彫刻全般

030 【美術】 彫刻全般:象牙彫刻/彫刻美術館/現代彫刻家
版画とは
 創作方法も多岐にわたり、美術界でも大きなジャンルを占める彫刻やオブジェの世界。そして木版画は皆さんも一度は制作したことがおありでしょうか。
 ここには、彫刻家・画家・建築家としてあまりにも有名な盛期ルネサンスの三大巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなども掲載いたしました。

彫刻の世界 彫刻家・現代彫刻家 彫刻美術館 左甚五郎.1594 石川雲蝶.1814 加納鉄哉.1825
高村光雲.1852 石川光明.1852/ 山崎朝雲.1867 新海竹太郎.1868 米原雲海.1869 平櫛田中.1872.
渡辺長男.1874 荻原碌山.1879 朝倉文夫.1883. 高村光太郎.1883 川村吾蔵.1884/ 北村西望.1884
山田真山.1885 石井鶴三.1887 中原悌二郎.1888 堀進二.1890 木内克.1892 橋本平八.1897/
山本豊市.1899/ イサム・ノグチ.1904 本郷新.1905/ 西田明史.1908 柳原義達.1910 淀井敏夫.1911
高橋英吉.1911 佐藤忠良.1912 舟越保武.1912 太田良平.1913 清水九兵衛.1922/ 流政之.1923
飯田善国.1923/ 多田美波.1924/ 水井康雄.1925/ 水井康雄.1925/ 朝倉響子.1925/ 前田常作.1926
中村晋也.1926 山崎 猛.1930 橋本堅太郎.1930 保田春彦.1930 井上武吉.1930/ 澄川喜一.1931
菊川晋久.1932 斎藤誠治.1933/ 藤戸竹喜.1934/ 重岡建治.1936/ 三木富雄.1937/ 新谷紀.1937
新宮 晋.1937 田辺光彰.1939/ 新谷 英子.1943/ 井上久照.1944 五十嵐威暢.1944/ 安田侃.1945/
黒川晃彦.1946/  植松奎二.1947/ 丑久保健一.1947/ 笹戸千津子.1948/ 青山三郎.1951/ 舟越桂.1951/
津野充聡.1952/ 古郷秀一.1952/ 小針樹生.1952/ 石谷孝二.1952/ 川俣正.1953/ 平戸貢児,1958/ 
青木野枝.1958/  奈良美智.1959/ 松田重仁.1959/ 内藤礼.1961/ 三沢厚彦.1961/  袴田京太朗.1963/
棚田康司.1968/  柿崎順一.1971/ 大宮エリー.1975/ 半田富久.1937/ 砂澤ビッキ.1931.3 重力に逆らっているかのように見える彫刻
← 029 【美術】◆海外画家      031 【美術】◆オブジェ全般 → 
TOP >  b 美術 > 030 【美術】 彫刻全般:象牙彫刻/彫刻美術館/現代彫刻家 >  
       
彫刻の世界
宇部の先人をしのび明日をちかう  樹と少女 若人たち
  彫刻とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木,石,金属,粘土,象牙,ろう,石膏,現代ではアルミニウム,プラスチック,ガラスなどを材料として図像を三次元的に表現する美術。石や木のように素材を彫り込んで形象を作る場合と粘土や石膏のように次第に肉づけして作る場合とがあり,狭義には前者を彫刻,後者を彫塑と呼ぶ。
 
 
  彫塑とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1 彫刻と塑造(そぞう)。また、その作品。 2 彫刻の原型となる塑像を作ること。
 
 
  「彫刻」ってなんだろう?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  疑佑呂覆篠刻をつくるのか?: 「三次元的な立体形象をつくりだす芸術」といわれる彫刻。彫刻の存在の本質とはなんなのか?古今東西の傑作からそれを探る。/II 彫刻のメカニズム  彫刻とはいったいどういうメディアか?/III 舟越桂  “正面突破の秘密”/検…刻の生まれる場所/后‥っ漫…刻の現在/此]盛諭column
 
 
  彫刻 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻(ちょうこく)とは、木、石、土、金属などを彫り刻んで、物の像を立体的に表すこと。または、それらの表面に書画や図版などを掘り込むこと。あるいは美術的な鑑賞を目的として、様々な素材を用いて立体的に制作された芸術作品のこと。また、その表現領域を指す。  1 各種辞典・事典における定義 / 2 20世紀の彫刻 / 3 様々な美術分野、各種作品等との境界・関係等 / 4 参考文献 / 5 関連項目
 
 
  ⇒砂の彫刻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「031 【美術】 社寺仏像彫刻/オブジェ全般/美術家・芸術家」 ⇒砂の彫刻
 
 
  宇部の彫刻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  風と陽光と   作家名/作品名/素材別/年代別/キーワード/地図検索
 
 
  至高の家紋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木彫刻山岸では江戸木彫刻による家紋額を製作しています。優れたデザインの美しさをもつ伝統の家紋を、国産の高級杉(スギ)、欅(ケヤキ)を使用し江戸木彫刻の伝統を受け継いだ技術で彫り上げて家紋額に飾り、皆様のもとへお届けいたします。
 
 
  五典の水庭    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  もう10年も前のことになるが、東京・谷中にある台東区立朝倉彫塑館(登録有形文化財)を訪れた。朝倉彫塑館は日本近代彫塑の基礎をつくった朝倉文夫氏(明治16年〜昭和39年)の美術館だが、アトリエであり住居であり、朝倉彫塑塾の教場でもあった。
 
 
  パブリックアート   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作家の思いを込めた彫刻や 設置される場所を生かした作品。小品から大きな物まで さまざまな素材と手法を駆使して、制作いたします。お気軽にご相談ください。 見積もり無料です。
 
 
  HATORI Makoto   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  芸術作品における創造性には、いくつかの前提条件が必要となり成立する。ものを造り出すこと全て、創造性に結びつくこととはならない。工人の極める技法執念の結実が、しばし、芸術のそれに比較され、創造性あるかのようにいわれる場合があるものの、技巧の限りをいくら駆使したとて、現実の時間性のなかに存在し、現実的価値のなかで有用性の存在を主張するそれらは、創造性ある芸術とよばれることはない。   巻頭 / ステートメント / 略歴、寄稿文 / 出展暦、収蔵作品 / 作家通信 / リンク / コンタクト / ウエブリング美のかたち / ブログ窯ぐれ
 
 
  井波彫刻協同組合   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  欄間:茶の間・客間・仏間・書院等の装飾と品格を保つために使われる。 獅子頭:祭礼等の獅子舞の頭として、床の間の置物として飾られる。 天神様:お正月に学問高揚の象徴として床の間に祭り、室内の品格と調和を保つものとしてる飾られる。 伝統の技を今に伝える現役彫刻師たちが、過去に手がけた傑作品の数々等を紹介しています。
 
 
  シマヅヨウの木彫サイト   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
    その木、捨てちゃうんですか?せっかく育てたそのからだ(木)。ナリが形を作ります。木彫するのに種類は選ばず。柿木、桜にカシ、ケヤキ。それがナリのコンセプト。  行為の集積としての作品は、私の過程であり、痕跡である。 作品は、制作過程から離れたとき素材としての木の時間性とは別の時間を持ち始める。 「作品ファイル」は、過去の作品から何点かをピックアップし年代順に納めたものです。
 
 
  東京藝術大学 美術学部 彫刻科   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻科の歴史においてその礎となった東京美術学校は岡倉天心及びアーネスト・Fフェノロサらの熱心な芸術教育運動により、明治20年 わが国唯一の官位美術学校として開設されました。 彫刻科では、幅広い造形の研究に重点をおき、過去の美術の歴史を理解し、現在の状況を的確に判断し、将来の美術を展望できるような豊かな感性を持つ人材の養成が重要と考えている。
 
 
  観音様は衆生の苦を救う菩薩様です。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  青山三郎 略歴/展覧会/作品/仏様/お雛様/干支/Link/お問い合わせ  井波彫刻協同組合のページ
 
 
  松本彫刻店のホームページへようこそ!    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当店は創業百数十年の豊かな技術をもとに、伝統美から現代アレンジまで幅広く製作しています。  作品集/工房えむず/かんばん工房/自己紹介/インフォメ−ション/リンク
 
 
  彫刻家 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻家(ちょうこくか)とは、芸術家のなかでも立体造形物としての彫刻を作る人々のこと。石や木、金属等の素材を彫り込んで立体物にしたり、模様を刻んだりすることで、素材を芸術作品へと変貌させていくことに情熱を傾けている。現代では独自の形態を持つオブジェなどを一定の空間内に配置し、空間的な美しさを表す作品が主流となっている。一部では彫刻家とは名乗らず「空間造形作家」、「立体アーティスト」などと自称している。また、仏像彫刻家を仏師と呼びならわしている。
 
 
  ウェブCategory : 日本の彫刻家 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  カテゴリ「日本の彫刻家」にあるページ  以下にこのカテゴリへ属しているページ 173 件中 173 件を表示しています。
 
 
  東京国立近代美術館で「日本彫刻の近代」展を観る!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「日本彫刻の近代」、タイトルがちょっと仰々しいですね。オールスターの作品・代表作が出てくる、いわゆる「通史」ってヤツですね。あるいは「近代の超克(?)」ではなくて「近代の彫刻」、歴史の見直しですね。最近は彫刻展、よく行きますね。僕は元もと彫刻、好きなんです…
 
 
  「躍動する魂のきらめき - 日本の表現主義」 松戸市立博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松戸市立博物館で開催中の「躍動する魂のきらめき - 日本の表現主義」へ行ってきました。 - 日本の表現主義」(前期展示) 松戸市立博物館(千葉県松戸市千駄堀671)
 
 
  彫刻写真集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  好きな彫刻の写真集(撮影・加工は山さん) TOP/野外彫刻/美術館探訪/Artists/Books/美術カレンダー兵庫・大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山/彫刻写真集/アートエッセイ/ブログ
 
 
  神戸の街の彫刻たち    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井上なぎさ/廣嶋照道/新谷英子/新谷秀雄/船越安武
 
 
  神戸の街の彫刻たち - 画像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  神戸の街の彫刻たち - 画像
 
 
  北野異人館街の彫刻のたち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  神戸市は1960年代の後半から「彫刻」をまちづくりの中に取り入れてきており、様々な場所で彫刻を目にすることができます。 ※詳しくはこちら 北野異人館街にも彫刻があり、観光客にも人気の撮影スポットとなっています。 現在は、彫刻家で写真家でもある、黒川晃彦氏の作品が北野町広場周辺に設置されています。
 
 
  迷路の森 - 神戸の街の彫刻たち    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  廣嶋照道氏の彫刻群を紹介してきたシリーズも、神戸市に関しては一応終わりました。その過程の中で、他の彫刻家の作品にも出会うことができて、この探求は「終わることのない未来」へと拡がっています。当初の予定では、次は「新谷ファミリー(新谷秀雄、英子、紀、澤子)」のシリーズの予定だったのですが、その前に、(神戸市内には3体ある)井上なぎさ氏の作品を取り上げたいと思っています。
 
 
  迷路の森 - 神戸の街の彫刻たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今まで何度か、廣嶋照道氏の制作した彫刻をこの掲示板で紹介してきましたが、支部ニュースにも連載することになりました(毎回、写真入りでB5版1枚)。
 
 
  迷路の森 - 神戸の街の彫刻たち(2)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日は、久しぶりに植物園に行くことができました。その報告は後日することにして、今日、植物園の後、廣嶋照道氏の彫刻を探して、あちこち電車で移動しました。 1ヶ所は、「学園都市駅にあるよ」と聞いていたのですが、人違いでした。1ヶ所は、彼の略歴に『神戸市営地下鉄総合運動公園駅南口に「はばたく」設置』とあったのですが、探しても見つからず、残念でした。でも、あと2ヶ所で、撮影できました。 一つは、今回紹介する神戸市北区鈴蘭台にある「翔」、もう一つは西宮市の阪急夙川駅南にある「大空に」。
 
 
  迷路の森 - 神戸の街の彫刻たち(続)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  このところずっと、毎週土日の午後が潰れているので、午前中を利用して彫刻を探したりや植物園に行ったりしています。今日は、廣嶋照道氏の1974年の作品があるとのことで、大倉山公園に行きました。新しく見つけたいろんな作者の彫刻群と、おなじみの彫刻群をカメラに収めて、その後、慌ただしく雨の植物園に行き、14:00からの会議に間に合わせました。
 
 
  彫刻・オブジェの街、神戸! 「神戸・街なか動物図鑑」!!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  こんにちは!『エルグレース神戸三宮タワーステージ』ブログ担当の野崎です。 今週も神戸の「楽しい」をお伝えします! さて、今回のブログは街の探索シリーズ!(いつの間にそんなシリーズが?) ・・・唐突ですが、神戸って彫刻やオブジェがとっても多い街ですよね〜。 何でもフラワーロードの沿道にある彫刻だけで、30数体あるそうですよ。
 
 
  鉛筆彫刻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  鉛筆彫刻は、JADプロジェクトの行なう展覧会の「顔」とも言うべき作品で、現在では水田黄昏と加藤邪道が主に制作している。基本的な形状には「二重螺旋」「チェーン」「リング」そして鉛筆の表皮に模様を彫り込んだ「亀甲」の4種類がある。それ以外の「六重螺旋」 「伸縮自在」「三角四角五角六角」などはこれらのバリエーションと見ることができる。
 
 
  社団法人 日本彫刻会    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻の美しさ 豊な生命感・存在感 そして空間との対話を求めて 具象彫刻を中心に400点の展示 西望賞−外部審査員による選考
 
 
  英博物館、古代ローマの彫刻をお披露目 ロンドン市内で発掘=ビデオ (2013/11/4)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ロンドン考古学博物館はこのほど、同市内のビル建設予定地から見つかったローマ時代の彫刻を公開した。ヘビをくわえたワシの像で、保存状態は非常に良好だ。 石灰岩の彫刻で、高さ約66センチ。ひとつひとつのワシの羽根や先が分かれたヘビの舌など、高度な技術を示す細部がはっきりと残っている。同博物館によれば、ローマ時代にさかのぼるとは信じがたいほどの保存状態だが、1〜2世紀の作品であることが確認された。…
 
 
彫刻家・現代彫刻家
  彫刻家 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻家(ちょうこくか)とは、芸術家、美術家のなかでも立体作品、造形物としての彫刻を作る人のことを称する。 造形手段として、石や木、金属等の素材を彫り込み、加工させ、立体物にしたり、模様を刻むなどして、素材に変化をくわえ芸術作品へと変貌させる。現代では独自の形態を持つオブジェなどを一定の空間内に配置し、空間的な美しさを表す作品が主流となっている。一部の作家は彫刻家とは名乗らず「空間造形作家」「立体アーティスト」と称する人もいる。一般的に単体のモチーフに媒体が木材、石材、金属を彫って作られたものを彫刻作品とするが、プラスチック素材、樹脂、繊維、紙などを用いる作品も多く、特定の素材や制作手法に偏る見方はない。  1 世界の彫刻家一覧 / 2 日本の彫刻家一覧:  明治・大正・昭和・現代
 
 
  世界の彫刻家一覧 (Weblio辞書)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリア・オランダ・ロシア・イギリス・日本・ドイツ・ポーランド・ベルギー・フィンランド・スイス・ハンガリー・スペイン・アメリカ合衆国・オーストリア・フランスの各国の彫刻家、及び仏師・慶派・他の彫刻家一覧
 
 
  Category:日本の彫刻家 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   日本の彫刻家に関するカテゴリ。
 
 
  (現代彫刻家)個人の作品集 - yahoo!   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代彫刻家 110名の作品集
 
 
  「彫刻・オブジェ」作家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作家ホームページ集
 
 
  彫刻家 の画像全般 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
  その他.日本の彫刻家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Category:日本の彫刻家
 
 
彫刻美術館
 碌山美術館 Rokuzan art museum  小平市平櫛田中彫刻美術館の画像 本郷新記念札幌彫刻美術館 円山・宮の森  記念館外観
  岩瀬石彫展覧館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石の街に「石の学校」 岩瀬町石彫展覧館がある茨城県西地域は、昔から良質の御影石を産出する日本最大の石の街です。石産地は、都心に搬入するための地の利や気候風土、人的条件により発展してきました。とくに、東京都内における国の建造物などに、この地域の石が数多く使用されています。
 
 
  ルーブル彫刻美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ルーブル史上初めて門外不出の展示彫刻作品の実物から直接型を取り、ルーブルの技術陣がその総力を結集して当姉妹館の為に実物と寸分だがわぬ姿で完成しました。
 
 
  箱根彫刻の森美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オープン・エアの魅力 アートを鑑賞しながら森の小道を散策したり、芝生の広場で風を感じたり、のんびりとピクニック気分に浸ったり・・・・・。彫刻の森美術館には四季の美しい自然に包まれた、豊かな時間が流れています。
 
 
  奥出雲鉄の彫刻美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界の子ども絵画展好評開催中: 世界中は、まだまだ子どもたちにとって、十分安心できる場面ばかりではありませんが、子どもたちの一生懸命な表現は、伝える以上の何かを知らせてくれます。 TOPICS / BLOG / EVENT / ABOUT / COLLECTION / CAFF&SHOP&LODGE / ACCESS / FAQ
 
 
  ヴァンジ彫刻庭園美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代のミケランジェロとも言われているイタリアを代表する具象彫刻家、ジュリアーノ・ヴァンジ。ヴァンジの初期の作品から近作まで展示する世界唯一の個人美術館です。「人間の本質」をテーマにした作品をご鑑賞ください。
 
 
  イサム・ノグチ庭園美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イサム・ノグチ庭園美術館は、この地が未来の芸術家や研究者、そして広く芸術愛好家のためのインスピレーションの源泉になることを強く望んでいたノグチの遺志を実現したものです。150点あまりの彫刻作品はもとより、自ら選んで移築した展示蔵や住居イサム家、デザインした彫刻庭園など、全体がひとつの大きな「地球彫刻」、あるいは環境作品となっています。
 
 
  >モエレ沼公園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モエレ沼公園は、「札幌市環状グリーンベルト」構想の北部系緑地の核となる都市公園です。 ゴミ処理場として利用した後、1982年(昭和57年)から公園造成を開始しました。 1988年(昭和63年)には、彫刻家イサム・ノグチが計画に参画。モエレ沼公園の基本設計が策定されました。
 
 
  >もっと知りたい、イサム・ノグチ    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界的に有名な彫刻家であり、プロダクト・デザイナーでもあったイサム・ノグチ。 日系アメリカ人として、どこにも帰属しない孤独に苦悩し続けた一方で、彼の作品には、東洋と西洋の精神がみごとに息づいています。 数々のプロダクトや作品を通して、イサム・ノグチの深遠なる世界をご紹介します。
 
 
  本郷新記念 札幌彫刻美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本郷新記念札幌彫刻美術館は、札幌市中央区宮の森の閑静な住宅街のなかにある小さな美術館です。 戦後日本を代表する札幌生まれの彫刻家・本郷新(1905-1980)の彫刻・絵画など1,800点余りの作品を所蔵しています。  美術館について /本郷新について/本郷新記念札幌彫刻賞/教育事業 /年間スケジュール/ご利用案内、アクセス/お問い合わせ/リンク
 
 
  小平市平櫛田中彫刻美術館 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小平市平櫛田中彫刻美術館(こだいらしひらくしでんちゅうちょうこくびじゅつかん)は、東京都小平市にある公立美術館。 所蔵品は、田中の没後、遺族から寄贈を受けた作品が中心である。常設展示では、田中の代表作である「鏡獅子(かがみじし)」や、「尋牛(じんぎゅう)」、田中の作品の中でも人気の高い「気楽坊(きらくぼう)」などが展示されている。 また、2年に1度、遇数年に特別展示が行われている。 1 沿革 / 2 施設概要 / 3 利用案内 / 4 交通アクセス / 5 関連項目 / 6 外部リンク
 
 
  登録有形文化財  朝倉彫塑館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝倉彫塑館は、彫塑家朝倉文夫(1883〜1964) が住居兼アトリエとして自ら設計・監督をし、8回におよぶ増改築の後、昭和3年から7年の歳月をかけて新築。昭和10年、現在の形となりました。
 
 
  平櫛田中彫刻美術館 - 小平市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本近代彫刻界の巨匠、平櫛田中(文化勲章受章者、小平市名誉市民)の終えんの館を保存し、広く市民の皆様に公開するため、昭和59年10月に開館した施設です。 芸術の真髄にふれる/施設概要/利用案内/井原市立田中美術館 /関連リンク/お問合せ先
 
 
  碌山美術館 Rokuzan art museum   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本近代彫刻の扉を開いた荻原守衛(碌山)の作品と資料を 永久に保存し、一般に公開するために、当館は、昭和33年4月、29万9100余人の力によって、碌山の生地北アルプスの麓安曇野に誕生しました。碌山と関係の深い優れた芸術家たちの作品をあわせて蒐集保存し、 日本近代彫刻の流れと展開を明らかにしようと努めております。 ご利用案内/荻原守衛(碌山)の生涯と作品/碌山美術館のご案内/企画展のご案内/収蔵作品・作家/アクセス/開館カレンダー/ミュージアムショップ グズベリーハウス
 
 
  高村光太郎・智恵子のモニュメント     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここでは、日本全国に作られた、彫刻家で詩人の高村光太郎と、その妻智恵子に関係するモニュメント(石碑・彫刻・建造物・樹木他)を紹介します。画像は著作権法の規定により、公共の場所の屋外に設置されたもののみを紹介しますが、個人や法人の敷地内に設置されたものも、設置者の許諾を得次第、順次アップいたします。彫刻等で、屋内展示のものは割愛しました。設置場所の都道府県別に選択できます。
 
 
  中原悌二郎記念 旭川市彫刻美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この美術館は、日本の近代彫刻史に偉大な足跡を残した、旭川市ゆかりの彫刻家 中原悌二郎(1888〜1921)を記念した彫刻専門の美術館として、1994年(平6)に開設されました。この美術館には、中原悌二郎が残した12点の彫刻を中心に、悌二郎に大きな影響を与えたロダン、荻原守衛、悌二郎の親友であった石井鶴三、堀進二の作品と、旭川市が、1970年(昭45)に悌二郎の偉業を顕彰し、我が国の彫刻界の発展に寄与する目的で創設した中原悌二郎賞の受賞作品を所蔵しています。
 
 
  宗教法人長泉院附属  現代彫刻美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  二十世紀後半以降の日本の彫刻家たちがどのような作品を創造したのか記録すると同時に、少しでも多くの方々に彫刻の素晴らしさに触れ、楽しんでいただけるよう願いを込めて宗教法人長泉院の教化事業の一環として開館されました。 ご来館になり、彫刻とのひとときを過ごされた皆様が作品になにかを感じ、心に残るものがあったとしたら私どもにとってもこれ以上の幸せはありません。 ごあいさつ/美術館より/館外展示/お問合せ
 
 
  西望記念館「西望生誕之家」 - 南島原市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西望公園は、昭和54年に地元の皆さん並びに、全国から寄せられたご協力と、故北村西望先生のご厚意により、ここ西望生誕の地に作品を展示した公園です。 園内には屋外に13点、西望の生家である西望記念館には、彫刻・書・絵画など約60点の作品が展示され、西望芸術の足跡をたどることができます。静かな農村にたたずむこの記念館は、有明海や天草の島々や島原の乱で有名な国指定史跡「原城跡」も望め、すばらしい景観の中にあります。西望芸術を育み、そして成長させた原点ともいえるこの地で、西望芸術をご堪能ください。
 
 
  現代彫刻美術館 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現代彫刻美術館 の画像 - Google
 
 
  彫刻美術館 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻美術館 の画像 - Google
 
 
  『高村光雲とその時代展』 - 三重県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   《老猿》はいうまでもなく、猿や矮鶏、猫、狆、鹿、栗鼠などを主題とする動物彫刻は、超人的な木彫技術と精緻な表現によって、数多い高村光雲の作品を代表するものである。しかも、それらは日本近代における「美術」の在り様(1)、光雲の中にある伝統的な要素と西洋的なものとの関係など、大きな時代の転換期を生きた光雲と関わる興味深い問題を提起してくれる。本稿では、そうした問題の一端を《老猿》を中心に検討しておきたいと思う。 HOME/美術館ガイド/展覧会のご案内/コレクション/刊行物/こどもの美術館
 
 
左甚五郎.1594
左甚五郎 - Wikipedia 左甚五郎作と伝えられる「つなぎの龍」
  左甚五郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  左 甚五郎(ひだり じんごろう)は江戸時代初期の伝説的な彫刻職人。逸話などでその存在も疑われているが、左甚五郎作と伝えられる作品も各地にあり、『日本歴史大辞典』に実在の人物としての文献も見られる。 足利家臣伊丹左近尉正利を父として、文禄3年(1594年)播州明石に生まれ、13歳で京都伏見禁裏大工棟梁遊左法橋与平次の弟子となった。元和5年(1619年)に江戸へ出て、堂宮大工棟梁として名を上げた。慶安4年頃(1651年)に逝去。享年58。
 
 
  落語 左甚五郎    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  落語を聞いていると、飛騨高山出身の甚五郎の話しがでてくる。甚五郎というと、日光東照宮の眠り猫が有名であるが、この話しの中でも、甚五郎の手による名品が、出来あがる。ねずみの彫り物が、まるで生きているように動き回るのである。その、ねずみ見たさにその宿屋に泊まる客が増えて、繁盛する話しである。
 
 
  左利きと左甚五郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  酒飲みはなぜ左利きか  酒飲みのことを、左利きあるいは左党と言う。あまり下品な大酒呑みのことは言わないから、悪い意味ではない。では何故、左利きと言うのか。大工が、鑿(のみ)を持つとき、左手で持つ。鑿手と呑み手の掛けことばである。
 
 
  左甚五郎&飛騨の匠   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  家康の墓所(奥社)は別料金払って入らねばならんが、その入り口の鴨居(?)にいるのが有名な「眠り猫」、その作者として名高い伝説の彫刻師こそ左甚五郎。僕の東京お気に入りスポットのひとつ上野動物園、その隣の上野東照宮の門に「昇り竜・降り竜」の彫刻を残したのも彼であった。
 
 
  木彫りの鯉  左甚五郎    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「左甚五郎」という名を聞いたことがあるだろうか。大工、または彫刻の世界で日本一の名人といえば、後にも前にもこの人にとどめを刺すだろう。… あくまで庶民と等身大の職人で、人情に弱く酒が好き。だが、いざ鑿を持てば、類稀なる才能に磨きを加えた腕一本で、金持ちや武家が舌を巻く見事な仕事をやってのけ、ずるい連もこらしめる、いわば庶民のヒーローである。
 
 
  左甚五郎 - にほんブログ村   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  左甚五郎を含むブログ記事
 
 
  左甚五郎 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  左 甚五郎(ひだり じんごろう)は江戸時代初期に活躍したとされる伝説的な彫刻職人。落語や講談で有名であり、左甚五郎作と伝えられる作品も各地にある。講談では地元の大工に腕の良さを妬まれて右腕を切り落とされたため、また、左利きであったために左という姓を名乗ったという説もある。
 
 
  左甚五郎の 馬 の絵馬 ・ 船井神社   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この絵馬が金網で覆われているのには、次のような言い伝えがあります。…  この馬は、夜ごとに絵馬から抜け出し、近くの池に水を飲みに行っていましたが、首に鈴をつけていたので、その音がやかましくて村の人が困ったそうです。 そこで、みんなで相談して、馬が抜け出さないように彫刻に網を張ることにしました。 それからは、馬が夜中に水を飲みに出ることがなくなったので、鈴の音もやみ、静かになったそうです。
 
 
  「豪談 左甚五郎」 これぞ大工の戦い方!?   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  その腕を買われて江戸城の大改修に加わった京の大工・甚五郎。そこで、秘密の部屋の担当となった甚五郎は、口封じに殺されるところを、偶然知り合った作事奉行の娘・志保に救われる。志保を連れて逃避行を続ける甚五郎の前に立ち塞がる、
 
 
  竹の水仙 ー江州音頭取り桜山光若を偲ぶ  左甚五郎     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  演目『竹の水仙』とは・・・ 左 甚五郎、東海道の旅の途中のある宿でのお話し。 左甚五郎とは、江戸時代の伝説的な彫刻職人。 栃木県日光市の日光東照宮にある彫刻作品『眠り猫』は、甚五郎作品と言われているのは有名なお話。 実在説や実在説の否定など諸説あるそうですが、落語等でも読み継がれて有名なお話です。
 
 
  京山幸枝若「左甚五郎」全集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  師匠ゆずりの大ノミ小ノミ、左彫ちなるそのために、誰が付けたか人呼んで、これが左の甚五郎――昭和浪曲界の人気者・京山幸枝若の十八番「左甚五郎」がズラリと揃う豪華CD集登場!
 
 
  京山幸枝若 浪曲全集~左甚五郎シリーズ~CD-BOX    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京山幸枝若 浪曲全集~左甚五郎シリーズ~CD-BOX
 
 
  左甚五郎美術館 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  左甚五郎美術館 の画像 - Google
 
 
石川雲蝶.1814
石川雲蝶作、開山堂の天井いっぱいの大彫刻「道元禅師猛虎 ... 永林寺「石川雲蝶の彫刻... 魚沼市. 永林寺は、五百有余年前に創建され、徳川家康の孫松平忠 気になる石川雲蝶: 雑食系男子のブログ
  石川雲蝶 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川 雲蝶(いしかわ うんちょう、1814年(文化11年)− 1883年(明治16年)5月13日)は幕末期の彫物師。 1814年(文化11年)江戸の雑司ヶ谷で生まれた。本名は安兵衛。若くして江戸彫石川流の彫物師として名を挙げ、苗字帯刀を許された。 二十代で幕府御用勤めになり、「石川安兵衛源雲蝶」を名乗った。江戸での製作記録は確認出来ていない。  1 概要 / 2 参考資料 / 3 関連項目 / 4 外部リンク
 
 
  石川雲蝶 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川雲蝶 の画像 - Google
 
 
  幕末の名匠 石川雲蝶 - 西福寺開山堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  雲蝶は、本名を安兵衛といい、文化11年(1814)江戸雑司が谷で生まれました。若干20歳前後で江戸彫石川流の奥義を窮め、苗字帯刀を許されたといわれています。 越後へとやって来たのは32歳頃。三条本成寺の世話役、内山又蔵氏の依頼を受け、本成寺に数々の彫刻を制作しています。その後、三条を拠点に近隣で制作活動をしているうち、内山氏の世話で三条の酒井家の婿となり、越後人となります。  西福寺大龍和尚様と石川雲蝶/名匠 石川雲蝶/雲蝶作品の楽しみ方(西福寺流)
 
 
  石川雲蝶が歩いた道〜雲蝶作品を巡る - 新潟文化物語   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石川雲蝶の作品は県内各地に残されていますが、特に、魚沼市と南魚沼市には見応えのある大きな彫刻が集中しています。魚沼市で石川雲蝶ボランティアガイド養成の講師をされた八海昭夫さんに、みどころをうかがいました。  「まず最初に見てほしいのは廊下なんですよ」と八海さんは西福寺(魚沼市大浦)本堂の廊下でしゃがみこみます。いずれ穴が開きそうな節に、埋木細工が施されてあります。あけびや船など形はそれぞれで、ところどころに点在しています。その廊下をまっすぐ進むと、天井いっぱいに彩色彫刻が広がる開山堂。天井を見上げながらじっくり探してゆくと、ある場所に天女の彫刻があります。…
 
 
  中島誠之助が読む『私の恋した雲蝶さま』 (1013/9/13)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  いまから130年ほど昔の明治16年にひとりの彫刻師が世を去っている。享年70で名を石川雲蝶(うんちょう)という。江戸は雑司ケ谷の金具職人の家に生まれ、長じて32歳の時に越後の国に移り住んでいる。青年時代のことはほとんど分かっていない。 雲蝶は越後の魚沼地方を中心に、ただひたすら寺院や豪商の屋敷、そして路傍の諸仏を彫刻して生涯を過ごしている。それはおのれの人生を魚沼地方の風土にひたし、越後の美酒に身を任せたからにちがいない。風光明媚(めいび)で豊かな村里、そして人情篤(あつ)き魚沼の人々を愛した男でもある。…
 
 
  特集 越後のミケランジェロ 石川雲蝶 (2014/2/12)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代末期に活躍した木彫りの名工、石川雲蝶。越後のミケランジェロ、はては日本のミケランジェロと称され、県内各地に多くの作品を残しています。謎に包まれた雲蝶の人物像と圧倒的なまでに美しい作品の数々をご紹介します。 江戸時代の末に活躍した木彫りの名工、石川雲蝶の作品たちとの出会いは、驚きとともに感動に包まれる。重厚感と迫力、かと思えばモチーフをやさしく表現する繊細さと鮮やかな彩色。その美しさに魅せられ、思わず作品の前に立ち止まってしまうのだ。…
 
 
  三条市 石川雲蝶生誕200周年記念事業 (2014/6/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末から明治にかけ、三条市を拠点として県内に多くの作品を残した彫物の名工「石川雲蝶」が今年生誕200周年を迎えます。 これを記念し、雲蝶が終焉の地として選んだ「ものづくりのまち三条」において生誕200周年記念事業が実施されます。 石川雲蝶の魅力を掘り下げるとともに、雲蝶が終焉の地として選んだ「ものづくりのまち三条」の魅力を発信していくことで地域活性化に貢献し、生誕の地である豊島区と代表作を遺した魚沼市との交流を図り、将来に向けた観光文化振興に寄与し、交流人口の拡大を図ります。
 
 
  視点・論点 「越後のミケランジェロ 石川雲蝶」 (2014/8/9)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幕末の越後にたくさんの素晴らしい彫刻を残した石川雲蝶という彫刻家がいました。 私は雲蝶彫刻に魅せられ、新潟県内に残る雲蝶作品を調べています。作品を見るにつけ、どういう人だったのかと気になります。  石川雲蝶、本名・石川保兵衛は、江戸雑司ヶ谷の生まれでした。…
 
 
加納鉄哉.1825
加納鉄哉刻 達磨 木彫 共箱 逸品 【加納鉄哉買取札幌】 加納銕哉の木彫能面を買取させていただきました。 「志賀直哉と加納鉄哉周辺」藤井安剛/作家便り7月
  加納鉄哉とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻家・画家。岐阜生。名は光太郎。父鶴峰に南画と彫刻を学び、出家して仏画の研究を修める。還俗して鉄哉と号し、鉄筆画という独自の技法で画と彫刻を業とする。和漢の古美術を研究し、奈良に住して正倉院や法隆寺の宝物の模造など古典技法の修熟に努め、その技法は木彫・銅像・乾漆と多岐にわたった。大正14年(1925)歿、81才。
 
 
  加納鉄哉 - 生駒コレクション   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加納鉄哉(かのう てっさい), 弘化2年(1825)、岐阜本町に生まれる。名は光太郎。 家は幕末には奉行所の御用達を務めた名家であった。 父・鶴峰から絵画と彫刻を学ぶが、少年時代に家は没落し、母が亡くなる。 14歳の時、長良崇福寺の住職が鉄哉を引き取り、数年間、僧の修行をした。 その後、19歳で現在の美濃加茂市にある正眼寺に移る。 明治元年に寺を出て還俗し、諸国を漫遊したと言われる。 鉄哉の師は、父・鶴峰に学んだ以外、あまり知られていない。が、鉄筆画については、辻万峰(1825生)の影響を受けていると言われる。
 
 
  加納鉄哉さんという明治期の彫刻家について調べてます。 - Yahoo!知恵袋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加納鉄哉については特別な研究機関はありません。「加納鉄哉展〜知られざる名工〜」(岐阜市歴史博物館図録)や「知られざる名工 加納鉄哉」(西美濃わが街386号)などがまとまった著作です(西美濃わが街は現在は廃刊)。
 
 
  加納鉄哉 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加納鉄哉 の画像 - Google
 
 
高村光雲.1852
東京国立博物館 - コレクション 名品ギャラリー  高村光雲 作品 島根県立美術館
  高村光雲 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村 光雲(たかむら こううん、嘉永5年2月18日(1852年3月8日) - 1934年(昭和9年)10月10日)は仏師、彫刻家。幼名は光蔵。高村光太郎、高村豊周は息子。写真家の高村規は孫。 江戸下谷(現・台東区)に町人兼吉の子として生まれる。1863年から仏師の高村東雲の元に徒弟となる。後に師匠東雲の姉エツの養子となり、高村姓となる。
 
 
  高村光雲 人名辞典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の仏師・彫刻家。本名、中島光蔵。1852年(嘉永5年)江戸に生まれる。彫刻家で詩人の高村光太郎の父。 1863年仏師の高村東雲に弟子入りする。後に東雲の姉の養子となり「高村」姓を名乗った。
 
 
  高村光雲 聖徳太子像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光雲 聖徳太子像
 
 
  高村光雲  猫と鼠のはなし   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  少し変わった思い出ばなしをします。鼠の話を先にしましょう。私が十五、六歳の時です。師匠の手元にいて、かれこれ二、三年も稽古をしたお蔭で、どうやら物の形が出来るようになってきました。・・・
 
 
  「聖観世音菩薩」 高村光雲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本が誇る彫刻界の巨匠、高村光雲の足跡を称え優麗にして慈愛に満ちた聖観音菩薩像の傑作を特別復刻。原作の木彫をもとに、現代最高度の鋳造技術を注いで光雲ならではの気品あふれる造形美を忠実に縮小再現。
 
 
  作家別作品リスト:高村 光雲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐竹の原へ大仏をこしらえたはなし/幕末維新懐古談
 
 
  近代日本人の肖像 高村光雲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京生まれ。彫刻家。文久3年(1863)仏師高村東雲の門に入って木彫を学び、高村姓を継ぐ。明治10年(1877)内国勧業博覧会で最高賞を受賞。19年(1886)東京彫工会を設立。22年(1889)から東京美術学校で彫刻科を指導した。木彫に写実主義の技法を取り入れ、山崎朝雲、平櫛田中など後進の育成にも尽力した。
 
 
  東京芸術大学〜高村光雲像〜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この建物は、明治23年(1890年)東京音楽学校(現東京芸術大学)本館として建設された。設計は山口半六、久留正道で、わが国初の本格的な音楽ホールであり、音楽教育の記念碑的な存在である。
 
 
  高村光雲十三回忌記念栗樹碑   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  記念栗樹の下にたつ碑です。「亡父光雲十三回忌記念播種」の文字が見えます。元々は木製の標柱だったのですが,オリジナルは近くの高村記念館に移し,石製のコピーが建てられています。
 
 
  純金箔・本水晶「黄金の五重塔」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都・東寺にそびえる五重塔は京都の象徴であるとともに、日本古代建築の粋を極めた国宝。元々都内に良気を留める堰の一つとして立てられた東寺とともに、土地の霊を鎮める意味を込め建立された建造物です。
 
 
  高村光雲 「老猿」(重要文化財)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本近代木彫の祖と称される高村光雲とその同時代に活躍した平櫛田中(ひらくしでんちゅう)や光雲の子息高村光太郎(たかむらこうたろう)らの木彫による展覧会です。中学校の歴史の教科書にも掲載されている重要文化財の「老猿(ろうえん)」が展示され,木彫の素晴らしさを十分堪能できることが最大の魅力です。
 
 
  木彫額「江口の遊君」 高村光雲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光雲(1852-1934) 明治23年、東京美術学校教授、同年、帝室技芸員に任ぜられる。明治26年に重要文化財として有名な「老猿」を制作。この「江口の遊君」は明治32年(1899)、油の乗りきった頃の作といえる。木彫レリーフは多くはない。
 
 
  高村光雲 「老猿」 美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今日の作品は、高村光雲の「老猿」。一本の巨大な栃の木から掘り出された年老いた猿が、身を乗り出すように、虚空を見据えています。口は真一文字、長い毛並みはこの猿が積み重ねた波瀾万丈の歳月を感じさせます。睨みつける瞳には、黒い瞳。高さ91センチ。猿の身丈は実物の倍以上、どっしりとした大作です。
 
 
  高村光太郎 - ウラ・アオゾラブンコ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人、彫刻家。本名、高村光太郎(みつたろう)。明治16年3月13日〜昭和31年4月2日。東京市下谷区西町に生まれる。父は高名な彫刻家、高村光雲。明治30年、東京美術学校に入学。彫刻を学ぶ一方、俳句や短歌を作りはじめる。明治39年から42年にかけて米英仏に留学。帰国後、芸術家の絶対の自由を宣言する「緑色の太陽」(明治43)をはじめ、戦闘的な美術批評を次々に発表する。大正3年、生の讃歌にみちた詩集「道程」を刊行。口語自由詩の最初の高度な達成として、高く評価される。
 
 
  高村光雲とその時代展 千葉美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光雲(1852-1934)は、幕末の江戸下谷に生まれ、1863年から11年間、仏師・高村東雲のもとで修行し、木彫の世界に入りました。幕末から明治初期にかけて、彫刻会では輸出用の象牙彫刻が大流行し、伝統的な木彫は衰える一方でした。その風潮にあって光雲は木彫に専念し、しだいに木彫家として知られるようになりました。
 
 
  「光雲回顧談」  佐竹の原繁盛の話   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  下谷西町で相変らずコツコツと自分の仕事を専念にやっている中に、妙なことで計らず少し突飛な思いつきで余計な仕事を遊び半分にしたことがあります。これも私の思い出の一つとして記憶にあること故、今日はそのことを話しましょう。
 
 
  彫刻家  高村光雲 -高岡銅器(富山県)-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光雲の作品の数々は、まさに、明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また、見る人を、神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき、優しさが感じられます。
 
 
  高村光雲  《大黒》《恵比寿》 丸沼芸術の森   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  江戸時代末期、下谷(現在の台東区)に生まれ、11歳の時、仏師・高村東雲の弟子となる。明治維新、文明開化、廃仏毀釈と、仏師にとって過酷な時代にありながら、木彫にこだわり続ける。西洋画の写実性に刺激を受けた彫刻を生み出し、日本における近代彫刻の礎を築く。
 
 
  「高村光雲」(たかむらこううん)作品のご紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「仁王尊像」ブロンズ製/「洋羊」ブロンズ製
 
 
  「高村光雲、老猿」(美の巨人たち/TV東京)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2007年6月16日に放映された「高村光雲、老猿」(美の巨人たち/TV東京)について。木彫である。 光雲は嘉永5年(1852)に江戸下谷の町人・兼吉の子として生まれた。幼名は光蔵。12歳で仏師の高村東雲に弟子入りすると、後に養子となり高村姓を名乗った。・・・
 
 
  老猿(ろうえん)  東京国立博物館 館蔵品詳細   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光雲は江戸浅草の生まれです。江戸仏師の末流高村東雲の弟子として習得した木彫技術に洋風彫刻の写実性を加味して,木彫に新生面を開きました。《老猿》はシカゴ万国博覧会に出品された大作です。大鷲と格闘した直後の,気迫に満ちた猿の姿をいきいきと描写しています。
 
 
  パネル宝鼠 高村光雲原型  -画材・額縁ふるの-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村 光雲明治彫刻界の巨匠。彫刻家 高村光太郎 及び、金工家 人間国宝 高村豊周の父。木製額付、電鋳製、化粧ケース付
 
 
  〔純銀製〕聖観世音菩薩  帝室技芸員 高村光雲 作   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻家、詩人としても著名な高村光太郎や、金工芸の人間国宝 高村豊周の父としても有名な明治が生んだ木彫界の元老、高村光雲。 卓越した精緻な技と芸術性が鮮明に再現された作品です。
 
 
  〔純銀製〕恵比寿・大黒天 帝室技芸員 高村光雲 作   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  招福開運・五穀豊穣・商売益々繁盛の福の神 彫刻家、詩人としても著名な高村光太郎や、金工芸の人間国宝 高村豊周の父としても有名な明治が生んだ木彫界の元老、高村光雲。 卓越した精緻な技と芸術性が新鮮に再現された作品です。
 
 
  狸 高村光雲 (1852-1934) 東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  狸 高村光雲 年代 1931/技法・材料 木/法量 全高8.9/
 
 
  なぜ伊豆長は高村光雲になれなかったのか 職人伝説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  げさなタイトルを掲げてしまったけれど、「土の絵師 伊豆長八の世界」を読み、様々な角度から入江長八の残したものを検証する人々の作業を通して、結局心にわだかまったのはそのことだった。 多分、長八自身のわだかまりであったことと推測する。
 
 
  高村光雲《老猿》の周辺 『高村光雲とその時代展』より   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  《老猿》はいうまでもなく、猿や矮鶏、猫、狆、鹿、栗鼠などを主題とする動物彫刻は、超人的な木彫技術と精緻な表現によって、数多い高村光雲の作品を代表するものである。しかも、それらは日本近代における「美術」の在り様(1)、光雲の中にある伝統的な要素と西洋的なものとの関係など、大きな時代の転換期を生きた光雲と関わる興味深い問題を提起してくれる。
 
 
  銅像・胸像・ブロンズ像の製作 高村光雲 -竹中製作所-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治維新後、廃仏毀釈などで衰退していた伝統の木彫を、西洋美術の写実性を取り入れることで、近代彫刻として甦らせた。岡倉天心の招きで東京美術学校で後進を指導、皇居前広場の「楠木正成」や上野公園の「西郷隆盛」の木型制作主任を勤めるなど、業績は多岐に及ぶ  彫刻家 高村光太郎、金工家人間国宝 高村豊周の父
 
 
  日本彫刻界の巨匠・高村光雲の遺作をブロンズ像で復刻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  慈愛と寛容に満ちた崇高美あふれる表情に心から癒される  上野公園の西郷隆盛像や皇居前の楠木正成像などで知られる日本彫刻界の巨匠・高村光雲。このたびご紹介するのは、その遺作となった木彫の聖観世音菩薩像をブロンズで等身大に復刻したものです。
 
 
  高村光雲 老猿 ブロンズ美術作品 I・E・Iアートギャラリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光雲の生誕150周年を記念して950点のみ発行される特別限定版美術作品。
 
 
  幕末維新懐古談 矮鶏のモデルを探したはなし 高村光雲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  以前狆(ちん)のモデルで苦労した経験がありますから、今度はチャボのモデルは好い上にも好いのを選みたいというのが私の最初の考えであった。・・・
 
 
  肉池宝鼠T-39 オハグロ 高村光雲原型  -画材・額縁ふるの-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光雲 明治彫刻界の巨匠。彫刻家 高村光太郎 及び、金工家 人間国宝 高村豊周の父。鋳銅製、桐箱入 径7.5x3cm
 
 
  高村光雲 門下 の 彫刻家 明治30年頃   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  内藤伸 大正14年制作 第6回帝展 子安観音 ブロンズ製   第3部彫塑 出品  子安観音立像 内藤伸 大正14年 第6回帝展出品作を原型として製作 但し この他にも3体彫られたといわれています  高さ192センチ ブロンズ 43歳時原型製作 島根県 吉田村 吉田公園内
 
 
  高村光雲美術館 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光雲美術館 の画像 - Google
 
 
石川光明.1852/
あぁ素晴らしき哉、我が人生?-350×467-画像で検索 『木彫兎』石川光明(超絶技巧の明治の牙彫・木彫展図録より引用) こういうの載っていたら「これで根付造ってみな」って言われているように思いますよね。 国内で石川光明の猿をお持ちの3名の方にお譲り頂ける様お願いしてみましたが、いずれも答えは「NO」でした。
  石川光明 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
山崎朝雲.1867
山崎朝雲代表作. 観音菩薩 画像:鎌倉時代 童 山崎朝雲 作 画像:鎌倉時代 童 山崎朝雲 作
  山崎朝雲 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山崎 朝雲(やまざき ちょううん、慶応3年2月17日(1867年3月22日) - 昭和29年(1954年)6月4日)は彫刻家。筑前国博多(現・福岡県)生まれ。本名は春吉。代表作は『大葉子』。 明治17年(1884年)、仏師・高田又四郎に師事する。 明治27年(1894年)、第4回内国勧業博覧会に出品、宮内省買い上げ。 明治28年(1895年)、上京。高村光雲に師事する。 明治40年(1907年)同門の平櫛田中・米原雲海らとともに日本彫刻会を結成。… 木彫による写実的表現に新生面を開く。 昭和27年(1952年)、文化功労者。
 
 
  亀山上皇像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  亀山上皇像は、東公園内の小高い丘のうえにある。東公園あたりは、13世紀の元寇襲来の時、戦場となったところである。亀山上皇は、元寇襲来の際に身をもって国難に報いたいと伊勢神宮に祈願した。亀山上皇像は、この出来事を記念にしたいと博多出身の彫刻家・山崎朝雲が制作したものである。
 
 
  彫刻家・朝堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山崎朝雲先生のこと:父の先生の「山崎朝雲」は、1867年維新の前年に博多・櫛田前町で誕生、父が生まれた下赤間まちと200メートルほどのところである。生まれたころの家業は、べっこう細工や三味線のバチなどを商う店だった。・・・
 
 
  靈山観音 山崎朝雲   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  神仏を祀る神聖な山である霊山を背負うようにして建っている、巨大な観音坐像(山崎朝雲原型が作成)。戦争犠牲者の冥福を祈って建てられた。裏から胎内に入ることができ、内部に十二支の守り本尊を祀っている。1955(昭和30)年6月8日開眼
 
 
  山崎朝雲作: 桂の影   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「桂の影」は昔のことばで「月の光}を表わす。右手に兎を持ち、左手に卯月(うづき:旧暦の四月)が来るのを指折り数えている裸の童子は、桂の若葉が匂う春の月を象徴したもの。
 
 
  山崎朝雲 『虎』 - 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  初め仏師高田又四郎に学び、第4回内国勧業博覧会に入賞。その後高村光雲に師事する。光雲門下の高足として、よく日本木彫の正風を伝え、初期文展以来懐古的な題材による木彫を多く制作した。明治以降木彫界の重鎮として活躍。芸術院会員、帝室技芸院。
 
 
  山崎朝雲 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山崎朝雲 画像検索 - Google
 
 
  山崎朝雲 年譜 ふるさと歴史シリーズ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山崎朝雲 年譜 
 
 
  大船の町を優しく見下ろす 「大船観音」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この観音像は、観音思想の普及から世相の浄化をしようと、元首相・清浦奎吾(けいご)や金子堅太郎 らが建立を計画し、彫刻家・山崎朝雲の指導のもとに開始され 困難の末、1960(昭和35)年にやっと完成したものです。
 
 
  津軽藩祖為信公甲冑型 山崎朝雲 作   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「常設 津軽の歴史展」で展示中:津軽の風土・伝統に培われた文化にスポットをあて、残された貴重な資料や文化遺産、郷土ゆかりの先人の事績などを紹介しています。 地域文化の向上を図るため、優れた歴史・文化資料や、美術工芸資料などを紹介しています。
 
 
  木造十六羅漢像 16躯   有形文化財・彫刻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  羅漢は、仏教の修行を完成して悟りの境地に達した聖者、また修行の中間過程にあるものとされ、なかんづく仏法護持を誓った十六人の仏弟子を十六羅漢と称しています。特に禅宗ではその厳しい修行の姿が理想化され信仰の対象となり、山門に安置されます。 像容に一定のきまりはなく、形姿は自由に様々です。
 
 
  山崎朝雲―やまざきちょううん - 古美術 やかた   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  慶応3年(1867)〜昭和29年(1954)6月4日 87才没。 筑前国博多櫛田前町生まれ。別号に羯摩。本名は春吉。 博多の仏師 高田又四郎に師事し、彫刻を習得。明治26年、木彫修行のため、京都に移る。 明治28年、京都で開催された第4回内国勧業博覧会で受賞し、審査員の高村光雲に出会い、上京。高村光雲の通い弟子となる  平櫛田中、米原雲海らと日本彫刻会を結成。 1952年、文化功労者、帝室技芸員。 代表作は「大葉子」。 門下に松尾朝春、佐藤朝山がいる。
 
 
  博多が生んだ彫刻の巨匠 山崎朝雲、冨永朝堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  お話:彫刻家 冨永朝堂氏/聞き手:九州造形短期大学学長 谷口 治達氏  太宰府のたたずまいに魅(ひ)かれて…… 亀山上皇像と山崎朝雲
 
 
  山崎朝雲(1867 - 1954)について - 丸沼芸術の森   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光雲の弟子として、師とともに日本における近代彫刻の礎を築いた事で知られる。江戸時代最後の年となる慶応3年、福岡に生まれた朝雲(幼名・春吉)は地元の仏師の下で修行、さらに二十代半ばで京都の美術商で外国人向けの彫刻作品を制作するようになる。その2年後、京都で開催された内国勧業博覧会に出品された春吉の作品が高村光雲の目に留まり面会を果たす。
 
 
  山崎朝雲資料集 - 福岡市美術館叢書 1   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山崎朝雲資料集 - 著者:田鍋隆男 福岡市美術館   出版社:福岡市美術館協会 判型:A5  発行年月:1987年3月
 
 
新海竹太郎.1868
東京国立近代美術館で「日本彫刻の近代」展を観る! 新海竹太郎:馬 (1922) 新海竹太郎 『ゆあみ
  新海竹太郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新海 竹太郎(しんかい たけたろう、慶応4年(1868年3月3日) - 昭和2年(1927年3月12日)は山形県山形市生まれの彫刻家。仏師の長男に生まれる。初め後藤貞行に師事、次いで浅井忠にデッサン、小倉惣次郎に塑造を学び1896年に北白川宮能久親王騎馬銅像を製作。彫刻家としての第一歩を示す。1902年に太平洋画会の会員となり、朝倉文夫・中原悌二郎・堀進二など多くの後進を育てた。1907年の第1回文展以来審査員を務め1917年に帝室技芸員、1919年に帝国美術院会員となった。
 
 
  『新海竹太郎』の展示情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  『新海竹太郎』の展示情報  〜 全国の美術館・博物館カレンダー MusCa(ムスカ) 〜
 
 
  新海 竹太郎 シンカイ タケタロウ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻家。山形十日町生れ。仏師新海宗松の長男。細谷風翁・米山の門に入り、漢学・書画を学び、19才で上京、陸軍士官学校をめざして小学校補助教員などして苦学したが入試に失敗、近衛騎兵大隊に入営。満期除隊後、後藤貞行の門に入り彫刻を学ぶ。
 
 
  新海竹太郎 しんかい・たけたろう   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山形県山形市十日町・歌懸稲荷神社でお会いしました。  仏師・新海宗松の長男として生まれる。 19歳で上京し、陸軍士官学校を目指して苦学したが入試に失敗し、近衛騎兵大隊に入営。 満期除隊後、後藤貞行に彫刻を学ぶ。 明治23年(1890年)東京美術学校で楠木正成の騎馬像を製作する時は、後藤貞行の助手として馬体原型を作った。
 
 
  新海竹太郎 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新海 竹太郎(しんかい たけたろう、慶応4年2月10日(1868年3月3日) - 昭和2年(1927年3月12日)は山形県山形市生まれの彫刻家である。仏師の長男に生まれる。初めは軍人を志し、19歳で上京後近衛騎兵大隊に入営。士官候補生試験に失敗し失意の日々を送っていたが手遊びで作った馬の木彫が隊内で評判を呼び、上官の薦めもあり彫刻家志望に転じる。
 
 
  TAKETARO SHINKAI   新海竹太郎文献目録   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻家。 初め騎兵隊にあって馬に興味を持ち、その木彫を習作していたが、時の上官北白川宮に激励され、除隊後、後藤貞行と小倉惣次郎に彫塑を学び、さらにヨーロッパに留学、ベルリン美術学校教授ヘルテルに師事し、官学風写実を学んだ。 帰国後、太平洋画会彫刻部を主宰し、その研究所で多くの後進を指導した。
 
 
  新海竹太郎 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新海竹太郎 画像検索 - Google
 
 
  彫刻家・新海竹太郎論  田中修二/著  [本]    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山形が生み、育んだ「近代彫刻の巨匠・新海竹太郎」の全人像!本書は、新海竹太郎の一生を追いながら、彼が生み出した作品の数々について論じ、その個性的な創造活動と近代彫刻史における重要性について改めて評価したものである。
 
 
米原雲海.1869
米原雲海 「竹取翁」 米原雲海の木彫 6点  米原雲海 二祖 1908年 個人蔵
  米原雲海 作品集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近年 米原雲海 作品が多くの展覧会などで つぎつぎと見受けられるようになりました、登録美術品16号の指定も受け雲海の魅力も加わり 師 高村光雲先生 作品にも 劣らぬことが 見直されてきました。 雲海作品の一部は 光雲作品として後世に伝わっており 師からの制作依頼品は師が銘を入れ今日に至るも同様であり 代々伝わる慣習です。修行時代より 特に可愛がられ雲の双璧の片を担う雲海は師の代作を多く手掛け、短命が故に在銘の作も少なく 《現在判明60点余》貴重であります。
 
 
  米原雲海 「竹取翁」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  陽気な表情に、剽げたポーズの翁。 心弾むような春の麗かな光景が脳裡に浮かんで来る。となれば天気は快晴しか考えられない。 翁の名のとおり立派な顎鬚を蓄えているが、体全体の動きには若々しい悦びが溢れている。 烏帽子の立ち上がりかたまで滑稽だ。
 
 
  愛すべき木彫――米原雲海『仙丹』    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  美術品を見て所有したいと思うことは、小生、めったにないのだが、この作品は、そのような気持ちにさせる。 まずは、そのサイズ。… 次に、その表情の愛らしいこと。… ちなみに、作者の米原雲海(よねはら・うんかい、1869〜1925)は、高村光雲(光太郎の父親)の「右腕」と呼ばれた高弟。
 
 
  米原雲海 東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  •米原雲海 : よねはらうんかい : YOMEHARA,Unkai  1869 - 1925
 
 
  よねはら-うんかい 【米原雲海】 - goo 辞書   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  (1869-1925) 彫刻家。島根県生まれ。高村光雲に師事。日本的な木彫彫刻の振興をめざし日本彫刻会を創立。代表作「仙丹」「竹取翁」など。
 
 
  米原雲海 【よねはら・うんかい】 - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治大正期の彫刻家。出雲安来(島根県安来市)に生まれる。本名木山幸太郎,幼名小三郎。16歳で米原家の養子となった。初め塔大工などに建築彫刻を学び大工となったが,京都,奈良の古仏に感銘を受け,彫刻家を志す。明治23(1890)年上京し,高村光雲に師事。光雲の右腕と称された。27年より雲海と号す。
 
 
  米原雲海の作品など公開 文化庁の登録美術品制度   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  文化庁は17日、優れた美術品を所有する個人や企業が美術館と公開契約を結び、私蔵作品の鑑賞機会を増やすための登録美術品に、米原雲海(1869−1925)の近代彫刻「清宵(せいしょう)」と、牛島憲之(1900−97)の絵画「煙突」「タンクと船」「家」の計4件を選んだ。
 
 
  島根への旅21・・・足立美術館・・・平櫛田中と米原雲海   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  南海観音立像・・・米原雲海(明治30年ころ) この像を見て京都府宇治平等院の天上の音楽を奏でる仏様を思い出しました。 まさに、降りてきたところでしょうか。  し遏ΑΑκ童怯棲ぁ並臉2年) 月の出を待つ男の表情でしょうか。それとも、満月を見ている、とろけるような表情なのでしょうか。
 
 
  米原雲海 よねはら うんかい 1869.8.22(明治2)〜1925.3.25(大正14)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  島根県出身の彫刻家。本名は木山幸太郎だが、米原家の養子となる。 その後1897年に比例コンパスを利用した技術を用い「ジェンナー像」を制作するが、この技術は木彫界の革命と評される。
 
 
  米原雲海 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
  米原雲海 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
平櫛田中.1872.
小平市平櫛田中彫刻美術館
  平櫛田中 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平櫛田中(ひらくし又はひらぐし でんちゅう、明治5年1月15日(1872年2月23日) - 昭和54年(1979年)12月30日)は日本の彫刻家。本名は平櫛倬太郎。旧姓は田中。井原市名誉市民(1958年)、福山市名誉市民(1965年)、小平市名誉市民(1972年)。
 
 
  平櫛田中彫刻美術館だより   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小平市 平櫛田中彫刻美術館 ( ひらくしでんちゅうちょうこくびじゅつかん ) は、日本近代木彫界の巨匠彫刻家平櫛田中(小平市名誉市民、文化勲章受章者)の終えんの館を保存し、広く市民の皆さんに公開するため、ご遺族のご厚意により、昭和59年10月に開館しました。
 
 
  平櫛田中の作品 東方美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平櫛田中は1872年岡山県の田中家に生まれる。1885年平櫛家の養子となる。 1893年人形師中谷省古に師事し下木彫り技術を学ぶ。その後上京し高村光雲に師事する。また岡倉天心にも指導を受け以後天心を敬愛するようになる。
 
 
  平櫛田中 ひらぐしでんちゅう   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木彫界の巨匠として知られる平櫛田中(本名 田中倬太郎(タクタロウ))は、一八七二(明治五)年井原市西江原町で生まれた。二十一歳の時彫刻家を志し、以後数々の名作を生み出した。代表作には二メートルを越す大作である「鏡獅子」や「五浦釣人」、「尋牛」などがある。昭和三十七年には文化勲章を受け、また出生地である井原市だけではなく、他の多くの都道府県で名誉市(区)民となった。
 
 
  試作鏡獅子 田中美術館より   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平櫛田中とは?: 明治5年、岡山県に生まれる。 少年の頃から木彫りに興味があり、明治26年、中谷省古に弟子入りし木彫の手ほどきを受けて以来、百歳をこえてからも現役の彫刻家として活躍した。
 
 
  岡山文庫200 巧匠 平櫛田中   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平櫛田中は、高村光雲が近代に復活した木彫の伝統技法の中に極リアリズムといえる写実的な表現を取り入れ、百七歳という長寿をもって、これを展開して明治、大正、昭和の三代にわたって彫刻界をリードした巨匠である。
 
 
  「小平市平櫛田中彫刻美術館」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「晩年を過ごした小平の邸宅、アトリエが美術館として公開」 : 西武多摩湖線一橋学園駅から歩いて10分と少し。玉川上水を目の前にした、閑静な住宅街に小平市平櫛田中(ひらくし・でんちゅう)彫刻美術館があります。いまなお彫刻界では、平櫛田中(以下田中)を師として仰ぐ彫刻家も多く、また、長生きにあやかろうとする美術ファンも、遠くから足を運びます。
 
 
  小平市 平櫛田中 彫刻美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本近代彫刻界の巨匠、平櫛田中(文化勲章受章者、小平市名誉市民)の終えんの館を保存し、広く市民の皆様に公開するため、昭和59年10月に開館した施設です。
 
 
  「西山逍遥」 平櫛田中 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名は平櫛倬太郎。旧姓は田中。明治15年平櫛家の養子となる。尋常小学校卒業後、大阪に奉公に出て、奉公先の近所に住んでいた人形師・彫刻家の中谷省古に弟子入りし、木彫の手ほどきを受ける。
 
 
  平櫛田中 歴史が眠る多磨霊園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名田中倬太郎(たくたろう)。大阪の人形師中谷省古に学び、1897(M30)上京して高村光雲の門に入った。 1907日本彫刻会創立に加わり、第一回展に「活人箭」を出品して岡倉天心に認められた。 11文展で「維摩一黙」が受賞。14(T3)日本美術院再興に参画。その後44(S19)東京美術学校(東京芸大)教授、帝室技芸員、日本芸術院会員を歴任。
 
 
  平櫛 田中 - 井原市立田中美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  本名 平櫛 倬太郎(ひらくし たくたろう)。井原市に生まれ、明治・大正・昭和の三代に渡って活躍した彫刻家です。人間味あふれる多くの作品を生み出し、その中でも「鏡獅子」は近代彫刻史に残る名作といわれています。
 
 
  【田中先生を偲んで】 薬師寺だより   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昨年の暮れ、木彫界の至宝、平櫛田中先生は百七歳の生涯を終えられた。井原市の出身とはいえ、幼年の一時期を薬師寺のすぐ下で過ごされたということから、当山とはご縁がある。先年、先生が当山においでになられた時の様子を思い出しながらありし日の先生を偲んでみたい。
 
 
  平櫛田中 『鏡獅子』 美の巨人たち   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自らを「木彫り職人」と呼んだ彫刻界の巨匠、平櫛田中を取り上げる。彼が目指したのは、東洋の精神と西洋の写実の融合。その理想を木彫芸術に託し、108歳の生涯を終えるまで、彫刻の制作に打ち込みました。
 
 
  平櫛田中(ひらくしでんちゅう) えんや    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平櫛田中は1872年岡山県の田中家に生まれる。1885年平櫛家の養子となる。1893年人形師中谷省古に師事し下木彫り技術を学ぶ。その後上京し高村光雲に師事する。また岡倉天心にも指導を受け以後天心を敬愛するようになる。リアリズムを追及した超写実的な作風で代表作は国立劇場にある六代目尾上菊五郎をモデルにした2メートルを超える大作「鏡獅子」などがある。107歳で没するまで現役として活躍した。1962年文化勲章受章。
 
 
  平櫛田中 東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  守拙求真/転生/さす影/鶴〓試作(岡倉天心像)/良寛来/三井高福像/島守/抜頭(面/霊亀/烏有先生像
 
 
  平櫛田中彫刻美術館 東京都小平市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本近代彫刻界の巨匠、平櫛田中(文化勲章受章者、小平市名誉市民)の終えんの館を保存し、広く市民の皆様に公開するため、昭和59年10月に開館した施設です。
 
 
  平櫛田中 『七字書』 古美術こもれび   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平櫛田中 『七字書』
 
 
  平櫛田中 『いまやらねば』  田宮文平   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平櫛田中の書は、若き時代に西山禾山師に就いて参禅したことからも頷けるように『忍』、『圓通 』、『守拙求真』、『天上月一輪』のような禅語系が多いのであるが、一般には ″田中語録″とも言われる「六十七十はなたれこぞう/おとこざかりは百から百から」、「いまやらねばいつできる/わしがやらねばたれがやる」等が特に親しまれている。
 
 
  平櫛田中 「維摩一黙(ゆいまいちもく)」    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  インドの富豪であり、在家の身でありながら仏教の教理に通じており、菩薩の化身とも言われている人物を題材としています。 険しい眼光はまるで生きているかのようで、田中の仏像彫刻の最高潮に達した頃の作品です。
 
 
  著名人のお墓 彫刻界の巨匠 平櫛田中   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1872(明治5)年岡山県井原市に生まれる。本名は田中倬太郎。 平櫛田中という名前は、のちに平櫛家の養子となったため二つの名字を合わせて号にしたもの。 1893(明治26)年大阪の人形師中谷省古に弟子入りし、木彫の手ほどきを受ける。1897(明治30)年上京して高村光雲の門に入った。
 
 
  五浦釣人像 茨城大学所蔵学術文化資料   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この像は、作者が五浦で撮影された有名な写真をもとに制作した。道教の帽子を被り、毛皮のマントを肩に掛けた姿は、天心一流の自己演出であり、おそらく、絵の参考書類にあった「巖子稜」の姿を参照している。漢の武帝の学友だった子稜は宮仕えを嫌い、羊の皮衣をまとって釣三昧の余生を送ったとされている。
 
 
  平櫛田中 : (ひらくし でんちゅう) 岡山県生。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平櫛田中 : (ひらくし でんちゅう) 岡山県生。名は倬太郎。初め大阪の人形師中谷省古に学び、のち上京して高村光雲の門に入る。日本彫刻会創立に加わり、第一回展の出品で岡倉天心に認められた。東美校教授。帝室技芸員・芸術院会員。文化功労者。文化勲章受章。昭和54年(1979)歿、107才。
 
 
  平櫛田中美術館/岡山県高梁市/香嵐渓(愛知県)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平櫛田中美術館前の公園にある石碑。 怠惰な私をむち打つ一言。 公園内には同氏の作品が多数展示されていました。  平櫛田中記念館から車で30分ほどの距離にある、岡山県高梁市。 備中松山城の城下町。古刹、武家屋敷が多数。 近くを清流高梁川が流れ、一日時間を過ごせる町。 田中記念館と併せて観光することをお勧めします。
 
 
  「平櫛田中名品展」 小平市平櫛田中彫刻美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  《唱歌 君が代》(木彫 個人蔵)  田中の生誕地・岡山県井原市にある井原市立田中美術館
 
 
  平櫛田中 「平安老母」 東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代彫刻史上大きな役割を果たした平櫛田中が長年にわたり、同僚ら後輩たちの作品を収集し、 昭和19年から27年まで教授を勤めた東京藝術大学に寄贈したコレクションから選んだ作品が展示されます。
 
 
  近代木彫最高峰『鏡獅子』 平櫛田中の不屈の107年   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平櫛田中翁の芸術の特質は優れた写実力と深い精神性、それまでタブーとされてきた木彫の彩色に挑んだことが上げられています。 田中芸術のすべてを結集し、20年の歳月をかけて完成した生涯の大作『鏡獅子』への足取りと100歳を超してなお創作を続けた田中翁の生涯を略年譜にしてみました。
 
 
  平櫛田中旧邸・アトリエ:美術を育む町〜谷中・上野桜木の中で   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治の頃、谷中上野桜木界隈には、江戸からの画家、工芸家、東京美術学校や日本美術院等の美術家らが多く住み、交流を重ねて、日本の近代美術を日々、形作っていた。その流れは今に続いている。 平櫛田中(1872〜1979)は、108才の長き生涯にわたって、近代木彫の発展を担った彫刻家である。・・・
 
 
  平櫛田中(ひらぐしでんちゅう) 明治5年〜昭和54年12月30日(1872-1979)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻家。本名:田中倬太郎(たなかたくたろう)。岡山県井原市西江原町出身、後に平櫛家の養子となる。明治26年(1893)中谷省古に師事し木彫を習う。「無矣々々(ないない)」「姉ごころ」などの身辺彫刻から始まり、次第に仏教的テーマ移った。明治31年(1898)谷中の長安寺に寄宿、臨済禅の西山禾山(かざん:1837-1917)老師の影響を強く受けて、「活人箭(かつじんせん)」「法堂二笑(はっとうにしょう)」「尋牛(じんぎゅう)」などの作品を数多く制作した。
 
 
  平櫛田中 五字書幅   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平櫛田中 五字書幅
 
 
  平櫛田中と仲間たち <書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  院展時代の思い出 / 千野茂  平櫛田中と仲間たち - 再興院展の彫刻 / 三木多聞  作家解説 / 泉宏尚
 
 
渡辺長男.1874
  渡辺長男 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  渡辺 長男(わたなべ おさお、1874年(明治7年)- 1952年(昭和27年)は、明治から昭和にかけて活動した彫刻家(彫塑家)。同じ彫刻家の朝倉文夫は実弟。妻は岡崎雪聲の娘。 1874年(明治7年)、大分県大野郡上井田村(現豊後大野市)村長であった渡辺要蔵の長男として生まれる。彫刻家を目指した長男は東京美術学校(現・東京芸術大学)に入学し、仏像彫刻家の山田鬼斎に師事する。
 
 
  日本橋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  花崗岩の石造二連アーチ橋で、装飾設計は妻木頼黄、左右の青銅の麒麟と獅子は彫刻家渡辺長男、橋柱の銘板の文字は徳川慶喜の手によります。
 
 
  日本橋   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本橋自体はは慶長8年に建立された橋であるが、それを有名にしたのは、翌年江戸幕府が,36町を一里(4km)とし、日本橋北詰を基点として五街道(東海道、中山道、日光道中、奥州道中、甲州道中)に一里塚を設置した事に始まる 。・・・ 日本橋中央の塔には、鉄製の麒麟の1対が左右にあります。 鋳金家:津田信夫・岡崎雪聲 彫塑家:渡辺長男
 
 
  日本橋 Nihonbashi   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  架設:明治44年(1911) 石工:妻木頼黄(つまき よりなか) 長さ:82歩(49.1 m) 幅:34歩(28.8 m) 総御影石の二連アーチ石造橋  東京都中央区の日本橋川に架かる。
 
 
  橋上の美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  −欄干に 並びし像よ 国宝ぞ 誰もが観れる これぞ都ぞ− 欄干の柱を飾る渡辺長男の彫刻が日本橋に来るだけで誰もが際限なく観れるなどとは、なんとも素晴らしいこと!
 
 
  菅原道真の銅像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫塑家 渡辺長男(おさお)氏が昭和5年製作  昭和11年12月に設置された高さ4.8m,重さ6,000圓離屮蹈鵐坐です。
 
 
  菅公さん(菅原道真公銅像)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  菅公(かんこう)さんとは菅原道真公の銅像のことで初沢山の中腹に建立されたものである。 菅原道真公の銅像は、昭和11(1936)年12月に太宰府出身の彫刻家 渡辺長男 氏によって建てられました。
 
 
  菅原道真公銅像 八王子 散歩 見聞録   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「菅原道真公」という名前を聞くといろいろなことが思い浮かびます。 エリート官僚の道を駆け上がった秀才。遣唐使の廃止を提言したこと。太宰府への左遷。「飛梅」の話。天神様。 その波乱の生涯は日本という国に大きな影響を与えています。
 
 
  日本橋の橋柱装飾品青銅製麒麟像鰭及び附属品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  現在の日本橋は、明治44年(1911)に木造から石造に改架されました。橋を飾る装飾柱は熊木三次郎が、麒麟と獅子の像は渡辺長男がそれぞれ原型を制作しました。
 
 
荻原碌山.1879
  荻原碌山 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荻原碌山(おぎわら ろくざん、1879年(明治12年)12月1日 - 1910年(明治43年)4月22日)は、明治期の彫刻家。 1879年(明治12年)長野県(旧南安曇郡)に生まれ、5人兄弟の末っ子だった碌山は、幼い頃から病弱で大好きな読書をしたり、絵を描き過ごした。碌山が17歳の時、運命的な出会いが訪れる。通りがかった女性から声をかけられた。田舎で珍しい白いパラソルをさし、大きな黒い瞳が印象的な美しい女性であった。尊敬する郷里の先輩の新妻で3歳年上の女性であった。
 
 
  TBS 「碌山の恋」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今から百年程前、安曇野に生まれ、東京、パリなどを舞台に時代を駆け抜け、 30歳という若さでこの世を去った天才彫刻家、荻原碌山(おぎわらろくざん)。 碌山が生涯思いつづけた女性は、新宿中村屋の創業者・相馬愛蔵の妻、相馬黒光(そうまこっこう)。安曇野で出会った二人は、芸術への憧憬、そしてお互いへの思いを募らせていく。
 
 
  碌山(ろくざん)美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  碌山美術館は、安曇野で最も人気のある観光スポットの一つです。日本の近代彫刻の扉を開いた荻原碌山の故郷に、地元の教師たちと約30万人の方の募金によって'58年に建てられました。ツタのからまる赤レンガの教会風の建物が、安曇野の雰囲気に溶け込んでいて、外や庭だけでも一見の価値があります。
 
 
  荻原 碌山 おぎわら ろくざん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  近代彫刻の先駆者。穂高矢原に生れました。本名は荻原守衛といいました。1899年(明治32)に美術家を志して上京し、巣鴨の明治女学校の巌本善治を訪ね、画室「深山軒」を建てて住み、不同舎に通って絵を学びました。翌年に井口喜源治と共に内村鑑三の夏期講習会に出席しました。1901年(明治34)、意を決してニューヨークへ渡米し、フェアチャイルド家で世話になって働きながら美術学校に通い、洋画の研究を行いました。
 
 
  荻原碌山と中村屋インドカリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  週末に夫と前々から行きたかった安曇野の碌山美術館に行ってきた。 キリスト者の碌山にちなみ、小さな教会のような建物の中に彼の作品やゆかりの品を展示している。 改めて、彼の人生が、尊敬する師であり友人である相馬愛蔵の妻であるがゆえに、いっそう禁忌である黒光への許されぬ愛に貫かれたものであることを確認した。
 
 
  信州・安曇野穂高 碌山美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  当館は、日本の近代彫刻の扉を開いた荻原守衛(碌山)の作品と資料を永久に保存し、一般に公開するために、昭和33年4月、29万9100余人の力によって、碌山の生地である北アルプスの麓・安曇野の真中に誕生いたしました。 また碌山と関係の深い優れた一群の芸術家たちの作品を併せて蒐集保存し、日本近代彫刻の流れと展開を明らかにしようと努めております。
 
 
  荻原守衛(碌山) - 中村屋サロン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荻原守衛は明治12年12月1日、5人兄弟の末っ子として、相馬愛蔵と同じ長野県南安曇郡東穂高村に生まれました。 明治24年、愛蔵は11人の会員で東穂高禁酒会を設立。 守衛は27年11月に入会し、愛蔵らと行動を共にするようになりました。この時守衛は16歳でした。
 
 
  荻原碌山 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  荻原碌山(おぎわら ろくざん、1879年(明治12年)12月1日 - 1910年(明治43年)4月22日)は、明治期の彫刻家。本名は守衛(もりえ)、「碌山」は号である。
 
 
  明治の彫塑 ラグーザと荻原碌山 - 東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イタリア人彫刻家ヴィンチェンツォ・ラグーザ (Vincenzo Ragusa, 1841−1927) は、明治9年に開校した工部美術学校に招かれ、日本にはじめて西洋彫刻を伝えました。ラグーザは明治15年に帰国しますが、その間日本でも積極的に制作し近代日本彫刻の基礎を作りました。 一方、荻原碌山(1879−1910)はラグーザの来日から30年を隔てた明治後期、パリでロダンの「考える人」をみて彫刻家を志しました。
 
 
朝倉文夫.1883.
  朝倉文夫 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝倉 文夫(あさくら ふみお、1883年(明治16年)3月1日 - 1964年(昭和39年)4月18日)は明治から昭和の彫刻家(彫塑家)である。号は紅&#22608;(こうそ)と称し、「東洋のロダン」とも称された。娘は舞台美術家・画家の朝倉摂(摂子)と、彫刻家の朝倉響子。 1883年(明治16年)、大分県大野郡上井田村(現豊後大野市)村長であった渡辺要蔵の三男として生まれる。
 
 
  朝倉彫塑館 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝倉彫塑館(あさくらちょうそかん)は東京都台東区谷中にある、明治〜昭和の彫刻/彫塑家、朝倉文夫のアトリエ兼住居を改装した美術館である。現在は台東区立であり、財団法人台東区芸術文化財団が運営・管理を行っている。 鉄筋コンクリート作りの旧アトリエ部分と、丸太と竹をモチーフにした数寄屋造りの旧住居部分からなり、その和洋折衷の特異な建築は朝倉文夫本人が自ら設計し、その意向が強く生かされている。
 
 
  朝倉彫塑館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  先日谷中に猫撮影に行った際に、猫つながりで訪れてみた。大分竹田で生まれた朝倉文夫(1883&#12316;1964)が彫塑家の実兄渡辺長男をたより上京したのが19歳の頃。谷中に居を構えたのは明治40年(24歳)。自宅兼アトリエ兼朝倉彫塑塾の教場として昭和3年に作られた建物は現在、朝倉彫塑館として作品とともに建物の多くの部分が公開されている。
 
 
  朝倉彫塑館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2002年9月14日。山の手線日暮里駅。明治16年生まれの朝倉文夫が明治40年に居を構えたのが始まり。現在の建物は昭和3年から7年かけて新築したもの。ブロンズ彫塑の先駆者であり、代表作「墓守」もある。ブロンズ像の作成過程の解説書は無料でもらえます。
 
 
  朝倉彫塑館−長生礼賛   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  21世紀になっても、昔の輝きを失せず現役でりっぱに活躍しているものが沢山ありますね。それらのものを画像に納め懐かしみ褒め称えようじゃありませんか...
 
 
  朝倉彫塑館・五典の水庭   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  今回の散歩は、朝顔市がメインでしたが、彫塑館が見たくて谷中をコースの出発地にしました。住居・アトリエ・朝倉彫塑塾として使われていた建物です。
 
 
  朝倉彫塑館  池全体が庭・・   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京・谷中は寺の町。坂が多くて古家の散歩ができる。その中で異彩を放つのが朝倉彫塑館。早稲田大学・大隈重信象の作者で日本近代彫塑の父ともいえる朝倉文夫が明治40年に二十四の歳で住み始め、昭和3年から7年もの歳月をかけて改築した自宅兼アトリエである。
 
 
  朝倉文夫記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  緑豊かな自然の中にひっそりと佇む朝倉文夫記念館。 館内には、「墓守」や「時の流れ」など貴重な作品が展示されています。 文夫のふるさと朝地町に一度、訪れてみませんか。
 
 
  上野恩賜公園 「翼」像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  上野駅開設70周年、『特急はつかり』運転開始記念として作られた碑。
 
 
  朝倉文夫(あさくらふみお)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1883年(明治16年)渡辺要蔵の三男として生まれました。1893年(明治26年)朝倉種彦の養子となり4月に直入郡高等小学校(当時竹田市は直入郡(なおいりぐん))に入学しました。1903年(明治36年)20歳の時、東京美術学校彫刻選科に入学し、1907年(明治40年)卒業作品として「進化」を作成し、研究科に入学しました。
 
 
  朝倉文夫 大分県情報ウェブ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1883年(明治16年)3月1日、大分県大野郡上井田村(現朝地町)渡辺要蔵の三男として生まれ、10歳のとき朝倉家の養子なる。 1902年、19歳のとき9歳年上の兄、渡辺長男を頼って上京し彫塑を学ぶ。 1903年、猛勉強の末、東京美術学校彫刻選科に入学。 在学中に一日に一体のペースで1200点もの作品を制作し、明治40年に東京美術学校を首席で卒業。 
 
 
  翼の像(上野駅構内) 朝倉文夫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ・・・大野郡にある朝倉文夫記念館を訪れました。 東洋のロダンとも称されていた彫刻家。 1883年大分県大野郡に生まれ明治41年第2回文展より第8回文展まで連続7回受賞という輝かしい実績をあげ、官展審査委員、帝国美術院会員となる。
 
 
  瀧廉太郎君像(大分市遊歩公園)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「瀧廉太郎君像」は,遊歩公園内に建てられた朝倉文夫(1883-1964)の作品である。 朝倉文夫は,竹田高等小学校での瀧廉太郎の後輩にあたる。
 
 
  朝倉文夫記念公園1 360度風景   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝倉文夫氏(1883〜1964)は朝地町出身で近代彫塑の基礎を築きましたここは朝倉文夫の記念公園です
 
 
  鋳造置物「装甲自動車」 朝倉文夫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝倉文夫(1883〜1964)。明治36年、東京美術学校彫刻選科に入学、首席で卒業。大正8年・帝展審査員、同10年・東京美術学校教授、同13年・帝国美術院会員。昭和20年(1944 61歳)帝室技芸員に任ぜられる。 昭和23年・文化勲章を授章。
 
 
  朝倉文夫 日本近代彫刻界の重鎮   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1883−1964 彫刻(彫塑)家。号紅 。明治16年3月1日、大野郡朝地町大字池田1597番地に父渡辺要蔵、母キミの三男として生まれる。若くして、明治41年(1908)第2回 文展 より第8回文展まで、連続7回受賞という輝かしい実績をあげ、その評価を確実なものにした。
 
 
  朝倉文夫の「姉妹」(大分市遊歩公園)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大分市の遊歩公園では,さまざまな記念碑や彫刻を鑑賞しながら木陰の散策を楽しむことができる。 遊歩公園で見られる朝倉文夫の作品は,この「姉妹」(1947年)のほかにも「瀧廉太郎君像」,「みどりのかげ」がある。
 
 
  美術館のある街へ -アートのささやき-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻のなかでも、粘土で像を作る彫塑というジャンルを極めた彫刻家・朝倉文夫の作品「墓守」を取り上げる。・・・ 「墓守」は朝倉文夫の作風を確立させることになった代表作。
 
 
  朝倉文夫 明治16(1883)年〜昭和39(1964)年     TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝地町で生まれ、東京美術学校卒業の翌年、第2回文展出品の「闇」が最高の賞を受賞し注目される。以後第8回文展まで連続受賞し、うち3度最高の賞を受賞した。文展・帝展の審査員を務め、帝国美術院会員に選ばれた。
 
 
  善光寺/朝倉文夫 朝地・三重町 ロマン紀行   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1883年、朝地に生まれ、19歳で上京。東京美術学校(現東京芸大)で彫刻を学び、81歳の生涯を遂げるまで数々の作品を創作し続けた朝倉文夫。奥深い森にまるで隠されているかのように建てられた記念館では、彼の足跡に触れることができます。
 
 
  朝倉文夫記念館 朝地町道の駅 「菜花朧月館」と   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1883−1964 彫刻(彫塑)家。号紅 。明治16年3月1日、大野郡朝地町大字池田1597番地に父渡辺要蔵、母キミの三男として生まれる。若くして、明治41年(1908)第2回 文展 より第8回文展まで、連続7回受賞という輝かしい実績をあげ、その評価を確実なものにした。
 
 
  『朝倉文夫の青春』 堀正三 松岡正剛の千夜千冊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  谷中の朝倉彫塑館には、ぼくがひそかに偏愛している空間と時間がある。ここに行くといつも深い鈍色の感興に引きこまれ、その引きこまれる菫色の時間の襞についつい浸ってしまう。
 
 
  朝倉文夫(あさくらふみお) 明治16年〜昭和39年(1883-1964)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻家。上井田村(現大分県大野郡朝地町)池在出身。父、渡辺要蔵。10歳(1893)で養子となり朝倉宗家を継ぎ、尋常小学校を卒業。19歳(1902)のとき竹田中学校を中退し上京、実兄の彫塑家、渡辺長男宅(旧下谷区谷中初音町)に住み彫塑を学ぶ。
 
 
  つるされた猫 朝倉文夫 (1883-1964) 東京藝術大学大学美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  年代 明治42年(1909) / 技法・材料 ブロンズ / 法量 全高 51.2
 
 
  朝倉彫塑館を歩く -文化探訪-    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここは昭和10年に完成した朝倉彫塑館のアトリエです。今は朝倉彫塑館といっていますが、当時は朝倉邸であり、朝倉彫塑塾という彫刻の専門学校でもありました。実際にここには今たくさんの朝倉作品が並んでいますが、これらはすべてブロンズ像ですけれども、最初は粘土で作るんです。粘土でこさえて、完成します。…
 
 
  朝倉彫塑館の国の名勝指定お知らせ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  朝倉彫塑館が、平成20年3月28日に「旧朝倉文夫氏庭園」として国の名勝に指定されました。名勝とは、日本の国にとって、芸術上または鑑賞上、価値の高い景勝地を文化財保護法に基づいて、文部科学大臣が指定するものです。
 
 
高村光太郎.1883
裸婦坐像 高村光太郎 - 教科書に載ってる『智恵子抄』で有名な… 手 高村光太郎 1918年作 高さ38.4cm 三重県立美術館/彫刻家父子 光雲と…
  高村光太郎 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村 光太郎(たかむら こうたろう、1883年3月13日 - 1956年4月2日)は、日本の彫刻家、評論家、詩人。東京府東京市下谷区(現・東京都台東区)出身。本名は光太郎と書いて「みつたろう」。 本職は彫刻家・画家と言えるが、『智恵子抄』等の詩集が有名になり教科書にも掲載されるようになったため、詩人として認識されることも多い。評論や随筆、短歌の著作もある。  1 生涯 / 2 主な著作 / 3 主な美術作品 / 4 エピソード / 5 参考文献 / 6 出典 / 7 関連項目 / 8 外部リンク
 
 
  高村光太郎と太田小   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光太郎先生は、昭和20年に花巻の山口に疎開された。 先生と太田小との交流は、太田小に統合された山口小との交流から始まる。・・・
 
 
  高村光太郎・智恵子 年譜   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ○年齢は数え年で示した。 ○「光太郎作品」の項は、造型作品に限定して掲載した。智恵子の作品については、「智恵子事項」を参照。また、光太郎の美術評論については、別項、「文献抄録」を参照。
 
 
  高村光太郎「高村祭」  花巻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光太郎が岩手県花巻市に疎開した5月15日に毎年行われ、光太郎の業績や足跡を振り返る「高村祭」の様子を写真やレポートで紹介しています。
 
 
  高村山荘・高村光太郎記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村山荘〜高村光太郎記念館 ... 高村山荘隣接) 岩手県花巻市太田3-85-1 電話 0198-28-3012 一般財団法人 花巻高村光太郎記念会岩手県花巻市花城町4-28 総合花巻病院内電話 0198-29-4681
 
 
  伯父光太郎を語る 高村規さん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  光太郎の甥でカメラマンの高村規さん(70)に光太郎の思い出などについて話を伺った。
 
 
  花巻市 高村山荘・高村記念館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  僕の前に道はない 僕の後ろに道は出来る ああ、 自然よ 父よ 僕を一人立ちにさせた広大な父よ 僕から目を離さないで守る事をせよ 常に父の気魄を僕に充たせよ この遠い道程のために この遠い道程のために 
 
 
  高村光太郎の書  智恵子の紙絵   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光太郎(1883-1956)は、明治期を代表する木彫家・高村光雲の長男として東京に生まれました。東京美術大学卒業後、彫刻家としてその将来を嘱望され、三年余りの欧米留学を経て帰国。彫刻家、画家、詩人として、また新しい芸術思潮の紹介者、辛辣な批評家として活躍、そして書にも優れた仕事を残しています。
 
 
  高村光太郎と穂積、そして富士山   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和17年10月、高村光太郎は穂積地区にある上高下(かみたかおり)を訪れました。読売新聞が企画した「日本の母」というシリーズで、戦争により息子を亡くした上高下の井上くまさんを取材するためです。
 
 
  あの人の人生を知ろう〜高村光太郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  詩人・彫刻家、高村光太郎は仏師・高村光雲を父として東京に生まれた。22歳の時、ロダンの彫刻『考える人』の写真を見て衝撃を受ける。23歳で欧米に留学。父親譲りの彫刻技術でニューヨーク美術学校の特待生になる。翌年ロンドン、翌々年パリに移り住み見聞を広める。
 
 
  高村光太郎・その前半期=留学体験前後   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光太郎が他界してからすでに30余年が過ぎ去った。光太郎とは、いったいどういう存在であったのか。その詩集『智恵子抄』はいまなお日本の近代詩歌のなかでもっとも愛読されている一冊だという。それだけでも大きな存在であるといえよう。世間一般では『道程』(1914年)から『智恵子抄』(1941年)、そして『典型』(1950年)にいたる詩集によって、詩人としての盛名をもって知られているといえよう。・・・
 
 
  高村光太郎 (たかむらこうたろう) [彫刻]   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻家、詩人。光雲の長子。東京美術学校卒業後1906年欧米に遊学、ロダンの影響を受ける。荻原守衛と交流があった。1947年帝国芸術院会員に推薦されるが、辞退。代表作は『手』、『黒田清輝像』など。
 
 
  ロダンの言葉 <書籍> 著者: 高村光太郎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「私はロダンによって救われ、ロダンによって励まされた。」  その詩業において不可欠である智恵子の存在と同様、光雲の嗣子として生まれ彫刻家の運命を定められた高村光太郎にとって巨匠オーギュスト・ロダンとの出会いは、天啓にもひとしいものだったにちがいない。・・・ そして本書は若い芸術家たちに歓呼で迎えられた。
 
 
  高村光太郎 たかむらこうたろう(1883-1956)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京都下谷生まれ。本名光太郎(みつたろう)。彫刻家高村光雲を父に持ち自らも彫刻の道を志す。しかし偉大すぎる父へのの反抗心から23歳で渡米。ニューヨークで1年の留学生活を過ごした後、ロンドン、パリへと移り住み26歳で帰国。古臭い日本の美術界に反発し新美術の世界に没頭する。1914年、詩集『道程』を出版。同年智恵子との結婚生活が始まる。1938年、長い闘病生活の後に死別。1941年、詩集『智恵子抄』を刊行。
 
 
  高村光太郎と智恵子の世界 富山県水墨美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光太郎(1883−1956)は、日本近代木彫界の重鎮、高村光雲の長男として東京に生まれ、東京美術学校を卒業後、欧米に留学しロダンに傾倒します。帰国後は、彫刻を制作するとともに文学界とも関わり、「緑色の太陽」に代表される美術評論や、詩集『道程』『智恵子抄』を発表し、近代日本の芸術思潮に大きな影響を与えました。
 
 
  高村光太郎展 彫刻、絵画、書 ―「いのち」の造型   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高村光太郎は、ロダンの臭いが強いブロンズよりも、幼い頃から父光雲の薫陶を受けた木彫りに本来の力が発揮されているように思います。実物大の、石榴、文鳥、蝉、栄螺、鯰、桃など、鑿が繊細且つ大胆に冴え渡っています。思わず手にとってさすりたくなります。 精神を病んだ智恵子の切り絵も華やかで美しいです。      
 
 
  ⇒(文芸)高村光太郎.1883    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「012 【文芸】 詩/北原白秋:石川啄木:萩原朔太郎:宮沢賢治」 ⇒(文芸)高村光太郎.1883
 
 
川村吾蔵.1884/
「佐久市川村吾蔵記念館」展示作品の一部。 合衆国最高裁判所前に あるモニュメントは川村 吾蔵とマクモニスの共作 新No1《川村吾蔵》
  川村吾蔵 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川村 吾蔵(かわむら ごぞう、明治17年(1884年)8月17日 - 昭和25年(1950年)3月11日)は、日本の美術家。長野県臼田町(現:長野県佐久市)出身。海外で活躍した国際的彫塑家であり、ニューヨーク市に多くのモニュメント彫刻を完成させたほか、乳牛像、著名人の胸像製作で高い評価を得た。 1 経歴 / 2 寄贈作品 / 3 主な代表作 / 4 交友関係 / 5 エピソード / 6 関連人物 / 7 参考文献
 
 
  川村吾蔵記念館 - 佐久市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川村吾蔵記念館は、臼田出身の彫刻家・川村吾蔵の業績を顕彰し、後世に伝えていくため、平成22年3月に開館しました。 川村吾蔵の制作したブロンズ、素描、そのほか関係資料を収蔵し、展示公開しています。 記念館では、来館者の方に川村吾蔵についてのご案内をしています。
 
 
  川村吾蔵 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川村吾蔵 の画像 - Google
 
 
北村西望.1884
  北村西望 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村 西望(きたむら せいぼう、1884年12月16日 - 1987年3月4日)は、日本の彫刻家。本名は、北村西望(きたむら にしも)。 日本を代表する美術家の1人であり、特に代表作である大作「長崎平和祈念像」は有名。文化勲章、文化功労者顕彰、紺綬褒章受章。
 
 
  島原城 施設のご紹介   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  西望記念館 ; わが国の彫塑界の巨匠で、文化勲章を受賞された郷土出身の北村西望先生の米寿を祝して開館した。1世紀に近い長い創作活動の軌跡をたどれる、世界でも類のない彫塑芸術の施設である。その代表作品約60点を展示している。  【キリシタン史料】 / 【郷土資料】 / 【民俗資料】 / 【西望記念館】 / 【観光復興記念館】
 
 
  [記念館] 北村西望記念館 - 長崎   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長崎の平和祈念像をつくった彫刻家、北村西望の生家。館内には60点以上の水彩画、書、木彫を展示している。まわりは西望の力作11点を屋外展示する公園になっている。
 
 
  北村西望作:飛躍   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村西望の経歴を調べているときに、1977(昭和52)年広島市中央公園に鯉「飛躍」設置とありましたので、北村西望作品とわかりました。
 
 
  北村西望作品:躍動    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  花吹雪の下で、天真爛漫に大空に向かってたくましく躍動乱舞している少女の姿を表現した像。
 
 
  北村西望 「笑う少女」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  人間は出会いを大切にしたいものだ。 私は春光を浴びた清心な少女との出会いを自分の歓びと感じ少女を彫って見た 西望
 
 
  北村西望記念館・西望公園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平和公園にある平和祈念像の作者で南有馬町出身の彫刻家・北村西望の彫刻を屋外に12点展示し公園として整備。有明海や天草の島々を望むロケーションにある。敷地内には生家を復元した西望記念館も建てられ、書画や彫刻など約70点の作品を展示している。
 
 
  北村西望  「いかるがの王子」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  幼少の頃から聡明で、仏教に深く帰依した斑鳩の王子(聖徳太子)。慈悲と平和を願った王子の行いは、まさに日本の礎です。日本彫刻界に偉大な足跡を 残した北村西望もまた、生涯にわたり愛と平和を希求し、創作活動し続けた人でした。
 
 
  北村西望「彫刻」ブロンズ作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「瑞祥」/「福徳」/「文鎮」ブロンズ製
 
 
  北村西望 「平和祈念像」 秋華洞   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  京都工芸学校、東京美術学校を卒業。1915年初期代表作『怒濤』で文展2等賞を受賞。1955年、5年がかりで長崎『平和祈念像』を完成させたことで知られている。1958年文化勲章、文化功労者顕彰。1969年紺綬褒賞、日展会長就任。
 
 
  北村西望 「不二」 アート買取協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村西望(キタムラ セイボウ)1884〜1988 彫刻家  1884 長崎県に生れる/1908 文部省第2回美術展覧会に「憤図」が初入選/1916 第10回文展に「晩鐘」が特選/1958 文化勲章、文化功労賞を受賞/1969 日展会長となる/1970 社団法人 日本彫刻会名誉会長となる/1972 長崎県島原城跡に「西望記念館」完成/1976 新宮殿に「天馬」献納/1988 没
 
 
  北村西望 『不動明王』  東京書芸館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村西望 略歴 : 明治〜昭和の日本の彫刻界をリードした世界的芸術家。104歳まで制作に没頭した史上まれな巨匠として名高い。
 
 
  北村西望(彫刻家) 北村西望作品展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「喜ぶ少女」 / 「将軍の孫」 / 「母子像」 / 「聖観音菩薩」 / 「笑う少女」 / 「将軍の孫」 / 「おかあさん」「不老長寿」 / 「飛躍」
 
 
  北村西望 製品1/製品2 竹中製作所   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村西望 製品1/製品2 喜ぶ少女/平和記念像/若き日の母/おかあさん/平和の女神/風神雷神セット/将軍の孫/聖観音菩薩 大/月に兎/瑞祥 大/福運/躍進/優風/浴光/勇気凛々/知恩/猛進/来復/不動明王 大/不動明王 小/富士/将軍の孫 大/獅子吼 大/喜ぶ少女/文鎮 鯛/文鎮 干物/文鎮 猫/文鎮 鮭
 
 
  北村西望 作家作品一覧 おいだ美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  温故知新 :書/大慈無邊 :書/夢 :書/将軍の孫 :ブロンズ/寿 :書
 
 
  北村西望  「福寿萬来」大根と鼠  大和商会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  笑う少女/将軍の孫/若き日の母
 
 
  北村西望 「不老長寿」ブロンズ像 夢隊WEB   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  長崎の平和祈念像でその名を広く知られる文化勲章受章者、北村西望。今年は氏の没後20年(1987年に104歳で永眠)にあたります。その節目の年にあたって、門外不出の作品群から選りすぐり、蔵出しした傑作「不老長寿」を特別にご紹介いたします。
 
 
  名誉区民 故 北村 西望(きたむら せいぼう)氏   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫塑家。 明治17年長崎県生まれ。 東京美術学校を首席で卒業。大正5年文部省第10回美術展覧会で「晩鐘」が特選となりました。 この年から37年間、北区に居住。大正14年に帝国美術院(現日本芸術院)会員となり、昭和33年に文化勲章・文化功労賞を受章され、日展会長、北区美術会名誉会長などを歴任、昭和56年北区名誉区民に選定されました。昭和62年逝去。
 
 
  北村西望&北村治禧 『福寿 大黒天・恵比寿』   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ブロンズ像 大黒天:高34cm 恵比寿:高34.5cm  新品 (本金箔仕上) 限定400体 (162/400) 各作  家刻サイン・限定番号入り 各台座・座布団・布張タトウケース・墨署桐箱付
 
 
  雲仙岳災害記念館 北村西望 島原半島の歴史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  北村西望(1884〜1987)は南有馬町出身の彫刻家で、迫力ある彫像作品で知られ、長崎市の平和記念像(1955)の作者として有名です。西望公園にはいくつもの彫像があります。原城跡の天草四郎の像など、各所に西望作品が立っています。島原城内にも西望記念館があります。
 
 
  銅製 工芸品(富山県・高岡銅器) > 北村西望 作品集   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  銅製 置物 平和祈念像/銅製 置物 喜ぶ少女/銅製 置物 若き日の母/銅製 置物 おかあさん/銅製 置物 将軍の孫/銅製 置物 知恩(戌)/銅製 文鎮 鯉/銅製 文鎮 猫/銅製 朱肉入 富士/銅製 朱肉入 獅子吼 大/銅製 朱肉入 獅子吼 小/銅製 朱肉入 天女 大/銅製 朱肉入 天女 小/銅製 置物 不動明王 小
 
 
  平和公園 原爆犠牲者の冥福と平和を願う祈りの空間   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  原爆落下中心地公園北側、小高い丘にある平和公園は、悲惨な戦争を二度と繰り返さないという誓いと、世界平和への願いを込めてつくられた公園。ここには長崎市民の平和への願いを象徴する高さ9.7メートルの平和祈念像が立つ。
 
 
  ★野口雨情・童心居/北村西望・彫刻園――井の頭自然文化園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  井の頭自然文化園の開園は昭和17年(1942)。動物園、熱帯鳥温室、武蔵野の自然文化を紹介する資料館などがあるが、その一隅に野口雨情の書斎を移設した童心居、北村西望の彫刻園がある。
 
 
  北村西望 「清い心でやらないといいものはできない」 -あの人と会いたい-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「長崎平和祈念像」の作者として知られる彫刻家の北村西望は100歳を越えてなおアトリエに立ち続け600点に登る作品を残した。筋骨逞しい男性像を得意とし昭和33年文化勲章を受章。若いころから長寿を人生の目標とし、80年以上にもわたる、たゆまない精進が数多くの傑作を生んだ。
 
 
山田真山.1885
  林和靖 山田真山   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  林和靖 山田真山
 
 
  虎渓三笑之図 山田真山   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  虎渓三笑之図 山田真山
 
 
  沖縄平和祈念像> 山田真山画伯    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山田真山(やまだ・しんざん)画伯 : 明治18年12月27日,沖縄県首里生まれ。明治39年東京美術学校(現東京芸術大学)に学び、 東京で日本画、彫刻、工芸の創作活動を行う。昭和15年、沖縄に帰り沖縄戦を体験。 長男、三男を失う。昭和32年、平和祈念像の制作を発願。 以来18年の歳月をかけて原型完成に心血を注ぐ。原型完成直後の昭和52年1月29日、92歳で死去。 
 
 
  山田真山 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山田真山(1885〜1977)は、本名を渡嘉敷兼慎といい、現在の那覇市壺屋に生まれました。若くして才能を認められて上京し、彫刻を高村光雲、日本画を小堀鞆音(ともと)、工芸を峰岸宝哉に師事して制作に励み、帝展や文展などに出展し高い評価を受けました。昭和15(1940)年に帰沖するも、程なくして起った沖縄戦のために、沖縄本島北部の山中での疎開生活を強いられました。戦後も制作活動を続けるかたわら、後進の指導にもあたっていました。
 
 
  企画展3「山田真山をみる」 名護博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山田真山(1885〜1977)は、本名を渡嘉敷兼慎といい、現在の那覇市壺屋に生まれました。若くして才能を認められて上京し、彫刻を高村光雲、日本画を小堀鞆音(ともと)、工芸を峰岸宝哉に師事して制作に励み、帝展や文展などに出展し高い評価を受けました。
 
 
  海の星なる聖マリア 沖縄の画伯 山田真山   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  海の星なる聖マリア : 真山画伯が生前に唯一残した宗教画
 
 
  山田真山 Yamada Shinzan 「朧月」 長良川画廊   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  掛け軸 紙本水墨 合箱  作品寸法30.5×130僉〜澗寮K。毅魁ィ機滷横娃鵜
 
 
  平和を願った芸術家。山田深真山 -沖縄人物伝-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  山田真山(やまだしんざん)は、戦争でなくなった人々の霊(れい)をなぐさめるため「沖繩平和祈念像(へいわきねんぞう)」をつくり、世界平和を願った芸術家である。・・・
 
 
  日本画下図 作者:山田 真山 収蔵品データベース   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  収蔵品データベース : 絵画 彫刻 染織 陶芸 漆芸 その他
 
 
  山田真山、「戦」描いていた 1947年作の水墨画初確認   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  平和祈念像を製作した沖縄を代表する画家・山田真山(1885―1977年)が、終戦から2年後の1947年に、沖縄戦の様子を1枚の絵にしていたことがこのほど分かった。
 
 
  琉球王国時代那覇港の風景  山田真山の絵 沖縄平和祈念堂   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この絵は、日本の歴史や政治・文化の研究で世界的に有名な米国プリンストン大学名誉教授の マリウス・バーサス・ジャンセン博士から寄贈されました。 ジャンセン博士は、1999年に文化功労者に選ばれました。外国生まれで初めて選ばれた文化功労者です。
 
 
石井鶴三.1887
  石井鶴三 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石井 鶴三(いしい つるぞう、1887年6月5日 - 1973年3月17日)は、彫刻家、洋画家。 画家石井鼎湖の子、石井柏亭の弟として東京に生まれる。加藤景雲に木彫を学び、東京美術学校卒、1911年文展で「荒川岳」が入賞、1915年日本美術院研究所に入る。1916年「行路病者」で二科賞を受賞。中里介山『大菩薩峠』や吉川英治『宮本武蔵』の挿絵でも知られ、1944年東京美術学校教授。1950年日本芸術院会員、63年東京芸術大学名誉教授、勲三等旭日中綬章受章、69年相撲博物館館長。文業も多い。
 
 
  石井鶴三展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  松本市美術館で「石井鶴三展・芸道は白刃の上を行くが如し」が始まりました。 2009年10月11日
 
 
  石井鶴三美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石井鶴三美術館は小県教育会の創立100年の記念事業として、300点に上る先生の彫刻や素描、水彩画、油彩画、絵、版画など貴重な作品や資料を保存・公開すると共に、先生が立体芸術を通して示した「芸術教育の伝承と創造の場」として、昭和60年7月に開館した。
 
 
  石井鶴三 ─その人と挿絵─   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  昭和48年、85歳の長寿を全うしてこの世を去った石井鶴三は、彫刻家として近代彫刻史に確固たる地歩を固めた一人の作家であっただけでなく、油彩画・水彩画・版画などにも優作を遺し、「いつか挿絵が本職のように見られるようになった」(註・1)と記しているように、挿絵を描いた作家としてもよく知られている。
 
 
  石井鶴三 画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石井鶴三 画像検索 - Google
 
 
  石井鶴三 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石井 鶴三(いしい つるぞう、1887年6月5日 - 1973年3月17日)は、彫刻家、洋画家。画家石井鼎湖の子、石井柏亭の弟として東京に生まれる。加藤景雲に木彫を学び、東京美術学校卒、1911年文展で「荒川岳」が入賞、1915年日本美術院研究所に入る。再興院展に「力士」を出品、二科展に「縊死者」を出し、1916年「行路病者」で二科賞を受賞、1921年日本水彩画会員。1924年日本創作版画協会と春陽会会員となる。
 
 
  石井鶴三美術館 - 小県上田教育会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石井鶴三美術館の内容/美術館の概要/アクセス/本の紹介 「馬に夢をのせて―石井鶴三の生涯―」
 
 
  【第86回春陽展 石井鶴三特別展示】   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  東京に生まれる。父は画家の石井鼎湖、兄は石井柏亭。加藤景雲に木彫を学び、東京美術学校(現・東京藝大)卒、1911年文展で「荒川岳」が入賞、1915年日本美術院研究所に入る。再興院展に「力士」を出品、二科展に「縊死者」を出品し、1916年「行路病者」で二科賞を受賞、1921年日本水彩画会員。1924年春陽会会員、日本創作版画協会会員となる。
 
 
  石井鶴三美術資料室 - Yahoo トラベル   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  45年間にわたって上田彫塑[ちょうこく]研究会の講師を勤めた、彫刻家・石井鶴三の作品を展示する美術資料室。少女像や相撲、裸婦像など約50点の彫刻作品のほか、水彩画・油絵・挿し絵・版画などが展示されている。
 
 
  石井鶴三 <関連書籍>   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  石井鶴三 <関連書籍>
 
 
中原悌二郎.1888
  中原悌二郎 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中原 悌二郎(なかはら ていじろう、1888年10月4日 - 1921年1月7日)は北海道釧路市生まれの彫刻家。大正期日本を代表する彫刻家の一人。 17歳の時、画家を志して上京。白馬会研究所・太平洋画会研究所洋画部で学び、中村彝と親交を結ぶ。その後荻原碌山の感化によって彫刻に転じ、太平洋画会研究所彫塑部で新海竹太郎に師事。1910年第4回文展に「老人の首」が初入選。1912年ロダンの実作に初めて触れて、深く啓発される。1916年日本美術院の研究会員に転じ研鑽を重ねた。
 
 
  中原悌二郎について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  旭川と彫刻との関わりについて語るとき,中原悌二郎(なかはら・ていじろう)の存在を抜きにして語ることはできません。 現在,まちのなかに彫刻が置かれたり,「彫刻のまち」と呼ばれる原点となっているのは中原悌二郎であり,その存在が出発点となっているのです。 その残された作品は12点と少ないにもかかわらず,日本の近代彫刻史に欠くことのできない彫刻家として高い評価を受けています。
 
 
  中原悌二郎賞について   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中原悌二郎賞は,日本の近代彫刻史に偉大な業績を残した,旭川市ゆかりの彫刻家中原悌二郎を顕彰し,併せて日本の彫刻界の発展に寄与する目的で,1970年(昭和45)に旭川市が創設した彫刻の全国賞です。  第32回・平成13年-中原悌二郎賞贈呈
 
 
  中原悌二郎 - Yahoo!百科事典    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治〜大正の彫刻家。北海道釧路(くしろ)に生まれる。1905年(明治38)画家を志して上京、白馬会(はくばかい)の葵橋(あおいばし)洋画研究所や太平洋画会研究所に学び、中村彝(つね)と親交を結んだ。荻原守衛(おぎわらもりえ)の強い影響を受け、その死後彫刻に転じた。太平洋画会研究所で新海(しんかい)竹太郎の指導を受け、10年第4回文展で『老人の首』が初入選したが、12年白樺(しらかば)美術展でロダンの実作に接し、深く啓発された。
 
 
  中原悌二郎 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中原 悌二郎(なかはら ていじろう、1888年10月4日 - 1921年1月7日)は北海道釧路市生まれの彫刻家。大正期日本を代表する彫刻家の一人。17歳の時、画家を志して上京。白馬会研究所・太平洋画会研究所洋画部で学び、中村彝と親交を結ぶ。その後荻原碌山の感化によって彫刻に転じ、太平洋画会研究所彫塑部で新海竹太郎に師事。1910年第4回文展に「老人の首」が初入選。1912年ロダンの実作に初めて触れて、深く啓発される。
 
 
  中原悌二郎祈念 旭川市彫刻美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  この美術館は、日本の近代彫刻史に偉大な足跡を残した、旭川市ゆかりの彫刻家 中原悌二郎(1888〜1921)を記念した彫刻専門の美術館として、1994年(平6)に開設されました。 この美術館には、中原悌二郎が残した12点の彫刻を中心に、悌二郎に大きな影響を与えたロダン、荻原守衛、悌二郎の親友であった石井鶴三、堀進二の作品と、旭川市が、1970年(昭45)に悌二郎の偉業を顕彰し、我が国の彫刻界の発展に寄与する目的で創設した中原悌二郎賞の受賞作品を所蔵しています。
 
 
  ウェブ中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館 (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館(なかはらていじろうきねんあさひかわしちょうこくびじゅつかん)は、北海道旭川市にある美術館。旭川市にゆかりのある彫刻家・中原悌二郎の作品を数多く収蔵し、彫刻に関連した作品の展示や企画展・講座などを開催している。
 
 
  中原悌二郎と岡田虎二郎 - 田原市博物館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  中原悌二郎と岡田虎二郎 - 田原市博物館   田原市博物館/愛知県田原市田原町
 
 
  中原悌二郎賞受賞 大平實さん   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  大平實さんは、1950年に新潟県で生まれました。中学、高校を新潟で過ごした後、金沢美術工芸大学、東京芸術大学大学院で彫刻を学んでいます。そして、1979年、メキシコに渡り、国立芸術院美術学校に在籍して3年間を過ごしています。その後アメリカ合衆国カリフォルニア州に移り、現在もカリフォルニアで生活しながら作品を制作しています。
 
 
堀進二.1890
堀進二「壺を抱く女」(1925年/神奈川県立近代美術館) 堀進二「老婆の肖像」大正4年作  第9回文展出品作
  堀進二 - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1890−1978 大正-昭和時代の彫刻家。 明治23年5月5日生まれ。新海(しんかい)竹太郎に師事する。大正5年の「H老人の肖像」,6年の「肖像」,7年の「老人」と3年連続で文展特選となる。戦後,千葉大教授,太平洋美術学校長。昭和36年「人海」で芸術院賞。昭和53年3月27日死去。87歳。東京出身。
 
 
  堀 進二 作「中原悌二郎像」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1916(大正5)年 ブロンズ 高さ43.Ocm / 堀 進二(1890〜1978)は、中原や戸張孤雁と共に太平洋画会研究所の彫刻部に学んだ。。この作品を制作した頃の大正5年から7年にかけては文展で三回連続の特選を受け、大正9年の第二回帝展では審査員となるなど、有望な新人として活躍した。
 
 
  東京帝国大学総長、濱尾新氏 銅像 堀進二 作   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「昭和7年 堀進二 作」と彫られています。 「昭和7年 堀進二 作」と彫られています。 1951(昭和26)年に千葉大学工学部意匠学科の教授になりました。 東京工業大学のシンボルマークは、1948(昭和23)年の彼の図案によるものです。
 
 
  堀進二 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  堀進二 の画像 - Google
 
 
木内克.1892
  木内克 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木内克(きのうち よし、1892年6月27日 - 1977年)は、茨城県水戸市出身の彫刻家。 渡仏し、アントワーヌ・ブールデルの指導を受けた。二科展などに多数出品し、テラコッタの作品を多く残した。 1892年(明治25年)茨城県水戸市に4人兄弟の末っ子として生まれる。1912年(明治45年)20歳で上京し、彫刻家の海野美盛のもと彫刻を学ぶ。1914年(大正3年)朝倉文夫の彫塑塾に入門。1927年(昭和2年)窯業家のラシュナルを訪ね、陶器を始める。1970年(昭和45年)第一回中原悌二郎賞受賞。
 
 
  木内克作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木内克作品:作品名 犬 / 制作年 1925 / 材質・技法 ブロンズ / 寸法(高×幅×奥行) 23×56.5×27.5〜作品名 裸婦(うなだれた) / 制作年 - / 材質・技法 ブロンズ / 寸法(高×幅×奥行) 21×19.5×25  計69点
 
 
  木内克のこと (1)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木内克彫刻のコレクターは, テラコッタの「ひねり」と呼ぶ小品をこのむのである.しかし,木内先生自身は「ひねり」が本命である,と言われることを好まなかったようである. 内先生は円空について「職人技の民芸品である.」と一蹴しているが,円空には現代彫刻に通ずる造形がないと見ていたのであろう.・・・
 
 
  木内克と松平須美子   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木内克(1892〜1977)が後半生の約30年モデルとした女性が「松平須美子」であった。須美子の父信博は音楽家。1940年から木内は下谷区上野桜木町松平信博宅の隣組に居住していた。1943年、17歳の須美子にとって木内はあこがれであった。
 
 
  婦人誕生 作者名:木内 克   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  婦人誕生 作者名:木内 克 中原悌二郎賞受賞作品
 
 
  輝く茨城の先人たち 木内 克   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  出生地 : 水戸市 1892年〜 1977年 (和暦:明治25年〜 昭和52 年)  若い頃から学芸に秀で,二代目海野美盛の帰郷先を訪ねたことが縁となり内弟子となる。その後,彫塑の道を歩みフランス留学等で技術を磨き多くの作品を残し,また八十歳を過ぎてもなお精力的に塑像製作に取り組んだ。
 
 
  木内克 『裸婦像』 古美術こもれび   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  きのうち・よし 1892年〜1977年 茨城県水戸生れ 渡仏 アントワーヌ・ブールデルの指導を受けた 二科展等多数出品 テラコッタの作品を多く残した 二科展特賞 毎日芸術賞 第一回中原悌二郎賞受賞 勲三等瑞宝章 高村光太郎賞、吉田五十八賞の選考委員を歴任
 
 
  第1回 現代日本彫刻展 1965 宇部の彫刻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小品 裸婦/素材 テラコッタ/サイズ 高さ 30cm
 
 
  木内克の世界  いのちとロマンのシンフォニー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「テラコッタ」5点 / 「ブロンズ」4点 / 「デッサン」39点
 
 
  木内克 【代表作】  平吉 日本美術家百科事典   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  木内克のプロフィール :海野美盛に学んだ後、朝倉文夫に師事。1916年第10回文展に『平吉』が初入選。1921年より渡英・仏、フランスで15年間を過ごす。その間ギリシアのアルカイックな彫刻に傾倒、テラコッタの技法に習熟する。即興性に富んだ「ひねり」の小品を多く制作している。新樹会会員。1970年紺綬褒章。
 
 
  木内 克(1892〜1977)KINOUCHI,Yoshi  宇部の彫刻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1892= 茨城県水戸市に生まれる/1914= 朝倉文夫の彫塑塾に入門/1916= 第10回文展に「平吉」を出品し初入選/1936= 第23回二科展で特賞/1951= 第1回サンパウロ・ピエンナーレ 第3回毎日芸術賞/1958= 第29回ヴェネツィア・ビエンナーレ/1962= 第5回現代日本美術展で優秀賞/1970= 紺綬褒章 第1回中原悌二郎賞/1972= 勲三等瑞宝章/1974= 第29回茨城国体モニュメント「女神像」制作 高村光太郎賞    寝そべる裸婦/立つ/手をつく女
 
 
  ひねり・横臥裸婦 テラコッタ 徳島県立近代美術館 学芸員の作品解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  テラコッタ」は、イタリア語で「焼いた土」という意味で、素焼きのことです。木内克(1892−1977年)は、テラコツタの魅力を日本に紹介した第一人者です。 素焼きの彫刻は、日本では縄文時代の土偶や古墳時代の埴輪(はにわ)などに優れたものがみられます。
 
 
  木内克 キノウチ・ヨシ 茨城県水戸市  1892年〜1977年  - 作家詳細情報   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1892年茨城県に生まれる。1977年没する。上京し同郷の彫金家、海野美盛に学んだ後、1914年朝倉文夫の塾生となる。1916年第10回文展に入選。以後官展に出品するが、1921年渡英。翌22年パリに行きグランド・ショミエールでブールデルの指導を受ける一方、藤田嗣治、福沢一郎らと交流しながら自由研究を続け、アルカイック期のギリシャ彫刻に傾倒する。
 
 
橋本平八.1897/
橋本平八 《花園に遊ぶ天女》 橋本平八 - 花園に遊ぶ天女 橋本平八《或る日の少女》
  橋本平八 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  各画像のクリックでそのHPに飛びます。そのHPタイトルをクリックしますとそのHPが開きます。
 
 
山本豊市.1899/
     
イサム・ノグチ.1904
「モエレ沼公園」 Ordinary finds - Isamu Noguchi
  イサム・ノグチ (Wikipedia)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イサム・ノグチ(Isamu Noguchi、日本名:野口 勇、1904年11月17日 - 1988年12月30日)はアメリカ合衆国ロサンゼルス生まれの彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家・作庭家、舞台芸術家。日系アメリカ人である。 父は愛知県生まれの日本の詩人で慶應義塾大学教授の野口米次郎、母はアメリカの作家で教師のレオニー・ギルモア。  1 略歴 / 2 逸話 / 3 作品 / 4 文献 / 5 関連項目 / 6 外部リンク
 
 
  モエレ沼公園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モエレ沼公園は、「札幌市環状グリーンベルト」構想の北部系緑地の核となる都市公園です。 1988年(昭和63年)には、彫刻家イサム・ノグチが計画に参画。モエレ沼公園の基本設計が策定されました。 ノグチによる、「公園をひとつの彫刻」とするダイナミックな構想により造成が進められ、 2005年(平成17年)7月1日にグランドオープンしました。 公園では、5月には「サクラの森」のサクラが咲き、6月から9月にかけてはモエレビーチが開放されます。 その他の施設として、イサム・ノグチがデザインした120基以上の遊具のある7ヶ所の遊具エリアや、石狩平野を囲む山脈を一望できる、高さ50mのモエレ山や30mのプレイマウンテンがあります。
 
 
  モエレ沼公園 - 旅行者   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  世界的な彫刻家イサム・ノグチが基本設計を担った、札幌市北東部に位置する総合公園、「モエレ沼公園」。1988年、83歳のイサム・ノグチは札幌を訪れ、この公園の壮大な構想を生み出した。Moerenuma Park in East-ward, Sapporo was designed by the world renowned sculptor Isamu Noguchi shortly before his death in 1988. 17 years passed, finally its grand opening was celebrated on July 1st, 2005.しかし、完成を見ないまま、彼はその年に亡くなった。それから17年が経ち、2005年7月1日グランドオープンを迎えた。 189ヘクタールという彼の最後にして最大規模の作品が「モエレ沼公園」である。2002年には「グッドデザイン賞」にも選ばれた。
 
 
  イサム・ノグチ庭園美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  20世紀を代表する彫刻家イサム・ノグチは、モニュメント、庭や公園などの環境設計、家具や照明のインテリアから、舞台美術までの幅広い活動を行った、きわめてユニークな芸術家です。1956年、初めて庵治石の産地である香川県の牟礼町を訪れたノグチは、1969年からは五剣山と屋島の間にあるこの地にアトリエと住居を構え、以降20年余りの間、NYを往き来しながら石の作家である和泉正敏をパートナーに制作に励みました。
 
 
  もっと知りたい、イサム・ノグチ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  生誕100年・孤高のアーティスト : 世界的に有名な彫刻家であり、プロダクト・デザイナーでもあったイサム・ノグチ。 日系アメリカ人として、どこにも帰属しない孤独に苦悩し続けた一方で、彼の作品には、東洋と西洋の精神がみごとに息づいています。 数々もプロダクトや作品を通して、イサム・ノグチの深遠なる世界をご紹介します。
 
 
  Home | The Noguchi Museum   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  MUSEUM / VISITOR INFO / PROGRAMS / ISAMU NOGUCHI / RESERCHI / SUPPORT / SHOP
 
 
  イサム・ノグチ のショッピング - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イサム・ノグチ のショッピング - Google
 
 
  イサム・ノグチ/Isamu Noguchi作品画像   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  Ordinary finds - Isamu Noguchi, Japanese-American sculptor, was...
 
 
  イサムノグチのAKARI - 照明のライティングファクトリー   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  照明彫刻「AKARI 」は岐阜提灯との出会いより作り出されました。竹ひごと美濃和紙を使い1点づつ作られ、現代の芸術的感性と伝統を融合させた照明器具デザインの最高傑作として「光の彫刻」は日本の国内のみならず世界中の家庭やオフィスで愛用され100作以上が発表されています。簡素なものの中に無限の世界を表現しようとするイサムノグチの哲学と日本的な美意識が結実した「AKARI」はニューヨークの近代美術館をはじめ、多くの美術館、ギャラリーに展示。その芸術性は高く評価されています
 
 
  Isamu Noguchi (1904 ロサンゼルス−1988 ニューヨーク)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  英文学者で詩人の野口米次郎を父に、アメリカ人の作家レオニー・ギルモアを母に持つイサム・ノグチは、少年期を日本で過ごし、その後渡米して彫刻家を志す。20代からアジア・ヨーロッパを旅し、文化遺産、絵画、彫刻、建築等を広く見聞し、パリでは彫刻家ブランクーシの助手も経験する。 ニューヨークに居を定めてからは、肖像彫刻、舞台美術、環境彫刻、商業デザインといった、幅広い活動を展開し、遊具、公園等の設計も開始する。戦後は日本でも活動が紹介され、日本の芸術家や文化と触れあい、陶芸彫刻や和紙を使った「あかり」のデザインなどを行う。
 
 
  Isamu Noguchi(イサム・ノグチ)正規品 : デザイナーズ家具・インテリア製品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1904年ロサンゼルス生まれ。コロンビア大学に入学し、医師を志すかたわらレオナルド・ダ・ビンチ美術学校で彫刻を学ぶ。奨学金を授与されると、パリへ渡り留学生活を送る。その後、北京、日本と渡る。 1947年にハーマンミラーのデザインディレクターであったジョージ・ネルソンに請われ「ノグチ コーヒーテーブル」を発表。世界を代表する偉大な日系アメリカ人彫刻家。
 
 
  イサム・ノグチ(上)――宿命の越境者 (講談社文庫)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イサム・ノグチの名前は知らなくても、彼の「あかり」の連作なら誰もが見知っているだろう。シンプルな紙細工の照明器具は、デパートなどで販売されてきた「芸術作品」であり、サラリーマンでも容易に入手できることをイサムは誇りにしていたという。 本書は「ミケランジェロの再来」とも言われた彫刻家イサム・ノグチ(1904-1988)の生涯の最もプライベートな部分まで、FBI文書などの貴重な未発表資料を数多く用いて丹念に描き出す。その人生は物語の主人公のように波瀾万丈で、登場する人物も実に多彩である。
 
 
  YouTube - 世界的彫刻家イサム・ノグチの生涯を追う。   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  YouTube - 世界的彫刻家イサム・ノグチの生涯を追う。
 
 
  イサム・ノグチ の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  イサム・ノグチ の画像 - Google
 
 
本郷新.1905/
     
西田明史.1908
郷土作家 西田明史作品展
  郷土作家 西田明史作品展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  小さい頃から彫り物が好きで“天才少年”と言われていた、西田明史。 17歳の時小学校の校長先生や吉田村(現:雲南市吉田村)出身の内藤伸のすすめで上京。昭和2年帝国美術院展に初入選、以後連続6回入選する。11年には彫像「沃土」が、次の年には「相倚」が特選に入る。 作品展ではブロンズ像・彫像・色紙を展示している。
 
 
  加納美術館 - 島根県安来市   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  加納美術館は、島根県安来市にある、備前焼と絵画に関する美術館。 旧広瀬町出身の日本画家・加納莞蕾の作品を展示するため、その子息である加納溥基が1996年に個人美術館として建設した。2002年に広瀬町が出資する財団法人加納美術振興財団に運営が引き継がれ、町立美術館として位置づけられた。
 
 
  聖徳太子二歳像 彫刻:西田明史   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  聖徳太子二歳像は、生まれてから一言も発せられなかった太子が、二歳の2月15日に合唱されて「南無仏(なむぶつ):仏法に帰依するの意)」と唱えられ、同時に御手の間から仏舎利(お釈迦様のお骨)がこぼれ落ち、お身体からは妙(たえ)なる香りが立ち上がった、という逸話に基づいたお像で、上半身裸、緋色の袴をつけて合唱しておられます。
 
 
  西田 明史(にしだ めいし) - 加納美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  明治41年〜平成11年、所蔵点数19点 明治41年、広瀬町布部に生まれる。大正14年彫刻家を志し上京、内藤伸(郷土出身の木彫家)の内弟子として6年間師事、昭和6年独立作家となる。昭和2年第8回帝展に「初秋」が初入選、以来帝展6回、文展(無審査3回)、聖徳太子奉賛会展、日本木彫会展に出品。第1回文展に「相倚」第2回文展に「朝」を出品し連続特選。 昭和14年第3回文展「真昼]以降昭和17年まで無審査出品。第2次世界大戦後は日展、二科展に発表。 昭和35年から昭和42年まで同志により「朋人会」を結成し「丸善」で木彫を主体に発表、「藤門会」および「日本木彫会」の主要作家として活躍し多くの秀作を生み出した。 所蔵点数19点
 
 
柳原義達.1910
  柳原義達 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柳原 義達(やなぎはら よしたつ、1910年3月21日 - 2004年11月11日)は、近現代日本を代表する彫刻家の一人である。裸婦立像や鳩像などの作品で知られる。 兵庫県神戸市生まれ。1936年東京美術学校彫刻科卒。朝倉文夫に師事、文展入選、国画会受賞、1937年国画会同人。1939年新制作派協会彫刻部創立に参加する。戦後、1952年から5年間ヨーロッパに滞在する。1956年高村光太郎賞、1974年中原悌二郎賞大賞など受賞、1970年日本大学芸術学部主任教授。1996年文化功労者。
 
 
  柳原 義達  略歴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柳原 義達 「道標 鳩」 - 市立図書館前庭(春日部市)
 
 
  柳原義達と5人の作家   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  創造的な芸術家は、つねに表現の限界を探求するために、いつも孤独な作業を強いられています。高村光太郎や魯迅などは、そうした孤独な制作者の心を道にたとえて、「自分の前に道はない、自分が道をつけるのだ、自分が歩いたあとに道ができるのだ」などと言っています。
 
 
  柳原義達  画像検索 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柳原義達  画像検索 - Google
 
 
  柳原義達記念館  柳原義達の芸術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  戦後間もなく作品の保管場所が火災に遭ったために、柳原の戦前作はほとんど焼失しました。《山本恪二さんの首》(1940年)が、唯一ともいえる現存作です。この像や戦後間もない頃の頭像は、誇張のない端正な表現を示しています。 1953(昭和28)年に再出発を期して渡仏した柳原は、ロダンに始まるフランス近代彫刻の造形理念を尊重しつつ、日本人として独自の彫刻世界を確立しました。
 
 
  柳原義達 - あのひと検索 SPYSEE   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柳原 義達(やなぎはら よしたつ、1910年3月21日 - 2004年11月11日)は、彫刻家、文化功労者。兵庫県神戸市生まれ。1936年東京美術学校彫刻科卒。朝倉文夫に師事、文展入選、国画会受賞、1937年国画会同人。1939年新制作派協会彫刻部創立に参加する。戦後、1952年から5年間ヨーロッパに滞在する。1956年高村光太郎賞、1974年中原悌二郎賞大賞など受賞、1970年日本大学芸術学部教授。1996年文化功労者。ブロンズ像で知られる。
 
 
  神戸が生んだ現代彫刻の巨匠  柳原義達展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  神戸市出身の柳原義達氏(1910〜)は、フランス近代彫刻の流れに連なる戦後日本の具象彫刻の分野に独自の世界を築いた作家の一人として、高く評価されています。「犬の唄」に代表される女性像、鳩や鴉をモチーフとした「道標」シリーズを中心に、氏は緊張感に満ちた造形性を備え、自然や生命の本質に迫ろうとするヒューマニズムに裏打ちされた作品を80歳を越えた現在まで一貫して制作し続けています。
 
 
  柳原 義達(1910〜 ) YANAGIHARA,Yoshitatu  宇部の彫刻   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  柳原 義達(1910〜 ) YANAGIHARA,Yoshitatu  宇部の彫刻  略歴と作品
 
 
  麻生三郎と世田谷の作家たち第3期収蔵品展   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  新規収蔵の麻生三郎作品を核に、麻生三郎と交流のあった山口薫、森芳雄、村井正誠、柳原義達らの作品を展示し、麻生三郎をめぐる人々の交流を紹介します。   世田谷美術館
 
 
  孤独なる彫刻―柳原義達美術論集 (単行本)    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  孤独なる彫刻―柳原義達美術論集 (単行本)
 
 
淀井敏夫.1911
  淀井敏夫 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  淀井 敏夫(よどい としお、1911年2月15日 - 2005年2月14日)は兵庫県朝来市生まれの彫刻家、文化勲章受章者、日本芸術院会員。 削げたような形態と岩のような質感のユニークな作品で知られる。 大阪市立工芸学校を経て東京美術学校彫刻科卒業後、主に二科会を舞台にして、心棒に石膏を直付けする独自の技法で対象を叙情的に表現した具象彫刻を発表。大阪市立工芸学校教諭、東京芸術大学教授・美術学部長を務めた。  個人美術館 : あさご芸術の森美術館 淀井敏夫記念館
 
 
  淀井敏夫氏文化勲章   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  淀井敏夫氏が 彫刻に於ける永年の芸術活動に対して平成13年度の文化勲章を受章されました。
 
 
  海の鳥と少年  空の彼方へ  淀井敏夫   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  少年のころ、鳥たちが谷間の空を自由に遠くまで飛びかい、楽しげに梢でコーラスする姿を見て鳥たちの讃歌の気持ちをつよめました。 その遠い少年の日のあこがれや、草むす山家の自然の中で過ごした喜びを、今は彫刻に宿し表現したいと考えています。
 
 
  「沖縄・ビーチ」作:淀井敏夫 -入間市-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ビーチの女性像という現代的なモチーフを独特のタッチで表現。 動と静の対比の中で生まれるラインの表情に洗練された造形の妙を感じていただける作品です。 紺碧の海と肌を焦がすように照りつける太陽。そんな沖縄の海の光景が目に浮かんでくるようです。
 
 
  あさご芸術の森美術館 -淀井敏夫記念館-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1911年 朝来市佐中に生まれる 1933年 東京美術学校(現東京芸術大学)彫刻科・木彫部卒業  1965年 東京芸術大学教授となる  1978年 東京芸術大学名誉教授となる  1982年 日本芸術院会員となる  1998年 二科会理事長となる  2001年 文化勲章を受章する  2005年 逝去  飛翔/幼いキリン、堅い土/エピダウロス・春/ローマの公園
 
 
  淀井敏夫(よどい・としお) -但馬情報特急-    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  日本の現代具象造形の第1人者である。6歳までを朝来市で過ごし、大阪、東京都移り住む。東京美術学校(現東京芸大)木彫部では、空いた時間をすべて塑造制作に捧げた。石膏を直付けした独特の空間造形と心理表出が高い評価を受けた。また、大阪市立工芸学校教諭、東京芸術大学教授・美術学部長を務め、後進の指導に当たった。
 
 
  あさご芸術の森美術館にある淀井敏夫作品   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  あさご芸術の森美術館にある淀井敏夫作品
 
 
  飛翔する鳥と少年 淀井敏夫 中田中央公園   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  淀井敏夫 略歴 : 1911 兵庫県に生まれる/1933 東京美術学校彫刻科卒業/1948 第34回二科展特待賞受賞/1965 東京芸術大学教授となる/1972 第1回平櫛田中賞受賞/1977 日本芸術院賞受賞/1982 日本芸術院会員となる/1983 勲三等旭日中綬章受賞/1994 文化功労者顕彰/1999 「淀井敏夫記念館」が兵庫県朝来町に開館
 
 
  ★あさご芸術の森美術館・周辺環境と野外展示場   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  あさご芸術の森美術館は、広大な野外彫刻公園と屋内の美術館によって構成される、新しい芸術空間です。・・・ 春、夏、秋、冬、四季それぞれに様々な表情を見せる自然や芸術との対話を、このあさご芸術の森で、味わうことが出来る。  あさご芸術の森美術館・周辺環境と野外展示場  (6〜1)〜(6〜6)
 
 
  あさご芸術の森美術館 淀井敏夫記念館園 名所めぐり   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  自然石を積み上げた雄大なロックフィルダム。その真下に位置するあさご芸術の森美術館は、数々の彫刻作品が並ぶ広大な野外彫刻公園と屋内の美術館によって構成される、新しい芸術空間。 美術館には朝来市出身の彫刻家・淀井敏夫の作品が常設展示されているほか、各種の展覧会などが行われている。
 
 
  過去の特別展 第1回平櫛田中賞受賞記念「淀井敏夫展」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  淀井敏夫氏は、1911年兵庫県朝来町に生まれます。1928年東京美術学校彫刻科木彫部に入学しますが、次第に彫塑にひかれるようになり、在学中の 1931年に初出品した塑像「男立像」が第12回帝展で早くも入選し頭角を表します。
 
 
  淀井敏夫 「渚」 徳島県立近代美術館 学芸員の作品解説   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  剛直で堅固なものへの嗜好だ。ごつごつしたタッチと細く長いかたちは彫刻の構成を強めている。 デフォルメがあるものの基本的には対象のかたちにそって造形する姿勢が堅持されている。
 
 
  野外空間を友とする彫刻家・淀井敏夫 「渚」「&#40407;」 (宝塚大橋)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  野外彫刻は一見すると無愛想で、つんとすましていたり、いやに気取ったり、冷たかったりする。こちらが注意しないと気付かずに通り過ぎてしまう。それでも時折、ふと彫刻の前で立ち止まることがある。最近、宝塚大橋でそんな彫刻作品に出会った。
 
 
  図録 / 淀井敏夫の世界 <書籍> 図版点数:67点   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  収録作品:男の胸像、仕事着の青年、競技する少年、青年、少年の首、幼児の首、座像、彫刻家の像、仕事着の労人、労人、画家の像、少女胸像、婦人像・・・
 
 
  佐藤忠良作品 ・ポケット   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
   ここ比治山公園の『彫刻の小道』と名付けられてはいるのですが、現在は、この佐藤忠良作品と舟越保武作品の2作品が現在設置されているだけです、芸術にお金が掛けられなくなった広島市を思うこの彫刻の小道かと。
 
 
高橋英吉.1911
高橋英吉.1911 なんでも鑑定団お宝情報局 高橋英吉
  高橋英吉とは - コトバンク   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1911−1942 昭和時代前期の彫刻家。 明治44年4月13日生まれ。木彫をまなび,「黒潮閑白」で文展入選,「潮音」で特選,「漁夫像」で無鑑査となる。昭和17年11月2日ガダルカナル島で戦死。32歳。出身地の宮城県石巻市とガダルカナル島に「潮音」のブロンズ像がたつ。東京美術学校(現東京芸大)卒。
 
 
  高橋英吉の木彫4点   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  夭折の天才彫刻家 高橋英吉の木彫! 少女像/捕鯨船で描いたスケッチ/「海の三部作」のスケッチ/黒潮閑日/潮音/漁夫像/不動明王像(絶作)
 
 
  小企画展 - 高橋英吉   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  津波で大きな被害を受けた石巻文化センターが所蔵する同市出身の彫刻家高橋英吉(1911〜1942)の木彫作品を展示します。 《黒潮閑日》 1938年/《潮音》 1939年
 
 
  高橋英吉 - 石巻Wiki (2011/4/3)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高橋英吉(たかはしえいきち)は1911年4月13日、石巻湊本町に生まれる。 県立石巻中学校(現宮城県石巻高等学校)を経て、1936年東京美術学校研究科(現東京美術大学院)彫刻科木彫部を 卒業。同年「少女像」で文展初入選。1938年〜1940年"海"を主題とする三部作「黒潮閑日」「潮音」「漁夫像」を文展に出品。1941年には文展審査委員候補に推薦されたが戦争に徴兵され、1942年11月2日、ガダルカナル島で戦死。 輸送船内で彫った「不動明王像」が最後の作品とされている。 …
 
 
  視点・論点 「海の彫刻家 高橋英吉」 - NHK解説委員室 (2011/7/18)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  去る3月11日の東日本大震災で、宮城県石巻市の沿岸部は、壊滅的な被害を受けました。 幸いなことに、高橋英吉の主要な作品は、2階の展示室に展示されていたため、被害を受けませんでした。…
 
 
  宮城県美術館で開催の「高橋英吉」彫刻展はすごい迫力です。 (2012/12/10)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高橋英吉は天才彫刻家として、将来を嘱望されながら31歳の時に太平洋戦争で戦死しました。 その作品展が宮城県美術館で開かれています。 作品は、石巻文化センターに収納展示されていましたが、大震災による津波で被害を受け、現在全国美術館会議が修復作業を進めております。
 
 
  故郷の海を彫った男 石巻の彫刻家・高橋英吉 - 日曜美術館 (2013/3/17)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  2年前の東日本大震災。宮城県沿岸部を襲った津波が、石巻文化センターを飲み込んだ。学芸員1名が行方不明となる壊滅的な被害。そのがれきの中から救い出された地元・石巻出身のある彫刻家の作品が、静かな話題を呼んでいる。 高橋英吉(1911−1942)。その木彫作品に刻まれているのは、潮風に向かって立つ漁師、漁の合間に安らぎのひとときを過ごす男たちなど、海と共に生きる人々の姿。…
 
 
  高橋英吉 の画像 - Google   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  高橋英吉 の画像 - Google
 
 
佐藤忠良.1912
  佐藤忠良 (wiki^tan)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤 忠良(さとう ちゅうりょう、1912年7月4日 - 2011年3月30日)は日本の彫刻家。 新制作協会彫刻部創立会員。生き生きとした女性像などをブロンズや木彫で表現した。教育者として東京造形大学において創立より多数の後進の教育に携わった。 宮城県黒川郡大和町落合舞野に生まれる。6歳で父が死去したため幼少期は母の実家である北海道夕張で過ごす。 60年に一連の日本人の顔をテーマにした作品で高村光太郎賞、74年「帽子・あぐら」で芸術選奨文部大臣賞、75年「カンカン帽」で中原悌二郎賞受賞。
 
 
  屋外にある佐藤忠良   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤忠良は1912年7月4日宮城県黒川郡生まれの彫刻家です。・・・  作品は塑像によるブロンズ鋳造で主に若い女性像です。船越保武が清楚な女性像に対し活動的な女性のイメージがおおい。仙台市にある宮城県美術館には佐藤忠良記念館があり多くの作品が展示されています。
 
 
  佐藤 忠良 - interview   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  さて今回は、かなりの方です。 本当は、「巨匠」とお呼びしてもいいのかもしれません。 でも、そう呼ばれることは、少しも望んでいないようです。・・・
 
 
  佐藤忠良作品 ・裸のリン   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  ここ西部埋立第五公園に黎明と刻まれた台座に乗った彫刻が設置されています。説明板から佐藤忠良作品で作品名「裸のリン」という第41回新制作展出品作1977(昭和52)年であることがわかりました。
 
 
  佐藤忠良館 佐川美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「ブロンズの詩」と名づけられた<佐藤忠良館>では、 世界的に高い評価を得ている佐藤忠良先生の初期から現在に至る当館所蔵作品100余点の中からテーマに合わせて彫刻・素描作品40点余りを常時展示しております。
 
 
  佐藤忠良作品 「裸婦・朱」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  NHK隣のグランドパーキング大手町ビル玄関ホールに彫刻3作品が展示されています。
 
 
  佐藤忠良  「立像」  花田美術   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮城県黒川郡で生まれる。大正8年に 北海道夕張町に移る。昭和9年に東京美術学校彫刻科に入学した 同期に舟越保武等がいる。3年生の時先輩の柳原義達の勧誘で国画会に舟越保武と出品し 二人とも入選し受賞する。この事が忠良の方向を決める事となった。
 
 
  佐藤忠良 (さとう ちゅうりょう)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤忠良は宮城県に生まれ、少年期を北海道で過ごしました。ロダン、マイヨール、デスピオなど新しい生命主義の作品に惹かれて彫刻家を志し、東京美術学校彫刻科に進みます。・・・
 
 
  美のしじま「佐藤忠良記念館」   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  仙台で”一番素敵なところ”。 迷わず僕は川内の県美術館に併設された「佐藤忠良記念館」を挙げます。
 
 
  佐藤忠良 Sato Churyo 略歴   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  略歴/個展/グループ展・受賞
 
 
  佐藤忠良 ミウラ・アーツ home   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  「後ろ向きに横たわる裸婦」/「裸婦(立像)」/「横たわる裸婦」
 
 
  チコ座像 佐藤忠良 -骨董や-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤忠良とは?: 1912年宮城県に生まれ、幼少期は北海道で暮らしていた。1939年、東京美術学校彫刻科卒業すると、本郷新、柳原義達、舟越保武らとともに新制作派協会彫刻部の創設に参加。・・・
 
 
  佐藤忠良記念館 宮城県美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤忠良記念館は宮城県出身の彫刻家・佐藤忠良氏から、ブロンズ彫刻・素描、氏が収集した美術作品などの寄贈を受けたのを機に、1990年(平成2)に増築オープンしました。
 
 
  佐藤忠良 「おんな」 Art Market   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤忠良 : 1912年 - 宮城県に生まれる。幼少期は北海道ですごす /1932年 - 上京し川端画学校にて学ぶ /1934年 - 東京美術学校彫刻科入学 /1939年 - 美校卒業後舟越保武等と新制作派協会彫刻部の創設に参加する /1945年 - 1948年までシベリヤ抑留に遭う /1954年 - 第1回現代日本美術展佳作賞受賞 /1960年 - 第3回高村光太郎賞受賞・・・
 
 
  図録 / 彫刻家が描く 佐藤忠良の絵本原画   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻家としてよく知られる佐藤忠良は、はじめは画家を志していた。 ロシア民話による絵本「おおきなかぶ」の原画を担当するにあたり、画家としての素描力と、第二次世界大戦後はシベリアに抑留された実際のロシア体験に基いて、力強さや現実感をたたえながら、彫刻家らしく無駄を省き、簡潔で説得力のある新しいタイプの絵本の絵画表現を実現した。
 
 
  帽子・夏 佐藤忠良 霧島アートの森   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  モチーフであるひさしの張った帽子がとても効果的に使われている。
 
 
  佐藤忠良 「みどり」 静岡県立美術館   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  彫刻プロムナードのゆるい坂を上りきった左側、茶畑の緑に囲まれるように立っている。深刻ぶらず、どこか風が吹き抜けていうような軽やかさたたえてなお、凡に堕さない凛とした気品をたたえている。
 
 
  早蕨 (佐藤忠良 作) 制作 昭和55年    TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  作者佐藤忠良を「首切り」の男という人があります。いろいろな地方の生活と風土を堅実に表現する、非常に多くの首の彫刻に手がけた人だったからです。首の次に「ジーパンをはく女」「帽子をかぶる女」などの裸婦全身像の時代になります。 その時代の代用作がこの早蕨(さわらび)です。
 
 
  ふざけっこ 佐藤忠良 霧島アートの森   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  家に遊びに来た子供を風呂に入れて服を着せようとしたとき、からかうように湯上りタオルを持って逃げるポーズが可愛くて、その一瞬の仕草をとらえた作品である。
 
 
  佐藤忠良 「帽子の女」 アート買取協会   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1912 宮城県に生まれる/1934 東京美術学校彫刻科入学/1954 第1回現代日本美術展佳作賞受賞/1960 第3回高村光太郎賞受賞/1974 第15回毎日芸術賞、芸術選奨文部大臣賞受賞、翌年には第6回中原悌二郎賞受賞、第3回長野市立野外彫刻賞受賞/1986 東京造形大学名誉教授に就任/1989 朝日賞受賞/1989 朝日賞受賞/1992 第41回河北文化賞受賞
 
 
  佐藤忠良 《帽子・立像》 丸沼芸術の森   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤忠良について : 小学生の頃から絵が得意で、旧制中学に在籍する頃から画家を志す。中学卒業後は歯科医の書生をしながら公募展に作品を出品。20歳で上京し、画学校で学ぶ間、マイヨールやデスピオに感銘を受け彫刻に転向。22歳で東京美術学校(現東京芸術大学)に進む。
 
 
  佐藤忠良 記念館 -さとチャンの写真館-   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  宮城県美術館に併設、日本を代表する彫刻家、佐藤忠良先生の作品を多数展示、美術館観覧券で見る事が出来ます。とにかく素晴らしい彫刻があります。
 
 
  ようこそ。北海道観光研究所・北杜の窓へ   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  札幌芸術の森にオープンした「佐藤忠良記念子供アトリエ」へ行ってきました
 
 
  佐藤忠良 関連商品 Museum Shop SAM   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  オリジナルブローチ ふくろう/はと(金)/はと(銀)/蓮の少女/おくるみ/蓮の少女(金)/蓮の少女(銀)
 
 
  佐藤忠良 初期作品断想 佐藤忠良展より   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  佐藤忠良の現存作品中、最も早い時期の作品に、彫刻家自身の母をモデルとした「母の顔」(1942年)、「母の像」(1943年)という頭像がある。佐藤が戦前に制作した作品は、1941年作の「母の顔」と、この2点の母親の像を除き、すべて戦災で失われてしまった。・・・
 
 
  佐藤忠良のスケッチブック Fuji-tv ART NET   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  川村記念美術館では、1月31日(火)から3月12日(日)まで、戦後日本における具象彫刻の第一人者、佐藤忠良の水彩と素描約50点を展示します。半世紀にわたって日記を綴るように描きためられたスケッチの数々に、作家の人間的魅力を再発見できるでしょう。
 
 
  佐藤忠良 「帽子・夏」(1972年 佐川美術館蔵)   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  洋画の小磯良平、彫刻の佐藤忠良。国内を代表する二大作家の作品を、モチーフであるモデルへの“まなざし”という観点から紹介するユニークな特別展。絵画と彫刻の違いこそあれ、彼らにとってモデルとは身近な日常的存在であり、制作意欲の原点でもあった。
 
 
  佐藤忠良 「手を前に」 ギャラリー新浜 東京店   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧ジャンルページ画面上段画面下段
  1912年、宮城県黒川郡生まれ。彫刻家。 少年時代を北海道で過ごし、絵画を学ぶために上京するが、ロダン、マイヨール、デスピオなど新しい生命主義の作品に感銘を覚え彫刻家を志す。東京美術学校(現東京藝術大学)を卒業後、新制作派協会(現新制作)を舞台に活躍。
 
 
  本郷新記念 札幌彫刻美術館 本郷新と佐藤忠良   TOPページジャンル一覧表明快カテゴリ総覧