ロボットのようなクルマ の画像 - Google

095 【乗り物  新車ニュース/クルマ情報全般/燃料電池車
 ガンダムのようなクルマ の画像 - Google 
  世の中、猛烈なスピードで進んでいってます。特に「クルマの世界」は顕著ですネ。 自動運転車は最初は乗用車から始まったようですが、それがアッという間にタクシーからバスにまで広がりました。公道での実証実験の段階ですが・・。
  このコーナーでは(横の分類で)軽自動車・ジープ・スポーツカー・キャンピングカー・オープンカーからクラシックカーまで分類掲載してあります。 その他の「車」に関する区分情報も多岐にわたり掲載しておきました。 またそれらに関した「Blog集」などもお楽しみください。どうぞ ごゆっくりしていって下さいネ。(お茶は出ませんが)

新車ニュース 高速道路開通ニュース クルマ関連情報 クルマ販売・収益情報 クルマ生産・技術情報 賞ランク・品質関連
タイヤ関連情報 ハイブリッドカー 電気自動車 燃料電池車(FCV) ソーラーカー 軽自動車
ジープ スポーツカー  キャンピングカー オープンカー クラシックカー 美し過ぎるセダン
高級車オークション ドライブレコーダー 【最新車】試乗 自動車展示・博物館 ロボットのような車 ガンダムのような車
空気自動車 空飛ぶ車 東京モーターショウ 海外の自動車ショー レッドサラマンダー 交差点の標識
レンタカー ガソリンスタンド バス・大型車・バス運行  バスの花形「2階建てバス トロリーバス・電気バス 高速バス
特殊車輌・免許区分等 国産車メーカー トヨタ自動車 トヨタEVニュース EVへ共同開発情報 トヨタ、HV 欧州で快走
外車メーカー/ パーツ・カー用品 中古車(査定)・保険 リモート・パーキング車 自動運転EV車(国内) 自動運転EV車(海外)
自動走行車(タクシー) 自動走行車(バス) 無人運転車公道実験 ガソリン販売禁止条例 世界三大レース/ モナコグランプリ/
インディ500/ ル・マン24時間レース/ ダカールラリー F1・カーレース 鈴鹿サーキット MOTORSPORT JAPAN
ドローン搭載EVパトカー タクシー運賃、事前確定 AI活用タクシー配車 UBER(ウーバー)とは 渋滞回避の5つのコツ 乗車中の乳幼児事故死
不正・不良問題 車関連Blog ドライブ等のBlog その他の車種Blog 改造車Blog 国産車Blog
外車Blog SUVとは 最高速度が110キロ EV充電時間を半減 認知症の免許証問題 エアレスタイヤ
図柄入りナンバープレート 超急速充電システム トヨタEV 20年に中国で発売 UBER(ウーバー)とは 無人タクシーサービス開始 「冬タイヤ」を自動識別
EV充電施設拡充…中国 「ゾーン30」効果あり EVでもCO2は減らない カー・オブ・ザ・イヤー 初:運転手なしの自動運転 相乗りタクシー試行
あおり運転「一発免停」 マイカーで観光客輸送 雪道走行の基礎知識7つ ◇悲惨な飲酒運転事故 日本から自動運転の大逆襲 カスタムカー展示会
GM 「無人運転」の量産車 海底トンネル(車道) ナンバープレートを白色に チェーン規制の高速道路 インド自動車ショー ドライブレコーダーの販売
自動運転の無人タクシー… EV駐車中に無線で充電 車検の項目、大幅拡大へ ホンダ HVを一斉投入 新名神 神戸-川西間が開通 高速道路開通ニュース
自動運転車の公道実験 自動運転中の事故 自動運転中の事故 土に返るEV開発 PHV NEV
自動運転の対人事故、任意保険で補償 トヨタ自動車 GM、新CFO      
← 094 【マルチメディア】◆アニメ全般      096 【乗り物◆暸.丱ぅ・自転車 → 
TOP >  n 乗り物 > 095 【乗り物  新車ニュース/クルマ情報全般/燃料電池車 >  
       
新車ニュース
日産 GT-R NISMO 2017年モデル初公開 (2016/5/30) キャデラックATSセダンに19インチの特別仕様車を設定。価格は529万円 (2016/6/15) ソーラー充電システムを搭載した新型プリウスPHV日本仕様を初公開 (2016/6/1)
  新車ニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新車ニュース - Google
 
 
  新車ニュース - msn自動車   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新車ニュース - msn自動車
 
 
  新車ニュース - goo自動車&バイク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新車ニュース - goo自動車&バイク
 
 
  レスポンス新車ニュース - カーナビゲーター   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レスポンス新車ニュース - カーナビゲーター
 
 
  愛車記事一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  asahi.com
 
 
  新車情報記事一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  asahi.com
 
 
  Response レスポンス   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  new model / business / car life / F1sports / car multimedia / media round-up / special feature
 
 
  新車情報  比較サイト!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新車情報比較サイトでは、ミニバン・スポーツカー・コンパクトカーなど人気車種を6つのタイプに分類・比較。
 
 
  @CARS YOMIURI ONLINE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  セダン / ワゴン / スポーツ / ミニバン・SUV / コンパクト
 
 
  クルマ・ポータルサイト Goo-net 新車   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新車購入に役立つ情報満載のGoo-net新車。新車購入に役立つ情報を幅広くご紹介。Goo-netトップ
 
 
  顔が見えた! レクサス「LF-Gh」コンセプト (2011/4/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ティザー画像で一部分だけが公表されていたレクサス「LF-Gh」。次期レクサスGSとみられるコンセプトカーの概要が公開された。
 
 
  次期ベンツAクラスは「ベリーベリーセクシー」――デザイナーが動画で解説 (2011/4/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  独ダイムラーが4月19日から始まる「上海モーターショー2011」に出展する「Aクラスコンセプト」。ティザー動画とエクステリアデザイナーによる解説動画が公開された。
 
 
  ホンダの天然ガス自動車「シビックGX」に米国が注目 (2011/4/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  これまでに聞いたこともないほど徹底したエコカーが、もうすぐ米国中のホンダ(Honda Motor)のショールームに並ぶと注目されている。圧縮天然ガスを燃料とする天然ガス自動車「シビックGX(Civic GX)」だ。 ホンダは密かにこのシビックGXで、もう10年も前から環境対策に関する数々の賞を受賞しているが最初は政府に、それから経済界のトップたちに、その後にテスト市場の限定された顧客へと、慎重にこの車を発表してきた。
 
 
  大きく、ぜいたくな新キャデラック GMがコンセプトカー (2011/8/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米自動車メーカー大手、ゼネラル・モーターズ(GM)はさきごろ、高級車ブランド「キャデラック」のコンセプトカー「シエル」を発表した。コンバーティブルモデルで、大きさや、ぜいたくさというキャデラックの「本質」を受け継ぎつつ、未来の方向性を示すデザインだという。
 
 
  アスリートのようなメルセデス「C63 AMGクーペ」 (2011/8/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  メルセデス・ベンツ日本は8月25日、高性能スポーツクーペ「メルセデス・ベンツ C63 AMGクーペ」を発表した。同時にC63 AMGシリーズのセダンとステーションワゴンの大幅改良モデルも発表した。
 
 
  シトロエン「AIRPLAY」、景色や空気との一体感を強調 (2011/9/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  プジョー・シトロエン・ジャポンは8月23日、コンパクト5ドアハッチバック「C3」の特別仕様車「C3 AIRPLAY(エアプレイ)」を発売した。限定150台で、価格は214万円。
 
 
  全身に光と風を浴びて…満足度が高いベンツ SLK (2011/12/02)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ほんの少しボディサイズが大きくなったベンツSLK。にもかかわらず「SLにも負けない!」くらいの強い存在感を抱きます。オープンエアモータリングは、ほんとうに気持がいいですよ。
 
 
  メルセデス・ベンツ、『SLK 200 BlueEFFICIENCY 1st Anniversary Ed (2012/4/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  メルセデス・ベンツは、2シーターオープンカー、メルセデス・ベンツSLKの発売1周年を記念し、スポーツ性を一層引き立てる装備を採用した特別仕様車「SLK 200 BlueEFFICIENCY 1st Anniversary Edition」(SLK 200 ブルーエフィシェンシー 1st アニバーサリー エディション)を4月20日より発売開始した。価格は498万円(消費税込み)。
 
 
  米国版「カローラ」、さらに大型〜日本で発売の11代目 (2012/5/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  11代目となるトヨタ「カローラ」の米国版が大型化する見通しだ。 オートモーティブ・ニューズによると、トヨタは、小型化かつ軽量化で燃費性能を高めたセダン「カローラ・アクシオ」とワゴン「カローラ・フィールダー」を発売した。… 誕生から46年目となるカローラは、これまで世界で3900万台以上が販売されたベストセラーだ。
 
 
  ジャガーの新車「Fタイプ」デビュー=ビデオ (2012/9/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジャガーの新型スポーツカー「ジャガー2013Fタイプ」が、今週フランスで開幕するパリ自動車ショーでデビューする
 
 
  英ロールス・ロイス、最速モデル「レイス」を発表 (2013/3/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イギリスの高級自動車メーカー、ロールス・ロイス・モーター・カーズは、スイスで開催されているジュネーブ・モーターショーで、「ロールス・ロイス」ブランド最速の最新モデル「レイス」を発表した。 レイスは2ドア車であるにも関わらず、重量が約5000ポンド(約2200キロ)もある大型車だ。 624馬力のV型12気筒エンジンを搭載し、発進からわずか4.4秒で時速60マイル(約100キロ)まで加速する。…
 
 
  メルセデス・ベンツ「S-Class Coupe」--美しいデザインの新型クーペ (2014/3/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新しい「S-Class Coupe」は、シングルルーバーのピンクッショングリルなど、Mercedes-Benzのスタイリング要素に基づくデザインだ。
 
 
  マセラティ「Ghibli S Q4」--写真で見る2014年モデル(2014/7/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Ghibli」は現在、Maseratiのラインアップで最も価格の低いモデルである一方で、同ブランドのエントリポイントとして最も広くアピールするモデルでもある。ここでは、「Ghibli S Q4」の2014年モデルを写真で紹介する。
 
 
  ジャガー「F-Type Coupe」2015年モデル--ゴージャスで魅力的な高級車 (2014/8/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Jaguar F-Type Coupe S 2015年モデル: 路上で最も魅力的なコンバーチブルが、固定ルーフの追加と大幅な馬力強化によって、最も魅力的なクーペになった。
 
 
  BMW、2シリーズ新モデル「アクティブ・ツアラー」=ビデオ(2014/10/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  独BMWの日本法人ビー・エム・ダブリュー(東京)は1日、高級小型車「2シリーズ」の新モデル「アクティブ・ツアラー」の予約を開始すると東京都内で発表した。BMW初の前輪駆動(FF)を採用。コンパクトな車体に広い室内空間が確保され、日常使用だけでなくレジャーなど多用途に活用できる。…
 
 
  フェラーリ「FXX K」--写真で見る1035馬力ハイブリッド (2014/12/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  http://japan.cnet.com/news/service/35057504/
 
 
  (37)レクサス初のウルトラコンパクトカー「LEXUS LF-SA」の仕上がり (2015/3/4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レクサス初のウルトラコンパクトカー「LEXUS LF-SA」を紹介している/連続感のある造形美は大胆で、どこから見ても印象的である/運転席は、小さなボディでも快適で広々とした運転空間を実現している。        
 
 
  YouTube - トヨタの超小型EV、都内でレンタル開始   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - トヨタの超小型EV、都内でレンタル開始
 
 
  トヨタの小型三輪電気自動車  スライドショー (2015/4/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタの小型三輪電気自動車  REUTERS
 
 
  中国でマツダがライバル凌駕、消費者のし好変化が追い風 (2015/7/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国市場全体の自動車販売が今年さえないなか、消費者の嗜好の変化を追い風に、ライバルを凌駕しているのがマツダだ。マツダは自社の販売記録を塗り替えており、需要増に追いつくのに苦労している。 マツダのスポーティなデザインは、伝統的なブランドにとらわれず、自分の趣味に従った購入行動をとる新しい層の心をとらえている。 マツダのSUV「CX─5」を昨年購入した南京市の27歳の会社員は「他社のデザインは丸みを帯びていたり、ずんぐりしたりしているが、『CX─5』は流れるような優美な車体」と絶賛した。…
 
 
  ホンダN-ONEが車高を下げたワケ (2015/8/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホンダの「N-ONE」が車高を65ミリ下げるマイナーチェンジを実施した/スポーティーな方向性での期待が高かったことが理由という/同車が本来持っている可能性を強化する戦略だと筆者は評した。
 
 
  ベンツ 新型クーペの最新映像=ビデオ (2015/8/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「メルセデスAMG C63 クーペ」とされる新型車の映像が公開された/非常に魅力的な2ドア「Cクラス」のフォルムがはっきりと見て取れる/C63 Sセダンの0-100km/h加速4.0秒より速くなることが期待できるという。
 
 
  スズキ ワゴンRの燃費が向上 (2015/8/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スズキの「ワゴンR」の燃費が向上し、ターボ車にもS−エネチャージを搭載/JC08モード燃費は、従来の32.4km/Lから33.0km/Lに改良したとのこと/省燃費技術のS−エネチャージはエンジンをアシストすることが可能になった。
 
 
  トヨタ 新型「シエンタ」が好調 (2015/8/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタは18日、新型「シエンタ」の受注状況について発表した/発売1カ月で、月販目標台数の7000台を上回る4万9000台を受注したとのこと/デザイン、乗降性、高い安全性能と優れた環境性能が評価されているという。
 
 
  トヨタ新型プリウス 仕様を公開 (2015/9/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車が米国で世界初披露した新型「プリウス」を取り上げている/全長、全幅は従来型より大きくなったが、シルエットはよりスタイリッシュに/ハイブリッドシステムも進化し、さらに優れた低燃費を実現したという。
 
 
  レクサスRCに直噴ターボ搭載 (2015/9/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レクサスRCに、2.0L直噴ターボ搭載車が追加された/ISと比べ、245ps/5800rpm、350Nm/1650〜4400rpmとパワーが向上/価格帯は、RC200tの521万円〜RC350「F SPORT」の678万円となっている。
 
 
  トヨタが「ヴィッツ」サイズの新型FRスポーツ披露、「KIKAI」はメカむき出し (2015/10/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタは、「東京モーターショー2015」において、新ライトウェイトスポーツコンセプト「TOYOTA S-FR」など四輪車3車種とロボット「KIROBO MINI」を世界初公開する。
 
 
  日本初公開 レクサス「GS F」 (2015/10/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レクサスは9日、高性能スポーツセダン「GS F」を日本初公開すると発表した/30日から一般公開予定の「第44回東京モーターショー2015」に出展する/「GS F」はサウンド、レスポンス、伸び感を重視したモデルとなっている。
 
 
  三菱電機 操作性を追求した新車 (2015/10/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三菱電機はコンセプトカー「EMIRAI3 xDAS」を東京モーターショーに出展する/新開発のHMIでは「マルチボンディングディスプレイ」を搭載/インテリアに調和しつつ高い視認性、操作性を実現した。
 
 
  ベンツ ミニバン新型を発表 (2015/10/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  メルセデス・ベンツ日本は全面改良した『Vクラス』の受注を10月10日開始しました。発売は2016年1月を予定しています。ランナップは4モデル(V 220d TRAND/V 220d/V 220d AVANTGARDE Extra-long/V 220d AVANTGARDE long)で価格は535万〜730万円。   今回パワートレインが2.2L直列4気筒ディーゼルターボエンジンに刷新されました。…
 
 
  三菱コンパクトSUV 世界初披露 (2015/10/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三菱自動車は28日の東京モーターショーで「eX Concept」を初披露する/次世代EVシステムを搭載するコンパクトSUVのコンセプトカー/リチウムイオンバッテリーとモーターで4輪を駆動、航続距離は400kmとのこと。
 
 
  ダイハツ 4台の世界初公開でPR (2015/10/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京モーターショーでダイハツは4台のコンセプトカーを世界初公開/両側観音開きドアの「ヒナタ」は、レジャーなどでの可能性を広げる/「ディーベース」は内燃機関の性能を極めた環境車の姿を示している。
 
 
  ホンダ 2代目NSXを公開 ハイブリッドで静寂発進 (2015/10/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホンダは、第44回東京モーターショーに出展する高級スポーツカーの2代目「NSX」の実車走行を報道公開した。バブル景気に沸いた1990年に登場し、あこがれのクルマとなった初代NSXが生産停止となってから10年。購入者が一部の富裕層に限定されるバブルカーの復活は、アベノミクスによる「日本の経済回復の象徴」となるのか。その売れ行きが注目される。(全文)
 
 
  ホンダ 新型燃料電池車を発表 (2015/11/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホンダが、新型燃料電池車「CLARITY FUEL CELL」を発表した/16年春に発売予定で、航続距離は推定300マイル(約483km)以上になるという/日本での価格は766万円で、企業へのリース販売がメインになる予定とのこと。
 
 
  レクサス、新型クーペを発表 (2016/1/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタは11日、レクサスの新型スポーツクーペ「LC 500」を発表した/V8エンジンと新たな10速トランスミッションシステムを搭載/豊田章男社長はブランドのイメージ刷新を図ると語っていた。
 
 
  ホンダ新型NSXの価格は約18,400,000〜24,300,000円 (2016/1/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Hondaの米国現地法人アメリカン・ホンダモーターが、Acura新型「NSX」の価格を発表した。工場装着オプションを含めたメーカー希望小売価格は156,000〜205,700USドル。日本円換算で、約18,400,000〜24,300,000円。 受注は2016年2月25日から開始となり…
 
 
  「新型プリウス」旧型とぜんぜん違う 何が変わった? (2016/1/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  旧型とは違うという「新型プリウス」について解説している/プリウスの1番の欠点であった加速のシークエンスがまともになったと筆者/安定した手応えで切り返しができ、直進安定性も向上したとのこと。
 
 
  BMW i8スパイダー市販モデル、CGを入手! (2016/1/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  BMWが2016年1月に公開した、「ビジョン・フューチャー・インタラクション」の市販モデルとなる、「i8スパイダー」のレンダリングCGを入手しました。 パワートレインは1.5リットル直列3気筒ガソリンターボ+モーターエンジンの搭載が予想されています。…
 
 
  スズキ、コンパクトクロスオーバー  新ジャンルの小型乗用車「イグニス」を発売!! (2016/1/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スズキ株式会社(以下、スズキ)は、コンパクトカーとSUV(スポーツ用多目的車)を融合させた、新ジャンルのコンパクトクロスオーバー、新型小型乗用車「イグニス」を1月21日に発表した。 新型イグニスは、日常で便利に使えるだけでなく、週末にはアウトドアをはじめとした余暇の行動範囲を広げる「使い勝手の良いスタイリッシュなコンパクトクロスオーバー」をコンセプトとした、多様化するお客様のニーズに応える新ジャンルの小型乗用車である。…
 
 
  新型ロールスロイス「ドーン」価格を発表! 3740万円 (2016/1/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昨年秋にイギリス本国で発表されたロールス・ロイス「ドーン」の日本での価格が発表され、1月21日から正式予約の注文受付も開始されています。 「夜明け」を意味する「ドーン」は、一切の妥協のない「スーパー・ラグジュアリー・ドロップヘッド・モデル」とロールス・ロイスが位置づけるモデル。 「ドロップヘッド」は簡単にいうとカブリオレのことで、幌を閉じるとクーペになることから、イギリスでは「ドロップヘッドクーペ」とも表現されます。…
 
 
  ポルシェの2.0リッターV型4気筒ターボが初公開 (2016/2/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2014年、FIA世界耐久選手権(WEC)のトップカテゴリーに復帰したポルシェ。2015年にル・マン24時間でのワン・ツーフィニッシュを果たし、さらにシリーズチャンピオンを獲得したLMP1マシン「919ハイブリッド」は、名前の通り、ハイブリッドシステムを搭載したレーシングカーです。 排気エネルギー回生システム、フロントのエレクトリック駆動、最新のリチウムイオンバッテリーといった要素からなるハイブリッドシステム。…
 
 
  ブガッティ、次代の最速スーパーカー「シロン」を発表 (2016/3/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仏自動車メーカーのブガッティ・オトモビルはこのほど、スイスで開催中のジュネーブ・モーターショーで新型スーパーカー「シロン」を正式発表した。  ブガッティが現在、生産しているのは4車種のみ。どれも名車の誉れ高い「ヴェイロン」の派生モデルだ。初代のヴェイロンは2005年に発売され、「ヴェイロン16.4スーパー・スポーツ」は2013年、「世界で最も速い市販車」としてギネスブックに認定された。…
 
 
  トヨタが新型車3台を世界初公開 (2016/3/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車が3月11日までの日程で開催中のジュネーブモーターショーで、Cセグメントの新型クロスオーバー車「C-HR」に加え、欧州向けの新型ミニバンやピックアップなど3台をワールドプレミアしました。 「C-HR」は4代目プリウスに続いて“TNGA”を導入したモデルで、優れた環境性能と高い操縦安定性を両立。…
 
 
  スバル新型インプレッサを世界初公開! (2016/3/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  富士重工業は、米国ニューヨークで3月23日から開催される「2016年ニューヨーク国際自動車ショー」(一般公開は3月25日〜4月3日)にて、新型「インプレッサ」(米国仕様車)を世界初公開すると発表した。 新型「インプレッサ」は、富士重工業が中期経営ビジョン「際立とう2020」において、次世代モデルの第1弾として位置づける戦略車。…
 
 
  マツダ、CX-4を北京モーターショーで世界初披露 (2016/3/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昨年のロサンゼルスモーターショーで披露された3列シートのマツダCX-9は、すでに本社宇品第1工場で生産がスタートしています。 4月29日〜5月8日に一般公開される「北京モーターショー2016」において、世界で初めて公開される新型CX-4により、CX-3、CX-4、CX-5、CX-7(中国専売モデル)、CX-9(下の写真)と揃うことになります。新型CX-4は「SKYACTIV(スカイアクティブ)」技術と「魂動(こどう)」デザインを全面的に採用したマツダ新世代商品の最新モデルという位置づけ。…
 
 
  既に20台完売!公道走れる3億円のスーパーカー (2016/3/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリアの少数生産メーカー・パガーニは、ゲームの影響もあってか、スーパーカーメーカーとしては驚くほど日本では知名度が高いメーカーです。 パガーニの長であるオラチオ・パガーニは、経営者でありデザイナーです(写真左の人物がパガーニ氏)。 パガーニ社の「アトリエ」で誕生するクルマ達は、その1台1台に魂が宿っており、2台と同じ仕様のクルマは存在しません。…
 
 
  MINI初の4WDクラブマン登場 (2016/4/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ついにCセグメントに格上げされた現行MINI CLUBMAN(クラブマン)は、乗降性をはじめ、居住性や積載性の高さだけでなく、乗り心地も良くてMINIらしいフットワークの良さも味わえるという欲張り? なモデルに仕上がっています。 ついにCセグメントに格上げされた現行MINI CLUBMAN(クラブマン)は、乗降性をはじめ、居住性や積載性の高さだけでなく、乗り心地も良くてMINIらしいフットワークの良さも味わえるという欲張り? なモデルに仕上がっています。…
 
 
  新型マツダCX-4・世界初公開!! (2016/4/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マツダはCX-3、CX-5を日本国内向けにリリースし、北米市場には新型CX-9、中国向けにはCX-7を継続生産していますが、世界初公開されたCX-4は、マツダの新世代技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)TECHNOLOGY」とデザインテーマである「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用。2016年6月に中国での発売を予定しているそうです。…
 
 
  新型レクサスISの大胆顔に注目! (2016/4/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マイナーチェンジを受けたレクサスISが北京モーターショーで公開されました。1枚の写真が事前に公開され、アグレッシブなデザインが採用されることもアナウンスされていましたが、写真からも分かるように最近のレクサスらしい大胆でシャープな印象を受けます。…
 
 
  新型トヨタ・パッソが発売1カ月で目標の3倍超となる約1万6500台を受注 (2016/5/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ダイハツ・ブーンのOEMバージョンとなった新型トヨタ・パッソ。 「軽じゃないK」というキャッチコピーは販売店にも目立つ場所に貼られていますが、軽自動車かスモールカーかで迷う層も獲得したいというトヨタの意気込みを感じさせます。 4月12日の発売から、販売店の営業日ベースで約1カ月となる5月18日時点での受注台数は約1万6500台とのことで、5000台という月販目標台数の3倍超となっています。 グレードの内訳は…
 
 
  ホンダから信号を先読みする世界初の市販車 (2016/5/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホンダは、信号の変わり目が事前にわかる世界初の市販車を26日から発売しました。どう便利になるのでしょうか。 「40km/hで進むと青で渡れます」(ホンダ 中野泰宏研究員)  26日、発売した最新の車。ドライバーは信号の変わり目を知っているかのように運転しています。 「次の信号が赤になっているので止まります」(ホンダ 中野泰宏研究員) どうして分かるのでしょうか。…
 
 
  メルセデス・ベンツ、最高級ロードスター「新型SL」を発表(画像140枚) (2016/6/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  メルセデス・ベンツ日本は6月2日、新型SL、新型SLC、S クラス カブリオレを発表した。 新型SLは軽量で高い剛性のフルアルミニウムボディシェルを採用し、ダイナミックな加速や正確で俊敏なハンドリング特性を実現するとともに、燃費性能を向上させている。ラインアップはSL 400(3.0lV型6気筒直噴ツインターボエンジン)、SL 500(4.7lV型8気筒直ツインターボエンジン)、AMG SL 63(5.5lV型8気筒直噴ツインターボエンジン)、AMG SL 65(6.0lV型12気筒ツインターボエンジン)の4車種。価格は…
 
 
  日産 GT-R NISMO 2017年モデル初公開 (2016/5/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産が、ニュルブルクリンクで「GT-R NISMO」2017年モデルを初公開した。 「GT-R NISMO」および「GT-R」のチーフ・プロダクト・スペシャリストの田村宏志氏は、「『NISSAN GT-R NISMO』 は、その名前の由来の中でも『R』 に重きを置いています。レース走行に特化することで、どのサーキットコースでも快適な乗り心地を実現し、最高レベルの興奮と喜びをドライバーに提供しています。新型『NISSAN GT-R NISMO』 は…
 
 
  ベンツ 新型オープンモデル披露 (2016/6/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  メルセデス・ベンツが誇る3台のオープンモデルが披露された/新規のブランニューモデルといえるSクラス カブリオレ/新型SL、新型SLCと同時デビューした。
 
 
  キャデラックATSセダンに特別仕様車! (2016/6/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  全長4680mm、2.0リッター4気筒ターボを積むコンパクトなFRセダン「キャデラックATS」に特別仕様車の登場です。 カタログモデルは17〜18インチのタイヤ設定となっていますが、特別仕様車「キャデラック ATSセダンLuxury Sport Edition」は、19インチのV字スポークアルミホイール(カラーはマットブラックシルバー)を装着しています。…
 
 
  ホンダ「S1000」128馬力で登場か? レンダリングスケッチを入手! (2016/6/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホンダが『ビート』以来、19年振りに発売した軽自動車規格の『S660』。 その兄貴分となる『S1000』に関するレポートが、欧州からレンダリングスケッチと共に入ってきました。…
 
 
  日産、クーペ「NISSAN GT-R」の17年モデルを発売 (2012/7/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産は日本で先行披露した「NISSAN GT-R」の17年モデルの発売を発表した/発売以来最大規模となるエクステリアやインテリアのデザイン変更に加え、新技術を採用/27日より全国一斉発売で、希望小売価格は996万840円(税込)からとなっている。
 
 
  「空飛ぶ車」の最新試作機を公開、航続距離は700キロ (2014/10/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  空飛ぶ自動車「エアロモービル」の最新版試作機が29日、ウィーンの技術コンファレンスで公開された。従来モデルに比べて性能が格段に向上しており、走行時の最高時速は200キロ、航続距離は約700キロに伸びたという。 最新試作機「エアロモービル3.0」は重量わずか400キロで、折りたたんだ翼を広げると全幅は8メートル。燃料はガソリンで、1回の飛行でパリからミュンヘンに行くことが可能だという。 過去30年にわたり研究を重ねてきたという開発者は、実用的な空飛ぶ自動車の実現は目前だとコメント。…
 
 
  もっとも売れた新車は! 2015年の乗用車系車名別ランキングTOP10 (2016/1/31)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自販連が発表した「新車乗用車販売台数月別ランキング2015年」のTOP10に輝いたモデルの魅力をご紹介いたします。クルマの購入の参考にしてみてはいかがでしょうか?
 
 
  三菱自動車が新型MPVを世界初披露へ (2016/7/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  eKワゴン、eKスペースの生産再開、販売を開始した三菱自動車。 信頼回復の道のりは決して容易なものではないでしょうが、日産の力を借りながら復活するには新型モデルの存在も欠かせないでしょう。 燃費不正問題以前は…
 
 
  【意外と知らない】今ドキの新車に「ならし」は不要なのか?(2016/9/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ◇機械モノである以上やらないよりやったほうがいい=その昔、新車を買ったときの楽しみのひとつは「ならし」だった。ゆっくりと自分のモノにしていく感じといったらいいだろうか、中古車には真似のできない儀式だった。一方、今はというと、ならし不要という声は多いし、実際やらない人がほとんどだろう。やっても、せいぜい最初は多少控え目に運転するぐらいか。…
 
 
  マツダ、新型「CX-5」を世界初公開、17年2月に日本で発売 (2016/11/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マツダは16日、クロスオーバーSUVの新型「マツダ CX-5」を世界初公開した。2017年2月より、日本から順次導入を開始する予定。 新型「CX-5」は、車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)」の第1弾「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」を搭載すると同時に、ドライバーの思い通りとなる操縦性と、高い静粛性や乗り心地など同乗者の快適性を両立させた走行性能を発揮。ボディカラーには新開発の「ソウルレッドクリスタルメタリック」を初めて採用している。…
 
 
  レクサスがクルーザー『LEXUS Sport Yacht Concept』を世界初披露 (2017/2/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタが米で、LEXUSブランドの『LEXUS Sport Yacht Concept』を世界初披露/開発にはLEXUSチーフブランディングオフィサーであるトヨタの豊田章男社長も参画した/「F」や「LC」に採用のV型8気筒5Lエンジンを2基搭載、LEXUSの特徴を数多く備えた。
 
 
  新型レクサスLSを日本初公開=安全装備を充実−トヨタ (2017/6/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は26日、高級車ブランド「レクサス」の最高級セダン「LS」の全面改良車を日本で初披露した。今秋に発売する。5代目となる新型LSは、自動運転につながる最新の技術を搭載するなど安全装備を大幅に充実させた。 自動ブレーキだけでは衝突回避が難しい場合、ハンドルを自動操作して衝突防止を支援する機能を世界で初めて搭載した。日本仕様車には、海外に先駆け、高速道路などで車線変更時に方向指示装置を操作すると、車がハンドルや安全確認の動作を支援してくれる自動運転につながる技術も備えた。 ゆとりある車内空間を確保しながら、2人乗りクーペのようなスポーティーな外観デザイン。価格は未定。(全文)
 
 
  GM、キャデラックの新型SUV発表=10月28日発売、価格は668万円から=ビデオ (2017/7/14)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米ゼネラル・モーターズ(GM)の日本法人は13日、115年続く高級車ブランド「キャデラック」の新型スポーツ用多目的車(SUV)「XT5クロスオーバー」を東京都内で披露した。前モデルと比べ、90キロの軽量化を図り、燃費は10%向上。新たに車両設計を行い、車体のサイズは大幅に変更することなく、より広い室内空間を実現した。発売は10月28日。…
 
 
  「美し過ぎるセダン」アルファロメオの新生ジュリア、9月6日に日本デビュー! (2017/8/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジュネーブモーターショー16でワールドプレミアされたアルファロメオのスポーツセダン「ジュリア」。 同車は1962年に誕生、15年間に渡って生産されたアルファロメオの名車で、小型軽量な車体にスポーティなDOHCエンジンを搭載した高性能セダンとして人気を博していました。 その後、約40年の時が流れ、ジュネーブモーターショーで生粋のスポーツセダンを目指して開発された新生「ジュリア」が登場。4WDの「クアドリフォリオ」を頂点に、「スーパー」、ベースモデルの「ジュリア」の3グレードがワールドプレミアされています。 「スーパー」、「ジュリア」グレードはFR仕様となっており、8速ATを採用。…
 
 
  トヨタの最高級セダン「センチュリー」21年ぶり全面改良 HVに (2017/10/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は5日、同社の最高級セダン「センチュリー」を21年ぶりに全面改良すると発表した。同車種として初めてハイブリッド車(HV)にするほか、トヨタの衝突回避支援システムなどを採用して安全対策を強化する。27日に開幕する東京モーターショーで初展示し、2018年半ばに市販車を発売する予定だ。 ニッケル水素のバッテリーを搭載する。車の後席の空間に天井の中央部を上方へ一段高くへこませる「折り上げ天井様式」を採用。内装には専用の織物を使うなどして高級感を出す。衝突回避支援システムのほか、死角となる車の接近を感知して知らせる装置なども搭載し安全性を高めた。…
 
 
  トヨタ、新型クラウン初披露 ハイテク盛り込み来夏発売 (2017/10/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は25日、東京モーターショーの報道公開で、高級セダン「クラウン」次期型の試作車を初披露した。 2012年以来の全面改良となる。 設計を大幅に見直し、低速域から高速域までドライバーの目線がぶれない走行安定性を実現したという。また、車載通信機を全車に標準搭載。車両情報から故障を予知したり、渋滞の回避に役立てたりする。市販モデルは来年夏ごろの発売を予定している。(全文)
 
 
  新型センチュリーから見えた景色 降りようとして驚いた (2017/10/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は25日、東京モーターショーの報道公開で、3代目となる新型センチュリーを初披露した。1997年以来の全面改良で、ハイブリッド車(HV)へと生まれ変わった。 センチュリーは、皇室や政治家、財界トップ御用達として知られるトヨタブランドの最高級車。VIPが乗る後部座席は、より快適に改善された。 実際に乗ってみると、足を楽に投げ出すことができる広さに驚く。前輪と後輪のあいだの「ホイールベース」は2代目より65ミリ広がった。100%ウールの素材を採用した座席は、柔らかく心地よい。 運転席と助手席の背もたれの間には、モニターやブルーレイディスクプレーヤーが取り付けられている。さらに、後部座席中央のアームレストにはタッチパネルが埋め込まれ、オーディオの音量や空調を集中操作できるほか、頭や背中へのマッサージ機能も。長時間の乗車でも、体への負担を和らげる配慮が徹底されている。…
 
 
  プリウス誕生20年、上質な特別仕様車を発売へ (2017/11/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は1日、ハイブリッド車(HV)「プリウス」の誕生20年を記念した期間限定の特別仕様車を15日に発売すると発表した。… 車体は白と赤の2色。いずれも屋根は黒のツートンカラーにした。シート表皮に白色の本革を採用し、上質感を高めた。税込み価格は385万〜404万4400円。
 
 
  シボレー、755馬力の最強モデル「コルベット ZR1」を発表!(2017/11/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  シボレーから、新型「コルベット ZR1」が正式発表された/6.2リッターV型8気筒スーパーチャージドエンジンは、755馬力を発揮/発売は18年の春を予定していて、価格は約1370万円あたりではと予想される。
 
 
  レクサスRXに3列シートモデル追加…7人乗り=トヨタ自動車 (2017/12/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は7日、高級車ブランド「レクサス」のスポーツ用多目的車(SUV)「RX」に、3列シートの7人乗りモデル「RX450hL」を追加して発売した。 これまでより室内空間を広げ、3列目にかけて視点が高くなるように座席を配置して快適性を重視した。3列目専用のエアコンも備えた。3列目の座席は電動で格納できる。ハイブリッド車の四輪駆動のみで、価格は769万円(消費税込み)。…
 
 
高速道路開通ニュース
  志賀草津高原ルートが開通…噴火に負けず今年も (2018/4/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  群馬県草津町と長野県山ノ内町を結ぶ国道292号「志賀草津高原ルート」の冬季通行止め区間(23・1キロ)が20日午前、雪解けに伴い、例年通り開通した。 1月下旬に草津白根しらね山が噴火し、同ルートの一部は本白根山の火口から半径2キロの立ち入り規制区域にかかったが、3月中旬に噴火警戒レベルが3(入山規制)から2(火口周辺規制)に引き下げられ、規制区域は半径1キロに縮小。同ルートも規制対象から外れた。 この日、草津町側の入り口ではたくさんの車が列をつくり、標高約2000メートルの両県境にある「雪の回廊」に向けて出発。高さ約4メートルの雪の壁を車窓から楽しんだ。愛知県武豊町の会社員男性(37)は「噴火の影響を心配していたが、景色が素晴らしく、走れるだけで幸せ」と話していた。(全文)
 
 
クルマ関連情報
ロータス、エヴォーラ 400などを東京オートサロン2016に出展 (2016/1/7)
  Yahoo! 自動車   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Yahoo! の自動車情報サイトです。
 
 
  Workshop 2&4   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  バイクと車での経験等を元に「ユーザー車検」での流れと注意点を、経験談も交えて細かく整理して紹介しています。
 
 
  社団法人 日本自動車工業会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  JAMA ホームページ:自工会は1967年、自動車工業会と日本小型自動車工業会との合併により、自動車を製造するメーカーの団体として設立されました。また、2002年には、1958年に発足した自動車工業振興会、1947年に発足した自動車産業経営者連盟と統合しました。事業内容:(1)自動車の生産、流通、貿易及び消費に関する調査 (2)自動車の生産の合理化、生産技術の開発向上に関する施策の樹立及びその推進 (3)自動車の貿易及び国際交流に関する施策の樹立及びその推進
 
 
  トヨタ自動車株式会社 最新情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  メッセージ・基本理念:人、社会、環境との調和をめざして/当社は創業以来、“自動車をとおして豊かな社会づくり”をめざしてまいりました。そして私たちは、つねに国際社会から信頼される「良き企業市民」として、21世紀においても人や社会、地球環境との調和を図りつつ、長期安定的に成長していきたいと考えております。
 
 
  クルマの手続きガイド 〜自動車の豆知識〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各種自動車の手続き/車の査定豆知識/普通自動車の手続き/軽自動車の手続き/運転免許証の手続き/小型二輪の手続き/軽二輪の手続き/原付の手続き/自動車の手続きの必要性は?/
 
 
  若者のクルマ離れ、米国でも進む ネットや携帯が原因? (2012/9/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニューヨーク(CNNMoney) 米国の新車購入者に占める18〜34歳の割合が、過去5年で30%落ち込んでいることが、自動車販売サイトを運営する米エドムンド・ドット・コムのまとめで分かった。… さらに大きな要因として、インターネットのソーシャルメディアの台頭に伴い、車を持つことの社会的重要性は薄れている。車に乗って出かけて行かなくても、ネットを通じて人と会ったり交流したりできるようになり、「かつて我々が車でやっていたことを、今の若者はインターネットでやっている」と専門家は分析する。
 
 
  トヨタ会長が反日デモに“名言” (2012/10/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【名言】やっぱトヨタの社長カッコいいわ! 反日デモで日本車が壊されたことに対し「自分が殴られたような痛みを感じた」 : 日産やマツダなど、日本を代表する自動車メーカーは数多くあるが、トップである豊田章男社長がプロのレーサーになるほどクルマ好きとして知られているのが、『トヨタ』である。 その豊田会長が中国の反日デモにより壊された日本車を想って会見時に発言した内容が、短いながらもあまりにもカッコよすぎるのでご紹介したいと思う。その内容は以下のとおりだ。…
 
 
  中国の日本車ボイコット、ツケは中国に跳ね返る? (2012/10/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  香港(CNNMoney) 尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権問題をめぐって中国で広がっている日本車の不買運動のつけは、日本の自動車メーカーだけでなく、中国の工場やディーラーにも及ぶと専門家が予想している。 中国では9月の日本車販売が35〜50%の落ち込みを記録し、トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、三菱自動車、マツダの各社とも打撃を受けた。 しかし、中国で販売される日本車と製造に使われる部品の大部分は、中国の工場で、中国の労働者が生産している。完成した車を扱うディーラーも多くは中国人が経営し、営業担当者も中国人だ。…
 
 
  好みの車体の色は「白」が首位 次に黒、シルバーなど 米国 (2012/10/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米の自動車塗料企業PPGは10日、車を昨年購入した米国人が選んだ車体の色彩で白が21%を占めて首位だったと報告した。白を好む比率は約10年前と比べ同水準だった。 2位は黒の19%、シルバーとグレーのそれぞれ16%が続いた。逆に人気がなかったのは緑の2%などだった。 世界的に見た場合は、白が22%とトップで、シルバーが2位で20%、黒19%、グレー12%、赤9%、青7%、緑2%でその他が1%だった。…
 
 
  空飛ぶ車、ヘリコプターのような離着陸を視野に開発へ 米社 (2013/5/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  飛ぶ自動車といえばSFではおなじみだが、時間旅行と同じくらい現実離れしたコンセプトだった。米マサチューセッツ州に本社を置くテラフギア社は、それを現実のものにしようとしている。 テラフギアは5日、垂直離着陸できる自動車「TF−X」の開発に向けた予備調査に着手したと発表した。TF−Xは、4人乗りのプラグインハイブリッド車になる予定だという。 カール・ディートリック最高経営者(CEO)は「わが社は空飛ぶ自動車産業の創設をリードし続けることに強い意欲をもっている」と言及。…
 
 
  米国社会の「自動車離れ」、今後さらに加速へ=報告書 (2013/5/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米消費者団体などが14日発表した報告書では、米国ではガソリン価格上昇や景気低迷などにより、若者を中心に「自動車離れ」が進んでいることが浮き彫りとなった。 同報告書は、消費者団体の公共利益調査グループ(PIRG)とシンクタンクのフロンティア・グループがまとめたもの。米政府の幹線道路拡張計画はこうした傾向が考慮に入っていないと警鐘を鳴らしている。…
 
 
  新型ヘッドライトの認可求める〜トヨタ、米政府に嘆願 (2013/5/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オートモーティブ・ニューズによると、既に欧州で採用が認められている新型ヘッドライトは、カメラを通じて対向車を発見すると、自動的にハイビームの一部をロービームに切り換えることで、対向車のドライバーの視界を拡大するしくみだ。 トヨタはこれまで、欧州と日本で計1万6600台に新技術を搭載したが、1999年を最後に改正されていない米国の規制下では禁止されている。メーカー各社は長年、夜間運転中の安全に必要な技術であると訴えてきた。…
 
 
  トヨタ、夜勤を免除 製造現場の育児両立支援 (2013/6/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車が昼夜交代制の国内製造現場で働く従業員の仕事と育児の両立を支援するため、夜間の勤務を免除する新制度を9月に導入することが5日、分かった。夜間勤務は幼児を抱える従業員の負担が大きく、主に女性従業員が働き続けられる環境を整備する。… 自動車工場では早朝から夕方までの日勤、夕方から深夜までの夜勤の2交代制が一般的。新制度の対象者は常に日勤になり、保育所の送り迎えや子どもの夜間の世話がしやすくなる。2011年10月から一部の工場で試験的に実施していた。
 
 
  英国の高速道路で100台以上が玉突き事故、現場には濃い霧 (2013/9/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロンドン東部の高速道路で5日午前7時20分ごろ、100台以上の車が絡む玉突き事故があり、これまでに35人が病院に運ばれた。8人が重傷だという。 現場はシェピー島と本土をつなぐ道路で、目撃者によると、事故当時は濃い霧がかかっていたという。…
 
 
  韓国で注目、日本で珍しい日本車 (2014/5/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「自動車の海、世界を抱く」という主題で今月29日から11日間にわたって開催される「2014釜山国際モーターショー」(BIMOS 2104)が最終リハーサルを終え、開幕に向けてのカウントダウンに入った。今年は初参加となる光岡自動車に注目が集まっている。複数の韓国メディアが報じた。 今年のモーターショーは、ベクスコ新館、本館展示場、屋外展示場で29日から6月8日まで開かれる。29日はプレスデーとして運営し、一般は開幕式が行われる30日から6月8日まで観覧が可能。 今回は日本から、光岡自動車が初参加する。…
 
 
  三輪自動車で英ロンドンへ、インド男性が1万キロの挑戦 (2014/7/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   インド南部バンガロールに住む男性が、来年に三輪自動車のオートリクシャで英ロンドンまで到達する約9600キロメートルの旅を計画している。通過国は10カ国に上り、旅行の模様はドキュメンタリーとして撮影される予定。 ロンドンへの旅を計画しているのは電気技師のナビーン・ラベリさん(33)。電気自動車の製造企業を退職してから2年間、リクシャに改造を重ねてきた。 インド各地で目にするオートリクシャは通常ディーゼルを使うが、ラベリさんのリクシャは電気と太陽光発電を使用。旅を通じて環境に優しい移動方法を広めたいとしている。…
 
 
  世界にわずか3台 「ジェットエンジン」で走る車=ビデオ (2014/11/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ガスタービンエンジンを搭載した「クライスラー・ターバイン」は1963年に製造された。現在でも走ることの出来るターバインはわずか3台だけだという
 
 
  空飛ぶ車「エアロモービル」=ビデオ (2015/3/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スロバキアのエアロモービル社は、空飛ぶ自動車「エアロモービル3.0」を2017年に売り出す計画を明らかにした。車と航空機用の現存するインフラを使用でき、翼は折りたたんで車のように駐車できる。(全文)
 
 
  「空飛ぶ車」、2017年にも登場? 世界のメーカーが開発競争 (2015/5/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界各国の小規模メーカーが、他社に先駆けて「空飛ぶ車」を発売しようとしのぎを削っている。本格生産が始まるとみられる2017年が、同業界にとっての転機になりそうだ。 一部のメーカーを挙げただけでも、米テラフギア、スロバキアのエアロモービル、米モラー・インターナショナル、オランダのパルVなどの各社が、数年以内に空飛ぶ車の製造販売に乗り出そうとしている。…
 
 
  アングル:三菱重の水陸両用車、米海兵隊が関心 (2015/6/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   三菱重工業が研究を進める新型の水陸両用車に、米海兵隊が関心を示している。これまで突破できなかった技術的な壁を超えらえる可能性があるとして、特にエンジンに注目。 海兵隊向け次期車両の開発に携わる英BAEシステムズと米ゼネラル・ダイナミック(GD)が、それぞれ三菱重と協業を模索している。 <水中の速度と陸上の機動性><海兵隊、年末までに2社に絞り込み><AAV7は「旧式すぎる」>
 
 
  ホンダ苦境 「新車を大量放置」 (2015/7/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホンダは造っても売れない状態で、新車も大量放置している状態だという/2015年1〜6月の国内販売台数は前年同期比17.9%の減少で、落ち込み率は2位/新車の保管場所は6ヵ所程あり、1ヵ所に3000〜5000台が置かれているとも。
 
 
  78年間同じ車に乗り続けた男性 (2015/7/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  78年間も同じ車に乗り続けた男性を紹介している/1928年に父親にロールスロイスをもらい、2005年に他界するまで乗り続けた/ロールスロイス社は感謝の意を表して、1994年に賞を贈っている。
 
 
  球界のカーマニア達が乗る愛車 (2015/8/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  プロ野球選手が乗っている車を紹介している/ソフトバンクの松坂大輔は約3000万円のフェラーリ599を所有/中日の山本昌のランボルギーニミウラ400SVは市価1億円という。
 
 
  ホンダの人気車を作った27歳社員 (2015/8/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中高年のセカンドカーとして圧倒的人気のホンダ「S660」/開発した27歳の社員は、入社4年目の社内コンペで提案してグランプリを獲得/「乗っていて楽しいクルマをコンセプトに作り上げました」と語っている。
 
 
  85年前の車でドライブしてみた (2015/8/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  85年前に製造されたA型フォードを、筆者が東京の街で運転している/実際に走行すると、東京の舗装路でも車の揺れはひどかったとのこと/街中で車を止めると、モノ珍しさから歩行者から声をかけられたという。
 
 
  DeNA社長が自動車に進出する理由 (2015/8/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  DeNA社長が自動車事業に参入しようと考えた理由について言及/産業規模が大きく、車の作り方が根本から変わる可能性があるからだそう/また、ネットプレーヤーとして強みを生かした役割を果たすためだともという。
 
 
  こども自動車が50年ぶり復活 (2015/8/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産のこども自動車「ダットサン・ベビイ」が復元された/「こどもの国」の倉庫にあった1台が発見され、日産の有志が再生/50周年を迎えるこどもの国で展示され、日産イベントでも公開される。
 
 
  VWが本気でベビーカー作った結果=ビデオ (2015/8/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フォルクスワーゲンがデザインした「ベビーカー」が話題になっている/自動走行やブレーキ機能、さらに自動追尾システムまで付いているとのこと/追尾システムは、大人がジョギングするくらいのスピードまで出るという。
 
 
  前代未聞 中国の高速渋滞=ビデオ (2015/10/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国の高速道路料金所の映像を紹介している/大型連休における、郊外から北京に入る高速道路料金所の列だという/動画タイトルのとおり、「世界最悪の渋滞」だと筆者。
 
 
  意外と簡単!? クルマのシート掃除方法 (2015/10/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クルマは決して安い買い物ではありません。乗る回数が少ないのにクルマを購入する人はいないと思います。 クルマに多く乗るからこそ汚れやすいのがクルマのシート部分。考えてみたら、乗るたびに1番身体と接触するところでもあります。 今回はそんなクルマのシートの掃除方法を紹介していきます。…
 
 
  車のナンバーに使われない平仮名 (2015/10/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平仮名の「へ」が、車のナンバーに使われない理由を紹介している/「へ」は「屁」、つまりおならをイメージさせるから適切ではないとのこと/他に車のナンバーに使われない平仮名は「お」「し」「ん」の3つ。
 
 
  年300回以上も車にひかれるスタントウーマン (2015/10/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  16日のテレビ番組で、年間300回以上も車にひかれる女性が登場した/女性は、ドラマや映画で危険なシーンを代役するスタントウーマン/学校などで交通安全教室の講師として、事故の恐ろしさを再現しているという。
 
 
  今年の交通事故死者数が3000人を超えたのは… (2015/10/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今年の交通事故死者数が3000人を超えたのは今月8日である。これで政府が掲げた「2015年までに3000人以下とする」という目標(第9次交通安全基本計画・15年度まで5年間)は達成できないことに。…
 
 
  アフリカ歴訪のローマ法王がホンダ車で登場 (2015/11/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アフリカを初歴訪中のフランシスコ・ローマ法王は26日、ケニアの首都ナイロビ市内を高級リムジンではなく小型のホンダ車でパレードし、政治家や官僚の汚職にうんざりしている市民から大きな喝采を浴びた。 地元メディアの報道によると、ローマ法王が乗ったホンダ車の値段は、150万シリング(1万4700ドル、約180万円)だという。…
 
 
  日本人と中国人 車の寿命の違い (2015/12/25)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本人の車が中国人の車より長持ちする理由について中国メディアが報じた/日本人が、自動車のメンテナンスに関する知識が豊富なことが理由だと指摘/中古車市場もレベルが高く、信用して売買できる環境があると分析した。
 
 
  ボルボ:自動車のキーを2017年に完全廃止へ 世界初 (2016/2/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ボルボが19日、2017年に車のキーを完全に廃止すると発表した/スマホのアプリによるデジタルキーでロック解除やエンジンを始動させる/従来のキーを望む顧客に対しては、通常のキーが納車の際に手渡される。
 
 
  「木製」のコンセプトカー登場。トヨタと住友林業がコラボ (2016/3/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  4月12日(火)〜17日(日)に伊ミラノで開催されるデザインウィーク2016(ミラノサローネ)に、トヨタ自動車が住友林業とのコラボで製作したコンセプトカー「SETSUNA(刹那)」を出展するそうです。…
 
 
  春休みのドライブに欠かせない!?…カーグッズ5選 (2016/3/31)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  春休みにも入り、家族でクルマでドライブに出掛けることも多いのではないでしょうか? ですが、春休みとなるとどうしても道が混んでしまうというのはお決まりの出来事。そんな渋滞を少しでもいい気分に過ごすための、オススメのカーグッズを紹介していきます。…
 
 
  意外な方法ほど実は効く!? 変わった乗り物酔い対策10選 (2016/5/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クルマ移動で困るのが”クルマ酔い”。まったく乗り物酔いをしない人がいる一方で、酔い止め薬などの対策をしないとクルマに乗れない人もいます。 今回はそんなクルマ酔い対策でも、ちょっと変わった酔い止め対策を紹介します。…
 
 
  車名も社名もスバルに!⇒「株式会社SUBARU」 (2016/5/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「スバル」ブランドの自動車で知られる富士重工業が、ついに社名変更を決断しました。すでに、汎用機器の「ロビン」ブランドを廃止して久しく、スバルに統一している同社ですが、ついに「SUBARU(発表によれば全角・大文字)」という社名に生まれ変わるというわけです。 富士重工業の源流といえる中島飛行機(最初の社名は 飛行機研究所)の創設が1917年ということもあり、100周年を記念した社名変更により、さらにブランド力をアップさせようという狙いといえます。…
 
 
  車の上で快適睡眠ルーフテント=拡大画像3枚 (2016/6/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  株式会社ブレイズは、最近話題となっている軽自動車キャンピングカーに取り付け可能な「ポップアップルーフテント」を5月31日に発売しました。 ◇空間も広く、開放感に溢れている キャンピングカーといえど、軽自動車では大人4人が車内で寝るのは難しいですよね。大人だったら2人が限界ではないでしょうか。 ですが、ルーフテントがあればこの場所でも就寝することが可能になり、2人までの人数制限が一気に4人までに広がります。…
 
 
  日産・ゴーン社長の報酬、2年連続で10億円超 (2016/6/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産自動車は22日、横浜市で株主総会を開いた。カルロス・ゴーン社長は三菱自動車との資本・業務提携について、「世界販売は年間950万台に上ることになる。日産と三菱自の双方にメリットをもたらす」と意義を強調した。 日産は10月頃に三菱自株34%を約2370億円で取得し、傘下に収める。日産と資本提携する仏ルノー、三菱自を合わせた販売台数は、世界3位のゼネラル・モーターズ(約984万台)に迫る規模になる。…
 
 
  車の寿命を縮める運転とは? (2016/7/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自動車はどんどんと高性能になってきています。そのため自動車自体の寿命も昔と比べて延びており、故障の頻度も減っているのだとか。 とはいえ、大切な愛車は長く大事に乗りたいですよね。今回は思わずやってしまいがちな、クルマの寿命を縮めてしまう行動を紹介していきます。…
 
 
  磐越道・新津ICで「一度降りて給油」OK ETC車限定 (2016/7/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NEXCO東日本はETC車を対象に「路外給油サービス」の社会実験を行うと発表した/高速道路外で給油し再び戻っても、連続して走った場合と同額に調整するというもの/磐越自動車道の新津IC(新潟市)で、7月16日から1年間、実施される。
 
 
  運転マナー(都道府県別)最悪ランキング発表! (2016/7/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  47の都道府県のうち、地元のドライバーが交通マナー(クルマの運転マナー)を守れていないという評価が最も多いのは香川県で、次点は徳島県。こんな意識調査を日本自動車連盟(JAF)がまとめた。 調査は6月15日〜30日の16日間、JAFのWebサイト上で実施し、6万4,677件の有効回答を集めた。…
 
 
  シートベルト警報音装置の設置義務が後部座席にも拡大 (2016/7/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国土交通省が、シートベルト未着用で走り続けた場合に警報音が鳴る「シートベルト・リマインダー」の全席装着を義務化する方針を固めたそうです。 後部座席でシートベルトを着用せずに事故で死亡するケースが多いため、安全上の観点から後部座席についてもシートベルトの着用を義務付けており、高速道路で未着用が判明した場合、罰則で減点(-1点)を伴います。 ただ一般路の場合、口頭注意のみで罰則・罰金の設定が無いため、着用率が上がっていないのが実情のようです。 とはいえ…
 
 
  日本初の名車の祭典「オートモビル カウンシル 2016」が幕張メッセで開催へ(2016/7/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国内外の自動車メーカー9社とヘリテージカー専売店19社が一堂に会するイベントが開催 /往年の名車を展示、紹介するだけでなく、憧れの名車も含め、書籍やグッズなどの販売も/テーマは「クラシック・ミーツ・モダン」、クルマの魅力を多くの人々に訴えていく。
 
 
  「スバル360」が2016年の機械遺産に決定 (2016/7/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「てんとう虫」の愛称で親しまれていた「スバル360」が機械遺産に選ばれた/機械遺産とは、技術面で歴史的意義のある機械を遺産として認定するもの/ネット上では「あんなにかわいい車はない」と喜びの声があがっているという。
 
 
  炎天下で…車内温度を素早く下げる効果的な方法 (2016/7/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏場の車内は太陽光で加熱されており、乗り込むのが辛いもの。 夏場の車内は太陽光で加熱されており、乗り込むのが辛いもの。 ボディ色が濃色系の場合、淡色系に比べてさらに車内温度が+5℃程度上昇する模様。 そこで、JAFは今回、高温になった車内温度を早く下げるための検証結果をHP上で公開しました。…
 
 
  顔認識でわき見・居眠り運転を警告…ユピテルが「オキテ」発売 (2016/8/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  わき見・居眠り運転警報器「OKITE(オキテ)EWS-CM1」が発売される/本体のカメラが顔の向きやまぶたの開閉を検出して各種危険をブザー音で警告/ブザー音が鳴っても目を閉じたままの場合、さらに強いブザーで注意するそう。
 
 
  長時間の運転で眠くならない方法 (2016/7/31)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夏休みの旅行などで使える、長時間ドライブ時の眠気対策を紹介している/思い切ってパーキングエリアで休憩し、身体を動かしたり仮眠を取る/歌を歌ったり、同乗者とおしゃべりすることも眠気を覚ますことに繋がるそう。
 
 
  【今さら聞けない】ユーザー車検って何? (2016/8/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  費用面での負担を軽減できる「ユーザー車検」を紹介している/検査する項目は7つのみで、クルマに乗ったまま指示に従うだけだそう/問題なければ10万円を大きく切ることは簡単で、時間も半日もかからないそう。
 
 
  車が9階建てビルから転落、ケーブル絡まり空中停止 (2016/9/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米テキサス州で、9階建てビル屋上の駐車場から車が転落する事故があった/車体は、駐車スペースの転落防止用のケーブルにからまって空中で停止/乗っていた男性は車のサンルーフ部分から脱出し、けがはなかった。
 
 
  教習用のトヨタ自動車コンフォートを個人購入 総額216万円で助手席ブレーキは封印 (2016/10/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  教習用として開発されたトヨタ自動車コンフォートを購入した人物がTwitterで話題に/職場の同僚の後押しもあり購入へ至ったといい、本体価格は180万2520円で総額216万円/教習車仕様のため助手席にもブレーキが付いているが、そちらは封印されている。
 
 
  中国、世界一標高が高いトンネル完成、正式開通は17年から―インド紙 (2016/11/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2016年11月12日、参考消息網によると、インド紙ニュー・インディアン・エクスプレスは、中国四川省成都市からチベット自治区のラサへと至る「川蔵公路」に、世界一標高が高いトンネルが完成したと報じた。 完成したトンネルは全長7キロ。上下とも1車線ずつ確保され、四川省からチベットへの所要時間が2時間短縮されることになる。正式に通行できるようになるのは17年からだという。…
 
 
  マツダの自動車に「恐るべき匠の精神」を見た! 強烈かつ衝撃的な体験=中国 (2016/12/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本メーカーの温水洗浄便座の爆買いをきっかけに、中国では「日本製品の品質が高いのは日本人が匠の精神を持っているから」という見方が広まった。近ごろは「中国人も匠の精神を持っている」という主張が増えつつあるものの、そうした主張が事例として挙げる分野は往々にして「中国伝統文化」に限られたものであることが多い。 しかし、中国メディアの捜狐はこのほど、日本人の匠の精神は伝統文化のみならず、最先端の現代工業においても発揮されていると主張。その事例としてマツダの自動車技術を取り上げ、マツダの車には「恐るべき匠の精神」が反映されていると主張した。…
 
 
  GMに制裁金34億円=米企業狙い撃ち−中国 (2016/12/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国の上海市物価局は米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)の現地合弁会社に対し、独占禁止法違反で2億元(約34億円)の制裁金支払いを命じることを決めた。中国メディアなどが23日、報じた。 中国当局は7日、米医療機器大手に独禁法違反で1億1850万元の制裁金を科しており、米企業を狙い撃ちにした摘発は、対中強硬姿勢を強めるトランプ次期米大統領へのけん制との見方が出ている。 GMの合弁会社は2014年以降、高級車「キャデラック」などで自由な販売価格設定を妨げたとされる。ロイター通信によると、GMは「現地の法規を尊重する」と説明し、制裁金支払いに応じる意向を示した。(全文)
 
 
  車のナンバーにアルファベット、来年春ごろから交付 (2016/12/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  車のナンバーにアルファベットが登場します。国土交通省は自動車のナンバープレートの地名の右側にある分類番号の下2桁にアルファベットを使い、交付できるナンバーの数を増やすことを決めました。 「希望ナンバー制」で特定の数字に人気が集中し、来年度中にも希望のナンバーが取得できなくなるおそれがあるためだということです。 分類番号にはZやI、Oなどは数字と間違えやすいため使わず、AやX、Yなどの10文字程度が使われます。アルファベットが入ったナンバープレートは来年春ごろから順次、交付されます。(全文)
 
 
  「トヨタ1強」時代の始まり 2016年クルマ業界振り返り (2016/12/31)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2016年を振り返って、世界の自動車産業にとって最大の変化は何だったかを考えると、年初のダイハツ完全子会社化から始まったトヨタの巨大アライアンス構築だろう。 2015年5月に突如マツダとの業務提携への基本合意を発表して以来、明くる2016年8月には前述のダイハツの完全子会社化を終え、すかさず10月にはスズキとの提携検討開始を発表した。アライアンスは、まだまだ詳細未定の部分が多いが、それでも、各社の社長が公式に記者会見を開いた意味は大きい。トヨタは自動車メーカーのハブになろうとしている。…
 
 
  自動車免許が3月12日から新制度へ 普通免許で2トン以上が運転不可に (2017/1/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  3月12日から新しい免許制度が施行される/普通免許では、最大積載量2トン以上の自動車は運転できなくなるとのこと/わずか1日でも免許取得が遅れると運転できるクルマに大きな差がうまれる。
 
 
  トヨタ自動車.豊田社長...ペンス次期米副大統領と会談 (2017/1/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車の豊田章男社長が訪問先の米国で10日にペンス次期米副大統領と会談したことが11日、分かった。トヨタが「米国社会の良き企業市民」として、今後も米経済の発展に貢献していく方針を伝えたもようだ。 豊田社長は米デトロイトで9日に開幕した北米国際自動車ショーで、今後5年間で米国に100億ドル(約1兆1600億円)を投資する考えを明らかにしていた。(全文)
 
 
  高齢者、免許返納の決め手になるか バス半額、タクシー1割引 (2017/2/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高齢者のドライバーが引き起こす交通事故が絶えないなか、高齢者に自動車運転免許証の自主返納を促す取り組みが広がっている。 高齢になると、運動能力や判断能力が衰えてくる。その一方で、運転免許を保有する高齢者は増えており、65歳以上の保有者は1710万人(2015年末時点、警察庁調べ)と全体の2割を占めている。 高齢ドライバーの8割が運転免許の返納に消極的…
 
 
  車止め:大学院生が謎を解明 (2017/2/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  リスやゾウなどの動物に幾何学デザイン−−。いずれも、大阪府吹田市と豊中市にまたがる「千里ニュータウン」の住区の一つ「新千里北町」の車止めだ。町ができた半世紀前、なぜこれほどバラエティーに富む車止めが置かれたのか。地元住民も知らなかったこの謎の解明に、一人の大学院生が挑んだ。見えてきたのは、町の設計者が車止めに込めた思いだった。 調べたのは、近畿大大学院で建築計画を学ぶ武部俊寛さん(24)。千里ニュータウンの研究をする中で新千里北町の車止めに興味を持ち、修士論文のテーマに選んだ。…
 
 
  日産のゴーン氏、社長退任へ…後任に西川広人副会長 (2017/2/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産自動車は23日、4月1日付でカルロス・ゴーン会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)(62)が社長とCEOを退き、西川さいかわ広人副会長兼共同CEO(63)が社長兼CEOに就く人事を発表した。 ゴーン氏は代表権のある会長となる。今後、仏ルノー、日産、三菱自動車の会長として、グループ経営に専念する。ゴーン氏は経営難に陥った日産を再建するため、1999年から18年にわたり、日産を率いてきた。社長とCEOを退くことで、同社の経営は大きな節目を迎える。…
 
 
  燃費の良い乗用車「普通・小型」首位はプリウスに 国交省が2016年のベスト10発表 (2017/3/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国土交通省が、2016年末時点で販売されている乗用車の燃費ベスト10を発表。普通・小型自動車部門は、トヨタ「プリウス」が40.8km/Lで首位でした。 「軽」はスズキの「アルト」がトップ  2017年3月29日(水)、国土交通省が、2016年末時点で新車として販売されている乗用車の燃費(JC08モード燃費値)ベスト10を発表しました。その内容は次のとおりです。 ◇普通・小型自動車ベスト10/軽自動車ベスト10/普通・小型自動車ベスト10(ハイブリッド車除く)
 
 
  マツダ、簡易なしくみで独自HV 18年度から採用 (2017/4/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マツダは28日、加速時のエンジンをモーターが助け、燃費性能を上げる「マイルドハイブリッドシステム」を、独自に開発したと発表した。2018年度に売り出す車から採用するという。 マツダは現在、提携するトヨタ自動車からハイブリッド車(HV)の技術をもらい、小型車アクセラに載せて販売している。独自開発したのは、これよりも簡易なしくみだ。小飼雅道社長は、「(トヨタのシステムを使い続けるかどうかは)今後検討したい」と語り、HV技術は独自に開発していく可能性を示した。…
 
 
  「ご当地図柄」入りのナンバープレート、2018年10月ごろから交付へ 導入地域を募集 (2017/5/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地域の風景や観光資源を図柄に取り入れたナンバープレートが登場。2017年9月から、その導入地域の募集が始まります。 国土交通省は2017年5月30日(火)、風景や観光資源の図柄を取り入れたナンバープレートの導入地域を募集すると発表しました。 これまで、2019年開催のラクビーワールドカップなどを盛り上げるために特別仕様のナンバープレートが導入されていますが、新たに、地域振興や観光振興を目的とした“ご当地図柄入り”のナンバープレートも導入されます。…
 
 
  クルマ左折時の幅寄せが危険視されるワケ 安全のためのルール、なぜトラブルの火種に (2017/7/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クルマが左折する際の幅寄せは、車道を走る自転車にとって危険という意見があります。そもそも、左折時の幅寄せにはどのような意味があるのでしょうか。…
 
 
  東京五輪、選手の車は渋滞スルリ 新システムを開発へ (2017/7/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  24日で開幕まであと3年となる2020年東京五輪開催期間中の交通渋滞を避けるため、すべての関係者用のバスや乗用車などをインターネットにつなぎ、警察や道路管理者がそれぞれ持っている渋滞・事故情報も一元管理して運転手に最適なルートを指示する新システムが導入されることになった。IT(情報技術)を駆使して輸送を管理するのは五輪史上初めてで、閉幕後は災害時に緊急車両を効率的に動かすシステムに転用して、大会のレガシー(遺産)とする方針だ。 会組織委員会と東京都が、国際オリンピック委員会(IOC)のスポンサーである米ゼネラル・エレクトリック(GE)とトヨタ自動車と一緒に開発を進めており、「IoT」(モノのインターネット)を活用する。… ◇輸送、酷暑、経費 東京五輪に立ちはだかる三つの課題。
 
 
  「世界一安全な道路」目標…自動運転技術を活用 (2017/7/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  警察庁は25日、2017年版警察白書を公表した。 「交通安全対策の歩みと展望」と題した特集で、自動運転技術を活用し、「世界一安全な道路交通を実現する」とする目標を打ち出した。 自動車メーカーなどは現在、遠隔操作による自動運転技術の開発を進めており、警察庁は今夏にも、警察官が事前に安全性を確認するなどの条件付きで、公道実験を認める方針。高齢ドライバーを対象に、次世代型自動ブレーキを搭載した「安全運転サポート車」限定の運転免許導入も検討されている。…
 
 
  温かみがある「コンパクト・メルセデスのステーションワゴン」 (2017/8/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クルマは工業製品だけれど、どことなく手作り感が好まれる時代でもある。とりわけクラフト的な感覚にひかれる若い層が、このメルセデス・ベンツのステーションワゴンを好むのは、時代のトレンドなのかもしれない。 1977年に発表されたモデルで、困ったことに正式な呼び名がない。当時このコードネームW123シリーズはコンパクト・メルセデスと通称されたので、そのステーションワゴンと呼ぶしかない。 少し詳しいひとなら、たとえば300TDと聞けば、排気量は3リッターで、ボディーはツーリング(当時のメルセデスのラインアップではステーションワゴンを意味した)で、エンジンはディーゼルだとわかったが。…
 
 
  英と仏、相次いで2040年以降、エンジン車の販売を禁止と発表 (2017/8/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英国、フランスの両政府が7月、相次いで2040年以降、エンジン車の販売を禁止すると発表した。16年には、ドイツの連邦議会が30年までにエンジンの新車販売を禁止する決議案をすでに採択している。スウェーデン自動車大手ボルボ・カーも19年にすべての新車を電動化すると発表。なぜ、今、各国政府や自動車メーカーが「脱エンジン」宣言を表明するのか。モータージャーナリストの御堀直嗣氏が解説する。 ◇ディーゼル車を愛好する欧州人/環境性能の低いディーゼル車が走る/パリの大気汚染は北京並み/「パリ市内でディーゼルエンジン車の走行を禁止する」/10年先に実施する「脱エンジン」を表明する理由/消費者の意識改革/マンションで充電ができない/電気自動車だけじゃない、米テスラ社が抱く野望/トヨタがプリウスに太陽光システムを付けたワケ
 
 
  ホンダ「生産の進化を日本で」 埼玉県寄居町集約を発表 (2017/10/4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホンダ(7267)は4日、2021年度をメドに狭山工場(埼玉県狭山市)の車両生産を寄居工場(同寄居町)に集約すると発表した。自動車の電動化をにらみ、新技術に対応した生産体制を構築する。同日午後に記者会見した八郷隆弘社長は「国内生産とグローバル生産の進化を日本で行う。従来に増して日本での生産を強化する」と語った。(全文)
 
 
  新名神、神戸―川西間が開通へ 渋滞回避、高まる期待 (2018/3/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新名神高速道路の川西インターチェンジ(IC)―神戸ジャンクション(JCT)間(16・9キロ)が18日午後3時に開通する。中国自動車道や周辺一般道の渋滞緩和のほか、沿線市町では観光や物流の振興など、地域活性化の起爆剤になることが期待されている。 ◇SA 宝塚らしさ満載 開通に伴い、兵庫県宝塚市北部の西谷地域に西日本最大級となる宝塚北サービスエリア(SA)=同市玉瀬=がオープンする。SAに隣接して設置された宝塚北スマートインターチェンジ(IC)の供用も始まる。 西日本高速道路によると、宝塚北SAは上下線のどちらからでも乗り入れできる。建物全体の外観は、市中心部にある「花のみち」周辺の南欧風景観をイメージした「宝塚モダン」がコンセプト。店舗棟にはフードコートやカフェがあり、西日本のSAで初めての店もある。 宝塚ゆかりの漫画家手塚治虫や宝塚歌劇のグッズを販売。常緑樹を刈り込んで作った「鉄腕アトム」と「火の鳥」のトピアリーも設置する。女性トイレにはシャンデリア風の照明やパウダーコーナーを設けるなど、随所に宝塚らしさを演出したという。 ETC搭載車のみが利用できるスマートICは、総事業費が約9億5千万円。このうち約2億円は、市が西谷地域の活性化をめざして負担した。 西谷は市域の約3分の2の面積…
 
 
  マツダCX―8「最も安全」 事故対策機構が性能を評価 (2018/5/31)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2017年度に売り出された国産車のうち、安全性能が最も高いのはマツダの「CX―8」。そんな評価を独立行政法人の自動車事故対策機構が31日、発表した。 この評価には衝突安全と予防安全の両分野がある。マツダの大型SUV(スポーツ用多目的車)「CX―8」は、両分野でともに最高点だった。開発を担当した松岡英樹主査は「マツダがめざす、社会にやさしいクルマづくりが正しかったと実感できた」と話す。 両分野のうち衝突安全の分野では、三つの性能を評価する。歩行者の頭や足の保護、クルマに乗っている人の衝突時の保護、シートベルトの着用警報装置の三つだ。 性能ごとの基準を三つとも満たした車種は、「ファイブスター賞」の受賞をアピールできる。 17年度はトヨタ自動車のタクシー用車「ジャパンタクシー」、ホンダの軽自動車「N―BOX」、日産自動車の電気自動車「リーフ」などが受賞した。 17年度はトヨタ自動車のタクシー用車「ジャパンタクシー」、ホンダの軽自動車「N―BOX」、日産自動車の電気自動車「リーフ」などが受賞した。 機構は、安全な車の普及を後押しすることを狙い、この評価を1995年度に始めた。(全文) ◇⇒衝突安全の評価上位5車種
 
 
  GM、新CFOに39歳のインド出身女性 (2018/6/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米ゼネラル・モーターズ(GM)は13日、ディビア・スリヤデバラ副社長=写真=が9月1日付で最高財務責任者(CFO)に昇格すると発表した。インド出身の39歳で、GMがCFO職に女性を起用するのは初めて。メアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)とともにモビリティ(移動)サービス企業への変革を指揮する。 米ゼネラル・モーターズ(GM)は13日、ディビア・スリヤデバラ副社長=写真=が9月1日付で最高財務責任者(CFO)に昇格すると発表した。インド出身の39歳で、GMがCFO職に女性を起用するのは初めて。メアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)とともにモビリティ(移動)サービス企業への変革を指揮する。  スリヤデバラ氏はインドのマドラス大学を卒業後、米ハーバード大学で経営学修士号(MBA)を取得した。2005年にGMに入社してからは財務部門を歩み、17年の独子会社オペルの売却や、今年5月に発表したソフトバンク・ビジョン・ファンドによるGMの自動運転技術開発子会社への出資などで重要な役割を果たしたという。 現CFOのチャック・スティーブンス氏は退任後、19年3月まで顧問として残る。GMでは現社長のダン・アマン氏が11年に38歳でCFOに就任した例がある。(全文)
 
 
クルマ販売・収益情報
  トヨタ営業利益2.2兆円 円安で過去最高水準 (2013/11/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は6日、2014年3月期の本業のもうけを示す連結営業利益予想(米国会計基準)を従来の1兆9400億円から2兆2000億円に上方修正した。2兆円を上回るのは6年ぶり。…
 
 
  トヨタの9月中国販売台数は前年比+26.1%、伸びが大幅に加速 (2014/10/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は8日、9月の中国自動車販売(合弁会社含む)が前年同月比26.1%増の約9万1100台になったと発表した。8月は8.9%増加、7月は1.1%減少していた。 1─9月の中国自動車販売は前年同期比11.5%増の約71万0300台だった。 トヨタは今年、中国で110万台以上を販売することを目標としている。達成すれば、中国での年間の自動車販売台数は100万台を初めて突破することになる。トヨタの昨年の中国販売は91万7500台。…
 
 
  「カローラ」国内初の大台突破 (2015/6/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタは10日、カローラの国内累計販売台数が1千万台を超えたと明かした/発売から49年で達成し、1千万台を突破した単一車種としては国内で初めて/商用車タイプを含む世界累計販売台数は4千万台を超えている。
 
 
  中国でマツダがライバル凌駕、ドイツ神話に陰り (2015/7/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  伸び悩む中国自動車市場で、ライバルを凌駕しているのがマツダだ。1―6月の累計販売台数は約17%増と上半期としては過去最高となった。 中国市場全体の自動車販売が今年さえないなか、消費者の嗜好の変化を追い風に、ライバルを凌駕しているのがマツダだ。マツダは自社の販売記録を塗り替えており、需要増に追いつくのに苦労している。…
 
 
  日本車が米国で人気…中国の主張 (2015/7/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国メディアが、「日本車が米国で高い人気を誇る理由」について報じた/理由について、「米国人の使用環境に適している」と中国メディア/燃費がよいうえに、メンテナンスも容易で信頼性も高いと指摘した。
 
 
  トヨタ 販売台数4年連続トップへ (2015/9/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車が29日、2015年1〜8月の世界販売台数を発表/665万台と前年同期より減ったものの、VWの655万台を10万台上回った/VWの「自滅」で、4年連続で世界トップの座を維持する可能性が高まった。
 
 
  トヨタ 自動車メーカー世界1位 (2015/10/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米コンサル会社が5日、グローバル企業のブランド価値ランキングを発表/トヨタ自動車は自動車メーカーで世界1位という結果になった/全体では、前年から順位を2つ上げて6位に入り、日本勢トップの座を維持した。
 
 
  VW抜く メルセデスが輸入車首位 (2015/10/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本自動車輸入組合は6日、15年度上半期の輸入車販売台数を発表した/メルセデス・ベンツがフォルクスワーゲンを抜いて、10年ぶりに首位となった/VWは排ガス規制逃れ問題により、15年度の首位を守れるか厳しい状況だという。
 
 
  VWの新車販売8.4%増…不正影響は限定的 (2015/10/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フォルクスワーゲンの9月の新車販売台数は、8.4%増の31万5905台だった/9月18日に発覚した排ガス不正問題の影響は限定的だったとのこと/プジョーとルノーはいずれも4.9%増にとどまり、VWの伸び率を下回った。
 
 
  トヨタが首位奪還、VWを逆転−1〜9月の世界販売台数 (2015/10/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自動車の今年1−9月の世界販売台数で、トヨタ自動車が独フォルクスワーゲン(VW)を上回り、首位の座を奪還した。1−6月はVWがトヨタを上回っていた。(全文)
 
 
  VWのイメージ悪化 売上が激減 (2015/11/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自販連が2日、10月の輸入車の新車販売台数を発表した/メーカー別の台数は発表されていないが、VWの落ち込みが大きいとみられる/「イメージ悪化もあり、国内販売が急減している」と関係者は語った。
 
 
  トヨタ中間決算 営業利益が1兆5834億円 (2015/11/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタが5日、2015年9月中間連結決算を発表した/売上高は前年同期比8.9%増の14兆914億円となり、8年ぶりに過去最高を更新/営業利益は1兆5834億円となり、中間決算として2年連続で過去最高を記録した。
 
 
  マツダが過去最高益 トヨタ社員も「負けた」とつぶやいた凄さとは (2015/11/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国内販売が33%増になったマツダの好調ぶりについて取り上げている/先の東京モーターショーでは、コンセプトカー「RX-VISION」を展示/ファンの心をわし掴みにし、トヨタ社員は「負けた」とつぶやいていたという。
 
 
  トヨタが1―10月世界販売で首位維持、VWと差拡大 (2015/11/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車(7203.T)が27日発表した2015年1―10月のグループ世界販売(ダイハツ工業(7262.T)と日野自動車(7205.T)を含む)は835万3000台で、トップを維持した。 2位の独フォルクスワーゲン(VW)グループ(VOWG_p.DE)は同年1―6月に初めて首位に躍り出たが、その後はトヨタが上回って推移しており、両社の差は1―9月の6.7万台から9.1万台に広がった。 トヨタの1―10月のグループ世界販売は前年同期比1.2%減だった。…
 
 
  VW車 韓国で唯一販売急増する怪 (2015/12/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フォルクスワーゲン車の韓国での販売数が、排ガス不正問題後に急増した/VWの韓国法人が11月に全車種を対象に大幅値引きをしたことが理由だと筆者/専門家らは「韓国の消費者たちはひときわ価格に敏感だ」と口を揃えている 。
 
 
  ポルシェが過去最高販売台数を記録。 (2015/12/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「911」でお馴染みのドイツのスポーツカーブランド「ポルシェ」が、2015年1月から11月にかけて全世界で20万9894台の車両を販売したと発表しました。 昨年の18万9849台を上回り、約20万台を超えたのは今回が初。その販売記録の牽引に貢献したのが中国で、販売台数は前年比34%アップの5万4302台。…
 
 
  2015年にもっとも売れた新車は? (2016/1/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2015年12月の新車販売台数について、自販連から登録車ランキングが、全軽自協より軽自動車ランキングが発表されたことで、2015年を通して日本で売られた新車のセールスランキングが判明しました。 ここ数年、「軽高登低」ともいわれて軽自動車の人気が高まっていましたが、軽自動車税の増税により登録車の人気が相対的に高まったのが2015年。軽自動車と合わせた販売ランキングのトップとなったのはトヨタのコンパクトハイブリッドカー「アクア」でした。…
 
 
  マイチェンしたホンダ・オデッセイが1カ月で9000台超の受注を集めたワケとは? (2016/3/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  待望のハイブリッドモデルが追加され、ガソリン仕様も改良されたホンダ・オデッセイ。発売から1ヵ月での累計受注台数は、ガソリン仕様、ハイブリッドを含めて3月5日時点で月間販売計画の4倍以上となる9000台を超え、好調に推移しているそうです(国内販売計画台数:2,000台/月)。…
 
 
  日本車が中国で売れまくりの理由 (2016/4/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国で日本車の売り上げが好調な理由についての記事を中国メディアが掲載/品質が高くて燃費が良い、中国人好みのモデルが出てきたなどがあがった/中国のネットでは「質が良い車を買うだけ」といったコメントが寄せられた。
 
 
  トヨタが15年度1009万台で販売台数世界一 (2016/4/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車が26日発表した2015年度のグループ世界販売台数(ダイハツ工業と日野自動車を含む)は、前年度比0.7%減の1009万4000台となり、15年暦年(1〜12月)に続き世界首位となった。前年度にトップだった独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は、排ガス不正問題が響き、15年度は2.3%減の995万1200台(速報値)と、2位に後退した。…
 
 
  2016年4月の新車販売車種トップ7のうちトヨタが6つ (2016/5/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2015年12月のフルモデルチェンジ以降、絶好調の販売実績を重ねているトヨタ・プリウス。その勢いに衰えは見られません。 一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)による、2016年4月の新車乗用車販売台数ランキング(輸入ブランド、軽自動車除く)を見ても、その勢いのあるセールス状況に変化はありません。…
 
 
  2016年 上半期の新車販売ランキングTOP10 (2016/7/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自販連(日本自動車販売協会連合会)によると、今年の上半期(1〜6月)にもっとも売れた登録車は昨年12月にフルモデルチェンジしたトヨタ自動車の「プリウス」。 新車効果も手伝って半年間で14.2万台を販売、月平均2.4万台を売り上げている計算となります。さらに同車以外にもトヨタ車がTOP10中、6車種を占めている状況。 順位は以下⇒
 
 
  超低価格車「ナノ」黄金バージョン、値打ちは3億円超 (2011/9/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  印タタ・モーターズ(TAMO.NS: 株価, 企業情報, レポート)の超低価格車「ナノ」が19日、全身に総重量78キロの金をまとって登場した。世界最安を売りにするナノだが、展示用に作られたこの「黄金バージョン」の価値は450万ドル(約3億4000万円)だという。
 
 
  2012年上期の世界自動車販売、トヨタが首位返り咲き (2012/2/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2012年上期の世界自動車販売で、トヨタ自動車(7203.T: 株価, ニュース, レポート)が首位に返り咲いた。2位は米ゼネラル・モーターズ、3位は独フォルクス・ワーゲン(VW)だった。
 
 
  特別リポート:北米で減速のホンダ、反逆児たちの闘い (2012/3/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホンダの未来は、埼玉県和光市で働く2人の反逆児にかかっているのかもしれない。「とにかく突き返せ」──それが2人への指令だ。・・・
 
 
  日産、純利益でトヨタ抜く 12年3月期、世界販売好調 (2012/5/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産自動車が11日発表した2012年3月期連結決算は、純利益が前期比7.0%増の3414億円となり、トヨタ自動車(2835億円)を上回り自動車主要8社でトップとなった。 日産の世界販売台数は15.8%増の484万5000台と過去最高を更新。中国やメキシコなどの新興国だけでなく、欧米など先進国市場でも台数を伸ばした。
 
 
  トヨタが着せ替え可能なコンセプトカーを発表 (2012/6/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車の「Camatte(カマッテ)」は、「人にかまって。クルマにかまって」が命名由来だという、子供も大人も家族みんなで楽しむことのできるコンセプトカー。ボディはその日の気分で着せ替え可能で、前席1名後席2名の三角配列シートや、ペダルやシートの位置を子供用に調整できるなど、今までのファミリーカーとは異なった斬新な機能を搭載している。
 
 
  自動車各社、中国で減産 不買運動で販売落ち込み (2012/9/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新華社電によると、中国の楊外相は25日のニューヨークでの玄葉光一郎外相との会談で、日本政府による沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化に対して厳正な立場を表明、「中国は領土と主権を守るための措置を断固として取り続ける」と述べ、さらなる対抗措置を示唆した。
 
 
  新型フィット、ホンダが経営も「モデルチェンジ」 (2013/9/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  これまで北米に頼ってきたホンダの自動車ビジネスが、新型「フィット」シリーズの投入を機に大きく変わりそうだ。同シリーズの刷新に、ホンダは世界6地域を同時に活用して開発や部品調達を行う新戦略を導入。小型車・新興国などでも利益を拡大できる経営体質の実現に動き出している。… <調達コストは2割削減><固定費も回収していく局面に>
 
 
  セブン、史上最高額1600万円の限定車販売 エヴァとコラボ (2014/11/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  セブン-イレブンは「新世紀エヴァンゲリオン」とコラボした車を販売する/価格は同社史上最高額となる1600万円で、限定1台となる/14日より申し込みが可能で、購入希望者が多数の場合は抽選で決定する
 
 
  各世代別の人気のクルマTOP5 (2015/9/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2015年8月の各世代別に人気のクルマを紹介している/20代では1位、さらに幅広い世代でトップ5に君臨した「スズキ・ワゴンR」/同じく多くの支持を集めたのが「ホンダ・フィット」だった。
 
 
  日産の斬新すぎるコンセプトカー (2015/10/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産のコンセプトカー「テアトロフォーデイズ」は車内がスクリーン化する/スマホを身近に利用する「デジタルネイティブ世代」に向けてデザインされた/メーターやカーナビなどを好きな場所に好きな大きさで配置できるという。
 
 
  中国市場での車販売 日韓の明暗はっきり (2016/2/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国自動車市場において、各自動車メーカーが2015年の販売実績を公表しているが、結果は「日系車の独り勝ち」だった。中国メディアの中国汽車報網はこのほど、日系車が販売成績において「非の打ち所のない逆襲を果たした」と伝えている。 記事はまず日系合弁メーカー主要7社の15年の販売目標達成率を紹介。長安マツダは100.8%、東風ホンダは101%、広汽トヨタは102.2%、広汽ホンダは115.8%、一汽トヨタは101.3%、東風日産は102%と、各社が軒並み年度目標を超えた。減速傾向にある中国自動車市場において、これだけの成績を収めたのは素晴らしいの一言だ。…
 
 
  レクサスの世界販売台数が3年連続で過去最高更新 (2016/2/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北米を中心に中国や欧州、そして日本での販売比率が高くなっているレクサス。3年連続で過去最高を更新するという、2015年の全世界販売実績が発表されました。…
 
 
  日本車が台湾でも「独壇場」 高い支持を得る背景は (2016/2/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  安全性や燃費性能の高さを強みに、世界中で高い評価を得ている日本車は近年、中国市場でもシェアを伸ばしつつある。ようやく中国でも正当な評価が得られるようになったわけだが、台湾市場で日本車はどのような評価を得ているのだろうか。…
 
 
  中国人が日本車を好む真のワケ (2016/2/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中国メディアが23日、中国人が日本車を好む理由について記事を掲載した/真の理由として「実用性と経済性」「安全性の高さ」「エンジン」を挙げた/ネットでは、コストを考えたら今は日本車を選択するなどの意見が寄せられた。
 
 
  中古でも最も売れている輸入車…メルセデス・ベンツ (2016/5/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  4月の輸入乗用車の販売台数を取り上げている/新車は2015年同月実績より伸びており、中古車は3ヶ月ぶりに下回っている/共に最も人気があるのはメルセデス・ベンツで、後にBMW、VWが続いている。
 
 
  「プリウス」が1万7503台で9カ月連続首位 - 8月新車販売 (2016/8/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  6日公表された8月の新車販売台数(軽自動車含む)の車名別順位は、トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が1万7503台で9カ月連続首位となった。製造元の三菱自動車で燃費不正があった日産自動車の軽自動車「デイズ」が7268台で6位となり、5カ月ぶりにトップ10に入った。(全文)
 
 
  日本車の中国販売台数が過去最高か 400万台以上を記録する見通し (2016/9/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本車の中国販売台数が初めて400万台を越える見通しだとメディアが伝えた/1〜8月に販売した新車は265万台に達し、年末までに400万台を越える見通し/過去最高だった390万台を20万台以上上回り、過去最高を更新するという。
 
 
  中国で「最も信頼できるカーブランド」を紹介 日本車が高く評価 (2016/12/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米誌が発表した「最も信頼できるカーブランド」を中国メディアが紹介した/記事では、首位はレクサスで2位はトヨタとし、トヨタの発展戦略を絶賛した/他にも日本車がランクインしており、日本車の信頼性が高く評価されている。
 
 
  トヨタ、世界首位転落へ=VW下回る公算−16年販売 (2016/12/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は27日、グループ企業のダイハツ工業と日野自動車を含む2016年1〜11月の世界販売台数が、前年同期比0.1%増の921万9000台になったと発表した。同時期の独フォルクスワーゲン(VW)の販売台数を16万台下回っており、年間トータルでも5年ぶりに世界販売首位の座から転落することが確実な情勢となった。 トヨタ単独の世界販売は、新型プリウスなどが好調な国内をけん引役に0.3%増の835万3000台とプラスを維持。ただ、北米を中心に海外販売が低調だったほか、ダイハツの国内販売が軽自動車増税の影響で低迷しており、全体では伸び悩んだ。(全文)
 
 
  三菱自動車、カルロス・ゴーン氏流改革でいきなり黒字達成が波紋 下請けは戦々恐々 (2017/2/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産自動車傘下に入った三菱自動車が黒字の見通しで、業界内で驚きの声が広がっている/ゴーン社長が日産のV字回復に成功したのは徹底した購買コストの見直しが第一歩だった/ゴーン社長が日産のV字回復に成功したのは徹底した購買コストの見直しが第一歩だった。
 
 
  ホンダ、日本市場の重要性に気付く? ホンダ、NSXやシビック.プレリュードなど新型で復活か (2017/5/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホンダの経営動向は海外市場に左右される状態が年々強くなっていると経済記者は指摘/10年のシビックの国内販売終了は、日本市場を捨てたと宣言したようなものだったという/昨年はNSXの新型を、この夏にはシビックの新型を発売、プレリュード復活も囁かれる。
 
 
  日本車が中韓両国で販売好調、「故障少なく燃費が良い」と人気=「環境に優しい車の需要増」とも (2017/6/25)     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産・シルフィやトヨタ・カローラ、ホンダ・CR―Vなど日本車が中国や韓国で販売好調/中国メディアは「ターゲットをサラリーマンに絞っていることが成功に繋がった」と指摘/韓国メディアは「ハイブリッド車など環境に優しい車の需要が増加」と分析している。
 
 
  日産グループ世界販売台数、526万8000台でトップの可能性も (2017/7/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産自動車は27日、仏ルノーと三菱自動車を含めたグループの2017年上半期(1〜6月)の世界販売台数が、526万8000台だったと発表した。 前年に年間で首位だった独フォルクスワーゲン(VW)の上半期(515万5000台)を上回り、28日に発表するトヨタ自動車の結果次第で、世界首位の自動車グループとなる可能性がある。…
 
 
  日産・ルノー・三菱連合、世界首位…トヨタ抜く (2017/7/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2017年上半期(1〜6月)の新車の世界販売台数は、日産自動車と仏ルノー、三菱自動車の3社連合が526万8000台で、世界首位に躍進した。 トヨタ自動車が28日に発表したグループ販売台数(ダイハツ工業と日野自動車を含む)は512万9000台で過去最高だったが、日産グループに届かなかった。 上半期の順位は、2位が独フォルクスワーゲン(VW、515万5000台)、3位がトヨタ、4位が米ゼネラル・モーターズ(GM、468万6000台)だった。…
 
 
  テスラ、新型EV出荷開始 初の量産車種 日本への出荷は来年以降 (2017/7/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米テスラが28日、量産型の新電気自動車(EV)「モデル3」の出荷を始めた。まずは航続距離が354キロメートルと499キロメートルの2モデルをそろえた。標準モデルの価格は計画通りで、補助金や控除の適用前で、それぞれ3万5千ドル(約388万円)と4万4千ドルから。電池切れの心配が少なく、デザイン性の高い中価格帯EVが登場し、エコカー市場が活性化しそうだ。ただ、右ハンドル…
 
 
  2017年度上半期(4〜9月)の新車販売 ホンダ車が15年ぶり首位 (2017/10/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自動車販売会社の業界団体が5日発表した2017年度上半期(4〜9月)の車名別新車販売台数(軽自動車を含む)はホンダの軽自動車「N―BOX」が首位だった。2位はトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)の「プリウス」で排気量660cc超の登録車ではトップだった。9月単月ではN―BOXが全体の1位で、日産自動車の小型車「ノート」が2位となった。 N―BOXは17年度上半期に前年同期比約11%増となる9万4601台を販売した。9月に初の全面改良車を投入した効果などが出た。上半期でホンダ車がトップになるのは02年度の小型車「フィット」以来15年ぶり。…
 
 
  トヨタの今期、一転して最終増益に 円安で採算改善=VTR (2017/11/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車(7203)は7日、2018年3月期の連結純利益(米国会計基準)が前期比6%増の1兆9500億円になりそうだと発表した。4%減の1兆7500億円としていた従来予想から一転して増益となる。市場予想の平均であるQUICKコンセンサス(17社、1兆8629億円)も上回った。為替の円安や原価低減が利益を押し上げる。 売上高は3%増の28兆5000億円、営業利益は微増の2兆円を見込む。想定為替レートは1ドル=111円、1ユーロ=128円と、従来予想に比べそれぞれ1円と4円の円安に設定した。為替の円安は営業利益を約650億円押し上げる。原価低減も利益増に貢献する。 グループ全体の世界販売台数は1025万台を見込む。前回予想を据え置いた。 同時に発表した17年4〜9月期の連結決算は、純利益が前年同期比13%増の1兆713億円、売上高が9%増の14兆1912億円、営業利益は2%減の1兆965億円だった。未定としていた中間配当は前年同期と同じ100円とした。(全文)
 
 
  トヨタ・レクサス新型「LS」1カ月で9500台受注 (2017/11/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は20日、高級車ブランド「レクサス」の新型セダン「LS」の受注台数が約9500台になったと発表した。…
 
 
  独VW、中国で年販売300万台を達成 単一ブランドで初 (2017/12/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  独フォルクスワーゲン(VW)は20日、VWブランドの中国での2017年の販売台数が300万台を上回ったと発表した。同社によると単一ブランドが1つの国で年間300万台以上を売るのは初めてという。 16年は300万台にわずかに届かなかったが、17年は12月の途中で達成した。多目的スポーツ車(SUV)「ティグアン」などの販売が好調だった。独アウディなどを含むVWグループ全体では16年に398万台を販売していた。 同社は中国で25年に150万台の電気自動車(EV)を販売する計画を持つ。VWブランドで中国事業トップを務めるシュテファン・ヴェーレンシュタイン氏は声明で「中国の顧客は高品質でデザイン性の高い電動車を待ち望んでいる」と述べた。(全文)
 
 
  国内新車販売500万台超え 17年2年ぶり、軽が回復 (2018/1/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2017年の国内新車販売が2年ぶりに500万台を超えたもようだ。15年春の軽自動車税の増税で落ち込んでいた軽自動車販売が回復した。一方、排気量660cc超の登録車は日産自動車などで発覚した無資格者による検査問題で秋以降は伸びが鈍化している。18年も勢いを維持できるかが焦点となる。 登録車と軽自動車を合わせた新車販売台数は17年に520万台を上回ったとみられる。16年は497万台だった。けん引役と…
 
 
  2017年に世界で最も売れた車TOP20 1位は約116万台で「カローラ」 (2018/1/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2017年に世界販売台数が多かった車種をランキングで紹介している/1位は世界各地の16カ所に生産工場があがるトヨタのカローラで116万495台/ホンダ・シビック、フォルクスワーゲン・ゴルフ、トヨタ・RAV4と続いた。
 
 
  マツダ・CX-8が「大ブレーク」世界的にSUVの売れる台数が増加 (2018/1/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マツダ・CX-8が発売から約1カ月で販売予定の10倍となる1万2000台を受注した/購買層としては30歳代以下が40%と、若い層が支持していると筆者/3列シートの需要は基礎的なものなのかもしれないとも指摘している。
 
 
  トヨタ17年世界販売、最高の1038万台 世界3位見通し (2018/1/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は30日、2017年の世界販売台数が前年比2.1%増の1038万6000台になったと発表した。過去最高を更新した。18年は1%増の1049万5000台を計画する。ただ世界首位の座は2年連続で逃した。独フォルクスワーゲン(VW)の同期間の世界販売台数は16年比4.3%増の1074万台だった。VWは重点的に投資する中国市場で同5.1%増の418万台を売り、新興国での戦略の違いが世界販売の…
 
 
  トヨタ=2018年3月期の純利益が前期比31%増の2.4兆円と過去最高… (2018/2/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車(7203)は6日、2018年3月期の連結純利益(米国会計基準)が前期比31%増の2兆4000億円と、16年3月期以来、2年ぶりに過去最高になりそうだと発表した。従来予想は1兆9500億円。米国の法人減税に伴い税負担が想定より軽くなる。前提為替を対ユーロで円安方向に修正したほか、世界販売も計画を上回る。 売上高は5%増の29兆円を見込む。従来予想の28兆5000億円から上振れし、過去最高になる。グループの世界販売台数は1030万台。これまでの計画(1025万台)から上方修正した。 通期予想の前提為替レートは1ドル=111円。従来のまま据え置いたが、対ユーロは1ユーロ=129円と1円円安方向に修正した。営業利益は10%増の2兆2000億円を見込む。 同時に発表した17年4〜12月期の連結決算は、売上高が前年同期比8%増の21兆7969億円、営業利益が14%増の1兆7701億円、純利益が41%増の2兆131億円だった。グループの世界販売台数は2%増の784万7000台だった。(全文)
 
 
  国内新車販売、ホンダ「N―BOX」が首位 17年度 (2018/4/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2017年度に国内で最も売れた新車はホンダの軽自動車「N(エヌ)―BOX(ボックス)」だった。昨年9月に全面改良した2代目が好調を維持し、前年比16・2%増の22万3449台だった。ホンダ車が1位を獲得したのは、02年度の小型車「フィット」以来15年ぶり。また、ベスト10のうち軽が7車種を占め、軽が1位になったのは08年度のスズキ「ワゴンR」以来9年ぶり。 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が5日発表した。N―BOXは、屋根が高く広い室内と、衝突被害軽減ブレーキや誤発進防止といった充実した安全装備が人気を呼んでいる。2位のトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」(14万9083台)に大きく差をつけた。 3位はダイハツ工業の軽「ムーヴ」(14万5643台)、4位は日産自動車の軽「デイズ」(13万6505台)、5位はダイハツの軽「タント」(13万4660台)だった。 ◇17年度の新車販売ベスト10…と続く
 
 
  最終利益が過去最高 販売初の300万台突破 - 毎日新聞 (2018/5/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スズキが10日発表した2018年3月期連結決算は、最終(当期)利益が前期比34.9%増の2157億円で過去最高だった。四輪車の世界販売台数が10.5%増の322万台と初めて300万台を突破し、収益を押し上げた。 スズキが10日発表した2018年3月期連結決算は、最終(当期)利益が前期比34.9%増の2157億円で過去最高だった。四輪車の世界販売台数が10.5%増の322万台と初めて300万台を突破し、収益を押し上げた。 売上高は18.5%増の3兆7572億円だった。二輪車の販売台数は15.5%増の158万…
 
 
  トヨタの純利益2.4兆円 日本企業で過去最高 (2018/5/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は9日、2018年3月期決算(米国会計基準)の純利益が2兆4939億円だった、と発表した。トヨタ自身が16年3月期に記録した2兆3126億円を上回り、日本企業としての過去最高を更新した。トランプ米政権の大幅な法人税の減税で利益が押し上げられた。 売上高は29兆3795億円(前年比6・5%増)、本業のもうけを示す営業利益は2兆3998億円(20・3%増)。売り上げも利益も2年ぶりに前年実績を上回った。 傘下のダイハツ工業、日野自動車を含むグループの世界販売台数は1044万台と前年に比べて1・9%増えた。1千万台の大台を超えるのは5年連続。 一方、19年3月期の業績予想は売上高が前年に比べ1・3%減の29兆円を予測。営業利益は4・2%減の2兆3千億円、純利益は15・0%減の2兆1200億円を見込んでいる。 ◇関連ニュース
 
 
  ◇ マツダ国内生産、累計5千万台 マツダ、86年かけ大台 (2018/5/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マツダは、国内生産の累計が5千万台を超えたと28日発表した。1931年に前身の東洋工業が三輪トラック「マツダ号」をつくり始めて以来、86年余りかけての大台達成となった。 乗用車生産への本格参入は60年。軽自動車「マツダR360クーペ」をつくり始めた。現在、完成車を組み立てている国内の拠点は2カ所。広島県府中町の広島工場と山口県防府市の防府工場で、合計の生産能力は年間約100万台だ。 5千万台突破を記念する式典を28日、防府工場で開いた。小飼雅道社長は「2工場で培ってきた生産技術と柔軟性のある体制はマツダの成長を支えてきた」と語った。(全文)◇関連ニュース
 
 
クルマ生産・技術情報
  乗用車8社の4月世界生産、トヨタなど5社が過去最高 (2013/5/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  乗用車メーカー各社が30日まとめた2013年4月の世界生産は、トヨタ自動車のほか、日産自動車、ホンダ、富士重工業、ダイハツ工業が4月として過去最高となった。 海外での販売が堅調で、現地生産が拡大している。富士重は北米向けが好調に推移し、輸出は1カ月当たりの台数として過去最高を記録した。…
 
 
  トヨタがプリウスの中国生産停止、次期モデルから日本に集約 (2015/9/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイブリッド車(HV)「プリウス」について、トヨタ自7203は中国生産から撤退する。来年に投入予定のフルモデルチェンジ車から中国での現地生産を停止。日本からの輸出に切り替える方針だ。またタイでも、東部チャチュンサオ県のゲートウェイ工場で手がけていたプリウス生産・販売を今月までで終える。・・・
 
 
  トヨタMIRAI 米国で計画を超える受注 (2015/10/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1日、トヨタ自動車の「MIRAI」は米国での受注が好調なことが分かった/同社は「MIRAIの米国での受注台数が、およそ1900台に到達した」と発表/米国での初年の導入計画は約1000台で、2倍近い台数を受注した計算だという。
 
 
  ホンダ、中国経済減速で現地新工場計画いったん見送り (2015/10/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホンダが中国で検討していた完成車工場の新設計画をいったん見送ることが22日、明らかになった。現地企業との合弁会社、東風ホンダ(湖北省)が年内にも着工する方向で地元政府と調整していた。 中国経済が減速する中、自動車市場の低迷が懸念されており、既存の生産能力を活用することを最優先する。…
 
 
  次世代自動車で日中が火花、勝者は水素か電気か (2015/10/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アジア自動車市場の二大勢力である日本と中国が、次世代自動車の動力源をめぐり火花を散らしている。 日本ではトヨタ自動車に続いて、ホンダも燃料電池による水素自動車(FCV)の発売を発表したが、中国は蓄電池による電気自動車(EV)を推進、進出企業や国内メーカーに積極的な投資を促している。両国の競い合いは、欧米メーカーなども参戦する世界標準への覇権争いの大きな波乱要因になっている。  <米テスラを追撃する中国勢><「水素社会」の実現めざす日本勢><いずれにも大きな課題>
 
 
  またもパクリ疑惑!? 韓国・現代自動車「プリウス類似」(2016/1/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  エンブレムのデザインをパクるのが問題だとするなら、この話も当然、問題視されるべきだろう。韓国の最大手自動車メーカー、現代(ヒュンダイ)自動車がヤッてしまった。 「今月7日、韓国車で初のエコカーとなる『IONIQ』を意気揚々と発表したんですが、コレ、トヨタの『プリウス』とウリふたつなんですよ」とは、経済誌記者。ご存じの方も多いと思うが、『プリウス』はハイブリッドカーの世界的定番モデルだ。…
 
 
  日系車の中国攻略プラン 高品質・低価格で勝負 (2014/7/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の日産自動車は北京モーターショーで排気量1200CCのコンパクトカー「R30」(ヴェヌーシア)を発表した。「中国大陸部を開拓したい、特に遠隔地を開拓したい」のだという。日本紙「日本経済新聞」の今月7日付の報道によると、R30は価格を5万元(約82万円)以下と戦略的に低く抑え、来場者の目を引いていたという。この価格は中国現地メーカーの同クラス車に比べて20%ほど低い。日産は中国専用ブランドのヴェヌーシアとしてこのR30をうち出す予定だ。日産の中国業務責任者や関潤・エグゼクティブディレクターによると、もともとR30はこれよりも低価格でうち出す予定だったとのことで、低価格車に力を入れようとする日産の姿勢がうかがえる。中国網が伝えた。…
 
 
  自動車メーカーに迫る重大な危機 (2015/8/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  EUでは、極めて強力に二酸化炭素削減計画が進められている/CO2排出規制によって、自動車メーカーに罰金が科されるようになるという/走行性能と燃費の良い「本物」のクルマが求められるが、現状は難しいそう。
 
 
  トヨタが新しい自動ブレーキシステム2種類を開発、2015年から順次導入へ。=画像解説 (2014/11/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は2014年11月26日、自動ブレーキを含む新しい安全運転支援システム「Toyota Safety Sense」を開発したと発表した。2015年に日米欧で導入を開始し、2017年末までにOEM(相手先ブランドによる生産)車や共同開発車を除くすべての乗用車に搭載する計画である。⇒以下拡大画像にて詳細
 
 
  アウディが新たな技術を開発 (2015/8/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アウディは9月の展示会で、新しいコンセプトカーを出展するとしている/同車には、新たに開発された「オーガニックLED」が採用されるという/電力消費が3〜4ボルトほどと小さく、コンパクトで重量も軽いそう。
 
 
  トヨタの技術 世界中で争奪戦も (2015/8/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界中のメーカー間でトヨタのFCV技術の争奪戦が起きる可能性があるという/ZEV規制対策として、富士重工業はトヨタのFCVが欲しいはずだと筆者/BMWもFCVを魅力的に感じているのは間違いないだろうとも述べている。
 
 
  マツダ、RX―7後継モデル準備か? クーペの試作車 (2015/10/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  30日から一般公開される「東京モーターショー2015」で、マツダは得意のスポーツモデルとSUV(スポーツ用多目的車)でアピールする構えだ。 最大の目玉は、メディア公開の28日まで詳細が伏せられている「マツダスポーツコンセプト」だ。…
 
 
  日産ティアナ自動ブレーキ搭載 (2015/12/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産ジュークやエクストレイルなどに続き、ティアナも「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の標準装備化を中心とした一部改良を受け、1月6日から発売されます。…
 
 
  車の電子ルームミラー 村上開明堂が開発 (2016/6/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ◇18年度市場へ 車の後方、より見やすく…自動車用バックミラー国内最大手の村上開明堂(静岡市葵区)は十七日、車の後部などに取り付けたカメラの映像を映すモニター機能を搭載した電子ルームミラーを開発したと発表した。従来のバックミラーのように運転しながら後方の映像を確認することができ、より視認性が高いのが特長だ。二〇一八年度に販売される市販車への採用を目指している。…
 
 
  史上最強のベントレー、コンチネンタルGT次期型が超高速テスト! (2016/7/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ベントレーの2ドアクーペ『コンチネンタルGT』の次世代型が、ニュルブルクリンクで「超」高速テストを開始しました。 リポートによれば、フルフェイス・ヘルメットを被ったドライバーが運転する次期型プロトタイプは、サーキットに出るや否や、いきなりトップギアで超高速域に達したということです。…
 
 
  「レクサス」が高級車部門.顧客満足度10年連続トップ (2016/8/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米カリフォルニア州に本社を置く「J.D. POWER」が、8月24日、2016年度の日本自動車セールス満足度調査結果を発表しました。… 同調査では、新車購入時の販売店の対応に関する顧客の総合的な評価を4つのファクター「セールス担当者(34%)」、「契約・価格(26%)」、「店舗施設(21%)」、「納車(20%)」における、複数の詳細項目に対する評価を基に、1000点満点で総合満足度を算出。(数値は総合満足度に対する影響度)… 調査によると、ラグジュリーブランド・セグメントでは「レクサス」が「契約・価格」を除く3つのファクターでトップスコアを獲得、744Pと平均(696P)を48P上まわり、10年連続で第1位にランクインしたそうです。…
 
 
  日産自動車「ノート」に新モデル...エンジンで電気発生 (2016/10/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産自動車は24日、「ノート」に新モデルを追加することを明らかにした/エンジンを動かして電気を発生させ、モーターの力で走るEVに似たタイプ/年内に発売する予定で、11月に詳しい性能などを発表する。
 
 
  【カーオブザイヤー16】スバル インプレッサスポーツ/G4 が獲得!!…全車得点表 (2016/12/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  9日に、「日本カー・オブ・ザ・イヤー2016−2017」の最終選考が開かれた/スバル「インプレッサスポーツ/G4」が、「今年のクルマ」の栄冠を獲得/モータージャーナリストなど59人の選考委員による審査・投票で選出された。
 
 
  マツダが新型エンジン、燃費2〜3割改善 19年導入=ビデオ (2017/8/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マツダは8日、技術開発の長期ビジョンを公表した。燃費を2〜3割改善した新型のガソリンエンジンを開発した。点火ではなく圧縮によってガソリンを燃やす技術を世界で初めて実用化し、2019年に導入する。同社はハイブリッド車(HV)などを含めて、当面は世界の新車の大半がエンジンを搭載する車が占めるとみている。エンジンの改良を続けて競争力を高める。 同日、東京都内で記者会見した小飼雅道社長は「実質的な二酸化炭素(CO2)削減へ独自のアプローチをする。各地域における自動車のパワーソースの適性を踏まえて、マルチソリューションで進めていく」と語った。…
 
 
  故障リスクを車が判断、スマホ通知…日産・三菱 (2017/8/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産自動車は、車が自動的に故障のリスクや部品交換の必要性を判断し、ドライバーのスマートフォンに通知するサービスを2018年にも始める。 車が不具合を起こす前に修理などの対応を取りやすくなり、安全性が高まる効果が期待できる。傘下の三菱自動車も将来同様のサービスを行う計画だ。 エンジンなど車の基幹部品はコンピューターで制御されており、走行状況などから車に異常があるか「自己診断」することができる。…
 
 
  ホンダ「生産の進化を日本で」 埼玉県寄居町集約を発表 (2017/10/4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホンダ(7267)は4日、2021年度をメドに狭山工場(埼玉県狭山市)の車両生産を寄居工場(同寄居町)に集約すると発表した。自動車の電動化をにらみ、新技術に対応した生産体制を構築する。同日午後に記者会見した八郷隆弘社長は「国内生産とグローバル生産の進化を日本で行う。従来に増して日本での生産を強化する」と語った。(全文)
 
 
   「100万人の命を救った男」 車の横滑り防止装置の開発者をインタビュー (2017/10/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クルマの横滑り防止装置の開発者をインタビューしている/クルマの横滑り防止装置の開発者をインタビューしている/技術を開放したことに関して「最高の決断」と開発者は語った。
 
 
賞ランク・品質関連
プリウス、首位明け渡す グーグル、運転席のない自動運転車を開発 空飛ぶ車、テラフギア社提供
  【車・くるま・クルマ】 ランキング&一覧表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カー用品売れ筋ランキング/人気車・受賞者/乗用車関連情報/自転車
 
 
  世界カー・オブ・ザ・イヤーに日産EV「リーフ」 (2011/12/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニューヨーク(CNNMoney) アジア、欧州、北米の自動車ジャーナリストらが選定する2011年の「世界カー・オブ・ザ・イヤー」に日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」が選ばれた。米ニューヨーク国際自動車ショーで21日、発表された。BMW「5シリーズ」やアウディ「A8」を抑えての受賞となった。
 
 
  米自動車品質調査で「レクサス」首位に、トヨタが上位独占 (2012/2/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米調査会社JDパワー・アンド・アソシエイツが15日発表した自動車の品質調査で、トヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」が首位に返り咲いた。 同調査は、発売から3年後の自動車とトラックが対象。2位には独高級スポーツカー「ポルシェ」が入り、3位は米ゼネラル・モーターズ(GM)の高級車ブランド「キャデラック」と「トヨタ」が並んだ。トヨタは若者向けブランド「サイオン」も5位に入っている。
 
 
  小型エンジンが大人気〜米市場も1リッター3気筒の時代 (2013/6/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米自動車市場では長年、大型のV8エンジンがもてはやされたが、最近は超小型で燃費の良いエンジンの開発が進み、排気量1リッター(1000cc)の3気筒エンジンが注目されるようになっている。 USAトゥデイによると、米国で初めて近代的な1リッター・エンジンを採用するのはフォード。今秋に発売するサブコンパクト車「フィエスタ」に123馬力の3気筒ターボエンジンを搭載する。同エンジンは欧州ではすでに一回り大きい小型車「フォーカス」で使われており、予想以上の販売を記録している。…
 
 
  米新車品質調査で「レクサス」3位に、現代が4位に躍進 (2014/6/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米調査会社JDパワー・アンド・アソシエーツは18日、米新車品質調査の結果を発表した。総合1位はフォルクスワーゲンの高級車ブランド「ポルシェ」、2位がタタ・モーターズ傘下の「ジャガー」。日本勢は、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が3位、「トヨタ」ブランドが5位、ホンダは8位となった。 JDパワーが毎年実施している新車品質調査は、使用開始後90日以内に発生した問題の少なさで順位付けする。今年は2014年型の32ブランドが対象。 韓国の現代自動車は前年の10位から4位に躍進。また大衆車部門で最高評価を受けた。…
 
 
  米国市場で安全基準を満たした乗用車33車を発表 日本車は7割 (2014/12/24)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米国市場で安全性の最高評価基準を満たした、33車種が発表された/33車種のうち、日本メーカーが23車種と約7割を占めた/8車種のトヨタ自動車が首位、5車種の富士重工業が2位となった
 
 
  魅力的な車ベスト3を選んでみた (2014/12/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自動車ジャーナリストが、2014年のベストカー3台をランク付けした/1位はスズキの軽乗用車「ハスラー」という結果に/以下、マツダのコンパクトカー「デミオ」、トヨタ自動車の「ミライ」の順
 
 
  米誌自動車ブランドランキング、「レクサス」が3年連続首位 (2015/2/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米有力消費者情報誌コンシューマー・リポートが毎年発表している自動車の「ブランド・リポート・カード」ランキングで、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が3年連続で首位となった。 24日に発表されたランキングによると、2位がマツダ、3位がトヨタとなり、日本ブランドが上位を独占した。独フォルクスワーゲンのアウディ、富士重工業のスバルが続いた。…
 
 
  米の高級車市場 レクサス大人気 (2015/9/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米国の高級車市場ではドイツ車を抑え、レクサスの売れ行きが好調だという/レクサスは、7月に続いて8月も高級車市場で販売台数トップに/1−8月の累計販売台数は、前年同月比12.3%増の22万2151台となった。       
 
 
  新型プリウスを現行モデルと比較 (2015/9/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新型「プリウス」を現行モデルと比較している/ボディサイズは、全長4540mmで+60mm、全幅1760mmで+15mmとなった/シフトノブは、よりコラムシフト的なポジションに設定されているなど。
 
 
  「静かさ」売りのプリウスに問題発生 (2015/10/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  韓国メディアは、トヨタのプリウスから「耕運機のような音がする」と報じた/トヨタは「突然寒くなったため一部の車両で騒音が発生」と認めているという/韓国ネットからは「日本車不買運動を」などの声が上がっているとのこと。
 
 
  レクサス 自動車の耐久品質1位 (2015/10/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  民間調査会社が15年の日本自動車耐久品質調査を発表した/ブランドランキングでは1位が「レクサス」、2位に「ダイハツ」と続いた/走行性能やコントロールなど8つのカテゴリーに分けて調べている。
 
 
  美しすぎるマツダ車に海外も注目=拡大写真 (2015/11/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京モーターショーのプレスデーで最もインパクトの強かった発表と言われているのがマツダによる次世代ロータリーエンジン搭載のコンセプトカー「RX-VISION」。日本国内でも「ロータリーエンジンのマツダ復活」という言葉と共に熱烈に歓迎されたが、海外でも「余りにも美しすぎる車体」と大反響を呼んでいる。…
 
 
  テスラ モデルS「狂気の」加速力 (2015/11/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  テスラの「モデルS P85D」に試乗した筆者が感想をつづっている。 走行モードを「INSANE(狂気の)」にすると、ロケットのような加速になる。 アクセルペダルを踏み込んだ途端、後頭部を打ち付けるほどだという。
 
 
  カーオブザイヤー マツダが受賞 (2015/11/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  マツダは27日、ロードスターの日本自動車殿堂カーオブザイヤー受賞を発表/デザイン、走行性能と低燃費、SKYACTIV技術が受賞理由に挙げられた/マツダ車による同賞受賞は、2003〜2004の「RX-8」に続いて3回目となる。
 
 
  カーオブ15 マツダが連続受賞 (2015/12/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  7日、「カーオブザイヤー15」の大賞にマツダ「ロードスター」が選ばれた/マツダ車は14年の「デミオ」に次いで2年連続の栄冠を手にした/開票序盤から、ホンダ「S660」のオープンスポーツカーとの一騎打ちだった。
 
 
  スバルのエンジンが2年連続米で高評価 (2015/12/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アメリカで販売されているスバルWRXに搭載される「FA20」型2.0リッター水平対向4気筒ガソリン直噴ターボエンジンが、自動車専門メディアであるワーズ社の2016 ワーズ「10ベストエンジン」賞(Ward’s 10 Best Engines)に選出されました。…
 
 
  ベンツ超えた? 新型BMWの実力 (2016/1/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新型BMW7シリーズを試乗レポートしている/史上最高のハンドリングや乗り心地、高い静粛性を得ているという/大きさから想像できないほど軽やかな走りを披露してくれるそう。
 
 
  ロータス史上最速CARを初公開!幕張メッセで (2016/1/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロータスは、東京オートサロン2016(2016年1月15日〜17日:幕張メッセ )に「EVORA 400(エヴォーラ 400)」「SGT-EVORA」「LCJ-EXIGE S」の3台を出展する。 EVORA 400 ロータス史上最速のロードカー。関東エリアでは、初の一般公開。 SGT-EVORA  2015年よりスーパーGT300 シリーズに参戦。「GT300 マザーシャシー(専用モノコック)」を使用。  LCJ-EXIGE S
 
 
  ルノーからパリ色纏う車が登場 (2016/1/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルノー・ジャポンは、コンパクトクロスオーバー「ルノー キャプチャー」の発売2周年を記念し、「ルノー キャプチャー アニヴェルセル」を200台限定で1月7日から販売する。 ルノー キャプチャー アニヴェルセルには、パリの街の雰囲気をイメージした2色のボディカラーがラインアップ。…
 
 
  レクサスが5年連続首位 米国の自動車品質調査 (2016/2/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米調査会社JDパワー・アンド・アソシエイツは24日、発売から3年たった自動車を対象にした品質調査の結果を発表し、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が5年連続で首位になったと発表した。  トヨタは「トヨタ」ブランドでも4位に入った。7位と8位はホンダと同社の高級車ブランド「アキュラ」で、日本勢は10位以内に4ブランドが入った。トップ10に入ったのは米国メーカーの5ブランドが最多だった。…
 
 
  世界2冠同時受賞! なぜマツダ「ロードスター」は世界で愛されるのか (2016/5/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ニューヨーク国際自動車ショーで、3月24日、マツダの「MX-5」(日本名 ロードスター)が「2016年世界カー・オブ・ザ・イヤー」とデザイン部門の「世界カーデザイン・オブ・ザ・イヤー」を同時受賞という史上初の快挙を成し遂げた。さらにそのおよそ1カ月後の4月22日には生産累計100万台を達成した。なぜマツダ「ロードスター」はこのように世界で愛されるのか、ロードスターの開発現場を徹底取材した。 ◇世界2冠同時受賞は自動車の歴史に残る快挙。
 
 
  フェラーリ最高エンジン賞受賞 (2016/6/2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2016年6月1日、ドイツ・シュトゥットガルトにおいて開催された「エンジン・エクスポ2016」でインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーの表彰式が開催されました。30カ国以上・63名のジャーナリストからなる審査員(日本からは、岡崎五朗氏、河村康彦氏、川端由美氏が参加)によって選出される同賞は、自動車業界で最も名誉ある賞ともいわれています。…
 
 
  トヨタ自動車が「環境ブランド調査2016」で首位を獲得! (2016/7/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車が「環境ブランド調査2016」で総合ランキング1位を獲得しました。 この調査は、日経BP社が地球環境の保全と企業経営の持続的発展を支援する目的で行っているもので、インターネット経由で約2万人を対象に主要560社の環境活動が一般の消費者にどう伝わっているかについてアンケートを実施しています。 企業ランキング付けのベースとなる「環境ブランド指数」は環境情報接触度、環境コミュニケーション、環境イメージ、環境評価の4つの指標で構成されており、トヨタ自動車は総合評価で昨年の「97」から5.6ポイント伸ばして「102.6」を獲得。…
 
 
  新型・プリウス、全世界に衝撃を与えた米衝突安全テストで最高評価を獲得! (2016/7/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米国IIHS(道路安全保険協会)は、前面衝突による死亡事故において従来の衝突試験だけではカバーできておらず、搭乗者の死亡事故撲滅に繋がっていない点に着目。 2010年代からは、対向車や立木、電柱といった、障害物と衝突した際の事故状況を再現、時速40マイル(64km/h)でフロント部分の運転席側1/4(25%)をバリアに衝突させる「スモール・オーバーラップ」衝突試験を導入しました。 IIHSは、その試験結果が…
 
 
  米安全協会の衝突安全性試験、ホンダ「シビック」に最高評価 (2013/3/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米道路安全保険協会(IIHS)は7日、より厳格な衝突安全性試験に基づき、ホンダ(7267.T: 株価, ニュース, レポート)の小型車「シビック」の2ドアおよび4ドアモデルに安全性の最高評価を与えた。シビックは米小型車市場で販売台数首位。 IIHSは今回、従来よりも厳しい衝突試験となるスモールオーバーラップ前面衝突試験を実施。フロント部分の角が他車両や立木などの障害物に衝突した状況を再現して安全性を評価した。…
 
 
  居眠り運転撃退ソフトを開発〜フィコサ、スペインの大学と (2013/3/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スペインの自動車サプライヤー、フィコサ(Ficosa)は、国内の大学2校と共同で、運転中の眠気を撃退するソフトウェアを開発した。 オートモーティブ・ニューズによると、ドライバーの眠気に警告を発する「ソムノアラート(Somnoalert)」ソフトは、慣性センサーとGPSデータを活用したスマートフォン・アプリケーションで、車線からの逸脱など居眠り運転を示す動きを発見する。…
 
 
  居眠り運転撃退ソフトを開発〜フィコサ、スペインの大学と (2013/3/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スペインの自動車サプライヤー、フィコサ(Ficosa)は、国内の大学2校と共同で、運転中の眠気を撃退するソフトウェアを開発した。 オートモーティブ・ニューズによると、ドライバーの眠気に警告を発する「ソムノアラート(Somnoalert)」ソフトは、慣性センサーとGPSデータを活用したスマートフォン・アプリケーションで、車線からの逸脱など居眠り運転を示す動きを発見する。…
 
 
  ボルボ、前方の自転車との衝突回避する技術を2014年モデルから導入 (2013/8/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クルマを運転しているときに、前方を走行中の自転車が何かの拍子でフラッと車道に飛び出してきて、ヒヤリとした経験を持つ人は少なくないはず。ボルボ・カー・ジャパンは、前方のサイクリストを検知して、衝突を回避・軽減するフルオートブレーキシステムを2014年モデルに導入する。オプション設定の「セーフティー・パッケージ」(20万円)に含まれる。…
 
 
  居眠り防止もここまで進化した!顔認識で居眠り防止できる最新アイテム (2016/3/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  運転中に気をつけたいのが「居眠り」。睡魔は眠いときだけに限らず、運転の疲労からも発生します。運転中にウトウトしてしまった経験がある人もいるのではないでしょうか? 「居眠り運転」という言葉があるとおり、決して他人事として考えられません。ガムを食べたり栄養ドリンクを飲んだりなど、各々の居眠り防止策があると思います。…
 
 
  日産、「読心」技術を研究〜スイスの科学者と協力 (2011/10/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産自動車は、スイスの科学者と協力し、将来の自動車へ向けた「読心」技術を研究している。 オートモーティブ・ニューズによると、運転者の脳波を運転に影響を与えず読み取ることで、思考と車両の反応のタイムラグを短縮するのが狙い。
 
 
  日本でクラウンが信奉される理由ー中国 (2016/7/6)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本人がクラウンを信奉する理由を中国メディアが伝えている/欧米の自動車技術が日本市場を独占する状況を純国産のクラウンが打開した/日本人のクラウンへの思いは、自国産業のリスペクトで文化的な自尊心という。
 
 
  トヨタ2年連続1・2位、米新車品質調査で日本勢上位独占 (2014/10/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米消費者情報誌「コンシューマー・リポート」が毎年発表している新車の品質調査で、トヨタ自動車の「トヨタ」ブランドと高級車ブランド「レクサス」が2年連続で1、2位を維持した。 3位にはマツダ、4位にホンダが入り、上位を日本勢が独占した。 5位は独フォルクスワーゲンの高級車ブランド「アウディ」で、米国勢で上位10位以内に入ったのはゼネラル・モーターズの「ビュイック」(6位)だけだった。…
 
 
タイヤ関連情報
  空気の要らないタイヤ開発〜ブリヂストン (2011/12/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クリスチャン・サイエンス・モニターによると、ブリヂストンは空気不要(エアフリー)のタイヤを公開した。ゴムの設置面とハブの間を埋める網状の特殊樹脂が車の重量を支えるため、パンクの心配がなく、点検・修理も楽になる。素材はすべて再生利用が可能で、環境にも優しい。ショーでは1人乗りの電動スクーターに装着して展示された。
 
 
  トヨタ、部品を世界統一化へ (2013/6/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界統一化をめざし、トヨタはさまざまなモデルに使用している部品の種類を減少させようとしている。一例として、ドライバーの膝を守る膝用エアバッグを、50種類から80%減の10種類にする予定だ。これまでトヨタは、カスタムメイドの部品に力を入れ、膝用エアバッグに関しても、同社のさまざまなモデルの座席に対応するために50種類が必要だったのだ。 共有部品の使用促進により、ラジエーターも100種類から21種類に削減した。…
 
 
  フロントガラスにスマホのカーナビ情報を映す無線端末、Germinが発表 (2013/7/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  GPSメーカーのGarminが、カーナビアプリをインストールしたiPhoneやAndroid端末とBluetoothで接続し、車のフロントガラスに道案内画面を映写する端末を、今夏に129.99ドルで発売する。
 
 
  「パンクしないタイヤ」は、もうすぐそこに (2015/7/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハンコックタイヤは、「空気の入っていない」自動車タイヤを開発している/同社は、「iFlex」の名を冠した第5世代エアレスタイヤのテストを完了させた/従来のリムにセットできるので、現在流通している車両でも使用できるという。
 
 
  車に革命? 形状が変わるタイヤ (2015/8/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  韓国のクムホが全天候型エアレスタイヤ「MAXPLO」を発表した/雨天、降雪などの路面のシチュエーションに合わせてトレッドの形状が変わる/実現すればタイヤに革命をもたらすに違いないと筆者は評した。
 
 
  世界初 タイヤで路面状態判別 (2015/11/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブリヂストンは11月25日、タイヤから路面状態をリアルタイムに判別するセンシング技術を世界で初めて実用化したと発表した。 今回、実用化に成功したのは、タイヤから接地面の情報を収集・解析し、路面情報やタイヤの状態を把握する「CAIS」コンセプトに基づく路面状態判別技術だ。…
 
 
  タイヤ&ホイール選び ミニ知識 (2016/5/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  インチアップといったら、クルマの世界ではホイールのインチアップを指すことが多いでしょう。正確にはホイールのリム径をより大きなものに交換すること。ホイールを変えたら、そのぶんタイヤ側で外径やタイヤ幅などのサイズを調整する必要があります。 それを踏まえてインチアップすることのメリットやデメリット。その情報は巷にあふれています。…
 
 
  【タイヤの豆知識】タイヤの年齢がわかる「セリアル番号」の読み方知ってますか? (2016/6/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  タイヤというもの、銘柄や走り方により差はあっても、走れば走るほど摩耗するのは自明の理。残りの溝が1.6mmを切ってスリップサインの現れたタイヤは法令違反となり、もちろん車検を通過させることもできません。ただし、安全性能を考えると1.6mmまで持ちこたえさせることなく交換したいものです。 しかもタイヤは、走らなくても徐々に劣化することを忘れてはいけません。…
 
 
  ダンロップ史上最高傑作を謳うスタッドレスタイヤ (2016/6/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スタッドレスタイヤにおいて要となる「氷上性能」、そして「長持ち(効きの長持ち、ライフの長持ち)」において、ダンロップ史上最高の性能を実現したとする乗用車スタッドレスタイヤ「WINTER MAXX 02」。…
 
 
ハイブリッドカー
ハイブリッドカーの代名詞であるトヨタプリウス シボレー・ボルト EV走行時の最大航続距離約64km(40マイル) この区分の下段に「ハイブリッド車のブログ集」があります。
  ハイブリッドカー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイブリッドビークル(英: Hybrid Vehicle, HV)は、異なる二つ以上の動力源・エネルギー源を持つ乗り物である。 ハイブリッドビークル(Hybrid Vehicle、HV)とは、作動原理が異なる二つ以上の動力源をもち、状況に応じて単独あるいは複数の動力源を用いて移動する乗り物(Vehicle)である。狭義にはハイブリッド電気車両(Hybrid electric vehicle)の一種であるハイブリッド乗用車を指す場合が多い。 1 概要 / 2 ハイブリッドシステムの種類と特徴 / 3 効果 / 4 問題点 / 5 歴史 / 7 ハイブリッドカー一覧 / 8 脚注・参照 / 9 関連項目 / 10 外部リンク
 
 
  プラグインハイブリッドカー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  プラグインハイブリッドカー(英: Plug-in Hybrid Vehicle, PHV)は、コンセントから差込プラグを用いて直接バッテリーに充電できるハイブリッドカーである。 プラグインハイブリッドカーとは直接コンセントから充電できるタイプのハイブリッドカーである。 プラグインとは電化製品と同様に、家庭用電源からプラグ(電気機器の電源コードの先に付いている差込器具)を利用して直接電力を供給し充電できるようにしたもので、プラグインハイブリッドカーは非プラグインハイブリッドカーに比べ電池を多く搭載しているため電気のみでより長距離を走行できる特徴がある。 1 概要 / 2 種類と長所・短所 / 3 歴史 / 4 関連項目 / 5 参照・脚注 / 6 外部リンク
 
 
  ハイブリッドカーという自動車を学ぶ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイブリッドカーの基礎知識解説サイト。仕組みや燃費、メリットやデメリット、補助金制度や自動車税が優遇される減税制度など、次世代のエコカーの特徴をわかりやすく解説します!
 
 
  「ハイブリッドカー」最新記事一覧 - 誠 総合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「ハイブリッドカー」最新記事一覧 - 誠 総
 
 
  「ハイブリッドカー」最新の質問一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイブリッドカーについて/ハイブリッド車のバッテリー種類/プラグインハイブリッドカー/ハイブリッドカーは走行が少ないとメリットなしか/プラグインハイブリッドカー/ハイブリッド車からのバッテリー上がり救援/ハイブリッド自動車電池製造について/ハイブリッド車のチューン/ハイブリッド自動車電池製造について/ハイブリッド車のマナーについて・・など。                                                                                                                                      
 
 
  ハイブリッドカー 燃費ランキング 【オートックワン】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイブリッドカー 燃費ランキング 【オートックワン】
 
 
  ハイブリッドカー 【自動車カタログ】 ハイブリッドカー 車種一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイブリッドカーの新型モデルの価格やスペック、詳細情報をご覧いただけます。オートックワン独自の試乗レポートやさまざまな特集も合わせてご覧ください。
 
 
  トヨタのミッドシップハイブリッド「GRMN SPORTS HYBRID Concept II」 (2011/12/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  3.5リッターエンジンをミッドシップに、モーターをフロントに置くオープンボディのスポーツハイブリッドカー「GRMN SPORTS HYBRID Concept II」。
 
 
  米フォードの「C─Maxハイブリッド」、燃費でプリウス上回る (2012/8/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米フォード・モーター(F.N: 株価, 企業情報, レポート)は7日、クロスオーバー車「C─Maxハイブリッド」2013年モデルの燃費がトヨタ自動車の「プリウス」を超えたと発表した。
 
 
  仏プジョーがバッテリー不要の新型ハイブリット車、トヨタに対抗 (2013/1/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仏PSAプジョー・シトロエンは22日、バッテリーを使わない新型のハイブリッド技術を発表した。ハイブリッド市場で先行するトヨタ自動車を追撃する。… ガソリンエンジンと圧縮窒素による駆動力を組み合わせる新技術で、従来のハイブリッド車に比べ軽量化し、排出削減コストを半減できるとしている。 トヨタのハイブリッド車「プリウス」は、ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせているが、プジョーの新技術「ハイブリッド・エア」システムでは、圧縮窒素により油圧モーターを稼動させる。
 
 
  プリウス、首位明け渡す (2013/3/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2012年度の車名別国内新車販売台数で、09年度から3年連続トップを守ってきたトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」の首位交代がほぼ確実になったことが29日、分かった。同じトヨタの小型ハイブリッド車「アクア」が初の1位を獲得する見通し。アクアはプリウスより低燃費、低価格で車体も一回り小さく、幅広い顧客の支持を集めた。プリウスを超える車種が現れたことは、ハイブリッド車の本格的普及を象徴している。(全文
 
 
  スーパーカーにもハイブリッドの波 パリ国際ショー (2014/10/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  パリ国際自動車ショーが2日、開幕した。伊ランボルギーニが同社初のプラグインハイブリッド車を発表するなど、環境対応車が目玉の1つになっている。 プラグインハイブリッド車は、家庭用電源からバッテリーに充電できる。ランボルギーニの「アステリオン」は…
 
 
  ハイブリッド車のブログ集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ハイブリッド車人気ランキング
 
 
電気自動車
トヨタが超小型2人乗り電気自動車 電気自動車について - seijiseijiのブログ この区分の下段に「電気自動車のブログ集」があります。
  電気自動車のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  電気自動車のニュース - Google
 
 
  電気自動車ニュース  Electric vehicle News   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  電気自動車ニュース  Electric vehicle News
 
 
  電気自動車 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  電気自動車(でんきじどうしゃ)とは、電動機(電動モーター)を動力発生源として推進する自動車(軌道不要の車両) [1]。 同様に使われる言葉にEV (electric vehicle) がある。走行中に外部からのエネルギー供給を受けない電気自動車については「電池自動車」を参照。内燃機関と電動機を並列的に用いる自動車については「ハイブリッドカー」を参照。
 
 
  電気自動車と地球環境   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  電気自動車、燃料電池車、ハイブリッド車。  地球環境を考えて行動しよう!
 
 
  みんなの手の届く 都市型EV   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トップ/ニュース/e-ZONEセダン/e-ZONEバン/e-ZONE販売店/EVとは/Q&A/会社概要/お問合せ
 
 
  日産の電気自動車総合サイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  最大30日。長期モニターキャンペーン実施中 全国の日産のお店で実施中。 日産リーフWebカタログ/電気自動車んお魅力/充電・インフラ整備/モニターキャンペーン/電気自動車を体験
 
 
  日本EVクラブ公式ホームページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本EVクラブ(EV=電気自動車)は、自動車のさまざまな問題を自分たち市民の問題として
 
 
  タケオカ自動車工芸・電気自動車ミリュー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ようこそ、私たちのホームページへ、自然環境にやさしい電気を動力源とするミ二カーを考え、私たちができることは排気ガスはもちもん騒音も殆どなく、多様なエネルギー源による電気を動力源とする電気自動車をガソリン車並のコストでつくりました。また高齢者や、ハンディキャップの方が車椅子に乗ったまま運転できるミニカーを提案、製作しています。 (当社製作の電気自動車は北陸電力(株) (有)タケオカ自動車工芸の共同開発によるものです。)
 
 
  【光岡】電気自動車「雷駆(ライク)」を発表   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【光岡】電気自動車「雷駆(ライク)」を発表 - (株)ケイ・アイ・エム社長の”kimlog”
 
 
  YouTube - 電気自動車 VS ポルシェ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 電気自動車 VS ポルシェ - Japanese Tec -
 
 
  YouTube - 日産自動車 電気自動車『リーフ』試乗レポート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 日産自動車 電気自動車『リーフ』試乗レポート
 
 
  YoyTube - 慶應義塾大学 電気自動車研究室メンハーより.mov    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YoyTube - 慶應義塾大学 電気自動車研究室メンハーより.mov
 
 
  電気自動車 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  電気自動車 の画像 - Google
 
 
  電気自動車は本当に環境に優しいのか--ドイツの研究から明らかになった課題 (2009/5/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  電気自動車がもたらす環境上の利点に対して、ドイツで疑問の声が上がっている。疑問を呈しているのは、意外なことに環境保護団体だ。しかし米国の電気自動車ロビー団体は、そのリスクは米国には当てはまらないと主張している。
 
 
  走りながら驚いた、電気自動車ってちゃんとおもしろい! (2010/3/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  回お届けするのは三菱自動車が昨年6月4日に量産製造を開始した電気自動車、i-MiEV。ハイブリッドでもプラグインハイブリッドでもない。正真正銘、充電した電気だけで走る完全なEV(Electric Vehicle)です。スポーツカーの次は究極のエコカー、とこれまた右に左に振れ幅の大きい当欄ではございますが、私の基本姿勢は「乗りたいクルマに片端から乗る」でありますので、平にご容赦下さいませ。
 
 
  世界最高効率の超コンパクトEV (2011/7/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  究極のロードカー「マクラーレンF1」の設計者として知られるゴードン・マーレイ。その彼が今、効率を徹底的に追求した究極のコンパクトカーの開発に取り組んでいる。先日発表された「T.27 City Car」は、その活動から発展した世界最高効率をうたう超コンパクトEVだ。
 
 
  日産の超小型EVコンセプトカーが公道走行へ (2011/9/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産の2人乗り100%電動コンセプト車両「NISSAN New Mobility CONCEPT」が公道を走行するための国土交通大臣認定を取得した。横浜市、青森県、福岡県などと共同で、公道走行実証実験を行う。
 
 
  1充電で587キロ走破した大阪生まれの電気自動車 (2011/10/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  TGMYが開発した電気自動車「550 REVolution〔TGMY EV Himiko〕」が10月3日、つくば市の試験走路で1充電走行距離587.3キロを達成した。
 
 
  EVの価格、1/3は電池代〜フォードCEOがポロリ (2012/4/20)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  フォードの幹部がこのほど、電気自動車(EV)のバッテリー代は車両価格の3分の1を占めるという、業界が固く守ってきた秘密を明かした。
 
 
  欧米と日本勢が別路線〜EV急速充電器の規格整備 (2012/5/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  電気自動車(EV)の数が徐々に増える中、米国とドイツの自動車大手は、日本のメーカーとは異なる直流高速充電規格「DCコンボ」を推進している。… 一方、高級EV「ロードスター」(10万9000ドル)を販売しているテスラは、日本メーカーとも米欧大手とも異なる独自の「シングル・プラグ式直流高速充電」システムを使っている。
 
 
  「RAV4 EV」を「リーフ」と比較、実質価格と電池容量はともに1.7倍 (2012/5/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は2012年夏後半から、Tesla Motors(テスラ)と共同開発した電気自動車(EV)「RAV4 EV」の販売を開始する。RAV4 EVは、北米市場で販売中の日産自動車のEV「リーフ」と比べると、補助金を含めた実質価格とリチウムイオン電池の容量がともに1.7倍となっている。
 
 
  トヨタが考える超小型EVを使った新しい都市交通「Ha:mo」 (2012/10/1)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は、都市交通システム「Ha:mo(ハーモ)」の実証運用を豊田市で10月1日から開始した。「人にも街にも社会にも優しい移動」の実現を目指す。
 
 
  近距離移動もグリーンに、トヨタが超小型2人乗り電気自動車 (2013/3/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は、スイスで開催中のジュネーブモーターショーで超小型の2人乗り電気自動車(EV)「i─ROAD(アイロード)」を世界初公開した。都市部の通勤などに適した乗り物としてデザインされた。 全長は2.35メートルのアイロードは、前輪2つ・後輪1つの三輪車で、高さは1.44メートル、幅は0.85メートル。2キロワットのモーター2個とリチウムイオン電池を搭載している。 1回の充電に必要な時間は3時間で、走行距離は約50キロ。…
 
 
  「世界最速のEV」、1270万円で限定999台発売へ (2013/4/4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新興電気自動車(EV)メーカーの米デトロイト・エレクトリックは3日、同社にとって初の市販モデル「SP:01」を発表した。8月から限定999台の生産を開始し、価格は13万5000ドル(約1270万円)になるとしている。… 「SP:01」は2人乗りで、設計最高時速は約250キロ(155mph)。デトロイト・エレクトリックでは「世界最速の100%電動スポーツカー」とうたっている。
 
 
  電動車両、そろって大陸横断へ〜7月にノースカロライナを出発 (2013/5/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  電気自動車のほか電動オートバイ、電動自転車の愛好家が東海岸に集合し、一斉に西海岸までの大陸横断を目指す「ライド・ザ・フューチャー・ツアー(Ride The Future Tour)」がこの7月に開催される。 グリーン・カー・リポーツによると、電気自動車による長距離ドライブはすでに何人かが行っており、世界一周の達成例もあるが、同名の団体が主催する今回のツアーの目的は、自動車だけでなくスクーターや自転車などあらゆる電動車両が集まって大陸を横断することにある。…
 
 
  韓国で折り畳み式EV開発、アルマジロをヒントに (2013/9/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  韓国科学技術院(KAIST)の研究チームが、南米などに生息する動物アルマジロをヒントに製作した、折り畳み式の2人乗り超小型電気自動車(EV)「アルマジロ─T」を公開した。… 「われわれはアルマジロが丸まって小さくなる動きと、その頑丈さからヒントを得て超小型車を開発した。これがデザインのコンセプトだ」と話す。 この車は、折りたためば約半分のサイズの1.65メートルまで小さくなる。同氏は都市部の混雑した場所での駐車に理想的だと強調する。最高速度は時速約60キロで、10分の充電で約100キロ走行することができるという。
 
 
  日産のEV「ブレイドグライダー」は地上を滑空する感覚、市販も視野に (2013/11/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産自動車は、「第43回東京モーターショー2013」において、グライダーと三角翼をモチーフにした次世代電気自動車(EV)のコンセプトモデル「ブレイドグライダー」と、直近でフルモデルチェンジやビッグマイナーチェンジを予定している車両の数々を披露する。ブレイドグライダーの紹介映像も公開中だ。
 
 
  “走るだけ”の電気自動車から“カッコいいクルマ”へ原点回帰--東京モーターショー (2013/11/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回は、車の進化が見える東京モーターショーとなっている。ぱっと思い付く進化といえば、燃費や自動運転が浮かぶかもしれないが、実際に会場を見てみると「車本来の魅力を取り戻そう」という意図が感じられる。 実際、燃費やエコを全面に掲げるような展示は少なくなった。以前であれば電気自動車が本来の“走る”という役割を捨てたかのように、家庭の電力を供給するなどの展示も見られた。…
 
 
  ファミマ500店に電気自動車充電器 1回617円 (2014/4/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ファミリーマートは28日、電気自動車(EV)用の急速充電器を年内に全国500店で設置すると発表した。約20分の充電中に買い物をしてもらったり、「イートインコーナー」で飲食してもらったりするねらい。大手コンビニエンスストアが本格的に充電器を置くのは初めてという。 充電器は幹線道路沿いの店などの駐車場に置く。1台あたり300万〜500万円の費用がかかるが、政府や自動車メーカーの補助を使うため、ファミマの負担はほぼゼロという。…
 
 
  「液体電池」で600km走る車、給水が充電 (2014/7/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レドックスフロー蓄電池技術を革新したと主張するnanoFLOWCELLは、2014年7月、新型電池を搭載した電気自動車「QUANT e-Sportlimousine(クアントeスポーツリムジン)」の公道試験が可能になったと発表した。新型電池は液体に電力を蓄える。電気自動車をどのように変える技術なのだろうか。
 
 
  注目の電気自動車テスラ「モデルS」を納車開始--日本仕様は右ハンドル、日本語対応 (2014/9/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  テスラモータースは9月8日、日本で初となるスポーツ電気自動車(EV)「モデルS」の納車を開始し、併せて都内でプレスカンファレンスを開催した。 プレスカンファレンスは、来日したTESLA MOTORS共同創業者兼CEOのイーロン・マスク氏が充電器「テスラスーパーチャージャー」の発表と記者の質問に答える形式で行われた。…
 
 
  日立、電気自動車の走行可能距離を2倍にするバッテリー技術を開発 (2014/11/14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日立製作所は11月14日、電気自動車の走行距離を従来の2倍にできる高エネルギー密度型リチウムイオン電池の要素技術を開発したと発表した。 技術の概要は、電極の厚さを従来の2倍とすることで充放電できるリチウムイオン量を増加するとともに、新たに開発した3次元電極構造可視化の技術を用いてリチウムイオンの移動を促進する電極内の活物質の分布を最適化するというもの。 …
 
 
  電気自動車のブログ集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  電気自動車人気ランキング
 
 
  アップル 電気自動車を開発中か (2015/8/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  アップルがApple Carを開発しているのではないかと報じられている/BMWとの協議で、アップルのCEOが乗用車を開発すると述べていたという/BMW側に、製造設備や工程についての詳細もたずねていたそう。
 
 
  三菱から150万円以下の「EV」が登場 (2015/8/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  三菱自動車は、7月29日より実質150万円を切る電気自動車(EV)の発売を開始/「MINICAB-MiEV TRUCK」が、国産量産型EVで最安値を更新したことになる/さらに、充電時間が短い「急速充電機能」が全車に標準装備になったという。
 
 
  走りながら充電できる電気自動車用道路、英で実証実験へ (2015/8/19)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英政府は年内に、道路上を走行する電気自動車に無線で充電する新技術の実証実験に着手する。充電のため頻繁に停車しなければならない現状を打開して、二酸化炭素(CO2)の排出量が少ない電気自動車の普及を促す狙い。 ほとんどの電気自動車は、家庭に設置したコンセントを使ったり、路上で駐車したりして充電する必要がある。無線充電装置も登場しているが、それでも充電の時は停車しなければならない。…
 
 
  テスラの新型車 米誌で最高評価 (2015/8/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  テスラモーターズの電気自動車「S P85D」が米消費者情報誌で満点を獲得した/テストしてきたどの車よりも優秀で「最高点を記録した」などと評価している/Sシリーズを改良した「P85D」は、標準装備車でも12万5000ドルとのこと。
 
 
  ポルシェ 初の電気自動車を発表 (2015/9/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ポルシェは14日、初の電気自動車である「ミッション E」を初公開した/15分間の充電で400kmを走行可能で、ピラーレスの観音開きドアだという/有機LEDを使用した3Dディスプレイが装備されているとのこと。
 
 
  1カ月充電せず走れる電気自動車 (2015/10/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1カ月間充電しないで走れるマグネシウム発電池の電気自動車「piana」を紹介/水で発電できるマグネシウム発電池を載せられるハイブリッド化が可能だそう/バッテリーの充電時間は3時間で、20度までの坂を登ることができるという。
 
 
  1000馬力の電気自動車を初披露!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米国の新進電気自動車(EV)メーカー「Faraday & Future(ファラデー)」が、1,000馬力のコンセプトモデル「FFZERO1 Concept」を初披露した。流麗なデザインはもちろんだが、この分野で気を吐くTesla Motors(テスラ)との対決色にも注目が集まる。 ファラデーは、2014年に設立したベンチャー。幹部には元テスラの技術者を抱え、両社に因縁の関係をみる人は少なくない。…
 
 
  【動画】日本発“水上走行”できるEV、タイで (2016/2/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  以前にご紹介した水上走行可能な超小型電気自動車が、いよいよ来秋にもタイで生産・販売を開始できる段階にまで来ているそうです。 同車を開発したのはスズキで2輪の開発に携わっていた鶴巻 日出夫氏。…
 
 
  メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー (2016/6/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ドイツの自動車大手ダイムラー(DAIGn.DE)は、メルセデス・ベンツの長距離電気自動車(EV)モデルを10月に開催されるパリ・モーターショーで発表する見通し。 トーマス・ウェーバー最高開発責任者(CDO)は今週、記者向けイベントで、同車は1回の充電で500キロメートル程度の走行が可能とした。(全文)
 
 
  スーパーカーより速い電気自動車バンの加速力【画像】 (2016/7/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  もしかして:配達用バン最強説 ── 場所は滑走路のような広い直線路。3台のクルマが並んでいます。 中央は大柄でいかにも重たそうなバン。その両脇には、イタリア製のスーパーカーと、いまをときめく高性能でスタイリッシュな市販電気自動車がいます。 スターターが旗を振り下ろしてスタート! すると加速勝負では真ん中のバンが……。…
 
 
  ヤマダ電機が電気自動車事業に参入 20年までに、100万円以下…生産は船井電機に委託 (2017/10/31)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  家電量販最大手のヤマダ電機が電気自動車(EV)事業に参入する。EV開発のベンチャー企業に出資し、部品は中国の自動車大手からの調達を見込む。生産は船井電機に委託し、2020年までに低価格のEVを発売する。EVはガソリン車より参入障壁が低く、自動車以外のメーカーも発売を計画する。ヤマダ電機のような小売事業者までプレーヤーが広がり、競争が激しくなる。…
 
 
燃料電池車(FCV)
トヨタ・MIRAI、2014 トヨタのFCVは近い将来、地域の電源になる! (2016/1/15) FCV-R Gallery
  燃料電池自動車 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  燃料電池自動車(ねんりょうでんちじどうしゃ、英: Fuel Cell Vehicle、FCV)とは、搭載した燃料電池で発電して電動機の動力で走る車のことである。 燃料電池自動車は搭載した燃料電池で水素あるいは改質水素と空気中の酸素を反応させて発電して電動機を動かして走る車である。  1 概説 / 2 歴史 / 3 分類と規格 / 4 車載用燃料電池の詳細 / 5 エネルギー効率 / 6 関連項目 / 7 脚注 / 8 出典 / 9 外部リンク
 
 
  燃料電池車の事故と安全性   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  燃料電池車とガソリン車の事故の比較: 次の画像はアメリカで行われた燃料電池車とガソリン車の事故実験のものです。燃料電池車は水素タンクを、ガソリン車はガソリンタンクを、それぞれわざと破損させて炎上する事故を発生させています。
 
 
  fcv の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  fcv の画像 - Google
 
 
  燃料電池車 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  燃料電池車 の画像 - Google
 
 
  ホンダ、燃料電池車を国内先行発売 価格700万〜800万円「採算より普及」 (2014/6/25)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホンダが燃料電池車(FCV)を日本で先行販売する方針を固めたことが24日、わかった。 価格は補助金を含まずに700万〜800万円とする考え。ホンダはFCVを来年から国内外で発売する予定だったが、海外に先駆けてまず日本市場に投入する。また、1回の燃料補給での走行距離は800キロと、当初計画を約100キロ上回る水準を目指すもようだ。…
 
 
  アングル:燃料電池車「200万円補助」の重み、企業の「出血」も促す (2014/7/30)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  水素で走り、水しか出さない「究極のエコカー」とされる燃料電池車(FCV)の開発と普及の促進を目指し、政府が大型補助金の導入を打ち出した。大胆な政策決定には、自動車各社や関連産業に関連技術の開発とコスト低減の加速を促す狙いも込められている。 FCVはまだ採算が見えにくい小規模な次世代の市場だ。政府からの後押しに応えるためには、企業側にも「出血」を辞さない思い切った戦略が求められている。 <事実上のコストダウン要求><10年後目標にハイブリッド並みめざす><水素価格やステーションの整備も壁に>
 
 
  トヨタ、新型FCV「ミライ」発表=二酸化炭素を排出しない「究極のエコカー」 (2014/11/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は18日、走行中に二酸化炭素を出さず、「究極のエコカー」とも呼ばれる燃料電池車(FCV)「ミライ」の発売を12月15日とすると発表した。市販車としては世界初で、販売価格は723万6000円(北海道、沖縄は除く)。当初は国内で、来夏以降に、欧米などで順次販売を開始する。2015年末までの販売目標は約400台。  加藤光久副社長は18日の発表会で、「ミライは(ハイブリッド車の)プリウスを超えるさらなるイノベーション(革新)の幕開けだ」と強調。…
 
 
  「ものすごい英断」と驚きの声、トヨタ燃料電池車の特許無償開放 (2015/1/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車が単独で保有する燃料電池車(FCV)関連の特許すべての無償提供を6日発表したことについて、日系自動車メーカー各社からは「ものすごい英断」(日産自動車の志賀俊之副会長)などと驚きの声が多く上がった。FCVは燃料となる水素のインフラが必要になるため、台数の拡大が急がれている。…
 
 
  トヨタのFCV「ミライ」、受注1か月で1500台 年間販売目標の4倍 (2015/1/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車は、世界初の一般向け燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の受注台数が、発売後1か月で約1500台に達したと、2015年1月15日に発表した。発売は2014年12月15日。年間の国内販売計画(400台)の約4倍にのぼり、FCVへの関心の高さが裏付けられた。 ミライの価格は723万6000円で、国の補助金を活用しても約520万円かかる。…
 
 
  トヨタ 燃料電池車「ミライ」を2017年には3000台に増産すると発表 (2015/1/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタが「MIRAI」を2017年には3000台に増産する/世界初の市販型の燃料電池車で、受注が当初の予測を大きく上回ったため/同社は今年後半に「MIRAI」の欧米での販売を予定している。
 
 
   トヨタ、FCVミライの「未来形」公開へ 東京ショーで (2015/10/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車(7203.T)は8日、10月下旬に開幕する東京モーターショーで、水素で走る燃料電池車(FCV)のコンセプトカー、「トヨタFCVプラス」を世界で初めて公開すると発表した。昨年12月に発売した世界初の量産型FCV「ミライ」のさらなる未来の姿を描いた。 走行時に水しか出さないFCVは「究極のエコカー」と呼ばれることが多いが、FCVプラスではエネルギーを作る「エネカー(エネルギーカー)」としての役割も担うことをアピールする。…
 
 
  ミライ 生産が追いつかず4年待ち (2015/12/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタが水素で走る燃料電池車「ミライ」を発売して15日で1年となった/受注は国内だけで3000台を超えたが、生産が追いつかず納車時期は4年待ち/水素ステーションの整備も遅れており、普及にはハードルが多い。
 
 
  トヨタのFCVは近い将来、地域の電源になる! (2016/1/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  トヨタ自動車が米ラスベガスで1月6日〜9日にかけて開催された世界最大の家電見本市「CES」にFCV(燃料電池車)のコンセプトモデル「TOYOTA FCV PLUS」を出展、燃料電池技術の可能性や持続可能な社会に向けたトヨタのビジョンを提示しました。 昨年の東京モーターショー2015にも出展された同モデルは、近未来の水素エネルギー時代に向けた燃料電池車となっています。…
 
 
  ホンダ、燃料電池車1回の水素充填で約750キロ走行 (2016/3/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホンダ(7267.T)は10日、水素で走る5人乗り燃料電池車(FCV)「クラリティ・フューエル・セル」を発売した。当面はリースでの販売で、まずは自治体や企業向け、早ければ1年後にも一般向けに売り出す予定。初年度の国内販売目標は200台。年内中に欧米でも販売する。水素満タン時の走行距離は約750キロを達成した。…
 
 
  ホンダが燃料電池車「クラリティ 」を発売開始! 価格は766万円 (2016/3/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホンダが3月10日、独自開発した燃料電池車「クラリティ 」フューエル セルの国内リース販売を開始しました。 ガソリン車と同等の使い勝手とFCVならではの魅力を高次元で融合、搭載している燃料電池スタックは、従来に比べて33%の小型化を図りながら、出力は従来比で約60%の向上を実現しています。 トヨタ「MIRAI」との違いは、パワートレインをV6エンジン並みにコンパクト化してフード内に集約した点で、大人5人が快適に座れるキャビンスペースを確保しています。…
 
 
  水素拠点、25年度に4倍 経産省、燃料電池車普及へ (2016/3/16)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  経済産業省は16日、燃料電池車の普及に向け、燃料を供給する水素ステーションを2025年度までに320カ所に増やす計画を公表した。現状の4倍となる。燃料電池車は25年までに国内販売台数で20万台、30年までに80万台を目指す。 有識者や企業からなる「水素・燃料電池戦略協議会」の同日の会合で計画を提示した。燃料電池車は走行時に温室効果ガスを排出せず、次世代のエコカーとして期待を集めているが、製造や拠点の設置のコストが高く、普及が遅れている。…
 
 
  日産の新型バイオ車に波紋…国の基本計画と逆行 (2016/7/7)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産自動車がバイオエタノールを燃料とする燃料電池車を先月に発表した/これは水素ステーションを必要とせず水素ステーションへの投資が冷え込む可能性がある/日産の自社独自技術優先に「水素社会の普及へのフェーズ1」腰折れへの懸念が出ている。
 
 
ソーラーカー
South African Solar Challenge  FRP製作を応用したソーラーカー 富士山をバックに快走する(8日、新東名高速道路)
  ソーラーカー のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ソーラーカー のニュース - Google
 
 
  ソーラーカー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ソーラーカー (solar car) は、太陽電池を電源とし電気モーターで走る自動車である。 太陽からの光エネルギーを太陽電池によって電気エネルギーに変換し、それを電気モーターに投入することで動力としタイヤを回転させて走行する電気自動車がソーラーカーである。… 石油枯渇問題の啓発、地球温暖化の抑止を広めるためのキャンペーンの題材や、太陽電池の技術開発をテーマとした競技などに使われ、しばしば注目を集める。 1 概要 / 2 ソーラーカーの技術的 / 3 車両の設計 / 4 ソーラーカーレース / 5 ソーラーカーチーム / 6 参考文献 / 7 脚注 / 8 関連項目 / 9 外部リンク
 
 
  ソーラーカー の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ソーラーカー の画像 - Google
 
 
  新東名高速を「世界一のソーラーカー」が駆けた=映像 (2012/4/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高速道路に乗り入れたソーラーカーはまさに「水を得た魚」だった。音もなく走り出すと、時速60キロ、80キロ、そして100キロと速度を上げる。規制が厳しい日本の公道で「実力世界一」の走りをなかなか披露できなかった東海大学の「Tokai Challenger」。遮るもののない道で、富士山を従えての疾走はクルー、そして車にとっても留飲の下がる出来事だったに違いない。 日本初、高速道をソーラー車が走行/「エコ道路」の性能を試す
 
 
  ソーラーカーレース - 鈴鹿2013   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  JAF公式サイトでもソーラーカーを紹介。 2012年のレースの様子を配信中! 大会概要発表!/鈴鹿サーキット 国際レーシングコース(フルコース1周5.807km)
 
 
  オーストラリア縦断3000キロ、ソーラーカーレース始まる (2013/10/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オーストラリア北部ダーウィンから南部アデレードまで約3000キロを走る世界最大級のソーラーカーレース「ワールド・ソーラー・チャレンジ」が、6日から始まっている。 太陽光のみを動力源とするソーラーカーを使った同レースは、1987年に第1回を開催。今年は日本を含む20カ国以上から約40チームが参戦している。 2011年の前回大会は、東海大学のチームが総合優勝を果たした。今大会は13日にレース終了日を迎える予定。(全文)
 
 
  国際ソーラーカー・レースで活躍する東海大学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  学生の総力で世界トップクラスの新型車両を開発(前編): 隔年で開催されるソーラーカーの国際レース「ワールド・ソーラー・チャレンジ」で、2009年と2011年に2連覇を果たした東海大学チャレンジセンターは、2013年10月に開催された同レースに設計を一新した新型車両を投入。3連覇に挑んだ。太陽光発電システムのパフォーマンス、車体の空力など数多くの条件の絶妙なバランスを追求し、世界トップクラスの性能を発揮する車両を開発。さらに強力なチームを結成したうえで、レースに臨んだ。ここでは、新型車両の開発ストーリーを2回の連載で紹介する。
 
 
  太陽光で走る「究極のエコカー」、米フォードなどが開発 (2014/5/28)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  米フォード・モーターの代替エネルギー車部門の責任者を務めるマイク・ティンスキー氏によると、同社のプラグインハイブリッド車をベースにしたコンセプトカー「C-MAX Solar Energi Concept」は、太陽光を利用する車作りに向けた第一歩だという。 ティンスキー氏は「地球に降り注ぐ日光は1日174ペタワット(1ペタワットは1000兆ワット)。この取り組みはその力を活用し、車向けに使い始めようという1つの方策だ」と話す。…
 
 
軽自動車
ダイハツ 新型 軽自動車「ミラ ココア」  日産と三菱、協業による新型軽自動車のエクステリアを公表 ネコ軽自動車」画像詳細 | 面白画像クチコミポータル
  軽自動車 のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  軽自動車 のニュース - Google
 
 
  軽自動車 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自動車(けいじどうしゃ)とは、日本の自動車の分類の中で最も小さい規格に当てはまる、排気量660cc以下の三輪、四輪自動車のこと。125cc超250cc以下の二輪車も指す。自動車は軽三輪、軽四輪、二輪車は軽二輪ともいう。 元来は日本国外のキャビンスクーター(英語版)などの一種であったが、現在はより本格的な自動車として別種のものと認識されている。 1 概要 / 2 成立までの経過 / 3 軽自動車の特徴と用途 / 4 沿革 / 5 軽自動車車種 / 6 日本国外の類似規格車両 / 7 「超小型車(超小型モビリティー)」の検討 / 8 出典・注釈 / 9 関連項目 / 10 外部リンク
 
 
  軽自動車検査協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当協会は、軽自動車の安全性の確保と環境の保全に不可欠な検査事務を国に代わって実施する機関として、昭和47年に運輸大臣の認可を受けて設立され、その後、昭和62年に国からの出資金を全額返還し、民間法人化して経営の自立化・活性化を図りました。  軽自動車の車検/各種手続き/Q&A・軽自動車を知る/公開情報・統計情報/当協会について
 
 
  軽自動車 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  軽自動車 の画像 - Google
 
 
  軽自動車の車名一覧 - Car sensor.Net   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  軽自動車に関する情報が満載。軽自動車の中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!リクルートが運営する中古車情報のサイトです。軽自動車の車名が様々な条件で検索可能。あなたの車選びをサポートします。
 
 
  軽自動車の自動車カタログ - 価格.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本独自の規格である軽自動車は、税金や保険の費用が普通車に比べて安くなります。軽自動車の中古車は市場の在庫も豊富で、また売却金額が高いのも大きな魅力です。但し軽自動車には定められた規格があり、長さ3.4m以下、幅1.48m以下、高さ2m以下、排気量660cc以下、定員4名以下となります。
 
 
  軽自動車は、ピッタンコ。 - 社団法人 全国軽自動車協会連合会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本会は、軽自動車の盗難詐欺等による不正届出および不正検査申請等の防止対策を確立し、その届出および検査申請等の業務の健全化を図ることにより国の行う行政に協力し、もって我が国のモータリゼーションの健全な発達に寄与するとともに公共の福祉を増進することを目的とする。
 
 
  アングル:軽自動車市場は「4強時代」に突入へ、日産自とホンダ競合 (2013/5/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産自動車と三菱自動車工業の新型車投入で、国内の軽自動車市場は競争が一段と激化する。20日に会見した三菱自の益子修社長は日産自とともに「4強の一角を目指す」と闘志をあらわにした。 業界関係者の間では、都市部に強い日産自と直接的な競合関係にあるホンダが少なからず影響を受けるとの見方も出ている。…
 
 
  ホンダ、軽オープンスポーツ「Honda S660 CONCEPT」を世界初披露 (2013/10/23)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京モーターショー2013、ホンダブースには軽オープンスポーツ「Honda S660 CONCEPT」と次世代スーパースポーツモデル「NSX CONCEPT」が並ぶことになりました。
 
 
  軽自動車税を年1万0800円に引き上げ=自民税調幹部会 (2013/12/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自民党税制調査会は11日午前の幹部会で、来年度税制改正の焦点の一つである車体課税見直しについて協議し、自動車取得税の軽減措置にともなう代替財源として検討されてきた軽自動車税について、15年4月以降の新車に限定して現行の年7200円から1.5倍となる年1万0800円に引き上げる方針を固めた。 自動車取得税については、消費税を8%に上げた段階の軽減措置として普通車は現行の5%から3%に引き下げ、軽自動車は現行の3%から2%に引き下げる。…
 
 
  ホンダ「N-WGN」が安全性能総合評価で5つ星、軽自動車で初 (2014/5/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自動車事故対策機構(NASVA)は、平成25年度(2013年度)の「JNCAPファイブスター賞」の受賞車種を発表した。ホンダの「N-WGN」は、新・安全性能総合評価が採用された平成23年度以降で軽自動車として初受賞。
 
 
  スズキ史上最強の軽に高まる期待   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  3月発売のスズキ新型アルトが、車好きの間で注目を集めている/理由として、ハイブリッド車をも凌ぐ燃費やレトロなデザインが挙げられる/広報担当者は、燃費の良さとキビキビとした走りに自信を見せている。            
 
 
  スズキの軽が最高ランクの評価 (2015/8/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  スズキは5日、予防安全性能アセスメントにおける同社への評価を発表した/「スペーシア」が最高ランクの評価「ASV+」を獲得したという/同車には「デュアルカメラブレーキサポート」などが搭載されている。
 
 
  軽自動車が売れない 市場が低迷 (2015/8/5)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  軽自動車の国内販売数が落ち込み、7か月連続で前年同月比割れだという/大きな原因は4月からの年3600円の軽自動車税「増税」と指摘される/ほかにも増税前の駆け込み需要の反動、新型車が少ないことも挙げられた。
 
 
  2016年1月の軽自動車セールスランキング、背高タントが連続トップ (2016/2/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一般社団法人 全国軽自動車協会連合会による2016年1月の軽四輪車通称名別新車販売台数速報がでています。 2015年12月、一年以上ぶりにトップに返り咲いたダイハツ・タントが、2016年になっても1位の座を守っています。全体としては前年同月比88.4%と軽自動車全般は不振となっていますが、タントは前年同月比121.8%と売れています。…
 
 
  シニア世代におすすめの最新軽自動車 (2016/2/8)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  最近、65歳以上のドライバーいわゆる“高齢運転者”への注目が高まっています。 警視庁が公開する“高齢運転者が関与した交通事故発生状況(平成26年中)”によると、交通事故の総件数は減少する一方で、高齢者が関与する割合は年々増加しています。 その原因は、安全不確認(30.9%)、交差点安全進行(18.3%)、前方不注意(10.8%)と、いずれもドライバーの注意力不足として挙げられています。…
 
 
  女子が1番マシだと思う軽自動車と「最も不人気軽」 (2016/6/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  もっとも女子にモテそうな軽自動車について、日刊SPA!が調査している/「一番マシ」とされるのは「N-ONE」で、11票が集まった/ミライース」「eKワゴン」は4票、「アルトワークス」は1票だった。
 
 
  軽自動車でも電動自転車でもない布でできたクルマ (2016/7/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  サイズ感がなんともかわいらしい電気自動車「rimOnO」を紹介している/軽自動車と電動アシスト自転車の合いの子のようで、ボディは布製/ゆっくりな速度が安全を保ち、送り迎えや近所の買い物に最適という。
 
 
  平成27年12月末の軽自動車が100世帯あたり54.3台 (2016/7/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  全国軽自動車協会連合会 (全軽自協)は、平成27(2015)年12月末現在の世帯当たり軽四輪車普及台数などの最新データを発表しました。 発表によると、全国平均で軽四輪車の普及台数は100世帯あたり54.3台に達し、昨年の54.0台からさらに0.3台増加したことになります。…
 
 
  ミニバン最新トレンド5台をピックアップ (2016/7/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  軽自動車そしてSUVなど、ブームの移り変わりはあるものの、依然として販売ランキングで上位に輝く人気カテゴリーであるミニバン。各社から新型モデルが登場し、それらは驚くような販売台数を叩き出しています。 新しいモデルを見てみると、かつてのように『居住空間の広さ』に終始するだけでなく、デザインや走りといった付加価値をアピールしています。 そこで今回は、そんな付加価値が魅力的な5台をピックアップしてみました。…
 
 
  2016年の軽自動車ナンバーワンはホンダN-BOX!! ホンダ最速で100万台を突破 (2017/1/15)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ホンダの軽自動車を再生させるという期待を背負い、投入されたNシリーズ。2011年12月に発売されたホンダN-BOXは、Nシリーズ第一弾にして最大のヒット作になっています。そのN-BOXシリーズが2015年に続き、2016年も軽自動車ナンバーワンに輝きました。 N-BOXシリーズの大成功は、まず、分かりやすいボクシーなスタイルと広い室内を両立している点でしょう。N-BOXのヒットを見るにつけ初代スズキ・ワゴンRのサクセスストーリーを思い起こさせます。…
 
 
  軽スポーツカーは「白ナンバー」が似合う!? クルマの見栄えを一新させる「白いナンバー」を取得するには?(2017/6/11)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1975年以降、黄色のナンバープレートがトレードマークになった軽自動車ですが、ダイハツ「コペン」やホンダ「S660」などのスポーツモデルの場合、クルマのイメージに合わない……と感じているユーザーも少なくないのではないでしょうか。 新型車のカタログ等では、黒色系のプレートを装着することで意図的にナンバープレートの存在感が薄められているため、納車後に改めて気になることが多いようです。 そこで今回は、愛車のコーディネートに拘るユーザーにとって悩ましい「黄ナンバープレート」の見栄えを解決する方法についてご紹介したいと思います。…
 
 
  国内新車販売500万台超え 17年2年ぶり、軽が回復 (2018/1/1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2017年の国内新車販売が2年ぶりに500万台を超えたもようだ。15年春の軽自動車税の増税で落ち込んでいた軽自動車販売が回復した。一方、排気量660cc超の登録車は日産自動車などで発覚した無資格者による検査問題で秋以降は伸びが鈍化している。18年も勢いを維持できるかが焦点となる。 登録車と軽自動車を合わせた新車販売台数は17年に520万台を上回ったとみられる。16年は497万台だった。けん引役と…
 
 
  日産初の「軽・電気自動車」が2019年に登場か 傘下の三菱へOEM供給 (2018/1/20)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日産から初の軽・電気自動車が、2019年にも発売される可能性があるという/開発は日産主導で実施され、傘下の三菱へOEM供給されることになると筆者/新型リーフ搭載のEV技術を移植し、航続距離200kmを目指すとのこと。
 
 
ジープ
Mitsubishi_Jeep ジープ・コマンダー - Wikipedia ベーシックな「スポーツ」、上級モデル「サハラ」を設定!クライスラー
  ジープ のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジープ のニュース - Google
 
 
  ジープ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジープ(英語:Jeep®)は、クライスラー社の四輪駆動車のブランドである。 第二次世界大戦中の1940年にアメリカ陸軍の要請により開発着手され、翌1941年から実戦投入開始された小型四輪駆動車がその元祖である。第二次世界大戦において連合国軍の軍用車両として広く運用され、高い耐久性と悪路における優れた走行性能で軍事戦略上でも多大な成果を挙げた。 その高性能は小型四輪駆動車の有用性を世界各国で広く認知させ、第二次世界大戦後に軍用・民生用を問わず同種の四輪駆動車が世界的に普及する端緒となり、「ジープ」は単なるブランドに留まらず、その優れた設計と名声から民生のクロスカントリーカーや小型軍用車両の代名詞となった。 1 概要 / 2 歴史 / 3 軍用Jeep生産台数 / 4 海外生産 / 5 ブランド / 6 車種一覧 / 7 その他 / 8 参考文献 / 9 関連項目 / 10 外部リンク / 11 脚注
 
 
  ジープ・コマンダー (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジープ・コマンダー (Jeep Commander) は、独・米の自動車メーカーであるダイムラー・クライスラー(現米クライスラー)が2006年にジープブランドで発売したSUVである。 2005年のニューヨーク国際オートショーで発表され、2006年に発売開始。3列シート7人乗りのモデルはジープブランド初となる。ジープブランド内では、最上級のフラグシップモデルという位置付け。 1 概要 / 2 外部リンク
 
 
  Jeep   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日ジープブログで、今年のイースタージープサファリから2014ジープ·ラングラーの最大のパフォーマンスのコンセプトで内部の一見を得る。
 
 
  Jeep Wrangler Freedom Edition   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初代ジープのスピリットが逞しく息づく。 米軍車両の復刻版を150台限定販売。  グランドチェロキー   Jeep Wrangler
 
 
  New Jeep Cherokee Debut Fair   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジープ日本公式サイト。4WD「ラングラー」を初めとするSUVラインアップのご紹介。特別限定車やニュース・キャンペーン情報のお届けと、試乗予約、お見積り、資料請求、オフィシャルディーラーや認定中古車検索もご案内しています。
 
 
  ジープの中古車 - Car sensor.Net   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  クライスラーの4輪駆動車専門ブランドであるジープ。第二次世界大戦時中の1940(S15)年にアメリカ陸軍の要請で軍用車の開発に着手。翌41(S16)年に実戦投入された4輪駆動車が同ブランドの起源とされている。軍事目的の車両として開発されたクルマのため、耐久性や悪路走破性の高さへの評価は非常に高い。ラングラー、チェロキー、グランドチェロキーと伝統のラインナップはもちろん、現代流のエッセンスを取り入れたフラッグシップモデルのコマンダーや、同ブランド初となるコンパクトSUVのパトリオットなど、ジープならではクルマを数多くラインナップする。
 
 
  ジープの自動車カタログ - 価格.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジープの自動車を買うなら、まずは価格.com自動車をチェック! 最大級のクチコミ・レビューに業界のプロフェッショナルが参加。スペック検索やニューモデル情報など、更に情報量が充実した自動車カタログ!!
 
 
  ジープ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ジープ の画像 - Google
 
 
  スポーツカーランキング - 人気の国産&外車〜燃費・おすすめ情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国産&外車のスポーツカー注目モデルの人気ランキングや、各スポーツカーのおすすめポイント、燃費や売れ筋情報など、購入を検討している人に役立つデータが満載です。 スポーツカーランキングでは、国産スポーツカーから外車スポーツカーまで人気の33車種に関して、JC08モード燃費、動力性能、価格、グレードなどを比較掲載するだけでなく、スポーツカー人気のポイントなども解説しています。
 
 
  四輪駆動軍用車から始まった『ジープ』75年の歴史 (2016/1/27)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  傑作四輪駆動軍用車が誕生してから75年を迎え、ジープの歴史を紐解いている/開発当時は、地雷を踏んでも予備タイヤで走れるようにと要求があったそう/現在ジープは7車種あり、次の100周年に向けて進化の行く末が楽しみと筆者。
 
 
  世界有数の豪雪地帯を抱える日本の風土が育てた「4WD」の選び方 (2016/2/22)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自動車に関係する気になるニュースや技術をわかりやすく解説する新連載「3分でわかる自動車最新トレンド」。連載6回目の 話題は4WDだ。今まさに厳寒期だが、積雪地帯では必須のテクノロジーといえる。日本は4WDモデルのラインアップが多く、バリエーションもさまざまだ。 モータージャーナリストの森口将之氏が解説する。…
 
 
  一時代築いた「パジェロ」の魅力 (2015/12/26)   TOPページジャンル一覧表