり、スケッチがほぼ終わりつつ最後の仕上げがなされなかった6つの「未完成」交響曲があることになっている。これらの音を聴くために、ニューボールト(Brian Newbould)による補筆・完成版を収録したマリナー/ASMFの「シューベルト交響曲全10曲」を買ってみた。
 
 
  シューベルトとは (Hatena Diary)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Franz Peter Schubert.作曲家。1797年ヴィーン生。1828年ヴィーン没。6歳から音楽教育を受け才能を現す。1808年から帝室コンヴィクト寄宿生として学び、さらに音楽に開眼。1813年教職に就き、同時に本格的に作曲活動を開始。1815年までに「魔王」「野ばら」など有名作品を含む144曲の歌曲を作曲。
 
 
  ようこそシューベルトのページへ!    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国際フランツ・シューベルト協会とは/これからの例会の予定/最近の例会邦詩で歌うシューベルトCD/入会のご案内/全作品一覧表/ 實吉晴夫のレクチャー集/シューベルトに 関する情報いろいろ
 
 
  「シューベルトの本当の死因は?」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シューベルトの病歴については、かれの友人たちと、それにかれ自身による暗示的な証言があるだけである。これは、性病と診断することはタブーとされ、従ってただの一言もそれには触れず、もっぱら別のコトバに書き替えて表現することしか許されなかった、という当時の事情によるものである。
 
 
  シューベルトの「ます」五重奏曲レポート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シューベルト(1797-1828)の室内楽作品の中で最も有名なのがこの曲だろう。ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとコントラバスという珍しい編成(通常はピアノと弦楽四重奏)のこの曲が生まれたのは1819年のこと。
 
 
  シューベルトの作品・生涯の情報ページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シューベルトといえば「魔王」と連想する人も多いと思います。これは、中学校の音楽鑑賞の教材として取り上げられていることが大きいでしょう。あの緊密な構成と劇的な表現に多くの子供達が魅了され るのです。私はシューベルトの音楽がとても好きです。そしてその生涯にも関心を持っています。このHPでは、小学生や中学生が調べ学習をはじめ、様々なシューベルトの魅力の情報ページを目指します。
 
 
  交響曲第8番 (シューベルト) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランツ・シューベルトの「交響曲第8番(こうきょうきょくだい8ばん)ハ長調」は、1825年に作曲された4楽章から成る交響曲。「ザ・グレート」(英:The Great、独:Die gro&szlig;e C-Dur)と呼ばれる。この作品は、古くより番号が様々に呼ばれ、はじめは未完のものを除いて7番目なので第7番と呼ばれていた。次いで、未完のもの2曲を含めて第9番、未発見のものを含めて第10番と呼ばれたこともある。最近では、未完の交響曲にはいわゆる「未完成交響曲」だけを数に入れ、第8番とすることが多くなってきている。
 
 
  シューベルトチクルス*プログラムノートから   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シューベルトチクルスVol.   苦悩の始まりの中で〜ミュラーの詩による連作歌曲集「美しい水車小屋の娘」  1818年、エステルハージー伯爵の招きによりハンガリーのゼレチュの館で夏を過ごしたシューベルトであったが、11月懐かしいウィーンに戻る。…
 
 
  シューベルト (Frantz Schubert,1797〜1828)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シューベルトはベートーヴェンよりも27歳若いが,ベートーヴェンの翌年に亡くなっている。そのため活躍年代から言えば古典派と前期ロマン派にまたがっているが,前期は歌曲や室内楽といった,小規模の作品が多く,ベートーヴェンが第9交響曲を作曲して大曲の作曲から一線を退いた以降では,いかにもロマン派的な大曲を作曲している。ベートーヴェンの補完的役割と言っては失礼だが,実際にベートーヴェンと重複の少ない分野で活躍しているところが興味深い。
 
 
  シューベルト歌曲集「冬の旅」作品89 D.911(全曲)訳詞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Die Winterreise / Franz Schubert 冬の旅 ヴィルヘルム・ミュラー 訳詩:神崎昭伍 関西ニ期会の木川田誠によるシューベルト冬の旅全曲集。
 
 
  フランツ・ペーター・シューベルト (Franz Peter Schubert) 解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランツ・ペーター・シューベルトは、 1797 年 1 月 31 日、 14 人兄弟の12 番目としてウィーンに生まれました。才能に恵まれたシューベルトは、国立神学校において一般教科にも優れ、音楽では学内で一番の優等生でした。わずか 11 才にして、すでに数多くの作曲をしていました。
 
 
メンデルスゾーン.1809
フェリックス・メンデルスゾーン
  フェリックス・メンデルスゾーン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フェリックス・メンデルスゾーン(ヤコブ・ルートヴィヒ・フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ、Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy, 1809年2月3日 ハンブルク - 1847年11月4日)は、ドイツロマン派の作曲家。モーツァルトに勝るとも劣らない早熟の天才作曲家であり、38年の短い生涯ながら同様に多作である。
 
 
  メンデルスゾーン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  メンデルスゾーンは、周知のように、ユダヤの家系だ。しかし、並の家系ではない。メンデルスゾーン家は、プロイセンのユダヤ人の家系の中でも最も名家で、最も裕福だった。そして、ナチスの抑圧に遭う1930年代まで、多くの銀行家、科学者、芸術家を生んでいる。
 
 
  メンデルスゾーン・ノート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  メンデルスゾーン(1809〜1847)は、ドイツの作曲家です。この頃の西欧世界を見てみますと、1789年のフランス市民革命の結果、貴族による政治が終わり、次に誰が政治の中心になるかということで保守と革新の対立が激しくなり、さらにナポレオンの登場で全ヨーロッパに大きな社会の変化がもたらされる機会が生まれました。またこの時期、イギリスでは産業革命が進み、農業中心から商工業中心の経済へと移っていくところでした。
 
 
  メンデルスゾーン試聴集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マレイ・ペライアのピアノ演奏を試聴/グールドのピアノ演奏を試聴/メンデルスゾーン:序曲集/メンデルスゾーンのスコットランド交響曲/メンデルスゾーン室内楽曲集/メンデルスゾーン&グリーク ピアノ作品全集
 
 
  メンデルスゾーン 今日より1   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツの作曲家メンデルスゾーンは、今も多くのファンを魅了してやまない、著名な大音楽家である。生存当時から、そのロマン主義的な作品で一世を風擁し、指揮者、ピアノ・オルガン奏者としても名声を博した。三十八歳で亡くなったが、その生い立ちは、順風そのものといってよい。祖父は哲学者、父は銀行家であり、富裕にして「教養」と「文化」の薫り高い家庭に育った。母親も音楽の素養をもち、その手ほどきを受けたメンデルスゾーンは、音楽への才能をメキメキと伸ばしていく。九歳の時、初めて公衆の前で演奏。また、十代で次々と新作を書きあげ、文豪ゲーテも、その彼の才能を、こよなく愛した。
 
 
  メンデルスゾーン (1809-1847)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  家庭的な環境を繁栄してメンデルスゾーンには明るくのびやかな曲が多く、その幸福感あるメロディーが多くの人に愛されました。特に18歳の時の作品「真夏の夜の夢の序曲」はベートーヴェンの再来とまで絶賛されました。むろん彼の作品は苦悩に満ちたベートーヴェンとは対極にあります。
 
 
  クレンペラーのメンデルスゾーン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クレンペラーはメンデルスゾーンに非常にいい演奏を残した。曲のロマン性や喜悦などとは無縁な人だと伝えられた割にはロマン派の音楽にいい演奏が多いというのは、そもそも変な話だが、ロマン性も喜悦性も十分持ち合わせていた人だったと私は思う。そのような認識自体がクレンペラー理解の程度を如実に示していると思う。
 
 
  メンデルスゾーン  クラシック音楽室   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  メンデルスゾーンは,前期ロマン派を代表する作曲家であるが,その作曲態度は意外と保守的である。どの曲を見ても,ベルリオーズやリストのように楽式を置いてどこかに飛んでいってしまうようなところを見せないし,楽式をうまく活かして独自のロマン性を発揮していると言ってよかろう。あらかじめ決められた枠の中で,節度を守りながら驚くほど多彩な音楽を作曲するのは,ハイドンと共通する面もある。38歳で早逝したメンデルスゾーンだが,速筆で粒ぞろいの作品が多いので,人物像はモーツァルト型といえる。しかし,その作風は必ずしもモーツァルトと一致しない。
 
 
  「メンデルスゾーン」と命名されたバラ苗   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フェーリクス・メンデルスゾーン・バルトリディの音楽とその人柄を称えて、1997年にドイツ連邦共和国、Delitschのバラ新種育成家、Herbert・Wiessler氏によって、メンデルスゾーン没後150年を記念して「メンデスゾーン」と命名された新種のバラ苗が育種され、その2株が1999年10月27日に、メンデルスゾーン・ハウス ミュージアムの入り口とメンデルスゾーンの銅像前に植えられた。
 
 
  Felix Bibliothek フェリクス・ビブリオテーク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フェリクス・ビブリオテークへようこそ。ここは、19世紀に活躍したドイツの作曲家、ヤーコプ・ルートヴィヒ・フェリクス・メンデルスゾーン・バルトルディ(1809〜1847)の作品を陳列する図書館(のようなもの)です。未だ建設中。そのうち完成する予定。 生地はハンブルク。父アブラハムは銀行家であり、その父モーゼスは哲学者として知られていた。レッシングの『賢者ナータン』のモデルはモーゼスである。フェリクスには姉がおり、名をファニーといった。彼女も弟に劣らぬ優れた音楽的才能を発揮することとなる。
 
 
  メンデルスゾーンの生涯 いろはにクラシック   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  前期ロマン派の主要音楽家で、バッハ作品を19世紀に復活させた。 ドイツのハンブルクで富裕な銀行家の家庭に生まれ、幼きころよりレッスンを受けて姉ファニーと共に豊かな才能を発揮した。10代の頃よりすでに完成度の高い曲を作曲し一人前と認められるようになった。
 
 
  メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲作品12, 13, 44, 80   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今年(2006年)、生誕250周年ということで世間を賑わしているウォルフガング・アマデウス・モーツァルトに、勝るとも劣らない素晴らしい才能を、幼少時から発揮したフェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディであるが、その優れた数々の作品に比べて、正当な評価をされているとは決して言えないのではないだろうか。それは、彼がユダヤ系であったということもある程度関係しているのであろう。七歳の時にキリスト教に改宗しているが、それでもなお、優秀なユダヤ人として、いわれなき迫害を受けることも少なくなかったようである。
 
 
  「メンデルスゾーン」  ES WERDE LICHT!(光あれ!)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1840年にフェリックス・メンデルスゾーン=バルトルディーが作曲した祝典カンタータ:"Es werde Licht!"「光あれ!」は、当初「印刷術百年祭の祝典歌」というタイトルの作品であったが、男声合唱と管弦楽のための「祝典歌」とも呼ばれている。また、第二楽章の旋律は英国や米国で親しまれているクリスマスキャロル:「歌詞原作者チャールズ・ウェスリー(1739年)、改訂者ジョージ・ホィットフィールド(1753年)、更に1850年当時の歌詞にウイリアム・カミングスが編曲した"Hark, The Herald Angels Sing"」に使われている。尚 このキャロルには他にも数え切れないほどの歌詞や編曲がある。
 
 
  メンデルスゾーン:交響曲第3番イ短調 『スコットランド』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「薄暮どきに私たちはホリルード宮殿に行きました。ここは女王メアリ・スチュアートが暮らし愛を営んだところ。小さな部屋には隠しドアにつながる階段戸棚があり、彼らはそこを上がって小部屋にいたリッツィオを見つけ、そこからリッツィオを引きずり出し、3つの部屋を通って暗い部屋の角で殺害したのです・・。脇のチャペルは屋根がなく草や蔦がはびこり、メアリーがスコトランドの女王として戴冠した祭壇は壊れていました。すべては荒廃し朽ち果てた中に明るい空から光が差し込んでいます。今日この古いチャペルで私はスコティッシュ・シンフォニーの冒頭を見出したと確信しました。」
 
 
  フェーリクス・メンデルスゾーン・バルトリディ (1809−1847)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フェーリクス・メンデルスゾーン・バルトリディは1809年にハンブルグに生まれた。有名な哲学者モーゼスを祖父、銀行家のアブラハムを父として裕福な家庭に育ち、9才でピアニストとしてデビューし、12才の時恩師ツェルターに連れられて72才のゲーテを訪問して、その才能を激賞され、15才までに13の交響曲を作曲し、17才の時にはシェクスピアの小説に魅せられて「真夏の夜の夢」を作曲、その間ベルリンでツェルターのジンクアカデミーで研鑚しながら、20才の時至難とされていたバッハのマタイ受難曲を蘇演して、それまで忘却されていたバッハ音楽を再発掘し、バッハルネッサンスを引き起こした。
 
 
  曲目解説:メンデルスゾーン(1809〜1847)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古典派の最も重要な分野のひとつである交響曲は、ベートーヴェン以降、次第にかつての栄光と重要性を失っていった が、オーケストラの多彩な響きに霊感を得ていたロマン派の作曲家たちは、交響曲以外の分野で大きな成果を上げており、 そのひとつが演奏会用序曲である。メンデルスゾーンはこの分野で際立った活躍をしており、生涯に少なくとも9曲の序 曲を残している。
 
 
ショパン.1810
フレデリック・ショパン
  フレデリック・ショパン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フレデリック・フランソワ・ショパン (ポーランド名:フリデリク・フランツィシェク・ショペン, 1810年or1809年3月1日 - 1849年10月17日)はポーランド出身の前期ロマン派音楽を代表する作曲家である。当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、ピアノの詩人とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いた。
 
 
  ショパン物語   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホーム / コンクール / ステップ / セミナー / コンサート / 指導者検定 / ピアノ教室紹介 / ピアノ曲事典 / 読み物・連載    概要 / 作曲家・作品 / ピアノと社会・時代 / 指導・レッスン・教育 / 読み物・エッセイ・論文 / ご意見・お問合せ
 
 
  ショパンウェブ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ショパンとは 19世紀、ポーランドの作曲家です。ノクターン、別れの曲、英雄ポロネーズ、幻想即興曲、子犬のワルツ、革命のエチュード、雨だれの前奏曲、華麗なる大円舞曲、軍隊ポロネーズなど数々の名曲を作曲し、ピアノの詩人と呼ばれました。
 
 
  ショパンな部屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ショパンって知ってる?ほー、名前は知ってる。あー学校の授業で習ったんだ。えっ!?ショパンって偉いかって?偉いえらくないとかじゃなくてさー。そうそうピアノが弾ける人だよねーーーーっておいっ!名前だけしか知らない!?偉い・偉くないなんて問題じゃないだろ!ピアノが弾けるどころかやつはピアノそのものだ!!天才だっ!!!!っというわけで、ここはそんな人にショパンのことをもっとよく知ってもらいたい!という部屋です。
 
 
  日本ショパン協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本ショパン協会は「フレデリック・ショパン協会国際連盟」の会員として、世界各国のショパン協会と相互連携を保ちながら活動しています。
 
 
  ショパンMIDI 曲集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ショパンMIDI 曲集
 
 
  ★ショパン演奏(MP3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「ショパン演奏」にお越しいただき、ありがとうございます。 当サイトでは、ショパンのピアノ曲の演奏を公開しています。 ショパンの曲ばかりですが、ゆっくり聴いていっていただけると嬉しいです。
 
 
  衝撃のショパン名演奏!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ショパンコンクールから幻の名コンサート映像まで名演奏の動画を一挙大公開!
 
 
  the piano ショパンの情報公開   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ショパンに関する情報を個人的に収集して、ショパンの作品、ショパンの生涯記録  ショパンコンクール入賞者リスト公開しています。   ショパンについて/ショパンの生涯/ショパンの作品/曲風/コンクール入賞者/ショパン掲示板/リンク
 
 
  ショパン / BARKS アーティスト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  HOME / ニュース / 動画 / 試聴 / 特集 / CD / 楽器 / ランキング / iTunes / SHOP / チケット / プレゼント / コミュニティ
 
 
  ショパン全作品を斬る − 目次 −   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天才の出現はいかにも不思議な自然現象である。伝記などを見ると天才の家族や親戚はそれなりに才能豊かなことが多いので、天才出現の素地はあるようではあるが、そんなことは問題にならないほど桁外れの才能が忽然と現れ、桁外れの仕事を残して行く。…
 
 
  ショパン国際ピアノコンクール in ASIA   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本コンクールは、国際レベルの優れた演奏家の発掘・育成を目的とし、優美で華麗な曲想を持つショパンの音楽をアジア地域に普及させ、音楽文化への貢献を通して日本をはじめアジアとポーランドとの文化交流の架け橋となることを願い開催されるものです。
 
 
  月刊ショパン オフィシャルウェブサイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  月刊ショパン オフィシャルウェブサイト
 
 
  ショパンの本棚  ピアノの詩人ショパン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フレデリック・ショパン(1810-1849)はポーランド出身の作曲家、ピアニストです。39年という短い生涯のうちに作曲したほとんどの作品がピアノのために書かれました。20歳のころにパリに出て、社交界の寵児として多くの人たちから愛されました。当時、ショパンと交流のあった芸術家はフランツ・リスト、ドラクロワ、ハイネなどロマン主義の時代を代表する、そうそうたる顔ぶれが並びます。
 
 
  ショパンと私 Fryderyk Franciszek Chopin   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このサイトはショパンの音楽、人となり、様々なジャンルの人たちとの関わり合いなど、いわばショパンの全てについて、ショパンを愛する多くの方々に送るメッセージです。
 
 
  ショピニストへの道 〜ショパンを極めよう〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ショピニスト(ショパニスト)とは、真実のショパン演奏を聴かせるショパン弾きの一流ピアニストのことを言います。それは凡人である素人ピアノ愛好者の僕が一生かかっても達成できないようなあまりにも高すぎる望み、夢です。そして、そういう夢に向かって自分流に進んでみようという無謀とも思える挑戦が、このような形でHPになりました
 
 
  トラスティベル 〜ショパンの夢〜 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『トラスティベル 〜ショパンの夢〜』(Trusty Bell、欧米ではEternal Sonata)は、トライクレッシェンドが開発し、Xbox 360専用として2007年6月14日に発売されたロールプレイングゲームである。その後プレイステーション3への移植が発表され、XBOX360版では難解だったシナリオの変更やマルチエンディング、操作可能なキャラクター、コスチュームの追加等の新要素を追加して『トラスティベル 〜ショパンの夢〜 ルブリーズ』として2008年9月18日に発売された。
 
 
  ショパンの夢 〜 バンダイナムコゲームス公式サイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピアノの詩人と呼ばれたショパンが短い生涯を閉じる3時間前に見た夢の世界。 そこで出会った少女と少年の純粋な信じる心の輝きが交わるとき、運命の歯車は静かに逆転を始める――
 
 
  ショパン生誕200年記念特設サイト  SoundTown CLASSIC   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「ショパンは人を美しくさせるー」 ショパン生誕200年に贈る、ベスト・オブ・ショパン決定盤!
 
 
  YouTube - Chopin Nocturne cis-moll ショパン ノクターン遺作 嬰ハ短調   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - Chopin Nocturne cis-moll ショパン ノクターン遺作 嬰ハ短調
 
 
  ショパン 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ショパン 画像検索 - Google
 
 
  ショパン  動画検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ショパン  動画検索 - Google
 
 
  ショパン名曲100    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  7割のトラックをショパン・コンクールゆかりのピアニスト(ティエンポとハイドシェック以外)で固め、演奏の系譜も辿れる6枚組(2005年優勝のブレハッチのライヴもあり)。ブックレットには22ページにも及ぶ詳細なショパンの評伝も収めた、内容充実のBOXだ。
 
 
シューマン.1810
シューマン 交響曲第1番「春」 〜春への祈り
  ロベルト・シューマン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロベルト・アレクサンダー・シューマン(Robert Alexander Schumann, 1810年6月8日 - 1856年7月29日)はドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。名ピアニスト、クララ・シューマン(Clara Josephine Schumann, 旧姓ヴィーク Wieck)は妻である。 ドイツ、ザクセン王国のツヴィッカウに生まれる。5人兄弟の末っ子であった。父は出版業者で、著作も行っていた。
 
 
  クララ・シューマン (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クララ・ヨゼフィーネ・シューマン(Clara Josephine Wieck-Schumann, 1819年9月13日 - 1896年5月20日)は、ドイツのピアニスト、作曲家。ピアノ教師フリードリヒ・ヴィーク(Friedrich Wieck)の次女(長女は生後まもなく死亡)として生まれる。19世紀に活躍した女流ピアニストであり、また作曲家ロベルト・シューマンの妻としても広く知られている。
 
 
  日本シューマン協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  19世紀ロマン主義音楽の流れを一手に引き受けて激しく生きた音楽家、ロベルト・シューマン(1810〜1856)。彼の人間と音楽に興味を持つ仲間が集まり、定期的に活動している……それが日本シューマン協会です。
 
 
  クララ・シューマン  愛の協奏曲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シューマンとブラームス、二人の天才が魅せられた女神 ロマン主義華やかりし19世紀ヨーロッパに咲いた、天才芸術家たちの愛の物語
 
 
  クララ・シューマンのホームページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クララ・シューマンを御存知ですか? 「ああ、あの有名なシューマンでしょう?」と思われた方、いいえ違うのです。あの有名なシューマンとは、19世紀の天才作曲家ローベルト・シューマン(1810-1856)の事です。 「100ドイツマルク紙幣に印刷された肖像の人物ですよ」と説明すれば、「ああ、あの女性か!」と思われる方もおられるでしょう。ドイツ在住の人々、そして世界中の金融関係の方なら顔だけは知らない人のない、あの女性です。
 
 
  シューマンの森   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  森へゆこう/天空の森/シューマン論/基本文献/更新情報/リンク集
 
 
  シューマンおたく学会 & クララファンクラブ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2011年 シューマン没後155年  19世紀ドイツ・ロマン派の作曲家 ロベルト・シューマンとピアニスト/作曲家 クララ・シューマンに関する情報収集系ウェブサイト
 
 
  シューマン (Robert Schumann,1810〜1856)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  データブック/作風:シューマンは,まさにロマン派を思わせる作曲家である。シューマンはメンデルスゾーンと仲がよく,作曲に当たる態度も似ている。 しかし,メンデルスゾーンがハイドン的な作曲をしたのに対して,シューマンはベートーヴェンを強く意識した作曲をしているといえよう。/シューマンの掲示板/シューマンの交響曲:シューマンは4曲の交響曲を残している。
 
 
  YouTube - シューマン:子供の情景Op15-7トロイメライ(ピアノ演奏)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - シューマン:子供の情景Op15-7トロイメライ(ピアノ演奏)
 
 
  シューマン の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シューマン の画像 - Google
 
 
  シューマン:謝肉祭   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シューマン:謝肉祭  ケンプ(ヴィルヘルム)  形式: CD
 
 
リスト.1811
フランツ・リス
  フランツ・リストの生涯と作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作曲家フランツ・リスト(1811-1886)に関してのページがないのは多くの方から御指摘もあり、自分としても何らかの形でそういうものを実現したいと考え、様々な文献をもとに、自分なりにまとめてみました。 今後可能な限り詳しい内容のものにしたいと思っています。そうして作曲家フランツ・リストに対するさらなる関心が高まる事を望んでいます。
 
 
  フランツ・リスト (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランツ・リスト(Franz Liszt, 1811年10月22日 - 1886年7月31日)は、ハンガリーに生まれ、ドイツ・オーストリアなどヨーロッパの各国で活躍したピアニスト・作曲家。ピアニストとしては当時随一の名手であり、演奏活動のみならず、教育活動においてもピアニズムの発展に多大な貢献をした。
 
 
  フランツ・リストの回想   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランツ・リストは1811年10月22日に、ハンガリーのライディングという小村で生誕しました。ライディングはハンガリー領ですが、近接するオーストリアにはみ出しているような位置にあります。父アーダムが、奉公していたエステルハージー侯の命を受け、このライディングの管理人へと職務が異動となったため、フランツ・リストはこの地で生まれることとなりました。
 
 
  フランツ・リストに寄せて   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  7歳と11ヶ月で初めて人前で演奏して以来、天才の名を欲しいままにしたリストでしたが、16歳の時に父を亡くし、その若さで、それ以後、母と二人での生活の経済的負担や責任の一切を背負って生きることになります。 既に作曲家として幾つかの作品も出版してはいましたが、ピアニストとして演奏活動もしながら、生活の為に毎日多くの弟子を教えなくてはなりませんでした。
 
 
  フランツ・リストの生涯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フランツ・リストの生涯は作品と密接に結びついている。だから、伝記的に年代をおっていくだけでは不十分である。そこで、主な作品の書かれた時期と初演時などもふまえて、彼の様々な人生の局面を追っていきたい。
 
 
  フランツ・リスト ピアノ協奏曲全集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  リスト作品に取り組んでいますと、今まで余り知られていない作品や、最近出版された作品に出会うと言う素晴らしい魅力があります。近年、ピアノとオーケストラのための作品が2曲同時に、一般に入手可能になりました。それでピアノとオーケストラのための作品数は、増えて全部で11曲を数えます.このCDでは、リスト自身が、(協奏曲)と題した作品を集めていますので、ピアノ協奏曲全集と言うことになります。
 
 
ワーグナー.1813
小百合さんとワーグナー 
  リヒャルト・ワーグナー (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner 1813年5月22日 ライプツィヒ - 1883年2月13日 ヴェネツィア)は、歌劇の作で知られる19世紀のドイツの作曲家、指揮者である。ロマン派歌劇の頂点として「歌劇王」の別名で知られる。ほとんどの自作歌劇で台本を単独執筆し、理論家、文筆家としても知られ、音楽界だけでなく19世紀後半のヨーロッパに広く影響を及ぼした中心的文化人の一人でもある。  1 呼称 / 2 生涯 / 3 後継者たち / 4 楽劇の完成者 / 5 指揮理論 / 6 人物 / 7 作品 / 8 文筆活動 / 9 参考音源 / 10 脚注 / 11 関連項目 / 12 外部リンク
 
 
  ワーグナーの魔力   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ワーグナーの音楽は麻薬だ…。 『ワーグナー物の虜になると他のオペラが退屈で聴けない』 と、語るワグネリアン。何故、そのような魅惑に満ちた音楽なのか?! ここでは、そのワーグナーの音楽について、ちょっと解説していきます。
 
 
  日本ワーグナー協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本ワーグナー協会について/入会のご案内  あなたも会員になれます/例会のご案内/創立 30 周年から生誕 200年/バイロイト音楽祭/ワーグナー公演レポート/これからのワーグナー公演/これからのワーグナー関連事業/ワーグナー小事典/寄稿、エッセイ/書籍紹介/リンク
 
 
  ワーグナーの歌劇な部屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ほら聴いたことがあったでしょう。 ワーグナーというと難しそうな感じがするかもしれませんが、決してそんなことはありませんよ。 ワーグナーの作品の特徴は「官能的」で「高揚感」。ルカも車で30分かけて通勤しているのですが、朝のけだるさも、夕の疲れも、用意してある「ワルキューレの騎行」をかけながら「ハイヤー!ホ!」と叫ぶと気分すっきりです。  What's New/ワーグナーについて/ワーグナー入門/作品紹介/新譜紹/ディスコグラフィー/CD批評〜投稿募集/アンケート〜ご協力よろしくお願いします/アンケート結果発表〜投票は継続募集中/バイロイトの中庭〜ワーグナー情報/リンク集/糸つむぎの部屋〜雑談の場      
 
 
  ワーグナー Richard Wagner   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  絢爛豪華な音の洪水。官能と退廃。愛について語るのにいつしか滅びを語っている。ああ派手だった楽しかったと劇場を出るのに一抹の虚しさがいつも付きまとう。 ワーグナーのオペラ、楽劇群の提供する「空間の広さ」は群を抜いていますね。始めの一音で劇場はどこかへすっとび、突如出現するワーグナー空間。文字通りのトリップでございます。ワーグナー物の虜になると他のオペラが退屈で聴けない、と語るワグネリアンの方々の気持ちも分かる気がいたします。
 
 
  リヒャルト・ワーグナーの生涯・作風・代表曲 - 初めてのクラシック音楽   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツのライプツィヒで生まれたリヒャルト・ワーグナー(1813年5月22日 - 1883年2月13日)は、従来の歌劇(オペラ)に文学、演劇、絵画などの要素を加えるなどして総合芸術の域に高め、「楽劇」という形式に発展させたドイツロマン派を代表する作曲家。  HOME/クラシック音楽史/作曲家一覧/クラシック音楽用語/相互リンク集/お役立ちリンク集/プロフィール/相互リンク依頼/お問い合わせ
 
 
  YouTube - ワルキューレの騎行 ワーグナー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - ワルキューレの騎行 ワーグナー
 
 
  YouTube - ワーグナー/「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - ワーグナー/「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
 
 
  ワーグナー の動画 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ワーグナー の動画 - Google
 
 
  ワーグナー の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ワーグナー の画像 - Google
 
 
ヴェルディ.1813
ジュゼッペ・ヴェルディ 1886年の肖像。 東京・春・音楽祭−東京のオペラの森2012−より 
  ジュゼッペ・ヴェルディ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジュゼッペ・フォルトゥニーノ・フランチェスコ・ヴェルディ(Giuseppe Fortunino Francesco Verdi、1813年10月10日 - 1901年1月27日)は、19世紀を代表するイタリアのロマン派音楽の作曲家であり、主にオペラを制作した。 代表作は『ナブッコ』、『リゴレット』、『椿姫』、『アイーダ』などがある。 1 生涯 / 2 作品 / 3 作品の変遷 / 4 イタリア統一運動への影響 / 5 参考文献 / 6 脚注 / 7 読書案内 / 8 外部リンク
 
 
  ベルディ、ワーグナーなど約100公演…15日から「東京・春・音楽祭」 (2013/3/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上野界隈のコンサートホールや文化施設で行われる恒例のクラシック音楽祭「東京・春・音楽祭 −東京のオペラの森2013−」が、15日に開幕を迎える。 明治初期に西洋文化が日本で花開いた文化の街・上野を舞台に、毎年3月中旬から4月にかけて行われる同音楽祭。オペラ、オーケストラ、室内楽などの本格的なクラシック音楽のほか、バレエや日本歌曲、アルゼンチン・タンゴ、朗読、美術館や博物館とのコラボレーションなど、バリエーションに富んだプログラムで人気を博している。 今年の音楽祭の中でも注目は、生誕200周年を迎えたふたりの大作曲家、ベルディとワーグナーのメモリアル関連企画。…
 
 
  生誕200年・オペラの巨人、ワーグナーとヴェルディを1日で (2013/3/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  15日に開幕した上野の春のクラシック音楽祭「東京・春・音楽祭」。23日に行われる毎年恒例のマラソン・コンサートでは、生誕200周年を迎えた“オペラ史の巨人”ワーグナーとヴェルディにスポットを当てる。…
 
 
エドゥアール・ラロ.1823
エドゥアール・ラロ.1823 古典派・ロマン派音楽の部屋(3) ( クラシック) .┘疋◆璽襦Ε薀蹇屮好撻ぅ鷂魘繕福 ▲┘トル・ベルリオーズ「夢とカプリッチョ」 ヴァイオリン:イツァーク・パールマンダニエル・バレンボイム指揮 パリ管弦楽 
  エドゥアール・ラロ ( Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヴィクトール・アントワーヌ・エドゥアール・ラロ(Victor Antoine &Eacute;douard Lalo, 1823年1月27日 - 1892年4月22日)は、フランスの作曲家、ヴァイオリンおよびヴィオラ奏者。リール生まれ。スペイン交響曲(ヴァイオリン協奏曲第2番に当たる)、チェロ協奏曲が有名。歌劇《イスの王様》は、今日ではまず全曲が上演されることはないが、その序曲はフランス歌劇の序曲集といった盤などにも収められていることがある。 主な作品/外部リンク
 
 
  エドゥアール・ラロ (フランスの作曲家)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  両親共に、祖先は16世紀にフランドルへ移住してきたスペイン系。 リール音楽院で学び、1838年にヴァイオリンで一等。ベートーヴェンの指揮するオーケストラで演奏していたチェリストのバウマンに作曲を師事、音楽家になる決意を固める。父の反対を押し切って、1839年パリ音楽院入学。ヴァイオリンをアブネックに、作曲をユーリウス・シュルホフに師事。 当初は作曲では暮らしていけず、1855年、アルマンゴー弦楽四重奏団を結成、ヴィオラ、ヴァイオリンを担当して活動。 1869年、オペラ「フィエスク」をリリック座の政府主催のコンクールに出品、第3位となるが、上演はされなかった。        
 
 
  エドゥアール・ラロ スペイン交響曲 ニ短調 op.21 : クラシック試聴 ...   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クラシック試聴音楽YouTube: クラシック音楽のYouTube動画をまとめたサイトです。無料試聴!
 
 
  ラロの『スペイン交響曲』初演 - おんがく日めくり : ヤマハ株式会社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エドゥアール・ラロ(1823&#12316;1892)は、祖父の代までは生粋のスペイン人だったフランスの作曲家。バイオリンと作曲を学び、20代で作品を発表しますが注目されず、30代はビオラ奏者として地味な生活を送ります。 しかし42歳の時、アルト歌手ベルニエと結婚し、彼女に励まされて作曲を再開。50歳をすぎて…
 
 
  エドゥアール・ラロの「交響曲 ト短調」ほか - クラシック音楽の小窓−第2 (2010/12/15)                 TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私は、ヴィクトール・アントワーヌ・エドゥアール・ラロ(Victor Antoine &Eacute;douard Lalo, 1823 - 1892)という作曲家にほとんど興味がなく、有名な彼の「スペイン交響曲」がヴァイオリン協奏曲だということを知っている程度だった。 しかし、私の父は「
 
 
  エドゥアール・ラロ - 今日の作曲家 (2015/1/27)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日の作曲家『エドゥアール・ラロ』の記事。スペイン系のフランス人。ヴァイオリンやヴィオラを弾き、弦楽四重奏団ではヴィオラを担当していました。16歳の時にパリに出て、パリ音楽院で作曲とヴァイオリンを学びました。
 
 
  ニコニコ動画 - エドゥアール・ラロ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニコニコ動画 - エドゥアール・ラロ
 
 
  エドアール・ラロ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エドアール・ラロ の画像 - Google
 
 
ブラームス.1833
ヨハネス・ブラームス
  ヨハネス・ブラームス (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms, 1833年5月7日 - 1897年4月3日)は、19世紀ドイツの作曲家であり、大バッハ、ベートーヴェンと並びドイツ音楽に於ける「三大B」と称される一人である。ハンブルクに生まれ、ウィーンに没した。作風は概ねロマン派音楽の範疇にあるが、古典主義的色彩も濃い。
 
 
  Brahms   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブラームスの心は、ひたむきにクララにむかっていた。この頃から、二人の間に手紙がとりかわされる。 尊敬する奥様。先日、僕はあなたの愛するご主人にお会いすることができました。あなたの写真をお渡しすると、あの方はそれを胸に抱きしめ、「どんなに長い間、待っていたことか!」と涙されました。‥‥それから、僕たちは一緒にピアノ連弾をしました。「私は低音だよ」と言われ、とても楽しそうでした。 1855年2月 J・ブラームス
 
 
  ブラームス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブラームスは、先生のマルクスゼンの影響で、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ショパンなどを尊敬するようになった。 ブラームスとクララ・シューマンのことは有名だが、ブラームスの才能を見出したのはシューマンで、その夫人を助けることは終生続いた。
 
 
  ブラームス(Brahms)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブラームス(1833〜1897)は、時代区分では、後期ロマン派に含めてもよいが、普通、後期ロマン派という場合は、ワーグナーやリストなどの「新ドイツ楽派」の影響を受けた半音階的な楽曲を指すことが多い。ブラームスは、「新ドイツ楽派」に対立する立場にあり、従来の調性を重視しているので、前期ロマン派に含めることにした。
 
 
  日本ブラームス協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2005年のブラームス協会の春冬例会は「日本におけるドイツ2005/2006 (2005/2006 Deutschland in Japan) 」に参加しています。
 
 
  ヨハネス・ブラームス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツ・ロマン派を代表する作曲家。シューマンとの出会いから世に出る。二人の友情はシューマンの死まで続き、未亡人クララとの恋物語も有名。当時隆盛であったヴァグネリズムに対立する立場をとり、古典的作風で知られるが、シェーンベルクなどはブラームスの作曲技法の革新性を積極的に評価している。
 
 
  ブラームスはお好き?    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この肖像画をご存じですか?私の大好きなドイツの作曲家ヨハネス・ブラームスの1853年(20歳)の肖像画です。当時のブラームスはふさふさとした亜麻色の髪、はにかんだ表情をみせる口元、何かしら底知れぬ深いものを秘めているような青い瞳をした美しい青年でした。1853年9月30日ブラームスはデュッセルドルフのロベルト・シューマンを訪れ自作のピアノソナタハ長調を演奏し深い感動をあたえました。そしてシューマンは自らが20年前に創刊した音楽評論誌「音楽新報」に「新しき道」というエッセイをのせブラームスを絶賛しました。
 
 
  ブラームスとは (Hatena Diary)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブラームス Johannes Brahms 作曲家、ピアニスト。1833年ハンブルク生。1897年ヴィーン没。ベートーヴェンの作風を継承しロマン派の潮流の中核に位置するが、同時に中世以来の古典音楽やスラブ系のリズム感に富んだ民族音楽を研究し、重厚な作風をもって知られる。
 
 
  ブラームス 交響曲第2番 ニ長調   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブラームスは、偉大な先輩ベートーベンの9曲の交響曲のあとで交響曲を作曲することに慎重で、最初の交響曲は20年以上の期間を費やして作曲しましが、そのかいあって、ベトーベンの第10交響曲と評されるなど、好評な出来でした。第2交響曲は、その翌年一気に書き上げられました。
 
 
  ブラームスの生涯 没後100周年記念   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1833年の5月7日、ヨハネス・ブラームスは、父ヨハン・ヤーコブ(1806-72)、母ヨハンナ・ヘンリーカ・クリスチアーネ(1789-1865)の間に生まれた。生家は、ハンブルクのシュペック通り60番地で、貧民窟の貧しいアパートの1部屋だった。
 
 
  ブラームス (J.Brahms 1833-1897 巳年 牡牛座)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブラームスの作品はどれもが練りに練って作曲されたっていう感じがします。特に4つの交響曲はどれも素晴らしく優劣をつけれません。初期の作品と後の作品との出来に大きな落差を感じさせる作曲家が多い中で、ブラームスには全くそれがありません。ブラームスはその風貌から、厳めしそうな印象を持ってしまいますが意外と(?)メロディメーカーではないでしょうか、大好きな作曲家です。
 
 
  ブラームス : 『ハイドンの主題による変奏曲』 作品56a   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この作品はブラームスによる最初の本格的な管弦楽作品(セレナード2曲、ピアノ協奏曲第1番は既に作曲済)で、「石橋を叩いても渡らない」というほど慎重なブラームスにとって交響曲第1番の準備にあたる作品とされています。
 
 
  ブラームス  交響曲 第4番 ホ短調 作品98 悲劇的序曲 作品81   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ワルターの自伝を読むと、いかなる困難のときにあたってもつねに微笑を忘れないというワルターのモットーが強く心にのこるに違いない。実は、ワルターの指揮した音楽でも、それがいかに激烈な種類のものであっても、そうした柔和な微笑の感じがいつも秘められているのである。
 
 
  ブラームス回想録集〈2〉 ブラームスは語る <単行本>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  同時代の作曲家を、指揮者を、歌手をまな板に乗せ、ワーグナー、クララ・シューマンetc.について一杯機嫌で語りつくすブラームス。圧倒的な知識と想像を絶する創作能力がいま明らかに。ホイベルガーが残した未発表メモ―破顔一笑の大語録『ブラームスは語る』。蝋管録音に挑むブラームスを克明に記録したフェリンガー『素晴らしき調べ』所収、ファン釘付けの回想録集第2弾!傑作写真多数掲載。
 
 
  YouTube - RHYオーケストラ ブラームス 交響曲 第2番4楽章   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - RHYオーケストラ ブラームス 交響曲 第2番4楽章
 
 
チャイコフスキー.1840
ピョートル・チャイコフスキー 
  ピョートル・チャイコフスキー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(1840年5月7日 - 1893年11月6日)はロシアの作曲家。バレエ音楽や6つの交響曲などで有名。ボロディン、バラキレフ、ムソルグスキー、キュイ、リムスキー=コルサコフのロシア5人組らと共に国民楽派と呼ばれる。 チャイコフスキーはその親しみやすい作風から、クラシック入門の企画などで採り上げられることが大変多い作曲家である。叙情的で流麗・メランコリックな旋律や、絢爛豪華なオーケストレーションが人気の要因となっている。
 
 
  チャイコフスキーの生涯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1840年4月25日、ピョートル(チャイコフスキーのファーストネーム)は、ヴォトキンスク(現在はウドムルト自治共和国)でチャイコフスキー家の次男として生まれた。ヴォトキンスキの町は、モスクワから東へ約700キロ離れ、ウラル山脈の西側に沿ってカマ川が流れるかなりの僻地であった。ヴォトキンスクはカマ川沿いに多くあった製鉄場を統轄する町として1759年に建設された鉱山の町であった。
 
 
  チャイコフスキーならHMV   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  商品数190万!CD最大25%/DVD最大30%オフ!ポイント有   音楽予約商品 / TV&映画予約商品 / 本日の特価 / スペシャルオファー / 私のオススメ / メールマガジン
 
 
  イタリア奇想曲 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリア奇想曲( - きそうきょく、 Capriccio Italien)作品45は、ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーが1880年に作曲した管弦楽のための楽曲。イタリア様式の伝統的な奇想曲(カプリッチョ)スタイルの作品である。
 
 
  おんがく日めくり YAMAHA   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホーム > ういくり > おんがく日めくり : 人名検索 ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
 
 
  チャイコフスキーの名曲名盤   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  まずはチャイコの後期三大交響曲(4、5、6番)の全てにおいて歴史的名盤として知られているムラヴィンスキーの録音聴いてもらいたい。 コレはまさに極めつけ、初めて聴いた時の衝撃は今でも忘れない。
 
 
  チャイコフスキーの死の真相   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  チャイコフスキーの死因は今まで一般にコレラだと言われています。 でも、本当にそうなんでしょうか? 1970年代までは、これがチャイコフスキーの最後だと信じられてきました。しかしここにはおかしな点がいくつもあります。
 
 
  ★チャイコフスキーのある部屋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このページはチャイコフスキーファンによる、チャイコフスキーファンのためのページです。 どうぞ、ごゆっくりとお楽しみ下さいませ!!
 
 
  チャイコフスキー大好き♪ blog   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ようこそ! 「一番好きな作曲家は誰?」と聞かれたら、皆さんはどなたでしょうか。 私は迷う事なくチャイコフスキー♪ 三大バレエ@踊った経験アリと言う素敵な思い出があるせいですね。 幼い頃からチャイコフスキーの曲を聴いて育ちました。
 
 
  チャイコフスキー 序曲「1812年」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1812年、ヨーロッパの国々を次々と征服してきたナポレオンは、60万人の軍隊を率いてロシアの主都モスクワへ攻め入ってきました。どこの国の軍隊にも負け知らずだったナポレオン軍もロシアの冬の寒さには勝てませんでした。さらに食糧不足とロシア軍の反撃にあって、完全に敗退したのです。この闘いで破壊されたモスクワの大聖堂が、70年後の1882年に再建され、そのお祝いの祭が催されました。このとき大聖堂の前の広場で初演されたのがこの曲です。
 
 
  チャイコフスキー  e-onkyo music   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1840-1893。ロシアの作曲家。バレエ音楽や6つの交響曲などで有名。ボロディン、バラキレフ、ムソルグスキー、キュイ、リムスキー=コルサコフのロシア五人組の国民楽派に対し、チャイコフスキーは西欧派と呼ばれる。叙情的で流麗、メランコリックな旋律、絢爛豪華なオーケストレーションでたいへん人気がある。リズムの天才とも言われ、一つのフレ−ズを発展の連結にしたり、半音階上昇させたり、または下降させたりと他の作曲家には見られないものがある。
 
 
  チャイコフスキー はてなダイアリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー (1840-1893) ロシアを代表するクラシック、オペラ、バレエ音楽などの作曲家の一人.後期ロマン派に分類される。
 
 
  チャイコフスキー  クラシック音楽館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  チャイコフスキーはドイツ系ロマン派,フランス系ロマン派,そしてロシアの音楽からそれぞれ影響を受けており,特にブラームスの時代まで相容れなかった二つのロマン派を融合させたような作風は,当のドイツやフランスの作曲家には見られないものである。
 
 
  チャイコフスキー記念 東京バレエ団   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京バレエ団は1964年に創設、3年目の1966年には早くも当時のソビエト政府に招かれ、モスクワ、レニングラードで公演を行った。この成功によりソビエト文化省より“チャイコフスキー記念”の名称を贈られた。創立以来一貫して、古典の全幕作品から現代振付家の名作まで幅広いレパートリーを誇っている。
 
 
  チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  チャイコフスキーはメロディー・メーカーなので、先ずは何も考えずチャイコフスキー節をたっぷり楽しんで下さい。ソナタ形式の第1楽章は序奏に続いて直ぐに明るいヴァイオリンの第1主題が流れ次にやや憂いのある第2主題が現れ次第に高潮して行きます。第2楽章はチャイコフスキーらしくヴァイオリンがメランコリックな旋律を歌いますが、突然ティンパニを伴った第3楽章が切れ目無く始まり、ロンド形式のフィナーレが続きます。主題はロシアの農民の舞踊・トレパークから採られています。
 
 
  チャイコフスキー(1840〜1893)の生涯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  チャイコフスキーは、ロシアでは、全年齢層をとおして愛されている音楽家です。ロックやファンキージャズを親しむ若者の中でさえもチャイコフスキーを知らない人はいません。 白鳥の湖、くるみ割り人形、眠りの森の美女といったバレエ音楽、エウゲーニ・オネーギン、スペードの女王などのオペラ、そしてピアノ協奏曲やヴァイオリン協奏曲と、どのジャンルのどの作品をとっても、類を抜いた人気を誇っています。
 
 
  ピョートル・イリイッチ・チャイコフスキー 解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピョートル・イリイッチ・チャイコフスキーは、 1840 年 5 月 7 日に、ロシアのカムスコ=ボトキンスクという小さな町に生まれました。 少年時代は、いつも本を読んだりピアノを弾いてばかりいる、ひどく感受性の強い少年でした。彼が本格的に音楽の勉強を始めたのは 21 才の時でした。
 
 
  ピヨートル・イリイッチ・チャイコフスキー d-score   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  19世紀のロシアを代表する作曲家。1840年5月7日、ロシアのカムスコ・ボトキンスクという田舎町に生まれる。 小さい頃から尋常ではない鋭く繊細な感性の持ち主として周囲を驚かさせるような少年だった。彼は7歳でフランス語による詩を作り、オルゴールを聞いて一人泣いているような子どもだった。
 
 
  ピョートル・チャイコフスキー - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(;ラテン文字表記の例:Peter Ilyich Tchaikovsky、1840年5月7日(ユリウス暦では4月25日) - 1893年11月6日(ユリウス暦10月25日))はロシアの作曲家である。
 
 
  チャイコフスキー P.I.Tchaikovsky  (1840〜1893、ロシア)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  チャイコフスキーを初めて聴いたのは、確かバイオリン協奏曲だったと思う。出版社の音楽全集で、チャイコフスキーの場合は、「悲愴」、「白鳥の湖」、そして「バイオリン協奏曲」ではなかったか、と。そのへんの記憶は、もう定かではないが、ただチャイコフスキーへの最初の傾倒が「バイオリン協奏曲」だったことは、間違いないはずだ。
 
 
  チャイコフスキー〜わが心の旅〜 国際ファミリーフェスティヴァル2007   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  チャイコフスキーの代表的な交響曲、オペラ、バレエなど美しく親しみやすい音楽を中心に、歌とバレエと芝居を織り交ぜながら、チャイコフスキーの生涯を壮大かつファンタジックにつづる音楽ドラマ。注目の若手実力派バリトン歌手宮本益光が、孤高のチャイコフスキーを歌い演じ、東京シティ・バレエ団のプリマバレリーナ安達悦子が、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の演奏で華麗に踊ります。
 
 
  YouTube - マルタ=アルゲリッチ チャイコフスキー「ピアノ協奏曲 第1番」<1 of 5>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - マルタ=アルゲリッチ チャイコフスキー「ピアノ協奏曲 第1番」<1 of 5>
 
 
ドヴォルザーク.1841
アントニーン・ドヴォルザーク
  アントニン・ドヴォルザーク (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントニン・レオポルト・ドヴォルザーク(1841年9月8日 - 1904年5月1日)は、チェコの作曲家。チェコ国民楽派を代表する作曲家であり、後期ロマン派を代表する作曲家というにとどまらず、クラシック音楽史上屈指の人気作曲家でもある。 ブラームスに才能を見いだされ、『スラヴ舞曲集』で一躍人気作曲家となった。… 代表作に、弦楽セレナード、管楽セレナード、ピアノ五重奏曲第2番、交響曲第7番、交響曲第8番、交響曲第9番『新世界より』、スラヴ舞曲集、この分野の代表作でもあるチェロ協奏曲、『アメリカ』の愛称で知られる弦楽四重奏曲第12番などがある。 1 生涯 / 2 音楽史上の位置づけ / 3 主な作品 / 4 弟子 / 5 引用 / 6 参考文献 / 7 外部リンク
 
 
  ドヴォルザークとは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドヴォルザークはしばしば「国民楽派」の作曲家として音楽史に位置づけられているが、これはとりわけオペラのジャンルにおいてのことである。もちろん、彼の諸作品における民謡風の旋律や、さまざまな舞曲のスタイルを用いた作風にもこのことはいえるが、若かりし頃のドヴォルザークは、まずワーグナーに傾倒した。…
 
 
  ドヴォルザーク(1841−1904)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  チェコ語ではドヴォジャークというようなかんじらしいです。 さて、泣く子も黙る「新世界より」交響曲で高名なドヴォルザークの交響曲は、新世界よりが9番であるのを見ても分かるとおり、9曲もある。しかし8番7番などはまだ録音があるほうだが、1番だの2番だのに到ると、聴こうにも聴けない、あっても廉価版というのが現状だろう。… ドヴォルザークは9番だけが突出して高名であり、1〜8番、ひいき目にみても1〜6番までをついでで録音するには、経費的に厳しいということなのだろうか。 しかし、その魅力は大きい。チャイコフスキーと通じるものはあるが、旋律の良さがある。
 
 
  ドヴォルザーク - データブック   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作風: チャイコフスキーと並ぶ国民楽派の作曲家である。チャイコフスキーがフランス系の標題音楽を志向していたのに対して,ドヴォルザークはドイツ系の絶対音楽を志向していた。 ドヴォルザークの交響曲: ドヴォルザーク自身は,自分の作曲した交響曲は8曲だと思っていた… 初期の1曲(第1番)が発見され,ドヴォルザークの交響曲は9曲であることが判明
 
 
  アントニン・レオポルド・ドヴォルザーク - 初めてのクラシック音楽   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントニン・レオポルド・ドヴォルザークの生涯/アントニン・レオポルド・ドヴォルザークの作風/アントニン・レオポルド・ドヴォルザークの代表曲: 交響曲 序曲 交響詩 協奏曲 室内楽曲 歌劇(全11曲) その他
 
 
  ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」  ヘルベルト・フォン・カラヤン: CD    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  帝王カラヤン&ベルリン・フィルの躍動感みなぎる「新世界より」です。ドヴォルザークの作品では母国ボヘミアの牧歌的なイメージを彷彿とさせる趣を加味させる演奏が多い中、カラヤンはさすがに帝王、芸術家としてドヴォルザークの作品に対峙します。この名作の芸術的価値をさらに掘り下げ、深遠な解釈のもと、独自の世界を築きあげています。
 
 
  YouTube - ドヴォルザーク 新世界より カラヤン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - ドヴォルザーク 新世界より カラヤン=ベルリンpo(EMI)
 
 
  YouTube - 新世界から(交響曲第9番) / ドヴォルザーク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 新世界から(交響曲第9番) / ドヴォルザーク
 
 
  ドヴォルザーク の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドヴォルザーク の画像 - Google
 
 
ドビュッシー.1862
クロード・ドビュッシー
  クロード・ドビュッシー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クロード・アシル・ドビュッシー(Claude Achille Debussy, 1862年8月22日 - 1918年3月25日)はフランスに生まれたクラシック音楽の作曲家である。代表作『海』や『夜想曲』などにみられる特徴的な作曲技法から、俗に印象主義音楽(印象派)の作曲家と称される。
 
 
  ドビッシー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドビッシー・ピアノ名曲集「月の光」、 前奏曲集第1集、映像第1集、映像第2集、 ミケランジェリ10枚組ボックス、 弦楽四重奏曲ト短調、 弦楽四重奏曲ト短
 
 
  ドビュッシー(1862-1918)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドビュッシーは、貧しい家庭の子として、パリ近郊のサン・ジェルマン・アン・レに生まれた。父親は職を転々として生活は安定しなかった。弟は小さい時からぐれており、ドビュッシーも内気な子であった。伯母がカンヌにおり、生活も裕福であった。そこで、ドビュッシー一家は、時々カンヌの伯母の家に滞在している。その時見た海の明るい景色が幼心に焼き付いていて、後年になってもよく思い出した。  象徴派と印象主義/ピアノ曲/「二つのアラベスク」のアンダンティーノ
 
 
  ドビュッシー ピアノ作品集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「2つのアラベスク」/初期の小品/組曲「ベルガマスク」/「ピアノのために」/「子供の領分」/中期の小品/「版画」/「映像」第1集/「前奏曲集」/組曲「ベルガマスク」/「ピアノのために」/「映像」第1集
 
 
  印象派の時代、モネ&ドビッシー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドビッシーは、ピアノの鍵盤上に感性豊かな香り高き風景画を描いた。鍵盤の音色、響き、沈黙(間)の見事な融合が色彩豊かな心の情景を描き出した。 窓から射し込む午後の日差しの中に、或る気だるさを感じるドビッシーの感性は鋭い。ドビッシーの神髄は、「前奏曲集」や「映像」等の中に有るのかも知れない。 ドビッシーは、不協和音を巧みに使う。不協和音を積極的に使ったのが後のモダンジャズであった。 ドビッシーの曲に、リズムをつけると限りなくジャズに近く聴こえてくるのは、このためであろうか。
 
 
  クロード・ドビュッシー (1862-1918)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「音楽は本質的に、窮屈で伝統的な形式には収まらぬものだという事を、私は、ますます確信している。音楽は、色彩と律動づけられた時の流れによって構成されるのだ。」 ジャック・デュラン宛て書簡の一節 (1970年9月3日)
 
 
  花火 ドビッシー @niftyビデオ共有   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  花火 ドビッシー : 動画をかんたんアップロード!  無料で動画を公開・共有できる@niftyのサービスです。
 
 
  ミュージックストア > クラシック > "ドビュッシー"   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  検索結果2,654件 - amazon.co.jp
 
 
  第72話 ドビッシー 「夜想曲」 - クラシック倶楽部    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夜想曲といえばショパンのノクターンを連想される方も多いと思いますが、このドビッシーの作品では全く異なる意味で夜想曲という言葉が用いられています。 ドビッシーは次のように語っています。「夜想曲」という題はごく一般的な意味で使っています。ノクターンという音楽形式を指すのではなく、この夜想曲という言葉自身がもつ独特の印象が大切なのです。」
 
 
  第56話 ドビッシー 牧神の午後への前奏曲 - クラシック倶楽部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  音楽史の上で近代音楽と呼ばれるのはドビッシー以降というのが定説となっています。19世紀の音楽の主流はロマン主義でしたが、19世紀後半には新しい様式でロマン主義から一歩踏み出そうとする動きが出てきます。音楽の上でそれを最も鮮明に表したのがドビッシーでした。 ドビッシーはそれまで聴くことがなかった全く新しい音や響きを探求しその創造に成功したのです。それが印象主義と呼ばれる新しいでした。
 
 
  ヘルベルト・フォン・カラヤン/ラヴェル、ドビッシー管弦楽作品集    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  タイトル:ラヴェル、ドビッシー管弦楽作品集   指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンの、ドイツ・グラモフォンでの作品を集めた`カラヤン文庫`シリーズ。 (C)RS
 
 
  YouTube - 月の光 ドビュッシー    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 月の光 ドビュッシー
 
 
  YouTube - ベルガマスク組曲より 「月の光」 ドビッシー  横内愛弓   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - ベルガマスク組曲より 「月の光」 ドビッシー  横内愛弓
 
 
  ドビュッシー の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドビュッシー の画像 - Google
 
 
バルトーク.1881
  バルトーク・ベーラ  
  バルトーク・ベーラ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バルトーク・ベーラ・ヴィクトル・ヤーノシュ(Bart&oacute;k B&eacute;la Viktor J&aacute;nos, 1881年3月25日 - 1945年9月26日)はハンガリー領トランシルヴァニア(正確にはバナート)のナジセントミクローシュ(現在のルーマニアのスンニコラウ・マレ)に生れ、ニューヨークで没したクラシック音楽の作曲家、ピアノ演奏家。西ヨーロッパ風にベーラ・バルトークと表記する場合もある。
 
 
  バルトーク大全集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハンガリーが生んだ20世紀最高の作曲家 バルトークの魂はドナウの真珠・ブダペストの落日に染められた。そして、故国喪失の運命に翻弄された彼の心の痛みと孤高の美しさが、その作品に見事に投影された。
 
 
  ベーラ・バルトーク    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バルトークはハンガリーの民謡や伝統音楽を研究し、いまだに未整理のものがたくさん残されているほど実に膨大なもので、コダーイと並んで、その研究のうえにたって、独自の作品を作っていった。音楽院在籍時代はワーグナーやリストなどに傾倒していたが、21歳のとき、リハルト・シュトラウスの音楽を聴いてひどく感激し、自分の音楽の進むべき道を見出したのだ。さらに、この頃、のちの彼の音楽の重要な要素となるハンガリー民族音楽への関心が芽生え初めた。
 
 
  TOTOP バルトーク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  弦楽、打楽器とチェレスタのための音楽  ◎フリッチャイ指揮ベルリンRIAS交響楽団(DG)1954初出  これはもう何も言うことがない。面白いし、名演だ。2楽章の引き締まった演奏。終楽章の一糸乱れぬ開始部から主部への流れよさ。古い演奏だと終楽章の冒頭が乱れてグダグダになっているものが多いが、このモノラル録音は違う。何がそうさせるのだろう、という気合いが感じられる。ドイツのオケにフリッチャイはすばらしい。とくに弦楽器の表現の豊かさに拍手だ。
 
 
  バルトーク・コダーイ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バルトーク「管弦楽のための協奏曲」、「弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽」 「ハンガリアン・スケッチ」 フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団 1955/1958
 
 
  バルシャイのバルトーク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バルシャイ/東京都交響楽団のマーラー交響曲第10番が話題になっている。残念ながら聞きそびれてしまったのだが、バルシャイが補筆完成したものを自身で指揮している。
 
 
  バルトーク弦楽四重奏団   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルンデの最も親しいアーティスト達の筆頭でもある、ハンガリーの誇る《バルトーク弦楽四重奏団》―― 彼等の初来演は、今を去ること20年余、ルンデ・オープンの年1981年12月例会で、日本で初めてのバルトークの弦楽四重奏曲全6曲による二夜連続演奏会を行い、まだ室内楽がさほど普及していなかった音楽界に大きな衝撃を与えました。
 
 
  ベーラ・バルトーク作品表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベーラ・バルトーク(1881.03.25-1945.09.26)簡易作品表
 
 
  バルトークの「亡命」と「死」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バルトークの生涯と作曲を「父なるもの」と「母なるもの」の相克として論じた。「父なるもの」とは当時のハンガリーを支配するオーストリアとその影響下の都市文化、あるいは当時の音楽アカデミズムであるドイツ・ロマン派の音楽であり、他方、「母なるもの」とは、多分に彼の理念のなかで理想化された、農民の世界、民謡、飾り気のない原初的な自然である。彼の生涯はこれらの相克として展開し、作曲もそこから大きなエネルギーを得た。…
 
 
  「音楽と現代」バルトーク編   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バルトークも第2次世界大戦の影響を直接受けた作曲家だ。没年が1945年と言うのも如何にも彼の生きた時代を象徴している。既に、シェーンベルクは1936年頃には、アメリカに亡命しており、亡命先で最後の弦楽四重奏曲を書いていた。バルトークの作品への委嘱もアメリカの財団から行われる事が多くなった。この時期、ヨーロッパで「弦楽器、打楽器とチェレスタの為の音楽」を作曲した。
 
 
  ベラ・バルトーク (人名辞典)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハンガリーの作曲家。1881年ハンガリー領トランシルヴァニアのナジュセントミクロシュで生まれる。1899年ブダペスト王立音楽院に入学。バルトークはハンガリーの民謡や伝統音楽の研究から独自の音楽を作曲した。1907年同教授に就任。1940年第2次大戦の勃発により不本意ながらアメリカに移住。バルトークの音楽はまったく理解されず、不遇であった。1944年にセルゲイ・クーセヴィツキーの助力で「管弦楽のための協奏曲」が初演され、大成功を収めるが、1945年持病の白血病のため死去。
 
 
  バルトーク - Yahoo!百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハンガリーの作曲家、民族音楽学者、ピアノ奏者。ハンガリーとその周辺諸国の民謡を収集・研究し、民謡研究の成果と西欧芸術音楽の伝統、20世紀初頭の新技法を融合した独特の作風を確立。20世紀前半を代表する作曲家となっている。
 
 
  バルトーク・ベーラ記念博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「バルトーク・ベーラ記念博物館」はヤーノシュ山に近い、住宅地にありました。庭にはバルトークの銅像が建っておりました。大作曲家バルトーク・ベーラのかつての住居を利用して記念館にしたものだそうですが、外観は現代的な建物でした。
 
 
  バルトークとは (Hatena Diary)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Bela Bartok/ベーラ・バルトーク 1881-1945、ハンガリーの作曲家。1905年、ルビンシテイン音楽コンクールでピアノ部門2位になり、ピアニストとして道を選ぶのか相当の落胆をする。(なお、優勝者はヴィルヘルム・バックハウスである)1906年、ゾルタン・コダーイに出会い、各地の農民音楽を採集するようになる。1909年ツィーグレル・マールタと結婚。翌年長男ベーラ(バルトーク・ジュニア)が生れる。
 
 
  バルトークに関するバトルトーク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「バルトークの音楽について考えると、いつも右脳と左脳とのバトル・トークになるんですよね。どうしてかと言うと、この人の音楽って多面体なんですよ。知的で晦渋だと思ってると結構明るくて脳天気だし、真面目一辺倒かと思ってると意外に皮肉屋で遊び心がある。根底にあるのは祖国ハンガリーの土着の民族音楽なんですけど・・・
 
 
  2006年CD曲目解説 バルトーク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バルトークはピアニスト、音楽学者(ethnomusicologist)、作曲家、教育者としての肩書きを持つが、どの分野においても、20世紀最高という形容詞がふさわしい仕事をした音楽家、知識人の一人である。
 
 
  バルトーク(1881〜1945)ハンガリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ・バルトークは、ハンガリーの作曲家であり、民族音楽学者であり、ピアノ奏者でもある。コダーイとともにハンガリー民族音楽の収集と研究にすぐれた業績を残した。 ・バルトークの父は農業学校の校長で、ピアノとチェロを弾くことができた。母もピアノを弾くことができた。5歳から母にピアノを習い始めたが、7歳の時に父が亡くなる。1903年ブダペスト音楽学院を卒業し、ピアノ奏者・作曲家として活動する。この後、コダーイと協力してハンガリー民族音楽の研究に取り組む。…
 
 
  バルトーク  Bela Bartok,1881-1945   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彼の作品は数年前から吹奏楽会でも脚光を浴びています。 彼の特徴は、何と言っても黄金分割比の音楽への応用であり、更に、民族的感性をも融合させ、彼独特の世界を作り上げています。
 
 
  バルトーク : 『ハンガリーの風景』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この曲は、主に2種類の呼び方があります。原題はMagyar kepek Sz.97(BB103)ですが、英語訳では、Hungarian Sketches とされる場合と、Hungarian Pictures とされる場合があり、これに準じて邦訳も『ハンガリアン・スケッチ』、『ハンガリーの風景』とされます。もちろん、どれも同じ曲を指していて版の違いなどはありません。
 
 
  カラヤンの生涯最後?のバルトーク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベルリンフィルハーモニーホールでのライヴ録音です。カラヤンは前年の9
 
 
  バルトーク Bartok, Bela 1881〜1945   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1881年現在のハンガリー南部に生まれ、母からピアノの手ほどきを受ける。18歳でブダペスト音楽アカデミーに入学し、ピアノ、作曲を学ぶ。ピアノ奏者として頭角を現すかたわら、当事のオーストリア・ハンガリー二重帝国からのハンガリー民族独立の思潮に共鳴し、ハンガリー独自の音楽の研究に力を注ぐようになる。
 
 
  BARTOK RECORDSレーベル(アメリカ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  あの作曲家バルトークの子息ピーター・バルトークが主宰するレーベルでCDの他LP、書籍・楽譜も出しております。ピーターは名録音技師として名を馳せLP時代初期には高音質のLPを多数製作して有名になりました。CD化されているのもそれら名録音の数々です。またLPも発売しており、CDよりタイトル数が多いです。
 
 
  道徳的ピアノレッスン-B・バルトークの生涯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  べーラ・バルトークは1881年3月25日、当時ハンガリーの南西にあった町、ナージュセントミクローシュ(現在ではルーマニアの国境内)で生まれた。祖父ヤーノシュ・バルトークは作曲家、父は同名のべーラ・バルトークで21歳で農業学校長になるなど、非凡な才の持ち主であった。
 
 
  ベラ・バルトーク  Bela Bartok (1881〜1945)     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハンガリー領トランシルヴァニアのナジセントミクローシュに生まれる。 父は農学校の校長でありアマチュア音楽家だったが、バルトークが7歳のとき、死去する。母に幼い頃からピアノを習い、天才ピアニストとしても知られる。
 
 
  バルト−ク:弦楽のためのディヴェルティメント   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バルトークという作曲家について、なじみのない方は現代音楽の代表のような印象を抱いていらっしゃるかもしれません。最初に一言申し上げますが、筆者にとってバルトークは「古典的」です。
 
 
  管弦楽のための協奏曲 (バルトーク) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  管弦楽のための協奏曲は、バルトーク・ベーラが作曲した5つの楽章からなる管弦楽曲である。バルトークの晩年の代表作であり、最高傑作のひとつにも数えられる。
 
 
  バルトーク:管弦楽のための協奏曲、他 小澤征爾   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1  弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 Sz.106 第1楽章 : Andante Tranquillo  〜 9  管弦楽のための協奏曲 Sz.116 第5楽章 : 終曲
 
 
  バルトーク Bela Bartok (1881.3.25〜1945)<ハンガリー>    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベーラ・バルトークはハンガリーの片田舎、ナジセントミクローシュに生まれました。首都ブダペストから約200キロも離れた、今はルーマニア領となっている小さな町です。バルトークの父親は音楽が好きで、ピアノ、チェロができ、公立農業学校の校長をしていました。母親もピアノが上手で、こういった環境のもと、バルトークは子供の時から音楽への興味を示し、5歳から始めたピアノも上達が早く、将来が期待されていました。
 
 
  B・バルトーク 弦楽、打楽器とチェレスタのための音楽   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この曲は1936年の作曲。この時期はバルトーク最盛期の時代。管弦楽の協奏曲と並び、彼の最高傑作に数えられている。この曲には管楽器は入っていない。しかし変わりに2群に分かれた弦楽器が効果的に活用されている。
 
 
  ベラ・バルトーク 「弦楽器・打楽器・チェレスタのための音楽」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天才ベラ・バルトーク。バルトークには天才という名がよく似合う。バルトークとの出会い。弦楽四重奏曲第五番。それはベートーヴェンやモーツアルトの曲しか知らなかったまだ坊やだった私にとっては衝撃的な音楽だった。なんと過酷に難渋に響く音楽なんだろう。当時の私は、到底理解できなかったが、曲から垣間見える遥か遠くから射し込む光を理解しなくてはならないように思えた。
 
 
  バルトーク,ベラ Bela,Bartok (1881−1945ハンガリー〜アメリカ)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西欧近代的芸術作品の古典的完成度という伝統的価値観を徹底して追求しつつ、その構成要素となる音素材と音楽形式モデルの置き換えを、音組織への学究的探求により極めて意識的に行った作曲家と位置付けられる。
 
 
  バルトーク:管弦楽のための協奏曲,弦楽器,打楽器とチェレスタのための音楽 <CD>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1.  管弦楽のための協奏曲 Sz.116 I.序章  〜 14.  5つのハンガリー・スケッチ Op.38 V.豚飼いの踊り
 
 
  トロンボーン吹きによるクラシックの嗜好 バルトーク:ピアノ協奏曲全集/ブーレーズ [DG]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブーレーズの DG へのバルトーク録音も、おそらくこれで完結でしょう。これまではシカゴ交響楽団と組んで録音していましたが、このピアノ協奏曲全集ではそれぞれの曲でオーケストラとソリストを変えて録音するという贅沢な企画となっています。それともアーティストのスケジュールも過密ですから、3 曲とも同じオケとソリストで録音する方が贅沢なのかもしれませんね。
 
 
パガニーニ.1782
バガニーニ  ロマン派  ヴァイオリニスト・作曲家
  ニコロ・パガニーニ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニコロ・パガニーニ(Niccol&ograve;(あるいはNicol&ograve;) Paganini, 1782年10月27日 - 1840年5月27日)はイタリアのヴァイオリニスト、ヴィオラ奏者、ギタリストであり、作曲家である。特にヴァイオリンの超絶技巧奏者として名高い。 1 略歴 / 2 人物 / 3 楽器 / 4 影響 / 5 作品一覧 / 6 録音 / 7 パガニーニの主題 / 8 脚注 / 9 外部リンク
 
 
  YouTube - La Campanella by Paganini Violin パガニーニ - ヴァイオリン協奏曲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - La Campanella by Paganini Violin パガニーニ - ヴァイオリン協奏曲
 
 
  Dailymotion動画 - パガニーニによる超絶技巧練習曲3番~5番   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Dailymotion動画 - パガニーニによる超絶技巧練習曲3番~5番
 
 
  パガニーニ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パガニーニ の画像 - Google
 
 
スメタナ.1824
スメタナのポートレイト ジャンル:チェコ国民楽派 ロマン派 職業:作曲家 指揮者 ピアニスト 担当楽器:ピアノ
  ベドルジハ・スメタナ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベドジフ・スメタナ(1824年3月2日 - 1884年5月12日)は、チェコの作曲家・指揮者・ピアニスト。ドイツ語名、フリードリヒ・スメタナ (Friedrich Smetana)でも知られる。スメタナは、チェコの独立国家への願望、民族主義と密接に関係する国民楽派を発展させた先駆者である。そのため、出身地であるチェコにおいて、広くチェコ音楽の祖とみなされている。国際的には、6つの交響詩から成る『わが祖国』と、オペラ『売られた花嫁』、弦楽四重奏曲『弦楽四重奏曲第1番 「わが生涯より」』で知られる。『わが祖国』は、スメタナの祖国であるチェコの歴史、伝説、風景を描写した作品で、第2番の「ヴルタヴァ」(モルダウ)が特に著名である。 1 生涯 / 2 音楽 / 3 人物と評判 / 4 位置づけ / 5 主な作品 / 6 注釈 / 7 脚注 / 8 関連項目 / 9 参考資料 / 10 外部リンク
 
 
  YouTube - スメタナ『わが祖国』より「ブルタバ(モルダウ)」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - スメタナ『わが祖国』より「ブルタバ(モルダウ)」-プラハの風景-
 
 
  YouTube - クラシック名曲 スメタナ 「モルダウ」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - クラシック名曲 スメタナ 「モルダウ」 Smetana - Moldau .wmv
 
 
  YouTube - Smetana Moldau 交響詩モルダウ スメタナ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - Smetana Moldau 交響詩モルダウ スメタナ
 
 
  スメタナ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スメタナ の画像 - Google
 
 
ブルックナー.1824
アントン・ブルックナー(1824〜1896). 古典派時代には宗教音楽でトロンボーンが ...
  アントン・ブルックナー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨーゼフ・アントン・ブルックナー(Josef Anton Bruckner, 1824年9月4日 - 1896年10月11日) は、オーストリアの作曲家。 オルガン奏者を父としてオーストリアのアンスフェルデン(ドイツ語版、英語版)で生まれる。ブルックナーは当時最も腕の立つオルガン奏者だった。ジーモン・ゼヒターに和声法と対位法を、オットー・キッツラー(ドイツ語版)に管弦楽法を学んだ。 1 人物・経歴 / 2 作品 / 3 音楽の特徴・傾向 / 4 版問題について / 5 ブルックナーの交響曲の演奏史、および著名な演奏者 / 6 脚注 / 7 メディア / 8 参考文献 / 9 関連項目 / 10 外部リンク
 
 
  交響曲第8番 (ブルックナー) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントン・ブルックナーの交響曲第8番ハ短調は、ブルックナーの作曲した10曲目の交響曲である。演奏時間80分を越すこともある長大な曲で、後期ロマン派音楽の代表作の一つに挙げられる。 作曲が開始されたのは1884年7月で、交響曲第7番の初演準備をしていた期間である。第8番は作曲が進められ、1887年夏に完成する(第1稿)。 1 作曲の経緯 / 2 楽器編成 / 3 楽曲の構成 / 4 版問題 / 5 演奏時間 / 6 献呈・初演 / 7 関連項目 / 8 参考文献 / 9 外部リンク
 
 
  交響曲第9番 (ブルックナー) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブルックナーの交響曲第9番ニ短調(こうきょうきょくだいきゅうばんにたんちょう)は、アントン・ブルックナーが取り組んだ最後の交響曲である。1896年10月11日に作曲者が他界したとき、終楽章は未完成のまま残された。実際の演奏では、実演・録音とも、完成している第1 - 3楽章のみで演奏されることがほとんどである。ただし第4楽章の補筆完成の試みが続けられており、全4楽章稿の録音も少しずつであるが増えてきている。  1 作曲の経緯 / 2 楽器編成 / 3 演奏時間 / 4 楽曲解説 / 5 版問題 / 6 フィナーレ、およびその完成版について / 7 関連項目 / 8 脚注 / 9 外部リンク
 
 
  YouTube - アントン・ブルックナー 交響曲 第8番 から 「終楽章」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - アントン・ブルックナー 交響曲 第8番 から 「終楽章」
 
 
  アントン・ブルックナー の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アントン・ブルックナー の画像 - Google
 
 
ヨハン・シュトラウス2世
ヨハン・バプティスト・シュトラウス  別名:ワルツ王 出身地:オーストリア帝国、ウィーン       
  ヨハン・シュトラウス2世 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨハン・シュトラウス2世(Johann Strau&szlig; II),全名はヨハン・バプティスト・シュトラウス(Johann Baptist Strau&szlig;, 1825年10月25日 - 1899年6月3日)はオーストリアのウィーンで活躍した作曲家/指揮者/ヴァイオリニスト。 ヨハン・シュトラウス1世の長男。 生涯の多くを、ウィンナ・ワルツの作曲に捧げ、「ワルツ王」と評される。 1 生涯 / 2 経歴 / 3 作品 / 4 映画 / 5 脚注 / 6 外部リンク
 
 
  ヨハン・シュトラウス2世の楽曲一覧 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨハン・シュトラウス2世の楽曲一覧は、ヨハン・シュトラウス2世の作品リストである。 作品番号順一覧/外部リンク
 
 
  ウイーンのワルツ王 ヨハン・シュトラウス特集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨハン・シュトラウス2世の有名な曲/シュトラウスの有名な曲 ワルツ編/シュトラウスの有名な曲 ポルカ編/シュトラウス関連の有名な曲/曲にまつわるエピソード・こぼれ話/ヨハン・シュトラウスの生い立ち・ウィーンの歴史/ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート
 
 
  YouTube - ヨハン・シュトラウス二世 《皇帝円舞曲》   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - ヨハン・シュトラウス二世 《皇帝円舞曲》
 
 
  YouTube - 美しき青きドナウ/ヨハン・シュトラウス2世   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 美しき青きドナウ/ヨハン・シュトラウス2世
 
 
  ヨハン・シュトラウス2世 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ヨハン・シュトラウス2世 の画像 - Google
 
 
ムゾルグスキー.1839
出生名:モデスト・ペトロヴィッチ・ムソルグスキー ジャンル:国民楽派 職業:作曲家
  モデスト・ムソルグスキー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モデスト・ペトロヴィッチ・ムソルグスキー(マデースト・ペトローヴィチ・ムーサルクスキィ、1839年3月21日 - 1881年3月28日)は、ロシアの作曲家で、「ロシア五人組」の一人。「五人組」の中では、そのプロパガンダと民謡の伝統に忠実な姿勢をとり、ロシアの史実や現実生活を題材とした歌劇や諷刺歌曲を書いた。国民楽派の作曲家に分類され、歌劇『ボリス・ゴドゥノフ 』や管弦楽曲『禿山の一夜』、ピアノ組曲『展覧会の絵』などが代表作とされる。 1 生涯 / 2 作品 / 3 脚注 / 4 映画やポップ・カルチャーにおけるムソルグスキー / 5 関連項目 / 6 参考文献 / 7 外部リンク
 
 
  ムソルグスキーの楽曲一覧 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ムソルグスキーの楽曲一覧では、モデスト・ムソルグスキーの作品リストを示す。  1 分野別一覧: 1.1 オペラ / 1.2 管弦楽曲 / 1.3 ピアノ曲 / 1.4 合唱曲 / 1.5 歌曲
 
 
  YouTube - ムソルグスキー 組曲《展覧会の絵》    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - ムソルグスキー 組曲《展覧会の絵》
 
 
  Dailymotion動画 - ムソルグスキー 組曲 展覧会の絵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Dailymotion動画 - ムソルグスキー 組曲 展覧会の絵
 
 
  ムソルグスキー の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ムソルグスキー の画像 - Google
 
 
グリーグ.1843
エドヴァルド・グリーグの肖像画(Eilif Peterssen作)
  エドヴァルド・グリーグ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エドヴァルド・ハーゲルップ・グリーグ(Edvard Hagerup Grieg、1843年6月15日 - 1907年9月4日) は、ノルウェーの作曲家である。現地語での発音は「エドヴァール・グリッグ」に近い。また語末のgが無声化してしばしば/k/と発音されるドイツ語読みの影響で「グリーク」と表記される事もある。 グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目された。  1 生涯 / 2 人物像 / 3 作品 / 4 外部リンク
 
 
  ペール・ギュント (グリーグ) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『ペール・ギュント』(Peer Gynt )作品23は、エドヴァルド・グリーグの代表作の一つで、ヘンリック・イプセンの戯曲『ペール・ギュント』のために作曲した劇付随音楽。管弦楽のための組曲が2つ編まれており(作品46と作品55)、それらが有名である。また他にもグリーグ自身の編曲で何曲かがピアノ独奏曲やピアノ伴奏の歌曲に編曲されている。高名な劇付随音楽の中では珍しく、劇そのものの初演のための作曲である。  1 作曲の経緯 / 2 編成 / 3 構成 / 4 第1組曲 作品46 / 5 第2組曲 作品55 / 6 その他 / 7 参考文献
 
 
  ピアノ協奏曲 (グリーグ) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  グリーグのピアノ協奏曲イ短調作品16は、エドヴァルド・グリーグが完成させた唯一の協奏曲。1868年、作曲者が25歳のときにデンマークのSollerodに訪問している間に作曲された、グリーグの初期の傑作である。 グリーグはその後出版社からの依頼を受け、1883年ごろに2番目のピアノ協奏曲を書こうとしたが書き上げられず(スケッチが残されている)、代わりにこの曲に何度も改訂を行っている。現在演奏されるのはグリーグの最晩年である1906年から1907年頃改訂され、1917年に出版されたもの。初期版と曲想の大きな違いはないが、楽器編成が異なり、独奏と管弦楽譜で400か所以上の変更点が見られる。 数あるピアノ協奏曲の中でも、非常に人気の高い曲であり、またグリーグの代表的な曲である。  1 曲の構成 / 2 編成 / 3 演奏時間 / 4 備考
 
 
  YouTube - Grieg Piano Concerto グリーグ ピアノ協奏曲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - Grieg Piano Concerto グリーグ ピアノ協奏曲
 
 
  グリーグ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  グリーグ の画像 - Google
 
 
プッチーニ.1858
ジャコモ・プッチーニ
  ジャコモ・プッチーニ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャコモ・プッチーニ(伊: Giacomo Antonio Domenico Michele Secondo Maria Puccini、1858年12月22日 - 1924年11月29日)は、イタリアの作曲家。その作品である『トスカ』、『蝶々夫人』、『ラ・ボエーム』などのオペラは今日でも上演の機会が多いことで知られる。イタリアのルッカに生まれ、ベルギーのブリュッセルで没した。 1 生涯 / 2 作品の特徴 / 3 評価 / 4 主な作品 / 5 プッチーニを扱った作品 / 6 関連項目 / 7 その他 / 8 メディア / 9 外部リンク