宇宙ニュース

073 【科学  宇宙天文ニュース:隕石(落下)ニュース/太陽系
プラズマ宇宙論とは
 宇宙の広さってご存知ですか? 私たちの住む銀河系宇宙には、太陽のように光り輝く恒星が約2000億個もあるそうです。 それを銀河系宇宙の端っこから見て、私たちは「天の川」と呼んでいます。 云わば天の川は太陽軍団ですネ。(地球を含めた太陽系は、銀河系宇宙の端っこに位置している) そしてその銀河系宇宙を一つと数えますと「宇宙の実際の広さは・・・、な、な、な〜んと」銀河系宇宙の2兆個倍だそうです。(NASA最新発表資料)

宇宙天文ニュース 宇宙ニュース(YouTube) 小惑星の地球衝突対策 特集:ツングースカ 隕石(落下)ニュース 隕石関連特集
太陽と太陽系 水星:ニュース 金星:ニュース 地球:ニュース 月:ニュース 火星:ニュース
木星:ニュース 土星:ニュース 天王星:ニュース 海王星:ニュース 冥王星と準惑星 系外惑星と小惑星
彗星:ニュース 3大流星群 恒星:ニュース 太陽系外恒星 銀河と銀河の種類 星座:ニュース
プラズマとは? 太陽フレア デリンジャー現象 宇宙天気50のなぜ 環天頂アーク 日食・皆既日食
月食・皆既月食 天の川・天の河 スーパームーン 天体現象をたのしむ  地球型のスーパーアース 5つの惑星が1つの空に
観測史上最大の恒星系 最も古い銀河発見 地球に寄り添う「準衛星」 月に建造物?直方体の物体 オーロラと月食を一度に… 月面で発見された謎の物体
環水平アーク 月面着陸した宇宙飛行士たち        
← 072 【住宅・ガーデニングァ暸.侫薀錙璽轡隋      074 【科学◆暸 ̄宙開発ニュース → 
TOP >  k 科学全般 > 073 【科学  宇宙天文ニュース:隕石(落下)ニュース/太陽系 >  
       
宇宙天文ニュース
AstroArts 2年2ヶ月ぶりに火星が地球に接近 太陽系、想定より大きかった=ビデオ
  宇宙ニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇宙ニュース のニュース検索 - Google
 
 
  宇宙ニュース の動画 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇宙ニュース の動画 - Google
 
 
  最新宇宙ニュース - UNIVERSE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2003年10月23日太陽フレアと磁気インパルス/10月28日太陽フレアと磁気嵐/
 
 
  宇宙・天文 最新ニュース - asahi.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇宙探査ニュース - asahi.com
 
 
  宇宙天気ニュース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽フレア・磁気嵐・オーロラ活動など、宇宙天気の最新情報をお知らせするページです。
 
 
  宇宙ニュース大辞典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇宙・天文学に関するニュースを取り扱うサイトです。銀河や太陽系など夜空の神秘の世界が好きな方大歓迎です。その他のサイエンスニュースも掲載してます。
 
 
  宇宙 ウィキニュース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇宙開発に関する記事。
 
 
  週刊宇宙天気ニュース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一週間の宇宙天気の状況をお伝えする動画による宇宙天気ニュース「週刊宇宙天気ニュース」のアーカイブを提供しています。 「週刊宇宙天気ニュース」は、2010年2月から2012年12月の間、週一回金曜日に提供されました。 最新の宇宙天気情報につきましては、 宇宙天気情報センター  のWebページをご覧ください。
 
 
  宇宙・天文 最新ニュース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇宙・天文 最新ニュース - 朝日新聞
 
 
  AstroArts - アストロアーツ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星探査車オポチュニティが今年11月に撮影した太陽の映像が公開された。衛星フォボスによる日食と、火星での日没のようすを動画で見ることができる。
 
 
  swc 宇宙天気情報センター   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  HOME / 臨時情報 / 最新の宇宙天気データ / 予報 / 宇宙天気ニュース / お問い合わせ
 
 
  天文・地学・科学 NO n030001   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銀河系のス−パ−・ア−ス:生命生存に適した惑星、銀河系に数百億存在か!?
 
 
  宇宙作家クラブ ニュース掲示板   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇宙作家クラブ ニュース掲示板
 
 
  SpaceNews.jp つくば発、宇宙ニュースをお届け!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  SpaceNews.jp つくば発、宇宙ニュースをお届け!
 
 
  科学&宇宙 - ナショナルジオグラフィック ニュース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  科学&宇宙 - ナショナルジオグラフィック ニュース
 
 
  ハッブル望遠鏡が捉えた宇宙  スライドショー (2005/4/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した宇宙の素顔。  REUTERS
 
 
  驚きの宇宙-- Spitzer宇宙望遠鏡からの画像より(2008/12/4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米国時間2003年8月25日にフロリダ州ケープカナベラルからDeltaロケットで打ち上げられたSpitzer宇宙望遠鏡。ここでは、同望遠鏡がとらえた驚きの画像を紹介する。
 
 
  宇宙に飛び出す高専生のピギーバック衛星 (2009/1/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  子どものころロケット花火が好きだった方であれば、宇宙やロケット、そして人工衛星にひそかな興味を持ち続けているかもしれません。H-IIAロケット15号機のピギーバック衛星として高専生が製作した「KKS-1」、通称「輝汐」は若い力が詰まっています。
 
 
  オーロラを誘発する巨大な“宇宙竜巻” (2009/4/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  23日に発表された研究結果によると、地球の磁気圏において太陽と反対側に“ろうと形”に形成される見えない暴風があるという。この“宇宙竜巻”は時速160万キロを超えるスピードで回転し、通常の落雷の約10倍にあたる10万アンペア以上の電流を内包している。しかも巨大で、長さは最大7万キロに達し、地球をすっぽり覆うほどの幅がある。 カリフォルニア大学の天体物理学者アンドレアス・キーリング氏が率いる研究チームは、衛星と地上からの測定結果から、宇宙竜巻がどのようにオーロラを発生させるかを解明した。オーロラは南極光、北極光とも呼ばれ、極地の夜空で燃えるような色彩を放つ。…
 
 
  太陽系の天体たち--宇宙探査機から届いた神秘の世界 (2009/5/4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1990年、米航空宇宙局(NASA)ゴダード宇宙飛行センターの「Cosmic Background Explorer(COBE)」は、この真横から見た天の川銀河の姿を、地球を回る軌道上から赤外線で撮影した。
 
 
  NASAのWISE望遠鏡の全天走査--6枚の画像を公開 (2010/2/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)のWide-field Infrared Survey Explorer(WISE)は米国時間1月14日、赤外線を用いた全天の走査を始めた。それ以来、25万枚以上の原画像が地球に送信されている。このたびNASAは、「か細い彗星、爆発する星形成雲、雄大なアンドロメダ銀河、はるかかなたの数百の銀河の集団」を含む6枚のサンプル画像を公開した。
 
 
  星雲の光の渦が鮮明に、新型望遠鏡の画像公開 (2011/6/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  チリ北部にある欧州南天天文台(ESO)のパラナル天文台は8日、最新鋭のVLT調査望遠鏡で撮影した星雲の鮮明な画像を初公開した。
 
 
  地球の「100兆倍」の水、120億光年のかなたに発見 (2011/7/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球からはるか120億光年離れたクエーサー(准恒星状天体)に、地球上の海水の100兆倍の水が存在することが、科学者らの研究で明らかになった。
 
 
  銀河系内に「ダイヤモンド星」、豪天文学者らが発表 (2011/8/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球から約4000光年離れた銀河系内に、ダイヤモンドでできているとみられる小惑星が存在することが分かり、豪天文学者らでつくるチームが25日発行の米科学誌サイエンスで発表した。
 
 
  自然の神秘動画集、美しい天の川や水上竜巻も=動画 (2011/9/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  過去にCNNで紹介した自然の神秘を映した動画特集。巨大な砂嵐、スペイン・テイデ山の美しい天の川、水上竜巻、ハワイの火山など。/7月上旬、米アリゾナ州フェニックスの街が砂嵐に襲われた。巨大な砂の壁が街に迫る様は圧巻/ノルウェーの写真家テルへ・ソルジャードさんがスペイン・カナリア諸島に属するテネリフェ島のテイデ山(スペイン領内最高峰)で撮影した神秘的な空の映像。「空の色、光、美」の撮影に挑んだ/水上に3つの竜巻が同時に発生した様子を豪州の報道ヘリコプターが撮影した/米ハワイ島、キラウエア火山の活動が活発化し、クレーターの間に大きな亀裂が発生。割れ目噴火の様子をとらえた映像
 
 
  125億光年かなたに炭素 京大が世界初、銀河から (2011/10/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  125億光年かなたの銀河から放射された炭素特有の光の成分の検出に、京都大や愛媛大などのグループが世界で初めて成功したと6日発表した。国立天文台のすばる望遠鏡(ハワイ島)で観測した。
 
 
  宇宙のガンマ線、3分の1は発生源不明 NASA (2011/10/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)のフェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡で観測された1873のガンマ線のうち、発生源がまったく分からないケースが600件近くに上ることが分かった。NASAがこのほど、ウェブサイト上で明らかにした  宇宙のガンマ線、3分の1は発生源不明 NASA
 
 
  小惑星が地球に最接近、月よりも近くを無事通過=画像 (2011/11/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)によると、直径約400メートルの小惑星が米東部時間の8日午後6時28分(日本時間9日午前8時28分)、地球に最接近し、月よりも近い距離を通過した。この大きさの天体が地球に接近するのは約30年ぶりだという。
 
 
  英国でオーロラを観測--2005年以来最大の太陽嵐により観測範囲が拡大 (2012/1/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米国時間1月23日、2005年以来最大の太陽嵐が発生したことで、普段であればオーロラを見ることのない人々に、驚異的な美しい光景を目撃できる機会をもたらしている。 この太陽嵐は、北極と南極の至る所で色鮮やかなオーロラを発生させており、英国のように普段であればオーロラを見ることのできない国にまで広がっている。米海洋大気庁(NOAA)は近くでオーロラを観測できる可能性を示す地図をウェブサイト上で公開している。…
 
 
  170年前の星の大爆発の謎に迫る りゅうこつ座にある「イータ・カリーナ」 (2012/2/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽系外の天体の中で最も研究が盛んな星のひとつ、りゅうこつ座にある「イータ・カリーナ」。地球からは7500光年離れており、質量は実に太陽の120倍という巨大な星だ。イータは1840年代に「大爆発」を起こしたことで知られる。それから数年間、イータは宇宙で最も明るく輝く星の1つとなったが、その後急激に減光。理由は分かっていない
 
 
  ピクチャーギャラリー 宇宙への旅 (2012/3/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピクチャーギャラリー 宇宙への旅  REUTERS
 
 
  ピクチャーギャラリー  ハッブル望遠鏡が捉えた宇宙   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ピクチャーギャラリー  ハッブル望遠鏡が捉えた宇宙 REUTERS
 
 
  地球型のスーパーアースは銀河系に数百億個、生命の可能性も (2012/3/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銀河系には生命存在の可能性がある巨大地球型惑星「スーパーアース」が数百億個も存在するという推計を、欧州南天天文台(ESO)が発表した。 スーパーアースとは、質量が地球の10倍以内で岩石などを主成分とする地球型の惑星を指す。欧州南天天文台ではこうした惑星を持つことが多い赤色矮星について、水が蒸発も恒久凍結もしない状態で存在し得る圏内にある惑星の数を推計した。…
 
 
  スピッツァー宇宙望遠鏡が撮影した宇宙--「ウォームミッション」稼働も1000日に (2012/5/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2003年に赤外線アレイカメラ(IRAC)を搭載して打ち上げられたSpitzer宇宙望遠鏡は、これまで宇宙空間に送られた中で最大の赤外線望遠鏡だ。米航空宇宙局(NASA)によれば、Spitzer宇宙望遠鏡の観測機器によって、科学者たちはちりの多い星誕生領域や、銀河中心部、成長中の惑星系など、可視光の光学望遠鏡では観測できない宇宙の領域を詳しく観測することができるようになったという。
 
 
  スペイン・テイデ山で撮影された美しい天の川の映像 (2012/5/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ノルウェーの写真家テルへ・ソルジャードさんがスペイン・カナリア諸島に属するテネリフェ島のテイデ山(スペイン領内最高峰)で撮影した神秘的な空の映像。「空の色、光、美」の撮影に挑んだ
 
 
  アジア太平洋各地で金環日食、光の輪くっきり (2012/5/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽に月が重なって光のリングのように見える金環日食が21日、アジア太平洋の各地で観測された。今回の金環日食は中国南部から米テキサス州にかけて観測することができる。 中国南部で始まった日食は、香港では厚い雲に覆われてしまったが、東京では午前7時32分から約5分間、雲の合間に金環日食がくっきりと見えた。
 
 
  932年ぶり天文ショー 列島の空、金のリング - 動画ニュース (2012/5/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太平洋側を中心とした日本の広い範囲で21日朝、太陽の中心部が月に隠され、細いリングのようになる金環日食となった。日本では1987年の沖縄以来25年ぶりで、今回のように広範囲で見られるのは平安時代の1080年以来となり932年ぶり。
 
 
  米国から見た金環日食 幻想的な風景も (2012/5/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽に月が重なって光のリングのように見える金環日食が、米国ではカリフォルニア州北部とオレゴン州南部からテキサス州東部にかけての一帯で、現地時間の20日夕刻に観測された。各地で見られた日食を写真で紹介する
 
 
  スペイン・テイデ山で撮影された美しい天の川 (2012/5/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ノルウェーの写真家テルへ・ソルジャードさんがスペイン・カナリア諸島に属するテネリフェ島のテイデ山(スペイン領内最高峰)で撮影した神秘的な空の映像。「空の色、光、美」の撮影に挑んだ。
 
 
  銀河系とアンドロメダ星雲、40億年後衝突か NASA (2012/6/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  250万光年離れた宇宙にあるアンドロメダ星雲(銀河)が、40億年後には太陽系のある銀河系と正面衝突するとの予測を米航空宇宙局(NASA)が5月31日、発表した。ただ、星同士は十分な距離があるため衝突することはなく、地球が壊れる心配はなさそうだという。
 
 
  宇宙のガンマ線、3分の1は発生源不明 NASA (2012/6/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)のフェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡で観測された1873のガンマ線のうち、発生源がまったく分からないケースが600件近くに上ることが分かった。NASAがこのほど、ウェブサイト上で明らかにした(全文)
 
 
  遥かなる宇宙への旅=フォト (2012/7/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  遥かなる宇宙への旅=ピクチャーギャラリー  REUTERS
 
 
  天の川銀河中心に巨大星団 巨大ブラックホールに?  (2012/7/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球から3万光年離れた天の川銀河中心部で、多数の星が集まる「巨大星団」を発見したと慶応大などのチームが20日発表した。星団の中心には小さなブラックホールがあるとみられ、今後巨大なブラックホールへ成長する可能性もあるという。
 
 
  金環日食、スーパームーン、オーロラ・・・ 神秘的な光景の数々=Photo (2012/7/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今年5月に日本でも観測された金環日食をはじめ、月が地球に最も接近するときと満月が重なる「スーパームーン」や美しいオーロラなど、CNN.comの読者から送られてきた息を呑むような素晴らしい景色の数々を紹介
 
 
  球状星団「M107」、ハッブル望遠鏡の画像公開 (2012/8/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡がとらえた球状星団「メシエ(M)107」の画像が公開された。 M107は天の川の周辺に150以上ある球状星団の1つ。球状星団はそれぞれ、銀河系の中でも最古級の天体が何百、何千と集まって形成されている。
 
 
  次々に新星生む銀河団、57億光年のかなたで発見 (2012/8/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターは15日、地球から57億光年離れた宇宙に、新たな星を次々と生み出す銀河団を発見したと明らかにした。その規模もこれまで見つかった中で最大級だという。 この銀河団は、ほうおう座(英語名フェニックス)の方向にあることから「フェニックス銀河団」と名付けられ、16日付の米科学誌ネイチャーに掲載される論文によると、通常の銀河団とは異なり、中心部から新たな星が次々と形成されているという。
 
 
  ハッブル望遠鏡が捉えた宇宙 (2012/8/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハッブル望遠鏡が捉えた宇宙 ピクチャーギャラリー
 
 
  夜空を彩るオリオン座流星群、北半球の各地で観測 (2012/10/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北半球の各地で先の週末にかけて、オリオン座流星群が観測された。ピークを迎えた21日未明には、1時間に25を超す流星が夜空を彩った
 
 
  オーストラリア北部で皆既日食、10年ぶりの天体ショー (2012/11/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オーストラリア北部で14日早朝、同国では10年ぶりとなる皆既日食が観測された。 クイーンズランド州のケアンズ周辺では、ビーチなどに数千人の天文ファンらが詰めかけた。上空には雲が広がり雨も降るなど天気には恵まれなかったが、時折雲間から日食の様子を観察することができた。 今回の皆既日食は、同州北部で午前6時39分に始まり、約2分間にわたって続いた。部分日食は、ニュージーランドや南米チリでも観測された。 オーストラリアで次に皆既日食が観測されるのは16年後の2028年とみられている。(完)
 
 
  クリスマスの夜空に天体ショー、月と木星が接近 (2012/12/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)によると、25日の夜空で見かけ上、月と木星が接近する姿が世界各地から観測できる。クリスマスの夜に、空からの素敵なプレゼントとなりそうだ。 月と木星の接近は、北半球と南半球のどちらからでも観測できる見通し。ひときわ明るい輝きは、都市部に住んでいても肉眼でとらえることができそうだ。 最も近づいて見える時刻は米ニューヨークで同日午後6時25分。日本でも近付く様子が見られるという。…
 
 
  欧州機関が宇宙の成り立ちについて新説発表 (2013/3/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  欧州宇宙機関がプランク宇宙望遠鏡で観測した最古の光の地図を発表。大規模な規則性の破れが見られてビッグバン以前にも宇宙があった可能性を示し、ビッグバン理論が覆るかもしれないという。
 
 
  宇宙は通説より1億年高齢? (2013/3/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  欧州宇宙機関(ESA)と米航空宇宙局(NASA)が、誕生から間もない宇宙の姿をかつてない精度で描いた地図を作成し、21日に発表した。宇宙創生の過程を解明するのに役立つと期待されている。 研究チームは宇宙誕生のビッグバンが残した光の「宇宙マイクロ波背景放射」をESAの宇宙望遠鏡「プランク」でとらえ、誕生から間もない宇宙の温度分布を色で示した。 この地図に描かれているのはビッグバンから38万年後の姿で、宇宙の歴史からみればまだ「幼少期」に当たる。新しいデータから算定した宇宙の現在の年齢はおよそ138億歳。これまで考えられていたよりも1億年ほど高齢だったという。…
 
 
  宇宙の「暗黒物質」の痕跡か 国際チームが観測 (2013/4/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   欧州合同原子核研究機関(CERN)は3日、宇宙の成分の4分の1を占めるとされる謎の物質「暗黒物質」の存在を示す痕跡を国際研究チームが捉えた可能性があると発表した。…
 
 
  超新星爆発、明るさ不一定 ノーベル受賞研究に影響も (2013/4/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  恒星が一生を終える際に引き起こす大爆発の一種「a型超新星爆発」の明るさは、これまで一定だと考えられていたが、宮崎大などの研究チームは8日、日本のエックス線衛星「すざく」による観測の結果、ばらつきがある可能性があることが分かったと発表した。… 研究チームは「ノーベル賞を受賞した研究の結果に影響を及ぼす可能性があるのではないか」としている。
 
 
  11月に太陽最接近の「アイソン彗星」、NASAが画像公開 (2013/4/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)の流星物質情勢室(MEO)は23日、今年11月末に太陽に最接近する彗星「アイソン」の画像を公開した。地球から日中でも確認できるほどの明るさになる可能性があるという。 アイソンは昨年9月にアマチュア天文家が発見。MEOの主任科学者ウィリアム・クック氏によると、現在は地球から約4億5100キロ離れた、火星と木星の軌道間にある小惑星帯の外縁付近を移動している。…
 
 
  131億年前の最古の銀河発見、米チームが科学誌に発表 (2013/10/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米テキサス大学の科学者らが、これまで確認されている中で最も古い131億年前の銀河を発見したと、科学誌ネイチャーで発表した。宇宙が誕生したビッグバンから7億年後にできた銀河だという。 研究チームは、ハッブル宇宙望遠鏡やハワイのケック望遠鏡で銀河が放つ光を観測。43個の初期銀河のうち、距離の測定に必要な物質を確認できた唯一の銀河が今回発表されたものだった。 「z8_GND_5296」というこの銀河は…
 
 
  地球から最も遠く離れた銀河を発見 米研究 (2013/10/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  これまで確認された中で地球から最も遠く離れた銀河が見つかったとして、米テキサス大学の研究者らが科学誌ネイチャーに研究結果を発表した。太古の宇宙の様子を探る手がかりになるとしている。 この銀河「z8_GND_5296」は、地球からの距離を考えると、現在見えているのは宇宙誕生のビッグバンから7億年後の姿と考えられる。宇宙の138億年の歴史の中で、7億年はまだ初期に当たる。…
 
 
  金環日食と皆既日食が同時に 北大西洋などで観測=写真特集 (2013/11/4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北大西洋と赤道アフリカ地帯で3日、一度の日食の間に金環日食と皆既日食が起きる珍しい現象が観測された。 米航空宇宙局(NASA)によると、今回の現象は「ハイブリッド金環皆既日食」と呼ばれ、一部地域では太陽の縁が金の環のように輝いて見える金環日食が、別の地域では太陽が完全に月の影に隠れる皆既日食が観測された。                  
 
 
  夜空に流れる巨大流星、アリゾナ上空で爆発音響く=ビデオ (2013/12/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米アリゾナ州ツーソンで10日夜、大きな爆発音が鳴り響いて建物が衝撃で揺れ、驚いて見上げた住民は夜空を流れる巨大な流星を観測した。 この流星は、今年最大の流星群、双子座流星群が12日ごろから見られる前触れだったとみられる。白い大きな光が夜空を流れる映像は車載カメラでもとらえられ、動画共有サイトのユーチューブに掲載された。…
 
 
  136億年前に誕生した「最古の星」、銀河系に 豪チーム (2014/2/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オーストラリア国立大学の天文学者らがこのほど、今までに観測されたどの天体よりも古い恒星を銀河系内に見つけたと発表した。この星は約136億年前に誕生したとみられる。 同大学のステファン・ケラー博士が英科学誌ネイチャーに報告したところによると、最古の星は「SMSS J031300.36―670829.3」と名付けられた。地球と同じ銀河にあり、過去に撮影された星空の画像にもかすかに輝く姿が写っていた。地球からの距離は約6000光年と、天文学上の数字としては比較的近い方だ。 これまで観測史上最古とされていた132億年前の恒星からさらに4億年さかのぼり、宇宙誕生(ビッグバン)の後間もなく誕生した計算になる。…
 
 
  もうひとつの地球、「発見の日は近い」 NASA=写真特集 (2014/7/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  広い宇宙の中から地球に似た惑星を探し出し、そこに生命が存在する手掛かりをつかむという目標は、意外と早く達成されるかもしれない――。米航空宇宙局(NASA)でこのほど開かれた地球外生命探査についての会合で、科学者らの見解が一致した。 米マサチューセッツ工科大学の惑星科学者、サラ・シーガー教授は「科学技術の面で、もうひとつの地球と生命存在の証拠を発見できる段階はすぐそこまで近づいている」と話す。 「われわれの銀河には少なくとも1000億個の惑星がある。わずか5年前には分かっていなかったことだ」――米メリーランド州にある宇宙望遠鏡科学研究所(STSI)のマット・マウンテン所長は、そう指摘する。…
 
 
  小惑星が接近、「非常に近い」距離を通過へ NASA (2014/9/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は、新たに見つかった小惑星が米国時間の7日、地球から「非常に近い」距離を通過すると発表した。 小惑星「2014RC」の直径は推定18メートル。米アリゾナ州にある観測所が8月31日に発見した。日本時間の8日午前3時18分ごろ、ニュージーランドの上空を通過する見通し。 NASAによると、この小惑星が地球に衝突したり、地球軌道を周回する人工衛星に衝突したりする恐れはない。肉眼では見えないものの、望遠鏡を使えばアマチュア天文家でも観測できそうだという。 地球を脅かす恐れのある小惑星は大量にあるとNASAは推定する。…
 
 
  450光年彼方で星が生まれる様子 (2014/11/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルマ望遠鏡が捉えた450光年彼方で惑星が誕生する様子
 
 
  土星の200倍の環をもつ天体発見 (2015/1/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球から約400光年の距離に、土星の200倍の大きさの環をもつ天体が見つかったとして、米国とオランダの天文学研究チームが発表した。 この天体「J1407b」は2012年に発見されていたが、データを詳しく分析した結果がこのほどまとまった。「もし土星の環をJ1407bの環に入れ替えたとしたら、夜空で簡単に見つけることができ、満月の何倍もの大きさに見えるはず」。…
 
 
  ハッブル望遠鏡が撮影した宇宙 スライドショー (2014〜2015)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハッブル望遠鏡が撮影した宇宙  REUTERS
 
 
  地球にそっくりな惑星発見、太陽に似た恒星の周りを公転 (2015/7/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)の専門家は23日、地球に非常によく似た惑星を発見したと発表した。地球から1400光年離れた場所に位置し、大きさや温度が太陽と似た恒星の周りを385日周期で回っているという。 ケプラー宇宙望遠鏡で観測されたこの惑星は直径が地球の1.6倍ある。また恒星は60億年前に誕生したとみられ、太陽が誕生したとされる46億年前よりも古くから存在していたもよう。 惑星と恒星の距離も地球と太陽の位置関係と似ており、惑星には生命に欠かせないとされる液体の水が存在し得る状況とみられる。 専門家は「この惑星に必要な物質と条件がすべて整っていたなら、生命が存在するのに十分な時間と機会が生じている」と話した。(全文)
 
 
  みずがめ座デルタ流星群が28日、ピークを迎える (2015/7/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  みずがめ座デルタ流星群が28日、ピークを迎える/月が沈んだ午前1時過ぎが見頃で、1時間に10個ほどの流星が見られるとのこと/7月下旬から8月下旬は、1年で最も流れ星が見えるシーズンという。
 
 
  ペルセウス座流星群を見るコツ (2015/8/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  お盆の時期に活発化するペルセウス座流星群を見るためのコツを紹介している/流星群を見るには午前0時〜明け方にかけての時間帯がおすすめ/13日と14日頃の深夜から未明にかけては十分に期待できるという。
 
 
  宇宙空間に謎の現象、地球外生命体探査プロジェクトで解明へ (201510/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球から約1465光年離れた宇宙空間に、専門家にも説明がつかない異常現象が観測され、米国の研究チームが地球外知的生命体探査プロジェクト「SETI」の望遠鏡を使って観測に乗り出すことになった。 この現象は天体観測のクラウドソーシングサイト「プラネット・ハンター」で数年前から報告が相次いだ。…
 
 
  惑星の破片をむさぼる「ゾンビ星」を観測=画像 (2015/10/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白色矮星の謎がついに明らかに: 白色矮星は、大きさは地球ほどなのに質量は太陽ほどもある高温で高密度の星だ。そんな白色矮星が、近くにある天体を粉砕している様子が、このほど初めて観測された。まもなく破片を飲み込みはじめるだろう。(全文)
 
 
  今週の宇宙画像:レンズ状銀河、雲の渦ほか (2015/11/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハッブル宇宙望遠鏡が撮影し、11月2日に公開された銀河Mrk820の画像。楕円銀河と渦巻銀河の特徴を併せ持つレンズ状銀河に分類される。レンズ状銀河は、星形成活動が衰えた天体としても知られている。(参考記事:「ハッブル望遠鏡 50の傑作画像」)  雲の渦 / カンクンの変遷 / 氷河のホットケーキ / 火星の川 / 過去との遭遇
 
 
  宇宙空間の謎の現象、彗星の大群が原因か NASA (2015/11/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   宇宙空間で観測された恒星の明るさをめぐる謎の現象は、彗星(すいせい)の大群が引き起こしているのかもしれない――。米航空宇宙局(NASA)がそんな説を発表した。この現象は専門家にも説明が付かず、地球外生命体関与説まで取り沙汰されていた。 これに関して、NASAとともに彗星の大群説を発表したアイオワ州立大学の研究チームは、NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡の観測データを解析した結果、「彗星の一群が非常に長い、変わった軌道を描いてこの恒星の周りを周回している可能性がある」「その先頭にある非常に大型の彗星が、恒星の光を遮っているのではないか」という説を打ち出した。…
 
 
  地球から14光年、「生命の存在可能な」惑星発見 (2015/12/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球からわずか14光年という「至近距離」に、地球型の惑星が発見された。生命が存在する可能性のある惑星としては、これまで見つかった中で地球から最も近い。 この惑星は地球から14光年の距離にある赤色矮星(わいせい)「ウルフ1061」を周回する3つの惑星の1つ。オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学の研究チームが南米チリにある欧州南天天文台の大型望遠鏡を使って発見した。…
 
 
  5つの惑星が1つの空に、肉眼で観察可能 約10年ぶり (2016/1/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今月20日から2月20日まで、夜明け前の空に5つの惑星が肉眼で見える。この現象が起きるのは約10年ぶりで、天文ファンには嬉しい期間となりそうだ。  肉眼で見えるのは水星、金星、火星、木星、土星で、日の出の45分前ごろに観察可能になる。 多くの星の中から惑星を見つけ出すのが難しい場合は、天体観測用のアプリを使うと発見できるかもしれない。 自力で探す場合のコツは次の通り。…
 
 
  謎の天体現象、50億光年先の銀河で 東大グループ観測 (2016/2/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  爆発的に電波を出す「高速電波バースト」という謎の天体現象が、地球から約50億光年先にある銀河で起きていたとする観測結果を東京大の戸谷友則教授(天文学)らのグループが発表した。最近見つかったタイプの現象で、どういう場所で起きているのか不明だった。25日付の英科学誌ネイチャーで発表した。…
 
 
  初の月面着陸捕えた望遠鏡、電波で多数の銀河系を発見 (2016/2/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1969年に人類初の月面着陸中継に使用された望遠鏡が、最新鋭の電波受信装置の力により、天の川に遮られて観測できなかった883の銀河系を捕えた。 望遠鏡はオーストラリアのパークス天文台に設置されており、捕えられた銀河系の3分の1は、新発見だった。 研究結果は、アストロノミカル・ジャーナルに掲載された。…
 
 
  地球サイズの3惑星=生命が存在可能?−国際チーム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  みずがめ座の方向に40光年離れた所で、小さく暗い矮星(わいせい)の周りを、地球サイズの惑星が3個回っているのを発見したと、ベルギー・リエージュ大などの国際研究チームが2日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。惑星は岩石質で地表に液体の水が存在する可能性があり、生命に適した環境かもしれないという。…
 
 
  謎の第9惑星、太陽がよそから「盗んだ」?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽系に存在する可能性が指摘された謎の「第9惑星」は、太陽が別の惑星から「盗んで」太陽系に取り込んだものかもしれない――。スウェーデンのルンド大学の研究チームが、天文学会誌に掲載した新たな報告でそんな説を発表した。 第9惑星は米カリフォルニア工科大学が今年1月に痕跡を見つけたと発表していた。海王星より遠い場所にある太陽系の9番目の惑星とされ、質量は地球の10倍と推定される。…
 
 
  もう1つの地球を探せ 「プラネットハンター」という仕事=ビデオ (2016/6/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米マサチューセッツ工科大学(MIT)の天体物理学者、サラ・シーガー氏は20年近くにわたり太陽系外の惑星を探している。「もう1つの地球を見つけるのが自分の人生の目的」と語るシーガー氏の研究の舞台裏に迫った。 太陽系外惑星が最初に発見されたのは1990年代。当初は疑問視する声もあったが、技術の進歩によりそれ以来、6000個以上の系外惑星が観測されてきた。 多くの惑星の存在が明らかになるなか、地球に似た惑星を特定しようとする競争が始まっている。…
 
 
  2つの太陽を持つ惑星、新たに発見 これまでで最大 (2016/6/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  SF映画「スター・ウォーズ」に出てくる砂漠の惑星「タトゥイーン」のように2つの太陽を持つ新たな太陽系外惑星が、米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡で確認されたことが15日までに分かった。 NASAのゴダード宇宙飛行センターとサンディエゴ州立大学の共同チームが米天文学会の会合で発表したところによると、「ケプラー1647b」と名付けられたこの惑星は、地球から3700光年離れた所にあり、肉眼では見えない。 「周連星惑星」と呼ばれる2つの恒星の周りを回っている惑星は、我々の銀河だけで数百万個あると推定されるが、これまでに確認されたのは11個。どれも土星かそれ以下の大きさで、ケプラー1647bが最大だ。…
 
 
  古代エジプト「ホルスの目」に似た銀河を発見 (2016/8/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国立天文台などの国際研究チームが、古代エジプトのシンボルとして知られる神の目「ホルスの目」に似た銀河を発見したと発表した。 米国の天体物理学専門誌に論文が掲載された。 研究チームは、ハワイにある「すばる望遠鏡」の撮影画像の中から、目のような形の銀河を見つけ、「ホルスの目」と名付けた。 画像の中央に…
 
 
  NASA、銀河の数を2兆個と発表=従来推定の10倍に (2016/10/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASAは13日、観測可能な宇宙の範囲内にある銀河の数は2兆個と発表した/これまで推定されてきた数の10倍に上る数字だという/英の研究チームが、望遠鏡では見ることのできない銀河の数も含め算出した。
 
 
  アルフレッド・ノーベル (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アルフレッド・ベルンハルド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel, 1833年10月21日 - 1896年12月10日)は、ダイナマイトの発明で知られるスウェーデンの化学者、発明家、実業家。ボフォース社を単なる鉄工所から兵器メーカーへと発展させた。350もの特許を取得し、中でもダイナマイトが最も有名である。ダイナマイトの開発で巨万の富を築いたことから、「ダイナマイト王」とも呼ばれた。遺産をノーベル賞創設に使った。自然界には存在しない元素ノーベリウムはノーベルの名をとって名付けられた。Dynamit Nobel やアクゾノーベルのように現代の企業名にも名を残している(どちらもノーベルが創業した会社の後継)。  1 生涯 / 2 私生活 / 3 発明 / 4 遺産とノーベル賞 / 5 その他 / 6 脚註 / 7 参考文献 / 8 関連項目 / 9 外部リンク
 
 
  2017年10月に地球に衝突するという「惑星X」 (2017/1/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2017年10月に地球が消滅するという、恐ろしい情報が浮上しているという/『惑星X』、またの名を『ニビル』は地球の5倍の大きさがあり、衝突するとのこと/デビッド・ミード氏は「10月に地球の南極側に衝突するようなのです」とコメント。
 
 
  銀河系を移動させている巨大な「ボイド」 宇宙の膨張変化の手掛かりに (2017/2/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銀河系外の巨大な「ボイド」が、銀河の移動に影響を及ぼしていると判明した/低密度のボイドが、銀河系を反発して押し出していたことが新たな研究で証明/銀河系がどこへ向かっているのかを解く、新たな手がかりになるという。
 
 
  オリオン大星雲:巨大な「原始星」 ガス噴出し成長を観測 (2017/6/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球から約1400光年離れたオリオン大星雲にある巨大な「原始星」で、周囲を取り巻くガスがらせん状に極方向に噴き出る様子を撮影したと、国立天文台や総合研究大学院大などのチームが13日付の英専門誌に発表した。生まれたばかりの原始星が大きくなっていく際の現象として知られるが、今回ほど詳細にとらえたのは珍しい。星成長の謎の解明に迫る成果として期待される。…
 
 
  天体現象をたのしむ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  和歌山市で見える主な天体現象 (2030年までに和歌山で見える月食)など
 
 
  自動翻訳イヤホン、日英中に対応…母国語で会話可能 (2017/12/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  総務省所管の情報通信研究機構は英語と中国語、日本語の会話を自動で翻訳するイヤホンを開発した。イヤホンを付けた人同士で会話すると、人工知能(AI)でそれぞれの母国語に訳した内容がイヤホンから聞こえる。翻訳技術などを企業などに提供して実用化を目指す。 イヤホンはマイクを兼ねており、スマートフォン(スマホ)と無線でつながる。発話者のマイクで声を拾い、スマホを通じて文字データにしてサーバーに送る。…
 
 
宇宙ニュース(YouTube)
  YouTube - モーニング宇宙ニュース (2017/3/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  TVに騙されないためのモーニング宇宙ニュース!
 
 
  YouTube - 宇宙ニュース #124 (2013.8.29 OA)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  毎週木曜夜9時54分 放送中】 内之浦でのイプシロン打ち上げのパブリックビューイングに密着。しかし...!?
 
 
  YouTube - 宇宙ニュース #128 (2013.9.26 OA)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回もフロリダからお届けします。 古川宇宙飛行士が洞窟訓練「CAVES」に参加 ほか。
 
 
  YouTube - 宇宙ニュース #123 (2013.8.22 OA)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  次世代最新ロケットイプシロン、内之浦での打ち上げ前公開。 狩野アナ、民間ロケット開発「なつのロケット団」リポート。
 
 
  YouTube - 宇宙ニュース #110 (2013.5.23 OA)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野口宇宙飛行士の航空機訓練に密着!狩野アナ国立天文台へ。
 
 
  YouTube - 宇宙ニュース #96 (2013.2.14 OA)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  星出宇宙飛行士、ついに帰国!最新情報。
 
 
  宇宙ニュース #77 (2012.10.4 OA)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇宙を旅したい方、ぜひご覧ください!テレビ東京からの発表会見の模様をお伝えします。
 
 
  YouTube - 宇宙ニュース #48 (2012/3/28)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  40光年先に新しいタイプのスーパーアース発見 ほか。
 
 
  YouTube(特集) - 宇宙ニュース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube(特集) - 宇宙ニュース #49
 
 
小惑星の地球衝突対策
  小惑星の地球衝突 対策や課題話し合う国際会議始まる=ビデオ (2017/5/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小惑星などの地球への衝突にどう備えるか、世界各国の宇宙機関や研究者らが集まり、対策や課題を話し合う国際会議が、15日から東京で始まりました。 この国際会議は、東京・江東区の日本科学未来館で15日から5日間の日程で行われ、NASA=アメリカ航空宇宙局をはじめ、世界24の国から宇宙機関の関係者や研究者およそ200人が参加しています。 国際天文学連合のまとめでは、地球に接近するおそれがある小惑星などは、この20年間に相次いで発見されて、ことし2月現在で1万6000個余りに上り、小惑星などの地球への衝突は現実的な脅威として研究者の間で認識が高まりつつあります。…
 
 
特集:ツングースカ
ツングースカ大爆発 (Wikipedia) ツングースカ大爆発 (Wikipedia)
  ツングースカ大爆発 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ツングースカ大爆発(ツングースカだいばくはつ、ロシア語:Тунгусский метеорит英語:Tunguska explosion)とは1908年6月30日7時2分(現地時間)頃、ロシア帝国領中央シベリア、エニセイ川支流のポドカメンナヤ・ツングースカ川上流(現・ロシア連邦エヴェンキ自治管区内。2007年にクラスノヤルスク地方と統合)の上空(北緯60度55分0秒東経101度57分0秒)で起こった天体爆発である。ツングースカ事件とも言われる。 1 概要 / 2 調査の歴史 / 3 爆発跡の様子 / 4 爆発の原因として推定された説 / 5 参考文献 / 6 脚注 / 7 関連項目 / 8 外部リンク
 
 
  ツングースカ上空の大爆発   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  その日朝7時頃、シベリアの森林地帯上空に強い光を放ちながら高速に飛行する物体が現れ、大爆発を起こした。巨大なキノコ雲ができ、数百km先まで大音響が響いた。爆心地から600km離れた地点でも、ボートに乗った人が川に投げ出されたり、馬が衝撃波で倒れたり、シベリア鉄道が緊急停止したりした。
 
 
  ツングースカ事件に新事実?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1908年6月30日、ロシアのシベリア東部のツングースカ川に近い森林地帯の上空で大爆発が起こった。爆発の瞬間、耳をつんざくようなすさまじい大音響と共に太陽のように明るい火球が見られたと伝えられている。いわゆる、ツングースカ事件(Tunguska Event)である。 1927年になって初めて、爆発が起こった森林地帯へ調査隊が派遣された。その結果、約2000km2の範囲が破壊され樹木がなぎ倒されていることが判明した。… 写真=大爆発が起こった森林地帯の状態(クリックで拡大)
 
 
  ツングースカの大爆発 - UFO事件簿   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1908年6月30日/ソビエト連邦(現ロシア)/ツングースカ: 謎の飛行物体がシベリア上空で大爆発! その日朝7時頃、シベリアの森林地帯上空に強い光を放ちながら高速に飛行する物体が現れ、大爆発を起こした。巨大なキノコ雲ができ、数百km先まで大音響が響いた。 爆心地から600km離れた地点でも、ボートに乗った人が川に投げ出されたり、馬が衝撃波で倒れたり、シベリア鉄道が緊急停止したりした。 爆発地点では半径30kmの樹木が炎上、2,000平方km(東京都の面積に匹敵)にわたって樹木がなぎ倒されていたことが後日の調査でわかった(図1)。 早朝の大爆発!/13年後の初調査と有力な説/彗星爆発説/2008年のチェコ湖の調査/放射能の影響の有無/UFO墜落説/考察/2013年にもロシアに隕石落下=動画/参考資料
 
 
  特命リサーチ200X 20世紀最大の謎ツングースカ大爆発の真相を追え!=ビデオ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1908年6月30日午前7時2分、中央シベリアの奥地ツングースカ川上空で原因不明の大爆発が発生した。その爆発力は広島型原爆の1000倍と推測された。爆発時には数百キロ離れた所からもキノコ雲が観測され、衝撃による地震活動もヨーロッパの各地で観測された。一体、この大爆発の正体とは何であるのか。
 
 
  100年目を迎えたツングースカ事件 (2008/7/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1908年6月30日午前7時17分、シベリアのツングースカ地域のヴァナヴァラに位置する交易所の所員が玄関の外側に立っていた。突然、約64km彼方で、途方もない大爆発音が起こった。その瞬間、その所員は吹き飛ばされた上にものすごい熱を感じ、着ているシャツが燃えているのではないかと思ったとのことである。これが、ツングースカ事件が起こった瞬間であった。…
 
 
  ツングースカ大火球 100年の謎 日経サイエンス2008年8月号   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今からちょうど100年前,シベリア中央部のツングースカ上空で大爆発が起きた。 2000km2に及ぶ森林の8000万本ほどの樹木が,ある地点から放射状に外側へとなぎ倒された。ロンドンでは真夜中にもかかわらず空が明るくなり,人工灯火なしに新聞を読めたそうだ。天体の空中爆発が原因と考えられているが,当時の政治情勢の影響もあり,詳細は謎に包まれたままだ。
 
 
  ツングースカ大爆発跡地から異星人の装置残骸を発見 ロシア (2004/8/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【Interfax】ロシアはシベリアにて、ツングースカ現象研究者が、爆発跡地から異星人が使用していたと思しき、謎の装置の残骸を発見したとのこと。1908年6月30日、ヴァナヴァラ村から凡そ65kmの山中に巨大隕石と思しき物体が衝突、広大な範囲に渡って木々がなぎ倒されるという事件が発生した(写真)。…
 
 
  シベリアの「ツングースカ大爆発」から100年、小惑星?彗星?深まる謎 (2008/7/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【7月1日 AFP】ちょうど100年前の1908年6月30日の明け方、西シベリア(Siberia)の上空で大爆発が起こり、2000平方キロメートルにわたり樹木8000万本がなぎ倒された。爆発の規模が広島に投下された原子爆弾の1000倍にも匹敵するというこの「ツングースカ大爆発(Tunguska Event)」の謎は、いまだ解けていない。…
 
 
  ツングースカ異変の概要 (更新:2012/9/17 )   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  … 1908年6月30日朝、中央シベリアに太陽よりも明るい火球が 飛来した … ツ ングースカ異変は未解決の現象であり学問の対象であるのにかかわらず、日本では研究しようとする専門家はいないようです。…
 
 
隕石(落下)ニュース
地球に衝突し、被害及ぼす危険ある小惑星は4700個(NASA)
  恐竜を絶滅させた「犯人」は? 小惑星衝突の謎深まる (2011/9/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  6500万年前に恐竜を絶滅させたのは小惑星「バプティスティナ」ではなかった――。米航空宇宙局(NASA)の広域赤外線探査衛星WISEのデータを解析した研究チームが、恐竜絶滅の原因をめぐる2007年の学説に疑問が生じたことを明らかにした。
 
 
  米カリフォルニア州に隕石の破片落下、かけら探しに住民熱中 (2012/4/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米カリフォルニア州でゴールドラッシュならぬ隕石ラッシュが起きている。同州北部の上空で22日午前、ミニバンほどの大きさのある隕石が大気圏に突入し、多数の破片となってシエラネバダ山脈付近の町に落下した。この隕石のかけらを探そうと、米航空宇宙局(NASA)の科学者から地元の子どもたちまで誰もが夢中になっている。
 
 
  地球衝突し被害及ぼす危険ある小惑星は4700個 (2012/5/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は16日、地球に衝突して被害をもたらす危険のある小惑星は約4700個とする推計を発表した。 NASAは広域赤外線探査衛星「WISE」から送られた画像を解析し、直径100メートルを超す大きさで、地球から800万キロ以内を通過する可能性のある小惑星の数を調べた。その結果、プラスマイナス1500個の誤差で、4700個がこの条件に当てはまることが分かった。800万キロは地球から月までの距離の約20倍にあたる。
 
 
  ロシアの隕石をUFOが破壊したことが判明! (2013/2/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロシア上空で隕石が爆発した事件がありましたよね? あれは空中で爆発したから被害があの程度ですんだのですが、実は… あの隕石の空中爆発は、隕石の動画をよく見ると、隕石に何か飛行物体が飛んできて それが隕石を射抜くような閃光があり爆発、、そして飛行物体が飛んでいくのが見えてました! 写真で説明すると・・・
 
 
  隕石爆発の瞬間をとらえた映像 ロシア=ビデオ (2013/2/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロシア・ウラル地方で15日、飛来した隕石(いんせき)が上空で爆発した。爆発の様子をとらえた映像
 
 
  小惑星が地球の近くを通過 ロシアの隕石とは関係なし (2013/2/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米東部時間15日午後2時24分頃(日本時間16日午前4時25分頃)、小惑星が地球の近くを無事通過した。 同日、この小惑星が通過する数時間前に、隕石(いんせき)がロシア上空で大気圏に突入し、爆発した。この影響でビルなどのガラスが割れるなどして、約1000人が負傷したが、科学者らによると小惑星の通過と隕石の爆発は関係ないという。…
 
 
  ロシアの隕石空中爆発、1000人以上が負傷 ビルの窓ガラスなど割れる (2013/2/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロシアのウラル地方上空で15日朝、隕石(いんせき)が爆発し、空に閃光が走り、轟音が鳴り響いた。当局によると、爆風で複数のビルの窓ガラスが割れるなどして約1000人が負傷した。 爆発があったのは現地時間午前9時20分頃で、当時多くの人々が外出していた。負傷者には200人以上の子どもが含まれており、大半はチェリャビンスク地区で負傷したが、ほとんどが軽傷だという。… 米航空宇宙局(NASA)は、この隕石の爆発の威力は30万トンのTNT(トリニトロトルエン)爆弾のそれに匹敵するとし、100年に1度の出来事と付け加えた。
 
 
  ロシア隕石の音、地球全体に響いた 核実験監視機関が観測 (2013/2/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロシア南西部に15日に落下した隕石が、超低周波の音を地球全体に鳴り響かせていたことが分かった。核実験を監視する包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)が28日までに明らかにした。 CTBTOによると、隕石の落下によって、人間の耳に聞こえる音よりもはるかに低い超低周波の音波が発生。北極に近いグリーンランドから南極に至る各地で、CTBTOのセンサーがこの音波をとらえた。その規模は同機関の観測史上、最大だったという。…
 
 
  ロシアに落ちた隕石はUFOが破壊した?=動画 (2013/2/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回の事件の概要: 2013年チェリャビンスク州の隕石落下(にせんじゅうさんねんチェリャビンスクしゅうのいんせきらっか)では、2013年2月15日エカテリンブルク時間 (YEKT) 9時20分26秒にロシア連邦ウラル連邦管区のチェリャビンスク州付近で発生した隕石の落下という天文現象と、隕石の通過と分裂により発生した衝撃波により引き起こされた自然災害について述べる。…
 
 
  YouTube - 隕石映像にUFO? 「注意深く分析」−ロシア国営TV   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 隕石映像にUFO? 「注意深く分析」−ロシア国営TV
 
 
  ニカラグア首都に隕石落下、クレーター出現 (2014/9/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニカラグアの首都マナグアで6日夜、隕石(いんせき)が落下して大きな爆発音が聞こえ、地面に直径12メートルのクレーターが出現した。AP通信が伝えた。人的、物的被害は報告されていない。 地元メディアによると、6日午後11時5分ごろに大きな爆発音が聞こえ、マナグアのサンディノ国際空港に近い森の中の地面に穴が開いているのが見つかった。約300メートルの距離にはホテルがあるという。 政府報道官はAP通信に対し、地球付近を通過した小惑星から分離したと思われる比較的小さな隕石が落下したと語った。…
 
 
  米で目撃 巨大な火の玉の正体=ビデオ (2016/5/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アメリカのメイン州で17日、火の玉が夜空を通過するのが観測された/正体は宇宙から落下してきた車ほどのサイズの巨大な隕石だという/落下の様子は、アメリカ隕石協会のウェブサイトで閲覧できる。
 
 
  月見の夜に隕石落下 小惑星が爆発、地震も発生=中国 (2017/10/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  月見を楽しむ中国の祝日「中秋節」の4日夜、中国南部の雲南省に隕石(いんせき)が落下した。中国メディアが伝えた。中秋の名月を撮影しようとしていた人たちが、暗闇が急に明るくなり、大きな火の玉が数秒かけて落下する様子を動画や写真に収めた。 中国メディアが米航空宇宙局(NASA)の情報として伝えたところによると、4日午後8時過ぎ(日本時間同9時過ぎ)、地球の上空37キロの地点で小惑星が爆発し、一部が隕石となって同省内に落下した。落下の衝撃はTNT火薬540トンの爆発に相当し、マグニチュード2・1の地震が観測された。 落下地点は地形が険しいため、隕石の回収は難しいという。死傷者や家屋損壊などの被害情報はないとしている。(全文)
 
 
  小惑星、12日に最接近 地球から5万キロの地点通過 (2017/10/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球に12日に最接近する直径20メートルほどの小惑星「2012TC4」の撮影に、東京大木曽観測所が成功した。ロシア・チェリャビンスク州上空で2013年に爆発し、衝撃波で広範囲に被害をもたらした隕石(いんせき)と同じくらいの大きさで、最も近づく際の距離は、月までの8分の1の約5万キロ。静止衛星がある軌道のすぐ外を通過するという。 東大などによると、2012TC4は2012年、地球に落下する可能性がある天体を監視している米・ハワイのパンスターズ望遠鏡によって発見された。地球にぶつかると上空で燃え尽きずに被害が出る大きさだが、12日午後2時40分ごろに地球をかすめて通り過ぎることがわかった。月の軌道よりも近づく10メートル以上の天体は、年5個ほどあるという。…
 
 
  地球接近の小惑星、動画で撮影…東大木曽観測所=動画 (2017/10/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京大学木曽観測所(長野県木曽町)は、12日午後に地球に最接近する小惑星の動画撮影に成功したと発表した。 小惑星を動画でとらえるのは珍しいという。 撮影したのは10日午後9時56分から1時間。みずがめ座のある南の空を小惑星が動いていく様子を、高性能の望遠鏡とカメラで撮影した。 この小惑星は5年前に存在が確認された「2012TC4」で、直径10〜30メートル。12日午後2時42分に、地球から約4万3500キロ・メートルまで接近するとみられる。…
 
 
  夜空に光の球、各地で目撃 爆発的発光も=動画 (2017/11/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  21日午後9時半ごろ、強い光を放つ流星のようなものが各地で目撃され、ツイッターなどネット上でも書き込みが相次いだ。数回の爆発的な発光も見られたという。 ネット上の動画を確認した、みさと天文台(和歌山)の山内千里(ちさと)研究員(43)は「宇宙に漂う砂や石のかけらが大気圏に入って、大気とのまさつで輝いている。大きな流れ星の『火球』といっていい」と話した。兵庫県明石市から東の上空を録画していた日本流星研究会火球担当幹事の司馬康生さん(56)は「年間でも数えるほどの大きな明るさだった。発光時間は3秒ほど。火球と考えられる」。10月から11月にかけて観測される「おうし座流星群」の可能性があるという。 ◇関連ニュース
 
 
  ◇ 歴史上数少ない「軌道が正確に解析されたピークスキル隕石」 (2018/6/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1992年10月9日、アメリカニューヨーク州ピークスキルで、月よりも明るく輝いた天体が空から落ちてきた。 目撃者の話によると、光り輝いた物体が、北東に向けて空に一筋の線を描くように流れ落ちたという。 たった40秒の間に、隕石は4つの州の空を駆け抜け、地球の大気を700キロメートルも移動した。 宇宙から地球の表面に到着するまでに隕石は70個に分離した。そのうちの1つは、ボウリングボールほどの大きさとなって、爆音とともにピークスキルのとある民家の車庫にある車を直撃したのだ。・・・
 
 
隕石関連特集
ロシアの隕石をUFOが破壊したことが判明!  小惑星「2012DA14」は日本時間16日未明に地球に最接近 ロシアの隕石空中爆発、1000人以上が負傷
  ロシアに落ちた隕石はUFOが破壊した?=動画 (2013/2/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回の事件の概要: 2013年チェリャビンスク州の隕石落下(にせんじゅうさんねんチェリャビンスクしゅうのいんせきらっか)では、2013年2月15日エカテリンブルク時間 (YEKT) 9時20分26秒にロシア連邦ウラル連邦管区のチェリャビンスク州付近で発生した隕石の落下という天文現象と、隕石の通過と分裂により発生した衝撃波により引き起こされた自然災害について述べる。…
 
 
  YouTube - 隕石映像にUFO? 「注意深く分析」−ロシア国営TV   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 隕石映像にUFO? 「注意深く分析」−ロシア国営TV
 
 
  隕石が自分家に落下したらもらっていいの?ダメなの?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  過去に日本でも民家に隕石が落下し屋根や床に穴が開くという事例がありましたが実際家に落ちてきたら自分の物にできるんでしょうか?
 
 
  隕石を拾うときの注意点   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  隕石を発見したときの心得をまとめました。 隕石の定義/素手で触らない/専門家へ連絡/所有権/関連リンク
 
 
  未確認飛行物体 (Wikipedia)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  未確認飛行物体(みかくにんひこうぶったい)とは、その名の通り、何であるか確認されていない(正体不明の)飛行体のこと。「Unidentified Flying Object」(アンアイデンティファイド・フライング・オブジェクト)の頭文字をとってUFO(ユーフォー)とも呼ばれる。 1 概要 / 2 UFOという呼称 / 3 研究と正体 / 4 SFとUFO / 5 日本においての認識 / 6 UFOの分類 / 7 代表的な目撃例とされた事件 / 8 歴史文献とUFO / 9 UFOブーム / 10 UFOを題材にした作品  / 11 出典・脚注 / 12 参考文献 / 13 関連項目 / 14 外部リンク
 
 
  人類を創ったのは宇宙人!?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  信じるか信じないかはあなた次第: 人類は「ニビル」という星からやってきた宇宙人アヌンナキ(シュメール人)に遺伝子操作で作られた! 人類の起源はどこなのか?/どこの星の宇宙人か?/ニビルという星にアヌンナキという宇宙人が住んでいた。/我々「ホモ・サピエンス」は、歴史上“突如”現れた生物です。/さらに気になる人用には詳しくまとめたサイトをリンクしました。
 
 
  ⇒UFO・宇宙人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「45 スピリチュアリズム/超常科学/不思議系サイト」 ⇒UFO・宇宙人
 
 
  ⇒ツングースカ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「45 スピリチュアリズム/超常科学/不思議系サイト」 ⇒ツングースカ
 
 
  小惑星、2040年に衝突の可能性なし NASAが発表 (2012/12/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は23日までに、2040年に地球に衝突する可能性がわずかにあるとされてきた小惑星「2011AG5」について、衝突の恐れはなくなったと発表した。 2011AG5は直径約140メートルの小惑星で、40年2月に1%以内の確率で地球に衝突すると試算されていた。衝突した場合の衝撃は広島型原爆の数千倍に当たる100メガトンともいわれていた。 ハワイのマウナケア山にあるジェミニ望遠鏡による新たな観測結果を分析したところ、従来の60倍の精度で進路を予測することが可能となり、地球から89万キロ以内に接近することはないことが確実となった。これは月までの距離の2倍以上に相当する。…
 
 
  小惑星が地球に大接近 人工衛星より近い位置を通過へ (2013/2/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇宙のかなたから時速2万8000キロのスピードで近づいている小惑星が米国時間15日(日本時間16日未明)に地球に最接近する。ただし、米航空宇宙局(NASA)の観測によれば、地球に衝突する恐れはない。 この小惑星は1年近く前に発見され、「2012DA14」と名付けられた。NASAのドン・イェオマンズ博士によれば、軌道は正確に把握できている。地球の引力の影響でカーブを描き、地表から約2万7700キロと通信・放送衛星より低い位置まで接近するものの、落下することなく南から北へ通過する。秒速7.8キロの高速で通過する見通し。…
 
 
  写真特集:小惑星の姿や地球に残るクレーター (2013/2/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇宙のかなたから時速2万8000キロのスピードで近づいている小惑星「2012DA14」が米国時間15日(日本時間16日未明)に地球に最接近する。ただし、米航空宇宙局(NASA)の観測によれば、地球に衝突する恐れはない。地球に接近するものを含め、小惑星や今も地球上に残るクレーターの姿を見る。(全文)
 
 
  直径45mの小惑星が地球接近、気象衛星の内側かすめる (2013/2/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  直径約45メートルの小惑星「2012DA14」が、日本時間16日午前4時24分に地球に最接近する。 小惑星は秒速13キロというスピードで、地球から約2万7500キロの場所を通過する。地球の軌道上を回る気象衛星なども内側を通過するが、専門家によると衝突の可能性はないという。 科学者らは小惑星に含まれる鉱物の分析などを試みる。観測で得られた情報は、地球に衝突しかねない小惑星が現れた際に回避するための技術などに役立てられるという。(全文)
 
 
  夜空を横切る閃光、隕石目撃情報相次ぐ 米東海岸 (2013/3/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  航空宇宙局(NASA)は23日、米東海岸一帯で前日の夜に夜空を横切る青緑の光を目撃したとの情報が相次いだ件で、原因は直径約1メートルの隕石(いんせき)だったと発表した。… NASAによると、光の正体はペンシルベニア州東部で大気圏に突入した隕石。燃え尽きず地上へ落ちてくる可能性もある大きさだが、被害の報告はない。落下したとしても、大西洋のどこかに着水したとみられる。
 
 
  ロシア隕石、湖底から巨大破片を回収 (2013/10/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロシア南部チェリャビンスク州の上空で今年2月15日に爆発、落下した隕石(いんせき)騒ぎで、同国メディアは19日までに、回収された中では最も大きな隕石とみられる破片をチェバルクリ湖底から引き揚げたと報じた。 タス通信によると、表面が黒色の破片の重さは少なくとも570キロ。直径は約1メートル52センチ。潜水士による引き揚げの様子は16日、テレビで実況中継された。… 重さが500キロ以上あるならこれまで発見された隕石で最重量の1つとなる可能性があると指摘した。…
 
 
  「世界最大」の隕石衝突跡、オーストラリアで発見 (2015/3/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オーストラリア中部の地中から、数億年前に地球に落下した巨大隕石(いんせき)の衝突跡が見つかった。地球上でこれまでに見つかった衝突跡の中では最大だという。オーストラリア国立大学の研究チームが地殻物理学会誌に発表した。 衝突跡は南オーストラリア、クイーンズランド、北部準州の州境に近い地殻内部の深さ2キロ強の地点で見つかった。クレーターは長い年月を経て消滅していたが、地熱調査のための発掘作業中に衝突跡を発見したという。…
 
 
  地球周辺に72個の天体を発見 うち8個が接近or衝突する恐れ(2016/4/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASAが地球周辺に、2013年以来新たに72個の天体を見つけたと発表した/うち8個は、地球に接近か衝突する恐れのある危険な小惑星に分類された/近い将来、地球に衝突しそうな大きな天体は現時点で見つかっていないという。
 
 
  地球周辺に72の天体発見、8個は接近の恐れ NASA (2016/4/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は、地球に衝突する可能性のある小惑星や彗星など地球近傍天体(NEO)の観測で、探査衛星が2013年以来新たに72個のNEOを見つけたと発表した。 NASAは探査衛星「NEOWISE」を使って地球周辺の天体を調べている。新たに見つかった72個の天体のうち、8個はいずれ地球に接近したり衝突したりする恐れのある潜在的に危険な小惑星に分類された。…
 
 
  夜空に光の球、各地で目撃 爆発的発光も=動画 (2017/11/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  21日午後9時半ごろ、強い光を放つ流星のようなものが各地で目撃され、ツイッターなどネット上でも書き込みが相次いだ。数回の爆発的な発光も見られたという。 ネット上の動画を確認した、みさと天文台(和歌山)の山内千里(ちさと)研究員(43)は「宇宙に漂う砂や石のかけらが大気圏に入って、大気とのまさつで輝いている。大きな流れ星の『火球』といっていい」と話した。兵庫県明石市から東の上空を録画していた日本流星研究会火球担当幹事の司馬康生さん(56)は「年間でも数えるほどの大きな明るさだった。発光時間は3秒ほど。火球と考えられる」。10月から11月にかけて観測される「おうし座流星群」の可能性があるという。 ◇関連ニュース
 
 
太陽と太陽系
太陽は宇宙でどうやって燃えているの? 知床に上がる太陽 2年前に地球をかすめた太陽風、直撃なら200兆円の被害も (2014/7/28)
  太陽 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽(たいよう、sun)は銀河系の恒星の一つで、太陽系の物理的中心である。天の川銀河の中心からの距離は約2万8千光年である。典型的な主系列星で、スペクトル型はG2V(黄色)である。推測年齢は約46億年で、主系列星として存在する期間の半分を経過しているものと考えられている。地球から太陽までの平均距離は約1億5000万kmである。  1 概要と位置 / 2 構造 / 3 太陽活動 / 4 太陽の謎 / 5 太陽の歴史と未来 / 6 人類の太陽認識と観測 / 7 脚注 / 8 参考文献 / 9 関連項目 / 10 外部リンク
 
 
  第3章 太陽   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  光球表面には黒っぽく見える部分がある。ふだんは望遠鏡でないと見えないが、ときには肉眼で見えるほどの巨大なもの(地球の何倍もの大きさ)が出現することがある。黒点には強い磁場があるために、下からエネルギー(熱)を運ぶ対流が妨げられて、まわりより1000K〜2000K程度温度が低くなっている。
 
 
  太陽のふしぎ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球を暖かく照らしてくれる太陽は、直径が約140万キロ、地球のおよそ109倍もある大きな星です。 太陽は、太陽系の中で最大の、しかもとびぬけて大きな天体です。 太陽系の全質量の 99.8% を太陽が占めています。 (さらにその残りのほとんどが木星のものです )。 太陽は、主に水素とヘリウムというガスからできている巨大な球ということができます。
 
 
  太陽の不思議   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝 東の空から登り、夕方 西の空に沈む太陽。夜、空を見上げると、たくさんのお星さまが光っている事は、みんな知っているよね。太陽は、夜空に光っているお星さまと同じ仲間で、「恒星」って呼ばれているお星さまなんだ。太陽は、とても近くで輝いているので、明るくて、大きく見えるんだ。
 
 
  太陽ってどんな星   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽は、銀河系に約2000億個あるといわれる星々の一個。 夜空にきらめく星たちも、見つめてみればわかります。
 
 
  太陽黒点 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽黒点(たいようこくてん)とは、太陽表面を観測した時に黒い点を散らしたかのように見える部分のこと。単に黒点とも呼ぶ。実際にはこの部分も光を放っているが、周囲よりも弱い光なので黒く見える。黒点が暗いのは、その温度が約4,000℃と普通の光球(太陽表面)温度(約6,000℃)に比べて低いためである。発生原因は太陽の磁場であると考えられているが、詳細には解明されていない。
 
 
  太陽黒点 SUNSPOTS   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  “歴史”の章では、古代文明にとって太陽がどんな重要な意味を持っていたのか、また当時の人々が太陽黒点をどのようにとらえていたのかを取り上げます。また、望遠鏡の発達に伴って、黒点に関する理解がどのように変わっていったのかについても詳しく触れます。自分で簡単にできる黒点観測の方法も紹介します。
 
 
  太陽黒点写真 (白色光写真)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2002年1月〜観測。  ここに掲載した写真は、太陽黒点の観測や研究、あるいは 天文教育などにご利用下さい。
 
 
  太陽は宇宙でどうやって燃えているの?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  空を見上げると数え切れないほどたくさんの星たちが目に飛び込んできます。そんな中で、私達にとって最も身近で、最も大切な星といえば、間違いなく太陽でしょう。もし太陽が無かったら、この地球は寒さでとても生命が存在できる環境ではありません。
 
 
  宇宙 - 太陽 - ナショナルジオグラフィック   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽系の中心は、ガスが燃えさかる高温で巨大な恒星だ。  宇宙トップ/太陽系/宇宙の成り立ち/宇宙探査の歴史/写真/動画/一覧/特集
 
 
  黒点情報 -- 宇宙天気情報センター(NICT)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  無線通信 / 衛星運用 / 電力・磁気探査 / GPS / 航空機関係 / 黒点 / 27日周期 / 宇宙環境
 
 
  太陽のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽のニュース - Google
 
 
  太陽の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽の画像 - Google
 
 
  国立天文台などは5月にも太陽の磁場が反転し「4重極構造」に変化するとの予想を発表 (2012/4/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  磁石のS極とN極がひっくり返るような磁場の反転が、太陽の北極で起きつつあることを国立天文台などのチームが観測し、19日発表した。 通常は同時に反転する南極の磁場に、変化の兆しはなく、過去に地球が寒冷化した時期の太陽の状況と似てくる可能性があるという。
 
 
  太陽に「怪物級の黒点」出現、フレアが噴き出す映像はこちら=ビデオ (2012/5/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽の表面にある巨大な黒点群が地球側に出現し、3月の太陽嵐に続いて再び太陽活動の活発化が予想されている。米航空宇宙局(NASA)の研究所によると、巨大黒点群は「AR1476」と呼ばれ、直径9万6000キロを超す巨大さで「怪物級の黒点」だという。
 
 
  太陽半径を高精度に測定 日食のベイリービーズで (2012/5/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  21日の金環日食を観測した国立天文台などのチームが、太陽のリングがビーズの連なりのようになる「ベイリービーズ」という現象を利用して太陽の半径を高精度に測定した結果、69万6010キロであることが分かったと24日発表した。
 
 
  太陽活動20年で低下〜地球寒冷化の恐れも (2012/6/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽の活動がこの20年間に次第に低下していることを長期的な観測で突き止めたと、国立天文台と航空宇宙局(NASA)のチームが31日、発表した。このまま太陽の活動が弱まれば、過去に地球が寒冷化した時期と似た状況になるかもしれないという。
 
 
  今まで見たことのない太陽を 米NASA=映像 (2012/7/3)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)の太陽観測衛星「SDO」がとらえたイメージを加工。太陽の活動の様子が、これまでにない映像で観察できる
 
 
  太陽表面をはう糸状の低温ガス、NASAが映像公開 (2012/9/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は、太陽の表面に「フィラメント」と呼ばれる低温の糸状のガスが広がっていく様子をとらえた太陽観測衛星の映像を公開した。 全長約80万キロもある濃い赤色のフィラメントが、むちのような形で映っている。NASAによれば、フィラメントは不安定な磁場によって、低温の太陽物質が表面に現れる現象。
 
 
  米NASA、太陽観測衛星を打ち上げ 「彩層」のなぞ解明へ (2013/6/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)はこのほど太陽観測衛星「IRIS」の打ち上げに成功した。太陽表面に近い「彩層」と呼ばれるガスの層の様子を詳しく調べ、長年にわたるなぞの解明を目指す。… 彩層は太陽を取り囲む薄い層。太陽表面近くでは5500度の温度が彩層の外側のコロナでは200万度にも達するため、彩層の中で何が起きているのかが長年のなぞとされてきた。地球の気候に大きな影響を与える紫外線の大部分がここで発生することからも、科学者らの関心を集めている。…
 
 
  息をのむ美しさ、観測衛星が捉えた太陽=ビデオ (2015/2/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)の太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー」が打ち上げられてから5年。これまでに撮影された息をのむような画像の数々を紹介。
 
 
  太陽系に巨大な「第9番惑星」? 米研究チームが声明 (2016/1/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米の研究チームは20日、太陽系に巨大惑星を発見した可能性があると発表した/米大学の教授は「これは、本物の太陽系第9番惑星とみられる」と話している/天体は数理モデルなどを通じて発見されたもので直接の観測には至っていない。
 
 
  太陽系に第9の惑星発見か、質量は地球の10倍 (2016/1/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米カリフォルニア工科大学の研究者は21日までに、太陽系外縁部に9個目の惑星とみられる物体が存在している証拠を発見したと発表した。 この星は通称「プラネット・ナイン」。カリフォルニア工科大学によると、地球の10倍の質量を持ち、太陽から海王星より20倍遠く離れた軌道を1万〜2万年かけて周回しているという。 研究者が実際にこの惑星を観測したわけではないが、他の研究結果から第9の惑星が存在するとの結論を導き出した。…
 
 
  隕石中から太陽系最古の新鉱物が発見 原始太陽系への手がかりか (2017/4/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東北大学とカリフォルニア工科大学の共同研究グループは、隕石小片の中に含まれる太陽系最古の物質を分析する過程の中で、新種の天然鉱物を発見した。この鉱物は、著名な隕石学者アラン・E・ルービン博士の名にちなんでルービナイト(Rubinite)と命名された。この発見により、誕生直後の太陽系の様相について、新たな知見が導き出されることが期待される。…
 
 
水星:ニュース
「水星の太陽面通過」 水星は縮小している 水星が40億年で直径14キロ縮小、内部の冷却で=米研究
  水星 のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水星 のニュース - Google
 
 
  水星 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水星(すいせい、英:Mercury)は、太陽系にある惑星の1つで、太陽に最も近い公転軌道を周回している。岩石質の「地球型惑星」に分類され、太陽系惑星の中で大きさ、質量ともに最小のものである。 1 概要 / 2 軌道 / 3 惑星の物理的性質 / 4 座標系 / 5 人類の水星に対する認識 / 6 その他 / 7 水星を扱った作品 / 8 脚注 / 9 参考文献 / 10 関連項目 / 11 外部リンク
 
 
  水星は縮小している   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今年の1月に水星に最接近を果たしたNASAの水星観測衛星「メッセンジャー(Messenger )」を使った観測調査により水星の直径は惑星が形成して以降、1.5キロも縮小していることが4日、科学雑誌「サイエンス」で組まれた水星研究の特集号に掲載された複数の論文により明らかとなった。
 
 
  水星ってどんな惑星?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水星は太陽系(たいようけい)の惑星のなかで、一番太陽の近くにあります。水星には大気(たいき)がほとんどないので、表面の温度は昼間は450度にまで上がり、夜でも180度になります。
 
 
  太陽系第1惑星:水星   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水星は太陽に最も近い惑星で、地球の月(直径3476km)よりやや大きい程度の大きさ(直径4878km)です。クレーターに覆われた地表の様子も月とよく似ています。水星の英語名「Mercury(マーキュリー)」はラテン語の「Mercurialis」(古代ローマの神の使い)から由来しています。
 
 
  惑星を知ろう...[ 水 星 ]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水星は太陽を2周する間に3回自転する。従って、自転周期は、日の出から日の出まで(176日)の1/3となる。また、水星の軌道は冥王星に次いで細長い楕円形をしているため、太陽に一番近いときには約4600万km(近日点)、一番遠いときには7000万km(遠日点)を通過する。水星の軌道は地球の内側にあるため、月に似た位相(満ち欠け)が見られる。
 
 
  水星(Mercury)の不思議な写真   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  写真入手先 http://nssdc.gsfc.nasa.gov/imgcat/thumbnail_pages/mercury_thumbnails.html マリナー10号が撮影(1974年〜1975年) ピラミッドを高くしたような尖塔が見えます。いずれにしても巨大なものです。
 
 
  水星への挑戦 〜太陽系最内縁の未知の世界〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水星は、太陽系最内縁に位置する小さな地球型惑星 (半径[2,440 km]は、月と火星の中間)である。原始太陽系星雲の最も熱い領域で最後に生成された天体と考えられている。水星は紀元前から知られているが、科学の進歩にも重要な役割を果たしてきた。
 
 
  水星の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水星の画像 - Google
 
 
  水星の成り立ち、地球や月とは大きな違い 米科学誌発表 (2012/9/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水星の表面には大量のマグネシウムと硫黄が存在し、地球や火星など他の惑星とは大きく成り立ちが異なるとみられることが、米航空宇宙局(NASA)の無人探査機「メッセンジャー」から送られてきたデータの解析で判明した。米ワシントン・カーネギー研究所の研究者が学会誌にこのほど発表した。
 
 
  水星に大量の氷存在 NASA探査機が初確認 (2012/11/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽に最も近い惑星の水星で、日の当たらないクレーターの奥に大量の氷が存在していることを突き止めたと、米航空宇宙局(NASA)の研究チームが30日、米科学誌サイエンスに発表した。… NASAによると、水星の赤道付近の温度は日中400度以上になる一方、自転軸が傾いていないために北極や南極のクレーターには永久に日陰の部分があり、氷が存在できる。研究チームは、探査機の3種類の観測データから両極に存在する氷の量は計1000億〜1兆トンに上ると見積もった。(全文)
 
 
  水星に有機物と氷が存在、NASA探査機のデータで判明 (2012/11/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  29日 ロイター] 米航空宇宙局(NASA)は29日、水星の北極地域にあるクレーターに氷と凍結した有機物が存在することが分かったと発表した。 水星の軌道上を周回しているNASAの探査機「メッセンジャー」が収集したデータから判明したもので、永遠に太陽の光が当たらないクレーター内で氷と凍結した有機物が確認できたという。氷と有機物は、いずれも数百万年前に隕石などが水星に衝突した際に運ばれてきたものだと考えられている。…
 
 
  水星が40億年で直径14キロ縮小、内部の冷却で=米研究 (2014/3/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  16日 ロイター] -太陽系の惑星のうち最も内側にある水星の直径がこの40億年で推計よりも小さくなったとする研究報告が、英科学誌ネイチャー・ジオサイエンスに16日発表された。 水星の直径は約4880キロだが、米カーネギー研究所のポール・バーン氏らによる研究によると、惑星内部が冷却されたことにより、これまでに約14キロ縮小。これは従来の推計値の2倍以上だという。…
 
 
  水星に4千メートル級の山 NASAが初の地形図 (2016/5/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は6日、水星全体の標高データを記した地形図を初めて作製したと発表した。平均的な表面から約4480メートル突出した山や、約5380メートルも落ち込んだ盆地があり、起伏に富んでいる姿が明らかになった。担当者は「水星の地質学的な歴史を明らかにするのに使ってほしい」としている。 地形図は2011年から15年にかけ、水星を周回しながら無人探査機メッセンジャーが撮影した30万枚に上る画像やレーザー高度計のデータを基に作製した。…
 
 
  日欧で水星探査 「地球型惑星」誕生の謎に迫る (2017/7/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽系の惑星で太陽に最も近い水星を調べるために、日本と欧州が協力して探査機を打ち上げる計画が進んでいる。両者が手を組む初めての大型宇宙探査計画で、「ベピ・コロンボ」と名付けた。地球のような岩石でできた惑星がどのようにして生まれたかや、太陽系以外で見つかっている惑星が生命に適した環境なのかなどの研究につながると期待されている。… ◇大気や表面の様子探り、内部構造の手掛かりに
 
 
金星:ニュース
金星の画像 金星の画像地球と金星がほぼ同じ大きさだ 金星が太陽の表面を通過する「金星の日面通過」
  金星 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金星(きんせい、Venus)は太陽系の太陽から二番目に近い惑星である。地球型惑星であり、太陽系内で大きさと平均密度が最も地球に似た惑星であるため、「地球の姉妹惑星」と表現されることがある。また、太陽系の惑星の中で最も真円に近い公転軌道を持っている。
 
 
  金星 Vernus   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASAの惑星探査機、「パイオニア」により撮影された金星(紫外線画像)  金星は、私たち人類が暮らす地球に一番近い惑星です。 また、地球と同じくらいの大きさ(下図参照)であり、同時に、太陽系の中でも最も特徴的な人類から見ればとても恐ろしい環境をもった惑星でもあります。
 
 
  金星の見える空   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金星は自ら光っているわけではありませんが、地球から見るとどの恒星よりも明るく輝いています。 金星は地球よりも内側の軌道を公転している、となりの惑星です。いつごろどこに見えるのかを考えてみましょう。
 
 
  金星ってどんな惑星?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金星(きんせい)は「地球(ちきゅう)になれなかった星」「ふたご惑星(わくせい)」とよばれています。それは、地球とおなじくらいの大きさで、太陽からの距離(きょり)も似ていて、金星が地球のすぐ内側(うちがわ)をまわっているからです。しかし、金星と地球はまったくちがう惑星です。金星がどんな惑星なのか、見てみましょう。
 
 
  日本の金星探査計画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2009年までに金星に探査機を送る計画が、日本の宇宙科学研究所で進められている。総重量650kgの探査機を、M-V(エムゴ)ロケットにより、周期30時間の金星周回逆行長円軌道に投入するという。打ち上げは2007年2-4月、または2008年2-4月のいずれかで、どちらも2009年9月に金星に到着する予定である。探査機には赤外線や紫外線などで観測する5台のカメラが搭載される。この観測により、金星大気の循環機構などを解明するデータを収集する。    
 
 
  金星の不思議な構造物   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金星の不思議な構造物
 
 
  金星気象衛星プラネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  なぜ金星か ―金星を知り、地球を知る― 金星は、古くから明けの明星・宵の明星として親しまれてきました。金星とは気づいていなくても、多くの人が一番星として見ているはずです。太陽と月を除くと、金星は全天でもっとも明るい星ですが、この明るさは金星に差し込む太陽光の78%が厚い雲で跳ね返されることによります(ちなみに地球では、この割合は30%です)。
 
 
  惑星を知ろう...[ 金 星 ]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽から二番目の金星は、地球に最も近い惑星である。公転軌道は太陽系の惑星の中で最も真円に近い。自転が逆向き(時計回り)なので、太陽は西から昇って東に沈む。軌道が地球の内側にあり、太陽との最大離角が47度であるため、日の出3時間前の東の空と、日没3時間後の西の空でしかみることができない。「明けの明星」と「宵の明星」である。
 
 
  「金星の太陽面通過」情報とリンク集    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2004年6月8日14時11分から、金星が太陽面を横切る現象が日本全国から観測できるはずでしたが、全国的にお天気が悪かったようです。横浜ではなんとか観測に成功しました。(今回の画像記録) 日本では130年ぶり、世界的にも122年ぶりという珍しい現象です。いま、 世界に生きている人々が生まれて初めて観測することになる「金星の太陽面通過」。次回は8年後の2012年6月6日ですが、そのあとは2117年12月11日まで起こりません。
 
 
  宇宙を覗いてみよう! 金星 宵の明星   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この写真は、最大離角に達する17日前の2004年3月13日の撮影で、光度が約−4.3等級、約視直径が20.0”
 
 
  金星の画像 - google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  金星の画像 - google
 
 
  「ひので」がとらえた大迫力の金星日面通過 (2012/6/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  6月6日午前に起きた金星の太陽面通過を太陽観測衛星「ひので」がとらえた迫力ある画像を国立天文台と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が公開した。
 
 
  金星の太陽面通過、世界から投稿された美しい写真 (2012/6/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天気が悪くて見られなかったという人、ネットに投稿されたすてきな写真をどうぞ。
 
 
  金星、生命の存在可能な惑星だった? 30億年前に「海」も (2016/8/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球の90倍もの厚さがある有毒な大気に包まれ、表面温度は鉛も溶かすほどの高温になる金星。だが30億年ほど前までは海があって気候も温暖だった――。米航空宇宙局(NASA)の研究チームがそんな説を発表した。 金星は地球とほぼ同じ大きさで、「地球の双子」と呼ばれることもある。NASAゴダード宇宙研究所の研究チームは、地球の気候変動予測に使われるコンピューターモデリングを応用し、太古の金星の状況を推測した。 その結果…
 
 
  金星の弓模様解明=探査機あかつき観測−JAXA (2017/1/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇宙航空研究開発機構(JAXA)と立教大などの研究グループは17日、探査機「あかつき」が金星で撮影した南北1万キロに及ぶ弓形の模様について研究結果を発表した。地形の影響で発生した大気の乱れが上空に伝わり、巨大な模様を形成した可能性が高いという。論文は同日付の英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス電子版に掲載された。 あかつきは2015年12月、金星の周回軌道投入に成功した直後、赤外線カメラなどで撮影。温度差を可視化できる赤外線画像には、金星を覆う硫酸の雲の頂部(高度約65キロ)に南北約1万キロに達する弓状の模様が現れていた。…
 
 
地球:ニュース
地球の写真 Googleのイメージ検索「地球」 地球の地平線の画像上でライジングサン 
  地球の不思議   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1. なぜ地軸は傾いているのか : 太陽系の惑星は、それぞれ自らの回転軸の回りに回転しています。この自転軸と公転面とのなす角を黄道傾斜角といいます。地球の場合は、23.5゜です。惑星の自転は、公転とは関係ないと言われていますが、地球以外の惑星の黄道傾斜角をみてみますと、次の表のようになります。
 
 
  地球 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球(ちきゅう)は、太陽系の惑星のうち、太陽に3番目に近いものである。太陽系の中では岩石質の「地球型惑星」に分類され、その中で大きさ、質量ともに最大のものである。放射性元素による隕石の年代測定により、誕生してから約46億年経過していると推定される。太陽系の年齢もまた隕石の年代測定に依拠するので、地球は太陽系の誕生とほぼ同時に形成されたとしてよい。  1 概説 / 2 地球の運動 / 3 物理的性質 / 4 構造 / 5 生命 / 6 衛星 / 7 地理 / 8 地熱 / 9 地球の歴史 / 10 地球像の変遷 / 11 脚注 / 12 参考文献 / 13 関連項目 / 14 外部リンク
 
 
  BS朝日 素敵な宇宙船地球号   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私たちが暮らしている地球が、大宇宙に漂っているひとつの宇宙船だとしたら、動物も植物も、土や大気や石さえも、同じ宇宙船に乗り合わせた乗組員なのかもしれません。一乗組員に過ぎない私たちは、これまで他の仲間たちをないがしろにし、自分たちの幸福だけを追求しすぎたようです。その結果が現在の地球環境です。未来の“宇宙船地球号”乗組員のために、今私たちができることは?その答えを探り、喜びと感動を分かち合いたい… それが『素敵な宇宙船地球号』という番組のメッセージです。
 
 
  地球ってどんな惑星?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私たちが住んでいる地球は、太陽系の惑星の中で唯一(ゆいいつ)生命が存在する惑星です。太陽に近ければ金星のように暑い惑星になりますし、遠ければ、火星のように寒くなります。小さければ重力が弱くて水はなくなっていたでしょう。地球という惑星が存在しているのは、きせきと言ってもおかしくありません。このかけがえのない地球を守っていくためにも、地球について知っておきましょう。
 
 
  水の不思議  奇跡の星・地球     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ところで、地球の両隣にある火星や金星に海はない。2つの星では
 
 
  地球ガイド - バーチャル科学館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私たちはこの星について何を知っているのだろう? さぁ、スタートボタンを押してください。必要なのは、ちょっとした好奇心だけ。惑星科学、地理学などの基本データを表現した“動くダイヤグラム” が、あなたの地球観を大きく変えるかもしれません。
 
 
  神奈川県立生命の星・地球博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  展示テーマ「生命の星・地球」の誕生から現在までの46億年にわたる地球の歴史とその神秘性を、時間の流れを追ってわかりやすく展示しています。巨大な恐竜や隕石から豆粒ほどの昆虫まで1万点にのぼる実物標本をお楽しみください。記念撮影は自由です。
 
 
  地球の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球の画像 - Google
 
 
  宇宙から見た青い地球 「エンデバー」最後の旅の写真 (2011/6/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青く輝く地球、漆黒の宇宙に浮かぶシャトルと宇宙ステーション、大気の層のライン、星いっぱいの空――スペースシャトル「エンデバー」の最後の旅の写真が公開されている。
 
 
  「原始の熱」:地熱の半分は地球誕生の名残 (2011/7/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球の内部で生じている地熱の半分は、地球が形成されたころの約40億年前に発せられた「原始の熱」の名残であることを、東北大を中心とする国際研究チームが、素粒子ニュートリノの観測を通じて突き止めた。残り半分は、地中の放射性物質が自然に崩壊する際に出す熱とみている。観測で確認したのは初めて。地球の形成や進化の過程を解明するのに役立つ成果。17日付の英科学誌ネイチャージオサイエンス電子版に発表した。
 
 
  宇宙から見た地球 スライドショー (2011/9/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Earth from space  (REUTERS)
 
 
  地球の水は彗星からか 成分が一致とNASA (2011/10/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は5日、太陽を約6年半周期で回るハートレー第2彗星(すいせい)に地球の海とよく似た成分の水があることを、欧州宇宙機関(ESA)のハーシェル宇宙望遠鏡やNASAの観測施設を使って科学者が突き止めたと発表した。
 
 
  地球の酸素、23億年前に 爆発的な光合成で供給 (2011/10/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球の生命進化の原動力となった大気中の酸素は、約23億年前に氷河期が終わって温暖化が進み、爆発的に起きた光合成によって供給されたとの研究結果を、東京大などのチームが11日付の英科学誌に発表した。 地層に含まれる特殊な元素の分析で判明。気候変動が引き金となって降雨で陸から海に栄養分が流れ込み、光合成生物が大繁殖して酸素が増加したらしい。
 
 
  国際宇宙ステーションから見た地球 (2011/11/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国際宇宙ステーション(ISS)から見た地球の姿。ISSから撮影した地球の画像600枚以上をつなぎ合わせて作成された
 
 
  宇宙に浮かぶ1隻の船――宇宙飛行士がとらえた地球の光景 (2012/4/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  60億を超える人々が暮らす惑星、地球。欧州宇宙機関(ESA)の宇宙飛行士パオロ・ネスポリさん(55)は、2010年から11年にかけて半年の国際宇宙ステーション(ISS)滞在中、その姿を2万6000枚あまりの写真に収め、短文投稿サイトのツイッターに掲載してきた。その一部を紹介する
 
 
  「Landsat」衛星がとらえた地球--打ち上げ40年で選ばれた画像トップ5 (2012/8/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米国時間1972年7月23日に打ち上げられた米航空宇宙局(NASA)の地球観測衛星「Landsat」は、40年間にわたってわれわれを見下ろし、地球の変遷を幅広く視覚的にとらえて集めてきた。地球上の天然資源の変化を記録したデータは、山林管理、農業、地質学から教育や国防まで、あらゆることに利用されてきた。
 
 
  宇宙から見た「夜の地球」、NASAが画像を公開 (2012/12/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アポロ17号の乗組員が宇宙空間に浮かぶ青い地球の写真を撮影してから約40年が経ったが、今度は米航空宇宙局(NASA)が、夜の地球の姿を鮮明に映した衛星画像を公開した。 画像は、NASAと米海洋大気局(NOAA)が昨年打ち上げた「スオミNPP衛星」に搭載された特殊な赤外線画像装置を使って撮影。この装置は海上の1隻の船の明かりまで認識することが可能で、宇宙から見た「夜の地球」をこれまでないほどの高解像度で画像化することができる。…
 
 
  息をのむ美しさ、夜の青い地球の姿=ビデオ (2012/12/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)が、夜の地球の姿を鮮明に映した衛星画像を公開
 
 
  宇宙から撮影した地球 スライドショー (2013/3/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇宙から撮影した地球 REUTERS
 
 
  地球の姿、過去数十年間で劇的に変化=ビデオ (2013/5/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  グーグル、NASA、TIMEが共同で過去数十年間の地球の変化を撮影した画像を公開した。各地に劇的な変化が見られる
 
 
  宇宙から見た地球と月:土星探査機カッシーニと水星探査機メッセンジャーがとらえた! (2013/7/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASAが撮影の予定を発表するや「笑顔で手を振って!」と、様々な海外メディアを賑わせていたが、その時の画像がリリースされたのでお伝えしよう。
 
 
  金の起源は「中性子星の衝突」 米研究チーム (2013/7/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球上に存在する金は、はるか昔の宇宙で起きた天体の衝突から生まれた――。大量のガンマ線を放出する「ガンマ線バースト」と呼ばれる現象の発生源を科学者が探る中で、そんな研究結果がこのほど報告された。 ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのエド・バーガー氏らのチームは先月、ガンマ線バーストを観測。 … 研究チームは残光を、一生を終えた星の残がいである「中性子星」同士の衝突で放出された物質が、放射性崩壊を起こす際に発した赤外線とみる。バーガー氏は、残光の観測が「ガンマ線バーストと中性子星の衝突を結びつける証拠になる」と主張する。…
 
 
  宇宙から撮影した幻想的な地球=ビデオ (2013/9/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国際宇宙ステーション(ISS)から撮影された地球の様子を米航空宇宙局(NASA)が幻想的な映像に仕上げた。
 
 
  宇宙飛行士が見下ろす地球=ビデオ (2013/12/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国際宇宙ステーション(ISS)から撮影された写真をもとに作られた美しい地球の動画。
 
 
  火星の夜空に浮かぶ地球、探査機が初撮影 (2014/2/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は6日、火星探査機「キュリオシティ」が火星から撮影した地球の写真を公開した。火星の夜空に浮かぶ小さな光点として、地球が写っている。 短文投稿サイト「ツイッター」上の公式アカウントによれば、キュリオシティが火星の地表から地球を撮影したのは初めてだという。 写真は1月31日、火星の日没から約80分後に、キュリオシティの「左眼カメラ」で撮影された。地球のほかに、月の光点も映っているという。画像は宇宙線の効果を取り除くための加工が施されている。 撮影時の地球からの距離は約1億6000万キロ。NASAによると、もし人が火星の地表に降り立ったとすれば、地球と月は夜空の明るい星として、肉眼でもはっきり見えるはずだという。…
 
 
  宇宙から見た地球の姿 スライドショー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇宙から見た地球の姿 REUTERS
 
 
  2年前に地球をかすめた太陽風、直撃なら200兆円の被害も (2014/7/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2年前に観測された史上最大級の太陽風がもしあと1週間早く発生していれば、地球が直撃されて全地球測位システム(GPS)やインターネットなどのシステムが大打撃を被っていた可能性があるという研究結果を、米コロラド大学大気宇宙物理学研究所の研究者が学術誌に発表した。 2012年7月23日に観測された太陽風では、コロナ質量放出という現象によって太陽表面から放出されたプラズマが、地球の軌道上を横切った。 太陽活動によって地球が脅かされたのは今回が初めてではないという。米航空宇宙局(NASA)によれば、1859年に発生した巨大な太陽風では、キューバなどでもオーロラが観測され、電信線から火花が散ったり多数の建物から出火したりする被害が出た。…
 
 
  米宇宙飛行士が見た地球=ビデオ (2014/8/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米宇宙飛行士リード・ワイズマン氏が撮影した美しい地球の風景などを1分で。
 
 
  宇宙から見た地球の姿  スライドショー (2014/8/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇宙から見た地球の姿  REUTERS
 
 
  上空から見た地球の素顔  スライドショー (2015/3/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いつもと違う視点から地形を見ることで、地球の新たな一面を知ることができる。
 
 
  宇宙から見た地球の素顔 スライドショー (2015/6/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国際宇宙ステーションから撮影した地球の写真を集めた。  RETURS
 
 
  160万キロ彼方からとらえた青い地球、NASAが画像公開 (2015/7/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)はこのほど、宇宙観測衛星が100万マイル(約160万9000キロ)離れた距離から撮影した地球の画像を公開した。 地球の太陽光に照らされた側面全体を100万マイルの距離からとらえたのは初めて。中央の青緑色に見える部分はカリブ海だ。 この画像はNASAが使用するEPICと呼ばれるカメラ、400万画素のCCDカメラ、および望遠鏡で撮影した3枚の写真を合成したもの。…
 
 
  月の「裏側」と輝く地球、NASAが画像公開=ビデオ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は、地球の前を月が横切る様子をとらえた観測衛星の画像を公開した。地球からは見えない月の「裏側」が、太陽に照らされて鮮明に映っている。 画像は宇宙気候観測衛星「DSCOVR」が撮影した。地球は月に比べてはるかに明るく見えていて、NASAの研究者は「月に比べると、私たちの惑星は暗黒の宇宙に明るく輝く物体だ」とコメントしている。 DSCOVRは主に太陽嵐を観測する目的で、NASAと米海洋大気局(NOAA)、米空軍が共同で打ち上げた。NASAのカメラや望遠鏡を搭載し、約160万キロ離れて地球と太陽の間を周回している。…
 
 
  地球温暖化で地球の自転が遅く、「相関関係」を解明 米研究 (2015/12/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球温暖化で氷河が解けて海面が上昇する現象と、地球の自転が遅くなる現象との相関関係を指摘した論文を、米ハーバード大学の研究チームが発表した。 研究チームを率いる同大のジェリー・ミトロビカ教授によれば、氷河から解けた水が北極や南極から離れると、アイススケートの選手が両腕を伸ばしたような状態になって、地球の自転が遅くなる。 自転速度が低下するペースは1日当たり1ミリ秒(1000分の1秒)。世界の海面は20世紀の間に推定1ミリ〜1.5ミリ上昇したとされ、その影響と、自転速度低下のペースがちょうど一致することが分かったという。…
 
 
  NASAが公開した「月から見た地球」の美しい写真 (2016/1/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASAが月から見た地球の写真を公開した/アメリカの月周回無人衛星が10月12日に撮影したもの/渦を巻く雲の下にはアフリカ大陸と南米大陸が見える。
 
 
  地球を上空からみた美しい光景=画像集 (2016/2/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自宅から半径80km以内をパラモーターで飛びまわり、空から写真を撮影している男がいる。 一切加工が施されていない、ポーランドのありのままの姿をとらえた写真は、人間が周囲の世界をいかに変え、破壊しているかを見る者に気づかせる。…
 
 
  地球が描いた「A〜Z」をNASAが衛星写真で公開 (2016/2/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  きっかけは、ある調査で確認した衛星写真。Adam Voilandさんは、カナダで観測された火山灰の影による「Vの字」を見て、NASAの写真を使ってアルファベットを26文字集められないか?と考えたそう。 もちろん探すのに苦労した文字もありましたが、自然の「A~Z写真」は見事に完結!圧巻です。…
 
 
月:ニュース
月 Google Earth で 月を探索 月面上空を飛ぶ五角錐型UFO(飛鳥昭雄氏提供)
  月 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  月(つき、英: Moon、羅: Luna ルーナ)は、地球の唯一の衛星(地球を回る天体)である。太陽系の衛星中で5番目に大きい。地球から見て太陽に次いで明るい。… 太陽系の中で地球に最も近い自然の天体であり、人類が到達したことのある唯一の地球外天体でもある( 「アポロ計画」 を参照)。 1 概要 / 2 背景 / 3 月飛行方式の選択 / 4 宇宙船 / 5 ロケット / 6 ミッション / 7 月面から持ち帰ったサンプル / 8 コストおよびキャンセルされた計画 / 9 科学的・工学的遺産 / 10 文化的遺産 / 11 脚注 / 12 参考文献 / 13 関連項目 / 14 外部リンク
 
 
  ★Moon&Planet   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  天体写真は天候、大気などの影響により思いどうりに良像を得ることはできませんが比較的好条件に恵まれた時の作品です
 
 
  月の不思議画像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  難解:月面のSマーク/月面の構造物集合体/月面のロケット風構造物/月面の消された日本風家屋?/月面の気になる構造物パート3/月面の三角形UFO?…  お勧め画像:月の人工物(パイプライン)/月のパイプライン&工場?/月の人工物(月面を動く物)/月面のストーンサークル/月面の超不思議物体、人工物体?植物?/NASAの画像疑惑 緑の月面… TOP
 
 
  〜ありえない天体「月」〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昔から、時に慕われ、時に恐れられてきた月・・・。アポロなどの登場で、全ては白日の下にさらされたかのように見える。しかし、依然謎は残されたままなのだ。月の起源には謎がある。 今までに、大まかに分けて以下の3つの説が挙げられている。
 
 
  星空コラム - 月の不思議   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  窓から星空を見てほっと一息リラックス。こんなストレス社会だからこそ見直したいずっと変わらず輝き続ける夜空の星々。星空のちょっとした話題を綴った星空コラムです。
 
 
  月 〜満ち欠けの不思議〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  毎晩、同じ時刻に空を見上げると、違う場所に違う形をした月を見つけることができます。 細長い三日月に半月、そして、まん丸お月様――  時の移ろいと共に、日々姿を変える月影は、その変化が人の目から見ても顕著なゆえに、古くから人々の生活に深く関わって来ました。
 
 
  月は誰が創ったか? [単行本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  毎夜天空に姿を現す見慣れた「月」ですが、「月は決して裏側を見せない」「月と太陽の見かけの大きさがほとんど同じ」など、昔から不思議な特性を持った衛星でした。 しかし、アポロ計画などによる調査や、最新の天体観測の成果を照らし合わせると、「とても天然の衛星とは考えられない」との結論に、どうしても辿り着いてしまう、その経過がとてもスリリングな一冊です。
 
 
  月はUFOの発進基地だった! - なわ・ふみひとのコメント    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界は有意味である。私も宇宙も偶然の産物ではありえない。すべての存在がそれぞれにその役割を担っているある神的なプランがある。そのプランは生命の進化である。生命は目的をもって進化しつつある。個別生命は全体の部分である。個別的生命が部分をなしている全体がある。すべては一体である。一体である全体は、完璧であり、秩序づけられており、調和しており、愛に満ちている。この全体の中で、人間は神と一体だ。自分は神と一体だ。自分は神の目論見に参与している。宇宙は創造的進化の過程にある。この一瞬一瞬が宇宙の新しい創造なのだ。進化は創造の継続である。神の思惟が、そのプロセスを動かしていく。人間の意識はその神の思惟の一部としてある。その意味において、人間の一瞬一瞬の動きが、宇宙を創造しつつあるといえる。
 
 
  YouTube - 「かぐや」HDTVによるアリストテレス [HD]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 「かぐや」HDTVによるアリストテレス [HD]
 
 
  月 の画像 = Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  月 の画像 = Google
 
 
  ハイビジョン月面画像をネット公開しなかったNHK (2007/11/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  9月14日に打ち上げられた日本の月探査機「かぐや」は、月周回軌道上で、順調に科学観測の準備を進めている。日本放送協会(NHK)が搭載したハイビジョンカメラは、早速月面の撮影を開始し、11月7日には最初の月面画像が、次いで11月16日には、月の際から昇る地球と、月の際に沈む地球のハイビジョン映像が公開された。
 
 
  人類初の月軌道周回--「アポロ8号」を振り返る (2009/1/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   Apollo宇宙計画は人類が初めて月面に到達したことで長年有名だが、その計画の進行中には、計画が成功する保証はなかった。実際1968年には、Kennedy米大統領が大胆に宣言したその目標の達成期限である1960年代の終わりが近づいていた。1968年12月、最終的に月に着陸することになる月着陸船の制作が続けられる中、地球の軌道外へ人類を初めて送り、月を周回させる中間ミッションのために、Apollo 8号が打ち上げられた。
 
 
  人類をもう一度月へ--NASAの新たな希望と課題 (2009/7/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人類が初めて月に降り立ってから40年たった今、米航空宇宙局(NASA)は、地球に最も近いこの天体に再び到達しようとしている。
 
 
  「スーパームーン」1993年以来最大の満月を観測 (2011/3/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  先週、1993年以来最大かつ最も明るい満月が世界各地で観測された。これは月が地球に最接近したためだ。この現象を次回に見られるのは2029年。フォトスライドでは、世界各地で撮影された「スーパームーン」を紹介する。
 
 
  アポロ着地点や飛行士足跡、NASAが月面写真公開 (2011/9/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は6日、月を周回する探査機「ルナー・リコネッサンス・オービター」(LRO)が撮影したアポロ12号などの着地点を示す鮮明な画像を公開した。
 
 
  NASA、月探査2機搭載のロケット打ち上げ成功 (2011/9/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は10日、月探査機2機を載せたロケット「デルタII」を、フロリダ州ケープカナベラル空軍基地から打ち上げた。 月探査機「グレイルA」と「グレイルB」は分離して別々に月周回軌道に入る。2機間の距離を利用して月面の構造などを計測し、月の内部や誕生以来の歴史を探る。
 
 
  NASAの月探査機が周回軌道に到着、地下構造の解明に期待 (2012/1/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  [ケープカナベラル(米フロリダ州) 1日 ロイター] 米航空宇宙局(NASA)の月探査機グレイルが1日までに、月周回軌道に到着した。NASAがツイッター上で明らかにした。 昨年9月に打ち上げられた2機の探査機からなるグレイルは、今年3月から月の引力と斥力を調査する予定。
 
 
  NASA、月探査計画グレイルの初映像を公開 (2012/2/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は1日、新たに月に送り込んだ探査機から初めて送られてきた月の裏側の映像を公開した。 NASAの探査機「エブ」と「フロー」は12月31日から1月1日にかけて月の軌道に到達。エブは月の上空を北極点から南極点へと通過し、「東の海」と呼ばれる900キロの盆地などの映像をとらえた。
 
 
  スライドショー: スーパー・ムーン (2012/5/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スライドショー: スーパー・ムーン  REUTERS
 
 
  月が地球に最接近! 「スーパームーン」が世界中を魅了 (2011/5/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  月が地球に最も接近する時と満月が重なる「スーパームーン」が、5日から6日にかけて世界各地で観測された。地球との距離が最も近くなったのは、米東部時間の5日午後11時半すぎ(日本時間6日午後0時半すぎ)。米航空宇宙局(NASA)によると、この夜の月は通常の満月に比べ、大きさが14%、明るさが30%増して見えた。
 
 
  NASAの月着陸船「モーフィアス」、実験中に墜落して爆発・炎上=写真 (2012/8/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)が開発していた無人月着陸船「モーフィアス」が9日、フロリダ州のケネディ宇宙センターでエンジン実験中に墜落し、爆発・炎上した。NASAが明らかにした。負傷者は出ていない。
 
 
  米民間企業が「安価な」月旅行を計画、1回1200億円 (2012/12/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)の元フライトディレクターらが立ち上げたコロラド州の新興企業ゴールデン・スパイクが、1回当たり15億ドル(約1240億円)での月への飛行計画を進めている。政府主導の月探査計画に比べ、費用は格段に安いという。…
 
 
  アームストロング船長死去、アポロ11号で人類初の月面着陸 (2012/8/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人類初の月面着陸に成功した米宇宙船アポロ11号の元船長、ニール・アームストロング氏が死去した。82歳だった。同氏の家族が25日、明らかにした。 同氏が船長を務めていたアポロ11号は1969年7月20日、月面着陸に成功。同氏は人類で初めて月に降り立ち、「1人の人間にとっては小さな1歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」との言葉を残した。
 
 
  月探査機「グレイル」、ミッション終え月面で衝突破壊へ (2012/12/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  13日 ロイター] 米航空宇宙局(NASA)は13日、約1年にわたって月の地下構造などを調べていた2機の探査機を、来週にも月面に衝突させ破壊すると発表した。 NASAによると、2機の探査機「グレイル」は17日、時速6000キロ以上の速度で月の北極付近に衝突する予定。地球からはその様子を観察することはできないという。グレイルの燃料はほとんどなくなっており、現在は月面から約11キロ上空を飛んでいる。…
 
 
  30年代、月に研究施設 ロシア構想、資材は現地調達 (2013/1/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロシア宇宙庁幹部のユーリー・マカロフ氏は28日、同国ラジオとのインタビューで、2030年以降、月に居住可能な科学研究施設を設置する構想を明らかにした。建設資材には月面の土など現地調達できる物を使うという。 マカロフ氏は、天体に施設を建設するなら「月が最も興味深い対象」と指摘。月には人間の生活に不可欠な水が存在する可能性がある上、ロケットの燃料や建設資材など「必要な物が全てある」としている。…
 
 
  月の裏には何があるの?NASAが撮影した月の裏映像 (動画)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  月は自転と公転が同期し常に地球に同じ側を向けているため表と裏の区別がある。我々が見ることができるのは月は表側だけで、裏の大部分は地球からまったく見ることができない …実際にどうなっているのか?NASAが観測した映像が公開されていたので見てみることにしよう。
 
 
  月面に流星が衝突、過去の10倍の「閃光」 米NASA=ビデオ (2013/5/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は19日までに、月面に流星が衝突し、地上から肉眼で見えるほどの強い閃光が観測されたと発表した。 NASAの研究者によると、閃光(せんこう)が走ったのはわずか1秒間ほどだが、「これまでに記録された例の10倍近い」明るさに達した。NASAは8年前から、月面に衝突する流星を監視している。毎年数百件の衝突が観測されるという。 NASAの推定によれば、今回の閃光が観測されたのは3月17日で、流星は重さ約40キロ、直径1メートル以内。時速約9万キロで月面に衝突し、TNT火薬5トン分の規模の爆発が起きた。閃光は4等星に相当する明るさだったという。…
 
 
  月面でTNT5トン分の「爆発」=ビデオ (2013/5/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は月面に流星が衝突し、地上から肉眼で見えるほどの強い閃光が観測されたと発表した。TNT火薬5トン分の規模の爆発が起きたという。
 
 
  きょう「スーパームーン」 地球に最も近い満月 (2013/6/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  月が地球に最も接近する時と満月が重なる「スーパームーン」という現象が、米東部時間23日午前7時32分(日本時間同日午後8時32分)に起きる。 米航空宇宙局(NASA)によると、スーパームーンは通常の満月に比べ、大きさが14%、明るさが30%増して見える。ほぼ年に一度のペースで観測され、次回は来年8月となる計算だ。…
 
 
  NASA、月探査機打ち上げ 大気とちり観測へ (2013/9/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は米東部時間6日深夜(日本時間7日午後)、月の無人探査機「LADEE」を打ち上げた。月の軌道を周回して大気やちりの状態を観測する。 月には10月6日に到達する見通し。NASAによると、月の表面近くの大気の性質などを詳しく調べることで長年のなぞを解くとともに、他の惑星への理解を深めることもできる。 地球と月の距離は最長約41万キロ、最短約36万キロの間で変化している。(全文)         
 
 
  中国、無人月探査機「嫦娥3号」の打ち上げ成功=ビデオ (2013/12/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国は2日未明、同国初の無人月探査機「嫦娥(じょうが)3号」を打ち上げた。月面着陸を成功させれば、米国、旧ソ連に続いて世界で3番目となる。 国営新華社通信によると、嫦娥3号を搭載したロケット「長征3B」は現地時間の2日午前1時半、同国南西部四川省の発射場から打ち上げられた。12月半ばに月に到達する見通し。…
 
 
  中国の探査機が月面着陸に成功、米国・旧ソ連に次いで3カ国目 (2013/12/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国国営新華社は、同国の無人月探査機「嫦娥3号」が14日、月面への軟着陸に成功したと報じた。探査機の月への軟着陸は米国、旧ソ連に続いて3カ国目で、1976年の旧ソ連以来。 嫦娥3号に搭載された探査車「玉兎号」が地質調査を行う。新華社によると、嫦娥3号は月面の「虹の海」と呼ばれる平地に軟着陸した。 15日には、嫦娥3号と玉兎号が互いに写真を撮り合うという。(全文)
 
 
  月が地球に接近、「スーパームーン」の観測迫る=写真特集 (2014/7/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  月が地球に接近する時と満月が重なる現象「スーパームーン」が、今年の夏は7月12日と8月10日、9月9日(いずれも米国時間)の3回見られる。米航空宇宙局(NASA)が明らかにした。 米海軍天文台のジェフ・チェスター氏は、定期的に起こる現象でそれほど珍しいものではないと言及。昨年も3カ月連続で見られ、注目を集めた6月のスーパームーンでは、通常の満月に比べ大きさが14%、明るさが30%増して見えたという。…
 
 
  時代を超えた美、月面図の歴史をたどる=写真特集 (2014/8/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人類は太古の昔から、空に輝く月の姿を描き続けてきた。だが月表面の様子を地図に描くようになったのは、望遠鏡が開発された400年ほど前のことだ。 歴史に残る美しい月面図とそれを描いた人びとを紹介する。 (NASAの月探査機グレイルの観測データに基づく月面の重力分布図、2012年=NASA/JPL-CALTECH/CSM提供)(全文)               
 
 
  目指せ月面一番乗り、18組が競争中 賞金は20億円 (2014/8/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  民間企業による月面探査の一番乗りを競う米グーグルのレース「ルナ・エックス・プライズ」は、来年12月末に期限を迎える。世界で日本を含む18の参加チームが探査機の試作などに取り組んでいる。 レースは7年前にスタートした。探査機を月に到達させたうえで、月面を500メートル以上走らせ、高解像度の映像を地球に送信させることなどが条件。政府からの助成は資金の10%以下に抑えなければならない。一番乗りのチームには、賞金2000万ドル(約20億円)が贈られる。…
 
 
  世界各地で幻想的天体ショー スライドショー (2014/10/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界各地で幻想的天体ショー REUTERS
 
 
  10月は「ブラックムーン」…「珍しい天文現象」とは?(2016/10/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新月がひと月に2度ある「ブラックムーン」という現象が10月に起きる/10月1日と31日に起こる予定で、次回は2019年とみられている/ブルームーンと違い、見上げても見えない真っ暗な月だという。
 
 
  月の地下に長さ50キロの空洞 探査機「かぐや」で判明 (2017/10/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  月の地下に、長さ約50キロに及ぶ長大な空洞があることが、日本の月探査機「かぐや」の観測データから判明した。過去の火山活動で生じたとみられる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が18日、発表した。 空洞があるのは、月の表側にある「マリウス丘」と呼ばれる領域。2009年に観測を終えたかぐやが撮影した画像に、直径と深さがそれぞれ50メートルの縦穴が写っていた。 電波を使って得た周辺の地下構造のデータを、16年から詳しく調べたところ、この縦穴から西に向かって、幅100メートルほどの空洞が約50キロにわたって続いていることがわかった。内部は崩壊しておらず、地中の岩石などに氷や水が存在する可能性もあるという。… ◇/月面レース挑戦、わかりやすく解説
 
 
  月に驚きの建造物?黒い直方体の物体が月面に置いてあった (2018/2/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  目の錯覚と呼ぶにはあまりにも存在感がある。色は黒、形はきれいな直方体で自然にできたとは考えにくい。  どう見ても人工物にしか見えない物体が月面上で発見された。 月の面積との比率を考えるとかなり巨大なものだ。 これは中国で「月の写真」として公開されている画像に含まれていたものだ。おそらくは中国の月探査機、嫦娥3号が撮影したものではないかと思われる。… 地球に一番近く、密接な関係にある月。火星に行くより簡単に行けるはずなのに約半世紀もアンタッチャブルなのはなぜなのか?…
 
 
火星:ニュース
火星 火星の『自然』な景色考察ビデオと超拡大一部画像 写真2−2 上の写真をカラーにしてコントラストをつけたもの。
  火星 のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星 のニュース - Google
 
 
  火星画像のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星画像のニュース - Google
 
 
  火星 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星(かせい、ラテン語: Mars マールス、英語: マーズ、ギリシア語: Άρης アーレス)は、太陽系の太陽に近い方から4番目の惑星である。地球型惑星に分類され、地球の外側の軌道を公転している。 1 物理的性質 / 2 火星の衛星 / 3 火星探査 / 4 火星の観測 / 5 火星起源の隕石 / 6 氷の湖 / 7 火星の生命 / 8 人類と火星 / 9 火星を扱った作品 / 10 脚注 / 11 関連項目 / 12 参考文献 / 13 外部リンク
 
 
  火星の生命   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生命にかけらも存在しないと思われがちな火星であるが、実は、地球以外の太陽系惑星の中では、一番生命が存在する可能性が高いとされている星である。
 
 
  火星の衛星   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フォボス:火星の第一衛星(内側の軌道を回る衛星)で、長軸の直径は27kmと非常に小さい。1877年にA・ホール(1829〜1907)により、もう一つの衛星デイモス(ダイモスとも言う)とともに発見された。  デイモス:火星の第二衛星(外側の軌道を回る衛星)で、長軸直径は16kmとフォボスより更に小さい。火星からの平均距離は2万3500kmで、30時間で火星を一周する。
 
 
  火星の人面岩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界的にみて驚異的な科学力を持つNASA.それゆえにNASAが情報を隠蔽しているのではないかという話が後を尽きない。これからご紹介する火星の人面岩もその一つである.
 
 
  火星協会 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星協会(かせいきょうかい、英: Mars Society)は、火星の探査・植民を促進することを目的とした、国際的な宇宙探査・開発主張者のNPO。1998年の中頃にロバート・ズブリンらによって設立され、著名なSF作家や映画製作者(キム・スタンリー・ロビンソンやジェームズ・キャメロンを含む)の支持を受けた。協会は、火星探査が政府や人々にとって利益になると説得するとともに、民間による火星ミッションの可能性も検討している。  探査/地理/衛星/月面通過/小惑星/その他
 
 
  不思議な火星の写真   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私は火星にはかっては人間型生命体(ヒューマノイド)が生息していたが、遠い過去に宇宙規模の大異変に遭遇し高等生物が生存できない星になってしまったのではないかと思っている。 もしそうだとしたら、地表には高等生物が生存した痕跡が残されていてもおかしくない。…
 
 
  ☆火星の不思議画像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ☆火星の不思議画像
 
 
  火星の画像ギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Mars Orbiter Laser Altimeterを使った火星データで作成した画像ギャラリーです。 クリックすると拡大します。
 
 
  火星の砂丘、最新画像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASAの火星探査機マーズ・リコナイサンス・オービタから届いた火星の砂丘の最新画像(2010年1月6日公開)。着色処理が施されているが、火星の地表で凝固した二酸化炭素の氷が溶けると、北半球では砂丘が崩れてこのような模様が出現する。
 
 
  火星の衛星 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星の衛星では、火星が持っている2つの小さな衛星、フォボスとダイモスについて述べる。これらは小惑星が火星の重力に捕獲されたものだと考えられている。 2つの衛星は、いずれも1877年にアサフ・ホールによって発見され、ギリシア神話に登場する軍神アレースの息子、ポボス(「狼狽」の意)とデイモス(「恐怖」の意)にちなんで名づけられた。  1 発見と命名 / 2 特徴 / 3 表 / 4 フィクション
 
 
  火星 (戦いをもたらす者)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星 (ギリシャ語:アレス)は戦の神です。その赤い色からこの名がつけられたのでしょう; 火星は、ときに赤い星と呼ばれます。 (興味深い側面の覚え書き: ローマの神であるマルスは、 ギリシャの神であるアレスと関連づけて考えられるようになる以前には、 農業の神でした; 火星への植民し火星を地球のような惑星に改造することに賛成している人々には、 このような象徴性がいっそう好ましく思えるでしょう)。
 
 
  火星の人面岩 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星の人面岩(かせいのじんめんいわ)とは、火星表面にある人の顔を思わせる巨大な岩のこと。火星の人面像(かせいのじんめんぞう)とも呼ばれる。米国等では、Face on Mars、The Face、Cydonia Faceなどと呼ばれる。   バイキング1号の写真 : 1976年7月25日、NASAのバイキング1号が撮影した火星表面の写真の中に奇妙なものが発見された。 1 概要 / 2 脚注 / 3 関連項目 / 4 外部リンク
 
 
  火星画像データ(衛星写真)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星を周回する探査機によって火星表面の膨大な衛星写真が撮影されています。 1996年11月に打ち上げられた Mars Grobal Surveyer や Mars Odyssey によって撮影された衛星写真をカシミール3Dで使えるようにしてみました。
 
 
  火星大接近! 火星の衛星   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星には、「フォボス」と「ダイモス」という2つの衛星があります。 2つの衛星はとても小さくて暗いので、火星と同時に見たり撮影するのは極めて困難です・ これまでも衛星の写真は大変珍しく、ほとんど残されていません。
 
 
  火星の不思議画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星の不思議画像 - Google
 
 
  火星の衛星フォボスの最新画像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASAの火星探査機マーズ・リコナサンス・オービター(MRO)が、火星の衛星フォボスを約5800kmと6800kmの距離から撮影した。この画像の分析から、衛星の起源や進化の解明につながる情報が得られるかもしれないと期待されている。
 
 
  「火星の不思議画像を検証する」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星や月の画像を検証してみます。構造物や人工の物体・生命体に見えるものなど不思議がいっぱい!興味はつきません。画像はクリックすると拡大します。
 
 
  Category:火星の衛星 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このカテゴリに属する 6 個のページのうち 6 個を表示しています。
 
 
  火星に謎の基地を発見!?=映像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星上にシリンダー型の謎の基地を発見!?グーグルアース上で確認: ある男性が、Google Earthの機能で見ることが出来る「火星」への旅を楽しんでいたところ、偶然発見したという不可思議な建造物めいた物体。             
 
 
  衛星フォボスとその上空から見た火星   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星の衛星のフォボスは直径が約22km、随分と小さなな衛星だね。 でもこの衛星は火星の周りを火星の自転の13倍の速さで回っているんだ。そしてフォボスの軌道が静止軌道より内側にあるため、一億年以内に破壊されて火星の輪になるか、火星に激突してしまうと言われているんだよ。
 
 
  NASAの火星の不思議な写真=ビデオ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASAは生命の痕跡のある写真はすべて隠蔽してきたが、見逃して生命の痕跡のある写真をうっかり出してしまった。 それが公開されて騒ぎになった。
 
 
  「火星に封印された太陽系超文明の謎」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パスファインダーが送ってきた映像を見て、多くの人々は、NASAの技術力の素晴らしさにいまさらながら驚いたに違いない。 だが、この偉業の陰に不可解な事実が隠されている、と指摘する人物がいることを、みなさんはご存じだろうか。
 
 
  火星の古代都市遺跡と不可思議構築物   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このインカシティの名付け親の一人NASAのジム・カッツ博士によると「方形の台地が等間隔で並んでいる様子は、あまりにも正確かつ規則的で不気味なほどだ。自然に形成された地形には気まぐれな性質がつきものとはいえ、この構造物には幾何学的秩序がありすぎる」またジム・カッツ博士の同僚のハロルド・マサースキー博士も「この地形はあまりにも幾何学的に正確であり。知的生命体が介在した可能性を否定できない」と言う。
 
 
  《謎だらけ》宇宙の不思議な写真・画像集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宇宙にはまだまだ説明不可能な謎で溢れてるんじゃよ。 ◇火星や月面上の謎の建造や人工物?の映像。  土星の衛星タイタンに建造物!?  土星の輪を横切る未確認物体。  地球上や太陽面を横切る未確認飛行物体(UFO)。 月面上のUFO・・など画像多数。
 
 
  火星に生命体はいるのか - スライドショー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星に生命体はいるのか  REUTERS
 
 
  火星探査機 のぞみ  宇宙科学研究本部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「のぞみ(PLANET-B)」は日本初の火星探査機で、主な目的は火星の上層大気を太陽風との相互作用に重点をおいて研究することでした。・・・
 
 
  NASAが公開した写真に「火星人の骨」疑惑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  参考記事より-『米航空宇宙局(NASA)が公開した火星の写真に人の骨のようなものが写っているとして、火星人の存在を信じる人々の間で話題となっている。この右側やや下に犬の頭部のようなものが写っているとの指摘もある。』
 
 
  火星の不思議発見 (Detect of Mars mystery)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星や月の画像を検証してみます。NASAなどの画像を検証すると不思議なものがいっぱいです。建造物に見えるものや生物のようなもの。過去の文明のなごりなのか?とか疑問がいっぱい!! 画像はクリックすると拡大します。 一緒に考えたいですね。
 
 
  火星の土から水分検出、飲料用にも? NASA   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」が採取した土壌から、重さの約2%の水分が検出されたとして、研究チームがこのほど科学誌「サイエンス」に発表した。 研究チームはキュリオシティが火星着陸から100日間で収集したデータを解析した。 水については、火星で採取した土を835度に加熱し、放出された気体を調べた結果、酸素と塩素に加えて水蒸気が含まれていることが分かった。…
 
 
  火星探査マップ――バイキングからMAVENまで   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星という名の赤い星は昔から人々を魅了し、その探査のために数々の宇宙船が打ち上げられてきた。 1971年に火星に到達した初の人工物は、ソ連の探査機から切り離された着陸機だった。…
 
 
  隣の星にある異世界:火星の風景画像ギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)の多目的探査機『マーズ・リコネッサンス・オービター』は、これまでに火星表面の画像を約1万3000枚撮影している。これらの写真は、いくぶんかは地球に似ているが、しかし全く違う異世界である火星を見せてくれる。
 
 
  発見!火星に人?--火星探査車「Spirit」からの衝撃画像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ビッグフットやネッシーに続く発見かもしれない。火星探査車Spiritから送られてきた画像に興味深いモノが写っていた。下がその画像だ。まるで「人」のようではないか。この画像は、Spiritが米国時間2007年11月6日から9日にまで撮影したパノラマ写真の一部に含まれていた。
 
 
  火星に”古代都市”っぽいモノが〜! コレは一体なんだ!!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  まずは、NASAが撮影した火星の一部の映像をご覧ください。… どうでしょう!みなさん! 明らかにクレーター内部に何か建造物らしきモノたちがそびえ建っていることがわかると思います。…
 
 
  NASA、火星の衛星「フォボス」と「ダイモス」の最新画像を公開   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2006年11月から火星の観測を行っているMROが、CRISMと呼ばれる撮像分光装置を使って、衛星フォボスとダイモスを観測した。フォボスに鉄や水、炭素、鉱物類が存在しているかどうかを調べるため、すべての波長での観測が予定されている。公開された画像は、その観測の一部である。
 
 
  火星でまたもや不思議な構造物が!トンネルかガラス製のチューブ?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星の写真には様々な物が写っていますが、今回のこれは一体何でしょうか?ちょっと気持ち悪い感じもしますが。。。爬虫類の化石も含め、火星には不気味な物がたくさんありそうです。  砂漠地帯に出現したこの構造物はどうやら硬いものでできています。=映像
 
 
  火星には地球にあるような古代モニュメントが多数存在します。=動画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  以下の動画では、NASAの火星の写真にフォトショップで色と影を変化させ、元の画像がどうだったのか、はっきり見えるようにしています。NASAは実際の火星の表面を隠すために画像に赤い色を付けて真実を隠ぺいしています。今回の動画の投稿者はフォトショップの名人であり、色の修正により火星の表面がどのようになっているのかを見せてくれています。
 
 
  火星探索気分を楽しめる!NASA が13億ピクセルの高解像度画像を公開   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA) は、火星探査車「Curiosity(キュリオシティ)」が撮影した13億ピクセルの火星画像を公開。同機が初めて砂のサンプルを採取した「Rocknest(ロックネスト)」と呼ばれる砂地からの景色を公式 Web サイト上に掲載した。
 
 
  < 台湾で撮影された半透明の宇宙人が話題に 珍しい虹雲の側を通過するUFO >   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回、またもや不思議なものが見つかりました。一つ目の写真は、まるでお茶碗のような不可解なものが映りこんでいます。二つ目の写真は「探査機ローバーに忍び寄るクリーチャー」という題名で紹介されていたものです。
 
 
  火星に四角い謎の建造物があると聞いたんですが本当ですか? - Yahoo! 知恵袋     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  たとえば下の写真は昨年発見された「モノリス」とよばれる長方形の石のように見えますが、周囲の地形を見れば「迷子石」であるのはほぼ確実です。「迷子石」は氷河が運んできた堆積物で地球にも似たようなものがたくさんあります。火星に太古に氷河があった証拠ともいえます。
 
 
  NASA公認 火星の巨大UFO証拠写真 (大型本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  前作の「NASAも隠しきれない異星文明の巨大証拠群」の続編である。前作の写真の鮮明化と新しい情報を追加して、大型の写真集とした。写真集ということで、前作での詳細説明をかなり省略したので、少し説明が足りない点があるが、出来れば前作と合わせてご覧頂ければ幸いである。
 
 
  火星 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星 の画像 - Google
 
 
  火星 の動画 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星 の動画 - Google
 
 
  これだけある「火星の空は青い」証拠!海も存在するのか?! (2009/7/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASAによる色彩の情報操作によって火星の空は赤く塗り替えられているというネタを紹介したが、それを如実に示す証拠画像を複数発見したので紹介しよう。
 
 
  2030年代半ばまでに有人の火星軌道周回--オバマ大統領が新たな宇宙政策発表 (2010/4/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フロリダ州ケネディ宇宙センター発--Barack Obama米大統領は米国時間4月15日、自身の新しい宇宙政策を売り込むために、ケネディ宇宙センターへ飛んだ。この政策は、米航空宇宙局(NASA)が今後の深宇宙探査の選択肢を検討する一方で、「Constellation」月探査プログラムを中止し、有人ロケットの打ち上げを民間企業へシフトするという、NASAにとっては急激な方針転換を意味するものだ。
 
 
  「人々のカメラ」が捉えた火星--NASAの「HiWish」プログラム (2010/5/4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は米国時間3月31日、一般の人々が火星の被写体を選び、NASAの火星探査機「Mars Reconnaissance Orbiter」に搭載の「High Resolution Imaging Science Experiment(HiRISE)」カメラで撮影した写真をいくつか公開した。
 
 
  NASA、有人宇宙船「MPCV」計画を発表 火星を目指す (2011/5/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASAが次世代の有人宇宙船「MPCV」計画を正式発表。スペースシャトルは7月のフライトを最後に退役し、今後はMPCVで小惑星や火星の有人探査を目指す。
 
 
  火星表面に水の流れの痕跡を発見!= ビデオ (2011/8/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  かつて野生絶滅種に指定されたアラビアオリックスが、飼育下で繁殖させて野生に戻すプロジェクトによって中東5カ国で1000頭にまで回復し、絶滅危惧種の指定が1ランク引き下げられた
 
 
  NASAが大型ロケット計画発表、火星への有人飛行へ (2011/9/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  [ケープカナベラル(米フロリダ州) 14日 ロイター] 米航空宇宙局(NASA)は14日、次世代大型有人ロケットの開発計画を発表した。月や火星など、国際宇宙ステーション(ISS)より遠距離の宇宙空間に飛行士を送り込むことを目指している。
 
 
  火星想定旅行から6人が「帰還」、520日間の隔離生活が終了 (2011/11/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  [モスクワ 4日 ロイター] 火星への有人飛行を想定し、昨年6月からモスクワ市内に設置された模擬宇宙船で共同生活を送っていた男性6人が4日、520日に及ぶ隔離状態を終え、家族や友人との再会を果たした。
 
 
  火星探査機キュリオシティの打ち上げ迫る=ビデオ(2011/11/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は26日、火星探査機「キュリオシティ」を打ち上げる予定だ。キュリオシティには、過去に生命が存在したことの証明となる有機物を検知する機能があり、NASAとして初めて生命の痕跡を探すことを第一目標とした火星探査となる。
 
 
  NASA火星探査車の打ち上げ成功、生命の可能性を調査へ (2011/11/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  [ケープカナベラル(米フロリダ州) 26日 ロイター] 米航空宇宙局(NASA)が開発した火星探査車「マーズ・サイエンス・ラボラトリー」が、現地時間の26日午前10時2分(日本時間27日午前0時2分)に米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げられた。
 
 
  探査車「キュリオシティ」、火星に向け打ち上げ (2011/11/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  キュリオシティはアトラスVロケットに搭載されて打ち上げられ、2012年8月に火星着陸を予定している。2年間かけて火星の表面を走行し、液状の水や生命体のエネルギー源となる化学物質などを収集。火星に生命が存在できる可能性について探るとともに、岩石の中に過去の生命の痕跡が残されていないかどうかを調べ、今後の探査の手がかりとなる情報を収集したい考え。
 
 
  火星に新たな水の痕跡を発見、多様な生命の可能性も  (2011/12/09)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星の表面を調査している米航空宇宙局(NASA)の探査車「オポチュニティ」の研究チームは、火星に水の流れがあったことを示す新たな痕跡が見つかったと明らかにした。 発見されたのは、水の流れによってできた石膏とみられる鉱物の堆積で、幅は約1〜2センチ、長さ約40〜50センチ。「エンデバー」と呼ばれるクレーター付近の、硫酸塩を多く含む岩盤と火山性の岩盤が合流する地点で見つかった。
 
 
  NASA火星探査車は8月6日に着陸へ、生命の痕跡探る (2012/6/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  11日 ロイター] 米航空宇宙局(NASA)は11日、火星で生命の痕跡を探る探査車「マーズ・サイエンス・ラボラトリー」の着陸日を8月6日に決定したと発表した。 「キュリオシティー」という愛称でも呼ばれる探査車は、火星の赤道付近にあるゲール・クレーターに到着する予定。このクレーターは直径154キロの大きさで、高さ5キロの山もあり、堆積物の層でできているとみられている。
 
 
  「直接火星で見るのに次ぐ」すばらしさ 探査機による壮大なパノラマ画像 (2012/7/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASAが火星探査機「Opportunity」によるパノラマ画像を公開した。817枚の画像を組み合わせて360度の風景が見られる。2012/7/9)
 
 
  火星探査機8月に着陸、NASAが「恐怖の7分」を解説 (2012/7/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」が米東部時間の8月6日未明、火星に着陸する。今回の着陸はこれまでで最大の困難が予想され、NASAは「恐怖の7分間」と名付けた動画を公開してその方法を解説している。 ←このコメントのみ。
 
 
  火星探査機キュリオシティが無事着陸 火星から初の映像送信 (2012/8/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」は米東部時間6日午前1時30分ごろ(日本時間午後2時30分ごろ)、火星の地表に無事着陸した。キュリオシティを見守っていた管制室の関係者らは、着陸が成功すると歓声を上げて成功を祝った。 キュリオシティが最初の火星の画像を送り返してくると、涙を浮かべる者もいた。
 
 
  火星探査機「キュリオシティ」が着陸成功! 装備や火星表面の様子を見る (2012/8/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」は米東部時間の8月6日未明、火星に着陸した。同機はスポーツ用多目的車(SUV)ほどの大きさで、重さは900キロ。計画では、着陸地点となる「ゲール・クレーター」の探査を行い、火星に生命が存在していた痕跡を探す予定だ。その装備や火星の様子を見る
 
 
  NASA、火星探査機キュリオシティから届いたカラー写真公開 (2012/8/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は7日、火星に着陸した探査機「キュリオシティ」から初めて送られてきた火星表面のカラー写真を公開した。着陸地点の周辺に広がる乾燥した平原などが写っている。 写真はキュリオシティのロボットアームに搭載したカメラで撮影された。砂ぼこりを防ぐための透明フィルターをレンズにかぶせた状態で撮影しているため、やや不鮮明な画像になっている。
 
 
  NASAの探査機「Curiosity」--写真で見る火星の様子 (2012/8/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2011年11月に打ち上げられた「Mars Science Laboratory」、つまり「Curiosity」と呼ばれる大型探査機は、ケネディ宇宙センターから3億5200万マイル(約5億6700万km)を飛行し、火星に到着した。着陸時刻は米国太平洋時間8月5日の午後10時を少し回った頃だった。
 
 
  フォトレポート:火星探査機「Curiosity」撮影の360度パノラマ画像 (2012/8/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星の地表で火星探査機「Curiosity」のマスト部が最大まで延長され、システムが稼動したことにより、米航空宇宙局(NASA)はこの赤い惑星の息をのむような光景を受け取り始めている。米国時間8月9日には、ゲイルクレーター内部から撮影した360度パノラマ画像2枚を公開した。
 
 
  インド、初の火星探査機2013年11月に打ち上げへ (2012/8/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  インドのシン首相は15日に行った独立記念日の演説で、無人火星探査機打ち上げの計画を政府が了承したと発表、「科学技術分野の大きな1歩」を踏み出すと宣言した。 インド宇宙研究機関(ISRO)の元当局者によると、火星探査機は2013年11月に打ち上げを行い、10カ月間の飛行を計画。生命の起源や進化、存続可能性について探ることを目標とする。
 
 
  キュリオシティー、未知なる火星へ  ピクチャーギャラリ (2012/8/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  キュリオシティー、未知なる火星へ  ピクチャーギャラリ  REUTERS
 
 
  火星の上空に UFO!? キュリオシティが送信してくる画像に、次々と不思議な物体が!=ビデオ (2012/8/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  先日は、NASAの無人火星探査機「キュリオシティ(Curiosity)」が着陸に成功した際の映像をお届けしましたが、キュリオシティはそのすぐ直後から地球に画像データを送信し始めました。しかしその中に奇妙な物体が映っているということで、それをUFOと呼べるかが話題になっています。
 
 
  火星に降り立ったキュリオシティ 冒険の様子を写真で振り返る (2012/8/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今月6日に火星探査機「キュリオシティ」が火星に無事到着した。カメラや走行のテストを終え、これから本格的な火星探索の旅が始まる。これまでにキュリオシティからおくられてきた歴史的な写真の数々を紹介
 
 
  火星にかつて川が存在、NASAの探査車が痕跡発見 (2012/9/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は27日、火星探査車「キュリオシティー」が、かつて火星に川が流れていたことを示す痕跡を発見したと発表した。 キュリオシティーが撮影した写真によると、丸みを帯びた小石が複数集まってできた岩石が確認できる。科学者らは、この小石が風ではなく水の力によって運ばれたものであるとの見解で一致したという。川の流れは早く、深さは足首から腰のあたりまであったと考えられている。 キュリオシティーは8月6日に火星に着陸し、2年かけて火星上で生命のもととなる有機物を探す。(全文)
 
 
  火星から届いた写真  ピクチャーギャラリー (2012/9/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星から届いた写真  REUTERS
 
 
  火星で人工物のような謎の小片を発見、火星由来のものか? - NASA発表 (2012/10/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASA(米航空宇宙局)が18日に発表したのは、火星探査機キュリオシティが火星で初めて採取した火星の土壌サンプルの中から、人工物の可能性もある明るい色の物体が発見されたというもの。 AFP が伝えるところによると、NASA は現在、キュリオシティの車体深部に搭載されている「化学・鉱物分析装置(Chemistry and Mineralogy、CheMin)」を用いて謎の物体の組成の分析を試みているとのこと。
 
 
  キュリオシティーが示す火星の空の色は?:「火星の空は淡いブルー」ですナ! (2012/12/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  みなさん、こんにちは。 昨日、こんなニュースがあった。NASAの火星無人探査機キュリオシティ(好奇心)が、自画像を配信した。どうやって?というものだった。以下のものである。… 不思議な写真だが、宇宙人が撮影したわけではない。…
 
 
  様々な火星の「リアル」: 強調修正された 214枚の写真に浮かび上がる光景の中の現実と「非」現実 (2012/12/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  無人火星探査機が撮影した火星の写真を「作者の目に映るような風景に」色彩、コントラスト等が強調されている火星の地表。強調以外の「加工」はされていません。
 
 
  火星の土壌はハワイと類似、探査車のエックス線解析で判明 (2012/12/31)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  30日 ロイター] 米航空宇宙局(NASA)の火星探査車「キュリオシティー」による調査で、火星の土壌にハワイの火山砂と極めて類似した点があることが分かった。NASAが30日、記者会見で明らかにした。 キュリオシティーは地球外で初めてとなるエックス線を使った解析を実施。火星の土壌に含まれる結晶の原子構造を調べた結果、火星の砂粒には、ハワイのような地球上の火山帯地域にある、玄武岩質の土壌に似た結晶が含まれていることが分かった。…
 
 
  火星の謎に迫る  スライドショー (2013/1/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  The surface of Mars  火星の謎に迫る (REUTERS)
 
 
  火星の素顔  スライドショー (2013/1/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星の素顔  REUTERS
 
 
  火星探査機キュリオシティ、初の掘削作業へ (2013/1/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は15日、火星探査機キュリオシティによる初の掘削作業の場所が決まったと発表した。地表を掘ってサンプルを採取、分析する。 この場所には、火星探査計画の元主要メンバーで昨年亡くなったジョン・クライン氏の名前が付けられた。鉱物の筋や球状の「コンクリーション」、大小さまざまの粒などが入った多様な岩石があり、水の存在を証明する根拠となる可能性があるという。太古の火星を想像する手掛かりが得られるとの期待も寄せられている。…
 
 
  2018年に火星へ有人飛行? 米非営利団体が発表へ (2013/2/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米国の非営利団体が27日に米首都ワシントンで記者会見を開き、火星への往復飛行計画を発表する。打ち上げは2018年を予定しているという。 火星飛行を計画しているのは「インスピレーション・マーズ財団」という団体。… 火星への往復は、501日間かけて実現させる計画。
 
 
  501日間の火星往復計画、乗組員は「夫婦が望ましい」 (2013/2/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  27日 ロイター] 世界初の宇宙旅行者デニス・チトー氏が設立した非営利団体が27日、501日間の火星往復ミッションの計画を明らかにした。2018年に打ち上げを予定し、乗組員は男女1人ずつ、できれば夫婦が望ましいとしている。 この有人火星往復プロジェクトは、総コストが10億ドル(約924億円)超になると見込まれるが、寄付金やスポンサーからの支援など民間資金でまかなう予定。…
 
 
  ユタ州の砂漠で火星探検を スライドショー (2013/3/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ユタ州の砂漠で火星探検を  REUTERS
 
 
  「火星にかつて生命環境」、NASA探査車の分析で判明 (2013/3/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  12日 ロイター] 米航空宇宙局(NASA)は12日、火星探査車「キュリオシティー」が採取した岩石から、生命の構成元素である硫黄、窒素、水素などが検出されたと発表した。微生物が存在できる環境がかつて火星にあったことを示すものだという。… 
 
 
  火星探査機オポチュニテイが撮影した「火星の不思議な光」 (2013/3/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星探査機オポチュニティが撮影した「火星の不思議な光」が話題に
 
 
  火星探査機オポチュニティが撮影した「火星の不思議な光」が話題に (2013/3/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星探査機ローバー「オポチュニティ」が撮影した火星の写真の話題です。
 
 
  【動画あり】火星の衛星写真にとんでもない物が映り込む (2013/6/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASAが公開した画像にCDの様なものが映っていると海外のオカルトブログサイト等で話題になっております。当サイトでも散々火星で発見されたオブジェを紹介してまいりましたが、ネズミやエイリアンなどありえないような生物が発見されることはあってもCDの様な実用的な物体は初めてです。一体誰が何のために置いたのか全く持って謎であります。
 
 
  火星でホウレンソウ自動栽培、ギリシャ学生がNASAの賞に輝く (2013/8/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星でホウレンソウを自動栽培する装置を考案したギリシャの学生グループが、米航空宇宙局(NASA)が主催するコンペティションで「ベスト・ミッション・コンセプト」賞に輝いた。 このコンペはNASAが宇宙探査などに貢献可能なソフトやハード、アプリなどのアイデアを募集するために行ったもので、9000以上の応募があったという。アテネ大学とアテネ工科大学の学生8人から成るグループは、「火星のポパイ」と命名したホウレンソウを自動で栽培できるドーム型の温室を開発し、同賞に選ばれた。…
 
 
  火星から見た日食、探査車キュリオシティーが撮影 (2013/8/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は29日、無人探査車「キュリオシティー」が火星の地表から撮影した日食の写真を公開した。 キュリオシティーは今月17日、火星の衛星の1つであるフォボスが太陽の前を横切る様子を撮影。NASAが公開した3枚の写真は3秒間隔で撮られたもので、フォボスが移動しているのがはっきりと分かる。…
 
 
  NASA火星探査車、生命活動の証拠メタンは検出できず (2013/9/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は19日、無人探査車「キュリオシティー」を使った火星の大気分析の結果、生命活動の強い証拠となり得るメタンは検出されなかったと発表した。 昨年8月に火星に着陸したキュリオシティーは、2年間の計画で微生物など生命の痕跡を探している。火星周回探査機や地球上の望遠鏡による過去約10年の研究では、火星の大気にメタンがあるとの報告もあった。 NASAジェット推進研究所のクリストファー・ウェブスター氏は、キュリオシティーの探査範囲だけメタンが存在しない可能性…
 
 
  火星の土から水分、NASA無人探査車が検出 (2013/9/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)の火星探査車「キュリオシティー」が火星の表面で採取した土から、水分が検出されたことが分かった。NASAやプロジェクト関係者が26日明らかにした。… キュリオシティーに備え付けられた装置を使って約835度で熱し、気化した物質を調べたところ、水分のほか二酸化硫黄や二酸化炭素が検出された。水分は重さにして約2%相当だった。…
 
 
  火星クレーターは巨大火山の噴火跡、隕石説否定 (2013/10/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  これまで隕石が衝突して出来るクレーターとの見方が強かった火星の一部地形が実際は巨大火山「スーパーボルケーノ」の噴火跡だったことがわかった。英自然史博物館と米航空宇宙局(NASA)のチームが英科学誌ネイチャーに2日発表した。 報告書は、米航空宇宙局(NASA)の惑星科学研究所と英国の自然史博物館が共同でまとめた。…
 
 
  火星探査機MAVENの打ち上げ成功 米NASA=ビデオ (2013/11/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)の無人火星探査機「MAVEN(メイブン)」が米東部時間18日午後1時30分ごろ(日本時間19日午前3時30分ごろ)、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げられた。 米航空宇宙局(NASA)の無人火星探査機「MAVEN(メイブン)」が米東部時間18日午後1時30分ごろ(日本時間19日午前3時30分ごろ)、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げられた。 MAVENは「火星大気・揮発性物質探査」の略。火星の大気上層部に焦点を当てた初の探査を実施する。…
 
 
  アングル:インド火星探査の副産物、宇宙開発で企業競争力も飛躍 (2013/12/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  インド初の火星探査機が先月打ち上げられたが、ミッションに参画した国内企業は「低コストの高い技術」を武器に、航空宇宙や防衛、原子力などの分野でも競争力を高めている。 探査機は今月1日に地球の軌道を離れ、火星へ向かうための重要なハードルをクリアした。火星へのミッションとしてはアジアでも初となる試みだ。 回の予算は45億ルピー(約74億円)と、米航空宇宙局(NASA)の火星探査プロジェクト「メイブン」と比べて約10分の1。探査機に必要な部品の3分の2は、インド最大のエンジニアリング会社ラーセン・アンド・トゥブロ(L&T)、ゴドレジ・アンド・ボイス、ヒンドスタン航空機など、国内企業が製造を請け負った。…
 
 
  火星定住計画に20万人が応募、2025年の実現目指す (2013/12/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人類の火星定住計画を打ち出して参加者を募っていたオランダの非営利団体マーズ・ワンは10日、2018年の無人宇宙船打ち上げを目指し、航空防衛大手のロッキード・マーティンなどと契約したと発表した。参加希望者は20万人を突破したという。 2018年の打ち上げでは無人着陸船と通信衛星を火星に送り込む計画で、着陸船の建造に関する研究はロッキードが、衛星開発構想に関する研究はサリー・サテライト・テクノロジー社が担う。…
 
 
  火星の風景 スライドショー (2014/1/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星の風景  REUTERS
 
 
  火星の地表に突如現れた「謎の石」 NASA探査機が撮影 (2014/1/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「オポチュニティ」が探査を行っている地点に突如として、中央部分が赤黒くくぼんだドーナツほどの大きさの白い石が現れた。その正体についてはNASAの科学者も頭をひねっているという。 オポチュニティはパノラマカメラを使って同じ地点の写真を12日間隔で撮影しており、3528日目の写真に写っていたのは荒れた地表のみだった。 ところが3540日目の写真では、同じ場所にドーナツ型の石が出現していた。この間、オポチュニティは移動していなかったという。…
 
 
  火星に突如出現した「ドーナツ石」の謎解ける (2014/2/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  先月、火星の地表に突如出現した「ゼリードーナツ」型の石の謎が解けた。地球外生物が菓子箱から落とした物ではなかったようだ。 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「オポチュニティ」がこの岩を撮影した場所には、4日前までこの岩は存在しなかった。そのため、科学者らはこの岩が一体どこから来たのか頭をひねっていた。 NASAの火星探査計画を率いる科学者のスティーブ・スクワイアズ氏によると、この石は中央部分が赤黒くくぼんだ白い石で、幅は約4センチあり、「ピナクルアイランド(とがった島)」と名付けられた。 では、この石は一体どこから来たのか。…
 
 
  火星の地表に謎の「光点」? (2014/4/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」から届いた火星の画像に、まるで誰かが懐中電灯をともしているような明るい点が写っているのが見つかった。 写真は低い山が連なる火星の風景をとらえたもので、遠方の山脈の手前に小さな光点が見える。ただし火星人のいたずらではないようだ。キュリオシティの公式ツイッターによると、「この写真の明るい点は、光る岩か宇宙線らしい」という。…
 
 
  火星の地表を撮影  スライドショー (2014/5/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星の地表を撮影  REUTERS
 
 
  火星への片道切符、申し込みは7万8千人以上 (2013/5/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オランダの非営利団体「マーズ・ワン」が先に打ち出した、片道切符による火星への移住構想への参加者募集で、同団体は10日、申込者はこれまで7万8000人以上に達したと発表した。 申請者の出身は120カ国・地域以上に及び、首位は米国からの1万7324件だった。マーズ・ワンの報道機関向け声明によると、2位は中国の1万241件で、英国の3581件が次ぎ、ロシア、メキシコ、ブラジル、カナダ、コロンビア、アルゼンチンとインドなどが続く。 応募は今年8月31日まで受け付ける。…
 
 
  火星への片道旅行、参加希望者募る オランダ民間団体 (2013/4/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星ツアーの参加者募集。ただし用意できるのは片道切符のみ――。オランダの非営利団体が22日から、そんな条件で参加希望者の応募受付を開始した。 火星旅行を計画しているのはオランダの民間組織の「マーズ・ワン」。予定では2022年に地球を出発し、7カ月の旅を経て23年に火星に到着する。参加者はそのまま地球に戻ることなく、火星で生涯を終えることになる。… 1回の飛行につき男性2人、女性2人を搭乗させる予定で、18歳以上なら誰でも応募できる。… 火星にはコロニーを建設予定で、2025年には第2陣を送り込み、その後は定期的に人員を派遣して定住者を増やしていく計画。コロニーは人口の増加に応じて拡張する。同社には既に、1万通を超す応募メールが届いているという。
 
 
  米NASAが写真を公開 火星人の影か? (2015/1/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASAが火星で撮影した写真を公開し、科学界と天文界を騒がせている/写真には、宇宙服のような服を着た人間と見られる影が写っている/火星に知的生命体が存在しているのを裏付ける、有力な証拠との声もある。
 
 
  太古の火星に広大な海 NASAチームが推定 (2015/3/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  43億年前の火星に広大な海があったとする研究結果をNASAチームが発表/火星に大量の水が存在したことになり、生命環境があった可能性が高まった/水の体積は推定約2千万立方キロで、海は1.6キロ以上の深さがあったとも。                   
 
 
  火星移住計画で夫婦が永遠の別れ (2015/8/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オランダの実業家が2012年に発表した、火星移住計画マーズワン/ある米国人男性は、2026年に始動する計画に妻が参加することを認めたそう/プロジェクトの意義は妻への気持ちをはるかに上回る、と夫は語っている。
 
 
  火星の写真に女性の姿を発見か (2015/8/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  台湾メディアが5日、NASA火星探査機が撮った写真について報じた/火星の写真の中に、長髪と胸を持つ女性のように見える物体があるという/風化の影響を受けていないため、生物である可能性が高いとのこと。
 
 
  火星の画像から他の人面岩を発見か (2015/8/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  UFOファンがGoogle Earthの火星の画像から、古代エジプト人面岩を発見した/ネフェルティティの冠のような帽子をかぶる人間の横顔が映っているという/UFO目撃報告サイトの編集者は「今回の岩は、とりわけ際立つ」と語っている。
 
 
  NASA火星写真に「サソリ」発見? (2015/9/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASAが公開した写真に対する台湾の男性の見解を、台湾メディアが取り上げた/火星の表面に巨大なサソリのような形をしたものが見られたという/男性は「火星に生命体が存在する」との見方を示したとのこと。
 
 
  「火星の謎を解明」 NASAが特別会見へ (2015/9/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は米東部時間の28日午前11時30分(日本時間29日午前0時30分)から特別記者会見を開き、火星に関する「重要な科学的発見」を発表する。 会見の模様は専門チャンネル「NASAテレビ」と公式ウェブサイトを通し、ライブで公開する。 NASAがソーシャルメディア上で特別会見を予告したのに対し、「火星人が見つかったのか」などと期待するツイートが殺到した。…
 
 
  NASAの「重大発表」は火星に液体の水の存在を示す発見 (2015/9/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本時間2015年9月29日。アメリカ航空宇宙局(通称NASA)が火星についての重大発表を行った。それは火星には今でも液体の水が存在していることを裏付けるものだった。 もしかしたら地球外生命体を発見したんじゃないか? という期待は外れてしまったが、液体の水があることで生命体が存在する可能性が高くなったとも言える。夢が広がる結果でよかった。…
 
 
  火星、乾燥の原因は太陽風 NASA発表=ビデオ (2015/11/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   米航空宇宙局(NASA)は5日、かつて豊かな大気や水に満ちていた火星を現在のような姿に変えたのは太陽風だったとみられることが、探査機「MAVEN」の観測で分かったと発表した。 数十億年前の火星は濃い大気に覆われ、気候は温暖で豊かな川が湖や海に注いでいたというのが定説とされる。しかしそれを現在のように乾燥した冷たい惑星に一変させた理由は解明されていなかった。…
 
 
  火星の衛星「フォボス」に崩壊の予兆 (2015/11/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星の衛星であるフォボスに崩壊の予兆が現れていることが分かった。 火星の引力で表面にしわができ、3000万年から5000万年後に崩壊するという。 仮に火星に移住した人類がいたら、上から瓦礫や砂が降ってくる可能性がある。        
 
 
  火星探査機、欧ロが打ち上げ、10月に接近 小型着陸機投入へ (2016/3/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  欧州宇宙機関(ESA)とロシアの宇宙機関ロスコスモスは14日午前(日本時間14日夕)、火星探査機「エクソマーズ」をカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げた。 計画では、今年10月に火星に近づき、高度約400キロの軌道を周回する。 また、小型着陸機を搭載しており、表面への着陸を試みる。…
 
 
  火星に降り注いだ巨大隕石、生命育んだ可能性も 米研究 (2016/4/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  40億年前の火星には直径数百キロもある巨大な彗星(すいせい)や小惑星が次々に衝突し、生命が存在しやすい環境が少なくとも一時的に形成されていたという説を、米コロラド大学ボルダー校などの研究チームが天文学会誌に発表した。 冷たく乾燥した惑星だった火星は衝突の衝撃で膨大な熱が発生して地底の氷が解け、化学物質で活性化する微生物がすむイエローストーン国立公園のような熱水系が形成された可能性があるという。…
 
 
  火星と地球、11年ぶりの近さで接近 (2016/5/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星と地球が11年ぶりの近さにまで接近している。一時は4億キロも離れていた距離は、米国時間の30日、約7530万キロに縮まる。 米航空宇宙局(NASA)によると、火星は接近するにつれて夜空で大きく、明るく見える状態が6月3日まで続く。望遠鏡や双眼鏡を使わなくても、肉眼で観測できる。…
 
 
  火星探査機からの写真に火星人が存在した証拠が!(2016/8/31)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  火星探査機から送信されてきた写真に火星人存在の証拠が写っていると話題になっている/砂漠と岩しかない火星の地表に、明らかに靴にしか見えないものがあるという/火星の古代核戦争説を学者が多数唱えておりUFOマニアは探査機の画像を注視するらしい。
 
 
  火星に移住できるまで、あと33年〜気になる予算は「マンション購入」程度? (2017/4/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASAは「早ければ2050年代に火星への移住を目指している」とし移住計画は夢ではない/火星には固体ながら水が存在し、二酸化炭素も豊富で植物も育ち、地中には窒素やリンも/平均気温は−50度だが、シベリア内陸部平均は−50度、旭川ですら−41度を記録。
 
 
  NASAの火星表面写真に“指輪のような人工物” 火星人が地球人の祖先との仮説も (2017/4/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NASA公式に発表した火星表面写真に“指輪のような人工物”が写っているという/この『指輪』に、地球の古代ローマ時代に作られた指輪に形状がそっくりとの声がある/このことから、古代に生きた火星人が地球人の祖先なのではないかという仮説も出ている。
 
 
木星:ニュース
木星 木星に3つのホクロ 木星
  木星 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木星(もくせい、Jupiter)は太陽系の内側から5番目の惑星であり、太陽系内で最大の惑星である。その質量は、太陽系を太陽と木星とその他で出来ていると言える程大きい。木星及び木星と同様のガスを主成分とする惑星(ガス惑星)である土星、天王星、海王星のことを木星型惑星と呼ぶ。
 
 
  木星   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木星は太陽の第5惑星で、飛び抜けて1番大きい惑星です。木星のようなガス惑星は、個体の表面を持たず、深度を増すにつれてガス性の物質の密度が上がっていきます。(惑星について推測されている直径と半径は、1気圧の深度のものです。)私たちがガス惑星を見る時には、惑星の大気圏の、雲の最上部の高さ(1気圧よりやや高い気圧レベルのところ)を見ています。
 
 
  木星の構造 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木星の構造 の画像 - Google
 
 
  木星について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木星は、太陽に次いで大きな星です。自ら強い電波を出すなど(太陽よりも強い電磁波を出す)、太陽系内でたいへん強い影響力を持っています。全天を12年で1周する木星は、ひとつの星座宮に約1年とどまることになります。これは太陽がひとつの星座宮を約1ヶ月で通過することと対比され、太陽が地上世界の支配者であるのに対して、木星は全天を支配すると考えられています。
 
 
  木星会観測所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木星会観測所ホームページへようこそ!! 当ホームページの内容に関しては、過誤の無いよう努めますが、責任は負いません。創作、想像、誇大表現、拡大解釈、思惑、独善、妄想等を含みます、個人的なHPですので批判は受け付けません。
 
 
  木星(もくせい)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽系の第5惑星は最大の惑星である木星です。木星より内側の軌道をまわる水星、金星、地球、火星と比べると組成が大きく異なります。木星は水素、ヘリウムなどを主体としたガスでできています。ですから地球などよりはむしろ太陽に近い存在といえます。実際、もう少し木星が大きかったとしたら、核融合反応が起こって第2の太陽として輝いていたことでしょう。
 
 
  星の旅・衝の木星   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  さて、タイトルを見て「衝」とは何かと思った人もいることでしょう。ある天体が太陽と地球を結ぶ線上で、地球と同じ側の位置にあることを「衝」と呼んでいるのです。つまり、太陽・地球・木星の順に一直線に並ぶわけです。逆に太陽をはさんで直線になる時を「合」と呼びます。この時は当然見えないことになります。惑星の観測には「衝」の時期が観望期になるというわけです。ただし、内惑星には当てはまりませんからね。
 
 
  木星に関する事実   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木星は太陽の第5惑星で、他より飛び抜けて1番大きい惑星です。木星は、他のすべての惑星を合計したよりも、 2倍も大きい(地球の 318 倍)のです。 ジュピター (ジョウブとも言います;ギリシャ語では ゼウス;ローマ神話ではユピテル) は神の中の王で、オリンポスの支配者、ローマの庇護(ひご)者です。 ゼウスはクロノス(土星)の息子です。
 
 
  木星ってどんな惑星?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木星(ジュピター)といえば、音楽家ホルストの曲を思い出します。その曲をもとに作った歌を、ある女性歌手が歌って、大ヒットしました。さて、本物の惑星(わくせい)のほうの木星は、太陽系(たいようけい)の内側(うちがわ)から5番目の惑星です。ほかの惑星と比べて、一番大きな木星の正体を明かしていきましょう。
 
 
  木星(もくせい)Jupiter   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木星は太陽から約7億8000万kmのところを12年で1周する、太陽系第5惑星である。水星や金星、地球、火星などの地球型惑星と違って、木星はガス状の天体であり、土星、天王星、海王星とともに木星型惑星に分類されている。木星は太陽系最大の惑星で、その大きさは半径約7万2000kmで地球の12倍、体積は地球の1316倍、質量は地球の317.83倍、木星表面での重力は地球の約2.4倍にもなる。木星の質量は、太陽系の9つの惑星や小惑星などを足した質量の68%を占めている。もし、木星がもう70倍重かったら、第2の太陽になっていただろう。
 
 
  惑星を知ろう...[ 木 星 ]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  太陽から五番目。太陽系最大の惑星であり、またガス状惑星の代表格でもある。直径は地球の約10倍、太陽の約1/10に相当する。太陽系の惑星のすべての質量の2/3を占める。地球の2倍半もある重力で、大気中を渦巻くガスには大きな圧力がかかっている。質量が今の50倍あったならば、恒星になっていたであろうといわれており、木星は恒星になり損ねた惑星といえる。
 
 
  かつしかから見た宇宙 木星   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地球の11倍の直径を持つ、太陽系最大の惑星、木星。物館の望遠鏡で見ると、複雑なしま模様の様子や、木星を回る衛星たちの様子を見ることができます。
 
 
  木星を見てみよう! - 宇宙を覗いてみよう!-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木星は「ジュピター」と言うけど、ローマ神話の天空神で、国家の三主神の一だそうです。ギリシャ神話ではゼウス(神々と人間を支配する最高の神)の事のようで、昔から、そんなたとえに使われた惑星なんですね。実際、我々人類がこうして地球上で生きていられるのは、木星や土星のお陰と言っても過言ではないのです。
 
 
  木星の衛星   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  プトレマイオスの天動説はその後1400年も長い間信じられてきましたが、ポーランド生まれのコペルニクス(1473〜1543)は「地球やその他の惑星が太陽の周りを回っている」と考えた方が、惑星の動きなどを無理なく説明できると考え、『地動説』を唱えました。ただし、このころはまだ観測機器もなく人々を納得させるほどの観測結果を得られませんでした。
 
 
  木星の衛星   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木星は62個と、太陽系で最も多い衛星の持主である。ガリレオ衛星(イオ、エウロパ、カリスト、ガニメデ)とアマルテアを除くその他の衛星は20世紀に入ってから発見された。これらの中で際立つのは、1610年にイタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイ(1564〜1642)が手製の望遠鏡で発見したガリレオ衛星(木星の四大衛星)である。
 
 
  木星の外側の衛星群   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木星からさらに遠いところ( ガリレオ衛星群の外側)には、8個の小さな衛星があります: 木星の外側の衛星は二つのグループに分けられる:レダ、ヒマリア、リシテア、エララは木星から約1100万キロのところにあり、アナンケ、カルメ、パシファエ、シノペは約2300万キロのところにあります。
 
 
  エウロパ (衛星) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エウロパ (Europa, Jupiter II) は木星の第2衛星で、2007年までに発見された衛星の中で内側から6番目の軌道を回っている。ギリシア神話の、ゼウスが恋に落ちたテュロスの王女エウローペーにちなんで名づけられており、そのラテン語形である。英語読みからユーロパとも表記される。なお、同名の小惑星 (52) エウロパも存在する。
 
 
  衛星ガニメデとその上空から見た木星   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ガニメデは木星の衛星の中では一番大きく、水星よりも大きいんだよ。 ガニメデの表面は厚い氷に覆われているんだけど、暗くクレーターの多いリージョと呼ばれる地域と、明るい溝状地域のスルカスと呼ばれる地域に分かれているんだ。何故こうなったかはまだよくわからないんだ。
 
 
  【速報】 木星に、地球並の天体が激突した模様   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ナショナルジオグラフィックによると、2009年7月19日(日曜)、木星に黒い“染み”が見つかった。 週末の間に何らかの物体が衝突した跡と考えられ、天文学者たちを驚かせている。
 
 
  星情報 〜 はまぎんこども宇宙科学館/(財)横浜市青少年育成協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  科学館で開催する「小型望遠鏡を作ろう」の望遠鏡でもガリレオ衛星が見えます。
 
 
  木星の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木星の画像 - Google
 
 
  木星の動画 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木星の動画 - Google
 
 
  NASA、木星探査へカウントダウン 来月5日打ち上げ (2011/7/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)の科学者は、木星探査機「ジュノー」の打ち上げを目前に控え、この探査計画が太陽系の成り立ちの謎を解く手がかりが得られるのではと期待に胸をふくらませている。
 
 
  木星の衛星「エウロパ」に巨大な湖、生命存在の可能性高まる (2011/11/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (CNN) 木星の衛星「エウロパ」には大きな海だけでなく、地表を覆う厚い氷の下に巨大な湖があることが分かったとして、米国の研究チームが16日の科学誌「ネイチャー」に研究結果を発表した。エウロパの海に生命が存在する可能性も高まったと解説している。
 
 
  木星の「大赤斑」が縮小、19世紀後半の3分の1に (2014/5/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  15日 ロイター] - 木星の特徴的な模様として知られる「大赤斑」が縮小していることが、ハッブル宇宙望遠鏡による観測で明らかになった。同望遠鏡で撮影した画像が15日に公表された。 激しい嵐が起きているとされる大赤斑は、1800年代後半には直径約4万キロと推定され、地球が横に3つ並ぶほどの大きさだった。 サザビーズのデービッド・ベネット氏はこのダイヤについて、「非常に大きな存在感のある特別なダイヤだ」と語った。(全文)                                  
 
 
  木星の「トリプル日食」、ハッブル望遠鏡が撮影=ビデオ (2015/2/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡が、木星の前を3つの衛星が同時に通過し、木星の表面に3つの影ができる珍しい現象を1月下旬にとらえ、このほど写真が公開された。 もし木星の表面から観測すれば、3つの日食が同時に起きているように見えたはずだと専門家は解説している。…
 
 
  木星に天体が衝突、瞬間の映像をアマチュア天文家が撮影=ビデオ (2016/3/31)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木星に天体が衝突した瞬間をとらえたとみられる映像をアマチュア天文家が撮影し、ユーチューブで公開した。映像には木星の右側に閃光(せんこう)が走る一瞬が映っている。 オーストリアのアマチュア天文家、ゲリット・ケルンバウアーさんは3月17日、望遠鏡で木星を観測中に、この現象を撮影した。ユーチューブに投稿したビデオは100万回以上再生されている。…
 
 
  木星のオーロラ:撮影に成功 北極付近で渦巻き状に (2016/7/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米航空宇宙局(NASA)は、ハッブル宇宙望遠鏡で木星を観測した結果、オーロラの撮影に成功したと発表した。北極付近で渦巻き状に輝いている。NASAの木星探査機「ジュノー」が日本時間の5日午前に木星の周回軌道に入るのに合わせて、観測していた。 オーロラは、高エネルギーの粒子が惑星の北極や南極付近の大気に突入する際、原子とガスが衝突してできる現象。地球のものと違い、木星のオーロラは規模が巨大なだけでなく、消えずにずっと輝き続けているという。…
 
 
  木星のオーロラが爆発的に広がる過程を撮影 世界初 (2017/5/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木星に発生するオーロラが爆発的に広がる過程を宇宙望遠鏡で撮影することに、日本の理化学研究所などの国際共同研究グループが世界で初めて成功しました。 木星のオーロラの撮影に成功したのは日本の理化学研究所やイギリスのレスター大学などの国際共同研究グループで、地球の周りを回っているアメリカのハッブル宇宙望遠鏡を使って、去年5月に撮影しました。…