詩の種類・表現技法

012 【文芸】 詩/北原白秋:石川啄木:宮沢賢治:中原中也
論語とは
 自由詩は著名な詩人のホームページを個別に掲載いたしました。詩人データもあります。漢詩といえば、あまりにも有名な李白・杜甫をはじめ、古来からの論語に関したホームページにも触れています。 また、儒学や朱子学、論語・格言(ことわざ)、そして哲学もこのコーナーです。どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

詩・詩人 現代詩人.1960〜 北村透谷.1868 土井晩翠.1871 島崎藤村.1872 蒲原有明.1875
薄田泣菫.1877 野口雨情.1882 高村光太郎.1883 竹久夢二.1884 山村暮鳥.1884 北原白秋.1885
石川啄木.1886 萩原朔太郎.1886 大手拓次.1887 川路柳虹.1888 深尾須磨子.1888 室生犀星.1889
岡本かの子.1889. 三木露風.1889 日夏耿之介.1890 白鳥省吾.1890 佐藤惣之助.1890 佐藤春夫.1892
堀口大學.1892 西脇順三郎.1894 金子光晴.1895 宮沢賢治.1896 八木重吉.1898 丸山薫.1899
三好達治.1900 高橋新吉.1901  村野四郎.1901 中野重治.1902 北園克衛.1902 金子みすゞ.1903
草野心平.1903 サトウハチロー.1903 小野十三郎.1903 城米彦造.1904.5/ 原民喜.1905 伊藤信吉.1906
伊東静雄.1906 中原中也.1907 まど・みちお.1909 菅原克己.1911/ 立原道造.1914 石原吉郎.1915
歴史上の人物に会えるなら          
← 011 【文芸】◆童話(下)      013 【文芸】◆詩(下) → 
TOP >  a 文芸 > 012 【文芸】 詩/北原白秋:石川啄木:宮沢賢治:中原中也 >  
       
詩・詩人
中国・宋王朝の高宗(1107-1187)による七言絶句。絹張りの扇に草書体で記されている。 冠水橋 この「区分」の下段に「散文詩のブログ集」があります。
  Category:詩人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このカテゴリには 36 の項目があります。 目次=五十音順
 
 
  詩人 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  叙事詩作者としてホメロス、ダンテなど。 漢詩作者として李白、杜甫など。 象徴主義の詩人としてフランスではボードレール、ヴェルレーヌ、ランボー、マラルメ、ヴァレリー、他にアイルランドのイェイツ、ドイツのリルケなど。 戦後日本の詩人として荒地派の鮎川信夫、田村隆一や金子光晴、吉本隆明、谷川俊太郎など。  詩人の例/関連項目
 
 
  詩人一覧 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人一覧(しじんいちらん)は、主な詩人の一覧である。
 
 
  Flinker.jp  詩人一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  全」38件 / 著者名  ふりがな  分類  販売トップ作品  登録数  ブックマーク
 
 
  詩人とは? weblio辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人とは? weblio辞書
 
 
  日本の詩人の一覧 - Weblio辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の詩人の一覧 - Weblio辞書
 
 
  詩人一覧 (散文作品) - Wikipedia   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『詩人一覧』(しじんいちらん)とは、古ノルド語で書かれた短い散文作品である。 スカンディナヴィア各国の伝説的な時代から13世紀後半までの諸王に仕えた200名以上の宮廷詩人(スカルド)の名前を一覧している。数名には短い注釈が付されている。この作品の内容は、現在判明している他の資料からの知識に概ね一致している。しかし、特定の王に仕えた宮廷詩人に関しては、『詩人一覧』に収録されていたものよりも多くの名前が知られている。また逆に、他の資料には掲載されていない詩人の名前が収録されている事例もある。  1 脚注 / 2 参考文献 / 3 関連項目 / 4 外部リンク
 
 
  七言絶句 とは - コトバンク    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漢詩で、七言の句が4句からなる近体詩。七絶。 →絶句 【絶句】より…中国詩の詩体の一つ。4句で完成するもので,五言絶句,六言絶句,七言絶句の3種類がある。絶句ということばは,元来は古詩,もしくは古楽府(がふ)の長編の詩の中から連続する4句をとりあげて独立させ,その部分のみを朗誦する形にしたもので…
 
 
  文学極道   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  芸術としての詩を発表する場、文学極道です。 ここは芸術家たらんとする者の修錬の場でありますので、厳しい罵倒・酷評を受ける場合があります。 投稿の際は、必ず各掲示板の投稿規程をお読みください。
 
 
  花と詩と音楽と   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  花のことば/青島物語 前編./青島物語 続編/想い出の詞藻/私の音楽ノート/プロローグ
 
 
  身すがらつらら   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このWEB SITEはフリーのライター野谷真治の作品と現状を多くの方に知っていただくために作りました。現在は短詩、多行詩、エッセイ、Web、取材など、多岐にわたるメディアでお仕事をさせていただいていますが、これからは、出来れば小説も含め、もっと幅広いメディアで、より良い仕事を続けていこうと思っています。
 
 
  古典文学作品紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩(Poem)  ジョン・キーツ(John Keats)/サミュエル・ウルマン(Samuel Ullman)/中原 中也(Chuya Nakahara)
 
 
  日本詩人愛唱歌集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩と音楽を愛する人のためのデータベース  このHPは、日本の代表的な詩人の作品中、どの詩がどんな人に作曲されたのか、また、どの詩が多くの人に作曲されたのかを調べてみようというものです。… 「日本詩人」におさめられた曲目を、楽譜別に分類する作業に着手。 まずは500冊を目指します。
 
 
  歌人の花 詩人の海    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北原白秋はバラの詩を詠んだ。神秘なる驚くべき花として。石川啄木も北の海辺に咲くハマナスを歌い、漂泊人生が始まった北海道・函館に思いを寄せた。一歳違いの二人は同じ時代を生き、美と郷愁と畏怖(いふ)に満ちた自然に向き合う。
 
 
  日本現代詩歌文学館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  わが国唯一の現代詩歌専門の総合文学館  ・なぜ「詩歌」文学館なの? 詩歌の本や雑誌は全国で膨大な種類のものが発行されていますが、それぞれの部数はほとんどがごくわずかなものです。ですから時間がたってしまうとほとんど手に入れることができなくなってしまいます。 そのような状況のなかでもっと優れた詩歌に触れたい、もっと研究を深めたいという人たちがたくさんいて、その声が結集して「詩歌」文学館ということになったのです。
 
 
  清水鱗造ホームページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  灰皿町のPoemWiki内にある自己紹介です。私の家族のページです。 このサイトに発表してきた、1996年の初めの詩から2000年2月第4週までの「週刊詩」が本になりました。書名は『ボブ・ディランの干物』。この詩集に興味のある方は右の詩人産直販売から、どうぞ。とはいうものの作品はすべて、このサイトで読めます。本は多少推敲してありますが。
 
 
  山口県人詩人会 (山詩会)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  なぜ我々が「短詩」にこだわったかを述べさせていただきます。長い詩ならすでに従来あります巨大投稿サイトという受け皿があります。しかし、短詩、粒詩の専門投稿所というのは、まだあまり無いように思います。短詩、粒詩のよさというのは、その多くが日常語で語られ、レトリックや小難しい暗喩や比喩などに頼り切らない等身大の言葉で、でも人生における誰にも訪れるような「真実の一瞬」のようなものを切り取ることができる、というところにあると思います。
 
 
  詩人の名言 一覧 - 地球の名言   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この世に 生を受けたこと それが 最大のチャンスじゃないか  byアイルトン・セナ / 誰かを信頼できるかを試すのに、一番良い方法は、彼らを信頼してみることである。 アーネスト・ヘミングウェイの名言 / 誰かを信頼できるかを試すのに、一番良い方法は、彼らを信頼してみることである。 アーネスト・ヘミングウェイの名言  /  わが人生は、ほんの一行で要約できるだろう。  そう、私は生きることを 十分に楽しんだと。   アーネスト・ヘミングウェイの名言
 
 
  漢文委員会  紀頌之の漢詩・唐詩・詩詞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漢詩を新しい感覚で解釈し、背景を考え、解説をしていきます。広く浅くではなく、盛唐から晩唐の詩、を中心にみて行きます。
 
 
  近代詩人・歌人自筆原稿集 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本書は、明治・大正・昭和前半に至る、近代を代表する詩人・歌人七十四人の、詩稿、歌稿、原稿、書簡等を集成したものである。全集未載の萩原朔太郎書簡など120点を公開する。
 
 
  散文詩のブログ集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  散文詩の人気ランキング
 
 
  YouTube - 真夏の夜の夢-松任谷由   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 真夏の夜の夢-松任谷由
 
 
  YouTube - 真夏の夜の夢/松任谷由実 & Goose house   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 真夏の夜の夢/松任谷由実 & Goose house【カバー】
 
 
  詩人 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
  詩 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
現代詩人.1960〜
日本の現代詩101 | 高橋 順子 | 本 | Amazon 日本現代詩人会 音信 詩人・桜川涼子さん
  現代詩人 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代詩人 - Google検索
 
 
  現代詩人 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代詩人 の画像 - Google
 
 
  音信 詩人・桜川涼子さん - 佐賀新聞 7月31日(日)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ◇「文芸思潮」の現代詩賞で優秀賞 詩の同人誌「扉」「滾滾(こんこん)」などに所属する佐賀市の桜川涼子さん(56)=本名・田口香津子・佐賀女子短大副学長=が、第11回「文芸思潮」(アジア文化社)の現代詩賞で優秀賞を受賞した。「新人のようにうれしかった。これからも真摯(しんし)に詩作に取り組みたい」と喜ぶ。(全文)
 
 
  桜川涼子 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  桜川涼子 の画像 - Google
 
 
北村透谷.1868
北村透谷 北村透谷(1868〜1894)(本名:門太郎)明治の詩人、評論家 北村透谷を語ろう/ウェブリブログ
  北村透谷とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人,評論家。本名,門太郎。東京専門学校中退。自由民権運動からキリスト教に転じ受洗,1889年創立の日本平和会に参加して絶対的平和主義の運動を行なった。しかし彼の本質は革命的ロマン主義であり,85年の大阪事件とのかかわりをうたった『楚囚之詩』 (1889) や,壮大な宇宙感覚に終末観,厭世観をこめた劇詩『蓬莱曲』 (91) ,あるいは恋愛の純粋性を述べた評論『厭世詩家と女性』 (92) などで現実を変革するばねとしての「想世界」への憧憬を示した。 明治1(1868).11.16. 小田原 〜 1894.5.16. 東京
 
 
  北村透谷 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村 透谷(きたむら とうこく、1868年12月29日(明治元年11月16日) - 1894年(明治27年)5月16日)は、明治期に近代的な文芸評論をおこなった人物。詩人。島崎藤村らに大きな影響を与えた。 神奈川県小田原で没落士族の家に生まれた。本名は北村門太郎。両親とともに上京し、東京の数寄屋橋近くの泰明小学校に通った(のちの筆名・透谷は「すきや」をもじったもの)。 1 人物 / 2 思想 / 3 作品 / 4 関連項目 / 5 外部リンク
 
 
  北村透谷    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  神奈川県小田原市生まれ。本名門太郎。1883年、東京専門学校(現早大)入学。政治家を目指すが夢を断た  【蝶のゆくへ】/【雙蝶のわかれ】/【蝶のゆくへ】/【みゝずのうた】
 
 
  北村透谷の幻境   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村透谷は、川口の森下という集落を幻境と呼びました。その森下の住人、秋山国三郎と親交を結びました。 川口地区郷土史研究会が平成13年5月10日に発行した会報で北村透谷と秋山国三郎を特集しています。
 
 
  北村透谷の「文学」観   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村透谷の「文学」観については様ざまに論じられてきたが、「文学」概念をめぐる当代の状況が十分解明されてこなかったことによって、いまだに混乱から抜け出していない。その解決のために、ここでは彼の文章中に現れる「文学」とその同義語の大方を拾い出し、それぞれの意味を文脈から判断して、その「文学」観の変化を跡付け、最後に、その変化のよってきたる所以を考察する。
 
 
  北村透谷  早稲田と文学   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (本名門太郎、1868〜1894)は小田原出身。明治16年東京専門学校政治科に入学。折からの自由民権運動の嵐の中に身をおくが、大井憲太郎一派の行動についていけず挫折。苦悩と模索の中で自由律叙事詩風の『楚囚之詩』を自費出版するが、自信を喪失し破棄した。のち「女学雑誌」等で評論活動を行い、26年には島崎藤村らと「文学界」を創刊するが、疲れ切って27年5月、25歳で縊死。あまりにも早く近代的自我に目覚めた者の悲劇であった。
 
 
  北村透谷 きたむら・とうこく   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名は門太郎。 神奈川県出身。東京専門学校中退。 自由民権運動に加わり大阪事件への参加を求められたが、煩悶の末に頭を剃って運動から離脱する。 その後キリスト教に入信し、文学へ移って詩や評論などで活躍した。
 
 
  島崎藤村・北村透谷記念碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  阪急百貨店の裏手にある泰明小学校は、文豪島崎藤村(1872年〜1943年)と日本の近代浪慢主義の開拓者北村透谷(1868年〜1894年)が幼き日に学んだ学校です。同校の入口には「島崎藤村 北村透谷 幼き日ここに学ぶ」の石碑があります。
 
 
  北村透谷 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村 透谷(きたむら とうこく、1868年12月29日(明治元年11月16日) - 1894年(明治27年)5月16日)は、明治期に近代的な文芸評論をおこなった人物。島崎藤村らに大きな影響を与えた。
 
 
  北村 透谷  作家別作品リスト:No.157   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1868-1894。詩人、作家、評論家。本名、門太郎。神奈川県小田原市生まれ。1881(明治14)年に両親とともに東京に移住し、翌年、銀座の泰明小学校を卒業。透谷の名は、銀座数寄屋橋(すきやばし)の「数寄屋(すきや)」を「透谷(すきや)」にかえ、読みを「とうこく」にしたと言われる。一時期自由民権運動に深く影響されたが、のちになって政治から遠ざかり、キリスト教の信仰の世界に入る。25歳で自殺。
 
 
  北村透谷2「北村透谷とその妻美那子」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村透谷が明治二十年八月、のちに自分の妻となった石坂美那子にあてて情熱的な手紙を書いたことはよく知られている。 男女の愛について、女性は勿論のこと男性でも声高に語られない時代であった。 透谷が当時神奈川県議会議長を務めたこともある八王子在住の石坂昌孝の娘美那子と知り合い、その胸をたぎらせたのである。
 
 
  北村透谷研究 ―参考 石阪昌孝・公歴父子研究―   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村透谷・新発見資料/石阪公歴資料/石阪昌孝研究と資料紹介
 
 
  恋愛は人世の秘鑰なり。(北村透谷) - 人生最強の名言集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  恋愛は人世の秘鑰なり  北村透谷(詩人、作家、評論家)
 
 
  北村透谷(詩人・評論家)語録全6件   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「恋愛は人世(じんせい)の秘鑰(ひやく)なり。恋愛ありて後(のち)人世あり」 注釈:「秘鑰」は秘密の庫を開ける鍵。「人世」は人の世の中を指す。 / 「凡(およ)そ外交問題ほど国民の元気を煥発するものはあらざる也(なり)」 / 「熱意は力なり。必ず到着せんとするところを指せる、一種の引力なり」・・以下3件。
 
 
  北村透谷の名言 - 名言ナビ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  . 明日は即ち永遠の始めにして、明日といえる希望は即ち永遠の希望なり。/ 恋愛は人世(じんせい)の秘鑰(ひやく)なり。恋愛ありて後(のち)人世あり。 / おのれあくまでも清しと思い、おのれ何処までも善人なりと信ずるものほどに、罪多きものはなかるべし。 / 熱意は力なり。必ず到着せんとするところを指せる、一種の引力なり。 / 女性は感情動物なれば、愛するよりも愛せらるるが故に愛すること多きなり。 ・・以上の全5件。
 
 
  北村透谷 - ウェブ石碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  われわれのほとんどすべての支出は、他人に真似んが微候なり。 / つらつら人間の一生を見るに、罪ということよりも、罪ということを自ら知らざるものほど大いなる罪人はあらかじと、思わるなり。 / 「単純」の隣家には「実行」あり。 実行と単純と双びて初めて宗教の味あるなり。 / 造化は人間を支配す。然ども人間も亦造化を支配す。 / 造化は人間を支配す。然ども人間も亦造化を支配す。人間のなかに存する自由の精神は造化に黙従するを肯せざるなり / 人間の心の生涯は心の経験なり。心とは霊魂の謂にして、人間の命の裡の生命なり / 女性は感情動物なれば、愛するよりも愛せらるるが故に愛すること多きなり・・以上 全6件。
 
 
  北村透谷選集 <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治二十年代の詩人として,評論家として,また平和主義運動家として多くの可能性を含みながら,自ら命を絶った北村透谷の主要作品を一冊にまとめた.革命的ロマン主義の長詩「楚囚の詩」など詩九篇,「厭世詩家と女性」など評論・感想四十余篇,他に,熱烈な恋愛の後に結婚した石坂ミナへの書簡も収めて透谷の全貌を示す.
 
 
  孤蝶の夢―小説北村透谷 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  度重なる気鬱病の再発、民権運動への傾注と離脱、自由韻律詩の発表、恋愛至上主義の提唱・実践と挫折、キリスト教入信、平和運動への参加…日本近代文学成立に絶大な影響を与えつつ25歳の人生を駆け抜けた透谷の生涯。
 
 
  北村透谷 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村透谷 の画像 - Google
 
 
  北村透谷 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村透谷 の画像 - Google
 
 
  いい旅 ふた旅 - ぎふの旅ガイド   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  観光写真が4500点以上!「ぎふの旅ガイド」イメージギャラリーがオープンしました。 これまで運用していた、画像データ無料貸出システム「デジタルアーカイブ」を、新たに「イメージギャラリー」としてリニューアルオープン。 事前登録も不要になり、ご利用しやすくなりました。
 
 
土井晩翠.1871
土井晩翠.1871 「荒城の月」土井晩翠自筆「荒城の月」詩碑 (会津若松城 別名 鶴ケ城 内)にしたがって綴ります。 土井晩翠 - 宮城の銅像
  土井晩翠とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人、英文学者。姓は本来「つちい」と読む。本名林吉。明治4年10月23日仙台・北鍛冶(かじ)町の旧家に生まれた。晩翠の筆名は宋(そう)の詩人范質(はんち)の詩句に由来する。仙台英語塾を経て、第二高等中学に入学、1894年(明治27)に帝国大学英文科に入学。在学中に『帝国文学』の編集委員となり作品を発表。97年に大学卒業、一時郁文館(いくぶんかん)中学の教職につく。翌98年東京音楽学校が『中学唱歌』(1901刊)を編んだとき、『荒城(こうじょう)の月』を作詞、滝廉太郎(れんたろう)の作曲で普及した。
 
 
  土井晩翠 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  土井 晩翠(どい ばんすい、1871年12月5日(明治4年10月23日) - 1952年(昭和27年)10月19日)は、日本の詩人、英文学者。本名、林吉(りんきち)。本来姓は「つちい」だが、1932年(昭和7年)に改称。仙台県宮城郡仙台(現在の宮城県仙台市青葉区)生まれ。 東京帝国大学英文科卒。娘婿は英文学者の中野好夫。 1 生涯 / 2 作品 / 3 土井を記念する催し / 4 その他 / 5 脚注 / 6 参考文献 / 7 外部リンク
 
 
  星落秋風五丈原---土井晩翠   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   嗚呼(ああ)南陽の旧草廬(そうろ)  二〇余年のいにしへの  夢はたいかに安かりし  光を包み香をかくし  隴畝(ろうほ)に民と交われば  王佐の才に富める身も  ただ一曲の梁歩吟(りょうほぎん)。
 
 
  荒城の月 --- 土井晩翠/瀧廉太郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  土井晩翠と瀧廉太郎によるコンビが作った傑作。 「さくら さくら」などとならび、これまで日本を象徴する歌として公式な場でも盛んに演奏されてきた。 今、目の前にある草生(くさむ)す荒れた城に接しながら、栄華を誇ったかつての時代を振り返るというシーンから始まる。天上に浮かぶ月を眺めながら、人の栄枯盛衰をしみじみと訴える作品である。
 
 
  土井晩翠 どいばんすい(1871-1952)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仙台市生れ。本名、土井(つちい)林吉。姓は1934年から‘どい’という通常音を容認。1894年、東大英文科に入学、同年末に結成された帝国文学会に加入。その機関誌「帝国文学」に1895年11月から新体詩を載せ始め、翌年3月から編集にも携わり、1898年、ユゴーの詩集『光と影』の序文を訳載した。  【詩人】/【赤壁図に題す】/【星と花】/【希望】/【暮鐘】/【夕の星】/【白桃花】/【星】/【おほいなる手のかげ】
 
 
  荒城の月 土井晩翠 - 青葉をゆらす風   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回の東北旅行で、土井晩翠が 「荒城の月」 の詞を構想したとされる宮城県仙台市の青葉城址、福島県会津若松市の鶴ヶ城址を訪問した。 「荒城の月」 というと大分出身の滝廉太郎をイメージしてしまうが、詞は土井晩翠によるものである。
 
 
  土井 晩翠 作家別作品リスト : No.1081   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人、英文学者。「荒城の月」の作詞者である(作曲は滝廉太郎)。「オヂュツセーア」「イーリアス」の翻訳者としても有名である。生い立ちについては、「「雨の降る日は天気が悪い」序」にある自伝を引用する。
 
 
  土井 晩翠 - 日本ペンクラブ:電子文藝館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  つちい ばんすい 本名・林吉 詩人 1871.10.23 - 1952.10.19 現・宮城県仙台市北鍛冶町に生まれる。文化勲章。藝術院会員。歌詞「荒城の月」は明治三十四年(1901)に成り、瀧廉太郎の名曲を産む。瀧の四十五年祭(昭和二十二年)に列しての感慨の一文を添える。
 
 
  晩翠草堂(ばんすいそうどう)[土井晩翠旧宅]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人、英文学者として有名な土井晩翠の旧邸跡。晩翠は第二高等学校(現在の東北大学教養学部)教授を退官して、晩年までここで過ごしました。青葉通に面した入口には、「天地有情」と刻まれた自然石が立っています。 土井晩翠は、明治4(1871)年仙台市北鍛冶町に生まれ、本名を土井林吉(つちい・りんきち)といいます。 昭和24年初めての仙台市名誉市民に、また昭和25年に詩人として初めて文化勲章を受け、昭和27(1952)年、82歳で死去しました。
 
 
  仙台へ東北大学を訪ねて  漱石と土井晩翠など   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1 仙台へ 東北大学付属図書館/2 仙台の文学者 土井晩翠/3 仙台のなりたち 名誉市民/4 仙台市博物館 七夕かざり  仙台名物・笹かまぼこ あべかま/5 土井晩翠の年譜 漱石ととのかかわりなど
 
 
  荒城の月作詞者土井晩翠が語る (2002/10/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荒城の月」 - この名曲の作者は大分県速見郡の瀧吉弘の子息である。父が直入郡長に任官され竹田町に居住した時,彼は同町の高等小学に入校した。同校の教員後藤由男さんは彼の恩師の一人で目下竹田町に健在であり,六月三十日竹田荘で開かれた十五 ,六人の座談会に列席した。列席者の中には廉太郎君の妹十一歳ちがひの安部トミさんがあつた。瀧君が独乙留学着匆々ライプチヒ市のファルヂナンド・ローデ街七番地エッシデ夫人の許に下宿して一九O一年六月十二日日附の絵ハガキ(ビスマルク銅像)を後藤さんに出した。これが三十日座談会の席上に提出されて我々の感慨を深くした。 荒城の月へ
 
 
  YouTube - 瀧廉太郎の生涯「知ってるつもり」ドキュメント部分   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 瀧廉太郎の生涯「知ってるつもり」ドキュメント部分
 
 
  土井晩翠 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  土井晩翠 の画像 - Google
 
 
  土井晩翠 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  土井晩翠 <関連書籍>
 
 
島崎藤村.1872
島崎藤村 - Wikipedia (馬籠宿藤村記念館) (下)明治学院時代の藤村と学友。前列左が藤村(明治21年) 所蔵:明治学院歴史資料館
  島崎藤村とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人・小説家。長野県生。本名は春樹。明治学院在学中に洗礼を受けるとともに文学への関心を強め、北村透谷らと「文学界」を創刊。また詩集『若菜集』で浪漫派詩人として大きな業績を残した。のち散文に転じ、『破戒』で自然主義の小説家として出発する。昭和四年から「中央公論」に連載された『夜明け前』は自伝的藤村文学の集大成となった。芸術院会員。昭和18年(1943)歿、72才。
 
 
  島崎藤村 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島崎 藤村(しまざき とうそん、1872年3月25日(明治5年2月17日) - 1943年8月22日)は、日本の詩人、小説家。本名、春樹(はるき)。信州木曾の馬籠 (現在の岐阜県中津川市)生れ。 『文學界』に参加し、浪漫派詩人として『若菜集』などを刊行。さらに小説に転じ、『破戒』『春』などで代表的な自然主義作家となった。  1 生涯 / 2 親譲りの憂鬱 / 3 年譜 / 4 主な作品 / 5 記念館 / 6 フィクションにおける島崎藤村 / 7 脚注 / 8 参考文献 / 9 関連項目 / 10 外部リンク
 
 
  藤村記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤村記念館は明治・ 大正・昭和の三代にわたって活躍した文学者島崎藤村の出身地、信州木曽谷の南端にある文学館です。 生家は明治28年の大火で焼失しましたが、昭和22年、「この地に何か文豪を記念するものを造ろう」と考えた地元住民の勤労奉仕により、建築家谷口吉郎博士設計による藤村記念堂が建てられました。
 
 
  島崎藤村集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  PDF 若菜集(島崎藤村)(07.08.13)〜PDF 破壊(島崎藤村)(07.07.10)
 
 
  島崎藤村 「初恋」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初恋  まだあげ初(そ)めし前髪(まえがみ)の 林檎(りんご)のもとに見え市しとき 前にさしたる花櫛(はなぐし)の 花ある君と思ひけり …
 
 
  島崎藤村  「初恋」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この様に初々しい詩が他にあるでしょうか。時々、あどけなく美しい少女に出会う時、「初恋」のモデルはこの様な感じの少女だったのかな、と,この詩を思い出します。… 好きな詩歌は沢山ありますが、最も好きな作品を掲載しています
 
 
  若菜集 島崎藤村   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  こゝろなきうたのしらべは ひとふさのぶだうのごとし なさけあるてにもつまれて あたゝかきさけとなるらむ …
 
 
  藤村記念館 - 小諸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島崎藤村の小諸時代の作品・資料・遺品を展示: 藤村が小諸にやってきたのは、明治32年のことです。かつての恩師、木村熊二に招かれて小諸義塾に赴任しました。以降小諸で過ごした6年余の間に「雲」「千曲川のスケッチ」「旧主人」などが生まれ、大作「破戒」が起稿されました。藤村記念館には、藤村の小諸時代を中心とした作品・資料・遺品が多数展示されています。
 
 
  島崎藤村の詩<縦書>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  牧歌・ふるさとの詩・心の詩・ポエム・・・  こんな形容詞が似合う・・・  そんな詩人 島崎藤村  小諸なる古城のほとり/千曲川旅情のうた/椰子の実より/ ・・・
 
 
  島崎 藤村 藤村愛誦詩選   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  しまざき とうそん 詩人・小説家 1872.3.25 - 1943.8.22 長野県に生まれる。 日本ペンクラブ初代会長 帝国藝術院会員 「夜明け前」により朝日文化賞。 北村透谷らとの「文学界」を基点に近代詩歌の幕を若やかに押し上げた詩人から、一転『破戒』『家』『新生』『夜明け前』等に及ぶ蔚然たる小説家への高まりは、まこと近代文学に冠たる文豪の一人。
 
 
  角川文庫「島崎藤村詩集」より   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  角川文庫「島崎藤村詩集」より  1999年1月25日発行 初版  『若菜集』より/『落梅集』より  島崎藤村の『若菜集』が明治時代の青年男女の心を捕らえ理由の一つは、大胆に、みずみずしく、恋の心を歌い上げた所にあったと言われています。
 
 
  島崎藤村の東京を歩く 東京紅園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  まず最初は馬籠から東京銀座の長女の嫁ぎ先に上京してから、東北学院に作文教師として赴任するまでを「春」、「桜の実の熟する日」を参考にしながら歩きます。
 
 
  島崎 藤村 - 作家別作品リスト:No.158   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品:秋草/朝飯/嵐/ある女の生涯/家/伊香保土産/伊豆の旅/烏帽子山麓の牧場/幼き日/岩石の間/北村透谷の短き一生/旧主人/再婚について/山陰の土産/三人の訪問者/刺繍/食堂/新生/装釘に就て/足袋/短夜の頃/千曲川のスケッチ/藤村詩抄/並木/伸び支度/破戒/芭蕉/婦人の笑顔/二人の兄弟/船/ふるさと/分配/芽生/桃の雫/夜明け前/路傍の雑草/若菜集/藁草履  作業中の作品:犬/生い立ちの記/おべんとう/桜の実の熟する時/市井にありて/死の床/出発/蝉の子守唄/力餅/燈火/突貫/春
 
 
  「 初 恋 」藤村から始まる近代詩 - 松尾多聞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  貴方にも貴方しか無い人生があるね。だから人の批判はしなくっていい。だってその人の人生を知らないで批判できることなんてないんだ。           
 
 
  島崎藤村 しまざき とうそん 近代日本人の肖像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長野生まれ。詩人、小説家。父は木曽馬籠宿本陣・庄屋。明治学院卒。在学中に洗礼を受け文学への関心を強め、明治26年(1893)北村透谷らと雑誌『文学界』を創刊。…
 
 
  旧島崎藤村邸 - 大磯町 (2015/8/21)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萬時閑居簡素不自由なし 〜余にふさわしき閑居なり〜 : 大磯駅より東海道線路沿いに徒歩 5 分。町屋園と呼ばれた藤村の旧宅は、三間の平屋建ての民家 で外壁には杉の皮、引き戸には大正ガラス ( 現在は希少 ) が使われている。小さい素朴な冠木門に割竹垣に囲まれた小庭。 カナメやモチの若葉、朝顔や萩、湯河原から取り寄せた寒椿が花を咲かせる小庭の眺めは藤村の心の慰めで、この家を「靜の草屋」と呼んでいた。また簡素を信条とする藤村の気配りが今も感じられる。
 
 
  地福寺(島崎藤村の墓)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  837年(承和4年)の創建。梅の古木に囲まれた藤村の墓と妻静子さんの墓も傍らにある。
 
 
  島崎藤村ゆかりの宿 木曽御嶽 - 滝旅館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島崎藤村は親子2代にわたり、当館を愛しご利用くださいました。 島崎藤村『夜明け前』の一説 (宮下家は現在の当館にあたります)
 
 
  旧島崎藤村邸 - じゃらん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当時貸家には珍しく書斎があり、この一帯を地元では「町屋園」と称していた。 建築年代1 : 大正後期から昭和初期
 
 
  中棚荘 島崎藤村の宿 信州・小諸   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1899年(明治32年)小諸義塾の教師として長野県小諸市に赴任し、以後6年過ごす(小諸時代)。 泰冬と結婚し、翌年には長女・みどりが生まれた。 この頃から現実問題に対する関心が高まったため散文へと創作法を転回する。 小諸を中心とした千曲川一帯を見事に描写した写生文「千曲川のスケッチ」を書き、「情人と別るるがごとく」詩との決別を図った。
 
 
  高楼 ますや旅館 − 信州、田沢温泉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  −ようこそ、島崎藤村ゆかりの宿へ− 島崎藤村は、小諸塾で教鞭をとって2年目の明治32年8月に、当旅館に宿泊しています。藤村が訪れた往時のその静けさをそのままに、高楼からの眺望は今も変わることなく、四季折々の彩りをみせてくれます。
 
 
  島崎藤村先生について 割烹旅館 佐久間   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島崎藤村先生には、原稿執筆のため、計六回ほど当館へお泊まりいただきました。先生の二度目の妻として、文豪の後半生を支えた静子夫人のご実家が、当時川越にあったこともあり、何かとお付き合いをさせていただきました。今ここに、先生との思い出を集めてみました。
 
 
  春 <書籍> 島崎藤村/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  教え子との禁断の愛。敬愛するあの人の自死。藤村20代の苦悩を描いた青春小説の古典的傑作。
 
 
  破戒 <書籍> 島崎藤村/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治後期、部落出身の教員瀬川丑松は父親から身分を隠せと堅く戒められていたにもかかわらず、同じ宿命を持つ解放運動家、猪子蓮太郎の壮烈な死に心を動かされ、ついに父の戒めを破ってしまう。・・・
 
 
  藤村詩抄 <書籍> 著者/島崎藤村    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の近代詩の出発点となった島崎藤村の詩は、近代日本の自覚期ともいうべき歴史的青春と、詩人および人間としての人生の青春と、詩の文芸ジャンルとしての若さとが相まって生み出された比類のない青春文学である。『若菜集』『一葉舟』『夏草』『落梅集』などより自選。各詩集初版本目次と校異を付す。
 
 
  YouTube - 文化放送の朗読番組「島崎藤村」初恋【小山田宗徳】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 文化放送の朗読番組「島崎藤村」初恋【小山田宗徳】
 
 
  YouTube - 島崎藤村 「初恋」 朗読   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 島崎藤村 「初恋」 朗読
 
 
  YouTube - 初恋 島崎藤村/朗読   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 初恋 島崎藤村/朗読
 
 
  島崎藤村 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島崎藤村 の画像 - Google
 
 
蒲原有明.1875
蒲原有明.1875|鎌倉と文学【鎌倉文学館】 日本における象徴派の詩人・蒲原有明は、1876年(明治9)麹町隼町8番地(現:隼町4)に生まれた。生誕の地名から隼雄と名づけられた。 一葉会の写真には馬場孤蝶、与謝野晶子、河井酔茗、上田敏、桶口邦子、生田長江、岡田八千代、小山内薫、与謝野寛、森田草平、蒲原有明とそうそうたるメンバーです。
  蒲原有明とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人。本名隼雄。東京生。有明は号。『読売新聞』の懸賞小説に「大慈悲」が一等当選するが小説は二作のみで、以後詩作に専念。第二詩集『独絃哀歌』で新しい詩人として注目され、第四詩集『有明集』は象徴詩人としての優れた才能を示す。芸術院会員。昭和27年(1952)歿、75才。
 
 
  蒲原有明 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蒲原 有明(かんばら ありあけ、1875年3月15日 - 1952年2月3日)は、日本の詩人。本名、隼雄(はやお)。東京生れ。 D・G・ロセッティに傾倒し、象徴派詩人として『独絃哀歌』『春鳥集』『有明集』などを発表。薄田泣菫と併称され、北原白秋、三木露風らに影響を与えた。  1 生涯 / 2 著作 / 3 関連項目 / 4 外部リンク
 
 
  有明集 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『有明集』(ありあけしゅう)は、蒲原有明の第4詩集。1908年(明治41年)1月刊。 近代詩の一つの到達点を示し、現在でこそ象徴詩の傑作とされているが、自然主義が詩壇の主流となり始めていた当時はさほど高く評価されなかった。蒲原は詩作を断念する事になる。  外部リンク
 
 
  夏の歌 蒲原有明   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薄ぐもる夏の日なかは 愛欲の念にうるみ 底もゆるをみなの眼ざし、むかひゐてこころぞ悩む。
 
 
  Blog鬼火〜日々の迷走   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カテゴリー「蒲原有明」の2件の記事  牡蠣の殻 蒲原有明 《2バージョン》
 
 
  楽譜 - 蒲原有明 d-score   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  かんばら・ありあけ。詩人。東京の出身。『草わかば』『独絃哀歌』などの作品集がある。 戦前に親しまれた歌には「牡蠣の殻」があり、東海林太郎が吹き込んでいる。
 
 
  ★幽玄の詩人---蒲原有明   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日のおちぼ----(春鳥集)より  日の落ち穂、月のしたたり、残りたる、誰か味い  こぼれたる、誰かひろひし、かくて世は過ぎてもゆくか。
 
 
  蒲原有明  かんばらありあけ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治8年3月15日、東京府麹町区隼町(現在の最高裁判所付近)に、蒲原忠蔵の長男として生まれる。本名、隼雄(町名の隼町にちなんで父の友人が命名したという)。生来虚弱だったために、無事に育つとは期待されず、出生届は一年遅れで出された(戸籍上の出生日は翌年の同月同日)。
 
 
  蒲原有明の詩史的意味(PDF)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蒲原有明 (1876-1952) について中村真一郎は1953年刊行の『文学の魅力』の中で次のように書いている…
 
 
  蔵書 蒲原有明 「夢は呼び交す」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の象徴詩のさきがけとして有名な蒲原有明ですが、小説も書いています。この人のすごさは初めて書いた小説がいきなり読売懸賞小説の一等になって、華々しく文壇デビューを果たしたのに二作目を書いた後に、本来自分がやりたいのは詩だからということで小説はほとんど書かなくなります。
 
 
  蒲原有明  智慧の相者は我を見て   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  かんばら ありあけ 詩人 1876.3.15 - 1952.2.3 東京麹町に生まれる。 日本藝術院会員。、日本近代詩創始期の大きな存在。象徴詩の代表作「智慧の相者は我を見て」は第四詩集『有明集』(明治四十一年一月 1908 )の巻頭を飾った。回想「『有明集』の前後」は昭和四年(1929)に書かれている。
 
 
  「茉莉花(まつりか)」  詩: 蒲原有明   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  咽び嘆かふわが胸の曇り物憂き  紗(しゃ)の帳(とばり)しなめきかかげ、かがやかに、或日は映る君が面、媚の野にさく 阿芙蓉の萎(ぬ)え嬌(なま)めけるその匂ひ。
 
 
  蒲原有明に帰れ  著者名:萩原 朔太郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  僕、先月末出京しました。東京は我があこがれの都。雪のふる夜も青猫の屋根を這ふ大都会。いまは工場と工場との露地の間、職工の群がつてゐる煤煙の街に住んでゐます。…
 
 
  蒲原有明 作家別作品リスト:No.1055   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品:「あひびき」に就て (旧字旧仮名、作品ID:45680)〜/作業中の作品/関連サイト
 
 
  蒲原有明に帰れ 図書カード:No.44428   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作品データ:萩原 朔太郎/作家データ/底本データ/工作員データ/ファイルのダウンロード/関連サイトデータ
 
 
  蒲原有明 かんばらありあけ(1876-1952)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京麹町隼町生まれ。本名隼雄(はやお。出生地にちなむ)。尚、有明自身は記述の中で生年を1975年としている。生まれ
 
 
  蒲原有明をもっと知る あのひと検索スパイシー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蒲原 有明(かんばら ありあけ、1875年3月15日 - 1952年2月3日)は、日本の詩人。本名、隼雄(はやお)。東京生れ。
 
 
  人あり 有田皿山を文学に昇華させた−象徴派詩人 蒲原有明    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  有田陶磁美術館の建物は明治の石倉を生かした様式ですが、玄関左手の石壁に日本象徴詩の草分け蒲原有明(かんばらありあけ)の詩「有田皿山にて」(原詩「呉須のにはひ」)の一節が、呉須で書いた*陶板にしてはめこんであります。
 
 
  蒲原有明(かんばら ありあけ)  1876-1952  わがまち人物館 麹町界隈   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本における象徴派の詩人・蒲原有明は、1876年(明治9)麹町隼町8番地(現:隼町4)に生まれた。生誕の地名から隼雄と名づけられた。麹町小学校を卒業。雅号の有明は、父の郷里の佐賀の有明海に因む。島崎藤村らと親交を深めロセッティらの詩人画家を知り、「海潮音」を訳した上田敏などの影響で象徴詩を創作。従来の詩壇に見られなかった清新さを示した。
 
 
  有明詩抄 <文庫> 蒲原有明   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藤村・晩翠によるわが国新体詩勃興期の後をうけ,その爛熟期の明治詩壇にあって明星のごとく清新に輝くのが蒲原有明(1875‐1952)である.優婉きわまりない象徴詩において探りえた詩境は余人の追従を許さず,その価値は不滅である.本書には「草わかば」「独絃哀歌」「春鳥集」「有明集以後」の作品から代表的な詩篇を収めた.
 
 
  蒲原有明 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蒲原有明 の画像 - Google
 
 
薄田泣菫.1877
薄田泣菫.1877 「写真」薄田泣菫の生家です。 薄田泣菫の生家の梅の木は、今年も実をつけました。 木の前に立ち、足元を見渡すと、落ちたその実を見つけることができます。
  薄田泣菫 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薄田 泣菫(すすきだ きゅうきん、1877年5月19日 - 1945年10月9日)は、日本の詩人。本名、淳介(じゅんすけ)。 『暮笛集』『白羊宮』などで島崎藤村、土井晩翠の後を継ぐ浪漫派詩人として登場。また、象徴派詩人として蒲原有明と併称された。大正以後は詩作を離れ、『茶話』『艸木虫魚』などの随筆を書いた。  1 生涯 / 2 没後 / 3 著書 / 4 参考文献 / 5 外部リンク
 
 
  薄田泣菫詩碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薄田泣菫は明治10(1877)年、岡山県倉敷市連島町に生まれた。岡山一中を中退したが、上京して上野図書館で独学し、大坂毎日新聞社に入社。ここでかの芥川、菊池らを社員として獲得したことは余りにも有名である。 29歳の折に出版した第3詩集『二十五弦』で詩壇に名を馳せたのだが、その巻頭の「公孫樹下にたちて」の公孫樹とはどこのものかと議論になったことがある。現在、津山市の井口の天台宗長法寺にその詩碑が建っている。
 
 
  春菜 薄田泣菫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  郷里にゐる弟のところから、粗末な竹籠の小荷物が、押潰されたやうになつたまま送りとどけられて来た。 その途端、鼻を刺すやうな激しい臭みが、籠の目を洩れて、そこらにぷんぷんと散ばつて往つた。それを嗅ぎつけると、私はほくそ笑みながら、すぐに自分の手で荷物の縄目を解きにかかつた。
 
 
  薄田泣菫 黒猫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「奥さん、謝れなら謝りまんが、そんならお宅の飼い猫だすかいな、これ」荷車曳きの爺(じい)さんは、薄ぎたない手拭いで、額の汗を拭きながら、こう言って、前に立った婦人の顔を敵意のある眼で見返しました。二人の間には、荷車の轍(注1)に轢(ひ)き倒された真っ黒な小猫が、雑巾のように平べったくなって横たわっていました。
 
 
  薄田泣菫 生涯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1877年5月19日、薄田篤太郎の長男として、岡山県連島村(現在の倉敷市連島町)に生れる。父は湖月庵清風の号で俳句をよくした。学資のために岡山中学を二年で中退後、上京。漢学塾の助教をしながら、上野の図書館で独学する。 1897年、早稲田系の「新著月刊」に『花密蔵難見』13編を投稿したところ、後藤宙外、島村抱月に認められて掲載されるが、東大系の雑誌が批判して論争になる。一躍注目されるが、病で帰郷。以後、生涯のほとんどを関西ですごし、東京の文壇に距離をおく。
 
 
  薄田泣菫:年譜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薄田泣菫:年譜詳細
 
 
  薄田泣菫の歌碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薄田泣菫:備中の連島生れの近代抒情詩人。『暮笛集』『ゆく春』『二十五絃』の詩集がある。津山に訪れた泣菫が長法寺の大いちょうを見て句を創ったとされる。
 
 
  明治詩壇の巨匠 薄田泣菫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治10年(1877年)5月19日父篤太郎、母里津の長男として生まれた。 薄田家は、代々文学を好む人が多く、泣菫も読書好きの大変優秀な少年で、連島高等小学校の当時から雑誌に詩文を投稿していた。 明治27年、17歳で上京。漢学塾などに学びながら、上野図書館で和漢洋の書物を読破し、独学で学んだ。この時の素養が、後の泣菫の文学を決定することになる。
 
 
  薄田泣菫 生家 - 倉敷観光   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治10年(1877)に連島で生まれた薄田泣菫の生家。構えに品格があり、キンモクセイやエンジュなど様々な木や草花が育つ庭が建物を取り囲んでいる。 生家内には芥川龍之介や与謝野晶子など交友のあった文人たちからの書簡も展示されている。
 
 
  薄田泣菫生家 - おかやまnet   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治10年(1877)に連島で生まれた薄田泣菫の生家。 構えに品格があり、キンモクセイやエンジュなど様々な木や草花が育つ庭が建物を取り囲んでいる。 生家内には芥川龍之介や与謝野晶子など交友のあった文人たちからの書簡も展示されている。     
 
 
  薄田淳介(薄田泣菫) 白羊宮   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  わがゆく海:わがゆくかたは、月明りさし入るなべに、さはら木は腕だるげに伏し沈み、赤目柏はしのび音に葉ぞ泣きそぼち、石楠花は息づく深山、――『寂静』と、『沈黙』のあぐむ森ならじ。
 
 
  薄田泣菫 (おかやま人物往来)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治から昭和にかけての詩人、随筆家。 浅口郡連島村(現倉敷市)生まれ。 詩集「二十五絃」「白羊宮」で、上田敏らの絶賛をうけ、島崎藤村につづく時代の先駆的詩人として認められた。 また、大阪毎日新聞社に入社後、紙面に随筆を書く一方で、学芸部長として、菊池寛、芥川龍之介を起用し、新聞連載小説に新鮮な局面をひらいた。 記念碑が出生地の連島と津山市長法寺(代表詩「公孫樹下に立ちて」はこの寺の大イチョウを歌ったもの)にある。
 
 
  薄田泣菫「三びき猿」 - 旅する心   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大分前のことになるが、奈良薬師寺元管主の高田好胤著『「観音経」法話』(大法輪閣)を読んでいた時、薄田泣菫の詩「三びき猿」を目にした。 著者は、この詩の紹介に続き、次のように述べている。
 
 
  薄田泣菫(その1) 思いつくままに   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私の家の近くに詩人・随筆家として有名な薄田泣菫(明治10年〜昭和20年)の生家があります。旧浅口郡大江村 現在の倉敷市連島町連島にあります。長い間、近所の方が大切に管理されていました。今から5年ほど前に倉敷市が取得して文化財として保存することになり、今ではきれいに改修されて一般公開されています。
 
 
  恋のわな  薄田泣菫 然(さ)りやな    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  あけぼの破(わ)るゝ光にながれ 君にまとひて、面照(おもでり)はなにほてるまで、さりやな、恋のたはむれ、さりなや。
 
 
  薄田泣菫  作家別作品リスト:No.150   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品:飛鳥寺 (旧字旧仮名、作品ID:16035):価 (新字旧仮名、作品ID:4894):雨の日に香を燻く (新字旧仮名、作品ID:804)〜/作業中の作品/関連サイト
 
 
  詩人のシノギ (薄田泣菫の巻) そろもん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薄田泣菫(すすきだ・きゅうきん)は、蒲原有明とともに文語象徴詩の大成者とされている。象徴主義については「上田敏の巻」で学習したが、少年の頃の私は象徴主義とは漢字のフリガナを格好良く付けることだと信じていた(笑)。明治大正の詩は大概そうなのだが、象徴詩はとりわけルビが多い印象があって、読みづらく難解だと感じていたものだ。もちろん泣菫の詩には、異国の詩法と母国語との葛藤の末に見いだされた独自の境地がある。
 
 
  偉人たちを笑いの対象に変えた薄田泣菫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薄田泣菫(1877-1945)は『白羊宮』という詩集で有名だが、これは文語で書いてあるため、読んでもちょっとやそっとでは理解できない。しかし、その後口語詩の分野に進まずに新聞に散文でコラムを書いて飯のタネを稼ぐようになった。それが『茶話』という題でまとめられて今も残っている。このほうは非常にわかりやすく、読んで楽しいものである。
 
 
  薄田泣菫 すすきだきゅうきん(1877-1945)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岡山県浅口郡大江連島村(現倉敷市連島町)生まれ。本名淳介。号の泣菫は菫の花の可憐な姿と紫の色とを愛好した事にちな
 
 
  薄田泣菫の詩「ああ大和にしあらましかば」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ああ、大和にしあらましかば、いま神無月(かみなづき)、うは葉散り透く神無備(かみなび)の森の小路を、あかつき露(づゆ)に髪ぬれて、往きこそかよへ、斑鳩(いかるが)へ。平群(へぐり)のおほ野、高草の黄金(こがね)の海とゆらゆる日、塵居(ちりゐ)の窓のうは白(じら)み、日ざしの淡(あは)に、いにし代の珍(うづ)の御經(みきやう)の黄金文字.…
 
 
  薄田泣菫 (ススキダ・キュウキン) 作家検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薄田泣菫(すすきだ きゅうきん、1877年5月19日-1945年10月9日)は、日本の詩人。本名、淳介(じゅんすけ)。岡山県生れ。 暮笛集』『白羊宮』などで島崎藤村、土井晩翠の後を継ぐ浪漫派詩人として登場。また、象徴派詩人として蒲原有明と併称された。大正以後は詩作を離れ、『茶話』『艸木虫魚』などの随筆を書いた。
 
 
  薄田泣菫 (すすきだきゅうきん)  詩人・随筆家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  随筆集『大地讃頌』は名著の誉高い『草木蟲魚』の続篇ともいうべきもので、繰返しはん読に値する書物として知られる。収録作に相呼応するような詩「春夜」の冒頭を引いておこう。「春の光の薄くして/若き快楽(けらく)の短かきに/花咲く影に酔ひしれて/酒甕(もたひ)叩きて歌ふかな」  ▽「桜の花」は、『大地讃頌』(1929年6月 創元社)所収。
 
 
  薄田泣菫(すすきだ・きゅうきん)の「白羊宮」(詩集)より   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薄田泣菫(1877−1945:本名・淳介)は、日本における象徴詩を担った詩人として有名です。 そこで、今回は彼の第5詩集「白羊宮」から、詩一編をピックアップして鑑賞してみようと思います。「白羊宮」とは、占星術ではほぼ「牡羊座」のことです。昔のひと(詩人)は、占星術も勉強していたのですね。
 
 
  すすきだきゅうきん【薄田泣菫】 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1877〜1945)明治(めいじ)時代の詩人。岡山(おかやま)県に生まれる。本名淳介(じゅんすけ)。古語や雅語(がご)を詩の中に使いこなして、浪漫的(ろうまんてき)な古典(こてん)詩人として明治(めいじ)30年代後半に活躍(かつやく)、蒲原有明(かんばらありあけ)とともに泣菫(きゅうきん)・有明(ありあけ)時代をつくった。詩集に『暮笛集(ぼてきしゅう)』『二十五弦(げん)』『白羊宮(はくようきゅう)』など。
 
 
  薄田泣菫 ―詩の創造と思索の跡 <書籍> 松浦澄惠 著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  第一章 独学時代と泣菫の雅号/第二章 『新著月刊』と泣菫/第三章 泣菫の詩を読む
 
 
  蒲原有明/薄田泣菫 (近代浪漫派文庫) (文庫)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蒲原有明:明治9年、東京に生れる。小学生の頃すでに文学書に関心し、第一高等学校に不合格となって入会した国民英学会で英文学に親しむなかで詩を作り始め、明治27年にはじめて作品を発表してから、一時期は小説、紀行で文名を知られるが、再び詩作に向い、ロセッティの影響下に抒情詩人として出立した。  薄田泣菫:明治10年、岡山県に生れる。中学校を中退し、殆ど独学で和漢書、欧米の文学書を渉猟しては詩作をこととするようになる…
 
 
  薄田泣菫 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薄田泣菫 の画像 - Google
 
 
野口雨情.1882
野口雨情 野口雨情生家・資料館 - 北茨城市 野口雨情.1882
  野口雨情 のニュース - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野口雨情 のニュース - Google
 
 
  野口雨情 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野口雨情(のぐち うじょう、1882年(明治15年)5月29日 - 1945年(昭和20年)1月27日、本名・英吉[1])は、詩人、童謡・民謡作詞家。多くの名作を残し、北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人と謳われた。 1 生涯 / 2 文壇での名声 / 3 脚注 / 4 関連項目 /5 外部リンク
 
 
  野口雨情旧居   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「七つの子」「赤い靴」「十五夜お月さん」「あの町この町」「船頭小唄」「波浮の港」などの数々の童謡で知られる詩人、野口雨情は明治15年「1882年」に茨城県多賀郡中郷村(現在の北茨城市)で生まれました。明治34年に東京専門学校(現在の早稲田大学)文科に進み、坪内逍遥に師事して民謡創作の道を進み数多くの童謡・民謡をつくりました。
 
 
  野口雨情と柏坂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雨情は「童謡は、童心より流れて童心をうたう自然詩であり、民謡は民族生活の情緒をつたふ唯一の郷土詩であり、土の自然詩である」との信念をもって童謡民謡普及のため全国各地に赴き、その土地の特徴を詠み込んだ民謡を詩作する旅を重ねた。それは国内のみならず当時の台湾、朝鮮、満州にまで及んでいた。
 
 
  野口雨情文学碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  八幡東区皿倉山 皿倉山頂付近  「くきの海辺の船もよい 船も帆がなきや行かれない お供についたくまわにが  山で帆柱きりましたその時きつた帆柱は 帆柱山の杉でした」
 
 
  野口雨情  虹の橋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ある山国に、美しい湖がありました。 この湖には、昔から、いろいろな不思議なことがありました。青々と澄んだ水が急に濁つたり、風もないのに浪が立つたり、空が曇つて星のない晩でも、湖の中にはお星様が映つて見えることなぞもありました。…
 
 
  野口雨情 (福渡付近)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  泉漾太郎氏が中学生の時、野口雨情が選者をしていた時のコンクールに応募したのがきっかけで、漾太郎氏は雨情の弟子となった。そのため雨情は度々塩原を訪れている。
 
 
  野口雨情 こころの詩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野口雨情の作詞した童謡や民謡は驚くほどたくさんあります。最近童謡が歌われなくなっているようですが、それでも雨情の童謡は一度は口ずさんだことのある曲が何曲かあると思います。思いついた雨情の歌を載せてみました。歌ってみて下さい。
 
 
  野口雨情 コドモノクニ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野口雨情は創刊から長年にわたって『コドモノクニ』に童謡を寄稿し、同誌を支えた童謡詩人のひとりとなる。「あの町この町」「木の葉のお船」「兎のダンス」「雨降りお月さん」など、多くの作品に中山晋平の曲がつけられたが、なかでもこれらの童謡は人気を博し、童謡史に残るものである。
 
 
  野口雨情の童謡自然詩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野口雨情の生涯、作品、記念館、生家などについての情報を掲載しております。 野口雨情の一生/野口雨情の作品/野口雨情の生家/野口雨情記念館/サイト情報
 
 
  野口雨情 のぐち・うじょう   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  茨城県北茨城市 北茨城歴史民族資料館(野口雨情記念館)でお会いしました。
 
 
  61.野口雨情の「筑紫小歌」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雨情は、大衆に愛され歌い継がれた「 船頭小唄(枯れすすき)」や「波浮の港」など歌謡曲、民謡でも一世を風靡しました。この2曲は中山晋平の作曲です。二人は童謡「証誠寺の狸囃子 」「あの町この町」「雨降りお月」などを世に送った名コンビです。
 
 
  野口雨情童謡碑 北九州市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  童謡『赤い靴』の作詞などで活躍した「野口雨情」。碑には、昭和7年、八幡市を訪れた野口雨情とその門下生で北九州市出身の童話作家・阿南哲朗が皿倉山に登った時に作った詩である「帆柱山の歌」、「くきの海辺の船もよい 船も帆がなきゃ行かれない お供についたくまわにが 山で帆柱きりました その時きった帆柱は 帆柱山の杉でした」と書かれています。
 
 
  波浮を訪れた文豪ー野口雨情   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  波浮港には明治から昭和にかけて、さまざまな文人墨客が保養や観光、あるいは作品を執筆製作するために訪れ逗留しました。そして波浮の港を作品にしています。
 
 
  野口 雨情 - 輝く茨城の先人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本三大童謡詩人: 高等小学校卒業後上京し,明治34年東京専門学校(現早稲田大学)に入学したものの一年で中退したが,ここで得た多くの師友からは生涯にわたって影響を受けている。 父親の死により帰京し家業の整理を行っていた雨情は,大正9年雑誌『金の船』に童謡を発表するとともに上京し,活発な創作活動を開始する。また,民謡の創作も行い,中山晋平作曲の「船頭小唄」(原題「枯れすすき」)が一世を風靡したのもこの頃。「十五夜お月」「七つの子」「シャボン玉」「赤い靴」「青い目の人形」「あの町この町」など今も歌い継がれる多くの童謡を創作した雨情は,北原白秋,西條八十とともに三大童謡詩人と言われている。
 
 
  野口雨情 - あの人検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野口雨情(のぐち うじょう、1882年(明治15年)5月29日 - 1945年(昭和20年)1月27日)は詩人、童謡・民謡作詞家。
 
 
  野口雨情記念 童謡館 湯本温泉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「青い眼の人形」「赤い靴」「十五夜お月さん」「しゃぼん玉」など、多くの童謡を作詞した詩人野口雨情(本名英吉1882-1945)が湯本温泉で生活するようになるのは大正4年(1915)、33歳の時である。
 
 
  福島 いわき湯本温泉 旅館 新つた   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野口雨情 (のぐち うじょう) : 北原白秋、西条八十と並ぶ三大童謡・民謡詩人。童謡の代表作には、十五夜お月、七つの子、赤い靴、青い目の人形、雨降りお月、兎のダンス、あの町この町、しゃぼん玉、などがあり民謡には、波浮の港、須坂小唄、などがあります
 
 
  野口雨情生家・資料館 - 北茨城市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北原白秋、西条八十と並ぶ三大童謡詩人といわれ「七つの子」「しゃぼん玉」などの童謡や、「磯原節」「磯原小唄」といった新民謡でも知られる野口雨情。 磯原の海を望むように建つ雨情の生家は「観海亭」と呼ばれ、今でも多くの人が訪れています。
 
 
  野口 雨情 作家別作品リスト:No.286   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品/作業中の作品/関連サイト
 
 
  野口雨情生家・資料館  うぃーくえんど   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北茨城市磯原出身の野口雨情の生家。雨情は15歳で上京するまで、ここで過ごしました。 木造二階建ての立派な屋敷は磯原海岸に向かって建っていることから「観海亭」とも呼ばれていました。
 
 
  さくら市ゆかりの詩人 野口雨情コーナー    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本三大童謡詩人として知られる野口雨情は、その最初の妻ヒロがさくら市喜連川出身で、雨情自身も何度もこの地を訪れ作品を残すなど、さくら市と大変ゆかりが深い人物です。さくら市ミュージアムでは野口雨情の原稿や書、楽譜等を収集し、全国でも有数のコレクションを所蔵しています。 「野口雨情コーナー」ではさまざまな方法で野口雨情について知ることができます。
 
 
  さすらいの詩人 野口雨情 著名人のお墓   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「おれは河原の 枯れすすき 同じお前も 枯れすすき  どうせ二人は この世では 花の咲かない 枯れすすき 」(船頭小唄) 野口雨情の歌は、身にしみ入るような感じがする。冒頭の『船頭小唄』をはじめ、 『波浮の港』、『十五夜お月さん』などの歌は、雨情の不朽の名作だろう。 いまもわたしたちの胸の中に生きつづけている。
 
 
  野口雨情記念館 (北茨城市歴史民俗資料館)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここには、詩人野口雨情に関する資料などが展示してあります。 近くには野口雨情生家、二つ島、天妃山など散策するコースも豊富にあります。 トップページ/詩人、野口雨情/雨情グッズ/北茨城市史/リンク集
 
 
  ・・・・・野口雨情旧居(栃木県宇都宮)を訪ねて・・・・   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雨情童謡の代表作に十五夜お月さん・七つの子・雨降りお月さん・兎のダンス・証城寺の狸囃子等等沢山あります。童謡、唱歌、歌曲の違いは?昔、歌曲で歌って下さいと言われ、何処に線引きがあるのか訊いた事がありました。 解る気がします。十五夜お月さんを私はオカリナで歌曲として歌いたいと思いました。
 
 
  シャボン玉 ---- 野口雨情/中山晋平 d-score   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雨情・晋平コンビによる代表作の一つ。『野口雨情民謡童謡選』(1962年)に収められた年譜によれば、雨情がこの歌(詞?)を最初に発表したのは大正9(1920)年だと記されている。一般にはその2年後の『金の塔』。
 
 
  楽譜 - 赤い靴 ---- 野口雨情/本居長世 d-score   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雨情・長世コンビによる名作の一つ。小さな女の子が外国人に連れられて行ったというこのミステリアスな童謡は、発表以来、さまざまな憶測が飛び交ったが、もともとは雨情の不遇時代、ある北海道開拓民と知り合ったことが作詞の発端とされている。
 
 
  野口雨情生家の旅行・観光:おでかけガイド  じゃらん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雨情は明治15年(1882年)磯原町の野口量平の長男として生まれ、本名を英吉といった。磯原尋常小学校(現在の精華小学校)を卒業すると、政治家の叔父野口勝一氏のもとから東京専門学校(現在の早稲田大学)に学んだ。明治37年頃、作詩生活に入り、最初の詩集「枯草」を出版した。
 
 
  野口雨情 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野口雨情 の画像 - Google
 
 
高村光太郎.1883
高村 光太郎(みつたろう) - 29歳時の肖像写真 原節子の智恵子抄 - 高村光太郎は山村聡、監督は、原節子の義兄、熊谷久虎。 Woman /ジョン・レノン ♪生涯僕は君に恩義がある♪僕の人生は君の中にある♪今もそして永遠に君を愛す♪という光太郎の詩を思わせるラブソング。
  ⇒(彫刻)高村光太郎.1883   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「030 【美術】 彫刻全般:象牙彫刻/彫刻美術館/現代彫刻家」 ⇒(彫刻)高村光太郎.1883
 
 
  高村光太郎とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人・彫刻家。東京生。彫刻家高村光雲の子。東美校卒業後、欧米留学しロダンに傾倒。帰国後、詩と美術の両面にわたる活動を開始、第一詩集『道程』を刊行した。妻智恵子を亡くし、『智恵子抄』を発表した後、太平洋戦争を聖戦として戦争協力詩・愛国詩を書く。戦後、その責任意識から岩手県花巻郊外の太田村に独居自炊の生活を送り、自己裁断を行った。彫刻の代表作としては「手」「老人の首」等。山居生活を終え、十和田湖畔に建つ「裸婦像」の完成後、昭和31年(1956)歿、73才。
 
 
  高村光太郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村 光太郎(たかむら こうたろう、1883年3月13日 - 1956年4月2日)は、日本の彫刻家、評論家、詩人。東京府東京市下谷区(現・東京都台東区)出身。本名は光太郎と書いて「みつたろう」。 本職は彫刻家・画家と言えるが、『智恵子抄』等の詩集が有名になり教科書にも掲載されるようになったため、詩人として認識されることも多い。評論や随筆、短歌の著作もある。  1 生涯 / 2 主な著作 / 3 主な美術作品 / 4 エピソード / 5 参考文献 / 6 出典 / 7 関連項目 / 8 外部リンク
 
 
  智恵子抄 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『智恵子抄』(ちえこしょう)は、詩人の高村光太郎が1941年に龍星閣から出版した詩集。1914年に処女詩集『道程』が出版されて以降、『現代日本詩集』(改造社、1929年)などの詩華集に未刊詩が多数収録されることはあったものの、高村単独による詩集の計画は長らく実現しなかった。1940年に出版された改訂版『道程』を除くと、『智恵子抄』は2冊目の詩集にあたる。  1 作品概要 / 2 裁判 / 3 関連作品 / 4 映画「智恵子抄」(1957年版) / 5 映画「智恵子抄」(1967年版) / 6 テレビドラマ「智恵子抄」(1956年版) / 7 テレビドラマ「智恵子抄」(1970年版) / 8 テレビドラマ「智恵子抄」(1994年版) / 9 ラジオドラマ「智恵子抄」 / 10 脚注 / 11 外部リンク
 
 
  高村光太郎文学碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ダイヤモンド富士眺望のメインスポット」: 「うつくしきものミ(満)つ」と光太郎直筆で書かれた文学碑。光太郎は、昭和17年取材のためこの地を訪れ、ここからの富士の姿を見て、その立派さに感嘆した。また、このあたりはダイヤモンド富士鑑賞のベストスポットでシーズン中(冬至頃から正月にかけて)には大勢の見物人やカメラマンで賑わう。
 
 
  高村光太郎旧居跡   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光雲の長男で、詩人・彫刻家として活躍した高村光太郎(1883〜1956)の旧居跡。 東京美術学校入学、『明星』に短歌を発表の後、明治39年に欧米留学し、パリを中心とする欧米の芸術運動に遭遇した。 明治44年、洋画家を志す長沼智恵子と出会う。 大正3年、詩集『道程』を発表、同年智恵子との生活をはじめる。 明治16年『智恵子抄』刊行。ここには、大正元年から空襲で焼失し花巻市へ疎開した明治20年まで住んだ。 現在は案内板がある。
 
 
  智恵子抄 高村光太郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人に: いやなんです  あなたのいつてしまふのが――   花よりさきに実のなるやうな 種子(たね)よりさきに芽の出るやうな 夏から春のすぐ来るやうな そんな理窟に合はない不自然を どうかしないでゐて下さい …
 
 
  高村光太郎「岩手の人」:   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩手の人眼(まなこ)静かに 鼻梁秀で おとがい堅固に張りて 口方形なり。 余もともと彫刻の技芸に遊ぶ。 たまたま岩手の地に来たり住して、天の余に与ふるもの  其の如き重厚の造型なるを喜ぶ。 岩手の人沈深牛の如し。…
 
 
  高村 光太郎 書について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この頃は書道がひどく流行して来て、世の中に悪筆が横行している。なまじっか習った能筆風な無性格の書や、擬態の書や、逆にわざわざ稚拙をたくんだ、ずるいとぼけた書などが随分目につく。…
 
 
  高村光太郎 『道程』 朗読   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光太郎の詩を朗読しています  道程/失われたるモナ・リザ/秋の祈/牛 道程他
 
 
  あどけない話 高村光太郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  智恵子は東京に空が無いといふ、ほんとの空が見たいといふ。 私は驚いて空を見る。 桜若葉の間に在るのは、切つても切れない むかしなじみのきれいな空だ。 どんよりけむる地平のぼかしは うすもも色の朝のしめりだ。 智恵子は遠くを見ながら言ふ、阿多多羅山の山の上に毎日出てゐる青い空が智恵子のほんとの空だといふ。 あどけない空の話である。
 
 
  名古屋・高村光太郎談話会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光太郎談話会ホームページへようこそ。このサイトでは高村光太郎や智恵子に 関する資料や情報をできる限り掲載
 
 
  高村光太郎 国際留学生協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光太郎はパリでの留学体験を通して、近代的自我に目覚めていく。それは新しい彫刻と詩の世界を切り拓く契機となるが、同時に古い日本の伝統的彫刻家である父との確執を生み出すことにもなる。父への反発、そしてデカダンへの耽溺。彼の前に救世主のように現れたのが智恵子であった。
 
 
  高村光太郎の牛の詩について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  光太郎の牛は凄味がある。ブレ−クの虎のような凄味がある。天才にしてしか書けないものかもしれない、性格が露骨にでた作品である。光太郎自身が牛のような人間だったのだ。頑丈な体躯をもった人間である。この牛は水牛を想像して書いたのか、今の肉牛や乳牛は本当の牛ではない、水牛が本当の牛である。太古の原生の牛である。これは沖縄で身近に歩くのを見て感じたのだ。
 
 
  花巻市 高村山荘・高村記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  花巻市太田3−91  昭和20年(1945)62歳 5月・花巻市の宮沢清六(賢治の弟)方へ疎開 10月稗貫郡太田村山口の小屋で農耕しながら一人で暮らす。
 
 
  高村光太郎 山の雪 - 青空文庫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  わたしは雪が大好きで、雪がふってくるとおもてにとび出し、あたまから雪を白くかぶるのがおもしろくてたまらない。…
 
 
  高村光太郎 回想録 - 青空文庫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私の父は八十三で亡くなった。昭和九年だったから、私の何歳の時になるか、私は歳というものを殆と気にとめていない。実は結婚する時自分の妻の年も知らなかった。妻も私が何歳であるか訊ききもしなかった。亡くなる五六年前に一緒に区役所に行って、初めてその時妻の歳を知ったが、三つ位しか違わぬことが分った。私は現在目の前にあるものを尊しと思う。昔どうだったというようなことは全然自分の考に附き纏まとわない。良ければなおいいし、悪くてもそれが現在良ければいい。…
 
 
  智恵子抄  図書カード:No.46669   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  底本: 智恵子抄 / 出版社: 新潮文庫、新潮社 / 初版発行日: 1956(昭和31)年7月15日、1967(昭和42)年12月15日43刷改版
 
 
  道程 詩歌紹介 - 関西吟詩文化協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光太郎には、明治四十三年(一九一〇)以前に、詩集『道程』にいれなかった数篇の詩がある。 「秒刻」、「マデル」、「豆腐屋」、「博士」、「あらそひ」、「敗闕録」などである。それ以前にさかのぼると、二百七十首ほどの短歌作品がある。…
 
 
  高村 光太郎: 作家別作品リスト:No.1168   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品: 32件/作業中の作品/関連サイト
 
 
  【 あの人の人生を知ろう〜高村光太郎 】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  “智恵子抄”から。智恵子の発病前、発病後、死後に分けて、光太郎の詩を紹介  1.結婚から10年後。最も幸福に満たされている時代の詩。光太郎が東北福島にある智恵子の実家に帰省していた時のもの。ここに出てくる阿多多羅山とは、現在の安達太良山(あだたらざん)で、福島北部にある火山だ。智恵子の実家は酒蔵だった。
 
 
  高村光太郎 たかむらこうたろう(1883-1956)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  【ぼろぼろな駝鳥】/【人に】/【人類の泉】/【冬が来た】/【道程】/【愛の嘆美】/【あなたはだんだんきれいになる】/【レモン哀歌】/【元素 智恵子】
 
 
  レモン哀歌 高村光太郎 - ポエトリージャパン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  レモン哀歌   そんなにもあなたはレモンを待つてゐた かなしく白くあかるい死の床で わたしの手からとつた一つのレモンを あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ トパアズいろの香気が立つ …
 
 
  高村光太郎 たかむら・こうたろう(1883〜1956)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人・彫刻家。東京府生。東京美術学校(現・東京藝術大学)卒。明治33年新詩社に加わる。明治39年渡米、萩原碌山を知る。帰国後、「パンの会」に参加。大正3年長沼智恵子と結婚。詩集『道程』『智恵子抄』を刊行。昭和13年智恵子と死別以後戦争詩を多く書き、戦後は責任を痛感して岩手県の山小屋で自炊生活を送る。 …
 
 
  高村光太郎と智恵子の世界 富山県水墨美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光太郎(1883−1956)は、日本近代木彫界の重鎮、高村光雲の長男として東京に生まれ、東京美術学校を卒業後、欧米に留学しロダンに傾倒します。帰国後は、彫刻を制作するとともに文学界とも関わり、「緑色の太陽」に代表される美術評論や、詩集『道程』『智恵子抄』を発表し、近代日本の芸術思潮に大きな影響を与えました。
 
 
  高村光太郎と智恵子の世界【智恵子抄】 - NAVER まとめ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光太郎の「智恵子抄」と高村智恵子の言葉を、画像とのコラボでまとめました。
 
 
  たかむらこうたろう【高村光太郎】 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1883&#12316;1956)大正・昭和時代の詩人・彫刻(ちょうこく)家。東京(とうきょう)に生まれる。彫刻(ちょうこく)家高村光雲(たかむらこううん)の子。東京美術(とうきょうびじゅつ)学校(今の東京芸術(とうきょうげいじゅつ)大学)卒業(そつぎょう)後,ヨーロッパ・アメリカに遊学,ロダンなどの影響(えいきょう)を受けた。帰国後,『スバル』に詩や美術評論(びじゅつひょうろん)をのせ,西欧(せいおう)の近代芸術思潮(げいじゅつしちょう)を紹介(しょうかい)したが,やがて,白樺派(しらかばは)の影響(えいきょう)をうけ,理想主義的(しゅぎてき)な方向をはっきり示(しめ)した。
 
 
  高村光太郎全集 全22巻セット <書籍> 筑摩書房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光太郎全集 全22巻セット <書籍> 高村光太郎著
 
 
  高村光太郎詩集 <書籍> 高村光太郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世俗的なものとの妥協を排し,不断の情熱をたぎらせて人生の意味を追求し続けた光太郎の詩は,美しいもの,真実なものに対する善意と愛に満ちている.その歩みの中から九十三の詩篇を精選し,「道程」より・「道程」以後・「智恵子抄」より,の三部に編んだ.作者が生前自ら校閲した最後の詩集である.
 
 
  智恵子抄 <書籍> 高村光太郎/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  情熱のほとばしる恋愛時代から、短い結婚生活、夫人の発病、そして永遠の別れ……智恵子夫人との間にかわされた深い愛を謳う詩集。
 
 
  高村光太郎 特集 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光太郎 特集 の画像 - Google
 
 
  高村 光太郎 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村 光太郎 の画像 - Google
 
 
竹久夢二.1884
竹久夢二. 竹久夢二4 夢二とお葉 竹久夢二(左)とモデル兼愛人であったお葉(右)
  竹久夢二とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本画家・詩人。岡山県生。名は茂次郎。早稲田実業中退。藤島武二に私淑し、新聞・雑誌に挿絵を描く。叙情的ないわゆる夢二式美人画で、明治末から大正初期にかけて一世を風靡した。油絵も多い。昭和9年(1934)歿、51才。
 
 
  竹久夢二 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  竹久 夢二(たけひさ ゆめじ、明治17年(1884年)9月16日 - 昭和9年(1934年)9月1日)は、日本の画家・詩人。本名は、茂次郎(もじろう)。 数多くの美人画を残しており、その作品は「夢二式美人」と呼ばれ、大正浪漫を代表する画家である。また、児童雑誌や詩文の挿絵も描いた。文筆の分野でも詩、歌謡、童話など創作しており、なかでも詩「宵待草」には曲が付けられて大衆歌として受け、全国的な愛唱曲となった。
 
 
  竹久夢二   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  竹久夢二は画家としての方が有名ですが、多くの詩も残しています。そうは言っても、わたしも長い間「宵待草」の作詞者としての夢二を、かろうじて認識しているだけでしたが。 ところで、夢二の詩を一つ一つ読んでいると、あちらこちらに北原白秋が顔を出しているような気がします。…
 
 
  金沢湯湧夢ニ館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  竹久夢二が亡くなって長い歳月を経た今も、その豊かな芸術性は、多くの人から愛されています。夢二とその芸術性を「旅」 「女性」 「聖書」、これらの視点から改めて問い直すこと、また夢二がその最愛の女性・笠井彦乃と幸せな時を過ごした土地が、この「湯涌」であったという事実−。ここに、当館設立の大きな意味があります。
 
 
  ある眼 竹久夢二   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「あんな娘をどこが好いんだ、と訊かれると、さあ、ちよつと一口に言へないが」さう云つて、画家のAは話し出した。…
 
 
  竹久夢二 コドモノクニ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  竹久は初め、詩人になりたいと願っただけに、詩や小説を書き、俳句や短歌を詠み、小唄を収集するなど、終生、文芸に関心を寄せた。
 
 
  竹久夢二 作品と生涯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『竹久夢二 恋の言葉』画家としてだけでなく、詩や童謡の創作でも才能を発揮した夢二の言葉を、日記や手紙などから抜粋。
 
 
  竹久夢二 - 事典 略歴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  竹久夢二専門 竹久夢二の情報のみお届けします。  明治17年(1884年)9月16日 - 昭和9年(1934年)9月1日) 日本の画家・詩人。本名は、茂次郎(もじろう)。 数多くの美人画を残しており、その作品は「夢二式美人」と呼ばれ、大正浪漫を代表する画家である。また、児童雑誌や詩文の挿絵も描いた。
 
 
  竹久夢路伊香保記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  群馬県の中部、榛名山の中腹に位置する町、伊香保。万葉の時代、現在の榛名山一帯は伊香保嶺とよばれ、万葉集の東歌のうち上野国(群馬県)の部でもっとも多く歌に詠まれたのが伊香保でした。夢二と伊香保との出会いは、少女からの一通の手紙で始まります・・・。
 
 
  ドイツ・スイスでの竹久夢二探訪記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  以下は、インターネットのホームページに記した、ドイツ・スイスにおける晩年の竹久夢二の活動の探索記録(抜書き)である。
 
 
  竹久夢二と笠井彦乃が歩く下落合。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  竹久夢二が、愛人の笠井彦乃と逢瀬を重ねるため、人目につかないようひそかに下落合で暮らしていたことは、ほとんど知られていない。
 
 
  竹久夢二 作家別作品リスト:No.212   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  公開中の作品/作業中の作品/関連サイト
 
 
  大正浪漫・漂泊と叙情の画家 竹久夢二   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  瀬戸内市邑久町本庄の小さな茅葺の家で夢二は16歳まで暮らしました。 生家は当時そのままに保存されており、素描、版画なども展示されています。夢二芸術の源流(ルーツ)を訪ねてみてはいかがでしょうか。
 
 
  夢二郷土美術館(分館)夢二生家・少年山荘   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生家は夢二が16歳まで過ごしたところ。茅葺きの家は生前そのままに保存されている。
 
 
  なんでも鑑定団 新発見 夢二の恋人 (2010/11/29)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「なんでも鑑定団」番組で竹久夢二の結婚を許可を求める実家への手紙を鑑定に出していた。…
 
 
  竹久夢二とお葉 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  お葉(本名永井兼代またはカ子ヨ、あるいは佐々木カ子ヨ)は1904年、秋田市土崎の出身。 上京後12歳の時、東京美術学校でモデルを始めた。(「お兼 初めてのモデル」「大正期の美術モデル事情」の項参照)
 
 
  竹久夢二 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  竹久夢二 の画像 - Google
 
 
  ⇒(美術・日本画)竹久夢二.1884   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「025 【美術ぁ 藤島武二:岡田三郎助:竹久夢二:藤田嗣治」 ⇒(美術・日本画)竹久夢二.1884
 
 
山村暮鳥.1884
山村暮鳥 山村暮鳥生家は箕輪初心宅から10km程の所にある。 ・部屋にあげてくださった。・・・ 中央大橋西袂(南に200mほど)にある十字架をかたどった詩碑 - 1975年4月設置
  山村暮鳥とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人。本名,土田八九十。 1908年聖三一神学校卒業。キリスト教牧師となり,かたわら,北原白秋,室生犀星,萩原朔太郎を知り,『三人の処女』 (1913) ,『聖三稜玻璃』 (15) などの詩集に直観的で難解な象徴詩風を展開。  [生]1884.1.10. 群馬,棟高/[没]1924.12.8. 茨城,磯浜
 
 
  山村暮鳥 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山村 暮鳥(やまむら ぼちょう、1884年1月10日 - 1924年12月8日)は、明治・大正期の詩人、児童文学者である。本名、土田八九十(つちだ はくじゅう)、旧姓は志村。 1884年1月10日、群馬県西群馬郡棟高村(現在の高崎市)に生まれる。 貧困の中で少年期を過ごす。 1 生涯 / 2 著書 / 3 関連項目 / 4 外部リンク
 
 
  山村暮鳥   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1884年(明治17年)〜1924年(大正3年)。詩人。本名、土田八九十(つちだ・はつくじゅう)
 
 
  山村暮鳥   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雲/おなじく/ある時/「自分はいまこそ言はう」 /春の河/先駆者の詩/人間の勝利/風景/蝶々/
 
 
  山村暮鳥の詩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  空 おうい雲よ ゆうゆうと 馬鹿にのんきそうじゃないか どこまでゆくんだ ずっと磐城平(いわきたいら)の方までゆくんか
 
 
  山村暮鳥詩碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ふるさと : 淙々として 天の川がながれてゐる すっかり秋だ とほく とほく 豆粒のやうな ふるさとだのう (1925年 「雲」より)
 
 
  『雲』 山村暮鳥   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  序 : 人生の大きな峠を、また一つ自分はうしろにした。十年一昔だといふ。すると自分の生れたことはもうむかしの、むかしの、むかしの、そのまた昔の事である。まだ、すべてが昨日今日のやうにばかりおもはれてゐるのに、いつのまにそんなにすぎさつてしまつたのか。一生とは、こんな短いものだらうか。これでよいのか。だが、それだからいのちは貴いのであらう。…
 
 
  山村暮鳥 「雲」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  蚊柱 蚊柱よ 蚊柱よ おまへたちもそこで その夕闇のなかで 読経でもしてゐるのか みんないつしよに まあ、なんといふ荘厳な
 
 
  大宣辞 山村暮鳥   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大正4年(1915年)3月、「主として詩、宗教、音楽の研究を目的と」して、萩原朔太郎、室生犀星、山村暮鳥によって創立された人魚詩社から「卓上噴水」が創刊された。編集発行人は犀星。
 
 
  春の詩 山村暮鳥   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  たっぷりと 春の河は ながれてゐるのか ゐないのか ういてゐる 藁くづのうごくので それとしられる
 
 
  りんご (山村暮鳥)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  りんご: 両手をどんなに  大きく 大きく ひろげても かかへきれないこの気持ち りんごが一つ 日あたりに転がってゐる  日本で「りんご」の名が記録されたのは平安時代の中頃(918年)です。それは中国から渡米した「和りんご」と呼ばれる粒の小さい野生種でした。 今日のようなりんごが作られたのは、まだ135年ほど前のことです。
 
 
  山村暮鳥の詩「風景」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  風景 純銀もざいく  いちめんのなのはな ・・・・・
 
 
  山村暮鳥関連文献リスト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  単行本/雑誌論文/
 
 
  月夜の牡丹 山村暮鳥BOT   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  序詩 とろとろと とろけるやうに ねぼけよ ぽつかりと うまれでたやうに めざめよ 
 
 
  山村暮鳥 Bocho Yamamura   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  土田八九十(1884-1924・明治17年-大正13年) 大正13年12月8日歿 40歳  茨城県水戸市八幡町・祇園寺管理江林寺墓地
 
 
  『山村暮鳥』 復刊特集ページ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人、山村暮鳥(やまむら ぼちょう)関連の復刊特集です。 『山村暮鳥』プロフィール
 
 
  山村暮鳥  日本詩人愛唱歌集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山村暮鳥 詩一覧/初稿本『三人の処女』(未刊)/『三人の処女』新声社、1913年/『聖三稜玻璃』にんぎよ詩社、1915年/『風は草木にささやいた』白日社、1918年/『梢の巣にて』叢文閣、1921年/『万物の世界』(童謡集)真珠書房、1922年/『雲』イデア書院、1925年/『よしきり』(童謡集)イデア書院、1925年/『月夜の牡丹』紅玉堂書店、1926年/『土の精神』素人社書屋、1929年/『万物節』厚生閣、1940年/『春の海のうた』(童謡集)教文館、1941年/『黒鳥集』昭森社、1960年/拾遺詩篇/童謡(民謡その他)拾遺
 
 
  特集 「暮鳥がくらした磐城平」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  尼子会の機関紙「龍ヶ城」を3号から作りました。3号はそれまでのテーマを継続して4号から自分で企画を立て、最初にやるなら山村暮鳥と思いました。
 
 
  山村暮鳥 − 輝く茨城の先人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代詩の方向を開いた詩人として,高く評価されている。詩ばかりではなく,小説・童話童謡・創作・随筆・翻訳などにも多彩な才能を発揮した。
 
 
  山村暮鳥 前橋市内文学碑めぐり   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山村暮鳥(1884-1924)は、当時の西群馬郡棟高村(現在の群馬町)の農家に生まれた。 地元の小学校卒業後、代用教員となり家計を助けるかたわら、前橋の聖マッテヤ教会で行われていた、英語の夜学校にかよい勉学にはげんだ。
 
 
  聖三稜玻璃 山村暮鳥 - 青空文庫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  聖三稜玻璃目次: 囈 語/大宣辭/曲 線/手/だんす/圖 案/妄 語/烙 印/愛に就て/青空に/A FUTUR・・など。
 
 
  村松山 虚空蔵堂:山村暮鳥の詩碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  此の地の風光を愛して山村暮鳥が作した、 「おう土よ生けるものよその黒さに太古のかほりがただよってゐる」 録暮鳥詩犀星、昭和十四深秋。の詩碑が静閑と座しています。
 
 
  山村暮鳥 作家別作品リスト:No.136   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1884(明治17)年、群馬県榛名山麓の棟高村(現群馬町)に生まれる。本名、土田八九十。築地の聖三一神学校時代に文学に開眼、卒業後伝道師となって秋田、仙台、水戸等を転任、詩と宗教活動に没頭。先鋭な感覚表現で注目をあび、朔太郎・犀星らと「卓上噴水」「感情」で交流。
 
 
  貴重資料・郷土資料 - 茨城県立図書館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  茨城県立図書館が所蔵する貴重資料・郷土資料の一部をご紹介します。 他にも,茨城県立図書館デジタルライブラリーにて公開していますので,ご覧ください。  山村暮鳥 明治17年(1884)− 大正13年(1924)  明治17年1月,群馬県に生まれる。  山村暮鳥著 童話「鉄の靴」/詩集「雲」の生原稿と暮鳥の遺品
 
 
  笹の葉 .... 山村暮鳥/平岡均之 d-score   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和六年発行『世界音楽全集22「日本童謡曲集掘廖戮忘力燭気譴討い泙后
 
 
  山村暮鳥全集 全4巻 <書籍> 著者名 山村暮鳥    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大正期のキリスト教詩人、山村暮鳥の全集。山村暮鳥の作品を、詩、小説、童話、短歌などのジャンル別に収録。年譜、書簡、日記などの資料も収録する。この全集には、暮鳥が傾倒したドストエフスキーなどの翻訳関連、また暮鳥の作品のうちで多数を占める童話などに、未収録の作品が多く、暮鳥文学の全容を解明するには難点が多い。
 
 
  山村暮鳥 やまむら ぼちょう 1884.1.10 - 1924.12.8   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回は山村暮鳥の詩を紹介します。私にとっては非常に評価が分かれた時期のある詩人です。と、言うのもこんなに作風が最初と最後が変化した詩人はそういないからです。
 
 
  山村暮鳥の詩碑の旅行・観光:おでかけガイド じゃらん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  群馬県生まれの詩人で、伝道師でもあった暮鳥は、安住の地を大洗海岸に求めて転住し、創作活動を行ったが、大正13年(1924)没した。碑には「ある時」と題した詩から“雲”の一節が刻まれている。
 
 
  福島の児童文学者 28  山村 暮鳥 (やまむら ぼちょう)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1884年(明治17)年1月10日、群馬県西群馬郡棟高村(現群馬町)に農家の長男として生まれる。本名は土田八九十(明治22年4月18日以降は小暮八九十)。 詩人、宗教家。1899(明治32)年、堤ヶ岡尋常小学校の代用教員を勤め、1901(明治34)年前橋聖マッテア協会の英語夜学校に学ぶ。1902(明治35)年、キリスト教の洗礼を受ける。
 
 
  やまむらぼちょう【山村暮鳥】 学習百科事典 キッズネット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1884&#12316;1924)明治(めいじ)・大正時代の詩人。群馬(ぐんま)県に生まれる。本名土田八九十(つちだはっくじゅう)。1910(明治(めいじ)43)年,自由詩社に参加(さんか)し,象徴(しょうちょう)詩を書きはじめた。のち白樺派(しらかばは)の影響(えいきょう)からヒューマニズムを基調(きちょう)とする民衆詩派(みんしゅうしは)に転じ,晩年(ばんねん)は東洋的(とうようてき)な静寂(せいじゃく)の境地(きょうち)に達(たっ)した。詩集に『聖三稜玻璃(せいさんりょうはり)』『風は草木にささやいた』『雲』がある。
 
 
  ちるちる・みちる アーティスト名 山村暮鳥 収録曲数 全38曲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1920(大正9)年、洛陽堂より刊行。多くの童話を書いた暮鳥の、最初の童話集である。信仰に生き、病と貧困に苦しんだ暮鳥が、逆境の中で切りひらいた新しい童話文学のはじまりと言えよう。「自序」によれば、暮鳥がその愛娘・玲子に、寝床で語り聞かせたお伽噺がもとになっているという。キリスト教精神にみちた、美しくも悲しい物語、大人も考えさせられる寓話を集めた、珠玉の童話集。(C)青空文庫
 
 
  山村暮鳥 の画像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山村暮鳥 の画像
 
 
北原白秋.1885
北原白秋 写真で味わう北原白秋、短歌50選 講義中の北原講師 - 白秋余話2
  北原白秋とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人・歌人。福岡県生。名は隆吉。吉井勇らと〈パンの会〉を作り、「スバル」を創刊した。処女詩集『邪宗門』でエキゾチック感覚の象徴詩人として知られ、処女歌集『桐の花』で歌人としても名をなした。新作童謡も多く発表し、作曲家山田耕筰と雑誌「詩と音楽」を創刊した。芸術院会員。昭和17年(1942)歿、57才。
 
 
  北原白秋 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北原 白秋(きたはら はくしゅう、1885年(明治18年)1月25日 - 1942年(昭和17年)11月2日) は、日本の詩人、童謡作家、歌人。本名は北原 隆吉(きたはら りゅうきち)。詩、童謡、短歌以外にも、新民謡(「松島音頭」・「ちゃっきり節」等)の分野にも傑作を残している。生涯に数多くの詩歌を残し、今なお歌い継がれる童謡を数多く発表するなど、日本を代表する詩人である。  1 経歴 / 2 作品 / 3 著書 / 4 催事 / 5 顕彰施設 / 6 脚注 / 7 関連項目 / 8 外部リンク
 
 
  北原白秋生家 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北原白秋生家(きたはらはくしゅうせいか)は、福岡県柳川市にある詩人北原白秋(1885年生まれ)の生家跡。福岡県指定史跡。白秋生誕当時の母屋と穀倉が現存し、文学館施設として使用されている。運営は、財団法人北原白秋生家保存会。 1 生家跡の施設 / 2 交通アクセス / 3 周辺 / 4 関連項目 / 5 外部リンク
 
 
  北原白秋 朗読   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北原白秋の詩を朗読しています  
 
 
  北原白秋記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白秋と柳川/館内の紹介/白秋ノート/白秋ギャラリー/販売グッズ紹介/文学碑〜白秋の足跡〜/周辺の観光案内/催し物のご案内
 
 
  邪宗門 北原白秋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  父上に献ぐ 父上、父上ははじめ望み給はざりしかども、児は遂にその生れたるところにあこがれて、わかき日をかくは歌ひつづけ候ひぬ。もはやもはや咎め給はざるべし。
 
 
  北原白秋「落葉松」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  からまつの林を過ぎて、からまつをしみじみと見き。 からまつはさびしかりけり。たびゆくはさびしかりけり。 上記の「落葉松」の出典は、『水墨集』(大正12年6月18日アルス発行)です。同詩集には、≪落葉松≫として「落葉松」「寂心」「ふる雨の」「啼く虫の」「露」の5篇が出ているようです。
 
 
  北原白秋愛唱歌集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北原白秋/愛想歌集/曲目リスト/詩の紹介/作曲家紹介/所蔵リスト図書/音楽リスト
 
 
  北原白秋 d-score   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代日本の文学・文芸に大きな足跡をのこした歌人、文学者。福岡県山門郡沖端村(現・柳川市)に生まれる。早稲田大学に入学後の長編詩「全都覚醒の賦」で頭角をあらわし、1907年の「邪宗門」、1909年の「思ひ出」などの作品により、まだ二十代前半にもかかわらず詩壇の逸材として大きな評価を獲得した。
 
 
  北原 白秋 - 市川市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  歌人で童謡作家でもあった北原白秋は、1916(大正5)年5月、閑静な場所を求めて真間の亀井院の庫裏を借り、江口章子(あやこ)と暮らし始めました。 『葛飾閑吟集』 には「葛飾の真間の手児奈が跡どころその水の辺のうきぐさの花」などの歌を残しています。
 
 
  北原白秋と唐津小唄   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この文章は、佐賀新聞に平成7、8年に連載された『日本の心  白秋まんだら』より
 
 
  阿佐ヶ谷の北原白秋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和15年4月16日、白秋は砧村喜多見成城(現・世田谷区)から 「持ち主の留学中という契約で借りていた」成城の家に持ち主が帰国し、約束のため「家探しに気もそぞろになって、歌を考えることもできない」状況でした。
 
 
  北原白秋が詠んだ木   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小田原の丘の蕗の薹を摘んで食べる白秋 大正十四年の早春、白秋は木兎(みみづく)の家の庭に出た。そして、小田原の丘を歩き出す。庭や丘に出ている、土筆(つくし)や蕗(ふき)の薹(とう)を白秋は摘んで、持ち帰った。妻菊子は、すぐに佃煮や御汁にする。詩文評論集『季節の窓』で白秋は、「わたくしは徹夜つづきでわたくしの仕事にいそしんだ。…
 
 
  桐の花事件 北原白秋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治、大正、昭和にわたり、詩、短歌、童謡、歌謡、民謡など広い詩の領域にわたって業績を残した国民詩歌人といわれた北原白秋(本名隆吉;りゅうきち;1885〜1942)が27歳の時に巻き込まれた姦通事件。
 
 
  北原白秋 [文車目次]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『邪宗門』より/『東京景物詩』より/『白金ノ独楽』より/『思ひ出』より/『水墨集』より
 
 
  北原白秋  コドモノクニ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  赤い鳥』創刊当時、白秋が考える童謡は、「日本の風土、伝統、童心」に根ざした「童心童語の歌謡」にあった。それを念頭に、創刊から1933年4月までの15年間、童謡を作り、各地の童謡愛好家を育てながら、毎号地方童謡を紹介した。
 
 
  北原白秋と三崎の世界   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北原白秋が三浦三崎にいた時期は白秋28歳の大正2年(1913)から翌年の2月までの1年足らずで、昭和17年(1942)に57歳で他界した彼の生涯でほんのわずかな期間ですが、彼のその後の約30年間にわたる作家活動に決定的な転機をもたらした重要な時期がこの三崎時代にあったと言っても過言ではないと思います。
 
 
  作詞家「北原白秋」の部   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作詞 / 曲名 / 作曲 / 参考図書 / 発表年 / うたいだし   北原白秋 / 赤い鳥小鳥 / 成田為三 / 日本童謡名歌110曲集1 / 1918 / あかいとりことり なぜなぜあかい
 
 
  白秋童謡館 - 小田原市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白秋童謡館の建物は、ちょうど白秋が小田原に在住していたころに元宮内大臣・田中光顕伯爵が建てた住居の別邸だった建物です。 日本庭園に大正モダン調の和風建築がよくマッチしています。
 
 
  作家別作品リスト 北原 白秋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人、童謡作家、歌人。1885年1月25日、福岡県の柳河(現在の柳川)に生まれる。1904年に上京。「明星」「スバル」などに短歌、詩を発表。1918年より鈴木三重吉の「赤い鳥」の童謡面を担当し、以後、日本の創作童謡に新分野を開拓した。代表作に「雲母集」(歌集)、「からたちの花」(童謡集)など。1942年11月2日没。
 
 
  北原白秋 - ふくろうげんぞうの話   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2009年の1月、童話屋の初荷は、北原白秋の「この道はいつか来た道」です。白秋は大きく偉大な詩人です。その詩人の詞華集を今手にして、編者は身のひきしまる思いです。
 
 
  繚乱の詩人 北原白秋 日本の墓   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  誰でも口ずさんだことのある歌「からたちの花」作詞・北原白秋、曲・山田耕作である。白秋の活躍期は日本の芸術界が満開に咲き乱れた時期でもあった。…
 
 
  落葉松 北原白秋  「水墨集」より    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  からまつの林を過ぎて、からまつをしみじみと見き。 からまつはさびしかりけり。 たびゆくはさびしかりけり。…
 
 
  北原白秋歌集 <書籍> 高野公彦 編   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「君かへす朝の舗石(しきいし)さくさくと雪よ林檎の香のごとくふれ」詩集『邪宗門』『思ひ出』で鮮烈に世に出た青年詩人は,続いて第一歌集『桐の花』を刊行する.白秋28歳.以後,詩・童謡・民謡など韻文のあらゆるジャンルで幾多のすぐれた作品を生み,短歌の世界でも大きな足跡をのこした北原白秋(1885−1942)の全歌集12冊から精選.
 
 
  監獄の歌人 北原白秋の【桐の花】を読む   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  20代の終わり頃、北原白秋は牢屋に入っている。罪状は姦通罪。 学生の頃からすでに詩人として名声があった白秋である。事件はスキャンダラスに報じられ、白秋は同業の詩人や歌人らからも「文芸の汚辱者」との痛烈な誹りを受けることになるのであった。 この『桐の花』は、その直後に編まれた、白秋の第一歌集である。 そこには事件のただ中で詠まれたであろう歌が並んでいる。
 
 
  【PDE】北原白秋「思ひ出」 九州の100冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北原白秋の第二詩集で出世作の「思ひ出」は1911年、白秋26歳のときに東京で書き上げられた。記者もいま26歳。不遜かもしれないが同年の男を思い描きながら、その歩んだ道をたどった。
 
 
  北原白秋 きたはら・はくしゅう(1885-1942)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名=北原隆吉(きたはら・りゅうきち) 東京都府中市多磨町4&#8211;628 多磨霊園10区1種2側6番 詩人。熊本県生。早稲田大学中退。明治39年新詩社に参加、『明星』に詩・短歌を発表。41年吉井勇らと「パンの会」に参加、42年『スバル』を創刊。処女詩集『邪宗門』、大正2年処女歌集『桐の花』を刊行。鈴木三重吉の『赤い鳥』に童謡を次々発表した。詩集『思ひ出』『海豹と雲』などがある。
 
 
  燭光のさす ひとときのあかるみに - すゞはらひ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「渡り鳥」/「毛虫」/「秋の日」/「落葉松」/「たそがれどき」
 
 
  雨 北原白秋 『「赤い鳥」童謡 第壱集』 d-score   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  しとしとと降る雨の日の所在のなさを切なく語りかけ、「昼も夜も雨が降り続ける」という最終句に至ったところで、この歌が人の心の「雨」へテーマを切り変えていることに気づかされる。
 
 
  白秋 青春詩歌集 <詩集> 著者: 北原白秋/編者: 三木卓   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  九州柳河の豪商の子として生い立ち、乳母日傘の幼い日々の性の目覚めを鮮烈に歌う「思ひ出」。文学を志し上京、詩壇の寵児となった青年の才気と野心が眩しい「邪宗門」。人妻との姦通で告訴され「三八七番」という囚人の身となる20代後半の痛切な恋愛体験に基づく歌集「桐の花」――など。
 
 
  名言巡礼 北原白秋「落葉松」から 長野県中軽井沢=映像 (2017/11/26)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  古今の名作に登場する珠玉の言葉、そこにまつわる土地の風土を多彩に描きつつ、舞台となった風景を紹介します。今回の名言は北原白秋「落葉松」から、「からまつはさびしかりけり。たびゆくはさびしかりけり。」、長野県中軽井沢を紹介します=東京本社写真部 吉岡毅撮影 2017年11月26日公開
 
 
  北原白秋 (きたはらはくしゅう) [書・墨跡作家]  - 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北原白秋『短歌』 北原白秋プロフィール 11月2日 福岡生まれ。 詩人、童謡作家、歌人。本名は北原 隆吉(きたはら りゅうきち)。 14歳ごろから詩歌に本格的に目覚める。1904年「文庫」に詩が掲載されたことをきっかけに無断で通っていた学校を退学して上京、早稲田大学英文科予科に入学する。以後「明星」に短歌・詩を発表、「スバル」の創刊に参加。1918年鈴木三重吉の勧めで「赤い鳥」の童謡・児童詩欄を担当し「あめふり」・「ペチカ」など数々の童謡作品を発表。
 
 
  北原白秋碑苑の旅行・観光:おでかけガイド - じゃらんnet   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  白秋が三崎の見桃寺に隠れ住んでいるときに作った「城ヶ島の雨」の一節が碑に刻まれている。城ケ島大橋を渡った橋の下に建つ。
 
 
  北原白秋生家 柳川・大川の旅行情報 - るるぶ.com   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北原白秋の生家は、当時柳川地方で1、2を争う酒造業を営んでいた。幕末〜明治初期に建てられた屋敷は、母屋との間に堀割りが流れ、その向こうに酒蔵や精米所、池などがあったという。しかし、1901年(明治34)沖端の大火により大半を焼失。現在公開されているのは、かろうじて焼け残った母屋と穀倉を1969年(昭和44)に復元したもの。
 
 
  北原白秋 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北原白秋 の画像 - Google
 
 
  「北原白秋」検索   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北原白秋 - Google 検索
 
 
石川啄木.1886
石川啄木 妻節子 長女京子 二女房江 金田一京助(左)と石川啄木 (日本近代文学館 蔵)
  石川啄木 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川 啄木(いしかわたくぼく、1886年(明治19年)2月20日 - 1912年(明治45年)4月13日)は明治時代の歌人・詩人・評論家。本名は、石川 一(はじめ)。 岩手県南岩手郡日戸村(現在の盛岡市玉山区日戸)の曹洞宗日照山常光寺の住職であった石川一禎の長子として生まれる(戸籍によると1886年2月20日の誕生であるが、1885年(明治18年)10月27日に誕生したとも言われている)。
 
 
  一握の砂 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1910年 (明治43年) 12月1日、東雲堂書店より初版が刊行された。序文を書いている藪野椋十とは、当時の啄木の勤務先である東京朝日新聞で社会部長を務めていた渋川玄耳のことである。 三行分けによる散文的なスタイルの短歌は、若い世代を中心に多くの追従者を生んだ。特に啄木の郷里の岩手県では、刊行前後から地元紙に啄木の作品が掲載されたこともあり、その影響は大きかった。その一人が旧制盛岡中学校の後輩で当時在学中だった宮沢賢治で、本作の刊行と同時期に短歌創作を始めており、啄木の影響と推察されている。 歌風は、徹底的な生活派であり、雄大な情景よりは、ごくありふれた人間的な感覚を歌ったものが多い。  概要/代表歌/外部リンク
 
 
  啄木の息   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川啄木 年譜 1886年(0歳)〜1912年(26歳) 啄木の死後
 
 
  石川 啄木   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  望郷と漂泊の天才詩人として知られる石川啄木は、「歌は私の悲しい玩具である」 「歌を作るのは不幸な日だ」と告白しながら、 「一生に二度とは帰って来ないいのちの一秒」をいとおしみ、消え去る刹那の感動を見事に結晶させました。 わずか26年の生涯ながら、その歌は近代短歌史に輝かしい1ページを刻んでいます。
 
 
  啄木年譜稿   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  啄木が生まれる前のこと : 啄木の伯父 葛原(かつらはら)対月が陸奥盛岡藩(南部藩)の藩士工藤常房の次男として盛岡に生まれる。本名は常久,のち直季,出家して仏禎得籌,維新ごろから葛原対月を名乗る。啄木の母カツの兄で,父一禎の師僧になる。
 
 
  石川啄木作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  望郷と漂白の天才詩人といわれる 石川啄木は9歳から17歳までの青春時代、また妻節子との新婚生活を盛岡で過ごし、盛岡が登場する秀歌を数多く詠みました。市内には啄木ゆかりの文学碑があちらこちらにあり、その足跡をたどることができます。
 
 
  湘南啄木文庫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このページは石川啄木に関する、あらゆる文献の情報を提供する、佐藤勝の個人ホームページです。
 
 
  国際啄木学会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  国際啄木学会は1989年12月、岩城之徳・遊座昭吾・上田博・太田登氏らを中心として設立されました。日本と外国における石川啄木の研究・普及を目的とする学会です。会員たちは創立以来多くのすぐれた研究成果を発表し、普及のための良書も数多く出版してきました。
 
 
  太陽 石川啄木   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治19年、岩手県生まれ、本名は一(はじめ)。 34年岩手日報に短歌を掲載。初めて活字となる。35年盛岡中学を中退・上京。与謝野鉄幹・晶子夫妻らと知り合う。翌年渋民村に帰郷、新詩社同人となり「明星」に詩を発表。39年渋民村小学校の代用教員となり小説「雲は天才である」などを書いた。
 
 
  石川啄木 生涯   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作品 『一握の砂・悲しき玩具』/関連リンク/作家事典/ほら貝目次
 
 
  石川啄木記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「啄木記念館」は、渋民駅から国道4号線を北へ約1kmの所で、白い三角屋根の瀟洒な建物である。
 
 
  石川啄木覚えがき   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  啄木小事典をめざして一項ずつ書き継いでゆく予定
 
 
  石川啄木(玉山村)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  啄木のページを作ってから5年、平成16年7月19日、ようやく啄木の故郷・玉山村に行ってきました。 写真は、啄木記念館の正面の壁にある、啄木と婚約者の節子の似顔絵が彫ってある石板です。
 
 
  石川啄木終焉の地   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薄幸の天才歌人、石川啄木(1886〜1912)の終焉の地。 明治44年に、啄木と母、そして妻の節子が本郷の喜之床から移った。 啄木も母も病身で、また、妻も病気がちであったが、翌年3月に母が亡くなり、4月には肺結核で啄木も生涯を終えた。 現在は記念碑がある
 
 
  啄木節子新婚の家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治38年5月、処女詩集「あこがれ」を出版した石川啄木は、 東京で新婚生活をもつという生活設計を変更して、市内の新山小路(現在の中央通3丁目)に帰り、 年来の恋人堀合節子と結婚式を挙げました。…
 
 
  石川啄木終焉の地   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   薄幸の天才歌人、石川啄木(1886〜1912)の終焉の地。 明治44年に、啄木と母、そして妻の節子が本郷の喜之床から移った。 啄木も母も病身で、また、妻も病気がちであったが、翌年3月に母が亡くなり、4月には肺結核で啄木も生涯を終えた。 現在は記念碑がある
 
 
  石川啄木研究ノート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  十数年前から啄木の歌に関心を持っていたが、たまたま、新しい美唄駅に啄木の歌の額が掲げられ、解説に引用された美唄市史の記載に疑問を持ったことかきっかけで、各種資料を収集し、歌碑などを訪ね、研鑽に努めてきた。
 
 
  石川啄木 啄木日記   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  サイトをご訪問いただき、ありがとうございます。 このサイトは、石川啄木が遺した日記を紹介しています。 歌人であり、詩人である石川啄木は代表的な歌集「一握の砂」「悲しき玩具」のほか、詩集や論説、小説など数多くの作品を遺しています。
 
 
  石川啄木文学マップ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川啄木文学コース(約2時間30分)
 
 
  石川啄木像 岩手県    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  地元岩手県出身ということで県内の至る所に石川啄木にまつわるものが展示されている。ここ岩山展望台でも例外でなく銅像が建っている。またこの銅像の隣には啄木茶屋もあり、盛岡市内を展望した後に一息つくのもいいかも。
 
 
  石川啄木を歩く/釧路   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  啄木が釧路新聞社の記者として釧路へ赴任した1908年は、釧路はまだ終着駅だった。・・・
 
 
  石川啄木を歩く/盛岡   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  盛岡は、明治28年に盛岡高等小学校に入学し、明治39年に渋民小学校の代用教員として赴任するまでの11年間を過ごした場所である。
 
 
  石川啄木 クロニクル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1886.2.20 岩手県南岩手郡日戸村、常光寺に生まれる、父は住職 〜 1912年 9.4 妻二人の遺児を連れて函館に移っていた実家に帰る、翌年5月5日肺結核で病死、維持は妻節子の父親が養育 三巻の全集が刊行される
 
 
  石川啄木 「一握の砂」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  我を愛する歌   東海《とうかい》の小島《こじま》の磯《いそ》の白砂《しらすな》に われ泣《な》きぬれて 蟹《かに》とたはむる   頬《ほ》につたふ なみだのごはず 一握《いちあく》の砂を示《しめ》しし人を忘れず …
 
 
  石川啄木  函館記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1999年12月3日、啄木が最も愛した地、函館のはまなすの咲く砂山と大森浜に開館いたしました  由 来 / 舘内散歩 / 啄木の足跡 / 歌碑めぐり / 営業のご案内 / 啄木カレー / 小冊子「函館浪漫」 / オリジナルCD「函館浪漫」
 
 
  あこがれ石川啄木詩集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩集『あこがれ』は石川啄木が十代から二十歳の頃にかけての作品。彼の生涯においてもっとも想像力ゆたかな詩の数々が収められている。その後に続く「呼子と口笛」は、1910年(明治43)幸徳秋水ら多数の社会主義者が大逆罪のかどで検挙・処刑された大逆事件や社会主義思想に衝撃を受け、彼の詩も言葉の飾りを洗い落としたシンプルな、それでいて鋭い詩となっている。
 
 
  石川啄木と金田一京助   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1886年(明治19年)2月20日、岩手県南岩手郡日戸(ひのと)村、曹洞宗常光寺に生まれる。父一禎(いってい)は同寺住職。母カツは一禎の師僧葛原対月の妹。啄木の本名は一(はじめ)。 翌年の明治20年、父親が宝徳寺(ほうとくじ)の住職に任ぜられ、北岩手郡渋民(しぶたみ)村に一家移転する。…
 
 
  【芸術・文学】 石川啄木   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩手を代表する国民的詩人。生前刊行された著作は詩集『あこがれ』と歌集『一握の砂』だけだが、詩、短歌、小説、評論、日記、書簡など多くの種類の作品がある。旧来の短歌になかった三行書きで日常的な感情や郷愁を結晶させた名歌は多くの国民に愛されている。
 
 
  作家別リスト 石川啄木   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここに収録したパーム本は、自由に使って下さい。転載、再配布についても、青空文庫の著作権の切れた作品の取り扱い規準に準じる限り、基本的に自由です。
 
 
  泣き虫なまいき石川啄木   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『泣き虫なまいき石川啄木』は小説家・劇作家など多彩な活躍をしている井上ひさしさんの戯曲。盛岡で青春時代を過ごし、東京で貧困の中わずか26歳で永眠した歌人、 石川啄木が主人公。ときは啄木が亡くなって間もない明治45年5月2日。残された妻節子は、啄木の最後の3年間の日記を読み始めます。
 
 
  石川啄木像 湯の川温泉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  海岸沿いの啄木公園に建つ石川啄木像
 
 
  もりおか啄木・賢治青春館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  もりおか啄木・賢治青春館は,明治43年(1910)に竣工した旧第九十銀行を保存活用して,石川啄木と宮沢賢治が青春を育んだ盛岡の街と二人の青春時代を紹介します。偉大な文学者として大きな事績を残した二人は,明治から大正にかけて盛岡中学に学び,その才能に目覚めました。…
 
 
  「ビルの歩道の石川啄木像」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北大の正門を出て昔の電車通を南に進み、JR札幌駅の手前、住所では北7条西4丁目の角のビルの歩道とつながった部分に、写真の石川啄木の胸像が目立たなく置かれている。これは狭い空間であり、ビルを出入りする人が結構いて、場所だけなら秘境ではない。しかし、この歌人に興味のある人にとっては、意外にもこんなところに啄木のゆかりの場所があるかと、秘境感を感じる空間と言ってよい。
 
 
  石川啄木 いしかわ・たくぼく   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名は一はじめ。 岩手県出身。 明治35年(1902年)カンニング事件で盛岡中学を中退し、上京。 与謝野寛(鉄幹)の知遇を得て『明星』ほかに詩を発表。 明治39年(1906年)、生活のため小学校代用教員となり、以後、地方紙の記者として北海道各地を点々とする。…
 
 
  ★啄木コース 桔梗ハイヤー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  啄木コースのおもな見どころ  啄木小公園→大森浜→啄木一族の墓→青柳公園→弥生小学校→旧桟橋→啄木文学館ほか
 
 
  石川啄木像  ようこそさっぽろ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川啄木の立像は、本郷新が1958(昭和33)年函館大森浜の啄木小公園に坐像として制作した作品に続き、14年後の1972(昭和47)年に作られました。
 
 
  啄木もびっくり?ふるさとの川   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  形のよい岩手山と姫神山が東西に向かい合った平地を北上川が蛇行している。ここ岩手県玉山村渋民は歌人・石川啄木(本名 石川一(はじめ)1886-1912)の古里だ。彼はここから東南7キロほどの日戸(ひのと)で常光寺住職の息子として生れた。一年ほど後に父が渋民の宝徳寺住職になったので一家は渋民へ移り、彼はそこで育った。 
 
 
  石川啄木と同世代の青年たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  これまで私は、石川啄木については、研究らしい研究をしたことがありませんでした。そんな私が、今年91回目の啄木忌を機に、啄木について何かを書くというのも、不思議な気がいたします。 それでも、啄木は、私の研究テーマである〈白樺派〉と同時代人ということで、一度はよく知っておかねばならないと、ずっと心にかかっていました。
 
 
  石川啄木の歌碑 美唄市役所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1908(明治41)年、石川啄木は、札幌から釧路の新聞社へ赴任しました。その旅の途中、美唄駅を通過した際に歌ったといわれている「石狩の美国といえる停車場の 柵にほしてありし 赤き布片かな」が刻まれています。
 
 
  石川啄木像  釧路の野外彫刻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  釧路芸術館の前に、本郷新の手になる「釧路の朝」が立っていることは、先のエントリで紹介しましたが、釧路川を挟んでちょうど反対岸の「港文館」の前にも、本郷新の彫刻があります。
 
 
  石川啄木文学碑 中央区銀座   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『京橋の滝山町の 新聞社 灯ともす頃のいそがしさかな』  ここにあった朝日新聞社に歌人・石川啄木(1886〜1912)は、24歳のとき同社に就職し、校正係をしていたので川啄木のレリーフがついた碑が建っています。
 
 
  石川啄木  青春のふるさと散歩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文学と彫刻のまち盛岡  文学碑名/アクセス法/MAP位置
 
 
  石と賢治のミュージアム 一関市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  賢治と東蔵の出会い:「…朴訥そうな人が私の店に来て病床の兄に会い度いというので二階に通したが、この人は鈴木東蔵という方で、石灰岩を粉砕して肥料をつくる東北砕石工場主であった。兄はこの人と話しているうちに、全くこの人が好きになってしまったのであった・・・。農民の幸せ…それは賢治と東蔵に共通する願いでした。当時の岩手の気候や農業を考えると、土壌改良剤としての炭酸石灰への二人の期待はどれほど大きかったか図り知れません。
 
 
  一握の砂 ー 石川啄木の旅 ー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「啄木学級の皆さんはこちらへー」  大きな声でおじさんが叫んでいる。見れば石川啄木よろしく、着物に袴で手を振りながら、こちらへどうぞと呼んでいる。ここは啄木の古里、岩手県盛岡市からやや北東にある渋民村(現・玉山村)。
 
 
  愛と憎悪の歴史 恋愛科学研究所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『その1 不良でやんちゃおこちゃま啄木』  これから私若紫(わかむらさき)が歴史に名を残した人物は一体どのような恋愛をしていたのか論じていく中で、皆さんに歴史を学ぶことはとても面白いということを知ってもらいたいのです。
 
 
  第3話 「啄木の地図」 地図の風景   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  啄木が「函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花」と歌った青柳町辺りは、函館山の東斜面に位置し、彼は一時ここに家族とともに寄宿していた。…
 
 
  石川啄木 岩波文庫「啄木詩集」より   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩波文庫「啄木詩集」より(1991年11月18日初版)  石川啄木と言えば、詩人としてより歌人としての方が有名ですよね。教科書などにも載っているし、受験などにもかかわって来るし、誰でも、「歌」の方ならひとつや二つは知っていると思います。ただ、ここではあえて「詩」の方を載せてみました。
 
 
  岩手 石川啄木記念館 タウンページ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川啄木の人となり、文学について理解、鑑賞ができます。また、直筆の書簡やノート、日誌、遺品、写真パネルなどで立体的に展示しており、啄木ゆかりの小学校校舎や住居も移築公開しています。希望により入門講座や解説も行っています。
 
 
  石川啄木が愛した盛岡天満宮の狛犬   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  学問の神、菅原道真公をまつる盛岡天満宮の丘は、その昔、天神山と呼ばれ、啄木お気に入りの散策と読書の場所でした。ここに独特の顔とフォルムをもった狛犬一対が鎮座しています。これは市内上小路に住んでいた高幡源次郎が制作して明治38年(1905)に奉納したもので、当時は地面に据えられていました。…
 
 
  石川啄木 著 『啄木歌集』 北海道人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  啄木の歌に深い刻印をのこした北海道の風と土と人  先日、久々に石川啄木の歌集を手にとった。三行にわかち書かれたすべての歌を、一気に、心のなかで声をあげて読んだ。…
 
 
  石川啄木記念館 みちのくミュージアム   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  情熱の詩人・歌人石川啄木生誕100年を記念して昭和45年に建てられた。昭和61年新館オープン。石川啄木の生涯を、誕生から死まで順に紹介。啄木が交流した文学者や各地を巡り歩いた軌跡を示す資料のほか、書簡や写真、書籍など、多数の資料を収蔵・展示し、年に数回企画展を開催。
 
 
  石川 啄木 野村胡堂と交流のあった人   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  玉山村渋民にある「石川啄木記念館」。  少し離れた所に、「渋民公園」があり、啄木の「歌碑」がたってます。 やはらかに柳あをめる 北上の岸邊目に見ゆ 泣けとごとくに
 
 
  石川啄木 いしかわたくぼく(1886-1912)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  岩手県南岩手郡日戸村生まれ。1898年13歳の時、好成績で盛岡中学入学した。しかし上級に進むにつれて文学と恋愛に熱中して学業を怠り、17歳の時にカンニング事件を起こして退学した。その直後、文学をもって身を立てるという美名のもとに上京するが失敗。翌年には帰郷して故郷の禅房に病苦と敗残の身を養う。…
 
 
  【 あの人の人生を知ろう〜石川啄木 】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名、一(はじめ)。岩手県生まれ。1歳の時に父が渋民村・宝徳寺の住職となり同村が啄木の「ふるさと」になる。小学校を首席で卒業し、地元では神童と呼ばれる。盛岡の中学では4歳年上の金田一京助(後の言語学者)から文学の面白さを教えられ、文芸雑誌『明星』を熟読して与謝野晶子に影響を受け、また初恋にも夢中になった。…
 
 
  ★石川 啄木 歌集"一握の砂"  YouTube   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川啄木 1886年2月20日-1912年4月13日 短歌集 一握の砂 より ・砂山の裾によこたはる流木に あたり見まはし物言ひてみる ・いのちなき砂のかなしさよさらさらと 握れば指のあひだより落つ ・東海の小島の磯の白砂に  われ泣きぬれて蟹とたはむる…
 
 
  石川啄木 本郷新記念 札幌彫刻美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川啄木は「死ぬ時は函館で死にたい」と手紙を残すほど函館を愛していました。そして、詩にも歌われている函館の砂山付近に啄木ゆかりのものがないのはいかにも残念と思う人々が、啄木像を設置しようと考えました。それを知った本郷は、啄木像制作は自分の夢の実現でもあるとして、ブロンズの材料費だけで制作を申し出ました。
 
 
  石川啄木 北の漂泊 (函館、札幌、小樽編)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  函館空港に着いたのは正午頃。窓を覗くと雨模様、「現在の気温は17度」との機内放送。どこかの職場旅行だろうか、年輩の男性方が「オレ、Tシャツと短パンしか持ってきてないぞ」「靴下もねぇぞ、まずは買い出しや!」「北海道を舐めとったな」と、口々に言っていた。…
 
 
  石川啄木記念館、もりおか啄木・賢治青春館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  形のよい岩手山と姫神山が東西に向かい合った平地を北上川が蛇行している。ここ岩手県玉山村渋民は歌人・石川啄木(本名 石川一(はじめ)1886-1912)の古里だ。彼はここから東南7キロほどの日戸(ひのと)で常光寺住職の息子として生れた。一年ほど後に父が渋民の宝徳寺住職になったので一家は渋民へ移り、彼はそこで育った。
 
 
  石川啄木 (いしかわ たくぼく) 1886年〜1912年   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「死ぬときは函館へ行って死ぬ」と手紙に残すほど函館を愛していた漂泊の詩人・石川啄木。
 
 
  石川啄木 (東京の軌跡 1 明治35年 憧れと失意)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  数え年17才の石川啄木は激しく燃え上がる節子との恋のさなか中学校卒業の半年前学業を捨て、文学界への飛翔を期して上京します。 明治35(1902)年のことです。…
 
 
  石川啄木に関するエピソード 〜鹿子百合の碑より〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薄幸の歌人石川啄木があこがれた橘智恵(戸籍はチエ)は、北海道庁立札幌高等女学校卒業後補修科に進み、明治39(1906)年3月函館区立弥生尋常小学校訓導となった。 翌40年6月代用教員として採用された石川啄木は、智恵を「真直ぐに立てる鹿子百合」にたとえ、美しい同僚の存在に強く心ひかれるものがあった。…
 
 
  啄木私観 その生きた姿を考え、作られた歌を味わう   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  私は若かったころ、啄木の歌を感傷にひたって口ずさんでいたことがある。  啄木の歌を目にすると、今でもその頃のことを思い出す。 啄木…。
 
 
  石川啄木 石川 一(1886-1912・明治19年-明治45年)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治45年4月13日歿 27歳 (啄木居士) 函館市・立待岬・共同墓地  明治45年4月15日、土岐善麿の生家・浅草松清町の等光寺で、与謝野鉄幹のいう「貴公子の如き寛濶をも、いたずらっ兒のやうな茶気をも、品の好い反抗心をも持った」啄木の葬儀が行われた。
 
 
  心のスナップショット ─石川啄木と同世代の青年たち─   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  同世代人にとっての啄木 ─小泉鉄の一文から─  小泉鉄は、現在では名が埋もれてしまっていますが、『白樺』での活躍は長く、創刊から終刊時まで、フルに執筆していました。この長さは、ゆうに、武者小路実篤や柳宗悦に匹敵します。
 
 
  著者 石川 啄木:81点   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  . 一握の砂,時代閉塞の現状/一握の砂/ザ・啄木 大活字版/ふるさとの山に向ひて/啄木のうた/石川啄木選書/新編啄木歌集/啄木キネマ/ポケットのなかの啄木 増補改訂版〜
 
 
  石川啄木 <関連書籍> 全242件   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集 (新潮文庫) 石川 啄木 金田一 京助 (文庫 - 1952/5) / 一握の砂 (朝日文庫) 石川 啄木 (文庫 - 2008/10/7) 〜
 
 
  石川啄木歌文集 <書籍> 著者: 石川啄木   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明星派の詩人として出発し、三行書きの短歌で歌壇に新風を吹き込み、<大逆事件>との出会いにより現実を凝視、明治という時代を考察して結核と貧窮のうちに夭折した天才詩人石川啄木。非凡な才能で先駆的思想を所有した彼の歌集『一握の砂』『悲しき玩具』などから短歌200首、「性急な思想」「時代閉塞の現状」等エッセイ6篇、「はてしなき議論の後」「飛行機」ほか詩12篇を収録。
 
 
  石川啄木とロシア <書籍> 著者/編者 安元隆子    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  時代閉塞の状況に悩む啄木の生きた時代―ロシアの文学・思想を日本は深く受容していた
 
 
  新編 啄木歌集 / あこがれ 石川啄木詩集 <書籍>     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新編 啄木歌集 : 東海の小島の磯の白波にわれ泣きぬれて蟹とたはむる――貧困と孤独にあえぎながら、重くのしかかる現実を三行書きの短歌でうたい、歌壇に新風を吹きこんだ石川啄木(1886-1912)の歌は、永遠の青春の賛歌である / あこがれ 石川啄木詩集 : 熱烈な賞賛を浴びた二十歳の時の第一詩集『あこがれ』から、傑作の誉れ高い晩年の『呼子と口笛』まで――。青春の歓喜や孤独を歌いあげ、二十七歳で夭折した天才詩人の軌跡。
 
 
  石川啄木大全 <書籍> 著者: 石川啄木 編者: 岩城之徳   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青春を思い出すとき故郷を偲ぶとき、失意のときふと私たちの脳裏をよぎる数々の名歌。夭折の天才・啄木の世界が、写真とともに甦る。
 
 
  一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集― <書籍> 石川啄木/著   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  啄木の処女歌集であり「我を愛する歌」で始まる『一握の砂』は、甘い抒情にのった自己哀惜の歌を多く含み、第二歌集の『悲しき玩具』は、切迫した生活感情を、虚無的な暗さを伴って吐露したものを多く含む。…
 
 
  YouTube - 一握の砂 石川啄木   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 一握の砂 石川啄木
 
 
  石川啄木 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川啄木 の画像 - Google
 
 
萩原朔太郎.1886
萩原朔太郎
  萩原朔太郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩原 朔太郎(はぎわら さくたろう、1886年(明治19年)11月1日 - 1942年(昭和17年)5月11日)は、大正・昭和期の詩人、作家。… 長女萩原葉子も作家であり、葉子の息子である演出家の萩原朔美は孫にあたる。朔太郎の妹愛子は、詩人佐藤惣之助の妻。
 
 
  萩原朔太郎年譜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『萩原朔太郎全集 第15巻』(筑摩書房刊)所収の伊藤信吉・佐藤房儀編の年譜を基に作成しました。
 
 
  朔太郎とふらんす   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「ふらんすへ行きたしと思へども ふらんすはあまりに遠し せめては新しき背広をきて きままなる旅にいでてみん。」  よく知られる、朔太郎の詩篇「旅上」の冒頭である。… 
 
 
  萩原朔太郎研究所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩原朔太郎研究所へようこそ。このサイトでは彼に関する資料をできる限り掲載していきたいと思っております。  萩原朔太郎を知る/作品を読む/萩原朔太郎研究/萩原朔太郎の現在/Links
 
 
  萩原朔太郎 詩一覧   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『月に吠える』/『青猫』/『蝶を夢む』/『純情小曲集』/『萩原朔太郎詩集』/『現代詩人全集第九巻 萩原朔太郎集』/『氷島』/『定本青猫』/『宿命/その他の詩篇
 
 
  萩原朔太郎の一行詩   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩原朔太郎の詩集『宿命』(昭和十四年)は、彼の後半生の詩と詩学を知る上で非常に重要な著作であるにもかかわらず、これまで不当に無視され続けている。今日なお、テキスト自体がまともに出版さえされていない。…
 
 
  萩原朔太郎というメディア   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  漂泊の痕跡 横断の軌跡  近代を複合し、その葛藤と重層の力を書記した詩人、萩原朔太郎
 
 
  純情小曲集 萩原朔太郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  やさしい純情にみちた過去の日を記念するために、このうすい葉つぱのやうな詩集を出すことにした。「愛憐詩篇」の中の詩は、すべて私の少年時代の作であつて、始めて詩といふものをかいたころのなつかしい思ひ出である。この頃の詩風はふしぎに典雅であつて、何となくあやめ香水の匂ひがする。いまの詩壇からみればよほど古風のものであらうが、その頃としては相當に珍らしいすたいるでもあつた。
 
 
  萩原朔太郎詩碑  前橋市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  前橋市曲輪町(現千代田町)の開業医の長男として生まれた朔太郎は、前橋中学校在学中に詩歌の創作を志し『文庫』『明星』などにも多数投稿。その後白秋の詩風に魅せられ、心を寄せる。27歳で中央詩壇にデビューした朔太郎は、処女詩集『月に吠える』で一大旋風を巻き起こし、それまでになかった口語自由詩を確立しました。
 
 
  萩原朔太郎とステレオ写真   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩原朔太郎(1886、明治19年 〜 1942、昭和17年)がステレオ写真を撮っていたことを知って調べてみた。…
 
 
  萩原朔太郎論 「家郷幻想」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩原朔太郎の作品を読んで、まず気付くのは、彼の故郷に対する愛憎である。 故郷に対するこだわりは、多くの文学者に見られるものと思うが、朔太郎のそれは彼の生涯と作品に色濃く影響している。…  はじめに/第1章 田舎と都会/第2章 東京移住/第3章 漂泊者としての認識/第4章 過渡期の詩人として/むすびに
 
 
  萩原朔太郎  1 みすず書房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「白秋からやってきた象徴詩、それを受けつぐべき者として朔太郎は決定的な位置に立っていた。その時期に朔太郎が立たされたのだとしてもよい。その時期が朔太郎を必要としたとしてもよいかもしれない。朔太郎の変容があり、新しくレールが敷設されて今日の詩というものがあるとさえ言えるのではないか。
 
 
  萩原朔太郎 2 みすず書房   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「ニイチェに憧れながら、ついにニイチェにはついて行けず、深い〈喪失〉感に陥る。そのニイチェ的メタフィジックの〈喪失感〉と〈日本への回帰〉は、この詩人のもとに一度に手を携えてやってきた。しかし朔太郎は〈日本への回帰〉で、必ずしも単純な国粋主義を唱えたわけではなかった。…
 
 
  萩原朔太郎 八尾市立図書館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人萩原朔太郎が河内それも八尾と関わりの深い人物であるということを知る人は少ないようです。「群馬県前橋の豊かな開業医の家庭に生まれる…」で始まる年譜類を見 ても、容易に八尾という文字は出てこないのですが、名望ある医師であったという彼の父が、実は八尾の旧家に生まれているのです。
 
 
  萩原 朔太郎  作家別作品リスト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  群馬県前橋市生まれの詩人。口語体の自由詩にとぎすまされた感覚的表現をもちこんで、新しい詩風を確立した。代表作に詩集『月に吠える』、短編小説『猫町』(以上、青空文庫に登録ずみ)、『青猫』など。
 
 
  萩原 朔太郎 (Hagiwara Sakutaro)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩原朔太郎について/萩原朔太郎FAQ/プロフィール/作品/萩原朔太郎に関する論文/萩原朔太郎全歌語用例集について(私の論文作成資料)     
 
 
  萩原朔太郎 【はぎわら・さくたろう】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人。明治19年11月1日〜昭和17年5月11日。群馬県東群馬郡前橋北曲輪町に生まれる。明治39年、前橋中学校を卒業後、複数の高校で入学、退学を繰り返す。大正2年、雑誌に詩を発表するようになり、北原白秋、室生犀星らと親しく交際する。
 
 
  萩原朔太郎 『青猫』 松岡正剛の千夜千冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朔太郎については言ってみたいことがいろいろある。とくに晩年の「日本回帰」については、ゆっくり考えたいと思ってきた。これまでの朔太郎論では、日本を想う朔太郎を非難する向きが多いのだが、どっこい、そう安直に断罪して見たくはないからだ。
 
 
  萩原朔太郎(1886-1942・明治19年-昭和17年)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和17年5月11日歿 56歳 (光英院釈文昭居士) 前橋市・政淳寺  前橋郊外に点在する丘陵のひとつにある寺の門前にたどりつくと、右手前方にむっくりと赤城山が起きあがった。自然がとりまくこの寺は、以前は町中の榎町にあったが昭和47年にこの地に移ってきたという。
 
 
  萩原朔太郎記念 水と緑と詩のまち 前橋文学館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  前橋文学館では常設展示観覧料が一般・大学生が100円、高校生以下が無料と大幅に値下げいたしました。多くの皆様にご来館いただけますと幸いです。  ホーム / 企画展・催し物 / 施設案内 / 常設展示 / 資料閲覧室 / 文学館ショップ / 友の会 / 萩原朔太郎 リンク
 
 
  萩原朔太郎 明治19年〜昭和17年(1886〜1942)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朔太郎は明治19年(1886)、現在の前橋市千代田町二丁目で、医者の長男として生まれた。朔太郎が文学に目覚めたのは、群馬県立前橋中学校在学のころだった。校友会誌「板東太郎」に短歌を発表していた。…
 
 
  萩原朔太郎の『月に吠える』を読む 乙女の看護婦   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  愛する人にたどり着けないような、大切なものを失ったような、ただただ漠然とした、病的なまでに怯えるような、また、神経がひりひり痛むような・・・、この『月に吠える』には、そんな哀しみがあふれている。
 
 
  萩原朔太郎 (新潮社「萩原朔太郎全集 第一巻」より)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩原朔太郎の詩をはじめて読んだとき、しばらく呆然としていた記憶があります。朔太郎の詩の怪しいまでに美しい言葉のつらなりに、ただただ圧倒され、理解などというものがとうてい及ばない、不思議な魔法の世界に迷い込んだような気分になりました。
 
 
  萩原朔太郎 はぎわら・さくたろう 前橋文学館前の萩原朔太郎像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  前橋文学館/萩原朔太郎年譜
 
 
  萩原朔太郎(はぎわらさくたろう) 明治19年〜昭和17年(1886−1942)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回は私が敬愛して止むこのとない…というより私を詩の世界に引きずり込んだ張本人の一人である、朔太郎の詩の、ほんの数編を紹介したいと思います。
 
 
  萩原朔太郎記念館(萩原朔太郎生家)の旅行・観光:おでかけガイド じゃらん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本近代詩に不滅の金字塔をうちたてた萩原朔太郎は、明治19年、前橋の医師の家に生まれた。その生家から土蔵、書斎、離れ座敷を移築して、敷島公園のばら園内につくられている。館内は、写真パネル、色紙、ノート、日記の他に、年譜、初版本の複刻版などが展示されている。
 
 
  萩原朔太郎 <著書一覧>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   恋愛名歌集/萩原朔太郎詩集/ 新潮日本文学アルバム 15/萩原朔太郎詩集
 
 
  著者 萩原 朔太郎:62点   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  著者 萩原 朔太郎:62点
 
 
  萩原朔太郎 <書籍> 著者: 三好達治   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和2年、萩原朔太郎の知遇を得て以来、昭和17年の死まで、常にその周辺にあり、さらには歿後、三度におよぶ全集の編集に携わるなど、三好達治にとって、朔太郎は生涯にわたる師であった。
 
 
  萩原朔太郎 <書籍> 河出書房新社編集部 編   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人生をまっすぐに、まぜものなしに歌いあげた詩人、ことばへの絶望がはじめて歌を可能にすることを知っていた近代最初の詩人、明治大正昭和を生きたモダンボーイに多面的に迫る。
 
 
  「萩原朔太郎」の亡霊 <書籍> 著者/内田康夫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「萩原朔太郎」の亡霊 <書籍> 著者/内田康夫
 
 
  萩原朔太郎詩集 <カセット&CD> 萩原朔太郎/原作 井川比佐志/朗読    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  倦怠と虚無で独特の詩の世界を確立した萩原朔太郎の詩集『月に吠える』『青猫』『蝶を夢む』『純情小曲集』『氷島』他から、58編を朗読。[テキスト付]
 
 
  萩原朔太郎 - 詩の原理   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  萩原朔太郎. 序 本書を書き出してから、自分は寝食を忘れて兼行し、三カ月にして脱稿した。しかしこの思想をまとめる為には、 ...... 仏蘭西 ( フランス ) 革命の原動力たるルッソオは、純粋に詩人的の人物として感じられるが、革命の実行家たるロベスピエール ...
 
 
大手拓次.1887
大手拓次
  大手拓次 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大手 拓次(おおて たくじ、1887年11月3日〔ただし戸籍では12月3日〕 - 1934年4月18日)は、日本の詩人。 群馬県碓氷郡西上磯部村(現安中市)、磯部温泉の温泉旅館の家に生まれる。同県の安中中学校、高崎中学校、早稲田大学第三高等予科を経て、1907年9月、早稲田大学文学部英文科に入学。この頃より詩を発表しはじめた。1912年卒業。卒論は「私の象徴詩論」。
 
 
  大手拓次   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大手拓次の詩を読むようになったのは比較的最近のことです。1997年に、たまたま本屋で見つけた白鳳社版の詩集を読んで以来のことです。
 
 
  大手拓次詩碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  拓次の詩碑「陶器の鴉」は長方形の黒御影石をコンクリート製のデザインされた台で飾り、詩文の右上方の長方形の白い石版に横書きで「大手拓次詩碑」と刻まれている。
 
 
  大手拓次の秋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  秋になると、いつも大手拓次の「ふかみゆく秋」という詩が私の心に浮かんで来る。 とほくおとなひの手をのぞかせて… 右は大正時代後半の詩を集めた詩集『藍色の蟇』に載っている。秋を憂い顔の美しい女性にたとえて、最後の行で人称が(わたし)に転換される。
 
 
  大手拓次小辞典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治の終わりから大正時代を中心に昭和初期まで、ひたすら孤高の詩作に埋没した大手拓次の詩業については、ごく限られた人をのぞいては残念ながら人々の口の端にのぼることはあまりない。…
 
 
  藍色の蟇 大手拓次   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  藍色の蟇/陶器の鴉/しなびた船/黄金の闇/槍の野辺/鳥の毛の鞭/撒水車の小僧たち/羊皮をきた召使/羊皮をきた召使/のびてゆく不具/やけた鍵/美の遊行者/秋/つんぼの犬/野の羊へ/威嚇者/憂はわたしを護る/河原の沙のなかから/仮面の上の草/香炉の秋/創造の草笛/球形の鬼/ふくろふの笛/くちなし色の車/春のかなしみ/輝く城のなかへ/銀の足鐶/ひろがる肉体/躁忙/老人/白い髯をはやした蟹/みどりの狂人/よれからむ帆/死の行列/名も知らない女へ/黄色い馬/朱の揺椅子/法性のみち/金属の耳/妬心の花嫁/蛙にのつた死の老爺/日輪草/ふくらんだ宝玉/足をみがく男/むらがる手/怪物/花をひらく立像/めくらの蛙/つめたい春の憂欝/ヒヤシンスの唄/母韻の秋/湿気の小馬/森のうへの坊さん/草の葉を追ひかける眼・・・
 
 
  魚の祭礼 大手拓次   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人間のたましひと虫のたましひとがしづかに抱きあふ五月のゆふがた、そこに愛につかれた老婆の眼が永遠にむかつてさびしい光をなげかけ、また、やはらかなうぶ毛のなかににほふ処女(をとめ)の肌が香炉のやうにたえまなく幻想を生んでゐる。
 
 
  大手拓次 六月の雨   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  風のなかに巣をくふ小鳥 六月の雨
 
 
  「大手拓次なジャズ」探し   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  久しぶりに書棚から大手拓次詩集を取り出し読んでいて、ウーン、そう言やぁこういうジャズはあったかなぁと考え込んだ、というお話です。
 
 
  大手拓次 (おおて・たくじ)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  その1: 無為の世界の相について/その2: 春のかなしみ  narato's what's new/詩人インデクス
 
 
  大手拓次-Yahoo!百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人。初期の筆名は吉川惣一郎(そういちろう)。明治20年11月3日(戸籍上では12月3日)群馬県生まれ。幼時両親に死別し、磯部(いそべ)温泉の開拓者である祖父万平のもとに成長した。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。ライオン歯磨広告部に勤務。生来、羞恥(しゅうち)心が強く、中学時代からの左耳難聴も手伝って孤独癖が強かった。46歳の生涯を独身で通した。
 
 
  大手拓次 【おおて たくじ】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治20年12月3日〜昭和9年4月18日。怪奇性と耽美性とを漂わせた、幻想的な象徴詩を作った。なお、生前には一冊も詩集を出さなかった。  藍色の蟇/陶器の鴉/金属の耳/魚の祭礼/(その他)
 
 
  磯部公園 〜大手拓次の詩碑〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  JR信越本線磯部駅から温泉街に向かうと、磯部公園がある。…
 
 
  大手拓次 おおてたくじ (1887-1934)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生涯妻をめとらず 夜の下宿で ひとり 心ゆくまで 美の鬼たちと空想の世界に遊んだ異色の詩人大手拓次の詩はかつて日本の詩人の誰もが歌わなかった妖しい官能的感触と香気にみちている。 白凰社(1984)「大手拓次詩集」より
 
 
  大手拓次 誰がどの詩に作曲したか   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青木省三:大手拓次の詩集「蛇の花嫁」による「五つの歌」?/青木八郎:男声合唱組曲「ばらのあしおと」M/有馬礼子:女声合唱組曲「落葉のやうに」F/〜
 
 
  大手拓次 作家別作品リスト:No.190   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  群馬県碓氷郡西上磯部村生まれ。1912(明治45)年、北原白秋主宰「朱欒(ザンボア)」12月号に『藍色の蟇』『慰安』を吉川惣一郎の名で発表。萩原朔太郎などに影響を与える。生活のためサラリーマン生活を送るが、その間もひたすら詩作に没頭した。1934(昭和9)年4月18日、結核にて死去。
 
 
  大手拓次の詩による三つの歌 音楽之友社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  のびて行く不具、湿気の小馬、盲目の鴉。個人的な欲望、主義を全く持たない大手拓次の詩にひかれて付曲。
 
 
  河原の沙のなかから 「藍色の蟇」(昭和11)所収   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  河原の沙のなかから/みどり色の蛇/母韻の秋/水草の手/香料の墓場/林檎料理/春の日の女のゆび/よろこばしい死は/みづのほとりの姿
 
 
  大手拓次 『大手拓次詩集』 松岡正剛の千夜千冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ◎こゑをのんでは日あたりに、たよりない懶惰を流し、こゑをのんでは ふかふかと りんずのきれの夢をだく。…
 
 
  Ventvertコレクション2〜大手拓次の詩世界(中) 電子書籍   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  窪田般彌氏の言葉をかりれば、大手妬次はフランス詩を花嫁と見なし、その手ざわりや音や匂いや色彩に「抱擁」されるためにボードレールをはじめとするフランス象徴詩を夢中になって読んだわけだが、それは結局、日本語の中の血の脈をつかみ出し、それを自分の血管のなかへ入れてしまう努力にほかならなかった。  大手拓次の詩世界(下)
 
 
  大手拓次詩集 <詩集>  著者名:大手拓次、萩原朔太郎解説・宮崎稔編   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大手拓次詩集 <詩集> 著者名:大手拓次、萩原朔太郎解説・宮崎稔編
 
 
川路柳虹.1888
川路柳虹
  川路柳虹 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川路 柳虹(かわじ りゅうこう、1888年(明治21年)7月9日 - 1959年(昭和34年)4月17日)は明治・大正・昭和期の詩人。1907年、口語体自由詩「塵溜」などを『詩人』に発表して注目され、詩壇に大きな波紋を投じた。その後、東京美術学校(現・東京芸術大学)に進む。詩作は旺盛で『早稲田文学』、『文章世界』、『創作』などに発表。1910年、処女詩集、口語自由詩の『路傍の花』を出した。 パリ大学で東洋美術史を学び、美術評論家としても知られる。1958年、『波』などにより芸術院賞受賞。
 
 
  希望 川路柳虹   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青い空を映す海は 希望に燃えた我々の心だ。 はてしなくかがやかしく、雲なく底知れず、たたへた波のすすむ果に、われらののぞむところの 彼方の岸がある。
 
 
  川路柳虹  d-score   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「燕」「山百合」「ひよこ」「雨のふる日に」「コロコロゴムマリ」
 
 
  書品 塵溜  著者名 川路柳虹   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「塵溜」(はきだめ)は1907年8月に発表された。川路柳虹(川路 誠 1888-1959・明治21年-昭和34年)が19歳の時に発表した衝撃的な作品である。塵溜の蒸された臭いが鼻の周りに立ち込めてくるような現実透視の作品である。
 
 
  詩とは何か(1)--川路柳虹  蒼蠅の歌   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高校生の時、「柳虹」という名前の響きに惹かれて彼のこの詩を読み、思わず当惑したことを思い出す。…
 
 
  川路柳虹 かわじりゅうこう(1888-1959)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京生まれ。本名は誠。幼少期は福山市や淡路洲本で過ごした。洲本中学時代から文学に関心をもち「中学世界」な
 
 
  薔薇 ---- 川路柳虹/草川信  d-score   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  薔薇 ---- 川路柳虹/草川信  d-score
 
 
  ★風鈴 【F】 作詞 川路柳虹/作曲 草川 信   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  風りん チリチリ 鳴りました  あかちゃん すやすや ねましたよ  風りん チリチリ 鳴りました  にこっと あかちゃん 笑います
 
 
  川路柳虹(かわじりゅうこう) - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人、美術評論家。東京・芝に生まれる。本名誠。祖父は川路聖謨(としあきら)。東京美術学校卒業。河井酔茗(すいめい)の『文庫』『詩人』に寄稿して詩人として出発。1907年(明治40)9月『詩人』に口語詩『塵塚(はきだめ)』を含む『新詩四章』を発表して注目された。