歴史上一級の人物 - 47区分 (Zぷらざ選定)/制作中
歴史上一級の人物 - 47区分(Zぷらざ選定)/制作中
北海道 北海道(0)  東北 青森(0)岩手(1)秋田(1)宮城(2)山形(0)福島(2)
関東 栃木(1)群馬(2)茨城(0)埼玉(1)千葉(2)東京(0)神奈川(1)
甲信越 山梨(0)長野(1)新潟(2)  北陸 富山(0)石川(0)福井(0)
東海 岐阜(2)静岡(2)愛知(1)三重(1)
近畿 滋賀(0)京都(1)大阪(2)兵庫(2)奈良(1)和歌山(3)
中国 鳥取(0)島根(1)岡山(1)広島(0)山口(2)  四国 徳島(0)香川(0)愛媛(3)高知(1)
九州 福岡(0)佐賀(0)長崎(0)熊本(0)大分(0)宮崎(0)鹿児島(2)  沖縄 沖縄(0)
岩手県
新渡戸稲造.1862 (Wikipedia) 岩手県   新渡戸 稲造(にとべ いなぞう、1862年9月1日(文久2年8月8日) - 1933年(昭和8年)10月15日)は、農学者、教育者。 国際連盟事務次長も務め、著書 Bushido: The Soul of Japan(『武士道』)は、流麗な英文で書かれ、名著と言われている。日本銀行券のD五千円券の肖像としても知られる。拓殖大学名誉教授。キリスト者。 岩手県盛岡市に盛岡藩士で、藩主南部利剛の用人を勤めた新渡戸十次郎の三男として生まれる。 代表的な著書 : Bushido: The Soul of Japan(1900年)   新渡戸稲造の詳細「60歴史カテゴリ」
秋田県
平田篤胤.1776 (Wikipedia) 秋田県   平田 篤胤(ひらた あつたね、1776年10月6日(安永5年8月24日)-1843年11月2日(天保14年閏9月11日))は、江戸時代後期に国学者・神道家・思想家・医者。出羽久保田藩(現在の秋田市)出身。成人後備中松山藩士の兵学者平田篤穏の養子となる。幼名を正吉、通称を半兵衛。元服してからは胤行、享和年間以降は篤胤と称した。号は気吹舎(いぶきのや)、家號を真菅乃屋(ますげのや)。医者としては、玄琢を使う。死後、神霊能真柱大人(かむたまのみはしらのうし)の名を白川家より贈られている。
宮城県
谷風梶之助 (2代) - Wikipedia 宮城県   谷風 梶之助(たにかぜ かじのすけ、寛延3年8月8日(1750年9月8日) - 寛政7年1月9日(1795年2月27日))は、仙台藩・陸奥国宮城郡霞目村(現在の宮城県仙台市若林区霞目)生まれの大相撲力士であり、第4代横綱[1]。実質的な初代横綱[2][3]。江戸時代の大横綱で、大相撲史上屈指の強豪。また、力量・人格の面で後の横綱の模範とされた。本名、金子与四郎。 谷風梶之助の詳細「75相撲カテゴリ」
谷風梶之助(たにかぜ・かじのすけ)・宮城の偉人 宮城県   陸奥国宮城県霞目(宮城県仙台市若林区霞目)生まれ。 寛延3年(1750)8月8日−寛政7年(1795)1月9日  大相撲史上屈指の強豪、大横綱とされ、また、力量・人格の面で後の横綱の模範とされた。
谷風梶之助銅像(宮城県仙台市青葉区本町3) 谷風梶之助の碑(東漸寺・宮城県仙台市若林区南鍛冶町) 谷風梶之助墓所(宮城県仙台市若林区霞目2-15)
福島県
田村三省 - 会津の歴史 福島県   田村三省は、亨保19年(1734)、町家酒井伊右衛門の三男として生まれますが、
故あって田村清次右衛門の養子となり武士となります。宝暦9年(1759)26歳の時、
養父と死別しますが、養父が60年間永勤した功によって、三省は一石を減じた
8石二人扶持が与えられ、吟味所支配無役として召し出されます。
 その後、物書本役、塩方任役と比較的順調に出世し、天明元年(1781)には
廃田160石余りの公田耕作に精をだして、益金のうち一分を下しおかれました。
瓜生岩子.1829 (Wikipedia) 福島県   瓜生 岩子(うりゅう いわこ、文政12年2月15日(1829年3月19日) - 明治30年(1897年4月19日)は、明治時代の社会事業家。女性として最初の藍綬褒章受賞者。瓜生 岩としても知られる。 陸奥国耶麻郡熱塩村(現在の福島県喜多方市)に渡辺利左衛門、りえの長女として誕生。… 岩4歳のとき折から天保の大飢饉が始まり、会津でも天変地異や凶作のため農村は疲弊していた。  1 生い立ち / 2 経歴 / 3 瓜生岩子像 / 4 参考文献
栃木県
井深大.1908 (Wikipedia) 栃木県   井深 大(いぶか まさる、1908年4月11日 - 1997年12月19日)は、日本の電子技術者および実業家。 盛田昭夫とともにソニーの創業者の一人。生前の盟友であった本田技研工業の本田宗一郎と並び称される戦後日本を代表する起業家として世界的にも著名。 栃木県上都賀郡日光町(現・日光市)に生まれる、先祖の一人に飯盛山で自刃した白虎隊士井深茂太郎がいる。… 母と共に5歳から8歳まで東京に転居、その後は愛知県へ戻り、安城第一尋常小学校(現・安城市立安城中部小学校)卒業 のちに再婚した母に従い、母の嫁ぎ先の神戸市葺合区(現・中央区)に転居。… 早稲田大学理工学部卒。
群馬県
新田義貞.1300? (Wikipedia) 群馬県   新田 義貞(にった よしさだ)は、鎌倉時代末から南北朝時代にかけて活躍した御家人・武将。正式な名は源 義貞(みなもと の よしさだ)。 河内源氏義国流新田氏本宗家の8代目棟梁。父は新田朝氏、母は不詳(諸説あり)。官位は正四位下、左近衛中将。明治15年(1882年)8月7日贈正一位。 新田氏(上野源氏)は、河内源氏3代目の源義家の四男・義国の長子の新田義重に始まり、上野国新田荘(にったのしょう、現在の群馬県太田市周辺)を開発した。
新井白石.1657 (Wikipedia) 群馬県   新井 白石/新井 君美(あらい はくせき/あらい きんみ、あるいは、きみよし)は、江戸時代中期に活躍した旗本・政治家・学者。学問は朱子学、歴史学、地理学、言語学、文学と多岐に渡る。また詩人で多くの漢詩が伝わる。諱は君美。白石は号。 先祖は、上野国新田郡新井村(群馬県太田市)の小領主(土豪)であったが、豊臣秀吉の小田原攻めによって没落したとされている。父・正済は上総久留里藩士。
埼玉県
渋沢栄一.1840 (wiki^tan) 埼玉県   渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、天保11年(1840年3月16日) - 昭和6年(1931年)11月11日)は、幕末の幕臣、明治〜大正初期の大蔵官僚、実業家。第一国立銀行や王子製紙・日本郵船・東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、日本資本主義の父といわれる。渋沢が三井高福・岩崎弥太郎・安田善次郎・住友友純・古河市兵衛・大倉喜八郎などといった他の明治の財閥創始者と大きく異なる点は、「渋沢財閥」を作らなかったことにある。   渋沢栄一の詳細「60カテゴリ」
千葉県
日蓮.1222 (Wikipedia) 千葉県   日蓮(にちれん)(貞応元年2月16日 - 弘安5年10月13日)は、鎌倉時代の仏教の僧。鎌倉仏教の宗旨のひとつ日蓮宗(法華宗)の宗祖。死後に皇室から日蓮大菩薩(後光厳天皇、1358年)と立正大師(大正天皇、1922年)の諡号を追贈された。  1 生涯 / 2 遺文 / 3 日蓮門下の諸派 / 4 四箇格言 / 5 脚注 / 6 関連項目 / 7 外部リンク
伊藤左千夫.1864 (wiki^tan)  千葉県   伊藤 左千夫(いとう さちお、1864年(元治元年)9月18日 - 1913年(大正2年)7月30日)は歌人、小説家。本名 幸次郎。千葉県山武市の農家出身。明治大学中退。明治31年(1898年)に新聞『日本』に「非新自讃歌論」を発表。正岡子規に師事。子規の没後、短歌雑誌『馬酔木』『アララギ』の中心となって、斎藤茂吉、土屋文明などを育成した。また、明治38年(1905年)には、子規の写生文の影響を受けた小説「野菊の墓」を『ホトトギス』に発表。夏目漱石に評価される。代表作に『隣の嫁』『春の潮』など。  茶の湯 / 外部リンク  伊藤左千夫の詳細「05カテゴリ」
神奈川県
二宮尊徳.1787 (Wikipedia) 神奈川県   二宮 尊徳(にのみや そんとく、天明7年7月23日(1787年9月4日) - 安政3年10月20日(1856年11月17日))は日本の江戸時代後期に「報徳思想」を唱えて、「報徳仕法」と呼ばれる農村復興政策を指導した農政家・思想家。通称は金次郎(正しい表記は「金治郎」)。諱の「尊徳」は正確には「たかのり」と訓む。 相模国足柄上郡栢山村(現在の神奈川県小田原市栢山(かやま))に百姓利右衛門の長男として生まれる。
長野県
佐久間象山.1811 (Wikipedia) 長野県   佐久間 象山(さくま しょうざん(ぞうざん))は、日本の武士(松代藩士)、兵学者・思想家。松代三山の一人。通称は修理、諱は国忠(くにただ)、のちに啓(ひらき)、字は子迪(してき)、のちに子明(しめい)と称した。… 文化8年(1811年)2月28日、信濃松代藩士・佐久間一学の長男として生まれる。 象山の号は近隣の黄檗宗象山恵明(ぞうざんえみょう)禅寺に因んだとされる。象山は松代藩の下級武士の出であり、若年期に経学と数学を学んだ。… 天保4年(1833年)に江戸に出て、当時の儒学の第一人者・佐藤一斎に朱子学を学び、山田方谷と共に「二傑」と称されるに至る。  佐久間象山の詳細「60カテゴリ」
新潟県
良寛.1758 (Wikipedia) 新潟県   良寛(りょうかん、宝暦8年10月2日〔1758年11月2日〕 - 天保2年1月6日〔1831年2月18日〕)は江戸時代後期の曹洞宗の僧侶、歌人、漢詩人、書家。俗名、山本栄蔵または文孝。号は大愚。 良寛は越後国出雲崎(現・新潟県三島郡出雲崎町)に生まれた。四男三女の長子。
田中角栄.1918 (Wikipedia) 新潟県   田中 角榮(たなか かくえい、1918年(大正7年)5月4日 - 1993年(平成5年)12月16日)は政治家。階級は陸軍上等兵。 衆議院議員(16期)、郵政大臣(第12代)、大蔵大臣(第67・68・69代)、通商産業大臣(第33代)、内閣総理大臣(第64・65代)などを歴任した。 高等教育を受けていないという学歴で首相まで上り詰めたことから「今太閤」と呼ばれる一方、「コンピュータ付きブルドーザー」と形容される知識量・実行力や、巧みな官僚操縦術を見せつけるなど、党人政治家と官僚政治家の長所を併せ持った稀有な存在であった。
岐阜県
斎藤道三.1494 (Wikipedia) 岐阜県   斎藤 道三 / 斎藤 利政(さいとう どうさん / さいとう としまさ)は、戦国時代の武将。美濃(岐阜県南部)の戦国大名斎藤氏の初代当主。 かつて、斎藤道三は北条早雲らと並ぶ下克上大名の典型であり、僧侶から油商人を経てついに戦国大名にまで成り上がった人物だとされてきた。しかし、『岐阜県史』編纂の過程で発見された古文書「六角承禎条書写」によって、美濃の国盗りは道三一代のものではなく、その父の長井新左衛門尉との父子二代にわたるものではないかという理解が有力となっている。
島崎藤村.1872 (Wikipedia) 岐阜県   島崎 藤村(しまざき とうそん、1872年3月25日(明治5年2月17日) - 1943年8月22日)は、日本の詩人、小説家。本名、春樹(はるき)。信州木曾の馬籠 (現在の岐阜県中津川市)生れ。 『文學界』に参加し、浪漫派詩人として『若菜集』などを刊行。さらに小説に転じ、『破戒』『春』などで代表的な自然主義作家となった。ほかの作品に、日本自然主義文学の到達点とされる『家』、姪との近親姦を告白した『新生』、父をモデルとした歴史小説『夜明け前』など。   島崎藤村の詳細「04カテゴリ」
静岡県
清水次郎長.1820 (Wikipedia) 静岡県   清水 次郎長(しみずの じろちょう、文政3年1月1日(1820年2月14日) - 明治26年(1893年)6月12日)は、幕末・明治の侠客。本名、山本 長五郎(やまもと ちょうごろう)。 文政3年(1820年)、駿河国有渡郡清水湊(後の静岡県静岡市清水区)の船持ち船頭・三右衛門の三男に生まれ、母方の叔父で米穀商の甲田屋の主の次郎八の養子となった。
本田宗一郎.1906 (Wikipedia) 静岡県   本田 宗一郎(ほんだ そういちろう、1906年11月17日 - 1991年8月5日)は、日本の実業家、技術者。本田技研工業(通称:「ホンダ」)の創業者。ソニーの井深大などと並んで、戦後日本を代表する技術者・起業家として世界的に知られている。 1989年、日本人として初めてアメリカ合衆国の自動車殿堂入りを果たす。 2010年4月1日、出生地である静岡県浜松市天竜区に本田宗一郎ものづくり伝承館がオープン。建物は国の登録有形文化財(建造物)に指定されている旧二俣町役場を改築したものである。
愛知県
盛田昭夫.1921 (Wikipedia) 愛知県   盛田 昭夫(もりた あきお、1921年1月26日 - 1999年10月3日)は、日本の技術者、実業家。井深大とともにソニー創業者の一人。1992年(平成4年)、名誉大英帝国勲章を受勲。 愛知県知多郡小鈴谷村(現・常滑市小鈴谷町)に盛田久左衛門 収子の長男として生まれる。生家は代々続いた造り酒屋で父・久左衛門は盛田家第14代当主。母・収子は元大垣共立銀行頭取戸田鋭之助の娘であり、元仙台市長・早川智寛の姪、会社再建の神様といわれた早川種三の従兄弟にあたる。
三重県
本居宣長.1730 (Wikipedia) 三重県   本居 宣長(もとおり のりなが、1730年6月21日(享保15年5月7日) - 1801年11月5日(享和元年9月29日))は、江戸時代日本の国学者・文献学者・医師である。名は栄貞。通称は、はじめ弥四郎、のち健蔵。号は芝蘭、瞬庵、春庵(しゅんあん)、自宅の鈴屋にて門人を集め講義をしたことから鈴屋大人(すずのやのうし)と呼ばれた。当時、既に解読不能に陥っていた『古事記』の解読に成功し、『古事記伝』を著した。紀州徳川家に「玉くしげ別本」の中で寛刑主義をすすめた。
京都府
一休宗純.1393 (Wikipedia) 京都府   一休 宗純(いっきゅう そうじゅん)は室町時代の臨済宗大徳寺派の禅僧である。説話のモデルとして知られる。 出生地は京都で、出自は後小松天皇の落胤とする皇胤説がある。 幼名は、後世史料によると千菊丸。長じて周建の名で呼ばれ狂雲子、瞎驢(かつろ)、夢閨(むけい)などと号した。戒名は宗純で、宗順とも書く。一休は道号である(戒名と道号については「戒名」の項目を参照のこと)。
大阪府
高山右近.1552 (Wikipedia) 大阪府   高山 右近(たかやま うこん)は、安土桃山時代、江戸時代の武将。代表的なキリシタン大名として知られる。… 通称は彦五郎。有名な右近の呼び名は私的な名で、正式な官位としては大蔵少輔までなっている。洗礼名はユスト。茶道を究めた右近は「南坊」と号し、千利休の七高弟(利休七哲)の一人としても知られる。 高山氏は摂津国三島郡高山庄(現在の大阪府豊能郡豊能町高山)出身の国人領主である。出自は秩父氏の一派の高山党の庶流とも甲賀五十三家の一つともいわれる。
上田秋成.1734 (Wikipedia) 大阪府   上田 秋成(うえだ あきなり、享保19年6月25日(1734年7月25日) - 文化6年6月27日(1809年8月8日))は、江戸時代後期の読本作者、歌人、茶人、国学者、俳人。怪異小説「雨月物語」の作者として、とくに知られる。 1734年(享保19年)、大坂曾根崎に、松尾ヲサキの私生児として生まれた。父は確かでない。「父ナシ、ソノ故ヲ知ラズ。四歳、母マタ捨ツ」(自像筥記(1808))。
兵庫県
黒田孝高.1546 (Wikipedia) 兵庫県   黒田 孝高 / 黒田 如水(くろだ よしたか / くろだ じょすい)は戦国時代、安土桃山時代、江戸時代前期にかけての武将・大名である。豊前国中津城主。孝高は諱で通称の「官兵衛」並びに出家後の「如水」の号で有名である。豊臣秀吉の側近として仕え、調略や他大名との交渉などに活躍した。「ドン・シメオン」という洗礼名を持つキリシタン大名でもあった。 天文15年11月29日(1546年12月22日)、職隆の嫡男として姫路に生まれる。
柳田國男.1875 (Wikipeia) 兵庫県   柳田 國男(やなぎた くにお、1875年(明治8年)7月31日 - 1962年(昭和37年)8月8日)は日本の民俗学者。兵庫県福崎町生まれで、晩年に名誉町民第1号となった。正三位勲一等。 著書『遠野物語』などで知られる。全国各地を歩き、とくに山の生活に着目して「願わくは平地人を戦慄せしめよ」と述べた。日本における民俗学の開拓者であった。 現・兵庫県神崎郡福崎町辻川に松岡操、たけの6男として生まれた。  柳田國男の詳細「01カテゴリ」
奈良県
安倍晴明.921 (Wikipedea) 奈良県   安倍 晴明(あべ の せいめい/ はるあきら/ はれあき、延喜21年1月11日[1](921年2月21日) - 寛弘2年9月26日〈1005年10月31日〉)は、平安時代の最も有名な陰陽師の1人であり、鎌倉時代から明治時代初めまで陰陽寮を統括した安倍氏(土御門家)の祖である。… 921年(延喜21年)に摂津国阿倍野(現・大阪市阿倍野区)に生まれたとされる。また、生地については、奈良県桜井市安倍とする伝承もある。幼少の頃については確かな記録がないが、陰陽師賀茂忠行・保憲父子に陰陽道を学び、天文道を伝授されたという。…
和歌山県
山葉寅楠.1851 (Wikipedia) 和歌山県   山葉 寅楠(やまは とらくす、嘉永4年4月20日(1851年5月20日) - 大正5年(1916年)8月8日)は、日本楽器製造株式会社(現在のヤマハ株式会社)の創業者。日本初のオルガン(リード・オルガン)製造者であり、日本のピアノ製造業の創始者の一人である。 嘉永4年(1851年)4月20日、紀州藩士山葉孝之助の三男として紀伊国和歌山城下(現在の和歌山県和歌山市)に生まれる。父が紀州藩で天文係を務めていたこともあり、幼少の頃から機械いじりが得意であった。また16歳頃には剣術修行に出たこともある。
南方熊楠.1867 (Wikipedia) 和歌山県   南方 熊楠(みなかた くまぐす、慶応3年4月15日(1867年5月18日) - 昭和16年(1941年)12月29日)は、日本の博物学者、生物学者(とくに菌類学)、民俗学者である。 菌類学者としては動物の特徴と植物の特徴を併せ持つ粘菌の研究で知られている。主著『十二支考』『南方随筆』など。投稿論文や書簡が主な執筆対象であったため、平凡社編集による全集が刊行された。「歩く百科事典」と呼ばれ、彼の言動や性格が奇抜で人並み外れたものであるため、後世に数々の逸話を残している。  南方熊楠の詳細「01カテゴリ」
松下幸之助.1894 (Wikipedia) 和歌山県   松下 幸之助(まつした こうのすけ、1894年〈明治27年〉11月27日 - 1989年〈平成元年〉4月27日)は、日本の実業家。 パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を一代で築き上げた日本屈指の経営者で、経営の神様とも、関係者からは社主とも称された。 自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。
島根県
山中幸盛.1546? (Wikipedia) 島根県   山中 幸盛(やまなか ゆきもり)は、戦国時代の山陰地方の武将。出雲国能義郡(現島根県安来市広瀬町)に生まれる。戦国大名尼子氏の家臣。実名は幸盛(ゆきもり)、通称鹿介だが、講談の類で鹿之助とされたため一般には山中鹿之助(しかのすけ)なる誤った表記で知られる。幼名は甚次郎。優れた武勇の持ち主で「山陰の麒麟児」の異名を取る。
岡山県
土光敏夫.1896 (Wikipedia) 岡山県   土光 敏夫(どこう としお、明治29年(1896年)9月15日 - 昭和63年(1988年)8月4日)は昭和時代の日本の男性エンジニア、実業家、財界人である。第4代経済団体連合会(経団連)会長。位階勲等は従二位勲一等(勲一等旭日桐花大綬章・勲一等旭日大綬章・勲一等瑞宝章)。称号は岡山県名誉県民。 明治29年(1896年)9月15日、岡山県御津郡大野村(現在の岡山市)に肥料仲買商の土光菊次郎・登美夫妻の次男として誕生。 ☆選定理由:第一次石油ショック後の日本経済の安定化や企業の政治献金の改善などに尽力した。一方で日本経済の一層の自由化と国際化をはかった。
山口県
木戸孝允.1833 (Wikipedia) 山口県   木戸 孝允(きど たかよし、天保4年6月26日(1833年8月11日) - 明治10年(1877年)5月26日)は、幕末〜明治時代初期に活躍した日本の武士・政治家。名の孝允は「こういん」と有職読みされることもある。位階勲等は贈従一位勲一等。 長州藩士で、いわゆる「長州閥」の巨頭。幕末期には、桂小五郎(かつら こごろう)として知られていた尊王攘夷派の中心人物で、薩摩の西郷隆盛、大久保利通とともに「維新の三傑」として並び称せられる。  木戸孝允の詳細「60カテゴリ」
伊藤博文.1841 (Wikipedia) 山口県   伊藤 博文(いとう ひろぶみ) 天保12年(1841年10月16日) - 明治42年(1909年10月26日)は、幕末の長州藩士、明治時代の政治家。大日本帝国憲法の起草に関わり、初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣および初代枢密院議長・韓国統監府初代統監・初代貴族院議長・初代兵庫県知事を務めた。立憲政友会を結成・初代総裁。元老。位階勲等は従一位大勲位。最終爵位は公爵。名誉博士(エール大学)。アジア最初の立憲体制の生みの親であり、「明治の元勲」と呼ばれる。    伊藤博文の詳細「60カテゴリ」
愛媛県
一遍上人.1239 (Wikipedia) 愛媛県   一遍(いっぺん)は鎌倉時代中期の僧侶。時宗の開祖。「一遍」は房号で、法諱は「智真」。「一遍上人」、「遊行上人(ゆぎょうしょうにん)」、「捨聖(すてひじり)」と尊称される。近代における私諡号は「円照大師」、1940年に国家より「証誠大師」号を贈られた。俗名は河野時氏とも通秀、通尚ともいうが、定かでない。 延応元年(1239年)伊予国(ほぼ現在の愛媛県)の豪族、別府通広(出家して如仏)の第2子として生まれる。幼名は松寿丸。生まれたのは愛媛県松山市道後温泉の奥谷である宝厳寺の一角といわれ、元弘4年(1334年)に同族得能通綱によって「一遍上人御誕生舊跡」の石碑が建てられている。
正岡子規 (Wikipedia) 愛媛県   正岡子規(まさおかしき、1867年10月14日(旧暦9月17日) - 1902年9月19日)は俳人、歌人。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。俳句・短歌・新体詩・小説・評論・随筆など、多方面に渡り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治時代を代表する文学者の一人である。 正岡子規の詳細「05短歌・俳句」
坂の上の雲まちづくりチーム 愛媛県   ときは明治。 当時、松山にも新時代を切り開こうと、明るくひたむきに努力した人々がいました。 私たちの郷土には、彼らによって培われてきた、誇るべき多くの財産が残されています。
高知県
坂本龍馬.1836 (Wikipedia) 高知県   坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日(1836年1月3日)- 慶応3年11月15日(1867年12月10日))は、日本の近世末期に活動した武士。土佐郷士に生まれ、脱藩したのち、倒幕および明治維新に影響を与えた幕末の志士である。… 土佐藩脱藩後、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)の結成、薩長同盟の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど、志士として活動した。… 龍馬は天保6年(1835年)11月15日、土佐国土佐郡上街本町一丁目(現在の高知県高知市上町一丁目)に土佐藩郷士(下級武士)坂本家に父・八平、母・幸の間の次男として生まれた。  坂本龍馬の詳細「60カテゴリ」
鹿児島県
西郷隆盛.1828 (Wikipedia) 鹿児島県   西郷 隆盛(さいごう たかもり、文政10年12月7日(1828年1月23日) - 明治10年(1877年)9月24日)は、日本の武士(薩摩藩)、軍人、政治家。薩摩藩の盟友大久保利通、長州藩の木戸孝允(桂小五郎)と並び、「維新の三傑」と称される。 薩摩国薩摩藩下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の長子。名(諱)は元服時には隆永(たかなが)、のちに武雄、隆盛(たかもり)と改めた。幼名は小吉、通称は吉之介、善兵衛、吉兵衛、吉之助と順次変えた。号は南洲(なんしゅう)。  西郷隆盛の詳細「60カテゴリ」
大久保利通.1830 (Wikipedia) 鹿児島県   大久保 利通(おおくぼ としみち、文政13年8月10日(1830年9月26日) - 明治11年(1878年)5月14日)は、日本の武士(薩摩藩士)、政治家。位階勲等は贈従一位勲一等。 明治維新の元勲であり、西郷隆盛、木戸孝允と並んで「維新の三傑」と称される。 文政13年8月10日(1830年9月26日)、薩摩国鹿児島城下高麗町(現・鹿児島県鹿児島市高麗町)に、琉球館附役の薩摩藩士・大久保利世と皆吉鳳徳の次女・福の長男として生まれる(幼名は正袈裟:しょうけさ)。  大久保利通の詳細「60カテゴリ」


Copyright (C) 2018 Z-PLAZA Corporation. All Rights Reserved.